HOME > 雑誌 >

『手をつなぐ親たち』
(ちえおくれの子らの指導誌)

全日本手をつなぐ育成会

Tweet
last update: 20220228


 本ページは日本の知的障害者の親たちが結成した連合会(通称「育成会」)が刊行した機関誌『手をつなぐ親たち』の目次である。
 創刊号は1956年4月15日に刊行されて、445号(1993年3月1日に刊行)まで「指導誌」として刊行された。時代の変更とともに、本誌の内容も変更があった。豊かな内容には、日本における障害者政策や制度、福祉サービスの変更にとも関連が深く見えてきた。
 446号(1993年4月1日刊行)から「情報交流誌」に変更し、誌名も変わった。その後の目次は別のページに載せる。

 以下、初刊の内容を一部抜粋する。

 「(前略)「忘れられた子ら」と呼ばれる精神薄弱児をもつ親たちにとっては、こうした子どもをもつ嘆きと悩みはふかく、又それだけに可愛さもひとしおってありましょう。
 その嘆きの涙の中から立ち上って、こうした精神薄弱児をもつ親たちによって、全国を貫いて「手をつなぐ親の会(精神薄弱児育成会)」が結成されて、三年半が経ちました。児童福祉法が施行されて既に七年。どんな子どもでも愛せられて育ち、一個の人格をもった人間として育成されるべき...(略)
 もとより八十七万と云われる精神薄弱児たちにとって全国に七十余の施設しかなく、一千の特殊学級が生まれたとしても、その恩恵を浴するものは一パーセント以下で九牛の一毛にも等しいことではあります(略)。
 厚生省、文部省、地方自治体当事者、精神薄弱児教育に生涯を捧げる同労の人びと、そして手をつなぐ親たち――これらの人びとが、一つの施設、一つの学級を渇望する熱意と愛情が今日をもたらしめたものとみてよいでしょう。(略)
 本会におきましても初期の目的を達成するため、従来の会報に換えて、指導誌『手をつなぐ親たち』を文部省、厚生省の御指導のもとに発行し、(中略)精神薄弱児教育、ならびに指導において問題とされており、また解決を迫られている多くの事柄に対して、具体的な記録の形として、また一つの研究的な労作として精神薄弱児をもつ親たちの良き道標になるものと信じます。」
  (当時の会長、前田多門より、No.1、p.2-3。19560415)

 「(前略)今日精薄児施設未設置の県は青森、岩手及び富山を残すのみとなり、一応全国的に精薄児施設の網が張られることになったのである。このように従来の精薄児対策は精薄児施設の設置を中心として行われてきたのであるが、精薄児のなかには施設対象児以外に保護者のもとから施設に通園せしめて生活指導を施せばその福祉の万全を期し得られる児童も極めて多数存在していると思われるので、昭和三十一年度予算要求において精神薄弱児通園施設の設置を強く要望していたところ関係当局の理解及び関係者の協力によって幸いこれが予算要求が認められ三十一年度において新しく六ヶ所が設置されることとなった。
 (中略)精薄児対策基本要綱の決定があってから、厚生省においては公衆衛生局を中心として精神衛生実態調査を行い、精神障害者の全国推定数を把握し、十八才未満の主として知能指数五十以下の精薄児についても基礎的な資料が得られた。(中略)しかしなりよりもわれわれの精薄児対策を今日まで強力推進せしめて来た精神的な力は精薄児童を有する保護者の方々の全国的な組織である手をつなぐ親の会即ち社団法人精神薄弱児育成会にあると思う。(中略)このたびの精薄児指導書の発行は誠に時宜を得た企画であるが、この指導書が今後精薄児育成会の会員である方々ばかりでなく、広く一般家庭の両親や教師の方々などにも愛され親しまれるようなスタイルにまで成長してほしいと思う。」
  (当時厚生省児童局養護課、木田市治より、No.1、p.6-7。19560415)
 
 「育成会の今後の在方:(イ)指導誌の発行:従来の機関誌の代わり此の度文部省初等中等教育局、厚生省児童局監修による日本最初の精薄指導誌を発行することになりました。尚之会費に代え一冊五十円とし、内十五円支部助成に充てる予定であります。(中略)全国二百十七万人の親達四百万の大同団結こそ最も大切でその基盤の上に立ち親達自ら努力する者の頭上にのみ神は恩恵を垂れ給び、私達の前途たるや実に洋々たるものと云えませう。」
  (当時の専任理事、仲野好雄より、No.1、p.13-14。19560415)

■巻号

No.001~005 No.006~010 No.011~015 No.016~020 No.021~025
No.026~030 No.031~035 No.036~040 No.041~045 No.046~050
No.051~055 No.056~060 No.061~065 No.066~070 No.071~075
No.076~080 No.081~085 No.086~090 No.091~095 No.096~100
No.101~105 No.106~110 No.111~115 No.116~120 No.121~125
No.126~130 No.131~135 No.136~140 No.141~145 No.146~150
No.151~155 No.156~160 No.161~165 No.166~170 No.171~175
No.176~180 No.181~185 No.186~190 No.191~195 No.196~200
No.201~205 No.206~210 No.211~215 No.216~220 No.221~225
No.226~230 No.231~235 No.236~240 No.241~245 No.246~250
No.251~255 No.256~260 No.261~265 No.266~289 No.290~295
No.296~300 No.301~305 No.306~310 No.311~315 No.316~320
No.321~325 No.326~330 No.331~335 No.336~340 No.341~345
No.346~350 No.351~355 No.356~360 No.361~365 No.366~370
No.371~375 No.376~380 No.381~385 No.386~390 No.391~395
No.396~400 No.401~405 No.406~410 No.411~415 No.416~420
No.421~425 No.426~430 No.431~435 No.436~440 No.441~445




>TOP

■No.001~005

『手をつなぐ親たち』No.1(ちえおくれの子らの指導誌) 19560415(昭和31年)

◇手をつなぐ親の会を讃う(巻頭) 高橋武行
◇手をつなぐ母の歌 1
◇指導誌の発刊にあたって 前田多門(会長) 2
◇育成会以前のこと 辻村泰男(文部省初等中等教育局特殊教育室長) 4
◇昭和三十一年度における厚生省の精神薄弱児対策について 木田市治(厚生省児童局養護課) 6
◇てんかん児童の取扱いについて 菅修(神奈川県立ひばりヶ丘学園長) 8
◇図書紹介 8
◇育成会の歩みと将来の諸問題  仲野好雄(専任理事) 9
◇はじめて話をした子供 高木為雄(兵庫県津名郡郡家小学校) 12
◇医療相談(1)知恵おくれの赤ちゃん 小林提樹(日赤産院小児科部長) 15
◇精神薄弱児の就職打開策はあるか 小宮山倭(東京都立青鳥中学校長) 16
◇精神薄弱児はどんな特質をもっているか 安井正市・牧野貞子(札幌中央児童相談所) 17
◇親と教師――さくら塾の誕生をめぐって 糸賀一雄(滋賀県立近江学園長) 18
◇心のこえ・先生と親と職親の手記 (詩)鉛筆けずり 鳥居玲子(滋賀県立近江学園児童指導員) 20
◇心のこえ・先生と親と職親の手記 職親の記録 後藤泰雄(姫路市味噌漬物商) 20
◇心のこえ・先生と親と職親の手記 特殊学級にも入れない子を持つ親の訴へ(其の一) 鈴木きぬ(市川市) 22
◇心のこえ・先生と親と職親の手記 十八歳以上の精薄児をもつ親のねがい(其の二) 宇田計子(東京都) 24
◇読者応答欄 三木安正(東大教授 教育学心理学研究室) 27
 1.ちえおくれの幼児はどうしたら良いか
 2.特殊学級も難しい子どもの取扱い
 3.十八歳以上の精薄児の収容施設はないか
◇教養講座 精神薄弱児とは(一) 中村健二 31
◇施設学園案内(其の一) 32
 1.むつみ学園(東京都)
 2.恵和学園(横浜市)
 3.さくら塾(藤沢市片瀬)
 4.滝乃川学園(東京都)
◇就職補導記録 八重子の就職 滋賀県あざみ寮T生 33
◇たづね歩る記 滋賀県信楽寮 宮本茂雄(東大大学院) 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.2(ちえおくれの子らの指導誌) 19560515

◇学級の歌 1
◇第四回手をつなぐ親の全国大会に賜りたる 秩父宮妃殿下のお言葉 2
◇児童憲章制定五周年を迎えるに当たって 仲野好雄(専任理事) 4
◇講座入門 精神薄弱者の程度について 三木安正(東大教授) 7
◇精神薄弱児対策に関する中央児童福祉審議会の意見具申について 小松行好(厚生省児童局養護課 厚生事務官) 10
◇医療相談(2)絶望のふちから立つ 小林提樹(日赤産院小児科部長) 12
◇教養講座 精神薄弱児とは(二) 中村健二(徳島県立あさひ学園園長) 13
◇児童相談所とは 三宅守一(厚生省児童局企画課 厚生技官) 14
◇家庭における精神薄弱児の取り扱い 堀要(名古屋大学助教授) 15
◇職業指導の実際 池田太郎(滋賀県立信楽寮寮長) 16
◇教育相談(1)ものおぼえが悪く 通学が厭がる子の指導 三木安正(東大教授) 20
◇親と教師 ある事例 K子の場合 山口薫(文部省初等中等教育局特殊教育室) 22
◇学生精神薄弱児研究会の近況 大井清吉(東京教育大学、大学院) 25
◇心のこえ・はなたれぼとけ 田村一二(滋賀県立近江学園副園長) 26
◇心のこえ・(詩)明日 安積得也 26
◇心のこえ・この子の杖に 仲野美保子(東京・目黒) 28
◇精神薄弱児はどんな特質をもっているか(その二) 安井正市・牧野貞子(札幌中央児童相談所) 30
◇読者応答欄 本部相談室 32
 1.ちえおくれの長男に職業を
 2.精薄者は法律で護られているか そして施設は…
◇大丸における山下清作品展と相談事業 本部教育相談室 34
◇書評 38
 1.塩原恵美子著「歩みはおそけれどーー特殊学級経営論」
 2.近藤益雄著「なずなの花の子ら」
 3.「児童のケースワークの事例集――精神薄弱児の事例特集」
 4.山下清著「放浪日記」
◇東南西北 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.3(ちえおくれの子らの指導誌) 19560615

◇(詩)父よ母よ嘆く勿れ!! 志げ彦 1
◇ある夢 五島貞次(毎日新聞論説委員) 2
◇特殊教育関係の二法について 辻村泰男(文部省初等中等局) 4
◇父親の反省 仲野好雄(専任理事) 7
◇教育相談(2)どんな仕事でもほしい 小宮山倭(青鳥中学校長) 10
◇教師の記録 ある事例 生活のひとこま 塩原美恵子(渋谷区立西原小学校特殊学級担任) 12
◇医療相談(3)女中まかせの子供について 小林提樹(日赤産院小児科部長) 16
◇心のこえ・母の記録より テレビを買ったのは 栗原暉子(旭出学園母の会) 18
◇心のこえ・(詩)相撲 太田春実 18
◇心のこえ・ある日の子どもたち 菅江昭之祐(あざみ寮) 19
◇光にたつ私たち 中村扶実子(東京・池上) 20
◇歌四首 S子(舞鶴市) 21
◇悲しみの淵より喜びの岸に 正木富枝(滋賀県彦根市) 23
◇一日も早くコロニーを K子(滋賀県) 24
◇講座・教育の可能性と限界について 三木安正(東大教授) 25
◇精神薄弱児生活指導展・第三回全国忘れられた子らの作品展について 小松行好(厚生省児童局養護課) 28
◇堕ちゆくもの――春江のかなしみ 30
◇東南西北 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.4(ちえおくれの子らの指導誌) 19560715

◇(詩) 芹沢春江 1
◇教育の本質 因幡一碧 2
◇市川市に養護学校が建てられる際して 赤間英夫(石川市会議員・元朝日新聞記者) 5
◇文部省主催精薄教育関係講習会 8
◇精神薄弱児通園施設の運営について 小松行好(厚生省児童局養護課) 9
◇随筆・放浪画家の作品展におもう 小暮和男(第一銀行常務取締役) 12
◇講座・精神薄弱の早期発見(一) 樋口幸吉(医博・東京医療少年院 医務課長) 13
◇医療相談(4)へんな動作が心配 小林提樹(日赤産院小児科部長) 16
◇子どもの社会医学 早期発見から早期治療へ 友枝宗正 17
◇地方自治団体の協力 獲得こそ精薄施策推進の鍵 仲野好雄(専任理事) 18
◇記録の中から 熊谷君子(京都市生詳小学校) 19
◇心のこえ・この子らを見て――理解ある職親に恵まれた二人の精薄児 塚本常雄(明治大学教授) 22
◇心のこえ・吾が子の一週忌をむかえて 吉田トヨ子(東京・豊島) 24
◇教育相談(3)相談報告二例 飯田精一(東京都立青鳥中学校) 26
◇東南西北 28
◇座談会・精薄児と性の問題(その一)精薄女子は守られているか 三木安正(司会・東大教授・理事) 29
◇書評・零(ゼロ)学級の子供たち 小宮山倭 39
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

>TOP

■No.006~010

『手をつなぐ親たち』No.5・No.6合併号(ちえおくれの子らの指導誌) 19560915

家庭問題特集
◇とびら ジョルジユサンド 1
◇お母様方に 菅修(神奈川県立ひばりヶ丘学園長) 2
◇K君のお母さん 大竹太郎(医博・東京都中央児童相談所) 7
◇親の問題 山本敏雄 10
◇夏休みを利用した子供たちの宿泊訓練――交換宿泊という方法 小宮山倭(東京都立青鳥中学校長) 13
◇心のこえ・先生と親の手記――オアシスに辿りつく迄 栗原暉子(旭出学園母の会) 16
◇心のこえ・(詩)ひまわり 津秋豊 17
◇心のこえ・母の手記――特殊学級の設置を希う 西谷芳子(金沢市) 18
◇心のこえ・(詩)吾子をおもう 水野好子(武蔵野市) 18
◇或る特殊学級の記録・ツベルクリン注射 塩原美恵子(渋谷区立西原小学校) 20
◇(詩)悲しきわが子 井出二三子(東京) 21
◇医療相談(5)ママの相談室より――母親の病気と胎児 小林提樹(日赤産院小児科部長) 22
◇学校めぐり・盛岡市仁王小学校の特殊学級 子どもの表情まで変わる 精薄児教育のセンター 25
◇精神薄弱児通園施設運営要綱 小松行好(厚生省児童局養護課) 26
◇極端な白痴児の処遇の反省 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 28
◇講座・精神薄弱の早期発見(二) 樋口幸吉(医博・東京医療少年院 医務課長) 30
◇断想・思い煩いのない国 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 33
◇教育相談(4)青年期になった子供の指導 飯田精一(東京都立青鳥中学校教育相談部) 34
◇親の交換指導について 森田本次郎(常任理事) 35
◇座談会・精薄児と性の問題(その二)優生手術と結婚について 三木安正(司会・東大教授・理事) 36
◇地方の話題・みのり会の誕生まで 長谷川隆夫(石川県中央児童相談所) 45
◇地方の話題・わかくさ学園の誕生 西内育子(石川県中央児童相談所) 45
◇たづね歩る記・福岡県立若久緑園をたづねて 清水正治(事務局長) 47
◇施設紹介・京都の特別保育園 ひなどり園の一日 野上芳彦(白川学園) 48
◇第二十四回国会・衆議院文教委員会に於ける教育三法をめぐる質疑応答要旨 仲野好雄(専任理事) 50
◇大阪における山下清展の教育、医療相談について 真柴弘堂(大阪市教育委員会指導課) 57
◇京都における「山下清作品展」に思ふ 野上芳彦(白川学園) 58
◇児童のケースワークの事例集より――ケースワーカーの事例報告(二例) 59
◇読者だより 62
◇東南西北 63
◇事務局だより 64
◇編集後記 64

『手をつなぐ親たち』No.7(ちえおくれの子らの指導誌) 19561015

◇地方における指導者としての考え方及び本部に対する希望 岩崎令子 2
◇欧州・殊に英国に於ける精神薄弱児対策について 本田市治 8
◇東日本特殊教育指導者養成講座 精神薄弱児班に出席して 内海正 14
◇講座・ちえおくれの治療(一) 西谷三四郎 16
◇第二回日本母親大会にて――施設や学級を増設してほしい 小宮山倭(都立青鳥中学校長) 19
◇医療相談(6)蒙古症の将来 小林提樹(日赤産院小児科部長) 20
◇教師の記録・特殊学級開設後の歩み 千葉県・千倉中学校 大石三郎(千倉中学校・教諭) 22
◇学校めぐり(2)・小田原市白鷗中学校の特殊学級 職業能力を持たせる 卒業後の全員就職を!! 25
◇教育相談(5)はにかみや 人前にものを云わぬ子 飯田精一(東京都立青鳥中学校) 26
◇心のこえ・育成会の発展を祈りて 古河すみれ 28
◇心のこえ・母親大会に出席して 八木知満子30
◇合宿教育より 河村幸蔵 32
◇軽井沢にキャンプにお供して 中村扶実子 36
◇寸言・谷底の花 田村一二 38
◇東南西北 39
◇支部だより 39
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.8(ちえおくれの子らの指導誌) 19561115

◇全国大会に臨んで 前田多門(会長) 2
◇一ヶ年の回顧と私共の諸問題 仲野好雄 4
◇山下清が理想像ではない――精神薄弱児教育のねらい 辻村泰男 8
◇教育相談(6)施設に入れたい母の悩み 井原法洞 10
◇特殊教育指導者養成講座に出席して 小杉長平 13
◇母親への願い 西条正晴(特殊学級担任教諭) 16
◇平野三郎代議士宛の手紙の一節――或る母親の手紙より 編集部 22
◇Y君のこと 華房良輔 26
◇医療相談(7)ママの相談室より――特殊学級への道 小林提樹(日赤産院小児科部長) 28
◇講座・ちえおくれの治療(二) 西谷三四郎 29
◇青少年関係小六法より精神薄弱児対策基本要綱 32
◇精神衛生相談所設置状況 38-39
◇東南西北 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.9・No.10合併号(ちえおくれの子らの指導誌) 19570115(昭和32年)

◇とびら 小宮山倭 1
◇年頭の辞 前田多門(会長) 4
◇新春にあたりて 徳川正子(副会長) 6
◇論説・特殊教育のねらいについて 三木安正(東大教授) 8
◇国立精神薄弱児施設の設置――運動状況について 事務局 13
◇英国の精神薄弱児教育を視察して(その一) 山口薫 16
◇その後の教え子達(その一)――東京教育大学付属「五部」卒業生の行方 後藤綾子(講談社児童相談所所員・東京教育大学雑司谷分校教諭) 22
◇夢に描く「精薄の町」つくり 仲野好雄 28
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 特集の頁 31
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 祝辞 清瀬一郎(文部大臣) 32
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 写真集 33
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 祝辞 小林英三(厚生大臣) 37
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 祝辞 倉石忠雄(労働大臣) 38
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 大会のこと 39
◇第五回手をつなぐ親の全国大会 決議 42
◇私達の言葉・二重障害児を持った親の悩み 和久井千代(文京盲学校支部) 44
◇私達の言葉・私立京葉学園の建設に至るまでの苦心と今後の問題 小名木博子(船橋手をつなぐ親の会) 45
◇私達の言葉・特殊教育終了後に於ける職業補導と就職の問題 岡田津由子(墨田区手をつなぐ親の会) 47
◇私達の言葉・日展に入選する迄 風間満知子(旭出学園) 48
◇研究発表(その1)・精神薄弱児に対する地域社会活動について 渡辺実(千葉県八幡学園主事) 50
◇研究発表(その2)・特殊里親地域についての附言 塚本伴治(市川児童相談所所長) 54
◇研究発表(その3)・特別学級児童の二十四時間教育の成果 竹林和良(大阪・元町小学校特殊教育研究室) 55
◇出席者の感想・第五回手をつなぐ親の全国大会に出席して 後藤実(秋田県) 57
◇感謝の言葉 60
◇教育相談(7)施設にも入れない子の楽園は… 小杉長平 62
◇講座・精神薄弱児の発生予防と家庭に於ける指導について 菅修(神奈川県立ひばりが丘学園長) 65
◇普通学級における薄弱児の指導 大塚茂雄(東京・王子小学校教諭) 68
◇年令超過児対策――運動の歩み 七生支部 70
◇精薄施設で白痴児の指導一例 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 73
◇医療相談(8)ママの相談室より――発育のおそい子 小林提樹(日赤産院小児科部長) 76
◇異常食欲児の指導に当って 高田公子(都立七生学園指導員) 78
◇通信往来・往信 中山光子・復信 瀬端利男 82
◇地方だより(1)・熊本県 熊本手をつなぐ親の会開会式における御挨拶 出田芳子 84
◇地方だより(2)・山梨県 身延山精神薄弱児育成会開会式模様 田中静光 86
◇書評・「精神薄弱児の実態」 宮本茂雄 87
◇精神薄弱児施設一覧(昭和三十一年十一月現在) 88
◇事務局だより 92
◇編集後記 92

>TOP

■No.011~015

『手をつなぐ親たち』No.11(ちえおくれの子らの指導誌) 19570215

◇論説・もう一本のクイを打とう 五島貞次(毎日新聞社・論説委員) 2
◇英国の精神薄弱児教育を視察して(その二) 山口薫 4
◇その後の教え子達(第二回)――東京教育大学付属「五部」卒業生の行方 後藤綾子(講談社児童相談所所員・東京教育大学雑司谷分校教諭) 10
◇学園の窓より――新潟県あけぼの学園 中村与吉(あけぼの学園主事) 14
◇講座・特殊学級と養護学校 辻村泰男 19
◇年少学級の生活指導 苅田孝子(中延小学校 特殊学級担任) 22
◇医療相談(9)ママの相談室より――かんの強い赤ちゃん 小林提樹(日赤産院小児科部長) 26
◇チューリップは咲くかしら… 井原まこと 28
◇教育相談(8)或る母親との対談(第一回) 宮本茂雄 30
◇学校めぐり(3)・市川第二中学校の特殊学級
 手をつなぐ親の会に発展 目標は精薄児の養護学校 33
◇精神薄弱児の指導に意慾を 今野光治(東京都立七生学園長) 34
◇恵和学園に於ける通園児童の諸問題 安藤主雄(恵和学園主事) 36
◇精神薄弱児施設一覧表(昭和三十二年二月現在調べ) 38
◇未公認精神薄弱児学園一覧表(昭和三十二年二月現在調べ) 38
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.12(ちえおくれの子らの指導誌) 19570315

◇(詩)純真 安積得也 1
◇昭和三十二年度特殊教育関係の国の予算について 辻村泰男 2
◇昭和三十二年度における精神薄弱児福祉事業の計画について 小松行好(厚生省児童局養護課事務官) 5
◇三十二年度の精神薄弱者の職業補導 村中兼松(労働省職業補導課・課長補佐) 7
◇三十二年度精神衛生課の立場 大橋六郎(厚生省公衆衛生局精神衛生課長) 9
◇講座・特殊学級編入以前の精薄児について担任は何を望むか(その1) 西条正晴(東京教育大学付属五部小学校教諭) 11
◇医療相談(10)ママの相談室より――教室で口を開かない子 小林提樹(医博・日赤産院小児科部長) 14
◇年少学級の生活指導(2) 苅田孝子(中延小学校教諭) 16
◇お知らせ 第三回定期総会 20
◇精神薄弱児通園施設に入所するには 事務局 21
◇教育相談(9)或る母親との対話(第二回) 宮本茂雄(東大教育心理学研究室員・旭出学園教育相談部員) 22
◇東南西北 24
◇告知板・精薄児の税金控除 長野幸雄(川崎児童相談所所長) 25
◇精神薄弱児の両親が昇って行かなくてはならない――『三つの段階』(全米国精神薄弱児協会発行) ボイド・ダン著/小野法郎(訳) 26
◇児童相談所名簿一覧表 34
◇映画紹介・児童劇映画「いねむり一家」 39
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.13(ちえおくれの子らの指導誌) 19570415

◇(詩)水ぬるむ 1
◇亀亭園焼失に思う 内海正 2
◇「手をつなぐ親の会」今後の使命について 仲野好雄(育成会・専任理事) 6
◇昭和三十二年度児童福祉週間(5月5日―5月11日)――みんなで守ろう子どもの世界 12
◇講座・精神薄弱児にはどんなタイプがあるか(その1) 黒丸正四郎(大阪市立大学助教授) 13
◇教師から親に望むこと 飯田輝枝 17
◇親の態度を採点する 加藤茂男(荒川第1中学校・特殊学級担任) 20
◇年少学級の生活指導(3) 苅田孝子(中延小学校教諭) 24
◇教育相談(10)この子に特殊学級に無理か 高田庄吉(熊本大学附属小学校教諭) 28
◇「ハトの彌十」後日談 小杉長平(東京都教育庁・指導主事) 30
◇全国精神薄弱児育成会・加盟団体一覧表 36
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.14(ちえおくれの子らの指導誌) 19570515

◇ドイツの思い出 平井信義(医学士・お茶の水大学助教授) 2
◇児童福祉週間によせて・知恵のおくれた人たちのことを色々と考える 金森徳次郎(元国務大臣・現国会図書館長) 6
◇児童福祉週間によせて・麦は育つ――この子たちによろこびを 河村定治(全国社会福祉協議会児童部部長) 9
◇随想・「捨て子」と「捨て身」 北村四郎(北海道小樽千秋高等学校教諭) 12
◇医療相談(11)ママの相談室より――おしっこの近い子 小林提樹(医博・日赤産院小児科部長) 15
◇福祉事務所より見た入学延期児 佐野文翁(東京都世田谷区福祉事務所相談課長) 18
◇東南西北 25
◇教育相談(11)私の子どもの就学は... 山口薫(文部事務官) 26
◇座談会・入学から――卒業――就職――結婚まで 親と教師は語る 28
◇同じお布団でいつまでも 岩田てつ(本会会員) 36
◇(詩)桃子 山村はつね(本会会員) 38
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.15(ちえおくれの子らの指導誌) 19570615

◇精神薄弱児アフターケア施設 名張育成園建設によせて 仲野好雄(育成会専任理事) 2
◇癩園内の一精薄児 神谷美恵子(大阪大學医学部研究室) 6
◇事例報告・S子の嘘 真仁田英子(渋谷区・上原中学校教諭) 9
◇昭和32年度特殊教育指導者養成講座実施要項 12
◇医療相談(12)ママの相談室より――内気な子 小林提樹(医博・日赤産院小児科部長) 16
◇陳情書 18
◇体験 酒井達子(石川県育成会会員) 20
◇教育相談(12)或る母親との対談(第三回) 宮本茂雄(東大教育心理学研究室員・旭出学園教育相談部員) 23
◇愛の味 郡喜美子(育成会・豊島支部) 26
◇開園三周年を迎えて 石原春子(白百合園長) 27
◇地方だより・(その1)岐阜県 支部結成経過報告 近藤泰代 28
◇地方だより・(その2)静岡県 静岡県西部地区親の会の動静 瀬端利男 29
◇地方だより・(その3)東京都・荒川区 育成資金募集映画界 加藤茂男 30
◇連載読物・特異工場 田村一二 32
◇東南西北 39
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

>TOP

■No.016~020

『手をつなぐ親たち』No.16(ちえおくれの子らの指導誌) 19570715

◇巻頭言・就職 糸加一雄(育成会専任理事) 1
◇随筆・言葉の量感 塚本伴光(「踏まれた麦」作者) 2
◇随筆・N雄のこと 森敏樹(近江学園勤務) 2
◇随筆・三題 栗原暉子(会員) 3
◇随筆・草履ならべ 原田俊子(近江学園保母) 4
◇随筆・精薄展にひろう S・Y 5
◇水色のノートから 重田定正(東大教授・本会理事) 6
◇陳情書 10
◇講座・精神薄弱児のしつけについて 田中昌人 14
◇渥美課長さん有難う 20
◇事例報告・ヤスコちゃん 中村健二 22
◇精神薄弱児事後補導の例――勝雄の就職 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 26
◇名張育成園建設計画速報 29
◇「貴方はどれだけ精神薄弱について知っていますか?」 小野法郎(訳) 32
 調査票 32
◇連載読物・特異工場(第二回) 田村一二 34
◇急告 41
◇編集後記 41

『手をつなぐ親たち』No.17(ちえおくれの子らの指導誌) 19570815

◇随筆・この子らとともに 近藤益雄(長崎のぎく寮寮長) 2
◇随筆・明めくら 山口卓三(あざみ寮副寮長) 3
◇随筆・短刀所持の男に訪問された話 木田市次(厚生省・養護課課長補佐) 4
◇随筆・親の想い 大貫孫一(八幡中親の会) 5
◇放射線とちえおくれの問題 西谷三四郎(医博・東京教育大助教授) 6
◇事例・食べられぬご飯 つかえないお金 前田直蔵(横浜・恵和学園園長) 11
◇講座・しつけについて(その2) 生活の軌道をつくること 河村満里子(旭出学園つくし寮) 14
◇奇跡は如何にして現出したか 仲野好雄(元国務大臣・現国会図書館長) 20
◇「貴方はどれだけ精神薄弱について知っていますか!」(2) 小野法郎(訳) 27
◇地方だより・埼玉県 川越手をつなぎ親の会の動き 高沢幸治 32
◇連載読物・特異工場(第三回) 田村一二 34
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.18(ちえおくれの子らの指導誌) 19570915

◇巻頭言・頭がわるい人たちに 三木安正(育成会専任理事) 1
◇随筆・特殊教育の窓口で 辻村泰男(文部省特殊教育主任官) 2
◇随筆・新しい仕事に入って 岡崎ハル(新潟市立明生園主任保母) 3
◇随筆・産れ出づるまで 小村冨美枝(新潟市立明生園母の会会長) 4
◇「青い鳥」の活かしかた 城戸幡太郎(元・北大教授) 6
◇新潟市立「明生園」の誕生をめぐって 思いつくままの記 中村与吉(新潟市立明生園園長) 8
◇講座・しつけについて(その3) 就職児の失敗例から――社会的適応能力のしつけの問題 山口卓三(滋賀県あざみ寮副寮長) 12
◇特殊教育指導者養成講座に参加して 刈田孝子(中延小学校特殊学級担任) 18
◇母の手記・スクールバスによる通園を夢見つつ 佐々木しづえ(小樽市精神薄弱児育成会) 25
◇地方だより・東京都七生支部 施設見学記 幾野信男 28
◇地方だより・京都育成会 親の会に暖かい理解者 川村つや 29
◇連載読物・特異工場(第四回) 田村一二 30
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.19(ちえおくれの子らの指導誌) 19571015

◇第六回手をつなぐ親の全国大会プログラム 1
◇全国大会を迎えるに当たる 仲野好雄(育成会専任理事) 2
◇随筆・特殊学級の先生たち 山口薫(文部事務官) 8
◇随筆・にわか理解者 佐藤孝司(北海道精神薄弱児育成会) 8
◇随筆・お月見 K子(育成会会員) 10
◇講座・精神薄弱児にはどんなタイプがあるか(その2) 黒丸正四郎(大阪市立大学助教授) 12
◇医療相談(13)ひがみ強い思春期の娘 池田由子(国立精神衛生研究所児童精神衛生部) 17
◇国際児童福祉研究大会の概要 20
◇事例研究・M君のお母さん 西内育子(国立精神衛生研究所所員) 22
◇子どもの嘘 八木由生(江戸川区教育研究所員) 26
◇教育相談(13)べんきようをきらう子どもの指導. 西条正晴(東京教育大学附属小学校五部教育相談部) 27
◇「貴方はどれだけ精神薄弱について知っていますか!」(3) 小野法郎(訳) 31
◇連載読物・特異工場(第五回・最終回) 田村一二 36
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.20(ちえおくれの子らの指導誌) 19571115

◇巻頭言 小宮山倭 1
◇女子精薄児の職業指導について 大羽綾子(労働省婦人労働課長) 2
◇手をつなぐ親の方々に――養護課長就任の言葉にかえて 立山春男(厚生省児童局養護課長) 4
◇随筆・菓子 池田太郎(滋賀県信楽寮寮長) 6
◇随筆・特殊学級連合運動会に招かれて 仲野美保子(会員) 7
◇医療相談(14)神経質な子について 石橋泰子(日赤産院小児科) 9
◇講座・精薄児に平がなを教える方法――IQ40~50くらいの子どものために 近藤益雄(長崎県のぎく寮寮長) 12
◇第九回国際社会事業会議の大要 18
◇教育相談(14)三つの相談 大庭伊兵衛(渋谷区立上原中学校明星学校主任) 20
◇事例報告・M子の場合 新村礼子(品川区立浜川中学校特殊学級担任) 24
◇事例・和子よどこへ――ある白痴児の退園 田ヶ谷正夫(ひばりが丘学園主事) 29
◇「貴方はどれだけ精神薄弱について知っていますか!」(4) 小野法郎(訳) 34
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

>TOP

■No.021~025

『手をつなぐ親たち』No.21(ちえおくれの子らの指導誌) 19571215

◇第六回手をつなぐ親の大会に賜りたる秩父宮妃殿下のお言葉 2
◇挨拶 前田多門(会長) 2
◇祝辞 唐沢俊樹(法務大臣) 6
◇祝辞 松永東(文部大臣) 8
◇祝辞 堀木鎌三(厚生大臣) 10
◇祝辞 石田博英(労働大臣) 12
◇第六回全国大会決議 14
◇研究発表・その1 戦後における精神薄弱児教育の発展 小杉長平(東京都教育庁指導主事) 16
◇研究発表・その2 精神薄弱児の職業補導に着手してみて 宮崎吉則(国立身体障害者公共職業補導所長) 19
◇私たちの言葉・その1 アフターケア施設えの悲願 沢田照子(北海道育成会) 24
◇私たちの言葉・その2 三年間精薄の人々を使用してみて 村瀬丈太郎(滋賀県信楽町) 26
◇私たちの言葉・その3 年頃になった娘を抱えた母親の悩み 堀内トミ子(東京) 28
◇私たちの言葉・その4 家庭に於いて「愛の奇跡」を実施してみて 小野澄江(東京) 30
◇感謝の言葉 33
◇今こそ親の浄財を――名張育成園建設に寄せて 森田本次郎(本会理事・千葉県親の会会員) 34
◇今日の佳き日 仲野好雄 36
◇地方だより・青鳥養護学校十周年記念行わる 38
◇編集後記 40

『手をつなぐ親たち』No.22(ちえおくれの子らの指導誌) 19580115(昭和33年)

◇年頭の辞 前田多門(会長) 2
◇随筆・救われる人々 宇田路草(水産大学教授) 4
◇随筆・おじき 中村扶実子(会員) 5
◇随筆・時は解決するか 森津二郎(近江学園勤務) 6
◇新春雑感 仲野好雄(専任理事) 8
◇座談会 職親を囲んで 11
◇子供達のしあわせのために 東京都一母親 20
◇母の手記・母の思い出 望月クラ(鎌倉手をつなぐ親の会会員) 21
◇教育相談・妹の家庭教師 加茂下政右(東京学芸大学竹早教育相談部若竹学級総務) 24
◇子どもの行動 八木由夫(江戸川区教育研究所) 27
◇通信往来 往信・仲野好雄 復信・田中澄子 28
◇地方だより・秋田県花輪町 花輪手をつなぐ親の会誕生記 後藤実 30
◇地方だより・熊本育成会 保護者の集い 緒方達子 31
◇連載読物・開墾(第一回) 田村一二 33
◇事務局だより 40
◇後記 40

『手をつなぐ親たち』No.23(ちえおくれの子らの指導誌) 19580215

◇随筆・ある盲学校で 芹沢春江(育成会事務局) 2
◇随筆・仔猫 中村愛子(近江学園) 3
◇論説・心なき親たち 伊藤昇(朝日新聞社論説委員) 4
◇名張育成園・共同募金全国視野配分内定に至るまで 仲野好雄(専任理事) 8
◇名張育成園要覧(案)13
◇「貴方はどれだけ精神薄弱について知っていますか!」(5) 小野法郎(訳) 17
◇地方だより・大阪彌榮学園 職安とおして嬉しい就職 23
◇随想・教育相談の基盤 斎藤晏一 24
◇座談会 職親を囲んで(その2) 26
◇連載読物・開墾(第二回) 田村一二 36
◇事務局だより 40
◇あとがき 40

『手をつなぐ親たち』No.24(ちえおくれの子らの指導誌) 19580315

◇巻頭言・金の卵 小宮山倭 1
◇母の願い・子供の訓練より親の教育 森田和子(東京都渋谷区羽沢町九五NHK寮) 2
◇母の願い・明るい広場への道 島英子(日赤両親の集い会員) 4
◇精薄者対策を急げ――教育・医療・指導を適切に 仲野好雄(専任理事) 8
◇昭和三十三年度における精神薄弱者の職業補導 野口俊平(労働省職業補導課課長補佐) 10
◇講座・精神薄弱児の劇の指導について 中村健二(徳島県立あさひ学園長) 13
◇医療相談・言葉のでない子 小林提樹(日赤産院小児科) 18
◇地方だより・東京都北多摩郡 精薄者六人が技術者に 21
◇地方だより・静岡県御殿場 御殿場高根小の「小さな芽生え」 21
◇地方だより・静岡県田島市 田島市手をつなぐ親の会 21
◇小さな芽生え・「小さな芽生え」をおすすめ 山口薫(文部事務官) 22
◇小さな芽生え・手をつなぐ親たちに勇気を与える 真下孝雄(読売新聞調査部) 23
◇小さな芽生え・特殊学級の子どもたちと仲よしになって 中村鱗子(小さな芽生え演出者) 24
◇わが校の職業指導 信末信秋(茨城県結城市立結城中学校) 26
◇新年度の予算について 辻村泰男(文部省特殊教育主任事務官) 29
◇昭和33年度における精神衛生課の事業について 横山富雄(厚生省精神衛生課課長補佐) 31
◇連載読物・開墾(第三回) 田村一二 33
◇特殊教育の振興促進に関する陳情 38
◇事務局日誌 39
◇事務局だより 40
◇後記 40

『手をつなぐ親たち』No.25(ちえおくれの子らの指導誌) 19580415

◇母の願い・成生の寝顔を見守りつつ 岩田てつ(静岡県御殿場) 2
◇母の願い・未知らぬ学生に励まされて 和久井千代(東京都世田谷区) 3
◇文明の自己否定 金久保通雄(読売新聞社会部長) 5
◇精神薄弱児通園施設のこのごろ 立山春雄(厚生省児童局養護課長) 8
◇学校や施設に入れない子のためにどうするか 編集部 12
◇名張育成園速報 16
◇書評・「子供の反抗」 光永貞夫(著) 16
◇解説・措置児童とは、自由契約者とは 17
◇随筆・大磯の鶴 林暲(松沢病院長・医博) 18
◇随筆・川に落ちないように 辻村泰男(文部省初等中等教育局特殊教育主任官) 19
◇随筆・あれから一年 塩原美恵子(東京都杉並区立新泉小学校教諭) 20
◇育成会本部移転のお知らせ 23
◇母から母への講座(1)・こんな場合どうするか――教育相談所の待合室で話し合ったこと 中野美保子 24
◇医療相談・眼を据えてぼんやりする子 西谷三四郎(東京教育大学助教授) 28
◇教育相談・子供の乱暴/賞め方の問題 加茂下政右(東京学芸大学竹早教育相談部若竹学級総務) 30
◇編集部からのお願い 32
◇国会録音・第二十八回国会参議院三月十日予算委 34
◇連載読物・開墾(第四回) 田村一二 35
◇事務局だより 40
◇後記 40

>TOP

■No.026~030

『手をつなぐ親たち』No.26(ちえおくれの子らの指導誌)総会準備号 19580515

◇母の願い・社会に連なる母として 高垣百合子(北海道雨竜郡) 2
◇家庭教育のあり方と二三の実例 長野幸雄(神奈川県川崎市児童相談所員) 4
◇音と生活――真理子は天使 小野法郎(日赤両親の集い会員) 8
◇私たち共通の広場(一) 育成会の発展策あれこれ 仲野好雄(専任理事) 12
◇名張育成園起工す! 18
◇名張育成園建設の精精 上村毅 19
◇教育相談・普通学級にいる精薄児について こんどうえきお(長崎県北松浦郡口石町のぎく寮) 20
◇随筆・かつをの味 大石三郎(千葉県安房郡千倉町千倉中学校) 22
◇歌・青い麦の子(厚生省推薦恵まれない児童を励ます歌) 25
◇母から母への講座(2)・こんな場合どうするか――教育相談所の待合室で話し合ったこと 中野美保子 26
◇心身障害児のための「子供福祉保険」の誕生について 30
◇児童福祉法実施十周年記念全国福祉大会に参加しよう! 32
◇育成会本部移転のお知らせ 35
◇連載読物・開墾(第五回) 田村一二 36
◇東西南北・近江学園をたずねて 39
◇事務局だより 40
◇後記 40

『手をつなぐ親たち』No.27(ちえおくれの子らの指導誌) 19580615

◇座談会・智慧をおくれの子をめぐる――家庭の問題  2
◇母の願い・職業補導と就職を 平川美喜代(姫路市・美容院) 13
◇精薄告知 山村はつね 17
◇相談案内・ちえのおくれの子どもと児童福祉 有賀廸哉(東京都児童福祉司会副会長) 18
◇グリーンピース 佐藤ちえ子(東京都大田区) 19
◇母から母への講座(3)・ちえおくれの子どもと兄弟姉妹 仲野美保子 20
◇国立秩父学園開園!! 24
◇医療相談・落着きのない子どもの相談 谷口憲郎(札幌市緑ヶ丘病院) 26
◇連載読物・開墾(第六回) 田村一二 29
◇第四回定期総会報告 仲野好雄(専任理事) 32
◇陳情書 34
◇私たち共通の広場(二) 総会・評議員会の討論から――育成会の発展策をめぐって 仲野好雄(専任理事) 36
◇手のつながれない親――本誌26号4頁の紹介文について 小野法郎 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.28(ちえおくれの子らの指導誌) 19580715

◇本物の尊さ――母の願いがかなえられて  長門勝世(東京・墨田区手をつなぐ親の会) 2
◇真珠の涙――りっぱなお母さん 中村健治(千葉県日向弘済学園長) 6
◇私たち共通の広場(三) 精薄特殊教育の問題点 仲野好雄(専任理事) 8
◇カメラマンの眼(1) 長谷川義雄 18
◇医療相談・子どもの夜尿症について 松本豊介(小児科精神科医) 22
◇相談案内・重症の心身障害児について 有吉廸哉(東京都児童福祉司) 24
◇母から母への講座(4)・ちえおくれの子どもと「年寄り」、「結婚」の問題 仲野美保子 26
◇どれだけ精神薄弱について知っていますか? 小野法郎(訳) 30
◇随筆・「そば」か、「うどん」か 仲野好雄 32
◇精神薄弱児者対策推進についての請願運動の現状・速報 35
◇連載読物・開墾(第七回) 田村一二 36
◇名張育成園速報 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.29(ちえおくれの子らの指導誌) 19580815

◇よろこびよ こんにちは  栗原みち 2
◇母よ 賢明なれ 有吉迪哉(東京都児童福祉司) 3
◇精神薄弱者は結婚していいか? 5
◇座談会・精薄児の性教育について 8
◇茅ヶ崎手をつなぐ親の会発会す 12
◇やす子の結婚 山田卓三(徳島市あさひ学園) 13
◇母から母への講座(5)・成人の精薄者をも四つ家庭の願い 仲野美保子 16
◇親たちの手で重症者のための施設を 後藤実(秋田県花輪手をつなぐ親の会) 21
◇特大ニュースその後 昭和三十四年度新施策大綱 22
◇藤の実学級誕生 佐藤礼子(福島県平支部) 24
◇カメラマンの眼(2)見学者の疑問 長谷川義雄 26
◇私たち共通の広場(4) 精薄の治療と予防の問題点 その一 仲野好雄 28
◇名張育成園速報 37
◇どれだけ精神薄弱について知っていますか? 小野法郎(訳) 38
◇図書紹介・精神薄弱に関する60の解答 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.30(ちえおくれの子らの指導誌) 19580915

◇精薄児の親との話しあい療法  小川太郎(東京医療少年院長) 2
◇特殊学級はなぜ必要か 三木安正(東京大学教授) 5
◇境界線児の教育・精薄と普通のさかいめにある子どもの教育 加藤安雄(宮城県教育研究所員) 11
◇ちえのおくれの子の学校生活をめぐる親と子と教師の問題 刈田孝子(東京都品川区中延小学校 特殊学級担任)15
◇名張育成園の発足と今後の問題 仲野好雄 20
◇精神薄弱者にも働く道を (朝日新聞33.8.29社説) 22
◇母から母への講座(6)・信楽青年寮の寮生たち――青年期に入った子供たちはどんなことを考えているのでしょうか 仲野美保子 23
◇医療相談・ちえおくれの原因(特に遺伝)について 西谷三四郎(東京教育大学助教授) 28
◇教育相談・「性」的行動に対する指導 渡辺実(八幡学園主事) 30
◇相談案内・進学の問題 有吉廸哉(東京都児童福祉司) 32
◇私たち共通の広場(5)「精薄の治療と予防の問題点」連載中止のお断り 編集部・ 仲野好雄 34
◇精神薄弱者は結婚していいか?(つづき) 37
◇どれだけ精神薄弱について知っていますか? 小野法郎(訳) 38
◇事務局だより 40

>TOP

■No.031~035

『手をつなぐ親たち』No.31(ちえおくれの子らの指導誌) 19581015

◇第七回全国大会を迎えるに当たって  仲野好雄(専任理事) 2
◇ろう学校に在学するろう精薄児の教育について 鳥居英夫(神奈川県川崎ろう学校長) 9
◇脳性まひの子どもの育成について 森知子(東京教育大学教育学部付属養護学校教諭) 12
◇手をつなぐ親の会へのすすめの歌 兵庫県西脇市西脇小学校 14
◇わが子を秩父学園にお願いして 和久井千代 15
◇英国の二重障害児対策 山口薫(文部省初等中等教育局特殊教育主任官室) 16
◇精薄児はどこの家庭にも生まれる 重田定正(東京大学教授医博) 20
◇私たち共通の広場(7)任意施設への理解と援助を 前田直蔵(横浜市恵和学園園長) 24
◇生兵法は大けがのもと――自戒のことば 小野法郎 27
◇母から母への講座(7)・就職をめぐる問題 中村扶美子 29
◇Book紹介・親から専門家への訴え 「精神薄弱の原因と予防に対する私の考え方」 仲野好雄 32
◇随筆・台風のころに思うこと 大島ユキ(群馬県前橋市岩神小学校教諭) 33
◇精神薄弱児(者)の教育と福祉のために――34年度予算の構想 小野法郎(訳) 36
◇どれだけ精神薄弱について知っていますか? 小野法郎(訳) 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.32(ちえおくれの子らの指導誌) 19581115

◇第七回手をつなぐ親の全国大会 2
◇母の願い・行方不明の寛を求めて 藤村マサヱ 4
◇親が作った任意施設・認可施設 I 地域社会の協力に励まされて
 ――わかくさ学園はこうしてでき上がった 宮沢定造(東京都品川区わかくさ学園園長) 6
◇親が作った任意施設・認可施設 II 学校生活を知らない子供たちのために
 ――千葉県船橋市京葉学園の歩み 久木峰雄 9
◇親が作った任意施設・認可施設 III 友愛学園の記 土問じづ(友愛学園園長) 12
◇私達の会はこうやった 後藤実(秋田県花輪親の会) 13
◇母子手帳ろんぎ  小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長) 14
◇ちえおくれの子まんだら(1) 藤波高(京都市下京区皆山中学校特殊教育担任) 16
◇全体と個の調和のむずかしさ 仲野好雄(専任理事) 20
◇総会から大会まで――この半年をどう歩んだか 事務局 22
◇精神薄弱児の施設外委託職業補導の事例 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 23
◇「あざみ寮」入園の記――真理子と親の歩んだ道 小野法郎 27
◇名張育成園入園式の記 30
◇名張育成園にわが子を託して 大居貴世・松村正子・佐藤象次郎 33
◇どれだけ精神薄弱について知っていますか? 小野法郎(訳) 37
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.33(ちえおくれの子らの指導誌) 19581215

第7回手をつなぐ親の全国大会報告特集
◇秩父宮妃殿下のお言葉 1
◇副会長あいさつ 2
◇祝辞・法務大臣 愛知揆一 4
◇祝辞・文部大臣 灘尾弘吉 5
◇祝辞・厚生大臣 橋本龍伍 6
◇祝辞・労働大臣 倉石忠雄 7
◇祝辞・参議院社会労働委員長 久保等 8
◇祝辞・参議院議員 前田久吉 9
◇祝辞・イスラエル公使夫人 エミエル・ナジャール 9
◇祝辞・国際児童福祉連合事務局長 ミユーロック・ハウエル 11
◇状況報告・昭和33年11月30日 第七回手をつなぐ親の全国大会 社団法人精神薄弱児育成会 12
◇記念講演・精神薄弱児の青年期以後の諸問題 糸賀一雄 15
◇第七回全国大会決議 24
◇大会を終えてから 仲野美保子 26
◇評議員会・懇親会の記 27
◇ニュース――小学校にあがる子どもはみんな知能検査を受ける 31
◇重症心身障害児対策進む! 32
◇鬼の医科大学 仲野好雄 36
◇名張育成園開園式の記 38
◇名張育成園にわが子を託して 本行ハツ 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.34(ちえおくれの子らの指導誌) 19590115(昭和34年)

◇年頭の辞  前田多門(会長) 2
◇今年こそは数は絶対なり! 仲野好雄(専任理事) 4
◇お笑いおみくじ 9
◇私たち共通の広場(8)第七回手をつなぐ親の全国大会に出席しての感想
その一・精薄児対策と育成会のあり方について 児玉俊夫(岡山) 10
その二・育成会の組織強化 財政基礎確立のための一考案 谷口憲郎(北海道)13
◇春遠からじ――国民年金制度と精神薄弱者 19
◇精神薄弱者社会保障研究会について 花岡忠男(理事) 20
◇訪問指導員制度を各地域社会に設けいただきたい――第六回精神衛生全国大会での提案 仲野美保子 22
◇国際児童福祉研究会議に参加して(1) 24
◇東京よりのおみやげ 出田芳子(熊本手をつなぐ親の会副会長) 27
◇親の手で作った施設とその問題(1) 28
◇教師の記録・JSDS異文化コミュニケーションでつくったいろはがるた 小野克子(徳島市あさひ学園) 32
◇精神薄弱児の福祉現状 妹尾止(国立秩父学園指導課長) 35
◇名張育成園にわが子を託して 奈良易三郎 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.35(ちえおくれの子らの指導誌) 19590215

◇母の願い・全てのことあい働きて  山本章子(新潟市青山学園内) 2
◇織物の歌 小野克子(徳島市あさひ学園) 4
◇精神薄弱児の職業補導について――「曳馬野里養護学園」の構想 瀬端利男(浜名寮長・曳馬野里養護学園設立主唱者) 7
◇必ず光る光剛石だ――草の葉学園の自然児たち 内城本美(長野県松本市) 10
◇就職指導に家庭の協力を 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 15
◇私たち共通の広場(9)精神薄弱者の職業補導について考えていること 中村与吉(新潟市立明生園長) 22
◇精神障害児の保護と教育 糸賀一雄(近江学園長) 24
◇精薄関係34年度予算の大要と支部運動の手引き 仲野好雄(専任理事) 28
◇おねがい・『コタンの口笛』慈善特別試写会 33
◇おねがい・次号は『創刊3週年記念特別号』です、少くとも10部余計にとってください 34
◇各地だより 35
◇重症心身障害児対策委員会で話合われたこと 36
◇若返りと美顔の喜び! 仲野好雄 38
◇事務局だより 40

>TOP

■No.036~040

『手をつなぐ親たち』No.36(ちえおくれの子らの指導誌) 19590315

創刊3週年道しるべ特集
◇《お母さんのために》・医学の立場からみた「ちえおくれの子ども」 黒丸正三郎(大阪市立医大助教授・医博) 2
◇《お母さんのために》・頭は弱くとも頭の良い子に――教育の立場から 三木安正(東大教授) 4
◇《お母さんのために》・学校にいけないちえおくれの子 玉井収介(国立精神衛生研究所員) 6
◇特殊教育施設内(文部省関係)――精神薄弱児の場合 辻村泰男(文部省初中局特殊教育主任官) 9
◇保護・育成・更生施設案内(厚生省関係) 渡辺実(千葉県市川市八幡学園主事) 11
◇特殊教育の問題点(1)親と教師のある日の問答――施設が足りない 13
◇《学校の先生方へ》・普通学級におけるちえのおくれの子のとりあつかいについて 杉田裕(東京教育大講師) 14
◇《学校の先生方へ》・特殊学級への理解を 山口薫(文部事務官) 18
◇特殊教育の問題点(2)親と教師のある日の問答 20
 ――先生はつかれる・先生と先生とのつながり・親と教師とのむすびつき
◇《社会の方々へ》・就職したちえおくれの子の指導 加茂下大(東京学大付属若竹学級教諭) 22
◇《社会の方々へ》・職につけないちえのおくれの子どもたち 糸賀一雄(滋賀県立近江学園長) 24
◇《社会の方々へ》・ある日の職親 林さくら(東京都立青鳥養護学校職親) 26
◇手をつなぐための栞(1)・育成会のこれまでとこれから――全国運動の立場から  28
◇アメリカの育成会活動 小川正浩(厚生省児童局養護課) 34
◇十五人の精薄児と粘土 栗田豊(神奈川県鎌倉市立第一小学校教諭) 39
◇《陳情のしおり》・予算や法律はどんな工合でつくられるか 仲野好雄(専任理事) 40
◇事務局だより 44

『手をつなぐ親たち』No.37(ちえおくれの子らの指導誌) 19590415

◇私たちの助け合い――からだの不自由な子どもを明るく育てることが私達の使命なのだ 大槻久子(東京都新宿区) 2
◇映画会の反省会から拾った話 5
◇職安と教師と親の座談会・精薄児の職業指導と就職あっせん 6
◇精神薄弱者福祉法制定の基本方針決まる! 13
◇この子どもを親の手で守ろう 谷口憲郎(北海道育成会理事長・医博) 14
◇精神薄弱者福祉法制定に備えて 仲野好雄 18
◇私たち共通の広場(9)ちえのおくれと「遺伝」について 小野法郎・黒丸正四郎 26
◇相談さまざま 近藤益雄(長崎県・のぎく寮長) 30
◇精薄問題懇談会の記 33
◇東西南北 36
◇ごあいさつ・社会福祉法人化成る!――会名も新らたに新発足 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.38(ちえおくれの子らの指導誌) 19590515

◇第一回定期総会を迎えるに当たって 仲野好雄(専務理事) 2
◇解散公告(1) 7
◇座談会・心身に障害をもつ子供と児童福祉――みんなが幸福になる中で 8
◇《母の声》・ 治療教育とわが子 松本美智子 12
◇《母の声》・ 母の声にそえて 土井千初 13
◇京都支部だより――映画会、政治活動 田中稔 15
◇精薄児対策をめぐる二、三の問題 小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長) 16
◇精神薄弱児の特殊教育について 内藤誉三郎(文部省初等中等教育局長) 20
◇私たち共通の広場(10)「作品展」をめぐる討議 谷口憲郎(北海道育成会理事長) 22
◇海外通信(1)・アメリカの精薄児施設――ロスアンゼルスにて 三木安正(東大教授) 24
◇施設ではそんな取り扱いをしている 起床から朝食まで――ある精薄児施設の一日(1) 渡辺実(千葉県市川市八幡学園主事) 26
◇随筆・かたつむり日記 栗田豊(神奈川県鎌倉市立第一小学校教諭) 31
◇随筆・実習生を職場に送って 林さくら(東京都立青鳥養護学校職親) 33
◇随筆・ある店員さん――本当の勉強家 中西昂(東京都墨田職業安定所員) 34
◇医療相談・てんかんといわれましたが... 菅野重道 36
◇塵芥炭化工場を訪ねる――精薄者の職場支部財政源を求めて 馬場章介(事務局長代理) 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.39(ちえおくれの子らの指導誌) 19590615

◇ちえのおくれの子供のからだの問題 西谷三四郎(東京教育大学教授) 2
◇ちえのおくれの子にはどんな病気やけがが多いか 杉本三郎(大阪市立思斉養護学校教諭) 5
◇ちえのおくれの子の身体とその養護 岡崎英彦(滋賀県立近江学園園医) 8
◇ちえのおくれの子供と体育指導 西条正晴(東京教育大付小五部教諭) 12
◇座談会・ちえのおくれの子の身体の養護とその指導 17
◇第一回定期総会を終えて 仲野好雄(専務理事) 21
◇東西南北・あしかびの村手をつなぐ親の会開催の記 大井文朗 26
◇東西南北・草ヶ江分校 占部政子 28
◇鹿児島県手をつなぐ親の会結成する! 29
◇解散公告(第二回) 29
◇ニュース・児童福祉連絡懇談会生まる 30
◇お知らせ 31
◇職業指導に家庭の協力を(2) 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 32
◇精薄者の職場ならびに支部財政源としての塵芥炭化事業化のその後について 38
◇「はるな郷」開園さる 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.40(ちえおくれの子らの指導誌) 19590715

◇重症な子を施設にお願いするまで 久保光子(東京世田谷) 2
◇学校や施設を作るには 仲野好雄(専務理事) 4
◇精薄問題の解決に全力を――第一回評議員会速記録から 山下春江(自民党国民生活局長) 15
◇各省はどこに力を入れて今年の事業は進めているか――第一回評議員会速記録から
 文部省 山口薫(初中局特殊教育室) 18
 厚生省 木田市治(児童局養護課) 19
 厚生省 加藤威二(社会局更生課長) 20
 厚生省 津田信夫(公衆衛生局精神衛生課) 22
 全国社会福祉協議会 倉地俊二(社会福祉部) 23
◇支部の資金活動について・賛助会員、友愛ノート、一円募金――第一回評議員会速記録から 25
◇ニュース・精神薄弱者福祉法案要綱(案)と「精神薄弱者援護施設」運営基準(案)  28
◇洗濯屋さん 山田敏美(鳥取県立皆成学園教諭) 30
◇私たち共通の広場(10)精神薄弱は遺伝しない 大槻憲二(東京精神分析学研究所長) 22
◇県支部から独立した横浜市精薄者育成 36
◇後援会と育成会との一体化なる――東京墨田足立支部 36
◇各地に支部総会開かる 37
◇全日本精神薄弱者育成会加盟団体会員名簿(1)(昭和三十四年七月一日現在) 38
◇事務局だより 40

>TOP

■No.041~045

『手をつなぐ親たち』No.41(ちえおくれの子らの指導誌) 19590815

◇母の願い・この子らに楽園を 加藤すみ子 2
◇母のおもい 植木貞子(神奈川県平塚市) 3
◇発展する名張育成園 森田本次郎(常務理事) 4
◇雑艸の歌 田中雨城子 6
◇落穗はすくすくと――学園生活見たまま 馬場章介 7
◇ありがとう社長さん!  9
◇親たちのじかの声を 富沢祥光(千葉県市川支部二火会) 9
◇私たち共通の広場(11)科学としての厳格さを――二たび精神薄弱の遺伝について 石橋泰子(日赤産院小児科・医博) 10
◇ミシンがやれる! 秋山広(神奈川県横須賀市) 13
◇教育相談・叱り方とほめ方――ちえおくれの子相談室から 加茂下政右(東京学芸大学付属若竹学級教諭) 14
◇天上の星と地上の草 仲野好雄(専務理事) 16
◇北海道へ、シの旅 塚本伴治(元厚生教官) 25
◇支部の資金活動について(つづき)・免税興行はこうして――第一回評議員会速記録から 26
◇ニュース・社会福祉予算対策委員会生まる 28
◇かいせつ・社会福祉協議会とは 30
◇随筆・この子より一日だけの長命を 仲野好雄(専務理事) 36
◇全日本精神薄弱者育成会加盟団体会員名簿(2)(昭和三十四年四月一日現在) 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.42(ちえおくれの子らの指導誌) 19590915

◇親のよろこび・親のねがい 順子ちゃんのこと 青木竜夫(福井市花堂町) 2
◇親のよろこび・親のねがい 昌子のこと 伊藤トミエ(大分市南春日町遺族会母子寮内) 4
◇岐阜県だより 前田千年 6
◇ダイジェスト (毎日新聞)20人に1人が要保護者とは 原邦道(日本長期信用銀行取締役会長) 7
◇今日の出費は将来の節約 仲野好雄(専務理事) 7
◇ちえおくれの子にたくましさをなにがさまたげか――たくましく育てるために(1) 小溝キツ(東京・愛育養護学校教諭) 8
◇養護施設と家庭からの子ら――たくましく育てるために(2) 大島ユキ(群馬県前橋市岩神小特殊学級教諭) 12
◇=中学校年令の場合=明日の精薄児――たくましく育てるために(3) 中村与吉(新潟市明生園長) 16
◇=女子の場合=ある母親への手紙――たくましく育てるために(4) 山口卓三(徳島市あさひ園長) 20
◇精神病院小児病棟について――安浦病院の場合 西本順次郎(広島県精神薄弱者育成会会長・安浦病院長) 25
◇皇太子殿下をお迎えして 糸賀一雄(近江学園園長) 26
◇私たち共通の広場(12)まつしぐらに しかしあせらずに 三木安正(東京大学教授) 28
◇川田先生のこと 西谷三四郎 31
◇ニュース(一)・三十五年度精薄対策の方向 34
◇ニュース(二)・第八回全国大会会場変更 34
◇ニュース(三)・本会地方組織 35
◇ニュース(四)・名張育成園 35
◇ニュース(五)・自民党に民生委生まる 35
◇ちえおくれの子にもたのしい運動会を 西條正晴(東京学芸大学付属特殊学級教官) 36
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.43(ちえおくれの子らの指導誌) 19591015

◇親のよろこび・親のねがい 精薄の長男を普通学級に踏み切って 水野初子(東京都江東区) 2
◇精薄と遺伝 小林提樹(日本心身障害児協会・医博) 4
◇ちえおくれの治療について・これまで行われた治療の試みとギャバ 西谷三四郎(東京教育大学教授・医博) 8
◇ちえおくれの治療について・グルタミン酸とグルタミン酸ソーダ 西谷三四郎(東京教育大学教授・医博) 12
◇コトバのおくれた子どもの指導 田口恒夫(国立ろうあ者更生指導所言語課長) 16
◇私たち共通の広場(12)三代家族にまつわる問題――嫁・姑の責任 小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長) 20
◇第八回全国大会を迎えるに当って 仲野好雄(専務理事) 24
◇ニュース(一)・自民党精薄対策専門委員会結成 30
◇ニュース(二)・精神薄弱教育全国研究協議会 30
◇ニュース(三)・第七回精神衛生大会 30
◇ニュース(四)・高崎の塵芥炭化 31
◇法人税について――公益法人の収益事業から生じた所得に対する課税について 金子真治(育成会監事・財務会計事務所長) 32
◇相談室・爆発的に乱暴する性癖をもつちえおくれの子の治療と指導 金沢四郎(東京都杉並区済美学園教諭) 34
◇暴風雨の夜半に 仲野美保子 36
◇全日本精神薄弱者育成会加盟団体会員名簿(3)(昭和三十四年四月一日現在) 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.44(ちえおくれの子らの指導誌) 19591115

◇精薄対策に大道を打ち立てる秋――第八回全国大会に因んで 仲野好雄(専務理事) 2
◇昭和三十五年度の精薄関係事業計画・厚生省 山田真澄(社会局更生課) 10
◇昭和三十五年度の精薄関係事業計画・厚生省 佐野昌昭(児童局養護課) 12
◇昭和三十五年度の精薄関係事業計画・厚生省 松尾正雄(児童局母子衛生課) 13
◇昭和三十五年度の精薄関係事業計画・厚生省 長友浪男(公衆衛生局精神衛生課) 13
◇昭和三十五年度の精薄関係事業計画・文部省 山口薫(初中局特殊教育主任官室) 14
◇東京都多摩職業訓練所精薄部設置促進運動について 広瀬孝範(東京都武蔵野市立第四中学校特殊学級担任) 16
◇名張育成園一年の歩み――教育の実際面から 森津三郎(名張育成園副園長) 18
◇私たち共通の広場(14)普通学級の中のちえおくれの子――43号の水野初子さんの手記を読んで
 とんちゃんの幸福のために 仲野美保子 22
 精薄児と普通学級 刈田孝子(東京都品川区中延小学校 特殊学級担任)23
◇相談室・ちえおくれの子どもの夜尿症 平井信義(お茶の水女子大学教授・医博) 26
◇てんかん(癲癇)の治療について 谷口憲郎(札幌花園学院長・医博) 28
◇難物彦太どこへ行く 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 31
◇座談会・カンマロン(ガンマ―・アミノ酪酸・略称GABA)について 35
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.45(ちえおくれの子らの指導誌) 19591215

第八回全国大会報告号
◇高松宮妃殿下のお言葉 2
◇新旧理事長あいさつ・愛の力を信じて 徳川義親(理事長) 4
◇新旧理事長あいさつ・さらに力強い前進を 前田多門(前理事長) 4
◇祝辞 7
◇皆様ほんとうに有難うございました(精薄対策推進のうらばなし) 仲野好雄(専務理事) 10
◇私たちの言葉・私たちより大きな力を 加藤すみ子(松本市) 14
◇私たちの言葉・釧路に通園施設ができるまで 堺治子(釧路市) 16
◇私たちの言葉・てんかん性精薄児の治療教育について 松本美智子(広島市) 18
◇特別講演・手をつなぐ親たちに望む 三木安正(東京大学教授) 20
◇芋洗い会の記――組織の強化力を中心に 皆川正治 26
◇大会点描 30
◇座談会・精薄の教育とその治療 32
◇昭和三十四年馳け歩きの記(1) 仲野好雄(専務理事) 38

>TOP

■No.046~050

『手をつなぐ親たち』No.46(ちえおくれの子らの指導誌) 19600115(昭和35年)

◇年頭の辞 徳川義親(理事長) 2
◇年頭所感――希望と勇気を 仲野好雄(専務理事) 4
◇特殊教育の充実振興策について――中央教育審議会答申全文 11
◇精神薄弱児対策の推進について――中央青少年問題協議会 14
◇ニュース・三五年度予算大綱 15
◇第八回全国大会決議 16
◇私たち共通の広場(15)精神薄弱児の短期入園について――居宅指導の構想 瀬端利男(静岡県立浜名寮長) 18
◇ささやかな善意――A君と小鳥の話 岩山博(名古屋市立港南中学校特殊学級担任) 21
◇山形県手をつなぐ親の会形成 中村律 22
◇江別に簡易通園施設を作るまで 花岡美寿枝(北海道江別市) 24
◇難物彦太どこへ行く(44号からつづく) 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 26
◇座談会・精薄の教育とその治療(つづき) 31
◇昭和三十四年馳け歩きの記(2) 仲野好雄(専務理事) 35
◇事務局だより 41

『手をつなぐ親たち』No.47(ちえおくれの子らの指導誌) 19600215

◇山村の母の願い 渡辺キヌ子(福島県滝根町) 2
◇ドイツの精神薄弱児施設をみる 西村関一(滋賀県堅田教会牧師国会議員) 4
◇名古屋手をつなぐ親の会の新年会と会歌の発表 山田進(会長) 6
◇三十五年度の育成会の方針決る 仲野好雄(専務理事) 8
◇各省昭和35年度施策と予算・文部省――教育関係三五年度予算について 辻村泰男(初中局特殊教育主任官) 15
◇各省昭和35年度施策と予算・厚生省――精神薄弱児施設の充実 児童局関係について 村上松五郎 16
◇各省昭和35年度施策と予算・厚生省――精神薄弱者福祉対策の確立について   山田真澄(社会局更生課長) 17
◇各省昭和35年度施策と予算・厚生省――世界をあげて健康な精神を 精神衛生の事業は伸びつつある   百井一郎(厚生技官) 19
◇各省昭和35年度施策と予算・労働省――精神薄弱者の職業訓練について   仲田定士(労働省職業訓練部管理課長) 21
◇竹棒体操の提案 矢野隆夫(滋賀県近江学園教官) 22
◇東京での支部活動 幾野信男(東京七生支部) 24
◇特殊保育の半歳の私の心境 三木達子(社会福祉法人今川学園理事長) 25
◇その後の難物彦太(44・46号からつづく) 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 27
◇亡き児をしのびて 吉田トヨ子(東京都) 32
◇座談会・精薄の教育とその治療(つづき) 34
◇相談室 飯田精一(日本社会事業大学講師) 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.48(ちえおくれの子らの指導誌) 19600315

◇特殊学級にわが子をあずかって 秋山ゆきゑ(兵庫県豊岡市) 2
◇小鳥の宝 平川美喜代(姫路市) 3
◇縁なき衆生も力に生きる 楢山悠(児童福祉評論家) 4
◇精神薄弱児対策の推進について 鈴木猛(総理府中央青少年問題協議会調査課長) 6
◇私たち共通の広場(15)親亡き後の愛情の補償と経済の保障――精薄福祉金庫の試案 仲野好雄(専務理事) 11
◇力強い約束と励まし――自民党との第三回懇談会の記  14
◇千葉県手をつなぐ親の会の歩み  久木峰雄(千葉県手をつなぐ親の会理事) 18
◇東西南北 21
◇「からぬぎ」ということ   望月勝久(埼玉県浦和市立常盤小中学校) 22
◇配達日記 大石三郎(千葉市立蘇我中学校特殊学級主任) 26
◇ガンマロン問答  34
◇会員規程 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.49(ちえおくれの子らの指導誌) 19600415

◇この悩み 大井文朗(あしかびの村) 2
◇『勇気と希望を失わずに』 山川多嘉子(横浜市) 3
◇来年こそ義務設置制の実現を――特殊教育振興のため私たち親はなにを為すべきか 仲野好雄(専務理事) 4
◇入学一カ月親の疑問に答える 加茂下大(東京学芸大学付属養護学校総務) 10
◇親よかく手をつなげ――はじめて特殊学級を作った地域の方々へ 小林隅雄(姫路市立琴陵中学校特殊学校担任) 19
◇公開座談会・精神薄弱児の幸せを求めて  22
◇信吾と母と20年 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 28
◇粘土  栗田豊(鎌倉第一小学校特殊学級担任) 31
◇昭和35年駈け歩きの記(1) 仲野好雄(専務理事) 33
◇東西南北 40
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.50(ちえおくれの子らの指導誌) 19600515

精神薄弱者福祉法制定記念特集
◇児童憲章 1
◇精神薄弱者福祉法の制定について 山田真澄(厚生省社会局更生課長) 2
◇精神薄弱者福祉法ができるまで 仲野好雄(専務理事) 5
◇精神薄弱者福祉法は国会でどのように審議されたか――衆参両院社会労働委員会議録から要約 12
◇公開座談会・精神薄弱児の幸せを求めて(つづき)  27
◇精神薄弱者福祉法(昭和三十五年三月三十一日成立、昭和三十五年四月一日公布) 32
◇精薄総合基本対策(案) 自由民主党政務調査会精薄対策専門委員会 38
◇成人精薄施設一覧表――成人を収容している精薄児施設を含む  40
◇35年度「手をつなぐ親の集い」年間計画 41

>TOP

■No.051~055

『手をつなぐ親たち』No.51(ちえおくれの子らの指導誌) 19600615

精神薄弱者福祉法制定記念総会報告号
◇精薄者福祉法制定を喜ぶ(1)全国の皆さま方の力によって 安田厳(厚生事務次官) 2
◇精薄者福祉法制定を喜ぶ(2)推進者として喜びとお願いとを 山下春江(衆議院議員・自民党国民生活局長・同精薄対策専門委員会委員長) 3
◇精薄者福祉法制定を喜ぶ(3)発足当初を思い返しつつ 本島百合子(衆議院議員・民主社会党) 5
◇精薄者福祉法制定を喜ぶ(4)手をとって肉をつけ、血を通わせよう 藤原道子(衆議院議員・社会党) 6
◇精薄者福祉法制定を喜ぶ(5)登録制実現を期して 坂本昭(参議院議員・社会党) 7
◇精神薄弱者と社会――精神薄弱者福祉法制定記念総会における講演 糸賀一雄(近江学園園長) 10
◇評議員会・精薄者福祉法制定記念総会の記 19
◇精神薄弱者対策促進強化についての陳情書 全日本精神薄弱者育成会 28
◇身体障害者雇用促進法の国会審議より 仲野好雄(専務理事) 30
◇信吾と母と20年(3) 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校務主任) 37
◇BOOK紹介「精神薄弱の治療と教育」 40
◇鹿島療育園のお知らせ 41

『手をつなぐ親たち』No.52(ちえおくれの子らの指導誌) 19600715

◇“ミシンがやれる”その後 秋山広(M) 2
◇「手をつなぐ親の会」発展の基本的な考え方 仲野好雄(専務理事) 4
◇泣くよりも 塚本伴治(重症精薄児施設豊田季光風園長) 14
◇総会前後 幾野信男(本会監事) 16
◇この子の幸せはだれが作るか 境田勲(小倉市ひまわり学園長) 18
◇鎌倉清和学園創立のこと 富田梅(鎌倉手をつなぐ親の会理事・鎌倉清和学園運営委員長) 22
◇成長のあと 大井文朗(あしかびの村委員長) 26
◇鹿島精神薄弱者医療・教育・福祉センターの建設 27
◇東京方面会員の鹿島見学 30
◇歩みはおそくとも 3巻 全日本特殊教育研究連盟(企画)・全国農村映画協会(製作) 32
◇「校外指導」をすすめるにあたって両親にのぞむこと 林田広(東京都立青鳥養護学校高等部主事) 34
◇信吾と母と20年 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校務主任) 37
◇事務局だより 40
◇鹿島療育園のお知らせ 41

『手をつなぐ親たち』No.53(ちえおくれの子らの指導誌) 19600815

◇一人が五人を――会員の皆さまに訴える 森田本次郎(常務理事) 2
◇精神薄弱者福祉法は動いておるか 仲野好雄(専務理事) 5
◇特殊学級の発足から職業実習所の創設まで――精薄児の職業指導について 荒井喜夫(東京都杉並区済美学園教諭) 13
◇済美職業実習所について 杉田裕(東京教育大学講師) 18
◇ちえおくれの子の原因と治療について 上出弘之(東京大学講師・医博) 20
◇ちえおくれの子の家庭での取り扱い 小溝きつ(愛育養護学校教諭) 23
◇第一回精神薄弱者福祉審議会開かる 28
◇精神薄弱者対策促進強化について 30
◇県民生部諮問機関として精薄専門委員会設けられる――秋田支部だより 中道嘉門35
◇信吾と母と20年 第四回 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校務主任) 36
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.54(ちえおくれの子らの指導誌) 19600915

◇児童劇「無きにひとしきもの」を観て 仲野美保子 2
◇昭和36年度各省の精薄対策案の大要 6
◇自民党との懇談会の記 9
◇育成会がお世話になった国会議員 12
◇風呂たきの記 矢野長兵衛(近江学園教官) 13
◇「親と教師の結びつき」について 近藤原理(佐世保市立くすのき学園教諭) 14
◇精神薄弱児の生活における基本的な習慣の躾について 大久保雅子(日向弘済学園) 16
◇精神薄弱者援護施設の基準案検討さる 24
◇高崎市大明式塵芥炭化処理工場を見て 岡田睦日(東京都墨田区親の会会員) 26
◇早く閉鎖されることを願って つくった不二愛育園 森岡永吾(桐友教育研究所員) 28
◇昭和35年駈け歩きの記(2)(自四月―至八月) 仲野好雄(専務理事) 30
◇精神薄弱者福祉法制定記念 全国社会福祉大会について 39
◇「一人が五人を」その後 40
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.55(ちえおくれの子らの指導誌) 19601015

◇「手をつなぐ親の運動」推進についてお願い 仲野好雄(専務理事) 2
◇より強く手をつなぐには 沢田照子(北海道精薄児育成会常務理事) 9
◇精神薄弱児と職場(その一)――都立青鳥養護学校の場合 林田広 10
 職親としての立場から 茅根豊(富士自動車K.K.総務課長) 10
◇担任教師の喜びと悲しみ 兵庫県特殊教育連盟十周年記念誌“兵庫のあしあと”より 13
◇「徳川夢声先生のお宅に駆け込み訴え」の記 加藤すみ子 19
◇第九回手をつなぐ親の全国大会 20
◇精神薄弱者援護施設の設置・管理運営の基準 23
◇創作・踪跡(第一回) 菅野茂 34
◇編集後記 40
◇鹿島療育園いよいよ完成! 41


>TOP

■No.056~060

『手をつなぐ親たち』No.56(ちえおくれの子らの指導誌) 19601115

◇第九回全国大会を迎えるに当たって 仲野好雄(専務理事) 2
◇各党政策に見る精薄対策 編集部 5
◇世界精神衛生年記念・精薄福祉法制定記念 精神薄弱者福祉振興日本大会開かる!  6
◇パール・バック女史をお迎えして 草野寿子(福岡市手をつなぐ親の会会員) 7
◇精神薄弱者福祉振興日本大会に寄せて――同じくちえのおくれの子をもつ母として パール・バック 10
◇母の訴え・特殊学級の義務設置制を 山本喜美子(東京都品川区手をつなぐ親の会会員) 19
◇母の訴え・重症児のために施設と医療を 鈴木恵美子(東京都葛飾区手をつなぐ親の会会員) 20
◇母の訴え・精神薄弱者に職場を 岡田津由子(東京都墨田区手をつなぐ親の会会員) 21
◇パネル討議・精神薄弱者の教育・医療・福祉について 22
◇避けることのできない悲しみを背負って 宗沢利隆の母(札幌養護学校小学部三年生の母) 27
◇決議 28
◇未亡人会に学ぶもの――福島県田村郡福祉研修大会に出て 仲野美保子 30
◇幸福を支える五つの柱(1)盗癖・放浪癖などのある精神薄弱児の指導矯正について 石原登(国立教護院・武蔵野学院調査部長) 32
◇脳の働きとギャパについて 高橋日出彦(東京医科大学助教授) 36
◇創作・踪跡(第二回) 菅野茂 37
◇本部財政に一灯を点ず 加藤栄三(神奈川県個人会員) 40

『手をつなぐ親たち』No.57(ちえおくれの子らの指導誌) 19601215

第9回手をつなぐ親の全国大会報告号
◇第九回手をつなぐ親の全国大会 2
◇私たちの言葉・低知能の子どもにも「教育」を――特殊教育の義務化を願って 稲村繁子(兵庫県手をつなぐ親の会) 4
◇私たちの言葉・精神薄弱者に仕事を 岩崎令子(高知県手をつなぐ親の会) 7
◇私たちの言葉・精神薄弱者に経済福祉を 仲野美保子(信楽手をつなぐ親の会東京班) 8
◇講演・手をつなぐ親たちに望む 伊藤昇(朝日新聞論説委員) 12
◇決議 18
◇第九回大会を終えて 仲野好雄(専務理事) 20
◇全国社会福祉大会の記――静岡市において 渡辺実(八幡学園主事) 24
◇長い休みを待つ親 小野法郎 26
◇精神薄弱児と職場(その二) 林田広・林政市(株司会社林商店締取役社長) 30
◇創作・踪跡(第三回) 菅野茂 32
◇愚徹を楽しむ 宇照木瓜庵 37
◇天の声 佐藤興弘 38
◇事務局だより 40
◇第五回理事会報告 41

『手をつなぐ親たち』No.58(ちえおくれの子らの指導誌) 19610115(昭和36年)

◇新しい年のはじめに 徳川義雄(理事長) 2
◇《年頭所感》われわれの手で われわれの力で 仲野好雄(専務理事) 4
◇ある日のパンきれ 片山暢弥の母 11
 あとがき 北山利夫(札幌養護学校長) 11
◇重症児の親たちへ 永遠のみどりごのために 森岡永吾(桐友教育研究所重症児研究部主任) 12
◇特殊教育の第一歩 その萌を!その萌から  望月勝久(浦和市常盤小中特殊学級担任) 16
◇難しいかな アフターケア 大井文朗(大阪・あしかびの村) 19
◇相談の窓(1) 問題の親 近藤益雄(長崎県北松浦郡佐々町口石のぎく寮寮長) 22
◇署名運動 村上修好 25
◇精神薄弱者援護施設 鹿島療育園案内開園さる (社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会委託施設鹿島更生園経営) 26
◇創作・踪跡(第四回) 菅野茂 28
◇昭和35年駈け歩きの記(3)(八月―十二月) 仲野好雄(専務理事) 32
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.59(ちえおくれの子らの指導誌) 19610215

◇《詩》けむり 近藤原理 1
◇人間性を取り戻した私たち母子 是川つや子(姫路手をつなぐ親の会) 2
◇助成金交付の喜び 塚本常雄(理事・東京都練馬区手をつなぐ親の会副会長) 3
◇36年度予算案の決定をみるまで 仲野好雄(専務理事) 4
◇文部省初中局特殊教育室 精神薄弱教育関係の予算について 花熊四郎 9
◇厚生省社会局更生課 精神薄弱者(成人)対策の実施について 加藤忠春 14
◇厚生省公衆衛生局精神衛生課 昭和三十六年度の精神衛生対策 百井一郎(厚生省公衆衛生局精神衛生課技官) 16
◇厚生省児童局企画課・養護課 児童福祉施設の運営経費について 橋本光男 17
◇厚生省児童局母子衛生課 早期対策へのみち 松尾正雄(厚生省母子衛生課長) 18
◇法務省矯正局医療分類課 矯正施設における精神薄弱者対策について 奥澤良雄 20
◇ケールの町を訪ねて 糸賀一雄(近江学園園長) 22
◇火事の教訓 矢野隆夫(滋賀県立近江学園教官) 27
◇相談の窓 父親の協力 小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長) 28
◇夢が着々と現実になりつつある 名張育成園の現状と今後 30
◇第六回理事会報告 32
◇昭和三十六年度主要行事御案内 33
◇創作・踪跡(第五回) 菅野茂 34
◇第51回手をつなぐ親の集い 公開座談会「精神薄弱者の結婚について」 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.60(ちえおくれの子らの指導誌) 19610315

◇入級6ヶ月を経て 楠木谷政義(鹿児島県日置郡伊集院小学校仲よし学級児童の父) 2
◇ちえおくれの子に教えられて 滝本誠海(広島県呉市立広小学校・広島県特殊教育連盟理事) 3
◇ある担任教師より 多米田敏夫(愛知県豊橋市立二川小学校特殊学級担任) 4
◇《詩》わたしのめをさして 近藤益雄 5
◇私たちの視野を広げましょう 仲野好雄(専務理事) 6
◇名張育成園成人施設入所希望者募集 11
◇パール・バック女史のメッセージをよんで 佐々木忠雄(札幌市花園学院) 12
◇お母さんの仕事 橋本信太郎(千葉県習志野市立実籾小五年) 13
◇ヨーロッパの施設を見て――精神薄弱児施設長協議会における講演より 糸賀一雄(滋賀県立近江学園園長) 14
◇お願い(一)役員の改選について (二)その他 19
◇就職について大切なこと――第46回手をつなぐ親の集いから 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校教頭) 20
 ・精薄児も就職できる
 ・知能指数より社会性
 ・大切な家庭の支え
 ・安売りはいけない
 ・特殊教育の必要性
◇職親さんをかこんて――東京・足立区雇用者懇談会の記 22
◇にわとりのいる学級 桓内実雄(広島県豊田郡安芸津中学校教諭) 24
◇鹿島療育園入所者募集 29
◇波高し 大石三郎(千葉市蘇我中学校教諭) 30
◇わが子の職場訪問 仲野好雄 35
◇続火事の教訓――マッチの一箱 矢野隆夫(滋賀県立近江学園教官) 36
◇昭和36年駈け歩きの記(1)(一月―二月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇事務局だより 40
◇編集後記 40

>TOP

■No.061~065

『手をつなぐ親たち』No.61(ちえおくれの子らの指導誌) 19610415

◇教育つれづれ草 池田雨石 2
◇進学 T.M. 4
◇《公開座談会》精神薄弱者と結婚の問題(1)――第51回手をつなぐ親の集まりより 6
◇私たちの視野を広げましょう(2)――児童の問題 仲野好雄(専務理事) 10
◇《通達》精神薄弱者に対する所得税法上の障害者控除の適用について 12
◇私も精薄児の親です 第十一回モンゴリズム懇談会において マーク・C・フィア 談 13
◇精神薄弱児に対する地域社会の努力――千葉県市川市における活動 渡辺実(八幡学園主事) 14
◇朱紗 岡村栄津子 18
◇昭和36年度事業計画(案)について 20
◇第五回評議員会と総会について 23
◇相互研修に「輪読会」を 梅野梅吉(北海道江別市立緑光学園長) 24
◇心あたたまる話 多米田敏夫(愛知県豊橋市立二川小学校) 24
◇ニュースと中央の動き(三月) 26
 ・税の障害者控除対象に精神薄弱者認めらる
 ・競輪益金配分一千万円決定
 ・特殊学級における教育の振興に関する法律案提出について
 ・児童福祉施設職員に対する育英貸与金免除について
 ・精薄児施設の措置費と職員の定数について
 ・共募多額配分の決定
 ・精神薄弱研究懇談会発足す
 ・朝日新聞四社の協力態勢確立
◇名張育成園 成人施設入所希望者募集 30
◇手をつなぐ子どもたちへ 大島ユキ 31
◇精薄一家の記(第一回) 梅田盛三(大分県鶴崎市立川添小学校) 32
◇昭和36年駈け歩きの記(2)(三月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇事務局だより 40
◇第五十三回手をつなぐ親の集い 「ヨーロッパの精薄者対策を視察して」 宣伝 40

『手をつなぐ親たち』No.62(ちえおくれの子らの指導誌) 19610515

◇教育つれづれ草(2) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇精神医学と宗教 今野陽三(北海道江別市立緑光学園園医) 4
◇私たちの視野を広げましょう(3)――成人の問題 仲野好雄(専務理事) 6
◇《公開座談会》精神薄弱者と結婚の問題(2)――第51回手をつなぐ親の集まりより 12
◇八千円のサラリーマン――精薄教育の勝利 杉山峰吉(東京都八王子市立第二小学校長) 15
◇相談の窓から 第52回手をつなぐ親の集いにて 18
◇《海外情報》アメリカにおける精薄児保護保険制度について 倉知俊二(全国社会福祉協議会参事) 20
◇観桜会に招かれて 仲野美保子 22
◇ある精薄女児の事例 多田外美子(石川県金沢市愛育学園保母) 24
◇ニュースと中央の動き(四月) 28
 ・仲野専務理事身体障害者雇用審議会専門委員に任命さる
 ・常務理事会における主要審議事項報告
  (1)地方支部を福祉事務所の管轄区毎に統合することの可否について
  (2)まず特殊学級と施設の親を組織してから在宅の子に及ぼしたらどうか
  (3)評議員は会員数に比例して選出するかどうかについて
  (4)理事の選出について
  (5)外国向け簡単な育成会用パンフレット
 ・中島扶久子遺作展開催
 ・名古屋精神薄弱研究会生まる。研究費獲得の運動展開
 ・精神病治療指針審議会に精薄用薬品を保険対象とするよう陳情
 ・塵芥処理方法の特許が下がり、さらに有望新案続々生まる
◇昭和36年駈け歩きの記(4)(四月) 仲野好雄(専務理事) 31
◇精薄一家の記(第二回) 梅田盛三(大分県鶴崎市立川添小学校) 34
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.63(ちえおくれの子らの指導誌) 19610615

◇教育つれづれ草(3) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇私たちの視野を広げましょう(4)――全般について 仲野好雄(専務理事) 6
◇目・目・世の中の目と手 兵庫県特殊教育連盟編「兵庫のあしあと」より 13
◇苦しみ続けた七年間 佐々木栄子 14
◇手をつなぐ子どもたちへ(2) 大島ユキ(前橋市手をつなぐ親の会) 16
◇ニュースと中央の動き(五月) 19
 ・精神薄弱者白書(仮称)刊行に決まる
 ・理事会・評議員会・総会開催
 ・特殊教育振興法案国会に提出さる
 ・塵芥処理問題のその後
 ・中島扶久子展盛会裡に終わる
 ・子どもを守る健康会議
 ・台東区親の会職業実習場テレビ全国放送
 ・全社協大会と芋洗会へのお願い
 ・身体障害者雇用審議会第一回専門委員会(精薄関係)開かる
 ・第七回関東地区精薄施設運営研究大会開かる
 ・精神病治療指針審議会に精薄用薬品を保険対象とするよう陳情
◇第五十五回手をつなぐ親の集い 演題「家庭における夏休み中の子どものあつかい方」宣伝 23
◇《写真》鹿島育成寮建設工事進む 24
◇ちえおくれの子どもと人形 奥野一雄(北海道夕張市立東小学校教諭・夕張市手をつなぐ親の会事務局長) 24
◇第七回理事会・第五回評議員会(総会)の記 26
◇精神薄弱者対策促進についての陳情書 30
◇鹿島療育園入所者募集 31
◇植木千久子理事を悼む 32
◇昭和36年駈け歩きの記(4)(五月) 仲野好雄(専務理事) 34
◇中島扶久子遺作展のこと 37
◇精薄一家の記(第三回) 梅田盛三(大分県鶴崎市立川添小学校) 38
◇事務局だより 40
◇編集室 40

『手をつなぐ親たち』No.64(ちえおくれの子らの指導誌) 19610715

◇教育つれづれ草(4) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇運動会の感激によせて 松村とし(帯広市慈光学園入園児の母、釧路市手をつなぐ親の会会員) 4
◇精神薄弱者の雇用促進について(1) 仲野好雄(専務理事) 6
◇日本の社会保障の現状について――中野ツヤ先生のお話から 22
◇精薄者更生指導施設「鎌倉清和学園」のその後 安達喜美子(財団法人鎌倉清和学園常務理事) 24
◇鹿島の空に祈る――わが子を鹿島療育園に入園させて
(1) 緒方知子(福岡県小倉市南貴船町) 26
(2) 岩田てつ(御殿場市手をつなぐ親の会) 28
◇ニュースと中央の動き(六月) 30
 ・36年度予算配分決まる
 ・37年度国家予算に育成会助成を検討中
 ・特殊教育振興法案廃案となる
 ・福祉年金か福祉金庫か
 ・塵芥処理その後の状況
 ・鉄道弘済会(堀木鎌三先生)有難うさま!
 ・映画フィルムとポスターのご案内
◇第五十六回手をつなぐ親の会案内 主題「映画による施設学級めぐり――いながらにして見学しましょう」 32
◇石毛一先生を悼む 33
◇《詩》黄の道 大木敏男(旭川市川端町) 34
◇昭和36年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.65(ちえおくれの子らの指導誌) 19610815

◇教育つれづれ草(5) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇無題 今川瑛子(徳島市) 5
◇精神薄弱者の雇用促進について(2) 仲野好雄(専務理事) 6
◇ちえおくれの子と道徳心 多米田敏夫・蓮池うた(愛知県豊橋市立二川小学校特殊学級担任) 13
◇信頼すること・賞めること――七月手をつなぐ親の集い加茂下大先生のお話から  14
◇重症部会(重荷を分け合い会)について 大槻久子 17
◇私は訴えたい 朝倉慎二(神奈川県連合会長) 18
◇ニュースと中央の動き(七月) 20
 ・精神薄弱者福祉法関係ニュース
 ・市町村一部事務組合の活用に努めましょう
 ・精薄者実態調査十月一日からに決まる!ご協力を!
 ・養護学校の設置状況と義務設置制への見通し
 ・名張育成園成人施設拡張工事完成式と鹿島センターの状況
 ・三六年度全国社会福祉大会開催要領
 ・御殿場コロニー御案内
 ・指導誌のコスト高は会員増でカバーするように
 ・東京都育成会結成の動き
 ・塵芥処理事業のその後の進捗
◇手をつなぐ親の会創立十周年記念 精神薄弱者福祉振興ブロック大会案内 25
◇手をつなぐ母の歌 久富吉晴 詞・曲  27
◇おにぎりをほうばりながら協議――北海道大会の記 28
◇Kさんの三年をふりかえって 加藤穆子(山形市松原学園) 32
◇昭和36年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇事務局だより 40

>TOP

■No.066~070

『手をつなぐ親たち』No.66(ちえおくれの子らの指導誌) 19610915

◇教育つれづれ草(6) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇大阪行「なにわ」号は滑り出した 仲野美保子 5
◇精神薄弱者の雇用促進について(3) 仲野好雄(専務理事) 6
◇ニュースと中央の動き(八月) 16
 ・37年度予算獲得運動今がたけなわ
 ・予算獲得に関係深い国会議員
 ・37年度各省精薄関係予算概算要求の大要
 ・鹿島医療・福祉センター増改築計画
 ・一米人より育成会へ寄付金百ドル寄付
◇手をつなぐ親の運動のPRについて――社会福祉弘報研修会から 芹沢春江 22
◇第57回手をつなぐ親の集い案内 主題「ちえ遅れの子の性格指導」 23
◇第58回手をつなぐ親の集い案内 パネル討議「精神薄弱児とその兄弟姉妹をめぐる問題について」 23
◇《相談室》1.精神薄弱と遺伝 2.ちえおくれの子と登校時刻 24
◇お母ちゃん折紙の先生になるんだ 宮内ぜん(横浜市会員) 27
◇教室の一日 大石三郎(千葉県立蘇我中学校特殊学級担任) 29
◇Kさんの三年をふりかえって(2) 加藤穆子(山形市松原学園) 33
◇東西南北 40

『手をつなぐ親たち』No.67(ちえおくれの子らの指導誌) 19611015

◇教育つれづれ草(7) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 2
◇精神薄弱者の雇用促進について(4) 仲野好雄(専務理事) 5
◇鹿島育成園の見学記 東京学芸大学付属養護学校親の会 15
◇信越大会に参加して 芹沢(事務局) 18
◇精神薄弱者の経済福祉について 山下春江 20
◇名張育成園を訪ねて――おかあさんの手記 長沼兵三(名古屋市立橘小学校特殊学級担任) 22
◇ニュースと中央の動き(九月) 30
 ・参議院選挙に対する私たちの態度
◇教室の一日(2) 大石三郎(千葉県立蘇我中学校特殊学級担任) 31
◇昭和36年駈け歩きの記(九月) 仲野好雄(専務理事) 34
◇東西南北 37
 ・【長崎】コロニーづくりにご協力を 近藤益雄・えい子
 ・【広島】親の会の陳情みのる 竹本貞次
 ・【愛知】林間学校の反省 多米田敏夫・蓮池うた
 ・【東京】鹿島見学の日記から 増田賢三
◇旅から 小宮山倭 39
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.68(ちえおくれの子らの指導誌) 19611115

手をつなぐ親の会創立10周年特別号
◇手をつなぐ親の会創立十周年記念を迎えて 徳川義親(理事長) 1
◇手をつなぐ親の会十周年記念全国大会を迎えるに当って 仲野好雄(専務理事) 4
◇手をつなぐ親の会十年の歩み 8
◇精神薄弱者対策の発展 30
◇育成会の現況と今後の課題 51
◇手をつなぐ親の会風土記 54
◇名張育成園 62
◇思い出すことども 思い出す人々 64
 ・最初の事務局長として 江木武彦(言論科学研究所所長)
 ・近江の国から馳せ参じて 糸賀一雄(滋賀県近江学園園長)
 ・思い出すことども 小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長)
 ・陳情十年の思い出 仲野美保子(信楽東京班会員)
 ・高知から参加して 岩崎令子(高知県育成会会員)
 ・めくら滅法 幾野信男(東京都育成会副会長)
 ・昭和二十九年九月十六日の日誌より 加藤千加子(埼玉育成会会長)
 ・育成会のおかけ 加茂下大(東京学芸大学付属養護学校教頭)
 ・北海道から 北村利夫(札幌養護学校校長)
 ・兵庫県特殊教育育ての親 小林隅雄(姫路市琴陵中学校教諭)
 ・五十嵐さんのこと 西条正晴(東京教育大付属大塚養護学校教頭)
 ・市川支部の発足と山崎老人 鹿倉操(千葉県市川養護学校教頭)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 重田定正(東京都育成会会長)
 ・回顧十年 塚本常雄(明治大学講師)
 ・第一回大会の時 徳川正子(常務理事)
 ・中野松男氏の思い出 登丸福寿(群馬県はるな郷園長)
 ・私を動かしたもの 仲野好雄(専務理事)
 ・志を同じくして 堀内君子(横浜市育成会会長)
 ・精薄対策史上のコペルニクス的転回 三木安正(東京大学教授)
 ・十周年を期して指導誌の増加を 森田本次郎(常務理事)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 吉田幸作(豊島手をつなぐ親の会会員)
 ・二重障害児をもって 和久井千代(秩父学園親の会会員)
 ・とぼしいころ 芹沢春江(事務局主事)
 ・創立十周年を祝う 金子真治(監事)
◇手をつなぐ親の会十周年に寄せて 97
 ・風雪十年 渥美節夫(厚生省医務局総務課長)
 ・国のお金も喜んで 天野公義(大蔵政務次官)
 ・ママおうちもえてるの 梅田博(読売新聞論説委員)
 ・ふみちゃんのこと 大羽綾子(労働省婦人少年局婦人労働課長)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 大山正(厚生省児童局)
 ・親の会は現場の同志 小川政浩(横浜市立松風学園園長)
 ・早く北欧先進国の水準へ 片岡文重(参議院議員)
 ・職業分野の開拓を 河上邦浩(文部省初等中等教育局職業教育課長)
 ・原因の研究から子防と治療へ 菅修(国立秩父学園園長)
 ・十周年を迎えて 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長)
 ・十年を顧る座談会に想う 木田市治(厚生省児童局企画課長補佐)
 ・お母さんたちへのお願い 木村四郎(労働省職業安定局職業安定課長)
 ・木を彫る精薄児 五島貞次(毎日新聞論説委員)
 ・これからも 小松行好(国立秩父学園)
 ・「基本要項を思い出」 佐藤薫(文部省調査局国際文化課長)
 ・老薬剤師の悲願 佐藤春吉(科研薬化工株式会社拡張課長)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 鈴木猛(厚生省児童局養護課長)
 ・忘れられた子から「忘れ得ぬ子ら」へ 高田浩運(厚生省大臣官房長)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 高田正巳(厚生省事務次官)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 竹下精紀(厚生省薬務局企業課長)
 ・人が生きてゆくために 高橋思敬(産業新聞論説委員)
 ・福祉ということ 太宰博邦(厚生省社会局長)
 ・国を動かし社会を動かすもの 寺田宗義(朝日新聞厚生文化事業団主事)
 ・爾来十年 辻村泰男(文部省初等中等教育局特殊教育主任官)
 ・手をつなぐ親の会十年に寄せて 中田定士(労働省職業訓練局管理課長)
 ・十周年を祝う 長友浪男(厚生省公衆衛生局精神衛生課長)
 ・E子ちゃんのこと 西谷三四郎(東京教育大学教授)
 ・非行少年と精薄 樋口幸吉(東京大学助教授)
 ・“手をつなぐ母の歌”について 久富吉晴(音楽家)
 ・悩みを日向に 深見吉之助(総理府中央青少年問題協議会事務局長)
 ・予防と治療の進歩のために 松尾正雄(厚生省保健局医療課長)
 ・医療の協力を 三木武夫(第一製薬株式会社学術部編集課長)
 ・育成会十周年に寄せて 安田厳(医療金融公庫理事長)
 ・二つのお願い 山口薫(東京学芸大学助教授)
◇ブロッグ大会だより 118
◇ニュースと中央の動き(十月) 125
 ・特殊教育関係教職員給与引上案提出
 ・37年度から精薄者にも福祉年金を
 ・精薄者雇用促進中間答申案審議中
 ・精薄者を半数以上雇用する法人に非課税の要望
 ・ケネディ大統領の精神薄弱対策についての決意
◇昭和36年駈け歩きの記(九――十月) 仲野好雄(専務理事) 128
◇事務局だより 134
◇編集後記 134
◇第59回手をつなぐ親の集い案内 主題「就職をどう指導するか」 134
◇手をつなぐ母の歌 136

『手をつなぐ親たち』No.69(ちえおくれの子らの指導誌) 19611215

創立10周年記念全国大会報告号
◇秩父宮妃殿下のお言葉 1
◇十周年記念大会を顧りみて 仲野好雄(専務理事) 2
◇手をつなぐ親の会創立十周年記念全国大会の記(1) 6
◇式辞 灘尾弘吉(厚生大臣) 10
◇祝辞 清瀬一郎(衆議院議長) 10
◇祝辞 松野鶴平(参議院議長) 11
◇祝辞 植木庚子郎(法務大臣) 12
◇祝辞 荒木万寿夫(文部大臣) 13
◇祝辞 灘尾弘吉(労働大臣臨時代理国務大臣) 14
◇決議 15
◇私たちの言葉 幾野里子 16
◇手をつなぐ親の会創立十周年記念全国大会感謝状表彰状贈呈者 20
◇ブロック大会だより 27
 北陸大会 27
 四国大会 30
 九州大会 32
◇昭和36年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 33
◇ニュースと中央の動き(十一月) 37
 ・予算獲得陳情最後の努力の月
 ・お年玉つき年賀葉書多額配分方式決まる
 ・全国を打って一丸とする共募指定寄附は37年度に延期
 ・年金福祉事業団発足
◇図書紹介 39
 ・『手をつなぐ親のしおり』(育成会 編)
 ・『精神薄弱児研究』(全日本特殊教育県旧連盟 編)
 ・『愛護』(全日本精神薄弱児愛護会 編)
◇事務局だより 40
◇第60回手をつなぐ親の集い案内 主題「家庭裁判所から見た精薄問題」 40

『手をつなぐ親たち』No.70(ちえおくれの子らの指導誌) 19620115(昭和37年)

◇新しい年を迎えて 徳川義親(理事長) 1
◇年頭所感 手をつなぐ親の運動を国民運動にまで発展させましょう 仲野好雄(専務理事) 2
◇全国大会反省会の記 4
◇ブロック大会の記 東海大会 5
◇「学校じゃこの娘の葬式まで出してくれない」 小杉長平(東京都教育員会指導主事) 6
◇阿波踊り 山口義彦(徳島県吉野川育成園) 7
◇教育つれづれ草(8) 池田雨石(滋賀県信楽寮) 8
◇精神薄弱対策の方向――創立十周年記念全国大会における特別講演 糸賀一雄(近江学園園長) 13
◇第61回手をつなぐ親の集い案内 主題「子どもの非行」 23 ◇精神薄弱対策所感 山下春江 24
◇父の遺言――鹿島の父・藤原三之助の生涯 藤原保(鹿島療育園園長) 27
◇第四回重荷を分け合う会の記 29
◇島田療育園を訪ねて 芹沢春江(事務局) 30
◇母と子の歌 木内ひろゑ(作詞)・丸山春雄(作曲・うた) 31
◇37年度精薄予算の概要 32
◇ニュースと中央の動き(十二月) 33
 ・精神薄弱者に対する雇用促進方策についての専門委員の中間意見(案)
 ・お年玉つき年賀葉書多額配分年次計画決る
 ・育英貸与金免除と猶予は精薄児施設にのみ拡大
 ・年金福祉事業団発足す
 ・児童福祉手当法公布さる
 ・精薄者福祉金庫の新構想(第二次倉知試案)検討
 ・東京都の精薄対策十ヵ年計画
◇鹿島療育園 増築工事開始 37
◇昭和36年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇事務局だより 40

>TOP

■No.071~075

『手をつなぐ親たち』No.71(ちえおくれの子らの指導誌) 19620215

◇身近なPR 溝呂木治子(平塚市進和学園内進和会) 2
◇健司の就職 井戸本憲子(姫路市琴陵中学校特殊学級卒業生母) 3
◇精神薄弱者の雇用促進について(5)完結編 仲野好雄(専務理事) 4
◇ニュースと中央の動き(一月) 9
 ・青少年対策当面の重点事項について
 ・心身障害児部会開かる(全社協)
◇昭和37年度の精薄教育関係予算 辻村泰男(文部省初等中等教育局特殊教育主任官) 10
◇昭和37年度の精神衛生対策について 百井一郎(厚生省公衆衛生局精神衛生課) 12
◇昭和37年度の精神薄弱者(成人)対策について 加藤忠春(厚生省社会局更生課) 14
◇昭和37年度の精神薄弱児対策について 志賀信雄(厚生省児童局養護課) 16
◇矯正施設における精神薄弱者対策 奥沢良雄(法務省矯正局医療分類課) 18
◇37年度育成会の事業計画並に予算編成の大綱 第10回理事会のあらまし 20
◇第二室戸台風の訓えるもの 22
◇未来の地図――第1部この子らと共に(1) 郷野宮次 23
◇ゲネディ米大統領の『精神薄弱に対する国家計画の必要に関する声明』 31
◇昭和37年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇第62回手をつなぐ親の集い案内 主題「成人精薄者をめぐる諸問題」 39
◇私の発言 多智花寛(徳島県育成会副会長) 40
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.72(ちえおくれの子らの指導誌) 19620315

◇心の歩み 沖野鉄夫(兵庫県姫路市) 2
◇未来の地図――第1部この子らと共に(2) 郷野宮次 4
◇愛と善意とS君の就職と 中野庄蔵 12
◇素心人形が日本商工会議所会頭賞受賞 13
◇役員について 谷口憲郎(北海道精神薄弱者育成会会長) 14
◇春あさき 水にきて こんどう・えきお 16
◇東西南北 16
 ・岡崎手をつなぐ親の会結成さる
 ・映画『育ちゆく子』
◇アメリカ・カナダに学ぶ 第五回重荷を分けあう会の記 18
◇ニュージーランドのヘルス・キャンプについて 長友浪男(前厚生省公衆衛生局精神衛生課課長・現在北海道庁衛生部長) 20
◇ニュースと中央の動き(二月) 23
 ・自民党と育成会との精薄問題懇談会――昭和38年度施策の方向について
 ・全国婦人児童家長会議開かる
 ・身障者精薄者福祉法関係全国主管係長会議開かる
 ・東京都小学校特殊学級校長会の誕生
 ・塵芥処理を心身障害者の共同作業所として研究
◇第七回評議員会と定期総会お知らせ 27
◇精薄児に生きる力を与える基礎について――精薄児をもつ一父親の研究 仲野好雄(専務理事) 28
◇《詩》U子のささやき 関根シクエ(長岡市あけぼの学園) 36
◇昭和37年駈け歩きの記(一月末~二月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇37年度育成会の事業計画並に予算編成の大綱 第10回理事会のあらまし 20
◇第二室戸台風の訓えるもの 22
◇ゲネディ米大統領の『精神薄弱に対する国家計画の必要に関する声明』 31
◇第63回手をつなぐ親の集い案内 主題「スライドによるヨーロッパの施設めぐり」 39
◇私の発言 指導誌をもっと身近なものに 太田文世(栃木県佐野市) 40
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.73(ちえおくれの子らの指導誌) 19620415

◇「必要」の効用 石原登(きぬ川学院院長) 2
◇S君の投票 近藤原理(長崎県くすのき学園) 4
◇のんき・こんき・げんき 淵脇春雄(鹿児島県日置郡伊集院小学校) 5
◇ちえおくれの子の人生案内 6
◇ちえおくれの子の性格指導 第57回手をつなぐ親の集い東大教授三木安正先生のおはなしから 10
◇《法律相談》精神薄弱者の財産を保護するには 12
◇未来の地図――塗装部副主任になった忠さん 郷野宮次 14
◇手をつなぐ親の会について 仲野好雄(専務理事) 21
◇優子とともに 西園マス(鹿児島市手をつなぐ親の会) 24
◇全校で支えて坪井君 本間豊子(新潟県三条市手をつなぐ親の会) 26
◇京都なずな学園 森脇(京都育成会) 28
◇東西南北 30
 ・近況報告――富山県新湊市手をつなぐ親の会
 ・みのり会――施設に恵まれぬ人たちの集い
◇「ラジオ特殊学級」はじまる NHK第二放送で毎日曜日午後7時から20分 32
◇重荷を分けあう会37年度の計画――重症児のための集い 33
◇ニュースと中央の動き(三月) 34
 ・競輪益金配分一千万決まる
 ・施設長会議と愛護協会総会開かる
 ・精神薄弱者福祉審議会開かる
◇わたしのひざに こんどう・えきお 37
◇昭和37年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇特殊教育の頁――特殊教育課の新設 辻村泰男(文部省初等中等教育局特殊教育課長) 40
◇再び育成会運営実際論について 谷口憲郎(北海道育成会会長) 41
◇右に対する事務当局の考え 43
◇第七回評議員会議と定期総会開催について 47
◇ささやかな喜びを託して 茨木県益子・ナミ 48
◇寺田先生おめでとう!! 仲野好雄(専務理事) 48
◇事務局だより 48

『手をつなぐ親たち』No.74(ちえおくれの子らの指導誌) 19620515

◇ちえおくれの子をもって 北山喜久恵(石川県能美郡) 2
◇ちえおくれの子のしつけ 5
◇みんなで探してください!行方不明の忠さん 15
◇「ヨーロッパの施設めぐり」に学んだもの――四月の手をつなぐ親の集いから 仲野好雄(専務理事) 16
◇ステーテンの施設より――特に日常生活のしつけについて 中村健二(日向弘済学園長) 18
◇未来の地図――塗装部副主任になった忠さん(つづき) 郷野宮次 23
◇その道は如何に遠くとも 福森良太(名張育成園) 28
◇ニュースと中央の動き(四月) 33
 ・特殊教育主任官室、課に昇格さる
 ・精薄者更生援護施設の措置費引き上げと認定促進
 ・精薄問題懇談会開かる
 ・重症心身障害児対策促進協議会発足
 ・岐阜陶技学園と秋田若杉学園の開設
 ・赤い羽根寄付金配分について
◇子とともに 矢野佐栄子 35
◇昭和37年駈け歩きの記(三月末―四月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇精神薄弱児の社会復帰について 厚生省児童局養護課 41

『手をつなぐ親たち』No.75(ちえおくれの子らの指導誌) 19620615

◇おついでに盲児も 鈴木カニ(東京都立葛飾盲学校校長) 2
◇ちえおくれの子の清潔の指導について 鹿俣救(東京都板橋区上板橋小学校特殊学級担任) 4
◇病気をめぐって 岡崎英彦(滋賀県近江学園園医) 8
◇女子の生理の指導について 石原繁野(財団法人大木会あざみ寮保母) 14
◇《教育相談》家庭でできる母と子の遊び 19
◇未来の地図――工場長になった三太 郷野宮次 23
◇春季総会を終って 仲野好雄(専務理事) 27
◇精神薄弱対策促進強化についての陳情書 32
◇手をつなぐ親の会のあり方について――総会における講演の要旨 小宮山倭 34
◇ニュースと中央の動き(五月) 36
 ・人口問題と精薄対策
◇昭和37年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇手をつなぐ親の集いに出席して 矢野佐栄子 40
◇夏を健康に 厚生省児童局養護課・係 41

>TOP

■No.076~080

『手をつなぐ親たち』No.76(ちえおくれの子らの指導誌) 19620715

◇子どもの水の事故について 厚生省児童局養護課・係 0
◇三浦ブロックレクリエーション大会――城ヶ島ゆき 安達喜美子(鎌倉育成会) 2
◇《詩》夕日はきれいだね 渋谷京子(新潟・新発田 五十公野学園) 3
◇夏休みの生活でお母さん方に注文すること 川本克己(兵庫県明石市人丸小学校教諭) 4
◇《詩》子どもの園 中野隆子(新潟明生園) 9
◇第67回手をつなぐ親の集い案内 主題「比較的知能の高い精薄児の困った問題とその導き方」 9
◇施設から休暇で帰る子を迎える家庭に望むこと 池田太郎(滋賀県立信楽学園長) 10
◇ピクニックでやれる楽しい遊び 坂本豊子(東京・旭出学園) 13
◇子どもと遊び 広本肇(特殊児童援護協会事務局長) 16
◇未来の地図――工場長になった三太(2) 郷野宮次 18
◇幸福をたずねて(1)――8ドルの送金 谷口憲郎(北海道育成会会長・花園学院長)22
◇重症児にほんろうされている施設 横山武雄(青森市八甲学園園長) 25
◇第6回重荷を分けあう会報告――モーコ症を中心に滝の川学園訪問 26
◇前田多門先生を悼む 森田本次郎(常務理事) 28
◇三田谷先生をしのんで 脇田悦三(京都白川学園園長) 30
◇三田谷先生と私 木田市治(厚生省児童局) 31
◇緑風園を訪ねて 平沢貞盛(新潟市) 33
◇ニュースと中央の動き 34
 ・精薄者に福祉年金の光明見ゆ
 ・山下春江先生参議院議員高位当選
 ・特殊教育機関の義務設置を阻むもの
 ・中学卒業の精薄児の職業教育機関について
 ・本年度における関係団体主要行事
◇事務局だより 35
◇昭和37年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇獅子中身の虫 文部省特殊教育課・係 41

『手をつなぐ親たち』No.77(ちえおくれの子らの指導誌) 19620815

◇アメリカにおける精神薄弱児の早期保護について 厚生省児童局養護課・係 0
◇私だけの休日 須田みどり(札幌市手をつなぐ親の会) 2
◇夏生活の反省 梅沢雄一(東京学芸大学付属養護学校教諭) 4
◇一人で食べられるようにするには 小野法郎 6
◇「をりひめ手織講習会」のこと  10
◇第68回手をつなぐ親の集い案内 主題「問題となるちえのおくれの子の性格」 10
◇食べるのがおそくて困ります 加茂下大(東京学芸大学付属養護学校教頭) 11
◇《俳句》子と共に 増山仁(宇都宮市学南荘) 12
◇お母さんの医学――「ひきつけ」と「てんかん」 西谷三四郎(東京教育大学教授) 13
◇北君に教えられること――白痴級の職業指導と人間形成について 池田雨石 16
◇未来の地図――工場長になった三太(3)(終わり) 郷野宮次 20
◇赤座憲久先生著「目の見えぬ子ら」(岩波新書)をよんで 芹沢春江 25
◇幸福をたずねて(2)――白雪学園のこと 谷口憲郎(北海道精薄者育成会会長)26
◇北海道ブロック大会(7.28~7.29) 仲野好雄(専務理事) 28
◇重症心身障害児策対要項成る 29
◇ニュースと中央の動き 32
 ・重症対策で児童局長に面会――重症心身障害児対策促進協議会
 ・精薄者と職業の問題を研究――第10回精薄問題懇談会
◇特殊教育の頁――新しい判別基準の制定について 文部省特殊教育課・係 33
◇全国社会福祉大会に参加しましょう 34
◇昭和37年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇秋の「手をつなぐ親の全国大会」の御案内 40

『手をつなぐ親たち』No.78(ちえおくれの子らの指導誌) 19620915

◇アメリカにおける在宅児の指導について 厚生省児童局養護課・係 0
◇土と水とを 増毛光一(東京・青梅手をつなぐ親の会) 2
◇親子でぺんをとりました――しょうちゃんのこと 島沢忠義(姫路市琴陵中学校特殊学級卒業生父) 3
◇盗みをして困るちえおくれの子の指導 6
◇ちえおくれの子の心をゆたかに育てるには 刈田孝子(東京都立川区立中延小教諭) 15
◇アメリカにおける在宅児の指導について 厚生省児童局養護課・係 18
◇特殊教育の頁――夏季研修講座を終えて 文部省特殊教育課・係 19
◇N君とにわとり 横山武雄(青森県八甲学園園長) 20
◇しらみ退治 奥野一雄(北海道夕張市立第二小学校教諭) 21
◇幸福をたずねて――野の花学園のこれから 加藤初恵(福岡市手をつなぐ親の会)22
◇標高1023.7メートル――手稲山登山の記 谷口憲郎(札幌市花園学院長) 24
◇ニュースと中央の動き(八月) 27
 ・38年度精薄関係予算要求のあらまし
 ・精薄者の雇用促進方策について答申――身体障害者雇用審議会
 ・《かいせつ》精薄者の雇用保護しせつについて
◇耳とことばの不自由な子をもつ親の全国大会に出席して 芹沢春江 30
◇第69回手をつなぐ親の集い案内 主題「精神薄弱者の性と結婚の問題について」 31
◇東西南北 32
 ・3人のお母さん 中野庄藏(新潟県長岡市手をつなぐ親の会会長)
 ・甘やかさないで 松本秀雄(兵庫県西脇市西脇小教諭)
 ・わかっておらえません M(機須賀市)
◇ちえの遅れた子を持つ保護者講座のことなど 寺島久男(大阪府民生部児童課) 34
◇昭和37年駈け歩きの記(八月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇秋の「手をつなぐ親の全国大会」の御案内 40
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.79(ちえおくれの子らの指導誌) 19621015

◇晩秋にあたって 厚生省児童局養護課・係 0
◇わびる 池田太郎(滋賀県信楽学園長) 2
◇賛助会員の募集に歩いて 匿名母親(茨城県水戸市浜田小特殊学級) 4
◇父も強し 古橋金一(名古屋市みどり学園園長) 5
◇特殊児童援護協会の重症心身障害児のための日本一周自動車旅行 6
◇ある精薄児の夜尿について 田島正己(群馬県佐波郡境小学校教諭) 7
◇人によろこばれる事をするまでに 谷川重則(富山県氷見市南小学校教諭) 14
◇この道は遠けれど――特殊学級担任の記録「牛歩」から 大坪敏夫(鹿児島市伊敷中学校教諭) 18
◇子どもと共に成長する母親 芹沢春江 20
◇母に祈る 後藤せつ子(仙台市なかよし学園 園生の姉) 20
◇おすすめしたい本「みそっかす学園」(雪華社)つきぞえ あげみ著 22
◇ニュースと中央の動き(九月) 23
 ・精神薄弱者福祉審議会開かる
 ・第九回日本矯正医学会総会開かる
 ・全社協予算対策委員会の行動活潑
・第十回精神衛生全国大会のお知らせ
◇東西南北 29
 ・広島「重症心身障害児親の会」生い立ちについて 芥川幸夫
 ・名古屋・父の会のこと
 ・田島療育園で話し合い 大槻久子
 ・第十回精神衛生全国大会のお知らせ
◇第十一回手をつなぐ親の全国大会のお知らせ 32
◇第71回手をつなぐ親のつどい案内 主題「社会福祉全般から見た精薄問題」 35
◇昭和37年駈け歩きの記(九月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇事務局だより 40
◇特殊教育の頁――手をつなぐ親の全国大会に寄せて 文部省特殊教育課・係 41 

『手をつなぐ親たち』No.80(ちえおくれの子らの指導誌) 19621115

◇言語障害について 厚生省児童局養護課・係 0
◇中延十周年を記念して 2
◇精神薄弱でコトバの不自由な子 大熊喜代松(千葉市院内小言語治療教室主任) 6
◇口の運動 中村与吉(新潟市立明生園長) 11
◇赤チャンことばの活用 大根田忠雄(群馬県はるなこ指導員) 12
◇ことばのない子にことばを 山下千代(山口県熊毛郡城南学園教諭) 14
◇井上タイル工場を訪れて 矢野長兵衛(近江学園教官) 15
◇精薄群像(1)(一)路傍の夫婦 近藤益雄(長崎県のぎく寮長) 16
◇この道は遠けれど(つづき)――特殊学級担任の記録「牛歩」から 大坪敏夫(鹿児島市伊敷中学校教諭) 20
◇真実の道 幾野里子(東京文京区手をつなぐ親の会会員) 23
◇ニュースと中央の動き(十月) 24
 ・大蔵大臣宅への陳情
 ・精薄者福祉年金や福祉金庫と団体生命保険について
 ・児童扶養手当支給の年令延長について
 ・民間社会福祉施設緊急整備公団について
 ・全国社会福祉総連合の拡大、組織の強化
◇全国社会福祉大会の記 27
◇仲野専務理事渡米す 30
◇ブロック大会の記――四国大会 31
◇ブロック大会の記――近畿大会 32
◇東西南北 35
 ・三十七年度の動き――東京都武蔵野市むらさき育成会
 ・精神薄弱学級という名について 宮地経喜(岐阜県中津川市)
 ・田島療育園で話し合い 大槻久子
 ・第十回精神衛生全国大会のお知らせ
◇昭和37年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇友 望月ナヲ(長岡手をつなぐ親の会) 40
◇S君の願い 山川昭吾(札幌・縁花父母の会) 40
◇特殊教育の頁――精神薄弱と言語障害 文部省特殊教育課・係 41

>TOP

■No.081~085

『手をつなぐ親たち』No.81(ちえおくれの子らの指導誌) 19621215

◇保護者同士の協力ということ 厚生省児童局養護課・係 0
◇ちえおくれの子と数――数量生活をひろがるには 2
◇ことばについての親の心配にこたえる 坂本直司(東京都大田区立馬込第二小学校教諭) 6
◇精薄群像(2)浜からくるさまよいびと こんどう・えきお(長崎県のぎく寮長) 14
◇第十一回全国大会をかえりみて 仲野好雄(専務理事) 19
◇親と先生と手をつないて芋洗い――芋洗い会分科会報告 23
 ・第一分科会 特殊学級・養護学校について
 ・第二分科会 施設について
 ・第三分科会 重症障害者(児)について
 ・第四分科会 学令前の医療・保護・機能訓練について
 ・第五分科会 職業訓練と雇用およびアフターケアや福祉金庫の諸問題
 ・第六分科会 精神薄弱と非行、精神病について
 ・第七分科会 組織強化と財政基礎確立についての悩みとその解決策
◇第十一回手をつなぐ親の全国大会決議 31
◇精神薄弱者対策促進強化についての陳情書 32
◇縦からみた精神薄弱の問題――第十回精神衛生全国大会の記 仲野好雄(専務理事) 33
◇昭和37年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇第72回手をつなぐ親のつどい案内 主題「精神薄弱者の就職について」 39
◇仙台に後藤せつ子様に 望月ナヲ(長岡手をつなぐ親の会) 40
◇特殊教育の頁――就任のごあいさつ 林部一二(文部省特殊教育課長) 41

『手をつなぐ親たち』No.82(ちえおくれの子らの指導誌) 19630115(昭和38年)

◇年頭雑感 厚生省児童局養護課・係 0
◇新年のことば――運命 徳川義雄(理事長) 1
◇私たちのことば――重症の子を救ってください 松本幸子(滋賀県) 2
◇私たちのことば――しあわせ母親 岩田てつ(静岡県) 3
◇就職についての心がまえ 井村逸郎(東京学芸大学付属養護学校教諭) 6
◇Kステンレス工場へ就職させて 池田太郎・矢野長兵衛 9
◇幸福をたずねて――K子のこと 谷口憲郎(札幌市花園学院院長) 15
◇昭和38年を迎えて――手をつばぐ親の運動を世界の運動にまで発展させましょう 仲野好雄(専務理事) 18
◇ブロック大会の記――中国大会 22
◇ブロック大会の記――東海大会 25
◇日向弘済学園BSCについて 嶋倉晃(日向弘済学園B.S.C委員長) 26
◇第74回手をつなぐ親のつどい案内 主題「ちえおくれの子の人生案内について」 27
◇ニュースと中央の動き(十二月) 28
 ・38年度精薄予算関係のあらまし
◇アメリカ駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 29
◇昭和37年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 30
◇臨時全国評議員会(第九回)及び理事会(第十四回)開催について 37
◇「母に祈る」に寄せて 38

『手をつなぐ親たち』No.83(ちえおくれの子らの指導誌) 19630215

◇ちえおくれの子と施設について(1) 厚生省児童局養護課・係 0
◇《詩》春になる こんどう・えきお 1
◇ひとりで歩けるように――父から娘へ 万田悦康(沼津手をつなぐ親の会) 2
◇精薄のわが子とともに 国井信子(郡山市手をつなぐ親の会) 3
◇Y子ちゃんのおかあさんより 毛呂病院内精薄施設入寮児の母 4
◇ちえのおくれた子どもの教育――新入学児童のお母さんへ 花熊四郎(文部事務官) 5
◇ちえおくれの子の人づくりについて 池田太郎(滋賀県信楽青年寮長) 10
◇幸福をたずねて――生ける屍をつくるな! 郷野宮次(米沢市「愛染堂」こけし人形製作所所長) 18
◇全国社会福祉協議会予算対策委員会 21
◇アメリカ視察報告(1)アメリカ精薄対策推進の原動力について
――ケ大統領令妹シュライバー夫人の教えるもの 仲野好雄(専務理事) 22
◇日向弘済学園見学記 小堤良造(東京都文京手をつなぐ親の会) 28
◇「卒業のない学校」を目指す旭出学園 30
◇ニュースと中央の動き(一月) 34
 ・新年お茶の会と理事会
 ・精神薄弱者福祉財団の研究進む
 ・東京都社会福祉総連合支部結成
◇昭和38年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇読者の声 島田はる(港区手をつなぐ親の会) 40
◇読者の声――新春詠 根来貫央(三重県富士見台学園) 40
◇特殊教育の頁――卒業を間近にひかえて 文部省特殊教育課・係 41 

『手をつなぐ親たち』No.84(ちえおくれの子らの指導誌) 19630315

◇ちえおくれの子と施設について(2) 厚生省児童局養護課・係 0
◇《詩》わたしの あたまに こんどう・えきお 1
◇私のいのち 酒瀬川順子(鹿兒島県枕崎市) 2
◇《座談会》精神薄弱者の性と結婚について――第69回手をつなぐ親の集いから 4
◇精神薄弱者の就職について 細江川潔夫(北海道精神薄弱者更生相談所) 14
◇アメリカ視察報告(2)ケネディ財団の業績と全米育成会の活動 仲野好雄(専務理事) 16
◇秩父学園見学の記 25
◇第10回重荷を分け合う会 27
◇真理子に学んで 小野法郎・澄江 28
◇ソ連の精薄対策を見て――国立秩父妹尾正先生のお話から 30
◇ニュースと中央の動き(二月) 33
 ・臨時全国評議員会及び理事会開催
 ・全日本育成会昭和38年度事業計画案の骨子
 ・東京都社会福祉総連合支部結成
◇アメリカだより 36
◇第75回手をつなぐ親のつどい案内 主題「ちえおくれの子のことばの不自由をどうなおすか」 36
◇昭和38年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇読者の声――ありがとうございます 後藤せつ子(仙台) 40
◇特殊教育の頁――昭和37年度をかえりみて 文部省初等中等教育局特殊教育課・係 41 

『手をつなぐ親たち』No.85(ちえおくれの子らの指導誌) 19630415

◇赤痢の予防 厚生省児童局養護課・係 0
◇《詩》子供と私 岩本久美子 2
◇《詩》早春の花によせて 仲野美保子 3
◇家庭指導の第一歩 中村四郎(秋田大学教授) 4
◇第76回手をつなぐ親のつどい案内 主題「ヨーロッパの精神薄弱対策について」 7
◇家庭指導の目のつけどころ 高梨安磨(東京都立杉並児童学園長) 8
◇ユウ一の新聞配達 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 13
◇手をつなぐ工場 矢野長兵衛 18
◇沖縄駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 20
◇みんなの手で育てよう――第1回沖縄手をつなぐ親の会の記 玉城照子(沖縄・那覇市久米町) 28
◇施設がほしい 田場敦子(沖縄・久米町) 29
◇社会福祉全般から見た精神薄弱問題――第71回手をつなぐ親の集いから 30
◇精神薄弱施設長会議の記 33
◇ニュースと中央の動き(三月) 34
 ・特別競輪益金配分さる
 ・評議員都道府県分担金割当の小委員会
 ・愛護協会総会と当局への要望
◇第10回評議員会と第15回理事会ご案内 37
◇昭和38年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇第11回重荷を分け合う会 39
◇読者の声――岡崎手をつなぐ親の会結成一周年記念大会 磯貝一夫 40
◇読者の声――女子精薄者収容施設を建てよう 菅原馬吉 40
◇特殊教育の頁――養護学校学習指導要領 精神薄弱教育編の誕生 文部省特殊教育課 41 
>TOP

■No.086~090

『手をつなぐ親たち』No.86(ちえおくれの子らの指導誌) 19630515

◇精神薄弱者援護施設について 厚生省児童局養護課 0
◇《詩》まるたきり こんどう・えきお 1
◇《親から先生へ・先生から親へ》病院にて 菊池津江子(仙台市・菊池博行の母) 2
◇《親から先生へ・先生から親へ》何をなすことも出来ない子も――博行ちゃんのお母さんへ 山内和雄(なかよし学園長) 3
◇ひとり立の生活をさせるために 静岡県手をつなぐ親の会「この子らに光を」第3集より 5
◇T君の進歩――白痴級の職業指導について 高井正義(滋賀県・信楽青年寮) 9
◇どうしてこうも! 今川達子(今川学園園長) 13
◇わたくしたちのねがい 渡辺清子(岡崎手をつなぐ親の会) 14
◇幸福をたずねて――(続)生ける屍をつくるな! 郷野宮次(米沢市「愛染堂」こけし人形製作所所長) 16
◇昭和38年度における精神薄弱児対策 厚生省 21
◇昭和38年度における精神薄弱教育関係事業の概略 文部省 22
◇アメリカ視察報告(3)アメリカの精薄対策の現状と将来について 仲野好雄(専務理事) 24
◇第77回手をつなぐ親のつどい案内 主題「ちえおくれの子を中心にした先生からの要望・親からのおねがい」 34
◇ニュースと中央の動き(四月) 35
 ・39年度精薄対策推進のための活動開始
 ・鹿島育成園児童施設の開園
 ・肢体不自由児の父高木憲次先生逝く
◇昭和38年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇読者の声――0から出発すると 水口俊 40

『手をつなぐ親たち』No.87(ちえおくれの子らの指導誌) 19630615

◇全国児童福祉会議から 厚生省児童局養護課 0
◇《詩》こんな親に 1
◇ゆうげのひととき 山田愛子(青梅手をつなぐ親の会) 2
◇親の会数え歌 斎藤昭三(下関手をつなぐ親の会) 2
◇この子とともに 長久絹江(長崎市) 3
◇第12回重荷を分け合う会案内 脳性マヒ児の機能訓練の見学 3
◇ひとりで食べられるように 小野法郎 4
◇第78回手をつなぐ親のつどい案内 主題「一番困っている問題について」 7
◇ちえおくれの子のことばの不自由をどうなおすか 大熊喜代松(千葉市院内小言語治療教室主任) 8
◇短波放送による精薄相談室の開設 10
◇精薄群像(3)町の酔どれ こんどう・えきお(長崎県のぎく寮長) 11
◇未来の地図――綾乃おぼえ書 郷野宮次 15
◇アメリカ視察報告(4)職業訓練所と保護授産所 仲野好雄(専務理事) 21
◇信楽青年寮の今日に至るまで――民間職業訓練及び授産施設として 池田太郎(滋賀県立信楽園長) 30
◇《本のおすすめ》『精神薄弱者問題白書 一九六三年版』 34
◇ニュースと中央の動き(五月) 35
 ・第12回精薄問題懇談会開かる
 ・鹿島育成園児童施設認可さる
 ・児童政策を要求する会
 ・東京教育大大塚養護学校敷地問題陳情
 ・児童福祉法施行十五周年全国民間児童福祉施設優良従事者をたたえる集い開催
 ・「精薄福祉金庫」事業要綱(修正第三案)まとまる
◇昭和38年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇アメリカ精神薄弱者対策の視察報告完成 仲野好雄(専務理事) 40
◇特殊教育の頁――先生方のための夏季研修講座 文部省特殊教育課 41

『手をつなぐ親たち』No.88(ちえおくれの子らの指導誌) 19630715

◇全国児童福祉会議所感 木田市治(厚生省児童局企画課長補佐) 0
◇《詩》わがこよ なかやま・しろう 1
◇アメリカだより――リンウット児童センターの日々 小野つねお・すみえ 2
◇《座談会》精神薄弱と「変質」 5
◇未来の地図――綾乃おぼえ書(第二回) 郷野宮次 15
◇《特殊学級の頁》ちえおくれの子らに教育を 林部一二(文部省特殊教育課長) 20
◇体質改善後第一回の総会開かる 22
◇アメリカ視察報告(5)重症重複障害者対策と総合施設 仲野好雄(専務理事) 24
◇ニュースと中央の動き(六月) 33
 ・39年度予算接衝の一つの山
 ・総理府海外派遣員に初めて精薄関係参加
 ・児童福祉法制定十五周年記念児童福祉会議
◇昭和38年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇第79回手をつなぐ親のつどい案内 主題「精神薄弱者の就職問題について」 40

『手をつなぐ親たち』No.89(ちえおくれの子らの指導誌) 19630815

◇特殊教育の頁――昭和三十八年度(第一次)養護学校及び特殊学級の設備費補助金交付について 文部省特殊教育課 0
◇《座談会》先生からの要望・親たちのお願い 2
◇未来の地図――綾乃おぼえ書(第三回) 郷野宮次 13
◇整肢療護園と桐ヶ丘養護学校――第十一回重荷を分け合う会 16
◇第十二回手をつなぐ親の全国大会案内 18
◇アメリカ視察報告(6)特殊教育と学令前の教育保育施設 仲野好雄(専務理事) 19
◇ニュースと中央の動き(七月) 30
 ・体質改善後の第一回常務理事会開かる
 ・39年度予算要求の方向
 ・授産事業の理念についての思想統一
 ・生命保険とタイアップ方式の終身保障制度の発足
◇いつも妻は健康に 先天異常学会の記 32
◇昭和38年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇私の訴え 木内ひろえ(東京都練馬区大泉学園) 40

『手をつなぐ親たち』No.90(ちえおくれの子らの指導誌) 19630915

◇中央児童審議会議の中間報告 家庭づくりを大切に 0
◇第十二回全国大会を迎えるに当って(状況報告) 2
◇第81回手をつなぐ親のつどい案内 主題「人間の三つの能力と八つの型」 5
◇一番困っている問題について――重い障害の場合を中心に 岡崎英彦(びわこ学園長) 6
◇ナァアット・オオゥ(納豆)売り教育作戦 望月勝久(浦和市常盤中学校分校) 11
◇第十二回手をつなぐ親の全国大会案内 17
◇未来の地図――綾乃おぼえ書(第四回)(おわり) 郷野宮次 18
◇アメリカ視察報告(7)アメリカ視察に基く総括的所見 仲野好雄(専務理事) 22
◇ニュースと中央の動き(八月) 31
 ・第一回専門委員会開かる
 ・英国で一足先に精薄金庫
 ・38年度精薄関係主要予算の使途が決まりました
 ・労働省精薄対策に積極的に乗り出す
◇全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会誕生 山川佳子 34
◇昭和38年駈け歩きの記(八月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇甘やかしすぎぬよう 仕事こそ学習 大坪敏夫(鹿児島大学付属中学校) 41

>TOP

■No.091~095

『手をつなぐ親たち』No.91(ちえおくれの子らの指導誌) 19631015

◇第十二回手をつなぐ親の全国大会秩父宮妃殿下お言葉 0
◇施設でも母親教室を 畑吉子 2
◇敏夫の歩み 西喜多敏子(大阪府茨木市) 4
◇第82回手をつなぐ親のつどい案内 主題「精神薄弱の婦人問題」 5
◇精神薄弱者の就職問題について――渋谷公共職業安定所原田豊治先生のお話から  6
◇《海外事情》英国における精薄児の職業上の特典 木田市治(厚生省児童局企画課長補佐) 9
◇体験をしのぶ――特殊学級開設から四市四カ村組合立の精神薄弱児収容施設の建設をみるまで 酒井誠治(新潟県見附市立見附小学校校長) 10
◇言語治療教室を訪ねて 18
◇体質改善後の進路きまる!!――第十二回全国大会の大要報告 仲野好雄(専務理事) 20
◇第十二回手をつなぐ親の全国大会決議 24
◇精神薄弱者対策促進強化についての陳情書 25
◇ニュースと中央の動き(九月) 26
 ・39年度各省要求予算出揃う
 ・精薄福祉金庫連絡(研究)会が開かれました
 ・精薄三団体連絡協議会誕生す
 ・各種専門委員会が開かれ、助言が行われました
◇恵まれた父兄会一年間の記録 竹沢静雄(鹿島育成園恵松会長) 32
◇昭和38年駈け歩きの記(九月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇二つの発会式に参加して――国分寺町手をつなぐ親の会の発会式、立川市精神薄弱児(者)手をつなぐ親の会の発会式 森田本次郎  38
◇智子にわびる(ひとりごと) 田尻深雪(群馬県前橋市) 40

『手をつなぐ親たち』No.92(ちえおくれの子らの指導誌) 19631115

◇《私たちのことば》保護授産と経済福祉を――第十二回手をつなぐ親の全国大会にて 岩崎令子(高知県理事) 2
◇第83回手をつなぐ親のつどい案内 主題「家庭での相談の扱い方」 5
◇精神薄弱対策の現在と将来――第十二回手をつなぐ親の全国大会における講演要旨 黒木利克(厚生省児童局長) 6
◇第十二回手をつなぐ親の会大臣祝辞 17
 ・法務大臣 賀屋興宣
 ・文部大臣 灘尾弘吉
 ・厚生大臣 小林武治
 ・労働大臣 大橋武夫
◇ブロック大会めぐり 仲野好雄(専務理事) 20
 ・東北ブロック(10・12~13)
 ・東海ブロック(10・20)
 ・中国ブロック(10・18~19)
 ・近畿育成会連絡協議会大会(10・21)
◇婦美子と私の十九年――ちえおくれの娘をもつ母の体験発表 台敏子(北海道名寄市手をつなぐ親の会理事) 28
◇寝顔  橋脇俊子(兵庫県姫路市手をつなぐ親の会) 33
◇障害者を持たぬ会員となって 酒井恭幸(BSつくし会) 34
◇ニュースと中央の動き(十月) 36
 ・精神薄弱者集団治療施設(通所)の開設のお知らせ
 ・心身障害者対策の基本の理念の確立
 ・精薄福祉金庫(仮称)の具体案作成着々と進む
◇私を守ってくれる節ちゃん 西崎ますみ 38
◇昭和38年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 39
◇初秋の朝に 望月ナヲ(長岡手をつなぐ親の会会員) 40

『手をつなぐ親たち』No.93(ちえおくれの子らの指導誌) 19631215

◇生きるよろこび!! 池田八重子(浦和手をつなぐ親の会) 0
◇関東への旅から 池田雨石 2
◇第84回手をつなぐ親のつどい案内 主題「精神薄弱の兄弟姉妹をめぐる問題について」 6
◇ケネディ大統領の死を悼む 仲野好雄(専務理事) 7
◇『きびしさ』ということについて――親さんへのお願い 近藤原理(長崎県精薄成人ホーム「なずな寮」経営) 11
◇七にツカレタオトコの物語 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 12
◇都立江戸川児童学園を訪ねて 芹沢春江(事務局) 17
◇私はシンマイ保母 清水和子(長野県阿南学園保母) 18
◇つれづれの記 市川あき(埼玉県毛呂病院内毛呂山小学校分校) 19
◇親たちの手で楽園を――秋田・若竹学園を訪ねて 大野智也(日本短波放送制作部) 20
◇各地に兄弟姉妹の会を創ろう 鷲田孝保(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 24
◇ブロック大会めぐり(その2) 仲野好雄(専務理事) 26
 ・四国ブロック(10・24~25)
◇ニュースと中央の動き(十一月) 29
 ・教育大養護学校新校地決定祝賀会
 ・横浜市育成会相談所落成式
 ・全国社会福祉大会・心身障害対策の在り方
 ・全国特殊学校長会結成さる
◇昭和38年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 39
◇精薄児の居宅指導の壁 佐藤賢司(福島県児童相談所児童福祉司) 40

『手をつなぐ親たち』No.94(ちえおくれの子らの指導誌) 19640115(昭和39年)

◇〈新年のことば〉夢なければ民は亡ぶ 徳川義雄(理事長) 1
◇人間の三つの能力と八つの型 石原登 2
◇《座談会》精薄児をたくましい人に育てるために(1) 4
◇アクニン大往生記 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 10
◇行動への年――昭和39年を迎えて あらゆる面で積極的に可能性を追求いたしましょう 仲野好雄(専務理事) 17
◇今年こそ 山下春江(本会顧問・参議院議員) 21
◇《厚生省の頁》精神薄弱児の社会復帰について 厚生省児童局養護課・係 22
◇たくさんの確かな輝く手が 鈴木さえ子(「おさなご園だより」より) 23
◇ぼく達も東京旅行ができるんだ――京都市特殊学級合同修学旅行 大野智也(日本短波放送「精薄相談室」担当) 24
◇白痴級の職業指導――“T君の進歩”に光を得る 鈴木悦子(埼玉県浦和市立原山中学校分校) 26
◇第86回手をつなぐ親のつどい案内 主題「精神薄弱の兄弟姉妹をめぐる問題について」 27
◇特殊教育と親・地域社会の協力――精薄教育全国協議会から 28
◇愛護協会――第1回全国精神薄弱施設研究協議会の情況 渡辺実(育成会常務理事) 30
◇ブロック大会めぐり(その3) 仲野好雄(専務理事) 32
 ・九州ブロック(11・29~30)
◇ニュースと中央の動き(十二月) 34
 ・臨時全国評議員会理事会開催予定のお知らせ
 ・39年度予算穫得運動のクライマックス
 ・精薄者福祉金庫の研究進む
 ・要保護児童の福祉と教育に関する打ち合わせ会開かる
 ・日本特殊教育学会創設さる
◇昭和38年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇父親として 金子国夫(沼津手をつなぐ親の会)40

『手をつなぐ親たち』No.95(ちえおくれの子らの指導誌) 19640215

◇家庭児童対策の機構体制図 0
◇精神薄弱の婦人問題 三田庸子(国立東京婦人補導院長) 2
◇《座談会》精薄児をたくましい人に育てるために(2) 5
◇職親の立場から――精神薄弱者の職業自立への道 西脇光(関西ステンレス工業株式会社社長) 14
◇臨時全国役員研修会(在宅指導)強化開催について 仲野好雄(専務理事) 17
◇地区育成会の論理 小堤良造(東京都文京区精神薄弱者育成会会長) 20
◇福祉維新を 児玉俊夫(岡山大学医学部教授・岡山県精神薄弱育成会副会長) 22
◇第86回手をつなぐ親のつどい案内 主題「社会に出てからの心配を応えて」 25
◇昭和39年度の精薄予算のあらまし 26
◇ニュースと中央の動き(一月) 29
 ・精薄者福祉金庫の研究新段階へ
 ・精薄児職業訓練授産施設の研究
◇第十一回精神衛生全国大会の記 仲野好雄(専務理事) 31
◇昭和39年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 36

>TOP

■No.096~100

『手をつなぐ親たち』No.96(ちえおくれの子らの指導誌) 19640315

◇よい子の就職 山崎盛司(宇部市公園緑地課長) 2
◇三重障害 盲・聾・精薄のS君のこと 池田太郎 4
◇精神発達の遅れた子供のためのハーフ・ウエイ・ハウス 妹尾正(国立秩父学園指導課長) 11
◇精薄者福祉司の活動について――一日里親の成果をかねて 粕川哲彦(高崎市福祉事務所精薄者福祉司) 14
◇あなたは「ウナギ」がほえるとおもいますか 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 16
◇学級を出て三年 前田正吉(名古屋市今池中学校) 22
◇《詩》おかあさん 木村洋子(名古屋市今池中学校特殊学級一年生) 22
◇職親の立場から――精神薄弱者の職業自立への道(つづき) 西脇光(関西ステンレス工業株式会社社長) 23
◇ニュースと中央の動き(二月) 28
 ・重度精神薄弱児扶養手当法案要綱閣議決定
 ・精神薄弱者福祉審議会開かる
 ・39年度予算運動の反省と40年度への準備
 ・精薄児に三年間以上継続実施した知能測定結果
 ・テレビ特殊学級「たのしい教室」開始
 ・ケネディ財団第二回国際賞授与式参加
◇王将もちり 田村一二 35
◇人生劇場変唄 中野庄蔵(長岡市) 35
◇昭和39年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 36

『手をつなぐ親たち』No.97(ちえおくれの子らの指導誌) 19640415

◇マイアミに旅行して 小野澄江・法郎(在米) 2
◇手をつなぐ親の皆様へ 中村与吉(新潟市明生園長) 4
◇精神薄弱者の兄弟姉妹をめぐる問題 中村健二(日向弘済学園長) 10
◇全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会へご入会を! 古河すみれ 15
◇嗚呼!全匹、玉と散りたり 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 16
◇今年度の活動方針きまる(1)――全国役員会・研修会 23
◇私の考えを大きく変えさせた 仲野好雄(専務理事) 26
◇『精神薄弱教育福祉研究振興基金』について 事務局 28
◇幸福を求めて 社会福祉の根底にあるもの 谷口憲郎(北海道精薄育成会会長) 29
◇ニュースと中央の動き(三月) 32
 ・39年度施策推進上地方・地区育成会から積極的に運動していただきたいこと
 ・40年度施策推進についてのお願い
 ・中央児童福祉審議会委員に精薄界から三氏
 ・全国総会及び特殊教育振興大会日時決定
 ・お年玉年賀葉書及び競輪益金配分の内定
◇大阪府ニュース 桜井暻(大阪府堺児童相談所長) 35
◇昭和39年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 36

『手をつなぐ親たち』No.98(ちえおくれの子らの指導誌) 19640515

◇ショッ平こと 彼のこと 下田博(北海道もなみ学園) 2
◇K子ちゃんとめんよう 小野田絹枝(北海道もなみ学園) 3
◇S君のなげキッス P・P(日本社会事業大学精薄児研究部会報より) 3
◇社会に出てからの心配に応えて 池田太郎(滋賀県立信楽学園長・信楽青年寮長) 5
◇ブラットニック・ラブ 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 11
◇ぎんなんひろい 竹内吹栄(広島県呉市仁方小学校) 15
◇おばあさんのおくりもの 清野唯夫(函館市新川小学校) 20
◇清子とともに 石橋直子(東京都八王子市立第三中学校特殊学級父兄) 25
◇雷の落し子 望月ナヲ(長岡市手をつなぐ親の会) 29
◇白尾学級父の会の歩み 平杉信次(京都市立弥榮中学校白尾学級父の会会長) 30
◇訓練 太田静子(千葉県蘇我中親の会) 32
◇盲精薄部会誕生 事務局 32
◇ニュースと中央の動き(四月) 33
 ・第55回中央児童福祉審議会総会開かる
 ・精神障害者対策の急速な進展が予想されます
 ・39年度精薄関係予算消化の現状は低調です
 ・心身障害児の療育体系が決まりました
 ・精薄三団体連絡協議会で次のことが決まりました
 ・精薄者福祉財団の準備研究開始
 ・一流歌手などによる全国主要都市慈善興業計画
◇昭和39年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇日本団体生命KKとの連携 事務局 40

『手をつなぐ親たち』No.99(ちえおくれの子らの指導誌) 19640615

◇精神薄弱児の福祉について 厚生省児童局養護課・係 0
◇家出させる空気 佐藤賢司(福島県平市児童相談所) 2
◇本のおすすめ 『ちえのおくれの子の家庭教育』 奥田三郎・木村謙二(訳) 3
◇《座談会》精薄者と精神障害者対策…… 4
◇精薄の非行少年から学ぶもの 石原登(国立きぬ川学院長) 10
◇ちえのおくれの子の乱暴の意味と指導 田村木人 14
◇久子へ 浜本正女(大阪) 16
◇ベンキョウ 事終り 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 17
◇《論説》中央児童福祉審議会に出席して 糸賀一雄 22
◇第89回手をつなぐ親のつどい案内 映画「太陽のともだち」
講演「社会保障の権利を確保して豊かな生活を」 27
◇社会に自立させるためのたくましさと素直さ 小宮山倭(東京都立青鳥養護学校長) 24
◇精薄者福祉司の活動のなかから 粕川哲彦(精神薄弱者福祉司) 28
◇ニュースと中央の動き(五月) 30
 ・昭和40年度予算陳情運動目下進行中
 ・家庭児童相談室の設置運営について
 ・中央及び都道府県児童福祉審議会連絡協議会開催
 ・盲精薄部会が新設されました
 ・NHK特殊教育講演会開催
◇昭和39年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇取材旅行から 大野智也(日本短波放送制作部) 40

『手をつなぐ親たち』No.100(ちえおくれの子らの指導誌) 19640715

◇100号を迎えるに当って 仲野好雄(専務理事) 2
◇子どもを被害から守るために 宮本茂雄(科学研究所員) 4
◇インスタント ベンキョウ 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 10
◇第89回手をつなぐ親のつどい案内 映画「太陽の友だち」
◇おはなし「精薄児の仲間づくり」 15
◇学の成長 清水恵美子(兵庫県尼崎市) 16
◇わが子の学園卒業近くなりて N・K(福島県郡山市) 16
◇本のおすすめ 『カメラ・ルポ 精神薄弱 その1 明日をまつ子たち――重度精神薄弱児』 17
◇教育相談の窓口から① 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 18
◇近藤益雄先生の死を悼む 仲野好雄(専務理事) 19
◇重度精薄児扶養手当法について 24
◇昭和39年度総会の記 25
◇障害の別をこえて!第1回全国特殊教育振興大会 26
◇重大ニュースと中央の動き(六月) 28
 ・重度精神薄弱児扶養手当法国会通過
 ・法人税法施行規則が改正されました。また保護受託者制度(子どもの職親)をご存知ですか
 ・昭和40年度精薄対策推進の方向
◇子どものねうち 田渕優(神戸市青陽養護学校) 33
◇桃十字の旗をかがけて 小若和子(岡山市) 34
◇本のおすすめ 『さんだる先生』 権田文雄(著) 35
◇本のおすすめ 『年輪』 塚本伴治(著) 35
◇昭和39年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇沖縄から ねま よしこ(沖縄屋我地済井出) 40

>TOP

■No.101~105

『手をつなぐ親たち』No.101(ちえおくれの子らの指導誌) 19640815

◇東海ブロック手をつなぐ親の大会に参加して この子とともに 後藤ハルエ(静岡県親の会島田支部) 2
◇精神薄弱児の生産教育と性の問題――高田市における講演ノートから 池田太郎(滋賀県立信楽学園長) 5
◇親から先生へ 先生から親へ――痛む心に 心あわせて 西田久子(親)・松本繁(山口県ときわ学園教師) 12
◇お師匠さん艶聞 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 17
◇藤原保鹿島育成園前園長の死を悼む 仲野好雄(専務理事) 22
◇幸福を求めて 盲精薄児の楽団「青い風」 山川寿賀(静岡県富士宮市くるみ会) 23
◇精薄と言語障害の二重苦の子をもって 一父親(千葉県船橋市藤原学園) 26
◇ニュースと中央の動き 28
 ・内閣の一新と年度予算活動について
 ・小児精神病(精薄との合併症を含む)対策強化に関する陳情
 ・精神薄弱者愛護月間、精神薄弱者愛護全国大会の準備進む
 ・国際精薄者協会連盟より加盟のおすすめがありました
◇精神薄弱者愛護月間、精神薄弱者愛護全国大会について 30
◇教育相談の窓口から② 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 33
◇親の会相談員を150名設置して 静岡県手をつなぐ親の会の相談事業 34
◇昭和39年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 36

『手をつなぐ親たち』No.102(ちえおくれの子らの指導誌) 19640915

 精神薄弱者愛護月間特集号
◇愛護月間の意義 徳川義雄(理事長) 2
◇“正しい”要求を 三木安正(全日本特殊教育研究連盟理事長) 2
◇“馬槽鹿苑” 脇田悦三(日本精神薄弱者愛護会会長) 3
◇初心忘ずべからず 森田本次郎(全日本精神薄弱者育成会監事) 4
◇精神薄弱者愛護月間によせて 内藤誉三郎(前文部事務次官) 5
◇精神薄弱者愛護月間に寄せて 黒木利克(厚生省児童家庭局長) 6
◇第90回手をつなぐ親のつどい案内 おはなし「施設に子どもを入れる場合の親の心構えについて」 7
◇曲り角にきた 精薄対策の現状と展望 仲野好雄(専務理事) 8
◇社会保障の権利を確保して豊な生活を 国井国長(国井社会保障研究所長) 22
◇精神薄弱児の社会自立のために 安部歳夫(東京市立青鳥養護学校教頭) 25
◇背番号3と精神薄弱者 武沢静雄(鹿島育成園恵松会長) 31
◇これだけしっておきたい(1)職業教育・訓練・授産 編集部 33
◇昭和39年駈け歩きの記(八月) 仲野好雄(専務理事) 35

『手をつなぐ親たち』No.103(ちえおくれの子らの指導誌) 19641015

◇ある日のてい坊 田口ヒサ子(世田谷児童学園) 2
◇《詩》折りにふれて 栗原暉子(旭出学園母の会) 3
◇小鳥の「エサ」当番 丸井悦造(広島県豊田郡安芸津町手をつなぐ親の会) 4
◇知能指数(IQ)をめぐって 杉田裕(東京教育大学講師)・他 6
◇これだけしっておきたい(2)知能検査・知能指数 編集部 10
◇ハサミとケンカは使いよう 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 11
◇教育相談の窓口から③ 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 18
◇京都・壬生寺放火事件の判決の前に 沖田政夫(京都育成会理事) 19
◇妙心寺の鐘楼焼失事件 沖田さんのご意見に添えて 池田太郎(信楽学園長) 24
◇第91回手をつなぐ親のつどい案内 演題「精薄者の就職問題をめぐって」 25
◇Y君とおかあさん 古川和多留(北海道立もなみ学園指導課長) 26
◇精薄者福祉法改正についての意見を求む 27
◇男の子の自慰 加藤茂男 28
◇ニュースと中央の動き(九月) 30
 ・社会復帰について第13回精薄問題懇談会
 ・芋洗い会・第14回理事会・第9回評議員会
 ・精神薄弱者愛護全国大会
 ・畠山みどりチャリティ・ショウ
 ・林部文部省特殊教育課長の外遊と第一信
 ・東京都通園施設措置費家庭負担額引き下げ成功
 ・精薄対策の重要性に対する一般の関心増大
◇社会復帰について――第13回精薄問題懇談会 32
◇施設の先生方の研究会から――職業指導と後保護を中心に 34
◇吾子は精薄 永島桃子(千葉県手をつなぐ育成会) 36
◇昭和39年駈け歩きの記(九月) 仲野好雄(専務理事) 38

『手をつなぐ親たち』No.104(ちえおくれの子らの指導誌) 19641115

 精神薄弱者愛護大会報告号
◇精神薄弱者愛護全国大会の記 2
◇開会のことば 徳川義雄(全日本精神薄弱者育成会理事長) 3
◇経過報告――開催までの歩みと訴えたい五つの問題  仲野好雄(大会実行委員長・全日本精神薄弱者育成会専務理事) 4
◇《協議》精神薄弱児教育の現状とこれらの方向 小宮山倭(全日本特殊教育研究連盟事務局長・東京都立青鳥養護学校長) 6
◇《協議》精神薄弱児(者)福祉対策の現状とこれらの方向 糸賀一雄(日本精神薄弱者愛護協会副会長・滋賀県立近江学園長) 8
◇《協議》親の訴え 笠満津子(佐賀県精神薄弱者育成会) 12
◇表彰者の横顔 15
 ・故・岡野豊四郎先生
 ・故・花熊四郎先生
 ・故・近藤益雄先生
◇祝辞 17
 ・臼井荘一(中央青少年問題協議会会長・総理府長官)
 ・高橋等(法務大臣)
 ・愛知揆一(文部大臣)
 ・神田博(厚生大臣)
 ・石田博英(労働大臣)
 ・鹿島俊雄(参議院議員)
 ・山下春江(参議院議員)
◇精薄者福祉法改正についての意見を求む 23
◇決議と陳情 24
◇芋洗い会(会員研修会)の記 27
◇鼻汁綺談 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 32
◇精薄児の仲間づくり みんなで手をつなごう――第89回手をつなぐ親の集いにて 小杉長平(東京都教育庁指導主事) 36
◇親殿 酒井幸恭(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 39
◇第92回手をつなぐ親のつどい案内 おはなし「精神薄弱者をめぐる家族関係について」 40

『手をつなぐ親たち』No.105(ちえおくれの子らの指導誌) 19641215

◇追悼詩 長男宣之の霊に 高橋兼吉(山形県手をつなぐ親の会) 2
◇「第91回手をつなぐ親の集い」から 精神薄弱児の就職問題をめぐって 増田精一(東京都墨田区公共職業安定所所長) 6
◇施設に子どもを入れる場合の親の心構え 「第90回手をつなぐ親の集い」の仲野好雄専務理事のお話から 10
◇字魔折伏 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 14
◇八百屋お七――10月号の「壬生寺事件」重点解説のために 沖田政夫(京都育成会理事) 18
◇ニュースと中央の動き(十一月) 20
 ・施設の子の家庭負担軽減運動成功
 ・40年度予算査定が実質的に開始された苦戦中
 ・暴力団云々の新聞記事事件に対する前後措置
 ・日本団体生命との業務提携調印さる
 ・特殊教育のベテラン先生精薄児施設園長に栄転
◇全国特殊学級設置学校長協会の発足と精薄教育全国協議会の記 仲野好雄(専務理事) 22
◇兄弟姉妹から 山川佳子(BSつくし会) 24
◇教育相談の窓口から⑤ 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 26
◇ブロック大会の記 仲野好雄(専務理事) 27
 ・近畿大会(10・19)
 ・中国大会(10・12~23)
 ・四国大会(10・24~25)
 ・東北大会(11・3~4)
 ・北陸大会(11・15~16)
◇昭和39年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 37
◇奮起しましょう みなさん! 中村紀一(香川県育成会理事) 40

>TOP

■No.106~110

『手をつなぐ親たち』No.106(ちえおくれの子らの指導誌) 19650115(昭和40年)

◇昭和40年を迎えて 徳川義雄(理事長) 2
◇教育つれづれ草 池田雨石 4
◇施設十年 幾野信男 5
◇私の坊や達はいきもの 田口ヒサ子(世田谷児童学園) 7
◇《座談会》子どもを外へ出す悩み――理論と感情の板バサミになって悩み、苦しむ、親を、救う道はないだろうか 10
◇「第92回手をつなぐ親の集い」から 精神薄弱者をめぐる家族関係について 中村健二(日向弘済学園園長) 14
◇勇断をもって体質改善に乗り出そう 仲野好雄(専務理事) 22
◇ニュースと中央の動き(十二月) 26
 ・都審議会の答申出る
 ・全国特殊教育推進連盟生まれる
 ・昭和40年度予算獲得大童
◇欲のないドロボウ伝 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 28
◇精薄児の性と結婚③ 父なし子を生んだ 加藤茂男(東京都八王子第三中学校) 32
◇ブロック大会の記(つづき) 仲野好雄(専務理事) 34
 ・東海大会(12・6)
 ・四才になった ブロック大会の反省
◇親たちよ 手をつなごう 中上義行(神奈川県葉山町親の会) 36
◇昭和40年予算速報 仲野好雄(専務理事) 37
◇昭和39年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇事務局だより 40

『手をつなぐ親たち』No.107(ちえおくれの子らの指導誌) 19650215

◇祈願 浅野美智子(滋賀県びわこ学園) 2
◇職親として一年 西谷芳子(石川県手をつなぐ親の会) 3
◇ある母の希い 赤松和子(兵庫県姫路市荒川学園) 5
◇特殊学級に入れようかどうしようか迷っていらっしゃるお母さまへ 三井静子(兵庫県姫路手をつなぐ親の会) 8
◇精神薄弱児施設における在宅精神薄弱児の指導について 小川政浩(横浜市松風学園長) 11
◇京都の植物園 池田雨石 15
◇施設の精薄児の一日里親を引受けた高崎の親の会――ボランティアサービスを親たち 登丸福寿(群馬県はるな郷学園) 16
◇不「便」な話 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 18
◇教育相談の窓口から⑥ 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 23
◇精薄児の性と結婚④ 夢想の結婚 加藤茂男(東京都八王子第三中学校) 24
◇ニュースと中央の動き(一月) 26
 ・中央の諸会議は来年事業検討
 ・北海道の精薄者更生援護対策
◇昭和40年度精薄関係予算のあらまし 28
◇青い風楽団のこと 31
◇リンウットの児童センターを訪ねて 谷口憲郎(北海道花園学院長) 32
◇やっちゃん 小木ひろ子(石川県金沢市手をつなぐ親の会) 33
◇《兄弟姉妹の声》弟の存在の中の私 中村千津子(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 34
◇《兄弟姉妹の声》奉仕活動を通して 瀬谷健二(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 35
◇昭和40年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇事務局だより 40
◇第94回手をつなぐ親の集い案内 おはなし「結婚適令期になった者に対する親ときょうだいの心構え」 40

『手をつなぐ親たち』No.108(ちえおくれの子らの指導誌) 19650315

◇《声》面会 飯山安子(静岡県富士市親の会) 2
◇《声》ある工場で 印南千里(栃木県宇都宮市親の会) 3
◇《声》小さな真心 篠倉ミネ子(神戸市青陽養護学校) 4
◇情性の養育 「第93回手をつなぐ親の集い」から 石原登(国立きぬ川学院長) 6
◇京都・壬生寺放火事件 判決と被告の急死 沖田政夫(京都育成会理事) 12
◇「鍵」 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 16
◇乳牛 池田太郎(滋賀県立信楽学園長) 20
◇さくら草をありがとう いまむら・きぬお(静岡県手をつなぐ親の会) 23
◇重度精薄児の現場より 久保定子(愛知県一宮市佐藤病院内) 24
◇九月全国大会で力を得て 末次静枚(佐賀県鹿島市親の会) 25
◇ニュースと中央の動き(一月~二月) 26
 ・全国民生・衛生主管部長会議(1・18~1・22)
 ・精神薄弱者福祉審議会開かる(1・25)
 ・第57回中央児童福祉審議会開かる(1・27)
 ・全国児童福祉主管課長会議開かる(2・19~2・20)
◇私たちの決議陳情は昭和40年度の国の予算にどう実現したか 31
◇昭和40年駈け歩きの記(一月~二月) 仲野好雄(専務理事) 35
◇事務局だより 40
◇第95回手をつなぐ親の集い案内 おはなし「一人の子の成長について」 40

『手をつなぐ親たち』No.109(ちえおくれの子らの指導誌) 19650415

◇《声》姉妹 山崎八千穂(長野県親の会) 2
◇《声》父を失った健司 井戸本憲子(兵庫県姫路市親の会) 4
◇《声》妹のこと 関川美娑子(東京・青梅学園保母) 5
◇精神薄弱になってからの一生を考えると 菅修(国立秩父学園長) 7
◇あほ学級のあほ 北山耕(静岡県手をつなぐ親の会) 12
◇《相談室》妹がちえのおくれの兄をばかにして困ります 杉山長平 14
◇精薄児の性と結婚 罠(わな)のバナナ 加藤茂男(東京都八王子第三中学校) 15
◇娘の贈り物 井村信行(香川県立養護学校教諭) 18
◇ルーゾー懺悔鉄 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 19
◇成人精神薄弱者のための社交クラブ 洋田由子(国立精神衛生研究所員) 24
◇群馬県大会・中央会の動き 26
◇二月の全国役員会から得たもの 仲野好雄(専務理事) 28
◇時の動き 31
 ・精薄行政の児童成人一本化をめぐって 第14回精神薄弱問題懇談会(2・27)
 ・心身障害児療育体系の検討 中央児童福祉審議会心身障害児対策部会
 ・40年度競輪補助金分配決まる
 ・心身障害児関係団体と自民党との懇談会(3・19)
 ・全国精神薄弱児施設長会議開かる(3・24~25)
 ・重症心身障害児施設に東京都が異例の補助
◇《資料》重度精神薄弱児収容棟についての厚生次官及び児童局長通達 35
◇昭和40年駈け歩きの記(二月~三月) 仲野好雄(専務理事) 38

『手をつなぐ親たち』No.110(ちえおくれの子らの指導誌) 19650515

◇《声》元気・陽気・根気 佐藤睦子(埼玉県川口市親の会) 2
◇結婚適令期の子を持つ親きょうだいの心構えについて 池田太郎(滋賀県立信楽学園長) 4
◇ちえおくれの乳幼児の指導 津守真・石山ヤス子(愛育研究所員) 11
◇教育相談の窓口から⑦ 愛情の問題について 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 15
◇国際舞台に登場す!! 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 18
◇千葉県大会・中央会の動き 22
◇時の動き 25
 ・精薄者の職業に新分野
 ・39年度お年玉はがき配分決まる
◇第3回汎太平洋リハビリテーション会議に参加して 仲野好雄(専務理事) 26
◇《道標》重度精神薄弱児扶養手当の知識 28
◇《座談会》精薄問題にとりくんで――民間活動(あさみどりの会)を通してみた理解と啓蒙の問題点 32
◇《資料》育成会の相談事業 36
◇昭和40年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 39
◇相談を開設して 桑子良三(岡崎手をつなぐ親の会理事・市精薄者相談員) 40

>TOP

■No.111~115

『手をつなぐ親たち』No.111(ちえおくれの子らの指導誌) 19650615

◇ひとりの子の父からみんなの父への歩み 武沢静雄(鹿島育成園慶松会会長) 2
◇ひとりの子の成長について 加茂下大(東京都教育庁指導主事) 5
◇7月の「手をつなぐ親の集い」案内 おはなし「思春期のいろいろな問題について」 7
◇職場実習に法的措置を 松本勲(熊本県山鹿中学校特殊学級担任) 8
◇《提案》「誕生日ありがとう献金」について 藤木隆(神戸市室内小学校) 11
◇宴の記 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 16
◇時の動き 21
 ・心身障害児16団体と自民党との懇談会
 ・精薄者運賃割引全国初市会で請願採択(京都市)
 ・全社協心身障害福祉協議会の41年国家予算への共通要求項目
◇昭和40年度の総会を終って 仲野好雄(専務理事) 24
◇精神薄弱者対策強化の促進に関する陳情書 26
◇《東西南北》 28
 ・新潟県大会の新潟県の動向
 ・精薄児の村づくり 石川県金沢青年会議所の構想
 ・最初の収容授産施設――神奈川県金沢若草園
◇自閉症児を持ったまさ代さんの場合――母子心中事件 30
◇兄弟姉妹から親のみなさんへ 浦田東作(BSつくし会会員) 32
◇各都道府県精神薄弱者育成会事務局 34
◇昭和40年駈け歩きの記(四月~五月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇一人の母のつぶやき 海老沢和気子(神奈川・鎌倉手をつなぐ親の会) 40
◇チルチルとミチルの家誕生 安達喜美子(神奈川・鎌倉手をつなぐ親の会) 40

『手をつなぐ親たち』No.112(ちえおくれの子らの指導誌) 19650715

◇この子とともに明るく楽しい家庭づくりのために 岡本朝枝(群馬県伊勢崎市育成会) 2
◇盲精薄児の親として 酒井宏之(滋賀県彦根学園親の会) 6
◇9月は精神薄弱者愛護月間 7
◇精神薄弱と薬 編集部 8
◇県外就職一年生 山田哲也(熊本県江南中学校) 12
◇《詩》俺達ァ 小堤良造(東京都文京区親の会) 15
◇私たちも強く生きよう――スプリング工場で働く精神薄弱者 本所スプリング製作所を訪ねて 青少年問題研究会編集部 16
◇おかあさんのかお 近藤良子・関英二(新潟県長岡市上組小学校特殊学級児童の作品) 23
◇禁じられた純情 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 24
◇時の動き 30
 ・社会開発懇談会の「中間報告のあらまし」
◇教育相談の窓口から 能力教育でなくて 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 33
◇「精薄相談室」(短波放送)に寄せて アンケートに見る意見と要望 34
◇黒木・内藤両顧問の当選を祝す 仲野好雄(専務理事) 35
◇昭和40年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 36
◇献金十一万を超す 40
◇「サムエル・カーク博士講演会」案内 40

『手をつなぐ親たち』No.113(ちえおくれの子らの指導誌) 19650815

◇《声》一人の青年 小田垣たか(大阪・職親) 2
◇《声》青木君の就職祝して 三木達子(精薄児通園施設キンダーハイム園長) 4
◇《声》秀喜の転機 大杉茂祐(兵庫県姫路市親の会) 4
◇9月は精神薄弱者愛護月間 5
◇精神薄弱者の社会復帰について 第96回手をつなぐ親のつどいから 池田太郎(信楽青年寮長) 6
◇クビ! 北山耕 11
◇楽しいかずや!『テニ球』 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 14
◇母讃歌 中村与吉(新潟市明生園園長) 19
◇教育相談の窓口から 単なる同情でなくて 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 20
◇中央児童福祉審議会総会と精薄対策の新方向 仲野好雄(専務理事) 21
◇《詩》この子この親に 成田茂正(兵庫県赤穂学園) 25
◇厚生省精薄対策の現状(中央児童福祉審議会配布資料より) 26
◇ポニーの学校 希望の会訪問指導員 上村啓子(大阪育成会事務局) 28
◇岡山の「重症児施設建設」への活動――ある主婦のよびかけて重度精薄児収容棟が完成した 34
◇「精神薄弱者愛護月間」実施要項 36
◇昭和40年駈け歩きの記(六月~七月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇カメラ・ルポ『精神薄弱』“その3”の掲載写真へご協力を 名古屋あさみどりの会 40
◇「サムエル・カーク博士講演会」案内 40

『手をつなぐ親たち』No.114(ちえおくれの子らの指導誌) 19650915

◇《声》M子の就職 本田佳馬(長崎県立光が丘学園親の会) 2
◇みんなであそぼう みんなであそぼう(ちえおくれの子愛護の歌) 依田義賢(作詞)・小森昭宏(作曲) 3
◇親の相談 小堤良造(東京都文京区手をつなぐ親の会) 4
◇10月の「手をつなぐ親の集い」案内 おはなし「就職後の問題に対する家庭での教育の仕方」 8
◇広島県福山市立精神薄弱者収容授産施設設立をめぐって 9
◇精神薄弱(児)者相談日開設 名古屋精神薄弱者育成会 13
◇精薄児の性と結婚 おっとに逃げられた女 加藤茂男(東京都八王子第三中学校) 14
◇秘剣 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 18
◇第一回精神薄弱者福祉審議会についての報告――精薄者福祉一元化に関する問題点仲野好雄(専務理事) 24
◇第10回北海道研究大会記(於旭川市) 仲野好雄(専務理事) 28
◇時の動き 33
 ・身体障害者の雇用促進の現状
 ・東京都心身障害者福祉センターの構想
 ・文相へ陳情 全国特殊教育推進連盟
◇NHK・NHK厚生文化事業団主催 サムエル・カーク博士講演会と母親の集い 36
◇昭和40年駈け歩きの記(七月~八月) 仲野好雄(専務理事) 38

『手をつなぐ親たち』No.115(ちえおくれの子らの指導誌) 19651015

◇《声》娘を施設に入れて 田中貞子(青森県十和田市親の会) 2
◇《声》NHKテレビでダウン症候群をみて 照沼喜美枝(茨城県水戸市親の会) 3
◇《声》精神薄弱者の就職に定着指導員を 岡田津由子(東京都育成会) 4
◇《声》にんげん性 吉池賢之(広島県三原市立第二中学校長) 5
◇秋の全国大会 6
◇精薄妹姉を回想して 山崎八千穂(長野下諏訪町) 13
◇宣言 精神薄弱者愛護全国大会 14
◇精神薄弱者対策促進強化についての陳情書 15
◇102回の「手をつなぐ親の集い」案内 おはなし「幸せな社会人として生きてゆくためには」 16
◇この子らに生きる道を 心身障害児対策促進大会 17
◇みんなであそぼう みんなであそぼう(ちえおくれの子愛護の歌) 依田義賢(作詞)・小森昭宏(作曲) 18
◇精薄児の性と結婚 純情 加藤茂男(東京都八王子第三中学校) 20
◇限界七十五度線 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 23
◇第101回の「手をつなぐ親の集い」案内 おはなし「成人の諸問題」 28
◇教育相談の窓口から 「ちゃんと?」 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 29
◇第二回精神薄弱者福祉審議会報告 仲野好雄(専務理事) 30
◇「精神薄弱者問題白書」一九六五年版ができました 35
◇昭和41年度予算概算要求の大要 36
◇犬は知っている千代子とメリー 武沢静雄(鹿島育成園慶松会会長) 38
◇カメラ・ルポ『精神薄弱』“その3”の掲載写真へご協力を 名古屋あさみどりの会 40
◇「サムエル・カーク博士講演会」案内 40

>TOP

■No.116~120

『手をつなぐ親たち』No.116(ちえおくれの子らの指導誌) 19651115

◇《声》貧しさに耐えて重症の子を 谷阪ふさ(大阪市) 2
◇《声》精神病院に入れさせられて 安田光子(三重県四日市親の会) 2
◇手をつなぐ親のつどいから 思春期におけるいろいろな問題について 小杉長平(東京都立青鳥学養護学校長) 4
◇102回の「手をつなぐ親の集い」案内 おはなし「幸せな社会人として生きてゆくためには」 7
◇一日内閣発言者となって 中野庄蔵(新潟県長岡市育成会長) 8
◇その手を払えッ! 望月勝久(浦和市立常盤中学校分校) 11
◇第一回心身障害児(者)コロニー懇談会報告 仲野好雄(専務理事) 17
◇練馬区立の授産場の出来るまで 渡戸清(東京都練馬区手をつなぐ親の会) 23
◇教育相談の窓口から 診断は何のため 伊藤隆二(大阪学芸大学講師・大阪精薄育成協会教育相談所) 25
◇精神薄弱者育成会第四回近畿大会の記 秋元美重子(姫路手をつなぐ親の会) 26
◇三重県精神薄弱者福祉大会の記 竹中正三(三重県手をつなぐ親の会理事長) 27
◇《解説》改正された精神衛生法について 29
◇昭和40年駈け歩きの記(九月~十月) 仲野好雄(専務理事) 34
◇時の動き 39
 ・札幌市に中度精薄者のための通所職業訓練授産施設(昭和四十一年度建設きまる)
◇16mm映画『あなたはご存知ですか』の頒布について 40

『手をつなぐ親たち』No.117(ちえおくれの子らの指導誌) 19651215

◇《声》成長するK子 佐竹富子(兵庫県芦屋手をつなぐ親の会) 2
◇《声》みんなで作った養学カルタ 小林慎郎(北海道室蘭市鶴ヶ崎中学校特殊学級担任) 3
◇第100回手をつなぐ親のつどいから 就職した子どもたちの問題 5
◇子どもの願い 親のねがい 高橋進太郎(宮崎県知事) 13
◇第二回心身障害児(者)コロニー懇談会報告 仲野好雄(専務理事) 14
◇海外からのはなし 20
◇ソ連・中国の精神衛生対策とわが国今日の問題 第13回精神衛生全国大会の記  仲野好雄(専務理事) 22
◇社会福祉事業の地位・重症心身障害児対策をめぐって 全国社会福祉協議会から  29
◇東海ブロック大会第5回(11・3) 34
◇時の動き 34
 ・心身障害児対策促進大会(11・2)
 ・社会福祉法人に対する寄付金を免税に 中央社会福祉審議会 意見書を提出
◇昭和40年駈け歩きの記(十月~十一月) 仲野好雄(専務理事) 36

『手をつなぐ親たち』No.118(ちえおくれの子らの指導誌) 19660115(昭和41年)

◇昭和41年を迎えて 徳川義雄(理事長) 2
◇先生から親へ 小宮山倭 4
◇手をつなぐ親のつどいから 成人の諸問題 登丸福寿(コロニーはるな郷長) 9
◇警察沙汰になる前に――警察から見た精薄児の問題 木畑清(京都府警察本部青少年補導官) 13
◇親の会の職業訓練所について 橋本ちねを(東京都大田区手をつなぐ親の会) 20
◇十五周年を迎えるに当って 使命の再確認と新しい希望と勇気を 仲野好雄(専務理事) 21
◇家庭でできる学習指導 松本秀雄(兵庫県西脇市立西脇中学校特殊学級担任)  26
◇第5回東北ブロック大会の記 根本四郎(岩手県精神薄弱者育成会会長) 28
◇精神薄弱者福祉振興中国大会の記 秋藤寿亮(鳥取県精薄育成会理事・希望の家所長) 30
◇《詩》旅人 小木ひろ子(石川県手をつなぐ親の会) 31
◇映画『われは人間家族』試写を見て 西条正晴(東京教育大付属大塚養護学校教頭) 32
◇昭和40年駈け歩きの記(十一月~十二月) 仲野好雄(専務理事) 34
◇おさなで園協力会のおたより 鈴木さえ子 40
◇手をつなぐ親のつどいの御案内 おはなし「思春期のさまざまな問題について」 40

『手をつなぐ親たち』No.119(ちえおくれの子らの指導誌) 19660215

◇《声》弟の成長 Y・K(小学校五年生) 2
◇幸せな社会人として生きてゆくためには 小杉長平(東京都立青鳥養護学校校長) 4
◇手をつなぐ親のつどいから 思春期の問題について 山口薫(東京学芸大学助教授) 9
◇高知県大会 11
◇精薄者の職親として 林一夫(神奈川県足柄下郡橘町上町) 12
◇かさじぞう 長谷川松子(佐賀県東松浦郡呼子小学校) 14
◇“享子” 見染真佐子(鳥取県八頭郡) 18
◇昭和41年度精薄対策予算と42年度の施策推進目標 仲野好雄(専務理事) 20
◇手とつなぐ親の会と親の役割 谷口憲郎(北海道育成会会長) 28
◇《詩》「もやしから...」 小木ひろ子(石川県手をつなぐ親の会) 30
◇精薄児とさらに 横山武雄(青森県立八甲学園長) 31
◇時の動き 32
 ・コロニー懇談会の『心身障害者のためのコロニー設置についての意見』
◇《資料》精薄者通所援護・授産施設の新設について 35
◇第5回四国ブロック大会(11・6-7) 36
◇PTAの皆さまに 今川寿彦(徳島県精神薄弱者育成会常任理事) 36
◇息子と私 仲野好雄(専務理事) 38
◇昭和41年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 39
◇第21回子どもの精相談室御案内 40

『手をつなぐ親たち』No.120(ちえおくれの子らの指導誌) 19660315

◇秋葉学園 伊藤チヨ(新潟県新津市秋葉学園) 2
◇《詩》小さき花/母の愛 浜田芳雄(群馬県高崎市山田町) 3
◇親から親へ 一歩前進しよう 岩佐利雄(兵庫県明石地区親の会会長) 4
◇《公開座談会》心身障害の問題の根本をめぐる 名古屋あさみどりの会 7
◇社会開発に社会福祉心を 広木肇(精神薄弱児施設桐友学園長) 13
◇幼い子と共に――キンダーハイムの日々 池田正子(大阪・今川学園キンダーハイム主事) 16
◇《声》せんせいびっくりしてよ 井上美須津(神戸市青陽養護学校) 20
◇編集部へ 渡辺充子(埼玉県東松山市) 21
◇第3回精薄者福祉審議会報告 仲野好雄(専務理事) 22
◇てんかんに悩むこの指導について――施設での指導の経験から 住田恵孝 24
◇アパート敗退記――父と子の記録 清水誠次(東京都杉並区親の会) 30
◇時の動き 35
 ・肢体不自由児の総合対策――日本肢体不自由児協会
◇昭和41年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 38
◇NHK子どもの精神相談室 40
◇指導誌会費値上げならびに配布についてのおしらせ 41

>TOP

■No.121~125

『手をつなぐ親たち』No.121(ちえおくれの子らの指導誌) 19660415

◇社会福祉の相対性原理 牧賢一(全国社会福祉協議会事務局次長) 2
◇《詩》ノスタルジア 鈴木政信(栃木県せせらぎ学園) 3
◇《親だけの座談会》特殊学級に入れてみて 4
◇《母親だけの座談会を聞いて》親から親へ 岡田津由子・中村かつ子(東京都育成会婦人部) 13
◇特殊学級へ入れたおかあさん方へ 刈田孝子(東京都品川区立中延小学校教諭) 16
◇《歌》はたらくこども 清水俊昭(群馬県伊勢崎市宮郷小学校特殊学級担任) 21
◇就学猶予はしたけれど 雨森探丹生(東京都中央児童相談所) 22
◇花岡忠男先生を悼む 徳川義雄(理事長) 25
◇福祉司は身近かな相談相手 徳永チヅ(精神薄弱者福祉司) 26
◇職親さんと話しあって 金森喜代(京都育成会理事・弥栄中学校父の会) 28
◇子どもに聞かせる話 なかよし、わけわけ 脇田悦三(京都市白川学園長) 30
◇《詩》春のうららに/やぶれあな 小木ひろ子(石川県手をつなぐ親の会) 30
◇ちびちゃんとのっぽんちゃん 馬部公代(NHK・テレビ特殊学級「たのしい教室」担任) 32
◇親の願いを実現するために――全日本育成会の今年の課題について 仲野好雄(専務理事) 35
◇《親の会めぐり》北海道・旭川市手をつなぐ親の会 39
◇手をつなぎましょう 小堤良造(東京文京区手をつなぐ親の会) 42
◇沖縄の施設訪問記 黒田マサ子(名古屋千種区親の会会長) 44
◇時の動き 45
 ・フェニールケトン尿症検査を都道府県で
 ・都道府県から重症・重度児に特別加算
◇昭和41年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇時の動き 48
 ・愛知県心身障害者福祉センター

『手をつなぐ親たち』No.122(ちえおくれの子らの指導誌) 19660515

◇《声》手をつなぎましょう 杉田良子(奈良県手をつなぐ親の会) 2
◇《声》手をつなぎましょう 皆川正雄(新潟県西浦原郡吉田町親の会) 4
◇《子どもの喜び悲しみ》通園の子どもの日々 池田正子(今川学園キンダーハイム) 7
◇精神薄弱者福祉審議会の動き 10
◇《母親の座談会》通園施設に望むこと 11
◇通園施設の問題点とこれからのありかた 16
◇時は流れている 鈴木正信(栃木県下都賀郡せせらぎ学園) 24
◇通園施設に入れている親ごさんの心配にこたえて 中村与吉(新潟市立明生園長) 25
◇この子等の就職を決めるには 北村昭典(東京都立青鳥養護学校教諭) 30
◇東京都心身障害者福祉センター 36
◇《父の会研修から》職場訪問 池田千恵(京都手をつなぐ親の会) 37
◇《おあそび》おはらめさん 脇田悦三(京都市白川学園長) 40
◇姫路地区手をつなぐ親の会 小林隈雄(兵庫県立赤穂精華園長) 42
◇子どもに去られて 今川寿彦(徳島県精神薄弱者育成会) 44
◇昭和41年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇六月五、六日に研修会評議員会理事会を開催 48

『手をつなぐ親たち』No.123(ちえおくれの子らの指導誌) 19660615

◇《声》真知子から学んだこと 大泉花(新潟県燕市手をつなぐ親の会) 2
◇在宅の子を持って――私たちが死んだらどうなるのか? 6
◇在宅の人々をめぐって 13
◇児童相談所での精神薄弱児学級の試み 竹内清(愛知県中央児童相談所判定係長) 20
◇《職場訪問》安部さんの愛 小立栄三郎(島根県松江市手をつなぐ親の会) 22
◇《詩》さあ胸をはって 京都いづみ会員 24
◇時は流れている 鈴木正信(栃木県下都賀郡せせらぎ学園) 24
◇「私が申していません」 T・I 25
◇《子供に聞かせる話》くらしの中での“かぞえかた” 脇田悦三(京都市白川学園長) 26
◇《子どもの喜び悲しみ》そうじはやりたくない 高木香(名古屋市立東白壁小学校) 28
◇おとうさんへの注文 白尾敬二(京都府立弥栄中学校教諭) 31
◇《担任の悩み》特殊学級を担任したものの Y・S 33
◇ひびけ!声よ隅々までも 谷田かね子(兵庫県川西市手をつなぐ親の会) 34
◇時の動き 35
 ・精薄者雇用促進への動き(身体障害者雇用審議会精薄部会)
 ・国立コロニー建設計画予定
 ・青少年育成国民会議結成さる
◇《東西南北》 38
 ・石川県のコロニー計画
 ・富山県のコロニー計画
 ・東京都心身障害者福祉センターの構想
 ・施設建設に県を挙げての支援に感激 福井県精薄育成会
◇NHK厚生文化事業団で精神薄弱者(児)福祉実践記録を募集 40
◇昭和41年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 41
◇あゆみの箱趣意書 42
◇《本の紹介》『私たちも強く生きよう』――職場に働く精薄児 財団法人青少年問題研究会編 47
◇事務局の移転お知らせ 48
◇《お知らせ》滋賀県精神薄弱者福祉大会 48

『手をつなぐ親たち』No.124(ちえおくれの子らの指導誌) 19660715

◇信楽つれづれ草 池田雨石 2
◇《座談会》てんかんの子を持って 4
◇研修会第1部会から――親の会の相談事業をどう進めるか 17
◇研修会第2部会から――地区育成会の問題点と広報(会報の作り方) 小堤良造(東京都文京区手をつなぐ親の会会長) 24
◇研修会第3部会への問題提起――親の会の重症・重複障害児のための活動はこれでよいか 飯塚光喜(東京・盲精薄部会) 31
◇学は私のたから 清水恵美子(兵庫県尼ヶ崎市手をつなぐ親の会) 32
◇春の総会を終えて 仲野好雄(専務理事) 33
◇精神薄弱者対策の強化促進に関する陳情書 36
◇家族ぐるみ大同窓会について 平杉信次(京都育成会成人部・弥栄中学校父の会) 38
◇《東西南北》 42
 ・北海道に母子訓練施設新設
 ・栃木県社会福祉金庫を前市町村に
 ・千葉県袖ヶ浦精薄・身障福祉センター
 ・東京都心身障害者福祉センターの建設および運営の在り方に関する第一次答申
 ・島根身障福祉金庫開設準備中
◇昭和41年度国庫補助による施設整備(第一次)決まる 45
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 45
◇昭和41年駈け歩きの記(五月~六月) 仲野好雄(専務理事) 46

『手をつなぐ親たち』No.125(ちえおくれの子らの指導誌) 19660815

◇《声》私の願い 北野はぎ乃(広島県豊田郡) 2
◇《生活の詩》ことばのけいこ 市川あき(埼玉県毛呂山小学校分校) 4
◇《座談会》思春期の問題に悩んで 5
◇通勤寮の哀歓 中村健二(千葉県日向弘済学園長) 16
◇精神薄弱者の結婚について 池田太郎(滋賀県信楽学園長) 22
◇働く精神薄弱者のためのアパート おおいせいきち(東京都養育院千葉分院内) 25
◇島田療育園を見て 芹沢春江 26
◇《地区の会活動》地区の会活動のすすめ方(全国研修会報告つづき) 芹沢春江 28
◇《親の会紹介》運営上の問題点とその実際について 土屋博(静岡県蒲原町手をつなぐ親の会) 30
◇精神薄弱者愛護月間と第三回精薄者愛護全国大会 33
◇《東西南北》 34
 ・中央児童福祉審議会委員かわる
 ・総理府に心身障害児対策連絡会議設置
 ・各領域専門家で日本精神薄弱研究協会結成
 ・心身障害者保険扶養制度の開始
 ・コロニー松花苑
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 37
◇第一回コロニー建設推進懇談会開催 38
◇総合施策をもとめて――全国特殊教育振興協議会の記 40
◇昭和41年駈け歩きの記(六月~七月) 仲野好雄(専務理事) 43
◇私も子を亡くなりました 泉崎ヨシ(前橋手をつなぐ親の会) 48

>TOP

■No.126~130

『手をつなぐ親たち』No.126(ちえおくれの子らの指導誌) 19660915

◇なりよりも世の理解を 古橋金一(名古屋手をつばぐ親の会連合会精薄相談所相談員) 2
◇劣等感からの解放 高原俊則(広島県教育委員会指導主事) 4
◇楽しいパン工場――ちえおくれの子らを雇用して 小田島力蔵(埼玉県浦和市職親) 7
◇一石坊やの夏休み――父母でつけた生活記録 (父)横山四郎(母)横山滋子(東京教育大学付属大塚養護学校幼稚部) 10
◇一石坊やの夏休み――父母でつけた生活記録 (解説と感想)小林久利(東京教育大学付属大塚養護学校幼稚部) 18
◇共同募金(10月1日)赤い羽根のはたらき 20
◇みんなで読み行動に移しましょう――昭和42年各省予算要求の概要と今後の課題 仲野好雄(専務理事) 21
◇《資料》心身障害者福祉総合対策(昭和四十一年七月) 全国社会福祉協議会心身障害児福祉協議会総合対策小委員会 27
◇《東西南北》 30
 ・精薄施設は著しく不足 行政管理庁、福祉事業改善で勧告
 ・精薄者を公園係に採用――岐阜市
◇親亡き後の愛情と経済の保障のために 32
 神戸市の『心身障害者保険扶養制度』と全国社会福祉協議会の『精神薄弱者福祉財団の構想の要約』
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 40
◇北海道大会の記(8月12~14日、小樽市にて) 仲野好雄(専務理事) 41
◇昭和41年駈け歩きの記(七月~八月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇折鶴らん 吉池賢之(広島県三原市立第二中学校長) 48

『手をつなぐ親たち』No.127(ちえおくれの子らの指導誌) 19661015

◇文字学習に入るまでの家庭の指導について 梅沢雄一(東京学芸大学付属養護学校教頭) 2
◇信楽町における民間下宿の活動について 池田太郎(滋賀県信楽学園長) 11
◇寺田君がんばれ――特殊学級を担任して10年 深田義平(三重県名張育成園) 14
◇こんなに変わった 17
◇《親の会活動から》胸の中の靄よ早く晴れよ 古橋金一(名古屋手をつばぐ親の会連合会精薄相談所相談員) 18
◇重度盲精薄者の保護を 西原正則(滋賀県彦根市彦根学園園長) 20
◇重複障害児はどのくらいいるか――厚生省身体障害児実態調査(昭和40・8)から 25
◇乳離れの大切なこと――草の実学園に学ぶ長男 仁木秀子(徳島県精神薄弱者育成会小松島支部) 26
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 31
◇ひとりごと 大井清吉(東京都養育院千葉分院) 32
◇施設の子 鈴木政信(栃木県せせらぎ学園) 33
◇NHK総合テレビ特殊学級たのしい教室番組放送時間 33
◇第2回誕生日ありがとう運動のつどい 秋本美重子(兵庫県手をつなぐ親の会) 34
◇吉田光延マジック絵画展お知らせ 35
◇《映画のおすすめ》子どもは待っている『愛の奇跡』(アメリカ映画) 36
◇《本のおすすめ》『子どもと脳の病気』 群馬県精神薄弱者育成会 39
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 39
◇昭和41年駈け歩きの記(八月~九月) 仲野好雄(専務理事) 40
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会創立15周年記念全国大会のお知らせ 47
◇健康保険のこと 松南敬子(東京) 48

『手をつなぐ親たち』No.128(ちえおくれの子らの指導誌) 19661115

 全日本精神薄弱者育成会創立15周年記念特別号
◇《詩》大きな夢をもとう 嶋沢忠義(愛知) 1
◇創立15周年記念大会を迎えて 徳川義雄(理事長) 2
◇この子らを世の光に 糸賀一雄(滋賀県近江学園長) 4
◇十五年の反省と将来へのビジョン 仲野好雄(専務理事) 9
◇育成会十五年の歩み――中央の動きを中心に 15
◇《東西南北》 27
 ・第60回中央児童福祉審議会総会開かる
 ・東京都の心身障害者福祉作業所(都立)
 ・東京都・精薄児者のバス購入に援助
◇《声》谷間を埋める 野島克実(大阪育成会事務局次長) 30
◇《声》親のみなさん 市瀬倫子(早稲田大学文学部学生) 32
◇《声》精薄児の里子と共に 菅波貞光(福島県平市里親) 33
◇《ブロック大会》第六回中国大会の記(10月7~8日、岡山市にて) 34
◇《ブロック大会》第六回東北大会(10月9日、青森市にて) 36
◇《ブロック大会》第五回近畿大会(10月15日、大津市にて) 38
◇《資料》都府県育成会概況・ブロック大会決議事項(昭和41・10・1現在) 40
◇《資料》育成会創立以後に於ける精神薄弱対策の推進状況一覧年表 42
◇昭和41年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 46

『手をつなぐ親たち』No.129(ちえおくれの子らの指導誌) 19661215

 全日本精神薄弱者育成会創立15周年全国大会報告号
◇私たちの努力目標 1
◇職場指導の要点 2
◇精神薄弱者(児)のしあわせについて(1)――第七回精神薄弱者育成会秋田県大会講演から 田村一二(滋賀県一麦寮長) 6
◇訪問日誌より 科野泰子(大阪育成会訪問指導員) 10
◇くるみ談義(その1) 池田雨石 12
◇全日本精神薄弱者育成会創立十五周年全国大会 常陸宮妃殿下のお言葉 13
◇十五周年記念全国大会を顧りみて 仲野好雄(専務理事) 14
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会創立十五周年記念全国大会 感謝状・表彰状贈呈者名簿 18
◇《祝辞》 大坪保雄(衆議院社会労働委員代理社会労働委員会理事) 20
◇《祝辞》 石井光次郎(法務大臣) 20
◇《祝辞》 有田喜一(文部大臣) 21
◇《祝辞》 鈴木善幸(厚生大臣) 22
◇《祝辞》 山手満男(労働大臣) 23
◇《祝辞》 森清(総理府総務長官) 24
◇決議 25
◇精神薄弱者対策促進強化についての陳情書 26
◇《ブロック大会》第五回近畿大会(つづき)(10月15日、大津市にて) 28
◇《ブロック大会》第六回四国大会(10月22~23日、松山市にて) 29
◇《ブロック大会》ブロック大会所感 仲野好雄(専務理事) 31
◇《資料》ご相談は都府県精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)へどうぞ!(昭和41.8.20現在) 32
◇第4回日本特殊教育学会から 33
◇第5回精神薄弱教育研究全国大会から(10・20~22、長野市にて) 35
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 37
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 38
◇《解説》経済福祉について 39
◇七〇三号法廷証人になって――精薄者の社会復帰について 一父親は想う 武沢静雄(鹿島育成園恵松会長) 41
◇貸出用フィルムのご案内 記録映画「この子らのために」 44
◇年令制限 福山静子(東京) 46
◇昭和41年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 47
◇創立十五周年記念大会をほめる 中野庄蔵(新潟県高田市親の会) 48

『手をつなぐ親たち』No.130(ちえおくれの子らの指導誌) 19670115(昭和42年)

◇《この人を見よう》安西愛子さん 小松原次郎(岡山県育成会) 2
◇《この人を見よう》頭のよくなる仏様 伊藤方文(名古屋市あさみどりの会) 3
◇《この人を見よう》まじめに働く人に 若井やよい(新潟県小千谷市小千谷中学校「青空」より) 6
◇新しい年を迎えて 徳川義雄(理事長) 7
◇飛躍の年を迎えるに当って 仲野好雄(専務理事) 8
◇十五年の反省と将来へのビジョン 仲野好雄(専務理事) 9
◇くるみ談義(その2) 池田雨石 13
◇精薄児の職業自立のために(その一)――精薄児の雇用を目標とする職業訓練 水野甚市(愛知県高浜職業訓練所長) 14
◇ぼくにもできる――作品展によせて 中村健二(千葉県日向弘済学園長) 19
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 22
◇精神薄弱者福祉審議会議厚生大臣に意見具申 23
◇精神薄弱者福祉対策の推進について(中間意見) 24
◇精神薄弱者福祉に関する法制の整備について(意見) 25
◇みのり村コロニー(大分県) 29
◇中央児童福祉審議会も意見具申――第61回中央児童福祉審議会総会報告 30
◇国立心身障害者コロニー計画案のあらまし――国立心身障害者コロニー建設推進懇談会の総会 36
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 42
◇手つづきなさいましたか――所得税の障害者控除 精薄者全部に適用 43
◇ひとりの子ももれなく 44
 ・心身障害児対策促進大会開かる
 ・全国心身障害児者父母の会協議会生まる
◇昭和41年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇精薄用語の基礎知識 小暮金雄(神奈川県逗子市逗葉育成会) 48
 ・アイキユー
 ・コロニー
 ・セイハク
 ・パネル・ディスカッション

>TOP

■No.131~135

『手をつなぐ親たち』No.131(ちえおくれの子らの指導誌) 19670215

◇《声》ある夜の出来事 岡田みやこ(大阪府豊中手をつなぐ親の会) 2
◇《声》特殊学級のあり方について 児玉恵徳(兵庫県明石市手をつなぐ親の会) 3
◇精薄児の職業自立のために(その二)――精薄児の雇用を目標とする職業訓練 水野甚市(愛知県高浜職業訓練所長) 4
◇特殊学級の同窓会――岐阜県大垣市立南中学校特殊学級の場合 掛樋良造・藤村文雄(岐阜県大垣市立南中学校教諭) 11
◇おめでとうございます!糸賀一雄先生、田中正雄先生の受賞 15
◇私の越えてきた道 都築としこ(愛知県刈谷手をつなぐ親の会) 16
◇一九六七年版「精神薄弱者問題白書」できる! 全日本特殊教育連盟・日本精神薄弱者愛護協会・全日本精神薄弱者育成会共編 23
◇私は訴える 小立栄三郎(島根県小松市手をつなぐ親の会) 24
◇精神薄弱者の雇用促進対策 萩野宣雄(兵庫県摂幡福祉事務所保護課長) 26
◇親なき後の愛情と経済の保障のために(2)――栃木県足利市社会福祉協議会の重症心身障害者援護制度 28
◇東京都に養護学校増える 第二次募集があります 30
◇社会福祉事業振興会に施設経営の相談室開設される 30
◇北から南跳び歩き 渡辺重臣(北海道旭川手をつなぐ親の会) 31
◇昭和42年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 22
◇土と火と子どもたちの作品展――神戸樅の木学園児童作品展開催のお知らせ 48

『手をつなぐ親たち』No.132(ちえおくれの子らの指導誌) 19670315

◇わが子を見つめて 田代小学校在級児の母(宮崎県日向地区手をつなぐ親の会) 2
◇《詩》歩み、進もう 内山良男(新潟県小千谷市小千谷中学校) 3
◇精薄児の職業自立のために(その三)――雇用を目標とする精薄者の職業訓練 水野甚市(愛知県高浜職業訓練所長) 4
◇はじめての青年学級 東京教育大学付属養護学校 10
 ・かえるぼくのあしがとてもおもくかんじる M.S(昭40中卒) 10
 ・とにかくたのしかった I.S(昭36中卒) 11
◇昭和42年度の活動方針きまる――春の総会の報告 仲野好雄(専務理事) 12
◇私たちの決議陳情は42年度の国の予算にどのように実現したか 18
◇教育つれづれ草 池田太郎(滋賀県信楽学園長) 21
◇全国特殊教育振興協議会のご案内 25
◇全国民生主管部局長会議から 26
◇東西南北 30
 ・横浜市児童福祉審議会横浜市長に精薄児・者に綜合対策を答申
 ・東京都の重症・重度心身障害児者施設
 ・神奈川県児童医療福祉財団創立される――同財団の「概要」から
◇東京都精神薄弱養護学校PTA連合会の発会に思う 仲野好雄 38
◇NHK厚生文化事業団精薄児者福祉実践記録入賞者発表 40
◇昭和42年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 42
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 43
◇昭和41年度総目次 44
◇《本のおすすめ》「太陽に叩く」 広本肇(著) 47
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 48

『手をつなぐ親たち』No.133(ちえおくれの子らの指導誌) 19670415

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》東京タワーに登って考えたこと 刈谷正子(千葉県山武郡大網町手をつなぐ親の会) 2
◇この子らをより高く 佐々木堅(東京都育成会) 4
◇今年の私の目標 平沢玲子(新潟県小千谷市小千谷中学校、二年生) 8
◇目のつけどころ六ヶ条  9
◇精薄児の職業自立のために(その四)――雇用を目標とする精薄者の職業訓練 水野甚市(愛知県高浜職業訓練所長) 11
◇子どもはこうして迷い子になりました 小松藤代(大阪府吹田市親の会) 18
◇《子どもはのびる》わが子、就業十年の生活と行動 清水誠次(東京都杉並親の会) 22
◇精神薄弱者(児)に「愛の手帳」を交付――東京都民生局 25
◇私の訴えを聞いてください。重い障害の娘の生理に困りはてています 見染真佐子(鳥取県八頭郡) 26
◇精神薄弱の人の真の幸福はどこに 妹尾正 28
◇記事の書き方――親の会の活動の手引(1) 30
◇私たちの努力目標 32
◇特殊学級の普及について 教育モニターはこう答えた 文部省大臣官房総務課の報告から 33
◇放送テープをみんなで聞きましょう(1) 40
◇昭和42年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇事務局だより 48

『手をつなぐ親たち』No.134(ちえおくれの子らの指導誌) 19670515

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇地域において精薄者の福祉をたかめるの努力 渡辺実(八幡学園主事・本会常務理事) 2
◇母親と子どもを結びつける相互の愛情が家庭の主要な切札です(国際精神薄弱者連盟会議=1963.10ブラッセルに開催でのルネ・ボルトレイ博士の演説の要旨) 5
◇親の踏む三つの段階 9
◇《座談会》家庭での育てかたはこれでいいか 10
 ・この子が生まれてから今日までの歩み
 ・子どもの気持ち、子どもの要求をこうして知る
 ・子どもの日常の活動で気づいたこと
 ・子どもを見る目はいつごろからできたか
 ・近所や親類との間の喜びと悲しみ
 ・きょうだいについてはこんなふうにしている
 ・父親の立場からつくづく考えること
◇女性の生理の指導はこうして 伊藤美佐子(国立秩父学園指導員) 23
◇しあわせ 加地良子(岐阜県陶技学園親の会) 27
◇音楽を子どもの治療に役立てよう――音楽治療の開拓者、ウイリアム・ロブゾン夫人(66才)が来日しました 28
◇《私の体験》児童相談所の「はげまし会」が終わりました。
 もっと近所に、もっとたくさん「はげまし会」がほしいです 浅倉くみ子(神奈川県大和市) 30
◇「はげまし会」について 及川次郎(神奈川県相模原児童相談所) 32
◇私たちの努力目標 34
 軽い者は社会自立させましょう
 重い者には温かい保護を与えましょう
 親なき後の保障を確立しましょう
 発生予防と早期対策を促進しましょう
◇静かにまばたく鎌倉手をつなぐ親の会 安達喜美子(鎌倉手をつなぐ親の会副会長・鎌倉清和学園園長) 35
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 39
◇PR活動の実際――親の会の活動の手引(2) 小堤良造(東京・文京区手をつなぐ親の会) 40
◇《歌》手をつなぐ子ら 椎谷正樹(作詞)・小林哲郎(作曲) 42
◇この灯は消えず 42
◇時の動き 43
 ・学令前のちえおくれの幼児を集団保育してしつけましょう
 ・自閉症児の親の会が設立されました
 ・神戸・樅ノ木学園の園児らの作品による陶芸展が新宿で開かれました
 ・地域的なバランスのとれた特殊教育の振興をはかろうとする計画――文部省の特殊教育推進地区
 ・次のような児童福祉法の改正案が国会に提出されています
◇昭和42年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇事務局だより 48

『手をつなぐ親たち』No.135(ちえおくれの子らの指導誌) 19670615

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇精薄児をもつ家庭での父親の役割 小宮山倭 2
◇NHKラジオ「精神薄弱児のために」放送番組表 4
◇《座談会》子どもの気持ちがわかっていますか――家庭で困ることをめぐって 5
 ・はじめに――私の子どもは
 ・困っていること
 ・教科書は子ども
 ・会社をやめたい
 ・むずかしいきょうだい関係
◇ひらきかけた窓 金沢四郎(東京都立八王子養護学校教諭) 14
◇《詩》参観日によせて 滋野アサ子(福島県いわき市) 23
◇古いノート 永田百々子(奈良県高田市片塩小学校特殊学級六年父兄) 24
◇ちえおくれの子にはその子相応の力をひき出してやり認めてあげましょう 26
◇結核回復者のためのアフターケアーセンター「精瀬園」を見学して 28
◇親の会の努力で収容授産施設ができるまで 木田佳馬(長崎県立光が丘学園親の会会長・社会福祉法人長崎慈光園理事) 29
◇いばらの道は手をつないて 小立栄三郎(島根県松江市手をつなぐ親の会) 34
◇私たちの努力目標 36
 軽い者は社会自立させましょう
 重い者には温かい保護を与えましょう
 親なき後の保障を確立しましょう
 発生予防と早期対策を促進しましょう
◇重症心身障害者に出張判定 東京都精神薄弱者更生相談所 36
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 39
◇PR活動の実際――親の会の活動の手引(2) 小堤良造(東京・文京区手をつなぐ親の会) 40
◇《短歌》薄幸の子と言う勿れ 西村悦子(岩手県氣仙郡三陸町立越喜来小学校特殊学級担任) 37
◇時の動き 38
 ・都立立川養護学校が開校しました
 ・第4回重症心身障害児(者)を守る会全国大会が開かれました
 ・長野県立精神薄弱者コロニー建設計画(案)できる
 ・東京都心身障害者福祉センターの建設始まる
 ・神戸市立あけぼの学園が発足
◇《詩》おかあちゃん 藤沢薫(新潟県小千谷市小千谷中学校一年特殊学級生徒) 41
◇重症心身障害児対策の振興を――全国重症心身障害児(者)を守る会の要望書 42
◇昭和42年駈け歩きの記(四月~五月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇精薄児の職業訓練の重要性について 皆川正雄(新潟県西蒲原郡吉田町手をつなぐ親の会) 48

>TOP

■No.136~140

『手をつなぐ親たち』No.136(ちえおくれの子らの指導誌) 19670715

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》私の望み 大泉敦子(新潟県燕市・中学二年) 2
◇《親と子の座談会》日曜日はたのしいですか――働く子どもの生活と意見をめぐって 4
 ・休みの日をなにをしていますか
 ・職場の人とのおつきあいは
 ・どんな映画です?
 ・おこずかいはどうですか
 ・親の目からみると
 ・給料はどうしていますか
 ・家庭と職場でのしつけについて
 ・教えるのじゃなくて話し相手に
 ・ほんとうに休みたいです
◇《私の体験》子どものふらふら歩きが 鶴岡もと(東京墨田区親の会) 15
◇《私の体験》こころ「親と子と兄姉と指導員」 武沢静雄(鹿島育成園恵松会=親の会会長) 21
◇《私の体験》この子の幸せを求めて 斎藤元子(徳島県小松島市家庭児童相談員) 24
◇《詩》おかあさんの顔 辻村あつみ(16才、三重県名張育成園) 27
◇視野を広げましょう――子どもたちのしあわせを考え、勇敢な闘士となりましょう 仲野好雄(専務理事) 28
◇特殊青年学級をたずねて 松沢妙子(東京都育成会会員) 32
◇《本のおすすめ》『はなたれぼとけ』 田村一二(著) 36
◇時の動き 38
 ・東京都練馬区の旭出学園さつき寮の落成式が挙行されました
 ・心身障害児者総合基本法の制定を研究――全社協・心身障害児福祉協議会
 ・特殊教育推進地区がきまりました(文部省)
 ・職場適応訓練が精神薄弱者にも適用されます(労働省)
 ・相談事業に補助金100万円(北海道育成会)
◇昭和42年度精薄関係施設整備の補助金 42
◇《お知らせ》『仲良し年賀絵はがき』の全国実施について 44
◇昭和42年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 47
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.137(ちえおくれの子らの指導誌) 19670815

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》ひできのひとりごと 大杉茂裕(兵庫県育成会) 2
◇《研修会報告》親の会の相談協力事業をどうすすめるか 4
 ・鎌倉の心配ごと相談
 ・北海道の巡回相談
 ・石川県の親の相談員活動
 ・大阪の多角的な相談事業
 ・報告をめぐって
◇《研修会報告》親の会の相談の扱い方について――第1分科会 13
◇《研修会報告》重複重症幼児の問題について――第2分科会 15
◇《研修会報告》特殊教育卒業後の問題について――第3分科会 24
◇秩父学園見学記 西谷芳子(石川県金沢市手をつなぐ親の会) 27
◇母と子 佐藤セツ(新潟県小千谷市手をつなぐ親の会) 29
◇《詩》ひげ くさのひろかつ(14才、いわき市立あさひか丘学園精薄児通園施設) 30
◇《詩》カレー くさのひろかつ(14才、いわき市立あさひか丘学園精薄児通園施設) 31
◇静岡県手をつなぐ親の会事務局をたずねて 32
◇わたしの場合 浮谷喜恵(千葉県市川市立平田小学校特殊学級父兄) 37
◇入浴による生活学習 佐伯丈右衛門(神奈川県川崎市中島小学校長) 38
◇時の動き 41
 ・児童福祉法・特別児童扶養手当法・精神薄弱者福祉法が一部改正されました
 ・特殊教育推進地区連絡会議開催(文部省)
 ・「精薄問題議員連盟」結成に決まる
 ・心身障害児対策連絡会議幹事会開催(総理府)
 ・全国(精薄)養護学校PTA連合会発足
 ・千葉県立袖ヶ浦福祉センターの概要
 ・予算対策運動の動き
◇昭和42年駈け歩きの記(六月~七月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 47
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.138(ちえおくれの子らの指導誌) 19670915

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》職親様を叩いた健司 井戸本憲子(兵庫県姫路手をつなぐ親の会) 2
◇《座談会》他人の眼は冷たいか、それは精薄者や親をどう見ているか 大野智也・小島蓉子・加藤芳枝 4
◇《私の体験》福祉司の目からみて 徳永チヅ(東京都精神薄弱者福祉司) 9
◇《私の体験》重度・重症児の家庭での介護 小堤良造(東京・文京区手をつなぐ親の会) 15
◇《9月の問題》社会の理解を進めるためにわれわれはいかにあるべきか 24
◇《私の体験》私はいまこの子に感謝せすにはいられない 白岩徳司(石川県小松市立芦城小学校特殊学級父兄) 26
◇《詩》ねむの花 岡嶋清香(岡山市育成会会員) 29
◇はるな郷をたずねて 30
◇NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞 33
◇山本良比古君の作品展が開かれました 34
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 38
◇心身障害児(者)関係43年予算概算要求大要 39
◇《本のおすすめ》『一企業における精薄者の就労実態とその考察』 42
◇昭和42年駈け歩きの記(七月~八月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.139(ちえおくれの子らの指導誌) 19671015

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》司とプリン にしお きおのぶ(千葉県市川市手をつなぐ親の会) 2
◇《座談会》べんきょうはこれでいいのでしょうか 4
 ・これが悩みです
 ・どう考えたらいいか
◇《私の体験》ボランティアとして思う 千田日出夫(東京都青梅市大門) 13
◇《私の体験》水遊びは学園プールで こうしてプールができました 浦門弥(新潟県長岡市立柿が丘学園園長) 16
◇《私の体験》わかってはもらえないだろうな おおい せいきち(東京都養育院千葉分院) 18
◇《詩》ちびっ子たち 林田英利(14才、福岡県北九州市立八幡養護学校) 21
◇《10月の問題》施設について考えたいこと 22
◇第16回全日本精神薄弱者育成会全国大会は大阪で 26
◇重い心身障害児者家庭のためのホームヘルパー制度について 山田澄江(東京都文京区ホームヘルパー) 27
◇《詩》秋ふかし 佐藤セツ(新潟県小千谷市手をつなぐ親の会) 30
◇千栄子ちゃんが笑った 栗原暉子(東京都旭出学園母の会) 31
◇島田療育園をたずねて 三好誠三(明治学院大学社会学部社会福祉学科二年) 32
◇時の動き 35
 ・新しい制度(相談員・家庭奉仕員)が生まれようとしています
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 38
◇北海道大会の記(於苫小牧市) 39
◇《本のおすすめ》『心身障害者のためのコローに論』 矢野隆夫(著) 42
◇昭和42年駈け歩きの記(八月~九月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇全日本特殊教育研究連盟の第六回精神薄弱教育研究全国大会案内 47
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.140(ちえおくれの子らの指導誌) 19671115

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》みんなで力を合わせて 清水恵美子(兵庫県尼崎市手をつなぐ親の会) 2
◇さあ、きょうからさっそく始めましょう!(機能訓練) 神奈川県横浜市児童相談所 4
◇子どもはこうして育っている――第六回近畿ブロック精薄福祉大会「体験発表」から 野島克実(大阪精神薄弱者育成会) 10
◇《音成音頭》握手だ 拍手だ 脇田悦三作 17
◇親は気らくにしよう 家庭を明るくするには 重田定正(東京都精神薄弱者育成会顧問) 18
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 21
◇《11月の問題》ひっこみ思案は諸悪の源――家族の精神衛生 22
◇障害者本位の総合的な対策を――精神薄弱者愛護全国協議会から 24
◇《詩》春遠い道 滋野アサ子(福島県いわき市) 29
◇昭彦のこと 難波容子(岡山県岡山市) 30
◇所得税の障害者控除の方法が変わりました 31
◇就職させて、はや三月 岩瀬と免(東京都港区) 32
◇精神薄弱者愛護全国協議会の決議 34
◇《短歌》幾歳瀬も 園部みね(群馬県高崎市大橋町) 35
◇おちついた子どもたちを見て思うこと――信楽学園十五周年を迎えて 北村信雄(滋賀県立信楽学園児童指導員) 36
◇沖縄の視察報告 39
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 43
◇第七回東北ブロック大会の記 仲野好雄(専務理事) 44
◇昭和42年駈け歩きの記(九月~十月) 仲野好雄(専務理事) 46

>TOP

■No.141~145

『手をつなぐ親たち』No.141(ちえおくれの子らの指導誌) 19671215

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》こどものくに 安藤仁(東京都品川区立浜川中学校特殊学級三年) 2
◇《声》こどもの国へいったとき 宮内清司(東京都品川区立浜川中学校特殊学級一年) 3
◇《座談会》親のない後、どうしたら安心できるでしょうか 4
 ・なぜ親のない後が心配か
 ・まず、ほしいのは理解者
 ・お金があるに、越したことはないが…
 ・もれる人のないように
 ・親の会の役割
◇冬休みの日記――文集“はぐるま”より 小川純一・藤澤薫(新潟県小千谷市立小千谷中学校特殊学級一年) 9
◇親なきのあとの問題を考えましょう 徳永チヅ(東京都精神薄弱者福祉司) 10
◇《短歌》貧しさは 橋本とき江(大阪府和泉市) 15
◇《ある家族会議から》就職した子どもを家族みんなで支えて――兵庫県明石市加藤さん宅にて 16
◇《12月の問題》しあわせの保障について 20
◇友だち 小林久子(東京都品川区立中延小学校二年生の母親) 22
◇真理子はこうして通学できるようになりました 花田教幸(香川県坂出市林田町) 26
◇この子らを拝む親たち 池田太郎(滋賀県信楽学園園長) 29
◇保険扶養制度のあらまし 32
◇九州大会(於宮崎県)(08.09-08.11) 37
◇東海大会(於四日市市)(09.09-09.10) 40
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 42
◇精神薄弱者対策議員連盟の結成とその後 43
◇昭和42年駈け歩きの記(十月~十一月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇事務局だより 48

『手をつなぐ親たち』No.142(ちえおくれの子らの指導誌) 19680115(昭和43年)

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》勇気ある親たち 小若和子(岡山市精神薄弱者育成会) 2
◇《特集》こどもの育て方、歩む道を考えましょう 4
◇子どもの天分をみつけよう――第十六回全国大会記念講演より 松田道雄 22
◇《1月の問題》「手帳」の問題について 24
◇こんなになった――子らの成長記録 小沢正子(秋田県北秋田郡鷹巣町立鷹巣小学校特殊学級担任) 26
 ・《作品》おかあさん 成田英子(六年生)
 ・《作品》おかあさん 小松英明(六年生)
◇障害者の町、ベーテルを訪ねて 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会) 28
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 31
◇福祉司としての喜び 前田英(東京都世田谷福祉事業所・精神薄弱者福祉司) 32
◇この会旗の下に第16回全国大会を大阪に開催 35
◇研修会のあらまし 37
 ・第1分科会「母子指導」
 ・第2分科会「特殊教育」
 ・第3分科会「施設」
 ・第4分科会「職業指導と授産」
 ・第5分科会「コロニー及び親なき後の保障」
 ・全体会「親たちは何を望み何をなすべきか」
◇精神薄弱者福祉審議会が「当面推進すべき精神薄児弱者福祉対策について」意見具もうしました 44
◇昭和42年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇事務局だより 48

『手をつなぐ親たち』No.143(ちえおくれの子らの指導誌) 19680215

◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《特集》卒業を前にして就職を考える――家庭ではどのように子どもを支えてやれるでしょうか 2
 ・卒業を前にして 坂井田信子(岐阜大学教育学部付属中学校三年生父兄) 3
 ・就職二年目のわが子 松沢妙子(東京都育成会) 5
 ・通園施設の立場から――子どもの就職を前にして親に望む 丸山豊(京都市南区若杉学園) 7
 ・事業主は就職希望の子の親に何を望んでいるか 横山英郎(宮城県立光明養護学校職業指導主事) 9
 ・子どもの就職を支えるもの 中村謹爾(山形県鶴岡市立第三中学校特殊学級担任) 11
 ・卒業を前にした親たちへ 林武幸(東京都渋谷区ハヤシフルーツ専務取締役)13
◇《詩》うんどうかい かみかわきょうこ(広島県三原市館町三原小学校二年) 16
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 17
◇就職後半年以内の問題行動から 加藤茂男(東京都八王子養護学校担任) 18
◇就職後の服装を考えてみましょう 入江良子(東京都八王子養護学校小学部担任) 22
◇我が子の結婚式を終えて 岩崎令子(高知県高知市) 26
◇この子らのしあわせとは――社會福祉法人あすなろ学園の実現 大友淑江(福岡県社會福祉法人あすなろ学園) 28
◇救――ある特殊学級の先生に捧ぐ母の歌 橋本寿恵(高知県須崎市手をつなぐ親の会) 33
◇厚生省・精薄児者実態調査の結果を発表 34
◇精神薄弱対策の現状と今後の方向(1)――精神薄弱対策の現状と反省 仲野好雄(専務理事) 36
 ・一、要旨
 ・二、軽い者は自立
 ・三、重い者には保護
 ・四、親なき後の保障と経済福祉
 ・五、発生予防と早期対策
◇昭和43年度の精薄関係予算 41
◇《詩》ネクタイ 石岡良行(広島県三原市館町三原二中二年) 44
◇昭和42年駈け歩きの記(十一月~十二月) 仲野好雄(専務理事) 45

『手をつなぐ親たち』No.144(ちえおくれの子らの指導誌) 19680315

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》母と子 滋野アサ子(福島県いわき市勿来町勿来第一小学校・親) 2
◇精神薄弱者と家族 徳永チヅ(東京都精神薄弱者福祉司) 4
◇「親なき後の問題」を考える――十二月号を読んで 高巣直子(東京都墨田区八広) 7
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 9
◇我が子の就職を一年目後に控えて思うこと 大多和貞子(東京都墨田区立本所中学校・親) 10
◇失った宝石 河村公恵(鳥取県倉吉市伊木) 15
◇為せぼ成る!この子たちに珠算教育を行い、大きな成果を挙げています 埼玉県飯能市立飯能第一中学校特殊教育研究部 16
◇精薄児の生命を守る請願 100万人署名運動について 20
◇偶感 樋口毅(和歌山県和歌山市鷹匠町) 23
◇精神薄弱者福祉対策に関する審議会意見 阿形栄一(厚生省児童家庭局養護課) 24
◇時の動き 30
 ・岡山市の保険扶養制度の改正点について 小松原次郎(岡山県精薄者育成会) 30
 ・福井県三国町に四二年七月、保険扶養制度が発足しました 大舎徳潤(福井県三国町社会福祉協議会) 31
 ・精薄者に職場適応訓練制度を適用 労働省 33
 ・精神薄弱者援護施設基準につき答申 厚生省 34
◇NHK厚生文化事業団精薄福祉賞第2部門精神薄弱研究奨励費贈呈者(昭和42年度) 34
◇精神薄弱対策の現状と今後の方向(2)――精神薄弱対策の今後の方向 仲野好雄(専務理事) 35
◇第15回精神衛生全国大会の公開討議から 40
◇NHK厚生文化事業団精薄福祉賞入選者が発表されました 42
◇昭和43年駈け歩きの記(一月~二月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.145(ちえおくれの子らの指導誌) 19680415

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《声》兄弟姉妹の役割 遠藤礼二(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会・神奈川県支部) 2
◇少年時代の育てかた――みんなで話しあう手がかりとして 5
◇成人式を迎えた長男 仁木秀子(徳島県精神薄弱者育成会小松島支部) 12
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 17
◇精神薄弱児とはこんな子どもです 18
◇私の歩んだ道 山本光治(静岡県磐田市手をつなぐ親の会) 19
◇司と桜 西尾清信(千葉県市川市手をつなぐ親の会) 22
◇精薄児の生命を守る請願 100万人署名運動 岡山県にて 25
◇ある日の会話より 田尻深雪(群馬県前橋市) 26
◇精薄児の生命を守る請願 100万人署名運動 大阪にて 28
◇《行事紹介》昭和42年度東京都品川区連合学芸会に参加して 鵜沼礼子(東京都品川区立浜川中学校特殊学級担任) 29
 ・《母親の声》連合学芸会を見て 村岡とみ・宮内充子 30
 ・《生徒の声》品川区連合会に参加して 伊藤恵子(一年) 31
◇北海道育成会の総会から 33
◇《今月の問題》まわりの子の態度 34
◇《解説》親に委託する精神薄弱者相談員制度はじまる 36
◇文集『なかよし』より――村上学級 高木たづ(仮名)(高知県香美郡吉川村吉川小学校特殊学級六年生) 41
◇全日本育成会の昭和43年度事業計画きまる 43
◇昭和43年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集部だより 48

>TOP

■No.146~150

『手をつなぐ親たち』No.146(ちえおくれの子らの指導誌) 19680515

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》こうして食べるようになりました――寄宿舎における食事指導から 追分記代美(東京都立八王子養護学校寮母) 2
◇つたなき母の歌 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 5
◇《特集》目・耳・鼻・口・手・指・足、身体のはたらきをたかめる遊びを工夫しましょう 6
◇職場をめざして 上田静子(石川県金沢市野町) 12
◇みたけ学園のたこ揚げ大会 高橋恒(岩手県盛岡市青山小学校みたけ学園分校)  14
◇担任の悩み 佐藤善士(岩手県大船渡市立大船渡中学校教諭) 15
◇芽を出したばかりの小さな作業所から 小沢愛子(東京都下東村山市) 16
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 18
◇《たより》ハワイを視察して 松原隆三 19
◇母の日 前川勝弘(佐賀県伊万里市立伊万里中学校二年) 20
◇おかあさんへ 松尾雅子(佐賀県伊万里市立伊万里中学校二年) 20
◇《講座》精神薄弱の原因 22
◇精神薄弱対策の今後に望む――全日本育成会研修会の講演から 菅修(国立秩父学園長) 24
◇《解説》福祉の面の処遇から見た精神薄弱者の実態――厚生省昭和41年度精神薄弱者実態調査結果報告から 編集部 28
◇精薄児の生命を守る請願 二九万二九八四人の署名と共に提出 36
◇親なき後のために国の調査研究はじまる 心身障害児福祉基金制度 37
◇障害福祉課発足 厚生省児童家庭局 37
◇地方だより――地方編集委員決まる 38
◇親の立場から願うこと 40
◇昭和43年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 41
◇昭和42年度総目次 44
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.147(ちえおくれの子らの指導誌) 19680615

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》困る行動について
 ・マコちゃんの成長 渡辺映子(千葉県市川市国分学苑苑長代理・指導部長) 2
 ・卒業生明君のこと 山本勝子(金沢大学教育学部付属養護学校教諭) 10
 ・博君のあゆみ 佐久間雪夫(千葉県東京都養育院千葉分院) 16
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 9
◇短歌 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 21
◇不用意な一言 高島敦子(佐賀県鳥栖市) 22
◇じしんのこと 小田桐ますゑ(青森県青森市立浪打小学校養護学級担任)・森ひろみ・はたひかつひこ 25
◇《今月の問題》重度脳性マヒ者ひとり旅行拒否事件について 26
◇《本の紹介》精神薄弱者問題白書(一九六八年版) 全日本特殊教育研究連盟・日本精神薄弱者愛護協会・全日本精神薄弱者育成会 共編 28
◇《映画紹介》成長の可能性を信じて『夜明け前の子どもたち』 財団法人大木会心身障害者福祉問題綜合研究所製作 30
◇時の動き 32
 ・児童福祉法施行20周年記念の児童福祉大会開かれる
 ・在宅の障害児対策に協働募金(赤い羽根)のり出す
◇地方だより 34
◇被災地からのたより――68年十勝沖地震の御見舞ありがとう 北海道育成会 37
◇成人のための施設の基準きまる――精神薄弱者援護施設基準(厚生省会第14号)5月10日に公布 38
◇短歌 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 44
◇昭和43年駈け歩きの記(四月~五月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集部だより 48

『手をつなぐ親たち』No.148(ちえおくれの子らの指導誌) 19680715

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》健康と病気
 ・よく見られる病気とその扱い方 松原太郎(石川県金沢市愛育学園長) 2
 ・子どもがお医者にかかりやすいようにするには 栗原今朝夫(東京都八王子甲の原学院) 6
 ・お母さんがつくり出す病気 伊藤隆二(神戸大学助教授) 9
◇参議院選挙おわる! 13
◇精薄者の村づくりにあたって 福沢三男(栃木県那須郡那須町幼な子の村) 14
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 17
◇母のねがい――この子と生きる 今西ケイ子(千葉県市川市平田町) 18
◇特殊学級を担任して 東坂豊(兵庫県西脇市立西脇中学校養護学級担任) 20
◇小松市立養護学校開校にあたって 臼岩徳司(石川県小松支部育成会副会長) 22
◇お医者さまにお願い 日比野公子(埼玉県朝霞市) 24
◇くつ下のできるまで 工藤秀勝(北海道札幌市立琴似小学校特殊学級小二) 25
◇忘れられた子ら――沖縄における精薄児の現状と対策 喜屋武章子(コザ中学校勤務) 26
◇《講座》精神薄弱の程度について 妹尾正(国立秩父学園指導課長) 30
◇《今月の問題》暑さを忘れる 重田定正(東京都育成会顧問) 34
◇《解説》職場で働く子らを守るために 36
◇昭和44年度国家予算への要望出揃う 38
◇地方だより 42
◇昭和43年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇第4回国際精神薄弱者協会連盟会議並びに欧州精神薄弱者施設視察旅行について 48

『手をつなぐ親たち』No.149(ちえおくれの子らの指導誌) 19680815

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》生活を楽しいものに
 ・《座談会》家庭をたのしく 大阪育成会 2
 ・小学校生活を親も子も楽しいものに――ちえおくれ、肢体・言葉の不自由にもめげず 白石和子(宮城県立光明養護学校教諭) 11
 ・やれた!という成功感を味わわせて――中学校の立場から 鵜沼礼子(東京都品川区立浜川中学校特殊学級担任) 14
 ・生活を楽しいものに――施設の立場から 渡辺実(千葉県八幡学園主事) 20
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 19
◇このごろ考えること 井村信行(香川県立養護学校教諭) 24
◇真澄 山口てる子(東京都大田区蓮沼中特殊学級の母) 29
◇《私の体験》楽しかった海水浴 吉川恭世(東京都東村山市親の会) 30
◇《今月の問題》自分の心を見直そう 小堤良造(東京都精神薄弱者育成会) 32
◇手をつなぐ親の会の唄 埼玉県精神薄弱児(者)育成会川口支部 34
◇9月は精神薄弱愛護月間です!――今年の主題は「しあわせをたかめる地域活動の振興」 36
◇地方だより 40
◇厚生大臣に対する心身障害児扶養保険制度についての調査研究報告 42
◇昭和43年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.150(ちえおくれの子らの指導誌) 19680915

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》地域福祉活動をめぐっての工夫
 ・銚子市における精神薄弱対策について 斎藤成治(千葉県銚子市立わかば学園長) 2
 ・ともしび会とボランティア 徳永チヅ(東京都精神薄弱者福祉司) 7
 ・くりのみ会訪問記 岡田津由子(東京都精神薄弱者育成会) 10
 ・ボランティアの会“つくしんぼグループ”から 12
 ・ドンちゃんとつくしんぼ 正村孝子(つくしんぼ会会員・東京都府中市) 14
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 9
◇日立市育成会館を訪ねる 16
◇施設にはいる娘 小畑忠一(青森県青森市浪打) 19
◇《研修会報告》 20
◇のりこ、がんばれ! 森田本次郎(千葉県精神薄弱者育成会) 24
◇園田厚生大臣の秩父学園訪問に伴って 岩間一郎(毎日新聞社内信部) 26
◇《講座》精神薄弱の見わけ方 菅修(国立秩父学園園長) 31
◇《今月の問題》親の会は地域福祉活動をどうすすめたらよいか 谷口憲郎(北海道手をつなぐ親の会) 34
◇放置されている精神薄弱児は二三万人 多様化と弾力性が必要な特殊教育 文部省昭和42年度実施調査報告を読んで 37
◇地方だより 43
◇昭和43年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集だより 48

>TOP

■No.151~155

『手をつなぐ親たち』No.151(ちえおくれの子らの指導誌) 19681015

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》どんな職場でどんな仕事をしているでしょう
 ・地場産業の職場で――陶芸作り 加藤忠男(岐阜県多治見市陶技学園園長) 2
 ・電気機器の工場でみんなに立ちまじって 滑川清雅(茨城県日立市手をつなぐ親の会会長) 6
 ・世の光はこの子らと共に――鋳造品製造工場で働く子ら 平尾潔(香川県高松市日本秤錘株式会社取締役労務部長) 8
 ・職場適応訓練制度の委託を受けて 小畑忠一(青森県精神薄弱者育成会) 12
 ・くつしたの町志方町に生きるこら 小林隅雄(兵庫県立赤穂精華園長) 16
 ・中華そば屋で成功した子どものケース 18
 ・逞しく土に生きよ――家族ぐるみで農業後継者を育てている記録 関勝太郎(新潟県小出町魚沼学園分校教諭) 20
 ・牧場の発展とともに 米川尚之(東京都八王子市甲の原学院主任指導員) 22
 ・職場に生きる喜び 安部歳夫(東京都八王子養護学校校長) 25
◇短歌 鈴木孝(東京都目黒区目黒本町) 11
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 24
◇短歌・・・施設のボランティアから 佐藤清次(東京都青梅市新町) 29
◇糸賀一雄先生の死を悼む 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会専務理事) 30
◇故糸賀一雄先生の密葬に参列して 仲野庄蔵(新潟県長岡市育成会) 32
◇精神薄弱児施設・同園通所施設入所児童の保護者の負担軽減の運動について 33
◇《今月の問題》在宅児(者)ホームサービスへの赤い羽根共同募金の配分をめぐって 小堤良造(東京都精神薄弱者育成会) 34
◇《資料》労働省の精神薄弱者職業訓練問題調査――一般学卒より定着率がよい 36
◇第八回東北ブロック大会 38
◇第七回九州大会 40
◇地方だより 42
◇昭和43年駈け歩きの記(七月~八月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.152(ちえおくれの子らの指導誌) 19681115

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》結婚――大人になってからの生活
 ・幸せ訪問記 西谷芳子(石川県金沢市) 2
 ・“結婚”に成功した例、失敗した例 保木賢雄(大阪市立難波養護学校校長) 9
◇関東甲信越ブロック大会に参加して 小宮山倭(全日本精神薄弱者育成会常務理事) 15
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 17
◇盲精薄児を持つお母さんへ――秩父学園盲精薄児10年のあゆみ 田ケ谷雅夫(埼玉県所沢市秩父学園教官) 18
◇働くちえのおくれの子をお励まし――美唄市の常陸宮ご夫婦 山本義中(東京都立青鳥養護学校事務長) 23
◇第5回精神薄弱者愛護全国協議大会報告 24
◇《今月の問題》精神薄弱者福祉司について 30
◇心身障害児扶養保険制度のその後について 33
◇《講座》精神薄弱の治療――治療教育 菅修(埼玉県所沢市国立秩父学園園長) 34
◇第十七回全国大会と研修会について 39
◇地方だより 40
◇昭和43年駈け歩きの記(九月~十月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.153(ちえおくれの子らの指導誌) 19681215

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》目・口・鼻・耳とお医者さま
 ・この子たちと目 湖崎克(大阪市立小児保健センター眼科) 2
 ・この子たちと口・歯 一色泰成(東京歯科大学講師・矯正科) 6
 ・精神薄弱児施設における耳鼻咽喉疾患 大和田健次郎(東京学芸大学特殊教育研究施設) 10
 ・お医者さんにかかるには 上條千鶴子(東京都八王子市養護学校養護教諭) 14
◇《詩》味 花田誠子(島根県立さざなみ学園保母) 5
◇《講座》四月からの学校生活にそなえて 金沢四郎(東京都立教育研究所相談部・特殊教育研究室) 18
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 21
◇アフターケアの一例――K君行方不明のこと 鵜沼礼子(東京都品川区立浜川中学校教諭) 22
◇安原学級の子どもと校長 大川勝重(栃木県佐野市立佐野小学校校長) 26
◇墨田区精薄児者授産所の発足から今日まで 岡田睦日(東京都墨田区育成会) 29
◇地域での就職の世話について 高見フミ(岩手県福岡地区手をつなぐ親の会) 30
◇第六回愛護協会全国大会金沢大会を終えて 本田他吉(石川県金沢市愛護学園) 35
◇《資料》精神薄弱者更生施設(成人)における重度精神薄弱者の処遇について
 ――重度精神薄弱者収容棟設置要領およびその設備運営について 36
◇《解説》所得税・住民税の障害者控除について 38
◇沖縄の精神薄弱対策を訴える民間の調査団を三団体で送ってください 屋宜宗一(沖縄精神薄弱者育成会常務理事) 39
◇地方だより 42
◇昭和43年駈け歩きの記(十月~十一月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.154(ちえおくれの子らの指導誌) 19690115(昭和44年)

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》子どもの一生を考えるために
 ・この子とともに十一年 上善幸枝(大阪精神薄弱育成会) 2
 ・こばと学級 前田清子(大阪府八尾市) 6
 ・校門の外の教室で 龍田善樹(三重大学教育学部付属小学校教諭) 8
◇《今月の問題》これからの特殊教育にのぞむ――文部省特殊教育総合研究委員会の中間意見をめぐって 16
◇《論説》長期計画の必要について 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会専務理事) 19
◇精神薄弱問題をみんなのものに① 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 24
◇《詩》雲 清藤睦子(岐阜県多治見市立陶都中学校・中二) 26
◇《詩》たけのこ 三宅一夫(岐阜県多治見市立陶都中学校・中三) 26
◇《詩》雪 間野稔(岐阜県多治見市立陶都中学校・中二) 27
◇《詩》雲 三宅一夫(岐阜県多治見市立陶都中学校・中三) 27
◇《詩》夕日 不動田勲(岐阜県多治見市立陶都中学校・中一) 27
◇全国精神薄弱者相談員研修会報告 28
◇第一七回全国精神薄弱者育成会全国大会報告 32
◇糸賀一雄先生追悼の辞 小宮山倭(全日本精神薄弱者育成会常務理事) 34
◇《講座》精神薄弱者の福祉(1)――児童について 戸田陽(厚生省児童家庭局障害福祉課) 37
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 39
◇第八回中国大会(10・17-18) 仲野好雄(専務理事) 40
◇第八回四国大会(10・10-20) 仲野好雄(専務理事) 41
◇第十六回精神衛生大会 仲野好雄(専務理事) 42
◇地方だより 44
◇昭和43年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇原稿募集・編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.155(ちえおくれの子らの指導誌) 19690215

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》老人になってから
 ・小さなしあわせを求めて――救護施設「優仁ホーム」を訪ねて 大野智也(日本短波放送制作部「精薄相談室」担当) 2
 ・常やんのこと――蒙古症でも長生きしている 藤川忠義(徳島県精薄愛育会) 5
 ・年をとった精薄の人たち 徳永チヅ(東京・精神薄弱者福祉司) 7
◇《短歌》 西谷芳子(石川県) 11
◇精神薄弱問題をみんなのものに② 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 12
◇《報告》沖縄八重山育成園から 13
◇《講座》精神薄弱者の福祉(2)――成人について 戸田陽(厚生省児童家庭局障害福祉課) 14
◇地方公共団体の扶養年金(保険)制度の現状――東京都を中心として 幾野信(東京都育成会) 17
◇こずかいの与え方とお金の指導 石毛すみ(東京都立青鳥養護学校教諭) 20
◇《短歌》 福井興子(高砂児童学園父兄) 25
◇《時の動き》年少幼児対策の強化について――中央児童福祉審議会の意見具申  26
◇昭和44年度精神薄弱関係予算のあらまし 27
◇《詩》てつぼう うおたにまさゆき(広島県三原小学校・三年生) 32
◇明るい笑顔を見てください 斎藤美智子(東京・国立市) 33
◇障害者対策基本法(案) 障害者対策小委員会 34
◇《声》きょうだいをもつ人と文通したい! 大泉敦子(新潟県燕市) 37
◇《本棚》愛と共感の教育――最期の講義 糸賀一雄 著 37
◇地方だより 38
◇新潟県心身障害児(者)総合施設について 中村与吉(新潟県) 40
◇《短文》夢 お弁当箱をあけたら 橋本鉄之(岐阜県多治見市立陶都中学校・三年生) 40
◇本誌表紙写真募集! 42
◇昭和43年駈け歩きの記(十一月~四四年一月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇原稿募集・編集だより 48

>TOP

■No.156~160

『手をつなぐ親たち』No.156(ちえおくれの子らの指導誌) 19690315

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《特集》きょうだい
 ・こころのあゆみ――ちえおくれの弟をもって 東幸代(兵庫県) 2
 ・きょうだいの結婚をめぐって――私たちのばあい 酒井佳子(東京都・全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 6
 ・全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会(B.Sつくし会) 10
 ・あるきょうだいの生きかた――一つの回想 大野智也 12
◇やまばと学園設立準備中 16
◇みんなであそぼう 神戸市立丸山学園発行『まるやま』から 17
◇《短歌》 伊田弘実(鳥取県米子市もみの木園) 17
◇精神薄弱問題をみんなのものに③ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 18
◇第十七回全日本精神薄弱者育成会全国大会記念講演――精神薄弱と遺伝 松末英(国立遺伝学研究所人類遺伝部長) 20
◇《短歌》池田八重子(埼玉県浦和市) 21
◇《時の動き》国の心身障害児扶養保険制度今年の10月から始まる 32
◇わたしはかけ出しの相談員 林東一郎(長野県塩田町) 34
◇入級をすすめて 壁は厚かったが 江口治一(佐賀県神崎郡千代田村中学校教諭) 35
◇ぼくは大工になった 明るく育つ特殊学級の数え子 佐久間イチ子(福岡市教諭) 36
◇《詩》卒業 滋野アサ子(福島県いわき市勿来第一小学校愛護学級父兄) 36
◇小学校卒業に当って思う 灘波容子(岡山市手をつなぐ親の会) 37
◇地方だより 38
◇大きかった感謝の反響 野村知利(長野県東筑摩郡) 39
◇昭和43年度総目次 40
◇昭和44年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 43
◇昭和43年度NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入選者のお知らせ 47
◇原稿募集・編集だより 48

『手をつなぐ親たち』No.157 19690415

 【特集:生活場面を考える】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》北海道旭川市 渡辺重臣 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》子どもを簡単に仕分けるな 小宮山倭(武蔵野音楽大学教授) 8
◇《特集》生活場面を考える
 ・幼児園・保育所――幼児グループの生活とねらい 稲吉千代(東京教育大学付属大塚養護学校幼児部) 10
 ・小学校――特殊学級のばあい 清水みゑ子(福井県坂井郡三国南小学校教諭) 16
 ・中学校――養護学校では 上野富市(福島市立福島養護学校校長) 20
 ・施設――群馬県つつじが丘学園を訪ねて 編集部 24
 ・社会へ子どもを送り出した後……(未完) 波多江初五郎(福岡市大濠養護学校教頭) 30
 ・家にいるばあい――相談機関を利用しよう 大竹太郎(東京都中央児童相談所診断指導課長) 34
◇《作品》わが子とともに 松田みちえ(兵庫県) 14
◇《短歌》和田芳子(栃木県) 19
◇《ニュース》「重い障害児のために」民放祭放送コンクールで銀賞!! 28
◇六方学園田中正雄園長の死を悼む 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会専務理事)29
◇母と子のクイズ 35(答えは41ページ)
◇児童相談所ではこんなことを頼めます 古橋金一(名古屋市手をつなぐ親の会連合会相談室) 35
◇活動する親の会 昭和44年度本会事業計画きまる 36
◇精神薄弱問題をみんなのものに④ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 40
◇下諏訪のおかあさんと 歳森貞美(手をつなぐ親たち編集部) 42
◇昭和44年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48

『手をつなぐ親たち』No.158 19690515

 【特集:あそび】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》三重県名張市 あゆみ(三重県育成会) 2
◇《まめじてん》脳性マヒとは 戸田陽(厚生省) 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》でっかい鯉のぼりを!! 渥美節夫(厚生省児童家庭局長) 6
◇《特集》あそび
 ・どんちゃんの生活を追って S・T 8
 ・遊具についてひとこと――遊具のデザインナー 和久洋三 12
 ・幼児グループとどんちゃん H・Y 13
 ・どんちゃんの生活を見て 16
 ・環境について――移転してから子どもが変わった 荒木潔(兵庫県甲山学園) 20
◇在宅児と親の集まりを開いて――杉並つくしんぼ会 歳森貞美 18
◇《本棚》『幼児期の再検討』 著者:堀要(名古屋大学教授) 19
◇《本棚》『育つための条件』 著者:杉田裕(東京教育大学助教授) 19
◇《講座》この子らのリハビリテーション 高橋彰彦(国立秩父学園医務課長) 22
◇幼児の施設――群馬県わたらせ養護園のねらい 25
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑤ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 26
◇《解説》施設へはいると、いくらかかるか?――その1 児童のばあい 28
◇私の気持ち 3人の母の手記――その1 今はしあわせ 吾郷房枝(出雲市立朝山小学校母の会だより) 30
◇《作品》 河合哲也(東京浜川中学校特殊学級) 31
◇私の気持ち 3人の母の手記――その2 ちえおくれの子をもって 浜田キミ子(岩手県育成会15周年記念大会で発表) 32
◇私の気持ち 3人の母の手記――その3 この子らに生きる喜びを 栃崎泰子(北海道砂川市手をつなぐ親の会) 35
◇《作品》私は名カメラマン 石田久美子(山口県白鳥学園保母) 37
◇《実状報告》沖縄における風疹障害児 戸田陽(厚生省児童家庭局障害福祉課) 38
◇《短歌》 鈴木孝(神奈川県愛甲郡) 40
◇親の会諸大会 その苦労とよろこび――長野県幹部研修会をかえりみて 五味源一(長野県手をつなぐ親の会会長) 41
◇《声》 42
 ・親の立場から通園の制度に思う 木下恵智(鳥取県米子市あかしや学園保護者)
 ・心身障害者の扶養制度年金について 秋野豊次(東京都府中市)
 ・農業は忙しいが 秋本美恵子(兵庫)
◇昭和44年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.159 19690615

 【特集:子どもの身になってみる】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》群馬県伊勢崎市 石原信二郎 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇絵はこころ? (東京板橋区立特殊学級連合展覧学芸会で) 5
◇《今月の問題》働くということ“楽しみこのなかにあり” 渡辺実(八幡学園主事) 6
◇《特集》子どもの身になってみる
 ・子どもの身になってみる 菅修(国立秩父学園園長) 8
 ・この子と一緒に 渡辺映子(千葉県市川市国分学苑指導課長) 10
 ・子どもの四つのねがい 熊谷チヨ(秋田県鹿角郡花輪町立花輪小学校教諭) 13
 ・あたりまえなことを気負けわずに…… 児玉純子(東京都江戸川区立葛西中学校教諭) 17
 ・働くものの身になってみると 細野一郎(日向弘済学園アフターケアーセンター) 19
 ・主張しない人の身になって――福祉司として思う 徳永チヅ(東京・精薄福祉司) 23
 ・《座談会》子どもの身になってみる 26
◇麻痺の子らと 浦野庄之助(和歌山市肢体不自由児施設愛徳整肢園) 22
◇《まめじてん》重症心身障害とは 戸田陽(厚生省) 34
◇《解説》施設へはいると、いくらかかるか?――その2 おとなのばあい 35
◇ちえおくれの遊具を創ってゆくなかで 和久洋三(フレーベル館企画室) 36
◇《講座》自閉症について 症状と治療 十亀史郎(三重県立高茶屋病院児童部長) 40
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑥ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 44
◇昭和44年駈け歩きの記(三月-四月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.160 19690715

 【特集:みのまわりのしつけ】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》鎌倉市 安達喜美子 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《特集》みのまわりのしつけ
 ・私の体験1――やればできるのだ!みき子はおしめがとれました 田辺美穂子 6
 ・まとめと助言1――親バカになろう:田辺さんの体験記を読んで 石川スミ(島田療育園児童指導員) 10
 ・私の体験2――ボタンかけに、むすこと泣いた 菅波チカ子 13
 ・まとめと助言2――子どものペースにあわせて:菅波さんの体験記を読んで 片山達夫(島田療育園児童指導員) 15
 ・教師の体験から――ひろしのおしっこ 矢野陽子(東京都立八王子養護学校教諭) 16
 ・どうしましょう集 20
◇《講座》栄養と体力をつけよう! 重田定正(東京都精神薄弱者育成会顧問) 26
◇《新刊紹介》『脳性まひ』 V.E.CARDWELL著・小池文英と田口恒夫 共訳 29
◇昭和45年度国家予算に対するわれわれの要求項目 30
◇《ニュース》
 ・県や市の福祉手当、今年の四月分から月二000円まで生活保護から差し引かれないことになりました。 32
 ・精薄対策の児童成人一元化、施設体制について審議始まる――中央児童福祉審議会精神薄弱児特別部会 33
 ・身体障害者雇用奨励金精薄者にも適用 33
 ・養護学校新設の強力な運動を地方当局へ! 33
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑦ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 34
◇すべての児童を同じ出発点に!特殊教育の基本的な施策のあり方について、報告分まとまる 36
◇《今月の問題》《座談会》これからの特殊教育のあり方について 文部省特殊教育総合研究調査会の報告をめぐって 40
◇昭和44年駈け歩きの記(四月-五月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

>TOP

■No.161~165

『手をつなぐ親たち』No.161 19690801

 【特集:ともだち――青年学級のこころみ】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》岐阜市 青木弘(岐阜市精神薄弱者育成会会報編集長) 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》夏休みは学校の延長ではない 大竹太郎(東京都中央児童相談所診断指導課長) 6
◇《特集》ともだち(青年学級のこころみ)
 ・なかまは社会に出てからも――青年学級のこころみ 大庭伊兵衛(都立立川養護学校教頭) 8
 ・続・社会へ子どもを送り出したあと… 波多江初五郎(福岡市立大濠養護学校校長) 14
◇《まめじてん》コロニーとは 戸田陽(厚生省) 13
◇《作品》帰省の夜 雪江よし子(日向弘済学園父兄) 17
◇学園プール 福永昭三(「まるやま」から) 18
◇イエルサレム会議の決定から 精神薄弱者人権言宣 寺田純一 訳 20
◇《座談会》これからの特殊教育のあり方 文部省特殊教育総合研究調査会の報告をめぐって② 22
◇《まめじてん》小児マヒ(ポリオ)とは 戸田陽(厚生省) 26
◇全日本育成会の研修会・理事会・評議員会開かれる 27
◇《新刊紹介》『‘69年版精神薄弱者問題白書』 全日本特殊教育研究連盟・日本精神薄弱者愛護協会・全日本精神薄弱者育成会 編 30
◇《本棚》『精薄児太平記』(室橋正明 著)・『特殊学級担任の記録』(望月勝久 著)・『ふれる・しみいる・わびる教育』(池田太郎 著) 31
◇《講座》精神薄弱の医学・社会対策 菅野重道(国立精神衛生研究所精薄部長) 32
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑧ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 36
◇全国重症心身障害児(者)を守る会 東京に療育相談センターを開設 38
◇《声》子どもと共に富士登山 刈谷正子 40
◇《声》楽しかった一日 河村公憲(鳥取県倉吉市) 42
◇《声》心身障害者の一日就職 中丸和夫(神奈川県高座愛甲福祉事務所精薄者福祉司) 42
◇《声》たくましい精薄児・者に育てよう 松本秀雄(兵庫県立のじぎく養護学校教諭) 43
◇スーちゃんは我が家の福の神 平野洋子(名古屋市みどり学園父兄) 44
◇昭和44年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.162 19690901

 【特集:べんきょう】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》福島県いわき市 羽柴達 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》働く喜びをいつまでも 登丸福寿(財団法人日本精神薄弱者愛護会会長) 8
◇《特集》べんきょう 10
 ・私は“べんきょう”をこう考える(1)在宅重症児訪問ボランティア学習活動から――社会的責任を負える人に 篠原慶弘(西神戸YMCA青少年センター主任主事) 11
 ・私は“べんきょう”をこう考える(2)父親から――なんでも自分で出来る子に 鈴木吉太郎(青鳥養護学校中学部二年父兄) 14
 ・私は“べんきょう”をこう考える(3)工場生産方式の中での学級から――根気と勤労の習慣を 加納ヒトミ(岐阜県羽島市立竹鼻中学校教諭) 16
 ・私は“べんきょう”をこう考える(4)小学校特殊学級の教師から――読み書きそろばんの前にすることが… 生野しづ子(東京都港区本村小学校教諭) 18
 ・勉強とは何か 『人間』の育成が基本――4人の御意見を読んで 小宮山倭(武蔵野音楽大学心理学教授) 20
◇この少年を捜して下さい!ちえおくれの子が行方不明 岐阜市精神薄弱者育成会 23
◇《かいせつ》知っておきたい労働基準法 原田豊治(池袋公共職業安定所援護係長) 24
◇しあわせを高める 地域活動を振興しよう(第6回精神薄弱者愛護月間および大会実施要綱) 26
◇《講座》パーソナリティと行動 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長)・鈴木田鶴子(親) 28
◇正しい理解とよき環境を!――ある精神薄弱者の性犯罪を省みて 関谷記(東京都杉並区精神薄弱者育成会副会長・弁護士) 32
◇《ニュース》 36
 ・調査結果と実施要項まとまる 国の「扶養保険制度」 36
 ・成立しなかった福祉四法案 強力な促進運動を! 38
 ・今年の「NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞」募集要項きまる 38
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑨ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 40
◇《本棚》『人間誕生――ある特殊教育の姿』(山本実 著) 三好誠三(明治学院大学社会福祉学科四年) 42
◇《まめじてん》フェニールケトン尿症 戸田陽(厚生省) 44
◇昭和44年駈け歩きの記(六月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.163 19691001

 【特集:地域に根づく】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》青森県三沢市 関しづ 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》世界に問い問われる姿勢 清水誠次(東京都杉並区手をつなぐ親の会) 8
◇《特集》地域に根づく 10
 ・団地のまんなかにある幼児通園施設――神奈川県青い鳥愛児園の役割と問題 編集部 10
 ・ある保健婦のあゆみ――心障児を知ってから 伊藤寿美ゑ(豊橋市保健婦) 15
 ・“杉の子学園”を拠点に親の会をつくって 原田之稔(会社員)・原田之操 16
 ・相談員日誌 大高良子(北海道育成会) 21
 ・地域の医師とともに 春山広輝(育成会会員、新宿区医師会心身障害児問題委員長) 24
 ・地域ぐるみの理解と援助活動を得る施設の試み 竹谷政男(大阪府立砂川厚生福祉センター所長) 27
◇《詩》落穂ひろい 中西靖世(大田区蓮沼中学校教諭) 20
◇《まめじてん》進行性筋ジストロフィー症とは 戸田陽(厚生省) 31
◇《講座》けいれん発作 水野隆(東北大学医学部小児科教室) 32
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑩ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 36
◇母子保健対策の推進――45年度各省重点施策・予算要求発表 38
◇《ブロック大会の報告》 40
 ・東海・北陸大会(7・20) 40
 ・北海道大会(7・26~27) 42
◇昭和44年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.164 19691101

 【特集:重いということ】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》福井県鯖江市 関しづ 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》語り合い、活動する 親の会に 本誌編集委員会 8
◇《特集》重いということ 10
 ・まさふみくん 10
 ・まさふみくんについて思いきり遊べる場を 誌上相談グループ 13
 ・ノブちゃんはこういう子です 14
 ・ノブちゃんについて自分からやるチャンスを与えて 誌上相談グループ 16
 ・この子たちの地域センター 18
 ・親の会活動で学ぶもの 加藤奈々枝(名古屋手をつなぐ親の会麦の会) 20
 ・困ること 22
◇《まめじてん》リハビリテーションとは 戸田陽(厚生省) 22
◇名古屋で会いましょう!第18回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会のお知らせ 23
◇神奈川県で始めた 在宅訪問指導 編集部 24
◇《講座》重度・重症ということ 岡崎英彦(びわこ学園長) 26
◇重い子のための対策 佃篤彦(厚生省障害福祉課) 30
◇《作品》あなたが 中西靖世(大田区蓮沼中学校教諭) 20
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑪ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 32
◇《ブロック大会および特殊教育振興大会の報告》 34
 ・九州大会(8・2~4) 34
 ・東北大会(9・18~19) 35
 ・特殊教育振興大会が開かれました 37
◇お別れの言葉――育成会のみなさまへ 渥美節夫 38
◇つらかった思い出 野上芳彦(京都精華短期大学教授) 40
◇昭和44年駈け歩きの記(八月~九月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇精神薄弱者のための授産施設に関する調査協力のお願い 47
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.165 19691201

 【特集:お金をめぐって】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》東京都品川区・世田谷区 東京都育成会会報から 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》精神薄弱者通勤施設よ花開け 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会事務局次長) 8
◇《わたしの作品》短歌 池田八重子(信楽会東京班) 10
◇《特集》お金をめぐって 11
 ・子どもの生活と経済の保障をめぐる親の態度 高田庄吉(精神薄弱者福祉司) 11
 ・財産を残すなら… 関谷記(東京都杉並区精神薄弱者育成会副会長・弁護士) 14
 ・東京都扶養年金加入状況からみた経済保証と親の意識 幾野信男(東京都精神薄弱者育成会専務理事) 17
 ・お金を使う能力の育て方――日向弘済学園通勤寮での指導方法を中心にして 中村健二(鉄道弘済会、日向弘済学園園長) 20
 ・年金受給の問題あれこれ 安心できる制度であるために 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会専務理事) 29
◇《まめじてん》OT・PT 戸田陽(厚生省) 13
◇《本棚》『ちえおくれの話』(伊藤隆二 著)・『いぱってあること』(丸山学園のじきく文庫編) 42
◇《講座》重度・重症ということ(その2)――障害の診断・判定 岡崎英彦(びわこ学園長) 32
◇《作品》ボートの七人 中西靖世(大田区蓮沼中学校教諭) 35
◇精神薄弱問題をみんなのものに⑫ 伊藤隆二(神戸大学教育学部心理学科助教授) 36
◇ひとりももれなく 第6回精神薄弱者愛護全国協議会大会開かる 38
◇東京都で児童手当実施が決定 41
◇重い子のための対策 佃篤彦(厚生省障害福祉課) 30
◇《ブロック大会報告》 34
 ・四国大会(10・18~19) 42
 ・中国大会(10・17~18) 43
◇《わたしの作品》ユミの空 布田達郎 45
◇昭和44年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

>TOP

■No.166~170

『手をつなぐ親たち』No.166 19700101(昭和45年)

 【特集:結婚】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》長崎県島原市 坂本正樹 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《特集》結婚 8
 ・結婚について考えたいこと 三浦了(社会福祉法人大木会もみじ寮寮長) 9
 ・どうするのか、この失敗の事例:同棲別離のS子 14
 ・結婚問題について考察 東京都渋谷区上原中学校松濤中学校特殊教育研究グループ 18
◇就学相談室 20
◇《ニュース》10年来のねがい実る 24
 ・心身障害児扶養保険制度の全国的実施法案国会通過す 24
 ・特別児童扶養手当等改正実現す 24
 ・臨時国会ハプニング 25
◇《まめじてん》ADL 戸田陽(厚生省) 25
◇《講座》重度・重症ということ(その3)――どんな環境を選ぶか(処遇について) 岡崎英彦(びわこ学園長) 26
◇《連載》幼児期をどうするか①――東京都北区の幼児グループ「ひまわりの会」 佐藤雅代(東京成徳短期大学学生) 30
◇《ブロック大会報告》 34
 ・近畿大会(神戸10・25) 32
◇第17回精神衛生全国大会(11.5~6)報告 34
◇決意も新たに 第18回全日本精神薄弱者育成会全国大会から 36
◇子どもの世界①「オミズッテキレイダネ」 吉江治美(市川精神薄弱者福祉センター) 39
◇《声》私の体験 谷本定子(日向弘済学園父兄) 40
◇《声》明ちゃん 村岡ひさ子(鹿兒島県加世田市コロニー光の里保護者) 40
◇《声》重症障害の子のためにお願い 橘かつ子(京都市) 41
◇《声》文部省特殊教育課から 松原隆三(文部省特殊教育課) 42
◇おたより 宮路末子(静岡県藤枝市) 44
◇昭和44年駈け歩きの記(十月~十一月) 仲野好雄(専務理事) 45
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.167 19700201

 【特集:はたらく子どもたち】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》宮崎県都北地区 堀田徳蔵 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》成熟ということ 妹尾正(国立秩父学園指導課長) 6
◇《特集》はたらく子どもたち 8
 ・僕たちは会社員――働くこの子たちの生活 前田直蔵(恵和学園園長) 8
 ・転職 室橋正明(東京都心身障害者福祉センター職能課) 12
 ・職場に適応できる条件 松岡武(山梨大学教授) 14
 ・「香蘭」の主人と七人のこどもたち 徳永チヅ(東京都渋谷区精神薄弱者福祉司) 17
 ・ひとりひとりが生き生きと働けるよう――Y君を訪問して 紀田阿稚子(大阪府立職業サービスセンター) 20
◇この人を保護しています 23
◇この人をさがしています 23
◇《かいせつ》はたらくための制度 労働省 24
◇《本棚》『精神薄弱児存在の意義』(田村一二 著) 26
◇《講座》重度・重症ということ(その4)――施設というところ 岡崎英彦(びわこ学園長) 27
◇一九七〇年を迎えて 渥美節夫(前厚生省児童家庭局長・日本児童福祉給食会理事長) 31
◇《連載》幼児期をどうするか②――「幼児教育」のあゆみ(上) 香川県立養護学校小学部 32
◇弟と共に歩む 辻井麗子(香川県丸亀高校二年) 34
◇《歯にこまります①》ムシ歯治療に成功――お医者にめぐまれて 36
 ・幼いうちからムシ歯続出 神戸幸子(名古屋市) 36
 ・「痛くない、痛くない」 斎藤久枝(東京都北多摩郡) 37
◇《作品》「はげまし」 箱田敏子(東京都世田谷区奥沢小学校岡本学級父兄) 39
◇子どもの世界②かみついていたA君 町田澄子(市川精神薄弱者福祉センター) 40
◇関東甲信越大会報告(S 44.11.28~29) 41
◇《まめじてん》ベーチェット病 厚生省 43
◇《声》相沢先生 仲野美保子(東京都信楽会) 44
◇《声》連合運動会に参加して 東京都足立区千寿第四小 金子、大村学級父兄M.O 44
◇《声》近畿大会に出席して 永田百々子(奈良県) 45
◇昭和44年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇《作品》春の芽 松田みちゑ(加古川市) 47
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.168 19700301

 【特集:家庭のなやみ12話】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》福島県福島市 永井健二 2
◇親の会だより 北から南から 3
◇《今月の問題》45年度国家予算から精神薄弱関係の主な内容 6
◇《特集》家庭のなやみ12話 8
 ・第一話  弟におもいやりをもたせたいが… 田辺泰子(大阪) 8
 ・第二話  弟を避ける姉 斎藤あき子(山梨県) 9
 ・第三話  何度も婚約を解消して 精神薄弱者相談員(広島県) 10
 ・第四話  重荷にたえかねた姉 精神薄弱者相談員(京都府) 10
 ・第五話  家庭でない家庭 精神薄弱者相談員(東京) 12
 ・第六話  過保護な祖父 精神薄弱者相談員(北海道) 13
 ・第七話  母親と子供を東京の施設に入れたいが 父・S(福島) 14
 ・第八話  精神病の母と子と 精神薄弱者相談員(福岡県) 15
 ・第九話  夫婦それぞれの偏愛 精神薄弱者相談員(東京都) 16
 ・第一〇話 義母に困ります N 17
 ・第一一話 家事と育児と 母親 18
 ・第一二話 夫がもっと真剣に 母親 19
◇《連載》幼児期をどうするか③――「幼児教育」のあゆみ(下) 香川県立養護学校小学部 20
◇子どもの世界③強くなったんだ 吉枝治美(市川精神薄弱者福祉センター) 22
◇理解を広げる糸口を――京都府警察学校生の施設見学感想文を読んで 沖田千恵(京都府精神薄弱者育成会) 23
◇《講座》重度・重症ということ(最終回)――その福祉を進めるために 岡崎英彦(びわこ学園長) 24
◇《本棚》『【太陽の家】の記録――保護よりは闘いを』(小林恒夫、白川泰二 著)  鈴木田鶴子 29
◇《歯にこまります①》歯の治療はどうしたらよいか 上条千鶴子(東京都立八王子養護学校教諭) 30
◇広子よ ありがとう 桶渡熊次(賀県伊万里中学校父兄) 34
◇《資料》児童成人の一元化にスポット――心身障害児対策および母子保健対策につき、中央児童福祉審議会が意見具申 36
◇昭和44年駈け歩きの記(十二月) 仲野好雄(専務理事) 41
◇NHK精神薄弱児のために番組表 43
◇昭和44年「手をつなぐ親たち」総目次 44
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

『手をつなぐ親たち』No.169 19700401

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》一にも二にも勉強――埼玉県大里郡妻沼町手をつなぐ親の会 2
◇親の会だより 北から南から 4
◇《今月の問題》「なかま」という実感を踏まえて 手をつなぐ親の会運動 8
◇おかあさんの時間――子どもの成長をたすけるために(小堤良造、岡田津由子、鈴木田鶴子が話し合い) 編集部がまとめ 10
◇《本棚》『心身障害児とテレビ・ラジオ』(特殊教育における放送利用)(来栖 著)  神谷与志雄(東京都杉並区立桃井第三小学校教諭) 19
◇《講座》精神薄弱ということ――主として心理学の立場から 茂木俊彦(旭出学園教育研究所員) 20
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔1〕――私のすきな人 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 24
◇《かいせつ》扶養保険制度ABC――望まれる援護対策 27
◇迷える子やぎ 岡内尊重(香川県坂出市精神薄弱者育成会) 29
◇《連載》幼児期をどうするか④――ボランティアの手紙 国立市手をつなぐ親の会在宅児の集い 30
◇《資料》徹底した母子保健を――緊急に実施すべき母子保健対策について、中央児童福祉審議会が意見具申 32
◇「これはおらの石だべい」――「奇跡の石」の主人公K君が進歩賞をもらうまで 登丸福寿(群馬県はるな郷郷長) 34
◇やっと県立コロニーが 小松原次郎(岡山県) 41
◇わが子を施設に入れて 山浦捷栄(長野県小諸市精薄者相談員) 42
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 42
◇この人を保護しています 43
◇NHK精神薄弱児のために番組表 43
◇子どもの世界④ママ遊んでよ 渡辺義久(市川精神薄弱者福祉センター) 44
◇税制改正をめぐって 45
◇予算対策運動 45
◇私の正月 仲野好雄 45
◇昭和45年駈け歩きの記(一月) 仲野好雄(専務理事) 47
◇編集室 48

『手をつなぐ親たち』No.170 19700501

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《親の会風土記》子どもたちが一生住める場を――愛媛県松山市手をつなぐ親の会白石典子 2
◇親の会だより 北から南から 3
◇《今月の問題》職安を活用しよう 編集部がまとめ 6
◇《しあわせさがし》去りし過去をふり返り現在をみつめて 楠田浅子(兵庫県姫路地区精神薄弱者育成会) 8
◇《しあわせさがし》僕のカラーテレビ見せてあげるよ――わが家のあゆみをふりかえり 菊池礼子(岩手県精神薄弱者育成会) 11
◇《しあわせさがし》とんちゃんバンザイ!――水野さんを訪ねて 編集部 16
◇“なかま”の実感を真柱に 全国役員会、45年度本会事業計画を決定 18
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 21
◇ヨッチ君らのあゆみ――治療教育のこころ 秋田晴美(おさなご園主事) 22
◇きょうだいどうし文通をして… 大泉敦子(新潟県) 33
◇集おう北海道に!第19回全日本精神薄弱者育成会全国大会要項 34
◇この二年の歩み――特殊教育推進地区として〈日立市〉 柴田誠(日立市特殊教育推進委員会指導主事) 35
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔2〕――研究心 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 36
◇《連載》幼児期をどうするか⑤――母と子の訓練会 相模原市「はげまし会」 40
◇子どもの世界⑤「イヤ子さん」 吉枝治美(市川精神薄弱者福祉センター) 42
◇さらにたゆまね努力を――茨城県福祉週間を終えて 井坂(茨城県育成会) 43
◇《かいせつ》じゅうぶんな活用を――国で始めるホームヘルパー制度 44
◇昭和44年度NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入選者 45
◇昭和45年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49

>TOP

■No.171~175

『手をつなぐ親たち』No.171(ちえおくれの子らの指導誌) 19700601

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》成立した基本法にいのちを 仲野好雄(専務理事) 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・在宅親子レクリエーション(東京都)
 ・もっと施設を(栃木県宇都宮市)
 ・成人部会を一般部会としてイメージチェンジ(岐阜県)
 ・援護施設と救護施設が誕生(長野県)
 ・愛のひとしずく運動の輪広がる(奈良県)
 ・県立コロニーが来年度完成(佐賀県)
 ・県立養護学校ができます(岡山県)
 ・教育相談の実施(埼玉県飯能市)
 ・芋洗い会の歩み(宮崎県)
◇《職場の安定》真剣な働きぶり――職場を尋ねて 編集部 8
◇《座談会》職場で安定するために 12
◇《職場の安定》職場の安定をたすけるために 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校長) 14
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔3〕――なずなの一日 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 16
◇表紙のことば 本多千恵子 17
◇子どもの世界⑥まァちゃんごめんね 渡辺映子(市川精神薄弱者福祉センター) 19
◇《投稿》私も悩んだひとり――〈家事と育児が両立しない〉というおかあさんへ 山本富江(東京都新宿区主婦) 20
◇《投稿》父親から 山本隆司(医師) 23
◇《資料》心身障害者対策基本法全文(昭和四五年五月一一日) 24
◇岡田睦日さん(東京都墨田区手をつなぐ親の会)を惜しむ 27
◇「がんばりーな、がんばるんで」――しゅうしょくしたAちゃん 佐々木三知代(香川県立養護学校教諭) 28
◇《講座》動きの多い精神薄弱児の問題 中沢健(国立秩父学園指導員) 36
◇NHKラジオ第2放送「精神薄弱児のために」番組表 41
◇《かいせつ》喜ばれる在宅障害児ホームサービス活動――四四年度共募特別配分の概況 伊藤洋(全国社会福祉協議会福祉部) 42
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 44
◇ギャラクシー賞うける!「重い障害児のために」、「精薄相談室」 44
◇都道府県精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)一覧表(昭45.5.15現在) 45
◇昭和45年駈け歩きの記(三月~四月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇職親訪問(1)鈴木達夫さん 49

『手をつなぐ親たち』No.172 19700701

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》猶予・免除ととり組もう――適切な場づくり・負担の差の解消を  小宮山倭がまとめた 2
◇《親の会風土記》父親の参加を求めて――群馬県高崎市手をつなぐ親の会 内田みつえ 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・大いに精進を!(北海道)
 ・待望の栄光園(山形県)
 ・親子で就職(福島県)
 ・扶養共済制度に市町村で補助金を(長野県)
 ・相談部門(東京都)
 ・愛の一円貯金で施設の増築(岐阜県)
 ・研修会で勉強(兵庫県)
 ・相談員として(島根県)
 ・本年こそは!(広島県)
 ・新年度にあたって(徳島県)
◇《特集》この子たちとコトバ 10
 ・とりもどせた「子どものこころ」――ショウちゃんとコトバ 渡辺映子(千葉県国分学苑主事) 10
 ・「ことばの治療」ということ 田村誠(東京学芸大学付属養護学校教諭) 16
◇7月19日本会創立記念日を迎えて 重田定正(東京都精神薄弱者育成会顧問) 19
◇《講座》ことばの発達とは――話しことばのない子 妹尾正(国立秩父学園指導課長) 20
◇おさない子のあそび 藤原暘子(愛育養護学校教頭) 24
◇親の会活動をここにも――大きい人の余暇 鈴木田鶴子(東京都中野区手をつなぐ親の会) 27
◇《特別寄稿》イギリスのホリデーセンターのこと 田ケ谷雅夫(国立秩父学園) 30
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔4〕――「具体的に」ということ 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 35
◇《連載》幼児期をどうするか⑥――あんなに喜んだのはじめてや! 福井県鯖江市「ポニー教室」から 38
◇ひなどりの親子(上) 脇田悦三(京都府白川学園園長) 40
◇亡夫のノートより(秋本彦爾遺稿) 秋本美重子 43
◇《かいせつ》こどもとおとなの経済福祉扶養手当と福祉年金 佃篤彦(厚生省児童家庭局障害福祉課) 44
◇《たより》交歓会 谷久子 45
◇昭和45年駈け歩きの記(四月~五月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇第19回全国大会は今月です 48
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(2)ユタカ会 50

『手をつなぐ親たち』No.173 19700801

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》「判定」をゆがめるサービス不足――判別・判定に望む  大竹太郎(東京都中央児童相談所診断指導課長) 2
◇《親の会風土記》町ぐるみの育成会――岡山県和毛郡三石町精薄児育成会・親の会 西田節子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・全国大会開催の地になって(北海道)
 ・ホットニュース(北海道瀬棚郡)
 ・扶養保険制度のPRを!(福島県)
 ・関東甲信越大会に参加して(栃木県)
 ・心を育てる家庭会(埼玉県妻沼町)
 ・八ヶ岳寮、精明学園竣工によせて(長野県)
 ・海の香りと潮風を(岐阜県)
 ・施設はうばすて山か?(兵庫県)
 ・親の会総会開催(奈良県)
 ・扶養保険加入の促進を(鳥取県)
 ・地区会の法人化をいそぐ(香川県坂出市)
 ・「初音会」を発会(島根県松江市)
◇《座談会》からだをじょうぶに――この子たちと健康 10
◇表紙のことば 「夢」 本多千恵子 17
◇家族ぐるみで参加した親子えんそく――養護学校での試み 編集部 19
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔5〕――「立ったら倒しなさい」――性の問題 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 20
◇柿の木の下 斎藤美智子(東京都精神薄弱者育成会顧問) 24
◇ブロック大会の報告――第四回「関東甲信越ブロック大会」(6.5~6) 26
◇《講座》知能指数と知能偏差値 杉田裕(東京教育大学助教授) 28
◇お番茶のてっちゃん――丸山学園だより 野村美智子(調理士) 31
◇ひなどりの親子(中) 脇田悦三(京都府白川学園園長) 32
◇子どもの世界⑦「ダメ・ダメ ヤメナサイ」 渡辺義久(市川精神薄弱者福祉センター) 35
◇《連載》幼児期をどうするか⑦――ポニーの学校のあゆみ 野島克実(大阪精神薄弱者育成会事務局長) 36
◇全日本精神薄弱者育成会春の研修会から 38
◇《かいせつ》教育としての校外実習――労働省との話し合いがついた実習の内容と方法 松原隆三(文部省特殊教育課教科調査官) 42
◇東京都育成会本年度の抱負 幾野信男 43
◇四国研究大会の記 皆川正治 44
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 45
◇昭和45年駈け歩きの記(五月~六月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(3)日本理化学工業KK 50

『手をつなぐ親たち』No.174 19700901

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》「先生」より「人」に…――親として施設にのぞむ  皆川正治がまとめた 2
◇《親の会風土記》宮城県仙台市手をつなぐ親の会のこのごろ 安彦ひさ子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・コロニー「希望学園」の夢(北海道)
 ・障害者福祉懇談会(秋田県)
 ・72団体の実態(茨城県)
 ・みんなでがんばって(山口県)
◇《特集》目のはなせない子、困った子 8
 ・目のはなせない子 吉枝治美 8
 ・K君を変えた一通の手紙――長欠、彷徨の中学生が巣だつまで 佐藤善士(岩手県大船渡市第一中学校教諭) 12
◇ひなどりの親子(下) 脇田悦三(京都府白川学園園長) 14
◇子どもの世界⑧ぼくは、おにいちゃん 羽鳥晴代(市川精神薄弱者福祉センター) 17
◇特殊教育推進にみられる米人かたぎ――海外視察 小宮山倭(武蔵野音楽大学教授) 18
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔6〕――観光旅行 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 20
◇《投稿》民間施設には職員が来てくれない 塚田幸衛(埼玉県育心寮副寮長) 25
◇くじけずに生きる――Y子さんの変転 飯島幸恵(兵庫県三田谷治療教育院保母) 26
◇表紙のことば 「しゃぼん玉」 本多千恵子 35
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 35
◇《講座》精神発達検査 山内茂(横浜市児童相談所診断指導係長) 36
◇9月10日を「この子らのために」――ことしの愛護月間の行事 40
◇文部大臣を囲む特殊教育振興懇談会(7.13) 42
◇NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞募集要項 44
◇昭和45年駈け歩きの記(七月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(4)森発条K.K(東京都) 50

『手をつなぐ親たち』No.175 19701001

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》抜本的な強化策を!児童相談所にのぞむ  皆川正治 2
◇《親の会風土記》長崎県佐世保市手をつなぐ親の会 井上かの 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・断想(山形県)
 ・支部定例研修会(石川県石川郡)
 ・資金づくりを愛のひとしずく鉛筆運動で(石川県金沢市)
 ・手をつなぐ親の会大会報告(長野県)
 ・東海北陸大会で一致団結(岐阜県)
 ・簡易保険による援護団体結成(島根県松江市)
 ・“土佐希望の家”落成(高知県)
 ・一日学園長を迎えて(佐賀県)
 ・相談員の職場慰問(香川県坂出市)
 ・春日寮を見学(兵庫県)
◇《特集》おとうさんがんばって 父親の役割 10
 ・埼玉県大里郡妻沼町での話し合いから 10
 ・頼りになる夫、やさしい父親(おとうさんの意見、おかあさんの意見)アンケート結果から 16
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔7〕――第12回精薄教育合宿研究会 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 18
◇児童館やーい! 21
◇《講座》社会的成熟度測定の検査 山内茂(横浜市児童相談所診断指導係長) 22
◇伊万里市立国見中学校宿泊訓練に参加して 佐賀県精神薄弱者育成会 25
◇猛暑の北海道で行われた第19回全日本精神薄弱者育成会全国大会 26
◇ボクとっても楽しかったョ!四国ブロック集団療育指導から 井村信行(香川県精神薄弱者育成会) 31
◇46年度予算各省要求項目 32
◇《連載》幼児期をどうするか⑧――公的保障を求めて――東京都北多摩郡久留米町通園施設杉の子学園 原田之稔(久留米町手をつなぐ親の会) 34
◇《かいせつ》気がるに利用しましょう!――相談機関のいろいろ 佃篤彦(厚生省児童家庭局障害福祉課) 36
◇労働省が実施する「特別職業指導」――生徒と父兄を対象に 38
◇《短歌》 越野令子(石川県金沢市) 39
◇《本棚》『子どもの心とからだ』(高木俊一郎 著)、『幼児の問題と治し方』(インファントライブラリー④)、『光をくまなく――在宅訪問指導講師の記録』(神奈川県教育委員会) 40
◇表紙のことば 「おどる」 本多千恵子 41
◇子どもの世界⑨「ォ勉強はイヤ」 吉枝治美(市川精神薄弱者福祉センター) 42
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 43
◇職親訪問――東部通信工業KKを訪ねて 岸順三(群馬県精神薄弱者育成会) 44
◇昭和四六年度国立秩父学園附属保護指導職員養成所養成部生徒募集について 45
◇昭和45年駈け歩きの記(七月~八月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(5)東部通信工業K.K. 50

>TOP

■No.176~180

『手をつなぐ親たち』No.176(ちえおくれの子らの指導誌) 19701101

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》総合センターたりうるか――更生相談所の実態を憂う  皆川正治 2
◇《親の会風土記》静岡県御殿場市手をつなぐ親の会 根上ツナ 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・発生予防と早期発見の課題(秋田県)
 ・重症心身障害児施設に冷房がほしい(福島県)
 ・家庭教育学級の推進を(埼玉県)
 ・わかばホームを見学(石川県)
 ・相談員研修会のもよう(三重県)
 ・第六回三重県福祉大会開催(三重県)
 ・教育県の回復を(岡山県)
◇《特集》在宅児グループをつくろう 伸びる芽を伸ばすために 8
 ・設備・保育はどうしたらよいか 渡辺映子(市川市国分学苑主事) 8
 ・指導者の数について 秋田晴美(おさなご園主事) 13
 ・経費の問題 渡辺映子(市川市国分学苑主事) 15
 ・はじめてグループに参加したおかあさんへ 小堤良造(東京都精神薄弱者育成会) 17
 ・グループリーダーの問題 伊藤芳文(名古屋市あさみどりの会) 18
 ・在宅グループの責務 渡辺実(千葉県八幡学園主事) 21
◇保育所でも障害児について考えはじめています――第14回全国保育研究協議会から(9.3~5) 24
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 24
◇子どもの世界⑩「先生と、友だちになっちゃった」 仲宗根鳩子(市川精神薄弱者福祉センター) 25
◇こころの安らぎはどこに――問題行動児といわれるH君のこと 寺内邦治(大阪府立高槻養護学校小学部主事) 26
◇精神薄弱の発生原因と予防対策 鳥居恵二 33
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔8〕――おとなになった 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 38
◇《誌上相談》思春期の弟が心配 谷口容子(仮名)(在京の大学生) 42
◇《誌上相談》説教者でなく仲間に 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校長) 42
◇《作品》幸せの鐘によせて 桜井敬一郎(長岡市育成会から) 43
◇《ブロック大会の報告》第一〇回東北ブロック大会(9.11~12) 44
◇昭和45年駈け歩きの記(八月~九月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(6)タイヨー楽器製造K.K. 加藤奈々枝(名古屋手をつなぐ親の会) 50

『手をつなぐ親たち』No.177 19701201

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》体質を改め、地域センターに――福祉事務所にのぞむ  皆川正治 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・子どもがこんなに変わりました!(愛知県)
 ・自閉症児親の会大会開かる(大阪府)
 ・最近の動き(京都府)
 ・社会啓蒙に努力を!(兵庫県)
 ・「県政に私どものねがいを」(島根県)
 ・精薄児の母が表彰と欧州見学を(山口県)
 ・人々の理解の輪を広げよう!(香川県坂出市)
 ・ひさし君のためにも(広島県)
 ・雨の中の大運動会(宮崎県)
◇《特集》おとなになってから 8
 ・私たちのつとめは何か――アフター・ケアー・センターの歩みから考えさせられたこと 中村健二(鉄道弘済会日向弘済学園園長) 8
 ・遠くの土地に就職した子どもたち――地域の相談者がほしい 田代一茂(佐賀県伊万里中学校教諭) 13
◇親の甘えを捨てよう――第七回精神薄弱者愛護全国協議会から 16
◇《ブロック大会の報告》第三回東海北陸ブロック大会(8.23) 青木弘 19
◇《講座》こまる行動「うそ」「とる」「かくす」 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校長) 20
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔9〕――あたたかさ 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 24
◇《本棚》『精神薄弱の職業指導の実際――サラリーマンをめざす育て方』(中村健二、手塚直樹、飯田雅子 著) 27
◇《連載》《座談会》幼児期をどうするか⑨――幼児教室が果たすもの 28
◇ことしの夏ひらかれた在宅児キャンプ 32
◇《かいせつ》開所まじか…国立コロニーはこんなところ 佃篤彦(厚生省児童家庭局障害福祉課技官) 34
◇《資料》盲学校・聾学校および養護学校の教育課程の改善について 文部省教育課程審議会答申(45.10.23) 36
◇本会の新刊書『おかあさんといっしょに』 在宅心身障害児療育の手引書 40
◇子どもの世界⑪「ダッテー、ダッテー」 渡辺義久(市川精神薄弱者福祉センター) 41
◇《作品》かあさんだけか 桜井敬一郎(長岡市育成会から) 42
◇《投稿》教育と福祉の断絶をなくせ 山内和雄(仙台市なかよし学園園長) 43
◇ときのうごき――1970年10月 44
◇昭和45年駈け歩きの記(九月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 47
◇編集室 48
◇この人をさがしています 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(7)飯塚製陶所 田口錦一(埼玉県妻沼町親の会) 50

『手をつなぐ親たち』No.178 19710101(昭和46年)

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》学校教育にねがう  大竹太郎(東京都中央児童相談所診断指導課長) 2
◇《親の会風土記》これからの私たちの課題――奈良市手をつなぐ親の会 北貞子(奈良市育成会) 4
◇親の会だより 北から南から 4
 ・きょうはぼくたちの運動会(北海道北見市)
 ・最近の行事から(奈良県)
 ・努力しましょう!(広島県)
 ・この子らの幸せをねがって(山口県)
 ・“豆画伯”技をきそう(徳島県)
 ・愛護月間にちなんで講習会を開きました(香川県)
 ・“善意の家”ステッカーを全市化(香川県坂出市)
 ・県下市町村長に陳情(佐賀県)
 ・成人職業訓練学級スタート!(熊本県)
◇《特集》職親訪問――この子たちの職場を考える 10
 ・地域ぐるみの雇用――兵庫県志方町の場合 大野智也(日本短波放送制作部) 11
 ・差別感のない職場――日立市亀屋工業所 編集部 15
 ・職場を考える 二つのルポから 編集部 18
◇《作品》山田真寿子(京都市) 19
◇自立を支える通勤寮――札幌・新川寮の現状 横谷静夫(精薄者通勤センター・札幌新川寮長) 20
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔10〕――「きびしさ」 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 23
◇普通学級に「就学」した子のその後 安達喜美子(神奈川県鎌倉市手をつなぐ親の会) 28
◇親の切願よ燃えさかれ――安達さんの報告を読んで 小宮山倭(武蔵野音楽大学教育学教授) 33
◇子どもの世界⑫高い所はおもしろいよ 吉枝治美(市川精神薄弱者福祉センター) 35
◇《講座》特殊学級を卒業した後の子ら――追跡調査の結果から 上野勝也(東京都渋谷区上原中学校教諭) 36
◇《かいせつ》就学奨励費――特殊教育諸学校生徒の保護者に支給 中山淑広(文部省初等中等教育局特殊教育課) 40
◇韓国みたまま――45年8月韓国慈光会に招かれて 中村健二(鉄道弘済会日向弘済学園長) 42
◇新年おめでとうございます 44
◇ときのうごき――1970年11月 45
◇昭和45年駈け歩きの記(十月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 47
◇《本棚》『追想集 糸賀一雄』 48
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(8)岡山市中山下 川崎病院 小松原次郎(岡山県育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.179 19710201

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》警察と私たち 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・子どもたちの幸せを願って!(東京都)
 ・新年度も前向きに(北海道)
 ・作品展示会と親の集い(福島県)
 ・親の会の団結の結果…(新潟県)
 ・通園センターと授産所が誕生!(福井県)
 ・肢体不自由児父母の大会開催(長野県)
 ・薄幸の子らに自立のトリデ(愛知県)
 ・熊野地区療育相談と親の会準備会(三重県)
 ・思うこと(広島県)
 ・親の会県大会開催(高知県)
 ・ねばり強く運動を(香川県)
◇《特集》女子をどう守るか――卒業後の異性とのつきあい事例集 8
 ・致命的だった母の不在――婦人更生施設に入ったM子 特殊学級教諭 8
 ・やむをえず外出禁止に――クリーニング屋に住み込みのY子 養護学校教諭 12
 ・家族は何をしていたのか――危うく転落を免れたA子 精神薄弱者福祉司 15
 ・報われた養父母――近所の青年と結婚したE子 養護学校教諭 18
 ・《座談会》事例を読んで 女子をどう守るか 21
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔11〕――「こまやかさ」 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 24
◇《本棚》『知恵おくれの子らとともに』(横山武雄 著) 28
◇《かいせつ》所得税・住民税の障害者控除 29
◇《講座》優生手術 その意義と方法 近寅彦(厚生省児童家庭局母子衛生課・障害福祉課兼務技官) 30
◇通勤寮の新設・特殊学級にも奨励賞の支給などきまる――昭和46年度の精神薄弱予算 34
◇子どもの世界⑬ タアちゃんのおしゃべり 羽鳥晴代(市川精神薄弱者福祉センター) 35
◇《報告》第一〇回精神薄弱者教育福祉振興 中国大会 田丸喜久治 36
◇《投稿》ひとりで食べられるようになったターちゃん 篠原金子(群馬県) 38
◇団体紹介のリーフレット作りのコツ 11月厚生広報連絡会例会より 40
◇《資料》初等・中等教育の改革に関する基本構想(中間報告) 42
◇ときのうごき――1970年12月 44
◇昭和45年駈け歩きの記(十一月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 48
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(9)K.K.博進社印刷所 安彦ひさこ(仙台市育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.180 19710301

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》保健所の仕事――多用性肥大に 2
◇《親の会風土記》背のびせず地道に――名古屋手をつなぐ親の会麦の会 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・これからも…(福島県)
 ・集いの場(石川県金沢市)
 ・今こそ手をつなぐ!(福井県)
 ・順調に進行中です(長野県)
 ・初の養護学校開校(奈良県)
 ・冬休みの作業実習(広島県)
 ・銀行学習をする生徒(香川県坂出市)
 ・津市に青年学級はじまる(三重県)
◇《特集》きょうだいのしあわせ 10
 ・すべてを負い、すべてを失ったきょうだい――自殺した米子さんのばあい 精神薄弱者福祉司 10
 ・きょうだいのしあわせはどこに――米子さんの事例を読んで 編集部 18
◇《作品》花根 箱田敏子(東京都世田谷区奥沢小学校わかば学級父兄) 17
◇《講座》幼い子ときょうだい――自然な思いやりが健全なきょうだい関係をつくる 岩崎禎子(日本総合愛育研究所家庭指導グループ) 20
◇子どもの世界⑭ ボクニモヤラセテヨ 箭本弘志(千葉県市川・国分学苑) 25
◇「なずな」のおとなたち 家庭的小集団共働施設「なずな寮」からの報告〔最終回〕――年のはじめに 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 26
◇私の日記から 武利子(大阪府岸和田市) 29
◇《ひろば》卒業式を終えて 橘かつ子(昭和四三年度、特殊学級卒業生の父兄) 30
◇《ひろば》娘の近況 西谷芳子(金沢市) 33
◇《連載》幼児期をどうするか⑩――みんなで話し合って 東京・杉並「つくしんぼ会」 藤本治美 34
◇《かいせつ》中央児童福祉審議会の意見具申「緊急に実施すべき児童福祉および母子保健施策について」 37
◇《職親訪問》和泉せんべい本舗訪問記――おれ、Y子がすきだもん! 島沢忠義(愛知県手をつなぐ親の会・精薄者相談員) 38
◇《報告》第九回近畿ブロック大会(四五・一〇・一七) 中井靖起 40
◇ときのうごき――1971年1月 41
◇昭和四五年度「手をつなぐ親たち」主要目次 42
◇昭和45・46年駈け歩きの記(十二月~一月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK「精神薄弱者のために」番組表 48
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(10)K.K. 和泉せんべい本舗 島沢忠義(愛知県親の会) 50

>TOP

■No.181~185

『手をつなぐ親たち』No.181 19710401

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》病院・医院にのぞむ 2
◇《親の会風土記》市民ぐるみであたたかく――大阪府池田市手をつなぐ親の会 西田兼子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・全国を放浪してみて思うこと(愛知県)
 ・五条市で「おかあさん教室」(奈良県)
 ・行動する親の会(兵庫県西宮市)
 ・愛のピクニック(島根県松江市)
 ・会長会の報告(山口県)
◇《座談会》小さな芽をのばす――“過保護”ということ 8
◇昭和45年度NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入賞者が決定 17
◇《講座》精神薄弱の原因とその特性① 菅修(心身障害者福祉協会理事長) 18
◇わたしは小学生(上)――“自分のことは自分でする”子ども 熊谷吏希子(京都市立永松小学校) 22
◇子どもの世界⑮ 絵本とふざけっこ 渡辺義久(千葉県市川精神薄弱者福祉センター) 25
◇桐友学園の惨事について訴える 登丸福寿(財団法人日本精神薄弱者愛護協会会員) 26
◇この子たちの人権を考える 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会専務理事) 28
◇《かいせつ》中央児童福祉審議会の意見具申(つづき)いわゆる「動く重障児」対策について 36
◇幼児通園施設見学記 渡辺映子(千葉県市川精神薄弱者福祉センター主事) 38
◇《速報》国立コロニーの入所がはじめられます 41
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 41
◇幼児期をどうするか――松江市「青空教室」のばあい 田代初枝(松江市手をつなぐ親の会) 42
◇警察と私たち(上) 警察の困りごとと相談所の窓口から 44
◇ときのうごき――1971年2月 45
◇昭和46年駈け歩きの記(二月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇この人をさがしています 48
◇編集室 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(11)藤原塗装店 田代初枝(島根県育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.182 19710501

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》満一年を迎えた扶養保険制度 2
◇《親の会風土記》みんなで意志を掘り起す 私たちの学習グループ――富山県黒部市精神薄弱者育成会 河田省三 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・集団通院をまた新学期より(香川県坂出市)
 ・第二回成人式(福島県)
 ・実態調査はじまる(長野県)
 ・兄弟学級報告(富山県黒部学園)
 ・重度特殊学級開設(埼玉県妻沼町)
 ・働く青少年を励ます会開催(静岡県磐田市)
 ・卒業していく子どもの激励会(東京都葛飾区)
 ・小さな営み(岡山県)
 ・子どもたちにしあわせを(佐賀県唐津市)
◇《特集》おとなの世界に生きる 10
 ・繁ちゃんと「アフター・ケア―」 三浦了(滋賀県あざみ寮寮長) 10
 ・特殊学級を卒業したこの生活 大南英明(東京都墨田区本所中学校教諭) 15
 ・職業人としての自立 矢部進(日向弘済学園アフターケア―センター所長) 20
◇警察と私たち(下) 警察の困りごとと相談所の窓口から(つづき) 25
◇《講座》精神薄弱の原因とその特性② 菅修(心身障害者福祉協会理事長) 26
◇わたしは小学生(中)――“集団生活におけるたくましい子ども” しごと・仲間意識 熊谷吏希子(京都市立永松小学校) 32
◇就職希望動向調査から 予想外に多い遠く就職している子どもたち 35
◇《かいせつ》精神薄弱者通勤寮のあらまし 兒嶋弘(厚生省児童家庭局障害福祉課課長補佐) 36
◇幼児期をどうするか――通園施設ができた!親の会とボランティアのあゆみ 静岡県島田市手をつなぐ親の会 38
◇子どもの世界⑯ 「坊ちゃんのやり方もあるんだよ」 中村奥吉(新潟ロータリー松波学園) 40
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 41
◇《ひろば》蒙古症の子どもをもって 中野怜子(滋賀県彦根市馬場) 42
◇《ひろば》私の指導ノートから 水谷無懐(三重県桑名市明正中学校) 43
◇ときのうごき――1971年3月 45
◇昭和46年駈け歩きの記(三月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入賞者(つづき) 48
◇浩正入級 霧生元子(神奈川県) 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(12)株式会社真砂 矢部進(日向弘済学園アフターケア―センター所長) 50

『手をつなぐ親たち』No.183 19710601

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月の問題》教育委員会にのぞむ 2
◇《親の会風土記》栃木県宇都宮市精神薄弱者育成会(別名・すぎの芽会) 高床テル 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・最近の話題から(宮城県)
 ・卒業生を励ます会(広島県)
 ・相談室の開設(山梨県)
 ・若草寮開寮さる(京都市)
 ・意気あふるる総会(北海道)
 ・ことしの計画を決定(福島県)
 ・フリー時間(香川県坂出市)
 ・はなやかにスポーツの祭典(山口県)
 ・子どもと親の小旅行(奈良県北葛飾郡高田地区)
 ・うれしいおたより(宇都宮市)
◇この子たちのむし歯治療 上原進(日本大学歯学部小児歯科学教室) 10
◇わたしは小学生(下)――すみたせんせい 熊谷吏希子(京都市立永松小学校) 16
◇子どもの世界⑰ ボクのえのぐあそび 助野正夫(神戸市立ひまわり学園) 19
◇《講座》精神薄弱の原因とその特性③ 菅修(心身障害者福祉協会理事長) 20
◇《私のスナップ》きょうだい 箱田敏子(東京都世田谷区奥沢小学校父兄) 20
◇「なずな」のおとなたち・後記 地域へのとけこみ 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町なずな寮) 24
◇私たちの望む“通勤寮” 江尻彰良(瀬戸市はちのす寮) 32
◇幼児期をどうするか――「ポッポ」よ羽ばたけ 釧路市小鳩学園「ポッポの教室」 紀国谷良雄(釧路市立こばと学園園長) 34
◇《かいせつ》施設入所と費用(1)措置と措置費 渡辺実(千葉県市川市八幡学園主事) 38
◇《お知らせ》心身障害者向公営住宅 厚生省児童家庭局障害福祉課 39
◇《ひろば》初心にかえる 長谷川金太郎(山形県手をつなぐ親の会) 40
◇《ひろば》ある日突然に生理の始末が 酒瀬川順子(鹿児島県枕崎市) 40
◇手をつなぎ、行動する親の会に 二〇周年を迎えた本会の事業計画と予算 仲野好雄 42
◇ときのうごき――1971年4月 46
◇昭和46年駈け歩きの記(四月) 仲野好雄(専務理事) 47
◇I組の詩 中西靖世(大田区蓮沼中学校教諭) 48
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 48
◇職親訪問(13)職場実習で評価されて 盛合順一(岩手県宮古第一中学校特殊学級) 50

『手をつなぐ親たち』No.184 19710701

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月の問題》有効にするものは何か――三才児検診の実態と親たちのねがい 2
◇《親の会風土記》感謝と愛情をもととして 北海道函館市 ふじの学園父母の会 沢田久五郎 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・幼児指導/巡回相談車(東京都)
 ・特殊学級小中の交歓会(奈良県)
 ・はばたき出した青年たち(島根県)
 ・選挙運動に積極的参加(山口県)
 ・成長を祈りお別れ会(宮崎県小林市南小学校)
 ・「幼児教室」をことしも…(香川県)
 ・親の会は親の手で(宮崎市)
 ・中だるみの打破(広島県)
◇ちえおくれの子どもと耳鼻咽喉科 岡本途也(昭和医科大学耳鼻咽喉科教授) 10
◇《報告》韓国を訪問して 野上芳彦(京都精華短期大学教授) 19
◇有紀ちゃんの育児日記 伊藤恵美子(母)・藤原暘子(教師) 20
◇ソフトボール大会 中西靖世(大田区蓮沼中学校教諭) 23
◇《講座》精神薄弱の原因とその特性(最終回) 菅修(心身障害者福祉協会理事長) 24
◇幼児期をどうするか――制度の枠にひるむことなく――通園施設に併設した重度学級 埼玉県草の実学級 28
◇子どもの世界⑱ おはなし 吉枝治美(市川精神薄弱者福祉センター) 31
◇《ほんだな》『虹の絵師良っちゃん』 川崎昂(著者) 32
◇《ほんだな》『ちえ遅れの子とその父母』 望月勝久(著者) 32
◇《かいせつ》施設入所と費用(2)措置と措置費 渡辺実(千葉県市川市八幡学園主事) 34
◇NHK「精神薄弱児のために」番組表 35
◇《ひろば》自問自答三題――「教育福祉」「学校福祉」ということ 井村信行(香川県立養護学校主事・香川県精神薄弱者育成会事務局長) 36
◇《ひろば》県大会に参加者を多くするために 後藤実(秋田県精神薄弱者育成会) 39
◇《ひろば》職場適応訓練制度を活用して 羽柴博長(富山県高岡市手をつなぐ親の会) 41
◇《ひろば》ある卒園者の贈りもの 藤本晴雄(兵庫県立出石学園長) 43
◇ときのうごき――1971年5月 44
◇創立二〇周年記念全国大会のお知らせ 45
◇昭和46年駈け歩きの記(五月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇母の想ひ 松田みちゑ(兵庫県) 47
◇編集室 48
◇職親訪問(14)天狗中田精肉店 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.185 19710801

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》民生・児童委員に理解と協力を 2
◇《親の会風土記》地道に息ながく 石川県精神薄弱者育成会 石川郡支部、松任市支部 紙谷久之 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・おせわさまでした(福島県)
 ・関東甲信越大会は九月開催(茨城県)
 ・三年目を迎えた「親子学級」(船橋市)
 ・猛烈なる運動(長野県茅野市)
 ・小さな会ができました(埼玉県入間郡鶴ヶ島町)
 ・小諸学舎建設と協力者(長野県)
◇《特集》家庭訪問の記録から 8
 ・聖次ちゃんとともに 瀬戸トク(神奈川県在宅訪問指導教師) 8
 ・Hちゃんの成長をふりかえって 風間ゆり(山梨県在宅重障児相談員) 14
 ・訪問指導の問題点と今後の方向 野島克実(大阪精神薄弱者育成会) 20
 ・三つの手記を読んで 編集委員会 24
◇子どもの世界⑲ “教育の野生児” 中村与一(新潟県ロータリー松波学園長) 25
◇有紀ちゃんの育児日記(れんさい) 伊藤恵美子(母)・藤原暘子(教師) 26
◇《講座》精神薄弱の治療① 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長) 30
◇《かいせつ》施設入所と費用(3)家庭の負担金 渡辺実(千葉県市川市八幡学園主事) 34
◇ある日曜日のひととき 高崎スミ子(東京都養育院千葉分校紅梅寮保母) 35
◇幼児期をどうするか――幼児園に誕生した小さな輪が… 北九州市光の子母子学級 36
◇あじさい 箱田敏子(東京都世田谷区手をつなぐ親の会) 38
◇《本棚》『ひたむきに愛を求めて』――二人の重度身障児をもった父親の半生記 船越昌者(著者) 39
◇フィラデルフィア育成会を訪ねて 田ケ谷雅夫(国立秩父学園) 40
◇ときのうごき――1971年6月 45
◇昭和46年駈け歩きの記(五月~六月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(15)柏精機株式会社 水戸市立第一中学校特殊学級担任 50

>TOP

■No.186~190

『手をつなぐ親たち』No.186 19710901

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》地域社会福祉協議会と親の会 2
◇《親の会風土記》群馬県太田地区手をつなぐ親の会 大川博正 3
◇親の会だより 北から南から 4
 ・北海道精薄者福祉大会(札幌市)
 ・「精神薄弱児のために」親のつどい開催さる(熊本県)
 ・1白蓮学園 2親と子のつどい(福井県)
 ・部会を設けて(島根県)
 ・二つの催し(山梨県)
 ・わが市の活動(鎌倉市)
 ・外人を迎えて(香川県坂出市)
 ・更生施設の問題(福島県いわき市)
 ・医療費無償の運動みのる(群馬県太田市)
◇《特集・理解をひろめる》《座談会》望みなきにあらず――偏見と理解 8
 ・仙台市民の理解を求めて 安彦ひさ子(宮城県仙台市精神薄弱者育成会) 14
 ・もっといたわりの気持ちを 中川淑子(大阪府) 20
 ・共に育つ場を広げよう――一般の人びとに知ってもらうために 伊藤隆二(神戸大学助教授) 21
◇有紀ちゃんの育児日記――ひとり立へ 伊藤恵美子(母)・藤原暘子(教師) 25
◇《講座》精神薄弱の治療② 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長) 28
◇昭和47年度国立秩父学園付属保護指導職員養成所部生徒募集要項 31
◇子どもの世界⑳ ボク、キュウショクタベタヨ!! 羽藤多喜子(神戸市立ひまわり学園) 33
◇幼児期をどうするか――実績づくりと公立化への要求 東京都中野区精神薄弱在宅幼児指導グループ 34
◇ボランティアの役割 伊藤方文(社団法人あさみどりの会) 37
◇福祉リストをつくろう 大野智也(日本短波放送制作部次長) 38
◇《ブロック大会報告》
 ・第10回記念近畿ブロック大会報告 野島克美(大阪精神薄弱者育成会) 40
 ・第11回東北ブロック大会 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会) 41
◇《かいせつ》扶養保険制度が一部改正 ・告知義務違反や自殺の場合 ・在学者の証明について 43
◇《本棚》『ひたむきに愛を求めて』――二人の重度身障児をもった父親の半生記 船越昌者(著者) 39
◇ときのうごき――1971年7月 44
◇編集部郵便箱 45
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(16)株式会社トリコロール 北村利夫(北海道精神薄弱者育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.187 19711001

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月の問題》事業所にのぞむ 2
◇《親の会風土記》親のきずなと町づくり 岩手県精神薄弱者育成会山田支部 菅野拡子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・精薄対象の講演会、相談会(熊本県)
 ・施設建設地寄付者のあしあと(長野県)
 ・設立十周年記念式典(姫路市)
 ・福祉家庭教育学級誕生(三重県)
 ・第八回県総会開催(奈良県)
 ・高橋定博士を偲んで(広島市)
 ・精薄相談員・福祉司合同研究会に参加して(宇都宮市)
 ・岡山市育成会で優勝旗を!(岡山市)
 ・三度目の職場実習(広島市)
 ・予算活動(山口市)
◇《座談会》学校・施設と親 10
◇《講座》精神薄弱の治療(最終回) 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長) 26
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 30
◇有紀ちゃんの育児日記――いろいろな経験 伊藤恵美子(母)・藤原暘子(教師) 31
◇子どもの世界 ホラ、オモチロイヨー 渡辺義久(市川精神薄弱者福祉センター) 35
◇幼児期をどうするか――幼児教育への試み 群馬県太田市心身障害児療育センター 36
◇《ひろば》
 ・施設を訪ねていつも思うこと 中村陽子(立正大学保育専門学校二年) 38
 ・私の夢 岡源三郎(岡山県・倉敷市) 39
 ・埼玉療育園を見学して 志村明子(立正大学保育専門学校二年) 39
 ・友を送る 小川政浩(山梨県育成学園園長) 40
◇第6回日本精神薄弱研究協会総会報告 42
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(16)株式会社ドリームベット 伊原武(広島県精神薄弱者育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.188 19711101

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》相談員活動 役割と今後の課題 2
◇《親の会風土記》地域との触れ合いを 宮城県小林市南小学校特殊学級親の会 寺田ツギ子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・母子短期入所指導(青森県)
 ・活躍を続けています(宇都宮市すぎの芽会)
 ・五才を迎えたかすみヶ丘学園(福井県丸岡町)
 ・「生きがい」について討論(長崎県)
 ・児者一体化めざして(香川県)
 ・第三回精薄者教育福祉振興山口県大会(山口県)
 ・日曜青年学級(京都市)
 ・「参加してよかった。あのおかあさんも私と同じ悩みをもっているんだものね」(北海道羅臼町)
 ・展示室をご利用下さい!!(東京都)
◇こんなこともあります 関係団体短信 9
◇新しい地域社会づくりを 創立二〇周年を迎えて 仲野好雄(専務理事) 10
◇東京で会いましょう 創立二〇周年記念全国大会(案内) 12
◇《特集》施設を待つ子ら
 ・基本法の具体化を 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会副会長) 14
 ・これからの施設づくり――規模の拡大ではなく機能の質的向上をめざぞう 妹尾正(国立秩父学園園長) 23
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 16
◇《講座》ちえおくれの子と歯科治療 上原進(日本大学歯学部小児歯科) 26
◇有紀ちゃんの育児日記(最終回)――有紀の新しい世界 伊藤恵美子(母)・藤原暘子(教師) 30
◇白い鳩と幼女 高橋芙蓉 34
◇《ブロック大会報告》
 ・北海道大会 皆川正浩(全日本精神薄弱者育成会) 36
 ・九州大会 富田陸(社団法人長崎県精神薄弱者育成会) 37
◇《かいせつ》親の会活動と一体 精神薄弱者相談員 38
◇《ひろば》
 ・むすこの就職 大野祐澄(大和高田市) 40
 ・父親の手記 吉田徹(札幌市) 40
 ・世の光りはこの子らとともに 平尾潔(香川県高松市) 42
◇子どもの世界 からだ全体で遊ばせよう 中村与吉(新潟ロータリー松波学園長) 43
◇ときのうごき――1971年8-9月 44
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46
◇この人をさがして! 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(17)株式会社相生製作所 山本光治(磐田市西坂町) 50

『手をつなぐ親たち』No.189 19711120 臨時増刊【創立20周年記念特別号】

◇手をつなぐ親の会運動 二〇年の歩みとヴィジョン 仲野好雄(専務理事) 4
◇手をつなぐ母の歌(久富吉晴 作詞・作曲) 23
◇《これからの課題》 地域ぐるみで 24
◇《これからの課題》 精神薄弱の予防と医療 28
◇《これからの課題》 幼児対策 30
◇《これからの課題》 教育 34
◇《これからの課題》 施設 36
◇《これからの課題》 家庭 39
◇《これからの課題》 職業 40
◇《これからの課題》 経済・福祉 42
◇《これからの課題》 親の会活動 44
◇《親の会風土記》 都道府県育成会の現状「わが会を語る」 47
◇都道府県育成会支部会員数一覧(昭和46.11.1現在) 71
◇終戦より今日至る精薄対策の推進と育成会の活動状況一覧年表 72
 ・(I)胎動期(終戦より育成会創立まで)(昭和20.8~27.6) 72
 ・(II)創設期(任意団体時代)(昭和27.7~30.2) 73
 ・(III)発展第一期(社団法人時代)(昭和30.2~34.3) 74
 ・(IV)発展第二期(社会福祉法人化初期)(昭和34.3~38.3)75
 ・(V)発展第三期(連合体化以後)(昭和38.3~44.12) 76
 ・(VI)発展第四期(総合対策化時代)(昭和45.1~現在に至る)79
◇二〇周年によせて 80
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会現況(昭和46年11月1日現在) 93

『手をつなぐ親たち』No.190(ちえおくれの子らの指導誌) 19711201

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》福祉維新夢物語 2
◇《親の会風土記》大きかった団結の力 石川県小松市 大杉能枝子 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・子どもたちの願いを達成するために(岩手県)
 ・自分たちの手で“同窓会”を(青森県)
 ・1、日本芸能のつどい開催 2、いもは畑でできるのやで(奈良県)
 ・声を大にして(宇都宮市)
 ・秋の一日を“いも煮会”で(山形県)
 ・県立川部わかば学園をどうぞよろしく(香川県)
 ・特殊教育振興に努力(新潟県柏崎市)
 ・出色学園見学記(兵庫県)
 ・正しい理解を求めて(長崎県)
 ・小さなまごころが大きな学園を(鎌倉市)
◇《特集》もうすぐ就職
 ・この子たちの就職――長男の職場を中心にして考えること 松沢妙子(東京都精神薄弱者育成会会員) 10
 ・発達成長につながる就職を――教師からいっておきたいこと 神代和幸(八王子養護学校) 14
 ・特殊学級からの就職――北海道のへき地をたずねて 大野智也(日本短波放送制作部次長) 18
 ・不況と就職――事業主としてのぞむこと 大山泰弘(日本理化学工業株式会社専務取締役) 22
 ・自立への指導――職業安定所から 甲斐鉄太(東京都墨田公共職業安定所長) 24
◇《私の主張》身障者がはいれる構造に 小西玲子 27
◇有紀ちゃんの育児日記を読んで 編集部 28
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 31
◇幼児期をどうするか――九月に行った療育指導の会 岡山県精神薄弱者育成会 32
◇《ひろば》
 ・“突然の解雇”事例 西谷芳子(金沢市) 34
 ・相談員日記 大川博正 35
◇一貫性ある教育対策を――第八回精神薄弱者愛護全国協議会 38
◇《ブロック大会報告》
 ・第5回関東甲信越大会 皆川正浩(全日本精神薄弱者育成会) 40
◇《かいせつ》昭和47年度心身障害関係予算概算要求のあらまし 42
◇子どもの世界 ママ、遊びに行こうよ 斎藤二三子(神戸市立ひまわり学園) 44
◇《誌上相談》娘の縁談に不安 K.K/徳永チヅ(お答え、精神薄弱者福祉司) 45
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46
◇《作品》兄よ 箱田敏子 47
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(18)タキノパン 石原岩男(京都) 50

>TOP

■No.191~195

『手をつなぐ親たち』No.191 19720101(昭和47年)

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇宣言 2
◇二〇周年記念全国大会の記 3
◇皇后陛下のおことば/内閣総理大臣(佐藤栄作)メッセージ 10
◇手をつなぐ親の体験報告 安彦ひさ子(母親代表、宮城県仙台市精神薄弱者育成会) 11
◇《親の会風土記》コロニー建設をめざす親の会――市民の協力に勇気づけられて 西宮市手をつなぐ親の会 津守千代 14
◇親の会だより 北から南から 16
 ・MLCのボランティア活動(埼玉県・飯能市)
 ・1、秋の遠足 2、初めての試み、交歓会(島根県・平田市)
 ・八ヶ丘寮増設起工式に臨んで(長野県)
 ・学級編成にふりまわされる特殊学校の生徒(群馬県)
 ・竹谷所長ご逝去さる(大阪府)
 ・1、秋晴れの日のバス旅行 2、手をつなぐ親の大会開く 3、福祉振興大会に出席して(奈良県)
 ・教育と福祉振興大会(佐賀県)
◇《座談会》おとなの気持ち・おとなの生活 20
◇《私の主張》“成人”をお祝う 鶴岡喜代(東京都江東区精神薄弱者育成会) 24
◇《成人式を迎えた作文》ぼくの成人式 藤崎好雄 25
◇《卒業生の手紙から》がんばれ、なかまたち(1) 田代一茂 28
◇自立への工夫と努力――なくてはならない社員に育てるために企業主として 柏一太郎 31
◇《かいせつ》活動をはじめに国立特殊教育総合研究所 辻村泰男(国立特殊教育総合研究所所長) 34
◇《ブロック大会報告》
 ・第四回東海北陸大会 蔵谷政信(セーナー苑) 36
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 37
◇《ひろば》
 ・波紋のように 椎谷正樹 38
 ・苦しみの三年間 藤田正明(愛媛県八幡学園親の会) 38
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 40
◇ゲームしましょう――方向おんち 合図によって向きを変えるゲーム 43
◇ときのうごき――1971年10-11月 44
◇創立二〇周年記念全日本精神薄弱者育成会全国大会感謝状・表彰状贈呈者名簿 46
◇《全国大会参加感想集》石川県精神薄弱者育成会 47
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(19)毛塚紙器工業株式会社 編集部 50

『手をつなぐ親たち』No.192 19720201

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》判別・判定・教育措置のあり方 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・忘れなかった子どもたち(北海道黒松内町しりべし学園)
 ・この子らに代わって(山口県)
 ・山に育つ喜び(熊本県小国町)
 ・一羔会、バザー(長野県小諸市)
 ・大きな情熱をもって(愛媛県大洲市大洲学園)
 ・元気いっぱい体育大会(大分市博多寮)
 ・父母の会活動状況(宮崎県新富町)
 ・運動会を通して(茨城県水戸町あゆみ学園)
 ・初めての文化祭(岩手県石鳥谷町)
 ・お母さん教室ひらかれる(奈良県)
 ・クリスマスパーティーに参加して(茨城県下舘市)
◇《特集》重いこと就学 8
 ・就学させてよかった――信子の出生から入学まで 高柴久嘉・弘子(東京都墨田区) 8
 ・勇気をもってどこまでも――多様な教育のあり方を求める親の会 古屋初(東京・東久留米市手をつなぐ親の会) 14
 ・待っていてはできない――親の会としてのとりくみかた 田口錦一(埼玉・妻沼町手をつなぐ親の会) 18
 ・重いこと就学――三つの手記を読んで 小宮山倭(武蔵野音楽大学教授) 22
◇《卒業生の手紙から》がんばれ、なかまたち(2) 田代一茂 26
◇《詩》この道 林田英利 29
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 29
◇のんきにたのしく――ある夫婦の会話から 30
◇話し合いのすすめ方――厚生広報連絡会10月例会から 32
◇子どもの世界 遊びの発見 中村与吉(新潟市明生園幼稚部) 34
◇《ほんだな》『事典 こども』一番ヶ瀬康子・小嶋謙四郎・中嶋博(編) 35
◇《資料》三重県津市・心身障害者に医療費の助成(条例・施行規則) 36
◇自立を促進する精神薄弱者通勤寮 金田伸二(厚生省児童家庭局障害福祉課長) 40
◇ときのうごき――1971年12月 43
◇欧州飛び歩きの記 仲野好雄(専務理事) 44
◇神奈川県にできた、障害者保養所【大文字荘】 47
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(20)株式会社石原泰西堂 清水喜代三(京都精神薄弱者育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.193 19720301

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》子どもを卒業したら 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・偽りのない叫びこそ(長野県松本市)
 ・但馬地区親の会研修会(兵庫県和田山町)
 ・一つの夢(山口県)
 ・発音はよくないけれど(熊本県苓山寮)
 ・「はばたき」ボーリング大会(松江市)
 ・親子一泊旅行(大分県小松寮)
 ・新しくなる和光学園(石川県小松市)
 ・奉仕茶会(香川県坂出市)
 ・在宅障害児の親の会です(静岡県細江町)
 ・コマーシャル・スポットのように(アメリカミシガン州)
◇あなたも相談員――家庭のなやみ16話 8
◇《短歌》入園した子を想う歌 越野令子(錦城学園入所の母) 15
◇夫とともに勇気をもって――晃誕生から一〇年のあゆみ 土方和恵(東京都世田谷区) 16
◇子どもの世界 子供の能力 土田のり子(神戸市立ひまわり学園) 23
◇幼児期はどうするか――親も子も仲間と一緒に 大阪府八尾こばと会 24
◇《講座》ちえおくれの子と歯科治療 上原進(日本大学歯学部小児歯科) 26
◇《卒業生の手紙から》がんばれ、なかまたち(最終回) 田代一茂(佐賀県伊万里市立伊万里中学校たちばな学校担任) 30
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 33
◇《かいせつ》昭和47年度精神薄弱関係予算のあらまし 34
◇この子らに学割が 川村尚道(神戸市立あけぼの学園園長) 39
◇昭和46年度「手をつなぐ親たち」主要目次 40
◇ときのうごき――1972年1月 43
◇欧州飛び歩きの記(最終回――まとめ) 仲野好雄(専務理事) 44
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇職親訪問(21)吾嬬メリヤス (編集部) 50

『手をつなぐ親たち』No.194 19720401

 【特集:学校・施設・親】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》やる気に溢れた親の会を全市町村に 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・施設建設のための基金作り(新潟県五泉市)
 ・四七年度代議員会(秋田県)
 ・要求されている施設(東京都大島町)
 ・ぶどう園が活躍(栃木県足尾町)
 ・他力本願から抜け出よ!(富山県黒部市)
 ・新年会(福井市)
 ・東毛地区相談員自主研修会(群馬県太田市)
 ・善意にのみ頼っている次第です(高知県赤岡町)
 ・チャリティショーの思い出(山梨県)
 ・和歌山県特殊教育研究大会(田辺市)
 ・心身障害者職親の会結成さる(香川県高松市)
◇《特集》学校・子ども・親――〈座談会〉学校にはいって一年たった子どもと親のあゆみ 8
 ・入級・入学に期待されるもの――座談会を終えて 安部歳夫(都立青鳥養護学校校長) 16
 ・あの親・この親――人さまざま 井村信行(香川県立養護学校主事・香川県精神薄弱者育成会事務局長) 19
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 15
◇《ほんだな》『盲幼児の歩行能力の発達とその指導』 五十嵐信敬・青山祥二・猪平真理・渡辺須美子(著) 23
◇幼児のために 各地のグループ①
 ・公共保育・教育を求めて 東京都 24
 ・障害児保育をバックアップ――神奈川県の障害児特別保育費補助 神奈川県 28
◇《れんさい》今だから話せる 中村与吉(新潟市立明生園園長) 30
◇精神薄弱児・者のためのソーシャルワーク――ソーシャルワークの基礎的諸問題 櫻井芳郎(国立精神衛生研究所ソーシャルワーク研究室長) 33
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 37
◇ブッロク大会報告 38
 ・第10回四国大会
 ・第11回中国大会
◇おとなの世界 先生、のみましょうや 三上静馬(福山市春日寮寮長) 40
◇通園施設と教育について (編集部) 41
◇《ひろば》やっちゃんがお嫁さんに 島沢忠義(豊橋市親の会) 42
◇《ひろば》私は家庭奉仕員一年生 滝浦暎江(盛岡市精神薄弱児・者家庭奉仕員) 43
◇《かいせつ》おとなの場合、子どもの場合――相談所を中心に 徳永チヅ(精神薄弱者福祉司) 44
◇昭和46年度駈け歩きの記(8-10月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 49
◇手をつなぐ母の歌  久富吉晴(作詞・作曲) 49
◇職親訪問(22)有限会社清水石油 (編集部) 50

『手をつなぐ親たち』No.195 19720501

 【特集:相談の窓口はここにも】
◇日本短波放送「精薄相談室」「精薄児の教育」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》本当の社会福祉の切符を手に入れよう 矢部進 2
◇《親の会風土記》地域の人々とともに歩む 東京都町田市手をつなぐ親の会 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・卒業生を送る会(山口市)
 ・待ち遠しいひまわり教室(福井県福井市)
 ・ここにも差別が(香川県香川町)
 ・歩みは遅いが、一歩ずつ(北九州市)
 ・同窓会(佐賀県千代田町)
 ・新しい気持ちで(東京都板橋区)
 ・山下清遺作展を見る(浦和市)
 ・自立と暖かい保護を(鳥取県)
 ・特殊学級卒業生を励ます会(広島市)
◇《特集》相談の窓口はここにも 10
 ・手記 ちえおくれと知って 小沢和枝(徳島育成会) 10
 ・手記 家庭の中から脱しきれず 大高良子(北海道育成会) 13
 ・相談活動の経験の中から 村上重雄(石川県精薄者相談員) 17
 ・相談機関をもっと利用しよう 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会副会長) 19
 ・どこへ相談するか――場所より人をえらべ 伊藤隆二(神戸大学助教授) 21
◇幼児のために 各地のグループ②
 ・子どものための病院を 東北地方 27
◇杉田裕先生を悼む 29
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 30
◇精神薄弱児・者のためのソーシャルワーク――ソーシャルワークの基礎的諸問題 櫻井芳郎(国立精神衛生研究所ソーシャルワーク研究室長) 31
◇おとなの世界 僕にあっている仕事は? 大南英明(東京都墨田区本所中学校) 35
◇西山きょうだい 西尾清信(日向弘済学園父母の会会員) 36
◇《れんさい》今だから話せる――青鳥養護学校の誕生 三木安正(全日本特殊教育研究連盟理事長) 38
◇昭和四六年度NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入選者決まる 41
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 41
◇《かいせつ》新しくはじまる 小規模通園に対する国の助成 横尾和子(厚生所障害福祉課長補佐) 42
◇《詩》 山田千鶴(逗葉育成会) 44
◇ときのうごき――1972年2月 45
◇昭和47年度駈け歩きの記(10-1月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49
◇手をつなぐ母の歌  久富吉晴(作詞・作曲) 49
◇職親訪問(23)職親訪問の記 館野タエ子(栃木県育成会) 50

>TOP

■No.196~200

『手をつなぐ親たち』No.196 19720601

 【特集:体力をつけよう】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》悲劇の原因はどこに? 2
◇《親の会風土記》地域施設の新しい理念を求めて――かなやま学園の現状と課題  群馬県太田市手をつなぐ親の会 4
◇ときのうごき――1972年3月 7
◇親の会だより 北から南から 8
 ・家庭教育学級の発足(北海道旭川市)
 ・1、目的達成はみんなの一言から 2、在宅児にもようやく光が(福井県)
 ・よりよい発展のために(岩手県二戸市)
 ・精薄者雇用促進協議会発足(岐阜市高森町)
 ・「愛のこけし販売」で会員意識の昂揚(宮崎県)
 ・1、就職指導懇談会 2、盲精薄者に耳寄りな福音(広島県)
 ・特殊学級担任の待遇問題(奈良県生駒市)
 ・楽しい謝恩会(松江市)
 ・栄光園誕生(山形県米沢市)
◇《特集》体力をつけよう 12
 ・身体を丈夫に 西条正晴(大阪市教育委員会特殊教育係長) 12
 ・おかあさんといっしょに――生活の中の体育 半場正信(東京都立立川養護学校教諭) 18
 ・略式様式便所の工夫 近江倶子 23
 ・精神薄弱児と食生活 中村健二(日向弘済学園園長) 24
 ・この子らと体育――とくに重度の場合に考えること 江草安彦(旭川児童院院長) 27
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 29
◇幼児のために 各地のグループ③
 ・幼児対策のあけぼの 近畿地方 30
◇生まれ変わる親の会への再出発!!第39回理事会・第29回評議員会開催
 ――47年度事業計画・予算承認 仲野好雄(専務理事) 32
◇おとなの世界 たくみ・はぐくみ・いつくしみ 横山文彦(山梨・どんぐり牧場次長) 35
◇《かいせつ》特殊教育の拡充計画――精薄養護学校全県設置運動 36
◇《れんさい》今だから話せる――戦後の混乱期から旭川荘創立まで 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会会長) 40
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 41
◇盲学校・聾学校および養護学校の教育課程の改善について
 ――昭和47年3月15日文部大臣に対する教育課程審議会の答申(抜粋) 42
◇よりよい解決を求めて――“家庭のなやみ”に答える 44
◇心身障害児福祉課設置県の増加 45
◇昭和47年度駈け歩きの記(2-3月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇貸出テープ一覧① 49
◇職親訪問(24)合資会社「ふくとく」/株式会社「上野飲料工業」 出田芳子(熊本県育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.197 19720701

 【特集:仲間の輪をひろげよう】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》この君らのレジャーとは 脇田悦三 2
◇《親の会風土記》胸をはって生きられる社会をめざして――むさしの郷の建設  埼玉県 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・墨田区立養護学校設置(東京都墨田区)
 ・二年目を迎えたひまわり学園(群馬県太田市)
 ・野外会食パーティ開く(千葉県柏市)
 ・拡げよう 誠の愛を(宮崎県小林市)
 ・一つの飛躍(岡山市)
 ・ささやかな会ではあるが(香川県坂出市)
 ・福祉村を夢みて(福島県いわき市)
 ・四月例会開かれる(栃木県宇都宮市)
 ・恵まれない子に手当てを(大和高田市)
 ・広げよう一円募金(愛媛県城川町古市)
 ・成人精神薄弱者施設開園(静岡県磐田市)
 ・在宅問題を中心に(山口県)
◇《特集》仲間の輪を広げよう 10
 ・自由にのびのびと――施設における交際 小林隅雄(兵庫県赤穂精華園園長) 14
 ・交際は自立の出発に――職場と寮の生活 柏一太郎(水戸市柏精機株式会社) 17
 ・“みんなのための交際の場を作ろう”――京都日曜青年学級 馬場信三(京都育成会青年学級担当理事) 20
 ・青年の交わりと憩いの場!――青年学級もしくはそれに類するグループ活動 全国各地の調査結果から 大南英明(墨田区立二葉小学校) 23
 ・なかまはなかま――東京都渋谷区にあるともしび学級を訪ねて、ここに集まる人達の生活と青年学級の意義をとらえてみました H・Y Y・S 26
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 41
◇《かいせつ》特殊教育就学奨励賞――小・中学校の特殊学級児童生徒の保護者に支給の場合 中山淑広(文部省初等中等教育局特殊教育課) 30
◇甘い涙にひたった私——親子レクリエーションに参加して 新庄幸子(東京・小金井幼児グループ) 32
◇走れ友ちゃん 高橋歩(群馬県安中第一中学校特殊学級担任) 34
◇「走れ友ちゃん」を読んで 定形ひろ史 34
◇《れんさい》今だから話せる――子どもとのくらし 熊谷チヨ(秋田県鹿角市 元特殊学級担任) 35
◇おとなの世界 私とお金――一就職者の声なき声 三浦了(滋賀県もみじ寮寮長) 38
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 39
◇幼児のために 各地のグループ④
 ・幼児保育と婦人学級 四国地方 40
◇ときのうごき――1972年4-5月 42
◇《本棚》『幼児画早わかり(第2版)』 創造美育協会静岡県支部(編集) 44
◇《詩》強く生きよう 宮地伝 44
◇《本棚》『りんごってウサギや』 福井 達爾(著) 45
◇《詩》親として或る日 小笹春卯 45
◇昭和47年度駈け歩きの記(4-5月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇貸出テープ一覧② 49
◇職親訪問(25)大坪縫製工場 元木潔(香川県坂出市育成会) 50

『手をつなぐ親たち』No.198 19720801

 【特集:わが家の夏休み】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》福祉工場の役割と課題 2
◇親の会だより 北から南から 4
 ・着々進む計画(広島市)
 ・カウンセラー育成(大阪府)
 ・市育成会総会・研修会――心強い職安指導官(岡山市)
 ・早急な対策を(秋田県若竹学園)
 ・育成会総会と講演会(熊本県)
 ・「三つの対話」(香川県高松市)
 ・親としての役割を果たそう(東京都東村山市)
 ・社会変化に伴う活動を(福島県いわき市)
 ・身障者の集団見合い(東京都葛飾区)
◇《親の会風土記》働くよろこびをわかちあおう――香川県心身障害者職親の会結成  香川県精神薄弱者育成会 8
◇《特集》わが家の夏休み 10
 ・夏休みこそ絶好のチャンス――みんなといっしょに何でもしよう 川崎チヨ(新潟市立明生園児の母) 10
 ・子どもに教えられて――歯みがき、床ふき、ふとんあげ、信昭が先生の役目 滝浦暎江(岩手県萩の江学園児の母) 13
 ・ちえ遅れの子の夏休み――二つの手記を読んで 妹尾正(国立秩父学園園長) 16
 ・計画にそった生活――どんな小さなことでも家族で相談しあって 川村和子(宮城県立光明養護学校生徒の母) 18
 ・「ごはん炊きや、たまご焼をするんだよ」――よ去年の子どもの日記から 古場コウ(佐賀県伊万里市立中学校たちばな学級生徒の母) 21
 ・こどもは自由に羽をのばしたいです――親の役目はよりそうこと 藤原暘子(愛育養護学校教頭) 24
◇《かいせつ》職場適応訓練について 志村雅晴(労働省職業安定局業務指導課) 26
◇幼児のために 各地のグループ⑤
 ・幼児対策の行政化を 大阪府 28
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 32
◇《資料》広島県安芸町における扶養保険掛金の公費負担について 33
◇ときのうごき――1972年6月 35
◇《ひろば》親の会でのすばらしい会話 山本光治(静岡県盤田市手をつなぐ親の会「親の窓」から) 36
◇《ひろば》ようちゃんと子どもたち 島沢忠義(愛知県豊橋市精神薄弱者相談員) 38
◇《ひろば》どうして手をつなぐか 松本秀雄(兵庫県立のじぎく養護学校教諭) 39
◇《ひろば》さいきんの私 前田和子(香川県坂出市) 39
◇家庭負担に思う 田口錦一(埼玉県妻沼町手をつなぐ親の会会長) 40
◇このごろのぼく――テープに学ぶ 河田省三(富山県黒部市) 42
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 43
◇昭和47年度駈け歩きの記(6月) 仲野好雄(専務理事) 44
◇《れんさい》今だから話せる――子どもとのくらし 熊谷チヨ(秋田県鹿角市 元特殊学級担任) 35
◇おとなの世界 小さなつどい 井上かの(佐世保市手をつなぐ親の会) 46
◇ひとりももれなく教育を――第9回精神薄弱者愛護月間 実施要綱 47
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇貸出テープ一覧③ 49
◇職親訪問(26)職場訪問をして 郡司幸雄(埼玉県福岡中学校教諭) 50

『手をつなぐ親たち』No.199 19720901

 【特集:教科書にのぞむ】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0
◇親の会だより 北から南から 2
 ・創立一〇周年記念福祉大会に参加して(奈良県天理市)
 ・手をつなぐ親の会生まれて一〇年(長野県下諏訪町)
 ・栄光園 ただいま増築中!!(米沢市)
 ・もう一度考えなおそう(福島県)
 ・新年度はより充実した会に(奈良県)
 ・ふじの学園の収穫祭(函館市)
 ・本年度のスローガンは――昭和四七ねんど通常総会開催(京都府)
 ・「障害福祉センター」開所(北九州市)
 ・組織強化と運動の盛り上りを中心に(長野県)
 ・「希望の家」完成(宮城県)
◇《親の会風土記》私たちの一円募金――愛媛県八幡浜学園親の会 6
◇《特集》教科書を望む 8
 ・“別人格”扱いをやめよ――中学・高校の教科書に望む 8
 ・教科書にはこんな書き方を――正しい認識と理解を深める 13
 ・〈提案〉私たちの手で「副読本」を作ろう 18
 ・「施設と私」――高校生のまとめから 19
 ・正しい表現を求めて――誕生日ありがとう運動・奈良県の調査 20
◇昭和48年度国立秩父学園付属保護指導職員養成所養成部生徒募集要項 23
◇幼児のために 各地のグループ⑥
 ・親とボランティアの協力で 九州地方 24
 ・成長したわが子――一日保育に参加して 深堀キミ子(長崎県一日保育・保護者) 26
◇ひとりももれなく教育を――第9回精神薄弱者愛護月間 28
◇《相談員の記録から》仲間意識を大切に――外部と接触を拒否しつづけた老保護者が、心を開くまで 見上喜一郎(北海道旭川市精神薄弱者相談員) 30
◇《相談員の記録から》まわりで支えよう――親なきあと、姉妹離散状態の中で、障害者の子を見守る人達 山浦捷栄(長野県精神薄弱者相談員) 32
◇《相談員の記録から》Y・S子についての所見 S・S(民生委員) 33
◇由美ちゃんのママの日記より(1) 桜井芳郎(国立精神衛生研究所ソーシャルワーク研究室長) 34
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 37
◇《ブロック大会》親たちひとりひとりが自らの手を汚し 汗を流す決意をしよう――第11回近畿精神薄弱者福祉大会 辻元輝夫(滋賀県精神薄弱者育成会事務局長) 38
◇《れんさい》今だから話せる――適職研究の思い出 高木美子(雇用促進事業団職業研究所研究室長) 40
◇みんなで応募しよう――NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞募集要項 43
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 43
◇おとなの世界 あるプロポーズ 米倉聖(千歳いずみ学園) 44
◇ときのうごき――1972年7月 45
◇昭和47年度駈け歩きの記(6-7月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇貸出テープ一覧④ 49
◇職親訪問(27)にわがせんぺい東雲堂 吉田龍之助(福岡市立福岡中学校教諭) 50

『手をつなぐ親たち』No.200 19721001

 【特集:小さな広場】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0
◇《今月のもんだい》これからの養護学校 2
◇《親の会風土記》“死ぬに死ねない”気持ちをもとに――茨城大学教育学部附属小学校四組保護者会 4
◇親の会だより 北から南から 6
 ・一株の花の苗に願いをこめて(札幌市)
 ・なずな第14回合宿研究会(長崎県なずな寮)
 ・木曜会定例日の一日(石川県)
 ・1、海水浴に寄せて 2、暑中見舞書き(石川県)
 ・1、親の会に町より多額の援助 2、今年度の総会(佐賀県千代田区)
 ・小さな職場(岡山市)
 ・訪問特殊学級の新設(高知市)
 ・作品展と即売会(徳島県)
 ・青年学級のひととき(豊橋市)
◇《特集》小さな広場 10
 ・地域センターとしての役割を担って――東村山市手をつなぐ親の会小規模通園施設“愛の園幼児室”を訪ねて 編集部―佐・吉 10
 ・ショックをうけとめたグループの力――病院めぐりから仲間と歩むまで 百合田紀恵子(東京都調布心身障害児者親の会) 14
 ・“僕”の生活を大切に――潤を中心にめぐったこの九年間 貞包テルヨ(長崎県育成会) 18
 ・〈資料〉みんなが通える場をつくろう――心身障害児通園事業実施要綱 22
 ・“愛の園”が好きなんです 吉岡文子 24
 ・心のなごむところ 安山博子 24
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび 脇田悦三 25
◇幼児のために 各地のグループ⑦
 ・地域による問題点の違いを正しくつかもう 東海・北陸地方 26
◇《れんさい》今だから話せる――子供達の幸せを求めて てんかん発作の回数で埋ってしまった母親の日記 谷口憲郎(大倉山学院院長・元北海道育成会会長) 28
◇おとなの世界 長男の責任――両親の墓を建てる 三上静馬(福山市春日寮) 31
◇《かいせつ》養護学校の目的と内容 田原昭之(文部省初等中等教育局特殊教育課) 32
◇《おたずねします》口の中に白い斑点が… 34
◇由美ちゃんのママの日記より(2) 桜井芳郎(国立精神衛生研究所ソーシャルワーク研究室長) 36
◇ときのうごき――1972年8月 39
◇心身障害一六団体 田中首相に陳情 40
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 41
◇《ブロック大会》問題点を明らかにし 具体化の方向へ進めよう――第12回東北ブロック大会 今野政行(岩手県精神薄弱者育成会副会長) 42
◇《短歌》 栗原暉子(旭出学園母の会) 44
◇《親の会便り写真帳》楽しかった海水浴 佐賀県千代田区手をつなぐ親の会 45
◇昭和47年度駈け歩きの記(7-8月) 仲野好雄(専務理事) 46
◇関係団体短信 48
◇事務局だより 48
◇貸出テープ一覧⑤ 49
◇職親訪問(28)S君の就職 若林三省(島根県立光風園) 50

>TOP

■No.201~205

◆『手をつなぐ親たち』No.201 19721101 

 【特集:通勤寮】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《今月のもんだい》果たして子どもは幸せでしょうか? 2 
◇《親の会風土記》市民の理解と協力を――熊本・八代市育成会 江藤重則(八代市育成会事務局長) 4 
◇親の会だより 北から南から 6 
 ・みんなしあわせに(徳島県羽ノ浦町) 
 ・“障害児福祉団体連合会”発足(福井県敦賀市) 
 ・愛の基金(茨城県土浦市) 
 ・幼児の通園施設建設はじまる(群馬県太田市) 
 ・親の会大会(鳥取県) 
 ・“はげます会”開く(新潟県見附市) 
 ・通園施設を北信にも(長野県北信地区) 
 ・夏の親子研修会(東京都杉並区) 
 ・私たちの資金づくり(香川県坂出市) 
 ・親は自らの足で(青森市) 
 ・台風より強い親たち(愛知県豊橋市) 
 ・ひとりの親の熱意が(福井県) 
◇《特集》通勤寮 10 
 ・就職した人のための施設 10 
 ・“通勤寮”雑感 江尻彰良 22 
 ・〈資料〉精神薄弱者通勤寮の運営費について 深沢清時(厚生省児童家庭局障害福祉課) 26 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 21 
◇《れんさい》今だから話せる――杉の子作業所の生いたち 福祉作業所はこうして生まれた 原田豊治(東京都心身障害者職業センター) 28 
◇おとなの世界 「またくるね」 横山文彦(山梨県どんぐり牧場主) 31 
◇はじめられた教育相談――国立特殊教育総合研究所 渡辺健郎(国立特殊教育総合研究所精神薄弱教育研究部) 32 
◇有意義だった療育指導の会 坂本賢(岡山県育成会専務理事・事務局長) 34 
◇南海の青空のもとで!!沖縄復帰記念第21回全国大会〈案内〉 36 
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび:自画像描き 脇田悦三 37 
◇《手記》英昭と学校 特殊学級に入った長男 藤井シズエ(三郷町立第三小学校父兄) 34 
◇手記を読んで――英昭ちゃんはしあわせ 安部歳夫(東京都立青鳥養護学校校長)  39 
◇由美ちゃんのママの日記より(3) 桜井芳郎(国立精神衛生研究所ソーシャルワーク研究室長) 41 
◇《ひろば》小規模通園事業の充実を 大川博正(群馬県太田市) 44 
◇《ひろば》「先生、あまり来ないで」 塚田幸衛(埼玉県育心寮) 45 
◇昭和47年度駈け歩きの記(8-9月) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇関係団体短信 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.1 49 
◇職親訪問(29)家庭での努力 加藤久雄(大阪高槻養護学校) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.202 19721201 

 【特集:すべての子どもに教育を】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《今月のもんだい》“すべての子どもに学籍を”運動の意味するもの 2 
◇親の会だより 北から南から 4 
 ・一〇年を顧みて明日の発展を(茨城県) 
 ・広げよう家庭徴収金軽減運動(群馬県太田市) 
 ・職場見学と総会(島根県平田市) 
 ・全国で三番目、障害者雇用促進協会誕生(岡山県) 
 ・(1)人間機関車の活躍で――三国町、(2)季節保育所設置(福井県) 
 ・心身障害児を守る日制定(香川県高松市) 
 ・ちえ遅れの子らに理解を(宮崎県小林市) 
 ・ほど遠い本当の福祉(島根県) 
 ・これから活動します(長崎県普賢学園) 
 ・白い雲の会(熊本県) 
 ・介護職員の配置決る(秋田県) 
◇《特集》どんな子にも教育を――この子たちの教育を受ける権利をどう保障するか 8 
◇施設の意義を問い正そう 中村与吉(新潟市立明生園園長) 18 
◇《かいせつ》「就学」その意味と方法 皆川正治 22 
◇《相談室》自己中心的で…正しい評価と受け入れを 位頭義仁(国立特殊教育総合研究所) 24 
◇《れんさい》今だから話せる――正直なあまりにも正直な 辻村泰男(国立特殊教育総合研究所所長) 27 
◇《本棚》『自分の翼で巣立つ時』 深沢道夫・木村久(著) 29 
◇幼児のために 各地のグループ⑧ 
 ・障害幼児保育の根本的解決を 関東甲信越I 30 
◇全国財団のスタートに 初のボランティア交歓研修会 野島克実(大阪精神薄弱者育成会事務局長) 32 
◇みんなが安心して働けるように――心身障害者雇用促進セミナー 仲野好雄 34 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(12月) 36 
◇おとなの世界 「先生、かいきんをもらいました」 大南英明(東京都墨田区立二葉小学校) 37 
◇国際精神薄弱者援護団体連合へ正式加盟 仲野好雄 38 
◇《母と子のページ》母と子の室内あそび:サンタよ おいで 脇田悦三 39 
◇《ブロック大会》 
 ・教育権を確立しよう――第17回北海道精神薄弱福祉大会 横谷静夫(北海道育成会事務局長) 40 
 ・幸せをたかめる――第11回精神薄弱者教育と福祉振興九州大会 松高弥作(佐賀県) 41 
◇《ひろば》コンピューター 櫛田茂雄(仙台市なかよし学園保護者) 42 
◇《ひろば》二人の勝久くん 鈴木易子(伊丹市南小学校特殊学級担任) 43 
◇ときのうごき――1972年9-10月 44 
◇米大陸飛び歩きの記(1) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇関係団体短信 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.2 49 
◇職親訪問(30)日本フード株式会社 島沢忠義(愛知県豊橋親の会精神薄弱者相談員) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.203 19730101(昭和48年) 

 【特集:きょうだい】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《今月のもんだい》成年の日、その意味 2 
◇《親の会風土記》母親クラブが中心になって――徳島市精神薄弱者育成会 泉弥寿子 4 
◇親の会だより 北から南から 6 
 ・アルプス学園、一〇周年を迎えて(長野県) 
 ・医療費の補助を(長野県小諸市) 
 ・補正予算二つ通過(宮城県) 
 ・親たちの勉強と善意活用(福島県いわき市) 
 ・東北重障児施設親の会連合会結成される(東北六県) 
 ・より深く理解していただくために(山口県由谷町) 
 ・菊人形展へ(福井県かすみヶ丘学園) 
◇少年自然の家で青年学級――愛知県豊橋親の会 島沢忠義(精神薄弱者相談員) 9 
◇《特集》きょうだい――手記・きょうだいとともに  10 
 ・手記・きょうだいとともに その一――“ポニー”が変えた私の家庭 山本良子(大阪市) 11 
 ・手記・きょうだいとともに その二――“ともに考え、話し合う親に 吉本定雄(東京都) 11 
 ・手記・きょうだいとともに その三――“妹をかわいがらない兄 橋爪幸衛(高知県) 13 
 ・手記・きょうだいとともに その四――悩み多い結婚の時期 長島貴美子(奈良県) 14 
 ・手記・きょうだいとともに その五――自立への努力中 大川幸子(東京都) 15 
 ・手記・きょうだいとともに その六――わが家の光、修もきょうだいも 安田愛子(長崎県) 15 
 ・農村部のきょうだいたち――魚沼学園での調査と話し合い 大野智也(日本短波放送制作部) 17 
 ・《精神薄弱者福祉司による座談会》障害者が家族の一員として生きられるために 20 
 ・さいきんの哀しい事件――ひとり逝った武君 徳永チヅ 23 
◇《相談室》「ことばのない子」――おかあさんと肌のふれあいを多く 田口則良(国立特殊教育総合研究所精神薄弱教育研究部) 24 
◇幼児のために 各地のグループ⑨ 
 ・在宅児はいつまでも在宅ではない 関東甲信越II 26 
◇働く青年胸うつ発表――青年学級弁論大会から 舘森はな(東京都精神薄弱者育成会) 30 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(1月) 31 
◇《母と子のページ》わんわんかるた 脇田悦三 32 
◇《ブロック大会報告》関東甲信越大会 33 
◇《ひろば》「知的障害児」と呼ぼう 木下恵智(鳥取県境港市精神薄弱者育成会) 34 
◇《ひろば》喜びかみしめた職場訪問 島沢忠義(愛知県豊橋親の会精神薄弱者相談員) 35 
◇《ひろば》「アホ」といわぬ運動 杉本清(大阪府立百舌鳥学園園長) 37 
◇こどもの食事と栄養(1)つかえやすい食べ物に気をつけましょう――心身障害児の場合 伊藤登志子(東京都北療育園食養係長) 38 
◇《かいせつ》遺言を書きましょう――親なきあとの法律 高尾佳巳(厚生省児童家庭局企画課兼障害福祉課) 40 
◇おとなの世界 「ぼく、嫁さんもらうかなァ」 大高良子(北海道育成会) 41 
◇《れんさい》今だから話せる――柳こうり一つの財産 重田定正(全国療育相談センター所長) 42 
◇ときのうごき――1972年11月 45 
◇米大陸飛び歩きの記(2) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇関係団体短信 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.3 49 
◇職親訪問(31)勝部建材店 清水佐太郎(島根県平田市手をつなぐ親の会) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.204 19730201 

 【特集:施設について考える】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《今月のもんだい》施設間の風通しを 2 
◇親の会だより 北から南から 4 
 ・大きく成長して(石川県内灘町) 
 ・親子遠足(島根県平田町) 
 ・若竹学園改築決る(秋田市) 
 ・県議の暴言に立上る(島根県) 
 ・通園施設を多く(埼玉県鶴ヶ島町) 
 ・結成二〇周年(逗葉育成会) 
 ・運動遊びを楽しむ会(東京都東村山市・東久留米市・清瀬市) 
◇《特集》施設について考える  8 
◇無籍の子 登丸福寿(群馬県はるな郷長) 18 
◇《相談室》どことなく他の子とちがうようで――どのように育てたらいいのでしょう 建川博之(国立特殊教育総合研究所精神薄弱教育研究部) 20 
◇愛知県心身障害者コロニー完工式記念学術集会のおしらせ 22 
◇《ブロック大会報告》第11回手をつなぐ親の会四国大会 前田正元(高知県育成会事務局長) 23 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(2月) 23 
◇幼児のために 各地のグループ⑩ 
 ・小さなグループが――中国地方  24 
◇《母と子のページ》豆ひろい 脇田悦三 27 
◇《かいせつ》就学猶予免除は不要!中央身心障害者対策協議会田中総理に意見具申
       ――総合的な心身障害者対策の推進について 28 
 ・《資料》中央身心障害者対策協議会の意見具申(全文) 29 
◇おとなの世界 アイ・ラブ・ユー 三浦了(滋賀県もみじ寮寮長) 34 
◇カナダへ旅して 菅野重道(国立精神衛生研究所精神薄弱部長) 35 
◇《ひろば》苦労ひとしお成人重症者と家族 滝浦暎江(岩手県盛岡市家庭奉仕員) 38 
◇《ひろば》園児の広場――それは土俵 河野清広(香川県立川部わかば学園) 39 
◇《ひろば》“親戚は遠い” 栗原暉子(旭出学園母の会) 40 
◇《ひろば》施設入所児と教育権 木下恵智(鳥取県境港市精神薄弱者育成会) 40 
◇《短歌》わが家の宝、私のいきがい 栗原暉子(東京都) 41 
◇《短歌》逗葉育成会結成二〇周年の会 山田千鶴(逗子市) 41 
◇こどもの食事と栄養(2)便秘――生活と食べ物の工夫 岸直子(日本心身障害児協会こどもの療育センター) 42 
◇米大陸飛び歩きの記(3) 仲野好雄(専務理事) 44 
◇編集室郵便箱 46 
◇ときのうごき――1972年12月 47 
◇関係団体短信 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.4 49 
◇職親訪問(32)佐賀県千代田バンボードKKにN君をたずねて 江口治一(佐賀県千代田町親の会) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.205 19730301 

 【特集:どうして障害児に】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《今月のもんだい》この人たちの真のしあわせは 2 
◇《親の会風土記》「はげます会」を開くまで――新潟県見附市手をつなぐ親の会 小林興治 4 
◇親の会だより 北から南から 6 
 ・作品展示即売会(青森市) 
 ・重度児に医療費を(福井県小浜市) 
 ・これで事足れりではない(熊本県) 
 ・鳥取県大会で決意したもの(鳥取市) 
 ・ぼくたちの学校ができる(福井県敦賀市) 
 ・課題を実行に(福島県) 
 ・医療費の無料化なる(長崎県大村市) 
 ・金沢ヘルスセンター(福井市) 
 ・道育成会を法人組織(北海道) 
 ・同窓会を開催(佐賀県千代田町) 
◇《特集》どうして障害児に  10 
◇《相談室》普通学級か特殊学級か 位頭義仁(国立特殊教育総合研究所精神薄弱教育研究部) 26 
◇《母と子のページ》あまのしゃく 脇田悦三 29 
◇《ひろば》「先生 あまりこないで」はひどい 田中庸浩(埼玉県三郷市第三小学校教諭) 30 
◇《ひろば》園児の広場――それは土俵 河野清広(香川県立川部わかば学園) 39 
◇《ひろば》育成会の体質にもの申す 木下恵智(鳥取県境港市精神薄弱者育成会) 31 
◇《詩》さようなら 林田英利(相模原市) 32 
◇おとなの世界 ひとりで家に帰る 三上静馬(福山市春日寮寮長) 33 
◇こどもの食事と栄養(3)食べようとしない子――病気か精神的なものか よく気をつけよう 佐々木正美(国立秩父学園医師) 34 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(3月) 35 
◇ときのうごき――1973年1月 37 
◇昭和48年度精神薄弱関係予算のあらまし 念願の「手帳」活かそう 38 
◇昭和四十七年度「手をつなぐ親たち」主要もくじ 42 
◇この子たちの教育 木下健次(石川県小松市特殊教育振興会会報より抜粋) 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄 46 
◇関係団体短信 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.5 49 
◇職親訪問(33)はるた製菓 秋本美重子(兵庫県精神薄弱相談員) 50 

>TOP

■No.206~210

◆『手をつなぐ親たち』No.206 19730401 

 【特集:こどもとともにあゆむ】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇なりよりもうれしいお年玉 仲野美保子 2 
◇《特集》こどもとともにあゆむ 4 
 ・はっとさせられた例(その1)「この子ね、ちえおくれですねん」 山田文枝(奈良県) 5 
 ・はっとさせられた例(その2)ほしかった一枚の紙 小池清(福島市) 5 
 ・はっとさせられた例(その3)「どうもありがとう」と最敬礼 井上真(竜野市) 6 
 ・はっとさせられた例(その4)「工場で働きたい」 酒田のぶ(横浜市) 6 
 ・はっとさせられた例(その5)電話いじり 山本みどり(習志野市) 7 
 ・はっとさせられた例(その6)「私のせんせやで、私のハンカチ洗う」 中本操男(福井県家庭訪問教師) 8 
 ・はっとさせられた例(その7)「オハヨー」だったのだ 安平徳多郎(大阪市立難波養護学校) 9 
◇《近藤益雄の詩から》花火 12 
◇《近藤益雄の詩から》手をひく 12 
◇「並んで歩む」 近藤原理 13 
◇本立てのシミ(抜粋) 三原透(滋賀大学教育学部附属小学校教諭) 14 
◇親の会だより 北から南から 18 
 ・重度身障児の学校開設(静岡県磐田市) 
 ・職親懇談会(宮崎市) 
 ・研修会に出席して(長野県) 
 ・組織づくりと強化(奈良県) 
 ・施設の作品展示会(鹿児島県姶良町) 
 ・親の願い(福島県いわき市) 
 ・ぼくたちの先生(福井県) 
 ・施設建設運動実る(富山県魚津市) 
 ・昼食を共にしながら(香川県坂出市) 
 ・自信をつけるために(青森市) 
 ・運動をつよめるために(酒田市) 
◇運動会 足立児童学園にて 丸山勝久(東京都足立区西部福祉事務所福祉司) 22 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ 脇田悦三 24 
◇《今月の問題》親の会 このなかまがめざすもの 26 
◇《相談室》結核か?蒙古症のわが子と私の歩んで来た道 滝浦暎江 28 
 ・発病を防ぐために 岡崎英彦(びわこ学園長) 31 
◇《こどものくに》「1・2・3…」 中村節子 33 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・一企業主の勇断で福祉工場 「就職不可能」の卒園生が就職したアオバ・ボード 古川猪之助(函館市あおば学園園長) 34 
◇《けんこうかんり》 お医者さんのかかり方 岸直子(子どもの療育センター医師) 36 
◇《ひろば》親の持つ“被害者意識” 江尻彰良 38 
◇《ひろば》この子らとこんな楽園で 塚田幸衛(埼玉県入間郡毛呂山町育心寮副寮長) 39 
◇《ひろば》職場訪問記 島沢忠義(愛知県精神薄弱相談員) 40 
◇《短歌》 杉浦芳藤(高浜市手をつなぐ親の会) 40 
◇ときのうごき――1973年2月 42 
◇最近の話題から 抗てんかん薬が奇形児を生む? 清野昌一(国立武蔵療養所医長) 44 
◇米大陸飛び歩きの記(4) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(4月) 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.1 49 
◇職親訪問(34)栃木玩具株式会社 吉成りん(宇都宮市すぎの芽会) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.207 19730501 

 【特集:たのしくあそぼう】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇母と子のこだま 滋野アサ子(福島県いわき市勿来町) 2 
◇《特集》たのしくあそぼう 4 
◇昭和四七年度NHK厚生文化事業団精神薄弱福祉賞入選者決る 19 
◇親の会だより 北から南から 20 
 ・バスで島原めぐり(長崎県普賢学園) 
 ・職親懇談会(宮崎市) 
 ・父母のOB会結成三年(愛媛県八幡浜学園) 
 ・部会の移転(島根県松江市) 
 ・授産所の一日(石川県七尾市) 
 ・映画で啓蒙活動(千葉県柏市) 
◇通所の一貫体系めざし ひまわり学園誕生 群馬県太田市手をつなぐ親の会  大川博正 22 
◇《こどものくに》欲求不満解消 24 
◇《相談室》ひきつけやすい子の予防接種 平山宗宏(東京大学教授) 25 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・希望にもえて 東北内のグループ 安彦ひさ子 28 
◇《今月の問題》親の会入会1ヶ月 仲間入りの努力 30 
◇《けんこうかんり》育児のポイント 岸直子(子どもの療育センター医師) 32 
◇《ひろば》結婚相談のむずかしさ 島沢忠義(愛知県精神薄弱相談員) 34 
◇《ひろば》在宅者のための施策を 木下恵智(鳥取県境港市) 35 
◇田村一二氏 朝日賞を受賞! 仲野好雄 37 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ 脇田悦三 38 
◇《かいせつ》施設に入るといくらかかるか?――費用徴収について 40 
◇《れんさい》今だから話せる――ブロックの墓標の下に 登丸福寿(群馬県はるな郷郷長) 42 
◇ときのうごき――1973年3月 45 
◇米大陸飛び歩きの記(5) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(5月) 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.2 49 

◆『手をつなぐ親たち』No.208 19730601 

 【特集:おとなになっていくこども】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇松葉杖と校長先生 林田英利 2 
◇《特集》おとなになって行く子ども 4 
◇親の会だより 北から南から 16 
 ・つくし会結成(兵庫県西宮市) 
 ・“証明書”発行(新潟県吉田町) 
 ・重度心身障害児学級誕生(三重県津市) 
 ・喜びをみんなで(徳島県羽ノ浦町) 
◇《相談室》ダウン症児の便秘 飯田誠(国立精神衛生研究所精神薄弱部) 18 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・経営難にあえぎながら――東海北陸地方 田中実 20 
◇《今月の問題》生きがいを優先せよ 働く彼などにも保障を 22 
◇《かいせつ》重度で20才未満のお子さんを養育するための手当――特別児童扶養手当 24 
◇“本人”抜きの福祉はない 山西雅子(茨城県東茨城郡茨城町) 26 
◇第1回「市民の福祉講座」へのおさそい 30 
◇ことしの全国大会実施要綱 31 
◇《ひろば》うぶ声をあげた むき青年学級 青木弘(岐阜市精神薄弱者育成会) 32 
◇《ひろば》野に佇む親と子 西尾清信(弘済学園父母の会会員) 33 
◇《ひろば》おかあさんわかって 畑絹代(香川県丸亀市) 34 
◇《ひろば》一ヵ月半 横山康二(松江市手をつなぐ親の会「愛の歩み」第五号から転載) 34 
◇心身障害者スポーツのつどいにて 立沢正雄(NHK厚生文化事業団事務局長、歌集「松瀬」から) 35 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ 脇田悦三 36 
◇《こどものくに》小川づくり 38 
◇編集部からのおしらせ 39 
◇《けんこうかんり》こどもの事故 岸直子(子どもの療育センター医師) 40 
◇《れんさい》今だから話せる――パールバック女史と育成会 小宮山倭(本会常務理事) 42 
◇ときのうごき――1973年4月 45 
◇米大陸飛び歩きの記(6) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(6月) 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.3 49 
◇職場訪問(35)青年学級の活動が仕事を積極的にさせた 奥田墾(福井県精神薄弱者育成会) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.209 19730701 

 【特集:赤ちゃんからおとなになるまで】
◇日本短波放送「精薄相談室」「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇弟 川端佐知子(東京都隅田第二小学校四年) 2 
◇《特集》赤ちゃんからおとなになるまで――こどもの道案内 4 
◇《こどものくに》「弁償せなあかんわ」 梅谷明子(奈良市烏見町) 15 
◇親の会だより 北から南から 16 
 ・最近のうごき(北九州市) 
 ・巾広い交流を(富山県黒部市) 
 ・待望の通勤寮できる(鳥取県) 
 ・楽しかった浜遊び(大分県中津市) 
 ・一老人の奉仕(秋田県) 
 ・意識を高めることから(香川県綾歌郡) 
 ・家庭教育学級はじまる(群馬県太田市) 
◇《本棚》『安楽死』 厚生ジャーナル社編 19 
◇《医師の記録》医学の無力さと有力さ 大浦敏明(大阪市立小児保健センター副所長) 20 
◇10才になった親の会総会 松江市手をつなぐ親の会 24 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・公の保障で真の理解を――関東甲信越 I 藤見文恵(梅香園園長) 26 
◇《今月の問題》しあわせを保障する「手帳」に 近く実施の、精神薄弱者療育手帳 28 
◇《けんこうかんり》こどもの急病 岸直子(子どもの療育センター医師) 30 
◇《ひろば》子どもは自分の手で 小島訓子(愛知県西春日井郡) 32 
◇《ひろば》命の炎を燃やしつづけよう 寺垣昭代(鳥取県) 33 
◇《ひろば》教育における「差別」ということ 永田英夫(東京都北区愛の会会員) 34 
◇《ひろば》孤独を無くす社会へ 藤田正明(愛媛県立八幡浜学園父母の会) 35 
◇西ドイツにおける精神薄弱児対策 市川隆一郎(神奈川県中央児童相談所) 36 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ 脇田悦三 40 
◇《れんさい》今だから話せる――あの日の親とこどもたち――一五年も前のこと 北村利夫(前北海道精神薄弱者育成会事務局長) 42 
◇ときのうごき――1973年5月 45 
◇米大陸飛び歩きの記(7) 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(7月) 48 
◇事務局だより 48 
◇貸出テープ一覧No.4 49 
◇職場訪問(36)訪問指導の大切さ 若林三省(島根県立光風園指導員) 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.210 19730801 

 【特集:老化現象とその対策】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇山のたんけん 高橋勝政(岩手県下閉伊郡山田町小六年) 2 
◇《特集》精神薄弱者の老化現象とその対策 江草安彦(旭川児童院・院長) 4 
◇《こどものくに》ぼくはセンセイ 田仲チイ子 15 
◇《かいせつ》義務教育終了後の進路 宮崎直男 16 
◇親の会だより 北から南から 18 
 ・ことし一年間(京都市北区) 
 ・扶養共済制度と医療費に補助金(熊本県) 
 ・レクリエーションを兼ねた総会(兵庫県揖保川町) 
 ・好評の八ミリ映画(岐阜市) 
 ・親の会会館建設の夢(長野県) 
 ・施設内養護学校できる(徳島県) 
 ・親の友だち・子の友だち(富山県黒部市) 
 ・福祉における教育(山口県) 
◇《本棚》『仲間づくりのじゃんけんあそび』 巡静一(著) 21 
◇《本棚》『リズム運動』 加藤俊子(著) 21 
◇《相談室》危険を知らず、目を離せない子ども 大坪明徳(国立特殊教育総合研究所重複障害教育研究部長) 22 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・生きがいある毎日とするために――関東甲信越 II 吉成りん(栃木県育成会) 25 
◇堂々と町に出よう 山西さんの問題提起を読んで 28 
◇《ひろば》「螢光園」完成に感謝 高橋幸子(福岡県春日市日の出町) 30 
◇《ひろば》養護学級合同運動会 佐藤節子(東京都北区) 31 
◇《ひろば》看護婦不足に提案 中上義行(神奈川県葉山市) 32 
◇親には親の仕事が… 宮本茂雄(千葉大学教授) 34 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――光かがやく 脇田悦三 36 
◇連合体として本格的な歩みに――全日本精神薄弱者育成会の機構改革と新人事 38 
◇《けんこうかんり》救急箱――家庭で備えておく医療品 岸直子(日本心身障害児協会診療所医師) 40 
◇ときのうごき――1973年6月 42 
◇《資料》心身障害児者対策の推進に関する決議 43 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(8月) 48 
◇東江沖縄県会長を悼む 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧No.5 50 

>TOP

■No.211~215

◆『手をつなぐ親たち』No.211 19730901 

 【特集:どんなに重くても、どこにいても】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇短歌 わが子とともに 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 2 
◇《特集》どんなに重くても、どこにいても――福祉における教育の保障 4 
 ・「教育」ということば 中村与吉(新潟県明生園園長) 4 
 ・重症児も伸びる 小笠原礼子(高知県高知市立三里小学校分室つくし学級担任) 5 
 ・家庭訪問指導 喜成己布(石川県松任市蕪城小学校講師) 7 
 ・免除はなくなりました 広瀬与一(神奈川県光海学園園長) 9 
 ・普通幼児とともに 四津谷礼子(墨田区文花保育園保母) 10 
 ・普通学級の中の重度児 宇津朋子(東京都墨田区立西吾嬬小学校教諭) 13 
 ・普通児の中へ入れた母親から 菊地孝子(東京都墨田区) 15 
 ・施設の教育と学校の教育 北村昭典(小平養護学校内村山養護学校) 17 
 ・「らしく」ない施設 三上静馬(広島県福山市春日寮寮長) 18 
◇《れんさい》今だから話せる――表に出ない行動が時代を動かした 内海正(宮城県立光明養護学校校長) 21 
◇ふつうのしあわせ 桜井敬一郎(長岡聾学校) 23 
◇《相談室》点頭けいれんで生傷が絶えません 佐々木正美(国立秩父学園医師)・中沢健(国立秩父学園児童指導員) 24 
◇《こどものくに》じょうず・じょうず 上野順一 27 
◇子どもの知能を守る 小児てんかんの子どもをもつ親の会 大態忠之(東京都板橋区) 28 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――手をつなごう 脇田悦三 32 
◇基本法の精神はどこに 福祉に逆行する言動 34 
◇《けんこうかんり》こどもの肥満 岸直子(日本心身障害児協会診療所) 36 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・生きがいある毎日とするために――中国地方 38 
◇私と「手をつなぐ親たち」 中川ミサオ(青森県下北郡) 39 
◇《ひろば》山西さんに共感 宮路末子(静岡県藤江市手をつなぐ親の会) 40 
◇《ひろば》山西さんに共感 娘の施設を思う 岡源三郎(岡山県倉敷市) 41 
◇《ひろば》親が安心して死ねる世の中を 永田英夫(弘済学園父母の会) 42 
◇福祉優先は障害者の生活圏拡大から――第13回東北ブロック大会 44 
◇ときのうごき――1973年7月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(9月) 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇お知らせ 49 
◇貸出テープ一覧No.1 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.212 19731001 

 【特集:私の家庭を考える】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇わたしのおとうさん 野間千鶴(岐阜県大垣南小学校六年) 2 
◇《特集》私の家庭を考える 4 
 ・桃源境が欲しい――老年に達して 山本つた(仮名) 5 
 ・山本さんの手記を読んで――鎌倉市手をつなぐ親の会、習志野市手をつなぐ親の会での話し合い 8 
 ・手記 私の家庭をふりかえって――年老いて考えること… 大泉花(新潟県燕市) 10 
 ・安心して親子が暮らせるよう 黒木美子(仮名) 12 
 ・喜んで帰園してくれる日を 松本ひで(仮名) 13 
 ・授産所の充実をめざす 島村きみ(仮名) 14 
 ・訓練の時期たいせつ 尾上タケ子 16 
 ・施設が近くだったら 米倉はな(仮名) 17 
◇《本棚》『コロニーへの道』 午島義友・津守真(編集) 19 
◇《相談室》食べものは牛乳だけ 小頭症の子どもが心配です 城戸正明(福岡教育大学教授) 20 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――心をおもてに 脇田悦三 24 
◇《けんこうかんり》子どもの皮膚病 岸直子(日本心身障害児協会診療所医師) 26 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・親の会の拠点に――東京都 28 
◇《母子通所指導の実践から》小グループのねらい 神田喜夫(滋賀県中央児童相談所) 30 
◇《母子通所指導の実践から》通園施設における教育の保障 中村与吉(新潟県明生園園長) 32 
◇《母子通所指導の実践から》みんな地域で受け入れよう=小田原市の「コミッティ」 皆川正治 33 
◇法に触れた場合を考えると 35 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・民生委員と手をつないで(島根県松江市) 
 ・ささやかな奉仕活動(岩手県山田町) 
 ・林間学舎で貴重な体験(大阪市東南支部) 
 ・市長と潮干狩(奈良県天理市) 
 ・第10回総会(奈良県) 
◇第18回北海道精神薄弱者福祉大会の記 山本武雄(北海道精神薄弱者育成会会長) 38 
◇《ひろば》「差別」ということ――特殊担当者として考える 田中庸浩(埼玉県三郷市立第三小学校教諭) 40 
◇《ひろば》秋田県鹿角市手をつなぐ親の集い 奈良易三郎(鹿角手をつなぐ親の会副会長) 41 
◇《こどものくに》「1年生の歯?」 中村弘子 44 
◇ときのうごき――1973年8月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(10月) 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧No.2 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.213 19731101 

 【特集:お医者さんとなかよく】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇愛の園の一日 田口英子 2 
◇《特集》お医者さんとなかよく 4 
 ・お医者さんとなかよく――親の会への提言 安田垣人(宮城県精神薄弱者育成会会長・精神科医師) 5 
 ・たいせつな日常のつみかさね――医者と患者のみぞを考えると 春山広輝(東京都新宿区手をつなぐ親の会会長・産婦人科医師) 8 
 ・事例(1)神戸親の会と会長さん――医療面を充実した会組織のありがたさ 笹倉二郎(神戸みどり会事務局) 10 
 ・事例(2)校医の職務を超えて――上島医師と名張市親の会 田中実(三重県精神薄弱者育成会専務理事) 12 
 ・事例(3)往診途中に特殊学級へ――余市町育成会と相談役のお医者さんたち 佐藤浩(北海道余市郡余市町特殊教育育成会) 13 
 ・問題多い重症児の治療――福井県の療育相談から 奥田墾 14 
◇《相談室》保育所に入るまでにしておくこと 森岡クニ子(北九州市立畑幼児園長) 16 
◇《こどものくに》いいかおり 中村弘子 19 
◇《けんこうかんり》思春期 岸直子(日本心身障害児協会診療所医師) 20 
◇点頭けいれんに悩むおかあさんへ 同じ経験をした母親から 十島文子(鹿児島市上荒田町) 22 
◇《今月のもんだい》「就学猶予・免除児童実態調査のまとめ」をめぐって 24 
◇《かいせつ》受け易くなる援助措置――成案なった療育手帳のあらまし 小林久利(厚生省児童家庭局障害福祉課障害福祉専門官) 26 
◇《資料》療育手帳制度について 28 
◇ときのうごき――1973年9月 33 
◇《ひろば》体験――次男と私 伊藤れい子(仮名) 34 
◇《ひろば》めいわくな行商 杉本清(大阪府立百舌鳥学園園長) 35 
◇《ひろば》花二題 中西靖世(大田区蓮沼小学校教諭) 36 
◇《ひろば》お母さんのパーマ 小室キミ(船橋市藤原学園保護者) 38 
◇《ひろば》福井市もくせい学級 朝日えす(相談員) 39 
◇《ひろば》ねんねこ子守唄 佐藤幸永(弘前市) 39 
◇親の会だより 北から南から 40 
 ・子ども達を預かり合える仲間に(習志野市) 
 ・市民の家に集って…(宇都宮市) 
 ・函館便り(函館市) 
 ・第3回奈良県福祉大会に参加して(奈良県) 
 ・消えないエネルギー(隠岐・杉の子学園) 
 ・島根県PTA研修大会(松江市) 
◇《ブロック大会報告》第7回精神薄弱者育成会関東甲信越大会 徳永チヅ 43 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――落葉ひろい 脇田悦三 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(11月) 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧No.2 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.214 19731201 

 【特集:親の会活動を考える】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ぼくの弟 藤原敏剛(小学校五年) 2 
◇《特集》親の会活動を考える 小さななかま 4 
 ・その1――なやみを分ち合って 西播地区揖保川手をつなぐ親の会(兵庫県) 5 
 ・その2――秘密禁物の信念で 児島郡東児町精神薄弱者育成会(岡山県) 5 
 ・その3――ざっくばらんをモットーに 烏丸中学校いずみ会(京都府) 6 
 ・その4――会長は村民福祉の大黒柱 苫田郡阿波村手をつなぐ親の会(岡山県) 9 
 ・その5――力づよいなかまの団結 筑後市育成会(福岡県) 10 
 ・その6――苦しくても、なさけなくても 引田町心身障害児者を守る会(香川県)  12 
 ・その7――隣町の親の会に支えられて再建 阿久比町手をつなぐ親の会(愛知県) 14 
 ・その8――先生中心から輪が拡がって 岡山市手をつなぐ女子青年学級親の会 15 
 ・その9――親の働きかけで地域社会の協力が 多賀城心身障害児者育成会(宮城県) 18 
◇旭川児童院における 重障児学級の発足におもう 森上脩 20 
◇《相談室》色素性乾皮症症状と治療方法 古谷達孝(東京大学分院皮膚科科長) 21 
◇《けんこうかんり》性教育について 岸直子(日本心身障害児協会医師) 24 
◇《今月のもんだい》忘れられた子ら 軽度…ほんとうに軽いのか 26 
◇親の会だより 北から南から 28 
 ・就学猶予・免除拒否を掲げて(山口県) 
 ・あかるくのびる生活訓練(相模原市) 
 ・好評な季節保育所(福井県) 
 ・完成なった船形コロニー(宮城県) 
 ・福祉会の活動(むつ市) 
◇《ブロック大会報告》だれでも、どこにいても、もれなく幸を 第12回手をつなぐ親の会四国大会 井村信行 31 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――燈(ともしび)のもと 脇田悦三 32 
◇《れんさい》今だから話せる――糸賀先生と育成会 ある時はあいそをつかし… 矢野隆夫(大阪金剛コロニー、すぎのき寮寮長) 34 
◇娘の教室 佐藤節子 37 
◇《かいせつ》文部省のおこなった就学猶予・免除児童実態調査 38 
◇ときのうごき――1973年10月 41 
◇《ひろば》保障の足跡をつくる 久保稔(広島県佐伯郡明星園) 42 
◇《ひろば》不安な気持ちを歌に 海老原美智 43 
◇《ひろば》私のねがい 杉浦芳藤(愛知県高浜市手をつなぐ親の会) 44 
◇《ひろば》精神薄弱者と参政権 佐野三男(東京都養育院千葉分院手をつなぐ親の会) 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表(12月) 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧No.2 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.215 19740101(昭和49年) 

 【特集:歯をたいせつに】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇私の将来の職業 武田文雄・岡本正幸 2 
◇《特集》歯をたいせつに 4 
 ・歯科衛生 予防から治療まで 池田正一(神奈川県立こども医療センター歯科医長)・菊池信弥(神奈川県厚木保健所歯科) 4 
 ・よりよい治療を行うために 大阪府歯科医師会口腔保健総合センター附属検査診療所から 奥野喜一(大阪府歯科医師会副会長) 9 
◇養護学校の義務制の政令に関する通達 村山松雄(文部事務次官) 14 
◇《相談室》18才になる娘に必要な施設は? T・K/編集部 16 
◇《れんさい》今だから話せる――夫婦で誓い合った夜 仲野好雄(本会専務理事) 18 
◇《本棚》『精神薄弱児の治療教育(上・下)』 牛島義友(編) 20 
◇《本棚》『世界の福祉施設』 橋本明(著) 20 
◇《こどものくに》「ケオヨーン」 土屋真知子 21 
◇《かいせつ》特別児童扶養手当支給のうけかた 厚生省児童家庭局企画課 22 
◇《今月のもんだい》訪問教育のあり方をめぐって(編集委員による座談会) 24 
◇《小さな親の会》事業主との話し合いも 西浦原郡吉田町手をつなぐ親の会(新潟県) 皆川正雄 27 
◇中央児童福祉審議会の中間答申 当面推進すべき児童福祉対策について 28 
◇《ひろば》近頃思うこと 難波容子 33 
◇《ひろば》展示会 滋野アサ子 34 
◇《ひろば》この子たちを大事にする心 中上義行 35 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・長野県手をつなぐ親の会会館が完成(長野県) 
 ・予対活動(山口県) 
 ・重症心身障害児施設親の会連合会(東北六県) 
 ・もうかりました、売店(筑後市) 
◇《けんこうかんり》こどもの心身症(1) 岸直子(日本心身障害児治療センター医師) 38 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――いろかるた 脇田悦三 40 
◇会活動の在り方を考える 習志野市のばあいから… 田仲喜一郎 42 
◇歯の衛生――スペイン親の会会報Voces(声)から 木村庸子(訳) 44 
◇ときのうごき――1973年11月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.216~220

◆『手をつなぐ親たち』No.216 19740201  

 【特集:中学を卒業してから…】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《短歌》全国大会参加 原田完 2 
◇《特集》中学を卒業してから… 4 
 ・養護学校高等部への進学 中沢和彦(大阪府立高槻養護学校教頭) 5 
 ・養護学校と授産所を組合せて 田山仁子(仙台いずみ養護学校副校長) 7 
 ・高等学校の定時制を利用することはできるだろうか 幾野信男(東京都立向ヶ丘高校教諭) 9 
 ・青年学級の一〇年 大南英明(すみだ教室) 10 
 ・通勤寮の人々 前田直蔵(横浜恵和学園長) 13 
 ・「職親」の活用で 渡辺実(千葉八幡学園主事) 14 
 ・福祉施設では 岡崎清市(群馬三愛荘荘長) 16 
◇《相談室》施設というところ 登丸福寿(はるな郷長) 18 
◇《こどものくに》ボク・ゆうちゃん 黒須田享子 21 
◇《今月のもんだい》「判別から」「就学指導」へ 22 
◇《小さな親の会》みずから途を開く母親 「ことばの教室」(滋賀県) 辻本輝雄(滋賀県育成会事務局長) 24 
◇《小さな親の会》10~15名が効果的 興除地区心身障害者を守る会“つぼみ会”(岡山県) 坂本賢 25 
◇《小さな親の会》ひとりひとりが足をつかって 静内町手をつなぐ親の会(北海道) 佐藤重之 26 
◇《れんさい》今だから話せる――おとなの争い 子どもがもとめるものと学校制度との衝突 小宮山倭(武蔵野音楽大学教授、本会常務理事) 28 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――すべってころんで 脇田悦三 32 
◇《けんこうかんり》こどもの心身症(2) 岸直子(日本心身障害児治療センター医師) 34 
◇《本棚》高橋薫遺稿集 36 
◇ときのうごき――1973年12月 37 
◇《地域活動シリーズ》小さな授産所 
 ・親・先生・協力者が手を結んで(九州) 38 
◇親はこの子をかくす権利があるか 小松原次郎(岡山県精神薄弱者育成会副会長) 42 
◇《かいせつ》国の昭和49年度精神薄弱関係予算のあらまし(1) 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.217 19740301  

 【特集:精神薄弱者の性】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇第20回NHK青年の主張から わたしの選んだ道 佐藤清美(21才、東北地方代表) 2 
◇《特集》精神薄弱者の性 中村健二(財団法人鉄道弘済会総合福祉センター弘済学園園長) 6 
◇《けんこうかんり》こどもの伝染病と予防接種 岸直子(日本心身障害児治療センター医師) 16 
◇《今月のもんだい》創意を俟つ――養護学校義務制までに 18 
◇《れんさい》今だから話せる――開拓期の苦労と喜び 長野幸雄(静岡県育栄学園長) 20 
◇23回全国大会のご案内 22 
◇《こどものくに》かずくんがみつけた美しい世界のなかで 荒木礼子 23 
◇《かいせつ》昭和49年度精神薄弱関係国家予算のあらまし(2) 24 
◇《本棚》『ゲーム遊びの理論と実際』 巡静一(著) 28 
◇《本棚》『ダウン症候群――研究と実践』 建川博之(編) 29 
◇《本棚》『欧米と日本の特殊教育――その制度と現状』 大井清吉 他(編) 29 
◇親の会だより 北から南から 30 
 ・手をつなぐ親の会会館へ期待をよせて(長野県) 
 ・仲間の輪が増えた(岐阜市) 
 ・TVで報道された緊急総決起大会(山口県) 
 ・親子キャンプを実施して(宮崎市立生目中学校) 
 ・スペイン絵画展(東京都東村山市) 
◇《ひろば》青年学級“むき”と生徒の成長 青木弘(岐阜市) 32 
◇《ひろば》全国大会に出席して 辻弥左衛門(70才、福井県) 33 
◇《ひろば》ダウン症児を持つ親のつどい 松向寺覚寿(山口県) 34 
◇《ひろば》特殊学級入級児親の声 平光昭子(各務原市立那加第三小特殊学級担任) 35 
◇ときのうごき――1974年1月 37 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――衣(ころも)がえ 脇田悦三 38 
◇《小さな親の会》長野県手をつなぐ親の会館成る 原田完 40 
◇《小さな親の会》隣村に刺激されて 児島郡藤田村手をつなぐ親の会(岡山県) 坂本賢 40 
◇《小さな親の会》この子らを支える親の会 広島県安芸郡府中南小学校 勝矢正巳 41 
◇昭和四八年度「手をつなぐ親たち」主要もくじ 42 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇事務局だより 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.218 19740401  

 【特集:しばらく忘れて、心にゆとりを】
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇体育大会 高須三男(愛知県西尾市西尾中学校浅井学級三年) 2 
◇《特集》しばらく忘れて、心にゆとりを 教師からおかあさんへ 4 
 ・教師からおかあさんへ・直言1――心にゆとりを M.S(養護学校教諭) 4 
 ・教師からおかあさんへ・直言2――「しばらく忘れてね」 Y.H(養護学校教諭) 6 
 ・《座談会》心のゆとりが子どもを育てる 8 
 ・特集に寄せて 若い母親として思う 伊藤恵美子 14 
◇故久富吉晴氏の憶い出(手をつなぐ母の歌の作詞・作曲者) 16 
◇《相談員日誌》百グラムの牛肉 在宅青年を就職させてから 田代初枝(松江市) 18 
◇娘と祭り 杉浦芳藤 21 
◇《今月のもんだい》親の会活動に目ざめる――新しいなかま・友人への手紙 K.T 22 
◇《けんこうかんり》応急手当 その1 中毒事故 大浦敏明(大阪市立小児保健センター副所長) 24 
◇《こどものくに》私の好きな部屋 石川富士子 27 
◇《続・なずなのおとなたち》①十二年目の春 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 28 
◇《思いつくまま》この子と私の生きがい 小若和子(岡山市精神薄弱者育成会) 33 
◇《母と子のページ》こどもとあそぶ――お返辞ごっこ 脇田悦三 36 
◇《かいせつ》精神薄弱者専門の職業訓練校――春日台職業訓練校 仲野好雄 38 
◇《ひろば》特殊教育十年をふりかえって 河野清広(養護学校教諭) 40 
◇《ひろば》この差別的社会の中で 古川不尽子(弘済学園親の会) 41 
◇《ひろば》娘とともに 野明八重子(長野県精神薄弱者相談員) 41 
◇星空に憶う 仲野美保子 43 
◇巴町日誌 44 
◇ときのうごき――1974年2月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.219 19740501  

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇おとうと まつ川かよ子(一年) 2 
◇《特集》こどものこどば 4 
 ・ろう児とことばの発達 十時晃(日本聾話学校教諭) 4 
 ・ちえのおくれの子の言語指導――母親とともに育てる 山田陽(大阪市立小児保健センター言語科主査) 12 
 ・この子らに“ことば”を――七年間の重障児言語訓練をみて 三宅美和子(岡山市旭川児童院言語訓練士) 15 
◇《今月のもんだい》みんな仲間 20 
◇《けんこうかんり》応急手当 その2 発熱とひきつけ 大浦敏明(大阪市立小児保健センター副所長) 22 
◇《本棚》『ライフサイクルを考えて――母と子の健康』 萩野博(著) 25 
◇《思いつくまま》町かどに風通しのよい場所を 安達喜美子(清和学園・鎌倉市手をつなぐ親の会) 26 
◇おめでとう!受賞者の人――精神薄弱者福祉賞 29 
◇《続・なずなのおとなたち》②電話 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 30 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――清正じゃんけん 脇田悦三 34 
◇《資料》社会福祉施設整備計画の改定について 昭和四九年二月厚生省・社会保障長期計画懇談会 36 
◇《ひろば》新しい親の会に希望をもって 滝浦暎江(岩手県盛岡市) 38 
◇《ひろば》施設の子どもに養護学校の教育を 力丸昭二(福島県東洋学園派遣教員) 39 
◇《こどものくに》おそうじ 広田晴美 41 
◇精神薄弱者にも運賃割引を請願運動を全国的に展開 42 
◇ときのうごき――1974年3月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.220 19740601  

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇あかちゃんのとき 阿部明男(かみぐみ小学校特殊学級) 2 
◇《特集》みんななかま 4 
 ・幼児園児と遊んで 普通児との交流三年 塩川雅子(神戸市立ひまわり学園保母) 4 
 ・子ども同士のつながりと共に――赤羽小学校を訪ねて 伊藤恵美子(東村山市手をつなぐ親の会) 8 
 ・地域に根ざした日々――私と施設の紹介 川田仁子(藤倉学園代表理事) 12 
 ・ひまわりの子らと児童会 江藤清(三重県津市立養正小学校) 15 
 ・娘の成長 山田文子 16 
◇みななかま 小さな事例――“へんな子”から“よっちゃん”へ 小島訓子(愛知県手をつなぐ親の会) 18 
◇《今月のもんだい》知らないうちの差別 20 
◇《思いつくまま》娘とともに歩む 寺垣昭代(鳥取県精神薄弱者育成会) 22 
◇《本棚》『おまえらばかか』 江尻彰良(著) 25 
◇《続・なずなのおとなたち》③狂乱物価 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 26 
◇《かいせつ》保育所における障害児の保育 鈴木政次郎 30 
◇《かいせつ》精神薄弱者の自動車税の減免について――自動車税、軽自動車税、自動車取得税 平井全(厚生省児童家庭局障害福祉課) 32 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた 脇田悦三 34 
◇《相談員日誌》みんなの協力を! 鈴木田鶴子(東京都中野区) 36 
◇《けんこうかんり》応急手当 その3 嘔吐、下痢、その他 大浦敏明(大阪市立小児保健センター副所長) 39 
◇親の会だより 北から南から 42 
 ・お母さんと成人施設見学(奈良県) 
 ・精神薄弱者職業訓練所父母の会(尼崎市) 
 ・見舞金制度の制定(長崎県) 
◇焼死火災を顧みて 山内和雄(仙台なかよし学園長) 44 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.221~225

◆『手をつなぐ親たち』No.221 19740701  

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ボイン H.M夫 2 
◇《特集》身体のはたらき 頭のはたらき 心のはたらきを たかめるために――ちえのおくれの子の「機能訓練」 4 
 ・家庭での「機能訓練」 高橋彰彦(東京都立東村山福祉園園長) 4 
 ・「機能訓練」は身近かなことから 藤原暘子(東京都愛育養護学校教頭) 8 
 ・精神薄弱の子にもっと運動を 体験を 安達喜美子(神奈川県鎌倉清和学園園長) 13 
 ・遊びは機能の発達訓練につながる 脇田悦三(京都市白川学園園長) 17 
◇みななかま 小さな事例――誰にものいうのか 中村与吉(新潟市更生慈仁会援護部長十字園長) 19 
◇みななかま 小さな事例――まず土壤の開拓から 横山佳子 20 
◇みななかま 小さな事例――S君とすもう大会 堀切厳(札幌市立月寒小学校教諭) 22 
◇《けんこうかんり》子どもの頭のけが その急性期と後遺症 鯨岡寧(大阪市立小児保健センター外科医) 23 
◇《本棚》知恵おくれの子らの作品集『おとうさんのはげあたま』 精華短期大学VYS(編) 25 
◇《続・なずなのおとなたち》④トヨイチのこと 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 26 
◇《資料》重度・重複障害児に対する学校教育の在り方について(中間報告) 
 49・3・28特殊教育の改善に関する調査研究会  30 
◇《今月のもんだい》「重度・重複障害児に対する学校教育の在り方(中間報告)」をめぐる課題 32 
◇ひとつの提案 在宅訪問療育指導員の設置を――在宅重度児者対策として 大川博正(群馬県太田市親の会) 34 
◇親の会だより 北から南から 42 
 ・「療育手帖」についての説明会(新潟県) 
 ・作品展開催(愛知県) 
 ・「運賃割引制度」の実現へ(島根県) 
 ・一八年目を迎えた親の会(旭川市) 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――たなばたさま 脇田悦三 38 
◇《相談員日誌》さまざまな環境の中で 山本光治(静岡県磐田市) 40 
◇《こどものくに》みいくんのいったところは? 星安敬子 43 
◇ときのうごき――1974年4・5月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.222 19740801  

◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇職業実習のこと 箱石隆豊(山田中学校三年) 2 
◇《特集》相談の窓口 4 
 ・相談に来られるお母さんに――児童相談所の立場から 平田佳子(大阪市中央児童相談所児童福祉司) 4 
◇みななかま 小さな事例――ある母親の告白 坂本賢(岡山県育成会) 14 
◇思いつくまま――愛情を基とする親の会 渡辺実 17 
◇《本棚》『こども相談――こころとからだの健康カルテ』 上出弘之・小嶋謙四郎・伊藤隆二(編) 19 
◇《今月のもんだい》「収容施設」ということばはもうやめよう 20 
◇《続・なずなのおとなたち》⑤トヨイチ退寮 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 22 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――かみなりごっこ 脇田悦三 26 
◇《けんこうかんり》外科的応急手当 けが・やけど 永原暹(大阪市立小児保健センター外科医長) 28 
◇《相談室》感情のうごきのはげしい子 安田垣人(宮城県育成会会長・安田病院病院長) 31 
◇親の会だより 北から南から 34 
 ・親の部会・民生委員の合同研修会(熊本県山鹿市) 
 ・はじめてのボーリング大会(大分県) 
 ・水戸市内中学校特殊学級卒業生を励ます集い(茨城県水戸市) 
 ・親の会結成総会(千葉県君津市) 
◇《ひろば》父と子 西尾清信(弘済学園父母の会) 36 
◇《ひろば》「精神薄弱」ということばについて 永田英夫(北区愛の会会員) 37 
◇《短歌》 杉浦芳藤(高浜市手をつなぐ親の会) 38 
◇全国心身障害者雇用促進協会の発足 39 
◇《ブロック大会報告》在宅児(者)の援護を強化しよう 第14回東北大会 奈良易三郎 40 
◇《かいせつ》通園施設の通知改正について 小林久利(厚生省児童家庭局障害福祉課) 42 
◇ときのうごき――1974年6月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇あれから一年半 西谷芳子 47 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.223 19740901  

 【特集 重度化を防ぐために】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇手をあげたふところに 桜井敬一郎(「灯はほのかなれども」より) 2 
◇《特集》重度化を防ぐために 4 
 ・福祉司一二年の経験からしみじみ思うこと 徳永チヅ(渋谷区立心身障害者福祉センター) 5 
 ・女の子だし台所仕事でもやればいいさと思って家さおいたんです 横谷静夫(北海道育成会) 8 
 ・私はフミが歩くなんてことを考えてもみませんでした 平島松代・橋口範安(熊本県大野小学校) 11 
 ・いわゆる「重度化」をめぐって 大野智也(日本短波放送) 14 
◇親の会だより 北から南から 17 
 ・県立大垣養護学校の開校(岐阜県) 
 ・現在の学級の悩み(東京都) 
 ・バスで関門橋見物(山口県) 
 ・一九年目の高槻市親の会(大阪府) 
 ・ちえおくれ児母親教室開設(岡山県) 
 ・楽しかった1泊旅行(東京都) 
 ・田無地区の近況報告(東京都) 
◇《相談員日誌》A君の笑顔/C子ちゃんの成長 佐藤孝子(東京稲城市) 20 
◇国立秩父学園附属保護指導職員養成所養成部生徒募集要項 23 
◇《今月のもんだい》精神薄弱者児・者と医療 24 
◇《続・なずなのおとなたち》⑥受付係 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 26 
◇昭和四九年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞募集要項 29 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――かかしさん こんにちわ 脇田悦三 30 
◇《けんこうかんり》脳水腫の治療及びその将来 鯨岡寧(大阪市立小児保健センター外科科長) 32 
◇《こどものくに》ぼくのいいとき 川崎照子 35 
◇《かいせつ》特別児童扶養手当などの改正について 阿部正俊(厚産省児童家庭局企画課) 36 
◇《ひろば》精神薄弱者の結婚生活について 古市主計(埼玉県浦和市) 38 
◇《ひろば》幼児園に入って 高橋幸子(福岡県春日市) 39 
◇《ひろば》雨 佐々木雄子(神奈川県横浜市) 40 
◇九月は第11回精神薄弱者愛護月間です! 41 
◇パリ郊外の精神薄弱者コロニー訪問記 塚田幸衛(埼玉県育心寮) 42 
◇ときのうごき――1974年7月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.224 19741001  

 【特集 精神薄弱とはどんな障害か】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇広勝の絵日記より 草野広勝(「大きくなったら」より) 2 
◇《特集・座談会》精神薄弱とはどんな障害か 4 
 ・座談会に出席して 檜前敏彦(中央児童福祉審議会委員) 13 
◇訂正とおわび――特別福祉手当の支給対象の範囲について 阿部正俊(厚生省児童家庭局企画課) 17 
◇思いつくまま――身辺をみわたして 中山年道(青森県精神薄弱者育成会会長) 18 
◇《けんこうかんり》幼児の目 湖崎克(大阪市立小児保健センター小児眼科) 21 
◇《今月のもんだい》在宅対策を思う 24 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――買い物あそび 脇田悦三 26 
◇親の会だより 北から南から 28 
 ・名称を改め新発足(新潟県新発田市) 
 ・親のつどい(岡山市) 
 ・養護学校として独立(大分県) 
 ・夏期レクレーション大会(新潟県上越市) 
 ・楽しかったミカン狩り(埼玉県川口市) 
 ・おくれを急ピッチで(北九州市) 
 ・グループ活動のあり方について(石川県河北郡) 
◇《こどものくに》タンケン好きのマコトくん 田中愛子 31 
◇《続・なずなのおとなたち》⑦第15回なずな合宿研究会 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 32 
◇《かいせつ》養護学校教育の義務制移行に向けて 沖吉和祐(文部省初等中等教育局特殊教育課) 36 
◇《ひろば》ある感想 永田英夫(東京都北区愛の会) 38 
◇《ひろば》就職して七年目を迎えて 大多和貞子(墨田区手をつなぐ親の会会長) 39 
◇《短歌》 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 40 
◇町へ出よう 中村与吉(新潟県十字園園長) 41 
◇《詩》 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 43 
◇ときのうごき――1974年8月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.225 19741101  

 【特集 養護学校教育の義務制実施をめぐって】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇弟の就職 加藤裕子(心身障害者をもつ兄弟姉妹のこえ「ともに生きる」より) 2 
◇《特集・座談会》養護学校教育の義務制実施をめぐって 4 
 ・座談会 4 
 ・養護学校教育の義務制実施のために検討しなければならない問題は何か 松本矩郎(熊本県精神薄弱者育成会事務局長) 17 
◇《ひろば》重度児と自由遊び(砂遊びの場合) 河野清廣(香川県立養護学校川部分校教諭) 19 
◇《ひろば》清涼剤 田代初枝 21 
◇《今月のもんだい》親の会の役割・体質を考える 22 
◇昭和50年代国家予算概算要求 27 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――豊年うた 脇田悦三 32 
◇《続・なずなのおとなたち》⑧セイジのひとりごと 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳の浦「なずな寮」) 34 
◇《けんこうかんり》視力と学習 湖崎克(大阪市立小児保健センター小児眼科) 39 
◇《相談員日誌》重度のおとなの場合 加藤奈々枝(名古屋市) 42 
◇この子を捜して下さい 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.226~230

◆『手をつなぐ親たち』No.226 19741201  

 【特集 就職の問題をめぐって】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇短歌 道はるか(新潟市) 2 
◇《特集・座談会》就職の問題をめぐって 4 
 ・卒業生の就職にあたって 芦田太久雄(東京都立青鳥養護学校教諭) 4 
 ・職場に適応するために 渡辺利夫(東京・渋谷公共職業安定所援護係長) 8 
 ・座談会 事業主に聞く 11 
 ・大阪心身障害者職業センター 業務内容と取扱状況 山本英三(大阪心身障害者職業センター所長) 15 
◇思いつくまま――昔からかわらぬ親の子を思う気持ち 松下兼知(鹿兒島県精神薄弱者育成会) 18 
◇《けんこうかんり》難聴幼児の早期発見の重要性と発見の要領 横山俊彦(大阪市立小児保健センター耳鼻咽喉科科長) 21 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――ならべかえ 脇田悦三 24 
◇《今月のもんだい》ボランティア活動について 26 
◇《続・なずなのおとなたち》⑨タクジの「ヨメゴ」 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳ノ浦「なずな寮」) 28 
◇《本棚》『ともに生きる――心身障害者をもつ兄弟姉妹のこえ』 全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会東京支部 32 
◇事務局の本棚 32 
◇《かいせつ》職親制度の活用について 群馬県ひまわり学園園長) 34 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・より多くの親たちと手をつなごう(大分県中津市) 
 ・親の会二学期最初の理事会(愛媛県今治市) 
 ・訪問指導学級の開設(北海道余市町) 
 ・一貫した教育福祉の体系づけ(新潟県村上市) 
 ・認められ始めた親の会(青森県南津軽郡) 
 ・保護者会(岡山県倉敷市) 
◇《相談室》ターナー症候群の子の療育 菅修(心身障害者福祉協会理事長) 39 
 ・〈解説〉ターナー症候群について 39 
◇《ひろば》蓮実学園見学記 今井すぎ子(福岡市大濠養護学校) 40 
◇《ひろば》息子の歴史 難波容子(岡山市育成会) 42 
◇《こどものくに》僕は大きい! 荒井もと子 43 
◇ときのうごき――1974年9-10月 44 
◇第二回アジア精神薄弱会議のお知らせ 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.227 19750101(昭和50年) 

 【特集 今年の問題】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇小さい命 高田義雄(西濃地区手をつなぐ親の会会報より) 2 
◇《特集・座談会》今年の問題 4 
 ・親の会現場から 大川博正(群馬県太田市手をつなぐ親の会会長) 4 
 ・動く重症児者施設の設置を! 田原光江(秋田県精神薄弱者育成会) 8 
 ・幼児対策の推進 坂本賢(岡山県精神薄弱者育成会専務理事) 10 
 ・高令者処遇を考える 野島克実(大阪精神薄弱者育成会事務局長) 12 
 ・とまどう施設を荒廃から守ろう 登丸福寿(日本精神薄弱者愛護協会会長) 14 
 ・各地の声 16 
◇《けんこうかんり》子どもとひきつけ 武貞昌志(大阪市立小児保健センター精神神経科科長) 21 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――お盆まわし 脇田悦三 24 
◇運賃割引請願の政府回答が出ました 26 
◇《ひろば》よい道を歩ませたい 横森恵子(藤枝市親の会) 28 
◇《ひろば》我が子を見上げながら 水谷郁江(焼津市親の会) 28 
◇《ひろば》神戸~天津友好の船に参加して 水井手孝司(兵庫県育成会) 29 
◇《こどものくに》ボクの「オバポン」 広崎彰吾 31 
◇《今月のもんだい》国民春斗と「弱者救済」 32 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・すばらしい作品(宮崎県宮崎郡) 
 ・施設設置に関する座談会(神奈川県秦野市) 
 ・隣接親の会との合同学習会(東京都国分寺市) 
 ・若越ひかりの村(福井県鯖江市) 
◇《続・なずなのおとなたち》⑩秋のとり入れ 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳ノ浦「なずな寮」) 36 
◇第23回全国大会の記 人としての尊厳にふさわしい処遇の確立を願って 41 
◇ときのうごき――1974年11月 44 
◇よい子へのおくりもの 交通安全手袋25万組――善意の輪をひろげよう運動 45 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.228 19750201  

 【特集 授産のもんだい】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇旅行 内山智之(東京都江東通勤寮文集より) 2 
◇《特集・座談会》授産のもんだい 4 
 ・私たちの栄光園 月岡実(山形県手をつなぐ親の会副会長)・月岡照代(元栄光園教育指導員) 4 
 ・だれでも利用できる授産施設のために 山内和雄(仙台市石名坂学園園長) 11 
 ・ジーンズの工場とタイアップした授産施設を訪ねて 大野智也(日本短波放送) 14 
 ・東京都の福祉作業所を調査し終えて 小出進(千葉大学教育学部助教授) 17 
◇《こどものくに》おなかの中からの通信 垂水謙児 21 
◇《けんこうかんり》子どもと向精神薬 武貞昌志(大阪市立小児保健センター精神神経科科長) 22 
◇思いつくまま――療育手帳あれこれ 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会) 25 
◇《かいせつ》税金の申告について 徳永チヅ(渋谷区立心身障害者福祉センター) 28 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――お散歩 脇田悦三 30 
◇「中央児童福祉審議会」の答申について 32 
◇《資料》心身障害児対策について 今後推進すべき児童福祉対策について(答申)より抜すい 中央児童福祉審議会 34 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・在宅母と子の集い(青森県下北郡) 
 ・クリスマスお楽しみ会(岩手県西磐井郡) 
 ・熱心な研修会(福島県いわき市) 
◇《続・なずなのおとなたち》⑪秋から冬へ 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳ノ浦「なずな寮」) 40 
◇昭和50年度国家予算案きまる 年金・手当の大巾増を中心に 44 
◇ときのうごき――1974年12月 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.229 19750301  

 【特集 卒業・それから...】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇中学校の思い出 長島貞雄(東京都世田谷区立若林中学校) 2 
◇《特集・座談会》卒業・それから... 4 
 ・傷害事件をおこしたM 内海正(宮城県立光明養護学校校長) 13 
◇《続・なずなのおとなたち》⑫「おおらかさ」を 近藤原理(長崎県北浜浦郡佐々町芳ノ浦「なずな寮」) 18 
◇第二回アジア精神薄弱会議の御案内 参加とカンパをお願いします 22 
◇交通安全手袋25万双贈呈式 23 
◇《けんこうかんり》検査を受ける時の心得 大浦敏明(大阪市立小児保健センター副所長) 24 
◇《こどものくに》うさぎとこどもたち 長谷川信一 27 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――八百屋さんのお店 脇田悦三 28 
◇《かいせつ》昭和50年度国家予算きまる(つづき) 30 
◇《今月のもんだい》50年度国家予算に思う 32 
◇希望の窓 熊倉泰(三重県津市立養正小学校校長) 34 
◇ボランティアスクー正科第17期ご案内 37 
◇ときのうごき――1975年1月 38 
◇郵便料を安くしてください――国会と政府に陳情 39 
◇昭和四十九年度「手をつなぐ親たち」主要もくじ 40 
◇予算戦はいかに戦われるか 仲野好雄 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇短歌 道はるか 47 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.230 19750401  

 【特集 子どもたちは学級や学校で…】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇わが子の就職 岡本真理子(岡山市精神薄弱者育成会「育成会報」第10号より) 2 
◇《特集・座談会》子どもたちは学級や学校で…お母さんに今一番話したいこと 4 
 ・更に特殊教育の振興を 夏目博(千葉市立寒川小学校校長) 5 
 ・中学に進む子をもつお母さんに 岩本日出男(福井県教育庁指導主事) 9 
 ・からだをいっぱい動かそう 日比芳次(神奈川県立瀬谷養護学校校長) 13 
◇思いつくまま――沖縄育成会のこと 屋宜宗一(沖縄県精神薄弱者育成会) 17 
◇《論壇》就学猶予・免除を考える 山口薫(東京学芸大学教授) 20 
◇《かいせつ》就学奨励費のじっさい 衛藤久(大分県立庄内養護学校校長) 22 
◇《今月のもんだい》週休二日制を迎えるにあたって 24 
◇私たちの会活動と工夫――手づくり品で地域ぐるみのバザーを 田仲喜一郎(千葉県習志野市親の会) 26 
◇私たちの会活動と工夫――小さなかさにも大きな波紋 田中博子(千葉県習志野市) 28 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――手と指と手のひらと 脇田悦三 30 
◇《けんこうかんり》背がのびない 村上勉(大阪市立小児保健センター第三内科長) 32 
◇日付のない日記(1) 井戸川茂(福島県浪江中学校) 35 
◇親の会だより 北から南から 38 
 ・食費の補助を(秋田県秋田市) 
 ・ひまわり会の母(石川県金沢市) 
 ・地域社会の理解を得るために(長野県諏訪郡) 
 ・親の会で「ねむの木の詩」上映(東京都昭島市) 
 ・豊能地区の親の会(大阪府豊中市) 
 ・はげましの会(愛媛県東宇和郡) 
 ・福祉展(徳島県徳島市) 
◇親の会のしおり(手をつなぐ親の会運動) 41 
◇都道府県精神薄弱者育成会・手をつなぐ親の会一覧表 43 
◇ときのうごき――1975年2月 45 
◇巴町日誌 46 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 47 
◇短歌 道はるか(新津市) 47 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.231~235

◆『手をつなぐ親たち』No.231 19750501  

 【特集 親から専門の人たちへ】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ヤーサン ボク 一人でパンツはけたョ 木村秀子(未来へ羽ばたく子らと共に「ジャンプ」49年度第3号より) 2 
◇《特集・座談会》親から専門の人たちへ 4 
 ・障害学級を作ってほしい 四本健光(鹿兒島市) 5 
 ・先生いつまでも見守ってね 田代初枝(松江市) 6 
 ・恋を見つけたら大切にしましょう 平山良治(大阪府) 8 
 ・相談所について思うこと 島沢忠義(愛知県) 9 
 ・必要な障害児病院と地域内ケア 春山広輝(東京都) 11 
 ・施設に関すること 緒方直助(東京都) 12 
 ・公共職業安定所に専門員を 小畑忠一(青森市) 14 
◇育成会の地区台帳(組織現況要覧)を作ることになりました 15 
◇心身障害十六団体の要望 16 
◇《けんこうかんり》心身障害児の肥満対策 辻野儀一(大阪市立小児保健センター第二内科) 18 
◇《こどものくに》ぼくたちが正しいのに 工藤秀勝 21 
◇《論壇》これからの施設とその職員養成について 江草安彦(岡山県旭日児童院長) 22 
◇《施設・学校・学級めぐり》草の実学園とタウン・マザー 社会と共に歩く大麻福祉の町 大野智也 24 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――歩く・跨ぐ・跳ねる 脇田悦三 26 
◇《かいせつ》母子保健対策について 金森仁作(厚生省児童家庭局障害福祉課技官) 28 
◇日付のない日記(2) 井戸川茂(福島県浪江中学校) 31 
◇健康な第二子を生もう 大川博正(群馬県太田市親の会) 34 
◇《今月のもんだい》子どもの日によせて 36 
◇《相談員日誌》授産施設入所に至るまで 井上かの(佐世保市) 38 
◇《ひろば》施設通い一五年の反省 金子延太郎(東京都稲荷城市手をつなぐ親の会) 41 
◇《ひろば》少年のささやかな愛 滋野アサ子(福島県原町学園にて) 42 
◇訂正とお詫び 43 
◇小さい幸せ 山田千鶴(神奈川県逗葉育成会) 43 
◇ときのうごき――1975年3月 44 
◇巴町日誌 45 
◇図書室 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.232 19750601  

 【特集 親と子の体力づくり】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇へのへのもへじ 望月せつ(文)・いさお君(画)(「へのへのもへじ」より) 2 
◇《特集・座談会》親と子の体力づくり 4 
 ・この子たちと体力 中村健二(弘済学園園長) 4 
 ・お母さんも体力をつけよう 重田定正(全国心身障害児療育相談所長) 8 
 ・お父さんもお母さんもいっしょに 木庭(こば)修一(東京学芸大学教授) 10 
◇《けんこうかんり》からだを鍛えよう 大浦敏明(大阪市立小児保健センター) 17 
◇《ルポ》京都歯科サービスセンターを訪ねて 編集部 20 
◇《こどものくに》おばちゃん まだかな 三浦敏子(神戸市丸山学園) 23 
◇《今月のもんだい》重度・重複障害児に対する学校教育の在り方について 24 
◇《資料》重度・重複障害児に対する学校教育の在り方について(報告 昭和50年3月31日) 辻村泰男(特殊教育の改善に関する調査研究会) 26 
◇アジア各国の精神薄弱対策の歴史と現状 山口薫(東京学芸大学教授) 29 
◇《母と子のページ》みんなであそぼう――ゴムまりポン 脇田悦三 32 
◇私たちの会活動と工夫――小さな地区の部会活動はこうして 東京都東村山市親の会 34 
◇《論壇》精神薄弱者と公営住宅の設計について 岡下達(とおる)(岡下建築企画設計室) 36 
◇思いつくまま――スっちゃんの思い出 篠村秀子(北海道精神薄弱者育成会) 38 
◇ときのうごき――1975年4月 41 
◇巴町日誌 41 
◇《施設・学校・学級めぐり》地域に生きる施設 「どんぐり牧場」を訪ねて 大野智也(日本短波放送) 42 
◇日付のない日記(3) 井戸川茂(福島県浪江中学校) 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 47 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.233 19750701  

 【特集 この子にとって教育とは何か】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇朝 佐々木雄子(神奈川県横浜市) 2 
◇《特集・座談会》この子にとって教育とは何か 4 
 ・<小学校年齢>のびる子どもたち 三沢準(長野県立伊那養護学校) 5 
 ・<中学校年齢>先生の手から自分たちの手で 川田直信(秋田県立比内養護学校) 8 
 ・<施設入所児>やりとげる喜びを自信に 諸田和夫(北海道立太陽の国ひまわり学園) 12 
 ・<重症施設入所児>意志の疎通ができて 上村勇(兵庫県砂子療育園) 15 
◇《今月のもんだい》集団生活における事故 安部歳夫(東京都大田通勤寮寮長) 18 
◇《かいせつ》施設と費用 畠山寛(厚生省児童家庭局企画課経理係長) 20 
◇《論壇》大人適所適材論 田村一二(社会福祉法人大木会理事長) 22 
◇私たちの会活動と工夫――会報作り 千葉県習志野市親の会 24 
◇《相談員日誌》弱い相談員の告白 元木潔(香川県坂出市) 26 
◇親の会だより 北から南から 29 
 ・楽しかったエキスポランド見学(奈良県北葛城郡) 
 ・楽しく手伝う宿直(神戸市垂水区) 
◇《けんこうかんり》予防注射 鶴原常雄(大阪市立小児保健センター第一内科) 30 
◇つれづれなるままに――在寮生点描 池田太郎(信楽青年寮長) 33 
◇《施設・学校・学級めぐり》盲児施設・愛光学園を訪ねて 渡辺実(八幡学園) 34 
◇《母と子のページ》あそぼう――やれひけ そらひけ 脇田悦三 36 
◇《こどものくに》指導者はどちら 林幹男(滋賀県近江学園) 38 
◇四九年度心身障害福祉賞決まる NHK厚生文化事業団 39 
◇日付のない日記(4) 井戸川茂(福島県浪江中学校) 40 
◇短歌 硲口とみえ(金沢市三口新町) 42 
◇講習会のお知らせ 43 
◇来年度予算への要望を提出 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児のために」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.234 19750801  

 【特集 家庭生活を考える】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇おかあさん 島津晃子・林雄二・恩田勝法・阿部明男(新潟県長岡市上組小学校ひまわり学級文集11号より) 2 
◇《特集・座談会》家庭生活を考える――わが家の問題と工夫 4 
 ・特別な工夫があるわけでないが・・・――特集のまとめとして 皆川正治 15 
◇第12回精神薄弱者愛護月間実施要綱 17 
◇《今月のもんだい》高年令問題について 18 
◇《論壇》総合的対策の発展を望んで 菅野重道(島田療育園園長) 20 
◇《かいせつ》心身障害者に関する贈呈・相続 編集部 22 
◇思いつくまま――福祉の心をつなぎ合おう 中村律(山形県精神薄弱者育成会) 24 
◇私たちの会活動と工夫――頑張れお父さん 京都育成会東山支部 26 
◇《けんこうかんり》生活とてんかん 武貞昌志(大阪市立小児保健センター精神神経科長) 28 
◇親の会だより 北から南から 29 
 ・49年度の活動状況(北海道旭川市) 
 ・初めての修卒業式(福島県いわき市) 
 ・内灘町障害児親の会誕生(石川県河北郡) 
 ・人々の善意に感激して(岩手県陸前高田市) 
 ・京都心身障害者職業相談室を訪ねて(京都市) 
◇福祉預金 33 
◇《母と子のページ》あそぼう――あっち こっち そっち 脇田悦三 34 
◇《施設・学校・学級めぐり》地域へ出ていく施設――日立市幼児療育センター 大野智也(日本短波放送) 36 
◇《こどものくに》ちいさな発見者たち 奥尾昭彦(小松島療育センター) 38 
◇昭和五〇年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞実施募集要項 39 
◇《気がかりなこと》①朗読にかんぱい 古屋甚一 40 
◇つれづれなるままに――詩仙堂の庭 池田太郎(信楽青年寮長) 43 
◇図書館 43 
◇ときのうごき――1975年6月 44 
◇全国組織の役員改選 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.235 19750901  

 【特集 過疎地帯の子どもたちを考える】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇おもしろかった親子合宿 森工(石川県小松市立養護学校高等部二年) 2 
◇《特集・座談会》過疎地帯の子どもたちを考える 4 
 ・東北の農村の子どもたち 菊地亘(宮城県迫福祉事務所) 4 
 ・竜神村手をつなぐ親の会の歩みと現況 大野俊一(和歌山県竜神村手をつなぐ親の会事務局長) 8 
 ・山間の村を訪ねて――H子の場合 編集部 12 
◇《香蘭ものがたり》その1 明子の12年 三角生子 15 
◇《今月のもんだい》精神薄弱者と人権 18 
◇《母と子のページ》あそぼう――うつしかえ 脇田悦三 20 
◇私たちの会活動と工夫――地区育成会の再出発をはかった私たちのねらい 石川県金沢市育成会 22 
◇《気がかりなこと》②ネコのクシャミ 古屋甚一(東京都保谷市東伏見小学校教諭) 24 
◇《かいせつ》親の会の最近の活動状況 全国社会福祉協議会 28 
◇精神薄弱者実態調査の実施について 厚生省児童家庭局障害福祉課 30 
◇《けんこうかんり》放射線被爆について考える 小池宣之(大阪市立保健センター所長兼放射線科長) 32 
◇愛のひとしずく運動について 末吉滋(児童文化協会) 36 
◇《論壇》太陽の若者たちの問題提議――なぜ知恵おくれの子供は生まれてくるのか  山田典吾(全国精神薄弱養護学校PTA連合会会長・映画監督) 38 
◇《相談員日誌》必ずやれる 必ずできる 山下吉松(静岡県田方郡) 40 
◇《本棚》『永遠の幼女――光子の記録』 的野友規(著) 42 
◇《こどものくに》ピーマンこわい!! 額賀光子(鹿島育成園児童寮) 43 
◇緊急一時保護事業二地方で始められる 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.236~240

◆『手をつなぐ親たち』No.236 19751001  

 【特集 精神薄弱の予防・早期発見と早期治療】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇知恵とは? 駒田成宏(編集部が誤字修正) 2 
◇《特集》精神薄弱の予防・早期発見と早期治療 4 
 ・精神薄弱の予防と治療 成瀬浩(国立精神衛生研究所) 5 
 ・脳障害のいっそうの悪化を防ぐには 福山幸夫(東京女子医大小児科教授) 12 
◇《今月のもんだい》第2回アジア精神薄弱会議に寄せて 18 
◇《かいせつ》海外の精神薄弱関係団体 20 
◇《論壇》あたりまえの生活をとりあげないで 広瀬与一(光海学園) 22 
◇思いつくまま――この子の顔をいつも見ていたい 高木幸(福島市手をつなぐ親の会) 24 
◇《本棚》『実践記録・生きる「精神薄弱」』 中村健二(編著) 27 
◇国立秩父学園附属保護指導職員養成所養成部生徒募集要項 27 
◇《母と子のページ》あそぼう――おめん・おどう・おこて 脇田悦三 28 
◇《けんこうかんり》乳幼児期と心臓病 西崎宏(大阪市立小児保健センター循環器科) 30 
◇《こどものくに》ボクは日本人 比舗進(あすなろ学園) 33 
◇《気がかりなこと》③家内に病まれて 古屋甚一(東京都保谷市東伏見小学校教諭) 34 
◇つれづれなるままに――親父 池田太郎(信楽青年寮長) 37 
◇《香蘭ものがたり》その2 伊和夫と宇多子 三角生子 38 
◇ときのうごき――1975年8月 41 
◇五一年度精神薄弱関係各省予算要求の重点事項 42 
◇《施設・学校・学級めぐり》こころみ学園印象記 編集部 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.237 19751101  

 【特集 異性に対する意識】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇短歌 浅沼チエ子(昭島市) 2 
◇《特集》異性に対する意識 4 
 ・人生勉強として 山田耕一郎(東京学芸大学附属養護学校) 4 
 ・異性を想う心のあらわれ 大南英明(東京都立小岩養護学校) 9 
 ・ぼくたちの気持ちをわかって 安達喜美子(鎌倉清和学園) 13 
◇《今月のもんだい》足もとを踏みなおそう――ちえ遅れの人への接し方はこれでよいのか 18 
◇《かいせつ》児童のための諸手当制度の改正について 大田晋(厚生省児童家庭局企画課) 20 
◇《論壇》「緊急一時保護」をめぐって 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会事務局長) 22 
◇私たちの会活動と工夫――育成会行事の一貫としての親子バス旅行 山口県宇部市精神薄弱者育成会 24 
◇《香蘭ものがたり》その3 よき指導者とのめぐりあい 三角生子 26 
◇《こどものくに》ぼくとかぶと虫 松野幹(せせらぎ学園) 29 
◇《けんこうかんり》耳のしくみをその障害 横山俊彦(大阪市立小児保健センター耳鼻咽喉科) 30 
◇つれづれなるままに――鶯(うぐいす) 池田太郎(信楽青年寮長) 33 
◇《気がかりなこと》④家内に逝かれて 古屋甚一 34 
◇映画フィルム貸出し案内 37 
◇《母と子のページ》あそぼう――むすんで ひらいて の新版 脇田悦三 38 
◇《相談員日誌》親は子どもの心の医者 東海林誠子(秋田市手をつなぐ親の会) 40 
◇《施設・学校・学級めぐり》男女一緒に通勤寮――東京都大田通勤寮 編集部 42 
◇ときのうごき――1975年9月 44 
◇巴町日誌 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.238 19751201  

 【特集 第12回精神薄弱者愛護月間】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇現実を見つめて 佐藤良子(埼玉県精神薄弱者育成会やまびこ第九号より) 2 
◇《特集》第12回精神薄弱者愛護月間 4 
 ・精神薄弱者愛護月間について 5 
 ・生きがいについて 田中澄江(劇作家) 6 
 ・この子らとともに生きよう――帰省日誌を中心として 宮城まり子(ねむの木学園園長) 11 
 ・福祉は心である 中村律(山形県手をつばぐ親の会) 17 
◇《けんこうかんり》目の疲れとその予防 湖崎克(大阪市立小児保健センター小児眼科) 19 
◇短歌 杉浦芳藤(高浜市手をつなぐ親の会) 21 
◇《論壇》障害児が生きるということ――いわゆる「統合」の理念に寄せて 村上英治(教育学部教授) 22 
◇《今月のもんだい》身体障害者雇用促進法の改正に望む 24 
◇《かいせつ》心身障害者雇用奨励金職場適応訓練費 編集部 26 
◇つれづれなるままに――在寮生点描(二) 池田太郎(信楽青年寮長) 28 
◇《香蘭ものがたり》その4 幸せはどこに 三角生子 29 
◇《母と子のページ》あそぼう――ぺったん ぺたぺた ぽったん ぽたぽた  脇田悦三 32 
◇私たちの会活動と工夫――会員の認識をあらためよう 岐阜地区精神薄弱者育成会 34 
◇《ひろば》陽のあたる場所で 石坂佑子(石川県金沢市) 36 
◇《ひろば》正伸よがんばって 鬼束みどり(宮崎県宮崎郡) 36 
◇《ひろば》長男の縁談のとき 仲野美保子(東京都目黒区) 37 
◇《ひろば》織女 大友淑江(福岡県北九州市) 38 
◇《ひろば》順子の生いたち 田渕守(岡山県育成会) 39 
◇《ひろば》兄の思い 山本一郎(文責・岩井スエ 岐阜県大垣市) 39 
◇《施設・学校・学級めぐり》地域の小学校と交流する養護学校――神戸市立青陽東養護学校 大野智也(日本短波放送) 40 
◇《こどものくに》ひとつの思い出 柏倉和子(札幌市ノビロ学園) 42 
◇精神薄弱者対策の推進を国に要望――全国精神薄弱者更生相談所長協議会の活動から 原井利夫(事務局長) 43 
◇ときのうごき――1975年10月 44 
◇心身障害児(者)教育図書のコーナーを設けました!! 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.239 19760101(昭和51年) 

 【特集 福祉は心である】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇走った運動会 永田英夫 2 
◇《特集》福祉は心である――第24回全国大会 4 
 ・決議 5 
 ・教育と福祉の相互の連携を――第一部会 教育と福祉 今野政行(岩手県精神薄弱者育成会) 6 
 ・足を使って啓蒙活動を――第二部会 在宅児(者)対策 小畑忠一(青森県精神薄弱者育成会) 7 
 ・親はもっと運動しよう――第三部会 成人対策 後藤実(秋田県精神薄弱者育成会) 9 
 ・団結してたちあがろう!――第四部会 経済福祉と親の会活動 月岡実(山形県手をつなぐ親の会) 11 
 ・出された素材を生かしてこそ――第五部会 みんなで福祉の心を育てるために 安田垣人(宮城県精神薄弱者育成会) 13 
 ・原点を見なおそう――全体会議を通じて 中山年道(青森県精神薄弱者育成会) 15 
 ・福祉の心を地域に根づかせるように 中村律(実行委員長・山形県精神薄弱者育成会) 17 
◇《今月のもんだい》全国大会を踏まえてこれからの歩みを考える――助言者のことば 19 
 ・千羽鶴の重みに耐えて 庄司憲夫(宮城県立光明養護学校校長) 
 ・もっと必要な討議の場 山口薫(東京学芸大学教授) 
 ・福祉サービスの上手な選択を 妹尾正(国立秩父学園園長) 
 ・家族の力を地域に集めよう 徳永チヅ(東京都精神薄弱者福祉司) 
 ・この子らの結婚 桜田高(弘前市精神病院院長) 
 ・会員のニードに対応できるような運営に 安部歳夫(東京大田通勤寮寮長) 
 ・地域や行政機関との二人三脚を 金森正平(山形市福祉事務所所長) 
 ・魅力ある親の会のために 大野智也(日本短波放送) 
 ・福祉の心をどう育てるか 吉野禎造(仙台市前民生局長) 
 ・大会の持ち方にくふうを 小宮山倭(武蔵野音楽大学名誉教授) 
 ・小集団討議方式 渡辺実(千葉県八幡学園主事) 
◇《香蘭ものがたり》その5 知った感謝の心 三角生子 23 
◇《かいせつ》少年警察について 編集部 26 
◇私たちの会活動と工夫――私たちの会の活動のひとこま 熊本市育成会 28 
◇《ひろば》子どもをみつめて 小口泰弘(市立諏訪中学校校長) 30 
◇《ひろば》死にしマヒの子 道はるか(新潟県新津市) 31 
◇国庫補助を受けている心身障害児通園事業施設一覧表(昭和50年度迄) 32 
◇ヨーロッパ視察団参加募集 第五回欧州特殊教育事情視察団 34 
◇《けんこうかんり》乳幼児の硬膜下血腫 鯨岡寧(大阪市立小児保健センター外科長) 35 
◇《母と子のページ》あそぼう――ひと吹き一歩 み吹きで三歩 脇田悦三 38 
◇《こどものくに》北風の声 問谷尋子(船橋市立藤原学園) 40 
◇《ほんだな》『いっしょうけんめいやってるんだ――ちえの遅れの子らの記録』 しりべし学園(著) 41 
◇《ほんだな》『この子らを世の光りに』 糸賀一雄(著) 41 
◇《ほんだな》『愛と共感の教育』 糸賀一雄(著) 41 
◇《ほんだな》『りんごってうさぎや』 福井達雨(著) 41 
◇《施設・学校・学級めぐり》作業を通じて学ぶ――旭丘小学校・特殊学級 42 
◇ときのうごき――1975年11月 44 
◇「心身障害者雇用促進法」を望む 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.240 19760201 

 【特集 就労の問題】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇おとうさん いけだみつこ 2 
◇うれしくて 関洋子 3 
◇《特集・座談会》就労の問題 4 
◇思いつくまま――子どもたちと育成会 高武久男(福岡市立大濠養護学校校長) 15 
◇《今月のもんだい》インテグレーションということ 18 
◇《かいせつ》身体障害者雇用促進法の改正について(審議会答申) 20 
◇《論壇》アジアのために何をなすべきか――第二回アジア精神薄弱会議を終わって思うこと 菅修(アジア精神薄弱者福祉連盟会長) 22 
◇《論壇》アジア地域の協力体制を強めよう 山口薫(第二回アジア精神薄弱会議実行委員長) 24 
◇親の会だより 北から南から 26 
 ・在宅者通院五割引乗車証制度ができました(青森県弘前市) 
 ・ミニコロニー設置運動(新潟県北魚沼郡) 
 ・卒業後の親のあり方(宮崎県東臼杵郡) 
 ・在宅者にも生きがいを(青森県むつ市) 
◇《ひろば》娘の縁談 水野私三(東京都江東区) 28 
◇《ひろば》順子の家庭教育 田渕守(岡山県育成会) 29 
◇《けんこうかんり》行動上の問題 武貞昌志(大阪市立小児保健センター精神神経科科長) 30 
◇吾子とともに 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 32 
◇《こどものくに》遊びはボクらの栄養ヤ! 今道隆之(大阪府百舌鳥学園) 33 
◇10月号の広瀬さんの提案に答えて――あたりまえの生活をとりあげないで 仲野好雄 34 
◇《香蘭ものがたり》その6 親の大きな期待が逆効果に 三角生子 36 
◇お知恵拝借――四月号からの健康管理のページ 39 
◇ひとつの焦躁 大友淑江(福岡県北九州市) 39 
◇基礎医学研究所の設置、緊急保護制度などきまる――昭和五一年度国家予算案のあらまし 40 
◇《母と子のページ》あそぼう――ごろごろ・ぴょんぴょん 脇田悦三 42 
◇船形コロニーの入所者処遇問題について 44 
◇ときのうごき――1975年12月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.241~245

◆『手をつなぐ親たち』No.241 19760301 

 【特集 はたして職場になじまないか】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇名人 田村一二(“はなたれぼとけ”より) 2 
◇《特集》はたして職場になじまないか 4 
 ・職業能力をどう考える(精神薄弱者の職業能力の開発) 大野智也(日本短波放送) 5 
 ・はたして職場になじまないか――各地の実例 大井清吉(編集委員・まとめ 学芸大学助教授) 8 
◇《香蘭ものがたり》その7 多くの香蘭を 三角生子 14 
◇海外の動き――第六回世界育成会大会の旅で見たもの 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会事務局長) 17 
◇親の会だより 北から南から 20 
 ・新年親子のつどい(長崎市) 
 ・セーナー地蔵尊(富山県滑川市) 
 ・訪問教師の活動(兵庫県氷上郡) 
 ・阿南市育成会だより(徳島県阿南市) 
 ・七年目を迎える育成会(熊本県玉名市) 
 ・親と子の新年の集い(石川県河北郡) 
 ・陳情活動(長崎県育成会) 
◇精神薄弱研究セミナーのお知らせ 23 
◇《母と子のページ》あそぼう――ひろげよう・つみあげよう 脇田悦三 24 
◇《今月のもんだい》昭和51年度予算に思う 26 
◇《けんこうかんり》落着きのない多動な子ども 天富美禰子(大阪市立小児保健センター精神神経科科長) 30 
◇《相談員日誌》続けていきたい相談員 村田よし子(前橋市精神薄弱者育成会) 33 
◇この人をさがして下さい 36 
◇ときのうごき――1976年1月 37 
◇《施設・学校・学級めぐり》小田原・光海学園見聞記 編集部 38 
◇昭和50年度「手をつなぐ親たち」主要もくじ 40 
◇アメリカ視察団参加募集――第四回国際精神薄弱研究会議参加と米国精神薄弱研究事情視察の旅 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.242 19760401 

 【特集 この子のしあわせ わたしのしあわせ】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《歌》心の支えに 小田桐萩江(作詞・青森県立黒石養護学校教諭)・寺口石次郎(作曲・精神薄弱者更生施設さくら園園長) 2 
◇《特集》この子のしあわせ わたしのしあわせ 4 
 ・〔体験・回想を通して〕 4 
 ・〔日日の生活の中で〕 10 
 ・〔団らんの中から〕 14 
 ・体験手記を読んで――まとめにかえて 17 
◇思いつくまま――嫁ぎゆく娘を思う 後藤カズ(岐阜県精神薄弱者育成会) 18 
◇《今月のもんだい》「福祉見直し論」を見直す 20 
◇二五年目を迎えた手をつなぐ親の運動――昭和五一年度の全日本精神薄弱者育成会の運動方針と事業計画について 22 
◇この子とともに――生きることのすばらしさ 鬼束みどり 26 
◇《こどものくに》ココ二アラアネ 村上修好(山口市るりがくえん) 29 
◇《母と子のページ》あそびましょう――なんでも屋 脇田悦三 30 
◇《海外の動き》「世界精神薄弱連盟大会」の印象 安田垣人(全日本育成会理事)  32 
◇《ひろば》新しい道 大塚道子(福岡県久留米市) 35 
◇《ひろば》おもひで 道はるか(新潟県新津市) 36 
◇《ほんだな》『お母さんいっしょに遊んでよ――英ちゃん日記』 広崎彰吾(編) 37 
◇こんな時こんなことを わがやのけんこうかんり 伊藤恵美子(東京都東村山市) 38 
◇遠く故郷を離れて懸命に生きている仲間たち 田代一茂(佐賀県伊万里市) 40 
◇ひとつの焦躁 大友淑江(福岡県北九州市) 43 
◇ときのうごき――1976年2月 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.243 19760501 

 【特集 親だからできる 親だからできない】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇てがみ 山本友子 2 
◇《特集》親だからできる 親だからできない 4 
 ・この子のために選ぶこと、決断すること 4 
 ・この子のためにがんばらなければ 6 
 ・この子にリズムをあわせて 10 
 ・がまんできません 15 
 ・みんなの親となって 17 
◇おめでとう受賞者の人!昭和50年度心身障害者福祉賞 19 
◇《今月のもんだい》世代とともに生きよう――日々の歩みの中で思う 20 
◇《かいせつ》緊急保護事業 厚生省障害福祉課 22 
◇おめでとう 仲野好雄先生 23 
◇《ろんだん》契約 谷川俊(ジャーナリスト) 24 
◇風疹と予防 26 
◇この子とともに――母子で織りあげた苦労 本道喜代(栃木県育成会) 29 
◇《母と子のページ》あそびましょう――仲よしいっしょ 脇田悦三 32 
◇思いつくまま――息子と共に育つ 平岳幸男(奈良県手をつなぐ親の会) 34 
◇谷内六郎さんと私 宮城まり子(ねむの木学園) 38 
◇《施設・学校・学級めぐり》先生!僕も給料貰ったヨ――授産寮を発足させて 本田佳馬(長崎慈光園理事) 40 
◇《海外の動き》ダブリン大会 施設印象記 渡辺実(八幡学園) 42 
◇ときのうごき――1976年3月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.244 19760601 

 【特集 障害児の歯科治療】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇つたなき詩を手をつなぐ母に捧ぐ 竹泉(高崎市手をつなぐ親の会「おやのたより」第六号より) 2 
◇《特集》障害児の歯科治療 4 
 ・京都歯科サービスセンターを訪ねて――京都における心身障害児の歯科診療 4 
 ・ある開業医の思い 山田花子 12 
 ・心身に障害を持つお子さんのための歯の話 15 
◇第一回「ほほえみ賞」実施募集要項 18 
◇思いつくまま――親の会の会長として 渡辺重臣(旭川手をつなぐ親の会会長) 19 
◇《今月のもんだい》もう一度手をつなごう――障害者対策のこれから 22 
◇《ろんだん》“精神病院入院精神薄弱者の実態調査”を読んで 野島克実(大阪精神薄弱者育成会) 24 
◇《母と子のページ》あそびましょう――足指相撲 脇田悦三 26 
◇《かいせつ》身体障害者雇用促進法の一部改正案閣議決定へ、国会へ(1)――初めて精神薄弱者にも適用 28 
◇この子とともに――次男が帰る日 金丸桝一(宮城県宮城郡) 31 
◇この子とともに――かたつむりの歩みであっても 竹内久美子(大阪府豊中市) 32 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――生理  34 
◇親の会だより 北から南から 36 
 ・「はばたきの家」一周年記念日を迎えて(島根県松江市) 
 ・チャリティバザー開催(長崎市) 
 ・部会制はいかが?(山形県米沢市) 
 ・ちえおくれの人たちにプレゼント(福岡県北九州市) 
◇《こどものくに》おさむ君 島崎左世(名古屋市さわらび園) 39 
◇《施設・学校・学級めぐり》<奈良県立高等養護学校>開校を記念して 佐々木一行(奈良県立高等養護学校保護者会) 40 
◇《本棚》『裾野』 三浦俊輔・大橋博(編) 42 
◇特別児童扶養手当の所得制限が改正されました 43 
◇アメリカ視察団参加募集――第四回国際精神薄弱研究会議参加と米国精神薄弱研究事情視察の旅 44 
◇吾子とともに 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 44 
◇ときのうごき――1976年4月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.245 19760701 

 【特集 働く生活を確保するために】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ぼくのなまえは つるひろゆき(ひまわり学級三組学級通信「あしあと」より) 2 
◇《特集》働く生活を確保するために――小さな授産所 4 
 ・小さな授産所作りを初めて一二年――東京・中野区親の会 鈴木田鶴子 6 
 ・大阪の「ミニミニ」授産とその問題点 釘宮忠生(大阪育成会嘱託) 8 
 ・愛知県で小規模事業が制度化されました! 島沢忠義(愛知県手をつなぐ親の会連合会) 10 
 ・特集に寄せられた小規模授産事業の概況 12 
 ・各地の事例から 18 
◇《今月のもんだい》兄弟姉妹と本気で話しあおう 28 
◇《母と子のページ》あそびましょう――水絵 脇田悦三 30 
◇《ろんだん》養護学校の義務制実施について 辻村泰男(国立特殊教育総合研究所) 32 
◇国連総会による「障害者の権利宣言」の採択 厚生省 34 
◇創立25周年記念・全日本精神薄弱者育成会・手をつなぐ親の会全国大会の案内 35 
◇《こどものくに》アノナー 横山京子(新宿区立あゆみの家) 36 
◇《私の意見》緊急保護事業は地域ごとに 杉浦芳藤(愛知県高浜市手をつなぐ親の会) 37 
◇幸福 道はるか(新潟県新津市) 37 
◇《海外の動き》アイルランド見て歩き――その精神薄弱者施設のあり方 出口光平(京都・松花苑かしのき寮) 38 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――心因性の病気について 41 
◇《かいせつ》身体障害者雇用促進法の改正(つづき)――精神薄弱者適用運動の経緯 42 
◇ときのうごき――1976年5月 43 
◇第17回精神薄弱児指導技術講座御案内 44 
◇講習会のお知らせ 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇叙勲に際して 全日本精神薄弱者育成会 仲野好雄(専務理事) 47 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.246~250

◆『手をつなぐ親たち』No.246 19760801 

 【特集 兄弟姉妹の声】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ぼくの人生 北誠一(しりべし学園文集「あいご」より) 2 
◇《特集》兄弟姉妹の声 4 
 ・弟――第四土曜日 宏(鳥取県、11才) 5 
 ・姉――大学合格に泣いてくれた弟 由美子(兵庫県、22才) 5 
 ・義妹――婚家での一番友だちの義兄 芳子(京都府、29才) 7 
 ・弟――姉と離れて10年 隆夫(鳥取県、17才) 8 
 ・〔くやしい〕遊園地で 英子(岡山県、13才) 9 
 ・〔くやしい〕バカ学校 健二(愛媛県、16才) 9 
 ・〔くやしい〕人間として弟を見られない 滋美(愛媛県、23才) 9 
 ・〔悲しい〕柱につなぐ 進(秋田県、23才) 9 
 ・〔悲しい〕逃げ出したい 顕一(兵庫県、27才) 10 
 ・〔悲しい〕訪ねてくる人もなく トメ(岩手県、50才) 10 
 ・〔どうしようもない〕川に流そうか 由美子(熊本県、13才) 10 
 ・〔どうしようもない〕施設から帰ってきた妹へ 泰(栃木県、30才) 10 
 ・〔置き去りにされたようで〕もっと相談してほしかった 恒美(神奈川県、21才) 11 
 ・〔置き去りにされたようで〕淋しい 久子(広島県、27才) 11 
 ・〔つきあいの中で〕兄さんじゃないみたい 賢史(長野県、11才) 11 
 ・〔つきあいの中で〕そばにいてほしいな 正章(鳥取県、12才) 11 
 ・〔つきあいの中で〕根比べゲーム 富士雄(兵庫県、23才) 12 
 ・〔つきあいの中で〕妹みたい姉 高夫(大阪府、23才) 12 
 ・〔つきあいの中で〕やりたい道をふさがれても 雅史(千葉県、32才) 12 
 ・〔教えられて〕思わず「うん」と言ってしまった ゆかり(広島県、14才) 13 
 ・〔教えられて〕兄弟げんか 健二(愛媛県、16才) 13 
 ・〔教えられて〕七〇〇人に一人の弟 あかね(宮崎県、16才) 13 
 ・〔教えられて〕妹の存在に感謝 祥子(岐阜県、18才) 13 
 ・〔教えられて〕利害を越えた人間関係を知った 恒雄(神奈川県、28才) 14 
 ・〔守り支えよう〕劣等感を持ち 規美(愛媛県、14才) 14 
 ・〔守り支えよう〕がんばれ妹よ 昌俊(熊本県、16才) 14 
 ・〔守り支えよう〕手をつなごう 久子(広島県、27才) 15 
 ・〔情けなかったこと うれしいこと〕ウンコの思い出 渡(兵庫県、20才) 15 
 ・〔情けなかったこと うれしいこと〕すき焼きをご馳走してくれた 智枝子(京都府、42才) 15 
 ・アンケートの回答より 16 
 ・〔座談会〕親が一生懸命やっていれば 19 
◇《ろんだん》精神薄弱者福祉の方向を模索する――全国精神薄弱者更生相談所長協議会の論議から 原井利夫(事務局長) 21 
◇《今月のもんだい》「尊厳死」でごまかしてはならない 24 
◇《母と子のページ》冒険ごっこ 脇田悦三 26 
◇《施設・学校・学級めぐり》国立コロニーのぞみの園を訪ねて 山東昭子(自民党文教部会特殊教育チーム座長) 28 
◇7月号特集「働く生活を確保するために」の参考資料 30 
 ・心身障害者小規模授産事業実施要領(愛知県) 30 
 ・精神薄弱者に対する授産指導費補助要綱(東京都)――抜萃 31 
◇思いつくまま――精神薄弱者福祉を振り返って 木田市治(和泉短期大学教授、前愛育養護学校校長) 32 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――子どもさんが夜尿で困っている方は? 35 
◇《かいせつ》「後見人」制度について 飯原久弥(日本肢体不自由児協会常務理事)36 
◇《書籍の御案内》『ちえ遅れの子 性と結婚の指導』 小杉長平・大井清吉・河東田博(共編) 37 
◇つれづれなるままに――永源寺野秋 池田太郎(信楽青年寮長) 38 
◇吾子と共に 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 39 
◇この子とともに――朝のひととき 福田和子(三重県津市) 40 
◇遠く故郷を離れて懸命に生きている仲間たち――第二話 先生赤ちゃん見に来てね 田代一茂(佐賀県伊万里市) 42 
◇昭和五一年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞に多数ご応募下さい! 44 
◇ときのうごき――1976年6月 45 
◇創立25周年記念・全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催の御案内 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.247 19760901 

 【特集 特殊学級に望むもの】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇いとし子 富田正三 2 
◇《特集・座談会》特殊学級に望むもの 4 
 ・アンケートから 12 
◇《親の手記》三地区より 14 
 ・入れてよかった 野村加代子(香川県坂出市立東部小学校) 14 
 ・学校と家庭 田中八重子(甲府市立西中学校) 16 
 ・親の心・親の願い 秋田市立山王中学校職業教室父母の会 19 
◇《図書室》 21 
 ・『心身障害者の法律相談室』 荘司修久・柴嶺曻(共編) 
 ・『ちえ遅れの子 性と結婚の指導』 小杉長平・大井清吉・河東田博(共編) 
◇《今月のもんだい》「人権」をふだん着のことばに 22 
◇思いつくまま――最近思うこと 室崎富枝(桑の木園理事長) 25 
◇より豊かな実践を目指して――心身障害児指導講習会案内 27 
◇《ろんだん》くつがえる精神薄弱非行原因論 樋口幸吉(福岡矯正管区長) 28 
◇《母と子のページ》箸図案とテープ装飾 脇田悦三 30 
◇《ひろば》命ある限り一清と共に 高見清二(兵庫県加西市) 32 
◇《ひろば》運動会 幸野田鶴子(広島市) 33 
◇《ひろば》家庭生活の指導について 渡部ふさ(秋田県鹿角市花輪小学校教師) 34 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――胃腸が弱い 35 
◇《施設・学校・学級めぐり》倉庫のかたすみから認可施設へ 水野勝美(草笛共同作業所) 36 
◇《施設・学校・学級めぐり》地域にとけこんだ作業所 尾藤操(岐阜なずな学園) 37 
◇親の会だより 北から南から 38 
 ・「六甲山牧場バスの旅」(兵庫県三田市) 
 ・親の会、体質改善にふみきった理由(秋田市) 
 ・ミニコロニー設立運動(新潟県西蒲原郡) 
◇今後の地区親の会活動の展望(1)――都道府県のアンケートから 40 
◇《かいせつ》ご存知ですか 十月から始まる新しい制度 改正される制度 厚生省 42 
◇ときのうごき――1976年7月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.248 19761001 

 【特集 これからの養護学校教育を考える】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇ザ・ガードマン 赤星登志子(直方養護学校 重度重複学級“ふくち部報23号”より) 2 
◇《特集》これからの養護学校教育を考える――東京都を例にして 4 
 ・座談会・希望者全員就学の実績とこれから 5 
 ・東京都の「希望者全員就学」の実情――全員就学の内実に関するアンケートより  11 
 ・親の意見・感想――各地より 14 
 ・養護学校教育義務制への歩みはこう進んでいる 宮崎直男(文部省) 18 
 ・精神薄弱児風司施設における教育問題に思うとこ 山内豊徳(厚生省) 20 
◇徳川義親会長の急逝を悼むんで 22 
◇おもいで 道はるか(新津市) 22 
◇《海外の動き》第六回精回精神薄弱連盟大会旅行記 菅野重道(島田療育園園長) 23 
◇《今月のもんだい》世代間の相違をどうする 26 
◇《ろんだん》「ボランティアとは何か」という問題をめぐって考える 枝見静樹(財団法人富士福祉事業団理事長) 28 
◇《母と子のページ》づつき・つっぱり 脇田悦三 30 
◇子どもの発達をのばす為に――先生とともに 鴻巣十二子(大阪府豊中市) 32 
◇今後の地区親の会活動の展望(2)――都道府県のアンケートから 34 
◇ダウン症の親子 小川政浩 36 
◇差別をなくすために――奈良県手をつなぐ親の会 38 
◇親の会だより 北から南から 40 
 ・たくましい総社親の会(岡山市) 
 ・必要な会員の団結(和歌山県新宮市) 
 ・盆おどり(愛媛県新居浜市) 
 ・会報の発行(神奈川県南足柄市) 
 ・期待されることから(東京都青梅市) 
 ・母の会を組織しましょう(大阪府南河内郡) 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――爪をかむくせ 43 
◇《かいせつ》精神薄弱者職業相談員について 労働省職業安定局業務指導課 44 
◇ときのうごき――1976年8月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.249 19761101 

 【特集 義務教育修了後の進路】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇おとうさんの歴史 林雄二 2 
◇《特集》義務教育修了後の進路 4 
 ・後期中等教育の基本的考え方 小宮山倭(武蔵野音楽大学名誉教授) 5 
 ・多くの人の理解と納得を 安部歳夫(東京都大田通勤寮寮長) 9 
 ・地域に望むもの 安達喜美子(鎌倉清和学園園長) 13 
 ・<座談会>義務教育修了後を考える 17 
◇《今月のもんだい》創立二五周年記念 全国大会に当って 22 
◇思いつくまま――さらに理解と支えを求めて 松友了(日本てんかん協会波の会) 24 
◇《ひろば》聖なる十字架 佐藤幸永(弘前大清水学園育成会) 27 
◇《ひろば》おとうと 佐野和夫(東京都養育院千葉分院手をつなぐ親の会) 27 
◇《ひろば》僕の兄 清野義紀(東京都養育院千葉分院手をつなぐ親の会) 29 
◇《ひろば》吾子と共に 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 29 
◇《かいせつ》外国(主としてヨーロッパ)では精神薄弱教育をどのような制度で行っているか 宮崎直男(文部省初等中等教育局特殊教育課 教科調査官) 30 
◇取手市精神薄弱者育成会の発足――親子学級から育成会の発足へ 32 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――わが家の常備薬 33 
◇《ろんだん》療育チームをくむために 佐々木正美(神奈川県児童医療福祉財団小児療育相談センター) 34 
◇《母と子のページ》虹あそび 脇田悦三 36 
◇《施設・学校・学級めぐり》“はるな郷”見学旅行研修会 垣見佐三男(東京都養育院千葉分院父母の会) 38 
◇今後の地区親の会活動の展望(3)――都道府県のアンケートから 40 
◇第七回岡山療育キャップに参加して 権代芳生(全日本育成会事務局) 42 
◇《こどものくに》太陽のように輝いたお母さん大好き 島崎左世(名古屋市さわらび学園) 44 
◇ときのうごき――1976年9月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.250 19761201 

 【特集 働くこの子たちの喜び】 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇家にいる妹から学園にいるにいちゃんへ “この子より一日長く”より 2 
◇《特集》働くこの子たちの喜び――第13回愛護月間中央講演会より 4 
 ・働くこの子たちの喜び 川田昇(こころみ学園園長) 5 
 ・<意見交換>「こころみ学園」の実践に即して――老化・親・土地・施設・仕事 小杉長平(すぎな会愛育寮寮長)  ・川田昇(こころみ学園園長) 16 
 ・第13回精神薄弱者愛護月間各地の行事報告から 22 
◇《今月のもんだい》地域の中の施設 26 
◇《ろんだん》重度・重複障害をもつ人々のために 岡崎英彦(びわこ学園園長) 28 
◇《母と子のページ》[あ]のつくものなァに 脇田悦三 32 
◇アメリカの横顔 高橋彰彦(日本精神薄弱者福祉連盟) 34 
◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――夜の歯みがき習慣 37 
◇《かいせつ》昭和52年度の精神薄弱関係予算要求 38 
◇今後の地区親の会活動の展望(4)――都道府県のアンケートから 40 
◇《こどものくに》うんどうかい 本山稔(埼玉県みつば学園) 42 
◇《本棚》『この子より一日長く――精神薄弱児収容施設長の報告』 花坂蔵之助(著)(はまゆり学園長) 43 
◇治療教育賞募集 44 
◇第三回アジア精神薄弱会議(インド)参加案内 44 
◇ときのうごき――1976年10月 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出テープ一覧 50 

>TOP

■No.251~255

◆『手をつなぐ親たち』No.251 19770101(昭和52年) 

 【特集 創立25周年記念全国大会】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇南天の花 香月瑞枝(兵庫県姫路市) 2 
 ◇《特集》創立25周年記念全国大会報告――人としての尊厳にふさわしい処遇の確立 4 
  ・宣言 4 
  ・決議 5 
  ・<式典 虎ノ門ホール>親の会二十五年、そしてこれから… 伊藤恵美子(東京都東村山市親の会会員) 6 
  ・<第二会場 ニッショーホール>もう一つの開会式から 大野智也(日本短波放送制作部専門員) 7 
  ・<第一部会 乳幼児期>早期発見=早期絶望とならぬように 藤原暢子(愛育養護学校校長) 8 
  ・<第一部会 乳幼児期>関連分野の活用を! 田中明(東京都衛生局母子衛生課長) 9 
  ・<第二部会 学齢期>何か大きな忘れ物をしたような後味 妹尾正(国立秩父学園園長) 10 
  ・<第二部会 学齢期>言いたりなかったこと 山口薫(東京学芸大学教授) 11 
  ・<第三部会 青・成年期>成長・発達を助ける教育をめざして 安部歳夫(東京都大田通勤寮寮長) 12 
  ・<第三部会 青・成年期>高校進学運動を展開しよう 大井清吉(東京学芸大学助教授) 13 
  ・<第二分科会 就労(通勤寮を含む)>積極的な労働行政を 小出進(千葉大学助教授) 14 
  ・<第三分科会 授産(通所・収容)>大きくなった子どもたち 島沢忠義(愛知県手をつなぐ親の会連合会専務理事) 15 
  ・<第四分科会 重度・施設(学齢を含む)>中・軽度を含めた重度対策を 高橋彰彦(東京都心身障害者福祉センター民生局主幹) 16 
  ・<第五分科会 経済>子どものためのお金の話 大竹太郎(東京都民生局児童部児童課主幹) 17 
  ・<第五分科会 経済>子どもにも有効な使用を 幾野信男(東京都江東通勤寮寮長) 18 
  ・<第六分科会 家庭・社会生活>おとな扱いをしてほしい 安達喜美子(鎌倉清和学園園長) 19 
  ・<第四部会 中高年齢期>家族の固い連帯で温かい社会づくりを 徳永チヅ(渋谷区立心身障害者福祉センター主査) 21 
  ・<第五部会 自由討議>多くの問題の中から 小宮山倭(全日本育成会常務理事) 22 
  ・<第五部会 自由討議>もう少し問題を掘り下げよう 渡辺実(全日本育成会常務理事) 23 
  ・<全体協議>福祉維新をめざして 大野智也(日本短波放送制作部専門員) 24 
  ・感謝状贈呈者・表彰状贈呈者 25 
 ◇《母と子のページ》出ぞめ式ごっこ 脇田悦三 26 
 ◇《今月のもんだい》地域でのサービスを上手に利用しよう 28 
 ◇《思いつくまま》街道憂欝の三題 山本武雄(北海道精神薄弱者育成会会長) 30 
 ◇短歌 諸岡綾子(東京都新宿区) 32 
 ◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――帰省中の健康管理 33 
 ◇《ろんだん》家庭の役割を考える 藤原正人(国立久里浜養護学校校長) 34 
 ◇《かいせつ》就学指導について 大南英明(東京都立小岩養護学校) 36 
 ◇精神薄弱者職業相談員となって 森下猪之助 38 
 ◇今後の地区親の会活動の展望(5)――都道府県のアンケートから 41 
 ◇《施設・学校・学級めぐり》施設を初めて訪れて――精神薄弱者更生施設 宍原荘  熊丸誠一・久能良子・松永光代 42 
 ◇ときのうごき――1976年11月 44 
 ◇英国ピーター・ミットラー教授講演会のお知らせ 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.252 19770201 

 【特集 結婚をめぐって】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇石田隆子 19才 石田広子(つくし11・12月号第97号より) 2 
 ◇《特集》結婚をめぐって――各地の報告 4 
  ・一、これから結婚しようと考えている方々へ 高木准子(石川) 4 
  ・二、年頃の子どもの結婚観――1、ぼくの嫁さん S・Y(長崎) 5 
  ・二、年頃の子どもの結婚観――2、うち、結婚したいけど… 会田利美(香川) 6 
  ・二、年頃の子どもの結婚観――3、わが家のいつもの夜の光景 安藤登美子(熊本) 6 
  ・二、年頃の子どもの結婚観――4、結婚は就職ではない 熊谷チヨ(秋田) 6 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――1、こんな願いは勝手でしょうか 青木くに子(鳥取) 7 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――2、何とか二人で一つのことを  林たつ(東京) 8 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――3、めぐりあえる日が来るのを  森房枝(東京) 8 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――4、御飯がたけないから 伊東春江(富山) 8 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――5、春のめざめはいつ訪れるのだろう 吉田泰治(長崎) 9 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――6、血の逆流する思い 室田静枝(東京) 9 
  ・三、年頃のちえおくれの子を持つ親の気持ち――7、慎重をほぐす妙薬が必要 鶴岡喜代(東京) 10 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――1、デートを重ね交際を続けている二人 横山武雄(青森) 11 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――2、あれこれと世帯道具をそろえて 佐藤キクヲ(東京) 11 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――3、今度は何事にも良く気がつく人で 石丸静子(東京) 12 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――4、今度からは場所をはっきりすることよ 松尾滝子(長崎) 12 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――5、何度となく離婚の危機に 山本やすゑ(兵庫) 13 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――6、丈夫で元気なおばあさまだから 小池喜美子(岐阜) 13 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――7、父ちゃんは酒ばっかり飲んで 渕野洋子(長崎) 14 
  ・四、ちえ遅れの人の結婚事例――8、もちつ・もたれつ夫婦 小笠原禮子(高知) 14 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――1、わたしは女性だから 大竹ヒサ(栃木) 15 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――2、ちえ遅れの人の結婚のタイプ 高田知恵子(群馬) 16 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――3、おとなは…おとなは… 江尻彰良(愛知) 16 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――4、私の答はいつも同じです 近藤えり子(長崎) 17 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――5、喜びの裏に苦あり 犬童友太郎(熊本) 17 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――6、案ずるよりうむが易し 井戸誠一(兵庫) 18 
  ・五、ちえ遅れの人の結婚について――7、結婚問題に対する今日の課題とは 寺口石次郎(青森) 18 
 ◇《ろんだん》民間ホームの試み 池田太郎(信楽青年寮寮長) 20 
 ◇《今月のもんだい》かかりつけの医師をもとう 22 
 ◇《かいせつ》精神薄弱者と医療費 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 24 
 ◇親の会だより 北から南から 26 
  ・尾上町手をつなぐ親の会の活動(青森県南津軽郡) 
  ・アンケート調査の結果(岩手県岩手郡) 
 ◇《ひろば》障害児保育にかける喜び 柏田静子(宮崎県日向市もくせい園保母) 28 
 ◇《ひろば》深夜の祈り 高見清二(兵庫県加西市) 29 
 ◇《こどものくに》小さな人格者 伊達一美(神戸市立丸山学園) 31 
 ◇この子とともに――小さな歩み 田渕守(岡山市育成会) 32 
 ◇《母と子のページ》にぎりっこ 脇田悦三 34 
 ◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――音楽をきかせながら 36 
 ◇《施設・学校・学級めぐり》施設を初めて訪れて――施設職員が作っていく施設 綜合援護施設「静山園」 37 
 ◇エーグ・ヴェルト訪問記――ジュネーブ郊外の精神薄弱者のための村づくり 山内豊徳(厚生省障害福祉課長) 40 
 ◇《本棚》『ひとなみの幸せを』 武沢静雄(著) 44 
 ◇ときのうごき――1976年12月 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.253 19770301 

 【特集 この子たちと地域】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇雪空の雲 山下外吉(石川県金沢市) 2 
 ◇《特集》この子たちと地域 4 
  ・座談会 4 
  ・第二回全国地域福祉会議より――啓発を中心として 15 
 ◇《こどものくに》ぼだんがはずれた 柳沢民子(長野県宝池園) 19 
 ◇《今月のもんだい》こどもを連れて外へ出よう 20 
 ◇《思いつくままに》育児経験のない私が育てて25年 吉成りん(宇都宮市精神薄弱者育成会) 22 
 ◇いとし子 富田正三(埼玉県川口市) 23 
 ◇《ろんだん》地域福祉における親の会活動 永田幹夫(全国社会福祉協議会) 24 
 ◇《母と子のページ》てんじょうてん(天井展) 脇田悦三 26 
 ◇《施設・学校・学級めぐり》津山のり学園見学記 野島克実(大阪精神薄弱者育成会) 28 
 ◇こんな時こんなことを わが家のけんこうかんり――あせらない習慣づくり 30 
 ◇この子とともに――成長を願いながら 小林修(山梨県手をつなぐ親の会) 32 
 ◇《かいせつ》国の昭和52年度精神薄弱関係予算について 34 
 ◇《本棚》『重度心身障害児――その生の意味と発達』 村上英治(著) 36 
 ◇「重いちえおくれの子どもの教育と福祉」講演会――英国の全員就学に学ぶ 開催案内 37 
 ◇ときのうごき――1977年1月 38 
 ◇精神薄弱研究セミナーのご案内 39 
 ◇昭和51年度「手をつなぐ親たち」主要もくじ 40 
 ◇販売図書のお知らせ 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.254 19770401 

 【特集 固定観念を打ち破ろう】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇母は思う 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 2 
 ◇《特集》固定観念を打ち破ろう 4 
  ・思いこみをやめてみんなで育て合いましょう 辻滋子(神奈川さくらんぼ会保母・東京さざんかの会) 5 
  ・「ほんものの豊かさとは」 秋田晴美(東京おさなご園園長) 8 
  ・子どもをどこで教育するか 瀬里敏子(福岡県精薄相談員・直方西小学校教諭) 11 
  ・精神薄弱児と固定観念 春山広輝(東京新宿区手をつなぐ親の会・春山医院院長) 14 
  ・各地からの報告――偏見をめぐって 19 
 ◇《思いつくまま》勇気ある育くみを!! 高嶋久聲(北海道帯広市福祉事務所) 25 
 ◇販売図書のお知らせ 27 
 ◇大げさではない話し① 育つ芽をつんでしまう親 室橋正明 28 
 ◇《ろんだん》<「問題児」排除>を排す 鈴木英二(神奈川県横浜市私立橘学園園長) 32 
 ◇《今月のもんだい》幼児教育を考える 34 
 ◇《母と子のページ》象さんごっこ 脇田悦三 36 
 ◇“なずな”のおとなたちと・その後① 生活に「うるおい」を 近藤原理 38 
 ◇《かいせつ》52年度の手をつなぐ親の運動――全日本精神薄弱者育成会の運動方針と事業計画について 41 
 ◇第三回アジア精神薄弱会議参加へのお勧め 43 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.255 19770501 

 【特集 教育の考え方】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇お母さん 中尾房江(“ふくち部報18号”より) 2 
 ◇第26回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会のお知らせ 4 
 ◇《特集》教育の考え方 5 
  ・<問題提起>教育観のカラを打ち破ろう 小宮山倭(武蔵野音楽大学名誉教授) 6 
  ・子どものための教育を 庄司憲夫(宮城県立光明養護学校校長) 8 
  ・私たちの問題点 田岡貫道(東京宮代学園園長) 10 
  ・よい意味での母親エゴを! 村上英治(名古屋大学教育学部教授) 12 
  ・一〇七年目の学校 伊藤隆二(神戸大学教育学部教授) 14 
  ・教育についての考え方(1) 各地より 16 
  ・教育についての考え方(2) 編集委員より 19 
 ◇販売図書のお知らせ 27 
 ◇《ひろば》今でこそ言える 田口英雄 21 
 ◇《ひろば》いろいろな所へ行ったこと 森脇敏江(京都) 22 
 ◇工夫してみませんか――家での生活を 室橋正明 24 
 ◇《こどものくに》みんななかよく――今日も歌声手拍子から 津山ひかり学園広報係  27 
 ◇《ろんだん》対象者のためにある施設 登丸福寿(群馬県はるな郷郷長) 28 
 ◇《母と子のページ》はいッ立って はいッ坐って 脇田悦三 30 
 ◇風疹と予防接種 今川八束(東京都立墨東病院感染症科部長) 32 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後② ほんとうの母親にはなれないが 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 34 
 ◇アジア精神薄弱会議参加旅行のご案内 37 
 ◇《かいせつ》親の会について(1) 38 
 ◇NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞が発表されました 40 
 ◇ときのうごき――1977年3月 41 
 ◇親の会だより 北から南から 42 
  ・役員研修会(長崎県長崎市) 
  ・「時間厳守」(奈良県生駒郡) 
  ・みかん刈り(愛媛県東宇和郡) 
  ・保護者研修会(兵庫県竜野市) 
  ・援護バザー開催(長崎県長崎市) 
 ◇最近できた親の会 44 
 ◇短歌 富田正三(埼玉県川口市) 44 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 
>TOP

■No.256~260

◆『手をつなぐ親たち』No.256 19770601 

 【特集 教育の場と方法】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇ボコチン・クラブ 伊藤恵美子(寄せられたお手紙より抜すいしました) 2 
 ◇《特集》教育の場と方法 4 
  ・<相談事例から>この子の教育の場と方法を考える 安部歳夫(東京都心身障害教育就学措置委員会委員) 4 
  ・すべでの親と共感と連帯をめざして――『とちぎ子どもの家』の経験から かねさか なおひと(とちぎ子どもの家) 9 
  ・どこが一番よい教育ができるか 宮本茂雄(千葉大学教授・千葉大学附属養護学校校長) 11 
  ・困っていること、望むこと、そのためのプラン(各地より) 14 
 ◇《思いつくままに》小笠原赴任当時のこと 北原明(東京都特別区職員研修所講師) 18 
 ◇《こどものくに》もう一寸解ってほしいなぁ わきたゆたか(京都市白川学園)  21 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後③ ときには腹の立つこともあるが 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 22 
 ◇《今月のもんだい》障害幼児に早期教育・保育の場を! 26 
 ◇《母と子のページ》かなえの力くらべ 脇田悦三 28 
 ◇《けんこうかんり》食中毒にならないために 樋田豊治(国立秩父学園) 30 
 ◇大げさではない話し② この手がだめなら あの手でいく 室橋正明 32 
 ◇《お知らせ》特別児童扶養手当の所得制限が改正されました 35 
 ◇《かいせつ》果して、アメリカは特別学級も認めないことになったのか?――障害者に対する差別禁止令について 36 
 ◇運賃割引、及び交通費補助の状況(全日本育成会調べ、判明分のみ。昭和52(1977).4.22現在) 38 
 ◇ミットラー教授東京講演会要旨 “重い知恵おくれの子どもの教育と福祉”――英国の全員就学に学ぶ 仲野好雄 42 
 ◇第一回ほほえみ賞発表(昭和五二年五月) 43 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇事務局移転のお知らせ 精薄5団体ひとつビルに入居! 47 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.257 19770701 

 【特集 親の会の運動目標として教育を考える】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇体重測定 明男(長岡市立上組小ひまわり学級) 2 
 ◇じゃがいもほり 晃子(長岡市立上組小ひまわり学級) 3 
 ◇《特集》親の会の運動目標として教育を考える・座談会 4 
 ◇《思いつくままに》福祉という仕事を得て 水井手孝司(兵庫県精神薄弱者育成会) 15 
 ◇短歌 新本千鶴子(沖縄県那覇市) 17 
 ◇《母と子のページ》手さぐり 脇田悦三 18 
 ◇“なずな”のおとなたちと・その後④ 「発達」とは 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 20 
 ◇《今月のもんだい》非行の実状 24 
 ◇《こどものくに》差別と違いについて 小林和雄(さがみ愛育会 渕野辺保育園)  27 
 ◇《ろんだん》<陳情>を考える 吉野禎造(仙台市財政局長) 28 
 ◇《けんこうかんり》医師と上手につきあう方法 樋田豊治(国立秩父学園) 30 
 ◇《ひろば》大工の弟子入り三ヶ月 鬼束みどり(宮崎県宮崎郡) 32 
 ◇《ひろば》小規模授産をはじめて 井戸誠一(兵庫県竜野市) 33 
 ◇《ひろば》精薄児に想う 塚田幸衛(埼玉県育心寮) 34 
 ◇親の会だより 北から南から 36 
  ・労力奉仕で通園施設が完成(静岡県磐田市) 
  ・施策推進懇談協議会(長崎県長崎市) 
  ・ひまわり学園父母の会(茨木県日立市) 
  ・わが会の運動方針と事業計画(福島県二本松市) 
 ◇第二回「ほほえみ賞」実施募集要項 38 
 ◇地域福祉活動の資金造りに損保提携制度を育てて下さい――発足半年で23都道府県が実施 39 
 ◇精神薄弱児(者)の教育・福祉をすすめる運動“仲よし絵はがき”頒布のお知らせ  40 
 ◇育成会全国組織の役員改選 41 
 ◇あさがお室の担任となって 間山芳男(指導員) 42 
 ◇タ―ジャン博士講演会のお知らせ “重度・最重度の精神薄弱児者の処遇について”  42 
 ◇講習会のご案内――昭和52年度在宅心身障害児(者)療育指導者研修会開催 43 
 ◇ときのうごき――1977年5月 44 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇ここが新しい事務所です!! 47 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.258 19770801 

 【特集 むこう三軒両隣り】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇作品 高橋繁雄(長岡市立上組小ひまわり学級文集より) 2 
 ◇《特集》むこう三軒両隣り 4 
  ・生活の中から 4 
  ・お店で 9 
  ・理解してくれる隣人 10 
  ・子どものするつき合い 13 
  ・悲しいこと 17 
 ◇お母さんに聞いてもらいたい話 秋田晴美(東京・私立おさなご園園長) 21 
 ◇《ろんだん》教育の出発点 曻地三郎(福岡県福岡市しいのみ学園園長) 24 
 ◇《母と子のページ》耳うち~ことづて 脇田悦三 26 
 ◇《今月のもんだい》地域社会に住まわせる工夫 28 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑤ カズエが危篤 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 30 
 ◇《けんこうかんり》発達のめやす 樋田豊治(国立秩父学園) 34 
 ◇《こどものくに》Aの一年の歩み 木下四郎(三重県四日市聖母の家) 36 
 ◇《思いつくままに》福祉事務所の相談課で 吉枝治美(埼玉県所沢市福祉事務所) 37 
 ◇精神薄弱者通所援護事業に思うこと 島沢忠義(愛知県手をつなぐ親の会連合会) 40 
 ◇《かいせつ》精神薄弱者通所援護事業について 42 
 ◇ときのうごき――1977年6月 44 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇ここが新しい事務所です!! 47 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.259 19770901 

 【特集 小さな場をてがかりにして】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇作品 まごころ(新潟県中越精神薄弱児施設組合まごころ学園文集より) 2 
 ◇《特集》小さな場をてがかりにして 4 
  ・地域の人たちとの暖かい交わりを願って――神戸市・丸山地区の夏まつり 寺本廸彦(神戸市立あけぼの学園) 5 
  ・コミュニティ・ケアの拠点を目指して――名古屋市・あさみどりの会の試み 伊藤方文(あさみどりの会) 7 
  ・話し合いの輪を広めながら――金沢市育成会の校下懇談会 村上重雄(金沢市精神薄弱者育成会) 9 
  ・日本人形づくりを教えるようになったわけ――町田市の親への人形づくりの呼びかけ 杉山寿美子(町田市) 12 
  ・共に育つ中で――都台東区玉姫子どもクラブの学童保育 斎藤婦美(台東区立玉姫クラブ) 14 
  ・障害児の放課後保障のために――早稲田大学「障害者問題研究会」による調布土曜子供会 斎藤婦美 16 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑥ 今こそ共感・共動・共育の姿勢を 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 18 
 ◇「育つ」ということ 秋田晴美(東京・私立おさなご園園長) 22 
 ◇《思いつくままに》期待する新しい施設の誕生 江尻彰良(愛知県瀬戸市はちのす寮) 25 
 ◇短歌 諸岡綾子(東京都新宿区) 27 
 ◇《今月のもんだい》地域のみんなでこの人たちのしあわせを 28 
 ◇《ろんだん》PRはキャッチボール 真崎頌也(広報映像企画・すたじお・ぺリ主宰) 30 
 ◇第2回心身障害指導講習会のお知らせ 32 
 ◇《こどものくに》わからないこと ひとつふたつ 北村和典(鳥取市松の聖母学園)  33 
 ◇《母と子のページ》風船わり 脇田悦三 34 
 ◇《けんこうかんり》日光浴と運動 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 36 
 ◇《ひろば》陰膳 浦本蓉子(兵庫県赤穂市) 38 
 ◇《ひろば》今年も頑張ろう 原勝昭(東京都杉並区) 39 
 ◇《ひろば》社宅に転居して 村上篤子(大分県大分市) 39 
 ◇《ひろば》生活クラス四季の詩 近藤邦彦(新潟県見附市まごころ学園担任) 40 
 ◇昭和五二年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞応募のお知らせ 41 
 ◇手をつなぐ親の会活動「基金」一億円の造成にご協力を 42 
 ◇《かいせつ》各種年金・手当制度の改善 厚生省障害福祉課 42 
 ◇地域福祉活動の資金造りに損保提携制度を育てて下さい――発足当初の実績は 44 
 ◇ときのうごき――1977年7月 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.260 19771001 

 【特集 地域社会との連携・協力の下で】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇こいごころ 井上隆 2 
 ◇《特集》地域社会との連携・協力の下で 4 
  ・住民運動の一環としての村づくりを目指して――福岡市・今津福祉村 編集部 4 
  ・松江市PTA連合会の障害児教育推進委員会の活動――現状と課題 浅野俊雄(松江市手をつなぐ親の会会長・県会議員) 10 
  ・歴史と伝統の中にとけこんで――信楽の地場産業を支える青年たちの活動と職親会  奥田七郎(信楽職親会副会長) 12 
  ・火災で死者を出さないために――仙台市消防局の心身障害児者の防災対策 森視祐(仙台市消防局長) 14 
 ◇《思いつくままに》「人間」をとりもどそう 立沢正雄(NHK厚生文化事業団事務局長) 17 
 ◇第4回社会福祉機器展開催のお知らせ 19 
 ◇《ろんだん》春男の翔んだ空――特殊教育百年を記念しての長編劇映画を製作監督するに当って 山田典吾(全国精神薄弱養護学校PTA連合会会長・映画監督) 20 
 ◇「育てる」ということ 秋田晴美(東京・私立おさなご園園長) 22 
 ◇読書案内 25 
  ・『ふたつの太陽――少女・美香を甦えらせたカンヴァス』 島田爽・是枝美香(共著) 
  ・『この子らとあるボランティアの心象』 伊藤方文(著) 
  ・『ちえおくれの子の健康相談』 長瀬又男(著) 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑦ おき火になろう――なずな第18回合宿研・報告 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 26 
 ◇《母と子のページ》さがそう 探そう 脇田悦三 30 
 ◇《今月のもんだい》この子らの生きがいは身近な家庭と社会から 32 
 ◇《ひろば》短歌六題 高見清二(兵庫県加西市) 34 
 ◇《ひろば》愚かな母だった 中川ミサオ(青森県下北郡) 34 
 ◇《ひろば》思いやり 中尾房江(福岡県北九州市) 35 
 ◇《けんこうかんり》栄養と食事 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 36 
 ◇《かいせつ》身体障害者雇用納付金制度について 労働省職業安定局業務指導課 38 
 ◇ときのうごき――1977年8月 41 
 ◇親の会だより 北から南から 42 
  ・手をつなぐ子らの写生大会(茨城県日立市) 
  ・養護学校運動について(岐阜県高山市) 
  ・懇談会と親子旅行(滋賀県長浜市) 
  ・会の事業(愛知県豊川市) 
  ・遠足の車中で(大阪府堺市) 
  ・成人式を迎えるまでに(長崎県佐世保市) 
  ・育ての親(静岡県掛川市) 
  ・お盆の集い(石川県七尾市) 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 
>TOP

■No.261~265

◆『手をつなぐ親たち』No.261 19771101 

 【特集 医療との出合い】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇うんどうかい いさか・こういち 2 
 ◇《特集》精神薄弱者と医療I 「医療との出合い」 4 
  ・医療との出合い――アンケート調査から 田中明(東京都庁母子衛生課) 5 
  ・医療との出合い――親の声 11 
  ・特集のまとめにかえて 大竹太郎(東京都民生局主幹・本誌編集委員) 18 
 ◇《けんこうかんり》発熱 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 20 
 ◇「るり学園」第一号生徒とその頃印象に残っていること(1)録音の談話から 村上修好(山口県るり学園園長) 22 
 ◇《母と子のページ》かぞえうた 脇田悦三 26 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑧ 「おおらか君」が教えたのも(1) 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 28 
 ◇『地域福祉活動を中心に――重い障害児のためのハンドブック(VIII)』無料配布のお知らせ 31 
 ◇《今月のもんだい》精神薄弱者の就学指導を考えなおそう 32 
 ◇《ろんだん》お祭り行脚 平野勲(民族漫画家) 34 
 ◇青友会市民講座 大島旅行に同行して 舘森はな(東京都精神薄弱者育成会) 36 
 ◇大島旅行 東京都青鳥養護学校卒業生 38 
 ◇《こどものくに》小さい責任が小さい親切へ 小関妙子(青森県立八甲学園)  40 
 ◇ときのうごき――1977年9月 41 
 ◇《かいせつ》アメリカの障害者差別の撤廃について――特に雇用との関連で 大井英子(神奈川県児童医療福祉財団) 42 
 ◇手をつなぐ親の会活動の「基金」一億円の造成にご協力を! 44 
 ◇地域福祉活動の資金造りに損保提携制度を育てて下さい――育成会地方、地区役員の役割 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.262 19771201 

 【特集 医療への期待】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇我娘・裕子ちゃん 真下恭子(東京江戸川手をつなぐ親の会) 2 
 ◇《特集》精神薄弱者と医療II 「医療への期待」 4 
  ・医療へに期待すること――アンケート調査より 5 
  ・医療に期待すること――各地より 10 
 ◇第二回「ほほえみ賞」実施募集要項について 15 
 ◇《今月のもんだい》軽度の子たちにも適切な教育の場を!! 16 
 ◇「るり学園」第一号生徒とその頃印象に残っていること(つづき)録音の談話から 村上修好(山口県るり学園園長) 18 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑨ 「おおらか君」が教えたのも(2) 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 20 
 ◇『手をつなぐ親たち』の発行部数の倍増を!! 24 
 ◇第14回精神薄弱者愛護月間中央講演会より 26 
  ・生きがいについて 小野清子(元オリンピック体操選手) 
  ・地域のみんなでこの人たちのしあわせを 池田太郎(滋賀県信楽青年寮寮長)
 ◇岩手県に心身障害者職業センターが開設されました! 33 
 ◇《母と子のページ》うさぎとかめ 脇田悦三 34 
 ◇この子とともに――親子で始めた喫茶店 川島千津子(静岡県富士市手をつなぐ親の会) 36 
 ◇《けんこうかんり》嘔吐 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 38 
 ◇《かいせつ》昭和53年度の国家予算に対する各省の要求主要事項 40 
 ◇手をつなぐ親の会活動の「基金」一億円の造成にご協力を! 42 
 ◇心身障害関係の保険点数の改善に関する要望書 河端二男(全国社会福祉協議会・心身障害児福祉協議会会長) 43 
 ◇ときのうごき――1977年10月 44 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.263 19780101(昭和53年) 

 【特集 医療との協力】
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《創作詩》さけび 野崎征子(静岡県浜名郡) 2 
 ◇《特集》精神薄弱者と医療III 「医療との協力」 4 
  ・医者にとって良い親とは 重田定正(全国療育相談センター所長) 5 
  ・医者のかかり方と見分け方 毛利子来氏談による(毛利医院小児科) 7 
  ・私とお医者さま 松本とし(鳥取県米子市)・香川俊子(香川県高松市) 11 
  ・医療制度の解説 田中明(東京都庁衛生局母子衛生課) 14 
 ◇《ろんだん》親こそ最良の教師・医師 家庭こそ最良の学校・施設・病院に向って!! 仲野好雄(専務理事) 20 
 ◇るりがくえんの生活 村上修好(山口県るり学園園長) 22 
 ◇《思いつくままに》福祉タブー用語をめぐって 宮下順子(埼玉県庁障害福祉課) 25 
 ◇《母と子のページ》書き初め 脇田悦三 28 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑩ おおらかさをためしに来た男 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 30 
 ◇新刊案内 『ダウン症候群――研究と実践』 辻村泰男・松原隆三(監修) 33 
 ◇《今月のもんだい》普通学級における障害児の問題 34 
 ◇《ひろば》お便りください 土田貴子(島根県鹿足郡) 36 
 ◇《ひろば》この子らに光を 吉田育代(石川県小松市) 36 
 ◇《ひろば》詩二編――冬の雨・北風の吹く街 俊山和則(鹿児島県名瀬市)・大川観暁(静岡県沼津市) 38 
 ◇《ひろば》短歌二編 諸岡綾子(東京都新宿区) 38 
 ◇《ひろば》吾子の死に直面して 田中昭司(北海道浦川郡浦河町手をつなぐ親の会) 39 
 ◇《けんこうかんり》ひきつけ 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 40 
 ◇地域福祉のために「手をつなぐ保険運動」を推し進めましょう! 42 
 ◇手をつなぐ親の会活動の「基金」一億円の造成にご協力を! 43 
 ◇《映画》“春男の翔んだ空” 山田典吾(製作・脚本・監督) 43 
 ◇ときのうごき――1977年11月 44 
 ◇地域見聞 大野智也 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.264 19780201 

 【特集 生きがいは身近な家庭と社会から――第26回全国大会報告】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《創作詩》明日に希望が 松田みちゑ(兵庫県加古川市) 2 
 ◇《特集》生きがいは身近な家庭と社会から――第26回全国大会報告 4 
  ・第26回全国大会のあらまし 5 
  ・大会決議 6 
  ・中央情勢報告の要旨 7 
  ・《分科会報告》第一分科会――乳幼児期:乳幼児の療育をどのようにすすめるか 9 
  ・《分科会報告》第二分科会――学齢期(一):より適切な就学をめざして 11 
  ・《分科会報告》第三分科会――学齢期(二):施設における教育をどのようにすすめるか 13 
  ・《分科会報告》第四分科会――青年期(一):後期中等教育をどのように保障すべきか 15 
  ・《分科会報告》第五分科会――青年期(二):のぞましい社会生活を送るために 17 
  ・《分科会報告》第六分科会――青年期(三):働く場をどのように確保するか 19 
  ・《分科会報告》第七分科会――中老年期:生きがいある生活の場をどう保障するか 21 
  ・《分科会報告》第八分科会――自由討議:親の会活動と社会啓発 22 
  ・医療問題に思う――第26回全日本精神薄弱者育成会全国大会に参加して 西川義敏(福岡県精神薄弱者育成会) 24 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後⑪ 「家庭的小施設」のすすめ 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 26 
 ◇《母と子のページ》つんどく 脇田悦三 30 
 ◇《今月のもんだい》就学猶予・免除について 32 
 ◇《けんこうかんり》てんかんと薬 樋田豊治(国立秩父学園医務課長) 34 
 ◇《ろんだん》アジア諸国との連帯――第三回アジア精神薄弱会議に参加して 山口薫(アジア精神薄弱者福祉連盟理事) 36 
 ◇読書案内 40 
  ・『愛と規律の家庭教育――あるダウン症児の成長記録』 J&Eヴィルクス(著)・岩崎隆彦 他(共訳) 
  ・『心身障害幼児の養育技術』 原田政美(監修) 
 ◇ときのうごき――1977年12月 41 
 ◇『手をつなぐ親たち』の発行部数の倍増を!! 41 
 ◇《かいせつ》訪問診査の新設、通所援護事業の倍増などきまる――昭和53年度国家予算のあらまし 42 
 ◇社団法人日本家族計画協会遺伝相談センター案内について 44 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.265 19780301 

 【特集 職場に定着するために】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇私の仕事の内容 望月喜代子(静岡県清水市) 2 
 ◇版画「いもほり」 島津晃子 3 
 ◇《特集》職場に定着するために 4 
  ・職場開拓から就職決定まで 本多道夫(長崎県立久原養護学校) 5 
  ・子どもを見る目 大野敏(愛媛大学付属養護学校教諭) 6 
  ・人間関係の大事さ 岡部昭善(愛媛県新居浜市教諭) 7 
  ・触れ合う機会を大切に 森貞夫(徳島職業安定所身障担当) 8 
  ・職場定着のむつかしさについて 西川義敏(福岡県精神薄弱者育成会職業相談員) 10 
  ・職場訪問日記 小林喜久代(東京都新宿区精神薄弱者職業相談員) 11 
  ・定着するには その後の課題――報告・アンケートからの抜粋 13 
 ◇「福祉機器情報」が創刊されました 17 
 ◇《母と子のページ》ながぁく ながぁく 脇田悦三 18 
 ◇《今月のもんだい》選択と決断 20 
 ◇第三回アジア精神薄弱会議に参加して 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会専務理事) 22 
 ◇地域福祉のために「手をつなぐ保険運動」を推し進めましょう! 
 ◇手をつなぐ親の会活動の「基金」一億円の造成にご協力を! 
 ◇第26回全日本精神薄弱者育成会全国大会報告(2) 医療シンポジウムを中心にして 25 
 ◇<なずな>のおとなたちと・その後(最終回) 「共にくらす」一〇の心得 近藤原理(長崎県北松浦郡佐々町) 36 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 42 
 ◇昭和52年度「手をつなぐ親たち」主要目次 44 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

>TOP

■No.266~289

◆『手をつなぐ親たち』No.266(19780401)~No.289(19800301)データなし 


>TOP

■No.290~295

◆『手をつなぐ親たち』No.290 19800401(昭和55年) 

 【特集 出口を考える(I)――学齢期までの問題点】 
 ◇アーチャンはもうすぐ10歳 佐々木きよ子(東京都足立区手をつなぐ親の会) 2 
 ◇《特集》出口を考える(I)――幼児・学齢期の問題点 4 
  ・懇談会 5 
 ◇勝敏の生いたちから今日まで――学校時代を中心に 稲葉年子(三重県松阪市手をつなぐ親の会) 16 
 ◇養護学校卒業後のことを思うと 乙部安子(東京都八王子市) 22 
 ◇《思いつくままに》親の会の作業所で清掃事業を請負って 鈴木田鶴子(東京都中野区愛育会) 23 
 ◇《論壇》精神薄弱者のための老人ホームを開設して 佐竹正道(神奈川県綾瀬市さがみ野ホーム) 26 
 ◇《本人の声から》ぼくの青春 藤原秀人(大阪府立白鷲園) 28 
 ◇昭和五四年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入選者が発表されました 29 
 ◇国際障害者年 創立三〇周年を控えて――今年度全日本育成会の事業計画 30 
 ◇第5回全国わたぼうし音楽祭作詩・作曲募集要項 33 
 ◇《今月のもんだい》就職につながる職業訓練の場を 34 
 ◇《童話》エイプリル・フール 久高明子(東京都新宿区東戸山中学校教諭) 37 
 ◇金銭管理 本田佳馬(長崎慈光園復帰寮寮長) 38 
 ◇第18回リハビリテーション懸賞作品募集 課題「障害者と仕事」 41 
 ◇《資料》“精神薄弱者の就職状況”の概要(中)――身体障害者雇用促進協会研究調査報告書より 42 
 ◇短歌 山岸正治(福井県敦賀市) 44 
 ◇《表紙の説明》水沢火防祭 四月二二日 岩手県水沢市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「精神薄弱児とともに」(4月13日より改題)・「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇あとがき 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.291 19800501 

 【特集 出口を考える(II)――学齢期以後の問題点】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇作品 北海道しりべし学園会報より 2 
 ◇《特集》出口を考える(II)――学齢期以降の問題点 4 
  ・懇談会 5 
  ・開店記念訪問――自立へのパン屋をめざして 16 
 ◇“旭町栄寮”でのひととき――北海道伊達市太陽の園を訪ねて 19 
 ◇《思いつくままに》ある旅行から 鶴岡荘一(東京都大田区) 23 
 ◇《童話》五月人形 久高明子(東京都新宿区東戸山中学校教諭) 26 
 ◇重症心身障害児施設“久山療育園”を訪ねて 高峰正司(福岡市南福祉事務所) 28 
 ◇孫に教わった「オアシス運動」 仲野好雄 29 
 ◇《今月のもんだい》幼児園はどうなっているのか 30 
 ◇オープンハウス――一日里親体験記 小川政浩(神奈川県横浜市) 32 
 ◇《こどものくに》成人の子とともに 蓮沼美智子(社会福祉法人あおい会)  39 
 ◇昭和55年度精神薄弱者通所援護事業委託実施先 実施要項 40 
 ◇身体障害者雇用納付金使途等についての要望書 42 
 ◇第四回ほほえみ賞入選者発表 43 
 ◇《表紙の説明》ハーリー 旧五月四日 沖縄県糸満市 平野勲 44 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 45 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.292 19800601 

 【特集 いじめられの問題】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》けやきの会 遠藤のり子 2 
 ◇《特集》いじめられの問題 4 
  ・いじめっ子の問題を拾って みんな仲よく 熊谷チヨ(秋田県鹿角市) 5 
  ・障害児学級の日常から 斎藤義紘(岩手県盛岡市城北小学校教諭) 7 
  ・いじめっ子 Y君の場合 井戸誠一(兵庫県竜野市) 9 
  ・体験のいじめ・いじめられ論 山田はじめ(東京都荒川区) 11 
  ・思い出の中のいじめられっ子たち 清水陽子(神奈川県川崎市) 14 
 ◇俳句 井上隆(東京都品川区) 16 
 ◇《資料》茨城県“福祉ホーム”、静岡県“福祉寮”実施・設置要項 17 
 ◇第8回市民の福祉講座あなたのご参加を テーマ「日本とヨーロッパの障害者福祉」 20 
 ◇花見 寺口石次郎(青森県黒石市「愛の授産所」) 21 
 ◇《童話》黄色いかさ 久高明子(東京都新宿区東戸山中学校教諭) 22 
 ◇《新刊書案内》 24 
  ・『ちえおくれの子の発達と労働教育』 ドゥーリネフ(著)・大井清吉 他(訳) 
  ・『この子らと共に』 田村一二(著) 
  ・『精神薄弱児・者の生きがいを求めて――民間ホームの歩み』 池田太郎(著)
  ・『家をひらく』 木原孝行・清水陽子(著) 
  ・『自閉をひらく――母子関係の発達障害と感覚統合訓練』 精神薄弱児通園施設つくも幼児教室(編) 
  ・『心身障害児の家庭療育シリーズ』 上出弘之 他(編著) 
  ・『実践記録入選集――昭和54年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞』 NHK(編) 
 ◇ソビエト東欧3ヵ国の旅(I) 教育科学アカデミー附属欠陥学研究所(1980.03.26~) 緒方直助(東京都精神薄弱者育成会) 28 
 ◇全特連 昭和55年度研修会のご案内(東日本・西日本) 31 
 ◇《今月のもんだい》『心身障害児の理解のために』を読んで 32 
 ◇《ひろば》通勤寮から一筆啓上 木田佳馬(長崎慈光園復帰寮) 34 
 ◇《ひろば》X光線は胎児に危険である Y・N生(神奈川県三浦郡) 35 
 ◇《ひろば》特殊学級のピンチヒッター 井上美智子(兵庫県加古川市) 36 
 ◇《ひろば》帰園 山岸静峰(福井県敦賀市) 36 
 ◇《表紙の説明》住吉御神田植事 六月十四日 大阪府住吉大社 平野勲 37 
 ◇“備前焼チャリティーバザー” 小若和子(岡山市精神薄弱者育成会) 38 
 ◇豪州・ニュージーランド飛び歩きの記(1980年) 仲野好雄(専務理事) 39 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.293 19800701 

 【特集 まちの中の生活の場をめざして――生活寮等の試みを中心に】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》ぼくの勉強 石田秀夫(新潟県まごころ養護学校) 2 
 ◇《作品》ぼくはスター 金井貴夫(新潟県まごころ養護学校) 2 
 ◇《特集》まちの中の生活の場をめざして――生活寮等の試みを中心に 4 
  ・今後望まれる施設等――全国からのアンケートより 6 
  ・精神薄弱者の家庭、施設以外の生活の拠点等全国状況一覧(小規模住居) 12 
  ・各地で始められている小規模住居 19 
 ◇《すいせん書》『いま障害児福祉は』 大野智也(著) 23 
 ◇精薄担当職業相談員配置状況 24 
 ◇昭和五六年度全日本精神薄弱者育成会予算要望重点事項 25 
 ◇《今月のもんだい》本人の立場 本人の参加とは 26 
 ◇《童話》インディアンの帽子 久高明子(東京都新宿区立東戸山小学校教諭) 28 
 ◇ソビエト東欧3ヵ国の旅(II) モスクワ・ドンスコイ通り・5番21,1A モスクワ小児精神病院(1980.03.28) 緒方直助(東京都育成会) 31 
 ◇《座談会》兄弟姉妹を囲んで 京都手をつなぐ親の会 34 
 ◇第17回精神薄弱者愛護月間実施要綱 40 
 ◇心身障害児及び精神薄弱者に関して国際障害者ねんに対する要望 全社協・心身障害児福祉協議会(昭和55.5.30) 41 
 ◇《表紙の説明》戸畑 祇園提灯大山笠 7月13~15日 福岡県北九州市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.294 19800801 

 【特集 本人参加】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》ボスがきた 福井達雨『ボスがきた』より 2 
 ◇《特集》本人参加 4 
  ・なかまの声――青年学級弁論大会より 5 
  ・規約改正と今後の会のあり方 須山静枝(小田原市育成会) 13 
  ・入所者中心の学園づくり 岩見太市(長野県小県郡かりがね学園) 15 
 ◇《今月のもんだい》親・きょうだいは本人になりきれるか 18 
 ◇《童話》キャンプ 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 20 
 ◇昭和五五年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞応募のお知らせ 22 
 ◇自閉的傾向を持つ子どもの造形指導 菊間猪三(東京都世田谷児童造形教室主宰・東京都児童相談センター) 23 
 ◇映像化された精神医療の世界 26 
 ◇《ひろば》どういう施設が望まれるか 山川忠洋(静岡県富士旭出学園園長) 27 
 ◇《ひろば》苦折三三年の歩み 阿部武(東京都調布市) 28 
 ◇《ひろば》夏の思い出――スイミングキャンプ 香月瑞枝(東京都中野区) 29 
 ◇《こどものくに》不可能を可能にする気概で 岡屋アイ子(石川県加賀市) 30 
 ◇《こどものくに》よいめぐり合わせを信じて 車多美枝(石川県加賀市) 32 
 ◇《こどものくに》大きな夢 岡源三郎(岡山県倉敷市) 35 
 ◇精神薄弱者関係主要映画フィルム貸出し先案内(16ミリ) 36 
 ◇精神薄弱者愛護月間について 40 
 ◇新刊書案内 42 
  ・『人物でつづる精神薄弱教育史』 精神薄弱問題史研究会(編) 
 ◇第29回全日本精神薄弱者育成会和歌山大会開催案内 43 
 ◇第五回「ほほえみ賞」実施募集のお知らせ 44 
 ◇《表紙の説明》月の輪まつり 8月14~17日 島根県安来市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.295 19800901 

 【特集 余暇と生きがいをめぐって】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇授産所の先生 藤原秀人(大阪府立白鷲園) 2 
 ◇《特集》余暇と生きがいをめぐって 4 
  ・座談会 5 
  ・余暇利用について――すみだ教室一五年より抜粋 16 
 ◇《今月のもんだい》高齢者の問題 22 
 ◇自閉的傾向を持つ子どもの造形指導(つづき) 菊間猪三(東京都世田谷児童造形教室主宰・東京都児童相談センター) 24 
 ◇この子と共に――自立という目標を失わずに 米村元子(鳥取市育成会) 27 
 ◇この子と共に――夫婦が力を合わせて 今井博(石川県金沢市) 30 
 ◇《与太郎巷談①》新・かぼちゃ屋 高野繁(すぎな会愛育寮) 32 
 ◇新刊書案内 34 
  ・『生きよ 仲間たち――大地に刻む“人”の文字』 鈴木栄(著) 
  ・『生きる日々――障害の子と父の断章』 水上勉(著) 
  ・『明日くる幸せ――命あるかぎり』 野上芳彦(著) 
 ◇《童話》おじいさんの手 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 36 
 ◇《資料》精神薄弱者が使用する車両に対する駐車禁止等の除外措置について 38 
 ◇《思いつくままに》共同住居のこころみ 西村秀夫(北海道札幌郡・北海道リハビリー指導部長) 39 
 ◇ルポ・地域に生きる① どんぐり牧場をたずねて 42 
 ◇《表紙の説明》鎌倉薪能 9月22日 神奈川県鎌倉市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 
>TOP

■No.296~300

◆『手をつなぐ親たち』No.296 19801001 

 【特集 就労の場としての清掃事業】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》陽ざしの中に 新本千鶴子(沖縄県那覇市) 2 
 ◇《特集》就労の場としての清掃事業 4 
  ・広がる清掃作業 自治体による間接雇用への道 大野智也 5 
  ・社会復帰共同作業所の清掃事業 北海道札幌市手をつなぐ親の会 島村垣三 7 
  ・地域の清掃奉仕活動のきっかけ 埼玉県東松山市むさしの青年寮 菊池末蔵(手をつなぐ親の会) 8 
  ・専門のビル清掃会社以上の成果を上げるべく 石川県金沢市精神薄弱者育成会彦三授産所 浅井杳子 9 
  ・若草訓練所、作業所の成り立ちと経過 大阪府池田市 10 
  ・清掃を始めて四年、年収二千万円を越えた 兵庫県尼崎精薄厚生はすの会 田之上春子(会長) 11 
  ・ありったけの愛情を 兵庫県竜野市竜野つくし園 西村恵美子(指導員) 12 
  ・神戸市の雇用訓練制度 兵庫県神戸市民生局 13 
  ・訓練の後の職場の確保問題 福岡市精神薄弱者福祉訓練事業 成瀬ユキ 15 
  ・公園清掃をするようになって 福岡県小郡市手をつなぐ親の会きぼうのいえ 大 渕修子 16 
  ・熊本城のある公園清掃を市から受託して 熊本市手をつなぐ親の会・熊本市福祉訓練所 島村保夫 17 
  ・出水市福祉作業所11人の神さまたち 鹿児島県出水市福祉作業所 河野文雄 18 
  ・各地で行われている清掃業務の概要 19 
  ・かりがね学園(更生施設)の地域清掃活動 22 
 ◇第29回全日本精神薄弱者育成会和歌山大会開催案内 23 
 ◇《今月のもんだい》養護学校の課題――“入学させられる養護学校”返上 24 
 ◇《思いつくままに》山下清君の思い出 渡辺実(千葉県市川市八幡学園) 26 
 ◇《童話》運動会 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 30 
 ◇この子と共に――敏子と一緒に 本多享子(鳥取市育成会) 32 
 ◇《与太郎巷談②》新・猫の季節 高野繁(すぎな会愛育寮) 36 
 ◇国際障害者年事業の在り方について 38 
 ◇《表紙の説明》川越まつり 十月十四、十五日 埼玉県川越市 平野勲 41 
 ◇小川会長を偲ぶんで 白神修平(奈良県育成会副会長) 42 
 ◇鎌倉清和学園安達喜美子園長の急逝 43 
 ◇発足以来の会員として今日ぜひ会員の皆さまに聞いていただきたいこと 森田本次郎  44 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.297 19801101 

 【特集 小規模作業所の運営】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》癖 千葉県君津郡袖ヶ浦ノビロ学園“ノビロタイムス”第六号より 2 
 ◇《特集》小規模作業所の運営 4 
  ・小規模作業所の運営状況――アンケート回答より 4 
  ・企業として再出発――茨城県土浦市昭和タイプ印刷 山家静枝 10 
  ・「作業所」と「家」――福井市ハスの実作業所 青木暁 12 
  ・それでも子どもたちは頑張っています――奈良県五条市手をつなぐ親の会福祉作業所 坂上輝雄 15 
  ・地域住民にささえられて――大阪府岸和田市岸和田障害者共同作業所 板原克介 17 
  ・補助金で内容の充実――山口県岩国市心身障害者福祉作業所みのり園 竹田卯之助  20 
 ◇国際障害者年地方自治体推進体制(昭和55年9月6日現在・国際障害者年日本推進協議会広報委員会調査) 23 
 ◇国際障害者年日本推進協議会加盟正会員団体名簿 25 
 ◇《今月のもんだい》重度化問題と居住施設(収容) 26 
 ◇シンポジウム――ちえおくれの子どもの生涯教育 東京都育成会7月10日より 28 
 ◇《童話》菊のおじいさん 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 32 
 ◇《与太郎巷談③》夕闇街道をゆく 高野繁(すぎな会愛育寮) 34 
 ◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 36 
  ・押しかけふれ合いの記――車椅子ニセ絵描き船にのる はらみちお(広島市) 36 
  ・スペシャルオリンピック 渡辺功(福岡県精神薄弱者愛護協会会長) 37 
  ・近頃思うこと 西川義敏(福岡市) 39 
  ・子供の人格 脇田豊(京都市白川学園園長) 40 
 ◇障害者の雇用をすすめるための論文募集(雇用促進協会) 38 
 ◇ルポ・地域に生きる③ 小諸学舎 41 
 ◇第七回社会福祉機器展のお知らせ(全国社会福祉協議会主催) 44 
 ◇《表紙の説明》阿波の狸まつり 11月3~5日 徳島市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.298 19801201 

 【特集 中・高年齢層の問題――中・高年齢に達した精神薄弱者の生活状況など】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》ミュージカル『はだかの王様』を見にいったよ 福井市ハスの実の家『ハスの実だより』No.78より 2 
 ◇《特集》中・高年齢層の問題 4 
  ・中・高年齢者にも生きがいのある生活 山川忠洋(富士旭川学園) 5 
  ・施設における高齢者の処遇 安井淳(太陽の園総合施設長) 7 
  ・就労している中・高年齢者について 大場茂俊(おしまコロニー) 9 
  ・施設入所者の老後を考える よしだまさお(豊浦やまと更生園園長) 11 
  ・授産所における高齢精薄者の状態 寺口石次郎(愛の授産所) 13 
  ・弟「秀美」をとおして 飛子大郎(西志和農園保護者会) 15 
  ・中・高年齢者の生きがいある生活 岡田津由子 19 
  ・中・高齢者の処遇について かがみの育成園研究部 22 
 ◇《論壇》成人の障害者(主に精神薄弱)の住居形態について 阿部祥子(日本女子大学家政学部住居学科助手) 25 
 ◇《与太郎巷談④》歳末福引風景 高野繁(すぎな会愛育寮) 28 
 ◇《童話》クリスマス 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 30 
 ◇目で見る青少年のボランティア活動記録コンクール作品募集 32 
 ◇自閉児の指導 真保真人(東京都教育委員会指導主事) 33 
 ◇《今月のもんだい》看板なしの生活寮等を全国津々浦々に 38 
 ◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 40 
  ・国際障害者年? 野上芳彦(京都精華短期大学教授) 40 
  ・シンデレラが喋った――C&C時代の福祉 はらみちを(広島市) 41 
 ◇ルポ・地域に生きる④ 光の村をたずねて――高知県土佐市 42 
 ◇《表紙の説明》諸手船神事 12月3日 島根県八束郡美保関町 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.299 19810101(昭和56年) 

 【特集 これからの障害者福祉】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》みんなで手をつなごう 竹内智(旭日児童院・男29歳) 2 
 ◇《特集》これからの障害者福祉 4 
  ・懇談会 小野田満男・大野智也・浅野孝夫・木原孝久 5 
 ◇陽だより――“知恵遅れ”として育った浩史お兄さんを理解してね 野口あさ子 19 
 ◇《今月のもんだい》海を渡った、たこ――作業種目にアイデアを 22 
 ◇《与太郎巷談⑤》春の声合 高野繁(すぎな会愛育寮) 24 
 ◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 26 
  ・親の心 江草安彦(岡山市旭川児童院院長) 26 
  ・おとな同志 三原透(滋賀県大津市立教育研究所主幹) 27 
 ◇ルポ・地域に生きる⑤ 東京・江東区・田沼製作所 28 
 ◇地域の中で“いきいき”と生きる高年齢精神薄弱者――事例を通して 安本伊佐子(大阪府立砂川厚生福祉センター) 31 
 ◇第五回「ほほえみ賞」実施募集のお知らせ 34 
 ◇《資料》東京都における心身障害児・者の総合的対策について(特に、心身障害児の学校教育終了後の諸施策等について)(答申) 東京都社会福祉審議会 35 
 ◇第三回ポーランド・ソ連 教育福祉医療視察団のお知らせ 43 
 ◇国際障害者年事業に関する重点要望項目 全日本精神薄弱者育成会 44 
 ◇《表紙の説明》川原湯温泉の湯かけ祭り 1月20日 群馬県吾妻郡長野原町 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 
 

◆『手をつなぐ親たち』No.300 19810201 

 【特集 一人一人の声を聞こう――第29回全国大会(和歌山県白浜市)報告】 
 ◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
 ◇《作品》ぼくの道 垣内武男・林勇(しりべし学園「あいごーS54」より) 2 
 ◇《特集》一人一人の声を聞こう――第29回全国大会(和歌山県白浜市)報告 4 
  ・分科懇談会の話のポイント 6 
  ・分科懇談会の討論内容――大会速報より抜粋 7 
  ・地域福祉と親の活動――全国大会シンポジウムから 13 
   ・北海道江別市手をつなぐ親の会 大木永司(会長) 15 
   ・大阪府河内長野市手をつなぐ親の会 松本幸子(会長) 16 
   ・島根県江津市手をつなぐ親の会 村上英徳(会長) 18 
  ・全国大会に対する意見感想――参加者より 20 
  ・決議 23 
 ◇《今月のもんだい》「安あがり福祉」ということ 24 
 ◇待望の作業所“はばたき”と作業所運営の問題 大室垣夫(埼玉県狭山手をつなぐ親の会) 26 
 ◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 26 
  ・“啓発とは” 富岡達夫(東京都立調布養護学校校長) 28 
 ◇『この子らに救いはあるか――愛と怒りの障害児白書』佐藤千代子著 を読んで 29 
 ◇《与太郎巷談⑥》おときさん 高野繁(すぎな会愛育寮) 30 
 ◇中央共同募金会の“国際障害者年金共通特別配分メニュー” 32 
 ◇第三回ポーランド・ソ連 教育福祉医療視察団のお知らせ 34 
 ◇《資料》東京都における心身障害児・者の総合的対策について(特に、心身障害児の学校教育終了後の諸施策等について)(答申)(つづき) 東京都社会福祉審議会 35 
 ◇「わたぼうし文学賞」のお知らせ 44 
 ◇《表紙の説明》サッポロ雪まつり 二月第1金・土・日曜日 北海道札幌市 平野勲 45 
 ◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
 ◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
 ◇編集後記 48 
 ◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
 ◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.301~305

◆『手をつなぐ親たち』No.301 19810301 

 【特集 相談活動】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《作品》土鈴・新しい年に 大澤澄男(新潟県六花園精神薄弱者更生施設) 2 
◇《特集》相談活動 4 
 ・青年期相談事業の相談事例から 室橋正明 5 
 ・<座談会>相談について 大竹太郎・山内美代・徳永チヅ・大内田正子 10 
 ・望まれる相談機関 13 
 ・永い歳月の後に 刈田孝子 14 
◇差別用語の改正要求 要望書 19 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 26 
 ・“教員養成”一年生の授業から思うこと 荒川勇(東京学芸大学教授) 20 
 ・母親の姿勢 萩原隆次(神戸市丸山学園園長) 21 
◇《今月のもんだい》パートナーシップを巡って 22 
◇セブ島の福祉施設を見学して 24 
◇《表紙の説明》二月堂お水取り 3月12日 奈良市 27 
◇汽車どびん 仲野美保子 28 
◇国際障害者年を迎えて 本田佳馬(長崎市) 30 
◇《資料》東京都における心身障害児・者の総合的対策について(特に、心身障害児の学校教育終了後の諸施策等について)(答申)(つづき) 東京都社会福祉審議会 31 
◇《与太郎巷談 完》与太郎を語る… 高野繁(すぎな会愛育寮) 39 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 41 
◇昭和55年度主要目次 43 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 48 
◇だれでも自由に原稿をお送りください 48 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.302 19810401 

 【特集 本人の人格】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙の説明》津山のさくらまつり 4月1~20日 岡山県津山市 0 
◇《作品》兄 小股弥生(神奈川県川崎市) 2 
◇《特集》本人の人格 4 
 ・共に育つ 皿井寿子(愛知県知多郡身体障害者療養施設ひかりのさとのぞみの家 施設長) 5 
 ・言葉づかいに関連したことから 山田はじめ 7 
 ・二人の子との関わり合いから 植木美三子(小峰服飾専門学校家政科主任) 9 
 ・精神薄弱者に対する意識調査 13 
◇《今月のもんだい》個性を尊重しよう 子供あつかいはやめよう 20 
◇桃の花 加藤奈々枝(愛知県名古屋市) 22 
◇委細承知す 古沢三樹夫(秋田県大舘市ひまわり親の会) 24 
◇こんなところにも迷信がある 塚田幸衛(埼玉県入間郡) 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 27 
 ・ベトナム障害児教育調査に参加して 加藤直樹(滋賀大学) 27 
 ・お上の下賜は受けない 山川宗計(東京都原町成年寮寮長) 28 
◇《「なかよし学級」の日々①》普通学校内になぜ、障害児学級が必要か 近藤原理(佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 29 
◇在宅の子たちの遊び 喜田正美(東京都立町田養護学校) 32 
◇戦後障害者福祉の歩み① 育成会結成前年まで 34 
◇地域に生きる⑥ 福祉の店――デパートを中心に 36 
◇国際障害者年 創立三〇周年を迎えて――今年度全日本育成会の事業計画 38 
◇『ユリ子からの手紙』フジテレビをキー局として全国32局より放送のご案内 41 
◇身体障害者雇用納付金制度に基づく助成金制度等改正一覧表 41 
◇55年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入選者 42 
◇映画『いまできること』をご利用下さい! 43 
◇日本精神薄弱研究会第16回研究大会ご案内 43 
◇ときの話題 44 
 ・「障害児者・教育一一〇番」の新設(大分県) 
 ・福祉ニュータウン構想(石川県) 
 ・“タウンホーム構想”“マイタウン構想”(新潟県) 
 ・精神薄弱者の結婚に関する調査(北海道苫小牧市) 
 ・障害福祉年金の所得制限の緩和 
 ・三次元車イスの開発 
 ・精神薄弱者の職業訓練の操作りに本腰(東京都) 
 ・雇用拡大のための企業向け手引書(東京都) 
 ・精神薄弱者更生施設の常設展示会(東京都) 
 ・自閉症者の自立の家誕生(三重県) 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 45 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.303 19810501 

 【特集 家族】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙の説明》小田原お城まつり 5月3~5日 神奈川県小田原市 0 
◇《作品》お母さん 『はらみちを画集』より 2 
◇《特集》家族――話し合いのすすめ 4 
 ・家族の役割を考える 大野智也 5 
 ・お父さんの気持ちを変った――訪問教師を迎えて 6 
 ・家族に広がる理解の輪――きょうだいのかかわり 10 
◇《今月のもんだい》家族 15 
◇日本精神薄弱研究会第16回研究大会ご案内 17 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 18 
 ・多数雇用事業所(モデル工場)の助成を受けて 柳館初雄(みかめ製綿工業株式会社) 18 
 ・国際障害者年を迎えて 白神脩平(奈良県手をつなぐ親の会) 19 
◇国際障害者年の国の施策――昭和五六年度精神薄弱関係予算 20 
◇《資料》精神薄弱者の職域拡大に関する調査 22 
◇《「なかよし学級」の日々②》子どもの側に立つ 近藤原理(佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 31 
◇手足が不自由でもにさわったり、道具を使う遊びにならない人たちのために 喜田正美(東京都立町田養護学校) 34 
◇国際障害者年のP.R.について 36 
◇戦後障害者福祉の歩み② 育成会発足三年 37 
◇地域に生きる⑦ 福祉の店パート2――喫茶店・ミニスーパー等 39 
◇第五回アジア精神薄弱会議(香港)参加旅行のご案内 42 
◇撮影順調:裸の大将放浪記 43 
◇東京都育成会特別企画 夏休み中国旅行七日間のご案内 43 
◇ときの話題 44 
 ・中学生の施設訪問ボランティア活動(東京都) 
 ・不快用語の改正 
 ・先天性代謝異常児の集団検診四年目の成果 
 ・自閉症の孫を殺した祖母に実刑判決(大阪府) 
 ・医師がダウン症候群の乳児を故意に殺す?(イギリス) 
◇東京YMCA山中キャンプ場ご利用おすすめ 44 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.304 19810601 

 【特集 偏見をめぐって】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇第五回「ほほえみ賞」入選者発表 0 
◇《作品》生(うまれる) よしだまさお(手書きによる詩集『甦る原点』より) 2 
◇《特集》偏見をめぐって 4 
 ・偏見と土壌 5 
 ・偏見について考える 8 
 ・我が家の生活史を求めて 井上玲子(富山県高岡市) 12 
 ・就職に知能指数は余り関係がない、又知能に障害はあっても、職業には障害がない事例 赤星晴海(元宮崎県精神薄弱者職業相談員) 14 
◇《今月のもんだい》“偏見”をのりこえるために 15 
◇《歌》「地球の仲間」 クニ河内(作詞)・井上忠夫(作曲) 17 
◇《童話》七色の虹 久高明子(東京都新宿区立東戸山中学校教諭) 18 
◇デンマーク スコー夫人を囲んで 20 
◇子に詫びる図 井村信行(香川県立中部養護学校校長) 22 
◇精神薄弱者援護施設 垂水作業所の現状と課題(三重県津市) 田原敦子(生活指導員) 26 
◇《資料》精神薄弱者の職域拡大に関する調査(つづき) 31 
◇泥いじり、紙やぶき、ぬたくりなどの遊びのある人たちのために 喜田正美(東京都立町田養護学校) 34 
◇戦後障害者福祉の歩み③ 昭和三○、三一、三二年 36 
◇《「なかよし学級」の日々③》“なかよし”ここにあり――体育大会にこうして参加した 近藤原理(佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 38 
◇《新刊書案内》 41 
 ・『困ったときに役に立つ 医療・福祉110番』 谷みゆき・太田貞司(共著) 
 ・『人間であるということ――平和と愛と教育を語る』 伊藤隆二(著) 
 ・『殿上の杖――第一部 明石検校の生涯』 花田春兆(著) 
 ・『この子にひかれて――障害児と歩む親の群像』 全国特殊教育推進連盟監修 
 ・『伸びる子どもたち――知恵おくれの子の一教師の記録』 長野県岡谷市手をつなぐ親の会(編) 
 ・『NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞実践記録入選集(昭和五五年度)』 
 ・『もはや悲しみも痛みもなく』 J・ハガイ(著)・山本俊一/あやこ(訳) 
 ・『涙より美しいもの――大津方式にみる障害児の発達』 稲沢潤子(著) 
 ・『ぼくらの城をつくるんだ――はすの会実践記録』 大牟田一美(著) 
◇ときの話題 45 
 ・先天性代謝異常による知恵おくれを防止する特殊ミルク、量産体制に入る 
 ・うそ発見器の原理を応用して知恵おくれ乳幼児の早期発見(愛知県) 
 ・不快用語の追放 
 ・「障害のかきねをはずそう会」の準備会(東京都) 
◇駈け歩きの記 仲野好雄(専務理事) 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.305 19810701 

 【特集 若いお父さん、お母さんの声】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇第五回「ほほえみ賞」入選者発表 0 
◇《作品》カルタ読み札 新潟県立月ヶ岡養護学校あけぼの分校『3くみだより』より 2 
◇《特集》若いお父さん、お母さんの声――各地の手記より 4 
 ・親の会と私たち 坂井知子(高知市) 5 
 ・私の心の日記 北野照子(石川県金沢市) 7 
 ・今考えていること 大井通子(山口県防府市) 9 
 ・ノーベル賞をもらえる可能性はないみたいだが 有田良子(宮崎市) 10 
 ・ケガが親子の心を結びつけるきっかけに 奥谷裕子(鳥取市) 12 
 ・時間がかかっても自分の手でやれるようになることを望んで 和賀邦子(秋田市) 13 
 ・親の心 14 
 ・生きる決意とはげまし 16 
 ・障害児と知ったときのショックと動揺 19 
◇《今月のもんだい》こだわらず、普通の態度でいよう 20 
◇私は施設のピエロ 菊地末蔵(埼玉県東松山市) 22 
◇児から者への施設転換 佐藤賢司(千葉県市原市) 23 
◇すてきなトレーナー 香月瑞枝(東京都中野区) 24 
◇第三の生活の場 精神薄弱者の小規模住居を訪ねて(一) 宮武秀治(東京都江東通勤寮) 26 
◇《「なかよし学級」の日々④》ふれあいで変わっていく普通学級の子どもたち 近藤原理(佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 29 
◇戦後障害者福祉の歩み④ 昭和三三、三四、三五年 32 
◇砂山づくり、粘土のだんごつくりなど道具を使ってうそっこやまねっこの遊びのある人たちのために 喜田正美(東京都立町田養護学校) 34 
◇国際障害者年における各地の計画活動(一):北海道、岩手県、栃木県、滋賀県、奈良県、富山県、高知県、北九州市 36 
◇昭和56年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧 40 
◇第9回「市民の福祉講座」ご案内 41 
◇《資料》精神薄弱者の職域拡大に関する調査(つづき) 42 
◇第11回集団音楽療法全国セミナーへのおさそい 「ことば、まなざし、くらし、そして音楽」 日本音楽療法協会 46 
◇第六回「ほほえみ賞」募集のお知らせ 46 
◇全国組織の役員改選 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.306~310

◆『手をつなぐ親たち』No.306 19810801 

 【特集 余暇活動】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》秋田の竿灯 8月5~7日 秋田市 0 
◇《作品》私たちのハス会 大崎隆之・田之上英子(兵庫県尼崎市尼崎厚生はすの会青年部) 2 
◇《特集》余暇活動 4 
 ・プールで 草場暁美(奈良県生駒市手をつなぐ親の会) 5 
 ・家庭学習――学習生活との連続の中で 東京都墨田区養護学校中等部3年生クラスの場合 7 
 ・地域に開かれた施設ひとつの試み 荒川昭一(北秋田福祉事務所) 10 
 ・最近の余暇調査から見た余暇の傾向 13 
◇《今月のもんだい》生活のリズムと余暇利用 14 
◇俳句 長谷川敏子(石川県加賀市) 12 
◇そして、「月刊ふくシティ」 菊地英治(東京都杉並区) 16 
◇展覧会回想 石田九州男 18 
◇かくて一日 村本文男(石川県七尾市東部中学校特殊学級教諭) 20 
◇昭和56年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞応募のお知らせ 23 
◇桃子 臼井信子(長野市) 24 
◇障害児の国際児童画展の案内 25 
◇《新刊書案内》 26 
 ・『障害児の健康と性教育』 城谷正雄(著) 
 ・『社会保障とは何か』 坂高俊雄・小川政亮・真田是(著) 
 ・『殿上の杖――第一部 明石検校の生涯』 花田春兆(著) 
 ・『社会福祉英和・和英用語辞典』 仲村優一・小島蓉子・L.H.トムソン(編) 
 ・『孝雄君ありがとう』 飯泉糸子(著) 
 ・『この子と共に生きる』 高木幸(著) 
◇「山本良比古展」開催 28 
◇第三の生活の場 精神薄弱者の小規模住居を訪ねて(二) 宮武秀治(東京都江東通勤寮) 29 
◇戦後障害者福祉の歩み⑤ 昭和三六、三七、三八年 32 
◇トランプ、将棋、かんたんなスポーツなどルールのある遊びができる人たちのために  喜田正美(東京都立町田養護学校) 34 
◇《「なかよし学級」の日々⑤》五十六年五月 某日一、二校時 近藤原理(佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 36 
◇《資料》精神薄弱者の職域拡大に関する調査(つづき) 39 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 42 
◇国際障害者年における各地の計画活動(二):宮城県、京都府、石川県、兵庫県、三重県 43 
◇ときの話題 46 
 ・魚類、昆虫の名称から不適切用語を追放 
 ・東京都の飯田橋公共職業安定所に“心身障害者求職情報コーナー”がオープン(東京都) 
 ・“ねむの木学園”の趣味の店「ねむの木」開店 
 ・“福祉教育”の学校教育への取り入れをめげって(東京都) 
 ・胎児の選別出産の波紋(米国) 
 ・“福祉映画祭”の実施(東京都) 
 ・アメリカで胎児の脳水腫手術に成功(米国) 
 ・東京二番目の福祉の店オープン(東京都) 
 ・東京で“自立の家”と“休養ホーム”がスタート(東京都) 
 ・フェニールケトン尿症の薬物治療にメドがつく 
◇短歌 山崎節枝(北海道夕張市) 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.307 19810901 

 【特集 ものを媒体にして心をつなぐ】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》隠岐の牛突き 9月1日 鳥取県隠岐郡都万村 0 
◇《作品》あじさいのうた 富山県高岡市立あじさい学園・育成会記念文集『あじさい』より 2 
◇《特集》ものを媒体にして心をつなぐ 4 
 ・赤い羽根ふれあいワゴン 木村昌次(北海道共同募金会業務課長) 5 
 ・福祉の店――善意に支えられて三年 松山博文(社会福祉法人くすのき会) 7 
 ・リサイクルで自立をめざす “働けバンク”――町田市 大野智也 9 
 ・東京光の村 プティットルミエール(パンと菓子の店) 西谷英雄 11 
 ・ぼくら プロフェッショナル 林景東(香蘭・店主) 14 
 ・訓練と雇用の場の拡大を目指すミニスーパー「福祉の店」 木村初美(福祉の店運営協議会) 16 
 ・地域に生きる⑧ ぼくたちのおみせができました。――あひるの会の店 18 
 ・店舗と流通――廃品回収、製連販売、流通業など主なる試みとその概況一覧表 20 
◇《今月のもんだい》店舗づくりのすすめ 22 
◇国際障害者年 リハ‘81国際会議に参加して 池田左善(元高崎市立養護学校校長・元関東甲信越特殊教育研究会会長) 24 
◇第三の生活の場 精神薄弱者の小規模住居を訪ねて(三) 宮武秀治(東京都江東通勤寮) 28 
◇《「なかよし学級」の日々⑥》給食指導 近藤原理(長崎県佐世保市立大野小学校なかよし学級担任) 31 
◇戦後障害者福祉の歩み⑥ 昭和三九、四○、四一年 34 
◇在宅の子たちの遊び(最終回) 喜田正美(東京都立町田養護学校) 36 
◇《資料》精神薄弱者の職域拡大に関する調査(つづき) 38 
◇マスコミ報道が教えた心身障害者扶養共済未加入者の声! 千葉松寿(社会福祉事業振興会) 41 
◇ちえおくれの子供達は 松尾キヌエ(福岡県北九州市) 41 
◇〈富山県の新制度〉愛のコミュニティバイク 42 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 42 
◇ときの話題 44 
 ・高校生、バス内で身障者に乱暴(京都) 
 ・障害者の目から見た戦争体験記『もうひとつの太平洋戦争』まとまる(東京都) 
 ・酒場から心身障害者のための自立村案が生まれる(東京都) 
 ・大蔵省、千円、五千円、一万円紙幣の図柄、大きさの変更を発表 
 ・「車イス体験試乗研修会」の実施(東京都) 
 ・企業の中に身障者専任指導員制度が発足 
 ・「障害者福祉都市」の指定 
 ・「障害者の日」決まる 
◇国際リハビリテーション交流セミナー案内 44 
◇〈参考〉「障害者福祉都市」及び身障福祉モデル都市の指定状況 46 
◇『手をつなぐ親たち』表紙原画リスト 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.308 19811001 

 【特集 地域協力】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》宇和島の牛鬼 10月28・29日 愛媛県宇和島市 0 
◇《作品》虹に向いて――たかしの中学連絡ノート――より抜粋 佐々木良子(山形県) 2 
◇《特集》地域協力 4 
 ・教育ヘルパーの役割 教育ヘルパーの会(茨城県日立市) 5 
 ・新潟県のミニコロニー タウンホーム構想など 8 
 ・日本で二番目の福祉村――山形県上山市中川福祉村 11 
 ・心障青年・健常成年の連帯をもとめて――「あおぎり会」奮闘記 絹田穣一(東京都足立区) 15 
◇《今月のもんだい》福祉の風土作り 20 
◇昭和57年度国立秩父学園附属保護指導職員養成所(養成部)生募集 21 
◇ことば 安達喜美子 22 
◇精神薄弱者の結婚問題 室橋正明(東京都育成会青年期相談担当) 25 
◇短歌 山崎節枝(北海道夕張市) 29 
◇魚沼にあざみの花が咲くと 大沢澄男(新潟県北魚沼郡) 30 
◇『洋ちゃんの8年間――ある自閉症児の記録(その4)』上映会(講演含む)と映画貸出しの案内 31 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 31 
◇ラウンド・ベル 小川政浩(神奈川県横浜市綾瀬ホーム・ケースワーカー) 32 
◇手をつなぐ親の会とひまわり学級 中島映男(北海道空知郡上富良野小学校ひまわり学級担任) 34 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 37 
 ・自閉性精薄の孫を持って 永田ゆり(東京都北区) 
 ・地域社会との交流 木田佳馬(長崎県育成会) 
◇“街がとからこんにちは”――東京・池袋サンシャインシティ 小林淳郎(日本短波放送制作部) 39 
◇鳥取県で私バス二社による独自の運賃割引実施――日本交通・日の丸バスが九月一日から 41 
◇戦後障害者福祉の歩み⑦ 昭和四二、四三、四四年 42 
◇清掃を中心とした自治体の委託事業、直接雇用の主な実施状況 44 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.309 19811101 

 【特集 住居と自立】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》大隅の弥五郎どん祭り 11月5日 鹿兒島県曾於郡大隅町 0 
◇《作品》ぼく、バカじゃない 小田嶋隆昌(岐阜市立市橋小学校養護学級担任) 2 
◇《特集》住居と自立 4 
 ・働ける精神薄弱者をまちに出していくために――地方自治体の諸制度 4 
 ・共に生活をして 古川猪之助(北海道函館市通勤センターようき寮) 8 
 ・住居と自立 島充弘(山梨県北巨摩郡あさひ福祉作業所) 10 
 ・山の中のちっぽけな村――たけのこの仲間達 谷田市郎(滋賀県神崎郡竹の子福祉作業場) 12 
 ・人間らしい生活権の確立をめざして――うめの木ホームの現状と今後の課題 林芳(石川県小松市小松職能作業所) 15 
 ・自立への生活実習 田中了諦(広島県福山市福山六万学園通勤センター彦山寮) 17 
 ・精神薄弱者福祉ホーム実施状況 21 
 ・小規模住居名簿 22 
◇《今月のもんだい》自立と住居――通勤寮の立場から 24 
◇はるな郷の老人棟と老人問題 登丸福寿(群馬県群馬郡はるな郷郷長) 26 
◇短歌 佐々木きよ子(東京都足立区) 28 
◇“国際障害者年”だというのに 小若和子(岡山市) 29 
◇この秋に… 熊谷繁治(福島県いわき市) 30 
◇奈良県手をつなぐ親の会現状と課題 白神脩平(奈良県手をつなぐ親の会副会長) 31 
◇文絵とともに 上田信之・三枝子(広島県大野町) 32 
◇旅たちの春を向かえて 森沢幹子(岩手県盛岡市) 34 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 36 
◇わたしのおとうと さわだりえ(石川県小松市立安宅小学校) 37 
◇裕貴君のあらすじ 湊節子(錦城養護学校訪問担当) 38 
◇《新刊書案内》 39 
 ・『障害のある子に豊かな表現活動を』 大井清吉・伊勢田亮(編) 
 ・『障害者問題一問一答』 全国障害者問題研究会(編) 
 ・『精神薄弱ハンドブック――問題行動とセラピー』 高橋彰彦・渡辺映子(編著) 
 ・『ちえ遅れの子どもの日常生活指導――食事指導編』 弘済学園(編著) 
 ・『赤まんまの歌――精薄の子と生きた 妻・母・女の38年』 佐瀬恭子(著) 
 ・『大河の一滴』 大森黎(著) 
 ・『障害児学級の仕事』 近藤原理(著) 
◇日本で最初の自閉症者施設「あさけ学園」――三重郡菰野町 筧広子(ラジオ短波) 42 
◇ぼくたちのノビロブラザーズ――北海道札幌市・ノビロ学園 小林淳郎(ラジオ短波) 43 
◇子等との父母会旅行 佐藤賢司(千葉福祉ホーム) 44 
◇テレビ 障害者問題シリーズ 45 
◇戦後障害者福祉の歩み⑧ 昭和四五、四六、四七年 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.310 19811201 

 【特集 就職事例集】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》薬研堀不動尊の歳の市 12月27・28・29日 東京都東日本橋 0 
◇障害者スポーツ大会 神野恵子(愛知県岡崎市手をつなぐ親の会) 2 
◇《特集》就職事例集――理解ある職場に働いて 4 
 ・〈事例A〉職場で育てるまで 柳館初雄(北海道精神薄弱者職親連合会副会長) 6 
 ・〈事例B〉職場の理解ある指導で 幾田せい子(青森市) 8 
 ・〈事例C〉本人が納得し、担任が推める工場に就職 菅谷弘幸(岐阜県多治見市県精神薄弱者相談員) 10 
 ・〈事例E〉献身的な職親さんのもとで 小川清(兵庫県豊岡市) 13 
 ・〈事例F〉時ちゃんの場合 岸本栄(鳥取公共職業安定所職業相談員) 14 
 ・〈事例G〉K君の職場定着を支えたもの 土井敏博(佐賀県鳥栖市通勤センター究千部寮) 16 
 ・〈事例H〉東京在住の姉のもとから就職 沖縄県精神薄弱者育成会「てだこ学園」  20 
◇《今月のもんだい》職業安定所の利用 22 
◇社会に出て二五年 川村つや(京都育成会) 24 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 27 
 ・国際障害者年と保安処分 滝沢武久(全国精神薄弱者家族連合会事務局長) 
◇ダウン児の親となって 堀うのか(神奈川県横浜市) 28 
◇父親の立場より見た倫澄 松岡敏男(大阪市) 30 
◇障害をもったからって卑屈になることはやめよう 稲田カスミ(北海道八雲町手をつなぐ親の会) 32 
◇障害児福祉の旅 香川県 34 
◇精薄者にも働く場を “二人の絵画展開催”を見て――神奈川県庁通りの繁華街で  37 
◇雇用・就業部会が「第三セクター方式」の事業所設立を提言 梅田和彦(神奈川県ボランティアセンター) 37 
◇ミットラー博士をかこんで 39 
◇戦後障害者福祉の歩み⑨ 昭和四八、四九、五〇年 40 
◇この子らに幸を 42 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)1総論 国際障害者年日本推進協議会 43 
◇手をつなぐ親たち(号外)販布のお知らせ――三○年の歩みと手をつなぐ親の運動  47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇だれでも自由に原稿をお送りください(投稿規程) 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.311~315

◆『手をつなぐ親たち』No.311 19820101(昭和57年) 

 【特集 心身障害児(者)調査をめぐって】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》ホーライエンヤ 1月1日 大分県豊後高田市 0 
◇幸福のひととき 中野清江(香川県善通寺市) 2 
◇《特集》心身障害児(者)調査をめぐって 4 
 ・心身障害児(者)調査の結果(要旨) 厚生省児童家庭局障害者福祉課 5 
 ・調査結果をめぐって 13 
 ・緊急時の対応 伊藤恵美子・青木セツ(親) 13 
 ・心身障害児・者をとりまく生活環境 妹尾正(国立秩父学園園長) 15 
 ・相談指導 大竹太郎(都福祉局指導部) 16 
 ・施設のオープン化対策 渡辺実(八幡学園主事) 19 
 ・保護者の考え方 廣瀬貴一(大島藤倉学園園長) 21 
◇《今月のもんだい》今年の課題 23 
◇でかしたぞS君 竹下文雄(石川県金沢市職業相談員) 25 
◇親の心 高野正男(埼玉県富士見市心身障害児・者親の会/みのりの会会長) 28 
◇この間までノイローゼになると言うとんたんだれや 石井二美(兵庫県姫路市) 30 
◇短歌二首 真下恭子(東京都福生市) 31 
◇第21回(56年度)教育福祉振興中国大会 岡山大会事務局雑感 牧野多賀雄(岡山県精神薄弱者育成会大会事務局) 32 
◇第二十一回中国大会に参加して 松岡洵(岡山県玉野市) 34 
◇第13回全国ボランティア研究会集会参加募集(市民としての自立をめざす全国集会) 36 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 27 
 ・わたしの行動計画 馬橋憲男(国際連合広報センター広報担当) 37 
◇戦後障害者福祉の歩み⑩ 昭和五一、五二、五三年 38 
◇信楽青年寮の現在――滋賀県甲賀郡 筧広子(ラジオ短波) 40 
◇昭和56年度福祉連盟セミナー「第2回シンポジウム」自閉的傾向を持った人たちの指導をめぐってのお知らせ 41 
◇短歌 新本千鶴(沖縄県那覇市) 41 
◇第4回ソ連・北欧教育福祉医療視察団募集要項 41 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)1総論(つづき)・2心身障害の早期療育(予防・早期)発見の問題 国際障害者年日本推進協議会 42 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.312 19820201 

 【特集 国際障害者年1年】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》春日大社万燈籠 2月3日 奈良市 0 
◇国際障害者年記念 国民会議に参加して 静岡県富岳学園 2 
◇《特集》国際障害者年1年 4 
 ・一、完全参加と平等に近づく道 5 
  ・国際障害者年一年 野上芳彦(京都市) 
  ・完全参加と平等を進めるために 堤光男(福岡市) 
  ・完全参加と平等に近づくために 霜山守二(伊達郡) 
  ・完全参加と平等 土井秀夫(和歌山市) 
  ・すべての人たちの国際障害者年を 加藤奈々枝(名古屋市) 
 ・二、国際障害者年に思う 8 
  ・国際障害者年バンザーイ! はらみちを(広島市) 
  ・福祉へのめざめの年 佐藤怜子(古河市) 
  ・国際障害者年のこの一年 市橋博(東京都) 
  ・やって上げる・国際障害者年 近藤アンニ(小平市) 
  ・障害って?国際障害者年って? 小林和雄(相模原市) 
  ・Iさんとの対話 大野俊子(横浜市) 
  ・国際障害者年に思う 瀬里敏子(直方市) 
  ・国際障害者年の舞台に 五井麗子(札幌市) 
 ・三、労働の問題から 14 
  ・この年を契機に労働保障を 木戸芳清(広島市) 
  ・国際障害者年に思う 平田作兵衛(三重県) 
  ・国際障害者年に解雇されて 宮崎文雄(中野区) 
  ・国際障害者年記念国民会議ひらく 吉本哲夫(国民会議準備委員会委員長) 16 
◇《今月のもんだい》国際障害者年1年を振り返って 20 
◇五度目の職場に落ち着くまで 山中佐多子(岡山市) 22 
◇圏域福祉を目指して――大舘圏域ふくし会 小林淳郎(ラジオ短波) 25 
◇おおくの人の理解を得るために 細田一夫(岩手県立みたけ学園児童指導員) 26 
◇共に生きる心――最近感動したことについて 首長利男(栃木県立栃木養護学校) 27 
◇短歌 佐々木きよ子(東京都足立区手をつなぐ親の会) 29 
◇ハンカチのうた 坂本明子(岡山市) 29 
◇希望の灯火(ともしび)を消すな 中上義行(神奈川県三浦郡) 30 
◇秋の日ざしはおかあさんのようだ(章子ちゃんのつぶやき) 小川原富貴子(長野県小県郡) 31 
◇“てんかん”への正しい理解と対応 松友了(日本てんかん協会常務理事・事務局長) 32 
◇鳥取県から 36 
 ・県大会に参加して 松本良(境港市育成会) 
 ・県大会をふり返って 池口実千代 
 ・更生施設「仁万の里」を視察して 橋本令子(もみの木園調理員) 
 ・国際障害者年に思う 沢田道晴(鹿野第二かちみ園次長) 
◇《新刊書案内》 39 
 ・『ちえおくれの子ども達の創作活動遊戯焼』 吉永太市(著) 
 ・『精神薄弱者施設・6年間のアルバム 生きとるでェ』 萩野雄二(写真・文) 
 ・『心の絆 May I help You?』 財団法人日本ユニセフ協会(監修)・野上芳彦(編著) 
 ・『精神障害回復者の職業的リハビリテーション』 乾三郎・台弘(共訳)・滝沢武久(編集) 
 ・『精神薄弱者たちの明日――おれたちの生きざし』 江尻彰良(著) 
 ・『心身障害児の成長記録――この子とともに』 国際障害者年教育推進協議会(編) 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)3医療の問題 国際障害者年日本推進協議会 42 
◇第4回ソ連・北欧教育福祉医療視察団募集要項 46 
◇戦後障害者福祉の歩み⑪ 昭和五四、五五年 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.313 19820301 

 【特集 完全参加と平等――創立30周年記念全国大会】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》気多のおいで祭り 3月18~23日 石川県羽咋市 0 
◇きりん通信 No.104  新潟県立月が岡養護学校あけぼの分校 2 
◇《特集》完全参加と平等をめざして――創立30周年・国際障害者年記念全日本精神薄弱者育成会全国大会報告 4 
 ・〈第一部会〉乳幼児期 6 
  ・育成会にとって乳幼児期は過去の問題か? 春山広輝・高橋彰彦・秋田晴美・橋本裕樹 
 ・〈第二部会〉学齢期 8 
  ・学齢期の諸問題から 宮崎直男・梅沢雄一・野村東助・御子柴昭治・長嶌トシエ 
 ・〈第三部会〉青年期 10 
  ・職業訓練をめぐって 山口薫・室橋正明・安部歳夫・西谷英雄・福地喜与 
 ・〈第四部会〉青年期2・成人期 12 
  ・運動の目標を明確に 手塚直樹・矢部進・大井清吉・安達光子・渡辺善子 
 ・〈第五部会〉重度・高齢・老化の人の問題 14 
  ・地域ぐるみのとりくみを! 安田垣人・妹尾正・小杉長平・川田昇 
 ・〈第六部会〉生活保障と福祉 16 
  ・生活保障と福祉 大野智也・弓削田綾子・松井国男・鈴木鶴子・梶川はるみ・戸塚政男 
 ・〈第七部会〉親の会活動 18 
  ・親の会と地域 江草安彦・川村つや・佐々木堅・伊藤慶二 
 ・全体協議「完全参加と平等」 小出進(千葉大学教授) 20 
 ・三○回大会の厳頭に立っての夢 小宮山倭 24 
 ・宣言 26 
 ・決議 27 
◇《今月のもんだい》精薄者に慰謝料判決――その内容と問題点 28 
◇職場体験訓練(1) 小川政浩(神奈川県綾瀬市綾瀬ホーム・ケースワーカー) 30 
◇養護委員として想うこと 橋本リヨ(福島県須賀川市立二小学校養護委員) 34 
◇共同作業所1年生 中田とき(富山県精神薄弱者育成会こすぎ福祉作業所) 35 
◇今後の親の会 竹村栄二(奈良県手をつなぐ親の会) 36 
◇子どもたちの生涯計画の完成をめざして――尼崎精薄厚生はすの会 小林淳郎(ラジオ短波) 37 
◇分室を設けて共同生活をする――上田ひもろ木園 筧広子(ラジオ短波) 38 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 39 
 ・国際障害者年に思う――日本学術会議声明について 川合章(埼玉大学教授・日本学術会議第一部長) 39 
◇昭和五七年度予算主要項目確保 40 
◇戦後障害者福祉の歩み⑫ 国際障害者年 42 
◇昭和五七年度『手をつなぐ親たち』総目次 43 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.314 19820401 

 【特集 特殊教育、今後の課題】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》高山祭 4月14~15日 岐阜県高山市 0 
◇ありがとう息子よ  佐久間伸郎(三重県四日市市) 2 
◇《特集》特殊教育、今後の課題 4 
 ・特殊学級・養護学校の現状の問題点 大南英明(文部省特殊教育課) 4 
 ・特殊教育の今後の課題 井村信行(香川県立香川中部養護学校校長) 7 
 ・高等部全員入学をめざして 井上登喜子(富山県精神薄弱者育成会・高岡養護学校父兄) 10 
 ・文具店の経営と交流 小田嶋隆昌(岐阜市立市橋小学校教諭) 12 
◇職場体験訓練(2) 小川政浩(神奈川県綾瀬市綾瀬ホーム・ケースワーカー) 15 
◇《法律相談》遺言 垰野兪(弁護士) 18 
◇《今月のもんだい》不快用語・不適切用語追放がもたらした波紋 20 
◇一泊研修会の実施 荒川昭一(秋田県児童福祉司) 22 
◇障害児親子一泊研修会 越前屋早苗 22 
◇鬼百合の街 坂本明子 23 
◇「自立をめざして」四回の講演会お知らせ 23 
◇一九八二年 夢の花よ 大沢澄男 24 
◇《資料》施設に入れる場合の家庭で負担する費用――施設家庭徴収の基準額について 25 
◇《新刊書案内》 30 
 ・『今日もせっせと生きている――人間が変わるってなんだろう?!』 小林茂(写真集) 
 ・『土に生きる子どもたち――いもおじさんと心身障害児』 秋山元治(著) 
 ・『遅れても翼ひろげて(上)――「ちえの遅れ」の子らと歩んだ香蘭の十七年』 林景東(著) 
 ・『もうひとつのしるし 第二集』 もうひとつのしるし第二集委員会(編) 
 ・『参加と平等への参加』 花田春兆(著) 
 ・『きみに愛が見えるか――盲目の歌手の青春記』 トム・サリバン(著)・柳田昌子・花田昌子(訳) 
 ・『精神薄弱者問題白書――一九八一年版』 日本精神薄弱者福祉連盟(編) 
◇第五回アジア精神薄弱会議報告 仲野好雄(全日本育成会理事長) 33 
◇沖縄県より 36 
 ・親の会活動の誕生 我謝道子(読谷村障害児を守る父母の会) 
 ・過去を振り返って 宮城金陸(名護学院保護者会) 
◇昭和56年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入賞者 38 
◇《資料》会後のわが国児童家庭福祉の方向について 39 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)3医療の問題(つづき) 国際障害者年日本推進協議会 42 
◇長期的展望に立って――今年度全日本育成会の事業計画 45 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.315 19820501 

 【特集 完全参加と平等への第一歩】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》葵祭り 5月15日 京都府京都市 0 
◇たんぽぽ  三重県名張育成園文集『たんぽぽ』より 2 
◇《特集》「完全参加と平等」への第一歩 4 
 ・親として思うこと 橋本八重子(石川県) 5 
 ・青年学級活動を通して一般青年と交流 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会事務局長) 6 
 ・精神薄弱児者のリハビリテーション 武田幸治(むしこコロニー通勤寮寮長) 8 
 ・精神薄弱児者のための諸制度 16 
◇るりがくえんの実践 村上修好(山口県山口市るりがくえん園長) 20 
◇るりがくえんの実践――廃材ベニヤ版を使っての木工 篠原学(山口県山口市るりがくえん指導員) 23 
◇社団法人日本てんかん協会第九回全国大会案内 26 
◇《法律相談②》特定贈与信託 垰野兪(弁護士) 27 
◇職場体験訓練(3) 小川政浩(神奈川県綾瀬市綾瀬ホーム・ケースワーカー) 29 
◇重度ダウン症を普通学級へ入れて 安村瞳(兵庫県尼崎市) 34 
◇就学に思う 大渕ミチ子(秋田県大舘ひまわり親の会) 35 
◇障害児をもつ親がささやかな望みをもって 神成さつ(秋田県大舘ひまわり親の会)  36 
◇昭和五七年度児童福祉週間の実施 37 
◇父の詩 西尾清信 38 
◇短歌 船木武雄(東京都杉並区手をつなぐ親の会) 38 
◇ともに生きる――長野県佐久市ねば塾 小林淳郎(ラジオ短波) 39 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 40 
 ・障害児教育を学ぶ女子学生 遠藤明子(日本女子大学助教授) 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)3医療の問題(つづき)・4教育の問題 国際障害者年日本推進協議会 41 
◇第六回「ほほえみ賞」入選者発表 45 
◇時の動き 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.316~320

◆『手をつなぐ親たち』No.316 19820601 

 【特集 「国際障害者年長期行動計画」をめぐって】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》チャグチャグ馬ッコ 6月15日 岩手県盛岡市 0 
◇これからもよろしくね 磯田和彦(東村山手をつなぐ親の会『山鳩の家へのあゆみ二十年』より) 2 
◇《特集》「国際障害者年長期行動計画」をめぐって 4 
 ・座談会:「国内長期行動計画の在り方」をどう生かすか 5 
  中央心身障害者対策協議会特別委員会委員の先生方に聞く 
  ポイントはどこか親の会の取り組むべき課題は何か 
 ・「国内長期行動計画の在り方」のあらまし 16 
 ・中央心身障害者対策協議会 「国内長期行動計画の在り方」に対するコメント 26 
 ・第一部 総論 小宮山倭(武蔵野音楽大学名誉教授) 26 
 ・第二部 保健医療の在り方について 高橋彰彦(愛知県心身障害者コロニー心身障害者療育部長) 28 
 ・第三部 教育・育成の在り方について 小出進(千葉大学教授) 31 
 ・第四部 雇用・就業の在り方について 大井清吉(東京学芸大学教授) 33 
 ・第五部 福祉・生活環境の在り方について 廣瀬貴一(大島藤倉学園園長) 35 
◇《法律相談③》自然人と法人――社会福祉法人とは 垰野兪(弁護士) 38 
◇“手をつなぐ作品展”を終えて 40 
◇「手をつなぐ作品展」 筧広子(ラジオ短波) 42 
◇第12回集団音楽療法全国セミナーへのおさそい 共感しあういのちそして音楽 ことば・まなざし・くらし 日本音楽療法協会 43 
◇昭和57年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧 44 
◇時の動き 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.317 19820701 

 【特集 屋外活動・あそび】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》那智の火祭り 7月14日 和歌山県那智勝浦町 0 
◇おとうさん 千田孝子(石川県『根上町育成会だより』より) 2 
◇《特集》屋外活動・あそび 4 
 ・おもちゃライブラリー 小林るつ子(東京三鷹トイライブラリー) 5 
 ・とちぎ子どもの家からわらしべの里へ 金坂直仁(栃木県わらしべの里代表) 8 
 ・月例山歩きの会 山縣紀子(愛知県春日井東部障害児を持つ親の会) 10 
 ・山形市少年自然の家――合同宿泊訓練 高橋武夫(山形県山形市立第七小学校) 13 
 ・学童クラブでの子どもたち 16 
 ・学童クラブでの統合教育 仲滋(東京都東村山市南台学童クラブ指導員) 16 
 ・学童クラブへ通う我が子 小島すみ子(東京都東村山市手をつなぐ親の会) 18 
◇1982年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 15 
◇「誕生日ありがとう運動」とは 21 
◇第10回「市民の福祉講座」ご案内 21 
◇オーストラリアの親たち 飯田貞雄(山梨大学教授) 22 
◇第七回「ほほえみ賞」募集要項 25 
◇《今月のもんだい》重度障害者雇用の在り方 26 
◇《法律相談④》精神病を理由とする離婚 垰野兪(弁護士) 28 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》ナイロビ 妹尾正 30 
◇《新刊書案内》 32 
 ・『糸賀一雄著作集』のこと 岡崎英彦(びわこ学園) 
 ・『神様が笑った』 福井達雨・ E・ストローム(対談) 
 ・『この一歩から』 土佐林一(著) 
 ・『もうひとつの太平洋戦争』 障害者の太平洋戦争を記録する会(編)・仁木悦子(代表) 
 ・『あすの障害者福祉』 山陽新聞社(編) 
◇各地より 36 
 ・交換卓球大会 山崎栄子(富山県けやき苑指導員) 
 ・初夏の空に三〇○○人の集い 本田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・ひとつのとりくみ 佐藤紀子(栃木県益子町精神薄弱者育成会) 
◇第8回世界精神薄弱会連盟世界大会 参加旅行のご案内 38 
◇国際障害者年長期行動計画の実施にたいする当面の重点要望 国際障害者年日本推進協議会 39 
◇《資料》国際障害者年(長期行動計画)3医療の問題(つづき)・4教育の問題 国際障害者年日本推進協議会 40 
◇全日本精神薄弱者育成会貸し出し映画フィルム 45 
◇時の動き 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.318 19820801 

 【特集 地域福祉計画――施設の役割】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》塩釜みなと祭り 8月5日 宮城県塩釜市 0 
◇弟への手紙 鎌部いさよ(高校一年・共に生きる作品コンコール『ふれあいの街』より) 2 
◇《特集》地域福祉計画――施設の役割 4 
 ・子どもが町で育つために 施設と地域のチームワーク――愛知県春日井市の場合 大野智也(身体障害者雇用促進協会広報室長) 5 
 ・社会復帰をめざして 所外実習をとおして地域へ――長野県西駒郷の場合 小林淳郎(ラジオ短波) 10 
 ・ふれあいをもとめて 川崎市生涯授産構想――川崎授産学園の試み 斎藤進治(川崎授産学園) 16 
 ・「くすの園」の歩みの中から 永山敏照(山口県社会福祉法人「くすの園」園長) 21 
 ・「親の会」がつくった施設の役割 高沢幸治(埼玉県川越手をつなぐ親の会会長) 23 
◇第31回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会のお知らせ 20 
◇《今月のもんだい》精神薄弱の人たちの雇用をすすめるために 26 
◇《法律相談⑤》保安処分とはどういうことか 垰野兪(弁護士) 28 
◇施設に子どもを託して――思うこと願うこと 30 
 武林起代(高知県精神薄弱者育成会)・福嶋文子(福島県精神薄弱者育成会)・我孫子恵津子(三重県精神薄弱者育成会)・中田喜久子(和歌山県手をつなぐ親の会) 
◇第19回「精神薄弱者愛護月間」ご案内 37 
◇私共はかくして福祉法を手にした――精神障害者家族会の問いに答えて 仲野好雄(本会理事長) 38 
◇夕やけ 赤いぬ(1) 塚本洋子(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 40 
◇全国各地より 43 
 ・精神薄弱者の社会的自立に向けての活動の展開 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 
 ・富山県における会活動について 上田睦子(富山県精神薄弱者育成会) 
 ・これからの親の会活動 諸頭順子(滋賀県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
◇仲野美保子さんを悼む 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.319 19820901 

 【特集 雇用の問題】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》大田の彼岸市 9月23日 島根県大田市 0 
◇我が子へ 大見京子(愛知県岡崎市) 2 
◇《特集》雇用の問題 4 
 ・〈座談会〉「知恵おくれの人たちの雇用について」――今、一番必要なことは何か 安達光子・小出進・後藤光義・手塚直樹・宮島定登喜・皆川正治 5 
 ・事例報告① 縫製工場で働くM・K 岸本栄(鳥取県職業相談員) 14 
 ・事例報告② 製パン工場で働くH・K 土橋義玄(山梨県山梨中学校教諭) 20 
◇《今月のもんだい》子どもの校外生活 27 
◇《法律相談⑥》生後間もなく加入する保険 垰野兪(弁護士) 30 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》黒がなければ白もない 多無山洋 32 
◇《声のひろば》 34 
 ・働くことが出来れば精薄ではない 村上敬子(広島県精神薄弱者育成会) 
 ・ある悩み 青木弘(岐阜県精神薄弱者育成会) 
◇昭和57年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞募集要項 37 
◇第31回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会のお知らせ 37 
◇夕やけ 赤いぬ(2) 塚本洋子(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 38 
◇ぼくの思うこと たけしの兄 38 
◇祈り 田中弘子(三重県名張小学校) 40 
◇全国各地より 41 
 ・“喫茶さわらび”開店三年目――ウェートレスは会員ボラ 菅原偗(岩手県盛岡市精神薄弱者を守る会) 
 ・宮崎県精神薄弱者育成会のうごき 岩崎富士男(宮崎県精神薄弱者育成会) 
 ・国際障害者年の気運を生かして活動を推進 米村健治(鳥取県精神薄弱者育成会事務局長) 
◇雇用の促進をはかるために 「心身障害者の社会参加実態調査」をまとめて 尾藤恵美子(神奈川県手をつなぐ親の会理事) 44 
◇時の動き 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.320 19821001 

 【特集 高齢者問題――老化の不安にこたえて】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》平安神宮時代祭 10月22日 京都市 0 
◇キャンプ 小寺朝子(あつた授産所) 2 
◇《特集》高齢者問題――老化の不安にこたえて 4 
 ・知恵おくれの人たちと老化の問題 妹尾正(日本精神薄弱者愛護協会参与・前秩父学園園長) 5 
 ・施設での老化へのとりくみ① ともに楽しい生涯を 前田直蔵(神奈川県恵和学園長) 9 
 ・施設での老化へのとりくみ② 支え合い、仕えることの喜びをとおして豊かな老後を 竹内吉正(長野県宝池住吉寮長) 14 
 ・老化について思うこと――知恵おくれの人たちとの出会いをとおして 三角生子(元精神薄弱者福祉司) 20 
 ・〈提言〉来たるべき高齢化社会へ向けて――地域福祉の視点から見る 西山正徳(国立公衆衛生院建築衛生学部) 24 
 ・障害者の経済保障 調一興(社団法人ゼンコロ常務理事) 28 
◇障害者の雇用をすすめるための論文募集 身体障害者雇用促進協会 31 
◇《今月のもんだい》本人の発言をどう考えるか 32 
◇障害者本人の発言――DPI第一回世界会議より テニス・テラ二イ(オーストラリア) 35 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》クロス現象 花田春兆 37 
◇《声のひろば》 39 
 ・我が子の歩み 近江屋ハル子(秋田県大舘市ひまわり親の会) 
 ・ある想ひ 山口節子(岡山県旭川学園保母) 
◇短歌 佐々木きよ子(東京都足立区手をつなぐ親の会) 40 
◇夕やけ 赤いぬ(3) 塚本洋子(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 41 
◇全国各地より 44 
 ・国際障害者年の二年目を迎えて 塚家富子(岐阜県高山市コスモス福祉作業所) 
 ・私達の親の会のあゆみ 小柳正徳(福岡県久留米市精神薄弱者育成会会長) 
◇時の動き 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.321~325

◆『手をつなぐ親たち』No.321 19821101 

 【特集 知恵おくれの子のための家庭医学】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》八代妙見まつり 11月28日 熊本県八代市 0 
◇偏食 高見清二(兵庫県加西市) 2 
◇《特集》知恵おくれの子のための家庭医学 4 
 ・病気への備えはできていますか 4 
 ・こういうときは医者にみせよう――子どもの病気発見のために 仲村博志(国立療養所足利病院長) 6 
 ・かしこく医者にかかるには 大竹太郎(東京都福祉局主幹) 10 
 ・こんなとき どうする 樋田豊治(重症心身障害児施設秋津療育園療育部長) 15 
 ・ふだん気をつけておきたいこと 加藤まり子(愛知県心身障害者コロニーこばと学園看護婦) 20 
 ・医療費について 田中明(東京都衛生局医療福祉部長) 23 
◇国際障害者年の理念をめざして――知恵おくれの人の雇用への取組み 竹内清治(北九州市精神薄弱者育成会理事長) 26 
◇第5回ソ連教育福祉医療視察団募集要項 29 
◇《今月のもんだい》「心身障害児(者)対策の拡充について〔要望〕」をめぐって 30 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》親子心中 宮田司 32 
◇《声のひろば》 34 
 ・学園で学んだ二年間 西村あらみ(埼玉県狭山手をつなぐ親の会) 
 ・雑感 縄田満枝(福岡県稲築町立稲築養護学校) 
 ・近ごろ思うこと 中井喜一郎(長野県東筑摩郡手をつなぐ親の会) 
 ・私の宝物 大沢澄男(新潟県魚沼学園園長) 
◇作業生語録 36 
◇夕やけ 赤いぬ(4) 塚本洋子(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 37 
◇心身障害児(者)対策の拡充について〔要望〕 昭和五七年八月二〇日 中央児童福祉審議会・障害関係三特別部会合同会議 40 
◇全国各地より 44 
 ・名古屋の親の会 ハワイの施設を訪問して 牧野正男(名古屋手をつなぐ親の会) 
 ・親自らの手による施設づくりを 社会福祉法人別府市精神薄弱者育成会 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年日本推進協議会の総会 
 ・神奈川県育成会大会 
 ・第22回精神薄弱者育成会東北ブロック大会 
 ・第16回精神薄弱者育成会関東甲信越ブロック大会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.322 19821201 

 【特集 男女交際・恋愛・結婚】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》春日若宮おん祭り 12月17日 奈良市 0 
◇ときめき きしい・ふみこ(宮崎県向陽の里) 2 
◇《特集》男女交際・恋愛・結婚 4 
 ・〈座談会〉生活と結婚をかたる 5 
 ・座談会を終わって 大井清吉 13 
 ・生活寮の青年たち 渡辺善子(渡辺生活寮) 14 
 ・卒業生たちの結婚 井村逸郎(東京学芸大学付属養護学校) 17 
 ・ただいま同棲練習中――すさまじくも晴れやけに生きよ 宮武秀信(江東通勤寮) 20 
 ・娘が結婚しました 広川好枝(東京都葛飾区手をつなぐ親の会) 23 
 ・明日もまた育つ――「僕のお嫁さんは…」 松本一(埼玉県川越手をつなぐ親の会) 26 
 ・卒業生の事例から 松本秀郎(東京都鹿本中学校教諭) 28 
◇《今月のもんだい》障害者生活保障専門家会議への要望提出 30 
◇《法律相談⑦》負担付遺贈の取り消し 垰野兪(弁護士) 32 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》 34 
 ・人命は尊重されているのか 小林堤樹 
 ・仲野美保子さんを偲ぶんで 上智秀子 
◇《声のひろば》 38 
 ・障害者の結婚に思う 井川元治(島根県益田市手をつなぐ親の会) 
 ・共に生きるために 白神修平(奈良県手をつなぐ親の会) 
 ・今一番思うこと・考えること 河合なつ江(静岡県島田市手をつなぐ親の会) 
◇夕やけ 赤いぬ(5) 塚本洋子(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 41 
◇全国各地より 44 
 ・沖縄県育成会二〇周年を迎えて 屋宜宗一(沖縄県精神薄弱者育成会) 
 ・障害者の老化に対して親はどうするか 竹村栄二(奈良県手をつなぐ親の会) 
◇時の動き 47 
 ・第20回全国精神薄弱施設職員研究大会 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.323 19830101(昭和58年) 

 【特集 家族にゆとりを】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》出雲大社吉兆と番内 1月3日 島根県大社町 0 
◇《特集》家族にゆとりを 2 
 ・一夜ゆっくり足をのばしたい落第親 川崎久美子(富山県高岡市) 3 
 ・ロックのリズムで 桑原勢津子(岐阜県岐阜市) 3 
 ・ひと鉢の洋ラン 友澤邦枝(香川県高松市) 5 
 ・リボンフラワー作り 矢野三恵子(愛媛県松山市) 6 
 ・生活の中でのゆとりのあり方 増野臣子(広島県広島市) 7 
 ・ともに歩みながら 胡谷登美子(山口県下関市) 9 
 ・ゆとりは作りだすもの 森瑠美子(岐阜県各務原市) 10 
 ・息子の存在が我が家のゆとり 小川登志子(山形県最上郡) 11 
 ・民踊をはじめて一〇年 寺西とめ(愛知県名古屋市) 13 
 ・親のゆとり 西口久子(滋賀県守山市) 14 
 ・母娘の船旅 麻生てい子(兵庫県川西市) 15 
 ・ゆとりを持って子どもとつきあう 杉野静江(栃木県宇都宮市) 17 
 ・「ゆとり」について思うこと 岡崎君子(福岡県北九州市) 18 
 ・我が家の今日まで 青木知子(岡山県井原市) 20 
 ・“さわらび家庭教育学級”をとおして 菅原勢津子(岩手県盛岡市) 21 
 ・わが家のおばあちゃん 高島順子(兵庫県神戸市) 23 
 ・ゆとりについて 亀田志津江(石川県金沢市) 24 
 ・ゆとりからの出発 野澤睦枝(鳥取県鳥取市) 25 
 ・奉仕生活に生きる心 小出茂(千葉県市原市) 26 
 ・「緊急一時預かりホーム」の開設をめざして 辺見弘代(神奈川県相模原市) 28 
 ・ゆとりある親がよい子を育てる 田中義徳(兵庫県川西市) 29 
 ・〔提言〕家族にゆとりを 大場茂俊(北海道おしまコロニー総合施設長) 30 
◇《今月のもんだい》明けましておめでとうございます 33 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》「落ちこぼれ」について思う 中島秀子(東京都多摩市愛泉会会長) 35 
◇心身障害児に係る早期教育及び後期中等教育の在り方(特殊教育研究調査協力者会議報告)(抜粋) 昭和五七年一〇月 文部省初等中等教育局特殊教育課 37 
◇《声のひろば》 43 
 ・知恵おくれの世界 木田雄志(東京都) 
 ・施設と家庭は一体です 坪田裕子(福井県梅の木授産所) 
◇時の動き 46 
 ・第20回全国精神薄弱施設職員研究大会(つづき) 
 ・精神薄弱者のための長期行動計画に関する指導者会議――第19回精神薄弱者愛護月間中央行事 
◇昭和五七年度日本精神薄弱者福祉連盟セミナー第三回シンポジウム「自閉的傾向を持った人たちの指導をめぐって」のお知らせ 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.324 19830201 

 【特集 第31回全国大会報告・家族にゆとりを】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》神明市 2月第2金・土・日曜日 広島県三原市 0 
◇私の日記 青木麻里子(武蔵野福祉作業所) 2 
◇《特集》第31回全国大会報告 4 
 ・大会のあらまし 5 
 ・〈第1分科会〉乳幼児期 子供たちの未来を開くために 田中明(東京都衛生局医療福祉部長) 6 
 ・〈第2分科会〉学齢期 子供の発達保障 小出進(千葉大学教授) 8 
 ・〈第3分科会〉青年期1 後期中等教育をどう進めるか 林邦雄(静岡大学教授)10 
 ・〈第4分科会〉青年期2・成人期 生活、住まいの保障について 室橋正明(日本事業大学講師) 12 
 ・〈第5分科会〉重度・高齢・老化の人の問題 親、子の高齢化への方策は 徳永チヅ(元精神薄弱者福祉司) 14 
 ・〈第6分科会〉生活保障と福祉 皆川正治(全日本育成会専務理事) 16 
 ・〈第7分科会〉親の会活動 親の会の組織と運営について 渡辺実(全日本育成会常務理事) 18 
 ・〈全体会議・シンポジウム〉体験発表 20 
  ・名古屋英男(沼津市手をつなぐ親の会事務局長) 
  ・上田陸子(富山県精神薄弱者育成会事務局長) 
  ・緒方直助(東京都精神薄弱者育成会専務理事) 
 ・決議 25 
 ・保育室より 大石英二(沼津市東部民生事務所・保育担当) 26 
 ・全国大会参加者アンケートから 27 
◇第5回ソ連教育福祉医療視察団募集要項 28 
◇《特集》家族にゆとりを 29 
 ・ハスの実の家 青木そのえ(福井県福井市) 29 
 ・卓球と私 中島澄子(福岡県北九州市) 30 
 ・親のゆとり 越智哲子(北海道札幌市) 31 
 ・K子ちゃんに励まされて 浜田矩子(石川県河北郡) 32 
 ・息子のおみやげ 白水八重子(鳥取県鳥取市) 33 
 ・親睦と交流の場を 宮崎浩一(福岡県鞍手郡) 34 
 ・一つの試み――A君の例から 金子和則(兵庫県赤穂市) 36 
 ・心のゆとりを願い 馬瀬信三(京都府京都市) 37 
 ・日常生活にゆとりを 長山美佐男(茨城県那珂郡) 38 
◇《今月のもんだい》特殊教育研究調査協力会議「心身障害児に係る早期教育及び後期中等教育の在り方」について 40 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》老嬢“舞”の病い 中谷内嘉善(日本精神薄弱者愛護協会専務理事) 42 
◇両団体に対し「寄付金」を返上、抗議中――地域福祉の心を大切に、各地でも注意を 全日本精神薄弱者育成会 44 
◇資料無断使用に関する抗議通告書 45 
◇時の動き 46 
 ・通所援護事業の運営と今後の進め方に関する研修協議会 
 ・兵庫県精神薄弱者福祉大会 
 ・第21回近畿精神薄弱者福祉大会 
 ・第16回沖縄県精神薄弱者(児)教育福祉大会 
 ・第21回手をつなぐ親の会四国大会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.325 19830301 

 【特集 精神薄弱者のための長期行動計画】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》浅草観音示現会金龍の舞 3月18日 東京都台東区 0 
◇私たちの通勤寮 福島久枝(はまゆう通勤寮) 2 
◇《特集》精神薄弱者のための長期行動計画 4 
 ・I、総論・社会啓発 なぜ精神薄弱者のための長期行動計画が必要なのか 山口薫(東京学芸大学教授) 5 
 ・II、保健・医療 乳幼児から老人まで必要なときに必要な医療を 有馬正高(国立武蔵野療養所神経センター部長) 8 
 ・III、教育 個々の子どもの障害に応じた教育を――子どもの豊かな成長・発達を図るために 小出進(千葉大学教授) 12 
 ・IV、施設ケア 精神薄弱児(者)の育成と施設ケア・サービス――地域に根ざした育成プログラムを 妹尾正(日本精神薄弱者愛護協会参与) 15 
 ・V、雇用・就労 一般雇用の場を拡大するために――障害の重い人への対策の充実も 松矢勝宏(東京学芸大学助教授) 18 
 ・VI、福祉・生活環境 医療・教育・就労におけるサービスをどのようにして総合的に組み合わせるか 高橋彰彦(愛知県心身障害者コロニー療育部長) 21 
 ・「長期行動計画」親の会としてどのように受け止めるか 皆川正治(全日本育成会専務理事) 24 
◇第8回世界精神薄弱者育成会連盟国際会議(ナイロビ)に出席して 妹尾正(日本精神薄弱者愛護協会参与) 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》あわて者のサンタ・クロース 重田定正(東京都杉並区) 28 
◇朝日社会福祉賞を受賞して 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会理事長) 30 
◇《新刊書案内》 32 
 ・『ぶどう畑の笑顔――こころみの実践が自閉症の子供を変えた』 川田昇(著) 
 ・『はたらく障害者』 大野智也(著) 
 ・『初潮と月経のガイド』 小杉長平・大井清吉(編著) 
 ・『ノーマリゼーションへの道』 江草安彦(著) 
 ・『坂道をのぼる子ら――育ち合う障害児とその母親たち』 母子通園施設さわらび園(編) 
 ・『わたしとあなた――愛って性ってなんだろう』 大井清吉(監修)/ウッラ・アンデション+ビルギッタ・エークルンド(著)/直井京子(訳) 
◇全国各地より 34 
 ・手作り福祉 餅つき大会開催 山本富枝(新宿区手をつなぐ親の会) 
 ・手をつなぐ親と子のお正月こども大会と成人式 小川時秀(大阪精神薄弱者育成会) 
◇昭和五八年度国家予算に見る精神薄弱関係施策の主な事項 36 
◇全日本精神薄弱者育成会貸し出し映画フィルム案内 37 
◇時の動き 38 
 ・「早期教育及び後期中等教育の在り方」報告の発表 
 ・第13回全国特殊教育振興協議会 
 ・第31回全日本育成会全国大会 
 ・国民会議‘82=長期行動計画推進全国代表者会議 
 ・各種の審議会と予算獲得運動 
◇《声のひろば》 40 
 ・この手の輪を大きく 青嶋淑子(東京都板橋区) 
 ・精薄を拒否する人たち 桝本裕之(山口県小野田市まつば園) 
 ・ダウン症の娘を守り育てて 谷口弘泰(大阪府住吉区障害児者父母の会) 
◇昭和五八年度『手をつなぐ親たち』総目次 43 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.326~330

◆『手をつなぐ親たち』No.326 19830401 

 【特集 親から先生へ・先生から親へ】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》糸魚川の喧嘩祭り 4月10日 新潟県糸魚川市 0 
◇ゆきだるま 中むらとおる(石川県珠州市立若山小学校一年生) 2 
◇《特集》親から先生へ・先生から親へ 4 
 ・〈親から先生へ〉忘れられない先生 鈴木美知子(愛知県名古屋市) 4 
 ・〈親から先生へ〉わからないのは親の方だった 梅田礼子(石川県金沢市) 6 
 ・〈親から先生へ〉小さなことでも遠慮せずに 池田佳美(岐阜県本巣郡) 8 
 ・〈親から先生へ〉神様のいたずらっ子 的場八重子(三重県津市) 10 
 ・〈親から先生へ〉個性を伸ばす指導を 岸本祥子(岡山県久米郡) 12 
 ・〈親から先生へ〉先生の励ましを支えに 七人の母親(北海道札幌市) 14 
 ・〈親から先生へ〉親の成長に手を貸してください 徳永治尾(熊本県熊本市) 16 
 ・〈先生から親へ〉しんちゃんとお母さん 国島和憲(岐阜市立岐阜養護学校) 18 
 ・〈先生から親へ〉進路指導の窓口から 三好宣雄(名古屋市立南養護学校) 20 
 ・〈先生から親へ〉子の気持ち、親の気持ち 松尾成紀(下関市くすの園) 22 
 ・〈先生から親へ〉親・子ども・教師 石田知子(松山市立番町小学校) 24 
 ・〈先生から親へ〉親の力・家庭の力 上野幸子(石川県加賀市) 26 
 ・〈先生から親へ〉自立の力を高めるために 諸田和夫(札幌市三和荘) 28 
 ・〈先生から親へ〉特殊教育は微力だが 五藤義行(水戸市立新荘小学校) 30 
◇カナダ・アメリカ研修旅行ご案内――精神薄弱福祉・教育の新しい課題について 27 
◇《今月のもんだい》58年度の国家予算から――地域福祉活動を大切に 32 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(1) 近藤原理 34 
◇《声のひろば》 36 
 ・一体感を再考する 土田耕一(秋田県玉葉荘手をつなぐ親の会) 
 ・憂感・福祉作業所建設の是非 力石昭二(福島県養護学校教員) 
 ・私のご主人様――年老いたチャボより 小島龍一郎(長崎県諌早市手をつなぐ親の会) 
◇全国各地より 40 
 ・「歩くスキーの集い」に参加して 中原明(札幌市社会復帰センター) 
 ・第一回手をつなぐ子ら作品展 井藤篤子(府中市手をつなぐ親の会) 
◇《ろんだん》「害」の字について 学校教育は、今…(連載1) 野原政雄(NHKチーフ・ディレクター) 42 
◇《短歌》和み 新本千鶴 44 
◇《短歌》童形裸体I 青山康子 44 
◇《医療トピックス》ウィリス(動脈)輪閉塞症 44 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会昭和五八年度事業計画の大綱 45 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 47 
◇時の動き 48 
 ・「早期教育及び後期中等教育の在り方」報告の発表 
 ・旭社会福祉賞 
 ・栃木県育成会父親の会 
 ・昭和58年度の全日本育成会事業計画 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.327 19830501 

 【特集 この子の声をきく】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》三朝温泉花湯まつり 5月7・8日 鳥取県三朝町 0 
◇ねこ 松谷美恵(東京都立中野養護学校高等部) 2 
◇《特集》この子の声をきく 4 
 ・ラーメンとカレーライス 佐藤正宏(福島県いわき市はまぎく荘) 5 
 ・真っ黒な空から真っ白な雪が 岡輝秀(群馬県高崎市国立コロニー) 6 
 ・ぼくなんであほなんやろ 吉沢英治(長野県佐久市佐久こまば学園) 7 
 ・ひとりでバスで通いたい 松本幸子(大阪府河内長野精神薄弱者育成会) 9 
 ・ささしいかあさん 石川三知子(新潟県長岡市精神薄弱者育成会) 11 
 ・謙遜な気持ちで 森田妙子(群馬道北群馬郡薫英荘) 12 
 ・子供心を知らずに傷つけ 田中文江(愛知県岡崎手をつなぐ親の会) 13 
 ・先生、かんにん 佐伯一恵(滋賀県守山市立守山中学校) 14 
 ・言葉の奥にあるもの 青山康子(広島県広島市精神薄弱者育成会) 16 
 ・ぼくだって人間やないか 井村信行(香川県立香川中部養護学校) 17 
 ・あったかーい小さな手 大籠陽子(宮城県仙台市精神薄弱者育成会) 18 
 ・娘の声が聞こえる 三木文之(徳島県徳島市精神薄弱者育成会) 19 
 ・本当は私… 関口トシ子(東京都立中野養護学校) 20 
 ・ぼくたちのおねがい 豊田家久(大分県教育委員会) 21 
 ・ぼくの先生へ 荒岸喜代子(北海道札幌市精神薄弱者育成会) 23 
◇昭和五七年度NHK厚生文化事業団心身障害者福祉賞入賞者 25 
◇《今月のもんだい》家庭訪問をいかしましょう 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》4/5の人生を大切に 江草安彦(岡山旭川児童院) 28 
◇《座談会》親から先生へ・先生から親へ――本音を語ろう 北九州市精神薄弱者育成会 30 
◇第七回ほほえみ賞入選者発表 35 
◇『生涯を通して』ハンドブック無料配布のお知らせ 35 
◇《医療トピックス》CT(コンピューター断層撮影) 35 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(2) 近藤原理 36 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(1)コップ!ステップ!ジャンプ! 黒須和清 38 
◇《ろんだん》「害」の字について 学校教育は、今…(連載2) 野原政雄(NHKチーフ・ディレクター) 40 
◇全国各地より 42 
 ・“手をつなぐ作品展示即売会”を終わって! 小川時秀(大阪精神薄弱者育成会) 
◇《声のひろば》 44 
 ・クリーニング工場見学 堀口信子(上越市社会福祉事務所) 
 ・日雇人生 本田雄志(東京都) 
 ・たばこの害をどう教えますか 佐藤賢司(千葉県市原市) 
◇時の動き 46 
 ・外国研修生さよなら! 
 ・NHK厚生文化事業団心身障害者福祉賞・ほほえみ賞 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.328 19830601 

 【特集 私たちの親の会活動】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》金沢の百万石祭り 6月14日 石川県金沢市 0 
◇おれ 丸山豊稔(長野県小諸学舎) 2 
◇《特集》私たちの親の会活動 4 
 ・ラベンダーの香りに包まれ 渡辺勲(北海道上富良野町手をつなぐ親の会) 5 
 ・私たちの地域にも授産所を 山下順子(埼玉県宮代手をつなぐ親の会) 6 
 ・悩める親たちの幸福にむけて 高草木守男(神奈川県秦野市手をつなぐ親の会) 7 
 ・「手をつなぐ親の会」と私 木村定則(山梨県甲府支部手をつなぐ親の会) 8 
 ・作業所から福祉ホームへ 小辻愛(三重県松阪市手をつなぐ親の会) 9 
 ・山間部の親の会作り 竹村栄二(奈良県手をつなぐ親の会) 10 
 ・息子の助をかりて 太中寅雄(島根県簸川郡手をつなぐ親の会) 11 
 ・愛情こめた運動シャツで体育祭参加 鳥越信子(宮崎県育成会高千穂支部) 12 
 ・〈ルポ〉栃木県育成会を訪ねて 編集部 渡辺 13 
 ・〈ルポ〉前沢町手をつなぐ親の会を訪ねて 編集部 鈴木 18 
 ・〈ルポ〉藤枝市手をつなぐ親の会を訪ねて 海老沢勲(ラジオ短波) 23 
◇1983年手をつなぐ親の会 全国大会・ブロック大会のお知らせ 25 
◇《今月のもんだい》施設建設反対運動をどうみるか 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》ゆずりあいの人権 安田垣人 28 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(3) 近藤原理 30 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(2)コロコロゴロリン 黒須和清 32 
◇《ろんだん》「害」の字について 学校教育は、今…(連載3) 野原政雄(NHKチーフ・ディレクター) 34 
◇《親から先生へ・先生から親へ》工夫と根気の積み重ねが 沼田茂(京都市立東養護学校) 36 
◇第六回アジア精神薄弱会議参加旅行のご案内 37 
◇昭和58年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・のびのびと遊ばせたい 竹内えつ代(岡山県みどり学園) 
 ・おかしな信号機 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 
◇第13回集団音楽療法全国セミナーへのお知らせ 日本音楽療法協会 41 
◇息子の結婚を願う母より 高畠婦美子(東京都世田谷区) 42 
◇《短歌》童形裸体II 青山康子 42 
◇全国各地より 43 
 ・温泉のようなところへ!!――区界キャンプ 菅原偗(岩手県精神薄弱者育成会) 
 ・滋賀の授産施設を訪ねて 米村健治(鳥取県精神薄弱者育成会) 
 ・創立三○周年記念大会開催 松尾孝雄(埼玉県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・全社協・心身障害児福祉協議会総会 
 ・国際障害者年日本推進協議会総会 
 ・通所援護事業委員会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.329 19830701 

 【特集 わが家の夏休み】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》博多祇園山笠 7月1~15日 福岡市博多区 0 
◇なにか きこえるがね ながくら・けいお(宮崎県大久保小学校ふくしき学級) 2 
◇とんぼ おのだ・ひとし(宮崎県大久保小学校ふくしき学級) 3 
◇《特集》わが家の夏休み 4 
 ・家族そろって山登り 富森真琴(富山県富山市) 5 
 ・サイクリングもまた楽し 塚本洋子(兵庫県三田市) 6 
 ・“のんびり楽しい”夏休み 大久保えつこ(茨城県取手市) 8 
 ・療育キャンプで多くの仲間と 永吉アイ子(鹿児島県鹿児島市) 9 
 ・息子と父の二人旅 砂田敦子(愛媛県松山市) 11 
 ・18歳の夏休みも大切に 河合なつ江(静岡県島田市) 12 
 ・夏休みは“健康第一” 浜中洋子(和歌山県新宮市) 14 
 ・家族キャンプと里帰り 伊藤月江(福岡県福岡市) 15 
 ・お祭り参加に寄せて 松本新太郎(青森県八戸市) 16 
 ・〈夏休みをみなおそう〉学校の夏休みを考える 大竹太郎(東京都福祉局主幹) 18 
 ・〈夏休みをみなおそう〉健康にすごすために 田中明(東京都衛生局医療福祉部長) 20 
 ・〈夏休みをみなおそう〉気張らず焦らず、楽しくすごそう 秋田晴美(おさなご園園長) 23 
 ・〈わたしの夏休み〉夏休みのキャンプについて 堀口裕子 26 
 ・〈わたしの夏休み〉夏休み 鈴木伸明 26 
 ・〈わたしの夏休み〉なつの日の思い出 高木紀子 26 
 ・〈わたしの夏休み〉夏休みには 宮沢真二 26 
 ・〈わたしの夏休み〉夏休みの思い出 小寺良和 27 
 ・〈わたしの夏休み〉私の夏休み 錦見英穂 27 
 ・〈わたしの夏休み〉県民の森 成田充 28 
 ・〈わたしの夏休み〉いっしょに 坂寄功 28 
 ・〈わたしの夏休み〉やった!やった! 村上明美 28 
 ・〈わたしの夏休み〉私とおばあちゃんのお休み 杉山仁世 29 
◇《今月のもんだい》地域福祉活動と民生児童委員 30 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》ボランティアからの手紙に思う 仲野好雄 32 
◇ダウン症児のゼロ歳からの療育の実際~講演と実技指導の会心身障害児早期療育研修会のお知らせ 33 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(4) 近藤原理 34 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(3)うさぎがぴょんぴょんぴょん 黒須和清 36 
◇《ろんだん》「害」の字について 学校教育は、今…(連載4) 野原政雄(NHKチーフ・ディレクター) 38 
◇《親から先生へ・先生から親へ》入園させて 橋本伊雅恵(鳥取県東部精神薄弱者育成会) 40 
◇第32回全日本精神薄弱育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 41 
◇《新刊書案内》 42 
 ・『詩集――この子をひざに』 近藤益雄(著) 
 ・『マンホールのうた』 真行寺英子(著) 
 ・『かっぱのたび』 吉沢英治(著) 
 ・『精神薄弱者に関する長期行動計画(提言)』 日本精神薄弱者福祉連盟(編) 
 ・『交流の多い特殊学級教育』 宮崎直男(著) 
 ・『道しるべII』 京都精神薄弱者育成会(編) 
 ・『ヒロオの夢』 千田好夫(著) 
 ・『重度精神遅滞児・者の心理と指導』 鈴村健治(著) 
◇第11回「市民の福祉講座」ご案内 43 
◇全国各地より 44 
 ・三つの目的の記念行事 西谷英雄(光の村養護学校) 
 ・朝市と交流 広川好枝(葛飾区しょうぶ福祉作業所) 
◇時の動き 46 
 ・全国特殊教育推進連盟創立20周年を迎える 
 ・各地の総会開かれる 
 ・全日本育成会理事会・評議員会 
 ・西独育成会のクラウゼ氏 
 ・精神薄弱施設長会議 
 ・第20回精神薄弱者愛護月間企画できる 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.330 19830801 

 【特集 地域に育ち・地域を育てる】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》三原やっさ祭り 8月12~14日 広島県三原市 0 
◇ぼくのなつやすみ 岡田幸夫(長崎・なずな園) 2 
◇《特集》地域に育ち・地域を育てる 4 
 ・地域づくりは親の会が育つことから 加藤奈々枝(名古屋市名東区手をつなぐ親の会) 4 
 ・津幡授産所と地域の方々との結びつき 村上智恵子(石川県津幡町育成会) 6 
 ・地域に育ち・地域を育てる 井川元治(島根県益田市手をつなぐ親の会) 8 
 ・地域で育つ親の会 山内美代(東京都杉並区手をつなぐ親の会) 10 
 ・一〇年を歩んだ矢口養護 折笠定男(東京都立矢口養護学校) 12 
 ・福祉の里づくりをめざして 野村健(北海道銀山学園) 14 
 ・〈座談会〉地域をたがやす 栃木県財団法人わらしべの里 16 
 ・丸山地区のコミュニティづくり――地域の人たちの温かい交わりを求めて 水井手孝司(神戸市精神薄弱者育成会) 26 
◇昭和五八年度NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞募集要項 25 
◇《今月のもんだい》養護学校教育の義務制実施後三年 30 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》豊かさの罪 島崎春樹(愛知県わらび福祉園園長) 32 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》早期教育・成人教育――通勤寮での教育経験から  安部歳夫(前大田通勤寮寮長) 34 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(5) 近藤原理 36 
◇世界各地より 39 
 ・アメリカの仕出し屋さん 岡由紀子(東京都) 
 ・国際智障者作品交流展 浦野敬子(台湾在住) 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(4)ボヨヨヨヨン人形 黒須和清 42 
◇《ろんだん》「害」の字について 学校教育は、今…(連載5) 野原政雄(NHKチーフ・ディレクター) 44 
◇第32回全日本精神薄弱育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 45 
◇時の動き 46 
 ・ほほえみ賞第7回授賞式 
 ・扶養保険制度長期対策研究会 
 ・総理府・厚生省へ陳情 
 ・昭和59年度国家予算への重要事項提出 
◇第八回「ほほえみ賞」募集要項 46 
◇昭和五九年度国家予算に対する重点要望項目 全日本精神薄弱者育成会 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.331~335

◆『手をつなぐ親たち』No.331 19830901 

 【特集 幼児のいる家庭】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》岸和田だんじり祭り 9月14・15日 大阪府岸和田市 0 
◇あんざん 岩崎はつみ(『先生とゆびきり』作品集より) 2 
◇《特集》幼児のいる家庭 4 
 ・幼児期に養つておきたいこと――楽しみの中からその子のよさを 橋本裕樹(神奈川県弘済学園) 4 
 ・幼児の発達と家族の役割――自然のあるがままに受け止めて 大竹太郎(東京都福祉局主幹) 10 
 ・家庭養育相談員としての実践――ダウン症M君の事例を中心に 石毛すみ(東京都目黒区家庭養育相談員) 15 
 ・おじいちゃんおばあちゃんの声――幼児のいる家庭 20 
 ・何倍も大きな喜びが 伊藤泰子(東京都中野区手をつなぐ親の会) 20 
 ・孫の成長が私の楽しみ 石井八十子(仙台市精神薄弱者育成会) 21 
 ・孫とともに学ぶ 広田富美子(富山県精神薄弱者育成会) 23 
 ・孫とのかかわり 飯塚雪子(群馬県精神薄弱者育成会) 24 
 ・孫と同居するにあたって 藤村信夫(山口県精神薄弱者育成会) 25 
 ・孫育て 高官幸枝(北九州市精神薄弱者育成会) 26 
◇《医療トピックス》クレチン症 9 
◇《今月のもんだい》親と子でボランティア 精神薄弱者愛護月間 28 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》“親”ってなんだろう 室崎富恵(島根県桑の木園園長) 30 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(6) 近藤原理 32 
◇第三回障害者関係映画祭 33 
◇世界各地より 35 
 ・イギリスの作業所をみて 大野智也(身体障害者雇用促進協会) 
 ・ソ連見たまま感じたまま 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会理事長) 
◇《童話》周梨槃特 久高明子 40 
◇《声のひろば》 44 
 ・おばあちゃんになって 永田文子(京都精神薄弱者育成会) 
 ・母親研修会に出席して 岡田弘子(鳥取県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・障害者リーダー米国派遣に精神薄弱から初めて1組 
 ・第6回スベシァルオリンピック世界大会に百数名参加 
 ・障害福祉年金・福祉手当の抜本改正提議される 
 ・第3セクター方式による重度障害者雇用企業及び精神薄弱者能力開発センターの育成事業実施 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.332 19831001 

 【特集 自立について考える】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》妻鹿のけんか祭り 10月13~15日 兵庫県姫路市 0 
◇こんなかんじでいいのかな 太田美智子(しりべし学園) 2 
◇新聞配達 高林章子(しりべし学園) 3 
◇絵 川村静子(しりべし学園家庭班)・沢口正義(しりべし学園印刷班) 2、3 
◇《特集》自立について考える 4 
 ・自立の意味を問い直す――今なぜ自立か 岡田喜篤(愛知県心身障害者コロニーこばと学園) 4 
 ・障害幼児の自立――母子園施設における自立 堀要(名古屋市さわらび園) 8 
 ・職業生活者としての自立――職場生活の自立をすすめるために 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会理事・青年期相談室担当) 12 
 ・結婚生活をめざして――いつでも誰かが必要に応じた援助を 武田幸治(北海道おしまコロニーはまなす寮) 16 
 ・障害の重い子どもの自立――食事・排せつ指導の事例をとおして 檜尾博(岡山市旭川学園) 20 
◇《今月のもんだい》施設の在宅サービス 在宅障害児(者)への地域療育事業 24 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》井上カノ先生を偲ぶ 土原新作(長崎県手をつなぐ親の会) 26 
◇《ルポ》版画と花火――軽井沢治育園を訪ねて 花田春兆 28 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(5)ねこぽんぽん 黒須和清 32 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(7) 近藤原理 34 
◇心のとも一〇○万人運動 36 
◇《随想》マンマ・シック 大澤澄男 37 
◇講演会のお知らせ 主題「働く場を求めて――子どもたちと進路」 37 
◇《声のひろば》 38 
 ・祖父母もともに歩んで 表悦子(鳥取県精神薄弱者育成会) 
 ・日々の暮らし 岡トシ子(熊本市精神薄弱者育成会) 
 ・在校生キャンプ 三村政一(京都精神薄弱者育成会南支部) 
 ・心の宝 中上義行(神奈川県三浦郡) 
 ・友と語らん 香月瑞枝(東京都杉並区) 
◇全国各地より 42 
 ・市民各層と交流 中島卯子(山口県萩市手をつなぐ親の会) 
 ・生涯教育のための複合施設が開設 小林一郎(京都市通所授産所よしだ学園)・井田光四郎(京都精神薄弱者育成会学習ホームひかり学園) 
 ・第18回滋賀県精神薄弱者教育福祉振興大会 諸頭順子(滋賀県精神薄弱者育成会) 
 ・第七回広島県佐伯郡・大竹市仲よし会 笠岡一磨(広島県精神薄弱者育成会) 
 ・地域の人々とともに療育キャンプ 山崎林亨(高知県須崎市手をつなぐ親の会) 
 ・飯盛町手をつなぐ親の会 土原新作(長崎県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・第28回北海道精神薄弱者育成会全道大会 
 ・鹿児島県育成会研修大会 
 ・第17回九州地区精神薄弱者の教育と福祉振興福岡大会 
 ・第4回全国心身障害児(者)地域療育対策研究会議 
 ・身体障碍者福祉基本問題検討委員会報告書発表 
 ・鹿島育成寮補修工事完成 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.333 19831101 

 【特集 きょうだいから】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》箱根大名行列 11月3日 神奈川県箱根町 0 
◇ネェ おとうさん 奥原ヒサ子(広島県呉市精神薄弱者育成会) 2 
◇《特集》きょうだいから 4 
 ・二十歳になった兄弟姉妹の会(BSつくし会) 遠藤礼二(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 4 
 ・親の役割と兄弟の役割 本村美八留(新潟県十字園) 8 
 ・ともに育つきょうだい 中園正身(東京都児童相談センター) 10 
 ・ふたりの息子 渡井一子(豊島区手をつなぐ親の会) 14 
 ・〈座談会〉きょうだいを語る 林英孝・山口裕司・佐藤美佐子・高木恭子・柿沼かつの・内田雅之・松尾孝雄 16 
 ・きょうだいからの声〔兄から〕 21 
 ・きょうだいからの声〔姉から〕 24 
 ・きょうだいからの声〔弟から〕 26 
 ・きょうだいからの声〔妹から〕 29 
◇《今月のもんだい》59年度の予算要求に思う――全体としての見直しを 32 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》虫の声二託して 中新井澪子(大阪・第一はばたき園園長) 34 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(8) 近藤原理 36 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(6)おべんとまきまき 黒須和清 38 
◇《新刊書案内》 40 
 ・『精神薄弱者問題白書――一九八三年版』 日本精神薄弱者福祉連盟(編) 
 ・『ダウン症の子をもって』 正村公宏(著) 
 ・『かっぱのたび』 吉沢英治(著) 
 ・『旭出学園教育双書④ 教育と研究〈下〉』 三木安正(著) 
 ・『自閉症児の育て方――0歳から12歳まで』 真保真人(著) 
 ・『社会福祉法人の手引(改定増補)』 厚生省社会局庶務課(監修) 
 ・『この子たちは生きている』 全国重症心身障害児(者)を守る会(編) 
 ・『ケンと健一』 渋江孝夫(著) 
◇《声のひろば》 42 
 ・親の姿勢はかくありたい 本道尚敏(栃木県宇都宮市) 
 ・「腹へったナー」 村本文男(石川県七尾市立東部中学校) 
◇全国各地より 44 
 ・〔三重県〕第一九回三重県精神薄弱者福祉大会終わる 田中実(三重県精神薄弱者育成会) 
 ・〔兵庫県〕市民の協力で活動 坊垣悦子(三田市手をつなぐ親の会) 
 ・〔佐賀県〕親子仲良く『たなばた会』 田代裕明(厳木町手をつなぐ親の会) 
◇時の動き 46 
 ・第22回近畿ブロック大会 
 ・第23回東北ブロック大会 
 ・徳島県施設保護者会連合会 
 ・鳥取県育成会大会 
 ・全日本育成会都道府県指導者研修会 
 ・精神薄弱者に関する長期行動計画提言の実施について指導者会議 
 ・重症心身障害児者を守る会20周年 
 ・IYDP日本推進協常任委員会 
 ・第17回関東甲信越ブロック大会 
 ・第16回東海北陸大会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.334 19831201 

 【特集 職場を拓くには】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》浅草観音納めのご縁日 12月18日 東京都台東区 0 
◇伊良湖のごはんはとてもおいしかった 押田明久(名古屋市わらび福祉園) 2 
◇《特集》職場を拓くには 4 
 ・理解を広がる活動をもとに 吉田昌義(東京都立中野養護学校) 4 
 ・市町村に職親会を結成しよう 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 8 
 ・職場捜しは一軒一軒訪ね歩いて 松村茂(京都市新明塾) 12 
 ・働きやすい職場をつくる人たち 小林淳郎(日本短波放送) 16 
 ・職場開拓は親の手で 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会) 20 
◇《随想》天国へ召されたY君 Y.Y生 23 
◇《短歌》 青嶋淑子 23 
◇《今月のもんだい》婦人の社会参加のために――婦人のおかれている状況は 24 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》この人達の死 永山敏照(山口県くすの園) 26 
◇きょうだいからの声〔兄・姉から〕 28 
◇きょうだいからの声〔弟・妹から〕 30 
◇第6回ソ連教育福祉医療視察団のご案内 33 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(9) 近藤原理 36 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(7)へび怪獣ぐるるるん 黒須和清 38 
◇第三セクター方式による精神薄弱者能力開発センター育成事業について 後藤光義(労働省職業安定局障害者雇用対策室障害者雇用専門官) 40 
◇全国各地より 44 
 ・〔京都府〕青年達が活躍の親睦大運動会 安田末子(京都精神薄弱者育成会) 
 ・〔石川県〕小さな親の会も着実に 塩士敏枝(輪島市心身障害者育成会) 
 ・〔名古屋〕地域とのふれあい ‘83年「愛のフェスティバル」 寺西とめ(名古屋手をつなぐ親の会) 
◇時の動き 46 
 ・大都市問題研究協議会 
 ・職業相談員中央経験交流会議 
 ・国際障害者年日本推進協議会拡大調査研究委員会 
 ・全国社会福祉協議会の心身障害児福祉協議会が厚生大臣・社会保険審議会長に要望書提出 
 ・第二二回中国地区精神薄弱者育成会大会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇都道府県育成会一覧表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.335 19840101(昭和59年) 

 【特集 親なきあとを考えるまえに】 
◇日本短波放送「精薄相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》大田の仮屋 1月5日 島根県大田市 0 
◇ペンダント 丸田智枝美(愛媛県野村学園) 2 
◇すみれ 井上繁利(愛媛県野村学園) 3 
◇《特集》親なきあとを考えるまえに 4 
 ・元気なうちにやっておきたいこと 大野智也(身体障害者雇用促進協会) 4 
 ・なやみの以前につみあげておくことがあるとしたら 坂本賢(岡山県精神薄弱者育成会) 9 
 ・この子と明るく密着した生活を 加藤謙(新潟県精神薄弱者育成会) 12 
 ・親でなければできないこと 成瀬ユキ(福岡市精神薄弱者育成会) 16 
 ・生きているうちに親の役目を大切に 高橋彰彦(愛知県心身障害者コロニー) 18 
◇《随想》小暮和男さんをしのぶ 小宮山倭 21 
◇《かいせつ》どうなるか!?障害者の生活保障は…… 厚生省・障害者生活保障問題専門家会議「報告書」より 22 
◇年頭所感 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会理事長) 30 
◇第八回「ほほえみ賞」募集要項 30 
◇第6回ソ連教育福祉医療視察団のご案内 31 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》先輩と後輩 高松鶴吉(北九州市立総合療育センター所長) 32 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(10) 近藤原理 34 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(8)てくてくこびとさん 黒須和清 36 
◇《資料》今後の母子保健施策のあり方について(要旨) 昭和五八年七月二八日・中央児童福祉審議会 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・うしの歩みの如くでも 大竹ヒサ(栃木県精神薄弱者育成会) 
 ・楽しかった修学旅行 藤村文雄(岐阜県立岐阜養護学校中学部) 
 ・ボランティアについての私論 西畑鈴子(山口県徳山市手をつなぐ親の会) 
◇昭和五八年度日本精神薄弱者ふくし連盟研修セミナーのお知らせ 「自閉的傾向を持った人たちの指導をめぐって」 42 
◇全国各地より 43 
 ・〔鳥取県〕ふれあい研修会に参加して 田中智恵子(東部心身障害児者育成会) 
 ・〔埼玉県〕笑顔があふれたスポーツ大会 佐々木裕子(埼玉県精神薄弱者育成会) 
 ・〔富山県〕温かい心で楽しい旅を!――育成会員のボランティア活動 上田睦子(富山県精神薄弱者育成会) 
 ・〔山口県〕野外活動センター“すぎのこ村”誕生 永山敏照(山口県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・第23回精神薄弱者教育福祉振興中国大会 
 ・国際障害者年日本推進会議 
 ・精神薄弱者の社会自立を考える研究集会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.336~340

◆『手をつなぐ親たち』No.336 19840201 

 【特集 第32回全国大会報告(愛媛県松山市)】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》十日町雪まつり 2月第二土・日曜日 新潟県十日町市 0 
◇お父さん 畑中勝夫(石川県珠州郡内浦町立松波小学校) 2 
◇《特集》第32回全国大会報告 4 
 ・決議 5 
 ・〈第一分科会 乳幼児期〉既存の制度・機関をうまく活用しよう 6 
 ・〈第二分科会 学齢期〉就学後のフォローを大切にし、社会参加は親から始めよう 8 
 ・〈第三分科会 青年期I(教育と進路)〉就職は新しい入学――能力開発事業とともに再訓練の場を 10 
 ・〈第四分科会 青年期II(職業と生活保障)〉就職には体力と意欲が成功につながる 親の会の担う小規模作業所の役割を見直そう 12 
 ・〈第五分科会 重度・重複児(者)の問題〉訪問教育の充実と療育・教育・医療の統合的ないとなみを 14 
 ・〈第六分科会 高齢者問題(老化)〉更生施設に“老人棟”を――在宅も可能となるような地域ケアシステムの充実を 16 
 ・〈第七分科会 親の会活動I〉もう一度草の根運動に徹して、手づくり運動を 18 
 ・〈第八分科会 親の会活動II(大都市型)〉大都市型に適した新しい親の会活動を求めて 20 
 ・〈シンポジウム〉長期行動計画の実践――親の会活動に望むもの 22 
 ・大会のアンケートより 参加者の声 30 
◇“きょうだい”にはげまれて 信永圭子(神奈川県藤沢市) 31 
◇《今月のもんだい》婦人の社会参加のために(II)――母親の社会参加 32 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》四国お遍路 今泉昭雄(群馬県国立コロニーのぞみの園理事長) 34 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》大統領が先頭に立って――第六回アジア精神薄弱会議に参加して 山口薫(東京学芸大学教授) 36 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(11) 近藤原理 38 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(9)キュルル~~ン音楽会 黒須和清 40 
◇《かいせつ》税・確定申告について 42 
◇全国各地より 44 
 ・〔岡山県〕遊びに学ぶ 今田恒子(岡山市精神薄弱者育成会) 
 ・〔長崎県〕地域と共に育つ親の会 土原新作(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・〔宮崎県〕第三回体育祭開かれる 池田廉(宮崎県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・全国社会福祉大会 
 ・第3回福岡県精神薄弱者スポーツ大会 
 ・第31回精神衛生全国大会 
 ・第17回沖縄県精神薄弱者教育福祉振興大会 
 ・第7回全国特殊教育福祉振興大会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.337 19840301 

 【特集 知っておくと便利な制度】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》高知お城まつり 3月20日~4月7日 高知市 0 
◇愛と恋はぼくの夢 野間規正(名古屋市みのり共同作業所) 2 
◇《特集》知っておくと便利な制度 4 
 ・療育手帳制度について 児童・更生相談所や福祉事務所の有効な活用を 杉山潔(静岡県手をつなぐ親の会) 4 
 ・年金と手当 障害福祉年金・特別児童扶養手当・福祉手当・若齢老齢年金 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会) 6 
 ・医療費の助成制度 養育・育成医療と高額療養費について 田中明(東京都衛生局医療福祉部長) 8 
 ・就職のために 就職相談から雇用援助まで 大野智也(身体障害者雇用促進協会)11 
 ・保険 万一にそなえて 心身障害者扶養共済(保険)制度――親なき後にそなえて 阿部ゆかり(全国ボランティア活動振興センター) 14 
 ・税の減免 優遇措置 特定贈与信託――特別障害者に対する贈与税の非課税制度  松尾孝雄(埼玉県精神薄弱者育成会) 16 
 ・知っておくと便利なその他の制度 16 
 ・青年学級 
 ・家庭奉仕員制度 
 ・在宅重度心身障害児(者)緊急一時保護事業 
◇《今月のもんだい》地域社協活動への参加を――地域福祉の良きパートナーとして 20 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》粘土と取り組んで七年 井戸誠一(兵庫県竜野市つくし園園長) 22 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》朝日社会福祉賞を受賞して 渡辺実(全日本精神薄弱者育成会常務理事) 24 
◇《連載》ともに生き、ともに老いる――なずなの子らと三十年(最終回) 近藤原理 26 
◇《体験発表》 29 
 ・私の思っていること――希望の家 佐藤厚子 
 ・私の学院生活――名護学院 比嘉るみ子 
 ・ぼくの思うこと――八重山育成園 与那覇和信 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(10)カラカラふうせんたまご 黒須和清 32 
◇『手をつなぐ親たち』に関するアンケート結果より 34 
◇《施設紹介》北海道古平郡 地域にとけこむ「共働の家」――通勤寮建設に理解と協力を 辻田十三夫 36 
◇RESPO ‘84参加へのご案内 第一回国際障害者レジャー・レクリエーション・スポーツ大会 37 
◇全国各地より 38 
 ・〔名古屋〕理髪奉仕ボランティア 渡辺武夫(名古屋手をつなぐ親の会) 
 ・〔徳島県〕事務局日記より 布川幸雄(徳島県精神薄弱者育成会) 
◇昭和59年度精神薄弱関係国家予算の主要事項について 40 
◇時の動き 40 
 ・第32回全国大会 
 ・国民会議‘83国際障害者年長期行動計画推進全国会議 
◇三月三日 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 42 
◇昭和五八年度『手をつなぐ親たち』総目次 43 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇心身障害者職業センター 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.338 19840401 

 【特集 今、必要なことは――人生の歩みにそって】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》下関先帝祭 4月23~25日 山口県下関市 0 
◇あなたが好き 増野臣子(広島市) 2 
◇《特集》今、必要なことは――人生の歩みにそって 4 
 ・〔乳幼児期〕両親のいたわり合い、協力で子育てを――発達をうながす視点を知ること 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 4 
 ・〔学齢期〕重要な三つの課題を考える――適正な就学・地域社会への参加・進路の保障 中澤和彦(大阪府立交野養護学校) 9 
 ・〔青年期以降〕今日を明日につなげることを大切に――“自分の座”は最良のおくりもの 中村与吉(新潟県十字園) 14 
 ・今、必要なことは 東京都新宿区手をつなぐ親の会 18 
 ・今、必要なことは 埼玉県川口市手をつなぐ親の会 20 
◇《今月のもんだい》59年度に向けての親の会活動――この子この人の身になって 22 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》手乗り文鳥ピロの死 池田太郎(滋賀県信楽青年寮) 24 
◇《父と子の童話》(一)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 26 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(11)プシュシュ―ッ!ハンター 黒須和清 28 
◇《ルポ》京都府亀岡市 社会福祉法人松花苑「みずのき寮」を訪ねて 小林淳郎(ラジオ短波) 30 
◇《手記》長男と歩いた三十余年 赤羽道直(埼玉県川越市) 32 
◇《スケッチ》“大雪の朝のこと” O.T 35 
◇《医療トピックス》B型肝炎ワクチン 35 
◇全日本精神薄弱者育成会 坂本労働大臣へ要望書を提出 一日も早く、雇用率制度適用を!! 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・聖バレンタインデー 本田佳馬(長崎県鈴田の里学園) 
 ・この子らとの一六年を顧みて 力丸昭二(福島県相馬郡飯舘村) 
◇全国各地より 40 
 ・〔滋賀県〕湖岸公園清掃をはじめて 松田寅三郎(大津市手をつなぐ親の会) 
 ・〔神奈川県〕サークル活動で意志の疎通を 磯弘子(相模原市手をつなぐ親の会) 
 ・〔青森県〕農工園千里平 この一年 坂本嘉隆(農工園千里平) 
◇昭和五八年度・NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入賞者 42 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会 昭和59年度事業計画の大綱 43 
◇時の動き 46 
 ・障害者対策拡充強化関する要望 
 ・予対活動・精神薄弱者対策議連 
 ・労働大臣に「精神薄弱者に対する雇用率制度の適用」について要望書提出 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.339 19840501 

 【特集 小規模作業所のつくり方】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》伏木曳山祭り 5月15日 富山県高岡市伏木 0 
◇ぼくの夢 溝口利彦(滋賀県小津小学校六年) 2 
◇《特集》小規模作業所のつくり方 4 
 ・私達の作業所ができるまで――いつかいちむぎの家作業所 三崎圭子(広島県佐伯郡) 4 
 ・私達の作業所ができるまで――はぐるま工芸舎 富崎政勝(福岡県嘉穂郡) 6 
 ・私達の作業所ができるまで――工房ひしめき 林美代子(神奈川県鎌倉市) 8 
 ・私達の作業所ができるまで――小野市ひまわり園 岩崎清士(兵庫県小野市) 10 
 ・私達の作業所ができるまで――多治見こだま共同作業所 森下広(岐阜県多治見市) 12 
 ・私達の作業所ができるまで――ユートピア作業所 古川善朗(青森県八戸市) 14 
 ・親たちは作業所をどうやって作ってきたか――アンケート調査から各地の体験に学ぶ 大野智也(身体障害者雇用促進協会) 17 
 ・作業所80に聞きました――設立に関するアンケートより 手をつなぐ親たち編集部 22 
◇第八回ほほえみ賞入選者発表 16 
◇《今月のもんだい》59年度の国の予算をめぐって――障害者福祉の正しい位置づけを 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》妻の三回忌に想う 仲野好雄 28 
◇《父と子の童話》(二)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 30 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(12)くねくねへびくん 黒須和清 32 
◇《乳幼児期のページ》乳幼児期の精神遅滞 江草安彦・末光茂(岡山旭川荘) 34 
◇《学齢期のページ》新しい学校・新しい担任――学校・学級に早く慣れよう 河村好人(都立石神井養護学校) 36 
◇《ルポ》長野県上田市「上田ひもろ木園」を訪ねて 小林淳郎(ラジオ短波) 38 
◇手をつなぐ作品展――第三回精神薄弱者作品展示即売会 40 
◇《スケッチ》安全の教育 O.T 41 
◇《医療トピックス》神経芽細胞腫――早期発見でなおる子供のガン 41 
◇《声のひろば》 42 
 ・一日保母指導員 平田美知枝(岐阜県山ゆり学園保母) 
◇全国各地より 40 
 ・〔石川県〕親の会の授産所の歩み 喜成己布(松の実福祉授産所) 
 ・〔山形県〕兄弟姉妹の会の研修会 伊藤泉(山形市手をつなぐ親の会) 
 ・〔長崎県〕動き出した郡部連絡協議会 土原新作(長崎県精神薄弱者育成会) 
◇小規模作業所 目で見る作業種目のいろいろ① 46 
◇時の動き 47 
 ・全日本育成会59年度事業計画・予算の決定 
 ・アジアを中心とする長期研修生サヨナラパーティ 
 ・日本精神薄弱者福祉連盟会長に仲野好雄全日本育成会理事長選任される 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇第33回全日本精神薄弱者育成会全国大会(岩手県盛岡市)開催のお知らせ 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.340 19840601 

 【特集 小規模作業所の運営の仕方】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇第33回全日本精神薄弱者育成会全国大会(岩手県盛岡市)開催のお知らせ 49 
◇《表紙絵の説明》大山山開き前夜祭 6月第一土曜日 鳥取県西伯郡大山町 0 
◇お母さん 二宮早百合(愛媛県野村学園) 2 
◇《特集》小規模作業所の運営の仕方 4 
 ・私達の作業所の運営――もくせい作業所 鈴木祐光(愛知県宝飯郡) 4 
 ・私達の作業所の運営――七尾授産所 笹谷伝造(石川県七尾市) 6 
 ・私達の作業所の運営――はまなす学園 葛原繁子(北海道余市郡) 8 
 ・私達の作業所の運営――なんばなかよし作業所 能村律子(大阪市浪速区) 11 
 ・私達の作業所の運営――はまゆう園 隅田寿三子(山口県豊浦郡) 14 
 ・私達の作業所の運営――ハスの実作業所 林祐賢(福井市) 16 
 ・45の作業所に聞きました――運営に関するアンケートより 手をつなぐ親たち編集部 19 
◇《スケッチ》期待する親 O.T 27 
◇《医療トピックス》麻疹の季節――早めに予防接種を 27 
◇《今月のもんだい》事故を防ごう 28 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》帽子の針さし――手をつなぐことの大切さ 矢島せい子(障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会会長) 30 
◇《父と子の童話》(三)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 32 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(13)シューンジェット 黒須和清 34 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》総合的な診断をもとめて 江草安彦(岡山旭川荘) 36 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》日常生活の中であいさつを 吉田昌義(東京都立中野養護学校) 38 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》子どもの言い分、親の言い分 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 40 
◇昭和59年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧 42 
◇全国各地より 44 
 ・〔鹿兒島県〕寺子屋式養護大学「きずな学園」の開校 十島雍蔵(鹿兒島県精神薄弱者育成会) 
 ・〔山口県〕心身障害者の野外活動センター“すぎのこ村”の開設 今橋文男(山口県精神薄弱者育成会) 
 ・〔兵庫県〕希望の旅十周年記念映画「あすに向って」を完成 安達厚子(兵庫県精神薄弱者育成会) 
◇ぼくのおいたち 大口隆(東京都南葛飾高校三年・南葛飾高校定時制弁論大会より) 46 
◇時の動き 47 
 ・身体障害者福祉法改正促進の要望 
 ・労働大臣に雇用率問題で面会 
 ・国立神経センターをガンセンター並みに 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇一人ひとりの会員を増やす 親の会運動を盛り上げましょう!! 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.341~345

◆『手をつなぐ親たち』No.341 19840701 

 【特集 障害の重い人の快適な生活】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》浅草寺四万六千日ほおずき市 7月9、10日 東京都台東区 0 
◇しょうじょうをもらって 熊谷栄美子(青森県拓光園) 2 
◇《特集》障害の重い人の快適な生活 4 
 ・快適な基礎は健康から 大島一良(秋津療育園) 4 
 ・障害が重いということは――幼児のお母さんへ提言 石井聖(小露路治療教育研究所) 7 
 ・楽しく生きよう 秋田晴美(おさなご園作業所) 10 
 ・渦潮の渦巻くように 大友慶次(渋谷区立心身障害者福祉センター) 13 
 ・自閉症青年の快適なある日 小野法郎(嬉泉須藤福祉センター) 16 
 ・明るくゆとりある空間と楽しい生活を 中村元一(西駒郷) 19 
◇《スケッチ》夏休みの前に O.T 23 
◇《医療トピックス》食中毒の季節――手洗い・保存に注意 23 
◇《今月のもんだい》能力教育よりも善良な性格育成へ――世の教育改革によせて 24 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》親孝行談義 廣瀬貴一(大島藤倉学園園長) 26 
◇《父と子の童話》(四)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 28 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(14)Bo~~~!ビンらっぱ 黒須和清 30 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》健康づくりに心くばりを 山本壽幸(岡山旭川荘) 32 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》身のまわりのことをもっとしよう 三島照義(東京都立中野養護学校) 34 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》子どもの願い、親の対応(その1) 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 36 
◇《親の会訪問記》茨城県日立市精神薄弱者育成会を訪ねて 編集部 38 
◇全国各地より 40 
 ・〔山形県〕競馬場に食堂開店 吉田益康(上山市手をつなぐ親の会) 
 ・〔愛知県〕第一回国際障害者レジャー・レクリエーション・スポーツ大会(レスポ) 牧野正男(名古屋手をつなぐ親の会) 
 ・〔長崎県〕第六回長崎県スポーツ大会 土原新作(長崎県精神薄弱者育成会) 
◇第一二回「市民の福祉講座」ご案内 43 
◇磁場の会第1回(金沢)夏期学校ご案内――感動への出逢い、そして音楽 43 
◇《声のひろば》 44 
 ・結婚経験者の立場から 私のあゆんだ道 中村昭治(北海道上磯郡) 
 ・成人になった息子 加賀谷謹之助(秋田市) 
◇時の動き 46 
 ・身体障害者雇用促進法の改正に附帯決議 
 ・身障者福祉法の改正に附帯決議 
 ・第一回国際障害者RESPO大会 
 ・授産事業基本問題研究会 
 ・第一回高齢障害者問題研究会 
 ・精神薄弱施設長会議 
 ・精神薄弱者雇用対策研究会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇一人ひとりの会員を増やす 親の会運動を盛り上げましょう!! 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.342 19840801 

 【特集 父親再発見】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》遠州新居手筒花火 8月 静岡県新居町 0 
◇ぼくのおとうさん ひさやすひろあき(岡山 誕生寺養護学校小五年) 2 
◇お父さんのこと教えて! ひさやすひろあき(岡山 誕生寺養護学校小五年) 2 
◇ぼくのおとうさん 伊藤まさかず(愛知 豊川小四年) 3 
◇おとうさん 天のかおり(愛知 豊川小五年) 3 
◇《特集》父親再発見 4 
 ・ぼくの・わたしの・おとうさん 愛知豊川小学校の生徒たち 4 
 ・《座談会》お母さん達ができないことを父親が 千葉大学教育学部附属養護学校障害児者の将来を守る「父の樹会」 8 
 ・ぼくの・わたしの・おとうさん 静岡あしたか学園・東京すみだ教室・滋賀信楽学園・茨城鹿島育成園・長崎鈴田の里・新潟長久の家 15 
 ・わが家のお父さん――お母さんから 20 
◇《スケッチ》生活の中の言葉 O.T 25 
◇《医療トピックス》ヘルパンギーナ 大流行――うがいと手洗いで予防を 25 
◇《今月のもんだい》精神薄弱者相談員の活性化を 26 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》この灯を消さないように 本間長吾(全国精神薄弱者家族連合会理事長) 28 
◇《父と子の童話》(五)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 30 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(15)クルクルパックリング 黒須和清 32 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》発熱とてんかん発作 江草安彦(岡山旭川荘) 34 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》幼児と重度児のお手伝い 小笠原まちこ(東京都保谷市立ひいらぎ教室) 36 
◇第九回「ほほえみ賞」募集要項 37 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》子どもの願い、親の対応(そのII) 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 38 
◇《ルポ》青森県十和田市通所授産施設「農工園千里平」を訪ねて 小林淳郎(ラジオ短波) 40 
◇《川柳》我孫子和雄(三重県津市手をつなぐ親の会) 41 
◇《声》 42 
 ・俺のおやじ 吉田敬二(目黒青年学級) 
◇誕生日ありがとう運動 二〇周年記念冊子の原稿募集 43 
◇全国各地より 44 
 ・〔石川県〕お立ち寄りください「福祉の店」 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会) 
 ・〔滋賀県〕二〇周年記念式典講演会開催 松村良蔵(長浜市手をつなぐ親の会) 
 ・〔茨城県〕「手をつなぐ親たち」を親の会活動の指針として 小倉七夫(茨城県精神薄弱者育成会) 
◇NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞募集要項 45 
◇時の動き 46 
 ・全日本育成会の理事会・評議会・研修会 
 ・第15回リハビリテーション世界会議 
 ・第19回日本精神薄弱研究協会研究大会 
 ・第8回ほほえみ賞授賞式 
◇訃報――三木安正先生の逝去を悼む 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1984年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.343 19840901 

 【特集 都市と地方の親の会】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》越中おわら風の盆 9月1・2日 富山県八尾町 0 
◇けいちゃん 竹垰弥生(千葉 光風台小四年) 2 
◇《特集》都市と地方の親の会 4 
 ・親の会とわたし 全国各地区の会員より 4 
 ・〈親の会へのメッセージ〉この夏のこと 大竹太郎(「手をつなぐ親たち」編集委員) 12 
 ・〈親の会へのメッセージ〉プロ意識をもってください 山川宗計(東京・葛飾通勤寮寮長)  14 
 ・〈親の会へのメッセージ〉頼りがいのある親の会をめざして 皆川正治(全日本育成会専務理事) 16 
 ・東京における親の会活動の現況と今後の問題 緒方直助(東京都精神薄弱者育成会) 23 
◇《今月のもんだい》ともに明るい社会を 28 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》大きく成長した子どもたち――「みのり会」の母と子 北浦雅子(全国重症心身障害児(者)を守る会会長) 30 
◇《父と子の童話》(六)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 32 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(16)ころころアスレチック 黒須和清 34 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》嘔吐と便秘について 山本壽幸(岡山旭川荘) 36 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》「見通し」を持つ 吉田昌義(東京都立中野養護学校) 38 
◇ぼくの、わたしのおとうさん 38 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》子どもの願い、親の対応(そのIII) 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 40 
◇《新刊書案内》 40 
 ・『発達の遅れた子どもを育てる方へ――家庭でできる教育の実際』 渥美美恵子・松尾宣武(編著) 
 ・『詩集 四葉のクローバー』 二宮早百合(著) 
 ・『おねしょは治る――軽症から重症までタイプ別完全治療法』 新居美津子(著) 
◇《スケッチ》誰が? O.T 43 
◇《医療トピックス》ふえている肥満児 43 
◇全国各地より 44 
 ・〔神奈川県〕あじさい研修会同行記 石原辰雄(横浜市精神薄弱(児)者育成会) 
 ・〔福井県〕遠足のゴミを持ち帰る入所生 寺川秀丸(福井県精神薄弱者育成会) 
 ・〔岡山県〕賢い親になろう 小若和子(岡山市精神薄弱者育成会) 
◇心身障害者雇用促進月間に思う 木田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 45 
◇時の動き 46 
 ・身体障害者雇用促進法改正に両院社労委付帯決議 
 ・第5回地域療育対策研究会議 
◇《声》 46 
 ・僕のおやじ 田中秀夫(目黒区) 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇一人がひとりの会員を増やす親の会運動を盛り上げましょう!! 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.344 19841001 

 【特集 青年学級と仲間づくり】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》長崎くんちのコッコデショ 10月7~9日 長崎市 0 
◇すみだ教室のおもいで 桜井利之(『すみだ教室20年』より) 2 
◇はるながくえん 宮尾豊(『すみだ教室20年』より) 2 
◇すみだ教室だより 『すみだ教室20年』より 3 
◇《特集》青年学級と仲間づくり 4 
 ・〈全国各地からの報告〉神戸青年学級――生活の一部になりました 松村敏明(神戸心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 4 
 ・〈全国各地からの報告〉あすなろ青年学級――親の会が立ち上がって 寺島笑子(石川県精神薄弱者育成会) 7 
 ・〈全国各地からの報告〉かえで青年学級――四区合同の交流も活発に 鷺坂信孝(東京都中央区銀座中学校) 10 
 ・〈全国各地からの報告〉静岡市あおい青年学級――楽しい一日を過ごす 石割憲一(静岡北養護学校) 13 
 ・〈全国各地からの報告〉京都における青年学級活動――自分たちのことは自分たちの手で 井田光四郎(京都市ひかり学園) 16 
 ・青年学級の歩み 大南英明(文部省特殊教育課) 20 
◇《今月のもんだい》働く場を広がよう 24 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》上には上がいるもんです 飯田進(財団法人・神奈川県児童医療福祉財団理事長) 26 
◇《父と子の童話》(七)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 28 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(17)フワフワ空中ダンス 黒須和清 30 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》肥満とやせについて 小坂英(岡山旭川荘) 32 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》確実に身につけさせましょう 井上孝子(東京都杉並区立済美養護学校) 34 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》社会生活で出会う難問に当惑 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 36 
◇《ルポ》静岡県小笠原精神薄弱児施設「東遠学園」を訪ねて 大宮杜喜子(ラジオ短波) 38 
◇《スケッチ》地域の住民として O.T 40 
◇《医療トピックス》花粉症――イネ科植物にも注意を 40 
◇障害者の雇用をすすめるための論文募集 41 
◇《声のひろば》 42 
 ・車を動かすことのむずかしさ 佐藤英子(千葉県市川市) 
 ・福祉を生きている 広川好枝(東京葛飾しょうぶ福祉作業所) 
◇第四回障害者関係映画祭の開催 43 
◇全国各地より 44 
 ・〔福島県〕一日一日を明るく 大原正子(会津若松市心身障害(児)者親の会) 
 ・〔鳥取県〕三交会(母親研修会)に出席して 中原智恵(鳥取市精神薄弱者育成会) 
 ・〔栃木県〕小躍りして喜んだ海水浴とボランティア 本道尚敏(宇都宮支部) 
◇時の動き 46 
 ・年金制度改正促進運動 
 ・山形県大会・福岡県研修会・九州地区大会・北海道大会 
◇昭和60年度国家予算に各省は何を要求しているか 47 
◇「なかよし保険」記事について 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.345 19841101 

 【特集 高齢者問題を考える】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》松江どう行列 11月3日 島根県松江市 0 
◇僕のねがい 木口勇(鹿兒島県) 2 
◇《特集》高齢者問題を考える 4 
 ・吉沢のおばあさんのこと 佐竹正道(神奈川県さがみ野ホーム) 4 
 ・小集団生活の中から老化防止を考える 樋口俊文(長野県かりがね学園) 8 
 ・親たちの力で更生施設を 増田正司(滋賀落穂寮) 11 
 ・東京町田市における高齢者の人たち 弓削田綾子(町田市手をつなぐ親の会) 14 
 ・高齢者対策の促進をねがう 菅信一(大阪精神薄弱者育成会) 16 
 ・「精神薄弱児者を持つ親の高齢化問題についての調査報告」から 大阪精神薄弱者育成会 18 
◇《今月のもんだい》身体障害者福祉法の改正にあたって 20 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》泉下の父をしのぶ 淀野寿夫(自閉症児親の会全国協議会会長) 22 
◇《ろんせつ》なにが裁かれたのか 吉川正義(読売新聞社解説部) 24 
◇《スケッチ》プライバシー O.T 29 
◇《医療トピックス》特発性拡張型心筋症に対し医療費の助成始まる 29 
◇《父と子の童話》(八)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 30 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(18)にょきにょき紙ばしご 黒須和清 32 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》心身症こころとからだのかかわり 中島洋子(岡山旭川荘) 34 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》具体的な場面で具体物を通じて 西山恵子(東京都立立川養護学校) 36 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》小遣いと余暇 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 38 
◇《ルポ》滋賀県神崎郡 たけのこ福祉作業所を訪ねて 手をつなぐ親たち編集部 40 
◇《声のひろば》 42 
 ・“若人の集い”への初参加 永吉アイ子(鹿児島市精神薄弱者育成会) 
 ・青年学級のこと 有村真継 
 ・親の思うこと 柴田修(静岡県浜松市) 
◇全国各地より 44 
 ・〔宮崎県〕第六回九州地区指導者研修大会について 川越垣義(宮崎県精神薄弱者育成会) 
 ・〔北海道〕第二九回全道大会開かれる 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 
◇精神薄弱者福祉推進全国大会のお知らせ 「精神薄弱者の自立を求めて」 45 
◇時の動き 46 
 ・NHK厚生文化事業団「年長心身障害児・者福祉対策研究発表会――自立と社会参加をめざして」 
 ・第2回大都市問題協議会 
◇第7回ソ連教育・福祉・医療視察団について 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.346~350

◆『手をつなぐ親たち』No.346 19841201 

 【特集 職場生活を支えるために】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》世田谷のボロ市 12月15~16日 東京都世田谷区 0 
◇僕の好きなこと 丸尾勝信(福岡県) 2 
◇《特集》職場生活を支えるために 4 
 ・僕のたのしみ、私の生きがい 全国の働く仲間たちから 4 
 ・働く条件づくりと親の役割 手塚直樹(身体障害者雇用促進協会) 8 
 ・働く環境づくりと働きがいのある生活を育てよう 半間一夫(新潟通勤寮長久の家) 12 
 ・周囲の人の助言や支えを大切に――職場の同僚の声から 吉田昌義(東京都立中野養護学校) 16 
 ・精神薄弱者担当職業相談員の実践から 安達光子(東京都亀戸職業安定所) 18 
 ・〈かいせつ〉「身体障害者等雇用実態調査結果の概要」から 労働省職業安定局障害者雇用対策室 20 
 ・家庭での心づかい――母と子で二人三脚 久美岡須賀恵(鳥取県育成会) 25 
 ・家庭での心づかい――素晴らしき職場に感謝 木道喜代(栃木県育成会) 26 
 ・家庭での心づかい――ものは考えよう 小林幸江(神奈川県大和市育成会) 27 
◇《今月のもんだい》心身障害児者の里親制度に期待する 28 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》その子に適した教育を 小林登(全国心臓病の子供を守る会会長) 30 
◇《父と子の童話》(九)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 32 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(19)グラグラフルーツ皿ゲーム 黒須和清 34 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》視覚と聴覚について 山本壽幸(岡山旭川児童院) 36 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》数の指導 渡理紀正(東京都立中野養護学校) 38 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》余暇の利用――お金とのかかわり 室橋正明(東京都精神薄弱者育成会青年期相談室長) 40 
◇《新刊書案内》 42 
 ・『ダウン症児の赤ちゃん体操』 藤田弘子(著) 
 ・『今日は何を教えてくれるの』 後藤俊江(著) 
 ・『山をこえて行こうではないか――小杉長平・ちえ遅れの子のせいと結婚を語る』  
 ・『光はバスに乗って――成人心身障害児施設・豊岡光生園の四年』 鈴木栄(著) 
◇《スケッチ》ある戦後史 O.T 43 
◇《医療トピックス》乳児のビタミンK欠乏による出血症 43 
◇全国各地より 44 
 ・〔福岡県〕結成二〇年・法人化五周年にすばらしいプレゼント 竹内清治(北九州市精神薄弱者育成会) 
 ・〔三重県〕障害児友情のつどい「福祉村・秋まつり」盛会に終わる 笠井幸夫(三重県精神薄弱者育成会) 
 ・〔山口県〕中国大会終わる 井上光子(山口県精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 46 
 ・第5回精神薄弱グループトレーニングコース 
 ・日本アイ・ビー・エムKKの助成で精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー 
 ・第3回全国大会 
 ・在宅高齢者のニード調査と在宅療育に関する研究 
 ・「福祉募金装い四億円詐取」――気をつけましょう 
◇第7回国際精神薄弱研究会議出席旅行のご案内 47 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.347 19850101(昭和60年) 

 【特集 第33回全国大会報告(岩手県盛岡市)】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》玉せせり 1月3日 福岡市箱崎 0 
◇阪神パークへいって 藤本美里(淡路養護学校中三) 2 
◇《特集》第33回全国大会報告 主題「人としての尊厳にふさわしい処遇の確立(完全参加と平等)」 4 
 ・大会のあらまし 4 
 ・基調報告 皆川正治(全日本精神薄弱者育成会) 6 
 ・〈第一分科会・乳幼児期〉地域療育体制の確立をめざそう 佐藤友三郎・伊東宗行・加藤義雄・吉田廣二・高橋洋子・守屋陽子 8 
 ・〈第二分科会・学齢期〉楽しく生き生きと生活できる場に 山口未好・中村智子・小出進・佐々木敏夫・松尾弘一・橋本美枝子・吉田房吉 10 
 ・〈第三分科会・青年期(教育と進路・職業と生活保障)〉自立を支える条件整備を 安彦ひさ子・吉野禎造・後藤光義・手塚直樹・伊藤慶二・宍戸のぶ子・村田道雄 12 
 ・〈第四分科会・老齢化問題〉高齢化問題の整理をライフサイクルで 中村律・伊東泉・中沢健・安田恒人・山口雅樹・小野金策 14 
 ・〈第五分科会・親の会活動〉親の会の理解推進と組織の強化 小畑忠一・幾田せい子・大野智也・笹倉二郎・中村正志・川越垣義 16 
 ・〈第六分科会・なんでも話そう〉施設・年金・高齢化等へ活発な発言が 皆川正治・小宮山倭・渡辺実・梅津松夫 18 
 ・〈全体会議(シンポジウム)〉これからの親の会活動に望むもの――各分科会に参加して 伊東宗行・佐々木敏夫・手塚直樹・安田垣人・笹倉二郎・皆川正治 20 
 ・〈保育室から〉こんにちは! 伊藤久子(岩手県希望ヶ丘学園) 26 
 ・参加者の声 全国大会アンケートより 28 
 ・決議 30 
 ・全国大会を終わって 梅津松夫(大会実行委員長) 31 
 ・これからの親の会活動――第三三回全国大会でのあいさつより 仲野好雄(全日本精神薄弱者育成会理事長) 32 
◇《今月のもんだい》新しい年を迎えて 34 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》小さな心くばり 永井勝実(社団法人日本てんかん協会会長) 36 
◇《父と子の童話》(十)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 38 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(20)グングンたこたこ 黒須和清 40 
◇《声のひろば》 42 
 ・娘とハワイに行きました 樋田登志子(神奈川県大和市) 
 ・「しいの美だより」の発行をとおして 遠藤和子(千葉県市原市) 
 ・がんばり屋の息子 竹平正(宮崎県) 
 ・「手をつなぐ親たち」との出会い 佐々木きよ子(東京都足立区) 
 ・子どもから教えられること 床登喜男(岡山県) 
◇《スケッチ》お母さんを頼る O.T 45 
◇第7回ソ連教育・福祉・医療視察団について 46 
◇時の動き 47 
 ・福岡県育成会のスポーツ大会 
 ・四国大会 
 ・「精神薄弱者の職業と社会参加に関する基本セミナー」 
 ・第4回手をつなぐ作品展 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.348 19850201 

 【特集 この子の魅力】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》えんぶり 2月17~20日 青森県八戸市 0 
◇学へのメッセージ 君の魅力 荒岸喜代子(札幌市) 2 
◇《特集》この子の魅力 4 
 ・我が家の自慢娘 崎村フサ(福岡市) 4 
 ・母親のエネルギー源は息子 橋本和子(東京都墨田区) 5 
 ・笑顔 脇田紀代子(大阪府泉南郡) 6 
 ・我が家の福の神 山崎哲夫(三重県久居市) 7 
 ・おしゃれな娘 藤野信子(富山市) 8 
 ・我が家の“希望の星” 牧野和美(岡山県倉敷市) 9 
 ・やっぱり親バカかしら 宮地佳子(名古屋市) 10 
 ・天使の聖香 山本正彦(北海道恵庭市) 11 
 ・がんばりやさんの清子 柳瀬峯子(滋賀県) 12 
 ・この子の笑顔に励まされて 玉木節子(鳥取県) 13 
 ・娘は施設の調理師さん 中村澄江(神奈川県茅ヶ崎市) 14 
 ・音楽の好きな息子 満生満智子(奈良県生駒郡) 15 
 ・親バカちゃんりん 佐藤ミヤ子(秋田市) 16 
 ・花作りの名人 十倉武夫(兵庫県氷上郡) 17 
 ・母親をかえた息子 後藤昭子(福島市) 18 
 ・我が家のアイドル歌手悦ちゃん 魚住美恵子(熊本県) 19 
 ・かけがえのない宝 石原悦夫(静岡市) 20 
 ・心やさしい長女 天木歌子(岐阜県) 21 
 ・息子の不思議な魅力 大久保えつ子(茨城県取手市) 22 
 ・お父さん、見てみましたか? 有村和子(鹿児島市) 23 
 ・支え合って 中島敏子(石川県金沢市) 24 
 ・展子一九、番茶も出花 遠藤間(宮城県) 25 
 ・この子の魅力 石塚節子(群馬県館林市) 26 
 ・ちゃめって気たっぷりの息子 吉田和子(長野市) 27 
 ・ター坊の魅力 横山武雄(青森市) 28 
 ・和弘の思い出 佐藤千里(福井市) 29 
◇《今月のもんだい》大切なレクリエーション活動――体を動かすということ 30 
◇《父と子の童話》(十一)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 32 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(21)くるくるテープゴマ 黒須和清 34 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》運動面の遅れとことばの遅れ A.V.ズンデルト(岡山旭川児童院) 36 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》買い物の指導から 渡理紀正(東京都立中野養護学校) 38 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》出会いについて(I) 武田幸治(北海道おしまコロニーはなす寮) 40 
◇《ルポ》自立訓練センター アカシヤの里を訪ねて 小林淳郎(ラジオ短波) 42 
◇《スケッチ》かべのない教室 O.T 43 
◇全国各地より 44 
 ・〔岐阜県〕楽しい「ようごまつり」 藤村文雄(岐阜市立岐阜養護学校) 
 ・〔広島県〕設立五周年大会について 佐藤秀信(福山市精神薄弱者育成会) 
 ・〔山形県〕心温まる社長さん 有路市次郎(尾花沢市手をつなぐ親の会) 
 ・〔福島県〕やればできる 遠藤輝雄(須賀川市手をつなぐ親の会) 
 ・〔福岡県〕職親協議会の広がりを 細川学(北九州市精神薄弱者育成会) 
 ・〔北海道〕親たちの自力建設にメド 島村恒三(札幌市手をつなぐ親の会) 
◇時の動き 46 
 ・三つの交流集会:精神薄弱者福祉推進全国大会・第8回リハビリテーション交流セミナー・国民会議‘84「長期行動計画推進会議」 
◇社会福祉法人「松の花基金」の設立 47 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.349 19850301 

 【特集 新しい生活に向けて】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》多陀寺の初午祭 3月初午の日 島根県浜田市 0 
◇兄ちゃんへ 小野亜紀子(山口県) 2 
◇《特集》新しい生活に向けて――こうして私も乗りこえた 4 
 ・わたぼうしコンサートに入選した 川口秀美(静岡みなと青年学級) 4 
 ・“あゆみの家”へ入って 山本桂子(長崎市) 6 
 ・がんばれ 兄ちゃん! 漆山悦子(山形市) 8 
 ・学校での自立めざして 瀬島久子(香川県高松市) 10 
 ・親の会や地域の人に励まされ 西脇祐子(奈良県大和高田市) 12 
 ・息子よ、がんばれ 奥信篤(和歌山市) 14 
 ・春を待つ心のゆとりを 岡田弘子(鳥取県気高郡) 16 
 ・あの「言葉」が支えに 石田啓介(滋賀県守山市) 18 
◇《今月のもんだい》60年度の国の予算をめぐって――「福祉工場」制度化の示唆するもの 20 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》終戦40年 岡崎英彦(社会福祉法人びわこ学園理事長) 22 
◇《父と子の童話》(十二・最終回)魚沼の子ら 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 24 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》お母さんのこまやかな配慮で 山本壽幸(岡山旭川児童院) 26 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》作業学習で自信を 高橋春国(江東区立深川第四中学校) 28 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》出会いについて(II) 武田幸治(北海道おしまコロニーはなす寮) 30 
◇《声のひろば》 32 
 ・今できることをいっしょうけんめいにやる 大竹ヒサ(栃木県) 
 ・“小さな福祉駅”三人の娘たち 長山美佐男(茨城県那珂郡) 
 ・この子とともに 西尾新(長崎県佐世保市) 
 ・娘と私 北出辰雄(石川県加賀市) 
◇《スケッチ》「未婚の母」とは O.T 35 
◇《医療トピックス》小児糖尿病 35 
◇全国各地より 36 
 ・〔東京都〕はじめてのダンスパーティー 山内美代(杉並区手をつなぐ親の会) 
 ・〔名古屋〕青年教室の成人式とどんど焼 有賀紀十(名古屋手をつなぐ親の会) 
 ・〔山形県〕教師夫妻の愛情 菊池浩子(山形県手をつなぐ親の会) 
 ・〔宮崎県〕体育祭開かれる 池田廉(宮崎県精神薄弱者育成会) 
 ・〔石川県〕福祉作業所のこれから 西谷芳子(内灘町育成会) 
 ・〔大阪府〕手をつなぐ作品展――第四回作品展示即売会 菱川幹人(大阪精神薄弱者育成会) 
◇時の動き 40 
 ・国民会議‘84「長期行動計画推進会議」 
◇昭和59年度『手をつなぐ親たち』総目次 42 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.350 19850401 

 【特集 楽しく生きる】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》利賀の獅子舞い 4月中旬 富山県東砺波郡利賀村 0 
◇まえにならえ 中尾誠(長崎県佐世保市) 2 
◇《特集》楽しく生きる 4 
 ・ぼくの楽しみ・私の夢――地球は丸い 麻生七美(兵庫県川西市) 4 
 ・ぼくの楽しみ・私の夢――ソフトボール 森永正(長崎県佐世保市) 5 
 ・ぼくの楽しみ・私の夢――将棋を趣味に 中井司(石川県金沢市) 5 
 ・ぼくの楽しみ・私の夢――楽器演奏で楽しく 釘松喜代次(宮崎県東諸県郡) 6 
 ・趣味や特技を生かして――鉄道友の会に入会 稲田敏子(東京都目黒区) 7 
 ・趣味や特技を生かして――歌と息子 柴田修(静岡県浜松市) 7 
 ・趣味や特技を生かして――家族マージャン 遠藤和子(千葉県市原市) 8 
 ・趣味や特技を生かして――歌と踊りの即興も 牧野正男(愛知県名古屋市) 9 
 ・親にとっての心のゆとり――気分は女学生 桑原勢津子(岐阜市) 10 
 ・親にとっての心のゆとり――娘達との欧州旅行 花田忠昭(福岡県飯塚市) 11 
 ・親にとっての心のゆとり――二人だけの食事 高田寮子(愛知県名古屋市) 12 
 ・親にとっての心のゆとり――楽しみは作り出すもの 加藤佳子(栃木県宇都宮市) 13 
 ・親にとっての心のゆとり――笑顔のおかげで 中村文子(熊本市) 14 
 ・親にとっての心のゆとり――私の夢 柳瀬美延(兵庫県三木市) 15 
 ・家族や周囲に支えられて――一日一日を大切に 西柳静枝(福岡市) 16 
 ・家族や周囲に支えられて――進んで仕事も 林ヤス子(北海道帯広市) 17 
 ・家族や周囲に支えられて――我が家の一輪の花 伊藤恵子(広島市) 17 
 ・家族や周囲に支えられて――母と猛の幸せ躍る 塚本洋子(兵庫県三田市) 18 
◇《今月のもんだい》(1985年)国際青年年と私たち――親の会としての参加を 20 
◇《近頃思うこと・近頃の出来事》今諸外国に学ぶこと 大山泰弘(日本理化学工業株式会社) 22 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(22)カプカプ仔犬ゲーム 黒須和清 24 
◇《人生の歩みにそって 乳幼児期》まず大切な両親の協力 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 26 
◇《人生の歩みにそって 学齢期》現場実習と家庭での心構え 佐久間治行(千葉県立市川養護学校) 28 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》出会いについて(III) 武田幸治(北海道おしまコロニーはなす寮) 30 
◇《名人登場シリーズ》焼き物にかける――村井保君の巻 立花淑子(くすの園) 32 
◇《新刊書案内》 34 
 ・『こどもを伸ばす親の役割 社会的自立をめざして』 東京都精神薄弱者育成会(編) 
 ・『律君 こっち向いて』 姜春子(著) 
 ・『新米施設長のオロオロ日記』 大澤澄男(著) 
 ・『特殊教育の理念』 小宮山倭(著) 
◇《スケッチ》青年の門出 O.T 35 
◇科学万博「障害者ガイド」 大野智也 35 
◇《声のひろば》 36 
 ・娘を就職させて 矢野洋子(島根県出雲市) 
 ・息子の魅力 前崎布久枝(札幌市) 
 ・私の大事ないとしい娘 諏訪美智子(岡谷市) 
 ・娘と私 高橋良子(秋田市) 
 ・マラソン がんばる長男 一ノ瀬静江(佐世保市) 
◇全国各地より 40 
 ・〔奈良県〕第六回成人のつどい 秋山多喜子(奈良県手をつなぐ親の会) 
 ・〔福岡県〕主役は子どもたち 宮崎浩一(宮田町手をつなぐ親の会) 
 ・〔岐阜県〕ふれあい史跡めぐり 大庭利夫(神岡町手をつなぐ親の会) 
 ・学校だより――愛媛県立第三養護学校 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会昭和六〇年度事業計画の大綱 42 
◇《連載・今月の料理①》ためしてみませんか 手づくりの味:にんじんジャム・シーチキンのオランダ焼 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・小規模作業所の現状と今後を考えるシンポジウム 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.351~355

◆『手をつなぐ親たち』No.351 19850501 

 【特集 親と子のあいだ】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》浅草三社祭 5月17~19日 東京都台東区 0 
◇カラスのカーボ― 関口久子(栃木県宇都宮市) 2 
◇《特集》親と子のあいだ 4 
 ・〈座談会〉親と子のあいだ 4 
 ・娘が私を選んでくれた 橋本八重子(石川県能美郡) 10 
 ・かまいすぎの反省 牧野和美(岡山県倉敷市) 11 
 ・一人の人間として 山田智子(石川県七尾市) 13 
 ・ようこそ私のところへ 野々村照美(岐阜市) 15 
 ・親の心が子供にうつる 青木そのえ(福井市) 16 
 ・彼女の歯車を尊重し 水谷良(三重県津市) 18 
◇《今月のもんだい》子どもの日に思う――人間としての豊かさとは 20 
◇《近頃思うこと》タウンマザーとなった 近藤美代子(徳島県吉野川育成園タウンマザー) 22 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(23)デカデカカサケン玉 黒須和清 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》医師の選びかたと親の役割 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》健康を意識した日常生活を 中里睦子(東京都立王子養護学校) 28 
◇《海外だより》アメリカに留学している同僚からの手紙 白井俊子(東京都心身障害者福祉センター) 30 
◇《名人登場シリーズ》炭焼きに生きる――五〇代の精かんな男たち 山口雅樹(松風園) 32 
◇《スケッチ》あいさつ O.T 34 
◇《医療トピックス》気管支喘息 34 
◇昭和五九年度・NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入賞者 35 
◇昭和60年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・この子とともに 児玉一子(島根県出雲市) 
 ・福祉作業所に救われて 太田重利(長崎県長崎市) 
 ・けじめのある娘 山田由美子(長野県岡谷市) 
 ・娘の笑顔に励まされて 藤島律子(秋田県秋田市) 
 ・まだまだ足りない“心の訓練” 大野セツ子(兵庫県宝塚市) 
◇四季の花――花菖蒲 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇第九回ほほえみ賞入選者発表 41 
◇全国各地より 42 
 ・〔栃木県〕もっと父親の参加を! 水井政之助(宇都宮支部) 
 ・〔茨城県〕第五回スポーツの集い 小倉七夫(茨木県精神薄弱者育成会) 
 ・〔山形県〕全戸加入の親の会 酒井昭一(川西町手をつなぐ親の会) 
 ・〔長崎県〕長崎県心身障害者作品展 本田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・学校だより――新潟県立高田養護学校 
◇『自立をめざして』ハンドブック無料配布のお知らせ 44 
◇《連載・今月の料理②》ためしてみませんか 手づくりの味:中国ちまき 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・年長心身障害児者福祉対策研究発表会 
 ・世界育成会の「民間団体(育成会)の将来の役割に関するシンポジウム」報告 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1985年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 49 
◇貸出カセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.352 19850601 

 【特集 私たちの作業所自慢】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》北海道神宮祭り 6月15~17日 北海道札幌市 0 
◇父と娘のスキンシップ 久米登美子(香川県) 2 
◇《特集》私たちの作業所自慢 4 
 ・女の先生の肩もみ訓練 兵庫県竜野市竜野つくし園 井戸誠一 4 
 ・企業の協力で働く喜びが 神奈川県相模原市すずらんの家 大長昭子 6 
 ・養護学校との協力で夢の実現 奈良県奈良市こまどり福祉作業所 田中ヨシ 8 
 ・地域の協力が絶大 栃木県那須郡つくし共同作業所 深谷勝樹 10 
 ・愛情あふれる厳しい指導 埼玉県狭山市はばたき作業所 大室垣夫 12 
 ・自分たちでできる範囲で 北海道山越八雲町かつら共同作業所 西谷かずみ 14 
 ・自慢したからやらねばならぬ 新潟県新潟市日和山福祉作業所 平沢貞盛 15 
 ・各地の作業所自慢 あれこれ アンケートより 16 
 ・作業種目 いろいろ アンケートより 19 
 ・企業がつくった作業所 一年で五人が就職 大野智也(身体障害者雇用促進協会) 20 
◇《今月のもんだい》年金は気楽に大切に 賢く活かして使いましょう 22 
◇《近頃思うこと》日本住血吸虫病と戦い 田ヶ谷雅夫(山梨そだち園) 24 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(24)ペタペタダーツゲーム 黒須和清 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれとてんかん 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》家での生活はこんなふうに 小林和子(東京都台東区立黒門小学校) 30 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》結婚は生きがい 三島照義(東京都立墨田養護学校) 32 
◇《名人登場シリーズ》流れる汗も踊り出す――ノビロブラサーズ 橘文也(ノビロ青年の家) 34 
◇《声のひろば》 36 
 ・幸せが自信に 鈴木都(兵庫県神戸市) 
 ・息子、それは私の宝 神成恵子(秋田市) 
 ・父と子の入浴 坂弥百合子(石川県金沢市) 
 ・自力通学 林静司(岐阜県揖斐郡) 
 ・子供の便りで夫婦愛を 湊京子(秋田市) 
◇四季の花――紅花(べにばな) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 37 
◇全国各地より 40 
 ・〔愛知県〕老人ホームで観桜会 寺西とめ(名古屋市手をつなぐ親の会) 
 ・〔岩手県〕能力開発をめざして 高橋享(氣仙慈愛育成会) 
 ・〔山形県〕七千平方メートルの畑 鈴木和夫(米沢市手をつなぐ親の会) 
 ・〔栃木県〕会員の意識強化 大竹ヒサ(栃木県精神薄弱者育成会) 
 ・〔神奈川県〕ともに生きるまちづくり 遠藤礼二(BSつくし会) 
 ・学校だより――埼玉県立春日部養護学校 
◇《スケッチ》加害者をつくる責任 O.T 44 
◇1985年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 44 
◇《連載・今月の料理③》ためしてみませんか 手づくりの味:玉ネギの肉詰煮こみ 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・全日本精神薄弱者育成会第101回理事会・第69回評議員会・研修協議会 
 ・NHK厚生文化事業団、59年度心身障害福祉賞贈呈式 
◇61年4月1日実施の20歳以上の障害者に対する年金・手当 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸し出しフィルム覧表(16ミリ・カラー映画) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.353 19850701 

 【特集 就労を支える】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》別所温泉岳の幟 7月15日 長野県上田市 0 
◇わがば園の想い出 宮沢秀彦(千葉県) 2 
◇《特集》就労を支える 4 
 ・保護者の会をつくって 東出昇(三重県有限会社東出木材工業) 4 
 ・社会参加への心構え 藤原正男(北九州市西日本ドライクリーニング株式会社) 8 
 ・働く喜びを分ちあう 安河内理二(北九州市安河内綜合食品株式会社) 10 
 ・ちえおくれの人たちを育成して 小豆沢喜代一(島根県ブロック工業所) 12 
 ・一職親からの提言――北海道旭川市職親会 村越洋文(北海道酪雪食品有限会社) 15 
 ・我が子を正しく見つめて――職業相談員として 寺西とめ(名古屋手をつなぐ親の会)  18 
◇《今月のもんだい》都市の中心部に大人の施設をつくるとなると 20 
◇《近頃思うこと》有機農法と治療教育 金築健夫(京都みずのき寮) 22 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(25)らんらんあやつり人形 黒須和清 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》聴力障害にも注意しよう 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》生活習慣を身につけさせる工夫 高階恵子(東京都品川区立宮前小学校) 28 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》結婚は生きがい(II) 三島照義(東京都立墨田養護学校) 30 
◇《名人登場シリーズ》横浜名物の白根だるま――本職も顔負け 吉田正幸(白根学園) 32 
◇《新刊書案内》 34 
 ・『自閉症の治療教育プログラム』 E・ショプラー他(著)佐々木正美(監訳) 
 ・『赤いランドセルが泣いていた』 稲村甚葳(著) 
 ・『ばんざい“清きこころ”――誕生日ありがとう運動20周年記念誌』 誕生日ありがとう運動本部 
◇《スケッチ》弱者の安全 O.T 35 
◇第一〇回「ほほえみ賞」論文募集要項 35 
◇《声のひろば》 36 
 ・この娘に育てられて 早坂勝子(茨城県日立市) 
 ・匡志と歩き始めて七年目 戸谷洋子(愛知県名古屋市) 
 ・親バカ思考 柿崎瑠美子(秋田市) 
 ・父親の心 藤山靖(佐賀市) 
 ・心にゆとりが 岡安典子(広島県三原市) 
◇四季の花――蓮(はす) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 37 
◇全国各地より 40 
 ・〔北海道〕上砂川町が就職援護事業 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 
 ・〔千葉県〕喫茶「柏っ葉」 伊藤武(柏市手をつなぐ親の会) 
 ・〔兵庫県〕地域の温かさの中で 塚本洋子(三田市手をつなぐ親の会) 
 ・〔埼玉県〕太陽の家ができて 安田菊代(岩槻市手をつなぐ親の会) 
◇第34回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 43 
◇精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナーのお知らせ 43 
◇祭りを描きはじめたころのこと――表紙絵、百号を迎えて 平野勲 44 
◇《連載・今月の料理④》ためしてみませんか 手づくりの味:水ようかんときゅうり印籠  倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・臨時教育審議会へ意見書を提出・障害児教育に関する要望書 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1985年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.354 19850801 

 【特集 学校と保護者との協力】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》東山温泉盆踊り 8月13~20日 福島県会津若松市 0 
◇連絡帳 椿珠江(山口県宇部市) 2 
◇《特集》学校と保護者との協力 4 
 ・スクールバスから路線バスへ 伊藤賢隆(滋賀県) 4 
 ・養護学校に通って 芦沢きよ子(山梨県) 6 
 ・この子が就職できた 杉野静江(栃木県) 9 
 ・〈対談〉子供の存在が第一――特殊学級をめぐって 松本了(日本てんかん協会)・鷺坂信孝(中央区立銀座中学校) 10 
 ・夏休みの親子教室 亀井浩(福井大学附属養護学校) 16 
 ・生き生きとした生活を体験 佐藤美代子(和歌山県田辺第二小学校) 18 
 ・時々思い出すお母さんたち 山田章子(東京都立青鳥養護学校) 21 
 ・親子遠足をきっかけに 縣弘(静岡県立浜松養護学校) 22 
◇《今月のもんだい》職場生活を支えるために――親の出る幕は 24 
◇《近頃思うこと》みんなで「共に生きる社会づくり」を 藤本隆(誕生日ありがとう運動本部) 26 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(26)ぴよぴよまわし笛 黒須和清 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》この子らしく育てる 佐藤加津子(神奈川県小児療育相談センター) 30 
◇《歩みにそって 学齢期》自閉症児の育て方 あいうえお 真保真人(東京都教育委員会) 32 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》結婚は生きがい(III) 三島照義(東京都立墨田養護学校) 34 
◇《名人登場シリーズ》味のある鼓笛隊――地道な努力が実を結ぶ 村山夫佐(香川県ふじみ園) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・やっぱり美和子でなければ 雨宮釈子(茨城県北相馬郡) 
◇第34回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 38 
◇四季の花――立葵(たちあおい) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔岡山県〕結びつきを大切に 小坂英子(岡山市情緒障害児を持つ親の会) 
 ・学校だより――鳥取県倉吉市立倉吉養護学校 
◇《スケッチ》もう一つの夏休み O.T 42 
◇第二回精神遅滞医学セミナーのお知らせ 42 
◇《連載・今月の料理⑤》ためしてみませんか 手づくりの味:冷やしそば 倉持章 43 
◇今後の精神薄弱者雇用対策の在り方について――労働省・精神薄弱者雇用対策研究会の報告 44 
◇時の動き 47 
 ・国際障害者年日本推進協議会第11回協議員総会 
 ・全日本育成会理事会・評議員会・幹部研修会 
 ・三木安正先生追悼会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1985年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.355 19850901 

 【特集 住まいと暮らし】 
◇第22回精神薄弱者愛護月間 昭和60年9月1日30日 重点主題「みんなの一歩、大きな一歩」 2 
◇《表紙絵の説明》藤崎宮ぼした祭り 9月15日 熊本市 0 
◇たくさんの中に私がいる 松井むつみ(宮崎県向陽の里 通勤寮くぬぎ寮) 2 
◇《特集》住まいと暮らし 4 
 ・〈座談会〉地域の中の大人として――高田ホームをめぐって 山内美代・廣瀬貴一・大竹太郎・大野智也 4 
 ・桑の木園を訪ねて――地域に出て暮らす園生たち 編集部・内田 12 
 ・ともに生きる家・すばる舎――ふつうに生きて 西定春 14 
 ・神山ホームを訪ねて――自由なくつろぎの場 編集部・鈴木 16 
 ・〈資料〉精神薄弱者生活ホーム設置運営要綱(神奈川県) 19 
◇《今月のもんだい》広げよう自立の輪を 「みんなの一歩、大きな一歩」 22 
◇《近頃思うこと》若い人たちとともに 鈴木田鶴子(東京都中野区愛育会) 24 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(27)ポトポトビー玉おとし 黒須和清 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》視力障害にも注意しよう 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》あなたはどちらを選びますか? 武藤文雄(前茨城県立勝田養護学校校長) 30 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》ザ・結婚 望月勝久(福井医療技術専門学校) 32 
◇《名人登場シリーズ》手編みの名人“洋子さん”――母と子のささやかな幸せ 向敬子(佐世保市親の会) 34 
◇学校と保護者との協力 36 
 ・桜色の傘をさして 熊膳ひとみ(富山県) 
 ・子どもに正しい理解を 上村千嘉子(北海道上砂川中学校) 
 ・親と二人三脚 竹村加寿代(奈良県立西の京養護学校) 
◇《声のひろば》 40 
 ・生きがいを守ろう 瀬古栄治(山ゆり福祉ホーム) 
 ・和幸との二〇年 小野文枝(山口県) 
◇四季の花――鶏頭(けいとう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇全国各地より 42 
 ・〔京都府〕作業所運営は? 馬瀬信三(京都精神薄弱者育成会) 
 ・〔長崎県〕第七回スポーツ大会 本田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・学校だより――山梨県立わかば養護学校 
◇《スケッチ》老人と子ども O.T 44 
◇第七回アジア精神薄弱会議台湾旅行参加募集案内 44 
◇《連載・今月の料理⑥》ためしてみませんか 手づくりの味:えびカレーライスコロッケ 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・全国精神薄弱関係施設長会議 
 ・全国授産施設総合研究大会=転換期にある授産施設の将来展望 
◇NHK厚生文化事業団 第二〇回心身障害福祉賞実施要綱 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.356~360

◆『手をつなぐ親たち』No.356 19851001 

 【特集 施設を考える】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》掛川の大獅子 10月10日 静岡県掛川市 0 
◇ある退寮者のひとり言の中から… 東寺敏夫(函館青年寮職員) 2 
◇《特集》施設を考える 4 
 ・施設は人なり――薫英荘を訪ねて 廣瀬貴一(元大島藤倉学園) 4 
 ・地域に根ざした通所施設――恵学園・恵松学園を訪ねて 小林淳郎(日本短波放送) 8 
 ・施設を考える――アンケートをもとに、今後の施設のあり方、役割などについて考えてみました 編集部 12 
◇《今月のもんだい》福祉作業所振興方策への提言――人間復権の場をめざして 20 
◇《近頃思うこと》こどもとめがね 安藤恵美子(千葉大学医学部眼科) 22 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(28)ブーブーらっぱ 黒須和清 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》兄弟姉妹への心くばり 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》就職をめざして 松本芳信(東京都杉並区立済美養護学校) 28 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》オトナになる話 望月勝久(福井医療技術専門学校) 30 
◇《名人登場シリーズ》芸術家肌が筆をとる――作業所の原辰徳 的場賢(垂水作業所) 32 
◇学校と保護者との協力 34 
 ・中学生になって 小川千恵子(名古屋市) 
 ・火曜会 前田純夫(鹿兒島県立武岡台養護学校) 
 ・親もいっしょに勉強 丸山光子(宮崎市) 
 ・方針を一つにして 梅谷千鶴栄(神戸市立青陽東養護学校) 
◇9月号特集「住まいと暮らし」より 生活ホームの資金・運営についてQ&A 38 
◇《新刊書案内》 39 
 ・『しいのき』 しいのき学園父母の会(編) 
 ・『子供たちよ はばたけ』 渕上隆子(著) 
 ・『一人ひとりの命を』 大下勝正(著) 
 ・『ナイジェル・ハントの世界』 ナイジェル・ハント(著)・中村陸郎(訳) 
 ・『障害児の医療相談』 長瀬又男(著) 
◇《声のひろば》 40 
 ・たった一人の障害児でも 小田増穂(和歌山県日高郡) 
 ・夏のたより 大澤澄男(新潟県魚沼学園) 
◇四季の花――すすき(芒)(薄) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇全国各地より 42 
 ・〔北海道〕創立三○周年記念の北海道ブロック大会 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 
 ・〔鹿兒島県〕第二十五回九州地区鹿兒島大会の報告 新原忠男(鹿兒島県精神薄弱者育成会) 
◇小杉長平先生を偲ぶ会ご案内 43 
◇《スケッチ》シャーロック・ホームズの時代 O.T 44 
◇精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー 資料販売のお知らせ 44 
◇《連載・今月の料理⑦》ためしてみませんか 手づくりの味:さんまの鳴門焼き 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・第9回ほほえみ賞贈呈式 
 ・東北ブロック協議会研修会 
 ・精神薄弱者雇用対策研究会終わる 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸し出しフィルム一覧表(16ミリ・カラー映画) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.357 19851101 

 【特集 小さな子を育てるために】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》酉の市 11月とりの日 東京都鷲神社 0 
◇たのしい毎日 有村真継(鹿兒島県) 2 
◇《特集》小さな子を育てるために 4 
 ・〈座談会〉ふつうに育てて親のできる限りを 東京都“新宿区立あゆみの家”のみなさん司会:大野智也(身体障害者雇用促進協会) 4 
 ・相談をするために――障害児であろうとなかろうと 大竹太郎(手をつなぐ親たち編集委員かい) 14 
 ・幼児との暮らしをふりかえって 16 
  ・出会い 頼笑子(岐阜県大垣市) 
  ・できる限りのことを 庭植光義(石川県金沢市) 
  ・弟といっしょに 木下キミ子(長崎県佐世保市) 
  ・我が家の家族旅行 荒川誠子(秋田県仙北郡) 
  ・長女と母に支えられ 牟田口光代(佐賀県くすのみ園) 
  ・長所をのばして 一ノ瀬静江(長崎県佐世保市) 
 ・ともに学び育つ 共同実践グループ「たんぽぽ」――神奈川県伊勢原市手をつなぐ親の会 小林淳郎(ルポ・日本短波放送) 23 
◇《今月のもんだい》昭和61年度国家予算に各省は何を要求しているか 26 
◇《近頃思うこと》同級会 松原胖(山形県手をつなぐ親の会) 28 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(29)くねくね針金レインジャー 黒須和清 30 
◇《歩みにそって 学齢期》生活施設を利用するには 廣瀬貴一(元大島藤倉学園) 32 
◇《人生の歩みにそって 青年期以降》未来を歩くオトコ、その非行始末 望月勝久(福井医療技術専門学校) 34 
◇《名人登場シリーズ》ぬくもりあふれる織物――姉倉姫 近藤友枝さん 作村裕子(セーナー苑) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・宏之君の「魔法のランプ」から 田代一茂(佐賀県伊万里市) 
 ・学校と保護者との協力 井上真子(高知市) 
 ・作業所を守り育てる 菅沼良子(大阪黒土作業所) 
◇全国各地より 42 
 ・〔埼玉県〕関ブロック大会裏話 草村芳(富士見市みのり会) 
 ・学校だより――宮崎大学教育学部附属中学校 
◇四季の花――菊(きく) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇《スケッチ》母親の役割(友だち) O.T 44 
◇《連載・今月の料理⑧》ためしてみませんか 手づくりの味:四色シュウマイ 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・全社協予対・税制改正特別委員会 
 ・第6回心身障害児者地域療育会議 
◇第34回手をつなぐ親の会全国大会資料集紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.358 19851201 

 【特集 これからの親の会】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》浅草観音歳の市 12月18日 東京都浅草寺 0 
◇ふれあいの家のこと 高橋章(宮城県泉市・27歳) 2 
◇《特集》これからの親の会 4 
 ・やりたいことで夢ふくらむ 芝晴美(静岡市とどの会) 4 
 ・会員のつながりを広げる 長谷川孝子(宮城県泉市精神薄弱者育成会) 6 
 ・レクリエーションで生きがいを 三浦宰造(愛媛県西条市手をつなぐ親の会) 8 
 ・協力が子の将来の幸せに 澤田進子(名古屋市名東区手をつなぐ親の会) 10 
 ・自分たちの場づくりを考えて 新妻義一(北海道苫前郡羽幌町手をつなぐ親の会) 12 
 ・独自の手づくり作業にはげむ 斉藤喜代子(宮城県仙台市大野田はぎの苑) 14 
 ・魅力あふれる親の会 渡辺信子(岐阜県各務原市わかあゆ会) 16 
 ・夫婦で活動する会に 岡崎和成(和歌山県新宮東牟婁手をつなぐ親の会) 17 
 ・魂の若い人の集い 大竹ヒサ(栃木県精神薄弱者育成会) 18 
◇《今月のもんだい》我が子を護る(まもる)――いじめと人権によせて 20 
◇《近頃思うこと》強く、明るく、けなげに生きて 明千恵(東京都江東区手をつなぐ親の会) 22 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(30)ゴロゴロタコレース 黒須和清 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》愛されて育つ自立性 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》生活を楽しく 大井清吉(東京学芸大学) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会のなかでの生活(その1) 国井全子(東京都立青鳥養護学校) 30 
◇《名人登場シリーズ》絵の上手なエビスさん――明るく楽しく生命を満喫 伊藤紀己江(どんぐり共同作業所) 32 
◇《新刊書あんない》 34 
 ・『生命かがやく日のために』 斉藤茂男(編著) 
 ・『楽しい生活ハンドブック ①野菜をつくろう ②お料理しよう』 大南英明・下田巧(監修) 
 ・『おてつだい学習』 おてつだい学習会(編) 
 ・『翔んで!アニメ』 森岡曻(著) 
 ・『土に咲く』 井上隆雄(著) 
 ・『ちえ遅れの人の性教育』 ウェンディ―・マッカーシー/リディア・フィーガン(著)・飯田貞雄・山口勝弘(訳) 
◇《声のひろば》 36 
 ・自分のできることを 山中みゆき(香川県三豊郡) 
 ・この子らに仕事を 宮原勝恵(山口県秋穂町) 
 ・報われない故の尊さ 力丸昭二(福島県相馬郡) 
 ・生け花のあとで 鈴木田鶴子(東京都中野区) 
◇四季の花――石蕗(つわぶき) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 37 
◇全国各地より 40 
 ・〔兵庫県〕小さな街のすみずみまで 坊垣悦子(三田市手をつなぐ親の会) 
 ・〔岐阜県〕第一八回東海北陸大会 小塩太満男(岐阜県精神薄弱者育成会) 
 ・〔福井県〕兄弟姉妹の会について 野村こずゑ(敦賀支部 かすみヶ丘学園) 
◇第一〇回「ほほえみ賞」論文募集要項 43 
◇《スケッチ》帰るところがなくなる O.T 44 
◇第八回ソ連・北欧教育福祉医療視察団参加募集案内 44 
◇《連載・今月の料理⑨》ためしてみませんか 手づくりの味:薪型ケーキ 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・日本精神薄弱研究協会第20回研究大会 
 ・北海道30周年大会、九州ブロック大会 
 ・第3回大都市問題協議会 
 ・職業と社会参加に関するセミナー 
 ・関東甲信越ブロック大会・中国ブロック大会・全日本特殊教育研究連盟の全国大会・日本精神薄弱者愛護協会の施設職員研究大会 
 ・精神薄弱者雇用率適用問題の審議始まる 
◇第34回手をつなぐ親の会全国大会資料集紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.359 19860101(昭和61年) 

 【特集 高齢者の生活を豊かに】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》近江八幡左義長 1月14・15日 滋賀県近江八幡市 0 
◇ボクの成人式 可知ひさなお君とおかあさん(岐阜県・恵那たんぽぽ共同作業所だより) 2 
◇《特集》高齢者の生活を豊かに 4 
 ・〈てい談〉暮らしの選択の幅を広げて 横岳品子・遠藤礼二・大野智也 4 
 ・心豊かに生きて 山里一夫(鳥取大学教育学部附属養護学校) 14 
 ・いま五〇歳――老後に向けて 大庭伊兵衛(東京都教育庁学務部) 17 
 ・社会で働く高齢者 大場茂俊(北海道おしまコロニー) 20 
◇年頭所感 仲野好雄(理事長) 23 
◇《スケッチ》個人の歴史を考える O.T 23 
◇《今月のもんだい》成人式の日に――子どもの心を豊かに育て 24 
◇《近頃思うこと》新年随想 上田睦子(富山県精神薄弱者育成会) 26 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(31)ドキドキ生け花ゲーム 黒須和清 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子どもを育てる 佐々木正美(神奈川県小児療育相談センター) 30 
◇第六回研修セミナー「精神薄弱者の就労と社会参加」開催のお知らせ 31 
◇《歩みにそって 学齢期》ちえおくれだから――玉入れ? 大井清吉(東京学芸大学) 32 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会のなかでの生活(その2) 国井全子(東京都立青鳥養護学校) 34 
◇《名人登場シリーズ》土鈴に命をかける男――ひたむきに粘土一筋 西村恵美子(龍野つくし園) 36 
◇明石市立通所授産・更生施設 「木の根学園」を訪ねて 手をつなぐ親たち編集部 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・F君のバス通学 杖池誠(香川中部養護学校) 
 ・療育キャンプに参加して 麻田喜代子(岡山県川上郡) 
◇四季の花――松(まつ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇全国各地より 42 
 ・〔埼玉県〕精神薄弱者スポーツ大会 福岡三治(育心寮手をつなぐ親の会) 
 ・〔香川県〕四国ブロック大会 高橋富恵(香川県精神薄弱者育成会) 
 ・〔長崎県〕療育キャンプ 本田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 
◇《連載・今月の料理⑩》ためしてみませんか 手づくりの味:小田巻蒸し 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・第25回東北ブロック大会 
 ・中央児童福祉審議会の動き 
◇第34回手をつなぐ親の会全国大会資料集紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.360 19860201 

 【特集 第34回全国大会報告(兵庫)】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》節分 2月3日 神奈川県箱根町 0 
◇昔の僕と今の僕 長谷部文男(山形県・つつじ作業所) 2 
◇《特集》第34回全国大会報告(兵庫県神戸市) 4 
 ・大会のあらまし 主題「人としての幸せをもとめて(自立と社会参加)」 5 
 ・〈第一分科会 乳幼児・学齢期〉施設等の連携と大切な親の姿勢 中川透(司会)・中田直美・小前千春・辻井正・赤松愛子・谷口裕子・瀬川知子・森口直孝 6 
 ・〈第二分科会 青年期I(教育と進路)〉社会生活につながる学校生活を 船引浩一(司会)・浜本俊和・小出進・小野勝・藤本隆・秀石詢子・足立桂子 8 
 ・〈第三分科会 青年期II(労働 生活 結婚)〉働く場の環境づくりに向けて 原祥結(司会)・秋山多喜子・手塚直樹・福永昭三・影近英孝・大塚祥久・井田光四郎 10 
 ・〈第四分科会 重度、重複(児)者問題〉生きがい、医療などの充実 黒田健次(司会)・松井輝夫・小林久利・岡崎英彦・片岡実・遠藤敏子・橋本銀三 12 
 ・〈第五分科会 高齢者(老化)問題〉安心できる生活の場を確保して 三好則克(司会)・松田寅三郎・江草安彦・池田太郎・高橋省己・小森勘三・萩原邦夫 14 
 ・〈第六分科会 自閉症(児)者問題〉作業所、施設などの実践の道を開く 竹本進(司会)・澄川智・隠岐忠彦・白瀧貞昭・所久雄・福井治子・松倉富子・今津房子 16 
 ・〈第七分科会 親の会活動〉活力ある親の会として発展のために 皆川正治(司会)・梶原福美・山崎正則・沢田清方・川村つや・土井千代子・桑名芳一 18 
 ・〈第八分科会 何でも聞いてみて知ろう〉親の会活動の重要性ひしひしと 中込充雄(司会)・仲野好雄・笹倉二郎・田中義徳・塚本洋子 20 
 ・〈シンポジウム〉精神薄弱者の自立と社会参加をもとめて 田中義徳(司会)・笹倉二郎・手塚直樹・皆川正治 22 
 ・決議 27 
 ・全国大会を終わって 田中義徳(大会実行委員長) 28 
 ・全国大会アンケートより 30 
◇《スケッチ》父親の位置 O.T 31 
◇《今月のもんだい》お母さん 決め急がないで――家族としての惜しみ援助を 32 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(32)ぐにゃぐにゃ百面相 黒須和清 34 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの遅れた子に対する言語指導(一) 新谷順子(神奈川県小児療育相談センター言語相談室) 36 
◇《歩みにそって 学齢期》ラーメンとカレーライス 大井清吉(東京学芸大学) 38 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会のなかでの生活(その3) 国井全子(東京都立青鳥養護学校) 40 
◇《名人登場シリーズ》フリスビーと出会って――自信を得て大きく成長 倉澄孝治(ひまわりの丘 第四学園) 42 
◇《声のひろば》 44 
 ・多くのことを教わって 倉田文太郎(秋田県大和更生園) 
 ・福祉の大工さん 寺口石次郎(青森県黒石市親の会) 
◇四季の花――梅(うめ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 45 
◇時の動き 46 
 ・第9回リハビリテーション交流セミナー 
 ・第34回全日本育成会全国大会 
◇第34回手をつなぐ親の会全国大会資料集紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.361~365

◆『手をつなぐ親たち』No.361 19860301 

 【特集 私の言い分】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》ひな市 3月下旬 埼玉県内各地 0 
◇両親に言いたいこと 山田高子(石川県・やまびこ学園) 2 
◇先生に言いたいこと 三明和枝(山口県・うべくるみ園) 3 
◇《特集》私の言い分 4 
 ・詩表現教育――八編の詩 仲野猛(愛媛 町立野村学園) 4 
 ・おもいで 羽田丈二(中学部三年) 8 
 ・キャンプ 平藤陽子(小学部六年) 8 
 ・先生に言いたいこと 斎藤智之(静岡 富士旭出学園) 8 
 ・してもらいたい事 豊田旨男(山形 万世通勤寮) 9 
 ・社会におねがい 寺西正樹(石川 野野市町福祉作業所) 9 
 ・先生に言いたいこと 森谷晃市(山形 天童ひまわり園) 9 
 ・ぼくの願うこと 高本政三(滋賀 くるみ作業所) 10 
 ・僕の言い分 前田明(名古屋 東邦ガス) 11 
 ・私のお父さんお母さん 佐藤真弓(宮城 白石あけぼの園) 12 
 ・卒業後から現在 鈴木信子(東京 S電機) 13 
 ・〈座談会〉仕事・両親・友だちについて 大野智也(司会)・町田市障害者青年学級のみなさん 14 
◇《今月のもんだい》雇用率の適用を――親の会が声を大にして叫ぼう 22 
◇《近頃思うこと》一人の人間として 中村智子(福島市手をつなぐ親の会) 24 
◇親子で楽しむ手づくりのあそび(33)フワフワみかんおばけ 黒須和清 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの遅れた子に対する言語指導(二) 新谷順子(神奈川県小児療育相談センター言語相談室) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》まがっていたネクタイ 大井清吉(東京学芸大学) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会のなかでの生活(その4) 国井全子(東京都立青鳥養護学校) 32 
◇《名人登場シリーズ》地域と結んだ和太鼓――今金ひかり太鼓 柴谷勝俊(光の里学園) 34 
◇《かいせつ》雇用率制度について 皆川正治 36 
◇《スケッチ》親の役割(排便のしつけ) O.T 37 
◇第五回手をつなぐ作品展 精神薄弱者作品展即売会 出店募集 37 
◇《声のひろば》 38 
 ・明日何するの? 長野美紀子(北海道立鷹栖養護学校) 
◇四季の花――桃(もも) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 38 
◇《連載・今月の料理⑪》ためしてみませんか 手づくりの味:中国カステラ 倉持章 39 
◇時の動き 40 
 ・中央児童福祉審議会費用負担部会 
 ・国民会議‘85長期行動計画推進会議 
◇昭和六〇年度「手をつなぐ親たち」総目次 42 
◇刊行物のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.362 19860401 

 【特集 働く場へ出す親の配慮】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》ともばた祭り 4月17・18日 石川県内浦町 0 
◇タレントになるのがゆめ 後藤典子(山形県栄光園) 2 
◇《特集》働く場へ出す親の配慮 4 
 ・作業所での生活を支える 長嶌トシエ(東京都 渋谷けやき福祉作業所) 4 
 ・サン・トレーニング社 三一人とのふれあいから 谷口重臣(東京心身障害者職業センター) 6 
 ・できることから根気よく 私自身の反省をこめて 鈴木幸子(神奈川県座間市株式会社近代) 8 
 ・ともに働く仲間たちの声 10 
  ・入社後の配慮を大切に 桜井なおみち(名古屋市 T社) 
  ・家族へのお願い 奥村幸一(富山 北陸硝子工業株式会社) 
  ・社会人としてのあゆみ 釜神武男(山形 まるよね食品工業株式会社) 
  ・T君と共に働いて 細谷義衡(香川丸亀公共職業安定所) 
  ・共に働く者として 岩岡和男(滋賀 株式会社叶匠寿庵) 
 ・職場を訪問して思うこと――職業相談員より 14 
  ・家族にお願いしたいこと 菅雅嗣(札幌市社会復帰センター) 
  ・M君との出会い 牧野和美(岡山県精神薄弱者育成会) 
  ・あるお母さんから考えること 鶴見伸之(香川県高松公共職業安定所) 
  ・子と共に親も努力を 三好照子(奈良県桜井市公共職業安定所) 
  ・雇用者の話を聞いて 水島茂(福井県心身障害者雇用促進協会) 
  ・働く人たちの立場を考える 松原盛正(石川県精神薄弱者育成会) 
  ・明日の幸せの場を求めて 渡辺美吉(埼玉県精神薄弱者育成会) 
  ・職場と家庭は車の両輪 大島正(北海道苫小牧市役所福祉課) 
 ・しかるとき、ほめるときの区別をはっきりと 山内正男(静岡県浜松市有限会社信友工業所) 22 
◇《スケッチ》外国の日本人 O.T 25 
◇第二〇回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入賞者発表 25 
◇《今月のもんだい》年金は気楽に大らかに!――大切に使うことを身につける 26 
◇《近頃思うこと》ヤッターマンは、いるのか 早川真也(神奈川県厚木市手をつなぐ親の会) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》強く、賢く育つには 田中美智子(江戸川区立平井東小学校ひまわり学級) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》「結婚」そして「母」 池上登(静岡県教育委員会特殊教育課) 32 
◇親子であそぼう!①おちつきは遊びのもと 安藤則夫(つくも幼児教室) 34 
◇《名人登場シリーズ》モザイク製作によろこび――身近な素材を生かして 梶原由紀子(姫路市立飾磨西中学校) 36 
◇《新刊書あんない》 38 
 ・『シリーズ生活を学ぶ①つくって食べよう』 大石垣・大井清吉(編) 
 ・『シリーズ生活を学ぶ⑥わたしたちのからだ』 緒方直助・大井清吉(編) 
 ・『知恵おくれの人の職業生活を進める条件』 手塚直樹(著) 
 ・『ルポルタージュ自閉症』 吉川正義(著) 
 ・『てんかんと私』 日本てんかん協会(編) 
 ・『続・明日香ちゃん美しく』 高橋幸春(著) 
 ・『木馬の足音』 佐藤エミ子(著) 
◇《声のひろば》 40 
 ・働く人の気持ち 柳原正直(岐阜市立みやこ授産所) 
 ・子ども中心の子育ての輪 谷本守(香川中部養護学校) 
◇四季の花――桜(さくら) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会 昭和六一年度事業計画の大綱 42 
◇《連載・今月の料理⑫》ためしてみませんか 手づくりの味:キスのフライからしソース 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・特殊教育に関する懇談会 
 ・労働大臣に雇用率制度適用を要望 
 ・精神衛生法の改正に意見を求められる 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇刊行物のご案内 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.363 19860501 

 【特集 私たちの学校・学級自慢】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》青柏祭 5月13~15日 石川県七尾市 0 
◇おおくの人とふれあいたい 阿部裕(札幌市社会復帰センター) 2 
◇《特集》私たちの学校・学級自慢 4 
 ・みんなで育てる教材ライブラリー 出和弘二(石川県立明和養護学校) 4 
 ・ネームプレート販売 高橋武夫(山形市立第七小学校) 6 
 ・言語治療室ってこんな部屋 杉野繁和(岐阜県立大垣養護学校) 8 
 ・わが学級の作業学習 飯田良三(名古屋市立千石小学校) 10 
 ・子どもたちをしっかり見つめよう 中道周知(和歌山県立紀北養護学校) 12 
 ・社会自立をめざして 磯部保(静岡県磐田市立城山中学見付分校) 14 
 ・“11組”の交流 森本すが代(兵庫県西宮市手をつなぐ親の会) 15 
 ・子どもたちの成長を求めて 小暮由(群馬県伊勢崎市立伊勢崎養護学校) 17 
 ・白鳥さんに、ズームイン! 加賀正弘(福井大学附属養護学校) 18 
 ・精神薄弱教育の実情と今後の展望 宮崎直男(国立特殊教育総合研究所) 20 
◇《近頃思うこと》障害が軽ければ問題も軽いか 本橋駒三郎(東京都武蔵野市立第一中学校) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれのお子さんをもつ親ごさん方へ 廿楽重信(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》「子どもと科学する」には...? 池田太郎(東京都杉並区立四宮小学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》三○歳 就労戦線 異状あり 池上登(静岡県教育委員会特殊教育課) 30 
◇《働くなかまシリーズ》働くよろこび、一六年――社会の一員として 柴田セツ(京都精神薄弱者育成会) 32 
◇親子であそぼう!②注意をひきつける遊び 安藤則夫(つくも幼児教室) 34 
◇昭和61年度通所援護事業補助先一覧(141ヶ所) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・私のねがい 田中やすよ(鹿児島県) 
 ・心のきずな 安田俊亮(岐阜県福祉センターメイワ) 
◇全国各地より 40 
 ・〔山形県〕「メッセージ」開店 延味武(山形県鶴岡市親の会) 
 ・〔鳥取県〕島根・鳥取交流集会 坂賀登(鳥取県西部父母の会) 
 ・〔栃木県〕第二大曽作業所オープン 本道尚敏(栃木県宇都宮支部) 
◇四季の花――藤(ふじ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇国際精神薄弱者福祉団体連盟第九回世界会議出席とブラジル旅行のご案内 42 
◇《連載・今月の料理⑬》ためしてみませんか 手づくりの味:巴すし 倉持章 43 
◇「今月のもんだい」にかえて 精神衛生法の改正に関する意見 社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会(昭和六一年三月三一日) 44 
◇《スケッチ》子どものいのち O.T 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇刊行物のご案内 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.364 19860601 

 【特集 年金をどう生かすか】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》豊年祭 旧6月吉日 沖縄県一円 0 
◇おみまい 岸田竜(穴水町立穴水小学校六年) 2 
◇たからもの 山下祐樹(門前町立仁岸小学校五年) 3 
◇《特集》年金をどう生かすか 4 
 ・年金が彼の喜びに生まれかわるとき 増田徳子(静岡県三島市) 4 
 ・思い出づくりに 加藤さち子(愛知県名古屋市) 5 
 ・生きがいを大切に 鈴木則子(福岡県北九州市) 6 
 ・病気に備えて 市川定子(高知県かがみの育成園) 7 
 ・生活保護と年金 田中祐子(福岡県北九州市) 7 
 ・生活に潤いをあたえる 藤原秀一(京都府美山育成園) 8 
 ・幸せのための積み立て 岸本武雄(山口県くすの園) 8 
 ・年金管理運営の貯金会 伊藤泉(山形県立総合コロニー希望ヶ丘) 9 
 ・管理委員会をつくって 西尾功(岐阜県ひまわりの丘第三学園) 10 
 ・福祉共済会による環境作り 飛子太郎(広島県西志和農園) 11 
 ・〈座談会〉上手な使い方を身につける 皆川正治(司会)・大竹太郎・伊藤恵美子 12 
 ・新しくなった年金・手当の一覧(昭和61年4月からの額) 21 
◇《今月のもんだい》軽い人のことを考える 特殊学級の教育の充実を 22 
◇《近頃思うこと》地域の中の働く店「どんぐり」 松本幸子(大阪府河内長野市手をつなぐ親の会) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》お子さんを見ていくのに必要な知識(1) 廿楽重信(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》入浴指導について 柴田彌生子(東京都江戸川区立第三葛西小学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》スーツが買えた 池上登(静岡県教育委員会特殊教育課) 30 
◇《働くなかまシリーズ》当てになる従業員――周囲の人に支えられ 有賀紀十(名古屋市手をつなぐ親の会) 32 
◇親子であそぼう!③期待をひきだそう 安藤則夫(つくも幼児教室) 34 
◇第五回手をつなぐ作品展――精神薄弱者作品展即売会 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・成人式を迎えて 持永明美(浜松市みなみ作業所) 
 ・ボーイスカウントに参加 田中京作(福井市) 
 ・明成園に入れて 桜田紀子(秋田県精神薄弱者育成会) 
 ・共感の社会 三井徳康(愛知県刈谷手をつなぐ親の会) 
◇全国各地より 42 
 ・〔秋田県〕つくしんぼ学習会 高橋洋子(秋田大学附属養護学校) 
 ・〔山口県〕せまいながらも楽しい分校 西村治(山口県田布施養護学校徳山分校) 
◇四季の花――白雲木(はくうんぼく) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇《スケッチ》男女雇用機会均等法未だし O.T 44 
◇第十回「ほほえみ賞」入賞者発表 44 
◇《連載・今月の料理⑭》ためしてみませんか 手づくりの味:中国風オムレツ 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年推進会議 
 ・今年の愛護月間も「中間年」 
 ・全日本育成会理事会・評議員会 
◇精神薄弱者に対する雇用率制度の適用と雇用の拡大に関する請願書 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1986年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.365 19860701 

 【特集 地域に根づいた作業所づくり】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》京都祇園祭 7月17日 京都市 0 
◇もう一度生まれてきた時は 下沖貴美代(宮崎県しいのき寮) 2 
◇《特集》地域に根づいた作業所づくり 4 
 ・鎌倉の型絵染絵はがき 中村そうこ(神奈川県鎌倉市清和工房) 4 
 ・手描き友禅の細帯にいどむ織姫たち 荒岡憲正(静岡県浜松市ひくまの工房) 6 
 ・地域の協力で障子の張り替え作業 阿曽沼睦子(岩手県前沢町白梅授産所) 8 
 ・しおり人形からの出会い 岩崎久弥(新潟県新潟市ほがらか福祉作業所) 10 
 ・こも編み作業と人麿像の販売 井川元治(島根県益田市ひまわりの家) 12 
 ・くるみを使った自主製品“勝来身” 土谷範(岩手県水沢市ひまわり共同作業所) 14 
 ・民芸作家の協力で作った“弘法鈴” 花元弘(山口県大島町心身障害者福祉作業所さつき園) 17 
 ・童人形と端布利用の製品づくり 坂家富子(岐阜県高山市コスモス福祉作業所) 18 
 ・和紙工芸品からロウケツ染に 斉藤薫子(埼玉県桶川市みどり作業所) 20 
 ・生け花や指圧の先生をむかえて 野瀬ミヨ子(滋賀県彦根市あじさいの家共同作業所) 22 
 ・地域との交流が実を結んで 鈴木和夫(山形県米沢市さくらんぼ作業所) 23 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 25 
◇第二回「ほほえみ賞」論文募集要項 25 
◇《近頃思うこと》心の戸を大きく開いて 徳永チヅ(手をつなぐ親たち編集委員会) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》お子さんを見ていくのに必要な知識(2) 廿楽重信(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》たのしい外泊にしよう 井上節子(東京都新宿区立牛込原町小学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》人とのかかわり(1)青年学級で 高橋春国(東京都江東区立深川第四中学校) 32 
◇《働くなかまシリーズ》三人の仲間とともに――親身で丹念な指導のもと 上田幸政(愛媛県八幡浜手をつなぐ親の会) 35 
◇親子であそぼう!④ゆとりが興味を育てる 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・やっぱり姉妹 石坂佑子(石川県金沢市) 
 ・“ふるさと心村”をめざして 平岳幸男(奈良県手をつなぐ親の会) 
◇四季の花――金宝樹(きんぼうじゅ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇短歌 佐々木きよ子(東京都足立区) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔東京都〕おれたちの甲子園大会 熊木正則(東京都青梅市友愛学園成人部) 
◇1986年精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー開催要項 41 
◇《スケッチ》親の役割では? O.T 42 
◇第23回精神薄弱者愛護月間中央行事セミナー「国際障害者年中間年への展望」 42 
◇《連載・今月の料理⑮》ためしてみませんか 手づくりの味:フィッシュ・タンバ―ル 倉持章 43 
◇新しい精神薄弱施設の徴収金制度のあらまし――この7月から、施設入所の徴収金の制度が変わりました 44 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1986年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.366~370

◆『手をつなぐ親たち』No.366 19860801 

 【特集 お休みの日】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》米子がいな祭り 8月2・3日 鳥取県米子市 0 
◇日曜日 鈴木直人(神奈川県藤沢市本町小6の2) 2 
◇《特集》お休みの日 4 
 ・〈ぼくのお休み〉楽しい我が家 三木英彰(香川県中部養護学校) 4 
 ・〈ぼくのお休み〉ファミコン大好き 仲田俊子(岡山県玉野市) 5 
 ・〈ぼくのお休み〉田んぼが好きです 塚本猛(兵庫県三田市) 7 
 ・〈ぼくのお休み〉楽しいハイキング 浜田成子(埼玉県春日部市) 8 
 ・〈自然に親しむ〉篤の筋肉マン土筆(つくし) 島田治子(香川県高松市) 10 
 ・〈自然に親しむ〉祖父と楽しく 小野寺芳枝(宮城県氣仙沼市) 12 
 ・〈自然に親しむ〉自然のままに受け止めて 和田美智代(三重県名張市) 14 
 ・〈自然に親しむ〉家の中で過ごすよりは 鎌田孝子(宮崎県宮崎市) 16 
 ・〈自然に親しむ〉山菜採りにお弁当 森下凉子(愛媛県伊予市) 17 
 ・〈自然に親しむ〉ぼくもひとりで馬に乗る 高本和江(広島県広島市) 19 
 ・〈暮らしの中で〉生き生き 職場実習 坊垣悦子(兵庫県三田市) 21 
 ・〈暮らしの中で〉温かい家庭の幸福な日々 松本美保(香川県高松市) 22 
 ・〈暮らしの中で〉楽しい日曜学校 月岡実(山形県米沢市) 24 
 ・〈暮らしの中で〉夫婦で外食 上田秀代(北海道札幌市) 25 
◇《今月のもんだい》新しい体験――「危険」への挑戦 26 
◇《近頃思うこと》大人としてのつきあい 横山佳子(茨城自安我楽工房) 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》お子さんを見ていくのに必要な知識(3) 廿楽重信(東京都立北療育医療センター) 30 
◇《歩みにそって 学齢期》夏休みを楽しく、そして豊かに 小山照代(東京都江東区立東陽小学校) 32 
◇《歩みにそって 青年期以降》人とのかかわり(2)青年学級で 吉江弘子(東京都江戸川区立松江第五中学校) 34 
◇《働くなかまシリーズ》陶器加工に自信も――自慢は無遅刻無欠勤 遠藤三郎(岐阜県土岐津中学校) 36 
◇親子であそぼう!⑤がんばいあそび 安藤則夫(つくも幼児教室) 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・精神薄弱のレッテルをはがして 本田佳馬(長崎県育成会) 
 ・喜び勇んで職場実習 近藤英夫(秋田県心身障害者コロニー) 
◇全国各地より 42 
 ・〔山形県〕作業所で野菜作り 加藤次郎右衛門(南陽市いちょう作業所) 
◇四季の花――百日紅(さるすべり) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇第21回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞実施要項 43 
◇《スケッチ》地域の図書館 O.T 44 
◇《連載・今月の料理⑯》ためしてみませんか 手づくりの味:豚肉の八幡巻き 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年日本推進協議会総会 
 ・国際障害者年推進会議 
◇今年の施設入所徴収金の額について――新しい徴収金制度のあらまし(2) 47 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.367 19860901 

 【特集 重い人の暮らしを考える】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇第23回精神薄弱者愛護月間 昭和61年9月1日30日 「みんなの一歩、大きな一歩」 0 
◇《表紙絵の説明》おくまかぶと祭り 9月20日 石川県鹿島郡中島町 0 
◇ぼくのゆめ 左近崇(滋賀県中主中学校) 2 
◇《特集》重い人の暮らしを考える 4 
 ・何よりも家庭の愛情を 菅原勢津子(岩手県盛岡市) 4 
 ・幸ちゃんの一日 西埜恵美子(石川県加賀市) 6 
 ・輝いた顔に拍手を送る 弓削田綾子(東京都町田市) 8 
 ・能力に応じた作業を工夫 小早川厳(島根県江津市杉の子作業所) 10 
 ・朝の光の中で 本間恵美(神奈川県社会福祉法人訪問の家) 12 
 ・訪問教育で学ぶ子どもたち――障害の重さに目を奪われることなく 茶谷俊(北海道立釧路養護学校) 14 
 ・先を見て、身近なことから――重い人にとっての自立とは 箱田卓晃(障害者自助研究会) 14 
 ・「よく生きる」ための親の役割 末光茂(岡山県旭川児童院) 20 
◇松の花基金 第二回助成募集 11 
◇日本てんかん協会第十三回全国大会開催要項 11 
◇《今月のもんだい》長期行動計画の実現に向けて――親の立場からの見直しを 24 
◇《近頃思うこと》「母」に思うこと 折口さとこ(広島県庄原市) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の通園 山崎ユキ(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》豊かな食生活を 斉藤友代(東京都文京区立湯島小学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》人とのかかわり(3)青年学級の周辺で 阿部平和(東京都江東養護学校) 32 
◇《働くなかまシリーズ》清掃業務に励む――明るい職場をつくる 向井正(広島市精神薄弱者育成会) 34 
◇親子であそぼう!⑥まねっこあそび 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇全国各地より 38 
 ・〔群馬県〕リサイクル運動を通して 飯野さち子(高崎市福祉作業所) 
 ・〔山口県〕「年金をどう生かすか」を読んで 中嶋良平(宇部市精神薄弱者育成会) 
 ・〔山形県〕“新商売”に挑戦 高橋与市(山形県手をつなぐ親の会) 
◇四季の花――萩(はぎ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇《連載・今月の料理⑰》ためしてみませんか 手づくりの味:ピッツァ・パイ 倉持章 41 
◇「雇用率制度の適用」について――身体障害者雇用審議会が意見具申 42 
◇《スケッチ》はかのはなし O.T 46 
◇時の動き 47 
 ・全日本育成会理事会・評議員会 
 ・第10回ほほえみ賞贈呈式 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.368 19861001 

 【特集 きょうだいをめぐって】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》豊浜まつり 10月13~15日 香川県豊浜町 0 
◇わたしは いま 松田早苗(愛知県西春日井郡、17歳) 2 
◇《特集》きょうだいをめぐって 4 
 ・「きょうだい」への期待 大竹太郎(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 4 
 ・〈結婚〉手をつなぐ家族 重谷小百合(鳥取県、26歳) 6 
 ・〈結婚〉弟の将来と結婚 佐藤寿子(福島県、24歳) 7 
 ・〈結婚〉結婚について考える 高橋正彦(岩手県、34歳) 8 
 ・〈親なきあと〉姉として思う 神前ゆみ(北海道、30歳) 10 
 ・〈親なきあと〉かかわり続けていく人生を 菅田吉弘(富山県、48歳) 11 
 ・〈親なきあと〉本人の幸せのため 西尾功(岐阜県、65歳) 13 
 ・〈親なきあと〉精いっぱい生きる弟 花木法子(愛知県、29歳) 14 
 ・〈親なきあと〉弟から多くを学ぶ 山脇清子(山口県、42歳) 15 
 ・〈親からきょうだいへ〉母の発言から 坪内鈴子(石川県、60歳) 16 
 ・〈親からきょうだいへ〉我が子とともに 阿部シズ子(山口県、45歳) 17 
 ・〈親からきょうだいへ〉弟思いの姉に感謝 辻寿美(愛媛県、60歳) 19 
 ・最近の兄弟姉妹の会(BSつくし会) 田部井恒雄・遠藤礼二・高橋栄治・糸井慶一(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 20 
◇《今月のもんだい》読書の秋によせて――子もお母さんも本に親しむ(*全編漢字にルビをふる) 24 
◇《近頃思うこと》子どもたちが幸福でありますように 一木麗子(元山梨県立わかば養護学校) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の療育 山崎ユキ(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》遊びを通して 磯部裕子(東京都杉並区立済美養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》通勤寮で暮らす(1) 東京都育成会大田通勤寮 32 
◇《働くなかまシリーズ》一途な働き人――理解ある事業主のもとで 浦田東作(金沢大学教育学部附属養護学校) 34 
◇親子であそぼう!⑦リズムあそびで心うきうき 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《新刊書あんない》 38 
 ・『心の健康&心の病い』 吉川武彦(著) 
 ・『心の病の相談室』 佐藤壱三(監修)・岡上和雄(編) 
 ・『障害者と泣き笑い三十年』 近藤原理(著) 
 ・『続・陽にむかって』 青木達雄他(著) 
 ・『みんなわになれ』 誕生日ありがとう運動京都友の会(編) 
 ・『わたしのあ あなたのア』 谷俊治(監修)・谷川俊太郎・波瀬満子(編) 
 ・『ぼくの歌きいてよ』 浜島康弘・小林一二(著) 
 ・『障害者文化』 箱田卓晃(著) 
 ・『自閉症児のY君が就職するまで』 上岡一世(著) 
 ・『講座 発達障害4 言語遅滞・学習障害』 中野善達(編) 
◇《声のひろば》 40 
 ・三三年目の出会い 伊東武夫(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・僕の生いたち 高谷康智(青森県むつ市) 
◇全国各地より 42 
 ・〔沖縄県〕第二六回九州地区大会 岸本正春(沖縄県精神薄弱者育成会) 
 ・〔山形県〕“親の会会員の熱意 菅野春美(山形県手をつなぐ親の会) 
◇四季の花――ななかまど(別名:雷電木らいでんぼく) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇《スケッチ》親の役割(音読のすすめ) O.T 44 
◇年精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー報告書 販売のお知らせ 44 
◇《連載・今月の料理⑱》ためしてみませんか 手づくりの味:ゆずまんじゅう 倉持章 45 
◇昭和62年度国家予算に関する各省の要求 46 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1986年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.369 19861101 

 【特集 施設の役割】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》民谷祭り 11月中旬 島根県飯石郡吉田村 0 
◇夏の想い出 小倉祐美(栃木県宇都宮市第二大曽作業所) 2 
◇《特集》施設の役割 4 
 ・親たちが作った施設で地域に福祉の心を育てる 鬼倉喜平太(福岡県福岡市第一野の花学園) 4 
 ・キリタンポの店を作り、各施設と地域を結ぶ 佐々木哲雄(秋田県大舘市道目木更生園) 7 
 ・小舎を作り、小さな単位でゆったりした生活を 藤田隆治(兵庫県西宮市一羊園) 10 
 ・生き生きした人生を送るため作業を通して自立を 山口雅樹(山形県米沢市松風園) 13 
 ・〈座談会〉おとなの施設を考える 妹尾正・原田之稔・木暮晴江・北島祐一・皆川正治 16 
◇《今月のもんだい》35周年を迎えた手をつなぐ親の会運動――創立35周年記念全国大会に寄せて 26 
◇《近頃思うこと》ジョニーは知っていた 大浦敏明(大阪市更生療育センター) 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》基本的な生活習慣の自立をめざして 山崎ユキ(東京都立北療育医療センター) 30 
◇《歩みにそって 学齢期》家庭の一員として役に立つことを 前迫美知子(東京都文京区立第九中学校) 32 
◇《歩みにそって 青年期以降》通勤寮で暮らす(2) 東京都育成会大田通勤寮 34 
◇《働くなかまシリーズ》誇りは社内の最古参――家族的な会社で一六年 辻井カヨ子(香川県育成会) 36 
◇親子であそぼう!⑧茶目気は心の余裕 安藤則夫(つくも幼児教室) 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・夏休みの旅行 牧野俊正(愛知県名古屋市) 
 ・表彰式 重松政子(福岡市博多区) 
 ・幸運の恵みあらんことを 船越礼爾(鳥取県米子市) 
◇四季の花――柊(ひいらぎ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇短歌 関根加代子(岩手県宮古市若竹会) 41 
◇全国各地より 42 
 ・〔福島県〕ひろせ小法師 霜山守二(梁川町ひろせ授産所) 
 ・〔北海道〕第31回北海道ブロック大会 伊藤慶二(北海道精神薄弱者育成会) 
◇《スケッチ》地域社会と民生委員 O.T 44 
◇家庭療育資料『子どもにできること 子どもにさせること』頒布のお知らせ 44 
◇《連載・今月の料理⑲》ためしてみませんか 手づくりの味:栗只炒鶏(鶏と栗の炒め物) 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・神戸市陽気寮の火災 寮生八人焼死 
 ・1986精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇貸し出しフィルム一覧表(16ミリ・カラー映画) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.370 19861201 

 【特集 大人としての暮らし――生活寮】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》綴子大太鼓 秋田県鷹巣町 0 
◇生活りょうに入って 赤坂加代子(札幌市親の会第三生活寮) 2 
◇《特集》大人としての暮らし――生活寮 4 
 ・〈座談会〉生活寮の中で――自立を考える 清水明・小林博美・酒井秀人・清水利雄・阿部八重・中村雅子・本間弘子 4 
 ・ガマンも感謝も楽しさもある共同生活 神奈川県海老名市みずき寮 12 
 ・一市民として、自信をもつ暮らす――旭町ホーム(静岡県袋井市)を訪ねて 米倉肇(日本短波放送) 16 
 ・生活寮(グループホーム)の一側面――最近の調査から 廣瀬貴一 20 
◇《今月のもんだい》生命を守るために――日ごろの点検と工夫を 24 
◇《近頃思うこと》三○年前の“しいのみ学園” 曻地三郎(福岡しいのみ学園) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の運動発達(1) 中島雅之輔(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》調理学習――家庭の協力をえて 鷺坂信孝(東京都中央区立銀座中学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》結婚について語る(1) 結婚、同せいしている三組のみなさん 32 
◇《働くなかまシリーズ》仕事に励む頑張り屋――楽しい心で毎日を 小林勇(金沢親の会公共施設建物清掃事業所) 34 
◇親子であそぼう!⑨追いかけっこ・押し合いっこ 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・一人前の人間に 谷口久美子(札幌市第三生活寮) 
 ・弟Sの生涯 葭谷實(広島市) 
◇四季の花――蠟梅(ろうばい) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔広島県〕第26回育成会中国大会 清見一士(広島県精神薄弱者育成会) 
 ・〔鹿児島県〕母親懇談会 西村ハナエ(吉田町育成会) 
 ・〔北海道〕ミニ福祉工場誕生 菅原勝(古平郡共働の家) 
 ・〔山形県〕強力に協力する女教員会 大石ミヤ(上山市手をつなぐ親の会) 
◇第11回ほほえみ賞論文募集要項 43 
◇《スケッチ》我が子を護る(続) O.T 44 
◇第九回北欧・ソ連教育福祉医療視察団のご案内 44 
◇《連載・今月の料理⑳》ためしてみませんか 手づくりの味:オードブル(卵の鮭巻き) 倉持章 45 
◇時の動き 46 
 ・第4回大都市問題協議会 
 ・精神薄弱者対策議員連盟と懇談 
 ・第23回精神薄弱者愛護月間中央行事セミナー「地域で生涯を」(国際障害者年中間年への展望) 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会全国大会資料集「地域で生涯を」のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.371~375

◆『手をつなぐ親たち』No.371 19870101(昭和62年)

 【特集 幼児期に養っておきたいこと】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》今宮十日戎 1月9・10日 大阪市 0 
◇神社(1月) 岡本静次(愛媛県野村学園) 2 
◇春(3月) 井上繁利(愛媛県野村学園) 3 
◇《特集》幼児期に養っておきたいこと 4 
 ・〈座談会〉私の子育てをふりかえって――子どもが小学校に入って思うこと 大宮杜喜子(司会)・高橋彰彦・伊藤恵美子・石榑ふさ映・臼田恵美・田中倭文子・中田由理・横山弘子 4 
 ・座談会を終えて――お子さんとの毎日を楽しく 高橋彰彦(手をつなぐ親たち編集委員)16 
 ・たんぽぽ教室の早期療育 守屋陽子(北海道旭川市手をつなぐ親の会) 18 
 ・幼児期に身につけたいこと――就労のとき、あわてないために 栃木県精神薄弱者育成会宇都宮支部 20 
◇年頭所感 仲野好雄(理事長) 22 
◇《スケッチ》お正月を一緒に O.T 23 
◇第九回北欧・ソ連教育福祉医療視察団のご案内 23 
◇《今月のもんだい》成人式を迎えて――もはや子どもではない 24 
◇《近頃思うこと》障害を受けている人もいない人も 妹尾正(日本精神薄弱者愛護協会) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の運動発達(2) 中島雅之輔(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》職場実習――A子さんの失敗について 鷺坂信孝(東京都中央区立銀座中学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》結婚について語る(2) 結婚、同せいしている三組のみなさん 32 
◇《働くなかまシリーズ》親子就職ができて――周囲の人に激励されて 藤原美智子(香川県精神薄弱者育成会) 34 
◇親子であそぼう!⑩みたて遊びで広がる世界 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・成人式を迎えた娘 桜井洋子(宮崎県都城市) 
 ・「手をつなぐ親たち」と私 滝沢さい子(長野県岡谷市) 
◇四季の花――福寿草(ふくじゅそう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔富山県〕第19回東海北陸ブロック大会 山本建雄(富山県育成会) 
 ・〔愛知県〕作業所と協力してユニークな品物作り 江尻彰良(瀬戸市社会福祉集団はちのす) 
 ・〔徳島県〕第二五回四国大会より 布川幸雄(徳島県育成会) 
 ・〔滋賀県〕昭和六一年度近畿・滋賀県福祉大会 松田寅三郎(滋賀県育成会) 
 ・〔神奈川県〕セシリアホームをはじめて 大類桂子(藤沢市育成会) 
◇《連載・今月の料理㉑》ためしてみませんか 手づくりの味:揚げもちの野菜あんかけ 倉持章 45 
◇身体障害者雇用率63年度から引き上げ 身体障害者雇用審議会10月20日答申 46 
◇時の動き 46 
 ・身体障害者雇用審議会「身体障害者雇用率の改定等について」答申 
 ・全国社会福祉大会 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会全国大会資料集「地域で生涯を」のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.372 19870201 

 【特集 創立35周年記念全国大会報告】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》男鹿なまはげ柴灯祭 2月13・14日 秋田県男鹿市 0 
◇23歳の青春 酒井健一(京都府) 2 
◇《特集》創立35周年記念全国大会報告 「人としての幸せを求めて」 4 
 ・大会のあらまし 4 
 ・〈第一分科会 乳幼児期〉幼児の地域療育の拡充をどうすすめるか 高橋彰彦(司会)・秋山泰子・長瀬又男・西川晴美・山口薫 6 
 ・〈第二分科会 学齢期〉サービスされる側から社会へ還元する側へ 春山広輝(司会)・伊藤隆二・大石坦・松矢勝宏・三浦満喜美 8 
 ・〈第三分科会 青年期以降I〉一人ひとりに密度の濃い教育をするために 小出進(司会)・浅野輝政・大南英明・国井全子・来谷隆義・松井国男 10 
 ・〈第四分科会 青年期以降II〉自立を支える家庭、職場、地域の連携が必要 室橋正明(司会)・影近英孝・手塚直樹・寺嶋隆・土井正治・平野和代・本間弘子 12 
 ・〈第五分科会 青年期以降III〉自由で小まわりがきく、小規模作業所をつくる 菅野弘一(司会)・伊藤慶二・古波蔵延江・菅野絹子・中坪晃一・松本幸子 14 
 ・〈第六分科会 青年期以降IV〉地域で暮らすために、もっと生活の場を! 矢部進(司会)・北島祐一・中沢健・廣瀬貴一・山内美代 16 
 ・〈第七分科会 重度・重複児(者)の問題〉在宅の重度児・者の医療体制の整備と充実を 古川邦昭(司会)・飯田雅子・江草安彦・吉良栄子・小林久利・長嶌トシエ 18 
 ・〈第八分科会 高齢者問題〉高齢者の生活の場をどのように確保すべきか 弓削田綾子(司会)・荒井滋・緒方恵美子・妹尾正・山下静平 20 
 ・〈第九分科会 人権保障の問題〉人としてあたりまえのことをもっと主張して 原田之稔(司会)・大江尚樹・大竹太郎・栗山れい子・皆川正治 22 
 ・〈第十分科会 親の会活動〉地域福祉活動の実践としての親の会活動を 緒方直助(司会)・天田桜・井原啓子・大篭陽子・梶原福美・鈴木田鶴子・灰井起美・室崎富恵 24 
 ・それぞれの我が子に同じ思いを馳せて 全体会・式典 26 
 ・宣言 27 
 ・〈シンポジウム〉「社会の転換期を迎えて――いかに乗りきるか」 原田之稔(司会)・一番ヶ瀬康子・大下勝正・吉川正義 28 
 ・決議 32 
 ・全国大会アンケートより 33 
 ・全国大会を終わって 原田之稔(大会実行委員長) 36 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の運動発達(3) 中島雅之輔(東京都立北療育医療センター) 38 
◇《歩みにそって 学齢期》働く力を育てるために 宮崎英憲(東京都立王子養護学校) 40 
◇《声のひろば》 42 
 ・我が家の家庭教育 遠藤和子(千葉県市原市) 
 ・我が校自慢のスキー教室 藤原悦子(秋田大学附属養護学校) 
◇全国各地より 44 
 ・〔埼玉県〕ハンデを忘れて! 草村芳(埼玉県育成会) 
◇四季の花――貝母(ばいも) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 44 
◇《スケッチ》プロフェッショナルとアマ O.T 45 
◇時の動き 46 
 ・創立35周年記念全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会 
 ・国民会議‘86長期行動計画推進全国会議 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会全国大会資料集「地域で生涯を」のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.373 19870301 

 【特集 魅力ある親の会づくり】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》樋の尻山観音院大祭 3月日彼岸の中日 岡山県井原市 0 
◇友達について 菱田春勝(京都市若草寮「私の主張」より) 2 
◇《特集》魅力ある親の会づくり 4 
 ・さおり織を通じてみんなで助け合う 鈴木都(障害者自立訓練の家「ホーム塩屋」) 4 
 ・スカウト活動は地域社会への第一歩 伊藤美枝子(松戸手をつなぐ親の会) 7 
 ・「ピンポンパン」で若く美しく 吉野東都江(三浦市手をつなぐ親の会) 10 
 ・やまびこ学級は大きな一家族 吉田外喜子(小松市手をつなぐ親の会) 12 
 ・〈アンケート〉あなたにとって魅力ある親の会とはどのような会ですか? 14 
 ・魅力ある「親の会」は「魅力ある親」から 吉田昌義(手をつなぐ親たち編集委員会) 18 
◇《今月のもんだい》国際居住年と障害者の住宅――居住水準の抜本的見直しが必要 20 
◇《近頃思うこと》まきの学級優等生のその後 牧野弘典(岡山津山みのり学園) 22 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の運動発達(4) 中島雅之輔(東京都立北療育医療センター) 24 
◇《歩みにそって 学齢期》職場実習への取組み 中坪晃一(千葉大学附属養護学校) 26 
◇《働くなかまシリーズ》積極的に生きる――成長の節目に大きな経験 松木勝俊(広島株式会社ドリームベッド) 28 
◇親子であそぼう!⑪これなに!あれ! 安藤則夫(つくも幼児教室) 30 
◇『手をつなぐ親たち』についてのアンケート 編集部 32 
◇《声のひろば》 36 
 ・私の仕事と青年学級 青木欣也(岐阜市) 
 ・あすなろ青年学級二〇周年を祝う 竹下文雄(石川県金沢市) 
◇四季の花――菜の花(なのはな) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 37 
◇短歌 佐々木きよ子(東京都足立区) 37 
◇《スケッチ》親の責任(我が子の進路) O.T 38 
◇第七回日本精神薄弱者福祉連盟研修セミナー「精神薄弱者の就労と社会参加」
――身体障害者雇用促進法の改正をめぐる課題を中心に 38 
◇《連載・今月の料理㉒》ためしてみませんか 手づくりの味:いかのけんちん蒸し 倉持章 39 
◇時の動き 40 
 ・身体障害者雇用促進法改正要綱成る 
◇昭和62年度国家予算精神薄弱関係の主な事項 41 
◇昭和六一年度『手をつなぐ親たち』総目次 42 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会全国大会資料集「地域で生涯を」のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.374 19870401 

 【特集 作業所で働く仲間たち】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇第36回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会 開催のお知らせ 0 
◇《表紙絵の説明》木次の桜まつり 4月上旬 島根県大原郡木次町 0 
◇西作業所生活 福岡糸見(大阪西区) 2 
◇《特集》作業所で働く仲間たち 4 
 ・忙しい仕事に目が輝いて 徳永てる(茨城県藤代町藤代福祉作業所) 4 
 ・個性豊かな除雪担当の三人 浅田京子(北海道旭川市花咲ポプラ作業所) 6 
 ・作業中に合唱する楽しさが仕事のパワー 斉藤正雄(新潟県新発田市希望の家) 8 
 ・みんなとともに働く中で身につくこと 岩崎忠男(兵庫県三木市幹共働作業所) 10 
 ・汗を流す農作業もとり入れて 鈴木登美子(佐賀県鳥栖市鳥栖教室) 12 
 ・お互いが助け合える存在になって 長谷由美子(愛知県名古屋市療育グループ中川作業所) 16 
 ・ミシン仕事で皆に会えるのが楽しい 森下法美(愛媛県伊予市伊予五色作業訓練所) 17 
 ・それぞれの個性に応じた楽しい仕事 田村恒夫(福岡市つぼみ福祉作業所) 19 
 ・流木づくりに精を出す仲間たち 山城コシ子(沖縄県名護市いしなぐ共同作業所) 21 
 ・働く仲間たちとのふれあい 三谷雄二(島根県仁摩町さざんかの家) 22 
◇《今月のもんだい》「施設」とはなんだろう――目的と機能の弾力的な運営を 24 
◇《近頃思うこと》地域の中で仲間と共に生活を 大川博正(群馬県太田地区手をつなぐ親の会) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の運動発達(5) 中島雅之輔(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》一人通学を身につけるために 滝沢正枝(東京都渋谷区立富谷小学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》一人の社会人として働く 野島博邦(群馬薫英荘) 32 
◇《働くなかまシリーズ》パン職人めざして――家庭的な職場で元気に 秀石詢子(奈良県大和郡山市親の会) 34 
◇親子であそぼう!⑫なにやっているのかな? 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇社会福祉法人 全日本精神薄弱者育成会昭和六二年度事業計画の大綱 38 
◇《声のひろば》 41 
 ・甘えと反抗 石坂佑子(石川県金沢市) 
 ・版画大好き 池上昌宏(富山県福岡町かごめ作業所) 
 ・施設長三年目のマゴマゴ日記(小詩集)から 大沢澄男(新潟県魚沼学園) 
 ・苦難の坂を乗り越えて 藤田君代(兵庫県神崎郡) 
◇四季の花――碇草・錨草(いかりそう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ①年金と手当 44 
◇時の動き 46 
 ・精神衛生法改正の動き 
◇創立35周年記念日本精神薄弱者育成会全国大会資料集「地域で生涯を」のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.375 19870501 

 【特集 親たちとの「店」づくり】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》嵐山三船祭 5月第三日曜日 京都市 0 
◇お母ちゃんはやくよくなって 高橋勝子(40歳、サークル・かえる発行「文集かえる」より) 2 
◇僕のやりたいこと 岡田誠(44歳、サークル・かえる発行「文集かえる」より) 3 
◇《特集》親たちとの「店」づくり 4 
 ・喫茶コーナー“しいの木” 清水道子(千葉県沼南町手をつなぐ親の会) 4 
 ・昼食専門の店“どんぐり” 松本幸子(河内長野市手をつなぐ親の会) 7 
 ・手づくりクッキー“おかし屋ぱれっと” 谷口奈保子(東京都渋谷区おかし屋ぱれっと) 10 
 ・手づくり品の店“朋(とも)” 遠藤礼二(全国心身障害者をもつ兄弟姉妹の会) 12 
 ・社会の架け橋“絆の店(バンズショップ)” 諸田和夫(札幌市更生施設三和荘) 14 
 ・店舗一覧表(1986年8~9月 全日本精神薄弱者育成会調べ) 16 
 ・第六回手をつなぐ作品展 天田桜(福岡市育成会) 20 
◇第二一回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞入賞者発表 9 
◇《今月のもんだい》雇用促進法と就職――社会全体で支える雇用システムが必要 22 
◇《近頃思うこと》生きる 加藤奈々枝(名古屋メイトウワークス) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の精神発達(1) 加納孝子(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》子どもといっしょに、もっと歩こう 菅野和利(東京都立王子養護学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》余暇を通して人間的な豊かさを 野島博邦(群馬薫英荘) 30 
◇《働くなかまシリーズ》若き職人さん――仕事にハッスル 倉田誠治(滋賀大学教育学部附属養護学校) 32 
◇親子であそぼう!⑬バランス遊び 安藤則夫(つくも幼児教室) 34 
◇昭和六二年度(内定)精神薄弱者通所援護事業補助先一覧(168ヶ所) 36 
◇全国各地より 38 
 ・〔滋賀県〕給食は手作りで 嶋村かよ子(蒲生郡いこい作業所) 
 ・〔大分県〕やさしい仲間とともに 大石美智子(弥生町やよい授産所) 
 ・〔神奈川県〕陶芸奮闘記 ト部(ウラベ)洋子(三浦市はまゆう作業所) 
 ・〔静岡県〕充実した日々を送る 早瀬勲(掛川市つつじが丘授産所) 
◇四季の花――あまどころ 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇第十一回「ほほえみ賞」入賞者発表 43 
◇知っておくと便利な制度 ②費用徴収と家庭負担 44 
◇時の動き 46 
 ・「社会福祉士・介護福祉士の制度化」を意見具申 
 ・訪問販売、身許不明の募金にご注意! 
◇本のおすすめ『喜びも 悲しみも――障害者・老人と共に生きて』 大川博正(著) 47 
◇第三回日本精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー開催要項 47 
◇第36回全日本精神薄弱者育成会全国大会のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.376~380

◆『手をつなぐ親たち』No.376 19870601 

 【特集 「軽い」人の問題を考える】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇1987年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 0 
◇《表紙絵の説明》豊浜鯛まつり 旧6月10日 愛知県南知多町 0 
◇久子ちゃんへ すず木恵子(東京都品川区) 2 
◇《特集》「軽い」人の問題を考える 4 
 ・〈座談会1〉今、働くなかで感じること、考えること 立川清二(31歳)・木本英一(30歳)・川畑昭夫(26歳)・山本美幸(25歳)・沢田絵里(24歳)・鷺坂信孝・三島照義・吉田昌義 4 
 ・〈座談会2〉「軽い」人の生活を支えるには何が必要か 大竹太郎・鷺坂信孝・弓削田綾子・吉田昌義・大野智也 12 
 ・手づくりクッキー“おかし屋ぱれっと” 谷口奈保子(東京都渋谷区おかし屋ぱれっと) 10 
◇《今月のもんだい》「先生」のことを考える――教師と親とは車の両輪 22 
◇《近頃思うこと》自立ってなんだろう 岩田邦夫(東京江東日曜教室) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の精神発達(2) 加納孝子(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》自転車乗り 転ばぬ先のつえ 大池幸一郎(長野県立松本養護学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会人としての金銭管理を 野島博邦(群馬薫英荘) 30 
◇《働くなかまシリーズ》自立の喜びに浸って――授産施設と通勤寮の提携から 竹内清治(北九州市育成会) 32 
◇親子であそぼう!⑭場所がえ遊び 安藤則夫(つくも幼児教室) 34 
◇事故防止に全力を――「火災事故等安全対策について」(日本精神薄弱者愛護協会)より 妹尾正(日本精神薄弱者愛護協会) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・現場実習の感想 宮崎秀紀(石川県立七尾養護学校中三) 
 ・ほたる苑で働く息子 谷内遜(徳島県阿波郡) 
◇全国各地より 40 
 ・〔岡山県〕やっと二年目、まだまだこれから… 柏原弘美(西大寺仲よし作業所) 
 ・〔福井県〕行事が成長の引き金 奥村礼子(勝山市心身障害者福祉センター) 
 ・〔山形県〕この子らとともに 成沢こきん(藤島町根っ子杉作業所) 
◇四季の花――蝦根(えびね) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇発達障害児の治療教育夏季セミナーご案内 「一人ひとりの子どもの発達の可能性を信じ、我々は今」 43 
◇知っておくと便利な制度 ③相談所と相談機関について 44 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年日本推進協議会総会 
 ・全社協の心身協総会 
 ・政府の中央心身障害者対策協議会 
 ・緒方直助理事(東京都専務理事)が全日本事務局次長を5月1日から兼務、組織強化 
◇第36回全日本精神薄弱者育成会全国大会のご案内 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.377 19870701 

 【特集 特色ある青年学級活動】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇第36回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会開催のお知らせ(於鳥取) 0 
◇《表紙絵の説明》ねつおくり七夕祭り 7月中旬~下旬 富山県福光町 0 
◇たのしいプール 坪井洋子(東京都大田区育成会) 2 
◇《特集》特色ある青年学級活動 4 
 ・青年学級とは 大南英明(文部省特殊教育課) 4 
 ・「生活づくり」をめざして 東京都町田市障害者青年学級 6 
 ・卒業後のより豊かな生活を願って 内海淳(東京学芸大学附属養護学校) 8 
 ・交流の中で育くむ仲間意識 東京都目黒区青年学級 10 
 ・積極的に地域に出て活動 三浦ヨシエ(稚内市あすなろ青年教室) 14 
 ・仲間とのふれあいの中で大人に 野口精一郎(福岡市立大濠養護学校) 16 
 ・青年学級あれこれ――お酒について 鷺坂信孝(東京都立中央区立銀座中学校) 18 
 ・青年学級Q&A――青年学級のつくり方 吉田昌義(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 20 
 ・地域の中の社会教育の場――青年学級では彼らが主役 有賀紀十(名古屋手をつなぐ親の会福祉青年教室) 22 
◇《今月のもんだい》“きょうだい”をめぐって――立派な社会人として育て慈しむ 24 
◇《近頃思うこと》寝食をともにして思う 住田恵孝(茨城尚恵学園) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》家庭環境――母子関係を中心にして 加納孝子(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》危険を察知する力を育てる 武藤まさ子(東京都国立市立国立第三中学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》通勤寮での日常生活 関谷房夫(群馬かなやま青年寮) 32 
◇《働くなかまシリーズ》再就職から自宅通勤――通勤寮退寮が自信に 田内一郎(岐阜みやこ通勤寮) 34 
◇親子であそぼう!⑮順番待ち 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・私もできる 古田夏美(石川県能美郡寺井町花の家) 
 ・しなの寮日記 山田明史(新潟県燕市しなの寮) 
◇四季の花――待宵草(まつよいぐさ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔京都府〕就職できる仲間を 前出晃(伏見共同作業所) 
 ・〔兵庫県〕働く力を高めたい 西垣美智恵(尼崎親の会共栄作業所) 
 ・〔香川県〕生きがいを持って暮らす 朝倉又男・川原郁芳・戒力(大川郡津田町きんりん園) 
◇第十二回「ほほえみ賞」論文募集要項 41 
◇知っておくと便利な制度 ④相談にたずさわっている人々 44 
◇時の動き 46 
 ・63年度社会福祉予算要求活動始まる 
 ・十亀賞はじまる 
◇昭和63年度国家予算に対する重点要望事項 47 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1987年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.378 19870801 

 【特集 「重い」といわれた人も】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》弘前ねぶた祭り 8月1~7日 青森県弘前市 0 
◇SLの仕事 清水久美(東京都世田谷区手をつなぐ親の会) 2 
◇《特集》「重い」といわれた人も 4 
 ・継続は力なり――焦らず、あきらめず、根気よく 長谷川幸代子(東京都調布市ブンブンの会) 4 
 ・排尿指導をとおして――新しい行動を学習する可能性をひきだす 内田隆夫(東京都世田谷区) 8 
 ・在宅訪問、緊急一時をとおして――大切なことは工夫勇気ある実行 出口明仁(神奈川県鎌倉市小さき花の園) 12 
 ・在宅ケアを支える家族の問題――その重荷について考える 岡田喜篤(愛知県心身障害者コロニーこばと学園) 15 
 ・親にとっての子ども――深い心のつながりを持つ家族 大竹太郎(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 18 
 ・重度の人たちのことを考える――精神薄弱施設の立場より 渡辺実(八幡学園) 20 
 ・子どもの心を大切に――施設、医師、家庭の信頼関係が重要 秋田晴美(おさなご園作業所) 22 
◇《今月のもんだい》ボランティアを考える――精神薄弱者愛護月間(9月)によせて 24 
◇《近頃思うこと》風船が結んだ友情の輪 米倉肇(日本短波放送) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子をどう育てるか 小川義博(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》病気・けがへの対応と工夫 森紀美子(東京都立清瀬養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》健康で働き続けるために 小川博己(群馬かなやま青年寮) 32 
◇《働くなかまシリーズ》持ち前の明るさで――不器用はまじめさでカバー 塚本厚(静岡県島田市親の会) 34 
◇親子であそぼう!⑯ボール追いかけっこ 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇《新刊書あんない》 38 
 ・『腹の虫にきく』 田村一二(著) 
 ・『やったらできたたけのこ村貧乏奮闘記』 藤岡博昭(著) 
 ・『草は枯れ、花は散るとも』 福井達雨(著) 
 ・『花影の譜』 加藤奈々枝(著) 
 ・『僕らはみんな生きている』 北村晃三(著) 
 ・『はししゃん』 橋本一郎(著) 
 ・『私の子育て苦闘記』 山家利夫(著) 
 ・『言語障害こわくない』 高橋偂(著) 
 ・『障害児の日常生活の指導 全三巻』 上岡一世(著) 
 ・『講座 発達障害4 言語遅滞・学習障害』 宮崎直男・全国特殊学級設置学校長協会(編) 
◇第十二回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞実施要項 39 
 ・福祉の心とは 黒川外代子(石川県松の実園保護者会) 
 ・ここも協力者、理解者がいた 平沢貞盛(新潟県日和山福祉作業所) 
◇全国各地より 42 
 ・〔宮崎県〕作業は楽しいコミュニケーション 椎原彰(西都福祉作業所) 
 ・〔岩手県〕社会自立への援助 高橋享(慈愛福祉学園) 
◇四季の花――笹百合(ささゆり) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑤就職相談と職業訓練 44 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年後期重点施策きまる 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1987年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.379 19870901 

 【特集 「働く」ってなんだ?】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇第24回精神薄弱者愛護月間 本年度の重点主題「みんなの一歩、大きな一歩」 0 
◇《表紙絵の説明》こきりこ祭り 9月26、27日 富山県平村 0 
◇はたらくことの意味 吉田秀之(北海道はまなす寮) 2 
◇《特集》「働く」ってなんだ?――各地の通勤寮で暮らし働くみなさんの声 4 
 ・働くこと 坂本幸恵(北九州市とばた通勤寮) 4 
 ・自分で責任をもって 押見弘子(札幌市育成会生活寮) 4 
 ・すなおな気持ちで 東海林清(札幌市育成会第三生活寮) 5 
 ・自分のはんせい 渡辺かおる(札幌市育成会生活寮) 6 
 ・僕の仕事 保科正義(伊達市立通勤センター旭寮) 6 
 ・働く 豊田旨男(山形県) 6 
 ・仕事について 金沢克典(高知県中村通勤寮) 7 
 ・私の仕事 前田真由美(北海道はまなす寮) 8 
 ・私をかえる 谷口久美子(札幌市育成会生活寮) 8 
 ・働くことについて 佐竹拓資(高知県中村通勤寮) 9 
 ・働かないと食べていけない 赤坂加代子(札幌市育成会生活寮) 9 
 ・しごとはなぜあるのか 堀篭美知(東京都育成会大田通勤寮) 10 
 ・私の将来 酒井秀人(東京都育成会豆ノ木荘) 10 
 ・「働く」ってなんだ? 寮生アンケートより 稲垣敬三(名古屋市桜山通勤寮) 11 
 ・いろいろな職場で働いて 中村昭治(北海道はまなす寮) 12 
 ・「働くこと」に思う――作文を読んで 伊藤恵美子(手をつなぐ親たち編集委員会) 14 
 ・〈てい談〉「働く」ってなんだ? 大山泰弘・山内美代・大南英明 16 
 ・老人ホームを訓練の場として 押川利通(神戸市精神薄弱者育成会) 26 
◇《今月のもんだい》わが隣人を大切に 「みんなの一歩、大きな一歩」 28 
◇《近頃思うこと》学校教育の再考 加藤一男(電気労連神奈川地協福祉対策部) 30 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知っておきたい特殊な障害と育て方 小川義博(東京都立北療育医療センター) 32 
◇《歩みにそって 学齢期》スポーツによる健康づくり 浅井松子(東京都立八王子養護学校) 34 
◇《歩みにそって 青年期以降》余暇の活用とお金の使い方 新井テイ子(群馬かなやま青年寮) 36 
◇《働くなかまシリーズ》メッキ工場で働く――職業人としての自立をめざして 稲垣敬三(名古屋市桜山通勤寮) 38 
◇親子であそぼう!⑰かくれんぼ―なんの声かな 安藤則夫(つくも幼児教室) 40 
◇《声のひろば》 42 
 ・訪問授産から地域作業所へ「信ちゃんの自立」 高木鋸子(神奈川県相模原市手をつなぐ親の会) 
 ・大きな楠の木 中尾誠(長崎県佐世保市) 
◇四季の花――桔梗(ききょう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑥雇用援助と雇用促進法 44 
◇時の動き 46 
 ・障害者雇用対策室「課」へ昇格 
 ・第5回大都市問題協議会 
◇新刊のお知らせ 『この子らを周梨槃特に』 小出進(監修) 47 
◇「これからの福祉を考える」 障害者の福祉を通して講演会シリーズ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇1987年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.380 19871001 

 【特集 幼児期をお母さんと】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》高野聖迎幸 10月15日 島根県大田市 0 
◇自立・アパート生活にむけて 増田孝夫(京都市若草寮「私の主張」より) 2 
◇《特集》幼児期をお母さんと 4 
 ・〈座談会〉 神奈川県津久井郡山城町生活訓練会のお母さんたち・大野智也(司会・身体障害者雇用促進協会) 4 
 ・つくしんぼ学級との出合い 長谷薫(北海道上磯町) 14 
 ・彩子のペースに合わせて 福田優子(東京都渋谷区) 16 
 ・みどり学園を飛び立つために 渡辺美千穂(岡山県岡山市) 18 
 ・ときわ学園に入るまで 久保木順子(神奈川県横浜市) 20 
 ・一番大切なのは家族の存在――「わたらせ養護園」を訪ねて 秋田晴美(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 22 
◇《今月のもんだい》「身体障害者雇用促進法」から「障害者の雇用の促進等に関する法律」へ 24 
◇《近頃思うこと》張り合いのある生活を 椛山芳枝(元東京都練馬区立大泉中学校) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の遊び 中沢艶子(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》電話を上手に使うには 田中美智子(東京都江戸川区立平井東小学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》職場定着をめざして 安藤忠(京都市若草寮) 32 
◇《働くなかまシリーズ》就職二年で仕事に自信――パートさんたちに支えられて 立花ミツ子(北海道音更町親の会) 34 
◇親子であそぼう!⑱比較遊び 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇「働く」ってなんだ? 38 
 ・働くってなんだろう 大槻康夫(東京都育成会大田通勤寮) 
 ・「共働の家」に来て 桜岡和美(北海道共働の家) 
 ・仕事のこと 小田茂文(高知県中村通勤寮) 
 ・私のきけんな仕事 神谷菊江(東京都育成会大田通勤寮) 
 ・将来のこと 道本忠昭(京都市若草寮) 
 ・中村ソーイングにつとめて 加用喜英(高知県中村通勤寮) 
 ・働くことについて 寺岡典江(高知県中村通勤寮) 
 ・働くとは何 森美幸(高知県中村通勤寮) 
 ・将来の夢 瀬尾裕子(札幌市育成会生活寮) 
 ・しごととそつりょうのこと 西山章(京都市若草寮) 
◇全国各地より 42 
 ・〔北海道〕第32回北海道ブロック大会 五井麗子(北海道精神薄弱者育成会) 
 ・〔秋田県〕子どもと共に作業実習 加賀谷謹之助(秋田市) 
◇四季の花――女郎花(おみなえし) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑦医療に関する諸制度 44 
◇時の動き 46 
 ・第3回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー 
◇来年度の各省予算要求 47 
◇第36回全国大会資料集――手と手を堅く 目次紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.381~385

◆『手をつなぐ親たち』No.381 19871101 

 【特集 就職にむけての教育】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》べっちゃ祭り 11月3日 広島県尾道市 0 
◇働く人々 石毛誠一(東京都大田通勤寮) 2 
◇《特集》就職にむけての教育 4 
 ・生きて働く力を育てる 磯部清(東京都練馬区立大泉中学校) 4 
 ・自立・就労にむけての教育 長根直幸(神奈川県横浜市立高等養護学校) 8 
 ・そんなに無理をしなくとも 武田幸治(北海道おしまコロニーはまなす寮) 12 
 ・職能開発センターの指導から 杉坂脩(東京都心身障害者職能開発センター) 16 
 ・母の協力が一番大切 柳館初雄(北海道精神薄弱者職親連合会・三かめ製綿工業株式会社) 20 
 ・きびしい就職への道 大野智也(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 22 
◇《今月のもんだい》交流教育を考える――相互の理解と認識を深めるために 24 
◇《近頃思うこと》自分の眼で物を見る 西垣籌一(京都府みずのき寮) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれの子の遊び(2) 中沢艶子(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》ことばを育てる環境をつくる 久芳美恵子(東京都立教育研究所) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会自立――通勤寮を出て 安藤忠(京都市若草寮) 32 
◇《働くなかまシリーズ》ただいま修行中――包丁さばきも鮮やかに 関塚八郎(石川県立七尾養護学校) 34 
◇親子であそぼう!⑲イメージ鬼ごっこ 安藤則夫(つくも幼児教室) 36 
◇「働く」ってなんだ? 38 
 ・はたらくについて 山口美智子(東京都育成会大田通勤寮) 
 ・将来の事 畠中和広(高知県中村通勤寮) 
 ・私の仕事 中田直子(札幌市育成会生活寮) 
 ・働くことについて 秋田節美(高知県中村通勤寮) 
◇《声のひろば》 40 
 ・スイスの山に登って 小若和子(岡山市) 
 ・浩子のある一日 石坂佑子(石川県金沢市) 
 ・知恵おくれの人の人権 佐藤賢司(千葉県市原市) 
 ・「松寿園」火災に思うこと 本田佳馬(石川県金沢市) 
◇全国各地より 42 
 ・〔群馬県〕第21回関東甲信越大会 松村勇治(群馬県精神薄弱者育成会) 
 ・〔新潟県〕九、九ボランティア行動報告 平沢貞盛(日和山福祉作業所) 
◇四季の花――われもこう(吾木香・吾亦紅) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑧医療費の助成制度 44 
◇時の動き 46 
 ・全国精神薄弱施設職員研修大会 
 ・第36回全国大会 
 ・精神衛生法を改正、「精神保健法」成立 
 ・62年税制改正も成立 
 ・第8回心身障害児者地域福祉研究会議 
◇昭和六十三年度税制改正に関する要望書 47 
◇第36回全国大会資料集――手と手を堅く 目次紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.382 19871201 

 【特集 第36回全国大会報告(鳥取県)】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》アエノコト(田の神祭り) 12月9日 石川県奥能登一円 0 
◇「働く」ということについて 山下純一(岡山県ひまわり園) 2 
◇《特集》第36回全国大会報告(鳥取県米子市) 4 
 ・大会のあらまし 5 
 ・〈記念講演・行政と福祉〉温か味のある社会を! 恒松制治(前島根県知事) 6 
 ・〈全体会議・シンポジウム〉育成会おこしと参加平等 大石純吾・竹下研三・妹尾正・山内美代(シンポジスト)・田丸喜久治・皆川正治(司会) 8 
 ・〈第1分科会/乳幼児期・学齢期問題〉早期療育の大切さを先進地域から学ぶ 茅原茂俊・杉谷栄之助(司会)・馬西進・伊藤操・渡辺昭男・大南英明(助言者)・宮井和江・矢田清美(提言者) 14 
 ・〈第2分科会/青年期I(教育と進路)〉就職の可能性と適切な進路選択 塀和花恵・森脇博(司会)・平野尚哉・室崎富恵・小出進(助言者)・山本智恵子・加田紀機(提言者) 16 
 ・〈第3分科会/青年期II(職業と生活保障)〉地域での活動と余暇の場が必要 古川公之・長畑正夫(司会)・若林三省・植田克美・手塚直樹・矢部進・河合諒二(助言者)・金井栄子・牧野和美(提言者) 18 
 ・〈第4分科会/重度・重複児(者)問題〉重い人のための医療と教育の充実を 佐藤剛・藤見信吾(司会)・篠原清彦・高橋憲二・小林久利(助言者)・角南和子・江角嘉宏(提言者) 20 
 ・〈第5分科会/高齢者(老化)問題〉高齢者の多用なニーズに幅広い対応が必要 浅野敏雄・牧野弘典(司会)・泉豊・菱川豪・妹尾正(助言者)・清間鉄雄・内田冨美江(提言者) 22 
 ・〈第6分科会/自閉症児(者)問題〉家族ぐるみの療育で可能性をのばす 平林礼子・川谷孝夫(司会)・武村一郎・坪郷康・河田耕作(助言者)・浅海義宗・平尾要(提言者) 24 
 ・〈第7分科会/親の会活動〉地域と交流を深める親の会活動を 池田定夫・藤井壮次(司会)・佐伯信雄・青山澄子・三井誠造(助言者)・石田成昌・村上ヤス(提言者) 26 
 ・〈第8分科会/手をつなぐ交流集会〉施設保護者会の役割の再検討を 和田正純・安藤篤二(司会)・寺垣昭代・遠藤伊紗美・皆川正治(助言者)・佐々木孝臣・本多享子(提言者) 28 
 ・決議 30 
 ・ふるさと芸能 31 
 ・全国大会アンケートより 32 
 ・全国大会を終えて 田丸喜久治(大会実行委員長) 34 
◇《今月のもんだい》今まで問題にしなかったが、ぜひ問題にして欲しい問題 36 
◇親子であそぼう!⑳人形遊び 安藤則夫(つくも幼児教室) 38 
◇全国各地より 40 
 ・〔山形県〕第二十七回東北ブロック大会 山川庫(山形県手をつなぐ親の会) 
 ・〔三重県〕第二〇回東海北陸大会 伊藤寿男(三重県精神薄弱者育成会) 
 ・〔岡山県〕すてきなサンタさんもやって来た! 野田千夏子(清輝橋仲よし作業所) 
◇四季の花――水仙(すいせん) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇「いのち、美しいもの――障害の重い子供たち」写真展のお知らせ 42 
◇第16回リハビリテーション世界会議テーマソング募集案内 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑨税の軽減と障害者控除 44 
◇時の動き 46 
 ・「国連障害者の10年」中間年における課題協議会(第24回精神薄弱者愛護月間中央行事) 
 ・松林弥助会長を悼む 
◇第36回全国大会資料集――手と手を堅く 内容紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.383 19880101(昭和63年)

 【特集 親と親の会と地域社会】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》水中綱引き 1月15日 福井県美浜町 0 
◇観楓会 森本セイ子(富良野あさひ郷『北の峯学園だより』第14号より) 2 
◇《特集》親と親の会と地域社会 4 
 ・自ら学ぶ姿勢の親たち――両親大学を契機として 土井正治(東京都墨田区教育委員会) 4 
 ・親の会作業所で高校生福祉教室 本道尚敏(栃木県宇都宮第二大曽作業所) 8 
 ・共に悩みを語る会から積極的に行動する会へ 佐々木登喜子(千葉県浦安市手をつなぐ親の会) 10 
 ・親たち主体の活動で行政を動かそう 大久保悦子(茨城県取手地区手をつなぐ親の会) 12 
 ・地域の行事に積極的に参加して 島村恒三(北海道札幌市精神薄弱者育成会) 14 
 ・火災から障害者を守ろう 宮崎浩一(福岡県宮田町手をつなぐ親の会) 16 
 ・市営競馬場に食堂を経営して 吉田益康(山形県上山市手をつなぐ親の会) 18 
 ・地域のネットワーキングの拠点をめざして 中川一夫(奈良県たんぽぽの家) 20 
 ・親の会に地域でどのような役割を果たして欲しいですか? 全国大会のアンケートから 24 
◇障害者リーダー米国留学研修派遣募集 17 
◇《今月のもんだい》社会の善意を心身障害者の人たちに――生きることに立ち向かう人に反応して 26 
◇《近頃思うこと》“思いやり”を積み重ねて 榎本芳枝(神奈川県海老名市手をつなぐ親の会) 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの遅れの原因について 森永京子(東京都立北療育医療センター) 30 
◇《歩みにそって 学齢期》はじめのある生活で時間の観念を 斉藤友代(東京都文京区立湯島小学校) 32 
◇《働くなかまシリーズ》温かさに支えられて――一生の仕事と自覚 森安純一(岡山大学教育学部附属養護学校) 34 
◇年頭所感 仲野好雄(理事長) 36 
◇第一〇回ソ連・東ドイツ教育福祉医療視察団のご案内 36 
◇全国各地より 37 
 ・〔愛媛県〕第二六回四国ブロック大会 関谷正(愛媛県精神薄弱者育成会) 
 ・〔大分県〕第二七回九州地区大会 石本道生(大分県精神薄弱者育成会) 
 ・〔和歌山県〕第二六回近畿精神薄弱者福祉大会 小田増穂(日高地方手をつなぐ親の会) 
 ・〔長崎県〕初老紳士へ感謝 本田佳馬(長崎県精神薄弱者育成会) 
 ・〔青森県〕始まりました 付き添い看護料共済制度 中山年道(青森県精神薄弱者育成会) 
◇四季の花――桐(きり) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇《声のひろば》 42 
 ・「ことば」ってなーに 有賀鞱子(岐阜県多治見市) 
 ・若葉ホームの園祭に参加して 吉村祥一(石川県鹿島郡) 
◇知っておくと便利な制度 ⑩精神薄弱者相談員 44 
◇時の動き 46 
 ・障害児里親のこと 
◇日本精薄教育研究会第29回春季講座のお知らせ 46 
◇国際精神薄弱研究協会(IASSMD)第八回世界会議のご案内 46 
◇第36回全国大会資料集――手と手を堅く 内容紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.384 19880201 

 【特集 恋愛、同せい、結婚】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》御日待まつり 2月14日 島根県温泉津町 0 
◇結婚することになりました 戸川友紀子(東京都保谷市) 2 
◇《特集》恋愛、同せい、結婚 4 
 ・たくさんの人に祝福されて結婚 戸川徹(東京都保谷市) 4 
 ・自活へ向けてのステップーー恋愛、結婚を通して 吉田昌義(「手をつなぐ親たち」編集委員会) 6 
 ・結婚生活を続ける二組の夫婦 安部歳夫(元東京都育成会大田通勤寮) 9 
 ・生活センターで結婚した人たち 辻田十三夫(北海道共働の家) 12 
 ・身近に相談できる人が必要 渡辺実(千葉八幡学園) 16 
 ・一人より二人、そして三人に――橋本吉幸さん、栄子さん夫妻を訪ねて 「手をつなぐ親たち」編集部 17 
 ・夫婦生活幾山河――結婚生活は毎日を精いっぱいに 三島照義(東京都立墨田区養護学校) 20 
◇《今月のもんだい》「お手伝い」を見直す――子どもの成長への“お手伝い”と考えて 24 
◇《近頃思うこと》“障害者と共に生きる場”えんぴつの家のこと 玉本格(兵庫えんぴつの家) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの成立するまで(1) 森永京子(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》生理の指導について 梅田靖子(東京都立小平養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》社会自立――退寮後の生活の場 安藤忠(京都市若草寮) 32 
◇《新刊書あんない》 34 
 ・『はちきん母さん一代記』 岩崎令子(著) 
 ・『ガラス球の中の子ら』 荒岡憲正(著) 
 ・『一緒がいいならなぜ分けた』 北村小夜(著) 
 ・『福祉がだんだん見えてきた』 野上芳彦(著) 
 ・『この子らは光栄を異にす』 山浦俊治(著) 
 ・『北欧福祉の散歩』 山下勝弘(著) 
 ・『先天異常児・者の生まれる権利生きる権利』 日下健(著) 
 ・『これからの精神医療』 法学セミナー増刊編集部(編) 
 ・『世界の社会保障五〇年』 伊部英男・福武直(編著) 
 ・『社会福祉法人Q&A』 厚生省社会局庶務課(監修) 
◇《働くなかまシリーズ》就職して七年――結婚を目標にがんばる 柳沢享(北九州市育成会きく通勤寮) 36 
◇親子であそぼう!㉑次は何かな 安藤則夫(つくも幼児教室) 38 
◇池田太郎先生の思い出 仲野好雄(理事長) 40 
◇《声のひろば》 42 
 ・白菜買いに八百屋に三度行った話(街角のノーマライゼイション) 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 
◇第七回全国手をつなぐ作品展――精神薄弱者作品展即売会 お知らせ 43 
◇四季の花――万作(まんさく) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑪児童福祉施設等における施設機能強化推進費について 44 
◇時の動き 46 
 ・施設の費用徴収20歳以上は親対象外となる 
 ・「中間年」式典で自立更生者表彰される 
 ・教育課程審議会へ諮問 
◇第四回精神遅滞医学セミナーのお知らせ 47 
◇精神薄弱者の就労と社会参加セミナーのお知らせ 47 
◇第36回全国大会資料集――手と手を堅く 内容紹介 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.385 19880301 

 【特集 私の自立生活】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》石見神楽 島根県浜田市 0 
◇社会へ出て 北富子(富山県育成会『三十年の輪垣』より) 2 
◇《特集》私の自立生活 4 
 ・自立の支えは“仲間”がいること――卒寮後も通勤寮を活用 西山堅太郎(広島県彦山寮) 4 
 ・三人でグループホーム生活を始めて――自由に明るくのびのびと 松野節子(栃木県かえて寮) 8 
 ・周りのみんなに支えられて自立――彼らの可能性を認めて 姫野健二(熊野県荒尾市永浦通勤寮) 11 
 ・施設を離れた“自分自身”の人生――仲間と生活する楽しさ 中里誠(神奈川県白根青年寮) 14 
 ・社会自立への道は近きに――最小限度の支援のもとで 安部歳夫(『手をつなぐ親たち』編集委員会) 18 
◇四季の花――山茱萸(さんしゅゆ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 17 
◇《今月のもんだい》親の会の役割――地域団体としての確立をはかる 20 
◇《近頃思うこと》地域社会に生きるために 飯野美保子(埼玉県障害者リハビリテーションセンター) 22 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの成立するまで(2) 森永京子(東京都立北療育医療センター) 24 
◇《歩みにそって 学齢期》自閉傾向の子へ――買い物学習を通して 山田政利(東京都世田谷区立尾山台小学校) 26 
◇《働くなかまシリーズ》プロパン充填工場で働く――生涯の職場と思って 槙野博子(岡山県育成会) 28 
◇親子であそぼう!㉒変身鬼ごっこ 安藤則夫(つくも幼児教室) 30 
◇『手をつなぐ親たち』についてのアンケート集計結果より 32 
◇小宮山倭先生の思い出 仲野好雄(理事長) 36 
◇知っておくと便利な制度 ⑫精神薄弱者社会自立促進モデル事業について 38 
◇第四回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー開催要綱 40 
◇昭和63年度国家予算精神薄弱関係の主な事項 41 
◇第7回全国手をつなぐ作品展開催のお知らせ 41 
◇昭和六二年度『手をつなぐ親たち』総目次 42 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇ビデオ・フィルム・ライブラリー 貸し出し一覧 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.386~390

◆『手をつなぐ親たち』No.386 19880401 

 【特集 仲よし 友だち】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》砺波チューリップフェア 富山県砺波市(4月26日~5月5日) 0 
◇元子のひとりごと 森田元子(26歳、名張育成園成美寮) 2 
◇《特集》仲よし 友だち 4 
 ・私の仲よし友達 大熊真美(香川県高松市) 4 
 ・わたしのおともだち 荒木和美(岡山県清輝橋仲よし作業所) 5 
 ・わたしの仲よし 猪原牧子(神奈川県茅ヶ崎市手をつなぐ親の会作業所) 5 
 ・第二作業所の友だち 五月女正治(栃木県第二大曽作業所) 6 
 ・グループ星砂で仲間づくり 西松栄子(京都育成会) 7 
 ・美奈ちゃんの友だち 飯田三千代(静岡県手をつなぐ親の会) 8 
 ・一八続いた卒業生の会 山中佐多子(岡山市育成会) 9 
 ・わが娘の友だち 大熊君子(香川県あゆみ園) 10 
 ・まきちゃん 板橋満子(神奈川県茅ヶ崎市手をつなぐ親の会作業所) 11 
 ・地域の卓球クラブに入って 松浦千穂(広島県であいの家) 12 
 ・たとえ言葉が出なくても 坂本通修(宮崎市通所福祉作業所) 13 
 ・つくしの家の友だち 木元アヤ子(山口県つくしの家) 13 
 ・ソフトボールで交流 有賀紀十(名古屋手をつなぐ親の会) 14 
 ・宿泊訓練で仲間づくり 小原トミ子(横浜市言語障害児をもつ親の会) 16 
 ・この子たちの友だちづくり 仲野猛(愛媛県野村学園) 18 
 ・仲間づくりの手助けを 小杉敏勝(新潟県立高田養護学校) 20 
◇《今月のもんだい》親の会に若い人の活躍の場を――数字が教える「みんなのために」 24 
◇《近頃思うこと》このやさしさを世の光りに 田代一茂(佐賀伊万里今岳福祉作業所) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》ことばの指導 森永京子(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》上手に「はし」を使うには 古賀良子(佐賀県立伊万里養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》ボランティアの人たちと 石割憲一(静岡市あおい青年学級) 32 
◇《働くなかまシリーズ》にこにこ牛乳配達屋さん――結婚生活一八年 今崎邦枝(広島県西志和農園) 34 
◇《おはなししてね》はるがきだよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)昭和六三年度事業計画の大綱 38 
◇連絡帳と私 堀川幸子(札幌市手をつなぐ親の会) 41 
◇《声のひろば》 42 
 ・もうひとつの成人式 上田宜子(滋賀県彦根市) 
 ・ノーマライゼーションその不安と救い 力丸昭一(福島県双葉郡)  
◇四季の花――花蘇芳(はなずおう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑬療育手帳について 44 
◇新マル優制度等の概要 45 
◇時の動き 46 
 ・全日本育成会の理事会・評議員会 昭和63年度事業計画・予算決まる 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.387 19880501 

 【特集 わたしの願い、ぼくの願い】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》武蔵坊弁慶まつり 島根県平田市(5月5日) 0 
◇僕の友達 岡部秀行(石川県金沢市若草福祉作業所) 2 
◇《特集》わたしの願い、ぼくの願い 4 
 ・〈座談会〉秋田晴美・伊藤恵美子・鷺坂信孝・室橋正明(出席者)・大野智也(司会) 4 
 ・本人の声を聞く――座談会を終えて 大野智也 21 
◇《今月のもんだい》児童福祉――子どもたちの幸せ 22 
◇《近頃思うこと》新米お手伝いさん誕生 徳永治尾(熊本市お手伝い学習会) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》知恵おくれのこの手の機能について 大西麓子(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》自分のことは自分で――布団敷きを中心に 河瀬須美子(東京都立中野養護学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》ある学級生の歩み 石割憲一(静岡市あおい青年学級) 30 
◇《働くなかまシリーズ》糸巻機械を見回る――会社は楽しいと言えるまでに 岡崎幸子(福島市親の会) 32 
◇《おはなししてね》えんそくだよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 34 
◇昭和六三年度精神薄弱者通所援護事業補助先一覧(195ヶ所) 36 
◇連絡帳と私 加藤さち子(名古屋手をつなぐ親の会) 39 
◇《声のひろば》 40 
 ・人生観について 中村圭子(長崎県) 
 ・ボランティアさんとのふれあい 今井トシヨ(広島どんぐり作業所)  
◇第一二回ほほえみ賞入選者発表 40 
◇全国各地より 42 
 ・〔新潟県〕自動車に生命あり 平沢貞盛(日和山福祉作業所) 
 ・〔福岡県〕ユニークな生活学習指導 伊藤一美(遠賀福祉作業所) 
◇四季の花――海棠(かいどう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑭就学奨励費について 44 
◇時の動き 46 
 ・第22回NHK厚生文化事業団心身障害福祉賞 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.388 19880601 

 【特集 作業所の生活】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇1988年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 0 
◇《表紙絵の説明》山王祭 東京都千代田区(6月15日) 0 
◇先生とのやくそく 菅野幸一(しりべし学園) 2 
◇学園を出てしごとをしたい 太田美智子(しりべし学園) 3 
◇《特集》作業所の生活 4 
 ・歌が大好きな仲間たち 矢本滋子(群馬安中市立あけぼの作業所) 4 
 ・「ごちそうさま」の前と後 川本菊江(広島東広島福祉作業所) 6 
 ・青年学級参加で潤いのある生活 笠井幸夫(三重結城作業所) 8 
 ・一日一日を大切に――当番活動と連絡帳書き 山下益生(山口柳井市心身障害者福祉作業所やなぎ園) 10 
 ・聖そう奉仕を取り入れて――作業より尊い収穫を得る 丸山克己(兵庫神戸みどり会自立訓練センター) 12 
 ・空缶ひろいと楽しい調理実習 藤島節生(熊本第二ぎんなん作業所) 14 
 ・遊びは発達の原点――Yさんとの文通より 大野香(岡山総社市福祉作業所) 16 
 ・楽しさを作る、生活を作る 南波清也(名古屋中川小規模作業所) 18 
 ・アンケートより 「生活の質」を高めるため 作業以外にどんなことをしていますか? 20 
 ・アンケートを読んで 渡辺実(八幡学園) 24 
◇四季の花――朴の木(ほおのき) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 13 
◇《今月のもんだい》障害をもつ人たちの職場で――外国人労働者の就労をめぐって 26 
◇《近頃思うこと》自画像を訪ねて 熊木正則(東京都青梅市友愛学園成人部) 28 
◇《歩みにそって 乳幼児期》感覚の促進について 大西麓子(東京都立北療育医療センター) 30 
◇《歩みにそって 学齢期》排せつの自立について 井上孝子(東京都杉並区立済美養護学校) 32 
◇《歩みにそって 青年期以降》青年学級成人部とその課題 石割憲一(静岡市あおい青年学級) 34 
◇《働くなかまシリーズ》“おかえり、ご苦労さん”――意欲満々、仕事は大好き 店谷満子(兵庫県明石地区親の会) 36 
◇《おはなししてね》あめがふったよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 38 
◇成功した第七回全国手をつなぐ作品展 村上重雄(金沢手をつなぐ親の会) 40 
◇連絡帳と私 延広晴枝(大阪精神薄弱者育成会) 42 
◇《Catsだより》混声合唱団Catsの初演出 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑮在宅重度心身障害児(者)緊急保護事業 44 
◇時の動き 46 
 ・国際障害者年日本推進協議会総会 
 ・「障害者の10年」中間年記念作品募集入賞作品授賞式 
 ・第16回リハビリテーション世界会議に精神薄弱特別分科会 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇第37回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会(於長崎)開催のお知らせ 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.389 19880701 

 【特集 生活で学ぶこと】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇1988年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 0 
◇《表紙絵の説明》豊川煙火 愛知県豊川市(7月) 0 
◇なつやすみのできごと 二木かおり(志手原小学校三年生) 2 
◇《特集》生活で学ぶこと 4 
 ・新聞配達、買い物、刺しゅう・木彫りへと――卒業・就職までの一二年間 吉澤従子(東京都中野区) 4 
 ・一人通学への挑戦――いくつかの目標地点を決めて 青木たづ江(千葉県千葉市) 8 
 ・遅刻を申し出て、着換え・通学の指導――あきらめず、楽しく 網野加代子(東京都台東区) 10 
 ・身支度と通学が一人でできるまでに――友だちにも助けられて 山木加与子(栃木県市鹿沼市) 12 
 ・梨・じゃがいもの皮むき、電話利用――桃栗三年柿八年、我が子は… 蔵部敬子(千葉県習志野市) 14 
 ・走る、調理、セリフの練習――実際の生活体験を大切にして 斉藤京子(東京都大田区) 16 
 ・生活を整え、ちょうどよく手助けして 小出進(千葉大学) 18 
◇《今月のもんだい》“防犯”――被害者にされないために 22 
◇《近頃思うこと》知恵おくれということ 田中澄江(劇作家) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》手を上手に使うためには 大西麓子(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》衣服をひとりで着る 佐賀県立伊万里養護学校寄宿舎 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》「働く」ことについて 東京学芸大学附属養護学校卒業生インタビュー 30 
◇親は施設をどう選ぶか 浅野史郎(厚生省児童家庭局障害福祉課長) 32 
◇《働くなかまシリーズ》念願の和菓子会社に就職――理解ある人々に恵まれて 柳瀬峯子(滋賀県大津市親の会) 34 
◇《おはなししてね》なつがきたよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇全国各地より 38 
 ・〔山梨県〕生きている喜びを感じて 秋山松江(韮崎福祉作業所) 
 ・〔山形県〕重い人の生活指導が中心 菅原嘉一(根っ子杉作業所) 
◇第一三回ほほえみ賞論文募集のお知らせ 38 
◇四季の花――紫式部(むらさきしきぶ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇《声のひろば》 40 
 ・日記 松井鋭子(茨城県稲敷郡) 
 ・浩子の一日 石坂佑子(石川県金沢市)  
◇《Catsだより》Cats(キャッツ)のことば 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 41 
◇《新刊書あんない》 42 
 ・『人間らしさを求めて』 池田太郎(著) 
 ・『街なかに雷が落ちて』 飯田三千代(著) 
 ・『「自閉」を活かす』 石井聖(著) 
 ・『障害児のためのことば』 松原隆三・宮崎直男・大南英明(編) 
 ・『ちえ遅れのこころの問題事典』 飯田誠(著) 
 ・『精神薄弱者のための性教育ガイドブック』 山下勝弘(著) 
 ・『共生福祉論』 吉本充賜(著) 
 ・『人物でつづる障害者教育史〈世界編〉・〈日本編〉』 精神薄弱問題史研究会(編) 
 ・『おてつだい学習2』 おてづたい学習会(編) 
 ・『しょうがいじの話』 伊藤隆二(著) 
 ・『十七の愛と祈りの唄』 大澤澄男(著) 
◇知っておくと便利な制度 ⑯青年学級を開設する 44 
◇時の動き 46 
 ・教育課程審議会の特殊教育部会の歩み 
 ・全日本育成会理事会、評議員会 
◇昭和64年度国家予算に関する要望事項 47 
◇第4回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー開催要綱 47 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇第37回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会(於長崎)開催のお知らせ 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.390 19880801 

 【特集 生活の幅を広げるために】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇1988年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 0 
◇《表紙絵の説明》盆踊り 全国一円(8月中旬) 0 
◇ポプラ作業所のビールパーティーに行ったこと 尾崎由美子(旭川花咲ポプラ作業所) 2 
◇《特集》生活の幅を広げるために 4 
 ・切符買いをきっかけに一つの壁を乗り越えて 小菅晴子(三重県津市手をつなぐ親の会) 4 
 ・娘の社会勉強――外食や電話、タクシーを使って 石田優子(岡山県ひまわり園・保護者) 6 
 ・私たちの小さな冒険旅行 藤原治(兵庫県三田市手をつなぐ親の会) 8 
 ・青年学級、自力通学で たくさんの仲間をつくって 松末和枝(広島市手をつなぐ親の会) 10 
 ・おみくじ狂騒曲――減量作戦泣き笑い 本田國英(熊本県精神薄弱者育成会) 12 
 ・幅広い体験ができる場をめざして――調理実習を実施 浅田京子(北海道旭川市花咲ポプラ作業所) 14 
 ・施設のおける文化的活動の取組みについて 柳沢貴子(群馬県薫英荘) 16 
 ・生活を楽しく、豊かに 大井清吉(東京都学芸大学) 20 
◇《今月のもんだい》アルバムにはいっていなかった卒業生――障害児教育こそ教育の原点 24 
◇《近頃思うこと》子牛を育てるなかで 伊藤紀己江(滋賀県どんぐり共同作業所) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(1) 間宮実(東京都立多摩療育園) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》夏休みに楽しく遊ぶ 古賀良子(佐賀県立伊万里養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》働くということ 岩田邦夫(東京江東日曜教室) 32 
◇《働くなかまシリーズ》一番番頭の誇りをもって――周囲の人に恵まれて 山嵜美也子(京都育成会) 34 
◇《おはなししてね》うみへいったよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇全国各地より 38 
 ・〔愛知県〕仲よく、楽しく、助けあい 古川順子(名古屋天白小規模作業所) 
 ・〔福岡県〕出発を励ます集い 竹内清治(北九州市育成会) 
 ・〔山口県〕地域生活援助事業を創設 木元アヤ子(山口県育成会) 
◇四季の花――夾竹桃(きょうちくとう) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇小規模作業所全国合同研修会 ごあんない 40 
◇《Catsだより》「雑草の歌」によせて 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 41 
◇知っておくと便利な制度 ⑰心身障害児家庭奉仕員派遣事業 42 
◇施設についての費用徴収 44 
◇第37回全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)全国大会(於長崎)開催のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.391~395

◆『手をつなぐ親たち』No.391 19880901 

 【特集 隣近所とのつきあいの中で】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇1988年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 0 
◇《表紙絵の説明》小木祭り 石川県内浦町(9月17、18日) 0 
◇古いときの作業所と今の作業所 高野宣治(京都育成会山科共同作業所) 2 
◇《特集》隣近所とのつきあいの中で 4 
 ・近所の人たちの温かさに支えられて 横田豊子(岐阜県土岐市) 4 
 ・ほうき、ちり取りにこだわる息子 清水和子(富山県富山市) 5 
 ・「おはよう」「ありがとう」を大切に 川上輝昭(愛知県名古屋市立東白壁小学校) 6 
 ・朝の散歩を通して地域と交流 菊地未蔵(埼玉県むさしの青年寮) 7 
 ・ひとことの重み――何気ない言葉が人を傷つける 太田敏秋(静岡県東遠学園) 8 
 ・「地域の学校」として歩み始めて 小林誠(長野県飯田養護学校) 10 
 ・地域の人々の協力で牛乳パックを再生 星明正(福島県共同作業所あいの里) 12 
 ・ふれあいの中で――たくさんのボランティアに支えられて 馬渕敦子(岐阜県竹の子授産所) 14 
 ・福祉の原点向こう三軒両隣――精神薄弱者がまきおこす地域コミュニティー町づくり 志賀俊紀(長崎県八雲寮) 16 
 ・「わかる」ことの難しさ――「大変なこと」シリーズで学んだこと 安田陸男(毎日新聞社生活家庭部) 20 
◇《今月のもんだい》これからの進路問題を考える――地域の中にたくさんの受け皿を 24 
◇《近頃思うこと》創造(自主)作業の中で生きる力を育てる 荒岡憲正(静岡県浜松市ひくまの工房) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(2) 間宮実(東京都立多摩療育園) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》お金の使い方を身につける 小林和子(東京都立しいの木養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》余暇を楽しむこと 岩田邦夫(東京江東日曜教室) 32 
◇《働くなかまシリーズ》自分で切り開いた道――働くことの意欲と自覚 塚田徹(旭川市上川更生ハイム) 34 
◇《おはなししてね》いっぱいあそんだよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇《声のひろば》 38 
 ・娘を信じて見守って 荒木千栄(香川県育成会) 
◇松の花基金 第四回助成金募集 38 
◇四季の花――木犀(もくせい) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔青森県〕調理実習、宿泊訓練 対馬信一(弘前地区親の会希望の園) 
 ・〔愛知県〕福祉の店から作業所へ 三井徳康(刈谷手をつなぐ親の会) 
◇連絡帳と私 椎葉篤子(宮崎市手をつなぐ親の会) 42 
◇《Catsだより》“労働者になりたい”運動の開始 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑱日常生活用具の給付とNHK受信料の免除について 44 
◇時の動き 46 
 ・おもちゃ図書館協議会 
 ・九州ブロック会長会議 
 ・重症心身障害児者を守る会全国大会 
 ・日本精神薄弱研究協会大会 
 ・第6回大都市問題協議会 
◇第25回精神薄弱者愛護月間中央行事実施要綱 精神薄弱者リハビリテーションの国際的動向と課題 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.392 19881001 

 【特集 雇用の援助制度を活用する】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》西条祭り 愛媛県西条市(10月15、16日) 0 
◇社会人になって 峯崎智子(東京都北区手をつなぐ親の会) 2 
◇《特集》雇用の援助制度を活用する 4 
 ・学校を卒業後、就職するときは…特殊学級での就職への取り組み 菅原美津江(埼玉県浦和市立常盤中学校) 4 
 ・作業所から就職するには…作業所から四名が就職 山田文在(名古屋あつた小規模作業所) 6 
 ・施設から就職するには…施設から就職をめざして 中川みま子(山形県立総合コロニー希望が丘) 8 
 ・職安で仕事をさがすには…職業安定所の窓口から 軽尾則江(大阪府門真公共職業安定所) 12 
 ・再就職するときは…再就職にも職安を活用 神津圭子(東京都足立区東綾瀬中学校) 14 
 ・失業、転職するときは…適職を見つけるために 本間弘子(東京都大田通勤寮) 16 
 ・雇用の援助制度のあらまし 平野和代(東京都足立区公共職業安定所) 20 
◇《今月のもんだい》地域生活援助としてのグループホーム――自立心を高め、誇りをもって 24 
◇《近頃思うこと》御存知ですか、おもちゃ図書館 小林るつ子(おもちゃの図書館全国連絡会) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(3) 間宮実(東京都立多摩療育園) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》精神薄弱児のための家庭料理――親の心構え 椛山芳枝(元東京都練馬区立大泉中学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》自主的に生活すること 岩田邦夫(東京江東日曜教室) 32 
◇《働くなかまシリーズ》パイプ曲げの技術を修得――親思いの頑張りやさん 井上仁美(宮崎向陽の里通勤寮) 34 
◇《おはなししてね》おてつだいしてるよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇連絡帳と私 平田早苗(広島県育成会) 38 
◇《Catsだより》学習畑と“わたしたちのはたけ” 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 39 
◇《声のひろば》 40 
 ・自分なりのペースで 中村小織(福井県育成会) 
 ・インドの旅 小若和子(岡山市育成会) 
 ・娘はドラゴンズの大ファン 林照子(名古屋親の会) 
◇四季の花――真弓(まゆみ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇《新刊案内》『障害者は、いま』(岩波新書) 大野智也(著) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑲心身障害者扶養共済(年金)制度 44 
◇時の動き 46 
 ・昭和64年度国家予算に対する各省の概算要求出揃う 
 ・精神薄弱者地域生活援助事業(グループホーム)の概要(厚生省64年度予算概算要求の内容) 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇1988年手をつなぐ親の会全国大会・ブロック大会のお知らせ(予定) 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.393 19881101 

 【特集 親なきあとをささえる】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》因幡の傘踊り 鳥取県一円 0 
◇僕の友達 坂本朋康(石川県羽咋授産所) 2 
◇《特集》親なきあとをささえる 4 
 ・〈座談会〉親なきあと、心配していることは 神戸みどり会のみなさん(出席者、7人)・高橋彰彦(司会・袖ヶ浦のびろ学園) 4 
 ・「座談会」雑感 高橋彰彦(袖ヶ浦のびろ学園) 16 
 ・「将来」の悩みを「今」解決する――その主役は父親 箱田卓晃(障害者自助研究会) 18 
◇《今月のもんだい》事件報道とマスコミ――相互の交流を積みかさね、意志疎通を 22 
◇《近頃思うこと》弟の大冒険と抗議と…この夏の出来事から 大崎功雄(北海道教育大学旭川分校) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(4) 間宮実(東京都立多摩療育園) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》精神薄弱児のための家庭料理――指導の実際 椛山芳枝(元東京都練馬区立大泉中学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》健康管理について 横尾瑩子(筑波大学附属大塚養護学校) 30 
◇《働くなかまシリーズ》プレスに八年のキャリア――一生懸命、ひたむきに 田淵修子(岡山県立誕生寺養護学校) 32 
◇《おはなししてね》おべんきょうしたよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 34 
◇《新刊案内》 36 
 ・『わたしのおかあさん』 菊地澄子(作)・高田三郎(絵) 
 ・『村にも町にもおもちゃ図書館』 小林るつ子(著) 
 ・『二十歳までに心満ちてよ』 原敏夫(著) 
 ・『愛するということ』 伊藤隆二(著) 
 ・『大地に伏す』 菅原ペて呂(著) 
 ・『発達と自立をめざして』 共同作業所全国連絡会(編) 
 ・『精神医療の抜本的改革に向けて』 精神医療従事者団体懇談会(編) 
 ・『人物でつづる障害者教育史〈世界編〉・〈日本編〉』 精神薄弱問題史研究会(編) 
 ・『梅香園を語る』 藤見文恵(著) 
 ・『今だから、日本国憲法』 盛泰寛(編) 
◇《声のひろば》 38 
 ・二人を育てて 五十嵐勇喜子(滋賀県育成会) 
◇全国各地より 40 
 ・〔山梨県〕子どもに励まされて 安藤英一(わかぎり福祉作業所) 
 ・〔奈良県〕第二七回近畿福祉大会 野中明子(橿原市親の会) 
◇四季の花――錦木(にしきぎ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇連絡帳と私 伊達恵美(滋賀県大津市親の会) 42 
◇《Catsだより》下本町商店街手作り商品一坪店舗参加 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 43 
◇知っておくと便利な制度 ⑳通勤寮、福祉ホーム、生活寮について 44 
◇時の動き 46 
 ・第16回リハビリテーション世界会議と精神薄弱特別分科会(第25回精神薄弱者愛護月間中央行事) 
◇『自立に向けって』第37回育成会全国大会資料集のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.394 19881201 

 【特集 生活寮のできるまで】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》大みそか (12月31日) 0 
◇素直になりたい 高田美香(東京都目黒区ミチル会作業所) 2 
◇《特集》生活寮のできるまで 4 
 ・若人の家――それぞれの生活を並べて 小杉康子(石川県金沢市) 4 
 ・グループホームダンボ――かっこよくはないけれど、自然に暮らして 玉井きみ江(神奈川県横浜市) 8 
 ・杉の子生活寮――福祉司から寮母になって 杉原悦子(東京都江戸川区) 11 
 ・ゆりの木ホーム――自立と暮らしを守る場として 佐瀬睦夫(神奈川県大和市ふきのとう舎) 14 
 ・企業の独身寮を二人の新しい生活の場に 酒井之敏(大分県糸口通勤寮保護者会) 18 
 ・札幌生活寮――生活寮のできるまでとこれから 島村恒三(札幌市育成会) 20 
 ・生活ホームどんぐり――作業所の中の生活ホーム 伊藤紀己江(滋賀県愛知郡湖東町) 22 
 ・「生活寮のできるまで」を読んで 廣瀬貴一(埼玉県光の園) 24 
◇《資料》精神薄弱者の居住の場の在り方について――グループホーム制度の創設への提言(意見具申) 26 
◇《今月のもんだい》公営住宅に生活寮を――生活寮を町のあちこちにつくるために 32 
◇《近頃思うこと》今日もVサインで 丸山広子(山口松星苑生活ホーム) 34 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(5) 間宮実(東京都立多摩療育園) 36 
◇《歩みにそって 学齢期》自分の力で通学する 谷萩操(茨城県立勝田養護学校) 38 
◇《歩みにそって 青年期以降》生活を楽しむことについて 横尾瑩子(筑波大学附属大塚養護学校) 40 
◇《働くなかまシリーズ》卵の選別、出荷で五年目――親の会、青年学級などを支えに 小野芳子(鹿兒島県育成会) 42 
◇連絡帳と私 高尾禧久子(愛媛県松山親の会) 44 
◇《Catsだより》愛護デーを考える 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 45 
◇《声のひろば》 46 
 ・M子とその家族 堀口信子(新潟県上越市) 
 ・息子の自転車 石川フヨ(岩手県水沢市) 
◇第13回ほほえみ賞論文募集のお知らせ 46 
◇四季の花――赤芽柳(あかめやなぎ) 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 47 
◇『自立に向けって』第37回育成会全国大会資料集のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇手をつなぐ親の会のしおり 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.395 19890101(昭和64年・平成元年) 

 【特集 わたしたちの幼児グループ活動】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》初もうで  0 
◇今 私は変わった 本田チトミ(普賢学園) 2 
◇《特集》わたしたちの幼児グループ活動 4 
 ・「たんぽぽの会」のすばらしき仲間 富張理子(東京都日野市) 4 
 ・ハイジグループとキリングループ 鈴木祐子(名古屋市あつたいこいの家)・加藤佳余子(うえのいこいの家) 6 
 ・「杉の子学級」でスクスク育って 小椋博子(奈良県天理市) 8 
 ・グリーンローズ・おもちゃライブラリー 片桐貞子(秋田市) 10 
 ・「緑の家」の母子療育 伴素弘(愛知県心身障害者コロニー「緑の家」) 12 
 ・地域センターとの出合いの中で 表久美(北海道函館市) 14 
 ・乳幼児期早期療育をして 山元美由紀(岐阜市わかあゆ会) 16 
 ・親と子と…「風組」の母子保育 村川哲郎(北海道おしまコロニー地域療育センター) 17 
 ・地域の中で、子どもとともに――ふたば園児童部の地域療育 森重耐子(山口県萩市ふたば園児童部) 20 
◇年頭所感 仲野好雄(理事長) 23 
◇《今月のもんだい》周囲に正しい理解を求めるには――高岡市営プールの問題をきっかけに 24 
◇《近頃思うこと》人と交わることをいとおしむ青春 東野洋子(兵庫県神戸市楽団「あぶあぶあ」) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》福祉制度を利用する(6) 間宮実(東京都立多摩療育園) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》働く意欲を大切に育てましょう 渡理紀正(東京都立中野養護学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》お金の使い方を身につける 横尾瑩子(筑波大学附属大塚養護学校) 32 
◇《働くなかまシリーズ》山を越え、職場に定着――良き指導者を得て 菅沼良子(大阪育成会) 34 
◇《おはなししてね》ふゆがきたよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 36 
◇連絡帳と私 井田千津子(和歌山市親の会) 38 
◇《Catsだより》ついに罰金箱! 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 39 
◇全国各地より 40 
 ・〔秋田県〕第二八回東北ブロッグ大会 石郷岡清(秋田県育成会) 
 ・〔愛知県〕第二一回東海北陸大会 寺西とめ(名古屋手をつなぐ親の会) 
◇四季の花――シクラメン 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 41 
◇地域の中での暮らす――町営住宅に入居できた 中川みま子(山形県総合コロニー希望が丘) 42 
◇知っておくと便利な制度 ㉑付添看護料共済制度――青森県育成会 44 
◇時の動き 46 
 ・中央児童福祉審議会「精神薄弱者の居住の場の在り方について――グループホーム制度の創設への提言」意見具申 
 ・中央児童福祉審議会「重症心身障害児者に対する通園・通所事業の推進について」意見具申 
◇『自立に向けって』第37回育成会全国大会資料集のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

>TOP

■No.396~400

◆『手をつなぐ親たち』No.396 19890201 

 【特集 第37回全国大会報告(長崎県)】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》御願神事 石川県加賀市(2月10日) 0 
◇ながいかくれんぼ 二宮早百合(野村学園) 2 
◇《特集》第37回全国大会報告(長崎県) 4 
 ・大会のあらまし 4 
 ・〈第一分科会 乳幼児期・学齢期の問題〉早期療育への取り組みの遅れが浮きぼりに 佐藤賢之助・内村伸(司会)・松田静宗・山田義晴・松永幹(助言者)・大城洋子・田代勝良(提案者) 6 
 ・〈第二分科会 青年期I 教育と進路の問題〉高等部教育の拡充は総合的見地から 螻川内武士・郡司宗洋(司会)・田代一茂・小出進・大南英明(助言者)・別府一男・小野宗通(提案者) 8 
 ・〈第三分科会 青年期II 訓練と就労の問題〉作業所の問題を中心に最低賃金、年金について討議 小林一秀・川瀬逸雄(司会)・松本勲・手塚直樹・清水徹也(助言者)・丹羽一誠・原留男(提案者) 10 
 ・〈第四分科会 重度・重症児者の問題〉家庭療育に必要な福祉と医療の連携を 宮園季治・犬童友太郎(司会)・川崎千里・江草安彦(助言者)・大盛豊一・田中洋(提案者) 12 
 ・〈第五分科会 高齢者(老齢・加齢)の問題〉本人の幸せを考えた高齢者問題への取り組みを 本田国英・比嘉栄(司会)・近藤原理・中沢健(助言者)・角岡照雄・神崎恭自(提案者) 14 
 ・〈第六分科会 経済と人権の問題〉人権保障の問題に闘う親の会づくりを 竹内清治・新原忠男(司会)・酒井之敏・皆川正治・浅野史郎(助言者)・渡嘉敷光江・竹坂和子(提案者) 16 
 ・〈第七分科会 親の会の問題〉大都市、市町村それぞれに応じた運動と活性化を 島源治・麻生浩一(司会)・川越恒義・緒方直助(助言者)・藤岡睦子・伊藤一美(提案者) 18 
 ・全体会議 実技提案 20 
 ・シンポジウム 皆川正治・伊東武夫(司会)・嶺益枝・小出進・手塚直樹・江草安彦・浅野史郎(シンポジスト) 21 
 ・決議 27 
 ・要望書 27 
 ・全国大会アンケートより 28 
 ・全国大会開催の功徳 本田佳馬(長崎県育成会) 29 
 ・記念講演 『戦争と平和』 具島兼三郎(九州大学名誉教授) 30 
 ・全国大会を終えて 伊東武夫(長崎県育成会会長) 32 
◇《今月のもんだい》緊急一時保護をめぐって――障害者本人の立場をたいせつに 34 
◇《働くなかまシリーズ》きびきびとそばをつくる――八年目の自信もついて 大野洋子(愛媛県松山市親の会) 36 
◇《おはなししてね》ゆきがふったよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 38 
◇《声のひろば》 40 
 ・発作のこと 吉野妙子(東京都目黒区) 
 ・買い物で収穫 藤岡みどり(岡山県高浜市) 
 ・とんねるず すき 石坂佑子(石川県金沢市) 
◇全国各地より 42 
 ・〔高知県〕第二七回四国大会 曽我高次(高知県育成会) 
 ・〔岐阜県〕わかあゆ会二〇年を顧りみて 渡辺信子(わかあゆ会) 
◇四季の花――チューリップ 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 43 
◇連絡帳と私 菊池洋子(茨城県立友部養護学校) 44 
◇《Catsだより》作業所も男と女 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 45 
◇時の動き 46 
 ・国民会議’88 完全参加と平等を目指して 
 ・文部省教育課程審議会「盲学校、聾学校及び養護学校の教育課程の基準改善について」答申 
 ・東京都心身障害者対策協議会「精神薄弱者等対策の当面する課題と今後の施策の展開について」最終提言者を都知事へ 
◇『自立に向けって』第37回育成会全国大会資料集のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.397 19890301 

 【特集 わたしのまちの親の会】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》太刀踊り 高知県一円 0 
◇第三回九州地区通勤寮生サミットに参加して 橋口町子(向陽の里) 2 
◇《特集》わたしのまちの親の会 4 
 ・大阪府枚方手をつなぐ親の会 作業所内に福祉の店「チャンス」を開店 小山隆 4 
 ・大分県日田市育成会 青年学級と「すぎのこ村」 二ノ宮友松 6 
 ・島根県隠岐郡西ノ島町手をつなぐ親の会 親子のつどいの日 竹本友満 8 
 ・石川県金沢手をつなぐ親の会 みんなのための「木曜学級」づくり 北野照子・野村美好 10 
 ・北海道中頓別町手をつなぐ親の会 施設見学と温泉旅行 高橋進一 12 
 ・静岡県磐田市手をつなぐ親の会 話し合いの中で運動を成り遂げる 後藤更三 14 
 ・茨城県牛久手をつなぐ親の会 ゆっくりと、しっかりと地域社会で歩む 名児耶清吉 16 
◇《今月のもんだい》「精神薄弱」という用語の問題――本人が自然に口にできる用語を 18 
◇《近頃思うこと》親と共に暮らせない子どもたちから学ぶもの 中澤弘幸(滋賀県大津市湘南学園) 20 
◇《歩みにそって 乳幼児期》歯についての知識――質問に答えて 岸沢有二(東京都立北療育医療センター) 22 
◇《歩みにそって 学齢期》公共の施設などを利用する 冬木邦二(東京都立清瀬養護学校) 24 
◇《歩みにそって 青年期以降》納得の大切さ 喜田正美(東京都杉並区立済美養護学校) 26 
◇《働くなかまシリーズ》自動車整備工場で働く――職業人として成長 的場賢(津市通所授産所) 28 
◇《おはなししてね》はるになったよ 小杉裕子(石川県立明和養護学校松任分校) 30 
◇連絡帳と私 宮村烈子(金沢親の会) 32 
◇《Catsだより》M君のこと……「役に立つ」ということばへの反省 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 33 
◇《声のひろば》 34 
 ・私からあなたへ 竹田睦月(金沢大学教育学部ボランティアグループ) 
◇四季の花――グラジオラス 宮崎ふみお(カット)・弓削田綾子(文) 35 
◇全国各地より 36 
 ・〔石川県〕友達づくりの場を 水本洋子・新保美耶子(兼友親子の集い) 
 ・〔宮崎県〕作業所に通い始めて 甲斐重久(西都福祉作業所) 
◇国際精神薄弱者育成会連盟(ILSMH)の総会に出席して 山口薫(帝京短期大学) 38 
◇時の動き 40 
 ・生活寮の制度化実現!来年度予算政府案閣議決定 
◇1989(平成元)年度国家予算精神薄弱関係の主な事項 41 
◇臨時福祉特別給付金の支給 41 
◇一九八八年度『手をつなぎ親たち』総目次 42 
◇第4回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー報告書のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇《資料》精神薄弱者通所援護事業実施要綱 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.398 19890401 

 【特集 「作業所」の新しい試み】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》曳山祭り 石川県輪島市(4月5、6日) 0 
◇僕の仕事 小林和久(埼玉県育成会) 2 
◇《特集》「作業所」の新しい試み 4 
 ・市民とふれあえる作業所――「町田リス園」がオープンして 桑原光代(東京都町田リス園愛の鈴作業所) 4 
 ・人から物へ、物から人への交流――ふるさと宅急便 和泉三男(岩手県沢内村福祉共同作業所) 8 
 ・仏だんの下塗り作業を取り入れて――生き生きとした作業所づくりを 久永和三(岡山県仲よし三浜町作業所) 10 
 ・企業内作業所からの報告――共に働く仲間として 小松正和(兵庫県神戸市育成会自立訓練センター西訓練所) 12 
 ・弁当屋奮戦記――地域の人々に支えられて 武田久美子(北海道おしま第三共働作業所「だいさん」) 15 
 ・七つの事業所で清掃業務に取り組む――職業人としての待遇と厳しさと 山田義晴(福岡市育成会) 18 
 ・これからの作業所は 大野智也(『手をつなぐ親たち』編集委員会) 20 
◇第八回全国手をつなぐ作品展をめぐって 高橋英一(宮城県仙台市育成会) 22 
◇《今月のもんだい》代弁する親の会運動を点検する――参加してみたくなる親の会を育てる 24 
◇《近ころ思うこと》杉の木ハウス顛末記 鈴木武浩(山形県米沢市栄光園) 26 
◇《歩みにそって 乳幼児期》歯科衛生を考える 岸沢有二(東京都立北療育医療センター) 28 
◇《歩みにそって 学齢期》一人で安全に通学する 井上節子(東京都新宿区立牛込原町小学校) 30 
◇《歩みにそって 青年期以降》ほめることの大切さ 喜田正美(東京都杉並区立済美養護学校) 32 
◇《働くなかまシリーズ》コンニャク屋を背負って――いい会社といい人たちに出会えて 小杉康子(石川県金沢市若人の家) 34 
◇連絡帳と私 坂井誓子(富山県育成会) 36 
◇《Catsだより》あだ名をつける趣味 平沢貞盛(新潟市日和山福祉作業所) 33 
◇社会福祉法人全日本精神薄弱者育成会(手をつなぐ親の会)一九八八(平成元)年度事業計画の大綱 38 
◇全国各地より 41 
 ・〔長野県〕第二二回関東甲信越大会 田中正人(長野県手をつなぐ親の会) 
◇《声のひろば》 42 
 ・中学二年、今が最高 友末美子(大分県東国東郡) 
 ・張り合いを感じる源 松本修一(兵庫県姫路市) 
◇第5回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー開催要綱 43 
◇《暮らしのINFORMATION》世帯更生資金貸付制度――社協が取り扱っています! 笹尾勝(全国社会福祉協議会) 44 
◇時の動き 46 
 ・税制改革による障害者控除等の改正 
 ・第二三回NHK厚生文化事業団心身障害福祉贈呈式 
◇第4回精神薄弱者の職業と社会参加に関するセミナー報告書のお知らせ 48 
◇編集後記 48 
◇日本短波放送「重い障害児のために」放送番組表 49 
◇NHK「心身障害児とともに」放送番組表 49 
◇貸し出しカセット・テープ一覧 50 

◆『手をつなぐ親たち』No.399 19890501 

 【特集 社会へ出る前に】 
◇日本短波放送「精神薄弱相談室」放送番組表 0 
◇《表紙絵の説明》井戸神社祭り 島根県大田市(5月26日) 0 
◇はまゆう園でであって 坂井晴美 2 
◇《特集》社会へ出る前に 4 
 ・生活リズムをつくる 健康な体力づくりを 加部昭子(東京都) 4 
 ・身辺の自立をはかる 生理の指導を通して 斉藤洋子(佐賀県) 6 
 ・家庭生活を維持する力を身につける わが子をがんばりやに育てて 富山時子(茨城県) 8 
 ・働く意欲を身につける 手作り弁当をもって職場実習 奥田貞子(岡山県) 10 
 ・社会で生活する力を身につける 体験を繰り返すなかで 矢吹一夫(東京都) 12 
 ・働く意欲を身につける 自分の力を生かして働く 小美野あけみ(東京都) 15 
 ・家族の一員として意欲的な生活を 大南英明(文部省特殊教育課) 18 
◇《今月のもんだい》いわゆる「軽度」の人にも年金を――能力障害を考慮した認定基準を望む 22 
◇《近ころ思うこと》インドの風に吹かれて 本間弘子(東京都育成会大田通勤寮) 24 
◇《歩みにそって 乳幼児期》歯科治療について 岸沢有二(東京都立北療育医療センター) 26 
◇《歩みにそって 学齢期》戸外でダイナミックにあそぶ 高田善明(滋賀県立三雲養護学校) 28 
◇《歩みにそって 青年期以降》プライドの大切さ 喜田正美(東京都杉並区立済美養護学校) 30 
◇《働くなかまシリーズ》クリーニング会社に就職――明るく