HOME > eMAILS > 先端総合学術研究科院生宛(2013年) >

先端総合学術研究科院生宛・2013年05月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年 

last update: 20130602

立命館大学大学院先端総合学術研究科


*近況については,[外部リンク]立岩真也ツイッターもご覧ください



◆◆2013/05/27 22:27
   [mlst-ars-vive:014014] 精神研ML宛:24〜27日
◆◆2013/05/26 22:20
   [mlst-ars-vive:014011] 精神科看護関連
◆◆2013/05/26 12:09
   [mlst-ars-vive:014010] 『現代思想』6月号特集:フェリックス・ガタリ
◆◆2013/05/26 11:10
   [mlst-ars-vive:014009] 『ユージン・スミス: 水俣に捧げた写真家の1100日』
◆◆2013/05/25 17:09
   [mlst-ars-vive:014007] 客員研究員の件
◆◆2013/05/25 09:04
   [mlst-ars-vive:014005] 障害学ML(日本語)/予告&補遺 於:生活書院サイト
◆◆2013/05/24 14:40
   [mlst-ars-vive:014004] デフフリースクール
◆◆2013/05/23 14:40
   [mlst-ars-vive:013990] 『私的所有論 第2版』文庫版
◆◆2013/05/20 17:01
   [mlst-ars-vive:013972] W杯サッカー/筑波大『社会学ジャーナル』
◆◆2013/05/17 14:15
   [mlst-ars-vive:013961] 子宮頸がんワクチン/CRPS(〜今夜番組)
◆◆2013/05/17 13:19
   [mlst-ars-vive:013960] サズ 1920〜2012/asylumonline
◆◆2013/05/17 10:39
   [mlst-ars-vive:013959] 「共作連」
◆◆2013/05/16 22:08
   [mlst-ars-vive:013956] Re: 些事(「共同連」関係
◆◆2013/05/16 15:11
   [mlst-ars-vive:013954] 出所者のセルフヘルプグループ
◆◆2013/05/15 19:48
   [mlst-ars-vive:013949] 「共同連」関係
◆◆2013/05/15 16:33
   [mlst-ars-vive:013947] 精神関係明日他
◆◆2013/05/14 10:48
   [mlst-ars-vive:013937] Bibliography on Blindness (post 1960)
◆◆2013/05/13 20:19
   [mlst-ars-vive:013936] 本配架
◆◆2013/05/12 23:16
   [mlst-ars-vive:013934] うつ・DSM5関連
◆◆2013/05/12 13:07
   [mlst-ars-vive:013932] 「社会モデル」
◆◆2013/05/10 10:34
   [mlst-ars-vive:013925] すこしのおわび+おまけ
◆◆2013/05/10 10:25
   [mlst-ars-vive:013924] <公共>から零れるもの
◆◆2013/05/09 23:46
   [mlst-ars-vive:013921] 反省性について
◆◆2013/05/09 13:29
   [mlst-ars-vive:013920] 犯罪/精神/人工内耳…
◆◆2013/05/07 15:56
   [mlst-ars-vive:013915] カウンター落着/日々の更新/過去のメール
◆◆2013/05/07 14:04
   [mlst-ars-vive:013912] パターナリズム
◆◆2013/05/05 23:18
   [mlst-ars-vive:013907]『現代思想』2013年5月号 特集:自殺論――対策の現場から


 
 
>TOP

◆◆2013/05/05 23:18
  [mlst-ars-vive:013907]『現代思想』2013年5月号 特集:自殺論――対策の現場から

『現代思想』2013年5月号 特集:自殺論――対策の現場から
http://www.arsvi.com/m/gs2013.htm#05
こちらの関係者では天田/大谷(い)/川口/小泉/千葉/橋口/藤原
(人頁へのリンクははってありますが、人頁には記載してません〜
時間ないので。)

cf.藤原信行作「自殺」
http://www.arsvi.com/d/s01.htm


 
 
>TOP

◆◆2013/05/07 14:04
  [mlst-ars-vive:013912] パターナリズム

先週の授業にも関連し
http://www.arsvi.com/d/p03.htm

私の長い文章を収録した本はない
といえばないですが『良い死』が
http://www.arsvi.com/ts/2008b1.htm
それだといえなくはないと。

「自己決定」のほうもありますがEOc
整理できてません。
http://www.arsvi.com/d/sd.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/07 15:56
  [mlst-ars-vive:013915] カウンター落着/日々の更新/過去のメール

HPのカウンターはたしかに4月末日に消えてなくなりましたが
http://www.arsvi.com/z/h04.htm

http://www.arsvi.com/.kloga/www.arsvi.com/
は残っていて、必要なのはこちらだったので
(上記のカウンターはたいして意味のない表紙への
アクセスの累計でしたので)
問題なしでした。代替のを
一つつけてみましたがそれはたいして使えそうにない
ものなので、もうしばらくためしてみて
はずずなりします。

http://www.arsvi.com/a/r.htm
に日々更新されている情報が掲載されています。
この頁の更新、小川さんが知らせてくださっています。
ごらんください。
それ以外に私が更新することがあります。
(&名前が書いていないのは私がやったものです。
そういうもののミスは私のミスだということです。
明記すべしとの考えもあるかと思いますが、やがて
どなたかにと思いもあり。)

とくに「公共」の院生の方に。
私が話していることはほとんどが繰り返しです。
過去に(この研究科発足以来)だしたメールが
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
にあります。リンクがきれていたり
位置が変わったりしたものとかありますが゛
授業にでるぐらいの気持ちのある人は
できれば全部読んでいただきたいと。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/09 13:29
  [mlst-ars-vive:013920] 犯罪/精神/人工内耳…

今日演習(1620〜1930)於:412
大谷
http://www.arsvi.com/w/om01.htm
桐原
http://www.arsvi.com/w/kn05.htm
田中(多)
http://www.arsvi.com/w/tt16.htm

関連して、犯罪/刑罰
http://www.arsvi.com/d/c01.htm
精神障害/精神医療
http://www.arsvi.com/d/m.htm
人工内耳
http://www.arsvi.com/d/ci.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/09 23:46
  [mlst-ars-vive:013921] 反省性について

演習で言及した三島さんの本
http://www.arsvi.com/b2000/0711ma.htm
もとになった(長い〜400字×777枚)
論文(修士論文)が
http://www.arsvi.com/1990/990300ma.htm
反省しつつ肯定するという営みは
なんだか苦しげでもありまた
いやなかんじもするわけですがあるには
あるわけです。
cf.
http://www.arsvi.com/ts/20080008.htm
http://www.arsvi.com/ts/20080009.htm

堀さん
http://www.arsvi.com/w/ht08.htm
の仕事も関係あります。

そして、業界学界批判をしたいときは
おおいにしたらよいのですが、それに
適切な/適切でない場所があるだろうこと
そしてするときには証拠をあげて言った方がよいこと
するとそれはたいがい長くなるので
短い申請書類等の場合にはあまり適して
いないだろうこともおまけで言いました。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/10 10:25
  [mlst-ars-vive:013924] <公共>から零れるもの

本日の「公共論史」にも関係なくはなく。
http://www.arsvi.com/ts/2005070.htm

わたしが知るかぎりにおいてしょうもない
(もうやっていない?)
「フォーラム」で話したもので、本にすると
いってましたが、ならず、村上(潔)さんとの
共著本にいれました。
http://www.arsvi.com/ts/2011b1.htm
書庫にあります。よろしかったらどうぞ。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/10 10:25
  [mlst-ars-vive:013925] すこしのおわび+おまけ

さきほど紹介した
http://www.arsvi.com/ts/2005070.htm
は、単行本収録にあたって
全文掲載はやめてました。
わすれてました。

関連がなくはない報告として
http://www.arsvi.com/ts/2002081.htm
この大学に来た年のものです。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/12 13:07
  [mlst-ars-vive:013932] 「社会モデル」

いまみている幾人分かの学振書類の関係で
また担当科目の関連で
「社会モデル」
http://www.arsvi.com/ts/20100041.htm
(文献表がどっかにいってしまたようです
すいません)
http://www.arsvi.com/ds/smd.htm

応用講読演習(他)をとっている
人はいちおうとおして読んでおいてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/12 23:16
  [mlst-ars-vive:013934] うつ・DSM5関連

私自身はまったくわかっておりませんが
やまださんのメールもあり
以下、セルフヘルプ・グループ
関連のMLに岡さん
http://www.arsvi.com/w/ot04.htm
が配信したメールの「無断」転送です。

――以下――

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□

□□□

***

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130511-OYT1T00021.htm?from=ylist

米国精神医学会が近く公表する精神疾患の新たな診断基準「DSM―5」で、子どもや配偶者などを亡くした後の気分の落ち込みを、安易にうつ病と診断する恐れのある改定がなされたことがわかった。(中略)

うつ病は、「抑うつ気分」「興味または喜びの喪失」の一方または両方と、ほぼ毎日の「不眠や睡眠過多」など、計五つ以上の症状が2週間続き、生活に支障がある場合に診断される。ただし、死別の場合は、症状が2か月以上続く場合に診断できる、と規定されていた。

新基準ではこの規定が削除され、脚注で正確な診断のポイントなどが記載される。背景には、うつ病を早期に治療することを重視する流れがある。だが、子どもや配偶者を不慮の事故などで失った時も、2週間で立ち直らなければ病気とされる可能性があり、日本の精神科医からも疑問の声が上がっている。

(2013年5月11日17時37分 読売新聞)

MLホームページ: http://www.freeml.com/self-help


 
 
>TOP

◆◆2013/05/13 20:19
  [mlst-ars-vive:013936] 本配架

専門研究員(でよかったでしたか)のかたが
スペースをつくってくれたので、先週末
2011〜2012年の本20冊ぐらい
その年のところに並べておきました。
ご利用ください。
&貸し出しについてのきまりはまもって
ください。

そのうち新刊田島本の案内などあるかと
思います。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/14 10:48
  [mlst-ars-vive:013937] Bibliography on Blindness (post 1960)

以下リーズ大…の障害学MLに配信されたもの。
そのあと何通か追加情報とかあったみたいですが
とりあえず。立岩


――以下――

Bibliography on Blindness (post 1960)

Alexander, S. H. (1994). Taking Hold: My Journey into Blindness. New York: Macmillan.

Alexander, S. H. (1997). On My Own: The Journey Continues. New York: Farrar, Straus, Giroux.

Avalos H. (2007) “Introducing Sensory Criticism in Biblical Studies: Audiocentricity and Visiocentricity. “ In Avalos H., Melcher S. & Schipper J. (eds) The Abled Body: Rethinking Disabilities in Biblical Studies. Atlanta, Georgia: Society of Biblical Literature.

Bar-Yosef E. (2009) The "Deaf Traveller," the "Blind Traveller," and Constructions of Disability in Nineteenth-Century Travel Writing. Victorian Review, 35(2): 133-154.

Barasch M (2001) Blindness: The history of a mental image in Western thought. London, U.K.: Routledge.

Brace J. (2004) The Blind African Slave Or Memoirs of Boyrereau Brinch, Nicknamed Jeffrey Brace. Madison Wisconsin: University of Wisconsin Press.

Brace, M. (1980) Where There`s a Will. London, U.K.: Souvenir Press.

Brock J. & Gill D. (1994) More Than Meets the Eye. New York, New York: Harper Collins.

Browne S., Connors D & Stern N. (1985) With the

Power of Each Breath: A Disabled Women`s Anthology. San Francisco, California: Cleis Press.

Carstairs C. & Kruth S. (2012) Disability and Citizenship in the Life and Fiction of Jean Little. Social history, 45 (90): 339-359.

Cathain M.O. (2006) “Blind, But Not to the Hard Facts of Life”: The Blind Workers’ Struggle in Derry, 1928-1940. Radical History Review, 94 (Winter 2006): 9-21.

Chambers, D. (2005) Words in My Hands: A Teacher, A Deaf-Blind Man, An Unforgettable Journey. Conifer, CO: Ellexa Press.

Cutsforth, T.D. (1972) The Blind in School and Society: A Psychological Study. New York, New York: American Foundation for the Blind.

De Coster K. and Loots G. (2004) Somewhere In Between Touch and Vision: In Search of a Meaningful Art Education for Blind Individuals. The International Journal of Art & Design Education, 23(3): 326-334.

Devlieger P., Renders F., Froyen H. and Wildiers K. (editors)(2006) Blindness and the Multi-sensorial City. Antwerp, Beligium: Garant Publishers.

Eriksson Y (2003) What is the history of tactile pictures? In Axel E. & Levent N. (Eds.) Art beyond sight. New York: The American Foundation for the Blind & Art Education for the Blind.

French, S. (1991) The Advantages of Visual Impairment: Some physiotherapists' views, New Beacon, 75 (872): 1 - 6.

Hine, R.V. (1997) Second Sight. Berkeley, California: University of California Press.

Hocken, S. (1978) Emma and I: The True and Inspiring Story of a Young Woman’s Triumphant Search for Sight. New York: Thomas Congdon Books.

Hull J. (1990) Touching the rock: An experience of blindness. London: SPCK

Husson T. (2001) Reflections: The life and writings of a young blind woman in post-revolutionary France. New York University Press. New York.

Kleege G. (1999) Sight Unseen. New Haven, Connecticut: Yale University Press.

Kleege G. (2010) Dialogues with the Blind: Literary Depictions of Blindness and Visual Art. Journal of Literary & Cultural Disability Studies, 4 (1): 1-16.
Kordi G. (1991) An Iranian Odyssey. London, England: Serpent’s Tail.

Kuusisto, S. (1998) Planet of the Blind: A Memoir. New York: Dell Publishing.

Lash, J. P. (1980) Helen and Teacher: The Story of Helen Keller and Anne Sullivan Macy. New York: Delacorte Press.

Little J. (1987) Little by Little: A Writer’s Education. Markham, Ontario: Penguin Books.

Lusseyran, Jacques (1963) And There Was Light: Autobiography of Jacques Lusseyran, Blind Hero of the French Resistance. Edinburgh: Floris Books.

Lusseyran, Jacques (1999) Against the Pollution of the I: selected writings of Jacques Lusseyran. New York, NY: Parabola Books.

Magee B. & Milligan M. (1995) On Blindness. Oxford, U.K.: Oxford University Press.

Marston J., Golledge R. & Costanzo M. (1997) Investigating Travel Behaviour of Nondriving Blind and Vision Impaired People: The Role of Public Transit. Professional Geographer, 49(2): 235-245.

Mason M.G. (2004) Working Against the Odds: Stories of Disabled Women`s Work Lives. Boston, Mass: Northeastern University Press.

Michalko, R. (2002) The Difference that Disability Makes. Philadelphia: Temple University Press.

Michalko, R. (1999) The Two-In-One: Walking with Smokie, Walking with Blindness. Philadelphia: Temple University Press.

Michalko, R. (1998) The Mystery of the Eye and the Shadow of Blindness. Toronto, Ontario: University of Toronto Press.

Millar S. (1997) Reading by Touch. London, U.K.: Routledge.

Omansky B. (2011) Borderlands of Blindness. Boulder, Colorado: Lynne Rienner Publishers.

Potok, A. (2002) A Matter of Dignity: Changing the World of the Disabled. New York: Bantam.

Poulson, J. (2002) The Doctor Will Not See You Now. The Autobiography of a Blind Physician. Ottawa, Canada: Novalis Press.

Resnick , R. (1975) Sun and Shadow. New York: Atheneum.

Rowden T. (2009) The Songs of Blind Folk: African American Musicians and the Cultures of Blindness. Ann Arbor, Michigan: University of Michigan Press.

Sacks O. (1996) The island of the colour-blind and Cycad Island. London: Picador.

Sandahl C. (2004) Black Man, Blind Man: Disability Identity Politics and Performance. Theatre Journal, 56(4): 579-602.

Scadden, L. (2008) Surpassing Expectations: My Life Without Sight. Philadelphia, PA: Xlibris Corporation

Scott, Robert A. (1969) The Making of Blind Men. New York: Russell Sage Foundation.

Shah, F. (1992) “The Blind Woman, Her Family and Participation in the Community (Rural)”. In Imprinting Our Image: An International Anthology by Women with Disabilities. Charlottetown, P.E.I.: Gynergy Press.

Sullivan, T. & Gill D. (1975) If You Could See What I Hear. New York, New York: Signet.

Swain J. & French S. (2004) Whose Tragedy: Towards a personal non-tragedy view of disability. In Swain J., French S., Barnes and Thomas (eds.) Disabling Barriers ? Enabling Environments. (2nd ed.) Sage. London.

TenBroek, J. (1966) The Right to Live in the World: The Disabled in the Law of Torts, California Law Review. 54 (2): 841-919. Available online.
http://scholarship.law.berkeley.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=2940&context=californialawreview

Van Hoven B. and Elzinga M. (2009) ‘Bikes are Such a Nuisance’ - Visually Impaired People Negotiating Public Space in Groningen. European Spatial Research and Policy, 16 (1): 131-144.

Vermeij, G. J. (1998) Privileged Hands: A Scientific Life. New York: W.H. Freeman and Company.

Vreeland, S. (1988) What Love Sees. Thorndike, Maine: Thorndike Press.

Weihenmayer E. (2002) Touch the Top of the World. New York: Penguin Books.

White P. (2003) Sex Education or How the Blind Became Heterosexual. Journal of Lesbian and Gay Studies, 9(1/2): 133-148.

Worth N. (2013) Visual Impairment in the City: Young People’s Social Strategies for Independent Mobility. Urban Studies, 50 (3): 574-586.


 
 
>TOP

◆◆2013/05/15 16:33
  [mlst-ars-vive:013947] 精神関係明日他

私の担当の木曜隔週1620〜1930 於:412(次回は明日)
は、『生の技法』文庫本
http://www.arsvi.com/ts/2012b3.htm
読んできてもらってということでやって
ますが、「精神」「知的」…の場合
「自立生活(運動)モデル)」(というものがあるとして)
でやっていけるか、という話はずっと前からあります。
前回もその話になりました。
精神障害者、その運動のことで
いま書類書いている白田さんと
神谷
http://www.arsvi.com/w/km23.htm
のこと研究している田中(ま)
さんに話してもらいます。
とびいり可です。

なお、上記の共著本(他)の宣伝の連載
http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html
やってます(最新のものまだ上記の目次にないことに
気づきました。以下↓)
http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa12.html

なお「精神」関係では
http://www.arsvi.com/d/hf.htm
からリンクされるページ群
たいへん偏っていますが、それこみで(その意味で)
他にないものになっています。
ごらんください。
またここに関係する情報の増補について
「精神研」(関連?)のMLに配信しています。
またお知らせしますが
関心ある人は立岩までどうぞ。

大野さん作成の橋本(他)関連ページ
http://www.arsvi.com/d/hf.htm
のこと
http://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
で知らせてます。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/15 19:48
  [mlst-ars-vive:013949] 「共同連」関係

なにかで辿っていて発見
http://blog.goo.ne.jp/erovows/e/a9ddac2ebb0f93d3542d2015e6db4999

共同連
http://www.arsvi.com/o/kdr.htm
のこと研究している人いるので。
いちおうお知らせ。
共作連
というのとは違いますと書こうとしたら
http://www.arsvi.com/o/ksr.htm
なかみまったくないでした。偏っております。


関係ないですが
大仏(おららぎ)という坊さんのいた寺が天台宗の寺だった
という認識はありませんでした。
http://www.arsvi.com/b1900/8803oa.htm
手元にないので確認できませんが
たぶんわたし
まちがって真宗だと思っていたのでしょう。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/16 15:11
  [mlst-ars-vive:013954] 出所者のセルフヘルプグループ

以下、前にも言及した岡さん
http://www.arsvi.com/w/ot04.htm
がMLに配信したものです。立岩

――以下――

偶然みつけたビックイシュー213号に出所者のセルフヘルプグループの特集がありました。
そこで知った出所者のセルフヘルプグループです。

配りの会
http://kubari.jimdo.com/

セカンドチャンス!
http://secondchance1.blog37.fc2.com/blog-entry-227.html


 
 
>TOP

◆◆2013/05/16 22:08
  [mlst-ars-vive:013956] Re: 些事(「共同連」関係

植村さん
http://www.arsvi.com/w/uk01.htm
青木(千)さん
http://www.arsvi.com/w/ac02.htm
どうも。
25年ぶりに、書庫にあった
その本開いてみました。
運動史的にはきわめて周辺的なところだけ
引用しました。「宗派」について
http://www.arsvi.com/b1900/8803oa.htm
だいたいかんじはわかりました。
スキャナ便利ですがけっこうたくさん
まちがいもするので
(それでもなおしきってないです)
へんなてまかかりました。

がさっきまで田中(ま)さんの
話でしてたが、人物ほか歴史のことを
やる人はまあ集められるだけは集めることです。


立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/17 10:39
  [mlst-ars-vive:013959] 「共作連」

http://www.arsvi.com/o/ksr.htm
とりあえず作成。関心ある人ははどうぞ。
立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/17 13:19
  [mlst-ars-vive:013960] サズ 1920〜2012/asylumonline

ときどきそこから紹介する英語のMLより
サズ
http://www.arsvi.com/b1900/7000st.htm
昨年なくなったらしいです。それいぜんに
どういう人であったのか私はまったく知らないのですが。

関係で
http://www.asylumonline.net/
というものがあるそうで、雑誌が出てます。
ひとつふたつ短いのをみたきりでまだ
どういうものかわかっていません。

秋元
http://www.arsvi.com/w/ah06.htm
が(田中(ま)さんが研究している)神谷
http://www.arsvi.com/w/km23.htm
からサズのことを聞いて、という話が
http://www.arsvi.com/b1900/7605ah.htm
に出てきます(pp.213-214)。あとで引用しておきます。
ただそこでは「語るべきことが多すぎるので、ここでは
割愛したい」となっています。
どこかで「語っている」のを見かけた人は
教えてください。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/17 14:15
  [mlst-ars-vive:013961] 子宮頸がんワクチン/CRPS(〜今夜番組)

いずれについても研究している人がいますので。
cf.
http://www.arsvi.com/d/crps.htm
http://www.arsvi.com/w/om24.htm

以下は大熊(由)氏
http://www.arsvi.com/w/oy05.htm
より。氏(たち)に対するスタンスについては
拙著『唯の生』
http://www.arsvi.com/ts/2009b1.htm
に記してあります。気がつかない人もいるかも
ですが。立岩

――以下――

子宮頸がんワクチン接種後に副反応1196件 詳細調査へ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130516/bdy13051613400003-n1.htm

 今年度から定期接種になった子宮頸(けい)がんのワクチン2種について、ワクチン販売
時から今年3月末までに医療機関から1196件の副反応報告があったことが16日、厚生
労働省の厚生科学審議会部会で報告された。このうち死亡や障害が起きるなどの重い副反応
は106件だったが、死亡の2例はいずれも、ワクチンとの因果関係は否定された。部会は
今後、副反応の詳細について調査することで一致した。

 部会では、子宮頸がんワクチンを接種後、体にさまざまな痛みなどが現れる複合性局所疼
痛症候群(CRPS)と報告された5例の症状が紹介された。CRPSに詳しい信州大学医
学部の池田修一教授が「治療は手探りで、診療できる医師も少ない。専門家が診断すること
が必要だ」と報告。保護者らから寄せられたその他の症例についても議論したが、「症状の
種類が広く、接種との関連を結論づけるのは難しい」「さらに詳細な情報が必要だ」などの
意見が相次いだ。

 子宮頸がんの予防接種をめぐっては、ワクチン接種後に重い健康被害に苦しむ中高生がい
るとして「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」が設立され、接種中止を求める嘆願書が
厚労省に提出されている。

◆子宮頸がんワクチン、副作用で重篤106件
朝日新聞デジタル 5月16日(木)13時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000005-asahi-soci

 子宮頸(けい)がんのワクチンで接種後の健康被害が報告されている問題で、厚生労働省
の検討会は16日、因果関係を判断するための情報が不足しているとし、医療機関などから
報告されていない例も含めて調査を進めることを確認した。接種の一時中止などは必要ない
との意見で一致した。

 厚労省が検討会に示した資料によると、販売が開始された2009年12月以降、3月末
時点の副作用報告は1968件。接種者数でみると、1万人に1人から2万5千人に1人の
割合になる。このうち、運動障害が残るなど重篤とされたケースも106件あった。

 同省によると、製薬会社のグラクソ・スミスクライン製造のワクチンでは、医療機関から
1001件、製造販売会社から704件、別の製薬会社、MSD製造のワクチンは、医療機
関から195件、製造販売会社から68件の報告があった。接種者数に対する報告の割合は
0・004〜0・014%。これまで報告されていた割合と、違いはなかった。医療機関側
が接種との関連があるとした例は733件だった。

◆NHKは、今夜0時から「子宮頸がんワクチン 揺れる安心
時論公論  チャンネル:総合
放送日時: 2013年5月17日(金)
午前0:00〜午前0:10 [木曜深夜](10分)
「子宮頸がんワクチン 揺れる安心」飯野奈津子解説委員


 
 
>TOP

◆◆2013/05/20 17:01
  [mlst-ars-vive:013972] W杯サッカー/筑波大『社会学ジャーナル』

いつのころからお送っていただいている
『社会学ジャーナル』38(筑波社会学研究室)20130331
に、関係ある人が「いなくもない」ものとして
◇W杯サッカー大会への「集合的身体(Collective Body)」の記憶――日本と韓国の比較を通して
◇言語聴覚士における国家資格制定過程――「ことばの管轄権」をめぐって

この雑誌掲載の論文
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/
で全文みられるようですがこの号はまだのようです。
&みられるのは画像のPDFみたいです。
今週書庫にもっていくつもりです。

ついでに検索したら、
http://www.arsvi.com/b2000/0903km.htm
立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/23 14:40
  [mlst-ars-vive:013990] 『私的所有論 第2版』文庫版

まだ本屋さんには出てないですが
書庫には(さっきから)あります。
http://www.arsvi.com/ts/2013b1.htm
(このページこれから増補していきます。)
1890→1500円と
著者割引価格−αで販売しております。どうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/24 14:40
  [mlst-ars-vive:014004] デフフリースクール

先週報告した
クァクさんの研究に(も)関係して

龍の子学園
http://www.arsvi.com/0u/t02.htm
スマイルフリースクール
http://www.arsvi.com/0u/s02.htm
(近くこの2つのファイル名かえます)
青山氏の卒論
http://www.arsvi.com/2000/030300at.htm
cf.
http://www.bunkyo-human.jp/html/human_teacher.html

メーリングリスト・メールマガジンの一部を
保存していくだけでも
なにかのやくにたつことはあります。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/25 09:04
  [mlst-ars-vive:014005] 障害学ML(日本語)/予告&補遺 於:生活書院サイト

以下(★)のような情報を私は配信したりしています。
加入については
http://www.arsvi.com/ds/ml.htm
をごらんください。
以前は静岡県立大学の石川さんのところで
管理していますが今はこちらで。
渡辺(克)さん
http://www.arsvi.com/w/wk06.htm
が尽力してくださいました。



以下のような文章(宣伝)を書かせていただいています。
よろしかったらごらんください。立岩

http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa12.html
◆012 2013/05/15 「それはやはり社会の根本に関わる」
http://www.seikatsushoin.com/web/tateiwa.html
◆011 2013/03/20 「『生の技法』広告続・白石さんたち」
◆010 2013/03/01 「『生の技法』補遺+使い方・1」
◆009 2013/02/19 「『生の技法 第3版』/『私的所有論 第2版』/電子書籍」
◆008 2013/01/07 「生命倫理学会の大会で」
◆007 2012/12/27 「『生死の語り行い・1』出てます・続」
◆006 2012/12/24 「『生死の語り行い・1』出てます」
◆005 2012/09/20 「あらためて「序」:『生死本』(仮)の準備・5」
◆004 2012/09/03 「オランダの安楽死:『生死本』(仮)の準備・4」
◆003 2012/08/27 「カレン事件補遺:『生死本』(仮)の準備・3」
◆002 2012/08/21 「家で死ぬ本:『生死本』(仮)の準備・2」
◆001 2012/08/07 「『生死本』(仮)の準備・1」


 
 
>TOP

◆◆2013/05/25 17:09
  [mlst-ars-vive:014007] 客員研究員の件

このかんもいくつか問い合わせあり。
1)事務局のかたに質問などにこたえていただいているのですが
どこかに関連HPなどあれば教えてください。


2)センターのHPにも
http://www.arsvi.com/
にも客員研究員一覧といったものは
みあたらないようにおもいます。
あったほうがよいというようなこと
になったことがあるような
気がしますが気のせいかもしれません。

すくなくとも〜1)情報がみやすいところにあれば
ほかにも希望される方はいるとおもいますので。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/26 11:10
  [mlst-ars-vive:014009] 『ユージン・スミス: 水俣に捧げた写真家の1100日』

山口由美 2013
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093798443/ryospage03-22

どこかで話題に出て知って、こないだ院生でない
授業への参加者との話でこの本のことを。
(まだ)私はもってません。書庫にもないです。で、人頁
にも今のところありません。

ついでに
某京都新聞記者(下記の拙文中に出てくる人ですが)
が、(いまは中尾ハジメ氏といるという)
アイリーン・スミス氏への聞き書きをしたいと前から言っています。

ユージン・スミス(の写真掲載やめた話)への拙著(『良い死』)での言及部分は
http://www.arsvi.com/w/se03.htm
に引用してあります。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/26 12:09
  [mlst-ars-vive:014010] 『現代思想』6月号特集:フェリックス・ガタリ

http://www.arsvi.com/m/gs2013.htm#06
千葉さんが「分裂分析的哲学」という対談に出てます。
http://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
ついでに、いつもは載せないのですが私の「連載」の冒頭部分も
http://www.arsvi.com/ts/20130090.htm

http://twitter.com/#!/ShinyaTateiwa
でも知らせるつもり。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/26 22:20
  [mlst-ars-vive:014011] 精神科看護関連

精神病院で実質働いていたのは看護者
(とくに以前は無資格者含む)だったわけで
それがどんなだったか調べるというのはおもしろいことで
幾人か関係する研究している人いますが
同時に、なかなか(当時の人の高齢化も含め)
困難なところもある。

その制約は仕方のないものですが
+教科書等、書かれたもの(とくにわりと古いもの)
を見てなにか言うという手も
ないではない。(かえってそれに手間取ったら
逆効果ということもありますが。)

本のタイトルにあるものだけで以下、等。
(たしか60年代中頃のがほかにあったかと。)
ほかにもけっこういろんな本に「看護師の役割」
みたいな文章、もちろん研究している人は知ってる
+自分で教科書書いてる人もいたりする
わけですが。

http://www.arsvi.com/b1900/6404et.htm
http://www.arsvi.com/b1900/7311hs.htm
http://www.arsvi.com/b1900/8202hs.htm
http://www.arsvi.com/b1900/8410ys.htm

http://www.arsvi.com/b1990/9302nm.htm
http://www.arsvi.com/b1990/9805ta.htm
http://www.arsvi.com/b1990/9811kk.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0503ta.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0512nm2.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0805aj.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0610fk.htm

http://www.arsvi.com/m/p3039.htm
http://www.arsvi.com/m/p3043.htm
http://www.arsvi.com/m/p3053.htm
http://www.arsvi.com/m/p4014.htm

江副(松沢病院)編などがますあって
浜田ら編の73年・82年の(+いくつか、『精神医療』の特集等)は学会騒動…に関係している。
中沢(生活臨床)のはかなり実際に影響与えたものだということに
なっている。
中井のはまたひとあじ違うらしい(私は読んでない)。

ちなみに
http://www.arsvi.com/b2000/0803mk.htm
も読んでいないので、おもしろいかしりません。立岩


 
 
>TOP

◆◆2013/05/27 22:27
  [mlst-ars-vive:014014] 精神研ML宛:24〜27日

■From: 立岩真也
Sent: Friday, May 24, 2013 12:29 PM
To: seishinken@freeml.com
Subject: [seishinken:0466] Re: 生活療法に対する最近の文献(田島)

田島様皆様

はい。わたしもたまたまこの文献
あるのを先月だったか知りました。
中身はちゃんどみれていませんが。
烏山のことは桐原氏がやるらしいのでおまかせ
しようと思ってますが、今書いているもので
すこしはふれようかと。たぶん文献表にも
載せさせていただくことになろうと。

当の昭和大学の人がというところが
ちょっとおもしろいかも。

あとちょぼちょぼ
引用など増やしています。
きちんと更新できているわけではありませんが
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
ときどきごらんください。

立岩

 ……

[…]

http://www.showa-u.ac.jp/sch/nr/frdi8b000000flzo-att/11_0002.pdf

田島明子

■From: 立岩真也
Sent: Saturday, May 25, 2013 8:50 PM
To: seishinken@freeml.com
Subject: [seishinken:0467] 臺弘1984「生活療法の復権」全文

が収録されている本より。
http://www.arsvi.com/b1990/9112uh.htm
下に浅野による批判もくっつけときました。ご参考まで。立岩

■From: 立岩真也
Sent: Sunday, May 26, 2013 10:06 AM
To: seishinken@freeml.com
Subject: [seishinken:0468] 臺弘1990「生活臨床その後」全文

が収録されている本より。
http://www.arsvi.com/b1990/9112uh.htm
たぶんそのうちこの文章単体で一つのファイル(ページ)にします。
ご参考まで。立岩

■From: 立岩真也
Sent: Monday, May 27, 2013 9:17 PM
To: seishinken@freeml.com
Subject: [seishinken:0469] 秋元波留夫1974「精神科看護を考える」含む『心の病気と現代』(1976)

http://www.arsvi.com/b1900/7603ah.htm
看護についての部分はそうたいしたことを言ってなく
しかしそういうものとしてそれがあったことをみておくということも
あってよいかと。&全体として
(ピネル神話について云々という事実認識は別として)
この人言っていることはなにかおかしいと思われるが、それはどこか?
という問題を出してもよいような気がします。立岩


MLホームページ: http://www.freeml.com/seishinken



立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)