HOME > WORLD >

障害者・障害者運動 in USA




脱施設化
リハビリテーション法:年表
◆リハビリテーション法(ウィスコンシンのページ内)
 http://www.dwd.state.wi.us/dvr/policy/rehabact.htm
◆リハビリテーション法(連邦教育省のページ内)  http://www.ed.gov/offices/OSERS/RSA/RehabAct.html
石川 准 20010411 「米国における情報アクセシビリティ関連の法制度についての調査中間報告」
 http://fuji.u-shizuoka-ken.ac.jp/~ishikawa/reha508.htm
石川 准関根 千佳 2001 「米国の社会背景と字幕の歴史」
 http://fuji.u-shizuoka-ken.ac.jp/~ishikawa/subtitle.htm

ADA(障害をもつアメリカ人法)
ACCD「アメリカ障害者市民連合」
◆ADA Disability Information(障害をもつアメリカ人法)
 http://www.public.iastate.edu/~sbilling/ada.html
自立生活センター(CIL)
ピープル・ファースト
通信改革法
米国における障害児教育

 

****日米精神障害当事者交流シンポジウム****

米国ロサンゼルスの精神障害者の自助組織(セルフヘルプグループ)、プロジェク
ト・リターン・ザ・ネクストステップのメンバー6名が日本に当事者交流のため来日
します。当シンポジウムでは、日米の当事者のさまざまな体験の発表を通じて、文化
の違いに由来する日米の精神保健システムの比較を行います。ふるってご参加くださ
い。

日時:2002年3月15日午後15時30分(会場5時)より
場所:衆議院第2議会会館、会議室(入り口ホールで入場券をお配りします)
最寄の駅:営団地下鉄千代田線・丸の内線 国会議事堂前下車徒歩5分
入場料:無料 事前予約必要なし
テーマ
 当事者の声:日米精神保健システムの違いを知ろう
プログラム
15:30 米国の当事者体験発表
    プロジェクト・リターン・ザ・ネクストステップ代表
    ビル・コンプトン氏他メンバー5名
16:15 日本の当事者体験発表
    河野 修氏 他2名
16:50 日米の精神保健システム比較
    東京都精神医学研究所  白石 弘巳氏
17:10 会場からの質疑応答
17:40 終了
主催:日米精神障害者交流事業実行委員会
連絡先:048−976−3678(担当 宇田川健)
入場は無料です。事前のご予約は必要ありません。直接衆議院議員第2議員会館にお
越しください。入り口ホールでチラシを持った者が案内いたします

 

■本

◆Scotch, Richard 1984 From Good Will to Civil Rights: Transforming Federal Disability Policy, Temple University Press=20000717 竹前栄治 監訳 1984 『アメリカ初の障害者差別禁止法はこうして生まれた』 明石書店,232p. 2000 ※ ** d

◆ジョセフ・P・シャピロ『哀れみはいらない――全米障害者運動の軌跡』
 現代書館,秋山愛子訳 定価3300円+税 (送料210円)
 東京都千代田区飯田橋3-2-5 
 TEL03(3221)1321 FAX03(3262)5906
 http:www.gendaishokan.co.jp/
*Shapiro, Joseph P. 1993 NO PITY: People with Diasabilities Forging a New Civil Rights Movement=19991220 秋山愛子訳,『哀れみはいらない――全米障害者運動の軌跡』,現代書館,486p. 3300
 障害者福祉を慈善と保護から権利と差別禁止へと変えた、歴史的な公民権運動の勝利=アメリカ障害者法(ADA )成立に至る、障害者の自己認識の変革(エンパワメント)とアメリカ社会の障害者観の変化を追う。車椅子や人工呼吸器を使う障害者、ろう者、視覚障害者、知的障害者、精神障害者、難病者等、あらゆる障害分野の社会的・政治的バリアに対する闘い、障害の歴史・ 文化をパワフルかつ重層的に解き明かす。

◆Scotch, Richard 1984 From Good Will to Civil Rights: Transforming Federal Disability Policy Temple University Press=20000717 竹前栄治 監訳 1984 『アメリカ初の障害者差別禁止法はこうして生まれた』 明石書店,232p. ISBN: 4750313033 2000 [boople][amazon] ※,
BR> ◆知的障害者の歴史

Trent, James W., Jr. 1995 Inventing the Feeble Minded : A History of Mental Retardation in the United States, University of California Press 
 =19970705 清水貞夫・茂木俊彦・中村満紀男監訳,『「精神薄弱」の誕生と変貌――アメリカにおける精神遅滞の歴史』,学苑社,上242p.,下290p. 3200+3200 6400


■論文他

◆長瀬修「カリフォルニアの光と闇――世界から・第五回」
 『季刊福祉労働』75(199706)
◆長瀬修「レポート 第10回米国障害学会年次総会」
 『働く広場』1997
◆田中邦夫 19990201
 「アクセス委員会の機能と構成――世界の動き・アメリカ」
 『月刊福祉』82-2(1999-2):123

■運動家

Dart, Justin(1930-2002)
Frank G. Bow(フランク・ボー)
Ed. Long
Edward V. Roberts
 →長瀬 19950625「ヒーローの死――オランダ便り・3」
 『季刊福祉労働』67
Philip Draper
Judith E. Heumann(ジュディ・ヒューマン)
マイケル・ウインター
 ◇19880905 Independent Living Issues in the United States
  第16回リハビリテーション・インターナショナル世界会議,SA-3 ※
 ◇19911215 「障害者の独立宣言」 八代・冨安編[1991:010-026]
  19910519講演 桑名敦子訳  ※

 

●ホームページ

◆American Association of People with Disabilities
 http://www.aapd.com/
◆American Bar Association on Disabilities
 http://www.abanet.org/disability/
◆Autism Network International
 http://www.students.uiuc.edu/~bordner/ani.html
◆Blindness Related Resources and Beyond
 http://www.hicom.net/~oedipus/blind.html
◆Bazelon Center for Mental Health Law
 http://www.bazelon.org/bazelon/
◆Consortium for Citizens with Disabilities
 http://www.c-c-d.org/
◆Creativity Explored
 http://www.wenet.net/~cr8vtyex/
◆Deafblind Online
 http://www.ssco.esu.k12.oh.us/deafblind.html
◆Deaf Watch Newsletter
 http://www.i-sphere.com/eyedeaf/main.htm
◆Disability Awareness Quiz
 http://www.kessler-rehab.com/quiz.html
◆Disability Cool
 http://www.geocities.com/HotSprings/7319/
◆disABILITY Information and Resources
 http://www.eskimo.com/~jlubin/disabled.html
◆Disability News Service
 http://www.disabilitynews.com/
◆The Disability Rights Activist
 http://www.disrights.org
◆Disability Social History Project
 http://www.disabilityhistory.org/dshp.html
◆Global Applied Disability Research and Information Network on Employment and Training
 http://www.gladnet.org/
◆The Invisible Disabilities Page
 http://www1.shore.net/~dmoisan/invisible_disability.html
◆National Arts and Disability Center
 http://www.dcp.ucla.edu/nadc/
◆National Association for the Rights, Protection, and Advocacy
 http://www.connix.com/~narpa/
◆National Association of the Deaf
 http://www.nad.org/
◆National Council on Aging
 http://www.ncoa.org/
◆National Council on Disability
 http://www.ncd.gov
◆National Foundation of Wheelchair Tennis
 http://www.nfwt.org/
◆National Information Center on Children and Youth with Disabilities
 http://www.nichcy.org
◆National Institute of Art and Disabilities
 http://www.niadart.org/
◆National Institute on Disability and Rehabilitation Research
 http://www.ed.gov/offices/OSERS/NIDRR/
◆National Organization on Disability
 http://www.nod.org
◆People to People Committee on Disability
 http://www.ppcd.org/
◆Not Dead Yet
 http://acils.com/NotDeadYet/
 →安楽死
◆Ragged Edge Magazine
 http://www.ragged-edge-mag.com
◆San Francisco AIDS Foundation
 http://www.sfaf.org
◆Sexual Health Network: Sexuality Following Disability or Illness Page
 http://www.sexualhealth.com/content/general.htm
◆Support Coalition International Human Rights and Psychiatry
 http://www.efn.org/~dendron/index2.html
◆Through the Looking Glass
 http://www.lookingglass.org/
◆United Nations Economic and Social Development Disability Issues
 http://www.un.org/esa/socdev/disabled.htm
◆Wheelchair Basketball
 http://www.cannylink.com/sportwheelchairbasketball.htm
◆World Institute on Disability
 http://www.igc.apc.org/wid/
◆バークレーCIL
 The Center for Independent Living at Berkeley, CA
 
 
http://www.cilberkeley.org/
◆CIL News
 http://www.strandnet.com/ssw/cil-news.htm
◆Central Coast Center for Independent Living(オークランド、カリフォルニア州)
 http://www.progway.org/CCCIL.html
◆ボストン自立生活センター(Boston Center for Independent Living)
 http://ne-index.shriver.org/Factsweb/23e6.htm
◆リハビリテーション&リサーチ研究所(TIRR)
 http://www.bcm.tmc.edu/ilru/
◆パラクォード(PARAQUAD、セントルイス自立生活センター)
 http://www.paraquad.org/
◆NAMI (Natinal Alliance for the Mentally Ill)
 http://www.nami.org/
 ※アメリカの精神障害のための連合会です。全50州に17万2千人以上の会員。
 (全家連ホームページの解説)

 

19500900 第2次米国教育使節団報告書(身体的精神的障害を有する児童の教育の機会均等について報告)* 
19550413 米国ソーク博士 小児マヒのワクチンを完成* 
1961   米国建築物基準協会『障害者が利用しやすい建築物と設備の設計書』刊行* 1965   米国ランタマン発達障害者サービス法制定(居住地でのサービス保障)*
1969   米国 建築物障害除去法制定* 
1972   米国バークレーに最初の自立生活センター(CIL)発足* 
1973   米国 リハビリテーション法改定(504条で重度障害者を含め障害者差別を禁止。ニクソン大統領「公民権の短絡、経費が膨大」と2度にわたり署名拒否)*
19760331 米国「植物人間」カレンの尊厳死容認判決(0609)(人工呼吸器外され、850611死亡) 
19760700 米国 カリフォルニア州上院議会で「安楽死」法案可決* 
19770428 米国 教育・福祉省カリファノ長官がリハ法504条施行規則に署名(連邦と関連ある全ての事業所の雇用・交通機関・公共建築物等における障害者差別を禁止)* 
19770405 米国リハ法504条の施行規則公布を求め全米の障害者が実力行使* 
1981   (米国)「通訳人の通訳によらない聴覚障害者の供述は許容されない」*
19810000 米国系企業ダスキン(ミスター・ドーナツ)障害者リーダー米国留学研修派遣事業開始* 
19811000 米国自立生活運動のリーダー エド・ロバーツ来日* 
19830327 日米障害者自立生活セミナー〜3.27開催(東京、神奈川、愛知、大阪、京都、北九州)* 
19850800 第1回日米障害者会議開催* 
19900726 米国「障害をもつアメリカ人法」(ADA)制定* 
19910601〜0800 「ノーマライゼーションの現在 世界の到達点は」シンポジウム開催(東京・大阪)。キャピタルピープルファースト(米、カリフォルニア州)と日本の知的障害者との初めての交流* 
19971118 日米障害者自立生活セミナー開催(大阪)* 
19971121〜22 日米自立生活セミナー* 
19990624〜27 NCIL(全米自立生活協議会)会議* 


REV:...20040610,1102
アメリカ合衆国  ◇WORLD
TOP HOME (http://www.arsvi.com)