HOME > eMAILS >

「障害学」のメイリングリストへのメイル・2005




◆◆2005/12/27 19:10
  [jsds:11852] 全文掲載・他
◆◆2005/12/05 20:11
  [jsds:11802] 限定公開部分更新
◆◆2005/11/15 11:51
  [jsds:11768] 12/3渡辺一史さん講演
◆◆2005/10/31 21:53
  [jsds:11733] 11/10鳥取・11/11京都
◆◆2005/10/27 08:59
  [jsds:11697] 29日・教育テレビ
◆◆2005/10/25 08:34
  [jsds:11685] 『さよならCP』上映運動関連資料・追加
◆◆2005/10/25日 07:40
  [jsds:11684] 村田拓司さん
◆◆2005/10/24 10:17
  [jsds:11676] 法案関連転送
◆◆2005/10/22 01:02
  [jsds:11656] 『さよならCP』上映運動関連資料・他
◆◆2005/10/19 11:37
  [jsds:11635] 法案関連
◆◆2005/10/13 23:53
  [jsds:11609] 修正・他
◆◆2005/10/13 14:17
  [jsds:11606] 遠山報告掲載
◆◆2005/10/12 23:10
  [jsds:11600] 訂正・他
◆◆2005/10/12 22:27
  [jsds:11599] 生活療法・作業療法
◆◆2005/10/11 21:35
  [jsds:11591] 「心のバリア」はどこにいるのか?
◆◆2005/10/05 11:23
  [jsds:11569] 代読発言を禁じられている市議会議員
◆◆2005/09/28 01:07
  [jsds:11553] 公式見解・と
◆◆2005/09/24 22:55
  [jsds:11523] 吉田おさみ/朝霧裕
◆◆2005/09/24 20:08
  [jsds:11522]「全人的復権」
◆◆2005/09/21 08:28
  [jsds:11492] Re: [member:144] 説明していただきたいことがあります
◆◆2005/09/20 20:21
  [jsds:11487] Re: 説明していただきたいことがあります
◆◆2005/09/19 23:30
  [jsds:11482] 山口衛氏逝去
◆◆2005/09/18 21:12
  [jsds:11472] では20日に
◆◆2005/09/12 20:51
  [jsds:11445] Re: 資料集「貧しい国々でのエイズ治療実現へのあゆみ」第2部
◆◆2005/09/03 16:39
  [jsds:11400] 西村秀夫氏逝去
◆◆2005/08/29 19:11
  [jsds:11385] Re: 衆議院選、障害を持つ立候補者
◆◆2005/08/25 20:35
  [jsds:11370] 遠山報告関連
◆◆2005/08/24 23:01
  [jsds:11368] 出張販売
◆◆2005/08/19 21:51
  [jsds:11360] Re: 『障害学研究』
◆◆2005/08/18 22:20
  [jsds:11348] 「支援法」関連
◆◆2005/08/05 10:00
  [jsds:11298] 8月9月
◆◆2005/07/29 14:09
  [jsds:11273] 府中療育センター闘争
◆◆2005/07/21 21:59
  [jsds:11242] 22日・上農報告&議論
◆◆2005/06/30 22:06
  [jsds:11175] 諸々
◆◆2005/06/06 23:46
  [jsds:11064] 安楽死法制化反対に賛成集会
◆◆2005/05/26 10:21
  [jsds:11013] 青い芝の会関連他
◆◆2005/04/29 10:52
  [jsds:10883] 追いつけてませんが
◆◆2005/04/21 13:10
  [jsds:10846] Re: あいだにないもの
◆◆2005/04/15 11:30
  [jsds:10820] お知らせ2つ
◆◆2005/03/13 19:14
  [jsds:10732] Re: 声明文立岩さんHP掲載お願いします
◆◆2005/03/06 09:21
  [jsds:10697] 本等
◆◆2005/02/21 23:19
  [jsds:10638] 安楽死・尊厳死 2005
◆◆2005/02/20 07:46
  [jsds:10613] Re: 障害者自立支援法
◆◆2005/02/17 23:50
  [jsds:10580] Re: いちおう
◆◆2005/02/17 22:21
  [jsds:10577] いちおう
◆◆2005/02/17 17:49
  [jsds:10575] Re: Fw: Re: 声明文を出せませんか
◆◆2005/02/17 10:31
  [jsds:10565] 私としては
◆◆2005/02/16 23:31
  [jsds:10558] Re: 声明文を出せませんか
◆◆2005/02/02 13:20
  [jsds:10398] ましこ本他
◆◆2005/01/19 19:20
  [jsds:10342] 更新
◆◆2005/01/17 16:52
  [jsds:10331] 安楽死・尊厳死:また追加
◆◆2005/01/15 19:01
  [jsds:10327] Re: 障害学関連の授業
◆◆2005/01/15 18:48
  [jsds:10326] Re: 阪神大震災とからんで、障害者支援を行っている方
◆◆2005/01/15 18:10
  [jsds:10325] 安楽死・尊厳死:追加
◆◆2005/01/14 21:44
  [jsds:10317] 安楽死・尊厳死
◆◆2004/01/12 01:14
  [jsds:10298] HP掲載:大津留・福島他
◆◆2005/01/01 09:03
  [jsds:10244] お礼+



 
 
>TOP

◆◆2005/01/01 09:03
  [jsds:10244] お礼+

立岩です。謹賀新年。

HP経由で本・CD・PC等買って(HP運営者が)もらえるポイント
を寄付という企画にご協力ありがとうございます。
ここ3月で10万円ほどになり、また送金することができます。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm

ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

田中邦夫さんからお問い合わせいただいてます。
(別メイルもいただきました→要約筆記者に本送ります→田中さん)

bk1の場合は、HPにあるマークのところから入っていただき
なんでも注文していただければ、一律3%を(私が)もらえそれを寄付します。

今のところamazonの方が率がよいです。
ひとつは、点数が増えると率が上がるからです。
10月から12月の3月で、417点発送があって、この場合は4.75%
(501点以上だと5%でした)
もう一つは、[amazon]のマークからその特定の品を買っていただくと
+2%になります。なお、同じ効果がある簡単な方法を青木さんから教えていただき
http://www.arsvi.com/#b
に記してあります。
というわけで、今回は多くについて6.75%を寄付することができました。
(なおマーケットプレイスで扱われる中古品は1.5%ぐらいです。)

(なお以上には私が注文した分は含まれてません。amazonの場合
運営者が買ったものにはポイントがつかないだそうで
私は私のいる大学院の院生がやっているHP経由で買ってます。
その額はのちほど加算します。
研究者の方→科研費などの研究費などでも、オンラインで注文、個人のカードで
支払いは可能です。事務方にかけあってみてください。)

何兆かあれば、エイズ(等)はなんとかなるんだそうで
(斉藤さん、こないだ聞いたんですが、メモが今手元にありません)
ほんとは、本来は、どってことないのです。



ついでに本のリストを年代順に整理してみました。
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
といっても今日始めた仕事なので、終わってませんし
れいによってリンクがきれているとかいろいろありますが、おいおい
やっていきます。しばらく毎日更新しますので、どうぞよろしく。
では。
立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2004/01/12 01:14
  [jsds:10298] HP掲載:大津留・福島他

立岩@来週金曜東京でお会いできる方も
いらっしゃるかと思います、です。

大津留直さん、福島智さん(の代理の小野彰子さん)から
メイルで原稿いただきました。ありがとうございました。
(福島さんのは社会保障審議会に提出した文章の改訂版)。
掲載させてもらいました。
http://www.arsvi.com/1c.htm
などからどうぞ。

あと、障害学研究会関西部会の案内も
http://www.arsvi.com/#s
から
http://www.arsvi.com/0ds/dsw.htm
に掲載させてもらいました。倉本さんどうも。

あと、ついでに
http://www.arsvi.com/ml/19970722.htm
メイルくださった方はこのMLのメンバーで、
最初に出てくる「**さん」はたしか中西正司氏
http://www.arsvi.com/0w/nknssuj.htm
です。
立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/14 21:44
  [jsds:10317] 安楽死・尊厳死

立岩です。いろいろ起こってしまっていることもあり
http://www.arsvi.com/0p/et.htm
とそこからリンクされているファイルすこし整理しました。
新しめのことは
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm
私は追いつけていませんので、みなさんよろしく。

なにか書いたものがあれば、また書いていただければ
掲載あるいはリンクさせていただきます。
どうぞよろしく。
この春には関連の(法制定賛成、の立場からではない)
集会なども開催されるやに聞いています。
決まったらお知らせします。では。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/15 18:10
  [jsds:10325] 安楽死・尊厳死:追加

立岩です。
http://www.arsvi.com/0p/et.htm
追加しました(「更新」しないと新しい頁が出てこない
ことがあります。)トップページ
http://www.arsvi.com/
からもすぐ行けるようにしました。



来週の本の発送は火曜になります。
郵送の注文はそれまでにどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/15 18:48
  [jsds:10326] Re: 阪神大震災とからんで、障害者支援を行っている方

>  阪神大震災とからんで、障害者支援

当然ご存知だと思うので無駄な情報と思いますが
http://www.arsvi.com/0d/hisaichi.htm
にも催しの案内がありますが(しかありまんせが)
http://www.warp.or.jp/~takuto/

またかつて
http://www.arsvi.com/0n/skh0.htm

この年からしばらく送っていただいた機関紙
が手元にあります。

また夢かぜ基金
http://homepage3.nifty.com/yumekaze/

神戸大学に関連情報が集積されているということを
聞いたようにも思いますが。

この方面にはとても詳しい方がたくさんいらっしゃるはずですが
とりあえず。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/15 07:01
  [jsds:10327] Re: 障害学関連の授業

立岩です。私がいる先端総合学術研究科というところ
http://www.arsvi.com/0u/0.htm
のとなり?に応用人間学研究科というところがあって
(私んとこと違って修士課程だけで、臨床心理士になる
方などいらっしゃいます)そこで
来年度、半年1こま、「障害学」みたいな科目
もちます。まだ曜日・時間とか決まっていません。
決まったらお知らせします。隔週で1回2コマ続きという
かたちをとるかもしれません。(今のところ
金曜を希望してます。)

先端総合学術研究科の院生のみなさん
(このMLに6〜人は入ってると思う)
もこのこと知らないと思いますけど、そういうことです。
たぶん単位認定される、のではないかな。

他の大学、大学院の情報、
http://www.arsvi.com/0ds/dsl.htm
しばらく放置してありますので、情報いただければ
(今までこのMLにいただいた情報の掲載を許可
していただければ)掲載いたします。

あと、私のいる大学院は、修士課程で勉強したけど
勉強したりんかった、という奇特な方にも
御利用いただけます。修士号とってる(取得予定の)場合
(に制度上は限りませんが)
3年次(修士・博士が分かれている院の博士1年に相当)編入も可能。
あと1年次に入って短縮して3年間で博士論文提出という
早期修了というコースもあります。
大学院行ったからといって就職できたりはしないので
おすすめはしませんが、奇特な方はどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/17 16:52
  [jsds:10331] 安楽死・尊厳死:また追加

立岩です。
http://www.arsvi.com/0p/et.htm
追加しました(「更新」しないと新しい頁が出てこない
ことがあります。)トップページ
http://www.arsvi.com/
からもすぐ行けるようになっています。

年表や文献表って、それだけだとそれだけですが
引用など入れて、ようやく、実用に足るものに
近づいてきたかなと思います。全文を読める文書も
増やしました。送っていただい野崎さんの文書も
掲載しました。野崎さんどうも。
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm



買う→寄付、の企画へのご協力感謝。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm
の目立つところに、毎日?、経過を載せることにしました。
アマゾン、今月、昨日までの集計で10333円です。感謝。

では。以下署名。
立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/01/19 19:20
  [jsds:10342] 更新

立岩です。
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm
ほか更新。
文章を寄せてくださった西村さんは
日本ALS協会近畿ブロックで
ALSの人の交信のためのコンピュータにつなぐ
スイッチの作成や調整等々の活動をずっとなさってきた
方です。

あと、一つ加わったの私の本の書評
ここからも読んでいただけるようになってます。



関連講義
http://www.arsvi.com/0ds/dsl.htm
許可いただいた堀さん(熊本学園大学)の分
追加。きれいじゃありませんが、とりあえず
ということで勘弁。



http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm
1月、アマゾン、これまで12359円。感謝。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/02 13:20
  [jsds:10398] ましこ本他

立岩です。

http://www.arsvi.com/0b/0.htm
にこないだ紹介のあったましこさんの本など。

私はまったく不案内ですが、「多文化主義」「多言語主義」
http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
も「障害学」するうえで押さえておくとよいのだろうと
思います。
(リンクミスなおします。)

岡部耕典さんからいただいたファイルにより
http://www.arsvi.com/0w/okbkusk.htm

岡部さんありがとうございました。
(私信:私の三鷹の住所は上連雀4−2−19でした)



「安楽死・尊厳死 2005」(というタイトルもなんだか)
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm
増補。
どうしてこういろいろ起こるんでしょう。



拙著
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
の紹介・書評増えています。感謝。



AJFに先月末10万円送ることできました(累計30万円)。感謝。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm

1月のアマゾンの発送が164点。1から3月の3か月で500点を超えると
5%(個別リンクからの場合+2%)寄付できるようになります。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm#amazon
よろしくお願いいたします。
あと、前も書きましたが、コンピュータとかソフトとかでもOKです。
科研費などもアマゾン→個人カード決済で使用可能なはずです
(私がいるところでは可能です)。

以下署名。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/16 23:31
  [jsds:10558] Re: 声明文を出せませんか

立岩です。ごぶさたです。ここのところ
メイルろくに読めてません。すみません。
市野川さんの提案があったんで
ちょっと考えてみました。

今度の法案は
提出に至る過程にも、中身にも、たいへん問題が多い。
法案をいったん撤回し、
制度の利用者の意見をきちんと聞いて、
最初から作りなおすべきだ

というぐらいの短文を最初にもってきて
あとは、個人がてんでにどこが問題なのか
どうしたらよいと思うか
書く。名前だけでもよいが、なにか
書いてくれた方がよい。
文章も(名前も)取り下げ、変更、加筆、いずれも可。
HPへのリンクというかたちでも可。
また長い文章をいただいた場合は独立したファイルにし
私のHPに置いて、そこにリンクさせるということもできます。
名前は本名でも本名でなくとも可。
所属などは書きたくない人はなしで可。
それを並べてHPに掲載していく。
そのうち、内容によって分類、整理するとか、
並べ方を工夫するとか、そういうこともするかもしれません。

というぐらいのことならすぐできます。

世の中の気にくわないことなどのすべてに声明出したり
加わったりしているとそれで人生終わってしまい
そうなので、いっそみんなさぼろうかと思ってしまいそうな
こともあるのですが、まあそれもまたよくはないのであろうと
みなさんも思ってるんではないか、と。

これまで私が呼びかけ人に加わらせてもらったのは
「「エイズ・結核・マラリアと闘う世界基金」に円を!」
というキャンペーンのとき、
http://www.ajf.gr.jp/kansensyo/appeal/en_for_gf.html
だけかもしれません。その時も呼びかけ人各人が
短文を寄せるということをしました。言い方がそれぞれで
私はこれはよかったんではないかと思います。私は私っぽい
こと言ってるし、市野川さんは市野川さんっぽく書いてる。

今回のは、日々、中身が増えていったりするかも
しれないわけで、とすると、繰り返しHPにアクセスしてくれる
人なんかも出て、一発なんか出すだけよりよいのでは、とも。

てなことを考えました。

「安楽死・尊厳死2005」という(いかがなものかという名称の)ファイル
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm
にもそういう(みなさんの意見を載せて、読んでもらうという)
ねらいがあります。ご参考まで。

5人くらい集まったら、掲載を始めます。

メイルはわたし宛でもよいですが、
このML宛でもかまわないと思います。
意見が一つ着くたびにみなさんもすぐ
読めるわけですから。

それではまた。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/17 10:31
  [jsds:10565] 私としては

立岩です。1割負担だけに限る必要は
「戦術的にも」ないだろうと私は思いますので、
法案の全体、あるいは気になる部分ということで
かまいません。

また、「組織」を主体にする必要も、「この場合には」
ないだろうと思います。

お一人から、これから文章書きますという私信
いただきました。

また週末から週明け、学校の仕事がつまっているので
土曜までにいったん開始します。

トップページ、ページトップは

障害者自立支援法、最初から考え直すべし!

とかなんとか。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/17 17:49
  [jsds:10575] Re: Fw: Re: 声明文を出せませんか

立岩です。

> ふたつだすことは可能でしょうか?
> もうひとつ、思いつきました。

いくつでもどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/17 22:21
  [jsds:10577] いちおう

立岩です。いちおう掲載始めました。
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm
とっぷからもいけるようになってます。
http://www.arsvi.com/
まちがって(誤解して)、名前とか掲載してしまった方など
いらっしゃるかもしれません。
言ってくだされば、ほいほい変更なり取り下げなり
いたします。
そしてよろしかったら、みなさんどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/17 23:50
  [jsds:10580] Re: いちおう

> ところでこのサイトは公開ですが、他にも宣伝したり、長野の
> サイトで宣伝したりしてもいいでしょうか?

もちろんです。歓迎です。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/20 07:46
  [jsds:10613] Re: 障害者自立支援法

立岩です。メイルいただいた一人ひとりに返信
さしあげていませんが、パソコンを使える環境にいる場合は
わりあい即座に更新できています。今日はこれから
休日出勤ですが。

供給量の設定(基準・機構)(の要・不要)について
供給量抑制のための「自己負担」について
磐石の論を立ててこられたとは思ってはいないのです。
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm

むろん、こうした機構はすぐに考えつくものでもあり、
それなりにもっともなものでもあります。
ただ、あまりに判定や自己負担の導入が当然のことと
されており、疑われることがなく、それは
くやしいので、まずは、考えられること言えることは
言おうということです。
こうした主題についての検討・考察がたくさん
なされるようになるとよいと思っています。

別のところにも書きましたが、また
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1999019.htm
のような短文にもちらっと出てきますが、
このような御時勢になる予感はありました。そういう
意味では今起こっていることはそう意外なことではありません。

まず、判定→決定と自己負担
いずれについても、各々欠点があることをきちんと指摘する必要があります。

そして、実際にどのような場面にどのぐらい「過剰」供給が生ずるか、
生じうるかを検討しておくことができます。

そして場面場面に応じた供給量決定のやり方を考えていくという手
もあります。自己申告だけでよい場合もあり、そうでない場合もある
かもしれません。
そして運動サイドも、まったく何もいらない、自己申告あるいは出来高払い一本で
よいと言ってきたわけではなく、
それがなかなか受け入れられないだろうという読みのもと
代替案を示そうとしてきた経緯があります。例えば、1990年代終わり
「ケアガイドライン」についての議論があったあたりに
http://www.arsvi.com/0b/980100.htm
そこに入っている文章として、中西+立岩の
http://www.arsvi.com/0w/ts01/1998a04.htm

そしてまた、たくさん?そこに人(予算の上ではお金)が使われるという
ことの(私の理解では、恒常的に人があまっているこの社会*における)
意味を考える必要があります。
*これもまた常識に反した理解であることはわかっています。

以上とりあえず。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/02/21 23:19
  [jsds:10638] 安楽死・尊厳死 2005

ファイル更新しました。
http://www.arsvi.com/0p/et-2005.htm

本日郵送で到着の広島青い芝の会の声明
(入力は私ですが、たぶんミスはないです。)

あと、このファイルからリンクすべきか迷いますが

穏土 ちとせ 2005/03 「人工呼吸器をつけて生きること」
 『バクバク』44
http://www.arsvi.com/2000/0503oc.htm

など。
立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/03/06 09:21
  [jsds:10697] 本等

立岩です。

 *ML宛のつもりのメイル、安原さん宛にしてしまいました。
  安原さんすみません。出しなおします。


http://www.arsvi.com/0b/0.htm
増えてます。ご覧ください。

2月のお金は17382円。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm
感謝。引き続きよろしくお願いいたします。

1月・2月のアマゾンの発送が294冊
3月までの累計が500冊になると
[amazon]のとこからその本買った場合など7%寄付できるので
期待してます。



http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm
ぼつぼつ増えてます。
文書お寄せいたただいたみなさん
ありがとうございます。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/03/13 19:14
  [jsds:10732] Re: 声明文立岩さんHP掲載お願いします

立岩です。田中さん御依頼の手前まで
今日載せました。その次は明日か明後日
ということで、しばしおまちください。
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm



http://www.arsvi.com/0b/0.htm
引き続きよろしく。
(今月内にあと150冊発送されると3月で500冊になって
4.75〜6.75%が5〜7%になるんですが、ちょっと
無理かな。)

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/04/15 11:30
  [jsds:10820] お知らせ2つ

ご無沙汰です。立岩です。

「自立支援法」関連
すこしもついていけていませんが、
ファイル4つに分けていくつか追加。
http://www.arsvi.com/0ds/200501.htm
(未整理)からでも
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm
からでもどうぞ。



明日、集会「尊厳死っ、てなに?」
http://www.arsvi.com/0p/et-2005a.htm
にあわせて、冊子
http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
を作りました。会場でも販売しますが、郵便でも
(発送は来週になりますが)お送りします。
お買い得です、と思います。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/04/21 13:10
  [jsds:10846] Re: あいだにないもの

またご無沙汰です。立岩です。

> 資料集

A4、124頁(400字詰700枚超)1000円で
当日配布された冊子、A4、30頁も合わせて
製本した版を作りました。(値段変わらず。*)
http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm

*先週ご注文いただいた方にも、この版を
をお送りしています(19日第一次発送)。

関東部会へは川口さん持参しますが
研究会の方に行けない方など、
私の方にご注文ください。

*こうした出版?活動は、大学院生
http://www.arsvi.com/0u/0.htm
への奨学金(原則無利子貸与)作りの一環でもあります。



ついでに「鹿児島青い芝の会」HP立ち上げのお知らせ
いただきました。
http://www.arsvi.com/0d/ask.htm
http://kagosimaaoisiba.fc2web.com/



ついでに、オンライン本屋を介した寄付
ありがとうございます。
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
もうすぐ、総額30万円をこえ、
次の10万円(累計40万円)を送ることができます。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm
今後ともご協力よろしくお願いいたします。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/04/29 10:52
  [jsds:10883] 追いつけてませんが

立岩です。

情報追加追いつけてませんが
http://www.arsvi.com/0ds/200502.htm
など更新。

朝霧 裕 2005/04
「今日、この日、たった今から、これを読むすべてのあなたへ」
等。



http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
好評?発売中。
5月13日の障害学研究会九州部会と
(余れば)5月15日の保健医療社会学会大会
(ラウンドテーブル)でも販売しますが
郵送ご希望の方は注文どうぞ。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
(書評・紹介増えてます。最新の『思想』掲載の書評は未収録)
といっしょ等もOK。

私の職場関連情報は
http://www.arsvi.com/0u/0-2005p.htm

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/05/26 10:21
  [jsds:11013] 青い芝の会関連他

ご無沙汰です。立岩です。

昔のことをどうのこうの言ってる場合ではない状況でも
あるのではあるでしょうが、
私のいる大学院の院生でもある定藤邦子さんの作業により
(とくに関西の)青い芝の会関係の情報増えてます。
http://www.arsvi.com/0d/a01.htm
とそこからリンクされているファイルです。
まだ未整理ですが、だんだんやっていきます。

ついでに、今どきのことについては、呑気な文章ですが
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005032.htm



http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
好評発売中。ご注文は立岩まで。
http://www.arsvi.com/0m/gs200414.htm
http://www.arsvi.com/0m/gs200314.htm
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2000b1.htm
あらたにたくさん入荷しましたので、いっしょにお送りできます。



AJFへの寄付、おかげさまをもちまして、
累計40万円になりました。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm
今後とも、どうぞ、どうか、よろしくお願いいたします。

では。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/06/06 23:46
  [jsds:11064] 安楽死法制化反対に賛成集会

立岩です。
6月25日に集会あります。ただしくは
「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会」発足集会
http://www.arsvi.com/0p/et-2005s.htm
です。私は呼びかけ人、ということになったんですね、これが。
賛同者募集中。私宛でもよいです。事務局に
知らせます。

それから
http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
引き続きよろしく。では失礼いたします。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/06/30 22:06
  [jsds:11175] 諸々

既にみなさんご存知の情報ですが
http://www.arsvi.com/0ds/200501.htm
更新。

http://www.arsvi.com/0w/ts02/2004b2.htm
書評ふえました。とりあげてくださった方々に感謝。

http://www.arsvi.com/b2000/0506aj.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm
よろしく。これからいろいろ院生と作る冊子
出していきます。

あと、
http://www.arsvi.com/#s
私のいるとこのちかくでもいろいろあります。
ごくちかまでやっていることは
http://www.arsvi.com/0u/0-2005p.htm
土曜の大学院の説明会に行きます。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/e/2005.htm
(日曜・大阪の方は私は行きません。)

書きものもすこし増えています。
http://www.arsvi.com/0w/ts01/0.htm

以下署名と広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/07/21 21:59
  [jsds:11242] 22日・上農報告&議論

イベントばかりやっててお騒がせの立命館
の大学院
http://www.arsvi.com/0u/0.htm
で働いている立岩です。
(ただ私自身はほとんど行き(行け)ません。)

あす7月22日
14時40分〜約3時間
立命館大学衣笠キャパス・創思館3階P303
で上農正剛さん
http://www.arsvi.com/0w/uenusigu.htm
に話してもらって、議論します。
多文化主義・多言語主義
http://www.arsvi.com/0e/m01.htm
にかかわる話になると思います。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/07/29 14:09
  [jsds:11273] 府中療育センター闘争

立岩です。

しばらく前、一橋の院生の安藤さんという方から
ファイルを送ってもらい
(そして昨日、池袋ジュンク堂で対談というのをしたんですが
そこに来てくれて初めて会いました)
http://www.arsvi.com/1900/7000.htm
というのを載せました。
これから中身が
(安藤さん──このMLに入ってるかどうは不明──によって)
増えていくんじゃないでしょうか。

歴史、運動史にかかわる冊子をいろいろと
作っていこうと思っています。

体裁としては、これまで作った2冊のようなかんじ。
http://www.arsvi.com/b2000/0506aj.htm
http://www.arsvi.com/b2000/0504ts.htm

そのうち(一部が、再編され)
市販される本になることもある、かもしれません。

まずは私のいる大学院の院生を中心に
企画を進めていこうと考えていますが、必要と希望に
応じて拡大していうとも思います。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/05 10:00
  [jsds:11298] 8月9月

立岩です。
8月9月の「障害学」関連イベント
http://www.arsvi.com/0ds/ds2005.htm
リンクまちがっていたりしたの
なおしました。
つもりだったのですが
なおってませんでした。すいません。なおします。
関西部会は
http://www.arsvi.com/0ds/dsw2005.htm

以下署名と広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/18 22:20
  [jsds:11348] 「支援法」関連

立岩です。「支援法」関連ファイル
いくにちか前にすこし整理・増補
http://www.arsvi.com/0ds/200501.htm

ここからリンクされるファイルを中心に
9月に冊子を作成する予定。抜けている情報たくさん
あり。補ってもらえれば感謝。&
言いたいこととかあったら、歓迎。



遠山さん。これ見てたら、(博)論
送っていただけたら感謝。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/19 21:51
  [jsds:11360] Re: 『障害学研究』

立岩です。

> 障害学研究 1

http://www.arsvi.com/0ds/jds001.htm

お買い上げよろしく。(学会員には送られてくるそうなので
お間違えなきよう。)

あいかわらず、無味乾燥なページですみません。
そのうち、トップページからとかリンクさせます。



http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
から本を注文されている方、いちぶ
手元にないものあり、発送遅れています。すみません。

以下署名・広告

立岩真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/24 23:01
  [jsds:11368] 出張販売

立岩です。週末の障害学研究会関東部会
http://www.arsvi.com/0ds/dse2005.htm#0827
おじゃまします。その際、参加予定の人で
当方で販売しているもの
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
購入したいという方がいたら
立岩までメイルいただければ持参します。
送料・振込手数料分お得です。当日都合で不参加のため
キャンセル、など可です。気にしないでください。
また、当方の手元になくなっているもの、在庫僅少のもの
かなりありますので、ご希望に応えられない場合があること
ご了承ください。

斉藤さん、秋風さん、『社会政策研究』4
おそくなりましたが今日(24日)の朝、発送しました。
なんとかまにあうのではないかと思います。
(岡部さんのリクエスト分も発送。ただ2つは手元在庫なし。
すみません。)
この『社会政策研究』4
http://www.arsvi.com/0m/jsps2004.htm
現在手元には1冊だけ。当日、先着1名様です。

また、
http://www.arsvi.com/b2000/0508kt.htm
という本が出ました。
(アマゾンではまだ買えないみたいです。)
手元に2冊。税込2100円のところ2000円。
これも当日手渡し可能な方、先着2名。

商売、ではなく、研究会の中身、の方については
別便でなにか、と思ってます。
(遠山さん、到着しました。どうも。
土屋さんもメイルどうも。了解。)

では。以下、署名とさらなる広告。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/25 20:35
  [jsds:11370] 遠山報告関連

立岩です。
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005081.htm
載せました。

すっかり作ったのを忘れていたファイルをリンクさせたり
新しいものをいくつか作ったり。
ただ、当日、何を話そうかという中身はありません。
当日考えます。



前便でお知らせした本、まだあります。

以上。以下署名と広告


立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/08/29 19:11
  [jsds:11385] Re: 衆議院選、障害を持つ立候補者

立岩です。
http://www.arsvi.com/0ds/02.htm
というファイルがあるにはあります。
ながいことほっといてあります。

そこにデータはみな使ってくださるなら
使っていただいて、どなたかのHPで
継続、発展していったならありがたいなと
思います。

「労働」のことについてはまた別便にて。では。

以上。以下署名。広告。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/03 16:39
  [jsds:11400] 西村秀夫氏逝去

立岩です。以下、最首塾実行委員会の方より今はいった情報。

──以下引用──

西村秀夫先生が8月24日亡くなられました。86才。7月19に日に脳梗塞で倒れた。
「送る会」が以下のように開かれます。ご案内します。
9月24日(土)午後2時〜4時
渋谷エクセルホテル東急
6階 プラネッツルーム
井の頭線渋谷駅ののマイシティの6階です。
呼びかけは西村誠、みどり、いずみの3人のお子さんです。

──引用以上──

私の書きものでは、『こんな夜更けにバナナかよ』の紹介に
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2003006.htm
にほんのちょっと出てきて、
『夜バナ』本体にはもっと出てきます。

そういえば、と『生の技法』の書評をしてくださった
http://www.arsvi.com/0b/950515r.htm
ことも思い出しました。

以上。


 
 
>TOP

◆◆2005/09/12 20:51
  [jsds:11445] Re: 資料集「貧しい国々でのエイズ治療実現へのあゆみ」第2部

立岩です。斉藤さんどうも。
当方のHPでは
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
に案内あり。
リンクミスなどあり。なおします。
あと3点セット1500円購入の場合、寄付額は
約1050円でなくて、たぶん約1100円です。

ここに出ている冊子(ともう1冊刊行予定)、障害学会で販売します。
よろしく。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/18 21:12
  [jsds:11472] では20日に

障害学会の大会から帰ってきました立岩です。

>Subject: [jsds:11471] 説明していただきたいことがあります

受信しました。20日までに
何か書こうと思います。

あと参考文献??として
最近書いた(書きかけている)ものでは
http://www.arsvi.com/0w/ts02/2005046.htm



冊子、販売してきました。まだ残りあります。
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
使えると思います。よろしく。
発送は水曜以降になると思います。

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/19 23:30
  [jsds:11482] 山口衛氏逝去

立岩です。山口衛氏
http://www.arsvi.com/0w1/ymgcmmr.htm
が19日朝、逝去されました。
通夜20日、告別式21日とのことです。

以上


 
 
>TOP

◆◆2005/09/20 20:21
  [jsds:11487] Re: 説明していただきたいことがあります


立岩です。

『障害学研究』1に再録された私の発言について。

まず細かいところから。
「ある種の」はそのとおりにしゃべったということですが
(録音の記録をなおしていない)
とって読んでもらってかまいません。
ただストレートに「危険」「危害」と言いたくない
という感覚はその時にあったと思います。
「…とされる」「…ととらえられる」といったような
感じでしょうか。

さて、ここで私が言っていることは、
そのままのことであって、
実際、私がすこし知るところでは1980年代初頭の
保安処分を巡ってのことにせよ、このたびの医療観察保護法
にせよ、「危険」「危害」をめぐる「問題」に
「からめ取られてきた」「付き合わざるを得なかった」
のはまったく事実であるとしか言いようがない。

ただし「付き合わざるを得なかった」はそのままであるとして
「からめ取られてきた」は言葉を足す必要が本来ならあるでしょう。
例えば「危険でない(多数派の)精神障害者」と
「危険な(少数の)精神障害者」を分け、前者の「社会的地位向上」
のためには後者に対する「特別な対応」もやむなしとする
(あるいは積極的に肯定する)動きを
「からめ取られてきた」と表現することは可能でしょう。

そして、この「問題」について調べたり考えたりすることが
必要であると私は思っていて、そのことを対談で述べている。
ただそれは、例えば「サービスの充実」であるとか
「自己負担反対」とかいったいちおうの総意を得られるような
主題と異なり、主張が分岐し、いわゆる「当事者」の内部においても
意見が一致しない問題であり、そんなこともあって
「研究者」の方も引いてしまって、なかなか手がつけられていない。
それはよくないと思うから、
どうにかして調べたり考えたりする必要があるだろう。
そのように言っています。

返答は以上です。


あと、精神障害者全体という括り方、他いくつかの括り方をしたときに
その「犯罪率」が、他と変わらない、あるいは低いということは
言えるでしょうし、実際、言われていますし、そのことを
私自身言うことも書くこともあります。この場では、わさわざそのことを
言っていませんが。

ただ、これは、括り方を変えたらどうかとか、犯罪の種別を特定したらどうか
といった議論にまきこまれることにもなります。
まきこまれるなら、つきあわざるをえないとしましょう。
そこで仮に、ある部分について統計的に割合が高いといったことが言えたとして、
では、だから特別の処置、とりわけあるグループの人々を特別に扱う措置が
正当化されるかというとそうではないだろうと考えます。
例えば、「外国人」の犯罪率が高いということが仮に言えたとして、
ではその人々を排斥するのが正当化されるかというとそうではない。
もちろん、仮に高いと言えたとして、その理由は、その人々のこの国における
生活の困難によるからであって、そのことについて問題・責任があるのは
むしろ社会の側であるというのが一つの言い方です。
しかし、仮に、そのような社会的条件が関わっていなくても、
あるグループの人たちの確率の高さが、そのグループに対する隔離他を
正当化するわけではない。
このように考えることができるだろうと思います。

したがって、原理的な水準では、多いとか少ないとか、割合が高いとか
低いとか、そういう議論につきあう必要はないのだという主張も可能
ではあると考えます。

また、他方、
ある人たちが、ものを壊しがちであるとか、細かい規則を破りがち
であるとか、そういうことがあるとして、それについて何を言うか。
一つ、
そういうことが、現象としてあるなら、そんなことは実はないと言えない。
また言う必要もない。
一つ、
それにはこれこれの社会的条件が絡んでいて、それでそうなっているのだ
もっと周囲の対応がよければ、と言うこと。これはかなりの程度
そのとおりでしょう。しかし、これは、ときに──必然的にではない──
これからはちゃんと監督しますから、これからは大丈夫です、といった
対応に結びつくこともある。
とするともう一つ、
すくなくともいくらかは──という言い方が曖昧であるのは認めましょう──
ものを壊したり、規則を破ったりすることは認めてもらにゃ
しょうがない、そういうことでよろしく、という言い方もあるでしょう。
私は、最後の言い方が──それで万事解決といったことにはならない
わけですが──一定の意義をもつだろうと考えます。

以上は、なかなかやっかいな話であり、本来ならもっときちんと
言うべきことではあります。そのうち言えれば言いたいと思いますが
他のことごとで手一杯という感じでもあります。
みなさんに調べたり考えたりしていただけたらと私は願っています。

以上、返答、に加えて少し考えていることを述べました。

私としては、さしあたり、これ以上・以外のことを加える・述べる
必要はないと考えます。

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/21 08:28
  [jsds:11492] Re: [member:144] 説明していただきたいことがあります

立岩です。

人のカテゴリーを分けた上で、
あるカテゴリーの人たち(「健常者」でもなんでも)が
別のカテゴリーの人たちに比して
ある特性を統計的に多く有していることはありうる。

そのことをわざわざ調べてきて言う必要があるかどうかは
その「事実」がどのように「使われるか」にも依存する。

(どうせろくなことには使われないということがはっきり
しているのであれば、またそこまで強く言わなくとも、
もたらされる益よりも害の方が──もちろん、誰にとって、
ということがあります──大きいことが予想されるなら、
知ること──わざわざ分けてその差の有無を知ること──
自体を止めるべきだという主張も正当性をもちうるでしょう。
その意味で、過去幾度かあった「実態調査阻止」の運動が何を思い、
何を言ってきたのかを検証する必要があるだろうと考えます。)

またその「事実」の「わけ」をどのように解釈するかも
問題になる。

このことを前便で言いました。これで終わりです。以上。

以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/24 20:08
  [jsds:11522] 「全人的復権」

立岩です。ゆえあってこのところ3通に1通ぐらいしか
メイル読んでいません。あしからず。
今日の1〜2通に。
田島さんに対して立場上は「サービス提供者」であるということもあり。
このMLの場を借りて。以下長文。

「全人的復権」について

業界の人はみな知っているはずですが、上田敏さんが言ったという
ことになっているようです。例えば
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2558dir/n2558_05.htm

A)
 さて、これについて 障害者が全人的復権を要するとは、障害者である
ということすなわち全人的に剥奪されているということを言うのか、それは
おかしいではないか、という疑問は当然に浮かびます。

B)
 ただそれに対して、よいわるいではなくて「事実」であると言いうる。
つまり本来は「剥奪」ではない(「剥奪」であってはならない)のだが、
現実にこの社会のもとでそうなってしまっている以上、「復権」されねば
ならないという話だと考えればよいということになる。
 「全面的」に剥奪されているかどうかも、場合による、残念ながら、
この社会においてはそういうことが(しばしば)ある、という言い方は
可能。また部分的に剥奪されているとしても、その部分が修復されて
結果として、「全面的」に復権(あるいは権利獲得)がなされるべき
であるということだと言うことも可能。

C)
 それでもなお、この定義では、障害を有することが、すなわち、全人的
な権利剥奪であると「受け取られてしまう」と言うことはできるでしょうが
それは誤解であると(例えば上田さんは)返すのではと思います。
(ちなみにさっき検索したら
http://www.geocities.jp/rehabilitation_ot/rehabilitation/teigi.html
なんかでは、このような解釈(誤解?)のされ方を気にした記述が
なされていました。)

 だからここは言うとしたらもうすこし別の言い方をしなければならない。
というか加えなければならない。

D1)
 一つは、実際の記述の中に、書き手自身による「短絡」を発見して
指摘すること。つまり、たんにそういうこともある、というのでなく
障害をもつこと、すなわち、(全面的な)剥奪なのだと書いてある
(文脈上そう読むしかない)記述をみつけて、それはおかしいと指摘する
ことだと思います。また言われていることだけでなくなされていること
の中にそれを発見すること。

D2)
 一つは、その剥奪が、どのような意味において、どんなわけで生じる
とされているかということです。
 ただ、この辺りもみなさん賢いので、けっこう「社会モデル」みたいな
ことを言っているのではないかと思います。(言っているとしましょう。すると
問題は次のIIの方に移ります。)

 II)

 もう一つ、別の道があるでしょう。つまり「復権」って誰が何するの?
ということです。

A)
 誰もが?すぐ感じるだろうことは、いわゆるリハビリテーションは
実際にはそんなたいしたことしていない(あるいはするべきでもない)
ということです。この業界・学界のテキスト等々を読んで、不思議な感じ
がするのは、最初の方で、たかだかと「全人的復権」の理念を謳い上げた
後、いっきに(かゆっくりにか)いわゆる「技術論」に移っていくこと
です。最初にあげたHP上の文章にもそういう感じをもたれる方がいると
思います。
 かりにa)「全人的復権」が必要なのだとして(すくなくとも様々な局面に
おける復権か権利の獲得かが必要なのだとして)、そのためにb)いわゆる
リハビリテーションの専門家の人(その他の人)が行うことのできることは
その(ごく)一部分であるという、まったく自明のことをまず確認すること。
これはその人々(の仕事)をけなしているとかではまったくなくて、ただ
当たり前のことを言っているだけです。

B)
 そしてやはりここでも、このことを正面から言うと、応える人(例えば
上田さん)は、やはり、「それはそうです。それは全社会的な課題であり
義務であるのです。」などどおっしゃると思います。ここでも、もうすこし
先に進める必要があります。

C)
 ……ここは先とほぼ同じなので略

D)
 まず、a)とb)に同じ言葉が使われ、同じ本の中に両方が出てくること
の意味、あるいは効果が問題になります。ここで何か起こるでしょうか。
 一つに、自らの仕事に過大な意味を付与することがあるかもしれません。
していることは(必要なことではあっても)そうたいしたことではないのに、
これやらないと「全人的復権」できませんよ、みたいな。
 そしてこれはもちろんおかしい。やっていることは、すべきことのごく
一部でしかないのですから(もちろん一部であっても必要で大切なことで
あることはあります)。そしてこれ(=一部であること)は、さきのD2)で、
問題が社会の側にあると認めるなら当然そうなるはずなので、そういう
ことを言うのであれば、認めてもらう必要がある。
 すると、相手は、認めると、公式見解としては、当然言うでしょう。
ですから、ここでも、気持ちわるい感じが残る側はさらにひとくふう
しなければならない。実際に、二つの混同がなされていたり、一つから
一つの方に滑っていっている(としか考えられない)言葉や、あるいは
実践を見つけてきて、実際にこういうふうに使われてしまってます、
と指摘すること。

 言説分析、また(マイクロな、あるいはマクロな)実践の記述の意義は
こういうところに(も)あると思います。
 論理は論理としてもっていけるところまでもっていく、すると(近頃は)
相手はそれはそれとして認める(認めざるをえない)。では認めますね
と言った上で、でもあなた実際に言ってること・やってることはこれこれ、
と、言う。というぐあいに、論を立てることと実際を記述することとを
組み合わせるという、まあ当たり前なやり口があるわけです。

ついでに、障害学会の大会で岡部さんが紹介してくださった
『ニード中心の社会政策』
http://www.arsvi.com/0b/940331.htm
では、(べつにここでだけ言われていることではありませんが)
リハビリテーション(など)の仕事に就く人の仕事(の期間)を
(いつまでも「全人的」に関わってほしくないのに、迷惑なので)
限定すべきことを、提言していた、のではなかったかと
(いま手元にないので、ほんとにそうだったか、?ですが)
思います。

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/24 20:08
  [jsds:11522] 「全人的復権」

立岩です。

こないだの障害学会大会シンポジウムでもすこし言及しましたが
吉田おさみ
http://www.arsvi.com/0w/ysdosm.htm
私の勤務先の院生でもある樋澤さん
(山本さん、お世話になってます)
が調べた結果を追加して増補。

もうひとつ、やはり同じ大会で私の(私から)左隣の隣で
本を売っていた朝霧裕さん
http://www.arsvi.com/0w1/asgryu.htm
からファイルいただき、掲載。
朝霧さん、ありがとうごさいました。
ちなみに右隣でクッキー等販売していたのは
http://www.puku-2.com/

私が売っていたのは
http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
まじめにおすすめです。

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/09/28 01:07
  [jsds:11553] 公式見解・と

立岩です。田島さんどうも。なかみ読めてないんですが
一点だけ。

「公式見解」として(とくにそこそこ賢い人によって)
書かれていること言われることには、そう変なことは出てこない
のだろうと思います*
(田島さんのメイルでの引用もきちんと読んでないし
思います、というだけですが)。

* それでもときどき、おおぴっらに、かなり変なことが
書いてあったりはしますけど。それでも、たとえば批判されると
ひっこめたりもするわけで、やがて表には見えなくなる
ということはあります。

しかし「現場」で言われたり行われてたりすることは
それとは別であったりする。そこを明らかにする
という──障害学?の?──課題があるわけです。
というようなことも、前便では言いたかったのでした。

それは「活字」なんかにはなってなかったりするし、
ふつうに「聞き取り」なんかしても出てこなかったりするので
どうやって見つけて明らかにするのかというのはときに
難しいですが。たださしあたり、利用サイドの人に
この種のことを聞くことは、比較的に容易ではあります。

今度のメイルは簡単で短いでした。では。



http://www.arsvi.com/0b/tateiwa.htm
おすすめです。とくに今日のおすすめは
http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm
です。みなさんどうぞ。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/05 11:23
  [jsds:11569] 代読発言を禁じられている市議会議員

立岩です。

岐阜県中津川市議会議員が
代読による発言を認められていない
(「音声変換機能付パソコン」でしか発言を
認められない)のだそうです。
「すこしでも多くの方々に知っていただきいと
HPを開設いたしました。」との連絡をいただきました。

http://www.geocities.jp/chocoball1018/

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/11 21:35
  [jsds:11591] 「心のバリア」はどこにいるのか?

本人の承諾を得ず、紹介します。
http://challenged.sakura.ne.jp/aoki/051007.html

以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/12 22:27
  [jsds:11599] 生活療法・作業療法

立岩です。先週土曜、仙台で
ハートインみやぎ2005
http://www.heart-in.org/
というのがあって、呼ばれて行って来ました。
七瀬さんの実物をはじめて拝見。かつ
酒を飲みました。どうも。

で、その主催者側の一人、精神科医の
浅野弘毅さん
http://www.arsvi.com/0w1/asnhrtk.htm
から御著書『統合失調症の回復』をいただき
すこしみると、「生活療法」「作業療法」のことがすこし
(上記ファイルに引用)
本格的には2000年の著書『精神医療論争史』に書いて
あるのだと思うのですが、購入してはあるものの、
現在てもとになく、何が書いてあるかわかってません。

こないだの田島さんのメイルとそれへの私からの返信で
言及された「りっぱな作業療法」と、
(おもに)1960〜1970年代に行われたという
(生活療法と並列されて記述される)作業療法とは別のもので
あるのか?

まったく別のものではないとすると、その関係はどうなっているのか
(先祖としてうやまっているとか、無関係であると言っているとか
何も言っていないとか…)
そのへんの知識が共有されるとよいと思いました。
田島さん、もしご存知でしたら…。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/12 23:10
  [jsds:11600] 訂正・他

立岩です。 [jsds:11599] 生活療法・作業療法

書名
『統合失調症の回復』

『統合失調症の快復』

誤りでした。失礼いたしました。



本、その他なんでものお買い上げは
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
でよろしく。おかげさまで
これまで累計50万円、送ることができています。
http://www.arsvi.com/0b/bk1.htm

では。以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/13 14:17
  [jsds:11606] 遠山報告掲載

立岩です。山本さん
[jsds:11601] Re: 生活療法・作業療法
ありがとうこざいました。



遠山真世 2005/08/27 「雇用の平等化に向けた理論の探求」
障害学研究会関東部会 第48回研究会
記録を
http://www.arsvi.com/2000/0508tm.htm
に掲載しました。

今回の報告は、私がいま代表研究者をしている科研費研究
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm
に深く関わるものでもありましたので、要約筆記のログと
録音記録を利用し、私のいる大学院の院生に
バイトしてもらって、かなり逐語的に、文字化しました。
遠山さんにはなおしを入れていただきました。
また土屋葉さんには連絡係などしていただきました。
ありがとうございました。
私のところとか変ですが、手をいれる時間なく、そのままに
なっています。
あと、いつもの報告掲載と異なるのは、質問者が実名(カタカナ)
になっていることです。要望ありましたらすぐに匿名化しますので
立岩まで連絡をいただければと思います。
(またカタカナいやだという人がいたら漢字にします。)
また、補足したいとかありましたら、それもどうぞ。
そのうちこの主題(とくに障害者の、というだけでなく
労働について)は冊子か何か作ろうと思ってます。
今回の報告も了承が得られれば収録させていただくかもしれませんし
また、他の方の発言、発言の補足、また独立の文章も
掲載させていただくこともありうると思います。

以上。以下署名・広告。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/13 23:53
  [jsds:11609] 修正・他

立岩です。

[jsds:11606] 遠山報告掲載
でお知らせしたところ
つるたさん、臼井さんより誤記の指摘などあり
修正しました。ありがとうございました。
http://www.arsvi.com/2000/0508tm.htm

ついでに、「全部掲載」
http://www.arsvi.com/1c.htm
田島さんのレポートなどにリンク。

もう一つついでに、「本」
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
増えてます。

以上。以下署名・広告。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/19 11:37
  [jsds:11635] 法案関連

立岩です。
田島さん作業療法、生活療法関連の情報提供
ありがとうございました。

さて、ようやく、さっき法案関連のファイルを更新
http://www.arsvi.com/0ds/200501.htm
から、9月以降を分けて、別ファイルに
http://www.arsvi.com/0ds/200509.htm

私自身はまったく積極的な情報収集を行えていません。
ほとんどML経由の情報です。
日笠さんほか、ありがとうございます。

では。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/22 01:02
  [jsds:11656] 『さよならCP』上映運動関連資料・他

立岩です。勤め先の大学院の
院生でもある定藤邦子さんが収集・入力してくださった
『さよならCP』上演運動関連資料掲載。

ワードのファイルで、直接には
http://www.arsvi.com/1900/7200cp.doc
ですが
http://www.arsvi.com/0d/a01.htm
からどうぞ。

横塚晃一
http://www.arsvi.com/0w/yktkkuic.htm
がしゃべった記録もあり
ほんとにこういうことしゃべってたんだと
感動したり(私は)します。



関連して、
『闘争と遡行・1──於:関西+』
http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm

よいものができたなと、思っているのですが
宣伝が足りないみたいで、通信販売では
いまのところまだあまり売れていません。
おもしろいです。よろしく。

私、今日(22日)午後、法政大学(多摩キャンパス)
で日本社会学会大会の司会に行きますが
http://www.arsvi.com/0a/jss.htm
そのときにも他の冊子ふくめ何冊かもっていきます。



あと横塚晃一『母よ! 殺すな』
http://www.arsvi.com/0w/yktkkuic.htm
復刊プロジェクト本格始動。
この件についてはまた。

以上。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/24 10:17
  [jsds:11676] 法案関連転送

立岩です。以下のメイルいただきました。

----- Original Message -----
From:
To:
Sent: Sunday, October 23, 2005 2:38 AM
Subject: 障害者自立支援法の見直しを!どうかお力をお貸し下さい!【転送歓迎】


> 立岩真也さま
>
> こんにちわ。以前にも呼びかけを送らせていただきました、グループ32projectと申します
> (精神疾患患者を中心に、その友人・支援者から結成されたネットグループです)。
>
>
> すでにご存知かもしれませんが、32projectでは、以下のような<意見メールフォーム>プ
> ロジェクトを開始いたしました。
>
> 既に障害者自立支援法案は参議院を通過し(参議院先議)、与党は10/26に衆議院厚生労働
> 委員会で採決、10/27に本会議で採決の方針と言われています。
>
> 法案の見直しと慎重な審議を求めるご意見を、ぜひ政府・国会に送って下さいますよう、
> お願い申し上げます。
>
> また、このメールは転送歓迎ですので、周囲の方々にもこの呼びかけを広めて頂けると幸
> いです。
>
> どうぞよろしくお願い申し上げます。
>
> 32projectメンバー一同
>
> ----------------------------------------------------------------------
> ■「障害者自立支援法案」の見直しと 慎重かつ十分な審議を求める■
> ■      あなたのご意見をお寄せ下さい!         ■
> ■     <意見メールフォーム プロジェクト>       ■
> ■    http://sea.ap.teacup.com/32project/73.html     ■
>
>  障害者自立支援法案については、前国会での審議の中で、法案の前提部分での重大な欠
> 陥・問題点が次々と明らかになりました。
> たとえば、当事者の実態が正しく把握されていない状態で法案が策定されていたことや、
> 尾辻大臣・厚生労働省幹部が、法案の対象となる障害や病気の特性をよく理解していない
> こと、などです。
>
>  にもかかわらず、今国会では、こうした問題に正面からとりくまれた形跡もなく、前回
> とほぼ同内容の法案が提出され、しかも、非常に短期間で法案の審議が終了させられよう
> としており(法案は既に参議院を通過。10/26に衆議院で委員会採決、27に本会議採決と言
> われています)、極めて遺憾な事態です。
>
>  これまでにも既に、多くの当事者・関係者・一般市民から、この“当事者不在”の法案
> への抗議の声が、政府・国会に対し かつてない規模で発せられてきました。
> しかし、委員会の公聴会で障害者団体から表明された多くの懸念や疑問も含め、日本全国
> から集まったこうした「にんげんの声」が、政府・国会できちんと受け止められてきたと
> は とても思えません。
>
>  政府・国会は、まず、当事者の実態や実際の生活の状態をきちんと見、当事者の声に耳
> を傾け、それぞれの障害や病気の特性について十分理解すべきです。
> そして、そのような現実の実態に基づいて法案を見直すとともに、慎重かつ十分な審議を
> 行うべきです。
>
>  法案の見直しや、慎重かつ十分な審議を求める「あなたのご意見」を、ぜひ以下の「特
> 設メールフォーム」に投稿してください。いずれのメールフォームからも、あなたの意見
> を政府・国会議員(厚生労働関係)に送ることができます。
>
> “当事者”“関係者”である・なしや、身体・知的・精神の障害の種別にかかわらず、ど
>
> なたでもご参加下さい。多くの方のご参加、お待ちしています!
>
>   ⇒ これまでにメールフォームプロジェクトに参加された方の声は
>   http://sea.ap.teacup.com/applet/32project/msgcate7/archive
>
>
> ※メールフォームは以下の2タイプを用意しています。自分にあった方式をお選びくださ
> い(もちろん、両方でもOKです!)
>
> ■ 自分のお名前・アドレスで直接意見を送信したい方は…
>          ↓
>     <★ダイレクト送信型フォーム★>
>   http://act.rederio.org/32project/ 
>
> ・皆さんの投稿をダイレクトに政府・国会議員に送信することができます。
> ・メールアドレスの記入が必須です。 ・ご意見欄の容量は小さめです(字数制限800字)
> 。
>
> ■ メールアドレスをお持ちでない方、メールアドレスを記入したくない方、意見を長く書
> きたい方は…
>          ↓
>     <★手動集約型フォーム★>(32projectあて)
>   http://www.formzu.jp/formgen.cgi?ID=c8261947
>
> ・投稿はいったん32projectに送信されます。32projectでご意見をとりまとめ、手動で政
> 府・国会議員に送ります。 ・必須記入事項はお名前(ハンドルネーム可)とご意見のみ
> 。メールアドレスは必要ありません。 ・ご意見欄の字数制限は約2500字です。
>
>
> ※両方とも、意見が送付される政府・国会議員のあて先は同一です。
> また、いずれのメールフォームについても、「公開許可」をいただけたご意見は32project
> のサイト上で公開いたします(詳しくはそれぞれのメールフォームの注意書きをご覧下さ
> い)。
>
> 詳しくは、グループブログでの呼びかけ記事
>  http://sea.ap.teacup.com/32project/73.html をご覧下さい。


 
 
>TOP

◆◆2005/10/25日 07:40
  [jsds:11684] 村田拓司さん

立岩です。御本人からの依頼により
村田拓司さんのファイル掲載。
http://www.arsvi.com/0w1/mrttkj.htm
村田さん、情報提供ありがとうございました。

なお
今までずっと一人でHP更新作業してきましたが
今月から、青木慎太朗さん
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/as01.htm
に作業手伝っていただいています。
村田さん関係のファイルも青木さんにお願いしました。

では。以下、署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/25 08:34
  [jsds:11685] 『さよならCP』上映運動関連資料・追加

立岩です。定藤邦子さんが収集・入力してくださった
『さよならCP』上演運動関連資料・追加
 
 ワードのファイルで、直接には
http://www.arsvi.com/1900/7200cp2.doc
ですが
http://www.arsvi.com/0d/a01.htm
からどうぞ。

いつ出されたものか等、
ビラとかそういうものは書いてないことも
多いわけで、整理が難しいところもあるのですが
できるところはやって、そのうち
HTMLファイルにして掲載できれば、と思います。

関連して、
『闘争と遡行・1──於:関西+』
http://www.arsvi.com/b2000/0509ts.htm

御注文よろしく。

以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/27 08:59
  [jsds:11697] 29日・教育テレビ

立岩です。NHKの野田さん→
佐々木公一さん
http://www.arsvi.com/0w1/sskkuic.htm
へのメイルの転送です。

さっきテレビつけてたら宣伝してたので
もうみなさんご存知かとも思いますが、いちおう。

なお「来週の土曜日」ではなく「今週の土曜日」なので
もう明後日、です。

……以下……

Subject: はじめまして、NHKの野田と申します 。
Sent: 20.10.24 7:21 AM
Received: 05.10.22 9:09 AM
From: 野田優子[略]
To:[略]

佐々木さま。

NHK大阪の野田と申します。はじめまして。
『きらっといきる』では今村ディレクターがお世話になりました。

実は、このたび大阪放送局では、
「ETVワイド ともに生きる」という番組を
来週の土曜日に放送することになりました。

テーマは、「障害者の介護」。
スタジオに身体障害のある方20人が
自らの介護について語り合う、3時間生放送です。

そこで現在、番組ではインターネットとFAXで
アンケートへのご協力を呼びかけています。
介護についての悩みや不満、体験談などを募集中です。

そこで、もしよろしければ佐々木さまの
メーリングリストの会員様やお友達などに
以下のアドレスをご案内頂き、
アンケートへの協力を呼びかけていただけないかと思い、
メールさせていただきました。

http://www.nhk.or.jp/fukushi/wide/

このアドレスは、番組の広報ページです。
下にスクロールしていただければ、「メールはこちらから」
というところから、アンケートフォームに入れます。

そこからクリックして、
アンケートにお答えいただければ幸いです。

番組の放送日時は、
10月29日(土)夜7:00〜10:00 教育テレビ です。
生放送で、アンケートは番組の中でも
どんどんご紹介していきます。

お送りいただくのは、放送以前のほうが
スタッフがゆっくり目を通しやいのでありがたいですが、
もちろん、放送中も大歓迎です。

突然のお願いで、失礼いたしました。
よろしくご高配を賜りますよう、お願い申し上げます。

朝晩は冷えるようになってきました。
お体をどうぞご自愛なさってください。

                かしこ  野田優子拝

..☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆
[略]

..☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆:*'.。.☆

……以上……

以下署名、広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/10/31 21:53
  [jsds:11733] 11/10鳥取・11/11京都

立岩です。いただいた案内ようやく今日HPに載せたので
MLにも、と思い。

日弁連48回人権擁護大会・シンポジウム第2分科会 於:鳥取
「要介護高齢者・障がいのある人の地域で暮らす権利の確立と当事者主権」
http://www.arsvi.com/0n/nbr.htm



その翌日、11/11(金)立命館(衣笠キャンパス)で
林達雄 Live in 京都
グローバリゼーションにおけるエイズ
http://www.arsvi.com/0w1/hystto.htm

題は勝手につけた題です。
会場設営上、だいたいの人数がわかるとよいので
出てみようかなという方(当日、予告なしのキャンセル可)
立岩までメイルください。よろしくお願いいたします。

では。以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/11/15 11:51
  [jsds:11768] 12/3渡辺一史さん講演

立岩です。松本にいたときお世話になった
大下さんから
12月の講演会のお知らせいただきました。

12・03土 ぴあねっと21障害者週間講演 於:松本市
『こんな夜更けにバナナかよ』著者が語る、故・鹿野靖明さんの人生

http://www.arsvi.com/#s
などからどうぞ。



このMLにも寄せられる
さまざまな催しなどの情報、載せきれていません。
すいません、そのうち、とか言っていて
しばしば当日を過ぎてしまったりします。
すいません。



本・CD等を買うときは
http://www.arsvi.com/0b/0.htm
よろしく。

以上。以下署名・再度広告。

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/12/05 20:11
  [jsds:11802] 限定公開部分更新

立岩です。字が見えない、本が重い
などの人のための限定公開部分
http://www.arsvi.com/1cf.htm
更新。
この8月には更新したはずなのに
それ以前のファイルが載っていたようで
すみません。単著4冊の他、今回は
『思想』『現代思想』掲載原稿の来年1月号分まで
等掲載。

HPで公開はしない(できない)が
上記の用途のためならという方
ファイル
(ワードの文書ファイル・テキストファイル・HTMLファイル)
送っていただければ収録します。
現在112。大部分は私の。

以下署名・広告

立岩 真也


 
 
>TOP

◆◆2005/12/27 19:10
  [jsds:11852] 全文掲載・他

立岩です。
http://www.arsvi.com/1c.htm
更新。村田拓司さんからいただいた文章他。
村田さんありがとうございました。

この2日間、ずっと作業して、
遅れに遅れていた分をすこし掲載しましたが、
それでもまにあってません。すみません。
そんなこともあり、この秋から、私がいる大学院の院生でもある
青木慎太朗さんに掲載作業の一部をお願いしています。
http://www.arsvi.com/1z.htm
メイルマガジンなど、私のHPに掲載させていただいている情報を
お寄せくださっている方、青木さんにも送ったいただければ
ありがたいです。

では。以下署名・広告

立岩 真也



UP:20050106 http://www.arsvi.com/ml/2005jsds.htm REV:随時
障害学  ◇「障害学研究ネットワーク」のメーリングリストのご案内  ◇立岩発eMAIL
TOP HOME (http://www.arsvi.com)