HOME > BOOK > 雑誌 >

『女性学』

日本女性学会,発売:新水社


◆『女性学』09号 20020120
 小特集:女性学の制度化を考える
 日本女性学会,発売:水声社,168+xip. 2381 ※

鷲 留美 20020120 「「女ことば」と権力――「少女」雑誌の言葉から見えるもの」
 『女性学』09:006-024 ※
金田 淳子 20020120 「教育の客体から参加の主体へ――一九八〇年代の少女向け小説ジャンルにおける少女読者」
 『女性学』09:025-046 ※
佐藤 文香 20020120 「ジェンダー化された軍事化」
 『女性学』09:047-065 ※
合場 敬子 20020120 「大学におけるセクシュアル・ハラスメント――認識に影響を与える要素」
 『女性学』09:066-083 ※
林 千章 20020120 「女(わたし)と身体――フェミニストの自己解放の拠点」
 『女性学』09:084-103 ※
上野 千鶴子 20020120 「女性学の制度化をめぐって」
 『女性学』09:106-117 ※
江原 由美子 20020120 「制度化の弊害か制度化が不十分であることの弊害か」
 『女性学』09:118-122 ※
細谷 実 20020120 「制度化にともなう負の効果を考える」
 『女性学』09:123-127 ※
千田 有紀 20020120 「女性研究者の現状」
 『女性学』09:128-133 ※
浅野 千恵 20020120 「女性学を専攻することの困難――構造的把握を阻む力の存在」
 『女性学』09:134-138 ※
大海 篤子 20020120 「アクティビストの立場から女性学を考える」
 『女性学』09:139-143 ※
町田 美千代 20020120 「女性学よ、おまえもか!――シンポジウム会場から女性学の可能性を考える」
 『女性学』09:144-148 ※
深澤 純子 20020120 「アカデミズムの外側で」
 『女性学』09:149-154 ※
藤田 ひろみ 20020120 「中村みゆき――夜会『金環食』フェミニズム的試論」
 『女性学』09:155-163 ※
小野坂 順子 20020120 「書評:Marilyn Jacoby Boxer. When Women Ask the Questions: Creating Women's Studies in America」
 『女性学』09:164-168 ※

 

◆『女性学』08号 20010320
 特集:女性学と「権威」化――他者を表象することをめぐって 
 日本女性学会,発売:新水社,137+xvp. 2381円+税=2500円 *

日本女性学会学会誌八号編集委員会 20010320 「『女性学』八号発行にあたって」
 『女性学』08:004-005  *
秋山 洋子 20010320 「中国女性学における思想形成」
 『女性学』08:008-029  *
瀬山 紀子 20010320 「日本に於ける女性障害者運動の展開(1)――70年代から80年代まで」
 『女性学』08:030-047  *
奥村 ゆかり 20010320 「英国におけるブラック・フェミニズムの現在――「ブラック」という概念をめぐる議論から見えてくるもの」
 『女性学』08:048-066  *
二見 れい子 20010320 「支援関係づくりのプロセスにこだわる――女性学を新たな抑圧の道具としないために」
 『女性学』08:068-084  *
渡辺 えみこ 20010320 「他者の表象はどのように可能か――レズビアンの場合」
 『女性学』08:085-102  *
内藤 和美・辻 智子 20010320 「フェミニストであること研究者であること――個人史を題材に」
 『女性学』08:103-115  *
田川 健三 20010320 「表現という暴力」
 『女性学』08:116-127  *
八号編集委員会有志 20010320 「女性学と学会誌とこれから――<特集>の最後に」
 『女性学』08:128-137  *


REV: 20160727
女性学  ◇雑誌
TOP HOME (http://www.arsvi.com)