HOME > BOOK > 雑誌 >

『Chio』『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』

ジャパンマシニスト社
http://www.japama.jp/
『おそい・はやい・ひくい・たかい』


◆立岩 真也 2017/04/** 「何がおもしろうて読むか書くか 第1回」
 『Chio』115号 別冊「Chio通信」

◆立岩 真也 2016/10/25 「障害者運動って、なんですか?――「障害児を殺してもいい」という一九六〇年代から」(インタビュー、聞き手:奥田直美・奥田順平)
 『Chio』113:64-75(特集:知らないうちに?だれかを?わたしは「差別」しているの?)

●『子育て未来視点BOOK・下』,pp.62-67,ジャパンマシニスト社 http://www.japama.jp/
 http://www.japama.jp/cgi-bin/detail.cgi?data_id=163

●20020801 特集:保育園・幼稚園がイヤになるとき
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』36 952円 *

◆立岩 真也 2002/08/01 「ANSWER??」(仮題)

●20010501 特集:ホントにあぶない遺伝子ブーム
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31 952円 *

戸田 清 20010501 「遺伝子組み換えで生まれる毒物・不純物――トリプトファン事件から見えてくること」
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:012-014
松原 洋子 20010501 「遺伝子医療のかげで――『優生学と人間社会』の著者松原洋子さんに聞く」
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:015-017
◆広井 良典 20010501 「危険な時代に考えること、できること――千葉大学助教授・広井良典さんに聞く」
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:018-022
◆中込 さと子 20010501 「出生前診断は、いまどうなっているんですか?――山梨県立看護大学講師・中込さと子さんに聞く」
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:024-026
◆佐々木 和子 20010501 「いのちの選別、とても悲しく思っています」(出生前診断 わたしはこう思う)
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:027-029
玉井 真理子 20010501 「安心のために検査したいというけれど……」(出生前診断 わたしはこう思う)
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:029-030
◆貝谷 芳洋 20010501 「”なんとなく”やめるセンスが大事」(出生前診断 わたしはこう思う)
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:030-031
立岩 真也 20010501 「時間をかけて考えてみよう」(出生前診断 わたしはこう思う)
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:032-033
山田 真 20010501 「せっぱつまった気持ちから――特集のまとめ」
 『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』31:034-036


REV: 20160630
子ども  ◇雑誌
TOP HOME (http://www.arsvi.com)