HOME > BOOK > 雑誌 > 『病院・地域精神医学』 >

『病院・地域精神医学』 第101集

日本病院・地域精神医学会 編 1991/08/30

last update: 20140309

■日本病院・地域精神医学会 編 1991/08/30 『病院・地域精神医学』101

■目次

〔巻頭言〕第33回総会を終えて  窪田彰
■第33回総会(東京)報告集〈1〉
一般演題TA:かかわり
○司会者からひとこと  上野豪志
1.保護室長期使用者の一例−受け持ち看護者として関わって−  久保秀代ほか
2.長期保護室を使用しているケースについて  高野直人ほか
3.看護婦が恐怖を感じた患者の特徴  安田宣子
4.よりそう看護−長期に渡り再燃をくり返す患者への取り組みを振り返って− 吉田かよみ ほか
5.主食の病棟盛り付けについて  花井キヨミほか
6.精神リハビリテーションにおけるInformed Consent−研究と視点と課題の抽出−  加藤春樹ほか
7.地域の場の多様化による成果と問題点−友の家・ユニーク活動の展開の中で−  水田博子ほか
8.「にゃんこの館」における主体性をめぐるメンバーとスタッフのゆれ・ずれ・ぶれ  戸島大樹ほか
○一般演題TAを通して−質疑討論
一般演題TB:デイケア
○司会者からひとこと  日吉淳治
1.デイケア依存からの脱却をめざして−メンバーがデイケアから自立しようとしたきっかけについての一考察−  野沢紀代美ほか
2.メンバーの主体性を求めて−自主的グループ活動の試み−  木下清美ほか
3.表現としての演劇プログラム(その1)−からだやきもちをほぐす−  古川田鶴子ほか
4.表現としての演劇プログラム(その2)−「11ぴきのねこ」公演がもたらしたもの−  大山勉ほか
5.閉じられた自己のときはなち−能動と受容の絡み合い−  和泉雅孝ほか
6.デイケアの治療の場としての有効性  田原明夫ほか
7.デイケア退所者の2年予後−退院者との比較検討−  塚原敏正ほか
8.作業所に通う人、デイケアに通う人  清川賢二
○一般演題TBを通して−質疑討論
【投稿論文】
精神保健法に基づく精神障害者社会復帰施設の実態と課題(第3報)
−対象者とその処遇−  寺田一郎・大嶋巌・荒井元博
■特集:PSW・CPの資格制度化をめぐって(T)
−「医療福祉士」をめぐる各団体の対応と課題−
1.はじめに  古屋龍太
2.資格制度導入に関する特集にあたって−精神医療の新しいモデルの中で−  田原明夫
3.資格制度化の現状と課題  田戸静
4.医療ソーシャルワーカーの資格制度に関する考え方  須崎光一
5.精神科ソーシャルワーカーの資格化運動の過程と課題  大野和男
6.医療福祉士(仮称)資格化の経過−PSW協会の対応を中心に−  高橋一
〔資料〕
1.リハビリテーションに関する教育・研究体制等について
2.医療ソーシャルワーカーの資格制度化に関する要望書
3.医療福祉士(仮称)資格化に当たっての現在の考え方
4.MSW協会事務局ニュース
5.医療福祉士(仮称)資格化の考え方
6.MSW協会事務局ニュース(2)
7.「全国医療ソーシャルワーカー連盟結成創立総会」の開催について
8.厚生大臣宛要望書
9.申し入れ書−資料8への添付文書
10.厚生大臣宛要望書
11.趣意書
12.社会福祉・社会保障研究連絡委員会報告
13.医療福祉士(仮称)の資格制度化に関する日精看の意見
14.資格制度化に関する基本方針(案)
【夜間交流集会報告】
全国精神医療人権センター等交流会報告  木村朋子
【学会だより】
第33回総会(東京)運営委員会報告(V)  古屋龍太
〔資料〕1. 第33回総会収支決算書
    2. 第33回総会参加者内訳
    3. 監査報告  上野豪志
    4. 過去の補助金交付実績
    5. 第33回病院・地域精神医学会(in東京)を終わって  多田朝子
    6. 第33回病院・地域精神会の報告  精従連事務局
第34会総会(山形)運営委員会報告(T)  加藤正實・横山弘明
編集後記  佐藤朝子
投稿規定


*作成:桐原 尚之
UP: 20140309 
精神障害/精神医療  ◇広田伊蘇夫氏蔵書  ◇雑誌 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)