HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科「公共」領域院生宛・2007 1/

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4
2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7  2007 1/  2007 2/  2007 3/  2007 4/  2007 5/  2007 6/  2007 7/  2007 8/


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2006


◆◆2007/03/31 23:14
  [ml-prosemip 3887] 補足(Re: [ml-prosemip 3884] 引用のときの小技)
◆◆2007/03/31 22:45
  [ml-prosemip 3884] 引用のときの小技
◆◆2007/03/31 22:13
  [ml-prosemip 3883] 提案:サイボーグ系
◆◆2007/03/31 21:58
  [ml-prosemip 3882] 透析:下地情報
◆◆2007/03/31 21:21
  [ml-prosemip 3881] 透析:長谷川→有吉
◆◆2007/03/30 20:20
  [ml-prosemip 3869] お礼・他(Re: [ml-prosemip 3868] Re: お伺い:新聞データベース+)
◆◆2007/03/30 19:52
  [ml-prosemip 3866] 翻訳の話続き+お礼
◆◆2007/03/30 19:30
  [ml-prosemip 3864] 田島連載タイトル募集
◆◆2007/03/30 19:04
  [ml-prosemip 3863] お伺い:新聞データベース+
◆◆2007/03/30 17:09
  [ml-prosemip 3862] クーゼ+
◆◆2007/03/30 11:33
  [ml-prosemip 3859] お礼:植村さんの件+
◆◆2007/03/30 11:16
  [ml-prosemip 3858] 植村さんの
◆◆2007/03/30 09:17
  [ml-prosemip 3854] 学会大会会場のこと
◆◆2007/03/30 07:51
  [ml-prosemip 3853] 有吉さんにおわび・おれい
◆◆2007/03/29 23:50
  [ml-prosemip 3850] 岡部さん
◆◆2007/03/29 22:53
  [ml-prosemip 3849] 予定追加・欠番
◆◆2007/03/29 22:19
  [ml-prosemip 3847] 文献リスト・文献表示
◆◆2007/03/29 20:15
  [ml-prosemip 3845] 透析更新
◆◆2007/03/29 11:26
  [ml-prosemip 3841] 本日29日(立岩)続
◆◆2007/03/29 07:31
  [ml-prosemip 3839] 研究室の場所・HP
◆◆2007/03/29 07:16
  [ml-prosemip 3838] 本日29日(立岩)他
◆◆2007/03/28 20:34
  [ml-prosemip 3831] 短文・雑文
◆◆2007/03/28 18:53
  [ml-prosemip 3828] 能登半島地震についての大学の対応(cefsと同文)
◆◆2007/03/28 17:00
  [ml-prosemip 3826] 面談関連/院協・森下様
◆◆2007/03/28 16:21
  [ml-prosemip 3825] 2007年度前期・金曜・西川/立岩
◆◆2007/03/28 14:54
  [ml-prosemip 3824] 彙報情報必ず提出すべし
◆◆2007/03/28 12:57
  [ml-prosemip 3822] 畑谷さんはMLメンバー(Re: [ml-prosemip 3818] シンポジウム「中・韓・日ジャーナリストとの対話」(天田))
◆◆2007/03/28 12:47
  [ml-prosemip 3821] 5月「持続可能な発展の…」
◆◆2007/03/28 10:16
  [ml-prosemip 3820] ポッゲ続々々々
◆◆2007/03/28 09:16
  [ml-prosemip 3819] 医療情報
◆◆2007/03/27 19:37
  [ml-prosemip 3816] フランス関連・他
◆◆2007/03/27 07:02
  [ml-prosemip 3815] 本日(立岩)・他
◆◆2007/03/26 18:31
  [ml-prosemip 3812] 書評等
◆◆2007/03/26 09:51
  [ml-prosemip 3811] 所在(Re: [ml-prosemip 3808] Re: 透析・人工身体 続)
◆◆2007/03/25 14:35
  [ml-prosemip 3807] 印税・続
◆◆2007/03/25 06:22
  [ml-prosemip 3806] 出典を記すことなど
◆◆2007/03/24 18:45
  [ml-prosemip 3798] フランス・ファイルよろしく+符号
◆◆2007/03/24 18:06
  [ml-prosemip 3795] 25日東京・続々&日本語について
◆◆2007/03/24 12:12
  [ml-prosemip 3792] 4/7コモンズ論
◆◆2007/03/24 11:25
  [ml-prosemip 3791] ポッゲ続々々
◆◆2007/03/24 09:34
  [ml-prosemip 3790] 小澤勲の本
◆◆2007/03/24 09:22
  [ml-prosemip 3789] フランス・ファイル
◆◆2007/03/24 00:28
  [ml-prosemip 3784] フランス
◆◆2007/03/24 00:17
  [ml-prosemip 3783] 25日東京・続
◆◆2007/03/23 23:38
  [ml-prosemip 3782] 文献表示について
◆◆2007/03/23 23:32
  [ml-prosemip 3781] 身体と人工物
◆◆2007/03/23 21:00
  [ml-prosemip 3780] 多文化主義・24〜26日不在(立岩)
◆◆2007/03/23 08:53
  [ml-prosemip 3772] 本日23日(立岩)
◆◆2007/03/23 07:39
  [ml-prosemip 3771] 25日東京
◆◆2007/03/23 00:47
  [ml-prosemip 3770] 23日・ポッゲ続々
◆◆2007/03/22 12:16
  [ml-prosemip 3765] ポッゲ続・印税
◆◆2007/03/22 12:01
  [ml-prosemip 3764] 文書(利光作)
◆◆2007/03/22 10:27
  [ml-prosemip 3763] ポッゲ
◆◆2007/03/22 09:38
  [ml-prosemip 3762] 年表(利光作
◆◆2007/03/21 19:48
  [ml-prosemip 3756] 本(死ぬ系とか)
◆◆2007/03/21 16:52
  [ml-prosemip 3753] 訂正:Re: [ml-prosemip 3752] 22・27・29(立岩)続・他
◆◆2007/03/21 15:59
  [ml-prosemip 3752] 22・27・29(立岩)続・他
◆◆2007/03/21 11:50
  [ml-prosemip 3751] 透析・続々
◆◆2007/03/21 09:29
  [ml-prosemip 3748] セイラ・ベンハビブ 続き
◆◆2007/03/21 09:28
  [ml-prosemip 3747] セイラ・ベンハビブ
◆◆2007/03/21 09:20
  [ml-prosemip 3746] 透析・続
◆◆2007/03/20 20:22
  [ml-prosemip 3744] 障害者と労働
◆◆2007/03/20 23:53
  [ml-prosemip 3743] Re: [ml-prosemip 3742] Re: トマス・ポッゲの World Poverty and Human Rights
◆◆2007/03/20 23:24
  [ml-prosemip 3741] 障害者と労働(再送)
◆◆2007/03/20 23:02
  [ml-prosemip 3740] 神経難病や緩和ケア領域に利用する”個人の生活の質(QOL)評価法…
◆◆2007/03/20 20:38
  [ml-prosemip 3738] トマス・ポッゲの World Poverty and Human Rights
◆◆2007/03/20 18:42
  [ml-prosemip 3737] 訂正:22→23(立岩)
◆◆2007/03/20 17:46
  [ml-prosemip 3736] 22・27・29(立岩)他
◆◆2007/03/20 14:57
  [ml-prosemip 3735] ケア(安部作)
◆◆2007/03/20 08:34
  [ml-prosemip 3732] 3/21フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について
◆◆2007/03/20 00:28
  [ml-prosemip 3729] ファイル更新・他
◆◆2007/03/19 15:47
  [ml-prosemip 3720] 1990年代
◆◆2007/03/19 15:30
  [ml-prosemip 3719] 透析・人工身体 続
◆◆2007/03/19 15:23
  [ml-prosemip 3717] 透析・人工身体
◆◆2007/03/19 14:24
  [ml-prosemip 3716] 25日東京
◆◆2007/03/19 12:21
  [ml-prosemip 3713] 老い研
◆◆2007/03/19 11:39
  [ml-prosemip 3711] 支援法関連
◆◆2007/03/19 11:18
  [ml-prosemip 3710] 学会関連
◆◆2007/03/18 21:29
  [ml-prosemip 3705] Re: [ml-prosemip 3704] 生命領域の方加入
◆◆2007/03/18 19:38
  [ml-prosemip 3701] ウォルツァー/ハードワーク
◆◆2007/03/18 15:38
  [ml-prosemip 3698] ICU
◆◆2007/03/18 12:51
  [ml-prosemip 3693] 訂正(+QOL他)
◆◆2007/03/18 12:21
  [ml-prosemip 3692] 「ケア」のページ
◆◆2007/03/18 11:34
  [ml-prosemip 3691] 「とは何か」という問い・等
◆◆2007/03/18 11:19
  [ml-prosemip 3690] Re: [ml-prosemip 3689] 講義時間割について
◆◆2007/03/17 01:01
  [ml-prosemip 3684] 17日・25日
◆◆2007/03/17 00:46
  [ml-prosemip 3683] 情報追加・他(cefsと同文)
◆◆2007/03/15 09:07
  [ml-prosemip 3672] 言語・情報関連
◆◆2007/03/15 00:38
  [ml-prosemip 3671] 『ことば/権力/差別』
◆◆2007/03/14 22:49
  [ml-prosemip 3668] 堀田→立岩・1
◆◆2007/03/14 20:29
  [ml-prosemip 3667] 『構築主義の社会学』
◆◆2007/03/14 19:48
  [ml-prosemip 3666] 音楽療法関連年表掲載
◆◆2007/03/14 11:28
  [ml-prosemip 3665] 良い死!研
◆◆2007/03/14 11:06
  [ml-prosemip 3664] リスト&星加本
◆◆2007/03/13 11:44
  [ml-prosemip 3659] 本日(立岩)
◆◆2007/03/12 23:14
  [ml-prosemip 3657] 今週(立岩)他
◆◆2007/03/12 22:55
  [ml-prosemip 3656] 成果(cefsと同文)
◆◆2007/03/12 19:29
  [ml-prosemip 3652] 中川米造・他(cefsと同文)
◆◆2007/03/10 18:24
  [ml-prosemip 3648] 支援法関連
◆◆2007/03/09 07:56
  [ml-prosemip 3645] 天田さん引越し
◆◆2007/03/09 07:50
  [ml-prosemip 3644] 昨日→共同研究・共同報告
◆◆2007/03/08 21:54
  [ml-prosemip 3643] 誤字(Re: [ml-prosemip 3642] 『社会』読書ノート)・他
◆◆2007/03/08 21:45
  [ml-prosemip 3642] 『社会』読書ノート
◆◆2007/03/08 21:22
  [ml-prosemip 3641] 年表
◆◆2007/03/08 08:20
  [ml-prosemip 3636] 本日(立岩)
◆◆2007/03/08 08:14
  [ml-prosemip 3635] 『立命館人間科学研究』
◆◆2007/03/07 21:29
  [ml-prosemip 3632] 掲載(Re: [ml-prosemip 3613] 3 月 5 日『京都新聞』朝刊 27 面)
◆◆2007/03/07 08:56
  [ml-prosemip 3628] 院生ページについて(Re: [ml-prosemip 3623] HP更新のお知らせ)
◆◆2007/03/07 08:32
  [ml-prosemip 3627] (社会人)院生の本
◆◆2007/03/07 08:23
  [ml-prosemip 3626] 本リスト・他
◆◆2007/03/06 10:36
  [ml-prosemip 3618] 訂正+酒井・廣瀬対談
◆◆2007/03/06 10:31
  [ml-prosemip 3617] 伊藤/大谷(通)/藤谷/藤原・他
◆◆2007/03/06 08:28
  [ml-prosemip 3616] 大阪社会運動協会ブログ
◆◆2007/03/05 10:28
  [ml-prosemip 3607] これから出ます(立岩)・他
◆◆2007/03/05 09:27
  [ml-prosemip 3606] 本リスト・他
◆◆2007/03/05 08:53
  [ml-prosemip 3605] 本日(立岩)
◆◆2007/03/05 08:48
  [ml-prosemip 3604] 再送:助手書類の件・続
◆◆2007/03/05 08:40
  [ml-prosemip 3603] 助手書類の件・続
◆◆2007/03/04 20:58
  [ml-prosemip 3601] お伺い:テープ起こしの相場・他
◆◆2007/03/03 09:09
  [ml-prosemip 3596] 自己紹介感謝+
◆◆2007/03/03 08:59
  [ml-prosemip 3595] 本リスト・他
◆◆2007/03/02 22:04
  [ml-prosemip 3589] 合格発表・ML登録
◆◆2007/03/02 17:19
  [ml-prosemip 3587] 書類届いてない人いるようです(Re: [ml-prosemip 3583] 助手書類)
◆◆2007/03/02 09:25
  [ml-prosemip 3583] 助手書類
◆◆2007/03/02 08:39
  [ml-prosemip 3582] 社会福祉学会大会
◆◆2007/03/02 08:28
  [ml-prosemip 3581] よろしく:公募研究会企画開催報告書等の提出依頼
◆◆2007/03/01 20:55
  [ml-prosemip 3576] 3月25日 於:東京
◆◆2007/03/01 19:42
  [ml-prosemip 3575] SPSN3月31日
◆◆2007/03/01 07:36
  [ml-prosemip 3573] 3月1〜3日・他(立岩)
◆◆2007/02/28 08:42
  [ml-prosemip 3570] データベース・本日・他(bc-lifeと同文)
◆◆2007/02/27 10:05
  [ml-prosemip 3567] 本続・他
◆◆2007/02/26 10:51
  [ml-prosemip 3566] 本・他
◆◆2007/02/26 07:58
  [ml-prosemip 3564] 3/17日文研
◆◆2007/02/25 20:33
  [ml-prosemip 3563] 目の本/BI・他
◆◆2007/02/23 14:45
  [ml-prosemip 3558] よろしく(Re: [ml-prosemip 3557] 院生の仕事(cefsと同文))
◆◆2007/02/23 14:34
  [ml-prosemip 3557] 院生の仕事(cefsと同文)
◆◆2007/02/22 12:12
  [ml-prosemip 3556] 4月の催し他(cefsと同文)
◆◆2007/02/21 10:04
  [ml-prosemip 3550] 計画提出を
◆◆2007/02/21 09:52
  [ml-prosemip 3549] 大谷(雅)さん/みなさん書類忘れず
◆◆2007/02/21 09:22
  [ml-prosemip 3548] 日・月・火
◆◆2007/02/20 23:51
  [ml-prosemip 3547] 90年代増補・他
◆◆2007/02/20 10:22
  [ml-prosemip 3545] 本日他(立岩)
◆◆2007/02/19 19:44
  [ml-prosemip 3542] アフリカ
◆◆2007/02/19 12:41
  [ml-prosemip 3541] 岡本晃明「医療と報道倫理」掲載(別MLとは別版)
◆◆2007/02/19 12:35
  [ml-prosemip 3540] 予備論・今週(立岩)
◆◆2007/02/19 11:52
  [ml-prosemip 3539] 生存学(cefsと同文)
◆◆2007/02/15 19:50
  [ml-prosemip 3536] 障害学研究24(本のこと)
◆◆2007/02/15 17:04
  [ml-prosemip 3534] 障害学研究23(★受講者の一部には重要かもしれません)
◆◆2007/02/15 11:32
  [ml-prosemip 3533] 記事の保存について(Re: [ml-prosemip 3531] 「戸籍がない子にもパスポートを!」という運動)
◆◆2007/02/15 09:01
  [ml-prosemip 3532] 80年代増補
◆◆2007/02/14 19:25
  [ml-prosemip 3530] 書評・本の紹介
◆◆2007/02/14 15:02
  [ml-prosemip 3528] 川上武/高橋晄正/中川米造
◆◆2007/02/14 13:10
  [ml-prosemip 3527] さらに増補(Re: [ml-prosemip 3526] 本のリスト増補)
◆◆2007/02/14 11:54
  [ml-prosemip 3526] 本のリスト増補
◆◆2007/02/14 07:59
  [ml-prosemip 3524] 2・3月いっきに仕事、お願い
◆◆2007/02/14 05:54
  [ml-prosemip 3523] 復帰
◆◆2007/02/13 02:42
  [ml-prosemip 3520] Re: [ml-prosemip 3516] 2 月 26 日公開研究会告知の件
◆◆2007/02/10 08:31
  [ml-prosemip 3513] 本日の研究会
◆◆2007/02/06 08:04
  [ml-prosemip 3505] 予備論・学振・他
◆◆2007/01/31 08:54
  [ml-prosemip 3501] 本登録お願い、他バイト関連、他諸々
◆◆2007/01/29 08:48
  [ml-prosemip 3499] 訂正(Re: [ml-prosemip 3498] 今週(立岩))
◆◆2007/01/29 08:34
  [ml-prosemip 3498] 今週(立岩)
◆◆2007/01/26 21:23
  [ml-prosemip 3489] 障害学研究22(原稿を一つ・部屋のこと)
◆◆2007/01/24 22:55
  [ml-prosemip 3483] レセプト情報公開関連
◆◆2007/01/23 17:26
  [ml-prosemip 3477] 『Core Ethics』
◆◆2007/01/23 16:59
  [ml-prosemip 3476] 予備論関係・他
◆◆2007/01/23 14:23
  [ml-prosemip 3474] 本日と今週(立岩)
◆◆2007/01/23 00:09
  [ml-prosemip 3471] Re: [ml-prosemip 3470] 日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針
◆◆2007/01/21 22:06
  [ml-prosemip 3463] 『Core Ethics』関連・続
◆◆2007/01/19 20:48
  [ml-prosemip 3449] 医療記録関連・他
◆◆2007/01/19 19:53
  [ml-prosemip 3448] 『Core Ethics』関連
◆◆2007/01/19 08:57
  [ml-prosemip 3446] 福祉社会学会大会・他
◆◆2007/01/18 00:25
  [ml-prosemip 3444] 障害学研究21(期限のこと等)
◆◆2007/01/17 22:55
  [ml-prosemip 3443] 今週・来週(立岩)
◆◆2007/01/17 22:04
  [ml-prosemip 3442] お礼(Re: [ml-prosemip 3441] 院生にお願い(彙報関連))
◆◆2007/01/17 21:39
  [ml-prosemip 3441] 院生にお願い(彙報関連)
◆◆2007/01/17 12:25
  [ml-prosemip 3440] 院生業績伺い(立岩)
◆◆2007/01/15 11:30
  [ml-prosemip 3436] 急募:患者会・SHG関連文献
◆◆2007/01/15 10:37
  [ml-prosemip 3435] 世界の政策研究インデックス
◆◆2007/01/15 09:37
  [ml-prosemip 3434] 京大GP(cefsと同文)
◆◆2007/01/13 10:39
  [ml-prosemip 3423] 障害学研究20(河野本・他)
◆◆2007/01/13 09:15
  [ml-prosemip 3422] テキストデータ提供について(Re: [ml-prosemip 3421] Re: 『身体をめぐるレッスン』(主に植村さん)+)
◆◆2007/01/12 14:16
  [ml-prosemip 3413] 小幡さんよろしく(Re: [ml-prosemip 3406] Re: [ml-prosemip 3401] HP更新(院生ページ+山森ファイル))
◆◆2007/01/12 13:38
  [ml-prosemip 3412] ドイツ・基本所得
◆◆2007/01/12 10:38
  [ml-prosemip 3410] ニキさん(Re: [ml-prosemip 3409] 0112 予備演習レジュメ(片山さん))
◆◆2007/01/12 09:42
  [ml-prosemip 3408] お尋ね:院生・研究費獲得状況
◆◆2007/01/12 09:04
  [ml-prosemip 3407] 『身体をめぐるレッスン』(主に植村さん)+
◆◆2007/01/11 23:48
  [ml-prosemip 3403] Re: [ml-prosemip 3402] 0112 予備演習レジュメ(葛城さん)・ CE 論文 (的場さん)掲載,懇親会の件
◆◆2007/01/11 14:23
  [ml-prosemip 3396] 細々諸々(院生宛)
◆◆2007/01/11 00:32
  [ml-prosemip 3393] 本のリクエストに関する補足
◆◆2007/01/11 00:20
  [ml-prosemip 3391] 来週他(立岩)+文献表のこと+本注文のこと・他
◆◆2007/01/10 18:27
  [ml-prosemip 3387] 明日明後日等(立岩)・予備論
◆◆2007/01/10 16:55
  [ml-prosemip 3386] 外国人関係他…(能勢作)
◆◆2007/01/10 13:46
  [ml-prosemip 3385] 主婦/パート/…他(村上作)更新
◆◆2007/01/06 14:38
  [ml-prosemip 3378] 演習他
◆◆2007/01/05 10:23
  [ml-prosemip 3376] 障害学研究19(自立支援)
◆◆2007/01/03 20:45
  [ml-prosemip 3374] 倫理規約
◆◆2007/01/03 16:17
  [ml-prosemip 3371] 障害学研究18(訂正)
◆◆2007/01/03 15:53
  [ml-prosemip 3370] 障害学研究17(米田知子氏)


 
 
>TOP

◆◆2007/01/03 15:53
  [ml-prosemip 3370] 障害学研究17(米田知子氏)

 *このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

謹賀新年

必要がありまして、
http://www.arsvi.com/0w/ynztmk.htm
とりあえず作ってみました。ご参考まで。

米津さんは東京在住の方ですが、
(先端研の)吉田さん、このへんからすこし調べてみるのもよい、かも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/03 16:17
  [ml-prosemip 3371] 障害学研究18(訂正)

> [ml-prosemip 3370] 障害学研究17(米田知子氏)

 [ml-prosemip 3370] 障害学研究17(米津知子氏)

の誤りです。失礼いたしました。
ついでに、
http://www.arsvi.com/0ds/0.htm
ずいぶん前に作って、ほぼ放置してあります。
http://www.arsvi.com/0u/01.htm
関連で、ぼつぼつ、関心ある人がいたりしたら
やりたい人に、研究費使って、やってもらおうと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/03 20:45
  [ml-prosemip 3374] 倫理規約

http://www.arsvi.com/0e/c06.htm

高田さんに書いてもらって。

当初は、単著扱いでと思っていたのですが
編集の方にだめだといわれ、共著に。
私の方で、さっきまですこしやってみましたが、
あと1、2日あるのでまだすこし。
今回は、上記のような事情で、でしたが、
さまざまなタイプの共作がありうるだろうと。

この項目、
http://www.arsvi.com/0u/01.htm
の□3□の3番目の◇→「研究倫理」にも関係あり。
「研究倫理」関連リンク集なんかも、そのうち
(高田さんなんかにお願いしたりなんかして?)おいおい。

他の項目もおいおい。私単独のやつは
http://www.arsvi.com/ts/f.htm
に2つほど。(まだ2項目ほど残ってます。)



1月中旬から下旬、絶望的に忙しくなるまえに
正月で印刷屋が休みの間(で催促が途切れる間)に
遅れている原稿を片付けようとやっていますが
なかなか。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/05 10:23
  [ml-prosemip 3376] 障害学研究19(自立支援)

 *このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

いま送った、事典の項目案。
http://www.arsvi.com/ts2000/2007046.htm
ご参考まで。

                          立岩 真也

☆本・CD等々を買う
http://www.arsvi.com/0b/a.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/01/06 14:38
  [ml-prosemip 3378] 演習他

能勢さん、山本さんから演習希望のメールあり。
あと西浦さんから近況報告など。

時間がなんとかとれるのは2月3日以降かと。
3日(日)に能勢さんの報告はいるかも。

当方としては
どちらかいうと、おそめ、3月とかがよいかなと。

まあだんだんと決めましょう。

返信できてないメールあり。これから数日内に。
では。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/10 13:46
  [ml-prosemip 3385] 主婦/パート/…他(村上作)更新

村上(潔)さん更新。どうも。

◇主婦/パート/労働(日本)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/shufupart01.htm
◇男女同一(価値)労働同一賃金
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/equalpay01.htm

役に立ちます。

コンパラブル・ワース関連本、家に1冊残ってました。
(たぶん)明日もっていきます
&研究室の本もおいおいよろしく →村上さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/10 16:55
  [ml-prosemip 3386] 外国人関係他…(能勢作)

能勢さん作成→青木さん掲載

外国人関係
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/f01.htm

外国人/多文化教育
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/fe01.htm

社会教育
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/se01.htm

どうも。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/10 18:27
  [ml-prosemip 3387] 明日明後日等(立岩)・予備論

明日11(木)16時20分より講義の前
研究室。メールの使い勝手がわるいばかりに
できるだけ遅めに登校したいなと。

明後日12(金)はいわゆる朱雀キャンパス。

次は16(火)13時より教授会



予備論文、だいじょうぶですか?
12月にみることはみましたが
(きくことはききましたが)その後…。
数日前に相談、とかじゃ遅いですよ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/11 00:20
  [ml-prosemip 3391] 来週他(立岩)+文献表のこと+本注文のこと・他

> 次は16(火)13時より教授会
の前11時より面談(受験希望者)はいりました。



昨日(10日)は結局1日中メール書いてて、なんとか。
おもわず?返事おそくなってたの含めて
ようやくすべて返信したような気になってますが、
ほっとかれているのある、と思った人はお手数ですが
またどうぞ。



あといま博士論文執筆者とやりとしていていて
「先行研究のレビュー」というやつが
いちおう必要で、かっこうをそれらしくするとか
そういうことでもあるのですが、実質的な意味も
ないではない。
ですから、すこし広めのレンジで、文献表(+メモとか引用集)とかは
やはり作っておいた方がよい。
です。その際、情報は詳しめに(削るのはいつでも削れる)+
オンライン書店へのリンクとかはっておくと意外と便利。

アマゾンのデータなど使い(ただし、前も書きましたが発行年月はよくちがっている)

http://www.arsvi.com/0b/0.htm
の「ソースを表示」のをまねしてもらうと、統一できてよいかと。



生田さん、前田さん、他。
http://www.arsvi.com/0u/01.htm
関連の本、追加注文できます。

その際、上記のようなファイルにしてもらうと、注文しやすくて&
あとでデータベース化するさいに便利。よろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/01/11 00:32
  [ml-prosemip 3393] 本のリクエストに関する補足

> 生田さん、前田さん、他。
> http://www.arsvi.com/0u/01.htm
> 関連の本、追加注文できます。
>
> その際、上記のようなファイルにしてもらうと、注文しやすくて&
> あとでデータベース化するさいに便利。よろしく。

これは説明不足。
生田さん、前田さんに、本もっていってもらい、学而館1階の
院生室の書架にならべてもらいって、そして次に
http://www.arsvi.com/0u/01.htm

http://www.arsvi.com/0b/b.htm
からリンクされるファイルにデータ足していってもらうのですが
その本たちはおおむね私が(読むつもりもなく)
買ったもので、当然、あってよいがない本もあります。

ので、リクエストしてもらえれば応じる場合があります。
その際、のリクエスト用紙の書式は
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
(のソース →HTMLファイル)のような感じでよろしく
ということでした。

別の財源を使う場合、買うのは来年度といった場合が
ありますが、とにかくリストを作っておけば、いるときに
それを使えますから、作っておくとよいです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/11 14:23
  [ml-prosemip 3396] 細々諸々(院生宛)

これからだんだん出ます。

『コンパラブル・ワースとジェンダー差別――国際的視角から』
という本、研究室のテーブルか本棚のそういうコーナーに
おいときます →村上(潔)さん

『中国型ワークフェア…』借りていった小林さん
お手数ですが、表紙をコピーして、それをリサーチオフィスに
立岩科研の書類だといって渡してください。→小林さん

『身体をめぐるレッスン2』・・・(略)

(学而館1階の本並べる作業関連で)生田さん、前田さん
コクヨのカタログのコピーでこれかも、というのが
(たまたま)でてきました。これも研究室のテーブルの上に
置いときます。私の研究室で買ったときに生協でコピーして
もらったものなので、学而館のとはまるで違うかもしれませんが。
→生田さん、前田さん

15時頃には着いているかと→高田さん



日程追加。18日(木)13時半、受験希望者面談。

                          立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/01/11 23:48
  [ml-prosemip 3403] Re: [ml-prosemip 3402] 0112 予備演習レジュメ(葛城さん)・ CE 論文 (的場さん)掲載,懇親会の件

村上(慎)さんどうも。

> 明日の報告である葛城さんのレジュメを掲載しました.
> http://coreethics.kir.jp/

cf.ALS
http://www.arsvi.com/0y/als.htm

あとこちらのファイルはどうもなってないですが
http://www.arsvi.com/0y/n01.htm
(「難病」というのは日本固有?の言葉みたいなところがあって
訳しようがない…。)

どなたか、ファイル増強というか、新規作成というか
やっていただけませんでしょうか。

なお、明日(12日)はわたし、朱雀です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 09:04
  [ml-prosemip 3407] 『身体をめぐるレッスン』(主に植村さん)+

荻野 美穂 編 20061222 『資源としての身体――身体をめぐるレッスン2』
岩波書店,248p. ISBN-13: 978-4000267281 ASIN: 4000267280 2835
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000267280/ryospage03-22

の引換券送付についての記述は以下のとおりです(p.xviii)→植村さん

「*視覚障害などのために本書をお読みになれない方に、テキストデータを
提供いたします。@一四〇円切手、A本書後ろカバーにあるテキストデータ
引換券(コピー不可)、Bお送り先の郵便番号、ご住所、お名前、を同封の上、
左記までお申し込み下さい。
 〒一〇一−八〇〇二 東京都千代田区一ツ橋二−五−五 岩波書店編集部
 『身体をめぐるレッスン』テキストデータ送付係

cf.荻野美穂
http://www.arsvi.com/0w/ognmh.htm



視覚障害系?他への著作物(とりあえず本)提供のあり方について
青木+植村+アルファ で、1本とか2本とか、いかがでしょう?
簡単に始められるし、けっこう展開していける主題だし
よいと思いますよ。

http://www.arsvi.com/0u/01.htm
の「2−1」あたりに位置づく主題になります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 09:42
  [ml-prosemip 3408] お尋ね:院生・研究費獲得状況

「所属する学生が獲得した主な研究費(名称、期間、金額等)」
というのを調べています。

的場・川口・片山グループのがあったのと

あと青木さんがとったのがあったかと

他にも。教員などなさっていて科研費とってるとかも含め
ありましたら、ML宛でも、私宛でもよろしくお願いいたします。

*今回は立命館が出しているのは除きます。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 10:38
  [ml-prosemip 3410] ニキさん(Re: [ml-prosemip 3409] 0112 予備演習レジュメ(片山さん))

> 片山さんのレジュメをアップ
> http://coreethics.kir.jp/

村上(慎)さんどうも。
関連しなくはないファイルとして以下
http://www.arsvi.com/0w1/nkrnk.htm
ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 13:38
  [ml-prosemip 3412] ドイツ・基本所得

小野一 200610 「ドイツ・シュレーダー政権の経済社会政策
――労働市場政策にみられるネオ・コーポラティズムから
新自由主義への転換をめぐる一考察」
『工学院大学共通課程研究論叢』44-1:1-15

……
3.労働市場政策を通じた赤緑連合政党の変容
 3.1.SPDのプログラムにおける「公正」概念の変容
 3.2.緑の党の労働市場政策とベーシック・インカム論

ご参考まで。
面識ない方ですが、

小野一 200701 「2005年連邦議会選挙とドイツ政党政治の変容
――理論モデルの再検討を通じた思想史的分析と展望」
『大原社会問題研究所雑誌』578:1-18

で、拙著
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
に言及していただいとのことで、

上掲含め計3点、抜刷を送っていただきましたので。



青木さんさっそく情報提供どうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/12 14:16
  [ml-prosemip 3413] 小幡さんよろしく(Re: [ml-prosemip 3406] Re: [ml-prosemip 3401] HP更新(院生ページ+山森ファイル))

> 私も院生ページの仲間に入れて下さい。

歓迎です。是非。とりあえず業績一覧みたいの
(ワードのファイルかテキストファイルか)
送っていただければ、院生の誰かがHPに載る
体裁にしてくれます。

他の院生のみなさんもよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/13 09:15
  [ml-prosemip 3422] テキストデータ提供について(Re: [ml-prosemip 3421] Re: 『身体をめぐるレッスン』(主に植村さん)+)

> 岩波のデータ提供
> 石川准さん
(&市野川さん)が言ったんだろうと思います。
著者・編者が(強く)言えば、出版社は応じると思います。
拙著についてもそうでした。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm

提供しなければ本出さないとか(本できた後で)言う…。
正しくは企画の段階で念を押しておくべきでしょうが。

いままでの(単著と昨年の対談本)すべてでOKでした。
私の場合は、著者がメールで送るというかたちをとってますが
実際にはそう多くの依頼があるわけではなく
たいした負担ではありません。

一つの問題はデータがあるかですが
製版の時に使う(つまり最終的なデータの)ファイルから
テキストファイルに変換できるので
(このことは『ALS』のときに編集者から教えてもらったような
記憶があります)
面倒なことではありません。

現在のことろ、こないだ紹介した生活書院
http://www.arsvi.com/ml/2006p6.htm#3133
のすべての本と
明石書店の「そっち系」の本と
あとどのぐらいあるのか。

このあたりをまずざっと調べて、データ提供されている本一覧
みたいなものをウェブに載せる。
そういうものも使って文章化する(論文化する)
といったことをやってもらえるとよいと思います。



あと補足情報。 『出版ニュース』という業界雑誌があって
ここのところ
http://www.arsvi.com/ts2000/2007013.htm
というようなものを年に1つ書いているので
その新年号だけ送っていただいてるのですが
その号の特集が、著作権の延長問題で、わりとながい
記事になってました。
そして(記憶が正しければ)そこで「青空文庫」の人も
しゃっべっていて、当初、その人たちが
まったく予測していなかった視覚障害の人たちの利用が多かった
というようなことを言っていたような。
(たぶんその号は研究室にもっていってあります。)



このあたりは(共同)研究のかっこうな(手ごろで、やりようによっては
深くなる)題材だと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/13 10:39
  [ml-prosemip 3423] 障害学研究20(河野本・他)

*このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

以下、第14回の講義(1月11日)のときに(メールボックスに入っていたので)
紹介した本の紹介。「欠格条項をなくす会」のMLに配信された
臼井さんのメールです。

河野 秀忠 20070110 
『障害者市民ものがたり――もうひとつの現代史』
日本放送出版協会,222p. ISBN-13: 978-4140882108 ASIN: 4140882107 735
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140882107/ryospage03-22

『そよ風のように街に出よう』
創刊(準備)号からあって、たしか院生室にあるはず。
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2001051.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003004.htm
http://www.arsvi.com/1990/981203kh.htm
http://www.arsvi.com/ml/2002.htm
(これはたぶん田島さんに出したメールです。)

――以下――

臼井です。出たばかりの本の情報です。

題名 障害者市民ものがたり
副題 もうひとつの現代史
著者 河野秀忠
    (「そよ風のように街に出よう」編集長)
出版社 NHK出版(生活人新書)
発行日 2007年1月10日

大きな帯には「バスに乗ることさえ、闘いだった」という
キャプションと写真があります。

「あとがき」より(部分引用)
2007年の今、70年代の社会そのものを変えようとし、
社会保障制度と人権を創造しようとした「障害者市民運動
の事柄」が伝わらないまま、高齢者は介護保険制度、
障害者市民は、障害者自立支援法(自滅支援法)に分断
・包摂されつつある。包摂されてはたまらないという気概、
元気は、どこにあるのだろうか。それを求め続けてきたのが、
障害者市民運動の現代史だと、ほろほろと想い、この本の
形にしたのだが、いかがであろうか。


障害者問題総合誌「そよ風のように街に出よう」を
はじめ、文字や映像の発信をしている「りぼん社」の
ウェブサイトがあります。
トップページ
http://www.hi-ho.ne.jp/soyokaze/index.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/01/15 09:37
  [ml-prosemip 3434] 京大GP(cefsと同文)

以下、ほとんどの方については重複しますが
少数、全体のMLに入ってない方がいますので。

――以下――

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、
魅力ある大学院教育イニシアティブ
「臨地教育研究による実践的地域研究者の養成」
http://www.asafas.kyoto-u.ac.jp/miryoku/
ご参考まで。



わたし発のML宛メールは
http://www.arsvi.com/ml/0.htm

http://www.arsvi.com/ml/2007p.htm
等。情報いりようの方、加入どうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/01/15 10:37
  [ml-prosemip 3435] 世界の政策研究インデックス

以下、
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)
2007-01-15発行  No.267
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/267.html
より引用。立岩

――以下――

◆総合研究開発機構(NIRA)、世界の政策研究インデックスを公開

総合研究開発機構(NIRA)が世界のシンクタンクの英文レポートを検索できる
書誌データベース「Policy Research Watch(ポリシー・リサーチ・ウォッチ
:PRW)」で「世界の政策研究インデックス」を公開した(2006-10-12)書誌
データベース「Policy Research Watch(ポリシー・リサーチ・ウォッチ:PRW)」
をベースに、話題性のある政策研究レポートを日本語で紹介している。非常に
有用な資料だが、公開形式がPDFに限られているのが残念だ。html版化をぜひ
お願いしたい。

・世界の政策研究インデックス(Policy Research Index)
http://www.nira.go.jp/icj/libj/prw/pri.html
・Policy Research Watch(ポリシー・リサーチ・ウォッチ:PRW)
http://www.nira.go.jp/icj/libj/prw/
・ReaD研究資源DDB - ポリシー・リサーチ・ウォッチ
http://read.jst.go.jp/ddbs/plsql/SGN_21?code=5000002666
・総合研究開発機構(NIRA)
http://www.nira.go.jp/menu2/

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/01/15 11:30
  [ml-prosemip 3436] 急募:患者会・SHG関連文献

いりようの人がいまして、
患者会、セルフへルプグループ関連の文献情報
急ぎ求む。
http://www.arsvi.com/s/s01.htm
にもすこしありますが、すこし、かつ未整理。

(このファイルの増補とかしてくれる人も
求む。ただしこちらはすごく急いでいるわけでは
ありません。)

とくに英語文献で邦訳がないがわりと重要(そう)な著作
(著書・編書・リーディングス等)情報歓迎。
中身が(あるていど、あるいはすこし)わかるとなお歓迎。

他にも関係する人多数いるので、情報は基本的に
このMLに。ただし立岩宛でも可。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/01/17 12:25
  [ml-prosemip 3440] 院生業績伺い(立岩)

http://www.arsvi.com/0u/01.htm
関連の書類をここのところ書いてるのですが

院生*の2004〜2006年の「それ関係」の論文一覧を記す
 (*この時期に院生であった人)
欄があり
http://www.arsvi.com/0u/01.htm#22
を、その下に記されているファイルなんかをざっとみて
ざっと作りました。追加・訂正等あったらこのMLあるいは立岩
までお知らせください。
あと●は不明な箇所ですので、おわかりでしたらお知らせ
ください。

あと、その書類の記載がようわからんのですが
(文法まちがっているというか)
現時点で掲載決定済のも載せてよいようにも受け取れます
ので、そういうのもお願いいたします。
ただ『Core Ethics』3号についてはこちらで把握していますので
けっこうです。

ではよろしくお願いいたします。

立岩 真也

☆本・CD等々を買う
http://www.arsvi.com/0b/a.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/01/17 21:39
  [ml-prosemip 3441] 院生にお願い(彙報関連)

私のところ昨年6月より前のメールが
失われていますので、お願い。

昨年度の彙報に載せるデータ募集の
メールが年度の変わり目あたりに
あったと思います。

それを立岩まで転送していただけませんか。
(略)


今作っている書類でとくに2006年のデータが
必要ですが、彙報は2005年度までしかなく
きちんとHPに情報アップしてくれてる
人はよいのですが、そうでないと
わかりません。ので、こないだ小林さんが
呼びかけてくれたのですが、それを
急ぎひとまとめする必要があり。

だったら、もう彙報データの募集して、あと
3月までの追加・変更はその時にというのが
能率的ではないかと考えたしだい。



ですので、すぐ、お尋ねが行きます。
自分の業績整理してない人、用意しておいて
ください。どうせ学振やらなにやらいります。
なおいますぐに必要としているのは
後期課程、3年次以降の院生について
です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/17 22:04
  [ml-prosemip 3442] お礼(Re: [ml-prosemip 3441] 院生にお願い(彙報関連))

早速、昨年の則包さん発院生宛のメール
転送してもらいました。ありがとうございました。



遅くて明日、業績データよろしくというメールが行くと思います。
後期課程の院生は必ずよろしく。

学内プレゼン用ではありますが、来週月曜までに
文章にして提出という予定のものですので
よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/17 22:55
  [ml-prosemip 3443] 今週・来週(立岩)

明日18日木曜
1330〜 受験希望者面談
1620〜 1800〜 授業、最終回

22日月曜
1630〜 博士論文口頭試問
1700 私が学内に出す書類締切

24日水曜 朱雀、上記書類関連でプレゼン

25日木曜 東京・本郷
福島智さんが東大・院・教育でもってる科目のゲスト
(これはまたお知らせします。)
26日金曜 京都に戻る

といった具合。とりわけ22日までが
とっても忙しいです。そういうことで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/18 00:25
  [ml-prosemip 3444] 障害学研究21(期限のこと等)

*このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

講義は18日で終わりです。

本を1つ(以上)読んでもらってまとめてもらったり
コメントしたい人はしてもらおうかと思います。

また連絡しますが
締切は、私の事務への成績提出が2月13日なので、
2月11日、事情ある人は相談に応じます。
(とくだんの事情ないかぎり)Eメールを使ってもらいます。

またお知らせします。

本のリストとしては
http://www.arsvi.com/0b/d.htm
また
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
からリンクされるページにいろいろ。(上のページにあるものはみな下のページから
リンクされるページにもあるはずです。)

先端研の院生は、※ある本は院生室にあるはずなので読めるはずです。

では。


 
 
>TOP

◆◆2007/01/19 08:57
  [ml-prosemip 3446] 福祉社会学会大会・他

6/23 6/24 於:東京学芸大
申し込み締め切り3/20のようです。
http://www.arsvi.com/0a/ws2007.htm

&学会誌、投稿増加が望まれているようです。
(私、理事させていただいているのですが、1度しか出席
したことないどうしようもない人ですので
実情は詳しくわかりませんけれども)

他の雑誌でも同様のことが起こっているようです。
普通に?審査するとみんな落ちてしまう
(落とさざるをえない)
(私が知ってるのでも 8投稿→採択1 とか 8→0?とか)
すると投稿が少なくなる→困る→??

掲載される可能性が今後、高まる(高めざるをえない)
という可能性は(上記の学会(誌)についてではないですが)
高まる可能性があるかと。

以上、(私の)息抜きでした。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/19 19:53
  [ml-prosemip 3448] 『Core Ethics』関連

『Core Ethics』原稿で
外部査読者が、再査読について
編集委員会に委託したものは
内部査読者がもう一度みるという仕組みになっております。

で、私が(いちおう?)指導教員ということになっている
人のうち
昨日、小林
今日、坂下・田島
の原稿について、指示、助言を査読者
(規則で匿名ということになっております)
からいただきましたので、お送りしました。
着いてないとかあったら、お知らせください。
他も、おって。

適宜、そして手早く、なおして
完成させてください。

では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/19 20:48
  [ml-prosemip 3449] 医療記録関連・他

さっき青木さんより

> 以下、伊藤→小林→青木と回ってきたファイル更新。
> http://www.arsvi.com/m/d02.htm
>
> 人物ファイルあるものにはリンクはりました。
> この作業は青木が手動で。
> 元々伊藤さんが作り、小林さんがそれをHTMLにし、
> 私がリンクだけ張った、という感じです。
> リレーですね。

こんな感じでやってゆきましょう。みなさんよろしく。

とりわけ伊藤さん、ありがとうございました。



山本さん(か、村上(潔)さん)
こないだヨシノさんに会ったときに言っていたのは
このファイルに出てくる石川さんという弁護士です。
まだ、役に立つファイルにはなってないですが
いちおう、URL教えてあげといてください。



http://www.arsvi.com
は、諸般の事情・理由で既に「私人」のHPでは
なくなっています。
実際、ここ数年、既に多くの院生、約30人ほど
がかかわっています。
(「申請」にも関係するので、誰がどのファイル作っているのか
近々一覧掲載します。)

ということで、
http://www.arsvi.com/0u/01.htm
関連のファイルは
http://www.arsvi.com
に収蔵することにしました。研究科のHPに引っ越す
ことを考えていたのですが、その手間、など考えると…
という理由もあります。
いまここにアップする作業をしてもらっているのは青木さん
ですが、作業量が増えてきたら、増員を考えます。

基本的にそういう仕事は有給、ただし助手(なくなりますが)
学振研究員にはたしかお金は払えないはずです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/21 22:06
  [ml-prosemip 3463] 『Core Ethics』関連・続

Sent: Friday, January 19, 2007 7:53 PM
Subject: [ml-prosemip 3448] 『Core Ethics』関連

> 『Core Ethics』原稿で
> 外部査読者が、再査読について
> 編集委員会に委託したものは
> 内部査読者がもう一度みるという仕組みになっております。

で、高田、定藤、藤原原稿について
の評価、コメント、当人他に送付。

しばらくつまらん仕事で
そのほかのほうに行き届いておりませんが
乞御容赦。急ぎの用あったら連絡ください。

明日は16時半、博士論文口頭試問(これがつらまらん仕事だと
言ってるのではございません)。
ただこの前の時間はちときびしい。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/23 00:09
  [ml-prosemip 3471] Re: [ml-prosemip 3470] 日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針

今日の仕事は終わったか、な、の立岩です。
天田さんどうも。

> 「日本社会学会倫理綱領にもとづく研究指針」
> http://wwwsoc.nii.ac.jp/jss/office/shishin.pdf

私、これの委員でした。どうも。
欠席の方が多かった
非倫理的な倫理委員でした。
まじめにつきあえない仕事はうけない方がよい
(ことが多い、がなかなか…)という。

あと再掲になりますが
http://www.arsvi.com/ts2000/2007044.htm
最後の2つの段落あたりが、
とりあえず言っといた方がよいと思って、高田さんの記述を
受けて書いたことかなと。



高田さん、上記の社会学会の指針
高田さんのページ
http://www.geocities.jp/li025960/home/topics/c04.html
リンクお願いいたします。
cf.
http://www.arsvi.com/0e/c06.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/01/23 14:23
  [ml-prosemip 3474] 本日と今週(立岩)

本日、今は、たまったメールの返信書いてます。
まだの人います。すいません。

明日(水)は朱雀校舎ほかで終日留守。

明後日(木)は東大・本郷・福島智さん
http://www.arsvi.com/0w/fksmsts.htm
が院・教育学研究科でやっているコマで、私の本読んでくれてる
ということで、質問に答える役ででます。
15時から赤門総合研究棟2階A208号室
だそうです。終わったら本郷あたりで飲みます。
cf.もぐりで出てるらしい斉藤さんの報告?
http://www.asahi-net.or.jp/~ls9r-situ/on_hope.html

明々後日(金)東京から戻ってきます。
で、書類とかです。

博論/予備論/『Core Ethics』 いろいろありますが
それはまた別便にて。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/23 16:59
  [ml-prosemip 3476] 予備論関係・他

博士予備論文、月末締切

年末話をしてもらった人たち、大野さんは
(アフリカ行きのため)もう提出しましたが
大谷(通)、藤谷、どないです?
「今までのところまで」でよいから、天田さん宛
送ってください。堀田さんなどと
手分けしてみてもらいます。

樋口(義)さん、メールみてたら連絡くれ。
これが最後。



どんな論文でもそうだけれども(&人のことはいえないが)
文献リストの体裁ぐらいはきちんとしましょう。

横文字の大文字・小文字の扱いとか。
過去何度かメールしましたけど。

そういう体裁関係について、これが便利というサイトとか
あったら教えてください。

時間ないと思うんで、そういうあたり(昨日みせてもらったの、
大文字・小文字の処理とか細かいところで、ちょっとありました)
誰かに見てもらったらよいのでは
→北村さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/23 17:26
  [ml-prosemip 3477] 『Core Ethics』

『Core Ethics』最終段階にはいってます。

あとは、手続きとして、基本的に、○か×しかないので
なにも言うことはない、といえばないのですが
あるといえばあるのですが、
MLはそれにはふさわしくないメディアなので
必要に応じ、個別に連絡することになろうかと。
いま確認すべきことを確認してますので
しばらくお待ちを。

ただ、とにかく、自分で
あるいは人の手をかりて、間違いをなくす
体裁を整える、なおす
ぎりぎりまでできるかぎりのことをしてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/24 22:55
  [ml-prosemip 3483] レセプト情報公開関連

以下勝村さんより。研究主題に関係する人が
(私の勘定では2人ほどは)いるので。立岩

――以下――

(重複して受け取られる方にはご容赦下さい)

勝村@扁桃炎こじらせ肺炎で入院中 です。

1月25日(木)19時30分〜
NHK「クローズアップ現代」で、

「医療の中身は見えるか」
〜レセプト情報公開の波紋〜

が放送されます。

http://www.nhk.or.jp/gendai/

昨年末に僕も少し取材を受けました。
今年の6月で、レセプト開示から10年になります。

****************************
勝村久司
(略)
****************************


 
 
>TOP

◆◆2007/01/26 21:23
  [ml-prosemip 3489] 障害学研究22(原稿を一つ・部屋のこと)

*このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

http://www.arsvi.com/ts2000/2007040.htm

リンクは途中までですが。そのうち増やします。本がいくつか出てくるので。
また人へのリンクからやはり本がでてくるので。



学而館1階(に本を集めています)の先端研の院生室には
応用人間学研究科の院生のカードキーでははいれないそうです。
(ところで私も入れず、困っています。)
どうしたらよいか。2月になるとバイトの仕事で、わりと
長い時間、院生が部屋にいるのでそのときにとか。
あと、ノックしてみて誰かいたら、いれてもらうとか。


 
 
>TOP

◆◆2007/01/29 08:34
  [ml-prosemip 3498] 今週(立岩)

29火曜 13時教授会 16時博士論文公聴会
01木曜 18時半学外で会議
02金曜 午前朱雀 16時半大野予備論面接

あとは書類書いてます。MSワードが「すこし」使えるように
なった気がします。

(奨学金関係の書類はたぶん、火曜の公聴会の時に書ければ
書き、だめなら、別の日になんとか。)

様々、締切りなどありますが、よろしく。

『Core Ethics』、いまだに
実質的には、仕方なく、対応していただいたているわけですが
論文指導者にこの時期にいたるまで、というのは
たいへん長期にわたって大きな負荷をかけることに
なっているわけで、今後、くれぐれも、スケジュール通りに
仕上げていくことを心がけてください。肝に銘じてください。

予備論。まさに「予備」論ということで、将来に期待
することに、「私は」、したいと思いますが
誤字やらなにやらたくさんあると「寛容度」が低くなるので
ちかまの人に校正お願いするとか、あとほんとのすこし
がんばってください。

博論の人は助言通りのことを。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/29 08:48
  [ml-prosemip 3499] 訂正(Re: [ml-prosemip 3498] 今週(立岩)

> 29火曜 13時教授会 16時博士論文公聴会
30火曜 でした。すいません。

ついでに。書いたものなど
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
すこし増えています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/01/31 08:54
  [ml-prosemip 3501] 本登録お願い、他バイト関連、他諸々

研究室入ったところの床に
ダンボール箱(みかん箱)1つ
そこにこのごろ買った本あり。

レポート提出終わってからでよいので
(月末には終わると聞きました)
学而館1階にもっていって、登録等お願い。
→生田さん、前田さん
cf.
http://www.arsvi.com/0b/b.htm

あとこの種の仕事に宇野さん(共生)
参加予定。

あと上記の箱の中にヨシノさん関係の本あり
(まだ自宅から運んでいないのもあり)
論文終わったら見ていただいても
→村上(潔)さん・山本さん



あと、NPO関連のむかし作った報告書
研究室の机の上にあります→村上(潔)さん



山口さん、資料やっていただいたみたいで
ありがとうございます。支払いの必要があります。

科研費のだと書類は研究室のテーブルの上に。
ただ書類あっても、わかりませんよね↓



あと別の研究費の書類もあって。そのあたり
思案中。GPのHP関係のも含め
1月分の書類提出はだいたい今週中と考えてください。
→みなさん。

 ★2日午後(午前中は朱雀)学校行くので、そのときに
  時間あまりないですが、いっきに書類片付けてしまうつもりで。



小宅さん、書類、昨日書けませんでした。
すいません。2日締切りでしたね。2日でよければ。



青木さん、GP、HP関連の仕事、払いの件、以前
問い合わせましたがいかがでしょう?
その前にコルバンの情報保障のこと
どうもありがとうございました。

まだあったような気がしますが、とりあえずそんなところで。

 ★締切り(だけ)はまにあわせましょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/06 08:04
  [ml-prosemip 3505] 予備論・学振・他

書類書き専念モードに入って22日めの立岩です。
俺の人生を返してくれ、って感じはちょっとする。
(比べれば学振書類なんてちょろい、か、な。)

さて、8木・9金、と博士予備論文審査。
みなさん提出、ごくろうさんでした。
私は主査副査として8本、要旨だけ読んどく面接委員として2本担当。
(アフリカに行かれる大野さんのは既に終了。もうすこしまとまったことを
しゃべれればよかったのですが。御免→大野さん)

5分くらいは何か書いたかしゃべらされると思ってください。
あと、卑屈になっても仕方ないので、欠点は欠点として認めつつ
落ち込まないで、「前向きの答弁」。
自分が書いたものを、誤字・誤記を訂正するつもりで読みなおしておく。
といったところ。



あと、学振(日本学術振興会特別研究員)結果がほぼ出たようです。
今年は(当方が把握できている限り、ですが)当たりが7人だったようです。
(つまり補欠合格が2)
共生が2、残りが公共。

何年だったかの早稲田の大学院(理系も文系も合せて)
全部で当たりが20人という数を見かけたことがありますが、
例えばそういうのに比べ、多い。

累計では3+2+7=12人(うち共生が4人)

当たりと当たりでない間にある、不当、と言ってよいだろう
格差をどうするかについては、ちょっと考えた方がよいかと思っています。

チャンスのある人は(うっとおしいことに)また書類を書くことに。
申請する年次、タイプにもよりますが、とくに後期に入って
しばらく時間が経った人については「業績」は見られるようです。

そういったことも考えにいれて、準備を進めてください。
天田さんは、4月からは准教授として本研究科の教育にあたられます。
それはともかく、昨年のように死ぬほど働かせる
わけにはいかないので、今のうちから準備よろしく。
私もひとやま越えたら、2・3月、演習・個別指導
(前者の方が望ましい)で対応します。

では。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/10 08:31
  [ml-prosemip 3513] 本日の研究会

以下の本日の研究会、私仕事で到着は終了間際となりますので
定員36の1つがあく勘定になりますので、
どなたか参加されたければどうぞ
(と多分言ってよいのだと思います)。立岩

----- Original Message -----
Sent: Thursday, January 18, 2007 10:40 PM
Subject: [ml-prosemip 3445] ≪難病と倫理研究会≫定員になりました


> 公共・生命のみなさま(重複すみません)
>
>
>> 2月10日の≪難病と倫理研究会≫
>> http://qrl.jp/?248487
>
> は、さきほど定員になりましたので、
> 締め切りさせていただきます。
> ご応募ありがとうございました。
>


 
 
>TOP

◆◆2007/02/13 02:42
  [ml-prosemip 3520] Re: [ml-prosemip 3516] 2 月 26 日公開研究会告知の件

> 立岩…参加をお願いしたい

多分出られます。仕事つまっていてメール滞ってます。
すいません。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 05:54
  [ml-prosemip 3523] 復帰

かれこれ一月かかりきりだった仕事が
ようやく終わりました。まったくむなしい、
とは言い切れないところはありますが
しかし多くの時間が費やされてしまいました。
本日より復帰します。が、この間たまった
仕事がたくさんあり、だんだん復旧
という感じです。メールの返信してないもの
多数あり。本日以降します。
とても急ぎの方は、催促してください。

そうして作った書類はおいおい公開して
いきます。そのことはまたお知らせします。

予備論文について、とか、言わねばならないことは
いろいろありますが、そのこともまた。

立岩真也

☆本・CD等々を買う
http://www.arsvi.com/0b/a.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 07:59
  [ml-prosemip 3524] 2・3月いっきに仕事、お願い

http://www.arsvi.com
が研究拠点のHPになっていることは
ご存知の通りです。

説明はまたしますが、そして以前からずっと考えていたことですが
ここ2月ほどで、量的・質的に充実させます。

で、バイトお願い。必ずしも950/時
というレートでは考えていません。

たくさん働けば月10〜20万はいきます。

財源は数えようですが5つぐらいあって
計200万ぐらい使えると思います。

というわけで、けっこう書類的にもめんどうなことろあり
書類作成・管理、労務管理要員も求む。

よろしく。

立岩真也


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 11:54
  [ml-prosemip 3526] 本のリスト増補

http://www.arsvi.com/0b/b.htm

http://www.arsvi.com/0b/b1900.htm
更新。

生田(生命)・前田(生命)・宇野(共生)のみなさんに
学而館1階の書架に本並べるのと連動して
整理・増補してもらっています。
ありがとうございます。

今回は1980年代まで。
私が最後に更新したときに644だったのが
746になりまたから、100冊余り増えています。

前にファイルもらっていたのですが、時間なく
アップできてませんでした。すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 13:10
  [ml-prosemip 3527] さらに増補(Re: [ml-prosemip 3526] 本のリスト増補

生田さんからファイル到着。80年代が増えて
本日、644→746→809


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 15:02
  [ml-prosemip 3528] 川上武/高橋晄正/中川米造

1)
川上武/高橋晄正/中川米造
http://www.arsvi.com/0w/0.htm
からどうぞ。

新田さん(生命)が以前のファイルを大幅増補してくださいました。
掲載が遅れました。すみません。

2)
http://www.arsvi.com/0u/01.htm

http://www.arsvi.com/0b/b.htm
からリンクされるリストにある本

1)の3人のファイルにあって2)にないものがあるような。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/14 19:25
  [ml-prosemip 3530] 書評・本の紹介

http://www.arsvi.com/ts2000/2007047.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2007003.htm


http://www.arsvi.com/ts/0.htm
ひさしぶりに更新。文章は書いてもアップする暇がなかったもので。



また書きますが、HPとMLを
使う度合いはさらに増えていくと思います
増えざるをえないと思います。
私に質問がある場合もできるだけMLに質問ください。
時間がかかるとしてもできるだけ答えるようにします。

                          立岩 真也

☆本・CD等々を買う
http://www.arsvi.com/0b/a.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/02/15 09:01
  [ml-prosemip 3532] 80年代増補

生田さんからファイル到着。80年代が増えて(1987年までだそう)
14日、644→746→809
15日、→933

>> http://www.arsvi.com/0b/b.htm
>> ↓
>> http://www.arsvi.com/0b/b1900.htm
>> 更新。
>>
>> 生田(生命)・前田(生命)・宇野(共生)のみなさんに
>> 学而館1階の書架に本並べるのと連動して
>> 整理・増補してもらっています。
>> ありがとうございます。

生田さん他、「もしまだ作業開始してなければ」
アップされているファイルをダウンロードして
それに加えて、それを送ってください。
いただいたものに当方で2行ほど加えた部分
(製作者名のところだけですが)
がありますので。



なんでこんなことをしてもらっているのかとか
これからどうしていくかとかいろいろありますが
このことはまた別便で。今日は今日の締切仕事をまずやります。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/15 11:32
  [ml-prosemip 3533] 記事の保存について(Re: [ml-prosemip 3531] 「戸籍がない子にもパスポートを!」という運動)

村上さんどうも。

> こちらのファイル、大幅増補いたしました。
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/fr01.htm

村上さんはなさっていると思いますが、こういう新聞記事などは多くの場合
そのうちウェブ上から消えてしまいます。ので、
文章自体も保存しておいた方がよいです。

あと(「学術利用」ということで)「引用」であることを
明記し「出典」を明示した上で、「全文」を引用することは
私はよいと思い、実際に行っています。
いまのところそれで問題は起こっていません。
http://www.arsvi.com
ないのファイルについては当方が責任をとりますので
どしどしお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/15 17:04
  [ml-prosemip 3534] 障害学研究23(★受講者の一部には重要かもしれません)

*このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

レポートを受け取ったのは以下の人々からです。

鈴木/飯田/比嘉
有吉/植村/葛城/末岡/田中(慶)/上農/藤谷
国府(雄)/西村
(うち一名は別種の貢献をもって代えました。)

http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm#21
のお知らせに「おし」「だめおし」が足りなかった、かもしれません。

単位取得のつもりであった人、対応がまったく不可能というわけでもありません。
MLではこのぐらい、まで。あとは個別に。

基本的には、また受講してもらえばよいのですが、
(半年後の帳簿?では非提出→F=不合格は消えるそうですが
また再度履修すること可能ですが、
来年度の奨学金関係では、関係ある人は、成績の平均値として
関係がある人もいる可能性があります。)

★間違って、MLに、MLにしない方がよいメールを送らないこと。立岩まで。
TAE01303@nifty.ne.jp



なお来年度の障害学研究は前期・火曜夕方ということに。
うまく調整できれば隔週2コマ続きでいこうと。
(他の科目でも)いままで一度もやったことない、院生に報告してもらう
というスタイルを(かなり)とりいれようかと考えています。

では。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/15 19:50
  [ml-prosemip 3536] 障害学研究24(本のこと)

*このメールは、応用人間学研究科・後期・木曜 「障害学」の受講者と、
   先端総合学術研究科、 「公共」領域のMLにbccで送信するものです。
   バックナンバーは
   http://www.arsvi.com/ml/2006d.htm

前便で名前一人記載もれありました(本人は了解)。失礼しました。

いくつかメールもらいました。「前向き」の方向で進んでいます。
私のアドレスは
TAE01303@nifty.ne.jp
です。

本ですが
http://www.arsvi.com/0u/01.htm

http://www.arsvi.com/0b/b.htm

院生の尽力により大幅に増補されています。
(さっき本日2度目の更新。ファイルの構成も少し変更。)

本は(ないのもありますが)
学而館の1階の先端研院生の勉強部屋にあり、
応用人間学研究科の方のカードでは(私のカードでも)
入れないのが難点です。誰か知り合いがいたら開けてもらうか
あるいは大きい音でノックして、誰かいたらいれてもらうか。
ただ、本の多くは、(知りませんが)立命館の図書館にも
あるだろうと思います。



あと授業でも幾度かいいましたが、基本的には本の紹介は
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
からリンクさせ、公共の福祉のために供されます。
とはいえ、可否は自身の選択です。
またコメント部分の掲載の可否
実名/匿名・イニシャル…の選択も自由です。
あわせてお知らせください。

あと、基本的なことですが、本の書誌情報はいれてください。
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
にある(というか、からリンクされている)ファイルの本の情報の
すべてが十分というわけではありませんが、
参考にしていただけると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/19 11:52
  [ml-prosemip 3539] 生存学(cefsと同文)

http://www.arsvi.com/a/index.htm
(このファイルは、ファイル名を変えましたが、以前よりありました)

http://www.arsvi.com/a/200702.htm
多くの教員他のみなさまの協力を得て作成
先週提出した書類、とりあえず掲載しました。これから掲載部分を増やしていきます。



書類→お金、のことはともかく
こんなこと「も」この研究科はやっていきます
ということですので、どうぞよろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/19 12:35
  [ml-prosemip 3540] 予備論・今週(立岩)

今回、予備論文、私の主担当は例外的にすくなく
なんとか、でしたが、全体としては問題を残しました。

自己評価が不当に低いのも人生たいへんで困りものですが
別の場合もあり、逆の方向もありえ、自分のしていることについての評価は
難しい、のかもしれない。
事前に見れば、なにごとかは可能ですが、
そのまま出されると、こちらはそれを評価せざるをえない。
ということです。
理由はともあれ、うまくいかなかった場合、
次につながるかたちで継続的に対処されるのがよく
その道をとられた方はきっと成果が得られると思います。
他方で不毛な消耗感をも味わいしました。

入試が終わった後、来年度の人的な構成が固まりますので、それをもとに
どのように教員の側の労働を配分していくかなど、考えたいと
思います。
年度内に話ができる人とは話をしたいと思います。



わたくし、今週は明日・火曜、教授会13時より。
その前後、未確定な部分残っていますが、面談はいります。

あと日曜は入試です。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/19 12:41
  [ml-prosemip 3541] 岡本晃明「医療と報道倫理」掲載(別MLとは別版)

http://www.arsvi.com/2000/0702ot.htm
岡本さんは京都新聞社の記者で
研究会などにもよくいらっしゃってます。
ずっと京都の方でもあり、この文章の後半
短くですが、京都における「運動」について書かれている部分
参考になる方もいるかも。
(そういえば、樋口(義)リターンズ、か…。)

こうした文章は
http://www.arsvi.com/1c.htm
などからリンクされています。みなさんの書きものについても
掲載、リンクいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/19 19:44
  [ml-prosemip 3542] アフリカ

「拠点」関連の企画でもあり、さしあたりは私が代表の科研費の謝金を
使い、アフリカ日本協議会の斉藤さんにお願いし
http://www.arsvi.com/0i/2-2007.htm
http://www.arsvi.com/0n/ajf2007.htm
掲載開始しました。

大野さんもアフリカに行かれるということで(もう行かれたか)
ありますし。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/20 10:22
  [ml-prosemip 3545] 本日他(立岩)

これからいくつか寄るところに寄りつつ学校へ。
13時より教授会
その前、生田(+定藤)。その後、北本。

あと、来週にかけて、豊田、樋口(義)!。

学会報告、論文投稿関連情報もいくつか来てるよう。
情報共有しましょう。

繰り返しになりますが、これから3月までに
来年度(以降)の各自の作戦を考えましょう。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/20 23:51
  [ml-prosemip 3547] 90年代増補・他

生田さんからファイル送っていただき
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
更新。1990年代を、1992年まで、他。感謝。

本は学而館1階に。書架がいっぱいになったそうで
なんとかせねば。

あと、やはり生田さん(および生田さん経由の植村さん)
からのリクエストがあったものから何冊かをさっき注文。
http://www.arsvi.com/ts/t.htm
上記のファイルを登録・連絡用ファイルとするつもり。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/21 09:22
  [ml-prosemip 3548] 日・月・火

日曜入試

月曜の演習・研究会?ですが、場所など(再度?)お知らせください
この研究科への入学を検討中の人が遠くより
いらっしゃるとのことで、お知らせする必要もありますので。
なおこの日、私は断続的に面談など入り、中座する場合がある
と思います。

火曜、教授会。その後、16時頃から樋口(義)、18時頃から豊田。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/21 09:52
  [ml-prosemip 3549] 大谷(雅)さん/みなさん書類忘れず

大谷(雅)さん、連絡いただければ
(ただ今日はこれから出ますので、こちらからの
返信はすこし遅くなります)。この種の連絡が
MLが適していないのはわかっているのですが
すぐにはアドレスがわからず。すみません。

他の方で、連絡等が必要な人もよろしく。

これから、年度初めにかけて
様々な書類提出あります。忘れないように。
ときに奨学金、研究奨励金など
(毎年制度がかわり、(すくなくとも私は)
わけわらなくなってますが))
お金絡みの書類は大切ですので、くれぐれも
忘れたりしないように。
過去、申請の資格があり、受給の可能性も
十分にあるのに、申請せず、結果、この研究科
の「枠」をしたまわるといったもったいないことが
起こったこともありました。院生間でも情報を
交換し、よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/21 10:04
  [ml-prosemip 3550] 計画提出を

演習・面談、行っていくつもりですが、
遠くにいらっゃる方もいて、また、
ざっと数えて私(がおもに*)関係の人が40人はいる
ということで、全員はどう考えても無理だろうと。

 *2006年度開始時点

ということで、来年度(以降)の計画を
(来年度は静養につとめます、とかも含め)
ざっとよいので、メールでください。

早期介入、というと圧迫感あり、早めの対応、
でも同じかもしれませんが、とにかくそういうことが
やはり必要であることをこのごろ痛感することもありまして。

とりあえずでよく、考えてなおすとか、足すとか
随時可です。

それをもとにかなりの部分、メールを使うかたちで
やりとりをぽつぼつとしていければと。

天田さんあらたに入っていただいた上でのことも含めて
来年度以降の体制を考えるということもありまして
よろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/22 12:12
  [ml-prosemip 3556] 4月の催し他(cefsと同文)

http://www.arsvi.com/a/index.htm
ようやく作り出していて、そこから

http://www.arsvi.com/a/e.htm
をとりあえず作成。
4月、4回連続の「生存学」関係の講演も。
詳しくこと決まったらまたお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/23 14:34
  [ml-prosemip 3557] 院生の仕事(cefsと同文)

http://www.arsvi.com/a/index.htm
からリンクされるファイルとして
http://www.arsvi.com/a/w.htm
をとりあえず作成。御参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/23 14:45
  [ml-prosemip 3558] よろしく(Re: [ml-prosemip 3557] 院生の仕事(cefsと同文))

> http://www.arsvi.com/a/index.htm
> からリンクされるファイルとして
> http://www.arsvi.com/a/w.htm

作り出したらやはり半日(〜)仕事にはなりました。
いろいろミスもありますがなおしますし、増やします。
そのために今日ずっと研究科のHP(の「院生」のところ)やら
見ていって新しいファイルとか発見したりして勉強させてもらいました。

こういう仕事の仕方があらゆる研究にとって
必要というわけではありませんが、多くの場合には
有効です。新規作成、増補、どうぞよろしく。

私が以前作ったものはなんでも使っていただいて
かまいません。多くは時間がなく、ほとんど作業が
できていないまま放置されているものですので、
そう役に立たないと思いますが。

多くの作業について謝金を出すことができます。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/25 20:33
  [ml-prosemip 3563] 目の本/BI・他

本日入試で学校へ。

植村さん(→生田さん)リクエスト?の
目の本2冊(眼科ムックというシリーズの2冊でした)
研究室のテーブルの上。

あと、斉藤さんリクエストのドイツでの
ベーシックインカム案にほんのすこし言及してある論文抜刷
も同じ場所。とりにこなければ、14時からの会場にたぶん
もっていきます。



明日12時、2008年度入学を考えているという人面談。
14時から研究会。

明後日11時半、やはり入学を考えているという人面談。
13時教授会、16時頃樋口(義)、18時頃豊田。

次の水曜も、取材がはいるかもしれず、すると
学校に行く、かもしれません。



入試結果は、あたりまえですが、結果が出てから。
ただ、合格者には発表即日にこのMLには入ってもらいます。
そのときには、やむをえぬ人のぞき、全員
このMLで、ごく簡単でよいから、自己紹介すべし。
この領域の院生・教員が全員同じ場に集まることは
未来永劫ありえません。このMLは大切な場です。
またこの件についてはメールします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/26 07:58
  [ml-prosemip 3564] 3/17日文研

私いちおうメンバーになっていますが一度も出たことない
「文化の所有と拡散」という共同研究の研究会の第6回
が3月17日(土)14時から
名和小太郎氏「学術雑誌の電子化と知的財産制度」他
cf.
http://www.nichibun.ac.jp/~shoji/

私自身はほとんど参加できないが、院生が飛び入りで聞きに
いく(だけ)ということでよいですか、とおたずねし
それでよいと代表者の山田さんに言っていただいていますので、
関心ある人いたらどうぞ。

この日私は的場さん企画の研究会。的場さんプログラム
だいたいのところ(そのうち)流してください。


 
 
>TOP

◆◆2007/02/26 10:51
  [ml-prosemip 3566] 本・他

生田さんからリクエストあった本
http://www.arsvi.com/ts/t.htm
入った分(※印ついているもの)
私の研究室にもっていきます。
書誌情報を補った上で、
データベースへの登録、配架お願いいたします。



『働く/働かない・・』も入荷。これももっていきます→村上(潔)さん


あとどなたか常石敬一氏のファイル作っていただいても。



もう月末がやってきました。謝金の書類提出する人よろしく。



伊藤さん、山口さんあたり、連絡いただけますか?



あと1時間以内には学校に着いています。
面談はいってますが、その途中でも、入室
短い相談など可能です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/27 10:05
  [ml-prosemip 3567] 本続・他

> http://www.arsvi.com/ts/t.htm
> 入った分(※印ついているもの)
> 私の研究室にもってい
ってあります。それから上記のファイル更新。
あとそのほか私の研究室にあった
本、あわせて2箱。よろしく。
配架されたら興味のある人はみてください。

11時半より面談ですが、短時間の用のある人は随時どうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/02/28 08:42
  [ml-prosemip 3570] データベース・本日・他(bc-lifeと同文)

http://www.arsvi.com/0b/b1990.htm
1994年10月まで追加。生田さん他感謝。
(今日の仕事まだだったら、アップされているファイルをダウンロードして
それに加えてください→生田さん。)

本日の研究会、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/0228.htm
たぶん(いつものように)顔出せませんが、
高橋さんは旧知の人でして(もう20年以上会ってませんが)
よろしくお伝えください。
cf.
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/haraway.htm

お金のことなど処理していく必要あります。私は本日
取材の類があって、それは音などとるようなもので
13時より1時間ほどはそれがありますが
その前後、午前より夕方まではおおむね研究室にいるつもりです。
(生田さん他、そのへんの相談できたらと。メールでもできますが。)



ML統合のこと、またメールします。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/01 07:36
  [ml-prosemip 3573] 3月1〜3日・他(立岩)

今日から3日間、外回りです。
今日は九州行って、北村さんの母校(といっても学部は違いますが)で
話をして、3日は、さいたま市
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm#0303
2006年度の助手についての所見の件
了解。

あと謝金の書類を出してもらう人がいます
(研究室のテーブルの上に置いてあります)
が、これはまた指示します。
一部については5日が最終的な提出日になるので
急がねばなりません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/01 19:42
  [ml-prosemip 3575] SPSN3月31日

以下転送。

参加者一覧は、要請により、略してあります。
(MLへの参加者には知らされています。)

3月の研究会は、関係ある人いそうですが
行ってよいことあるかどうかは私には判断できません。

あと、私たちがお世話になった樋口(明)さんが運営委員を
つとめられるということに。

私は企画協力者ということになっていますが、ここ数年
なんにもしてません。東京に行って報告したい
というような人がいれば、紹介することはできます。

&→青木さん
掲載お願い。
http://www.arsvi.com/0a/spsn2007.htm
ということで。今までは0a/spsn/
に収納していましたが、階層構造をできるだけ
単純にしてミスを避けるという意図からこのように。
他のファイルもそれに準じて移動させていただいても。

立岩

――以下――

Social Policy Studies Network
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◇                   ◇
◇ SPSN Newsletter No.64(2007/2/27)  ◇
◇    ……3月研究会案内……      ◇
◇                   ◇
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
発行:SPSN (Social Policy Studies Network) 事務局
  EMAIL spsn2006@yahoo.co.jp
  URL  http://spsn.hp.infoseek.co.jp/

運営委員:
圷洋一、井口高志、小渕高志、金子雅彦、上村泰裕、神山英紀、菊地英明、鍾家
新、樋口明彦、森川美絵、山井理恵
企画協力:
下平好博、立岩真也、平岡公一、藤村正之、三重野卓、山田昌弘、山森亮

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
住所・アドレス変更の場合は、事務局まで
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆転居、所属変更等により、連絡先、電子メールアドレスなどを変更された方は、
事務局までご一報ください。Newsletterの送付の中止を希望される方も同様です。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
運営委員等の交代についてのお知らせ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆2月3日に開かれた運営委員会での協議結果に基づいて、運営委員等のメンバー
の変更がありました。

・新たに次の6名の方が運営委員に就任されました
 圷洋一(日本女子大学)、井口高志(お茶の水女子大学)、小渕高志(東北文
化学園大学)、神山英紀(帝京大学)、樋口明彦(法政大学)、森川美絵(国立
保健医療科学院)

・次の方が、運営委員を退かれるとともに、引き続き「企画協力」という立場か
ら、SPSNの運営にご協力いただくこととなりました。
 下平好博、平岡公一、藤村正之

・武川正吾さんが、運営委員から退かれました。武川さんには、SPSNの創設以降、
今日まで運営に多大なるご尽力、ご協力をいただきました。厚く御礼申し上げま
す。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
第65回研究会のご案内
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●日時 3月31日(土)13:00〜17:00 参加費 300円
●会場 法政大学市ヶ谷キャンパス80年館(案内図のC)7階、大会議室1
(市ヶ谷駅または飯田橋駅からボアソナードタワーをめざして徒歩10分。
 図書館と同じ建物ですが、図書館への階段を上らずに
 右手の入口から入り、エレベーターで7階までお越し下さい)
 http://www.hosei.ac.jp/gaiyo2/campusmap/ichigaya2.html
 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.44.42.8N35.41.33.1&ZM=11

●報告
第1報告
「中国における最低生活保障制度」
 報告者 朱ミン(中央大学)
 討論者 菊地英明(国立社会保障・人口問題研究所)

第2報告
「アメリカ合衆国の福祉政策における人種、ジェンダー、市民権
――ジョンソン政権下の「貧困との戦い」における住民参加をめぐる政治」
 報告者 土屋和代(日本学術振興会)
 討論者 圷洋一(日本女子大学)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
第64回研究会の報告
∞∞∞∞∞∞∞∞∞
◆第64回研究会が、2007年2月3日(土)午後、法政大学市ヶ谷キャンパス80年館
で開催されました。
●報告
★第1報告
「イギリスの人組織法改訂過程における一般大衆と専門家の関わり」
 報告者 佐藤雄一郎(横浜市立大学)
 討論者 金子雅彦(防衛医科大学校)

★第2報告
「覚醒剤政策と発話可能性」
 報告者 佐藤哲彦(熊本大学)
 討論者 的場智子(東洋大学)

◆参加者は18名でした。
[略]

◆報告概要は以下の通りです。
●(64-1)「イギリスの人組織法改訂過程における一般大衆と専門家の関わり」
報告者:佐藤雄一郎(横浜市立大学)
 本報告では、近時英国で制定されたHunan Tissue Act 2004の制定過程におい
て、一般大衆(とりわけ親たち)と専門家がそれぞれに果たした役割について検
討した。まず、この法律の影響の大きさを見るため、この法律の適用範囲(人細
胞を含む物質すべて)および法原理の全面的転換(オプトアウトから本人の同意
へ)を見た後、この法律ができることになった二つのスキャンダルの後に親の会
が発足したこと、また、このスキャンダルに関する政府(Chief Medical
Officer, Retained Organs Commission, Department of Health)の調査および
報告書において親の会および専門家集団が意見を聴かれたことを紹介した。さら
に、法案が議会に提案された後も、公開討論会や、貴族院議員の質問という形で、
専門家集団の意見が政府に寄せられ、一部は取り入れられたことを確認した。
 質疑応答においては、この法律における同意とアメリカ流の自己決定との関係、
人組織の法的性質、とりわけ売買が認められるか、この法律についてどのように
理解すべきか、などの質問が寄せられた。

●(64-2)「覚醒剤政策と発話可能性」
報告者:佐藤哲彦(熊本大学)
この報告では、覚醒剤についてのこんにちのわれわれの理解がどのようなもの
なのかということを出発点に、それとは対立あるいは矛盾する語りの存在をと
おして、その対立や矛盾が意味しているものは何かということについて論じま
した。最初に覚醒剤として与えられている薬物の説明をしたのち、覚醒剤の薬
理効果についての認識が残された統計や記述等からも時代によってかわってい
ること、だとしたら覚醒剤についてはこんにちのわれわれが考える以上の発話
可能性があるはずですが、しかしそれはどうしてすでに限定されてしまってい
るのかについて、多少の歴史的状況を論じることにより示しました。そこでは
中毒という概念設定がそれを可能にしたという論点が提出され、今度はそのよ
うな視角が覚醒剤使用者自身によって使用可能となっているということを示し
ました。そして、このような状況化にあるこんにちのわれわれは、したがって、
ほかの発話可能性があるということを忘却し、その忘却したということさえも
忘却することによって、覚醒剤の歴史がとりもなおさず覚醒剤問題の歴史とし
てのみ語っているということを最後に論じました。報告後、フロアからはドラ
ッグ研究の文脈からのこの報告の意義や、政策的インプリケーションなどにつ
いて、コメントや質問をいただきました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
外部研究会・プロジェクトなどのお知らせ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今回は、特にありません。

◇外部研究会・シンポジウムなどの情報掲載を希望される方は原則として1か月
前までに事務局にお申し出ください。なお、ニューズレターの発行時期の関係で
ご希望にそえない場合もありますので、あらかじめご了解ください。なお、SPSN
ホームページの掲示板も研究会情報などの掲載が可能ですので、そちらもご利用
ください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
SPSN関係者の著書・論文
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 今回は、特にありません。

◇この欄には、著書のほか、雑誌論文、修士論文、博士論文等についても、掲載
します。著書、報告書、論文等を刊行・発表された方は、ぜひ事務局までご一報
ください。また、SPSNホームページもご活用ください。

Social Policy Studies Network
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  SPSN事務局
  EMAIL spsn2006@yahoo.co.jp
  URL  http://spsn.hp.infoseek.co.jp/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


 
 
>TOP

◆◆2007/03/01 20:55
  [ml-prosemip 3576] 3月25日 於:東京

以下、まわってきたメールの一部。というわけで私は25日東京。

どういう趣旨の研究会なのか
中身はまたお知らせします。非公開(ゆえに場所[略])
ですが、こないだも上野さんが東大の院生連れてきてましたし
数人の参加は可能です。

立岩

――以下――

次世代福祉戦略研究会メンバーの皆様

平素より大変お世話になっております。

今後の連絡・意見交換のために
事務局でメーリングリストを作成・メンバー登録致しましたので
ご連絡させていただいております。

■登録メンバー(敬称略)
 池田 徹 (生活クラブ生協)
 春日 キスヨ (松山大学大学院社会学研究科)
 立岩 真也 (立命館大学大学院先端総合学術研究科)
 広井 良典 (千葉大学法経学部)
 大沢 真理 (東京大学社会科学研究所比較現代社会大部門:社会保障分野)
 川本 隆史 (東京大学大学院教育学研究科)
 笹谷 春美  (北海道教育大学社会科教育)
 上野 千鶴子 (東京大学大学院人文社会系研究科)
 白石 正明  (医学書院)
 中西 正司  (JIL)
 西尾 直子 (JIL 事務局)
 成冨 史 (JIL 事務局)

■次回研究会
 日時:2007年3月25日(日)10:00-17:00

[略]

>池田様、立岩様、笹谷様、春日様

次回発表をご担当いただいておりますが、

[略]

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/02 08:28
  [ml-prosemip 3581] よろしく:公募研究会企画開催報告書等の提出依頼

則包さんからメールいっていると思いますが
メール受けとっていて、かつ、提出していない人は
よろしく。この書類は中身より出すことがだいじです。
よろしく。



あと、謝金関係の書類、5日に学校に来て出せるという
人よろしく。その日学校に行くつもり。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/02 08:39
  [ml-prosemip 3582] 社会福祉学会大会

> 以下、2007年度学会関連情報を掲載。
> http://www.josukeamada.com/og/conf07.htm

感謝。(幾度かこのML等で言ったことあると思うけど
院生のみなさんにこの種のファイル作ってほしいです。
加入会員入れると便利。)

その中にある社会福祉学会は大阪市立大学と
わりとちかま。私は義理?で2年ぐらい入っていたことありますが
いまは非会員。報告のレベルは全般に…なので
恐れることはなし。
私、シンポジウムに呼ばれて、返事はまだしてないですが
たぶん出ます。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/02 09:25
  [ml-prosemip 3583] 助手書類

今年度をもって消滅する助手
2006年度の報告書をいま助手の人たちは
求められており、関連のメールをもらっています。
その人たちは、自分で書くべきことを書いて
事務に出してください。それを事務からもらって
私が「所見」を書いて終わらせます。

この書類も、(「中身」というより)「出すこと」に
第一義的な意味のある書類ですので、よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/02 17:19
  [ml-prosemip 3587] 書類届いてない人いるようです(Re: [ml-prosemip 3583] 助手書類

能勢さんから書類届いてないとの連絡あり。
どなたか、問い合わせ先?とか教えてあげてください。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/02 22:04
  [ml-prosemip 3589] 合格発表・ML登録

今日、2月入試合格者発表ありました。
また詳細はお知らせしますが
秋の入試合格者含め、全部で26
うち公共15、だと思います。たぶん。
合格者の方、おめでとう?
というべきかどうかわかりませんが、とりあえず
おめでとうこざいます。

で、この(「公共」領域の)MLへの加入手続き、
管理者の青木さん(院生)にしてもらいました。
では、だんだんと自己紹介などお願いいたします。

このMLに私が出したメールのバックナンバーは
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
からご覧ください。

なお私、あした埼玉県さいたま市で
一仕事して、遅くに戻ってくるはずです。
では。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/03 08:59
  [ml-prosemip 3595] 本リスト・他

http://www.arsvi.com/a/index.htm
(これについてはまた説明します→新入生のみなさん。)…この行は公共ML用

http://www.arsvi.com/0b/b.htm

http://www.arsvi.com/0b/b1990.htm
増補。1996年まで。生田さん感謝。




http://www.arsvi.com/ts/0.htm
のかきものすこし増えてます。上記の「拠点」と関係なくはない文章として
http://www.arsvi.com/ts2000/2007004.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2007053.htm
下のはなんだかわからんと思いますが栗原彬先生の退職
にあわせ出される文集(当初は立教の研究室の自家製作版のつもり
だったのですが、話変わって世織書房から出版されるようです)
に載る文章として書いたもの。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/03 09:09
  [ml-prosemip 3596] 自己紹介感謝+

新入生2+1の自己紹介感謝。
他のみなさんもよろしく。
遠くの人やらいろいろありますので、情報の交換は
おおくこのMLで行われますのでおおいに
利用・活用してください。

あと前便に記したデータベース・リストの作成は
院生に謝金を出してやっていただいています。
こうした活動への参画もよろしく。

それから
http://www.arsvi.com/ml/2006p2.htm#1719
といった事業?も行っておりますので
ごいりようの方はとりあえず立岩まで連絡ください。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/04 20:58
  [ml-prosemip 3601] お伺い:テープ起こしの相場・他

テープ(ではなくてMDだったりしますが)に録音したものの
文字化のバイトへの支払いをどうしよかと考えているのですが
相場というのはどんなものなのでしょう?
ご存知の方お教えください。



森さん情報どうも。載せておきます。*

 *このMLは、在学者と教員のMLですが、
  合格したけれども入学しなかったという人等もすこし
  入っておられます。また説明します。

cf.
http://www.arsvi.com/0p/c.htm
http://www.arsvi.com/0d/uf.htm
(更新・増補してません。)



明日(5日)学校に行きます。山口さん、吉野さんと書類関連。
あと、田中(慶)さんとか伊藤さんとかいかが?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/05 08:40
  [ml-prosemip 3603] 助手書類の件・続

問い合わせをいただいきましたので。

助手は、3年次以降について今年度まであった
立命館の制度で、
本研究科では2004〜2006年度について、
再任を「妨げる」、つまり1年限りという基本方針で、
毎年幾人かの人にこの職?についてもらいました。
そして本研究科の方針としては、基本的に研究に
専念してもらう、ということでありました。その2006
年度についての報告を幾人かの人が求められている
というわけです。

ただ既に支払いはなされており、終わろうとしている
制度であることをふまえ、
また上述のごとく研究専念が基本ということでありましたから、
まああっさりと、自らの研究について書いていただければ
よいだろうと。また教員所見欄もありますが、それは
こっちでやはりあっさりと書きますので、まずは事務の方に
書類を出してもらう、それを私がまとめて受け取り、
その欄はさっと書いて終わらせます。
(書類には、わりあいあっさりでよいものと、
それなりに考え書き込むべきものと、あるということです。)
そういうことでよろしく。

なお、
この(なにがしかの給付が助手に任命された人は受けられた)制度の消失
と同時に、後期(3年次以降)過程の学費を半額に、という制度の変更が
なされたわけで、(本研究科の場合には原則1年限りという使い方を
することで多くの人が給付を受けられるようにという工夫はしてきたものの)
まあ後者の方がよいのではないかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/05 08:48
  [ml-prosemip 3604] 再送:助手書類の件・続

私のところに届いたメール文字化けしてたので、
以下、再送してみます。

――以下――

問い合わせをいただいきましたので。

助手は、3年次以降について今年度まであった
立命館の制度で、
本研究科では2004〜2006年度について、
再任を「妨げる」、つまり1年限りという基本方針で、
毎年幾人かの人にこの職?についてもらいました。
そして本研究科の方針としては、基本的に研究に
専念してもらう、ということでありました。その2006
年度についての報告を幾人かの人が求められている
というわけです。

ただ既に支払いはなされており、終わろうとしている
制度であることをふまえ、
また上述のごとく研究専念が基本ということでありましたから、
まああっさりと、自らの研究について書いていただければ
よいだろうと。また教員所見欄もありますが、それは
こっちでやはりあっさりと書きますので、まずは事務の方に
書類を出してもらう、それを私がまとめて受け取り、
その欄はさっと書いて終わらせます。
(書類には、わりあいあっさりでよいものと、
それなりに考え書き込むべきものと、あるということです。)
そういうことでよろしく。

なお、
この(なにがしかの給付が助手に任命された人は受けられた)制度の消失
と同時に、後期(3年次以降)過程の学費を半額に、という制度の変更が
なされたわけで、(本研究科の場合には原則1年限りという使い方を
することで多くの人が給付を受けられるようにという工夫はしてきたものの)
まあ後者の方がよいのではないかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/05 08:53
  [ml-prosemip 3605] 本日(立岩)

原チャリ通勤の私でありますので、雨が一段落してから
ということは午後になってから出ることになろうかと。
しかし、早く出ることは可能ではあるので、必要なら
連絡ください。

(そういうことで→田中(慶)さん

&整理していただいた機関紙の類、追加すこし
あと、それにニ穴パンチでファイリングするための
穴をあけるという仕事を、早く着いたら、やって
いただけると。→山口さん)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/05 09:27
  [ml-prosemip 3606] 本リスト・他

http://www.arsvi.com/a/index.htm
 ↓
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
 ↓
http://www.arsvi.com/0b/b1990.htm
増補。1998年まで。生田さん他感謝。
(まだ作業始めてないのでしたら、いまアップされている
ファイルをダウンロードして上書きしてください。
ほんのすこしですが手を入れましたので。)

>山名正太郎の『安楽死』
他数冊注文しました。また連絡します→生田さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/05 10:28
  [ml-prosemip 3607] これから出ます(立岩)・他

雨もあがったようですのでこれから出ます。
だいたい研究室にいます。

大谷(い)さん、情報提供感謝

森さん、お花見情報載せておきました。
http://www.arsvi.com/#s



自己紹介・挨拶、よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/06 08:28
  [ml-prosemip 3616] 大阪社会運動協会ブログ

ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)
2007-03-06発行   ‡No.272‡
http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/ARG/

より以下引用。中身は見ていない立岩でした。

――以下――

◆大阪社会運動協会、大阪府労働情報総合プラザ・大阪社会運動資料センター
 のブログを公開

大阪社会運動協会が同会が運営する専門図書館である大阪府労働情報総合プラ
ザと大阪社会運動資料センターのブログを公開した(2007-02-02)。専門図書
館のブログとしては初めての例かもしれない。

・大阪府労働情報総合プラザ・大阪社会運動資料センター
http://shaunkyo.exblog.jp/
・大阪府労働情報総合プラザ
http://www2.ocn.ne.jp/~shaunkyo/plaza.htm
・大阪社会運動資料センター
http://www2.ocn.ne.jp/~shaunkyo/

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/06 10:31
  [ml-prosemip 3617] 伊藤/大谷(通)/藤谷/藤原・他

昨日(5日・月曜)は田中(慶)/山口/吉野、他2名と
書類関係かたがた、すこし話。

件名に列記した人々(でなくてもよいですが)、
8日(金曜)研究室に、来れたら、来てください。
いつものパターンだと
午後2時過ぎてから混み合います。早目歓迎です。

謝金の関係の書類のこととこみで
来年度についての話をごくごくざっと。
自分の口座関連の情報と印鑑が必要。

可否について立岩宛メールください。



新田さん、やっていただいた仕事についての謝金書類提出
よろしくお願いいたします。



的場さん、17日研究会についての告知よろしく。



自己紹介感謝。他のみなさんどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/06 10:36
  [ml-prosemip 3618] 訂正+酒井・廣瀬対談

> 8日(金曜)
は8日(木曜)の間違いでした。すみません。

ついでに、というのも失礼ですが、以下いま入った情報。

酒井さんは、ここ(「公共」)のプロジェクト予備演習を担当していくださっている
教員の一人です。

立岩

――以下――

お世話になっております。
BCCにて失礼いたします。
4月14日に下記のイベントを開催いたしますので、ご案内させていただきます。
転送歓迎です。よろしくお願いいたします。

人文書院編集部 松岡隆浩
〒612-8447京都市伏見区竹田西内畑町9
tel.075-603-1344 fax.075-603-1882
http://www.jimbunshoin.co.jp/




トークセッション
闘争の最小回路――運動・メディア・共同体

酒井隆史×廣瀬純

[司会]櫻田和也(remo)

ひとりひとりの内にある「政治」を可能にするパワー、
行為と力のクリスタル=闘争の最小回路を刺激するメディアとは何か、
そして、共同体と政治・運動の関係とは?
ラテンアメリカ社会運動の最前線から考える、
気鋭の論客による注目の初対談!

日時
2007年4月14日(土曜日)午後6時30分〜(開場:午後6時)
入場無料、予約不要

場所
新今宮・フェスティバルゲート4階 remo
(最寄駅)JR環状線「新今宮」下車すぐ、
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前」5番出口直結、
南海本線・高野線「新今宮」徒歩5分、市バス「地下鉄動物園前」
(地図)http://www.remo.or.jp/j/contents/map.html

パネラー紹介
酒井隆史(さかい・たかし)/1965年生。大阪府立大学人間社会学部助教授。
著書に、『暴力の哲学』(河出書房新社、2004)、『自由論』(青土社、2001)。
訳書に、サラ・ミルズ『ミシェル・フーコー』(青土社、2006)など。
『vol』(以文社)編集委員。

廣瀬純(ひろせ・じゅん)/1971年生。龍谷大学経営学部専任講師。
著書に、『闘争の最小回路――南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(人文書院、2006)、

『美味しい料理の哲学』(河出書房新社、2005)。
訳書にパオロ・ヴィルノ『マルチチュードの文法』(月曜社、2004)など。

主催
人文書院 〒612-8447京都市伏見区竹田西内畑町9 tel.075-603-1344

共催
remo[NPO法人 記録と表現とメディアのための組織] http://www.remo.or.jp/

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/07 08:23
  [ml-prosemip 3626] 本リスト・他

http://www.arsvi.com/a/index.htm
 ↓
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
 ↓
http://www.arsvi.com/0b/b2000.htm
他増補。2000年まで。計2244点。生田さん他感謝。
 (まだ作業始めてないのでしたら、いまアップされている
ファイルをダウンロードして上書きしてください。
ほんのすこしですが手を入れましたので。)

>>山名正太郎の『安楽死』
(1951) (文庫本で77頁という薄い本でした)
他入荷。こんどもっていきます。



本は、学而館(がくじかん)1階の院生室にあります。
ただ書架がいっぱいになりつつありおき場所を現在検討中です。



リストに付加情報が加わると役立ち度が高まるわけで
http://www.arsvi.com/0b/b2000.htm
あたりになるとすこしずつ増えていきますが
本の題名(等)をクリックすると紹介やら書評やらが読めるように
していく、その部分を、謝金を払って院生にやって
もらおうとしています。ごく簡単なものの場合は
アマゾン(等)にいって著者紹介、紹介、目次などを
そのまま貼ってしまう。これだけでも、後で
情報を増やす「もと」にはなりますから意味はあります。
長いものは長くても。

買って読んでほしい本は、買って読んでもらえるような紹介を
買って(借りて)読まなくてよい本は、紹介だけ読めば
買わなくて(借りなく)すむような紹介を、というのがよいかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/07 08:32
  [ml-prosemip 3627] (社会人)院生の本

Subject: [ml-prosemip 3624] HP更新のお知らせ
> ◆岡部耕典,20060605,『障害者自立支援法とケアの自律――パーソナルアシス
> タンスとダイレクトペイメント』明石書店.
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0606ok.htm

小林さんどうも。
http://www.arsvi.com/b2000/0606ok.htm
にもあり。(こういうジャンルは、http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/でも
よいのですが、おおむね基本的にhttp://www.arsvi.com
の方でいこうかと。)



で、ここでは、本の話というより、院生、社会人院生の(博士)論文が
本になって出るということ、があること。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006009.htm

もっとじっくり構えて出した方が、ということもあるかとは思いますが
そんなこといってるといつまでも出ないということもありますし
まあ考えどころかなと。



既に入学している院生には幾度も言ってきたことですが、
私(立岩)にとっては、このMLに配信するメールは、
私が提供する教育サービスの「本体」でありますから、
この大学院でなにか(払いに見合っただけ、であるかどうかは
ともかく)受け取ろうとする人は、
リンクされているファイルを含め、よく読んでいただけるとよいです。



山本さんも情報提供どうも。もし春日さんに会ったら
こないだは本をありがとうございましたとお伝えください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/07 08:56
  [ml-prosemip 3628] 院生ページについて(Re: [ml-prosemip 3623] HP更新のお知らせ)

Subject: [ml-prosemip 3623] HP更新のお知らせ
> 小林@HP運営委員です。
> あといつぞやメールしましたが、そろそろ公共の院生の各
> 個人ページの作成に取り掛かります。
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm

よろしくお願いします。

1)たとえば職場との関係で掲載してほしくない場合はあろうかと
思います。その場合は小林さんに申し出てください。それ以外は
全員分を作ります。

2)名前は自分で決めていただいてもかまいませんが、その場合には
この業界ではこの名前で通すというつもりの名前にしてください。

3)「彙報」(本研究科教員・院生・…の業績・活動実績年次報告書のようなものです)

に掲載されている情報は全部掲載します。

4)入学年次(3年次入学はその旨も)は掲載してください。他の
業績以外の情報については、本人に委ねます。情報は、ほとんどの場合、
多目がよいです。

5)論文掲載、学会報告については、そのつどこのMLに報告してください。
それを担当者は随時、掲載すべきページに掲載していきます。

こうしたページを作ることの意義については、だいたいおわかりかと
思いますが、またメールするかもしれません。
ただとにかくこういう情報が(すぐに)みつからないために
たとえば数年分の収入を「ふい」にするということがないではありません。
(つい最近もそれに近いことがありました。)
よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/07 21:29
  [ml-prosemip 3632] 掲載(Re: [ml-prosemip 3613] 3 月 5 日『京都新聞』朝刊 27 面)

村上(潔)さんどうも。
岡本記者が書いた記事。
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
に掲載。

この種の暗い話に関心がある人は
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
にどうぞ。私に連絡くだされば登録してもらいます。
MLに流れる様々なメールについての判断は
各自においてどうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/08 08:14
  [ml-prosemip 3635] 『立命館人間科学研究』

『立命館人間科学研究』
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hs/ningen/pub_ningen.htm
投稿・執筆案内
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hs/kanko/kiyoyoko/toukoutosippituannnai.pdf
執筆要項
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hs/ningen/ningen_12/12_087-088.pdf

坂下・天田情報による。感謝。
(以前より紙媒体での投稿案内はもらっていて、お知らせせねばと思っていたのですが…。)


つまり論文投稿できるということです。
投稿を検討してみたい人は検討してみてください。

博士論文のための3本という条件の論文にカウントされるのでは、と思います。
(確認はしていませんが。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/08 08:20
  [ml-prosemip 3636] 本日(立岩)

本日・8日・木曜、11時より大谷(通)。
その他、事務処理中心に、小林、村上(潔)。

2月分の謝金書類提出が科研費については今日まで
なので関係者はよろしく。



昨日、70通メール出送信。あいかわらず愛想のない
返信メールが着いた人がいると思います。
いちおうひととおりは、返信をすませたつもりですが
手違いなどあるかもしれませんので、そういう人は
連絡ください。



みなさん自己紹介ありがとうごさいます。まだの人よろしく。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/08 21:22
  [ml-prosemip 3641] 年表

問い合わせをいただきましたので
年表の作成について、以前出したメール。
http://www.arsvi.com/ml/2004p.htm#0194

あと
http://www.arsvi.com/a/a.htm
からもいくつか。

ともかく表とかにせず、簡単な形式の方がよいだろうと
私は思います。

みなさまよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/08 21:45
  [ml-prosemip 3642] 『社会』読書ノート

塩川先生(昨年、ジュンク堂で、稲場・私と鼎談というので初めてお会いしました)
より、
市野川『社会』読書ノート
html版 http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/ichinokawa.htm
pdf版 http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/ichinokawa-p.pdf
を書いたというお知らせをさきほどいただきましたので。

http://www.arsvi.com/1c.htm
にものちほど掲載(リンク)します。

「全文掲載」(あるいはリンク)常に募集中。歓迎。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/08 21:54
  [ml-prosemip 3643] 誤字(Re: [ml-prosemip 3642] 『社会』読書ノート)・他

前便に間違い。
> 稲場
→稲葉です。
http://www.arsvi.com/0w/inbsnicr.htm
失礼しました。

ついでに
http://www.arsvi.com/0w/icnkwyst.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/03/09 07:50
  [ml-prosemip 3644] 昨日→共同研究・共同報告

昨日は大谷(通)、高田、藤原、的場、生田、小林あたりと
すこしあるいはすこしより多く、話をしました。

どうしてもとは言いませんが、共同報告
共著論文、
・芸域を広げることも多くの場合に有意義ですし、
・数で勘定される部分も否めませんし、
・またアイディアはあるが時間はないとか時間はあるが金はないとかいろいな人の
 でこぼこをならすというか、むしろ利用するという意味でも意義がある
と思いますので、様々にご検討よろしく。
そのさい、まあまあなかよくやってください。

3月末から、4月以降の体制について考え中。かたまりつつあるので
またお知らせします。

では。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/09 07:56
  [ml-prosemip 3645] 天田さん引越し

天田さん創思館から修学館に今日(あたり)から
引越しとのこと。(尽心館の渡辺研究室にも
荷物あり。)
本来スタッフが提供すべきサービスより
多くを受け取ってきたと感じており、かつ
身体と時間があいてる人、
手伝ってあげるとよいのでは、
天田さんに直接連絡とってください。
と、
天田さん肉体系なんで
ほっとくと一人でやってしまいそうなので、
私が本人の了承をえないで、勝手に、言ってときます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/10 18:24
  [ml-prosemip 3648] 支援法関連

http://www.arsvi.com/b2000/0606ok.htm
更新版、掲載。小林さんどうも。

この法律関係で
http://www.arsvi.com/0a/ws2007.htm#0114
(共同)報告
http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm
(共同で)続篇
なんかいかがでしょうといま幾人かの人に連絡したところ。

HPも私このごろまったくやってないので
http://www.arsvi.com/0ds/200601.htm
http://www.arsvi.com/0ds/200701.htm
その更新する人も募集中。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/12 19:29
  [ml-prosemip 3652] 中川米造・他(cefsと同文)

 *ml-cefsは本研究科全体の教員・院生のMLです。
  このMLについては、新入生のみなさんは4月の入学を
  待っての登録となるはずですので、
  こちらにも配信します。

大阪大学の池田光穂さんよりお知らせもらい
新田さん作成のファイル
http://www.arsvi.com/0w/nkgwynzu.htm
に池田さん作成へのファイルへのリンク。

http://www.arsvi.com/a/index.htm

http://www.arsvi.com/a/p.htm
増補
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
も、生田さん達により増補中。

ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/12 22:55
  [ml-prosemip 3656] 成果(cefsと同文)

生存学創成拠点成果
http://www.arsvi.com/a/p.htm
更新しました。

教員・院生のみなさん、書いたもの話したことについての情報
お寄せください。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2007/index.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/2007.htm
などといっしょに、二度手間にならないように
手分けしてやっていきます。

博士予備論文、博士論文、『Core Ethics』論文・研究ノートについては
これから載せます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/12 23:14
  [ml-prosemip 3657] 今週(立岩)他

13火曜、13時から教授会 (たぶん)その前に(すこし)生田
 その後、西浦、川口+安藤(一橋の院生)
 時間をとくに決めてないので、あまり時間がとれない
 場合があります。ご了承ください。

15木曜、16金曜。東京出張

17土曜、研究会(報告:的場、堀田、仲口)
その前に田島、後に小幡。

18日曜、予定通りなら東京。

こんなところです。



この夏(の前)の学会関連でいま夥しい数のあわただしいメールが
飛び交っています。
こういうことは早目早目が大切ですね。
と、人に言える私ではありませんが。



みなさん自己紹介ありがとうございます。
そしてよろしくお願いします。

私については
http://www.arsvi.com/ts/0.htm
をどうぞ。掲載し忘れている記事などがあります。すいません。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/13 11:44
  [ml-prosemip 3659] 本日(立岩)

登録・配架してもらう本を一山もって到着してます。
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
70時間まで使えますという
PHSを(なんで学内で使わんとならんのだろうと思いつつ)
使うようにしたので通信環境は若干よくなっています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 11:06
  [ml-prosemip 3664] リスト&星加本

学而館1階・院生室の本(ないものもありますが)
http://www.arsvi.com/0b/b2000.htm

生田さん他感謝。(すこし加えてあります。まにあう
なら現在掲載されているものに加えてくださ→生田さん他)

現在リストの最後の最後にある星加さんの本は
博士論文がもとになっていて
その博士論文の審査には私も加わりしました。
その審査のときも言いましたけど、うまくいっていないところが
あると私は考えていますが、力作ではあります。
&テキストデータを出版社(生活書院)に請求できる本です。
関心ある人はファイル作ってもらっても。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 11:28
  [ml-prosemip 3665] 良い死!研

http://www.arsvi.com/0p/et.htm
以下、一連のファイル群があり
http://www.arsvi.com/0p/et-2007.htm
すこし更新しました。

http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
という研究会??があります。
関心・関係のある人はMLに参加してください。
(私宛メールください。)
この研究科の院生の幾人かも入ってます。
得られるものは多くないかもしれませんが
(MLというものはたいがいそうです。)

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 19:48
  [ml-prosemip 3666] 音楽療法関連年表掲載

http://www.arsvi.com/s/m01.htm
坂下さん感謝。
(下の方はずっと以前に私がすこし載せたものです
いかようにも→坂下さん)

http://www.arsvi.com/1c.htm
http://www.arsvi.com/a/a.htm
http://www.arsvi.com/a/r.htm
からもリンク。
(こんなかんじでやっていきますので、
→これからHP担当してくださる(だろう)方)



いったんHPに掲載されたものについては
「表示」→「ソース」で表示されたものを全部コピーするか
「ファイル」→「名前を付けて保存」
→ファイル名は同じにする
そこに加筆
最低限、改行のところに<BR>いれればOKです。
それを(とりあえず私に)送ってください。



あと
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/sm01.htm
で発見したので
http://www.arsvi.com/a/p.htm
に坂下さんの学会報告予定掲載。

彙報掲載分は、それでわかるからよしとして
今後については、そのつど知らせてくださいませ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 20:29
  [ml-prosemip 3667] 『構築主義の社会学』

http://www.arsvi.com/b2000/0604th.htm
掲載。大谷(通)さん感謝。

編者の一人の平さんは、本研究科院生の豊田さんの
共同研究者でもあります。



それにともない、田中(慶)さん作成の
http://www.arsvi.com/0e/c05.htm
も更新。
「構築主義」については既に上記の本の共編者の一人である
中河さんの立派なのがあります(リンクされています)
となると、「差異化」する必要があります。
中河さんので十分なのであれば、こっちで作る必要はないことに
なります。二度手間ですから。
一つ一つの文献の紹介を作り、それにリンクさせるというのも
差異化の一つということになります。



ワードファイルでもらったのにこっちで
いくつか加えました。これからだんだん
掲載したようなかんじものを作ってみてください。

作り方は
http://www.arsvi.com/0x/b01.htm
をご覧ください。

今回は一点。発行年月日を現物でたしかめて
記載すること。とりあえずファイル名をつける場合に
必要ですが、それ以外の効用もあります。
あとアマゾンに記載されている発行年月は
しばしば間違っているので気をつけてください。



このファイルに加筆する場合は
前便でお知らせしたようにやってみてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/14 22:49
  [ml-prosemip 3668] 堀田→立岩・1

今日は、3種類の学会関係で40通ほどのメールが
飛び交う日でありました。さて、
昨夜、そういうもののうちの一つについての打ち合わせの後
堀田さん*(たち)と飲んでいて、堀田さんから質問あり
MLで、ということになまりました。以下は、堀田さんから
私への質問の要点

 *この4月からPDフェロー(ポスト・ドクトリアル・フェロー)
  というのになることになってます。この件についてはまた別便で。

――堀田→立岩――

私の違和感のあるポイント
は非常に単純で、
@ 保険の原理に基づく配分で排除され死ぬ人がいるとすれ
ば、それはあなたも「良くない」と思うでしょう? と、「他者の存
在の肯定」を(『私的』第四章の文体で)読者に求めつつ、
A しかし現実に他者の存在を肯定しない人がいるので、強制しな
ければならない、
という行論についてです。
Aで、「他者の存在を肯定しない人に強制する」政策に賛同する人
は、すでに@で「他者の存在を肯定」した人に絞られています。

しかし、@でたとえ「他者の存在の肯定」に同意したとしても
それは、「他者の存在を肯定しない人に強制する政策」に同意する
こととは異なります。そういう人とはできるだけ関わらないようにして、
こっちはこっちでやっていきましょう、とも言えます。

あるいは、@の段階で端的に、逆に、もし今あなたが「他者の存在を
肯定」しないという原理を採るならば、あなたと私の間では「社会」も成
立していないことになるのだから、ある意味「生存を賭けた闘争」になっ
ても致し方ない、あなたもそれを認めざるを得ないだろう、と下地さんの
ように(?)議論を構成したほうが、スッキリすると思います。
または、あなたも本当は他者の存在を肯定したいと思っているので
はないか? という「呼びかけ」に賭けるか。

私は、二者択一の前に人を立たせる(おそらく下地さんに近い)よ
うな議論構成を念頭に置きつつ、「呼びかけ」に賭ける議論(それがケ
アの倫理タイプの「お話」に堕ちる危険性に十分留意した上で)にする
しかないだろう、と思っています。
ですので、これはもちろん(私などが言うまでもなく)立岩さんの議
論の根本的な瑕疵ではなく、ただ、結構重要なところだと思うので、
そこを曖昧にしているところが私にとってはいつも気になっています。
mlで他の院生の方も含めて議論ができれば楽しいと思います。

――以上――

です。いつものように遅くなる、かと思いますがそのうち
なにか書きます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/15 00:38
  [ml-prosemip 3671] 『ことば/権力/差別』

http://www.arsvi.com/b2000/0612mh.htm

ましこさんから書評の依頼があり。
依頼がなければ、たぶんいただいたまま読まなかったと
思います。で、ざっと読みましたが、
なにか新しくを学んだことがあるようには思いませんでした。
ただ、素人ながら、前から気にはなってきたことではあり
ながめに書いてもよいようなので
おうけしようかと。メモ・草稿段階で、HPにアップするつもり。

cf.
http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
なかでは比較的「使える」ページではなかろうかと。
ご参考まで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/15 09:07
  [ml-prosemip 3672] 言語・情報関連

[ml-prosemip 3671] 『ことば/権力/差別』
に記したURLからたどっていったら以下のリンク集に着きました。

http://www.geocities.jp/hituzinosanpo/ironna_saito.html
青木さん、植村さんほか、役に立つところあるかも。



自己紹介よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/17 00:46
  [ml-prosemip 3683] 情報追加・他(cefsと同文)

http://www.arsvi.com/a/index.htm

http://www.arsvi.com/a/p.htm
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
増補。ご覧ください。また情報お寄せください。

なお上掲のページにもありますが
本日(17日)研究会とのことで私も出ます。
13時半からとのことです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/17 01:01
  [ml-prosemip 3684] 17日・25日

帰ってきました。行ったついでの学会情報等ありますが
それはまた別便で。

17日の研究会、その前に田島、後に小幡
とお知らせしてありますが
(&小幡さんからは文書で計画もらって、天田さんがコメント、
私がごく簡単にコメント)
(&田島さんについては野崎さんも助言してくれることになる
のではと)
+利光さんと、後ですこし。どたばたしそうですが
積み残しの部分は、あとでまたメールとか、他で。

あと、面談は、本人がいやだと言わない限り、公開です。

以前お知らせした
25日の東京での研究会は、基本的には本の執筆予定者の集まり
ということですが、こっちの院生(とその関係者?)けっこう
来るようなことになりつつあります。まあいいでしょ。
私は、新しいネタはなくて
http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm
を宣伝をかねて(もったいないですが、お代はいたかずに)配布し
そこにも収録されている
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004021.htm
という3年前に書いた原稿の線で話をしようかと思っています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 11:19
  [ml-prosemip 3690] Re: [ml-prosemip 3689] 講義時間割について

> 公共論史C

こまかにはまたお知らせしますが、今年度と同様
西川先生の授業とかわりばんこに
隔週2こま続きで行うことになります。西川先生の初回が
4月13日になると思います。

とりあえず。またお知らせします。すみません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 11:34
  [ml-prosemip 3691] 「とは何か」という問い・等

昨日の研究会、18名参加。ごくろうさんでした。
私、基本的には気が短いんだと思うんで、すいません。
(が発言撤回の気は毛頭ありません。)

さて、標記の件

http://www.arsvi.com/0w/ts01/1992a11.htm
の、わりと頭の方にある
「それ自体では何を問うのか明らかでない「近代家族とは何か」という問い」
あたりが関係することはしますが
けっこうわかりにくい文章かもしれず
かえって混乱させるかもしれませんが
基本的には簡単なことが書いてあるだけです。

で、この「論文」、『社会学評論』に載ったものですが
こんなへんな論文(いやまともな論文ですが)でも
掲載されるので、あの雑誌程度のものにあまりびびることはありません。
(ただ、査読者の一人の一回目のコメントについては
頭が沸騰する思いをしましたが…。)

他にも書いたものがみつかったらまたお知らせします。では。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 12:21
  [ml-prosemip 3692] 「ケア」のページ

http://www.arsvi.com/0e/c03.htm
私が授業で何かしゃべるとして、それはほとんど、
上記のファイルにあることと、
そこに掲載されている私の本や論文に既に書いたことの
一部です。ですから、それを読んでいただければ、
基本的には用はすむはずです。

上記のファイルをざっと見ていたら、
昨日、後半で話題になった論点の一つについて

「本書で考えようとすることの一つは、個別の関係に委ねるということ[…]と
一律に扱うということとの境界についてである。」

と書いてある箇所を見つけました。ここでの「本書」は
私の1冊目の単著です。



安部さん(昨日はひさしぶりに話ができてようございました)
ぼつぼつよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 12:51
  [ml-prosemip 3693] 訂正(+QOL他)

さきほどお知らせしたページ(他)にリンク関連のミスがあることに
気づき訂正しました。すいません。

ついでに、たとえばQOLについて
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1999008.htm
また、
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006075.htm

だいたい30分とかしゃべったものを
主催者の側が起こしてくれてそれを載せているのですが
そうした場での話は大学院で本来話す(べき)水準より
下げたところでしゃべっているわけで、
しゃべったものに基本的に手にいれずにそのまま
掲載しており、論理・表現の甘さなどもそのままに
なっていることをともかく?とすれば
わかりやすくはなっているはずなので、
興味のある方はどうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 15:38
  [ml-prosemip 3698] ICU

(大学の略称でなく)集中治療室(における看護師…)について
昨日、研究会に参加した小幡さん
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/om04.htm
が研究。

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004007.htm
に関係なくはない本を紹介してあって、そのことは
小幡さんはご存知なんですが、この短文の後ろの方に
「論文書くこと」について書いてある箇所がある
(ことを、いましている仕事の過程でこの短文を
読むことになって,思い出した)のでいちおうみなさんにも。

博士論文書くにあたり、文献を網羅することは必要なわけで
(というような話を昨日の面談で)
専門的な論文などは小幡さん自身が探すし探せるわけですが
別のジャンルのもので
急性期医療、集中治療室、…について
書いたものがあったら(部分的な言及も含む)このMLに
知らせてください。



青木さん、「生命」領域院生の登録終わってますか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 19:38
  [ml-prosemip 3701] ウォルツァー/ハードワーク

昨日の研究会で堀田さんが言及していた
『正義の領分』第6章「辛い仕事」については

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/walzer.htm

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8300wm.htm

cf.
立岩 20060901 「労働の義務について・再度――家族・性・市場 12」
『現代思想』34-10(2006-9):8-20
ハードワークについての言及はすこしですが、
「行為の義務」について昨日お話ししたことなどを書いています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/18 21:29
  [ml-prosemip 3705] Re: [ml-prosemip 3704] 生命領域の方加入

>> 青木さん、「生命」領域院生の登録終わってますか?
> 今登録完了しました。

青木さん、ありがとうございました。

3月7日に提案、8日以降、小泉図さんが生命MLに告知、
(大意:基本的に生命領域の教員・院生全員が公共MLにも加入
異議あれば申し出るべし)
で、17日に加入要請あり、本日、実現ということです。

生命領域のMLは残しつつ(授業関連情報などがここでという
ことになると思いますので、公共領域の院生も関係する人は
加入してください)、

★両方の領域(の院生)に関係する話題(がとにかくたいへん多いので、
それら)についてはこの公共MLにお願いします、という趣旨です。

よろしくお願いいたします。

・いらないという人もいるかもしれませんが、自動振り分け→削除とか
手があると思いますので、そういうふうにして対応してください。

・ただ、メールの数が多いのはたしかにわずらわしいところがあります。
できるだけ何が書いてあるかわかるように「件名」を記していただければと
思います。

あとわたし発のメールのバックナンバーは(本日分はまだですが)
http://www.arsvi.com/ml/2007p.htm
を(青木さんに掲載していただいています)
また天田さん発の今年度のは
http://www.josukeamada.com/ml-prosemip2006.htm
にあります。

                          立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 11:18
  [ml-prosemip 3710] 学会関連

いま、5月〜、あるいは9月あたりの学会(等)報告に向けて
いくつかの企画?進行中。
一人が一つというのだと単純なのですが、共同報告の
試みがいくつか。で、ML(もどき)がいくつもたちあがっていて
情報いりみだれているのですが

保健医療社会学会が5報告予定。うち3報告が各3人の共同報告
(これは的場さんがML作ってくれて進行中)。

社会福祉学会。これはついおとつい駆け込み(仮)入会を
4人*が果たしたと思いますがうまくいったんでしょうか。
*定藤さん(昨年も報告)・小林さん(手続き中)、以外に、
青木/野崎/堀田/北村。
4つぐらい報告?。
★まにあうようにことは進んでいるのか誰か知らせてください。

福祉社会学会。これは単独報告(青木)が1?

社会政策学会。小林だけ?

関西社会学会。だれかいる?

あとは9月、ALS・さくらモデル、ニューヨークおひろめ
川口、堀田、安藤(現・一橋院)
これは私もそえてもらうということで。これもMLあり。

まずは締切にまにあうようにということなんで
もちろん、私は、こまかに管理なんかできないし、しないので
みなさん、なかよく、よろしく。

★つきましても、情報の共有は大切。以下の件、情報提供よろしく。
17日も、その日に田島さんが社会福祉学会の会員であることが
判明して、書類がまにあった(かもしれない)といったことがあります。
入会にあたり会員の推薦人2人というのが相場で、
私もこのかん、幾つかその仲介のようなことをしましたが
HPで情報をみれた方がことが容易に運びます。

――以下――

Sent: Friday, March 16, 2007 6:27 PM
Subject: [ml-cefs 1888] HP更新(学会関連情報など)


> 小林@HP運営委員です。
>
> 作成依頼を受けて、院内限定HP
> http://coreethics.kir.jp/gsce/index.htm
> について、ページ冒頭にInformationの項目を設けて
> 以下更新しました。
>
> @学会関連情報のページ:作成
> A規定関係:事務室のページにリンク
>
> @に関しては、暫定版です。
> これから拡充していきますが、訂正などあればご連絡ください。
> 学会情報は先端内で広く共有されたほうが良い情報です。
> 院生各人のページ
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm
> (など)が基になっているので、こちらに加入学会/年の
> 掲載依頼など、ご協力ください。

――以上――

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 11:39
  [ml-prosemip 3711] 支援法関連

支援法cf.
http://www.arsvi.com/s/index.htm
(中身ない→学会報告かたがた、院生+が増補していくという手はずに…)

関連で
http://www.arsvi.com/0j/0000m.htm
が使えるところあるかも。いまは青木さんに掲載していただいています。
昨年秋の何か月分かが抜けてますが、それは
私がさぼったということです。探せばあると思います。

このネタでやる(らしい)社会福祉学会(あるいは福祉社会学会?)

・介護保険導入前後
・2003年の上限問題
 その後…

というふうに分けていくと、いくつもできてしまうし
またこまかにきちんと見ておくべきだとも思います。

「運動」側、中央官庁の役人…、聞き取りなどに応じてくれる人との仲介、可能です。


立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 12:21
  [ml-prosemip 3713] 老い研

17日、幾人かと話をし、

田島さんが研究助成金ももらって
認知症高齢者のリハビリテーション?
(について言われてきたこと)の研究をする

坂下さんは音楽療法のことで博士論文書くが
その対象はおおく高齢者

中国からいらした陳娜さんは中国の高齢者福祉
のことを研究する(のと同時に、日本の高齢者福祉の
ことを基礎から勉強する必要ある)

仲口さんも「いいです」、と海風でおっしゃったように
私は記憶している

泰斗、天田先生がいる。

というようなことで、上記のあるいは別の誰かが
世話人になって、天田先生顧問、私は傍観者(かつ
ときどきネタもらって得をする)ということで、
おもにメールでのやりとり →から、なにかを生産する
という方向でよろしく。

私のとこにあるページは
http://www.arsvi.com/0fm/a01.htm
ないようなものなんで、そこはいかようにも拡張していただければと。
そのあたりから始めることになろうかと。

なにをやるにしても、「トレンド」というのはいちおう
押さえる必要があるわけで、その意味で
文献(というかそこらの本)を集めて並べてという仕事は
いちおうやっておいてよいだろうと。

その作業と、生田さんたちにやっていただいている作業が
二度手間にならないように、うまく調整していく必要があります。
考えてみます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 14:24
  [ml-prosemip 3716] 25日東京

以前お知らせした研究会、以下のようです。
私は24日に移動の予定。

掲載の際は、「以下」以下を削除してください→青木さん

立岩

――以下――

[略]


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 15:23
  [ml-prosemip 3717] 透析・人工身体

1990年頃、看護学校でバイト(「社会学」の非常勤講師)
する際に作ったファイル
http://www.arsvi.com/m/a02.htm
15年以上放置してあり、その中に数行あった透析の部分
これじゃ使えないので、
http://www.arsvi.com
を検索して(自分でもほとんど忘れている)
あった情報だけ使って、とりあえず
http://www.arsvi.com/m/a03.htm
作成。

有吉さんあとはよろしく(というか、そのうち近況でも知らせてください)。

その他、植村、北村、…で人工身体研究所とかサイボーグなんとか
とかもあり、かもしれません。

http://www.arsvi.com/m/a02.htm
立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 15:30
  [ml-prosemip 3719] 透析・人工身体 続

途中で送信してしまいました。すいません。

植村さん作成の
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/c01001.htm
ですが、

http://www.arsvi.com/m/a02.htm
の文献表とくっつけて、発行年月日順にして
(今の植村さんのは発行年月日逆順ということですね)
それを
http://www.arsvi.com/m/a02.htm
とし、大きくなったら文献表を独立させる
というのがよいかもしれません。

また生田さんたち作成の
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
をチェックしてデータもってくるということもしてよいでしょう。
ただ
http://www.arsvi.com/0b/b.htm
(からリンクさせるファイルたち)の方は、いま
アマゾンへのリンクはりとかしてもらってるところですので
すこし後で、の方がよいかもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/19 15:47
  [ml-prosemip 3720] 1990年代

今日出したメール(いつもこんなに多いわけではないので
ご安心ください)のいくつかにも関連して
http://www.arsvi.com/0p/et-1990d.htm
をすこしだけ更新。こんなかんじで、言葉を
集めてみると、わりとすぐになにか書けてしまう
と思います。(そもそも原稿書くために作っているファイルです。)
上記のファイルが約4万バイト。20000字、400字詰50枚。
これを「もとで」にして増やすなら増やす。そしてそこにどんな
筋をつけていくかを考える(下記の原稿参照)。

安直は安直ですが、だからといって
やってわるいということではないでしょう。
また、必要なことではあると思います。

もちろん上記のものは特定の観点?からの引用集
なのですが(でしかないのですが)
それはそれでかまわないと思います。
他の人が別の部分を紹介してくれてもよいわけだし、
いろいろ。ただ私は、時間の関係上、本をまんべんなく
紹介するといったファイルをいまは作れないので。
そんなときにはアマゾン(等)から目次をコピペして
はっとくと全体の構成がわかってよいだろうと。

cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006057.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2007028.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 00:28
  [ml-prosemip 3729] ファイル更新・他

http://www.arsvi.com/0fm/a01.htm
(私の)仕事のついでにすこし(だけ)増補。
(+他に放置されていたものをつなげたり)。

研究会?さっそく立ち上がったようです。
素早いことでございます。



杉原さんファイル送付、感謝。

利光さん第一弾お待ちしてます。



ところでDPIの世界大会、今年は韓国だそうですが
鄭さん(4月入学予定)
このMLのメール届いてますか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 08:34
  [ml-prosemip 3732] 3/21フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について

以下案内あったので。色平さんはすこし知ってる方ですが
この主題についてどの程度詳しいのかは…。

この主題で、報告・論文などいかがでしょう。以前永田さんに
報道集めておけば、そのうちきっと使えるはず、とお話した
ことがありますが。立岩

――以下――
 
直前の案内ですが、フィリピン・日本医療問題関係の映像上映もあります。

       関西フィリピン人権情報アクションセンター  

////////////////////////////////////////////

フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について
 −3・21色平哲郎さん講演会@大阪−

////////////////////////////////////////////

<詳細情報掲載サイト>
 http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/50/index.html#20070321

2007年3月21日(水・祝)
午後2時〜5時(午後1時30分開場)
場所 大阪聖パウロ教会 1F会議室
     案内:http://www.nskk.org/osaka/church/paul/Japanese.htm
     阪急「梅田」駅茶屋町改札口より 徒歩約5分
     大阪市北区茶屋町2−30
     TEL:06−6376−0661
内容 ビデオ上映&講演 「フィリピン人看護師受入問題と日比医療事情について」

     講師:色平 哲郎 さん(長野県南佐久郡南相木村診療所長)
     司会:藤本 伸樹 さん(アジア太平洋人権情報センター)
    アピール 「移住労働者問題から見たフィリピン人看護師受入問題」
     早崎 直美 さん(RINK/すべての外国人労働者とその家族の人権を守
る関西ネットワーク)
料金 500円
*事前申し込みは必要ありませんが、会場準備のため事前に申し込みしていただけま
すと助かります

問合 関西フィリピン人権情報アクションセンター (担当:藤原)
     Eメール:fujiwara_toshihide@yahoo.co.jp
     ホームページ:
http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/50/index.html
     TEL:0774−48−1100
     FAX:0774−44−3102
主催 関西フィリピン人権情報アクションセンター
     ホームページ:
http://www.geocities.jp/fujiwara_toshihide/50/index.html
    フィリピンのこどもたちの未来のための運動(CFFC)
     ホームページ:http://www.mediawars.ne.jp/~ji3nip/cffc/
    市民社会フォーラム
     ホームページ:http://homepage3.nifty.com/civilsocietyforum/
    へいこうせん(平和と公正の選択を求めるネットワーク)
     ホームページ:http://heikosen.blog86.fc2.com/
    RINK(すべての外国人労働者とその家族の人権を守る関西ネットワーク)

     ホームページ:http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Euro/2100/


現在、医療をめぐってさまざまな問題が起きています。
その一つに日比EPA(経済連携協定)による
フィリピンからの看護師受入問題があります。
フィリピン現地では看護師や医師の国外大量流出により
病院閉鎖が頻発し医療体制の危機が危惧されていますが、
一方で日本でも地方での看護師・医師不足による
病院の経営危機がマスコミを騒がせています。
日本の深刻な看護師不足をフィリピンからの
看護師受入で「解決」しようという現在の方針は
日本・フィリピン双方の市民にとって
本当に問題の解決となるのでしょうか?

一方で、フィリピン政府は外国人に対する
臓器(腎臓)売買を公認する方針を打ち出し、
日本からの「臓器買いの殺到」が
マスコミ等で懸念されています。
お金の力で貧しいフィリピンの人たちから
腎臓を買い取ろうというのです。
日本でも貧困ゆえに健康保険証を取り上げられて
病院に行けず手遅れで死亡する患者が
2桁にも及びつつありますが、
こうした「健康(命)格差社会」化が
国内でも、グローバル規模でも急速に拡大しています。

今回、フィリピン現地を何回も訪れ現地医療事情にも詳しく
また日本国内で辺地医療を実践され
『命に値段がつく日 所得格差医療』の著者でもある
内科医・色平哲郎さんをお招きしてから、
日比両国で現在進みつつある医療危機(健康格差社会化)の実態と
その背景にあるグローバリゼーションの矛盾について語っていただきます。


<色平 哲郎 さん プロフィール>
 内科医、1960年神奈川県横浜市生まれ。京都大学医学部卒業。
 98年より長野県南佐久郡南相木(みなみあいき)村診療所長。
 外国人HIV感染者・発症者への「医職住」の生活支援、帰国支援を行うNPO
 「アイザック」の事務局長としても活動を続ける。こうした活動により95年、タ
イ政府より表彰を受ける。
 著作は『大往生の条件』(角川新書 03年1月)、
 『命に値段がつく日 所得格差医療』(中公新書ラクレ 山岡淳一郎氏と共著 
05年6月)など
 (詳しくは) 
 http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/01IroCover.htm
 *フィリピンと日本
 http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/b47Phil_Japan.htm
 *フィリピン:医療を死守、最貧の島 隣島卒業生が活躍−−中部サマール
  「毎日新聞」06年11月16日
  http://www.hinocatv.ne.jp/~micc/Iro/b45PhilDoc1.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 14:57
  [ml-prosemip 3735] ケア(安部作)

http://www.arsvi.com/0e/c03.htm

以前からあったのに、安部さんがさっき送ってきてくれた
ワードのファイルのデータを加えてとりあえず。
安部さん感謝。みなさん御参考まで。

25日の研究会のメンバーにも知らせておきます。

以後、このファイルをダウンロードするなりして
それに加えていただければと思います。
やり方は知ってる人(たくさんいます)に教えてもらって
くださいませ→安部様

杉原さんのファイルなどまたアップできてないものがあります。
それはまた追って。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 17:46
  [ml-prosemip 3736] 22・27・29(立岩)他

22(木)
27(火)11時〜来客、13時〜教授会
29(木)
学校に行く予定。

有吉/新田/藤谷、おさんかたより面談希望あり。
藤谷さんはもらった予定だと
29ということになりそう。あとは未定。さんさんごご
ということになるかも。

あと、謝金関係の書類の人も。
今年度もおわりかけですので22が望ましいでしょう。

以上に関連しますが、今後の方針についてはまた別便にて。



http://www.arsvi.com/0b/b.htm
更新してます。生田さんたち、感謝。
網羅的ではありませんが、
http://www.arsvi.com/a/r.htm
にいちおう更新履歴。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 18:42
  [ml-prosemip 3737] 訂正:22→23(立岩)

> 22(木)
> 学校に行く予定。

はまちがい。この日は行けず
23(金)とさせていただきます。

すみません。

伊藤さんとか来れますか?
植村さんも可能なら
(謝金書類関係です、おもに。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 20:22
  [ml-prosemip 3744] 障害者と労働

杉原さんから送ってもらった情報も使って
http://www.arsvi.com/0ds/w.htm
数年ぶりに整理・更新。

(所属なしで名前載せましたが、よいでしょうか
→杉原さん)

博士論文書くために関連文献すべてみておく
必要は、必ずしもないですが、
かっこつけるためにもある程度は、という
ことが多いですし、

またファイルの文献表が発行年順になっているのも
そういう意味がありますが、世の中のだいたいの流れ
はみておく必要はあるだろうと。

こっちでも増やしましたが、まだまだあります。
・なかに田島さんの修士論文の全文があり末尾に
文献表がありますので、それも参考になるでしょう。
・また、やはりファイルにありますが
『季刊福祉労働』という雑誌の書誌情報がありますので
それを使うこともできます。(ある時期までは入力してました。
今より時間があった、のだったでしょうか。)

あと、総合?年表
http://www.arsvi.com/0ds/1.htm
から、関連データだけとってきて、年表を作り、増補するといった
こともやってよいかもしれません。

というわけで、よろしかったらよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 20:38
  [ml-prosemip 3738] トマス・ポッゲの World Poverty and Human Rights

とある(そんなに知られてない)出版社の人から
件名にある本(ぐろーばる・じゃすてぃす
関係ではちょっと有名な人のです Thomas Pogge)
の訳本だしたいんだが、というメール
もらいました。

翻訳は労多くしてなに、なので
すすめませんが、いちおうお知らせ
しておきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 23:02
  [ml-prosemip 3740] 神経難病や緩和ケア領域に利用する”個人の生活の質(QOL)評価法…

京都では3月24日です。
http://www.arsvi.com/0y/n012005.htm#20070324

中島さん(こないだの研究会にいらした方です)から
お誘いいただきましたが、私は東京、でもあり。
参加なさる方がいたらよろしくお伝えください。

あとついでに
http://www.arsvi.com/0y/n01.htm
以下のファイルすこしだけ整理。
誰かあとを継ぎませんか?
まあ「難病」(日本固有の行政用語、ともいえる)
っても、血友病といわゆる神経難病とえらい違いますが。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 23:24
  [ml-prosemip 3741] 障害者と労働(再送)

今日夕方送ったのが届かないので。いちおう再送。
たぶんあとで、さきに送ったのが届くと思います。
(今までもそんなことあったので)。

――以下――

杉原さんから送ってもらった情報も使って
http://www.arsvi.com/0ds/w.htm
数年ぶりに整理・更新。

(所属なしで名前載せましたが、よいでしょうか
→杉原さん)

博士論文書くために関連文献すべてみておく
必要は、必ずしもないですが、
かっこつけるためにもある程度は、という
ことが多いですし、

またファイルの文献表が発行年順になっているのも
そういう意味がありますが、世の中のだいたいの流れ
はみておく必要はあるだろうと。

こっちでも増やしましたが、まだまだあります。
・なかに田島さんの修士論文の全文があり末尾に
文献表がありますので、それも参考になるでしょう。
・また、やはりファイルにありますが
『季刊福祉労働』という雑誌の書誌情報がありますので
それを使うこともできます。(ある時期までは入力してました。
今より時間があった、のだったでしょうか。)

あと、総合?年表
http://www.arsvi.com/0ds/1.htm
から、関連データだけとってきて、年表を作り、増補するといった
こともやってよいかもしれません。

というわけで、よろしかったらよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/20 23:53
  [ml-prosemip 3743] Re: [ml-prosemip 3742] Re: トマス・ポッゲの World Poverty and Human Rights

完全に忘れていましたが
http://www.arsvi.com/0ww/pogge.htm
というのがありました。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 09:20
  [ml-prosemip 3746] 透析・続

http://www.arsvi.com/m/a03.htm
更新。関連したところで取材している新聞記者の
方よりファイル送っていただき、それを加えました。
(お名前を記載していよいか問い合わせ中。)

これは2年ぐらいまじめにやったら本が書けますね。
また書かれるべきです。論文なんか、いくらでも
書けますね。

有吉さんの他に、北村さん、葛城さん、等々。
あといま具体的にテーマ「ない」人、「片手間」で
まったくかまわないので、いかがでしょう?

すぐに秋の学会あたりから報告できる
可能性があると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 09:28
  [ml-prosemip 3747] セイラ・ベンハビブ

> セイラ・ベンハビブが、『他者の権利』
買うの忘れていたんで、いま注文しました。
読みたい人(レジュメ作りたい人)いたら
お貸しします。
cf.


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 09:29
  [ml-prosemip 3748] セイラ・ベンハビブ 続き

cf.
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/benhabib.htm

すみません。途中で送信されてしまいました。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 11:50
  [ml-prosemip 3751] 透析・続々

http://www.arsvi.com/m/a03.htm

について情報をいただいたのは京都新聞の岡本さんです。
以下、
いま私宛(&cc下地さん宛)いただいたメールより。

――以下――

[略]

透析史メモは、ほとんど前田こう一さん『難病の海に虹の橋を』
からの孫引きです。
読売の71年の「ジン臓」連載が世論喚起に大きな役割を果たし、
前田さんの本にも多々引用されているのですが、
記事はわたしも未見です。
時間ができたら資料室で読売縮刷版を探して、コピーしておきます。
今とは報道基準がまったく異なるはずで、
実名/匿名扱いなどにも関心があります。

全腎協設立からわずか5年で、透析が普及しているところが驚きです。

[略]

だれでも入手可能な歴史資料で取材にはあたらないと思われ、
私の名前はどちらでも、お任せいたします。

[略]

――以上――

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 15:59
  [ml-prosemip 3752] 22・27・29(立岩)続・他

> 22(木)
 1300〜新田/1430頃〜有吉

> 27(火)1100〜来客、1300〜教授会

> 29(木)
  1200〜藤谷

いまのところこんなところです。



ついでに
http://www.zjk.or.jp/

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 16:52
  [ml-prosemip 3753] 訂正:Re: [ml-prosemip 3752] 22・27・29(立岩)続・他

たびたびまことにあいすみません。

>> 22(木)…誤
>  1300〜新田/1430頃〜有吉

>> 23(金)…正
>  1300〜新田/1430頃〜有吉

です。どうも&この日署名捺印可です→的場さん。

&この日、片岡さんと打ち合わせもありです。



http://www.arsvi.com/ts2000/2007b1b.htm
みたくない本を移動させようと、目をつぶって読み始めたり整理し始めたり
したら、泥沼化しています。今日40ファイルぐらい作ったりいじったりしました。
その過程で、いくつかお知らせしてもよいことがあったので、別便にて。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/21 19:48
  [ml-prosemip 3756] 本(死ぬ系とか)

昨日今日と20冊ほどについてごく簡単なファイル
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
をすこし下がった、「登録用」となっているところ
(もうすこしおまちください→生田さん他)。

http://www.arsvi.com/b2000/0000cd.htm
の訳者関係のところとか。こういうのがおもしろく
思えてしまう人は「淫している」と言えるでしょう。
(著者のキャラハンについてはまた別便にて)

ソンダースとの遭遇についての記述
http://www.arsvi.com/b1990/9802ss.htm
的場さんと以前、輸入・受容(ソンダース…の、です)
の経緯、その様子みたいなものを確認しておく
必要があろうということになってましたので。
いちおうメモっとかないと忘れるので。

誤字多々有。そのうちなおします。

私はこういうものを網羅的に読んでいく根性ないので
すぐに終えたいと思ってますが、始めるとなかなか。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/22 09:38
  [ml-prosemip 3762] 年表(利光作)

http://www.arsvi.com/0g/p01002.htm
掲載。
ンクだとかこれからですが、まずはご報告。
利光さんありがとうございます。
(他のファイルはこれからやります。)

http://www.arsvi.com/a/r.htm
http://www.arsvi.com/a/a.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/22 10:27
  [ml-prosemip 3763] ポッゲ

の本、MLでのやりとり以外に、
訳したいという院生からのメールありました。
伝えておきます。

あと、こういう編集者とのやりとりにおいても
各自のHP上のファイルを作り整備しておいてもらうと
ただそのURLを伝えればよいわけで、よろしく。
どういう人であるか説明するには
この方法がいちばんなのです。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/22 12:01
  [ml-prosemip 3764] 文書(利光作)

http://www.arsvi.com/a/r.htm
(「更新」しないと最新のがでない人いるはず)
掲載。利光さんありがとうございました。

http://www.arsvi.com/0g/index.htm
からも。
暫定的なもので、リンクなどこれからします。

(いただいたワードのファイルが実際に先方に
提出されたものであるなら、
ワードのファイルとして収蔵する意味もあると思いますので、
その点、そのうち、教えてくださいませ→利光様)



「全文」のアーカイブの方法、いろいろやってきたのですが
年別にファイルを作って、時系列で並べるという
やり方がいいかもという気も。
主題や分量にもよりますが。

こういう、完全なルーティンではなくたしょう頭を使うが
慣れてしまえばそうたいしたことでないHP作成の
仕事も院生の方に、と思っております。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/22 12:16
  [ml-prosemip 3765] ポッゲ続・印税

さらにおひとかた、翻訳についてのメール
もらいました。
(私信に対してMLで返すかたちになってますが
ご了承ください。)
2、3人希望者がいますが、というようなことを
伝えておきます。



で、こういう仕事が金になるかですが、ならないことはないです。
以下、ただし… について。

本を書いた場合の印税と呼ばれる収入は、定価の10%であることが
多く、さらにその10%が(とりあえず)源泉徴収税となるので
実質9%がはいります。

これは分担執筆の場合も同様で、自分が担当した分量(頁数)に
応じて按分されることが多いと思います。(編者に編集作業分という
ことで多目にわたる場合もあります。)

ただ、値段を安くしたいので、印税率を下げるとか
(例えば拙著『ALS』の初刷は6%)、
出版助成金?のようなものを「著者」が払う場合とか
(拙著『私的所有論』の初刷)いろいろあります。

翻訳は私やったことないのでよく知りませんが、6%ぐらい?
(できればだれかフォローを。)
専門書と呼ばれるようなものはだいたい初刷2000部とか
なんで、計算してみてください。
かかる時間で割ってみると、たいていわりにあう仕事では
ないと思います。

他方、雑誌の原稿料はさまざま。
ただ=無収入(『情況』、雑誌を2冊だかくれます、等)
〜1000円/400字(『現代思想』、等 『思想』は1500円だったか)
〜その10倍ぐらい(しかし私どもにはほとんど関係ない)まで。

ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 00:47
  [ml-prosemip 3770] 23日・ポッゲ続々

明日予定追加。
16時30分からは人文リサーチオフィスの人と
相談。とすると午前中から学校行こうかと。
植村さん、伊藤さん、もし「簡単に」来られる「なら」
どうぞ。短時間です。印鑑必要。



ポッゲ、いちおう伝えておきました。
MLへの投稿含め、5人、連絡してきた人がいた、
というように理解してます。
自分が自分で考えたことを書くのが優先、だと
私は思いますが、そのことは言った上で
止めはしません。そしてやるなら、ささっとやって
さっと出すべきでしょう。その意味で共訳は
あってよいと思います。
ただし、品質は重要です。私はそんなことに
かかかわる時間はないので、そこんとこ
くれぐれもよろしく。



みなさま自己紹介どうもありがとうございます。
他のかたがたもよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 07:39
  [ml-prosemip 3771] 25日東京

以前お知らせしたように、25日わたしは東京
10時から。会場は医学書院のビル。
地下鉄丸の内線本郷三丁目、東大の方に歩いて
5分弱?(東大がある側にあります、赤門のちょっと手前)。
上野さん、川本さん(他にも誰か)のところの院生がそれぞれ3人
ぐらいずつ来るようで、オブザーバー10人ぐらいになりそう。

事務局からは、会場は大きめのにしたのでOK
正規メンバーには弁当出すが
他の人には出さないので、近所のコンビニとかで
どうぞ、という連絡が入ってます。

以下が、昨日この企画のMLに送ったメール。

――以下――

立岩です。

1)院生とその関係者?計3〜4人
オブザーバーで?きます。

2)資料として
http://www.arsvi.com/b2000/0509kh.htm
を明日増刷してもっていきます。
(送るのまにあわないので、かついでいきます。)
主催者?側に人数分買い上げてもらうのがいちばん
よいですが(奨学金にあてます)
だめなら(あまり期待してません)、みなさんにさしあげます。

そしてその中にも収録されている
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004021.htm
の話はします。(全文読めますのでよろしかったら読んでおいて
ください)。3年も前に書いた文章です。
その後書いたものもあるような気がしますので
もっていけたらもっていきます。

あらたになにごとか話すべきですが、それは
その場で、ということになってしまいそうな気がします。
メモ、できたらもっていきますが、だめそうな気がします。



ぜんぜん別件で西尾さん

『自立生活への鍵』はけてしまってます。
http://www.arsvi.com/b1990/9209hc.htm

15冊ほど(10冊でも)前払いで(忘れるので)買いますので
当日もってきていただいてよいですか?
あと、未払い(忘れている)あると思います。
後日でもお知らせいただけてれば、払います。



http://www.arsvi.com/a/index.htm
始まってます。

では当日[略]

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 08:53
  [ml-prosemip 3772] 本日23日(立岩)

これから出ます。午前中片岡さんと
打ち合わせの予定。そういうわけで
16時半までは研究室か創思館1階
のいずれかにいるはず。

面談は予定通りの予定。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 21:00
  [ml-prosemip 3780] 多文化主義・24〜26日不在(立岩)

http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
下の方に西川先生の文章からの引用がいくつあります。
明日(24日)の予習になるのではと。

あと、私は表題のごとく不在にします。
今回は東京の仕事が入っていた(のを忘れていた)
というわけですが、それと別に

演習については、今後、「基本的に」
教員一人でやった方がよいだろうと考えるにいたりました。

労働の配分の仕方として、例えば
2人の教員がいっしょに、1人の報告を半年に1回聞くのと
各々が各1回聞く、報告者にとっては半年に2回報告するのと
教員が同じだけ働くなら後者の方が院生にとってよいだろう
等々、
を考えてのことです。
(ただし、学会報告前とか学振提出前とかいっきにやってしまう
場合には別に――複数教員でどうのこうの言うというやり方が
よい場合があるだろうと――考えます。)



仲口さん、事情をいえば、3月末まで荷物いまのところに
置かせてもらえると思いますよ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 23:32
  [ml-prosemip 3781] 身体と人工物

本日は有吉、新田、植村、三浦、のみなさんと話。
で、植村さん関連

身体
http://www.arsvi.com/0p/c.htm
これは役にはたたんです。

あと私の文章では「そこに起こること」
2005
上杉 富之 編 『現代生殖医療──社会科学からのアプローチ』,
世界思想社,274p. 2310
植村さんは会員限定のところで全文読めるはず。

あと「良い死」の第6回(2005)あたり。しかし
http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/index.html
をいまみたら掲載終了ということで、もうないですね。
こちらのHPの会員限定のところのファイルも
ちょっとおかしくなっているのでなおします。

あと『ALS』のどこか。

件名の件で、なんか読んだといった人がいたら
教えてください。

以上とりあえず。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/23 23:38
  [ml-prosemip 3782] 文献表示について

いま博士論文の草稿をすこしみてます。、
幾度か言ってきたことですが、文献表示は
きちんと。注に書誌情報を載せるというやり方は
あって、それでもよいですが、その場合には
各々の注で当該文献の初出のところで
たとえば訳本であれば、原著の題・発行年など
含む書誌情報を掲載する必要があります。

(私としては巻末に文献表をおき、注や本文では
○○[1999:30]といった書き方をする方がよいのでは
と思います。)

こういうなおしの作業だけでもけっこうかかります。
ここは目をつぶり本文に集中して、そういうかたちだけの
ところは、あとで、という手もないではないですが。

あと、文章表現(等)をみてもらいたい場合もはやめに
どうぞ。やってもらえる人にまわします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 00:17
  [ml-prosemip 3783] 25日東京・続

問い合わせをいただいたので。
以前出したメールは
http://www.arsvi.com/ml/2007p.htm#3576

高齢者の介助(介護)サービスの制度と
障害者のそれとの統合云々の話が(行政サイドから)
ずっとあって、それにどう対するかといった
ような問題意識?があって
中西正司氏
http://www.arsvi.com/0w/nknssuj.htm
が思いつき、上野千鶴子氏に声をかけ?
メンバーを集め、
まず
1回4人にしゃべらせて、それを3回だかやって
それをもとにディスカッションやらして
原稿書かせて、本を医学書院から出そうという
安直といえば安直な企画の第2回めです。



http://www.arsvi.com/ml/2007p.htm
全体にセンタリングがかかっているようにうつるのは
私のとこだけだろうか。
&2月分までで1ファイルにするのがよいでしょうかね。
→青木さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 00:28
  [ml-prosemip 3784] フランス

新田さんとの話で今日でた人名は
http://www.arsvi.com/0w/ndsmjru.htm
学部の1年から同じという人です。
たいへん古いファイルです。

ちなみに「尊厳死」「フランス」でグーグルだと
http://blog.livedoor.jp/media_francophonie/archives/18981938.html
が先頭に来ました。そこに出てくる人の本は
日本語に訳されて出てます。
http://www.arsvi.com/b2000/0300hv.htm
もってますが、読みたくないので読んではいません。

ちなみに、
すすめているということではありませんので
それは誤解なきよう。
ただ日本での研究が少ないのはたしかだと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 09:22
  [ml-prosemip 3789] フランス・ファイル

大谷さんどうも。

http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
ほかにいくつか思いつくのありますが、とりあえず作成。

http://www.arsvi.com/0p/et-z.htm
どこからでもいいんで、よろしく→大谷さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 09:34
  [ml-prosemip 3790] 小澤勲の本

田島さんからの(「老い研」MLへの)お知らせがあり
http://www.arsvi.com/0w1/ozwiso.htm

http://www.arsvi.com/b2000/0503oi.htm
のファイルを作成し、この本の紹介(へのリンク)掲載。



たいへん多くの研究企画のML(のようなもの)がたちあがっていますが
事務連絡とかは別として、「いくらかでも」共有されてもよい
情報はこのMLにお願いいたします。以前にも帰しましたが
「件名」をすこし工夫すれば、見たくないメールは開かずにすむので
負担をかけることはないと思うし、直接自分の主題に関係のない
主題についても、あるいは他の院生が何をしているのかを、知ることも
必要なことだと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 11:25
  [ml-prosemip 3791] ポッゲ続々々

以下のメールを出しておきました。

――以下――

[略]
マックス5人のようです。
(実際にはそんなに多くはならないと思います。)
[略]
クオリティ的にはだいじょうぶだと思います。

必要であれば、その者たちから暫定的に
代表を決め、連絡にあたらせます。

立岩

――以上――

「代表」になってもよいよという人がいたら立岩まで
連絡を。

なお、御本人のHP
http://www.columbia.edu/~tp6/index.html
(いまみたら、2003-04       Visiting Scholar, NIH Department of Clinical
Bioethics, Bethesda
という記述が…)
にも出てないので公表しないでと言われてますが(以下略→青木さん)

――[略]――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 12:12
  [ml-prosemip 3792] 4/7コモンズ論

http://www.arsvi.com/0a/k042007.htm
(表記にミスあります)

この研究会いちど呼ばれて話をしたことあります。
わりとこぢんまりした研究会でした。

一番目に話す人、お名前見たことあるかもと思ったら
私もメンバーということになっていながら一度も出たことない
http://www.arsvi.com/ml/2006p5.htm#2612
のメンバーで、宮内泰介との共編書もある方のようです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 18:06
  [ml-prosemip 3795] 25日東京・続々&日本語について

私の文章で意味不明瞭で、
よくわらかなかった人がいたので。

25日の東京での研究会は来たい人はOKです。

たぶん、オブザーバーの方が研究会になるのではないか
と思います。



もともとは日本語を使っていなかった人が
何人もこの研究科に入学しています。

(そして私の日本語は、多くの人が言うには
変です。)

ですから、よくわからないところがあったら
すぐ、聞き返してください。よろしくお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/24 18:45
  [ml-prosemip 3798] フランス・ファイルよろしく+符号

大谷(い)さんどうも。

>>http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
> いきおいで,フランス・ファイルに手持ちのを付け加えます。
> 文献末尾の略号がわかりませんが,私のところにあるものについては,何か印つ
> けた方がよいでしょうか?

一貫した規則もなくてその場しのぎにあったりなかったりなのですが
(そのうちちゃんとさせるかもしれません)
「oi」を付していただけますか?



なおHPで※のあるものは私のところにあるもの(のはず)で
もう私は勉強しないので、みな院生の研究用に供するつもりです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/25 06:22
  [ml-prosemip 3806] 出典を記すことなど

http://www.arsvi.com/m/a03.htm
に出てくる前田[1982]がけっこうレアな本であることが
わかり、持ち主から有吉さんが借りることになったのですが

さて、年表(等)をつくる場合
関が原の戦が何年といったのは別として
一つ一つについて(前田[1982:34])などど出典を
記しておくとよいです。
(上記は 前田さんという人が1982年に出した文章(本)の
34頁にそのことが記されていることを示します。)
そして文章をそのまま引用するときには「」で括る。

論文化するときに便利です。
また、情報源が複数になっていって、ときに、それが
整合しないことがありますが(文献Aでは1968年となっているが
文献Bでは1969年になっている等)
いずれが正しいのか(あとで)検証する際にも
どこにはどう書いてあったかわかっておく必要があります。

ただ、情報源自体が年表であるといった場合には
その限りではなく、いろいろとやり方は変えていったよいでしょう。

http://www.arsvi.com/a/a.htm
にあるいくつかのものをご覧いただければと。

では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/25 14:35
  [ml-prosemip 3807] 印税・続

立岩@研究会中、です。
私信のかたちで問い合わせありました。
MLで簡単にお答えします。ご了承ください。

まず一つ、繰り返しになりますが、今回の翻訳の企画は
本(第2版)そのものがまだ出てないわけで、
先のことになるであろうこと。

さてご質問はこのことについてではなかったでした。
出版社は生活書院という極小の、昨年立ち上がった出版社で
信頼はできると思います。(こんどのは、私がよく知っている「社長」
さんの企画ではなく、もう一人の方(これで終わり?)の
発案だそうです。)

そこで、現在の出版システムを前提とすれば、ですが
そのルールを外れた不当な扱いを受けることはないだろうと
思います。
また、執筆者・翻訳者の持ち込み企画ではありませんし
執筆者・翻訳者がお金を出すことになるとか、そんなことはないです。

その意味で「普通」にお金は支払われます。しかし
その額が、どう考えててもたいしたものにはならないだろうことは
以前に記したとおりです。

とりあえず以上です。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/26 09:51
  [ml-prosemip 3811] 所在(Re: [ml-prosemip 3808] Re: 透析・人工身体 続)

立岩@まだ東京です。

> 『看護学雑誌』 19841101 「人工心臓――人工臓器 最先端の技術を探る・11」
>  『看護学雑誌』48-11:1204-2107 ※COPY
>
> この「1204-2107 ※COPY」は、
> 何のことでしょうか?

コピーしたものがあるということです。私の研究室のファイルを探せばあると
思います。ファイルたちも移したいのですが、スペースがまだ確保
されてないので、いまのところは研究室。探してみます。

> また、出版社は、医学書院でよろしかったでしょうか?

はい。雑誌については出版社を記す必要は必ずしもないです。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/26 18:31
  [ml-prosemip 3812] 書評等

昨日の東京での研究会に参加されていた
山根さん*による
三井さんの本の書評のことを医学書院の編集者がおっしゃっていたので
見てみたら、ありました。

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~slogos/review/reviewindex.html

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/%7Eslogos/review/review0102yamane.pdf



http://www.arsvi.com/0w/ymnsmk.htm
学振5年目だそうです。(DC2からはいってPDに、計2年。
(修士論文をもとに)著書刊行。
その後PDで申請、で3年、とおっしゃっていたような。
(現在D6(一貫制だと8年めということです)相当。
博士論文は来年度?とか。同学年で今年就職した人が一人、とか。)

ちなみに、同じ本の私の書評は
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005043.htm


 
 
>TOP

◆◆2007/03/27 07:02
  [ml-prosemip 3815] 本日(立岩)・他

今日(27日)は、11時来客(Sageという出版社の方)。
13時教授会。その後、伊藤さん
(電話いただけると、在不在などわかります→伊藤さん)



http://www.arsvi.com/a/r.htm
いただいた情報もとに更新しています。



葛城さんなど、何人か、返信さしあげていない方います。
すいません。さしあげます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/27 19:37
  [ml-prosemip 3816] フランス関連・他

http://www.arsvi.com/a/r.htm

http://www.arsvi.com/0p/et-fra.htm
http://www.arsvi.com/0ww/jankelevitch.htm
更新・作成

大谷(い)さん感謝。

(今後の更新は、掲載されているファイルをダウンロードして
できれば、ワープロソフトかエディタでやっていただければ
(なさっているのかとも思いまずが、HP上での差異は生じない
半角スペースとか改行コードの入り方で微妙に違いが出てる
ものですから)→大谷様)

このような掲載の仕事も院生の方にという方向で考えております。



新田さん、「もし」この主題で行くのであれば、このファイルにある
文献を集めて(大谷さんからお借りして)まずやっていって
いただければと。(来週面談も可能ですが、一定この作業を
やってからでも、とも、思います。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 09:16
  [ml-prosemip 3819] 医療情報

http://www.arsvi.com/m/d02.htm
前からあったファイルに、伊藤さんからいただいた
情報を合わせて更新。伊藤さん感謝。

(まずは70年代の文献についてのメモを
自分の論文を書くための材料を集めるつもりで
作って送ってください。10日以内が望ましいです
→伊藤さん)

文献リストの作り方については
http://www.arsvi.com/0x/b01.htm

業界によってやり方は異なりますが、書名・誌名は『 』で括る
あと(論文の文献リストでは省くのですが)発行年「月」まではいれておくと
なにかと便利です。



未処理メール多数。これから。すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 10:16
  [ml-prosemip 3820] ポッゲ続々々々

> 以下のメールを出しておきました。
> ――以下――
[略]
> 代表を決め、連絡にあたらせます。
> 立岩
> ――以上――
>
> 「代表」になってもよいよという人がいたら立岩まで
> 連絡を。

について、村上(慎)さんからやってよいということでしたので
異議なければ*、村上さんに連絡係やっていただきます。

* こないだもお知らせしましたように
急ぐ話ではないので(急げない話なので)しばらく待って
先方に連絡します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 12:47
  [ml-prosemip 3821] 5月「持続可能な発展の…」

京大の足立さんからお知らせあり
http://www.sdgovernance.org

COE狙い?、とちょっと思いましたが
2007年度開始の特定領域研究*の一環でした。

 *文科省の科研費研究の大きなの、といったかんじ。

ノーマン・バリーといった人の名前が見えます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 12:57
  [ml-prosemip 3822] 畑谷さんはMLメンバー(Re: [ml-prosemip 3818] シンポジウム「中・韓・日ジャーナリストとの対話」(天田))

天田さんどうも。畑谷さんはいちど
ここを受験され、合格されたのですが
いろいろ?あって入学はされず、
このMLには入っていただいています。
(他にも合格者で非入学者でこのMLに加入とい
方は、ユニークフェイスの、という紹介がよいかどうかわかりませんが
森さんとか、いらっしゃいます。)

このMLのメンバーは、教員(兼担、非常勤含む)
院生(現役、退学、上記非入学者含む)
あとポスドクフェローの堀田さん
といった具合、のはず。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 14:54
  [ml-prosemip 3824] 彙報情報必ず提出すべし

西さんからの通信でも催促ありましたが
以下の、1の項目に「なにか」がある人は、必ず提出してください。

こちらが提供するサービスの基礎となる情報であり
教育・研究のためにこちらが獲得する資源のための基礎情報ともなります。
ゆえに、これが提出されない人には、サービスを提供できかねます。



あと「賞」などとった人、以下の項目にはありませんが、
&恥じらう気持ちはわかりますが、報告を。
COEとかでそういうことを書く項目があるのです。
(2月、直前に気がついて記入間に合ったのが高田さん。
そのあとに発覚したのが田島さん。)

立岩

――以下――

1.対象になる業績:
(1)2006年度(2006.4.〜2007.3.)に印刷された論文。
 (注):論文タイトル、雑誌名 巻、号、刊行者又は書店、西暦年月、ページ
(2)その他、書評等印刷されたもの。
(3)学会報告(口頭発表)。
 (注):報告タイトル、XX学会第XX回大会、場所又は大学名、年月日
2.様式:2005年度彙報及び下記URL(見本)参照。
    http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/x/paper/ihou/07_ihou_mihon.d
oc
3.形態:電子ファイル
4.締め切り日:2007年3月30日(金)午前9:00
5.提出先  [略]

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 16:21
  [ml-prosemip 3825] 2007年度前期・金曜・西川/立岩

http://www.arsvi.com/0u/0-2007t.htm
に時間表ありますが、大学院の授業は
実際にはかなり「フレクシブル」に行われます。

http://www.arsvi.com/0u/0-2007p.htm
の方に、予定を書き込んでいきます。
(しばらく私の方でやってみます→青木さん)

「公共」領域中心でしたが、リクエストあれば「生命」の
予定も載せます(載せてもらいます)。



で、前期・金曜、3、4限にはいっている

西川先生の応用購読演習T
立岩の公共論史ですが、

ここ数年実施し、有効な方法として今年も採用するのは

隔週交代・連続2コマ、というやり方です。

そして、西川先生の希望で13日を初回にしたいとのこと。
そして授業開始は9日、ということで

4/13(金)1300〜1610 西川
4/20(金)1300〜1610 立岩
4/27(金)1300〜1610 西川
5/04(金・みどりの日)休
5/11(金)1300〜1610 立岩
……

というふうに進めてまいりますのでよろしく。
こうした予定を
http://www.arsvi.com/0u/0-2007p.htm
に書き込んでいきます。



同様に、金曜、5、6限の
プロジェクト予備演習と天田さんのコマも
同様な体制で進むのではないかと思います。
連絡があると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 17:00
  [ml-prosemip 3826] 面談関連/院協・森下様

3/27、伊藤、生田に続き
3/29、1200:藤谷、夕方:西浦
4/3 葛城 (テーマ責任者会議の前後、時間未定)
 の予定。
&4/1 新入生ガイダンス。この(同じ日のガイダンスの)前後
 必要なら、面談等可。



学而館1階の院生室の空間利用(書架等)の件につき
院生協議会と協議する必要があると人文リサーチオフィスより
うかがいました。そこで、できれば、森下さん(かどなたか?)
と話ができればと思います。
明日の午後などいかがでしょう?(いずれにせよ年度またぐ案件
になりますので、とても急いでいるわけではてありません)。
→森下様(あるいはどなたか)。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 18:53
  [ml-prosemip 3828] 能登半島地震についての大学の対応(cefsと同文)

能登半島地震についての大学の対応
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/st/student/
関係する人もいらしたので。立岩



畑中さん、ご無沙汰です。
メールありがとうごさいました。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/28 20:34
  [ml-prosemip 3831] 短文・雑文

http://www.arsvi.com/ts2000/2007039.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2007054.htm
http://www.arsvi.com/ts2000/2007055.htm

村上(潔)さんが関わった報告書は
そのうち、メインの報告も掲載したいと思います。
http://www.arsvi.com/a/p.htm
には掲載。村上さん情報提供感謝。
的場さん御指示とおりにしときました。

今日はこういう日、になってしまっている、立岩
でした。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 07:16
  [ml-prosemip 3838] 本日29日(立岩)他

さっきのは誤送信です。すみません。

本日12時、藤谷さん。

森下さん、ありがとうございます。
お電話(☆)いただければ在不在などわかります。

磯辺さんも。

あと、短時間、新田さん。

夕方、西浦さん。

森下さんと学而館1階に行っている間は
留守にしますが、午後は基本的には
研究室にいます。午前はお金関係の書類書いてます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 07:31
  [ml-prosemip 3839] 研究室の場所・HP

ほかに3日、テーマ責任者会議の後、葛城さん
なんですが、研究室の方は久しぶりという
方もいて、問い合わせあり。

私の研究室は、
http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/access-map/k-map.jpg
尽心館(じんしんかん)(!)1階、721です。
正門からだと奥まった?けっこうわかりにくい場所にありますので
確認しておいでください。



とりあえず前期・金曜:西川/立岩の予定を記し、
プラスいくつかリンク、青木さんに張ってもらったファイル
http://www.arsvi.com/0u/0-2007p.htm
掲載。

前期・火曜は、まずは時間表とおり。

前期・金曜、天田/予備演習については近々発表ある予定。
その後に上記に掲載。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 11:26
  [ml-prosemip 3841] 本日29日(立岩)続

不測のことあり、書類終わりませんが
12時予約なので出ます。

> 森下さん
が15時ということに、学而館1階の部屋
(今日まで、ミスで、私のカードキーで入れなかったのですが
それは設定なおしてもらいました)
をみて、となりの部屋(青木さんがいるはず)もついでに。

では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 20:15
  [ml-prosemip 3845] 透析更新

立岩@今日もえらいあわただしい日でした、です。

http://www.arsvi.com/a/r.htm

http://www.arsvi.com/m/a03.htm

有吉さんどうも。

今回はワードのファイルでいただきましたが、
そろそろ、このファイルを同じファイル名で保存
あるいは「表示」→「ソース」を表示→全部をコピペで
ファイルを作り、そのファイルに追加していく
かたちをとっていただければと。

とりあえず改行したいところに
 <(半角)BR(やはり半角)>(やはり半角)
をいれていっていただければそれだけでOKです。

(あと岡本さんがくださったデータは多く前田[1982]
からのようですので、本借りられたら、記述を増やすことと
出典を入れることと、やってみてください。)

では。他の方々も、各々よろしく。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 22:19
  [ml-prosemip 3847] 文献リスト・文献表示

今年から大学院、ということであれば仕方ないですが
そうではないのに
文献表が作れないというのは、茫然自失、なかんじ、です。

文献表、いろいろやり方がありますが、たとえば
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2000b1b.htm
をみていただければ、だいたいのやり方はわかるはず。
(これは、「ソシオロゴス方式」というきまりを
一部変形したもので、あまり一般的なものではありませんが、)
要するに、
1盛るべき情報を盛っていること、
2表示の方式に一貫性があることが大切です。

論文内での文献表示については、例えば、上に文献表を掲載した
本の方をご覧ください。
(いったいこれまで私どもは何を教えてきたのだろうと、
提供してきたのだろうと思うのでした。)

院内限定ページにある、片岡さん作成のマニュアル
(ところで、掲載されているのは最終版ではないように
思いましたが…?)
には文献表・表示のことはあまり詳しくは載ってないようですね。

誰かフォローしていただいても。

また質問も受け付けます。



なお、
http://www.arsvi.com/0x/b01.htm
は、こうした文献表を作るもとにもなる、HP掲載用の
より詳しい書誌情報掲載のためのものです。
これもよろしく。異常に細かいと思われるかもしれませんが
いっぺん形式を統一してしまうとあとは楽だし
複数の人間が作業に関わる場合に都合がよいし、
余計な情報は、論文の文献表にするときに
除いてしまえばよい、しかし、逆のことは(いちいちもとの文献に
あたらない限り)できない。



文献表を作ることから研究が始まる、ことも
(参照文献が一つもない論文・著作の成立の可能性を否定しませんが)
あります。

そして、最後にこれを仕上げようと思って準備していないと
最後のもっとも時間がないときに時間がかかり
えらいことになることがあります。
博士論文サイズだと、それだけで1週間かかといったことも
(きちんと準備しておかなければ)おおいにありえます。

「せめて」、こういうところはきちんとしましょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 22:53
  [ml-prosemip 3849] 予定追加・欠番

前期金曜の予備演習の予定他を天田情報により掲載
http://www.arsvi.com/0u/0-2007p.htm

で、この作業中に気がついたのですが
 3832〜3834、3843〜3844が私のことろには未着のようです。
過去にもそういうことはあって、忘れたころ?に
着いたりしました。他の方にもそういうことが起こっている
かもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/29 23:50
  [ml-prosemip 3850] 岡部さん

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006009.htm
で紹介したことのある岡部さんが、
http://www.arsvi.com/0w/okbkusk.htm
のファイルを自ら増補してくれたのを
送ってくださり、それを青木さんがアップしてくれました。
この4月から早稲田の客員准教授(専任扱い)
だそうです。

彼は私の4年先輩ということになりますが
(当時はまったく存知あげなかった)
大学院に入りなおしたのはかなり後になってからです。
この領域(業界)では、相対的に、かなり(というのは、とても)
よい仕事をしていれば、前歴とか年とかあまり関係なく
この種の職もあるということでもあろうかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 07:51
  [ml-prosemip 3853] 有吉さんにおわび・おれい

MLではそのようにせざるをえないので
「抽象的」に書かざるをえないのですが
かえって、それが誤解を生むことがあるようです。
文献表云々は、有吉さんの作業について
述べたものでは、「まったく」、ありません。
誤解を与えたとしたら、おわびします。

また、最初からHTM(HP掲載用)のファイルを作ることを
指示してもいませんし
それを期待してもいません。



昨日『Birth』創刊号*を北村さんからいただきました。
 (*よろしかったらフェローどうぞ→北村さん)
また書きますが、全体として、とてもよいと
思いました。
そしてあらためて、透析、医療情報の開示
といった主題については、時間をかけて研究がなされ
その成果が書籍(そこそこに売れる専門書)として刊行
されるべきだし、またそれは十分に可能であるという
思いを強くしました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 09:17
  [ml-prosemip 3854] 学会大会会場のこと

9月16・17日、障害学会という学会
http://www.arsvi.com/0ds/jsds.htm
の大会が開催校:立命館ということで、あります。

☆ 大会事務局長(事務局次長、…)募集中:有給

当初、会場にキャンパスプラザ京都を考えていたのですが
そして予約受付開始前日(3月6日)にうかがったのですが
小さい部屋(ところで、今日、藤谷さんはそこで研究会)
は別として、大きい部屋は予約受付以前に、単位互換の
授業でいっぱいで予約(開始日早朝に並ぶ)以前にうまっているとのこと
(昨年冬に聞いたときにはそういうことを教えてくれなかった)。

で、だめです。他もいくつかあたったけれどもだめのようです。

ということで、交通不便な立命館でやらざるをえない。

☆ 創思館1階、カンファレンスルームを主会場でやれると思いますか?
(昨年の日本社会学会大会(私はさぼったのでわからない)はどこで
シンポやりましたか? 建物はけいしんかん、だったような。)

☆ 「さようならCP」見たいですか? ビデオじゃなくてフィルムまわしての
上映可能です。前夜祭(先端研入試の日ですが)でやるとかもありかも。
(なおそのときまでには『母よ!殺すな』
http://www.arsvi.com/0w/yktkkuic.htm
は復刊されているはずです。)

☆ もう一つ、これは昨日思いついたことなんで、どうなるかわからないのですが
ポスターセッションもいれようかと。いかがでしょう?

あとこないだ、飲み会で的場さんにはすこし教えてもらいましたけど
アクセス関係の情報を流す必要とか、いろいろでてきます。
みなさんのお知恵をたくさん拝借することになろうかと思います。
どうかよろしく。



まだ自己紹介まだの方、よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 11:16
  [ml-prosemip 3858] 植村さんの

連絡先(携帯電話番号など)ご存知の方ありましたら
すぐにお知らせください。昨日からメールでは連絡とれず。
とても急いでいます。



サトウさんありがとうごさいました。
創思館は予約してはあるのですが、狭いかな
という気もしていて…。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 11:33
  [ml-prosemip 3859] お礼:植村さんの件+

携帯番号教えていただきました
&連絡とれました。感謝。

大会事務局担当応募あり。感謝。
複数いた方がよいと思いますので
募集続行中。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 17:09
  [ml-prosemip 3862] クーゼ+

http://www.arsvi.com/a/r.htm

http://www.arsvi.com/0ww/kuhse.htm
http://www.arsvi.com/b1900/8700kh.htm
(ファイル2つのつもりが、いろいろさぼっているものだから
20くらいなおすことになります。)

仕事なんで、読みたくはなくても読むことに。

「人」のファイル、とくに「外国人」の、3年ほど研究科HPにおいてきた
のですが、思うように更新が進まなかったこともあり、一部
もう一つの研究科のHPとしての
http://www.arsvi.com
の方に移していきます。



会場のこと他、私信も含め、いろいろありがとうこざいます。

○○館といわれても、なかなか、わからんというのがここの教員にもかかわらず
なさけないですが。
やはり創思館1階では狭いかなと。正門から近くて200ぐらい入れて、
あまり不便じゃない場所としては、どこがよいだろうか?
1日(日曜)も学校に行くのでそのときにも聞いてみますが。


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 19:04
  [ml-prosemip 3863] お伺い:新聞データベース+

1970年代(はじめ)の新聞記事を調べている
院生がいます。(その人は読売)
正攻法?で縮刷版もありでしょうが、オンライン
はどの程度使えるようになっているのでしょう。
以前は、ふるいのはだめだったのですが
遡及していれているという話は聞くので。
あと値段。

ウェブのどこを見ればわかるというような情報でも。



学会大会会場、朱雀キャンパスはどう
という案をいただき、なるほどと思ったのですが
どうなんでしょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 19:30
  [ml-prosemip 3864] 田島連載タイトル募集

田島さんがOT(作業療法士)の雑誌に
連載を始めるんですが、そのタイトル案として

> 「障害受容は必要か」
> 「障害受容講座」
> 「障害受容再考」

が出ているのだが、どれがよいかという相談を
受けましたが、どうでしょうみなさん。
3つのうちでは3つめかな、と。私は。
ただ、なんかさらに別のでもよいような。

cf.
http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/ta01.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 19:52
  [ml-prosemip 3866] 翻訳の話続き+お礼

こないだの翻訳、さらに一人やろうかなという
人がおり。(ありです、というか、なにも具体的には
決まっていない→その方。)

で、その方の質問で、どのぐらい大変なんだろうかという
ことなんですが、私はしたことないので、
まじめにやったら大変そうな気がする、ぐらいの気しか
しません。どなたかどうぞ。

ちなみにあの本については、いま出ている版で版権を
とっておいて、第2版が出たら、そちらを
というようなことらしいです。

以上をもって、その方の私信への返信にも代えさせて
いただきます。



橋口さんさっそくどうもありがとうございました。
1970年代はまだだめなんですね。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/30 20:20
  [ml-prosemip 3869] お礼・他(Re: [ml-prosemip 3868] Re: お伺い:新聞データベース+)

橋口さん、天田さん、サトウさんどうも。

参考になりました。私はこのごろとんとやらないけども
90年代のはじめだったか、1回、10なん万円とか
使って検索したことありました(たしか紀伊国屋のを使った)。
電話回線だから1日中かかったようなかすかな記憶がある。
私費だったような気がするが、それは嘘かもしれない。

さて、今回のは、「代理」の問い合わせですが、
そのことに深い意味はありません。やりとりしてて、
じゃあ私が聞いとくわ、ということになったのでした。



この種の情報も、研究科なりのHPに集積してすぐ
使えるようにしておくよいですね。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/31 21:21
  [ml-prosemip 3881] 透析:長谷川→有吉

今日、長谷川さんから博士予備論文を添付ファイルで
送っていただき(長谷川さんありがとうございました)

その中から、人工透析に関係する部分を引用し、
http://www.arsvi.com/m/a03.htm
に追加しました。1950’、1967〜1974、1987 の3箇所
と文献です。ご参考まで。
(このファイルの分量が、今だいたい雑誌論文1本分ぐらいです。)

(すでに増補作業を始めているかもしれませんが、
私が追加したのはこれだけと、あと順序がすこし
おかしくなっていた分(私がやったところ)をなおしただけ
なんで、なんとかなるのではと→有吉さん)

長谷川さんは生体肝移植、そのコーディネーターがテーマなのですが
その論文の中で、腎移植(と透析)のことが扱われていて、
今回引用させていただいたのはその一部です。
透析だけで文献探すと出てこないかもしれない文献も使われています。
長谷川さんから文献(のコピー)とか借りるとよいかもしれません。

というわけで、互いに利用できる情報については
できるだけ、このMLなどで情報交換して、
効率的・効果的に仕事を進めていきましょう。
みなさんどうぞよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/31 21:58
  [ml-prosemip 3882] 透析:下地情報

さっきのメールの送信と同時に、以下のメール着信。
下地さんは(どっかでも出てきましたが)専攻経済学・阪南大学教員。
お母上が、透析を始められたといったこともあったようです。
岡本さんは京都新聞記者、葛城さん、川口さん、他さまざまに
お世話になってます。
お二人とも立命館での研究会などに参加されたことあります。立岩

――以下――

立岩さん:
cc 岡本さん

下地です。

太田和夫氏のサイトの情報も追加されたのですね。
もう一つ、規模は小さいですが、次のページがあります。

透析の歴史
http://www.to-shin.net/p1.html
若干、太田氏のサイトと年代がずれたものもあるようです。

冒頭に書かれている、
「1955年、朝鮮戦争の挫滅症候群に伴う一過性の急性腎不全に対し、Smith.Shawらが
野戦病院に人工腎臓班を設置し、その活躍によって死亡率を90%から50%に低下せしめ
得た業績とともに慢性症に対する適応の拡大は、腎不全対策の画期的進展を物語る」
ってのは少し興味深いですね。
朝鮮戦争の年代(1950-1953)とずれてるのはよく分かりませんが。

技術史については、血液透析、腹膜透析、腎臓移植、
の三系統に分けてもいいかもしれないですね。

こちらから提供できるものはあまりないのですが、
主担当の有吉さんがゼミで報告などする機会ありましたら、
内容などご紹介いただければ幸いです。

[アドレス等略]

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2007/03/31 22:13
  [ml-prosemip 3883] 提案:サイボーグ系

私の意見ですが、長谷川さん(場合によっては有吉さんと組んで)
メインテーマ(生体肝移植コーディネーター)とは別に
今年 腎移植/透析 関係で学会報告というのもよいのでは。

あと、
青木、植村、韓(視覚関係?)
生田(なにか、モノ)
北村(血液製剤〜(自己)注射)
葛城、川口(ALS〜人工呼吸器、PC…)
有吉、長谷川(人工透析、腎移植…)

とそろっているわけで、なんかまとめて
やるとよいのでは。下地さん・岡本さんは
透析等についてはアドバイザーになってくれるかも。

秋の学会としては
社会学会(今年はどこ?)、生命倫理学会(今年は大正大学)
障害学会(ポスター発表――これまではなかった――が実現すれば)
などが考えられます。
名乗りをあげれば、一つの分科会というのかセッションというのか
を占有できる学会もあるはず。

まあ、思いつきです。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/31 22:45
  [ml-prosemip 3884] 引用のときの小技

たまたま昨年出したメールに行き当たり。
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2218

ご参考まで。そこに出てますが、一つ小技(こわざ)。
さっきお知らせしたファイルもそうなってますが
私は、引用に際し、例えば
18ページと19ページの境に
<0018<といった記号を入れておくことがあります。

あとで役に立つことがあります。
それから、読むときに墨字を使わない人たちにとっても
それが(墨字版の)何頁にあるのかがわかって
便利なことがあります。立岩


 
 
>TOP

◆◆2007/03/31 23:14
  [ml-prosemip 3887] 補足(Re: [ml-prosemip 3884] 引用のときの小技

> 私は、引用に際し、例えば
> 18ページと19ページの境に
> <0018<といった記号を入れておくことがあります。

誤解はないかと思いますが、論文などには
こんなものはつけません。

A:自分が論文作成のための資料として引用したところ
より
B:論文では短く引用するとしましょう。そうした場合
Aで 例えば「……」(pp.11-12)と記してあったとして、それよりも
短い引用であるB は pp.11-12 なのかp.11なのかp.12なのか
わからないといったことか起こりうるので、ということです。
もちろん現物にあたればよいのですが、それがすぐにはない
ということがしばしばあるので。

こまかいことについてのこまかい補足でした。すいません。
立岩




UP:200701 http://www.arsvi.com/ml/2007p.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)