HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科「公共」領域院生宛・2006 4/7

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4
2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7


立命館大学大学院先端総合学術研究科

天田さん発「公共」領域院生宛・2006


◆◆2006/08/31 12:42
  [ml-prosemip 2595] 樋澤さん作成資料
◆◆2006/08/31 08:12
  [ml-prosemip 2594] YSK関連
◆◆2006/08/30 23:54
  [ml-prosemip 2593] 出版関係
◆◆2006/08/30 23:46
  [ml-prosemip 2592] 9/2森岡研×立岩研関連
◆◆2006/08/30 22:47
  [ml-prosemip 2591] 9/2関連堀田7/29
◆◆2006/08/30 21:34
  [ml-prosemip 2589] 研究会について
◆◆2006/08/30 21:07
  [ml-prosemip 2588] 9/2堀田研関連
◆◆2006/08/30 20:49
  [ml-prosemip 2587] 論文等支援体制関連
◆◆2006/08/28 20:22
  [ml-prosemip 2577] 明日(29日)大阪・くすのき研+
◆◆2006/08/25 00:03
  [ml-prosemip 2565] 26〜立岩予定
◆◆2006/08/24 12:13
  [ml-prosemip 2561] アジ研HP更新・『アフリカレポート』公開
◆◆2006/08/24 11:16
  [ml-prosemip 2560] 文献表作成関連
◆◆2006/08/24 11:05
  [ml-prosemip 2559] 構築/構築主義
◆◆2006/08/23 10:47
  [ml-prosemip 2556] 本日+
◆◆2006/08/23 09:34
  [ml-prosemip 2555] NPO・寄付控除
◆◆2006/08/22 19:06
  [ml-prosemip 2554] 『アフリカとアジア――開発と貧困削減の展望』
◆◆2006/08/21 09:09
  [ml-prosemip 2552] 良い死系×2
◆◆2006/08/19 20:22
  [ml-prosemip 2551] 中学生向けの…
◆◆2006/08/19 19:41
  [ml-prosemip 2550] 9/2の前半関連の文章
◆◆2006/08/19 17:46
  [ml-prosemip 2549] 本の紹介一つ追加
◆◆2006/08/18 11:20
  [ml-prosemip 2542] 本日これから+1
◆◆2006/08/17 21:58
  [ml-prosemip 2538] 文献紹介ファイル作成法
◆◆2006/08/16 18:43
  [ml-prosemip 2532] バイト募集
◆◆2006/08/16 18:37
  [ml-prosemip 2531] (近頃の)歴史系関連
◆◆2006/08/16 18:26
  [ml-prosemip 2530] 8/19 8/20 ボリビア映画祭・京都 ウカマウ集団特集
◆◆2006/08/16 10:52
  [ml-prosemip 2528] 25日・福岡
◆◆2006/08/15 20:06
  [ml-prosemip 2527] 18日・他
◆◆2006/08/14 12:41
  [ml-prosemip 2526] 18日にしようかと
◆◆2006/08/14 10:31
  [ml-prosemip 2522] 研究科HP更新の件
◆◆2006/08/13 23:57
  [ml-prosemip 2519] 答ではないですが(Re: [ml-prosemip 2518] 質問:注意欠陥障害(ADD)について)
◆◆2006/08/13 22:57
  [ml-prosemip 2516] 田島本刊行
◆◆2006/08/13 21:39
  [ml-prosemip 2514] Re: [ml-prosemip 2513] 難病と在宅ケア
◆◆2006/08/13 15:52
  [ml-prosemip 2512] 闘病記
◆◆2006/08/13 14:12
  [ml-prosemip 2511] 精神系
◆◆2006/08/12 00:27
  [ml-prosemip 2506] 『年報医事法学』掲載
◆◆2006/08/12 22:51
  [ml-prosemip 2504] 昨年の東大COE報告掲載・他
◆◆2006/08/12 16:46
  [ml-prosemip 2500] 9/2関連
◆◆2006/08/12 16:29
  [ml-prosemip 2499] 言葉を集めておく・等
◆◆2006/08/12 14:02
  [ml-prosemip 2497] 川口ファイル更新・他
◆◆2006/08/12 11:33
  [ml-prosemip 2495] 9/16 9/30 於:東京
◆◆2006/08/12 08:55
  [ml-prosemip 2493] 本(含『年報医事法学』)
◆◆2006/08/11 11:57
  [ml-prosemip 2489] 人×3
◆◆2006/08/11 09:54
  [ml-prosemip 2487] 『社会政策学会誌』第3号・第7号・他
◆◆2006/08/10 11:49
  [ml-prosemip 2485] 本→学校(明日)
◆◆2006/08/10 10:05
  [ml-prosemip 2484] 『社会政策学会誌』第2号
◆◆2006/08/08 23:46
  [ml-prosemip 2483] 公共部屋へ
◆◆2006/08/08 22:24
  [ml-prosemip 2481] 『社会政策学会誌』第4号
◆◆2006/08/08 08:57
  [ml-prosemip 2478] 学会
◆◆2006/08/07 23:00
  [ml-prosemip 2477] 『社会政策学会誌』第11号
◆◆2006/08/06 23:07
  [ml-prosemip 2474] 7日・他
◆◆2006/08/06 16:18
  [ml-prosemip 2473] 『社会政策学会誌』第1号
◆◆2006/08/06 08:52
  [ml-prosemip 2472] では9月2日に
◆◆2006/08/05 22:24
  [ml-prosemip 2470] Re: [ml-prosemip 2469] 男女同一(価値)労働同一賃金
◆◆2006/08/05 13:27
  [ml-prosemip 2463] 全国各地の現在の気温・他
◆◆2006/08/05 12:08
  [ml-prosemip 2462] 堀田問答続きについての提案
◆◆2006/08/05 10:48
  [ml-prosemip 2461] 堀田問(答)4
◆◆2006/08/05 10:44
  [ml-prosemip 2460] 堀田問答3(消極的自由/積極的自由・2)
◆◆2006/08/05 10:38
  [ml-prosemip 2459] 堀田問答2(積極的自由/消極的自由)
◆◆2006/08/04 23:55
  [ml-prosemip 2456] お礼+ YSK3通
◆◆2006/08/04 21:13
  [ml-prosemip 2454] 7日・8日(続)・他
◆◆2006/08/04 20:45
  [ml-prosemip 2453] 『社会政策研究』 第5号・他
◆◆2006/08/04 18:31
  [ml-prosemip 2452] 『社会政策研究』
◆◆2006/08/04 13:41
  [ml-prosemip 2450] 11日『京都新聞』・他
◆◆2006/08/04 13:35
  [ml-prosemip 2449] 米沢本・他
◆◆2006/08/04 13:26
  [ml-prosemip 2448] ホームレス
◆◆2006/08/03 23:59
  [ml-prosemip 2444] 『現代思想』がホームレス
◆◆2006/08/03 23:54
  [ml-prosemip 2443] 夏にすること
◆◆2006/08/03 23:47
  [ml-prosemip 2442] お礼(Re: [ml-prosemip 2439] 主婦/パート/労働(日本))
◆◆2006/08/03 23:41
  [ml-prosemip 2441] 7日・8日
◆◆2006/08/03 23:33
  [ml-prosemip 2440] 短文×2
◆◆2006/08/03 15:16
  [ml-prosemip 2437] HPへの論文の一部掲載について
◆◆2006/08/03 07:52
  [ml-prosemip 2432] ヤング氏逝去[cefsと同文]
◆◆2006/08/02 23:26
  【青木発】[ml-prosemip 2428] Re: 一番簡単な方法
◆◆2006/08/02 23:11
  [ml-prosemip 2427] 一番簡単な方法
◆◆2006/08/02 22:00
  [ml-prosemip 2425] Re: Date: Wed, 2 Aug 2006 21:59:52 +0900
◆◆2006/08/02 20:34
  [ml-prosemip 2423] 科研費研究の成果(山本・青木・大谷)
◆◆2006/08/02 20:04
  [ml-prosemip 2422] データベースのために2(産・生関連)
◆◆2006/08/02 17:26
  [ml-prosemip 2420] データベースのために1(死ぬ関連)
◆◆2006/08/02 15:09
  [ml-prosemip 2419] 以前作った案
◆◆2006/08/01 09:09
  [ml-prosemip 2417] 1日・7日
◆◆2006/07/31 20:48
  [ml-prosemip 2416] 続:山本さん・村上(潔)さん
◆◆2006/07/31 20:35
  [ml-prosemip 2415] 8/1・李さん・他
◆◆2006/07/31 19:28
  [ml-prosemip 2414] 本さがしに役立つページ
◆◆2006/07/31 17:44
  [ml-prosemip 2413] 調査についての座談会
◆◆2006/07/31 17:19
  [ml-prosemip 2412] 「使えるページを楽して作る」
◆◆2006/07/31 16:46
  [ml-prosemip 2411] 『これからホームページをつくる研究者のために』
◆◆2006/07/30 13:55
  [ml-prosemip 2408] JALSA滋賀県支部準備会
◆◆2006/07/29 11:23
  [ml-prosemip 2406] 堀田問答1続(Re: [ml-prosemip 2395] Re: 堀田問答1(権利と義務))
◆◆2006/07/29 11:12
  [ml-prosemip 2405] 「主婦戦線」4
◆◆2006/07/29 10:13
  [ml-prosemip 2404] 掲載(Re: [ml-prosemip 2362] お詫び+人口のこと+今週)
◆◆2006/07/28 13:05
  [ml-prosemip 2401] 7/29・8/1
◆◆2006/07/27 23:03
  [ml-prosemip 2399] 「主婦戦線」3
◆◆2006/07/27 22:38
  [ml-prosemip 2398] 「主婦戦線」2
◆◆2006/07/27 10:06
  [ml-prosemip 2397] 「主婦戦線」
◆◆2006/07/26 10:50
  [ml-prosemip 2394] 今週追加・乞連絡・他
◆◆2006/07/26 00:08
  [ml-prosemip 2392] 堀田問答1(権利と義務)
◆◆2006/07/25 22:06
  [ml-prosemip 2391] 今年度後期第一次案
◆◆2006/07/24 23:52
  [ml-prosemip 2388] 今週面談等
◆◆2006/07/24 14:30
  [ml-prosemip 2386] 秋の企画の日程伺い
◆◆2006/07/24 10:51
  [ml-prosemip 2384] はい(Re: [ml-prosemip 2378] 提案:生命関係の映像資料のデータベース化)
◆◆2006/07/24 10:15
  [ml-prosemip 2383] 『ケアの社会倫理学』
◆◆2006/07/24 01:50
  [ml-prosemip 2380] 「『病いの哲学』について・2」
◆◆2006/07/23 18:51
  [ml-prosemip 2375] 返信(Re: [ml-prosemip 2374] Re: スー・ロドリゲスのドキュメント)+
◆◆2006/07/23 17:57
  [ml-prosemip 2373] YSK3通
◆◆2006/07/22 12:13
  [ml-prosemip 2372] ペンケース
◆◆2006/07/21 07:35
  [ml-prosemip 2371] 公共論史2006:06(おまけ)・他
◆◆2006/07/21 07:27
  [ml-prosemip 2370] 人
◆◆2006/07/18 11:47
  [ml-prosemip 2362] お詫び+人口のこと+今週
◆◆2006/07/17 20:36
  [ml-prosemip 2355] 公共論史2006:05・他
◆◆2006/07/17 16:47
  [ml-prosemip 2354] 被害者学文献表
◆◆2006/07/15 15:31
  [ml-prosemip 2350] 自己語り・No.?(Re: [ml-prosemip 2226] 私を語ることについて)
◆◆2006/07/14 22:25
  [ml-prosemip 2349] ミノウ『復讐と赦しのあいだ』他
◆◆2006/07/14 08:19
  [ml-prosemip 2345] 8月・9月
◆◆2006/07/14 07:14
  [ml-prosemip 2344] 同文(= [ml-bc-life 1018] 掲載(Re: [ml-bc-life 1003] 戦後日本病人史、他一冊))
◆◆2006/07/13 23:59
  [ml-prosemip 2343] 公共論史2006:04
◆◆2006/07/13 15:29
  [ml-prosemip 2339] 明日(金曜)
◆◆2006/07/12 22:40
  [ml-prosemip 2335] 文献→長谷川さん
◆◆2006/07/12 22:03
  [ml-prosemip 2334] バイト募集
◆◆2006/07/12 21:47
  [ml-prosemip 2333] 基本所得っぽい話
◆◆2006/07/12 21:22
  [ml-prosemip 2332] 失礼・再送
◆◆2006/07/12 21:02
  [ml-prosemip 2331] Re: [ml-prosemip 2328] 本日
◆◆2006/07/11 09:05
  [ml-prosemip 2328] 本日
◆◆2006/07/11 08:49
  [ml-prosemip 2327] 情報追加(Re: [ml-prosemip 2326] 『戦後日本病人史』他)
◆◆2006/07/11 08:32
  [ml-prosemip 2326] 『戦後日本病人史』他
◆◆2006/07/10 09:13
  [ml-prosemip 2324] 訂正: [ml-prosemip 2323] 身体と私
◆◆2006/07/10 09:06
  [ml-prosemip 2323] 身体と私
◆◆2006/07/10 00:18
  [ml-prosemip 2322] 記憶について書くあるいは私を交えて書く書き方
◆◆2006/07/10 00:05
  [ml-prosemip 2321] 言い忘れたこと(+の手前まで)
◆◆2006/07/09 09:21
  [ml-prosemip 2320] 御礼・他
◆◆2006/07/09 08:00
  [ml-prosemip 2319] 急ぎのお願い・本日
◆◆2006/07/08 12:19
  [ml-prosemip 2313] 『働く/働かない/フェミニズム』
◆◆2006/07/08 07:50
  [ml-prosemip 2307] 聞き取り調査系(本日)
◆◆2006/07/07 20:31
  [ml-prosemip 2306] 本日・及び
◆◆2006/07/07 08:46
  [ml-prosemip 2302] Re: [ml-prosemip 2300] 院内HP更新
◆◆2006/07/07 07:42
  [ml-prosemip 2301] 7〜9
◆◆2006/07/06 16:56
  [ml-prosemip 2299] 明日用(立岩)
◆◆2006/07/05 18:39
  [ml-prosemip 2298] Re: [ml-prosemip 2297] Re(続:) [ml-prosemip 2296] Re: べてるの家
◆◆2006/07/05 18:24
  [ml-prosemip 2297] Re: [ml-prosemip 2296] Re: べてるの家
◆◆2006/07/05 14:05
  [ml-prosemip 2294] 「金そして/あるいは命」系
◆◆2006/07/05 10:40
  [ml-prosemip 2292] べてるの家
◆◆2006/07/04 20:54
  [ml-prosemip 2289] 「超高齢時代の人工透析」
◆◆2006/07/04 10:54
  [ml-prosemip 2287] 7日用とりあえず掲載
◆◆2006/07/04 10:11
  [ml-prosemip 2286] 藤谷作成資料更新
◆◆2006/07/04 00:28
  [ml-prosemip 2285] 7日
◆◆2006/07/03 14:04
  [ml-prosemip 2281] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 4
◆◆2006/07/03 10:33
  [ml-prosemip 2278] 音楽療法関連本
◆◆2006/07/02 20:43
  [ml-prosemip 2277] 関係した本幾つか


 
 
>TOP

◆◆2006/07/02 20:43
  [ml-prosemip 2277] 関係した本幾つか

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006044.htm
昨日到着。ただ東大出版会のこのシリーズはすすめられません。

あと、このところ分担執筆などで関わった幾冊かの紹介
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006008.htm

任期中は謝金受け取れないことになっている助手の
人含め、私が関係した本、なんでも
http://www.arsvi.com/0w/ts01/00b.htm
労働と交換します。だいたい1時間で1000円分。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/03 10:33
  [ml-prosemip 2278] 音楽療法関連本

たまたま知りました。どんな本だか知りません。

『フィールド・オブ・プレイ――音楽療法の「体験の場」で起こっていること』
キャロライン・ケニー著、近藤里美訳、春秋社、2006.6、ISBN:4393935047

坂下さん、こっちで買ってもよいですよ。

また本(等)お買い求めの際は
http://www.arsvi.com/0b/a.htm
からよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/03 14:04
  [ml-prosemip 2281] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 4

今週7日になにかはなすか、ということにも関係し
「公共論史」のまとめという性格もこめ、
以下。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm

この間(かん)このMLでの話題になった
「承認」といった主題にも
下の方にあるいくつかの「補記」は関係します。

とりあえず本の一部になるものですが、
もっときちんとさせて、だいたいこんな感じで
考えていきますという文章にしていきたいと
思っています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/04 00:28
  [ml-prosemip 2285] 7日

7日は、
http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0707.htm
です。
通常の公共論史はありませんが、この研究科の企画です。
で、この日に1こま分はやったという計算で

私のメモ、いまやってます。
明日の午前までにはいったん載せようと思います。
(午後から会議あるんで。)

14日、公共論史の最後(2コマ続きの7回目)ということでよいかと。
(2×7+1=半期15回

21日、西川先生が、みなの報告が終わらないということで
この日も行なうというふうに聞いています。

有吉さんそういうことで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/04 10:11
  [ml-prosemip 2286] 藤谷作成資料更新

(小林さん経由の)藤谷さんからのファイルで
http://www.arsvi.com/0fm/g02.htm
http://www.arsvi.com/0fm/g021990.htm
を更新。藤谷さんどうも。これ(とくに下のファイル)を
どんどん詳しく大きくしていくことです。

リンクの関係などでとりあえず私のところにおいてあります。

HP運営委員の方、藤谷さんの了解「得られれば」
「院生」のところに藤谷の頁作って、
上記のファイルリンクさせてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/04 10:54
  [ml-prosemip 2287] 7日用とりあえず掲載

どうも急がしくっていけません。

> 7日は、
> http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm

関連の
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0707.htm
とりあえず掲載しました。これから
文章にしていきます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/04 20:54
  [ml-prosemip 2289] 「超高齢時代の人工透析」

以下、熊本大学の粂(くめ)さんより。

http://www.arsvi.com/0a/y01.htm
のMLに加入すると、こういう(くらい)情報
を得ることができます。立岩

――以下――

連載が一段落しましたので、ご紹介しておきます。

医療ルネッサンス 「超高齢時代の人工透析」

主治医に「自然に逝きたい」 (2006年6月26日)
治療継続 心臓に重い負担  (2006年6月27日)
「中止」決断 穏やかな最期 (2006年6月28日)
最期は「家でゆっくり」   (2006年6月29日)
心と体のうつ治療も大切   (2006年6月30日)
中止すべきか?重い決断   (2006年7月 3日)

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060626ik01.htm
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060627ik01.htm
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060628ik01.htm
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060629ik01.htm
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060630ik01.htm
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060703ik01.htm


――以上――


 
 
>TOP

◆◆2006/07/05 10:40
  [ml-prosemip 2292] べてるの家

昨日、ぶらっとやってきた塚原さんとの
話の一部に出てきたので。

http://www.arsvi.com/0d/beteru.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002008.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002009.htm

あと、こないだの研究会(BAS)で吉村さんが
辛口のコメントをされていましだが、あたってる
ところあると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/05 14:05
  [ml-prosemip 2294] 「金そして/あるいは命」系

有吉さんどうも。

> 透析患者さんの冊子(全国腎臓病協会が出しているもの)の最初の
> 分からのつづり(1972年からの分です)をお借りすることができました。

これはよい資料だと思います。

私の知りあいの知り合いという人が全腎協の
事務局員をしているので、そちらを
介していろいろ集めたり、話をうかがったりすることも
できるとも思います。最近の機関誌は送ってもらっています。

こないだの研究会(BAS)でアルビノについての報告をされた
矢吹さんが、アルビノは金もかからないし、命にもかかわらないから
研究するのが難しいとおっしゃってましたが
至言であると思いました。

ひじょうにあざとい言い方になりますが、
金そして/あるいは命にかかわる主題は
楽で、おもしろいところがあります。
(もちろん、同時に、ひじょうに、暗く、滅入る話でもあります。
透析をめぐるもろもろはほんとにそういうことのようです。)

調査・研究することがたくさんあり、その結果を示す意味・意義もあります。
それに比して、直接に金にも命にもかかわらない主題は
調理法が難しいわけです。(やってはいけないということでは
けっしてなくて、難しいということであって、うまくいったら、えらい、拍手
ということになります。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/05 18:24
  [ml-prosemip 2297] Re: [ml-prosemip 2296] Re: べてるの家

ようやく文章作成作業にはいってまして
それで、とりあえずなんですが、樋澤さんどうも。

直接のお答えになっていないのですが

一つ、べてるは「受ける」(けど、ほかはそんなに
受けない)という現象をどう読むか。
もはや万人に愛されている(ということはないか)
ということになると、それはいったい
いかなることかということ。
そして、ほかはそんなに受けないのはなぜかという問い
に対する答の一つはとても単純な答は
その「ほか」のところが攻撃的であるからでしょう。
さて、というあたりからが考えどころです。

もう一つ、「語ること」
cf.
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2226
「私」を語るというのはちょっと違うのですが
語ることが肯定的に捉えられることと、
語らせられるというように否定的


 
 
>TOP

◆◆2006/07/05 18:39
  [ml-prosemip 2298] Re: [ml-prosemip 2297] Re(続:) [ml-prosemip 2296] Re: べてるの家

すいません。途中で送信されてしまいました。
(最近こいういうことがしばしば。)

> もう一つ、「語ること」
> cf.
> http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2226
> 「私」を語るというのはちょっと違うのですが
> 語ることが肯定的に捉えられることと、
> 語らせられるというように否定的

から。

語ることが肯定的に捉えられることと、
語らせられるといように否定的、批判的に語られることがある。
後者にもいろいんな言い方があって
例えば、まさに語らせ「られている」という言い方
それと関係するけれども、「型にはまっている(はめられている)」
という言い方。

その関連で、うまく(その型に)はまる人もいるけど、そうでもない人がいる
という話は出てくる。実際そういうことは多々ある。
ただそれに対しては答は用意されていて、それはそうです、と。
これが唯一のやり方ではない、他にいろいろあってよいと
言われる。そしてそれは正解ではある、ということ。



で、最初の一つに戻ると、「受ける」のはよい
としましょう。(そして、なにににせよ受けると、
突っ込みは入るわけで、そういうものに
いちいちつきあう必要もない。)
ただ、私は、あまのじゃくなので、他は受けないけど、
あれは受ける
という現象の幾つかに、あまりうれしくないものを
感じてしまうところがあります。
2回に分けて本を紹介した、その次の回に
書いていることもそういうことです。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002010.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/06 16:56
  [ml-prosemip 2299] 明日用(立岩)

cefsに配信したものとまったく同文。あしからず。

――以下――

とりあえず
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm

今日これから仕事して、HPの方も
できれば本日中に1、2度更新したいと思います。
明日は印刷してもっていきます。では。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/07 07:42
  [ml-prosemip 2301] 7〜9

http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm

という予定です。もうまちがえている人ないと
思いますが、きょうは
いつもの公共論史ではありません。

http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072e.htm
いくらか加えました。
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm

明日以降も厳しいスケジュールでございます。
http://www.arsvi.com/#s
ここに21〜22のイベント、掲載しました。(→大野さん他)

午前中に研究室に行って、印刷やらします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/07 08:46
  [ml-prosemip 2302] Re: [ml-prosemip 2300] 院内HP更新

> BASの報告資料、MLで流れたパライス関連の資料、
> さらに追加しました。
>
> http://coreethics.kir.jp/

小林さんありがとうございます。

9日の香西さんの資料は参考までということで
(私のところには印刷されたものがあと数点送られてきて
います)、彼女は今年中に博論出せねばならん
そうなので、9日は、単刀直入に、博論何書くんですか?
というところからはいることになろうかと。

8日の資料はどうなってるでしょうかね。
(とりあえずアップしてもらい、あとでさしかえというのも
ありかと。よいことだとは思いませんが、私は
こういうことばかりしています。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/07 20:31
  [ml-prosemip 2306] 本日・及び

本日はみなさんごくろうさんでした。海風
おつきあいした方がよいのではあろうと
思いつつ、さまざまに締切り過ぎた原稿ためてて&
明日明後日もありますので、帰らせていただき
ました。

今日の話はまた別の機会に、ですが
私が配った原稿は、とくに『(本)』という方の
「補記」は、一つ一つの部分の位置づけがわからないでしょうから
なんのこっちゃというところはあると思いますが
「公共論史」の受講者のみなさんなど、いちおう
全体に目を通していただければと思います。
以下に同じものがあります。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm

このMLでの
「承認・労働・自由時間・所得・生産能力」
というながいタイトルの議論?にも関係あります。

『(本)』の前半の方は、こういう当たり前の話ばかりしては
いけないと北本さんに言われて、もっとも。
ですが、そこんとこがなかなか…。
まあ、何かを論じているというよりは、私はこういう
位置でものを言うつもりですという、名刺代わりのような
ものだと考えてくだされば。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/08 07:50
  [ml-prosemip 2307] 聞き取り調査系(本日)

*ほとんど同じメイルをcefsにも出します。あしからず。

今日明日
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm

で、今日(8日)の報告2つの後、
植村さんの提案を受けて、聞き取り調査とそれを使った研究
についての質疑応答というのをやります。
天田さんが出てくれます。私もいます。

今月のこと
http://www.arsvi.com/#s

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/08 12:19
  [ml-prosemip 2313] 『働く/働かない/フェミニズム』

とくに思い入れもないのですが
昨日の主題とも関係はし
いちおう
http://www.arsvi.com/b1990/9109ot.htm
更新。最初の池田さんの文章の紹介は
村上(潔)さんがやってくれてて、今日
加えたのはその下の部分。

解説はまたのちほど。ただ
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
での記述は若干一面的でした。

だんだん学校に行きます。小林さん他どうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/09 08:00
  [ml-prosemip 2319] 急ぎのお願い・本日

今日のBASの後半〜
村岡潔さん(仏教大学教員)・大林雅之さん(京都工芸繊維大学教員)
がいらっしゃる可能性があるという連絡もらってます。
がくじかんの鍵の問題がありますので
すいませんが、どなかか出る人
「私あて」に携帯の番号教えてください。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/09 09:21
  [ml-prosemip 2320] 御礼・他

携帯教えてもらいました。北村さん感謝。

cf.
村岡潔
http://www.arsvi.com/0w/mrokkys.htm
大林雅之
http://www.arsvi.com/0w/oobysmsy.htm

データなくてすみません。



安部さん、大谷(い)さん感謝。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/10 00:05
  [ml-prosemip 2321] 言い忘れたこと(+の手前まで)

本日は大谷(い)さんはじめごくろうさんでした。
話が長すぎたと不評であった立岩です。
すいません。

にもかかわらずもう一つ。あのとき言い忘れたこと。
こないだの審査のときと、今日の終わった後の飲み会のとき
ご本人には言ったんですが
文字に書かれたことに限定して追いかけることに
意味のある主題というのはあるのだと
思うけれども、今回のについてはその必然性はない。
言説の位置・効果を測定するということが目的で
ある場合、そして今回の主題については
存在したけれども
文字化・活字化されていない部分というのが必ず
残っている、とすると
そこを辿る必要というのはやはりあるのだろうと。
そのことは今日、丸山先生とも話をしていても出てきて
先生も、当時の方が、60歳代とかでまだ
記憶されている部分があるのだからと。
法学に限っても、法学の言説が法学者・実務者にどう受容
されていたかは、書かれた言説だけではわかりきらない
と、そしてまだ(あと10年後はわからない)
そのことを聞ける状況であると。
このたびの論文については、あれでよいとして
考えておく必要、補う必要はあるのだろうと。

昨日の研究会で、聞いた話をどう書くかという
話もあって、そのことも続けてと思いましたが
これはまた別便で。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/10 00:18
  [ml-prosemip 2322] 記憶について書くあるいは私を交えて書く書き方

続き。

昨日、やはり研究会のあとの飲み会で
植村さんと話していて。

本人も覚えてないというかあやふやなことがあり
別の資料からは事実は別であることがわかる
といったことがある。
たとえば本人は半年だと思っていたが、実際には
1年半であったと。
そのときに、前者は間違いだったので、後者を書く
という書き方もあるだけれども、
そのずれが意味をもつような場合があるだろうと。

そうした場合、一つに、そういうことに関わる
やりとりそのものを、
(地の文に書くにせよ、自分の質問を交えた会話として
引用するにせよ、他のやり方にせよ)
文章に書いてしまう
という書き方もあってよいのだと思うとそのときに
言いました。

あの人がこう言った、それを聞いて私はこう思って
そうしてまた聞いたら、その人はこう言った
というようなことを書くことに意味のある「ことがある」
だろうと。

こう聞いた、で、これこれ思ったので、そう言ってみた
が、本人は、それは違う、と言った。それで、…
そのようにして書かれた文章は論文でない、という
言い方は、基本的にはまったくもって間違っているだろうと。

そんなことを思って、昨日言いました。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/10 09:06
  [ml-prosemip 2323] 身体と私

7日の研究会における伊藤さんの報告に関連して。

「いつも私が私の身体を道具として使えるのなら、それはそれでかまわない
――同じことをこれから何度か述べるが、そこでは問題とされるべき問題
は既に消失してしまっている。だがそうはできない時、侵襲される時、身体
の受動性が受動的であることによって否定される時、それをさらに否定し
きれずになお切り抜けようとなされることは、(例えば性的な)関係を断つ
こと、その関係を特殊なものとして他の関係から切り離すこと、私自身が
能動者として振る舞うこと、他者によってではなく私によって私を制御する
ことによって劣位を否定すること、あるいは私を、私の身体を私の本体から
切り放すことである。これらは論理的な可能性を網羅した対応であり、例えば
フェミニズムは厳密に論理的にこれらの一つ一つを試みていった◆03。
それらの戦術の少なくともいくつかは実際に有効であり、有効であり続ける
だろう。しかし、単に否定を否定することの可能性も残されてはいる。
本書は、間接的にではあるが、その可能性を考える試みでもある。」
(『私的所有論』第4章1節3 p.110)
◆03 cf.A.Dworkin[1983][1987=1989]、松浦理英子[1992]、吉澤夏子[19
93]、村瀬ひろみ[1996]、等。」(同書p.165)

井上 輝子・上野 千鶴子・江原 由美子 編 1995b
  『セクシュアリティ』、岩波書店、日本のフェミニズム6、256p.
松浦 理英子 1992 「嘲笑せよ、強姦者は女を侮辱できない――レイプ再考」、
  『朝日ジャーナル』1992-4-17
  →1995 井上輝子他編[1995b:140-144](一部省略)

杉田 聡 20030520 『レイプの政治学――レイプ神話と「性=人格原則」』,
明石書店,296p. ISBN:4-7503-1735-7 2800
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4750317357/ryospage03-22

最後の本は私読んでないです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/10 09:13
  [ml-prosemip 2324] 訂正: [ml-prosemip 2323] 身体と私

> 7日
でなく8日でした。

さきのメイルに関連するような文献まとめてくれたら
バイト代出せます。

あと私が関係した本と労働の交換、
ほとんどすべての本について可です。
http://www.arsvi.com/0w/ts01/00b.htm

cf.
http://www.arsvi.com/0ds/sex-m.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/11 08:32
  [ml-prosemip 2326] 『戦後日本病人史』他

川上 武 編 20020325 『戦後日本病人史』,農村漁村文化協会,
804+13p. 12000
について生命MLに配信されたメイルへの返信を、以下ここにも。
下の方はバイトよびかけ。

――以下――

立岩です。

> 「戦後日本病人史」

松本にいたとき、執筆者の一人(上田の方であったか
存知あげない方でした)という方から
おくっていただいてもっております。
いわゆる在野の人ふくめ
川上さんのもとに集まった人たちが分担して書いた
という本で、横田さんおっしゃるように
「細部まで行き届いていない」「平板」というのは
おっしゃるとおりだと思います。
もっと詳しく調べて書くか、
筋を見出すか、いずれかあるいは両方である必要があった
本でありましょう。

そういえば
http://www.arsvi.com/0b/0b.htm
いいかげんに作って数年来ほっといてあります。
このリストと院生室に置く本を対応させて
みなさんの利用に供したいと思っているのですが
どなたかバイトでリスト作成の続きしませんか。

*思いついて、このメイルは公共のMLにも出すことに
しました。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/11 08:49
  [ml-prosemip 2327] 情報追加(Re: [ml-prosemip 2326] 『戦後日本病人史』他

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003035d.htm
こんなファイル作っていたことすっかり忘れてました。

あと上記の文章(の全体)がはいっている
http://www.arsvi.com/0m/gs200313.htm
はこの研究科で作った特集のようなもんなんで
買ってください。私に注文してくれれば
1000円でお頒けできます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/11 09:05
  [ml-prosemip 2328] 本日

本日13時教授会
その前に大谷(通)、後に長谷川。

私の部屋の書類整理・ファイリングのバイト
したい人、面談中も来訪可。
(山口さん、やりたいっておっしゃってませんでしたっけ?)

連絡できていない人、幾人かいますが
いましばらく。今週中にたまった仕事をなんとかと。



今週の公共論史についてはまたメイルしますが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm
読んで、質問点・批判点考えておいてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/12 21:02
  [ml-prosemip 2331] Re: [ml-prosemip 2328] 本日

以下、の下はHPには掲載しません。

――以下――


 
 
>TOP

◆◆2006/07/12 21:22
  [ml-prosemip 2332] 失礼・再送

以下、の下はHPには掲載しません。

――以下――


 
 
>TOP

◆◆2006/07/12 21:47
  [ml-prosemip 2333] 基本所得っぽい話

10日に送った原稿。
http://www.arsvi.com/ft/ts03/2006021.txt
ここをクリックするとID、パスワードを
聞いてくるはずなので、
さきほどのID、パスワードで。
ご参考まで。

cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
ただしここに書いた話(の上記に関わる部分)は
すこし訂正した方がよいと思っています。

なんでこういうメイルを頻繁に出したりするかについては
幾度か申し述べたと思いますが、また
あとで繰り返します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/12 22:03
  [ml-prosemip 2334] バイト募集

ようやく片付ける(ために指図する)時間がすこし
出てきたかも、なので、
バイト募集。たまった郵便物(冊子等)等の整理など
比較的単純な仕事。
あと本の書誌情報の入力など。(やり方教えます。)
入力できたら、ジャンル別に、本を院生室に移動することも
考えています。

今週明後日(金曜)に学校に行くので、そのときに説明し
始めてもらっても、その後でも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/12 22:40
  [ml-prosemip 2335] 文献→長谷川さん

細田さん本人からのファイル差し替え依頼
(ときどきあります)
で以下更新
http://www.arsvi.com/0w/hsdmwk.htm
したところ、一番下の文献、長谷川さんに
関係ありそう。いちおう読んでください。

返信ください&それから資料作成よろしく→長谷川さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/13 15:29
  [ml-prosemip 2339] 明日(金曜)

明日(14・金)

10時 大谷(通)

13時〜2コマ続きで 公共論史
別便でもお知らせしようと思いますが
お渡してしてある本
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm
それから下記ページのとくに前半
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm
読んで、質問・批判を考えてもってきて
ください。

他に面談希望者、あいてる時間可。
今日中に申し込んでください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/13 23:59
  [ml-prosemip 2343] 公共論史2006:04

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のML*と、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちにbccで配信されています。

14・金曜は別便でもお知らせしましたように
拙著および拙稿に対する批判・質問をもってきてください。

あと、ついでに。出版社のサイト(最近のは私のHPの
会員限定のところ)に掲載されている「人間の条件」
なる(編集部が命名)連載も見ていただけるとありがたい
です。

21・金、当初、西川先生がこの日つかわれるということでしたが
体調面もあり、今回は行わないことに。
そこで、「公共論史」(他)やれないことはありません。
また相談します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/14 07:14
  [ml-prosemip 2344] 同文(= [ml-bc-life 1018] 掲載(Re: [ml-bc-life 1003] 戦後日本病人史、他一冊))

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <[略]>
To: <[略]>
Sent: Friday, July 14, 2006 12:10 AM
Subject: [ml-bc-life 1018] 掲載(Re: [ml-bc-life 1003] 戦後日本病人史、他一冊)



> 新田さんどうも。
>
> 本のファイルいちおう
> http://www.arsvi.com/b2000/0203kt.htm
> 各章の紹介など掲載してもよいです。
>
>> 『戦後日本病人史』『公共哲学19−健康・医療から考える公共性』の2冊
>
> 一部繰り返しになりますが、私は、両方とも
> 別の意味で、あまり評価できません。
> 前者については、ちょっとがんばれば、みなさんなら
> もっとよい博士予備論文書けるでしょう。
>
> 後者については、そのシリーズの全体について。
> http://www.arsvi.com/ml/2006p4.htm#2277
> 私の発言は以下。
> http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006044.htm
>
>  *生命のMLと公共のML、一緒にしてしまった方が
>   らくで、私は、よいです。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/14 08:19
  [ml-prosemip 2345] 8月・9月

8/26 27 BAS兼P演習

8/29 大阪で楠敏雄さん
http://www.arsvi.com/0w/ksnktso.htm
たちの小さい集まりに呼ばれてしゃべる
(院生等も参加可能、のはず。)

9/2 立命館・衣笠で
大阪府立大学森岡正博研
http://www.arsvi.com/0w/mrokmshr.htm
と合同演習(未確定)

9/18 大阪で
http://www.arsvi.com/0p/et-2006.htm
関係集会

以上とりあえず。詳細については後ほど
情報提供します/あるでしょう。

 *本日は今のところ予約は大谷(通)。
   バイト関係で山口さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/14 22:25
  [ml-prosemip 2349] ミノウ『復讐と赦しのあいだ』他

本日は、大谷(通)、橋口(打ち合わせ)
授業はさんで、小宅、山口(バイト+)

で山口さんと話していて、
書名思いだせず、かつ本棚になかった本
(だれかもっていっていませんか?)

マーサ・ミノウ『復讐と赦しのあいだ』
cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005014.htm

今年の何冊というばあい、できのよい本を
とは必ずしもかぎらず、この本、とても多くの人が
知らないんじゃないか、だから
という選び方をすることがあります。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/15 15:31
  [ml-prosemip 2350] 自己語り・No.?(Re: [ml-prosemip 2226] 私を語ることについて)

みなさんいろいろどうも。

自分が書いたものを忘れてることがよくあります。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005005.htm
(ちょっと関係する仕事してて思い出しました。)

以前配信田した以下のメイルの続き、および、
安部、大谷(い)、川口、諸氏の
続きまです。
ご参考まで。

返事出してないのいくつもあります。
すいません。

立岩

----- Original Message -----
From: "立岩真也" <[略]>
To: <[略]>
Sent: Friday, June 23, 2006 11:09 PM
Subject: [ml-prosemip 2226] 私を語ることについて


> 公共論史のあと、山口さんとすこし話をして。
>
>  1)自分を語ることについて と
>  2)他人について(他人のために)語ること
>  両方ともおもしろいのですが、ここでは1)について。
>
> (現代の)人は自分を語りたがってる、という話自体はずっとあるわけで
> これはいまさら、というところがある。ので、もうすこし
> 別の筋を考えてみるのがよい。
>
>  a自分を(肯定的に)語ることが肯定的に語られる場面と
>  bそのことが批判的に捉えられること
> この二つがどういう関係になっているのかということは前から
> 気にはなってきた。
>
>  bは例えばフーコーのラインで、もとを辿るとニーチェなのだろう、と。
> 私の本では『私的所有論』第6章の「主体化」という節を参照のこと。
> http://www.arsvi.com/1i.htm
> (リンクミスなどあり。)
> 語ることによる従属、というライン。
>
>  a他方で、語ることは肯定される。近頃だとナラティブ…って話が
> そうだけれども、最近に始まったことではなく、これもそれなりに
> 長い歴史がある。
>
>  そして二つともがもっともであるとすると、両者はどういうふうに
> 辻褄が合うのか、そして/あるいは、衝突するのか。
>  最も簡単な辻褄のあわせ方としては、(不当な)力に抗するものとしては
> 肯定される、力に取り込まれるときに否定される、という分け方が
> あって、まあたぶんそれで正解なのだが、そういう「おち」になるとしても
> もうすこしきちんとみておく必要はあるだろう。
>
>  で、そういうことについて調べてみるという手はあるかも。
>  とすると、自らを肯定的に(肯定するために)語ることが、
> どのように肯定されることとして現われてきたのかを、現われて
> いるのかを調べる、また、そういう流れに対する懐疑・批判も
> 現われてきているとすれば、それもまたどのように現われ、
> そして何を言うかを調べる、とか。
>
>  で、そのときにすこし言及したのが(上記とまたすこし違う文脈での
> 分析ではあるのだが)、樫村愛子
> http://www.arsvi.com/0w/ksmraik.htm
> http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002006.htm
>
> 以上とりあえず。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/17 16:47
  [ml-prosemip 2354] 被害者学文献表

大谷(通)さんから送ってもらった
ファイルにすこし手を加えとりあえず
http://www.arsvi.com/0e/c0120.htm
掲載。大谷さんどうも。

拙著と労働(の成果)との交換、の成果?でもあります。

→大谷(通)さん
60年代ぐらいからいちおうやっとく必要あるでしょう。
被害を受けやすい被害者、みたいな話が
いつごろまであったか、とか
(法的…)救済の話がいつごろから盛んになったか、とか
いろいろ

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/17 20:36
  [ml-prosemip 2355] 公共論史2006:05・他

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のML*と、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちにbccで配信されています。

14日は当方のつめがあまく、西川先生の
授業とバッティングしてしまい、両方出ている人には
ご迷惑をおかけしました。(西川先生の方に出ていただき
ました。)すいません。そんなこともあり、また

> 21・金、当初、西川先生がこの日つかわれるということでしたが
> 体調面もあり、今回は行わないことに。
> そこで、「公共論史」(他)やれないことはありません。
> また相談します。

と先日お知らせしました。そこで21日、補講というかんじ
で行います。ひとつにはみなさんの研究(計画)について。
とくにこの間研究会などで報告を聞いた人以外
の人を優先します。口頭でよしとしますが、紙くばり
たい人はどうぞ。その際は添付ファイルもよろしく。

あとこの日と翌日
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0721.htm
があり、ひょんことで?、私が代表の科研費プロジェクトも
共催というかたちになりました。
金曜のセッションの間は来客があるので出れないんじゃないかと
思いますが、飲み会にでも。

連絡すべきでまだできてない人数人
すみません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/18 11:47
  [ml-prosemip 2362] お詫び+人口のこと+今週

先週植村さん他に指摘され
チェックしたところ、限定エリアに掲載している
新刊の拙著、全体の3/4(も)入ってないことが
わかりました。出版社側になんからの手違い
があったのを、私がそのまま掲載してしまった
ことによります。すみません。
現在問い合わせ中です。なおったら
またお知らせします。



ついでに、そこ(限定の場所)に
http://www.arsvi.com/ft/ts03/2006071.txt
かなり乱暴な書きくちですが。

なんかすること思いつかない人、
このネタはけっこういけるはずです。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/p002.htm
(と拙著『希望について』pp.131-133をごらんください。
ここに載せたデータも上記のファイルにいれます。そのうち。)
cf.
ttp://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm
(の上から2/3ぐらいのところ。)



今週、今日明日は出張。
金曜、別便にてお知らせしたように13時から授業など。
その前、11時より谷藤。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/21 07:27
  [ml-prosemip 2370] 人

本日の催し
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0721.htm
関連でもあり、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw1/hrign.htm
を村上(潔)さん作ってくれましたが
そういうものは
http://www.arsvi.com/0w/0.htm
の一覧に、思いついたときに、載せています。
(もれているのたくさんあります。)
(人名で検索するとけっこうここのファイルが出てしまう場合
があり、かつ多くの場合データが貧弱なので、不評です。)

私の頁外にあるものについてはURL(http://…)
を記しています。そういうことに決めてしまうと
混乱しなくてよいような気がします。

「人」ファイルについては本研究科立ち上げのさいに
私のところにあった「洋物」データを、増補(おもに北本さん)の上
研究科のHPに移してもらい、
いちぶは更新してますが、ほっとかれているものも
多数あります。
(いちおう)勉強しとくべき人についての文献表など作るの
まずはすべきことでもありますから、みなさん
よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/21 07:35
  [ml-prosemip 2371] 公共論史2006:06(おまけ)・他

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のML*と、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちにbccで配信されています。

> 21日、補講というかんじ
> で行います。ひとつにはみなさんの研究(計画)について。
> とくにこの間研究会などで報告を聞いた人以外
> の人を優先します。口頭でよしとしますが、紙くばり
> たい人はどうぞ。その際は添付ファイルもよろしく。

ということで、既に7回(+ワークショップ半日)やりましたが
今日、おまけでもう1回やります。
どんなふうにこれから(夏以降)の仕事を各人が
進めていこうかというような話を、と思います。
ふだんこない人も可。
 
> あとこの日と翌日
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0721.htm
> があり、ひょんことで?、私が代表の科研費プロジェクトも
> 共催というかたちになりました。
> 金曜のセッションの間は来客があるので出れないんじゃないかと
> 思いますが、飲み会にでも。

ということで、ちょっと出ます。ただし「責任ある立場」では
ないので、この時間(飲み会の前)、必要であれば面談など可です。

> 連絡すべきでまだできてない人数人
> すみません。

いくつかしましたが、日時調整などについては
私の方に、(人によってはお手数ですが再度)
よろしく。

本日は11時より谷藤。その前から研究室にいる予定。
13時より上記。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/22 12:13
  [ml-prosemip 2372] ペンケース

私の部屋にペンケースおいていった人
あずかってます。(昨日、落とし主と推定される人に
渡そうと思って、もって帰ってきてしまいました。)

あと、連絡あるはずでない人います。

構想発表会期間間の昼休みなど面談可。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/23 17:57
  [ml-prosemip 2373] YSK3通

本日、さっき、良い死!研究会のMLに3通
http://www.arsvi.com/ml/2006y.htm
この種の情報ほしい人は加入してください。
立岩まで連絡ください。

その中にも出てきますが、公共論史での質問への応答で
http://www.arsvi.com/0p/et-can.htm
の話をすこししましたね。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/23 18:51
  [ml-prosemip 2375] 返信(Re: [ml-prosemip 2374] Re: スー・ロドリゲスのドキュメント)+

大谷(い)さんどうも。

>> http://www.arsvi.com/0p/et-can.htm
> スー・ロドリゲスのドキュメント

先週、植村さんの質問に、番組の音声を文字化することも
たまにあるけどみたいな話で出てきました。ただあれは
そのときも言いましたが、学生にビデオ見せている間って
ひまなので、そのときにすこし記録して、そのまま
ほっといてあるだけというものです。
よろしかったら続き、ありがたいです。

>ジョン・ホフセス
私の記憶でもそうです。誤記です。ご指摘どうも。

>日*原
氏については、その番組後の解説について、
「この人偉い人なんだけど
言ってることわけわかんないよね。」ってなことを
授業で言っていた、かもしれません。



http://www.arsvi.com/0p/et-can.htm
更新したのは
星野氏
http://www.arsvi.com/0w/hsnkzms.htm
の記述に「触発」されてのことです。

誰が、いつ、どこで、何言ったか
を押さえておく意味は、ときどきですが、
やはりあると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/24 01:50
  [ml-prosemip 2380] 「『病いの哲学』について・2」

みなさんどうも。返信すべきものはまた別便にて。
そのまえに、締め切り遅れていた原稿をなんとかあげたので
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006053.htm

私の場合、みなさんに伝えるべきことの
ほぼすべては、(わりあい私の「職務」を意識・自覚しつつ)
書いている文章に書いているつもりです
ので、そういうことで、よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/24 10:15
  [ml-prosemip 2383] 『ケアの社会倫理学』

みなさんいろいろどうも。
川本さんが表題の本、
http://www.arsvi.com/b2000/0508kt.htm
集中講義で使うとのこと
1800円か2時間の労働との交換で提供可。
連絡は立岩まで。

ちなみに上記ファイルからリンクするの忘れていますが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006008.htm
でふれています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/24 10:51
  [ml-prosemip 2384] はい(Re: [ml-prosemip 2378] 提案:生命関係の映像資料のデータベース化)

大谷(い)@もはや逃避かも 様 他

>映像資料のデータベースとかって

よいんじゃないでしょうか。私のところに
ある(もと)院生(名前は伏してくれと言われているので)
からダンボール2箱もらったビデオテープとかも
あります。

大谷(い)さん。一仕事終わったらいかがでしょう。
松原さんの科研研究の一環という筋もないでは
ないような。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/24 14:30
  [ml-prosemip 2386] 秋の企画の日程伺い

今日は一日メイル(やはり「メール」なんでしょうか)
書いて出して終わりそうな立岩です。

秋の西川科研・現文研(でよかったかと思いますが)
シンポジウム企画の日程
担当している人、立岩まで教えてください。
(西川先生にもそのように指示されていますので。)
金曜夕方とのことで、予備演習の日程を
それに合わせて動かさねばなりませんので。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/24 23:52
  [ml-prosemip 2388] 今週面談等

構想発表会期間中、
27日昼:大谷(い)
27日終了後:礒辺
がいまのところ。

この間、面談(等)希望あった人、すみませんが
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0725.htm
を参照のうえ、再度、申し込んでください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/25 22:06
  [ml-prosemip 2391] 今年度後期第一次案

小川さんお知らせありがとうございました。
その企画の名称とかいれてませんが、
(教えてもらえたらいれます)
とりあえず
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm
に掲載し、それにあわせてプロジェクト予備演習日程
をいれてみました。忙しい人が多いので、
早目の方がよかろうと。
こういうことでよろしいでしょうか?

あと幾つか学内/学外の企画ものも。
(リンクミスあります。そのうち。)

(そういうことでファイル更新させてもらいました→青木さん)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/26 00:08
  [ml-prosemip 2392] 堀田問答1(権利と義務)

堀田さんから10日にメール(と、やはり記すことにしようか)
をいただき、ずっと返事できなかったでした。すいません。
このMLの場を使わしてもらって、ぼつぼつと。

――堀田さん・1――

> 以前お送りさせていただきましたメールと、北田さんの「加害原理+正当化原理」による再配分の正当化(不)可能性をめぐる議論、そして立岩さんの『自由の平等』における消極的自由/積極的自由の区別への批判について、少し考えていることを書かせていただきたいと思います。
>
> 結論的には、立岩さんの「誰かの損失と誰かの利益とを比べるしかない」(『自由の平等』196)というご指摘に帰着するのですが、ただその際、「生産者」あるいは「行為供出者」の利益と、消費者あるいは被介助者の利益とを完全に同レベルにおいて比較することは困難であり、その点についての一定の留保が必要になるのではないか、と思います。
>
> ● 以前お送りさせていただいたメールで言いたかったことは、「他者に配分する義務」の適用条件について、他者に配分する義務は、労働の義務を履行する人(働いた人)自身の状況によって却下される場合があるのではないか、という点でした。つまり、当人自身の「生きる権利」が充足されてはじめて、その余剰分を提供する義務が課されうる以上、すべての人が「生きる権利」を同等に持つとしても、この権利を満たすための義務を履行した者は、他の人々の「生存権」に対して自分自身の「生存権」を優先できる(「すべての人の生きる権利」は、これに対応する義務を履行した者自身の「生きる権利」によって凌駕される)はずである、ということです。
>
> この優先順序が明らかになるのは、「逼迫した状況」でしかないという意味で、ぼくの議論には問題があります。上のような議論は、「トリアージ」の論理によって現に余裕のある状況での不当配分を正当化するような保守的な議論になっているとも言えるからです。
> ただ、その上で、この優先順序が、配分を否定しようとする人々の直感を説明するのではないかと思います。それはまた、「労働=労苦」であるから必要以上は働きたくない、という感覚を持つ人々にとっても説得力があると思います。

――立岩・1――

まず●のついている段落だけ。

「当人自身の「生きる権利」が充足されてはじめて、
その余剰分を提供する義務が課されうる」

というところですが、これは事実命題か規範命題かという問題が
あります。後者だとして、このことが言えるかどうか。
必ずしも言えないのではないかと私は思います。

  →ここは堀田さんの考えを知りたいところです。

私は、基本的には、権利と義務をいったん切り離してよく、
その上で、
α:権利はある
β:(αのために)義務はある
と言えるだろうと。

すると、
義務を履行してなくても権利はあるとも言えるだろうと。
ただ、義務を履行させるための手段として、権利の制約はありうる
だろうと。
だいたいこんな感じで言えるのではないかと思っているのですが。

私はわりとあっさりこのあたりを片付けているのですが、
なるほど、こういうことをこまごま
考えてみるのもよいかもしれません。

  →どの程度の議論がなされてるんでしょうかね。ものしりの人
  教えていただければ。


 以下、堀田さんの文章は

> ● 北田さんの「加害原理+正当化原理」について
> ● 「消極的自由」と「積極的自由」の区別について
> ● 「自分が必要なだけしか働きたくない」という感覚/生産者の「高価な嗜好」
   を否定し、その分を必要な人への配分のために供出させること
> ● 「誰かの損失と誰かの利益とを比べるしかない」(196)という点について。

 と続きます。続けて、引用させてもらいつつ、なにか書いてみるつもりです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/26 10:50
  [ml-prosemip 2394] 今週追加・乞連絡・他

小川さんどうも。

27日、大谷(い)、礒辺は既に連絡したとおり。
追加:29日、12時的場。

今週より前、連絡・面談希望もらった
人で返信できてない人います。必要なら
再度よろしく。

あと、樋口(義)さん宿題提出よろしく。

年末から年度末、死ぬほど忙しくなるのは
いやなので、今のうち、必要な人は
どうぞ。面談、演習形式、いずれも可。
今年はだいたい(くそ暑い、だろう)
京都にいることにしました。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/27 10:06
  [ml-prosemip 2397] 「主婦戦線」

堀田さん、崎山さんどうも。堀田さん、続きはあとで。
すいません。

村上(潔)さんが、「主婦戦線」
http://blog.goo.ne.jp/awindlikemusic/e/468b704a96451a8844ec006fd4b4e375
について調べていて
ここ数日、いくつかメイルのやりとりがあって

25日に、以下

――以下――

村上様

どうも。

> ・好んで主婦になった(なる)のではない。
> ・よって、「主婦性」・「主婦的状況」は「女総体」に課せられた抑圧構造
> である。
> ・それは個人が「抜けがけ」的(特権的)に「脱出」すればよいというもの
> であはない。
> ・もっとも抑圧されている「主婦」(特に子持ち専業主婦)からこそ、「女
> 解放」は考えられるべきだ。
> ・まずは自らの「主婦的状況」を確認せよ。

一つ一つの命題?について揚げ足をとることは
(わりとかんたんに)できるわけです。しかしそれでも、もっともな
ところがあるとすると、それをすくいだす
というような書き方になるのか、どうか。
どうしたもんか。ちえなし。

以上、(ごく短い解説つきで)MLに出してよいですか?

立岩

――以上――

という返信いただいたので。

例えば、村上さんが引用してくれた文章では

> 「男以上に頑張って、やっと男並みのクソガンバリズムのスーパーウーマン
> だけの<u>仕事も子供ももの両立論</u>は、スーパーである限りに於いての
> み通用する。男が金を稼ぎ、女が家事育児を担当するという半端者同志の暮
> し方は、やっとどうにか生きながらえていく庶民の生活の知恵でもある。女
> は、スーパーな条件がない限り、<産>を契機に労働権すら奪われた主婦に
> なって生きていくより他はない。女は、選んで主婦になるのではない」(p.51)
>
> 1978年の文章です。

この引用もらう前のやりとりで私が書いた(24日)のは、以下

――以下――


村上潔様

立岩です。ううむ。です。
やー、なんにも思いつかん。

どうするか。
まず、主婦戦線ってものが、どういうものであったのかを
言うということかな。ほとんどすべての人が知らないはずで
イメージがわかないから。そしてこの時代で、それ以前の
フェミニズムというかなんとかいうか、そういうものに対する
どういう不満があるのか、不満を言っているのかを言うと
いうことか。

その場合には、この時期にあるほかの言説はどうだった、
とか。
1975年、1977年ですか。かなり前ですね。

しかし、文章2つ読ませてもらったけど、それからこの人たち
というか、この話というのうはどうなったの?
なんかどうにもならんような気がするが。

知恵がわかんので、MLに配信するかもしれません。

立岩

――以上――

これだけじゃなんのことかということか
もしれませんが、なんか思いついたこととか
このMLにいただければと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/27 22:38
  [ml-prosemip 2398] 「主婦戦線」2

村上さんから以下のメール。

なるほど。
条件整備で平等に参加というラインでは
だめなんだという主張は、私の意見とは一致してます。
(もちろん一部の、かなりの人はそれでまあまあ
うまくいくのですが。)
それは、仕事と仕事の間の格差をどうかしないといけない
という主張につながります。

(私の主張と一致してるからどうだって話もありますが。)

いまだらだらだらだら書いている連載
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005051.htm
での一つ(二つ)の主張はそれになります。

以前書いたもっと短いものでは『思想』に書いたの
の後の方。
忘れていたのですが、全文
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003051.htm
ありました。(その号が売り切れになったので
いいだろ、と思って載せたのを思い出しました。)


――以下――

[略]

以下、主婦戦線の「雇用/労働状況」への提言を引用しています。
わりかし具体的なことも言っているので、ひとつの柱として出すことはでき
るかと思います。

===========================================
■「性と階級の二重の抑圧からの女解放」声明 1978年12月
主婦戦線

(以下、抜粋)

【雇用における主婦的状況】
 所で、弱い立場で採用される原因には実はもう一つある。それは概括して
いえば、パートタイマーの問題は労働問題ではなく、むしろ、性差別として
の視点を含めた主婦問題であるという点である。先に、労働者として権利を
主張するには社会的外圧があまりに強すぎるとの指摘があると述べたが、こ
の社会的外圧とは、まさに主婦に対する社会的な規制と換言できるものであ
る。まず、家庭内に於て女が妻としてその家族に所属した場合は、職業の有
無にかかわらず主婦業を負うものとして社会的な役割の強制がある。従って
、個々の家族がどの様な家庭生活をいとなんでいるかが採用不採用の前提に
なる。それは、夫たる男手の家事育児への加担の具体的な態様のことではな
く、実際の求職時に、既婚の女なら必ず、「出産予定は、子の保育は、夫の
了解は」などと安定労働力としてはデメリットになる点を様々に追求される
なかで格安に買いたたかれ、時には雇用をことわられるという目にあうから
である。労働への参加の状態が幼い子持ち主婦の時点でM型におちこんでい
る現在の女のライフスタイルは、まさにこの時期の女の家族への責任の重さ
を理由に徹底的に買いたたかれた結果としてのカーブといえる。(p.74)

【時給労働者としての主張とその運動】
 まずパート・未組織労働者としては、時給労働者としてその賃金の性質が
本工労働者の給与とは異なるにもかかわらず同一の課税対象になることを拒
否するという具体性の中で、時給労働者としての労働現場での主婦的状況、
差別された実態を告発していく。この点に関しては、すでに主婦戦線の活動
組織「主婦の立場から女解放を考える会」を中心にして国会へ向け請願署名
「120万円まで無税で働くこと」のなかでパートタイマーとしても実力をつ
け、その上で組織労働者として闘う場に加わろうという方向をもって活動し
ている。職業に貴賎はないというのは現実としてはコトバ上の幻想であり、
いま、時給の日給の月払であるブルーカラーの女は専門職を名のる女の前で
は職業ではなく、「主婦」を名のり社会的名分を保とうとさえする。パート
タイマーは劣悪な待遇の中で労働者意識をさえ回復できぬ状況にある。せめ
て年収120万円までは夫の扶養控除などへの抵触を気にせず、労働者として
名実ともに実力をつける中で、職業名をなのれるまでに家族内からも、又、
社会的にも労働者として復権したい。請願事由は左記の通りである。
 「社会保険三法適用外で支払われる賃金・ボーナスなどの名目の収入は、
勤労所得と一括せず、通常労働者の給与控除の倍額(現在五〇万円の倍額)
百万円で足ぎり課税対象とすること」(p.75)

【<パート率>の歯どめこそ女の労働問題】
 女の労働問題は、<女子率>を五〇%にしようという男女雇用平等という
方法では解決しない。むしろ、産業の二重構造の中で中小企業に働く未組織
労働者、即ち、企業内労組の要求や雇用調整弁として使いすてられるパート
タイマーとして働く、既婚の主婦であるがゆえに差別労働をおしつけられて
いる多くの女たちの問題、象徴的に言えば<パート率>の増加を如何に歯ど
めするかにかかっている。パートタイマー、未組織労働者は共に、未だあの
古びている三十一年前の労基法さえも手のとどかぬ外圧の強い労働状況にあ
る。労基法の改正という事でいえば、母性保護等の手なおしではなく、むし
ろ<時短>について徹底論議しなくてはならぬ。本工労働者は時短でポスト
を二倍にし、男女で職を二分し、雇用も平等、家庭責任も平等という展望を
もっているが、これが実質賃上げであれば、資本は、本工の数はすえおき、
時給のみの無権利労働者パートタイマーを時短の補綴に使うことは明白であ
る。本工労働者が、企業内組織労働者としての己の犯罪性と革新性の限界を
自覚して闘う方向をもたぬかぎり、共通の階級意識をもつ仲間として、我々
、底辺の潜在失業者を含めたただの女たちと共通の地平には到達しないであ
ろう。(p.77)
===========================================

2点目では、「パートの条件向上」をねらっているわけですが、3点目では
「パート率の歯どめ」を訴えていたりして、戦略が一貫しているわけではあ
りません。でもどちらも「本質的には」間違っていない方向性だと思うので
、取り上げるべき主張かと思います(手続き的な意味での主張内容には間違
っているところがあると思いますが)。

なお、主婦戦線の活動組織「主婦の立場から女解放を考える会」は、「パー
ト・未組織労働者連絡会」という会を立ち上げ、「時給労働者通信」という
機関誌も出していました。この活動は読売新聞(1979年)に取り上げられた
りしています。こうした彼女たちの活動の“早さ”はある意味それだけで評
価されてよいものだろうと思います。

*このメールも、必要ならMLに流されてもかまいません。

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2006/07/27 23:03
  [ml-prosemip 2399] 「主婦戦線」3

続き。代々の主婦論争の論争した双方が
けっきょく「中」以上の話だとして
(というのは村上さん自身が言ってることなんだけども)

「主婦戦線」の人たちが
そうでない(そうであることができない)立場から
何か言おうとした人たち、という位置づけはあり、で

そのときに、論争した双方のどちらにしても、
とりわけ「社会進出派」の描いた図というのは
結局いちぶの人だけにとってうまくいくもんなんだということを
まあ、言えてたんじゃないかというような話
はあり、かと。

そして、(おまけに)となると、こっち(主婦戦線)の続きを考えたいった
方がいいんじゃないかというような、言い方もできるかと。

そして、それに比べると、時期的にはその後に位置づく
(『現代思想』8月号に書きましたけど)
「総撤退論」といったものは
http://www.arsvi.com/0w/knumky.htm
やはりぬるい、んじゃないか、というようなおまけもありかと。

で、パート労働者の権利を…という主張はまあずっとあったわけだけど
それがフェミの中でどう位置づくか(位置づいてきたか)。

一つのロジックは「同一労働同一賃金」と言って
フルタイムとパートタイムの仕事がいっしょなのに…
という言い方で、もちろんこれはかなりあたっているんだけども
しかし、違ったらどうか、ということにはなる。
そうすると、……
というけっこう長い話になります。
ちょっと「政策」っぽいところに行きますが、このあたりをめぐる
議論の推移を、村上(潔)さんじゃなくてもどなたか、
押さえておくというのは意義のあることと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/28 13:05
  [ml-prosemip 2401] 7/29・8/1

みなさんお疲れさんです。明日29日構想発表最終日。
その前、昼、的場。

31日は、天田さん紹介の研究会
この間このMLや、あるいは授業や研究会の中でも
幾度か話題になったことです。関心ある人はぜひどうぞ。
(私は基本方針??にしたがい欠席。)

8/1は14時、「患者学会」なるものを画策しつつあるという
京都大学の院生が研究室に。
16時、京都新聞取材。働く話、お金の話。(その後18時より別の会)
いずれも私の研究室で。
先方は想定していないと思いますが、
来たい(見物したい)人はどうぞ。

★ 面談を希望していた人で(こちらから日取り連絡せず)
まだ希望のある人は連絡ください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/29 10:13
  [ml-prosemip 2404] 掲載(Re: [ml-prosemip 2362] お詫び+人口のこと+今週

以下、おわびした件。昨日、出版社よりデータ再送されてきましたので
さっき掲載しました。読めるようになったと思います。
ご迷惑おかけしました。

Sent: Wednesday, July 12, 2006 9:22 PM
Subject: [ml-prosemip 2332] 失礼・再送


「趣旨」については
Sent: Wednesday, July 12, 2006 9:22 PM
Subject: [ml-prosemip 2332] 失礼・再送
を読んでください。
(わからなかったら質問してください。)

入り口は
http://www.arsvi.com/1cf.htm

――以下――

From: "立岩真也" <[略]>
To: <[略]>
Sent: Tuesday, July 18, 2006 11:47 AM
Subject: [ml-prosemip 2362] お詫び+人口のこと+今週


> 先週植村さん他に指摘され
> チェックしたところ、限定エリアに掲載している
> 新刊の拙著、全体の3/4(も)入ってないことが
> わかりました。出版社側になんからの手違い
> があったのを、私がそのまま掲載してしまった
> ことによります。すみません。
> 現在問い合わせ中です。なおったら
> またお知らせします。

[略]


 
 
>TOP

◆◆2006/07/29 11:12
  [ml-prosemip 2405] 「主婦戦線」4

村上(潔)さん
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/shfsnsn01.htm
どうも。けっこうあるもんですね。
これだけあれば、そしてこの動きに関する
研究のたぐいはたしかにないわけですから
まとめて、その含意を考えておく価値は
ありだと、あらためて、思いました。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/mk01.htm
もなかみがふえてきてよいです。

池田さん
http://www.arsvi.com/0w/ikdsck.htm
私の最初の単著の本がでたとき、国分寺(東京の西の方です)
あたりで小さな研究会みたいものに呼んでいただいたような
記憶があります。あと抜き刷りをいくつかいただいたような。
さしあたり文献調査で行かれると思いますが、
聞き取りなんかもそのうち、というようなこともありうるかも
しれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/29 11:23
  [ml-prosemip 2406] 堀田問答1続(Re: [ml-prosemip 2395] Re: 堀田問答1(権利と義務))

堀田さま、みなさま

>>>「当人自身の「生きる権利」が充足されてはじめて、
>>>その余剰分を提供する義務が課されうる」

>> というところですが、これは事実命題か規範命題かという問題が
>> あります。後者だとして、このことが言えるかどうか。
>> 必ずしも言えないのではないかと私は思います。

この質問自体は単純な質問で、まずは、堀田さんが、どういう種類の
命題として捉えているのかという問いでした。
また堀田さん自身はどのような立場をとられているのかを
知りたく思いました。

> ご指摘の含意は、「働けて提供できる余裕があるなら、働き提供すべきである」
> といった形式で、「働けて提供できる」といった条件によって義務の範囲
> (配分主体)を規定すること自体が、「生きる権利にとって必要な限りで、
> 無条件に提供を受ける権利がある」という権利の無条件性に反する可能性がある、
> ということでしょうか(逆に言えば、「提供できる余裕がなくても、生きる権利
> の無条件性によって、提供すべき場面もありうる」、と)。
> 誤解していましたら恐縮ですが、訂正していただけましたら幸いです。

直接のお答ではないのですが
(偶然)その人に備わっているものの何を奪ってならないのかという問題
だとも言え、このことについては『私的所有論』第4章の「境界」という
節で考えているのですが、そう自信があるというところではありません。
小泉(義)氏は近著で、眼球の移動について私と別のこと
(かどうかは実際には微妙なんですが)を言っていて、
それもわりあいもっともなことのようには思ってはいます。

この問題と労働(の義務の)問題とはまたすこし異なる問題であるようにも
思います。

さてけっこうややこしい問題です。
MLだとなかなかたいへんかもしれません。
堀田さんたちはなにかこんなことに
関係する研究会をやっているというようにも聞きます。たとえばこの夏、
その研究会・兼・プロジェクト演習という位置づけで、私も議論に
参加するというような形態、可能です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/30 13:55
  [ml-prosemip 2408] JALSA滋賀県支部準備会

http://als-siga.hp.infoseek.co.jp/
葛城さんたちがやってます。

昨日の打ち上げですこし話。
支部とそれから(たぶんべつに)事業
をはじめたらよいのではと。
滋賀(+京都?)。

「かたてまに」、も含めて、調査・研究・事業に
加わろうという院生、歓迎。
「成果」はいくらでもあり、だと思います。

cf.
http://www.arsvi.com/0y/als.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 16:46
  [ml-prosemip 2411] 『これからホームページをつくる研究者のために』

という本が出ました。
http://www.arsvi.com/b2000/0608om.htm
(私のHPは、阪大の池田光穂さんのとともに
「あとがき」に出てきます。)

1冊いただいたので明日、研究室にもっていきます。
院性室にもっていってもらおうかと。

で、ついでに
http://www.arsvi.com/0h/h01.htm
というファイルを作ってみました。


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 17:19
  [ml-prosemip 2412] 「使えるページを楽して作る」

前便に記したところから読んでいただける
文章ですが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002030.htm

授業、研究会、飲み会その他で幾度か聞かれて
話したことでもありますので、すこし長い
文章ですが、読んでいただければと。

質問などあったらどうぞ。それから既に
HP作っているみなさんからの情報提供歓迎です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 17:44
  [ml-prosemip 2413] 調査についての座談会

もう12年前のやつですが
http://www.arsvi.com/0b/94051723.htm

の「下の方」。ご参考まで。

奥村隆さん(現在立教大学)と私も
入って(インタビュー)調査と、それから文章を
書くことについて。

その報告書は
http://www.arsvi.com/0b/940517.htm
一番最初に私のHPに載せたコンテンツにしたものでもあり、
体裁が整ってないですが。
ちなみに学部の3年生の社会調査実習という
科目の、この報告書と次の報告書
http://www.arsvi.com/0b/960229.htm
は各1000部ぐらい作って、2つとも売り切れました。

(2つめの報告書の書き手の一人でいまプロの研究者やってるのが
http://www.arsvi.com/0w/tcyyu.htm
現在愛知大学教員、HPの方、情報更新してません。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 19:28
  [ml-prosemip 2414] 本さがしに役立つページ

偶然発見。
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~kikumasa/text_hon.html

俳句をやっておられる方が作ってらっしゃるのでしょうか。
面識などはございません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 20:35
  [ml-prosemip 2415] 8/1・李さん・他

http://www.arsvi.com/ml/2006p4.htm#2401
でもお知らせしましたが、明日学校。
14時、16時と用、18時から学外。

その前の時間も研究室にいるつもり。
(今やっている仕事の具合にかかっているので
何時からかは未定。)

7月バイト代書類、提出する人、来てもらえるとよいです。
14時〜、16時〜の来客中も可。

李さん、どうも。西川先生の助言のとおりに私も思います。
まず、台湾に帰ったとき、借りられるものとかは
みな借りてみて、中身はいいから、とにかくコピーとか
たくさんして、日本に送ってしまう。(ただ本や論文とか
あったら文献表は見ること。そこからさらに入手すべき
ものがわかることがあるから。)
それを読んで、論文にするのは帰ってからでよいでしょう。
たしかに時間がありませんが、いずれにせよ
やられねばならないのですから、締め切りまでに
やれるところまでやるしかないでしょう。かきなおしの
時間もあるにはありますから。
とりあえず私が言えることは以上につきますが
さらに話すことあれば、対応可能です。

山口さん、仕事に来ますか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/07/31 20:48
  [ml-prosemip 2416] 続:山本さん・村上(潔)さん

パート の権利を守ろう【時給労働者通信】
http://www2s.biglobe.ne.jp/~part-ren/

村上(潔)さんより情報提供。どうも。
このへんの研究どうなってるんでしょうか。
手薄、ということであれば、誰かすると
よいです。すべきです。意義あると思います。

一つ
「普通の女性は 子産み 子育て の期間 専業主婦にならざるをえません 」
という主張をどうみるか。

山本さん、科研費による報告書の件、おおむね了解。
できたら、そのうち、このMLに広告というかよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/01 09:09
  [ml-prosemip 2417] 1日・7日

原稿終わりませんが、本日これから登校。
李、田中、青木(事務処理)。
とくにこまかに時間は決めていません。

次は7日の予定。
14時30分口頭試問。その後ずっと来客。
したがって可能なのは14時30分の前。

その他の本領域関連の予定については
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 15:09
  [ml-prosemip 2419] 以前作った案

新しく入ってこられたみなさんには
お知らせしていないような気がしたので。
http://www.arsvi.com/0e/0.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm

説明はまた。質問あれば答えます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 17:26
  [ml-prosemip 2420] データベースのために1(死ぬ関連)

自らのテーマについてのページを作成・更新し
それを関連させ、配置し
研究科の企画として位置づける
ことをやってくいくにあたり、私のもとにあるものを
整理する必要があり、しかし時間はなく、でしたが
いつまでもそんなことを言っていても仕方ないので
今日はまず
http://www.arsvi.com/0p/et-z.htm
を作成。

まずは私のところで増殖させ、
研究科のHPに移植するという方向で。

大谷(い)さん、的場さん、他よろしく。

*このところまた妙にさかんな新聞報道についても
よろしく→大谷さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 20:04
  [ml-prosemip 2422] データベースのために2(産・生関連)

> 自らのテーマについてのページを作成・更新し
> それを関連させ、配置し
> 研究科の企画として位置づける
> ことをやってくいくにあたり、私のもとにあるものを
> 整理する必要があり、しかし時間はなく、でしたが
> いつまでもそんなことを言っていても仕方ないので

の2つめ。
http://www.arsvi.com/0g/index.htm
おかしなところがありますがご勘弁。

どこからでもどうぞ。
ファイルの方は小宅さんが、ということだったと。
あとこないだ有田さんとすこし話。
利光さんがお持ちのデータなんかもよいかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 20:34
  [ml-prosemip 2423] 科研費研究の成果(山本・青木・大谷)

私が代表の科研費研究
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm
のお金で山本さんが作ってくださったファイルたち以下http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/knosm.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/ws.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511ms.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511nk.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511im.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511kk.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511nd.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0601hs.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/studentpower.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/intellectual.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/education.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/tmrtks.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1990/9500ca.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db1980/8900es.htm
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0511hg.htm

山本さん感謝。
私のHPからもリンクさせていただきます。

あとこの(〜)7月については
青木さん
http://www.arsvi.com/0w1/aoksntru.htm
と大谷(い)さんに仕事してもらいました。
http://www.arsvi.com/0p/et-2006i.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2006i04.htm
http://www.arsvi.com/0p/et-2006i.05htm

やはり感謝。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 22:00
  [ml-prosemip 2425] Re: Date: Wed, 2 Aug 2006 21:59:52 +0900

たぶんこの本を読まなくても
葛城さんはホームページに掲載すべきものを
掲載していけるだろうと思います。
いままでの、そしていまの、掲載・公開できる部分
ぜひお願いします。



http://www.arsvi.com/b2000/0608om.htm
すこし追加。そこにも載せましたがサポートブログも。
http://d.hatena.ne.jp/arg_book/

本出して、本気で読んでもらうつもりなら、
そのぐらいやった方がよいかも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 23:11
  [ml-prosemip 2427] 一番簡単な方法

既にあるホームページの
自分がそこに情報を追加しようというファイル
あるいは、かたちを似せたいファイル
を表示させ、

1)「ファイル」→「名前をつけて保存する」で保存
2)「表示」→「ソース」として表示されたものを「保存」あるいは
「全部選択」→「コピー」でどっかに貼る

そして、自分が加えるところを加え。
改行のところに<BR>(半角)を入れる。

これでなにもわからなくても、とりあえず、なんとかなります。

<>で囲ってあるものをタグと言うようですが
それぞれどういう機能があるのかは
そこらにたくさん売ってる本に書いてありますし
お金を出さなくてもウェブ上に解説があるはずです。

☆どなたかてごろなやつをここに教えてください。

cf.
http://www.arsvi.com/0h/h01.htm
ただここで紹介している岡本さんの本は、上記のような
HPのファイルを作る技術を教える本、ではありません。
また上記からもリンクされる
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002030.htm
の「2」は具体的な方法にふれていますが
まちがいがあります。なおしておきます。

以前、お知らせしたように、教える方、教わる方双方に
労賃を出すことも可能です。私は、研究科の
予算からそのぐらい(すくなくとも教える方の労賃)は
出すべきだと主張していますが、今のところ実現は
していません。ただし、月1万円ぼっきりのHP運営委員への謝金
の予算内に収まるのであれば、委員が教えてくれると
思います。

よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/02 23:26
  【青木発】[ml-prosemip 2428] Re: 一番簡単な方法

青木です。

> ☆どなたかてごろなやつをここに教えてください。

タグ集
http://www.kawa.ne.jp/~kawa/tag.htm
私もごくたまに参照しています。

稲葉先生のページ
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~inabam/class/dd1/
デジタルデザインを担当されています。
昨年度のがそのまま掲載されていますが、
大学のパソコンでHPつくるなら分かりやすいかも。

> ただし、月1万円ぼっきりのHP運営委員への謝金
> の予算内に収まるのであれば、委員が教えてくれると
> 思います。

時給が最低賃金を遙かに下回る設定で計算したら
予算内で収まるということになるかも知れませんが、
現状ではたぶん無理です。
(誰からも業績の掲載依頼がないとかなら話は別ですが、
それはそれで問題でしょうし)
ただ、私の場合、別の労働と引き替えに
なんて事を考えたりもしていますが。
(障害支援の方、時に人手が足りてません。予算もたぶん)

では。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 07:52
  [ml-prosemip 2432] ヤング氏逝去[cefsと同文]

 *たしか岡野さんはこちらのMLだけに
  参加されていると思うのでこちらにも。

2度めの集中講義が予定されていた
アイリス・マリオン・ヤング氏
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/young.htm
が7月31日に逝去されました。
後藤さん経由の情報でさっき知りました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 15:16
  [ml-prosemip 2437] HPへの論文の一部掲載について

HPへの掲載について以下の質問あり。

>■次に、「社会政策研究」の論文で使った参考文献や要旨を
>掲載しようと思うのですが、こういうのは出版社に断りなく
>やってもいいのでしょうか?あるいは、どこかハイライトの
>一部を掲載するのも可能なのでしょうか?

まったく問題ありません。どんどんどうぞ。

あと、どこかに書いたかと思いますが、
とくに値段のついてない学術雑誌なんかの場合は
全文でもだいじょぶでしょう。

(私はだいじょうぶでないかもしれない場合も
載せたりしてます。それを、とくにすすめているわけでは
ありません。)

あと『社会学評論』といった雑誌は他の
媒体への転載可であることが明記されています。
もちろん私も掲載しています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 23:33
  [ml-prosemip 2440] 短文×2

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006080.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006045.htm
ご参考まで。

上のは、(よくは)書けないから、書くなら別のをと言ったのだが
押し切られ。しかしこんなのなら、著者にとっても載らない方がよい
のでは、と。16字×50行ちょうど。

下のは、ときどき依頼される雑誌の依頼で。400字詰10枚。
この雑誌には平井玄氏の文章も連載されてて
それはおもしろいです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 23:41
  [ml-prosemip 2441] 7日・8日

7日(月)午前から14時あたりまで
小川・村上(潔)。
(10時ぐらいから研究室にいるつもりなので
ご両人で時間調整してください。)
1430〜口頭試問(共生領域の人の)

8日(火)10時、杉原。

両日、午後は長い対談というかインタビューというか
入るので、その時間(以降)は空きません。

その次は11日、か?
こないだ京都新聞の人来るはずが、鶴見和子氏死去のため
(の取材のため)キャンセルになったのの
代わり。ですので、この日も可能は可能、か。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 23:47
  [ml-prosemip 2442] お礼(Re: [ml-prosemip 2439] 主婦/パート/労働(日本))

村上(潔)さん

> ◇主婦/パート/労働(日本)
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/shufupart01.htm

どうも。
http://www.arsvi.com/0fm/w01.htm
からリンクさせてもらいました。

このテーマ(パート…)の場合、一つには、各々の主張が
どういうロジックになってるか、みておくことになりましょう。

たとえば「同一労働同一賃金」という主張もあり
それに依拠して待遇改善を言う人たちもいるし、
同じ論をとって改善は不要だと言う人もいる
またこの論に依拠しないでおこうという人もいるでしょう。
とか。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 23:54
  [ml-prosemip 2443] 夏にすること

多くの人は調べるところから研究を始めています。
(それがよい、と言っているのではありません。)
で、その多くの人は、とりあえずなにを集めてくるべきかは
わかっていると思います。ですから、いまのうちに
集められるだけ集めておくこと。
集めるだけでなく、草稿のようなメモのような文章を作って
いくこと。
それを随時HPに載せていくとなおよい。

私たち(教員)はみなさんの個々の主題についての知識はないわけです。
事実を提示されて、その上でどういう話になるのか、話ができるのか
助言するという役回りです。そのためにも
その「素材」がいります。

7月まで、天田さんを死ぬほど働かせて、だいたい
すべきことは見えてきた、わかっという人は
とにかく、ひたすら時間をついやして、それをやること。

直接に会って話した方がよいかも、なのは
その作業がいったん終わって、どうまとめようかという人
これからどんなことをするか、まだ定まらない人
です。それ以外の人は、とにかくすることする。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/03 23:59
  [ml-prosemip 2444] 『現代思想』がホームレス

ご存知かとも思いますが
http://www.arsvi.com/0m/gs2006.htm#09
一冊はてもとにあります。

末岡さんの仕事にちょくにかかわるようなものは
あまりないかもしれませんが、
丸山里美さんの文章などは読んでおきましょうか
というところかな、と。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 13:26
  [ml-prosemip 2448] ホームレス

http://www.arsvi.com/0e/h02.htm

こないだの研究会(BAS)でとびかったのを
すこし載せただけ。
ないよりましはあった方がよい、ということで。

あとはよろしかったらよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 13:35
  [ml-prosemip 2449] 米沢本・他

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006080.htm
大谷さん、的場さんどうも。
7、8学校に行くのでそのときにもっていきます。
著者と岡本氏のことについては新聞の人も
電話ですこし言っていました。

ついでに同じ新聞に書いた本の紹介
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003056.htm

800字というのもどうも。

しかし同じ字数で私のを書いたくださった方も。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm
の下の方。(リンクミスあり。&誤字発見:
「社会主義の本道」→「社会学の本道」。
なおしておきます。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 13:41
  [ml-prosemip 2450] 11日『京都新聞』・他

葛城さんどうも。11日のことはまだ時間等、確定してません。

あと、やってくるのは、岡本さん
(連載、新聞協会賞とれるとよいのですが
その程度のクォリティはある)
ではなく

岩本さんという方です。彼の依頼で4年前に書いたのが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002047.htm
で、こんどもそういうテーマ(労働・格差…)の取材だと思います。
私はそのときに書いたことを繰り返す以外
あまり話すことはないのですが。

ついでに
http://www.arsvi.com/0e/d02.htm
すこし更新。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 18:31
  [ml-prosemip 2452] 『社会政策研究』

http://www.arsvi.com/0m/jsps.htm
の最新号(第6号)
小林さんが作ってくれたファイルを掲載。
http://www.arsvi.com/0m/jsps06.htm

科研費研究(→謝金)の一環。
(こっちのファイル(構成)を整理したりしなければ
いけないので、けっこう当方で
手間どり、なかなか進みませんが、だんだん
軌道に乗せていこうと思います。)

2通目のメール、添付ファイルはOKでしたが
本文がなぜか文字化け→小林さん

この雑誌、ここの院生の投稿→掲載は小林さんが初。
上記のファイルからその論文の目次ファイルなど見れます。
(もっと詳しくてよいです。要約とか当然載せていいし。
→小林さん。)

あと私が第1号で論文を、第4号で特集の担当と論文
第2号で井口さんに拙著を書評してもらっていて
そして第3号で天田さんが書評書いてます。

次号の締め切りまでにはまだ間があるみたいですから
関係しそうな人は検討してみては。



あと、この雑誌に限らずみなさん、投稿体験談とか。

私らレフリーとかすることあって、けっこう「根負け」
(して、通す)ということあったりします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 20:45
  [ml-prosemip 2453] 『社会政策研究』 第5号・他

小林さんが作ってくれたファイルを掲載。
http://www.arsvi.com/0m/jsps05.htm
小林さんどうも。

他にも作ってもらいたいものあります。
cf.雑誌
http://www.arsvi.com/0m/0.htm

忙しくて、時間がとれてこなかったのですが
なんとかやり方を文書にして
お知らせしようと思いますが、とりあえずは
前に書いたように、類似ファイルの
まねをすればOKです。

ただ本の場合、理由はまたあとで説明しますが
ISBN(ASIN)コードはいれてください。

それからアマゾンに入って
書誌情報(アマゾンの場合、たいてい
目次の情報がある)をコピペすると便利です。
ISBN(ASIN)コードなども手で入力する必要ないですし。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 21:13
  [ml-prosemip 2454] 7日・8日(続)・他

7日(月)
10時小川、12時半頃村上(潔)

8日(火)
10時杉原、11時半頃高田。

> 両日、午後は長い対談というかインタビューというか
> 入るので、その時間(以降)は空きません。

他に幾人かからメールもらってます。
未処理のものあります。すみません。

★ 樋口(義)、連絡を!
*私アドレスわからないので、誰か知ってる人
私宛教えてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/04 23:55
  [ml-prosemip 2456] お礼+ YSK3通

樋澤さんり樋口(義)さんのアドレス
教えてらもらいました。感謝。

Sent: Sunday, July 23, 2006 5:57 PM
Subject: [ml-prosemip 2373] YSK3通


> 本日、さっき、良い死!研究会のMLに3通
> http://www.arsvi.com/ml/2006y.htm
> この種の情報ほしい人は加入してください。
> 立岩まで連絡ください。

のあと3通、配信。このほかもさまざま
騒がしくって、いけません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 10:38
  [ml-prosemip 2459] 堀田問答2(積極的自由/消極的自由)

滞っていましたが、堀田さんからいただいた質問関連の続き。

こちらからすぐ何か言うのが難しく、
とりあえず、まず、いただいたものを紹介することを優先します。
すいません。

なお以下の「北田さん」は
http://www.arsvi.com/0w/ktdakhr.htm

――堀田・2――

> ● 北田さんの「加害原理+正当化原理」について
> 北田さんの『責任と正義』のとくに第6章の議論でこの点に関連するのは、
>
> 「[6−5]他者に災厄をおよぼしていない者が、一般の社会構成員が当然のようにして享受している(あるいは一般的な社会生活を送る上で欠かすことのできない)「善を追求する自由」を阻害されている。」(242)
>
> というテーゼから、
>
> 「たとえば、身体機能に障害を持つ人の生について考えてみればよい。現代社会においては、足が不自由であることは、十分な自由な善の追及を妨げる要因となりうることは言うまでもない。彼/女は、いかに「自己身体の扱いに対する自由」を与えられたとしても、その自由を享受する術をもたないのであり、その意味で、自らの過失なく――他者に災厄=悪をおよぼしていないのに――「善を追求する自由」を剥奪されているのである。我々のリベラリズムはこうした事態を好ましいことと考えない(むしろそれを正当化理由なき自由の侵害であるとすら考えることだろう)」(242)
>
> 「積極的自由/消極的自由という区別は、消極的自由の範囲を何らかの超越的観点から画定したいと考える論者によって作り出された仮構、「善を追求する自由」がある特定の自由(私的所有の自由など)を愛好する人々のまなざしによって恣意的に分断された結果生まれた幻想なのではなかろうか。積極的であろうが消極的であろうが自由に対する侵害は、必ず侵害される側にとって受容可能な理由により正当化されなくてはならない。再配分的な制度をもたらすと言った理由で、積極的自由を付随化することに何ら合理的な根拠があるはずもない」(243)
>
> と進む箇所だと思います。
> 問題は、再配分を正当化する理由が「理に適った形で拒絶できない」としても、同じく再配分を否定する理由も「理に適った」ものでありうる、ということだと思います。
> たしかに、障害者の社会的アクセス権の剥奪は「正当化できない=不当である」と言え、そしてそれは、健常者が財(=配慮・インフラストラクチャー)を専有し、排他的に利益を享受できる社会構造に起因する、とも言えると思います。しかしそのことは、個々の健常者が「生まれ」によって利益を享受していることが「不当である」という主張の根拠にまではならないと思います。もしそう言うとすればそれは、過失なき「生まれ」に何らかの責任を課していることになり、北田さんが再配分を正当化しようとする理由を掘り崩すことになると思います。
> 北田さんは後者を、「消極的自由」を恣意的に優先する「私的所有」愛好者の幻想だ、と退けていますが、それほど単純ではないと思います。第一に、「加害原理」を「正当化原理」に対して優先させる北田さんの議論自体が、「消極的自由」の優先性を示しており、また第二に、この消極的/積極的の順序は、生産者/非生産者の優先順序に対応するのではないか、と思うからです。もちろん、「危害」とか「加害」の内容が問題になる場面があり、それが(安楽死での消極的/積極的の区別の妥当性の問題とも関係して)重要な論点になると思いますが、この区別が無効になるケースがあるからといって、「一般に区別は無効である」、とまでは言えないと思います。


――立岩・2――

 以下はまとまってなくて、かつ途中まで書いたもので、
 かつ途中まで書いて放置している間に、堀田さんが返信をくれた部分がある
 ので、適切でないのですが、いちおう。

>「生まれ」によって利益を享受していることが「不当である」という主張

はできないと思います。

北田さんがそう言っているかという問題もありますが、それはまあよし。
(堀田さんが引用されている箇所においてはそうはなっていないのではと。)
利益は享受してよいのでしょう、きっと。

ただそれは<「生まれ」による利益>であるが<ゆえに>、享受してよい
こととは違うでしょう。
また「生まれ」において有利であることによっている
利益を「独占」していることが不当であるとは言えましょう。

>第一に、「加害原理」を「正当化原理」に対して優先させる

このところ(についての北田さんの議論)がわかってないのでここはパス

>第二に、この消極的/積極的の順序は、生産者/非生産者の優先順序に
対応するのではないか

>区別が無効になるケースがあるからといって、「一般に区別は無効である」、
とまでは言えないと思います。

下の文はそのとおり。だが、つまり、堀田さんの議論は
1)害するな という規範 〜 害されない自由 と
2)よいようにせよ という規範 〜 よいことができる自由 と
があって、2つは別、かつ1)は2)に優先するという話になっている
のか、です。

なっている、ようにみえる。で
生産者は何かを害されている。とすると、それはなに?、となり

堀田さんの

Sent: Sunday, July 30, 2006 12:42 AM
Subject: [ml-prosemip 2407] Re: 堀田問答1続(Re: [ml-prosemip 2406])
が関係するわけだが、

略。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 10:44
  [ml-prosemip 2460] 堀田問答3(消極的自由/積極的自由・2)

――堀田さんのメールの続き――

> ● 「消極的自由」と「積極的自由」の区別について
>
> 消極的/積極的の区別については立岩さんも批判されていますが、少々留保が必要ではないかと思います。齋藤純一氏やHPで引用されている井上達夫氏の議論にも同じことが指摘できるように思います。
>
> 「自由を行為者に開かれている形式的な選択肢(機会)の範囲として捉える自由観は、行為者がその自由を現実的に達成したり、享受することができるかどうかという決定的に重要な問いを避けている……扉が外部から閉ざされていないことと、行為者がその扉に実際にアクセスすることができるかどうかは明らかに別の事柄であり、外的な干渉の不在は、行為者がその選択肢を実現しうる状態にあるということを必ずしも保障しない。障碍者が「移動の自由」を現実に享受しうるためには車椅子や介助者が不可欠であり、長期の失業者が「職業選択の自由」を現実に享受しうるためには労働市場が求める知識や技能を身につけることが必要である」(齋藤純一2005:34-5(『自由』岩波書店))
>
> 「干渉を他者の故意の干渉に定義上限定するのも問題です。自由の有無の問題は自由の侵害に対する責任者の有無の問題とは概念的に異なるからです。殺人者なき殺人はないでしょうが、強制者なき不自由はありうるでしょう。」(井上達夫[1998:24])
>
> 「消極的自由を積極的自由からはっきりと区別することができるだろうか。そしてなぜ消極的自由はよくて、それ以外・以上のことはいけないのか。「したいことを妨げられない」のが消極的自由である。ここでは、したいことをする「能力」が欠けていてそれができない、選べない「事情」があるとしよう。それはどうなるのか。実際には実現不可能であっても、その不可能が他人の意図的な妨害によってもたらされない場合には、それについてその人は既に自由であると主張されるかもしれない。しかしこれはおかしい。
> このように「妨げられない自由」と「できる自由」は、以上の単純な意味においては、分けられ、45>46対置されない。いずれも何かの状態になること、状態にいることが同じく「妨げられないこと」である。そのために、人が邪魔しないことが求められる場合と、他人が介在すること、手助けすることが求められる場合とがある。ただたんにそういうことである」(『自由の平等』45-46)
>
> 批判のポイントは、消極的自由が確保されていることを、実質的に自由であることと等値することはできない、という点であり、それはもちろんその通りだと思います。他人の「意図的な妨害」が不在だからといって自由であるとは限らない、という指摘は妥当だと思います。
> しかし、この指摘の妥当性は、他人の意図的な妨害のない状態は「自由」の「十分条件」ではない、という点に限られていると思います。それに対して、消極的自由擁護論者は「他人の意図的な妨害の不在は、自由であるための必要条件である」と主張するのではないでしょうか。そして、上記の議論でも、この「消極的自由が実質的自由の必要条件である」という点は、前提になっています。上記の議論を、「意図的な妨害の不在は、自由の存在を証明しない」、とまとめることができるとすれば、消極的自由擁護論者は、「意図的な妨害の存在は、自由の不在を証明する」、と主張すると思います。そして、前者は後者を否定しません。つまり、上の批判は「他人の意図的な妨害の不在=自由の十分条件」とする理解への批判としては妥当ですが、それは、「他人の意図的な妨害の不在=自由の必要条件」という立場に対する批判にはなっていないのではないでしょうか。
> 以上は、「積極的自由の不在も自由の侵害である」とする立場から、再配分のための労働の供出を「したくないことをさせる強制=消極的自由の侵害である」とする立場を批判するためには、「自由の剥奪」という論拠だけでは不十分であり、別の(たとえば切迫性などの)基準が必要になる、ということを示しているのではないでしょうか。

――立岩・3(まさに書きかけ)――

 意図的な妨害がない+? <自由>

 <自由>なら妨害はない が
 妨害がないことがそのまま<自由> ではない(他にもある)
 ということになりましょうか。

 ただ、上に引用された人たちがどう言うかは別として
 <自由>なら妨害はない がどうかは問われうると思います。

 Aへの「妨害」がBの<自由>のために必要であることはありうるでしょう。
 …略…

cf.
http://www.arsvi.com/0w/situjnic.htm
http://www.arsvi.com/0w/inuetto.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 10:48
  [ml-prosemip 2461] 堀田問(答)4

堀田さんからの、いちおう終わりまで紹介。
さて、については別便にて。

立岩。では以下。

――堀田・4――

> ● 「自分が必要なだけしか働きたくない」という感覚/生産者の「高価な嗜好」を否定し、その分を必要な人への配分のために供出させること
>
> 「多くの力がある私は、その一部を人にまわしたらその分が減るからいやだと思う。……その人は、存在、存在のための手段があることがよいことであることを認めている。……まず生きたくて、その上であるいはその一部として、楽であればそれにこしたことはないという具合になっている。つまり、存在と自由の承認と、それを他者に対して(結果的に)認めないことは同じ水準での対立ではない。分配を阻害するのは、分配を要求させる存在の承認の要求を原理として否定することではなく、受け取りを多くしたい――それはたしかに自分については自由の度合いを増やすことでもある――という動機である」(『自由の平等』146)
>
> この点について第一に、「必要以上に生産したくない」という動機だったらどうでしょうか。
> 第二に、「高価な嗜好」を生産者自身が望んでいる場合、その嗜好を否定し、その分を配分に回すべきだ、と言えるか否かにもかかわると思います。「高価な嗜好」について立岩さんは、「目標達成のためのコストが高いこと、得られるものと支払うものとのバランスがよくないこと」(176)にある、とご指摘されています(第4章)。これはもっぱら、「生産していない者」に対して「分配されるべき対象」の範囲の限定に関する指摘として位置づけられていると思いますが、これと同じことが「生産者」についても指摘できるかどうかも問題になると思います。
> 生産者自身が、高いコストを支払って、その目標となる「高価な嗜好」を満足させるために生産物を消費することを、「分配」を優先する規範から否定できるのでしょうか。たとえば、贅沢に海外旅行に行くという「嗜好」を満足させるために貯蓄している人が、それを阻害する徴税に反対する、ということはありうると思います。その場合にも「あきらめてもらう、がまんしてもらうことになる」(179)と言えるのでしょうか。
>
> こう書いてみて、ぼくの問題設定は非常にネガティブな感じがしてきましたが、論敵を最強のレベルで批判するためにもこの設定は必要かと思います。また、この点は、ロールズ以降のリベラリズムが「選択や好みを、ある部分の人たちだけについて、つまり多く資源を持たない人だけについて、刈り取り切り捨ててしまう。このようにして私有派の図式に引き寄せられてしまう」(180)という指摘にもかかわると思います。なぜ、他人が供出する対象についてだけ、分配を正当化する範囲が問われ、「選択や好み」が「刈り取」られるのかと言えば、それはおそらくリベラリズムが、自分の消費のための拠出・支出を「分配」として捉えておらず、したがってそれは正当化の対象にはならない、と考えているからだと思います。
>
> ● 「誰かの損失と誰かの利益とを比べるしかない」(196)という点について。
>
> たしかに、「損失と利益を比べる」しかないと思います。けれども、損失と利益を比較する際に、生産者/分配を受ける者とを同列に並べることができるかどうかについて、少々留保する必要があるように感じます。生産者と分配を受ける側の二者間で配分される財の比率を計算するときに、財の生産に関する貢献度という条件が入るのではないか、と。たとえば、
>
> 「その人が譲渡しがたいものを譲渡せずにすむように、基本的な生活資源・手段260>261の分配がなされることである――これは社会的分配の理由そのものでもある。この条件のもとで、その人が譲渡の対象としようとするものはその人から徴収しても構わないと考えるのである。」
>
> と言われるとき、@生産者の「存在」のための所有は「譲渡しがたいもの」として、分配される者の「存在」のための譲渡に優先して保障されるべきである、という意味にもとれますが、同時に、A生産者の「存在」も分配される者の「存在」も「譲渡しがたいもの」という点では等価であるから、生産物は両者の「存在」のために等しく分配された上で、残余の部分に関する優先権が生産者に与えられる、という意味にもとれます。
> ぼくは、@を否定できないと思うので、それを明示したほうがよいのではないか、と思います。たしかに、そういうことが問題になるのは「逼迫した状況での話」でしかない、と言うことはできますが、やはり、優先順序の問題は日常的な(リバタリアン的な)直感を理解する上でも重要なのではないか、と思います。
> また、「働けて働いている」すべての人が、譲渡しがたいもの(=自らの存在)のための生産物をあらかじめ確保した上で、譲渡の対象にできるものだけを労働として供出しているわけではないと思うからです。

[終わりの挨拶?→略]


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 12:08
  [ml-prosemip 2462] 堀田問答続きについての提案

立岩です。堀田さんのご質問関連で
最低2人(堀田・立岩)のやりとりというのを
しようかと。

で、8月26、27日にBAS
http://www.livingroom.ne.jp/e/bas.htm
かありますが
(→北村さん 前のURLからここにリンクするように
できます?)
26日は13時半からなので、その前

あるいは

9月2日、森岡研との合同研究会が14時からなので
http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902
その前

とかいかがでしょう。私はどちらでも。また別の日でも。

関連しなくはない文章を書いていて、10日には送られねば
なりません。書いたらお知らせします。

あと関連するものとしては
http://www.arsvi.com/0e/w0102.htm
(本の販売促進のために?文献表つけてません。そのうち
つけるかも)
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 13:27
  [ml-prosemip 2463] 全国各地の現在の気温・他

12時の時点では岡山に負けていたのですが
13時、36.3度。京都が一番。
http://www.weather-eye.com/amedas_graph/index.html

公共論史の(かつてのもふくむ)受講者のみなさん、とか
とくに期末の××を課してこなかったのですが、
(確固たるポリシーがあってのこと、ではありません)
その代わりに、というわけではないのてすが、
参考になるHP、ここにお知らせください。

上記のような、自虐的な、くだらないのもあり
かもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/05 22:24
  [ml-prosemip 2470] Re: [ml-prosemip 2469] 男女同一(価値)労働同一賃金

村上(潔)さんどうも。リンクしときます。
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/equalpay01.htm

手持ちのリストにあったもので、かぶってなさそうだったもの、
以下
(いずれもたぶん読んでないです。)

◇渡辺 圭 19860909 「非伝統的職業開拓へ,米国女性の奮闘――同一価値労働,同一賃金を求めて」(アメリカ感傷リポ−ト),『エコノミスト』64-38:050-057
◇松尾 邦之 19920125 「国際労働条約<ILO100号条約・90号勧告>にみる男女同一価値労働同一報酬原則」(女性労働問題研究・21),『賃金と社会保障』1074:055-061
◇米沢 幸悦 199304 「女性の差別賃金是正のたたかい――「同一価値労働同一賃金」について」,『労働運動』333:192-206
◇斎藤 秀吉 199306 「「同一価値労働同一賃金」をめぐって――「職務評価」=職務給導入論の害悪」,『労働運動』335:121-132(特集:独占の女性労働者「戦力化」策)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/06 08:52
  [ml-prosemip 2472] では9月2日に

堀田さま、みなさま

では9月2日ということで。
合同演習?が14時からですから
http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902
12時くらいから、でしょうか。

あと森岡さんの私の本の書評が『論座』という
雑誌に掲載されました(昨日到着)。
そのうち、彼のHPに掲載されるんでは。
そしたらお知らせします。それも当日の
話題にはなるんではないかと。私が森岡さんの書いたもの
について書いたものは
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002002.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/06 16:18
  [ml-prosemip 2473] 『社会政策学会誌』第1号

立命館のサーバー、本日、ダウンしてるみたいですね。
37.1度(15時)のせいではないでしょうが。

以下、ホームレスの特集
http://www.arsvi.com/0m/jspls01.htm

小宅さんが作成。感謝。
(ミスもあるのでなおしてもらいます。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/06 23:07
  [ml-prosemip 2474] 7日・他

小川さんには午前メール出しましたが
立命館のシステムがおかしかったせいで*
(立命館のアドレスだったし)
ついてない可能性があると思いますので。

 *[ml-prosemip 2472]、朝出しましたが当方には未着。
  9月2日の件です。待ってれば着くと思うので待ちます。

書いたのは10時に着かない可能性があるということ。
病院(足関係)によって行くので。
ただ(そこには遅れそうというかんじで書いたのですが)
早朝に出るつもりなので、たぶん間に合います。
ただ、研究室に電話して在不在確認してください。

京都は本日は38度いきました。
枚方には負けたみたいですが。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/07 23:00
  [ml-prosemip 2477] 『社会政策学会誌』第11号

http://www.arsvi.com/0m/jspls11.htm
掲載。小宅さんどうも。

ご存知でしょうけど、いくつか、いくにんかの方には
関係のある論文などあります。

北村さん
[ml-prosemip 2476] 前のURLからリンクしました。
どうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/08 08:57
  [ml-prosemip 2478] 学会

昨日、小川さんと話していて

小川さんの本拠地は中東学会ですが
それはそれとして
民族主義とかアイデンティティ複合論とか
そんなテーマで報告できる場があったら
そういうところもあり、かな、
というような話で。
私は知ってる範囲では 思想史学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/shst/index.html
でもありはありかもと言いましたが、
(山本さんが報告したことあリ、村上(潔)さんが
報告予定のはず)
どなたか、なんか思いついたらどうぞ。

あと、学会情報なんでも、ここで
流通させてください。

私のHPでは
http://www.arsvi.com/1a.htm
院生の年内の報告予定については
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm

もれてる学会、報告予定者、申告よろしく。
それから報告要旨、配布資料、読み上げ原稿…
なんでも院のHP、院内限りのHP、各自のHP、私のHP
に掲載よろしく。掲載したら、
氏名 年月日 題名
学会名 (+会場) URLを知らせてください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/08 22:24
  [ml-prosemip 2481] 『社会政策学会誌』第4号

http://www.arsvi.com/0m/jspls04.htm
小宅さんどうも。

やはり幾人かに関係する論文あると思います。

私の部屋にあったのをデータ入力のために
小宅さんにもっていったもらったのですが、小宅さん
いまどこにあります? 読みたい人がいたら、と思います。
まあ立命館の図書館には当然あるでしょうけど。

……

あと、ファイルの上下も含め、上記のファイルのまねして
自分でやってみてくれませんか→小宅さん。

題と副題の間は「――」(2字文)で統一
「○○――△△――」とはせず「○○――△△」に
→小宅さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/08 23:46
  [ml-prosemip 2483] 公共部屋へ

小宅さんどうも。

 『社会政策学会誌』

> 公共部屋

にお願いします。他にも学会誌の類い、基本的には
院性室にと思っています。

公共部屋の書架どんな感じですか。
おろかなことに、学校の予算では(科研費の予算などでも)
書架買えなくて。
なんとかせねばと以前から思っているんですが。

なんとかして、並べられる壁は書架を並べたらよいと
思ってます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/10 10:05
  [ml-prosemip 2484] 『社会政策学会誌』第2号

http://www.arsvi.com/0m/jspls02.htm
小宅さん感謝。

村上(潔)さん関連の本、の書評いくつか
あるようです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/10 11:49
  [ml-prosemip 2485] 本→学校(明日)

大谷(い)さん、一昨日はすいませんでした。
http://www.arsvi.com/b2000/0606yk.htm

http://www.arsvi.com/b2000/0608om.htm

明日(11日)もってくきます。
たぶん、院生室にもっていきます(下記の本も)。
(14時から取材。そのあと別用。)

あと
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/kuhse.htm

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4887136811/ryospage03-22
2冊あってしまっているので、
1冊長期貸し出しあるいは廉価で譲渡可能です。

なお本日これから外に出ますので音信不通。



ついでに。上掲の最初の本について、昨日
原稿依頼をくださった新聞の文化部の方に、以下

――以下――

いえいえ、こちらこそ。
ただ、問題は

[引用箇所のため略]

ことにあるのではなく、論理にもなにもなっていない
文章を論理であるかのごとく書いてしまっている
というところにあります。このように大切な主題を
あのようにてきとうに書いてしまってはならないのです。
著者は多分いい人なんだと思いますが、
それとこれとは話はべつです。

[略]

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2006/08/11 09:54
  [ml-prosemip 2487] 『社会政策学会誌』第3号・第7号・他

http://www.arsvi.com/0m/jspls03.htm
http://www.arsvi.com/0m/jspls07.htm
小宅さん感謝。


ファイルできたものは公共の院生室においてもらってます。

あと、2485で予告した本、今日昼頃、やはり公共の院生室に
もっていきます。→大谷(い)さん。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/11 11:57
  [ml-prosemip 2489] 人×3

http://www.arsvi.com/0w/tdtmo.htm
http://www.arsvi.com/0w1/nkmrtt.htm
http://www.arsvi.com/0w/nkmrkik.htm

説明はのちほど。小宅さんどうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 08:55
  [ml-prosemip 2493] 本(含『年報医事法学』)

昨日午後、予告した3冊と、
ホームレス特集の『現代思想』8月号
公共院生室へ。
それから『年報医事法学』1〜11号(7号欠:原因不明)
も。立命館に入っているならいいかなとという気もしますが
(17号は安いのがあったのでさっき注文)
ない、あるいはあっても利用が不便ということであれば
他の号を買うこと、考えようかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 11:33
  [ml-prosemip 2495] 9/16 9/30 於:東京

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm
塩川伸明さんに来ていただくことになりました
(稲葉さんの発案)。

もうひとつ
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006079.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 14:02
  [ml-prosemip 2497] 川口ファイル更新・他

http://www.arsvi.com/0w1/kwgcymk.htm
更新。

他のみなさまにおかれましても、研究科のHPなどにおいて
よろしく。
公共領域の院生のファイル更新依頼は誰に、と
決まってましたっけ?



青木さん間違い修正(市立大→府立大)どうも。
知っていたのですが、なぜかまちがってました。



大谷(い)さんどうも。そういう類のものは、かさばるし
継続してとらないと意味ないから、立命館として
いれてもらうという方向でしょうかね。
機会あったら松原さんとも相談してみたら。



本日は、朝からメール返信とHP関連で、
日が暮れるかな、と。しかし対応(返信)できてないの
まだあります。すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 16:29
  [ml-prosemip 2499] 言葉を集めておく・等

なにかはじめると
いろいろ芋づる式にすることでてきて。
http://www.arsvi.com/0w/azctyhk.htm


誰が何を言ってきたのかを押さえることは
研究のしようによってはやはり必要。

たとえば
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2r.htm

のときは
http://www.arsvi.com/0y/als.htm#01
のように、人別にファイル作って、引用集みたいな
ものを作ったり。



あと
http://www.arsvi.com/0m/kfr2006.htm
この辺も誰かやってもよいのでしょう。
(れいによってリンクミスあり。)



樋口(明)さん情報ありがとうございます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 16:46
  [ml-prosemip 2500] 9/2関連

掲載依頼したら、とりあえず、こっそりと、
いうことで、今、連絡あり。
[略]

ですので
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm#r
からは、しばらくはリンクさせません。

ご参考まで。立岩。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 22:51
  [ml-prosemip 2504] 昨年の東大COE報告掲載・他

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006075.htm
(れいによってリンクミスあり。)

校正の締切が過ぎていて、ようやく
やったので、校正した私のとこだけ
掲載。全体については、報告書がそのうち
出るわけですが、HPでも見られるよう、と。
またお知らせします。

ついでに
http://www.arsvi.com/0e/c03.htm
すこし増補。かいあわらず貧弱ですが。
あまり私自身が増やすというようなあては
ありません。続きやってくれる方いれば歓迎。
科研費研究の一環という位置づけ
になります。



さまざまいただいており未処理
増加傾向。まあだんだんと。

いくらかでも共有されてよい情報はMLへ。
北村さん、天田さんどうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/12 00:27
  [ml-prosemip 2506] 『年報医事法学』掲載

http://www.arsvi.com/0m/jml011.htm
的場さんが
データベースからひっぱってきた
データ送ってくれたので、それを使い。的場さん感謝。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/13 14:12
  [ml-prosemip 2511] 精神系

 *以下 公共ML・生命ML同文。乞御容赦。

こないだ杉原さんと話していて、沖縄のことがすこし出てくる
本を一つ思い出し
http://www.arsvi.com/b2000/0004sm.htm
を作成。ついでに、他のMLでの田島さん発の情報も入れて
http://www.arsvi.com/0ds/m.htm
を更新、そんなことをしていたら
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003035d.htm
は、わりと書くべきことを書いているではないかと思い
http://www.arsvi.com/0m/gs200313.htm
は、やはりみなさん買ってね、と思い、文献表みてたら
読書会でとりあげるという本についての短い言及があることに気づき
http://www.arsvi.com/b2000/0203kt.htm

ご参考まで。リンクミスあり。

 *杉原さんの基本路線はこないだ話した方向でよい
  と思うので、あまり上記は気にしないでください。→杉原さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/13 15:52
  [ml-prosemip 2512] 闘病記

 *公共MLと生命MLに配信

http://www.arsvi.com/0y/a01.htm
作成。
http://www.arsvi.com/0b/0b.htm
等、引き継いでくださる方、歓迎。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/13 21:39
  [ml-prosemip 2514] Re: [ml-prosemip 2513] 難病と在宅ケア

http://www.arsvi.com/0m/nz.htm
公共院生室の書架にあります。
創刊号から2004年の何月号だかまで
揃っています。それから買ってないので
(私が)買った方がよいです。

上記のURLから発行元のHPに行けるので
それをコピペすると、上記のファイルを
増補(しようと思ったら)できるでしょう。
上記のファイルは、私の雑誌連載→本執筆の
ために最低限必要な範囲で作った
ものです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/13 22:57
  [ml-prosemip 2516] 田島本刊行

http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm
いま掲載。

http://www.arsvi.com/0ds/r02.htm
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
からもリンク。

ちなみに私の手元には現在在庫なし。
基本的に私への注文は、他の本・冊子と一緒の場合
にどうぞ。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/13 23:57
  [ml-prosemip 2519] 答ではないですが(Re: [ml-prosemip 2518] 質問:注意欠陥障害(ADD)について)

http://www.arsvi.com/0ds/adhd.htm

お役には立ちませんが。あとリンクミスったりしてます。

これが「学問的」??にどうおもしろい(と私が思う)
かについては
上記のファイルの下の方にある文章に書いてます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/14 10:31
  [ml-prosemip 2522] 研究科HP更新の件

院生のファイル
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm
更新。

川口さんのは私が青木さんに転送して
やってもらいましたが、
その後田島さんからリクエスト。

私が直接にやってもよいのですが(本来は自宅でも可)
なにか設定の問題で、自分のPC修理に出して以来
アクセスできておらず(この件について助言求むのメール、
着いててます?→青木さん)
今のところ私は無理。

公共の院生のファイル更新については
誰宛に送るというように、過去通知があったようにも
思いますが、この点、お手数ですが
再度よろしくお願いいたします。

それが明らかになった時点で、田島さん、他のみなさん
そちらにどしどし更新のリクエストをしてください。

それにかかわる人件費、足りなくなるということであれば
(現在も要求していますが、まだかなえれらていませんが)
要求します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/14 12:41
  [ml-prosemip 2526] 18日にしようかと

北村さん、植村さんから論文草稿もらっています。
どうも。
そういう相談の関係で
次、18(金)研究室に行こうかと
思います。他の日も可能ではあります。

ただ、
26日(土)研究会(BAS)ありますのでその開始時間の
前など可能ですが、
それ以前は1日出勤、その候補として、とりあえず
18日にしようかと。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/15 20:06
  [ml-prosemip 2527] 18日・他

村上(潔)さんが18日に。
植村さんはBASの前の時間に
ということに。

 *時間は(まだ)決めてません。
  当日研究室に電話していただいても。
  在不在などわかります。

 *植村さん、いまちょっと手が(頭が)あかなくて
  コメントちょっと時間ください(たぶん17日か16日に)。

本日の京都は36.9度だったようです。



http://homepage2.nifty.com/pinkfarmeri/lbtop.html
お知らせもらいました。(近日中に移転するようですが。)
的場さんどうも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/16 10:52
  [ml-prosemip 2528] 25日・福岡

以下案内がありましたので。&
そちらにいてアフリカに関係しそうな方も
いらっしゃいますので。
HPには後で載せます。
http://www.arsvi.com/0y/hiv2006.htm
http://www.arsvi.com/0y/hiv.htm

ちなみに大倉さんは、もう20年以上会って
ませんが、大学のときいっしょで知ってる人です。

――以下――

(重複失礼します)

ジュビリー九州の大倉です。
様々な側面からHIV/AIDSの問題に取り組んでこられた(特活)アフリカ日本協議会の世界の稲場雅紀さんをお呼びして、HIV/AIDSならびに世
界の支援の現状と課題についてお話しして頂く学習会を下記要領で開催します。ふるってご参加ください。

++++++++++++++++++++++
【HIV/エイズ ー グローバルな視点から考える】

日時:2006年8月25日(金)、19:00-21:00
場所:福岡市立NPO・ボランティア交流センター「あすみん」
講師:稲場雅紀さん((特活)アフリカ日本協議会理事)
参加費:一般600円 ジュビQ・Qネット会員ならびに学生400円
主催・問い合わせ:
債務と貧困を考えるジュビリー九州 (略)
協力:JVC・九州ネットワーク

 皆さんはエイズで年間280万人もの命が奪われていることをご存知でしたか?10人に3人から4人がHIVに感染し、生命の危機にさらされているとい
う状況を想像できますか? もし、自分や家族が致死的な感染症に罹りながら何も治療を受けられないとしたら、どんな思いを抱くでしょうか?
 
感染者が集中するのは、貧困、紛争、環境破壊などの諸問題を抱えた「途上国」であり、感染者や死亡者が増えることによる労働力の低下、経済活動の低迷、
貧困の増大、孤児の増加という悪循環を引き起こしています。アフリカのいくつかの国では平均余命が40歳以下に低下し、人口減少も危惧されています。
 感染症はけっして局地的な問題ではありません。しかし、日本では、こうしたグローバル・エイズ問題の深刻さや最新の情報が伝わっておらず、この問題へ
のコミットメントが薄いのが現状です。これは先進国で唯一、日本だけ感染者数が増加していることと無縁ではないのかも知れません。
 「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)」が2002年に立ち上げられ、世界規模で対策が取られ始めている一方で、利害(薬価や特許)や倫
理感(「性」のとらえ方)や差別が、この問題の解決を複雑にしています。

 様々な側面からHIV/AIDSの問題に取り組んできた(特活)アフリカ日本協議会の世界の稲場雅紀さんをお呼びして、HIV/AIDSならびに世界
の支援の現状と課題についてお話しして頂き、私たちにできることを考えて行きたいと思います。ふるってご参加ください。

■HIV/エイズ(後天性免疫不全症候群)
エイズとは人体の免疫系を破壊するHIVに感染して免疫不全に陥ることにより、通常ならば問題のない弱い病原体までもが体内で活発に活動し、健康を保持
できなくなった状態をいいます。有効な治療法を施さなければ2年から20年で発症し、死に至ります。2003年のエイズによる死者数は282万人、さら
に約500万人が新たに感染しています。感染者は3400万人から4600万人と推定されています。さらに15歳から24歳までの若年層の感染が40%
以上を占めており、母子感染などを通じて子供が感染の危険にさらされやすいことから、労働力の不足などの深刻な社会問題を引き起こしています。アジアで
もエイズの蔓延は深刻であり、UNAIDSの統計によれば、南東アジア及び西太平洋地域で700万人が感染していると推定されます。今後10年間に人口
稠密な中国とインドを中心に、急速なエイズ感染の拡大が懸念されています(外務省HPより)。
----------------------------------------------
★ザンビア:債務免除で地方での受診料無料化を実現
----------------------------------------------
アフリカ日本協議会発行のメルマガ、グローバル・エイズ・アップデイト第47号より
ザンビア政府は2006年4月、地方における公的医療の受診料制度(User
Fees)を廃止することを発表した。受信料制度は、数百万人にのぼる低所得層が医療ケアを受ける上で大きな壁となっていた。
貧困の根絶を推進する英国の非営利団体オックスファムによれば、今回のザンビアの政策は、昨年7月のグレンイーグルズ・サミットにて合意がなされた40
億円の債務免除と、外国からの援助の増加によって可能になった。オックスファムのディレクター、バーバラ・ストッキング氏 Barbara
Stockingは、「これはG8の決定が人々の生活向上につながった初めての例だ。『貧困を過去のものに(Make Poverty
History)』キャンペーンに携わる人々はこれを誇りに思うべきだ」と語る。
ザンビアは1990年代、国際通貨基金(IMF)や世界銀行からの圧力により、受診料制度を導入したが、最もケアを必要とする低所得の人々を排除するこ
とにつながるという批判があった。特に、地方に住む若い女性のために家族が受診料や治療費を払うことは稀であるため、これらの人々が医療サービスを受け
ることは困難になっている。
ザンビアの次なる課題は、慢性的な医療従事者不足の解消である。ザンビアでは、医師の数が国民1万4000人あたりたった1人となっている。医療人材の
確保と育成への投資が必要である。『貧困を過去のものに』キャンペーン担当者は、給料や待遇の悪さが人材流出を招いたと説明する。2006年の世界保健
機関の報告書では、世界の疾病の24%がアフリカに集中しているにも関わらず、アフリカの医療従事者は世界全体の3%に満たない。現在、ザンビアでの医
療従事者数は、必要数の半分にも満たないという。
ザンビアのキャンペーン団体G-CAP(Global Call to Action against
Poverty)の代表ヘンリー・マルモ氏Henry
Malumoは、「私たちは、地方での受診料廃止を推進してきたが、都市部でも同じ政策がとられることを要求する。ザンビアは医師や看護師の労働環境改
善や医薬品の普及のために、さらなる資金援助を必要としている」と述べた。オックスファムのストッキング氏は、受診料制度を設置していない国はサハラ以
南アフリカ30カ国のうち3カ国のみであることを挙げ、「ザンビアはさらなる努力が必要であるが、受診料制度廃止は大きな一歩である。他のアフリカ諸国
もザンビアに続くことを願っている」と述べた。
原題:Zambia scraps healthcare fees for poor rural people   日付:April
9,
2006
出典:People’s Health Movement
website   URL:http://www.phmovement.org/en/node/153


******************
大倉純子
(略)


 
 
>TOP

◆◆2006/08/16 18:26
  [ml-prosemip 2530] 8/19 8/20 ボリビア映画祭・京都 ウカマウ集団特集

http://www.arsvi.com/0n/i06.htm
タイトル忘れています。
知らん人から、写真付のメール来たので
(以前よりその前の版の案内は載せてあったのですが)
載せてみました。が、
なんの写真なのかわかりません。
文学部の(野蛮な方の)崎山さんが出るみたいです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/16 18:37
  [ml-prosemip 2531] (近頃の)歴史系関連

ようやく一つ、送るもの遅れて送って
北村、植村、能勢発の添付ファイル
ざっと見たところ。
(18日は北村・村上(潔))

で、北村さんとか、いま30年ぐらい前の
話をやっているのですが、
そういう人、他にも幾人かいると
思います。で、文字資料があれば
それを中心にやるのはよしとして、
時間的その他的に可能であれば、関係者に
直接話を聞いて、合わせて、記述を
構成していくというやり方がときに有効である
ことがあります。
これが、80年ぐらい前だと無理ですが、
50年前ぐらいまでならなんとか。
でも、いまできる時代も、そのうちできなくなる。

cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2001008.htm
大林さんのこの本はよい本です。
「社会人研究者」?のあり方としても学ぶところがあると思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/16 18:43
  [ml-prosemip 2532] バイト募集

手作業系のバイトやる人いたら
立岩まで。印刷・製本など。
ベストは18日研究室に来てもらうこと。
さしずできると思います。
なかなか同じ人に継続的にやってもらうの
難しくて、ですが
まあだんだんと。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2006/08/17 21:58
  [ml-prosemip 2538] 文献紹介ファイル作成法

Sent: Thursday, August 17, 2006 8:48 PM
Subject: [ml-prosemip 2537] Re: [ml-prosemip 2536] 森岡正博さんの記事:米国・生命倫理のゆくえと障害者「当事者不在」のねじれ

は誤送信でした。すみません。



http://www.arsvi.com/0x/b01.htm
すこし更新。
ご参考まで。わかりにくいでしょうかね。わりと単純な
ことなんですが。

そこから青木さんが今日送ってくれた
人物紹介ファイルを開けるようにしたつもりなのですが
どうも私の方ではうまくいきません。
(ハングアップっぽい状態になる。)
そのうち。すみません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/18 11:20
  [ml-prosemip 2542] 本日これから+1

こまごましたことをやっていたらこの時間。
これから出ます。夕方までには一仕事
終えたいと思います。

26日のBASの前、12時から(未確定)の
植村さんの論文検討は
参加希望者の参加可です。
またお知らせします。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/19 17:46
  [ml-prosemip 2549] 本の紹介一つ追加

>http://www.arsvi.com/0w/ts01/0r.htm
ご参考まで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/19 19:41
  [ml-prosemip 2550] 9/2の前半関連の文章

いつぞやお知らせしましたが、メンバー限定のところ
http://www.arsvi.com/1cf.htm
にいくつか足しました。

http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902
の前の(12時〜?)、堀田さんとのやりとり?関連では
2006/09/01のをご覧ください。
舌足らずではありますが、上記のイベント?他を
を意識して書いたところがあります。

他に掲載したものについてはまた別便にて。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/19 20:22
  [ml-prosemip 2551] 中学生向けの…

中学生向けのシリーズ
http://www.rironsha.co.jp/special/series/index.html
のために、ということで、
(実際には買って読んでいるのは大人だという
話もある)
連載を始めてしまっていて、自分の首を絞めることになり
後悔もしているのですが
http://www.rironsha.co.jp/special/ningen/index.html

他で書いたり、この研究科の授業で話しているような話と
基本的には変わらんのですが、どうも頭に
入らんという人はどうぞ。しかしわりとあっちこっちに
行ってしまって、かえってなんだかわからんように
なっているかもしれません。

なお、前便でお知らせした
http://www.arsvi.com/1cf.htm
からは、上記に掲載される前に
送った原稿が載ることがあります。
(第8回は載っています。)また読むときにそちらの方が
読みやすいという人はそちらでどうぞ。

以上ご参考まで。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/21 09:09
  [ml-prosemip 2552] 良い死系×2

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006077.htm
プログラム変更ありだそうで。
梅原猛さん登場だそうです。近々正しいプログラムにします。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006070.htm

私、今日明日東京。ゆえにしばらく音信不通です。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/22 19:06
  [ml-prosemip 2554] 『アフリカとアジア――開発と貧困削減の展望』

以下、AJF
http://www.arsvi.com/0n/ajf.htm
のMLに配信されたもの。無断転載。
図書館なんかで買ってもらうとよいでしょう。
立岩

――以下――

斉藤@AJF事務局です。

図書館の新刊コーナーに並んでいたので、借りて読んでいます。
税込み8400円の本です。

アフリカとアジア―開発と貧困削減の展望
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766412427/ryospage03-22

高梨 和紘編 476ページ 8400円 慶應義塾大学出版会 (2006/04)

目次
第1部 苦闘するアフリカ
アフリカにおけるIMF・世銀政策の実績 坂元浩一
アフリカの都市に対する食料供給問題―ウガンダにおける実態調査より
 吉田昌夫
「過剰な死」が農村社会に与える影響 島田周平
開発政策と農民―セネガルの落花生部門 1960‐2000年 
勝俣誠
アフリカ諸国におけるマイクロファイナンスと貧困削減 高梨和紘

第2部 グローバル化するアジア
グローバリゼーションの中の日本―アジア共生への課題 木下俊彦
東アジアの国際分業の新展開―電子産業のケース 太田辰幸
インド経済の台頭とIT産業 小島眞
南北間技術移転に関する覚書 小林直人
東アジア共同体論の危うさ―中日韓台関係論 渡辺利夫

第3部 開発協力の現在
貧困削減・経済成長・援助 小浜裕久
成果主義的ODA評価の意義と陥穽 山形辰史
国際公共財と国内公共財に対する最適援助政策 寺崎克志 
囚人のジレンマの克服―地域協力による信頼醸成 不破吉太郎

島田さんの『「過剰な死」が農村社会に与える影響』は、昨年、東京外
語大で開かれた日本アフリカ学会「女性とエイズ」フォーラムでのプレ
ゼンテーションを基にした論考です。
先行研究を参照しながら、HIV/AIDSはじめとするさまざまな要因
による「過剰な死」がザンビア農村社会におよぼす影響を概観した後、
自身の調査を基に、共同耕作グループの中心メンバーが「過剰な死」へ
の対応に精神的にも物質的にも疲弊したためにグループが分裂したケー
スおよび親に死なれた子どもたちの扶養を祖父母の世代が引き受けてい
る状況を報告しています。
島田さんには、2004年11月にAJF食料安全保障研究
会公開セミナーで同じタイトルの問題提起をしていただきました。

吉田さんの「アフリカの都市に対する食料供給問題」は、2002
年〜2003年に吉田さん自身が実施した実態調査から見えてきたカ
ンパラ、ジンジャへの食料供給の現状報告です。調査対象となる食料
品、市場の選び方、そして「運送卸し商」へ焦点を絞り込んで行くとい
う調査の進め方に興味を感じました。


 
 
>TOP

◆◆2006/08/23 09:34
  [ml-prosemip 2555] NPO・寄付控除

以前より、&最近も、いくつか関係するところがあって。

http://dojo.livedoor.biz/archives/50835175.html
こういう手はありかも。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/23 10:47
  [ml-prosemip 2556] 本日+

14時から講義の情報保障関連の仕事。
その前後研究室にいます。

あとまたお知らせしますが
http://www.arsvi.com/b2000/0608ta.htm
の(当方販売分の)売り上げ全額は院生基金に。
みなさんよろしく。(今日、追加印刷・製本します。)

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm
も入荷。

いずれも研究室においておきます。
以上について、労働との交換可能・歓迎。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/24 11:05
  [ml-prosemip 2559] 構築/構築主義

http://www.arsvi.com/0e/c05.htm
田中さん作成(本とバーター)。感謝。

今朝もらって、私もいくつか足しましたが、
ちゃんとしようとするときりがないので、とりあえず。

私のこの「主義」についての考えは
こないだでた本にも収録された「社会的」という文章に
書きましたが(上記のページからリンクされてます)、
それは「べたに」「構築」を記述していくという
営みの意味・意義を否定したものでは「まったく」
ありませんので、そのへん(誤解ないように書いてあるはずですが)
誤解なきよう。

文献表の作り方については幾度か書きましたが
再度いくつか、別便で。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/24 11:16
  [ml-prosemip 2560] 文献表作成関連

文献表の作り方は幾度かここに書いたと思いますが、幾つか繰り返し
そのその前に一つ

英語、仏語、独語の大文字・小文字表記について
どなたか簡単に知らせてくれるとよいです。
(簡単は簡単なんですが、ちょっとどう書いたらよいかと
思いまして。)
あるいは、
どこかに標準的な表記法が出ているということであれば
そのURLとか。



あと、繰り返しも含め。

論文に載せるときは、発表年だけでよいのですが
同じ年のものの前後が問題になることがあるので
できれば、年月(日)まで掲載するとあとで便利。
そのさい、アマゾンなどの表記は実際(本の奥付に
書いてある月日)と違っていることがけっこうあるので
現物の方を記入。

それからISBNあるいはASIN(両者は同じと考えてください)
の番号を記入しておくとよいです。
以前は役に立ちませんでしたが、いまはこれがわかると
すぐアマゾンなどで当該文献の情報が得られますので。
書名等でアマゾン等で検索し、そこから必要な部分をコピペすると
簡単です。

前便の田中さんのはもらったワードのファイルから
とりあえず私が作りましたけど、慣れると簡単なんでできたら
HTMLでも。
一度できたのは、表示させて、それをダウンロードか、
「表示」→「ソース」で 「全部選択」でコピペかして
そこに新たなものだけ加えていく。改行のところに<BR>
を入れる、だけでだいたいOKです。

cf.
http://www.arsvi.com/0x/b01.htm
下半分はとりあえず無視してください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/24 12:13
  [ml-prosemip 2561] アジ研HP更新・『アフリカレポート』公開

武村よりAJFのMLに配信された情報です。

――以下――

皆さま

アジア経済研究所のホームページ(http://www.ide.go.jp/Japanese/)がリニューアルされ、アフリカ関係の情報も充実しましたのでお知らせします。今回のリニューアルで、次のような点が変わりました。

「アフリカレポート」が、出版後1年を過ぎたものにつき、原則公開されるようになりました。
http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Africa/#backno
1985年に発刊以来の「アフリカレポート」の歴史を、パソコンで見ることができます。


なお、公開にあたっては執筆者の了解が必要です。可能な範囲で了解を得るよう努めましたが、連絡先がわからないなど、了解が得られない方の論考は公開できていません。もし、非公開になっている論考の執筆者で、公開に同意いただける方がいらっしゃれば、ご連絡いただければ幸いです。

その他にも、次のようなアフリカ関係の調査研究成果を公開しています。

Africa Research Series

No.13「企業が変えるアフリカ―南アフリカ企業と中国企業のアフリカ展開」(平野克己編)
(http://www.ide.go.jp/English/Publish/Ars/13.html)

No.12 Current Issues of Rural Development in Malawi (Takane, Tsutomu ed.)
 (http://www.ide.go.jp/English/Publish/Ars/12.html)

調査研究報告書

『アフリカの「個人支配」再考』(佐藤章編)
(http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Report/2005_04_10.html)

『国際環境レジームと発展途上国』(望月克哉編)
 (http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Report/2005_04_30.html)

『新興工業国における雇用と社会政策:資料編』(宇佐見耕一編)
 (http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Report/2005_04_12.html)

『グローバリゼーションと途上国農村市場の変化―統計的概観』(重冨真一編)
 (http://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Report/2005_04_05.html)

 その他、テーマ別の調査研究ページにも、「アフリカ政治」、「HIV/AIDS」、「民族」、「紛争と平和構築」、「都市化」、「社会運動」、「農村社会・経済」などなど、アフリカ関連の研究トピックや関連文献が多数掲載されています。

 また、アフリカ研究のポータルサイト(http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/Africa/)では、リンク集も充実しています。

 リニューアルを終えたばかりで、修正が必要な箇所も散見されますが、皆さまのご意見、ご感想を踏まえて充実を図るつもりです。是非、ご覧になり、ご意見をお寄せ下さい。

武内進一


 
 
>TOP

◆◆2006/08/25 00:03
  [ml-prosemip 2565] 26〜立岩予定

26 学校 1200〜植村* その後BAS
http://www.livingroom.ne.jp/e/bas.htm

 *学而館、生命院生室で(この部屋予約済みだったら
  連絡ください。)

27 学校 BAS
http://www.livingroom.ne.jp/e/bas.htm

28 学校 1430〜論文審査 その後、礒辺

29 1800〜大阪*
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006076.htm

 *来たい人どうぞ。立岩まで連絡ください。
  何はなすか未定。聞かれたことに答える感じ?

9/2 学校
1200〜堀田研 1400〜森岡研・立岩研合同演習
http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902
(会場とか記載してないです。します。)

てなぐあい。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/28 20:22
  [ml-prosemip 2577] 明日(29日)大阪・くすのき研+

以下、障害学ML*に出したものと署名部分以外同文。

 *このML、関係ありそうな人はいちおう入っておいた方が
  よいのではと。このごろあまり盛り上がってないようですが。
  まあ、あまり盛り上がらない方がよい、かもしれません。
http://www.arsvi.com/0l/jsds.htm
  からたどっていって、登録できるはず。(しかし、できなかった
  という人もいるようで、公共MLの加入者でこのMLに入ってる
  人たくさんいるので、わからなかったら公共MLに質問
  してください。)

  この部分だけが以下にない部分(+)でした。では。立岩

――以下――

立岩です。明日、呼んでいただいて大阪でなにか
話します。(打診をいただいたのは、昨年の障害学会
のシンポジウムでも話をされた姜博久さんからでした。)
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006076.htm

15人ぐらいが参加されている研究会のようです。
こちらの院生など参加してよいですかと
うかがったら、歓迎ということで、数人参加の予定。
ということで、たぶん誰でもOK、だと思います。

リクエストをいただいているのは
『自由の平等』(岩波書店)で書いたようなことを
ということですが、どうなんでしょ。
ほんのちょっとしゃべって、あと質問をおうけして
という感じにさせていただこうかと。

http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b2.htm
といった単価の安いのをだいたい人数分、
ほかに2、3種、数冊ずつもっていくつもりです。
いらっしゃるという方でなにかいりようなものが
ありましたら、明日昼すぎまでにお知らせください。
(ただ、自宅から出ますが、自宅においてないものあります
のでそのあたりはご了承ください。)



上記のもの含め、
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts01/00b.htm
各種好評?発売中。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 20:49
  [ml-prosemip 2587] 論文等支援体制関連

もう8月も終わらんとしています。なんという
ことでせう。

『Core Ethics』締切まで約2週間
今日私が読んで簡単に返事出したのは
北村/小川/吉村。
あと投稿原稿、村上(潔)さんから。どうも。

論文支援、天田/堀田/太寿堂の陣容は変わらず
堀田さんには李/青木、など
天田さんは、たくさん
みてもらってますが、これからのことを
考えると、えらいことになりそうな予感がします。
学振だけ、であれだけかかったわけで、
『Core Ethics』があり、学会報告がたくさんあり
予備論文があり、博論の人もいて…。

できるだけ、合理化、効率化をはかる
必要があります。一度に複数の人が見る
というふうにせず、うまいぐあいに
配分できれば、など。またお知らせしますけど

とくに天田さんについては、基本的に
その労働時間は専任教員の労働時間
ということでやっていただいてますんで
そこのところよろしく。またお知らせします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 21:07
  [ml-prosemip 2588] 9/2堀田研関連

9/2 12時〜
http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902

関連でこのところ書いたもの

2006/09/01「労働の義務について・再度――家族・性・市場 12」
『現代思想』34-10(2006-09):8-12 
 (このMLの参加者は読めます)

もう一つ、今日
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006054.htm
(ミスあります)

当日はとくに文章用意しないと思います。
最初っから質疑応答から入ります。



あと堀田さん、ずっと以前にいただいた

Sent: Saturday, July 29, 2006 2:54 PM
Subject: サバイバルロッタリーと義務の条件について

このMLに再掲してよろしければしますが。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 21:34
  [ml-prosemip 2589] 研究会について

2日続けてのBAS
http://www.livingroom.ne.jp/e/bas.htm
ごくろうさんでした。みのり
あったと思います。
幾度か言っていますが、これは私にとっては
授業の一環です。

でる価値のない研究会その他に出るのは時間の
無駄ですが、そうでない場合、
主題が近い報告など、時間的他で
可能な人、とくに院に新しく入った人は
出た方がよいと思います。

また、指導というか助言というか、共通性があります。
そういう場で得られるものは得て、それで
足りない分を個別指導なら個別指導というのが
原則です。
(私の場合、みなさん一人一人について
例えば1年に3時間余の時間をとると
この研究科に専任教員に課せられているコマ数と
同じ時間を費やすことになります。)

今後よろしく。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 22:47
  [ml-prosemip 2591] 9/2関連堀田7/29

堀田さんから転送許可いただいたので以下。立岩

――以下――

立岩様

[略]

「サバイバルロッタリー論」が示しているのは、「譲渡されるべきではないもの」と「譲渡可能なもの」との境界である、という点は、ぼく自身立岩さんの議論から学びました。
ただ、サバイバルロッタリー論のもう一つの解釈として、限定された所有規則、つまり、生産・提供者自身の生存(生活)のための所有と、生産物を提供される者の生存(生活)のための所有との優先順序を示した議論としても、理解できるのではないかと思います。

前者の「譲渡されるべきでない/されてよい」という「境界」の問題は、第二の解釈の観点から見ると、次のように言えるのではないかと思います。
たしかに、労働およびその産物は「譲渡されてよい」ものでもありますが、それは、当人自身の「譲渡されるべきでない生存・生活」のための手段として、その産物が所有されることを条件にしている、と。
たとえば、全面的な視力(能力)の移転である「眼球くじ」に対する抵抗感も、見える者が見えない者に行為を通して視力を移転する「義務」とは、見える者自身が視力によって得られる財や資源や機会の減少をどの程度まで正当な負担として要請する義務なのか、といった問題の(いわば)リミットとして機能しているのではないでしょうか。

「徴税」という配分制度にも、生産者・支出者は自らの生活のための能力の供出を、他者の生活のために供出する部分に対して(どこまでが自分のためで、どこから他人のための供出かの計算は現実には不可能ですが、理論的には)優先できる、という点は前提とされているように思います。
『自由の平等』第6章でご指摘されている通り、「人が……交換のために手放そうとするものについては分配と交換の対象」にしてよい、とは無条件には言えず、その「重要な条件の一つは、その人が譲渡しがたいものを譲渡せずにすむように、基本的な生活資源・手段の分配がなされること」(260-1)であるとすれば、行為やその結果がそもそも「譲渡する用意のあるもの」(62)だったからといって、その所有にたいする優先権を完全に生産者から奪って、全ての結果・産物を(生産者/被配分者に関わらず)純粋にニーズに応じて配分する、ということは正当化困難なのではないか、と思います。

立岩さんの議論が「能力の共有」論と同じだとは思いませんが、それでもやはり、「譲渡する用意のある労働/身体」という基本的な区別に対して、労働産物を配分される諸身体のなかでの、「譲渡する者の身体/譲渡される者の身体」という区別に与えられる位置は非常に小さくされているように思えます。
(後者の優先順序の問題は、「格差原理」の配分曲線が許容する格差の問題にも重なるような気がしますので、それをどう考えるかについてぼくは関心があります)。

それで当然、そう言うお前の立場はどうか、ということになるのですが、ぼく自身は、配分を慈善の対象とするリバタリアン的な議論には違和感があり、また保険の論理で配分を正当化する議論にも、さらには「内発的義務」論のようなものにも違和感があります。その上で、「配分しない理由はない」といった根拠の「弱さ」のもつ可能性を追求する立場もあるのではないか、などと漠然と思っています。

それでは、長文失礼いたしました。

(以下署名)
*******************
堀田 義太郎(HOTTA Yoshitaro)
[略]


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 23:46
  [ml-prosemip 2592] 9/2森岡研×立岩研関連

http://www.arsvi.com/0u/0-2006.htm#0902

立岩→森岡
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002002.htm
http://www.arsvi.com/0w/mrokmshr.htm
(の下のところの「言及」というところ)

森岡→立岩
http://www.lifestudies.org/jp/shinano01.htm#tateiwa
(もう雑誌出て時間たってるし公開いいでしょ)

あといくつかあるんですが、全文掲載のものは見当たらず。

野崎さんの報告レジュメは院内限定ページにあり。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/30 23:54
  [ml-prosemip 2593] 出版関係

BAS1日目の夜、人文書院の編集者の方もいらっしゃっていて
「海風」で本を出すことについての話にしばしなりましたが
関係なくもない文章を今日出しましたので。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006009.htm
&そこからもリンクされてますが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005008.htm

この連載、テーマ的に関係ある人、いちおう
全部目を通してください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/31 08:12
  [ml-prosemip 2594] YSK関連

このところの掲載履歴については
http://www.arsvi.com/ml/2006y.htm
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm

このところ私ので載ったもの/書いたものは
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006070.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006077.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006081.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/08/31 12:42
  [ml-prosemip 2595] 樋澤さん作成資料

樋澤 吉彦 2006/08- 「心神喪失者等医療観察法とPSW:文献紹介」
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/hy01.htm
http://www.arsvi.com/0ds/m20022.htm

文献紹介:
横藤田 誠 200209 『法廷のなかの精神疾患――アメリカの経験』
日本評論社,272p. ASIN: 4535513384 4200
http://www.arsvi.com/b2000/0209ym.htm

ご参考まで。直接に関係ある人、少なくとも幾人かいますし。

HP委員の人、登録よろしく。

今回は私がHTML化ファイル化しましたが、やってくれる人
いたら歓迎。有給。

あと本来は研究科のHPにあるのがよいのだと思いますが
いくつかの理由により、とりあえず私のHPに置きます。



樋口(義)さん、連絡ください。

立岩



UP:200607 http://www.arsvi.com/ml/2006p4.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)