HOME > BOOK > 雑誌 > 障害者と教育
病者障害者運動史研究 > 「病者障害者運動史研究――生の現在までを辿り未来を構想する」 >

『障害児を普通学校へ』

障害児を普通学校へ全国連絡会 編 1981-現在 1992年4月17日第三種郵便物認可
障害児を普通学校へ全国連絡会

Tweet
last update:20170831

※会報の番号と年月がずれているのは、合併号があるためです。後日、修正します。

■所蔵会報No.1-No.320

■『障害児を普通学校へ』No.1,1981.9,11p. ※m
■『障害児を普通学校へ』No.2,1981.10
■『障害児を普通学校へ』No.3,1981.11
■『障害児を普通学校へ』No.4,1981.12
■『障害児を普通学校へ』No.5,1982.1
■『障害児を普通学校へ』No.6,1982.2
■『障害児を普通学校へ』No.7,1982.3
■『障害児を普通学校へ』No.8,1982.4
■『障害児を普通学校へ』No.9,1982.5
■『障害児を普通学校へ』No.10,1982.6
■『障害児を普通学校へ』No.11,1982.7
■『障害児を普通学校へ』No.12,1982.8
■『障害児を普通学校へ』No.13,1982.9
■『障害児を普通学校へ』No.14,1982.10
■『障害児を普通学校へ』No.15,1982.11
■『障害児を普通学校へ』No.16,1982.12
■『障害児を普通学校へ』No.17,1983.1
■『障害児を普通学校へ』No.18,1983.2
■『障害児を普通学校へ』No.19,1983.3
■『障害児を普通学校へ』No.20,1983.4
■『障害児を普通学校へ』No.21,1983.5
■『障害児を普通学校へ』No.22,1983.6
■『障害児を普通学校へ』No.23,1983.7
■『障害児を普通学校へ』No.24,1983.8
■『障害児を普通学校へ』No.25,1983.9
■『障害児を普通学校へ』No.26,1983.10
■『障害児を普通学校へ』No.27,1983.11
■『障害児を普通学校へ』No.28,1983.12
■『障害児を普通学校へ』No.29,1984.1
■『障害児を普通学校へ』No.30,1984.2
■『障害児を普通学校へ』No.31,1984.3
■『障害児を普通学校へ』No.32,1984.4
■『障害児を普通学校へ』No.33,1984.5
■『障害児を普通学校へ』No.34,1984.6
■『障害児を普通学校へ』No.35,1984.7
■『障害児を普通学校へ』No.36,1984.8
■『障害児を普通学校へ』No.37,1984.9
■『障害児を普通学校へ』No.38,1984.10
■『障害児を普通学校へ』No.39,1984.11
■『障害児を普通学校へ』No.40,1984.12
■『障害児を普通学校へ』No.41,1985.1
■『障害児を普通学校へ』No.42,1985.2
■『障害児を普通学校へ』No.43,1985.3
■『障害児を普通学校へ』No.44,1985.4
■『障害児を普通学校へ』No.45,1985.5
■『障害児を普通学校へ』No.46,1985.6
■『障害児を普通学校へ』No.47,1985.7
■『障害児を普通学校へ』No.48,1985.8
■『障害児を普通学校へ』No.49,1985.9
■『障害児を普通学校へ』No.50,1985.10
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.51,1985.11
■『障害児を普通学校へ』No.52,1985.12
■『障害児を普通学校へ』No.53,1986.1
■『障害児を普通学校へ』No.54,1986.2
■『障害児を普通学校へ』No.55,1986.3
■『障害児を普通学校へ』No.56,1986.4
■『障害児を普通学校へ』No.57,1986.5
■『障害児を普通学校へ』No.58,1986.6
■『障害児を普通学校へ』No.59,1986.7
■『障害児を普通学校へ』No.60,1986.8
■『障害児を普通学校へ』No.61,1986.9
■『障害児を普通学校へ』No.62,1986.10
■『障害児を普通学校へ』No.63,1986.11
■『障害児を普通学校へ』No.64,1986.12
■『障害児を普通学校へ』No.65,1987.1
■『障害児を普通学校へ』No.66,1987.2
■『障害児を普通学校へ』No.67,1987.3
■『障害児を普通学校へ』No.68,1987.4
■『障害児を普通学校へ』No.69,1987.5
■『障害児を普通学校へ』No.70,1987.6
■『障害児を普通学校へ』No.71,1987.7
■『障害児を普通学校へ』No.72,1987.8
■『障害児を普通学校へ』No.73,1987.9
■『障害児を普通学校へ』No.74,1987.10
■『障害児を普通学校へ』No.75,1987.11
■『障害児を普通学校へ』No.76,1987.12
■『障害児を普通学校へ』No.77,1988.1
■『障害児を普通学校へ』No.78,1988.2
■『障害児を普通学校へ』No.79,1988.3
■『障害児を普通学校へ』No.80,1988.4
■『障害児を普通学校へ』No.81,1988.5
■『障害児を普通学校へ』No.82,1988.6
■『障害児を普通学校へ』No.83,1988.7
■『障害児を普通学校へ』No.84,1988.8
■『障害児を普通学校へ』No.85,1988.9
■『障害児を普通学校へ』No.86,1988.10
■『障害児を普通学校へ』No.87,1988.11
■『障害児を普通学校へ』No.88,1988.12
■『障害児を普通学校へ』No.89,1989.1
■『障害児を普通学校へ』No.90,1989.2
■『障害児を普通学校へ』No.91,1989.3
■『障害児を普通学校へ』No.92,1989.4
■『障害児を普通学校へ』No.93,1989.5
■『障害児を普通学校へ』No.94,1989.6
■『障害児を普通学校へ』No.95,1989.7
■『障害児を普通学校へ』No.96,1989.8
■『障害児を普通学校へ』No.97,1989.9
■『障害児を普通学校へ』No.98,1989.10
■『障害児を普通学校へ』No.99,1989.11
■『障害児を普通学校へ』No.100,1989.12
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.101,1990.1
■『障害児を普通学校へ』No.102,1990.2
■『障害児を普通学校へ』No.103,1990.3
■『障害児を普通学校へ』No.104,1990.4
■『障害児を普通学校へ』No.105,1990.5
■『障害児を普通学校へ』No.106,1990.6
■『障害児を普通学校へ』No.107,1990.7
■『障害児を普通学校へ』No.108,1990.8
■『障害児を普通学校へ』No.109,1990.9
■『障害児を普通学校へ』No.110,1990.10
■『障害児を普通学校へ』No.111,1990.11
■『障害児を普通学校へ』No.112,1990.12
■『障害児を普通学校へ』No.113,1991.1
■『障害児を普通学校へ』No.114,1991.2
■『障害児を普通学校へ』No.115,1991.3
■『障害児を普通学校へ』No.116,1991.4
■『障害児を普通学校へ』No.117,1991.5
■『障害児を普通学校へ』No.118,1991.6
■『障害児を普通学校へ』No.119,1991.7
■『障害児を普通学校へ』No.120,1991.8
■『障害児を普通学校へ』No.121,1991.9
■『障害児を普通学校へ』No.122,1991.10
■『障害児を普通学校へ』No.123,1991.11
■『障害児を普通学校へ』No.124,1991.12
■『障害児を普通学校へ』No.125,1992.1
■『障害児を普通学校へ』No.126,1992.2
■『障害児を普通学校へ』No.127,1992.3
■『障害児を普通学校へ』No.128,1992.4
■『障害児を普通学校へ』No.129,1992.5
■『障害児を普通学校へ』No.130,1992.6
■『障害児を普通学校へ』No.131,1992.7
■『障害児を普通学校へ』No.132,1992.8
■『障害児を普通学校へ』No.133,1992.9
■『障害児を普通学校へ』No.134,1992.10
■『障害児を普通学校へ』No.135,1992.11
■『障害児を普通学校へ』No.136,1992.12
■『障害児を普通学校へ』No.137,1993.1
■『障害児を普通学校へ』No.138,1993.2
■『障害児を普通学校へ』No.139,1993.3
■『障害児を普通学校へ』No.140,1993.4
■『障害児を普通学校へ』No.141,1993.5
■『障害児を普通学校へ』No.142,1993.6
■『障害児を普通学校へ』No.143,1993.7
■『障害児を普通学校へ』No.144,1993.8
■『障害児を普通学校へ』No.145,1993.9
■『障害児を普通学校へ』No.146,1993.10
■『障害児を普通学校へ』No.147,1993.11
■『障害児を普通学校へ』No.148,1993.12
■『障害児を普通学校へ』No.149,1994.1
■『障害児を普通学校へ』No.150,1994.2
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.151,1994.3
■『障害児を普通学校へ』No.152,1994.4
■『障害児を普通学校へ』No.153,1994.5
■『障害児を普通学校へ』No.154,1994.6
■『障害児を普通学校へ』No.155,1994.7
■『障害児を普通学校へ』No.156,1994.8
■『障害児を普通学校へ』No.157,1994.9
■『障害児を普通学校へ』No.158,1994.10
■『障害児を普通学校へ』No.159,1994.11
■『障害児を普通学校へ』No.160,1994.12
■『障害児を普通学校へ』No.161,1995.1
■『障害児を普通学校へ』No.162,1995.2
■『障害児を普通学校へ』No.163,1995.3
■『障害児を普通学校へ』No.164,1995.4
■『障害児を普通学校へ』No.165,1995.5
■『障害児を普通学校へ』No.166,1995.6
■『障害児を普通学校へ』No.167,1995.7
■『障害児を普通学校へ』No.168,1995.8
■『障害児を普通学校へ』No.169,1995.9
■『障害児を普通学校へ』No.170,1995.10
■『障害児を普通学校へ』No.171,1995.11
■『障害児を普通学校へ』No.172,1995.12
■『障害児を普通学校へ』No.173,1996.1
■『障害児を普通学校へ』No.174,1996.2
■『障害児を普通学校へ』No.175,1996.3
■『障害児を普通学校へ』No.176,1996.4
■『障害児を普通学校へ』No.177,1996.5
■『障害児を普通学校へ』No.178,1996.6
■『障害児を普通学校へ』No.179,1996.7
■『障害児を普通学校へ』No.180,1996.8
■『障害児を普通学校へ』No.181,1996.9
■『障害児を普通学校へ』No.182,1996.10
■『障害児を普通学校へ』No.183,1996.11
■『障害児を普通学校へ』No.184,1996.12
■『障害児を普通学校へ』No.185,1997.1
■『障害児を普通学校へ』No.186,1997.2
■『障害児を普通学校へ』No.187,1997.3
■『障害児を普通学校へ』No.188,1997.4
■『障害児を普通学校へ』No.189,1997.5
■『障害児を普通学校へ』No.190,1997.6
■『障害児を普通学校へ』No.191,1997.7
■『障害児を普通学校へ』No.192,1997.8
■『障害児を普通学校へ』No.193,1997.9
■『障害児を普通学校へ』No.194,1997.10
■『障害児を普通学校へ』No.195,1997.11
■『障害児を普通学校へ』No.196,1997.12
■『障害児を普通学校へ』No.197,1998.1
■『障害児を普通学校へ』No.198,1998.2
■『障害児を普通学校へ』No.199,1998.3
■『障害児を普通学校へ』No.200,1998.4
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.201,1998.5
■『障害児を普通学校へ』No.202,1998.6
■『障害児を普通学校へ』No.203,1998.7
■『障害児を普通学校へ』No.204,1998.8
■『障害児を普通学校へ』No.205,1998.9
■『障害児を普通学校へ』No.206,1998.10
■『障害児を普通学校へ』No.207,1998.11
■『障害児を普通学校へ』No.208,1998.12
■『障害児を普通学校へ』No.209,1999.1
■『障害児を普通学校へ』No.210,1999.2
■『障害児を普通学校へ』No.211,1999.3
■『障害児を普通学校へ』No.212,1999.4
■『障害児を普通学校へ』No.213,1999.5
■『障害児を普通学校へ』No.214,1999.6
■『障害児を普通学校へ』No.215,1999.7
■『障害児を普通学校へ』No.216,1999.8
■『障害児を普通学校へ』No.217,1999.9
■『障害児を普通学校へ』No.218,1999.10
■『障害児を普通学校へ』No.219,1999.11
■『障害児を普通学校へ』No.220,1999.12
■『障害児を普通学校へ』No.221,2000.1
■『障害児を普通学校へ』No.222,2000.2
■『障害児を普通学校へ』No.223,2000.3
■『障害児を普通学校へ』No.224,2000.4
■『障害児を普通学校へ』No.225,2000.5
■『障害児を普通学校へ』No.226,2000.6
■『障害児を普通学校へ』No.227,2000.7
■『障害児を普通学校へ』No.228,2000.8
■『障害児を普通学校へ』No.229,2000.9
■『障害児を普通学校へ』No.230,2000.10
■『障害児を普通学校へ』No.231,2000.11
■『障害児を普通学校へ』No.232,2000.12
■『障害児を普通学校へ』No.233,2001.1
■『障害児を普通学校へ』No.234,2001.2
■『障害児を普通学校へ』No.235,2001.3
■『障害児を普通学校へ』No.236,2001.4
■『障害児を普通学校へ』No.237,2001.5
■『障害児を普通学校へ』No.238,2001.6
■『障害児を普通学校へ』No.239,2001.7
■『障害児を普通学校へ』No.240,2001.8
■『障害児を普通学校へ』No.241,2001.9
■『障害児を普通学校へ』No.242,2001.10
■『障害児を普通学校へ』No.243,2001.11
■『障害児を普通学校へ』No.244,2001.12
■『障害児を普通学校へ』No.245,2002.1
■『障害児を普通学校へ』No.246,2002.2
■『障害児を普通学校へ』No.247,2002.3
■『障害児を普通学校へ』No.248,2002.4
■『障害児を普通学校へ』No.249,2002.5
■『障害児を普通学校へ』No.250,2002.6
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.251,2002.7
■『障害児を普通学校へ』No.252,2002.8
■『障害児を普通学校へ』No.253,2002.9
■『障害児を普通学校へ』No.254,2002.10
■『障害児を普通学校へ』No.255,2002.11
■『障害児を普通学校へ』No.256,2002.12
■『障害児を普通学校へ』No.257,2003.1
■『障害児を普通学校へ』No.258,2003.2
■『障害児を普通学校へ』No.259,2003.3
■『障害児を普通学校へ』No.260,2003.4
■『障害児を普通学校へ』No.261,2003.5
■『障害児を普通学校へ』No.262,2003.6
■『障害児を普通学校へ』No.263,2003.7
■『障害児を普通学校へ』No.264,2003.8
■『障害児を普通学校へ』No.265,2003.9
■『障害児を普通学校へ』No.266,2003.10
■『障害児を普通学校へ』No.267,2003.11
■『障害児を普通学校へ』No.268,2003.12
■『障害児を普通学校へ』No.269,2004.1
■『障害児を普通学校へ』No.270,2004.2
■『障害児を普通学校へ』No.271,2004.3
■『障害児を普通学校へ』No.272,2004.4
■『障害児を普通学校へ』No.273,2004.5
■『障害児を普通学校へ』No.274,2004.6
■『障害児を普通学校へ』No.275,2004.7
■『障害児を普通学校へ』No.276,2004.8
■『障害児を普通学校へ』No.277,2004.9
■『障害児を普通学校へ』No.278,2004.10
■『障害児を普通学校へ』No.279,2004.11
■『障害児を普通学校へ』No.280,2004.12
■『障害児を普通学校へ』No.281,2005.1
■『障害児を普通学校へ』No.282,2005.2
■『障害児を普通学校へ』No.283,2005.3
■『障害児を普通学校へ』No.284,2005.4
■『障害児を普通学校へ』No.285,2005.5
■『障害児を普通学校へ』No.286,2005.6
■『障害児を普通学校へ』No.287,2005.7
■『障害児を普通学校へ』No.288,2005.8
■『障害児を普通学校へ』No.289,2005.9
■『障害児を普通学校へ』No.290,2005.10
■『障害児を普通学校へ』No.291,2005.11
■『障害児を普通学校へ』No.292,2005.12
■『障害児を普通学校へ』No.293,2006.1
■『障害児を普通学校へ』No.294,2006.2
■『障害児を普通学校へ』No.295,2006.3
■『障害児を普通学校へ』No.296,2006.4
■『障害児を普通学校へ』No.297,2006.5
■『障害児を普通学校へ』No.298,2006.6
■『障害児を普通学校へ』No.299,2006.7
■『障害児を普通学校へ』No.300,2006.8
TOP
■『障害児を普通学校へ』No.301,2006.9
■『障害児を普通学校へ』No.302,2006.10
■『障害児を普通学校へ』No.303,2006.11
■『障害児を普通学校へ』No.304,2006.12
■『障害児を普通学校へ』No.305,2007.1
■『障害児を普通学校へ』No.306,2007.2
■『障害児を普通学校へ』No.307,2007.3
■『障害児を普通学校へ』No.308,2007.4
■『障害児を普通学校へ』No.309,2007.5
■『障害児を普通学校へ』No.310,2007.6
■『障害児を普通学校へ』No.311,2007.7
■『障害児を普通学校へ』No.312,2007.8
■『障害児を普通学校へ』No.313,2007.9
■『障害児を普通学校へ』No.314,2007.10
■『障害児を普通学校へ』No.315,2007.11
■『障害児を普通学校へ』No.316,2007.12
■『障害児を普通学校へ』No.317
■『障害児を普通学校へ』No.318
■『障害児を普通学校へ』No.319
■『障害児を普通学校へ』No.320,2013.12,20p. ※m
TOP

■運営委員

◇片桐 健司

■世話人

山田 真

■『障害児を普通学校へ』No.1-No.100 事務局

小竹 雅子
TOP

■引用

■書評・紹介

■言及

◆東京大学大学院教育学研究科小国ゼミ 編 20170308 『「障害児」の普通学校・普通学級就学運動の証言――1979年養護学校義務化反対闘争とその後』,東京大学大学院教育学研究科基礎教育学コース小国喜弘研究室,262p. ISBN-10: BB23982742 [Ci.Nii]

TOP
*作成:北村 健太郎
UP:20170831 REV:
病者障害者運動史研究 ◇「病者障害者運動史研究――生の現在までを辿り未来を構想する」
障害者と教育  ◇差別  ◇障害者と政策  ◇社会的排除  ◇生存・生活  ◇雑誌  ◇報告書・資料等  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)