HOME > eMAILS > 先端総合学術研究科院生宛(2011年) >

先端総合学術研究科院生宛・2011年04月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年1月  2008年2月  2008年3月  2008年4月  2008年5月  2008年6月  2008年7月  2008年8月  2008年9月 2008年10月  2008年11月  2008年12月  2009年1月  2009年2月  2009年3月  2009年4月  2009年5月  2009年6月  2009年7月  2009年8月  2009年9月  2009年10月  2009年11月  2009年12月  2010年1月  2010年2月  2010年3月  2010年4月  2010年5月  2010年6月  2010年7月 2010年8月 2010年9月 2010年10月 2010年11月 2010年12月 2011年01月 2011年02月 2011年03月

last update: 2011/02/20

立命館大学大学院先端総合学術研究科



◆◆2011/04/30 15:08
   [mlst-ars-vive 11020] 『現代思想』震災特集他
◆◆2011/04/30 12:41
   [mlst-ars-vive 11019] 上野〜主婦論争/重ねてお詫び
◆◆2011/04/27 16:24
   [mlst-ars-vive 11007] クァクさんの人工内耳論文
◆◆2011/04/27 11:39
   [mlst-ars-vive 10999] 重症心身障害児施設続
◆◆2011/04/27 00:00
   [mlst-ars-vive 10993] 0510-19『臨生のアート』展
◆◆2011/04/26 23:50
   [mlst-ars-vive 10992] 公募情報
◆◆2011/04/26 23:33
   [mlst-ars-vive 10991] 震災関連作業次の段階へ
◆◆2011/04/26 22:01
   [mlst-ars-vive 10990] 院生他の新刊はどこにあるか
◆◆2011/04/26 21:44
   [mlst-ars-vive 10989] 『連帯の挨拶』も売上げを寄付+
◆◆2011/04/25 18:56
   [mlst-ars-vive 10979] 共同連/お詫び
◆◆2011/04/21 20:53
   [mlst-ars-vive 10961] 『連帯の挨拶』
◆◆2011/04/21 20:06
   [mlst-ars-vive 10960] 震災関連:バクバクの会/組合…
◆◆2011/04/21 18:56
   [mlst-ars-vive 10959] ケニアのろう者たちはどうやって就労しているのか?
◆◆2011/04/21 16:11
   [mlst-ars-vive 10957] 挨拶幾つか
◆◆2011/04/21 13:15
   [mlst-ars-vive 10950] 明日立岩/震災関連の研究として
◆◆2011/04/21 12:20
   [mlst-ars-vive 10947] 『死刑執行人の日本史』売上げも寄付
◆◆2011/04/21 11:01
   [mlst-ars-vive 10946] 2012年生命倫理学会大会は立命館
◆◆2011/04/18 10:48
   [mlst-ars-vive 10926] 資質に欠ける教師のこと続
◆◆2011/04/17 09:03
   [mlst-ars-vive 10918] 精神障害精神医療本
◆◆2011/04/16 13:40
   [mlst-ars-vive 10916] (共依存への)介入
◆◆2011/04/16 13:28
   [mlst-ars-vive 10915] 『バイオ・コリア…
◆◆2011/04/14 22:15
   [mlst-ars-vive 10904] 震災関連/リハビリ
◆◆2011/04/14 13:41
   [mlst-ars-vive 10894] その本(Re: [mlst-ars-vive 10893]【新刊案内】政治経済学の規範理論
◆◆2011/04/10 16:24
   [mlst-ars-vive 10871] 看護師
◆◆2011/04/10 09:58
   [mlst-ars-vive 10868] 田島本追加/原発関連
◆◆2011/04/09 22:55
   [mlst-ars-vive 10865] 障害学ML/誤字等多数につき・他
◆◆2011/04/09 19:11
   [mlst-ars-vive 10864] 資質に欠ける教師のこと
◆◆2011/04/09 18:34
   [mlst-ars-vive 10862] 神谷・光田続/初出
◆◆2011/04/09 17:45
   [mlst-ars-vive 10861] 全文/病院の話→山田様
◆◆2011/04/09 14:35
   [mlst-ars-vive 10859] 訂正+「拝啓池田総理大臣殿」
◆◆2011/04/09 14:27
   [mlst-ars-vive 10858] 重症心身障害児施設続(島田療育園)
◆◆2011/04/09 12:21
   [mlst-ars-vive 10855] 重症心身障害児施設
◆◆2011/04/09 12:09
   [mlst-ars-vive 10854] なおすこと
◆◆2011/04/07 14:22
   [mlst-ars-vive 10839] 広告/新聞/本の噂
◆◆2011/04/07 12:52
   [mlst-ars-vive 10836] 『技術と人間』
◆◆2011/04/07 11:41
   [mlst-ars-vive 10834] 0713/14韓日
◆◆2011/04/07 10:31
   [mlst-ars-vive 10833] 神谷・光田
◆◆2011/04/06 21:24
   [mlst-ars-vive 10828] 提言・要望書掲載開始
◆◆2011/04/06 20:55
   [mlst-ars-vive 10827] 障害者と教育・文献
◆◆2011/04/06 17:17
   [mlst-ars-vive 10823] 安田さんリーズ
◆◆2011/04/06 16:28
   [mlst-ars-vive 10822] 科研費外れ
◆◆2011/04/05 22:59
   [mlst-ars-vive 10816] 『地震イツモノート』続
◆◆2011/04/05 18:17
   [mlst-ars-vive 10814] 『国際的障害者運動の誕生』販売→寄付
◆◆2011/04/05 13:46
   [mlst-ars-vive 10809] なんで本を並べて登録するなどといったことをやっているのか
◆◆2011/04/04 21:53
   [mlst-ars-vive 10803] 医療社会学/震災関連
◆◆2011/04/02 16:53
   [mlst-ars-vive 10791] 定藤本・賛辞
◆◆2011/04/02 10:51
   [mlst-ars-vive 10790] 反響〜原発
◆◆2011/04/02 00:22
   [mlst-ars-vive 10788] メールマジガン臨時号
◆◆2011/04/01 19:35
   [mlst-ars-vive 10785] 続・他
◆◆2011/04/01 19:10
   [mlst-ars-vive 10784] 「「社会人(院生)」の本・2」
◆◆2011/04/01 18:45
   [mlst-ars-vive 10783] 修論・予備論を捨てない
◆◆2011/04/01 12:27
   [mlst-ars-vive 10773] 年11037311ヒット/原発/報道


 
 

>TOP

◆◆2011/04/01 12:27
   [mlst-ars-vive 10773] 年11037311ヒット/原発/報道
年1100万を超えました。
http://www.arsvi.com/.kloga/www.arsvi.com/
http://www.arsvi.com/z/h04.htm#a

原発関連新しいファイルも作られてました。
http://www.arsvi.com/d/npp.htm
からたどれます。

報道3月分
http://www.arsvi.com/d/d10201103p.htm
ずいぶんな量になりました。4月も引き続き
有松さんにお願いいたします。

宣伝すべきは各自が各所にということでお願い
いたします。立岩


 
 

>TOP
◆◆2011/04/01 18:45
   [mlst-ars-vive 10783] 修論・予備論を捨てない
イムさんプレゼントありがとうございます。
(韓国の社会運動の映像メディアでの発信はすごいと
いつも思います。)

今日はそのイムさん、クァクさん等と話。
イムさんが韓国の大学院に出された修士論文は
「韓国資本主義以降時期の浮浪者お呼び浮浪者政策に対する考察
――マルクス理論を中心に」というもので
日本語訳をいただきました。ここから何本もの論文を
出すことができるだろうという話をしました。
博士予備論文・修士論文を(したくても)ないことにしないで
そこから使える部分を使ってまず一つ、二つと書いてみる
ことを考えてください。自分がこれからやりたいことと違ったものであっても
それはそれとして、(雑誌)論文にしておくということに
意味のある場合もあります。
3年次入学の人が(ここのところずっと)多いのですが
最初の年度から論文等発表する方がよい人も多いと
思います。これからしばらくわりあい書庫にいるつもりです。
最初が肝心です。学振の書類をそろそろです。よろしく。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/01 19:10
   [mlst-ars-vive 10784] 「「社会人(院生)」の本・2」
震災関係の報道
http://www.arsvi.com/d/d10201103p.htm
(40万〜バイトに)
を不休で集めて載せてくれている有松さん
http://www.arsvi.com/w/ar02.htm
と(これで学振行きますかといった話も含め)話
していた中で言及した(大賀さんという)人・本
(とかいっても書名とか忘れていたのですが)
について
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006010.htm
(ここに出てくる本の頁ないことに気づきました。)

別の本で(書誌情報ちょっと違ってますが→似田貝「編」かと)
http://www.arsvi.com/b2000/0802nk.htm

なんでものを書くかということにも関わり
御一読いただけれはど。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/01 19:35
   10785">[mlst-ars-vive 10785] 続・他
その大賀さんの文章は(例えば)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/serial/7-z27/eqb90_016.html#01
その目次は(これはさきの拙文の頁にも記載されていますが)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/serial/7-z27/index.html

今日いただいた本(登録用書籍の一番最初のところに置きました)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4790715221/ryospage03-22
亀井さん
http://www.arsvi.com/w/kn01.htm
「音声言語と手話のはざまで」
等があります。コートジボアールあたりの話です。
アフリカ、聴覚障害…ということで
新PDと相談しつつ、これらの文献表やらの整備もと
思っています。


 
 

>TOP

◆◆2011/04/01 00:22
   [mlst-ars-vive 10788] メールマジガン臨時号
4月1日、片岡さん作成配信くれた、まぐまぐ
http://archive.mag2.com/0001126512/index.html
で読めるのとほんのすこし
改行とか変わってます。
配信先1001人になりました。
(不達で返ってくる人もいますけど。)
登録してない人
登録してくださいませ。あと「直送版」配信先
思いついたらお知らせください。立岩

――以下――

◆立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点メールマガジン
2011年4月1日発行 増刊号[通巻21号]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇立命館大学グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点ウェブサイト
http://www.arsvi.com/
◇立命館大学生存学研究センター
http://www.ritsumei-arsvi.org/

■生きて在るを学ぶ────────────────────────

今回は増刊号を皆様にお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 震災関連情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震におきましては、被災者の方々、
並びにご家族・ご関係者の皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

本拠点ではこのたびの大震災に際し、寄せられた情報を
http://www.arsvi.com/d/d10.htm
(3月14日新設)とそこからリンクされるページに掲載しています。

また、原子力関連として
http://www.arsvi.com/d/npp.htm
http://www.arsvi.com/d/npp-d.htm
も作成し、随時増補中です。

上記ページに掲載されていない情報などございましたら、ぜひご提供
ください。掲載させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】 生存学研究センターHPリニューアル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前号でもお知らせしましたが、本日付で生存学研究センターHPを
リニューアルしました。
http://www.ritsumei-arsvi.org/

これまで以上にさまざまな情報を提供していく予定ですので、引き続き
ご愛読のほど宜しくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 2011年度ポストドクトラル・フェロー(PD)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本拠点の2011年度PDは以下の5名になります。
http://www.ritsumei-arsvi.org/aboutus/read/id/5
毎月1回刊行するメールマガジンの定期号は、この5名が
交代で担当する予定です。どうぞ宜しくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】 新刊
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1)前便でもお知らせしましたが、『生存学』3号(特集:精神)
http://www.arsvi.com/m/sz003.htm
そして
2)『老いを治める──老いをめぐる政策と歴史』
http://www.arsvi.com/b2010/1103aj.htm
好評発売中です。ご関心のある方は是非ご一読ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】 編集人後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日は4月1日。一般にはエイプリルフールで有名ですが、本拠点に
とってはグローバルCOEプログラムの最終年度初日になります。
本拠点では今後も出来る限りお役に立てる情報を提供していく予定です。
引き続きご愛読のほどよろしくお願いします。       (片岡稔)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者:立命館大学生存学研究センター センター長 立岩 真也
〒603-8577京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8475 begin_of_the_skype_highlighting 075-465-8475 end_of_the_skype_highlighting FAX: 075-465-8342
E-mail: arsvive2010[あっと]gmail.com

■編集担当:片岡 稔(プロジェクト・マネージャー)

*これは立岩
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
から増刊号を、アドレスを存知あげている方にbccで送らせていただくものです。
http://archive.mag2.com/0001126512/index.html
で簡単に登録することもできます。また月1回刊行の通常号
(2月23日に第11号(通巻18号)・3月23日に第12号(通巻20号))
はこの「直送版」ではお送りいたしておりませんが、
これらも含めバックナンバーも全部ご覧になれます。

登録していただいている場合には同じものが以後2つ届くことになります。
2通着いてしまった方もいらっしゃるかもしれません。
お手数ですが、立岩まで御一報いただければ、こちらからお送りするのを
止めます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

* 現在お送りしている数:登録401+直送600

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
このメールへのご意見ご感想は、e-mail: arsvive2010[あっと]gmail.com まで


 
 

>TOP

◆◆2011/04/02 10:51
   [mlst-ars-vive 10790] 反響〜原発
メールマガジン臨時号出した昨日1日のアクセス
http://www.arsvi.com/.kloga/www.arsvi.com/usage_201104.html
原発への関心がやはり高いようです。
http://www.arsvi.com/d/npp.htm
4月からは橋口さん
http://www.arsvi.com/w/hs01.htm
やっていただけるとのことありがとうございます。
細かなミス(改行タグの打ち忘れとか)ついでに
なおしてくださいませ。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/02 16:53
   [mlst-ars-vive 10791] 定藤本・賛辞
アマゾンに出てから(表紙写真載せてたら)とも思いましたが
http://www.arsvi.com/b2010/1103sk.htm
いま3冊書庫に(1冊購入されました→2冊)。来週初めに追加されるそうです。

あたまのところに短文を書かせていただきました。
http://www.arsvi.com/ts2000/20110015.htm
所謂「社会人院生」の皆さんにという思いもありまして。

売り上げ震災関連の寄付にあててくださるとのことです。
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm
どうぞ(どうか)お買い求めください。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/04 21:53
   [mlst-ars-vive 10803] 医療社会学/震災関連
藤原さん作
http://www.arsvi.com/d/sm.htm
こういう立派なものは(もとの私がやってたものはどうでもよい
ものであって、それにこだわる必要はまったくないです)
(ここからリンクされている諸頁をちゃんと読んでいけば
半期の講義分ぐらいのものは得られます)
更新履歴
http://www.arsvi.com/a/r.htm
に記されていても、みなが見るということには
残念なことになかなかなりませんから告知お願いします。
それから作成者の名前も(頭としっぽと両方とかに)
わかりやすく大きめに記載お願いします。
また[med-socio]といったMLもありますから
適宜そういうところにも宣伝してくださいませ。

震災関連
http://www.arsvi.com/d/d10.htm
すこし更新しました。
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
も→HP様 立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/05 13:46
   [mlst-ars-vive 10809] なんで本を並べて登録するなどといったことをやっているのか
http://www.arsvi.com/d/h.htm
の下の方にとりあえず
http://www.arsvi.com/d/h.htm#b

『生存学』3
http://www.arsvi.com/m/sz003.htm
ものすごく長いインタビューというか
対談というかで、みなさんがこういうことを
するよいのではなかろうかということを
話しております。期間限定・関係者限定
1500円。書庫にあります。よろしく。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/05 18:17
   [mlst-ars-vive 10814] 『国際的障害者運動の誕生』販売→寄付
訳者の長瀬さんが送ってくださいました。
http://www.arsvi.com/b1900/8800dd.htm
明日以降書庫で販売します。
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm#3
できればお買い求めください。
(郵送もします。)
この本、紹介したことがありますが、
DPI(障害者インターナショナル)の事務局で
バイトしてた人が書いた修士論文の日本語訳
です。人が書かない(知らない)(大切な)ことを
書けば、それでよいのです。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/05 22:59
   [mlst-ars-vive 10816] 『地震イツモノート』続
青木(千)さんありがとうございます。
http://www.arsvi.com/b2000/0704ji.htm

http://www.arsvi.com/ts/sale.htm#3
すでにテーブルの上にありますので
直接(1000円入れて)持っていく方はどうぞ。

履歴
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
もすこし更新→HP様


 
 

>TOP

◆◆2011/04/06 16:28
   [mlst-ars-vive 10822] 科研費外れ
の連絡が来ました。
http://www.arsvi.com/ts2000/2011a1.htm
COEの金があるあいだは
それでやれということなのかどうか
わかりませんが、残念でございます。
また(あまり変わらないものを)
出しますけども。企画自体は
あるお金の範囲内でぼつぼつと
進めてまいります所存です。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/06 17:29
   [mlst-ars-vive 10823] 安田さんリーズ
数日前、青木(慎)さん
http://www.arsvi.com/w/as01.htm
から見送りに行ったという連絡をいただき
さっき、その安田(真)さん
http://www.arsvi.com/w/ym12.htm
から着いてますというメールをいただきました。
そのうち、ときどき、リーズ便り、みたいなのを
送っていただけるのはではないかと
期待しております。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/06 20:55
   [mlst-ars-vive 10827] 障害者と教育・文献
今年度3年次入学のクァクさんが
そういう研究されるということで
長年放置してあった
http://www.arsvi.com/d/e19.htm
の一部を整理して(とても)「とりあえず」文献表
http://www.arsvi.com/d/e19b.htm
作成。いまクァクさん御自身の基礎的勉強として
日本で出た本のファイル(頁)作ってます。
それらを登録したりリンクしたりしていきます。
HP担当者、PDの皆様、この方面の知識ある
人としての野崎さん、よろしくお願いいたします。
cf.韓国で話してきた話
http://www.arsvi.com/ts2000/20100119.htm

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/06 21:24
   [mlst-ars-vive 10828] 提言・要望書掲載開始
有松さん
の提案で、いただいた情報に加えて
とりあえず
http://www.arsvi.com/d/d102011s.htm
作ってみました。情報、有松さんにお願いします。
(HPに過去メールアップする際には
http://www.arsvi.com/ml/2011p.htm
有松さんのアドレス消してください→担当者様)
立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/07 10:31
   [mlst-ars-vive 10833] 神谷・光田
田中(ま)さんと幾度か話をしていますが
(幾度も申し上げることですが)
例えば、神谷
http://www.arsvi.com/w/km23.htm
にとって例えば光田という人がどうであったのか
既に出ているものものある(私は読んでません)
http://www.arsvi.com/b1900/8012km.htm
わけですが、それにいくらかの未公表のなにかさえあれば
例えば、長島における神谷についての証言
(晩年の)光田についての証言・記録
両者の関係「など」についてのなにかさえ出てくれば
充分論文にはなります。基本これ以上繰り返すことはないのですが
明日公共論史のあと、田中さんと。
関心ある人どうぞ。

そしてなにか書いてあったらそのまま引用して
引用箇所をはっきり記録しておくといった地道なことを
続けてください。

あと吉田(幸)さん
http://www.arsvi.com/w/ys13.htm
おもいのほかハンセン関係
http://www.arsvi.com/d/lep.htm
進んでないように思われます。有薗さんも必要あれば
話します。立岩

cf.
http://www.arsvi.com/ml/2011p02.htm#10288


 
 

>TOP

◆◆2011/04/07 11:41
   [mlst-ars-vive 10834] 0713/14韓日
キョンギ大学のチョさん
http://www.arsvi.com/w/cw02.htm
が院生たちをひきつけれてこちらに
いらっしゃいます。国際セミナーとかいう
「名前」のものをやります。時間の関係上
ポスターの割合が多くなるだろうと思います。
実施の前に韓国語版含め作ってしまって
それを互いに読んでいるという前提で
やれればと思っています。
基本福祉・障害の関係です。おおいに
報告を奨励します。むろん修了者、PDも。
相談に乗ります。
cf.
http://www.arsvi.com/a/20100527.htm#29
(このときは口頭発表のみ)
http://www.arsvi.com/a/20101123.htm
(ボスター報告あり)

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/07 12:52
   [mlst-ars-vive 10836] 『技術と人間』
思い出した(思いついた)ときにということで。
むかし『技術と人間』
http://www.arsvi.com/m/gn.htm
という雑誌がありました
(私自身が借りて上記に登録していぐらいで
ほとんどもってません)。

前日に記したような事情で今年度
貧乏ですが、安く、そろいで(そろいに近く)
買えるところがあったら買っておいて
よいだろうと思います。

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/07 14:22
   [mlst-ars-vive 10839] 広告/新聞/本の噂
1)日曜10日の朝日新聞書評面下に、
『生存学3』、『老いを治める』、『若者の労働運動』
の広告が載るそうです。
生活書院より。

2)こないだ取材受けた
震災関連のこちらでの情報発信について
今日『京都新聞』夕刊に載るようです。
京都新聞の記者の方より。ただ(このたびも)
中味知らせておりませんので
中味わかりません。

3)ネット上での書評とかそういうのは「気楽」にやって
ください。今日、多くの本が
出されたことも気づかれず
出されて消えていくわけです。私のはほっといて
いいですから、このごろおびただしく出た
院生・修了生のもの、そして『生存学』について
批評・宣伝・噂…を。
けなしたければけなしてもよいわけです。
またアマゾンなんかに載せたものについても
その評者がよいのであれば筆名か実名でその文章を
こちらのHPにも転載してなんら問題ないです。

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 12:09
   [mlst-ars-vive 10854] なおすこと
昨日もたくさんの人と話をしました。今年度(前期課程)入学の
坂井さんは、障害者におけるなおすことに対する
ネガティブな姿勢というかについて、それをもう一回
とらえなおすというかそういうことを考えておられるようです。
いちぶPDの堀さん
http://www.arsvi.com/w/ht08.htm
まじえ、いろいろ話しましたが、そのなかで言及した『生存学』3の
一部を引用しておきました。
http://www.arsvi.com/d/t04.htm
ご参考まで。

脊髄損傷・頸椎損傷をなおすことについて(近年)あった
様々をまずは記録していくこともよいとか
(中国で手術法があるということで行く人が出てくる
→日本せきずい基金
http://www.jscf.org/
は(基本なおるようになることについて大変積極的だが)
その際には警告、とか)
クリストファー・リーブ
をめぐって色々言われたこととか(彼が実際したこととか)
そういうことも調べておいてもよかろうと。
入ったばかりということで急ぐことはないですが、だんだんと。

関連して、ALSの治療法について昨年韓国で起こったことについて
だけでも論文1本は書けますよ→安様

『生存学』
http://www.arsvi.com/m/sz.htm
ここで勉強したい人はみんな買ってください。

販売→寄付
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm
対象書籍増えています。

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 12:21
   [mlst-ars-vive 10855] 重症心身障害児施設
そういう施設で働いてきたことある奥田さん
(今年度前期課程入学)と話。
大人になってもそこに居続けざるをえないと
いったことが一気になることで
という話でした。ますほんとどの人はそういう
施設があることを知らないので、どういういきさつ
で出来た施設で、いまどんな具合でといった
外側から「まずは」おさえていく。

私自身ほとんとまったくなにも知りませんが
インタビューさせていただいた杉本さん
http://www.arsvi.com/w/st21.htm
はびわこ学園
http://www.biwakogakuen.or.jp/
に関わったことのある方でもあります。

なにか文献などご存じの方あったら
(できればこのMLに)知らせてくださいませ。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 14:27
   [mlst-ars-vive 10858] 重症心身障害児施設続(島田療育園)
奥田さん、堀さんありがとうございます。
島田療育園でこのHP「内」検索すると
いくつか出てきます。

また
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4805823682/ryospage03-22
はあきらかに(私は)買ってないので今注文しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J7B4YA/ryospage03-22

http://www.arsvi.com/d/d00b.htm
によるとある(※が所蔵)はずですが(私も一読はしましたし、最初の共著本の
文献表には載っています)、その本の頁(ファイル)はありません。

年代順の本はあるが頁がないとか
いろんなことが(かなりたくさん)起こっています。
私自身のミスも含めたいろんなことがあってのはずのことで
そのへんの点検、整備
PDのみなさんと打ち合わせながら、今年度の優先課題として
進めていく所存です。

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 14:35
   [mlst-ars-vive 10859] 訂正+「拝啓池田総理大臣殿」
> 年代順の本はあるが頁がないとか
発行年代(訳書については今のところ訳書の発行年)順に
並んでいる棚に本はあるはず*
 *どうぞ(どうか)御利用ください。ただし代本版とノートへの
 記入、できるだけ早めの返却、よろしく。
+その本についてのHP上のファイル(頁)はない
というような意味です。すみません。

ついでに
たまたまいちぶでは有名な文章の一部
http://www.taiyonoie.or.jp/09_information/information_0410-1.html
みつけました。
どこかに全文が載っているのかもしれません。立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 17:45
   [mlst-ars-vive 10861] 全文/病院の話→山田様
堀さんさらにどうも。
「拝啓」、ウェブ上にはどうなんでしょう。
というのは、長年放置していたに近い
http://www.arsvi.com/a/a.htm

http://www.arsvi.com/a/d1970.htm
等、足していければという思いもあり。その際
他のどこかに既に載っているならこっちの手間は省けるわけですので。
ただ、今回のようにどこかの本に全文があるという情報も
ときには重要ですので、それも含めて掲載していくのもよかろうと。



いちど鼎談というのに出た(1999→サイト上からは消えているようです)
からということなのか、
ずっと送っていただいている(→たいへんかさばる)ものに
『週刊医学界新聞』というものがあり、ウェブ上で読めます。
めったに封をあけない紙版の方でちらっと目にとまった猪飼氏の対談
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02916_01
ありました。病院経営の実務にも関わってこられたという
山田さん(今年度3年次入学)等には関係あるかと。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641173591/ryospage03-22
は(私は見ておりますが)基礎文献として読んでおいた方がよかろうと。
http://www.arsvi.com/d/sm-b.htm#ji
にはありますが、本そのもののページはまだないようです。
(どこかで見かけたような気もするのですが。)

立岩


 
 

>TOP

◆◆2011/04/09 18:34
   [mlst-ars-vive 10862] 神谷・光田続/初出
田中(ま)さんに昨日話したこと

神谷はえらい人だということになっている
光田は(いまは)いけない人だということになっている。
しかし二人は、長島愛生園においてつながっており
神谷は光田について肯定的な文章を書いてもいる。
これはいかなることか?
本稿では、まず、二人の関係について既に公刊されているものから
確認できることを確認する。そして、二人(の関係)について
これまで公表されていない文章、証言を加え
?を解くてがかりをえようとする。

まず、公刊されているものに(現在は)
http://www.arsvi.com/b1900/8012km.htm
におさめられている……がある。
もとは197*年に……から出版されている。
書き下ろしで書かれたもののようで
(昨日上記のみすず書房を見た限りでですが)
光田が没した**年の何年後に書かれたものである。
その文章は、
1)最初に神谷が長島にわたって12?日間をすごした
その時の日記(もとは……に掲載されたもの)の
一部の再録であり、それが全体の大部分を占めている。
そこには……が書かれている。
2)そしてその前後に、新たに書かれた短い文章が置かれている。
そこには……が書かれている。
1)の時点――光田が長島の経営に乗り出して…年のころ――
で、神谷が長島そして光田のことをよく知っていたとは考えられず、
そこで活躍している光田を見て、敬服の念をいだいたこと、それを
記したこと自体には不思議はない。ただ、その前後に書かれるのは
基本的には賛辞である。…年の日記が大部分を占める、そして
その前後にそうした文章が置かれた文章が…年に書かれ
存在する不思議はやはり残る。

じつはその後、長く2人の間に直接の交流はなく、再開するのは
…年で、光田が長島の経営から離れる…年前、没する…年前の
…年のことであり、再会以降の関係は短い時期のことである。
初回を含め、神谷が光田のことを直接に知り、ともに行動した期間は
じつはきわめて?短い間のことである。
これは記録を見ていけば誰にでもわかることだが、
それでも一つ、確認しておいてよいことではあるだろう。
(その再開後の光田について神谷は「……」と記している。)

こうして、一つに、実際のところを知らなかったということは
言えるようだ。それにしても… 既にこの(神谷の本が出た時期)
光田はすでに批判を受けてもいる。神谷はそのことを知っているし
そのことを記してもいる。とすると…やはり。

他に、二人の関係について記されているものはないか?
まず、著作をすべてあたったところ →結果
また、長島にある資料室?に……しかじかがあり、ここには
……
また、二人をともに知る今となっては少ない人である……氏に
うかがったところ…

どう終わるかわかりませんが、まずはこんな流れかなと。
文章が「いつ」(どんな媒体に、どんな性格のものとして)発表された
のかということは時に大切です。
昨日も言いましたけど、弔辞で悪口を言う人はあまり(あるいはまず)
いない、とか。

あと、演習とくに面談においてはレコーダーを使われることを
多くの場合におすすめします。

あと、メールは、いくらかでも公共性?があると思われる場合は
私信でなくMLにいただけた方がよいです。 立岩

----- Original Message -----
From: "立岩 真也"
To:
Sent: Thursday, April 07, 2011 10:31 AM
Subject: [mlst-ars-vive 10833] 神谷・光田


> 田中(ま)さんと幾度か話をしていますが
> (幾度も申し上げることですが)
> 例えば、神谷
> http://www.arsvi.com/w/km23.htm
> にとって例えば光田という人がどうであったのか
> 既に出ているものものある(私は読んでません)
> http://www.arsvi.com/b1900/8012km.htm
> わけですが、それにいくらかの未公表のなにかさえあれば
> 例えば、長島における神谷についての証言
> (晩年の)光田についての証言・記録
> 両者の関係「など」についてのなにかさえ出てくれば
> 充分論文にはなります。基本これ以上繰り返すことはないのですが
> 明日公共論史のあと、田中さんと。
> 関心ある人どうぞ。
>
> そしてなにか書いてあったらそのまま引用して
> 引用箇所をはっきり記録しておくといった地道なことを
> 続けてください。
>
> あと吉田(幸)さん
> http://www.arsvi.com/w/ys13.htm
> おもいのほかハンセン関係
> http://www.arsvi.com/d/lep.htm
> 進んでないように思われます。有薗さんも必要あれば
> 話します。立岩
>
> cf.
> http://www.arsvi.com/ml/2011p02.htm#10288
>


 
 


◆◆2011/04/09 19:11
   [mlst-ars-vive 10864] 資質に欠ける教師のこと
西中さん(今年度3年次入学)は
いまは特別支援学校とか呼ばれるところで(も)
働かれてこられたわけですが、その関心は
http://www.arsvi.com/d/e19.htm
(↑中味ないですが)、文献表
http://www.arsvi.com/d/e19b.htm
にちょくに関係するというよりは、

そういう学校にいる(まわされてくる)教師
の多くがよろしくない、それは教師の採用・配置の
(各自治体にある)仕組み(あるいはもっと「うちうち」の…)
にある、というところに発しているようです。

まず「特殊教育」その関係の学校、と教師についての
規定であるとか、採用、「それ」用の(教師に対する)教育(あるなし等)
や配置換えについての仕組み・実態
がどうであるかをこれはある程度普通に調べれば
出てくるだろうから調べてみると。

そして、「上」の「担当」の人たちが何かしゃべってくれるとはあまり
考えられないから、別ルートで話をとってくる

というぐらいのことは言いましたが…。なかなか。

教師の質がわるいということは、いろんな立場の人が
ずっと言い続けたきたことで
(だから、まあそうなんでしょう)
だからどうしようという話も始終言われてきた。
免許の更新制とか、再教育とか。
いくらかは実施もされていた。しかし、まあ
だからどうということはない(なっていない)。
例えば医師他についても同様なことがあってきた。
けど結局、学会とか出たらハンコついてもらって、
それが何個たまると「なんとか医」みたいなもんで
しかない。
「特殊教育」というところをちょっと離れて、そういう
教員(あるいは所謂専門職の)採用・再教育…についての
あれこれを調べるという手
もないではないかもしれませんが、
(教育社会学という分野なんでしょうか、私はそっち
方面はまったくわかりません)
そうおもしろいかというと…。

なにか思いついたらと思いますが。

なおここの院生にはそういう学校の教員をやっておられる
方もいらっしゃいます。
また(むしろ「社会教育」の方向でということも考えて迷ってますが)クァクさん
http://www.arsvi.com/w/kj04.htm
話が(すぐに)かみ合うとはあまり思えませんが実は関係あることをしている片山さん

http://www.arsvi.com/w/kt24.htm
民族学級のこととか調べて書かれている梁さん
http://www.arsvi.com/w/yy08.htm
さらにしりとりのように続けると、ブラジルからの人に日本語教える場に
自身関わりながら博士論文(今)書いている能勢さん
http://www.arsvi.com/w/nk08.htm
などおられます。また各種「特殊学校」を経験してきた(そして各々の思いを
抱いている)院生他も幾人か
いるはずです。立岩


 
 


◆◆2011/04/09 22:55
   [mlst-ars-vive 10865] 障害学ML/誤字等多数につき・他
新入学の方もいらっしゃいますので
年に1回ぐらい知らせていることですが
障害学関連については、どこまで有益か?
なところはありますが、とりあえず登録して
ください。
http://www.arsvi.com/ds/ml.htm

私は「そういう」方面のことは(このMLでなく)
そっちに流しています。
2010年途中まで私が配信したものは
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
からご覧になれます。

今日もメール誤字というか誤記多くすみません。
だいたい前後からわかるだろうということで
いちいち訂正しませんが。すみません。

未処理のメールが大量にあります。
それはまたということでもそれもすみません。


 
 


◆◆2011/04/10 09:58
   [mlst-ars-vive 10868] 田島本追加/原発関連
売れた分寄付
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm
に田島本
http://www.arsvi.com/b2000/0906ta.htm
(この頁、とても充実しているのでぜひ
ご覧ください。)
追加。田島さんありがとうございます。

箱田・渡邉作原発関連頁も増補
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

立岩


 
 


◆◆2011/04/10 16:24
   [mlst-ars-vive 10871] 看護師
山田さんありがとうございます。
(他の方々も、授業ではさんざん自己紹介させられていると
思いますが、その場にいることのできない人たちもたくさんいますので
さんさんごご自己紹介などしていただければと。)

看護師について、いぜんその関係の学校に勤めていたこともあり
http://www.arsvi.com/d/n04.htm
というのがあるにはありますが、ここに移ってから
ほぼ放置してあります。本には書庫にあるものも
ないものもあります。もちろんこのリストにない本も
きわめてたくさん出ています。
ご存じと思いますが、専門の雑誌も幾つも出ています。
あと、ここの院生は看護の現場・教育に関わっている方々が
たいへん多数おられます。
(話していて(きわめて)よくでる話題は看護大学等における
教員たちの間の「軋轢」というか、「抑圧」というかで、
その「すごさ」には差がありつつ、なかなかたいへんそうです)

看護(師)のどの辺りについて知りたいか
知らせていただけるとさらによいと思いますし
「その筋」の人たちがいろいろと智恵を授けてくれると思います。

立岩




 
 

◆◆2011/04/14 13:41
   [mlst-ars-vive 10894] その本(Re: [mlst-ars-vive 10893]【新刊案内】政治経済学の規範理論
その本、いただきまして
私がいるテーブルあたりに
ありますので、ざっとみた上
(私はまだみておりませんが)
お買い求め手くださいませ。立岩

----- Original Message -----
From: "あべあきら"
To: "生存学ML"
Sent: Thursday, April 14, 2011 11:12 AM
Subject: [mlst-ars-vive 10893] 【新刊案内】政治経済学の規範理論


> みなさま
>
>
> おはようなぎとこんにちワニの淡い、あるいはそのアマルガム
> あべです
>
> 標記、関心の向きもすくなくなかろうということで
> http://www.keisoshobo.co.jp/book/b86936.html
> ただ紙幅のわりに内容もりだくさんな感じで
> ひとつひとつの議論がうすい可能性ありますが
> つまりは概説の域を出ない怖れがあるので
> いったん中身みてから買うのが得策かもしれなイルカ
>


 
 

◆◆2011/04/14 22:15
   [mlst-ars-vive 10904] 震災関連/リハビリ
大量の未処理メールをまだ処理しきれて
おりません。すみません。
明日学校行く予定です。

震災関連などすこし更新。
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

なにかのついでに買った
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895903419/ryospage03-22
あんまり読みたいかんじはしないんですが
最後のところが「障害受容」の話で
その次の頁に田島本
http://www.arsvi.com/b2000/0906ta.htm
の1頁広告が載ってました。

http://www.arsvi.com/ts/sale.htm


 
 

◆◆2011/04/16 13:28
   [mlst-ars-vive 10915] 『バイオ・コリア…
昨日、6人ほどと話したでしょうか。安さんと
(ALSの)薬の話。その時いっていたのは
以下の本です。
http://www.arsvi.com/b2000/0902fk.htm
書くとしたら重ならない範囲で。あるいは
ここらの時期はほんの軽く触れて
昨年あたりの出来事を中心にという手が
あろうかと。立岩


 
 

◆◆2011/04/16 13:40
   [mlst-ars-vive 10916] (共依存への)介入
小西さん(今年度3年次入学)と話。
いろんな接近の仕方はありますが
「…とは何か?」という問いの立て方は
ときにやっかいなことがあり
それは本人そして/あるいは他人からみて有害であるが
本人は離れない(離れられない、離れたくない)
という事態でもあるわけですから
そこに他人がどのように介入するのか
(せざるをえないのでいないか/しないでいざるをえないか)
といったあたりを、例えは
そういうことが起こっている「現場」に一定
関与しつつ、どうしたものか考えていくという手
もあるという話を(なかなか案が出てこない中が終わりの方で)
話をしました。これは
「パターナリズム」という主題にも関わり
ここの院生だと樋澤さん
http://www.arsvi.com/w/hy07.htm
の(もとの)主題でもあります。
http://www.arsvi.com/d/p03.htm
その時申し上げたように
すこしだけ関係ある話を韓国での短い講義の後半でもしています。
http://www.arsvi.com/ts2000/20101123.htm
立岩


 
 

◆◆2011/04/17 09:03
   [mlst-ars-vive 10918] 精神障害精神医療本
藤原さんが整理などしてくださって
だいぶみやすくなったりしました。
ご覧ください。
http://www.arsvi.com/d/m01b.htm

関連本年度末にかなり買い込みまして
いま登録作業していただいていますので
近く大幅に増えるのではないかと。

立岩


 
 

◆◆2011/04/18 10:48
   [mlst-ars-vive 10926] 資質に欠ける教師のこと続
有田さん
http://www.arsvi.com/w/ak06.htm
御無沙汰です。

Sent: Saturday, April 09, 2011 7:11 PM
Subject: [mlst-ars-vive 10864] 資質に欠ける教師のこと
について(メールの中味は上記をご覧ください)。

> (だから、まあそうなんでしょう)
は一つには、いささか「なげやり」な表現で
まずは大学の教員がずっとそういうことを言われ
続けてきたわけで、(大学の、に限らず)
へきえきとしているというところはあるわけです。

ただ上記のメールのもとになった私のうかがった話は
現に問題がある、それは多く自治体…の側の(多く明示的な規則になって
いない)「仕組み」の問題である
ということであり、私は実状を知りませんが
その可能性(という前に何をもって「質」を言うのかうという
問題があるのですが)はあるのだとことであり
私は実状を知りませんが、その可能性はあると思いました。
そしてそういう研究というのはまずなされない、
やりようも難しい、けれども、そこに関心の中心があるのであれば
なされてよいだろうということを申し上げました。

上述のように、地域間に大きな格差があるというこのようです。
私の知る限りでは大阪は、教員たちを含む運動が盛んだったところです。
http://www.arsvi.com/d/e19b.htm
そのようなことも(現在にどのように影響しているのかしていないか
私は知らないこともあり論文に生かされるかはやってみないとわかりませんが)
ひとつには知っておいてもらいたい、現場で働かれてきた教員も
いるといったことも申し上げました。

と、だいたいそんなところです。とりあえず。立岩


 
 

◆◆2011/04/21 11:01
   [mlst-ars-vive 10946] 2012年生命倫理学会大会は立命館
10月27、28日、衣笠キャンパスの予定
(未確定です)。
関係する人は報告するつもりで。
あと企画を考えてください。どうせなら
あまりくだらないものにはしたくないので。
あと働きたい人も歓迎です。立岩


 
 

◆◆2011/04/21 12:20
   [mlst-ars-vive 10947] 『死刑執行人の日本史』売上げも寄付
させていただけることに(これまでに箱に投げ入れられた分含む9)。
買い求めください。
http://www.arsvi.com/ts/sale.htm

今のところ「私設」ぽくなってますがこれはよろしくないので
「なんとか有志」みたいなの金(はたぶんだいぶさきに
→金がいるのはこれからだと思いますし)は送るつもりです。

震災関連更新中
http://www.arsvi.com/d/d10.htm
各種要求文書の扱いをどうするか、今ちょっと
考えています。立岩


 
 

◆◆2011/04/21 13:15
   [mlst-ars-vive 10950] 明日立岩/震災関連の研究として
0422金 1000〜鹿島/1300〜1610「公共論史」02 藤原/新山/1800斉藤(書類)
あとあべさんと立ち話?ぐらい。などです。
これまで「公共」の方のMLに予定流していましてましたし
今後もそれを基本にしようと思いますが、行き違いなど
けっこう起こるので、こちらでもついでのあるときはと。

佐藤(浩)さん
http://www.arsvi.com/w/sh07.htm
と先日話して(当初はそういうことでもなかったのですが)
停電は起こらなかったがいろいろたいへんだった(あり続けている)
中野区(+ほんとに起こったもっと西の方とか)
の呼吸器とか使っている人やその家族に様子を聞いたら
論文になるだろうと。これはまちがなくなります。
この大学が東京にあれば誰か他の院生を加勢に
ということになるのですが、そういうのも難しいのかなと。

実際に行ったらいいんじこゃないかという話も聞くのではありますが
今行ってどうこういうことでもないだろうと。
(でもそういう気持ちの人はいるということです)。

上記の佐藤さんみたいな、べたといえばべたな調査を今のうちに
一定行ってておくとよいとは思います。

あと、青木(千)さんが頼まれて、こちらと縁ないことはない人の
介助に行ってきました。そのうち報告?とかあるかもしれません。
cf.
http://www.arsvi.com/o/s-fukushima.htm

立岩


 
 

◆◆2011/04/21 16:11
   [mlst-ars-vive 10957] 挨拶幾つか
こんどのメールマガジンに載せてもらうごく短いの。
http://www.arsvi.com/ts2000/20110028.htm
こないだの臨時号(の草稿)(おもに震災関連)
http://www.arsvi.com/ts2000/20110020.htm

以下は片岡さんに英語にしてもらったもの。
年始の
http://www.arsvi.com/2010/110115eme.htm
震災関連
http://www.arsvi.com/2010/110315eme.htm
http://www.arsvi.com/2010/110331eme.htm
(前からちょっと思っていたのですが
私のブラウザーだと左寄せになるのですが
センタリングの方がよくはないかと。)

韓国語のメールマガジン(等)のことについては
本日中に関連MLに相談しようかと。

立岩


 
 

◆◆2011/04/21 18:56
   [mlst-ars-vive 10959] ケニアのろう者たちはどうやって就労しているのか?
以下斉藤さんより。こういう情報の周知のこと
明日、新山さんと話す機会もありますので相談させて
いただこうから〜斉藤さんはアフリカ情報のHP掲載の
仕事をしているので(報酬はAJFに寄付されるのですが)
客員研究員などになれず、このMLのメンバーにはなって
いないのです。)立岩

――以下――

斉藤[あっと]AJF事務局です。

つい先日、静岡県立大学を卒業した原山浩輔さんの標記テーマに関する卒論を、
以下の通り、立命館大学グローバルCOE生存学創成拠点ウェブサイト に掲載しま
した。

途上国における手話言語集団としての生計獲得
――ケニアのろう者の事例に基つ?いて――
http://www.arsvi.com/2000/110301hk.htm

上記ページから、PDFファイルをダウンロードすることもできます。
また、昨年12月に開催したAJF・DPI日本会議・GCOE生存学合同学習会「アフリカ
の障害者の現状と課題:ろう者の取り組み、JICA研修 の波紋」で原山さんが
行ったプレゼンのファイルへもリンクしています。

原山さん自身が、ケニア手話で行ったろう者への聞き取りをもとにした「第3章
ろう者の生計手段〜ナイロビにおけるフィールドワークから〜」に特に興味をひ
かれました。
内容への質問やコメントを、info[あっと]ajf.gr.jpあてに送ってもらえたら、彼に転送
します。


 
 

◆◆2011/04/21 20:06
   [mlst-ars-vive 10960] 震災関連:バクバクの会/組合…
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
原発関連更新していただいたの含め
すこし足しておきました。

「全文」の方こっちで勝手に足しておこうと思いますしたが
文字コードの関係らしくこちらからは化けてたのでやめました。

組合(ここで言っても仕方ないですが私は非組合員です)
主催の「催」の方は「催」には実際には
掲載してありません。→担当者様 立岩


 
 

◆◆2011/04/21 20:53
   [mlst-ars-vive 10961] 『連帯の挨拶』
http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0112537775
には出てました。拙の稚拙な「帯」を紹介していただいています。
明日現物を拝見できるようです。立岩


 
 

◆◆2011/04/25 18:56
   [mlst-ars-vive 10979] 共同連/お詫び
先週の授業の最後であったご質問への応答の部分で触れた
共同連(青木(千)作)は
http://www.arsvi.com/o/kdr.htm
で、私の(中味のない)短文は
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004020.htm
&こんど『解放社会学研究』に青木さんの論文載るそうです。

先週金曜一日はなんとかつとめたのですが
ここ数日ほとんどまったく仕事できる状況になく、
返信すべきものにしていないなもの
遅れているものななどたくさんあります。
まことにもうしわけありません。立岩


 
 

◆◆2011/04/26 21:44
   [mlst-ars-vive 10989] 『連帯の挨拶』も売上げを寄付+
安部さんの御厚意で、書庫にある分
ありがとうございます。
売上げ寄付させていただくことになりました。
ISBN10桁わかったようなので何か所か
書き換えたりしました。
http://www.arsvi.com/b2010/1103aa.htm
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

で、この本について何を言うか、ですが
それはちょっとまだ、ですが
http://www.arsvi.com/ts2000/20110018.htm
に記してある拙著の一部関係することが
書いてはあります。

定藤本好調です。書庫の在庫なくなりました。
http://www.arsvi.com/b2010/1103sk.htm
来週追加してくださるそうです。
まことにありがとうございます。

立岩


 
 

◆◆2011/04/26 22:01
   [mlst-ars-vive 10990] 院生他の新刊はどこにあるか
http://www.arsvi.com/
の右下の「新」のところにいくとあります。

上記からもリンクされてますが「成」
http://www.arsvi.com/a/p.htm
のところの本からも行けることになってます。

2つは重複するわけで無駄なかんもありますが
成り行き他でそうなっています。

今日はじめて現物を拝見した中倉さんの新著の
かっこいい表紙もご覧になれます。
http://www.arsvi.com/b2010/1103nt.htm

以上、基本的な知識についての格差が甚だしいので
(ということもあり)。立岩


 
 

◆◆2011/04/26 23:33
   [mlst-ars-vive 10991] 震災関連作業次の段階へ
メールやらずっとやってましたがまったく終わりませんでした。
すいません。明日にはなんとか。という話と別ですみませんが

To:
Sent: Saturday, April 23, 2011 8:51 PM
Subject: [mlst-ars-vive 10967]
報告:「被災地障がい者支援センターふくしま」に行ってきました

にありましたように、

> ◆避難者受け入れ情報の収集と整理・公開

> つきましては、関西圏(出来れば全国)での受け入れ状況
(バリアフリー住宅の有無や介助者派遣、作業所での受け入
れ等々)について情報を集める作業を手伝ってくださる方を
募集します。[…]

こうしたことをいくらかずつやってHPに掲載といった
ことを始めていきたいと思います(これまでについては※)。旧・現PD+後期課程院生
の何人かと準備を始めています。既に応じてくれるという人も
現われましたので(RAとしての立場としてということになろうかと)
それでまにあうかもしれませんが、他にもやってよいことはあるでしょう。
院生プロジェクトとも連動することになるでしょう。
数日内にとりあえずの体制が
できるでしょうが、それまでは参加希望の人は私に
連絡ください。

じかに調べにまわるというよりは、こちらとつながりのある関係者・機関
たくさんありますので、そこから得られる情報を(例えば単純に地域別に)
掲載していくといった仕事がまずあります。

「成果」は日韓・韓日でのセミナー、障害学会、等で発表していきます。
諸国語にする意義も大きいと思います。

※これまで
HPへのアクセスはほぼずっと増え続けているので
震災関連がどの程度影響しているのかわかりませんが
昨年の4月の1日の平均ヒット数が22000ぐらい
今月は33000ぐらいです。
http://www.arsvi.com/z/h04.htm
報道の収集・掲載という地道で根気のいる作業は有松さん
http://www.arsvi.com/w/ar02.htm
がいってにやってくださっています。
http://www.arsvi.com/d/d10201103p.htm
http://www.arsvi.com/d/d10201104p.htm
http://www.arsvi.com/d/d10201104p2.htm


立岩


 
 

◆◆2011/04/26 23:50
   [mlst-ars-vive 10992] 公募情報
古瀬さん
http://www.arsvi.com/w/ks05.htm
((たぶん)品切れになった御著書の全文無償テキストデータ公開を
されている方でもあります、いいさかの面識あります)より以下。

[…]

本学(静岡文化芸術大学)で教員を公募しています。社会学、デザインマーケ
ティング、製品デザイン、製品デザイン・ユニバーサルデザイン、各1名です。
下記Webをご覧ください。
http://www.suac.ac.jp/news/topics/813.html


 
 

◆◆2011/04/27 00:00
   [mlst-ars-vive 10993] 0510-19『臨生のアート』展
以下沢下さん(いきさつは忘れましたが、存じ上げている方です)
より。以前渡邉さん
http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
に冊子をお渡ししましたがそれを私にくださった方でも
あります。(ポスターは重たいので添付しません。)立岩

――以下――

こんにちは。

〈“癒し”としての自己表現展〉に集う人たちの作品展が京都造形芸術大学で行われますのでご案内いたします。関西では中々開かれることのない催しですし、14・15日には作者たちも参加しますので、ご興味があればこの機会にご参加ください。

なお別便にてチラシもお送りしました。

『臨生のアート』展  
精神科病院内の芸術活動 :1968〜2011
京都造形芸術大学 人間館1F〈Galerie Aube(ギャルリ・オーブ)〉
5月10日(火)〜5月19日(木)
10:30〜18:00

作者たちが自作の前で語る<ギャラリートーク>
14日(土)15:00〜 、15日(日)13:30〜

〒606-8271京都市左京区北白川瓜生山2−116
http://aube.kyoto-art.ac.jp/index.html

ちなみに、わたしは14日(土)15日(日)の両日ほぼ一日会場にいるつもりでいます。


 
 

◆◆2011/04/27 11:39
   [mlst-ars-vive 10999] 重症心身障害児施設続
中村さんありがとうございます。その本は買ってませんが
(今注文しました→着いたらもっていきます)
以下の1番目のものは入荷して配架用の棚の「急ぎ」(赤マーク)
のところにあります。(この場所にある本たちなぜか
登録が遅れる傾向にあります。)立岩

――以下――

Sent: Saturday, April 09, 2011 2:27 PM
Subject: [mlst-ars-vive 10858] 重症心身障害児施設続(島田療育園)

奥田さん、堀さんありがとうございます。
島田療育園でこのHP「内」検索すると
いくつか出てきます。

また
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4805823682/ryospage03-22
はあきらかに(私は)買ってないので今注文しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J7B4YA/ryospage03-22

http://www.arsvi.com/d/d00b.htm
によるとある(※が所蔵)はずですが(私も一読はしましたし、最初の共著本の
文献表には載っています)、その本の頁(ファイル)はありません。

年代順の本はあるが頁がないとか
いろんなことが(かなりたくさん)起こっています。
私自身のミスも含めたいろんなことがあってのはずのことで
そのへんの点検、整備
PDのみなさんと打ち合わせながら、今年度の優先課題として
進めていく所存です。

立岩

[…]


 
 

◆◆2011/04/27 16:24
   [mlst-ars-vive 11007] クァクさんの人工内耳論文
藤原さんが掲載の作業してくださいましたが
今年度3年次入学のクァクさん(テグ大学博士課程修了)
http://www.arsvi.com/w/kj04.htm

http://www.arsvi.com/2010/1006kj.htm

この主題を研究なさっている田中(多)さん
http://www.arsvi.com/w/tt16.htm
がいらしゃるのでお知らせ
関連頁
http://www.arsvi.com/d/ci.htm
にそのうちついでに追加するのもよかろうと。

一部を日本語にしたということで、かつ韓国の
雑誌に載ったものということですが、うまく工夫すれば
別媒体(日本語英語)で発表ということもありうるかもしれません。


 
 

◆◆2011/04/30 12:41
   [mlst-ars-vive 11019] 上野〜主婦論争/重ねてお詫び
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326653582/ryospage03-22
という本が出ており(千田編[2011])その第2章
鈴木忍「主婦論争の誕生と終焉――なお継承される問い」
(千田編[2011:30-57])ですが、分量ふくめてそんなには…。
いただきもの。そのうちもっていきます。
cf.
http://www.arsvi.com/w/uc01.htm
(の下の方)

原稿できましたか→村上潔(様)

メール返信できていない部分など
残っています。すみません。立岩


 
 

◆◆2011/04/30 15:08
   [mlst-ars-vive 11020] 『現代思想』震災特集他
http://www.seidosha.co.jp/index.php?%C5%EC%C6%FC%CB%DC%C2%E7%BF%CC%BA%D2
集中講義でいらっしゃる酒井(直)さんの文章も。
私は吉岡さん
http://www.arsvi.com/w/yh03.htm
の文章をちらっと見ました。この方が80年代かなり多くのものを
書かれ(たのだが)、その後、というのは
どうなっているのだろうという気持ちがすこしあります。

PCもなんだか調子よくなく滞ってますが
いくつか片付けようと。立岩