HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科院生宛・2008年6月

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4
2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7  2007 1/  2007 2/  2007 3/  2007 4/  2007 5/  2007 6/  2007 7/  2007 8/  2008 1/ 2008 2/ 2008年3月/ 2008年4月 2008年5月 2008年6月


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2007


◆◆2008/06/30 06:18
  [mlst-ars-vive 599] 本日明日(立岩)
◆◆2008/06/30 04:34
  [mlst-ars-vive 597] 稲盛財団
◆◆2008/06/27 14:42
  [mlst-ars-vive 580] 明日or今日 於:立命館
◆◆2008/06/26 23:55
  [mlst-ars-vive 571] 彙報→HP(続報)
◆◆2008/06/26 23:48
  [mlst-ars-vive 570] 本(の細々したこと)
◆◆2008/06/26 07:26
  [mlst-ars-vive 567] 彙報→HP
◆◆2008/06/26 02:23
  [mlst-ars-vive 562] 三島本紹介
◆◆2008/06/25 23:53
  [mlst-ars-vive 558] 土本氏逝去
◆◆2008/06/25 12:42
  [mlst-ars-vive 550] 皆様よろしく+(Re: [mlst-ars-vive 547] 英語版HP更新
◆◆2008/06/25 00:58
  [mlst-ars-vive 546] 本2冊+ファイル作成者の方々へ
◆◆2008/06/25 00:14
  [mlst-ars-vive 545] 本日「終末期」関係
◆◆2008/06/24 23:31
  [mlst-ars-vive 544] お礼(→サトウさん)+みなさまもよろしく
◆◆2008/06/24 06:41
  [mlst-ars-vive 537] お礼+「人」作成者の方へ(Re: [mlst-ars-vive 536] 英語版HP更新
◆◆2008/06/24 00:21
  [mlst-ars-vive 532] ALS2008
◆◆2008/06/24 00:16
  [mlst-ars-vive 531] 視覚障害2008
◆◆2008/06/24 00:14
  [mlst-ars-vive 530] 「成」更新・お伺い(→中倉さん)
◆◆2008/06/23 12:46
  [mlst-ars-vive 525] 看護
◆◆2008/06/23 01:09
  [mlst-ars-vive 523] 米国の直接行動派
◆◆2008/06/19 12:06
  [mlst-ars-vive 507] ワークフェア/ローティ…
◆◆2008/06/19 11:57
  [mlst-ars-vive 506] 植村さんどうも。
◆◆2008/06/19 10:24
  [mlst-ars-vive 505] alssentanというML・他
◆◆2008/06/19 06:02
  [mlst-ars-vive 500] HP・人(とくに作成者の人に)
◆◆2008/06/19 05:27
  [mlst-ars-vive 499] お礼+(Re: [mlst-ars-vive 489] アドレス伺い(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集
◆◆2008/06/19 05:23
  [mlst-ars-vive 498] HP・催追加等
◆◆2008/06/19 05:12
  [mlst-ars-vive 497] テキストファイル提供関係
◆◆2008/06/19 02:24
  [mlst-ars-vive 496] 今週〜来週(立岩)
◆◆2008/06/19 01:49
  [mlst-ars-vive 494] 0621座談会「大学における視覚障害者支援の現状と課題 スーダンで今求められていること」
◆◆2008/06/19 00:32
  [mlst-ars-vive 492] 日本社会学会入会関係
◆◆2008/06/18 23:52
  [mlst-ars-vive 490] 0622JIL総会全体会
◆◆2008/06/18 23:38
  [mlst-ars-vive 489] アドレス伺い(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集
◆◆2008/06/18 12:26
  [mlst-ars-vive 486] 新田本・他
◆◆2008/06/15 11:15
  [mlst-ars-vive 475] Rortyへの言及+
◆◆2008/06/15 07:34
  [mlst-ars-vive 474] 大阪市大COE
◆◆2008/06/14 22:20
  [mlst-ars-vive 471] 医源病/植村ページ・他
◆◆2008/06/14 22:03
  [mlst-ars-vive 470] HPファイル作成者名の記載について
◆◆2008/06/14 12:36
  [mlst-ars-vive 467] 地域福祉学会
◆◆2008/06/14 03:40
  [mlst-ars-vive 461] 矢野さん
◆◆2008/06/14 00:15
  [mlst-ars-vive 460] 重度障害者包括支援サービス関係
◆◆2008/06/13 11:35
  [mlst-ars-vive 457] 0831『医療・生命と倫理・社会』エントリー締切
◆◆2008/06/11 03:31
  [mlst-ars-vive 443] ミネソタ…続
◆◆2008/06/11 02:21
  [mlst-ars-vive 442] ミネソタ大学人権図書館・エンコードのこと
◆◆2008/06/11 00:21
  [mlst-ars-vive 440] 学会大会情報を
◆◆2008/06/10 23:50
  [mlst-ars-vive 439] 0612「グローバリゼーションと雇用・少子化問題」
◆◆2008/06/10 01:35
  [mlst-ars-vive 429] 0614-15地域福祉学会大会
◆◆2008/06/10 00:38
  [mlst-ars-vive 428] 0612日本社会の課題解決における海外ボランティアの未来
◆◆2008/06/10 00:31
  [mlst-ars-vive 427] 0622リスクと公共性研究会
◆◆2008/06/09 13:25
  [mlst-ars-vive 422] 業績更新&お願い
◆◆2008/06/09 12:36
  [mlst-ars-vive 420] HP新体制・他
◆◆2008/06/09 00:38
  [mlst-ars-vive 414] 福祉社会学会
◆◆2008/06/08 12:53
  [mlst-ars-vive 407] 博士論文関係P演習・他
◆◆2008/06/08 12:52
  [mlst-ars-vive 406] 原稿
◆◆2008/06/08 09:39
  [mlst-ars-vive 402] 御礼(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集
◆◆2008/06/06 03:39
  [mlst-ars-vive 389] アフリカの農業・食糧問題など
◆◆2008/06/05 23:09
  [mlst-ars-vive 387] 0623ジェンダー研究会(cefsと同文)
◆◆2008/06/05 22:07
  [mlst-ars-vive 386] 和川さん・マクトス
◆◆2008/06/05 14:56
  [mlst-ars-vive 384] 伊藤さんのフランク本書評
◆◆2008/06/04 23:02
  [mlst-ars-vive 376] 中田様(Re: [mlst-ars-vive 375] Re: [mlst-ars-vive 365] 心理主義関連
◆◆2008/06/04 07:17
  [mlst-ars-vive 372] 教えてください(HPのこと)
◆◆2008/06/04 06:57
  [mlst-ars-vive 370] ITプロジェクトのML
◆◆2008/06/04 03:34
  [mlst-ars-vive 365] 心理主義関連
◆◆2008/06/04 03:37
  [mlst-ars-vive 364] 後期高齢者関連/HP関連
◆◆2008/06/04 01:31
  [mlst-ars-vive 360] 集中講義指定文献
◆◆2008/06/04 01:24
  [mlst-ars-vive 358] 医療人類学/HPの人への細かい指示
◆◆2008/06/03 11:58
  [mlst-ars-vive 353] 京都大学・YouTube
◆◆2008/06/03 06:20
  [mlst-ars-vive 350] 中倉様・HPの皆様
◆◆2008/06/03 01:14
  [mlst-ars-vive 347] HPバイトの人への微細な指示+
◆◆2008/06/01 00:26
  [mlst-ars-vive 345] 現代史へ
◆◆2008/06/02 04:16
  [mlst-ars-vive 340] 加藤本(Re: [mlst-ars-vive 339] 出生をめぐる倫理研究会主催 <命のはじまり> 事前勉強会
◆◆2008/06/01 14:21
  [mlst-ars-vive 335] HPバイトの人への微細な指示
◆◆2008/06/01 13:49
  [mlst-ars-vive 333] ニューロエシックス特集紹介
◆◆2008/06/01 12:50
  [mlst-ars-vive 331] アフリカ/HIV
◆◆2008/06/01 12:26
  [mlst-ars-vive 329] お返事→望月様(Re: [mlst-ars-vive 328] 文学部望月です。




>TOP

◆◆2008/06/01 12:26
  [mlst-ars-vive 329] お返事→望月様(Re: [mlst-ars-vive 328] 文学部望月です。

望月さんどうも。

> デイジーという視覚障害の方への支援システムの導入についての
> 共同開発・研究の打診をもらってます。

こっちでいま検討しているのは、
http://www.advanced-media.co.jp/
という会社の
http://www.advanced-media.co.jp/products/amivoicerewriter_kaigi.html
というのを
聴覚障害者用の即時字幕表示装置として使えるかどうか
というようなことです。あまり未来は明るくはないです。

デイジーについては、このMLにはいっている
院生で知ってる人がいると思います。
よろしく→そういう人。



二階堂さんが関係のML作ってくれることになってますが
まだできたという連絡はもらってないですが
そのうちくるでしょう。→望月様

立岩




>TOP

◆◆2008/06/01 12:50
  [mlst-ars-vive 331] アフリカ/HIV

 *前便、誤送信、あいすみません。

なぜか中央大学の雑誌に依頼され、連休明けまでという
原稿を今日書いて出しました。
http://www.arsvi.com/ts2000/20080041.htm

COEの企画の一部の説明にもなっていますので
ご参考まで。古い人でこれまでいろいろ関わってきた人は
全体として何がなされているのかなんとなく
わかっていると思いますが、そうでない
人の方がずっと多いわけなんで、できるだけ
(といっても結局こういう依頼がないと書かないのですが)
提案趣旨説明みたいなものはせねばなと
思います。

アフリカ企画、AJFといっしょに(片手間に)やっても
いいよという人常時募集してます。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/01 13:49
  [mlst-ars-vive 333] ニューロエシックス特集紹介

以前お知らせした雑誌の特集について
一つ短文を書きましたので。
http://www.arsvi.com/ts2000/20080007.htm

http://www.arsvi.com/m/gs200806.htm
の方は、時間があったらもうすこしなんかします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/01 14:21
  [mlst-ars-vive 335] HPバイトの人への微細な指示

既にあるページに加える場合、その「ついで」に

「*以下,立岩のデータベースに入っていたものだけ」
 →削除してください。

「※は立岩研究室にあり」
 →「※は生存学資料室所蔵」としてください。

ということでお願いします

あと、「b a06 …」のごとき記号ですが
「b」は記入しなくてよいです。
416にある(置く)ものについては ※ を付して
ください。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/02 04:16
  [mlst-ars-vive 340] 加藤本(Re: [mlst-ars-vive 339] 出生をめぐる倫理研究会主催 <命のはじまり> 事前勉強会

桜井(浩)さんどうも。

http://www.arsvi.com/b2000/0709ks.htm
ご参考まで。

あと 7月19日
http://homepage2.nifty.com/~shirai/html/repro.htm
で加藤さんも私もしゃべることに。

http://www.arsvi.com/ts2000/2007060.htm
中身がないので増やします。そのうち。
(校正は出したので、そのうち本出るでしょうが。)

立岩




>TOP

◆◆2008/06/01 00:26
  [mlst-ars-vive 345] 現代史へ

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003035d.htm

ちかぢかほぼまったく同じ話を繰り返しつつすこし足す
みたいな文章を書かねばならず、その過程で
上記のようなファイルがあるのを発見。
この研究科ができた年に書いたもの。
雑誌はまだ数冊416にあるはず。1000円。
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004001.htm

老い研のみなさんが(今年のデータはあいかわらず
増補されてませんが)
福祉社会学会報告にむけて準備中とのことです。
http://www.arsvi.com/a/p.htm#06

立岩




>TOP

◆◆2008/06/03 01:14
  [mlst-ars-vive 347] HPバイトの人への微細な指示+

かなり多数の人が関わるようになってますので
ある本のファイルがHPにあるかどうかの
確認が必要、といった場合がありえます。

いちばん簡単なのは、そしてみなみなさま
にも使ってほしいのは
http://www.arsvi.com/index.htm
で「arsvi.com 内を検索」してもらうことです。

本の発行年順のリストは作業が追いついてない
ということもあり、
&巨大なものになり見つけにくいということもあり
また、主題別のファイルも生成途上のものが多く
(自分の得意分野に近いところで作成に参加してください)
そうあてにはなりません。

「内を検索」が(数日のタイムラグはありえますが)便利です。

自分が作ったことを忘れていたファイル(ページ)に発見
といったことも(私は)しばしばです。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/03 06:20
  [mlst-ars-vive 350] 中倉様・HPの皆様

中倉さんどうも。

催し案内等々、しかるべきところ(複数)に
お願い→HPの方*
 *わからないところあったら質問してください。

(私はいつものように出られないと思います。
http://www.arsvi.com/2000/0803.htm#08
渡辺さんとは先日の集会他でご一緒しました。
よろしくお伝えください。)

本の紹介、竹中さん(洛北出版)からデータもらうなりして
詳しいのができるとよいと思います。
いつものようなものでなく、見栄えのするものでも。
そういうの歓迎です。
中倉さんの「成果」ということなんで、よろしく。
トップページ
http://www.arsvi.com/
からリンクさせてもよいと思います。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/03 11:58
  [mlst-ars-vive 353] 京都大学・YouTube

ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/
2008-06-02発行   ‡No.325‡   4903部発行

より以下。こちちでも
YouTube使うかどうかはともかく動画配信しようということに
決まっています。
所謂スィッチ研のが最初の番組になろうかと思います。
バイトで担当してもいいよという人いたら知らせてください。

立岩

――以下――

◆京都大学、YouTubeに公式チャンネルを開設し、京都大学OpenCourseWareの
 コンテンツを公開(2008-04-08)

      ⇒ 元記事:http://d.hatena.ne.jp/arg/20080429/1209477004

京都大学がYouTubeに公式チャンネルを開設し、京都大学OpenCourseWareのコ
ンテンツを公開した(2008-04-08)。

・YouTube - KyoDaiOcwのチャンネル
http://jp.youtube.com/KyoDaiOcw
・京都大学OpenCourseWare
http://ocw.kyoto-u.ac.jp/
・「オープンコースウェアYouTube公開について」(京都大学、2008-04-08)
http://www.kyoto-u.ac.jp/notice/05_news/documents/080408_1.htm
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/2008/news7/080408_2.htm
・京都大学
http://www.kyoto-u.ac.jp/
・「YouTubeで大学の講義を受講しよう!」
(The Official YouTube Blog、2008-04-13)
http://jp.youtube.com/blog?entry=hMhJcuRWh_I

京都大学OpenCourseWareで公開されている動画コンテンツのうち約200本が
YouTubeに開設されたKyoDaiOcwのチャンネルに掲載されている。大学による
YouTubeの活用事例としては、

・小樽商科大学 - shoudaikunshoudaikun(2007-12-18公開)
・明治学院大学 - meijigakuinのチャンネル(2008-03-10公開)

があるが、大学全体の規模でYouTubeを使った講義公開に取り組んだのは京都
大学が初めてだろう。

・「Web2.0サービスを活用している大学」(編集日誌、2007-07-29)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20070803/1186124300
・「小樽商科大学、ブログ「商大くんがいく!」を公開」
(新着・新発見リソース、2008-01-05)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080105/1199513232
・「明治学院大学、YouTubeにmeijigakuinのチャンネルを開設(2008-03-10)」
(新着・新発見リソース、2008-03-23)
http://d.hatena.ne.jp/arg/20080323/1206284253
・「京都大学、YouTubeで講義内容を公開」
(マイコミジャーナル、2008-04-09)
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/04/09/006/
・「「YouTube」で京都大学の授業を公開」(INTERNET Watch、2008-04-09)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/04/09/19143.html
・「京大がYouTubeで講義公開 国立大学で初」(ITmedia News、2008-04-08)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/08/news117.html

――以上――




>TOP

◆◆2008/06/04 01:24
  [mlst-ars-vive 358] 医療人類学/HPの人への細かい指示

いまメールあり、共生領域の近藤さんが
医療人類学
http://www.arsvi.com/d/ma.htm
の増補・更新してくださるとのこと。
ありがとうございます。
このかん掲載してもらった本のファイルへの
リンク(=リストの補充)などからぼつぼつと
お願いします。役に立つ、内容のある…
という方向での増補でしたらいかようにも。

ちなみに、私が渡辺公三先生の名を知ったのは
19900531 「森と器――治療者はどのようにして治療者となるか(クバ王国)」,
によってであった、かもしれません。

他のみなさんも主題別のファイル作成への参画よろしく。



上記のファイルにもそうなっているところがありますが
人へのリンクが、古いファイルでは
http://www.arsvi.com/0w/wtnbkuzu.htm
→../0w/wtnbkuzu.htm
のようになっているのですが、全面改装して
http://www.arsvi.com/w/wk05.htm
→../w/wk05.htm
のようになっています。いちおう古いリンクからも
いけるようにはなっていますが、クリックの回数が
増えます。
「ついで」のおりでよいので、気づいたところを
ぼつぼつとなおしていっていただければと
思います。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 01:31
  [mlst-ars-vive 360] 集中講義指定文献

http://www.arsvi.com/a/200806.htm
の上から3分の2あたりのところをご覧ください。
このかんの、フランク勉強会(研究会)
の方々が作成した文献紹介を見られるように
なってます。立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 03:37
  [mlst-ars-vive 364] 後期高齢者関連/HP関連

167、170、190でお知らせしている件
213、264、270のデータを貼りました。
http://www.arsvi.com/d/a062008.htm

&その頭(他)に、
http://www.arsvi.com/o/y01.htm
のメンバーの
守田 憲二 200805- 「終末期医療費」
http://www6.plala.or.jp/brainx/elcost.htm

今週末の学会報告*のあと、
データ蓄積掲載体制について決定
実行してください。とりあえず老い研の
メンバーであるPDが責任者となってください
(実際に作業せよということではないです)。
(研究会外の誰かでもかまいません。)

*学会報告のための天田さんの貢献は労働者
としての義務の範囲を超えてるわけで(だから、ではないですが)
みなさん、ちょっとは、働きましょう。

*私はこの学会大会
http://www.arsvi.com/a/p.htm#06
司会を頼まれ、一度は受けたのですが、それは
7日のシンポジウムのことを忘れていたわけで
すみません、ということになりました。
とくに安立さん(九州大学)に会ったら、
代わりにわびてください。



264、270の川口さん提供の
ニュースアラートからの記事ですが
もともとの記事の改行が全角スペースになっている
ようです。掲載の時にはそのことに
気をつけるとよいかと思います。

「修」更新しました。→HPの人たち

http://www.arsvi.com/a/e.htm
ですが、学校関連、学会関連含め
他のページに載っているものを載せるのが
よいです。けっこうからっぽであることに
今気がつきました。
必要なら相談にのります。→HPの人たち

立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 03:34
  [mlst-ars-vive 365] 心理主義関連

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
本2つだけ。別のMLから得た情報をいれて
ついで仕事に。幾人かの院生の研究に関係する
ので。ちなみに小沢さんは
(前も書いたような気がしますが)
おざけんの母です。立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 06:57
  [mlst-ars-vive 370] ITプロジェクトのML

中田さん(2008・3年次入学)と学振の関係で
先週話していて&
池田(雅)さん(2008・3年次入学、在岐阜)
とメールのやりとりあって

http://www.arsvi.com/a/p02.htm
といった企画に関心あるということで。

中田さんはネット使ったセルフヘルプグループの研究
ということで、そういうことで
様々動かすのが困難な人のネットその他使った
コミュニケーションのこともということで

また池田さんは
「ユビキタス社会における少子高齢化にともなう介護・ケア問題を中心とした
ユニバーサルデザインの一方向性」
といったテーマであるということで

松原さん代表の科研の関係
[it-pro:](ITプロジェクト)
というMLがあります。
(私はオブザーバーみたいなかんじです。)
またそれと相対的に別に始まった部分もありますが
市内のKさんの関係で堀田さんと長谷川さん&山本(晋)がスィッチ
(とりあえず、小さい動きをPCに伝える装置ということで)
にはまってます。
&修学館にその関係の仕事ができる部屋も確保されたかに
聞いております。

つきましては、とりあえず、どなたか[it-pro:]参加
の手続きをこのMLにお願いします。
その後、上記した(すくなくとも)2人はそれに加入してください。

では。立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 07:17
  [mlst-ars-vive 372] 教えてください(HPのこと)

英語ページの場合
META HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=utf-8"
にするという方向でやっとりますが
それはそれとして

英語環境からHPみた場合、日本語のページで
charset=utf-8
のところをシフトJISにしたら
(読める読めないは別として)画面的にはきちんと
見えるもんなのでしょうか。
(つまり、その人々の機械にシフトJISといったコードが
入ってるのかどうか、ということなのかな。)

HPのトップの仕様変更みたいなこともありまして
お尋ねします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/04 23:02
  [mlst-ars-vive 376] 中田様(Re: [mlst-ars-vive 375] Re: [mlst-ars-vive 365] 心理主義関連

>「ゴルトンを読め」と教示されましたが
http://www.arsvi.com/w/gf01.htm
のゴルトン…でしょうね。

> もし、できたらでいいんですが心理主義のページを編集させていただけないでしょうか。
ぜひよろしく。

> セルフヘルプグループ化する社会とセルフヘルプマニュアル化する社会
……
そのうち話聞かせてください→広く「プロジェクト演習」報告者募集中。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/05 14:56
  [mlst-ars-vive 384] 伊藤さんのフランク本書評

シンポジウムにいらっしゃるということで
http://www.arsvi.com/a/200806.htm
どういう方であったかとすこし検索してみたら
http://booklog.kinokuniya.co.jp/ito/archives/2006/06/post_6.html
ありました。立岩




>TOP

◆◆2008/06/05 22:07
  [mlst-ars-vive 386] 和川さん・マクトス

以下MLに配信された情報
cf.
http://www.arsvi.com/w/wt01.htm

立岩

――以下――

脳に関するアッと驚く新情報をご紹介するバラエティ!

「脳テレ〜あたまの取扱説明書」
http://wwwz.fujitv.co.jp/bangumi/index.html
に、仙台の和川さんがVTR出演します。

・体を動かすことも、言葉を話すこともできない難病患者が、家族と脳波で会話するまでの奇跡の物語。感動VTRにスタジオ号泣!とのこと。

6月8日(日) 16:05〜17:20
フジテレビ系列全国ネット放映(仙台放送制作)
番組hpは、http://www.ox-tv.co.jp/noutele/index.shtml

藤木@宮城県支部




>TOP

◆◆2008/06/05 23:09
  [mlst-ars-vive 387] 0623ジェンダー研究会(cefsと同文)

転送です。立岩

――以下――

各 位
(BCCにて失礼いたします)

お世話になっております。

下記に研究会のお知らせをお送りします。

また、添付にてチラシをお送りしますので、ご高覧いただければ幸いです。
皆様のご参加をお待ちしております。



主催:国際言語文化研究所プロジェクトA1
2008年度 第1回ジェンダー研究会

日 時: 6月23日(月) 16:30〜19:30
場 所: 末川記念会館2階 第3研究会室

テーマ: オリエンタリズムとジェンダー
─『マダム・バタフライ』『M.バタフライ』『ミス・サイゴン』─

講 演 者:キャロル・ソルゲンフライ(UCLA)
コメンテーター :シャラリン・オーボー(UBC)
     ジョシュア・モストウ(UBC)

通 訳 者:阿南順子(UCLA)

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
立命館大学国際言語文化研究所〒603-8577
TEL: 075-465-8164/FAX: 075-465-8245 
E-mail: genbun@st.ritsumei.ac.jp




>TOP

◆◆2008/06/06 03:39
  [mlst-ars-vive 389] アフリカの農業・食糧問題など

時節柄ということなんでしょうが、今月
http://www.arsvi.com/0i/2-food.htm
がこのHPのヒット数3位
http://www.arsvi.com/0i/2-ticad.htm
が2位です。(1位はトップページ)。
すごい量の情報があります。
(下の資金源情報がいまは違っているので
なおしてもらいます。)
cf.
http://www.arsvi.com/ts2000/20080041.htm

忙しいNGOの事務局長がこのぐらい
やれるんだから(事務所での仕事終わっての
仕事)、みなさんも…
という、いつもの話に。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/08 09:39
  [mlst-ars-vive 402] 御礼(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集

以下につき昨夜の二次会で、私の隣に座っていた
人がやってみてくれることに。感謝。
今後、補足・追加情報が西田さんなどより
あると思います。あと何人かいるとよいです。

立岩

――以下――

Sent: Friday, May 30, 2008 8:14 PM
Subject: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集
> 市内、ALSの男性(あの方ではないです)
> 夜9時から朝7時(すくなくともいまのところ
> 寝ることできます)。
> 時給1000円〜、募集中。いい仕事だと思います。
>
> 応募、問い合わせとりあえず私に。
> (とくに私が関わっているわけではないです。)
> 人がいなくて困っている関係者に転送します。
>
> 信頼できる人には転送可です。
>
> 立岩




>TOP

◆◆2008/06/08 12:52
  [mlst-ars-vive 406] 原稿

「生存の争い」というもう何度か使った題は
出版者の希望で、ちょっと違うかなというかんじですが
一つ書きました。
http://www.arsvi.com/ts2000/20080061.htm

授業で言ってるようなことです。院生の皆さんは
授業聞く代わりにどうぞ。

(次回から山口さんネタに近いところへ。
ただ以前の雑誌連載の第2回の再掲ですね
たぶん。すこし加える、かもしれませんが。)

立岩




>TOP

◆◆2008/06/08 12:53
  [mlst-ars-vive 407] 博士論文関係P演習・他

小林さんから話あったので
安部・小林論文で
口頭試問前に演習しようかと
思いました。

土日でと思ってきたのですが
ほんんど毎週なにがしか入って
しまうので、かえってあまり
こだわらないほうがよいかなと
思っています。
http://www.arsvi.com/a/g2008.htm


福祉社会学会大会報告の人
ごくろうさんでした。HP掲載できるものあったら
よろしく。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/09 00:38
  [mlst-ars-vive 414] 福祉社会学会

土日の上智での大会、理事のAさんから

>立命館からも多数の院生が報告していただきました。
>私も報告をきかせていただきましたが、いいですね。
>様々な学生がいて活気があるようですね。

というメールをもらいました。(来年の会場は日本福祉大学
のようです。)とはいえ用事は学会の役を引き受けてくれという用事で
まあ私たち(教員)は、人質?みたいなものです。
(それでも、外に行って報告してもらった方が、自分たちで
企画してやるより楽でよいです。)

どんな感じであったか、報告していただけると
ありがたいです。今後、どういう学会で報告しようか
論文投稿しようか考えている人にも参考になると思います。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/09 12:36
  [mlst-ars-vive 420] HP新体制・他

http://www.arsvi.com/index.htm
の下をご覧ください。

公共4、生命2、共生3、表象1という
かんじです。表紙には記してありませんが
橋口さん、村上(潔)さんにも引き続き協力をいただきます。
あと北村さん、忘れました。すいません。
次の機会に掲載します。

スパムメール対策の関係で
このかんかなりの量のメールが届かないといった
ことがあったようです。おってその説明があるかと
思います。



http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
更新しました。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/09 13:25
  [mlst-ars-vive 422] 業績更新&お願い

http://www.arsvi.com/a/p.htm

とくに担当される方はどんなぐあいに更新されているか
みてください。タイトルがわかったら記載とか
日付がはっきりしたら記載とか
いろいろ細かいことがあります。

すぐ思いつくのでは『現代思想』6月号のデータ入ってないです。
あと厚労省〜川口報告書関係とか。
前者は私がやってもよいですが。後者は既にお願いしている
ものです。



教員・院生…の皆さん、その都度連絡よろしく。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/10 00:31
  [mlst-ars-vive 427] 0622リスクと公共性研究会

以下いただいた案内。新山さん等に関係あると思いますので。立岩

――以下――

皆さま

下記のとおり第7回研究会を開催しますので、皆さまのご参加をお待ちしていま
す。南部アフリカ(南アフリカ、ボツワナとジンバブウェ)のHIV/AIDS問題につ
いて、フィールド調査にもとづく報告を、丸山淳子さんと飯田雅史さんにお願い
しています。

丸山さんには、市民社会の一員として活動を始めた感染者と、そうした流れから
見てマージナルな場所にいる感染者との間に生じている「格差」の問題や、カラ
ハリ先住民がHIVをどのように理解しているかといった話題を提供してもらいま
す。また飯田さんには、ジンバブウェにおける多元的医療のあり方、および同国
の農村でHIV/AIDSとともに生きる人びとが、実際にどのような医療を選択してい
るか、最近のフィールドワークの成果をもとに報告してもらいます。

日時:6月22日(日)13時−16時

場所:京都大学総合研究2号館(旧工学部4号館)4階新セミナー室(471号室)
(地図:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm

日曜日のため、建物の入り口が施錠されています。
西の携帯(090−9119−5084)に電話を頂ければ、入り口まで迎えに
行きます。

プログラム:
報告1「南部アフリカのHIV/AIDS問題に関する報告:南アフリカとボツワナの
フィールドワークを通して考えたこと」
丸山淳子(京都大学助教)

報告2「ジンバブウェ農村部におけるHIV/AIDSの流行と医療体系の変容」
飯田雅史(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

--
西 真如 / nishi makoto
ホームページ: http://www.jafore.org/9/
ブログ: http://www.jafore.org/blog/ >> 5月2日更新
リスクと公共性研究会:
http://www.jafore.org/inclusiveness/

〒606-8501
京都市左京区吉田下阿達町46
京都大学東南アジア研究所
tel:075-753-9648




>TOP

◆◆2008/06/10 00:38
  [mlst-ars-vive 428] 0612日本社会の課題解決における海外ボランティアの未来

以下池田さん
http://www.arsvi.com/w/im02.htm
より。立岩

――以下――

下記の要領で公開セミナーを開催しますので、お誘い合わせの
上ご出席ください。

青年海外協力協会(JOCA)受託調査研究 公開セミナー

「日本社会の課題解決における海外ボランティアの未来
−JOCVの経験を市民社会へ−」

 政府開発援助(ODA)事業の一環として、40年以
上の歴史を
持つ青年海外協力隊(JOCV)派遣事業。JOCVの活動
を終
え帰国した人たちが、日本社会に還元してきたことや還元でき
ることは何か、帰国後のJOCVに市民社会が期待することは
何かを一緒に考えてみませんか?

ファシリテーター:
中村安秀(大阪大学大学院人間科学研究科)
パネリスト:
池田光穂(大阪大学コミュニケーションデザインセンター 教
授)
 『ボランティアを辞めたら大学院に行こう!』
内海成治(大阪大学大学院人間科学研究科 教授)
『ボランティア論から見た青年海外協力隊』
高橋真央(お茶の水女子大学国際本部グローバル協力センター
 講師)
『市民参加による青年海外協力隊』
藤掛洋子(東京家政学院大学大学院生活形成論講座 准教授)
『日本で活躍する元青年海外協力隊たちの「DNA」』

日時:2008年6月12日(木)18:00〜
20:30(受付:17:30開始)
場所:阪急グランドビル 26階 第7会議室(大阪市北区
角田
町8番47号)
参加費:無料 / 予約:不要

【主催】 大阪大学JOCA受託調査研究班
【後援】 大阪大学大学院人間科学研究科グローバル人間学専

     大阪大学コミュニケーションデザインセンター
【お問い合わせ】大阪大学大学院 人間科学研究科 人間開発
学講座 (事務担当:濱口)
 E-mail: yoko.h@hus.osaka-u.ac.jp
 TEL/FAX 06-6879-8064
できるだけメールにてお問い合わせ頂きますようお願い致しま
す。
==============================
下記は池田光穂(阪大CSCD)の宣伝です。
◎医療人類学入門2008(授業シラバス)
http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/080401medanthro.html
◎臨床コミュニケーション1(授業シラバス)
http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/080401RINCOM0a.html
◎健康科学への臨床的対話アプローチの推進(現在計画中の実践プログ
ラム構想)
http://cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/080520rinshotaiwa.html




>TOP

◆◆2008/06/10 01:35
  [mlst-ars-vive 429] 0614-15地域福祉学会大会

ここのところ週末はいつも複数の企画ありますが
http://www.arsvi.com/a/p.htm#06
6報告。私もコメントで出ます。
http://www.arsvi.com/a/g2008.htm
にもいちおう記しておきました。
(ということでいま2つページ更新→担当者様)

上の#06は6月のところに飛べというしるしですが
直接に行かないかもしれません。
そうしたら6月のところをクリックしてください。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/10 23:50
  [mlst-ars-vive 439] 0612「グローバリゼーションと雇用・少子化問題」

以下明日の企画です。関心ある方どうぞ。立岩

――以下――

2008/06/12木 「グローバリゼーションと雇用・少子化問題」
報告:張瑞雄(国立高雄第一科技大学 応用日本語学科) 13:30‐15:30 於:立命館大学

■「グローバリゼーションと雇用・少子化問題――日本の経験から台湾への示唆」

日時:2008年6月12日(木)13:30〜15:30
場所:立命館大学衣笠衣笠キャンパス創思館302会議室
報告者:張瑞雄先生(Jang,Rueih-Shyurng)(国立高雄第一科技大学 応用日本語学科副教授)
司会&コメント:西川長夫(立命館大学名誉教授)
          立岩真也(立命館大学大学院先端総合学術研究科教授/グローバルCOEプログラム「生存学」創成拠点 拠点リーダー)
          天田城介(立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授)

◆主催:立命館大学グローバルCOEプログラム 「生存学」創成拠点
    立命館大学生存学研究センター
    立命館大学大学院先端総合学術研究科

◆お問い合わせ先
立命館大学生存学研究センター
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL:075-466-3335 FAX:075-465-8371
E-mail:ars-vive@st.ritsumei.ac.jp
URL:http://www.arsvi.com/


【張瑞雄先生の紹介】
◆専門:
社会学(博士論文「日本の企業社会における労使関係システムの研究――日本モデルの有効性と限界――」)
産業社会学、労使関係、人的資源管理、労働問題、日本社会文化、日本語教育

◆略歴:
1981年淡江大学日本語学科卒業
1989年国立筑波大学大学院博士課程社会科学研究科社会学修士
1993年国立筑波大学大学院博士課程社会科学研究科社会学専攻博士課程修了、Ph.D.(社会学博士)取得
1993年から淡江大学日本語学科副教授・主任・日本研究科科長及び国立高雄第一科技大学応用日本語学科主任を歴任、台湾日本語教育学会理事、台湾応用日本語学会理事長、常務監事などを担当。
2001年度より国立高雄第一科技大学応用日本語学科・大学院日本研究科副教授。

◆論文:
「台湾における産業化と労使関係の展開」『日本労働社会学会年報』第3号pp.115-154、時潮社,1992年
「日本的労使関係研究の再検討」『日本論叢4』pp.52-90、1993年
「戰後日本的労使關係の構築」『日本論叢5』pp.13-29、1994年
「日本企業招募新進員工之方式」『台灣經濟月刊』(248期)頁57-65、1997年
「日本的雇用関係の再構成ー日本企業社会の限界」『淡江日本論叢7』pp.1-42、1998年


「日本企業社会の構造とメカニズム」『淡江日本論叢8』pp.26-148、1999年
「日本的経営の改革―日本的賃金管理制度の改革」『淡江日本論叢9』pp.1-30、2000年


「日本式企業經營管理的變革−以企業共同體的觀點探討」『台湾日本語教育論文集』第4號、頁277-292、2000年
「現代日本女性の労働問題」『淡江日本論叢10』pp.470-482、2001年
「労働時間短縮の推進策-日本の経験を中心に」『高科大外語学報1』第一期,頁135-156、2003年
「日本非正式勞工之問題與展望」『台湾応用日語研究1』pp.25-42。2003年
「現代日本の若年労働問題と職業意識の変化」『台湾応用日語研究』第二期,頁55-73、2005
「台湾における働く女性のワーク・ライフ・バランスに関する実証研究」『台湾応用日語研究』第四期,頁55-78、2007年
「台湾における女性労働政策と社会保障」『応用外語学報』第八期,頁131-158、2007年
ほか多数

◆主な著書:
『日本社會』(致良出版社、2000年)
『日本式勞資關係與勞工問題』(致良出版社、2007年)

◆訳書:
竹内靖雄著1998『「日本」の終わり――「日本的社会主義」との決別』日本経済新聞社、『日本的終結』(先覚出版公司、2000年)
郭煥圭著『台湾の行方―Whither Taiwan?』創風社『台灣的將來-國際政治與台灣問題』(致良出版社,2005年)




>TOP

◆◆2008/06/11 00:21
  [mlst-ars-vive 440] 学会大会情報を

ここ数日何人かと面談のおり、
学会大会申し込み締め切りを逃して…
とか、年内に大会があるどういう学会があるか
とかいう話がでました。

このMLあるいはwebmaster@arsvi.com
に情報ください。そのさい
月日 大会名 開催地(開催校) URL
を知らせてください。

報告申し込みがまだ可能なものについては
その締切なども知らせてください。



いまみたら
http://www.arsvi.com/a/e.htm
にはほとんど情報なく
http://www.arsvi.com/a/g2008.htm
にいくつか、私が載せたものがあります。

HP担当者の人は、自分で調べるととも
寄せられる情報を載せるとともに
「ついで」に
http://www.arsvi.com/a/g2008.htm
にあるものを
http://www.arsvi.com/a/e.htm
の方にも載せてください。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/11 02:21
  [mlst-ars-vive 442] ミネソタ大学人権図書館・エンコードのこと

たまたま発見
http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jindex.html

そこからリンクされるページに項目が見当たらないように思えますが
http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jbioethics.html
というのもあり、こちらのHP上のページがいくつか出てきてます。

多国語HPを作ってうえでも参考になるかもしれません。
ただ、日本語の文書をいちいち他国語へといったことは
してないようです。



この間、HP上の日本語表示のことについていろいろと
情報ありがとうございました。→情報提供してくれたみなさん

http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jindex.html
の上の方をみると
Unicode(UTF-8)としておけば、外国にいる人でも(もちろん、
機種・ソフトに依存するわけですが)
日本語の字面は(理解できるできないはともかく)
見れるということでしょうかね。
とすれば、だんだんとその方向で作っていった方がよい
ということでしょうか。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/11 03:31
  [mlst-ars-vive 443] ミネソタ…続

http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jindex.html

http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jlinks.html
といくと

http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jlabor.html
http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jdeathpenalty.html
http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jdisabled.html
http://www1.umn.edu/humanrts/japanese/Jbioethics.html
という具合。※にはこちらのHPのページがいろいろと
あります。どなたが作られたのかわかりませんが
分類というか選択というかはかなり不思議なかんじのものです。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/13 11:35
  [mlst-ars-vive 457] 0831『医療・生命と倫理・社会』エントリー締切

以下、大阪大学の霜田求さんより。この雑誌に
論文載った人幾人かいると思うので、様子
教えてもらえるかと。立岩

――以下――

みなさま

本年度もご協力お願いいたします。

関心のあるテーマをお知らせいただければ、関連図書や雑誌論文を提供いたしま
すので、いつでもどうぞ。お知り合いの方にもお知らせいただければ幸いです。

次号執筆要項は以下の通りです。
テーマ:医療倫理、生命倫理、看護倫理に関連するあらゆる問題
形式:論文、文献紹介、研究動向紹介、事例報告・検討
枚数:400字50枚程度まで
原稿:テキストファイル(できればワード・ファイル)
エントリー期限:2008年8月末日(テーマをお知らせください)
原稿締め切り:2008年11月末日
発行予定:2009年3月20日

バックナンバーの目次は下記参照。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/eth/printedjournal.htm




>TOP

◆◆2008/06/14 00:15
  [mlst-ars-vive 460] 重度障害者包括支援サービス関係

http://www.arsvi.com/b2000/0803tm.htm
はこのたび、西田さん、川口さん
長谷川さん、山本さん、大谷(通)さん
参加して進めることになった企画関係の
昨年度の報告書でありますので、関係者は見てください。
あと引き続き参加者、協力者求む。
&補足説明など求む。


堀田義太郎*1、北村健太郎*2、渡邉あい子*3、山本晋輔*4、堀川勝史*5、中院麻央*4、小林香織*4、定行秀岳*4、高橋慎一*6、阪田弘一*7、川口有美子*8、橋本操*8 20080331
  * *1など除く
「在宅独居ALS療養者のケアニーズ――1分間×24時間タイムスタディに基づく事例報告と検討」
ALS/MNDサポートセンターさくら会 20080331 『在宅療養中のALS療養者と支援者のための重度障害者包括支援サービスを利用した療養支援プログラムの開発 事業完了報告書』,平成19年度障害者保健福祉推進事業 障害者自立
支援調査研究プロジェクト,pp.*-*

というかんじで「業績」(「成」)のところに記載してください。→担当者の方
ついでに
http://www.arsvi.com/a/p.htm
の3月の終わりにある 川村…は
その報告書の分担執筆者である川口さんの文章を記載し、
川村…は、その文章が収録されている報告書という扱いで
お願いいたします。→同じ担当者の方。

&「修」では作成者は堀田さん、当該のファイルでは長谷川さんと
なっていますが、両方がやったということ?



みなさん、櫻井(悟)さんがまめに知らせてくれる
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
見てくださいね。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/14 03:40
  [mlst-ars-vive 461] 矢野さん

矢野さんファイル
http://www.arsvi.com/w/yr02.htm
掲載されました。
ここの研究科ではじかに会うのは
困難なことが多いです。
全員、こういうファイルを作る(作ってもらう)
方向でよろしく。
英語版もよろしく。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/14 12:36
  [mlst-ars-vive 467] 地域福祉学会

明日、報告6つのみなさんよろしく。
http://www.arsvi.com/a/p.htm#06

葛城さん、渡辺さん、ひぎょんさん、
仲口さん(気がつきませんでしたがメールでわかりました)
今日のシンポジウムにわざわざどうも。
(あとで渡辺さん、ひぎょんさんの研究計画について話。)
感想はお4かたから聞いてください。

ちょっと(ごく部分的には)きついことを言った、ことになるのかも
しれませんが、
&私が言ったのではないですが、その学会で全般的に
ぬるい、のであれば
まあつまり、
ちゃんとしたことを言えばいいということでもあるので
どうどうと、ということで。

懇親会で夕飯食べさせてもらって・夕酒のませてもらって
幾人かと話。この学会はなりたちとして
社協(社会福祉協議会)との関係が強いようです。
大阪府社協の事務局長の方が当方の書きものとかこちらのHP
とか見てくださっているというようなことであるとか。

あと、今日のシンポジストの一人である小林さん
cf.
http://www.arsvi.com/b1990/9405cb.htm
(拙著のあとがきにも出てきます。)
と話。シンガポール、マレーシアあたりの
ALSの人とかとも交流あるとのことでした。

ご苦労なことに
http://www.arsvi.com/w/ts01.htm
さん、理事になられたそうで、会場にいて
COE絡みの出版物の発行形態等について
すこし話をしました。

など。とにかく明日は、話す人
自信をもって話してください。聞く人の数は
わかりませんが、とくに朝いちの人は少ないだろうと思いますが
聞く人にとっては有意義な
報告となるだろうと思います。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/14 22:03
  [mlst-ars-vive 470] HPファイル作成者名の記載について

櫻井(悟)さんいつも更新とそのお知らせありがとうございます。

作成者名の記載
アマゾンにある情報以外はまったくないといった場合を別として
(その場合にもミスがあったときにお知らせできるので
あった方がよいのだろうと)
とくに、中身のあるファイルの場合については、よろしく
お願いします。

http://www.arsvi.com/w/yy05.htm
http://www.arsvi.com/w/yh05.htm
上のファイルにはありますが、下のものにはない、など。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/14 22:20
  [mlst-ars-vive 471] 医源病/植村ページ・他

http://www.arsvi.com/d/i06.htm

ここのところ、植村さん、集積してきた文字を
生かして、たいへん充実したファイルを
作ってくださっています。

その掲載と同時に
http://www.arsvi.com/w/uk01.htm
の増補を担当者の方々にお願いします。

ここ一月ほどの間にかなりの貢献がありました。
必要なら本人と連絡とって、よろしくお願いします。
→担当者様



もちろん、植村さんに限らず、院生、PD…の
みなさんについて。

あと、多くの人が研究科のHPのページと両方
もっているのですが、予算絡みで人手が少なくなっている
&全文をhttp://www.arsvi.com内に掲載といった
場合が多いなどの理由に鑑み、基本的には
http://www.arsvi.com
に移す方向でだんだんとお願いします。
すくなくとも、研究科のHPからのリンクがあった方がよいです。
例えば
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/uk01.htm
にはありません。
植村さんご自身がよろしければ、中身をhttp://www.arsvi.com
にもってきて、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/uk01.htm
からリンクというふうにしてよいだろうと。




>TOP

◆◆2008/06/15 07:34
  [mlst-ars-vive 474] 大阪市大COE

http://gcoe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/
昨年、学際なんとかいう領域で
「文系」新規採用2つのうちの1つがこちらで
もう1つが大阪市立ので、
その代表は、立命館の政策科学部にいた
佐々木さんで
http://gcoe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/g-coe.html
(私は2002年度の1年、政策科学部に腰掛けで
いたのですが、そのときの教授会でいっしょでした)
昨日の学会で、その伝令?という
方がいらしてて、なんかいっしょに
やりたいとのことです。こっちにも都市とか
そんなことをしてる人はいるので、というような
ことは申し上げました。

なんかしたい人いたらば、アイディアどうぞ。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/15 11:15
  [mlst-ars-vive 475] Rortyへの言及+

いただきもの
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000281658/ryospage03-22
をぱらっとみてましたら、れいのアムネスティの講演
についての言及あり。
pp.120-124
とくに今から、というものではなく
金曜、忘れなかったらもっていきます。
(さらにみると拙著への言及もありました。pp.68-71)

cf.
http://www.arsvi.com/w/rr01.htm

以下はprosemiに出したメール。

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <TAE01303@nifty.ne.jp>
To: <ml-prosemip@ml.ritsumei.ac.jp>
Sent: Sunday, June 15, 2008 6:21 PM
Subject: [ml-prosemip 7511] 20日(金)P演習(立岩)


> 安部・小林の
> 博士(号取得を希望する)論文を
> 検討。13時からでよいかと。
> (もっと早くからでも可。)
> 場所は創思館416でよいかと。
> (別の部屋でも可。)
>
> いずれもかなりの分量のもので
> 読んでくることを求めたりはしませんが
> いちおう読んだことにしたうえで
> 話を始めます。
> 二人に希望すれば、添付ファイルなりで
> 原稿送ってくれるだろうと思います。
>
> 以上とりあえず。順序など詳細はまた
> (私はどっちが先でもよいです)。
>
> 立岩




>TOP

◆◆2008/06/18 12:26
  [mlst-ars-vive 486] 新田本・他

佐藤さん(公共・2008年度3年次入学)
が別MLに目次知らせてくれた本
http://www.arsvi.com/b2000/0803ni.htm
いちおう。
下のリンクのところに書いてありますが300部は
保存用ことで頒布停止のようです。ただ
どうしてもという人には頒けてもらえるかも。
&現代書館版が年内に出るとのことです。



あといろいろ更新(→担当者様)
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

本ファイルを作った後
主題別ファイル・人別ファイルを誰が
どういうふうに作るか、すこし考えてどころです。
(→担当者様)



6月21日の企画のこと再度お知らせよろしく。

22日にもひとつ(主催ではない企画が)
あるので、それは明日にでもお知らせします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/18 23:38
  [mlst-ars-vive 489] アドレス伺い(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集

昨日、村上(潔)さんと話していて

生命領域の卒業生の番匠さん
それから立命館の学部でてる竹村さん
(いずれも「西海岸」――名称変わった?――居住)
のメールアドレスご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。

以下の関連。研究的な要素をいれてやる人もまたよし
という感じで、いまこちらの院生3人、ですが
さらに、、ということで。立岩

> ――以下――
>
> Sent: Friday, May 30, 2008 8:14 PM
> Subject: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集
>> 市内、ALSの男性(あの方ではないです)
>> 夜9時から朝7時(すくなくともいまのところ
>> 寝ることできます)。
>> 時給1000円〜、募集中。いい仕事だと思います。
>>
>> 応募、問い合わせとりあえず私に。
>> (とくに私が関わっているわけではないです。)
>> 人がいなくて困っている関係者に転送します。
>>
>> 信頼できる人には転送可です。
>>
>> 立岩




>TOP

◆◆2008/06/18 23:52
  [mlst-ars-vive 490] 0622JIL総会全体会

http://www.j-il.jp/event/jil.html

私、「コーディネーター」という役であることは
(当然、お知らせいただいてますが)
いまわかったような気がします。

よろしかったらおいでください。立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 00:32
  [mlst-ars-vive 492] 日本社会学会入会関係

http://www.gakkai.ne.jp/jss/research/conf81_2.html
報告する人で、末入会の人
は20日必着で入会届け出す必要がある
とのことで、会員の捺印必要ということで
必要な人は私のをどうぞ&報告ください。

問い合わせなどいただいているのでお知らせ
しました。立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 01:49
  [mlst-ars-vive 494] 0621座談会「大学における視覚障害者支援の現状と課題 スーダンで今求められていること」

http://www.arsvi.com/0n/ajf2008.htm#0621

その日、入試説明会あり(14:40〜17:00)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2008.htm
私出てますので、最初のほうすこし挨拶というか
させていただくぐらいになろうかと。

直接関係ないってばないですが、これからのこともあるので
新山さんに斉藤さん
http://www.arsvi.com/w/sr01.htm
には会ってといてもらうということにも。

この企画、担当の方、jsdsの方(等)にも告知しといたりしてください。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 02:24
  [mlst-ars-vive 496] 今週〜来週(立岩)

メール、さみだれすみません。在庫処理しながら
書いてます。(当分終わりません。遅延おわびします。)

今週
金 P演習13時 16時NHK
土 入試説明会+COE企画
日 大阪

来週
月 午後COE関係
火 13時会議 16時半会議
水 午後打合せ(新聞社)
金 13時〜16時10分 授業
土 午前COE関係 午後催
で学校に行きます。

他、社会学研究科の院生との面談、月明けに生田
他。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 05:12
  [mlst-ars-vive 497] テキストファイル提供関係

http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
はじめたら終わらず、50ほど更新など。

http://www.arsvi.com/d/d03.htm
から植村論文(書誌情報など若干変更)にリンク。

いま話すすめている出版社の編集者と一昨日話。
筑○書房という会社ですが、以前の岩○書店の方の
話では、その会社は会社として対応していない
(しないことに決めている)
ということでしたが、そういうわけでもなく
社内でも統一した見解があるわけでなく、
著作権関係に対応する社員が若干条件つけたがっていると。

私の担当の人(その人は積極的に進めたがっている)
のためにも植村論文読んでもらうとよいと思いリンクさせました。
これからメールで知らせます。
またその人は積極的に対応している会社(生活書院)
の人の話も聞きたいようなことをおっしゃってました。
そういうことになるかもしれません。

関連の研究費を申請中ですが、それはどうなるか
わかりませんが、ともかく、まったくのかたてまでよいので
このテーマ、続けていただければと思います。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 05:23
  [mlst-ars-vive 498] HP・催追加等

http://www.arsvi.com/a/e.htm
も追加
(予告なしでやりました、すいません
というとこで→担当者様*)

*ごく細かな指示:◆に統一、半角スペースはスペースとして
 表示されないので全角でお願いします。



webmaster@arsvi.com
には知らせてありますが、jsds関係(他様々)の情報のやりとり
よろしくお願いします。→担当者様

みなさんも、情報提供よろしく。
永田さんありがとうございました。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 05:27
  [mlst-ars-vive 499] お礼+(Re: [mlst-ars-vive 489] アドレス伺い(Re: [mlst-ars-vive 325] 男性介助者募集

> メールアドレス

知らせていただきました。ありがとうございました。

仕事の中身はまだ決まらない部分もあり、
前便に書いたように、研究的な要素を含めたい人は
それも歓迎ということで
引き続き、応募・問合せお願いします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 06:02
  [mlst-ars-vive 500] HP・人(とくに作成者の人に)

http://www.arsvi.com/w/index.htm
に800人ぐらい。いま
http://www.arsvi.com/w/
にあるファイルみたら、970ぐらい
あるようです。
ということは、ファイルはあるが
リスト(index.htm)にはない人がいるということのようです。
(一部の人については英語・日本語両方あるので
それを勘定すると、差は少し縮まりますが)
いちどチェックした方がよいかもしれません。
&対応の仕方を作っておくとよいかもしれません→担当者の方
(私は新しい人の場合は
http://www.arsvi.com/a/r.htm
に(新規)というように記してます。)

あと、本等のファイル作るときに
http://www.arsvi.com/w/index.htm
なり、「内」を検索するなりして
人にもリンクしておいてください→作成者の方
../w/aa01.htm
といったぐあいです。
この作業と連動して、人のファイルを増補する
ということでお願いします。
わからなかったら
webmaster@arsvi.com
の方に問合せくてください。

あと英語
http://www.arsvi.com/w/indexe.htm
のファイル、片岡さんが作ってくださっているので
そこのところの調整などもよろしく。
あと、いろいろと考えましたが
一人ずつのファイルの方は
AOKI Shintaroでなく
Shintaro Aokiのように
表記するのがよいかと。
(苗字の部分が人によっては長くなってしまうという
だけのことなんですが。)

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 10:24
  [mlst-ars-vive 505] alssentanというML・他

があります。どういうふうにできたかは
忘れました。ここの教員・院生、
他大学の教員、新聞記者など
現在31名。

(いまのところ)不動系の人にかかわる
研究・支援関係のMLというかんじのものです。
甲谷さんは周囲がしっかりしているのでなんとか
なるとして、その後もいろいろありまして
その関係のお願いメールをここにもしてるわけですが
ここに紹介するMLではより具体的に
ことをすすめていくことに。

ここの院生
関係の学会報告を既に10〜してるわけですが
可能であれば、かかわりながら、そして
結果がなにかしらの役に立つものであったらということもあり
また、他でバイトするよりこういう関係の
仕事のほうが、ということもあり。

こんど「ある」というNPO法人を
作りまして(認証済み、北村事務局長、のはず)、
なにするかこれから考えて、やっていくために、
という
ものでもあります。

はいりたい人は川口さん
aji-sun@nifty.com
へ。でたい人も同じ。

まずは西田さんをいれてください→川口さん



研究会等、HPにページをもっておくこと。
いまあるのは「老い研究会」
http://www.arsvi.com/o/o01.htm
今日、各務さんはいられたので、更新しておき
ました→担当者様

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 11:57
  [mlst-ars-vive 506] 植村さんどうも。

植村さんどうも。ぼつぼつやってみて
くださいな。

http://www.arsvi.com/w/uk01.htm
私の方でこんどの『Core Ethics』論文は
掲載、リンクしましたが、あとご自分でも
誰かに頼むのでもよろしく。

植村さんの主題別のファイル、本の紹介ファイル
前者は、とくにこれから増やしていくにつれ
ますます作者性の高いものになっていくと
思うので、
http://www.arsvi.com/w/uk01.htm
の方に、作ったものの一覧があるとよいと思います。



他の方も、作成したファイルへの記名
(作成:○○ そして自分のファイルへのリンク)
よろしく。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/19 12:06
  [mlst-ars-vive 507] ワークフェア/ローティ…

明日13時からの(公共)P演習。

小林関係
http://www.arsvi.com/d/w0104.htm
作ったのを忘れていて、体裁とかもおかしいですが
いちおう。

安部関係
http://www.arsvi.com/w/rr01.htm
ここからつながっていませんが
「承認」
http://www.arsvi.com/d/r05.htm
このファイル、明日出る人はいちおう読んでおいて
ください。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/23 01:09
  [mlst-ars-vive 523] 米国の直接行動派

昨日5年ぶり?に古井透さん・古井(鎌谷)正代さんと
お会いして話。
http://www.adapt.org/
(等)はおもしろいそうです。

cf.古井さん
http://www.arsvi.com/2000/030829ft.htm
http://www.arsvi.com/m/gs2003.htm

あと米国のリハ業界はけっこうおもしろい
そうです。補足情報はまた。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/23 12:46
  [mlst-ars-vive 525] 看護

続きをあべ(安部)さんにということで
すこし手を入れました。
http://www.arsvi.com/d/n04.htm

連動して、いくつか
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n

まだまだ未整理ですが、やってると
時間がいくらでもかかってしまうのでとりあえず。

もちろん、とても大量の本等々が出ている
わけなので、関心あるところに
しぼって続きお願いします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/24 00:14
  [mlst-ars-vive 530] 「成」更新・お伺い(→中倉さん)

http://www.arsvi.com/a/p.htm
6月のところなど追加しました。
(作成者の方、参考になさってください。)

催しもの関係の報告について、私のも含め
ただ「報告」としていますが、題を(むりやりでも)
つけてもらった方がよいのかもしれません。
どうしたものか。

あと昨日の企画のファイル
http://www.arsvi.com/a/20080623.htm

エンコードUTF-8で作られたようで
画面ではちゃんと見えます
(エディタ(日本語エディタ)では化けます)
外国語環境からこちらを見る場合
この方がよいようにも思ってきました
(日本語が読めなくても、文字化けはしない)

どのようにして作られたか教えていただければと。
(→たぶん中倉さん)

立岩




>TOP

◆◆2008/06/24 00:16
  [mlst-ars-vive 531] 視覚障害2008

ついでに
http://www.arsvi.com/d/v012008.htm
やっときました。これだけなら
(「成」にデータがあがっているなら)5分でできます。
あとはよろしく。



作られる(更新される)はずでそうなっていない
ファイルが大量にあります。みなさんよろしく。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/24 00:21
  [mlst-ars-vive 532] ALS2008

http://www.arsvi.com/d/als2008.htm
これもついでに。

視覚障害、で括られるものにしても
ALSにしても、そこそこまあまあ仕事はしているのだなと。

その「成果」を随時告知・公開していくのは
研究者・研究機関としての義務でもありますので
よろしく。

引き続きこのファイル作成の担当者求めてます。

あといずれのファイルも
私がやると、時間もないので、つねに最低限以下という
ことになります。様々に創意工夫していただければと。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/24 06:41
  [mlst-ars-vive 537] お礼+「人」作成者の方へ(Re: [mlst-ars-vive 536] 英語版HP更新

> http://www.arsvi.com/w/indexe.htm
> からリンクできるようにしました。

片岡さんありがとうごさいました。

「人」やってくれている人、

1)上のところ
><a href="../index.htm">HOME</a> >WHO(Japanese) /<a
>href="indexe.htm">WHO(English)</a><br>
のようにしていただけるとよいかと。

2)英語版ある人については
<a href="as01.htm">青木慎太朗</a> <a href="as01e.htm">English</a><br>
といった感じで、そのうち、まとめて
お願いします。以後適宜追加ということで。
そのへんの情報のやりとりは
片岡さんとお願いします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/24 23:31
  [mlst-ars-vive 544] お礼(→サトウさん)+みなさまもよろしく

サトウさん
> http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~satot/English/ENGvisit.html
どうも。

院生・教員…のみなさま、英語のページ、中身
webmaster@arsvi.com
にお知らせ、お願いします。

このMLに直にでもまったくかまいません。
歓迎です。

(片岡さんと有馬さんにもwebmaster@arsvi.com
届くようにした方がよいかもしれません。
ただ、この半年〜で2000通とかになって
いるんで、わずらしくはあるかも。)

立岩




>TOP

◆◆2008/06/25 00:14
  [mlst-ars-vive 545] 本日「終末期」関係

13時より416で某新聞社にここが
加わったかたちでの調査(一定規模以上の病院対象)
の結果(の出し方)についての打ち合わせあり。
教員としては大谷(い)、サトウ、私。
新聞社の方からは大阪本社の人、東京本社の人。

こういう企画は
どのようにしても気持ちの晴れないものですが
まあ、仕方なかろうということで
いますこしおつきあいすることに。

院生(等)オブザーバー参加可です。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/25 00:58
  [mlst-ars-vive 546] 本2冊+ファイル作成者の方々へ

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4588672088.html
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4588672096.html

いただいたものと、書評用に週刊読書人から送られたきたのと2セット、
あるかも。もっていきます。
1冊めの本の第4章、第5章あたりは、関係ある人は読んだ方がよいでしょう。
もっと書いてくれたらと思いますが、こういう分担執筆本では
分量の関係で仕方ないのかもしれない(同志社でやっていた
研究会――お誘いをいただいたことありますが出られませんでした――
がもとになってできたものです)
第5章の執筆は荻野さん
http://www.arsvi.com/w/om02.htm

書評、私自身は書く時間ないです。
どなたか私が、という人いたら。ただし原稿料はきわめてわずかです。
(他の人に書いてもらうだろうことは先方には伝えてあります。)



ファイル作成者の方へ。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4588672088.html
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588672088/ryospage03-22

比較していただくとわかりますが、紀伊國屋の方が
情報が多いです。&発行年月日が記載されています
(他方、アマゾンでは日はなく、かつ、年月まちがっていること多いです。)

そういうことがあるので、目次などアマゾンにない場合
いちおう紀伊國屋をチェックするとよいかと思います。
また、私が作っているものの最近のものがおおむね
[amazon]/[kinokuniya]
になっているのは上記のような理由からです。&ブープル経由で
買う人はほとんどおらず、ビーケーワンは(おおざっぱにいうと)
アフィリエイトやめたので、「新たに作るものについては」
上記2つでよいかと。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/25 12:42
  [mlst-ars-vive 550] 皆様よろしく+(Re: [mlst-ars-vive 547] 英語版HP更新

片岡さんありがとうございます。
教員、院生のみなさん、英語ページの作成・増補
片岡さんと相談しながらでもすすめていってください。
片岡さんが窓口となり、有馬さんも協力してやって
もらうことに。

webmaster@arsvi.com
はメール数多すぎるので、片岡さんは
それにははいらず、上記のごとく直接に
教員・院生…と交信しつつ
英語ページを有馬さんととともに作成・更新し、
その結果をML(等)に報告する
それを受けて、
webmaster@arsvi.com
の人々がそれを
http://www.arsvi.com/a/r.htm
などに反映させるというかたちをとります。

また片岡さんの方でも
http://www.arsvi.com/a/r.htm
を見て、日本語ページの作成・更新状況を
チェックしながら、英語の方をお願いします。



いまある(数少ない)教員の英語ページは、まったく
「とりあえず」私が、著書の写真の貼ったという以外
のものではありません。よろしくお願いします。

夏休みの前には(掲載を希望しない人以外の)
院生、教員の全員についてページを掲載するという
つもりでよろしくお願いいたします。

その手前の仕事として日本語のページもよろしく→皆様

ただ、HPはいつでも更新できるというのが強みなので
日本語のもとファイルがきちんとなくてもあるところから
作っていくことができます。
教員であれば、まずは著書のリストからアップしていくとか
院生であれば、論文タイトルと英文サマリーをアップしていくとか。

&この作業を他に優先して進めてくださいませ→片岡様



ごく細かいところ。サトウさんの
http://www.arsvi.com/w/st11e.htm
から
日本語ページへのリンクまちがい
st11e.htm→st11.htm
ということでお願いします→片岡さん

立岩




>TOP

◆◆2008/06/25 23:53
  [mlst-ars-vive 558] 土本氏逝去

http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20080625ddlk43040585000c.html

忘れていましたがあるにはありました。
http://www.arsvi.com/w/tn04.htm
追悼記事、あるいはフィルモグラフィー(へのリンク)
などで増補してくれる人いらしたら
ありがたいです。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/26 02:23
  [mlst-ars-vive 562] 三島本紹介

関係ある方いますのでいちおうお知らせ
http://www.arsvi.com/ts2000/20080008.htm
次回に続きます。

この本10冊、売り上げ(2割引販売)はAJFへということで
もらっていて、あと1冊か416に残っていると思います。



修/成/全文 …わずかですが更新しました →担当者様

http://www.arsvi.com/ts2000/20080008.htm
など、下の方、フォントサイズを一つ落としてみましたが
こちらの方がよいでしょうかね。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/26 07:26
  [mlst-ars-vive 567] 彙報→HP

本日、彙報ができてきたそうです。
まず、先端研でCOE関係の教員については
彙報データをHPに掲載してもらう
ことを片岡さんに
(&先端研HPからリンクしてもらうこと
を遠州に)お願いしました。

その後、HP担当者(+PD、RA…)にも
協力してもらい、非掲載を希望する人
以外の院生についてもお願いするつもりです。

2006年度以前についても同様。

それをもとに英語化も推進していきます。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/26 23:48
  [mlst-ars-vive 570] 本(の細々したこと)

http://www.arsvi.com/b/b.htm
更新しました。3260冊*

*◆→◆の全置換すると数がわかります。
月に1〜2〜回、更新してください。→担当者の方

上記のファイル、そこからリンクされるファイルは
蔵書リストのようなものです。

繰り返しになりますが
416にある本を探す人は、
http://www.arsvi.com
で「内を検索」するのが一番簡単です。
そうすると発行年がわかります。
いま本の配架は基本的に発行年順に
してますので、探すことができます。

☆ 作成者の方、作成するファイルは基本的には
416にある本ということでお願いします。
あるべき本は購入しますのでお知らせください。

配架をおもにやってきてくれたRAが現在
より有意義な活動に従事してます。ファイル作って
シールはったもの一定まとまったら、発行年順
に配架お願いします。

あと発行年順の棚の最下段にあるもの
(文庫・新書はべつですが)
天田さんので、発行年順に並べてよいというものです。
それも適宜お願いします。
その際、上記の「内を検索」を使って、ファイルの有無
をチェックしてください。(既にあるものもあるはずです。
その場合はシール貼るだけ→配架用ストックの場所へ
→たまったら配架)

 *天田さんはじめ、どの範囲を発行年順の棚に
  おいてよいか、指示ください。なおこの本たちについては
  本の所有権そのものは移動しないということになって
  おります。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/26 23:55
  [mlst-ars-vive 571] 彙報→HP(続報)

昨日、院生・教員ともデータを
webmaster@arsvi.com
に転送しました。HP担当者がまず
ファイルを更新・あるいは新規作成
します。(優先的な作業としてください→担当者様)

それを受けて、片岡さんが英語関連
の作業をするというだんどりにしました。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/27 14:42
  [mlst-ars-vive 580] 明日or今日 於:立命館

野崎さんの授業かつCOE企画
http://www.arsvi.com/a/20080628.htm
よろしく。
できたら他MLに告知を→野崎さん

櫻井さんの録音のことは
音声を文字化するソフトがどれだけ使えるかという
ためし(今日の私の授業もそれで録音していただいたのですが)
の一環です。

返信できてないメールあります。すみません。
明日は10時から学校(PDヒアリング)。
そのあと上記の企画にすこし。
海外の研究機関との連携にも関係する
ことなんで、検討のために、ということもあります。
それで録音の文字化を急いでいるということもあります。

「コリン・バーンズ」で検索するといくつか出てきます。
http://www.arsvi.com/b1990/9900bc.htm
http://www.arsvi.com/0w//no01/19951225.htm
おおむかしに作ったファイルでそのままになっているのありますが
そのうちなおします。

では明日。とりわけ東京からいらっしゃる田島さん
ありがとうございます&よろしくお願いいたします。

立岩




>TOP

◆◆2008/06/30 04:34
  [mlst-ars-vive 597] 稲盛財団

個人(教員)・100万ということかなと。
誰かいかがですか。

http://www.inamori-f.or.jp/ja_fd_gra_out.html
委員会
http://www.inamori-f.or.jp/ja_fd_gra_com.html
対象者
http://www.inamori-f.or.jp/ja_fd_gra_obj.html

立岩




>TOP

◆◆2008/06/30 06:18
  [mlst-ars-vive 599] 本日明日(立岩)

16時半から博士論文口頭試問
(今日はそれだけで勘弁。)
(はんこはもっていきます→村上(潔)さん)

大川さん
http://www.arsvi.com/w/om08.htm
見たい人は見られるかもしれません。
(終わった後の予定はうかがっていませんが
夕飯ぐらい食べるかも。日帰りは日帰りです。)

明日は10時から生田+社会学研究科の院生面談
その後、会議、口頭試問。

立岩




UP:20080501 http://www.arsvi.com/ml/2008p05.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)