HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科院生宛・2008年12月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4 2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7
2007 1/8  2007 2/8  2007 3/8  2007 4/8  2007 5/8  2007 6/8  2007 7/8  2007 8/8
2008年1月  2008年2月  2008年3月  2008年4月  2008年5月  2008年6月  2008年7月  2008年8月  2008年9月 2008年10月  2008年11月  2008年12月


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2007


◆◆2008/12/31 19:49
   [mlst-ars-vive 2685] 続報:0120東大『ニーズ…』書評セッション
◆◆2008/12/31 19:45
   [mlst-ars-vive 2684] 御礼(→藤原様)/HP更新(→HP様)
◆◆2008/12/31 11:19
   [mlst-ars-vive 2682] 電通過労自殺事件
◆◆2008/12/30 21:15
   [mlst-ars-vive 2681] 訂正+(Re: [mlst-ars-vive 2680] HPバイトの皆様へ
◆◆2008/12/30 21:04
   [mlst-ars-vive 2680] HPバイトの皆様へ
◆◆2008/12/30 20:23
   [mlst-ars-vive 2679] 書庫年内営業終了
◆◆2008/12/28 21:35
   [mlst-ars-vive 2672] 死刑廃止話(→櫻井(悟)様)
◆◆2008/12/28 17:44
   [mlst-ars-vive 2671] 自殺座談会
◆◆2008/12/28 09:48
   [mlst-ars-vive 2670] 1230立岩続(→院生様)/研究会等告知を
◆◆2008/12/27 10:09
   [mlst-ars-vive 2669] 0208高等教育における障害学生支援に関するセミナー
◆◆2008/12/27 09:49
   [mlst-ars-vive 2668] 1230立岩(→院生様)
◆◆2008/12/27 09:11
   [mlst-ars-vive 2667] 0120東大『ニーズ…』書評セッション
◆◆2008/12/26 19:56
   [mlst-ars-vive 2664] 出版助成と印税続/雑誌の形
◆◆2008/12/26 10:31
   [mlst-ars-vive 2662] 0131村上(潔)出演
◆◆2008/12/26 09:41
   [mlst-ars-vive 2661] 0105立岩(→院生様)
◆◆2008/12/24 14:03
   [mlst-ars-vive 2645] 0208高等教育における障害学生支援に関するセミナー
◆◆2008/12/24 12:03
   [mlst-ars-vive 2644] 不動系交信術
◆◆2008/12/24 11:06
   [mlst-ars-vive 2643] 勇美終了/助成関連
◆◆2008/12/23 18:38
   [mlst-ars-vive 2640] 0607/08福祉社会学会・1114/15生命倫理学会
◆◆2008/12/22 10:27
   [mlst-ars-vive 2635] 英文HPトップすこし
◆◆2008/12/21 20:30
   [mlst-ars-vive 2632] 御礼(印税のこと)→サトウ様(Re: [mlst-ars-vive 2622] Re: [mlst-ars-vive 2614] Re: お伺い:出版助成の場合の印税→事務局様
◆◆2008/12/21 20:24
   [mlst-ars-vive 2631] READのHP
◆◆2008/12/21 00:12
   [mlst-ars-vive 2628] 配架お願い続(Re: [mlst-ars-vive 2619] 配架お願い(→RA様院生様)連絡(→橋口様)
◆◆2008/12/20 10:45
   [mlst-ars-vive 2619] 配架お願い(→RA様院生様)連絡(→橋口様)
◆◆2008/12/20 10:13
   [mlst-ars-vive 2618] 文献表/『Core Ethics』
◆◆2008/12/20 09:34
   [mlst-ars-vive 2617] 転送(英国障害学関連)
◆◆2008/12/19 07:30
   [mlst-ars-vive 2613] 1219/20続々々・他(立岩→院生様)
◆◆2008/12/19 07:14
   [mlst-ars-vive 2612] 明日20日:アパルトヘイトから民主化へ…
◆◆2008/12/18 22:17
   [mlst-ars-vive 2611] お伺い:出版助成の場合の印税→事務局様
◆◆2008/12/18 19:25
   [mlst-ars-vive 2610] 英語論文企画始動
◆◆2008/12/18 18:16
   [mlst-ars-vive 2608] アミボイス導入に際し(→櫻井(悟)様鹿島様)
◆◆2008/12/18 17:32
   [mlst-ars-vive 2607] 福祉社会学会(Re: [mlst-ars-vive 2543] 応益負担/福祉社会学会
◆◆2008/12/18 16:00
   [mlst-ars-vive 2606] お詫び・12月末〜(→院生様他)
◆◆2008/12/18 15:20
   [mlst-ars-vive 2603] 英文メールマガジン送付先募集(→★教員様も)
◆◆2008/12/18 13:30
   [mlst-ars-vive 2601] 研究助成実績・業績(→HP様他)
◆◆2008/12/18 12:54
   [mlst-ars-vive 2598] 情報保障障害学生支援関係ML
◆◆2008/12/18 12:27
   [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金
◆◆2008/12/18 11:06
   [mlst-ars-vive 2592] 英国終末本
◆◆2008/12/18 10:52
   [mlst-ars-vive 2591] 労働本のこと現況(Re: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)
◆◆2008/12/18 10:43
   [mlst-ars-vive 2590] 労働本のこと現況(Re: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)
◆◆2008/12/18 08:27
   [mlst-ars-vive 2589] 1219/20続々・他(立岩→山口様院生様)
◆◆2008/12/17 21:58
   [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金
◆◆2008/12/17 21:27
   [mlst-ars-vive 2585] 催等に写真を(→院生様HP様)
◆◆2008/12/17 20:59
   [mlst-ars-vive 2584] テキスト化続(→教育力強化スタッフ/テキスト化バイトしてる人)
◆◆2008/12/17 20:47
   [mlst-ars-vive 2583] 補足(→テキスト化バイトしてる人)(Re: [mlst-ars-vive 2574] テキストデータ化すべき本について(天田)
◆◆2008/12/17 19:40
   [mlst-ars-vive 2582] 1219/20続・他(立岩→松枝様院生様)
◆◆2008/12/17 19:25
   [mlst-ars-vive 2581] 催掲載のこと(→院生様HP様)
◆◆2008/12/17 19:16
   [mlst-ars-vive 2580] 税
◆◆2008/12/17 18:59
   [mlst-ars-vive 2579] 業績(→★皆様)
◆◆2008/12/17 18:45
   [mlst-ars-vive 2578] 研究会/院生プロジェクト(→院生様)
◆◆2008/12/17 17:09
   [mlst-ars-vive 2576] 関連報道(Re: [mlst-ars-vive 2500] 追加更新(Re: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉
◆◆2008/12/17 13:12
   [mlst-ars-vive 2571] 高田論文/博士論文
◆◆2008/12/16 22:56
   [mlst-ars-vive 2566] 繰り返し論文のこと
◆◆2008/12/16 20:53
   [mlst-ars-vive 2563] 1219/20(立岩→院生様)
◆◆2008/12/16 16:28
   [mlst-ars-vive 2561] アミボイス19日導入(Re: [mlst-ars-vive 2244] お礼→櫻井(悟)様/アミボイス(Re: [mlst-ars-vive 2242] RE: [mlst-ars-vive 2233] お伺い→櫻井(悟)様/竹林他
◆◆2008/12/15 19:43
   [mlst-ars-vive 2556] 1216/18or19/20(立岩→院生様)
◆◆2008/12/15 08:37
   [mlst-ars-vive 2548] エジプト議会議事録→小川様
◆◆2008/12/14 22:28
   [mlst-ars-vive 2546] 配偶者控除→村上(潔)様
◆◆2008/12/13 22:45
   [mlst-ars-vive 2543] 応益負担/福祉社会学会
◆◆2008/12/13 21:50
   [mlst-ars-vive 2542] 0120東大/『ニーズ中心の…』
◆◆2008/12/12 09:50
   [mlst-ars-vive 2536] 国リハ流動研究員募集
◆◆2008/12/12 09:39
   [mlst-ars-vive 2535] HP作成にあたり/ML等へのメール
◆◆2008/12/11 23:27
   [mlst-ars-vive 2530] お礼×2
◆◆2008/12/11 19:02
   [mlst-ars-vive 2527] 1212/16演習(立岩→山口様葛城様定藤様院生様)
◆◆2008/12/11 18:15
   [mlst-ars-vive 2525] 公募に際し
◆◆2008/12/11 17:02
   [mlst-ars-vive 2523] 看護師資格もつ人教職
◆◆2008/12/11 16:41
   [mlst-ars-vive 2522] 0131SPSN第76回研究会田島報告
◆◆2008/12/11 15:51
   [mlst-ars-vive 2521] 催・他
◆◆2008/12/11 13:50
   [mlst-ars-vive 2519] 情報求:骨肉腫
◆◆2008/12/10 21:59
   [mlst-ars-vive 2513] 『神奈川大学評論』(→院生様)
◆◆2008/12/10 13:23
   [mlst-ars-vive 2505] 未定です(Re: [mlst-ars-vive 2504] 雑誌『生存学』の正式タイトルについて
◆◆2008/12/10 12:07
   [mlst-ars-vive 2501] 英語頁に検索ボックス
◆◆2008/12/10 12:01
   [mlst-ars-vive 2500] 追加更新(Re: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉
◆◆2008/12/09 19:26
   [mlst-ars-vive 2493] 御礼(→藤谷様)(Re: [mlst-ars-vive 2492] Re: 校正できる人知りませんか?
◆◆2008/12/09 12:05
   [mlst-ars-vive 2489] メールの収蔵場所のこと
◆◆2008/12/09 11:43
   [mlst-ars-vive 2488] MLの紹介を・障害学ML(→HP様も)
◆◆2008/12/09 10:47
   [mlst-ars-vive 2487] 校正できる人知りませんか?
◆◆2008/12/09 10:36
   [mlst-ars-vive 2486] 院生ビジネス?
◆◆2008/12/09 09:38
   [mlst-ars-vive 2485] 生活書院の本全点(→データベースバイト様HP様)
◆◆2008/12/09 09:19
   [mlst-ars-vive 2484] 再度1220南アフリカ(→皆様HP様)
◆◆2008/12/09 09:11
   [mlst-ars-vive 2483] 天田本配架開始・416のこと(→院生様事務局様)
◆◆2008/12/09 08:26
   [mlst-ars-vive 2482] 1215and/or16演習(立岩→院生様)
◆◆2008/12/09 08:19
   [mlst-ars-vive 2481] 学術機関リポジトリポータルJAIROを試験公開
◆◆2008/12/09 08:00
   [mlst-ars-vive 2480] 御礼+(院生様小幡様HP様)(Re: [mlst-ars-vive 2477] 日本看護倫理学会演題締切延長
◆◆2008/12/06 08:58
   [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉
◆◆2008/12/04 15:15
   [mlst-ars-vive 2457] 1220南アフリカ(→皆様HP様)
◆◆2008/12/04 15:01
   [mlst-ars-vive 2456] 『流儀』に誤字
◆◆2008/12/04 13:39
   [mlst-ars-vive 2454] 雑誌でケア
◆◆2008/12/04 13:21
   [mlst-ars-vive 2453] 1202/06続4(立岩→院生様)
◆◆2008/12/03 10:31
   [mlst-ars-vive 2433] 『流儀』本日午前着(→事務局様野崎様皆様)
◆◆2008/12/02 22:00
   [mlst-ars-vive 2430] 11月のメール掲載/本の注文のこと
◆◆2008/12/02 15:20
   [mlst-ars-vive 2426] 業績送付のこと(Re: [mlst-ars-vive 2418] Re: [mlst-ars-vive 2412] なんでも詰め込まないこと
◆◆2008/12/01 21:18
   [mlst-ars-vive 2414] HPのこと(Fw: 【KIR お知らせ】KAGOYA Internet Routing 10周年のご挨拶
◆◆2008/12/01 20:58
   [mlst-ars-vive 2412] なんでも詰め込まないこと
◆◆2008/12/01 19:08
   [mlst-ars-vive 2411] 1202/06続3(立岩→小幡三野山本堀田様他院生様)


 
 
>TOP

◆◆2008/11/01 12:34
   [mlst-ars-vive 2411] 1202/06続3(立岩→小幡三野山本堀田様他院生様)

>>> 1202火 1300会議
>>> そのあと、竹林さん(たち)。
>> 1200 渡邉さん
>> http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
> その前1000〜 長谷川さん(原稿拝受+この時間でよろしいか?→長谷川様
> http://www.arsvi.com/w/hy06.htm
> 1530〜竹林さん
> 1630〜吉野さん
> http://www.arsvi.com/w/yy03.htm
> +藤谷さん
> http://www.arsvi.com/w/fy05.htm
> ということで。(吉野さん、藤谷さんメールどうも。このメールをもって返信ということに。)
> みなさんどうぞ。
> *とくに午後は、時間がずれることありそうです。あしからず。

1000〜 長谷川さん
に加え、山本(晋)さん、(すこし遅れて)堀田さん


>>> 1206土 ケア研
> http://www.arsvi.com/o/c05.htm
> 1500〜ということになったとのことで
> その前の時間対応可能

だいたいの予定として
1330〜小幡さん
http://www.arsvi.com/w/om15.htm
その前、三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm

★本日(午前、東京での会議をはさみつつ)この関係の
原稿にかかりきりになってます*。そのため
処理すべき案件がいくつか処理されておりません。
あしからず。
*その関係の連絡等は、このMLでなく
alsentranというMLを利用しています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/01 20:58
   [mlst-ars-vive 2412] なんでも詰め込まないこと

今日は朝から、院生が書いた
もとは1つの原稿をみている(なおしてみている)
のですが、いま、それはとりあえず
16900字/14500字/13900字
の3つになっています。

もちろん
なんでも長くすれば、薄めて引き延ばせばよい
ということではないのですが、
長くきちんとすべき話を短くしてはなりません。
これとそれとあれみたいな三題噺みたいな論文がよくあって、それが
つねにまずいということはないのですが
(そう悠長に一本一本書いておられず、とりあえず
一つ発表すべきであるといった場合→そんな理由から
査読でOK出したりすることもあります)
考えてみてください。
『Core Ethics』にしても、字数を超過している人は
超過分でもう一つ書く(→超過しないようにする)
ことを考えてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/01 21:18
   [mlst-ars-vive 2414] HPのこと(Fw: 【KIR お知らせ】KAGOYA Internet Routing 10周年のご挨拶

ここのHPがお世話になっているところが10周年だそうで。以下。

前も書きましたが、この会社「アカデミック・プラン」という
のをやってて、いまアップされているデータをみなもってきて
あらたに別のところにアップする手間さえかければ
(URLとかもちろん変更なしで)使用料無料になるはずです
(たしか大学院内限定ページはそれを使っているはず)。

財政状況厳しきおり、だれかその作業を
(むろんバイトで)やっていだけるとよいです。

立岩


----- Original Message -----
From:[略]
Sent: Monday, December 01, 2008 7:13 PM
Subject: 【KIR お知らせ】KAGOYA Internet Routing 10周年のご挨拶


> =====================================
> 【KIR お知らせ】KAGOYA Internet Routing 10周年のご挨拶
>
> KAGOYA Internet Routing サポートセンター
> http://www.kagoya.net/
> =====================================
>
> KAGOYA Internet Routingのお客様へ
>
> いつもKAGOYA Internet Routingをご利用いただきありがとうございます。
>
> 本日2008年12月1日は、京都の地域ISPとして1998年12月1日にKAGOYA
> Internet Routingが開業してからちょうど10年になります。
>
> 一台のPCサーバーと一本のLinuxから始まったKAGOYA Internet Routingは、
> 今では大変多くのお客様にご愛顧いただけるホスティングサービスにまで成
> 長しました。変化も激しく、競争も厳しいこの業界にあって10年もの間、安
> 定して、しかも毎年成長し続けながら、ここまでたどり着けましたのは、ひ
> とえにKAGOYAInternet Routingを今まで支えてきてくださった皆様、お客様
> のお陰であると心から感謝申し上げます。
>
> 私どもは、インターネットと、そこに情熱を傾けるお客様がある限り、とも
> に成長していきたいと切に願っております。
>
> 本日から、インターネットの、そしてKAGOYA Internet Routingの、第二章
> が始まります。スタッフ一同、決意を新たにこの第二章に臨みたいと存じま
> す。
>
> どうぞこれからも、皆様のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
>
>
>カゴヤ・ジャパン株式会社
>代表取締役兼最高技術責任者
>北川貞大
>
>
> K┃A┃G┃O┃Y┃A┃ ⇒⇒ http://www.kagoya.net/
> ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
> I┃n┃t┃e┃r┃n┃e┃t┃R┃o┃u┃t┃i┃n┃g┃
> ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
> お問い合わせは…
[略]


 
 
>TOP

◆◆2008/12/02 15:20
   [mlst-ars-vive 2426] 業績送付のこと(Re: [mlst-ars-vive 2418] Re: [mlst-ars-vive 2412] なんでも詰め込まないこと

樋澤さんどうも

>業績に関してですが
>テキストデータ(メモ帳)みたいなもので

はい
webmaster@arsvi.com
宛に、テキストデータ(メール本文貼り付けでよいかと)
でお願いいたします。

『Core Ethics』のことは私わかっておりません。
どなたかよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/02 22:00
   [mlst-ars-vive 2430] 11月のメール掲載/本の注文のこと

トップからだと「eMAILs」

http://www.arsvi.com/ml/0.htm
から私がこのMLに配信した11月に
出してメール見ていただけるようになりました。

http://www.arsvi.com/ml/2008p.htm

松田さんありがとうございます。



そのバックナンバー集にも幾度か出てきますが
本のリクエストは

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/☆/ryospage03-22

の☆のところにISBNの「10」桁の番号を半角で記したものを
(今のところは私に)送ってください。
(今日、藤谷、吉野と話していて。)
これが最も手間のかからない手続きです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/04 13:21
   [mlst-ars-vive 2433] 『流儀』本日午前着(→事務局様野崎様皆様)


http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
本日午前、たぶん創思館1階の独立研究科事務室に
ひとやま到着の予定。届いたら4階・416にお願いします。

事業推進…の人々に配布お願いします→事務局様

(今日の京大の研究会で売ってくれるという)野崎さん
必要な冊数もっていってください。
あと私がいるテーブルの即販のところに何冊か置いて
ください。2310円→2000円で販売。地方発送承ります(送料160円)。
おもしろいです。買ってください。
印税全額をアフリカでの会議
に行く人の経費にあてることになってます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/01 21:18
   [mlst-ars-vive 2453] 1202/06続4(立岩→院生様)

2日は、長谷川、山本(晋)、渡邉、竹林、竹林、北村、吉野、藤谷、堀田、西田
のみなさんと研究等について話できました。時間がずれたりしてしまって
すみません。「ひじょうに」ひさしぶりの人も含め、話すことできてよかったです。

>>>> 1206土 ケア研
>> http://www.arsvi.com/o/c05.htm
>> 1500〜ということになったとのことで
>> その前の時間対応可能
>
> だいたいの予定として
> 1330〜小幡さん
> http://www.arsvi.com/w/om15.htm
> その前、三野さん
> http://www.arsvi.com/w/mk20.htm

追加あり、整理すると
1100〜社会学研究科の院生
1230〜三野さん
1330〜小幡さん
1500〜研究会*
http://www.arsvi.com/o/c05.htm

*HPへの掲載、実施の前に再度の案内→ML
よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/04 13:39
   [mlst-ars-vive 2454] 雑誌でケア

終わらない連載をさせていただきたいへん恐縮している
月刊誌の2月号の特集がケアだそうです。
市野川、杉田、堀田といった名前もみかけたような
気がしますが、気のせいかもしれせません。(このたびは
まったく関与しておりません。)

(なにせ1月末には店に出る号ですから)
このテーマですでにある文章を
その雑誌の(知っている人もいるだろう)
編集者に見せることはできます。もちろん
選択・決定は編集者が行ないます。
ちなみに私は「おひとりさま」の方と対談
ということのようです。1月9日だそうで、
それが1月末発売ということですから、
おそろしいものがあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/04 15:01
   [mlst-ars-vive 2456] 『流儀』に誤字

http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm

以下の誤字が発見されました。正誤表でいいからと
私は言ったのですが、社長は聞かず
初刷全部引き取り(→裁断→古紙)、全部再印刷するそうです。
(私ならぜったいしないことです。出版人の矜恃というのでしょうか。)

もう出回っているものについては
できしだい、交換いたしますとのことです。立岩

――以下――

p.14
立岩 知ってはいたのですが、やっぱりよくは知らず、最初はアメリカ日本協議
会(AJF)の稲場さんという感じで・・・

となっています。

アメリカ日本協議会(AJF)
 ↓
アフリカ日本協議会(AJF)


 
 
>TOP

◆◆2008/12/04 15:15
   [mlst-ars-vive 2457] 1220南アフリカ(→皆様HP様)

以下の企画、多数の参加者を期待しています。
他方、多くなると、移動したりせねばならないものが
増えます。ので「だいたい」の数がわかるとよい。
(参加しようかな、という人はメールください。)

場所の確定が遅れ(いちど決めた会場の暖房がこわれて…とか)
このごに及んでの告知となりましたが、宣伝など
よろしくお願いします。

会場係のバイト募集。撮影等も。場所が416になってしまったので
開始前にテーブルを移動とかの仕事もあります。(メールください。)

始まりの部分で
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
の宣伝を(私が)します。
(けっこう強力に購入を勧められるはずです。)



http://www.arsvi.com/a/e.htm
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
への掲載お願いします。→HP様

峯さんの
http://www.arsvi.com/w/my03.htm
頁とのリンクもよろしく。また峯さんの著作についての
ファイル作成もよろしく。何冊かは416にあります。

立岩

――以下――

津山直子さん公開インタビュー「アパルトヘイトから民主化へ 南アフリカの人
々と歩んできた20年」

反アパルトヘイト運動で南アフリカに関わり、その後、農村やスラムで教育、農
業、保健などに携わってきた津山直子さん。アパルトヘイトから民主化へ。そし
て、民主化から15年間の進展と課題。南アに住み、草の根での活動を続けてきた
津山さんに南部アフリカ研究を続けてきた峯陽一さんがインタビューする。

   * スピーカー:津山直子(JVC南ア事務所代表)
   * インタビュアー:峯陽一(大阪大学教員)
   * 日時:2008年12月20日(土)14時〜18時(休憩、質問タイムを設けます)
   * 会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館4階416(学而館から変更になりま
した。)
   * 地図:http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
   * 主催:立命館大学グローバルCOE生存学創成拠点、(特活)アフリカ日本
協議会、(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
   * 定員:50名
   * 参加費:無料
   * ※ 交流会に参加される方は実費をお願いします。
   * 問い合わせ:立命館大学生存学研究センター
      〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
      TEL:075-466-3335 FAX:075-465-8371
      E-mail:ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

津山直子さん
スウェーデン留学、アフリカ民族会議(ANC)日本代表部勤務などを経て、91年よ
りJVCに参加。東京事務所の南アフリカプロジェクト担当。1994年よりJVC南アフ
リカ事務所代表。

峯陽一さん
1989年、ナミビア独立選挙国際監視団に参加。1998年〜2000年、南ア・ステレン
ボッシュ大学教員。現在、大阪大学准教授。

参考

南アフリカ座談会〜アフリカの大地に生きる二人の女性が語る〜
津山直子(JVC)x平林薫(TAAA)x林達雄(AJF)夢のコラボ!
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/zadankai20071128hokoku.html

佐々木かをり対談 win-win > 第75回 津山 直子 さん
http://www.ewoman.co.jp/winwin/75tn/

JVC南アフリカ代表の津山直子が、第4回「ステファニ・レナト賞」を受賞。
http://www.afpbb.com/article/pressrelease/contribution/2299371/2252740

津山直子の南アだより
http://www.h3.dion.ne.jp/~win-tom/page13.htm

朝日新聞記事について
http://www.h3.dion.ne.jp/~win-tom/asahi01.htm

南アフリカ共和国
http://www.arsvi.com/0i/2saf.htm


 
 
>TOP

◆◆2008/12/06 08:58
   [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉

産科医療補償についての厚生労働省との交渉
http://www.arsvi.com/2000/081210.htm

古井さん
http://www.cp-research.com/diary.html
から多くの人に知らせてほしいということで。

http://www.arsvi.com/a/e.htm
にも掲載、リンクしてもらいました。石田さん
ありがとうございます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 08:00
   [mlst-ars-vive 2480] 御礼+(院生様小幡様HP様)(Re: [mlst-ars-vive 2477] 日本看護倫理学会演題締切延長

> 日本看護倫理学会佐久大会 2009年6月6日(土)
> http://www.saku.ac.jp/rinri.html

小幡さん
http://www.arsvi.com/w/om15.htm
ありがとうございます。

*(繰り返しになりますが)研究科のHPの小幡さんのところの内容を
上記に掲載等よろしく(他の院生についても)→HP様

こないだの研究会で久しぶりに話をして
この学会の話が出て、みなさんにお知らせして
くださるようお願いしました。

この学会での報告ありだと思います。
相談に応じます。プログラム見ますとすこし知ってる
人もいないでもないですが(その方に関しては)
なんだかなあという感じもあります。
参加して、よい学会にしよう、というぐらいの
つもりでもよいのでは。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 08:19
   [mlst-ars-vive 2481] 学術機関リポジトリポータルJAIROを試験公開

国立情報学研究所(NII)、学術機関リポジトリポータルJAIROを試験公開
(2008-10-22)
http://jairo.nii.ac.jp/

アカデミック・リソース・ガイド発行している岡本さんより。
http://d.hatena.ne.jp/arg/20081121/1227276721

こういうものを集めたリンク集とか、HPにありますか?
あったら教えてください。
なければこちらに作っても。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 08:26
   [mlst-ars-vive 2482] 1215and/or16演習(立岩→院生様)

葛城さん
http://www.arsvi.com/w/kt25.htm
山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
からリクエストもらってます。

15そして/あるいは16
(17〜もありですが、『Core Ethics』改稿締切という
ことで…)
ただ16は午後会議はいっているので、出るなら
午前から1時までになります。
上記の方含め、ご都合をお知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 09:11
   [mlst-ars-vive 2483] 天田本配架開始・416のこと(→院生様事務局様)

藤谷さん
http://www.arsvi.com/w/fy05.htm
(これについても研究科頁からのリンクその他お願い→HP様)
が、午後から
天田さんが集めてきた本(入り口側、奥の書架+その下の段ボール箱)
を刊行年順書架に配架する作業を始めます。

まず
http://www.arsvi.com/b/b.htm
からリンクされているファイルを印刷し
すでに登録されている本(発行年順書架にも既にあるはず→
複数あるということになる本)を配架し
残りについて登録用棚に置いてファイルを作っていくことに
なります。その辺、藤谷さんわからないところあったら
周囲の人、あるいは私に聞いてください。



20日に416を使います。(今この企画案内がHPに
載ってないことに気がつきました! なんで…。別便で。)

明らかなゴミ、明らかに整理してだいじょうぶなもの
処理を始めてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 09:19
   [mlst-ars-vive 2484] 再度1220南アフリカ(→皆様HP様)

http://www.arsvi.com/ml/2008p12.htm#2457
に再録されている以下(の中の以下)、
http://www.arsvi.com/a/e.htm
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
に掲載されていないことに気づきました。
掲載お願いします。&そういうことごとの管理
こちらでやっていられないので、それもお願い
します。

→HP様

この企画、新山さん手伝っていただけることに
(HPに個人頁作ってください→新山様)

あと幾人かから参加希望もらってます。
参加希望の方、私に知らせてください。

立岩

――以下――

◆◆2008/12/04 15:15
   [mlst-ars-vive 2457] 1220南アフリカ(→皆様HP様)

以下の企画、多数の参加者を期待しています。
他方、多くなると、移動したりせねばならないものが
増えます。ので「だいたい」の数がわかるとよい。
(参加しようかな、という人はメールください。)

場所の確定が遅れ(いちど決めた会場の暖房がこわれて…とか)
このごに及んでの告知となりましたが、宣伝など
よろしくお願いします。

会場係のバイト募集。撮影等も。場所が416になってしまったので
開始前にテーブルを移動とかの仕事もあります。(メールください。)

始まりの部分で
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
の宣伝を(私が)します。
(けっこう強力に購入を勧められるはずです。)



http://www.arsvi.com/a/e.htm
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
への掲載お願いします。→HP様

峯さんの
http://www.arsvi.com/w/my03.htm
頁とのリンクもよろしく。また峯さんの著作についての
ファイル作成もよろしく。何冊かは416にあります。

立岩

――以下――

津山直子さん公開インタビュー「アパルトヘイトから民主化へ 南アフリカの人
々と歩んできた20年」

反アパルトヘイト運動で南アフリカに関わり、その後、農村やスラムで教育、農
業、保健などに携わってきた津山直子さん。アパルトヘイトから民主化へ。そし
て、民主化から15年間の進展と課題。南アに住み、草の根での活動を続けてきた
津山さんに南部アフリカ研究を続けてきた峯陽一さんがインタビューする。

  * スピーカー:津山直子(JVC南ア事務所代表)
  * インタビュアー:峯陽一(大阪大学教員)
  * 日時:2008年12月20日(土)14時〜18時(休憩、質問タイムを設けます)
  * 会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館4階416(学而館から変更になりま
した。)
  * 地図:http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
  * 主催:立命館大学グローバルCOE生存学創成拠点、(特活)アフリカ日本
協議会、(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
  * 定員:50名
  * 参加費:無料
  * ※ 交流会に参加される方は実費をお願いします。
  * 問い合わせ:立命館大学生存学研究センター
     〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
     TEL:075-466-3335 FAX:075-465-8371
     E-mail:ars-vive@st.ritsumei.ac.jp

津山直子さん
スウェーデン留学、アフリカ民族会議(ANC)日本代表部勤務などを経て、91年よ
りJVCに参加。東京事務所の南アフリカプロジェクト担当。1994年よりJVC南アフ
リカ事務所代表。

峯陽一さん
1989年、ナミビア独立選挙国際監視団に参加。1998年〜2000年、南ア・ステレン
ボッシュ大学教員。現在、大阪大学准教授。

参考

南アフリカ座談会〜アフリカの大地に生きる二人の女性が語る〜
津山直子(JVC)x平林薫(TAAA)x林達雄(AJF)夢のコラボ!
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/activities/zadankai20071128hokoku.html

佐々木かをり対談 win-win > 第75回 津山 直子 さん
http://www.ewoman.co.jp/winwin/75tn/

JVC南アフリカ代表の津山直子が、第4回「ステファニ・レナト賞」を受賞。
http://www.afpbb.com/article/pressrelease/contribution/2299371/2252740

津山直子の南アだより
http://www.h3.dion.ne.jp/~win-tom/page13.htm

朝日新聞記事について
http://www.h3.dion.ne.jp/~win-tom/asahi01.htm

南アフリカ共和国
http://www.arsvi.com/0i/2saf.htm


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 09:38
   [mlst-ars-vive 2485] 生活書院の本全点(→データベースバイト様HP様)

http://www.arsvi.com/p/s01.htm
の本全点入荷→416

すでにファイル(頁)あるもの多いので
チェックしつつ、ファイルを作り
配架してください。
&上掲
http://www.arsvi.com/p/s01.htm
http://www.arsvi.com/d/d03.htm
からリンクしてください。(やれる人なら誰でも。
更新したらこのMLにメールし、植村さん青木さんに
知らせるという手順で。)

生活書院のHPに個々の本についてアマゾンより
豊富なデータがあると思います。その場合それをコピペしてください。
&その際、URLを貼ってください(外からURLが見えるように)。

*既にあるファイルから個々の本のファイルに
リンクするのはけっこうめんどうです。
そういう理由で、まずは中身なくていいから
個々の本のファイルを作るよう指示しています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 10:36
   [mlst-ars-vive 2486] 院生ビジネス?

理事長も(私人として?)参加した
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#0309
の時に作られた、ほぼ休眠中のMLに
大野さん
http://www.arsvi.com/w/om17.htm
が、
http://ameblo.jp/ohmasa/day-20081206.html
というのを書いたというメールあったのでいちおう。

ものを書いて(それだけで)暮らそうというのはほとんど
ない、だろうと。現状を鑑みてありうるのは一つに
所謂社会サービスの領域で、そちらの方角に
むかって、すこし、なにか始めようかという話は
周囲にあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 10:47
   [mlst-ars-vive 2487] 校正できる人知りませんか?

いろいろお願いしたいことあり
(みなさんの)原稿を校正してくれる
ことができる人がいないかなと。
京都在住の人がよいかなと。
出版社でバイトしたことある藤谷さん
とか御存知ないですか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 11:43
   [mlst-ars-vive 2488] MLの紹介を・障害学ML(→HP様も)

朝からたくさん、立岩です。
(ここ数日、COE雑誌のこと他で
時間とれず。次の仕事もあるが
あいまにということで。)

問い合わせあったので。障害学ML
http://www.arsvi.com/ds/ml.htm
関係者は(あまり活発でないですが(まあその方がよいかもしれない))
入っといた方がよいかと。

他にもいろいろあって、思索系の人はともかく
役に立つときはあります。以前にも呼びかけたかと
思いますが、そういう情報を集めて
掲載してくれませんか→HP様あるいは誰か

情報提供よろしく。こちらでは
http://www.arsvi.com/o/y01.htm
といったやはり活発でないML(等)があります。

http://www.arsvi.com/0l/0.htm
にずっと前のがあるにはあります。
/0l/
というフォルダは将来的にはなくすつもりですので
場所迷いますが
/p/ml.htm
として移動、以後充実させてください→HP様(あるいは誰でも)
(/p/は出版関係のフォルダですがいまのところ
生活書院の頁しかありません。)

*いまみたら
/a/に本来は別のところにあるべきものなど
いろいろあります。なんらかのミスがあったものと
思われます。よろしく。→HP様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 12:05
   [mlst-ars-vive 2489] メールの収蔵場所のこと

最近(私も含め)PCの不調の知らせが多いです。
私のは中身はだいじょうぶだったのでよいですが
ハードディスクがだめ、だと打撃が大きいです。

検索したら出てきましたが(完全に忘れてました)
http://www.arsvi.com/ml/2008p07.htm#0736

ウィンドウズメール等では、初期設定では
送受信したメールが
システムが入っているドライブの、深いわかりにくい
フォルダに置かれるために、バックアップに
不都合なことがあります。

ツール→オプション→詳細設定→メンテナンス→保存フォルダ→変更

という順序で、データを置いているドライブの
自分が設定したわかりやすい場所のフォルダにすると
(新しいフォルダなら今まで使ってきたデータが
そこに移されるはずです)バックアップの時など
便利です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/09 19:26
   [mlst-ars-vive 2493] 御礼(→藤谷様)(Re: [mlst-ars-vive 2492] Re: 校正できる人知りませんか?

藤谷さんどうも。
(竹中さんもできるのであれば竹中さんも含め)
やっていただくことになろうと。

その財源、手続きなどについては
天田さんか私からお知らせします。
仕事の中身については雑誌の関係者から
連絡することになろうと思います。
明日から、ということにはならないと
思いますが、よろしく
お願いします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/10 12:01
   [mlst-ars-vive 2500] 追加更新(Re: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉

Sent: Saturday, December 06, 2008 8:58 AM
Subject: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉


> 産科医療補償についての厚生労働省との交渉

> http://www.arsvi.com/2000/081210.htm
>

> 古井さん
> http://www.cp-research.com/diary.html
> から多くの人に知らせてほしいということで。
>

> http://www.arsvi.com/a/e.htm
> にも掲載、リンクしてもらいました。石田さん

> ありがとうございます。

(石田さん、近藤さんありがとうございました。
ややこしい指示ですいません。伝わらなかった部分もあるので
こっちでいま手をいれてアップしました。)
http://www.arsvi.com/2000/081210.htm
から、各種文書を見れるようになってます。交渉は本日2時からだそうです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/10 12:07
   [mlst-ars-vive 2501] 英語頁に検索ボックス

http://www.arsvi.com/a/index.htm
片岡さんが作ってくださいました。
ありがとうございました。

みなさまご利用ください&知らせてください。

(検索ボックスとカウンターの間、
もうすこし詰めてもよいかと→片岡様)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/10 20:11
   [mlst-ars-vive 2505] 未定です(Re: [mlst-ars-vive 2504] 雑誌『生存学』の正式タイトルについて

> 『生存学』
> なのでしょうか
> 『Ars Vivendi』
> なのでしょうか

諸案あり現在討議中です。決まったら
お知らせします。(ここで投票やってもよいのですが。)

> 『コア・エシックス』
> なのか
> 『Core Ethics]
> なのか

これは私も知りたいです。誰か教えてください。
(私は『Core Ethics』にしてます。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/10 21:59
   [mlst-ars-vive 2513] 『神奈川大学評論』(→院生様)

という雑誌があり、ISSNは付いていて
850円と値段もついてますが(年3回刊行)
発行は神奈川大学広報委員会とたぶん
本屋では買えない。最新号
http://www.kanagawa-u.ac.jp/06/shuppanbutsu/hyouron_61.html

依頼があって、新しいことは一切書けない
本の宣伝みたいなものでよいか、と
伺ったら、それでもよいというので
http://www.arsvi.com/ts2000/20080055.htm

10冊もらったので、こんど(たぶん金曜)もって
いきます。希望者に差し上げます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 13:50
   [mlst-ars-vive 2519] 情報求:骨肉腫

このMLにすいません。ある人の関係者が
大阪の(所謂)淀キリで骨肉腫と診断された
(昨日→すぐに入院という流れ)
治療方針についてセカンドオピニオンというか
求めたいのだがそれに適した病院なり急ぎ
知りたいとのことで。なにか御存知のことありましたら、
このMLに、あるいは立岩に私信で、お願いします。


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 15:51
   [mlst-ars-vive 2521] 催・他

http://www.arsvi.com/a/e2009a.htm
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
すこし手をいれました。

未定のものも掲載しました。決まったら
またお知らせします(してもらいます)。

1220日の企画
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#1220
リンクなどしました。参加希望者はお知らせください。

「修」も更新→HP様



さきほどの問い合わせに2つメールあり。
さっそく転送させてもらいました。
まことにありがとうございました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 16:41
   [mlst-ars-vive 2522] 0131SPSN第76回研究会田島報告

SPSN Newsletter 号外(2008/12/11)より以下。

 *以下の後、HP関係のことですこし
 なので担当の方はそれも見てください。

(私この研究会の企画協力者にしてもらっていますが
もう長いことまったくなんの協力もしておりません。)

――以下――

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
第76回研究会のご案内
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●日時:2009年1月31日(土)13:00〜17:00
●会場:法政大学市ヶ谷キャンパス80年館7階「大会議室1」
(市ヶ谷駅または飯田橋駅からボアソナードタワーをめざして徒歩10分。図書館
と同じ建物ですが、図書館への階段を上らずに右手の入口から入り、エレベー
ターで7階までお越し下さい)
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/access.html
http://www.hosei.ac.jp/hosei/campus/annai/ichigaya/campusmap.html
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.44.42.8N35.41.33.1&ZM=11

●報告
★第1報告
「「寝たきり老人」と/のリハビリテーション―特に1990年以降について」
報告者:田島明子(立命館大学大学院)
討論者:井口高志(信州大学)

◆第1報告の関連URL
田島明子・坂下正幸・伊藤実知子・野崎泰伸 2008/06/08 「1980年代のリハビ
リテーション雑誌のなかの「寝たきり老人」言説」福祉社会学会第6回大会 於
:上智大学
 http://www.arsvi.com/2000/0806ta.htm
田島明子・坂下正幸・伊藤 実知子・野崎 泰伸 20070916-17 「1970年代のリ
ハビリテーション雑誌のなかの「寝たきり老人」言説」 障害学会第4回大会 
於:立命館大学
 http://www.arsvi.com/2000/0709ta2.htm
田島明子『障害受容――リハビリテーションにおける使用法』
 http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm

★第2報告
「住居の意味と質―ハウジングスタディーズの視点(仮)」
報告者:祐成保志(信州大学)
討論者:西野淑美(首都大学東京)

Social Policy Studies Network
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  SPSN事務局
  EMAIL [略]
  URL  http://spsn.hp.infoseek.co.jp/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

――以上――


*このニューズレターの掲載、HPみると
青木さんから櫻井(悟)さんに業務移管という
ことになってるようですが、いかがな状況でしょう?
(2008年が途中になっているのかな)
http://www.arsvi.com/o/spsn.htm
http://www.arsvi.com/o/spsn2008.htm

あと、このような情報は
http://www.arsvi.com/o/spsn2008.htm
とともに、催(2009)/人(田島)*/成(2009)*に
掲載する必要あります。こういういくらか複雑な
ことをどうやってやっていくか。
(*については、いくらかまとめてやってもよいのでは
ありますが。)
また相談しましょう。

「成」2009については12月末までは2008の下において
年が変わったら新しいファイルということでよいと思います。
(その場合、数の数え間違いをしないように。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 17:02
   [mlst-ars-vive 2523] 看護師資格もつ人教職

某短期大学で、介護福祉士をめざす人に
医学看護学的なこと?を教える専任講師を求めて
いるという話。任期ありだが再任あり(わりと確実)。
給与ふくめ場所含め条件はよくないが、とのこと。
とりつぐことできます。(公募ではありません。)

 *このメールにちょくに返信するとMLに配信されるはずですので
  注意したい人は注意してください。

いぜん、
http://www.arsvi.com/w/tm08.htm
氏と、学位とっても就職ないし、看護学校行って
資格とった方がいいよねという話したことありました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 18:15
   [mlst-ars-vive 2525] 公募に際し

こないだも某院生と話してたのですが
たまにですが、なんらかの情報など
教員がもっている場合があります。
こういうとこに出してるとか、出すとか
知らせてもらえれば、返信はできないとしても
読ませてはもらいます。
ほとんどの場合、よいことに結びつくこと
はないと思いますが。
(滋賀県立がどうとか言ってた人いませんでしたっけ。
さっきそこの教員というの方から、拙著について
質問をいただいたり。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 19:02
   [mlst-ars-vive 2527] 1212/16演習(立岩→山口様葛城様定藤様院生様)

明日1212(金)1600、山口
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
その後、西田/長谷川/山本/堀田/川口、まとめて

1216(火)
1000、葛城
http://www.arsvi.com/w/kt25.htm
1130、定藤
http://www.arsvi.com/w/sk01.htm

以上敬称略。いまのところそういうことで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/11 23:27
   [mlst-ars-vive 2530] お礼×2

櫻井(悟)さん、青木さんどうも。
そういうことでした。SPSN関連いくつか
櫻井さんに転送しました。そしたら早速
アップしていだたきました。
http://www.arsvi.com/o/spsn2008.htm

骨肉腫関連の情報も+1、合わせて3つ
いただき、早速転送させていただきました。
あえて名前を出しませんが、ありがとう
ございました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/12 09:39
   [mlst-ars-vive 2535] HP作成にあたり/ML等へのメール

こちらからお伝えしてなかったのがいけなかったのですが
> http://www.arsvi.com/o/spsn2008.htm
で、参加者一覧の名前が列挙されているところは

はずしてくれと事務局に言われたことがある記憶があります。
(人数が書いてあるところまでは可。)
かわりに[…]として略したことがわかるようにお願いします。



あと全般に、必要に応じて、メールアドレスの処理などお願いします。
よく使われのはアットマークを全角にするなどです。
(私のアドレスはもうめんどくさいので、そういう処理はしない
ことにしていますが。)

会員だけのML、メールマガジンといったものがあり
その場合、転載自由ということにはなりません。

そういうものでも、自分が出した分については問題ないわけなので
私は、そうしてます。
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
に一覧があります。

また研究会によってはHPに案内流すのよしてくれというところがあります。
私が知るものでは「現代倫理学研究会」がそうです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/12 09:50
   [mlst-ars-vive 2536] 国リハ流動研究員募集


そこにおつとめ(室長)の北村さんからお知らせ

http://www.rehab.go.jp/ri/boshu/h21ryudouannai.html
から直接、募集要項と応募様式がダウンロードできます。

とのことです。週3日勤務で、週4万円といったところですか…。



2月8日、ここで障害者と情報といった企画があって
こちら(COE・科研)呼ばれていて、誰か出ることになります。
またお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/13 21:50
   [mlst-ars-vive 2542] 0120東大/『ニーズ中心の…』

http://www.arsvi.com/b2000/0810uc.htm
長いことアマゾンで買えませんでしたが
買えるように(この辺、アマゾンは非常にいいんかげんなのです)。
この本への言及・紹介掲載追加
(私が書くものは、これから書きます)。
(上記の頁に行間ミスあり。あとでなおします。)

来年0120東大(本郷)で合評会予定。
最初は上野ゼミとしてということだったのですが
だんだん話大きくなり、著者の多くが参加。

大沢さんのルートで
http://www.arsvi.com/w/om09.htm
東北大のCOE(+東大が連携)
http://www.law.tohoku.ac.jp/gcoe/
が共催みたいなことにもなり。
こちらもローコストでなにかというの
ありかもしれません。
詳細またお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/13 22:45
   [mlst-ars-vive 2543] 応益負担/福祉社会学会

さっきjsds(障害学のML)に配信された岡部さん
http://www.arsvi.com/w/ok01.htm
のメールの一部。

2度ほどこのMLに来年の福祉社会学会大会の
シンポジウムのテーマを考えてくださいと
流しましたが、誰も考えつかなかったみたいで
&私もなんにも思いつかず、でしたが
以下のお二方とかいいな、と今思い
今岡部さんに打診したところ。

立岩

――以下――


○障害者自立支援法における「応益負担」についての考察(季刊社会保障研究Vol.44秋No.2) 
    http://www.eft.gr.jp/enough/resource/0810oueki-hutan.pdf PDF725K 岡部耕典

(参考)「障害者自立支援法の「応益負担」について(上)(下)「厚生福祉」08.12.5号pp.2-7/12.9号pp.6-9

    「『岡部論文』は…(中略)…私の主張について誤解されているか、それとも理解が不十分ではないか、
    (あるいは自己の主張を正当化するためにあえて私見が曲解されているのか)としか思えない点が
    多々みられる」ではじまり、「いずれにしても、『岡部論文』は障害者自立支援法の『応益負担』では
    『中高所得者層の”益”と低所得層の”不利益”は変わらない、と述べているが、むしろ氏が郷愁を
    持って支持している応能負担のほうが『中高所得者層の”不利益”と低所得者層の”益”という古き
    体質を持っていることを見落としていると思われる。」で終わる京極高宣氏の論考。


 
 
>TOP

◆◆2008/12/14 22:28
   [mlst-ars-vive 2546] 配偶者控除→村上(潔)様

別の仕事をしていて、ついでに
http://www.arsvi.com/b2000/0308my.htm
にすこし引用追加。

たいへん困難な論文をなんとかしようとしている
村上さん。なんか使える、かもしれません。
フェミ多数派?の言説と、それと異なる
村上さんが追っかけてるものと、それぞれ
何を言っているか…。ただ、これは結局
ただ集めるだけでなくて、どう評価するかという
ところに行かざるをえないのでしょう。

メール返信できてない人います。これから
するつもり。すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/15 08:37
   [mlst-ars-vive 2548] エジプト議会議事録→小川様

以下
http://d.hatena.ne.jp/arg/20081126/1227632291
より。役に立つものかどうか私にゃわかりませんがいちおう。立岩

――以下――

◇東京大学東洋文化研究所、エジプト議会議事録を公開(2008-06-06)

東京大学東洋文化研究所が中東コア地域近現代史資料データベースの一つとし
て、エジプト議会議事録を公開している(2008-06-06)。

・エジプト議会議事録(Parliamentary Records in Monarchical Egypt)
http://ricasdb2.ioc.u-tokyo.ac.jp/egypt/script/
・東京大学東洋文化研究所附属東洋学研究情報センター
http://ricas.ioc.u-tokyo.ac.jp/
・東京大学東洋文化研究所
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/



 
 
>TOP

◆◆2008/12/15 19:43
   [mlst-ars-vive 2556] 1216/18or19/20(立岩→院生様)

16(火)13時(頃)まで
葛城・定藤、に加え杉原(未確定、日にち移動の可能性もあり)

あと高田、三野、渡邉、から希望あり。
(&今週ではないが小宅)
19(金)と
20(土)の企画
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#1220
始まる14時まで可能。

*19(金)は18(木)に変更可能。
19都合わるい(18がよい)という人は知らせてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/16 16:28
   [mlst-ars-vive 2561] アミボイス19日導入(Re: [mlst-ars-vive 2244] お礼→櫻井(悟)様/アミボイス(Re: [mlst-ars-vive 2242] RE: [mlst-ars-vive 2233] お伺い→櫻井(悟)様/竹林他


http://www.advanced-media.co.jp/introduction/amivoice.html
19日、朝9時半、になります。
立ち会って、これからつきあってくださる方いれば
どうぞ。(この時に立ち会わなくても、つきあってくださる方歓迎)。

立岩

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <TAE01303@nifty.ne.jp>
To: <mlst-ars-vive@mlst.ritsumei.ac.jp>
Sent: Wednesday, November 19, 2008 5:56 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2244] お礼→櫻井(悟)様/アミボイス(Re:
[mlst-ars-vive 2242] RE: [mlst-ars-vive 2233] お伺い→櫻井(悟)様/竹林他


> 櫻井さんありがとうございます。
>
>> アミ・ボイスのソフトを使えば、
>> 通常のテープ起こしよりは早くできると思います。
>> WMAファイルをテープに入れなおす必要は、おそらくなくなるかと。
>> パソコン上で、いろいろなショートカットキーを使い音声ファイルを操作できますし、 繰り返し聞くのもかなり楽だったと思います。
>> (アミ・ボイスは学習させたのちに本来の力?を発揮しますので、
>>  最初はテープ起こし用のソフトになるのではないかと思います)
>>
>> そのあたりは、表象領域一回生の鹿島さんが詳しいです。
>
> はい。問題は
>
> 1)このソフト*を使う場合、それをインストールした機械は一つ
> ということになるとして、それをどのように運用していくか。
>
> 2)鹿島さんは(このMLに入ってらっしゃいますよね→鹿島様)
> (長い)無料お試し期間の間に熟練技師者になったわけで
> 今後もバイトでお願いということになりますが、他にやりたい
> やってもよい人についてどうするか?
> そういう人いたら教えてくれますか→鹿島様・櫻井(悟)様
> むろん教えるのも有償の労働ということになります。
>
>*関東の某国立大学の大学院で聴覚障害ある大学院生に
> 対する講義記録?の提供のために使われていると聞いてます。
>  これからだんだん使いつつ研究しつつということで。
> 関心ある人、知らせてください。部分的にでも使えるのであれば
> 来年秋の学会大会で使うつもり、それを第一次的な目標にして
> やっていきます。
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/16 20:53
   [mlst-ars-vive 2563] 1219/20(立岩→院生様)

本日、葛城、定藤、有馬、杉原。
いくつかありますが別便で。

> あと高田、三野、渡邉、から希望あり。
> 19(金)
は前便でお知らせしたように9時半アミボイスの方
10時半(頃)三野さん
http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
12時(頃)
渡邉さん
http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
ということで(よろしいか)。ずらすこと可能。


> 20(土)の企画
> http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#1220
> 始まる14時まで可能。

高田さんからは博士論文ほぼ完成版
送ってもらいました。なにか気がついたらメールでという
ことにしました。

ひぎょんさん+阿部さん、予備論文草稿みることに

他の人々よろしいか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/16 22:56
   [mlst-ars-vive 2567] (繰り返し)書庫のこと(→前便に続き院生他様)

20日に書庫(416)使います。つきましては
それまでに書庫にいる(いく)RA他の院生、PD他のみなさ

1)「あきらかに」不要な段ボールとかごみ(古紙)
として出してください。「あきらかに」整理可能な
ものは整理してください。

2)COEの冊子の本棚の前に(開封しない状態で)
積んであるもの、じゃまにならない場所に
(とりあえず)移動させてください。

3)その他、「あきらかに」室内整備のために
してよいこと、してみてください。

問い合わせ受けます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 17:09
   [mlst-ars-vive 2571] 高田論文/博士論文

高田さん
http://www.arsvi.com/w/tk09.htm
の原稿みてみました。

248000字ということで普通の論文の15本分ぐらい
ある力作で、なかなか読み通すの、骨が折れます。

1)そしてそう単純な筋の論文でもないので、
一つは、要旨を書き足して、分量を多くして、
ようするにこの論文で何を書いたのかを
そこそこ詳しく書くとよいのでは思います。
(今の短い要旨はそれとして残してよいかもしれません。)

2)あと、文献表はやはり注の後に置いた方がよいのではと。

3)誤字など散見されます。
[mlst-ars-vive 2569]で天田さんが書かれている仕事が
始まってますので、そこに、短期集中ということで
依頼するのもよいかと思います。1)の作業を優先させる
ことを考えるなら、3)を外部発注というのも
ありかということです。

4)提出後の直しは可能ですし、やってもらいますが
12月提出の人はかなりきついスケジュールになります。
また、提出された論文はそのまま審査員に渡りますので、
誤字など含めできることは提出締切までにやっておいた方が
よいと思います。誤字あると審査者は思わずチェックしてしまう
ものでして、その手前でなるべくなおしておいた方がよいです。

5)外部審査員についての希望があればお知らせください→高田様
審査でありますから、決定権というものはないのですが
私たちにとっても参考になることがありますので。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 17:09
   [mlst-ars-vive 2576] 関連報道(Re: [mlst-ars-vive 2500] 追加更新(Re: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉

以下にお知らせした交渉のこと
関西だけのようですが、本日18時16分からの毎日テレビ
『VOICE』で報道されるそうです。立岩

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, December 10, 2008 12:01 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2500] 追加更新(Re: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉


> Sent: Saturday, December 06, 2008 8:58 AM
> Subject: [mlst-ars-vive 2470] 1210産科医療補償についての厚生労働省との交渉
>
>> 産科医療補償についての厚生労働省との交渉
>> http://www.arsvi.com/2000/081210.htm
>>
>> 古井さん
>> http://www.cp-research.com/diary.html
>> から多くの人に知らせてほしいということで。
>>
>> http://www.arsvi.com/a/e.htm
>> にも掲載、リンクしてもらいました。石田さん
>> ありがとうございます。
>
> (石田さん、近藤さんありがとうございました。
> ややこしい指示ですいません。伝わらなかった部分もあるので
> こっちでいま手をいれてアップしました。)
> http://www.arsvi.com/2000/081210.htm
> から、各種文書を見れるようになってます。交渉は本日2時からだそうです。
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 18:45
   [mlst-ars-vive 2578] 研究会/院生プロジェクト(→院生様)

http://www.arsvi.com/a/w.htm
に記載されている研究会/院生プロジェクトについて

1)いまちょっと
http://www.arsvi.com/o/o01.htm
とりあえずやって(場所の変更、今度の研究会の情報を
「とりあえず」上にもってくる、牧さんリンク)など
それを業績(「成」)のところにも
http://www.arsvi.com/a/p.htm#12
のせておきました。

研究会については、最低2回はMLに告知お願いします。
そして、報告については 題名を決めてもらい
このML、HP担当者に知らせて掲載してもらってください。
自分でHP更新できる人は、自分でやってください。

2)院生プロジェクトの予算のことですが、
COEの予算ほぼ底をついており、新規の科研費を
一部の企画などにあてなんとかという状態です。
無理して使うことはないです。
予算より使わないのであれば、それはそれで
よいです。そういう場合は知らせてください。
&本はこちらで買いますので、お知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 18:59
   [mlst-ars-vive 2579] 業績(→★皆様)

「成」
http://www.arsvi.com/a/p.htm

岡田さん他にこのごろ作業していただき
追加してます。さっき幾つか加えました。
2007年が458であるのに対して、今のところ(今年中に刊行?のものも含め)
2008年は407になっています。
掲載されていないものが多数あるためと思います。

http://www.arsvi.com/a/p.htm
見ていただき、抜けているものありましたら
webmaster@arsvi.com
あるいはこのMLにお知らせください。

来年夏には中間評価というのを受ける
ことになっています。存続&予算
に関係します。



ここでの企画(院生プロジェクトなど含む)の12月分
ある程度掲載しました。「だいたい」こんな
感じでお願いします。
&この頁と院生個々の頁とのリンクなど
お願いします。→HP様


立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 19:16
   [mlst-ars-vive 2580] 税

http://www.arsvi.com/o/o01.htm
で牧さんが報告されるそうで
(私は隣の部屋におりますが*)

私もすこし
http://www.arsvi.com/d/t07.htm
http://www.arsvi.com/d/t07d.htm

引用などはほぼ直接税、累進課税について
の偏ったものになっています。
まあそれでもご参考まで。


http://www.arsvi.com/a/20081220.htm
です。414の方、早くに終わったら&よろしかったら
どうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 19:25
   [mlst-ars-vive 2581] 催掲載のこと(→院生様HP様)

http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
に掲載するもの、院生の研究会・院生プロジェクトも
掲載しています。もれているものあったら
お知らせください。



あと、情報量すくなくてすむものは
http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm
に貼っていってよいですが
そうでないもの(こちちが主催のもの等)
は基本的には別のファイルを作るということで。
(研究会・院生プロジェクトなどについては各研究会頁
に掲載してそこにリンク。)→HP様

そんなわけで
http://www.arsvi.com/a/200806.htm
http://www.arsvi.com/a/20080623.htm
http://www.arsvi.com/a/20080628.htm
……
http://www.arsvi.com/a/20081023.htm
に加え、
http://www.arsvi.com/a/20081220.htm
を別頁にしました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 19:40
   [mlst-ars-vive 2582] 1219/20続・他(立岩→松枝様院生様)

>> 19(金)
> は前便でお知らせしたように9時半アミボイスの方
> 10時半(頃)三野さん
> http://www.arsvi.com/w/mk20.htm > 12時(頃)
> 渡邉さん
>
http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
その後、松枝さん
http://www.arsvi.com/w/ma01.htm


>> 20(土)の企画
>> http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#1220
>> 始まる14時まで可能。

> ひぎょんさん+阿部さん、予備論文草稿みることに
> ↓
> 他の人々よろしいか?



わりあい頻回見ている人とそうでない人と
かなりはなばだしい差があります。
とくに予備論文こんど提出のはずで音沙汰ない人いて
心配してます。よろしく。
学校空いてない日別として、年末年始対応可能です。



佐藤さん、1月わかりました。
可能な日取りなど、私信ででも知らせていただければ
調整して、ML等に日程お知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 20:47
   [mlst-ars-vive 2583] 補足(→テキスト化バイトしてる人)(Re: [mlst-ars-vive 2574] テキストデータ化すべき本について(天田)

天田さんありがとうございます。



まず研究
http://www.arsvi.com/a/p02.htm
の一環として、こんど立ち上がったMLに以下。

☆1

みなさまよろしくお願いします。
それで、テキスト化の仕事をする人
各工程にかかった時間(他)を記録しておいてほしいのです。
こんどの科研費研究で
いまの手作業でのテキスト化のコストを明らかにし
別の仕組みと比較するといったことを
していくつもりですので、ご協力をお願いしたいわけです。

☆2

[…]
この作業については、読みたいと思う→実際に読めるまでの
時間差*か問題になります。
[…]
*前便の続きですが、受け取ったが何日で
その日、何時間でどこまでの仕事をして、……
納品はいついつ、という記録をとっておいてもらいたいです。



上記☆2に関係しますが、今度入学の方も含めて
テキスト化してほしい本、いまからリクエスト出していただいてよいです。
どうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 20:59
   [mlst-ars-vive 2584] テキスト化続(→教育力強化スタッフ/テキスト化バイトしてる人)

これも天田さんから提起ありましたが
こちらの教員の著作のテキストデータを
入手するという仕事をお願いします。

著者(教員)に依頼し、教員が出版社に依頼し…、
とか
出版社にないものについては(完全に同じものでない場合
もあるでしょうが)著者のてもとにファイルがあれば
使わせてもらうとか。

そういうことにかかわる「コスト」を記録してください。
それを使って、そのまま論文を書くことができます。
書いてください。

データの収蔵先としては
http://www.arsvi.com/1cf.htm
が候補としてあります。

教員の著作は網羅したものではないですが
http://www.arsvi.com/a/b1.htm
http://www.arsvi.com/a/b2.htm
にもリストがあります。

なおこのことについては植村論文
http://www.arsvi.com/2000/0803uk1.htm
を必ず読んでください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 21:27
   [mlst-ars-vive 2585] 催等に写真を(→院生様HP様)

http://www.arsvi.com/a/20080623.htm
http://www.arsvi.com/a/20081023.htm

やはり写真あるとよいです。上の2つは
広報用の既にある写真を使ったものですが
その時の写真を掲載というのもよいです。
催に関わる人はよろしく。

あと片岡さんのところにある程度、
過去の催関係で使える写真ありますので
片岡さんとHPさんとやりとりして貼って
もらっても、と思います。

そうするとやはり、催1つにつき頁(ファイル)1つがよかろうと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/17 21:58
   [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金

http://www.jfc.or.jp/
意外と少ないですが、それでも
ぽつぼつと。誰か定期的に
みて情報ください。

留学生への奨学金の情報も若干あるようです。

あと三菱はなんか出す方向で。
人文…の方は中沢さんとか橋爪さんとか
けっこうまめだなと。
福祉…の方は、やはり難病系かなと。
あと、20日に関係者と相談してみますが
アフリカ関係もありだろうと。

私のこれまで書いた書類*はいかようにも
使ってよいので、誰かやってください。
私はもううんざりなので。もちろん助言などは
いたします。


http://www.arsvi.com/a/p02.htm
http://www.arsvi.com/a/p03.htm
http://www.arsvi.com/a/200702.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 08:27
   [mlst-ars-vive 2589] 1219/20続々・他(立岩→山口様院生様)

>>> 19(金)
>> は前便でお知らせしたように9時半アミボイスの方
>> 10時半(頃)三野さん
>> http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
>> 12時(頃)
>> 渡邉さん
>> http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
> その後、松枝さん
> http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
その後 山口さん
http://www.arsvi.com/w/ym10.htm

いられる人は早めからいて&居残って
みなでやりましょう。

>>> 20(土)の企画
>>> http://www.arsvi.com/a/e2008a.htm#1220
>>> 始まる14時まで可能。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 10:43
   [mlst-ars-vive 2590] 労働本のこと現況(Re: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)

以前、以下のメール出した立岩です。

その後、いろいろと構成を考え、
まず、200頁程度の、税
http://www.arsvi.com/d/t07.htm



----- Original Message -----
Sent: Wednesday, September 10, 2008 12:19 PM
Subject: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)


> 5年ぐらい前から言ってきたように思いますが
> 労働についての本。への院生・ODの参画の件。
>
> 『現代思想』の連載(いま37回目を書いているところ)
> のうち、家族・性分業に関わる話の部分を除いた部分
> http://www.arsvi.com/ts2000/2007016.htm
> で1冊ということを考えていて(順序等はかなり変えます)
> たんに足してみたら文献表別にして350頁〜ぐらいになってしまい
> それだけで1冊になってしまい、他を入れる
> 余地がなくなってしまう。
>
> それでさっき考えて、第25回から第28回+第36回の
> 有償/無償論議を切り離し(第27・28回の一部は今回のものでも
> 使用)、別で使うことがあったら使うことに。
> すると、約8万字(所謂200枚)減る。するとその分
> 他を入れることができる。
>
> (ちなみに、第29回から第35回
> http://www.arsvi.com/ts2000/20080029.htm
> は、順序入れ替え、書き足しなどして
> http://www.arsvi.com/ts2000/2008b2.htm
> に収録しました。このことはまた別便で。)
>
> ということで、(橋口さんには漠然としたことを
> 幾度か話したことがありますが)
> 文献を紹介しながらの、議論・政策・…の動向の紹介
> (むろんそこには、各自の見立てが入ってくるでしょう)
> といったものを、3つ合わせて、減らした分ぐらい
> (つまり、〜8万字ぐらい)
>
> 小林さんにワークフェア
> 斉藤さんにベーシックインカム
> 橋口さんに、橋口さんの守備範囲のこと
>
> を書いてもらうということでいかがでしょう?→お3方。
>
> あと(上記に加え)
> 今回(も)私はなにも勉強せずに書いていますので
> 注を適宜いれ(増やし)、上記のお3方(に限らなくてもよいのですが)
> の勉強の成果をいれる、その際には注の書き手の名
> を記すというのもありかとも。
>
> 出版社(青土社)とは
> 本を出すことについては決定済み。
> ただこの話は(具体的な案は今日思いついたので)まだしていません。
> ただ、いけると思います。筆者の名をどうするかとかそういうことは
> これから。
> 印税は、全体の文字数分の各自が書いた文字数に応じて
>ということになると思います。
>
> 来年の頭ぐらい、遅くとも春には出してしまうつもりなので
> ささっと仕事はやってもらいます。
> ということで、よい返事をお待ちしています。→お3方
>
> なお、+私も、という人の参入もありえます
> が、基本的に自力で書ける、なおさずにすむ
> (=私の省力化のために(も)お願いする)
> ということですのでそこはよろしく。
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 10:52
   [mlst-ars-vive 2591] 労働本のこと現況(Re: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)

*前便誤送信です。すみません。

以前、以下のメール出した立岩です。

その後、迷いつつ、いろいろと構成を考え、

まず、薄い、200頁程度の、たぶん税
http://www.arsvi.com/d/t07.htm
のことに関わる話(いま3回分書いてあって
あと2回は書くことになるだろうと、+
別の人に書いてもらうのを加える)
を来年の前半に出すことになろうと。

下記はその後、ということで、すこし
時期がずれますが、書いては
いただくつもりですので、よろしくお願いします。
下書きとかいただければ、相談のります。
はた迷惑ではありますが、上記の薄いを別として
すくなくとも2冊出すことになると思います。

立岩

――以下――

----- Original Message -----
Sent: Wednesday, September 10, 2008 12:19 PM
Subject: [mlst-ars-vive 1397] 労働本に関する提案お願い(→小林/斉藤/橋口様)


> 5年ぐらい前から言ってきたように思いますが
> 労働についての本。への院生・ODの参画の件。
>
> 『現代思想』の連載(いま37回目を書いているところ)
> のうち、家族・性分業に関わる話の部分を除いた部分
> http://www.arsvi.com/ts2000/2007016.htm
> で1冊ということを考えていて(順序等はかなり変えます)
> たんに足してみたら文献表別にして350頁〜ぐらいになってしまい
> それだけで1冊になってしまい、他を入れる
> 余地がなくなってしまう。
>
> それでさっき考えて、第25回から第28回+第36回の
> 有償/無償論議を切り離し(第27・28回の一部は今回のものでも
> 使用)、別で使うことがあったら使うことに。
> すると、約8万字(所謂200枚)減る。するとその分
> 他を入れることができる。
>
> (ちなみに、第29回から第35回
> http://www.arsvi.com/ts2000/20080029.htm
> は、順序入れ替え、書き足しなどして
> http://www.arsvi.com/ts2000/2008b2.htm
> に収録しました。このことはまた別便で。)
>
> ということで、(橋口さんには漠然としたことを
> 幾度か話したことがありますが)
> 文献を紹介しながらの、議論・政策・…の動向の紹介
> (むろんそこには、各自の見立てが入ってくるでしょう)
> といったものを、3つ合わせて、減らした分ぐらい
> (つまり、〜8万字ぐらい)
>
> 小林さんにワークフェア
> 斉藤さんにベーシックインカム
> 橋口さんに、橋口さんの守備範囲のこと
>
> を書いてもらうということでいかがでしょう?→お3方。
>
> あと(上記に加え)
> 今回(も)私はなにも勉強せずに書いていますので
> 注を適宜いれ(増やし)、上記のお3方(に限らなくてもよいのですが)
> の勉強の成果をいれる、その際には注の書き手の名
> を記すというのもありかとも。
>
> 出版社(青土社)とは
> 本を出すことについては決定済み。
> ただこの話は(具体的な案は今日思いついたので)まだしていません。
> ただ、いけると思います。筆者の名をどうするかとかそういうことは
> これから。
> 印税は、全体の文字数分の各自が書いた文字数に応じて
> ということになると思います。
>
> 来年の頭ぐらい、遅くとも春には出してしまうつもりなので
> ささっと仕事はやってもらいます。
> ということで、よい返事をお待ちしています。→お3方
>
> なお、+私も、という人の参入もありえます
> が、基本的に自力で書ける、なおさずにすむ
> (=私の省力化のために(も)お願いする)
> ということですのでそこはよろしく。
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 11:06
   [mlst-ars-vive 2592] 英国終末本

こんどの雑誌に長い論文が載ることになったわけですが
その雑誌の売れ行きにマイナスにならない、むしろ
プラスになるようなやり方で、来年中に本を1冊出すと
よいと思います。

http://www.arsvi.com/d/et-gbr.htm
からリンクされる頁が増補されていないのはよくありません。
増補されることになっていたはずです。

(そういう、することになっていてなされていないことが
数限りなくあるように思います。みなさんよろしく。)

こんどのは4名共著ということですが、本については
各章を一人ずつが分担するのがよいと思います。
雑誌に載ったものをさらに改善する

http://www.arsvi.com/d/et-gbr2003j.htm
等について加えたらよいと思います。
これまで、学会報告などにおいては、4人+的場さん以外にも
参加した人いたわけで、よろしかったらそういう人たちも。



関係者で
http://www.arsvi.com/o/y01.htm
に入ってない人いたら、入ってもらうとよいと思います。
佐々木さんという英国在住の方がいて(研究会で2度ほど
会ったことある人です)英国情報など
提供してくれています。MLへの参加希望者は
川口さんまでメールしてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 12:27
   [mlst-ars-vive 2594] 三菱申請始動(Re: [mlst-ars-vive 2586] 助成財団/奨学金

> http://www.jfc.or.jp/

http://www.mitsubishi-zaidan.jp/
社会福祉の方で。

堀田さん
http://www.arsvi.com/w/hy03.htm
案では
「進行性難病患者の退院移行支援と在宅療養生活
支援に伴う諸課題に関する調査研究」

を、もっと短くしたようなものになろうかと。

こういうテーマではalsentanというMLがあります。
さっきの堀田さんのメールが1096通目でした。
来年4月入学予定の伊藤さんなんかも入って
ます。希望者はどうぞ(誰が管理人なのか
わかっていません)*。

*MLを紹介する頁をHPに作るという話も
ありましたね…。

ほかの(多くもっと額の少ない)助成にも
同様のもので出すことできると思います。
あったら教えてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 12:54
   [mlst-ars-vive 2598] 情報保障障害学生支援関係ML

こんど採択になった科研費研究
http://www.arsvi.com/a/p02.htm

研究費、学外の分担研究者にまったく割り振らない
というのはできないということで、一人5万円という
「さいてい」な額を、福島・星加(東大)、石川(静岡県大)
美馬(京大)、上農(九州保健福祉大)にとはいうことにして
(させていただいて)こちらにたくさん残しました。

で、できるところから始める(始めてもらう)わけですが、
現在、

先端研 立岩、青木、植村、韓
人間研 望月、吉岡
支援室 スタッフ3名
生存学事務局
をメンバーとするMLがあります。これまで
今度でる学生支援・情報保障(テキスト化…)関連の冊子
のことでのやりとりが多かったのですが
そのうちこれも一段落つくでしょうから
上記した学外のみなさんにも入ってもらって
やっていこうと思います。

院生のみなさんに研究てもらい、成果を出してもらいたいわけで
参加希望の方、私に連絡ください。

以下はそのMLに11月15日に出したメールの一部

1)は学内に残るのは、上記5万× を引いた分です。

2)は2台の機械で使えるようにした+保守費など含め
もっとかかりました。

立岩

――以下――

1)関係するテーマの科研費がとれました。
概要は
http://www.arsvi.com/a/p02.htm
新学術領域研究(研究課題提案型)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/08021819/002.htm
です。3年もの。今年度800万。

2)400万ほどかかりますが、今年はアミボイスというのを買います。
http://www.advanced-media.co.jp/
聴覚障害の人が使える可能性があります。
東京大学の大学院で大学院生に対して使い
始めたと聞きます。(メーカーの人は関東地方の大学としか
教えてくれませんでしたが、東大にいったおりその話聞きました。)
学会などでのPC要約筆記のかわりにならないかと
考えています。(完全な代替は到底無理のようですが
人が一人つくかたちである程度のことができるのではないかと。)
支援室にお金あったら、わりかんで、とはならないか。

3)松原さん首班で、ディジタルデータの流通に関する研究会
始まりました。総務省、国会図書館の人なども。学者では石川准さんも。
私もはいってます。韓さんと青木さんがオブザーバー参加して
くれました。年度内に報告書出します。これからのあり方を
提案することが目的です。

4)年あけに、日本障害者リハビリテーション協会が
ダスキンの財団のお金でやっている、アジアの障害者の日本での
研修事業で、台湾の女性の障害者(ポリオの人)が研修ということで
こちらに来ます。障害学生支援のことを勉強したいそうです。
このことはまた。

5)冊子の方は進んでいるのだろうと思います。それを引き継ぎ
市販される単行本というのもありだと思っています。それはぼつぼつ。

6)支援室のスタッフ[…]? このMLに
「責任ある立場」の方も入っていただくというのはどうかな
などと思ったものですから。

とりあえずこんなところです。これからよろしく。

                         立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 13:30
   [mlst-ars-vive 2601] 研究助成実績・業績(→HP様他)

一宮さんから研究報告書(案)をいただいて
そういえばということで、
以下「成」に貼っといください→HP様

一宮 茂子 「人はどのような状況で生体肝移植ドナーになっていくのか――グラウンデッド・セオリー・アプローチによる家族間の相互作用過程の分析」,松下国際財団研究助成
上農 正剛(分担研究者) 「異なる身体のもとでの交信――本当の実用のための仕組と思想」,科学研究費補助金・新学術領域研究(研究課題提案型)

あと、このMLに永田さんから&
webmaster@arsvi.com
に渡邉さん、西田さんから、今年の業績報告ありました。
ありがとうございました。
教員含む他のみなさまもよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 15:20
   [mlst-ars-vive 2603] 英文メールマガジン送付先募集(→★教員様も)

こんど、英語のメールマガジンを出すことにしました。
片岡さんにいま原案作っていただたところです。
ごく短いもので、詳しくはHPみてください
みたいなものです。

そこで、こちらでもいくらかリストは作っているのですが
宛先のお知らせいただきたいのです。

・名前
・アドレス
・(なくてもよいですが)所属・専攻など

片岡さん
katami-a@st.ritsumei.ac.jp
までお送りください。クリスマスの前には発送します。



関西学院のもう終わったCOEとか
千葉大の公共…COEとか
では日本語のメールマガジン出してます。
そうたいした手間ではないので、出してもよいのですが…。
やった方がよいとかやめた方がよいとか
意見ありましたらどうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 16:00
   [mlst-ars-vive 2606] お詫び・12月末〜(→院生様他)

同じメール3つすみませんでした。
メーラーがしばしおかしくなって、そういう
ことになってしまいました。たいへんメールが
多いなか、もうしわけありません。
(が、とりわけ院生諸氏には大切なものも
ありますので、読んでください。)



12/31〜1/2以外学校に入れるみたいなので、
〜26日(金)はパスさせてもらって

> 12月27日(土)
> 12月28日(日)
> 12月29日(月)
> 12月30日(火)

> 1月3日(土)
> 1月4日(日)

のいずれか1日、対応します。
小宅さん
http://www.arsvi.com/w/kr04.htm
は上記OKとのことです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 17:32
   [mlst-ars-vive 2607] 福祉社会学会(Re: [mlst-ars-vive 2543] 応益負担/福祉社会学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jwsa/

日本福祉大学会場で、来年6月前半ということですから
0606土0607日 か 0613土0614日
ということかと。

申し込みは例年だと3月中旬までのようです。

シンポジウムは、とりあえず以下の方向で、提案しました。
その前に岡部さんに打診。岡部さんは福島さん
cf.
http://www.arsvi.com/2000/0412fs.htm
の方がよいのではとしつつ、基本的に了。あとはK氏に
来ていただけるか。そういうことも含めて、まだ
決まってないです。

この件で23日に上智で会議があって出ねばなりません。
またお知らせします。

どういうものになるにせよ、私はじめてこの学会大会行きますので
みないっしょになんやかややりましょう。



これまでにこの学会関係での、ここの院生の報告等については
HP「内」を検索で見てください。

立岩

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <TAE01303@nifty.ne.jp>
To: <mlst-ars-vive@mlst.ritsumei.ac.jp>
Sent: Saturday, December 13, 2008 10:45 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2543] 応益負担/福祉社会学会


> さっきjsds(障害学のML)に配信された岡部さん
> http://www.arsvi.com/w/ok01.htm
> のメールの一部。
>
> 2度ほどこのMLに来年の福祉社会学会大会の
> シンポジウムのテーマを考えてくださいと
> 流しましたが、誰も考えつかなかったみたいで
> &私もなんにも思いつかず、でしたが
> 以下のお二方とかいいな、と今思い
> 今岡部さんに打診したところ。
>
> 立岩
[…]


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 18:16
   [mlst-ars-vive 2608] アミボイス導入に際し(→櫻井(悟)様鹿島様)

> http://www.advanced-media.co.jp/introduction/amivoice.html
> 19日、朝9時半、になります。

試用版インストールされていた機械(ノート)はどこでしょう?
一つは、そこに入れることになると思います。

一つは、416にあるデスクトップかなと。
何台かあるうちのどれがよいとか、どれは使わないでくれ
とかあったら教えてください。
あとIDパスワードあるらしいですが、教えてください。
(私は使ったことないので。)



録音記録の文字化のバイトするつもりの人は
このソフトけっこう使えるみたいなので、明日
来てみるとよいかもしれません。むろん、そのうち
覚えればよいわけで、いなければならないという
ことではありません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 19:25
   [mlst-ars-vive 2610] 英語論文企画始動

出せるときに出しておこうということで
大量メールになってます。

以前にも書きましたが*、
障害学・生命倫理…の領域で
英語雑誌に論文出そうという企画を
始めました。PD3人と私ですが
他にいれば私に連絡ください。


http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm
の11月20日あたりからしばらくのメール。

結局、もの書いてなんぼ、だと思います。
それ以外のこと(イベントとか)は所詮おまけでしかありません。
そういうことでCOEの申請もしてますし
そんな方向にやっていくつもりです。

&「どなたかよろしく」とか言っていると
ここではけっしてなにごとも進まないことを
ずっと感じてまいりましたので、
介入を強化します。



Disability & Society
印刷かコピーかしてくれる人いませんか?
もちろんバイトです。
印刷物を購入するのはもったいないので。



リーズ大学の方々は来年度は無理ということに
あいなりました。さ来年度はありだと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/18 22:17
   [mlst-ars-vive 2611] お伺い:出版助成の場合の印税→事務局様

院生多数が翻訳に参加しているポッゲ
http://www.arsvi.com/w/pt02.htm
の訳本、立命館の出版助成受けるのに
まさに最適ですが、
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2225
http://www.arsvi.com/ml/2008p11.htm#2245

受ける場合の印税はどうなるのか、調べたら
わかるのでしょうが、調べられてません。
このMLに教えてください→事務局様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/19 07:14
   [mlst-ars-vive 2612] 明日20日:アパルトヘイトから民主化へ…

14時〜 創思館416
http://www.arsvi.com/a/20081220.htm
みなさん(他に用ある人→終わってから、含め)
どうぞよろしく。

新山さん
http://www.arsvi.com/w/nt08.htm
が会場設営などしてくださっています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/19 07:30
   [mlst-ars-vive 2613] 1219/20続々々・他(立岩→院生様)

>>>> 19(金)
>>> は前便でお知らせしたように9時半アミボイスの方
>>> 10時半(頃)三野さん
>>> http://www.arsvi.com/w/mk20.htm
>>> 12時(頃)
>>> 渡邉さん
>>> http://www.arsvi.com/w/wa01.htm
>> その後、松枝さん
>> http://www.arsvi.com/w/ma01.htm
> その後 山口さん
> http://www.arsvi.com/w/ym10.htm
>
> いられる人は早めからいて&居残って
> みなでやりましょう。

アミボイスのことでは櫻井(悟)さん
ありがとうございました。渡邉さんからは草稿もらってます。
必要な人には転送します。

>>>> 20(土)の企画
>>>> http://www.arsvi.com/a/20081220.htm
>>>> 始まる14時まで可能。

12時、中倉さん
http://www.arsvi.com/w/nt05.htm
これは、HP関係の相談。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/20 09:34
   [mlst-ars-vive 2617] 転送(英国障害学関連)

障害学のMLに
[jsds:14530] (再送)障害学研究会中部部会第5回研究会開催のお知らせ
への追加情報として今送ったものです。
ご参考まで。立岩

――以下――

以下の本日の研究会関連で

シェイクスピア氏
http://www.arsvi.com/w/st19.htm
シェルドン氏
http://www.arsvi.com/w/sa12.htm

中身ないですがいちおう。ちなみに
シェイクスピア氏の本「ちらっ」と見て
みましたが、見た範囲のところについては
どうなのよ、という感あり。

本日、こちらでも企画2つあり
http://www.arsvi.com/a/20081220.htm
http://www.arsvi.com/o/o01.htm
参加できませんが、御盛会を祈念いたします。

じつは、来年度(学会大会にもあわせ)
バーンズ氏あるいはシェルドン氏に
集中講義に招聘ということを考え
平さん、長瀬さん、田島さんにおおいに
力になっていただき、折衝したのですが
来年度は実現されないということになりました。
ただ引き続き、こちらのCOEの活動の
一環としても、関係を作っていきたいと思っております。
ご協力よろしくお願いいたします。



今回の研究会情報
http://www.arsvi.com/a/e.htm
に掲載されていないことにさっき気がつきました。
私か、もう一人の人が、このMLに
掲載依頼をしているのですが、そこがうまく
いかないと載らないことがあります。すみません。
webmaster@arsvi.com
宛にお知らせいただければ確実に掲載されます。




『流儀』よろしくお願いいたします。
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm

立岩

――以下――

----- Original Message -----
From: <ktnabe@h7.dion.ne.jp>
To: <jsds@fuji.u-shizuoka-ken.ac.jp>
Sent: Sunday, December 14, 2008 5:24 PM
Subject: [jsds:14530] (再送)障害学研究会中部部会第5回研究会開催のお知らせ


> 障害学メーリングリストの皆様
>
> こんにちは。渡辺克典@名古屋大学です。
>
> 障害学研究会中部部会 第5回研究会のお知らせ(再送)です。
>
> ウェブサイトに発表用レジュメをテキストファイルにてアップしました。
> http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~socio/watanabe/ds-chubu/
>
> 参加される方は、使い勝手の良い媒体でご持参ください。
> (当日、墨字・点字・拡大レジュメは準備いたしません。)
> ダウンロードが難しい方は、下記の連絡先まで別途ご相談ください。
>
> また、開催場所が同階の7Aから7Bに変更となりました。
> (お隣のお部屋ですが)ご注意ください。
>
> 以下、案内文(再録)となります。
>
>
>
> 今年の障害学研究会中部部会のテーマは
> 「障害学についてより深く学ぶ」です。
>
> 社会モデルの考え方は現在どのように発展してきているのでしょうか。
> 今回はイギリス障害学者の一人Tom Shakespeare
> Disability Rights and Wrongs(2006)の内容および
> Disability&Society22(7)上で行なわれた書評シンポジウムの内容を紹介します。
> そのことによって、現在どのように社会モデルについての議論がなされているのかを
>
> 描き出せればと思っています。
> テキストを読まなくても参加できる形での研究会にしますので、ぜひご参加下さい。
>
>
> 以下は次回研究会の詳細です。
> -----------------------------------
> 第5回研究会
> 日時:12月20日(土)13:00〜16:00
>
> 場所:日本福祉大学名古屋キャンパス北館7階7B
> 〒460-0012名古屋市中区千代田5-22-35
> 地下鉄鶴舞線「鶴舞」駅2番出口
> JR中央線「鶴舞」駅公園口より徒歩2分
> ※ともにエレベータあり
> http://www.netnfu.ne.jp/nagoya/
>
> 参加費:500円
>
> テキスト形式のレジュメを以下のウェブサイトに掲載しています。
> http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/~socio/watanabe/ds-chubu/
> 各自ダウンロードの上、使い勝手の良い媒体でご持参ください。
> (当日、墨字・点字・拡大レジュメは準備いたしません。)
> ダウンロードが難しい方は別途ご相談ください。
>
> お問い合わせは、下記までお伝えください。
>
> 連絡先:ds.chubu@gmail.com
>
> ---------------------------------
>
> 以上、よろしくお願いいたします。
> それでは失礼いたします。
> --
> 渡辺 克典 (WATANABE Katsunori)
> 名古屋大学大学院環境学研究科 社会学講座


 
 
>TOP

◆◆2008/12/20 10:13
   [mlst-ars-vive 2618] 文献表/『Core Ethics』

昨日から今日、メール&じかに
『Core Ethics』関係など。

今朝にかけても幾つか着いてますが
ちょっと時間的に見れない可能性大です。

形式面の整備もよろしく。
論文作成マニュアル片岡さん
作ってくださってるのもあるわけで
ご覧ください。

あと教育力強化のスタッフに
見てもらってください。できるだけ
校正の段階でのなおしは少なくしたい
ということもあります。

文献表で、共著の本、誰かが編者になった本
の一部として書かれている文章については
いくつかやり方はありますが、

安積… 1990 「」,安積他[1990:10-40]
安積…・……・……・…… 1990 『……』,藤原書店

のように、本を一つの文献としてあげ
そこに収録されているものをまた別のものとしてあげ
上記のように、それがどこに収録されているかを示す
というやり方がよいだろうと。
cf.
http://www.arsvi.com/d/als-b2.htm
(これは本に掲載されているものはすこし異なります。
例えば発行年月日まで記載されているものがありますが
文献表では月日は不要です。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/20 10:45
   [mlst-ars-vive 2619] 配架お願い(→RA様院生様)連絡(→橋口様)

天田さんの本(黄色の○付いているの)
http://www.arsvi.com/b/b.htm
にデータあるもの(つまり発行年順棚では複数あることになる)
を100冊ほど配架用のところにおいときました。
(勘が働くということがあるので、私がある程度やりました。)
配架してください。
他にもやってもらうことたくさんあります。

橋口さん経由でお願いしている方
上記のようなことについて連絡とれればと思います。
あと、年末・年始の(建物閉まっている日以外の)夜
仕事してもらう場合には暖房の関係もあります。
そんなこんなありますので→橋口様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/21 00:12
   [mlst-ars-vive 2628] 配架お願い続(Re: [mlst-ars-vive 2619] 配架お願い(→RA様院生様)連絡(→橋口様)

以下に加え本日、津山さん(私と同じ年で、慶応・文・社学、知ってる人しか
知らない、山岸ゼミの出であるとのこと)
http://www.ewoman.co.jp/winwin/75tn/
のお話を聞きつつ
+50冊。結果配架用棚5段分になりましたので、作業可能な人はさっそく
それらを出版年順棚に配架お願い。訳本については訳本が出た年という
ふうにしてますので、そこのところもよろしく。すぐに見つかれば同じ本は
同じ本の隣に。立岩

――以下――

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <TAE01303@nifty.ne.jp>
To: <mlst-ars-vive@mlst.ritsumei.ac.jp>
Sent: Saturday, December 20, 2008 10:44 AM
Subject: [mlst-ars-vive 2619] 配架お願い(→RA様院生様)連絡(→橋口様)


> 天田さんの本(黄色の○付いているの)
> http://www.arsvi.com/b/b.htm
> にデータあるもの(つまり発行年順棚では複数あることになる)
> を100冊ほど配架用のところにおいときました。
> (勘が働くということがあるので、私がある程度やりました。)
> 配架してください。
> 他にもやってもらうことたくさんあります。
>
> 橋口さん経由でお願いしている方
> 上記のようなことについて連絡とれればと思います。
> あと、年末・年始の(建物閉まっている日以外の)夜
> 仕事してもらう場合には暖房の関係もあります。
> そんなこんなありますので→橋口様
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/21 20:24
   [mlst-ars-vive 2631] READのHP

HP発見
http://www.read-tu.jp/index/
科研費の一種?の、
学術創成というもうなくなったと聞く
研究費受けているもので、
予算規模的にはここのCOEの2.5倍ぐらい。
成果については?ですが雇用対策としては
機能している、といったところか。

実質これをきりもりしているのは
http://www.arsvi.com/w/no01.htm
さん。

臼井さんと瀬山さんがこんどこちらの
書庫に、年末・年始に調べものに
いらっしゃることになってもいます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/21 20:30
   [mlst-ars-vive 2632] 御礼(印税のこと)→サトウ様(Re: [mlst-ars-vive 2622] Re: [mlst-ars-vive 2614] Re: お伺い:出版助成の場合の印税→事務局様

サトウさんありがとうございます。

> 初版

これは実際には「初刷」を指すのでしょう。助成を受けるなら
初刷の印税はなしということですね。

今回のポッゲについてざっと計算してみて
せいぜい訳者一人〜4万円とか、ではないかと。ならば
助成を受けて本の値段を安くする、初刷の数を減らして、第2刷が出るのを
期待する、(ちょっと編集者の健康上の事情も絡んでおり)
原稿完成までの(院生による)作業については別の財源を
考えるというやり方の方が合理的かもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/22 10:27
   [mlst-ars-vive 2635] 英文HPトップすこし

片岡さんに御尽力いただいている英語頁ですが
英文メールマガジン*(あっさりした短いの、中身はHP見てね
みたいな)を出すこともあり、
その表紙のところだけ(+α)すこし変えてみました。
http://www.arsvi.com/a/index.htm
(前のもバックアップありますので、戻すこともできます。)

まだいろいろした方がよいことあると思います。

 *前にもお知らせしましたが「顧客リスト」作成中ですので
 送ってよいだろうという方の名前・メールアドレス(+専攻・所属等)
 片岡さん(katami-a@st.ritsumei.ac.jp)
 にお知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/27 09:49
   [mlst-ars-vive 2668] 1230立岩(→院生様)

学校に行くことに。院生では小宅さん
http://www.arsvi.com/w/kr04.htm
(研究科のHPとの統合・整理、よろしく→HP様)
他。あと、各種打ち合わせ等。
必要な人連絡ください。

予備論文等書いているはずの人、
順調に進んでいるならよいですが
(よいことにしてますが)
でないとしても(連絡ない場合)、
わたしはしらん。立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/23 18:38
   [mlst-ars-vive 2640] 0607/08福祉社会学会・1114/15生命倫理学会

だそうです。福祉社会学会大会は日本福祉大学校舎
生命倫理学会大会は東洋英和女学院大学横浜校だそうです。

前者
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jwsa/
についてシンポジウムを担当させられる
ことになりました。またお知らせ・お願いします。
やはり前者について、3月9日、報告、テーマセッション
申し込み締切のようです。テーマセッションの企画を
出すというのもありではないかと。またお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/24 11:06
   [mlst-ars-vive 2643] 勇美終了/助成関連

http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/
本日必着ということで、こんど入学の人も含め
複数*申請出したという連絡をもらっています。
(*助成ジャンルが違うので競合しないですんで
ます。)

他、締切迫っているもの、準備よろしく。

まったく忘れてましたが
http://www.arsvi.com/0x/g01.htm
作ってはあるのでした。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/24 12:03
   [mlst-ars-vive 2644] 不動系交信術

昨晩忘年会、幾人かしばらく
話してなかった人と話せてよかったです。

http://www.arsvi.com/d/als-c.htm
この文字量が論文1本の3分の2ほど。
使ってもらい、足してもらって論文に。
まず、一番下のところにある「歴史」のところを
補充するようなつもりで→中田様
http://www.arsvi.com/w/nk10.htm
(HP中身よろしく。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/24 14:03
   [mlst-ars-vive 2645] 0208高等教育における障害学生支援に関するセミナー

以下案内いただきました。
誰を派遣するかは未確定ですが
こちらからも参加予定です。

催によろしく→HP様

立岩

――以下――

下記のように実施しますので、是非、ご参加ください。
登録用紙ファイルが必要な方はkitamura-yayoi@rehab.go.jpまでご請求ください。


高等教育における障害学生支援に関するセミナーご案内
?日米のネットワーク構築をめざして?

【趣旨】厚生労働省障害者自立支援調査研究助成「地域におけるインクルーシブな 情報提供サービスによる情報障害者への支援に関する研究」(代表:河村宏)により 招聘するジム・マークス氏(米国モンタナ大学障害学生支援部長、次期AHEAD会長:
Association of Higher Education and Disability)・ 渡部美香氏(同大学障害学生支援コーディネーター)と 日本で高等教育における障害学生支援に関わる人々の 交流と情報交換を目的とします。 オブザーバーとして、当事者学生、家族、支援学生、教育機関教職員(小学校から大学)等 の皆様にご参加いただきたくご案内申し上げます。

【日時】平成21年2月8日(日曜日) 13:00?16:30
【場所】東京大学山上会館 大会議室(東京都文京区本郷7?3?1)
【情報保障】同時通訳、PC要約筆記、手話通訳
【主催】NPO支援技術開発機構(ATDO: Assistive Technology Development
Organization)
協力:東京大学医学教育国際協力研究センター
【募集人員】100名
【参加費】無料
【登録】氏名(日英)、所属(日英)、住所、電話、メールアドレス、 必要な情報処理、活動資料の配布希望、自己紹介&活動紹介をFAX(04-2995-3132)またはメール(kitamura-yayoi@rehab.go.jp) でできるだけ1月15日までにお送り下さい。 自己紹介・活動紹介が日本語の場合は主催者が翻訳し事前に英語版ファイルを Jim Marks氏とGeorge Kerscher氏にお渡しします。その後の申し込みも定員に達す
るまで承ります。連絡先はAHEADとの交流のためにファイルでJim Marks氏と渡部美香氏にお渡しする予定です。
【プログラム】
13時 開会あいさつ:山内繁(NPO法人支援技術開発機構理事長)
開催趣旨:河村宏(NPO支援技術開発機構、国立障害者リハビリテーションセンター研究所、DAISYコンソーシアム会長)
http://www.daisy.org/stories/hiroshikawamura.shtml
13時20分 Jim Marks「障害学生支援と支援者のネットワーク:米国の状況」
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/social/usstudents.html
http://www.daisy.org/stories/jimmarks.shtml
13時50分 〜16時10分 障害学生支援:日本の状況、
各10分程度、タイトル・講演順は仮
殿岡翼(障害学生支援センター) 障害学生支援における官庁・大学・民間の役割分担

山本幹雄(広島大学 アクセシビリティセンター) 広島大学の取り組み
高橋知音(信州大学)    信州大学における発達障害学生支援
水内豊和(富山大学)    富山大学における発達障害学生の包括的支援
鈴木昌和(九州大学、数学) 視覚障害学生への理科教育をすすめるサマーキャンプ
近藤武夫(東京大学先端研) 発達障害学生への情報支援について
渡辺哲也(国立特別支援教育総合研究所) 学会・研究会での情報保障
立命館大学 グローバルCOE生存学創成拠点
広瀬洋子(放送大学)    障害学生とe-learning
石川准(静岡県立大学)   学生として教員としての経験と意見
コメント:渡部Taylor美香(モンタナ大学障害学生支援コーディネーター)
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/ld/dss.html
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/resource/ld/071121_workshop/index.html
George Kerscher (DAISYコンソーシアム事務局長、RB&D代表、盲導犬利用者)
16時10分〜16時30分 討議

2月7日には国リハ(埼玉県所沢市)でJim Marks氏らによる国際セミナーを行います。


一部の講演者は重複しますが、異なる演題ですので、あわせてご参加ください。

よろしくお願いします。

以上


 
 
>TOP

◆◆2008/12/26 09:41
   [mlst-ars-vive 2661] 0105立岩(→院生様)

阿部(あ)さん等から連絡あり。
1月は5日にしようかと。
おもに予備論文の人たち(予備演習3)と
考えていますが他も、時間あれば可能です。

とにかくこの10日で、書くだけ書いてください。
削ったり並べかえたりはこちらから指図・助言
できますが、字を書くことはできません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/26 10:31
   [mlst-ars-vive 2662] 0131村上(潔)出演

人文書院の松岡さんより。

HP(催等)掲載よろしく→HP様

立岩

――以下――

■ジュンク堂大阪トークセッション

2009年1月31日(土)14:00〜

『フリーターズフリー』vol.02 出版記念
(有限責任事業組合フリーターズフリー編集・発行/人文書院発売)

労働にとって「女性」とは何か
―家族・性・労働をめぐって―

栗田隆子×生田武志×村上潔

「フリーター問題は女性労働問題だ」
労働問題、とりわけ不安定雇用問題において、
もっとも重要でありながら、見落とされがちな「女性」と「家族」。
戦後日本における女性たちの運動を振り返りながら、
あらためて「労働」を問い直します。
「フリーターズフリー」創刊以来、初めての関西イベントです。

パネラー紹介
★栗田隆子(くりた・りゅうこ)/1973年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員、「女性と貧困ネットワーク」呼びかけ人。現在、国立保健医療科学院非常勤職員。雑誌・新聞などに寄稿多数。
★生田武志(いくた・たけし)/1964年生まれ。有限責任事業組合フリーターズフリー組合員。現在、野宿者支援活動。著書に、『〈野宿者襲撃〉論』(人文書院)、『ルポ 最底辺 不安定就労と野宿』(ちくま新書)。
★村上潔(むらかみ・きよし)/1976年生まれ。立命館大学大学院先端学術総合研究科博士課程に在籍。戦後日本における「主婦」の「労働」をめぐる思想と運動について研究。

☆会場…3階喫茶にて。入場料500円(定員40名)
☆受付…3階東カウンターにて。電話予約承ります。

ジュンク堂書店 大阪本店


 
 
>TOP

◆◆2008/12/26 19:56
   [mlst-ars-vive 2664] 出版助成と印税続/雑誌の形

Sent: Sunday, December 21, 2008 10:33 AM
Subject: [mlst-ars-vive 2632] 御礼(印税のこと)→サトウ様(Re:
[mlst-ars-vive 2622] Re: [mlst-ars-vive 2614] Re: お伺い:出版助成の場合の印税→事務局様

よく御存知の方から
立命館の出版助成を受けることすなわち
印税放棄ということではない
ことを知らせていただきました。

ただ、印税が得られるぐらいだったら
助成を受けずに出せば、というふうに
判断される可能性もあるという
ことでちょっと考えどころです。



今度でる雑誌、『生存学』というべたな名前になりました。

形ですが、A5よりすこし背を高くということで
『現代思想』の形と、『クォーターリーat』(もっと細長い)の形と
どちらがということになっていて、前者の方に
決まりつつあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/27 09:11
   [mlst-ars-vive 2667] 0120東大『ニーズ…』書評セッション

10月に出た本
http://www.arsvi.com/b2000/0810uc.htm
の書評セッション

案内が出ました。
http://d.hatena.ne.jp/sssp_information/20081225/1230221029

東北大+東大のCOEが共催になってます。
http://www.law.tohoku.ac.jp/gcoe/index.html

こちらも、私の交通費を出すぐらいの負担で、
共催ということにしようかと。



大谷(い)さんありがとうございます。たぶん
こちらのことはまったく頭にない発言だと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/27 10:09
   [mlst-ars-vive 2669] 0208高等教育における障害学生支援に関するセミナー

Sent: Wednesday, December 24, 2008 2:03 PM
Subject: [mlst-ars-vive 2645] 0208高等教育における障害学生支援に関するセミナー

でお知らせした企画ですが

HPに案内が出ました。
http://www.jasso.go.jp/tokubetsu_shien/doukou2008.html#kokuriha1226

こちらも呼ばれています。人は未確定ですが
青木さん
http://www.arsvi.com/w/as01.htm
に打診はしてあります。

(いま調べたら教員、0207は予備論文口頭試問の日で
0208は空いてることは空いてるか。いますこし考えます。)

0206に京都でも関連の企画があります。またお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/28 09:48
   [mlst-ars-vive 2670] 1230立岩続(→院生様)/研究会等告知を

> 学校に行くことに。院生では小宅さん
> http://www.arsvi.com/w/kr04.htm
> (研究科のHPとの統合・整理、よろしく→HP様)
> 他。あと、各種打ち合わせ等。
> 必要な人連絡ください。

打ち合わせは15時から17時ということに。
院生はその前後ということで。



あと佐藤(浩)さんとやりとりしてて
1月9日、東京で研究会だそうで(会場:立教大学)。
研究会などについては、できるだけ、
日程(と場所)だけ決まった段階で一度
中身が決まったところで一度から二度
このMLに告知していただけますと
みなにとってよいと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/28 17:44
   [mlst-ars-vive 2671] 自殺座談会

まだ出てない(値段のつく)雑誌に載るものですが
1)雑誌の売れ行きを阻害することはないだろう
2)このテーマ関連で研究している人もいる
3)(上と別の)こんどのCOEの雑誌に掲載される座談会にも
すこし関係する
ということで、素人の放談というたぐいのものですがいちおう
私の発言部分のみ掲載。
http://www.arsvi.com/ts2000/20090031.htm

立岩

 
 
>TOP

◆◆2008/12/28 21:35
   [mlst-ars-vive 2672] 死刑廃止話(→櫻井(悟)様)

http://www.arsvi.com/b2000/0808fm.htm
の書評というのを断れない事情があって
すこし読んでおりますが、そこに
フーコーの紹介している関という人の本
(いま注文はしましした)からの紹介があり、
そこに死刑廃止という
文言がありました。上記に引用。

そういうことをフーコーは
実際に言っているのか、言っているなら
どこで言っているのか…。
(かれこれ20年読んでなくて私は知りません。)
&誰が言っているにせよ、この把握はまちがっている
すくなくともいくらか単純にすぎると思うので
確認しておくと(&このような把握をどのように
捉えるとよいのか考えると)よいかもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/30 20:23
   [mlst-ars-vive 2679] 書庫年内営業終了

31日から1月2日まで建物入れないという
ことで、今日で創思館、書庫(416)の
営業は終了です。

http://www.arsvi.com/a/n.htm
http://www.arsvi.com/b/s.htm
いろいろお買い上げありがとうごさいました。
来年もよろしく。(書庫にだいたいあります→即売)

本日も田島冊子
http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm
3冊発送。また大川先生
http://www.arsvi.com/w/om08.htm
から、『流儀』
http://www.arsvi.com/b2000/0811im.htm
10冊まとめて注文あり、COE冊子もあわせ
さきほど発送したところです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/30 21:04
   [mlst-ars-vive 2680] HPバイトの皆様へ

ときどき思い出しては忘れるので
大川さんの頁みて思い出した時に。
以下のような「不適切な記述」については
適宜、他をなおす「ついででよいので」なおしてください。

1)
*以下は立岩のデータベースに入っていたものだけ。→削除

2)
※は立岩研究室にあり→※は生存学資料室にあり

3)
アフィリエイトについての記述は
このHP経由で購入すると寄付されます

とあっさり(していないものについては、あっさり)させる

4)
■●などの記号も(私が)けっこうばらばらにしてしまっていますが
■著書
■論文
などとし
1行あけて、個々の著書・論文などについては
◆……
といった具合。

5)
あと誤字、誤記、気づいたところなおす 東京外語大学→東京外国語大学

等々。そんなかんじで、
http://www.arsvi.com/w/om07x.htm
(そのうちなくします)を
http://www.arsvi.com/w/om07.htm
に、とりあえずしてみました。
(他にもなおすところたくさんあるのですが)。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/30 21:15
   [mlst-ars-vive 2681] 訂正+(Re: [mlst-ars-vive 2680] HPバイトの皆様へ

すみません。以下のように訂正。

> 等々。そんなかんじで、
> http://www.arsvi.com/w/om08x.htm
> (そのうちなくします)を
> http://www.arsvi.com/w/om08.htm
> に、とりあえずしてみました。
> (他にもなおすところたくさんあるのですが)。

om07だと大日向さんが出てきます。

(ちなみにmk**だと
カール・マルクス氏の他に村上(潔)さん、的場(和)さん、三野(宏)さん、とか。)




ついでに、前便のような修正作業は
こちらで一括置換など使って、かなりやるには
やりましたが、まだまだ残っています。
事情がわかる人が、すべてのファイルをいったん
ダウンロードして、毎日2時間とか
バイトするとかなりよくなっていくはずです。
このたび、わかってる人として
中倉さんたちに加え、竹中さんにも
入っていただきましたが、ご両人とも、博士論文で
いまは忙しいので、現メンバーで作業するとなると
しばらくさきになりそうです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/31 11:19
   [mlst-ars-vive 2682] 電通過労自殺事件

田中さん体調わるいなかでなんとか予備論文を
ということで、やりとりしてますが
電通過労自殺事件についての記述が
その一部をしめます。関連文献を集めて示すことを
する必要があります。ご教示ください。

(&ウェブの検索でもある程度は出てきますので
それもやってみてください→田中様)

とくに今後につなげるという意味合いもある
予備論文では直接に論文の論旨に関わらないものであっても
関係のある文献は集めて、注などに列挙し、
文献表に並べるといったことをしておくと
たいがいの場合、よいです。→皆様

タテイ


 
 
>TOP

◆◆2008/12/31 19:45
   [mlst-ars-vive 2684] 御礼(→藤原様)/HP更新(→HP様)

藤原さん、詳細な情報ありがとうございました。

HPすこし更新。
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
担当者のみなさんがいつもはやっているものも
すこし手をいれたのがあるのでアップロードしての
更新お願いします。
あといくつか細かいお願いありますが、それは
webmaster@arsvi.comに出します。→HP様

立岩


 
 
>TOP

◆◆2008/12/31 19:49
   [mlst-ars-vive 2685] 続報:0120東大『ニーズ…』書評セッション

以下お知らせした催し、企画ほぼ固まりました。
http://www.arsvi.com/a/20090120.htm

COE2つ+東大ジェンダーコロキアム、以上3つの共催というかたちに
なります。東京ですが、一般参加可能、告知歓迎です。

立岩

----- Original Message -----
Sent: Saturday, December 27, 2008 9:11 AM
Subject: [mlst-ars-vive 2667] 0120東大『ニーズ…』書評セッション


> 10月に出た本
> http://www.arsvi.com/b2000/0810uc.htm
> の書評セッション
>
> 案内が出ました。
> http://d.hatena.ne.jp/sssp_information/20081225/1230221029
>
> 東北大+東大のCOEが共催になってます。
> http://www.law.tohoku.ac.jp/gcoe/index.html
>
> こちらも、私の交通費を出すぐらいの負担で、
> 共催ということにしようかと。




UP:20081202 http://www.arsvi.com/ml/2008p12.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)