HOME > eMAILS >

先端総合学術研究科「公共」領域院生宛・2006 3/7

2003  2004 1/2  2004 2/2  2005 1/4  2005 2/4  2005 3/4  2005 4/4
2006 1/7  2006 2/7  2006 3/7  2006 4/7  2006 5/7  2006 6/7  2006 7/7


立命館大学大学院先端総合学術研究科


◆◆2006/06/30 10:19
  [ml-prosemip 2274] 『Core Ethics』(続々)
◆◆2006/06/30 09:41
  [ml-prosemip 2273] 言説の評価を巡り
◆◆2006/06/30 08:56
  [ml-prosemip 2272] 聞き返すこと
◆◆2006/06/30 07:17
  [ml-prosemip 2271] 『Core Ethics』(続)
◆◆2006/06/29 22:31
  [ml-prosemip 2269] 『Core Ethics』
◆◆2006/06/29 20:12
  [ml-prosemip 2268] 6/30 7/4 7/14 ジェンダー研究会
◆◆2006/06/29 20:01
  [ml-prosemip 2267] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 3
◆◆2006/06/29 09:09
  [ml-prosemip 2264] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 2
◆◆2006/06/28 11:23
  [ml-prosemip 2257] 北本さんとのやりとり・1?
◆◆2006/06/27 22:09
  [ml-prosemip 2252] HP関連
◆◆2006/06/27 09:03
  [ml-prosemip 2250] 今週の予定(立岩)
◆◆2006/06/26 21:47
  [ml-prosemip 2246] 福祉社会学会・公募…
◆◆2006/06/26 15:27
  [ml-prosemip 2245] 前便の残り+
◆◆2006/06/26 15:23
  [ml-prosemip 2244] 7月8・9日
◆◆2006/06/26 13:35
  [ml-prosemip 2243] Van Parijs関連・3
◆◆2006/06/25 19:57
  [ml-prosemip 2240] 自殺系(続)/社会科学基礎論研究会
◆◆2006/06/24 23:09
  [ml-prosemip 2238] 7/22 格差社会と社会政策
◆◆2006/06/24 17:55
  [ml-prosemip 2236] 7/4 「パフォーミング・ライツ」というテーマ
◆◆2006/06/24 12:11
  [ml-prosemip 2234] 自殺系+
◆◆2006/06/24 10:18
  [ml-prosemip 2232] 内部をまず当たること
◆◆2006/06/23 23:51
  [ml-prosemip 2230] Re: [ml-prosemip 2228] 能勢です(障害者教育について)
◆◆2006/06/23 23:44
  [ml-prosemip 2229] お礼+(Re: [ml-prosemip 2225] Re: HTML化(お尋ね含む))
◆◆2006/06/23 23:26
  [ml-prosemip 2227] 立岩が関係した本の入手方法
◆◆2006/06/23 23:09
  [ml-prosemip 2226] 私を語ることについて
◆◆2006/06/23 11:18
  [ml-prosemip 2224] 本配布販売と催促
◆◆2006/06/23 10:51
  [ml-prosemip 2222] 公共論史2006:03
◆◆2006/06/23 09:16
  [ml-prosemip 2221] HTML化(お尋ね含む)
◆◆2006/06/23 08:54
  [ml-prosemip 2219] 透析/糖尿病(続)
◆◆2006/06/23 08:48
  [ml-prosemip 2218] 字を読んでメモ作る
◆◆2006/06/23 08:19
  [ml-prosemip 2217] Re: [ml-prosemip 2213] 「〈差別論〉を考える」研究会のお知らせ(天田)
◆◆2006/06/23 07:57
  [ml-prosemip 2216] 透析/糖尿病
◆◆2006/06/22 21:19
  [ml-prosemip 2211] 人工透析しないこと関連で情報ないですか?
◆◆2006/06/22 19:52
  [ml-prosemip 2210] お願いにあがりました。
◆◆2006/06/22 10:39
  [ml-prosemip 2209] 07/14国際シンポジュウム「公私二元論の再考」
◆◆2006/06/21 08:12
  [ml-prosemip 2208] 面談について
◆◆2006/06/20 23:19
  [ml-prosemip 2206] 訂正・お詫び(Re: [ml-prosemip 2203] 青木陽子さんいますか?・他)他
◆◆2006/06/20 22:03
  [ml-prosemip 2204] Re: [ml-prosemip 2199] 予備演習2特別セッション
◆◆2006/06/20 11:20
  [ml-prosemip 2203] 青木陽子さんいますか?・他
◆◆2006/06/20 08:04
  [ml-prosemip 2202] 他のMLを使う1(障害系)・他
◆◆2006/06/19 20:11
  [ml-prosemip 2198] 大野さん連絡ください・他
◆◆2006/06/19 09:56
  [ml-prosemip 2194] 7月7・8・9日
◆◆2006/06/19 09:40
  [ml-prosemip 2193] 御礼・情報提供(→藤谷さん)他
◆◆2006/06/19 09:06
  [ml-prosemip 2192] 社会学会報告要旨・他
◆◆2006/06/17 08:27
  [ml-prosemip 2188] 小林さん感謝・明日
◆◆2006/06/17 08:21
  [ml-prosemip 2187] 感謝(Re: [ml-prosemip 2185] 親指ひゅんQ)他
◆◆2006/06/17 08:04
  [ml-prosemip 2186] 本日・全国多発性硬化症友の会総会
◆◆2006/06/16 23:41
  [ml-prosemip 2183] 退院・しかし・他
◆◆2006/06/15 12:51
  [ml-prosemip 2178] Van Parijs関連・2
◆◆2006/06/15 12:34
  [ml-prosemip 2177] 多文化主義
◆◆2006/06/15 01:25
  [ml-prosemip 2176] 肯定的な話をすることについて
◆◆2006/06/15 00:22
  [ml-prosemip 2175] リハビリテーション
◆◆2006/06/15 00:07
  [ml-prosemip 2174] 6/24-25 福祉社会学会大会
◆◆2006/06/14 23:15
  [ml-prosemip 2173] 7/7 Workshop with Professor Philippe Van Parijs関連
◆◆2006/06/14 22:47
  [ml-prosemip 2172] 学会報告等の報告の件
◆◆2006/06/14 22:28
  [ml-prosemip 2171] 公募プロジェクト結果
◆◆2006/06/14 12:55
  [ml-prosemip 2170] 共著・共同報告について
◆◆2006/06/14 12:32
  [ml-prosemip 2169] 本日欠席御免+関連ですこし
◆◆2006/06/14 12:21
  [ml-prosemip 2168] 『Core Ethics』申込の件
◆◆2006/06/14 11:25
  [ml-prosemip 2167] G*予算での図書購入38万
◆◆2006/06/14 08:39
  [ml-prosemip 2166] 7/1追加情報+7/9
◆◆2006/06/14 08:30
  [ml-prosemip 2165] 7/1入試説明会・募集
◆◆2006/06/14 07:18
  [ml-prosemip 2164] 病・障害系運動・政策系
◆◆2006/06/14 07:06
  [ml-prosemip 2163] 能勢報告延期・他
◆◆2006/06/13 19:09
  [ml-prosemip 2160] 『遺伝子「不平等」社会』
◆◆2006/06/12 21:46
  [ml-prosemip 2158] 火曜水曜・他
◆◆2006/06/12 19:46
  [ml-prosemip 2157] 社会思想史学会大会
◆◆2006/06/12 19:13
  [ml-prosemip 2156] 業績情報よろしく・他
◆◆2006/06/11 23:56
  [ml-prosemip 2153] 学会報告・など
◆◆2006/06/10 09:58
  [ml-prosemip 2147] 本日・明日
◆◆2006/06/09 10:26
  [ml-prosemip 2144] 本日
◆◆2006/06/08 11:38
  [ml-prosemip 2136] やはりあきません+土曜
◆◆2006/06/07 18:08
  [ml-prosemip 2134] 復旧&掲載よろしく
◆◆2006/06/07 08:27
  [ml-prosemip 2132] PC不調他
◆◆2006/06/06 09:30
  [ml-prosemip 2127] 頁作成よろしく
◆◆2006/06/05 23:46
  [ml-prosemip 2123] 『遺伝子「不平等」社会』
◆◆2006/05/30 08:28
  [ml-prosemip 2116] 近々の予定・他
◆◆2006/05/27 08:56
  [ml-prosemip 2109] バックナンバーを
◆◆2006/05/27 08:23
  [ml-prosemip 2108] 文章のHP掲載の件
◆◆2006/05/25 23:52
  [ml-prosemip 2096] 学振(最終?)
◆◆2006/05/25 21:58
  [ml-prosemip 2094] 公共論史2006:02
◆◆2006/05/25 20:01
  [ml-prosemip 2092] レジュメ類の掲載のこと
◆◆2006/05/25 18:33
  [ml-prosemip 2089] エイズ撲滅活動へ寄付金付き携帯、他
◆◆2006/05/24 08:50
  [ml-prosemip 2087] 学会報告のこと
◆◆2006/05/23 23:13
  [ml-prosemip 2086] Re: [ml-prosemip 2085] 英文校閲
◆◆2006/05/23 09:47
  [ml-prosemip 2083] 学振
◆◆2006/05/22 15:58
  [ml-prosemip 2081] Fw: 『ケアの社会倫理学』および『もうひとつの声』
◆◆2006/05/22 10:26
  [ml-prosemip 2079] 『ケアの向こう側』
◆◆2006/05/22 10:12
  [ml-prosemip 2078] 学振・研究課題他を
◆◆2006/05/22 09:54
  [ml-prosemip 2077] HP掲載のファイル
◆◆2006/05/22 08:57
  [ml-prosemip 2075] 学振書類・再度確認
◆◆2006/05/22 00:35
  [ml-prosemip 2073] 今日の合評会関連
◆◆2006/05/21 09:01
  [ml-prosemip 2071] 本日+
◆◆2006/05/20 13:02
  [ml-prosemip 2069] 書類作成上の
◆◆2006/05/20 08:21
  [ml-prosemip 2068] Re: [ml-prosemip 2067] 学振申請書
◆◆2006/05/19 10:26
  [ml-prosemip 2062] 英国のこと
◆◆2006/05/19 10:10
  [ml-prosemip 2061] 合評会の件
◆◆2006/05/18 22:52
  [ml-prosemip 2057] 19〜21
◆◆2006/05/18 00:36
  [ml-prosemip 2055] 18・20・21
◆◆2006/05/17 17:14
  [ml-prosemip 2054] 18日木曜
◆◆2006/05/17 08:17
  [ml-prosemip 2052] 木曜(以降)
◆◆2006/05/16 10:41
  [ml-prosemip 2050] 書類作成についてのつまらぬ注意
◆◆2006/05/16 09:04
  [ml-prosemip 2049] 本日から&訂正・お詫び
◆◆2006/05/15 08:41
  [ml-prosemip 2046] 火曜から
◆◆2006/05/12 00:11
  [ml-prosemip 2036] 公共論史2006:01
◆◆2006/05/11 23:19
  [ml-prosemip 2035] 学振評価書の件
◆◆2006/05/11 20:08
  [ml-prosemip 2030] 今週金曜・来週火曜の面談他
◆◆2006/05/11 20:01
  [ml-prosemip 2029] 6/3・4障害学会大会(前後)
◆◆2006/05/11 19:35
  [ml-prosemip 2028] 5/13・14立教大学で学会大会(続)
◆◆2006/05/11 19:11
  [ml-prosemip 2027] プロジェクト演習の単位について
◆◆2006/05/11 07:43
  [ml-prosemip 2026] メールマガジン労働情報
◆◆2006/05/11 07:39
  [ml-prosemip 2025] 世界の統計2006
◆◆2006/05/10 19:05
  [ml-prosemip 2023] 学振書類の件
◆◆2006/05/10 16:48
  [ml-prosemip 2022] 書きようについて
◆◆2006/05/10 16:27
  [ml-prosemip 2021] 前回の演習関連
◆◆2006/05/10 10:35
  [ml-prosemip 2018] 5/20於:京都
◆◆2006/05/10 10:27
  [ml-prosemip 2017] 5/13・14立教大学で学会大会
◆◆2006/05/08 22:59
  [ml-prosemip 2013] 5/13日文研研究会
◆◆2006/05/08 08:55
  [ml-prosemip 2011] 主婦論争関連・他
◆◆2006/05/06 21:44
  [ml-prosemip 2006] 5/11尾辻かな子講演会
◆◆2006/05/06 00:04
  [ml-prosemip 1999] 「責任ある投資の諸原則」
◆◆2006/05/05 19:36
  [ml-prosemip 1998] 5月7日(日)演習
◆◆2006/05/01 22:26
  [ml-prosemip 1986] 5月2日・7日他


 
 
>TOP

◆◆2006/05/01 22:26
  [ml-prosemip 1986] 5月2日・7日他

立岩です。5月2日(火)
13時半他研究科院生面談。
15時頃本研究科院生面談。

7日(日)演習を行なう予定。今のところ
安部さんがきまり。他の人、希望あれば
お知らせください。



ホームレス関連文献御教示感謝。
末岡さんからメイルもらったのですが
私自身は関連文献知らないのでMLで
教えてもらったら、というような経緯で。
どなたか、文献リスト(等)作って
HPに載せるとよい、と思います。
バイトとしてやる、ということであれば
それも可。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/05 19:36
  [ml-prosemip 1998] 5月7日(日)演習

7日(日)演習10時より。
場所は創思館411。
李さん、安部さん
(の順で考えていますが、変更可。)

どなたか追加も可。連絡ください。
終わったら終わりにします。

できるだけ事前に文書添付ファイルで
ください。
基本的に報告なし、質疑応答・議論から
はいります。

次の週末が出張なので
(週末希望の人は)この日にどうぞ
と、思います。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/06 00:04
  [ml-prosemip 1999] 「責任ある投資の諸原則」

関連する研究している人がいるので。

――――――

(時事通信) - 4月28日16時15分更新
「責任ある投資の諸原則」に世界の大手金融機関が調印=国連〔BW〕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060428-00000110-jij-biz

*【Business Wire】国連は、世界機関投資家大手の賛同
を得て、「責任ある投資の諸原則」を策定したことを明ら
かにした。27日にニューヨーク証券取引所で行われた発表
行事では、アナン国連事務総長の同席の下、16カ国の大手
金融機関の代表者が、この諸原則に調印した。調印に参加
した金融機関の合計資産総額は2兆ドル以上。「責任ある
投資の諸原則」は、アナン事務総長主導の下、国連環境計
画・金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連グローバル・コ
ンパクトが協調し、約1年間にわたる検討を経て完成した。
アナン事務総長は、「金融が国際経済を活性化させること
は事実だが、現状では投資の方針を決定する際に環境・社
会・企業統治面への配慮、すなわち持続可能な発展の理念
が充分に反映されていない。主要な機関投資家の協力を得
て完成されたこの諸原則は、長期間にわたる投資の回収率
を高め、より持続可能な市場を実現するための枠組みを提
供する。」と述べている。<BIZW>
【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 


環境保全に資金振り向け 国連と投資家が原則を採択
(共同通信) - 4月28日9時39分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060428-00000046-kyodo-soci

 国連のアナン事務総長と世界16カ国の機関投資家が2
7日、ニューヨーク証券取引所に集まり、投資を通じて、
企業に環境問題への取り組みや社会的責任の明確化を促す
ための初の「責任ある投資のための原則」を採択し、署名
した。
 署名した30を超える機関の資産総額は2兆ドル(約2
30兆円)超。各機関は今後の投資先選定にあたって、地
球温暖化対策や自然保護など環境や社会にかかわりの深い
情報の開示を求め、優れた企業に資金を振り向ける。
 日本の金融機関や企業の年金基金など数社も近く署名す
る予定。金融の力をてこに企業の行動を変えるのが狙いで、
短期的な利益を重視しがちな市場の風潮を見直す大きな転
換点となりそうだ。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/06 21:44
  [ml-prosemip 2006] 5/11尾辻かな子講演会

お知らせ遅くなりすみません。
岡野さんよりお知らせいただきました。

尾辻かな子講演会
http://www.arsvi.com/0u/r0106.htm#0511
日時 5月11日(木曜日)
時間 16:30−18:00
場所 立命館大学(衣笠キャンパス)存心館 703号室
主催 法学部岡野ゼミ


http://www.arsvi.com/#s
からも行けるようになってます。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/08 08:55
  [ml-prosemip 2011] 主婦論争関連・他

『Sociology Today』
http://www.arsvi.com/0m/st.htm
送られてきて、目次みたら
主婦論争についての論文があったので
私の研究室のドアの封筒にいれときました。
→村上(潔)さん。
中味はみてません。

その号では、とりあえず
http://www.arsvi.com/0w/skmtkze.htm
氏の(上記のファイルには記してない)本に対する
加藤秀一さん
http://www.arsvi.com/0w/ktusuic.htm
の書評だけ読みました。しごくまっとうでよいでした。

以前にもお知らせしましたが、この雑誌
お茶大の院生でなくても投稿できます。
今度の号にもそういうの載ってます。
私も2つ書いたことあります。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/08 22:59
  [ml-prosemip 2013] 5/13日文研研究会

http://www.arsvi.com/ml/2006p2.htm#1763
でもお知らせした日文研の研究会
「文化の所有と拡散」第1回は5・13(土)
13:45〜18:00
研究会のねらい、問題設定について
自己紹介、研究会の方向性についての討論
だそうです。
つまり、この回は、メンバーによる報告はなし
ということです。

出る人いますか?
(オブザーバー参加は無料、懇親会参加費5000円程度とのこと)
いたら、先方に知らせておきます。

私はお知らせしてるように出ません。
&この日は出られない。
http://www.arsvi.com/0a/jshms2006.htm


以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/10 10:27
  [ml-prosemip 2017] 5/13・14立教大学で学会大会

今週土曜と日曜
http://square.umin.ac.jp/medsocio/box/info.htm
(私のところではへんな具合に表示されます)

どういう人が話すのかわからないまま&
司会はたいがい虚しいから質問とかしていいなら
とか言って、けっきょくはお受けてしまって、
昨日3人の方の報告抄録というのをようやく
拝読したんですが、どうしましょ、って感じですが
始まれば終わるでしょ。
探したら天田さんの抄録発見。
http://www.josukeamada.com/bk/bsp91.htm

出番は、初日(土曜)のメインシンポジウム
15時40分から18時(その後懇親会)っていう枠で
翌日もしばらくはいるつもりなので、
その前後、必要であれば、関東在住の人のために
時間とれます。

あと今回、ここの院生の報告は2本(3人)。

cf.
http://www.arsvi.com/0a/jshms.htm
今回言い訳が多いですが、だまされて(大会で話してくれと言われて
話をしにいったら、
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1998r09.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1999018.htm
はいどうぞ、と入会申込み書を…)
入ったみたいな学会ですが、昨年も一つ
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005071.htm


以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/10 10:35
  [ml-prosemip 2018] 5/20於:京都

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006064.htm
いつもほうぼうで書いたり話したりしているような
ことを話すので、既に読んだり聞いたりしてる
人にとっては(とっても)無益ですが、
一般2000円、学生500円とのことで、院生は学生
なので、割安感はあります。
(一般が高いということですが。)

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/10 16:27
  [ml-prosemip 2021] 前回の演習関連

こないだの日曜の安部さんの報告(研究計画)に関連して。

1)「普遍」があやしい

2)そこで「個別」からという発想(〜「ケアの倫理」…)

3)しかしそれでは遠くまで届かないではないか

……
 という問題。
こうした問題がどのように論者において扱われているか
(扱われていないか)を検証して、その上で…
という計画はありだろうという話をしたのですが、
 
(『自由の平等』第3章でもそんなことについて
すこし書いたのですが)関連して、

「仕方のなさ」について・1 ……良い死・7
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006048.htm
(にはもうなく筑摩書房のサイトに)
「仕方のなさ」について・2 ……良い死・8
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006048.htm
欲望のかたちについて・1 ……良い死・10*
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006050.htm
 *本日校正

連載(まだしばらく続きます)の全体の目次は
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005021.htm

公共論史、今週、あるいはその次の回あたりに
そんな話をしようかな、と。
このことについてはまたお知らせするつもり。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/10 16:48
  [ml-prosemip 2022] 書きようについて

前便で紹介した
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006050.htm
の中の「作りものだと、まず言ってみる」の
下の方にも書いたのですが、
なにかを肯定したいときにどう言うかという問題があります。
もちろん、すなおに調べてすなおに書けることも
多々あるのですが、いつもそうではない。

一つには、否定する側、否定される方のことを書いていく
という手がある。とくに実証科学系、は
まずはそういうことをするのが仕事
なのかもしれません。

そういうのでないとするとどういう手があるのか。
なにかしら美談っぽくなるか、わざとらしくなる
ということがあって、こういうことをあまり
恐れてはならないのかもしれないのだけれども
しかし、ということがある。
その場合、むしろ社会科学系のいつもの(事実に語らせるという)
文章・文体でないかたちで書いた方が、かえって
ずるくない感じがするということがあるように思う
ところがあります。

それがその箇所の最後の段落で書いたことです。

「次に何を書くかについて」
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006005.htm
すこし考えてみようかという、その流れで…。

 ただし、すぐにつけ加えますが、そして上記の文章にも書きましたが
 たいがい、そういういこと考える手前にすべきことはいくらも
 あります。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/10 19:05
  [ml-prosemip 2023] 学振書類の件

立岩です。学振(日本学術振興会特別研究員)
の書類、山場は来週かと。

教員が書く調査書のところも、自分の広告書くつもりで
いちおう自分で書いてみてください。
参考にします。

私が調査書を書く人、
金曜の夜(土曜の朝)までに書類もらえると
印刷して東京の行き帰りとか見ることできます
ので、よろしく。
それにはまにあわないという人も
いまどういう段階であるのか、
知らせてください。
来週面談あるいは演習での報告可能ですので
そのあたりも。

 *ML宛か私宛か、確認して出してください。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 07:39
  [ml-prosemip 2025] 世界の統計2006

総務省統計局「世界の統計2006」を公開(2006-04-10)

・「世界の統計2006」
http://www.stat.go.jp/data/sekai/
・総務省統計局
http://www.stat.go.jp/


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 07:43
  [ml-prosemip 2026] メールマガジン労働情報

以前にもお知らせしたような気がしますが
確認するのがめんどうなので

「メールマガジン労働情報」
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/
労働政策研究・研修機構
http://www.jil.go.jp/


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 19:11
  [ml-prosemip 2027] プロジェクト演習の単位について

問合せあったので。

後期課程の院生のための科目である
「プロジェクト演習」については
出ないと単位がつきませんという
ようなものではなく、
あくまで博士論文を書くのが
後期課程の院生の主目標で、それが
達成されるなら、単位はつく
というぐらいに思っていてください。

しかし、もちろん、報告・討論に積極的に
参加されることを歓迎します。

また、前期課程の院生の参加も歓迎ですし
後期課程(3年次入学の人など)が様々な
科目に単位をとるとらないべつに参加することも
歓迎です。



ただ、単位取得と博士論文(博士号取得)とを
別に考えて、単位取得退学
(の後に博士論文提出・学位取得)
というコースがあってよいのではないか
という案も院生からあって、
そうかもしれないと思っています。
ご意見あったらどうぞ。

(私たちの時代は、だいたい博士論文
出さなかったので、「博士課程単位取得修了」とか
「単位取得退学」といった呼び方になっています。
ちなみにこの場合には、
修了も退学も実際には同じ事態を指しています。
退学より修了の方がいい呼び名だと思うと
修了にしたりしてます。)

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 19:35
  [ml-prosemip 2028] 5/13・14立教大学で学会大会(続)

Sent: Wednesday, May 10, 2006 10:27 AM
Subject: [ml-prosemip 2017] 5/13・14立教大学で学会大会

につき、問合せいただきましたので。

ホームページにはプログラム詳細ないですね。

> http://square.umin.ac.jp/medsocio/box/info.htm
> (私のところではへんな具合に表示されます)
あいかわらず表示へんです。他の人のところも
そうだとすると気がつかないのか、誰も言わないのか。

私が出るのは
http://www.arsvi.com/0a/jshms2006.htm
に掲載しておきました。
13(土)14時から始まっているようです。
私は、上記のシンポジウムにまにあうように行きます。
(これを企画した(はずの)ところから連絡など、なく
どんなもんなんでしょ。)

翌14(日)は9時からだそうです。
本研究科の院生の報告2本はいずれも午前中です。
9時〜のもあり。ごくろうさんです。
紹介される方どうぞ。
16時終了のようです。

私は14日午前、田島さん面談の予定。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 20:01
  [ml-prosemip 2029] 6/3・4障害学会大会(前後)

こうやって人生は過ぎてゆくのか
ですが、6/3(土)、6/4(日)
障害学会の大会が長野大学(上田市)であります。
http://www2.nagano.ac.jp/asahi/taikai.html

本研究科で報告するのは青木さん。
あと坂下さんが参加、能勢さんも顔を出す
と聞いています。

3日の朝にその学会の会議があって出ないとならん
ことになりましたので、前日(2日)も泊まることに
なります。御用のある方、その日(2日)の夜とか使えます。
(東京から新幹線で上田はそうかからないので、
東京前泊も可能、ではあります。)

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 20:08
  [ml-prosemip 2030] 今週金曜・来週火曜の面談他

12日金曜
 09時から面談(未確定・調整中)
 11時から高田さん(時間調整中)
 13時から2コマ続きで公共論史

16日火曜
 11時30分から竹中さん
 13時から教授会

いまのところそんなところ。以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/11 23:19
  [ml-prosemip 2035] 学振評価書の件

立岩です。樋澤さん蕎麦屋情報ありがとうございました。
(長野県に住んでると蕎麦屋にうるさくなります。
松本市内から安曇野一帯にも、うまい蕎麦屋が
何軒もあります。)

さて、学振の評価書。メイルもらって思いだしたというか。
幾人かの、昨年書いたのがあります(つまり当たらなかったということですが)。
そのまま+こっちでいくらか足す、
というのでよいということなら、そうしてもよいです。

今年13(+他大学院のPDの1)とかあるようなので
手を抜いても手間かかりそうです。
多くの書類、天田さん他に見てもらってひじょうに改善されつつ
あります。私の方から意見するにしても、手間かかりますし、
それを反映させてなおすのにも手間かかるでしょう。
そのへん考えて、書類送付よろしく。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/12 00:11
  [ml-prosemip 2036] 公共論史2006:01

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のMLと、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちに配信されています。

今日12日(金)、もう第3回になります。
第2回では「批判」について話したのですが、

今回は、多少の飛躍をあえて気にせず
「肯定」とかその「根拠」「可能性」といった話をしてみようかと
思います。
cf.
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2021
なにを言っているのか、文脈がわからないと
わからないはでずですが、そこで参照をもとめた
いくつかの文章を読んでおいてもらえるとよいかと思います。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/15 08:41
  [ml-prosemip 2046] 火曜から

立岩です。学振関連、いくつももらっています。
コメントいくつか用意してはいますが、未送。
本日中にあげなければならない仕事を
なんとか終わらせるつもりです。そしたら
早くて今晩から、遅くて明日朝から、対応します。

明日(火曜)は11時半竹中、13時教授会。
その前後可能です。


保健医療社会学会ごくろうさんでした。
http://www.arsvi.com/0a/jshms2006.htm
本研究科からは大谷(い)、川口、北村、田島、的場、
そして天田、立岩の参加でした。
このことについてはまた。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/16 09:04
  [ml-prosemip 2049] 本日から&訂正・お詫び

原稿今出したので、これから学振書類関係の
仕事を再開します。今日夕方、面談可能です。
午後このメイルみたといった場合アポなし可。
研究室に電話もらえると在不在などわかります。
(午前早めの時間も可能ですが、自宅の方が
メイル出しやすいので、11時半竹中の前は
いちおう自宅にいます。)

> 保健医療社会学会ごくろうさんでした。
> http://www.arsvi.com/0a/jshms2006.htm
> 本研究科からは大谷(い)、川口、北村、田島、的場、
> そして天田、立岩の参加でした。

小幡さんも参加されました。すいません。
全部で8名ということでした。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/16 10:41
  [ml-prosemip 2050] 書類作成についてのつまらぬ注意

土曜の新幹線で学振書類チェックしたのをいま
メイルにして、4人に送ったところ。

ごくこまかなことを言うと

「という」とか
「と思われる」とかいった表現が
冗長である場合、遠慮しすぎと言える場合
削っていってください。とくにこういう
申請書類は「はきはき」していた方がよいです。
冗長な文言が多いと
どんくさい感じになってしまってよろしくありません。
あと、「以上のことから」→「以上より」、等々。

あまりやくにたちませんが
http://www.arsvi.com/0x/w01.htm
追加情報いただければ追加します。



あと、業績欄、(1)論文以外について
たとえば学会報告については「予定」も書けるということですから
そのところよろしく。そして
予定は予定なので、するかもしれない、とかではなく
報告する、でよいのです。

では、だんだん、学校に行きます。
京都は雨です。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/17 08:17
  [ml-prosemip 2052] 木曜(以降)

立岩です。昨日は教授会はさんで3人面談。
おもに学振書類(+今年度の研究計画)のことで
面談可。とりあえず明日・木曜を設定。

天田さんに強力にやってもらっているので
提出締切に向けて、全体的に
前進、という感じですが、
必要な人(既にメイルもらっている人も含めて)
連絡ください。

表現、表記についてはメイルでのやりとり
で対応できますが、話の筋の部分は
直接のことの場合の方がよいことがあります。

*橋口さん、そういうことで、明日行くことに
なった場合はその方とお会いすることできる
と思います。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/17 17:14
  [ml-prosemip 2054] 18日木曜

立岩です。

いま個別に(も)返信したところですが
明日18日(木)
13時 大谷(通)
15時 山本
16時半 橋口
18時(過ぎ)淡路プラッツの方(?)
ということで。
時間帯は変更可能で。必要なら相互に調整して
ください。

あと、その前の時間も可。以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/18 00:36
  [ml-prosemip 2055] 18・20・21

> 18日(木)

11時半 青木
> 13時 大谷(通)
> 15時 山本
> 16時半 橋口
> 18時(過ぎ)淡路プラッツの方(?)

ということに。

20(土)は市内で話す
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006064.htm

21(日)は合評会で話す?
http://www.arsvi.com/b2000/0604ky.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/18 22:52
  [ml-prosemip 2057] 19〜21

立岩です。本日は一部予定変更で

9時半 長谷川
> 11時半 青木
>> 15時 山本
>> 16時半 橋口
>> 18時(過ぎ)淡路プラッツの方
その後橋口続き。

面談が必要だという人は早めにどうぞ。
なければメイルで対応します。
その場合でも希望を具体的に記してください。
基本的にその「範囲内」でやります。
(気がついたところは言いますが。)

ただ、「筋」を考える、作るというのが
(多くの仕事にとっては)
大きな部分なわけで、3時間ぐらい
話さないと
浮かんでこないということはたしかに
あります。疲れますが。

20・土曜は外の仕事(市内ですが)があるので
あとは21・日曜の小泉本合評会の前
というのがあります。また必要であれば
欠席して対応します。

天田さんはこの仕事だけで、標準的な
勤労者の労働時間の倍以上毎日働いて
います。申請が一段落ついたら
しばらく休んでもらいます。

当たるかどうかとなると虚しいものが
ありますが、これからの1年〜、何をして、
何を言うかを集中的に考え、表現する
というのはわるいことではありません。

ですから私も、どうせ時間を提供するなら
提出期限前に提供します。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/19 10:10
  [ml-prosemip 2061] 合評会の件

立岩です。たいへんばたばたした状況
ではありますが、合評会出るようにはしたい
と思っています。おおまかな「だんどり」
があったら、教えてください。

cf.
http://www.arsvi.com/b2000/0604ky.htm


 
 
>TOP

◆◆2006/05/19 10:26
  [ml-prosemip 2062] 英国のこと

立岩です。的場さん情報提供ありがとう
ございます。

http://www.arsvi.com/0p/et-gbr.htm
ずっと以前から放置してあるのですが
今年のこととか、ファイル作成いかがでしょう。

http://www.arsvi.com/0p/et.htm
からつながっているファイルです。
法案についてのファイルとか
2006年分だけのファイルとか
いろいろなかたちが可能です。

作成者の名前は(匿名を希望されない場合は)明記されます。
印刷物への転載についての権利は作成者にあります。
そこから利益が発生するようなことがあればそれは作成者に
帰属します。

作り方は、知っている人が教えてくれます。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/20 08:21
  [ml-prosemip 2068] Re: [ml-prosemip 2067] 学振申請書

高田さん、情報ありがとうございました。
月曜、かけあってなんとかするようにします。

みなさん、もう終わらせましょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/20 13:02
  [ml-prosemip 2069] 書類作成上の

今朝から青木、大谷(通)、小宅
にコメント送付。これからしばらく
仕事で出てきます。

2人以上に関係することはMLで
というのが私の方針ですので。
ごくごく細かいことですが

業績欄「題――副題」の書式
いくつかありますが、書類内部では
統一しましましょう。
私は題のあと2字分の横線で副題
でよいのではと思います。他のかたちでも
よいですが、同じ頁でばらばらなのは
あまりよくないです。

面談は明日12時大谷(通)の予定。

このごにおよぶと、面談よりメイルの
やりとりの方が効果的・効率的かなと。

では。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/21 09:01
  [ml-prosemip 2071] 本日+

立岩です。昨日は青木、安部、大谷(通)、小宅、藤谷
にコメント。本日12時大谷(通)
小泉本合評会のあとの飲み会(=院生いると、ほぼ残業時間)
等でも対応可。

そういう仕事のあいまに自分のゲラをみていて
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004016.htm

本日関連の文言。

「本質主義者として振舞うと話を始めた小泉氏の報告は、
まったく全体として間違った話なのかもしれないと思わせる
ほどのものだったのだが、ただ、人は生まれて死ぬでは
ないか、それについて社会学的な言説は何かを言えて
いるのかと脅迫されると何も言えていないような気にはなり、
むろん、では小泉氏はあるいは哲学はなにか言えているのか
と言い返すことはできようが、それはあまりよい態度ではない
かもしれず、とすると何を言えばよいのだろう、と私たちは
思ってしまったのだった。」

なおこの時のシンポジウムを受けた
『社会学評論』の特集が以下
http://ci.nii.ac.jp/vol_issue/nels/AN00109823/ISS0000102200_jp.html
(見にくいのでそのうちファイル作ります。)

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 00:35
  [ml-prosemip 2073] 今日の合評会関連

帰ってきました。参加者のみなさん、とりわけ、
大分の小幡さんはじめ、
遠来の方々、ごくろうさんでした。

今日の合評会の一つのテーマで
あった譲渡をめぐる境界の問題について、
(それは飲み会の最後の話題でもあったと
思います)
今日はその場ではなかったので話さなかったけれども
当然、私にしても考えざるをえない問題ではありました
から、以前に考えたことはあって、拙著『私的所有論』
http://www.arsvi.com/1i.htm
第4章「他者」第2節「境界」で書いてみたところではあります。
そこに書かれたことは、かなりあやしげなあやふやな
話ではあるのですが、しかし、いろいろ考えたすえ
こういうふうにしか(論理的に、曖昧なところを残す形でしか)
言えないのではないかと思って書いた
ところではあります。この部分を北本さんが批判的に検討
してくれるようなので、それを期待します。

*「生命」のMLに、私が出してもいいんですが、転送
  していただいても。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 08:57
  [ml-prosemip 2075] 学振書類・再度確認

朝から書類見てます。

私が担当の評価書は私がもっていきます。
そういうことなので、よろしく。

そのように担当の部署に言います。
(「大学院教学推進課」って、名前変わったん
でしたっけ? あと電場番号(外線)誰か
知っていたら教えてください。)

あとメイル出すの、自宅の方が便利なので
(なんて学校だ)
今日は自宅で仕事するつもり。



研究の中味はよいのに、文章がうまくなくて
損している書類がたくさんあります。
天田さんも私も鋭意なおしを指示していますが
多くの場合、細部でなおしてよいところは
実際にはもっとたくさんあります。
院生間で相互に点検などしてすこしでも
よくしてください。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 09:54
  [ml-prosemip 2077] HP掲載のファイル

的場さん
Sent: Sunday, May 21, 2006 12:00 PM
Subject: [ml-prosemip 2072] Re: [ml-prosemip 2062] 英国のこと

どうも。&昨日はごくろうさんでした。

1)とりあえずワードなどで作っていってもらえれば
(テキスト・ファイルで(が)よいのですが、ワードなどの
文書ファイルでも)

2)あとでこっちでHTMLファイル(HPに載せるファイル)に
するなり、
3)やり方(簡単です)をお教えするなりします。

2)3)の前に1)はできるので、時間があるときに、そして
自らの研究に資することを重視して、やってみていただければと。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 10:12
  [ml-prosemip 2078] 学振・研究課題他を

学振書類、3頁以降だけみてきた人もいるので
「研究課題」(評価書に記載する欄あり)
とか申請する領域とか、<私が評価書書く人>
は私に知らせてください。

表紙の部分を添付、でもよいですし
メイル本文に記載でもよいです。

私宛とML宛とまちがえないように。



本日これまで、小宅、藤谷、村上、山本に返信。

当方の仕事が必要な人、よろしく。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 10:26
  [ml-prosemip 2079] 『ケアの向こう側』

昨日の小幡さんとの話ででてきた本の
紹介を書いたことがあるので。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004007.htm

この短文、とくにそっち系、の人は一読して
いただければと。
またこのずいぶんながく続いてしまっている連載、
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2001000.htm
看護教育者向けという媒体の性格もあり
かなり(駆け出しの)研究者向けに書いているところがある
ので、通して見ていただければと。

なお、当の本の現物は私の研究室にあります。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/22 15:58
  [ml-prosemip 2081] Fw: 『ケアの社会倫理学』および『もうひとつの声』

『現存した社会主義――リヴァイアサンの素顔』勁草書房, 1999.
などの著作で知られる塩川伸明さん(東京大学)
よりお知らせです。関係ある人もいるので一部
転送します。

----- Original Message -----
From[略]
Sent: Monday, May 22, 2006 3:05 PM
Subject: 『ケアの社会倫理学』および『もうひとつの声』


[略]

> 最近、川本隆史編『ケアの社会倫理学』およびギリガン『もうひとつの声』それぞれについ
> ての読書ノートをしたため、ウェブサイト上に公開しました。
> http://www.j.u-tokyo.ac.jp/~shiokawa/ongoing/books/index.htm
> つたない覚え書きですが、お暇な折にでも御笑覧の上、ご感想などいただけるなら
> 大変幸いです。

[略]

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/23 09:47
  [ml-prosemip 2083] 学振

提出先には話通してあります。

評価書(13+1)はこちらで別途提出します。
(今週中に完成版を出します。)
「研究課題」相談して変わったり、また変わったり
いろいろあって、こっちでもよくわからなくなっている
場合あります。知らせてください。

とにかく今日中には形式ととのったものを
出してください。修正の余地はありますが
まずは今日出すことです。

今日は15時以降、会議が2つ入りますので
学校に行きます。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/23 23:13
  [ml-prosemip 2086] Re: [ml-prosemip 2085] 英文校閲

一点だけ。

> たしか、英論文校閲の指導教員が
> 今年からおられるとお聞きしてます。
> 休学中でもお世話になることできるのでしょうか。

だいじょうぶです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/24 08:50
  [ml-prosemip 2087] 学会報告のこと

学振書類ごくろうさんでした。さらに
てなおしする人で、コメントなど必要な人、
早めに、リクエストしてください。
(不当な要求にはこたえないこともありますが、
だいたいほとんど応じています。)
懸念していたことでしたが
とくに天田さん、ここのところ文字通り
不眠不休でした。早め早めの作業をこころがける
ように。

さて、このところいくつか学会がありましたし
これからいくつかあります。

青木 慎太朗 20060603 「障害学的視座からの「障害学生支援」再考」
障害学会第3回大会 於:長野大学
http://www2.nagano.ac.jp/asahi/taikai.html

こんな感じ、報告(用紙とか配布資料)とかの全文がHPにあれば
タイトルの下にURLを記す
といったかんじで、このMLに送ってください。
院のHP上に文章を掲載することについても

こんなことを、院生の「義務」であるとか、言う必要もないでしょうが
よろしく。


小林さん、村上(慎)さんが「公共」領域からのHP運営委員で
文字通り「些少な」(ほとんどないような)手当ても出てはいます。
いずれかが、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/2006.htm
などに掲載してくれるでしょう。
院のHP上に文章(要旨・配布原稿)を掲載することについても
手伝ってくれるでしょう。

 小林さん、村上さん、そのへんの具体的な指示などよろしく。

もちろん論文発表の場合にもよろしく。
こんなことを、院生の「義務」であるとか、言う必要もないでしょうが
よろしく。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/25 18:33
  [ml-prosemip 2089] エイズ撲滅活動へ寄付金付き携帯、他

以下、アジ研の山形さんからいただいた情報。
立岩

――以下──

日経産業新聞 2006年5月19日

エイズ撲滅活動へ寄付金付き携帯 米モトローラ、英で発売

 【ニューヨーク=清水石珠実】米携帯電話メーカー大手モトローラはエイズ撲滅活
動への寄付を目的とした携帯電話を英国で発売した。人気ロックグループ「U2」の
ボーカリスト、ボノ氏が推進するアフリカでの活動を支援、販売代金や通信料の一部
を寄付する。
 ボノ氏は世界的なエイズ撲滅活動「プロダクト・レッド」を立ち上げ、有名企業に
対して寄付金つき商品の開発や販売を呼び掛けている。モトローラもこの活動に賛
同。活動名にちなんだ赤色の超薄型携帯端末「SLVR」を発売した。
 モトローラは端末一台が売れるたびに十ポンド(約二千円)を活動に寄付。英ボー
ダフォンやヴァージン・モバイルなどの通信会社は同端末利用者の通信料の五%を寄
付する。「端末三台の売り上げでアフリカのエイズ孤児一人の一年分の食事代と教材
費をまかなえる」(モトローラ)という。

Financial Times, May 23, 2006

In-kind donations urged to fight Aids

By Andrew Jack in London

Business should be encouraged to make in-kind donations as part of an
ambitious increase in their support to combat Aids around the world, chief
executives said yesterday.
  Gary Cohen, presidnet of Becton Dickinson's medical systems group, the
world's leading syringe maker and one of several companies to unveil
additional support in London, called for "the need to de-stigmatise in-kind
donations".
  His comments will rekindle a debate that has pitted companies against
activists and international organisations that have been reluctant to accept
contributions other than cash.
  Some bad experiences of sub-standard donations in the past mean many
organisations oppose in-kind support. The Global Fund to fight Aids, TB and
Malaria, which is the single largest multilateral donors of aid to tackle
these diseases, is to consider whether to accept such support in November.
  Suspicions of how money would be spent, and the difficulty in winning
shareholder support, have led many cief executives to favour in-kind gifts.
  Richard Holbrooke, president of the Global Business Coalition on HIV/Aids,
with 215 corporate members, called on more companies to be "shamed" into
joining. He focused on the lack of Japanese business, which has no members
to date.
  Standard Chartered Bank pledged yesterday to offer its banking services to
help distribute aid funds. L'Oreal is expanding its programme to incorporate
prevention information into its annual training of 1m hairdressers in beauty
care.
  American Express, Nike, Armani and other consumer-oriented companies early
this year launched the "Red" campaign to pledge profits from branded goods
specifically to HIV programmes targeted towards women and children in
Africa. Richard Feachem, head of the Global Fund, said Red had raised $10m
(5.3m pound, 7.8m Euro) and spent more than $1m in Rwanda.
  Booz Allen Hamilton, the consulting group, said companies were shifting
from treating Aids as a corporate social responsibility to a strategic
business concern.


 
 
>TOP

◆◆2006/05/25 20:01
  [ml-prosemip 2092] レジュメ類の掲載のこと

一昨日のHP運営委員会でも
繰り返しましたが

予備演習などでのレジュメは
TAあるいはHP運営委員*
(公共は同じ人物=小林・村上(慎))
に送り(*は請求し・とりまとめ)
院内者だけみれる場所を作ったので
そこに載せる。

(公開してかまわない人で、自分でHP
もってる人なら、URLだけこのMLに知らせる
というのが一番簡単ではあります、が
そうでない人も多くいるでしょうから。)

よろしく。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/25 21:58
  [ml-prosemip 2094] 公共論史2006:02

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のML*と、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちにbccで配信されています。

 *私から配信されたものは
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm
 でご覧になれます。

5月26日、第4回。

何をどこで分けるのかといった話をしてみようかと思います。
拙著『自由の平等』序章
3節4「労働の分割」/3節5「生産・生産財」の分配あたり
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm#0
でこの部分の全文を読むことができます。

そのついで、あるいはその手前で
「資源」(の「不足」)話を、「人口」とか、「少子化」といった
話をすることになろうかと。

その次の回は、小泉本合評会でも話題になった
分けられるもの/分けられない(分けない方がよい)もの
といった話をしようかと。


 
 
>TOP

◆◆2006/05/25 23:52
  [ml-prosemip 2096] 学振(最終?)

私がもっていく評価書、金曜までにはと言われた
のですが、金曜夕方までは月曜朝までと同じ、
と定義することにして(まねしないように)
土曜日曜にあげるつもりです。

さしかえなどで、こちらに関係ある
情報(研究課題名)の変更などある
人、最後の御用ある人は明日中には
連絡ください。

以上。以下署名・広告


 
 
>TOP

◆◆2006/05/27 08:23
  [ml-prosemip 2108] 文章のHP掲載の件

葛城さま みなさま

Subject: [ml-prosemip 2103] Re: [ml-prosemip 2100] 予備演習2の報告(0526)
どうも。

書かれた文章のホームページへの掲載について。

私の方に送っていただければ私がやるか
あるいは、とくに私のHP関連でバイトしてもらっている
青木さんにやってもらって
ホームページに掲載できるかたちにして
掲載させていただきますので、どうぞ
お送りください。

すると、私のホームページでは
http://www.arsvi.com/1b.htm
等々から読んでもらえるようになります。
また大学院のHPからもリンクして読めるようにします。



この種の情報について(昨日の「公共論史」でも言いましたけど)
院生間での情報交換がより活発になされることを
期待します。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/27 08:56
  [ml-prosemip 2109] バックナンバーを

私がメイリング・リスト(ML)に出してきたものは
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
からほぼすべてご覧になれます。

そのとくに「公共」宛のもの、ずいぶんな数になりますが
とくにあたらしめの院生の方はときどき
読んでいただければと、一度に、でなくてよいから(それは
無理です)、全部に目を通していただければと
思います。

ここは基本的に(研究会の告知など別として)
私から配信されたものだけですが
HPの院内限定の領域にバックナンバーを置く
というのもよいと思います。

(他にいろいろやりかたはあるようですが、
過去のものの参照を求めるといった場合
http://www.arsvi.com/ml/2006p2.htm#1719
のように表示できるので、手作業で貼っていくという
やり方にもメリットはあるかと。)

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/05/30 08:28
  [ml-prosemip 2116] 近々の予定・他

立岩のちかいところの予定

30(火)1130樋口(義)/1300教授会

2(金)学内会議

3(土)〜4(日)障害学会大会(上田)
3午前:理事会(0930〜) 報告:青木(3午後) 面談:能勢
http://www2.nagano.ac.jp/asahi/taikai.html
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~suginoa/jsds/2006/20060603.htm

 *下のページからリンクされている青木報告の文書、
   私のとこではうまく開けませんが
   みなさんのところではどうでしょう。

 *参加は青木、坂下(+能勢)ということでよろしかったでしょうか?

9(金)公共論史

10(土)BAS研究会(兼:P演習)
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm

11(日)DPI日本会議総会(大阪)
報告:川口/立岩 参加:樋澤

 (11 日本女性学会大会 報告:村上(潔))

 *以前書きましたが、今年度以降、(主に水曜の)後藤さん
  の方で企画・調整しているP演習には、基本的には、出ない
  ことにしております。

 *基本的には、個々人に御用聞きはしませんので、各人において
  報告希望など知らせてください。よろしく。

あと、あいだ飛んで(後日お知らせ)

6月30(金)P演習:能勢 の予定(1日(土)の可能性もあり 詳細後日)

あと、また飛んで

7月8日(土)BAS研究会(兼:P演習)(これも詳細は定藤さんより後日)



昨日、ようやく(6日遅れで)、学振評価書提出。けっこうしんどかったです。
まだ若干の微調整があるものがありますが、
(書類のなおし、今週いっぱいぐらいあるようで、
事務から連絡がある人いると思います)いちおう、ようやく。

けっこういいんじゃないの、という評価書、書けたのあるような
気もするんですが、どうなんでしょう。いちおう厳封して提出ということで
中味、本人にお知らせするかどうかは考えてみます。

今年の学振申請の総括?、についてはまた後日。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/07 18:08
  [ml-prosemip 2134] 復旧&掲載よろしく
◆◆2006/06/07 08:27
  [ml-prosemip 2132] PC不調他
◆◆2006/06/06 09:30
  [ml-prosemip 2127] 頁作成よろしく
◆◆2006/06/05 23:46
  [ml-prosemip 2123] 『遺伝子「不平等」社会』

池田 清彦 編 20060526
『遺伝子「不平等」社会――人間の本性とはなにか』
岩波書店,240p. ISBN:4-00-005052-4 C0045 2205
http://www.arsvi.com/b2000/0605ik.htm

私、文章を一つ書いて、対談を一つしてます。
ほしい人いたら、1800円でゆずります。2冊まで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/07 18:08
  [ml-prosemip 2134] 復旧&掲載よろしく
◆◆2006/06/07 08:27
  [ml-prosemip 2132] PC不調他
◆◆2006/06/06 09:30
  [ml-prosemip 2127] 頁作成よろしく

以前より言ってますが、
院のHPに自分の頁つくるとよいです。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm
からリンクさせます。

今度構想発表の人、かつ、以前から言ってる人だと
大谷(通) cf.
http://www.arsvi.com/0e/c01.htm
からリンクされているたくさんのファイル
藤谷 cf.
http://www.arsvi.com/0fm/g021990.htm

やり方をHP担当の方々に聞くなり、作ってもらうなり。

HP担当の方々、院内限りのところなどなど
どうかよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/07 08:27
  [ml-prosemip 2132] PC不調他

立岩です。昨日昼より
毎日1日中(それだけを)使っているPC
きわめて不調で、いろいろやったがだめで
いまほとんど動かない状態。なんとか
古い機械をいろいろして、なんとか
いまメイルとれました。

というわけで満足に送受信などできません。
昨日までのメイルに添付されていて、そのままにしてあった
ファイルもいまのところ(永遠に?)
みれません。

すいません。



いまのところ確定は
金曜13時〜公共論史 その前に小宅
土曜BAS(兼P演習)
日曜大阪 (樋澤参加)

先週土曜は能勢さんと相談(そのときの話は別便で)。
同日、青木報告ありました。

立岩 自宅[(一応)略]


 
 
>TOP

◆◆2006/06/07 18:08
  [ml-prosemip 2134] 復旧&掲載よろしく

まる一日より長く、いろいろやって
おりましたが、PCなおったようです。
理由は、いまいちわかりません。
未処理メイルなどまだ多くありますが、
乞御容赦。

こういうときのためにも?
論文や報告、HPに掲載しておくこと
すすめます。

ここのところの
社会政策学会の報告、2人
(橋口さんお知らせどうも)
障害学会の報告
日本女性学会報告
関西社会学会の報告
等々

青木 慎太朗 20060603
「障害学的視座からの「障害学生支援」再考」
障害学会第3回大会 於:長野大学
http://www2.nagano.ac.jp/asahi/taikai.html

のような形式で、このMLに知らせてください。
(報告要旨、配布原稿、読み上げ原稿などあれば
なおよし)院のHPの担当者は、それを
院のHPに。よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/08 11:38
  [ml-prosemip 2136] やはりあきません+土曜

PC、なおったかに思えたのは幻想でした。
仕方なくいま(あまり順調でなく)リカバリーってのを
してます。(あと古いノートがいちおう動いている。)

田島さん(いまもらったメイル見れてませんが)
どうも、では

>土曜BAS(兼P演習)

の日に論文のことなど。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/09 10:26
  [ml-prosemip 2144] 本日

本日午前PC入院。
自宅にあるPCはバッテリこわれていて
持ち歩けないので、この金土日
外出中は音信不通です。

上記の関連でいろいろ滞っています。
すいません。

今日の公共論史(このMLの加入者以外の人に
案内、今回は送れませんが)
何を分けるか(生産財/労働/所得)
といったことを話すことになろうかと。
今日はまにあいませんが、次回には
教材まにあうようです。

では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/10 09:58
  [ml-prosemip 2147] 本日・明日

本日これから学内入試
その後、研究室
北本
その後、13時半より
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
その後、とさや
この間、メイル送受信不可。
田島さん、論文の件了解。

明日、13時半より
http://www.dpi-japan.org/

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/11 23:56
  [ml-prosemip 2153] 学会報告・など

昨日のBAS、本日のDPI
(なんかこういう略語が多くてすみません。
APU BKC COE ...... )
ごくろうさんでした。
とくに本日はとおいところまで
たくさんの院生さん、ごくろうさんでした

> 第79回日本社会学会大会報告申込締切

について天田さんをどうも。

私が聞いているのは
(PC不在でいま記録がないのですが)
青木、小林、小宅、能勢、藤原、村上(潔)、山本、李
といったあたりかと思いますが
予定ある人、知らせてください。

「要旨」は、実際に報告聞かない人も
読むだけは読むといったことがけっこう
あるので、それなりにまじめに書きましょう。
字数の制約もあり、まだじっさいには詰めて
ないところもあるでしょうから、
あまりこまごまは書けず(書かなくともよく)
この報告のここがおもしろい(はず)といった
あたりが伝わるとよいです。
まああまり考えても仕方ないから、まずは書いて
みること。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/12 19:13
  [ml-prosemip 2156] 業績情報よろしく・他

村上(潔)さんよりHPのML
へのお知らせあり。以下更新。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/2006.htm

ありがとうございます。

以前呼びかけましたが、この間の、学会報告なとの
情報網羅されていません。
「至急」このMLに以前指定した形式で情報を
送ること。HP担当者はその情報を
上記ファイルに掲載、よろしくお願いいたします。

こういうことをしょっちゅう言わねばならないのは
消耗です。よろしく。



ひじょうに不思議なアウトルックの設計のため、
にしてしまいたいのですが、ここ数日間のを
除く過去のメイルがみな消失した模様。
(ちみなにPC本体は入院中。マザーボードを
手術とのこと。)
返信がない、対応がない 等の場合は
おそれいりますが、再送をお願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/12 19:46
  [ml-prosemip 2157] 社会思想史学会大会

第31回社会思想史学会大会
日程:2006年10月21日(土曜日)・22日(日曜日)
場所:法政大学 市ヶ谷キャンパス
http://wwwsoc.nii.ac.jp/shst/Convention/index.html

村上(潔)さん報告予定とのこと。

HP担当の方(私のHPの方も)
カレンダーにいれといてください。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/index.htm
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm


(昨日の村上さん社会学会報告予定は
社会思想史学会のあやまり。
あと、社会学会、安部さん報告予定。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/12 21:46
  [ml-prosemip 2158] 火曜水曜・他

明日火曜13時から教授会
水曜14時からの演習に参加
その前後可。

「基本的に」個別の御用聞きはしないので
各自においてよろしく。

データベースを作る(更新する)、「宿題」を提出する
ことになっている人々
自分のファイルをHPにあげることになっている人々
急いで、よろしく。
こころあたりのある人で、不明なことがある人、
問い合わせてください。

みなさんが働かないのであれば
私も働かないんで、よろしく。

土曜のBASごくろうさんでした。
吉村さん、予定そのうちお知らせください。
香西さん(東大)、野崎さん(大阪府大)報告希望
この件はまたそのうち。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/13 19:09
  [ml-prosemip 2160] 『遺伝子「不平等」社会』

以前
http://www.arsvi.com/b2000/0605ik.htm
2冊ありますと書いたら、お2人から注文があった
ような記憶があります。研究室のドアの封筒に
いれておきましたので、もっていってください。
お代はいつでも。



過去にもらったメイルがいっきになくなってしまってます。
(故障のせいというより、アウトルックの設計のせいに
したい)、反応・返信あるはずなのにない
という方は、お手数ですが、再度お知らせください。
すいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 07:06
  [ml-prosemip 2163] 能勢報告延期・他

6月30日に(仮)予定していた能勢さんの
報告(プロジェクト演習)延期します。
もうすこし作業を進めてからの方がよいだろうと
いうご本人の判断によります。

とくに後期課程の院生の報告(プロジェクト演習)
は本人の予定、希望、都合に
合わせてやっていきます。希望をお知らせください。



樋口(義)さん(他)、宿題?提出、よろしく。

大谷(い)さん、田島さん、どうも。

ほし
 
公共論史で(復習?もふくめ)使おうと思っている本
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm
次回になんとかまにあいそうです。この件については
また。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 07:18
  [ml-prosemip 2164] 病・障害系運動・政策系

昨日、ひさしぶりにHP更新。

表題の関連の短文(本の紹介)と昨年しゃべった話の記録
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006068.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006090.htm

ついでに、
前回の公共論史での話(私の考えていることの中身というより
「研究していくこと」についての話をしました)
(でかつ「その筋」の人)
に関係するもので、
以前にも(幾度か?)お知らせしたものですが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002077.htm

やはり幾度か書いてますが、このMLに配信される
メイル(からご覧になれる文書)は、
私からみなさんへの「教育サービス」の「本体」をなす
ものでありますので、そのところよろしく。おおまかには
こうして提供される情報…、によって対応できない部分
について、個別に、という方向で。
なんらかの意味で複数に関係することについては
できるだけML(でのやりとり)で、と思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 08:30
  [ml-prosemip 2165] 7/1入試説明会・募集

衣笠での説明会
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2006.htm
に院生で話してくれる人、今回は「公共」から
ということで募集します。
立岩までよろしく。

それから、説明会に関心ありそうな人への周知よろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 08:39
  [ml-prosemip 2166] 7/1追加情報+7/9

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2006.htm
について前便に補足。

院生で出てくれる人には図書券3000円分
進呈ですのでよろしく。

あと7/9には大阪で説明会あります。大阪での
説明会にはだいたい私出てましたが、今回は
博士論文の審査で出られません。
「公共」領域についての説明聞きたい人、相談したい人は
7/1ということで知らせてあげてください。
あと随時、面談等可能です。私のメイル・アドレス
知らせていただいてかまいません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 11:25
  [ml-prosemip 2167] G*予算での図書購入38万

以下、リクエスト(のとりまとめ)よろしく。
問い合わせなどあったらどうぞ。立岩

――以下――

> 独立研究科事務室 桑生です。
> G[略]予算での図書発注ですが、7月26日(厳守)までに
> リストを桑生([略])に
> お送りくださいますようお願い致します。
> リスト作成に関しまして、昨年度と同様に以下の点にご注意願います。
>
> 1.3月までの納品が確実であること−在庫切れ、品切れにご注意下さい。
> 2.購入図書は登録(ラベルを貼る)、管理されること(3月まではGPルーム
>   で管理、4月以降は未定)。
> 3.古書(絶版本)は和書、洋書ごとにまとめてリストを作ってください。
>   また在庫を持つ古書店がわかっている場合は、店名、連絡先を付記して
>   下さい―ただし、アマゾンの古書は取扱者が個人の場合があるので避けて
>   下さい。
> 4.古い雑誌のバックナンバー、マイクロ、特殊な資料集、叢書類などは、
>   取扱業者名・連絡先を付記して下さい。
> 5.リストには出来るだけ優先順位をつけてください。
>
> 予算は各領域36万です。ただ、注文した本が調達できない場合もあるので、年
> 度内執行を確実にするために80万円程度リストアップして頂ければ助かります。
>
> お忙しいところお手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。
>
>
> 立命館大学
> 独立研究科事務室 [略]


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 12:21
  [ml-prosemip 2168] 『Core Ethics』申込の件

本日はお騒がせします。

既に何件か、投稿予定のお知らせ、質問など
もらっていますが、

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/ce/index.htm
申込みが6月いっぱいと聞いています。

事前申込みは不要との意見もあり、
私もそう思うところがありますが、
いざ提出された(される)ものの「でき」をみると
事前に教員側もある程度を把握し、
介入すべきところは介入した方がよいだろう
というパターナリズム
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/p001001.htm
によってこれは正当化されているということです。

ですので、

・連絡よろしく(私の関係は、天田さんにも同報メイルで)。
・詳細まで決めきっていない時には一般的な(漠然とした)
タイトルにしておくというのも手です(あとで変更は可能)。
・申込みして出さないことは可能ですが、申込みをしないと
出せません。ので、いくらかでも可能性のある人は出して
おくとよいでしょう。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 12:32
  [ml-prosemip 2169] 本日欠席御免+関連ですこし

本日14時からのP演習
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0707.htm
関連とのことで、参加予定でしたが
急な公用はいり、不可。御免。

斉藤さんからの質問にも答えていないんで、
私のメモのようなもの、本日中にとりあえずアップ
開始の予定。またお知らせします。

ところで、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/dw/index.htm
にパレース氏のファイルないですね。
あった方がよいのでは。そして、それと
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0707.htm
をリンクさせた方がよいのでは。

とりあえず、ベーシックインカムのファイルはあるから
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03.htm
それはリンクさせてもよいのでは。
あと、このファイルの改修・増補もしてもらったら
よいと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 12:55
  [ml-prosemip 2170] 共著・共同報告について

今日は多いです。あきらめてください。
(しかし読んでください。)

以下、本研究科内の研究グループのMLで
話題になったことでもありますので。

また、先週の「公共論史」で話したことでもありますが

昨日の教授会で、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/ce/index.htm
への共著での投稿のことが
すこし話題になりました。
投稿については
指導教員の責任?において、というあたりでおさまりましたが
話題になった理由は、博士論文までに3本という条件との
絡みで、共著論文についてどういう計算の仕方をする
のかといったことで、これについては話を継続するという
ことでした。このことはともかく

私としては、共著論文・共同報告について積極的である
べきであろうと。

・せっかく大学院に来ているのだから、そこに集まった人で
なにかするのはよい。その成果を出すのはよい
(このことは西川先生もおっしゃっていた)。

・時間が(相対的に)ある人、(相対的に)文章を書きなれている
人など、各人の長所がいかせ、不利をおぎなえるのはよい
この研究科はかなり多様な人々によって構成されているので
そのような組み合わせはかなりありうると思う。

・例えば、いま相対的に職がある(このことについては別便で)
保健医療福祉関係の研究教育職の場合、医学等、共著・共同報告
が当たり前なところの出身者と競合する場合がありうる。

・「この道一筋」は<たいへん>よいことではあるが、例えば
人を採る側からみると(これしかできないんじゃないか、と)
すこし心配される場合もある。とした場合、自分のメインの仕事と
関係ありつつ、すこし違うところで研究をし、その成果を作って
おくことはわるいことではない。

・そいううせこい話は別としても、自分のメインの仕事とすこし
異なった仕事をしてみることは、自らに(ときに)(かなり)有益な
ものをもたらすことがある。



『Core Ethics』への投稿については、月末までにもうしこんだ
かたちがいちおう変更できないわけなので、
共著など(私が今聞いている以外で)考えている人
必要なら相談などどうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 22:28
  [ml-prosemip 2171] 公募プロジェクト結果

今日、結果の通知がいったと
思いますが、院生企画の公募プロジェクト。

全件採用。
金額は申請額×申請総額/予算総額ということに。
つまり一律(割合)の減額ということです。
(ゲストを呼ぶお金を優先するという案もありましたが
それには反対もあり(私)、結局こういうことに。)

代表が「公共」の企画(5つだったか6つだったか)は
全体の約半分、企画参加者数だともっと多かったかも。
次いで「表象」でした。

今年度はとにかく始めてみたというところ。
どういうかたちがより望ましいのか、やってみてからでも
意見をください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 22:47
  [ml-prosemip 2172] 学会報告等の報告の件

幾度めかになりますが

院生各位の文章掲載、学会報告
遺漏なく、
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/2006.htm
に掲載される必要があろうと思います。

さっき、気がついたものだけ
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm
の方に掲載しました。○が最初につくものたちです。
(見た目はよくないですが、面倒なんでとりあえずこんなかたちで)

HP担当の人は、補うべきを補い
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/2006.htm
に掲載してください。



情報の集積→記載の仕組みについて
私の方でこまごまさしずするのは不要と思っていましたが
それは私の仕事ではないだろうと思っていましたが、
そうもいかないとすると、
どうしましょう。

http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm
は、今日は私がなおしましたが、いつもは
青木さんにやってもらっています
(経費は研究科でなく当方もち)。
とすると、
院のHPのファイルと私のHPのファイルの併存状態が
続くなら(私としては院のHPが頻繁に更新されるなら
当方にあるページは不要とも思っていますが)、
すくなくとも「公共」の院生は、
青木さん宛に、学会報告(等)のたびごとに知らせる
べきことを知らせ、
それを青木さんが(ページの併存を続ける場合)
院のHPと私のHPの両方に載せる
ということになりますでしょうか。異論がなければ
そうしてください。

こういうことは、教員がどうのこうのというのでなく
領域内で段取りを作って進めてくれたら
と思っていたのですが、なかなか、でしたので。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/14 23:15
  [ml-prosemip 2173] 7/7 Workshop with Professor Philippe Van Parijs関連

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0707.htm
があったのですが、そこにリンクさせてもらうかたちで
http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm
を作成
http://www.arsvi.com/#s
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm
からリンクさせました。

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/b03.htm
は以前からあったファイルですが
http://www.arsvi.com/b1990/9500vp.htm
をいちおうつくり
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
はこれから中身つくります。(報告します。)



こうしてとりあえずのかたちを作ったので
いくつかのMLに,これから告知します。



あと
Sent: Wednesday, June 14, 2006 12:32 PM
Subject: [ml-prosemip 2169] 本日欠席御免+関連ですこし
に書いたことよろしく。

それから、研究科内(「公共」内)宣伝かねて
斉藤さん、今日の演習についての報告を
してくれるとよいと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/15 00:07
  [ml-prosemip 2174] 6/24-25 福祉社会学会大会

学会大会、いちばん近いところでは以下、かな。

2006/06/24(土)〜25(日)
福祉社会学会第4回大会 於:大阪市立大学
http://www.arsvi.com/0a/ws2006.htm

2日目午前に小林報告、となりの分科会で天田さんが司会。

理事会(1日目午前)などもあり、本来は行かねばならんのですが
私は行けず。



学会どんな感じだったとか、このMLにひとこと
寄せてくれるとうれしいですね。



この学会のメイルマガジンに
7/7企画載せてもらいます。→後藤さん

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/15 00:22
  [ml-prosemip 2175] リハビリテーション

署名運動関連の掲載依頼を受けて更新。
http://www.arsvi.com/0ds/r02.htm

上の方に書いてあること(多田先生の主張、他)
と下の方に書いてあること(期間限定の主張)
は、基本的には、対立するものではないのですが、
まあ、すこし考えておくべきことかもしれません。

 *同じものを「生命」のMLにも流します。
  ときに、2つのMLいっしょにしても、とさえ
  思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/15 01:25
  [ml-prosemip 2176] 肯定的な話をすることについて

本日(日が変わってますが)最後です。
先週土曜のBASの杉原さんの報告に関連し
そのときも話したことですが。

たとえば社会学などというものは
なにごとも疑ってかかり、批判的であろうとするのですが
まあ、それはそれだけのことだとも言え、

(ほんとうに批判的であることができているのかという
問題もあります cf.
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004033.htm
こんどの
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm
に再録)

なにごとかを肯定するという書き方があって
もちろん、おおいに、よいわけです。

ただ、世の中には(業界・学界の中には)
猜疑心の強い人が多いということもあり
かえって、こちらの方が、てきとうに批判的であるより
難しいということはあります。

どうするか。これできまりという方法はないと思いますが

まず、代表性、多数性を言えないところで、それを主張
しない(主張しているかのように受け取られるようにしない)
こと。多く人がそうでないとしても、ある人々が、あるいは
ある一人の人がしかじかであることを言うだけで意味のある
ことがあります。そのことを言った方が、証明できていない
ことを証明できたかのように言うよりもかえってよいことが
あると思います。
たとえば私が共著者として加わった本
http://www.arsvi.com/0b/950515.htm
では、少数者のことを書くのだと、それで意味があるのだと
いなおっているわけです。いなおれる場合はあるわけで
ようは、言い方、書き方だと思います。

また、関連しますが、かえって、自制的、抑制的に書いた方が、
説得的であることもあるはずです。

あと、これは、ほとんど使いあきられているという感じも
おおいにするのですが、しかし、それでも、人がなにかを
言ったことを、そのままに(近く)引用したりする方が、
説得的であることは、たしかに、あります。

最後に、せいぜい、疑われるであることを先回りしてよんで
それに答えられるように、書く。というか、自分自身が
疑いながら、詰められるところは詰めて書くこと。
そうするとなくなってしまうような肯定は、最初からたいした
ものではないわけで、残るべきものがあれば、それは
残るはずです。
敵の最もよいところを引き出した上で、それを乗り越える
というのが、かっこよいことであるということになっています。
まあ、そうかなと思います。

以上。ではまたあした。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/15 12:34
  [ml-prosemip 2177] 多文化主義

(このたびの出来事とは別の、忘れた事情で)
長いこと途中から中身がきれていたファイル、すこし修復。
http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
(だれか続きよろしく。)

こないだ上田で能瀬さんおよびその共同研究者?と
話をして。
精神障害・精神医療の話と多文化主義の話をくっつけ
ようというようなことで、
たしかに「多文化主義」という言葉はその領域では
使われてはこなかっただろうけど、
中身的にはそういう話はずっとあったわけで
(「異文化としての…」)そのかきりではあまりどってことない

むしろ、多文化主義の「困難」(「同化主義」をいつも
否定できるか?)として現れていることを
(このあたりのこと・議論は、上掲ファイルの下の方
三浦編の本にも出てきます)

精神医療…において「各々勝手にどうぞ」といつもは言えない
ということ、言われたとおりにはできないこと、ただ
同時に、さらにそれを理由としてなされる様々な
(多数派による、多数派にとって都合のよい)行ない
と引き合わせて

何かを言う、という方がおもしろいのではないかと
言いました。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/15 12:51
  [ml-prosemip 2178] Van Parijs関連・2

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
すこしだけ中身つくりました。

村上(慎)さんから誤記の指摘。感謝。

福祉社会学会のメイルマガジンには掲載してください
との連絡しました。
社会政策研究者ネットワークには今日これから
連絡します。→後藤さん



前便で 能勢さんを能瀬さんと誤って記しました。
お詫びし、訂正いたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/16 23:41
  [ml-prosemip 2183] 退院・しかし・他

今日午前入院していたコンピータ
帰ってきてめだしで、だいたい
もとにもどってめでたし

ですが、メイルの本文、のみ
私の入力の仕方(親指シフトという
すぐれた、しかし、すたれた方法を
キーボードはそのままで「親指ひゅん」
というソフトを使って実現しているので
すが、他ではうまくいくのに、なぜか
メイルの本文のみ(表題はうまくいく)
普通のかな入力にしかならず、
困っています。(この文書はエディタで
書いたのをメイル本文に貼ってます。)
誰も、対処の仕方なんかわからないと
思いますが、というか何をしているのか
わからないと思いますが、いちおう
書いてみます。

しばらくじつは(MS)ワードの文書ファイル
あけられませんでした。ようやく
あけられるようになりました。
遅くとも月曜までには返事します。

土曜日曜東京です。
土曜はアフリカ日本協議会へ。
http://www.arsvi.com/0n/ajf.htm
代表の林さんには昨年、来ていただいて
話してもらいました。
伝言などある人伝えます。



宛先間違えて、このメイル、さっき、樋澤さんあての
メイルになってしまいました。
樋澤さんすみません。

では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/17 08:04
  [ml-prosemip 2186] 本日・全国多発性硬化症友の会総会

立岩です。以下、今朝ようやく添付ファイルを開けたので。
今日、ですが。
存知あげない方から、講演者の近藤医師との面会についての
打診のメイルがあって(今日東京なんで無理なんですが)
知りました。
近藤さんについては拙著『ALS』pp.202-203
に言及があります。

−−以下−−

第35回全国多発性硬化症友の会総会・医療相談会・懇親会−

日時   2006年6月17日(土)    
場所   ハ−トピア京都(総会・医療相談会) 
     京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375 075−222−1777
交通   京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車 5番出口上がる
     京都市バス「烏丸丸太町」バス停下車 南側烏丸通り沿いへ
宿泊   ふれあい会館
主催   全国多発性硬化症友の会          
参加対象 多発性硬化症を抱える方とその家族 
参加定員 150名(定員になりしだい、締め切らせて頂きます。) 
入場料  会員の方は500円(ただし非会員の方は、当日1000円徴収します。)
ウェルキャブ(車イス仕様車)利用 1回1000円(登録してある方のみご利用出来ます。)

12:30 開場
13:00 総会(大ホール)
14:00 休憩
14:10 はじめの言葉 講演会1−3(大ホール)
14:15 1「自分らしいMSの治療法と付き合い方」/  山村隆医師
14:45 2「難病と音楽療法−声に出すこと 歌うこと−」/近藤清彦医師
15:15 3「最新の治療法と選択」/斎田孝彦医師 
15:35 休憩・移動
15:45 医療相談会
斎田孝彦医師(大ホール)山村隆医師 (視聴覚室)
近藤清彦先生(第三会議室)
16:35 終わりの言葉    
17:20 バスにて「ふれあい会館」へ移動    
18:00〜20:00 懇親会(ふれあい会館)
(例:ふれあい会館の宿泊費は6000円、懇親会費4000円です。)

★ボランティア募集:私たちは多発性硬化症という病気を抱えています。日本には1万人程の仲間がいます。手足の痺れ、歩行障害、視力障害、膀胱障害の厳しさや病気との闘いの前にうちのめされることがあります。良くなったり悪くなったりする多発性硬化症の症状を目の前にして、心が負けそうになります。社会の一員として、私たちはよりよく生きたいと思います。そして皆さんと私たちは共に語り合いながら、人生を楽しみたいと思います。どうぞよりよい時間を一緒に作ってください。ボランティアをしてくださる方は、052−218−8281もしくは下記のE-mailにご連絡下さい。
●6月18日(日)ミニ京都観光 バスツアー昼食付き(4000円)にも、どうぞご参加下さい。
●問合せ:宿泊・懇親会・ミニ京都観光について:
[略]
http://www.h2.dion.ne.jp/~msfriend/


 
 
>TOP

◆◆2006/06/17 08:21
  [ml-prosemip 2187] 感謝(Re: [ml-prosemip 2185] 親指ひゅんQ)他

立岩です。大谷(い)さんどうも。
最新版にはしてみて、
&このあたりかなというあたり
(知らせてもらったあたり)も
幾度かさわってみていたのですが
(うまくいかず)
このたび、確信をもって、そこを
(やはり幾度か)
やってみたら、うまくいきました。感謝。

このところずっと(修理前の設定でも)、
漢字への変換が妙な具合で、
困っていたのですが、それも解消された
ような気がします。だとしたら、事態は
前よりよくなったわけで、たいへんめでたしです。



親指シフトについて語りだすと長いのでやめますが
私がいた大学院では、1980年代半ばこの方式が
熱狂的に支持されてました。(富士通のワープロへの
参入が早かったということもある。OASYS。)
大澤氏はいまはあきらめて普通の入力にしている
そうですが、こないだ会った市野川氏は、わざわざ
富士通からわずかに出ている親指シフトのキーボードの
ノートPCを使っているようです。
cf.
http://homepage3.nifty.com/m-akagawa/zakki/zakki5.htm
(の下の方にある
「親指シフターの悲哀(涙なしには読めません。一部の人向け)。」)



仕事にどういう道具を使うかはそれなりに大切です。
このことについてはまた。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/17 08:27
  [ml-prosemip 2188] 小林さん感謝・明日

小林さん感謝。

Sent: Saturday, June 17, 2006 1:03 AM
Subject: [ml-prosemip 2184]

みなさん、ぜひ、自分のページ作ってください。

そして掲載したら、すぐに、このMLに知らせてください。
この研究科は、そういうかたちでしか、なかなか
院生が知り合うことができないということもあります。



田島さん、メイルどうも。明日・日曜、東京で
天田さんに参加してもらって研究会だそうです。
私、場所はわかりましたけど、人と会う仕事あり
無理だとおもいます。残念。よろしかったら
このMLで告知していただければと。

以上。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/19 09:06
  [ml-prosemip 2192] 社会学会報告要旨・他

立岩です。さっき、日本社会学会大会報告要旨について
安部、竹中、能勢の3氏に短いコメント発送。

(→ 青木さん
http://www.arsvi.com/0u/0-2006p.htm
の10/28 のところに「竹中」を加えてください。
これで数え間違いしてなければ10人?)

今日明日、必要であれば、GPのスタッフ、私
(ある程度)対応します。

こないだも書きましたが
要旨は要旨集に載るので、それなりに。

4000字という方は、社会学会の報告申し込みが
多すぎてしまってということが(一時)あり
それでハードルをすこし高くしよう
みたいな意図があったように思います。
司会の人が事前に読む(ことになっている)
ということはありますが、
当日については、多くの人は、それと別の
資料なりを配布するので、参加者はむしろ
それを見るというのが実際のところだと
思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/19 09:40
  [ml-prosemip 2193] 御礼・情報提供(→藤谷さん)他

葛城さん、メイリングリストへのメイルありがとうこざいました。
私が書いた
「各自のページ」みなさんよろしく、というのは
大学院のホームページの
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/index.htm
から読める、(まずは)1ページということで
葛城さんはすでにそれを作ったくださったわけで
他のみなさんもよろしく。
諸事情ある人別として、できればみなさん、
2回生以上はできるだけ、
後期課程の人はぜひ。

杉原さん、田島さん、吉村さん、メイルどうも。
短い返信しただけあるいは
読ませてもらっただけ。すいません。

仲野さん、お手紙ありがとう。
このMLのメイル、届いてますか。
届いてたら知らせてください。



藤谷さん、東京行ったおり、前も話したことある
Iさんに会いました。
http://www.arsvi.com/0fm/g021990.htm
のことについて話してくれるそうです。
(別用で京都にきてもらって、そのときにという
手もありますが。)
あと上記のファイルの増補、ぜひ、よろしく。



樋口(義)さん、仕事進んでますか?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/19 09:56
  [ml-prosemip 2194] 7月7・8・9日

7日
http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm
(地図こっちにも載せておきます→後藤さん)
8日
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
9日
大谷(い)博士論文公聴会15時から

で、吉村さん
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/yy03.htm
(こういうふうに各自のページは役に立ちます)
の博士論文構想報告を9日の公聴会の前
(未確定、確定したらお知らせ)

あと、こないだのBASに来てた
香西さん(学振特別研究員・東大市野川研)
cf.
「解剖台と社会――近代日本における身体の歴史社会学にむけて」
『思想』(掲載号?)
が博士論文に向けての報告を希望しているので
それが、8、9に入る可能性があります。
(確定したらお知らせします)

てなわけで、しんどいですが、かためていろいろ
ありますので、遠くの方も、都合がつくのであれば
どうぞ。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/19 20:11
  [ml-prosemip 2198] 大野さん連絡ください・他

このかんのことがあり、アドレスちょっと
わからず、すみません。大野さん
連絡ください。

ワイズマンのときの講演
録音はされているはずですが
文字化はされていないと思います、たしか。

学会報告関連で、朝の3人のあと
私が(短い)コメント出したのは藤原、
堀田さんが、今日、小宅、青木
天田さんがそのほか全般ということで
あったかと。

『Core Ethics』、ここ数日間では
青木/坂下/杉原/高田/吉村の各氏より連絡
なお、ここへの投稿、休学などしている人でも
もちろん可能です。誤解があるといけないので
いちおう。

香西さん、9日になりそうです。
日取り(など)についてリクエストある人どうぞ。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/20 08:04
  [ml-prosemip 2202] 他のMLを使う1(障害系)・他

ML(メイリングリスト/メーリングリスト)に入っておくと
たくさんきてめんどうなこともあり
なにもこなくて役にたたないこともあり
よくわからないけんかが始まったりすることもあり
いろいろですが
それでも、入っておいたことがよいことがあります。

ここの院生の、それ系の人たちの多くはすでに
入っている
http://www.arsvi.com/0l/jsds.htm
というMLがあります。よろしかったらどうぞ。

私がそこに出したメイル約8年分は
http://www.arsvi.com/ml/0.htm
からごらんになれます。

最近のは力が抜けてますが
以前のものにはけっこうがんばって書いた
ものもあったりします。たとえば1999年だと
やがて『ALS』という本になった
調査企画の広報・研究者募集のメイルとか。
自分の関心がそういうところに(も)ある人は
(むろん何回かに分けてでよいですから)
全部を読んでみていただきたいと思います。

私、言うべきことは、たいてい、読もうと思えば読める媒体で
言っているはずで、いちおうそれに
目を通していただきたいと思います。
まずは院のMLのバックナンバー、そして上記の
ようなMLに配信されたもの、等。
その上で、さらに、質問などしていただけると
効果的・効率的かと思います。



他に(ある程度)使えるMLなど、みなさん紹介
していただけるとよいかと。



北村さん補足情報どうも。他のみなさん方どうも。

日本社会学会は

青木/安部/大谷(通)/北村/小林/小宅/竹中/能勢/橋口/藤原/
山本/李

の12名のようです。(→青木さん、上と差し替えるなり、北村/橋口を
加えるなり。)
みなさんごくろうさんです。とりわけ天田さん、そして堀田さんごくろうさんです。
(堀田さんも報告します。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/20 11:20
  [ml-prosemip 2203] 青木陽子さんいますか?・他

http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm
(SPSNのニューズレターには掲載してくれるよう
依頼しました→後藤さん)
関連で、青木陽子さんにお手伝いお願いした
ということで、すくなくともかつては
青木さん、このMLに入っていたのですが、
いまどうなってるでしょう。本人、あるいはどなたか
立岩までお知らせください。



ついでに。みなさん、学会報告要旨などHPに掲載すると
よいと思います。そのさい、なにか言い訳を
したり、付け足しをしたければ、それもよいでしょう。
学会大会の会場にはたいてい人はそう来ません。
ウェブに載せたりした方が人は見ます。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/20 22:03
  [ml-prosemip 2204] Re: [ml-prosemip 2199] 予備演習2特別セッション

前々より、予備演習講師陣の弾力的活用?
(失礼)
を望んでおりましたから、このたびの企画は
たいへんよいことであると思います。

Sent: Monday, June 19, 2006 9:23 PM
Subject: [ml-prosemip 2199] 予備演習2特別セッションのお知らせ(6月24日)とレジュメの催促
> http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2006/0624.htm

盛会を祈念します。私は出ること
かないませんが、高祖さんほかによろしく
お伝えください。

このような企画が今後ともなされますように。
またこのたびのような大きな企画でなくとも
ある回を休んでいただく代わりに
後期課程院生を含めた個別指導、演習形式、講義形式の
授業を設定していただくこと歓迎です。

その際、講師の先生の負担が増えることのないように
お願いいたします。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/20 23:19
  [ml-prosemip 2206] 訂正・お詫び(Re: [ml-prosemip 2203] 青木陽子さんいますか?・他

青木洋子さんの誤りでした。
訂正しておわびいたします。



ついでに。上記と無関係ですが
http://www.arsvi.com/0a/y01.htm

MLに参加したい人は立岩まで連絡ください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/21 08:12
  [ml-prosemip 2208] 面談について

なにするかについて、講義なんかでは
話していますが、必要な人連絡ください。

1)やることが(ほぼ)決まっている人は
さしあたりやるべきことが(多くの場合、たくさん)
あって、それをまずやること、
「かさをふやす」ことが求められます。
それをまとめて、そのうえで何か言うという段になって
教員の介入が有効な場合が出てきます。
またそういう場合には、基本的には
演習のような場が
他の人たちの意見も得られますし、
他の人たち自身にとっても益がありますので
よいと思います。

2)ただ、研究の方向を変えるとか、
あらたに考えるといった場合には
ちょっといろいろ、ああでもないこうでもないと
話してみるということがよい場合が
あります。

私、発足から3年間は、予備演習皆勤
でしたが、今年は(すくなくとも今期は)出てません。
予備演習担当教員とも相談しつつ
とも対応しますが、たとえば予備演習での報告を
いちどした上で、2)的なところで
ちょっと要相談という人、どうぞ。

近いところでは今週金曜の13時の前。あるいは
16時10分すぎ。

cf.
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm
2年半前に、その時点で在籍していた院生の
研究テーマなど勘案しつつ作ったものです。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/22 10:39
  [ml-prosemip 2209] 07/14国際シンポジュウム「公私二元論の再考」

国際言語文化研究所より案内あり

07/14 国際シンポジュウム「公私二元論の再考」
http://www.arsvi.com/0u/r01gs2006.htm

ミスあります。なおします。またポスターのファイルも
読み込めるようにします。そしたら
全体のMLにも告知します。

他の(たくさんある)イベントとともに
http://www.arsvi.com/#s
からもリンクされています。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/22 19:52
  [ml-prosemip 2210] お願いにあがりました。

以下、他のMLに送信したものと
部分的に(大部分)重なりますが

http://www.arsvi.com/0b/a.htm
をよろしくというお願いです。

アマゾンが××だったり
新たなアフィリエイト・プログラムに加入したり
いろいろ変更がかさなり、
それに伴う当方の変更過程でも、
ミスやらなにやら大量にあるのはわかっていたのですが
時間ないやらでほっといたのですが
今日、いろいろやってなんとか。
ようやく以下(他)とりあえず使えるものになりました。
http://www.arsvi.com/0b/a.htm

よろしく。他のファイルも[boople]への
個別リンクなど、つながらなかったのとか、
行間の設定とか
あわせてファイル1000個ぐらい(一括置換他で)
なおしました。だいたいつながるように
なったかと思います。
(こんな仕事をしている場合ではないのですが、
始めてしまったらやめることもできず。)

金額の集計もこのところできていなかったのですが
します。今後の報告もまめにしていこうと思います。

(略)

HPはじめて10年たったということらしいです。
今後ともどうぞよろしく。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/22 21:19
  [ml-prosemip 2211] 人工透析しないこと関連で情報ないですか?

有吉さんとのメイルでのやりとりで

透析医療での治療中止(あるいは不開始…)について
なにか、文献とかないかということで

ひとつ思いだしたことがあって
グーグルで「透析拒否」+「精神障害」で検索してみてください
と申し上げました。私のHPのファイルとか
出てきます。すっかり忘れてました。そんなもんです。

どなたか、他に情報
思いあたることあれば(このML宛がよいです)
お知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 07:57
  [ml-prosemip 2216] 透析/糖尿病

北村さん、有吉さんどうも。

私のHPのトップ
http://www.arsvi.com/
で「arsvi.com内を検索」で検索

http://www.arsvi.com/0b/990315hy.htm
1980年代に普及(→「延命」可能)という了解

http://www.arsvi.com/1990/940526.htm
5に出てくる

http://www.arsvi.com/0ds/200509.htm
更生医療の自己負担

http://www.arsvi.com/0w//ts02/2000001a.htm
「医療経済」との関連で ずっと下の方「医療資源」のところ

http://www.arsvi.com/2000/021116ft.htm
福島報告
http://www.arsvi.com/b2000/0011hh.htm
浮ケ谷論文

とみてくると、「日常」を明らかにするというの
(社会学の人がよくやる方向)は、意外と難しいかもしれず

かえって、
医療経済とか、生活習慣病予防とか、そういう
「政治」「経済」的なところから、
(透析はお金がかかるから、予防で対処とか、途中で
やめましょ、とか…)
まずはざっとお勉強していくとけっこういろいろ
出てきそうな気がします。
難しそうに思うかもしれませんが、たぶん
こっちの方がじつは楽で、かつ
おもしろい話ができるだろうと(私は)思います。

あと、昨年から腎臓病の全国組織から
機関誌が送られてきていることを
いま思い出しました。

以上とりあえず。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 08:19
  [ml-prosemip 2217] Re: [ml-prosemip 2213] 「〈差別論〉を考える」研究会のお知らせ(天田)

> ●報告者: 佐藤 裕

佐藤さんと中河さんは富山大学にいて(佐藤さんは今もいる
中河さんは今は大阪府立大学)
以前(たしか長野で冬季オリンピックがあった年)、
集中講義に呼ばれて、それで会いました。
佐藤さんは、2度ほど出たことのある学会
http://www.arsvi.com/0a/nks0.htm
でも会ってましたが。

> ●討論者: 倉本 智明

http://www.arsvi.com/0w/krmttmak.htm
(新刊本加えてません。そのうち。)

>         天田 城介

> ○企画・司会: 中河 伸俊

http://homepage2.nifty.com/tipitina/index.html

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/db2000/0105nn.htm
(なんだ目次しかない。たぶん私がつくりました。)

中河 伸俊 20041231 「構築主義とエンピリカル・リサーチャビリティ」,
『社会学 評論』55-3(219):244-259
(この号は、天田さんも書いてます。いちおう私も。)
http://www.arsvi.com/0m/jsr.htm
(へんなファイルですね。あとでなおします。)

http://www.arsvi.com/ml/2000jsds.htm
のずっと下の方
2000/01/15 12:57
[jsds:3827] 1月29日:カーティス・メイフィールド
(表示おかしくなってます)

> ●日時: 2006年7月1日(土) 14:00〜17:30

私は入試説明会。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 08:48
  [ml-prosemip 2218] 字を読んでメモ作る

本や論文読んでメモ作ることを、たぶんみなさん
ずっとやっていくわけで。

http://www.arsvi.com/0x/b01.htm
いろいろ書いてありますが、
HTMLファイル(HPに載る形式のファイル)
の作り方とかについてはまた別にということで
以下何点か。
(そのうち上記のファイルにも加えようと思いますが。)

目次だけでもそれなりに役に立つことはあります。
(本だとアマゾンなんかでみるとけっこう出てくるから
それをコピー&ペイストすると簡単)

あと、要約するより、気になったところをまるごと
引用の方がかえって簡単で、あとで役に立つこともある。

その際私は、
<0145<のようにページの代わりめの印をいれるように
このごろはしてます。(<0145<の左がp.145、右がp.146)
あとで論文なんかで使うときの頁表記に際して
便利です。(現物にあたらなくてもよい。)
あと、自分が書いて活字化されたもののテキスト・ファイルにも
こうした印をつけておくとよいです。
活字・墨字にあたれない、あたるのが不便という人が
引用するときに便利でもあります。
最近私が作ったものでは
http://www.arsvi.com/b2000/0604ky.htm

あと書誌情報はできるだけこまかく入れておいた方が
あとでめんどうでないです。
日本で出るものは、慣習的に、発行年月日が入っています。
それをそのまま記しておく 例:20060630
すると同一筆者の文献を並べる(基本的には発行順に並べる)
ときにやはり現物に当たらず並べられる。
論文の文献表にするときは20060630とかでなく、2006aとか
するわけですが。たとえば
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1b.htm
は本の文献表にする手前の文献リストで ここから月日を
とって、本の文献表にするわけです。
(『Core Ethics』掲載論文のURL貼るの、まだしてません。
あとでします。)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 08:54
  [ml-prosemip 2219] 透析/糖尿病(続)

追加です。
http://www.arsvi.com/2000/0502mm.htm
(宮坂さんが私の本の書評してださった文章)
の下の方読んでください。

「1962年に、米国のシアトルの病院で世界初の透析センターが
設けられた時に、この資源配分の問題は、後に大きな批判を
浴びる方法で決められた。…」

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 09:16
  [ml-prosemip 2221] HTML化(お尋ね含む)

文献紹介とか文献リスト、年表その他を
作って、HP(ホームページ)に載せる場合。

HPで見れるファイルをHTMLファイルと言いますが
自分ではワープロソフトで作って、あとは
HTMLを知ってる人にやってもらうというのも手ですが

あとHTMLファイルにするソフトというのもたくさん
あるようですが、よけいなタグ(符号、というか)
がたくさん付きすぎて、シンプルなファイルでよい
場合はかえってめんどう。

簡単なのは、たとえば私のHP内のものなら
さっきの
http://www.arsvi.com/b2000/0604ky.htm
1)「表示」→「ソース」とすると
もとのファイルが出てきますから、それをコピーして
中身だけ変える、とファイルができます。
2)ほかにいったん「保存」して、それを読み込んで
というやり方もありますが、普通にそのファイルを
クリックすると、エクスプローラ(HPをみるソフト)
が立ちあがって、表示されるだけなので
ワードであれば、まずワードを立ち上げて、ファイル名を
いれて、読み込むことになるのだろうと思います。

このあたりのこと、慣れている人、ここ1、2年で
この研究科、たくさん出てきました。そういう人々に
聞いてみるのがよいです。誰ができるか、そのへんの
一覧というか、誰か教えてくれるとよいかも。
あと、そういう講習会のようなものをやろうという
話もありました。



お尋ね。

 改行は(これはほんとは「邪道」なんだそうですが)
<BR>というタグ(符号)をいれればよいのですが、

 改行コード→<BR>+改行コード

への置換って、MSワードとかじゃできないんですか?
以前も聞いたところ、中倉さんからはできないという
返事で、じゃ、みなさんどうしてるの?と。
いいやり方知っている人いたら教えてください。

私はワードは使ってなくて(使えなくて)
http://www.arsvi.com/0x/q01.htm
というものを使ってて、かなり楽ですが
一般的ではないと思うので。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 10:51
  [ml-prosemip 2222] 公共論史2006:03

このメイルは立命館・院・先端総合学術研究科
「公共」領域のML*と、他の大学院の院生で
2006年度の「公共論史」を受講している/しようと思ったが
都合がつかずできなかった、という人たちにbccで配信されています。

 *私から配信されたものは
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm
 でご覧になれます。

**PC故障関連で、他研究科、他大学の方、アドレス消えて、
  ML以外に出せなくなりました。
  お手数ですが、立岩まで知らせてください。
  (というメイルをここに出しても仕方ないのですが、HPにも
  掲載するのでいちおう。)

6月09日、第5回
6月23日、第6回(本日)

 第5回は、どんなぐあいに研究ってするの、みたいな話をしました。
その一部についてはこのMLにも配信しました。
 今日は、それと関係なくはなく、「天下国家」を論じる、みたいな話
をしようかと。そしてそれは前回予告した何を分けるの?、という話
に繋がっていくのでは、と。
 こんどの本(について別便でお知らせ)のTに一応対応します。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 11:18
  [ml-prosemip 2224] 本配布販売と催促

本、昨日学校に1箱届きました(はず。これからとりに行きます。)
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006b1.htm

公共論史では使います。他の人も、いる人は
1)(2310円→)1800円。
2)約2時間の労働と引き換え*。

いずれか。
(誰かきょう100円玉たくさんもってきてださい。)


http://www.arsvi.com/0e/0.htm
(存在をしばし忘れていました。そのうち更新します。)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm
に、なにがしか関係する作業(文献紹介、文献表、年表、
人物別ファイル…の作成…)をすること。

前の本
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b1.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
も2)のかたち(3時間分)でということでしたが
どうも、多くの人々(院生)について、私、その労働の成果を取得
していないように思います。疚しいところのある人(ない人も)
私、忘れてないので、どうか、よろしく。

で、管理が難しいので(めんどくさいので)
2)の形態やめようかと思いましたが、もう一度
やってみます。よろしく。

どういう仕事するか、相談したい人はどうぞ。

本、公共論史で配ったあと、郵送分もあるので、とりあえず
私の研究室へ、かなと。いくつか「公共」部屋へ
もっていってもらう、かもしれませんが。



あと、今年度、お金がはいる方の仕事(科研費を謝金枠で使用)
しますって人、お知らせください。
昨年それで働いていた人の幾人かが助手かなんかに
なったてしまったということもあり、
今年はまだわずか。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 23:09
  [ml-prosemip 2226] 私を語ることについて

公共論史のあと、山口さんとすこし話をして。

 1)自分を語ることについて と
 2)他人について(他人のために)語ること
 両方ともおもしろいのですが、ここでは1)について。

(現代の)人は自分を語りたがってる、という話自体はずっとあるわけで
これはいまさら、というところがある。ので、もうすこし
別の筋を考えてみるのがよい。

 a自分を(肯定的に)語ることが肯定的に語られる場面と
 bそのことが批判的に捉えれること
この二つがどういう関係になっているのかということは前から
気にはなってきた。

 bは例えばフーコーのラインで、もとを辿るとニーチェなのだろう、と。
私の本では『私的所有論』第6章の「主体化」という節を参照のこと。
http://www.arsvi.com/1i.htm
(リンクミスなどあり。)
語ることによる従属、というライン。

 a他方で、語ることは肯定される。近頃だとナラティブ…って話が
そうだけれども、最近に始まったことではなく、これもそれなりに
長い歴史がある。

 そして二つともがもっともであるとすると、両者はどういうふうに
辻褄が合うのか、そして/あるいは、衝突するのか。
 最も簡単な辻褄のあわせ方としては、(不当な)力に抗するものとしては
肯定される、力に取り込まれるときに否定される、という分け方が
あって、まあたぶんそれで正解なのだが、そういう「おち」になるとしても
もうすこしきちんとみておく必要はあるだろう。

 で、そういうことについて調べてみるという手はあるかも。
 とすると、自らを肯定的に(肯定するために)語ることが、
どのように肯定されることとして現われてきたのかを、現われて
いるのかを調べる、また、そういう流れに対する懐疑・批判も
現われてきているとすれば、それもまたどのように現われ、
そして何を言うかを調べる、とか。

 で、そのときにすこし言及したのが(上記とまたすこし違う文脈での
分析ではあるのだが)、樫村愛子
http://www.arsvi.com/0w/ksmraik.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2002006.htm

以上とりあえず。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 23:26
  [ml-prosemip 2227] 立岩が関係した本の入手方法

こんどの本に限らず私が関係して手元にある本だったら
だいたいなんでも、みなさんの労働(の産物)と交換します。

http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
はいまみたらわりと少なめで
http://www.arsvi.com/0w/ts01/00b.htm
の方が多いです。だいたいあります。

急ぎの場合は私の研究室(の私が座っている椅子の背後の書架)。
アクセス方法は先輩に聞いてください。

新刊もテーブルの上に積んであります。
(→安部さん もっていってください。)

今度は、ちゃんと帳簿つけて労務管理
しますのでよろしく。

本のリクエスト、仕事についての問い合わせは
私まで。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 23:44
  [ml-prosemip 2229] お礼+(Re: [ml-prosemip 2225] Re: HTML化(お尋ね含む))

村上(潔)さんどうも。

HP運営の院生は新しい人も含めて
わかってるんだろうか。
共有すべき情報を共有する必要はありそうです。
とりあえず、以下の情報も含めて、私のHPの
http://www.arsvi.com/0x/q01.htm
(やはりミスあります)
をすこしふやし、そしたらHPのMLに知らせようかと。

> ◇TeraPad
> http://www5f.biglobe.ne.jp/~t-susumu/library/tpad.html

やはりエディタを使うってことですね。

 ><br>は、「\n→<br>」の一括置換でつけられます。

画面では同じに見えるでしょうけど
\n→<br>\n
の方が、編集画面上では便利かと。

※ なんの話してるかわからん人はわからんと思いますが
\nは改行コードを示しています(画面上では↓みたいな記号とか)。
改行コードを文字置換の対象にするということがMSワードなんか
ではできない、らしい。
私が2年前ぐらいまで使っていた『松』という(MS−DOS
でしか動かない)ワープロソフトではできたのに。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/23 23:51
  [ml-prosemip 2230] Re: [ml-prosemip 2228] 能勢です(障害者教育について)

能勢さんどうも。

>「障害者への教育の思想、政策の流れ」に関する概説書

http://www.arsvi.com/0ds/e01.htm

http://www.arsvi.com/l65000b0.htm

にすこし本載せてますが(長く放置しているファイルです)
「概説書」というのは思いあたりません。
どなたかよろしく。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/24 10:18
  [ml-prosemip 2232] 内部をまず当たること

昨日、夕刻、韓国でのことについて
調べている塚原さんと話していて。

なにかしら、起こってきたできごとが
例えば「民族主義」的であって、その点については
納得できないところがあったりして、
それはもっともであったりしたとして
それを自力で全面的に展開できるか、また
それが得策かということがあります。
とした場合、その内部に、主流に批判的な
動きがなかったか、あったとしたら、それを記述する
という手があるだろうと。

そういうことはいろいろな場面にあって
例えば昨日書いたことに関連すれば
自らを(肯定的に)語る場にもそれになじめない人
というのはいたりするわけです。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/24 12:11
  [ml-prosemip 2234] 自殺系+

偶然みつけました。
http://b3.spline.tv/inochi1/

http://red.kakiko.com/hagiwara/
というHPにあるようです。

新聞記事全文など。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/24 17:55
  [ml-prosemip 2236] 7/4 「パフォーミング・ライツ」というテーマ

全体のMLに配信したものとまったく同じ。
重複受信御免。少数ですが、全体のMLに
入っておられない方がいるので。立岩

――以下――

各位

暑い日が続いておりますが、皆様ご健勝のことと存じ上げます。
さて第3回 ジェンダー研究会開催についてご案内申し上げます。
また、案内ポスターを添付書類にてお送りさせていただきましたのでご高覧くだ
さいますようお願いします。
皆様のご参加をお待ちしています。



テーマ:「パフォーミング・ライツ」というテーマ:パフォーマンス研究国際学会に参加して
開催日時:2006年7月4日(金) 16:30-19:00
場所:修学館2階 第2共同研究会室
講演者:レベッカ・ジェニスン 氏(京都精華大学)
    キタムラ・アリシア・アラタ 氏(演出家)
    池内 靖子 氏(立命館大学)

*参加自由、事前申し込み不要

なお、次回よりご案内を希望されない方は、お手数ですが、ご連絡くださいます
ようお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連絡先:立命館大学国際言語文化研究所 修学館2階
Phone :075−465−8164/ Fax :075-465-8245
E-mail:genbun@st.ritsumei.ac.jp

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2006/06/24 23:09
  [ml-prosemip 2238] 7/22 格差社会と社会政策

SPSN設立10周年記念シンポジウム
日時  2006年7月22日(土) 午後1時〜午後5時(参加費300円)
場所 東京大学本郷キャンパス・山上会館大会議室
テーマ:「格差社会と社会政策」
http://www.arsvi.com/0a/spsn/2006.htm#0623

コメンテーターで昨年度お世話になった
樋口明彦さん(法政大学)。



このニューズレターに7・7の催しの広告載せてもらってます。
(→後藤さん)

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/25 19:57
  [ml-prosemip 2240] 自殺系(続)/社会科学基礎論研究会

掲載依頼を受けたので(いつも送ってきてくれてます)。

http://www.arsvi.com/#s

http://www.arsvi.com/0a/kisoron.htm

土井さんはこないだ博士論文の審査に筑波大学に
行ったおり始めてお会いしました。
私と同年ぐらいの研究者です。

東京の研究会ですが、いちおう
こういう研究会もありということで。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/26 13:35
  [ml-prosemip 2243] Van Parijs関連・3

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
すこしだけ中身増やしました。

といってもコメントできてるわけでなく
(第3章、なんかみょうな話だなあと思っているのですが
それをどう言ったらよいものか…)
斉藤訳への極小コメントの列挙にとどまっています。
(0626○ というのが今日付加したところ。)

水曜、斉藤さんと村上(慎)さん、報告なさると聞いてますが
なんの話をするのでしょう?
このMLにお願いできればと思います。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/26 15:23
  [ml-prosemip 2244] 7月8・9日

Sent: Monday, June 19, 2006 9:56 AM
Subject: [ml-prosemip 2194] 7月7・8・9日
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2194
でお知らせしましたが

8日 BAS研究会&P演習 13時半〜
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm

9日11時
吉村さん博士論文構想報告
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/e/bas.htm
13時
香西さん博士論文構想報告
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~gr018035/w/kuzityk.htm
15時
大谷(い)博士論文公聴会

ということで。9日の上2つはP演習&BAS研というような
かんじで考えています。場所は
「生命」院生室を使わせていただこうかとも考えてますが
またお知らせします。



8日と9日(の15時まで)は時間帯変更などなお可能では


 
 
>TOP

◆◆2006/06/26 15:27
  [ml-prosemip 2245] 前便の残り+

すいません。途中できれてしまいました。

8日と9日(の15時前)については
なお時間帯の変更など可能ではあります。
出たいがこの設定だと出られないので変えてほしい
といった希望のある方は立岩まで連絡ください。

というのが続きです。



あと、時間節約のためとくに9日については
事前に文章・資料を読んでおき、質疑を主体としたい
と思いますのでよろしく。

香西さんについては、こちらに草稿が送られてきますので
それをコピーしてもらうなりなんか考えてます。

小林さん、院内限りHPっていうのは機能してるんでしたっけ?

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/26 21:47
  [ml-prosemip 2246] 福祉社会学会・公募…

昨日、小林さんが報告、天田さんが司会に
行ってきた学会のニューズレターがさっき届いたので。

http://www.arsvi.com/0a/ws2006.htm

http://www.arsvi.com/0a/ws2006.htm#0626

7・7の広告、掲載してもらってます。(→後藤さん)

あと、まだみなさんには、ですが、公募情報が下の方に。

>専門分野:社会政策
>担当科目:社会政策、社会保障論、その他
>     社会福祉実習の一部も担当していただきます。

こういう採用の仕方、今後もある、のかもしれません。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/27 09:03
  [ml-prosemip 2250] 今週の予定(立岩)

6/27 火曜 13時教授会
6/28 水曜 13時P演習(参加未確定)
6/29 木曜 14時博士論文口頭試問 18時半会議(学外)
6/30 金曜 11時ジェンダー研究会 の後12時半、打ち合わせ
http://www.arsvi.com/0u/r01gs2006.htm#0630
7/01  土曜 15時入試説明会
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2006.htm

以上の前後、可能。
今日予定(午前)は青木(慎)、小林(時間等未確定)。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/27 22:09
  [ml-prosemip 2252] HP関連

以下、HP運営委員会(院生と教員)のMLに配信したものです。
他の方にも関係がなくないと思い、一部省略して
お送りいたします。 立岩

――以下――

■お金のこと&位置づけについての私見

 [略]

[HP作成について院生に出るお金の……補記]追加分について、
いまげんざい確定的な予算があるわけではないと
ということだと思います。

ただ、この研究科の「基礎固め」かつ「広報」
の意味も含め、HPの拡大は
きわめて重要なことであると私自身は
考えており、また、とくに
研究に関わる部分については院生が
それをになっていってほしいと思います。
他に使うという金を使わないで、でも
そちらにまわすべきだと考えています。
機会あることに、そのことは教授会等で、今後も
提起していくつもりです。

とりあえず、私の*研費から支出することできます。
時間1000円というところはいかがでしょう?

 [略 昨年度のGP予算関連]



例えばパターナリズム
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/p001001.htm
(すいませんこんなファイル名になってます)
グーグルで検索すると4番目に出てきます。

私のHPから移したファイルがいまのところ
多く(しかも更新をおこたっている)
私絡みの文章とかけっこうありますが、これはまったく
本意ではありません。ぜひ院生のみなさんが
主体的に担っていっていただきたいと
願っています。


■ファイル名の決め方について

[略]

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/

にあるファイルの名前ですが、
いろいろ迷いがあったりして、統一されておりません。
すみません。

わりと新しいものは
英語の頭文字1字+2桁の通し番号というもので
たとえば「グローバリゼーション」なら
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/d/g01.htm
という具合。
(最初3桁にして、途中から変えたり、けっこうぐちゃぐちゃです。
そうそう同じ頭文字が99個を超えることはないだろうと
思い、途中から2桁にしました。)

ファイルを複数にする場合はその後に文字あるいは数字を足していく。
そのきまりはとくになくて
たとえば、2006年についてのファイルであれば
g012006.htm
とか(そんなファイルはないですが)。
またg0101,g0102,……というふうに、なんとなく順番決めて
ファイル名ふっていくとか。

また同じ頭文字の項目が出てきたら
g02.htm
などとする。(ですから、いちおうかぶってないか
見る必要がある。)

こういうやり方をしなければならないわけではまったく
ないのですが、
長いファイル名より短めの方がよいのかなとは。
(まあ私が、
つい昨年まで半角8文字までのファイル名しか
作れないMS−DOS上のワープロソフトを使っていた
とんでも人間であるということもあるのですが。)

わりあい長いこと、たくさんのファイルがある
(10000個ぐらいはあるようです)HPをやってきて
わりと使い勝手がよいかなと思っているのが、
上記のやり方です。
ご参考まで。

――以上――


 
 
>TOP

◆◆2006/06/28 11:23
  [ml-prosemip 2257] 北本さんとのやりとり・1?

立岩です。現在、私の仕事関係がかなり悲惨なことに
なっておりまして、本日も事前文書・資料など読んで
参上できませんことおわびします。

さて、その?
http://www.arsvi.com/2000/0607vp.htm

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2006072.htm
の第3章の、奇妙な、しかしどこが奇妙であるかを考える意味
が(どれほど)あるのか、たいしてないかもしれない
と思える論述をきっかけとして、北本さんから以下。

引用許可をもらったので引用。
私の返答は、私がいま上記のごとくの状況ですので、
またのちほどということでご勘弁。

> 以下不充分なものですがとりあえずお送りします。

> 考えられるべきことを大まかに言えば、<より不正でない
> 承認・労働・自由時間・所得・生産能力の分配状態とは
> どのようなものなのか>ということになるでしょう。

> 問題のひとつとして、<容姿を含むその人の特性が、
> その人の生産能力に影響するように思われることをどう
> 考えるか> ということを取り上げてみます。この問題に
> ついてとりあえずふたつの考えかたを挙げてみると:
>
> 1. <容姿を含むその人の特性が、その人の生産能力に
> 影響する>ことについて価値判断はせず、それらの生産能力
> によって生産されたものを適切に分けること、生産能力の
> 違いによって人が不当に扱われないようにすることを
> 考える。
>
> 2. <容姿を含むその人の特性が、その人の生産能力に
> 影響する>ことを価値判断の対象にする。
>
>  『私的所有論』での立岩さんは、上記1.よりに考えている
> ように思われますが、私は2.よりで考えています。

ここに答えねばなりません。
(一つでなく)いくつかの論点があります
が、
一つは、「職務遂行に不可欠な能力」とそうでないものを分け
後者については、それによって差異を設定することを禁ずる
という対応があります。これは妥当な対応だろうと。
問題は(上記がほんとにどこまで正当化されるかという問題もありますが)、
それですまない場合です。
これは別便で。

なお拙著『私的所有論』第8章の末尾の部分等に関係する
記述があります。


>  以下いろいろと説明しなくてはならないことを省略しつつ
> 述べます。「生産能力」をどう定義するかは問題ですが、
> とりあえず<人が"理にかなったかたちで選好するもの"を
> 作り出す能力>だとします。この定義によると、ある人1が
> 存在することを、他の人またはある人1自身が理にかなった
> かたちで選好している場合、ある人1は、存在しているだけ
> で、人が"理にかなったかたちで選好するもの"を作り出して
> いることになる。
>  さて、<容姿を含むその人の特性が、その人の生産能力に
> 影響する>ことは、ある程度は社会制度によって取り除く
> ことができるでしょうが、人々の選好が変わらなければ
> 取り除けない部分もあるでしょう。ここで、<人々の
> そのような選好を変えていくように社会は編成されるべきで
> ある>と言うかどうかで、私は言ってよかろうといまの
> ところ思っています。さらに、<人々のそのような選好自体
> が変わるべきである>と言えるかどうか。

>  承認について言えば、承認を得られない人にお金を
> 渡しても、多くの場合問題は解決されず、承認が得られない
> こと自体が問題にされるべきでしょう。

この場合、「何」が承認されればよいのかという問い
があって、それにどう答えるか。

以上、とりあえずのとりあえず。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/29 09:09
  [ml-prosemip 2264] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 2

北本さん
> 承認についてひとこと
どうも。

ここしばらくきちんとした返信とかできず(できないかもしれず)、
いちおう、みなさん
http://www.arsvi.com/0e/r01.htm
ご参考まで、というところで。

みなさんもご意見、ご質問などどうぞ。
私も書ける時間みつけて書きます。



今日は博士論文の審査、会議
明日は(さっきcefsでお知らせした)研究会(こっちにも再送するか)
の後、的場さん面談。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/29 20:01
  [ml-prosemip 2267] 承認・労働・自由時間・所得・生産能力: 3

川口さんどうも。(現在[略]。)

個別の強い肯定が求められるという事態そのものを
どうみるか(何に由来するのか)という問題はそれとして
(私が書いてきたことはそっちの方向のものが
多いのではないかと思います)、

ともかくそういうことはある、とした上で
どうするか、ということは私も考えることがあります。
かつ、求められている側が、「そうは言われても(願われても)…」
みたいな場合です。

以下順不同。
1)うそをつく。
2)考えない。(しかし、積極的には肯定的でないなら
うそはうそではある。から、その意味では解にならない…)
3)その気になる。

というようなことがまず考えられます。
これはれいの「感情労働」というようなことにも関係して
http://www.arsvi.com/0e/e02.htm
なかなか(実際にはつらいですが)
考えるぶんにはおもしろいことだと思います。

たとえば、どんな場合に、なぜ、うそをついてはいけないのか
とか。また、よい/よくないと別に考えることもあるでしょう。

また、当人も、自分が無理難題言っていることはわかっていたり
先方がうそをついていることがわかっていたりしながら、しかし
ということもある。
たとえばそんなこと。

そういうことは日々そこらじゅうで起こっているわけですが
そういうことについての考察といいますか、
あるようで意外とないのではないかと思っています。

以上、やはり、とりあえず。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/29 20:12
  [ml-prosemip 2268] 6/30 7/4 7/14 ジェンダー研究会

以下、cefsに送ったのと同文。

私、明日のには参加させていただく予定。
ただ、基本的に
仕事としてやむをえぬ場合を除き
ほとんどすべての研究会他の催しものについて
不義理することにして(せざるをえないで)おります。
あしからず。

――以下――

Sent: Thursday, June 29, 2006 7:43 AM
Subject: 6/30 7/4 7/14 ジェンダー研究会


> http://www.arsvi.com/0u/r01gs2006.htm
>
> http://www.arsvi.com/#s
> からもご覧になれます。


 
 
>TOP

◆◆2006/06/29 22:31
  [ml-prosemip 2269] 『Core Ethics』

『Core Ethics』第3号、私のところに、申し込みした(する)ということで
連絡あった人、てもとのメモでは
青木/上農/北村/小宅/坂下/定藤/杉原/高田/竹中/樋澤/
的場/村上(潔)/山本/吉村
14、ですか(複数投稿希望あるので本数はもっと多い)。

個別に返信してない人いますが、上に掲載されている人については了解。
他で、指導教員を私ということにして出そうという人
いちおう御一報ください。
また伝えてもらっているのにこちらで把握していないという人も
いるかと思います。そういう人も、すみませんが、お知らせください。

立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/30 07:17
  [ml-prosemip 2271] 『Core Ethics』(続)

記載もれ、すみません、も含め

『Core Ethics』第3号、私のところに、申し込みした(する)ということで
連絡あった人、
青木/上農/北村/小宅/坂下/定藤/杉原/高田/竹中/田島
能勢/樋澤/藤原/的場/村上(潔)/山本/吉村
17、(複数投稿希望あるので本数は20〜)。
他に李さんから連絡いただきました。

> 個別に返信してない人いますが、上に掲載されている人については了解。
> 他で、指導教員を私ということにして出そうという人
> いちおう御一報ください。
> また伝えてもらっているのにこちらで把握していないという人も
> いるかと思います。そういう人も、すみませんが、お知らせください。
>
> 立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/30 08:56
  [ml-prosemip 2272] 聞き返すこと

演習、研究会、構想発表会、審査、学会報告等を
「試練の時」(という性格もありますけど)
とだけ捉えるのは、もちろん、損なのであって
それはサービスを提供される機会です。

ただその際、しばしば人は舞い上がっているので
しばしば何をコメントされたか、助言されたか、
あとで覚えてない、ということがあります。

ですからここは自覚的に、聞き返すこと
わかるまで聞くことを心がけてください。
むろん授業、面談でも同様。

いくらか不遜な言い方になりますが、私は自分が
書いたもの、講義や演習・研究会で話すこと、
MLで書くこと、面談で話すこと、これら合わせれば、
院生各位に、その個別性にも応じて、
伝えるべきことはおおかた伝えているつもりです。
ただ、けっこううなずくのが上手、という人がいて
こっちもわかってもらってる気になるのですが
その後出てきたものを見ると???ということが
しばしば(より多く)あります。(このことは天田さんとも
時々話します。)

私は複数の人に、(「生命」領域の)K先生が
「わかるよね」とおっしゃったら
(わりと口癖っぽいところがある)
反射的に首を「横に」振りなさい、と言っているのですが
たとえば、そういうことです。
なぜか私はK先生の言いたいことは(かなり多くの場合)
わかるのですが、しかし、院生諸氏(に限らず)は
わかってねーだろうな、と思うことしばしばです。
(例示です。誤解なきよう。)

昨年度の院の入試のとき、面接されている人が
手をあげて、面接している教員に質問するというシーンがあった
のですが、(このシチュエーションでは手をあげる
必要はなかったのでしょうが、それはともかく)
これはよい心がけであろうと。

ではまた。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/30 09:41
  [ml-prosemip 2273] 言説の評価を巡り

世上言われてることがたいしたことねーな
と言いたい時があります。それは当たり
かもしれない。問題はそれをどう言うかです。

以下、大谷(い)博論に即して、なので
読んで(話を聞いて)ない人は??、かもしれませんが
いくらか一般論として言える(考えてもらいたい)ところ
もあるので、MLに配信します。

例えば、安楽死・尊厳死を肯定的に語る主張に
対抗する(ここでは70年代から80年代にかけての)
言説の評価。
いくつかの水準があると思います。

ひとつ、いまいち活発でなかったという事実をどう
説明するか。(そういう事実として認定するかという問題も
ありますが。)ここはある程度こまかな、内輪話っぽい
偶然的な事情もこみにして言う必要があるかもしれない。
たとえば法案が作成され、阻止する会も声明を出した1978年
やはり基本的には反対する立場にいたはずの勢力は
http://www.arsvi.com/0w/yktkkuic.htm
という人がこの年に亡くなったということもあり、かなりの
混乱の時期を迎えている(迎え始めている)。
かつ、さほどの切迫感はそのときになかったとすれば、
そちらに力を注がなかった(注げなかった)といった事情が
こういうこまかなことを言う意味がどれほどあるかは別に
あった「かも」しれません。
あるいは、もう少し中身的なところに入っていった場合、
(よい人であることはまちがいないのですが)ある人々にとって
必ずしも肯定的に評価できないことを言った人でもあった
水上勉といった人たちが入ってもいた阻止する会との
距離感のようなものがあり(それとまったく無関係ではないだろう、
人的なつながりのなさ、があり)、
(例えば(阻止する会を代表した)松田道雄と花田春兆との関係は
阻止する会と当時の障害者運動(のある部分)とのつながりを示す、
ものではないと見た方がかえってよいのだろうと思います)
同時に、その会がなにやらやっていてくれれば、
それで当座すむといった事情があった場合に、
そこに積極的に加担することはなかった
(こちらの方は論文にも書かれているわけですが)、とか。
いろいろ考えられます。そしてこのような内部事情は
ほとんど当然、と言ってよいと思いますが、公表されている
文字資料には出てこないですから、(言いたいなら)
別の手段を講じて取り出してくる必要かある、かもしれない。

次に、上述のような話とは別に、主張・言説の「中身」
の問題。ここでは詳述できませんが、中身が問題であると
するなら、そしてそのことを言いたい「なら」、
どのように、そこに限界があったのかを示す必要があります。
そして、その際、このことは別便で書いたことでもありますが
「揚げ足をとる」という方向で行くか、相手を「高くした上で批判する」
という方向で行くか。ときと場合によりますが、
言説の可能性を引き出し上で、強くしてあげた上で
なおそれを否定する、批判するというやり方の方がよい
場合があると思います。
(当時の優生保護法(改定)批判にしても、そのあらというか
穴を探して言うことはまったく簡単です。そしてたしかに
批判する側は、いつもほとんどまるで同じ文言で、
同じことを繰り返しているにすぎない。ただそれを、であるがゆえに
たいしたことないと考えるか、あるいは、そうであっても
そこから引き取るものがある、と考えるか、といったような
ことです。)

次に、上記の2つとも関わり、またいったんは分けられる問題として
「これじゃ受けないでしょ」という話。
その主張・言説が「届かない」ということは、たしかにしばしばある。
としたら、どのようにしてそうなってしまっているのか、
それもそれとして、「言いたいのであれば」、言う必要があるでしょう。
そしてこの場合、私もしばしば経験することですが
(そして私の場合は、たいがい私が悪いんですが)
「わからない」とか「つたわらない」という言葉は、言説を
拒絶し無視しようとする側が自らをあらかじめ免責する
言葉として用いられる、こともある。
もちろん、そのように言われてなお、わかってもらわなければならない
ということもあるのですが、しかし、ばかやろう
と言いたくなることもある、ということ。

こんなあたりのことを、とくに自らの立場と近いところがある
けれどもなにか「限界」を感じてしまい、
かつ、そのことを「言いたい場合」には、
わりあいきちんと、分けるところは分けて、言う必要があると
思います。

肯定的に語ること
について、2週間ほど前短いメイルを出しました。
http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm#2176
肯定的に語るならどう語るか、
批判的に書くならどう書くか、
「評価」を、自らの文章の中に書く「のであれば」
いくらか考えざるをえないということになります。

珍しく長文でした。では。立岩


 
 
>TOP

◆◆2006/06/30 10:19
  [ml-prosemip 2274] 『Core Ethics』(続々)

記載もれ、すみません、も含め

 『Core Ethics』第3号、私のところに、申し込みした(する)ということで
連絡あった人、
青木/上農/植村/北村/小林/小宅/坂下/定藤/杉原/
高田/竹中/田島/能勢/樋澤/藤原/的場/村上(潔)/山本/吉村
19、(複数投稿希望あるので本数は20〜)。
他に李さんから連絡いただきました。

>> 個別に返信してない人いますが、上に掲載されている人については了解。
>> 他で、指導教員を私ということにして出そうという人
>> いちおう御一報ください。
>> また伝えてもらっているのにこちらで把握していないという人も
>> いるかと思います。そういう人も、すみませんが、お知らせください。

これから学校。岡野さんの報告を聞く
http://www.arsvi.com/0u/r01gs2006.htm#0630
→打ち合わせ
その後、的場、大谷(い)。

立岩












UP:200605 http://www.arsvi.com/ml/2006p3.htm REV:随時
立命館大学大学院先端総合学術研究科  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)