HOME > World / Africa >

ザンビア共和国 2010年〜2014年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


○2009年までのニュ―ス、企画案内 → ザンビア共和国 〜2009年
○最新のニュ―ス、企画案内 → ザンビア共和国

○外務省 各国・地域情勢  ザンビア共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2010/01/12 cri ザンビア、サッカーW杯南アフリカ大会に電力供給
◆2010/01/14 yomiuri.co.jp カメルーン、格下ガボンに敗れる…アフリカ選手権
◆2010/01/18 トムソンロイター サッカー=アフリカ・ネーションズ杯、カメルーンがザンビア下す
◆2010/01/22 毎日新聞 サッカー:カメルーンが準々決勝へ アフリカ選手権
◆2010/01/22 外務省 南部アフリカ官民実務者スタディ・ツアー
◆2010/01/26 cnn.co.jp サッカーのアフリカ選手権、4強出そろう 準決勝は28日
◆2010/01/26 毎日新聞 サッカー:アフリカ選手権 カメルーン降し、エジプトが4強
◆2010/01/26 AFP BB News エジプトとナイジェリアが準決勝進出、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/02/25 notrax マッドリブの連作CD、2月はブラジル、3月はアフリカ。
◆2010/03/16 Lusaka Times Zambia: Hikaumba calls for promotion and protection of interests of disabled employees
◆2010/03/17 NIKKEI NET 建機、アフリカ開拓 日立建機、ザンビアで部品改修
◆2010/03/18 Lusaka Times Zambia: Man condemned for ditching fiance who gave birth to a limbless son
◆2010/03/23 cnn.co.jp 象牙在庫の輸出解禁案否決 ワシントン条約締約国会議
◆2010/04/14 WSJ.com 中国有色金属、ザンビアの銅鉱山に6億ドルの追加投資へ=報道
◆2010/04/15 verita 楽しみを通じて異国で苦境にあえぐ女性たちを救おう MODE for Charity
◆2010/04/21 yomiuri.co.jp 途上国の妊産婦 支援キャンペーン
◆2010/04/27 postzambia.com Disabled UNZA student dependant on friend’s goodwill
◆2010/04/27 ABNNews オーストラリア市場レポート  2010年4月27日:メタル価格を受け上昇する株式
◆2010/04/29 innolife.net ハン・ジミン、今週の日曜日明洞に寄付しに来て下さい!
◆2010/05/02 J-CASTテレビウォッチ 「大地の力は我々のもの」 資源大陸アフリカの挑戦
◆2010/05/07 ABNNews IMX (ASX:IXR) が Sichuan Taifeng から発行に対する資金を受領
◆2010/06/07 The Times of Zambia Body for Disabled Thanks Banda
◆2010/06/16 新華社新華網ニュース 中国銀行、ザンビアで人民元建てプリペイドカード発行
◆2010/06/18 UN News Centre In Liberia, UN police officer deploys her language skills to help those in need
◆2010/06/27 AFP BB News 村で初めてのテレビでW杯観戦 数百人が声援 ザンビア
◆2010/07/23 ecool 中部電力、ザンビアの「地方電化能力開発プロジェクト」を受託
◆2010/07/23 ecool 中部電力、ザンビアの地方電化プロジェクトを獲得
◆2010/08/03 Zambian Watchdog ‘Say severe mental impairment, not unsound mind’
◆2010/08/03 ECO JAPAN JT、アフリカ・ザンビアで植林・森林保全活動を開始
◆2010/08/04 AllAfrica.com Zambia: Disability Movement Contributes to NCC
◆2010/08/20 LNEWS 商船三井/国際NGOに輸送協力
◆2010/09/03 inochiwotsunagu 写真展「命をつなぐ」オープニング記念講演会
◆2010/09/05 世界基金支援日本委員会 トーク・セッション ザンビアのキャロル・ニィレンダ氏が語るエイズ、女性、アフリカ
◆2010/09/08 cnn.co.jp 著名投資家ソロス氏、1億ドルを国際人権団体に寄付
◆2010/09/11 cnn.co.jp ザンビアの「ミリオンダラー・ベイビー」、女子ボクシングの世界王者
◆2010/10/19 BUSINESS WIRE Diplocom Communications:世界保健機関たばこ規制ガイドラインは「アフリカの貧困と飢餓を促進」
◆2010/10/20 yomiuri.co.jp 中国人、ザンビア炭鉱で銃乱射…地元作業員に
◆2010/10/29 AFP BB News チンパンジーも「右利き」が主流、スペイン研究
◆2010/11/03 UEFA.com ユトレヒトのムレンガ、今季絶望
◆2010/11/05 cnn.co.jp ザンビア炭鉱で地元作業員に発砲の中国人 釈放
◆2010/11/16 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/上 妊娠、死と隣り合わせ
◆2010/11/17 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/中 安全な出産、認識芽生え
◆2010/11/18 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/下 理解され始めたHIV
◆2010/11/26 毎日新聞 ファイル:地デジ、日本方式採用されず
◆2010/12/01 ユース・フォー・ヒューマンライツ ジャパン 世界エイズデーによせて 人権啓発イベント
◆2010/12/13 Human Rights Watch Zambia: Civil Society Groups Urge Arrest of al-Bashir
◆2010/12/20 佐藤誠編 越境するケア労働 日本・アジア・アフリカ
◆2010/12/22 時事通信 チテンゲに祈りを込めて ザンビアの出産
◆2010/12/22 AFP BB News 2011年春夏パリコレ最前線!/ 冨永愛のアフリカ・チャリティ旅/ ロングインタビュー:シェール、テイラー・スウィフト/ 世界のカリスマ・ブロガーがモデルで登場【VOGUE NIPPON】
◆2010/12/29 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年12月29日:Kangaroo Resources (ASX:KRL)は2.77億豪ドルでインドネシア熱石炭プロジェクトの買収を発表
◆2011/02/16 BUSINESS WIRE ゼネラル・ケーブル、第4四半期業績を発表
◆2011/02/16 Gigazine スーパーボウルで負けたチーム、幻の「チャンピオンTシャツ」の行方
◆2011/02/21 postzambia.com Disability body demands accessible poll centres
◆2011/04/02 Lusaka Times Zambia: Govt. saddened by society’s neglect of disabled children
◆2011/05/03 BUSINESS WIRE フロスト&サリバンが個人識別情報管理市場でスマートマティックによる顧客価値向上を評価
◆2011/06/19 The Post Online The deaf bemoan lack of access to information
◆2011/06/30 Lusaka Times Government to introduce allowances for disabled people
◆2011/06/30 外務省 ザンビア共和国に対する無償資金協力(「ルサカ南部地域居住環境改善計画」及び「ンドラ市上水道改善計画」)に関する書簡の交換について
◆2011/08/10 NICE ザンビアで初の2ヶ国ワークキャンプ  青年海外協力隊員と共に開催!
◆2011/08/19 AFP BB News アフリカに世界最大の自然保護区、オカバンゴからザンベジ川流域
◆2011/08/20 日医ニュース 帰国したフェロー2名が研究成果を報告
◆2011/09/15 IT NEWS AFRICA Zambia finally connects to undersea cable
◆2011/09/15 Africa the good news Key Sectors in Southern Africa in 2011
◆2011/09/19 Africa the good news Social Media to Monitor Elections in Zambia
◆2011/09/24 asahi.com ザンビア大統領選、野党党首が勝利宣言 貧困層が支持
◆2011/09/28 外務省 ザンビア共和国大統領選挙について(外務報道官談話)
◆2011/10/06 Official website of the Paralympic movement Legacy of IPC Development Camp May Be More Accessibility in Zambia
◆2011/11/07 Times of Zambia Govt assures disabled
◆2011/11/19 Times of Zambia S/African walks for charity
◆2011/11/19 Times of Zambia Disabled nods Jere’s appointment as PS
◆2011/12/01 財経新聞 リージャス、アフリカでのビジネス拠点拡大 − ザンビアへのビジネスセンター開設決定
◆2011/12/02 ベトナムニュース  アフリカからの輸入額、トップは南アフリカ
◆2011/12/17 Daily Mail Persons with disability get Airtel support
◆2011/12/27 Times of Zambia Mary Banda: Wonder woman in silent world
◆2012/01/16 Internet Watch 世界銀行と米Google、「Map Maker」による途上国の地図作製で提携を発表
◆2012/01/22 SOCCER KING アフリカ・ネイションズカップ開幕戦で開催国の赤道ギニアが勝利
◆2012/01/26 SOCCER KING 開催国の赤道ギニア、劇的勝利で決勝T進出決定/アフリカ杯
◆2012/01/26 TSP SPORTS 水浸しの一戦 ザンビアとリビア引き分ける
◆2012/01/26 TSP SPORTS 水浸しの一戦 ザンビアとリビア引き分ける
◆2012/01/26 Goal.com ホスト国がセネガルに劇的勝利、決勝T一番乗り
◆2012/01/30 SOCCER KING ザンビアがグループ首位突破…共催国赤道ギニアは2位/アフリカ杯
◆2012/01/30 Goal.com ザンビア、ホスト国下してグループ首位通過
◆2012/01/31 シブヤ経済新聞 「竹製」自転車フレーム、原宿で販売開始−ザンビアのソーシャルベンチャーが製造
◆2012/02/02 SOCCER KING エジプトサッカー史上最悪の惨事…試合後にサポーターが衝突、70名以上が死亡
◆2012/02/05 SOCCER KING コートジボワールが赤道ギニアを下し準決勝進出/アフリカ杯
◆2012/02/09 SOCCER KING 決勝はコートジボワール対ザンビア…W杯8強のガーナは敗退/アフリカ杯
◆2012/02/09 AFP BB News コートジボワールとザンビアが決勝へ、アフリカネイションズカップ
◆2012/02/09 Women in Technology Tech firm supports ICT hub in Africa
◆2012/02/10 AFP BB News ザンビア代表、19年前の飛行機事故の犠牲者を追悼
◆2012/02/13 時事ドットコム ザンビアが初優勝=コートジボワール破る−サッカー・アフリカ選手権
◆2012/02/13 AFP BB News ザンビアがPK戦制し初優勝、アフリカネイションズカップ
◆2012/02/17 SOCCER KING ザンビアが初のアフリカ王者に輝く…コートジボワールとのPK戦を制す
◆2012/02/21 SOCCER KING 初優勝のザンビアからFWカトンゴがMVPに選出/アフリカ杯
◆2012/03/02 IT NEWS AFRICA  Zambia invests in fight against cybercrime
◆2012/03/03 GIGAZINE ザンビアを最貧国と報道してバンブーバイクを売ることが「貧しさ」を作っているのではありませんか?
◆2012/03/19 外務省 新任駐日ザンビア共和国大使の信任状捧呈
◆2012/03/28 外務省 ザンビアに対する無償資金協力「貧困削減戦略支援無償」に関する書簡の交換
◆2012/05/31 Times of Zambia ZSAD In K710m SoS
◆2012/05/31 Times of Zambia ZSAD In K710m SoS
◆2012/06/06 ZAMBIA DAILY MAIL Give loans to disabled, NTD asks corporate world
◆2012/06/13 Zambia Daily Mail  ICT: Opportunities and challenges
◆2012/06/14 UKZAMBIANS Children with disabilities need access to education
◆2012/06/21 Zambia Daily Mail Day of the African Child: More than an event
◆2012/06/22 nikkei.com 北大、ザンビアに拠点 情報・獣医学など共同研究
◆2012/07/08 Zambia dailymail Speech, Hearing Centre: Where only fingers talk
◆2012/07/19 nikkei.com 中国、アフリカ向け借款倍増 今後3年間に1.5兆円
◆2012/08/06 nikkei.com ザンビアの中国系炭鉱で中国人幹部殺害
◆2012/08/22 Zambia Daily Mail  ICT: Opportunities and challenges
◆2012/08/31 JICA 地域ぐるみの交流を互いの力に−ザンビアの農業普及員が宮城・丸森町で研修−
◆2012/09/18 Times of Zambia Sata’s wins accolades over Disability Act
◆2012/09/24 Zambia Daily Mail Rights of persons with mental disability in Zambia
◆2012/09/28 AllAfrica.com Zambia: Integrate Disabled in Health Plans - Dr Kaseba
◆2012/10/07 UKZAMBIANS Disabled Zambians seeks donations for wheelchairs
◆2012/10/10 外務省 ザンビア及びボツワナに対する円借款に関する書簡の交換
◆2012/10/23 Zambian Watchdog Deaf Zambians demand driving licences
◆2013/01/05 UKZAMBIANS (blog) Clerics put on defence for ‘cheating’ disabled
◆2013/02/19 トラベルビジョン エチオピア航空、ザンビア共和国のンドラに就航へ、週3便
◆2013/03/26 JBpress アフリカと中国:鉱物資源以上の関係
◆2013/03/31 Zambia Daily Mail Hooray, teaching profession bill: Reactions
◆2013/05/12 cnn.co.jp ザンビアで男性2人を同性愛で再逮捕、「自然の秩序」破壊で
◆2013/05/30 Times of Zambia Abusive teachers face black list
◆2013/06/05 Lusaka Times Lusaka City unfriendly to the persons with disability ? Ngwa’le
◆2013/06/24 BIZTECH AFRICA Zambia bemoans high cost of ICT
◆2013/06/26 Times of Zambia Jack Kalilombe: Hearing impaired, but determined
◆2013/07/24 AllAfrica.com Zambia: Love Games try to help raise awareness of HIV in Zambia
◆2013/07/27 AllAfrica.com Zambia: Disability and HIV/Aids
◆2013/08/03 AllAfrica.com Zambia: Ensuring Access to ICTs for Disabled
◆2013/08/06 Zambia Daily Mail How we care for highly disabled pensioners
◆2013/08/08 Zambia Daily Mail Pick ‘n’Pay: Equal oppotunity employer
◆2013/08/11 AllAfrica.com Zambia: Economic Independence Eludes Zambia's Disabled
◆2013/08/12 SOS Children Making media available to deaf children in Zambia and worldwide
◆2013/08/15 nikkei.com JICA、アフリカで栄養改善ビジネス キッコーマンなどと
◆2013/09/01 AllAfrica.com Zambia: Inclusive Education for Deaf Children
◆2013/09/03 Zambia Daily Mail Livingstone council, RDA to ensure disabled access new roads
◆2013/09/07 nikkei.com 世界の航空各社、アフリカ便を新増設 ビジネス需要狙う
◆2013/11/12 nikkei.com 世界で2億人に健康リスク 10大汚染地点を公表
◆2013/11/18 nikkei.com 感染症情報、海外と共有 アジア・アフリカの機関参加
◆2013/12/03 Times of Zambia Jobs scarce for disabled people
◆2013/12/09 AllAfrica.com Zimbabwe: Mr, Miss Deaf Crowned
◆2013/12/10 Times of Zambia Develop Disability Act work plan
◆2013/12/13 AllAfrica.com Zambia Invited for First Deaf Africa Cup
◆2013/12/16 postzambia.com ZNAD calls for sensitisation to help society understand the deaf
◆2013/12/17 UKZAMBIANS Give disabled chance - Katema
◆2013/12/20 AllAfrica.com Zambia: Samuel Mofya Shows That Disability Does Not Mean Inability
◆2013/12/21 AllAfrica.com Zambia: PF Support for Disabled Welcome
◆2014/02/20 cnn.co.jp ザンビアの小学校でタブレット端末導入、教育の質向上へ
◆2014/03/13 アフリカビジネスニュース 【ザンビア】国際農業資材(AGRITECH) EXPO 2014
◆2014/03/27 nikkei.com [FT]ザンビア、アフリカ債券の試金石に
◆2014/03/28 InfoComニューズレター タブレットが変えるザンビアの教育:「ZEduPad」
◆2014/04/17 nikkei.com 中国企業、アフリカ開発で米欧と協力 リスク分散へ軌道修正
◆2014/04/19 AllAfrica.com Zambia: Proving Disability Is Not Inability
◆2014/04/28 Times of Zambia DISABLED PEOPLE MUST EMPOWER THEMSELVES THROUGH COOPERATIVES
◆2014/04/30 Times of Zambia ‘INVOLVE DISABLED IN NEW HUMAN RIGHTS CONVENTION’
◆2014/05/16 nikkei.com 秋篠宮ご夫妻、ザンビアとタンザニア訪問
◆2014/06/06 nikkei.com 日本、7日にザンビア戦 W杯前最後の強化試合
◆2014/06/07 nikkei.com 長友・西川ら先発 日本代表、ザンビアと強化試合
◆2014/06/07 nikkei.com 日本、ザンビアに4−3で逆転勝ち サッカー強化試合
◆2014/06/07 nikkei.com 大久保「思い切り振り抜いた」 ザンビア戦
◆2014/06/07 nikkei.com 本田「課題が大きく残った」 ザンビア戦
◆2014/06/07 nikkei.com ザッケローニ監督「このチームはもっとできる」 ザンビア戦
◆2014/07/02 Zambia Daily Mail Holistic support vital for disabled people
◆2014/07/08 nikkei.com 秋篠宮ご夫妻、アフリカから帰国
◆2014/07/15 AllAfrica.com Zambia: Disabled Zambians Needing HIV Services Face Discrimination-
◆2014/07/15 Human Rights Watch Witness: Deaf, and Shut Out from HIV Information
◆2014/07/16 時事ドットコム 「大統領はイモ」発言は無罪=言論の自由認める−ザンビア
◆2014/08/01 nikkei.com 米フェイスブックがザンビアで無料ネット接続サービス
◆2014/08/01 nikkei.com 米フェイスブック、ザンビアで無料ネット接続サービス
◆2014/08/06 Zambia Daily Mail Addressing disabled could reduce poverty
◆2014/08/10 cnn.co.jp ギニア、エボラ熱対策で国境封鎖 ザンビアは入国禁止措置
◆2014/08/11 asahi.com エボラ熱、封じ込めに必死 往来規制で物流が滞る国も
◆2014/08/14 Zambian Watchdog MMD is like a dead dog with ticks, says Nixon Chilangwa
◆2014/08/18 AllAfrica.com Zambia: Plight of the Deaf
◆2014/08/19 Times LIVE Deaf pupils to be taught in sign language
◆2014/09/04 AllAfrica.com Africa: World Water Week - Focus on Disability: Inclusive Latrines Aren't All About Tech
◆2014/10/27 nikkei.com エボラ阻止へ周辺国支援 政府、空港検疫や検査体制充実
◆2014/10/29 yomiuri.co.jp ザンビアのサタ大統領が死去
◆2014/10/29 nikkei.com ザンビア大統領が死去 療養先のロンドンで
◆2014/10/29 毎日新聞 ザンビア:マイケル・サタ大統領 療養中のロンドンで死去
◆2014/10/30 cnn.co.jp ザンビア大統領死去、白人のスコット氏が暫定大統領に
◆2014/10/30 asahi.com ザンビアのサタ大統領が病死 副大統領が暫定元首に
◆2014/10/31 アジア経済研究所 次世代ワークショップ「アフリカにおける開発と障害」
◆2014/11/01 AllAfrica.com Zambia: I Dedicate My Professor Award to Disabled Women

○アフリカのアグロ燃料 ケーススタディ:ザンビア

【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 ―市民社会/共同体の二元論をこえて―/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障―タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析―/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法―アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体―タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって―/杉村和彦

南部アフリカ社会の百年
小倉充夫著 東京大学出版会 4200円(税込み) A5判 252p 2009年2月 [amazon]


現代アフリカ農村―変化を読む地域研究の試み
島田周平著 古今書院 ¥3,675 B6判 182p 2007年9月 [amazon]

ザンビアでの15年間の農村調査で何を得たのかをエッセイ風に記述。「第9章 村の政治と人権」「第10章 「過剰な死」の影響」は、ザンビアのできて40年余りの開拓農村がグローバリゼーションと直接向かい合っていることを感じさせる。


アフリカ可能性を生きる農民―環境-国家-村の比較生態研究
島田周平著 京都大学学術出版会 ¥3,780 四六判 270p 2007年2月 [amazon]

ナイジェリア、ザンビアでの農村調査を比較・検討しながら、アフリカの農村の多様性と共通性について考察する。



 
 
>TOP

ザンビア、サッカーW杯南アフリカ大会に電力供給

2010-01-12 16:00:34 cri

ザンビア国家電力会社のスポークスマンは11日、「南アフリカでのサッカー・ワールドカップ(W杯)開催期間中、電力の安定的な供給を確保するためには、主催国・南アフリカに電力輸出を行う」と明らかにしました。

2010年ワールドカップは6月に南アフリカで開催される予定です。アフリカ開催は初めてです。(翻訳:huangjing)



 
 
>TOP

建機、アフリカ開拓 日立建機、ザンビアで部品改修

2010/3/17 0:24

日立建機はアフリカのザンビアに建設機械の部品改修工場を新設する。鉱山の開発現場で数年稼働した油圧ショベルなど超大型建機を分解し、モーターなど劣化した部品を補修。塗装も施して新品同様に再生して交換したり、再販売したりする。日本の建機メーカーがアフリカに部品改修拠点を設けるのは初めて。同社はアフリカで鉱山機械の保守サービス拠点を拡充しており、市場開拓を加速させる。

首都ルサカ郊外に20億円を投じ延べ床面積2万平方メートルの工場をつくる。4月に着工し、1年後の完成を目指す。来春から約30人で事業を始める計画だ。

主に鉱山開発現場で2〜5年稼働すると超大型ショベルやダンプトラックの油圧機器やモーター、エンジン部品は劣化が激しくなり、機能が落ちる。このため機械から取り出し工場に搬入、分解した後、機械加工や溶接、塗装を施し新品同様に再生する。

再生した部品は新品に比べ3割程度安い。交換するだけでなく、ザンビアのほかコンゴやモザンビークなど近隣で稼働する建機向けに再販売する。

新工場の再生処理能力は2011年度で大型建機250台で15年度には700台分に引き上げる。日立建機はアジアや欧州の5カ所に部品改修拠点を持っているが、アフリカは日本メーカーとしても初めてとなる。

鉱山用建機は世界的な資源採掘・インフラ需要を背景に08年までに大量供給されてきたが、部品交換ラッシュを迎えている。再生部品は営業利益率も高いことから収益拡大が見込めると判断した。

日立建機の売上高に占める部品・サービス事業の比率は現在15%程度。コマツのほぼ半分と見劣りする。このため部品を低コストで交換できたり、保守点検を受けられるアフターサービスの強化が急務となっていた。

日立建機の超大型ショベル(100トン超)の世界シェアは32%と首位。ダンプトラック(140トン超)は12年度までに20%と09年度比11ポイント伸ばす計画で拡販に向けた体制作りを急ぐ。

鉱山開発用ショベルの09年度の需要は前年度比18%落ち込む見通しだが、「資源採掘は再び活発になっており、10年度はプラスに転じる見通し」(木川理二郎社長)。日本メーカーのアフリカ向けの出荷額は、1月に4.7%増と15カ月ぶりに前年同月を上回った。



 
 
>TOP

中国有色金属、ザンビアの銅鉱山に6億ドルの追加投資へ=報道

* 2010年 4月 14日 17:38 JST

中国有色金属(8306.HK)は、胡錦涛国家主席からザンビアへの投資を増やすよう指示を受けたため、同国の産銅セクターに6億ドルの追加投資を行う予定だと、国営の現地紙ザンビア・デーリー・メールが13日に伝えた。

中国有色金属の羅涛・総経理の話によると、同社はルアンシュヤとムルヤンシ...(有料会員向け記事です。)



 
 
>TOP

途上国の妊産婦 支援キャンペーン

「ホワイトリボン」普及図る

途上国などの妊産婦や新生児を取り巻く医療、衛生環境の改善を目的とした国際的なキャンペーン「ホワイトリボン運動」普及のための慈善イベントが始まった。

この運動は1999年に米国で始まり、現在、日本を含む約150の国と地域から非政府組織(NGO)などが参加。不十分な医療体制や、医師不足などで命の危険にさらされている妊産婦らを支援している。乳がん撲滅運動のシンボルとしてピンクリボンが知られているように、ホワイトリボンで妊娠や出産によって亡くなった女性への哀悼の気持ちを表現している。

運動を広く知ってもらおうと、14日には東京・神宮前の原宿クエストホールで「モード・フォー・チャリティー2010」と題したイベントを開催。「ドレス33」など国内8ブランドが協力して有料のファッションショーを行い、イベントの親善大使を務めるファッションモデルの冨永愛さんらが35点を披露した。

また、関連イベントとして冨永さんらが提供した私物など約50点が、ヤフーのチャリティーオークションサイトに5月4日まで出品される。9日の母の日には、イベントを締めくくるパーティーも東京都内で開かれる。ショーの入場料などの収益金は、妊産婦死亡率がアフリカでも特に高いザンビアの活動支援に使われる。詳細は公式サイト(http://www.modeforcharity.jp/)で。

イベント事務局のあるNGO・家族計画国際協力財団(ジョイセフ)の石井澄江事務局長は「地球上で1分に1人の女性が妊娠、出産で亡くなっており、命をつなぐ行為が、逆に命を奪っていることを知ってもらいたい」と協力を呼びかけていた。1児の母でもある冨永さんも「日本のように、子どもの出産時に死を意識しなくてすむ世界にするきっかけにしたい」と話していた。

(2010年4月21日 読売新聞)



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート 2010年5月7日: IMX (ASX:IXR) が Sichuan Taifeng から発行に対する資金を受領

ABNNews 2010年05月07日 13:30

昨夜のウォール街での急落を受けて、オーストラリアの株式は取引開始時にパニック売りとなった。 S&P/ASX200 基準指数は取引前半において約2.9%下落した。大幅下落に伴い同市場では週間で7.5%超下落し、18ヶ月以上の期間において最悪の成績となった。

木曜日のダウ指数は約1,000ポイント下落し、同指数史上最大の1日当たりでの下落となった。この大規模な売りは Procter & Gamble 株の大幅下落の後に起こった。取引において Citigroup のトレーダーが1,600万株ではなく誤って160億株を売却したと報じられた。証券取引委員会と商品先物取引委員会は、異常な取引活動を調査すべく取引所やその他規制当局と動いている。

経済ニュースとしては、オーストラリア準備銀行が金融政策に対する最新の四半期声明を、オーストラリア産業グループと住宅産業協会は4月の建設業績指数を発表する。

企業ニュース

IMX Resources Ltd (ASX:IXR) は同社株の初回発行に対し中国の民間投資家 Sichuan Taifeng から1,460万豪ドルを受領、同投資家の持分が13%となると語った。 IMX はこの資金を南オーストラリア州の Cairn Hill 第1段階プロジェクト開発の継続に利用する予定である。出荷は第3四半期中旬から下旬に開始されるものと見られる。受領された資金は、 Taifeng への1株あたり48.4セントでの IMX 株3,008万株初回発行に対するものである。これは株主からの更なる承認無しで IMX が発行できる最多株数に相当する。

Equinox Minerals Limited (ASX:EQN) (TSE:EQN) は2010年第1四半期において3,250万米ドルの税処理後利益を報告し、前年同期の6,060万米ドルの損失から上昇した。同社は第1四半期において8,210万米ドルの営業利益を生み出した。これはザンビアの同社 Lumwana 銅鉱山が雨季に関わらず力強い生産結果を創出したことによる。2010年上半期を通して Lumwana 鉱山が鉱山と加工工場双方での稼動増加を続けるものとEquinox は見込んでいる。

Eldorado Gold Corporation (ASX:EAU) (TSE:ELD) (NYSE:EGO) は2010年3月31日までの第1四半期の純収入5,280万米ドルを報告した。四半期純収入は2009年同四半期の1,310万米ドルから304%増加した。この増加は Eldorado の Kisladag 鉱山からの売上高大幅増や中国の新鉱山2ヶ所が寄与した結果である。同四半期での力強い業績とともに、同社は2010年の金生産見通しを57万5,000 から62万5,000オンスの範囲へと上方修正し、費用見通しを1オンス当たりの現金操業コスト375から395米ドルの範囲へと若干引き下げた。

【提供:ABNnewswire.net】



 
 
>TOP

中国銀行、ザンビアで人民元建てプリペイドカード発行

2010年06月16日

 中国銀行のザンビア支店は14日、同国の首都ルサカで人民元建てプリペイドカードを発行した。アフリカでの同カードの発行は初めて。中国とアフリカ間のビジネス交流を促しそうだ。

同支店は4月に、同国...(この記事は有料購読記事です)

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/economic_exchange/255076/



 
 
>TOP

村で初めてのテレビでW杯観戦 数百人が声援 ザンビア

* 2010年06月27日 16:35 発信地:ナムスケケンデ/ザンビア

【6 月27日 AFP】アフリカの国ザンビア西部の村で26日、この村初めてのテレビが野外に設置され、数百人が南アフリカで行われているサッカーW杯のガーナ対米国戦を楽しんだ。

れんが造りの家が並ぶ西部州モング(Mongu)県のナムスケケンデ(Namuskekende)村には電気が通っていない。テレビを見たことがある人、ましてやスポーツの国際大会を見たことがある人もほとんどいない。ほかの多くのアフリカの地域と同様、外の世界と村人をつないでいるのはラジオだけで、それも電池があるときに限られていた。

■村で初めてのテレビに数百人

この村に国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)が、発電機で電力を供給し、衛星から受信した画像を映す3メートル大のスクリーンを設置した。

日が沈む地平線を背に、試合前のコマーシャルが映ったスクリーンはちらちらと光っていた。「テレビがやって来たのは嬉しい。たくさんの田舎の村がワールドカップを見ることができるね」と17歳のガンブジア・ムタレ(Gambudzia Mutale)君は流ちょうな英語で語る。「多くの人にはこんなイベントを見るチャンスなんてなかったんだ」

村にはガーナ国旗が1枚だけひるがえっていた。ひとりの村人が、今大会ですっかりおなじみになったブブゼラを吹き鳴らし始めた。辺境の地にあるこの村でこうした応援グッズは贅沢品だ。

集まった村人たちは、アフリカで唯一グループリーグを勝ち抜けたガーナを一致団結して応援した。17歳のミルドレッド・テブショ(Mildred Thebusho)さんは「わたしはアフリカ人だから、アフリカの国でひとつだけ残っているガーナを応援するわ」と語った。

■「アフリカ人がアメリカをやっつけた」

ガーナが得点したときには2点とも村に大歓声があがった。泣き叫ぶほどの人もいた。「アフリカ人がアメリカをやっつけた」

テレビの設置は、エイズや教育といったコミュニティに影響を与えることがらについて報道してもらう若者ジャーナリスト養成キャンペーンの一環だ。彼らによるニュースはインターネットで世界に発信される。

「子どものラジオ基金(Children's Radio Foundation)」のジョージ・ギツマ(George Githuma)さんは「へき地の若者に手を伸ばしたいと思ったら、一番のへき地に行くべきだ。モング県だったらモング市じゃだめで、もっと奥だ。ここみたいにテレビを見ることができないところだ」と語る。

この基金がユニセフとの協力によって、モング県でこれまで訓練した17人の若者が伝える内容は、おおむね教育や文化、エイズといった自分たちのコミュニティで問題となっていることがらだ。しかし今日は少々、おもむきが違う。

日も暮れて涼しくなった野外で、柔らかい光を放つテレビを前に村人たちはピッチ上のガーナの選手たちに声援を送る。12歳のアレックス・マシンダ(Alex Masinda)君ははしゃいでいた。「すごいです。ものすごく楽しいです」(c)AFP/Obert Simwanza



 
 
>TOP

中部電力、ザンビアの地方電化プロジェクトを獲得

2010年07月23日

中部電力は23日、国際協力機構(JICA)からアフリカ南部の国、ザンビアの「地方電化能力開発プロジェクト」業務を受託したと発表した。受託金額は約2億5000万円。今年7月から2013年3月の予定で、ザンビア政府職員に対して、事業実施に係る能力向上を支援するとともに、同社社員を現地に派遣し、技術移転を進める。

ザンビアは、社会基盤の構築と貧困削減を目的に電力供給の強化を図っている。2030年までに地方の電化率を現在の3.1%から51%に、都市の電化率を現在の47%から90%に引き上げることを目指している。中部電力は地方の電化計画の策定のほか、小規模水力発電の開発設計や太陽光発電システムの普及計画などの策定を行う。



 
 
>TOP

2010年8月3日

JT、アフリカ・ザンビアで植林・森林保全活動を開始

JTは、アフリカのザンビアで植林・森林保全活動を始める。NGO(非政府組織)や地域のコミュニティと協働で、8月から2014年7月までの4年間、 4000haを対象に800万本を植林。天然林の保全やかんがい用の簡易ポンプの提供、井戸の改善なども行う。ザンビアは葉タバコが主要産業。JTの海外での植林・森林保全活動はマラウイ、タンザニアのアフリカ2カ国とフィリピンに続き4カ国目。

新たに植林・森林保全活動を始めるのは、マラウイとの国境にあるザンビア東部州。ザンビアは葉タバコ生産が主要産業の1つで、葉タバコの乾燥施設などに木材資源が使用されている。一方、同国では家庭用燃料としても木材を使うため、森林伐採が社会問題化している。このためJTは、持続可能な葉タバコ生産のため、同国での森林再生を実施することにした。

JTは、たばこ、医薬、食品事業を通じて、葉タバコ、紙、野菜、茶葉など植物を中心とした原材料を使用。事業を支える自然に対する社会的責任の観点から、植林・森林保全活動を行っている。 国内では2005年から始め、和歌山、山梨、高知、鳥取、岐阜、熊本、山形、鹿児島の各県で、「JTの森」として実施している。

海外では、マラウイとタンザニアで2007年から4年間で各4000ha、800万本の植林を計画。すでに両国で計6100ha、1200万本の植林を行い、簡易ポンプの提供や井戸の改善なども行った。2010年4月からは、フィリピンでも3年間で1500ha、250万本の植林を予定している。JTは「社会貢献活動の基本方針」を定め、事業活動を行うすべての国や地域で、企業活動と環境の調和を進めている。(日経BP環境経営フォーラム)



 
 
>TOP

2010年08月20日

商船三井/国際NGOに輸送協力

商船三井は8月19日、国際協力NGOジョイセフの「ザンビアの子どもたちに靴を贈る」プロジェクトに賛同し、輸送協力を行うことを決めたと発表した。

プロジェクトは、そごう・西武が下取りサービスを通じて集めた中古靴をジョイセフに寄贈、ジョイセフが支援活動を行っているザンビアで子どもたちに贈っているもの。寄生虫病や破傷風の予防などの健康教育に役立つ取り組みとして現地で評価を得ている。

商船三井は、日本からの輸送に使用するコンテナを無償提供するとともに、ザンビア向けの玄関港にあたる南アフリカ・ダーバン向けの海上輸送で協力する。

8月17日、子ども靴に加え、ワールドカップにちなんでそごう・西武の店頭で集められたサッカーボール等を満載したコンテナが、東京港でコンテナ船「MOL EMPIRE」に積み込まれた。

商船三井は、社会貢献活動の理念の一つとして「国連ミレニアム開発目標への貢献」を掲げている。国連ミレニアム開発目標では、貧困と飢餓の撲滅、疾病の蔓延防止、乳幼児死亡率の削減などの数値目標を2015年までに達成することを目指している。



 
 
>TOP

著名投資家ソロス氏、1億ドルを国際人権団体に寄付

2010.09.08 Wed posted at: 17:42 JST

ニューヨーク(CNNMoney) 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は7日、米著名投資家で大富豪としても知られるジョージ・ソロス氏から計1億ドルの寄付の申し出を受けたと発表した。

同団体の声明によると、寄付は今後10年間で行われるもので、ソロス氏はヒューマン・ライツ・ウオッチについて「私が支援する団体で、最も効果的な成果を挙げている1つ」と寄付の理由を述べ、「人権は開かれた社会の根底にあるもの」との見解を示したという。ソロス氏は自由主義の信奉者としても有名。

同団体は政府から補助金など受けておらず、民間からの寄付に活動資金を頼っている。ソロス氏の寄付で、年間予算は今後5年内に4800万ドルから8000万ドルに増える見通し。

世界の人権状況の監視活動などに当たっているヒューマン・ライツ・ウオッチのスタッフ総数は約300人で、年間約100本の報告書や報道向け声明などを発表し、約90カ国での人権侵害などを批判している。最近ではアフリカ南部ザンビアでの警察の横暴行為やインドの病院によるレイプ被害者への不適切な対応などを告発していた。

同団体はソロス氏の寄付金をスタッフ増員などに充て、政府や報道機関との連携や協力関係などを深め、調査活動を強化したいとしている。



 
 
>TOP

ザンビアの「ミリオンダラー・ベイビー」、女子ボクシングの世界王者

2010.09.11 Sat posted at: 10:19 JST

ザンビア・ルサカ(CNN) エスタ・フィリさん(23)はザンビアの首都ルサカの貧しい町に生まれ、野菜を売る祖母の手伝いをしながら育った。しかし、ボクシングの世界王者となったフィリさんは、今やザンビアでは有名人だ。現在、フィリさんはレビ・ムワナワサ元大統領から授与された家に住み、賞金で購入した不動産を所有している。

まるでハリウッド映画「ミリオンダラー・ベイビー」を思わせるサクセスストーリーだが、その舞台は平均寿命38歳という貧しい国だ。

フィリさんは7年前にボクシングを始め、現在も当初と同じジムに通う。フィリさんは学校を中退後、16歳でシングルマザーになった。トレーナーのアンソニー・ムワンバさんがフィリさんと初めて出会った時、彼女はわずか一間の家を借り、むき出しの床の上で娘といっしょに寝ていたという。当時、ムワンバさん自身も食べ物もお金もない状態だったが、ムワンバさんはフィリさんの指導を続けた。

ザンビアでは女子ボクシング自体めずらしく、二人の関係に疑いの目を向ける人も少なくなかった。しかし、ムワンバさんとフィリさんは周囲の目を気にすることなく練習を続けた。そして2006年に女子国際ボクシング連盟の女子インターコンチネンタルジュニアライト級王座を獲得し、見事その疑念を晴らした。

フィリさんは、富と名誉を手に入れた今も生まれ育った町に住み、市場で野菜を売っていた頃に知り合った人々との交流を続けている。

現在、フィリさんは女子国際ボクシング協会のライトウェルター級王座であり、次戦は1月に予定されている。

ビデオ



 
 
>TOP

中国人、ザンビア炭鉱で銃乱射…地元作業員に

【ヨハネスブルク支局】南部アフリカ、ザンビアからの報道によると、同国の司法当局は18日、南部シナゾングウェの炭鉱で地元作業員に銃を乱射したとして、管理職の中国人2人を殺人未遂の罪で起訴した。

事件は15日に発生。AFP通信によると、中国企業が運営する炭鉱で、地元の作業員が賃金や待遇の改善を求めた抗議活動に対し、中国人2人が銃を乱射、12人に重軽傷を負わせた。中国外務省の報道官は19日、中国人2人は「過ってけがをさせた」と述べていた。

中国は、急速な経済発展を支える鉱物資源を求め、アフリカ各国へ積極進出している。AP通信によると、中国は、銅や石炭が採れるザンビアにはこれまで約30億ドル(2440億円)を投資した。その一方、中国資本は摩擦や衝突も招いており、ザンビアでは一昨年も、中国系の銅製錬所で労働者が賃金改善を求めて暴動を起こしている。

(2010年10月20日11時10分 読売新聞)



 
 
>TOP

チンパンジーも「右利き」が主流、スペイン研究

* 2010年10月29日 12:00 発信地:マドリード/スペイン

【10月29日 AFP】「右利き」が多いのは人類だけではなく、チンパンジーにもその傾向があるとする論文が、霊長類学の専門誌「American Journal of Primatology」にこのほど掲載された。

スペインのカタルーニャ古生物学研究所(Catalan Institute of Human Palaeoecology and Social Evolution)などの研究チームは、スペインとザンビアの霊長類保護センターで、チンパンジー114頭に実験を行った。

中に食べ物を詰めたチューブを与え、指や道具を使って食べ物をほじくり出す時に、チンパンジーたちがどちらの手を使うかを観察した結果、右手を使う傾向が強いことがわかった。

研究者らによると、右利きが多い傾向はこれまで人類特有だと考えられてきた。人類の脳の非対称性に起因するものであり、この非対称性が、両手の活用と協調を必要とする込み入った作業の実行に関連していると考えられてきた。

実験ではまた、人類と同じく、オスよりもメスの方で右利きの傾向が高いことも明らかになった。

研究チームは結果について、「脳機能を調整する遺伝子とホルモンの生物学的要因を、チンパンジーも共有しているのではないか」とみている。(c)AFP



 
 
>TOP

ユトレヒトのムレンガ、今季絶望

掲載: 2010年11月3日(水), 14.42CET

損傷したひざの軟骨の修復手術を受けたFCユトレヒトのFWヤコブ・ムレンガが、十字じん帯を断裂していることが判明し、今季中の復帰は絶望的となった。

ひざの軟骨を損傷したFCユトレヒトのFWヤコブ・ムレンガが、その修復手術中に十字じん帯を断裂していることが判明。今季中の復帰は絶望的となった。

ザンビア出身の26歳は31日、ADOデン・ハーグに0-1と敗れたエールディビジの試合中に不自然な体勢で着地。MRI検査の結果、右ひざの軟骨の損傷が明らかとなり、3日に手術を受けたが、その際に十字じん帯を断裂していることが分かった。

チームドクターのフランク・ファン・ヘレモンド氏は、「ヤコブはひざを動かすことができなかった。だから、軟骨の一部を除去した」と説明した。「3、4週間休養させたあと、今度はひざのじん帯の修復手術を行う。重傷だけに、回復には6カ月から9カ月かかる」。UEFAヨーロッパリーグ・グループ Kのユトレヒトは第3節終了時点で勝ち点3を獲得し、3位につけている。



 
 
>TOP

ザンビア炭鉱で地元作業員に発砲の中国人 釈放

2010.11.05 Fri posted at: 16:20 JST

(CNN) アフリカ南部ザンビアの炭鉱で中国人幹部2人がザンビア人作業員らに発砲し、少なくとも11人を負傷させた事件で、ザンビアの裁判所は2日、殺人未遂罪などに問われていた中国人2人の保釈を認めた。

事件は先月、ザンビア南部の炭鉱で起きた。中国人幹部らが、作業員らが集会していたところに向けて散弾銃を発砲したとされる。ザンビア政府当局者によると、作業員らは劣悪な労働条件に抗議したが、武器は持っていなかったという。

ザンビアでは、炭鉱の中国人幹部と地元作業員の間で同様の事件がこれまでにもたびたび起きている。ザンビア国営メディアによると、09年には今回の事件と同じ鉱山の作業員が「奴隷並の給与」を不満とし、中国人幹部に「ミサイルを投げた」事件もあった。

こうした事件を受け、ザンビア国内では中国人などの外国人雇用者が法を無視しているとの不満が高まっており、当局は反中国感情の鎮静に努めている。同様の批判は同国を訪れた海外の専門家などの間でも聞かれる。

中国は対ザンビア投資の最大国。鉱業を中心に同国経済に多大な影響を及ぼしている。ザンビア開発庁によると、08年に海外から投資された資金の55%以上は中国からのものだった。鉱業では中国からの投資が73%近くを占める。政府関係者らは、こうした投資が雇用を創出し、地元経済を潤していると述べている。

一方、中国の新華社通信によると、中国外務省は鉱山会社が受け入れ国と問題解決に当たることを望むとしている。外務省の馬朝旭報道局長は、中国政府は常に自国企業に対し、受け入れ国の法律を順守するよう要請しているとし、中国は地元労働者の権利の保護を重視していると述べている。



 
 
>TOP

いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/上 妊娠、死と隣り合わせ

◇遠い病院、自宅出産9回/女性の平均寿命42歳

アフリカ南部のザンビア共和国で生きる女性の平均寿命は、42歳と日本の女性のほぼ半分。毎年のように妊娠と出産を繰り返し、自宅で産むため体への負担が大きい。命を懸けて出産する女性たちの姿を通して、日本人として何ができるのかを考える。【水戸健一】

医師のいない村で9回の自宅出産をして、また身ごもった女性がいるという。ヌドラ市から車で2時間半の、ムポングウェ郡。地区を管轄する助産師、ユニス・ルプルウェさん(45)と10月、女性の家まで足を運んだ。

目的はクリニックでの出産を促すことだった。しかし、私たちを出迎えたマビス・チェンダさん(40)の腹は小さかった。既に7月、死産したという。4畳ほどの広さの家は土造りでほこりっぽい。水道もベッドもなく、土の上に敷いた麻布で休むのだという。

「一人で眠っていたら、全身に激痛が走って目が覚めた。周りが血だらけになっていた」とチェンダさん。「自宅出産の危険は知ってますよね」。ルプルウェさんの厳しい口調にうなずいた。「知ってはいるけれど、クリニックは(20キロも離れていて)遠くてとても通えない。金もない」

チェンダさんは1年前、専門的な知識もなく、一緒に暮らす六女(17)の自宅出産を介助していたことも明かした。へその緒は綿のひもで縛り、カミソリで切ったという。

新たな命を授かる妊娠という営みを、どうとらえているのだろう。チェンダさんは小さな声で答えた。「妊娠する度、死ぬかもしれないと恐ろしくなる。でも避妊薬も副作用がありそうで怖い。出産は女性の仕事だから、仕方がない」。日本で同じように思う女性がどれほどいるだろう。

  ×  ×

NGO「国際家族計画連盟(IPPF)ザンビア」によると、農村部の施設出産率は07年で約28%。ほとんどの女性が自宅で産む。出生10万人に対し死亡した妊産婦は830人で世界平均の400人や日本の6人を大きく上回る。また、出生1000人に対して87人の乳児が命を落としている。

ザンビア政府は、専門教育を受けていない家族や近所の人の介助による自宅出産をやめ、クリニックで産むことを勧めている。しかしルプルウェさんは「そもそも妊産婦の徒歩圏内にクリニックがない」と指摘する。助産師の増員も進んでいない。「1日に3件出産があると、夜も眠れない。数が圧倒的に足りないんです」

妊産婦の高い死亡率は、発展途上国に共通の問題だ。IPPFによると、世界で年約54万人が妊娠、出産にかかわる理由で死亡し99%が発展途上国。母子保健の向上は国連が15年までの達成を目指すミレニアム開発目標(MDGs)の一つに挙がっているが、「貧困削減」「安全な水の普及」などに比べ対応が遅れている。

日本は母親の強力なサポーターだ。米国で9月にあったMDGsサミットで、日本政府は国際保健分野に今後5年間で50億ドルを出すと発表。菅直人首相はエイズ・結核・マラリアの3大感染症などへの対応を強化して、「68万人の母親と1130万人の子どもの命を救う」と表明した。

ザンビアで母子保健の改善に取り組むNGO「ジョイセフ」(明石康会長)の矢口真琴さんは「明確な数値目標を評価する。妊産婦が命を落とす理由の一つは異常の発見が遅れること。医療へアクセスしやすくするために地域の保健教育を強化すべきだ」と話した。

==============

◇妊産婦向けの募金、受け付け

ジョイセフは発展途上国の妊産婦に向けた募金を受け付けている。また家庭で不用になったランドセル、ノートや鉛筆など未使用の学用品も集めている。問い合わせは(電話03・3268・5877)へ。

毎日新聞 2010年11月16日 東京朝刊



 
 
>TOP

いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/中 安全な出産、認識芽生え

◇ボランティアが知識普及 多産の弊害にも触れ

赤ちゃんの乗った体重計の針が2400グラムを指すと、硬かった母親の表情がわずかに緩んだ。10月21日午前2時過ぎ、ザンビア・マサイティ郡のフィワレクリニックで男の子が生まれた。母親のナンシー・ムリンダさん(16)は初産。分娩(ぶんべん)台に横たわったまま、我が子の体重を確認して、「初めてだから不安だった。無事に生まれてよかった」とつぶやいた。 出産を終え、ホッとした表情で分娩台に横たわるナンシー・ムリンダさん(左)と母親=ザンビア・マサイティ郡のクリニックで 出産を終え、ホッとした表情で分娩台に横たわるナンシー・ムリンダさん(左)と母親=ザンビア・マサイティ郡のクリニックで

実家からクリニックまで歩いて2時間の道のりを、母親(48)に付き添われて来た。未舗装のでこぼこ道は臨月の身にとって決して楽な道のりではなかった。ムリンダさんは言う。「遠くて疲れたけれど、ボランティアに自宅出産のリスクを教えられたから、絶対にクリニックで産みたいと思った」

前日に同じクリニックで3人目を産んだミリアム・ムテンタさん(27)は「子どもはこれで終わりにするつもり」と語った。1人の女性が一生に産む子の平均人数を表す合計特殊出生率は5・64人。3人にとどめる訳を尋ねると、「ボランティアが家族計画について教えてくれた。夫の収入を考えると、3人が適当。妊娠しなくなる手術を受ける」ときっぱりと答えた。

  ×  ×

農村部の施設出産率が約28%と低いザンビアだが、一部地域で自宅出産や多産の危険性についての認識が根付き始めた。日本のNGO「ジョイセフ」が育てた保健ボランティアの働きによるものだ。安全な妊娠、出産についての知識を普及させる任務で、84年に育成を始めた。農業などの本業の合間に助産師と無医村で巡回クリニックを開いている。

「10代で出産すると学校へ行けなくなる」「たくさん産めば、上の子が下の子のために働き、勉強できなくなります」--。多産の弊害も丁寧に説く。ボランティアのアビー・ニエンドワさん(35)は「今も避妊薬を服用するとがんになるという勘違いをしている女性がいる。正しい知識を広めたい」と話す。

ボランティアの活動に日本の救援物資が役立っている。日本の百貨店が集めた衣料品だ。巡回クリニックに顔を出したエメリア・ムワペさん(28)は妊娠5カ月。「子供靴や服がもらえると聞いてやってきた」。ボランティアから自宅出産と多産のリスクを学び、「長男(12)は自宅で産んだけれど、今度はクリニックで産みたい」と話した。

車の普及していないザンビア農村部では、交通手段の確保も大切だ。ジョイセフは日本の地方自治体などと連携、放置自転車を修理して再利用している。ボランティアが妊産婦を後ろに乗せてクリニックに運んだり、家庭を訪れたりする際に活用する。1台で600〜800人の住民に基礎的な保健医療活動ができるという。

ジョイセフとボランティア育成に取り組むNGO「国際家族計画連盟(IPPF)ザンビア」のジョセフ・カバンバさん(41)は「日本の子供服や靴が、クリニックに妊婦を誘う呼び水になって、感謝している。物資と共に、女性が健康に長生きするための知識を伝えている。よい社会にするために最も必要なことは意識改革」と強調する。【水戸健一】

◇下取り衣料品送る

百貨店大手のそごう・西武は、不用になった衣料品を現金引換券と交換する下取りキャンペーンを09年から実施。のべ25万人から75万点を集め、23万点をザンビアに届けた。CSR推進室の鈴木英伸部長代理は「子供の衣料品は思い出がつまっていて捨てにくいが、『役に立つなら』と持ってきてくれる」と話す。

毎日新聞 2010年11月17日 東京朝刊



 
 
>TOP

いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/下 理解され始めたHIV

◇母子感染の予防訴え 差別意識も徐々に変化

小さな娘の肩に手を置き、母親が語り始めた。「私だけでなく、娘もHIVに感染している。娘は何も悪いことをしていない。罪のない子を命の危険にさらしてはならない」。ザンビア・マサイティ郡で暮らすグロリア・ムアンガニさん(32)と長女のルアンドさん(7)は感染を公にした上で、母子感染予防を訴える活動をしている。

国連人口基金の世界人口白書2010によると、ザンビアのHIV感染率(15〜49歳)は15・2%。アフリカ南部の妊産婦は5人に1人が感染しているとされ、子どもの3人に1人が母子感染する。NGO「国際家族計画連盟(IPPF)ザンビア」のアルバティーナ・ムロンゴさん(49)は「差別意識の強い社会で、感染を知られることを恐れて検査を受けないため、病気が広がる」と言う。

ムアンガニさんは、義理の父から元夫(37)の感染を知らされ、自分の感染に気づいた。病気がちだった娘の検査もしたところ、陽性と判明した。

母子感染のタイミングは妊娠時、出産時、授乳時の3回。母乳で育てていたが、何が原因だったかはわからない。ムアンガニさんは大きなショックを受けたが、「我が子に母子感染させてしまったときの悲しみを他の母親に味わわせたくない」と奮い立った。現在は、近所のクリニックで妊産婦に母子感染を防ぐ方法を伝えたり、訪れた住民に検査を促したりしている。

日本のNGO「ジョイセフ」は、ムアンガニさんのようにHIVに感染した発展途上国の女性にヤギのつがいを提供している。繁殖させて市場で売り生計を立てられるため、感染予防の啓発をする余裕が持てるのだ。

「活動を始めたころは親類にすら差別されたが、今は違う。娘もいじめを受けていない。誰もが感染の可能性があるが、予防法もあると認識され始めた」。ムアンガニさんは手応えを感じている。【水戸健一】

◇妊産婦向け寄付金

ジョイセフは発展途上国の妊産婦に向けた寄付金を受け付けている。また家庭で不用になったランドセル、ノートや鉛筆など未使用の学用品も集めている。問い合わせは電話03・3268・5877へ。

NGO・国際家族計画連盟事務局長に聞く

◇途上国の認識変える手助けを

10月末に来日した、発展途上国の母子保健の改善に取り組むNGO「国際家族計画連盟(IPPF)」(本部・英国)のジル・グリア事務局長(66)=ニュージーランド出身=に妊産婦が直面している問題や日本に期待することを聞いた。

    *  途上国の女性は若いうちに親に望まぬ結婚を強いられたり、男性に性交を強要されたりして妊娠するケースが多い。体が未成熟なときの妊娠は心身に負担をかけるばかりでなく、胎児に十分な栄養を行き渡らせることができなくなる。結果的に妊産婦と乳幼児の死亡率を押し上げている。

死亡率の高さは国の貧しさに直結する。女性が妊娠、出産を毎年のように繰り返せば、生産的な活動に従事できない。医療費もかさみ、国の負担を重くする。母親を亡くした子が教育や保健医療のサービスへのアクセスを失う恐れもある。

途上国の女性はなぜ、日本の女性と同じように健康でいられる権利がないのか。途上国で母子保健に関する政策の優先順位は必ずしも高くない。日本の方々は、声を上げることのできない人たちの代わりに行動し、途上国の認識を変える手助けをしてほしい。

日本は妊産婦と乳幼児の死亡率を急激に下げることに成功し、国際母子保健の分野で長くリーダーシップを発揮してきた。財政難の中、日本政府が50億ドルを拠出すると表明したことを評価したい。IPPFは今後、社会の脆弱(ぜいじゃく)層にフォーカスして、途上国の母子保健の改善に努めたい。

毎日新聞 2010年11月18日 東京朝刊



 
 
>TOP

ファイル:地デジ、日本方式採用されず

アフリカ南部などの15カ国で構成する南部アフリカ開発共同体(SADC)は24日、ザンビアの首都ルサカで通信担当相会合を開き、地上デジタル放送の規格で欧州方式と日本方式のどちらを採用するか協議、欧州方式を採用すべきだとの結論を出した。アフリカのほとんどの国がまだ規格を決めておらず、今回の決定はアフリカ全体の動向に影響を及ぼすとみられる。

一方でSADCは、加盟国が欧州方式以外を採用することも容認、日本の総務省は日本方式に関心を示している国へ個別交渉を進めるとしている。【共同】

毎日新聞 2010年11月26日 東京朝刊



 
 
>TOP

チテンゲに祈りを込めて ザンビアの出産

命懸けの出産

大きな満月が静まりかえった産科病棟の輪郭を柔らかく照らしていた。分娩(ぶんべん)室から蛍光灯の明かりが漏れている。アフリカ南部ザンビアの小さな村の診療所。午前2時5分、2400グラムの女の赤ちゃんが産声を上げた。

少年っぽい顔立ちをした17歳の妊婦はその瞬間、初産の緊張から解けたようにふんわりとした表情を見せ、母になった。カラフルなプリント生地「チテンゲ」にくるまれ、すやすやと眠る赤ちゃんを胸に、「娘には看護師になってほしい」と話す。

しかし、きちんとした診療所での出産は、ザンビアでは少数派だ。

ザンビアは1964年の独立以来、アンゴラやコンゴ民主共和国(ザイール)などの紛争国に囲まれながらも平和を維持してきた。近年は主要産業、銅の価格上昇で経済的にも成長するが、国民の約8割が1日2ドル(約170円)未満で暮らす貧困層。とりわけ農村部の暮らしは厳しく、女性は十分な医療ケアを受けられない状態で妊娠・出産を繰り返し、時に合併症で命を落とす。

世界では年間36万、1日に1000人もの妊産婦が死亡している。その99%が途上国、60%近くがサハラ砂漠以南のアフリカで。新たな命を産み出すはずの女性が、なぜ自らの命を落とさなくてはならないのか。命懸けで出産に臨むザンビアの女性たちとの出会いを通じて考えた。(時事通信社ワシントン特派員 淡路愛)

「死の恐怖は常に」

銅鉱山の街ザンビア中部ヌドラ。そこから南西約100キロの農村ムポングウェ郡ルワマブエを訪れた。ランドクルーザーで幹線道路から林道に入り、1時間ほど走ると、林の中に草葺(ぶ)き屋根の民家が点在する小さな集落が現れる。

マジョリー・ムワンザさん(18)は、1歳半になる長女と両親、幼い兄弟たちと暮らす。一家は主食のメイズ(トウモロコシ)を作り、炭の袋詰めを時には手伝い生計を立てるが、現金収入は年間20万クワチャ(約3500円)程度。今年はメイズの収穫が思わしくなく、夫は出稼ぎ中だ。

15歳の時、学校のそばをよく通りかかる6歳年上の男性に声を掛けられた。ほどなく妊娠して結婚。学校は6年生でやめた。1日2回水をくみに行き、洗濯や掃き掃除をし、2度の食事を作る。メイズの粉を煮詰め、もちのように練り上げたンシマと菜っ葉の煮込みが定番の献立。日が暮れれば、小さな瓶に灯油を入れた簡易ランプに火をともす。

長女はムワンザさんの母親が取り上げた。四畳半ほどの小屋の土間に穀物袋を敷き、真新しいチテンゲを広げた上でのお産。小さな雑貨屋から200クワチャ(約4円)で買ったカミソリを使って、生まれてきた赤ん坊のへその緒を切った。そして今また、妊娠8カ月。「何が起こるか分からないから、今回は診療所で産みたい」とか細い声でつぶやいた。

その母マビス・チェンダさん(40)は娘より一足先に出産しているはずだった。17歳で第一子を出産してから10人目の子供。だが、7カ月に差し掛かっていた7月のある夜、背中と足の激しい痛みで目が覚めた。夫はその晩不在で、助けを呼ぶこともままならない。見る間にお腹から出てきた胎児は既に死んでいた。

亡きがらは近くの墓地に埋めたが、死産は保健所に報告していない。「お産の時はいつも、死の恐怖を感じる。でも、どの女性も抱える危険だから仕方ない」とチェンダさんは表情を曇らせる。2007年にできた最寄りのカルウェオ診療所ですら約20キロ先。唯一の交通手段が自転車か牛車という村人にとっては遠い存在だ。

ムワンザさんは、出産予定日が近づいたら診療所近くの親類の家に身を寄せ、待機すると語っていた。しかし、取材に立ち会ったカルウェオ診療所の助産師ユニス・ルプルウェさん(45)は、「あの娘、きっと自宅で産むわよ」と事も無げに言った。取材を終えて帰国後、ルプルウェさんの予想が当たっていたことを聞かされた。

10人に7人は自宅分娩

途上国の貧困削減などの目標を定めた国連ミレニアム開発目標(MDGs)は、2015年までに妊産婦死亡率を1990年比で4分の3削減するよう求めている。しかし、世界保健機関(WHO)などが今年9月に発表した報告書によると、ザンビアの妊産婦死亡率は出生10万件あたり470人で、日本(6人)の約80倍。90年の390人から逆に19%増加した。保健当局に報告されない事例も多く、実際の死亡率はさらに高いと見られている。

妊産婦死亡率の改善が難しいのは、妊産婦と医療ケアの間に埋めがたい「距離」があるためだ。そこには、交通手段の欠如や医療従事者の不足に加え、女性の地位の低さや地域の風習など社会・経済・文化的な要因が横たわる。ザンビアの農村部では、妊産婦の72%が医師や助産師の介助を受けずに自宅などで出産。このため、母体に異変が起きても治療を受けられず、多くの妊産婦が感染症や出血多量で命を落としている。

診療所に行けない過疎地の女性の多くは、医療資格を持たない村の「産婆さん」(伝統的助産師)に頼ってきた。しかし、近年は多くのアフリカ諸国がWHOの指導に基づき、医療施設での出産を奨励するため、伝統的助産師による出産介助を禁じている。これに伴い、かつて伝統的助産師を対象に行われていた安全で衛生的な出産介助のための訓練もストップしてしまった。

しかし、「出産間際に呼ばれたら、介助せざるを得ない」とある伝統的助産師は漏らす。陣痛の始まった妊産婦を診療所に連れて行く道中、赤ちゃんが産まれてしまうこともある。カルウェオ診療所の助産師ルプルウェさんも「今でも出産の大半は伝統的助産師によって介助されている」とあきらめ顔だ。訓練を受けた伝統的助産師が減りつつある中、過疎地域の女性のお産をめぐる状況が一層悪化することも懸念されている。

日本の放置自転車が活躍

妊産婦の足を診療所から遠のかせている物理的、心理的な「距離」。それを縮めるための草の根の取り組みの一つが、日本の支援で進められている。

マサイティ郡フィショコト。れんが作りの村の集会所に色とりどりのチテンゲでおめかしした女性たちが集まっていた。お腹の大きい妊婦や赤ん坊を背負った母親たちのお目当ては、巡回クリニックの妊産婦健診と乳児健診だ。おしゃべりに花を咲かす女性の笑い声と、予防接種の注射を受けた赤ちゃんの泣き声が広場を満たす。

日本の非政府組織(NGO)「ジョイセフ」は、地元の「国際家族計画連盟(IPPF)ザンビア」と協力し、無医村で保健ボランティアの育成事業を行ってきた。保健ボランティアは地域の各家庭を回り、妊産婦健診の受診を勧めたり、母体保護のための家族計画の重要性を説き、避妊具を配ったりする。保健ボランティアの足として活躍するのが、日本から贈られた自転車。駅前に放置されれていた自転車が回収、修理され、海を渡ってアフリカの大地で息を吹き返している。

フィショコトでのボランティア育成は2007年に終わったが、支援が途絶えても活動が続くよう、地域拠点としての集会所の建設が考えられた。ジョイセフの出資で、村人がれんがを作って積み上げた手作りの集会所が今、月に一度の巡回クリニックの拠点となっている。

ジョイセフとIPPFザンビアはさらに、郡内のフィワレ診療所に、出産間際の妊婦の待機所「マザーズ・シェルター」を建設する予定だ。待機所があれば、無医村に住む妊婦でも、陣痛が始まる前に診療所に来られるようになる。シェルターの建設も住民の共同作業。地域社会の参加を得た活動で、妊産婦保健に対する住民の意識が高まることも期待されている。

息の長い挑戦

ヌドラ市内の閑静な住宅街。ある邸宅の中庭で結婚祝いの儀式が開かれていた。新婦の親戚や知人が、花嫁道具の家具や台所用品のプレゼントを持参する「男子禁制」のブライダル・シャワー。チテンゲで仕立てた粋なドレスを着こなした招待客が、太鼓の音に合わせて踊り、新婦の門出を祝福する。都会でも農村でも、ザンビアの女性たちはこうして嫁ぎ、やがて母になる。

IPPFザンビアのコーディネーター、アルバティーナ・ムロンゴさん(49)は「医療施設での分娩を増やすため、妊産婦と診療所の『距離』を減らすことに全力を挙げている」と力説する。ザンビア政府も妊産婦死亡率の改善に本腰を入れ始めたが、先行きは決して楽観できない。

インフラも人材も資金もすべてが不足し、特効薬はないのが現状。「2015年までに目標を達成できるかどうかは分からない」とムロンゴさんは言う。

紛争や貧困、飢餓ばかりが国際社会の注目を集めるアフリカ。妊娠・出産で年間20万人以上の女性が死亡していることは、あまり知られていない。緊急時の人道援助に比べ、長期的な開発支援には資金も集まりにくい。それでも、各地で息の長い草の根レベルの挑戦が続く。亡くならなくてもよいはずの命を救うために。(肩書き、年齢は取材当時)

http://www.jiji.com/jc/v4?id=zambia0001



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート 2010年12月29日:Kangaroo Resources (ASX:KRL)は2.77億豪ドルでインドネシア熱石炭プロジェクトの買収を発表

Sydney, 2010年12月29日, (ABN Newswire) - Kangaroo Resources Limited (ASX:KRL)は2.77億豪ドルでインドネシア大手石炭会社の PT Bayan Resources Tbk (JAK:BYAN)よりPakar大型熱石炭プロジェクトの99%の株を買収する契約を締結した。このプロジェクトは拠点をインドネシアに置いている完全開発した総合的な熱石炭業務である。PakarプロジェクトにはJORC石炭資源量を満たすものが38億トンあり、その中の1.16億トンは石炭蓄積量である。2011年から生産されるように、準備が整っている。

TOWER Australia Group Limited (ASX:TAL)は本日、世界トップ10の生命保険会社の一つである日本第一生命保険株式会社(TYO:8750)が、一株4豪ドルの現金で、同社が保有していないTOWERが発行した全株を購入すると発表した。現在、日本第一生命保険株式会社が持っている株は、TOWERの29%であり、今回の購入は約17.6億豪ドルになる。この二社は、2010年12月28日に「計画実施協定」を締結し、株主や規定部門の許可を待っている。もし買収が完了すれば、将来、日本第一生命保険会社が競争の激しいオーストラリア保険市場での発展に有利である。

Uran Limited (ASX:URA)はザンビアにある複数のマンガンプロジェクトにおける51%の株の利権協定を締結した。こういった資産の中には、5つの大型採鉱ライセンス及び2つの小型採鉱ライセンスが含まれている。2010年には、一つの小型採鉱地でマンガン採掘を行い、地表の中もしくは地表の近くにはたくさんのマンガン入りの鉱石を発見した。イギリス会社のGenesis Procurement Companyは、最近、Uran Limitedの新しく買収した資産の近くにある地区で、二酸化マンガン含有量が45%−63%の間のマンガン鉱石を48000トンを生産した。

Imperial Corporation Limited (ASX:IMP)は、同社が92%の株を保有している子会社のEmpire Energy USA LLCが6025万米ドルで、カンザス州の石油製造資産及び北ダコタ州にある17000エーカーの地域における採掘権利の35%を買収したと発表した。買収したカンザスの資産はエネルギー製造業者にとって非常にフレンドリーな州にあり、運営費用は高くなく、堀削リスクも低い。この買収により、Empire Energyは毎日580バレルの原油を生産できるようになる。

お問合せ先
Ragny Zhang
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net



 
 
>TOP

第1199号(平成23年8月20日)

武見フェロー(2010−2011)帰国報告会

帰国したフェロー2名が研究成果を報告

武見フェロー帰国報告会が,七月二十九日,日医会館で行われた.

武見国際保健プログラムは,国際保健に関する知識の向上,医療関連機関や医療政策の国際交流に寄与することを目的として,一九八三年に,日医の協力によってハーバード大学公衆衛生大学院に設置され,今日に至っている.

この日は,昨年九月から本年六月まで,フェローとして研究活動を行ってきた野崎威功真氏(国立国際医療研究センター国際医療協力部),並びに富塚太郎氏(国立保健医療科学院政策科学部主任研究官)が研究成果を報告した.

まず,野崎氏より,「ザンビア農村部における抗レトロウィルス療法(ART)の効果とインパクト」について報告があった.

成人のHIV感染率が一四・三%とHIVの影響が深刻なザンビアでは,既に抗レトロウイルス療法(ART)が導入されているが,農村部に住む多くのHIV感染者にとってアクセスや医療資源の不足の点で課題が多い.

こうしたなかで,一つの郡で導入された,モバイルARTサービス(郡病院からの人的,技術的支援の下で,単体でARTサービスを提供出来ない農村診療所にてARTサービスを提供するもの)についてその成果を検証,サービスを受ける患者数の大幅な増加,治療開始後六カ月以内の治療脱落率の減少などアクセス改善の成果が認められ,コミュニティを巻き込んだモバイルARTサービスの有用性と,それが農村地域にまでARTを拡大することに資することを報告した.

つづいて,富塚氏より,「日本における新型インフルエンザ感染症の分析」について報告があった.

富塚氏は,二〇〇九年の新型インフルエンザの流行に関して,基礎疾患と新型インフルエンザによる入院,基礎疾患他と新型インフルエンザによる死亡,新型インフルエンザワクチンに関する政策過程について,それぞれ分析を行い,年齢と基礎疾患が新型インフルエンザによる入院に与えた影響や十八歳未満の抗ウイルス薬使用と新型インフルエンザによる死亡との相関といった年齢階層別分析について報告した.

報告会には,日医役員を始め,日本製薬工業協会,会内の国際保健検討委員会,日医総研から多数が出席し,両氏の研究報告に対する活発な質疑応答も行われた.

http://www.med.or.jp/nichinews/n230820r.html



 
 
>TOP

Zambia finally connects to undersea cable

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/zambia-finally-connects-to-undersea-cables/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

The landlocked southern African nation of Zambia has become the latest African country to connect to the high speed undersea cables which began to arrive on the African coast about a year ago.

Zambia, which has no access to the sea, has had to wait patiently whilst a cable was laid connecting the country through South Africa.

The 8000km cable, whose final destination is Kinshasa in the Democratic Republic of Congo (DRC), is being built with Chinese government supported funding by Huawei, a Chinese information and communications technology solutions provider.

Huawei won the contract from a consortium of regional and international operators, led by Liquid Telecom, itself a subsidiary of pan-African telecoms group Econet Wireless.

The fibre optic cable, which began in Durban, South Africa, runs all the way along the highway to Johannesburg, then to Beitbridge on the Zimbabwe-South African border.

It then passes through Zimbabwe to Botswana, Malawi and Zambia.

The Zambian part of the network has already reached the Copperbelt and is expected to reach Lubumbashi in Southern DRC by December 2011. Crossing of the world’s second largest natural forest to reach Kinshasa, will be done using existing high voltage transmission towers.

For Zambia, it means the country will finally join its neighbours in enjoying cheap high speed Internet access, creating significant opportunities for its people.

A source within Liquid Telecoms group confirmed that the fibre had already reached the Copperbelt.

“We have already completed the civil works between Chirundu and Lusaka, and also between Lusaka and the Copperbelt.

We are now blowing fibre, and we shall light it up before the end of October. Zambia will then have access to the sea just like Zimbabwe, Botswana, Mozambique and South Africa,” said the source.



 
 
>TOP

Social Media to Monitor Elections in Zambia

http://www.africagoodnews.com/governance/democracy/2732-social-media-to-monitor-elections-in-zambia.html

When Zambians go the polls on Sep. 20 they will have the most effective team of observers monitoring the electoral process - themselves. Citizens, through social media, will be able to report offences and irregularities during and before the general elections.

An initiative called Bantu Watch was launched on Saturday by civil society to ensure that the Southern African nation has a higher level of citizen participation in monitoring the elections.

It is a simple system. People can text anonymous reports to a local number, 3018, using their mobile phones or they can log onto the website (www.bantuwatch.org) to report incidents online.

Formal election observers based in the areas where the reports originate will first verify electoral irregularities that require action from either electoral staff or police.

As voters go to the polls next week to elect a president, parliament and local government representatives, there have been fears of election violence. Opposition parties have accused President Rupiah Banda's ruling Movement for Multiparty Democracy (MMD) of intimidating those who oppose the president and the party.

Civil society and politicians have hailed the initiative and see it as a means of quickly addressing any incidents.

"It is a great electoral malpractice preventive mechanism as people can report, in real time, offences such as intimidation, hate speech, vote buying, polling clerk bias, voting misinformation and so on. Action can be taken right away," Lee Habasonda, executive director of the Southern African Centre for the Constructive Resolution of Disputes (SACCORD), told IPS. The project is run by Zambia’s civil society and social media representatives under SACCORD.

Even those running for office have welcomed the initiative. The presidential candidate for the opposition National Restoration Party, Elias Chipimo Jr., said any initiative that could help reduce election violence should be embraced.

"There is too much pre-election violence and intimidation and any effort to prevent this will not be wasted. One of our members is currently nursing a wound after being assaulted by a ruling party cadre and there are eyewitness accounts which can confirm this. So my party fully welcomes this initiative," he said.

And voters are welcoming it too.

Reports are already flowing in to the Bantu Watch website from across the country. The unverified reports describe incidents of bribery, electoral fraud, and violation of the electoral code of conduct, among others.

One report from someone identified only as "MSimushi" from Senanga in western Zambia says: "Agents of ruling MMD party in Senanga are busy trying 2 bribe appointed poll staff with cash in return 4 favour @ vote count."

Another says: "#Zambiaelections: Vehicle allegedly used in (the United Party for National Development) UPND campaigns identified as judiciary property."

"We expect a great response to Bantu Watch because this is a simple enough thing to do, and it does not require complicated technical expertise. All a person needs is access to either a mobile phone or the internet, which are platforms many people already use every day."

Habasonda said trained monitors in the country’s nine provinces would verify the citizen reports before forwarding them to the relevant authorities for action.

"We have trained system administrators to receive and verify reports, they will act like gatekeepers. Depending on how successful this is, the initiative will be institutionalised and become part of every election," he said.

The opposition Patriotic Front’s Secretary General Wynter Kabimba was hopeful that Bantu Watch would allow electoral offences to be reported while something can still be done about them.

Kabimba, whose party has petitioned election results before, said many reports of irregularities had not been investigated further in the past and some only managed to reach the relevant authorities after they had already been overtaken by events. He said in some cases the people who the complaints were about had already taken office and intimidated the complainants. "This initiative is therefore a very welcome thing, as it will finally give people a chance to report cases while something can still be done about them," he said.

Kabimba, however, urged the project administrators to be aware that sometimes people’s perceptions of an incident differed from what really happened and they tended to be alarmist.

The spokesperson for the ruling MMD, Dora Siliya, agreed.

"Zambians should continue to have faith in the Electoral Commission and trust them to do a competent job of delivering free and fair elections. Yes it is important to have such initiatives that allow citizens to monitor and report, but we also know that sometimes people do things out of malice and some of these reports may be motivated by this," she said.

Media academic Dr. Elijah Mwewa Mutambanshiku Bwalya of the University of Zambia’s Department of Mass Communication said: "Ordinary voices have been missing from the public media, which have been monopolised by the ruling party. So this initiative is a great way of finally allowing citizens a voice in the electoral process."

He added that he was concerned that those in rural areas would not be able to use Bantu Watch as many did not have mobile phones, let alone an internet connection.

The data compiled will become part of a report with recommendations for improving the electoral process.

Written by Lwanga Mwilu

Source: IPS News



 
 
>TOP

2011年9月24日17時40分

ザンビア大統領選、野党党首が勝利宣言 貧困層が支持

アフリカ南部ザンビアで行われた大統領選挙で、野党の愛国戦線(PF)のマイケル・サタ党首が、現職のバンダ氏ら9人の候補者を破り、23日、勝利宣言した。ロイター通信などが伝えた。

銅資源が豊富なザンビアは、外国の投資によって着実な経済成長を続けているが、国内の貧富の格差は激しい。サタ氏は主に中国を中心とした外国資本への批判で知られ、現状に不満を持ち、変化を求める貧困層からの支持を受けた。

ただ、サタ氏は、選挙期間中は中国批判を抑制。当選後は外国資本の大切さを認め、歓迎するとしつつ、「労働の法律に従うべきだ」と待遇の改善を求めた。(杉山正)



 
 
>TOP

リージャス、アフリカでのビジネス拠点拡大 − ザンビアへのビジネスセンター開設決定

http://www.zaikei.co.jp/releases/27393/

(ザンビア、ルサカ市)- 柔軟性の高いワークスペースプロバイダーとして世界最大のk拠点を誇るリージャスは、サハラ以南アフリカでのワークスペースの需要増加と市場性を鑑み、ザンビア初のビジネスセンターをルサカに開設しました。今回のビジネスセンター開設は、コートジボワール、ウガンダ、タンザニア、ガーナ、セネガルなど、アフリカにおける一連の開設に続くもので、リージャスのビジネス拠点はこれで

ザンビアは、目を見張る経済実績をあげており、今年の成長率は6%を超えると見込まれています。エコノミスト誌は、他のサハラ以南アフリカ6カ国とともに、ザンビアが2011〜2015年には世界で最も成長率の高い10カ国に入ると予想しています。アフリカにおいて経済実績が加速している要因はさまざまですが、起業者の増加、外国直接投資の伸び、欧米企業の新市場探索、および地域内貿易の増加などがあげられます。

リージャスCEOのマーク・ディクソンは、以下のように述べています。

「経済実績、高い経済成長率予測、政治的安定、政府のインフラ整備計画により、ザンビアはビジネスに適した場所になりはじめています。柔軟性の高く、すぐにビジネスをスタートできるワークプレースを市場に投入することで、企業は長期にわたる不適切な不動産投資に煩わされることなく、市場機会やその条件に合わせてビジネス規模を調整できるようになり、ここでのビジネスを展開しやすくなるでしょう。」

ディクソンは、さらに付け加えて、以下のように語っています。

「アフリカはリージャスにとって成長市場です。当社への問い合わせは、前年比40%急増しました。ザンビアなどアフリカ諸国に進出したのは、サハラ以南アフリカの高い経済成長を原動力とする需要の急増と、新しい、より効率的で生産性の高い働き方の広まりに応えたものです。リージャスは、こうした需要に応えられるよう、アフリカのみならずグローバルなネットワークに引き続き投資してゆきます。」

編集者メモ

新しいビジネスセンターは、ルサカで最も人気の高いビジネスロケーションであるローズパーク内にあります。センターは、すぐに利用可能なオフィス、多様な会議室、安全な高速インターネット回線、マルチリンガル事務サポートなどを用意しています。

リージャスについて

リージャスは世界最大のワークプレースソリューション・プロバイダーです。世界93カ国、550都市、1,200拠点に広がるビジネスセンターのネットワークにより、個人および企業が、場所や時間に捉われず、お好きな方法で働くことを可能にします。

サービスの詳細については www.regus.comをご覧ください。



 
 
>TOP

UPDATED 2012/1/26

水浸しの一戦

ザンビアとリビア引き分ける

1月 25日 -- 水浸しのピッチで行われたアフリカ選手権2012・グループステージ A組の リビアとザンビアの一戦はともに譲らずに 2-2で引き分けた。

豪雨に見舞われて 75分遅れて試合が始まった。 不良ピッチが影響して序盤から波乱含みとなった。 5分に裏のスペースでスルーパスを受けた サイードがシュートを決めてリビアが 先制した。

ザンビアは 29分にマユカが後方からの 浮き球に飛びついて右足で決めて同点にした。

後半は 47分にリビアがサイードの 2点目で 勝ち越したが、リードを保つことは出来なかった。

ザンビアは 54分にチャンサが左サイドから オーバーヘッドでクロスをあげ、 カトンゴが頭で合わせて同点にした。

A組のもう 1試合は 赤道キニアが 2-1でセネガルに勝利した。

勝ち点は赤道ギニア 6、ザンビア 3、リビア 1、セネガル 0となった。



 
 
>TOP

ザンビアがグループ首位突破…共催国赤道ギニアは2位/アフリカ杯

2012年01月30日 11:48

アフリカ・ネイションズカップ2012は、29日にグループA最終戦の2試合が行われた。

ガボンとの共催国でグループリーグ2連勝の赤道ギニアは、ザンビアと対戦した。試合は、スコアレスで迎えた67分にザンビアが先制ゴールを奪取。そのまま1点を守り切り、ザンビアが1−0で勝利を収めている。

また、もう1試合のリビアとセネガルは、リビアが2−1で今大会初勝利を挙げた。

グループAは全試合を終え、ザンビアが2勝1分けの勝ち点7で首位、赤道ギニアが2勝1敗の勝ち点6で2位となり、両国が決勝トーナメントに進出。リビアは1勝1分け1敗の勝ち点4、セネガルは3連敗の勝ち点0で大会から姿を消している。

なお、準々決勝ではザンビアがグループBの2位と、赤道ギニアがグループBの1位とそれぞれ2月4日に対戦する。



 
 
>TOP

Tech firm supports ICT hub in Africa

http://www.womenintechnology.co.uk/news/tech-firm-supports-ict-hub-in-africa-news-801288250

British technology firm Ensoft has donated funds to bring computing solutions to three rural communities in Africa.

Three ZubaBoxes, a solar-powered ICT hub fitted into a shipping container, will be deployed by Computer Aid International in Zambia, Zimbabwe and Nigeria. They will provide access to ICT to people with no access to mains electricity or computers.

"These ZubaBoxes will enable children to gain the IT skills they need for higher paid employment in the future, entrepreneurs and farmers can share knowledge and access new markets, while doctors and nurses can access the information and e-training needed for improved healthcare provision," explained Anja ffrench, director of communications at Computer Aid.

One ZubaBox will be used by two schools in Nigeria and the local community, who will receive training in computer literacy, while another hub will be deployed in Zambia to extend the benefits of ICT from work already being done in the country.

Children in Zimbabwe, meanwhile, will use the ZubaBox to learn IT skills to help them gain higher paid employment when they leave school.



 
 
>TOP

ザンビア代表、19年前の飛行機事故の犠牲者を追悼

2012年02月10日 15:43 発信地:リーブルビル/ガボン

【2月10日 AFP】サッカー2012アフリカネイションズカップ(2012 Africa Cup of Nations)で決勝に進出したザンビア代表は9日、決勝の開催地ガボンのリーブルビル(Libreville)にある浜辺を訪れ、1993年にガボン沖で発生した飛行機墜落事故で亡くなった同国代表選手を追悼した。

1994年サッカーW杯米国大会アフリカ予選で、セネガルと対戦するためダカール(Dakar)へ向かったザンビア代表を乗せた飛行機はガボン沖500メートルの海中に墜落し、乗員5名を含む乗っていた30名全員が死亡した。

追悼式典でザンビアサッカー連盟(Zambian Football Federation)のカルシャ・ブワルヤ(Kalusha Bwalya)会長は「今日、私たちがリーブルビルにいるのは偶然ではありません。チームが全力を尽くした結果です。しかし、19年前にここで命を落とした仲間たちがわれわれに力を貸してくれたと私は確信しています」と語った。

ブワルヤ会長も当時の代表選手だったが、オランダ・エールディビジのPSVアイントホーフェン(PSV Eindhoven)に所属し、欧州から直接ダカール入りしたため無事だった。

ブワルヤ会長は、「母国ザンビアに栄冠を持ち帰ることは、亡くなった彼らの夢であり、今日ここにいる私たちの夢でもあります。唯一の違いは、かつてのチームメイトはこの世を去り、私たちは今を生きていることです。彼らの魂が永遠に安らかな眠りにつけるよう、そして私たちに夢を実現させるための強さと勇気を与えてくださるよう、神に祈っています」と追悼の言葉を述べた。

ザンビアは12日に行われる決勝で、コートジボワールと対戦する。(c)AFP/Nick Reeves



 
 
>TOP

ザンビアが初優勝=コートジボワール破る−サッカー・アフリカ選手権

【リーブルビル12日AFP=時事】サッカーのアフリカ選手権は13日、当地で決勝が行われ、ザンビアがコートジボワールを0-0の後のPK戦で破り初優勝した。(写真は12日の試合でザンビアのカトンゴのタックルを受けるコートジボワールのバンバ=中央)

コートジボワールはチェルシー(イングランド)で活躍するドログバ、カルーなどのスター選手を擁し、優勝候補の筆頭とされ決勝も含めて今大会無失点だったが、延長戦後のPK戦を7-8で落とし涙を飲んだ。

コートジボワールは後半27分、ドログバがPKを大きく外したのが響いた。ドログバはエジプトで開かれた2006年アフリカ選手権決勝のエジプト戦でもPKを外しており、悪夢の再現となった。

延長戦に入ってザンビア側に、主将カトンゴの強烈なシュートがゴールポストを叩く惜しい場面があった。

1993年にザンビア代表の乗った飛行機がリーブルビルで墜落、18人が犠牲になった。その地でザンビアが初優勝を飾ったのは、犠牲者への鎮魂となったはずだ。 〔AFP=時事〕(2012/02/13-09:11)



 
 
>TOP

ザンビアがPK戦制し初優勝、アフリカネイションズカップ

2012年02月13日 13:56 発信地:リーブルビル/ガボン

【2月13日 AFP】サッカー2012アフリカネイションズカップ(African Nations Cup 2012)は12日、ガボンのリーブルビル(Libreville)で決勝が行われ、0-0で迎えたペナルティーキック(PK)戦を8-7で制したザンビアがコートジボワールを下し、初優勝を飾った。

スコアレスのまま延長戦でも決着が付かなかった一戦は、PK戦までもつれ込んだ。コートジボワールは9人目のジェルヴィーニョ(Gervinho)が枠を外すと、ザンビアは同じく9人目のストピラ・スンズ(Stoppila Sunzu)がシュートを蹴り込んだ。

1993年にガボン沖で発生した飛行機墜落事故で代表選手団が多数死亡していたザンビアは、その悲劇をモチベーションに変え、苦しみながら持ち込んだPK戦で劇的な勝利を手にした。

一方、失点を許さずに今大会を終えたコートジボワールだったが、後半途中にはディディエ・ドログバ(Didier Drogba)がPKを外すなどし、2006年大会の決勝でエジプトに敗れたときと同じPK戦で涙を飲んだ。(c)AFP/Nick Reeves



 
 
>TOP

ザンビアが初のアフリカ王者に輝く…コートジボワールとのPK戦を制す

2012年02月17日 13:55

アフリカ・ネイションズカップ2012の決勝戦が12日に行われ、ザンビアとコートジボワールが対戦した。

初優勝に挑むザンビアと2度目のアフリカ制覇を狙うコートジボワールの一戦は、両チーム譲らずに、スコアレスのまま時間が経過する。後半に入ると、コートジボワールがPKを獲得。しかし、ディディエ・ドログバのシュートは枠を外れ、絶好機を逸した。

結局、試合は90分を終えても0−0のままで、延長戦に突入。しかし、延長戦でも均衡は破られることなく、決着はPK戦に委ねられることになった。

PK戦でも、両チームともに5人全員が成功し、勝負はついにサドンデスに突入。8人目までは同点が続き、迎えた9人目に明暗が分かれる。

先行のコートジボワールのジェルヴィーニョがシュートを外したのに対し、ザンビアは9人目も成功。ザンビアが8−7でPK戦を制し、初のアフリカ王者に輝いた。



 
 
>TOP

初優勝のザンビアからFWカトンゴがMVPに選出/アフリカ杯

2012年02月21日 15:50

アフリカサッカー連盟は12日、アフリカ・ネイションズカップ2012の最優秀選手など、各賞の受賞者を公式HPで発表した。

最優秀選手に選ばれたのは、ザンビアを初のアフリカ王者に導いたザンビアのFWクリストファー・カトンゴ。得点王には、3ゴールでカトンゴら、7選手が並んだ。また、フェアプレー賞には、コートジボワールが選ばれている。

なお、ベストイレブンも併せて発表。優勝したザンビアと準優勝のコートジボワールから最多の4選手ずつが選出された。

ベストイレブンは以下の通り。

GK
ケネディ・ムウェーネ(ザンビア)

DF
ジャン・ジャック・ゴッソ(コートジボワール)
ストピラ・スンズ(ザンビア)
ジョン・メンサー(ガーナ)
アダマ・タンブーラ(マリ)

MF
エマヌエル・マユカ(ザンビア)
ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)
ジェルヴィーニョ(コートジボワール)
セイドゥ・ケイタ(マリ)

FW
クリストファー・カトンゴ(ザンビア)
ディディエ・ドログバ(コートジボワール)

サブ選手 GK
ブバカル・バリー(コートジボワール)

DF
ルイ・フェルナンド(赤道ギニア)

MF
エリク・ムルンギ(ガボン)
アブドライェ・サディオ・ディアロ(ギニア)
ウシネ・ハルジャ(モロッコ)
レインフォード・カラバ(ザンビア)
クワドウォ・アサモアー(ガーナ)

FW
ユセフ・ムサクニ(チュニジア)
マヌーチョ(アンゴラ)
ピエール・エメリック・オーバメヤン(ガボン)
シェイク・ティディアン・ディアバテ(マリ)
ムダティル・エル・タヒル(スーダン)
エリク・ムルンギ(ガボン)



 
 
>TOP

Zambia invests in fight against cybercrime

http://www.itnewsafrica.com/2012/03/zambian-ict-authorities-investment-fights-cybercrime/

With cybercrime increasing, the Zambia Information Communications Authority (ZICTA) announced on Thursday, that it was investing some ZMK 1.3 billion ($582 000) in battling online criminal activity.

The money will go towards creating a Computer Incident Response Team (CIRT) at multiple centres nationwide. The announcement comes less than two days after Kenya declared a similar move to bolster its cybercrime fight.

Choolwe Nalubamba, ZICTA’s numbering and naming manager, said ZICTA “has partnered with the International Telecommunications Union (ITU) to establish a watch and warn center with a computer system which will regulate mail activities on the internet”.

He said CIRT will create awareness on matters pertaining to cyberthreats, ensuring critical information from various organisations is protected.

“ZICTA is in the process of acquiring equipment at a cost of over ZMK 700 million and the operation cost is ZMK 50 million per month,” the authority said.

African countries like Zambia and Kenya have reported a stark increase in the amount of criminal activity they are witnessing online. East African countries, in particular, are looking at bolstering their internet policing through such centres to curtail the growing number of online criminals.



 
 
>TOP

ICT: Opportunities and challenges

http://www.daily-mail.co.zm/?p=5255

INFORMATION communication technologies (icts) used responsibly can be fantastic enablers for development. The emergence of broadband, for example, makes an ordinary cell phone a treasured gadget through which delivery of information or e-services including information that helps in driving economic decisions that can make a positive difference at an individual level can reach ordinary citizens.

ICTs have the potential to empower communities and in the context of achieving wholesome connectivity or universal access increase local participation in the development process. New and creative enterprises can make rural areas more profitable, affordable and sustainable and served in a way to meet national development objectives.

Mobile broadband particularly offers increased opportunities for rural connectivity given the practical benefits derived from its deployment including internet connectivity and e-services capable of improving the lives of under-served and rural communities.

In Zambia, official statistics from the Zambian regulator show remarkable growth from just 49, 957 mobile subscribers in 2000 representing a penetration rate of 0.505 per one hundred people to 8,164,553 representing a penetration rate of 62.55 as at the end of 2011, while the fixed line only grew marginally from 85,680 subscribers in 2000 representing 0.849 to 85, 727 representing 0.8 lines per one hundred people.

ICTs if used responsibly, and properly facilitated, are therefore a tool that can effectively uplift the lives of people regardless of where they live. It is encouraging to know that the theme adopted by the International Telecommunication Union, of which Zambia is a member state, for this year’s World Telecommunication and Information Society Day falling on May 17 was ‘Women and Girls in ICT’.

Not least because of the gender bias but because it brings to the fore a real need to give special attention to groups of people who have over the ages been known to be traditionally marginalised.

It need not be emphasised that this group also traditionally falls in a similar bracket to that of our rural communities and the many living within the high density areas of our urban and peri-urban areas known to be underserved with public amenities.

This part therefore essentially focuses on certain barriers that need to be overcome to ensure connectivity of people traditionally known to have been disadvantaged in rural and other under-served areas in the urban and peri-urban areas.

It is meant to stimulate reflection on how best they can be addressed within the context of identifying the solutions necessary to successfully realise the potential of ICT to transform both our rural communities, other underserved areas and ultimately the country at national level.

It is gratifying to note that the importance of ICT in Zambia’s national development is also demonstrated by its inclusion as a priority sector in the Fifth National Development plan 2006 -2010.

The issues selected which whilst not exhaustive have been deliberately highlighted being pertinent to a subject which generally poses a challenge to developing and least developed countries, the African continent in particular in varying degrees, Zambia included.

Statistics over the years since the ICT bubble emerged do not show much difference in the continent’s status in as far as the ICT development index is concerned. While very impressive strides have been made in the mobile sector, the fixed line remains a daunting challenge for the majority of the countries.

It will be observed, for instance, that according to official ITU statistics in 2006, while Africa accounted for 14 percent of the world population, it only accounted for 5.6 percent of all fixed and mobile subscribers worldwide.

It had the world’s lowest penetration of fixed lines, with a continental average of around three main lines per 100 people, over 20 countries which had a national average of fewer than one main line serving every 100 people, 221 million total telephone subscribers, 198 million of which were mobile cellular subscribers.

The continent had the highest ratio of mobile to total telephone subscribers of any world region, and was dubbed “the least wired region in the world”. Even with this, it had its own digital divide. For example, Egypt had 11 times the fixed line penetration of Nigeria.

While sub-Saharan Africa, excluding South Africa, had an average tele-density of one percent, North Africa (Algeria, Egypt, Mauritania, Morocco, and Tunisia) had a comparable average of eleven percent. Almost three quarters of the continent’s fixed lines were found in just six of the continent’s fifty-five countries.

However, it was the region with the highest mobile cellular growth rate. Growth over the previous five years averaged around 50 percent year on year.

The total number of mobile cellular subscribers continent-wide at the end of 2006 was 198 million. It added some 61 million new mobile subscribers - a figure almost equivalent to the total number of telephone subscribers (fixed and mobile) in Africa in 2002.

It had some 22 million Internet users, for an Internet penetration of just 5 percent. Europe’s Internet penetration was seven times higher.

According to the 2007 ITU ICT Development Index, comparisons in 154 countries around the world and progress made between 2002-2007 ranked Sweden first, with Republic of Korea, Denmark, the Netherlands, Iceland, Norway, Luxemburg, Switzerland, Finland and the UK in the top ten.

Though good progress was generally made by all countries, major differences remained between regions, and between the developed and developing economies. ITU statistics for 2011 show that over the last five years, developing countries have increased their share of the total number of internet users from 44 percent in 2006 to 62 percent in 2011.

Successfully connecting our rural communities and other underserved areas with ICT is dependent on the presence and effectiveness of among others the policy framework, legal and regulatory framework, relevant skills as well as the presence or absence of technical barriers.

As with other sector strategies the policy sets out the direction for the sector and implementation of the policy for national development.

The policy on achieving connectivity or universal service or access policy, as it is usually referred to, has to necessarily be in line with the wider national ICT policy which itself must be reflective of the integrated national policy to take forward the development objective of that policy.

Critical to telecommunication/ICT infrastructure development / network expansion is the need for clarity on the government’s role in the ICT infrastructure development, the role of the private sector, the public private partnership (PPP)initiative , fiscal regime on ICTs (tax on telecoms/ICT equipment), and funding for achieving universal access.

jmctembo@hotmail.com

The writer is a Telecommunication/ICT Policy and Regulatory Consultant. She has been involved in the ICT sector for over fourteen years, worked locally with ZICTA in various capacities including that of Director Legal, Actingg Deputy Director General and Acting Director General, and consulting work with local, regional and international bodies.



 
 
>TOP

北大、ザンビアに拠点 情報・獣医学など共同研究

2012/6/22 21:41

北海道大学は8月、ザンビアの首都ルサカに研究拠点を設ける。主に情報や獣医学、医学などの分野で共同研究を進める狙い。北大の研究分野や研究成果を伝え、留学生の受け入れも増やす考え。海外拠点は北京、ソウル、ヘルシンキに続き、4カ所目となる。

北大職員を1人常駐させるほか、現地スタッフを1人雇う。地元大学の研究ニーズを把握し、北大の研究分野との橋渡しを進める。

情報分野では、光回線など通信技術などで共同研究を進め、ザンビアの情報インフラの整備に生かしていく考えだ。獣医学分野では、インフルエンザなど人と動物の両方に感染する「人獣共通感染症」の共同研究を強化する。

留学生の受け入れでは、教員が現地を訪れ、研究成果などをザンビアの学生へ紹介。北大へ留学する方法や手続きなどを伝える。学生への情報提供を強化するため、地元の大学と協力した交流会の開催なども検討する。

北大は留学生の受け入れに力を入れている。アフリカに新たな拠点を設けることで、研究支援や留学生の受け入れを加速していく考えだ。



 
 
>TOP

ザンビアの中国系炭鉱で中国人幹部殺害

2012/8/6 19:52

アフリカ南部ザンビアにある中国資本の炭鉱で4日、賃上げの遅延に腹を立てた労働者らが抗議し、中国人幹部を襲う事件が発生した。50歳の幹部が台車にひかれ死亡、2人が負傷した。在ザンビア中国大使館はすべての進出企業に警戒を強めるよう呼びかけた。

ザンビア政府は先月、法定最低賃金を従来の2倍に引き上げたが、この会社では実施していなかった。2010年には同じ炭鉱で中国人幹部が賃上げを求め抗議した労働者に発砲し13人が負傷する事件が発生した。ザンビアは銅やコバルトの生産地で中国企業は20億ドル(約1500億円)を投資している。(中国総局)



 
 
>TOP

ICT: opportunities and challenges

http://www.daily-mail.co.zm/?p=11847

USED responsibly, Information Communication Technologies (ICTs) offer exciting prospects for uplifting the lives of people regardless of where they live.

Successfully connecting our rural communities and other underserved areas with ICT is dependent on the presence and effectiveness of among others, the policy framework, legal and regulatory framework, relevant skills as well as the presence or absence of technical barriers.

Involvement of the private sector in the universal access development process, including its funding and its implementation through the public private partnership (PPP) initiative is important for the effective design of the policy, improvement on implementation and over-all project costs and lower end user tariffs.

The Commonwealth Telecommunication Organisation is an excellent example of a body involved in the advancement of universal access that has taken the concept of PPPs to that of PPPPs ie deliberately including the communities involved, in the equation in its advocacy and assistance efforts.

Regular monitoring and review of policy to bring it in line with technological developments and other changes is essential to maintain its relevance and effectiveness to ensuring rural connectivity.

On the technical aspects, the use of cost efficient technologies remain a challenge to the deployment of ICT services for the continent, Zambia not excluded. It calls for deliberate promotion and encouragement of operators for use of low cost technologies that show considerable potential for empowering local communities in taking services to un-served/underserved areas.

The lack of affordable access to telephone and Internet connectivity for the sparsely scattered majority in Africa, who are not close to even small urban centres, has been a problem because, it is now well-established, the productivity of poor households must increase if they are to rise out of poverty.

Increasing productivity is difficult without timely access to information, the ability to network and learn from others, or the ability to interact with markets,

governments, and other resources.

Mobile broadband is opening up exciting new possibilities having potential to help more people communicate and take advantage of a wide range of new applications related to commerce, health, and banking enabling access to news, weather reports, health, banking of the unbanked through transfer of money through mobile networks and others. For example, M-Pesa in Kenya,and also mobile money transfer in Zambia act as excellent banking substitutes with the limited available traditional banking facilities in place.

The creation of an enabling environment is cardinal to ensuring successful rural connectivity. Policy, legal and regulatory barriers include restrictions on technologies employed, licencing barriers, high licence fees , out-dated licencing frameworks, investment incentives and an ineffective competition framework.

The ICT industry’s evolvement has seen and continues to see rapid changes in technologies employed in service provision. Policy frameworks, which primarily set the path for the legal and licencing frameworks necessarily have to keep pace with such developments to facilitate industry growth and affordable access to ICT services.

This becomes even more critical in universal access and ensuring rural connectivity. Restrictions in technologies that may be employed whilst acting to safeguard certain economic interests act to stifle industry innovation, effective competition and ultimately the cost of providing service and affordable access and connectivity.

Connected to this, licences are an important tool for expanding infrastructure investment and promoting universal service and access. The licencing framework should encourage and provide incentives for investment and innovation in the telecommunications industry.

Licence fees form an important cost component of investment costs. It, therefore becomes necessary to review the fees on a regular basis to ensure that the fees are reflective of the cost of administering the licence. The convergence of technologies that among others makes it possible for the delivery of voice, video and data services on a single platform calls for the need to review existing licencing frameworks in response to the converged ICT environment that would reduce the cost of connecting our rural and other underserved areas to ICTs.

The legal framework includes both that covering the ICT sector and other laws having a bearing on encouraging investment. These include the investment code, including companies legislation, land acquisition which for example may be for the siting of mobile communication network towers and points of presence and other communication infrastructure, public tender procedures, which in the case of implementation of rural connectivity programmes may as in other cases of public procurement, be subject to the observance of standard rules and procedures related to public procurement. This entails observing public tender procedures in amounts involved being beyond the authorised thresholds.

With respect to the competition framework that provides the rules to be followed by companies providing telecommunication and other ICT services, it is without doubt that the price of such services and attendant to that, interconnection, are major challenges to achievement of a competitive environment and successful entry of new operators.

High prices and anti-competitive pricing have negative impact on access and penetration resulting in high economies of scale and scope to competitor network/ facilities. This is on account that not only are the facilities supplied on a monopoly basis or at least subject to some degree of monopoly control, but they are also required by competitors in order to compete, and cannot be practically duplicated by competitors for technical or economic reasons normally because of the high cost of such duplication.

Removal of such barriers are important to ensure open access that can facilitate connectivity of all. Clear rules on pricing, interconnection, sharing of infrastructure, monitoring and enforcement are important to promote rural connectivity.

Related to this is the issue of investment incentives and more particularly the tax or duty imposed on telecommunication/ICT equipment. Exemption from import duty and import VAT on all ICT equipment to be procured under the universal access programme for the various projects is necessary as a cost escalation reduction incentive. This calls for the need to seriously consider meaningful reduction or waiving of tax in whatever form on equipment for universal access for purposes of providing affordable rural connectivity.

Other barriers needing serious address relate to the lack of necessary human resource skills, both in implementation of ICT rural connectivity as well as in the users of the services involved, development of content relevant to such users and its availability in a language that can be understood by the community.

Building human capacity is therefore central to the design and implementation of the programme. The peculiarities of different countries call for the need to adopt approaches that meet the needs of the particular environment for rural connectivity, and to avoid necessarily replicating situations obtaining elsewhere.

There are marked differences between countries like South Africa, Uganda, Ghana and Zambia and their approach for instance in funding models should be tailored to suit particular countries circumstances. In the Zambian ICT policy, Universal Service is supported under the thirteenth pillar’ Developing Telecommunication & Supporting Infrastructure’

The policy goal under this pillar is to increase access and promote widespread deployment of ICT services through expansion of national telecommunications backbone infrastructure.

In order to attain this, the Government has committed itself in the ICT policy to ‘Facilitate the development and deployment of a telecommunication infrastructure backbone with regional and international connectivity through Public-Private Partnerships to offer reliable, high capacity and nationwide service to data, voice and video service providers in the retail market.

Secondly, ‘Require all licensed service providers (telecommunications (voice, data, video), Internet Service Providers etc) operating a national/regional license to submit development/expansion/roll-out plans as part of the licensing framework,’ and thirdly, ‘to facilitate the establishment of a Rural ICT Development Fund to support the development of ICT infrastructure and service rollout especially in rural and underserved areas.’

Based on the above commitment as regards developing telecommunication/ICT & supporting Infrastructure, the ICT regulator’s responsibility under the Information and Communication Technologies (ICT) Act to ensure ICT connectivity country-wide, and the establishment of the Universal Service Fund by Section 70 of the ICT Act, the question posed at this stage is to what extent if any, connectivity has affected not just the reader but all of our people in a way that has the capacity of truly transforming their lives to uplift the quality of life as intended.



 
 
>TOP

ザンビアで男性2人を同性愛で再逮捕、「自然の秩序」破壊で

cnn.co.jp

2013.05.12 Sun posted at 16:16 JST

(CNN) 国際人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルは12日までに、アフリカ南部ザンビアで同性愛行為を理由に21歳の男性2人が再逮捕されたと報告した。「自然の秩序」を乱したのが逮捕理由となっている。

アムネスティによると、2人の隣人から通報を受けた警察が同意なく局部などを調べ、同性愛行為の自供を強いたという。ザンビアの当局者は再逮捕についてコメントなど出していない。

ザンビアのアムネスティ活動家は警察の捜査方法は拷問や他の非人間的な手段を禁止する国際法に抵触すると主張。性的指向を理由とした逮捕は差別とし、良心や表現の自由、プライバシー保護の違反に当たると強調した。

2人は罪を認めていないが、保釈金による釈放は認められていない。公判は5月22日までに開廷する見通し。2人は先月、逮捕されていたが今月2日に釈放されていた。再逮捕は6日だった。

ザンビアを含む多くのアフリカ諸国では同性愛行為は違法と位置付けられている。英国の植民地時代に根差す男性の同性愛を禁じる法律の名残や特有の文化慣習が背景にある。違反者への罰則は罰金から禁錮刑などとなっている。

中西部カメルーンでは昨年、控訴審が、男性への深い愛情をメールで告白した男性に対し禁錮3年を言い渡した1審判決を支持する判断を示していた。

南部の南アフリカは性的指向に絡む差別を憲法で禁じる最初のアフリカ国家となったが、女性の同性愛者に対する暴力行為は依然はびこっている。

同性愛や両性愛などを支援する国際団体ILGAによると、サウジアラビアやイランを含む少数の国では同意に基づく同性愛行為に死刑の罰則を科している。



 
 
>TOP

[BIZTECH AFRICA]

Zambia bemoans high cost of ICT

http://www.biztechafrica.com/article/zambia-bemoans-high-cost-ict/6306/?section=computing

The Zambian government says the high cost of ICT equipment and services remains a huge challenge to the country.

Deputy Ministry of Information and Broadcasting Services Mwansa Kapeya said the government places a high premium on public access to ICT in the national development plan.

Kapeya was speaking at the launch of Qrent Zambia in Lusaka.

Qrent Zambia focuses on renting out information, communication and technology (ICT) equipment to organisations on a short- and long-term basis depending on client requirements.

“While the country continues to record significant gains in ICT, the high cost of IT equipment and services remains a big challenge to both Government and the private sector,” he said.

Kapeya commended Qrent Zambia for introducing the IT equipment rental model on the Zambian market.

Innovent Rental and Asset Management Solutions Proprietary (Pty) Limited launched Qrent Zambia, a firm that has assured to provide cheaper access to ICT equipment and services.

Innovent Group of Companies chief executive officer Darlington Kumbula said the company would transform the Zambian government departments, communities and business regarding their consumption of IT.



 
 
>TOP

世界で2億人に健康リスク 10大汚染地点を公表

nikkei.com

2013/11/12 11:46

【ジュネーブ=共同】国際的な環境保護団体ブラックスミス研究所(本部ニューヨーク)などは12日までに、旧ソ連チェルノブイリ原発事故の放射性物質による汚染が続くウクライナのチェルノブイリなど、有害物質による環境汚染が最も深刻な世界の10地点を選定、公表した。

途上国を中心に推定2億人以上が健康リスクにさらされているとも指摘、状況改善を急ぐよう求めている。

低中所得国を対象に選んだことなどから東京電力福島第1原発事故によって放射線量が高くなった地域は10地点に含まれなかったが、報告書は特記事項として「発生から2年以上たった現在も、周辺や太平洋への放射性物質漏れが続いている」と指摘した。

10地点はチェルノブイリのほか、冷戦期に化学兵器生産基地だったロシアのジェルジンスク、子供の鉛中毒が深刻なアフリカ南部ザンビアのカブウェなど。地域別ではアフリカ3、旧ソ連3、アジア3、南米1。

公表したのは同研究所と非政府組織(NGO)グリーンクロス・スイス(本部スイス・チューリヒ)。世界49カ国の地点から汚染の深刻さや健康被害の程度などの観点で検討して選んだ。

アジアでは、小規模な金採掘場で使われる水銀の汚染が深刻なインドネシア・カリマンタンや、皮革工場の廃液で水が汚染されているバングラデシュのハザリバーグなどが選ばれた。

アフリカ・ガーナのアグボグブロシエでは、欧州などから運ばれた電子機器の廃棄処理場で燃やした部品から出る重金属の汚染を指摘した。

同様の報告書は2006、07年にも公表され、チェルノブイリとカブウェ、ジェルジンスクのほか、重金属工場から排出される二酸化硫黄などによる汚染が深刻なロシアのノリリスク以外は今回新たに選ばれた。同研究所は「問題なのは決してこの10地点だけではない」と強調している。



 
 
>TOP

感染症情報、海外と共有 アジア・アフリカの機関参加

nikkei.com

2013/11/18 1:22

政府は新型インフルエンザなど感染症対策を強化するため、海外の研究機関と共通のデータベースをつくる。アジアを中心に現地の大学や企業が持つ研究拠点13カ所と、予防・治療の研究成果や流行を食い止める水際対策といった情報を共有する。患者が急速に広がりやすい感染症の診断薬やワクチンを速やかに開発できる体制を整える。

2014年4月に「感染症研究ネットワーク推進センター」を立ち上げ、新型インフルエンザやマラリアなど感染症ごとのデータベースを整備。病原体そのものや発症を抑える抗生物質のデータ、感染症の広がりを防ぐための各国の水際対策といった情報をいつでも共有できるようにする。

データベースづくりには日本国内や中国をはじめベトナム、インド、タイなどアジア諸国やアフリカのザンビア、ガーナなどにある海外の研究機関も参加する。

世界保健機関(WHO)などは感染症による死者や患者数を一定期間ごとに公表し、世界的大流行(パンデミック)の指標を示している。日本政府がつくるデータベースは主に研究者向けで、病原体の遺伝子情報や感染情報を随時、交換できるのが特色だ。感染症研究の成果を国内外で共有し、治療薬やワクチンの開発を促す狙いがある。



 
 
>TOP

ザンビアの小学校でタブレット端末導入、教育の質向上へ

cnn.co.jp

2014.02.20 Thu posted at 16:50 JST

(CNN) 人口1400万人のアフリカ南部の国ザンビアで、小学校教育にタブレット端末を導入する試みが始まっている。

端末の名前は「ゼドゥパッド」。画面サイズは7インチで、ザンビア国内で使われている8つの言語に対応している。訓練が不十分な教師でも質の高い授業をできるように狙って開発された。

ゼドゥパッドの仕掛け人であるイギリス人起業家マーク・ベネット氏がザンビアにやってきたのは30年ほど前のこと。彼は10年以上にわたって国立大学のコンピュータ学部で働いてきた。

ゼドゥパッドには算数から体育、図工や音楽まであらゆる教科の1万2000以上の授業用の教材がインストールされており、ザンビア文部省の認可も得ている。電子メールやウィキペディアも使える。「へき地に住む、コンピュータを使い慣れていない教師でも使えるように作った」とベネット氏は言う。

2001年以降、ザンビアでは小学校への就学率がアップ。世界銀行によれば、発展途上国のなかで初等教育システムの改善が最も進んだ国の1つだ。

現在は中国で生産したハードウエアをザンビアに運び、ソフトウエアのインストールを行っている。ハードの生産や輸入にかかる費用は1台につき約100ドル。セットアップ後に先生や学校に1台200ドルで納入し、専門家が学校に行き使い方を教えるという。

ベネット氏は今後はザンビア以外のアフリカ諸国にも展開させたいと語る。途上国ではデスクトップ機器を飛ばして一足飛びに小型端末が普及すると彼は考えている。

「次の大きな変化の波は、非常に安価な携帯電話を手にした多くの人々の間から出てくると思う。そのうち、70ドル程度のアンドロイド対応のスマートフォンが出てくるだろう。そうなったら大きな変化が起きるはずだ」

ザンビアの小学校でタブレット端末導入、教育の質向上へ



 
 
>TOP

★アフリカビジネスニュースより★

【ザンビア】国際農業資材(AGRITECH) EXPO 2014

2014年3月13日 17:00

●国際農業資材EXPO

2014年4月4、5日ザンビアで行われる国際農業資材(AGRITECH) EXPO。農業に関する主なステークホルダー、小売業者、代理店やサービスプロバイダーが集結する。各地域の計画や農業改革や開発について議論される。

●USAID南部アフリカ貿易ハブプログラム

地方検EXPOについて嬉しいのは、ザンビアは商業的農業の中心となってきていることだ。アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)のロバート・ターナー氏はいう。USAID南部アフリカ貿易ハブは、2日間の技術ワークショッププログラムを予定している。

 南部アフリカ貿易ハブは、アメリカ政府の将来的な食物供給の戦略である。地域農業の競争力と食料安全保障にフォーカスしている。

 アメリカ政府は、ザンビア、マラウイ、モザンピークのサポートを主に行っている。これら3カ国は、小規模の自作農家で主食生産を行っており、生産性の低さに苦しんでいる。EXPOは生産性向上に役立つだろう。



 
 
>TOP

[FT]ザンビア、アフリカ債券の試金石に

nikkei.com

2014/3/27 7:00

ザンビアがアフリカ諸国で今年初となる債券発行を計画している。アフリカ大陸の債券に対する投資家の需要を試す重要な試金石となるだろう。

ドイツ銀行とバークレイズは予定されているドル建て債券の発行を前に、今週から来週にかけて米国とロンドンで投資家向け会合を計画している。

ザンビアは2012年に国際債券市場で劇的なデビューを果たした。初回の発行では国内総生産(GDP)の半分以上に相当する120億ドルを集め、旺盛な需要により債券利回りは5.63%まで押し下げられた。これは当時のスペイン政府の借り入れコストを下回る水準だった。

1年前、ルワンダが4億ドルの10年物国債を発行した際には、30億ドル以上の応募が殺到し、幹事銀行は利率を6.875%まで引き下げることができた。だが、その後、新興国は米連邦準備理事会(FRB)による量的緩和の縮小が引き起こした混乱に襲われた。国の輸出収入の約7割を占める銅の価格が急落すると、ザンビアの輝きはあせた。

2022年に償還を迎えるザンビア初の海外向け債券の利回り(価格とは反対の動きをする)は急上昇し、今月は一時、8.25%の高水準に達した。3月25日には前日から0.05%下落して8.14%となっている。

「ザンビアは(他のアフリカ諸国ほど)うまくいっていない」。アバディーン・アセット・マネジメントの上級投資マネジャー、マックス・ウォルマン氏はこう話し、ザンビアの次の新発債は「かなり魅力的な価格に設定しなければならない。投資家の買い意欲は間違いなく2012年ほど強くない」と指摘する。

■米緩和縮小で後れ

FRBが資産購入を減額し始めてから、アフリカ債券は他の「フロンティア」市場に後れを取ってきた。フロンティア市場を対象としたJPモルガンのNEXGEM指数の利回りが今年3.17%に上っているのに対し、アフリカ指数の利回りは2.76%にとどまっている。

ディールロジックによると、昨年のアフリカの国債発行額は110億ドルを超え、2012年の60億ドルから増加した。「アフリカ市場の過去数年間の活況が変わるとは思わないが、新興国市場全般に対する需要はそれほど強くない」とウォルマン氏は言う。

さらに慎重な投資家もいる。パイオニア・インベストメンツで新興国債券部門を率いるイェルラン・シズディコフ氏は、債券の希少性が「無理なバリュエーション(評価)」をもたらしたとし、「コモディティー(価格の)圧力のために、我々は慎重になっている」と話す。

By Ralph Atkins and Robin Wigglesworth in London



 
 
>TOP

★InfoComニューズレターより★

タブレットが変えるザンビアの教育:「ZEduPad」

2014年3月28日掲載

(株)情報通信総合研究所
グローバル研究グループ
副主任研究員 佐藤 仁

世界銀行の調査ではザンビアは国民の18%にしか電気が行き届いていない国である(※1)。そのアフリカのザンビアでタブレットが教育を変えようとしている。

30年以上ザンビアに住んでいるイギリスの起業家Mark Bennett氏がザンビアの小学校でタブレット「ZEduPad」を開発するにあたってここまで約500万ドルを投資している。7インチ・32Gのタブレットは中国で1台あたり100ドルで製造される。Wi-Fiにも対応している。バッテリーの持ちは6〜9時間程度。そのタブレットに小学校1年生から7年生までの12,000の教材がプレインストールして、1台200ドルで学校や先生に販売されている。教材は「iScool.zm」が提供しており、英語や現地の言語など8か国語に対応している。

「ZEduPad」には勉強教材の他にも大人向けに農業情報と、結核やマラリアで多くの人が死亡するのでそれらを回避するためのヘルスケア関連の情報も提供している。

 人口約1,400万人のザンビアの平均年齢は16.7歳と非常に若い国である。CIAの統計によると、5〜14歳の子供の労働者が100万人以上存在し、15歳以上の識字率は61%と低い(特に女性は51%と男性よりも識字率が低い)(※2)。日本では信じられないかもしれないが、全員が小学校に行けるということはない。ザンビア政府では2001年から小学校への就学率を90%以上にすることを目標としてきた(※3)。そして同国には110万人を超えるHIV患者が存在している。多くのアフリカ諸国では貧困環境にあると義務教育でも学校に行かなくなり、中退してしまうことが多い。そして電気が行き届いてない地域も多い。

 ザンビアはまだまだ解決しなくてはならない問題が多くある国であるが、教育現場でタブレットが活用されることによって、学校での勉強の楽しさを知ると同時に識字率、ICTリテラシーの向上が期待される。

 日本や先進国ではタブレットが教育に使われていることも多く日常的な光景であるが、ザンビアの学校でのタブレット導入は、同国のような途上国の教育に大きなインパクトを与えている。

*本情報は2014年3月28日時点のものである。

※1 CNN(2014) 19, Feb 2014 “Who needs textbooks? 'Zambian iPad' goes to school”

※2 CIA (2014) Country Profile: Zambia

※3 innov8tiv(2014) 6 mar 2014, “The ZEduPad - A Zambian Computer Tablet Taking Education To A New Height”

タブレットが変えるザンビアの教育:「ZEduPad」



 
 
>TOP

秋篠宮ご夫妻、ザンビアとタンザニア訪問

nikkei.com

2014/5/16 18:35

宮内庁は16日、秋篠宮ご夫妻が6月下旬から7月上旬にかけて、アフリカのザンビアとタンザニアを公式訪問されることを検討していると発表した。日本は今年、ザンビアとの外交関係樹立50周年を迎える。両国から招待があったという。



 
 
>TOP

日本、7日にザンビア戦 W杯前最後の強化試合

nikkei.com

2014/6/6 8:45

【クリアウオーター(米フロリダ州)=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表は6日午後7時半(日本時間7日午前8時半)から米フロリダ州タンパでザンビアと強化試合を行う。W杯前最後の実戦となる。

5日は合宿地のクリアウオーターで冒頭のみを報道陣に公開し、香川(マンチェスター・ユナイテッド)らが練習した。右ふくらはぎに張りを訴えた長友(インテル・ミラノ)は別メニュー調整になった。

記者会見したザッケローニ監督は「最後のテストの場。試したい選手もいるし、90分間できるかを見極めないといけない選手もいる」と語った。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が46位、W杯アフリカ予選で敗退したザンビアは76位。日本は7日にブラジルでの拠点となるイトゥへ移動する。



 
 
>TOP

長友・西川ら先発 日本代表、ザンビアと強化試合

nikkei.com

2014/6/7 8:45

【タンパ(米フロリダ州)=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に臨む日本代表は6日、米フロリダ州タンパで行われた強化試合でザンビアと対戦した。W杯を前にした最後の国際試合となる。

日本はコスタリカ戦から先発5人を入れ替え、右ふくらはぎに張りを訴えていた長友(インテル・ミラノ)やGK西川(浦和)が名を連ねた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が46位で、初対戦のザンビアは76位。

日本は7日にタンパを離れ、ブラジルでの拠点イトゥへ移動し、14日(日本時間15日)の1次リーグC組初戦のコートジボワール戦に備える。



 
 
>TOP

日本、ザンビアに4−3で逆転勝ち サッカー強化試合

nikkei.com

2014/6/7 10:29 (2014/6/7 11:07更新)

【タンパ〈米フロリダ州〉=武智幸徳】サッカーの日本代表は6日、フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス競技場でアフリカのザンビア代表と親善試合を行い、4−3で逆転勝ちした。

14日(同15日)にワールドカップ(W杯)ブラジル大会の第1戦(コートジボワール戦)を迎える日本は、これが大会前最後の国際試合。2日のコスタリカ戦からGK西川(浦和)、左SB長友(インテル・ミラノ)、ボランチに遠藤(G大阪)、サイドのMFに岡崎(マインツ)、1トップに柿谷(C大阪)と先発を5人入れ替えた。

スピードとパワーを生かしたザンビアは9分にC・カトンゴが頭で押し込んで先制。29分にもCKからのサインプレーでシンカラが右足でクリーンシュートを決めた。

国際試合4連勝中の日本も懸命に反撃。香川(マンチェスター・ユナイテッド)のクロスがハンドを誘ってPK、これを40分に本田(ACミラン)が決めて1点差とし、前半を折り返した。

後半はワントップの柿谷(C大阪)に代えて大久保(川崎)を投入。

74分、大久保を狙った香川のクロス気味のボールがそのままゴールネットを揺らして同点となった。その1分後には途中出場の森重(FC東京)の右からの折り返しに本田(ACミラン)が両足を投げ出すように合わせてこの日2点目を決めた。

逃げ切りを計りたかった日本は、89分に相手にミドルシュートを決められて同点にされた。しかし、その直後の攻撃で、大久保が貴重な1点を入れて勝利を収めた。



 
 
>TOP

大久保「思い切り振り抜いた」 ザンビア戦

nikkei.com

2014/6/7 11:18

大久保の話 アオ(青山)からすごくいいボールが来たので、思い切り振り抜いた。1点取れたことで、勢いを持って(W杯に)入れる。すごく楽しみになってきた。〔共同〕



 
 
>TOP

本田「課題が大きく残った」 ザンビア戦

nikkei.com

2014/6/7 11:18

本田の話 前の試合と同じで、先に失点しているので課題が大きく残った。次の試合までに修正しないといけない。このW杯のためにやってきたことは多い。最高の準備をして、自分だけじゃ勝てないけど、しっかり集中して結果を出したい。〔共同〕



 
 
>TOP

ザッケローニ監督「このチームはもっとできる」 ザンビア戦

nikkei.com

2014/6/7 11:19

ザッケローニ日本代表監督の話 試合の入り方がよくなかったし、うまく流れを読めないところもあった。本番ではこうならないようにしたい。このチームはもっとできる。残り1週間、本番にベストの状態で臨めるように準備したい。〔共同〕



 
 
>TOP

秋篠宮ご夫妻、アフリカから帰国

nikkei.com

2014/7/8 19:08

アフリカのザンビアとタンザニアを公式訪問していた秋篠宮ご夫妻は8日午後、羽田空港着の民間機で帰国された。ご夫妻は両国で大統領を表敬、晩さん会などに出席された。



 
 
>TOP

「大統領はイモ」発言は無罪=言論の自由認める−ザンビア

時事ドットコム

【ルサカAFP=時事】アフリカ南部ザンビアのサタ大統領を「イモ」と呼び、罪に問われた野党党首に対し、北部カサマの裁判所は15日、「言論の自由」を認め無罪判決を言い渡した。

野党「より良いザンビアへの連合」のフランク・ブワルヤ党首は1月、ラジオの生放送中に大統領を「サツマイモ」と批判した。現地の言葉で「サツマイモ」は忠告に耳を貸さない人物を指す。

無罪判決を受け、ブワルヤ氏は「この国には表現の自由があり、野党党首の私には批判する権利があることを裁判所は明らかにした」と喜んだ。(2014/07/16-06:13)



 
 
>TOP

米フェイスブックがザンビアで無料ネット接続サービス

nikkei.com

2014/8/1 11:06

【シリコンバレー=小川義也】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは7月31日、インドの携帯大手バルティ・エアテルと組み、アフリカのザンビアで無料のインターネット接続サービスを始めたと発表した。フェイスブックは昨年、世界で約3割にとどまるネット人口の拡大に向けた普及団体を設立。新サービスは具体策の第1弾となる。

バルティ・エアテルがザンビアで提供している携帯電話サービスの加入者が対象。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)やフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)に専用のアプリ(応用ソフト)をダウンロードして利用する。

フェイスブックのほか、グーグルの検索サービス、ウィキペディア、気象などの地域情報サービスを使う際のデータ通信料が無料になる。

フェイスブックが韓国サムスン電子などと設立した普及団体「internet.org(インターネット・ドット・オーグ)」によると、世界人口の85%は携帯電話を使える地域に住んでいながら、実際にネットを利用しているのは約3割にとどまるという。

フェイスブックは他の国の携帯電話事業者とも協議中で、「まもなく、さらに多くの国で基本的なネットサービスを無料で提供できると期待している」(マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者)としている。



 
 
>TOP

米フェイスブック、ザンビアで無料ネット接続サービス

nikkei.com

2014/8/1 19:42

【シリコンバレー=小川義也】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは7月31日、インドの携帯大手バルティ・エアテルと組み、アフリカのザンビアで無料のインターネット接続サービスを始めたと発表した。フェイスブックは昨年、世界で約3割にとどまるネット人口の拡大に向けた普及団体を設立。新サービスは具体策の第1弾となる。

バルティ・エアテルがザンビアで提供している携帯電話サービスの加入者が対象。米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマートフォン(スマホ)やフィーチャーフォン(従来型の携帯電話)に専用のアプリ(応用ソフト)をダウンロードして利用する。

フェイスブックのほか、グーグルの検索サービス、ウィキペディア、気象などの地域情報サービスを使う際のデータ通信料が無料になる。

フェイスブックが韓国サムスン電子などと設立した普及団体「internet.org(インターネット・ドット・オーグ)」によると、世界人口の85%は携帯電話を使える地域に住んでいながら、実際にネットを利用しているのは約3割にとどまるという。

フェイスブックは他の国の携帯電話事業者とも協議中で、「まもなく、さらに多くの国で基本的なネットサービスを無料で提供できると期待している」(マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者)としている。



 
 
>TOP

エボラ熱、封じ込めに必死 往来規制で物流が滞る国も

asahi.com

杉山正2014年8月11日11時40分

西アフリカでエボラ出血熱が大流行し、1千人近くが死亡していることを受け、アフリカ各国で封じ込めに躍起になっている。中には過剰な反応をする国も出てきている。

AFP通信などによると、南部アフリカのザンビアは11日までに、感染が拡大しているリベリア、ナイジェリア、シエラレオネ、ギニアの各国民が入国することを禁じる措置をとった。国際会議でも流行国からの代表団が参加することも拒否するという。

また、チャドはナイジェリアからの全航空便の乗り入れを中止した。

発生国では、ギニアがリベリア、シエラレオネとの国境を封鎖。シエラレオネは感染集中地域に軍部隊1500人を配備し、人の往来を規制している。規制により物資の流通が滞り、食料などの価格が高騰しているという。

ただ、感染患者や死者に対応する人員が不足している。AP通信によると、リベリアでは9日、路上に遺体が放置されているとして市民が抗議のため幹線道路を封鎖。治安部隊が出動する騒ぎになったという。

一方、シエラレオネから帰国後、サウジアラビアで感染が疑われ、死亡した男性について同国保健省は9日、検査の結果、エボラウイルスには感染していなかったとした。(杉山正)



 
 
>TOP

ザンビアのサタ大統領が死去

The Yomiuri Shimbun

2014年10月29日 22時33分

ロイター通信などによると、ザンビア政府は29日、マイケル・サタ大統領(77)が治療を受けていたロンドンの病院で28日死去したと発表した。

死因は公表されていないが、長年病気を患っていたとの指摘がある。

暫定大統領には、白人のガイ・スコット副大統領が指名された。アフリカでの白人指導者は、南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離政策)を撤廃したフレデリク・デクラーク氏(任期1989〜94年)以来となる。憲法に基づき、90日以内に大統領選が行われる予定。(ヨハネスブルク 上杉洋司)

2014年10月29日 22時33分



 
 
>TOP

ザンビア大統領が死去 療養先のロンドンで

nikkei.com

2014/10/29 19:19

【ナイロビ=共同】アフリカ南部ザンビアからの報道によると、同国のマイケル・チルフヤ・サタ大統領が28日、療養先のロンドンの病院で死去した。77歳だった。死因は不明だが、治療のために今月、ロンドンに渡航していた。

政府は閣議を開き、今後の対応を協議。誰が大統領代理を務めるのかは不明。憲法の規定によると、90日以内に大統領選が実施される。

サタ氏は9月に国連総会出席のためニューヨークを訪問したが、演説をキャンセル。帰国後は公の場に姿を見せず、健康不安が広がっていた。

1991年に複数政党制民主主義運動(MMD)に入党し地方自治相、保健相などを歴任後、2001年に野党、愛国戦線(PF)を結成。大統領選で3度敗退したが、11年の選挙で勝利した。

ザンビアは銅やコバルトの輸出で経済が好調で、世界銀行によると昨年の成長率は6.4%。一方、世界最貧国の一つで国民所得は低い。



 
 
>TOP

ザンビア:マイケル・サタ大統領 療養中のロンドンで死去

毎日新聞 2014年10月29日 19時00分(最終更新 10月29日 23時31分)

アフリカ南部ザンビアのマイケル・サタ大統領が28日、病気療養中のロンドンで死去した。77歳だった。サタ氏は今年6月ごろから体調不良が伝えられていた。

90日以内に大統領選が実施されるが、新大統領選出まではスコット副大統領が執務を代行する。スコット氏は英国系白人で、アフリカで白人が政府トップに立つのは、南アフリカ白人政権最後のデクラーク大統領以来20年ぶり。【ヨハネスブルク】



 
 
>TOP

ザンビア大統領死去、白人のスコット氏が暫定大統領に

cnn.co.jp

2014.10.30 Thu posted at 15:42 JST

(CNN) ザンビアのマイケル・サタ大統領が病気療養のため滞在していた英ロンドンで死去し、副大統領のガイ・スコット氏が暫定大統領に指名された。サハラ砂漠以南のアフリカで白人が大統領になるのはアパルトヘイト以来。憲法に基づき90日以内に大統領選挙が行われる。

サタ氏は先週、療養のために渡英し、ロンドンの病院で29日夜に死去した。77歳だった。病名や死因は公表されていない。

英国からの独立運動で頭角を現した後、政党「愛国戦線」を創設。銅産業に対する中国からの投資や、外国企業によるザンビア労働者の不当な扱いを非難して人気を集め、2011年9月、当時の現職大統領を破って大統領に就任した。

しかし就任後間もなく公の場に姿を見せないことが多くなり、外国で療養しているのではないかとの憶測が飛び交っていた。

暫定大統領に指名されたスコット氏はスコットランド系で、3年前に副大統領に就任した。大統領選への出馬については、憲法規定で候補者の両親がザンビア生まれであることを要件としているが、スコット氏はそれを満たさない。

サハラ砂漠以南のアフリカで白人が大統領になるのは、南アフリカのフレデリック・デクラーク元大統領以来。



 
 
>TOP

ザンビアのサタ大統領が病死 副大統領が暫定元首に

asahi.com

ヨハネスブルク=三浦英之2014年10月30日01時54分

アフリカ南部の資源国ザンビアのマイケル・サタ大統領(77)が28日夕、病気治療のため入院していたロンドンの病院で死去した。ロイター通信などが報じた。

サタ大統領は2011年、野党党首として大統領選に立候補し、現職のバンダ氏ら9人の候補者を破って当選した。豊富な銅資源を有し、外国からの投資によって経済成長を続ける同国で、当初、主に中国を中心とした外国資本への批判を繰り返していたが、大統領就任後は中国批判を弱めていた。

大統領の死去を受け、白人のガイ・スコット副大統領が暫定大統領に就いた。サハラ砂漠以南のアフリカでは、南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離)政策を撤廃したデクラーク元大統領の退任後、白人が初めて国家元首になったことになる。後継を決める大統領選は90日以内に実施される予定で、スコット暫定大統領も候補の一人とみられている。(ヨハネスブルク=三浦英之)



UP:2010 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)