HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科院生宛・2009年5月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年1月  2008年2月  2008年3月  2008年4月  2008年5月  2008年6月  2008年7月  2008年8月  2008年9月 2008年10月  2008年11月  2008年12月  2009年1月  2009年2月  2009年3月  2009年4月 


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2007


◆◆2009/05/31 20:57
   [mlst-ars-vive 4499] お礼+(Re: [mlst-ars-vive 4497] Re: 文科省による障害学生支援のこと
◆◆2009/05/31 20:45
   [mlst-ars-vive 4498] 英語圏における書籍出版のこと続
◆◆2009/05/31 16:28
   [mlst-ars-vive 4496] 英語圏における書籍出版のこと
◆◆2009/05/31 16:24
   [mlst-ars-vive 4495] 文科省による障害学生支援のこと
◆◆2009/05/31 10:15
   [mlst-ars-vive 4493] 原因/帰属
◆◆2009/05/30 16:02
   [mlst-ars-vive 4491] 公共論史受講者様:上農/多言語問題覚書/他
◆◆2009/05/30 14:18
   [mlst-ars-vive 4490] HP関係でたくさん仕事する人へ
◆◆2009/05/30 14:04
   [mlst-ars-vive 4489] 0531生命倫理学会大会締切
◆◆2009/05/30 11:55
   [mlst-ars-vive 4487] HPアップ終了
◆◆2009/05/30 09:40
   [mlst-ars-vive 4486] 0530雨宮氏他
◆◆2009/05/29 23:02
   [mlst-ars-vive 4480] アップ中
◆◆2009/05/29 21:33
   [mlst-ars-vive 4478] HPがなくなっています、が
◆◆2009/05/28 20:56
   [mlst-ars-vive 4461] 大川0529必着締切
◆◆2009/05/28 14:20
   [mlst-ars-vive 4457] 学振の題名→関係者様
◆◆2009/05/28 11:32
   [mlst-ars-vive 4456] 市野川氏
◆◆2009/05/28 10:25
   [mlst-ars-vive 4455] RA業務についての聴取調整始めます
◆◆2009/05/28 08:31
   [mlst-ars-vive 4453] 『現代思想』ダーウィン/フーコー
◆◆2009/05/27 19:07
   [mlst-ars-vive 4445] 御礼+御願い→渡邉様HP様
◆◆2009/05/27 14:03
   [mlst-ars-vive 4438] 0120シンポジウム発言
◆◆2009/05/27 10:30
   [mlst-ars-vive 4434] 今日中に:障害学会大会自由報告応募
◆◆2009/05/27 10:28
   [mlst-ars-vive 4433] →梁様他様HPのこと(Re: [mlst-ars-vive 4432] RAの仕事方法教えて下さい
◆◆2009/05/27 09:23
   [mlst-ars-vive 4431] メール掲載してもらいました
◆◆2009/05/26 14:09
   [mlst-ars-vive 4423] 御礼→伊藤(佳)様西條様/リンクの場合→HP様皆様
◆◆2009/05/26 12:53
   [mlst-ars-vive 4420] 『自殺と向き合う』
◆◆2009/05/26 11:48
   [mlst-ars-vive 4418] CIL関係続→白杉様他
◆◆2009/05/26 00:01
   [mlst-ars-vive 4407] 市野川氏頁も(Re: [mlst-ars-vive 4406] COE主催市野川研究会の日程について(天田)
◆◆2009/05/25 22:34
   [mlst-ars-vive 4405] 障害学会大会自由報告応募現況
◆◆2009/05/25 20:57
   [mlst-ars-vive 4404] 精神障害2009とか
◆◆2009/05/25 20:50
   [mlst-ars-vive 4403] 精神障害者の介助
◆◆2009/05/25 20:39
   [mlst-ars-vive 4401] 人頁を(Re: [mlst-ars-vive 4400]石川左門さんの訪問について
◆◆2009/05/25 16:53
   [mlst-ars-vive 4397] 福祉社会学会シンポジウム要旨掲載
◆◆2009/05/25 15:21
   [mlst-ars-vive 4392] 小川さんが本追加してくれました
◆◆2009/05/25 13:57
   [mlst-ars-vive 4391] 転送:大阪大学医の倫理学教室雑誌原稿募集
◆◆2009/05/25 13:18
   [mlst-ars-vive 4390] 電気ショック/福祉社会学会
◆◆2009/05/25 10:42
   [mlst-ars-vive 4389] 『福祉社会学研究』6
◆◆2009/05/24 20:54
   [mlst-ars-vive 4387] 石川本/秋元本
◆◆2009/05/23 18:05
   [mlst-ars-vive 4379] 前便補足:肉体労働者募集
◆◆2009/05/23 17:51
   [mlst-ars-vive 4378] 文献→白杉様/書架の本/雑誌等
◆◆2009/05/23 07:59
   [mlst-ars-vive 4375] 陳さん京都での研修終了
◆◆2009/05/22 21:08
   [mlst-ars-vive 4374] 書籍さらに登録
◆◆2009/05/22 15:37
   [mlst-ars-vive 4369] 来週水曜まで所謂書庫番はなし
◆◆2009/05/22 15:17
   [mlst-ars-vive 4368] 『生存学』紹介記事/教科書バリアフリー法
◆◆2009/05/22 11:41
   [mlst-ars-vive 4362] 研究者番号他
◆◆2009/05/22 09:49
   [mlst-ars-vive 4354] 公募情報
◆◆2009/05/22 09:42
   [mlst-ars-vive 4353] GCOE奨励奨学金締切のこと
◆◆2009/05/22 08:04
   [mlst-ars-vive 4350] 2度目:障害学会大会自由報告募集
◆◆2009/05/22 07:10
   [mlst-ars-vive 4347] 締切延期
◆◆2009/05/21 19:09
   [mlst-ars-vive 4336] 「当座の仕事は幾つか」(Re: [mlst-ars-vive 4334] 立岩×周藤RTD
◆◆2009/05/21 15:56
   [mlst-ars-vive 4330] 書類の所謂差し替え/PD評価書/他
◆◆2009/05/21 15:35
   [mlst-ars-vive 4328] 再度お尋ね:テキストデータ化作業について
◆◆2009/05/21 13:38
   [mlst-ars-vive 4324] →永田様梁様天田様(Re: [mlst-ars-vive 4319]
◆◆2009/05/21 09:18
   [mlst-ars-vive 4316] 補足説明(Re: [mlst-ars-vive 4315] 書籍登録
◆◆2009/05/21 09:10
   [mlst-ars-vive 4315] 書籍登録
◆◆2009/05/20 11:10
   [mlst-ars-vive 4303] 田島さんもありかと
◆◆2009/05/20 09:44
   [mlst-ars-vive 4301] 御礼→藤原様/秋元氏/末安さん
◆◆2009/05/20 08:04
   [mlst-ars-vive 4297] 秋元[1976]
◆◆2009/05/20 07:41
   [mlst-ars-vive 4296] 別件です他(Re: [mlst-ars-vive 4291] Re: 石川氏続2
◆◆2009/05/19 23:04
   [mlst-ars-vive 4286] 武井さんはパム企画へ→阿部様
◆◆2009/05/19 22:25
   [mlst-ars-vive 4284] 補足(Re: [mlst-ars-vive 4283]本あるいは…の企画
◆◆2009/05/19 20:48
   [mlst-ars-vive 4283] 本あるいは…の企画
◆◆2009/05/19 18:28
   [mlst-ars-vive 4282] 石川氏続2
◆◆2009/05/19 07:40
   [mlst-ars-vive 4274] 反精神医学続/石川氏続
◆◆2009/05/19 07:11
   [mlst-ars-vive 4273] お礼×2
◆◆2009/05/18 23:24
   [mlst-ars-vive 4268] 会員限定のところ/発送しました
◆◆2009/05/18 22:23
   [mlst-ars-vive 4265] 『生存学』テキストデータ入荷
◆◆2009/05/18 19:42
   [mlst-ars-vive 4264] クーパー先生酔っぱらいの話
◆◆2009/05/18 12:44
   [mlst-ars-vive 4263] 転送:『障害学研究』第6号論文募集
◆◆2009/05/17 20:06
   [mlst-ars-vive 4260] (学振書類における)話の組立について/他
◆◆2009/05/17 10:07
   [mlst-ars-vive 4254] 0518・19立岩続→院生様
◆◆2009/05/16 22:23
   [mlst-ars-vive 4251] 石川左門氏続
◆◆2009/05/16 11:21
   [mlst-ars-vive 4247] 『島の新聞』
◆◆2009/05/16 11:13
   [mlst-ars-vive 4246] 認定NPO法人
◆◆2009/05/16 09:51
   [mlst-ars-vive 4242] 0516/0613/0718シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ2
◆◆2009/05/16 09:24
   [mlst-ars-vive 4241] 要旨は800字程度(Re: [mlst-ars-vive 4238] Re: 障害学会大会報告のこと
◆◆2009/05/15 21:41
   [mlst-ars-vive 4233] PSWの歴史
◆◆2009/05/15 21:25
   [mlst-ars-vive 4232] 石川左門氏→伊藤(佳)様
◆◆2009/05/15 10:47
   [mlst-ars-vive 4228] 障害学生・情報関係ML他→池田(雅)様他
◆◆2009/05/14 17:01
   [mlst-ars-vive 4217] 0522締切:2009年度グローバルCOE奨励奨学金
◆◆2009/05/14 12:07
   [mlst-ars-vive 4212] 日付間違いお詫び+
◆◆2009/05/14 11:56
   [mlst-ars-vive 4211] 0516りつりつ/0518・19立岩→院生様/本日
◆◆2009/05/13 20:59
   [mlst-ars-vive 4199] 0529必着大川/助成等→PD様
◆◆2009/05/13 20:22
   [mlst-ars-vive 4198] トヨタ終わり
◆◆2009/05/13 08:27
   [mlst-ars-vive 4187] 障害学会大会自由報告募集開始
◆◆2009/05/12 21:43
   [mlst-ars-vive 4185] 0518〜23立岩→院生様
◆◆2009/05/11 13:19
   [mlst-ars-vive 4176] 労働政策研究・研修機構データベースまとめて検索
◆◆2009/05/11 07:46
   [mlst-ars-vive 4175] 0512TBS番組で顔面移植について
◆◆2009/05/10 16:05
   [mlst-ars-vive 4173] 大同助成
◆◆2009/05/10 15:50
   [mlst-ars-vive 4172] 0515東京追加/0510始まってます
◆◆2009/05/09 19:54
   [mlst-ars-vive 4169] 0511高木俊介氏関西テレビ
◆◆2009/05/09 17:15
   [mlst-ars-vive 4168] 文庫本の扱い他→頁作成者様
◆◆2009/05/09 13:15
   [mlst-ars-vive 4167] 0510座談会(シンポジウム)の前に演習
◆◆2009/05/08 07:23
   [mlst-ars-vive 4149] 0515授業振替/0514駒場/等
◆◆2009/05/07 11:26
   [mlst-ars-vive 4142] 0510よろしく/『支援技法』増刷
◆◆2009/05/06 18:42
   [mlst-ars-vive 4138] 自閉症/福祉社会学会/→山口様
◆◆2009/05/06 17:54
   [mlst-ars-vive 4137] 障害学会大会報告のこと
◆◆2009/05/05 12:55
   [mlst-ars-vive 4132] カフマシーン/タックスヘイブン/HP→中倉様
◆◆2009/05/04 17:32
   [mlst-ars-vive 4128] 自閉症関連追加
◆◆2009/05/03 22:35
   [mlst-ars-vive 4126] 拙著等収録→視覚系様
◆◆2009/05/03 20:22
   [mlst-ars-vive 4125] 和田移植続
◆◆2009/05/03 20:12
   [mlst-ars-vive 4124] 法人税続
◆◆2009/05/03 07:50
   [mlst-ars-vive 4117] フリースクール続→細見様
◆◆2009/05/03 07:38
   [mlst-ars-vive 4116] アフィリエイト報告2009年4月
◆◆2009/05/03 07:32
   [mlst-ars-vive 4115] 安楽死:イタリア/スイス
◆◆2009/05/02 22:11
   [mlst-ars-vive 4110] 和田移植
◆◆2009/05/02 20:53
   [mlst-ars-vive 4108] 自閉症他研究素材→院生様
◆◆2009/05/02 16:13
   [mlst-ars-vive 4107] 配架続→永田様櫻井様
◆◆2009/05/02 14:02
   [mlst-ars-vive 4103] 天田本配架のこと→永田様他
◆◆2009/05/02 13:55
   [mlst-ars-vive 4102] 生井久美子『ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて』
◆◆2009/05/02 11:35
   [mlst-ars-vive 4101] 差別
◆◆2009/05/02 11:09
   [mlst-ars-vive 4100] お伺い:クリッピングサービス
◆◆2009/05/01 20:32
   [mlst-ars-vive 4096] 授業料クーポン制(フリードマン)→細見様
◆◆2009/05/01 17:43
   [mlst-ars-vive 4095] 本の配架のこと→この関係で働いている人々様
◆◆2009/05/01 09:25
   [mlst-ars-vive 4091] 0520医療通訳というお仕事:現場からの報告
◆◆2009/05/01 09:22
   [mlst-ars-vive 4090] 連休中のNHKの番組
◆◆2009/05/01 09:15
   [mlst-ars-vive 4089] 本日立岩→院生様


 
 
>TOP

◆◆2009/05/01 09:15
   [mlst-ars-vive 4089] 本日立岩→院生様

書庫についてます(整理してもらって、床的障害
減ってます)。

COE事務局のアドレスがこのMLにあり
他にはない、PDの一部についても同様
ということで(署名捺印やら打ち合わせやらの
ことがあり)私の日程・所在の連載は
引き続きこのMLでさせてもらいます。

本日1300〜1610授業 その前に今年度入学の
八木さん、等。

学振だいじょうぶなんでしょうか?
心配なものがあります。直前の対応はできかねます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/01 09:22
   [mlst-ars-vive 4090] 連休中のNHKの番組

以下、坂井さん
cf.
http://www.arsvi.com/b1990/9906sr.htm
より。

http://www.arsvi.com/ml/0.htm

http://www.arsvi.com/ml/2009p.htm

掲載のおりにはメールアドレスの処理よろしく
お願いします。→担当者様

立岩

――以下――

お世話になっている皆様

いつもご無沙汰しております
NHKの坂井律子です
連休が近づいてきましたが
いかがお過ごしでしょうか

連休中の特集番組のご案内です
お時間がありましたら、ぜひご覧ください

5月5日(火・祝) NHK総合テレビ 13:05〜14:52(107分)
「こどものきもち24じ」
同じ空の下暮らす、さまざまな現場の子どもたちの24時間
50歳の東京タワー(声:高橋克実)が子どもの声に耳を澄ますドキュメント
この50年の懐かしいモノクロ映像も登場します

5月6日(水・祝) NHK教育テレビ  10:00〜10:45(45分)
カラフル!スペシャル 「ぼくの ”すみれの兄弟”」
大阪市立総合医療センターすみれ病棟
小児がんと闘う健太朗くん(10歳)と、病室の仲間との友情を
健太朗君の言葉だけで描きます

上記「すみれの兄弟」は、4月から放送している
教育テレビ「カラフル!」の拡大スペシャルです
毎週木曜19:40〜の「カラフル!」もよろしくお願いします
(HP&スタッフブログは下記です)

☆・・☆・・☆・・☆・・☆・・☆
坂井律子
NHK制作局第1制作センター(学校教育)
sakai.r-gq@nhk.or.jp

☆新番組「カラフル!」 http://www.nhk.or.jp/colorful/
 スタッフブログ http://www.nhk.or.jp/colorful-blog/


 
 
>TOP

◆◆2009/05/01 09:25
   [mlst-ars-vive 4091] 0520医療通訳というお仕事:現場からの報告

以下、池田さん
http://www.arsvi.com/w/im02.htm
より。立岩

――以下――

関係者のみなさまへ

池田光穂(大阪大CSCD)です。

阪大CSCD:オレンジカフェー臨床カフェ:2009年5月
20日(水)についてのお知らせ
=====
下記の要項でオレンジカフェを開催します。関西圏の足もとからの国際
協力の関係者にはおなじみになりつつある医療通訳についてのトークで
すので、関心のある方には、是非お知らせください。添付あるいは下記
のURLよりフライヤー(ちらし)をダウンロードください。
◎医療通訳というお仕事:現場からの報告
http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/090520Trans.html
=====
医療通訳というお仕事:現場からの報告
話題提供:
 竹迫 和美(大阪大学大学院人間科学研究科)
 新垣 智子( 大阪大学大学院人間科学研究科)
 日時:2009年5月20日(水) 18時
30分〜20時00分
 場所:大阪大学(豊中)基礎工学部J棟1階オレンジショップ
■とき:2009年5月20日(水)18時30
分〜20時00分(終了後、茶話会あり)
■ところ:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
(CSCD)オレンジショップ
■ばしょ:〒560-0043大阪府豊中市待兼山町1-3大阪大学
基礎工学部J棟1階
     アクセス方法は大阪大学豊中キャンパスマップ
   http://www.osaka-u.ac.jp/jp/annai/about/map/toyonaka.html
■てーま:国際化から多文化共生社会へ!にもかかわらず文化的・民族
的背景が異なる人々への社会・公共サービスの不備が指摘されていま
す。医療通訳という実践はその最前線にあって、さまざまな困難に直面
しながらも、ゆるやかではありますが着実に根を下ろしつつあります。
今回は1月28日「臨床コミュニケーションとしての医療通
訳」の第二弾として、阪大大学院の院生であり、病院で医療通訳や医療
通訳者を束ねるコーディネーターを実践されているお二人に現場の話を
じっくり聞きます。医療通訳に関心のある大学生・大学院生そして市民
のみなさんと一緒に、医療通訳という業務(=お仕事)と、そのなかで
動くひとたちの現場について考えます。
■そしき:大阪大学CSCD[主催]/GCOEコンフリクトの人
文学研究教育拠点形成(外国人支援研究プロジェクト)
■ひと:池田光穂・西村ユミ(カフェマスター)
■さんか:どなたでも自由に参加できます(事前連絡は不要です)。
■CSCD問い合わせ:http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/inquiry


 
 
>TOP

◆◆2009/05/01 17:43
   [mlst-ars-vive 4095] 本の配架のこと→この関係で働いている人々様

登録待ちの棚のところに2段、黄色の(天田さんの)
シール貼ってある本ありますが、これは
これからファイル(頁)を作って配架というための
ものでしょうか?
わかってやっていればよいのですが
赤シールの方(立岩の本+このかん買ってきたもの)
はファイルを作ったものにシールを貼って
配架用のところに移すということになっているので
その辺、混乱があるといけないと思いうかがう次第。

シール(丸い小さいシール)の位置ですが
縦組みの本の場合の表紙の面(横組みの本の場合の裏表紙の面)
の右上にというふうに統一してください。
(上記の2段分については縦組みの本の場合の裏表紙の
面になってましたので。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/01 20:32
   [mlst-ars-vive 4096] 授業料クーポン制(フリードマン)→細見様

今日1年ぶりに学校に来れた
2008年度入学の細見さんと話して。

文部行政がそれまでほっといたフリースクールを
いってい評価しするようになる(取り込もうとする)
経緯、また
異なる思想信条の持ち主であるはずの人たちが
「教育の自由化」といった標語のもとで
一致を見せることがある
といったあたりのことを記述し考察するとよいとのでは
というような話をしました。

表題のこと
http://www.arsvi.com/0b/96022920.htm
(ファイル移動しそこねたりして、リンク切れたりしてます。
私のミスです。すみません。)
にすこし出てきます。ご参考まで。
(ファイルの移動・整形など、そのうち、たぶん、します。
わかる人がやっていただいても。)


私が書いたのは
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1996a17.htm
最古のページの一つです。&この文章に書いたことの一部は
『私的所有論』第8章にもちょろっと出てきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 11:09
   [mlst-ars-vive 4100] お伺い:クリッピングサービス

キーワードを登録しておくと関連する(複数の)新聞の
記事を(有料で)配信してくれるサービスがあると
思います。そういうものを利用するとよいかもという
&そういうものの存在を知らない院生が複数いたので
お伺いするしだいです。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 11:35
   [mlst-ars-vive 4101] 差別

http://www.arsvi.com/d/d04.htm

私が以前作ったメモみたいなページがあって
そこに山本(崇)さんが辞典などでの記載を
加えたくださってできているページです。
(山本作が上に、私の雑多な引用集のようなものが
下に。)

昨日の授業でも言いましたけど、まだまだ
いくらでも考えて言うべきことのある
とくに理論的考察が遅れている領域です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 13:55
   [mlst-ars-vive 4102] 生井久美子『ゆびさきの宇宙――福島智・盲ろうを生きて』

野崎さんも紹介してた本ですが、さきほど到着
http://www.arsvi.com/b2000/0904ik.htm

以前より存知あげている
著者の生井さん(朝日新聞社)が送ってくれたチラシにも
リンクさせてあります。(あまり見やすくはありませんが。)

竹内さん
http://www.arsvi.com/w/ta02.htm
やロールズさん
http://www.arsvi.com/w/rj04.htm
&拙著
http://www.arsvi.com/ts1900/1997b1.htm
への言及があったりします。

1999年に福島さんに送った私信も、ご参考まで。
http://www.arsvi.com/ml/1999fs.htm

自立支援法についての言及(福島さんは審議会の委員をしました)
もあります。cf.「生存と魂の自由を」
http://www.arsvi.com/2000/0412fs.htm

鹿島さん(表象領域)もいちおう見といた方がよいでしょう。
昨日話した八木さん(公共、2009入学)も読んだ方がよいでしょう。
漠然とした孤独というものについてなにか書くというのはけっこう
難しいと思います。ある意味わかりやすい(しかしやはりよくわかりにくい)
孤絶というところから入っていくというのはありだと思います。
今度学校に行くときにもっていきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 14:02
   [mlst-ars-vive 4103] 天田本配架のこと→永田様

永田さんありがとうございました。

> おさらいすると、配架する前に本のデータがwebにあるか
> どうか確認していただき、あるものはそのまま配架。もしくは
> データに「※」を付け足して、アップ、配架。
>  ないものは本のデータファイルを作成していただき、WEBに
> アップ、本配架という作業で進んでおります。

はいそういうことでよいです。

これまで、ファイル作ったものを配架待ちの棚(前面の棚)
にいったんおいて、まとめて配架してもらいましたが
天田さんの本は多いし、まとめて作業してもらえるなら
直接に発行年順の棚に並べていってもらってかまいません。

ただ、昨日みかけた前面の棚にある2段分はやはり
なんであろうと?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 16:13
  [mlst-ars-vive 4107] 配架続→永田様櫻井様

櫻井(悟)さん永田さんどうも。

2段分については櫻井さんのメールを
ご覧ください。→永田様

・シール、もう貼ってあるものを取る必要はないです。
2枚貼ってもらってよいです。
・2段分が未処理=登録用のものであることが確認されていさすれば
よいです。(いつもは登録してからシール貼ってもらっているので。)

ようするにことが円滑に効率的にすすめば
よいわけでして(連休後に)よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 20:53
  [mlst-ars-vive 4108] 自閉症他研究素材→院生様

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
に掲載。(→ということで→HP様)
本15冊ぐらい。おもに自閉症関係
http://www.arsvi.com/d/a07.htm

連載の関係ですこし使うので
勉強始めて3日めといったところ。
山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
の仕事のご参考までというのがまず一つ
ですが、他にも、どう考えても、いろいろと書けてしまう
領域です。よろしかったらみなさんどうぞ。
まずはHP上のものをゆっくり見ていってください。



私、『自由の平等』
http://www.arsvi.com/ts2000/2004b1.htm
のときにも書きましたけど、
自分では続き書く時間なくて、素材は提供したから
あとはよろしくという
気持ちでいます。ALScf.
http://www.arsvi.com/ts2000/2004b2.htm
についても、「尊厳死」cf.
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2009b1.htm
についても、今後まとまったものを書く予定はありません。
これらの本で雑にしか記述していないところ、論じていないところ
いくらでもすることがあります。
上記の本のために使った文献はすべて書庫にありますので
使ってもらえます。相談に乗ることできます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/02 22:11
  [mlst-ars-vive 4110] 和田移植

植村さん増補したの
http://www.arsvi.com/d/ot1968.htm
アップしてもらいました。ずいぶんな
かさになりましたけど、これ、どうにか
しましょうかね?→植村様

移植/脳死
http://www.arsvi.com/d/ot.htm
情報増補、数年前から完全にストップしてます。
誰かやってくれるのであれば。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 07:32
  [mlst-ars-vive 4115] 安楽死:イタリア/スイス

堀田さんやってくれてます。
http://www.arsvi.com/d/et-2009.htm
からリンク。ごらんください。

*上記でイタリアのところにリンクミス。
http://www.arsvi.com/d/et-ita2009m

http://www.arsvi.com/d/et-ita2009.htm
になおしといてください。

内容のあるページの増補の場合は各自において
告知宣伝よろしく。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 07:38
  [mlst-ars-vive 4116] アフィリエイト報告2009年4月

以下、斉藤(龍)さん
http://www.arsvi.com/w/sr01.htm
が、アフリカ日本協議会のMLと障害学のMLに配信したメールです。

アフィリエイトについては
http://www.arsvi.com/b/a.htm
をご覧ください。(更新怠っています。すいません。更新します。)
「どうせ」アマゾンを使う時には、どうぞ、御利用ください。

立岩

――以下――

斉藤@AJF事務局です。

4月のアフィリエイト報告です。

4月は353点(本、PC、DVD、家電、飲料ほかを含む)、772,687円の売り上げがあ
り、紹介料は41,609円でした。
購入数が多かったのは「流儀」4冊です。

 流儀
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490369030X/ryospage03-22

今後も、使っているプリンターのトナーやインク、USBメモリー、またコピー用
紙などが必要な際にも、以下の利用法を参照して、アフィリエイトにつながる購
入をしてもらえるとうれしいです。
4月28日に2月分アフィリエイト・フィー35,832円をAJFへ寄付しました。2008年
度(4月〜3月)のアフィリエイトによる寄付額は 393,880円でした。

アマゾンを利用する際に、以下のいずれかの手順を踏んでもらえると、上記の寄
付につがなります。

1)生存学創成拠点ウェブサイト、もしくは僕のウェブサイトにある本のリスト
から本を選びアマゾンを利用する。
 生存学創成拠点ウェブサイト http://www.arsvi.com
 僕のサイト http://www.asahi-net.or.jp/~ls9r-situ
http://www.asahi-net.or.jp/%7Els9r-situ>


 ※上記いずれかを「お気に入り」もしくは「ブックマーク」登録されると、ア
フィリエイト利用が簡単になります。

2)生存学創成拠点ウェブサイト内上記のアフィリエイト説明ページ、僕のウェ
ブサイトの各ページにあるアマゾンへのリンクからアマゾンへ入って、本、
DVD、CD、PCおよび周辺機器、日用品などを購入する

3)メーリングリスト、mixiで僕が本と一緒に紹介するアマゾンへのリンクを利用する

どうぞよろしく。


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 07:50
  [mlst-ars-vive 4117] フリースクール続→細見様

Sent: Saturday, May 02, 2009 11:34 PM
Subject: [mlst-ars-vive 4111] Re: 授業料クーポン制(フリードマン)→細見様

細見さんどうも。

一つに、フリースクールと
教育行政につながりが出てきたところあたりが
おもしろいのではないかという話でした。
そういう研究があるかないか軽く調べつつ
進めていただければと。

一つ、 [mlst-ars-vive 4111] に記されたのは
その日本における「起源」みたいなものに関わる部分だと
思います。これについてもすでに書かれているものが
どの程度あり、どの程度のことが書かれているのかを
チェックしつつ、集めていく。

前者を優先しつつ、後者も適宜という感じかなと
まずは思います。

http://www.arsvi.com/d/e02.htm
というページもあるにはありますが、10年以上前の
ものが放置されている、といったところです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 20:12
  [mlst-ars-vive 4124] 法人税続

http://www.arsvi.com/d/t07c.htm
引用を増やしてみました(誤字等チェックしてません)。
使った本については
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

間接的には高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
の仕事にも関係しなくはないかとも。

よそから眺めてみると各々の業界(で言われる話)
というものはなかなか不思議ではあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 20:22
  [mlst-ars-vive 4125] 和田移植続

植村さん
http://www.arsvi.com/w/uk01.htm
どうも。

1)和田(移植)を批判した人たちの批判は
もっともであり、そしてそう違いはしない*。
ということになると、それを並べてどうか
というところはある。(ただ、引用文本体は
HPにおいて、これこれの文献に、和田(移植)に
対するしかじかの言及があるといったことを
言うことに一定の意味はあろうと。)

 *違うとすれば、和田移植が移植やらなにやら
 社会に与えた影響をどうみるかというところでしょうか。
 これもそう違わないのか。私にはよくわかりません。

2)事実関係でなにか新しいことが言えればよいが
実際に調べにいくわけにもいかず(というか
何を調べるかということもあり)、今までの文献から
あまりどうこう言えることはなかろうかと。

3)となると、和田が、その後もしゃあしゃあと
やってこれた、そのあたりについて何ごとか言えれば
言うということになるか。

以上より、まず2)〜事件を概括し、
1)この一件に関して、長いこといろいろな人が問題にしてきた
にもかかわらず、
3)和田が… というような話にする、か。
ただ、3)についてもそれほどのことが言えるかなという感じが
するわけで、うまくいくかどうかは…。

ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/03 22:35
  [mlst-ars-vive 4126] 拙著等収録→視覚系様

『唯の生』
http://www.arsvi.com/ts2000/2009b1.htm
の全文テキスト・ファイル、送ってもらって
さっき
http://www.arsvi.com/1cf.htm
に収録。読みたい方はお買い求めの上
ダウンロードしてください。筑摩書房の編集者より

>文字化けの手直し等で要した時間ですが、6時間ぐらいでしょうか。
>書籍版『唯の生』と照合しなくてはならず、そのことで時間がかかりました。
>フランス語等は直しきれず、〓のままになっています。

とのことです。この本のデータ提供については
二つの視覚障害の人がいる大学からデータ請求あり。
これから返事します。

他に値段のついている雑誌の連載原稿など掲載。

メンバー本研究科院生8人含め31人。
限定公開文書計199。

・メンバー限定
・課金システムはなし
ということでよいのでしたらどなたの本(等)も
収録させていただきます。よろしくお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/04 17:32
  [mlst-ars-vive 4128] 自閉症関連追加

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
に2日から4日の更新文まとめて*掲載。
ということで→HP様


http://www.arsvi.com/b/b.htm
からリンクされるページに掲載※していくさいに
便利だろうと考え、日本での出版順に
並べています。

※とりあえず4月までに登録されたもの
よろしくお願い→PD様

おもに自閉症関係
http://www.arsvi.com/d/a07.htm

やはりいろいろと書けることがあるように思います。

ドナ・ウィリアムズの本
http://www.arsvi.com/b1990/9300wd.htm
の新聞に載った書評が、誰が書いたどの新聞に
載ったものか、御存知の方あれば、御教示ください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/05 12:55
  [mlst-ars-vive 4132] カフマシーン/タックスヘイブン/HP→中倉様

植村さん増補したの
川口さん
http://www.arsvi.com/w/ky03.htm
> 私は「ALS」でgoogleの検索サービスを利用しています。 
どうも。

新聞記事に限って記事を送ってくれるのがあるかと。
引き続き情報提供求めます。



> カフマシーン
> こんなことは論文になりますでしょうかあ。

なると思います。あと、後ろ向きであまりすぐに役立つ
研究にはならんと思いますが、過去、いろいろと
使われた薬のこととか調べておいたら、これは簡単に
論文になります。



オバマ氏が演説でタックスヘイブンに言及したとかさっきニュースで言って
いたような気がしますが、「税と国境」
http://www.arsvi.com/d/t07b.htm
というページをつくっています。



こちらのHP更新、
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
2〜5日まとめて、一番下に
(ということで→中倉様)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/06 17:54
  [mlst-ars-vive 4137] 障害学会大会報告のこと

http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm
の報告について、申し込みをさっそくはじめ
報告を認める旨の書類を学振応募締切前に
学会から出す方向で調整しています。

例年と同じだと2000字ほどの文章を出して
もらいます。報告予定かつ学振書類の業績欄に
書くつもりの人さっそく準備してください。
相談にのります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/06 18:42
  [mlst-ars-vive 4138] 自閉症/福祉社会学会/→山口様

にわか勉強して、本を47冊ほど
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n



福祉社会学会でも学振応募に際して
必要な書類を請求した方がよい人が
わりといると思うのでよろしく。



山口さん、
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
こんどの福祉社会学会の報告のタイトル
教えてください。今書いている文章の
文献表に載せる必要ありまして。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/07 11:26
  [mlst-ars-vive 4142] 0510よろしく/『支援技法』増刷

[mlst-ars-vive 4141] 国際シンポジウム:障害者による支援の未来――日・台・韓協働の可能性

みなさんどうぞ。おおぎょうな名称を前につけてもらったのは
当局(スポンサー)への「みえ」を考えてもらって企画者に
工夫していただいたいたということで、
いたって気軽なかんじで当日は進行すると
思いますので、どうぞよろしく。

好評につき『視覚障害学生支援技法』
http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
ひさしくなくなっておりましたが(1000冊印刷)
あと1000冊増刷することになりました。
最短5月22日京都着だそうです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/08 07:23
  [mlst-ars-vive 4149] 0515授業振替/0514駒場/等

佐藤さん、りつりつ研究会のお知らせ
ありがとうございました。杉田さん
http://www.arsvi.com/w/ss01.htm
も(確実ではないが)いらっしゃるというように
聞いてます。

上記が決まる方が授業予定が決まるより
早かったものですから「公共論史」
この日は休みにし、その代わりを
たぶん土曜か日曜に設定します。現在
平日は働いている人たちと連絡とってます。
日程決まったらお知らせします。(希望ある
人立岩までお知らせください。)

前日の14日は、東京駒場で
http://www.arsvi.com/2000/0905.htm#13
というので、鬼頭さん
http://www.arsvi.com/w/ks15.htm
と話をしますが、何を話したらよいもんやら
見当がついておりません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/09 13:15
  [mlst-ars-vive 4167] 0510座談会(シンポジウム)の前に演習

お知らせあった企画、14時からですがその前
11時より杉原さん
http://www.arsvi.com/w/st14.htm
と白杉さん(2009年度3年次入学)。
(順番はその場で決めましょう→杉原様・白杉様)

杉原さんは障害者の就労について研究
白杉さんは自立生活センター
http://www.arsvi.com/d/ilc.htm
における、理念と事業の間の難しい関係、みたいな
研究をしようとしています。
私は杉原さんの博士論文原稿、白杉さんの
学振応募書類を読んで参加しようと思いますが
他の方は飛び入りで可です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/09 17:15
  [mlst-ars-vive 4168] 文庫本の扱い他→頁作成者様

http://www.arsvi.com/b1990/9200wd.htm
http://www.arsvi.com/b1990/9400wd.htm
のようなかんじにしてみています。
(つまり独立のファイル=頁にはしない。)
もとの本があれば文庫本はなくてもよいようにも
思いますが、「文庫版解説」といったものに
一定の意義ある場合もありということで
(安値で買える場合は)買ったりすることがあります。

そして配架について。迷うところですが
もとの本の出版年のところに
(その本があればその本の隣に)並べるので
よいと思います。



http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
更新。このかん、65冊ほど登録しました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/09 19:54
  [mlst-ars-vive 4169] 0511高木俊介氏関西テレビ

関西テレビの鈴木さんより以下

――以下――

[…]『精神医療』の編集委員を務めておられる
京都の精神科医・高木俊介さんを取材し、
あさってのニュース番組で放送しますので、
よろしければご覧ください。

放送予定は
5月11日(月曜日)
18時20分ごろ〜
関西テレビ(8チャンネル)、
「FNNスーパーニュースアンカー」内での
特集コーナーで10分程度です。
(放送は、近畿地区のみです)[…]

――以上――

高木さんには吉村さん
http://www.arsvi.com/w/yy04.htm
の博士論文の審査員を務めていただきました。
また二星さん(2008年度3年次入学→いかがしてますでしょう?)
の職場のボス?でもあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/10 15:50
  [mlst-ars-vive 4172] 0515東京追加/0510始まってます

Sent: Friday, May 08, 2009 1:16 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4146] 5月15日りつりつ研究会のご案内
> 伊藤さん、片桐さん、川口さん、佐藤、
> 的場さん、韓さん、樋澤さん、深田さん、

小幡さん
http://www.arsvi.com/w/om15.htm
もとのことです。

+こんどスウェーデンの
ウプサラ大学経済学修士課程に行かれる
安藤さん(もと一橋大学)も

+どうやら杉田さん
http://www.arsvi.com/w/ss01.htm


ということで時間的にけっこうタイトになりそうですが
まあなんとかと思います。



本日2時からの「シンポジウム」始まってます。
いまこの4月入学の安田さんが話されています。
 *やはりメール調子よくなくて発信できてなくて、安田さんの話は
  終わりました。
同志社や日本福祉大学の学生・院生の方が
来てらっしゃいます。
終わったら(私は仕事的に無理そうですが)「ヨーク」
かなと。研修生受けいれ関連でお金出てますので
ただでパスタとか食べられると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/10 16:05
  [mlst-ars-vive 4173] 大同助成

http://www.daido-life-welfare.or.jp/subsidize/welfare.htm

三野さんが探して、いま書いてるのですが
所謂地域の所謂現場で所謂支援をしている人たち
向けみたいなもので、三野さんのネタだとちょっと
苦戦かもという感じですが、人によってはありかと
ということでお知らせしておきます。

審査員の白澤さんとは二度ほど鼎談のようなことを
したことがあるにはあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/11 07:46
  [mlst-ars-vive 4175] 0512TBS番組で顔面移植について

以下、ユニークフェイス
http://www.arsvi.com/o/uf.htm
の石井さん
http://www.arsvi.com/w/im05.htm
より。立岩

――以下――

顔面移植についてTBSの番組に出ます
TBSが火曜日(5月12日)の放送で散弾銃による被弾で顔を失った
アメリカのコニー・カルプさんについてのニュース特集を企画しました。
http://www.tbs.co.jp/tv/daily/20090512.html
17:50
総力報道!THE NEWS二カ国語放送字幕放送
アンカー:後藤謙次(元共同通信社編集局長) / メインキャスター:小林麻耶 / ニュースキャスター:長岡杏子(TBSアナウンサー)、藤森祥平(TBSアナウンサー)、赤荻歩(TBSアナウンサー)
19:50
このニュースをユニークフェイスの石井がどう見ているのか。
ということでインタビュー取材を受けました。
ご高覧いただければ幸いです。
(なお番組の放送予定は予告なく変更することがあります)

NPO法人ユニークフェイス 石井政之


 
 
>TOP

◆◆2009/05/11 13:19
  [mlst-ars-vive 4176] 労働政策研究・研修機構データベースまとめて検索

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090411/1239378840
より以下。立岩

――以下――

労働政策研究・研修機構(JILPT)、データベースまとめて検索を公開
 (2009-03-26)

労働政策研究・研修機構(JILPT)がデータベースまとめて検索を公開した
(2009-03-26)。

・データベースまとめて検索
http://oudan.jil.go.jp/
・労働政策研究・研修機構(JILPT)
http://www.jil.go.jp/

同機構が公開している

1. 論文データベース
2. 調査研究成果データベース
3. 労働図書館 総合目録データベース

を一括して検索できる。


 
 
>TOP

◆◆2009/05/12 21:43
  [mlst-ars-vive 4185] 0518〜23立岩→院生様

13日(水)この日締切の書類書き
14日(木)東京
http://www.arsvi.com/2000/0905.htm#13
15日(金)東京・りつりつ研究会
16日(土)『ライファーズ』
http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
18日(月)この日締切の書類書き

という具合です。のでその後
19日(火)から23日(土)の間
すくなくともまる2日は院生対応します。
22日が提出だそうですから、19日・20日あたりかと。
この日しかだめとかあったらお知らせください。
事情によっては17日(日)もありえます。

上記のようですので、即返信とはいきませんが
メールでの対応も可能です。

今日書類もらったのは北村さん、影浦さん、大野(真)さん
だったかな。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/13 08:27
  [mlst-ars-vive 4187] 障害学会大会自由報告募集開始

会員のMLにはさっき流しましたが
http://www.arsvi.com/ds/jsds2009a.htm

今日から7月末日までです。
学振書類出す人で大会報告希望の人については
書類提出前に報告採用決定、証明書発行
が可能です。問い合わせに応じます。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/13 20:22
  [mlst-ars-vive 4198] トヨタ終わり

http://www.toyotafound.or.jp/
http://www.toyotafound.or.jp/03entry/ajirin/index.html
今日の消印有効でさっき出しました。
書類ががらっと変わっていて結局
あらたに書かねばならず、人生のいくぶんかを
無駄にしました。
http://www.arsvi.com/a/20090221.htm
みたいな線で書いてみました。結果は10月ぐらいだそうです。

上限額も昨年の半分とかになってました。
クルマが売れないせい、ではないと思いますが。

あと今回の、研究助成
http://www.toyotafound.or.jp/03entry/kjp_kenkyu/index.html
で、山本(晋)さん
の先生の坂田さんたちが出すと言ってました。まにあったかな。



こちらで出す応募は、基本的に当たったらそれで研究・企画の方はすすめ、
COEのお金の方はできるだけ残して
RA、院生の仕事への支払いに、という趣旨のものですので
ご協力よろしく。なんかみつけたら教えてください。
今度出した方向のものとかあったら使いまわします
(使いまわしてもらいます)。

教員・事業推進担当者の方々もよろしくお願いいたします。



そういうわけで、本日院生からのメールへの
返信できませんでした。これからいくらか
できればと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/13 20:59
  [mlst-ars-vive 4199] 0529必着大川/助成等→PD様

http://www.okawa-foundation.or.jp/pro/ais/index.html
誰かよろしくと書こうと思いましたが、
書類はいたって簡単なもので
頼んでる手間より書く手間の方がかからんようなので
科研の申請で書いたの
http://www.arsvi.com/a/200805.htm
下敷きに、まあやろうかと。
審査員に盛山さんの名前とか
見えます。



PDで、助成関係情報について責任もつ人いた方がよいです。

あといくつか、依頼している仕事がなされていない
(例えばサトウ編の本のファイルを作り、リンクするなど、3度
依頼しましたが…)
あるいは思うような速度で進んでいないと私は思います。

院生指導のある部分は教員がやるしかないわけで、
その部分にできるだけ教員が集中できるように、他の
(これまで私どもが担ってきている)
様々な仕事、雑事、肉体労働、お願いします。

今年度はきちんと労務管理します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/14 11:56
  [mlst-ars-vive 4211] 0516りつりつ/0518・19立岩→院生様/本日

16日(金)りつりつ研究会
式次第を再度このMLにいただければ。

 *できるだけ参加の可能性を開いておくために
 また、誰が何をしているか知ることができるように
 研究会の案内は、2度はこのMLにお願いします。
 プログラムを決めるまでのやりとりはもちろん
 個別に、また研究会別のMLでということで。



書類(これは学内の資金獲得ためのもの)をなんとか
日曜にやってしまうつもり。
18日(月)、19日(火)、院生対応します。
20(水)は不可、のつもり。
連絡もらってるのは大野(真)、影浦、梁といったところ。
この2日で片付けてしまうつもり。
とくにこちらでは順序・時間など設定せず、というつもりです。
また連絡します。
他に、岩間、白杉、藤谷といった人たちから連絡もらっています。



本日、法人税の存在意義について?といった
人選間違ってる取材を受けたあと、駒場へ。
http://www.arsvi.com/2000/0905.htm#13
これも人選間違ってますが
http://www.arsvi.com/b2000/0810yt.htm
所収の
http://www.arsvi.com/ts2000/20080049.htm
と、
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1.htm
の第2章で水俣に関わってすこし書いたことを
すこし話すことになろうかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/14 12:07
  [mlst-ars-vive 4212] 日付間違いお詫び+

> 16日(金)りつりつ研究会
15日(金)りつりつ研究会
の間違いです。すみません。

16日(土)は『ライファーズ』
http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
です。宣伝頼まれてます。
宣伝してくださいませ。
416にチラシが置いてあります。

15日(金)葵祭、陳さん青木さん御一行
楽しんでください。上賀茂神社、近所なのですが
私は上記のごとしです。(同じく近所に、阿部さん
三野さん、住んでたかと。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/14 17:01
  [mlst-ars-vive 4217] 0522締切:2009年度グローバルCOE奨励奨学金

http://www.arsvi.com/a/c.htm#a
(あるいは
http://www.arsvi.com/a/c.htm
の「募集」)

http://www.ritsumei.jp/grinfo/pdf/2009_boshuyoko.pdf

学振締切とかぶってます。忘れたくない人は
忘れないように。
2009年度に3年次生になった人(で休学してない人)に限られます。
書類よく読むように。

これは昨年度末、突然、知らないうちに出来た学内制度でして
私としては、100か0かというのは
「インセンティヴ」という論理を仮に認めるとしても
お金の有効な使い方とは言えない、
総額300出してくれるというのであれば
その割り方はこちらで決めさせてくれと申し入れましたが
今年度については、もう決まったことなので
(来年度以降については検討します)
という返事でした。

私「個人」としては
院生・RAで作業して金を得ている人がいるわけなので
これが支給された人については
支給された人による作業について、なんらかの調整を
行うといったことがあってもよい、かなと思っていますが
それはまた後のこと、ということで
忘れたくない人は忘れないようにしてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/15 10:47
  [mlst-ars-vive 4228] 障害学生・情報関係ML他→池田(雅)様他

謂障害学生本人10人+私のMLは立ち上がっていて
そこそこ盛り上がってます。
で、COE+科研費の方面
http://www.arsvi.com/a/200811.htm
の、情報保障方面について、当初、上記のMLと
いっしょにするということも考えたのですが、さしあたり
別途立ち上げたらよかろうということで、
昨年度PDの坂本さんにも関わってもらっている「支援研」
+科研費研究メンバー(のOKしてくれる人)
+α(上記MLのメンバーとの重複もちろんOK)
のMLを立ち上げようかと。

2008年度入学の
池田(雅)さんあたりに管理人していただけたらとも。
池田さんネット環境どうなりました?

希望する人とか、問い合わせある人とか、連絡ください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/15 21:25
  [mlst-ars-vive 4232] 石川左門氏→伊藤(佳)様

本日、りつりつ研究会。
(立命館と立教の院生の東京での研究会、ということで
始まった研究会。)
盛況でした。盛況すぎてとくに後半時間的にきびしかった
ですが、続きはまたそのうちということで。

伊藤(佳)さんの関係で、川口さんが言及した
石川左門氏。「死生学」にも関係する方です。
http://www.arsvi.com/w/is11.htm
とりあえずいま作成。本は3冊現在注文中。

さっそく伊藤さん、インタビューにうかがとのことで
いっしょにという方、募集とのことです
(上記研究会のMLより)。

立岩


 ◆◆2009/05/15 21:41
  [mlst-ars-vive 4233] PSWの歴史

現在の同業者団体としては
http://www.japsw.or.jp/
がある組織・学会…が、とくに70年代以降
どんな具合に、なにをしてきたのかを樋澤さん
http://www.arsvi.com/w/hy07.htm
が書くのだそうで。と、今日との研究会でうかがいました。

それはよいことだろうと。樋澤さんは
この夏、日本福祉大学に赴き資料収集するのだ
そうですが、この種のことについて
情報ある方おられればよろくしお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/16 09:24
  [mlst-ars-vive 4241] 要旨は800字程度(Re: [mlst-ars-vive 4238] Re: 障害学会大会報告のこと

西田さんどうも。

>>例年と同じだと2000字ほどの文章を出して
> もらいます。
>
> 応募条件を見ましたが、応募する抄録は800字ということで
> よろしいでしょうか?

はい減らしました。
http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm

http://www.arsvi.com/ds/jsds2009a.htm

すでに要旨届きはじめています。
とくに学振書類に記載した人よろしく。

未入会の人は同時に(あるいは提出前に)
入会手続きお願いします。

入会申込みは
http://www.argv.org/~ishikawa/jsds_cgi/regist.html
から行なえます。
年会費(4月から翌年3月までの会費)は4000円か6000円です。
会員には年に1冊『障害学研究』(1号・2号は2500円+消費税でした)
が送られます。
http://www.arsvi.com/ds/jds001.htm
http://www.arsvi.com/ds/jds002.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/16 09:51
  [mlst-ars-vive 4242] 0516/0613/0718シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ2

http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
シネマで学ぶ「人間と社会の現在」シリーズ2
本日から。朱雀キャンパスで。

本日は不肖わたくし、出ることになってます。
同じ映画(『ライファーズ』)
http://www.cain-j.org/Lifers/index_J.html
を見たあと同じ人(坂上監督・津田塾大学教員)
と話すの、二度目ですが、一回目何話したか
誰も覚えてないので、同じ話をするのかしないのかも
わかりません。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/16 11:13
  [mlst-ars-vive 4246] 認定NPO法人

DPI日本会議
http://www.arsvi.com/o/dpij.htm
の機関誌より。

――以下――

定額給付金、使い道は決まっていますか?
認定NPO法人への寄付は、税控除の対象となります

 2007年2月、DPI日本会議は障害者団体では初となる『認定
NPO法人』の認定許可を国税庁から受けました。今年2月には
2014(平成24年)年2月28日まで認定期間が延長されています。
 3月1日現在、まだ全国で91団体しか認定を受けられていません。

 寄付のご相談はDPI日本会議事務局まで、お待ちしています。

――以上――

この組織が認定を受けられたのは私はとてもよいことだと思いますが
今現在の総数との関係ではすこし不思議なことだとも思います。
慈善ぽいことをしているわけではないので。
認定ってどういうふうにしてるんでしょう。
当方のNPOが認定されたい、などということではありません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/16 11:21
  [mlst-ars-vive 4247] 『島の新聞』

2年ほど前か、山根さん
http://www.arsvi.com/w/ys02.htm
にお会いしたときに、彼女のお母さん
(出身者らしい)が佐渡で新聞を出しているという
話をうかがって、へーと思ったのですが
木曜に、駒場で『天の魚』公演で話しに行ったおりの
あとの宴会で、とある方からその新聞を一つ
いただき、定期購読を勧められ、
その後メールをいただき、HP
を教えていただきました。
「島の新聞社」
http://www.k5.dion.ne.jp/~simanews/
HP、手伝ってあげたいぐらいのできですが。

>2008年12月号のコラム「佐渡雑学」第30回「京都の三人の社会学者−2」
>(ダン渡辺@両津夷)に、前回の竹内洋さん@京大につづき、立命館の立岩さん
>と同志社の板垣さんがご紹介されています。メキキ・ネットの板垣さんも佐渡のご出身とは、
>それを読むまで知りませんでした。

とのことで、初めて知りました。
それだけです。
不思議なことはいろいろとあるものだと思い。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/16 22:23
  [mlst-ars-vive 4251] 石川左門氏続

http://www.arsvi.com/w/is11.htm
すこし増補しました。
川口さん、小泉さん、田島さんの文章に
出てきてて、なにかしら心強いものを感じました。
(書誌情報の記載がちょっとわかりませんでした→田島様。)

ある程度調べられるだけのことを調べてから
うかがうというのは礼儀、でもありまた
お話を伺う方に敬意を表するということでもあります。

上記ぐらいの情報増補は30分もあればできるので
みなさんよろしく。

あと左門氏の子で、亡くなった石川正一氏の著書も
さっき注文しました。

小泉さんの資料
http://www.arsvi.com/2000/0702ky2.htm
に以下の引用(これから上掲ページに引用させてもらいます)。

石川左門「これからの医療・福祉――患者の立場から――」『ジュリスト総合特集』第二四号(一九八一年)
「医療・福祉の需要のすべてを、行政責任による社会資源の量的拡大に期待することは、単なる幻想を追うことにしかすぎない」

在宅ケアの実現
石川正一(昭和五一年五月から五四年六月、二三歳七ヵ月で死去、筋ジストロフィー症・デュシャンヌ型)
「正一を囲むチーム」
専門医、地元主治医、保健婦、メディカル・ソーシャル・ワーカー、理学及び作業療法士など、月に延べ一〇数人の専門職が訪問。(200)
「ところが……検診事業の一環としての在宅ケアはやがて立ち消えになった。」(204)

「在宅ケアに関与した専門職種の多くは、こうした職業的自律の問題を抱えていた。そして、在宅ケアはそれに極めて有効な解答を与えてくれる試みだったのである。」(206)
「在宅ケアには、専門職を引き付ける吸引力が備わっていたのである。」(207)

「昭和四九年に開始された府中病院神経内科の在宅診療を皮きりに、東京都下では、公的サービスからボランタリーな活動まで様々な難病患者の在宅ケアが試行され、実施され、かつ一定の成果を生み出した。そして、こうした試行からほぼ一〇年後、国において難病対策に在宅患者を支える事業が付加され、さらに訪問看護や在宅診療が健康保険制度の中に組み込まれた。それは、あたかも東京都下での試行を観察し、その成果を見届けるようなタイミングであった。」(213)

あと、私のおぼつかない記憶では
最首悟さん(木曜に『天の魚』の企画で会いました)
http://www.arsvi.com/w/ss02.htm
の著書に石川正一氏についての言及があったかと。
わかる方は御教示いただければと。
(私の手元にあった本は今はみな書庫に行ってますので
確認できません。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/17 10:07
  [mlst-ars-vive 4254] 0518・19立岩続→院生様

Sent: Thursday, May 14, 2009 11:56 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4211] 0516りつりつ/0518・19立岩→院生様/本日

> 書類(これは学内の資金獲得ためのもの)をなんとか
> 日曜にやってしまうつもり。
> 18日(月)、19日(火)、院生対応します。
> 20(水)は不可、のつもり。
> 連絡もらってるのは大野(真)、影浦、梁といったところ。
> この2日で片付けてしまうつもり。
> とくにこちらでは順序・時間など設定せず、というつもりです。
> また連絡します。
> 他に、岩間、白杉、藤谷といった人たちから連絡もらっています。

書類(学内向けのもの)
はこないだの財団宛のに比べたら楽勝なものなので
今日中になんとかなります。よって上記のとおり
月曜・火曜、終日対応します。
上記の人たちに加え、阿部、吉野、等。
必要な人連絡ください。基本的に19日に対応終了とします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/17 20:06
  [[mlst-ars-vive 4260] (学振書類における)話の組立について/他

「べき」を言うのは社会(科)学の仕事でないみたいな
ことを言う人がいて、それはたんにまちがっている、おろかである
だけだと思いますが、いるにはいます。
また、「調査」から(すぐ)「べき(規範論)」が言えるかみたいな
ことも言う人がいて、それにはまあもっともなところがあります。

薬についての言説・議論を追っかけて調べて
薬の是非についてなにごとかを言うという粗筋の計画に対して
そういうつっこみをされたことがある
松枝さん
http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
の計画について

1)(薬をめぐる)規範的な議論が流行っている。
2)しかしその議論をするにしても、これまでそのことがどう
論じられてきたのか知らないまま、なされている。それはよくない。
3)そこで私は、調べる。

という順序にしてみたわけです。こういうほうが
上記のような「癖」をもっている学者たちにはとおりがよい
(「実証」が大切だと思っている人に受けがよい)
ということはあります。またまっとうな路線でもあります。

(こまかいところなどまだなおすところあると思いますがほぼできたかなと
いうかんじです。あとはじかにでもメールでも→松枝様)



ざっとDC10、PD5で、連絡ないのが
長谷川、山本(晋)あたりかと思いますが
(いやまだいますね)どんなかんじでしょう。
17日に櫻井(悟)、松枝、大野からの書類拝領。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/18 12:44
  [mlst-ars-vive 4263] 転送:『障害学研究』第6号論文募集

以下、学会員のMLに流れた情報です。相談に
乗ることできます。学会報告の検討もよろしく。立岩

――以下――

 森@IDEです。

 会員の皆様、いつもお世話になっております。
 障害学会のジャーナル、第4号(第4号は前任の倉本先生と
の共同編集)より編集長を務めさせて頂い ております森@ID
Eです。
 少々刊行が遅れておりますが第5号も無事、近々発行される
予定です。その次の号になりますが、第6号の論文募集のアナ
ウンスをさせて頂きたいと思います。
 熟読の上、ぜひ皆様、ふるってご応募下さい。

森@IDE

以下、募集案内です。

******************************************************

■『障害学研究』6号・自由投稿論文の募集について

 下記の要領で、学会誌『障害学研究』6号(2010年3月刊行
予定)の自由投稿論文を募集いたします。本文末に掲げます投
稿規定と執筆要綱をよくお読みの上、ふるってご投稿ください


■なお、次号では、エッセイについては選考のあり方などに
ついてご意見もあったことから、これを反映させるためまでの
期間ということで、新たな募集はありません。次号では、前号
の募集の際に修正により掲載可となったエッセィを掲載する予
定です。

# 投稿規定と執筆要綱を熟読された上での投稿を心がけてくだ
さい。とりわけ、図表を添付する際の形式や執筆フォームなど
よくご確認の上、ご投稿いただけましたら幸いです。

(詳細はhttp://www.jsds.org/journal-6-A.htmをご覧くださ
い)

 分量:20,000字以内(詳しくは執筆要綱を参照)

 締切:2009年8月31日(金)

 送り先: jsds.journal@gmail.com(森、より分かりやすい
送付先をという会員からのご意見を反映して、前号と送付先ア
ドレスが変わっておりますので、ご注意ください))

 備 考:
1.送付にあたっては、1)原稿は添付ファイルとし、2)メール本
文には投稿者の氏名と所属、論文タイトルを記し、3)メールのsubject
を「投稿論文」としてください。受領しましたら、こちらから
確認のメールをお送りいたします。万が一、送信後3日を経て
も確認メールが届かない場合は、事故の可能性がありますので
恐れ入りますが、その旨を記した上、再度原稿をお送りくださ
い。

2.掲載にあたって、会員名簿にご登録のお名前と別のお名前を
ご使用になられたい場合は、原稿に、ペンネームと名簿にある
名前を併記してご投稿ください(どちらがどちらかわかるよう
にお願いします)。
なお、ふだんからお仕事でペンネームやワーキングネームをお
使いで、学会名簿への登録もそちらで行っておられる方につき
ましては、ペンネームであることをあらためてお知らせいただ
く必要はございません。通常どおり、お名前を記していただけ
れば結構です。


 [問い合わせ先]
jsds.journal@gmail.com
(森)

  障害学会・編集委員会
   石川准
   岡部耕典
   倉本智明
   澁谷智子
   土屋葉
   堀田義太郎
   森壮也(委員長)

  ----

『障害学研究』自由投稿論文・投稿規程

1.本誌自由投稿欄に投稿される論文は、障害をめぐる既存の
知の問い直しをめざすという障害学の目標に合致するものであ
る必要がある。
2.投稿者は障害学会の会員に限る。ただし、著者が複数の場
合、ファーストオーサーは会員でなくてはならないが、それ以
外は非会員でも可とする。
3.投稿論文は、日本語で書かれた未発表のものとする。
4.投稿者は、別途定める執筆要項にしたがいエディタ/ワー
プロで原稿を作成し、そのファイルを提出するものとする。
5.掲載の可否については、2名のレフェリーによる査読結果
を受けて編集委員会が決定する。
6.掲載が決定した場合は、投稿者は,必要な修正を行ったう
えで完成稿を上記同様ファイルで提出することとする。
7.著者校正は、特別な事情がある場合を除き初校のみとし、
原則として誤字・誤植・脱字の訂正以外はこれを認めない。


『障害学研究』自由投稿論文・執筆要綱

1.論文の分量は、20,000字以内とする。註、引用文献、図表
もこれに含まれる。図表は、A6版サイズを400字、A5版サ
イズを800字と換算する。
2.論文は、エディタ/ワープロで作成し、可能な限りテキス
トファイルで提出する。テキストファイルへの保存が困難な場
合のみ、ハイパーテキスト、Word形式のファイルも認める。論
文本文については、これ以外の形式での提出は受けつけない。
3.図表は本文には組み込まず、1点ごとに別ファイルとし、
本文中には挿入箇所のみ記入する。表に関しては、上記の形式
に加えてExcel形式のファイルも受けつける。なお、これらの
形式での保存が困難な図版のみ、TIFF、GIF、JPEGでも可とす
る。
4.文体等は、次のとおりとする。
 (1)「である調」の文体とする。
 (2)現代かなづかいで常用漢字を使用、句読点は「。」と「
、」を用いる。
 (3)文中の敬称はすべて省略する。
5.投稿論文には、邦文の要旨(600字以内)と邦文キーワー
ド(5語以内)、英文要旨(300語以内)と英文キーワード(
5語以内)を付すものとする。これらは、1に記した論文の分
量には含まない。
6.投稿論文は、以下の構成・順序で記述するものとする。
 (1)邦文題目
 (2)執筆者名、所属(日本語表記)
 (3)邦文要旨
 (4)邦文キーワード
 (5)本文
 (6)注
 (7)文献リスト
 (8)英文題目
 (9)執筆者名、所属(英文表記)
 (10)英文要旨
 (11)英文キーワード
7.注は、本文中の該当箇所に「1)」「2」「3)」…と半角文
字で記した上で、注本体は本文の後に一括して記載する。
8.参考文献は、本文の該当箇所に「(著者の姓,発行年,該当
ページ<複数ページにまたがる場合は最初のページのみ記載>)
」の形式で記した上で(例:(長瀬,1999,p12))、文献リス
トとして注の後に著者名のアルファベット順で一括して記載す
る。書籍は、著者名、発行年(西暦)、書名、出版元の順に(
例:Oliver, M., 1990, The Politics of Disablement,
London:Macmillan
)、論文は、著者名、発行年、論文名、掲載誌名と巻号(また
は、編者名、収録書名)、出版元の順に記載し(例:石川准,2000,,
「ディスアビリティの政治学−障害者運動から障害学へ−」,
『社会学評論』五〇巻4号,日本社会学会)、欧文については論
文タイトルを「"」でくくることとする(例:Crow, L.
1996"Including All of Our Lives: Renewing the Social Model
of Disability", Morris, J. ed., Encounters with Strangers:
Feminism and Disability, The Women's Press
)。なお,ウェブからの引用の際には,URLとともに引用日
を掲載することとする(例:日本社会学会編集委員会,「社会
学評論スタイルガイド」,http://wwwsoc.nii.ac.jp/jss/JSRstyle/JSRstyle.html,2004
年5月5日現在)。
9.図表には、「図1」「図2」…、「表1」「表2」…とい
ったように通し番号を付した上でそれぞれにタイトルをつける
。図表が出版物・ウェブからの引用の場合は出典を明記し、必
要に応じて著作権者の許可を得なくてはならない。


--
*********************************************
日本貿易振興機構アジア経済研究所(JETRO-IDE)
新領域研究センター貧困削減・社会開発研究グループ
グループ長代理 兼
開発スクール(IDEAS)教授
主任研究員(Senior Research Fellow)
Institute of Developing Economies, JETRO
Inter-disciplinary Studies Center
Poverty Alleviation and Social Development Studies Group
Deputy Director & Professor
森 壮也
MORI, Soya
E-mail: soya_mori@ide.go.jp
ホームページ http://www.ide.go.jp/


 
 
>TOP

◆◆2009/05/18 19:42
  [mlst-ars-vive 4264] クーパー先生酔っぱらいの話

本日は梁/大野(真)/影浦/阿部/櫻井(悟)/吉田
のみなさんと話。

阿部さん
http://www.arsvi.com/w/aa01.htm
が反精神医学が日本で…といった
ことを調べるとのことで、私が、1975年の学会に
クーパー先生が呼ばれて話に来たのだが、酔っぱらって
みたいなことがどこかに書いてあったと言ったのですが
その時はみつからず、いま検索してみたら
http://www.seiwa-pb.co.jp/htmlmail/40.html
でした。
こういう小ネタで(も)かまわないので何か
知っていること、知ったことあったらお知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/18 22:23
  [mlst-ars-vive 4265] 『生存学』テキストデータ入荷

しました。生活書院刊の他の書籍と同様
http://www.arsvi.com/d/d03.htm
買ってくれた人で視覚障害などで必要な人に
お送りします。私から添付ファイルでお送りします。
お知らせください。

『生存学』創刊号
http://www.arsvi.com/m/sz001.htm
お買い求めください。第2号以降の刊行計画にも
関わってきます。たくさん売れてほしいです。

以下以前出したメールの一部。

――以下――

Sent: Friday, February 20, 2009 3:07 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3152] 『生存学』入荷
> http://www.arsvi.com/m/sz001.htm
[…]
> 1)執筆者(教員外)については、出版社から各1冊贈呈。
> 2)教員(事業推進担当者)については、各1冊配布させていただきます。
> 3)院生PDそれに準ずる人、1人6冊まで、1冊1500円。例4冊:6000円。
>
> (差額はこれまでの冊子等自主刊行物の売り上げからの予定。)
> こんどの本は値段のついたものなので、ノートへの記入など、いつもにもまして
> きちんとよろしく。
> 4)他の方については、1冊2000円で販売します。
>
>  *定価は消費税込2310円→8掛(買入値)→1848円。
>
> これからの発表・刊行形態どうしていくかにも関わってきます。購入・宣伝
> よろしくお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/18 23:24
  [mlst-ars-vive 4268] 会員限定のところ/発送しました

『生存学』創刊号テキストデータ
リクエストあった(購入済みの)2人に発送

問い合わせあったので。
トップ→「蔵」
http://www.arsvi.com/a/a.htm

「全文掲載」
http://www.arsvi.com/a/d.htm

「会員限定」
http://www.arsvi.com/1cf.htm
と行くと行けます。

会員の人は
http://www.arsvi.com/1cf.htm
(ちょっとかっこわるいURLなので
ほんとは変えた方がよいのですが…)
を登録してもらえるとよいです。

わからないことあったらメールください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 07:11
  [mlst-ars-vive 4273] お礼×2

松田さんありがとうございました。

> 燃えさかれいのちの火 : 「未来型地域医療」をめざす日野市の難病運動 / 池上洋通著. - 東京 : 自治体研究社 , 1980.7
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880370533/ryospage03-22
注文しました。

昨日までに着いたのは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J9P7JG/ryospage03-22
です。今日もっていきます。

渡辺さんありがとうございました。
へー、でした。編集者経由などで武井さん
http://www.arsvi.com/w/ta05.htm
に連絡とることできると思います。→阿部様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 07:40
  [mlst-ars-vive 4274] 反精神医学続/石川氏続

以前もこのMLにお知らせしましたが
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779503140/ryospage03-22
の安藤論文にすこし言及があります。
それはたいへんすこしですが、それでも
秋元氏の1976年の本からひかれてたりしていて
芋づる式に文献を探していくことができます。

社会学の方で論文があるのが
筑波の院にいていま早稲田の教員の
周藤さん
http://www.f.waseda.jp/ssuto/
で、(こちらにいらっしゃる前の)天田さんの企画
(だったのかな?)で、熊本学園大学での
保健医療社会学会大会の催しで話をしましたが
かみあいませんでしたね。



前便で示した石川氏の(共著の)本では
筋ジストロフィーの遺伝について(患者会などが言いたくない気持ちは
たいへんよくわかるが、でも)言わねばならんのだという
主張が出てきます。

上記の『概念分析の…』の中では
前田さんの「遺伝学的知識と病いの語り」という章があります。
今日もっていきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 18:28
  [mlst-ars-vive 4282] 石川氏続2

『死と直面する』(1992)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884743091/ryospage03-22
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4884743091.html

配架用の棚に先頭に(さきに紹介したもう1冊とともに)置きました。

第1章 残された時間をよりよく生きるために
第2章 尊厳死を選択するということ
第3章 家族に囲まれる幸せを噛みしめて
第4章 告知で生の時間はよみがえるか
第5章 死をみつめることで生が見えてくる
第6章 いま医療に問われている生と死の問題

アマゾンも紀伊國屋も細かい書誌情報は出てきません。
 →ここは手で入力を
1つの章を2〜3人の人が書いてます
第1章の先頭の石川氏の文章の他、
第2章に沖氏(尊厳死協会)の文章
第6章に太田和夫氏「オートバイ事故で亡くなった青年の腎臓がいま六人の生命を
支えている」等。


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 20:48
  [mlst-ars-vive 4283] 本あるいは…の企画

今日は松枝/白杉/新田/山口/吉野/斉藤(由)
とつながって、松枝さんと話している時に思いついたこと。

昨日、小林さん(PD)ともわりと長く話してて、そのときに
今年度、編集に関わってもらうものということで
すこし話したときには思いつかなったのですが、
精神障害(+発達障害)に関わる(おもに日本の)
(大昔でない)歴史の関連で

阿部:反精神医学と日本/学会改革?
仲:精神科特例あるいは大和川病院事件あるいは
藤原(+田中):電通過労死裁判
松枝:薬のこと(1960年前ぐらいから)
三野:米国における脱施設化
山口:(脳の)出来事だとわかる/語ることについて

さらに、忙しい人々で、
樋澤さん、吉村さん(単著準備中?)もよろしかったら
+…

というひとまとまりのものを作ったらよいのではと。
1)COE報告書
2)雑誌特集
3)本
と3つぐらい媒体があり、必ずしも択一というわけではなく
たとえば1)あるいは2)でいったん出したものをもっとよくして3)
という手もあります。(編者に小林さんというのは1)の場合かと。)
また、その前に『Core Ethics』とか雑誌論文で出してもらって
それを改稿して1)〜3)(のいずれか)という経路だと
業績の数も増え、中身もよくなり、さらによいです。

というようなことを考え、今日会った人には話しました。
いかがなもんでしょう。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 22:25
  [mlst-ars-vive 4284] 補足(Re: [mlst-ars-vive 4283]本あるいは…の企画

さっそく諾の返事が届いています。どうも。

> 1)COE報告書
> 2)雑誌特集
> 3)本
> と3つぐらい媒体があり、必ずしも択一というわけではなく
> たとえば1)あるいは2)でいったん出したものをもっとよくして3)
> という手もあります。(編者に小林さんというのは1)の場合かと。)
> また、その前に『Core Ethics』とか雑誌論文で出してもらって
> それを改稿して1)〜3)(のいずれか)という経路だと
> 業績の数も増え、中身もよくなり、さらによいです。

ここ補足。雑誌や本に出たもの→学術雑誌はないです。
基本的に「オリジナル」なものが求められるからです。
他方、学術雑誌に載ったものの単行本等への収録は可能です。
ただし、まったく同じなら単なる転載であり、論文の数が増えた
ということにはなりません。中身をなおしたりふやしたりして
出せば別のものが載ったということになります。
では雑誌や本に載ったものをなおしたりふやしたりして
学術雑誌に投稿という場合はどうか。これはちょっと微妙です。
どの程度変わっているかによります。ただかなり似ているという
場合は不可と考えてよいです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/19 23:04
  [mlst-ars-vive 4286] 武井さんはパム企画へ→阿部様

的場さんからもお知らせありましたように
武井さんは、パム・スミス企画
http://www.arsvi.com/b2000/0903aa.htm
に参加していただいた方ですので、企画担当者
がメール・アドレスなど知っているのではと思いますので
そういうことで。

もしわからないということであれば医学書院の編集者に
連絡します。→阿部様


 
 
>TOP

◆◆2009/05/20 07:41
  [mlst-ars-vive 4296] 別件です他(Re: [mlst-ars-vive 4291] Re: 石川氏続2

大谷(い)さんどうも。

> 石川左門氏の表題のもとで反精神医学の話題もあったんですが、これは別件なん
> でしょうか?

別件です。とりあえず関係ないです。

> 生と死を考える会と東京・生と死を考える会が分裂したのは、デス・エデュケー
> ションをめぐる見解の違いであったかと記憶しています。
> 筋ジスでお子さんを亡くされた会員との溝がうめられなかったようなことを風の
> 便りでききましたので、それが石川氏なのでは、と。
> (今、知人に問い合わせ中)

たぶんそうではないかと。

石川氏は、筋ジス協会の全国と東京の分裂(というか)
にも関係しているはずで、そのこともあります。



石川氏の本、千葉にいる伊藤さんはご自分で3冊買ったそうです。
京都の人がすぐに必要ならわかりませんが、その本
借りてよいではと。→有吉様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/20 08:04
  [mlst-ars-vive 4297] 秋元[1976]

『精神医学と反精神医学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000J9WA3M/ryospage03-22
高すぎ、な気がします。
どこかにあるかとか、どなたか持っているとか
ないでしょうか?
立命館図書館はどうなんでしょう?(不肖わたくし、ここに奉職していらい
いちども図書館使ったことないです。)

どうにもならなかったら仕方なく買います。
もちろんもっと安いところがあったらそこで。

以前の便で言及した安藤さんの論文で言及されている秋元氏の
本というのはこの本です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/20 09:44
  [mlst-ars-vive 4301] 御礼→藤原様/秋元氏/末安さん

藤原さんありがとうございました。

> 「日本の古本屋」で出品しています(一番安いので\2620+送料+振込手数料[クレジットカード不可])

一番安いので買いました。
日本の古本屋
http://www.kosho.or.jp/servlet/top
の方が安いものが出ていることがあることは
わかっているのですが、お金払う手間含めて
めんどうで、なかなか見に行けません。が今回はこちらに。
アマゾン(マーケットプレース)があまり高い場合は
見にいくようにします。



秋元氏の著作でおもに安いものまとめて注文しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/400022543X/ryospage03-22
2005年に99歳、ですか。



アマゾンで引くと
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4260332120/ryospage03-22
など8点著作が出てくる
今年度3年次入学の末安さん
にも、昨日提案した「精神本?」の執筆者に入っていただければと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/20 11:10
  [mlst-ars-vive 4303] 田島さんもありかと

昨日来の本(か冊子・報告書か雑誌特集か)の件ですが

田島さん
http://www.arsvi.com/w/ta01.htm
が、たとえば上田氏
http://www.arsvi.com/w/us01.htm
http://www5.ocn.ne.jp/~tjmkk/us1.htm
について調べたことあるので、その関係とか受容とか生活療法とか
なんか書けるのではないかと。

ついでに。
信州にいたときに同僚だった&東大病院のリハビリテーション部
につとめていたことのある作業療法士の教員から
上記のかた(かたがたと言うべきか)について肯定的でない
評を聞いたことがあるような気がしますが、具体的には
覚えていません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 09:10
  [mlst-ars-vive 4315] 書籍登録

中倉さんの更新連絡にもありましたが
http://www.arsvi.com/b/b.htm
掲載書籍増補されました。

篠木さん(PD)
http://www.arsvi.com/w/sr03.htm
が責任者になってくれてます。

(1〜5月にかけての増加80ほどですが、たぶん
もっとありますよね。今回はいつからいつまでの登録分の
登録だったのでしょう?→篠木様)

今年度前半には今あるものについては
登録をすませたいと思います。
RAのみなさまほかよろしくお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 09:18
  [mlst-ars-vive 4316] 補足説明(Re: [mlst-ars-vive 4315] 書籍登録

> http://www.arsvi.com/b/b.htm
にある(※のついた)本は、書庫(416)にあります
(あるはずです)。利用してください。
遠隔地の方への発送も可能です。
いまもずいぶん多数借りられていてます。
用がすんだものから返してください。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 13:38
  [mlst-ars-vive 4324] →永田様梁様天田様(Re: [mlst-ars-vive 4319]

永田さんどうも。

> A立岩先生の作業机のよこにある登録用書籍棚の一番下と下か
> ら2段目の棚になる「生活書院から」というラベルの張った棚
> の本は登録用にまわしてよいのですよね?

はい。

> B登録書籍用の棚の横にある棚にある本も登録→年代別棚配架
> の書籍なのでしょうか?

ちょっと後回しにしてください。

天田さんの本(書架の右奥のもの+箱に入ったもの+
年代別棚の一番下に並んでいるのも天田本ですよね?天田様)
を優先してください。
・その際、重複に気をつけてください。(同じ本が複数あり、既にファイルがある
場合があり、チェックしないと同じ本についてファイルを2つ作ってしまい
作業が無駄になる。)
・こないだも書きましたが、小さい丸いラベル(天田本は黄色だったと)
の位置に気をつけてください。



梁さんがまとまった仕事をしたいということでこの仕事(天田本登録・配架)
のことを説明しました。
具体的な作成方法などについては、(そのこと先日言いましたが)
知ってる人たくさんいますので教えてもらってください。
(それとももう教わったでしょうか?)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 15:35
  [mlst-ars-vive 4328] 再度お尋ね:テキストデータ化作業について

以前にもこのMLで、また別のML等でお願いしましたが
昨年度のテキストデータ化の作業について
・どれだけの本がテキストデータ化されたのか
・とくに年度後半、教育力強化予算による作業について
どれだけの予算を使い、どれだけの仕事がなされたのか
急ぎお知らせください。後者については篠木さんが
管理的な仕事をしていていただいたかと思いますが。

障害学生支援室との交渉、その他に必要です。
研究の意味もあります。作業について記録をとっておいて
いただくことについては昨年度お願いしてあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 15:56
  [mlst-ars-vive 4330] 書類の所謂差し替え/PD評価書/他

問い合わせあるので。
22日はとにかく出してください。
で、訂正などしたものは再度、担当の係に提出する
ことになります。

事務の方の仕事を増やすことになり、まったくもって
望ましいことではありません。だが仕方がないときには
仕方がない。
大きくなおすことが予想されるような場合には、そのむね
提出先の方に伝えた方がよいのではと。



あと、これも繰り返しになりますが、私の担当の評価書については
あとでまとめて私が直接もっていきます。PDの受け入れの場合も含む。



PDの評価書(よそに出すもの)
小林/高田/山本(崇)と終わっていて
北村/佐藤(量)が
(うっかりしていたのがありますが→すいません)
さっき終わって
岩間さんからも連絡もらってますが
村上(潔)さんは?(という話を天田さんとしたのですが)

なお、PDについては、過去に書いた書類の蓄積があり、
またみなさんよく書けているので、このたびの評価書は
みな「ひじょうに」省力化させていただきました。

竹中さんなどから連絡もらってます。長谷川さんもほぼOK。
どうなってるのかな、というのが西條さん。

立岩



 
 
>TOP

◆◆2009/05/21 19:09
  [mlst-ars-vive 4336] 「当座の仕事は幾つか」(Re: [mlst-ars-vive 4334] 立岩×周藤RTD

天田さんありがとうございます。

> http://www.arsvi.com/o/jshms.htm
> ラウンド・テーブル・ディスカッションB
> テーマ:「病の社会学」では何を問うのか

送った「要旨」は以下。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005071.htm

当日、どんな話になったのかまったく
記憶にありません。いけないことです。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/22 07:10
  [mlst-ars-vive 4347] 締切延期

http://www.arsvi.com/a/c.htm#a
の「2009年度グローバルCOE奨励奨学金」
が今日締切ですが、大学から出された知らせによれば
延期せざるをえないのだろうと思います。
学振書類もそうならざるをえないのでしょう。おって
連絡あるでしょうが、
Ritsumeikan広報課メールマガジン(No.6)
を読むかぎり、そう解するしかないです。

他方、原則禁止というのがどういうものである
るかわかりませんが、門のところで入構を妨げられる
ということはないのではないかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/22 08:04
  [mlst-ars-vive 4350] 2度目:障害学会大会自由報告募集

以下よろしく。今日中にもらえれば、週末
関係者で審議、週明けに結果をお知らせする
ことができます。
800字程度なので、すぐ書けます。
私に送って下さい。既にいくつかもらってます。

今回はこちらはホストということでもありますので
壇上報告したい人には譲ってあげて、基本
ポスターでということでよいだろうと思っています。

立岩

――以下――

Sent: Wednesday, May 13, 2009 8:27 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4187] 障害学会大会自由報告募集開始


> 会員のMLにはさっき流しましたが
> http://www.arsvi.com/ds/jsds2009a.htm
>
> 今日から7月末日までです。
> 学振書類出す人で大会報告希望の人については
> 書類提出前に報告採用決定、証明書発行
> が可能です。問い合わせに応じます。立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/05/22 09:42
  [mlst-ars-vive 4353] GCOE奨励奨学金締切のこと

学振書類については全体のML(cefs)に知らせたとおりです。
> http://www.arsvi.com/a/c.htm#a
> の「2009年度グローバルCOE奨励奨学金」
について以下の連絡がきました。ただ本日中に
みなが情報を得られるとは限らないので
場合によっては学振締切に準じて対応することになろうかと。
立岩

----- Original Message -----
Sent: Friday, May 22, 2009 9:28 AM
Subject: (大学院課)GCOE奨励奨学金の申請書類提出について


> みなさま
> 大学院課の荒木です。
>
> 衣笠キャンパスが休校になったことにともない、
> 書類はメールで大学院課に送ってもらうこと
> にしたいと思います。
>
> HPにも掲載しますが、
> 拠点のほうで連絡が可能でしたら
> 連絡していただきますようお願いします。
>
> 大学院課アドレス
> graduate-studies@st.ritsumei.ac.jp
>
> 件名は
> GCOE奨励奨学金申請書
>
> ただし、万が一
> 学生が来た場合には、窓口で書類を受け取ります。
>
> よろしくお願いします。
>
> 大学院課
> 荒木

----- Original Message -----
From: "立岩真也"
To:
Sent: Friday, May 22, 2009 7:10 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4347] 締切延期


> http://www.arsvi.com/a/c.htm#a
> の「2009年度グローバルCOE奨励奨学金」
> が今日締切ですが、大学から出された知らせによれば
> 延期せざるをえないのだろうと思います。
> 学振書類もそうならざるをえないのでしょう。おって
> 連絡あるでしょうが、
> Ritsumeikan広報課メールマガジン(No.6)
> を読むかぎり、そう解するしかないです。
>
> 他方、原則禁止というのがどういうものである
> るかわかりませんが、門のところで入構を妨げられる
> ということはないのではないかと。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/05/22 09:49
  [mlst-ars-vive 4354] 公募情報

古瀬さん
http://www.arsvi.com/w/ks05.htm
より。いちおうお知らせ。

>定年退職者の後任の公募です。[…]
>なお本学は現在は私立大学(公設民営)ですが、新年度より公立大学法人に変わる予定。
http://www.suac.ac.jp/news/topics/449.html

だそうです。立岩


 
 

◆◆2009/05/22 11:41
  [mlst-ars-vive 4362] 研究者番号他

問い合わせありましたので。
立岩の研究者番号30222110

昨日来、岩間、大野(真)、櫻井(悟)、佐藤(量)、白杉、長谷川、松枝、吉野
といった方々から書類もらってます。
どうも。「見れたら」見て、なにか言うこと「あったら」
メールします。上記の研究者番号のような
必要な情報についての問い合わせには
すぐに答えますのでわかるようにしてください。
(研究者番号のことはメールの一部に書いてあったので
返信遅れました。すいません。)

立岩


 
 

◆◆2009/05/22 15:17
  [mlst-ars-vive 4368] 『生存学』紹介記事/教科書バリアフリー法

生活書院からファックスあり。

『出版ニュース』
http://www.snews.net/
の5月中・下旬号に、『生存学』の紹介記事。

出て知ったということで生活書院が持ち込んだとか
そういうことではないようです。目次の羅列みたいな
感じのものですが、スペースはわりあい大きいです(半ページ)。
そのうちウェブ掲載しようかと。

ちなみに目次に(目次と掲載ページだけファックスでもらった)
宇野和博「教科書バリアフリー法施行と視覚障害者の学習権」
がこの号に掲載されているようです。

立岩


 
 

◆◆2009/05/22 15:37
  [mlst-ars-vive 4369] 来週水曜まで所謂書庫番はなし

でよいでしょう。院生は原則学校に来ないように→
お客さんも来ないということになっているようですし。
(協議・告知のステップを一つ飛ばしていますが、
まあゆるしてもらうということで。) 立岩


 
 

◆◆2009/05/22 21:08
  [mlst-ars-vive 4374] 書籍さらに登録

[mlst-ars-vive 4315] 書籍登録
[mlst-ars-vive 4316] 補足説明
でお知らせした、書籍のリスト
トップからだと「蔵」→「身体×世界:関連書籍」
http://www.arsvi.com/b/b.htm
篠木さんが今年の1月登録分を加えてくださいました。

では1月に登録されたとはどんな本か。それは
HPの日々の更新状況が記録されている
http://www.arsvi.com/a/r.htm
の2009年1月のところをみてください。
(中倉さんが担当してくださっています。)

作成者のみなさんへ。
こまかいところだと(ほかにもいろいろとありますが)
本題と副題の間は「――」に統一お願い。
(これは学振書類等についても同様。)

立岩


 
 

◆◆2009/05/23 07:59
  [mlst-ars-vive 4375] 陳さん京都での研修終了

以前お知らせした&
こないだの「シンポジウム」
http://www.arsvi.com/2000/090510.htm
でも話していただいた、台湾からの
研修生の陳さんが、昨日、京都での
研修を終えられ、東京にもどりました。
これから東京のほうでさらにしばらく研修された
のち、帰国されます。私はほとんど
なんにもできませんでしたけど、院生の
青木さん、安田さん他が、ずいぶんと
よく対応してくださいました。ありがとうございました。
以上簡単な報告と御礼まで。立岩


 
 

◆◆2009/05/23 17:51
  [mlst-ars-vive 4378] 文献→白杉様/書架の本/雑誌等

こないだ話していた日本女子大に
提出された博士論文発見。
「当事者組織と「委託関係」――組織間関係論による自立生活センターの事例分析」
その他いろいろ。テーブルの上に積んで
「白杉様」というのを貼ってあります。

年代別の書架の最下段の本は
天田さんのではないということで??
『現代思想』の古いのと、赤い○シールが貼ってある
新書は私のところからもってきたものです。
それ以外の、どこからやってきたのか捜索中のは
けっこう新しい感じのものです。

雑誌等とりだしてまとめました。その他いくつかすこし。
その処理、その後のこと、PDのどなたかに伝えるか、
PDのMLに流します。

立岩


 
 

◆◆2009/05/23 18:05
  [mlst-ars-vive 4379] 前便補足:肉体労働者募集

> 「当事者組織と「委託関係」――組織間関係論による自立生活センターの事例分析」
>
> その他いろいろ。テーブルの上に積んで
> 「白杉様」というのを貼ってあります。

その他いろいろは、自立生活問題研究全国集会の報告書何冊か
障害者政策研究全国集会の報告書何冊か。
野崎さんの仕事とも関係します。ただ白杉さん・野崎さんの仕事に関わる
手作業については他の人の肉体補助労働が必要です。
障害学生支援のお金を使うこともできるかと思います。
教育力強化予算も可能だと思います。
働いてもよいという人知らせてください。

あと、ようやくすこし機関誌・機関紙を整理し始めてみようと。
同様に働いてもよいという人知らせてください。

立岩


 
 

◆◆2009/05/24 20:54
  [mlst-ars-vive 4387] 石川本/秋元本

Sent: Wednesday, May 20, 2009 9:44 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4301] 御礼→藤原様/秋元氏/末安さん

> 秋元氏の著作
『精神医学と反精神医学』
他何冊かはいりました。&石川左門・石川正一氏関係の本も何冊か。
配架用の棚にあります。それぞれ関係者がファイル(頁)作って
くれるのがよいと思いますが、まずはバイトで仕事してくれている
人がざっと作ってもらって

休校中ですがお知らせしておきます。

上記の秋元氏の本では反精神医学への言及はほんのすこしです。
当時の学会運営、所謂赤レンガ病棟の人たち他に対する
強い批判・非難があります。保安処分肯定の文章があります。
薬についての記述もあります。

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 10:42
  [mlst-ars-vive 4389] 『福祉社会学研究』6

さっき届きました。会員には届くはずです。
たぶん今週中にもっていきます。

まだ中身みてませんが
特集は「介護労働のグローバル化と介護の社会化」
自由論文に「りつりつ研究会」のメンバーで
こないだもいらっしゃていた立教の院生・深田さんの
「介護というコミュニケーション」
書評に、進藤さんによる拙著
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1.htm
の書評、私が書いた藤村さんの本の書評
http://www.arsvi.com/ts2000/20090032.htm
等。

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 13:18
  [mlst-ars-vive 4390] 電気ショック/福祉社会学会

秋元氏の本さらに8冊増え
(明日もっていく予定)
ぱらばらめくっていたら、記述があったので
http://www.arsvi.com/d/ect.htm
を作ってすこし引用。こういうことすべてみなさんに
おまかせですが、気がつかない人もいるだろうと思い。
ここに引用されているのが
秋元氏の還暦記念論文集
(さっき、「日本の古本屋」で上下2冊合わせて1万円強でしたが注文しました)
に収録されているという石川(清)氏の文章で
その石川氏は、所謂赤レンガ病棟を「占拠」する側の人で
秋元氏らと鋭く対立する人であるわけで、その人が68年には
秋元氏の還暦論文集に文章を寄せ、76年の秋元氏の著作に引かれて
いるというのが「ちょっと」おもしろいと思ったので。とにかく
けっこううちわで事々が起こっていたというのがことの一面では
あろうと。

ちなみに私が引用してHPに掲載している部分は、当該の本
のその箇所を囲って鉛筆で○R(○の中にR)と記してあります。

データベースバイトしている三野さん(他)に。
http://www.arsvi.com
内を「電気ショック」で検索すると、吉村さん
http://www.arsvi.com/w/yy04.htm
の論文などいろいろ出てきます。
まず、それを並べる・リンクする

あと秋元氏(他)の人ファイルを作る。

本のファイルを作って、リンク。

などよろしくお願いします。わからないことあったら
webmaster@arsvi.com
などに尋ねてください。

薬のこと、クラブハウスのこと(『99歳精神科医の挑戦』pp.208-213)
いろいろ(たいがい短いですが)など言及あります。
手分けするなりして、作業していってくださいませ。



関連する、福祉社会学会のテーマセッション
とりあえず
http://www.arsvi.com/ts2000/20090607a.htm
作りました。

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 13:57
  [mlst-ars-vive 4391] 転送:大阪大学医の倫理学教室雑誌原稿募集

阪大の霜田さん
http://www.arsvi.com/w/sm15.htm
より以下。ここの研究科の何人かの人の
論文など載せてもらっています。立岩

――以下――
Sent: Monday, May 25, 2009 1:29 PM
Subject: 大阪大学医の倫理学教室雑誌原稿募集
> みなさま
>
> よろしければご協力お願いいたします。
>
> 関心のあるテーマをお知らせいただければ、関連図書や雑誌論文を提供いたしま
> すので、いつでもどうぞ。お知り合いの方にもお知らせいただければ幸いです。
>
> 次号執筆要項は以下の通りです。
> テーマ:医療倫理、生命倫理、看護倫理に関連するあらゆる問題
> 形式:論文、文献紹介、研究動向紹介、事例報告・検討
> 枚数:400字50枚程度まで
> 原稿:テキストファイル(できればワード・ファイル)
> エントリー期限:2009年8月末日(テーマをお知らせください)
> 原稿締め切り:2009年11月末日
> 発行予定:2010年3月20日
>
> バックナンバーの目次は下記参照。
> http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/printedjournal.htm


 
 

◆◆2009/05/25 15:21
  [mlst-ars-vive 4392] 小川さんが本追加してくれました

小川さん
http://www.arsvi.com/w/oh03.htm
が、本のリスト
http://www.arsvi.com/b/b.htm
担当してくださることになり、さっそく
追加してくれました。ありがとうごさいます。

http://www.arsvi.com/b/b.htm
に、冊数を記載するようになっています。
やり方とか、篠木さんよく御存知ですので
相談しながら記載していってください。→小川様


http://www.arsvi.com/b/b2005.htm
のソースを偶々みたところ、
あとの作業がたいへんめんどうになってしまう
体裁になっていました。そのへんも
よろしくお願いいたします。

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 16:53
  [mlst-ars-vive 4397] 福祉社会学会シンポジウム要旨掲載

福祉社会学会シンポジウム
天田さん、後藤さんにご出演願うことになっており
ご両人からいだたいた要旨を掲載。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090607b.htm

学会の幹事会というところからこのシンポジウムについて
もうすこし知らせてくださいという要請もあってのことです。

ちなみにこの学会、今度の会長は武川さんです。
斉藤さんの博士論文の外部審査員にもなってくれてます。

ご覧ください。立岩


 
 

◆◆2009/05/25 20:39
  [mlst-ars-vive 4401] 人頁を(Re: [mlst-ars-vive 4400]石川左門さんの訪問について

伊藤(佳)さん
http://www.arsvi.com/w/ik10.htm
どうも。(このページ、全文や要旨掲載できるものは
して(もらって)、リンクする(してもらう)とよいです。
2007年の障害学会のは既に掲載されているので
リンクだけでよいはず。)

> 石川左門さんにお話を伺う機会を7月19日に設けました。

けっこう時間ありますね。誰か
http://www.arsvi.com/w/is11.htm
の増補おねがいします。
(まだグーグルではひっかからず、自分でこの頁作ったの
忘れてました。)

「人」のインデックスに記載されてませんでした
よろしく→HP様

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 20:50
  [mlst-ars-vive 4403] 精神障害者の介助

山本(長野)さん
http://www.arsvi.com/w/ne01.htm
より以下。

パンフ10部*山本さんから買ってあります。配架用書架の右端だったか。
必要な人もっていってください。
 *1部では手間かけさせるだけなので、10部。
  でもそういう場合は「公費」だと理由書とか書かねばならないので、:
  私費で。

吉田さん(2009年度3年次入試)の
福祉社会学会での報告に関係がなくはないです。
身体的障害については比較的(あくまで比較的)介助の必要がわかりやすい
定型化しやすい、のに比して、精神障害の人について、何に、どれだけ
が問題になりやすい。吉田さんが調べたケースでは、
普通の意味でのニーズアセスメントをして、あるいは
サービスの実態を調査して、ということだと
いまあるものも出なくなる可能性高い。さて…
みたいな話です。

以下のメールは
障害学ML(学会のMLではありません)(他)
に配信されました。関係ある人は入っといてください。
http://www.arsvi.com/ds/ml.htm

立岩

――以下――

皆様へ
山本眞理です。23日にかりん燈の中野での介助者の集まりに参加しましたが、
精神障害者の介助については話題にもなっていませんでした。現状はその程
度ということだと思います。

以下に東京新聞記事ご参考までに このパンフ紹介は以下
http://nagano.dee.cc/kaijosien.htm

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2009年(平成21年)5月24日(日曜日) 東京新聞

精神障害者の介助理解を
支援団体が冊子作り訴え
 
障害者自立支援法の改正案が今国会に提出されているが、同法に基づく精神障害
者への支援や介助制度は当事者間でもあまり知られていない。一因として、提供
されるサービスの制度が当事者のニーズとかけ離れている点がある。理解と改善
を求め、関係団体が小冊子をまとめた。(田原牧)

不況に伴い、心を病むなどの人々が増えている。国が規定する「精神障害」に
は、うつ病などの疾病も含まれる。二〇〇五年の厚生労働省の推計では、全国の
精神障害者数は三百三万人。障害者手帳を持つ人は、昨年度末で四十四万人に
上っている。
〇六年四月に施行された障害者自立支援法では身体、知的、精神の三障害に共通
サービスを提供することがうたわれた。
サービスのうち、精神障害者にかかわりが強いのは家事援助や通院介助ための移
動支援だ。ほかの障害と同様、行政と連携した事業所からヘルパーや看護師、保
健師ら有資格者が派遣される

サービス内容広く知られず
 問題は精神障害者の場合、当事者はもとより診療所のソーシャルワーカーの間で
すら、こうしたサービスの存在が周知されていないことだ。
精神障害者の移動支援に携わる事業所「絆社」(東京都中野区)の山本眞理代表は
「車椅子などを伴う身体障害と違い“五体満足”な精神障害者に介助など必要ない
のでは、という誤解がまだ根強い」と指摘する.
 だが、実際のニーズはある。例えば、長期入院などで社会と隔絶されていたた
め、現金自動預払機(ATM)や切符の券売機の扱いを知らない人はその案内がほ
しい。

薬で「だるさ」家事助け必要
 向精神薬は身体的な負担が大きく、服用者は二十から三十キロの荷物を背負っ
ているに等しいだるさを感じる。家事などで手助けが必要だという。
 病状を医師に説明したり、煩雑な福祉の申請について介助を求める声も強い。
特に「見守り」のニーズは高い。近くにいてくれるだけで自殺衝動から救われる
とする。
 しかし、こうしたニーズと法に基づくサービスの仕組みは一致していない。現
行制度では介助者は有資格者に限られているが、山本さんは「資格より相性。
とっかえひっかえ知らない介助者が来るより、当事者が面接し納得すれば、無資
格の人々でも問題はない。他国ではそうした方式を採用している」と話す。
 また、時間の問題もある。週に決まった日時のサービスでは「辛いときの見守
りには使えない。通院介護でも医療機関での待ち時間や相談時間には使えず、医
師への説明の手助けには役立てられない」と説明する。
 都内で移動介護サービスを利用している四十代の女性当事者は「乗り物恐怖が
あるので移動介護は助かる。でも、身体や知的障害には介助者の交通費免減の仕
組みがあるのに精神障害にはない。結局、行きたい所に行けない」と残念がる。
こうした精神障害者の制度への改善要求は、今回の改正案には含まれていない。
改善への第一歩として絆社では三月、介助の必要性と改善のポイントを理解して
もらおうと小冊子「精神障害者の支援・介助とは?」(三十二ページ、百円)を作
製した。問い合わせは同社=電話080(1036)3685へ。


以下署名
山本真理(ペンネーム 長野英子)
[…]


 
 

◆◆2009/05/25 20:57
  [mlst-ars-vive 4404] 精神障害2009とか

やつぎばやに(いつも)すみません。
http://www.arsvi.com/d/m.htm
からリンクされている年別のページ
私が手を引いた2007年からなくなってしまいました。
この領域の研究していてバイトする必要ある人
(あるいはしてもよい人)お願い。

立岩


 
 

◆◆2009/05/25 22:34
  [mlst-ars-vive 4405] 障害学会大会自由報告応募現況

これまでに7本の応募あり。うちこちらの関係6本。
いまなおしてもらっているもの1つ。

学振書類に書くあるいは書いた人以外は
急ぎません(7月末日締切)が、書くあるいは書いた人は
よろしく。

委員会に諮り、差し替えを認めることにします
ので、今のところの案をお送りください。

立岩

――以下――

Sent: Friday, May 22, 2009 8:04 AM
Subject: [mlst-ars-vive 4350] 2度目:障害学会大会自由報告募集


> 以下よろしく。今日中にもらえれば、週末
> 関係者で審議、週明けに結果をお知らせする
> ことができます。
> 800字程度なので、すぐ書けます。
> 私に送って下さい。既にいくつかもらってます。
>
> 今回はこちらはホストということでもありますので
> 壇上報告したい人には譲ってあげて、基本
> ポスターでということでよいだろうと思っています。
>
> 立岩
>
> ――以下――
>
> Sent: Wednesday, May 13, 2009 8:27 AM
> Subject: [mlst-ars-vive 4187] 障害学会大会自由報告募集開始
>
>
>> 会員のMLにはさっき流しましたが
>> http://www.arsvi.com/ds/jsds2009a.htm
>>
>> 今日から7月末日までです。
>> 学振書類出す人で大会報告希望の人については
>> 書類提出前に報告採用決定、証明書発行
>> が可能です。問い合わせに応じます。立岩


 
 

◆◆2009/05/26 00:01
  [mlst-ars-vive 4407] 市野川氏頁も(Re: [mlst-ars-vive 4406] COE主催市野川研究会の日程について(天田)

天田さんから知らせありましたように
来てくれます。
http://www.arsvi.com/w/iy02.htm
(からリンクされる著作頁等)増補、適任の方、お願いします。
『社会』、登録用の棚においてあります。

あるていど血の気の多い人なので、(こちらの教員も含め)
からんだり、からまれたりしてますが、
そういうものも載せていくと楽しくてよいと思います。
それはある程度こっちでやりますので、まずは
普通に作っていただければ(いただいても)と。

立岩


 
 

◆◆2009/05/26 11:48
  [mlst-ars-vive 4418] CIL関係続→白杉様他

以下の博士論文を書かれた方の著書が出て、いただきました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623053784/ryospage03-22
ぱらぱら拝見しただけですが、よく調べこんで書きこまれているようです。
私と生年同じ、社会人を歴て、という方のようです。
じかにお会いしたことはありませんが。
ここで調査の対象となっている立川市の組織
http://www.arsvi.com/o/jsc0.htm
(こういう組織の機関紙を束ねる仕事もこのごろまったくできていません)
私、理事なるものをさせていただいていますが、なかなか力になれず、
理事会にも出られずという状況で、かつ、けっこうここ数年いろいろと
たいへんでして。そのたいへんさは白杉さんが調べようとしていることと
おおいに関係するのですが、たいへんすぎて、いまは調べられないかも
しれませんが、いちおう。

JILの年鑑(これは今は出てないのでは)数冊と合わせ
同じテーブルの上に載せておきます。白杉さんはぜひ通読してください。

立岩

----- Original Message -----
Sent: Saturday, May 23, 2009 5:51 PM
Subject: [mlst-ars-vive 4378] 文献→白杉様/書架の本/雑誌等


> こないだ話していた日本女子大に
> 提出された博士論文発見。
> 「当事者組織と「委託関係」――組織間関係論による自立生活センターの事例分析」
>
> その他いろいろ。テーブルの上に積んで
> 「白杉様」というのを貼ってあります。
>
> 年代別の書架の最下段の本は
> 天田さんのではないということで??
> 『現代思想』の古いのと、赤い○シールが貼ってある
> 新書は私のところからもってきたものです。
> それ以外の、どこからやってきたのか捜索中のは
> けっこう新しい感じのものです。
>
> 雑誌等とりだしてまとめました。その他いくつかすこし。
> その処理、その後のこと、PDのどなたかに伝えるか、
> PDのMLに流します。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/05/26 12:53
  [mlst-ars-vive 4420] 『自殺と向き合う』

届きました。2009年の棚に並べておきました。
http://www.arsvi.com/b2000/0905ah.htm
『精神医療』の同名特集号+αです
(メンタルヘルス・ライブラリーというシリーズは
基本そういうシリーズです。)

藤原さんの文章が収録されています。

藤原さんが作られているおそるべしな文献リスト
http://www.arsvi.com/d/s01.htm
にも加えさせていただきました。

それにともない「修」すこし更新→HP様

立岩


 
 

◆◆2009/05/26 14:09
  [mlst-ars-vive 4423] 御礼→伊藤(佳)様西條様/リンクの場合→HP様皆様

伊藤(佳)さんからの情報により西條さんが伊藤(佳)さん頁
http://www.arsvi.com/w/ik10.htm
更新されました。ご覧ください。お二方どうも。

西條さんがやってくださったように
http://www.arsvi.comの「外」へのリンクの場合には
URLが見えるようにということでお願いいたします。
「催」のところも含め。
今までのはそのままでよいです、あるいは
「ついで」の時になおしていただいても。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 09:23
  [mlst-ars-vive 4431] メール掲載してもらいました

トップからだと「eMAILs」から入っていくとありますが
私が配信したメール
http://www.arsvi.com/ml/2009p.htm
今月分も、今までの
http://www.arsvi.com/ml/2009p05.htm
松田さん(共生・2008年度入学)
http://www.arsvi.com/w/my10.htm
に掲載していただきました。
松田さんありがとうございました。

7年分のML宛メールが、ほぼ全部収録・掲載されています。
話すべき伝えるべきことのたいがいはそこにあります。
ご覧いただければと思います。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 10:28
  [mlst-ars-vive 4433] →梁様他様HPのこと(Re: [mlst-ars-vive 4432] RAの仕事方法教えて下さい

中倉さんが熟知してますので講習のときに(あるいはその後すこしも含め)
教えてもらったらそれで足りるのではと思います。(が
そうでもなかったら、他の方にということで。)→梁様・中倉様

RAなどデータベース・HP仕事する人ははやめに覚えてください。
中倉さんの講習会もありますし、
よく知ってる人何人もいます。
あとディジタル・デザイン1をおおいに活用してください。
あとおもに視覚障害者対応ということで青木さんもやってくれてます。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 10:30
  [mlst-ars-vive 4434] 今日中に:障害学会大会自由報告応募

たびたび同じ案件ですみません。こちら側で委員会に
諮るとか、そういう都合もありますんで、学振の書類に
書いた人、できるだけ今日中にお願いします。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 14:03
  [mlst-ars-vive 4438] 0120シンポジウム発言

報告書を作成してもらえる(こちらの持ち出しなし)ということで
校正を出したので。
東京での共催シンポジウムでの発言。5分弱です。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090120.htm
いちおうお知らせ。

報告書出たら知らせます。ワード版(等)での提供もお願いしときました。
みなさま、こういうことはわりとまめにしましょう。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 19:07
  [mlst-ars-vive 4445] 御礼+御願い→渡邉様HP様

お知らせ2つありがとうございます。
渡邉さんには
http://www.arsvi.com/d/d00a.htm
とそこからリンクされる頁を作ってもらっているのですが

http://www.arsvi.com/d/d00a2009.htm
といった頁を新設し(あるいはしてもらい)
今年の企画をぺたぺた貼っていくというのが
よいのではと。その上で「催」などからリンクさせる。

これは渡邉さんというよりHPの仕事している人たちの
仕事か。HPの管理的仕事をしている人たち
そして/あるいはPDさまよろしく。

立岩


 
 

◆◆2009/05/28 08:31
  [mlst-ars-vive 4453] 『現代思想』ダーウィン/フーコー

4月臨時増刊がダーウィンで、遠藤さん書いてて
6月号がフーコーで、小泉さん書いてます。
http://www.arsvi.com/m/gs.htm
途中までになっています。RA、HPバイトの人よろしく。
上は
http://www.arsvi.com/m/gs200904e.htm
http://www.arsvi.com/m/gs200906.htm
になります。
以前は、gs2009**の**は
巻号の号の番号だったのですが、変更して
月号にして、臨時増刊の場合はeを付すことにしました。

とりあえず青土社のHPにいってデータをとってきて
貼るだけです。それだけなら、慣れれば
1号について10分ぐらいでできます。
篠木さんがやり方知ってるはずです。教えてもらって
よろしく。

立岩


 
 

◆◆2009/05/27 10:25
  [mlst-ars-vive 4455] RA業務についての聴取調整始めます

HP関係の仕事については
webmaster@arsvi.com
宛メールで把握しています
(ここ1年ほどで約5000通のメールのやりとりあり)
が、とくに他の種々の作業について、そういう仕事を
してきた人から、
昨年度についても含め、様子を聞いて、
今後について話す機会を設けます。
個別に連絡します。立岩


 
 

◆◆2009/05/28 11:32
  [mlst-ars-vive 4456] 市野川氏

http://d.hatena.ne.jp/eculus/20090509/p1
たまたま発見。
http://www.arsvi.com/w/iy02.htm
の増補のおりなどに参考にしてください。
なお上の頁は、時間なく、順序とかなってませんので
そのあたりの修正もよろしく。立岩


 
 

◆◆2009/05/28 14:20
  [mlst-ars-vive 4457] 学振の題名→関係者様

本来はprosemiのML(公共のML)の用件ですが
ごく少数、上記に加入しているか確認がとれていない
人がいるため、こちらを使わせてもらいます。
すみません。

学振の評価書をやっているわけですが、
題名がわからない人がいることに気がつきました。
私の関係の人で思いあたる人は
私に(このMLにでなく)お送りください。

立岩


 
 

◆◆2009/05/28 20:56
  [mlst-ars-vive 4461] 大川0529必着締切

以前お知らせしたもの、明日東京必着締切です。
http://www.okawa-foundation.or.jp/ken/ken_o/index.html

2時間ほどあればできる書類でしたが
そして出せば当たる可能性は高いと思いますが
誰か、で、結局誰も、ということであったようです。
(私は評価書をえんえんとやっています。)

立岩


 
 

◆◆2009/05/29 21:33
  [mlst-ars-vive 4478] HPがなくなっています、が

えんえん、の仕事はようやっとしばらく前に終わったのですが
それとは関係ないですが、HP
http://www.arsvi.com
の頁があらかたなくなったようです。
が、同じものはこちらのPCにありますので
復旧は可能です。しばらく待ってほんとに
そういうことであれば、復旧作業にはいります。

webmaster@arsvi.com
には問い合わせてますが、なにか心あたりのことありましたら
お知らせください。

立岩


 
 

◆◆2009/05/29 23:02
  [mlst-ars-vive 4480] アップ中

復旧開始して1時間あまり。
http://www.arsvi.com
あと14000頁(ファイル)ぐらいあります。

学会関連など、こちらと別に
いろろとこちらを参照するようにとの
メールがML上にあったりしているので
とりあえずということでやっています。

立岩


 
 

◆◆2009/05/30 09:40
  [mlst-ars-vive 4486] 0530雨宮氏他

不思議な出版社(他)をやっている小川さんから以下。

雨宮さん、私、座談会ではじめてお会いしましたが
(あと橋口さんがやはり座談会だか対談だか)
まじめな方でした。

HPあと5300ファイルぐらいです。夜中止まってましたが
朝再開。順調です。/b2000/がもうすぐ終わります。

山森さんのパワーポイントファイル、こちらにはありません。
御本人にうかがったら、ある、かも→青木様

立岩

――以下――

小川恭平です。
5/30(土)、京大時計台前、くびくびカフェに雨宮処凛さんと松本哉さんが来ます。(以下告知・転送可です。)

食べさせろ! 大バーべキュー大会

大変だ! 5月30日(土)にとんでもない2人がくびくびにやってくる。雨宮処凛さんと松本哉さんの2人だ!
30日、どういう事情かわからないが、2人は清水寺で対談をするという。慣れないだろうあんな高い舞台で話して、疲れた2人を私たちは貧乏な心でもって温かく迎えたい。もちろん、バーベキューで。
(注:ユニオンエクスタシーは夏はバーベキュー、冬はコタツ&鍋を闘争の基本としてきました。)
みなさん、30日5時〜、肉や魚、野菜なんでも焼けるものや酒をもって、京大時計台くびくびカフェ前に結集されたい。もちろん、安い肉、安い魚、安い酒でかまわない。釣った魚でも獲った動物の肉でもかまわない。どんどんどんどん焼こうではないか!

1台、ユニオンエクスタシーにはこの2年の闘争を支えてきた、美しいバーベキューセットがある。当組合がはじめて買った備品である。しかし、1台で足りるだろうか?
近くの人でもっている人はいませんか?

http://extasy07.exblog.jp/



----- Original Message -----
From: "立岩真也"
To:
Sent: Friday, May 29, 2009 9:33 PM
Subject: [mlst-ars-vive 4478] HPがなくなっています、が


> えんえん、の仕事はようやっとしばらく前に終わったのですが
> それとは関係ないですが、HP
> http://www.arsvi.com
> の頁があらかたなくなったようです。
> が、同じものはこちらのPCにありますので
> 復旧は可能です。しばらく待ってほんとに
> そういうことであれば、復旧作業にはいります。
>
> webmaster@arsvi.com
> には問い合わせてますが、なにか心あたりのことありましたら
> お知らせください。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/05/30 11:55
  [mlst-ars-vive 4487] HPアップ終了

http://www.arsvi.com/
作業しました。正味7時間でした。
始めればあとはほっとけるので
どうという作業ではありませんでした。

5月27日13時27分時点のものの
ようです。それ以降にアップしたものは
お願いします。
その際、いまアップされているファイルは
昨日あるいは今日のタイムスタンプに
なっているので、注意してください。
(新しければアップする、とすると
アップされないことがあります。)
あとの事務的な作業については
webmaster@arsvi.com
ないしは個別メールでということで。

原因はわかりましたが、こうしたことが
再度起こることはありませんので
公表しないことにします。ご了承ください。

本日HP関連のことで別便します。

立岩


 
 

◆◆2009/05/30 14:04
  [mlst-ars-vive 4489] 0531生命倫理学会大会締切

だそうです。大会は1114/15、於:東洋英和
http://jab2009.seesaa.net/category/6166213-1.html

一般報告も明日締切とのこと。

公募シンポジウムというのはシンポジストをあらかじめ
書いてだすというものだそうで、
やるなら「敵手」がいないとつまらないと思い、そういう人に
わざわざお誘いの連絡するというほどの元気はないので
パス、だろうと。となると学会、理事会などもセットされるのでしょうが
私はいつものように不参加ということになろうかと。

聞いているところでは大谷(い)さんが
公募シンポジウム?を企画とか。
あと院生で報告予定という人のことも聞いてます。

立岩


 
 

◆◆2009/05/30 14:18
  [mlst-ars-vive 4490] HP関係でたくさん仕事する人へ

1)ファイルを全部ダウンロードする

 *昨日から今日にかけてのアップロードが7時間
 (Eモバイル環境)なのでそのぐらいあれば
 終わるだろうと。

2)あとは時々(自分で更新したりする前などに)
 更新されたファイルだけダウンロードする。
 これは数分で終わるはず。

2)こうして自分の機械にあるファイルを更新、新規作成などする。
→それをアップ

 *私の場合はMS-DOSのコマンド使って、
 xcopy b:\net\*.htm b:\netn /s /d:05-30-2009
 ようにして更新あるいは新規作成されたものだけを
 別のフォルダにコピーし、それをアップしてます。

こうすると、@手早く、数多くのファイルを一気に、作成・更新できます。

利点は上記の手早さ、簡単さの他に

Aオフラインの環境でもHPを使える。

B例えばQXというエディタだと

で☆を(私の設定の場合)F11
とすると当該のファイルに行ってくれるという
機能*があって、いちいちファイル名をいれて
ファイルを開く必要なく、ファイルを開けるので便利
(自分の研究のための資料庫のような感じで使える。)

C今回のようなことが起こった時に、手元にあるものをアップすればよい。

という利点があります。たくさん仕事する人はご検討ください。

立岩


 
 

◆◆2009/05/30 16:02
  [mlst-ars-vive 4491] 公共論史受講者様:上農/多言語問題覚書/他

昨日に話に出た人などで、こちらの院生で(も)ある上農さん
http://www.arsvi.com/w/us02.htm
山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
cf.
http://www.arsvi.com/d/e01.htm
http://www.arsvi.com/d/r05.htm
フランク
http://www.arsvi.com/w/fa01.htm

多文化主義
http://www.arsvi.com/d/mc.htm
拙文
http://www.arsvi.com/ts2000/2007056.htm

自閉症
http://www.arsvi.com/d/a07.htm
ニキ
http://www.arsvi.com/w/nr02.htm
香山
http://www.arsvi.com/w/kr05.htm

フーコー
http://www.arsvi.com/w/fm05.htm
cf.
http://www.arsvi.com/d/c0192.htm
拙文
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005005.htm

とりあえず以上。立岩


 
 

◆◆2009/05/31 10:15
  [mlst-ars-vive 4493] 原因/帰属

私が書かねばならない連載の原稿のこともあり
山口さんの学会報告(もうあと1週間ですか…)の関係もあり、
以下の頁の下にメモを置きました。ご参考まで。
http://www.arsvi.com/d/c11.htm

金曜日の公共論史で話した話にも関係あります。

立岩


 
 

◆◆2009/05/31 16:24
  [mlst-ars-vive 4495] 文科省による障害学生支援のこと

がどこかHPに掲載されたりしているものか
御存知の方はお知らせください。
現在、本研究科の障害学生10名+αのMLにも問い合わせて
いますが、こちらにも。
例えば精神障害の手帳もっている人は?
と支援室に問い合わせたところ、カウントされないとの
回答で、そのような回答であるかにはそうなのだろうとは
思うのですが、どこにそのように書いてあるのか、とか。

立岩


 
 

◆◆2009/05/31 16:28
  [mlst-ars-vive 4496] 英語圏における書籍出版のこと

これも別のMLで情報交換してますが
日本語の本を英訳したものの
英語圏での出版について
なにか情報をおもちのことはお知らせいただければ
ありがたくぞんじます。立岩


 
 

◆◆2009/05/31 20:45
  [mlst-ars-vive 4498] 英語圏における書籍出版のこと続

森岡さん(大阪府大)と有馬さん(いま東大)から
いただいた情報を以下に。
http://www.arsvi.com/p/e.htm
ありがとうございました。引き続きよろしく。立岩


 
 

◆◆2009/05/31 20:57
  [mlst-ars-vive 4499] お礼+(Re: [mlst-ars-vive 4497] Re: 文科省による障害学生支援のこと

青木さんありがとうございました。

> 平成19年度(2007年度)障害学生の修学支援に関する実態調査
> http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/chosa0701.html

なんかも含め
http://www.arsvi.com/d/e19.htm
(からリンクされる頁)増補していただければ。

引き続き、文科省の予算がどういうふうに大学に行くのか
わかる資料などどこかにあったら、よろしく。

立岩