HOME > World / Africa >

ジンバブエ共和国 2012年〜2015年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017

●2007年までのニュース・資料 ジンバブエ共和国 〜2007年
●2008年1月〜3月のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2008年1月〜3月
●2008年4月〜6月のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2008年4月〜6月
●2008年7月〜9月のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2008年7月〜9月
●2008年10月〜12月のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2008年10月〜12月
●2009年のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2009年
●2010年のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2010年
●2011年のニュース・資料 ジンバブエ共和国 2011年
●最新のニュース・資料 ジンバブエ共和国

○外務省 各国・地域情勢 ジンバブエ共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2012/01/11 The Zimbabwean Nyakurwa’s dream for the deaf
◆2012/01/12 COMPUTERWORLD Zimbabwe's Swav gaining in African handset market
◆2012/01/14 The Standard (Zimbabwe) Rapists torment the disabled, young girls
◆2012/01/16 NEWS DAY Harnessing ICT for smallholder development
◆2012/01/22 The Standard Disabled Persons Act defective
◆2012/01/23 AllAfrica.com Zimbabwe: ICTs - Opportunity for Women Empowerment
◆2012/01/31 NEWS DAY Teachers lack ICT skills - expert
◆2012/02/01 AFP BB News ジンバブエの国境検問所で大暴れ、旅行者を恐怖に陥れるギャングたち
◆2012/02/09 Women in Technology Tech firm supports ICT hub in Africa
◆2012/02/15 TECHZiM The ICT for Education Summit presentations
◆2012/02/22 Techinsight 【アフリカ発!Breaking News】フェイスブックで女性を中傷した少年、有罪で鞭打ち2回の刑。(ジンバブエ)
◆2012/02/23 Sokwanele (Zimbabwe) The plight of the disabled vendor
◆2012/02/27 AllAfrica.com Zimbabwe: Housing Scheme for the Disabled Noble
◆2012/02/28 Zimeye (Zimbabwe) Man raped a deaf woman
◆2012/03/06 The Zimbabwean  Africa’s ICT Entrepreneurs - On the Brink of the Long Summer of Love
◆2012/03/12 TECHZIM  ICT sector investment opportunities in Zimbabwe and Africa
◆2012/04/11 The Zimbabwean Blind teacher wins fight for job
◆2012/05/01 The Zimbabwean Stone carving centre gives work to deaf children
◆2012/05/27 The Standard Housing stands attract back errant husbands
◆2012/06/03 毎日新聞 ジンバブエ:ダイヤ国庫収入で波紋 目標額の4分の1に
◆2012/06/06 AllAfrica.com Zimbabwe: Copac Shortchanges Disabled Persons
◆2012/06/07 AllAfrica.com Zimbabwe: Her Job Is Not a Bed of Roses
◆2012/06/16 AllAfrica.com Zimbabwe: Afford Equal Opportunities to the Disabled - First Lady
◆2012/06/19 cnn.co.jp 「失敗国家」ランキング、ソマリアが5年連続首位 日本は悪化
◆2012/07/10 外務省 チャンギライ・ジンバブエ共和国首相の来日
◆2012/07/18 ZimEye Disabled HIV infected overlooked in prevention campaigns
◆2012/07/19 BIZCOMMUNITY.COM Shedding light on ICT opportunities in Zimbabwe
◆2012/07/24 AllAfrica.com Zimbabwe: The Deaf 'Speak' On ZBCTV
◆2012/08/01 The Zimbabwean Housing scheme for disabled
◆2012/08/22 AllAfrica.com Zimbabwe: Minister Appoints Special Youth Advisory Board
◆2012/08/22 AllAfrica.com Zimbabwe: IT and Visually Impaired
◆2012/09/02 The Standard Spare a thought for disabled sports personalities
◆2012/09/23 時事ドットコム 月曜は市民一斉トイレ流し=下水の詰まり防止へ市長−ジンバブエ
◆2012/10/05 allafrica Zimbabwe: ICTs Vital for Development
◆2012/10/07 The Zimbabwe Standard Zaoga pastor accused of raping disabled woman
◆2012/10/13 ZimEye Zimbabwe Mugabe targets the disabled
◆2012/10/19 AllAfrica.com Zimbabwe: MP Textbooks Donation to Emerald Hill School for the Deaf
◆2012/10/24 The Zimbabwean Disability rights crucial
◆2012/10/28 AllAfrica.com Zimbabwe: ICT to Bring Poor Villagers Closer to the World
◆2013/01/05 NewsDay ‘Children with disability need support’
◆2013/01/07 Sowetan The disabled and sexual abuse
◆2013/01/16 AllAfrica.com Zimbabwe: Paralympic Preps At Advanced Stage
◆2013/01/21 NewsDay Disabled model in awareness campaign
◆2013/01/25 AllAfrica.com Zimbabwe: Rights Boost for Zimbabwe's Deaf
◆2013/02/12 ZimEye Zimbabwe Zimbabwe’s Election Challenges & The Rights of The Disabled
◆2013/02/12 毎日新聞 憂楽帳:ジンバブエで野球
◆2013/02/16 Nehanda Radio Disabled people denounce draft Constitution
◆2013/02/20 AllAfrica.com Zimbabwe: Minister Calls for Help for the Disabled
◆2013/02/20 AllAfrica.com Zimbabwe: Doctor Testifies in NMB Manager's Sodomy Case
◆2013/03/02 AllAfrica.com Zimbabwe: Support Athletes Living With Disability - Christopher Katore
◆2013/03/06 AllAfrica.com Zimbabwe: Disabled Bemoan Vagueness in Draft Constitution
◆2013/03/09 AllAfrica.com Zimbabwe: Disabled Students' Plight Under Spotlight
◆2013/03/17 AFP BB News ジンバブエで新憲法案の国民投票、大統領権限の縮小なるか
◆2013/03/18 NewsDay Deaf man (63) strikes wife’s lover with axe
◆2013/03/19 The Zimbabwean Triumphant over disability
◆2013/03/20 asahi.com ジンバブエ大統領、2期10年までに 新憲法承認
◆2013/03/25 駐日欧州連合代表部 ジンバブエの国民投票とEUの制限措置の見直しに関する声明
◆2013/03/26 JBpress アフリカと中国:鉱物資源以上の関係
◆2013/03/31 The Zimbabwe Standard Zim to host Zita champs
◆2013/04/01 AllAfrica.com Zimbabwe: All Set for National Paralympic Games
◆2013/04/14 The Zimbabwe Standard Beggars turn to vending to survive
◆2013/04/28 AllAfrica.com Zimbabwe: 'BCC Facilities Not Suitable for the Disabled'
◆2013/05/17 MSN産経ニュース 「独裁者」ムガベ・ジンバブエ大統領も来日へ 来月のアフリカ開発会議
◆2013/05/24 AllAfrica.com Zimbabwe: Disability: A Mother's Agony
◆2013/06/02 nikkei.com アフリカへの食糧支援、電子マネー活用が急増
◆2013/06/13 AllAfrica.com Zimbabwe: Submit Party Lists in Advance - Chinamasa
◆2013/06/21 Zimbabwe Independent Zimbabwe: How Mugabe Was Routed in Maputo
◆2013/06/21 The Herald Southern Africa: Charamba Speaks On Maputo Summit
◆2013/06/22 The Herald Zimbabwe: Take Action On Renamo, SADC Leaders Told
◆2013/06/27 AllAfrica.com Zimbabwe: Disability Expo Set for Next Month
◆2013/07/11 cnn.co.jp 「総選挙の資金ない」、近隣諸国に支援要請 ジンバブエ
◆2013/07/25 毎日新聞 ジンバブエ:大統領選強行へ…周辺国や米は延期要求
◆2013/07/28 nikkei.com 関西ペイント、ジンバブエ塗料最大手を買収 アフリカ南部開拓
◆2013/07/29 MSN産経ニュース 関西ペイントがジンバブエの塗料大手を買収 アフリカ市場狙う
◆2013/07/30 AllAfrica.com Zimbabwe: Miss Deaf Shines in Czech Republic
◆2013/07/30 jp.reuters.com 関西ペイントがジンバブエ塗料大手買収、アフリカ事業拡大狙う
◆2013/07/31 cnn.co.jp ジンバブエ大統領選投票、現職ムガベ氏と首相の一騎打ち
◆2013/07/31 毎日新聞 ジンバブエ:31日に大統領選 欧米などが延期求める中
◆2013/07/31 毎日新聞 ジンバブエ大統領選:反対押し切って、きょう
◆2013/07/31 毎日新聞 ジンバブエ:大統領選 投票に長蛇の列
◆2013/08/01 asahi.com 「独裁」33年、問われる ムガベ氏、接戦模様 ジンバブエ大統領選
◆2013/08/02 cnn.co.jp ジンバブエ大統領選、現職が勝利宣言 対立候補は不正主張
◆2013/08/02 毎日新聞 ジンバブエ大統領選:首相側、不正を訴え 現職と対決姿勢
◆2013/08/03 毎日新聞 ジンバブエ:議会選はムガベ大統領派の与党が大勝
◆2013/08/04 cnn.co.jp ジンバブエ選挙、ムガベ氏が大統領に当選 不正疑惑も
◆2013/08/04 asahi.com ムガベ氏、ジンバブエ大統領に当選 政権の座に33年
◆2013/08/04 毎日新聞 ジンバブエ大統領選:「ムガベ氏当選」選管発表
◆2013/08/05 nikkei.com ジンバブエ選管「ムガベ大統領勝利」 対立候補反発、混乱続く
◆2013/08/06 asahi.com 衰えぬムガベ人気 欧米酷評のなか大統領6選 ジンバブエ、白人農地の再配分に支持
◆2013/08/10 nikkei.com 大統領選の無効求め提訴 ジンバブエ首相の旧野党
◆2013/08/10 毎日新聞 ジンバブエ:支配33年、光と影…ムガベ氏、大統領6選
◆2013/08/21 nikkei.com ジンバブエ憲法裁「大統領選は公正」 ムガベ氏就任へ
◆2013/08/21 毎日新聞 ジンバブエ:ムガベ氏、大統領就任へ 選挙は「有効」
◆2013/08/22 nikkei.com ジンバブエ、ムガベ氏が大統領就任
◆2013/08/23 cnn.co.jp ジンバブエ、ムガベ大統領が就任式
◆2013/08/27 AllAfrica.com Zimbabwe: U.S. Grants Help Deaf Achieve Independence in Zimbabwe
◆2013/08/30 AllAfrica.com Zimbabwe: Schools of the Disabled Exhibit at Agric Show
◆2013/09/19 asahi.com (@ジンバブエ)「世界最悪の独裁者」と「世界の英雄」
◆2013/09/25 The Kubatana People with disabilities sidelined in global HIV and AIDS fund intervention - once again
◆2013/09/25 AFP BB News 密猟者がゾウ81頭を毒殺、ジンバブエ当局発表
◆2013/09/26 cnn.co.jp ゾウ87頭を毒殺、象牙目的か ジンバブエ
◆2013/10/14 NHK オゾンホールと気温上昇に関係か
◆2013/11/01 ロケットニュース24 【衝撃】ジンバブエで「ゴブリンの襲撃」で4つの学校が閉鎖 / 地元長老は政府に「ヒーラー協会」の派遣を希望
◆2013/12/23 cnn.co.jp 「天然資源、収益使途は不透明」アフリカ22か国世論調査
◆2014/02/04 The Zimbabwe Mail Chamisa blasts website on fabrication about Mangoma disability slur
◆2014/02/04 SW Radio Africa Mwenezi DA convicted for assaulting handicapped farmer
◆2014/02/21 時事ドットコム ムガベ大統領、1億円かけ誕生会=90歳、独裁権力誇示−ジンバブエ
◆2014/02/24 外務省 ジンバブエ共和国における水害被害に対する緊急援助
◆2014/03/05 New Zimbabwe.com Vile man in ‘mercy’ rape of deaf niece, 14
◆2014/04/10 nikkei.com 三菱ふそうやいすゞ、アフリカでトラック市場開拓
◆2014/04/13 AllAfrica.com Zimbabwe: Charlene Relates Her Miss Deaf Ordeal
◆2014/05/02 TABIZINE 【ジンバブエ】命がけの崖っぷち体験!怖すぎる滝「ビクトリアフォールズ」
◆2014/06/04 AllAfrica.com Zimbabwe: Book Reveals Plight of Disabled Children
◆2014/06/16 The Kubatana Leonard Cheshire Disability Zimbabwe Trust: Campaigning for the rights of disabled people in Zimbabwe
◆2014/07/07 AllAfrica.com Zimbabwe: Senators Fight for Rights of the Disabled
◆2014/07/09 New Zimbabwe.com ConCourt allows disabled white farmer eviction
◆2014/07/10 Nehanda Radio ConCourt endorses eviction of disabled farmer
◆2014/07/22 New Zimbabwe.com Prof fights primitive stigma about special needs children
◆2014/08/04 AllAfrica.com Zimbabwe: Give Free Education to the Disabled - Nyagura
◆2014/08/04 アフリカ協会 福田前駐ジンバブエ大使を囲む懇談会
◆2014/08/10 cnn.co.jp ギニア、エボラ熱対策で国境封鎖 ザンビアは入国禁止措置
◆2014/08/29 nikkei.com [FT]中国、ジンバブエへの無条件支援応じず
◆2014/09/07 NewsdzeZimbabwe I NEEDED SEX, DISABLED MAN RAPES GIRL
◆2014/09/27 New Zimbabwe.com We’re also sexually active, say the disabled
◆2014/11/19 NewsDay DEAF showcases sign language film
◆2014/11/22 New Zimbabwe.com Deaf murder suspect languishes in remand prison
◆2014/12/18 毎日新聞 写真展:アフリカの雄大さ感じて サイやキリン、迫力の50点 今治の武田さん撮影−−25日まで /愛媛
◆2015/01/24 Zimbabwe Independent Zimbabwe: Disability Levy On the Cards
◆2015/02/02 毎日新聞 世界の雑記帳:ヘビ肉食べ禁錮9年、ジンバブエの男「背骨の痛み治したかった」
◆2015/02/05 東京新聞 ジンバブエのムガベ大統領が転倒 当局は写真の消去強制
◆2015/02/10 asahi.com 「独裁者」が転倒? 健康不安説も絡みジンバブエで物議
◆2015/02/10 New Zimbabwe.com Supreme Court Oks disabled persons eviction
◆2015/02/11 The Zimbabwean Disabled women fight for rights
◆2015/02/23 Nehanda Radio Mphoko views on disability disturbing
◆2015/03/01 nikkei.com ジンバブエ、大統領の91歳祝う豪華式典 野党は批判
◆2015/03/02 asahi.com 91歳「独裁者」ムガベ氏、超豪華お誕生会 象料理も
◆2015/03/02 yomiuri.co.jp 大統領91歳、100万ドルかけて祝う貧困国
◆2015/03/11 The Zimbabwean Deaf students excel
◆2015/03/18 NewsdzeZimbabwe STUDY : 900 000 ZIMBAS DISABLED
◆2015/05/12 AllAfrica.com Zimbabwe: Disability Does Not Mean Inability
◆2015/05/25 VOA Studio 7 for Zimbabwe Zimbabweans Urged to Respect Disabled People's Rights
◆2015/05/25 The Zimbabwean Access to justice for disabled women
◆2015/06/02 AllAfrica.com Zimbabwe: Musician Pens Song for Handicapped Children
◆2015/06/13 nikkei.com ジンバブエ、3.5京ドルを1米ドルで回収 自国通貨廃止
◆2015/06/14 cnn.co.jp ジンバブエが通貨廃止 「3・5京ドル」を1米ドルに両替
◆2015/06/15 asahi.com ジンバブエ通貨廃止 1ドル=3京5千兆ジンバブエドル
◆2015/07/02 New Zimbabwe.com Mangoma says Zanu PF worsened his disability
◆2015/07/07 The Zimbabwean Disabled woman defies all odds
◆2015/07/07 The Zimbabwean Medical personnel harass disabled people
◆2015/07/12 AllAfrica.com Zimbabwe: Disabled Vendors Cry Foul, Plead for a Special Registration
◆2015/07/29 cnn.co.jp 人気のライオン銃殺、米ハンターの行方追う ジンバブエ
◆2015/07/31 毎日新聞 ジンバブエ:ライオン殺害、米国人に国際的な非難殺到
◆2015/08/02 cnn.co.jp ライオン「セシル」の兄弟も殺害か、情報が錯綜
◆2015/08/03 nikkei.com [FT]ジンバブエの人気ライオン射殺 猛獣狩りに焦点
◆2015/08/03 cnn.co.jp 殺されたライオン「セシル」の兄弟、英研究者が無事を確認
◆2015/08/03 毎日新聞 ジンバブエ:別の米医師もライオン殺しか
◆2015/08/04 cnn.co.jp 別の米国人医師も不法な狩猟の疑い ジンバブエ
◆2015/08/05 cnn.co.jp ジンバブエで密猟疑いの米医師、潔白を主張
◆2015/08/26 cnn.co.jp サファリのガイド、ライオンに襲われ死亡 ジンバブエ
◆2015/08/29 New Zimbabwe.com HIV-positive man jailed for 12 years for attempting to rape disabled woman in her HOME > ◆2015/09/06 MATOBO Siblings handcuffed, bashed, left disabled
◆2015/09/08 cnn.co.jp ライオン「セシル」殺した米歯科医、仕事復帰を表明
◆2015/09/17 cnn.co.jp 91歳のジンバブエ大統領、手違いで以前の演説繰り返す
◆2015/10/08 cnn.co.jp ジンバブエの国立公園でゾウ14頭が毒殺 象牙目的か
◆2015/10/13 cnn.co.jp ジンバブエ、人気ライオン殺害の医師を訴追せず
◆2015/10/17 AFP BB News 50歳超の「国宝級」巨大ゾウ、ドイツ人観光客が射殺 ジンバブエ
◆2015/10/23 AFP BB News 中国の孔子平和賞にジンバブエ大統領、創設者が理由語る
◆2015/10/29 nikkei.com [FT]「孔子平和賞」が語る中国独自の物語 ジンバブエ大統領が受賞
◆2015/10/29 nikkei.com 中国「孔子平和賞」にジンバブエ大統領 受賞は辞退
◆2015/11/09 NHK 中国 象牙密輸ルートを追う
◆2015/11/22 AFP BB News 動画:ジンバブエで不細工コンテスト開催、準優勝者が審査に異議
◆2015/11/25 nikkei.com 中国・習主席が仏・アフリカ訪問 29日から
◆2015/12/01 asahi.com 習近平氏、ジンバブエ訪問 アフリカ重視の立場アピール
◆2015/12/09 Human Rights Watch アフリカ:児童婚の廃絶に向けて対策の強化を
◆2015/12/24 cnn.co.jp ジンバブエ、人民元を「通貨」に 中国は48億円の債権放棄

[cf]
○あふりかくじら 『あふりかくじらの自由時間』
○ひらげ ひらげ日記(2008年9月ハラレ滞在記を連載)


 
 
>TOP

Zimbabwe's Swav gaining in African handset market

http://news.idg.no/cw/art.cfm?id=44A1620D-089C-3853-8199DDF13CDCF963

Despite the increasing number of imported and highly subsidized Chinese-made mobile handsets, Zimbabwe's only phone manufacturing company, Swav, is gaining ground in the African market.

Launched in 2010, the company is now exporting to East Africa's largest telecom markets, Kenya and Nigeria in West Africa, as well as Angola in Southern Africa, with plans under way to expand into several other African countries.

Although the markets in Kenya and Angola are recording limited success, the company is selling about 100,000 handsets in Nigeria every month. Nigeria is Africa's largest telecom market by investment and subscriptions.

The Swav line of products includes Smartphones sold under the Swav brand on the Android platform. The Android phones have touch screens, GPS, Wi-Fi, camera and 3G services.

As Swav steps up production, competition in the supply and sale of the handsets is expected to be stiff as the Zambian mobile manufacturing company M-Tel is also targeting the Eastern Western and Southern African markets, including Zimbabwe.

However, both companies are threatened with the influx of Chinese hndsets, sold cheaply in many countries in Africa. Efforts by the Zambia government to block the entry of the phones into the Zambian market have so far proved unsuccessful, threatening M-Tel with closure.

"The only way to put the Chinese phones out of the market in the region is for the two companies to manufacture high quality but affordable phones. Otherwise they will be forced to close," said Edith Mwale, telecom analyst from Africa Center for ICT Development.

Swav CEO Munyaradzo Gwatidzo has said the company is working at addressing price issues. The company's target, Gwatidzo said, is to make products that are relevant to Africa and try to come up with apps that are customized for the region.

The company intends to use Nigeria as a launch pad for other West African markets including Ghana and Ivory Coast while plans are also under way to set up offices in South African and Angola in order decentralize its distribution network.

Unlike the Zambian government, which increased customs duty on foreign manufactured phones to 15 percent from 5 percent in a bid to encourage local production of phones, the Zimbabwean government has refused to do so.

Meanwhile, M-tel Chairman Mohammed Seedat has said plans to export phones to the Southern African region have been put on hold because many African countries have not been spared from the influx of heavily subsidized mobile phones.



 
 
>TOP

Harnessing ICT for smallholder development

http://www.newsday.co.zw/article/2012-01-16-harnessing-ict-for-smallholder-development/

The story of overworked but poor rural smallholder farmers has been retold several times across Africa and Zimbabwe to be particular.

Smallholder farmers daily put in so much effort in their farming activities, but remain significantly poor. It has always disturbingly turned out other players in the value chain of products produced by these farmers get richer and richer.

Multiple studies have been carried out to examine this scenario, its causes and possible solutions. One of the prominent causes of poverty among smallholder producers has been the information gap.

Rural farmers, by the nature of their geographical location (remote and inaccessible), low literacy levels and dispersion are often left out in terms of information.

Without relevant information it is difficult to make profitable business decisions hence farmers do not know where to sell, prevailing prices or who is buying.

At the end of the day they sell to whoever comes to their door step offering low prices.

These middlemen take the produce away to sell at wealth-creating prices. If farmers had the information on prices and markets such daylight robberies could be avoided.

In light of the above there has been an effort to harness mobile phone technology to assist rural farmers.

At a workshop organised by the Market Linkages Association, a company called Esoko presented their Ghanaian case study.

The company developed mobile phone-linked software for farmers offering the following functions: price alerts, weather forecasts, matchmaking, inputs ― sources and prices, bids and offers ― market place, stock alerts and news alerts ― eg armyworms affecting certain areas.

Esoko is currently working with 10 000 farmers across Ghana and observations are farmers’ livelihoods and incomes have greatly improved as a result of the system.

While farmers sometimes have access to a cellphone, this service greatly expands information availability and also connects farmers to trained professionals tasked with sharing knowledge and information with them.

The prospect of successfully developing and using mobile technology in Zimbabwe are high considering the increasing rate of mobile penetration in Zimbabwe.

About 66% of the Zimbabwean populace use cellphones which is now the second highest in Africa after South Africa.

According to the African Institute of Agrarian Studies, 72% of agricultural land in Zimbabwe is held by smallholder farmers.

It therefore makes sense to conclude harnessing positive social impacts have also been recorded for example where the wife would now know at what price the husband was going to sell the family produce, hence how much income to expect for the family.

Other African countries have also successfully started mobilising the use of mobile phones to aid rural development.

In Kenya such technology has been extended to include mobile banking. Equity Bank is bringing mobile banks to some of the most isolated parts of rural Kenya that have no access to commercial financial institutions.

The mobile banks offer banking goods and services to many small businesses and smallholder farmers, providing their customers with the same financial services as in regular branches, including deposits and savings, money transfers and remittance processing and loans.

In Uganda, the Grameen Foundation started the Community Knowledge Worker (CKW) Initiative which is building a self-sustaining, scalable network of rural information providers who use cellphones to help close critical information gaps facing poor, smallholder farmers.

The CKW strengthens the information link to poor farmers by disseminating and collecting relevant information in these underserved communities.

Working closely with and complementing existing government agriculture programmes, CKWs are trusted local intermediaries serving farmers who frequently lack basic access to up-to-date information on best farming practices, market conditions, pest and disease control, weather forecasts and a range of other issues.

The CKW model is designed to improve farmers’ lives by enabling them to get the information they need to improve yields and have broader access to lucrative markets.

Upon request from a farmer, a CKW will use his or her cellphone to access actionable information to meet farmer needs.

In addition, CKWs collect agricultural information from farmers, providing a vital link between farmers, government programmes, non-governmental organisations and other entities focused on improving agriculture in Uganda and beyond.

This technology would bring immense benefits to small-holder farmers. More of the output from this sector can be mainstreamed into mainline national trade.

Cases of rotting vegetables at the back of Dotito village and bananas in Risutu will be reduced.

Farmers will know the prevailing prices and hence negotiate from the vantage point of knowledge thereby increasing incomes.

Credit should be given to work being done by companies like Econet and Telecel.

Their systems can be harnessed for this cause. Such products like EcoCash can facilitate rural payments for smallholder products delivered to markets.

The mobile information system cuts market inefficiencies like turnaround time and number of people involved in the value chain.



 
 
>TOP

Zimbabwe: ICTs - Opportunity for Women Empowerment

http://allafrica.com/stories/201201230350.html

OPINION

When the Zimbabwe Women Resource Centre and Network issued out a call for women to register for basic computer skills training in November last year, the response was overwhelming, highlighting the hunger for technology among women in Zimbabwe.

The ZWRCN's "Women to Women" ICTs training is part of the organisation's effort towards enhancing learning and raising women's knowledge levels - empowering them to make informed decisions.

The call for applications opened a floodgate of phone calls, walk-in inquiries, written applications and emails.

To us, this was a manifestation that women are awakening to the fact that the fast-paced world we live in today has no place for technophobes.

A further probe into what is giving women the pressure to acquire technological skills revealed that computer skills are now a prerequisite if one is to secure formal employment, whilst university students are now required to submit typed assignments.

Many opportunities also lie within the Internet such as information on scholarships, business opportunities, online studies and distance learning options.

Technological changes the world over have become intertwined with how societies run their social, economic and political lives.

The buzzwords now are "e-governance", "e-learning", "e-banking" and "social networks", among others.

Gone are the days when the television remote controls and newspapers were part of men's personalised assets.

Gone also are the days when the telephone used to be answered only by the father of the house.

The proliferation of the mobile technology and social media has to some extent transcended gender boundaries.

Whilst one still has to type in their sex as part of the sign up formalities on most Internet platforms, the facilities themselves are neither blue nor pink, male or female. Once you are signed up, the functions do not discriminate against gender.

However, as Technology Zimbabwe's Clinton Mutambo writes in one of his articles entitled, "Are women afraid of venturing into ICTs?", the ICT sector in Zimbabwe, Africa and the world is still dominated by men and this has been the case since the telephone and transistors were invented.

A few women have recently begun breaking into the mould by challenging this convention.

Hats off to Tana Meecham, who is the Zimbabwe Online chief operations officer, and Njeri Rionge, who is the co-founder of Wanachi Group - one of the biggest Internet service providers in Kenya.

If there are women still struggling with technophobe today, they should emulate Rudo Mudavanhu, the Africom chief commercial officer who also scooped the 2010 ICT Achievers Businesswoman of the Year Award.

By the way, the chief executive of renowned PC maker Hewlett-Packard, Meg Whitman, is a woman, and the chief operations officer of the popular Facebook Sheryl Sandberg is also a woman.

It is also worth mentioning that Google policy manager for Africa Ory Okolloh is also a woman.

There are therefore unlimited opportunities for women to take up software development or to become successful ICT entrepreneurs or to create a global ICT network run by women.

Mutambo also argues that in a continent where women form a majority of the population and half of the workforce, it is an anomaly that the percentage of women working in technology is less than 15 percent.

"Technology is one of the key factors driving Africa's projected economic rise.

"As such, there is enormous potential for maximising the growth of technology through increasing the number and quality of women in technology," reads part of Mutambo's article.

While support mechanisms need to be put in place for women to access ICTs in Zimbabwe, women themselves can take the initiative and demand a bigger stake in the sector, beginning with organising themselves and acquiring the necessary skills.

ZWRCN is an information-based organisation committed to gender equality and equity. It is currently providing free basic computer skills training to women across all age groups.



 
 
>TOP

Teachers lack ICT skills - expert

http://www.newsday.co.zw/article/2012-01-31-teachers-lack-ict-skills--expert/

An information communication technology (ICT) expert has urged the government and the private sector to partner towards equipping schoolteachers with relevant ICT skills.

Addressing delegates at the just-ended African ICT for Education Summit in Victoria Falls, E-Learning Solutions CEO Itai Masimirembwa said most teachers did not have the requisite skills.

“There is continuous evolution of ICT trends,” he said.

“The problem that we have is that most of our educators in Zimbabwe lack ICT skills.

“We will not be able to address ICT problems in the country if our educators themselves lack those skills,” he added.

Speaking at the same occasion, Swaziland’s ICT minister Winnie Magagula said Africa must invest in education in order to attract more investors.

“If we invest in ICT education, it is not only investors who will be attracted to us, but even students from across the globe can be attracted to learn at our institutions,” Magagula said.

She said political will could influence the manner in which ICT development in education would be implemented.

Magagula said the ICT programmes in education needed political support.

The remarks came against the backdrop of reports that many rural-based Zimbabwean teachers were computer-illiterate.



 
 
>TOP

ジンバブエの国境検問所で大暴れ、旅行者を恐怖に陥れるギャングたち

2012年02月01日 18:08 発信地:ハラレ/ジンバブエ

【2月1日 AFP】ジンバブエとザンビアにまたがる国立公園内にある国境検問所には、旅行者のバッグをひったくったりトラックの荷を略奪したりする不届き者の集団が日夜出没し、旅行者を恐怖に陥れている。

 ジンバブエのチルンド(Chirundu)にある検問所の係官は、31日付の地元ニュースサイトNewsDayに対し、「バブーン(ヒヒ)たちを何とかしなければならない」と語った。「やつらは旅行者の持ち物をめちゃめちゃにする。旅行者が持ち物を守ろうとすると、噛みついたり顔をひっぱたいたりする。女性のハンドバッグはひったくるし、食べ物を探して車を破壊することだってある」

 国境越えをするトラックにトウモロコシの袋が積まれていれば、そのにおいをかぎつけ、袋を裂いて中身を持ち逃げするという。「とにかく数が多いので、全く手に負えない。問題はやつらが人間みたいに振る舞うってことだ。本当に、大したスリだよ」と、係官は困り顔だ。(c)AFP



 
 
>TOP

The ICT for Education Summit presentations

With almost 3 weeks after the ended ‘Southern African ICT for Education Summit 2012′ that took place in Victoria Falls, we take time to review a few of the ‘hot concerns’ raised. However for your perusal, all presentations held are available for download from the African Brains site The event saw 12 ministers along with delegates, educators and interested people from around Africa, (though mostly were from Southern Africa) come and discuss issues pertaining to ICTs for education. Indeed ICT has changed our way of doing things and no doubt education is part of this, hence the need for such a gathering and what a great timing - the beginning of the year.

The first day saw the current Permanent Secretary, Dr. Kundishora explain the role of ICT’s in the education sector with respect to the WSIS (Geneva 2003) and how Zimbabwe perfectly fits in this plan. He addressed the progress the ministry has done to date. I will not bore you with the details however what stands out from the achievements is the establishment of a 40-seater lab model for schools which was implemented last year at Chogugudza Primary School in Mashonaland East. Dr. Kundishora further stated how this will act as the standard and will be rolled out to more schools in the next two years.

Coming a bit late, but this is still a step in the right direction. Take note that the year the 1st phase of the WSIS was implemented, 2003, Zimbabwe was already under economic crisis, moreover towards the end of the year, Zimbabwe walked out of the Commonwealth Inflation was already on the rise and to invest in ICT education when the basic man was struggling to earn a decent meal was slightly far-fetched.

We applaud the idea and eagerly wait for such developments nationwide. In his speech Kundishora also highlighted awareness of the current electricity shortages, and explained that the ministry is looking to alternative solar energy to power ICTs in rural areas.

The South African representative elaborated how there is a need to skill the young people in terms of ICT; this is also supported by the Cape IT Initiative (CITI) program introduced in 2010 which offers ICT training to graduates. Mr Masimirembwa, CEO of E-Learning Solutions, explained that ICT’s are seen as another subject to learn as compared to using the technologies to learn other subjects. This no doubt limits the full potential of ICT in educational settings. This therefore puts (good) pressure on the teacher who should be well versed with certain tools and applications to a greater extent.

All in all, judging from the presentations a lot was discussed and we hope that this wasn’t just about touring the awesomeness that is the Victoria Falls but a moment to reflect on were Southern Africa’s ICT Education is at the moment and were we intend to go and more importantly how we get there - taking into account the different social, political and economic situations of the countries represented.



 
 
>TOP

【アフリカ発!Breaking News】フェイスブックで女性を中傷した少年、有罪で鞭打ち2回の刑。(ジンバブエ)

http://japan.techinsight.jp/2012/02/southafrica201202211430.html

ジンバブエでは誹謗中傷をすると鞭打ちの刑になるそうだ。ジンバブエの少年が、ある女性の写真をフェイスブックに載せたところ逮捕され「鞭打ちの刑」を受けることとなった。

少年は17歳、ジンバブエのチレジという町に住んでいた。2月6日、少年は女性が会社で電話をしている写真を撮影、その夜フェイスブックにその写真を掲載した。問題はその写真のコメント。ジンバブエの主な言語であるショナ語で「チレジの売春婦」と紹介してあったのだ。もちろん女性は売春婦ではない。

そしてその女性がフェイスブックにログインしたときに、自分の写っている写真を発見、しかも売春婦と書いてあったため警察へ報告した。すぐさま警察は少年を逮捕した。

その後2月20日の新聞によると、少年は有罪で鞭打ち2回の刑となった。

鞭打ちは、ジンバブエでは普通に行われる刑のひとつ。ひどい刑務所生活をするには酷な未成年対象に科されるものだという。

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)



 
 
>TOP

Africa’s ICT Entrepreneurs - On the Brink of the Long Summer of Love

http://www.thezimbabwean.co.uk/technology/56796/africas-ict-entrepreneurs-on-the.html?utm_source=thezim&utm_medium=homepage&utm_campaign=latestarticles

For over a decade, Africa’s ICT entrepreneurs have struggled to make sense of how to innovate and make money on a continent that was largely connected to the outside world by satellite and extremely expensive fibre. Now with cheaper wholesale bandwidth and falling retail prices, the season is going from an unforgiving winter to perhaps a long Summer of Love. Russell Southwood looks at the changes afoot that are helping Africa’s ICT entrepreneurs stand a better chance of success.

When we started Balancing Act 12 years ago, Africa’s ICT entrepreneurs were talking about a whole range of services and applications but none of the basics - like bandwidth, a critical mass of users, transaction technologies and finance - were in place. Over the last 12 months, many different things have begun to fall into place under each of these headings. Launches like Eskimi and Spinlet have turned the usual entrepreneurial road map for Africa round a different way.

But what has been as impressive has been the growth of soft networks and hard, physical infrastructure like incubators and the way that these things have created links between Africa’s innovators and the rest of the world.

VC4Africa started in 2007 when Ben White went to a meeting of the African Venture Capital Association in Dakar. It became clear at this meeting that its members were all focused on the “big deals” and that there was a gap in small-scale, start-up finance. As co-founder Ben White of VC4Africa told us:”Micro-finance is very limiting. It’s just too small. So there’s a missing middle between it and the big deals.”

Rather than set out to raise that capital, White sought to create a platform that would create a community that would allow entrepreneurs to describe what they were doing (or wanted to do) and offered investors a place to come and see what was happening:”The investor can connect with a start-up in Accra but also the Ghanaian community in a city like Amsterdam might also help.”

What started as a hobby on the Ning platform went professional as Bill Zimmerman (of ActivSpaces in Cameroon) and white came together to launch the platform. It now has 4,400 members and is still growing:”We put the focus on getting quality. New members are screened and vetted through a registration form that acts as a background check.”

Members can post a description of their project and 2,000 of them have done so from 25 different countries. So where did most of them come from?”The top ‘usual suspects’ are Kenya, Nigeria, Ghana and Cameroon. The latter is because of Bill Zimmerman’s work with ActivSpaces there. There have been some nice surprises like an entrepreneur in Togo and some individuals from Ethiopia.”

What’s bad news for Europe has been good news for the continent:”The European investment community is looking at Africa because of the problems in Europe. But there’s also lots of members from the BRICs and south-south relations.”

The impact of these kind of soft networks are hard to track but White and Zimmerman give several examples:

- The entrepreneur in Togo teamed up with one in Nigeria after they found they had a shared passion for education and are now developing an Android app together.

Members in the community lend their expertise through mentoring. Often there are daily exchanges through e-mail.

- The site has connected several businesses including etsy-online and Market Fleas with international investors from the USA, France and Holland.

- An American software company Next2.us was able to find a Kenyan partner through the site and able to pilot and launch services, starting in August 2011.

VC4Africa had a three year budget to be able to build a community, demonstrate how it can work and the ways in which it creates value. Going forward, its business model will be based on a Fremium model where members pay for additional services:”We’ll also be asking members that for any match made via VC4Africa that they make a 3% voluntary contribution.”

The next big development has been the creation of physical spaces for ICT entrepreneurs. BongoHive’s Hubs in Africa identifies 17 of these spaces that are a mix of technology hubs, business incubators, university tech labs and hacker spaces.

Indeed, Zambia’s BongoHive is one of the latest of these spaces on a road pioneered by Nairobi’s iHub. This started last year in Lusaka after a visit to iHub and a meeting of 25 people who wanted Android capacity building. The space is in the Ministry of Education and it has set up training programmes for its members in things like Java.

In September 2011, it got US$17,000 funding from a philanthropist called Brenda Davies for computers, testing devices and training. So the initial work was to build apps for her and VVOB, an NGO that the co-founder Lukonga Lindunda works for. As Lindunda says:”The aim was to give the developers an app to work through and to understand how to meet a deadline for specific projects.” That same month they also worked with Ushahidi on using their software to monitor elections. In December last year, Ushahidi and a Canadian developer ran an Android Boot Camp for members. The aim this year is to run a competition that will get some of the developers some recognition.

To put the cream on the cake, three African developers were shortlisted for the Mobile Premier Awards organized by Apps Circus at the Mobile World Congress in Barcelona last week: Ghanaian App Developer Robert Lamptey of Saya, Ugandan app developer Christine Ampaire of Mafuta Go!, and South African app developer Anne Shongwe of Moraba (see here for more).

The winner of the Ringmasters Award (given by the organisers) was Christine Ampaire of Mafuta Go!, which is an app that helps drivers find the nearest and cheapest petrol station.

App developer Christine Ampaire explains, “Our application was a product of a 48 hour hackathon called Garage 48. We are a group of students who are passionate about our country and the city we live in, and we wanted to address the daily struggle of rising petrol prices in our city.” Garage 48 is an Estonian organization that organizes workshops that allow developers to put a product together in 48 hours.

The Second Open Innovation Africa Summit supported by Nokia and infoDev is taking place in Nairobi from 29-31 May 2012.



 
 
>TOP

http://www.techzim.co.zw/2012/03/ict-sector-opportunities-in-zimbabwe-and-africa/

I recently attended the NEPAD Business Foundation Implementing ICT Projects in Africa Workshop and the Zimbabwe Investment and Trade Conference. It was interesting to note that the message on ICT had a common theme.

High speed broadband has become the lifeblood of the knowledge economy and is fast becoming a human right, as well as a significant contributor to economic growth. The World Bank estimates that a 10% increase in broadband penetration could raise GDP by 1-2%.

Africa’s ICT sector will continue to grow rapidly over the coming decades, with the largest lion’s share of investment coming from private enterprise. Africa was long deprived of access to high-speed undersea data-transmission cables. Now there is ample international bandwidth within relatively easy reach of every country in Africa.

Some of the achievements so far:
1. Extremely accelerated rate of mobile penetration
2. Emergence mobile money services across Africa
3. Roaming without charges - Africa is the first in the world to introduce this.

According to the Zimbabwe Investment Authority, there are a number of investment opportunities in the Zimbabwe ICT sector. Some of the opportunities I noted include:

E-Business/ Provision of Media Services/ Supply of digitalisation equipment/ Software development/ Business process outsourcing/ Rural communication (internet villages)/ Data storage area networks/ Hardware assembling/ Call centres/ integrated solution planning/ Film industry & graphics/ Multimedia development

ICT opportunities are not exclusive to Zimbabwe, but are available in Africa as a whole. Today we witness the education crisis within Africa which many believe ICT can help. Because of this crisis many vendors of technology are focusing on the education segment of their respective market.

Africa must wake up and take full advantage of the opportunities available. We must not stand aside and look while we wait for outsiders to come and solve our problems.

image source: http://www.euromonitor.com

The writer of this post, Arnold Matimba, has 19 years experience in project & contract management gained in the UK and 3 years skills development in Southern Africa. Primary areas of expertise are project and contract organisation. His organisation, Avalanche Consulting, helps Sub-Sahara African business leaders make sustainable improvements to the performance of their organisations.



 
 
>TOP

ジンバブエ:ダイヤ国庫収入で波紋 目標額の4分の1に

毎日新聞 2012年06月03日 20時30分(最終更新 06月03日 21時48分)

 【ヨハネスブルク服部正法】世界有数のダイヤモンド鉱山を有するアフリカ南部ジンバブエで、今年第1四半期のダイヤからの国庫収入が目標額の4分の1にとどまったことが判明し、波紋を呼んでいる。ビティ財務相は「収入が別の政府に流れているかのようだ」と述べ、組織的流用の可能性を示唆。ムガベ大統領率いる与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線」の関与を疑う声が出ている。

 ビティ氏が所属する旧最大野党で、現在は愛国戦線と連立政権を構成する「民主変革運動」によると、ビティ氏は5月17日、今年1〜3月末のダイヤ収入が、目標額1億2250万ドル(約96億円)の約25%の3050万ドル(約24億円)だったと明かした。一方、同期間の輸出総額は2億1400万ドル(約167億円)。ビティ氏は、「不透明さと説明責任の欠如がダイヤモンドを覆っている」と指摘。特に、ジンバブエ政府と合弁でダイヤ採鉱を行う中国系企業を「一セントも支払いがない」と批判した。



 
 
>TOP

Shedding light on ICT opportunities in Zimbabwe

http://www.bizcommunity.com/Article/410/40/78717.html

Executives and decision makers from Africa's burgeoning ICT industry will join high profile speakers to discuss several issues at the next IT News Africa Innovation Dinner, scheduled for to take place 31 July at the Michelangelo Hotel in Sandton, Gauteng, South Africa.

Delegates can look forward to a live interview and Q & A session with Zimbabwe's MDC minister of Information, Communication and Technology, Nelson Chamisa, about the growth of Foreign Direct Investment (FDI) in the country, investment opportunities, government plans for ICT infrastructure and regulation.

According to the United Nations Development Programme World Investment Report 2012, the country's FDI inflows last year more than doubled to US$387 million.

Long Term Evolution

The underlying theme of the event, another in IT News Africa's Innovation Dinner series, is Long Term Evolution (LTE) and its impact on global next-generation telecommunications.

LTE is the fastest growing next generation mobile technology and the industry is deeply committed to commercially launching this technology within the next year or two, with a few pilot projects have already been launched.

Telecom companies the world over are looking to move LTE towards mass adoption, industry statistics internationally show that LTE subscribers are expected to reach 380 million in more than 80 plus networks by 2015 worldwide. Africa has been slow to take up the technology due to a variety of reasons that have been put forward by operators in the region.

"Our Innovation Dinner is the ideal opportunity for delegates and operators to network and discuss these issues. This is the platform to identify opportunities and gain advice on the best strategies going forward. Minister Chamisa, will also give insight into how overseas investors view 'risky' regions, like Zimbabwe, and where operators need to be positioned to take advantage," explains Abby Wakama, executive publisher, IT News Africa.

The NGN LTE Innovation Dinner will address the essential steps toward the broad adoption and commercialisation of LTE technology, covering subjects including spectrum, device profiles, network deployment, applications, and business models.

The unprecedented global alignment behind LTE underscores the incredible potential this emerging technology has across the wireless value chain, from silicon suppliers and network vendors through to device makers, developers, operators and end users.

Other speakers scheduled for the event include: Graham Vorster, country manager: Networking at Hewlett-Packard in South Africa and William A Hearmon, chairman of the African Broadband Forum.



 
 
>TOP

月曜は市民一斉トイレ流し=下水の詰まり防止へ市長−ジンバブエ

 【ハラレAFP=時事】ジンバブエ第2の都市ブラワヨのモヨ市長は22日、度重なる給水制限の影響で水が流れない下水管が詰まるのを防ぐため、毎週月曜日の決まった時間にトイレの水を一斉に流すよう市民に命じたことを明らかにした。

 市長は「給水制限の間にたまるごみをきれいに流すため、毎週月曜日に大々的に水を流す」と語った。水を流す時間は月曜の午後7時半という。

 ブラワヨ市は慢性的な水不足により頻繁に給水制限を強いられ、下水道に流れる水が少なくなっている。(2012/09/23-07:11)



 
 
>TOP

Zimbabwe: ICTs Vital for Development

http://allafrica.com/stories/201210051172.html

allafrica

Prime Minister Morgan Tsvangirai yesterday said Government has adopted Information Communication Technologies as an integral component to stimulate economic development. PM Tsvangirai said this while officially opening the inaugural e-Tech Africa Exhibition at the Harare International Conference Centre. The five-day event began on Monday and will end today.

"As Government, we have made ICTs the central hub for the Mid Term Plan, the Millennium Development Goals and other programmes to transform the lives of our people," he said. "ICT's are a critical tool to eradicate poverty and enhance growth. Government has realised that we cannot grow all the sectors of the economy at once and has identified ICTs to spearhead the development in other sectors of the economy."

PM Tsvangirai also took a swipe at the State Procurement Board for not promoting the local ICT industry by not awarding tenders to local experts.

Speaking at the same event Deputy Prime Minister Professor Arthur Mutambara also called for the development of the local ICT industry to wean the country from dependence on importance.

"We should not just be sales persons, let us design software, let us design gadgets, let us be participants in the design of the knowledge and equipment and not just be consumers," he said.

He commended companies that exhibited for showcasing various products showing great innovation.

Information Communication Technology Minister Nelson Chamisa said Government was working on having an information based society by 2015.

"We are not where we want to be in terms of speeds and costs but those are things that are always under construction and we are working with the regulators to see how we can address those.

"We want our society to be knowledge-based by 2015 and for everyone to be on the ICT platform.

"We want a paper less economy by 2015," Minister Chamisa said.

The e-Tech Exhibition was held under the theme, ICTs for Socio-Economic Transformation and was attended by leading ICT's companies in Zimbabwe and others from South Africa and Mauritius.



 
 
>TOP

Zimbabwe: ICT to Bring Poor Villagers Closer to the World

http://allafrica.com/stories/201210280337.html

Chipinge ― A local communication company has started a programme to source internet equipment and computers in their endeavour to bring information communication technology to disadvantaged schools in rural areas.

The International Communication Technology Association of Zimbabwe (ICTAZ) is working in conjunction with the UK-based organisation Computer Aid International.

The association is already identifying beneficiaries and provide expertise and back-up service.

Computer Aid International, Anglophone Africa programmes officer Wilhelmina Seng said the programme was set to improve access to ICT in rural areas.

"IT (information technology) opens the world to marginalised students in the rural areas," said Seng. "It will enable them to open their eyes so that they can see what they should see in the 21st century."

Permanent secretary in the Science and Technology Development ministry, Professor Francis Gudyanga, said Africa was lagging behind in terms of ICT development.

He said it was high time Africa started manufacturing own computers to improve the lives of its people.

ICTAZ president Hasha Maringe said their mission was to promote the growth and betterment of the ICT community through facilitating education, training business clustering, partnering and mentoring.

However, Maringe said, funding was a major challenge in the country.

"The economic situation in the country does not allow us to adequately fund our programmes. We need computer laboratories as well as laptops, but this equipment is expensive in the country," he said.

Community takes initiative to save trees



 
 
>TOP

憂楽帳:ジンバブエで野球

毎日新聞 2013年02月12日 大阪夕刊

 「ホテルの部屋を荒らされ、グラブやスパイクなど、すべてを盗まれる経験もしました。でも現地では、男女問わず野球を楽しんでいたのが印象的でした」

 今月あった市民グループ「ジンバブエ野球会」の例会で、大阪大野球部OBの小坂亮太さん(4年)がアフリカ南部の国・ジンバブエでの体験を語っていた。アフリカに野球を普及させようと草の根支援を続ける同会の活動に関心を持った小坂さんは、初の海外旅行に同国を選んだ。野球指導を経験できた半面、途上国特有の洗礼も受けた、というわけだ。

 野球人口がほぼゼロだったジンバブエ。だが野球経験のある青年海外協力隊員や同会の支援で、今や学校を中心に700近い野球チームがある。現地の野球コーチは小坂さんに「私は礼儀を重んじる日本の野球が好き。その教育効果が知られれば、子どもに野球をさせる親も増えるはず」と夢を語ったという。

 道具さえ満足にないアフリカで歓迎される「日本流」を思うとき、恵まれた日本で続発するスポーツ体罰事件が悲しい。この悪習を一掃してこそ、スポーツ先進国と胸を張れるのだろう。【野原靖】



 
 
>TOP

ジンバブエで新憲法案の国民投票、大統領権限の縮小なるか

AFP BB News
2013年03月17日 13:17 発信地:ハラレ/ジンバブエ

【3月17日 AFP】アフリカ南部のジンバブエで16日、新しい憲法案の是非を問う国民投票が行われた。憲法案が承認されれば、ロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領(89)の権限が縮小され、政治的暴力に苦しめられてきたこの国に、総選挙実施への道が開かれることになる。

 投票はすでに締め切られ、開票作業が行われている。憲法案には、大統領任期の限定のほか、議会権限の強化、大統領選の実施などが明記されており、有権者らはこれらを支持するとみられる。憲法草案の策定は、国際的な支援を受けて進められているジンバブエの国家運営を軌道に乗せるための計画の一部。投票結果は、5日以内に判明する見通しだ。

 ムガベ大統領は1980年の独立以来、一貫して政権を握ってきた。過去の選挙は結果が論争を呼んだり、暴力に発展することも多かったほか、ハイパーインフレによって経済の破綻を引き起こしたが、大統領が退陣の意思を示すことはなかった。

 憲法案はムガベ大統領が推進するジンバブエ国民による土地の所有を明記しており、大統領は草案を支持している。また、条項は過去にさかのぼって適用されるものではないため、大統領に再選されればムガベ氏の任期はその時点から10年間となる。

 ムガベ大統領は自らも16日に1票を投じ、国民に対し平和的に投票を行うよう求めた。しかしその大統領自身は、ジンバブエに混乱を招いたとして、多くの国民からの非難を受けている。(c)AFP/Susan NJANJI-MATETAKUFA



 
 
>TOP

asahi.com 2013年3月20日21時15分

ジンバブエ大統領、2期10年までに 新憲法承認

 【ヨハネスブルク=杉山正】アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は19日、大統領の任期を制限する新憲法が、国民投票の結果、賛成約95%で承認されたと発表した。AP通信が伝えた。7月にも新憲法下で大統領選と議会選が実施される見通し。

 新憲法は大統領の任期を5年2期の10年に制限しているほか、人権擁護や表現の自由を強調している。ジンバブエはムガベ大統領が30年以上政権の座にあり、猛烈なインフレで経済が破綻(はたん)した。ムガベ大統領は89歳で、新憲法下でも当選すれば、99歳まで続投が可能となる。



 
 
>TOP

「独裁者」ムガベ・ジンバブエ大統領も来日へ 来月のアフリカ開発会議

MSN産経ニュース

2013.5.17 10:07

 【ハラレ(ジンバブエ)=内藤泰朗】長期にわたり「独裁」を続け、欧米諸国が渡航制限などの制裁を科しているアフリカ南部、ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(89)が、6月1日から横浜市で始まる第5回アフリカ開発会議(TICAD)に出席するため訪日することが明らかになった。

 外交筋によると、日本がジンバブエ側にTICADへの出席を打診したところ、ムガベ氏自身が訪日するとの返答があった。日程や人員などはまだ固まっていないが、日本政府は同氏を受け入れる準備に入った。

 ムガベ氏の訪日は、ジンバブエ独立(1980年)後の首相時代の81年と、大統領就任(87年)後の89年に続き、3回目となる。

 初代首相に就任したムガベ氏は当初、白人の旧政権指導者らにも寛容の姿勢で臨み、白人社会との融和政策や欧米諸国の協力を得た経済運営で、「アフリカの黒人国家建設のモデル」と高く評価されていた。

 しかし、2000年に入ると、旧植民者である白人の大農場を接収する政策をとったことから欧米諸国が反発。渡航制限や海外口座の凍結といった経済制裁が導入された。日本は制裁には加わっていない。

 ただ、ジンバブエで今年3月、大統領権限を多少弱めた新憲法が国民投票で承認されたことについて、欧州連合(EU)が歓迎を表明し渡航制限を大幅に緩和。今秋までに行われるとみられる次期大統領選挙が、前回08年の暴力を伴う不正な選挙とは異なり、自由で公正に行われれば、欧米の経済制裁が解除される可能性も指摘されている。

 【アフリカ開発会議(TICAD)】日本政府が主導するアフリカの開発をテーマとした国際会議。アフリカ諸国と開発援助国の首脳らが出席し、開発支援策などを議論する。1993年から日本で5年に1度実施しており、6月1〜3日には第5回会議が横浜市で開かれる。アフリカ約50カ国から首脳らが出席する予定。



 
 
>TOP

Zimbabwe: How Mugabe Was Routed in Maputo

Zimbabwe Independent

BY OWEN GAGARE, 21 JUNE 2013

MORE details about the dramatic events at the extraordinary Sadc summit on Zimbabwe in Maputo, Mozambique, last Saturday where President Robert Mugabe was outmanoeuvred and humiliated by his coalition government partners and regional leaders have emerged.

Sources who attended the summit said Mugabe was routed after Prime Minister Morgan Tsvangirai and MDC leader Welshman Ncube, who joined forces, honed a strategically shrewd approach than his despite that he had lobbied Sadc chairman, Mozambican President Armando Guebuza and Namibian President Hifikepunye Pohamba for support before the meeting.

Mugabe arrived in Maputo on Friday evening and met Guebuza at his villa where he presented his case. On Saturday morning he had a long meeting with Pohamba, resulting in the summit scheduled to start at 10am only beginning around midday.

Namibian Foreign minister Netumbo Nandi-Ndatwah called ICT minister Nelson Chamisa accidentally thinking he was her counterpart Simbarashe Mumbengegwi before the meeting.

Guebuza opened the meeting and gave the floor to South African President Jacob Zuma, Sadc appointed facilitator on Zimbabwe.

Zuma began by reminding regional leaders the summit had been called to assess developments in Zimbabwe in the context of the Global Political Agreement (GPA) and agreements reached between the three coalition government parties, effectively repudiating Mugabe's earlier claims it was convened to discuss elections funding.

He spoke about the need for credible elections in an environment "free of intimidation and violence" to ensure the outcome is undisputed.

Zuma then informed regional leaders that the Constitutional Court (Concourt) of Zimbabwe had on May 31 ruled general elections be held by July 31.

He told them Mugabe on June 13 had issued a proclamation fixing July 31 as the date for elections and June 28 nomination of candidates. Mugabe, Zuma said, had invoked the Presidential Powers (Temporary Measures) Act to bypass parliament to comply with the Concourt ruling.

Zuma also told Sadc leaders he had received a letter from five political parties, including the MDC formations, which listed a number of provisions of the new constitution that need to be brought into operation to ensure elections are free and fair.

The parties expressed concern at the practicality of the July 31 deadline. He then challenged regional leaders to take a position that would bring the parties together in order to minimise tensions, while carving a realistic elections roadmap.

Zuma also dealt with previous Sadc resolutions and made recommendations eventually incorporated into the communique.

Mugabe then took to the floor after Zuma and gave a historical narrative on Zimbabwe before coming into current issues, trying to justify hostile political statements by security service chiefs and also claiming he was a victim of hate speech by the media. Mugabe said Zimbabwe was ready for elections given the prevailing peace and stability.

He also said some people in the inclusive government were against polls as they were not elected in the first place. After Mugabe, Tsvangirai took to the podium and thanked the regional leaders for standing firm on Zimbabwe.

He complained about unilateral decisions made by Mugabe in the last four years, in particular the elections date proclamation and amendments to the Electoral Act which he said were unconstitutional.

He urged Sadc leaders to recall their pervious resolutions and insist on their implementation. After dealing with the political environment issues, Ncube was then given the stage to make a presentation dealing with legal issues. He systematically tore apart Mugabe's case through structured legal arguments, showing how the president had acted unconstitutionally and illegally using powers of decree.

As emotions ran high, Botswana President Ian Khama proposed a lunch break. Mugabe was reportedly looking visibly ruffled. After the break Khama was given the floor and said he had listened to all the presentations and would make some remarks. He said he had sought the opinion of his Attorney-General on the Concourt ruling but would not delve into legal matters.

He then tore into Mugabe's presentation, mainly on security forces, wondering why 33 years after the liberation struggle people were still talking about the "bush war" instead of focusing on problems affecting the people such as service delivery, unemployment, disease and poverty.

Khama moved a motion to adopt Zuma's report as was. Guebuza then hit the table to indicate the adoption of the motion and Mugabe jokingly said: "that's violent Mr chairman!"

To everyone's surprise, Zambian Vice- President Guy Scott said Zuma's report was very good. Scott has previously said South Africans are "backward" and equated Zuma to South Africa's apartheid leader FW De Klerk. He also questioned Zuma's handling of Zimbabwe's political issues, saying he must leave them to Zambia.

Scott then suggested Zambia was concerned about the fate of the UNWTO general assembly given what is happening in Zimbabwe, indicating it could be moved to Botswana or South Africa.

Pohamba spoke after Scott, asking how Sadc was going to proceed given that Tsvangirai had indicated he would challenge Mugabe's proclamation and amendments in court.

In reply, Tsvangirai said he had not made a court application, which actually failed by accident after the premier left with some signed copies, but merely indicated he wanted to do so.

Guebuza then asked if Mugabe had anything to say and he noted that he had no problem approaching the Concourt to seek an extension as suggested by Zuma, Tsvangirai and Ncube.

Guebuza hit the table again indicating Zuma's report was unanimously adopted, amid another face-saving joke by Mugabe who said "That's very violent Mr chairman!" Sadc executive secretary Tomaz Salomao took over to guide the process of drafting the communique.

Zimbabwe: How Mugabe Was Routed in Maputo



 
 
>TOP

Southern Africa: Charamba Speaks On Maputo Summit

The Herald

BY LLOYD GUMBO, 21 JUNE 2013

SADC is just a political grouping of Southern African countries that does not have jurisdiction over the courts of law of its member states, Presidential spokesperson, Mr George Charamba, has said.

He made the remarks on Star-FM radio last night during a live phone-in programme - "Election 2013: Zimbabwe Decides".

Mr Charamba's comments follow claims by some sections of the media and political parties that Sadc's extraordinary summit recommendation for the Government to engage the Constitutional Court could supersede the same court's earlier order.

"Sadc is a political grouping," said Mr Charamba who is also the permanent secretary in the Ministry of Media, Information and Publicity.

"Sadc is a grouping of political formations and entities. It is not a court of law, therefore it cannot claim to have any jurisdiction over courts of law in any one of its member states."

The regional bloc last week urged the Government to approach the Constitutional Court seeking an extension to the July 31 deadline, which the apex court ordered for the holding of the harmonised elections.

President Mugabe has already complied with the ruling by proclaiming July 31 as the poll date pending an appeal filed by Justice and Legal Affairs Minister Patrick Chinamasa in compliance with the Sadc Summit recommendation.

Mr Charamba said in compliance with the Sadc recommendation to engage the Constitutional Court, Justice and Legal Affairs Minister Patrick Chinamasa was the only one who could file the application.

He dismissed claims by MDC formations that they were supposed to input in the application.

"The persona, the actor, is the Government of Zimbabwe. It is not Zanu-PF. It is not MDC-T. It is not MDC-N. Naturally, the actor for the Government of Zimbabwe in respect of that particular question is the Minister of Justice, which is why Minister Chinamasa is the one who bore the burden of noting an appeal in respect of the wish of the Summit to have the date of elections extended to two weeks from designated date of July 31, 2013 by the Constitutional Court.

"It was not about political wishes of parties. It was about interpreting that portion of the resolution correctly and recognising where the burden fell. In this case it fell on the Government of Zimbabwe and the agent for that Government was the Minister of Justice who in this case is Minister Chinamasa, so he did the correct thing," said Mr Charamba.

He said the concerns raised by Minister Chinamasa about South African President Jacob Zuma's report was because it only attached positions of the MDC formations brought about in the build up to the Maputo Summit.

President Zuma is the facilitator to the Zimbabwe political dialogue.

A case in point, Mr Charamba said, was the fact that President Zuma did not include a presentation by Minister Chinamasa and Foreign Affairs Minister Simbarashe Mumbengegwi to the Non-Aligned Movement.

The two ministers were justifying why President Mugabe invoked the Presidential Powers (Temporary Measures) Act [Chapter10:20] to amend the Electoral Act as agreed by Cabinet and proclaiming the date for the sitting of the nomination court and the election date.

Mr Charamba said Zimbabwe had invoked Presidential Powers on several occasions due to circumstances that did not allow the parliamentary processes of law making.

He said invoking Presidential Powers was legal in Zimbabwe adding that Finance Minister Tendai Biti recently recommended that President Mugabe invoke Presidential Powers to fast track the passage of a Bill that was meant to facilitate mobilisation of election funding.

Mr Charamba said the Maputo Summit was meant to deliberate on the funding for the elections.

He said the subject ended up not being debated at the summit, adding that Zimbabwe was supposed to raise its own money to fund the elections.

He said the country had the capacity to raise funds for the polls that the Zimbabwe Electoral Commission say requires about US$120 million.

Mr Charamba said the new Constitution captured most of the reforms that the MDC formations were clamouring for.

He said a number of media reforms had been done since inception of the inclusive Government in 2009.

Mr Charamba said it was important for Zimbabweans to heed calls by the political leadership for them to peacefully co-exist and avoid politically-motivated violence.

He made a passionate plea for Zimbabweans to avoid politically-motivated violence.

"It is important for people to know that elections are not about bloodshed or violence or war.

Elections are about people electing MPs so that we can have a Government that is founded from Parliament.

"Our leaders regardless of which party they belong to, be it President Mugabe on behalf of Zanu-PF, Prime Minister Tsvangirai representing MDC-T, Professor Welshman Ncube of MDC-N, Deputy Prime Minister Arthur Mutambara and Deputy Prime Minister Thokozani Khupe, are all preaching the same message of peace," said Mr Charamba.

Southern Africa: Charamba Speaks On Maputo Summit



 
 
>TOP

Zimbabwe: Take Action On Renamo, SADC Leaders Told

The Herald

22 JUNE 2013

DEFENCE Minister Emmerson Mnangagwa has urged Sadc leaders to take action against Renamo, warning the former Mozambican rebel group could destabilise the region.

Minister Mnangagwa spoke as gunmen killed two people in ambushes on vehicles in Mozambique yesterday, two days after the opposition Renamo threatened to sabotage transport routes in the mineral-rich southern African country.

Just before the attacks, police arrested Renamo information Chief Jeronimo Malagueta, who on Wednesday had announced that the ex-guerrilla group would halt traffic on main roads and the Sena railway linking the northwest coal-fields to the sea.

Persistent tension between Renamo and the ruling Forelimo party, who fought each other in a 1975-92 civil war, has alarmed citizens and investors just as the former Portuguese colony enjoys a boom driven by bumper coal and gas discoveries.

Minister Mnangagwa told state radio yesterday that Sadc should move to thwart the group which he claimed was being sponsored by the West to destabilise Mozambique and the rest of the region.

He added that consultations between Zimbabwe and the Mozambican government continued over the issue.

Zimbabwe has been helping train the Mozambican army with some 100 officers graduating recently from a military academy in Gweru.

The country deployed thousands of combat troops and heavy artillery to protect key trade routes and help shore up the Mozambican army during the armed conflict with Renamo in the 1980s.

"We urge all Mozambicans to stay vigilant to premeditated and spontaneous attacks and threats to public safety," Interior ministry spokesman Pedro Cossa told a news conference in Maputo.

Cossa said a truck driver and his passenger were killed and five others wounded in Friday's attacks. He denied reports that a bridge was damaged in the central province of Sofala, a Renamo stronghold.

Malagueta was detained in the early hours of Friday, the government and Renamo said. A Renamo spokesman urged its backers to mass outside the prison in Maputo where he was being held.

Eleven soldiers and policemen and five civilians have been killed since April in attacks blamed on Renamo, which was founded around the time of Mozambique's independence from Portugal in 1975 with the help of white-ruled Rhodesia and apartheid South Africa to counter the Marxist Frelimo.

Renamo did not claim responsibility for Friday's ambushes but said they were in line with a strategy to pressure Frelimo into relaxing its 20-year stranglehold on politics and the economy.

The line from the city of Tete to the Indian Ocean port of Beira is used predominantly by Brazil's Vale and London-listed Rio Tinto, who are investing billions of dollars in the Tete coalfields.

The track runs close to Renamo's civil war headquarters in the remote Gorongosa Mountains and was frequently attacked during the conflict, in which one million people died.

Even though Renamo is in no position to initiate a widespread guerrilla campaign, it is estimated to have 1 000 men under arms and analysts say it could cause enough trouble to upset the foreign mining investment boom.

Foremost among Renamo's complaints is that Frelimo has stacked the election commission in its favor to ensure another landslide victory for President Armando Guebuza's party in a vote due in the second half of 2014.

The two sides have held two months of talks but made no headway.

For many of Mozambique's 23 million people, the most serious Frelimo-Renamo friction in more than a decade has rekindled dark memories of the war, which left the country in ruins.

"This is totally unacceptable. We appeal for everything to stop immediately," said Bishop Dinis Sengulane, a mediator in talks that paved the way for a 1992 peace agreement.

"Dialogue must continue but in a more serious way. Arms were never considered a substitute for dialogue. These arms are trying to suffocate our peace process," he told Reuters.

On the streets of the capital Maputo, 700 km (400 miles) south of the trouble spots, the mood was grim.

"It is very sad because this is definitely a path towards war," said Arlino Gimo, a street vendor. "We feel this is just the beginning. We lived in war for 16 years. We do not want another one. Renamo and Frelimo need to have dialogue."

Zimbabwe: Take Action On Renamo, SADC Leaders Told



 
 
>TOP

「総選挙の資金ない」、近隣諸国に支援要請 ジンバブエ

cnn.co.jp
2013.07.11 Thu posted at 17:20 JST

ジンバブエ・ハラレ(CNN) 経済疲弊が長年続くアフリカ南部ジンバブエのテンダイ・ビティ財務相は10日、今月31日に予定する議会総選挙の実施に必要な経費の調達が出来ないとして近隣諸国に金融支援を要請した。

選挙経費は総額1億3200万米ドル(約131億円)だが、手当てがついたのは約4000万ドル分だけ。同財務相は「もうお金がない。増税も出来ない」と説明している。

南部アフリカ開発共同体(SADC)に接触し、残りの経費調達での協力を求めているという。

ジンバブエではムガベ大統領(89)が長年の強権体制を敷いている。経済政策の失政で超高率のインフレに襲われ、政治的にはツァンギライ首相率いる元野党の民主変革運動(MDC)との連立政権の機能不全も目立つ。

MDCに属するビティ財務相によると、ムガベ大統領に対し与党のジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU−PF)が支配するダイヤモンド鉱山企業が今年6月に得た収益1億5000万ドル以上の国庫への繰り込みを要請。

国連への金融支援の要請も検討したが、ZANU−PFに属するパトリック・チナマサ司法相の「妨害行為」で進んでいないという。国連は今年3月、総選挙経費を負担する準備があると表明していたが、同司法相は国連調査団の入国を禁じていた。

ムガベ大統領は次期大統領選への出馬も表明したが、ZANU−PFに対する偏見があるとしてSADCからの脱退も警告している。SADCは2009年、前年の総選挙が流血の事態になったことを受けムガベ大統領に対し連立政権樹立を促していた。



 
 
>TOP

ジンバブエ:大統領選強行へ…周辺国や米は延期要求

毎日新聞 2013年07月25日 19時28分(最終更新 07月25日 19時53分)

 【ヨハネスブルク服部正法】アフリカ南部ジンバブエで31日に大統領選が予定されている。南アフリカなど周辺国や米国は、民主化や改革が進んでいないことを理由に延期を求めているが、ムガベ大統領(89)は強気の姿勢を崩さず、発言はヒートアップするばかり。選挙の強行は欧米の経済制裁緩和・解除を遠のかせ、約200人が死亡した前回(2008年)選挙のような与野党支持者の対立激化の可能性もはらんでいる。

 ムガベ大統領は先月、次期大統領選・議会選の7月31日実施を発表。これに対し、ムガベ氏と事実上の一騎打ちとなる公算の大きいツァンギライ首相が率いる旧野党「民主変革運動(MDC)」は、ムガベ氏寄りの軍・治安当局による政治活動への干渉排除などの改革を先行すべきだと、選挙延期を訴えている。

 また、米国務省は「選挙準備における透明性の欠如」などを指摘。英外務省も「選挙やその他の民主的な改革が達成されていない」と批判した。

 だが、ムガベ大統領は聞く耳持たずで「米国人は狂っている」などと、発言をエスカレートさせている。

 だが、今月中旬に実施された警察官らの期日前投票では、投票用紙の数が足らないなどの理由で半数以上が投票できない事態に。ジンバブエ政府は欧州連合(EU)や米国の選挙監視員の入国を許可しない方針で、本番での混乱が懸念される。

 ムガベ大統領は1980年の独立以来国を率い、独裁的傾向を強めてきた。前回大統領選では、ツァンギライ氏が第1回投票で得票率48%を記録し、同43%のムガベ氏を上回った。しかし、大統領派がMDC支持者らを弾圧し多数の避難民や死者が出て混乱。ツァンギライ氏が決選投票から撤退し、ムガベ氏が当選を決めた。その後、南アの仲介で与野党が連立政権樹立で合意し、ツァンギライ氏が首相に就任した。



 
 
>TOP

関西ペイント、ジンバブエ塗料最大手を買収 アフリカ南部開拓

nikkei.com
2013/7/28 23:39

 関西ペイントはアフリカ南部ジンバブエの塗料最大手、アストラ・インダストリーズを買収した。株式の50.5%を500万ドル弱(5億円弱)で取得した。同社は住宅やビルなどに使う建築塗料を手掛けており、急拡大している現地の需要を取り込む。関西ペイントは南アフリカの塗料最大手も2011年に買収。M&A(合併・買収)を通じアフリカ南部を同業他社に先行して開拓する。

 アストラ社はジンバブエに2カ所の工場を持ち、同国の塗料シェアの40%を握っている。12年度の売上高は約2700万ドル。

 関西ペイントは南アフリカの子会社、カンサイ・プラスコン・アフリカを通じて買収した。塗料の開発ノウハウや生産技術を提供、事業拡大を後押しする。カンサイ・プラスコンはナミビア、ボツワナ、ザンビアにも進出しており、アストラ社と連携してアフリカ南部の市場開拓を加速する。

 関西ペイントの13年3月期のアフリカでの売上高は321億円。これを16年3月期には6割増の500億円に引き上げる方針だ。

 アフリカは東南アジアなどに比べて経済発展が遅れており、オランダのアクゾ・ノーベルや米PPGなど世界的な塗料メーカーも手薄になっている地域。今後は建設や工業製品向けの塗料の需要が伸びるとみられており、関西ペイントは早期の進出で、市場開拓を有利に進める考えだ。



 
 
>TOP

関西ペイントがジンバブエの塗料大手を買収 アフリカ市場狙う

MSN産経ニュース

2013.7.29 12:34

 関西ペイントは29日、アフリカ南部ジンバブエの塗料大手、アストラ・インダストリーズを買収したと発表した。成長が期待できるアフリカ市場での事業拡大が狙い。

 南アフリカの子会社、カンサイ・プラスコン・アフリカが株式の50・5%を約4億3千万円で取得した。ジンバブエや周辺の国などアフリカ南部の需要を取り込む。

 アストラ・インダストリーズはジンバブエに2工場がある。住宅やビルで使う建築用塗料を手掛けており、ジンバブエでのシェアが首位という。



 
 
>TOP

関西ペイントがジンバブエ塗料大手買収、アフリカ事業拡大狙う

jp.reuters.com

2013年 07月 30日 03:08 JST

[ヨハネスブルク 29日 ロイター] - 関西ペイント(4613.T: 株価, ニュース, レポート)は、ジンバブエの塗料・化学品製造大手アストラ・インダストリーズを買収した。

同社子会社のカンサイ・プラスコン・アフリカが、アストラの株式50.5%を約440万ドルで取得した。アストラは塗料で国内最大手で40%の市場シェアを持つ。

関西ペイントは2011年、南アフリカのフリーワールド・コーティングスを買収し、成長著しいアフリカに進出している。

カンサイ・プラスコンは声明で「今回の買収は、経済が復興途上にあるジンバブエへの当社の信頼を示している」とし、アフリカ事業の拡大は「重要戦略」との見解を示した。



 
 
>TOP

ジンバブエ大統領選投票、現職ムガベ氏と首相の一騎打ち

cnn.co.jp
2013.07.31 Wed posted at 17:05 JST

(CNN) アフリカ南部ジンバブエは31日、大統領選の投票日を迎えた。1980年の独立以来実権を握り続けてきた89歳のムガベ大統領に、野党勢力を率いるツァンギライ首相が挑む。

5年前の前回大統領選では、政敵のツァンギライ氏を破ったムガベ氏に、地方指導者らが不正選挙だと抗議し、野党との連立政権を実現させた。

野党勢力は今回も不正を訴えている。ツァンギライ氏は投票の数日前、期日前投票で同氏に入った票が捨てられているのが見つかったと主張した。

人権団体からも、政府が野党支持者らを脅迫し、投票に干渉したとの指摘が出ている。ムガベ氏は欧米からの批判に対し、「わが国のことに口を出すな」と厳しい口調で反発した。

同国では今年3月の国民投票で、大統領の任期を2期10年に制限する新憲法が成立した。ただ過去にさかのぼって適用されることはないため、ムガベ氏の続投は認められる。



 
 
>TOP

ジンバブエ:31日に大統領選 欧米などが延期求める中

毎日新聞 2013年07月31日 12時17分(最終更新 07月31日 12時19分)

 【ハラレ服部正法】アフリカ南部ジンバブエで31日、大統領選・議会選が行われる。民主改革が不十分などとして欧米や周辺国が延期を求める中での実施で、ムガベ大統領(89)に反対する勢力からは、大統領派による不正な投票集計の可能性を懸念する声も上がっている。

 前回(2008年)同様、ムガベ大統領と現首相のツァンギライ氏(61)の事実上の一騎打ちの公算が大きい。開票結果は5日以内に発表される見通し。

 ツァンギライ氏率いる「民主変革運動(MDC)」は、大統領派が牛耳る放送局などの改革や、軍・治安当局の政治への干渉排除などを先行課題と主張して選挙延期を訴え、南部アフリカ諸国なども延期を要請してきた。しかし、実施に意欲を見せるムガベ大統領が押し切った形だ。

 登録された有権者数は約640万人とされるが、市民グループなどは人数の水増しの疑いを指摘。不正な投票・集票が行われる可能性を懸念しており、MDC側も公正な選挙実施への不安を明らかにしている。

 前回大統領選では、ツァンギライ氏が第1回投票で得票率48%を記録し、ムガベ氏の同43%を上回ったが、大統領派がMDC支持者らを弾圧し多数の避難民や死者が出て、ツァンギライ氏が決選投票から撤退。ムガベ氏が当選を決めた。



 
 
>TOP

ジンバブエ大統領選:反対押し切って、きょう

毎日新聞 2013年07月31日 東京夕刊

 【ハラレ服部正法】アフリカ南部ジンバブエで31日、大統領選・議会選が行われる。民主改革が不十分などとして欧米や周辺国が延期を求める中での実施で、ムガベ大統領(89)に反対する勢力からは、大統領派による不正な投票集計の可能性を懸念する声も上がっている。

 前回(2008年)同様、ムガベ大統領と現首相のツァンギライ氏(61)の事実上の一騎打ちの公算が大きい。開票結果は5日以内に発表される見通し。

 ツァンギライ氏率いる「民主変革運動(MDC)」は、大統領派が牛耳る放送局などの改革や、軍・治安当局の政治への干渉排除などを先行課題と主張して選挙延期を訴え、南部アフリカ諸国なども延期を要請してきた。しかし、実施に意欲を見せるムガベ大統領が押し切った形だ。

 登録有権者数は約640万人とされるが、市民グループは人数水増しの疑いを指摘。不正な投票・集票が行われる可能性を懸念している。



 
 
>TOP

ジンバブエ:大統領選 投票に長蛇の列

毎日新聞 2013年07月31日 23時59分(最終更新 08月01日 00時59分)

 【ハラレ服部正法】アフリカ南部ジンバブエで31日、大統領選・議会選の投票が行われた。大統領選は1980年の独立から国を率いるムガベ大統領(89)に、旧野党の指導者ツァンギライ首相(61)が挑む構図だ。5日以内に開票結果が発表される見通し。

 ツァンギライ氏陣営や周辺国、欧米は、大統領派の影響が強い放送局の改革や軍の政治干渉の排除など民主改革が十分でないとして、選挙延期を求めていたが、ムガベ大統領は実施に踏み切った。市民グループからは有権者の水増し疑惑も指摘されており、公正な選挙が行われるか注目されている。

 投票は31日午前7時(日本時間同日午後2時)にスタートし、市民が各投票所で長蛇の列を作った。

 首都ハラレの広告業男性、ムワレさん(38)は「新たなジンバブエの幕開けのため投票ができてうれしいが、透明性が確保されていない選挙だ」と不満を述べた。ムガベ氏支持の女性、ムゼンダさん(42)は「スムーズな選挙で妨害もない。監視もされており不正などしようもない」と批判に反論する。「公正な選挙になるか不安」というツァンギライ氏支持の男性(35)は「経済は厳しく、皆政府の圧政を恐れている。新大統領による変革が必要だ」と述べた。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年8月1日

「独裁」33年、問われる ムガベ氏、接戦模様 ジンバブエ大統領選

 アフリカ南部ジンバブエで31日、大統領選の投票が始まった。独立以来33年にわたって政権の座にいるムガベ大統領(89)が支持基盤を固める一方、旧野党・民主変革運動(MDC)のツァンギライ首相(61)も貧困層を中心に支持を広げており、接戦の様相。開票結果は8月5日までに公表される見込みだ。

 ハラレ中心街の広場で29日、ツァンギライ氏は数万人の支持者の前で「民主主義が必要だ」と訴えた。これにこたえ、支持者は口々に「独裁者は退場しろ」と叫んだ。

 無職のフォーブスさん(32)は記者の前で、100億ジンバブエドル札を破り捨てた。「この紙くずはムガベの失策の証し。(我々は)貧困にあえいでいる。変化が必要だ」

 ジンバブエは1980年に独立したが、約4千人の白人農業主が肥沃(ひよく)な農地の7割を所有していた。ムガベ政権は00年以降、こうした白人の農地の強制収用に踏み切り、国民への再分配を進めた。

 こうした措置は欧米からの経済制裁を招いた。年間インフレ率は一時、2億3千万%を超え、財政は破綻(はたん)した。現在は米ドルなどを流通させ、インフレは落ち着いたが、経済再建は途上にある。

 一方で、ムガベ氏は選挙戦で「ツァンギライ氏とMDCは、恥を知らない西洋の操り人形。西洋に作られ、資金提供され、操作されている」と演説し、喝采を浴びる。反欧米を前面に出すムガベ氏に根強い支持があるのも事実だ。

 独立の武装闘争に加わったウィニーさん(55)は「白人支配の時代は黒人は自由に移動もできなかった。ムガベ氏を批判する人々は歴史を知らない」。闘争で10年間の投獄経験があるチジクさん(79)も「白人に奪われた土地を取り戻すのは当たり前のことだ」と言った。

 前回の大統領選では第1回投票で、ツァンギライ氏の得票率がムガベ氏を上回ったが、当選に必要な過半数に達しておらず、決選投票に持ち込まれた。ムガベ氏派はツァンギライ氏派への弾圧に動き、約200人の死者が出る混乱になった。ツァンギライ氏は決選投票から撤退。与野党の連立政権樹立に合意し、首相に就任した。

 欧米や一部の周辺国は、民主改革が不十分だとして、今回の大統領選の延期を求めていたが、ムガベ氏はこれを押し切り、選挙を実施。6月に訪日した際、朝日新聞との会見では「引退するとしたら100年後かな」と続投に強い意欲を示していた。地元紙のなかには「ムガベ氏はたとえ負けても勝つ」と皮肉る論調も出ている。(ハラレ=杉山正)

 ■海外の国民、母国へ続々 「祖国安定のため一票」

 経済破綻(はたん)したジンバブエからは数百万人の国民が海外に逃れた。今回の大統領選では、こうした人々が自らの一票で国を正常化したいとの思いから続々と投票のために帰国している。

 12年前に難民としてカナダに渡ったムニャラジさん(32)は「祖国の安定のための一票を投じたい」と話す。今は大工として安定した収入を得て、2軒の家も建てた。ムガベ氏は海外に逃れた人々を「恥だ」と繰り返すが、「言い方が公平でない。仕事があれば祖国にとどまった」。

 日用雑貨を輸出入する会社を運営していたバイオレットさん(34)は、インフレで「2人の子供を養えなくなった」ために、今は南アフリカで家政婦をする。バス代をためて2日かけてハラレに戻ってきた。

 「この国の人々はちゃんとした基礎教育を受けているから回復も早い。未来のために自分の一票を投じたい」と語った。



 
 
>TOP

ジンバブエ大統領選、現職が勝利宣言 対立候補は不正主張

cnn.co.jp
2013.08.02 Fri posted at 12:00 JST

(CNN) 31日に投票が行われたジンバブエの大統領選で、現職のムガベ大統領の陣営が1日、勝利を宣言した。一方、対立候補は選挙に不正があったと主張している。

大統領選は現職のムガベ大統領(89)と、3度目の挑戦となるツァンギライ首相(61)の事実上の一騎打ちとなった。

ムガベ氏はジンバブエが英国から独立した1980年以来、大統領の座にあり、今回の選挙で勝利すれば38年にわたって長期政権が続くことになる。

選管当局はまだ公式な集計結果を発表していないが、与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU−PF)の幹部は「国内各地でこれまでの結果を見る限り、ZANU−PFの勝利は明らかだ」と語った。

これに対してツァンギライ首相は首都ハラレで記者会見し、「これは大きな茶番だ」と批判。有権者が脅されたり、投票の透明性が確保されていなかったなどの問題があったと述べ、選挙結果は信頼できないと訴えた。



 
 
>TOP

ジンバブエ大統領選:首相側、不正を訴え 現職と対決姿勢

毎日新聞 2013年08月02日 13時49分(最終更新 08月02日 13時52分)

 【ハラレ服部正法】7月31日に大統領選挙の投票が行われたアフリカ南部ジンバブエでは一夜明けた1日、現職のムガベ大統領(89)に対抗して出馬したツァンギライ首相(61)が有権者登録名簿に問題点が多いことなどを挙げ、「選挙結果に正当性はない」などと真っ向から批判し、大統領派との対決姿勢を一気に強めている。ツァンギライ氏率いる旧野党「民主変革運動(MDC)」本部周辺では多数の警官の配備が見られ、緊張が高まっている。

 選挙監視を行う地元NGO「調査・権利擁護部隊」のクダクワシェ・チシケ代表(42)は同日、毎日新聞の取材に応じ、有権者登録名簿の問題点を▽登録されるべき約200万人が登録されておらず、その大半が30歳以下▽故人か国外に住むと見られる約100万人が登録されている−−などと指摘、「自由、公正性、信頼性の非常に少ない選挙だ」と話した。

 ムガベ氏は不正工作を否定している。ムガベ派の幹部はロイター通信に対し「ムガベ氏の勝利は明らかだ」と明言した。

 2008年の前回選挙でも大統領派の不正を疑う声が上がった。第1回投票でツァンギライ氏が得票率48%でムガベ氏の43%を上回ったが、その後に大統領支持派によるMDC支持者への弾圧が始まり、多数の避難民や死者が出て、ツァンギライ氏は決選投票から撤退した。

 各投票所では1日、開票結果が張り出され結果を見に多数の市民が集まっていた。中央選管による開票結果は5日までに発表されるが、前回はツァンギライ氏陣営が選管発表前に「勝利宣言」したため、混乱し、弾圧につながった経緯もある。ツァンギライ氏は今回も、公式発表が遅れる場合、陣営の独自集計を発表する意向を示している。一方、警察は選管より先に開票結果を発表した者を逮捕する方針を明言しており、ツァンギライ氏の動きが注目される。

 ハラレ郊外の農村地帯に住むツァンギライ氏支持の男性(45)は「不正でムガベ勝利となったら抗議活動がまた起こるのではないか。(衝突などで)暴力が広がるのを恐れている」と不安を隠さない。



 
 
>TOP

ジンバブエ:議会選はムガベ大統領派の与党が大勝

毎日新聞 2013年08月03日 12時12分(最終更新 08月03日 13時16分)

 【ハラレ服部正法】アフリカ南部ジンバブエの議会選は2日、ムガベ大統領(89)派の与党が下院(210議席)の3分の2以上を獲得することが判明し、同党幹部が「地滑り的勝利だ」と述べた。同時実施された大統領選でもムガベ氏が当選する可能性が強まってきた。だが、大統領と事実上の一騎打ちとなったツァンギライ首相(61)の陣営は「不正工作が行われた」として選挙結果を受け入れない方針で、抗議デモなどを行う構えを見せている。

 これまでの選挙管理委員会の発表で、ムガベ氏率いる与党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU−PF)」の下院(210議席)獲得議席は142議席に達した。前回(2008年)第1党となったツァンギライ氏率いる「民主変革運動(MDC)」は大幅に議席を減らした。大統領選の開票結果は5日までに発表される。

 治安当局の取り締まりが厳しいジンバブエでは、大規模な抗議活動は困難との見方が強いが、MDCの報道官は2日、「デモや大衆行動も選択肢だ」と述べた。前回大統領選では、第1回投票でツァンギライ氏はムガベ氏を上回ったが、大統領派の弾圧でツァンギライ氏は決選投票からの撤退を強いられた経緯がある。このため、MDC党員には不満と失望が広がっている。

 毎日新聞の取材に応じた首都ハラレの党員男性(32)は「有権者登録簿に記載がない者が、投票券のみで投票する一方、投票に来たのに難癖を付けられ追い返される人がいた。組織的な策略だ」と、大統領派を非難。抗議活動が起きた場合は「先頭に立つ。もう怖いものはない」と言い切った。

 男性は前回、MDC側の選挙監視人として地元の投票所に張り付いた。選挙後に大統領派から拉致の可能性などをほのめかされ、身の危険を感じて隣国南アフリカに逃げた。路上で物売りをして生計を立て、父の死を機に昨年ハラレに戻った。

 一方、ムガベ氏は一連の不正工作疑惑を否定。アフリカ連合の選挙監視団は問題があったことは認めるものの、全体として「自由で信頼性のある選挙」だったと評価している。



 
 
>TOP

ジンバブエ選挙、ムガベ氏が大統領に当選 不正疑惑も

cnn.co.jp
2013.08.04 Sun posted at 12:43 JST

ハラレ(CNN) アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は3日、7月31日の大統領選で現職のムガベ大統領(89)が当選したと発表した。ムガベ氏は1980年の同国独立からさらに次期5年を加え、38年にわたって権力を握り続けることになる。

選管発表によると、ムガベ氏の得票率は61%。事実上の一騎打ちとなった政敵のツァンギライ首相は34%にとどまった。ツァンギライ氏は選挙に不正があったと主張し、法廷で争う構えを示している。

選管はさらに、ムガベ氏の率いる与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU−PF)が国会の3分の2の議席を獲得したと発表した。

国際監視団体や外国当局者からは、これらの結果に疑念を示す声の一方で、200人以上の死者が出た5年前の前回大統領選と比べ、平和的な選挙だったと評価する意見も出ている。

米国のケリー国務長官は国内外の監視団体から不正の報告が相次いだことを指摘し、「選挙結果がジンバブエ国民の意思を反映しているとは思えない」と批判。英国のヘイグ外相は投票が平和的に実施されたことを認めたうえで、不正疑惑により「選挙の信頼性には大きな疑問が投げ掛けられている」と述べた。

ムガベ大統領は白人農場の強制収用や食糧危機対策をめぐり、「人権侵害」を非難する欧米諸国との対立を深めてきた。

前回大統領選ではツァンギライ氏が第1回投票でムガベ氏を上回る票を獲得したものの、大統領側の弾圧を受けて決選投票から撤退。不正選挙との批判が集中するなか、ツァンギライ氏を首相とする連立政権が樹立された。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年08月04日17時41分

ムガベ氏、ジンバブエ大統領に当選 政権の座に33年

 【ハラレ=杉山正】アフリカ南部ジンバブエで実施された大統領選で同国選挙管理委員会は3日、ムガベ大統領(89)の当選を発表した。6期目となる。ムガベ大統領は独立以来33年間、政権の座にあり、対立陣営は投票に不正があったと主張している。

 ムガベ氏は約61%を得票し、旧野党で親欧米の民主変革運動(MDC)のツァンギライ首相は約34%にとどまった。ツァンギライ氏は同日、「大規模な不正が行われた。受け入れられない」とし、法的手段に訴える方針を明らかにした。

 前回の大統領選挙では、第1回投票でツァンギライ氏がムガベ氏を上回ったが、過半数に達せず決選投票となった。だが、ムガベ氏支持派がツァンギライ氏派を弾圧し、約200人の死者が出る混乱が生じたため、ツァンギライ氏が決選投票から撤退した。

 ムガベ政権は農地改革の名の下、白人大規模農地を収用し、欧米からの経済制裁を招くなど関係が悪化している。今回の選挙で、アフリカ連合(AU)などからの選挙監視団を受け入れたが、欧米からは拒絶した。

 投票後、AUは「自由で平和的な選挙」と評したが、結果を受け、米国のケリー国務長官が「結果が国民の意思を反映しているとは信じられない」と述べるなど欧米諸国からは批判の声が相次いでいる。

 ジンバブエ国内では、現在のところ、抗議など目立った混乱は起きていない。



 
 
>TOP

ジンバブエ大統領選:「ムガベ氏当選」選管発表

毎日新聞 2013年08月04日 20時06分(最終更新 08月04日 23時49分)

 【ハラレ服部正法】アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は3日夕(日本時間4日未明)、7月31日に投票を行った大統領選で現職ムガベ大統領(89)が当選したと発表した。大統領は6期目となる。一方、事実上の一騎打ちとなったツァンギライ首相(61)は選管発表に先立って会見を開き、選挙結果を拒否する意向を明言、今後裁判所へ提訴するなどして争う姿勢を強調した。

 選管発表によると、ムガベ氏は得票率61%で、ツァンギライ氏は34%だった。

 一夜明けた4日朝、首都ハラレ市内中心部は平穏だった。政府寄り論調の地元紙は4日、「西洋の大国がムガベ氏を追放しようと攻撃してきたが、彼は帝国主義者の追従者を粉砕した」と、欧米に人気の高いツァンギライ氏を降したことを評価。ムガベ氏支持派の強い「反欧米」感情が見て取れる。

 ジンバブエは英植民地時代から少数の白人が耕作地の4〜5割を所有していたが、独立闘争を率いたムガベ氏は黒人への土地の分配を進めてきた。一方、欧米は2000年以降の白人農家からの土地強制収用を「強権的」と批判してきた。

 ムガベ氏を支持する男子学生チナシェ・チポンダさん(24)は「ムガベ氏は国の歴史をつくり上げてきた指導者。彼の仕事はまだ終わっていない」と話し、当選を喜んだ。

 一方、NGOやツァンギライ氏支持派は、多くの住民が有権者名簿に掲載されていない不備や不正などを指摘。ツァンギライ氏は会見で「勝ったのは我々だ」と述べ、今後政府には協力しない姿勢を明らかにしている。

 ◇英外相「調査を」

 【ロンドン小倉孝保】ジンバブエの大統領選結果について旧宗主国の英国政府は3日、強い懸念を表明した。多数の有権者が投票所から追い返されたとされることなどについて、ヘイグ英外相が「法律違反が懸念される申し立てについて完全な調査を求める」と述べた。



 
 
>TOP

ジンバブエ選管「ムガベ大統領勝利」 対立候補反発、混乱続く

nikkei.com
2013/8/5 9:57

 【ナイロビ=共同】アフリカ南部ジンバブエの選挙管理委員会は3日、7月31日投票の大統領選開票結果を発表し、1980年の独立以来、権力を握る現職ロバート・ムガベ氏(89)の勝利を宣言した。ムガベ氏は6選目となり、新たな任期は5年。ロイター通信などが伝えた。

 旧野党、民主変革運動(MDC)を率いる対立候補ツァンギライ首相は3日、不正があったとして選挙結果を受け入れず、ムガベ政権にも今後協力しないと明言した。あらゆる法的手段にも訴えるとしており、混乱が続きそうだ。

 ケリー米国務長官は選挙結果について「ジンバブエ国民の意思を代表しているとは思えない」との声明を発表した。

 得票率はムガベ氏が約61%、ツァンギライ氏が約34%だった。大統領選には5人が出馬した。

 また選管によると、大統領選と同時に行われた下院選(定数210)でムガベ氏が率いる与党、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU−PF)が158議席を獲得した。全体の3分の2を上回っており、同党単独で憲法改正が可能になる。MDCは49議席だった。

 今回の選挙については、地元の選挙監視団も不正の可能性を指摘。選管幹部の1人も3日までに、選挙の信頼性に疑問を呈して辞任した。

 ただ、アフリカ連合(AU)や南部アフリカ開発共同体(SADC)は一部に問題があったとしながらも「自由で平和的だった」としている。

 2008年の前回大統領選では、ムガベ派による野党弾圧で約200人が死亡。ZANU−PFとMDCは09年、南アフリカの仲介で連立政権を組んでいた。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年8月6日

衰えぬムガベ人気 欧米酷評のなか大統領6選 ジンバブエ、白人農地の再配分に支持

 「失敗国家の暴力的な独裁者」。欧米からそう酷評されるアフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領(89)が対立候補に約2倍の大差をつけ6選を果たした。国民はなぜ「独裁者」を支持しているのだろうか。

 「ムガベ氏がやらなければ永遠に自分たちの土地は戻らなかった」

 首都ハラレ郊外で、タバコ栽培などを営むマバンギラさん(65)は、そう話す。ムガベ大統領の功績としてマバンギラさんが挙げるのは「農地改革」の名の下、2000年から断行した白人が経営する大規模農場の強制収用だ。

 ジンバブエでは約4千人の白人が肥沃(ひよく)な土地のほぼ7割を所有し、かつて「ブレッド・バスケット(パンかご)」と呼ばれるほど高い生産性を誇った。しかし、植民地時代から続く「白人支配」として、黒人には不満が根強かった。強制収用で白人農場主たちは立ち退きを余儀なくされ、農地はその後、数十万人の黒人に無償で割り当てられた。

 マバンギラさんが所有する農地250ヘクタールも、白人のものだった。英国の大学で工学を学んだマバンギラさんは、自前のトラクターを周囲の農家に貸し出すなどして少しずつ生産を伸ばしているという。マバンギラさんは「生産性は落ちたが、農地を得た黒人の生活は向上した。農地収用からが本当の独立で、発展には時間が必要なのだ」と話す。

 強制収用後、欧米は激しく反発、経済制裁は強化され、資本は引き揚げられた。年間インフレ率は一時、2億3千万%以上となり、国家財政は破綻(はたん)した。しかし、経済情勢は徐々に落ち着きを見せ、11年の物価上昇率は3・5%。多くの人から「白人から土地を取り戻すのは当たり前。経済低迷は欧米の制裁のせいだ」との声も聞かれる。

 ジンバブエは初等教育の充実で識字率は9割に上り、公共インフラの整備や、治安の良さはアフリカでトップクラスとされる。欧米の「ムガベ批判」に反発する国民は少なくない。

 ■耕作放棄地多く、電気の途絶も

 農地は耕作能力に応じてではなく、退役軍人らに優先的に割り当てられたため、耕作放棄された土地もある。

 ハラレの北約120キロの農村センテナリーには、200ヘクタール以上にわたって高さ2メートルほどの雑草に覆われた農地があった。灌漑(かんがい)施設は壊れ、農業用水のためのため池のダムは決壊していた。農地に足を踏み入れると所有者の女性が「土地を奪いに来たのか」とまくし立てた。近隣住民によると、女性の父親は独立闘争の英雄。今、約200ヘクタールのうち1ヘクタールほどだけを使って自給自足の生活をしているのだという。

 この地区で農業指導をしている農業省のチムクズさん(33)は「農地の半数が耕作されていない状態だ」と明かした。センテナリーには、街を見下ろす高台にピンク色の壁の巨大な豪邸がそびえ立つ。一帯の農地を所有していた白人の家だ。

 この家に住むマリンボさん(50)に、いつ所有者が去ったのかを聞くと、「2003年7月17日だ」と正確に答えた。「勝利の日だから忘れようもない」と言う。子供たちが「大きい家でしょ」と自慢そうに案内してくれた。だが、13室ある豪邸は荒れ果て、窓ガラスは割れ、壁がはがれていた。電気も途絶え、水をくみ上げるポンプも壊れたままだ。

 ムガベ政権は白人農地を収用するとともに、野党勢力の弾圧を強化し、2000年代初頭には多くの逮捕者を出した。米誌の「世界最悪の独裁者ランキング」では常連だ。

 反ムガベ派の配管工シスコさん(33)は「欧米と協調していくのがジンバブエの生きる道だ。今後も我々はムガベに苦しめられる」と話した。(ハラレ=杉山正)

 ◆キーワード

 <ジンバブエ> 人口約1300万人。国土の4分の1が標高1千メートル以上の内陸国。タバコや綿花の栽培が盛んで、ニッケルなど鉱物資源も豊富。1923年に英国の植民地となり、65年に少数派の白人が「ローデシア」として一方的に独立を宣言、政権を樹立した。その後、黒人組織が独立闘争を展開したが、英国の仲介で80年にジンバブエとして独立した。

 ムガベ氏は87年に大統領就任。今回の大統領選で、約61%を得票。対立候補のツァンギライ首相(約34%)側は、投票に不正があったと反発している。



 
 
>TOP

大統領選の無効求め提訴 ジンバブエ首相の旧野党

nikkei.com
2013/8/10 10:22

 【ナイロビ=共同】アフリカ南部ジンバブエからの報道によると、7月の同国大統領選で敗れたツァンギライ首相が率いる旧野党、民主変革運動(MDC)は9日、不正があったとして選挙を無効とするよう求め、憲法裁判所に提訴した。

 MDCは60日以内の再選挙を求めている。同国憲法によると、憲法裁は今後14日以内に選挙が有効かどうかを判断する。

 大統領選は7月31日に投票が行われ、選挙管理委員会は、1980年の独立以来、権力を握る現職のムガベ大統領が得票率約61%で再選されたと8月3日に宣言した。MDCは有権者登録などで不正があったと主張、ムガベ氏側は否定している。

 選管は8日、投票日に約30万人が有権者名簿に名前がないなどの理由で投票できなかったと発表。ただ選挙結果に影響はなかったとしている。

 MDCは、大統領選と同時に行われ、ムガベ派が大勝した下院選の結果についても法的手段に訴える予定。ただ憲法裁の判事は、ムガベ氏支持者が多いとされる。

 2008年の前回大統領選では、ムガベ派による野党弾圧で約200人が死亡。ムガベ氏側とMDCは09年、連立政権を組んだ。今回の選挙をめぐり大きな暴力事件は発生していないが、MDCは連立解消を明言した。



 
 
>TOP

ジンバブエ:支配33年、光と影…ムガベ氏、大統領6選

毎日新聞 2013年08月10日 08時00分

 アフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領(89)が7月末に実施された大統領選で6選を決めた。選挙に不正があったとする対立候補陣営は9日、憲法裁判所に再選挙を求めた。「国民の意思を表しているとは考えない」(ケリー米国務長官)と欧米からも疑問視されるが、大統領は意に介さない。1980年の独立以来、30年以上権力を握るムガベ氏は、本当に国民に支持されているのか。ムガベ氏支配の「光と影」を追った。【マングラ(ジンバブエ北部)で服部正法】

 なだらかに延びる広大な農地。マングラで350ヘクタールの農場を経営する黒人農家のマダさん(55)が言った。「私は与党を強く支持する」。トウモロコシ350トン、大豆150トンを収穫するが、以前は家族の食べる野菜を細々と作る零細農家だった。

 転機は2001年、公募の新規農地提供に応募したこと。02年にこの土地が割り当てられた。政府は1人の白人農家からマダさんの土地を含む1700ヘクタールを接収し、12人の黒人農家に分配したのだった。

 ジンバブエは1980年に英国から独立した際、約6000戸という少数の白人農家が、農地の4〜5割を所有していた。

 権力を掌握したムガベ氏は、土地を白人から買い上げて黒人に分配する土地改革を推進。購入費用はジンバブエと英国が出した。しかし、97年に英国が費用負担を停止。そこで、ムガベ氏は00年、白人からの土地強制収用に乗り出した。

 これが欧米との摩擦の出発点だ。反発した欧米は経済制裁を開始。海外派兵などで財政が悪化していたジンバブエには痛かった。

 財政再建のため通貨が乱発され、年率2億%ものインフレを招いて経済は破綻。ムガベ氏の失政ではあるが「悪いのは欧米の経済制裁。次は(白人からの)経済の独立が必須です」と、マダさんは言い切る。

 技術を持つ白人が去って生産性が落ち、白人農家の襲撃事件も多発。改革に伴うマイナス面は大きいが、利益を得た人たちの中にムガベ氏人気が浸透しているのも事実だ。

 一方、今回の選挙について、対立候補のツァンギライ氏支持派は不正投票があったと感じ、強い不満が広がっている。だが、大きな抗議運動が起きる可能性は低そうだ。

 「抗議活動をしても逮捕されるだけだ」。ハラレ市内の元治安当局者の50代男性は、人目を避けた車中での取材にそう語った。

 人々の「恐怖」の原点として挙げたのが、80年代に軍が反ムガベ派武装勢力を鎮圧する際、市民ら推定2万人を虐殺したとされる事件。男性は「自分は関与していない」と断ったうえで、当時の様子をこう語った。

 「(武装勢力と)疑わしい者をただ射殺するだけ。子供や老人、女性も何の理由もなく軍に殺されたのを見た」。ムガベ氏側の「弾圧」のすさまじさが「人々のトラウマとなっている」と話す。

 男性は少年の頃、ムガベ氏率いるゲリラに加わり、独立後は治安当局に勤務。独立当初のムガベ氏を「アフリカで最良の指導者だった。学校建設など人々のために尽くした」と高く評価するが、今はツァンギライ氏の支持者だ。

 「ムガベ氏には誰も物を言えなくなった。独立闘争参加者でも利益を享受したのは一握りの人間だけ。33年は長すぎる。皆変化を心から求めている」



 
 
>TOP

ジンバブエ憲法裁「大統領選は公正」 ムガベ氏就任へ

nikkei.com
2013/8/21 10:25

 【ヨハネスブルク=共同】ジンバブエからの報道によると、同国憲法裁判所は20日、現職のムガベ氏(89)が再選された7月末の大統領選は自由で公正だったとの判断を示した。これによりムガベ氏は22日に就任宣誓する見通し。6期目となる。

 大統領選で敗北したツァンギライ首相(61)が率いる旧野党、民主変革運動(MDC)は16日、選挙無効の確認を求めた訴えを取り下げたが、憲法裁は判断を出した。

 ムガベ氏は1980年の独立以来、実権を握り、欧米から独裁的と批判されている。MDCは選挙の不正を主張したが、ムガベ氏は否定している。



 
 
>TOP

ジンバブエ:ムガベ氏、大統領就任へ 選挙は「有効」

毎日新聞 2013年08月21日 09時50分(最終更新 08月21日 10時49分)

 【ヨハネスブルク服部正法】アフリカ南部ジンバブエの憲法裁判所は20日、7月31日に行われた大統領選・議会選について「自由で公正な選挙だった」として「有効」との裁定を下した。これによりムガベ大統領(89)の当選が確定。ムガベ氏は22日に就任式を行い、6期目のスタートを切る見通しとなった。

 選管は今月3日、得票率61%のムガベ氏の当選を発表したが、対抗馬のツァンギライ首相(61)側はムガベ氏側の不正工作を指摘し、再選挙を求めて憲法裁に提訴。だが、ツァンギライ氏陣営は16日、公正な審理が望めないとして訴えを取り下げた。判事らはムガベ氏寄りが多いと見られている。

 ジンバブエを含む「南部アフリカ開発共同体(SADC)」は「自由で平和な選挙」と評価し、欧米が科してきたジンバブエへの制裁を解除するよう求めている。

 一方、米英などは選挙の公正性などに疑問を呈している。米国務省のサキ報道官は19日、選挙について「ジンバブエ国民の信頼しうる意思を表していない」と、改めて米国の立場を強調し、制裁の緩和や解除を行う予定がないことを明言した。



 
 
>TOP

ジンバブエ、ムガベ氏が大統領就任

nikkei.com
2013/8/22 22:33

 ジンバブエからの報道によると、7月末の大統領選で当選した現職のロバート・ムガベ氏(89)が22日、首都ハラレで就任宣誓を行った。6期目となり、1980年の同国独立以来続く長期政権をさらに5年間、維持することになった。

 ムガベ氏を独裁的と批判する欧米などは大統領選で不正があった可能性を指摘しており、欧米との対立は続く見通しだ。

 大統領選では、2009年からムガベ派との連立政権で首相を務めたツァンギライ氏が、民主変革運動(MDC)を率いて出馬したが敗北。ツァンギライ氏は選挙の不正を主張し、MDCは連立解消を明言している。(ヨハネスブルク=共同)



 
 
>TOP

ジンバブエ、ムガベ大統領が就任式

cnn.co.jp
2013.08.23 Fri posted at 15:00 JST

ハラレ(CNN) ジンバブエのロバート・ムガベ大統領が22日、正式に就任した。裁判官の立ち会いのもと、ムガベ氏が就任宣誓すると、群衆は喝采し、国旗の色の風船を空に放った。

7月31日に行われた大統領選挙をめぐっては、選挙管理委員会がムガベ氏とツァンギライ前首相の得票率をそれぞれ61%と34%と発表。これにツァンギライ氏が異議を申し立てたため、就任式が行えない事態となっていた。ツァンギライ氏は先週、異議を取り下げた。

ムガベ氏は89歳。ジンバブエが英国から独立した1980年以降、最初は首相として、87年からは大統領として、この国の権力を握り続けている。

前回の5年前の大統領選では、人権団体によれば、ツァンギライ氏が第1回投票で首位になったが、大統領側による野党支持者への激しい弾圧が行われて約200人の死者がで、ツァンギライ氏は抗議のために決選投票から撤退した。

不正選挙との批判が集中するなか、周辺諸国はムガベ氏とツァンギライ氏の双方に連立政権を樹立するよう圧力をかけた。そこでツァンギライ氏が首相に就任したものの対立は続き、連立は今年の大統領選を期に解消された。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年09月19日

(@ジンバブエ)「世界最悪の独裁者」と「世界の英雄」

■特派員リポート 杉山正(ナイロビ支局長)

 アフリカ南部ジンバブエの大統領選挙で、8月にロバート・ムガベ大統領(89)が6選を決めた。ムガベ氏陣営優勢の一報が伝えられた時、私は欧米の記者たちと首都ハラレで食事をしていた。この報に、全員が不愉快そうに食事を中断した。「絶対に不正だ」と口をそろえた。「ムガベは悪い」が、記事を書く上での大前提にあるようだ。

 ムガベ氏は30年以上、政権の座にあり、米誌の「世界最悪の独裁者ランキング」の常連だ。シリアのアサド大統領よりも上位にいることもある。ムガベ氏は、反植民地闘争の英雄で、独立後は白人との融和政策をとり、長期政権でありながら欧米から称賛を受けてきた。約4千人の白人が肥沃(ひよく)な土地の約7割を所有したままだった。黒人はリザーブと言われる不毛な地を耕した。だが、2000年から白人農地の強制収用を断行したのを契機に、ムガベ氏は英国からは爵位を剥脱(はくだつ)され、代わって欧米メディアからは「独裁者」の称号が与えられた。農地は数十万人の黒人に無償で割り当てられた。欧米の「ムガベ憎し」は根深い。

 折しも、南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領(95)が入院し、欧米各国からの記者が連日病院前に張り込み、回復を願う様子が伝えられていた。マンデラ氏は、反アパルトヘイト(人種隔離)政策闘争の英雄で、武装闘争を経て27年間投獄された。かつて「テロリスト」と呼ばれたが、釈放後に白人との融和を進め、ノーベル平和賞を受賞した。世界の英雄と称賛されている。大統領職は1期で引退した。

 時代のある一点までは似た経緯を持つ二人を比べてジンバブエの人たちはどう思うのか、聞いて回った。多くの人から「ムガベとマンデラは共に自由戦士だったが、マンデラは白人に大きく妥協した。ムガベはまだ闘っているんだ」という意外な答えが返ってきた。中には、「マンデラは白人に特権を残したから、自分も欧米での英雄になった」と言う人までいた。

 白人との融和がなされた南アフリカの穀倉地帯に行けば、巨大な白人農地が広がり、黒人が使用人として働くのを目にする。鉱山などでも大抵、管理職は白人、低賃金で危険な仕事をするのはほぼ全員が黒人だ。政権に近い一握りの黒人が巨万の富を手にしたが、その格差は広がる一方で、基本的な経済構造はアパルトヘイト政策の撤廃前から変わっていない。

 黒人の貧困層の不満は強く、鉱山の国営化などを訴える黒人至上主義の若い政治家が人気を集めている。

 ジンバブエは、植民地時代に白人政権が黒人の教育の機会を制限したことへの反発から、初等教育を充実させた。識字率は9割に上る。首都を外国人が歩いて安全な国は、アフリカでジンバブエの他に数えるほどしかない。街自体に人々に友好的な雰囲気があった。前日に乗ったタクシーの運転手がホテル前で私を見つけ、「昨日足りなかったお釣りです」と言ってきた時には感動すら覚えた。公共インフラ整備もアフリカでトップクラスだ。これほどまでに来る前のイメージと違う国は珍しい。

 欧米のメディアで描かれるジンバブエ像はまさに「悲惨な国」で、ポジティブな面はまず取り上げられない。英誌では、ハラレが世界一住みにくい都市とされた。ムガベ氏の支持、不支持と関係なく、多くの市民から「記事をフェア(公正)に書いてくれ」と言われた。

 今回の選挙で、ムガベ氏は約61%を得票し、親欧米の対立候補の2倍近くの得票だった。多少の不正はあっただろうと思う。不正、不備がないアフリカの国の選挙を私はほとんど知らない。ただ、今回の選挙では、結果を逆転させるほどの不正はなかったと思う。それほどに白人の土地を分配したムガベ氏の人気は根強いと感じた。

 滞在中、英国人の友人が、ジンバブエ育ちだったことを思い出してメールを送った。彼はムガベ氏を痛切にののしったメールを返してきた。私が「かなりの人気があるのも事実だ」と返すと、「脅迫で言わされているだけだ。また不正で当選する」と不快感を隠さなかった。

 今回、ムガベ氏派、反ムガベ氏派の双方の人たちへの取材は自由だった。よくメディアで言われる政府職員からの監視もない。国にそんな余裕もないと思う。人々に無理に言わされている印象はなかった。カナダから帰国した建築業ムニャラジさん(32)は「会社に資材を買い付けに行って、マネジャーまでが黒人であるという安心感って分かるかい? 南アフリカもいずれジンバブエのように白人から土地を取り戻すと思うか?」と真剣に言っていた。

 タバコ栽培などを営むマバンギラさん(65)の言葉は印象的だった。「我々は、祖国を植民地にした白人を許す。必要なものを取り戻したのだから。白人は絶対に許さないのだろうが」と言っていた。土地を取り戻してからが真の独立なのだと繰り返していた。

 欧米の経済制裁などを経て、年間インフレ率は一時2億3千万%以上になったが、現在は正常化している。ただ、白人から収用した土地には、耕作放棄された所も多い。白人の旧邸宅が荒れ放題なのも度々目にした。大規模農業の利点がなくなり、かつて「アフリカのパンかご」と言われた生産性は失われた。広大な肥沃な土地と豊かな地下資源で巨大な潜在力を持つこの国の経済が、安定するには時間がかかるだろう。

 援助に慣れきったアフリカ諸国で、欧米に物申す国などほとんどない。ジンバブエの行く末は、良くも悪くもアフリカにとって重要な先例になるのだと思う。

     ◇

 杉山正(すぎやま・ただし) ナイロビ支局長。2000年入社。学生時代にイギリスで国際政治を学ぶ。秋田、横浜両総局、東京社会部、フランス留学を経て11年9月から現職。37歳。

(@ジンバブエ)「世界最悪の独裁者」と「世界の英雄」



 
 
>TOP

密猟者がゾウ81頭を毒殺、ジンバブエ当局発表

AFP BB News
2013年09月25日 08:50 発信地:ハラレ/ジンバブエ

【9月25日 AFP】ジンバブエ野生動物保護当局は24日、同国最大の自然動物保護区「ワンゲ国立公園(Hwange National Park)」内で、ゾウ81頭を含む野生動物が密猟者によってシアン化物で毒殺されたと発表した。

政府の専門家らからなる調査団は21日、シアン化物中毒の報告を調査するためにワンゲ国立公園を訪れていた。ジンバブエ自然保護区管理局の責任者、ジェリー・ゴトラ(Jerry Gotora)氏は「われわれが22日に同公園を発った際には、シアン化物で毒殺されたゾウの総数は81頭になっていた」と語る。「他の動物も何頭か毒殺されたが、その総数はまだ把握していない」

ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約、CITES)によると、2012年には2万5000頭以上のゾウの密猟が行われたという。

ゾウの牙は、アジアの象牙取引市場向けの需要が非常に高まっている。

ゾウを殺害して牙を取る目的で自然動物保護区内の水飲み場を毒物で汚染した容疑で、9人がすでに逮捕されている。だがゴトラ氏によると、毒物は「報じられていたような水場ではなく、ゾウが草を食べる場所にまかれていた」という。

同公園は1万4650平方キロもの面積を有するが、警備に当たる保護管は50人のみ。野生動物保護当局は、この10倍の人数が必要だと指摘している。(c)AFP



 
 
>TOP

ゾウ87頭を毒殺、象牙目的か ジンバブエ

cnn.co.jp
2013.09.26 Thu posted at 10:39 JST

ハラレ(CNN) ジンバブエで80頭を超えるゾウが密猟者によって毒殺されていたことが明らかになった。

ジンバブエ当局によれば、同国西部ワンゲ国立公園で5月以降、87頭のゾウの死骸が発見された。密猟者はゾウがなめる塩にシアン化物をまいたとみられるという。

当局はこれまでに象牙51本を回収。残る123本は密猟者の手に渡ったことになる。

ジンバブエのカスクウェレ環境相はCNNの取材に、密猟の撲滅に向けて厳罰化を推し進めると述べた。

環境相は事件を受けてワンゲ国立公園を10日前に訪れたと言い、密猟撲滅は「私の使命の1つだ」と語った。

先月、当局は同国立公園で41頭の死骸が発見され、密猟に関与したとみられる5人を逮捕。その後の捜査でさらに多くの死骸が発見されたという。

容疑者のうち3人はすでに有罪判決を受けている。残る2人については捜査が続行中だ。

国際動物福祉基金(IFAW)と世界自然保護基金(WWF)によれば、違法な象牙取引は近年増加しており、年間3万頭ものアフリカゾウが殺されているという。

IFAWが6月に出した報告書によれば、象牙やサイの角の最大の消費国は中国。これに米国、欧州連合(EU)が続くという。



 
 
>TOP

オゾンホールと気温上昇に関係か

NHK

10月14日 4時0分

南極の上空のオゾン層が穴の開いたような状態になるオゾンホールと気温との関係は、これまではっきりしないとされてきましたが、初めて気温の上昇と関係する可能性があると指摘する研究がまとまりました。

研究をまとめたのは、日本とアフリカのジンバブエの共同研究チームです。

研究チームは、オゾンホールの面積が大きい年ほどアフリカ中南部の夏の気温が高くなる傾向があることに注目し、そのメカニズムを分析しました。

それによりますと、オゾンホールが大きくなると、南極の上空で紫外線の吸収が減って気温が下がるため、比較的気温の高い地表付近との間で上昇気流が発生し、南極にある低気圧が強められるということです。

そして、この低気圧により、アフリカ南部の高気圧が南極のほうに引き寄せられると、中南部でも低気圧が発達し、赤道付近から暖かい空気がより多く流れ込んで気温が高くなる傾向があるということです。

オゾンホールと気温との関係は、これまではっきりしないとされてきましたが、今回の研究は、初めて気温の上昇と関係する可能性があると指摘しています。

分析した独立行政法人海洋研究開発機構の森岡優志さんは、「気温の変化については二酸化炭素濃度の上昇が注目されているが、オゾンホールが影響する可能性があることが分かった。今後、気温の予測にはこうした影響も考慮していく必要がある」と話しています。



 
 
>TOP

【衝撃】ジンバブエで「ゴブリンの襲撃」で4つの学校が閉鎖 / 地元長老は政府に「ヒーラー協会」の派遣を希望

ロケットニュース24

2013年11月1日

アフリカ・ジンバブエ共和国で、日本では到底考えられないような理由で学校閉鎖になる事態が発生した。その理由とは、「ゴブリン」の襲撃である。ゴブリンとはヨーロッパに伝承する空想の生物だ。日本では小鬼に相当すると考えられている。

空想上の生物が学校を襲う? にわかには信じがたいことなのだが、ジンバブエでは珍しくないことなのだとか。マジかよ! そんなことって本当にあるのか!?

・4つの学校でゴブリン襲撃

アフリカのニュースサイト「allAfrica.com」によると、南マタベレランド州のマトボ地区の4つの学校が謎の襲撃に遭い、授業を取り止めている。地元当局の報告では、その4つの学校の生徒がゴブリンに襲われたと主張しているそうだ。これを受けて、父兄は子供たちが学校に行くことを止めているのである。

・長老が政府に報告

地元の長老は、事態が悪化していることを政府に報告した。そして学校のひとつを訪問したところ、ゴブリン襲撃の状況がわかったという。

・マトボ地区の長老の証言

「私は学校のひとつを訪問しました。校長に話を聞いたところ、学校はパニック状態だと話しています。子どもたちは授業中にゴブリンによって、絶えず攻撃を受けており、気絶する生徒もいるようです。

その学校には10のクラスがありますが、ゴブリンの影響を受けているのは、そのうちの1つ。学校中は混乱に陥っており、生徒の父兄は子どもたちを登校させないように注意しています」

・国立ヒーラーの派遣を要請

この問題は2013年8月頃から発生しており、最近になって悪化したとのこと。実はジンバブエでは「魔法」が信じられており、ゴブリンもこの魔法に関係があるとみられる。長老は具体的な対策として、「政府に国立伝統ヒーラー協会を派遣して悪気を払ってもらいたい」と望んでいるのである。

ゴブリンに関しては、こんな例もある。首都ハラレの実業家が同国の副大統領に、シャンバ金鉱のゴブリンをはらうように嘆願したと、新聞の見出しになったそうだ。学校閉鎖の件にしても金鉱の件にしても、詳しい状況はわからないのだが、とにかく解決することを願う。

参照元:Zimbabwe: Four Matobo Schools Hit By Goblin Menace



 
 
>TOP

★時事ドットコムより★

ムガベ大統領、1億円かけ誕生会=90歳、独裁権力誇示−ジンバブエ

 【ロンドン時事】アフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領が21日、90歳の誕生日を迎えた。1980年の英国からの独立以来、30年以上にわたり実権を握り、「独裁者」として強い批判を受けるムガベ氏は100万ドル(約1億200万円)の予算をつぎ込んだぜいたくな誕生パーティーを開催し、自身の権力を誇示する。(2014/02/21-14:41)



 
 
>TOP

[FT]中国、ジンバブエへの無条件支援応じず

nikkei.com
2014/8/29 14:00

 アフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領は28日、経済破綻を回避するために中国政府に求めていた無条件の支援を得ることなく、訪問先の中国を離れることになった。中国がアフリカの盟友にさえ、やみくもな資金援助を約束しようとしない姿勢の表れだ。

 90歳のムガベ大統領は、白人による少数政権を倒す毛沢東主義者の革命闘争に参加していた時代から、中国政府にとってアフリカで最も信頼できる盟友の1人だ。わずか数週間前、オバマ米大統領はワシントンでのアフリカ諸国との首脳会議へのムガベ氏の参加を拒否したが、北京で同氏は中国の習近平国家主席から最大限の歓待を受けた。

 欧米ではここ数年、中国がひもなし援助を通じてアフリカなどの発展途上国と関係を築き、経済的な見返りを得ているという認識が広がっている。だが、中国政府がどちらかというと実務的にムガベ氏に接したことは、同国の積極的な資金援助にも限界があることを示している。

■中国の不安の表れ

 ジンバブエでの報道によると、アフリカ各国の首脳の中でも在任期間の長いムガベ氏は、経済制裁で欧米から融資を受けられないため、40億ドルの初期支援を含む100億ドルの資金援助を求めていたとされる。

 だが、手にしたのは炭鉱や発電所、ダムの建設費用20億ドルだった。しかも、ジンバブエの将来的な鉱業からの税収を担保にするという条件つきだ。

 ほかには、通信・インフラプロジェクトの企業化調査や、コメの寄付800万ドル、学校や診療所の建設費用2400万ドルなど、形ばかりの支援にとどまった。

 企業化調査では、ジンバブエは中国の国営銀行から融資を受ける条件として国営企業の収入を留保することを約束しなくてはならなかった。これは中国のジンバブエ経済に対する不安の大きさを示している。

 大規模な経済制裁や民族対立、食料生産の大半を占めていた白人所有の農地接収で、ジンバブエ経済はムガベ政権下で急激に悪化。10年に及ぶハイパーインフレで壊滅的な打撃を受けたが、2009〜13年は力強く回復した。

 銀行筋やエコノミストは将来の鉱業からの収入という不確実な収入を「証券化」するのはリスクもコストも高い戦略だと警告している。

 中国は経済不安にあえぐほかの友好国にも同じように慎重な姿勢をとっている。例えば、ベネズエラとエクアドルへの融資では両国の石油輸出で保証することを条件としている。西アフリカのガーナは今年初め、3年にわたる交渉にもかかわらず、中国からの融資を受けられていないと明らかにした。

 上海国際問題研究所の西アジア・アフリカ研究室の張春氏は、ジンバブエでは過去に融資が使途不明となったことがあったため、中国政府は融資が本来の目的に使われるかを特に懸念していると指摘している。

By Lucy Hornby and Tony Hawkins

(2014年8月29日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)



 
 
>TOP

世界の雑記帳:ヘビ肉食べ禁錮9年、ジンバブエの男「背骨の痛み治したかった」

毎日新聞 2015年02月02日 09時17分

 [ヨハネスブルク 30日 ロイター] - 30日付のジンバブエの新聞によると、男が保護種のニシキヘビの肉を食べたとして禁錮9年の判決を受けた。男は裁判で「背骨の痛みを和らげるためだった」と動機を説明。「ヘビを食べた後、劇的に回復していた」と話した。

 警察は情報提供を受け、男の自宅を家宅捜索。約60年前のヘビ革やニシキヘビの肉が隠されているのが見つかったという。



 
 
>TOP

ジンバブエのムガベ大統領が転倒 当局は写真の消去強制

東京新聞

2015年2月5日 06時59分

 【カノ(ナイジェリア北部)共同】ジンバブエのムガベ大統領(90)が4日、首都ハラレの空港で、演説を終えて演壇から下りようとした際に階段を踏み外し、転倒した。AP通信などが伝えた。そのシーンを撮影した一部のカメラマンは治安当局者から写真の消去を強制されたという。

 ムガベ氏はエチオピアでのアフリカ連合(AU)首脳会議から帰国し、空港で支持者を前に演説していた。側近らがすぐに抱え上げ、リムジンに乗せられた。

 ムガベ氏はジンバブエが1980年に独立して以来、実権を握り、欧米諸国から独裁的と批判されている。1月末のAU首脳会議で議長に選出され、物議を醸した。



 
 
>TOP

「独裁者」が転倒? 健康不安説も絡みジンバブエで物議

asahi.com
ナイロビ=三浦英之2015年2月10日20時02分

 「独裁者」は転んだのか? アフリカ南部ジンバブエで1980年の独立時から30年以上実権を握るムガベ大統領(90)が今月、体勢を崩す一幕があった。AP通信などは「転倒」と伝えたが、政府は否定。「健康不安説」を打ち消すのに躍起になっている。

 AP通信によるとムガベ氏は4日、首都ハラレの空港での演説後、演壇から降りる際に階段を踏み外した。即座に側近らが抱え、リムジンに乗せた。その瞬間を撮影したカメラマンは、当局から写真の消去を命じられたという。

 政府は翌5日、ムガベ氏は転倒しておらず、「ショックを和らげようとした」などと説明。地元報道によると、機敏に対応しなかった警備担当者ら27人が停職処分になった。(ナイロビ=三浦英之)



 
 
>TOP

ジンバブエ、大統領の91歳祝う豪華式典 野党は批判

nikkei.com
2015/3/1 19:43

 【ナイロビ=共同】アフリカ南部のジンバブエで2月28日、世界最高齢の国家元首であるムガベ大統領の91歳の誕生日を祝う豪華な式典が開催された。支持者数千人が参加し、約100万ドル(約1億2千万円)が費やされた。野党はその金を教育や保健医療に使うべきだと批判した。フランス公共ラジオなどが伝えた。

 世界三大瀑布(ばくふ)の一つ、ビクトリアの滝近くのゴルフ場で開かれた式典の費用は個人や企業の寄付金でまかなわれ、与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線が主催した。参加者らはムガベ氏の肖像画が入った礼服を身にまとい、地元の著名な歌手らがパフォーマンスを披露。ゾウやワニの肉が振る舞われたという。

 野党、民主変革運動の報道官は2月中旬に「この節度に欠けるパーティーの資金を破綻した地元の病院や学校の再建に充てるべきだ」と訴えた。

 2月21日に誕生日を迎えたムガベ氏は独立運動を率いた英雄として人気が根強いが、野党弾圧など独裁的な政権運営で欧米の非難を浴びてきた。



 
 
>TOP

91歳「独裁者」ムガベ氏、超豪華お誕生会 象料理も

asahi.com
ポートルイス=三浦英之2015年3月2日05時18分

 アフリカ南部ジンバブエで1980年の独立時から30年以上権勢を振るい、欧米から「独裁者」と非難されているムガベ大統領(91)の豪勢な誕生パーティーが2月28日、同国の世界遺産ビクトリア滝周辺のリゾートホテルであった。AFP通信などが伝えた。

 会場には数千人が集い、長寿を祝った。七つの巨大なケーキが飾り付けられ、ゾウの肉も振る舞われたという。21日に誕生日を迎えたムガベ氏は、グレース夫人に付き添われて、91個の風船を空に放った。

 ムガベ氏はアフリカ最高齢の国家元首で、1月にはアフリカ連合の新議長に選出。2月、首都の空港で階段を踏み外し、「健康不安説」がささやかれたが、AP通信は「パーティーでは1時間以上、立ったままで演説した」と健在ぶりを報じた。(ポートルイス=三浦英之)



 
 
>TOP

大統領91歳、100万ドルかけて祝う貧困国

The Yomiuri Shimbun

2015年03月02日 08時14分

 アフリカ南部ジンバブエで2月28日、ムガベ大統領の91歳を祝うパーティーが、世界三大瀑布ばくふのひとつ「ビクトリアの滝」のそばにある高級ホテルで開かれた。

 国民の多くが貧困にあえぐ同国で、AFP通信などによると、パーティーには100万ドル(約1億1900万円)が費やされ、野党勢力から批判が上がった。

 ムガベ氏は、1980年の同国の独立以来、実権を握っており、1月にはアフリカ連合(AU)議長に選出された。毎年、豪華誕生パーティーを開いて批判されている。



 
 
>TOP

ジンバブエ、3.5京ドルを1米ドルで回収 自国通貨廃止

nikkei.com
2015/6/13 18:51

 【ヨハネスブルク=共同】ジンバブエの中央銀行は13日までに、15日から通貨ジンバブエドルを米ドルに両替して回収すると発表した。ロイター通信などが伝えた。経済崩壊で価値が暴落し、使用されていない自国通貨を廃止する。両替レートは1ドル(約123円)=3京5千兆ジンバブエドルという。9月末までに回収を完了する見込み。

 ジンバブエでは2000年以降に政府が白人農園の強制収用を進めて主産業の農業が停滞し、欧米の経済制裁も受けて外貨不足になり、インフレ率が年2億%以上という異常事態に陥った。

 09年に米ドルや南アフリカのランドなど外貨の流通が解禁されて超インフレは改善し、市民は既にジンバブエドルを使っていない。最高額の100兆ジンバブエドル紙幣などが外国人観光客向けの土産として売られている。



 
 
>TOP

ジンバブエが通貨廃止 「3・5京ドル」を1米ドルに両替

cnn.co.jp
2015.06.14 Sun posted at 15:17 JST

ロンドン(CNNMoney) アフリカ南部ジンバブエの中央銀行は14日までに、自国通貨のドルを米ドルに両替し、ジンバブエ・ドルを廃止する作業を開始するとの声明を発表した。両替のレートは、1米ドル(約123円)が3京5000兆ジンバブエ・ドルとなる。

これを受け、ジンバブエ国民は今年9月末までの両替を求められている。

同国は異常な高水準のインフレに悩んで貨幣の価値が暴落し、2009年には自国通貨を廃止。これ以降、大半の商取引は米ドルもしくは南アフリカ・ランドで決済してきた。

しかし、ほとんど価値がないジンバブエ・ドル紙幣が少量出回っており、中銀はこれらを一掃することに決めた。

同国経済は、ムガベ大統領が1990年後半から2000年代初期にかけて打ち出した土地分配などの過激な経済政策が原因で悪化の一途をたどった。日常生活の基本物資の慢性的な不足にも直面し、中銀が予算赤字を埋め合わせるため紙幣を発行し続けたためインフレが高騰。経済危機の最悪時には、物価が1日ごとに倍増する異常状態も生まれていた。

世界銀行によると、同年には失業率も増加し、公共サービスも破綻(はたん)した。同国の経済規模は約18%縮小したとも報告していた。

ただ、同国経済は近年、安定化の兆しを見せ、国内総生産(GDP)は昨年3.2%増加した。今年の成長率は鈍化すると予想されている。



 
 
>TOP

ジンバブエ通貨廃止 1ドル=3京5千兆ジンバブエドル

asahi.com
カイロ=三浦英之2015年6月15日10時09分

 アフリカ南部ジンバブエの中央銀行は、自国通貨ジンバブエドルを廃止し、15日から米ドルに両替して回収すると発表した。ジンバブエドルは同国経済の崩壊で暴落しており、両替レートは1ドル(約123円)=3京5千兆ジンバブエドルになる見通し。回収は9月までに終わらせるとしている。ロイター通信などが伝えた。

 同国では2000年以降、ムガベ大統領が白人の農園を黒人に分配する強制収用を実施し、主産業の農業が荒廃。欧米諸国からの経済制裁も加わり、経済が崩壊した。中央銀行は財政赤字を埋め合わせるために紙幣を乱発したため、08年にはインフレ率が5千億%に。

 09年からは米ドルや南アフリカの通貨ランドが使用されるようになり、現在、市民生活ではジンバブエドルはほとんど使われていない。観光地では最高額の100兆ジンバブエドル札などが外国人客用のお土産として売られている。(カイロ=三浦英之)



 
 
>TOP

人気のライオン銃殺、米ハンターの行方追う ジンバブエ

cnn.co.jp
2015.07.29 Wed posted at 10:12 JST

(CNN) アフリカ・ジンバブエの国立公園で観光客らに親しまれていた野生のライオンが殺されているのが見つかり、野生生物保護当局は28日、この事件に関連して米国人ハンターの行方を追っていることを明らかにした。

殺されたのは、同国のワンゲ国立公園に生息していた13歳のオスのライオン「セシル」。観光客の前に姿を現すことも多く、英オックスフォード大学はGPS首輪を装着して追跡調査を行っていた。

ジンバブエ公園・野生生物管理当局が行方を追っているのは、米ミネソタ州に住むウォルター・ジェームズ・パーマー容疑者。現地の警察も、この事件に関連してジンバブエ人2人を逮捕し、パーマー容疑者の行方を追っていることを明らかにした。

逮捕されたうちの1人はプロのハンターで、パーマー容疑者から5万ドル(約620万円)の報酬を受け取っていたと見られる。

調べによると、パーマー容疑者はこのハンターの案内で7月6日にワンゲ国立公園を訪れて夜間ハンティングに出かけ、餌でセシルを誘い出して撃ち殺したとされる。しかしこのライオンのGPS首輪に気付いて死骸を遺棄しようとし、皮をはいで頭部を切断した疑いが持たれている。切断された頭部は見つかっていない。

パーマー容疑者は28日発表した声明で、「私の知る限り、今回の旅行は法に従って適切な手順を経て実施された」と主張。すべての手続きは現地で雇ったプロのガイドに任せていたと述べ、「狩りが終わるまで、あのライオンが地元で人気の有名なライオンだったことも、研究対象だったことも知らなかった」と訴えた。

これまでのところ、ジンバブエの当局からも米当局からも連絡はないといい、求められれば捜査に協力するとも表明した。

ワンゲ国立公園のライオンたちの今後について当局は、「悲しいことだが、セシルが死んだ今、次の地位にあったライオンのジェリコがメスたちに自分の血統を受け継がせるため、セシルの子どもたちを皆殺しにしてしまう可能性が大きい。これはライオンにとって普通のこと」と話している。



 
 
>TOP

ジンバブエ:ライオン殺害、米国人に国際的な非難殺到

毎日新聞 2015年07月31日 10時31分(最終更新 07月31日 12時02分)

 アフリカ南部ジンバブエのワンゲ国立公園で観光客の人気を集めていたライオンが今月初めに殺され、狩猟マニアの米国人歯科医が関与していたことが29日までに判明、歯科医に国際的な非難が殺到している。

 米メディアなどの報道をまとめると、殺されたライオンは雄13歳のセシル。黒っぽいたてがみが特徴で、英オックスフォード大が全地球測位システム(GPS)の発信器を取り付け、2008年から行動を記録していた。

 セシルを殺害したのは米ミネソタ州の歯科医ウォルター・パーマー氏。地元紙によると年齢は55歳で狩猟を趣味としている。(共同)



 
 
>TOP

ライオン「セシル」の兄弟も殺害か、情報が錯綜

cnn.co.jp
2015.08.02 Sun posted at 10:43 JST

(CNN) アフリカ・ジンバブエの国立公園で人気者だったライオン「セシル」に続いて、兄弟の「ジェリコ」も殺された可能性が指摘され、情報が錯綜(さくそう)している。

同国で自然保護に取り組む非政府組織ZCTFの責任者はCNNに、公園内でハンターがジェリコを不法に射殺したと述べた。フェイスブックのZCTF公式ページには、ジェリコが1日午後4時ごろに殺されたとの報告が掲載された。

一方、ジェリコを追跡調査している英オックスフォード大学の研究チームがCNNに語ったところによると、ジェリコは1日午後8時の時点で生存し、動き回っていたことが、首輪に付けたGPS(全地球測位システム)端末から判明したという。GPS端末からの信号に異常の兆候は見つかっていない。

オックスフォード大学の報道担当者は、情報の確認を急いでいると述べた。

ジェリコの兄弟セシルは先月、狩猟愛好家の米国人歯科医に撃ち殺された。ジンバブエが歯科医の身柄引き渡しを求めている。

専門家らによると、ライオンの群れでは雄の兄弟が雌や子を外敵から守る役割を果たすことが多い。セシルには6頭の雌との間に24頭の子がいたとされるが、ここでジェリコまでもいなくなったとすれば、子ライオンが生き延びられる可能性はほぼなくなったと考えられる。



 
 
>TOP

[FT]ジンバブエの人気ライオン射殺 猛獣狩りに焦点

nikkei.com
2015/8/3 6:30

 ジンバブエで、そして今や世界で最も有名なライオン「セシル」が米国人歯科医に撃たれてから40時間苦しんで死んだとき、セシルは少なくとも、それまでの13年間を自由に歩き回って過ごせただけ幸運だった。

 対照的に、アフリカ南部の6000頭ものライオンは、裕福な観光客の狩りの対象となる目的で、捕獲状態に置かれて飼育されている。

 世界中の怒りを買って身を隠している米ミネソタ州の歯科医、ウォルター・パーマー氏によるセシル射殺は、アフリカ南部の猛獣狩りにスポットライトを当てた。米国に本拠を置くワイルドエイドのピーター・ナイツ専務理事によれば、同産業は推定で年間10億ドル前後の価値があるという。

 セシルはジンバブエの動物保護区から違法におびき出されたとされる。セシルの死を巡っては2人の男が逮捕されており、ジンバブエの裁判所で密猟の罪に問われる可能性がある。一方、パーマー氏は自分が法律に違反していることを知らなかったと主張している。とはいえ、モザンビークやナミビア、タンザニアと並び、ジンバブエの一部でも狩りは合法だ。

■合法的な狩りで年900頭が犠牲

 一方、南アフリカ共和国には、南アに来て、狩りに数十万ドル支払う裕福な観光客のためにライオンを飼育することを主目的とする牧場が200戸ある。南アフリカ捕食動物連盟のピーテル・ポットヒテル会長によれば、毎年約900頭が合法的な狩りで殺されている。「残りは観光目的のために飼育されており、一部は主に中東とアジアに輸出されている」と同氏は言う。

 この行為は「キャンド・ハンティング」(おりなどで囲われた土地で、狩猟目的で育てられた動物を狩ること)として知られるようになった。幼獣は通常、小さいうちに母親から引き離され、観光客にとって危険になるまで、かわいがるために飼われる。完全に成長しきったら、ハンターの獲物にされる仕組みだ。

 ポットヒテル氏などのキャンド・ハンティング支持者は、こうした狩りは種を保全するために欠かせないと言う。「捕獲状態で飼育されたライオンを狩ることで、野生のライオンに対するプレッシャーが取り除かれる」と同氏。「野生ライオンの狩猟の減少と、飼育ライオンの狩猟の増加の間には、直接的な関連性がある」

 実際、野生動物保護団体は、南アフリカでは、野生ライオンの生息数が安定したようだと認める。また、ライオンは危険にさらされているとみられているものの、サイなどの他の種ほどは絶滅の危機にひんしていない。だが、ワールド・アニマル・プロテクションで野生動物保護キャンペーンの国際代表を務めるアリシア・クロー氏は、野生のライオンは3万5000頭足らずで、推定「当初」生息数の7%未満だと指摘する。それでもハンターたちは、狩猟産業は動物の数を保全し、環境を保護する助けになっていると主張する。

■ハンターは「保全活動家だ」

 「動物がいなければ、狩りはできない」。タンザニア狩猟業者連盟のアブドゥカディル・モハメド事務局長はこう言い、ハンターは大規模な野生動物生息数に収入を依存しているため、基本的に保全活動家だと主張する。また、ハンターは地域社会にお金を還元しているうえに、動物の数を増やすことを目指し、動物と環境を密猟者から守っていると指摘する。

 モハメド氏は、ライオン狩りの許可にかかる費用は5000ドルだが、狩猟旅行の総費用は5万ドルから最大20万ドルに上ることがあり、タンザニア政府に毎年1200万ドルの収入をもたらしていると言う。

 観光収入の大部分をサファリツアーに依存するケニアは、独立後まもなく猛獣狩りを禁止し、比較的最近では、狩猟鳥の狩りも禁止した。だが、一部からは再考を求める声が上がっている。

 「アフリカ大陸の狩猟は絶望的なまでに腐敗していると思うが、適切に管理されれば、売り上げを保全支援に還流させる便利な道具だ」とマイケル・ダイアー氏は言う。同氏は保全派に転じた元ハンターで、最近、ケニア高地にある自分の牧場にサイを入れた。22頭のサイを守るために、完全武装した民兵に似たフルタイムの警備員チームを雇っている。

 セシルに対する世間の反応が示したように、狩猟は今も感情に訴える問題だ。ライオン慈善団体のボーン・フリーは、狩りのトロフィー(剥製などの記念品)の輸入を阻止する運動に加わっている組織だ。アラブ首長国連邦(UAE)の航空会社は最近、世論の圧力に応えて、禁止措置を講じた。だが、ハンターたちは一部の議論に打ち勝っている。この7月、南アフリカ航空は激しいロビー活動の後、ライオンのトロフィーや皮の輸送禁止措置を撤回した。

 「南アフリカにとって業界は重要だと彼らに教えてやった」とポットヒテル氏は言う。「それから、業界を支援するのが政府の政策だとしたら、なぜ国を代表する航空会社がその政策に反対すべきなのか、と」

 前出のナイツ氏は、写真ハンターが銃を背負ったハンターに勝つことを期待している一人だ。「強力なライフルより、カメラ1台だけで身を固めて大きな動物を追う方がずっと勇気がいる」と同氏は話す。

By John Aglionby in London and Katrina Manson in Nairobi

(2015年7月31日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(翻訳協力 JBpress)



 
 
>TOP

殺されたライオン「セシル」の兄弟、英研究者が無事を確認

cnn.co.jp
2015.08.03 Mon posted at 09:21 JST

(CNN) アフリカ・ジンバブエの国立公園で射殺されたライオン「セシル」に続いて兄弟の「ジェリコ」も殺されたとの報道に対し、英オックスフォード大学の研究者は2日、ジェリコの無事を確認したと発表した。

ジェリコが装着しているGPS(全地球測位システム)端末からの情報に、不審な点は一切ないという。オックスフォード大学は生存の証拠として、同研究者が2日早朝に撮影したというジェリコの写真をツイッターに投稿した。

また、CNNなどのメディアに「ジェリコが密猟者に射殺された」との声明を出していた現地の非政府組織JCTFは2日、声明を撤回した。

JCTFの責任者は新たな声明で、別のライオンとの間違いだったと説明した。ジェリコ以外のライオン1頭が殺されたとしているが、事実の確認は取れていない。

ジェリコの兄弟セシルは先月、狩猟愛好家の米国人歯科医に撃ち殺された。この行為に対して世界各地から非難が集中している。



 
 
>TOP

ジンバブエ:別の米医師もライオン殺しか

毎日新聞 2015年08月03日 10時29分(最終更新 08月03日 10時52分)

 アフリカ南部ジンバブエのワンゲ国立公園で雄ライオン「セシル」が米国人歯科医に殺された問題で、ジンバブエ政府高官は2日、別の米国人医師も4月に不法にライオンを殺した疑いがあるとの声明を発表した。ロイター通信などが伝えた。

 声明によると、医師は米ペンシルベニア州のジャン・セスキ氏。狩猟愛好家で、ジンバブエ当局が不法な狩猟の疑いで逮捕した業者の顧客だった。AP通信によると、セスキ氏はワンゲ国立公園近くのライオンの狩猟禁止区域でライオンを殺したとみられている。(共同)



 
 
>TOP

別の米国人医師も不法な狩猟の疑い ジンバブエ

cnn.co.jp
2015.08.04 Tue posted at 11:28 JST

(CNN) ライオン「セシル」を射殺した米国人歯科医の身柄引き渡しを求めているジンバブエ当局が、これとは別に不法な狩猟が発覚したとして、米ペンシルベニア州の医師を名指しした。

ジンバブエの野生生物管理当局によると、米国人医師は案内人を雇い、当局の許可なしで狩猟を行ったという。動物の種類は不明。当局は案内人を逮捕したが、今のところ医師を起訴したり、引き渡しを要求したりはしていない。CNNは医師の名前の公表を控えている。

同国のワンゲ国立公園では7月、英オックスフォード大学の研究対象にもなっていた人気者のセシルが射殺された。当局はこれを受け、同公園以外でのライオンやヒョウ、ゾウの狩猟を一時的に禁止して、狩猟業界の実情を調べていた。新たな不法行為はこの過程で発覚したという。

セシルの死をめぐっては、米ミネソタ州の歯科医とその案内人、現場の土地所有者が密猟の罪に問われている。歯科医らはセシルをえさで誘い出し、管理担当者に聞こえないよう弓矢を使って殺害したとされる。



 
 
>TOP

ジンバブエで密猟疑いの米医師、潔白を主張

cnn.co.jp
2015.08.05 Wed posted at 12:39 JST

(CNN) ジンバブエで不法な狩猟を行ったとして同国当局に名指しされた米ペンシルベニア州の医師が4日、担当弁護士を通し、指摘された時期には現地にいなかったと主張した。

弁護士によれば、医師は今年7月、ジンバブエで合法的な狩猟に参加していた。しかしジンバブエ側が不法行為の時期としている4月には、同国を訪れていないという。

7月の狩猟については「ジンバブエ当局に速やかに通知し、法が定める情報や文書をすべて提出した」という。「本人は常に法や規則を守るよう注意を払い、必要な許可を取っていた」と、弁護士は強調する。

ジンバブエ当局は先月、ワンゲ国立公園で米国人歯科医らが人気者のライオン「セシル」を射殺した問題で、米当局に対して歯科医の身柄引き渡しを要求。その数日後、これとは別に不法な狩猟が発覚したとして、米国人医師を名指ししていた。医師の引き渡しは要求していない。



 
 
>TOP

サファリのガイド、ライオンに襲われ死亡 ジンバブエ

cnn.co.jp
2015.08.26 Wed posted at 17:16 JST

(CNN) ジンバブエのワンゲ国立公園でこのほど、徒歩のツアーを率いていたガイド役の男性がライオンに襲われ、死亡する出来事があった。

ツアーを実施している企業「キャンプ・ワンゲ」によると24日朝、ツアー中だったグループにライオンが突然襲い掛かったという。ガイドを務めていたジンバブエ出身のクイン・スウェールズさん(40)は、グループを守ろうと全力を尽くした。ツアー客にけがはなかったが、スウェールズさんは襲われた時のけがが原因で昼前に死亡した。

同社によれば、スウェールズさんはガイドとしての資格を持ち、経験も豊富だった。同日のツアーでは、ライオンがつけたばかりとみられる足跡を発見し、雄、雌と子ライオン各2頭の群れを追うことにしたという。

ワンゲ国立公園では先月、観光客らの人気を集めていたライオン「セシル」が射殺された。同国当局は、米国人歯科医が不法な狩猟を行ったと非難している。

スウェールズさんのグループが追っていた群れの中の一頭はセシルと同様、追跡調査用の首輪を着けていた。



 
 
>TOP

ライオン「セシル」殺した米歯科医、仕事復帰を表明

cnn.co.jp
2015.09.08 Tue posted at 13:22 JST

(CNN)アフリカ・ジンバブエのワンゲ国立公園で人気を集めていたライオン「セシル」を殺したとして非難を浴びた米ミネソタ州の歯科医、ウォルター・パーマー氏(55)が沈黙を破ってメディアのインビューに応じ、8日から診療に復帰すると表明した。AP通信と地元紙ミネアポリス・スター・トリビューンに語った。

パーマー氏は7月初め、セシルが殺されたとの報道で英メディアに名指しされ、ツイッターなどで厳しい批判にさらされてきた。

同氏は6日、AP通信と地元紙ミネアポリス・スターに「医院のスタッフに迷惑をかけて申し訳ないと思っている」「私は医療のプロだ。スタッフと患者が私の復帰を望んでいる」と語った。

この数週間、潜伏生活を送っていたと伝えられたことに対しては「公の目に触れない場所で家族や友人らと過ごしていただけだ」と述べた。また、自身の妻と娘もソーシャルメディア上で脅迫を受けていると訴え、「何の関係もない者まで標的にする人々の人間性が理解できない」と怒りをあらわにした。

セシルの死をめぐっては、パーマー氏を「殺し屋」「悪魔」などと非難する言葉がツイッターに書き込まれた。モデルのカーラ・デルヴィーニュ、女優のアリッサ・ミラノ、テレビ司会者のシャロン・オズボーンら、多数のフォロワーを持つ有名人もこの動きに加わった。

ジンバブエの野生生物保護当局によれば、セシルは公園の外へ誘い出され、矢で撃たれたが即死ではなかった。追跡したハンターらが約40時間後に射殺したうえ、皮をはいで首を切ったという。

セシルは英オックスフォード大学による研究プロジェクトで追跡調査用の首輪を装着していたが、ハンターらはこの首輪の破壊を図ったとされる。

パーマー氏は7月末の声明で、「自分が撃ったのが有名なライオンで、研究用の首輪も付けていたとは全く知らなかった。狩りの合法性については現地のガイドに一任していた」と主張した。

ジンバブエ当局は国内のガイドら2人を起訴し、パーマー氏についても身柄の引き渡しを求めている。ただし本人は、当局から正式な連絡を受けていないという。

法廷文書によると、パーマー氏と同名の人物が数年前、米ウィスコンシン州で不法にクマを殺したとの記録が残っている。この人物は当局に虚偽の供述をした罪を認め、1年間の保護観察と罰金を言い渡された。



 
 
>TOP

91歳のジンバブエ大統領、手違いで以前の演説繰り返す

cnn.co.jp
2015.09.17 Thu posted at 17:17 JST

ジンバブエ・ハラレ(CNN) アフリカ南部ジンバブエの大統領府は17日までに、ムガベ大統領(91)が議会開幕の演説原稿を間違え、今年8月25日に既に読み上げていた一般教書演説を再び繰り返す混乱があったと述べた。

失態は9月15日に起きたもので、大統領府の事務局の不手際としている。責任者に対する懲罰処分が検討されている。

演説内容のとり違えは同国のソーシャルメディアで反響を呼び、「大統領は退任に関する演説原稿を与えられていたらどうしただろう?」との書き込みもあった。「余りにも高齢で辞任すべき」との意見もあった。

ムガベ氏は来年2月に92歳となる。過去には今回のようなミスは少なかったが、昨年12月には自ら率いる政党「ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZanuPF)」に触れて「打倒、ZanuPF!」と叫んだことがある。

野党第1党「民主変革運動」の報道担当者はムガベ氏の今回のミスは明らかに国家元首としての職務をこなせないことをさらけ出したと主張。憲法の規定に従い、議会は退任を求める弾劾(だんがい)に動くべきだと述べた。



 
 
>TOP

ジンバブエの国立公園でゾウ14頭が毒殺 象牙目的か

cnn.co.jp
2015.10.08 Thu posted at 12:39 JST

ナイロビ(CNN) ジンバブエ当局は8日までに、同国西部の2つの国立公園で計14頭のゾウが青酸化合物で中毒死していたことを明らかにした。

当局によると、死んでいたゾウの数はワンゲ国立公園で11頭、マトゥサドナ国立公園で3頭。ワンゲ国立公園では今年7月、人気を集めていたライオン「セシル」が米国人歯科医に射殺される事件が起きたばかり。

国立公園当局と警察はCNNに対し、容疑者5人が拘束されたと明らかにした。

国立公園当局者によれば、マトゥサドナ国立公園のゾウは故意に置かれたシアン化合物のついたオレンジの皮を食べて死んだとみられる。ワンゲ国立公園でも同じ毒物が混じった塩の塊が見つかった。

死んでいたゾウのうち、4頭の牙は取り去られていたが残りの牙は残されていた。何らかの原因で牙を切る作業を終えることができなかったものと関係者は見ている。

なかには若くて牙の生えていないゾウもいた。最も若い個体は生後3カ月だったという。

現場ではハゲワシやインパラも中毒死しているのが見つかったという。

密猟者がシアン化合物を使う例はこれまでにもあった。2013年にはやはりワンゲ国立公園で、1度に約300頭のゾウが毒殺される事件が起きている。

ジンバブエ国内には鉱山が多いことからシアン化合物の入手は比較的容易だ。銃と違って音がしないことから、密猟者は好んで使うと専門家は言う。



 
 
>TOP

ジンバブエ、人気ライオン殺害の医師を訴追せず 

cnn.co.jp
2015.10.13 Tue posted at 12:29 JST

(CNN) シンバブエ当局は12日、同国のワンゲ国立公園で人気を集めていたライオン「セシル」を7月に殺した狩猟愛好家の米国人歯科医、ウォルター・パーマー氏について、訴追しない方針を明らかにした。

同国のオパ・ムチングリ環境・水・気候相は、セシルの死に関してはすでに多くの注目が集まっていると指摘。「もし彼と話すことがあれば、ここでは旅行客は歓迎だと伝えてほしい」「ただし、狩猟はだめだ」と述べた。

ジンバブエの野生保護団体によると、セシルはハンターによって公園外に誘い出され、矢で打たれた。その後40時間生きていたが、ハンターに居場所を見つけられ、銃で撃たれ死んだ。頭部を切断され皮もはがれたという。

ライオンにはオックスフォード大の研究プロジェクトでGPS首輪が装着されていたが、ハンターはこれも破壊しようとしていたとみられる。

パーマー氏はAP通信の取材で、セシルの首輪はたてがみに隠れて見えなかったと発言。また首輪のあるライオンを殺すこと自体は違法ではないとの見解も示していた。

事件の発覚後、パーマー氏と家族は脅迫を受けてきたほか、ミネソタ州ブルーミントンにある診療所にも抗議者が押し寄せるなど、世界中で抗議運動が展開していた。その影響でパーマー氏は診療所を一時閉鎖していたが、先月、仕事に復帰していた。

本件ではジンバブエ人2人が密猟容疑で訴追されている。当局はパーマー氏も訴追するため、米国からの身柄の移送を求めていた。



 
 
>TOP

50歳超の「国宝級」巨大ゾウ、ドイツ人観光客が射殺 ジンバブエ

AFP BB News
2015年10月17日 09:50 発信地:ハラレ/ジンバブエ

【10月17日 AFP】ジンバブエ最大級の巨体を誇る50歳を超えた雄ゾウ1頭がドイツ人観光客に射殺されたと、地元の野生動物保護団体が16日、明らかにした。ジンバブエでは観光客に人気の雄ライオン「セシル(Cecil)」が狩猟愛好家に殺され問題となったばかりで、トロフィーハンティングと呼ばれる愛好家の狩猟をめぐる議論が再燃している。

 ジンバブエ・サファリ運営者協会(Safari Operators Association of Zimbabwe、SOAZ)によると、ゾウはゴナレゾウ国立公園(Gonarezhou National Park)のすぐ外で射殺された。報道によれば、ゾウが殺された場所は南アフリカとの国境付近の私有地で、ドイツ人観光客は狩猟を行うため6万ドル(約720万円)を支払っていたとされ、観光業者や保護活動家らから非難の声が上がっている。

 殺されたゾウについてSOAZは、「立った状態でも牙が地面に届くほどの非常に大きな」個体で、「あれほど大きな動物はわれわれも見たことがなかった」と説明。「国宝」として扱われるべきだったとの見方を示している。

 また、自然保護団体「ジンバブエ・コンサベーション・タスク・フォース(Zimbabwe Conservation Task Force、ZCTF)」の会長は、殺されたゾウは牙の重さだけで54キロあったと述べている。

 ジンバブエ国立公園・野生動物保護庁(Zimbabwe Parks and Wildlife Management Authority)の広報官は、今回の狩猟について把握していないと述べている。正式な許可が下りていれば、狩猟は違法ではない。(c)AFP

50歳超の「国宝級」巨大ゾウ、ドイツ人観光客が射殺 ジンバブエ



 
 
>TOP

中国の孔子平和賞にジンバブエ大統領、創設者が理由語る

AFP BB News
2015年10月23日 19:24 発信地:北京/中国

【10月23日 AFP】中国版「ノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)」を目指している「孔子平和賞(Confucius Peace Prize)」の今年の受賞者に、ジンバブエのロバート・ムガベ(Robert Mugabe)大統領が選ばれた。ムガベ大統領は人権侵害などで繰り返し非難されている人物だが、孔子平和賞の創設者は22日、同氏を選出した理由について語った。

孔子平和賞を運営しているのは「中国国際和平研究センター(China International Peace Studies Centre)」というほぼ無名の組織。同組織を創設したシャオ・ダモ(Qiao Damo)氏がAFPの取材に応じ、ムガベ大統領の選出理由について、世界平和への「卓越した貢献」が評価されたと語った。

■候補には国連事務総長や韓国大統領ら

90歳代のムガベ大統領の他に孔子平和賞の最終候補に挙がっていたのは、富豪のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏や潘基文(バン・キムン、Ban Ki-Moon)国連(UN)事務総長、韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)大統領ら9人という。「彼(ムガベ大統領)が1980年に権力を獲得しなかったら、彼が役割を果たさなかったとしたら、とてつもない才能が無駄遣いに終わったことだろう」と、シャオ氏は語った。

孔子平和賞は中国で投獄されている反体制派作家、劉暁波(Liu Xiaobo)氏がノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞した2010年に、中国側が突如、設立した。これまでの受賞者には、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領やキューバのフィデル・カストロ(Fidel Castro)前国家評議会議長らがいる。ムガベ大統領は過去数十年にわたって中国と密接な関係を持ってきた。

■受賞理由「ジンバブエの政治・経済の秩序築いた」

9月の受賞者発表の際、委員会はムガベ大統領の受賞理由として「ジンバブエの国民のため、同国の政治と経済の秩序構築に尽力した」ことや、ムガベ大統領が「汎アフリカ主義とアフリカの独立性を強く支援」してきたことを挙げた。

人権団体やジンバブエの野党政治家は、ムガベ大統領政権のもとでジンバブエ経済の崩壊や厳しい弾圧が行われたと非難しているものの、孔子賞の主催者らはこれらの意見を一蹴した。

シャオ氏は、ムガベ大統領には「ジンバブエを安定化する能力」があるだけでなく、アフリカ連合(African Union)の議長として「アフリカの平和を推進する」ことができると語る。

「社会不安はごく普通のこと。米国も建国時は非常に混迷していた。ジンバブエは30年前に建国したばかりだ」

一方、野党・ジンバブエ人民民主党のゴーデン・モヨ(Gorden Moyo)幹事長は、地元ニュースウェブサイトで孔子平和賞を「狂気」と非難。「(主催者は)平和の使者のふりをする殺人者を表彰したことを恥じて首をつるべきだ」と批判した。

孔子平和賞の授賞式は12月に行われる。賞金は50万元(約950万円)で、シャオ氏によると、ある実業家が資金を提供したという。中国外務省は、孔子平和賞について「政府とは無関係」としている。

■「東洋文化」からノーベル平和賞にバランスを

孔子平和賞の設立理由についてシャオ氏は、ノーベル賞が「あまりに極端で事実と合致しない」と述べ、「儒教文化の観点から」ノーベル賞に対してバランスをとるために設立したと語った。

「ノーベル平和賞は西洋文化の土台の上に作られている。だがわれわれの平和賞は東洋文化の土台の上に作られている」とシャオ氏は述べた。(c)AFP

中国の孔子平和賞にジンバブエ大統領、創設者が理由語る



 
 
>TOP

[FT]「孔子平和賞」が語る中国独自の物語
ジンバブエ大統領が受賞

nikkei.com
2015/10/29 15:15

 無限の可能性がある宇宙には、数十年にわたってジンバブエをほぼ破滅的に統治してきたムガベ大統領がノーベル平和賞を受賞できる惑星がどこかにあるのかもしれない。だが、同氏はここ地球で、中国版のノーベル平和賞と「同等」の賞、いわゆる「孔子平和賞」を香港を拠点とする組織から授与されて喜んでいるに違いない。

 「ノーベル平和賞に対抗する」といわれるこの組織は、91歳のムガベ氏がジンバブエの国造りと汎アフリカ主義に尽力したことを理由に賞を授与した。同賞は5年前、中国で民主主義拡大を提唱し、反逆分子として収監されている民主活動家、劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞したことへの不快感から、突如設けられたものだ。過去の受賞者にはロシアのプーチン大統領やキューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長などがいる。今回ムガベ氏が選ばれたことが、欧米の価値観に対する侮辱的意味合いを持つといわれる同賞の評判を裏付けている。

 同賞は、いささか奇妙だが、大きなうねりを示す小さな事例の一つだ。中国共産党は、ゆっくりと、しかし着実に、欧米を中心とした世界の景色に並行した独自の物語を作り出そうと道を探っている。過去ほぼ1世紀にわたって、個人の主権や法の支配を重んじる米国の民主主義の概念は普遍的だと見られてきた。中国はそれに対抗し始めているのだ。数千年を超えて大陸規模の国家を無傷で守ることに躍起な中国の信念は、安定性と強力な政府という方向により一層進んでいる。中国政府にとって、過去30年の歴史は、物質的な進歩と有能な指導者が、人間の幸福を生み出す民主主義よりもさらに重要だということを示している。

■「孔子学院」を世界に展開

 中国政府は、独自の物語を展開するための手段を着実に積み上げている。中国国営の中央テレビ(CCTV)は2011年から、世界に70の支社を開設し、英語の番組を急激に増やし始めた。また、04年からは、教育省との連携で、中国語と中国の文化を広めるために、数百におよぶ「孔子学院」を数十カ国に創設した。

 中国の一般国民も一役買っている。チベットを巡る米放送局の報道に激怒した学生、饒謹さんは09年、欧米メディアのうそや偏見とされる一覧を示すために「アンチcnn.com」を立ち上げた。

 「中国が世界を支配するとき」の著者マーティン・ジャックス氏によると、そうしたことが一部影響し、結果として、中国に対する欧米の見方は変化してきているという。同氏は、15世紀に巨大な遠征軍を率いてアフリカに到達した、鄭和という海軍探検家を知る人は10年前にはほとんどいなかったという。しかし鄭和の航海はいまや人々に畏敬の念を抱かせている。

 もう少し分かりやすいところでは、つい最近まで、実質的に南シナ海全域を網羅する地図上の輪状の境界線「九段線」を知る人もほとんどいなかった。九段線はいまや、きわめて重要な海路を巡る中国政府の主張を後押しするために利用されている。中国はその海路に人工島を建設し、米国が保障する航行の自由という物語に対抗している。

 中国政府が独自版の出来事を作り出したいのは、影響力増大の予想できた結果だ。それは他の分野での動きとも整合性がある。金融では、人民元をドルに対抗する代替通貨にしたいし、アジアインフラ投資銀行(AIIB)のような新たな組織は、欧米が牛耳るブレトンウッズ体制と並行して設立されている。

■欧米の世界観を遠ざけたい

 ムガベ氏に孔子平和賞を授与することは、いかに間違っていようが、欧米の世界観を遠ざけるなら誰でもいいから味方につけたいという欲求を表している。孔子平和賞が公式なものでないことは間違いなく、ムガベ氏は厚かましくも断ることさえできた。だが、ベテラン中国ウオッチャーのオービル・シェル氏は、中国の組織の中に、中国政府からの了承なしで、あえて孔子の名を借りて賞を授与する組織はないという。また、シェル氏は、14年に人民大会堂でカーター元米大統領との夕食会に出席した時のことを回想する。会の出席者はまばらだった。それに対し、習近平国家主席はムガベ氏の夕食会では、2国の友好関係が「帝国主義と植民地主義、覇権に共に戦った輝かしい日々の中に生まれた」と語った。

 習氏がロンドンを訪問した際にも、中国が独自の物語を作ろうとしていることを表すわずかなヒントがあった。習氏は議会演説のなかで、13世紀に議会をつくった英国を称賛したものの、中国が3300年前に「人民を優先」し、同氏が言うところの法の支配を広めた国家をつくっていたと述べた。同氏が言及した皇帝が伝説上の人物だったにもかかわらずだ。

 中国は、世界にいよいよ自分たちの時が来たことを示したいのだ。だが、シェル氏はそうした取り組みが、中国の他の物語によってつまずくと見ている。つまり、150年におよぶ屈辱の犠牲者という中国の立場だ。同氏は「中国は世界の経済大国になった。その一方で、自らが犠牲を強いられてきた第三世界の国であるという考えは、不思議な矛盾を生んでいる」という。中国政府は、傷ついた巨人としての自らの古いイメージと、独自のやり方を実行するだけの強力な影響力を持つ自らの新しいイメージとの間で板挟みになっている。ムガベ氏への賞の授与は、まだこの移行が終わっていないことを示している。

By David Pilling

(2015年10月29日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)



 
 
>TOP

中国「孔子平和賞」にジンバブエ大統領 受賞は辞退

nikkei.com
2015/10/29 19:58

 【北京=共同】ノーベル平和賞に対抗して中国の大学教授らが創設した「孔子平和賞」の今年の受賞者に、ジンバブエのムガベ大統領(91)が選ばれたが、ムガベ氏は受賞を辞退した。中国メディアが29日までに伝えた。ムガベ氏は1980年の独立以来ジンバブエの実権を握り、激しい野党弾圧などで欧米から「独裁者」と批判されている。

 主催団体は9月、アフリカの平和に貢献したとして、ムガベ氏に授与すると発表。しかし、中国内からも「孔子の名を汚している」と非難の声が殺到していた。孔子平和賞は2010年のノーベル平和賞が服役中の民主活動家、劉暁波氏に決まったことに対抗して創設され、今年で6回目。



 
 
>TOP

動画:ジンバブエで不細工コンテスト開催、準優勝者が審査に異議

AFP BB News
2015年11月22日 17:01 発信地:ハラレ/ジンバブエ

【11月22日 AFP】ジンバブエの首都ハラレ(Harare)にある酒場で20日夜、容姿が端正ではない男性を選ぶ「ミスター・アグリー」コンテストが開かれ、42歳の無職の男性が優勝した。だが、準優勝の男性が、偏見があったとして審査員たちを非難したことから、コンテストは醜い結末となった。(c)AFP

動画:ジンバブエで不細工コンテスト開催、準優勝者が審査に異議



 
 
>TOP

習近平氏、ジンバブエ訪問 アフリカ重視の立場アピール

asahi.com
北京=林望、ヨハネスブルク=三浦英之2015年12月1日19時41分

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は1日、ジンバブエに入り、アフリカ歴訪をスタートさせた。ジンバブエでは「独裁者」として欧米の批判を浴びるムガベ大統領(91)と会談。先進国とは一線を画す「発展途上国のリーダー」としてアフリカに寄り添う立場をアピールする。

 中国国営新華社通信によると、首都ハラレの空港に到着した習氏をムガベ氏自身が出迎え。習氏は「両国はそれぞれの発展の過程で助け合ってきた。ムガベ氏がアフリカの団結と自立に重要な役割を果たしていることを高く評価している」と述べた。

 ムガベ氏は1980年の独立から30年以上実権を握る。反対勢力を弾圧するほか、白人の農園を黒人に分配する強制収用をし、主産業の農業が荒廃。「独裁者」と非難する欧米諸国の経済制裁も加わり、同国経済は苦境に直面している。

 そんななか、制裁に反対し、積極的に貿易や投資を続けたのが中国だ。

 今回の訪問先に欧米の批判を承知でジンバブエを選んだのは、中国からの投資額がアフリカの国別でトップレベルだからだけではない。ムガベ氏がアフリカ連合(AU)議長であることに加え、「欧米の抑圧や介入に反対し、アフリカ自身による問題解決を訴えてきた精神的なリーダー」(北京大学アフリカ研究センターの劉海方副主任)として、アフリカでの求心力を評価していることがある。

 習指導部は欧米主導の国際秩序が公正さを欠くとして、発展途上国により大きな発言力を持たせる「国際関係の民主化」を唱える。地域大国でも資源大国でもないジンバブエを重んじることで「国の大小や貧富に関係なく、発展途上国のために発言していく」(習氏)姿勢をアフリカ諸国に示す狙いとみられる。

 習氏のアフリカ訪問は国家主席就任直後の2013年3月以来。ジンバブエと南アフリカを公式訪問し、4、5の両日には、40を超える国の元首や首脳が南アフリカに集まる「中国・アフリカ協力フォーラム」サミットに出席する。(北京=林望、ヨハネスブルク=三浦英之)



 
 
>TOP

ジンバブエ、人民元を「通貨」に 中国は48億円の債権放棄

cnn.co.jp
2015.12.24 Thu posted at 13:06 JST

(CNN) アフリカ南部のジンバブエは24日までに、国内で使える通貨として、中国の人民元を採用すると明らかにした。これに先立ち、中国はジンバブエに対する4000万ドル(約48億円)の債権について放棄する方針を明らかにしていた。

ジンバブエは、5000%を超えるハイパーインフレのために自国通貨が実質的に無価値となったことを受け、2009年以来、米ドルや南アフリカ・ランドを通貨として使用している。

ジンバブエは今年6月、自国通貨のドルを米ドルに両替し、ジンバブエ・ドルを廃止する作業に着手していた。大半の商取引は米ドルや南アフリカ・ランドで決済されてきたが、ほとんど価値がないジンバブエ・ドル紙幣が少量出回っており、中央銀行はこれらを一掃することに決めたという。



UP:2012 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)