HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科院生宛・2009年1月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
2008年1月  2008年2月  2008年3月  2008年4月  2008年5月  2008年6月  2008年7月  2008年8月  2008年9月 2008年10月  2008年11月  2008年12月 


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2007


◆◆2009/01/30 23:48
   [mlst-ars-vive 2945] 報告御礼(→院生の一部様)/天田本(→橋口様)/本締切
◆◆2009/01/29 16:54
   [mlst-ars-vive 2930] 有田さんのアドレスお伺い(→有田様)
◆◆2009/01/29 12:32
   [mlst-ars-vive 2927] 紹介&販売(Re: [mlst-ars-vive 2887] 『現代思想』2月号、特集:ケアの未来――介護・労働・市場
◆◆2009/01/29 11:51
   [mlst-ars-vive 2926] 見解
◆◆2009/01/27 08:03
   [mlst-ars-vive 2913] 0127立岩続3(→院生様)
◆◆2009/01/26 20:53
   [mlst-ars-vive 2909] 同一人物です(Re: [mlst-ars-vive 2908] 「和田壽郎」と「和田寿郎」
◆◆2009/01/26 20:11
   [mlst-ars-vive 2907] もう一つ訂正すみません
◆◆2009/01/26 20:06
   [mlst-ars-vive 2906] 吉野さんより:写真展経緯(主催者史観)
◆◆2009/01/26 20:02
   [mlst-ars-vive 2905] 訂正(Re: [mlst-ars-vive 2904] 説明というより私の見解
◆◆2009/01/26 19:52
   [mlst-ars-vive 2904] 説明というより私の見解
◆◆2009/01/26 16:37
   [mlst-ars-vive 2901] しばしお待ちを(Re: [mlst-ars-vive 2900] 写真展『身体と性−この曖昧な点と線』撤去,新聞記事になりました。
◆◆2009/01/26 07:45
   [mlst-ars-vive 2896] 0127立岩続2(→院生様)/本日から臼井さん瀬山さん
◆◆2009/01/25 19:06
   [mlst-ars-vive 2895] 『精神医療』53特集:自殺と向き合う
◆◆2009/01/25 08:23
   [mlst-ars-vive 2892] 0125本日の企画
◆◆2009/01/24 22:25
   [mlst-ars-vive 2889] 注文しました他(Re: [mlst-ars-vive 2888] Re: [mlst-ars-vive 2881] 労働・所得保障を巡る社会運動(田島)
◆◆2009/01/24 21:00
   [mlst-ars-vive 2887] 『現代思想』2月号、特集:ケアの未来――介護・労働・市場
◆◆2009/01/24 13:17
   [mlst-ars-vive 2886] 0127立岩続(→院生様)/PC退院
◆◆2009/01/24 00:40
   [mlst-ars-vive 2885] 0125関係
◆◆2009/01/23 21:12
   [mlst-ars-vive 2881] 労働・所得保障を巡る社会運動
◆◆2009/01/23 21:00
   [mlst-ars-vive 2880] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 2879] RE: [mlst-ars-vive 2875] Re: [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係
◆◆2009/01/23 19:11
   [mlst-ars-vive 2878] 御礼2つ他(Re: [mlst-ars-vive 2875] Re: [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係
◆◆2009/01/23 13:23
   [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係
◆◆2009/01/23 10:57
   [mlst-ars-vive 2872] 御礼/→山本(晋)様
◆◆2009/01/23 10:27
   [mlst-ars-vive 2871] 「世界の障害者と権利保障」をもてる非常勤講師
◆◆2009/01/23 09:51
   [mlst-ars-vive 2864] コーネル他(おつかいのおねがい)
◆◆2009/01/23 00:17
   [mlst-ars-vive 2858] →院生様・2
◆◆2009/01/23 00:11
   [mlst-ars-vive 2856] →院生様
◆◆2009/01/20 19:54
   [mlst-ars-vive 2847] 0127立岩(→院生様)
◆◆2009/01/19 23:54
   [mlst-ars-vive 2841] 「成」(業績)のこと(→皆様)他
◆◆2009/01/18 22:40
   [mlst-ars-vive 2836] 0119立岩(→院生様)
◆◆2009/01/18 12:34
   [mlst-ars-vive 2834] ゲストのこと
◆◆2009/01/18 10:07
   [mlst-ars-vive 2831] お金のこと・院生プロジェクト(→院生様)
◆◆2009/01/16 16:54
   [mlst-ars-vive 2822] →藤原様・三野様
◆◆2009/01/16 09:41
   [mlst-ars-vive 2821] →書庫にいる人(立岩)
◆◆2009/01/16 08:43
   [mlst-ars-vive 2819] PC不調(立岩)
◆◆2009/01/15 19:19
   [mlst-ars-vive 2810] ベーシックインカム関連
◆◆2009/01/15 19:12
   [mlst-ars-vive 2809] 御礼→橋口様他/0116立岩追加3(→院生様)
◆◆2009/01/15 10:39
   [mlst-ars-vive 2804] HPできるようになってください(→院生様)
◆◆2009/01/15 08:54
   [mlst-ars-vive 2799] 0125ナルシストランス宣言
◆◆2009/01/14 21:34
   [mlst-ars-vive 2795] 続々報:0120東大『ニーズ…』書評セッション
◆◆2009/01/14 21:03
   [mlst-ars-vive 2794] 0116立岩時間追加2(→院生様)
◆◆2009/01/14 09:22
   [mlst-ars-vive 2787] 25日READの方来訪他(→院生様)
◆◆2009/01/13 23:07
   [mlst-ars-vive 2785] 0116立岩時間追加(→院生様)
◆◆2009/01/13 18:25
   [mlst-ars-vive 2784] 0116立岩時間(→院生様)(Re: [mlst-ars-vive 2758] 0116立岩に変更(→院生様)
◆◆2009/01/13 16:39
   [mlst-ars-vive 2782] 続き他(Re: [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き
◆◆2009/01/12 11:02
   [mlst-ars-vive 2777] 0220/0228締切研究助成
◆◆2009/01/12 10:29
   [mlst-ars-vive 2776] 東京大学社会科学研究所、生涯成長型雇用システムプロジェクトを公開
◆◆2009/01/12 10:28
   [mlst-ars-vive 2775] 京都府立総合資料館、在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開他
◆◆2009/01/12 10:26
   [mlst-ars-vive 2774] Re: [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き
◆◆2009/01/11 20:48
   [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き
◆◆2009/01/11 16:16
   [mlst-ars-vive 2767] 「内」を検索(Re: [mlst-ars-vive 2766] 文献表の配列
◆◆2009/01/11 14:11
   [mlst-ars-vive 2766] 文献表の配列(Re: [mlst-ars-vive 2765]
◆◆2009/01/11 13:37
   [mlst-ars-vive 2764] 功利主義(→関係院生様)
◆◆2009/01/11 09:03
   [mlst-ars-vive 2758] 0116立岩に変更(→院生様)
◆◆2009/01/09 21:46
   [mlst-ars-vive 2753] 0114立岩(→院生様)
◆◆2009/01/09 12:51
   [mlst-ars-vive 2751] 御礼→池田(雅)様(Re: [mlst-ars-vive 2750]
◆◆2009/01/09 07:24
   [mlst-ars-vive 2748] PDFについて質問(→御存知の方)
◆◆2009/01/08 21:58
   [mlst-ars-vive 2746] 書類作成時の超小技
◆◆2009/01/08 13:26
   [mlst-ars-vive 2742] 補足+雑誌の件(→松田様)
◆◆2009/01/08 11:53
   [mlst-ars-vive 2741] 0131SPSN田島報告(→HP担当者様も)
◆◆2009/01/08 11:43
   [mlst-ars-vive 2740] 0109りつりつ(Re: [mlst-ars-vive 2714] りつりつ生存学研究会のお知らせ
◆◆2009/01/08 11:35
   [mlst-ars-vive 2739] ML幾つか(お願い含む→院生様)
◆◆2009/01/08 11:23
   [mlst-ars-vive 2738] 0110健康権の再検討:近年の国際的議論から日本の課題を探る
◆◆2009/01/08 10:26
   [mlst-ars-vive 2737] 0128臨床コミュニケーションとしての医療通訳
◆◆2009/01/07 20:01
   [mlst-ars-vive 2731] 0130消印有効の助成(→院生様)
◆◆2009/01/07 19:07
   [mlst-ars-vive 2730] 19日応募必着の助成(→院生様)
◆◆2009/01/07 17:41
   [mlst-ars-vive 2729] 三菱進行中(Re: [mlst-ars-vive 2727] 三菱続(Re: [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金
◆◆2009/01/07 11:31
   [mlst-ars-vive 2727] 三菱続(Re: [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金
◆◆2009/01/07 11:18
   [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金
◆◆2009/01/07 10:49
   [mlst-ars-vive 2725] 『京都新聞』連載「先端医療 届く時」
◆◆2009/01/07 10:41
   [mlst-ars-vive 2724] 御礼→植村様(Re: [mlst-ars-vive 2722] Re: 来週(立岩→院生様)
◆◆2009/01/07 07:49
   [mlst-ars-vive 2721] 1月の催について
◆◆2009/01/06 23:11
   [mlst-ars-vive 2718] 来週(立岩→院生様)
◆◆2009/01/06 08:47
   [mlst-ars-vive 2712] 文献表・文献表示
◆◆2009/01/06 08:39
   [mlst-ars-vive 2711] 出版続2
◆◆2009/01/04 20:12
   [mlst-ars-vive 2705] 年記載のこと/原稿どうも(→予備論文院生様)
◆◆2009/01/04 18:17
   [mlst-ars-vive 2704] HP整理(→頁作成者橋口様)
◆◆2009/01/04 12:53
   [mlst-ars-vive 2703] 前便関係御礼・出版続
◆◆2009/01/04 11:53
   [mlst-ars-vive 2702] 上野連載おもちの方いれば
◆◆2009/01/03 20:49
   [mlst-ars-vive 2701] アフィリエイト報告/本/HP
◆◆2009/01/03 14:46
   [mlst-ars-vive 2700] 0105立岩(→特に予備論文院生様)
◆◆2009/01/03 14:13
   [mlst-ars-vive 2699] 労働本
◆◆2009/01/03 13:18
   [mlst-ars-vive 2698] 雑誌/冊子/セン後藤本(→小林様)
◆◆2009/01/03 13:04
   [mlst-ars-vive 2697] 植村原稿/表記・校正のこと
◆◆2009/01/03 12:01
   [mlst-ars-vive 2696] 本の企画
◆◆2009/01/03 09:41
   [mlst-ars-vive 2695] 介助/ALS(→院生の一部様)
◆◆2009/01/02 15:55
   [mlst-ars-vive 2693] 韓原稿/校正のこと
◆◆2009/01/01 21:46
   [mlst-ars-vive 2690] 交信研究関連拙稿
◆◆2009/01/01 15:27
   [mlst-ars-vive 2689] 不動系交信術の歴史続
◆◆2009/01/01 13:25
   [mlst-ars-vive 2688] 不動系交信術の歴史
◆◆2009/01/01 12:04
   [mlst-ars-vive 2687] 交信系


 
 
>TOP

◆◆2009/01/01 12:04
   [mlst-ars-vive 2687] 交信系

謹賀新年

http://www.arsvi.com/d/c07.htm
ごくこまかなてなおし含め60ファイルほど。
トップからも行けるように、トップページもすこし変更
http://www.arsvi.com/

上記に関連する諸研究活動
まかせるからよろしくと言っても
これこれをしてくださいと具体的に指図しても、
もう何年も、ほとんどなにごともなされないので
もしこのままの状態が続くのであれば、体制を
変更することになります。いろいろと
お願いする人がいると思いますがよろしく。

下記のML、坂本さんから要望ありましたので
入ってもらいます。他にも、不動系交信術関係で
中田さん、とか。
他にも希望者いれば。あと、こんどの科研関係で
石川・福島・星加・美馬・(院生でもある)上農さんにも
入ってもらいます。

立岩

----- Original Message -----
From: "立岩真也"
To:
Sent: Thursday, December 18, 2008 12:53 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2598] 情報保障障害学生支援関係ML


> こんど採択になった科研費研究
> http://www.arsvi.com/a/p02.htm
>
> 研究費、学外の分担研究者にまったく割り振らない
> というのはできないということで、一人5万円という
> 「さいてい」な額を、福島・星加(東大)、石川(静岡県大)
> 美馬(京大)、上農(九州保健福祉大)にとはいうことにして
> (させていただいて)こちらにたくさん残しました。
>
> で、できるところから始める(始めてもらう)わけですが、
> 現在、
>
> 先端研 立岩、青木、植村、韓
> 人間研 望月、吉岡
> 支援室 スタッフ3名
> 生存学事務局
> をメンバーとするMLがあります。これまで
> 今度でる学生支援・情報保障(テキスト化…)関連の冊子
> のことでのやりとりが多かったのですが
> そのうちこれも一段落つくでしょうから
> 上記した学外のみなさんにも入ってもらって
> やっていこうと思います。
>
> 院生のみなさんに研究てもらい、成果を出してもらいたいわけで
> 参加希望の方、私に連絡ください。
>
> 以下はそのMLに11月15日に出したメールの一部
>
> 1)は学内に残るのは、上記5万× を引いた分です。
>
> 2)は2台の機械で使えるようにした+保守費など含め
> もっとかかりました。
>
> 立岩
>
> ――以下――

[…]


 
 

◆◆2009/01/01 13:25
   [mlst-ars-vive 2688] 不動系交信術の歴史


http://www.arsvi.com/d/als-c.htm
の下に拙著の一部を貼り付けます。これが
論文1本の半分ぐらいですから、加えていけば
何本かできます。今年前半に学会報告含めて
いくつか出していくという方向で。長谷川さん等。

以下は中田さんに今朝出したメールの一部。
そのメールの後、添付すると書いてあるものをHPに載せました。

あと下に書かなかったもので、雑誌、機関誌の類があります。
これもある程度あり、さらに集める必要がありますが
時間なく、私自身はできていません。

立岩

――以下――

[…]

http://www.arsvi.com/d/als-b.htm
http://www.arsvi.com/d/als-b2.htm
にある本があります。また本や人のファイルに引用があります。
まずはそれをチェックしてみて
引用を増やせるなら増やしてみてください。
本の実物は書庫(416)にあります。他に必要なものがあれば
買います。

まず70年代から現在まで、コミュニケーション手段が
どんな感じになってきたのかについてざっとまとめたいわけです。
http://www.arsvi.com/d/als-c.htm
の一番下のところを増やしていくということです。

『ALS』の関連部分をそのまま切り取って添付します。
これが論文の半分ぐらいの量です。これを倍にすれば
論文になります。

立岩


 
 

◆◆2009/01/01 15:27
   [mlst-ars-vive 2689] 不動系交信術の歴史続

年始早々お騒がせします。

http://www.arsvi.com/d/als-c.htm
いくらか足しました*。
(文献表いれると論文2本分ぐらいには
なります。いかようにも使ってください。)

長い版*と短い版を作って
ひとまず後者については英語・中国語・韓国語にして
2月21日のイベントに使おうと思います。
http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm


これら関連のファイルの作成・交信を
中田さんに(も)お願いしようと思います。
(数日内にメールください。5日に会って話すことできます。)

あと4月入学の安田さん
さっそく視覚系のところを手伝ってくださるのであれば
やり方を教えてもらって、入学前から始めてもらうこと
できます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/01 21:46
   [mlst-ars-vive 2690] 交信研究関連拙稿

2月にCOE冊子の一冊として出すものの
一部として収録されるはずの文章を
作りました(1月6日入稿ということで急がざるをえず)。
というか、ほとんど、応募書類からの
引用にすぎないのですが。
いろいろな人に加わってもらいたいと
思っていますので、ご覧いただければと。

http://www.arsvi.com/ts2000/20090036.htm

立岩


 
 

◆◆2009/01/02 15:55
   [mlst-ars-vive 2693] 韓原稿/校正のこと

昨日依頼した校正が今朝戻ってきて(感謝)
それから半日すこしみました。
昨日の私のに続き、2月8日までには冊子になるものの一部です
(入稿はぎりぎり1月6日)。
http://www.arsvi.com/2000/0902hs.htm

なかなか勉強になりました。

1)●で囲ってあるところが2箇所。どうしたらよいか
指示してください→韓さん
(といっても、韓さん今韓国のはずで、別の
アドレスに送る必要があるはずなので、これは別のMLで
お知らせします。)

あと大きな変更としては、学会報告がそのまま入ったところを
技術の紹介の部分だけ残して大きく削った上、一つの節にしたこと。

2)私がとりあえずなおしたのは150ほど。
校正の範囲を超えるところが多かったのですが

共に→ともに
更に→さらに
上げる→挙げる
始めに→初めに
といったあたりは、校正段階でも対応してもらってよいところ。
ほかに
一層の→いっそうの
セキュリティー→セキュリティ
といったところとか、
「」と『』の使い分けとか(強調の場合は「」に、ソフトなどの場合は
(今回は)『』にしました)

(段落もすこし少なくしました。普通はもっと少なくしますが、
多いというのもそれはそれでよいかと思い。)

3)ほかいろいろやること、やるとよいことあり。なおせばなおすほど
よくなると思います。
これについては別のMLにメールします。

4)これをもとに改善して、冊子に間に合わせるともに、各項目(技術・機器)
ごとに1つ(〜)の頁(ファイル)を作って載せてもらうのがよいと
考えます。
http://www.arsvi.com/d/v01.htm
のつながりで v01***.htmにするか
http://www.arsvi.com/d/c07.htm
のつながりで c07***.htmにするか。

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 09:41
   [mlst-ars-vive 2695] 介助/ALS(→院生の一部様)

更新履歴
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
にも記しましたが(ということです→HP様)

ALS・2009
http://www.arsvi.com/d/als2009.htm
介助/介護・2009
http://www.arsvi.com/d/a022009.htm
とりあえず作りました。それから1日にお知らせした
http://www.arsvi.com/d/c072009.htm

竹林さん、体調含めいかがでしょう。
長谷川さん、いかがでしょう。
技術的にわからないことはいろいろと
対応してもらえますので、できるところから
始めてください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 12:01
   [mlst-ars-vive 2696] 本の企画

昨日、小林・齊藤・橋口さんにメール。
橋口さんから返信(他の方、そう急ぎません)。

いまやっている連載で本が3冊はできそうなのですが
まず1冊薄いものを共著でということに。
(教員が単著出しても、このCOEでは褒めてもらえない
ということもあり。)

・歳入・歳出についての試算・試案の提示
 (打診中、未確定)
・私が税制に関係する話(あと2回ぐらい書いて整理)
http://www.arsvi.com/ts2000/20080038.htm
・橋口さんが格差・貧困本(他)の紹介+α
・+α(齊藤さん?)

というだいたいの感じ。

橋口さん、
http://www.arsvi.com/d/e03.htm
を使って、まず、(例えば)◆を◇に一括置換
そしてとりあげる本について◆をつけて、
ファイル・メモを作っていく、
それを使って原稿書いていくという感じで
お願いします。2月ぐらいで終えて
今年の前半には出してもらいますので、
さっさとやりましょう。

あと研究科のHPにあるものもいれて
http://www.arsvi.com/w/hs01.htm
を増補・整理してください。出版社に知らせる
時に必要なので。



みなさま、橋口さんが作っている
http://www.arsvi.com/d/w01.htm
などからリンクされている、テーマによってはたいへん
充実している頁(ファイル)をご覧ください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 13:04
   [mlst-ars-vive 2697] 植村原稿/表記・校正のこと

2月発行の
http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
に掲載される植村原稿
http://www.arsvi.com/2000/0902uk.htm
まずは掲載。

この関係のバイトやっている人もけっこういますし
読んでください。
昨日の韓原稿も含め、気づいたことあったら
お知らせください。



院生の校正を経て、今朝届いたものを青木・立岩がざっと
見ました。十分な完成度のものでした。

こちらでやったのは(他の原稿にも関係なくはなく
原稿書いている人、校正する人にも読んでもらおうということで
こちらにお知らせします)

・植村さんの作っている
植村 要 2007- 「テキストデータ入手可能な本」
http://www.arsvi.com/d/d03.htm
「2007」となっていたものを「2007-」にしました。
HP上の文章(頁)は、ずっと随時更新されていくということで
「-」をつけるということで
(2006年から2007年の連載の場合は 「2006-2007」)

・新聞の扱い きまりはないようなものなのですが
今回は『朝新聞』などと『』で括り、見出しについては
「」で括りました。

・『コア・エシックス 4』→『コア・エシックス』4
・第3者→第三者

あと文献表示、注の表記の方式を、こちらで慣れている
ようにしときました。最終的にどうするにせよ
統一性があった方がよい、目立つようにした方がよい
といった理由によります。今後、おおむね、このあたり
統一してやっていくというようにするかどうか、考えてみます。



今回の冊子、一般書籍の半分ぐらいの量にはなっています。
なにか工夫して、年内に市販される本にできないか、考えてみます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 13:18
   [mlst-ars-vive 2698] 雑誌/冊子/セン後藤本(→小林様)

雑誌原稿、1月6日すべて入稿ということで
座談会原稿なおし、よろしく(→関係教員様)。
私、5日は学校で演習ですのでその日は
この種の仕事できません。
よろしくお願いします。

冊子の方も関係院生・教員よろしく。

セン&後藤本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130101102/ryospage03-22
小林さん(中身のある)ファイル作ってください。

http://www.arsvi.com/a/p.htm
http://www.arsvi.com/a/n.htm
等に掲載してもらいますので。

事業推進担当者には(買上→)配布されてよい本*ですので
事務局と連絡とっていただければと→後藤様
(*分担執筆で加わった本をいれるときりがないので、
原則、単著、共著ということで。)

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 14:13
   [mlst-ars-vive 2699] 労働本

小林さん
http://www.arsvi.com/w/kh05.htm
からも返信あり。ありがとうございます。
(HP、橋口さんと同様、自分で、整理増補してください→小林様)

私の方では

・労働の義務を言わない論もあり、その気持ちはわかるが
・しかし労働の義務はある
・しかしいまなされていること、ワークフェア…は、変

といった話をする。さっきの橋口さんと、いう本を1)とすると
2)普通の本の体裁でいま230頁分ぐらいあります。
(ただそこには有償/無償という話もはいっていて
取り外して、別にして、もっと減らすこともできます)
cf.
http://www.arsvi.com/ts2000/2007016.htm
(の前半)

→ということで、たくさん書いてもらうことできます。
概説的な性格、議論・文献の紹介・検討といった要素が必要です。

http://www.arsvi.com/d/w0104.htm
たんなるミスなどなおしてもらって、増補などよろしく。

&日本での就労支援、労働政策のことなどあってよいとすると
ここにも橋口さん登場ありだろうと。



3)さらに残った部分(技術・人口・生産・消費…)があり
さらに4)家事、性分業の話は別になります。4)の話にはいつ
戻れるのかめどが立っていませんが、そのうち戻り
これには村上(潔)さんが加わってもらえたらと思ってます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/03 14:46
   [mlst-ars-vive 2700] 0105立岩(→特に予備論文院生様)

矢継ぎ早に失礼します。年末、阿部さんから
以下、知らせあったように、5日予備演習3他します。
他に希望者あったらどうぞ。

&受験希望者との面談がはいります。立岩

――以下――

公共2年、阿部あかねです。
予備演習3(2回目)を1月5日(月)に、
書庫部屋で、ということにしたいと思います。
10時スタートで各1時間弱くらい。
順番は、ひぎょんさん→櫻井(悟)さん→西條さん→陳さん→阿部が基本


 
 

◆◆2009/01/03 20:49
   [mlst-ars-vive 2701] アフィリエイト報告/本/HP

以下、アフリカ日本協議会のMLに出したメールです。

――以下――

謹賀新年

月次報告は斉藤さんしてくれてますが(してくれると思いますか)

ひさしぶりにアマゾンの分ざっと集計
http://www.arsvi.com/b/a.htm
http://www.arsvi.com/b/amazon2008.htm

2008年は438,095円になりました。累計約200万。

ありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

月に201点〜500点で紹介料5.5%、501点〜1500点で6.25%です。
2008年は月だいたい300〜点ぐらいの実績でした。
どうせアマゾンで買う場合には、
よろしくお願いいたします。

まずは年100万を目指したいと思います。



『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
好評発売中。印税全額寄付。
アマゾンから
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/490369030X/ryospage03-22
からでも、当方に注文していただいても(買い取った100冊はいま残り30冊程)。





HPのアフリカ関連もよろしくお願いいたします。
http://www.arsvi.com/0i/2.htm

バイオ燃料問題
http://www.arsvi.com/0i/2biofuel.htm
食料・農業問題
http://www.arsvi.com/0i/2-food.htm
はこのところヒット数上位10位内に入っています。

すこしトップも模様替
http://www.arsvi.com/
(アフィリエイトで寄付はだめ、という時期があって(今は?)
「※」にしていたところを「affiliate」にしたりなど。

立岩 真也


 
 

◆◆2009/01/04 11:53
   [mlst-ars-vive 2702] 上野連載おもちの方いれば

上野さん
http://www.arsvi.com/w/uc01.htm
と9日*に対談というのをします
(今月末に出る雑誌に載ります)。

『クォーターリーあっと』という雑誌に
連載されていると思いますが
(2つ3つ送ってもらってはいるはずですが)
もっておりません。(読んだ方がよい気があまり
しなかったこともあり。)
もし「容易に」提供できるという人がいたら
コピーを、私の自宅★あて送っていただければ
ありがたいです
(あるいは明日学校に行くのでその時に)。
お支払いします。

立岩 真也


 
 

◆◆2009/01/04 12:53
   [mlst-ars-vive 2703] 前便関係御礼・出版続

堀田さんがコピーくださるということで
ありがとうございます。

齊藤さんから原稿諾の返信あり
ベーシックインカム関係の試算を村上(慎)さんと
しているということで関連のお願いも
したところ。

立岩


 
 

◆◆2009/01/04 18:17
   [mlst-ars-vive 2704] HP整理(→頁作成者橋口様)

90年代に作りかけてそのままになっていた
屑のようなものをすこし整理しました。
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
にいちぶ。索引(ご利用ください)
http://www.arsvi.com/a/i.htm
もすこし変更・追加。



以下はHP担当者、作成者の方に。
0p 0e にあったファイルを d に移動させました。

0eにある橋口さん作成の1で始まる9つのファイル
をdに移動する作業お願いします
そう急ぐ仕事ではありません。→橋口様

それが終わると、このフォルダはなくてよくなるわけですが
しばらく検索でひっかかるのは続くでしょうから
(いちおうすべて d にあるファイルにジャンプするようには
なっている)数年放置し、その後に削除してしまいます。

このような仕事、またタグを小文字にするといった
必須でない仕事をして、700ほどのファイルが(ほとんどの場合
わずかに)更新されています。
ので、いまあるものをダウンロードするなりして
更新してください。

あとHP担当者様
d に本のファイルがまじってます。理由はわかりませんが。
チェックして整理してくださいませ。

立岩


 
 

◆◆2009/01/04 20:12
   [mlst-ars-vive 2705] 年記載のこと/原稿どうも(→予備論文院生様)

明日の予備演習3、西條さん風邪休み
阿部さんが一番 とのこと。
陳さんからは数日前に3、4章を
あと本日、阿部さん、櫻井(悟)さん、鄭(ひぎょん)さんから
原稿到着どうも。朝参加予定で読んでおきたい
人は本人にリクエストしてください。

年の記載ですが、引用文中はそのままとして
本文では統一した方がよいでしょう。西暦に統一がよいと
思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/06 08:39
   [mlst-ars-vive 2711] 出版続2

> 齊藤さんから原稿諾の返信あり
> ベーシックインカム関係の試算を村上(慎)さんと
> しているということで関連のお願いも
> したところ。
村上(慎)さんからも諾の返事いただきました。
ありがとうごさいました。
さっそく進めてください。必要なら問い合わせして
ください。→村上様
cf.http://www.arsvi.com/ts2000/20080038.htm


 
 

◆◆2009/01/06 08:47
   [mlst-ars-vive 2712] 文献表・文献表示

昨日予備論文作成中の人たちと。
中身としてはなかなかおもしろいものが
できそうです。

文献表、まだという人がいます。これは
土壇場で作り出すとけっこう手間かかって
あせります。早めに作り出すのがよいです。
(原稿書きだす最初から作って増やしていくのが
よいです。)

方式はいくつかありますが、以下は
「ソシオロゴス方式」というもの。
いま検索して「発見」しました。竹中さんが
作ってくださったもの。忘れてました。すみません。
http://www.arsvi.com/b/sl.htm

私はこれを(場合によってすこしくずして)使っています。
これと、私の本なり見ていただければだいたい
わかると思います。

普通は、文献表は著者名のアルファベット順です。

(註をまとめて末尾にもってくる場合)
普通は、注(註)のあとに文献表を置きます。



ここらへんの、まったく基本的なことを
まず「アカデミック・ライティング1」とかでやらんと
ならんのだろうなと思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/06 23:11
   [mlst-ars-vive 2718] 来週(立岩→院生様)

今週は、あとは、9日、会場:東京・立教での研究会で
関東地方のみなさんと話するということで。

来週について希望を募ります。かなり〜とても
心配な人々がいます。

ついでに。テキスト化されている本のリストとか
あるのでしょうか?
来年度入学するかもしれない視覚系の人がさらに
増えるかもしれません。

立岩


 
 

◆◆2009/01/07 07:49
   [mlst-ars-vive 2721] 1月の催について

1月もいろいろあります。
http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm

25日の企画案内をそろそろ、と書こうと思ったら
それはすでに掲載されていて、けっこう
http://www.arsvi.com/2000/0901.htm#25
なのですが、中倉HP主任からの指示にもありましたように
COE関係の企画については1イベント1頁(ファイル)
ということで&せっかく写真いりのポスターもできているので
その写真など使ってきれいめの案内にしていただければと。
cf.
過去の写真入り企画案内としては
http://www.arsvi.com/a/20081023.htm

あと、他の催しについても適宜案内お願いします。
他のMLなどでの宣言も多くの場合に可能・歓迎です。

また既に終わった催についても、写真を掲載する、報告を載せるなど
よろしく。

あと
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
の整理よろしく→HP様



ついですが(前にも書きましたが)メール中に
http://www.arsvi.com/2000/0901.htm#25
などと書いてあって、そこに飛ぼうとすると
http://www.arsvi.com/2000/0901.htm#25
でなく
http://www.arsvi.com/2000/0901.htm
のトップに行ってしまいます。これは私だけに起こっている
現象なのでしょうか?
他でも起こりうるとすると、それは、(こちら側の企画の場合)
1企画1ファイルにする
一つの理由でもあります。

立岩


 
 

◆◆2009/01/07 10:41
   [mlst-ars-vive 2724] 御礼→植村様(Re: [mlst-ars-vive 2722] Re: 来週(立岩→院生様)

植村さん早速ありがとうございます。
入学を検討している人に早速伝えます。

cf.
http://www.arsvi.com/d/c07.htm

立岩


 
 

◆◆2009/01/07 10:49
   [mlst-ars-vive 2725] 『京都新聞』連載「先端医療 届く時」

京都新聞記者の岡本さんより別MLに以下。
この連載では、有吉さん
http://www.arsvi.com/w/ar01.htm
上農さん
http://www.arsvi.com/w/us02.htm
が取材に協力してくださっています。
また本日の杉江さんのことでは、西田さん
http://www.arsvi.com/w/nm12.htm
他、多数が関わりあり、今度でるはずの雑誌にも
論文が掲載されます。立岩

――以下――

弊紙の朝刊1面で連載中の「命ときめく日に」第2部
「先端医療 届く時」で本日、
杉江さんの事例を取り上げています。

元旦からの連載では
1)iPs細胞/脊髄損傷 治療期待と障害受容
2)ブレイン・マシン・インターフェイス/脳波スイッチで漫才
3)希少難病/新薬開発コスト
4)人工透析/京都での患者選別の歴史
5)人工呼吸器/ALS
と掲載してます。
あす以降、手話文化/人工内耳など掲載予定です

紙面はホームページ
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syakai/inochi/index.html
で、追い追い更新予定です


 
 

◆◆2009/01/07 11:18
   [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金

今みたら、9日必着ということで、今日は7日ですが
いかがなってますでしょう?

他の助成のこともよろしくおねがいします。

立岩

----- Original Message -----
From: "立岩真也"
To:
Sent: Thursday, December 18, 2008 12:27 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金


>> http://www.jfc.or.jp/
> ↓
> http://www.mitsubishi-zaidan.jp/
> 社会福祉の方で。
>
> 堀田さん
> http://www.arsvi.com/w/hy03.htm
> 案では
> 「進行性難病患者の退院移行支援と在宅療養生活
> 支援に伴う諸課題に関する調査研究」
>
> を、もっと短くしたようなものになろうかと。
>
> こういうテーマではalsentanというMLがあります。
> さっきの堀田さんのメールが1096通目でした。
> 来年4月入学予定の伊藤さんなんかも入って
> ます。希望者はどうぞ(誰が管理人なのか
> わかっていません)*。
>
> *MLを紹介する頁をHPに作るという話も
> ありましたね…。
>
> ほかの(多くもっと額の少ない)助成にも
> 同様のもので出すことできると思います。
> あったら教えてください。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/01/07 11:31
   [mlst-ars-vive 2727] 三菱続(Re: [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金

9日必着で、郵送のみとありますが、たぶん
じかにもって行っても許されると思います。
その日、たまたま私、京都から東京へ行きますので
飛脚になること可能です。立岩

>> http://www.mitsubishi-zaidan.jp/


 
 

◆◆2009/01/07 17:41
   [mlst-ars-vive 2729] 三菱進行中(Re: [mlst-ars-vive 2727] 三菱続(Re: [mlst-ars-vive 2726] 三菱?(Re: [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金

堀田さんから案もらったり、進行中。
かなりあっさりした書類なので、そう手間はかからないと
思います。
>>> http://www.mitsubishi-zaidan.jp/

(私この財団、たしか院・5〜6年(後期3〜4年)ぐらいの時に
(自分の名+で)出して落ちました。まあ落ちますわね。
どんな助成の場合にはどんな陣容で臨むかということを
考える必要があります。)

立岩


 
 

◆◆2009/01/07 19:07
   [mlst-ars-vive 2730] 19日応募必着の助成(→院生様)

私の仕事ではないようにも思いますが、ものは
ついでということで。

http://www.jfc.or.jp/

http://www.gushinkai.com/
院生個人の研究
への助成もあるみたいで。推薦書が必要で
19日必着ですからそう時間はありません。
なんとなく、しぶい、地道な研究の方がよいような
気がします。

なお上記のセンターのHPだと、三菱の締切
は19日で、ラッキーと思いかけましたが、
やはり9日のようです。


 
 

◆◆2009/01/07 20:01
   [mlst-ars-vive 2731] 0130消印有効の助成(→院生様)

さらについでに。

http://www.jfc.or.jp/

http://www.fujixerox.co.jp/company/social/fellow.html

助成の対象分野は人文・社会科学とし、且つ、
アジア・大洋州諸国・地域を研究テーマとする個人研究
[…]
アジア: 西はトルコ(ボスポラス海峡)まで、(エジプトはアフリカ)
北はモンゴールまで、旧ソ連邦の中央アジア諸国を含む。
大洋州: オーストラリア、ニュージーランド、その他のオセアニア島嶼国



私はこの会社のあまり広報誌とは思えない広報誌に
幾度か原稿書かせていただいたり、対談させてもらったりしてますが、
上記とはなんも関係ないと思います。
ただその広報誌はよい広報誌です。
http://www.fujixerox.co.jp/company/fxbooks/graphication/index.html

立岩


 
 

◆◆2009/01/08 10:26
   [mlst-ars-vive 2737] 0128臨床コミュニケーションとしての医療通訳

阪大の池田さん
http://www.arsvi.com/w/im02.htm
より以下。飯田さんは
4月にこちらに3年次入学予定。
よろしかったら(自己)紹介などよろしく。

立岩

――以下――

大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)
臨床カフェ
―handai orange-shop cafe―
臨床コミュニケーションとしての医療通訳
話題提供:
 飯田奈美子(多言語コミュニティ通訳ネットワークmcinet代表)
 村松 紀子(医療通訳研究会MEDINT代表)
 日時:2009年1月28日 18時30分〜
20時30分
 場所:大阪大学(豊中)基礎工学部J棟1階オレンジショップ
■とき:2009年1月28日(水)18時30
分〜20時30分
■ところ:大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
(CSCD)オレンジショップ
■ばしょ:〒560-0043大阪府豊中市待兼山町1-3大阪大学
基礎工学部J棟1階
     アクセス方法は大阪大学豊中キャンパスマップ
     http://www.osaka-u.ac.jp/jp/annai/about/map/toyonaka.html
■てーま:国際化から多文化共生社会へ!この10年間で我が国が
異文化社会とどのようにつきあうのかという議論は大きな変化を迎えつ
つあります。他方で「日本国民」であるなしにかかわらず文化的・民族
的背景が異なる人々への社会・公共サービスの不備が指摘されていま
す。医療通訳という実践はその最前線にあって、さまざまな困難に直面
しながらも、ゆるやかではありますが着実に根を下ろしつつあります。
医療通訳実践は、具体的な問題を解決することを目的とした対人コミュ
ニケーションという意味で、現在CSCDが大学院教育でおこなって
いる「臨床コミュニケーション」教育と深くかかわっています。関西方
面で医療通訳に関わる2人のゲストお招きして、臨床コミュニケーショ
ンとしての医療通訳という実践を反省的にふり返ります。
■そしき:大阪大学CSCD[主催]/GCOEコンフリクトの人
文学研究教育拠点形成(外国人支援研究プロジェクト)
■ひと:池田光穂・西村ユミ(カフェマスター)
■さんか:どなたでも自由に参加できます。
■CSCD問い合わせ:http://www.cscd.osaka-u.ac.jp/inquiry


 

 

◆◆2009/01/08 11:23
   [mlst-ars-vive 2738] 0110健康権の再検討:近年の国際的議論から日本の課題を探る

以下、s-c-med*というMLにいま出しておきました(別便で紹介)。

松田さん、もし
http://www.arsvi.com/w/mr02.htm
補足などありましたら。

あと年末のメールにありました、雑誌のこと、
よろしければこちらの書庫(創思館416)に置かせていただければと
→松田様

私は欠席ですが、井上さん(金沢大学)などによろしく
お伝えください(&年末に、民医連中央病院の院長さんと
話してたおり、松田さんのことがすこし。)→松田様

立岩

――以下――

01月10日(土) 於:立命館大学
健康権の再検討:近年の国際的議論から日本の課題を探る
http://www.arsvi.com/a/20090110.htm

どうぞ。むろん転送など可、歓迎です。

当方のCOEの企画
http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
ではありますが、名前が記載されているもの以外
私は、基本、出ませんので、御用ある方はまた別途
ということですみません。

『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
好評発売中。

立岩 真也


 
 

◆◆2009/01/08 11:35
   [mlst-ars-vive 2739] ML幾つか(お願い含む→院生様)

前々便で情報をここに転送したもとのMLは
また、前便でこちらの企画のお知らせをしたというMLは
s-c-medという
医療社会学、医療人類学…関係の、関西の人が多いMLです。
前便の、阪大のイベント情報もここに出ました。
[mlst-ars-vive 2734] で近藤さんが紹介してくださった
11日の、京大でのマーガレット・ロック氏他出演の企画も
さっき流れてました(こちらの「催」に載せてもらう
手続きしました。)
関係者は入っといてよいと思います。このMLのようにむやみに
数が多くて迷惑ということはないです。

入る手続き忘れました。管理人は佐藤さん
http://www.arsvi.com/w/sj04.htm
だったかな。誰か教えてください。

あと、HP担当者の誰か入ってください。私からメール転送する
手間がはぶけるので。



あと長谷川さんから、
maee(ALS関係)、 QinFriends(所謂医療的ケア関係)のMLに
入りたいのだがというメールもらいました
(対応遅くてすみません→長谷川様)
この入り方も忘れました。川口さんか、御存知の方
教えて(あげて)ください。



他にもいろいろあります。何度か、関連MLについての情報集めた
頁(ファイル)作ったらというメールをここに出しましたが
まだ実現はされていません。

立岩


 
 

◆◆2009/01/08 11:43
   [mlst-ars-vive 2740] 0109りつりつ(Re: [mlst-ars-vive 2714] りつりつ生存学研究会のお知らせ

以下についてちょうど東京にいるという高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
も顔を出すということで(メールどうも→高田さん)

佐藤さん
http://www.arsvi.com/w/sh07.htm
川口さん
http://www.arsvi.com/w/ky03.htm
韓さん
http://www.arsvi.com/w/hs03.htm

そして、4月入学予定の伊藤さんも参加されると
うかがっています(連絡どうも→伊藤さん)

私は、いつうかがえるかちょっと見当がついてませんが
顔出すつもりです。

 *このメール、HPに掲載する場合には、佐藤さんの
 携帯番号、メールアドレス消去を→担当者様

立岩

――以下――


----- Original Message -----
To:
Sent: Tuesday, January 06, 2009 2:00 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2714] りつりつ生存学研究会のお知らせ


> あけましておめでとうございます。
> 本年もよろしくお願いいたします。
>
> 関東方面の立命館大学院生と立教大学院院生で行っている
> 「りつりつ生存学研究会」は
> 1月9日夜7時から
> 立教大学社会学研究科共同研究室
> (立教大学池袋キャンパス
> タッカーホール4階 T403)
> で行います。
>
> 報告者は韓さんと川口さんです。
>
> そのあとは飲み会で情報交換をします。
>
> 東京にいらしている立岩先生も遅れて参加される予定です。
>
> 関東圏にお住まいまたは、ちょうど東京にいらっしゃる立命館大学院関係者の方は、
>
> ぜひご参加ください。


 
 

◆◆2009/01/08 11:53
   [mlst-ars-vive 2741] 0131SPSN田島報告(→HP担当者様も)

以前もお知らせしましたが
http://www.arsvi.com/2000/0901.htm#31b



以下、HP関係者へ

SPSNについて、たとえば
http://www.arsvi.com/o/spsn2008.htm
http://www.arsvi.com/0a/spsn2008.htm
2つあります。/0a/は将来的にはなくす
フォルダです。(昨年いちおう私の方で整理しました。
ミスがたくさん発生しました。)
整理してくださいませ。

あと、メールマガジンは私から櫻井(悟)さんに
転送するのでよかったですよね?
SPSN Newsletter No.75(2009/1/4)
はお送りしていないでよすね&
出席者の名前(所属)のところを削除して掲載という約束に
なっています。→櫻井(悟)様

立岩


 
 

◆◆2009/01/08 13:26
   [mlst-ars-vive 2742] 補足+雑誌の件(→松田様)

[mlst-ars-vive 2738] 0110健康権の再検討:近年の国際的議論から日本の課題を探る

中の
> 松田さん、もし
> http://www.arsvi.com/w/mr02.htm
> 補足などありましたら。

は、10日の催についての補足がありましたら
ということでした(が、松田さんに限らず、皆様の
お仕事のリスト等はつねに求めております)。



年末のこのMLにあったと記憶してます
雑誌、他に申し出なかったのであれば
こちら(創思館・4階・416=書庫)に
置かせていただければと思います→松田様

立岩


 
 

◆◆2009/01/08 21:58
   [mlst-ars-vive 2746] 書類作成時の超小技

ようやく一段落というところで。

研究助成申請等の書類はPDFやら
(すくなくとも私には)
書きにくいファイルに書かせられることが
多いですが、規定の枠の
字数×行数をまず数えて、
ふだん使いのもっと軽く動くソフト
(エディタとか)で書いて貼って
それで仕上げた方が、ただでさえ
ストレス多い書類作成がすこし
楽になるかなと。

あと、一度作ってしまえば使いまわせますから
一度、あきらめて作ってしまうのがよい
と思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/09 07:24
   [mlst-ars-vive 2748] PDFについて質問(→御存知の方)

すみません。文書を作っていて(作ってもらっていて)
PDFのファイルに書き込んで出す
ということになっているのですが、

1)字の大きさが小さくなる。項目の末尾のところで
デリートキーを押すと大きくなるようだが、それ以上のこと
はわからない。

2)明朝とゴシックの切り替えをどうするかわからない。

といった問題があり。今日午前10時ぐらいまでに仕上げないと
まずいのですが、御存知の方あらば
御教示お願いいたします。

立岩


 
 

◆◆2009/01/09 12:51
   [mlst-ars-vive 2751] 御礼→池田(雅)様(Re: [mlst-ars-vive 2750]

池田(雅)さんありがとうございます。
今回のは終了ですが
(結果的にはまずまず見られるものになりました)
おおいに参考にさせていただきます。

池田さんのテーマとも関係するところで
いろいろと進んでいる部分ありますので
また相談いたしましょう。

立岩


 
 

◆◆2009/01/09 21:46
   [mlst-ars-vive 2753] 0114立岩(→院生様)

仲尾さん(夕方から→ということで→仲尾様)、
樋口さん(未確定→いいですか→樋口様)から
リクエストあり。必要ある人連絡ください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/11 09:03
   [mlst-ars-vive 2758] 0116立岩に変更(→院生様)

14日とお知らせしましたが変更させていただきます。

仲尾さんはそういうことで調整済(時間未確定)。

あと西條さんも
http://www.arsvi.com/w/st18.htm

樋口さんは返信まち
http://www.arsvi.com/w/hy12.htm

高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
もこの日でよければ。

立岩


 
 

◆◆2009/01/11 13:37
   [mlst-ars-vive 2764] 功利主義(→関係院生様)

研究会をされるということで

http://www.arsvi.com/d/u03.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0605it.htm

10年ぐらい前から放置してきたものであったりするので
リンクの張り替えなどしていくときりないのですが
とりあえず。あとはいかようにも増補していってください。

上記の本はいささか手ごたえに欠ける本かと
思いますので、関心があるのであれば、それを手始めに
いろいろと見ていくとよいかもしれません。

私の言及している部分もすこし載せましたが
もっと直截に述べるべきなのかしれません。
どうも人々は、読めばわかると思うほどにはわからない
ようでもあるので。



高田さんどうも。では16日。時間のことはまた連絡します。

立岩


 
 

◆◆2009/01/11 14:11
   [mlst-ars-vive 2766] 文献表の配列(Re: [mlst-ars-vive 2765]

あべさんどうも。
HPの文献表の配列ですが
1)著者名(アルファベット)順と
2)発行年順と、
大きく2通りあります。

論文の文献表は1)が標準ですが
HPの場合は、どちらもありえます。
両方掲載するという手もあります。

2)は言説の変遷を押さえていこうといった
場合に有用です。そういう意味で私はこの方法を
わりあい多用してます。例:
http://www.arsvi.com/d/t07.htm
あと新たしい文献を末尾に
つけていくというやり方がとれます。
(そういう用途のために、発行年逆順という
やり方もあるにはあります。)

功利主義のいまある頁は2)になって
ます。どちらもありです。おまかせしますが
そのへんふくめてHP様にお願いしてください。
というか、自分で作る(ようにする)のが一番です。

立岩


 
 

◆◆2009/01/11 16:16
   [mlst-ars-vive 2767] 「内」を検索(Re: [mlst-ars-vive 2766] 文献表の配列

http://www.arsvi.com
「内」を「功利主義」で検索すると
http://www.arsvi.com/b2000/0705ak.htm
等などいろいろ出てきますので(115ファイル)、
そういう情報を参考に、作っていくとよいと思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/11 20:48
   [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き

原稿書き・校正などしながら考え
まえお知らせしたように、まず1冊めについて

小林さんはいってもらうことになるだろう
労働(労働の義務、ワークフェア…)
の話は、2冊目ということにして
(しかし1年はあけない)

税の話
http://www.arsvi.com/ts2000/20080038.htm
で私が6回分、字数(慣れない単位なのですが)で
10万字ぐらい。この仕事はこの4月には終わっている。

学振申請のことも考えるとそのころには原稿はできていて
出る具体的な予定が立っていた方がよい。

ということで、これから1月(30日)内、どんなに長くても2か月で

橋口さん、格差・貧乏話のレビュー+α
(労働・失業・労働運動…もよいです。)
http://www.arsvi.com/w/hs01.htm

村上(慎)さん、歳入・歳出に関する試算(+α)
http://www.arsvi.com/w/ms09.htm

齊藤さん
http://www.arsvi.com/w/st13.htm
たとえば
http://www.arsvi.com/2000/0804st.pdf
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03m.htm
(いずれもいまみました)などを使って、書き足してみるとか。

あわせて10万字ぐらいになると、足して20万字ぐらいで
本1冊になります。もっと多くてもよいです。
やってみてください。話す必要あれは話します。

出版社には1週間以内に話をしようと思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/12 10:26
   [mlst-ars-vive 2774] Re: [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き

⇒ 元記事:http://d.hatena.ne.jp/arg/20090102/1230875304
京都府立総合資料館、在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開(2008-10-22)、
引揚者住宅関係資料を公開(2008-12-02)


京都府立総合資料館が在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開した(2008-10-22)。
また、引揚者住宅関係資料を公開している(2008-12-02)。

・在日朝鮮人帰還事業関係資料【PDF】
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/resources/g-sinki1.pdf
・引揚者住宅関係資料【PDF】
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/resources/g-sinki2.pdf
・京都府立総合資料館
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/


 
 

◆◆2009/01/12 10:28
   [mlst-ars-vive 2775] 京都府立総合資料館、在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開他

*前便誤送信。もうしわけありません。

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090102/1230875304
に以下 立岩

――以下――

京都府立総合資料館、在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開(2008-10-22)、
引揚者住宅関係資料を公開(2008-12-02)

京都府立総合資料館が在日朝鮮人帰還事業関係資料を公開した(2008-10-22)。
また、引揚者住宅関係資料を公開している(2008-12-02)。

・在日朝鮮人帰還事業関係資料【PDF】
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/resources/g-sinki1.pdf
・引揚者住宅関係資料【PDF】
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/resources/g-sinki2.pdf
・京都府立総合資料館
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/


 
 

◆◆2009/01/12 10:29
   [mlst-ars-vive 2776] 東京大学社会科学研究所、生涯成長型雇用システムプロジェクトを公開

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090102/1230875303
より以下 立岩

――以下――

東京大学社会科学研究所、生涯成長型雇用システムプロジェクトを公開
 (2008-10-28)

東京大学社会科学研究所が近未来の課題解決を目指した実証的社会科学研究推
進事業「生涯成長型雇用システムプロジェクト」を公開した(2008-10-28)。

・近未来の課題解決を目指した実証的社会科学研究推進事業
「生涯成長型雇用システムプロジェクト」
http://das.iss.u-tokyo.ac.jp/future/index.htm
・「生涯成長型雇用システムプロジェクトHP開設」
(社研ニュース、2008-10-28)
http://issnews.iss.u-tokyo.ac.jp/index.php?e=755
・東京大学社会科学研究所
http://jww.iss.u-tokyo.ac.jp/


 
 

◆◆2009/01/12 11:02
   [mlst-ars-vive 2777] 0220/0228締切研究助成

事務局からいただいた情報より

http://www.mishima-kaiun.or.jp/index.html

http://www.mishima-kaiun.or.jp/entry/entry.html

0220必着の、奨学金は自然科学系だけのようで、ここでは山本(晋)さんぐらい?

0228必着の、研究助成は、研究対象としてアジア、国籍問わず、
(後期)院生、…といったかんじのもの。70万ぐらい。
業績書く欄もあります。採択率は高くないよう。

立岩


 
 

◆◆2009/01/13 16:39
   [mlst-ars-vive 2782] 続き他(Re: [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き

Sent: Sunday, January 11, 2009 8:47 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2769] 本企画の続き

に記した件、昨日出版社の同意とれました。
ということで、執筆予定者のみなさんよろしく。

1)学振の申請書類への(発刊予定の論文の)記載についての
条件教えてください。あと書類出すのいつでしたっけ?

2)0606土/0607日、福祉社会学会大会あるはず(名古屋)。
この時には売ります。関連企画も企画するかも。

私の分
> 税の話
> http://www.arsvi.com/ts2000/20080038.htm
> で私が6回分、字数(慣れない単位なのですが)で
> 10万字ぐらい。この仕事はこの4月には終わっている。
2月号は、対談*がはいるので、一回休みということに。
ただ、8割ぐらいできている原稿はあり。それを含めてあと
3回。3、4、5月号ということに。そのうち関係者には送ります。

 *自立支援法におけるヘルパーの時給についての
  別のMLでの問い合わせへの川口さん・各務さんの情報提供
  ありがとうございました。



16日の時間のこと、本日中にはこのMLに知らせるつもりです。

立岩


 
 

◆◆2009/01/13 18:25
   [mlst-ars-vive 2784] 0116立岩時間(→院生様)(Re: [mlst-ars-vive 2758] 0116立岩に変更(→院生様)

> 仲尾さんはそういうことで調整済(時間未確定)。
→17時

> あと西條さんも
> http://www.arsvi.com/w/st18.htm
→15時半

> 樋口さんは返信まち
> http://www.arsvi.com/w/hy12.htm
→13時

> 高田さん
> http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
→13時半

だいたいこんな感じで。仲尾さん以外、変更・入れ替え
(私の方では)いくらでも可能。適宜、相互で調整するなど
していただいても。
この日、もうぎりぎりになっているはずの人も含め
対応します。連絡ください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/13 23:07
   [mlst-ars-vive 2785] 0116立岩時間追加(→院生様)

>> 仲尾さん
> →17時

>> 西條さん
>> http://www.arsvi.com/w/st18.htm
> →11時

>> 樋口さん
>> http://www.arsvi.com/w/hy12.htm
> →13時

>> 高田さん
>> http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
> →13時半

田中さん
http://www.arsvi.com/w/tk11.htm
15時半

今のところそんなところですが、連絡ください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/14 09:22
   [mlst-ars-vive 2787] 25日READの方来訪他(→院生様)

以下お知らせした件ですが
臼井さんと瀬山さんが
26日から3日間、書庫(416)の資料を閲覧
しにいらっゃいます。たぶん1日中資料室に
いらっしゃるはず。みなさんよろしく。

で、25日、14時からの催*
http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
の前に、瀬山さん
http://www.arsvi.com/w/sn04.htm
とすこし打合せのようなことを(この日は臼井さんはみえません)。
13時頃。

ここ数十年の、障害者の就労、所得保障に関する
動きを調べたいということだそうです。
関心ある人はどうぞ。



*ですが、もちょっと派手な広告を予想してましたがこれでよい?
よければ、別のMLなどで広報します。→吉野様

立岩

――以下――

Sent: Sunday, December 21, 2008 10:12 AM
Subject: [mlst-ars-vive 2631] READのHP


> HP発見
> http://www.read-tu.jp/index/
> 科研費の一種?の、
> 学術創成という、もうなくなったと聞く
> 研究費受けているもので、
> 予算規模的にはここのCOEの2.5倍ぐらい。
> 成果については?ですが雇用対策としては
> 機能している、といったところか。
>
> 実質これをきりもりしているのは
> http://www.arsvi.com/w/no01.htm
> さん。
>
> 臼井さんと瀬山さんがこんどこちらの
> 書庫に、年末・年始に調べものに
> いらっしゃることになってもいます。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/01/14 21:03
   [mlst-ars-vive 2794] 0116立岩時間追加2(→院生様)

>>> 仲尾さん
>> →17時
>
>>> 西條さん
>>> http://www.arsvi.com/w/st18.htm
>> →11時
>
>>> 樋口さん
>>> http://www.arsvi.com/w/hy12.htm
>> →13時
>
>>> 高田さん
>>> http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
>> →13時半
>
> 田中さん
> http://www.arsvi.com/w/tk11.htm
> 15時半

松枝さん
http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
15時

ということで。まだ可能ですし、別の日も設定できます。
連絡ください。

すこし時間に余裕をもって来ていただくとよいかも
しれません。あとつねに、出入りいつでも自由で
参加歓迎です。場所は創思館416(書庫)です。

立岩


 
 

◆◆2009/01/14 21:34
   [mlst-ars-vive 2795] 続々報:0120東大『ニーズ…』書評セッション

> 以下お知らせした催し、企画ほぼ固まりました。
> http://www.arsvi.com/a/20090120.htm
>
> COE2つ+東大ジェンダーコロキアム、以上3つの共催というかたちに
> なります。東京ですが、一般参加可能、告知歓迎です。
>
> 立岩
>
> ----- Original Message -----
> Sent: Saturday, December 27, 2008 9:11 AM
> Subject: [mlst-ars-vive 2667] 0120東大『ニーズ…』書評セッション


 
 

◆◆2009/01/15 08:54
   [mlst-ars-vive 2799] 0125ナルシストランス宣言

http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
の宣伝頁、いっきにはなやかになりました。

この企画、私コーディネーターとなっていますが
私もなにもしておらず、なにか考えたわけでもなく、吉野(ヨシノ)
http://www.arsvi.com/w/yy03.htm
企画、吉野+事務局のみなさん:準備全般、
+藤谷
http://www.arsvi.com/w/fy05.htm
ちょっとアシスト、というかんじのものです。

質問ある人はそちらへ。あるいは当日どうぞ。立岩


 
 

◆◆2009/01/15 10:39
   [mlst-ars-vive 2804] HPできるようになってください(→院生様)

中倉さんありがとうございます。

みなさん自分でできるようになるのが
結局らくです。基本はとても簡単です。

こないだ中倉さんと櫻井(悟)さんとも
話していたのですが、ほんとは櫻井さんが
HPにあげているサンプルをまねすれば
即座にそのまま出きてしまうのです。ただ
その一番最初のところが、とっつきにくい
みたいで、櫻井さんたちがいくら
サンプルやその説明を工夫しても限界がある
みたいで、そこは「じかに」やるしかないのだろうなと。

来年度から、ディジタル・デザイン1で
いま中倉さんたちがやってくださっていることと
同じようなことをやってもらって、2単位を
とってもらうようになりますが、やってる
ことはまったくつながっていること
同じことなんで、今のうちにどうぞ。

立岩


 
 

◆◆2009/01/15 19:12
   [mlst-ars-vive 2809] 御礼→橋口様他/0116立岩追加3(→院生様)

橋口さんどうも。無理なく可能な部分については
本・雑誌、その時期から逆算してやっていくことに。



明日、以下に加え、朝、三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm

それから、10時、冊子
http://www.arsvi.com/b2000/0902as.htm
の関係で、障害学生支援室の方と打合せ

18時から雑誌のことで打合せ(たぶん414)。

京都新聞記者のOさんも以上以下のあいまに。
ちなみに
http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
について、明日午前、Oさんヨシノさんに取材
だそうです。紹介の記事でるものと思われます。

>>>> 仲尾さん
>>> →17時
>>
>>>> 西條さん
>>>> http://www.arsvi.com/w/st18.htm
>>> →11時
>>
>>>> 樋口さん
>>>> http://www.arsvi.com/w/hy12.htm
>>> →13時
>>
>>>> 高田さん
>>>> http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
>>> →13時半
>>
>> 田中さん
>> http://www.arsvi.com/w/tk11.htm
>> 15時半
>
> 松枝さん
> http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
> 15時
>
> ということで。まだ可能ですし、別の日も設定できます。
> 連絡ください。
>
> すこし時間に余裕をもって来ていただくとよいかも
> しれません。あとつねに、出入りいつでも自由で
> 参加歓迎です。場所は創思館416(書庫)です。
>
> 立岩


 
 

◆◆2009/01/15 19:19
   [mlst-ars-vive 2810] ベーシックインカム関連

1年半も前のシンポジウム(本拠点共催)の記録を
雑誌に掲載するということで、今日が校正の締切で
司会のようなことをやった私の発言部分のみ掲載
http://www.arsvi.com/ts2000/20090051.htm

報告者としてしゃべったわけではないのでなにか
中身のあることがあるわけではないですがいちおう。
雑誌出たら買ってください。

小林さん、関連イベント情報ありがとうございました。

立岩


 
 

◆◆2009/01/16 08:43
   [mlst-ars-vive 2819] PC不調(立岩)

最近なおしたばかりだというのに
またおかしくなってしまい(というか全然動かん)。
そういうわけで
本日はメールでの連絡とれないか
とりにくいです。もっと早く学校に行くつもりでしたが
修理窓口に電話してから出るので
10時ぐらいになるかもしれません。
すいません。それから昨夜遅く以後
メールくれた人以外のアドレスわかりません。
立岩


 
 

◆◆2009/01/16 09:41
   [mlst-ars-vive 2821] →書庫にいる人(立岩)

10時に障害学生支援室の冨田さんに
お会いする予定ですが、PCのことで
すこしおくれそうです。そのこと
お伝えください。今から出るのでそう
遅くはならないと思いますが。立岩


 
 

◆◆2009/01/16 16:54
   [mlst-ars-vive 2822] →藤原様・三野様

すみません。お願いしたいことあり。
しかし昨日来のことあり
メールアドレスがわからなくなっています。
おふたかたお手数ですがお知らせください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/18 10:07
   [mlst-ars-vive 2831] お金のこと・院生プロジェクト(→院生様)

COEのお金はほぼなくなっています。
(当初、COEから執行予定だったものについて
別の資金から400ぐらい出すのでなんとか
ですが、でないと、どうなってたかしらという
かんじです。)
ただ、RAへの支払い分他、執行予定の
分は確保します。

ですので、院生プロジェクト
http://www.arsvi.com/a/w.htm
「無理に」予算を「消化」することはまったくありません。
研究をしてもらえばよいのであって、お金を
使ってくださいということではありませんので。
倉田さん
http://www.arsvi.com/w/km16.htm
からはその関係で、予算執行にかかわる連絡
いだたきました。ありがとうございます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/18 12:34
   [mlst-ars-vive 2834] ゲストのこと

各種企画でゲストとしてお呼びする方々について

1)今度でる小泉編集長雑誌(他)を、できたらお送りする
ようにしたいと思います。
 事務局とのやりとりもありますので、その中で
事務局に情報が集約されているかとは思いますが、
自宅であれ勤務先であれ、送付先、メールアドレスなどを
控えていただきたいというのが一つ。近く事務局スタッフに
集積・整理の仕事をしていただきます。その過程でみなさんに
問い合わせあると思いますが、そのときはよろしく。
 さっきすこしリストを作り始めてみましたが、すぐ50とかは
超えます。みなさんが選んだ方々ですから、我々の「成果」
をお届けすることは効果的であろうと思います。

2)その代わり、というと「なんですが」、謝礼は、たいがいは
ゲストの方にはもうしわけありませんが、低めの方で*。事務局
の方から、「だいたい○から○までありますが、どうします」
といった相談を私も受けることがありますが、そういう場合に
少ない方で、できれば、ということです。その代わりに、
こちらの成果物はまめにお送りし、関係を継続していこう
というような狙い、です。
 *来年度以降、財政が好転した場合にはその限りではありません。

 櫻井(浩)さんお知らせありがとうございました。

立岩


 
 

◆◆2009/01/18 22:40
   [mlst-ars-vive 2836] 0119立岩(→院生様)

約束したか、な、という気もしないでも
ないのですが、そういう流れになって
るようですので、明日・19日月曜・10時からだという
第一回「障害者の生活・教育支援研究会」
に顔出します。於:416。

というのも、そのあと佐藤(浩)さん
http://www.arsvi.com/w/sh07.htm
から研究計画の相談をという連絡あったので。
はいそういうことで。→佐藤様

他にも用ある人いたらば。



ちなみに私、20日、教授会のある日
(したがって普通は学校に行く日)
http://www.arsvi.com/a/20090120.htm
で、東京です。

立岩


 
 

◆◆2009/01/19 23:54
   [mlst-ars-vive 2841] 「成」(業績)のこと(→皆様)他

岡田さん
http://www.arsvi.com/w/ok11.htm

今年の分、作成開始
http://www.arsvi.com/a/p.htm


2008年
http://www.arsvi.com/a/p2008.htm
について、松田さん
http://www.arsvi.com/w/mr02.htm
韓さん
http://www.arsvi.com/w/hs03.htm
から情報いだたき、岡田さんが増補。

松田さん、韓さん、岡田さんありがとうございました。
みなさまよろしくお願いします。
2007年の数に2008年の数が近づきつつありますが
(しかし刊行予定分については未処理)
「右肩上がり」を示す必要があるというもので
ございますので、みなさま
情報提供、よろしくお願いいたします。

立岩


 
 

◆◆2009/01/20 19:54
   [mlst-ars-vive 2847] 0127立岩(→院生様)

1月27日火曜
1300仲口
http://www.arsvi.com/w/nm09.htm
1630〜会議
というところまでとりあえずきまり。
他に必要な人知らせてください。
演習*、でなければ面談。

 *他の人もどうぞということで個々の人の
  URLを(あれば)記すようにしてます。
  そういう効能もありますのでみなさん作成・増補
  よろしく。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 00:11
   [mlst-ars-vive 2856] →院生様

1)片山さん、
http://www.arsvi.com/w/kt24.htm
アドレス教えてください。
一昨日、東京での催しの後の飲み会で
連絡したいという人がいたので。

2)(ひとのことは言えませんが)論文の
誤字脱字なくしてください。あるなしで与える印象他
だいぶちがいます。教育力強化予算で
やってくれる人がたくさんいます。ぜひ他人の目
で見てもらってください。

3)27日、演習・面談参加者募集継続中。

4)アフリカのHIV・エイズ関連の冊子か本か刊行するつもりです。

5)予備論文提出予定のはずの人で、連絡ない人います。
いかがでしょう。

6)博士論文についても、しばらくない人います。ほっときますが
結果については、私のあずかりしらぬところです。

7)日曜の企画について、再度案内(+あるふぁ)お願いします。
「せっかく」ですので盛会の方がよいでしょう。

8)その日曜の企画の前に、瀬山さん
http://www.arsvi.com/w/sn04.htm
と打ち合わせすること、以前お知らせしました。興味ある人どうぞ。
東大READといっしょになにか刊行することを考えています。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 00:17
   [mlst-ars-vive 2858] →院生様・2

書くつもりで忘れてたこと。

9)村上(潔)さん
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm
どうも。イーノのこと、こちらのMLにもどうぞ。

10)永田さん
http://www.arsvi.com/w/na01.htm
どうも。お知らせいただいたときには私はもう
学校にいませんでした。&その後、市内の別の大学に。

11)私のPCの修理が終わるのは23日だそうです。到着は
翌日以降になります。それまでご不便かけます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 09:51
   [mlst-ars-vive 2864] コーネル他(おつかいのおねがい)

Drucilla Cornell 2000 Just Cause: Freedom, Identity, and Rights
Rowman & Littlefield
=20020720 仲正昌樹監訳,『正義の根源』,御茶の水書房,328p. 3200

の「英語本」もってる方いらっしゃいませんか?
(いないような気がするので)図書館で借りてくださる方いれば。

COE報告書(冊子)の関係で急ぎ必要でして。
(日本語訳を引用したその原文を掲載する必要がありまして。)



その他、もう一つ、それは(それも)ほんとの「おつかい」
仕事なのですが(生協)、本日、学内ですこし動いてくれださるという方
いたら、私にメールをくださいませ。
(本日東京で学校いけず。)

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 10:27
   [mlst-ars-vive 2871] 「世界の障害者と権利保障」をもてる非常勤講師

を京都(〜関西)で思いつく方
いらっしゃいませんか。自薦他薦とわず。
講義科目は件名のごとくですが
内容的にはより幅のあるもの/より限定的なもの
もありとのこと。PD〜。ずばりという方を思いつかず。
急ぎです。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 10:57
   [mlst-ars-vive 2872] 御礼/→山本(晋)様

Subject: [mlst-ars-vive 2871] 「世界の障害者と権利保障」をもてる非常勤講師
について、連絡あり。ありがとうございました。
私のほうでも考えていた方でした。



山本(晋)さん
http://www.arsvi.com/w/ys10.htm
連絡ください。PC事情でアドレスわからず、すみません。



坂本さんもありがとうございます(用件については私信で連絡しました)。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 13:23
   [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係

いま東京でその関係の研究会中なのですが
まえからすこし気になっていた細かいことで

1)本を裁断して、オートフィーダーにかけて
スキャンするのと

2)本をコピーして、同様にスキャンするのと

1)は石川氏(この会場に来てます)
http://www.arsvi.com/w/ij01.htm
らが使っている方法で
本研究科では2)でやっていると
理解しています。
(いま富山大学の伊藤(聡)氏が
話してますが、両方ありますという説明です)

どちらがコストがかからないのだろうと。
(明らかな違いは1)についてはもう1冊本を購入する必要があること
しかし、時間は2)に比べてかからないだろう…。)
この関係の仕事をしている人にはとにかく
記録をとってくださいとお願いしていますが
わかる範囲のことをお知らせください。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 19:11
   [mlst-ars-vive 2878] 御礼2つ他(Re: [mlst-ars-vive 2875] Re: [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係

篠木さんありがとうございました。

> スキャニングに差がでるかもしれません

> 時間については、裁断の手間と、スキャニング時に片面(コピー)と両面(裁断)で速度に差が> あるかないか、裁断スキャンとコピースキャンで認識の正確さはどれくらい
> 差がつくのか

はい。人件費安めにするとコピーしての方が安いという
かんじはしますが、なんか省ける仕事だよなという感じと
上記の、「質」のことが気になります。水平度の度合いとかが
もし認識率に関係するなら、裁断してその紙をそのまま使った方がよいのかも。

たいへん細かいことですが、こんなことをしなくても
よくなるまでは必要な情報ではありますのでよろしく。
半年内に一つ、なにか文章にできればと。



片山さんもありがとうございました。(同報いたしましたが)
問い合わせくれた人に知らせました。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 21:00
   [mlst-ars-vive 2880] 御礼+(Re: [mlst-ars-vive 2879] RE: [mlst-ars-vive 2875] Re: [mlst-ars-vive 2874] 本のテキスト化関係

伊藤(実)さん、詳細な報告ありがとうございました。

今日もいっしょだったのですが、石川さん
http://www.arsvi.com/w/ij01.htm
がこういうことを始めた人でもあると思うので、彼への
聞き取りなんもいれるというやり方もあるでしょうし
たしかにこまかなことではありますが、近いうちに
論文化できるとよかろうと。



あと著作権法が(望ましい方向に)近く
変わるだろうという情報も得ました。障害者の権利条約
も影響しているとのことです。
その方面(も)明るくないのでよう私にはわからないのですが
これから状況が変わっていくかもしれません。
研究すべきことがいろいろとあると思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/23 21:12
   [mlst-ars-vive 2881] 労働・所得保障を巡る社会運動

2856で再度お知らせしましたが

>8)その日曜の企画の前に、瀬山さん
>http://www.arsvi.com/w/sn04.htm
>と打ち合わせすること、以前お知らせしました。興味ある人どうぞ。
>東大READといっしょになにか刊行することを考えています。

25日、12時半、416でということに。労働、所得保障にかかわる
運動・言説を集めてまとめる意義が、いちおうあると思っています。
PDあるいは院生に編者・筆者になってもらってなにか
とも思っています。

20日の東大の催し(の後の飲み会)のおり、
共同連
http://www.arsvi.com/o/kdr.htm
で(今年)修士論文を書いたという上野ゼミの院生がいて
ほお、と思いました。
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004020.htm
ここにでてくる院生は別の研究の方に移っていったのですが…。

立岩


 
 

◆◆2009/01/24 00:40
   [mlst-ars-vive 2885] 0125関係

http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
http://www.geocities.jp/rits_queer/
関係で

http://rupan4th.sugoihp.com/

トランてぃっく事象

るぱん考

トランスリブの行方

同じHP内の企画案内は

http://rupan4th.sugoihp.com/

癒されたいBBS

等。立岩


 
 

◆◆2009/01/24 13:17
   [mlst-ars-vive 2886] 0127立岩続(→院生様)/PC退院

Sent: Tuesday, January 20, 2009 7:53 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2847] 0127立岩(→院生様)
> 1月27日火曜
> 1300仲口
> http://www.arsvi.com/w/nm09.htm
> 1630〜会議
> というところまでとりあえずきまり。
> 他に必要な人知らせてください。
> 演習*、でなければ面談。

+村上(潔)さん
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm
+佐藤(量)さん
http://www.arsvi.com/w/sr04.htm
時間未定。またお知らせします。



11時ころPC戻ってきました。
入院中に(別の機械に)届いた900通ほどの
メールを仕分けたりしてます。
このかん、返信遅れたり、
御迷惑おかけしました。

立岩


 
 

◆◆2009/01/24 21:00
   [mlst-ars-vive 2887] 『現代思想』2月号、特集:ケアの未来――介護・労働・市場

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%B1%A5%A2%A4%CE%CC%A4%CD%E8
届きました。(9日にやった対談が載ってる雑誌が24日に着いたというわけで…。)


この研究科に関係する人では
天田/岡野/酒井/立岩/堀田
の文章など載っています。

紹介の文章書いて、本の紹介の連載
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2001000.htm
の次の回に載せてもらうつもりです。

急いで入手するようなものではありません。
とりあえず30ぐらい、書庫あて送ってもらおうかと。
1000円で(著者割引でもすこし赤ですが
きりがよいので)販売予定。

この号に生活書院の広告あり。『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
&雑誌『生存学』の広告が載ってます。
「2008年2月中旬創刊!」となってます。
予価2625円とありますが、実際にはもっと安くなるそうです。

立岩


 
 

◆◆2009/01/24 22:25
   [mlst-ars-vive 2889] 注文しました他(Re: [mlst-ars-vive 2888] Re: [mlst-ars-vive 2881] 労働・所得保障を巡る社会運動(田島)

田島さんどうも。

> その修士論文

いま注文しました。着いたらお知らせします。→田島様



100回ぐらい言ってますが、
1)書かれたことがなく、
2)書こうと思えば(さほどの困難を伴わずに)書けて
3)一定の意義がある
領域・テーマというものがけっこうあるものなのですが、
みなさん、そういう安易な路線をとらず、
わざと困難な道を行こうとするわけで、
まあ各自の勝手ではありますが、どうなんでしょう。
そのあたりの助言をするのが教員の一つの役目かと
思っています。

上記の論文のテーマ
http://www.arsvi.com/o/kdr.htm
は2)の条件は満たしてませんが。



27日、+生田さん
http://www.arsvi.com/w/ia01.htm
暫定10時。

立岩


 
 

◆◆2009/01/25 08:23
   [mlst-ars-vive 2892] 0125本日の企画

実質的な企画担当者がたぶん忙しいと思うので。

本日14時から「ナルシストランス宣言」

> http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
> http://www.geocities.jp/rits_queer/

録音、冊子(報告書)・本の搬入等、準備よろしいでしょうか→関係者様

終わったらどこへ(受験希望者がヨシノさんや私と話をしたい
といったメールが来ていて)?→関係者様



本日、他にもいくつか企画あるようです*。

*重複は仕方ないことととはいえ、少ない方がよかろうと。
そのためにも、日取りが決まった段階での告知を
お願いします。

私は午前から、打合せ2つ等はさみ、書庫にいます。

立岩


 
 

◆◆2009/01/25 19:06
   [mlst-ars-vive 2895] 『精神医療』53特集:自殺と向き合う

1冊届きました。
http://www.hihyosya.co.jp/isbn978-4-8265-0495-9.htmlS

藤原 信行 20090125
「自殺(予防)をめぐる「物語」としての精神医学的知識の普及と自死遺族」
『精神医療』53:78-84

全体のなかで意義のある文章であると思います。

立岩 真也・雨宮処凛・岡崎 伸郎・浅野弘毅(司会) 20090125
「自殺をどうとらえるか」(座談会)
『精神医療』53:78-84

私はたいしたことしゃべってません。

立岩


 
 

◆◆2009/01/26 07:45
   [mlst-ars-vive 2896] 0127立岩続2(→院生様)/本日から臼井さん瀬山さん

1月27日火曜

1000生田
http://www.arsvi.com/w/ia01.htm

1045村上(潔)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

1200佐藤(量)
http://www.arsvi.com/w/sr04.htm

1300仲口
http://www.arsvi.com/w/nm09.htm

1630〜会議

ざっとこんな感じ。時間ずれていく可能性あり。そのときには
ごめんなさい。



お知らせしたように、今日から3日間、瀬山さん・臼井さんが
資料を調べに416にいます。PC、コピー機自由に使用してくださいと
言ってありますのでそういうことでお願いします。
臼井さんは瀬山さんとのあいだで手話、PCでチャット、筆談で
話をします。2人の学会報告として
http://www.arsvi.com/2000/0709uk.htm

立岩


 
 

◆◆2009/01/26 16:37
   [mlst-ars-vive 2901] しばしお待ちを(Re: [mlst-ars-vive 2900] 写真展『身体と性−この曖昧な点と線』撤去,新聞記事になりました。

片岡さんどうも。イダさんどうも。
いま抜けられないことありて、
その後、まずはこちらにメールします。

立岩


 
 

◆◆2009/01/26 19:52
   [mlst-ars-vive 2904] 説明というより私の見解

今日、片岡さん・イダさんからメールいただいた件について

ちかく、HPに私としての見解を掲載しますが、まず以下。

この件については展示初日(19日・月曜)の18時すぎ、外出中に事務方から連絡がはいった。
その夜に、まず少数の関係教員、大学事務方、COE事務局に送ったのが■1。
(その後、別の教員数名に転送)
その全文を引用し、若干の補足を加え、主催側の院生に送ったのが■2。

 *ここでは、この企画の本体としてなされた以学館の展示について述べている。
 *以下は事実経過を説明するものでなく、(COE拠点リーダーとしての+私としての)

   私の立ち位置を説明するものである。

あわてて短時間で書いたものであり、説明不足なところがあり、また私が伝えられた内容
に誤りがある(この時点では具体的な学生側のクレームは寄せられて
いなかった)が、基本的に、私は以下のように考えており、その考えは
今も変わっていない。

@(マイナス評価)を勘案してなおA(プラス)を説明することが求められる。
「問題提起する」「意識を喚起する」という表現では、説明として十分でないと私は考える。
このことについては、25日のシンポジウムにおいても述べ、
どのような(より積極的な)言い方があるのかと質問した。
そして@について考慮すべきは、GIDの身体(裸体に近い身体)、あるいは傷ついた身体
を見せることでは「ない」と私は考えている。
それがある人に不快であったとして、だからその展示はいけないとはならないと考える。

GIDの人に与えられる否定、否定的身体観に対して、別のものを対置する、…@
そのために写真表現を用いること、写真に身体を提示することについて、たとえそれがある人に
不快を与えるとしても(A)、否定するべきではない。しかしその目的によっては十全には
正当化されず、かつ、@について、自ら積極的に見ようとは思わない人がいる場において
提示される表現、この場合には、具体的には「性的表現」についてはその限りでないことが
ありうると考える。
(以下にも書かれるように、その上で私はなお、今回の表現は許容されうると考えているが
それは私の見解であって、そのようには考えない人の判断を理解する。)

 *このように微妙でない場合、表現の提示を妨げる積極的な理由がない場合、
  提示に意義があると判断した場合には、たとえ建物の管理権限がどこにあったとしても
  積極的に主張すべきを主張するだろう。

なお、この点については人の受け取り方はそれぞれ、様々であるという
言い方がなされる。私はそれが事実であることは認めるが、ゆえになんでも許容されるとも、
逆に、不快と思う人が一人でもいたらだめであるとも、考えない。

以上について当然異論はありうる。しかし、今回の件については、説得的な論を私は
聞いていない。
以上については今後説明を足していくつもりであり、また議論していくつもりである。

それはこのCOEにおいてとりくんでよい主題、とりくみたい人がいればおおいに
とりくまれるべき主題でもあると考えている。またその過程、結果を公表していきたい

とも思う。この企画がそのきっかけとなるならよいと思う。

その後、主催側院生は、学生に直接に説明するという機会はなかった
(与えられなかった)が、求めに応じ、写真展示についての文章による説明の紙を
大きくし、多くして、学生の理解が得られるようつとめた。

学校側との折衝は持たれたが、双方の主張は平行線を辿った。
(私は出張中で欠席している。)その際COEの教員は、常識はずれと思われるかも
しれないが、そのことは承知の上で、だからこそ展示することの意義(@)を
るる説明するという態度で臨んだと聞いている。
それに対して、学校・建物側は、基本的にAを繰り返した。
(最初の時点で具体的に苦情を述べた人はいなかったというのが事実であった。
ただこのことはAを主張する場合の決定的な弱点ではないと考える。)

以下の4)の説明が不足している。あらゆることについて施設側が権限をもつとは
考えていない。この件についてはということである。

そのほか様々があったが、23日金曜に写真は撤去された。
このことについて本COEは同意はしていない。

では1週間前のメールを、以下。

■2----- Original Message -----
From: "立岩真也"
Sent: Monday, January 19, 2009 9:07 PM
Subject: Fw: 展示の件

[…主催側院生…]様

[…]

以下には、@とAを勘案し、どちらを優先させるかについての
権限は、結局、建物の管理者にあるということが書いてあります。
COEの立ち位置についても以下に記してあります。

立岩

■1----- Original Message -----

From: "立岩真也"
Sent: Monday, January 19, 2009 8:28 PM
Subject: 展示の件


> […関係教員他…]様
>
> […]までお電話ありがとう
> ございました。また[…]さんからも留守中お電話
> いただいたようで、このメールにて返信させて
> いただきます。私が5時40分に学校を出た直後の
> ことであったようで、ぎりぎりまにあわない
> ということであったようです。
>
> さっき(19時すぎ)帰ってきて、留守中、[…院生…]さんから
> 電話があったとのことで、電話をかけ、
> […院生…]さんと25分話しました。
>
> 1)まず私の予定から。[…]
>
> 2)次に本題。今回の企画の主催はCOEということであります。
> 正確にはCOEの中での院生プロジェクトの企画ですが、
> COEの催にはちがいありません。
> その企画の趣旨について理解し、承認し、それが
> シンポジウム(私も出ます)と写真展示によって構成される
> むねの連絡・説明を受けてもいます。そしてその写真が
> 「性同一性障害」の「身体」にかかわるものであることも説明され
> 理解しております。ただ、その写真を事前に見ることはして
> おりません。数枚、HP掲載
> http://www.arsvi.com/a/20090125.htm
> 等にあたり見たものはありますが。
> (問題は感じませんでした。だからどう、ということはない
> ですが。)
> COEが組織としてかかわるのはここまでであり、あとは
> 個々の研究者・表現者に委ねるべき(委ねるしかない)
> ものであると考えます。
>
> 3)その上で、[院生]と話したのは次のことです。
> 「公共」のスペースでの展示であり、そこにいる人、往来する人
> にたいして不快感を与えることがよくないというのは一般論
> としては認める。そのことは否定しない。
> (私が言い、このことについて、[院生]は同意。)
> そのことを認めたうえで、今回の展示は、
> なお、展示する意義があると考えた上で、展示したものである。
> このことは理解してもらいたい。
> ([院生])
> この展示の趣旨については(誤解されないよう)
> ポスターなどで説明してきたが、このたび、苦情を言ってきたという
> 学生に対しては、その思いをわかっていただけるよう
> 高圧的でなく、誠実に
> いっしょうけんめいご説明したい、話をしたいということです。
> ([院生])
> ということです。ですので、そのような方向で対応していただく
> のがよいと思います。
> 繰り返しになりますが、不快なものを晒すことはよくないという
> ことに同意しつつ、そのすべての場合について、だからだめだと
> いうことにはならないということであろうと。
> @不快に思った方々の不快さと、にもかかわらずというか
> A展示することの意義、展示したいと思った人たちの思いを
> 考量してどうか、ということになるかと思います。
> という意味で、不快であるという当事者がすでにいてしまっている
> わけですから、まずは、双方が互いの考えを言う
> というのがよいだろうと。
>
> (そもそもこの件について、当方に、@とAについて裁定する
> 権限はないと思いますが)@とAとどちらが正しいのか、どちらをとるべき
> なのかは、あらかじめは決まっていないでしょう。
> (私自身の意見としては、この程度の「不快表現」は
> 許容されてよかろうという意見でもあります。)
>
> 4)あとは「施設の管理者」としての決定というのが、おそらく
> あるのだろうと思います。
> それに対して、手続き論として
> 「展示を認めたでしょ」→
> 「しかし事前に見てない」→
> 「それは求められませんでした…」
> というやりとりが予想され、このたびのことがどうなるにせよ
> 「では今度からは、すべて展示内容を見た上で、ということにします」
> というふうになるのだとすれば、それはまったく望ましいことではない
> と思います。
>
> ひとまず以上です。
>
>立岩 真也


 
 

◆◆2009/01/26 20:02
   [mlst-ars-vive 2905] 訂正(Re: [mlst-ars-vive 2904] 説明というより私の見解

> 今日、片岡さん
→片山さんの誤りです。失礼いたしました。

たぶん、明日、夕刻、主催側院生と私、新聞取材を受ける
ことになると思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/26 20:06
   [mlst-ars-vive 2906] 吉野さんより:写真展経緯(主催者史観)

以下、吉野さんより、MLに出したのだが
アドレスの関係なの届かないということで
配信依頼されましたので。立岩

――以下――

-----Forwarded message-----
Date: Mon, 26 Jan 2009 18:32:18 +0900 (JST)
Subject: 写真展経緯(主催者史観)

イダ先生
みなさま


 片山さん、記事のご紹介ありがとうございました。
 当局側からしてみれば「またお前か、もううんざりだ」のヨシノです。

 この写真展は昨日行われた企画「ナルシストランス宣言」(約80名弱の参加にて盛況、ストリ
ップの甲斐あり)の同時開催企画として行っていたものです。
http://www.geocities.jp/rits_queer/

 文学部は20(展示2日目)に撤去されました。最終判断は、事務長と副学部長。
 とりあえず、向こうの理由としては「内容が過激」「公共の場にふさわしくない」の一点押し。
撤去の前に、主催者であるこちらに一切連絡がなかったということにまず怒鳴り込み。そして、
どれが、なぜ、どのように、「過激」であるのか説明せよ等の内容論に入りたかったが、試験監
督や会議で責任者がまったくおらず、話にならない。
 担当者相手に30分怒鳴り続けて声が嗄れる。とりあえず21日に学部の執行部会議があるから、
そこで学部長も入って検討すると。そして21日夜に担当者から電話、「掲載不可」と言われる。
理由を話す義務があると主張するが、「あとはこちらの責任者と君たちのボス(立岩先生)で
やりとりしたい」の一点張り、同席希望も蹴られる。文学部はこんな感じです。

 産社は、20日夜に「学生から苦情が来ている」という誤情報を事務方が出したことで混乱が
生じる。本当は、清掃業者の方が多少ギョッとして、「これはゴミじゃなく正当に貼られている
ものなのか」という確認を行ったというのが真実。
 その真実を確かめるために、抗鬱剤を2倍飲んで、21日の朝から産社事務方と松原先生、藤谷・
ヨシノで会議。産社の事務長がジェンダーバイアスばりばりのお坊ちゃんで話にならないものの、
「ただ刺激的な写真だと思われないように、展示主旨をもっといっぱい貼ってほしい」と要望さ
れる。それでしばらく様子見、展示続行だということなので承諾する。もし今後ほんとうに苦情
などがあったら、こちらはいつでも誠意を持って対応するのでいちいち報せてくれと約束する。
趣旨文を10ヶ所以上に貼りまくり、何日か経過。
 そして23日、巡回に行ったところ、いきなり産社から展示物が何もなくなっている。運良く(悪
く)ちょうど廊下を歩いていた事務長と5cmでメンチを切り合い、どういうことか説明しろという
が、要領を得ない。「もうこちらで判断できる問題ではなくなってきている」と言い、事務室に逃
げ込んだので、事務室の前でしばらくコンサートを開催してやったところ、再び出てきて、「決定
したのは総長と教学担当理事なんだ、だからこっちに言われても何も言えない、言うなら朱雀に
行ってくれという情報を得る。
 朱雀に5t車で突っ込みたかったが免許を持っていないし、とにかく写真を取り戻して、翌々日
に迫った企画までに何とかしなければと考える。剥がされた作品はボロボログチャグチャにされ、
段ボール一箱に突っ込まれて人社リサーチオフィスに預けてあった。それを引き取り、とりあえず
産社会場に抗議文を貼り付けておく。その抗議文が今日剥がされたので、「抗議文を剥がしたこと
に対する抗議文」を貼っておく。産社はこんな感じです。

 とりあえず、どちらの事務方も我々主催者との直接交渉に応じる気はないらしい。そして何故
写真展ごときで、総長まで出てくるのか全くわからない。主催者のところに一切情報が降りて来
ない。そんな感じです。
 もちろんその間も、先端研の各先生にはご対応頂いていますが、どうも情報が錯綜していて、
昨日の時点で立岩先生とお話しした時も、齟齬がたくさんありました。

 ちなみに写真自体は、温かい有志のおかげで修復され、昨日直接シンポジウム会場に展示する
ことができました。この点については良かったです。
 まぁ、何が過激だとか違うとかの線引きは多分できなくて、内容論を事務方と話しても多分徒労
で、どうするかなぁという感じです。
 とりあえず写真の内容はともかく、手続き上はなんの問題もなかったものを無断撤去したという
一点においては、今後、他の学生院生の研究成果が同じ目に遭わないよう、頭を下げさせて「絶対
もうしない」と約束させたい気持ちはあります。

 なんか「はてな」上では結構議論になっているみたいです。
 いつも以上の乱文まことに失礼しました。
 大まかな経緯として把握して頂ければ幸いです。
 ここまでつい読んでしまった皆さん、ロスタイムすみません。


ヨシノ ユギ
--------- * * * --------- * * * --------- * * * --------- * * * -------



 
 

◆◆2009/01/26 20:11
   [mlst-ars-vive 2907] もう一つ訂正すみません

> 今日、片岡さん
→片山さんの誤りです。失礼いたしました。

たぶん、明日、夕刻、主催側院生と私、新聞取材を受ける
ことになると思います。

立岩


 
 

◆◆2009/01/26 20:53
   [mlst-ars-vive 2909] 同一人物です(Re: [mlst-ars-vive 2908] 「和田壽郎」と「和田寿郎」

植村様

> 「和田壽郎」と「和田寿郎」とは、同一人物
ですね。どうやら。立岩


 
 

◆◆2009/01/27 08:03
   [mlst-ars-vive 2913] 0127立岩続3(→院生様)

1月27日火曜、本日。

> 1000生田
> http://www.arsvi.com/w/ia01.htm
>
> 1045村上(潔)
> http://www.arsvi.com/w/mk02.htm
>
> 1200佐藤(量)
> http://www.arsvi.com/w/sr04.htm
>
> 1300仲口
> http://www.arsvi.com/w/nm09.htm
>
そのあと田中・藤原
http://www.arsvi.com/w/tk11.htm
http://www.arsvi.com/w/fn01.htm

> 1630〜会議
>
> ざっとこんな感じ。時間ずれていく可能性あり。そのときには
> ごめんなさい。

新聞取材は、先方の時間の都合で
本日はなし。たぶん29日に。

立岩


 
 

◆◆2009/01/29 11:51
   [mlst-ars-vive 2926] 見解

トランスナルシスト…についての見解
http://www.arsvi.com/ts2000/20090016.htm
に掲載しました。新聞記事などにもリンクさせて
あります。

*ほかに「新刊」などすこし更新。ですので、担当者の
方はいちおうチェックしていただければと。→HP様

立岩


 
 

◆◆2009/01/29 12:32
   [mlst-ars-vive 2927] 紹介&販売(Re: [mlst-ars-vive 2887] 『現代思想』2月号、特集:ケアの未来――介護・労働・市場

以下で予告した紹介載せました。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090003.htm
(この連載はとくに「教育的」な書きものなので、院生で
関係ある人はよろしく。)

あと、たぶん、今日45冊ぐらい着きます。1000円でよろしく。

あと、昨年の3月号、特集「医療崩壊」
http://www.arsvi.com/m/gs200803.htm
あと2冊になったので、5冊。ただ、この5冊で、出版社の方で
かんぜんに「売り切れ」だそうです。ですので、ほしい人には売りますが
何冊かは手元に残しておきたいです。
なくなったということは、ここに掲載されている文章、インタビューの一部を
使って、別の本にするといったこともあり、ということでも
あります。



今度創刊の雑誌の頁も、とりあえず(生活書院にあったものをはっただけです)。
http://www.arsvi.com/m/sz001.htm

立岩

――以下――

----- Original Message -----
Sent: Saturday, January 24, 2009 8:59 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2887] 『現代思想』2月号、特集:ケアの未来――介護・労働・市場


> http://www.seidosha.co.jp/index.php?%A5%B1%A5%A2%A4%CE%CC%A4%CD%E8
> 届きました。(9日にやった対談が載ってる雑誌が24日に着いたというわけで…。)
>
>
> この研究科に関係する人では
> 天田/岡野/酒井/立岩/堀田
> の文章など載っています。
>
> 紹介の文章書いて、本の紹介の連載
> http://www.arsvi.com/0w/ts02/2001000.htm
> の次の回に載せてもらうつもりです。
>
> 急いで入手するようなものではありません。
> とりあえず30ぐらい、書庫あて送ってもらおうかと。
> 1000円で(著者割引でもすこし赤ですが
> きりがよいので)販売予定。
[…]


 
 

◆◆2009/01/29 16:54
   [mlst-ars-vive 2930] 有田さんのアドレスお伺い(→有田様)

リプロダクション研究会
http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.htm
の白井さんより、有田さん
http://www.arsvi.com/w/ak06.htm
に報告をお願いしたいとのことで、アドレスを知らせてほしいとの
連絡あり。
私の方に知らせてくださいませ。立岩


 
 

◆◆2009/01/30 23:48
   [mlst-ars-vive 2945] 報告御礼(→院生の一部様)/天田本(→橋口様)/本締切

予備論文提出したとの連絡いろいろ
いただきました。ごくろうさまでした。
あれはどうなった?、など若干不安な部分は
残っておりますが、ともかく。



天田本搬入の件について。橋口さん御紹介の方に
いま棚と箱にある分をというふうに
お願いしてありますが、にわかに片付かないという
ことであれば、ほかの人にもやってもらいますので
そのへん連絡いただければと→代理人である橋口様



齊藤さんからの問い合わせに返事しないですいませんでした。
本の原稿は2月いっぱいで完成原稿を、と
考えておりつます。→関係者様

立岩