HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科院生宛・2009年4月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
  2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
  2008年1月  2008年2月  2008年3月  2008年4月  2008年5月  2008年6月  2008年7月  2008年8月  2008年9月 2008年10月  2008年11月  2008年12月  2009年1月  2009年2月  2009年3月 


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2007


◆◆2009/04/30 11:45
   [mlst-ars-vive 4083] 0926-27障害学会大会
◆◆2009/04/29 13:52
   [mlst-ars-vive 4074] 望月・中村・サトウ編『「対人援助学」キーワード集』 /再々度依頼/他
◆◆2009/04/29 12:13
   [mlst-ars-vive 4072] 大同…助成
◆◆2009/04/29 09:29
   [mlst-ars-vive 4071] 助成のこと/岸田さん御礼
◆◆2009/04/28 14:39
   [mlst-ars-vive 4067] 『人とのつながりの中で――障害を超えて福井に生きる』
◆◆2009/04/28 14:16
   [mlst-ars-vive 4066] 『ナラティヴ・アプローチ』
◆◆2009/04/28 14:05
   [mlst-ars-vive 4065] 『介護労働を生きる』
◆◆2009/04/28 13:45
   [mlst-ars-vive 4064] 『自己決定の倫理と「私−たち」の自由』
◆◆2009/04/28 13:32
   [mlst-ars-vive 4062] 『ケーススタデディ障がいと人権』→竹林様他
◆◆2009/04/27 21:18
   [mlst-ars-vive 4055] 推薦書評価書2/御礼+→橋口様
◆◆2009/04/27 20:14
   [mlst-ars-vive 4053] 推薦文というもの
◆◆2009/04/27 16:10
   [mlst-ars-vive 4051] 0513トヨタ財団
◆◆2009/04/27 15:07
   [mlst-ars-vive 4050] 書類作成時の些細な注意点/本人情報
◆◆2009/04/27 14:21
   [mlst-ars-vive 4048] 0516SPSN/共同連
◆◆2009/04/27 11:36
   [mlst-ars-vive 4045] シネマの件微訂正他→HP様他
◆◆2009/04/27 11:22
   [mlst-ars-vive 4044] 助成応募書類のこと・クラブハウス/シネマ
◆◆2009/04/27 08:30
   [mlst-ars-vive 4041] 学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)リニューアル
◆◆2009/04/27 07:40
   [mlst-ars-vive 4040] 現代日本語書き言葉均衡コーパス検索デモンストレーション
◆◆2009/04/26 21:55
   [mlst-ars-vive 4037] 0607福祉社会学会大会シンポジウム→天田先生後藤先生他
◆◆2009/04/26 20:16
   [mlst-ars-vive 4036] 0428演習(立岩)→院生様/本
◆◆2009/04/26 13:55
   [mlst-ars-vive 4030] 生命理倫理学会ニューズレターに紹介
◆◆2009/04/26 10:40
   [mlst-ars-vive 4026] 障害学生関係?のML発足・他
◆◆2009/04/26 09:30
   [mlst-ars-vive 4025] 生命理倫理学会大会
◆◆2009/04/25 20:02
   [mlst-ars-vive 4023] 税+αの本
◆◆2009/04/25 19:21
   [mlst-ars-vive 4022] 自閉症
◆◆2009/04/25 19:13
   [mlst-ars-vive 4021] 法人税
◆◆2009/04/25 14:02
   [mlst-ars-vive 4017] 「身体の現代」
◆◆2009/04/25 09:51
   [mlst-ars-vive 4015] HPの改善にあたり
◆◆2009/04/25 08:35
   [mlst-ars-vive 4013] ポッター・バイオエシックス/他
◆◆2009/04/24 11:52
   [mlst-ars-vive 4006] 御礼→青木様+借り出し・依頼の場合
◆◆2009/04/24 08:35
   [mlst-ars-vive 3998] 稲場さんがPWA賞受賞
◆◆2009/04/24 07:53
   [mlst-ars-vive 3997] 0428コートジボワール共和国の障害者調査
◆◆2009/04/24 07:17
   [mlst-ars-vive 3996] 障害学生関係?のML
◆◆2009/04/23 20:56
   [mlst-ars-vive 3991]『概念分析の社会学』
◆◆2009/04/23 10:09
   [mlst-ars-vive 3979] 本日(立岩)→的場様他院生様
◆◆2009/04/23 07:36
   [mlst-ars-vive 3974] 0423・28立岩→院生様/図書館の本のこと
◆◆2009/04/23 07:15
   [mlst-ars-vive 3973] 植村作「遺伝子プール」「経験機械」
◆◆2009/04/22 23:29
   [mlst-ars-vive 3970] 0423立岩→院生様/障害学会日程
◆◆2009/04/22 07:21
   [mlst-ars-vive 3951] 登録?の件→中村様/図書館の本返却の件
◆◆2009/04/21 22:33
   [mlst-ars-vive 3947] 理論社/どうも→白居様
◆◆2009/04/21 22:06
   [mlst-ars-vive 3945] 障害学生支援関係でお伺い等
◆◆2009/04/21 09:07
   [mlst-ars-vive 3936] 本日10時ですが→吉野様
◆◆2009/04/21 07:47
   [mlst-ars-vive 3935] HP作成に当たっての些細な事柄/サトウ本
◆◆2009/04/21 07:35
   [mlst-ars-vive 3934] 各種研究会
◆◆2009/04/20 22:38
   [mlst-ars-vive 3931] どこに論点を置くか→高田様
◆◆2009/04/20 22:21
   [mlst-ars-vive 3929] 執行人で行くか→櫻井様
◆◆2009/04/20 21:29
   [mlst-ars-vive 3928] 尖ったところを書く方が楽
◆◆2009/04/20 20:49
   [mlst-ars-vive 3927] 0423立岩→中村様三野様/助成
◆◆2009/04/20 20:28
   [mlst-ars-vive 3926] 0428演習・立岩・生活書院→院生様
◆◆2009/04/20 19:58
   [mlst-ars-vive 3925] 0421演習・理論社・他/0423/学振(立岩)→院生様
◆◆2009/04/20 19:35
   [mlst-ars-vive 3924] 福祉社会学会大会報告要旨のこと/『Core Ethics』
◆◆2009/04/20 17:52
   [mlst-ars-vive 3923] このML1周年/えんじょさん登録?→片岡様
◆◆2009/04/19 20:53
   [mlst-ars-vive 3911] 死生学
◆◆2009/04/19 20:35
   [mlst-ars-vive 3910] 御礼(Re: [mlst-ars-vive 3909] Re: テキスト校正を筋ジスの人がするという企画
◆◆2009/04/19 16:16
   [mlst-ars-vive 3908] テキスト校正を筋ジスの人がするという企画
◆◆2009/04/19 11:30
   [mlst-ars-vive 3904] 医療的ケアを必要とする人(子)のレスパイト…
◆◆2009/04/19 07:41
   [mlst-ars-vive 3902] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3895] Re: 法人税の正当化 1
◆◆2009/04/18 22:27
   [mlst-ars-vive 3894] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3891] [mlst-ars-vive 3887] 岩井CSR論
◆◆2009/04/18 22:11
   [mlst-ars-vive 3893] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3892] [mlst-ars-vive 3888] 法人税の正当化
◆◆2009/04/18 20:01
   [mlst-ars-vive 3890] 視覚障害学生数等・続
◆◆2009/04/18 19:30
   [mlst-ars-vive 3889] アイリス・ヤング
◆◆2009/04/18 18:28
   [mlst-ars-vive 3888] 法人税の正当化
◆◆2009/04/18 18:19
   [mlst-ars-vive 3887] 岩井CSR論
◆◆2009/04/18 17:31
   [mlst-ars-vive 3886] 交信研究→池田(雅)様中田様他
◆◆2009/04/18 17:11
   [mlst-ars-vive 3885] 0421演習・立岩・理論社→院生様
◆◆2009/04/18 16:50
   [mlst-ars-vive 3883] 多文化/他言語
◆◆2009/04/18 14:37
   [mlst-ars-vive 3880] 多言語問題覚書
◆◆2009/04/18 14:33
   [mlst-ars-vive 3879] パターナリズム
◆◆2009/04/18 14:26
   [mlst-ars-vive 3878] 片山さんによるキムリッカ論文の紹介
◆◆2009/04/16 16:17
   [mlst-ars-vive 3867] みずほ/福祉文化学会
◆◆2009/04/16 12:47
   [mlst-ars-vive 3865] 立岩着→院生他様
◆◆2009/04/15 19:59
   [mlst-ars-vive 3851] 0416/17/21/23立岩→院生様
◆◆2009/04/15 10:37
   [mlst-ars-vive 3848] 補足:奨学貸与基金
◆◆2009/04/15 10:27
   [mlst-ars-vive 3847] 奨学貸与基金
◆◆2009/04/15 09:18
   [mlst-ars-vive 3846] ポッゲ本助成決定/助成
◆◆2009/04/15 08:49
   [mlst-ars-vive 3845] 学振/御礼/他→院生様
◆◆2009/04/14 21:18
   [mlst-ars-vive 3839] 三井さん出口さんのアドレス伺い→御存知の方
◆◆2009/04/14 21:11
   [mlst-ars-vive 3838] 台湾からの陳盈如さん→関係院生様
◆◆2009/04/14 10:22
   [mlst-ars-vive 3835] 立岩着→片岡様他/お礼
◆◆2009/04/14 09:28
   [mlst-ars-vive 3831] 再度:0414研修生from台湾続/他
◆◆2009/04/14 09:13
   [mlst-ars-vive 3829] 単位認定等→末安様他3年次院生様
◆◆2009/04/13 21:24
   [mlst-ars-vive 3822] 0523案:土曜の公共論史
◆◆2009/04/13 21:06
   [mlst-ars-vive 3821] お伺い:病者集団資料/お礼→小林様
◆◆2009/04/13 21:02
   [mlst-ars-vive 3820] お伺い:視覚障害学生数等
◆◆2009/04/13 10:48
   [mlst-ars-vive 3815] 『流儀』印税送金
◆◆2009/04/13 07:48
   [mlst-ars-vive 3814] 0414/16/17立岩→院生様
◆◆2009/04/12 22:51
   [mlst-ars-vive 3812] 0515りつりつ/公共論史予定
◆◆2009/04/12 22:40
   [mlst-ars-vive 3811] 自閉症/税
◆◆2009/04/12 22:32
   [mlst-ars-vive 3810] 0920/21障害学会大会
◆◆2009/04/12 13:03
   [mlst-ars-vive 3804] 『障害者の自立支援と「合理的配慮」に関する研究』
◆◆2009/04/11 09:44
   [mlst-ars-vive 3796] 院生に御伺い:学振当たり書類
◆◆2009/04/10 21:49
   [mlst-ars-vive 3794] 公共論史予定他→院生様
◆◆2009/04/10 21:20
   [mlst-ars-vive 3793] 雑誌とりあえず配架→PD様院生様
◆◆2009/04/10 21:14:
   [mlst-ars-vive 3792] 『さわる文化への招待ーー触覚でみる手学問のすすめ』→鹿島様他
◆◆2009/04/10 10:58
   [mlst-ars-vive 3787] 前便誤送信/『TEMではじめる質的研究――時間とプロセス』/『<支援>の社会学』
◆◆2009/04/10 10:42
   [mlst-ars-vive 3784] 0410立岩→院生様/腎臓本/環境
◆◆2009/04/09 21:05
   [mlst-ars-vive 3779] 障害学会大会の日取り→院生様
◆◆2009/04/09 19:58
   [mlst-ars-vive 3776] 前期金曜のことで御伺い→院生様
◆◆2009/04/09 19:44
   [mlst-ars-vive 3775] 学振様補足/0410立岩→院生様
◆◆2009/04/09 09:34
   [mlst-ars-vive 3763] 秋に死生学/生存学
◆◆2009/04/09 09:05
   [mlst-ars-vive 3762] ディジタルデータ提供(→教員の皆様も)(Re: [mlst-ars-vive 3752] 視覚障害院生他様
◆◆2009/04/08 22:05
   [mlst-ars-vive 3757] 個人ページの作成&自己紹介を→(特に新規)院生様
◆◆2009/04/08 21:51
   [mlst-ars-vive 3756] 0414研修生from台湾続
◆◆2009/04/08 21:44
   [mlst-ars-vive 3755] 学振様補足/0410立岩→院生様
◆◆2009/04/08 21:40
   [mlst-ars-vive 3754] 学振様
◆◆2009/04/08 21:28
   [mlst-ars-vive 3753] 0606アフリカからの留学生への公開インタビュー
◆◆2009/04/08 21:14
   [mlst-ars-vive 3752] 視覚障害院生他様
◆◆2009/04/08 20:54
   [mlst-ars-vive 3750] 0428生活書院社長来訪→院生様
◆◆2009/04/07 23:05
   [mlst-ars-vive 3737] 「犯罪被害者の会幹事を辞任しました。」という頁→大谷(通)様
◆◆2009/04/07 10:56
   [mlst-ars-vive 3728] 公共論史の件→片山様他
◆◆2009/04/07 09:04
   [mlst-ars-vive 3722] 0407/0410立岩→院生様/単位認定
◆◆2009/04/06 21:05
   [mlst-ars-vive 3716] 透析腎移植関連本明日搬入→有吉様他
◆◆2009/04/06 20:15
   mlst-ars-vive 3714] 科研費研究/研究助成/科研費番号(立岩)/大谷先生ゲット・他
◆◆2009/04/06 08:13
   [mlst-ars-vive 3704] 障害学会大会
◆◆2009/04/06 08:00
   [mlst-ars-vive 3703] 沖縄地域学リポジトリを試験公開
◆◆2009/04/06 07:56
   [mlst-ars-vive 3702] 予備論文→論文/本→博士論文
◆◆2009/04/06 07:10
   [mlst-ars-vive 3701] 0516SPSN
◆◆2009/04/06 06:55
   mlst-ars-vive 3700] アフィリエイト
◆◆2009/04/05 19:24
   [mlst-ars-vive 3694] 福祉社会学会
◆◆2009/04/05 09:15
   [mlst-ars-vive 3681] 『視覚障害学生支援技法』のあと続
◆◆2009/04/05 09:06
   [mlst-ars-vive 3680] 『視覚障害学生支援技法』のあと
◆◆2009/04/05 08:03
   [mlst-ars-vive 3679] 交信系ML
◆◆2009/04/04 15:22
   [mlst-ars-vive 3675] 松田本
◆◆2009/04/04 08:55
   [mlst-ars-vive 3669] 本搬入/本配架の件/0405立岩→院生様
◆◆2009/04/03 16:33
   [mlst-ars-vive 3652] 0421理論社の件続→吉野様(大谷様)
◆◆2009/04/03 16:06
   [mlst-ars-vive 3650] 0414or15研修生from台湾続
◆◆2009/04/02 08:37
   [mlst-ars-vive 3629] 進行中(Re: [mlst-ars-vive 3608]HP移動依頼(→PD様)
◆◆2009/04/01 22:18
   [mlst-ars-vive 3625] 様々御礼
◆◆2009/04/01 20:01
   [mlst-ars-vive 3623] 研修生from台湾
◆◆2009/04/01 19:34
   [mlst-ars-vive 3622] 差別禁止条約/差別禁止条例
◆◆2009/04/01 16:01
   [mlst-ars-vive 3615] 0407立岩→院生様
◆◆2009/04/01 15:52
   [mlst-ars-vive 3614] 理論社の件→吉野様(大谷様)
◆◆2009/04/01 15:38
   [mlst-ars-vive 3613] 福祉社会学会精神セッション
◆◆2009/04/01 15:19
   [mlst-ars-vive 3611] 仕事2本について→篠木様橋口様
◆◆2009/04/01 14:57
   [mlst-ars-vive 3609] 障害者関連文献整理・東大READとの連携
◆◆2009/04/01 14:19
   [mlst-ars-vive 3608] HP移動依頼(→PD様)
◆◆2009/04/01 14:09
   [mlst-ars-vive 3607] 0507社会政治研究会:BI等
◆◆2009/04/01 13:57
   [mlst-ars-vive 3606] 原因論/自閉…(前便誤送信御免)
◆◆2009/04/01 13:45
   [mlst-ars-vive 3605] 原因論/自閉…
◆◆2009/04/01 10:03
   [mlst-ars-vive 3599] 0404立岩→院生様
◆◆2009/04/01 09:49
   [mlst-ars-vive 3597] 仕事2本→PD様
◆◆2009/04/01 09:43
   [mlst-ars-vive 3596] 仕事1院生教員HP→PD(+HP)様


 
 
>TOP

◆◆2009/04/01 09:43
   [mlst-ars-vive 3596] 仕事1院生教員HP→PD(+HP)様

今日から2009年度ということでPDのみなさんの
陣容も変わりました。よろしくお願いします。

まず、院生教員他の頁の整備をお願いします。
PDは全体を管理し、個々の仕事の依頼は
HPの担当者、RA、院生の人にということでよいです。
リストを作って、チェックしていってください。
4月中には4月までのところを完成させてください。

彙報の仕事を担当している遠州さん
英語頁を担当している片岡さん
研究科のHPを管理している貝發さんと適宜
連絡をとり作業を調整しながら御願いします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2009/04/01 09:49
   [mlst-ars-vive 3597] 仕事2本→PD様

http://www.arsvi.com/a/a.htm

http://www.arsvi.com/b/b.htm

……

の増補・整理、それと連動した書架の整理
をお願いします。

1冊ずつの頁(ファイル)を作る→配架する作業について
登録用の棚にある本はようやく少なくなりました。
天田さんの本をお願いします。
PDのみなさんにやっていただくのはやはり
その全体を進行させていくことです。頁作成は
これまでの人+でやってもらえれば。
相談には乗ります。

http://www.arsvi.com/b/b.htm

……
の部分は、篠木さんが統括してくださっていたのですが
2009年になって教育力強化予算関係の仕事で
たいへん忙しかったので、中断ということになったのだと
思われます。篠木さんにということではなく
どなたでもよいのですが、
PDのあいだで調整して、うまいぐあいに仕事を配分してください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 10:03
   [mlst-ars-vive 3599] 0404立岩→院生様

渡邉さん
http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
午前(9時?)

大野(真)さん(2009年度入学)
正午ころ(午前の用事があるそうでまにあえば)

山本(崇)さん
http://www.arsvi.com/w/yt02.htm
13時
(ガイダンスは13時からですが私は14時ぐらいから
でよいようなので。)

いまのところこんなところです。
遠来の方など、この日でないと、という人優先します。

休学等の書類の所見欄はあとでまとめて
事務に出向いて書きます。ただし、相談・報告は
必ずしておいてください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 13:45
  [mlst-ars-vive 3605] 原因論/自閉…

http://www.arsvi.com/ts2000/2002023.htmやらしてもらっている連載
http://www.arsvi.com/ts2000/20080061.htm
に関係し、また今度の山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
の学会報告にも関係し、
原因について、家族を原因・要因として名指すことについて、
その批判について、自閉症等についてそのことを言うことについて



 
>TOP

◆◆2009/04/01 13:57
  [mlst-ars-vive 3606] 原因論/自閉…(前便誤送信御免)

前便誤送信でした。すみません。

いちおう商業誌に載ったものなので他の回は載せていませんが
この回だけ、以前の「生存の争い」という連載の一回を
http://www.arsvi.com/ts2000/2002023.htm
を掲載してあります(ことをさっき検索していてわかりました)。

『みすず』での連載(本にせねばなりません)
http://www.arsvi.com/ts2000/20080061.htm
に関係し、また今度の山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
の学会報告にも関係し、
原因について、家族を原因・要因として名指すことについて、
その批判について、自閉症等についてそのことを言うことについて

文献やらなにやら集めてみようと思います。
なにか思いつくものとかありましたら
よろしくお願いいたします。

山口さんはニキさん
http://www.arsvi.com/w/nr02.htm
と香山さん
http://www.arsvi.com/w/kr05.htm
の言ってることを見てみようというかんじのようです。

「原因」
http://www.arsvi.com/d/c11.htm
という私が作った中身のないファイルも再発見しました。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 14:09
  [mlst-ars-vive 3607] 0507社会政治研究会:BI等

以下案内をいただきました。大岡さんの本は書庫にあります。
上村さんは大学院の後輩にあたる方だったと思います。
掲載よろしく→HP様

――以下――

第1回社会政治研究会(Social Politics Forum)の御案内

日時 2009年5月7日(木)17:30〜20:30

会場 名古屋大学全学教育棟北棟4階406(多目的講義室)
(www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama
左下41番の上方の棟。エレベーターを降りて左手へお進み下さい)

《第一報告》
田村哲樹(名古屋大学)「ベーシック・インカム、自律、政治的実行可能
性」

《第二報告》
大岡頼光(中京大学)「死生観と老人介護──スウェーデン高校生への
インタビュー調査から」

飛び入り参加も歓迎いたしますが、準備の都合上、事前に上村
(kamimura@lit.nagoya-u.ac.jp)まで御一報いただければ幸いです。
なお、終了後の懇親会もぜひ御予定下さい。

【運営委員】
大岡頼光(中京大学)
上村泰裕(名古屋大学)
田村哲樹(名古屋大学)
山岸敬和(南山大学)



 
>TOP

◆◆2009/04/01 14:19
  [mlst-ars-vive 3608] HP移動依頼(→PD様)

現在HPはカゴヤという会社にお金を払っており
まあいろいろありまして私が払うかたちが
(私設ページだった2002年以来)続いています。
なんやかやで年4万円とすこしになります。

それを同じ会社のアカデミックプラン
http://www.kagoya.net/academic/
(院内限定HPがこれを利用しています)
に移すと基本料金無料になります。
データを全部移すとかそういう作業が必要になります。

これまで2度ほどお願いしてみましたが反応なかった
ので、この件、PDのどなたか誰かに依頼するなどして
遂行、監督してくださいませ。
私に知らされているID、パスワードなど必要であれば
必要な方にお知らせします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 14:57
  [mlst-ars-vive 3609] 障害者関連文献整理・東大READとの連携

東大READ
http://www.read-tu.jp/
の臼井さんと瀬山さん
http://www.arsvi.com/w/sn04.htm
が、こないだ書庫に3日間いらっしゃって
文献(運動体などの報告書とか、市販されては
いないもの、サイズとしてはB5、A4が多い…)
を整理・複写・…していったのですが
中間成果ということで文献が114入っている
エクセルのファイル送ってくれました。
作業をいっしょに進めていきたいですが、
&時間あったら私やりたいですが、私はできません。
誰か、先方と連絡とりながら進めてくれる
人いませんか?

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 15:19
  [mlst-ars-vive 3611] 仕事2本について→篠木様橋口様

篠木さんどうも。

> ・身体×世界:関連書籍(http://www.arsvi.com/b/b.htm)への書籍ファイルの登録
>
> ・事項ファイルへの書籍ファイルの登録
> については、生田さんにしていただくことになったと伺っていますが、それでよろしかったでしょうか。

生田さんもやってくれるようですが、
どのぐらいできるか〜一人でやって
もらうか等含め、生田さん(他)と
連絡とりあい調整してやってください。

あと、1月から3月(等?)「修」
http://www.arsvi.com/a/r.htm
に掲載された本データを
http://www.arsvi.com/b/b.htm
からリンクされたファイルに加えていく仕事あります。

また、HPのデータと、
書架にある本とつきあわせていく仕事あります。

書誌データはあるが、ファイル(ページ)はない本について
ファイルを作っていく仕事あります。

天田さんの本の登録・配架の仕事があります。
橋口さんから紹介された方にやっていただいてきましたが
どのぐらい働いてますでしょう(これからはいかがでしょう)?
あまり進んでいないように思いますが→橋口様

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 15:38
  [mlst-ars-vive 3613] 福祉社会学会精神セッション

6月の大会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jwsa/taikai.html
のテーマセッションの一つ(司会?わたし)
5件申し込み全員採択とし、とりあえず
今日締切なのですが、以下の順序で。
ただの思いつき。当日変更とかも不可能ではない
かな。立岩

――以下――

三野 宏治
立命館大学大学院先端総合学術研究科
アメリカにおける脱入院化――ケネディ教書以前とその後

吉田 幸恵
立命館大学大学院先端総合学術研究科
精神障害者の地域生活支援の在り方の一考察――生活史聞き取り調査を通して

山口 真紀
立命館大学大学院先端総合学術研究科
診断名を与えること/得ることについての問題の再検討――ニキの主張を起点にして

松枝 亜希子
立命館大学大学院先端総合学術研究科
1950-60年代のトランキライザーの隆盛

奥田 祥子
慶應義塾大院政策・メディア研究科
「うつ」の流行をめぐるメディア作用



 
>TOP

◆◆2009/04/01 15:52
  [mlst-ars-vive 3614] 理論社の件→吉野様(大谷様)

3月29日東京にいったおり理論社(関係)の編集者(3人)に
つかまりまして(連載を終わらせ、本を出す約束を果たしていないので)
すこし話。
「よりみちパン!セ」
http://www.rironsha.co.jp/special/series/main.html
出たものみな送っていただいてますので、書庫にあります。

大谷(通)さん
http://www.arsvi.com/w/om01.htm
の企画もあって、けっこう期待されてるようでした。

吉野さん
http://www.arsvi.com/w/yy03.htm
の宣伝も(再度)しときました。

4月後半、京都にいらっしゃるということで
0421火◇1300〜教授会
0423木◇10:00〜12:00COE会議
の前後はいかがと返信しましたが
吉野さん都合は?

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 16:01
  [mlst-ars-vive 3615] 0407立岩→院生様

4月7日、13時から教授会、その前後対応可能。
いまのところ12時、出生研
http://www.arsvi.com/o/r02.htm
の報告書の出版計画について
櫻井(浩)さん
http://www.arsvi.com/w/sh05.htm
堀田さん
http://www.arsvi.com/w/hy03.htm
と話す予定。

希望者は連絡ください。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 19:34
  [mlst-ars-vive 3622] 差別禁止条約/差別禁止条例

> 東大READ
> http://www.read-tu.jp/
> の臼井さんと瀬山さん

の臼井さんでもあり、「欠格条項をなくす会」
(こちらのHPからページなくなってました→私のミスです
→そのうち復旧させます)の事務局長でもある
臼井さんから以下。

障害者差別禁止条約の日本国内への影響だとか
そういうのは、輸出用のネタとしてもありなので
誰かやってみてもよいかとも。

あと条例では千葉県に条例があるわけですが
だからどうかというと千葉県たいしたことないという
こともあるわけで、なかなか。

立岩

――以下――

臼井です。
北海道議会が、障害者差別禁止条例−正式には
「北海道障がい者及び障がい児の権利擁護並びに
障がい者及び障がい児が暮らしやすい地域づくりの
推進に関する条例」を、3月27日に可決しました。

条例の全文のURLです。
http://www.gikai.pref.hokkaido.lg.jp/honkaigi/28honkaigi/21-1t/kaigian.htm#

新聞報道、このURLは毎日新聞です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090329-00000000-mailo-hok



 
>TOP

◆◆2009/04/01 20:01
  [mlst-ars-vive 3623] 研修生from台湾

昨年7月にお知らせした件ですが

――以下――

Sent: Monday, July 28, 2008 2:01 PM
Subject: [mlst-ars-vive 917] 研修生from台湾?/英文収集

> 立岩@東京です。呼ばれた仕事の方は、ちょっと(だいぶ)なになの
> ですが、その会場の建物で、昼どき
> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
> を担当している(以前から別のことで知っている)
> http://www.jsrpd.jp/
> の課長さん(CPの人です)と(そこのスタッフのみなさん)
> に偶然会って、いろいろと話。
>
> 上記のプログラムで、大学の障害学生支援室の研修をしたいという
> 台湾の人(ポリオの人だそうです)の受け入れ先を
> ここに、という話が出ました。COE企画U、V関係でもありますので
> ありだろうと。来年1月から5月ほどだそうで
> 当方がとくになにかをせねばならんということではない
> ようです。

――以上――

4月14日にいらっしゃるそうです。

筑波の学生に行なった調査の調査票はいただいています。
日本語ができる方だそうです。
研修期間中、話をしたりしてくれる人求めます。
以下は3月にもらったメールの一部。

>> 4月14日(火)〜5月22日(l金)
>>  *4月27日(月)〜5月6日(水)の期間は除きます。
>>
>> 様々な研修を経て、盈如の研修に関する興味関心も広がってきました。
>> 大阪の自立生活センターや民族学博物館の廣瀬さんのところでの
>> 研修についても、希望が上がってきております。
>> つきましては、上記研修期間内でトータル1週間程度、
>> 上記のような研修先に行かせたいと考えております。
>> その日程については、またご相談させてください。
>>
>> 盈如は現在、筑波大学にて障害学生支援を中心に学んでいます。
>> その研修の一環として、予め質問項目を作成し、
>> 障害学生にインタビューを行っているそうです。
>> 貴学でも、そのような機会が得られれば幸いです。
>> また、インタビューは何かしらの形でまとめることを考えておりますので、
>> データをご覧いただき、立岩先生からもアドバイス等をいただけると幸甚です。
>>
>> どうぞよろしくお願いします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 22:18
  [mlst-ars-vive 3625] 様々御礼

このML、これで今日34通めかと。これまでで一番多かった日でした。
私が多くさせてるのでも
ありますが、必要な連絡なんで、かんべんしてください。
篠木さんほかいろいろありがとうございます。PDの業務は
相互に相談・調整しながら進めていってください。

片山さん
http://www.arsvi.com/w/kt24.htm
どうも。小澤さん
http://www.arsvi.com/w/oi02.htm
の大著
http://www.arsvi.com/b1900/8411oi.htm
私は読めておりませんが、
第二章 心因論批判
あたり、関心ある人読んでくれたらと思います。
あと、この本についての片山さんの文章ありますが
よろしかったら掲載させていただければと。

安田さんもどうも。本日からよろしく。
具体的なことはまた話しましょう。
ひぎょんさん
http://www.arsvi.com/w/jh01.htm
と行った韓国のこと、そのうちこのMLにちょんと
知らせていただければうれしいです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/02 08:37
  [mlst-ars-vive 3629] 進行中(Re: [mlst-ars-vive 3608]HP移動依頼(→PD様)

以下については、青木さんにやってもらいつつあり
進行中です。という連絡でした。

Sent: Wednesday, April 01, 2009 2:19 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3608] HP移動依頼(→PD様)

> 現在HPはカゴヤという会社にお金を払っており
> まあいろいろありまして私が払うかたちが
> (私設ページだった2002年以来)続いています。
> なんやかやで年4万円とすこしになります。
>
> それを同じ会社のアカデミックプラン
> http://www.kagoya.net/academic/
> (院内限定HPがこれを利用しています)
> に移すと基本料金無料になります。
> データを全部移すとかそういう作業が必要になります。
[…]



 
>TOP

◆◆2009/04/03 16:06
  [mlst-ars-vive 3650] 0414or15研修生from台湾続

以下にお知らせした件ですが、14日か午後か
15日午前にこの企画
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
のスタッフの方といらっしゃるということで、ご本人
http://www.normanet.ne.jp/~duskin/trainee/no10/0010profile05.html
には期間中いつでも会えると思いますが、
そのスタッフの方にこの企画のこととかで話を
聞きたいといった人で、いずれかが都合がわるい
といった人がいたら、お知らせください。立岩

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, April 01, 2009 8:01 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3623] 研修生from台湾


> 昨年7月にお知らせした件ですが
>
> ――以下――
>
> Sent: Monday, July 28, 2008 2:01 PM
> Subject: [mlst-ars-vive 917] 研修生from台湾?/英文収集
>
>> 立岩@東京です。呼ばれた仕事の方は、ちょっと(だいぶ)なになの
>> ですが、その会場の建物で、昼どき
>> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
>> を担当している(以前から別のことで知っている)
>> http://www.jsrpd.jp/
>> の課長さん(CPの人です)と(そこのスタッフのみなさん)
>> に偶然会って、いろいろと話。
>>
>> 上記のプログラムで、大学の障害学生支援室の研修をしたいという
>> 台湾の人(ポリオの人だそうです)の受け入れ先を
>> ここに、という話が出ました。COE企画U、V関係でもありますので
>> ありだろうと。来年1月から5月ほどだそうで
>> 当方がとくになにかをせねばならんということではない
>> ようです。
>
> ――以上――
>
> 4月14日にいらっしゃるそうです。
>
> 筑波の学生に行なった調査の調査票はいただいています。
> 日本語ができる方だそうです。
> 研修期間中、話をしたりしてくれる人求めます。
> 以下は3月にもらったメールの一部。
>
>>> 4月14日(火)〜5月22日(l金)
>>>  *4月27日(月)〜5月6日(水)の期間は除きます。
>>>
>>> 様々な研修を経て、盈如の研修に関する興味関心も広がってきました。
>>> 大阪の自立生活センターや民族学博物館の廣瀬さんのところでの
>>> 研修についても、希望が上がってきております。
>>> つきましては、上記研修期間内でトータル1週間程度、
>>> 上記のような研修先に行かせたいと考えております。
>>> その日程については、またご相談させてください。
>>>
>>> 盈如は現在、筑波大学にて障害学生支援を中心に学んでいます。
>>> その研修の一環として、予め質問項目を作成し、
>>> 障害学生にインタビューを行っているそうです。
>>> 貴学でも、そのような機会が得られれば幸いです。
>>> また、インタビューは何かしらの形でまとめることを考えておりますので、
>>> データをご覧いただき、立岩先生からもアドバイス等をいただけると幸甚です。
>>>
>>> どうぞよろしくお願いします。
>
> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/01 16:33
  [mlst-ars-vive 3652] 0421理論社の件続→吉野様(大谷様)

以下の件、吉野さんからは両日OK
という連絡いただきました。先方の希望あり
21日午前10時ということに。
私の債務(仕事)履行関係の話してますので
さんさんごご、御希望の方はどうぞ。立岩

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, April 01, 2009 3:52 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3614] 理論社の件→吉野様(大谷様)


>3月29日東京にいったおり理論社(関係)の編集者(3人)に
>つかまりまして(連載を終わらせ、本を出す約束を果たしていないので)
>すこし話。
>「よりみちパン!セ」
>http://www.rironsha.co.jp/special/series/main.html
>出たものみな送っていただいてますので、書庫にあります。
>
>大谷(通)さん
>http://www.arsvi.com/w/om01.htm
>の企画もあって、けっこう期待されてるようでした。
>
>吉野さん
>http://www.arsvi.com/w/yy03.htm
>の宣伝も(再度)しときました。
>↓
>4月後半、京都にいらっしゃるということで
>0421火◇1300〜教授会
>0423木◇10:00〜12:00COE会議
>の前後はいかがと返信しましたが
>吉野さん都合は?
>
>立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/04 08:55
  [mlst-ars-vive 3669] 本搬入/本配架の件/0405立岩→院生様

書庫(創思館416)に着いております。
本日、短くてすむ用の人は、話してるのに
割り込んでもらってよいので、用をすませてください。

Moral Boundaries: A Political Argument for an Ethics of Care
なる、有馬さんリクエストの本、届いたので
もってきました。配架用棚に置いておきます。

発行年順棚の一番下段にあるものは、暫定的に置いてある
天田さんの本だと思います。黄色いシールを貼って
頁(ファイル)を作って配架してください。既に作成されている
(つまり所蔵している本としてかぶっている)ものがそこそこ
あると思うので、それをチェックして、既に登録されている
(ファイルができている)本についてはシールだけ貼って
配架してください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/04 15:22
  [mlst-ars-vive 3675] 松田本

まず間違い訂正
[mlst-ars-vive 3669] 本搬入/本配架の件/0405立岩→院生様
でなく
[mlst-ars-vive 3669] 本搬入/本配架の件/0404立岩→院生様
でした。

松田さんの御本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326700610/ryospage03-22
届きました。登録用の棚に起きました。

本のアーカイブ・データベース担当の方
最優先でページ作って掲載してください。
と書いたら
http://www.arsvi.com/w/mr02.htm

http://www.arsvi.com/b2000/0902mr2.htm
既にありました。

http://www.arsvi.com/a/n.htm
http://www.arsvi.com/a/b1.htm
http://www.arsvi.com/a/p.htm
等でリンクお願いいたします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/05 08:03
  [mlst-ars-vive 3679] 交信系ML

前便岸田さんのアドレスもわかったし
ということで、ここのCOE+科研費研究
「異なる身体のもとでの交信」
http://www.arsvi.com/a/200811.htm
にも関係し、こまごましたことを
伝え合うMLがあってもよいかと。

私は、人々に知らせてよいと思う情報等は
できるだけ「このML」を使っていただくのがよいかと
思いますが、それ以外にあってもよいのかなと。

視覚障害をゆうする院生が昨年度までに3人+新入生3人
で6人になりました。

あと聴覚障害関係で「支援研」という研究会があります。

アミボイスというものを使ってなんかという企画もあります。
櫻井(悟)さん、鹿島さん(表象領域)が関わってくれています。

こんど博士論文を提出された上農さん
http://www.arsvi.com/w/us02.htm
もいらっしゃいます。

あとスイッチ研という研究会?もあります。

車いすユーザーの院生も3人になりました
(昨日の宴会ではうち2人参加)。

昨日のガイダンス+宴会にいらしていた池田さん(2008入学だったかと)
が企画全般に関わってくれるということです。

視覚系、聴覚系、不動系…と分ける手もありますがどうなんでしょう。

+関心ある院生、教員というところかと

現在、一つML[ml-dis]があるにはあり、それは立命館の
障害学生支援室の方にも入っていただいていますが
このMLをどのようなものとして位置づけるかということもあります。
年末年始は報告書
http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
作成のためのこまごましたやりとりがおもでしたが、これは
いったん終わりましたので。
あと人間研所長&COE事業推進担当者
http://www.arsvi.com/a/s.htm
の望月さん
http://www.arsvi.com/w/ma03.htm
にも入っていただいています。
一案としては、こちらを学外者も含めたより広いMLにしていく。
今回の科研費研究には、石川(静岡県大)、福島(東大)、星加(東大)
といった人たちにも入ってもらいましたが、まだ
なにかできているわけではありません。忙しい人たちなので
仕事をやってもらうということにはならないと思いますが
なんらかの意見交換、情報交換の場はあった方がよいかと
思います。この人たちに[ml-dis]に入ってもらう。
それは立命館のことを上記の人たちに知らせ、また
障害学生支援室の活動によい影響を与えることも
あるのではないかと思います。ここにも参加希望の方には
入ってもらえるようにする。

ということで、長くなりましたが、私のかんじでは
障害種別は(とりあえず)とわず
・より学内的なML
・もうすこし広いML
の2つぐらいあってよく、後者については[ml-dis]を引き継ぐ。
前者についてはとりあえずまずは視覚障害ありの院生のみなさん
にははいってもらう。

そして、管理・運営については、上記の池田さん、青木さん
http://www.arsvi.com/w/as01.htm
にやってもらう(池田さんとは昨日すこし話)、
必要あればCOEのPDが関わる。

こんなイメージです。ご意見お聞かせください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/05 09:06
  [mlst-ars-vive 3680] 『視覚障害学生支援技法』のあと

http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
めでたく1000冊完売(売り物ではないですが)。

単純に増刷という手もあるのですが、一工夫
というのもあるだろうと。

一案として

「テキスト校正ガイドブック」の部分について
研究科で昨年度「教育力強化予算」で作ってもらった
マニュアルとつきあわせ、必要ならすこし増補したり
してその部分だけを薄めのマニュアルに仕立てなおして
希望者に配布する。(『技法』の方は全額COEでもったので
障害学生支援室に予算出してもらうという手もないではない。)

それ以外の部分については、
現在、すべてHP上で文章が読めるということもあり
(他方、上記のマニュアルについては、図・写真など有)
今時の著作権法改定の
動向をにらみつつ、書き足すなりなんなりして
「場合によっては」、他の障害に関係する論文
交信・翻訳に関わる理論的な論文などもいれて
本屋さんで売られる本にする

というのもありかと。ご意見ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/05 09:15
  [mlst-ars-vive 3681] 『視覚障害学生支援技法』のあと続

> http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm

こういうもの(のある部分)を韓国語そして/あるいは中国語にする
ことの意義というのはあるのでしょうか?
(アルファベットはOCRで読み取りやすいということもあり
このへんは英語圏は進んでいるかんじがしているので、これについては
英語版はいらんだろうと。)
あるなら予算使って、作ってもらってもよいかと。
ひぎょんさん
http://www.arsvi.com/w/jh01.htm
が驚くべきスピードでHPの日本語→韓国語の訳を
やってくださったので、わりあい簡単にできることなら、ありなのかなと
思いまして。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/05 19:24
  [mlst-ars-vive 3694] 福祉社会学会

安部さんありがとうございます。
本日東京でその学会の関係の会議あり
(で、出すべきメール出せてない部分あります
あしからず)
応募あったもの全部とおりました。
一般報告+テーマセッション
計36中、ここの研究科の人(が筆頭)のもの15です。
あと、シンポジウム
天田・後藤・立岩ということですが
あまりR大学的なのも「なに」なので
ということで、武川さん
http://www.arsvi.com/w/ts01.htm
に入ってもらおうということにその会議では
なりました。未確定ですが。
詳しくは学会事務局より連絡あると思いますが
日程のことなどどうしても知りたいことあれば
問い合わせいただければお知らせします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/06 06:55
  [mlst-ars-vive 3700] アフィリエイト

アマゾンで買い物すると寄付、というのをやっています。

http://www.arsvi.com/b/a.htm


以下は、このCOEでいろいろといっしょにやっている

アフリカ日本協議会の斉藤さん



の3月分についての報告(→アフリカ日本協議会のML・障害学のML)です。


よろしかったら協力よろしくお願いいたします。立岩


――以下――

斉藤@AJF事務局です。

3月のアフィリエイト報告です。

3月は311点(本、PC、DVD、家電、飲料ほかを含む)、575,483円の売り上げがあり、紹介料は31,675円でした。
購入数が多かったのは、「生存学創刊号」4冊です。他に「流儀」「生存権」「発達障害当事者研究」が各2冊ずつ出ています。

 生存学創刊号
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903690350/ryospage03-22

 流儀
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490369030X/ryospage03-22

 生存権
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886214789/ryospage03-22

 発達障害当事者研究
 

今後も、使っているプリンターのトナーやインク、USBメモリー、またコピー用紙などが必要な際にも、以下の利用法を参照して、アフィリエイトにつながる購入をしてもらえるとうれしいです。
4月3日に1月分アフィリエイト・フィー343,287円をAJFへ寄付しました。2008年度のアフィリエイトによる寄付額は393,880円になりました。

アマゾンを利用する際に、以下のいずれかの手順を踏んでもらえると、上記の寄付につがなります。

1)生存学創成拠点ウェブサイト、もしくは僕のウェブサイトにある本のリストから本を選びアマゾンを利用する。
 生存学創成拠点ウェブサイト http://www.arsvi.com
 僕のサイト http://www.asahi-net.or.jp/~ls9r-situ

 ※上記いずれかを「お気に入り」もしくは「ブックマーク」登録されると、アフィリエイト利用が簡単になります。

2)生存学創成拠点ウェブサイト内上記のアフィリエイト説明ページ、僕のウェブサイトの各ページにあるアマゾンへのリンクからアマゾンへ入って、本、DVD、CD、PCおよび周辺機器、日用品などを購入する

3)メーリングリスト、mixiで僕が本と一緒に紹介するアマゾンへのリンクを利用する


どうぞよろしく。



 
>TOP

◆◆2009/04/06 07:10
  [mlst-ars-vive 3701] 0516SPSN

社会政策研究ネットワーク
http://spsn.hp.infoseek.co.jp/
というものがあります。メール送ると
ニューズレター送ってくれるみたいです。
私は「企画協力者」ということになってますが
まったくなんにもしておりません。が、
ここで報告したいという希望あれば
つなぐことはできます。

催にお願い。そのさい
http://www.arsvi.com/o/spsn.htm
からリンクされる2009のニューズレター
http://www.arsvi.com/o/spsn2009.htm
にリンクするかたちでよいかと。(ニューズレターの全文
webmaster@arsvi.com宛お送りします。)
→HP様

以下そのニューズレターの
一部。研究会予定。討論者の樋口さんは
阪大の院にいらっしゃったときに、院生支援の
仕事にあたっていただいた縁でこのMLにも
入っていただいているのではと(すくなくとも公共のMLには
入っていただいています。)

藤村さんの本についての拙稿
http://www.arsvi.com/ts2000/20090032.htm

立岩

――以下――

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
第78回研究会のご案内
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●日時:2009年5月16日(土)13:00〜17:00 参加費300円
●会場:明治大学駿河台校舎 研究棟4階 第2会議室
(リバティタワーの3階で降り、右側連絡通路を出ると研究棟4階です)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

●報告
★第1報告
「韓国における若者問題――非行少年の動向を手がかりとして」
報告者:張善敬(東京大学)
討論者:樋口明彦(法政大学)

★第2報告
「書評セッション:藤村正之著『<生>の社会学』(東京大学出版会、2008)
               」
評者(報告者):玉置佑介(上智大学)
        畑本裕介(山梨県立大学)



 
>TOP

◆◆2009/04/06 07:56
  [mlst-ars-vive 3702] 予備論文→論文/本→博士論文

問い合わせありましたので。
(私は、めんどうなので、「公共」の授業スケジュール等以外については
このMLに出してます。転送など基本的に自由です。)

たとえば本を出した→それを博士論文にする
は、本の中身によりますが、可能です。博士論文(予備論文も)
の中身は未発表のものである必要はありません。

また博士予備論文を書いた後
その一部(に手を加えたもの)を、雑誌に投稿することも一般に認められています。
(査読付)雑誌論文は基本的に未発表のものでなければなりませんが
(どこかの雑誌に論文を、他の雑誌に投稿したりしたらアウト。
同時に複数の雑誌に投稿するのも普通はアウト。)
博士予備論文はこういう意味での既発表論文とは一般に見られないわけです。

とくに後期課程の院生はこれから論文出したりしていくわけですが
その際、まず苦労して書いた博士予備論文を使うことを
考えてみてください。どこが使えるかと考えてみてください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/06 08:00
  [mlst-ars-vive 3703] 沖縄地域学リポジトリを試験公開

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090405/1238938274
より 立岩

――以下――

◇琉球大学附属図書館、沖縄地域学リポジトリを試験公開(2009-02-06)

琉球大学附属図書館が沖縄地域学リポジトリを試験公開した(2009-02-06)。

・沖縄地域学リポジトリ
http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/
・琉球大学附属図書館
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/

琉球大学を中心に沖縄県内の自治体や学協会が発行している紀要類を電子化し
掲載していくとされ、現時点では沖縄農業研究会の参加を得て約600点の研究
成果を公開している。



 
>TOP

◆◆2009/04/06 08:13
  mlst-ars-vive 3704] 障害学会大会

今年の秋、障害学会大会を
一昨年
http://www.arsvi.com/ds/jsds2007.htm
に続き、立命館・朱雀キャンパスで
開催します。一昨年に続き、COE共催
ということになるだろうと思います。

今回は場所探しおよび、朱雀キャンパスとの煩雑かつ消耗な
やりとりはなくてすむと思いますので
そのぶんの手間は省けます。

COE事務局には仕事していただかなくてすむように
運営していくつもりです。

情報保障のコストがどれだけかかるのか
これがルーティンになった場合にどれだけ削減できるかの
実験という意味合いもあります。
(他の学会等でも行うようにするのがよいのであれば、
この方面での工夫が必要でしょう。)
アミボイスを使えるのであれば使ってみようとも思います。

関係の院生は全員発表するぐらいのつもりでよろしく。
前期課程の人もよいです。
情報保障の関係上、口頭報告は一会場に限られるだろうと
思います。そういうこともありポスター報告歓迎です。
一昨年もここの院生が大量にポスター報告しました。
これは気楽にできます。よろしく。
中学校の文化祭みたいなもんだと思ってください。
ここの院生が20〜30ぐらいあってもよいと思います。
(一昨年は11。)
共同報告けっこうですが、2つに分けて一人ずつといった
ことができないか考えてみてください。(これは他の
学会報告についても言えます。)

今週末(11日)東京でこの大会のことを決める学会理事会
あり、(昨日の別学会の会議に続き)出ます。日取りもその日に
決めます。
9月、10月で、報告したいが、この日だと他とかぶってしまう
といったことをお知らせいただければ、考慮する
かもしれません。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/06 20:15
  mlst-ars-vive 3714] 科研費研究/研究助成/科研費番号(立岩)/大谷先生ゲット・他

1)科研費(科学研究費)というのは、研究者・その集まりに
対して支出されるもとは税金のお金です。管轄は文部科学省ということに
なるのだろうと思います。(その他に「厚労科研」と呼ばれたりするもの
があります。これは厚生労働省。)

この申請、できる/でぎないの要件があります。
ここの院生で、大学等の教員の人などじつはかなりいて、その人たちは
出せます。「若手スタートアップ」といったものもあります。
その「必勝法」について質問をさっき受けたのですが
どうなんでしょう? 
私も過去にはけっこう外してます。みなさんよろしく。

(科研費に限らず、民間助成含め)出して当たった方、報告お願いします。
COEの中間報告とかに記載せねばなりません。

2)こないだ、面談で。民間の助成とか。若手研究者をターゲットにした
助成もありますが、そうでない場合には、一定の「実績」が求められることも
あります。その場合には、ここの教員等がメンバーにはいるなど
いろいろと手はありますので、相談してください。

3)さらに別の方からといあわせありましたので、私の科研費番号は以下です。
(申請できる人については、一人ひとりに番号がつけられます。)
学振*の申請にあたって記入せねばならんということで。
 *どなたか解説を。

個人番号30222110
機関番号34315
所属番号899
職番号20

4)で、その科研費に大谷(い)さん
http://www.arsvi.com/w/oi01.htm
(もっと業績大量にあるので、御本人と連絡とって増補してください
→PD様・HP様)
当選とのことです。基盤Cというやつです。

「生命倫理学における安楽死・尊厳死論のキリスト教的基盤に関する歴史的社会的研究」


というものだそうです。
院生他のみなさんと、いっしょにやっていける部分あると思います。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/06 21:05
  [mlst-ars-vive 3716] 透析腎移植関連本明日搬入→有吉様他

リクエストあった人工透析
http://www.arsvi.com/d/a03.htm
関連本3冊
明日忘れなかったらもっていきます。
登録用棚においとくつもりですのでファイル
作成とかよろしく→有吉様

あと病気腎移植の本も
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860370988/ryospage03-22
もっていきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476981352X/ryospage03-22
(古本)は今注文。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/07 09:04
  [mlst-ars-vive 3722] 0407/0410立岩→院生様/単位認定

本日7日、13時から会議ありますが
学校行きます。
10日授業、初回で行きます。

書類いろいろかたづけましょう。
3年次入学の人の単位認定
(まえいたところの修士課程の単位Aを
こちらの研究科の単位Bとして認定
→これから取得すべき単位を減らす)
AとBはゆるめの対応関係でだいじょうぶです。
あと特段の事情がない限り、
めいっぱいではなく、4〜6単位ぐらいは残してもらって、
この研究科の科目をいくつかとってもらおうと
いうのが教授会の意向であると思います。

とる科目としては、まずディジタルデザイン1が
おすすめです。HPのファイルが作れるように
なります。簡単です。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/07 10:56
  [mlst-ars-vive 3728] 公共論史の件→片山様他

片山さんどうも。

> 一点目は,今年度は「毎週1コマずつ」なのか,
> 昨年度までと同様「隔週2コマずつ」なのか,を
> 教えてください。

1回めはとりあえず、10日に時間表に書いてあるとおりの時間
にやります。(他研究科の方など、事前に時間表にある情報以外を
知りえない人がいる可能性があるので。)
その時の参加者にも聞いてみて、隔週・2コマ続きでよいなら
そうしようかと。その場合1コマ1回+2コマ7回というかんじかと。
(これまでずっと西川先生とかわりばんこにやってきたのですが
今年度はそれはなくなります。)

> 二点目は,今年度の講義の内容について,
> 概要だけでも教えていただけるとありがたいです。

どうしましょう。昨年度は(はじめて)参加院生の研究したいことなど
話してもらって、それを受けて、私が話すみたいな感じにしてみました。
それもまあよかったかとも思いますが、
決めきれていません。これも初回に、かなと。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/07 23:05
  [mlst-ars-vive 3737] 「犯罪被害者の会幹事を辞任しました。」という頁→大谷(通)様

既に御存知かと思いますが、たまたま見つけたので。
http://www.aya.or.jp/~r777/shibuya/TS1229.htm

http://www.aya.or.jp/~r777/shibuya/

http://www.k2.dion.ne.jp/~saiko/shibuya/
という方の文章のようです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/08 20:54
  [mlst-ars-vive 3750] 0428生活書院社長来訪→院生様

社長ってもほとんど一人会社ですが センター報告多数、『生存学』で お世話になっている生活書院の高橋さんが 28日午後にこちらにいらっしゃいます。 天田さんと私、『生存学』次号のこと等々 話しますが、 出版企画とか相談とかある人はどうぞ。 私まで連絡ください。 ひとわたり終わったら ちょっと飲もうかとも思います。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/08 21:14
  [mlst-ars-vive 3752] 視覚障害院生他様

新入生の安田さんから問い合わせ
ありましたので。

授業で使うものも含め、私の書き物は
すべて、
http://www.arsvi.com/1cf.htm
にありますので、それを必要に応じて利用
してください。他の人にも買ってもらっている
ものについては基本的に代金いただいています。

ここの院生では、視覚系院生6名中5名が既に
加入しているはずです。
こんど新たにこのMLに入ったいただいた
岸田さん、メール届いているでしょうか?
IDとパスワードお知らせしますので、
メールください。

あと的場さん、吉田さんにも入ってもらってます。
上肢が動かしにくいなどの人他にいらっしゃったら
やはり連絡ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/08 21:28
  [mlst-ars-vive 3753] 0606アフリカからの留学生への公開インタビュー

以下斉藤さん→jsdsMLへのメールです。

タイトルを決めねばなりませんが
「視覚障害学生がスーダン・日本で暮らす・学ぶ」
とかにしましょうかね。

a/20090606.htm
というファイルを作ってもらって、
http://www.arsvi.com/a/e.htm

からリンクお願いします。
なかみはとりあえずてきとうで。→HP様

立岩

――以下――

斉藤@AJF事務局です。

スーダン人の全盲の留学生が3人、日本で学んでいます。
東京外語大の大学院にいるアブディン君を交えて一昨年8月に東京で座談会を開
催し、昨年6月には京都で筑波大学大学院在籍のヒシャム君と立命館大学グロー
バルCOE「生存学創成拠点」在籍の視覚障害者3人による公開座談会を開催しまし
た。以下で座談会の記録を読むことができます。

2007年8月9日
座談会「視覚障害者が高等教育機関で学ぶ スーダンと日本の経験を語る」
http://www.arsvi.com/2000/070809.htm

2008年6月21日
座談会「大学における視覚障害者支援の現状と課題 スーダンで今求められてい
ること」
http://www.arsvi.com/2000/080621.htm

6月6日(土)午後に、立命館大学大学院に在籍するバシール君への公開インタ
ビューを京都駅ビル内の京都府国際センターで行います。
会場準備、記録作成などで協力してくれる方を募っています。
関心のある方は、info@ajf.gr.jp 斉藤あてにメール・電話を下さい。

今年2月に発行された立命館大学生存学研究センター報告6「視覚障害学生支援技
法」に、僕が書いた「スーダンと日本、障害当事者による支援の可能性」も収録
されています。
以下で全文を読むことができます。どうぞご覧下さい。

 http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm

■目次
はじめに 青木 慎太朗 5-8
第一部 
 第1章 大学における視覚障害者支援の概要 青木 慎太朗 12-30
 第2章 文字情報へのアクセスとその支援 韓 星民 31-68
第二部 
 第3章 視覚障害者への情報支援と著作権法上の課題 青木 慎太朗 70-81
 第4章 出版社の対応とその背景 植村 要 82-108
第三部 
 第5章 スーダンと日本、障害当事者による支援の可能性 斉藤 龍一郎 110-126
 第6章 異なる身体のもとでの交信――COE&新学術領域研究で目指すもの 
立岩 真也 127-147
資料編 テキスト校正ガイドブック 立命館大学障害学生支援室 150-178
おわりに 青木 慎太朗 179-182

どうぞよろしく。



 
>TOP

◆◆2009/04/08 21:40
  [mlst-ars-vive 3754] 学振様

現在学振(日本学術振興会特別研究員)中のみなさま
20日締切で2008年度の報告書を学振(日本学術振興会)に
各自が直接出さねばならないそうで

記憶によれば
青木さん、山本(崇)さんが処理すみ
あと鹿島さん、橋口さんから連絡もらってます。

教員は署名か印鑑でということなので
私の印鑑各所にあるのでそれを使ってもらって。
文案はいただいたのに書き足すなり、書き足さないなりで。
(すこし手をいれたのをお送りするつもりです→岩間様)

思うに、この報告書(の教員記入欄)はさほどの
意味はなく、「魂をこめる」ほどのものではないので
まあ能率的に、と思います。

他にいたら(村上(潔)さん?――もう書きましたっけ?)
お知らせください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/08 21:44
  [mlst-ars-vive 3755] 学振様補足/0410立岩→院生様

学振年次報告、藤原さんのこと忘れてました。メールで書類案
いただいてます。どうも→藤原様

10日金曜学校行きます。授業あります。
単位認定関係で、飯田さん、斉藤さん、吉田さん
(いずれも2009年度3年次入学)から連絡もらってます。
書類書きます。

あと鹿島さん(表象領域・2回生)面談予定。

時間のことはまた。他にも必要な人連絡ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/08 21:51
  [mlst-ars-vive 3756] 0414研修生from台湾続

4月14日、14時から15時のあいだに
創思館416にいらっしゃることに。

その時間、公共のプロジェクト演習中ですので
それを機会に、部屋にいる教員・院生と
対面ということで。その後私すこしの間、その方と
その方といっしょにいらっしゃる方の対応で
414とかに移るかと思います。演習の皆様
そういうことで。

----- Original Message -----
Sent: Friday, April 03, 2009 4:06 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3650] 0414or15研修生from台湾続


> 以下にお知らせした件ですが、14日か午後か
> 15日午前にこの企画
> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
> のスタッフの方といらっしゃるということで、ご本人
> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/trainee/no10/0010profile05.html
> には期間中いつでも会えると思いますが、
> そのスタッフの方にこの企画のこととかで話を
> 聞きたいといった人で、いずれかが都合がわるい
> といった人がいたら、お知らせください。立岩
>
> ----- Original Message -----
> Sent: Wednesday, April 01, 2009 8:01 PM
> Subject: [mlst-ars-vive 3623] 研修生from台湾
>
>
>> 昨年7月にお知らせした件ですが
>>
>> ――以下――
>>
>> Sent: Monday, July 28, 2008 2:01 PM
>> Subject: [mlst-ars-vive 917] 研修生from台湾?/英文収集
>>
>>> 立岩@東京です。呼ばれた仕事の方は、ちょっと(だいぶ)なになの
>>> ですが、その会場の建物で、昼どき
>>> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
>>> を担当している(以前から別のことで知っている)
>>> http://www.jsrpd.jp/
>>> の課長さん(CPの人です)と(そこのスタッフのみなさん)
>>> に偶然会って、いろいろと話。
>>>
>>> 上記のプログラムで、大学の障害学生支援室の研修をしたいという
>>> 台湾の人(ポリオの人だそうです)の受け入れ先を
>>> ここに、という話が出ました。COE企画U、V関係でもありますので
>>> ありだろうと。来年1月から5月ほどだそうで
>>> 当方がとくになにかをせねばならんということではない
>>> ようです。
>>
>> ――以上――
>>
>> 4月14日にいらっしゃるそうです。
>>
>> 筑波の学生に行なった調査の調査票はいただいています。
>> 日本語ができる方だそうです。
>> 研修期間中、話をしたりしてくれる人求めます。
>> 以下は3月にもらったメールの一部。
>>
>>>> 4月14日(火)〜5月22日(l金)
>>>>  *4月27日(月)〜5月6日(水)の期間は除きます。
>>>>
>>>> 様々な研修を経て、盈如の研修に関する興味関心も広がってきました。
>>>> 大阪の自立生活センターや民族学博物館の廣瀬さんのところでの
>>>> 研修についても、希望が上がってきております。
>>>> つきましては、上記研修期間内でトータル1週間程度、
>>>> 上記のような研修先に行かせたいと考えております。
>>>> その日程については、またご相談させてください。
>>>>
>>>> 盈如は現在、筑波大学にて障害学生支援を中心に学んでいます。
>>>> その研修の一環として、予め質問項目を作成し、
>>>> 障害学生にインタビューを行っているそうです。
>>>> 貴学でも、そのような機会が得られれば幸いです。
>>>> また、インタビューは何かしらの形でまとめることを考えておりますので、
>>>> データをご覧いただき、立岩先生からもアドバイス等をいただけると幸甚です。
>>>>
>>>>
>>>> どうぞよろしくお願いします。
>>
>> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/09 19:44
  [mlst-ars-vive 3775] 学振様補足/0410立岩→院生様

学振年次(2008報告書のこと、さらに村上(潔)さん、高田さんから連絡あり。

>10日金曜学校行きます。授業あります。
> 単位認定関係で、飯田さん、斉藤さん、吉田さん
> (いずれも2009年度3年次入学)から連絡もらってます。
> 書類書きます。
>
> あと鹿島さん(表象領域・2回生)面談予定。

+伊藤(佳)さん、影浦さん。清水さんは14日にということで。

単位認定のことだけの場合は、ごくごくささっとやります。
同時に複数の人と、ということもありです。

公共論史は14時40分から16時10分のようです。
http://www.arsvi.com/0u/0-2009t.htm

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/09 09:05
  [mlst-ars-vive 3762] ディジタルデータ提供(→教員の皆様も)(Re: [mlst-ars-vive 3752] 視覚障害院生他様

Sent: Wednesday, April 08, 2009 9:14 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3752] 視覚障害院生他様
について、中村さんからも連絡していただき
岸田さんからメールいただき、さっきID、パスワード
送りました。

>
これでメンバー31人。うちここの院生9人。
あと石川(静岡県大)、倉本(東大)、広瀬(民博)、福島(東大)、星加(東大)
といった視覚障害の研究者、筋ジスの人2人、ALSの人3人とかです。

ここには、おもに私のものについて
市販されている本
(私の単著については墨字本にテキストデータを提供する旨ことわってある)
販売されている雑誌に掲載された論文(いちいち出版社にことわったり
していません)があります。
本については(同時に)買ってくださいと記してありますが
具体的な課金のシステムはありません。
ただし、利用者は把握されている。(しかしその利用実態は
把握していない。)
そういうしくみです。

上記をふくんだ上で、わかった、よい
ということであれば、どなたのものでも収録、提供します。
HPに一般公開ということが(出版社との関係などで)
困難なものを収録ということになろうかと思います。
将来的には
webmaster@arsvi.com
の方に管理していただこうと思いますが、まずは私にお送りください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/09 09:34
  [mlst-ars-vive 3763] 秋に死生学/生存学

a前からそういう話がないではなかったのと
川口さん
http://www.arsvi.com/w/ky03.htm
が、清水さん
http://www.arsvi.com/w/st06.htm
のところの講義に話にいったりといったことがあり

秋に、東大(本郷)を会場にして(こちらの人的コストが少なくてすみますし…)
死生学のCOE
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/shiseigaku/
とこちらの共催でなにかするという
ことになりそうです。

たぶん9月。障害学会大会とかぶらないようにする必要あります。

死生学は予算規模こちらの4倍ぐらいなので
お金の方も、と思いましたが、今年度、昨年度から7%減額で
もう若手研究者に払うお金は決まっているし、ということで
どこもたいへんそうで、こっちでもある程度はと
思います。ただ、会場費ただでしょうし、そうお金
はかからんだろうと思います。

事業推進担当者の会議で正式に
承認を受けて、企画やりますという
ことになりますが、具体的なところが
固まっているというわけでもないので
みなさま、思いつき、ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/09 19:58
  [mlst-ars-vive 3776] 前期金曜のことで御伺い→院生様

公共論史、明日は、時間表
http://www.arsvi.com/0u/0-2009t.htm
通りに、4時限、14時40分から16時10分までやりますが
3時限が空いているので、3・4続きで隔週と
考えています。ただしそれで都合のわるい受講者がいる
場合は別です。明日出て来れない人で、そういう人いたら
立岩まで連絡ください。

そして

Sent: Wednesday, April 08, 2009 4:51 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3746] 2009年度前期プロジェクト予備演習Uについて補足の補足(天田)
> 04月10日(金) プロジェクト予備演習U・01  5・6時限(16:20〜19:30)
> 04月17日(金) 応用購読演習T・01(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 04月24日(金) プロジェクト予備演習U・02  5・6時限(16:20〜19:30)
> 05月01日(金) 応用購読演習T・02(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 05月08日(金) プロジェクト予備演習U・03  5・6時限(16:20〜19:30)
> 05月15日(金) 応用購読演習T・03(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 05月22日(金) プロジェクト予備演習・04  5・6時限(16:20〜19:30)
> 05月29日(金) 応用購読演習T・04(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 06月05日(金) プロジェクト予備演習U・05  5・6時限(16:20〜19:30)
> 06月12日(金) 応用購読演習T・05(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 06月19日(金) プロジェクト予備演習U・06  5・6時限(16:20〜19:30)
> 06月26日(金) 応用購読演習T・06(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 07月03日(金) プロジェクト予備演習U・07  5・6時限(16:20〜19:30)
> 07月10日(金) 応用購読演習T・06(天田) 5・6時限(16:20〜19:30)
> 07月17日(金) プロジェクト予備演習U・08  5・6時限(16:20〜19:30)

とうかがっていますが、予備演習2とつなげた方がよいのか
応用購読演習2とつなげた方がよいのか
このことについてもご意見ください。

一昨年などもそうだっのですが、遠隔地の人など、
隔週金曜の午後にやってきて4コマ分出る(のが効率的)
というようなことがこれまでもありましたので。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/09 21:05
  [mlst-ars-vive 3779] 障害学会大会の日取り→院生様

障害学会大会の日取りを決めねばなりません。
事務局の方に朱雀のホールが空いている日とか
確認していただき、今のところ
9月20(日)、21(敬老の日)
あたりがよいかなと。

22は国民の休日、23は秋分の日、で
(へんなカレンダーのある学校など除く普通の人は)休み。
18日が使用予定入っているので、翌日19日
会場設営ということと、土曜の宿はわりと
混むのではないかということで(4〜5連休なんで
同じような気もしますが。)

ただ
http://www.arsvi.com/a/e.htm
見ますと、同じ日取りで、教育工学会の大会(東大・本郷)
があるようです。そのために、あるいは別の理由で
都合わるいという人々がいれば再考します。
まだいろいろと可能な日取りはありますので。
立岩まで連絡ください。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/10 10:42
  [mlst-ars-vive 3784] 0410立岩→院生様/腎臓本/環境

1時間ほど前からいます。どうぞ。

>>10日金曜学校行きます。授業あります。
>> 単位認定関係で、飯田さん、斉藤さん、吉田さん
>> (いずれも2009年度3年次入学)から連絡もらってます。
>> 書類書きます。
>>
>> あと鹿島さん(表象領域・2回生)面談予定。
>
> +伊藤(佳)さん、影浦さん。清水さんは14日にということで。

+佐藤(浩)さん、竹林さん

いま伊藤(佳)さんが単位認定の書類書いてます。

> 単位認定のことだけの場合は、ごくごくささっとやります。
> 同時に複数の人と、ということもありです。
>
> 公共論史は14時40分から16時10分のようです。
> http://www.arsvi.com/0u/0-2009t.htm



腎臓関係の本(一般書)さらに3冊。計6冊→有吉様



森下さん
http://www.arsvi.com/w/mn03.htm
といますこし話。こないだMLにあったこと含め
環境関係のこといろいろやってくださることに。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/10 10:58
  [mlst-ars-vive 3787] 前便誤送信/『TEMではじめる質的研究――時間とプロセス』/『<支援>の社会学』

前便誤送信すみません。削除してください。



http://www.arsvi.com/w/st11.htm
http://www.arsvi.com/a/n.htm
には掲載されている
サトウ編『TEMではじめる質的研究――時間とプロセス』

崎山他編『<支援>の社会学』

登録用棚の左端に置きましたので優先的に
ファイル作り、リンクしてください。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/10 21:14
  [mlst-ars-vive 3792] 『さわる文化への招待ーー触覚でみる手学問のすすめ』→鹿島様他

以下広瀬さん(国立民族学博物館教員)より。

チラシのPDFは重いので略します。
としようかと思いましたが、さすがに画像ベースのものではなかったので
最後に付します。535キロバイトが数百バイトになります。

広瀬さんは、こないだの催
http://www.arsvi.com/a/20090228.htm
にいらっしゃいました(私がじかにお会いしたのははじめて)。
http://www.arsvi.com/1cf.htm
のメンバーでもあります。

――以下――

 みなさん、こんにちは。新年度に入りましたが、いかがお過ごしですか?
 災害は忘れたころやってくる、広瀬の宣伝は忘れられないためにやってくる
。というわけで、今回も宣伝メールです。
 BCCにて失礼いたします(転送・転載大歓迎!)。
 今年が点字の考案者、ルイ・ブライユの生誕200年であることはご存知の
方が多いと思います。正月以来、僕の所にも時々ブライユ関係の取材が入って
います。
 この100年に1度のお祭を盛り上げるために、新著を出版したいと、一昨
年くらいから考えていました。優等生っぽく言えば、点字への熱い思い、感謝
の気持ちを僕なりに表現したい。
 もっと本音で言えば、この記念すべき年に、ブライユさんに便乗して拙著を
売り込んでやろうということでしょうか。
 昨今の出版事情は厳しく、なかなか拙著の刊行を引き受けてくれる会社があ
りませんでしたが、ようやく昨秋、世界思想社との契約がまとまり、この4月
に新著が出版されることになりました。
 ここ数年書き溜めていたエッセー、論文を一冊にまとめたのですが、かなり
大幅な加筆を行ないました。一冊の本として、読みやすい内容になったかなと
思っています。
 本来は3月中に刊行されるはずでしたが、表紙に点字を印刷したり、本の各
所に点字をデザインとして挿入するなど、僕なりにこだわってみました。
 06年に民博で開催された「さわる文字、さわる世界」展の報告、ちょっと
笑える海外調査のエピソード、そして視覚障害者の歴史、麻原彰晃論などなど
、内容は盛りだくさんです。
 この新著を(勝手に)ブライユ200年記念出版として、みなさんに自信を
持ってお薦めいたします!

 タイトル:『さわる文化への招待ーー触覚でみる手学問のすすめ』(世界思
想社)
 価格:1,995円(税込み)

 本書を通じて「触文化」「手学問」などの概念が広く普及することを願って
います。
 広瀬の新著を読んでやってもいいという方は、最寄の書店、あるいは世界思
想社にお問い合わせください。
 以上、さりげなくもずうずうしいセールスでした。よろしくお願いいたします。
 なお、この本の点訳版、音訳版は現在、日本ライトハウスに製作を依頼して
います(7月ごろ完成予定)。 広瀬浩二郎

 P.S. 参考として、本の表紙、目次などが書かれたチラシのPDFファ
イルを添付します。

【本書の内容】
コラム
1 観光から感光へ
2 日本発“さわる”体験型ワークショップがアメリカへ!
3 指先で触れる異文化
4 ケータイと人権の不思議なる関係
5 もう一言、アイキドーについて
6 タッチからタッチングへ
7 琵琶法師
8 “共食い”から“共食”へ
はじめに
第T部 希望にさわる――手探りと手応えの20年
 第1章 三つの“しょく”で読み解くわが半生――ある講演会から
 第2章 前例がないワークショップへの挑戦
第U部 情熱にさわる――点字と展示をつなぐフィールドワーク
 第3章 点字学事始
 第4章 “気づき”と“築き”の博物館論
第V部 景色にさわる――身体で切り開く研究と遊び
 第5章 ふらふら、すらすら国際交流
 第6章 いきいき五感力
第W部 歴史にさわる――生き方としての障害論
 第7章 麻原彰晃への旅、麻原彰晃からの旅
 第8章 近代日本を照射する視覚障害者たちの“見果てぬ夢”
そして「触常者宣言」が生まれた――むすびにかえて

コラム
1 観光から感光へ
2 日本発“さわる”体験型ワークショップがアメリカへ!
3 指先で触れる異文化
4 ケータイと人権の不思議なる関係
5 もう一言、アイキドーについて
6 タッチからタッチングへ
7 琵琶法師
8 “共食い”から“共食”へ



 
>TOP

◆◆2009/04/10 21:20
  [mlst-ars-vive 3793] 雑誌とりあえず配架→PD様院生様

PDの方、適宜
誰かに指示するなどして、整理、並べなおしてください。

より思い入れのあるレアなものは今回はそこには置きませんでした。
学会報告や投稿などのおり、いくらか参考になるかと思い。

――以下――

『医療・生命と倫理・社会』(大阪大学大学院医学系研究科・医の倫理学教室)
『生命倫理』(日本生命倫理学会)
『社会学評論』(日本社会学会)
『International Journal of Japanese Sociology』(日本社会学会)
『談』(たばこ総合研究センター)
『解放社会学研究』(日本解放社会学会)
『Sociology Today』(お茶の水社会学研究会)
『ソシオロゴス』(ソシオロゴス編集委員会)
『年報筑波社会学』(筑波社会学会)
『保健医療社会学論集』(日本保健医療社会学会)
『障害学研究』(障害学会)
『社会政策研究』(『社会政策研究』編集委員会)
『家族研究年報』(家族問題研究会)
社会学会大会報告要旨集
社会福祉学会報告要旨集



 
>TOP

◆◆2009/04/10 21:49
  [mlst-ars-vive 3794] 公共論史予定他→院生様

本日は、ごく短時間の人含め
森下さん/飯田さん/斉藤さん/吉田さん/伊藤(佳)さん/
影浦さん/佐藤(浩)さん/竹林さん/鹿島さん/
田中(多)さん/白杉さん/中田さん
と話。授業はさんで10時間しゃべりっぱなしで、
若干朦朧としていたので違っているかもしれません。
補足情報などおいおい。

公共論史ですが、本日の履修予定者との協議をふまえ

> 04月17日(金)
> 05月01日(金)
> 05月15日(金)
> 05月29日(金)
> 06月12日(金)
> 06月26日(金)
> 07月10日(金)

ということに。つまり(予備演習2ではなく)応用購読演習1(天田さん担当)
のある日ということです。
3、4限、つまり13時から16時10分。場所は411です。

と書いたら、5月15日は、東京キャンパスで
「りつりつ研究会」で、東京周辺の院生の研究計画報告とそれへの
コメント、という日でした。まあ東京出張授業のようなものですが
それでも2コマ分、なんか手立てを考えます。
とりあえず5月15日は、京都ではなし、ということで。
また連絡さしあげます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/11 09:44
  [mlst-ars-vive 3796] 院生に御伺い:学振当たり書類

うっとおしくも学振(日本学術振興会特別研究員)申請の
季節がやってまいってますが、
当たった書類を、院生限定ページに掲載とか
いう話がいぜんありませんでしたっけ?
もうすでに載っているとか、そういうことも含めて
(HP見ればよいのでしょうが見てないので)
教えてください。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/12 13:03
  [mlst-ars-vive 3804] 『障害者の自立支援と「合理的配慮」に関する研究』

以下臼井さんからのお知らせ。この報告書私がよくいる
テーブルの上にあります。CDが入っていてそれを使っても
読めるようになってます。
知っている人たちが書いています。関心ある方はどうぞ。

こういう報告書の類。どのように整理するか方針まだ立ててなく
整理していません。今月中にはなんとか方針を立てて
PDのみなさんの指揮のもと整理、配架、リスト掲載など
開始してもらおうと思います。立岩

――以下――

臼井です。
次の報告書が刊行されています。

障害者の自立支援と「合理的配慮」に関する研究
勝又幸子(国立社会保障・人口問題研究所)

前例からみて、いずれは公式ウェブサイト上に掲載されると思われ
ますが、現在は付属CDにデータを納めた活字印刷物の形です。

国立社会保障・人口問題研究所ウェブサイトより

障害保健福祉総合研究事業
勝又 幸子 国立社会保障・人口問題研究所
障害者の自立支援と「合理的配慮」に関する研究 −諸外国の実態
と制度に学ぶ障害者自立支援法の可能性−

(1) 研究目的
目的は障害者自立支援法の理念である自立と完全社会参加と平等を
理論的及び実践的に捉えながら,将来日本が「障害者権利条約」を
批准するための条件整備に必要な要件を明らかにすることである。
本研究の特徴は理論的には「社会モデル」の実践への応用を試みる
ことで,「合理的配慮」の政策面への反映を目標にするところであ
る。障害者の自立生活運動の実態や,諸外国における居宅生活支援
政策の実態について調べ,日本との比較を行う。また,『障害者生
活実態調査』の分析から,障害者の暮らす世帯の状況から,経済面,
身辺介助・援助面・就労での障害者の自立支援のあり方を検討する。

(2) 研究計画
本研究は3 年計画である。基本的研究方法としては,参加研究者の
研究計画に沿った個別研究に加え,委託研究による情報収集を行う。
外国の調査については,分担研究者の発案をもとに予算制約の中で
実施する。 2 年目は,コミュニティケア・ダイレクトペイメント
制度による障害者の社会参加について,イギリスから研究者・実践
者を招聘すべく外国人研究者招へい事業の申請を予定している。招
聘が実現したときには,障害当事者を含む一般を対象にした,シン
ポジウムの開催も実現したい。
「合理的配慮」概念の有する理論的射程と実践的有効性を明らかに
することで,障害者権利条約批准後の障害者政策の方向性や重点課
題についての示唆を与えるとともに,それを様々な場面で有効に機
能させるための社会的・制度的条件に関する知見を得ることができ
る。
地域で暮らす,重度障害者の生活自立について介助の質など重要な
課題について整理し,自立生活を進めていく上で,政策として誰の
何を支援していく必要があるのかまとめる。障害当事者の実態につ
いてはヒヤリング調査等により把握に努める。パーソナルアシスタ
ントやダイレクトペイメントといった,諸外国における先駆的な制
度やプログラムについても,調査し情報としてまとめていく。

(3) 研究組織の構成
研究代表者 勝又幸子(情報調査分析部長)
研究分担者
 岡部耕典(早稲田大学文学学術院社会福祉学客員准教授専任扱い),
 土屋 葉(愛知大学文学部人文学科助教),
 遠山真世(立教大学コミュニティ福祉学部助教),
 星加良司(東京大学先端科学技術研究センター社会学特任助教)
研究協力者
 西山 裕(政策研究調整官),
 磯野 博(静岡福祉医療専門学校教員),

上記の情報が掲載されているURL
http://www.ipss.go.jp/pr-ad/j/nenpo/ipss08.pdf



 
>TOP

◆◆2009/04/12 22:32
  [mlst-ars-vive 3810] 0920/21障害学会大会

4月11日理事会で、提案通り
2009年9月20日(日)・21日(祝)
ということに。
http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm
(まだ公表してません。数日後に。)

シンポジウムは、
こちらの企画としては、情報保障〜障害学生支援関連。
これはそれできまり。
もう一つ、まあ「生命倫理」関係もありですけどということでしたが
土屋(葉)さん
http://www.arsvi.com/w/ty01.htm
提案でジェンダーと障害というのでということで
そういうことで行くことになりました。

シンポジウムはそんな感じですが(どういう人にしゃべって
もらいたいか、教えてください。)
一般報告、関係ある人、すくなくともポスター発表はしてもらいますので
よろしく。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/12 22:40
  [mlst-ars-vive 3811] 自閉症/税

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
に今日(までに)作成・更新したファイルを掲載
(ということで→HP様)。

片山さんの文章
http://www.arsvi.com/2000/0904kt.htm
(ウェブ上の体裁をすこし変更しておきました。
体裁がいろいろになっているようです。PDはじめ
HPを統括している皆様よろしく。)

自閉症関連本、買おうと思えば大量にあるはず。
だれか担当してくれるのであれば、本を買ったりします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/12 22:51
  [mlst-ars-vive 3812] 0515りつりつ/公共論史予定

> 04月17日(金)
> 05月01日(金)
> 05月15日(金)★
> 05月29日(金)
> 06月12日(金)
> 06月26日(金)
> 07月10日(金)

の5月15日、深田さん(立教・院)、安藤さん(学振研究員、一橋)、
杉田さん
http://www.arsvi.com/w/ss01.htm
あたりも加わり、立命館東京キャンパスでのりつりつり研究会
もりあがりそうなかんじです。

そういうことでともかくその日私は東京ということで
05月15日(金)
の公共論史は休みにします。その代わり、おつとめあって
月〜金、着にくい人のために土日あたりで一回やります。
岸田さんあたり御都合を知らせていただければ
ありがたいです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 07:48
  [mlst-ars-vive 3814] 0414/16/17立岩→院生様

0414 午後演習(「公共」教員合同・416)
0416 午後NPO関係、在宅支援関係諸々相談(416)*
0417 1300〜1610授業(公共論史・411)

*「ある」というNPO法人つくってあります。活動はこれから。
関心ありましたらどうぞ。&当日のだんどりについてだれかお願い。
「支援」の関係については、『生存学』
http://www.arsvi.com/m/sz001.htm
の西田・長谷川・山本・堀田論文を読んでください。
&この雑誌買ってください。書庫(416)に(たくさん)あります。

これらの前後対応可能。午前が都合がよいという人は午前も可能。
連絡ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 10:48
  [mlst-ars-vive 3815] 『流儀』印税送金

『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
第1回(第2回はあるのか?)印税の全額、
著者3人分合わせて、138600円
アフリカ日本協議会にさっき送金しました。

以前お知らせしたように、スタッフ(かつ立命館の客員研究員)の
アフリカでの会議参加のための旅費に使われます。

みなさまご購入ありがとうございました。
まだ書庫(416)に在庫あります。お買い求めください。
おもしろいです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 21:02
  [mlst-ars-vive 3820] お伺い:視覚障害学生数等

以下のいずれかについて御存知の方あらば
お教えください。利用法についてはあとで
詳しくお知らせいたします。2)と3)の後半については
明日、障害学生支援室に聞いてみますので
それでわかるとは思いますが。

1)京都府の視覚障害学生数

2)立命館の今年度在学者数

3)発達障害の学生、全国では大学に139名(H19年度、日本学生支援機構報告書)

となっているが、京都府および立命にも在籍しているか?

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 21:06
  [mlst-ars-vive 3821] お伺い:病者集団資料/お礼→小林様

『むすぶ』(月刊)や、
> 前進友の会
> http://zenshi-tomonokai.hp.infoseek.co.jp/mokuji.html
> が出されてる雑誌

ありがとうぞんじます。たいへんありがたいです。
お礼もうしあげてください→小林様



「精神病」者集団
http://www.arsvi.com/o/zss.htm
の資料をそっちに送ったはずだが、という問い合わせを
その会員(団員?)の桐原さんからいただきました。
私個人は受けとっていないような気がするのですが
どなたかのところにありませんか?

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 21:24
  [mlst-ars-vive 3822] 0523案:土曜の公共論史

私担当の公共論史

>> 04月17日(金)
>> 05月01日(金)
>> 05月15日(金)★
>> 05月29日(金)
>> 06月12日(金)
>> 06月26日(金)
>> 07月10日(金)
★の日が東京「りつりつ研究会」であることはお知らせしました。
(時間等決まったら「この」MLにお知らせを→関係者様)

> 05月15日(金)
> の公共論史は休みにします。その代わり、おつとめあって
> 月〜金、着にくい人のために土日あたりで一回やります。
> 岸田さんあたり御都合を知らせていただければ
> ありがたいです。

岸田さんから連絡いただきました。ありがとうございました。

5月23日(土)かなと。この日
福祉社会学会大会予行のケア研だと思いますが
その前に3時間とれる、ならです。
午前からずっと研究会やるといった場合には別の日に。

他の日も可能です。土日でないと、という人
希望を知らせてください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/13 09:13
  [mlst-ars-vive 3829] 単位認定等→末安様他3年次院生様

> 0414 午後演習(「公共」教員合同・416)
> 0416 午後NPO関係、在宅支援関係諸々相談(416)*
> 0417 1300〜1610授業(公共論史・411)

ということで、15日は学校には行かないことになろうかと。
→末安様

もし、単位認定のことだけしたら
・ゆるい対応関係でよいので、これでどうだろうという
のを書いてもらって
・必要ならメールで相談などして
・事務の方に直接もっていっていただいてかまいません。
・私の所見はのちほど、事務の方で書類もらって
記入します。そのように事務の方とは連絡ついています。
・教授会の方針で(最大30単位のところ)24単位ほどに
とどめてもらうということになりますが、勤務の関係などで
それでは困る(最大認めてほしい)という人はそのむね
知らせてください。ただ、3年で6単位とるのはまったく
難しいことではありません。
・書類に30単位分書いてもらってよいですが、上記について
特段の事情がない場合には、適宜24ほどに減らして
教授会で承認という運びになります。



演習は13時からということで。その前から416にいます。
影浦さんから、演習参加予定であったが、熱出てお休みという
連絡をいただいています。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/14 09:28
  [mlst-ars-vive 3831] 再度:0414研修生from台湾続/他

幾度かお知らせした件ですが、今日なので
再度。関西では立命館の他、
国立民族学博物館の広瀬さんのところに
見学に行くそうです。

こちらでは障害学生支援室の見学といったこと
以外はとくに考えてなくて、今日話してみます。
関係・関心ある人どうぞ。414か416にいるはずです。
どうなってるか電話で問い合わせていただいてもよいです。

というわけで、その時間、演習、席を一時的に
外させていただきます。→「公共」院生様教員様



ついでに、今年度(以降)の障害学生支援についての
障害学生支援室との打ち合わせ21日
の予定で、私出ます。

立岩

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, April 08, 2009 9:51 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3756] 0414研修生from台湾続


> 4月14日、14時から15時のあいだに
> 創思館416にいらっしゃることに。
>
> その時間、公共のプロジェクト演習中ですので
> それを機会に、部屋にいる教員・院生と
> 対面ということで。その後私すこしの間、その方と
> その方といっしょにいらっしゃる方の対応で
> 414とかに移るかと思います。演習の皆様
> そういうことで。
>
> ----- Original Message -----
> Sent: Friday, April 03, 2009 4:06 PM
> Subject: [mlst-ars-vive 3650] 0414or15研修生from台湾続
>
>
>> 以下にお知らせした件ですが、14日か午後か
>> 15日午前にこの企画
>> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
>> のスタッフの方といらっしゃるということで、ご本人
>> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/trainee/no10/0010profile05.html
>> には期間中いつでも会えると思いますが、
>> そのスタッフの方にこの企画のこととかで話を
>> 聞きたいといった人で、いずれかが都合がわるい
>> といった人がいたら、お知らせください。立岩
>>
>> ----- Original Message -----
>> Sent: Wednesday, April 01, 2009 8:01 PM
>> Subject: [mlst-ars-vive 3623] 研修生from台湾
>>
>>
>>> 昨年7月にお知らせした件ですが
>>>
>>> ――以下――
>>>
>>> Sent: Monday, July 28, 2008 2:01 PM
>>> Subject: [mlst-ars-vive 917] 研修生from台湾?/英文収集
>>>
>>>> 立岩@東京です。呼ばれた仕事の方は、ちょっと(だいぶ)なになの
>>>> ですが、その会場の建物で、昼どき
>>>> http://www.normanet.ne.jp/~duskin/
>>>> を担当している(以前から別のことで知っている)
>>>> http://www.jsrpd.jp/
>>>> の課長さん(CPの人です)と(そこのスタッフのみなさん)
>>>> に偶然会って、いろいろと話。
>>>>
>>>> 上記のプログラムで、大学の障害学生支援室の研修をしたいという
>>>> 台湾の人(ポリオの人だそうです)の受け入れ先を
>>>> ここに、という話が出ました。COE企画U、V関係でもありますので
>>>> ありだろうと。来年1月から5月ほどだそうで
>>>> 当方がとくになにかをせねばならんということではない
>>>> ようです。
>>>
>>> ――以上――
>>>
>>> 4月14日にいらっしゃるそうです。
>>>
>>> 筑波の学生に行なった調査の調査票はいただいています。
>>> 日本語ができる方だそうです。
>>> 研修期間中、話をしたりしてくれる人求めます。
>>> 以下は3月にもらったメールの一部。
>>>
>>>>> 4月14日(火)〜5月22日(l金)
>>>>>  *4月27日(月)〜5月6日(水)の期間は除きます。
>>>>>
>>>>> 様々な研修を経て、盈如の研修に関する興味関心も広がってきました。
>>>>> 大阪の自立生活センターや民族学博物館の廣瀬さんのところでの
>>>>> 研修についても、希望が上がってきております。
>>>>> つきましては、上記研修期間内でトータル1週間程度、
>>>>> 上記のような研修先に行かせたいと考えております。
>>>>> その日程については、またご相談させてください。
>>>>>
>>>>> 盈如は現在、筑波大学にて障害学生支援を中心に学んでいます。
>>>>> その研修の一環として、予め質問項目を作成し、
>>>>> 障害学生にインタビューを行っているそうです。
>>>>> 貴学でも、そのような機会が得られれば幸いです。
>>>>> また、インタビューは何かしらの形でまとめることを考えておりますので、
>>>>> データをご覧いただき、立岩先生からもアドバイス等をいただけると幸甚です。
>>>>>
>>>>> どうぞよろしくお願いします。
>>>
>>> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/14 10:22
  [mlst-ars-vive 3835] 立岩着→片岡様他/お礼

学校着いてます。雨降ってます。
(12時からではお昼の時間ですからその
前でも私はよいです&このところ執行部MLの
メールとか見てません。いろいろ教えてください。
すいません。→片岡様)

植村さん、中村さん、樋澤さん
情報提供ありがとうございました。

病者集団の資料のことについても
樋澤さんから連絡いただきました。
ありがとうございました。

末安さん、ではそういうことで。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/14 21:11
  [mlst-ars-vive 3838] 台湾からの陳盈如さん→関係院生様

陳盈如(日本語読みでちん・えんじょ)さん、
今日いらして、すこし話しました。
植村さん、中村さんも、部分的に同席して
もらいました。障害学生支援室にも挨拶に行きました。
障害学生支援がテーマということで
(明日は大阪ということですが)
今週後半から来週にかけて、関係院生のみなさん
まず自己紹介&レクチャー&情報交換の場を設けてくれませんか。

「係」になってくれる人募ります。
お金をリハ協からいくらかもらうので、支払い
できます。

これまでのお知らせについては
Sent: Tuesday, April 14, 2009 9:28 AM
Subject: [mlst-ars-vive 3831] 再度:0414研修生from台湾続/他
等をご覧ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/14 21:18
  [mlst-ars-vive 3839] 三井さん出口さんのアドレス伺い→御存知の方

三井さん
http://www.arsvi.com/w/ms05.htm
出口さん
http://www.arsvi.com/w/dy01.htm
のメールアドレス御存知の方
立岩までお知らせくださいませ。

福祉社会学会大会の関係で
お願いすることがあるかもしれず。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/15 08:49
  [mlst-ars-vive 3845] 学振/御礼/他→院生様

できるだけ不都合な現実を直視しないようにしている
のですが、それでも期日は来るわけで、学振書類
対応します。
・例えば昨年出した人で、どこか変えるか、
といったことを考えてみるという人
・今回初めてで何書くか、考えるという人
といった基本方針にかかわるところを
今のうちにやっておいた方がよいと思います。
それが決まらないと時間だけがたっていくので。
一人ひとりにあまり時間とらないようにして
やっていきます。
録音機器をもってきた方がよい場合があります。
また、助言の要点についてはMLに流すなどして
完成にいたるまでの工程については
この研究科の諸先輩方に手伝ったもらう
ということを考えます。あるいはそういう方に
最初の面談で同席してもらうというやり方も
あると思います。
年齢を全員について掌握していないので、誰が
応募するのか正確にわかっているわけでも
ありません。連絡ください。



アドレスお知らせ、天田さん、伊藤(佳)さん、仲口さん
ありがとうごさいました。



陳さんのこと、新入生の安田さんから連絡
いただいています。引き続きよろしくお願いします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/15 09:18
  [mlst-ars-vive 3846] ポッゲ本助成決定/助成

> 院生多数が翻訳に参加しているポッゲ
> http://www.arsvi.com/w/pt02.htm
> の訳本、立命館の出版助成受けるのに
> まさに最適ですが、
で、申請出しましたが、助成決定とのことです。100万。

cf.
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2203
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2222
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2225
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2245
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2295


印税(翻訳料)を放棄する必要なしとのことなので
いろいろな意味でよかったなと。
作業進めましょう。年内には必ず刊行。



各種助成申請よろしく。自分で探してきて
皆に知らせてください。→PD様含む
私は書類書きほとほと、な感じですが、必要な
協力はします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/15 10:27
  [mlst-ars-vive 3847] 奨学貸与基金

前からいる人は知っていますが
以下の冊子の売り上げ+
研究科関係者(2名、お名前は伏せさせていただいています)の浄財
により、学業を続けるための当座のお金を
貸し出すということをやっています(無利子・期間の定めなし)
2095000円の基金があり、現在貸し出し中6件、
貸し出し可能155000円といったところです*。
「公的」なものにすること、長年考えているのですが
いろいろいで、いまのところなんだかわからない
かたちでやっています。相談に応じます。

*「安定した」職について収入を得られている人(わずかですが)
からだんだんと返却を。

――以下――

Sent: Tuesday, October 21, 2008 7:52 PM
Subject: [mlst-ars-vive 1866] 発送しました(→田島様他)

> 発見された製本機を使い
> 田島冊子
> http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm
> ようやく本日まとめて発送。
> 田島さんのお客さんには多大な迷惑をおかけ
> しました。すいません。
>
> その他(上記と一緒の注文だったりしたもので)
> 高度成長冊子×1
> http://www.arsvi.com/b2000/0703ks.htm
> 社会運動冊子×3(山本(崇)さん、テーブルに2冊どうも)
> http://www.arsvi.com/b2000/0805sm.htm
> も本日発送。
>
> これらの売上は院生への奨学貸与基金になってます。
> (知ってる人に聞いてください。
> 必要なら別便でお知らせします。)
>
> とくに田島冊子はまじめに売れてます。
> こちらから発送する本
> http://www.arsvi.com/b/s.htm
> で一番注文多いです。
>
> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/15 10:37
  [mlst-ars-vive 3848] 補足:奨学貸与基金

>> その他(上記と一緒の注文だったりしたもので)
>> 高度成長冊子×1
>> http://www.arsvi.com/b2000/0703ks.htm
>> 社会運動冊子×3(山本(崇)さん、テーブルに2冊どうも)
>> http://www.arsvi.com/b2000/0805sm.htm
>> も本日発送。
>>
>> これらの売上は院生への奨学貸与基金になってます。
>> (知ってる人に聞いてください。
>> 必要なら別便でお知らせします。)
>>
>> とくに田島冊子はまじめに売れてます。
>> こちらから発送する本
>> http://www.arsvi.com/b/s.htm
>> で一番注文多いです。

http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm
等もです。

これらのどれかを仕立てなおしてべつに
(出版社等から)刊行という計画もないではありません。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/15 19:59
  [mlst-ars-vive 3851] 0416/17/21/23立岩→院生様

> 0416 午後NPO関係、在宅支援関係諸々相談(416)*
> 0417 1300〜1610授業(公共論史・411)
>
> *「ある」というNPO法人つくってあります。活動はこれから。
> 関心ありましたらどうぞ。&当日のだんどりについてだれかお願い。
> 「支援」の関係については、『生存学』
> http://www.arsvi.com/m/sz001.htm
> の西田・長谷川・山本・堀田論文を読んでください。
> &この雑誌買ってください。書庫(416)に(たくさん)あります。
>
> これらの前後対応可能。午前が都合がよいという人は午前も可能。
> 連絡ください。

16日の会議は16時から(416)。(関心ある方参加可能ですが
プライバシーに関わる部分の情報交換ありますので、その点には
留意してください。)
その前可能。いまのところ、松枝さん、三野さんからリクエスト。

17日は前後に仕事入ってしまったので、あまり時間とれないと
思います。

次は

0421火 〜1300演習/300〜教授会/1830〜会議
0423木 10:00〜12:00会議
の前後といった具合です。



 
>TOP

◆◆2009/04/15 12:47
  [mlst-ars-vive 3865] 立岩着→院生他様

着いてます。三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
も着。これから。

>> 0416 午後NPO関係、在宅支援関係諸々相談(416)*
[…]
>> *「ある」というNPO法人つくってあります。活動はこれから。
>> 関心ありましたらどうぞ。&当日のだんどりについてだれかお願い。
>> 「支援」の関係については、『生存学』
>> http://www.arsvi.com/m/sz001.htm
>> の西田・長谷川・山本・堀田論文を読んでください。
>> &この雑誌買ってください。書庫(416)に(たくさん)あります。
[…]
> 16日の会議は16時から(416)。(関心ある方参加可能ですが
> プライバシーに関わる部分の情報交換ありますので、その点には
> 留意してください。)
> その前可能。いまのところ、松枝さん、三野さんからリクエスト。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/16 16:17
  [mlst-ars-vive 3867] みずほ/福祉文化学会

三野さんと話しているなかで
http://homepage3.nifty.com/mizuhofukushi/
これ書類は簡単です。研究グループを作って
出してみたらよいのではと。
書類はA4で1枚です。
7月末日必着。

あとやはり同じ話の中で、
http://www.fukushibunka.net/
という学会。あまり気むずかしくない学会のような
気がします。会長(だということをさっき知った)
の河東田さん(立教)
http://www.arsvi.com/w/kh03.htm
存じ上げている方です(昨年、博士論文審査を依頼
されたり)。
報告や論文投稿を検討してみてもよい方がいるのではと。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 14:26
  [mlst-ars-vive 3878] 片山さんによるキムリッカ論文の紹介

昨日の公共論史でもふれましたが
キムリッカの論文(というか本の1つの章)の
片山さんによる紹介(というか抄訳)
http://www.arsvi.com/2000/0904kt2.htm
ご覧ください。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 14:33
  [mlst-ars-vive 3879] パターナリズム

やはり昨日の公共論史でふれた
パターナリズム
http://www.arsvi.com/d/p03.htm

樋澤さん
http://www.arsvi.com/w/hy07.htm

自己決定
http://www.arsvi.com/d/sd.htm

関係する昨年から今年にかけての拙著
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2009b1.htm

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 14:37
  [mlst-ars-vive 3880] 多言語問題覚書

紹介するなら
Sent: Saturday, April 18, 2009 2:26 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3878] 片山さんによるキムリッカ論文の紹介
でいっしょに紹介するべきでしたが、

「多言語問題覚書」という拙文
http://www.arsvi.com/ts2000/2007056.htm
があるにはあります。
コミュニティ通訳についての研究にそのまま役に立つといった
ものではありませんがいちおう。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 16:50
  [mlst-ars-vive 3883] 多文化/他言語

飯田さんどうも。また話しましょう。

ただ、授業でも言いましたけれども、飯田さんの
場合は、小難しい問題はとりあえずほっといても
調べるべきこと、書くべきことたくさんあるので
理屈っぽい話は、とりあえず、好みに応じて、
余裕度に応じてということでよいかと。

cf.(「参考」「参照」といった意味です)「多文化主義/他言語主義」
http://www.arsvi.com/d/mc.htm



片山さんの作った頁(ファイル)と上記の頁の相互リンクお願い
します。→HP様

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 17:11
  [mlst-ars-vive 3885] 0421演習・立岩・理論社→院生様

前便「他」→「多」。すいません。

21日(火)、10時(だったと思います)から13時の
「公共」演習(416、公共教員出席)
ですが、影浦さん、櫻井(悟)さん、高田さん
からリクエストもらってます。

ただ、私、この時間、先約がはいってます。
理論社(このMLで話題になった本、書架にあります)
の編集者がいらっしゃいます。ので10時からしばらく
いられませんので、そういうことですいません。
(414で話することに)。
&大谷(通)さんの企画もあり、吉野さんも
挨拶しとくならどうぞ。

あと希望あった安田さん、時間的にはいつでもよいですか?

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 17:31
  [mlst-ars-vive 3886] 交信研究→池田(雅)様中田様他

池田(雅)さん(2008、3年次入学)
メール・アドレス知らせてください。
(私がわかるのは前の勤務先のアドレスのようですので)。

あと、以前お願いした
http://www.arsvi.com/d/c07.htm
等の整備についても(今でなくてもよいですが)状況知らせてください。

中田さん
http://www.arsvi.com/w/nk10.htm
(HP中身つくってください)
http://www.arsvi.com/d/als-c.htm
の増補から作業始めるということになってますが
あの後いかがでしょう?


以上はいずれも
http://www.arsvi.com/a/200811.htm
に関係しています。この企画に参画してくれる
院生を求めています。

あとMLを作るつもりです。
視覚系/聴覚系/不動系
べつべつにするという手もありますが、私はいっしょの
方がよいかと。
&いくらかでも「中身」のあるメールはできるだけこのMLに
ということにし、事務的連絡を中心としたものに
というふうに思っています。
意見ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 18:19
  [mlst-ars-vive 3887] 岩井CSR論

知らない雑誌からの取材依頼のメールに添付されていた
「見本」をみたら、それは

『商工にっぽん』2008・11
特集2:企業にとってCSRは絶対か?
岩井克人
「会社は市民の一員でありCSRはその市民活動である」
というもので、以下そこから一部引用

*CSR=企業の社会的責任

――以下――

 株主は、会社がもつ2つの性質のうち、株式というモノの部分を
所有しているにすぎない。つまり、株主総会の議決権や配当への請求権、
残余資産への請求権などを持っているだけなのである。
 ヒトの部分は所有していない。いやできないのである。
ヒトが他のヒトに支配されない存在であることは、フランスの
人権宣言やアメリカの独立宣言で謳われているとおりであり、
それがまかり通ればドレイ制を認めることになる。
そうなると、会社資産なども株主の所有物ではなくなる。
会社資産とは、読んで字のごとく会社の資産であり、
その所有者はヒトとしての会社である。
 […]株主がヒトとしての会社を所有できないのと
同時に、会社は株主だけに資する存在にもなれないのである。
 よって会社は株主のもので、多くの利益を上げて
株主にそれを配当すればいいという株主主権論は理論的に破綻する。

――以上――

 すっきりした話ではあります。これだけでいけるか
という話はありますが(株主側の要求とヒトとしての会社
の望みがぶつかった場合にどうなるか、とか)
まあそうかなと。

高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
当然、岩井氏の議論は御存知かと思いますが
いちおう。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 18:28
  [mlst-ars-vive 3888] 法人税の正当化

前便に記した依頼は、
「(仮) 企業は税金を納めないといけないのか」
という題で取材記事をということでした。
定見を得ていないので
おことわりしようと思いますが、
興味・関心は以前よりあります。上記の問いに関わる
議論についてなにか御存知の方がいらしたら
(このMLに)お教えいただければ
ありがたく存じます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 19:30
  [mlst-ars-vive 3889] アイリス・ヤング

人文書院の編集者からメールあって
院生などによる
表記の方の本の翻訳などどうかと。
http://www.arsvi.com/w/yi02.htm

2004年に集中講義にいらして
(そのときに私熱出して、その後なぜか左膝痛くってそれ以来続く)
その前にみなと本読んだりしました。
その2年後?、もう一度ということになったのですが
その時にはガンで亡くなっておられ、ということでした。

しょうじき言うと、あまりおもしろいと私は思えず
積極的な返事はしませんでしたが、
それは私がそう思うということなので、別の考えの人
いればとりつぐことはできます。
ただ、翻訳にはおおくたいそうな時間をとられます。
そういう意味でも
私は、あまり勧めたくはありません、のですが。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 20:01
  [mlst-ars-vive 3890] 視覚障害学生数等・続

以下について、3824、3825で中村さん、植村さん
から情報いただきましたが、さらに中村さんから
情報いたただました。1)について学校別の人数も教えていだたきましたが
2)についても把握できるということですが、それはここでは略。

1)京都市内の視覚障害の学生は7大学9人(立命館の人数含む、ただし
先端研は別)。

2)全国で今年度新入学した視覚障害者は上記を除き13〜15名

だそうです。中村さんありがとうございました。立岩

――以下――

Sent: Monday, April 13, 2009 9:02 PM
Subject: [mlst-ars-vive 3820] お伺い:視覚障害学生数等


> 以下のいずれかについて御存知の方あらば
> お教えください。利用法についてはあとで
> 詳しくお知らせいたします。2)と3)の後半については
> 明日、障害学生支援室に聞いてみますので
> それでわかるとは思いますが。
>
> 1)京都府の視覚障害学生数
>
> 2)立命館の今年度在学者数
>
> 3)発達障害の学生、全国では大学に139名(H19年度、日本学生支援機構報告書)
>
> となっているが、京都府および立命にも在籍しているか?
>
> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 22:11
  [mlst-ars-vive 3893] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3892] [mlst-ars-vive 3888] 法人税の正当化

高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
ありがとうございます。

フリードマン
http://www.arsvi.com/w/fm04.htm
がそういうことを言っている
文献を(そのうち、急ぎません)教えていただけると
ありがたいです。

> ただ彼の主張とは別の発想から、法人税を正当化できるのではないかと思っています。(株主を含め)経済的な自由を擁護するためには個々人の税負担を軽減することが重要であり、そのために法人からより多くの税金をとるべきではないかと。

なるほど。ただこの論はあまりうまく
いかないような気がします。
私もちょっと考えてみます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/18 22:27
  [mlst-ars-vive 3894] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3891] [mlst-ars-vive 3887] 岩井CSR論

高田さんありがとうございます。

> 個人の経済的な自由

をどのようなものとして考えるのかということがあるでしょうし、
「経済的な自由」を他の「自由」あるいは「自由」でないものと並べたときに
どのように考量するかということもあると思います。
岩井氏が何を言っているか私はよく知りませんが、そのへんのことは
考えているような気もします。

(ちなみに、経営者・労働者他が思っていることが(株主の意向と比べて)
どれほど肯定的に評価できるものであるのかというのは、一般的には、
その通りです。ただ、それがこれこれしかじかのわけで、肯定される
べきであるということは言いうるのだろうと思います。)



前便でお知らせすべきことでしたが
cf.「税」「税についての言説」
http://www.arsvi.com/d/t07.htm
http://www.arsvi.com/d/t07d.htm

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/19 07:41
  [mlst-ars-vive 3902] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 3895] Re: 法人税の正当化 1

村上(慎)さん
http://www.arsvi.com/w/ms09.htm
ありがとうございます。

一つ一つの本について頁を作り、
それの書誌情報を
.「税」
http://www.arsvi.com/d/t07.htm
に置いて、相互にリンクし、

「税についての言説」
http://www.arsvi.com/d/t07d.htm
は既に巨大なものになってしまっているので


「法人税」
http://www.arsvi.com/d/t07c.htm
といった頁を新設し、そこに単純に
刊行年順に、引用を並べていったりすると
よいと思います。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/19 11:30
  [mlst-ars-vive 3904] 医療的ケアを必要とする人(子)のレスパイト…

昨年秋の「在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク」
http://www.home-care.ne.jp/net/index.php
の全国集会(会場:同志社)の講演に呼ばれたといったことを
きっかけに、西陣の永原診療所の永原医師
(60年安保、といった世代の方です)といっしょに
なにかを、ということで始めています。
川口さん
http://www.arsvi.com/w/ky03.htm
は、その前の年の集会に呼ばれて、以来のつきあいで、おもに
川口さんが対応してくださっています。

築ほぼ100年という古い診療所+住宅の隣は
新しい建物が立っていて高齢者のデイケアをやっているのですが
新しい企画というのはその古い方(のまずは1室)を使って
世ではレスパイト・ケアなどと呼ばれたりするもの(等)をしよう
というものです。いわゆる医療的ケアを必要とする
子どもを預かるとか、そんなことを始めてみることに。
診療所が主体になりますが、一昨年作ったしまった
こちらのNPO法人「ある」も協力することに。
勇美財団にも研究助成をする予定です。
一昨日(=金曜日)に話しあって決めました。

検索したら出てきた櫻井(浩)さんの論文
http://www.arsvi.com/2000/081100sh.pdf
を永原さんに読んでもらったりしています。

関心のある人、連絡ください。
授業でも言いましたが、
・「副業」は多くの場合にプラスになる
・「合わない」と思ったら遠慮なく撤退するつもりで入った
方がよい場合が多い
と思います。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/19 16:16
  [mlst-ars-vive 3908] テキスト校正を筋ジスの人がするという企画

視覚障害(等)で墨字→テキストデータ
にして読む必要がある場合
スキャナ・OCR(光学読み取り)ソフトを
使うのですが、間違いなどあるので
校正の必要があります。それをこちらの
院生もやってくれてきたわけですが、
cf.
http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
→資料編

こんど入学した、千葉で筋ジストロフィー
http://www.arsvi.com/d/md.htm
の人等に介助派遣の事業所やっている
伊藤さん cf.

が、筋ジスの人がその仕事すると
よいかも、&、ハローワーク通して雇用すると
障害者の雇用助成を得られるということで
やってみようかということに。
興味ある人いたら連絡ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/19 20:35
  [mlst-ars-vive 3910] 御礼(Re: [mlst-ars-vive 3909] Re: テキスト校正を筋ジスの人がするという企画

中村さんありがとうごさいました。
(ML内であれば新聞記事全文貼り付け問題ないです。
HPでもやってしまってますが、「学術的利用」ということで。
&クレームがついたことはないです。)

筋ジストロフィーの人がHP作るというのは
伊藤(佳)さんの知り合いもやっていて、こんど
「ある」というNPO法人のHP作ってもらうということに。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/19 20:53
  [mlst-ars-vive 3911] 死生学

先週の授業ですこしふれましたが、「死生学」
をする、のではなく、「死生学」を対象とした
研究をするというやり口はあります。

過去のメールをすこし見ていて偶然発見。
http://www.arsvi.com/d/et-t.htm
あるのを忘れていました。いまのところ
掲載されているのは歌野さんに引き継ぐつもりで
私がとりあえず作ったものです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 17:52
  [mlst-ars-vive 3923] このML1周年/えんじょさん登録?→片岡様

このMLが始まったのが2008年の4月20日のようで
1年がたったことになります。さっきの村上(潔)さんので
3922通ということで、辟易としている人もいるかと
思います(が、私としては、授業料いただいている代わりに
メール出してるわけで)。



台湾からの研修生ちん・えんじょさん(日本語読み)
(滞在中)このMLに登録お願いしましたが、
リクエスト通ってますでしょうか→管理人の片岡様

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 19:35
  [mlst-ars-vive 3924] 福祉社会学会大会報告要旨のこと/『Core Ethics』

今日が締切だったと思います。
渋谷さん、松枝さん、吉田さん
から原稿もらいました。
他に「老い研」のMLと「ケア研」のMLで
要旨(案)がやりとりされていました。
(ただ私は中身はほとんど見てません。)

HPに掲載してもらうとよいと思います。

昨年の業績ページ
http://www.arsvi.com/a/p2008.htm
をざっと見ましたが、あまり掲載されてないようです。

http://www.arsvi.com/2000/0808hy.htm
等が、ワード版と両方見られるようになっています。

http://www.arsvi.com/2000/0806kt.htm
等が、要旨原稿に、後で報告原稿をくっつけて、
一つのファイル(ページ)にしたものです。
2007年の障害学会大会
http://www.arsvi.com/ds/jsds2007.htm
のときもそんなふうにしました。



『Core Ethics』最新号の書誌情報の掲載も
http://www.arsvi.com/a/p2008.htm
等によろしく。
彙報データを収集・整理している遠州さんとも連絡
とりあって、増補・整理。
の監督・指示をPDのみなさんには
お願いしてあります。

立岩




 
>TOP

◆◆2009/04/20 19:58
  [mlst-ars-vive 3925] 0421演習・理論社・他/0423/学振(立岩)→院生様

まず21日について。18日に以下のように連絡。

> 21日(火)、10時(だったと思います)から13時の
> 「公共」演習(416、公共教員出席)
> ですが、影浦さん、櫻井(悟)さん、高田さん
> からリクエストもらってます。
>
> ただ、私、この時間、先約がはいってます。
> 理論社(このMLで話題になった本、書架にあります)
> の編集者がいらっしゃいます。ので10時からしばらく
> いられませんので、そういうことですいません。
> (414で話することに)。
> &大谷(通)さんの企画もあり、吉野さんも
> 挨拶しとくならどうぞ。
>
> あと希望あった安田さん、時間的にはいつでもよいですか?

安田さんいつでもよいということで、会議が終わっているだろう
16時頃、416に来てみてください。

上記の事情で、あまり出られないので、今晩中に、
なんらかのコメントできればと。



23日は、10時から12時COE関係の会議

14時から竹林さん(これは面談=非公開)
12時と14時の間に的場さん(別の時間も可です)。
http://www.arsvi.com/w/mk04.htm



学振書類ですが、ぎりぎりになって来られてもどうしようもないので
その場合には私は仕事のしようがないので、しません。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 20:28
  [mlst-ars-vive 3926] 0428演習・立岩・生活書院→院生様

28日(火)16時半から18時までCOE関係会議。
その前、「公共」教員合同演習予定。
山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
からこの日(か5月はじめ)希望のメールあり
福祉社会学会報告要旨添付。ざっと拝見。OKです。

18時に生活書院
http://www.arsvi.com/p/s01.htm
の高橋社長来訪。
まず416(か414)で。山本(崇)さん
http://www.arsvi.com/w/yt02.htm
挨拶の予定。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 20:49
  [mlst-ars-vive 3927] 0423立岩→中村様三野様/助成

> 23日は、10時から12時COE関係の会議
>
> 14時から竹林さん(これは面談=非公開)
> 12時と14時の間に的場さん(別の時間も可です)。
> http://www.arsvi.com/w/mk04.htm

9時から中村さん(これは先週予約)
16時「頃」から三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
おもに研究助成のこと



で、研究助成情報入手・流通(このMLで)申請よろしく。
今年は院生関連では勇美が2つとれていて
お知らせしたようにもう1つやはり同じところに
出します。三菱が申請済み(書類私書きました)。
あと当たったことないトヨタにまた(大風呂敷な計画を
縮小して)出します。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 21:29
  [mlst-ars-vive 3928] 尖ったところを書く方が楽

先週三野さんの演習報告に最後までいられず
言おうと思っていたこと(その日に直接には話しましたが)

たとえば(三野さんが調べている「クラブハウス」というところでは)
「対等な関係」でやっていますということになっているとして
それで、たとえば「自傷他害(のおそれ)」といった場合に
そういうことでいけるのかということがあります。
なにか「介入」がなされる。それでもなおそれは「対等な関係」
のもとになされていると了解されているのかもしれず、そうでない
かもしれない。
なにかことが面倒な具合になっていることを書く
それ自体はやっかいではあるが、すでにその面倒なことに
人々がつきあわされている場合に、その人々のことを書くことは
できる。

平穏な日常をおもしろく書くというのはけっこう難しいことです
それより、波風が立っているところをつかまえて書いた方が楽
かもしれない。

もう7年前に話したことですが
「即席的研究製造方法即解」
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002077.htm

たとえばさっきメールあった山口さんは
ニキさん
http://www.arsvi.com/w/nr02.htm
が言うことと、香山さん
http://www.arsvi.com/w/kr05.htm
が言うこととの、差異、対立について報告しよういという
ことになっています。で、自分はどう考えるのか
はなかなか難しい。しかしこの人たちが既にずいぶんと
考えてくれているなら、まずそれを知って、まとめる
ことはできるというわけです。

演習・面談(+授業)で話したことをこのMLでと思っているのですが
なかなか、ですができるだけ、と思います。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 22:21
  [mlst-ars-vive 3929] 執行人で行くか→櫻井様

櫻井(悟)さん
http://www.arsvi.com/w/ss06.htm
の研究、お話ししたことでもありますが
死刑執行人
http://www.arsvi.com/d/c0134.htm
の話(だけ)で展開していくのは
難しいのだろうと。

いやな仕事をさせられる→つらい→させてはならない
→死刑やめる(あるいはみなが執行に関わる)
という話でどうしても終わってしまう。
(いやな仕事を人にさせるというのはよくあるし、
またまったくなくせるようなことでもないだろうと
言われる。)
「ハードワーク」の話につなげていくという手もありますが
この場合にも執行人から広げることになる。

となると、執行(人)の問題も含めた
刑罰・行刑と近代〜現代という主題系の方へ
広げていくことになろうかと。これはとてもたいへんで
具体的にどう(書類に)書くかということはあるのですが。
例えば、フーコー
http://www.arsvi.com/w/fm05.htm
(このページだれかが手をいれるとよいですね)
の見立てでよいのか、というところから
やっていくという手もあるかも。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/20 22:38
  [mlst-ars-vive 3931] どこに論点を置くか→高田様

*前便誤送信。捨ててください。
  このごろ途中で送信されてしまうの多く、すみません。

高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm

企業(だって人がやっているのだから、その人)が
わるいことをするのはよくない、よいことをするのはよい
という、それはまあそうだろうという以上・以外のことをどう言う
のかはなかなか難しいのではあります。

一つには、「誰に」対する責任なのかを特定、あるいは分けて
論じていくという手はあるかと。
例えば、雇用者(働き手)に対する責任は、なぜ、どこまであるのか
とか。

一つには、責任の主体(「誰が」)をいくつか並べて、例えば政府が責任を
もつことと比べて、企業が責任をもつとはどういうことかを論じる

組み合わせることもできる、雇用の確保→生活の保障について、
それは企業がやるべき そして/あるいは できることではなく
政府がやればよい、という主張があり、それはそれなりにもっともですか
それでよいのか、とか。

あと、企業は、「社会貢献」なんかする金があるんだったら
製品を安く提供すればよいのであって、その安くなった分で、消費者は
「社会貢献」することもできるのであって、その方がよいのだという
類の議論があって、一瞬もっともかも、と思うのですが、そうでもないだろう
というあたりを考えてみるというのもありだろうと。

とりあえず。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/21 07:35
  [mlst-ars-vive 3934] 各種研究会

各種研究会は
http://www.arsvi.com/a/w.htm
などにあります。トップ
http://www.arsvi.com
からですと「学生・研究会」です。
新しく入った人も
いるので、それぞれ紹介していただければと。
あるいは問い合わせていただければと。

おのおのたいがいMLもあります。
ケア研のMLのメンバーは26人だそうです。
(個々の研究会のMLは日程調整など
事務的な連絡が多いです。内容ある場合は
できるだけこちらへ。)

ケア研究会のページ
http://www.arsvi.com/o/c05.htm
からセンター報告8へ、「ついでのときに」リンク
しといてください。→HP様か誰か

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/21 07:47
  [mlst-ars-vive 3935] HP作成に当たっての些細な事柄/サトウ本

例えば、『ケアと感情労働』
http://www.arsvi.com/b2000/0903aa.htm
に別のページからリンクするといった場合、
できてからリンクさせるとたくさんのページを
更新せねばならず、またリンクもれが生じること
などあります。

2000年代に出た本は
b2000/
内の、年月第一著者(編者)の姓名イニシャルなので
安部彰・有馬斉編 20090319 『…
であれば、0903aa.htm
となりますので(他にある場合は0903aa2.htm)
あらかじめ、中身なくてもリンクさせておいて、
ページ(ファイル)をできるだけ早く作るといった対応を
するのがよいかと。

自分で作るのが結局てっとりばやいです。みなさん
ディジタルデザイン1、受講してください。



http://www.arsvi.com/a/n.htm
の頭にあるサトウ編の本、ページ作ってくださいとだいぶ
前に依頼しました。&こういうことの管理・監督
PDにお願いしてあります。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/21 09:07
  [mlst-ars-vive 3936] 本日10時ですが→吉野様

吉野さん
http://www.arsvi.com/w/yy03.htm

理論社の編集の人と会いたいとおっしゃっていたので
いちおう再度お知らせ。416→414の予定。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/21 22:06
  [mlst-ars-vive 3945] 障害学生支援関係でお伺い等

表題の件で、後藤さんと
18時半から21時15分まで
という長く○○な会議に出てました。
後藤さんごくろうさんでした。

1)文科省から出ている学生数に応じた
予算の額ってわかりますか?
1〜5、6〜10、みたいに、人数区切りで
なんぼという出し方だということは聞いたのですが
具体的な数字を聞いたことがある人いれば。

2)昨年度の教育力強化予算による
テキストデータ化作業にかかった
時間、参加した人数、こなした本の数、など
お知らせいただければ。あと1冊にだいたいどのぐらい
かかるかとか。(これは私宛メールで
かまいません。)

3)立命館の場合、障害学生支援室のスタッフの人件費は
別に、1500万ぐらいの予算規模だそうです。
(その執行率が…という話があるのですが、それはまた。)
そして、その中から、学生に対しては年48万上限、
院生で、100万までもありうる、ということになっているのですが
(100万まであり、になったのは昨年度のこと)
他大学の状況を御存知の方いれば教えてください。

4)ちなみに、支援室で今年支援する対象となる学生数は
立命館で21、うち先端研関係9。
実際には先端研で、視覚系6+車椅子ユーザー4だと
思うのですが、今日の書類では6+3でした(名前の記載はなし)。
実際に利用するかどうかはともかく、登録(というのでしょうか?)
した方がよいと思います。それとも休学とか関係するのかしら。

5)1)に記した予算配分は、大学が文科省に
提出する書類に基づき、それは、入学時に
学生が出す項目の記入を見て、それにもとづき
障害者手帳?とかの写しを提出して
それで算定されるということですが、そう?
そして先端研院生で、かなりの数、その文科省
に出す数の中に(書類記載がないため)
含まれていない人がいるという話もうかがいました。

他にも視覚系他院生のみなさんにうかがいたいこと
相談したいことありますが、それはたぶんこの
MLではないルートで、ということになろうかと。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/21 22:33
  [mlst-ars-vive 3947] 理論社/どうも→白居様

私への借金取り立て(原稿催促)にいらしたのですが
吉野さん
http://www.arsvi.com/w/yy03.htm
が企画プレゼン。
日本社会学会の大会報告(を聞いてもらって)以来、
目をかけてもらっている?大谷(通)さん
http://www.arsvi.com/w/om01.htm
も。基本的に前向きな感じだったと思いますが
最後までいられなかったので、どんなぐあいだったか
「そのうち」(急ぎません)お知らせください。



白居さん、よろしく。すごくおもしろいということはないと
思いますが、まあ誰かはやっといてよかろうと思います。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/22 07:21
  [mlst-ars-vive 3951] 登録?の件→中村様/図書館の本返却の件

中村さんどうも。
1)まず、大学の方で障害学生を把握し、
2)その情報にもとづき、必要な証拠書類?を文科省に送る
ということだそうで、
1)のところで、先端研の院生が何人かもれている
ということのようでした(うかがった限りでは)。
ということでまずは障害学生支援室に連絡とってみて
ください。



同じく昨日の会議の後の雑談?で出たことなのですが
立命館の図書館で借りた本というのは
借りた本人でないと返せないというのは本当なのでしょうか?
(本当だとするとあまり合理的でないように思いますが。)

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/22 23:29
  [mlst-ars-vive 3970] 0423立岩→院生様/障害学会日程

> 23日は、10時から12時COE関係の会議
>
> 14時から竹林さん(これは面談=非公開)
> 12時と14時の間に的場さん(別の時間も可です)。
> http://www.arsvi.com/w/mk04.htm

+9時に中村さん(今年度入学)。



あいてる時期を確認して決めたつもりだったのですが
その日朱雀があいてないそうで、障害学会の日程変更せざるを
えません。また連絡します。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/23 07:15
  [mlst-ars-vive 3973] 植村作「遺伝子プール」「経験機械」

遺伝子プール gene pool
http://www.arsvi.com/d/gp.htm
経験機械 experience machine
http://www.arsvi.com/d/em.htm

ご覧ください。中身のあるファイル(頁)を
掲載したときには、作成者が、このMLで
告知・宣伝していただけるとよいと思います。

中倉さんがまめに更新してくれている
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
の下にちゃんと掲載されているのですが
私も含め、見落としたりすることけっこう
ありますので。 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/23 07:36
  [mlst-ars-vive 3974] 0423・28立岩→院生様/図書館の本のこと

>> 23日は、10時から12時COE関係の会議
>>
>> 14時から竹林さん(これは面談=非公開)
>> 12時と14時の間に的場さん(別の時間も可です)。
>> http://www.arsvi.com/w/mk04.htm
>
> +9時に中村さん(今年度入学)。
+16時前から三野さん(研究助成申し込みの件)。
(書庫でなにやらやっててくだされば)。

0428火

1300〜1630 演習(416)
1630〜1800 COE会議(414)
1800〜 生活書院・高橋さん来訪(院生他では山本(崇)さん、安部さん)

山口さん、大野さんから学振書類の件で申し込みあり
→暫定:大野さん1000〜、山口さん1130〜ということで。

他にこの日、申し込みあったような気がしますが。すみません。
連絡ください。



誰に言ったらよいのかわかりませんが図書館のこと
なんとかなるとよいと思います。

韓さんが借りた本が障害学生支援室にずっとあるということで
「どうしても」誰か別の人が返しにいってはならないのでしょうか?
教えてください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/23 10:09
  [mlst-ars-vive 3979] 本日(立岩)→的場様他院生様

>>> 23日は、10時から12時COE関係の会議
>>>
>>> 14時から竹林さん(これは面談=非公開)
>>> 12時と14時の間に的場さん(別の時間も可です)。
>>> http://www.arsvi.com/w/mk04.htm
>>
>> +9時に中村さん(今年度入学)。
> +16時前から三野さん(研究助成申し込みの件)。
> (書庫でなにやらやっててくだされば)。

10時からの会議は全体会議で
栗原さん
http://www.arsvi.com/w/ka01.htm
林さん
http://www.arsvi.com/w/ht09.htm
遠くからいらしているので、終わってから
すこし話したりすることになると思います(カルム?)
ので、416に着くのはすこし遅くなると思います。
すみません。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/23 20:56
  [mlst-ars-vive 3991]『概念分析の社会学』

何冊かいただきものあり、順次並べていきますがその1冊http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4779503140/ryospage03-22

喜多さん(お茶大の院生のときから存知あげています)の
「触法精神障害者の「責任」と「裁判を受ける権利」―裁判と処罰を望むのはだれなのか」
はなかなかに複雑ではあって最終的にうまくいっているか
即断できませんが、なかなかの力作であるように思います。

安藤さん(一橋の院生だった時にお会いしたことあります)
「医療者の“専門性”と患者の“経験”」
の第2節は「反精神医学運動とその限界」ですがこの節は
あまりいけてない感じがします。

あと優生学(永井潜)、サイエンス・ウォーズ、STS、
遺伝学的知識と病の語り、…

関係ある人は目を通しておいてよいかと。

たぶん来週火曜にもっていきます。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/24 07:17
  [mlst-ars-vive 3996] 障害学生関係?のML

視覚系6+車椅子ユーザー4
院生がいるということで
数日前まず、前者についてMLを
作りました。
本日中に後者4人についてもそこに
登録させていただきます。
白杉さん
竹林さん
的場さん
http://www.arsvi.com/w/mk04.htm
吉田(知)さん
メールついたらそういうことですのでよろしく。
私も入っています。
また、現在、京都周辺で研修中の
台湾の陳さんも研修中入ってもらいます。

「情報保障」という括り方で括るのか
「障害学生(支援)」で括るのか
もちろんかぶっている部分があるので
どうしようかと思いましたが、そんなことを
考えていても仕方ないのでとりあえず
始めてみたというしだいです。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/24 07:53
  [mlst-ars-vive 3997] 0428コートジボワール共和国の障害者調査

「催」にお願いします(メールアドレスは加工してくださいませ)
→HP様

メールを短くするため
いつもはHPに掲載してもらってから、URLを
お知らせしてますが、わりあい直近のことであるので。

亀井さんは
京大院→関西学院大COE(もう終わった)→東京外大(ポストは?)
という経歴かと。著書あり。
資料・書籍を寄贈していただいことがあり、
それらは(希望により誰からとはわからないようになっていますが)
書庫にあります。

立岩

――以下――

皆さま

〈リスクと公共性〉研究会は、下記の研究会を開催します。
東京外大の亀井さんに報告して頂きます。
アフリカの障害者について広範な資料および聞き取りにもとづく報告です。皆様のご参加をお待ちしています。
場所がわからない方、その他お問い合わせは、西までご連絡ください。

日時:
4月28日13時半−15時

場所:
京都大学川端キャンパス(京都バス荒神橋バス停前)
稲盛財団記念館3階小会議室U

地図
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_m.htm

報告:
コートジボワール共和国の障害者調査: 生計と労働
亀井 伸孝
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所

[キーワード]
コートジボワール、障害者、生計、公務員無試験採用制度、現地の当事者による調査

[要旨]
貧困削減の問題を検討するときに、障害の問題を避けて通ることはできないが、
アフリカにおける障害者に関するデータは乏しく、実態の把握が急務である。

2008年10月、コートジボワール共和国アビジャンにおいて、
障害をもつ個人、団体、学校、関係政府機関を対象とした現地調査を行った。
本発表では、この現地調査において得られた統計資料、障害者団体での聞き取り、
障害をもつ個人へのインタビューや参与観察などにもとづき、
同国の障害をもつ人びとの生計、労働、政策の概要を示す。
とりわけ、アフリカにおいてきわめてユニークな試みであるといえる
障害者公務員無試験採用制度を中心に、同国の現状と課題を当事者の
視点に即して浮き彫りにすることを試みる。
これらをふまえ、アフリカ社会の特性を念頭に置いた障害と開発の研究の展望について触れる。

また、今回の調査では現地の障害をもつ当事者にスタッフとなってもらい共同研究を行ったが、
その方法を紹介しつつ、マイノリティ研究の進め方について示唆したい。

--
西 真如 / nishi makoto
ホームページ: http://www.jafore.org/9/
リスクと公共性研究会:
http://www.jafore.org/inclusiveness/

京都大学東南アジア研究所



 
>TOP

◆◆2009/04/24 08:35
  [mlst-ars-vive 3998] 稲場さんがPWA賞受賞

この拠点の事業推進担当者をしていただいている林さん
http://www.arsvi.com/w/ht09.htm
が代表を務めているアフリカ日本協議会事務局員の
稲場さんです。
http://www.arsvi.com/w/im01.htm

『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
御購入よろしくおねがいいたします。
書庫にあります。割引き価格で買えます。
印税全額はアフリカ日本協議会事務局員兼立命館客員研究員の
アフリカでの会議渡航費用にあてられます。

立岩

――以下――

Sent: Wednesday, April 22, 2009 7:21 AM
Subject: [ajf-info][06714] 事務局稲場さんのPWA賞受賞

皆さま
AJFの国際保健部門ディレクター、事務局員の稲場さんが、PWA賞を受賞し、
本日受賞式と講演が行われるそうです。PWA賞というのは、日本でエイズ
の問題に深く関わってきた人々によって1992年に作られ、いい仕事をしてきた
人に毎年感謝を込めて贈られる賞です。あまり一般的な賞ではありませんが、
玄人による確かな評価を得たという意味があります。くわしくはAJFの会員
でもある宮田さんのブログをご覧下さい。

http://asajp.at.webry.info:80/200904/article_2.html

日本のHIVエイズの問題にかかわる人の間でも、関心がアフリカを始めとした
世界的な問題と国際的な連帯に向かっていることを表しているシンボリックな
受賞で、AJFにとってもきわめて意味のある出来事です。

私は所用で出られませんが、花束を贈りたい。

牛尼恭史



 
>TOP

◆◆2009/04/24 11:52
  [mlst-ars-vive 4006] 御礼→青木様+借り出し・依頼の場合

青木さんありがとうございます。
当面、返却については、必要な場合には、
今回のようにしましょう。

(「どうしても直接本人が返さなければならず、そうしないと
学部生だったら始末書書いて…、というぐらいのことだ」と
おっしゃるものですから、「重罪ですね?」と
申し上げたらところ、「そうです」というお答えを
いただいたので、皆さんに問い合わせたり
したのでした。)

・図書館からの借り出しについては、やはり本人ということでしょうね?
ただ、代わりに借りるということは当然できるわけで、遠隔地
院生のために、なんらかの仕組みをこちらで作ることは容易だろうと
思います。

・支援室にテキスト化を依頼するといった場合はどうなのでしょう。
Aさんの依頼の本を、Bさんがもっていくというのはあり
ですよね?
Bさんが借りた本を、Aさんがテキスト化してほしい本だということで
支援室にもっていったら、それは受け入れられるのかしら?

遠くに住む人が多数おり、また入院、所謂在宅療養、
といった人がけっこういますので。

また、いわゆる障害学生支援のある部分を、支援室経由でなく
行うという案があったりするということもあり、いろいろと
お聞きする次第です。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/25 08:35
  [mlst-ars-vive 4013] ポッター・バイオエシックス/他

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
に中倉さんが知らせてくれましたが
植村さんが頁作ったポッターの本
http://www.arsvi.com/b1900/7100pv.htm
はバイオエシックスという語が最初に
使われた本だということになってます。
http://www.arsvi.com/d/be.htm
の下に拙著からの引用があって、簡単に
そのことが書いてあります。
それ以外にも植村さん、何冊か紹介してくれたので
http://www.arsvi.com/d/be.htm
との相互リンク、この頁の整理・増補お願いします。
洋物と和物を分けていますが、その辺りもおまかせします。
発行年順がおかしくなってます(私のせいです)。

http://www.arsvi.com/b/b.htm
からリンクされている頁では、意図的に日本での刊行年順に
並べていますが、これはもうそういうものがあるので
http://www.arsvi.com/d/be.htm
においては、原著発行年次順でよいと思います。

増補、改修すれば、役に立つ頁たくさんあるのですが
面倒みれておりません。

こうしたことごと、中倉さん(他HPの皆様)とPDの皆様
うまいこと、調整・協業していってください。
PDの皆様、管理・監督よろしくお願いします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/25 09:51
  [mlst-ars-vive 4015] HPの改善にあたり

植村さんありがとうございます。よろしくお願いします。
以下全般の話として。

1)いまHPにある多くの頁は、私がずいぶん前に
「さしあたり」作り、時間がかけられないために、
そのままになっているものが多いです。ですので、
よりよくなることであればなんでもやっていただければ
また、疑問の点は問い合わせいただければと思います。

2)改行コード(brを〈〉で閉じたもの)を打ち忘れているために
改行がおかしくなっているとか、そういう細かいミスがたくさん
あります。「ついで」になおしていただければ。

3)やはり手間がかけられなかったために、本来、本1冊につき
1ファイル(頁)とすべきものが、そうなってないもの(事項ファイルの中に
あるもの、人別のファイルの中ににあるもの)が多々あります。
http://www.arsvi.com/d/be.htm
では、Veachの本がそうです。以前にもお願いしましたが、あるデータを
使うなら使っていただいて(この場合にはVeachの本のファイルを)
作ってください。

4)HPを拠点のHPとし、継続性・発展性をもたせるために過去2年
ほどの間に、かなりの時間をかけて(さまざまにミスしたりしつつ)
フォルダ(各頁がある場所)を変更し、ファイル名を変更したりしています。
例えば人ファイルであれば、0w/ 0w1/ 0ww/を整理して
w/に統一しています。西條さんにずいぶん仕事してもらっています。
そのために、w/にある頁に直接に行かず、0w/……→w/……
という具合に、なってしまう場合があります(それでもリンク切れにならない
ようにはしてわけですが)。これも「ついでに」直していただければと。
http://www.arsvi.com/d/be.htm
については私の方でだいたいなおしてありますが。

5)さらに細かいことを言うと、人ファイルとか事項ファイルとかで
■と◆の「間隔」ですが、



のように、1行空けてもらった方がよいです。

※ まだ受講登録可能のようですが、ディジタル・デザイン1を受講
することを強くおすすめします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 14:02
  [mlst-ars-vive 4017] 「身体の現代」

という連載をさせてもらっています
(にあたってはいろいろやむをえぬ事情があるのですが略)

これまでの9回分の文献表をすこし整理
http://www.arsvi.com/ts2000/20080061.htm

他の著作と同じく、本研究科の院生の仕事を受けて
&仕事のために(も)書かれています。このような形での
「教育」がもっとも効率的・合理的と考えています。

院生、RAでは
阿部、北村、高橋、山口、山本、吉野の諸氏の書き物に
言及させてもらってます。

やはり長くなりそうで、あと何回かで切って、おおはばに
なおして、とりあえず一冊にしようと思いますが、
それでもまたしばらくかかると思います。
論文などのために必要であれば、一部あるいは
今までのものを集めたもの(ただし順序など
いれかえあります)お送りすることできます。
私あてに連絡ください。



http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
すこし加えました。このことはまた。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/25 19:13
  [mlst-ars-vive 4021] 法人税

村上(慎)さん提供の情報を使って
http://www.arsvi.com/d/t07c.htm
新設。(あとはよろしく→村上様)

すこし様子が見えてきたかんじはします。
&すくなくとも税金の話に関わる場合に
法人擬制説/法人実在説
をもってくるのは、まだきちんと言えませんが、なんだかな
という感じがします。
&いろいろ考えると法人税は正当化されうるようです。

それに伴い
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
も更新。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/25 19:21
  [mlst-ars-vive 4022] 自閉症

http://www.arsvi.com/d/a07.htm
を増補、そこからリンクされるファイルを
追加しました。

・どのようにして自閉症(とくに
アスペルガー、高機能自閉…)であることを知ったか。
・それはその人に何をもたらしたか。

資料はとりわけ近年たくさんあります。
論文書けます。本は増やしていきます。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/25 20:02
  [mlst-ars-vive 4023] 税+αの本

http://www.arsvi.com/ts2000/20080038.htm
をもう一回か書いて、大幅に順序など変えて+

齊藤(拓)さん
http://www.arsvi.com/w/st13.htm
にベーシックインカムのこと
橋口さん
http://www.arsvi.com/w/hs01.htm
に貧困・格差関係の本のこと
&村上(慎)さんに
http://www.arsvi.com/w/ms09.htm
に税収のざっくりした試算

を加えるということで進めてます。

・橋口さんのはだいたいできたかと(HP内に文献表載せますので
準備お願いします→橋口様。cf.
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1b.htm

・齊藤さんあれからいかがでしょう。

・村上さん、どうも怪しいところがあるように思えるのですが
誰かに見てもらいましたか?

 *今回のものは、あまり「学術的」な企画ではありません。
  そのへんよろしく。


こういう企画をだんだんと進めていきます。希望あったらどうぞ。

ただ、こちちは共著というかたちを希望して、交渉しているのですが、
出版社は、それには乗れないということで
「編著」というかたちにし、背表紙はそう記す方向です。
ただ奥付、表紙カバーには名前が入ります。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/26 09:30
  [mlst-ars-vive 4025] 生命理倫理学会大会

堀田さん
http://www.arsvi.com/w/hy03.htm
どうも。
Sent: Saturday, April 25, 2009 9:02 PM
Subject: [mlst-ars-vive 4024] 生命倫理学会一般演題募集〆切のお知らせ
> http://jab2009.seesaa.net/article/114337138.html

私と大谷(い)さん理事だったかと思いますが、すくなくとも
私は理事会さぼりとおしており、いけないことだと思っています。

公開シンポジウムを提案するかどうか
考えてもよいかもしれません。

場所はあまり不便なところではないようです
(新幹線で新横浜から横浜線)。

学会企画委員長は千葉大の後藤(弘)さんだそうです。



ちなみにこの9月(の前半)、東大COE死生学と共催のイベントを
東京を会場でと考えています。いま協議中です。
またお知らせします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/26 10:40
  [mlst-ars-vive 4026] 障害学生関係?のML発足・他

Sent: Friday, April 24, 2009 7:17 AM
Subject: [mlst-ars-vive 3996] 障害学生関係?のML

でお知らせしたML、さっきたちあがりました。
メンバーは今は12名です。
事務的連絡+この範囲内で話したい(話すのがよい)
ことについてはこのMLで、
メンバー外にも知らせてよいことについてはできるだけ
より大きなMLで、という方針です。

一般論として
・件名(メールの題名)ができるだけ中身を表わすものであることが望ましい
(このことによって開かないことができる)
・(重い)添付ファイルはつけないことが望ましい。
ということでありましょう。
 あとはメールの自動仕分け機能を使うことで不都合のほとんどは回避
 できるはずです。

このMLで知らされるべきこと、教えを乞うてよいこと、共有されてよいことが
そうなっていない、たいへん残念なことである、と私は思っています。
たぶん衣笠ではいちども会うことのない人たちがここには
たくさんいます。以前よりお願いしているように
自己紹介よろしく。また、とくに3年次以上の人については
一人ひとりのHP上のファイル(ページ)を作って(もらって)ください。

立岩

――以下3996の中身――

> 視覚系6+車椅子ユーザー4
> 院生がいるということで
> 数日前まず、前者についてMLを
> 作りました。
> 本日中に後者4人についてもそこに
> 登録させていただきます。
> 白杉さん
> 竹林さん
> 的場さん
> http://www.arsvi.com/w/mk04.htm
> 吉田(知)さん
> メールついたらそういうことですのでよろしく。
> 私も入っています。
> また、現在、京都周辺で研修中の
> 台湾の陳さんも研修中入ってもらいます。
>
> 「情報保障」という括り方で括るのか
> 「障害学生(支援)」で括るのか
> もちろんかぶっている部分があるので
> どうしようかと思いましたが、そんなことを
> 考えていても仕方ないのでとりあえず
> 始めてみたというしだいです。
>
> 立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/26 13:55
  [mlst-ars-vive 4030] 生命理倫理学会ニューズレターに紹介

大谷(い)さん
http://www.arsvi.com/w/oi01.htm
さんの企画で、小松さん
http://www.arsvi.com/w/ky07.htm
が代表の科研費研究と、COE死生学
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/shiseigaku/
と、こちら、計3つの紹介をニューズレターに
載せてくれるということで、原稿書いて
さっき校正送ったのでお知らせします。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090056.htm

まったく正直に書いたとおりのことを思っています。

http://www.arsvi.com/ts2000/20090006.htm
でも同じことを書いています。そこに出てくる学会大会は
http://www.arsvi.com/ts2000/20090226.htm
他でも5つか6つか、
同じことを話したり書いたりしています。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/26 20:16
  [mlst-ars-vive 4036] 0428演習(立岩)→院生様/本

0428火

> 1300〜1630 演習(416)
> 1630〜1800 COE会議(414)
> 1800〜 生活書院・高橋さん来訪(院生他では山本(崇)さん、安部さん)

13時からは合同演習(教員3名)
申し込みあったのは
角崎さん
http://www.arsvi.com/w/ky13.htm
松枝さん
http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
村上(慎)さん
http://www.arsvi.com/w/ms09.htm

その前10時から、これは教員は立岩だけの演習
山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
大野(真)さん
白杉さん
 *書類出来たところまででよいのでもってきてください。
 何度でも言いますが、他の人の報告を聞くことは多く有益です。
 1時間ねばって書類を書くより、他の院生の報告を1時間よけいに
 聞いてください。



大谷(い)さん御紹介の『バイオコリア…
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326101873/ryospage03-22
私がいるテーブルの上にも(これはほんとに)あります。
どうぞ。&まわり片付けます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/26 21:55
  [mlst-ars-vive 4037] 0607福祉社会学会大会シンポジウム→天田先生後藤先生他

ここの院生が大挙してでかける大会の
シンポジウムもここの教員の方々に、ということで。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090607.htm

武川さんも報告者にということに研究委員会ではなった
のですが、御本人より、お仕事お忙しく予稿出すことできないから
コメンテーターで、ということに。私も、同じところから
3人は「なん」なのでということで、かたちとしては
報告者でないことになり。ということで、

お二方には予稿(ついこないだ、ここの院生が苦労してたくさん
出したのと書式は同じです)を
5月10日までに出していただくことに。
お忙しいところまことにすみません。

立岩 真也



 
>TOP

◆◆2009/04/27 07:40
  [mlst-ars-vive 4040] 現代日本語書き言葉均衡コーパス検索デモンストレーション

以下
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090408/1239144326
より。

ランダムサンプリングで拙著が8821の1つになってて
(許可を求める郵便が来て、許可する旨返信しました)
「自己決定」とかで検索すると出てきます。

これらの本については、一部ではあれ、ディジタルデータ化
されたということですな。

立岩

――以下――


◆国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモン
 ストレーションにデータと機能を追加(2009-03-09)


国立国語研究所がKOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンス
トレーションにデータと機能を追加した(2009-03-09)。

・KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーション
http://www.kotonoha.gr.jp/demo/
・国立国語研究所
http://www.kokken.go.jp/
・言語コーパス整備計画KOTONOHA
http://www2.kokken.go.jp/kotonoha/
・特定領域研究「代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世
紀の日本語研究の基盤整備」(「日本語コーパス」)
http://www.tokuteicorpus.jp/

追加されたデータは書籍サンプルで、合計8821件、約2400万語となっている。
また、性別、生年代といった執筆者の属性が検索結果に追加され、正規表現で
の絞り込み機能も追加されている。

・「国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモ
ンストレーションを公開(2007-05-28)(新着・新発見リソース、2007-06-27)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20070627/1182877097
・「国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモ
ンストレーションを拡張(2008-03-14)」
(新着・新発見リソース、2008-03-23)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080323/1206284374



 
>TOP

◆◆2009/04/27 08:30
  [mlst-ars-vive 4041] 学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)リニューアル

以下
http://d.hatena.ne.jp/arg/20090408/1239118418
より。立岩

――以下――

学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)、リニューアル(2009-03-10)


学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)がリニューアルした(2009-03-10)。

・学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/scpj/
・学協会著作権ポリシーデータベース(SCPJ)の過去のサイト
http://web.archive.org/web/*/http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/scpj/

このデータベースは、筑波大学附属図書館を中心に、千葉大学附属図書館、神
戸大学附属図書館、東京工業大学附属図書館の協同で構築されており、今回の
リニューアルではデザインが一新されている。また、新着情報でポリシー変更
があった学会等の情報が掲載されるようになったほか、機関リポジトリで出版
社版の利用を認めている学協会のリストも公開された(2009-03-12)。

このデータベースは国立情報学研究所(NII)によるCSI委託事業の成果物の中
でも非常に有用なものだが、ぜひISSN等をキーにして各学協会の著作権ポリシ
ーを引き出せるAPIを公開してほしい。



 
>TOP

◆◆2009/04/27 11:22
  [mlst-ars-vive 4044] 助成応募書類のこと・クラブハウス/シネマ

2度ほど話してその結果、書いてもらったものではあるのですが
まだ手を入れる余地があると思い、やってみました。
学振ではなく民間財団の助成の応募書類の最初のところです。

http://www.arsvi.com/d/p03r.htm

1)問いを(できれば具体的にわかりやすく)立てる→それに答える
という書き方をしてみた。
2)文章をすっきりさせてみた。短くできるところは短く。
3)審査する人が「専門家」であることを頭にいれて書いてみた。

1)〜2)はいまいろいと書類を書いている人にも
いくらか参考になるのではと。

ちなみに、このような調査、助成あたるにせよあたらないにせよ
行われるらしいです。興味ある人は連絡ください。



サトウさん案内ありがとうございます。
http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
にも掲載されています。第2回め以降も
COEの企画で(も)ありますので
http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
に掲載よろしく。→HP様

同じ映画をめぐる坂上さんとの対談は、「京都シネマ」
での上映会のとき以来2度めですが、
あの時、私はなにをしゃべったかのか覚えていません。
院生の方、何人かいらしていましたが、なにか
記憶にあることがあったら教えてください。

このイベントのちらしが416の、入って二番目のテーブル
の上にあります。おとりください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 11:36
  [mlst-ars-vive 4045] シネマの件微訂正他→HP様他

> http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
> http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
> にも掲載されています。第2回め以降も
> COEの企画で(も)ありますので
> http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
> に掲載よろしく。→HP様

> http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
2009/05/16土 06/13土 07/18土
というふうに記載されているのでしたね。
それでもよいですが、それぞれの回について
◆2009/05/16土 ……
◆2009/06/13土 ……
◆2009/07/18土 ……
というふうにしていただければと。

http://www.arsvi.com/a/20090516.htm
人の頁へのリンクもやっておいてもらえればと
→HP様

HPのトップにも掲載するつもりです。

各種メーリングリストでの広報などお願い
いたします。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 14:21
  [mlst-ars-vive 4048] 0516SPSN/共同連

以下SPSN Newsletter No.77(2009/4/27)より

・ニュースの全体は
http://www.arsvi.com/o/spsn2009.htm
に収録されます。(収録者名の掲載お願い。)

・この研究会、私はずっと以前に話したことあります。
今年になって田島さん
http://www.arsvi.com/w/ta01.htm
が報告してます。

・共同連
http://www.arsvi.com/o/kdr.htm
についてはこれまで研究がありませんでした。
今年の1月の東京でのシンポウム
http://www.arsvi.com/a/20090120.htm
の後、飲み会の帰り道、たまたま米澤さん
に初めてお会いし、研究のことをうかがって、
アドレスをうかがって、メールして、修士論文を
送っていただきました。とういうわけでファイルで
私のところにあります。必要な人は連絡ください。

・樋口さんは先端研にも縁ある方です。cefsの方に
研究会の案内をいただいています。

・藤村さんの御本について、書評依頼され、ちょっと
苦労して、書きました。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090032.htm


――以下――

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
第78回研究会のご案内
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●日時:2009年5月16日(土)13:00〜17:00 参加費300円
●会場:明治大学駿河台校舎 研究棟4階 第2会議室
(リバティタワーの3階で降り、右側連絡通路を出ると研究棟4階です)
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

●報告
★第1報告
「障害者就労者の労働統合型社会的企業――共同連を事例にして」(仮題)
報告者:米澤旦(東京大学)
討論者:樋口明彦(法政大学)

★第2報告
「書評セッション:藤村正之著『<生>の社会学』(東京大学出版会、2008)」
評者(報告者):玉置佑介(上智大学)
        畑本裕介(山梨県立大学)

(第1報告の報告者が事情により変更になりました。)

――以上――



 
>TOP

◆◆2009/04/27 15:07
  [mlst-ars-vive 4050] 書類作成時の些細な注意点/本人情報

文章書くにあたっての些細な注意点を記したもの
どこにあったか探し出すのにてまどりましたが
以前作ったものを発見し、すこしだけ加えました。
http://www.arsvi.com/0x/w01.htm

ご参考まで。他にたくさんあると思います。教えてください。

いま大野(真)さんのを見てました。よくできていますが
他の人も関係することとして、自分のことを書くか
書かないかということがあります。私は、普通は、書いた
方がよいと思います。とくに「痛み」といったものであれば
書類に書かれているように、他人にはわからない
わけで、それを経験しているということは、その研究について
特権的な有利な場所にいるということでもあります。
またなんのための研究かということもあります。
最初の方で、さらっと書く、という手があると思います。
明日はそういう話もします。

このようなメール、cefsの方にするかどうか、すこし
考えてみます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 16:10
  [mlst-ars-vive 4051] 0513トヨタ財団

トヨタ財団
http://www.toyotafound.or.jp/03entry/index.html
5月13日締切。

昨年は
http://www.arsvi.com/a/p03.htm
ではずしました。もうすこし「堅実」なのにして
また出すことになろうかと。

聞いているところでは山本(晋)
http://www.arsvi.com/w/ys10.htm
さんの前・現先生の京都工繊大の坂田さん(たち)が
スペースALS-D…といった方向のもので
「地域」の方で出すとのことです。

個々の経費はできるだけこういうものをとって
やっていって、COEの方は、RA・院生の人件費+…
にできるだけということでやってますので
ご協力、情報提供よろしく。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 20:14
  [mlst-ars-vive 4053] 推薦文というもの

いま〜これから各種のたくさんの推薦文・評価書を
こなさねばなりません。たいがいの人に
まずその「原案」を作ってもらうようにお願い
しています*。とくに新しい人の場合、私は
当人(の仕事)をよく知らないので、そうして
もらうしかないということもあります。楽したい
ということもあります。

*学振の申請で昨年も出した人については
ほぼ同じものでよいなら、そうしますので、
あらたに書く必要はないです。

http://www.arsvi.com/ts/a.htm
というページを新設し、今日送られたきた案を
なおしたのを載せてみました。ご参考まで。

とくに民間の奨学金の場合には研究のことを
細々説明するよりは、研究の意義を言い、
将来性のあることを言い、立派な人間であることを言い
お金がもらえるといかによいか(例:バイトを減らすことが
できその分、研究に専念できる、とか)を言うと
よいと思います。

学振の場合は、どういうことを書けと列挙してある
はずですのでいちおうぞそれを見てください。
ただ、実際に提出するときには必ずしもそれに
(私は)したがいません。じつはHPにいくつか過去の
評価書が掲載されているのですが、それはまた
後でお知らせするかもしれません。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/27 21:18
  [mlst-ars-vive 4055] 推薦書評価書2/御礼+→橋口様

http://www.arsvi.com/ts/a.htm
に思い出せるものいくつか足しました。

こういう文章は、そこそこまじめに書いた場合ですが
あるテーマのどこがおもしろいと思っているのか、
どのようにしたらおもしろくなると思っているのかという
ことでもあります。参考になるのなら参考になさって
ください。

(そんなことが許容されているのか知りませんが)
○○の審査員から
こちらから出されている応募書類・評価書
をほめてもらったことがあります。具体的にその人の研究の
どこがよいのかといったことがきちんと
書いてあるとのことでした。



>> 準備お願いします→橋口様。cf.
>> http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1b.htm
>
> とりあえず、ざっと並べアップしました。
> ↓
> 「貧困・格差関係の本」
> http://www.arsvi.com/d/p0601.htm

ありがとうございました。

http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1b.htm
のように、各書籍の頁にリンクするようにしてくださいませ。
あと、出版年順の頁もそのうち作ってもらうので、
発行年月日までの記載があるとよいです。

もちろん、だんだんと、でよいです。→橋口様

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/28 13:32
  [mlst-ars-vive 4062] 『ケーススタデディ障がいと人権』→竹林様他

到着した本いくつか。順次紹介します。登録用棚に置きます。

『ケーススタデディ障がいと人権――障がいのある仲間が法廷を熱くした』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903690369/ryospage03-22
第1部 民事事件
4 「生活保護・年金・介護」
竹林さんに関係あるかと(ここ=416から送ってもらうことできます)。
この部分、5つの文章ありますが、私たちとおつきあいある
弁護士の舟木さんの
「ALS患者に対する自立支援給付不足、他人介護料の不支給事件」も。
Kさんのはなしです。
あと1「労働」。2「教育」で所謂医療的ケアを必要とする人の就学のこと

第2部 刑事事件
で浅草レッサーパンダ事件 も。
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005046.htm

等々。



生活書院のテキストデータ提供可能本なので、本ファイル(ページ)
できたらそのページへの登録、リンクもよろしく→担当者様

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/28 13:45
  [mlst-ars-vive 4064] 『自己決定の倫理と「私−たち」の自由』

著者の(直接には存知あげない)小柳正弘さんより御恵贈。
アマゾンにはまだ出てないみたいです。
ナカニシヤ出版。私のかきものも取り上げてくださっています。
樋澤さん
http://www.arsvi.com/w/hy07.htm
の2003年の『精神保健福祉』論文
野崎さん
http://www.arsvi.com/w/ny01.htm
の2005年の「当事者性の再検討」+1
も文献にあがっています。

やはり登録用棚に置いておきます。立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/28 14:05
  [mlst-ars-vive 4065] 『介護労働を生きる』

現代書館からのいただきもの。登録用棚へ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4768434908/ryospage03-22

副題「公務員ヘルパーから派遣ヘルパーへの22年」
公務員ヘルパー時代についての言及はかなり短くはあります。

このテキストデータ引換券付、ということで→担当者様

帯には「杉田俊介氏推薦」とあります。
cf.
http://www.arsvi.com/w/ss01.htm

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/28 14:16
  [mlst-ars-vive 4066] 『ナラティヴ・アプローチ』

やはりいただきもの。登録用書架へ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432665340X/ryospage03-22

「看護学とナラティヴ」の著者の大久保さん(看護学)は
松本の時の同僚。
あと、宮坂さん
http://www.arsvi.com/w/mm16.htm
の「生命倫理とナラティヴ」
和田さんの「紛争をめぐるナラティヴと権力性――司法へのナラティヴ・アプローチ」

cf.
http://www.arsvi.com/b2000/0110wy.htm
(題名など間違ってます。私のミスです。すいません。)
等々。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/28 14:39
  [mlst-ars-vive 4067] 『人とのつながりの中で――障害を超えて福井に生きる』

やはりいただきもの。登録用書架へ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/432665340X/ryospage03-22

「看護学とナラティヴ」の著者の大久保さん(看護学)は
松本の時の同僚。
あと、宮坂さん
http://www.arsvi.com/w/mm16.htm
の「生命倫理とナラティヴ」
和田さんの「紛争をめぐるナラティヴと権力性――司法へのナラティヴ・アプローチ」

cf.
http://www.arsvi.com/b2000/0110wy.htm
(題名など間違ってます。私のミスです。すいません。)
等々。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/29 09:29
  [mlst-ars-vive 4071] 助成のこと/岸田さん御礼

http://www.my-kokoro.jp/josei/index.shtml
明日必着のものですが、こちらから3件
応募するようです(うち2つは昨日知りました)。

数打ちゃ、ということもあるわけで、たいへん
けっこうなことです。ただ推薦者、かぶるより
かぶらないほうがよい、かもしれないといった
こともあり、早めに知らせていただけると
ありがたいです。

当たったら、知らせてくださいませ。提出せねばならない
評価書などに、院生が獲得した助成金を列挙する
欄などがありまして。

引き続き、助成に関する情報お寄せください。
また応募してみてください。

また、応募のために、ということでないのですが
「ある」というNPO法人をひとつ作ってあります。
民間(非営利)組織が主体になって応募した方がよいといった場合
など相談にのります。



岸田さん自己紹介などありがとうございます。
銀行とはまたぜんぜん違った場所でとまどわれること
多いかと思いますが、わからないことなどありましたら
お問い合わせください。臨時に土日にも授業の一部
行う予定もあります。またお知らせすま。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/29 12:13
  [mlst-ars-vive 4072] 大同…助成

三野さんよりの情報で
地域保健福祉研究助成
http://www.daido-life-welfare.or.jp/outline.htm

金額は30万と大きいものではないですが
審査員など見ても
複数出して複数当たる可能性あると思います。
ただ立命館…を前面に出したものが
複数出るとあまりよろしくないかもしれず
そのへん、調整の必要のある場合があるかも
しれません。(ただ、推薦書は不要で
よってこのへんの調整は不要です。)
出そうという人は連絡ください。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/29 13:52
  [mlst-ars-vive 4074] 望月・中村・サトウ編『「対人援助学」キーワード集』 /再々度依頼/他

掲載しました。
http://www.arsvi.com/b2000/0904ma.htm

私にふられた項目「正義」「生存学」読めるようになってます。

「はじめに」(望月著)、項目一覧など
データいただければ掲載いたします。

また、この本、異業種から参入し
これから大学院で勉強しようという人には
役に立つのではと。テキスト・データがあると
視覚障害の人が読めます。cf.
http://www.arsvi.com/d/d03.htm
提供していただければと。

http://www.arsvi.com/a/n.htm
http://www.arsvi.com/a/b1.htm
人別のページ等での掲載、リンクお願いします。→担当者様

金曜に書庫に持っていきます。



サトウ タツヤ 編 2009/03/30 『TEMではじめる質的研究‐時間とプロセス』
のファイル作成・掲載、
http://www.arsvi.com/a/n.htm
http://www.arsvi.com/a/b1.htm
人別のページ等での掲載、リンクお願いします。
3度目の依頼になります。
本は登録用書架にあります。PDのみなさん管理よろしく。



『バイオ・コリア…』登録用書架に置いておきます。

立岩



 
>TOP

◆◆2009/04/30 11:45
  [mlst-ars-vive 4083] 0926-27障害学会大会

当初予定の日程が不可能なことがあとで
わかったりして手間取りましたが、
9月26、27日、朱雀キャンパスで開催です。
http://www.arsvi.com/ds/jsds2009.htm

詳しくはまたお知らせします。報告よろしく。立岩




REV: 20161029
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)