HOME > BOOK >

『心と社会』 41巻3号

日本精神衛生会 編 20100915 日本精神衛生会,135p.

Tweet
last update:20151013


■日本精神衛生会 編 20100915 『心と社会』 41巻3号,日本精神衛生会,135p. ※ ms. sm. m

■目次

巻頭言

   思い出のくさぐさ
   阿部 志郎
   (神奈川県立保健福祉大学)
特 集  第57回精神保健シンポジウム(秋田)
     発達障害者の支援を考える
     〜医療、教育、行政の立場から〜

 【プログラム】
 第57回精神保健シンポジウムを開催して
   清水 徹男(秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座)
 発達障害の理解と支援-支援者がめざすゴールとは-
   武田 篤(秋田大学教育文化学部)
 「子どもの発達障害を診断する」ということ
   渡部 泰弘(秋田県立医療療育センター小児科・メンタルヘルス外来)
 秋田県の特別支援教育〜一人一人が輝くために〜
   佐藤 博司(秋田県教育庁特別支援教育課)
 発達障害に学ぶ
   水俣 健一(市立秋田総合病院精神科)
 発達障害者の支援を考える〜秋田県発達障害者支援センターふきのとう秋田より〜
   澤井 ちはや(秋田県発達障害者支援センターふきのとう秋田)
時 評
 ブレインバンクの必要性とその現状
   池本 桂子1,2)、丹羽 真一1)
   (1)福島県立医科大学医学部神経精神医学講座、2)いわき市立総合磐城共立病院精神科)
 訪問サービスにSSTを-SST普及協会の最近の研究成果を紹介-
   丹羽 真一(福島県立医科大学医学部神経精神医学講座/SST普及協会 訪問サービスの援助技術確立研究会)
 認知行動療法の最近の動向
   坂野 雄二(北海道医療大学心理科学部教授)
 
随 想
 
 認知症の生活障害の考え方
   朝田 隆(筑波大学臨床医学系精神医学)
 職業訓練校における大人の発達障害の支援について
   海部 紀行(東京都立職業能力開発センター精神保健相談員)
 グローバルヘルスとわが国の貢献
   渋谷 健司(東京大学国際保健政策学教室)
連 載 産業精神保健について

 〔第4回〕派遣労働者のメンタルヘルス-現状と課題-
   廣 尚典(産業医科大学産業生態科学研究所精神保健学)
メンタルヘルスの広場

 がん患者におけるメンタルケア
   清水 研(国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科)
 精神障がい者フットサル大会の現状と動向:ワールドカップ実現に向けて
   岡村 武彦(大阪精神医学研究所 新阿武山病院)
特別寄稿

 追悼 加藤伸勝先生
   原田 憲一(財団法人日本精神衛生会 会長)
書 評

 『セラピスト誕生─面接上手になる方法─』
   古田 雅明(大妻女子大学)
 『退院してよかった 俺の仲間 くらし 未来』
   相川 章子(聖学院大学)
 『精神鑑定の乱用』
   木村 一優(こころのクリニック石神井)
 『こころの医療 宅配便─精神科在宅ケア事始』
   大島 みどり(NPO法人NECST)
 『がんを生きる』
   沼 初枝(立正大学/NTT東日本関東病院(臨床心理士))
 海外ニュース                 江尻 美穂子
 衛生会ニュース
 編集後記                   森岡 由起子

■引用

■書評・紹介

■言及



*作成:安田 智博
UP:20151013 REV:
医療と社会 医療社会学  ◇精神障害/精神医療 身体×世界:関連書籍  ◇BOOK
TOP HOME (http://www.arsvi.com)