HOME > BOOK > 雑誌 > 自立・自立生活(運動)
病者障害者運動史研究 > 「病者障害者運動史研究――生の現在までを辿り未来を構想する」 >

『共生の理論』No.1

『共生の理論』編集委員会 編 19840801 関西障害者定期刊行物協会,13p.

Tweet
last update:20170815

■『共生の理論』編集委員会 編 19840801 『共生の理論』No.1,関西障害者定期刊行物協会,13p. ※m

◆もくじ◆

近藤 良一 「N研結成までをふりかえって」……1
山下 栄一 「なぜN研は結成されたのか」……2

大谷 強 「時代の転換期と概念の問い直し――N研に期待するもの」……4
堀 利和 「『空想的理論』に陥らない研究・実践を!――N研への期待」……6

伊瀬知 徹 〈ルポ・その1〉「大阪の障害者住宅――堺市Oさんの場合」……7

楠 敏雄 「ノーマライゼーション研究会がめざすもの」……8
銭本 三千年 シリーズ「ノーマライゼーションの考え方〈I〉」……9

牧口 一二 「まず『障害者のくらし』をどんどん提出しよう」……12

編集委員会から……13



『共生の理論』編集委員会(第1号)
編集長:楠 敏雄
編集委員:伊瀬知 徹・大賀 重太郎河野 秀忠
レイアウト:牧口 一二


■関連書籍

■引用

■書評・紹介

■言及

*作成:北村 健太郎
UP:20170815 REV:
病者障害者運動史研究 ◇「病者障害者運動史研究――生の現在までを辿り未来を構想する」
自立・自立生活(運動)  ◇障害者と政策  ◇差別  ◇障害者と教育  ◇住む  ◇生存・生活  ◇雑誌  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)