HOME > BOOK > 雑誌 > 『週刊/ALS患者のひとりごと』 >

『週刊/ALS患者のひとりごと』2020

佐々木 公一

http://ameblo.jp/als-ssk

Tweet
last update: 20210222


*当ファイルでは佐々木氏のメルマガを掲載しています。



>TOP

■第478号週刊ALS患者のひとりごと    2020年1月7日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

私の国試物語1

齋藤茉奈(島田療育園勤務・南多摩看護昨年卒)

なんやかんやで火がついたのは秋から
元々、ペーパーテストはよく出来てた方だし、模試の成績は悪くなかったので油断してた。本当に。
結果受かってるからまあ...うん…
夏休みのうちにどうして過去問一周しなかったのかなって今でも思う。

今これを読んでいる貴方が1年生なら
レビューブックの中古(どうせ最新版買うだろうから新しいのじゃなくていい)買って日々の授業のポイントまとめをするとか
先生が「ここ国試に出るよ!」って言ったポイントを小さなノートかなんかに書き留めておいて、休みの日にそれを調べて「理解」をしておく事。「暗記」じゃなくて「理解」
3年の国試前に「理解」している時間はあまりない。

2年生なら、実習も入ってくるだろうから
日々の学習も大変になってくると思うけれど、事前学習を大切に。
実習でまとめた自分の為だけのまとめノートは、国試前つまづいた時に必ず役に立つ。
解剖生理から纏めておくのがおすすめだけど、そこまで完璧に頑張らなくてもいいよ。
まずは実習を乗り切って。
受け持ち患者さんの為の勉強は、後々も忘れないから本気で頑張って損は無い。

そして3年生。
就職にケーススタディに実習に、いっちばん目まぐるしい時期だと思う。
国試勉強なんて正直やってられないと思う。
だから、忙しい時は机に向かって勉強しようと思わないで良い。
絶対に続かないし、つらいし


あとがき

新年おめでとうございます。皆様見たこともない世界から入りたいと思います。



>TOP

■第479号週刊ALS患者のひとりごと    2020年1月8日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

私の国試物語2

齋藤茉奈(島田療育園勤務・南多摩看護昨年卒)

そんな根性論じゃ国試は勝てないし
それより何より身体休めながら無理せず頑張って欲しい。
でも、勉強しなきゃって焦るだろうから
そんな時に是非使って欲しいのが5つ。
5つとは言ったけどレビューブックは買うかどうかは人それぞれでいいと思う。
あればやっぱり便利だけどね。
私は、どこを勉強してどこを勉強してないって把握したいっていう理由だけで買ってるから。
レビューブック
必修オンリーの過去問集
最新版の分厚い過去問集
単語帳
国試対策のアプリ

レビューブックは人によって使い方が違うからあくまで私がやってたやり方だけど
レビューブックに付属してる薄い本、あれを使うといいかも。
私はレビューブックは辞書兼取りこぼし防止に使ってた。
後で話す勉強をした所にマーカーを引いて、まだ勉強してない所を視覚化してた。
あの薄い本がマーカーで埋まっていくのは分かりやすい達成感になる。

必修の過去問集。
なんで必修だけ?って思うかもしれない。
必修は絶対に落とせないからってのと、15年分の分厚い過問より必修の問題数が多いから反復に向いてるってのと、それぞれの分野の基本的な所が必修として出てくるから、国試勉強の導入に向いてるってのと


あとがき

いま2月下旬の齋藤茉奈講演会を計画中です。質問などお寄せ下さい。



>TOP

■第480号週刊ALS患者のひとりごと    2020年1月9日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

私の国試物語3

齋藤茉奈(島田療育園勤務・南多摩看護昨年卒)

あと個人的な理由として
分厚い分厚い過去問集は見てるだけでやる気失せるけど、それよりかはうすーい必修の過去問集だと、まあ少しはやってみようかなって気になるし、問題も簡単だからサクサク解ける。逆にそこでつまづくと焦りが生じて、やらなきゃってなるから。

で、分厚い過去問集。
これは…目を背けたくなるけど必須アイテム。
買ったら早々に切り離して、診療科別、領域別に分けるのがおすすめ。
何周したか表紙に書くようにするとモチベーションになるよ。

国試対策のアプリ。
色々あるから自分が使いやすいのでいいと思う。
今、アプリも15年分の過去問解けるやつとか
正答率高いのとかジャンル分けされてて
凄く勉強しやすくなってる。
机上の勉強が全てじゃないよ。
むしろそれ以外の時間を有効利用できたら強い。
私は電車通学だったから
ルーズリーフが開けない位混んでる時は音楽ガンガンにかけながら国試対策アプリ黙々と解いてた。
いつも同じ過去問見てると、答えを暗記しちゃう事があるからそういう意味でも有効。
周りには単にスマホいじってるように見えるのかな笑
それと、単語帳は本当に優秀。
今時そんなアナログな...って思うかもしれないけれど
自分で覚えたい内容を一問一答にして作るだけでも頭に入るし


あとがき

齋藤茉奈「私の国試物語」講演は2月23日午後場所未定。お楽しみに。



>TOP

■第482号週刊ALS患者のひとりごと    2020年1月12日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

私の国試物語5

齋藤茉奈(島田療育園勤務・南多摩看護昨年卒)

体調管理しつつ、毎日コツコツ勉強。
必修だけは9割取れるくらいまで完璧に。
焦りや不安は家族、友達、先生にどんどん吐き出してストレスコーピング。
この時期は感染予防も忘れずに。
結核でも流行らない限り、うがい手洗い手指消毒マスク着用が最強。

国試当日は遅刻厳禁。
最悪、勉強道具と受験票持って時間内に入れば何とかなる。
持ち物リストを予め作って荷物を詰めておいて
万が一電車が止まった時の回避ルートも全部調べておく事。
大丈夫、友達は寝坊して車で送って貰ってたけど間に合ったから。
お昼の休憩時は
午前問題の話はぜっっっったいしない方がいい。
不安が強くなるし、それより午後に向けてトイレ行って糖分取ってまとめノート黙々と見てる方がずっといい。
この問題2だよ、いや3だよとか周りの声は無視。
周りの人が頭良さそうに見えるのも当然。
大丈夫、周りの人も同じこと考えてる。
私は私という意識を持って。
冷たい言い方だけど、どんなに友達と頑張って勉強してきても、最後は個人戦だから。
今までやってきた自分を信じて。

ケーススタディとか実習の記録とか履歴書とか、正直飽きちゃったり、なかなか手が進まなかったりする物ばかりで辛いと思う。
だから、そんな時にふて寝したかったら寝て回復するも良し
なんか手持ち無沙汰だなーと思ったらアプリ開いて高正答率の過去問だけ解いてみたり、必修ちょこっと解いてみたりして、この分野不安だなと思ったら単語帳にしてみたり、ルーズリーフに纏めてみたり。

こんな感じで国試は頑張ってました。
あと1番大事なのが、生活リズムの修正。
ぶっちゃけこれが一番つらいかも...特に私みたいに典型的な夜型人間さんは...
実習中は夜中まで記録やってて3時間しか寝られなくて、昼間眠くても仕方ないと思う。
実習中に規則正しいリズム求めてたら記録書けないし仕方ない。


あとがき

5回で連載終わりました。たくさんの反響をいただきました。齋藤茉奈さん本当にありがとうございます。受験に向かうみなさん、あなの「私の国試物語」そして「私の実習物語」をお書き下さい。あなたの人生の財産になるとともに、看護の世界の改善にきっと花開くと確信します。2月23日場所未定ですがおあいしましょう。タイトルの番号に誤りがありました。お詫び申し上げます。



>TOP

■第483号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月3日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

相模原やまゆり園事件を振り返る1手紙

衆議院議長 大島理森様 この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。私は障害者総勢四七〇名を抹殺することができます。常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い、居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。

理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。[中略]車いすに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。

私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。

[中略]戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。今こそは革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛いを決断する時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。

世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。

私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。[中略]

作戦内容 職員の少ない夜勤に決行致します。

重複障害者が多く在籍している二つの園(津久井やまゆり園、別の園=原文は実名)を標的とします。

見守り職員は結束バンドで見動き、外部との連絡をとれなくします。職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。二つの園ニ六〇名を抹殺した後は自首します。作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。逮捕後の監禁は最長でニ年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。

新しい名前(×××)本籍、運転免許等の生活に必要な書類。美容整形による一般社会への擬態。金銭的支援五億円。これらを確約して頂ければと考えております。ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。日本国と世界平和の為に、何卒よろしくお願い致します。想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。 植松聖容疑者


あとがき

私は事件直後やまゆり園へ献花に行った。献花台は花で溢れていた。事件と手紙は優生思想そのものだった。初めてナチスドイツが戦争準備のため20万人の障害者虐殺の事実を知り衝撃。ところが事実はさらに衝撃。障害者虐殺の前に40万人を断種処分、後に600万人のホロコースト・ユダヤ人を初めとする大虐殺。その予行演習として障害者虐殺が行われた、最近の研究にある。日本で戦後3年目の1948年に優生保護法成立している。にた発言繰り返す議員も多い。多角度から分析したい。ご意見お願いします。



>TOP

■第484号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月5日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

「私の国試物語」講演会2月23日

場所:男女共同参画センター「フチュール」第二会議室
東京都府中市住吉町1丁目84-1 京王線 中川原駅下車 徒歩1分 時間:14:00~16:00

こんな話もしています。

齋藤茉奈 看護学校3年間の目標…ですか…
私の学校のオリエンテーションで言っていたのは1年に1個、山登りをするという話です。
1年生は座学。2年生は実習。3年生は国試。

佐々木公一 そのようですね。それを工程表に治め、作れたらさらに自分なりに詳しい工程表を作れたらいいですね。そしたらいつも自分は今どこにいるか、立ち位置が確認できます。遊びや旅行なども攻勢的に取れますね。

齋藤茉奈 4年生の大学のカリキュラムは調べてみないと分かりませんが、学年毎にそれぞれ目標があって、だんだん大きくなる山を乗り越えていくんだ…みたいな話だった様な記憶があります。私自身は、時期毎に小さな目標を決めて、モチベーションにしていたような記憶があります。


実体験に基づいた看護学校へ通学しながらの国家試対策と勉強法。ポイント)

模試や先生からのアドバイスはあると思いますが、実体験談として学校のカリキュラムをこなしつつ、日々どのように試験対策をしてきたのか、勉強方法やモチベーションの維持に至るまでを伝えます。

国家試験に挑む人同士、悩みや不安を共有し合いつつ、また繋がることによっても目標の達成にも繋がると考えています。

メールとポスターの写真を是非知人友人に知らせて一緒にご参加下さい。来年はあなたが講師の1人かもしれません。


[講師プロフィール]

看護師 齋藤茉奈(さいとう まな)

2019年2月 国家試験受験
2019年3月 看護学校を卒業し、看護師として島田療育センターに勤務中。

「私の国試物語」講演会2月23日


>TOP

■第485号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月11日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

地球温暖化反対世界数百万の子供ストライキのリーダー
グレタ・トゥーンベリの主張(一部)

2019年4月23日[ロンドン会議]にて

(前略 )いまから10年252日10時間後の2030年ごろ、私たちは人間には制御できない不可逆的な連鎖反応を起こす状態に達し、私たちが知っているような文明は終わりを迎えます。それまでに、社会のあらゆる面で永久かつ前例のない変化が起きなければ。たとえば、二酸化炭素の排出量が50パーセント以上削減されるような変化です。しかもこの予測は、まだ大々的には完成していない発明、すなわち大気から莫大な量の二酸化炭素を除去できるような発明をあてにして計算されたものであることに、ご注意ください。

さらに、この計算には北極の永久凍土が急速に溶けた場合に放出される強力なメタンガスなど、予想のつかない限界点やフィードバックループが含まれていません。大気汚染で隠されている温暖化も、パリ協定で明確に示された、世界規模で必ず実施される必要がある気候正義も考慮されていないのです。

また、こうした数字がたんなる計算でしかないことも頭に入れておくべきでしょう。これは、たんなる予測でしかありません。つまり「あと戻りできない時点」の訪れは、2030年より少し早いかもしれないし、遅いかもしれない。誰にも確かなことはわからないのです。

ただし、だいたいそのころに、そのときが訪れることは事実です。なぜなら、こうした計算は誰かの意見でもでたらめな予測でもないからです。

これらの予測は科学的事実に裏づけられ、IPCCに参加したすべての国によって出された結論です。世界の主要国のほぼすべての科学機関が、IPCCの研究と調査結果を全面的に支持しています。(後略)


あとがき

2月9日南極大陸の気温過去最高18・3度記録。北極の氷溶け続け、とうしょ国の水没か止まらない。私たち動物が出す二酸化炭素を酸素に変えてくれる森林火災が止まらない。グレタさんたちは世界の現実をIPCC(地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための政府間機構)を真剣に受け止めている。全文次号。



>TOP

■第486号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月11日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

『 グレタ たったひとりのストライキ 』

著者
マレーナ・エルンマン 著
グレタ・トゥーンベリ 著
スヴァンテ・トゥーンベリ 著
ベアタ・エルンマン 著
羽根 由 訳

出版年月日
2019/10/07

出版社
海と月社

ISBN
9784903212685

判型・ページ数
4-6・308ページ

定価
本体1,600円+税

海と月社ホームページ
http://www.umitotsuki.co.jp/book/b482623.html



[内容説明]

「No one is too small to make a difference 」=変化を起こすのに小さすぎるなんてことはない。グレタ・トゥーンベリ。16歳。アスペルガー。世界を 動かす気候活動家。

●母だから書けた。「気候のための学校ストライキ」 を始めるまでのグレタと家族のこと。

●世界各地での「グレタのスピーチ」も一挙に収録



 P284~P292

「グレタの主張」

2019年4月23日[ロンドン会議]にて

私はグレタ・トゥーンベリ、16歳で、スウェーデンから来ました。未来の世代を代表して話します。

みなさんの多くが私たちの話に耳を貸さず、ただの子どもじゃないかと言っているのは知っています。でも、私たちは科学者たちが発しているメッセージを伝えているだけなのです。

私たちが貴重な授業時間を無駄にしていると心配している方が多いようですが、みなさんが科学の声に耳を傾けはじめ、未来を守ってくれたら、私たちはすぐに学校に戻ると約束します。それは大きすぎる要求でしょうか?

2030年、私は26歳になります。妹のベアタは23歳。みなさんのお子さんやお孫さんも同じような年齢になるでしょう。

その年代はとても素晴らしい時期だと聞いています。まだ先に人生がたっぷり残っている年代だと。でも、私たちにとって、そんな素晴らしい時期になるのか、あまり確信が持てません。

幸せなことに、私は大きな夢を持てる、なんでも好きなものになれると、誰からも言われる時代と場所に生まれました。どこでも好きな場所で暮らせると。

私のような人々は必要以上のものを持っています。祖父母には夢見ることさえできなかったものまで。

私たちは、望んだものはなんでも手にできたはずなのです。でも、いまは何も持っていないのかもしれません。

いまはもう、未来さえないのかもしれません。

なぜなら、少数の人々が途方もないお金を儲けるために、その未来を売ってしまったからです。みなさんが、限界はない、人生は一度きりだと言うたびに、私たちの未来は盗まれていったのです。

みなさんは、私たちに嘘をつきました。私たちに誤った希望を持たせました。未来は楽しみにするものだと、私たちに教えました。何より悲しいのは、子どもの多くが自分を待ち受けている運命を知らないことです。わかったときにはもう手遅れでしょう。

でも、私たちはまだ幸運です。もっともひどい影響を受ける人々は、すでにその結果に苦しんでいるのですから。でも、そうした声は聞こえてきません。

マイクは入っていますか?私の声が聞こえますか?


いまから10年252日10時間後の2030年ごろ、私たちは人間には制御できない不可逆的な連鎖反応を起こす状態に達し、私たちが知っているような文明は終わりを迎えます。それまでに、社会のあらゆる面で永久かつ前例のない変化が起きなければ。たとえば、二酸化炭素の排出量が50パーセント以上削減されるような変化です。しかもこの予測は、まだ大々的には完成していない発明、すなわち大気から莫大な量の二酸化炭素を除去できるような発明をあてにして計算されたものであることに、ご注意ください。

さらに、この計算には北極の永久凍土が急速に溶けた場合に放出される強力なメタンガスなど、予想のつかない限界点やフィードバックループが含まれていません。

大気汚染で隠されている温暖化も、パリ協定で明確に示された、世界規模で必ず実施される必要がある気候正義も考慮されていないのです。

また、こうした数字がたんなる計算でしかないことも頭に入れておくべきでしょう。これは、たんなる予測でしかありません。つまり「あと戻りできない時点」の訪れは、2030年より少し早いかもしれないし、遅いかもしれない。誰にも確かなことはわからないのです。

ただし、だいたいそのころに、そのときが訪れることは事実です。なぜなら、こうした計算は誰かの意見でもでたらめな予測でもないからです。

これらの予測は科学的事実に裏づけられ、IPCCに参加したすべての国によって出された結論です。世界の主要国のほぼすべての科学機関が、IPCCの研究と調査結果を全面的に支持しています。

私の話を聞いていますか? 私の英語は通じていますか? マイクは入っていますか? だんだん不安になってきました。


この半年間、私は電車や電気自動車やバスに何百時間も乗ってヨーロッパ中をめぐり、人生を大きく変える言葉を何度も何度も繰り返してきました。

でも、誰もそのことについて話さず、何も変わっていません。それどころか、二酸化炭素の排出量はいまだに増加しています。

外国で話をすると、決まってその国の気候に関する具体的な政策を書き出す手助けをしようと言われています。でも、それはたいして必要なことではありません。基本的な問題は、どこでも同じだからです。その基本的な問題とは、気候と生態系の破壊を止めるために――あるいは、遅らせるためにすら――根本的な対策が何もなされていないということです。きれいな言葉や約束はいろいろと並べられているのに。


イギリスは特別です。二酸化炭素の排出量が昔から圧倒的に多かったというだけでなく、現在もとても独創的な炭素収支となっています。

グローバルカーボンプロジェクト[訳注:複数の研究団体が協力して、地球の環境を維持するのに必要な課題に取り組む国際プロジェクト]によれば、1990年以降、イギリスは二酸化炭素排出量を36パーセント削減しました。たいへん見事な成果のように思えます。

しかし、この数字には国際航空、国際船舶、そして輸出入関連の排出量が含まれていません。気候変動研究所ティンダル・マンチェスターによれば、そうした排出量が含まれると、1990年以降の削減率は約10パーセント、つまり平均すると1年間で平均0.4パーセントです。

また、排出量が削減された主な理由は気候政策の成果ではありません。EUの大気質枠組指令[訳注:大気汚染の限界、目標値を決め、それを超えた場合に削減計画の立案、実施を義務づけるもの]により、大気を汚染する古い石炭火力発電所を閉鎖し、汚染の少ないガス火力発電所に転換せざるをえなかったからです。最悪の発電所から、少しはましな発電所に換えたことで、当然ながら二酸化炭素の排出量も減ったというわけです。

でも、気候危機に関するもっとも危険な誤解は、二酸化炭素排出量の [削減] が必要だとされている点でしょう。実際には、それではまったく足りません。温暖化を1.5~2度未満に抑えるには、排出をやめなければならないのです。[排出量の削減] はもちろん必要ですが、それはあくまでも20年以内に排出をなくす急速な過程の始まりにすぎません。私が排出をなくすと言っているのはネットゼロのことであり、早急にマイナスに進むことを意味しています。つまり、現在の政策の大半は適さないということです。

排出を [なくす] ではなく [削減する] と言っているという事実が、おそらくはこれまでのビジネスを支えている最大の力となっているのでしょう。

水圧破砕によるシェールガス採掘、北海の油田とガス田の拡大、空港の拡張、新しい炭鉱計画の許可など、新たな化石燃料の開発に対してイギリスが行っている積極的な支援は、あまりにも馬鹿げています。

いま行われている無責任な行動は、人類最大のあやまちのひとつとして、歴史に記憶されることでしょう。


私も、学校ストライキに参加している数百万の若者たちも、自分たちのやっていることを誇りに思うべきだと言われます。でも、私たちが目を向ける必要があるのは二酸化炭素排出量のグラフの曲線だけです。残念ながら、その曲線はいまだに上昇しつづけています。私たちはこの曲線にどんな影響を与えるだろうかと。健康や成功の度合いをはかるときも、もう経済成長のグラフを使うのではなく、温室効果ガス排出量の曲線を使うべきです。何かをするときも、十分な資金はあるか問うだけでなく、そのことに割く十分な炭素予算はあるのかと問うべきなのです。

それが、新たに使われる通貨の中心となるべきでしょう。


多くの人が、私たちは気候危機の解決策を何ひとつ示していないと言います。その通りです。

だって、どうやって私たちに解決しろと?

人類が直面した最大の危機を、あなたはどうやって [解決] するつもりですか?

戦争をどうやって [解決] するのですか?

初めて月に行くことをどうやって [解決] するのですか?

新しい発明をすることをどうやって [解決] するのですか?

気候危機は私たちが直面したなかで、もっとも簡単で、もっとも難しい問題です。もっとも簡単なのは、すべきことがわかっているから。温室効果ガスの排出をなくせばいいのです。もっとも難しいのは、現在の経済がいまだに化石燃料を燃やすことに全面的に頼っているせいで、経済成長を続けるために生態系を破壊しつづけているからです。

「それじゃあ、具体的にはどうやって“解決”すればいいんだい?」。あなたたちはそう質問します。気候のための学校ストライキをしている子どもたちである私たちに。

私たちはこう答えます。「誰にも確かなことはわかりません。でも、化石燃料を燃やすのをやめて、自然や、まだ破壊を把握できていない可能性がある多くのものを元に戻さなければなりません」

すると、あなたたちはこう言います。「それじゃあ、答えになっていない!」

私たちはこう答えます。「危機を危機として対処しはじめなければなりません。たとえ、すべての解決策がなくても行動しないと!」

「まだ答えになっていない」。あなたたちはそう言います。

そこで、私たちは循環型経済や自然の復元や「公正な移行」 [訳注:地球温暖化対策に伴う不利益をできるだけなくそうとする考え] の必要性について話しはじめます。すると、あなたたちはもう私たちの話を理解できないのです。

必要な解決策がすべて誰にもわからないからこそ、科学の裏づけを得て力を合わせ、解決策を探っていかなければならないと、私たちは主張しているのです。

でも、あなたたちは耳を貸してくれません。

この答えは、あなたたちの大半がほとんど理解していない危機を解決するためのものだから。あるいは、理解したくないのかもしれません。

あなたたちが科学に耳を傾けないのは、これまでの暮らし方を続けられる解決策しか興味がないからです。

そんな答えはもうありません。まだ間に合うときに行動しなかったから。

気候の崩壊を防ぐには、カテドラル・シンキングが必要です。天井をどうつくるかはっきり定まらなくても、土台を築かなければならないのです。

たんに方策を見つければいいだけのときもあるでしょう。やるべきことが決まりさえすれば、なんでもできるのです。

緊急事態だと思って行動しはじめれば、すぐさま気候と生態系の破壊は避けられると確信しています。人間にはとても順応性があるので、修正はまだ効きます。

ただし、そうできるチャンスは長く続きません。今日から始めないと。これ以上、言い訳はできません。私たちの子どもが教育を受ける機会と子ども時代とを犠牲にしているのは、これまでつくりあげてきた社会のもとで政治的に実現可能なことを考えている、と聞かされるためではありません。

私たちが街へ出ているのは、みなさんと一緒に写真を撮るためでも、みなさんに行動を称えてもらうためでもありません。

私たちは、大人の目を覚ますためにやっているのです。

互いの考えの違いを脇に置いて、危機に瀕したときのように行動してもらうために。希望と夢を取り戻すために。


マイクがきちんと入っていたことを願います。

みなさんに、私の声が残らず届いていたことを。


[写真]ク゛レタ たったひとりのストライキ


>TOP

■第487号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月15日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

私の読書日誌2020

日付は読了日

1・1 現代史とスターリン『スターリン秘史ー巨悪の成立と展開』が問いかけたもの 渡辺 治・不破哲三 新日本出版社

「ソ連の変化の実際」と「シベリア抑留の何故?」の主な疑問に読んだ。無賠償、無併合のレーニンのソ連から覇権主義、領土拡張主義のソ連の変化の「大テロル」と呼ぶ200万人の殺害。あまりにもおぞましく凄まじい。135万人の日本人移民、最大時80万人の関東軍を「家族のもとにかえせ」がソ連の第一報。ところが近衛内閣の使者が、そのままシベリアに止めて欲しい!と懇願。8日後ソ連「シベリア抑留」決定。

1・5 ノモンハン 責任なき戦い 田中雄一 渡瀬昌彦
1・8 『日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実』 吉田 裕 著 中公新書2465
1・21 題名 インパール作戦従軍記 著者 日野葦平 解説 渡辺考 出版社 集英社
1・23 『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 大木毅』
1・27 啄木断章 碓田のぼる 本の泉社
1・29 【安倍三代】著者 青木 理 出版社 朝日文庫

安倍晋三は馬鹿ではない。だか決して優秀ではない。ゼミ・サークルでのリーダーシップもない。確かにあるのは,母方の祖父岸信介の寵愛だけだ。日本会議で囁かれていたという「神輿は馬鹿で軽いのがいい」がよくわかる。「晋三は人の気持ちが分からないから、政治家にしてはいけない(父安倍晋太郎)」・野中広務著より、よくわかる。失敗を踏まえて「馬鹿で軽い」のをカバーするため2次政権での日銀、マスコミ、人事局、法制局、いま検事総長を意のままにしようとしている。

1・31 『相模原事件とヘイトクライム 保坂展人
2・1 【グレタ たったひとりのストライキ】 著者 マレーナ&ベアタ・エルンマン、グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ 出版社海と月社 羽根由(訳)

世界数百万人の学校ストライキのリーダーグレタ・トゥーンベリは、いま16歳。IPCC(地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための政府間機構)報告を正面から受け止め、地球温暖化の危機を世界に呼びかけ、行動している。私は人類の未来はここにあると感動。グレタのイギリスでの演説を広めている。

2・11#あなたを幸せにしたいんだ 山本太郎とれいわ新選組山本太郎 集英社
2・14『医者よ、信念はいらない まず命を救え!』 著者 中村 哲 出版社 羊土社
安倍「日本会議政権と共犯者たち」 佐高 信  河出書房新社


>TOP

■第488号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月26日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

希望者全員PCR検査を実施せよ!
検査無くして診断なし!治療なし!

9歳の少年が38度以上の高熱に、コールセンター、医者も、保健所も「該当しない」と拒否。妊婦が高熱に悩まされ38度以上の高熱に。これもコールセンター、医者も、保健所も「該当しない」と拒否された。

いま国がまっさきにやるべきことは 第一に、希望者全員PCR検査を実施すること。日本には1100を超える民間検査機関がある。活用しないのは,無知か悪意か?第二は、大学や民間機関なども活用した検査体制の確立とともに、重症者受け入れに備えてベッドを空ける病院の減収を補うための措置、一般病院への防護服やゴーグル、人の手当てなど予算組み替えを含む予算措置。感染拡大の影響で資金繰りが苦しくなっている中小企業へのつなぎ融資、仕事を休んだ場合の収入を確保するための雇用調整助成金の対象拡大、雇用関係のないフリーランスの人の不安に応える対策など。国民に求める前に早くやれ!!

私は新型コロナウイルスで、政府は2つ重大な失敗をしたと思っている。水際作戦の時期とクルーズ船対応です。武漢で発生11月、以下田村議員のNHK日曜日討論から。「安倍首相をはじめ政府のトップの姿勢を厳しく指摘しなければならない」と批判。「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の第1回会合は2月16日とあまりに遅く、安倍晋三首相が出席したのはマスコミの入った最初の3分だけだった、また政府の対策本部の会議も3人の閣僚が欠席していたことを指摘し、「まじめさが問われている。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応でも「何故3700人をも閉じ込めたかなどの問題があったことを認めて、検証が必要だ。


あとがき

新型コロナウイルス問題での政府の無能さに呆れと怒り。「遅すぎる」「悪いのは厚生労働省と日本政府」下船者の声だ。



>TOP

■第489号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月26日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

水はだめ、お湯を!!

新型コロナウイルス対策について

一心病院に勤めてる看護師さんから流れて来たので転送します😊

⚠️概要としては、今回のウイルスは、熱に、弱いそうです。冷たい飲み物は、厳禁です。いつも、温かい飲み物、ぬるま湯を持ち歩いてください。

以下は、武漢研究所に派遣されている米国の友人クァク·グヨンさんからメッセージです。ぜひ多くの皆さんに伝達してください。彼は肺炎ウイルスの研究を行っています。

ーーーーーーーーー

最も簡単な識別方法は、

・一般の風邪を引いたときは鼻水と痰があります

・コロナウイルス肺炎は鼻水のない乾いた咳があります。

新しいタイプのコロナウイルス肺炎である。医療知識についてもっと知れば、予防に役立ちます。

今回の武漢のウイルスは耐熱性がなく、36-37度の温度で殺傷されます。 そのため、お湯をこまめに飲むことが対策になります。お湯をこまめに飲んでいれば予防できます。

あとは、陽射しのもとに行ってください。 冷たい水、特に氷水を飲まないよう心がけてください。お湯を飲むことはすべてのウイルスに効果的です。 ぜひ覚えてください。

🟢コロナウイルスに対する医師の助言:

1.ウイルスの大きさが非常に大きく(セルの直径は400-500nm)、すべての一般マスク(N95の機能だけでなく)は、これをフィルタリングすることができます。 しかし、感染した人があなたの前でくしゃみをすれば3メートル離れてても飛んできます、気をつけてください。

2.ウイルスが、金属の表面に付着している場合は、12時間以上生存しています。金属に触れた場合は必ず石鹸で手を洗ってください。

3.ウイルスは服に付着の場合は、6-12時間活性化状態を維持しています。洗濯洗剤はウイルスを殺します。 毎日洗う必要のない冬服の場合は、太陽の下に置いておけばウイルスを殺すことができます。

🟣コロナウイルスによる肺炎の症状:

1.最初は喉に感染させます。咽頭に3~4日間続き、乾燥した感じを持つようになります。

2.その後、ウイルスがコエクに混合され、器官に流れ肺に入り、肺炎を起こします。 この過程が5-6日になります。


3.肺炎で高熱と呼吸困難が発生します。 鼻腔は正常な状態より異なり、おぼれたように息苦しくなるでしょう。 こんな感じなら、すぐに医師の診察を受けてください。

🔵予防について:

1.最も一般的な感染は、物を触ることなので、手をよく洗わなければなりません。(目をこすったり、鼻など触れないようしてください)

2.手をよく洗うことのほかにもBetadine Sore Throat Gargleでうがいうがいをして喉にウイルスが付着し肺に落ちる前までに、細菌を除去したり、最小化することができます。

ーーーーーーーー

どうぞ多くの方に伝えてください。ウィルスは、低温の中で長期生存するので、冷たいものを飲まないようにしてくださいね。冷たいもの厳禁です。外出しないといけないときは、熱いお湯かぬるま湯をぜひ、持参してください。2月末から3月末は ウィルス感染、タクシー🚕感染、新幹線🚅感染、街中感染など、沢山発生する可能性が高いです。 参考になればと思ってお知らせしました😃

あとがき

私たち24時介護を受ける者(私は25年目のALS、呼吸器患者です)にとり、現状は死活的危機状況です。介護体制の破綻は遠くない死を意味するからです。私は希望者全員PCR検査を実施せよ!叫びます。



>TOP

■第490号週刊ALS患者のひとりごと    2020年2月29日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

実録安倍晋三理解のために

安倍晋三は馬鹿ではない。だか決して優秀ではない。ゼミ・サークルでのリーダーシップもない。確かにあるのは,母方の祖父岸信介の寵愛だけだ。日本会議で囁かれていたという「神輿は馬鹿で軽いのがいい」がよくわかる。「晋三は人の気持ちが分からないから、政治家にしてはいけない(父安倍晋太郎)」・野中広務著より、よくわかる。失敗を踏まえて「馬鹿で軽い」のをカバーするため2次政権での日銀、マスコミ、人事局、法制局、いま検事総長を意のままにしようとしている。

1・29 【安倍三代】著者 青木 理 出版社 朝日文庫参照

「安倍君は私の授業の単位を取らないまま、いつの間にか卒業していた(成蹊大学元教授)」必修科目の政治学の加藤教授と思われる。

南カリフォルニア大学大学院について書く。最初の1年間は英会話、2年目は政治学はホームシックで逃げ帰ったと伝えられる。

「安倍さんは俺が(家庭教師で)教えなかったら、成蹊大学にも行けなかっただろう」自民議員

「羊が狼の群れと遊んでいうちに、あんなになってしまった」(成蹊大学の先輩)

「安倍君は私の授業の単位を取らないまま、いつの間にか卒業していた(成蹊大学元教授)」

故後藤田正晴の言葉。「安倍晋三だけは首相にしてはならない。あいつには岸(信介)の血が流れてる。みんなは岸の恐ろしさを知らない。」(少し解説。日本には公然と「あの戦争は正しかった」という政治家は3人しかいない。母方の祖父岸信介と「支那(中国)とまたせんそうして今度は勝ちたい」と言い続けた石原慎太郎と現憲法を「惨めな押しつけ憲法、戦前の日本に戻したい」と講演して歩く安倍晋三の3人だ)


あとがき

政策、方針とは、それまでの闘いや歩みを総括して、到達点と未到達部分と新しい課題を、新しい情勢の中でどう実践するかを決めること。残念ながら安倍には何もない。水際作戦とクルーズ船対応の失敗から学ばずして未来はない。



>TOP

■第491号週刊ALS患者のひとりごと    2020年3月2日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

「晋三は人の気持ちが分からないから、政治家にしてはいけない(父安倍晋太郎)」・野中広務1

ツイッターから

“女性(江川紹子さん)が「まだ質問があります」と声を上げ、首相が少し驚いたように声の方を見た。司会者が「予定した時間を過ぎております」と発すると、首相は頭を下げて出口に向かって歩き始めた。同じ声で「質問にちゃんと答えないんですね」との問いかけも飛んだが、首相は退出した”10人が手を挙手。

【首相動静】

 午後6時から同36分まで、記者会見。

 午後6時57分、官邸発。

 午後7時12分、私邸着。

 午後10時現在、私邸。来客なし。


青木理氏「(首相は)判断に時間をかける余裕が無かったというが、初の感染者から1ヶ月以上経っている。いろんな準備や判断する余裕があったはず。その間、取り巻きやお友達と会食されてて、昨日も記者会見で"まだ質問あります"と言ってるのにお帰りになられた」


脚本通りにしか答えられないし、会見が終わってしまうと自分で何をどう答えたかも覚えていない。だから、記者の質問に応じて時間を延長しても「いわば」「まさに」「つまり」「そもそも」「しっかりと」の繰り返しに終わり、記者の皆さんの時間を無駄にするだけだと思います。

あとがき

2700億円ですべての休業補償ができるか?(数兆円かかる)、予算措置に10日!危険な2週間にあと4日しかない!!こんなメールがあった。「埼玉で37.5度の熱を3週間出している夫婦です。発症前に湖北省のかたと接触した経緯もあります。要件を満たしているのに「肺炎症状がないと検査には進められない」と厚労省が出している通達とはちがう回答をもらっています。」



>TOP

■第492号週刊ALS患者のひとりごと    2020年3月5日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

「晋三は人の気持ちが分からないから、政治家にしてはいけない(父安倍晋太郎)」・野中広務2

ツイッターから 首相会見裏側

蓮舫「なぜ江川紹子さんの質問(最後に手を上げた記者)に答えなかったのか」

首相「あらかじめ記者会と打ち合わせしている。時間がなかった」

蓮舫「36分の会見後すぐ帰宅している。そんなに帰りたかったのか」

首相「やり取りはあらかじめ質問をもらってる、誰に当てるかは広報が決める」

やっぱりやらせなのね。

毎日新聞 安倍は独断で日本中を大混乱させた。「専門家の意見を伺ったものではない。私の責任において判断(今井補佐官以外誰も知らない異常)」萩生田文科相 一斉休校要請「知ったのは27日当日」


安倍首相、会見で。【現時点で全国で1日4,000件を超える検査能力があります。すべての患者のみなさんがPCR検査を受けることができる、十分な検査能力を確保いたします】

しかし…実際の検査数は能力の3分の1。

日本1万918件(累計)

韓国1万6,260件(昨日)12万5851件(累計)



河井あんり氏の県議時代の映像がすごい! 藤田知事の裏金問題の不正を追及「政治家の出処進退ですから、私から知事に辞職してくださいとは言いません。

でも、私ならもう、辞めています」

〈派手な選挙運動の原資は自民党本部からの1億5千万円…「なぜ河井夫妻にこのような待遇をしたのか謎だ。最終的には安倍首相が決めたのだろうが、最初からリスクがあった。説明できないなら(夫妻は)すぐ辞めるべきだ」と、広島県議会議長の中本隆志氏(自民県連副会長)〉

あとがき

何故PCR検査を一気にすすめないのか?「敵を知り己を知れば百戦危うべからず(孫子の兵法)」の名言がある。新型コロナウイルスの分析、攻撃(感染の内容)の内容分析こそ大切だ。1100を超える民間検査機関活用を。

お願いいたします。立岩

>TOP

■第492号週刊ALS患者のひとりごと    2020年3月5日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

ニュースでご覧になった方もおられると思いますが、国会でこんなことがありました。


「ふなご応援団ニュース」13号

2020年3月13日
発行 佐々木公一 東京都府中市四谷 MAIL:hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

[Yahooニュース] 2020年3月12日12:09 (記事:鈴木悠平)より

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

Yahooニュース 2020年3月12日 12:09
https://t.co/HqEXnFmQ8h


Yahooニュースの記事により同日19:02に音喜多氏は問題のツイートを削除。

音喜多 駿 (おときた しゅん) 日本維新の会 参議院議員(東京都選挙区) 36歳

1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)」


>TOP

■第497号週刊ALS患者のひとりごと    2020年3月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

森友自殺 財務省職員 遺書全文公開「すべて佐川局長の指示です」 妻は佐川元理財局長と国を提訴へ

2年前の3月7日、近畿財務局職員・赤木俊夫氏(54)が自ら命を絶った。安倍昭恵夫人が関与する小学校への国有地格安払い下げが国会で問題となる中、起きた決裁文書の改ざん事件。真面目な公務員は、なぜ公文書を改ざんし、そして死を選ばなければならなかったのか。「財務省が真実に反する虚偽の答弁を貫いている」「最後は下部がしっぽを切られる」。A4で7枚の痛切な「手記」やメモには、その経緯が克明に 綴られていた。「隠蔽の安倍政権」の真実がついに明らかに――。(文・相澤冬樹〈大阪日日新聞記者〉)

◆ ◆ ◆
森友問題

佐川理財局長(パワハラ官僚)の強硬な国会対応がこれほど社会問題を招き、それにNOを誰れもいわない
これが財務官僚王国
最後は下部がしっぽを切られる。
なんて世の中だ、
手がふるえる、恐い
命 大切な命 終止府(ママ)
◇◇◇

ノートに走り書きされたこの短い文章は、財務省近畿財務局管財部の上席国有財産管理官だった赤木俊夫さん(享年54)が死の直前に書き残したもの。「手がふるえる」という箇所に下線が引いてある。実際、文字も震えているように見える。


あとがき

熟慮1年4カ月。今年3月7日に俊夫さんの3回忌を迎え、法要が無事終わった。この間、財務省と近畿財務局は妻昌子さんに誠意のない態度を繰り返した。

赤木さんは、世を騒がせた森友事件の公文書改ざんを上司に強要され、自ら命をべ絶った。2018年(平成30年)3月7日のことだ。どうか皆様添付した全文をぜひお読み下さい。そして力の限り広めて下さい。


※添付資料の掲載サイト

3/17(火) 16:00配信 文春オンライン
「森友自殺 財務省職員 遺書全文公開『すべて佐川局長の指示です』 妻は佐川元理財局長と国を提訴へ【先出し全文】」 [外部リンク:Yahoo! ニュース]


>TOP

■第498号週刊ALS患者のひとりごと    2020年4月7日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

失った利益は国が補償する

1 全国民に10万円贈呈 2 コロナ騒動で国の要請の影響により失った利益は国が補償する 3 PCR検査体制を一気に整え希望者全員が検査可とする 4 医療体制拡充を緊急に図る 5 クラスター源になっている歓楽街などの自粛要請に当たり補償を確約してすすめる 6 ネット喫茶難民など弱者対策を万全に

各国の緊急対策

韓国 現金支給(約8万5千円)

米国 現金支給(約11万円)

香港 現金支給(約11万円)

シンガポール 現金支給(最大24万円)

イタリア 現金支給(約30万円)

ニュージーランド 支給(最大45万円)

ドイツ 休業補償(賃金の60%)

デンマーク 休業補償(賃金の75%)

イギリス 休業補償(賃金の80%)

フランス 休業補償(賃金の84%)

スペイン 休業補償(賃金の100%)

日本 マスク2枚(1世帯)


五輪延期決定とともにどっと出た感染者。もともと日本の感染者数は世界から疑われていた。WHO(世界保健機関)が「検査、検査、検査」と言っているのにである。真実の感染状況を知らずに、何故方針が作れるか?不思議だ。「敵を知り己を知れば百戦危うべからず(孫子の兵法)」

韓国との比較

韓国 28万6716人(3月18日0時現在)

日本 1万5655人(3月17日12時現在)

あとがき

武漢で発生11月、中国政府発表12月末。「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」第1回会合は2月16日、安倍晋三首相が出席したのはマスコミの入った最初の3分だけ。政府の対策本部の会議も3人の閣僚が欠席。

経済政策の30万円はより門戸を狭めています。私なら感染源の可能性のあるみなさんに、補償を確約して自粛を求め、感染を完封します。



>TOP

■第499号週刊ALS患者のひとりごと    2020年4月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

コロナ病棟看護師の悲鳴

私は多摩市のとある病院で働いています。感染症指定病院なので、コロナ患者さんも多く入ってきます。

私の病棟は元々整形外科だったのですが、コロナ病棟になりました。毎日、コロナ患者さんのお世話をしています。整形外科がやりたくて入職したのにまさか自分がコロナの第一線に立たさせるとは思ってもみませんでした.......。

同僚や先輩たちは誰も離職せず、みんなで協力して働いています。元々感染症病棟で働いていた先輩たちや経験豊富なパートさんたちが主力になってくれています。しかしマニュアルがまだ充分でなく、分からないことだらけで揉めることも多々あります.......。コロナは分かっていないことが多すぎますね。

私が困っている点としては以下の通りです。

①防護服がない。ビニール袋を着ています。

コロナ部屋に入る時は長袖ガウンで防護することが基本ですが、長袖ガウンはほとんどありません。そのため、手作りビニール袋ガウンを着ています。看護助手や手の空いた看護師、事務たちで協力してビニール袋を改良してガウンを作っています。これで体が守られるのか?というほどのお粗末なものですが...。まさかゴミ袋を着て働く日が来るとは....。もはや新人も協力させて、院内総動員です。それほど物資が足りていません。

②コロナ手当が少ない。

コロナ患者さんを受け持つとコロナ手当というものがつきます。一日340円です。出勤日で計算するとひと月に6,120円しか手当がつきません。もし自分がコロナにかかかったらどんな補償をしてくれるのかも明確ではありません。命をかけて戦っているのに、手当が少なすぎると思っています。

③家族、友人に会えない。コロハラを気にしてしまう。

私は現在一人暮らしですが、立川に住む家族の元には帰れていません。帰ると罹患させてしまう可能性があり怖いからです。世の中の皆さん自粛されているので同じかと思いますが、会いたい人に会えません。毎日職場と自宅の往復、時々スーパーに行くしか出来ません。

また、同僚は同じ家に住む家族から「汚い体でペットに触らないで!早くシャワーしてきて!」「同じご飯食べないで!」など、家族からもコロハラを受けているらしいです。病院側がようやく今週になって提携ホテルを準備してくれたので、そこに入ったり寮に入ったりと住む場所を変えているようです。

④コロナ病棟は志願性ではない。元の病棟の人が働いている。

コロナ病棟で働いている先輩たちの中には小さい子供がいるお母さんたちもいます。コロナ病棟になると聞いた時は、手当を多めにつけて志願制にするのかと思っていましたが......そんなことはなく、メンバーは変わらずです。

ママさんたちにはなるべく部屋に入らないようにしてもらい、外回りをしてもらっていますが.......これが1年単位で続くと言われると厳しいものがあるかと思っています。

⑤新人が配属されない(その方がいいのですが)

私は今年新人教育担当だったため、新人を受け入れる準備をしていましたが、コロナ病棟に新人は入れられないとの事で配属は無しになりました。

新人教育がやりたかっただけに無念です...そこは仕方ないのであまり文句は言えませんが。

長くなりましたが以上になります。

1番深刻なのは物資不足、次に深刻なのは手当が少ない事でしょうか。

分からないことや不満も多いですが何とか健康に働けています。

公一さんも、お身体にはお気をつけください。

コロナは早く収束して欲しいですね。


あとがき

私のところに現場看護師から悲痛な声が寄せられます。コロハラも深刻です。私も介護最前線で頑張っています。迷走する政府に怒りを感じます。次号でまとめます。私事ですがこの「ひとりごとニュース」は、次号で500号を迎えます。2000年5月から子供達や医療、看護、介護、ボランティアほかのみなさんにお伝えしたいことを綴って参りました。次号で全文をご覧頂けるファイルを掲載させていただきます。みなさんに謹んでお願いします。500号へのお言葉をいただけると深甚です。



>TOP

■第500号週刊ALS患者のひとりごと    2020年5月8日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

安倍政権は何故コロナ対応を失敗したか?1経過から見る

11月武漢で発生、

12月末中国政府発表、

1月1日 - 中国での流行の中心地とされる華南海鮮卸売市場が閉鎖された。

1月7日 - 中国政府は原因不明の肺炎は新型コロナウイルスによると発表。

1月9日 - 中国で最初の死亡例が出た。中国の春運における人の移動によって、感染が他の地方や国に急速に拡散した。

1月16日 - 神奈川県で日本国内における初の感染者を確認。

1月16日台湾コロナ対策本格始動、

1月24日 - 東京都での初の感染者を確認。日本国政府は、帰国を希望している湖北省武漢市に滞在している日本人を、チャーター機で帰国させることを決定。

1月27日 - 安倍晋三首相が今回の新型コロナウイルスによる感染症を、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)6条8項に基づく「指定感染症」に指定することを表明。

1月28日 - 奈良県と北海道で初の感染者を確認。

1月29日 - 大阪府で初の感染者を確認。

1月30日 - 三重県、京都府で初の感染者を確認。日本での感染者数が10人を超えた。

1月31日 - 千葉県で初の感染者を確認。

2月1日 - クルーズ船ダイアモンドプリンセス号において香港で下船した乗客1名が、新型コロナウイルス陽性であることが判明。

2月3日 - 横浜港に帰港。日本政府は下船を許可せず。横浜港出発→鹿児島→香港→ベトナム→台湾→沖縄→横浜港帰港。

2月5日 - 14日間の検疫を開始。乗船人数は乗客が2,666人、乗員は1,045人の合計3,711人。クルーズ船対応開始、

2月16日最初の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」、


2月18日 - クルーズ船の検疫結果は陽性(乗員65名乗客466名。計531名)合計2,404検体中542検体が陽性(22.5%)であった。

3月2日安部総理最初の記者会見、

3月5日中国、韓国からの入国制限、

3月14日改正新型インフルエンザ等対策特別措置法施行

3月24日東京五輪延期決定、

3月25日東京都緊急事態条項、

4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」

5月4日「緊急事態宣言延長」安倍会見4度目

中国・武漢を震源とする感染者は国内で1月中旬から確認されていたが、政府の専門家会議は2月16日まで開催されず、感染が拡大していた中国と韓国からの入国制限強化は3月5日、特措法の施行は3月14日までなされなかった。後手に回ってきた政府の対応。

あとがき

コロナ対応の経過は出来るだけ正確なデータに基づき、どこに問題があったかを明にできたらと思っています。経過に加えること、ここが問題、こうすべきだったなど、ご指導心よりお願い申し上げます。実は本号は500号(2000年5月以来)で、目次の数字をクリックするとホームページのそのページにジャンプできるものを作って頂いたのですが載せきれません。次号へ頑張ります。



>TOP

■第502号週刊ALS患者のひとりごと    2020年6月2日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

“消えた”東京の陽性者162人 保健所と医療機関の報告に差 2020年5月30日 14時06

29日の定例会見で、新型コロナ対策について話す小池百合子東京都知事

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

東京新聞 TOKYO Web
https://www.tokyo-np.co.jp/article/32226


あとがき

東京都の発表には疑念を持っていた。3度も修正報道があったからだ。

以上東京新聞



>TOP

■第503号週刊ALS患者のひとりごと    2020年6月7日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

特別決議案・コロナ被害を補償させよう!

コロナ禍で私たちのデイサービスでも、職員の発熱+利用者3名の濃厚接触者が出て、大変な経験をしました。発熱が2回目であることから、コロナの心配をしました。参考までに立川相互病院に電話をしたところ、「PCRの検査は当病院でも行っている」との情報を得た。休日は3時までとのこと。4月30日13時時点で解熱はしておらず38・5Cで、かかりつけ医はレントゲンがきれいなので、肺炎症状は見られず、コロナではないとのこと。

管理者が保健所に聞いたところ、「後2,3日様子を見ること。寝ていても苦しく、椅子に腰かけて呼吸ができるくらいまでは自宅待機で」と、重篤化していない判断で検査につながらなかった。

厚生労働省の「37・5度4日間」が、検査の足枷になっていることを実感しました。28日、国会で野党が「PCRを増やしていくべき」と質問、西村経済相「PCRを増やせというのは患者を増やしたいということか」と回答。PCR検査を増やさないこと、数に表れる感染者を増やすな、が内閣の秘めた目標だったことが推測されます。

介護は慢性的に人手が足りない。多くのヘルパーは、自身が感染し、広げてしまうのではないかという不安も抱えながら仕事を続けている。

政府は新型コロナウイルスの対応にあたる医療の診療報酬を上積みするなどしているが、介護現場の努力にも報いるべきと思う。しかし政府の2次補正予算から見ると、「介護・福祉分野の支援についても新たに対象に追加。感染対策を徹底したサービス等の提供をするために必要な経費、介護・障害福祉事業所への慰労金の支給、サービス利用の再開支援等⚫[ママ] 介護・障害福祉分野における感染拡大防止等への支援【3.3億円】」という内容を何とか見つけました。私たちの運動の拠り所になるかもしれません。

介護は、介護保険法が施行される前は医療の分野に属していた。今は分野が違えど、介護は命を守る必死のたたかいをすすめています。

2つの課題、コロナ被害の補償と介護報酬の倍加を!目指します。

以下の事項を要望します。

<概要>


2020年6月6日NPO法人わの会理事会

あとがき

ご意見よろしくお願いします。



>TOP

■第507号週刊ALS患者のひとりごと    2020年6月26日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

小池百合子の本当の顔

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

しんぶん 赤旗「きょうの潮流」 2020年6月14日
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-14/2020061401_06_0.html


あとがき

先日騒ぎなったカイロ大学は軍政下にあり、エジプトは小池を便利な手駒として活用し、小池はエージェントの役割をはたしてい。小池の生い立ちは驚くべきことに、ほとんどすべてが巧妙な嘘につつまれています。小池が阪神淡路大震災の地元の必死の陳情に、マニキュアを塗り続け、一度も顔を上げなかった。私は日本に帰る直前の小池の言葉が忘れられません。「(2年近く同居した女性に)私今度本を出すの。でもあなたのことは書かないわ。バレちゃうから。」

築地女将さん会何度も要請書をお出しし記者会見で築地を残す様心の限り訴えましたが、1度も返答も無く、無視されてきました。まさしく排除されました。鼻で笑われました。引用ツイート

ぜひみなさん『女帝 小池百合子 (文春e-book)』(石井 妙子 著)をお読み下さい。ベストセラーです。実話です。



>TOP

■第508号週刊ALS患者のひとりごと    2020年7月25日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

逮捕された医師は元厚労省官僚 「高齢者は社会の負担」優生思想 京都ALS安楽死事件

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

京都新聞 2020年7月23日 17:00
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/314432


あとがき

4年前のやまゆり園事件(重度障害者50人を殺傷)を思い起こさせる。ヘルパーのいない10分間の犯行!議論続けたい



>TOP

■第509号週刊ALS患者のひとりごと    2020年7月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

社説[ALS患者嘱託殺人]「安楽死」とは言えない

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

沖縄タイムズ 2020年7月25日 07:00
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/605925


あとがき

鋭い見方が続きます。政府を変えてまともな議論まで待つ必要があるかもしれません。も安倍政権は財界、アメリカ、日本会議からなります。国民は視界にありません。



>TOP

■第510号週刊ALS患者のひとりごと    2020年7月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

【寄稿】日本ALS協会・恩田さん「余命宣告でない」

※ここに掲載された記事は以下の外部リンクをご参照ください。

岐阜新聞Web 2020年07月26日 14:56
https://www.gifu-np.co.jp/news/20200726/20200726-259443.html


あとがき

この問題は殺人事件、優生思想を本格的にみんなで学び、国会に持ち込まなければ、と思います。関連させて安楽死など懸案の議題への国民的理解を得る必要があると思います。岐阜新聞より



>TOP

■第514号週刊ALS患者のひとりごと    2020年8月14日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

旧都立府中療育センターコロナ専用病院に!
小池知事8/7会見より

そして今日は現状の都の取り組みについて、あらためて都民の皆さまへのお願いも含めて申し上げたいと思います。まず医療提供体制についてでございますが、旧都立府中療育センター施設というところが府中市にございますが、これを活用いたしまして、新型コロナウイルス感染症の専用病院をスタートすることといたしました。規模は約100床でございます。そして中等症程度までの受け入れを想定いたしております。日程的には、10月中で必要な改修工事などを整備を行った上で、完了後、速やかに運営を開始いたします。運営のほうは都立、そして公社病院が担うこととなります。

もう1つ、こちらは東海大学から大変ありがたいお申し出をいただいております件ですが、医学部の付属東京病院、こちらを、改修工事を行った上で、9月中に専用病院として運営をしていただくということで合意をいたしました。東海大学におかれましては大変なご協力いただいておりますこと、感謝を申し上げたいと存じます。

それから現在、都内各地域にあります都立・公社病院でございますが、全ての病院でコロナの患者さんを受け入れています。そのうち10の病院におきまして、それぞれ約100床、合計しますと約1000床の専用病床を確保してまいります。今ご覧いただいているのはその点、場所を示しているところでありますが、こうした専用の病床を都内の複数箇所に確保することによって、速やかに陽性の患者さんを受け入れていくということであります。

宿泊療養施設につきましては、現在6施設を運用いたしておりますが、無症状、軽症の方が現在も増えている中にありまして、来週13日に、加えまして1施設。そして再来週17日には、それにまた新たにといいましょうか、もう1つの施設を加えるということで、この2床、2つの施設を合わせますと約900室が、確保することになりまして、これで合計約3000室を超える部屋数の確保ができることとなります。今後も感染状況を踏まえて、さらなる確保に引き続き取り組んでまいります。


あとがき

何もしない!出来ない!知事は!今2波真っ最中。安倍、小池に殺される気さえする。小池の会見を聞いていると中味がないのにあきれる。



>TOP

■第517号週刊ALS患者のひとりごと    2020年8月19日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

「僕のいた時間」等希望に繋がるドラマをみんなで見よう

「コロナ禍」はALS患者とその家族のための「患者会」の開催まで中止させることになりました。「都立神経病院」は日本一の難病専門病院であり、 その病院の「患者会」も日本一だと信じていますので、ここ暫くはご報告することが無くなったことを残念に思って、 気落らしています。

そんな矢先、俳優の「三浦春馬」サンの訃報がもたらされました。 フジテレビのドラマ『僕のいた時間』 (2014)の主人公を演じた男優でした。

この作品はALS 患者を描いた異色作で、 監修されたのが「都立神経病院」の元院長の林秀明先生であり、医療指導に脳神経内科と作業療法の先生方が尽力されたこともあって「身内の出来事」のようにさえ感じられたのです。 三浦春馬サンは ALS 患者が告知を受けて覚える衝撃と苦悩をリアルに演じて 「患者会」の話題になりました。 ドラマとはいえ患者仲間には切実な情景となって、 是非とも生き抜いて欲しいと切望したものです。 ドラマは気管切開をして生き抜く主人公の様子を描いて深みのある感動を与えてくれたのでした。

それ以来, 「三浦春馬」という俳優の仕事に関心を抱き、 ドラマや映画などを観るようになりました。 歌って踊るミュージカル俳優としても期待していました。 その彼が、 まさかの「自死」なのです。

ALS 患者を演じて「生きること」の意味を学んでいた筈なのに…という遣り切れなさが拭いきれません。 (週刊誌の記事を添付します)。

生きることが辛いような日々ですが長生きをしているおかげで歴史的な奇妙な体験をしているとも思っています。 健康の保持にご留意ください。

東京都八王子市別所1-45-3-4-103 下村憲治

私生活の充実は 俳優としての仕事の 飛躍につながった 三浦が 主演を務め 話題となったのは 14年1月 スタートのドラマ 僕のいた時間(フジ系)三浦はALSという難病に侵されていく大学生を好演しているが、実は三浦自身が持ち込んだ企画だった。

「ALSの患者や家族が見ても納得するほどリアルに描かれていました。難病を扱う映像作品は紋切型になりがちですが、この作品は主人公がALSの進行により日常生活がみならなきなる様子や、自分の将来を悲観し、絶望する心境をしっかりと描かれていた。日本ALS協会が制作協力していますが、三浦くん本人がテレビ局にこの企画を持ち込んだと知り、驚きましたよ」(医療関係者)


あとがき

「ドラマ・僕のいた時間」は初めてALS患者が前向きに呼吸器を着けて生きる物語です。それから東海地方で放映された放映された『あした笑顔で~難病“ALS”生きる挑戦』など生きる物語、希望につながる物語をいつでもみんなで見ようと言う東京支部下村さんの提案です。



>TOP

■第521号週刊ALS患者のひとりごと    2020年8月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

何もしなかった迷走政権!やるたび失敗!

全てが2020五輪改憲に、五輪成功をバネに一気に改憲へ。しかしコロナに関心示さず、五輪開催へ日本は平和、安全を演出に全力。安倍を支える財界の意向を受け、中国からの入国禁止を極力伸ばした。

経過

11月武漢で発生、12月末中国政府発表、1月1日武漢華南海鮮卸売市場閉鎖、

9日 - 中国で最初の新型コロナウイルスによる死亡例が出た。中国の春節により急速に拡散した。 16日 - 神奈川県で日本初の感染者を確認、16日台湾コロナ対策本格始動、24日 - 東京都での初の感染者を確認。日本国政府は、帰国を希望している湖北省武漢市へチャーター機 派遣決定、27日 - 安倍晋三「指定感染症」に指定、 28日 - 奈良県と北海道で初の感染者を確認。 29日 - 大阪府で初の感染者を確認。30日 - 三重県、京都府で初の感染者を確認。日本での感染者数が10人を超えた。 31日 - 千葉県で初の感染者を確認。

2月5日クルーズ船対応開始、16日最初の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議(安倍最初の3分参加、3大臣地元宴席などで欠席)、

3月2日安部総理最初の記者会見、5日中国、韓国からの入国制限、24日東京五輪延期決定、25日東京都緊急事態条項、

安倍理解のために(「安倍3代」より)

安倍晋三は馬鹿ではない。だか決して優秀ではない。ゼミ・サークルでのリーダーシップもない。確かにあるのは,母方の祖父岸信介の寵愛だけだ。日本会議で囁かれていたという「神輿は馬鹿で軽いのがいい」がよくわかる。「晋三は人の気持ちが分からないから、政治家にしてはいけない(父安倍晋太郎)」・野中広務著より、よくわかる。失敗を踏まえて「馬鹿で軽い」のをカバーするため2次政権での日銀、マスコミ、人事局、法制局、いま検事総長を意のままにしようとしている。

あとがき

資料をてんぷします。勉強中ですが、コロナとは何か、日本と外国の対応の経過とコロナ後など勉強します。



>TOP

■第521号週刊ALS患者のひとりごと    2020年9月7日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

昨年の15,19号被害から学ぶ

「ひとりごとニュース」460号から。「私は事前放流が一切されなかったことに、驚きと怒りを感じています。適切に放流されていたら、あれほどの河川氾濫はあり得ない。920ヘットパスカル(上陸時945)、暴風圏600キロというとてつもないスケール、予想雨量も2日前から示されていた。私の台風経験では、945ヘットパスカル(通常1013ヘットパスカル)の異常さもだが、1都12県に被害、6都県21河川の氾濫という暴風圏の広さも異常だ。台風の進行左側の甚大な被害は記憶にない。だが予想雨量なども示されていた。どうなるかは予想された。事前放流など事前の対応はされていない。直接の原因は、例えば千曲川の氾濫は、川幅が広くまた狭くその繰り返し、阿武隈川の氾濫は直角に合流する川が、決壊。相模川は下流に知らせずに緊急放流(これは打つ手なしでまったくだめ、事前放流とは根本的に違う)。国も自治体も真剣に振り返って欲しい。」ところがその後の法改正で事前放流が推奨される。今70のダムで放流中。


15号(千葉県方面に甚大な被害)で緊急提言

全国にある発電機、発電車を緊急で送れ!空からも送れ!

東京電力は千葉県と昨年の和歌山方式を直ちに実行し、倒木処理を急げ!

国は自治体住民の要望に応え、物資を運べ!

組閣ごっこを恥じ、被災地に入れ!小渕内閣は事故で5日間延期した。

東京電力は見通しの甘さを謝罪せよ!しろうとの私でも、千葉市付近上陸、最大風速57・5メートル、気圧960ヘットパスカル(普通は1013)、加えて台風の進行方向右側は被害甚大と推測した。右側の房総半島上陸以前に深刻な被害を受けていた。東京電力が災害対策費用を震災前の9000億円から2000億円(2015年)に激減させていた。

今回の台風大被害を目の前にしながらの組閣ごっこ。忘れはしまい昨年の西日本豪雨で、死者が増え、被害が増え始めた丁度その頃赤坂自民亭での総理、法相先頭の大宴会!(写真希望の方送信します)なお翌日はオウム12人死刑執行日。

私は「自分の責任でない災害や事故の現状回復には、国が責任を持つ」ような国でありたい、と思っている。そうすれば税金の使い方が変わる、無駄遣いとりわけ武器、兵器、原発などを買わなくなる、買えなくなる。国民は不要な預金を持たなくなり、安心してものが買えるようになる。


あとがき

私は台風10号が915ヘットパスカル、風速70〜80メートルの予報に驚愕していた。結果は945ヘットパスカル、風速59・4メートル(長崎。それ以外は40メートル台かそれ以下。)。河川氾濫のニュースがまだないのは「事前放流」の成果とおもわれる。九州全域に停電が広がっている。発電機・車を施設中心に緊急に配れ!自民総裁選だが、菅は安部政治を受け継ぐという。コロナ対策初め迷走安倍を受け継がれてはたまらない。野党政権を作ろう!国民の要望・要求をまとめて政策にすれば、そしてその政策を掲げて候補者を立て、全ての国民に知らせ、投票率を上げれば必ず勝てる!



>TOP

■第521号週刊ALS患者のひとりごと    2020年9月15日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

福島応援 on song再開!101回目!
呼びかけ人 上村明子

東日本大震災からちょうど9年を迎えた今年の3月11日、もうコロナ禍は始まっており、東京都の非常事態宣言が出ておりました。が、しかし、福島応援Onsongの街頭行動を中止にする気持ちは全くありませんでした。この日は、暑くても寒くても大雨でも、毎月11日に欠かさずやってきて100回目を迎えた日でした。

例年、3月11日はこの府中けやき通りでも多くの団体が取り組み、ステージも設けられ、2時45分に黙祷するときは、けやき通り一帯が大きく一つの空気に包まれたものでした。

ところがこの日は私たちのみでした。いつもよりたくさんの方々が来てくださり、一人一人の間を開けて歩道の両側に立ちましたから、あたかも大きな楕円を作っているようでした。すぐそばで削岩機を使って道路工事中でしたが、私たちが歌い始めると、終わるまで音を立てないようにする旨申し出てくださいました。

このように100回目を行なった私たちですが、それ以降、「三密(密集、密閉、密着)」を避けることが新型コロナ対策の指標となり、「自粛を」という掛け声によって、あたかも自分たちで主体的に決めたような感じにされて、どんどん、すべてのイベント、コンサートが中止となっていき、私たちもとうとうその波に飲み込まれるように、4月の街頭行動を中止いたしました。実際、高齢者や、障害者や、感染に注意しなければならないメンバ—を多く持つ私たちは、中止にせざるを得ませんでした。

コロナの医療従事者に防護服が必要だということで、原発労働者の分が間に合わなくなり、 ビニール のカッパを重ねて代用しているとか、悲惨な話が漏れ聞こえてまいりました。安倍首相が、8月28日、健康上の理由から辞任しましたが、7年という長い任期中、一番ないがしろにされ続けたのが原発問題でした。

コロナは一向に終息する様子がなく、「歌う」という行為が、最も飛沫が飛び感染につながるものであるゆえに禁じられるという、およそ考えてもみなかった展開となりました。

季節の歌、懐かしい歌を私たちが歌い、道ゆく人がつい口ずさむ、アンパンマンの歌を聴きいってくれる小さな子供、僕たちも歌いたい、と、飛び入りでマイクを握ってくれた高校生、、、あの日々は簡単に戻りそうにありません

6月から? 7月から? 9月なら!、という憶測も虚しく、事態は終息しそうもありません。

そこで、このような中でもできることをやっていこうと、毎月街頭行動の時にお渡ししていたようなニュースを復活させ、いままでOnsongに関わってくださった方々に読んでいただこう、ということになりました。

どのくらいのペースで出して行けるかわかりませんが、皆様からもいろんなお話を聞かせていただいたり、学びと交流の場になれば良いなと思います。


あとがき

4,5,6,7,8月と休みを余儀なくされた福島応援 on song、今後も厳しいですが、みなさんのお知恵もお借りしながら頑張ります。どうぞよろしくお願いします。



>TOP

■第522号週刊ALS患者のひとりごと    2020年9月18日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

再録

第474号週刊ALS患者のひとりごと    2019年12月10日
発行 佐々木公一 042-302-9444 アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

追い詰めたぞ安倍晋三!!!

やっぱり、安倍首相は、ジャパンライフ山口会長と会っていた。1984年、安倍晋太郎外務大臣のニューヨーク渡航に際して、山口氏が同行していたことが、1986年の安倍外務大臣の国会答弁で明らかになっていますが、本日、外務省提出の資料で、当時の安倍晋三秘書官が随行していたことが明らかに。共産党宮本議員ツイート7日


中元名簿に安倍、麻生、菅以下自民議員30人!

安倍晋三首相 宣伝チラシに「桜 状と写真掲載。

下村博文選対委員長 政党支部が献金受 に記載

加藤勝信厚労相 宣伝チラシに登場 記載

二階俊博幹事長 宣伝チラシに登場 記載

麻生太郎 財務相 竹下亘

菅義偉 官房長官 小野寺

甘利明 税調会長 平沢勝栄

茂木敏充 外相 頷賀福

消費者担当相 石破茂

田中和徳 復興相 谷垣禎一

岸田文雄 政調会長 船田元

世耕弘成 参院幹事長 加治屋

稲田朋美 幹事長代行 長谷川

河村建夫 元官房長官 三原明

高村正彦 元外相

大島理森 衆院議長 山口那

森山裕 国対委員長 富田茂之


1月27日自民党二階俊博幹事長を囲む懇親会を山口会長主催で開催しました。トップ政治家やマスコミの方々が参加しました。このメンバーで毎月情報交換会行っています。自民党幹事長二階俊博


あとがき

これが安倍、これが自民だ。早くしないと滅びてからではおそい。



「特異性」文書は本物 元職員認める

日刊現代DIGITAL記事
(兼田徳幸 2019年12月7日)

「桜を見る会」の招待客をめぐって野党が公開した消費者庁の内部資料とされる文書について、当時の担当職員が朝日新聞の取材に対し、課内の打ち合わせ用に作ったメモだと認めた。消費者庁は国会での野党の質問に対し、この文書の真偽の回答を拒否している。国文書、ジャパンライフ巡り「特異性」記載か。野党追求。

文書は「本件の特異性」のタイトルで、後に消費者庁が4回にわたって行政処分を出す「ジャパンライフ」への対処方針を打ち合わせた2014年7月の記録。「政治的背景による余波懸念」などと記されていたため、調査に対する政治的な介入がなかったか、野党が追及していた。同社の当時の会長は、翌年春の桜を見る会に首相推薦枠で招待された可能性が指摘されている。

作成したことを証言したのは、消費者庁の当時課長補佐級だった元職員。課長が人事異動で代わったばかりで、懸案だった同社への立ち入り検査の是非が議題だったといい、消費者からの相談情報を分析した資料とともに用意したという。

元職員は、「特異性」のタイト…

1月27日自民党二階俊博幹 事長を囲む懇親会を山口会長主催で開催しました。トップ政治家やマスコミの方々が参加しました。このメンバーで毎月情報交換会行っています。自民党幹事長二階俊博



>TOP

■第523号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月2日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

首相が6人任命拒否

学術会議総会 新旧会長“大変重大”2020年10月2日新聞赤旗より

日本学術会議は1日、東京都内で総会を開き、山極寿一前会長(京都大学前総長)が、同会議が推薦した新会員のうち6人が菅義偉首相により任命を拒否されたことを明らかにしました。山極氏は退任のあいさつで「日本学術会議法第7条で『推薦に基づき』とあるのは重い規定。任命拒否は日本学術会議の歴史になかったことで重大だ。大変残念だ」と述べ、菅首相に説明を求めていると報告しました。

6人の名前は公表されませんでしたが、本紙の取材に、小澤隆一東京慈恵会医科大学(憲法学)、岡田正則早稲田大学(行政法学)、松宮孝明立命館大学(刑事法学)、加藤陽子東京大学(歴史学)、芦名定道京都大学(キリスト教学)、宇野重規東京大学(政治学)の6人の教授が任命を拒否されたことを明らかにしています。多くが安保法制や共謀罪、沖縄の新基地建設などに反対を表明しています。

山極氏は任命拒否の理由を示すよう菅首相あてに文書を提出したものの、現時点まで説明はないと報告。「日本学術会議は内閣府と密接な関係を持つが、命令を聞く組織ではない。科学者が業績を精査して推薦したのだから、説明もなく任命しないことは重大な問題だ」と強調し、新しい会長らが、この問題を議論し、今後対応するよう求めました。

日本学術会議の会員は210人で任期は6年。3年ごとに半数が改選されます。同会議は今回の改選にあたり、105人の推薦者を8月31日に内閣府に提出しましたが、総会直前の9月28日夜に、任命しない理由を言わずに6人を推薦名簿から外してきました。

総会で新会長に選出されたノーベル物理学賞受賞者の梶田隆章東京大学教授は、総会後の会見で「重要な問題なので、しっかり対処していきたい。学問の自由、学術会議の中立性にもかかわることだと思っている」と話しました。

小澤、岡田、松宮の3氏は連名で、任命拒否の撤回に向け総力であたることを求める要請書を日本学術会議会長あてに提出し、出席した会員に配りました。(関連3面)

本紙の取材に総会出席の会員からは、この問題への疑問や批判が出ました。新会員になった吉岡洋京都大学特定教授(美学・芸術学)は、「学問にも口を出すという菅政権による宣言だ」と批判。「こんな介入がまかり通れば、学者が萎縮する」(関西の国立大学教授)、「学術会議の目的は政策の提言で議論の場。これは科学者に議論させないということだ」(学術団体役員)などの声も聞かれました。


あとがき

科学から離れる日本。安倍菅。コロナ対応のデタラメ、今度のファシズム露呈。



>TOP

■第524号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月15日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

菅の闇1

菅はまた、究極のニセモノである橋下徹をこう言って評価する。 「橋下さんは労組ともぶつかり、大阪を変えようとした。改革者だ」  ルール破壊によって日本をメチャメチャにした竹中と橋下も近い。  だから、菅、橋下、竹中は同じ穴のムジナのニセモノ・トリオなのだ。松田賢弥の『影の権力者 内閣官房長官菅義偉』(講談社+α文庫)に松田が書いた『週刊現代』(2007年9月8日号)の記事の話が出てくる。当時、総務大臣だった菅の「不正事務所費2000万円」問題である。そのころ菅は横浜市南区に一戸建ての事務所を持ち、そこに自民党神奈川県第二選挙区支部と政治団体の菅義偉後援会を置いていた。政治資金報告書でいう事務所費に計上されるのは家賃や駐車場代が大半を占めるが、菅の事務所の場合は家賃が月約30万円なのに、2003年から3年間の収支報告書によると、神奈川県第二選挙区支部と菅後援会の事務所費の合計は2003年が約2100万円、04年が約1600万円、05年が約1900万円と、家賃の数倍の事務所費を計上している。だから、年約1000万円から1500万円の事務所費の使途が不透明なのである。菅はある時、松田にこう言ったとか。「(師と仰いだ)梶山静六さんと俺の違いはひとつあった。梶山さんは平和主義で『憲法改正』に反対だった。そこが、俺と違う」 いま、創価学会(公明党)とベッタリの菅は、1996年の衆議院議員選挙に立った時、相手が元学会の青年部長だったこともあって激しく学会を攻撃し、池田大作を〝人間の仮面をかぶった狼〟とまで批判した。しかし、菅こそが〝人間の仮面をかぶった〟冷酷狼ではないか。"(『幹事長 二階俊博の暗闘』(佐高信 著)より


あとがき

早くも独裁の牙が。学術会議名簿6人理由無き削除という違法行為である。我々にてきたいする者は許さない、を悪夢の「7年8か月」!を引き継ぎ貫くつもりだ。いまコロナを猛勉強中。朝ドラでインパール(インド)の場面があった。9万人を派兵、帰国は1万人強。大半の死因は餓死。旧日本軍の欠陥は情報のデタラメと分析の欠如と戦力の逐次投入。しかも国民をものあつかい。シベリアでは135万人の民間人と85万人の関東軍(私の父は通信兵で少し早く帰国)を帰国させるとソ連軍、慌てた日本軍はそのまま抑留を懇願。



>TOP

■第525号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月19日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

障害連シンポジウム2020.オンラインで開催
コロナ禍、改めて厳しい状況が浮き彫りに

「コロナ禍と、私たち障害者」をテーマに、10月17日(土)zoomで障害連シンポジウムを行った。パネリストは、海老原宏美さん(自立生活センター・東大和 理事長)、山田悠平さん(精神障害当事者会 ポルケ)、五位渕真美さん(障害連)、尾上裕亮さん(障害連 代表)の4人。

海老原さんや五位渕さんは、介助者の体調に気を配ったり、シフト調整が大変であることを話してくれた。そして、海老原さんは人工呼吸器を現在つけていたり、胃ろうであったり、他にも合併症があることから、「冬の時期になると、風邪をひかないように細心の対策を図っていて、ある意味自分にとってこの状況は特別なことではなく、かえって周りが感染対策をしてくれているので例年より安心できるかもしれない。」と話した。

五位渕さんは、もともと一人でいるのは苦痛でないタイプだったが、「コロナ禍は大きなストレスとなり、腰痛になるなど体調に変化をきたし、また外に出ていないので、車いすの操作が以前よりもうまくできなくなった気がする。」また、「人との関係性の大切さ」に改めて気づかされたと話していた。

山田さんは、「お話し会」や「ピア・カウンセリング」などの企画を立て、地域の仲間と関係をつくってきたが、コロナ禍によって会議室を利用できなくなってしまったとのこと。人と会う機会が少なくなり、体調不良となる人も多くなった、とした。ただオンライン会議が増えたことは、調子が悪くても会議に参加できるので、今後もそのメリットを活かしていくべきだともした。

尾上さんは、海外の当事者団体の報告をいくつか例を挙げ、「外出禁止で買い物に出かけられないので宅配を頼んだが、集合住宅の前に置き去りにされた。」ことや、「警察から障害者は外に出るな。」と言われたことなど、多くの事例が報告された。「運動を継続することがとにかく重要」と強調した。


(文:太田)


>TOP

■第526号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月25日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

特集ワイド「花谷寿人の体温計」毎日新聞9月24日 夕刊(4面)
春馬さんのいた時間

30歳の若さで自ら命を立って2カ月余り。その演技や歌は人を惹きつけ続ける。俳優の三浦春馬さん。生前に収録されたテレビドラマは今も放映されている。

6年前、ドラマ「僕のいた時間」で筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者を熱演した。筋力が落ちて体が動かなくなる神経の難病である。残された人生をどう生きるべきか。迷いつつ、家族や恋人、友人と向き合う物語だ。

49歳でALSを発症した患者の佐々木公一さんはブログで「週刊ALS患者のひとりごと」を発信している。読むと、周囲の人に支えられながら前を向いて必死に生きている日々が伝わってくる。佐々木さんは三浦さんの自死に衝撃を受けた。彼の深みのある演技に感動し、出演するドラマや映画を見るようになったと言う。「やりきれなさが拭いきれません」。そうつづった。

人は何のために生きるのか。死ぬこととは何か。ALSは、それを突き詰めて考えさせる病なのだと思う。

だが、その葛藤があまりに軽く扱われている現実がある。7月、面識のない患者の女性から頼まれ、薬物で殺害したとして医師2人が逮捕された。ALSの舟後靖彦参院議員が「『死ぬ権利』より『生きる権利』を守る社会に」とコメントしたのは当然だ。

一方、医師の行為を擁護する声が少なくない。舟後議員の発言を疑問視したり、命に優先順位をつけることを容認したりする意見まである。政治家にもいる。

これらは人の死を語っているようで、語っていない。一人一人の患者が生きてきた時間への想像力が抜け落ちているからだ。

こうした空気のまま、安楽死や尊厳死を議論するのは危うい。


ドラマ「僕のいた時間」は、命をテーマにした作品にチャレンジしたいと言う三浦さんの強い思いから実現した。

自死に至った心の内はわからない。けれど命と向き合い、渾身の力を込めた演技で人に希望をもたらしたことは確かだ。そして三浦さんも最後まで、生きようと懸命にもがいていたのではないだろうか。

主人公はこう言う。「僕は覚悟を決めました。生きる覚悟です。い?つか、その時が来た時のために、今を全力で生きていきたいと思います」


あとがき

この記事がALSの先輩が送ってくれました。先日のローマ教皇の「安楽死は殺人である」は素晴らしいが、それだけ深刻さを物語る。社会全体が「新自由主義理論の「比較優位理論」と新自由主義理論による「費用対効果理論」」につつまれているからなおさらだ。



>TOP

■第527号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月26日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

『あした笑顔で』

『あした笑顔で』という動画サイトをご存知でしょうか。教えてくださったのは、ALS患者の写真集『これからも生きていく』を上梓された写真家・武村花奈さんです。京都の「平野裕加里」さんが制作された『あした笑顔で』は。とても素晴らしい動画でした。それはALS患者の実態を興味本位でなく伝えるもので、患者として、患者を見守る者にとっても勇気を覚えるものだったのです。

折から、安楽死を望むALS患者が正体不明の2人組の男達の「自殺幇助」で死亡した、と言うニュースが世界を賑わしており、マスコミは「ALS患者の実態」と称して興味本位な映像放映し「安楽死」問題を爼上に挙げようとしていたのです。「社会的負担を軽減するという合理化の機運」を色濃く滲ませながら…

ALSという「難病」を知って貰い、ALS患者が如何に生きているかという「情報」を正しく伝えるためには、『あした笑顔で』のような「良質な情報を発信するソフト」が必要になると考えたのでした。そこで武村花奈さんに平野裕加里さんをご紹介いただき、ご協力戴けるかどうか打診してみました。それから日本ALS協会に公式広報資料として『あした笑顔で』を広めることを提案したのです。

日本ALS協会の事務局から提出した企画趣意書について確認のための連絡があり、制作された平野裕加里さんにテレビ局側に広報資料として利用が可能か確認していただくことになりました。

具体化するには時間を要するかと思われますがインターネットで『あした笑顔で』と検索すれば「ユーチューブ」で観ることが出来ますのでご確認くださいますように。「コロナ渦」という異常な状況が人々の関係を危うくさせているだけに、心と心を結ぶための不断の努力が重要であ確認ると思われます。『あした笑顔で』というソフトを多くの方々に観て戴くことを願っています。ごくださり、お力添えください。東京都八王子市 下村憲治


あとがき

安楽死がさらにその声がおおきくなりそうです。背景にグローバリゼーションつまり「新自由主義理論の「比較優位理論」と新自由主義理論による「費用対効果理論」」があるからです。例えばあの武漢に160もの会社があるそうです。



>TOP

■第528号週刊ALS患者のひとりごと    2020年10月27日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

核兵器禁止条約

「今度こそ、母さんを助けるぞ」。そう叫んで目が覚めたときの言いようのない悔しさ。先月91歳で亡くなった岩佐幹三(みきそう)さんは生前、同じ夢をくり返し見たと語っていました▼16歳だったあの日、広島の爆心地から1・2キロの自宅で被爆。崩れ落ちた家の下敷きになって原爆の業火に生きながら焼かれる母を救えなかった「罪」を生涯背負いました。そして、死者にたいする誓いと決意を胸に核兵器廃絶を命の限り訴えつづけました▼3年前、国連で核兵器禁止条約が採択されたとき、岩佐さんは喜んでいました。「母や妹をはじめ、原爆で亡くなっていった人の死がむだではなかったということを明らかにしてくれた」。発効が決まったことを知ったら、どんなに…▼被爆75年、核兵器の全面禁止にむけた歴史的な前進の歩み。歓喜と祝福が相次ぐなか、日本政府への失望や怒りがひろがっています。唯一の戦争被爆国でありながら、いまだ核の傘に頼り禁止条約に背を向ける。被爆者や運動を否定するような姿勢に終始しています▼菅首相就任後、初の所信表明演説。「国民のために働く内閣として新しい時代をつくる」といいながら、そのための柱も画期をなす施策もない。対峙(たいじ)する市民と野党の共闘の土台となる政策には、新しい日本を切り開く道が鮮やかに▼そこには核兵器禁止条約を直ちに批准することも。いつか、核なき世界が実現したときのことを岩佐さんはつづっています。「母さんたちと一緒にお空に上ってお星さまになりたいね」

menmei="1面7版"赤旗潮流より

あとがき

すがせいけんは心がないのか、りかいできないのか?ちちをかえせ ははをかえせ. としよりをかえせ. こどもをかえせ. わたしをかえせ わたしにつながる. にんげんをかえせ. にんげんの にんげんのよのあるかぎり. くずれぬへいわを. へいわをかえせ.



>TOP

■第529号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月6日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス

予定目次 死を賭して訴え・武漢の青年医師、新型コロナウイルスの発生源武漢、日本の新型コロナウイルス対策の経過、混迷と失敗の連続、台湾の模範的対応、WHO(世界保健機関)の問オリンピック狂いと対策の遅れ、ドイツとフランスの対応、女性リーダーの活躍、グローバリゼーションと「新自由主義理論の「比較優位理論」と新自由主義理論による「費用対効果理論」」の関係、コロナ後の世界。

序章

李医師の孤軍奮闘と悲痛な最期1

李文亮、三十四歳、武漢市中心医院の眼科医だった。李医師は自分の病院で働くうちに、異様な患者があいついでいることに気づいた。原因不明の呼吸器障害だった。みな同じような感染症状だった。肺炎にも似ていた。その患者の数がどんどん増えていった。

そのうち李医師は患者の症状には、以前に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)に似た諸点があることに気づいた。スピード伝染の感染症であることが明白だった。李医師は十二月三十日の夕方、インターネットの「微信」(ウィーチャット)にメッセージを載せた。

《武漢市内の華南海鮮市場のあたりで最近、七人ほどがSARSに似た感染症にかかり、近くの病院の救急科に隔離されている》

医師としての単なる善意からの警告だった。メッセージには関連の写真もついていた。

この警告をみた一人が写真から李医師の名前や所属を探索して、具体的に投稿してしまった。その結果、李医師は職場や警察から取り調べを受けることになってしまった。彼は感染症の拡散を防ぐため友人たちへの忠告のつもりの投稿だったと述べたという。

武漢市衛生健康委員会は「医療のいかなる機関も個人も、許可を得ず、みだりに治療情報を外部に発信してはならない」という指令を出した。

『新型コロナウイルスが世界を滅ぼす』(古森義久 著)より

あとがき

日本は重大な失敗を重ねてきた。は自明から政府は「ひとひと感染は無い」「大したことは無い」に満ちていた。以下詳しくみていきたい。



>TOP

■第530号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月8日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス2

序章

李医師の孤軍奮闘と悲痛な最期(2)

李医師はすぐに所属の病院の監察科による事情聴取を受け、一月三日には警察に呼ばれて、〝違法問題〟に対する訓戒書に署名をした。ネット上のその発信が違法とみなされたのである。

その一方、李医師は香港の独立系メディア「財新」のインタビューを受けて、全国的に注目されるようになった。

李医師はその質問に答えて、「人々が公共の衛生状況に対して心配することは理解できる。健全な社会に必要なのはさまざまな声であり、情報だ」とも述べた。

解釈の仕方によっては政権への批判とも受けとれる言葉だった。そのインタビューの結果、彼の名前や言動は全国に知れわたり、賞賛の的となったという。

だが当局側は李医師の言動を政権批判とも受けとって、危険なデマを流布した人物として追及した。

そしてまもなく李文亮医師は肺炎のような症状を示し、検査を受けて、二月一日には新型コロナウイルスの陽性という結果が出た。その後、病院に入院して治療を受けたが、二月七日未明、死亡した。コロナウイルス感染症の患者から伝染した結果の不幸だった。


三十四歳の医師の死は、中国の多数の国民たちに同情と政権への憤りを生んだのである。そこで改めて明らかにされたのは、中国共産党政権の非道な情報弾圧、人権弾圧の苛酷さだった。

ただしこの李医師については後日談がある。中国の中央政府がそれまでの態度を逆転させ、同医師をほめたたえたのだった。李医師の死から一ヵ月半も経った三月十九日、中国政府の国家監察委員会は同医師について武漢市の警察や衛生委員会の処罰はまちがいだったとする声明を発表した。

この声明は李医師が武漢でコロナウイルス感染の拡大に警鐘を発したことは「思いやりのあらわれであり、医師としての責務だった」と賞賛していた。

やはり李医師の人道的な言動が中国の内外で広範に礼賛され、武漢市当局の同医師への懲罰的な措置への非難が高まったことに押されての「訂正」だったといえよう。

李医師の文字どおり命をかけた第一線の医師としての勇気ある言動は、中国共産党政権も当初の措置を逆転させて、賞賛せねばならないほど大きなインパクトがあったわけである

『新型コロナウイルスが世界を滅ぼす』(古森義久 著)より

あとがき

李医師が武漢の完全状況を公表したのは2019年12月31日。これが世界に公表されていたら、武漢のボヤ程度で終わっていただろう。情報公開の大切さを身に染みて知る。



>TOP

■第531号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月13日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス3

ウイルスとは何か?

上久保 人類の歴史は、感染症に脅かされてきた歴史です。十三世紀のハンセン病、十四世紀のペスト、十六世紀の梅毒、十七世紀のインフルエンザ、十八世紀の天然痘、十九世紀のコレラと結核、二十世紀に入ると、ヨーロッパを中心にインフルエンザなどの大流行が起こり、その後も世界各地でエボラ出血熱、エイズ、腸管出血性大腸菌感染症など「新興感染症」が発生し、人の移動が活発になると世界的な広がりを見せます。
さらに、二十一世紀になるとSARS(重症急性呼吸器症候群)や新型コロナウイルスによる肺炎といった新興感染症が大流行し、現在も世界中の人々を脅かしているのです。そうした中で、科学の発達に伴い、細菌やウイルスの研究も進化してきました。細菌の発見自体は十七世紀です。一六七六年にアントニ・ファン・レーウェンフック(一六三二~一七二三)によって発見されました。

小川  細菌というのは、われわれが知っているのでは、どんなものがありますか?

上久保 たとえばサルモネラ菌、ブドウ球菌など、食中毒を引き起こす細菌がありますね。病原性の大腸菌で有名なO‐157もそうです。インフルエンザ桿菌というのもあります。インフルエンザは、ウイルスと細菌両方あります。

小川  なるほど。

上久保 インフルエンザ桿菌、MRSAというブドウ球菌。それらは細菌というカテゴリーです。

小川  ウイルスのほうは? 上久保 例えばエイズの原因であるHIVウイルス、子宮頸がんの原因となるパピローマウイルス、ヘルペスウイルスなどが代表例でしょう。

小川  ペストやコレラは?

上久保 細菌です。一八五〇年代のロンドンで、コレラの感染が井戸の水を介して起こっているということを発見し、疫学的に証明したのが、「感染症疫学の父」とされるジョン・スノウ(一八一三~一八五八)という人です。それも当初は誰も信用してもらえなかったけど。

小川  コレラ菌そのものはまだ見つかっていなかったんですね。ペストはどのようなものですか。

上久保 ペストはネズミなどを介して起こったものです。致死率が非常に高く、十四世紀に起きた大流行ではペストで一億人が死亡したと推計されていて、これは当時の世界人口約四億五千万人の二二%にあたります。

小川  細菌によって、そういう感染症が起こるというのが、はっきりと医学的にわかったのは、いつ頃の学者によるんですか?

上久保 例えば北里柴三郎(一八五三~一九三一、一八九四年にペスト菌を発見)、ベーリング(エミール・アドルフ・フォン・ベーリング、一八五四~一九一七、北里と共にジフテリアの血清療法を開発)など、そのころやっと血清学、細菌などわかってきました。野口英世(一八七六~一九二八)の時代は細菌までしかわかっていなかったんです。

小川  コッホ(ロベルト・コッホ、一八四三~一九一〇)というのは何を明らかにしたんですか。

上久保 コッホは炭疽菌、結核菌、コレラ菌の発見者ですね。

小川  最初はそういう細菌がわかってきて。

上久保 顕微鏡しかなかったですからね。で、電子顕微鏡ができて、ウイルスというものが目に見えるようになった。

小川  それはかなり最近の話ですか。

上久保 ウイルスの存在がわかってきたのは、十九世期の末ごろです。一八八五年に狂犬病のワクチンを開発したルイ・パスツール(一八二二~一八九五)は、狂犬病の病原体を見つけることができず、顕微鏡では見えないほど小さい病原体があると推測していました。一八九二年に、他の細菌学者が、細菌を通さない小さな孔を持つフィルターを用いた実験で、このフィルターを通過する病原体の存在を突き止め、これがウイルスと名付けられました。そして一九三二年、ドイツで発明された電子顕微鏡によって、初めてウイルスが人類に姿を見せたのです。

小川  で、その中で、ウイルスというものが、大変危険な病気の原因にもなるけど、ずっと、共生しつづけてもきた。

上久保 そういうことですね。

小川  それが周期的に人に大幅に感染したり、鎮まったりしてきた。これは人間にとって、好ましい・好ましくないと言ってもしょうがないかもしれませんが、何か生物の大きなメカニズムとして存在する。

上久保 そういうことです。ずっと共生して存在してきたということになります。私達が今回発見した疫学理論が正しいとすれば、周期的に、コロナウイルスが非常に多くなれば、インフルエンザが抑制されるというような形のことが太古から繰り返し生じてきたと思われます。
 例えば暖かい地域では、インフルエンザの流行は夏でも起こる。ですから、実は気温というのは、あんまり関係ない。ウイルスが仮に外に出たときに、熱い鉄板の上なら死にます。ウイルスや細菌が熱に弱いのは確かです。冬のほうが生きやすい。しかし、うつるか、うつらないかについては、接触で起こることですから必ずしも気候は関係ない。

『新型コロナ』(上久保靖彦, 小川榮太郎 著)より

あとがき

この項長くなった。20冊の関連本を読んだ。コロナ対応の失敗の連続、無かったことにさせてはいけない。ニュージーランドの首相は「台湾に学んだ、追随した、成功した」と述べた。



>TOP

■第532号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月10日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

第二章 コロナウイルスとは何か?

ウイルスとは? 細菌とは?

小川  第一章では、先回りして現在の「新しい日常」についてのお考えを伺いましたが、二章からは議論を丁寧に積み上げてゆこうと思います。まず新型コロナウイルス以前に、そもそもウイルスとは何かという一番基本から伺いたい。

上久保 ウイルスは、感染力のある微生物の一つです。微生物というのは、肉眼では見えない非常に小さな生き物のことですね。菌類や原虫なども微生物です。ウイルスはこうした微生物の中でも最も小さなものです。ウイルスは、自分で増殖能力がなく、細胞を持たない構造体で、他の生物の細胞を利用して自己を複製させます。遺伝子は持っていますから生物的な面と非生物的な面を持っている。それが人類など生物の細胞に入り込み、病原体となる事があります。ウイルスは人間とともに共生してきて、もとからあったものです。

小川  どのぐらいのもとなんですか?

上久保 地球ができ生命が誕生したときから生命と共生をしてきた。ウイルスがなかったことはないんです。細菌もなかったことはない。

小川  細菌もウイルスも。

上久保 ええ。ですから、今、まったくゼロのところから、ウイルスが入ってきたということではなく、コロナウイルスにしても、インフルエンザにしても、太古から人類と共生して、感染の波を繰り返してきたものです。

小川  なるほど、ウイルスと細菌と共生してきた。簡単にいうと、この二つはどう違うんですか。

上久保 細菌も微生物の一種です。一つの細胞しか持っていないため単細胞生物と言われます。ウイルスも微生物ですが、細菌よりず5っと小さい。また、細菌には細胞があり、分裂して自己増殖しますが、ウイルスは細胞を持たず、自己増殖機能がありません。自力で栄養を摂取してエネルギーを生産することもしません。

小川  自力では生きていけないのですね。

上久保 そうです。ウイルスは他の生き物の細胞内に入り込み、その力を借りて自らを増殖させるのです。ウイルスが細胞に侵入すると感染します。ウイルスにあるNタンパク、これは遺伝情報であるRNAというものからなりますが、そのウイルスRNAが細胞の中で複製されて、増殖して、細胞の中でウイルスが増えるのです。

小川  ヤドカリみたいなものですね。

上久保 自力では存続できず、他の生物の細胞を「宿主」にするという点ではそうですね。先に触れたように、細菌とウイルスではその大きさも全く違います。ウイルスは大体細菌の十分の一から百分の一くらいの大きさです。細菌は顕微鏡で見えるけれども、ウイルスは電子顕微鏡でないと見えない。ウイルスが発見されたのは、細菌よりもだいぶ後です。ですが、人類に発見されたのが最近だったというだけで、ウイルスそのものは遥か昔から生物と共存してきたのです。

小川  要するに、まず、ウイルスと細菌と人類は最初から共生している。ほかの動物も含めてですね。

『新型コロナ』(上久保靖彦,小川榮太郎 著)より

あとがき

疫学の歴史を勉強してウイルスの根深さ、怖さを学びました。江戸時代のはしか対策で米沢藩と岩国藩が、うらやましいほどの補償をつけて、住民への行動規制を要請している。次号で疫病の歴史を紹介します。



>TOP

■第533号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月16日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス5
新型コロナウイルスの経過1重要!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる動き

‥‥‥‥‥2019年‥‥‥‥‥
12月8日 中国湖北省武漢市当局はこの日、最初の「原因不明肺炎」患者が発症したとしている。
12月30日 武漢市の眼科医李文亮氏はSARSに似たウイルスによる症例に気づき、同僚医師に対してSNSで警告。現地警察はデマで秩序を乱したとして訓戒処分に。
12月31日 武漢市当局は原因不明のウイルス性肺炎の発症が相次いでいると発表。27人の症例が確認され、うち重体が7人。患者の多くは市内中心部の華南海鮮市場の店主ら。

‥‥‥‥‥2020年‥‥‥‥‥
1月1日 華南海鮮市場が感染拡大予防のため閉鎖される。
1月11日 武漢市当局は新型コロナウイルスによる肺炎で61歳の男性患者が死亡したと発表。最初の死者とされる。
1月16日 厚生労働省は、武漢市に渡航歴のある神奈川県在住の30代男性が日本国内で肺炎の症状を訴え、ウイルス検査で陽性反応が出ていたと発表。日本国内での初の感染者。
1月20日 中国・国家衛生健康委員会ハイレベル専門家グループの鍾南山グループ長は、武漢市で大量発生している新型コロナウイルス感染症についてヒトからヒトへの感染が確認されたと発表。
1月20日 米国プリンセス・クルーズが運用する大型クルーズ客船ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港を出港。香港で下船した乗客の1人が新型コロナウイルスに感染していたことが2月1日に判明。
1月23日 中国政府は、新型コロナウイルス流行の中心地である武漢市を封鎖。
1月24日 中国の春節がはじまる。
1月25日 中国の旅行会社を統括する中国旅行社協会は、中国政府の要求に基づき、国外旅行を含む全ての団体ツアー旅行を1月27日から一時禁止すると決定。
1月28日 日本政府は新型コロナウイルスによる感染症について、感染症法上の指定感染症に指定する政令を閣議決定。
2月3日 ダイヤモンド・プリンセス号が乗客2666人、乗員1045人、計3711人を乗せ、横浜港に到着。4日午後、運営会社が下船延期を決定。
2月4日 中国の張永振らの研究チームは呼吸器疾患で武漢の病院に入院した海鮮市場の男性従業員の肺の分泌物の一種の検体から新型コロナウイルスのゲノム塩基配列を解読。科学誌Natureに発表。
2月5日 ダイヤモンド・プリンセス号内で10人の新型コロナウイルス感染者を確認。日本当局は、乗員乗客を19日までの14日間、船内で待機させ、検疫を行うと発表。
2月7日 新型コロナに警鐘を鳴らした武漢市の李文亮医師が患者からの感染により死亡。

国際ウイルス分類委員会コロナウイルス研究グループ(CSG)は、病原体となるウイルスを重症急性呼吸器症候群コロナウイルス種に属するSARS-CoVの姉妹として正式に認知し、SARS-CoV-2(Severe Acute Respiratory Syndrome Coronavirus 2)と命名。
前半『新型コロナ 19氏の意見 (農文協ブックレット)』ほか参照

あとがき

事実を確かめて真実を明らかにしなければならない。日本で失敗の責任を取った政治家はいない。失敗と罪とは国が責任を取らなければ国が崩壊する。私は全力で事実と真実を明らかにするつもりです。



>TOP

■第534号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月18日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス6
新型コロナウイルスの経過2重要!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる動き

2月11日 WHO(世界保健機関)はSARS-CoV-2を病原体とする病気の正式名称をCOVID-19と定める。この名称は、「Coronavirus Disease 2019」(2019年にコロナウイルスにより発生した病気)を意味する。
2月13日 ダイヤモンド・プリンセス号の乗客で神奈川県在住の80代女性が新型コロナウイルス感染症で死亡。日本人初の死者。
2月17日 ダイヤモンド・プリンセス号の乗客の帰還のために、米国はチャーター機2機を派遣し、328人を帰国させた。以後韓国、オーストラリア、香港、イスラエル、カナダなど他国・地域も追随。
2月19日 ダイヤモンド・プリンセス号内の乗客・乗員のウイルス検査が終了。健康観察期間(14日間)を発熱などの症状がなく経過し、陰性と判定された乗客(約500人)の下船が認められ、21日にかけて該当する乗客が下船。一方、18日時点で新たに88人の感染が確認され、これによって確認された船内の感染者数は542人にのぼった。
2月27日 第15回新型コロナウイルス感染症対策本部において、安倍晋三首相が全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について、週明け3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請。
2月28日 北海道知事が「緊急事態宣言」。道民に外出自粛を要請。
3月4日 国内の感染者が1000人を超える。
3月8日 WHOは、新型コロナウイルスの感染者が105ヵ国・地域で確認されたと発表。感染者は世界全体で10万5586人、死者は3584人。
3月11日 WHOのテドロス事務局長は、新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的流行)とみなせる」と表明。WHOがパンデミックの呼称を使うのは、2009年の新型インフルエンザ以来11年ぶり。
3月13日 緊急事態宣言が出せる改正特別措置法が国会で成立。
3月19日 イタリア政府は、新型コロナウイルス感染による死者が同日、3405人に達し、中国の死者数を上回ったと発表。
3月24日 安倍首相と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が電話協議で東京オリンピックを1年程度延期することで合意。
3月25日 小池百合子都知事、東京は「オーバーシュート(感染爆発)の重大局面」にあるとし、週末の外出自粛を要請。
3月27日 米国疾病対策センター(CDC)は、米国内では新たに1万7000人近くの新型コロナウイルスへの感染が確認され、感染者は8万5356人と初めて中国を上回ったと発表。
3月29日 タレントの志村けんさん(70)が新型コロナウイルス感染による肺炎で死去。
4月1日 安倍首相が国内全世帯に布マスク2枚を配る方針を表明。
4月3日 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界全体の感染者数が累計100万人を超え、死者も5万人を突破し、約5万3000人に達した。感染者数は3月26日に50万人を超えたばかりで、わずか1週間余りで倍増した。

政府・与党は所得が減少した世帯へ現金30万円を給付する支援策を決定。
4月7日 安倍首相、新型コロナ対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象で、期間は大型連休が終わる5月6日までの1ヵ月間。
4月8日 武漢市の封鎖(交通規制)が2ヵ月半ぶりに解除される。
4月15日 CSSEの集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者数が累計200万人を超えた。最多は米国の約61万人で、スペイン(約18万人)、イタリア(約16万人)などが続く。2週間を経ずに倍増した計算。死者は12万8000人を超えた。約2万6000人の米国が最も多く、次いでイタリア(約2万1000人)、スペイン(約1万9000人)、フランス(約1万6000人)、英国(約1万2000人)の順。
4月16日 安倍首相、緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大。また新型コロナウイルスに対する経済対策として、所得が減少した世帯向けに30万円を支給する当初案を見直し、所得制限を設けずに国民に一律10万円を給付すると表明。
後半『新型コロナ 19氏の意見 (農文協ブックレット)』

あとがき

コロナについて厚生労働省や官邸はコロナの「ひとひと感染は無い。治療も予防も!出来る」のことばにひたっていた。中国武漢で 一月二〇日、鍾南山教授(*1)が武漢の新型コロナ肺炎は「ヒト−ヒト感染する」と明言してから2月27日 第15回新型コロナウイルス感染症対策本部において、安倍晋三首相が全国全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について、週明け3月2日から春休みまで臨時休業を行うよう要請。これから未曾有の惨状続く。これ以降はこれからまとめたいと思います。



>TOP

■第535号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月22日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス7

わの会 上半期総括会議

ご挨拶

みなさんコロナのもと、いくつかのピンチを乗り越え、わの会のみなさんの献身的がんばりで、活動を休むことなく続けることが出来ております。すべてのみなさんに心より感謝申し上げます。

ところで政府のコロナ対策は、滅茶苦茶です。武漢を視察もせず、12月31日に武漢発の新型ウイルス発生のニュースに、台湾では1月2日から対策を初め5日から本格始動、ニュージーランドの首相は「台湾に学んだ。追随した。成功した。」と述べた。たいして日本の始動は2月16日専門家会議。3人の大臣が私的理由で欠席。

そして2月26日のコロナ事件の悪の根源「学校休業」会見。しかもプロンプター(演壇の正面と左右にも文章を打つカンニングペーパーのこと)、さらに質問5人には予め答えを用意させプロンプターで読み上げました。

私はこの時【後ほど休業要請するときには中小零細企業と及び個人営業の皆様に賃金の6割と家賃の8割と全国民には消費税の0を考えていました。】こうしていれば現在の惨状はなかったと思います。第3波に近づいていますが原因は GOTO遊びにあることは誰の目にも明らかです。直ちに辞めさせなければ新型コロナウイルスが蔓延するでしょう。

こんな中で私たちに良いことがありました。苦難の中で奮闘する職種に医療と看護に介護が加えられるようになったことです。この機会に介護報酬の大幅増加を目指す基礎を作ろうと思います。もう一つ今わの会に人と意見がたくさん集まっています。力を合わせて頑張りましょう。

2020/11/21 佐々木公一

あとがき

人数制限の中でも20人が参加しました。今のところ新型コロナウイルスを乗り越えている自信がみられました。全員が発言して活気ある会議でした。後期も力を合わせて頑張ります。応援宜しくお願いします。

尚、今後の目次は以下の通りです。(529から引用)

予定目次 死を賭して訴え・武漢の青年医師、新型コロナウイルスの発生源武漢、日本の新型コロナウイルス対策の経過、混迷と失敗の連続、台湾の模範的対応、WHO(世界保健機関)の問オリンピック狂いと対策の遅れ、ドイツとフランスの対応、女性リーダーの活躍、グローバリゼーションと「新自由主義理論の「比較優位理論」と新自由主義理論による「費用対効果理論」」の関係、コロナ後の世界。



>TOP

■第536号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月23日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス8
江戸時代のはしか対策(長文すみません)

藩主の感染ゼロを実現した岩国藩

新型コロナは、人から人へ感染する病気ですから、感染者は、病院、ホテル、自宅に「隔離」されます。その点、江戸時代はどうだったのでしょうか。

岩国藩は現在の山口県内にあった六万石の領地で、幕府公認の藩ではなかったので、岩国領ともいわれます。藩祖は、毛利元就の次男、吉川元春の三男・広家でした。私は若手の研究者の頃、この藩の「疱瘡遠慮定」を読んで、その規定の厳しさに驚きました。

疱瘡が流行すると、武士・領民に「遠慮」、すなわち登城や外出を禁じます。そればかりか、〝自宅療養〟すら禁じました。城下から遠く離れた特定の村を「疱瘡退村」として、〝隔離地域〟に指定し、罹患者は、一定の日数、そこに隔離されるのです。患者の家には張り紙が張られ、隔離された者とは手紙のやり取りも許されませんでした。

しかも、隔離の対象は患者だけではありません。最初は、「病人を看病した者」、「病家の隣家」が隔離されましたが、その後、範囲は拡大します。「病家を訪れた人」や「隔離先の村人」なども隔離されるようになっていきました。今でいう〝濃厚接触者〟に近い概念がすでにあったといえるでしょう。

ほかの藩にも「遠慮」の制度はあったのですが、ここまで徹底していた藩はありません。岩国藩が異常に厳しい隔離政策を採っていたわけです。

岩国藩の施策で注目すべきは、単に隔離を強制するだけにとどまらなかったことです。「退飯米」といって、病人、看病人、同居人などの隔離費用を、生活費も含めて、領主が負担したのです。その費用は、流行一回に付き、米二百石(桂芳樹編『岩国藩の「疱瘡遠慮定」』岩国徴古館)にも達したと見られています。小藩にとっては、かなりの負担だったと思われます。

今日のコロナ禍では、「自粛」要請に対し、「給付(補償)」が十分なされるかどうかが議論になっていますが、江戸時代の岩国藩のほうが手厚い補償だったとはいえるでしょう。ただ、岩国藩が実施していたのは、自粛要請ではなく、強制隔離でした。

さて、その「隔離政策」の結果はどうだったのでしょうか。先にも述べた通り、徳川将軍は、歴代十五人中十四人も疱瘡に罹患したのに、岩国藩の殿様は、「歴代だれひとりとして痘瘡にかかっていない」のです(『種痘という〈衛生〉』)。「退飯米」も含め、大きなコストを払いましたが、藩主の感染を防ぐという目的は達成されたことになります。


給付なき隔離政策の悲惨

同じ隔離政策でも、岩国藩とはまったく異なるやり方をしたのが、大村藩(長崎県)です。大村藩の医者で、のちに内務省衛生局初代局長になった長与専斎は、こう回想しています。

〈旧大村藩領内は、古来痘瘡を恐るること甚だしく、痘瘡は鬼神の依托なりとて、痘瘡にかかりたるものは、人家を離れたる山中に木屋を構えて、ここに舁送〉した(「旧大村藩種痘の話」長与称吉編『松香私志』下巻所収)。

人里離れた場所に隔離されるという点だけ見ると、岩国藩と同様に思えます。しかし、その政策の内実は大きく違うのです。

〈定めたる看病人の外は、一切交通を断ち、親子夫婦たりとも、立寄ことを得ず、治療のことは申すに及ばず、万事の介抱行届かず、十の七八は斃れ死し、全快して家に帰るは稀なり〉

つまり、大村藩の隔離は、病人を山中の小屋に放置する〝棄民〟に近いものだったのです。当然、「退飯米」などは出されません。すべて病人を出した家の自己負担となります。

〈その病家にては、病人を遠く離れたる山中に移し置て、日々に飲食衣薬等一切需用の品を運び、医師を頼み、〔運送・音信のために〕山使を傭うなど、その費用夥しく、且つ一旦山に運入れたる物品は、再人里に持帰ることならざれば、俚諺に、疱瘡百貫と唱え、中等以下の生計にては大抵身代を潰し累代の住家をも離るるもの少なからず〉

「百貫」とは、今でいうと「数億円」。家族が疱瘡にかかると、それだけで破産してしまうというわけです。数字は大げさな表現でしょうが、「給付なき隔離」がいかに過酷なものであるかを歴史は教えてくれます。

江戸時代の「隔離」に関して、岡山県の津山藩にも興味深い史料が残されています。 『津山松平藩町奉行日記』享和二(一八〇二)年十月九日条に、「疱瘡が流行している。通常、月平均の死者は十人くらいのところ、この九月は六十人が亡くなっている」と記録されています。当時の津山は人口七千人たらず。一カ月で六十人死ねば、人口の約一%になります。

これは、現代の「超過死亡」(過去の統計を基に推測される死者数からの増加)の概念と同じです。たとえば二〇二〇年四月の東京都の死亡数はおよそ一万人でした。これを二〇一九年の同月と比べると七百人近く多く、二〇一六~一九年の平均よりも約千人多いことになります。この差によって新型感染症を原因とする死者の増加を推定します。その方法を江戸時代の津山藩は行っていたことになります。

疱瘡が流行中、藩主が市中を移動する際の様子も記されています。当時の津山藩主は少年で、「川狩り」(魚取り)が好きでした。城下を流れる吉井川に行くときは、事前に中奥目付から町奉行に「〇〇門から土手筋までに、疱瘡の患者はいるか?」と問い合わせます。すると町奉行は町年寄から情報を得て、「どこそこの借家に三、四人いるが、他にはいない」などと報告しました。翌日、藩主は「感染予防」のため、完全に戸窓が閉められた町をお供と通過し、「川狩り」に行っていたのです。

このように、感染症の流行時には、津山藩主は外出のたびに、患者の位置を事前に確認していました。まさに殿様の〝ゾーニング(隔離戦略)〟です。現在、各国の首脳が新型コロナ感染を防ぐために行っているような〝ゾーニング〟も実施していたのです。


「自粛」をやめさせた上杉鷹山

それに対して、こうした「隔離戦略」に真っ向から異を唱えた殿様もいました。「名君」の誉れ高い米沢藩の上杉鷹山(治憲)です。

弁護士で医事法制の研究者でもあった山崎佐の『日本疫史及防疫史』には、寛政七(一七九五)年、米沢藩を襲った痘瘡流行が詳しく紹介されています。 〈その勢い、酷烈を極め、一藩上下を挙げて、その侵すところとなった〉という状況で、上杉鷹山はどんな手を打ったのでしょうか。

初夏、痘瘡流行の兆しがあり、藩士の家族に罹患者が増えてきたなかで、七月六日にまず鷹山が出したのは、「家族に流行病の罹患者がいても、出勤しても良い」という命令でした。「家内に疱瘡、麻疹、水痘の人がいれば、出仕当番を引き延ばすように、先般、指示を出したが、御内証、表向ともに遠慮には及ばない」 「御内証」とは、殿様の近くの職。藩主の私生活の場での勤めです。「表向」とは政務の役所。どちらも「遠慮」、つまり「自粛」に及ばず、出勤して構わないというわけです。〝登庁禁止〟の正反対の〝登庁許可〟だったのです。

これに対して、『日本疫史及防疫史』では、「これはいまだ疱瘡を伝染病と考えておらぬからである」とコメントしています。しかし、私にはそうとは思えません。そもそも当時、疱瘡の伝染性はすでに庶民でも知っていました。江戸の人々の感染症リテラシーが、現代の我々が考える以上に高かったことは、これまで見てきたとおりです。

また米沢藩は当時、最先端の医書のコレクションをもっていました。そのもとは、同藩の家老だった直江兼続です。蔵書家としても知られる直江は、秀吉の朝鮮出兵の際、三百巻からなる医書『済世救方』をすべて筆写させるなど、貴重な医学書も集めていたのです。

さらに鷹山は、西洋医学の吸収にもきわめて積極的でした。杉田玄白や大槻玄沢が開いた蘭学塾に、藩費で医師を留学させてもいます。

では、なぜその鷹山があえて感染リスクを高めるような出仕の許可を出したのでしょうか。私の考えでは、鷹山の意図は「行政機能をストップさせないこと」にありました。登城を禁止すれば、藩主への感染リスクは低下しますが、その分、役所の仕事も停滞せざるをえません。感染症の流行は、一種の非常事態です。しかも飢饉と重なることも多い。そういう状況で、役所が機能不全を起こしたら、困るのは領民たちです。そこで鷹山は「自分にうつしても構わないから、役所を動かせ」と指示したのです。


矢継ぎ早の患者支援策

それだけではありません。鷹山は、次から次へと患者支援を実行します。

まず打ち出したのは、生活が成り立たない者がいれば申し出なさい、という指示でした。 「非常の流行に対しては、なかなか人力が及ぶところではなく、はなはだ気の毒に思う。生活が立ち行かなくなり、とくに苦しんでいる者がいるだろうから、かかる者については、頭領または近隣の者がよくよく心を用いて、さっそく申し出なさい」と述べています。

鷹山は「生活困窮者の洗い出し」から着手したのです。これが名君たる所以です。定額で一斉に早く給付して人心を安心させる方法も大切ですが、鷹山は、本当に困っている人に支援を届けようとしました。続いて、一カ月後にもまた、「疱瘡流行のため、重ねてお手当を出します」と繰り返しています。

また、家族全員が罹患し、看病する者がいなくなってしまう事態も想定し、「首尾よく快復するように、常に見回って、隣近所で助け合うように」と、家庭看護の〝崩壊〟が起きないように心を砕いています。

さらには江戸から天然痘専門の医者も呼び寄せて、対策チームの指揮を執らせました。医学リテラシーの高い米沢藩らしい先進性です。

当時、往診の際には、医者にお酒を出す習慣があったので「病家や疱瘡人は、衣服を少しも飾らないでよい。酒や肴を出すのも無用」としました。しかも「薬礼に及ばず」、医者への謝礼も不要としました。医療の無償提供です。

加えて、こうした施策を進めていることが知られているのは「まだ城下町だけで、遠方には伝えられていない」と、遠隔地域の領民にも目を配っています。都市と山間部の医療格差を問題にしたのです。江戸から来た医者一人だけでは手が回らないので、「薬剤方」と「禁忌物」に関する心得書を刊行して、遠方の山間部の人々にまで配布しました。地元の医者に対しては、「上手な医者の指示を受けて、治療に携わるように」と命じています。情報の共有などによって、医療格差の是正に取り組んだのです。

このとき、鷹山は、「御国民療治」という言い方をしています。「国民」、つまり大切な藩の領民は、必要な医療を受けなくてはならないという強い意思に基づいて、次々に手を打ちました。江戸時代に「藩主よりも領民のほうが大事だ」という意識を持った為政者がいたのです。これは現代を生きる私たちが忘れてはならないリーダーのあり方だといえます。


名君の遺した最後の教訓

実は、鷹山はもうひとつ大きな教訓を遺しています。

鷹山の先進的な対策にもかかわらず、この疱瘡パンデミックで、米沢領内では「感染者は、八千三百八十九人、そのうち死者は、二千六十四人」(死亡率は約二五%)にも達してしまいました。正しい努力を行い、とことん手を尽くしたとしても、感染が食い止められるとは限りません。それだけ感染症と対峙することは難しいのです。

鷹山は、これだけ手を尽くしたにもかかわらず、多くの領民が死んだのを悔やみ、〈去年、痘瘡流行、国民夭折につき、年始御儀式を略殺す〉と、翌年の正月の祝賀をやめました。そして、被害の規模を詳細にきちんと記録に残しています。「江戸の名君」と呼ばれるような為政者は、これほどの気持ちで、民の命に向き合っていました。

感染症流行時の「生活支援」「医療支援」は、国民として当然、享受してよい権利(=国民療治)です。国民は税金をそのために払っています。観光キャンペーンに兆単位の税金を使いながら、コロナ患者を看る看護師の困窮に無策もしくは「遅策」なのは問題ではないでしょうか。医療現場の自己犠牲に頼るパンデミック対策であってはなりません。

古文書を読んでいると、「江戸時代の我々より後退していないか」と鷹山に叱られているような気になります。


あとがき

「タテ」と「ヨコ」の勉強

さて、「タテ、ヨコ、算数」でした。タテというのは時間、あるいは歴史のことです。歴史の勉強も大事なんです。勉強が大事、なんて面倒くさいことばかり言って申し訳ないけど、実際そうなんだからしようがない。  長い長い感染症の歴史の中で、たくさんの感染症が流行してきました。ウイルス感染症はその一つ。例えば、エイズという免疫機能が弱る病気や、肝炎という肝臓が腫れ上がる病気や、日本脳炎という蚊に刺されて脳にダメージが来る病気。たくさんのウイルス感染症があります。

ウイルスには遺伝子が入っていまして、この遺伝子はしばしばチェンジします。突然変異というやつです。ところが、遺伝子の変化が起きたとしても、ウイルスのキャラが変わることってめったにないんです。まあ、数十年に1回くらい、インフルエンザウイルスの「キャラ」が激変して大流行することはありますが、逆に言えば数多いウイルス感染症が長い感染症の歴史の中で「キャラ変」することはめったにありません。これが、感染症の歴史、「タテ」ということになります。  こういう歴史の知識、「タテ」の知識を持っていれば、メキシコで死亡率が高いと言われた新型インフルが日本で死亡率が低い場合も、新型コロナで第一波や第二波がやってきても、そうそう焦る必要はありません。ウイルスが強毒化するんじゃないか、という陰謀論におののくことも、ウイルスは弱毒化してるんじゃないか、という楽観論に与する必要もありません。「ああ、またいつもの話で、数の数え方だけ間違ってる可能性が高いよなあ」と推察できるわけです。

「タテ」、歴史の勉強というのは、重要な出来事や年号を暗記するということではなくて、歴史を通じて「一般化」できそうな共通法則みたいなものを掘り起こしてみる学びのことです。これをやっている場合と、やっていない場合では、新しい危機に対する対応力が段違いになります。未来を見通し、切り開くときに、過去の勉強って案外役に立つんです。 「タテ」の勉強が時間の勉強、歴史の勉強であるのに対して、「ヨコ」の勉強は、空間の勉強です。例えば、海外ではどうなっているか、といった「他者との比較」です。 「日本では新型コロナ対策がうまくいっている。日本人は感染しにくい。重症化もしにくい。ジャパンミラクルだ」なんて主張をする大人たちがいます。

本当かな、と「ヨコ」をキョロキョロ見てみます。そうすると、ニュージーランドや台湾ではほとんど患者が発生していないことが分かります。ベトナムやアイスランドでは死亡例がほとんど出ていないことも分かります。一旦流行が広がった中国や韓国がしっかり感染数を抑え込んでいることも分かります。たしかに日本では、ほとんど無策、無防備のアメリカ合衆国やブラジルよりはましなのですが、最強でもミラクルでもなくて、第二波の感染数はかなり多いことが分かるのです。周囲を観察する、キョロキョロするのって大事です。

「第二波で感染者が増えても、若い人たちの流行が中心で、重症例や死亡例は出ていない。あれは検査をたくさんやってるだけ。心配ご無用」こんなことを主張する大人たちもいます。でも、これも間違い。「ヨコ」のアメリカ合衆国を見ると、たしかに感染者が増えても死亡者は増えていないように見えます。事実、トランプ大統領は「死亡者は増えていないんだ」と自らの政策を正当化する主張をしていました。が、新型コロナウイルス感染はとても長い病気でして、発症してから死に至るまでがとても長いのが特徴なのです。これは現場、病院で実際に患者さんを見ていないとなかなか分からない。それに、「若い人」の流行を放っておくと、いつしかそれは「高齢者」など重症リスクの高い方の流行へとシフトしていきます。アメリカ合衆国では感染数の増加から1ヵ月程度遅れて重症者や死亡者が激増しました。そういう「ヨコ」の事情を理解しておけば、日本でも早晩、同様のことが起きるだろうな、という見通しが立ちます。そして事実、「第二波」の初期に「若い人だけ」「重症化はしてない」と主張していた大人たちは、数週間後に発生した高齢者の事例、重症例、そして死亡例の増加に口をつぐむようになりました。「タテ、ヨコ、算数」ができていない大人たち。

「タテ」の勉強が歴史の勉強ならば、「ヨコ」の勉強は地理の勉強かもしれません。他の国ではどうなってるんだろう、という興味関心、好奇心はとても大事です。そういう比較をすることで、自分たちが住んでいる日本もよりよく理解できます。比較しないで日本だけ見ていても、日本のことなんてさっぱり分からないんです。そういう「日本しか見てない」大人もとっても多いのです。残念なことに。  ポストコロナの時代はどんな時代でしょう。いろんなシナリオを想定できます。バラ色のシナリオ、ろくでもないシナリオ。  どんなシナリオがやってきても、みなさん一人一人が時代を切り開き、世界を変えられるかというと、そんなに甘い話ではないと悲観的なリアリストのぼくは思います(間違ってるかもしれませんが)。ただ、世界を変える力があなたになかったとしても、世界の見方を変えることは比較的簡単にできます。それが、「タテ、ヨコ、算数」です。世界の見方を変えることができれば、より正しく世界を認識できれば、あなたがよりよく生き抜く可能性はちょっとは高まるんじゃないかと思っています。それが、どんなにクソろくでもない世界だったとしても。

「タテ、ヨコ、算数」の世界の見方   岩田健太郎

クルーズ船の実態を暴露した神戸大学の教授です。



>TOP

■第537号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月26日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス9
スペイン風邪総括・論文紹介1

スペイン風邪は波状的に襲ってきた

被害規模だけでなく、さらに重要なのは、スペイン風邪の波は、「三波」あったことです。速水先生はこう述べています。 〈「スペイン・インフルエンザ」は日本に三回やってきた。

第一波は大正七(一九一八)年五月から七月で、高熱で寝込む者は何人かいたが、死者を出すには至らなかった。これを「春の先触れ」と呼んでいる。

第二波は、大正七(一九一八)年一〇月から翌年五月ころまでで、二六・六万人の死亡者を出した。これを「前流行」と呼んでいる。大正七年一一月は最も猛威を振るい、学校の休校、交通・通信に障害が出た。死者は、翌年一月に集中し、火葬場が大混雑になるほどであった。

第三波〔後流行〕は、大正八(一九一九)年一二月から翌年五月ころまでで、死者は一八・七万人である。 「前流行」では、死亡率は相対的に低かったが、多数の罹患者が出たので、死亡数は多かった。「後流行」では罹患者は少なかったが、その五パーセントが死亡した。

このように、インフルエンザは決して一年で終わらず、流行を繰り返し、その内容を変えている〉(「『スペイン・インフルエンザ』から何を学ぶか」『機』二〇〇六年二月号)

ここから得られる教訓は、今回の新型コロナの流行も、仮に一旦収束しても、年単位で再流行するなどの可能性があり、ウイルスの変異で毒性が高まることもありうる、ということです。次の波に備え、ワクチン研究が不可欠です。


行動規制をせず被害が拡大

速水先生が必死に集めた当時の新聞記事を見ると、政府もメディアも、早期から「特別な伝染病である」とは警告してはおらず、これが感染と被害の拡大につながった可能性があります。これはスペイン風邪から得られる大きな教訓です。

二〇二〇年の大相撲の春場所は「無観客」で行われましたが、〈大正七(一九一八)年五月の東京夏場所は、流行性感冒〔スペイン風邪の当時の呼称〕による休場者が相次ぎ、「角力風邪」という言葉が生まれたほど〉(『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ』)でした。これに先立つ四月には、日本統治下の台湾で巡業があり、力士三名が命を落とし、ほか数名が入院するという事件も起きています。相撲部屋で感染が広がったのですが、百年前のスペイン風邪の時は、相撲に限らず、集会やイベントの制限は、ほぼ何もなされていません。

こうした政府の無策を、与謝野晶子は「感冒の床から」(『横浜貿易新報』一九一八年十一月十日付)という文章で批判しています。当時、晶子の家には十一人の子どもがいましたが、その一人が学校でスペイン風邪にかかり、次々に感染して、みな床に伏せってしまいます。 〈盗人を見てから縄をなうというような日本人の便宜主義がこういう場合にも目に付きます。どの幼稚園も、どの小学や女学校も、生徒が七八分通り風邪に罹ってしまって後に、ようやく相談会などを開いて幾日かの休校を決しました〉〈政府はなぜいち早くこの危険を防止するために、大呉服店、学校、興行物、大工場、大展覧会等、多くの人間の密集する場所の一時的休業を命じなかったのでしょうか。そのくせ警視庁の衛生係は新聞を介して、なるべくこの際多人数の集まる場所へ行かぬがよいと警告し、学校医もまた同様の事を子供達に注意しているのです。社会的施設に統一と徹底との欠けているために、国民はどんなに多くの避けらるべき、禍を避けずにいるか知れません〉(引用中、一部仮名遣いなど改めた。以下同)


あとがき

スペイン風邪の日本の死者は45万人、相当に杜撰だった。与謝野晶子の批判は的確だった。今の政府の政策は初めから滅茶苦茶だった。神戸大学の岩田教授は(タテヨコ算数が必要と言っている)タテは歴史、日本には平安時代から疫病の歴史がある。ヨコは現在の情勢を指す。コロナ対策の模範国は台湾、ニュージーランドなどから学んだ様子はない。算数は隠さず全てを知らせることだ。とりわけ人数を知らせなければ国民は本当のことが分からない。



>TOP

■第538号週刊ALS患者のひとりごと    2020年11月28日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス10
杜撰なスペイン風邪への対応・今も変わらず

当時から対応が後手に回ることへの批判があったわけです。

今回の自粛要請に関して「劇場の閉鎖は演劇の死」という発言もありましたが、スペイン風邪の最初の著名人の犠牲者は、劇作家・演出家の島村抱月でした。彼の死によって世間にも「今回の伝染病は大変だ」と広く知られました。史実では「演劇の死」よりまず「演劇人の死」だったのです。今回は悲しいことに志村けんさんでした。

ヒト─ヒト感染を始めた新型ウイルスの場合、「一人の感染者」は〝蛇口〟の開口を意味します。迷わず、この蛇口を閉じる策を打たなければなりません。五輪や要人訪問や観光利益と無関係に瞬時に交通を遮断するのが正解です。長期的にはそれが政治も経済も被害が少ないのです。

公衆衛生学者の岡田晴恵さんが指摘されていますが(「致死率2%でも『医療崩壊』最悪のシナリオ」『文藝春秋』二〇二〇年四月号)、スペイン風邪の際、学校、劇場、教会、大型販売店、娯楽施設などを閉鎖し、葬儀や結婚式も禁止し、いち早く集会規制と行動規制を行った米国のセントルイス市と、後手に回ったフィラデルフィア市では、死亡率に大差が出ました。セントルイスは死者を半減できたのです。この教訓からすると、外出・集会の自粛は、経済的に苦しくても感染拡大を抑えるには効果があります。

感染症の流行拠点になるのは、病院、学校、鉄道、船、軍隊など、人が「密集」「移動」するところです。百年前は連絡船の港=青森と貿易船の港=神戸でした。現代では空港や駅の乗降客の多い東京が危ないのです。

新型コロナでも、鉄道職員やバス運転手の感染がいち早く報告されましたが、スペイン風邪の時も同様です。まず兵士、学生、郵便局 員、鉄道員、船員から感染しています。当時の記事には「鉄道沿線各地に流行」とあり、人の移動とともに流行が広がったことが分かります。思い切って移動を遮断すること。これが長期的には最も国益にかなう、というのが教訓です。

感染症の日本史 (文春新書)』(磯田 道史 著)より

あとがき

「(感染の見通しを聞かれて西村大臣は)神のみぞ知る」とこたえた。菅義偉氏の人脈=D・アトキンソン氏、竹中平蔵氏、橋下徹氏…悪夢のような緊縮&新自由主義のフィクサー勢揃い。安倍菅内閣のバックボーンは、財界と日本会議とアメリカ。この理解抜きに迷走政権理解できない。 Go Toトラベルと感染の関係で「増えたというエビデンス!がない」とこたえた。無知か悪意か?人の移動が感染学の常識だ。1919年の世論調査ペイン風邪拡大を、シベリア出兵から770万人の兵士が帰国して、感染を加速した。 Go Toトラベルは4000万人がいどうしたという。



>TOP

■第549号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月15日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス21

台湾がコロナ完封の奇跡(4)
台湾駐在日本人の成田空港体験記

「藤さん、先週金曜日に帰国しましたが、成田の検疫状況に非常に不安を覚えました」

6月26日、日本人の友人が台湾駐在から帰国した。台湾の感染症対策を経験してきた人と、日本国内の感覚の違いがよくわかるため、彼からの報告をそのまま披露したい。

「私は中華航空の朝発の便で帰国しましたが、搭乗前の検温、アルコール消毒による手洗い等は徹底していました。機内のCA(客室乗務員)さん達はマスクとゴーグル、手袋、防護服を着用で万全の態勢でした。座席も決まっており、勝手に動いてはいけません。当日の乗客は20名と大変少なく、中には防護服を完全に着こんだご婦人もいらっしゃいました。機内では成田到着後の滞在先記入シートを渡されました。

成田到着後は機内で1時間半、空港内でもさらに廊下で30分ほど待ち、PCR検査を受けました。ソーシャルディスタンスは取られていましたが、誘導者と質問をする検疫官は普通の制服にマスクとフェイスガードのみ、防護服も手袋もしておらず、防疫体制の弱さを実感しました。

PCR検査時、医師はさすがに防護服を着用していましたが、くしゃみをした人がいても、その場をアルコール消毒するわけではないので、乗客側には感染リスクがあるなと思い、怖かったです。

その後、入国審査を終えて通関を通ると、自宅、実家、知人宅に滞在予定の人は結果を待たずに空港を出ることができます。検疫官が付き添い、監視されながら、たくさんの人が待つ待ち合わせ場所に誘導されます。水や食料も配布され、段ボール製のベッドもありました。

しかし、この場所も問題です。検査結果も出ていない海外からの帰国者で一杯だったので、感染のリスクがあり、怖かったです。

入国ゲートを抜けると空港内は通常営業していたのですが、マスクをしていない職員等がいてびっくりしました。また、今回来てもらったハイヤーの運転手も、隣に停まっていたタクシーの運転手もみなマスクをしていませんでした。日本人のあまりの危機感のなさに驚き、これではコロナに負けるなと思いました。

海外からの玄関口の成田空港ですら、このような状態です。ひどいレベルです。

そして、PCRの検査結果は3日後の週明け月曜日に電話でもらいました。検査結果が解るまでの不安と恐怖はなんとも言えません。先日、台湾南部に語学留学されていた日本人女性に成田で陽性反応が出たため、台湾国内では大問題とされ、今も話題となっています」  彼は日本に帰ってきてその危機感のなさが「怖かった」と言っているのだ。また、彼は日本に対してこう提言している。

「絶対に成田空港の防疫体制等をもっと強化すべきです。メディアも現場に行けば、どんなひどい状況かわかると思います。マスコミはこの現状を報道すべきです。

まず、PCR検査結果が陰性と解るまでは、最低でも隔離対応しなければ危険ではないでしょうか。自宅や実家に帰る人は、食事のためには外出してよいと検疫官より説明を受けましたが、信じられないと思いました。

また、台湾のように防疫タクシーを空港に設置して、移動者の管理をするべきです。まずは海外から入ってくる人間を確実に管理しないとダメだと思います。

空港が防疫の要ですので、改善しないとまずい。日本政府は入国制限を解除しようとしていますが、とんでもないと思います。今のままでは入国者が増えれば、それだけリスクが高まります」

この台湾帰りの人の声をどのように受け止めるだろうか。コロナをなめているのは、市民ではなく実は政府や厚労省なのかもしれない。これでは、国民に危機感は伝わらないだろう。こんな状態で国を開こうとしている政府には閉口するばかりである。第二波や新たな感染症にどう対応していくつもりなのだろうか。

友人はさらにこうも話してくれた。 「もし、検査結果待ちの人がコンビニなどに出かけたらどうなりますか? 私は迎えに来てくれたハイヤーの人に万が一感染させていたら、と心配していました。

また、私が万が一にも陽性判定されたら、台湾で送別会をしてくれた多くの友人が自宅隔離14日間を受けてしまう。だから今、やはり台湾での送別会はやるべきではなかったと反省しています。帰国してからというもの、成田での感染リスク、検査結果待ちと、本当に大きなプレッシャーを感じ、自分の行動を何度も反芻して夜も眠れませんでした」

これこそ台湾政府の感染症対策を経験した人の本音だと感じた。台湾では感染することよりも、感染に気づいていない自分が他人に感染させてしまうことをもっとも恐れて行動する。だから、健康であろうが無症状であろうが、他人に感染させるリスクがあれば、14日間の自宅隔離や自宅検疫を甘んじて受け入れていたのだ。その必要性と危険性をしっかり伝えたことが台湾政府の勝利につながったのだ。

『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(藤重太 著)より

あとがき

Go To キャンペーンがあまりの遅さで、世論をおそれてついに中断した。まともな政治家はいないかと呆れる。



>TOP

■第550号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月16日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス22

台湾がコロナ完封の奇跡(5)

『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(藤重太 著)より
第8章 なぜ日台の明暗は分かれたのか

行き届いていた台湾の「休校措置」対応
明暗の分かれた日台の「緊急事態宣言」

この章の最後に、「緊急事態宣言」を出すに至った日本と、そうした事態を未然に防いだ台湾との違いを医療体制も含めて検証しておきたい。

日本は4月7日、安倍総理大臣が戦後初の「緊急事態宣言」を出すに至った。緊急事態宣言直後の4月8日時点の日台の感染者の内容を比較すると、表2のとおりである。

なぜこうした差が生じたのか。そこには、5つの大きな決定的な違いがあるように思う。

まず、日本と台湾の感染状況でもっとも大きく違う点は、国内感染率と輸入感染率だ。日本は、国内感染者が全体の98%近くであるのに対し、台湾は国内感染者数が全体の14%のみだ。言い方を変えれば、台湾では的確に水際で感染者を捕獲していると言って良い。逆に、厳しい言い方をすれば日本は水際で感染者を判別できずに、次々に日本国内に入国させていたのではないかと疑われるレベルだ。

次に、日台で決定的に違うのが、感染経路だ。台湾の総感染者379人のうち、感染経路が不明な案件は10件のみである(うち2名が死亡)。残りは、感染経路を完全に把握している。日本はクラスター対策はうまく行っていたと自画自賛しているが、これだけ市中感染が広がり、感染経路不明のケースが増えれば、クラスター追跡の限界はあるだろう。台湾の徹底した感染経路の把握は、日本では信じがたいかもしれないが誠に見事で賞賛に値する事実だ。

一方、日本では、感染経路が推定できる案件と接触歴などが不明な案件とを分類しているが、陽性患者における接触歴等不明率は東京都の発表では最高で69%、低くて34%前後を6月初旬の時点で推移している。基準値は50%で、下回れば緩和、大きく上回れば自粛要請となっている。

4月8日時点での台湾における感染経路不明率は高く見つもって2・6%で、直近の週単位で見るとほぼ0%である。  これは言い換えれば、台湾国内にはほぼ感染者はいないということだ。感染被疑者は、病院か自宅隔離されているのである。逆に日本は感染者がどこにいるかわからない。完全に掌握のできない市中感染が起こっているのである。台湾は、感染者の存在を把握しているので、市中感染を抑えていると言っていい。

陰圧室不足を直視しない日本

3つ目は、日本でも話題になる検査数だ。日本と台湾の感染者数は、4月初旬の時点で日本(4257)が台湾(379)の11倍もあるのに対して、その検査数は1・5倍(61498:40702)にすぎない。検査方針は国によって違うだろう。この差をどう捉えるのかは専門家に譲るとして、感染症の素人の著者でも言い切ることができるのは、台湾は感染経路をほぼ掌握しているため、検査をすべき対象が明確だということである。濃厚接触者や危険地域からの帰国者、そして感染経路不明の10例について、接触の可能性がある人の検査を重点的にやればよかったのだ。

したがって、検査の性格も明確だ。台湾の検査は陰性であることを証明するための検査なのである。だから効率もすこぶる良い。結果として、陽性は108人にひとりしか出ないことになるのである。

ちなみに、台湾のPCR検査能力は1日3000件だが、実際の1日の検査数は300件から800件で、検査能力を上回ることはなかったと報告されている。

一方、経路不明者が一時50%強となり、市中感染が拡がってしまった日本では、感染の嫌疑をスクリーニングで推し量ることは不可能だった。「37・5度以上が4日以上続く」などと、ある程度症状が固まってから、陽性患者を確定するための検査でしかなかったのである。だから陽性が14・5人にひとりという高い比率になったのだ。

日本では多くの専門家、非専門家が検査について、賛成反対を論じているが、そもそも台湾と日本では検査の目的が違うのである。  4つ目に、これもあまり報道されていないが、非常に重大な問題が数字で表れている。それは、感染症患者を隔離する際に使用されるはずの陰圧室、いわゆる感染者病床の数だ。

日本の病床数は昨年2019年の3月末に発表された数では1758床だ。そして実は日本では3月31日の時点でPCR検査陽性者が感染者病床数の1758を越え、4月3日の時点で有症状患者数が感染者病床数を超えていたのである。4月8日の時点の確定感染者は感染者病床を遙かに超え、約2倍に達している。この大幅に陰圧室が足りない状況を医療崩壊と言うのではないだろうか。

なお、一般社団法人日本環境感染学会が2月12日発表した「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第1版)」の入院患者への対応には、次のように書かれている。 「感染確定例は指定医療機関に入院となり、施設のルールに則って適切に管理することになります。疑い例はウイルス検査の結果が判明するまで陰圧室での管理が望ましいと考えられますが、陰圧室での対応が難しい場合は、室内の換気を適切に行います」

しかし、3月10日発表の第2版改訂版(ver.2.1)では、次のように陰圧室は必須でないと強調、記述のトーンが下がっている。 「患者は個室に収容します。陰圧室は必須ではありません」「感染確定例や疑い例は、個室で管理します。陰圧室での管理が望ましいと考えられますが必須の条件ではありません」「感染確定例や疑い例の陰圧室での対応が難しい場合は、通常の個室で管理し室内の換気を適切に行います」

さらに、5月8日の第3版では「陰圧室」という表示自体が消えている。意味深である。

一方、台湾の陰圧室は1028床で、使用率は36・9%。まだ充分に余裕がある状況で治療が行われている。最終的に台湾は感染者全員を陰圧室で治療させることができた。

実は2月頃、台湾のテレビ番組では、陰圧室が少なすぎることによる日本の医療崩壊が危惧されていた。また、2月11日の日経新聞電子版では、日本の感染症病床陰圧室が1800床しかない事、厚生労働省が2月11日に一般病床での感染者の入院を認める事を報道をしている。その後、陰圧室に関する報道は見ていない。

5月4日の安倍首相の記者会見で「中国経由の第一波の流行については抑え込むことができた」「ダイヤモンド・プリンセス号からのウイルスも様々な対策の結果、国内では終息した」との推測分析を発表している。5月の時点でこれらを発表できた根拠とその意図に疑問を持ってしまうのは著者だけであろうか。「専門家会議」についてもその処遇や議事録が気になるところだ。ここ数カ月、日本政府の発表の信憑性や意図を深く考えてしまう。


『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』藤 重太著より

表2 感染数者数等の日台比較(2020年4月8日時点)

あとがき

「このまま続けたらすべてGo To キャンペーンのせいにされかねない」とすが。今必要な事は、Go To キャンペーンを止めて人の接触をなくす事で、賃金・家賃の補償をすることである。国民と生活、経済には消費税を0%にすることである。2月27日の安倍の会見の時に考えた事である。今必要な事は、Go To キャンペーンを止めて人の接触をなくす事で、賃金・家賃の補償をすることである。国民と生活、経済には消費税を0%にすることである。2月27日の安倍の会見の時に考えた事である。



>TOP

■第551号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月22日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス23

台湾がコロナ完封の奇跡(6)

最初の陽性患者3人に対する陳時中・衛生福利部長の対応だ!。

「皆さん、残念—ながら陽性者が一人増えてしまいました。皆さんも心配だと思います。しかし、私はこの結果をよかった、と思っています。なぜならこの人の命を私たちは救うことができるからです。私たちが一生懸命、同胞を武漢から連れ帰そうとしたのは、ほかでもありません。陽性となって、本当なら武漢で死んでしまったかもしれない同胞を連れ帰ることによって、その命を助けることができるかもしれないからです」  そう語りながら、陳は涙をティッシュで拭った。堪えきれず、溢れ出した涙だった。 「たしかに感染者が増えるということは望ましくないことです。しかし、それは台湾に帰すことでこの人の命を救える可能性が高くなったということです。私たち医療界が全力を尽くして、この人を助けます。患者の命を救うことができるとしたら、これほど素晴らしいことはありません。私たちはそのためにチャーター機で同胞を台湾に連れ帰ったのです。皆さん、そのことをどうか喜んでください」

チャーター機の第一便は三日深夜に桃園国際空港に到着し、台湾人二四七人が無事、帰国を果たした。このうち三人に発熱や喉の違和感などの症状があり、そのまま入院している。  翌四日午後八時、記者会見で陳時中・衛生福利部長の口から三人のうち一人が「陽性」であったことが告げられた。陳は、帰国便到着以来一睡もせず、検査結果を待っていた。その残念な結果を国民に報告した時の言葉がその後の語り草となったのだ。


『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』藤 重太著より

あとがき

いま感染激増が止まらない。国のトップの宴会三昧(驚くばかり!)、自民党議員の無数の忘年会!おまけに14人の市議会議員の本格的宴会!ことばがない!「宴会三昧(すが)」、あれほど国民を苦しめた「「37・5度4日間」」を「誤解」と言い捨てた加藤、感染の見通し聞かれて「神のみぞ知る」、「すがの宴会」を聞かれて「5人とはいっていない」と答える担当大臣!私は政治とはみんなで金(税金)を出し合い、みんなで使い道を決めること思っています。政治とは税金の使い方、政治の目的は弱者に光をあてること、政治とは可能性の芸術である。



>TOP

■第552号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月25日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス24

台湾がコロナ完封の奇跡(7)
女性リーダー活躍!日本の次元の低さ何故?

フィンランドのマリン首相、デンマークのフレデリクセン首相、ノルウェーのソールバルグ首相、アイスランドのヤコブスドッティル首相、ニュージーランドのアーダーン首相、台湾の蔡英文総統。そしてドイツのメルケル首相。マリンさんもアーダーンさんもネットで会見を続けていますし、ソールバルグさんは子どもに向けた会見も開きました。フレデリクセンさんは、自宅で皿洗いしながら歌ったりする動画を公開したりしています。  一国の代表であるとともにこのコロナ禍においては、一人の人間として、国民の皆さんと同じように自粛生活を過ごしていると伝えました。ヤコブスドッティルさんは、症状がない人にもウイルス検査を行い、蔡英文さんは科学的なデータに基づいた対策と情報公開を徹底したことで国民からの高い支持を得て、感染の封じ込めに成功しました。

メルケルさんの次に紹介する演説は感動的でした。 「次の点はしかしぜひお伝えしたい。こうした制約は、渡航や移動の自由が苦難の末に勝ち取られた権利であるという経験をしてきた私のような人間にとり、絶対的な必要性がなければ正当化し得ないものなのです。民主主義においては、決して安易に決めてはならず、決めるのであればあくまでも一時的なものにとどめるべきです。しかし今は、命を救うためには避けられないことなのです」

これは、ドイツが二〇二〇年三月に新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるためロックダウンするにあたり、メルケル首相が国民に向けて演説した内容です。不況に対する経済対策というわけではないのですが、補償の問題にも触れ、経済に対する取り組みも行うことが明言されています。

日本では法的にロックダウンはできませんから、「自粛要請」という奇妙な言葉になってしまうのですけれど、大きな差があるように思います。メルケルさんは、ロックダウン、ここでは都市封鎖ですが、強制的な対策を打ち出すにあたり、自身の出自や経験なども含めながら、民主主義の重要性を踏まえ、科学的なデータから、なぜこういう政策を行うのか、丁寧に説明しています。民主主義という言葉を何度も使っているところがとても印象に残りました。

メルケルさんは、東西にドイツが分裂していた当時の東ドイツで育ちましたから、移動の自由が制限された暮らしをしたことがあります。ですから民主主義や自由というものの大切さを身にしみてわかっているし、その経歴を知っているドイツの人たち、また同じような経験をしてきた人たちにとってもすごくよくその思いが伝わると思うんです。

そして、「劇場、映画館、店舗は閉まっています」(巻末②参照)と触れます。こういう文化的なことが当たり前にあるはずの生活が今はできていないことをさらりと言うんです。それも真っ先に「劇場」を挙げたところに、文化的素養を感じます。

ドイツの文化担当大臣は、「芸術は生命維持に不可欠」という主旨の発言をし、アーティストに対して最大九〇〇〇ユーロ(およそ一〇五万円)の休業手当を支給しています。ドイツ国民でなくとも、ドイツに拠点をおいて活動をしていて、納税証明書さえあれば、たとえ日本人のような外国人に対しても、一時金として五〇万円程度のお金が即座に振り込まれたそうです。文化が自分たちの暮らしにとって欠かせないもので、大切だと思っていることがこういうところににじみ出ていると思いました。


あとがき

529号から急遽コロナ特集を組みました。25冊のコロナの本を一所懸命に読みました。政府も迷走に怒りと驚きを持っていました。政府は菅総理は以下に決めたことを率先して感染拡大の先頭に立っているかのようです。皆さん政治とは政治家とは何か考えませんか?次回は台湾の蔡英文総統について書きます。



>TOP

■第553号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月27日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス25

台湾がコロナ完封の奇跡(8)

蔡英文総統就任式演説(1)
国民への感謝で始まった蔡英文総統就任演説

2020年5月20日、台北で第15代台湾総統の就任式が行われた。当初、新型コロナウイルスの影響で蔡英文総統の二期目の総統就任式は例年通りには開催できないかもしれない、と危惧されていた。しかし、5月20日までの台湾の感染者は440名、死者は7名、国内感染者は38日間連続で出ておらず、規模は縮小したものの、無事に就任式を迎えることができたのである。この数字は、台湾が世界で最も早く的確な初動で水際対策に成功したことを証明しており、世界でも驚くべき実績として賞賛されている。

総統就任演説は、国内外から約200名のゲストを招き、ソーシャルディスタンスを確保しつつ、台北賓館で開かれた。

蔡英文の就任演説は、国民への感謝で始まった。

「ここにいらっしゃる来賓の皆様、テレビやインターネットの前にいる友人の皆様、全国民、同胞の皆様、こんにちは(会場から拍手)

今日、私はここに立っています。そして何者にも比べられないほどの感謝の気持ちで、再度台湾人民から私に与えられた責任を引き受けることとなりました。

中華民国史上、最も特別な総統就任式です。特別なのは、式の規模や参加人数ではありません。皆さんがご存知のように、ここまでの道のりがどれだけ大変だったかということです。

私は台湾人民が、とても簡単にはできないことを台湾で実現させたこと(国民が防疫を堪えたこと)に特別に感謝します。 特にこの4ヶ月間の防疫期間中、あまり言及されてこなかった人たちに感謝したいと思います。

流行の初期段階で薬局の入り口に並んでくれた一人一人の台湾の皆さん、忍耐強く、そして政府を信任していただき、ありがとうございました。皆さんは、台湾が最も不安な時にあっても、公民としての美徳を維持することができることを世界に示しました。

私はまた、多くの在宅検疫や在宅隔離(双方とも台湾の自宅隔離方式、14日間の外出禁止)を強いられた人たちに感謝したいと思います。皆さんは他人の健康を守るため、生活上の不便を我慢してくれました。本当にありがとうございます。皆さんは人間性の最も善良な一面を顕現し、台湾でのウイルスの封じ込めを成功に導いたのです。

国家の光栄感(輝かしい誉れ)とは、生死を共にした共同体であることです。この間の記憶は、私たち一人一人の心の中に存在していくことでしょう。団結する感覚というのは、こういうことなのだと。

本日ここには多くの各国使節代表の方がいらっしゃいます。

私は世界の多くの国が台湾に関心を持っていると確信しています。 私はこの場を借りて皆様(外国の来賓)にお伝えします。皆様が今見ている国は、善良で強靭な人民の集まっている国であり、これら人民はどんな困難な状況にあっても自分たちの民主主義と皆の団結を守り、そしてお互いへの責任感を持って、困難に挑戦し乗り越え克服したのです。台湾が世界にあることをしっかり証明できました。」

この就任演説の内容からは、国民と共に新型コロナを完全に封じ込めた自信と国民への深い感謝と信頼、そして国家に対する揺るぎないプライドが感じられた。

「一人の英雄ではなく、無名のヒーローたちが国を作った」

こう切り出した蔡英文総統は、今後4年の経済発展政策、グローバル戦略、内政や福祉福利政策、国防戦略、両岸(対中国)問題、そして憲法改正や行政改革など詳しく述べた後、コロナウイルス対策に尽力したメンバーへの謝辞を再び述べはじめた。

「今日この会場にはコロナウイルスと闘ってくれた多くのヒーロー(防疫英雄)がいらっしゃいます。マスクのナショナルチームの全てのラインに参加してくれた皆さん、 起立して雄姿を見せてくださいますか。(マスクチームの数十名が起立、会場拍手) ありがとうございます。お座りください。

中央感染症指揮センターの公衆衛生チームの皆さん、立っていただけますか。(指揮センター、 衛生福利部疾病管制所[CDC]関係・専門家メンバーなど数十名起立) お座りください。ありがとう。

そして蘇貞昌行政院長(首相)率いる政府チームの皆さん、立って下さい。ありがとう、ありがとう、 皆さんお疲れ様でした。ありがとう、座ってください。

そして今日この場所にはいないあらゆる職種職業の多くの防疫ヒーローがいらっしゃいます。医療従事者、郵便局員、薬剤師、コンビニ店員、運送関係者などなど、一人一人のお名前をあげられないことを許してください。しかし、 私は皆さんにお知らせしたい。70年来、台湾が数々の困難を乗り越えられてきたのは、一人や二人の英雄によってではなく、一緒に歴史の歯車を動かしてくれたみなさんのような無名のヒーローがいてくれたからです。そう国民の皆さんがいてくれたからこそ、台湾の幸福、安定、繁栄が代々続き、これからも続いていくのです。」

『国会議員に読ませたい台湾のコロナ戦』(藤重太 著)より

あとがき

台湾について今まで勉強してなかったので、今度のコロナ政策の見事さを知り、急いで数冊の本を読んで、本当に驚き感動した。 国会議員の動きが日本と全く違うことである。全員一丸となって、国民のために奮闘していた。 とてもよく学習していた。昨年の11月から、武漢の異変をよく掴み対策を始めていた。日本は2月26日に専門家会議を始めた。台湾はサーズの被害と経過をとてもよく学んで、 コロナ対応に見事に活かした。日本と比べると驚くばかりだ。さらに勉強していきます。



>TOP

■第554号週刊ALS患者のひとりごと    2020年12月29日

発行 佐々木公一 042‐302‐9444 アドレス hamu-s@arsvivendi.comjcom.home.ne.jp

総括・新型コロナウイルス26

台湾がコロナ完封の奇跡(9)

蔡英文総統就任式演説(2)
「台湾の物語は始まったばかり」

最後に改めて、蔡英文就任式演説から後半部分を引いておきたい。

「蔡英文と頼清徳は、 皆さんの委託を受けてここにいることを光栄に思います。このような極めて困難な時期に中華民国総統の重責大任を担うことに、私は喜びよりもプレッシャーを感じています。しかし私は怖気づき立ち竦むことはありません。なぜなら私には皆さんがいるからです。

未来への道のりは決して順調なものではなく、挑戦する課題はさらに増えていくでしょう。しかし、私達はどんな荒波も越えてきた国家です。私たち2300万人は生死を共にする運命共同体です。それは過去もそうであり、現在もそうであり、未来もまたそうであります。

私はこの数ヶ月の間、皆さんが心を一つにして、お互いを思いやり 困難に打ち勝ってきた感動を忘れないよう心から願っています。中華民国は団結力があり、台湾はとても安全であり、台湾人であることに誇りを持って、胸を張って頭を高く掲げて歩んでいきましょう。

親愛なる国民同胞の皆さん、未来への道のりはまだまだ長いです。台湾の物語はちょうど新たな1ページが始まったばかりです。台湾の物語は皆さん一人一人のものです。また皆さん一人一人を必要としています。

2300万人の台湾の皆さん、どうか私達の水先案内人になってください。どうか私たちの運命の人になってください。私たちの知恵と勇気を集めて、一緒により良い国を作っていきましょう。皆さんありがとうございました。」

あとがき

このような大仕事を台湾の蔡英文総統を支えて任務を終えて大学にもどった陳副総統は、7500万円を辞退している。



*作成:小川 浩史
UP: 20210216 REV: 20200109, 0210, 0218, 0228, 0301, 0303, 0305, 0313, 0328, 0408, 0428, 0511, 0608, 0626, 0727, 0728, 0731, 0817, 0820, 0831, 0907, 0915, 0918, 1005, 1015, 1020, 1028, 1109, 1110, 1116, 1124, 1206, 20210222
佐々木 公一  ◇ALS  ◇「難病」  ◇病者障害者運動史研究
TOP HOME (http://www.arsvi.com)