HOME > BOOK > 雑誌 > 『週刊/ALS患者のひとりごと』 >

『週刊/ALS患者のひとりごと』2011

佐々木 公一

Tweet
last update: 20180130


◆2011/04/04 『週刊/ALS患者のひとりごと』259
 世界がやさしく(大地震1)/原発事故(大地震2)
◆2011/04/21 『週刊/ALS患者のひとりごと』260
 世界に衝撃(大震災3)/核分裂生成物(大震災4)/人体への影響(大震災5)
◆2011/07/25 『週刊/ALS患者のひとりごと』261
 原子力と呼ぶなウラン発電と呼べ(大震災6)/死の灰(放射性物質と呼ぶが)が地球を壊す(大震災7)/私の疑問(大震災8)
◆2011/08/06 『週刊/ALS患者のひとりごと』262
 「人の力で制御できない物」(大震災9)/安全性は2つ問われるべき(大震災10)/原発(ウラン発電)の安全とは?(大震災11)
◆2011/08/20 『週刊/ALS患者のひとりごと』263
 福井県立大学のみなさん、今日は
◆2011/09/03 『週刊/ALS患者のひとりごと』264
 原爆と原発のメカニズム(大震災12)/何が同じか(大震災13)/何が違うか(大震災14)/何も違わない(大震災15)/アメリカが心配したことは(大震災16)/地震の巣の上の日本の原発(大震災17)
◆2011/10/26 『週刊/ALS患者のひとりごと』265
 「お前は何をやっているのか。できることはないのか」/セシウムとは(大震災18)
◆2011/11/20 『週刊/ALS患者のひとりごと』266
 福島応援 on song→12・11/ご挨拶・明治学院大学のみなさん
◆2011/12/05 『週刊/ALS患者のひとりごと』267
 福島応援 on song/原発(ウラン発電)の安全とは?/福島県のALS患者佐川さんと一緒に福島応援 on song


 

>TOP

第259号                      2011年4月4日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
発行 佐々木公一  府中市四谷4-51-26 042-302-9444 FAXとも ホームページ 工事中
メールアドレス  hamu-s@jcom.home.ne.jp

世界がやさしく(大地震1)
 いま世界がやさしくなっています。世界中に応援の輪が広がっています。被災地のとりく
みとそれへの応援は涙と感動をさそいます。先日の報道の甲子園の選手宣誓、ヘリコプター
を津波に破壊された航空自衛隊員の「このヘリがあれば数百人の命を救えたのに」との慟哭
……。住民へ避難を呼びかけ続けながら津波に襲われた役場の若い女性職員など悲しいエピ
ソードも無数にあります。見るたび聞くたび 汾Sうたれます。
 価値観の転換が大規模におこっています。被災地では行きずりの人がかけがえのない人に
変わっています。相対的価値観から絶対的価値観に変わっています。いま被災地にあるもの
は使用価値(縄文時代以前日本列島にも数十万年使用価値だけの時代があった)だけです。
水も食料も毛布も。唯一交換価値はお金だけです。それもまだ効力は限定的です。買えるも
のがないからです。
 いたるところで気高い道徳的高揚がみられます。被災地の報道、それへの国内外の反応を
見る時ALSの私が苦労してたどりついた「価値観の転換」を果たしています。瞬時に強制
的にあまりにも多くの不幸とともにですが。まるで障害者の世界のよう、患者会のようです。
なにを学ぶかです。なにができるかです。

原発事故(大地震2)
ワ しかし原発事故になると一変します。世界の不安、国内の不安と怒りは頂点に達して
います。東京電力の度重なる大失態、大誤報が国内外の不安に拍車をかけています。私は3
人の被曝者(実は他社社員)への敬意と感謝とお詫びがなかったことに驚きました。
 本来地球になかったヨウ素やセシウムなどの核分裂生成物が出ることは津波数時間後に
は核分裂が起きていた、拡大していることは間違いありません。10→20→30qと避難
地域が3転しました。東京電力には事態の深刻さがわかっていたはず。このことが混迷に拍
車をかけています。以下次号

 あとがき 思いがけずご無沙汰しました。1月末に愛用のパソコンが壊れて手も足も出な
い状況が続いている。中でも300人を超える送信名簿(アドレス)の喪失は深刻な痛手と
なった。加えて15年愛用のスイッチの製造中止もあった。みなさんぜひお手元のアドレス
帳の私にかかわると思われるみなさんのアドレスを教えて下さい。地震の日結一郎の高校の
卒業式、3階の体育館まで大勢に車椅子を持ち上げてもらって。約3時間後地震。天井崩落
とのこと。危機一髪。東日本大震災の(あまりにも多くの)犠牲者に合掌。


 

>TOP

第260号                      2011年4月21日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
発行 佐々木公一  府中市四谷4-51-26 042-302-9444 FAXとも ホームページ 工事中
メールアドレス  hamu-s@jcom.home.ne.jp

世界に衝撃(大震災3)
 世界最大の原発大国アメリカは事故直後から福島第一原発(問題の1号炉はアメリカGE
社製)上空の空気を採取していた。いち早く支援を申し出た。58基の原子炉をもち電力の
8割を原発に頼るフランスも直ちに支援を申し出た。だが「何が問題かわからないから」と
東京電力と政府は拒否。80万人が日本で暮らし原発建設に邁進する中国、チェルノブイリ
原発事故を経験し30以上の原発をもつロシアは放射性物質測定基準を引き上げた。英米が
自国民の80キロ離れる指示、各国大使館の相次ぐ東京脱出が報道された。

核分裂生成物(大震災4)
 ヨウ素とセシウム(以下の通り核分裂生成物は多くあるが時にストロンチウムを除いて報
道されない。理由は測定していないからだそうだが、原子力科学など
と言っても曖昧さも多い)が検出されるに至りもはや核
分裂は隠しようがなくなった。実は核分裂生成物はこんなにある。クリプトン85 (その放
射線量が半分に減るまでの期間で半減期と呼ばれる。以下同じ。10.8年), 固体、ストロン
チウム89 (51日), ストロンチウム90 (28年), 固体、ジルコニウム95 (65.5日), 固体、
ヨウ素131 (8.05日), 気体、キセノン133 (5.27日), キセノン135 (9.1日), 気体、セシ
ウム137 (30年), 固体 (高温では気体)、セリウム144 (285日), 固体、プロメチウム147
(2.64年), 固体、などがあった。つまりヨウ素131は8日で半分に減り、気体だから風
向き次第で飛ぶ、体内では甲状腺に集まりやすい、などである。

人体への影響(大震災5)
 組織荷重係数というものですが、これは、同一エネルギーで同一種類の放射線が吸収され
たとしても、組織部位によって、その影響が異なることを考慮する係数です。人 nフを14
の組織および残りの組織に分けており、数字が大きいほど、放射線の影響が大きいことを示
します。・生殖腺: 0.08・赤色骨髄: 0.12・結腸: 0.12・肺: 0.12・胃: 0.12・膀胱: 0.04・
乳房: 0.12・唾液腺: 0.01・肝臓: 0.04・食道: 0.04・甲状腺: 0.04・皮膚: 0.01・骨表面:
0.01・脳: 0.01・残りの臓器・組織: 0.12 このように、人体を15の部位にわけて、各部
位ごとに実効線量を計算し、最後にその総和をとります。
 あとがき 大震災の後特に原発事故の後「なぜ?」がずいぶん増えた。なぜ広島・長崎の
日本に原発があるのか?全国17か所54基の原発のうち2か所10基もの原発が福島県
にあるのか?なぜ寿命30年の原発を40年も使ったのか?なぜ?は尽きない。


 

>TOP

第261号                      2011年7月25日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
発行 佐々木公一  府中市四谷4-51-26 042-302-9444 FAXとも ホームページ 工事中
メールアドレス  hamu-s@jcom.home.ne.jp

 原子力と呼ぶなウラン発電と呼べ(大震災6)
 いま原子力と呼ばれているものは戦前のヒトラーのドイツが一撃で巨万の人
びとを殺す方法にアインシュタインのチームが成功したことを指す。簡単に言え
ば「ほとんどを占める燃えない(核分裂しない)ウラン238が99・3%を占める
ウラン鉱石から燃える(核分裂する)ウラン235、ウラン鉱石の0・7にすぎな
い、を探し抽出し、核分裂実験を成功させた。これが後の原爆そして原発につ
ながった。だから「原子力」という魔法の響きを持つ言葉に、本質を見誤らせ
てきたと思う。なおウランの原子番号は92.

 死の灰(放射性物質と呼ぶが)が地球を壊す(大震災7)
 言葉を戻そう。報道されるセシウムなどの放射性物質は広島、長崎で瞬時
に17万人の命を奪った死の灰と同じものだからだ。違いはウラン235を90%
に高濃縮つまり純度を高めたか(当然核分裂力も大きい)低濃縮つまり純度を
低めたか(必要外の爆発の可能性を低めるため)にすぎない。チェルノブイリ
原発事故でも5年後ガンが激増している。
 死の灰(放射性物質)の内訳である。クリプトン85 (その放射線量が半分に
減るまでの期間で半減期と呼ばれる。以下同じ。10.8年), 固体、ストロンチウ
ム89 (51日), ストロンチウム90 (28年), 固体、ジルコニウム95 (65.5日), 固
体、ヨウ素131 (8.05日), 気体、キセノン133 (5.27日), キセノン135 (9.1日), 気
体、セシウム137 (30年), 固体 (高温では気体)、セリウム144 (285日), 固体、
プロメチウム147 (2.64年), 固体、などがあった。これらが空気を壊し地球を壊
し、現在と未来の人類を苦しめる。広島、長崎、スリーマイル島、チェルノブイリ
、福島第一原発と続く主な原発事故(事故は無数にある)はこれからも起こ
る。数えたら29の国に431の原発があった。

 私の疑問(大震災8)
1,意思決定(真に)に加わった人びと(原爆で数十人、原発で数千人)に結果
と将来の危険と向き合う覚悟はあるのか?原発をすすめた政治家、学者は責
任を取らないのか?
2,人間に人間と運命をともにせざるを得ない動物たち(福島の犬、猫、牛、馬
のみならず大小野生の魚、各地の動物たち)を絶滅させる権利はあるのか。
3,人類と動物が酸素もらって生きている世界の植物への影響調査をしない
でよいのか。
あとがき たった4つの原子炉事故がセシウムなどの被害を日本全国に拡散
している。ぜひご覧下さい。ブログ「福島のこどもたちhttp://kofdomofukushima.at.webry.info/


 

>TOP

第262号                      2011年8月6日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

 「人の力で制御できない物」(大震災9)
 「人の力で制御できない物を置いて良いのか」福島第一原発事故被災地村
長の悲痛な叫びが脳裏に残る。直後から死の灰(放射性物質)を出し続けて
いる。ヒロシマで瞬時に10万人を殺した死の灰の中心ストロンチウムとセシウ
ムをみる。これらの放射性物質を含んだ食物を人間が摂取した結果、長寿命
の放射性核種(ストロンチウム90→半減期28年、セシウム137→半減期30
年のような)が体内に蓄積する。ストロンチウムは同族元素であるマグネシウ
ムやカルシウムに性質が似ているため骨や代謝系に、セシウムは同族元素
であるナトリウムやカリウムに性質が似ているため体液や筋肉にそれぞれ浸
透し、そこから放たれる放射線によりガンなどになる。半減期からみると4分
の1になるの60年かかる。これは多くの人の残りの人生を上回る。私たちは
生涯死の灰と向き合うのだ。

 安全性は2つ問われるべき(大震災10)
 安全性の問題は主に2つある。ウラン235から死の灰(放射性物質)を生み
出さないこと、ウラン235を核分裂させた時に発生する死の灰を原子炉から外
に出さないことの2つ。だが前者は無視され続けている。前者の議論に多くの
科学者は口をふさぐ。私は問う。「ウラン235を核分裂させる時死の灰を出さ
ない方法はあるのか?」残念ながらいま人類の科学では不可能である。後世
は原発を地球への人類への犯罪と断罪するだろう。

 原発(ウラン発電)の安全とは?(大震災11)
 安全とはいかなる事態(原子炉が横になっても逆さになっても飛行機が墜落
して来てもミサイルが撃ち込まれても・実際にアメリカの同時テロのように飛行
機が突入しても)になっても死の灰を出してはいけないのだ。残念ながら人類
の科学はウラン235を核分裂させてエネルギーを得る時に同時に出る死の灰
(放射性物質)の処理に成功していない。つまり大事故発生の死の灰流出は
防げないのだ。06年6月広瀬研吉原子力安全・保安院長(当時)の国会答弁
は「取水槽や原子炉格納容器のサプレッションプール(圧力抑制室)の水を用
いるので大丈夫」、06年10月鈴木篤之原子力安全委員長(当時)の答弁は
「日本の原発では、非常用ディーゼル発電の他、バッテリーが複数あり、同じ
敷地のの他の原発からの電源の融通など、非常に多角的な対応があるので
大丈夫だ」であった。
 あとがき 報道されないたくさんのことがある。セシウム(死の灰の中心)を
次号で。


 

>TOP

第263号                      2011年8月20日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

福井県立大学のみなさん、今日は
 本日はお招きいただきましてありがとうございました。小林先生は長年ALS
患者のために尽力され、ALSについて研究も発表されておられます。心より
尊敬しております。

 ところで今日は日本にとって一番大切な日「戦争に負けた日」です。福島県
の事故以来原発について勉強してきました。当然同じ種類の原爆についも勉
強しています。原爆は広島、長崎で瞬時に17万人もの人びとを殺し(強烈な
熱風・新しい発見「広島城の天守閣(重さ数千トン)がそのままの形で4,50メ
ートルとばされ叩きつけられた」と記録にある)その後43万人以上の人びとが
死んでいる。原因を推測すると1,外部被曝、2,その後遺症、3,内部被
曝、4,その後遺症、5,遺伝などにるよる(被曝2世、被曝3世もいる)と思い
ます。いま5000万人を超える人びとが放射性物質のひとつセシウムに脅え
ています。この規模は広島、長崎を超えています。みなさん福井県は日本一
の原発銀座です。どんどん勉強しましょう。

 私は昔平和運動に熱心に取り組んできました。広島、長崎、焼津(ビキニ事
件の)へ30回以上参加してきました。けれども発症以来意識的に介護の世界
にとじこもってきました。しかしきれいな空気は私たち呼吸器患者には宝
物。福島第一原発事故は私の心の声が「お前は何をやっているのか。できる
ことはないのか」と問いかけてきました。

 ですから私はみなさんがケアに向かう時、その人のこだわり(その人らしさが
いっぱいつまっているところ)に着目し第一に、その人のライフスタイルを知り、
第二に、その人の人生で輝いた頃を知り、第三に、再構成された自己(アイデ
ンティティ)を理解し、寄り添い、その人らしい自己実現にとりくまれることを心
より期待しております。

 最近私はみなさんを知りたいと思って「在宅看護学」の教科書の勉強をしま
した。不思議なご縁も感じました。「在宅看護学」のはじまりは1996年、私の
ALS発症も同じ年です。この「在宅看護学」からたくさんのことを学びました。そ
の中でトラベルビーの人間観に感激しました。少し書きます。トラベルビーは患
者と看護師を立場の異なるひとりの「人間」としてとらえ、その「人間」を「独自
的でかけがえのない個人であり、世界においてその時、その場所にたった一
人だけの、誰とも同じでない存在」として定義しています。「世界に一つだけの
花」の作者もこの文章を読んだかもしれません。実習や就職していろいろな困
難に出会いくじけそうになった時、「トラベルビーの理論を知っていると、ひとつ
ひとつの出会いの時間や相手の今の気持ちを大事にして、先を考えなが
ら、待つ時間も大切にしながら関係性を作っていくことができるに違いない」教
科書の著者は述べています。ぜひ挑戦して下さい。

 あとがき 8月15日東京都支部の高井さんの文字盤教室とジョイント授業。
3時間に及ぶ授業、約100人の目は輝いていた。「いま一番うれしいこと」「が
んばれる力はどこから」などの質問や私からも「呼吸器が取り入れるのは空気
か酸素か?」など質問もした。小林ご夫妻はじめ福井の皆さんの暖かさに感
激。原発を一緒に勉強しませんか。


 

>TOP

第264号                      2011年9月3日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

 原爆と原発のメカニズム(大震災12)
 原料のウラン鉱石のうち燃える(核分裂する)ウラン235(ウラン鉱石の中に
0・7%存在)の比率を増やして(濃縮して)核分裂させる。この時発生する熱
を利用する。
 何が同じか(大震災13)
1,ウラン235を濃縮する。2,ウラン235を核分裂させる。3,大量の放射性
物質(死の灰)を出す。出し続ける。
 何が違うか(大震災14)
1,濃縮の比率が違う。原発は3〜5%(低濃縮)、原爆は90%以上(高濃
縮)。2,燃やし方(核分裂のさせ方)が違う。原発は少量ずつ(燃料棒に分け
て)連続的に、この過程で発生する熱で水を沸騰させタービンを回し電力をと
る。原爆は濃縮ウランを2つに分け劇薬を使い一気にできるだけ多くの殺し、
街を破壊する為に爆発させる。
 何も違わない(大震災15)
1,ウランを使い核分裂させる時に大量の死の灰(放射性物質)を出さない方
法に人類は成功していない。2,万が一原発に事故ある時は原発を「止める、
冷やす、閉じ込める」から絶対安全と政府や東京電力は公言してきた。だが
冷やすも閉じ込めるもだめで大惨事を引き起こした。
 アメリカが心配したことは(大震災16)
1,敵国または集団が原発を攻撃し破壊することで原発を核兵器として使用す
る。2,燃料棒などが盗まれ核兵器に転用される、こと。原発がある地域(日本
に54基、世界で21か国431基)での膨大な核戦略(アメリカの核の傘も)の
無意味さを告白している。
 地震の巣の上の日本の原発(大震災17)
 日本の領土(領海などを含むと)は地球の表面積の〇・3%あるが世界の地
震の10%がおこっている。日本の原発はだから狂気の沙汰です。(なおセシ
ウムは次号で)

あとがき 福井県立大学や難病看護学会など忙しくやや夏ばて。3・11は私を
覚醒した。「原爆許すまじ!」が蘇る。「音楽で福島支援」に取組中。動ける方
ご連続を。


 

>TOP

第265号                      2011年10月26日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

「お前は何をやっているのか。
できることはないのか」
 私は昔平和運動に熱心に取り組んできました。広島、長崎、焼津(ビキニ事
件の)へ30回以上参加してきました。けれどもALS発症以来15年意識的に
介護の世界にとじこもってきました。ところが福島第一原発事故はとりわけ3
号炉のきのこ雲を見て、私の心の声が「お前は何をやっているのか。できるこ
とはないのか」と問いかけてきました。以来原発、原爆について猛勉強です。

 私はこれまで科学の成功とはほかの科学の発展に役に立つものと学んでき
ました。そのことにより人類の幸福へ貢献するものと学んできました。けれども
たったひとつ例外がありました。「軍事科学」と称する分野です。ここではいか
に人間を効率よく殺すか傷つけるか、そのための武器や作戦を研究していま
す。その究極が原爆であり、同じ原理で成り立つ原発はそもそも科学としてな
りたたいのです。つまり原発はこの世に存在してはいけないのです。ウラン23
5を核分裂させる時発生する膨大な死の灰(放射性物質)を出さない技術も封
じ込める技術も持ってないし今後持つ可能性もないからです。

 東京にも名古屋にも大阪にも原発はひとつもないのになぜ福島県には16
基(予定も含めて)もあるかなどのカラクリなども考えながら「福島県の応援
(行ってきました)」を頑張ります。

 セシウムとは(大震災18)
 問題のセシウムですが、これは、ナトリウムと同じ「アルカリ金属」です。金属
ですから固体ですが、アルカリ金属の融点・沸点は比較的低いので、原子炉
で高温になった場合には、気化して、気体や微小な塵となって拡散する可能
性があります。いま遠く各地に散らばっている理由です。拡散後は、固体とな
り、かつ半減期も長く(137は30年)、土壌中に長く残り農作物などの放射能
汚染で大問題となってます。

 あとがき この間の活動ですが9・28都立荏原看護学校で講演のあと福島
をよびかけ色紙10枚、10・1日本ALS協会福島県支部総会参加、6万人原
発集会(明治公園)、ITパラリンピックで支援訴え色紙5枚、原発反対署名運
動(府中市内)。10・23に本屋(国立駅前増田書店の新刊コーナー)に行って
驚いた。8月に行った時には所狭しと並んでいた原発の本がわずか3冊し
かなかった。


 

>TOP

第266号                      2011年11月20日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

福島応援 on song→12・11
 福島第一原発事故3号炉の「きのこ雲(広島、長崎の原爆がもたらした巨大
な雲をこう呼ぶ)」が私を叱りつけた言葉を振り返ってみた。私の平話運動は
大切な人生の(使命・役割)であったと確認できる。いまここで頑張ばらなけれ
ば私の人生の総括はできない、発症以来逃れていたまた逃れようとしていた
ことを自責している。広島、長崎、福島へこの流れを、原爆→原発の流れを食
い止める最後のチャンスと受け止め私にできることを模索している。私たちは「
福島応援 on song」というグループをつくりとりあえずまず福島県のALS患者
へ「激励色紙15枚」を届けた。年内人数分150枚を届けたい。ぜひみなさん
市販の色紙に激励の言葉を書いてもらって私「1183−0035府中市四谷4
−51−26」に送って下さい。第二に来る12月11日午後3半から4時半まで
府中駅前伊勢丹(フォーリス)前で音楽と宣伝活動を行います。福島からALS
患者佐川さんが来られます。第三に「福島応援 on song」のメーリングリストへ
の参加者を募ります。お名前とアドレスを教えて下さい。

ご挨拶・明治学院大学のみなさん
(前略)おかげさまでいまいろいろなことやっています。講演活動のほかに本
業のわの会ではデイサービス、ヘルパーステーション、障害者の自立支援活
動、にALS患者会活動、文字盤普及、福島応援活動などです。出番と役割が
あれば誰でも元気になります。そのことを踏まえて以下のお話をします。

 最後です。ケアの語源は悲しみ、だからケアは病気や障害による不具合が
もたらすつらさ、苦しさ、悲しみなどの感情を、利用者がそれまでの人生で培っ
た力に依拠してともに乗り越えること。だからケアは2つの学習を強く求めま
す。ひとつは、ケアの理論、もうひとつは、その人(利用者)の現在、過去、未
来(その人の現在に寄り添い、過去を訪ね、ともに未来を語ること)を学ぶこと
です。つまり「そのひと」を学ぶのです。当然その人が利用している制度社会
を含みます。ですからケアはまぎれもなく高度な知的労働であるのです。(後
略)

 あとがき 3日東海大学大学院看護福祉系同窓会、5日音楽療法打ち合わ
せ、11日福島応援 on song宣伝行動雨天中止、13日多摩ブロック患者交流
会があった。患者会では発症初期の苦しみが多く出された。妻が「そこをくぐり
ぬけた人がたくさんいるのだからきっと乗り切れる。ぜび先輩患者に相談
を!」と発言した。19,20日に長野県で全国のたくさんの仲間に会える。みな
違ったALS人生を歩んでいるから楽しみだ。長野の自然も10年振りになるだ
ろうか。「違いは希望、違いは可能性」ですよね。みなさん!


 

>TOP

第267号                      2011年12月5日
          
今日はお世話になります
ALS患者のひとりごと
 発行 佐々木公一 042-302-9444 FAXとも アドレス hamu-s@jcom.home.ne.jp

福島応援 on song
 原発が必要かとお迷いのあなたに!
 私たちはこれまで科学の成功とはほかの科学の発展に役に立つものと学ん
できました。そのことにより人類の幸福へ貢献するものと学んできました。けれ
どもたったひとつ例外がありました。「軍事科学」と称する分野です。ここでは
いかに人間を効率よく殺すか傷つけるかそのための武器や作戦を研究してい
ます。その究極が原爆(核兵器)であり、同じ原理で成り立つ原発はそもそも
科学としてなりたたいのです。つまり原発はこの世に存在してはいけないので
す。ウラン235を核分裂させる時発生する膨大な死の灰(放射性物質)を出さ
ない技術も封じ込める技術も持ってないし今後持つ可能性もないからです。
持続可能なエネルギーが世界に広がっています。太陽光、風力、地熱、海流
などいくらでもあります。雇用もうみます。

 原発(ウラン発電)の安全とは?
 安全とはいかなる事態(原子炉が横になっても逆さになっても飛行機が墜落
して来てもミサイルが撃ち込まれても・実際にアメリカの同時テロのように飛行
機が突入しても)になっても死の灰を出してはいけないのです。「真の文明は
人を殺さない」100年前足尾銅山事件で田中正造は言いました。意図的でな
いとしても結果として人を殺す原発は文明でも科学でもあり得ないのです。す
でに原発は29か国431基もあります。

 福島県のALS患者佐川さんと一緒に福島応援 on song
 私たちはいま福島応援 on songというチームをつくり1,福島第一原発事故
を風化させない。2歌で福島県応援、3,当面福島県在住ALS患者に色紙を
届ける。4,応援募金、を目的に頑張っています。大震災、津波に原発事故と
いう未曾有の苦しみの福島県を応援することは平和日本へのたたかいでもあ
ります。
 12・11当日の行動
 11時→午後1時 わの会忘年会 福島話しを聞き歌声など(府中西府文化
センター)
 2時頃→4時半頃 府中駅前伊勢丹(フォーリス)前
  福島応援 on song宣伝行動
 6時→8時 みんなの忘年会(もっと福島県の話しを聞こう・デイサービスりん
りん)
 ご連絡はわの会042−360−3626にお願いします。
 あとがき 全国から色紙問い合わせ答えきれずお詫び。湯川秀樹が博士原
発賛成から撤退の歴史を知りほっ。毎月11日を原発を忘れない日に。よい名
前を付けて下さい。

*作成:小川 浩史
UP:20120315 REV:20120523, 20180130
佐々木 公一  ◇ALS 2011  ◇ALS 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)