HOME > BOOK > 雑誌 >

全厚生秩父学園組合ニュース No.252〜No.275

全厚生秩父学園組合ニュース

last update:10110322
 ◇目次
 福島・相馬市 ヨウ素剤 購入 地方版の記事にしてしまうマスコミ 原発から半径10k以内の住民のため チェルノヴィリでは何kmだったかな 風向き次第では
 新聞記事 ヨウ素剤 独自購入へ――原発事故に備え 園児に6000粒保管
  (1992.3.10 朝日新聞 福島版)
 過酷事故って?千人・万人の単位で死者が出ることであり、汚染された土地には住むことができなくなること。通産省 原発の危険性を公認!!まだまにあう のかなとは思いつつも…。プルトニウム←恐怖の アメリカが早々に寄港拒否発表 その恐ろしさ 知っている人は知っている。 知らせない――情報操作の事実
 新聞記事 原発 過酷事故対策 義務付け――原子力安全委 通産・業界に勧告
 (1992.5.29 読売新聞)
 表と裏を読み合わせて…どうする。PKOに、原発 子らに子孫に 平和な日本. 安全に住める地球を 残せない 我々の 愚
 新聞記事 汚染地域の子ら回復――「チェルノブイリ事故」で千葉・鴨川に招待 顔色良く体重も増加 あす帰国
 (1992.5.16 朝日新聞 3版)
 あの広大なロシアで一万平方キロの四百万人が不安な日々という… この狭く、過密な日本で 一体どうなるの… 一人でできること 捜したい捜そう
 新聞記事 子どもの甲状腺がん急増――チェルノブイリ事故から6年 汚染地域広がる
 (1992.4.26 朝日新聞)
 新聞記事 放射能除去で五千人が死亡――CIS軍機関紙報道
 (1992.4.26 新聞名不明)


◆『組合ニュース』253 19920620
 ◇目次
 レントゲン検査の必要性と危険性(団交報告―その1 =92.6.10)
  30数年の歴史(作業者注:略字体の歴)で異常の発見が0という。
  ’83年――9年前 にWHOが そして米国放射線学会
  学園当局は WHO、米国の学会の情報も、日本の情報も熟知しているそうです
  学園当局も医療被爆を少く、低くすべき と認識。
  職員 園生の健康と法律では 学園当局 法律優先
  インフルエンザの予防注射も、厚生省は自から中止しようとはしませんでした でも今は民間からの指摘で中止。又は、個人の希望による形とし、集団でのものはなくなりました。
  X線ではよく考えて自己決定を 学園は健康第一の選択を!


◆『組合ニュース』254 19920623
 ◇目次
 ’92春 団交報告――その2
  障害者年、人権について 学園当局の認識を問う
  国は力を入れた。社会参加は進んだ。で 学園は…… ハード面について言うのみ。それで一番強調されねばならないソフト面は… → 各寮 クラス の現場で作って行きましょう
 ・こどもの権利条約 ・権利擁護(アドボカシー advocacy) 学園当局の面々は、世の流れと、また、人としてのあるべき姿に関して、これまた大きなズレがある。国が、国立が率先垂範どころか、世の後追いすらできていない現実を痛いほどに直視しましょう。
  H課長はウソの報告をしている??の
  わからない、知ろうともしない。それ、これが当局の本音。ハ について、わからない でいいのかと重ねて問うて初めて答える。当局の視線は生活する者の現実ではない。また福祉の理念でもない。ただ。ただ。法の順守 これあるのみ。
  これぞ。ダメ押し!
  次に将来構想委について問いました
  各課室のもの見たことありますか 出してもらいましょう。私たちの手元に。
  注目!!


◆『組合ニュース』255 19920916
 ◇目次
 団交報告(つづき)
  将来構想委について
  あたり前の生活にさらに近づけるために
  欠員補充について
 いま、地球があぶない!


◆『組合ニュース』256 19921209
 ◇目次
 秋の要求書 提出す!!
  参考 今春6月20日(No253)の組合ニュースから
  参考 92年3月4日要求書へのW次長の回答(4月22日付)


◆『組合ニュース』257 19930106
 ◇目次
 お母さんお父さん方へ――親の会の提起に対して 私達は 次のように 受けとめ 考えているものです
  大問題です。今すぐ何とかしなければならないはずです
  「人権を無視しているではないか」
  具体的に 何を…… “あたりまえ”の実現が目標ではないでしょうか
  養護学校の職員数と比べてみますと
  せめて、今すぐ、文部省なみの職員を配置して欲しいと切に願うものです。


◆『組合ニュース』258 19930128
 ◇目次
 団交報告
  参考 今春6月20日(No253)の組合ニュースから


◆『組合ニュース』259 19930324
 ◇目次
 遅くなりました 92.12.18 団交の続報です!!
  93.3.16 企画会ギ報告でも 車の件 親から質問出されたとあったが 当局の回答はなかった。どういうことでしょう 園長、課長 出席していたのにです


◆『組合ニュース』260 19930414
 ◇目次
 非人間的と感じなくなってしまう日常性 閉ざされた世界の中で
 加害 被害 過去 現在 未来 戦争 軍隊
 こうした事柄の先頭に 常に日の丸があった 皇軍・天皇がいた 加害者として被害者として 加害国の一員として 我々は何を?
 新聞記事 消せない記憶――窓 論説委員室から
 (1993.4.2 朝日新聞)
 新聞記事 フィリピンから――元慰安婦 集団提訴へ 上 連行 少女まで駆り出す 松井 やより
 (1993.3.29 朝日新聞)
 新聞記事 フィリピンから――元慰安婦 集団提訴へ 中 口封じ 殺して埋めて撤退 松井 やより
 (1993.3.30 朝日新聞)
 新聞記事 フィリピンから――元慰安婦 集団提訴へ 下 勇気 家族の理解が支え 松井 やより
 (1993.3.31 朝日新聞)


◆『組合ニュース』261 19930430
 ◇目次
 こんな所にしたい と思う こんなところで せいかつ したいと 感じていると思う
 やっぱりこれ以外にない……ひとりの人として
 集団生活 いつも いつも は ヤだよ →「10年20年やってられますか」
 アットホームに ホットに 「寒々しいんだ 今が」「荒れているよ」
 生活するのに専門家って必要? 「怒鳴り」「呼び捨てにして」「支配者だとでも思っているの」
 自分の可能性を外で試したい!
 カゴの中の鳥やめたい
 実あるせいかつをしたい!!
 20年前(施設解体)と口にしたら けっとばされたもの 20年後の今 それが ド真ん中なんだよ!!ね
 普通に、フツウに、要するに あたり前に の 追及を!!!
 「軍隊のない世界」めざしてのスイスのとりくみ 私たちも意見広告を出すことで世界、地球規ボの運動に!!
 新聞記事 松葉づえ
 (1993.4.21 朝日新聞)
 広告案 暴力のない世界のために 平和憲法(前文・第九条)を世界に拡げる会


◆『組合ニュース』262 19930503
 ◇目次
 憲法 今一度 読んでみませんか
  世界に拡げるとりくみを あなたもしませんか 手続き次次号に!
 新聞記事 夕陽妄語 護憲の理由 加藤周一
 (1993.3.24 朝日新聞 夕刊 文化欄)
 50年前の侵略戦争 終わっていない! 被害者は忘れようがない加害者が忘れても
 新聞記事 フィリピン元従軍慰安婦 補償求め集団提訴
 (1993.4.2 朝日新聞)
 文部省も変った 秩父学園も変る!!“意欲”を重視へと! 秩父学園独自な歩みの中に
 新聞記事 試写室 学習意欲を重視の教育 NHKスペシャル「通知表・子どもの評価はこう決められる」NHK 夜9・00
 (1992.8.30 新聞名不明)
 タバコ タバコ タバコ タバコ タバコ
 新聞記事 天声人語
 (1993.3.31 朝日新聞)


◆『組合ニュース』263 19930510
 ◇目次
 春の要求書を提出!
 プライド 日頃のなにげない行動で傷つけていないか ことば、こうどうで そんな時たちば入れ替えてみては!
 新聞記事 痴呆症の人に無神経な言葉 春日部市 TT(主婦 50歳)
 (1993.4.25 新聞名不明 投書欄)


◆『組合ニュース』264 19930511
 ◇目次
 憲法の前文と九条を世界に拡げようという運動です あなたも あなたも あなたも あなたも 意見広告の文案です
 一口2000円(カンパ一口) 送り先は〔郵便振替 東京 くさのね実行委員会〕です
 広告案 暴力のない世界のために 平和憲法(前文・第九条)を世界に拡げる会
 ミニコミ紙 告知板 250号 ≪寸言≫ スイスの新聞への意見広告にご協力を!
 (1993.3.20 告知板 庄建設株式会社 発行 庄 幸司郎 発行人)
 ミニコミ紙 告知板 251号 ≪寸言≫ 武器よさらば!――再びスイスの新聞への意見広告にご協力を!
  『平和憲法(前文・第九条)を世界に拡げる会』への便り(1993年3月9日現在・到着順・敬称略)
 (1993.4.20 告知板 庄建設株式会社 発行 庄 幸司郎 発行人)


◆『組合ニュース』265 19930518
 ◇目次
 春の要求書(続)
  この間の人事の基本は
  当局には 内容のある、誠意こもる回答を要請したい
 PKO5原則
 新聞記事 声 PKO問題は独自判断の時 所沢市 YY (予備校講師 63歳)、個人の考えをまず尊重して 八王子市 OK (会社員 67歳)
 (1993.5.17 朝日新聞 投書欄)
 民間の劣悪な状況…。なのに、先を行く実践。その「劣悪さ」を変えるためには何を 最低基準・措置費 の抜本底あげ策あるのみ そんな中にあって秩父学園で何を… 民間の二倍・三倍という現在 最低基準・措置費 の問題性を見すえ撃ちづづけること
 平成5年度予算編成に関する要望書 埼玉県知事宛て 埼玉県精神薄弱者愛護協会 平成4年9月16日
 (1992.11.1 シンク)


◆『組合ニュース』266 19930607
 ◇目次
 学園当局は将来構想委の答申を今後どうする?団交要求書(続)
 新聞記事 「日の丸・君が代」従わなければ 子どもを処分も 外相が見解
 (1993.5.21 新聞名不明)
 新聞記事 日の丸で子ども処分 外相発言を事実上追認 文部省
 (1992.5.22 新聞名不明)
 新聞記事 子どもの権利条約 論議足りぬまま採決へ
 (1993.5.24 新聞名不明)
 新聞記事 「日の丸」問題 教育現場では 神奈川県 KM (教師 37歳)
 (1993.4.21 新聞名不明 投書欄)
 新聞記事 「武藤発言」に恐怖を感じる 川崎市 PH (主婦 35歳)
 (1993.5.24 新聞名不明 投書欄)


◆『組合ニュース』267 19930720
 ◇目次
 春の団交報告〔93.6.21〕――その1
  将来展望について聞きました!
 やさしいまなざし――イラストで綴る個人の尊重
 (太陽の園 個人の尊重委員会 活動報告書 平成4年3月より)


◆『組合ニュース』268 19930907
 ◇目次
 私たちは、O園長に以下のような要求書を提出しました。
 やさしいまなざし――イラストで綴る個人の尊重
 (太陽の園 個人の尊重委員会 活動報告書より)


◆『組合ニュース』269 19930914
 ◇目次
 『もんじゅ』っていったいなんだ!!SoSoのリズムを楽しんで 深い広瀬隆をきこう とき 9月18日(土)P.M.2:00から ところ 上福岡西公民館
 ビデオ貸します 「もんじゅ――問われている叡智」ナレーション・吉永 小百合 カラー30分 \3800
 記事 広瀬 隆 井上 ひさし校長「遅筆堂講演会」より
 (“本当の豊かさを見失うと”より)
 本のご紹介
 やさしいまなざし――イラストで綴る個人の尊重
 (太陽の園 個人の尊重委員会 活動報告書より)


◆『全厚生』 
 ◇目次
 前号にて予告しましたように、今回は本省交渉の報告を特集します。
  期日 一九九二年一二月四日午前 場所 厚生省


◆『組合ニュース』270 19930922
 ◇目次
 O園長への疑問!!?
  とりあえず三つの疑問


◆『組合ニュース』271 19931027
 ◇目次
 11月13日 予防接種 自分で決めるために!!
 どうしよう?!子どもの予防接種 埼玉県民集会
  予防接種後 脳炎 いろいろな情報を知った上で、言われるままに ではなく 自分の責任で 子どもたちの命を守りましょう
 新聞記事 子供の心と体 この雑誌で 「正確な情報を」小児科医ら創刊――「常識、揺さぶりたい」 予防接種は?健康診断は? 広告なしで運営「読者と楽しく」
 (発行日不明 朝日新聞 家庭欄)


◆『支部ニュース』 19940215 全厚生秩父学園支部機関紙  教宣部 発行
 ◇目次
 本省交渉概要
 園内交渉概要
 秩父学園の将来構想示せ――障害福祉課と交渉


◆『組合ニュース』272 19941201 委員長 KK
 ◇目次
 要求書提出!!
  要求書


◆『組合ニュース』273 19950117 委員長 KK
 ◇目次
 「平成7年度指導課における勤務体制(案)」に対する組合見解
  資料 平成7年度指導課における勤務体制(案)について
  組合見解


◆『組合ニュース』274 19950314 委員長 KK
 ◇目次
 来年度「課長会議案」に対して、疑問と提案
 資料 指導課の会議の変更について(案)
 資料 職員朝礼、園児・生 朝礼の一部変更について(案)
 資料 特別指導科 ハビリテーショングループ


◆『組合ニュース』275 19950529 委員長 KK
 ◇目次
 庶務課 現業部門業務委託=切捨て?! 要求書提出
  次長の回答


◆『全厚生秩父学園支部ニュース』 199507 支部教宣部
 ◇目次
 本省交渉報告
  一時金引き下げ・調整額見直しについて
  秩父学園の将来のあり方
  夜間特殊業務手当・増員・昇格
  民間委託について
  再び、学園の将来について


◆『支部ニュース』 19960206 全厚生職員労働組合 国立秩父学園支部 教宣
 ◇目次
 新しい年に SS(支部執行委員長)
 洗濯場の民間委託に伴ない申し入れ
 人事異動に係わる申し入れ


*作成:永橋 徳馬
UP:20110322  REV:
知的障害/知的障害者  ◇病者障害者運動史研究  ◇労働 介助・介護 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)