HOME > eMAILS >

「良い死!研究会」のMLへのメイル・2007

「良い死!研究会」
「良い死!研究会」のMLへのメイル・2006
「良い死!研究会」のMLへのメイル・2008


◆◆2007/12/31 19:16
  [yoishi:1577] 山本×小泉・他
◆◆2007/12/29 23:03
  [yoishi:1574] 老い・他
◆◆2007/12/24 14:08
  [yoishi:1560] 情報掲載
◆◆2007/12/20 00:02
  [yoishi:1545] さらに訂正(Re: 石井[1998])
◆◆2007/12/19 22:14
  [yoishi:1543] 訂正(Re: 石井[1998])
◆◆2007/12/19 22:09
  [yoishi:1542] 石井[1998]
◆◆2007/11/04 12:01
  [yoishi:1487] 中島/四十川
◆◆2007/10/26 08:14
  [yoishi:1459] 明日27日集会
◆◆2007/10/22 07:57
  [yoishi:1457] 1022再度お知らせ
◆◆2007/10/06 17:20
  [yoishi:1438] 明日10/07再度お知らせ
◆◆2007/10/02 18:32
  [yoishi:1429] 1022
◆◆2007/09/05 18:20
  [yoishi:1395]9月16〜17日:障害学会大会
◆◆2007/08/21 10:28
  [yoishi:1388]更新
◆◆2007/08/04 13:30
  [yoishi:1374]更新
◆◆2007/08/03 09:18
  [yoishi:1372]更新
◆◆2007/08/02 21:42
  [yoishi:1371]今朝の『京都新聞』・続々々々々々
◆◆2007/08/02 16:47
  [yoishi:1369][yoishi:1368]今朝の『京都新聞』・続々々々々
◆◆2007/08/02 15:46
  [yoishi:1368]今朝の『京都新聞』・続々々々
◆◆2007/08/02 14:55
  [yoishi:1367]今朝の『京都新聞』・続々々
◆◆2007/08/02 13:28
  [yoishi:1365]今朝の『京都新聞』・続々
◆◆2007/08/02 12:12
  [yoishi:1364]今朝の『京都新聞』・続
◆◆2007/08/02 10:02
  [yoishi:1362]今朝の『京都新聞』
◆◆2007/06/29 21:11
  [yoishi:1274] 「日本尊厳死協会の系譜」
◆◆2007/06/29 13:06
  [yoishi:1272] 昨年9月の研究会の記録
◆◆2007/06/18 19:30
  [yoishi:1260] Re: グローバルCOE
◆◆2007/06/06 12:55
  [yoishi:1223] お礼・続々+
◆◆2007/06/06 11:26
  [yoishi:1221] お礼・続
◆◆2007/06/05 22:41
  [yoishi:1220] お礼(Re: 取材先)
◆◆2007/06/05 22:23
  [yoishi:1218] 取材先
◆◆2007/05/28 16:53
  [yoishi:1199] 井形氏
◆◆2007/05/17 18:06
  [yoishi:1174] 3/3シンポジウム記録掲載
◆◆2007/04/22 23:52
  [yoishi:1133] 報道・他
◆◆2007/04/17 09:23
  [yoishi:1120] 英国関連3本
◆◆2007/04/17 00:50
  [yoishi:1118] 森要望書・拙文
◆◆2007/04/14 22:35
  [yoishi:1110] 記録・報道
◆◆2007/04/14 09:34
  [yoishi:1107] 公開可能なものは
◆◆2007/04/12 10:08
  [yoishi:1097] バクバクの会・他
◆◆2007/04/11 16:09
  [yoishi:1094] 4/14土曜・於:京都
◆◆2007/04/09 17:59
  [yoishi:1074] 残念。
◆◆2007/04/08 10:12
  [yoishi:1065] Re: 終末期医療検討委員会への意見書(川島委員)
◆◆2007/04/07 08:13
  [yoishi:1062] 本日+本・他
◆◆2007/04/06 17:23
  [yoishi:1057] 微細な修正(Re: じかにやりますか。)
◆◆2007/04/06 17:20
  [yoishi:1056] じかにやりますか。
◆◆2007/04/05 18:31
  [yoishi:1047] Re: やっと回復
◆◆2007/04/05 11:23
  [yoishi:1044] 透析関連増補・他
◆◆2007/04/05 10:57
  [yoishi:1043] 「寝たきり老人」を巡る言説
◆◆2007/04/05 10:53
  [yoishi:1042] 立命館・4月土曜講座
◆◆2007/04/05 00:27
  [yoishi:1037] 終末期医療に関するガイドラインにおける「積極的安楽死」の記述に対する要望書
◆◆2007/04/02 19:35
  [yoishi:1032] Re: 立岩さんの意見について少し
◆◆2007/04/02 18:53
  [yoishi:1030] Re: 立岩さんの意見について少し
◆◆2007/04/02 17:04
  [yoishi:1028] ごく簡単に
◆◆2007/04/02 16:25
  [yoishi:1027] 短文一つ
◆◆2007/03/27 23:20
  [yoishi:1009] 透析関連増補/フランス関連作成
◆◆2007/03/23 23:46
  [yoishi:0994] Re: 【意識の有無】尊厳死法反対が「脳死」を殺すとき
◆◆2007/03/19 16:29
  [yoishi:0982] 透析関連
◆◆2007/03/14 11:17
  [yoishi:0962] HP更新
◆◆2007/03/07 21:25
  [yoishi:0946] 『京都新聞』に3月3日シンポジウムの記事
◆◆2007/02/28 19:42
  [yoishi:0936] 3月3日・尊厳死と医療を考えるシンポジウム「尊厳死、ってなに?」
◆◆2007/02/19 11:33
  [yoishi:0898] 岡本晃明「医療と報道倫理」掲載・他
◆◆2007/02/03 20:16
  [yoishi:0877] 2/12集会・3/3集会・他
◆◆2007/01/12 21:13
  [yoishi:0849] 20070212 研究集会<死の法>・第3回
◆◆2007/01/08 14:07
  [yoishi:0841] 『折れない葦』



 
 
>TOP

◆◆2007/01/08 14:07
  [yoishi:0841] 『折れない葦』

謹賀新年、でまだよいのでしょうか。立岩です。

http://www.arsvi.com/ml/2006y.htm#0487
でお知らせしましたが、さっき別のMLで
「障害者欠格条項をなくす会」の臼井さん配信の
メールがありましたので。

――以下――

臼井です。
京都新聞が、約一年前から開始した
障害者の自立をめぐるシリーズ連載
タイトル「折れない葦」の記事を
一括してウェブサイトに掲載しています。

もくじ

第1部「在宅と自立の挑戦」
 生きた証を残す
 「医療」のすき間で揺れ
 救急現場で「命」選択
 後遺症で疎外感、退職
 模擬社会の外に出たい
 介護の枠超える関係を
 病は進行 追いつかぬ福祉

第2部「小さな命に寄り添って」
 妊娠11週目「ダウン症」
 小児がん 親子で闘う
 移植は成功。でも…
 心臓病 ボンベ手放せず
 院内学級 励みに闘病
 病棟の”オアシス”
 24週で出産 体重670グラム

第3部「福祉に届かない声」
 薄氷の老老介護 結末は殺害
 地域・行政の目 届かず
 辺地医療”金かかる医師”
 幼い笑顔 家族の絆深め
 去った母 届かぬ養育費
 文化的な生活を問う

第4部「尊厳ある生と自己決定」
 取り乱す臨終も美しい
 伝えられぬ意思 胸に
 生きたい 願いかなわず
 治療中止要求の親説得
 生きてと言えず寄り添う
 こん身の作詞 家族支え

第5部「この街で支え合う」
 リスクかけ独居挑む
 妻の生活リズムで介護
 五感で意思くみ介助
 帰宅で取り戻した日常
 仲間と過ごす場、力に
 「『自立』への壁 動き出した支援法」
 応益負担
 理念後戻り
 縦割り是正
 事業所の憂うつ 施設の合併、閉鎖の恐れも
 子どもの療育
 「区分」の矛盾

URL
http://www.kyoto-np.co.jp/info/special/orenaiashi/060120_1_1.html


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 21:13
  [yoishi:0849] 20070212 研究集会<死の法>・第3回

以下、清水さんから案内もらいました。
追加情報入ったらお知らせします。

* わたし発のメールは、注記ない場合は
転送・転載可、歓迎です。

――以下――

■20070212 研究集会<死の法>・第3回
http://www.arsvi.com/0p/et-2005s.htm#20070212

◆ 日時:2007年2月12日(月、休日)
◆ 場所:文京シビックセンター スカイホール
文京区春日1−16−21 文京シビックセンター26階
(TEL03−5803−1100代表)下記地図を参照ください
◆ 資料代:1,000円
◆ 内 容
・「 脳死」臓器移植法改正
・尊厳死法案
・厚生労働省の「終末期医療のガイドライン」(たたき台)の検討

文京シビックセンター 地図
http://www.b-civichall.com/

主催:安楽死・尊厳死法制化を阻止する会

連絡先  安楽死・尊厳死法制化を阻止する会事務局 事務局長 清水昭美
TEL:03-5568-7603 FAX:03-5568-7607
メールアドレス:shimizu@ginzadori-law.jp 
ホームページ:http://soshisuru.fc2web.com/


 
 
>TOP

◆◆2007/02/03 20:16
  [yoishi:0877] 2/12集会・3/3集会・他

 *以下、jsds(障害学のML)に配信したものと同文。
  かつ既にこのMLにお知らせもありましたが、いちおう。

案内掲載。
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm

これからあること
http://www.arsvi.com/#s
からも。

この種の情報の更新情報は
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
に。

時間なくておそくなりました。すいません。



[略]


 
 
>TOP

◆◆2007/02/19 11:33
  [yoishi:0898] 岡本晃明「医療と報道倫理」掲載・他

http://www.arsvi.com/2000/0702ot.htm
岡本さん(このMLにメンバーでもあります)ありがとうございました。

http://www.arsvi.com/1c.htm
などからリンクされています。

以上立岩、でした。ご無沙汰しておりました。

http://www.arsvi.com/a/index.htm

http://www.arsvi.com/a/200702.htm
という書類に1月ほどかかりきりでして、えらいことでした。
来年度は通りませんが、そのうちどっかから
お金がもらえるかもしれません。
お金があれば使って、あまりなければあまり使わず、
やっていくつもりです。どうぞよろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/28 19:42
  [yoishi:0936] 3月3日・尊厳死と医療を考えるシンポジウム「尊厳死、ってなに?」

以前お知らせありましたが、

尊厳死と医療を考えるシンポジウム「尊厳死、ってなに?」
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm#0303

よろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/07 21:25
  [yoishi:0946] 『京都新聞』に3月3日シンポジウムの記事

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
に掲載。岡本さん感謝。

ほかに載せられていないもの多数。すみません。

                          立岩 真也

☆本・CD等々を買う
http://www.arsvi.com/0b/a.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 11:17
  [yoishi:0962] HP更新

ようやく、昨日、会議中に内職して
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
すこし更新しました。ご参考まで。

このMLに新たに参加された方もいらっしゃいます。
なにがなんだかよくわからんかんじがするかもしれません
が(わたしもです)まあよいではありませんか、ということで。
いちおう
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
(こちらのファイルの更新は忘れてます)
という研究会??のMLということになっております。

死ぬ話してると疲れるので
http://www.arsvi.com/a/index.htm
とかいって、こっちでも死ぬ話したりすることになるのですが。

                          立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 16:29
  [yoishi:0982] 透析関連

まったく貧弱ではありますが、
http://www.arsvi.com/m/a03.htm

粂さんからいただいた情報も載せさせていただきました。
私の勤め先の院生で透析のことを研究しようという人がいるので
とりあえずその人ように。&その人に増補してもらおうと
思っています。情報あれば掲載していきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 23:46
  [yoishi:0994] Re: 【意識の有無】尊厳死法反対が「脳死」を殺すとき

立岩です。

> 「意識がなければ利害もない」という文言自体が、その後に何
> が続こうが、どだい、全く成り立っていないと思っています。

説明をお願いします。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/27 23:20
  [yoishi:1009] 透析関連増補/フランス関連作成

http://www.arsvi.com/m/a03.htm
更新
http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
新設。

勤め先の大学院関係者が作成(謝辞略)。
http://www.arsvi.com/a/r.htm
透析についての情報提供、京都の新聞の岡本さんより。
ありがとうございました。

いずれもこれから情報増やしていきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/02 16:25
  [yoishi:1027] 短文一つ

http://www.arsvi.com/ts2000/2007005.htm
紙数の制約ゆえ、まだ半分まで行ってないですが。
ご参考まで。
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
からもリンク。

さてここしばらくメール見てませんでした。
これから見ます。

報道など追えていません(追いたくないということも
あるのですが)。すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/02 17:04
  [yoishi:1028] ごく簡単に

駒井さんのを読んで。利害、意識について、ごく簡単に。

1)たとえば遷延性意識障害の人について
「本人にとっての利益」を理由にして、「停止」が<言われる>ことが
しばしばあるが、それは(「そのとき」の本人にとってという意味であれば)
おかしい、という文脈で、多く、私は述べているということが一点。
普通に考えれば生きているのが「よい」か、あるいは「プマライゼロ」(→2))の
はずで、やめた方・死んだ方が(その人自身の「利害」として)「よい」
とは言えない(はずなのにそう言われるのはおかしい)ということ。
 ここのところしている話は、ほぼこのような「筋」のもの。

2)意識を「自己意識」といった高級?なものに限る必要は――私の場合は――
ない。なにかを感じているということでよい。
そして利害を、普通の意味で捉えるなら、つまり「その人において感じられる」「よしあし」
(きもちがよい、よくない…、ここちよい、よくない…)
というような意味で捉えるなら、
なにも感じてないときには「よしあし」も感じていないと、これは当然、言える。
 そしてこのことを述べている文脈では、あまり「意識」という言葉を私は使っていない*。

3)A:2)のようなとても広い意味での感覚がある場合(下の引用で「その人の世界がある」
とした場合)には、基本的にその人の生命を止めるべきでないと私は考える。他方、B:
「なんにもない」という状態があるとしたら、その場合にはそうは考えない。
(このことについては拙著『私的所有論』1997p.193)
しかしその人がどんな状態にあるのか、あるいはどんな状態に将来なりうるのか、わかり
がたい。とすれば、Bを根拠としてやめてよいと判断するのはとても困難。

*例:「そこにその人(だけ)の世界があるとは自己意識があること等々と同じではない。
自らを意識したり反省したりしなくても、何が自らに有利かどうか判断していなくても、

どのようにか、世界を感受していることがある。」(『私的所有論』p.191)

 私が考えていることは以上につきるので、この件についてはこれ以上言うことはありません
 のでこれで終わりです。



 あと「先生」という呼称を用いるのは、医療・医学界(だけでないとしても)特有のよくない
習慣だと思いますので、やめましょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/02 18:53
  [yoishi:1030] Re: 立岩さんの意見について少し

不要な撤回は(なにをさしているかということもありますが
なににせよ)もちろんしません。



あとまったく別件ですが、四十物さんからのメールはつねに
「開封確認を要請」というふうになります。
「ツール」→「オプション」→「確認メッセージ」というところで
設定を変更していただければと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/02 19:35
  [yoishi:1032] Re: 立岩さんの意見について少し

> この事を断定は出来ない

意識のない状態であると、外からみて
判断が困難であるのはもちろんその通りであり

そのことと別に、当該の文は成立するので
撤回する必要はないということです。

以上でこの件についてはやめにします。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/05 00:27
  [yoishi:1037] 終末期医療に関するガイドラインにおける「積極的安楽死」の記述に対する要望書

4月3日付です。ご覧ください。
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm#0403

http://www.arsvi.com/index.htm#s
http://www.arsvi.com/1c.htm
などからもリンクされています。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/05 10:53
  [yoishi:1042] 立命館・4月土曜講座

以前お知らせしましたけど
http://www.arsvi.com/a/index.htm
というのをやってます。外圧でやらざるをえなくて
やってもいるのですが、わりとまじめにも
やっています。
http://www.arsvi.com/a/p.htm

そのおひろめも兼ねて、4月の土曜に4回、連続講演会をします。
http://www.arsvi.com/a/200704.htm

第1回は今週の土曜・7日・明後日です。

このMLの主題?に関係ある回もあります。

とうぞいらっしゃいませ。


 
 
>TOP

◆◆2007/04/05 10:57
  [yoishi:1043] 「寝たきり老人」を巡る言説

以下、私の勤務先のMLに出したメールです。
http://www.arsvi.com/ml/2007p2.htm#3918

http://www.arsvi.com/d/n01.htm
がそのファイルで。ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/05 11:23
  [yoishi:1044] 透析関連増補・他

以前以下お知らせしましたが、

――以下――

Sent: Tuesday, March 27, 2007 11:20 PM
Subject: [yoishi:1009] 透析関連増補/フランス関連作成


> http://www.arsvi.com/m/a03.htm
> 更新
> http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
> 新設。
>
> 勤め先の大学院関係者が作成(謝辞略)。
> http://www.arsvi.com/a/r.htm
> 透析についての情報提供、京都の新聞の岡本さんより。
> ありがとうございました。
>
> いずれもこれから情報増やしていきます。

――以上――

http://www.arsvi.com/m/a03.htm
更新しました。

また
http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
を製作したのは
http://www.arsvi.com/a/200704.htm
4/14の講演者です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/05 18:31
  [yoishi:1047] Re: やっと回復

> [立岩さんwrote]
> 意識のない状態であると、外からみて判断が困難であるのはもちろんその通りであり【A】
> そのことと別に、当該の文は成立する【B】
> 撤回する必要はないということです。
>
> 【A】を認めるのであれば、【0】の主語に含まれる判断(形容している【意識のなくなった状態】)
> は事実とは言えない筈であり、【B】は成立しないことは、論理学のイロハの筈です。
>

まちがっています。やはり簡単にしますが

・1)(意識の定義はここではさておき)「意識のない状態」が「存在しない」とは言えない。
・2)仮定として、その状態で「あれば」、それ以下は、やはり成立する。

これは立場の違い、「論争」ではなく、まちがいであるかないかなので
ほんとにもうやめます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/06 17:20
  [yoishi:1056] じかにやりますか。

立岩です。すいません。このあいだのメール
読めてませんが、どうも
「らち」があかんようですね。

文章の書き方、等々にもよって
MLというメディアはあまりこういう
場合に適切でないということもあります。

よって、四十川さん、駒井さんあたりの
希望があれば、京都で、今回はそういう
「マニア」な人たちだけで
話を詰めましょうかね。

時期の設定等はおまかせします。
場所は立命館でよいでしょう。

上記2名様については、とりわけ録音した
その記録を起こしてくださったりすれば
往復の交通費を当方で支出すること
できるかと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/06 17:23
  [yoishi:1057] 微細な修正(Re: じかにやりますか。)

> 立岩です。すいません。このあいだのメール

(誤)このあいだのメール

(正)このかんのメール


 
 
>TOP

◆◆2007/04/07 08:13
  [yoishi:1062] 本日+本・他

> http://www.arsvi.com/a/index.htm
> というのをやってます。外圧でやらざるをえなくて
> やってもいるのですが、わりとまじめにも
> やっています。
> http://www.arsvi.com/a/p.htm
>
> そのおひろめも兼ねて、4月の土曜に4回、連続講演会をします。
> http://www.arsvi.com/a/200704.htm
>
> 第1回は今週の土曜です。
> とうぞいらっしゃいませ。
>
> たぶん直前にまた案内します。では。

第1回が本日。(私は欠席のはずですが、とくに御用があるという方いらっしゃれば…)




上記に関係して、勤務先の院生宛に出したメールが
http://www.arsvi.com/ml/2007p2.htm#3943
あと、↓を地道に増補して(してもらって)います。ご参考まで。
http://www.arsvi.com/0b/b.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/08 10:12
  [yoishi:1065] Re: 終末期医療検討委員会への意見書(川島委員)

ごく簡単に。

> また、気になるのは、過去の判例の扱いです。
> 担当官は、過去の判例を持ち出して、安楽死容認も根拠はなくはないと言うのです
> が。
> 川島先生も意見書でコメント欄に以下のように引用してます。
>
> ・地裁という下級審の判例である。
> ――以下――
> 判例拘束的な上級審の判断ではない。
> 「判示部分は、極論すれば、実態のない言葉の羅列にすぎない。判例
> 拘束的な上級審の判断であれば格別、そうではないこの判例から、われわれ
> 実務家が一定の規範を導くことは困難であるし、むしろ危険ですらある。」
> と指摘する法律家もいる。(畔柳達雄:医療事故と司法判断、判例タイムズ社、
> 2003年10月)
> ――以上――
>
> 名古屋高裁、横浜地裁ともに下級審。医学的根拠がない主観的な内容の、
> 安楽死容認の6要件、4要件は、ともに再考の余地ありといつも思います。

これはコメントの通り、ということで押していけますし、そうするべきです。
頻繁に名古屋高裁…での云々が言及されますが
そのときの裁判官が、当該の事件の判決とも直接関わらない
自分の意見を述べたに過ぎないということです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/09 17:59
  [yoishi:1074] 残念。

(その前に駒井さんのメールありましたが、
さきほどメールの)四十川様

メール(ML)で議論ということもできなくは
ないと思うのですが、様々な理由で
うまくいかないことが(これまでにも、別のところでも)
多々あり、その代わりにと、思ったのですが。

なかなか意を伝えるのは難しいものだと
あらためて思います。

こちらが出向くというのもありなのですが
北陸と関東の間は関西かなと思ったもので。

あと、もちろん、公開でということで
考えておりました(おります)が。
たぶん、話をすると、2時間ぐらいはかかるような気がします。
それをみなメールでというのは無理であろうと。
(実際には、かえって話があっちに行ったり、することが多い。)
代わりに、一定の時間、腹すえてその主題に集中し
まじめにやって、記録を公開するのがよかろうと。

ふざけておる、というご叱責はときに
いただくのですが、
そうでもないという答が一つと
こういうただでさえくらい話のときには
たしょうそんな感じでやらないとやってられない、と思うところもないではない
という答が一つと、あります。

そもそもの論題(意識…)について、
1)さしあたり言えることは言ってきて(書いてきて)、
それに関わる誤解の部分については誤解を指摘するという対応しかないのですが
ただ、そのことは、
2)話がこれで終わりになるということを意味するものでは
ありません。
http://www.arsvi.com/ts2000/2007005.htm
の続きでいくらかふれられればと思います。

ではまた。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/11 16:09
  [yoishi:1094] 4/14土曜・於:京都

今週末あります。よろしかったらどうぞ。
http://www.arsvi.com/a/200704.htm

* 書類書きなどに忙殺されてまして、HPアップなど
滞っています。今日はこれからすこしできるかも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/12 10:08
  [yoishi:1097] バクバクの会・他

4/9付意見を掲載
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm#04092
提出されたワード版もダウンロードできます。

報道などは掲載できていません。
健康?によくないテーマなので避けてきたという
こともあるのですが、そうとばかりも言ってられないかもしれず。

http://www.arsvi.com/s/200502.htm
などは、どうのこうの言ってられなかったので
とりあえず作ったものですが、
公開してよい意見なども載せていく必要はあると思います。

ただ、ますます私時間なく、「報道」も「意見」も
集めて掲載する余力ありません。ながらく
協力者公募してましたが、今のところ現れないので
本日、とある方(々)にこちらからお願いしてみるつもり。



このごろの仕事、HPの更新については
http://www.arsvi.com/a/r.htm
をご覧いただくのがよいかと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/14 09:34
  [yoishi:1107] 公開可能なものは

公開可能なものはすべてウェブ上で
公開していきますので
その可否についての情報を付していただければ
ありがたいです。(もちろんリンクでも。その方が
当方は楽です。)

(基本的にはメールを載せたりすることはしないので、
掲載可の場合に、可としていただければと。)



本日関連講演会。
http://www.arsvi.com/a/e2007.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/14 22:35
  [yoishi:1110] 記録・報道

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
ひさしぶりにわりあいたくさん増補。
皆様感謝。作業はいまのところまだ私がやっています。

更新情報は、最近は
http://www.arsvi.com/a/r.htm
の方が便利かと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/17 00:50
  [yoishi:1118] 森要望書・拙文

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm#0406
森さんどうも。

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm

http://www.arsvi.com/ts2000/2007057.htm
何かをいれると何かがおちるわけで、なかなか。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/17 09:23
  [yoishi:1120] 英国関連3本

http://www.arsvi.com/0p/et-gbr.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
等からリンク。

5月の学会報告要旨。これだけではなんだかわからないかも
しれませんが、今後
http://www.arsvi.com/0p/et-gbr.htm
の方で増やしていきます(増やしていってもらいます)。

HPアップしてくれる人、立候補あり。
ただ、いろいろ錯綜していて、しばらくは当方でやらざるをえないかも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/04/22 23:52
  [yoishi:1133] 報道・他

http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
大学院生の新田さんが掲載作業してくれることになりました。

http://www.arsvi.com/0p/et-gbr20050401.htm
5月に関連した学会報告があります。

更新情報は
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
にあります(時々忘れます。)

またHPの更新情報みるのに、このごろは
http://www.arsvi.com/#r
より
http://www.arsvi.com/a/r.htm
の方が便利かと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/05/17 18:06
  [yoishi:1174] 3/3シンポジウム記録掲載

http://www.arsvi.com/a/r.htm
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm

http://www.arsvi.com/0p/et-200703.htm

かなり長いものです。杉田さんありがとうございました。
とりあえずそのまま掲載させていただいています。


 
 
>TOP

◆◆2007/05/28 16:53
  [yoishi:1199] 井形氏

井形氏については以下のファイルあり。
http://www.arsvi.com/0w1/igtakhr.htm
御参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/05 22:23
  [yoishi:1218] 取材先

読売テレビから取材依頼あり
滅入りつつ、
どうぞ、ということにはなったのですが、その
依頼メールに

>法制化に慎重な観点からどこか参考になる取材先(障害者の方の団体など?)
>があればお教えいただけないでしょうか?
>今のところ、日本尊厳死協会、議連の会合、秋田赤十字病院などを取材する予定です。
>

とありました。なにか思いつくところありましたら
ML宛でも私宛でもお知らせください。

>6月20日(水)の夕方のニュース(近畿ローカル)

だそうで、時間的には短いものになるようです。
(私はそういう番組はみないようにしてます。
こういう仕事をしている者にはあるまじきことなのでしょうが
滅入るので。)


 
 
>TOP

◆◆2007/06/05 22:41
  [yoishi:1220] お礼(Re: 取材先)

森さんどうも。さっそく伝えます。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/06 11:26
  [yoishi:1221] お礼・続

連絡をいただいた記者の方はその日
会議で行けないそうですが
交通のことで取材にいく別の記者に
当の分科会のことも取材してもらうことに
したそうです。
森さんありがとうございました。
DPIのみなさんよろしくお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/06 12:55
  [yoishi:1223] お礼・続々+

山本さんどうも。お伝えしました。

ついでに.
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
に載せ忘れてますが、最近の短文として
http://www.arsvi.com/ts2000/2007007.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/18 19:30
  [yoishi:1260] Re: グローバルCOE

粂さんどうも。

> 「生存学」創成拠点

はいあたりました。これまでやってきたこと
やろうとしてきたことをやっていきます。やはり今までとおり
http://www.arsvi.com/
で報告していきます。

あとここの研究科にきてみたい人
問い合わせなどに応じます。すこし前よりかなり
お金はかからなくなっています。



そんなこんなで
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
なかなか更新できていません。そのうち。
すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/29 13:06
  [yoishi:1272] 昨年9月の研究会の記録

ようやく掲載しました。(私が遅らせてました。すみません。)
http://www.arsvi.com/2000/0609.htm
御参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/06/29 21:11
  [yoishi:1274] 「日本尊厳死協会の系譜」

海野さん、お知らせありがとうございます。

「系譜」については
http://www.arsvi.com/0p/et-nsk.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-nak.htm
http://www.arsvi.com/0w/oottnri.htm
にすこし。

cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006081.htm

行かれる方がもしおられるのであれば
いろいろとうかがってみるとよいのではないかと
思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 10:02
  [yoishi:1362]今朝の『京都新聞』

「ALS告知せず死亡
長岡京の医師 義母の患者、呼吸器説明もなし 」

http://www.kyoto-np.co.jp/

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007080200006&genre=C4&area=K30

これを受けてさきほど読売テレビ(京都支局)より
連絡あり。夕方のニュース番組でとりあげるかも
とのこと。


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 12:12
  [yoishi:1364]今朝の『京都新聞』・続

川口さんどうも。

『朝日新聞』夕刊には載るようで
さきほど電話取材がありました。
大阪版で出す、東京版にも載るか
ということのようです。
(伝え方によっては反対の話になってしまう話ですので)
コメントを、メールで確認させていただくむね
お伝えしました。

その電話で、当の医師は書いたこと
以外に言うことはないとおっしゃるているようで
とすると、読売テレビは
医師への直接取材ができた場合に
今日の夕方の番組でとりあげる
(その際、私も取材を受ける)ということでしたから
とりあげない、というこになる、のかなと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 13:28
  [yoishi:1365]今朝の『京都新聞』・続々

以下『朝日新聞』(京都支局)へのコメント。
(そのまんまに近いかたちであれば、私のコメントとして
使っていただいてかまいません。)

電話取材をもとにいただいた案
 立命館大学の立岩真也教授(社会学)の話 私は本人に可否を聞きさえすればいいとは思わないし、告知をしないこともあり得ると考える。だが、ALSは先の長い病気であり、告知をすべきだったと思う。本人には呼吸器を着けて生きる実感がわからないかもしれないが、実際には着けて普通に生きることが出来る。生きられる人間が生きられる環境をつくるのが医療の原則だ。医師はなすべきことをなさなかったといわざるを得ない。

それをもとに書いた私が案
 立命館大学の立岩真也教授(社会学)の話 説明と同意がなかったことだけを問題にするのは間違いだ。死ぬと言われたらそのまま死なせればよいか。そうではないだろう。説明と同意は絶対の原理ではない。だがそれは生きられる人を生きられるようにするのが基本だからだ。この医師が行なったのはそれと逆のことであり、呼吸器を使って長生きできる人を死なせた。そのことを書いて専門誌に投稿し、問題にされなかった。それが問題なのだ。



あと、読売テレビは朝の段階では、午前の診療を終えたあと取材させていただくという

了解がとれていたが、結局ことわられたのだそうで、しかし
番組ではとりあげるということです。短いニュースみたいですが。
先日の番組で使ったALSの和中さんのフィルムを使う許可を和中さんからとったそうです。
で、私も呼ばれてしまい、これから烏丸六角の読売京都ビルに出向きます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 14:55
  [yoishi:1367]今朝の『京都新聞』・続々々

ただいま読売テレビ京都支局
ぜんぶで2分とかのニュースだそうで
私の方ではほとんどなんにも。
医師の方は一定の条件のもとで、取材に応じるような
ことをおっしゃるらしく、いまそのあたりで
詰めてるようです。おりあわないと、『神経内科』の
文章(と新聞?)を使って報道ということになる
のかなと。

ALS協会は朝から連絡つかないとのことで
いないのかと思ったとおっしゃったので
それは取材・問い合わせが殺到していて
電話がつながらないということのようですと
言っときました。

前便のALS協会の「見解」(たぶん今日中に)掲載します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 15:46
  [yoishi:1368]今朝の『京都新聞』・続々々々

書類書き仕事がありまして暫時学校・研究室。
読売テレビの方によると
当の医師は医院前?で5分ほど
記者たちに会ったは会ったそうで
しかしその場での発言を報道に使うことは
許可しないというようなことであったようです。

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
というファイルを今から作成、掲載予定。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 16:47
  [yoishi:1369][yoishi:1368]今朝の『京都新聞』・続々々々々

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
とりあえず掲載

朝日、毎日、日経の各紙夕刊に記事が出ているそうです。
掲載すべきですが時間が。
こっちの院生で関係ある人にやってもらえるか
聞いてみます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/02 21:42
  [yoishi:1371]今朝の『京都新聞』・続々々々々々

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
すこし更新。橋本みさおコメントなど掲載。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/03 09:18
  [yoishi:1372]更新

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
すこし更新。『神経内科』に載った文章の引用
金沢公明ALS協会事務局長のコメントなど。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/04 13:30
  [yoishi:1374]更新

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
すこし更新。『京都新聞』の記事(のHPに載っていない部分)
など。ほか幾つか新聞記事。

ついでに
http://www.arsvi.com/0p/et-2007003.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2007002.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2007001.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm

以後、大学院生に仕事依頼する予定。
情報、文章お寄せください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/08/21 10:28
  [yoishi:1388]更新

http://www.arsvi.com/0p/et-2007n.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2007003.htm
更新し(てもらい)ました。御参考まで。
文章、情報いただければ掲載させて
いただきます。


 
 
>TOP

◆◆2007/09/05 18:20
  [yoishi:1395]9月16〜17日:障害学会大会

ご無沙汰しております。

このMLネタではかならずしもないですが
しかし関係がなくはないというところで
http://www.arsvi.com/ds/jsds2007.htm

この事務仕事で(も)忙しくしております。
各種メディアでの開催告知、取材、報道、歓迎します。
(すでに一般報告の2本について興味をもった
新聞記者の方から報告者への取材依頼があり
間をとりもつ、ということをいたしました。)

非会員、1日2000円、安くはないですが
学会、かつ手話通訳等情報保障にお金をかけている集まり
としてはこれが限界ということで、ごかんべん願います
(COEが共催になっているので、なんとか)。

関心がありましたら寄ってみてくださいませ。


 
 
>TOP

◆◆2007/10/02 18:32
  [yoishi:1429] 1022

第二東京弁護士会・人権擁護委員会主催
尊厳死パネルディカッション

あべ俊子/井形昭弘/清水昭美/光石忠敬

2007/10/22 18:00〜20:30
弁護士会館10階 1003号会議室
*参加費無料・事前申込不要
*先着100名まで

清水さんからファックスでもらったので、最低限の情報のみ
http://niben.jp/
他には案内出てないようです。どこかにあったら
お知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/10/06 17:20
  [yoishi:1438] 明日10/07再度お知らせ

http://www.arsvi.com/d/et-20071007.htm

山田さんに呼ばれて私、どういうかんじなのか
よくわかってませんが、まいります。


 
 
>TOP

◆◆2007/10/22 07:57
  [yoishi:1457] 1022再度お知らせ

Sent: Tuesday, October 02, 2007 6:32 PM
Subject: [yoishi:1429] 1022


> 第二東京弁護士会・人権擁護委員会主催
> 尊厳死パネルディカッション
>
> あべ俊子/井形昭弘/清水昭美/光石忠敬
>
> 2007/10/22 18:00〜20:30
> 弁護士会館10階 1003号会議室
> *参加費無料・事前申込不要
> *先着100名まで
>
> 清水さんからファックスでもらったので、最低限の情報のみ
> http://niben.jp/
> 他には案内出てないようです。どこかにあったら
> お知らせください。

いま見たら
http://niben.jp/
の「イベント」のところに案内出てました。


 
 
>TOP

◆◆2007/10/26 08:14
  [yoishi:1459] 明日27日集会

http://www.arsvi.com/d/et-20071027.htm

八重洲ホール
http://www.yaesuhall.co.jp/map.htm

です。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/11/04 12:01
  [yoishi:1487] 中島/四十川

http://www.arsvi.com/b2000/0709nm.htm
の簡単なファイルを作り始め
掲載が遅れていた
http://www.arsvi.com/2000/0710ak.htm
のファイルを作成・掲載
(すいません&ありがとうございました→四十川さん)

するとずるずると
http://www.arsvi.com/d/et-2006i06.htm
も更新、「全文掲載」
http://www.arsvi.com/a/d.htm
更新。中島みちわずかに更新
http://www.arsvi.com/w/nm03.htm
四十川和雄新設
http://www.arsvi.com/w/ak05.htm

ご参考まで。


 
 
>TOP

◆◆2007/12/19 22:09
  [yoishi:1542] 石井[1998]

HPから消えてなくなっているのに気がつき
(グーグルのキャッシュにも残ってませんでした)
ちょっと小技を使い、もってきて、
ファイル作りました。
http://www.arsvi.com/1990/9805ie.htm
10年前の文章ですが読む意味あると思います。

これら石井氏の文章がHP(彼が病院長やっていた
病院のHPにあった)からなくなった事情について
なにか心あたりのある方は
お知らせください。

これは
http://www.arsvi.com/ts2000/2008b1b.htm
作成作業の一環ということでもあります。


 
 
>TOP

◆◆2007/12/19 22:14
  [yoishi:1543] 訂正(Re: 石井[1998])

> 病院長
→理事長

ついでに
http://www.arsvi.com/d/et-nsk.htm
の下の方に

「日本尊厳死協会と「痴呆」」
というコーナー?作りました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/12/20 00:02
  [yoishi:1545] さらに訂正(Re: 石井[1998])

http://www.sekishinkai.or.jp/ishii/opinion_tc02.htm

http://www.sekishinkai.org/ishii/opinion_tc02.htm

といった具合に現存するようです。(検索に
ひっかからなかったものですからなくなったかと。)
同僚の天田さんに教えていだたきました。

ついでに
http://web.archive.org/
は、なくなってしまったウェブ上のページを
呼び出し?たいとき便利です。
URLはわかってないといけませんが。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/12/24 14:08
  [yoishi:1560] 情報掲載

http://www.arsvi.com/a/r.htm
からご覧ください。

他方、安楽死・尊厳死ファイルの方は
更新できていません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/12/29 23:03
  [yoishi:1574] 老い・他

http://www.arsvi.com/d/a06.htm
いくらか更新されています。
しばらく更新しないかもと思いますので
ここでお知らせ。

HP全体の更新については
http://www.arsvi.com/a/r.htm

まちがっているものとかありますが
だんだんなおします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/12/31 19:16
  [yoishi:1577] 山本×小泉・他

すこし調べものをしていたら(自分が記録したことも
なんでも忘れるので、当方のHPを検索したり等しばしば)

http://www.arsvi.com/d/et-1997f.htm
に山本議員(当時)と小泉厚生大臣(当時)の
やりとりがでてきました。

ここ数日のHP更新については
http://www.arsvi.com/a/r.htm#n
をご覧ください。天田城介さん提供情報が多いです。


UP:20070111 http://www.arsvi.com/ml/2007y.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)