HOME > BOOK > 雑誌 >

『現代思想』39-17(2011年12月臨時増刊号) 総特集:上野千鶴子

http://www.seidosha.co.jp/index.php?%BE%E5%CC%EE%C0%E9%C4%E1%BB%D2
『現代思想』『現代思想』2011年
青土社 http://www.seidosha.co.jp


【討議】
上野千鶴子を腑分けする 「対幻想論」 から 『ケアの社会学』 まで / 上野千鶴子×小熊英二
セクシュアリティはいかに語り得る/得ないのか / 上野千鶴子×宮地尚子

【座談会】
上野千鶴子を語りつくす / 阿部真大×金田淳子×千田有紀×松井隆志

【上野千鶴子とは何か】
上野千鶴子の軌跡 / 鶴見俊輔
上野千鶴子論序説 / 辻井喬
上野千鶴子さんという女ひと / 樋口恵子
上野千鶴子の第三側面 / 見田宗介

【女性学から】
「社会変革の為の武器」を研いで――上野千鶴子さんと日本のフェミニズム三〇年 / 江原由美子
「バトンを渡す」 ということ マルクス主義フェミニズムから 『おひとりさま』 へ / 伊田久美子
上野千鶴子と論争の時代 / 海妻径子
「わたし」 への持続する意志について / 加藤秀一

【戦後思想から】
上野千鶴子と歴史学の関係について、二、三のこと / 成田龍一
分節化する知の操作 日本近代文学研究と上野千鶴子 / 小森陽一
わからなかったこと、なされていないと思うこと / 立岩真也
 cf.『家族性分業論前哨』

【ケアから】
ケア・福祉論からみた上野千鶴子 / 中西正司
上野千鶴子はアイコンだった / 信田さよ子
上野千鶴子についての個人史 / 熊谷晋一郎

【現場から】
驚かせ続ける人 畏敬する友 千鶴子さん / 中西豊子
私が見た上野千鶴子の真実 / 向田貞子
上野千鶴子さんとの出会いから二〇年 / 市吉七海
あんなこと、こんなこと、上野千鶴子さんとのこと / 下間啓子
旅は道連れ、世はフェミニズム / 渋谷典子

【上野千鶴子のつくりかた】
もう一人の上野千鶴子 / 弘由美子
女性学のスタートラインで / 町田民世子
上野千鶴子、実践知を切り拓く希有の知性 / 高村幸治

【わたしと/の上野千鶴子】
京都と和服とポルシェ / 白倉敬彦
千鶴子ワールド感傷旅行 / 荒井とみよ
ヌードとパンツと家父長制 上野千鶴子のおっさん観をめぐって / 井上章一
私論・上野千鶴子 男たちのパブリック・エネミーを引き受ける存在としての女 / 辛淑玉
上野千鶴子に 「弱者のための政治」 を学ぶ / 辻元清美
うえのさん / 伊藤比呂美
軽やかに、しなやかに、「命」 の思想 上野さんを語る / 朴裕河
同じ時代を生きて / 島﨑今日子
分け入った先には / 酒井順子
女遊びのシスターフッド / 北原みのり


【上野千鶴子の読みかた】
共犯‐性と分身‐性 / 千葉雅也
   『セクシィ・ギャルの大研究 女の読み方・読まれ方・読ませ方』 光文社、1982年 → 岩波現代文庫、2009年
上野さんに鍛えられて / 瀬地山角
   『家父長制と資本制 マルクス主義フェミニズムの地平』 岩波書店、1990年 → 岩波現代文庫、2009年
苦い二五年 / 佐伯順子
   『女という快楽』 勁草書房、1986年 → 新装版、2006年
愛しのエロス論 / 木村朗子
   『発情装置 エロスのシナリオ』 筑摩書房、1998年
「ポスト」 の思想としての 「ジェンダー」 / 本橋哲也
   『ナショナリズムとジェンダー』 青土社、1998年
サバイバーとして自尊感情を守る / 樫村愛子
   『サヨナラ、学校化社会』 太郎次郎社、2002年 → ちくま文庫、2008年
私が生き延びるために必要だったもの / 雨宮処凛
   『生き延びるための思想 ジェンダー平等の罠』 岩波書店、2006年
団塊世代の中産階級への老後の指南書 / 天田城介
   『おひとりさまの老後』 法研、2007年 + 『男おひとりさま道』 法研、2009年
上野千鶴子さん自身のミソジニーから見えてくるもの / 栗田隆子
   『女ぎらい ニッポンのミソジニー』 紀伊國屋書店、2010年
『ケアの社会学』 に書かれたことと書かれていないこと / 川口有美子
   『ケアの社会学』 太田出版、2011年

■言及・紹介

◆2011/12/01
 http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/bd17c2585ddcdbed44fb7f893f85fc4a


UP: 20111124 REV:20111125
上野千鶴子  ◇『現代思想』  ◇雑誌  ◇BOOK 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)