HOME > BOOK >雑誌 >

『全障連第2回大会』

全国障害者解放運動連絡会議

last update:20120314


『全障連第2回大会――基調報告(案)』
『全障連第2回大会――分科会レポート集』 



>TOP
全国障害者解放運動連絡会議 19770813 『全障連第2回大会――基調報告(案)』 ※

■目次

基調報告(案)
はじめに 1
1.政府・行政の障害者政策 2
2.全障研批判 6
3.1年間の運動の総括と方針
<全国統一闘争イ>54年度養護学校義務化阻止闘争 9
<全国統一闘争ロ>赤堀差別裁判糾弾闘争 11
<全国統一課題イ>都市交通の差別糾弾闘争から運輸省闘争 15
<全国統一課題ロ>地域社会での自立生活を保障させる厚生省闘争 17
4.1年間の組織活動の総括と方針 19

分科会基調報告(案)
第1分科会(交通) 26
=交通運輸行政の障害者差別を糾弾し、交通機関の自由で安全な利用をかちとろう=
第2分科会(生活) 28
=障害者の自立生活の理念を確立し、地域社会で生きるために行政闘争を拡大しよう=
第3分科会(教育) 31
=54年度養護学校義務化を阻止し、すべての障害児が地域校区の普通学級へ就学する闘いを通して、差別選別教育体制を変革しよう=
第4分科会(労働) 33
=重度障害者にとっての労働の意味を問い直しつつ、障害者に対する就職差別及び職場での差別との闘いを組織しよう=
第5分科会(施設) 36
=施設における障害者の生活の自由をかちとりつつ、地域での自立生活の闘いと結合させよう=
第6分科会(医療) 40
=障害者を差別抹殺する医療の告発を更に推し進める中から差別と闘う医師・医療労働者を創り出そう=

資料
◇54年度養護学校義務化阻止闘争
1.4・24〜25全国決起集会の決議文 48
2.文部省への交渉申し入れ文 48
◇赤堀差別裁判糾弾闘争
1.11・21〜22赤堀闘争第3回全国総決起集会の決議文 50
2.3・5赤堀闘争第4回全国集会の決議文 50
3.静岡地裁再審請求棄却への抗議声明 51
4.東京高裁への要請文 52
5.法務省への要請文 53
◇都市交通の車イス乗車拒否糾弾闘争
1.6・7運輸省への抗議文 53
2.各地陸運局への公開質問状 54
3.全交運への話し合い申し入れ文 55



>TOP
全国障害者解放運動連絡会議 19770813 『全障連第2回大会――分科会レポート集』 ※

■目次

第1分科会(交通) 3
第2分科会(生活) 27
第3分科会(教育) 51
第4分科会(労働) 117
第5分科会(施設) 125
第6分科会(医療) 133

<資料>
赤堀差別裁判糾弾闘争 147

*作成:堀 智久
UP:20120314 REV:
雑誌
TOP HOME (http://www.arsvi.com)