HOME >

WHOのICIDH(国際障害分類)について


last update: 20161029


■WHOのICIDH(国際障害分類)について

** ** 様

 電話で問い合せをいただいた立岩です。時間がかかってすみません。今のところの情報は次の2つのEメイル(以下はそれを印刷したもの)と『ノーマライゼーション 障害者の福祉』1998年7月号に掲載されてた佐藤久夫さんの文章(コピーをお送りします)です。


◆長瀬修さんから

長瀬です。以前に本MLで流したものです。

さて、WHOのICIDH(国際障害分類)には
関心のある方もいらっしゃるでしょう。
3月27、28日に東京で開かれたICIDHセミナーの
報告書が日本障害者リハビリテーション協会から
届きました。発行者は安田火災記念財団
(電話03ー3349ー3130、ファクス3349ー3133)。



◆岩崎晋也さんから

立岩さん こんにちは

 ICIDH-2(β-1)の日本語仮訳の作業責任者でもある、日本社会事業
大学の佐藤久夫先生が、最も多くこの件に関しては、情報を持ってられ
ます。また改訂作業を紹介する論文も書かれています。
 志村さんの目的にもよりますが、佐藤先生の研究室に、連絡をとられ
るのをお勧めするというのも、一案かと思います。

佐藤久夫 〒204-8555 東京都清瀬市竹丘3-1-30 日本社会事業大学
     FAX 0424-92-6816

もしメールアドレスをお持ちでなくても、WWWが見られる状況にあるのなら、
以下のページで、変更点や改正の経緯などを知ることができます。

 英語版の内容は:http://www.who.ch/icidh

日本語仮訳は:http://plaza6.mbn.or.jp/~jlmr/icidhcover.html#ICIDH


REV: 20161029
eMails 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)