HOME > World / Africa >

スーダン共和国 〜2007年9月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017


○2007年10月〜12月のニュース、企画案内 → スーダン共和国 2007年10月〜12月
○最新のニュース、企画案内 → スーダン共和国

○外務省 各国・地域情勢 スーダン共和国


* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆1993/09/04 毎日新聞 内戦続くスーダン 週1回の配給が命の綱
◆1994/01/25 日本経済新聞 スーダンを返済遅延国に指定
◆1994/02/06 毎日新聞 モスク襲撃で信者19人が死亡 スーダン
◆1994/02/07 毎日新聞 [オップランドの祭典]リメハンメル冬季五輪 開幕まで、あと5日
◆1994/02/15 毎日新聞 スーダン、政府軍空爆で250人死亡 SPLA
◆1995/09/04 毎日新聞 右目を失ったアウォイちゃんへ、救援金・励まし、全国から続々 毎日新聞連
◆1995/09/04 毎日新聞 善意の輪 右目を失ったスーダン難民キャンプのアウォイちゃんに激励、救援金
◆1995/06/30 日本経済新聞 エジプト・スーダン、関係きしみ増す ムバラク発言機に。
◆1995/10/17 毎日新聞 スーダン大使 井沢 蓮象氏
◆1999/12/13 日本経済新聞 スーダンが非常事態宣言
◆2005/04/14 JANJAN 女性団体、女性が3割比率を要求する
◆2005/04/14 JANJAN スーダン支援国会合:各国、女性支援重視の支援を求められる
◆2005/08/15 JANJAN カリスマ指導者の死亡が暴動と憶測の引き金に
◆2005/09/21 JANJAN かろうじて人々の記憶にとどまるダルフール危機
◆2006/01/17 JANJAN 人権団体、スーダン問題解決に国連の特別大使設置を要求
◆2006/02/09 JANJAN ダルフール問題で米政府に安保理決議を迫る
◆2006/03/01 JANJAN ダルフール紛争が国境を越えチャドへ
◆2006/04/02 JANJAN スーダン:問題解決からは未だ程遠い国内事情
◆2006/04/13 JANJAN スーダン政権への制裁を強化する米議会
◆2006/05/02 JANJAN スーダン:人々を悩ます道路修復と地雷処理
◆2006/06/11 JANJAN ダルフール状況、悪化の一途
◆2006/06/20 JANJAN スーダン難民とホロコーストの記憶
◆2006/08/18 JANJAN スーダン:ダルフール和平合意が暴動を激化
◆2006/10/13 JVCスーダン報告会「車両整備が出発点−手に職つけた帰還難民たちが、復興を担う」
◆2006/11/07 asahi.com スーダン 依然として続く緊急事態 国境なき医師団@スーダン
◆2006/11/17 国境なき医師団 西ダルフール州:攻撃激化により一般市民への援助が閉ざされる
◆2006/11/17 国境なき医師団 「人びとの苦悩という点で、事態は危機的」 -MSFインターナショナル会長へのインタビュー-
◆2006/11/17 国境なき医師団 ダルフールで実際に圧力を感じているのは誰か
◆2006/11/27 国境なき医師団 ダルフールの罠に捕らわれて
◆2007/01/04 JANJAN 2006−2007年の課題:ダルフール危機、依然深刻
◆2007/01/20 スーダン:暴力拡大で避難を余儀なくされる支援ワーカー
◆2007/01/23 中国情報局NEWS 胡錦涛国家主席、スーダンなどアフリカ8カ国訪問へ
◆2007/01/31 世界の医療団 スーダンのダルフールでの支援活動を無期限に停止
◆2007/02/06 asahi.com スーダン・ダルフール地方 現地報告
◆2007/02/06 国境なき医師団 西ダルフール州:暴力により新たに避難した人びとは孤立し、援助を受けられずにいる
◆2007/02/08 中国情報局NEWS 中国鉄路工程:スーダンで鉄道工事を受注
◆2007/02/20 JANJAN ウガンダ:和平交渉、スーダン中立性巡り難航
◆2007/03/07 JANJAN 政治:スーダン、国連の調査団を拒否
◆2007/03/12 asahi.com 「政府が犯罪行為」 ダルフール問題で国連人権理調査団
◆2007/03/12 asahi.com スーダン大統領、国連支援団の受け入れ保留
◆2007/03/12 yomiuri.co.jp 映画評「約束の旅路」 (フランス)
◆2007/03/13 中国情報局NEWS スーダン大統領:中国石油の作業員に「野菜おいしい」
◆2007/03/14 asahi.com スーダン法相、調査団報告書を否定 ダルフール問題
◆2007/03/14 asahi.com 英国、スーダンに新たな制裁決議案検討
◆2007/03/14 yomiuri.co.jp 「核廃絶賛同」20か国から返事…高校生1万人署名実行委
◆2007/03/19 外務省 スーダン、パレスチナ、モザンビークに対するFAO(国連食糧農業機関)を通じた貧困農民支援について
◆2007/03/31 asahi.com ダルフールの人権状況改善に、作業グループ設置へ 国連
◆2007/04/01 nikkeibp.co.jp 国連人権理閉幕、ダルフール問題で決議は「骨抜き」
◆2007/04/01 NIKKEI NET 国連人権理閉幕、ダルフール問題で決議は「骨抜き」
◆2007/04/01 国境なき医師団 スーダン南部における髄膜炎とコレラの流行
◆2007/04/02 asahi.com ダルフール難民への援助 現地報告 チャド@国境なき医師団
◆2007/04/02 時事ドットコム スーダンと軍事協力強化=中国
◆2007/04/03 時事ドットコム ダルフール問題でAUと協議へ=国連総長
◆2007/04/08 国境なき医師団 MSF、髄膜炎ベルトで髄膜炎流行に対応
◆2007/04/09 時事ドットコム スーダンがAU部隊への国連の増派を了承=ダルフールの平和維持で
◆2007/04/10 yomiuri.co.jp ダルフールからの越境民兵、チャドで住民200人以上殺害
◆2007/04/11 Sankeiweb 現地の衛星画像を提供 ダルフール危機に監視の目を
◆2007/04/11 ITmedia News ダルフール紛争の現状がGoogle Earthのレイヤーに
◆2007/04/11 時事ドットコム チャド、スーダン両軍が国境で衝突=双方に多数の死傷者
◆2007/04/16 cnn.co.jp スーダン、ダルフールへの国連部隊展開に同意か
◆2007/04/17 東京新聞 スーダンが国連PKO了承 3段階派遣計画の2段階目
◆2007/04/17 東京新聞 PKO要員の派遣急ぐ ダルフール情勢で潘氏
◆2007/04/17 yomiuri.co.jp ダルフールに国連PKO3000人、スーダン受け入れ表明
◆2007/04/17 asahi.com 支援活動の「屋台骨」 JEN@スーダン
◆2007/04/17 asahi.com スーダン、国連の戦闘ヘリ派遣を受け入れへ
◆2007/04/17 くまにちコム スーダンが国連PKO了承 3段階派遣計画の2段階目
◆2007/04/17 くまにちコム PKO要員の派遣急ぐ ダルフール情勢で潘氏
◆2007/04/17 毎日新聞 スーダン:国連のPKO受け入れへ ダルフール紛争で
◆2007/04/17 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争への国連部隊受け入れを表明
◆2007/04/18 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争、治安回復には程遠く
◆2007/04/19 国境なき医師団 ダルフール地方におけるMSFの活動 −4月4日現在−
◆2007/04/19 東京新聞 国連機偽装し住民空爆 スーダン、国際法違反か
◆2007/04/19 毎日新聞 米大統領:スーダン・ダルフール紛争で制裁強化を警告
◆2007/04/19 NIKKEI NET 米大統領、スーダンに制裁強化を警告
◆2007/04/20 国境なき医師団 スーダン・北ダルフール州:孤立した地域社会に援助を届ける試み
◆2007/04/20 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 ブッシュ米大統領、制裁強化を警告
◆2007/04/21 緑のサヘル 第36回報告会 スーダン難民と住民と共に〜二重の緊張状態にあるチャドで @横浜
◆2007/04/23 国境なき医師団 スーダン・ダルフール地方:「正しい問い、誤った答え」−プログラム副管理者へのインタビュー
◆2007/05/01 JANJAN 中国、ダルフールへの国際部隊派遣を自らの功績に
◆2007/05/10 yomiuri.co.jp ダルフール紛争、和平の動き停滞…集落やNGOに襲撃続く
◆2007/05/10 NIKKEI NET 中国、「アフリカ事務特別代表」新設・スーダンの紛争に対応
◆2007/05/11 時事ドットコム 米、中国のアフリカ特別代表任命を歓迎=ダルフール紛争終結へ行動促す
◆2007/05/11 www.people.ne.jp 中国、ダルフールに工兵分隊275人を派遣
◆2007/05/11 朝鮮日報 ダルフール紛争:中国、アフリカ事務特別代表を設置
◆2007/05/11 IBTimes 中国政府、アフリカ事務特別代表の新設で批判回避
◆2007/05/20 NIKKEI NET 仏外相、ダルフールを優先課題に
◆2007/05/23 時事ドットコム 制裁の脅しは平和をもたらさない=ダルフール紛争で中国が警告
◆2007/05/25 cnn.co.jp サルコジ新大統領が年内に訪中、胡主席の招待受諾
◆2007/05/28 時事ドットコム ダルフール問題などで中国と直接協議へ=欧州諸国、ASEM外相会合で
◆2007/05/29 時事ドットコム 対スーダン制裁を強化=安保理決議案の採択も目指す−米大統領
◆2007/05/29 Sankeiweb 米大統領、スーダンへの制裁強化
◆2007/05/30 AFP BB News 米政府の新たな対スーダン制裁、安保理制裁決議の採択も模索
◆2007/05/30 毎日新聞 米大統領:スーダン制裁強化を発表 紛争抑止を目的に
◆2007/05/30 毎日新聞 中国:米国の対スーダン制裁強化に反対
◆2007/05/30 毎日新聞 G8外相会合:スーダンの人権抑圧問題を協議へ
◆2007/05/30 北海道新聞 米、スーダン制裁強化 安保理制裁も協議へ
◆2007/05/30 cnn.co.jp 対スーダン制裁強化、米大統領が発表
◆2007/05/30 asahi.com 米大統領、スーダンへの新たな制裁に言及
◆2007/05/30 asahi.com 米、スーダンに追加制裁 安保理決議採択目指す
◆2007/05/30 NIKKEI NET 米大統領、スーダン制裁を強化
◆2007/05/31 asahi.com スーダンに安保理が訪問団 部隊展開など協議へ
◆2007/06/01 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 制裁か対話か 米英と欧州、独サミットで議論へ
◆2007/06/01 毎日新聞 G8:スーダンのダルフール紛争、主要議題の一つに
◆2007/06/02 asahi.com 「ダルフールと北京五輪は、別問題」と国連事務総長
◆2007/06/05 NIKKEI NET 米大統領「ロシア、改革脱線」・中国も批判
◆2007/06/06 米上院議員、ダルフール介入を要求
◆2007/06/07 Sankeiweb ダルフール虐殺黙認 「中国に抗議」米下院決議
◆2007/06/08 時事ドットコム スーダンに国連・AU合同部隊の速やかな受け入れを要求=米国
◆2007/06/08 AFP BB News ダルフール紛争に関する国際会議を今月25日にパリで開催
◆2007/06/08 AFP BB News 米政府、スーダン政府に対しAU・UN合同部隊受け入れを要求
◆2007/06/12 ナショナル ジオグラフィック 南スーダンで野生動物の巨大な群れを発見 数十年にわたる内戦を生き抜く
◆2007/06/13 時事ドットコム 国連・AU合同部隊受け入れ=ダルフール紛争でスーダン政府
◆2007/06/13 cnn.co.jp スーダン、ダルフールPKO部隊受け入れ
◆2007/06/14 毎日新聞 スーダン:ダルフールへの平和維持部隊受け入れで合意
◆2007/06/14 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 平和維持部隊の受け入れで合意−−スーダンとAU
◆2007/06/14 Sankeiweb 米女優、“聖火リレー”で中国に抗議
◆2007/06/15 国境なき医師団 MSF、スーダン政府より「2007年ボランティアNGO賞」を受賞 −MSFはスーダン政府のダルフール危機における責任について強調−
◆2007/06/15 asahi.com ダルフールへのPKO「数カ月で派遣」 国連事務次長
◆2007/06/17 AFP BB News 国連事務総長「ダルフール紛争は気候変動が原因」
◆2007/06/17 時事ドットコム 合同部隊の速やかなダルフール展開を協議=国連安保理とAU
◆2007/06/18 asahi.com ダルフールへの合同部隊無条件受け入れで正式合意
◆2007/06/18 時事ドットコム 合同部隊のダルフール展開、スーダン大統領が受け入れ確認=安保理代表団
◆2007/06/19 毎日新聞 不安定な国:スーダンに次ぎイラク2位 米外交誌
◆2007/06/21 NIKKEI NET 米中が高官対話、ダルフール情勢など協議
◆2007/06/26 NIKKEI NET 日本、ダルフール紛争解決に18億円の支援実施を表明
◆2007/06/26 asahi.com 国連総長、ダルフール問題で中国の建設的役割を称賛
◆2007/06/27 中日新聞 温暖化で気候難民 2050年に10億人予測も
◆2007/06/27 Sankeiweb 【湯浅博の世界読解】対中非難決議の方こそ注目を
◆2007/06/27 外務省 スーダン・ダルフール情勢に係る拡大コンタクト・グループ会合(概要と評価)
◆2007/06/28 NIKKEI NET 社説2 スーダンの悲劇放置するな
◆2007/07/01 New Internationalist No.401 ダルフールのためのアクション
◆2007/07/02 中国情報局NEWS 中国石油天然気、スーダンで石油探査権を獲得
◆2007/07/03 JVC スーダン:現地調整員帰国報告会「JVCスーダンでの活動  試行錯誤の2年を振り返る」 @東京
◆2007/07/03 国境なき医師団 ダルフール地方におけるMSFの活動 2007年6月現在
◆2007/07/03 国境なき医師団 スーダン・ダルフール:MSFインターナショナル会長へのインタビュー −人道回廊の設置はMSFの努力を台無しにする−
◆2007/07/06 中国新聞 ダルフールPKOを検討 自衛隊派遣の可能性
◆2007/07/06 FujiSankei Business i ダルフール問題、五輪に影響せず 「建設的役割に評価」と中国
◆2007/07/07 西日本新聞九州ねっと 政府 ダルフールPKO検討 自衛隊派遣 調整は難航か
◆2007/07/07 JANJAN ダルフール紛争を知らない日本人
◆2007/07/07 nichigo press ヒロシマ&ナガサキ・メモリアル・コンサート
◆2007/07/08 北京週報 国連特使、ダルフールの平和実現を楽観視
◆2007/07/10 NHK BS1 <シリーズ アフリカ>さまよえるスーダン難民
◆2007/07/11 NIKKEI NET 日本と中国、アフリカ支援で連携・9月にも局長級協議
◆2007/07/11 NIKKEI NET 米大統領、新設アフリカ軍司令官を指名
◆2007/07/11 CHRISTIAN TODAY 信教の自由保護、キリスト教国家で最多 米調査機関発表
◆2007/07/12 asahi.com スーダン・ダルフールに合同部隊の展開認める決議案
◆2007/07/12 JANJAN ダルフールの石油を巡る複雑事情
◆2007/07/13 時事ドットコム 洪水で30人死亡、負傷者も100人に=スーダン
◆2007/07/14 Sankeiweb イラン・北の大量破壊兵器 中国が拡散関与 米議会証言
◆2007/07/15 AFP BB News ダルフール紛争をめぐる国際会議、トリポリで開催
◆2007/07/15 JANJAN スーダン:紛争と結びつける国連環境計画
◆2007/07/16 www.people.ne.jp ダルフール紛争 交渉再開に向けた国際会議 開催
◆2007/07/16 AFP BB News ダルフール紛争、和平交渉再開へ向けて8月に準備協議
◆2007/07/18 NIKKEI NET 国連事務総長、イラク復興に協力表明・米大統領と会談
◆2007/07/18 北京週報 共産党の高官、ダルフール和平プロセス支持を再度表明
◆2007/07/19 yomiuri.co.jp ダルフールの惨状に怒り、“赤い”ジュネーブの大噴水
◆2007/07/21 毎日新聞 英仏首脳:初会談 ダルフールの和平促進に意欲
◆2007/07/22 JANJAN スーダン/EU・ダルフール:忍び寄る飢餓の脅威
◆2007/07/23 yomiuri.co.jp チャド東部に3000人のEU軍部隊派遣へ
◆2007/07/23 JANJAN アフリカは遠いか ダルフール紛争に
◆2007/07/23 AFP BB News スーダン大統領、米英のイラク失策を非難
◆2007/07/24 asahi.com EUが、スーダン隣国に軍部隊派遣へ 避難民救済のため
◆2007/07/24 外務省 スーダン共和国における洪水被害に対する緊急援助について
◆2007/07/25 asahi.com ダルフール問題 英仏が修正案提示
◆2007/07/25 時事ドットコム 制裁条項削除でスーダンに配慮=ダルフールPKOの修正決議案−安保理
◆2007/07/26 Sankeiweb スーダン政府に賠償命じる 駆逐艦爆破事件で米地裁
◆2007/07/26 cnn.co.jp コール事件遺族への賠償、裁判所がスーダン政府に命じる
◆2007/07/27 JANJAN チャドに平和維持部隊派遣計画
◆2007/07/27 東京新聞 ダルフールに巨大地下湖? スーダン、紛争解決に期待も
◆2007/07/28 東京新聞 ダルフール紛争での対応批判 北京五輪アドバイザー スピルバーグ氏辞任も 『中国はスーダン政府に圧力を』(中日新聞も同内容の記事「スピルバーグ氏辞退も 北京五輪芸術アドバイザー」)
◆2007/07/28 AFP BB News スティーヴン・スピルバーグ、北京五輪の芸術顧問辞任を示唆
◆2007/07/28 JANJAN ダルフール:忍び寄る飢餓の脅威(全訳記事)
◆2007/07/30 ITmedia OSCEの報告書、インターネット利用に多くの規制を課す国々へ警告
◆2007/07/31 JANJAN アフリカにおける中国の重要性増大に期待と懸念
◆2007/07/31 外務省 WFP(国連世界食糧計画)を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換について
◆2007/07/31 外務省 パレスチナ及びイエメン、スーダン、エリトリア、エチオピアに対するFAO(国連食糧農業機関)を通じた貧困農民支援について
◆2007/08/01 外務省 スーダン・ダルフール地域における国連・AU合同ミッション(UNAMID)設立に関する国連安保理決議の採択について
◆2007/08/01 IBTimes 外務省、WFPを通した7ヶ国への食糧援助を発表
◆2007/08/01 asahi.com ダルフールに2万6千人の合同部隊 国連安保理が決議
◆2007/08/01 毎日新聞 ダルフール:国連がPKO活動決議 最大2万6千人派遣
◆2007/08/01 yomiuri.co.jp 史上最大2万6千のPKO部隊、スーダン派遣…安保理決議
◆2007/08/01 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 国連・AUが合同部隊派遣−−安保理決議
◆2007/08/01 AFP BB News 国連安保理、ダルフール決議案を採択
◆2007/08/01 時事ドットコム ダルフールへの国連・AU合同部隊の派遣を歓迎=中国
◆2007/08/02 asahi.com スーダンPKO、500億円分担 自衛隊派遣は消極的
◆2007/08/02 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争解決へ安保理決議 多くの課題も
◆2007/08/02 毎日新聞 楊・中国外相:ダルフールへの国連部隊派遣決議採択を評価
◆2007/08/02 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 国連、難しい治安維持 武装勢力、拠点は隣国
◆2007/08/02 AFP BB News スーダン政府、ダルフールへのUNAMID派遣を受諾
◆2007/08/03 北京週報 中国、国連安保理のダルフール決議採択を歓迎
◆2007/08/03 外務省海外安全ホームページ スーダンに対する渡航情報(危険情報)の発出
◆2007/08/04 時事ドットコム 統一戦線結成に向けダルフールの反政府勢力が会合
◆2007/08/04 AFP BB News 安保理決議を受けダルフールの反政府勢力が会合
◆2007/08/04 北京週報 ダルフール問題をめぐる国際会議が開催
◆2007/08/06 日本赤十字社 戦場で働く日赤の看護師
◆2007/08/06 AFP BB News ダルフール和平交渉、反政府勢力が共通合意
◆2007/08/07 JANJAN 北京五輪に影を落とすスーダンとの密接な関係
◆2007/08/07 北京週報 ダルフール問題国際会議に進展
◆2007/08/07 時事ドットコム 洪水で死者64人、負傷者335人=被災者は36万5000人に−スーダン
◆2007/08/07 asahi.com ダルフール問題国際会議に進展
◆2007/08/08 時事ドットコム ダルフール危機解決へ準備整う=反政府勢力の合意で−米特使
◆2007/08/08 Voice of India スーダン、インド投資家に3点パッケージを提供
◆2007/08/09 時事ドットコム ダルフールの反政府勢力、政府軍機1機を撃墜と発表=スーダン
◆2007/08/13 AFP BB News 「ダルフールに国連部隊の派遣は必要ない」、AU委員長が見解示す
◆2007/08/14 AFP BB News スーダンの独立運動を指導したムハンマド・アフマドの霊廟
◆2007/08/15 外務省 地雷専門家のアフリカ派遣について
◆2007/08/16 JANJAN スーダン和平協議行われるも、主要勢力の一部欠席
◆2007/08/17 毎日新聞 スーダン・ダルフール危機:中国は打開へ影響力行使せよ、さもなくば…「虐殺五輪だ」
◆2007/08/20 cnn.co.jp イスラエル、ダルフール難民ら50人の受け入れ拒否
◆2007/08/20 中央(チュンアン)日報 政府、スーダンを「旅行制限地域」に
◆2007/08/21 asahi.com 「復興を担う若者たち」
◆2007/08/21 AFP BB News ダルフール紛争、反政府勢力が統一軍事組織設立へ
◆2007/08/22 Sankeiweb 【やばいぞ日本】第2部 資源ウオーズ(4)イラン「中国カード」で圧力
◆2007/08/23 時事ドットコム ダルフール和平交渉、10月開始へ=AUスーダン特使が見通し示す
◆2007/08/24 時事ドットコム スーダン、EUとカナダの外交官を国外追放=内政問題への干渉を理由に
◆2007/08/24 毎日新聞 スーダン:カナダとEU欧州委の外交官2人を国外追放
◆2007/08/24 Sankeiweb 外交官2人を国外追放 スーダン
◆2007/08/25 AFP BB News カナダと欧州委員会の外交官を追放 スーダン
◆2007/08/26 AFP BB News 独メルケル首相、中国、日本での首脳会談に向けて出発
◆2007/08/26 AFP BB News スーダン、国外追放した外交官のうち1人の任務復帰認める
◆2007/08/28 外務省 スーダン共和国に対するユニセフ(国際連合児童基金)を通じた無償資金協力(スーダン共和国における「小児感染症予防計画」)に関する署名の交換について
◆2007/08/28 東洋経済新報 「世界の貧困と戦争を根絶することは可能か 」ジェフリー・サックス・コロンビア大学地球研究所所長
◆2007/08/30 国境なき医師団 スーダン・ダルフール地方:日本人ロジスティシャンからの手紙
◆2007/08/31 cinematoday.jp ミア・ファロー、人権の聖火に思いを託す
◆2007/09 CAPEDS ハルツーム大学障害学生卒業生の会との懇談会
◆2007/09/04 時事ドットコム 国連事務総長、スーダン入り=ダルフール和平推進で
◆2007/09/04 asahi.com 国連事務総長、スーダンなど訪問開始 ダルフール改善へ
◆2007/09/05 asahi.com スーダン特別代表にカジ氏
◆2007/09/06 国境なき医師団 スーダン・ダルフール地方:ムハジャリヤ周辺で襲撃再発、新たな避難を強いられる人びと
◆2007/09/06 毎日新聞 国連事務総長:スーダン・ダルフールの避難民キャンプ訪問
◆2007/09/06 asahi.com 国連事務総長、ダルフールを初訪問 国内避難民の抗議も
◆2007/09/06 NIKKEI NET 国連事務総長、スーダン西部のダルフール訪問
◆2007/09/07 毎日新聞 中国:ダルフールに施設建設部隊を派遣
◆2007/09/07 asahi.com ダルフール紛争、10月に和平協議 国連・スーダン合意
◆2007/09/07 NIKKEI NET 発電用原油、需給緩む・アジアのスポット市場
◆2007/09/07 AFP BB News ダルフール和平会議を来月リビアで開催、スーダン政府と国連が合意
◆2007/09/09 yomiuri.co.jp 潘国連総長と会談、カダフィ大佐がダルフール情勢で協力へ
◆2007/09/09 時事ドットコム 潘国連総長、カダフィ大佐と会談=ダルフール紛争解決へ協力で一致
◆2007/09/09 JANJAN 国連事務総長が紛争続くスーダンを初訪問
◆2007/09/10 asahi.com 10月和平協議が「最終段階」 ダルフール巡り事務総長
◆2007/09/11 中央日報 潘総長、顔合わせの説得で外交成果
◆2007/09/12 yomiuri.co.jp 「地球温暖化」が紛争の種にも…英研究所が警告、対策訴え
◆2007/09/14 asahi.com スーダン大統領「停戦の用意ある」 伊首相と会談
◆2007/09/14 Sankeiweb 国連、一連の会議日程発表 21日にダルフール会議
◆2007/09/15 東京新聞 『中国、五輪前に宗教弾圧』 米年次報告書『懸念される国』に指定
◆2007/09/15 中日新聞 信教の自由、8カ国に懸念 米国務省が年次報告書
◆2007/09/15 AFP BB News ローマ法王「ダルフール和平会議の成功を願う」 バシル・スーダン大統領と会談
◆2007/09/15 Sankeiweb ダルフール派遣部隊を公開 中国国防省
◆2007/09/15 AFP BB News スーダン大統領、10月の和平協議に向け「停戦の用意ある」
◆2007/09/16 yomiuri.co.jp 中国、スーダンPKO派遣部隊を公開…国際協調アピール
◆2007/09/16 NIKKEI NET ダルフールPKO、中国が部隊派遣アピール
◆2007/09/16 AFP BB News 中国のダルフール派遣予定部隊の訓練が公開
◆2007/09/17 朝鮮日報 宗教の自由:北朝鮮・中国など8カ国が特別関心国に
◆2007/09/18 中国情報局NEWS スーダン平和維持部隊、済南空港で141名が出発式
◆2007/09/19 Sankeiweb 洪水被災者150万人に・アフリカ17カ国、国連推計
◆2007/09/19 AFP BB News 第62回国連総会開幕、「温暖化、ダルフール紛争、イラク情勢」に焦点
◆2007/09/19 外務省 小野寺外務副大臣のバーレーン出張及びダルフール問題に関するハイレベル会合への出席
◆2007/09/20 農業情報研究所(WAPIC) 地球温暖化の農業生産への影響 世界地域・国・国内ごとの初めての予測
◆2007/09/22 時事ドットコム 来月の和平協議を紛争解決の好機に=ダルフール情勢で閣僚級会合−国連
◆2007/09/22 AFP BB News 洪水広がるアフリカ、コレラまん延の恐れも
◆2007/09/22 毎日新聞 ダルフール:派遣部隊構成でAUと国連の対立表面化
◆2007/09/22 AFP BB News ダルフール問題、リビアで和平会議開催へ
◆2007/09/23 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 派遣軍の構成、AU「アフリカだけで」 国連と対立
◆2007/09/24 NIKKEI NET ダルフール問題、10月停戦合意めざす・国連外相級会合で一致
◆2007/09/25 JANJAN 環境:地球温暖化は農業の崩壊に繋がる
◆2007/09/26 Sankeiweb EU部隊の展開承認 ダルフールからの難民保護
◆2007/09/26 asahi.com ダルフール問題、安保理サミットで結束強調
◆2007/09/27 ohmynews 同性愛をめぐる世界最新事情
◆2007/09/27 しんぶん赤旗 米大統領演説に批判続出 国連総会一般討論 人権問題利用に警鐘
◆2007/09/29 JANJAN 中国:スーダンで新たな発言力を示す中国
◆2007/09/29 AFP BB News 大洪水で疫病まん延の恐れ、アフリカ緊急支援アピール
◆2007/09/30 毎日新聞 ダルフール:何者かがAU基地襲撃10人死亡 スーダン
◆2007/09/30 asahi.com アフリカ連合10人死亡、50人行方不明 ダルフール
◆2007/09/30 nikkansports.com スーダン内紛襲撃でAU兵士ら12人死亡

ni Japan 2007年6月号 特集/ダルフールを見捨てるな
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン編・発行 定価600円 必要な方はこちらへ
内容
  1. イントロダクション スーダンレッド
  2. ダルフールの戦争と平和
  3. ダルフール その事実と経過
  4. レイプという武器
  5. アフリカの苦悩と団結
  6. 石油開発とつくられた紛争
  7. コンタクトポイント

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/sudan/
○BBC Country profile: Sudan
○Jeune Afrique Soudan
○ダルフール・ニュース http://darfur-news.seesaa.net/

○アフリカNOW 78号 特集:アフリカ障害者の10年〜アフリカの障害者の取り組みは今
2007年10月20日発行 一部500円(送料実費) 必要な方はAJF事務局こちらへ
内容
【参考図書】
民族紛争を生きる人びと―現代アフリカの国家とマイノリティ
栗本英世著 世界思想社 ¥2,345 四六版 1996年4月 [amazon]

近代スーダンにおける体制変動と民族形成
栗田禎子著 大月書店 ¥19,950 809p A5版 2001年3月 [amazon]


 
 
>TOP

1993/9/4

内戦続くスーダン 週1回の配給が命の綱

毎日新聞

[eye]<写真・大西行雄 文・若菜英晴>

◇160万人襲った食糧難、木の葉食べる子供も

スーダンは、現在アフリカで最も長い、十年以上の内戦が続いている。

戦火と干ばつで国の南部では約百六十万人が食糧難に苦しんでいるとされ、隣国に脱出する難民が後を絶たない。私たちは、難民が集中しているウガンダ北部のオグジェベと、エチオピア西部のイタングを訪ねた。木の葉を食べる子供たち、いつ終わるとも知れない異国での生活。必死に生きようとしている難民たちだが、「希望」が見えるわけではない。

「飢餓の三角地帯」。スーダン南部の三つの町、コンガ、ワット、アヨドを結ぶ一帯は、こう呼ばれている。内戦や部族間対立が最も激しく、難民の多くはこの地帯から国外に逃げだしてくる。

「ミルク、ミルクをくれ」。この三角地帯から山を越えて約三百五十キロのオグジェベの難民登録所で、一人の男性が私たちに迫ってきた。

彼が指さした先には、三男で一歳三カ月のアキン・ジョアレちゃんが九歳の姉の背で眠っていた。一家七人、ボロボロの衣類にハエがまとわりつく。今後、難民キャンプでの週一回の配給が一家の“命の綱”だ。

イタングは、オグジェべよりは、三角地帯から近い。それでも百キロはある。ここでは、難民たちが何の抵抗もなく、木の葉や野草をちぎっては食べていた。流入難民数は毎月数千人に上っている。エマニュエル・ジャジャルさん(28)は、病死した妹の子供五人を引き取って逃れてきた。安全と食糧を求めた移動に次ぐ移動は、既に七年目。難民キャンプを住み家とする以外、流浪生活にピリオドを打つ手はない。

スーダン内戦が起きたのは一九八三年。北部アラブ人中心の政府がイスラム法を導入したことに、キリスト教徒が多い南部の黒人が反発、スーダン人民解放軍(SPLA)を結成し政府軍と戦闘を続けている。

SPLAは、エチオピアの社会主義政権の支援を受けていたが、同政権は冷戦終結の流れの中で九一年五月に崩壊した。

一方、スーダン政府に対しては、南部の黒人への人権侵害を理由に、欧米諸国や日本が援助を停止。その欧米と対立するリビアが、スーダン政府と友好関係にある。

米ソの代理戦争の舞台ともなり、その後、国内経済の破たんと武器のはんらんで内戦と飢餓の道をたどったソマリアと同様、スーダンも国際政治の陰で人々の悲劇が繰り返されている。

<毎日新聞社・社会事業団 海外難民キャンペーン>

◇15年間で10億円超す

毎日新聞社と毎日新聞社会事業団が、海外の難民救済キャンペーンを始めたのは国際児童年の1979年。第1回のバングラデシュ、スリランカ以来、毎年、取材チームがアジア、アフリカ地域で難民取材に当たってきた。

15年目に当たる今年は6月中旬までの約40日間、ソマリア、ウガンダなど4カ国を取材した。救援金は毎年、国連機関などを通じ、現地へ届けられており、93年までに総額10億4284万円に達した。

救援金は飢餓地域や難民のための食糧、薬品、ミルクの救援物資の調達や輸送をはじめ、緑化、井戸掘り作業など幅広く役立っている。

救援金のあて先は、〒100 51 東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団「海外救援金」係(郵便振替・東京2の76498)。



 
 
>TOP

スーダンを返済遅延国に指定

日本経済新聞
1994年1月25日
ワシントン24日=前田昌孝

世界銀行は24日、元利金の返済を6ヵ月以上滞らせたスーダンを返済遅延国に指定し、元利金の返済を終えるまで新たな融資には応じないことを決めた。



 
 
>TOP

モスク襲撃で信者19人が死亡 スーダン

毎日新聞
1994年2月6日
カイロ5日田嶌徳弘

スーダンからの報道によると、首都ハルツームに隣接するオムドルマンで四日午後、礼拝が終わる直前のモスク(イスラム礼拝堂)が武装グループに襲撃され、イスラム教徒十九人が死亡、十五人が負傷した。襲撃組織は不明。



 
 
>TOP

1995/9/4

右目を失ったアウォイちゃんへ、救援金・励まし、全国から続々 毎日新聞連

毎日新聞

アウォイちゃんの右目に救いの手を 本紙連載企画「悲劇、果てず アフリカの被災民たち」で取り上げられたスーダン難民キャンプの女児、アウォイ・マヨラちゃん(4つ)=写真=の記事と写真が反響を呼び、掲載後一週間で全国から三百件を超える励ましの手紙や救援金が相次いだ。善意の輪と内戦への怒りの渦が広がり続けている。

アウォイちゃんはケニア北西部のカクマ難民キャンプ内の幼稚園児。スーダン南部の町・ボール出身だが、内戦で町には遺体が散乱、飢えたハイエナがある夜、寝ていたアウォイちゃんの顔にかみついた。顔の右側が大きく欠け、つぶれた右目とつぶらな左目から涙を流して泣いていたこのアウォイちゃんの姿は、八月二十八日付朝刊一面に紹介された。その直後から、善意の救援金や申し出が続々届き始めた。

「ぼくは(中略)一年生の時から近視でめがねをかけています。アウォイちゃんが戦争のせいでハイエナにおそわれて、大事な大事な目を失ってしまった事を知って、本当にかわいそうに思いました」

埼玉県川越市の市立高階北小学校三年、鈴木健弘君(9つ)は、そう手紙に書き、お年玉などをためた中から、二千円を寄せた。

………………………………………………………………………………………………………
 救援金は、左記へ郵便振替か現金書留で送金いただくか、直接ご持参ください。
 〒100 51 東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団「海外救援金」係(郵便振替 00120・0・76498)



 
 
>TOP

1995/9/4

善意の輪 右目を失ったスーダン難民キャンプのアウォイちゃんに激励、救援金

毎日新聞

アウォイちゃんの右目に救いの手を 本紙連載企画「悲劇、果てず アフリカの被災民たち」で取り上げられたスーダン難民キャンプの女児、アウォイ・マヨラちゃん(4つ)の記事と写真が反響を呼び、掲載後一週間で全国から三百件を超える励ましの手紙や救援金が相次いだ。中には阪神大震災で被災した人からのものもあり、善意の輪と内戦への怒りの渦が広がり続けている。

アウォイちゃんはケニア・北西部のカクマ難民キャンプ内の幼稚園児。スーダン南部の町・ボール出身だが、内戦で町には死体が散乱、飢えたハイエナがある夜、寝ていたアウォイちゃんの顔にかみついた。顔の右側が大きく欠け、つぶれた右目とつぶらな左目から涙を流していたアウォイちゃんの姿は、八月二十八日付朝刊一面に「スーダン 内戦、飢え……告発の涙 死の街 襲うハイエナ」の見出しで紹介された。その直後から、善意の救援金や申し出が続々届き始めた。

「ぼくは(中略)一年生の時から近視でめがねをかけています。アウォイちゃんが戦争のせいで、大事な大事な目を失なってしまった事を知って、本当にかわいそうに思いました。みんなが力を合わせて、一日も早く治りょうが受けられたらいいなと思っています」

埼玉県川越市の市立高階北小学校三年、鈴木健弘君(9つ)は、そう手紙に書き、お年玉などをためた中から、二千円を寄せた。

阪神大震災で被災、自宅にひびが入ったが、家族全員無事だったという兵庫県西宮市の専門学校生、飯田浩子さん(19)。その手紙には、小学校一年の時、唇をひどくはらし、母が涙を流し心配してくれた思い出がつづられ、「アウォイちゃんもつらいだろうけれど、お母さんもどんなにつらいかと思います」とあった。

大阪府内に住む右目が不自由な女性からは、「アウォイちゃんのつらさが分かります。幼い時に使っていた義眼が役立つなら、提供したい」との申し出も。「どうして人々は冷静になる事ができないのでしょう」などと、果てぬ内戦への怒りを語った手紙も多かった。

  ◇  ◇  ◇

カクマ難民キャンプ近くにある赤十字国際委員会(ICRC)の病院のベッドには、アウォイちゃん同様、ハイエナに頭やしりなどをかまれた子供たち十人近くが今も横たわっている。

 ×  ×  ×

救援金は、左記へ郵便振替か現金書留で送金いただくか、直接ご持参ください。〒530 51 大阪市北区梅田3の4の5、毎日新聞大阪社会事業団「海外救援金」係(郵便振替・00970 9 12891)。



 
 
>TOP

スーダン大使 井沢 蓮象氏

毎日新聞

1995年10月17日夕刊

いざわ・れんぞう 1959年熊本大法文卒、総理府入り。61年外務省入省。国際協力事業団秘書室長、福利厚生室長を経て93年5月からアガナ総領事。東京都出身、61歳。



 
 
>TOP

スーダンが非常事態宣言

日本経済新聞

1999年12月13日

バーレーン13日=山田剛

スーダンのバシル大統領は12日夜、国営テレビを通じて演説し13日から3カ月間の非常事態宣言を発令するとともに国民議会を解散させ、新たに総選挙を実施する考えを表明した。同大統領に対立するトラビ国会議長ら一部議員は大統領権限の縮小を狙い首相ポストの総説を要求しており、14日に憲法改正のための国会審議が始まる予定だった。

体制内で、バシル派とトラビ派の権力闘争が強まった可能性がある。



 
 
>TOP

女性団体、女性が3割比率を要求する(04/11)

4月10日ノルウェー政府、国連女性開発基金、ノルウェー国際研究所の主催で開催されたスーダン支援会議で、スーダンの女性団体は和平合意後の新しい政体において女性が占めるポストの割合を少なくとも30%確保するよう要求した。具体的には、憲法草案作成・審議過程、暫定機関及び今回の包括的和平合意の下で設立される全ての委員会においてその枠組みを適用するよう求めている。この要求は、4月11日からスーダンで開催されている支援国会合において審議されることとなっている。



 
 
>TOP

スーダン支援国会合:各国、女性支援重視の支援を求められる(04/11)

今年1月のスーダン政府とスーダン人民開放運動/軍(SPLM/A)の和平合意を受けてノルウェーのオスロでスーダン支援国会合が2日間に亘って開催された。(日本からは逢沢一郎外務副大臣が参加:IPSJ)スーダンは21年に及んだ戦乱で国土が荒廃したが、特に戦闘の舞台となった南部、とりわけ女性達は危機的状況に置かれている。本支援会合にスーダンから参加した女性代表達は、各国が、女性のニーズに配慮した支援を重視することを希望している。



 
 
>TOP

人権団体、スーダン問題解決に国連の特別大使設置を要求 (01/12)

米国の人権団体「ヒューマン・ライツ・ファースト(HRF)」が、スーダンのダルフールで3年にわたって展開している武力紛争を解決するために、国連の特別大使を新たに設置し全ての当事者を巻き込んだ和平交渉を行なうよう要求した。国連のアナン事務総長は、ナイジェリアのアブジャでアフリカ連合(AU)が中心になって進めていた和平交渉の期限を昨年の12月31日と定めていたが、何の成果も無かった。

HRFは、先の提案は国連・米国内で好意的に受け止められており、安全保障理事会で検討されることになるだろうと語った。2005年HRF人権擁護賞の受賞者であり、スーダン発展機構(SUDO)の代表であるイブラヒム・アダム・ムダウィ氏は、アブジャでの交渉の欠陥は全ての当事者が参加していない点にあると指摘しており、新たな和平交渉ではまずこの点が問題となろう。

ダルフール紛争は2003年初頭に反乱軍が政府の兵営を攻撃したことから始まった。これに対してスーダン政府は、自国軍およびそれの支援する「ジャンジャウィード」と呼ばれるアラブ系民兵を通じて、非アラブ系住民へ激しい攻撃を加えた。

通信社APが入手した情報によると、国連のあるパネルがダルフール問題について報告書を作成した。その中では、スーダン政府・反乱軍・アラブ系民兵のいずれもが、拷問・殺人・強姦などさまざまな人権侵害を行なっているとして非難されている。さらに、これに特に責任のあると考えられる個人名も挙げられており、安保理がこれら個人に対して何らかの制裁を加えることもあり得る。人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の報告書でも、スーダン政府の高官に対して安保理が制裁を加え、国際刑事裁判所で捜査すべきだとされている(国際刑事裁判所は現在、スーダンのダルフール、コンゴ民主共和国およびウガンダの事態について捜査を行なっている:IPSJ)。

また、国連安保理が武力行使を含めた介入行動を実施すべきだとの声もある。スーダン軍・ジャンジャウィードによる人権侵害の証言を集めて報告書を作成した「人権を目指す医師の会」は、こうした人権侵害はジェノサイド防止条約に違反しており、民間人を保護するための武力行使の権限を与えられた多国籍軍をすぐさま派遣すべきだ、と主張している。

さらに民間団体「アフリカ・アクション」も、多国籍軍派遣を認める国連決議案を出すようブッシュ政権に要求している。とくにジョン・ボルトン米国連大使が安保理の議長を務める2月が焦点になると見られる。



 
 
>TOP

胡錦涛国家主席、スーダンなどアフリカ8カ国訪問へ

2007/01/23(火) 21:38:03更新

 中国外交部の劉建超報道局長は23日、胡錦涛国家主席が1月30日から2月10日かけてアフリカ8カ国を訪問すると発表した。訪問先はカメルーン、リベリア、スーダン、ザンビア、ナミビア、南アフリカ、モザンビーク、セーシェル。写真左は2006年11月に中国を訪問したスーダンのバシール大統領。(編集担当:菅原大輔)



 
 
>TOP

スーダン・ダルフール地方 現地報告

国境なき医師団@スーダン

2007年02月06日

2005年8月から2006年2月まで、スーダン・ダルフール地方で国境なき医師団(MSF)の医療チームの一員として援助活動に携わった桐山真紀子看護師による報告です。

桐山真紀子看護師

<海外での医療援助活動、そしてMSFへ>

以前、赤十字病院の救命救急センターに勤務していたことから、自然と救援活動に参加する先輩や同僚が集まり、このような活動を常に身近に感じていました。6年前に初めて救援活動に参加したのを機に、この分野で専門的に仕事をしていくことを決意しました。

MSFへの参加は、その活動実績に加え、実際に参加した同僚達の評価が非常に高かったことから決めました。派遣前には、感染症をはじめとする熱帯医学やプロジェクトマネジメント(国・地域などに応じた状況分析、活動計画立案・実施、コスト計算、評価方法)などを学びました。活動を通して、日本での経験に加え、新たな視点を持って仕事に臨むことができ、学んだ理論を実践に結びつける貴重な経験を積むことができました。

<スーダンでの活動について>

私が派遣されたダルフール地方のニエルティティは、国内避難民を含めて約2万5000人が暮らす小さな町です。MSFはこの町で唯一の病院を管理・運営するほか、避難民キャンプでの援助を行っています。キャンプでは民兵組織などによる避難民への威嚇や暴力が頻発しており、こうした人権侵害の事実を国際社会に訴えることもMSFの大切な役割でした。また、政府側、反政府側、遊牧民の村々を移動診療チームがまわり、この地域の人びとに分け隔てなく医療を届けることに努めました。

私の仕事は看護師や助産師の人事管理・教育と医薬品・物品管理でした。一人でも多くの患者さんの命を救うためには、限りある人材と資源を最大限に活用し、優先順位を的確に判断することが重要であり、同時に苦労した点でもあります。

現地の状況では防ぎようのない死もありました。蜂に刺されたことによるアレルギーショックや早産、交通手段がないことによる治療の遅れなど、処置さえ早ければ、また日本のように医療水準が高ければ、助かって当たり前の命を救うことができなかったのは本当に辛かったです。

<活動を通じて感じた「MSFらしさ」とは>

医薬品・物品管理の面では、寄付金によって供給される資源を無駄にしないという意識が隅々まで行き渡っていました。

医薬品や物品の出し入れがあるたびに厳しくチェックを入れ、頻繁に在庫管理を行ないます。また、受診した患者数、診断名とその分布などを分析し、治療計画に沿った診断・治療と処方が行なわれているか、それに対する医薬品や物品の消費が適切かなどを定期的にチェックします。忍耐と労力の要る作業でしたが、MSFの活動姿勢を理解するとともに非常にやりがいを感じました。

<支援者の方々へのメッセージ>

世界のいろいろな国々を訪れるたびにいつも感じることですが、これほどまでに違った生き方や境遇があるのかと驚くばかりです。家族、教育、生活環境にも恵まれ裕福であっても幸せをあまり感じない人々がいる傍ら、その日その日を生きていられることに感謝して一生懸命働いている人々がいます。

私は看護師ですから、一人でも多くの方が心身ともに健康で暮らしていけるように援助できれば幸いです。その意味でも、命の尊さを感じながら、今回スーダンで活動する機会を得られたことに感謝しています。

援助活動に参加しているのは、現場に派遣されているスタッフだけではありません。活動に関わるすべての方々、そして活動を支持してくださっている皆さまが参加者なのだと思います。

【メモ】

― その5 国境なき医師団の証言活動(2) ―

名前は聞いたことがあるけれど、実際にはどんな場所でどんな活動をしているのか?このコーナーでは、原則から最新の動向まで、国境なき医師団(MSF)の全てを順を追って分かりやすく説明していきます。

第5回は、前回に引き続きMSFの証言活動をご紹介します。

2006年、10の最も報じられなかった人道的危機

MSFは毎年、年間を通じて世界から最も注目を浴びず、報道されることの少なかった人道的危機のワースト10、「10の最も報じられなかった人道的危機」を発表しています。2006年のリストに上げられた10の国や状況は、アメリカの3大テレビネットワークが2006年に放送した夜のニュースの合計時間14,512分のうち、わずか7.2分しか占めませんでした。この10のリストの目的は、メディアの関心の外側で出口の見えない危機にとらわれ続ける人びとの窮状を世論に訴えることにあります。

1.中央アフリカ共和国: 武力衝突からの逃走

2005年11月以来、中央アフリカ共和国の北西部では政府軍とさまざまな反政府勢力との間で戦闘が発生しています。一般市民も攻撃の対象になっており、約10万人の住民が襲撃や略奪を逃れるために避難を余儀なくされています。MSFは2006年を通じて北西部での医療援助を拡大し、毎月200件以上の外科手術を行い、移動診療チームは森林に逃げ込んだ人びとに対して週平均1800件の診察を行いました。

2.結核: 人的犠牲の増加

結核による全世界の死亡者は毎年200万人にのぼり、およそ900万人が新たに発症しているといわれています。犠牲者数が年々増加している反面、従来の治療法と診断法は対応の遅れを浮き彫りにしています。今日治療に用いられる治療薬は1950年代から60年代に開発されたもので、一般的な診断に使われる喀痰顕微鏡検査と呼ばれる検査法も120年以上も前に開発されたままです。さらに、通常の治療薬に耐性を持つ多剤耐性結核や、致死性の高い超薬剤耐性結核の症例が報告されており、結核への緊急な取り組みが必要とされています。

3.チェチェン共和国: 悲惨な紛争の影響

12年間にわたるチェチェン紛争は一般市民に身体的・精神的な傷跡を残しており、その悲惨な状況は世界に知られないままになっています。暴力、拉致、虐待は依然として続いており、帰還した避難民の多くは帰る家を失っています。MSFは医療が皆無に等しい臨時宿泊センターや貧窮にあえぐ農村地帯において、最も弱い立場に置かれている人びとに医療と心理社会的ケアを提供しています。

4.スリランカ: 援助が限定される中、攻撃にさらされる一般市民

2006年8月、スリランカの一般市民は東部・北東部で再発した政府軍と反政府勢力との間の大規模な戦闘の矢面に立たされました。また政府とメディアによる援助団体への非難や制限が強まる中、8月初旬には援助団体のスタッフ17名が殺害される事件が発生しました。援助を提供することすら困難であるため、MSFは10月に撤退を余儀なくされました。12月末に北東部で外科医療を提供できるようになりましたが、依然として安全の欠如は続いており、東部では複数の地域が外部の援助から完全に隔絶されたままになっています。

5.栄養失調: 治療のための有効な戦略は実施されず

毎年、救えたはずの子どもたち数百万人が栄養失調に命を奪われています。また、現在6000万人を超える子どもが急激な体重の減少と衰弱を特徴とする急性栄養失調の兆候を示しています。MSFは過去2年間、アフリカ中央部に位置する貧困国ニジェールにおいて栄養治療食を用いた通院治療を行い、15万人以上の子どもの治癒に成功しました。他国でも国営の医療サービスを介してこのような治療の導入と実施が可能であるはずですが、現状では実現していません。

6.コンゴ民主共和国: 極度の貧困と暴力に耐え忍ぶ人びと

2006年、コンゴ民主共和国では数十年ぶりに民主的な選挙が行われ、しばしの間メディアの関心を集めました。しかしながら数百万もの人びとが耐え忍んでいる極度の貧困と暴力は注目を集めないままです。現在も東部では豊富な鉱山資源をめぐって暴力の嵐が吹き荒れており、数万人が避難を余儀なくされ、さらに性的暴力、飢餓、病気の犠牲となっています。国内の医療インフラは戦闘により崩壊しており、MSFは診療所や避難民キャンプでの医療援助に加えて国内の至る所で発生している髄膜炎、マラリア、コレラ、はしかの流行にたびたび対応しています。

7.ソマリア: 戦争と災害に見舞われ、苦境に陥る人びと

ソマリアは15年前から内戦状態にあり、国民が直面している日々の悲惨な状況は忘れ去られたままになっています。健康指標は世界最低水準にあり、平均寿命は47歳にとどまっています。MSFは各地で栄養失調や結核、カラアザール(内臓リーシュマニア症)等の治療を提供し、医療ケアの大きな空白を多少なりとも埋めようと手を尽くしています。しかしながら暴力が蔓延しているため活動を展開している援助団体は少なく、さらなる支援が切実に必要とされています。

8.コロンビア: 恐怖の中に生きる

40年以上にわたって内戦が続くコロンビアでは、虐殺、処刑、脅迫などは避けて通ることのできない日常の現実になっています。これまでに300万人以上が避難を余儀なくされ、さらに避難先でも貧困と劣悪な生活状況に耐え忍びながら生活しています。MSFは首都ボゴタを含む複数の地域で診療所と移動診療を通じて医療を提供していますが、内戦によってもたらされる膨大なニーズのうち、ほんの一部しか満たせていません。

9.ハイチ: 一触即発の状況にある首都における暴力の蔓延

ハイチの首都ポルトープランスでは国家警察、複数の武装勢力、国連ハイチ安定化ミッションとの間の衝突により誘拐や性的暴力などが多発しています。MSFが運営する4カ所の医療施設では2004年12月以来、7000人以上が暴力に関連する負傷の治療を受けており、うち1000人近くの女性と子どもを含む3000人が銃で撃たれています。MSFは医療から事実上隔絶された状態にあるスラム街の住民20万人を対象に医療を提供すると同時に、性的暴力の被害者に心理・医療ケアを提供しています。

10.インド: 中部における衝突

インド中部チャッティースガル州では武力衝突が25年以上も続いており、5万人以上の市民が避難を強いられています。MSFは同州南部の避難民キャンプと遠隔地の農村で医療を提供しています。しかしながら、チャッティースガル州以外の複数の地域でも長年にわたって武力衝突が発生しており、未だに多くの人びとが医療を全く受けられずに恐怖と暴力の中で生活を続けています。

次回は、MSFの栄養治療プログラムについて詳しくお伝えします。どうぞお楽しみに。

【インフォメーション】

命を救うために毎日できることは何だろう。

「1日50円キャンペーン」は、1日あたり50円または任意の金額を、1カ月ごとに口座から振り替えていただく継続的なご寄付の方法です。安定した資金が確保できるため、緊急事態へのより迅速な対応が可能となり、またより長期的な視野にたったプログラムづくりを可能にする支援方法です。ぜひご参加下さい。

海外派遣スタッフ 参加者募集中

MSFでは、活動に参加できる海外派遣スタッフを常時募集しています。医師、看護師、助産師、臨床検査技師、臨床心理士、薬剤師のほか、非医療系ではロジスティシャン(建築、水・衛生管理、電気、通信、機械、車両、物資輸送などの専門家)、アドミニストレーター(財務・人事管理責任者)を募集しています。

●毎月、派遣希望者を対象に海外派遣説明会を開催しています。次回は2月16日(金)18:30〜20:30。

お問い合わせはリクルート担当へ。TEL:03−5337−1499/メール:recruit@tokyo.msf.org



 
 
>TOP

中国鉄路工程:スーダンで鉄道工事を受注

2007/02/08(木) 19:07:03更新

中国鉄路工程総公司は紅海に面するポートスーダンから首都ハルツームまでの鉄道路線増強プロジェクトを受注、4日に契約の調印式が開かれた。国有資産監督管理委員会(国資委)の公式サイトが伝えた。

鉄道は全長792キロメートルで、工期は5年。サプライヤーズ・クレジット融資保証(SCF)によって建設する。建設費は11.54億米ドル。

4日午後に開かれた調印式には中国鉄路工程の李長進総経理、中国駐スーダン大使館の張棟大使、スーダン側から財務相や駐中国大使などが出席した。李総経理は「出来るだけ早く作業スタッフを組織して、前倒して完成させたい。今後のスーダンの5000キロメートルの鉄道の建設や補修の基礎としたい」と述べた。(編集担当:菅原大輔)



 
 
>TOP

「政府が犯罪行為」 ダルフール問題で国連人権理調査団

2007年03月12日23時16分

スーダン西部ダルフール地方の人権状況を調査していた国連人権理事会の調査団は12日、スーダン政府軍がアラブ系民兵と連携して同地方の黒人系一般市民を組織的に攻撃し、国際人権法、人道法に反した「犯罪に参画している」と強く非難する初の報告書を発表した。ダルフール紛争による死者は「少なくとも20万人」とした。

人権理は昨年12月に調査団派遣の決議を全会一致で採択。対人地雷禁止運動でノーベル平和賞を受賞した米国のジョディ・ウィリアムズさんを団長とする調査団は2月中旬にスーダン訪問の予定だったが、スーダン政府が入国を拒否した。調査団は隣国チャド東部のスーダン国境地帯で難民などから聞き取り調査をして報告書をまとめた。報告書は12日始まった人権理(第4会期)に提出され、議論される。

報告書は多数の被害者や目撃者の証言から、政府軍と民兵組織ジャンジャウィードによる一般住民への大規模な攻撃が続き、避難民キャンプを含むダルフール地方全域で女性に対する強姦(ごうかん)が横行しているが、スーダン当局はほとんど対応をしていないと指摘。

「戦争犯罪、人道への犯罪がダルフール地方に蔓延(まんえん)している。スーダン政府は同地方の住民を大規模な国際犯罪から守ることに明らかに失敗しているだけでなく、政府自身がその犯罪を画策し、参画している」と結論づけている。



 
 
>TOP

スーダン大統領、国連支援団の受け入れ保留

2007年03月10日22時07分

人道危機の続くスーダン西部ダルフールへの国連支援団について、スーダンのバシル大統領が受け入れを保留する回答を潘基文(パン・ギムン)事務総長に送っていたことが9日分かった。この支援団は、国連とアフリカ連合(AU)の合同部隊派遣に向けた「3段階プロセス」の第2段階で、昨年末に国連とスーダンとの間で合意したものだった。

3段階プロセスは、現行のAU部隊約7000人を支援するため、第1段階で186人、第2段階で軍・警察など約4000人を派遣。最終段階はAUと合同で約2万4000人の展開を検討している。

だが、実際には受け入れが進まず、2月末時点で現地入りできたのは第1段階の81人だけ。第2段階については、潘氏が1月24日付書簡で計画を説明、バシル氏の回答を待っていた。

バシル氏は潘氏の書簡について「過去の合意と多くの矛盾点が見られる」と主張。特に潘氏の「国連が指揮に全面的にかかわることが不可欠だ」との説明に「国連はAUの指揮の下で支援を行うものと理解している」と反発した。

また、合同部隊についても「第2段階が決着した時点で話し合いたい」と態度を保留した。



 
 
>TOP

スーダン大統領:中国石油の作業員に「野菜おいしい」

2007/03/13(火) 16:19:16更新

スーダンのバシール大統領は3日、中国石油天然気集団(CNPC)が開発を行っている第6ブロックを訪れ、中国人作業員と歓談した。13日付で中油網が伝えた。

バシール大統領は3日午後5時過ぎに第6ブロックに到着。開発の状況について報告を受けたあと、翌4日未明から中国人作業員と会食した。作業員側は宿営地の周囲で育てているナス、レタス、トマトなど新鮮な野菜とアラビア風の食事でもてなした。バシール大統領は料理を賞賛し、「スーダン人民にも野菜栽培の技術を伝授して欲しい」と述べた。

中国人作業員はこのほかにもホウレンソウ、サヤインゲン、ヘチマなどを育てており、これまでにスーダン農業省の関係者を接待したことがあるという。写真左は2006年11月に胡錦涛国家主席と会談したバシール大統領。(編集担当:菅原大輔)



 
 
>TOP

スーダン法相、調査団報告書を否定 ダルフール問題

2007年03月14日10時28分

スーダンのマルディ法相は13日、国連人権理事会で演説し、同国西部ダルフール地方の紛争についてスーダン政府の関与を強く非難した人権理の調査団報告書を「調査団は客観的に調査を遂行できる状態になく、報告書に正当性を与えれば人権理にとって危険な前例となる」と批判、報告書の受け入れに反対した。

法相は、スーダン政府が調査団の入国を拒否したことについて「メンバーの一人はダルフールの状況を『虐殺』と表現するなど、先入観を持っていた」と説明。また、団長が「査証を1時間以内に出せ」とひどい態度で迫った、と批判した。団長はノーベル平和賞受賞者の米国人女性、ジョディ・ウィリアムズさん。ウィリアムズさんらは事実無根だとしている。

同法相はそのうえで「当該国の外にいては調査は無理。人権理が報告書を検討することに強く反対する」とした。

調査団はスーダン入りを断念し、隣国チャドのダルフール難民などから聞き取り調査を実施。12日、スーダン政府がアラブ系民兵組織と連携して黒人系一般住民を攻撃しているとする報告書を提出した。



 
 
>TOP

英国、スーダンに新たな制裁決議案検討 

2007年03月14日09時53分

スーダンのバシル大統領が、同国西部ダルフールへの約4000人の国連支援団受け入れに難色を示していることに対し、英国のジョーンズパリー国連大使は13日、「スーダン政府の協力が得られない場合には圧力が必要だ」として、新たな制裁決議案の検討に入る考えを示した。来週にも決議案をまとめたいとしている。

支援団は、国連とアフリカ連合(AU)の合同部隊派遣に向けてスーダン政府との間で基本合意した「3段階プロセス」の第2段階。国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は1月、バシル氏に書簡で内容を通告したが、バシル氏は今月、指揮系統や軍人の数、航空機の使用などに注文をつけ、受け入れを保留している。

ダルフール問題をめぐっては、すでにいくつかの制裁決議が採択されている。英国は武器禁輸の範囲をダルフール地方からスーダン全体に拡大するとともに、渡航禁止や資産凍結の対象となる政府当局者を追加するなど、バシル政権に対する直接の圧力を強めたい考えだ。



 
 
>TOP

「核廃絶賛同」20か国から返事…高校生1万人署名実行委

エストニアなど20か国から届いた返事を持つメンバーら

核兵器廃絶を求める手紙を世界194か国・地域の指導者に送った「高校生1万人署名活動実行委員会」のもとに、エストニアなど20か国から返事が届いた。目標としていた20か国に達したことを受け、メンバーらが13日記者会見し、「国という大きな存在から私たちのような小さな存在に反応があり感激した」と話した。

手紙は、メンバーら約30人が日本語の文章を英訳したり、送付先を調べたりして、1月から発送。「核兵器の廃絶を実現するように国際社会の取り組みを期待します」などと求めた。

返事があったのはニュージーランド、イギリス、ブラジル、スーダンなどで、半数は政府要人から。中でもエストニアは、大統領本人が「我々は、思いはいつもあなたたちと共にあります。世界中に拡散していく核兵器に反対します。あきらめないでください」などとしたためている。これに対して、米国、北朝鮮からはまだ返事がないという。

同実行委は引き続き返事を待つ一方で、返事があった国には、指導者とメンバーの面会や、高校生同士の交流などを提案する手紙を出す予定という。

オランダを担当した長崎女子高2年扇慶子さん(17)は「返事を翻訳する中で、私たちの活動に興味を持ってくれたことが分かりドキドキした。『心から賛同します』という一言がうれしかった」と笑顔を見せた。



 
 
>TOP

国連人権理閉幕、ダルフール問題で決議は「骨抜き」

国連人権理事会は30日、内紛が続くスーダン西部のダルフール地方の人権問題解決をめざす決議を全会一致で採択して閉幕した。スーダン政府の責任を追及する欧州連合(EU)とスーダン政府を支持するアフリカ諸国が対立。両者は決裂を恐れて妥協を模索し、決議案からスーダン政府の関与に言及した部分を削除するなど骨抜きの決議となった。

人権理は昨年6月、国連改革の一環として国連人権委員会を改組して生まれたが、改革が裏目に出て組織が弱体化する懸念が強まっている。(07:00)



 
 
>TOP

2007/04/02-22:32 スーダンと軍事協力強化=中国

【北京2日時事】中国の曹剛川国防相は2日、北京を訪れているスーダンのガイリ軍参謀総長と会談し、軍事交流・協力を強化していくことで一致した。新華社電によると、曹国防相は「スーダンとの伝統的な友好関係を大切にし、さまざまな分野で協力を促進したい」と指摘。ガイリ参謀総長は中国の支援に謝意を表した。



 
 
>TOP

2007/04/03-05:48 ダルフール問題でAUと協議へ=国連総長

【ニューヨーク2日時事】国連の潘基文事務総長は2日、紛争の続くスーダン西部ダルフール地方への国連とアフリカ連合(AU)合同部隊の展開に向け、AUのコナレ委員長と16、17両日にニューヨークで協議すると記者団に語った。国連はこれに先立ち、専門家チームを来週AU本部のあるアディスアベバに派遣する。



 
 
>TOP

米大統領、スーダンに制裁強化を警告

【ワシントン=加藤秀央】米英両国がスーダン西部のダルフール地方の紛争を巡り、スーダンへの新たな制裁に動き始めた。ブッシュ米大統領は18日、スーダンのバシル大統領がダルフール地方への国連平和維持部隊受け入れを拒否していると非難し、独自の経済制裁強化を警告。国連安全保障理事会の議長国、英国のブレア首相は新たな制裁論議に入る方針を表明、米英両国は新たな制裁決議案を国連安保理に提出する方向だ。

ブッシュ大統領はワシントンのホロコースト(ナチスによるユダヤ人大量虐殺)記念博物館で演説し「ダルフールの現状は大量虐殺そのもの」と強調。「バシル大統領が約束を果たさなければ、我々が行動を起こす」とこれまでで最も強く警告を発した。

米国の制裁は、スーダン政府系企業29社と米企業との取引を全面禁止する経済制裁が柱。米国務省は、制裁発動までの猶予期間は「数週間」だと説明した。(13:01)



 
 
>TOP

中国、「アフリカ事務特別代表」新設・スーダンの紛争に対応

【北京=佐藤賢】中国政府はアフリカとの関係を強化するため「アフリカ事務特別代表」のポストを新設し、外務省アフリカ局長を務めた劉貴今氏(61)を任命した。外務省の姜瑜副報道局長が10日の記者会見で発表した。大量虐殺が起きているスーダン西部ダルフール紛争への中国の対応を巡り欧米から批判が出ているため、当面はダルフール問題への対応に重点を置く。(20:06)



 
 
>TOP

2007/05/11-08:03 米、中国のアフリカ特別代表任命を歓迎=ダルフール紛争終結へ行動促す

【ワシントン10日】米国は10日、中国がスーダンのダルフール紛争の終結に向けてベテラン外交官をアフリカ事務特別代表に任命したことを歓迎しながらも、中国に対し、紛争地域への平和維持部隊の派遣を認めるようスーダンに要求するため、さらに行動するよう促した。(写真はスーダン西部ダルフール地方の避難民キャンプで食事をする子供たち、2007年2月撮影)

米国務省のマコーマック報道官は、中国がアフリカ担当の特別代表を任命したことについて、「新代表にまずダルフール紛争の終結に重点的に取り組ませるという決定は、中国がこの問題をいかに真剣に受け止めているかを示すもう一つの兆候だ」と指摘した。同報道官はさらに、このイニシアチブを生かして、国連が決議した平和維持部隊のダルフール派遣に抵抗しているスーダン政府を説き伏せるよう中国に求めた。

中国は国連安保理の常任理事国としてまたスーダンへの最大の投資国として、バシル大統領に対してダルフール紛争を終わらせるための影響力を行使していないと批判されている。ライス米国務長官は10日の議会での証言で、「スーダンでのもっと強力な中国の役割を期待している。われわれとしては中国に対し、スーダンに国連部隊を受け入れさせるため、いっそう積極的になるよう促している」と述べた。

中国外務省は10日、中国政府が外務省アフリカ局長を務めた劉貴今氏(61)をアフリカ事務特別代表に任命したと発表していた。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

仏外相、ダルフールを優先課題に

【パリ=共同】フランスのクシュネル新外相は19日、欧州問題担当のジュイエ閣外相や非政府組織(NGO)の代表らを集めた会合で、深刻な人道危機が続いているスーダン西部ダルフール紛争解決を外交の優先課題の一つとする考えを表明した。フランス外務省が声明で明らかにした。

クシュネル氏は国際緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」の共同創設者。人道支援問題に積極的に取り組む姿勢を示し、就任翌日から独自色を鮮明にした。(07:01)



 
 
>TOP

2007/05/23-07:36 制裁の脅しは平和をもたらさない=ダルフール紛争で中国が警告

【ハルツーム22日】中国の劉貴今アフリカ事務特別代表は22日、民族紛争が続くスーダン西部ダルフール地方を訪問し、スーダン政府に対する制裁の脅しは同地方に平和をもたらさないだろうと警告した。国営スーダン通信が伝えた。(写真は南ダルフールの避難民キャンプで、水たまりの周りに集まる子供たち、2005年撮影)

劉代表は、言葉による脅しは4年にわたる紛争で家を失った250万の人たちの苦悩を長引かせるだけだと述べるとともに、中国は引き続き、紛争の解決に向けて建設的かつ積極的な役割を果たすと強調した。同代表はこの日、ダルフール地方の主要都市エルファシェルとその付近の避難民キャンプを訪れた。

スーダン政府は、ダルフールでの少数民族の反政府活動の鎮圧に際して重大な人権侵害を犯していると非難されている。中国はスーダンの主要な貿易相手国として、紛争終結に向けて同政府に対して積極的な働きかけをしていないとして、米国など西側諸国から批判されている。国連の推計によると、2003年2月にダルフールで反政府活動が始まって以来、これまでに少なくとも20万人が死亡している。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

2007/05/29-08:24 ダルフール問題などで中国と直接協議へ=欧州諸国、ASEM外相会合で

【ハンブルク28日】28日、ハンブルクで始まったアジア欧州会議(ASEM)外相会合で、欧州側は中国に対し、コソボ、スーダンのダルフール紛争、ミャンマーなどの問題を直接ぶつけることにしている。外交筋が明らかにした。(写真は中国の楊外相)

ドイツ筋はAFP通信に対し、欧州連合(EU)の外相および当局者は中国代表団との間で、ダルフール問題を直接取り上げると語った。同会合ではまた、ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏の自宅軟禁を延長した同国に対する圧力や中国に軟禁延長を非難するよう求める要求が高まると予想されている。

ASEM外相会合に先立って、日本の麻生太郎外相は同日、ミャンマーのニャン・ウィン外相と会談し、スー・チー氏の自宅軟禁延長問題について話し合った。麻生外相によれば、ウィン外相は「軟禁延長は苦渋の決断だった」と釈明したという。またEUのソラナ共通外交・安全保障上級代表も同日、中国の楊外相と会談し、セルビア・コソボ自治州の将来の地位について協議した。中国は、コソボ自治州に独立を認める動きに反対する立場を取っている。

ダルフール紛争については、クシュネル仏外相が紛争解決に向けて、スーダン政府を支持している中国に対して率先して働き掛けるとみられている。クシュネル外相は今月外相に就任して以来、ダルフール問題を取り組むべき優先課題に挙げている。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

2007/05/29-22:11 対スーダン制裁を強化=安保理決議案の採択も目指す−米大統領

【ワシントン29日時事】ブッシュ米大統領は29日、スーダン西部ダルフールの紛争沈静化に非協力的な同国政府に対する金融制裁の強化を発表した。

新たな制裁措置では、スーダン国営企業30社と民間企業1社を米企業との取引から締め出す。また、スーダン政府高官ら3人の資産を凍結する。

ブッシュ大統領はまた、国連安保理での対スーダン追加制裁決議案の採択に向け、英国など関係国との協議に着手するよう、ライス国務長官に指示したことを明らかにした。新たな決議案では、スーダンへの武器禁輸強化やダルフール地方での同国軍機の飛行禁止を目指す。



 
 
>TOP

米大統領、スーダン制裁を強化

【ワシントン=丸谷浩史】ブッシュ米大統領は29日、スーダン西部ダルフール地方の紛争解決に消極的なバシル政権を非難、スーダン政府の関連企業などに対し、米国金融機関との取引を禁じる制裁措置を科すと発表した。大統領は「約束の時間は過ぎた。バシル大統領は義務を果たしていない」と非難、国連と足並みをそろえ、ダルフール紛争解決に取り組む考えを示した。

同時に、ライス国務長官に、スーダンへの武器禁輸などを柱とする国連安全保障理事会の制裁決議案を英国などとともに作成するよう指示したことも明らかにした。

大統領は4月に、スーダンが国連平和維持活動(PKO)部隊を受け入れない場合、制裁を強化すると警告していた。(09:41)



 
 
>TOP

米大統領「ロシア、改革脱線」・中国も批判

【プラハ=丸谷浩史】ブッシュ米大統領は5日、プラハ市内で「自由と民主主義」について演説した。米国と中国、ロシアの関係に言及し「我々の友情は複雑だ。中国の指導者は政治体制を開放することなく、経済だけを開放し続けることが可能だと信じている。それには同意できない。ロシアでは、市民の力を強めるはずだった改革が脱線しつつある」との懸念を表明した。

大統領は「中ロ両国とは共通の利益がある部分では協力しているが、強い意見の相違もある」と指摘したうえで「良好な関係の部分があるから、意見の相違についても話し合える」と、民主主義の拡大に向けて今後、中ロに注文をつけていくと表明した。

このほか「私は最悪の独裁国家である北朝鮮、ベラルーシ、ミャンマー、キューバ、スーダン、ジンバブエの反体制派、民主活動家と話し合ってきた。過激主義者との戦いで最も強力な武器は銃弾や爆弾でなく、普遍的な民主主義だ」などとも訴えた。 (02:06)



 
 
>TOP

ダルフール虐殺黙認 「中国に抗議」米下院決議

【ワシントン=古森義久】米国議会下院は5日、本会議で、中国政府がスーダン政府の支援を受けた民兵組織によるダルフールでの大量虐殺を黙認していることは、北京オリンピックの精神に反するとして、抗議する決議案を全会一致で可決した。同下院本会議が賛成410票、反対ゼロ票で可決した同決議案は、「ダルフールでの大量虐殺をやめさせるように影響力を行使することを中国政府に求める」としている。

超党派61議員により、5月21日に共同提案された同決議案は、拘束力こそないが、最終的に共同提案者は130人に上り、5日に採決された。

同決議はダルフールでスーダン政府に支援された勢力が2003年以来、競合部族の大量虐殺を続け、その犠牲者はすでに数十万に達したとして、中国が(1)スーダン産石油の70%を購入する(2)スーダンとの軍事協力を強め、2005年には兵器類約7000万ドル以上を売った(3)スーダンに総額100億ドルを投資した−ことなどから、スーダン政府に対し独特の強いきずなを保つ立場であるのに、大量虐殺をやめさせようとしなかった、と抗議している。

同決議はそのうえで中国政府に対し(1)ダルフール大量虐殺を認識したうえで公式に非難する(2)スーダン政府への兵器の販売を全面停止する(3)スーダンとの経済協力や投資を停止する−ことなどを求める一方、とくに中国政府がこの種の大量虐殺を認め、支援することはオリンピックの精神にはそぐわない、として、中国がダルフールでの大量虐殺を阻止するための行動をとらない場合は北京五輪のボイコットも辞さないという姿勢を明らかにした。

同決議の審議の際には下院本会議で共同提案者のジョン・タナー議員(民主党)が「このままだと北京五輪はジェノサイド(大量虐殺)五輪となる」と述べ、中国政府がダルフールでの虐殺阻止への行動をとらない限り、北京五輪開催への反対を表明する姿勢を打ち出した。ボブ・グッドラテ議員(共和党)も「中国は五輪開催国としてこの種の蛮行を阻止する責任がある」と非難した。

(2007/06/07 03:17)



 
 
>TOP

2007/06/08-07:56 スーダンに国連・AU合同部隊の速やかな受け入れを要求=米国

【ニューヨーク7日】米国は7日、スーダンに対し、国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊の同国西部ダルフール地方への展開を速やかに受け入れるよう求め、さもなければ同地方上空を飛行禁止区域にすることなどを含む国連制裁に直面しようと警告した。ハリルザド米国連大使(写真)が記者団に語った。

同大使は「もしスーダンが合同平和維持部隊の展開に速やかに同意しなければ、われわれはダルフール上空の飛行禁止区域設定を含む国連制裁を推進する」と表明するとともに、「国連安保理のチームが近くハルツームを訪れ、ダルフール問題に終止符を打つ機会を提供する」と述べた。安保理チームは今月17日にハルツームを訪問し、バシル・スーダン大統領と会談してこの問題を取り上げる。

スーダンは、4年にわたるダルフール紛争を終わらせるため2万3000人の国連・AU合同部隊を受け入れるよう、国際社会から強い圧力を受けている。ダルフールには現在、AU部隊が展開しているものの、資金不足もあって平和維持の実効は上がっていない。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

ダルフール紛争に関する国際会議を今月25日にパリで開催

* 2007年06月08日 03:37 発信地:ハイリゲンダム/ドイツ

【6月8日 AFP】ハイリゲンダム(Heiligendamm)で開催中の主要国(G8)首脳会議で、ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)仏大統領は7日、ダルフール(Darfur)紛争に関する国際会議を6月25日にパリで行うと発表した。

サルコジ大統領によると、国際会議には関係国および中国が参加し、政治的解決策と人道や治安に関する問題について協議する見込み。中国は対スーダン主要投資国。

G8首脳会議に合わせて行ったトニー・ブレア(Tony Blair)英首相との首脳会談後、サルコジ大統領は「ダルフール紛争についてG8全体から多くの働き掛けがあった」とし、首脳会議の参加国すべてが、紛争終結に向けた政治的解決策を受け入れるようスーダン政府に対し圧力を掛けていくことで合意したことを明らかにした。(c)AFP



 
 
>TOP

米政府、スーダン政府に対しAU・UN合同部隊受け入れを要求

* 2007年06月08日 05:24 発信地:ニューヨーク/米国

【6月8日 AFP】米政府は7日、スーダン政府に対し、ダルフール(Darfur)へのアフリカ連合(African Union、AU)と国連(United Nations、UN)の合同部隊の早急な受け入れを要求し、応じない場合は紛争が続く同地方上空の飛行禁止を含む、国連による制裁措置が科されると警告した。米国のザルメイ・ハリルザド(Zalmay Khalilzad)国連大使が記者団に明らかにした。

ハリルザド大使によると、国連安全保障理事会(UN Security Council)の代表団は6月17日にスーダン訪問を予定しており、オマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Beshir)大統領とダルフールへの平和維持部隊派遣について協議する。

財源不足のアフリカ連合部隊は、4年に及ぶダルフール紛争の終結に失敗、これに代わり2万3000人規模のアフリカ連合および国連の合同部隊が平和維持活動を引き継ぐ。国際社会はこれを受け入れるよう、スーダン政府に対し強力な圧力を掛けている。

国連とアフリカ連合も次週早々、エチオピアのアディスアベバ(Addis Ababa)でスーダン政府代表団と会談する予定で、その席でスーダン政府から派遣の同意を得たい考えだ。(c)AFP



 
 
>TOP

南スーダンで野生動物の巨大な群れを発見

数十年にわたる内戦を生き抜く

2007年6月12日

数十年続いた内戦の影響ですっかり野生動物が減ったと考えられていた南スーダンで、120万頭にも達するシロミミコーブ、アンテロープ、トムソンガゼルといった草食獣が生息していることが飛行機を使った空からの調査でわかりました。アフリカの野生動物の生息地としては、世界遺産にもなっているタンザニアのセレンゲティ国立公園が有名ですが、今回25年ぶりに行われた調査で、ナイル川西方に位置する南スーダンにも野性動物の大きな群れがあることがはっきりしました。

調査はナショナル・ジオグラフィック協会付き探検家で、野生動物保護協会(WCS)の自然保護活動家でもあるJ・マイケル・フェイと、WCS南スーダン・プログラムのポール・エルカン局長、米マサチューセッツ大学のマリク・マージャンが指揮し、南スーダン自治政府の環境・野生動物保護・観光省との協力の下で実施したものです。資金面では米国際開発庁(USAID)などが調査を支援しています。

「野生動物の宝庫と言われるセレンゲティでも、これほど大規模な野生動物の群れの移動を見たことはありません。おそらくほ乳類の移動としては世界最大の規模でしょう」と、マイケル・フェイは言います。また、アフリカ最大の淡水の湿地帯であるサッドを中心に8000頭に上るアフリカゾウを確認したほか、これを上回る数のゾウによるとみられる移動の跡がボーマやジョングレイ地方で見つかりました。スーダン周辺の野生のゾウの実態については公式な記録が皆無であることから、この発見は大変に貴重なものです。

「これまでも南スーダンには多くの野生動物がいると話してきましたが、誰も信じてくれませんでした。今回の空中からの調査で、ゾウを含む野生動物が多く残っていることが証明され、とてもうれしく思っています。しかし、各所と協力して早急に管理・保護体制を確立する必要があります」と、南スーダン自治政府環境・野生動物保護・観光省次官のアルフレッド・アクウォック少将は話しています。

1980年から82年にかけて南スーダンで実施された前回の空からの調査では、ボーマ国立公園、サッドを含むジョングレイ地方、サザン国立公園、シャンベ地域を対象に行われました。1983年に内戦が勃発したスーダンでは、かつてモザンビークやアンゴラの内戦で野生動物に大きな影響が出たのと同じように、内戦によって野生動物の生息に大きな打撃を受けたと考えられていました。

南スーダンでは野生動物の実地調査はこれまでにも何度か行われています。2001年から2002年にかけて行われた調査では、ボーマ地方周辺にまとまった数のシロミミコーブの生息を確認しました。この調査は地上から行われたもので、空からの本格的な調査は行われませんでした。

2004年にWCSとナショナル ジオグラフィック協会が後援して行った調査は航空調査も含んだ大規模なものでしたが、政治的理由により完了できずに打ち切られました。

今回マイケル・フェイらは、2007年1月に調査を再開し、80年代に実施された調査と同じコースと高度をたどり、ボーマ国立公園、ジョングレイ地方、サザン国立公園などを空から調べました。

150時間かけて約15万平方キロを調査した結果、野生動物の数は減っていないという意外な結果が得られました。特にコーブは約80万頭と、80 年代に行われた調査当時からほとんど減っていないこともわかりました。このコーブの群れは当時、世界最大規模といわれたものです。

今回の調査当時、コーブが大規模な移動中だったことを考えると、実際の生息数は確認できた数を大きく上回り、おそらく100万頭を超えるだろうとみられます。

生息が確認されたのはコーブのほかに、25万頭のガゼル、16万頭のアフリカンアンテロープ、1万3000頭のリードバック、8900頭のスイギュウ、2800羽のダチョウなどです。このほかにもライオン、ヒョウ、イランド、ガゼル、アンテロープ、ハーテビースト、キリン、オリックス、ワニ、カバなども確認されています。また、サッド湿地帯では約4000頭のナイルリーチュエやかなり多くのカバ、スイギュウなども見つかっています。

一方、ナイル川西方に位置するサザン国立公園では状況は異なっていました。ここでは80年代以降、主要な種の生息数の90%が失われたと調査メンバーは見ています。「1981年には6万頭いたとみられるスイギュウはいなくなり、過去に1万頭はいたゾウも一つの群れだけになってしまいました」と、 WCSのエルカン局長は言います。当時の調査では、ジャイアントイランドの生息が確認されていますが、以前の生息域では絶滅したと見られていました。今回、生存が可能な規模のジャイアントイランドが見つかったことは大きなニュースです。

また、季節間の移動を行わないナイル川以東の野生動物種の多くは大きく減少しています。ボーマ地方では、80年代初頭には2万9000頭いたシマウマが今回の大規模な調査では一頭も見つかりませんでした。今年5月に実施された補足調査で、ようやくシロミミコーブとともに移動する3つのシマウマの群れが見つかっただけでした。

WCSはこの貴重な野生動物の楽園を守るため、南スーダン自治政府といくつかの重要な合意をしました。かつての反政府ゲリラ組織であるスーダン人民解放軍(SPLA)の退役兵を数千人規模で野生動物保護レンジャーとして雇用するのもこの合意の一部です。国立公園などの野生動物保護地区の管理システムを見直したり、野生動物保護に民間資本を導入したりするといった確約も得ました。

南スーダン自治政府のルカ・ビオン・デン大統領府担当大臣はコメントしています。「国は再び平和となったことで、人々の生活はかつての落ちつきを取り戻し、避難していた人達も自分の家へ戻り、野生動物の数も回復しています。資源開発や産業の振興など政府の仕事は山積みです。しかし野生動物が内戦の混乱を乗り切って増え続けているというのはうれしい限りです。この大事な自然財産を、環境・野生動物保護省が中心となり、WCSの協力をあおぎながら守り育てていくことは、わが国全体の発展にもつながることです」



 
 
>TOP

2007/06/13-01:22 国連・AU合同部隊受け入れ=ダルフール紛争でスーダン政府

【ニューヨーク12日時事】スーダン政府は12日、同国西部ダルフール地方で平和維持活動(PKO)に当たる国連とアフリカ連合(AU)の合同部隊の受け入れに同意した。アディスアベバで11、12の両日行われていた高官級協議で、3者が合同部隊の展開や任務などについて合意した。

スーダン政府はこれまで合同部隊展開に難色を示していた。同部隊は2万人を超える大規模PKOとなる。

3者は協議後に声明を発表。声明は、国連とAUの説明を考慮した結果、「スーダン政府は合同部隊の提案を受け入れた」とし、部隊展開に向け、国連安保理やAUの平和安全保障委員会に合意を承認するよう求めた。また3者は、紛争当事者間の「包括的な即時停戦」の必要性で一致したという。



 
 
>TOP

スーダン、ダルフールPKO部隊受け入れ

2007.06.13 Web posted at: 12:49 JST - CNN/AP/REUTERS

アディスアベバ──スーダン当局は12日、紛争が続く西部ダルフール地方に、アフリカ連合(AU)と国連の合同平和維持活動(PKO)部隊を受け入れることで合意した。AU関係者が明らかにした。

AUと国連、スーダン当局者は2日間にわたり、PKO部隊の受け入れ問題について当地で協議した。ダルフール地方では7000人規模のAU部隊がPKOに携わってきたものの、装備や資金の不足が足かせとなり、紛争に歯止めをかけることができなかった。

国連とスーダンは昨年11月、ダルフールに展開するAU部隊を強化する3段階計画で大筋合意。国連とAUの合同部隊展開は第3段階にあたるが、スーダンはこれまで「主権侵害」を理由に拒否していた。

フランス外交当局者が11日語ったところによると、バシル大統領は第3段階受け入れに全面同意したものの、全ての部隊をアフリカから派遣するよう強く求めているという。



 
 
>TOP

米女優、“聖火リレー”で中国に抗議

ミア・ファローさん

【ワシントン=共同】国連児童基金(ユニセフ)親善大使を務める米女優ミア・ファローさんらは13日、中国がスーダンからの石油輸入を通じて同国西部ダルフール地方の住民虐殺に手を貸しているとして、抗議の意思を示すため、北京五輪開会のちょうど1年前に当たる8月8日から「もう一つの聖火リレー」を始めることを明らかにした。

リレーは、ダルフールから逃れた難民が多数生活するスーダンの隣国チャドを出発。過去に民族大虐殺を経験したルワンダ、アルメニア、ボスニア、ドイツ、カンボジアを回り香港へ到達する予定。チャドとルワンダのリレーにはファローさん自身が参加するという。

米国内でも9月に、各国元首が集まる国連総会が開かれるニューヨークをスタートし、12月にワシントンの中国大使館前でゴールする聖火リレーを計画している。

電話による記者会見で計画を発表したファローさんは「スーダンの石油確保よりも五輪成功の方が中国にとっては重要だ」と述べ、スーダン政府に対する影響力を行使して虐殺をやめさせるのが五輪開催国としての責任だと強調したが、五輪ボイコットは支持しないと述べた。



 
 
>TOP

スーダン:ダルフールへの平和維持部隊受け入れで合意

【ヨハネスブルク白戸圭一】アフリカ連合(AU)は12日、スーダン政府が同国西部ダルフール地方の紛争への国連平和維持部隊の受け入れに同意したと発表した。既に同地方に展開しているAU部隊と新たに派遣する国連部隊を統合し、2万700〜2万2700人規模の部隊を創設する。

ダルフール地方には04年からAU平和維持部隊約7000人が展開しているが、政府系民兵などによる住民襲撃を抑止できていない。国連安保理は昨年8月、2万人規模の国連部隊派遣を決議したが、スーダン政府が拒否し続けていたため、AUによるスーダン政府の説得が続いていた。

AUによると、新たに創設される部隊はAUと国連の混成部隊で、兵士は1万7000〜1万9000人。これに約3700人の警察官が加わり、安保理が要求する「2万人規模」を満たす形になる。新たに派遣される国連部隊はアフリカ諸国を中心に構成されるとしており、欧米諸国に反発するスーダン政府の意向に配慮した模様だ。

しかし、スーダン政府はAUの発表後も「国連ではなくAUが部隊を指揮すべきだ」などと主張。部隊の受け入れ時期もはっきりしておらず、スーダン政府への圧力を強める米国を中心に合意の実効性について疑問の声が上がっている。

毎日新聞 2007年6月14日 10時32分



 
 
>TOP
スーダン:ダルフール紛争 平和維持部隊の受け入れで合意−−スーダンとAU

【ヨハネスブルク白戸圭一】アフリカ連合(AU)は12日、スーダン政府が同国西部ダルフール地方の紛争への国連平和維持部隊の受け入れに同意したと発表した。既に同地方に展開しているAU部隊と新たに派遣する国連部隊を統合し、2万700〜2万2700人規模の部隊を創設する。

ダルフール地方には04年からAU平和維持部隊約7000人が展開しているが、政府系民兵などによる住民襲撃を抑止できていない。

毎日新聞 2007年6月14日 東京夕刊



 
 
>TOP

ダルフールへのPKO「数カ月で派遣」 国連事務次長

2007年06月15日18時30分

ホームズ国連事務次長(人道問題担当)は14日、都内で朝日新聞記者と会見し、紛争が続くスーダン西部ダルフール地方への国連・アフリカ連合(AU)合同の平和維持部隊派遣について、「スーダン政府と合意に達したので、数カ月後に実施できる」との見通しを示した。スーダン政府の意向を受けて、2万人規模の部隊は主にアフリカ諸国の軍隊で構成するが、指揮権は国連が握るという。

国連安保理が昨年8月末に採択したPKO派遣に難色を示してきたスーダン政府は、今月12日に一転して受け入れを表明した。同政府の対応について、ホームズ氏は「指揮系統や部隊の構成などの細部について合理的な合意に至った。スーダン政府の発表を疑う理由はない」と述べた。

今年3月の事務次長就任直後にダルフールを訪れたホームズ氏は「今年だけで15万人が新たに住む場所を追われ、国内避難民は計220万人にのぼる。治安が悪いため、人道支援団体の活動にも大きな制限がある」と説明。そのうえで「PKO派遣だけでは治安は回復できない。和平合意など政治的解決がなにより重要だ」と強調した。

また、ダルフールに隣接するチャド、中央アフリカで反政府勢力の武力闘争が激化し、国内避難民が30万人以上にのぼっている問題について、「ダルフールの混乱の悪影響の面もあるのに、国際的に注目されていない」と指摘。自らが率いる国連人道問題調整事務所(OCHA)の中央緊急対応基金を両国の難民支援などに支出する考えを示した。



 
 
>TOP

国連事務総長「ダルフール紛争は気候変動が原因」

* 2007年06月17日 13:15 発信地:ワシントンD.C./米国

【6月17日 AFP】国連(United Nations、UN)の潘基文(バン・キムン、Ban Ki-Moon)事務総長は16日付け米ワシントン・ポスト(Washington Post)紙への寄稿のなかで、ダルフール(Darfur)紛争での殺りくについて、世界的な気候変動が大きな原因となったとの考えを示し、同様の紛争が今後も起こる可能性を指摘した。

潘事務総長は記事の中で、「ダルフールの紛争は、気候変動をそのひとつの要因とする生態学的危機がきっかけとなって始まった」と述べた。インド洋の温度上昇が季節風に影響を与え、過去20年間で降水量が40%程度減少したとする国連の調査に触れ、「これはサハラ以南の乾燥化の原因の1つが人的要因による地球温暖化であることを示唆している」という。

「ダルフールでの紛争が乾季に発生したことは決して偶然ではない」と説く。

潘事務総長によると、ダルフールの土地がまだ豊かだったころ、農業に従事する現地の黒人らは、アラブ系の遊牧民を歓迎し、水を共有していたが、干ばつが深刻化すると農地の周りに柵をめぐらせて放牧を防ぐようになったという。「有史以来初めて、食べ物と水が全住民に回らなくなったことで、紛争が始まった」

国連の平和維持軍により紛争が停止し、200万人以上の避難民が村に戻って家を立て直すことができるようになることに期待を示す一方で、「肥えた土地が足りないという本質的問題はどうしたらよいだろう」と問題を提起した。

潘事務総長は、「根本的なダルフール問題の解決策は、持続する経済発展」だとの見方を示し、具体的には新技術を活用した遺伝子組み換え作物の栽培やかんがいを進める一方、医療、教育や衛生状態の向上に取り組むことが重要だと述べた。

このような問題を抱える国はスーダンだけではなく、ソマリア、コートジボワール、ブルキナファソなど「食糧と水の不安定な」アフリカ国家だと指摘している。

スーダン政府は前週、合計2万3000人規模の国連平和維持部隊とアフリカ連合(African Union、AU)部隊の受け入れに合意した。同国では過去4年間の紛争で20万人以上が死亡している。(c)AFP



 
 
>TOP

2007/06/17-07:36 合同部隊の速やかなダルフール展開を協議=国連安保理とAU

【アディスアベバ16日】スーダン政府が国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊の受け入れに同意したことを受けて、国連安全保障理事会チームとAU当局者は16日、エチオピアの首都アディスアベバで、民族紛争が続くスーダン西部ダルフール地方への合同部隊の速やかな展開について協議した。(写真はAU委員会のコナレ委員長=左=とAU平和安全保障委員会のジニット委員長)

協議終了後、南アフリカのクマロ国連大使は「スーダンの合同部隊受け入れは大きな突破口だ」とし、「この合意を履行すべき時であり、われわれとしてはできるだけ速やかな履行を望む」と語った。同大使はさらに、「国連当局者とバシル・スーダン大統領との会談が17日にハルツームで予定されており、この会談でスーダン政府が合同部隊の受け入れを実行する用意があるかを確認することになろう」と述べた。

またAU平和安全保障委員会のジニット委員長は「われわれは大きな突破口を開いた。次は実行だ。すべきことはたくさんある」と述べた。

スーダン政府はこれまで、ダルフールへの大規模な国連平和維持部隊の派遣を拒否してきたが、世界的な圧力の高まりや国連の制裁強化の動きに直面して、今週になって国連・AUの合同平和維持部隊の受け入れに同意した。国連によると、ダルフールでは4年にわたる紛争で、これまでに少なくとも20万人が死亡し、200万人以上が家からの退去を強いられている。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

ダルフールへの合同部隊無条件受け入れで正式合意

2007年06月18日09時37分

スーダンに滞在中の国連安全保障理事会の大使訪問団は17日、首都ハルツームでバシル大統領と会談した。大統領は、紛争が続く西部ダルフール地方に国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊を無条件で受け入れることで正式に合意した。国連が発表した。

スーダン政府は昨年11月、合同部隊受け入れに基本合意したものの、バシル大統領が合同部隊の指揮命令系統などに難色を示し、調整が難航していた。大統領の合意表明で、今後実際の展開に向けた動きが加速すると見られる。

英国のジョーンズパリー国連大使は、安保理訪問団がアフリカ歴訪からニューヨークに戻る21日以降、合同部隊の展開を承認する安保理決議案づくりに取りかかり、国連平和維持活動(PKO)予算の適用を国連総会に勧告する方針を示した。

計画によると、合同部隊は約1万7000〜2万人規模の軍と、3700人以上の警察官で構成される。だが、アフリカ諸国を中心とする派遣要員の確保のめどはまだたっておらず、実際の展開は早くとも今冬になる見通しだ。



 
 
>TOP

2007/06/18-07:25 合同部隊のダルフール展開、スーダン大統領が受け入れ確認=安保理代表団

【ハルツーム17日】スーダンを訪問している国連安全保障理事会の代表団は17日、国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊の同国西部ダルフール地方への展開について同日、スーダン政府の無条件同意を取り付けたと発表した。同代表団が同日、バシル・スーダン大統領と会談した後、南アフリカのクマロ国連大使が記者会会見で明らかにした。(写真はスーダンの首都ハルツームでパレードするルワンダの国連平和維持部隊、2007年5月撮影)

クマロ大使は「バシル大統領は合同部隊の展開に異議を唱えなかった。スーダンは合同部隊をいかなる条件も付けずに受け入れた。受け入れはバシル大統領によって確認された」と語った。バシル大統領はこれまで、最大2万3000人から成る国連・AU合同部隊の受け入れに反対する立場をとってきた。しかし、国際的な圧力の高まりと国連制裁強化の動きなどから、スーダン政府は先週、合同部隊の受け入れに原則同意した。同政府は国連の平和維持活動については、ダルフールでパトロール任務に就いているAU部隊7000人の後方支援しか認めていなかった。

国連の潘基文事務総長はスーダンの原則同意について、画期的な進展と歓迎した。ただ米国は疑念を表明し、新たな制裁を科す意向を示していた。米国は4年にわたるダルフール紛争で、スーダン政府が反政府運動を展開している少数民族を虐殺していると非難している。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

不安定な国:スーダンに次ぎイラク2位 米外交誌

米外交誌「フォーリン・ポリシー」(電子版)が18日公表した世界の「不安定な国」リストで、内紛と人道危機を抱えるスーダンが最悪に、自爆テロなどによる治安悪化が続くイラクが2位にランキングされた。

同じく治安不安定なアフガニスタンも8位にランクされており、米軍侵攻で旧体制が崩壊したイラク、アフガン両国で、新たな「国づくり」が容易に進まない現状が浮き彫りになった。北朝鮮は13位だった。

ロイター通信によると、イラクは前年は4位だったが、この1年間で社会、経済、政治など各分野の指標で数値が悪化。特に「治安組織」や「外部からの侵入」の項目で各国中最悪になった。(共同)

毎日新聞 2007年6月19日 18時10分



 
 
>TOP

米中が高官対話、ダルフール情勢など協議

【ワシントン=加藤秀央】米中両国政府は20日、第4回「定期高官対話」をワシントンで開いた。米国はネグロポンテ国務副長官、中国は戴秉国・外務次官が代表を務めた。米側はスーダンのダルフール情勢やイランの核開発問題で中国に圧力強化を働きかけたもようだ。

高官対話は昨年11月以来の開催で、今回は21日まで。マコーマック報道官は20日、中国の人権状況やダルフール情勢など政治・安全保障問題について意見交換すると述べた。21日の協議では北朝鮮の核開発や台湾問題も議題になるとみられる。

高官対話は両国間の外交政策について幅広く協議する枠組みとして、2005年に当時のゼーリック国務副長官が戴次官との間で開始した。その後、ポールソン米財務長官と呉儀・中国副首相を代表として経済面に特化した「米中戦略経済対話」が発足した。(11:19)



 
 
>TOP

日本、ダルフール紛争解決に18億円の支援実施を表明

スーダン西部ダルフール地方での武力紛争の解決策を巡りパリで25日に開いた国際支援会議で、日本は周辺国を含め総額1450万ドル(約17億9000 万円)の支援実施を会議ホスト国のフランスに表明した。同会議ではスーダンでの平和維持活動(PKO)が早期に実現するようスーダンに圧力を強めていくことで合意。次回会合は9月にニューヨークで開く方向。(パリ支局)(11:36)



 
 
>TOP

国連総長、ダルフール問題で中国の建設的役割を称賛

2007年06月26日

潘基文・国連事務総長はパリで25日、スーダン・ダルフール問題に関する閣僚級の国際会議に出席した。会議後の共同記者会見で潘事務総長は、外国人記者の質問に対し、ダルフール問題の解決に向けた中国側の努力に、国連事務総長として満足の意を表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

潘事務総長は「2月には胡錦濤国家主席がスーダンを訪問し、最近中国政府は、ダルフール問題特別代表も任命した。中国政府は一貫して、国連やアフリカ連合(AU)を始めとする国際社会との完全な協力に応じるよう、スーダン側の説得に努めている。中国政府はこの面でまさに『建設的役割』を発揮している」と述べた。

同会議では、ダルフールの政治プロセス、人道・安全状況、ダルフールの復興、ダルフール問題の地域への影響などが話し合われた。



 
 
>TOP

温暖化で気候難民 2050年に10億人予測も

2007年6月27日 夕刊

◆海面上昇や干ばつ深刻…英独の団体警告

地球温暖化による海面上昇や干ばつの深刻化によって今世紀半ばまでには二億から十億人が現在の居住地を追われ、難民と化す可能性がある−。英国やドイツの研究機関がこんな予測結果を相次いでまとめた。多くは貧しい発展途上国の住民で、研究者は「大量の“気候難民”の発生が、今後の世界情勢を不安定にする」と警告した。

環境保護団体グリーンピースはドイツのハンブルク大学と共同で、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)による温暖化影響の予測を基に、海面上昇や干ばつによって人間の暮らしが困難になる地域を推定。

「今後の人口増加などを考えると、二〇四〇年までには気候変動によって二億人の気候難民が発生する」と予測した。

難民となる可能性が高いのは、気温上昇で氷が解けることの影響を受ける北米やグリーンランドの先住民、海面上昇で居住地が水没するバングラデシュなどアジアの人口密集地帯に住む人々。これに、島しょ部の住民や干ばつの影響を受けるサハラ砂漠以南のアフリカの農民などが加わる。

一方、英国の民間団体クリスチャン・エイドは、スイスの研究機関と共同で、温暖化などの気候変動の影響を受け、移住を余儀なくされる人は、五〇年までに十億人に達する可能性があるとの報告書をまとめた。

気候変動が多数の難民を生み地域紛争を激化させたと指摘されるのが、スーダン西部のダルフール地方。約二十万人が殺され、スーダン国内の避難民や隣国のチャドに逃れた難民の数は二百万人を超えるとされるが、大規模な干ばつで多数の農民が土地を離れたことが混乱のきっかけだったといわれる。



 
 
>TOP

【湯浅博の世界読解】対中非難決議の方こそ注目を

米下院の対日非難決議といえば、1990年代初めに通商問題を中心にピークを迎えたものだ。日本人記者は連邦議会に日参して決議案の行方を追い、通商代表部(USTR)のコメントを取るのが日課だった。

あまりに数が多くて、ベタ記事にしかならないものが多かった。それがいまは、マイク・ホンダ議員が主導する慰安婦問題1本に振り回される。そのいかがわしさについては、多くの論者が語っているので、ここでは内容に触れない。

それより、現状を子細に眺めれば下院の対中非難決議や法案の方が圧倒的に多いことに、注目したい。中国が石油ほしさにアフリカ北東部のスーダンに武器を輸出、同国ダルフール地方での大量殺戮(さつりく)を見逃しているという非難の嵐なのだ。

慰安婦という戦時中の出来事を扱う対日非難決議と違って、今まさに進行中である。この人権問題が、来年開催の北京五輪と結びつけられるから、深刻さの度合いは日本の比ではない。

厳しい対中非難をそらすため、中国系団体が下院議員らを慰安婦問題に誘導しているのではないかとのうがった見方もしたくなる。

スーダンにからむ対中非難が出てきたのは4年前からである。日本に対する1本の非難決議に対して、あちらダルフール関連の決議案と法案は20本以上にもなる。米紙の扱いも、慰安婦問題は無視されることがあっても、ダルフールにからむ対中非難が掲載されない日はないほどだ。

ここ1年あまりの中国たたきは、有名女優が先頭に立っているために注目度が極めて高い。特に、女優のミア・ファローさんが3月下旬、ウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿したスピルバーグ監督に対する警告文は激烈だった。

彼女は「ローズマリーの赤ちゃん」の主演女優として知られ、映画監督の方は北京五輪の芸術顧問に就任している。ファローさんはナチス支配下のベルリン五輪を引き合いに出し、虐殺されたユダヤ人の苦悩を知るべきだとして、北京五輪を「ジェノサイド・オリンピック」と非難した。

このため、同監督は胡錦濤主席に、「影響力の行使を」と書簡を送った。中国はただちにスーダン政府に特使を送り、国連平和維持軍の受け入れを進言した。

さらに、5月上旬には米下院議員108人が北京五輪のボイコットに触れながら、影響力のある中国が虐殺をやめさせるよう書簡を胡主席に送った。すると中国は、間髪を入れずに劉貴今氏をアフリカ問題大使に任命したうえ、道路復興などに従事する工兵275人の派遣を決定している。

ここで重要なのは、非難決議や書簡を受け取ったあとの、中国政府の素早い決定と実行である。

ワシントンの在米大使館を中心とした議会へのロビー活動はもちろんだ。在京外交筋によると、世界に展開する大使館に対して北京五輪のボイコットを防止すべく働きかけるよう訓令を出したという。失敗した場合には、何らかの“制裁”も示唆しているそうだ。

中国は「内政干渉はしない」という原則を自ら破るわけで、米国発の圧力に対していかに危機感を持っているかが分かる。

中国政府はダルフール問題が他の少数民族に対する人権問題に波及することを何よりも恐れていよう。チベット問題ではハリウッド俳優のリチャード・ギアさんらが、活発に独立運動を支援しているし、新彊ウイグル自治区でも米欧の支援活動が活発だ。

中国の対応はあくまで対中非難をかわすための見せかけにしかみえない。スーダンの石油輸出の7割を受け入れているままだし、武器輸出を停止したわけでもない。安倍政権は慰安婦決議1本に惑わされることなく、いまの民主主義、人権、法の支配に基づく「価値の外交」を貫けばよい。(東京特派員)

(2007/06/27 09:04)



 
 
>TOP

社説2 スーダンの悲劇放置するな(6/28)

アフリカのスーダン西部、ダルフール地方の人道危機が放置されている。スーダン政府の支援を受けたアラブ系民兵組織が黒人系農民を中心にした反政府武装勢力と戦闘、これまでに20万人が死亡、200万人以上が家を追われた。

国際社会は制裁強化も視野に入れスーダン政府、反政府勢力の双方に和平受け入れ圧力を強めるべきだ。スーダン政府に影響力を持ちながら紛争解決に無頓着だった中国は、とりわけ真剣な努力を問われる。

パリで25日にフランス政府主催でダルフール紛争解決をめざし国際会議が開かれた。サルコジ仏大統領は「黙っていることは殺人行為と同じ」と強調した。その通りだ。

ダルフール紛争が始まったのは2003年2月。それから4年以上もこの悲劇に終止符が打たれないできた。紛争当事者がいずれも好戦的な姿勢を続けたうえ、国際社会の努力も不十分だったからだ。国連安全保障理事会はスーダン政府に一定の制裁も科しているが、主要国が一致結束してダルフール紛争に対応してきたとは言えない。中国がスーダン政府への圧力強化に反対し、足並みをそろえられなかったのが実情だ。

中国は日量約50万バレルの産油国スーダンへの最大の投資国であり、直近ではスーダン原油の6割を輸入し同国財政を支えている。中国は否定するが、政府側に禁輸対象の武器を供給しているとの指摘もある。

このため欧米で08年北京五輪ボイコットを求める声もあがるほど、中国への批判が高まっている。中国は今春、ダルフール問題担当の特使を任命し、胡錦濤国家主席もバシル大統領に和平を働きかけるなど、ようやく対応を始めた。和平実現に向けた中国の影響力行使が必要だ。

国連、アフリカ連合(AU)、スーダン政府の三者は今月、ダルフールの平和維持軍を増強することで合意した。だが、スーダン政府には、過去に国際的な合意を反故(ほご)にした経緯もある。国連、AUは増強部隊をできるだけ早く組織し、スーダンに受け入れを迫るべきだ。

日本政府は26日、難民を対象にした約400万ドルの人道援助を決定した。日本も引き続き紛争解決、人道援助に貢献すべきである。



 
 
>TOP

中国石油天然気、スーダンで石油探査権を獲得

2007/07/02(月) 21:10:03更新

 中国商務部によると、中国石油天然気集団(CNPC)は6月26日、インドネシアの国営石油会社ペルタミナ社などとともにスーダン北東部の紅海沿岸にある13鉱区の石油探査権を獲得した。

 CNPCはペルタミナ社、スーダンの国営石油会社Sundapet社、ナイジェリアExpress社など5社と提携した。探査対象の面積は約3万8200平方キロメートルで、うち海上部分は約2万2000平方キロメートル。6年間の石油探査権が与えられる。また20年間に採掘された石油に関して生産分与契約(PSC)が締結された。

 中国が2007年1−5月にスーダンから輸入した石油は470万トンで、前年の5倍に急増している。(編集担当:菅原大輔)



 
 
>TOP

--------------------------------------
■JVCスーダン:現地調整員帰国報告会■
--------------------------------------
「JVCスーダンでの活動  試行錯誤の2年を振り返る」

“何が起こるかわからない”スーダンで、調査から活動の立ち上げ、
2年目に入るまでの試行錯誤、喜怒哀楽を帰国直後の岩間が
ジュバの映像とともにお伝えします。

【日時】2007年7月3日(火)19時〜21時(開場18時40分)
【場所】文京シビックセンター 区民会議室3階A・B
http://www.b-civichall.com/access/main.html
【参加費】500円(JVC会員は無料)

【報告者】岩間 邦夫(JVCスーダン事業担当)
1992年カンボジアに入り、国連ボランティアとして選挙の実施に携わる。
その後、虐殺後のカンボジアの復興支援に関わる。そのときの経験が、
スーダンで活動を始めるきっかけとなる。スーダンをこのまま見過ごすことは
カンボジアの悲劇を繰り返すことになる。 05年スーダンでの調査を開始した。

【お申し込み・お問合せ】
日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事業担当:岩間
E-mail (iwamak@ngo-jvc.net)、電話03-3834-2388
※定員(60名)になり次第締め切らせていただきます。


 
 
>TOP

ダルフールPKOを検討 自衛隊派遣の可能性

'07/7/6

政府はスーダン西部ダルフール地方の紛争に伴う人道危機に対処する国連・アフリカ連合(AU)合同平和維持活動(PKO)の本格化に備え、自衛隊派遣の可能性について検討に入った。複数の政府筋が六日、明らかにした。ダルフール紛争は欧米やアフリカ諸国で大きな問題となっており、来年七月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を主催する日本が議論を主導するには「自衛隊を含め人的貢献が不可避になる」(外務省筋)との判断からだ。

自衛隊派遣の可能性は、内閣府国際平和協力本部を中心に検討に着手。先月末にはスーダン情勢に詳しい専門家の意見を聞くなど、情報の収集と分析に乗り出した。ただ自衛隊派遣をめぐっては、外務省内で積極論と「派遣は想像しがたい」(幹部)との消極論が交錯。防衛省は「危険性が高い」(幹部)と慎重な姿勢で、政府内の調整は難航も予想される。

ダルフール地方では二○○三年から、アラブ系の政府軍や民兵と、黒人系の反政府勢力との紛争が激化。「世界最悪の人道危機」ともいわれ、隣接のチャドに約二十万人超とされる難民が発生している。

国連安全保障理事会は昨年八月、二万人規模のPKO部隊派遣を決議。スーダン政府は主権侵害としてPKO部隊の受け入れを拒んでいたが、先月中旬に了承した。

ダルフール紛争は「当事者間の停戦合意」などPKO参加五原則を現段階で満たしていない。だが内閣府国際平和協力本部や外務省には、PKOの本格的な展開が想定される来年三月ごろまでにスーダンとチャドの間で明確な和平合意が成立すれば、スーダン国内での停戦合意がなくても、チャド側で大量の難民に対する人道支援が可能になる公算が大きいとの見方が出ている。



 
 
>TOP

ダルフール紛争

アラブ系のバシル政権に対抗、地元の黒人住民が2003年に反政府組織を結成したのを契機に、政府の支援する民兵組織が黒人住民の村を無差別に襲撃、紛争が激化した。国連によると、約20万人が殺害され、約250万人の難民・国内避難民が発生。国連安保理は昨年8月、ダルフールへの国連平和維持活動(PKO)部隊派遣を決議。スーダン政府は先月、2万人規模の国連・アフリカ連合(AU)合同PKO部隊の受け入れを表明した。

政府 ダルフールPKO検討 自衛隊派遣 調整は難航か

(2007年7月7日掲載)

政府はスーダン西部ダルフール地方の紛争に伴う人道危機に対処する国連・アフリカ連合(AU)合同平和維持活動(PKO)の本格化に備え、自衛隊派遣の可能性について検討に入った。複数の政府筋が6日、明らかにした。ダルフール紛争は欧米やアフリカ諸国で大きな問題となっており、来年7月の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を主催する日本が議論を主導するには「自衛隊を含め人的貢献が不可避になる」(外務省筋)との判断からだ。

自衛隊派遣の可能性は、内閣府国際平和協力本部を中心に検討に着手。先月末にはスーダン情勢に詳しい専門家の意見を聞くなど、情報の収集と分析に乗り出した。ただ自衛隊派遣をめぐっては、外務省内で積極論と「派遣は想像しがたい」(幹部)との消極論が交錯。防衛省は「危険性が高い」(幹部)と慎重な姿勢で、政府内の調整は難航も予想される。

ダルフール地方では2003年から、アラブ系の政府軍や民兵と、黒人系の反政府勢力との紛争が激化。「世界最悪の人道危機」ともいわれ、隣接のチャドに約20万人超とされる難民が発生している。

国連安全保障理事会は昨年8月、2万人規模のPKO部隊派遣を決議。スーダン政府は主権侵害としてPKO部隊の受け入れを拒んでいたが、先月中旬に了承した。

ダルフール紛争は「当事者間の停戦合意」などPKO参加五原則を現段階で満たしていない。だが内閣府国際平和協力本部や外務省には、PKOの本格的な展開が想定される来年3月ごろまでにスーダンとチャドの間で明確な和平合意が成立すれば、スーダン国内での停戦合意がなくても、チャド側で大量の難民に対する人道支援が可能になる公算が大きいとの見方が出ている。



 
 
>TOP

ヒロシマ&ナガサキ・メモリアル・コンサート

平和活動団体ジャパニーズ・フォー・ピース

メルボルンを拠点に全世界の平和構築を目指し活動を続ける非営利団体ジャパニーズ・フォー・ピース(JfP)が8月5日、メルボルン・タウン・ホールでヒロシマ・ナガサキ祈年コンサートを開催する。

同コンサートは広島と長崎への原爆投下からちょうど60年を記念した1昨年以来、今年で3回目。今回は「ワールド・ミュージック」をテーマに、民族や国境を超えた音楽や、被爆者、アフリカ難民コミュニティーのメッセージなどを通して、メルボルン市民に平和を訴える。

コンサートの収益金の一部は、スーダン・ダルフール地区からの難民を援助するNGOに送られる。

■ヒロシマ・ナガサキ平和コンサート 「Why not peace and love ? 」

日時:8月5日3PM〜5PM 

場所:メルボルン・タウン・ホール、スワンストン・ルーム(Swanston Room, Melbourne Town Hall, 90-120 Swanston St., Melbourne)

出演予定者:デービッド・ジョーンズとカルメン・ワリントン(チベット、日本の瞑想音楽)、アジャック・クワイ(スーダン人歌手)、ケート・テンパニー(インドの太鼓、タブラ演奏)、只野徳子(三味線)、りんどう太鼓(和太鼓)

※出演者は変更の可能性あり

料金:大人15ドル、コンセッション10ドル

Web: www.JfP.org.au

ボランティア参加希望などの問い合わせはEmail: jfp@hotmail.co.jpまで。



 
 
>TOP

国連特使、ダルフールの平和実現を楽観視

国連のダルフール問題担当のエリアソン特使は7日ハルツームで、「スーダン西部のダルフール地域で近いうちに平和を実現することを私は楽観視している」との考えを示した。

エリアソン特使はこの日、スーダンのイスマイール大統領顧問、アコル外相とそれぞれ会談を行った。会談後、エリアソン特使は、記者団に「関係各方面が、ダルフールの和平プロセス再開に払った努力はすでに具体的な進展を見せた。近いうちに政治的な解決案に達する見込みである」と述べた。

イスマイール大統領顧問は、「スーダン政府は、国連とアフリカ連合が結んだダルフールでの合同平和維持行動展開に関する協定を遵守し、さらに、国連安保理が合同平和維持行動に資金を提供する協定をできるだけ早く採択するよう希望する」と語った。

「cri」2007年7月8日



 
 
>TOP

<シリーズ アフリカ>
さまよえるスーダン難民
7月10日 火曜深夜[水曜午前] 0:10〜1:00
シエラレオネ出身のジャーナリスト、ソリウス・サムラ氏の体験ルポシリーズ。
2回目は多数の難民を放出するスーダン。西部のダルフール地方では、内戦に
よる戦闘が勃発し難民となった人は20万人を超えると言われる。隣国の難民キャ
ンプを目指す一家と約4週間、生活を共にした。


 
 
>TOP

信教の自由保護、キリスト教国家で最多 米調査機関発表

世界の主要100カ国以上を対象に信教の自由の現状を調査した結果、歴史的、文化的にキリスト教を背景とする国家が、その他の宗教や非宗教の国家と比べて信教の自由を保障する水準(最高1、最低7)が高いことが11日、わかった。最高水準「1」はハンガリーで、アイルランド、エストニア、米国と続く。米ワシントンのシンクタンク「ハドソン・インスティテュート・信教の自由センター」が発表した。詳細は来年出版予定の『Religious Freedom in the World 2007』で報告する。(ChristianPost.com)

最低水準の「7」とそれに次ぐ「6」と評価された国は、宗教的背景を持たない国である中国、ベトナム、北朝鮮、イスラム教国のパキスタン、イラン、イラク、サウジアラビア、スーダン、トルクメニスタンだった。

同センター主任研究員のポール・マーシャル氏は会見で、「極端に宗教的であるか、極端に非宗教な国家が、宗教的制限の特に厳しい地域を占めていると言える」と述べた。

信教の自由と国家の宗教的背景に特定の相関関係は見つからないことがわかった。例えば、イスラム教色の強いアフリカのマリ、セネガルは、キリスト教色の強いドイツ、フランス、ギリシャ、ケニア、フィリピンよりも信教の自由が保護されている。

だが、マリとセネガルを除き、「1」〜「3」の水準のほとんど全てがキリスト教色の強い国家である一方、下位水準の国家の多くがイスラム教色の強い国家か、非宗教政府による仏教国であることがわかった。

信教の自由の水準と経済的自由と企業活動の水準との間に強い相関関係があることがわかった。信教の自由が厳しく制限されている国では、経済的自由にも比較的多くの制限が見られる傾向がある。

信教の自由の制限が増加、拡大、激化の傾向にあることも判明した。イスラム教過激派が信教の自由にとり大きな脅威となり、特にイラクは、昨年の一連の出来事を含め、フセイン政権以降世界で最も信教の自由が侵害されている国家と評されている。

[2007-07-11]



 
 
>TOP

スーダン・ダルフールに合同部隊の展開認める決議案

2007年07月12日19時23分

英仏とガーナは11日、人道危機が続くスーダン西部ダルフール地方に、国連とアフリカ連合(AU)の合同部隊の展開を認める決議案を安全保障理事会に提示した。年内の平和維持活動(PKO)実施に向けた具体的な手順を示したものだ。

決議案は、ダルフールで現在活動している約7000人のAU部隊を吸収する形で、年末までに2万人規模の軍と最大約6000人の警察官などからなる合同部隊の展開を承認する内容。当初の展開期間は1年と定めている。要員は可能な限りアフリカ諸国から確保するが、全体の指揮は国連が取り仕切ることも明記した。

さらに、事務総長に対して、決議案採択から90日以内に展開に向けた進み具合を報告するよう求めた。もし当事者が協力を怠った場合には「追加措置を取る」とし、新たな制裁の可能性に含みを残した。



 
 
>TOP

2007/07/13-14:37 洪水で30人死亡、負傷者も100人に=スーダン

【ハルツーム12日AFP=時事】スーダンでは雨期による河川のはんらんで大規模な洪水が起こり、12日までに少なくとも30人が死亡、100人が負傷し、破壊された住居は2万5000軒に達している。スーダン内務省が発表した。(写真は11日、首都ハルツーム東方の冠水した地域を避難するスーダンの人たち)

雨期で水位が上昇したナイル川とガッシュ川がはんらんし、首都ハルツームの姉妹都市オムドゥルマンと北東部のカッサラが洪水に見舞われたのに続いて、ハルツームの低地地帯が冠水した。このため政府は、被災者の緊急支援に乗り出した。首都の低地地域には、さまざまな地域紛争を逃れて首都に流れ込んだ人たちが居住している。住居は泥を積み上げたもので、濁流により数百戸が破壊された。

当局は、ナイル川の水位が上昇を続け、首都周辺の低地地域がさらに水没するのではないかと懸念している。また、洪水による伝染病の発生にも神経を尖らせている。世界食糧計画(WFP)はカッサラ周辺で家を失った推定2万人に対して、食料品配布の緊急支援活動を開始した。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

イラン・北の大量破壊兵器 中国が拡散関与 米議会証言

【ワシントン=古森義久】米国政府高官2人が12日、議会での公聴会で中国がイランや北朝鮮への大量破壊兵器などの拡散にかかわってきたとして、懸念を表明した。米国政府は中国国有企業がイランに売った兵器類がイラクやアフガニスタンでテロ勢力側に使われていることにとくに強く抗議しているという。

米国議会の超党派政策諮問機関の「米中経済安保調査委員会」は12日、中国の兵器などの拡散についての公聴会を開いた。

同公聴会で米国政府を代表して証言したデービッド・セドニー国防次官補代理は中国当局による核兵器や化学兵器のような大量破壊兵器、さらには通常兵器の拡散に関連して、中国政府が最近は米国の要請に応じて、国際的に拡散を防ぐ措置をとることに合意を表明しながらも、実際には「北朝鮮、スーダン、ビルマ(ミャンマー)、キューバ、ベネズエラなどを含む諸国に軍事転用可能な技術や通常兵器関連技術を提供することに意欲をみせてきた」と述べた。

セドニー氏はイランについては「ウラン濃縮とミサイル開発で周辺諸国だけでなく、ロシアや中国にも脅威を与えるようになった」との懸念を表明するとともに、イラクとアフガニスタンで米国やその同盟諸国の軍隊を攻撃するテロ勢力がイランと関係を保ち、イランから供与された中国製の通常兵器を使っている、と証言した。米国政府は中国政府に対しイランへの兵器輸出をやめることを求めてきたが、中国側はそれに応じていないという。

セドニー次官補代理はまた、米国政府が中国の国有企業など9社に対し、イランの弾道ミサイル開発に必要な技術や部品を輸出したとして制裁措置をとったが、中国側はまだイランへの同種の供与を完全にはやめていない、と証言した。

セドニー氏は「北朝鮮がイランや他の懸念を有する相手諸国へ軍事関連品目を輸出するために中国の港湾や空港を使ってきた」と証言し、中国当局が北朝鮮のそうした大量破壊兵器関連の輸出に協力してきたとして非難した。同氏は中国が長年にわたり、北朝鮮に弾道ミサイル開発のための部品や技術を供与してきた、とも証言した。

一方、ドン・マフリー国務次官補代理は中国がスーダンやシリアへの通常兵器を輸出していることを米側が懸念していると述べた。とくにスーダンでは、中国の兵器がダルフールでの大量虐殺に使われているという。

マフリー氏も中国の兵器がイランからイラク国内のテロ勢力に供され、米兵の殺傷に使われていることへの抗議を表明した。

(2007/07/14 08:13)



 
 
>TOP

ダルフール紛争をめぐる国際会議、トリポリで開催

* 2007年07月15日 20:40 発信地:トリポリ/リビア

【7月15日 AFP】国連(UN)とアフリカ連合(African Union、AU)が合同で主宰するスーダンのダルフール紛争に関する国際会議が15日からリビアのトリポリで開かれる。

国連のヤン・エリアソン(Jan Eliasson)事務総長特使はAFPの取材に対し、この会議の目的は、エジプト、エリトリア、リビアなど近隣諸国から提案されている複数の和平協議案をとりまとめることと、交渉の場を設定することだと語った。

スーダンのほか、英国、カナダ、チャド、中国、フランス、オランダ、ノルウェー、ロシア、米国、アラブ連盟(Arab League)、欧州連合(European Union、EU)が会議に参加する。

今回の会議は、国連が安全保障理事会(Security Council)が作成した決議案を調査したことに端を発する。決議案は、ダルフールでの合同部隊の平和維持活動の当初期間を12か月間と設定。「UNAMID」と呼ばれる合同部隊は最大1万9555人の軍事要員および最大3772人の警官を含む文民要員から成るとしている。

7000人の兵士を抱えるAU軍は、軍備および資金不足で暴力の鎮圧ができないばかりか、度々攻撃の対象にされている。(c)AFP



 
 
>TOP

ダルフール紛争 交渉再開に向けた国際会議 開催

スーダン西部ダルフール地方の紛争解決を求める和平交渉の再開に向けた国際会議が15日、リビアの首都トリポリで開催されました。

会議には国連、アフリカ連合、アラブ連盟、欧州連合、スーダン政府と反政府勢力、および中国を含めた18カ国の代表が参加しました。

開幕式でエリアソン国連事務総長特使は「現在は交渉再開の時期となり、次の段階は関係側の直接協議である。関係側はダルフール地方の治安と開発に責任を負うべきだ」と述べました。

アフリカ連合のサリム特使は、スーダン政府と交渉を行い、紛争の解決を推進するようダルフールの反政府勢力に呼びかけ、交渉再開に向けた関係国や国際機関の努力を高く評価しました。

スーダン政府を代表するエルワシラ外務担当国務大臣は「政府はダルフール紛争が軍事手段によって解決できないことを信じており、関係側が参加する和平交渉による解決でこの地方の治安回復と社会安定が実現できる」と述べました。(ジョウ)

「中国国際放送局 日本語部」より 2007年7月16日



 
 
>TOP

ダルフール紛争、和平交渉再開へ向けて8月に準備協議

* 2007年07月16日 22:58 発信地:トリポリ/リビア

【7月16日 AFP】スーダンのダルフール(Darfur)紛争の終結へ向けて国連(UN)とアフリカ連合(African Union)がリビアのトリポリ(Tripoli)で主宰した会議は16日、2日間の日程を終えて声明を発表し、2006年5月のダルフール和平協定に調印していない反政府勢力らとスーダン政府の交渉の詳細を決定するため、8月初旬に新たな協議を行うことを明らかにした。

和平交渉の詳細を詰める協議は8月3日から5日の間に、タンザニアのアルーシャ(Arusha)で行われる。

アフリカ連合平和安全保障委員会(African Union Commissioner for Peace and Security)のSaid Djinnit委員長は16日に終了した会議の成果について、2006年にナイジェリアの首都アブジャ(Abuja)での和平協定に調印しなかった同国の複数の反政府勢力とスーダン政府との交渉へ向けて、迅速な動きが必要だという点に焦点が当たったと述べ、「9月はダルフール(和平)にとって重要だと思う」と語った。また「過去数週間は、構築段階だった。われわれは和平交渉において前進しているし、反政府勢力も対話の再開に対する意欲を次第に見せている」と述べた。

一方国連では、ダルフール地方で活動中のAU部隊から今年末までに、AU・国連の合同部隊が当初の展開期間1年で平和維持活動を引き継ぐとする安保理決議案の修正案を検討している。(c)AFP/Imed Lamloum



 
 
>TOP

国連事務総長、イラク復興に協力表明・米大統領と会談

【ワシントン支局】ブッシュ米大統領と潘基文・国連事務総長は17日、ホワイトハウスで会談し、イラク情勢やスーダンのダルフール地方での武力紛争問題などについて協議した。潘事務総長は会談後、記者団に対し「イラク情勢は世界全体の問題だ」と指摘。「政治的対話の促進や経済および社会の復興を支援する」と述べ、国連としてイラク復興に協力する考えを表明した。(09:55)



 
 
>TOP

ダルフールの惨状に怒り、“赤い”ジュネーブの大噴水

【ジュネーブ=渡辺覚】ジュネーブ・レマン湖の観光名物として知られる高さ約140メートルの「大噴水」(ジェドー)が17日夜、東アフリカのスーダン西部ダルフール地方で続く流血の事態に警鐘を鳴らし、赤色にライトアップされた。

ジュネーブ市のパトリス・ミュニ市長らが企画したもので、2003年以降、約20万人が死亡したとされるダルフールの惨状に国際社会の目を向けさせるのが狙い。国連欧州本部をはじめ数多くの国際機関が本部を置くジュネーブの市街を背景に、赤色の水柱が夜空に噴き上がった。

大噴水は、毎年5〜9月の間、湖からくみ上げた毎分3万リットルの水を時速約200キロで噴き上げる。

(2007年7月19日12時56分 読売新聞)



 
 
>TOP

英仏首脳:初会談 ダルフールの和平促進に意欲

【パリ福井聡】ブラウン英首相は20日、就任後初めてパリを訪れ、サルコジ仏大統領と初の首脳会談に臨んだ。両首脳は会談後、スーダン西部ダルフール問題について、国連部隊の派遣を求める国連安保理決議が採択されれば、両首脳が和平促進に向けダルフールを訪問すると表明した。

両首脳は「ダルフールの事態は緊急を要する。国連決議が採択されれば我々は共に現地に飛び、和平過程の進展を確認し、経済再建へのメッセージを伝える」と述べた。ブラウン首相はさらにスーダン政府に向けて「行動が示されなければ、政権に圧力をかけるよう経済制裁を検討する」と踏み込んだ。

ダルフール問題をめぐっては、潘基文(バンギムン)・国連事務総長が国連部隊など2万人の派遣を柱とする安保理決議の採択を急ぐと表明。スーダン政府とスーダン産石油の大半を輸入する国連常任理事国・中国の対応が焦点となっている。

毎日新聞 2007年7月21日 12時54分



 
 
>TOP

チャド東部に3000人のEU軍部隊派遣へ

【ブリュッセル=林路郎】欧州連合(EU)は23日、ブリュッセルで外相理事会を開き、スーダン西部ダルフール地方の紛争地域に隣接するチャド東部に約3000人のEU軍部隊を派遣することで原則合意した。

派遣には新たな国連安保理決議の採択が必要だが、EUは派遣に向けた計画を具体化させる。

派遣決定は、ダルフール紛争が隣国のチャドや中央アフリカ共和国にまで飛び火し、スーダンを逃れた難民らの安全が脅かされていることを受けたものだ。英ブラウン、仏サルコジ両新政権がダルフール紛争への対処を重視する共同歩調を取ったことで具体化した。

(2007年7月23日20時47分 読売新聞)



 
 
>TOP

スーダン大統領、米英のイラク失策を非難

* 2007年07月23日 07:18 発信地:ファシェル/スーダン

【7月23日 AFP】スーダンのオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Beshir)大統領は22日、ダルフール(Darfur)紛争を誇張することによって、ジョージ・W・ブッシュ(George W.Bush)米大統領とゴードン・ブラウン(Gordon Brown)英首相はイラクでの「失態」を隠そうとしていると非難した。

バシル大統領は紛争で荒廃した西部のダルフールを訪れた際、「ブッシュ大統領とブラウン首相は、ダルフールで起きていることを誇張して、収拾がつかない状態となったイラクでの失態を隠そうとしている。いかなる米英の要人も、イラクでの混乱が収まるまでは同国を訪れるなどという厚かましい発表はすべきではない」と語り、さらにダルフールで活動する人道支援団体も批判した。

バシル大統領はダルフールの主要都市ファシェル(al-Fasher)で、同紛争によって避難を強いられている人々を前に演説し、自身に批判的なブッシュ米大統領とブラウン英首相が同じようにバグダッドの群衆の前で演説できるのかと問いかけ、「難民キャンプを全世界の見世物にすることは断固として許さない」と述べた。(c)AFP



 
 
>TOP

EUが、スーダン隣国に軍部隊派遣へ 避難民救済のため

2007年07月24日09時57分

欧州連合(EU)は23日、ブリュッセルで外相理事会を開き、スーダン西部ダルフール地方の武力紛争からの避難民救済のため、隣国のチャドと中央アフリカにEU軍部隊を派遣する計画で基本合意した。

派遣規模は1500〜3000人の予定で、主力はフランス、スペイン両軍が占めるとみられる。(時事)



 
 
>TOP

ダルフール問題 英仏が修正案提示

2007年07月25日23時02分

人道危機が続くスーダン西部ダルフール紛争をめぐり、英仏は24日、国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊を展開するための修正決議案を安全保障理事会に提示した。ジョーンズパリー英国連大使は「アフリカ諸国の支持を得られた」として、月内に採択したい意向を示した。

修正決議案は、11日提示の前回案から、当事者が協力を怠った場合に「さらなる措置を取る」とした部分や、スーダン政府が人道支援を妨げていると名指しで非難した表現を省き、同政府に対する圧力を弱めた。

国連は年内に現行のAU部隊から任務を引き継ぎ、最終的には最大約2万6000人の軍・警察からなる合同部隊を展開する予定。スーダン政府は同部隊を無条件で受け入れることに合意している。



 
 
>TOP

2007/07/25-07:06 制裁条項削除でスーダンに配慮=ダルフールPKOの修正決議案−安保理

【ニューヨーク24日時事】英仏両国は24日、スーダン西部ダルフール地方で平和維持活動(PKO)に当たる国連・アフリカ連合(AU)合同部隊の派遣を定めた安保理決議の修正案を提示した。国際社会の介入を警戒するスーダン政府に配慮し、紛争当事者が決議履行への協力を怠った場合、制裁措置を取ると警告した条項を削除した。



 
 
>TOP

スーダン政府に賠償命じる 駆逐艦爆破事件で米地裁

米バージニア州の連邦地裁は25日、兵士17人が死亡した2000年のイエメンでの米駆逐艦コール爆破事件でスーダン政府が実行犯を支援していたとして、遺族に約800万ドル(約9億6000万円)を支払うよう同政府に命じる判決を言い渡した。

米メディアによると、米国内で凍結されているスーダンの資産が支払いの財源に充当される可能性があるが、スーダン側の反発は必至だ。

同地裁は事件を実行した国際テロ組織アルカーイダのメンバーが、スーダンからさまざまな支援を受けていたとする遺族の訴えを全面的に認め「忌まわしい目的」のために国家権力を乱用したとスーダンを批判した。

遺族は慰謝料を含む1億500万ドルの支払いを求めていたが、地裁は公海上の死亡を定めた法律に従い、経済的損失に限って請求を認めた。(共同)

(2007/07/26 21:18)



 
 
>TOP

コール事件遺族への賠償、裁判所がスーダン政府に命じる

2007.07.26

Web posted at: 12:48 JST - CNN/AP

米バージニア州リッチモンド──2000年10月、イエメンの港に停泊中だった米駆逐艦コールがアルカイダの自爆攻撃を受けた事件で、バージニア州ノーフォーク連邦地裁は25日、実行犯を支援したとされるスーダン政府に対し、事件で死亡した海兵隊員17人の遺族らに796万ドルの賠償金を支払うよう命じる判決を言い渡した。

地裁は公海上の死亡事故による経済的損失の補てんを認めている法律を適用した。遺族らは当初、1億500万ドルの損害賠償を求めていたが、判決で減額された。

判決文は、イスラム国家であるスーダンが、実行犯らへの資金援助や訓練を行っていたと指摘。米現行法では事件の生存者が負った心の傷に対応できない点も問題視している。

遺族らがスーダン政府を相手取って訴訟を起こしたのは2004年。スーダン政府は当初、事件から時間が経ちすぎているとして、訴訟を拒否していた。



 
 
>TOP

OSCEの報告書、インターネット利用に多くの規制を課す国々へ警告

OSCEの報告書によると、中央アジアなどの一部の国々ではインターネット利用に過度の制約が設けられているという。報告書は法による「表現の自由」の制限が著しいと指摘する。

2007年07月30日 17時53分 更新

ウィーン(Associated Press)

56カ国が加盟する欧州安全保障機構(OSCE)が7月26日に公表した「Governing the Internet」(インターネットの支配)と題された報告書では、オンライン規制は「民主制であれ独裁制であれ、一部の政治体制において許容されない言論や、政権が毛嫌いする言論、あるいは恐れている言論を抑圧するのが容易であることを苦々しく思い起こさせるものである」としている。

「Webの登場で自由に意見を述べるのがかつてなく容易になった。だがそれの一方で、インターネット検閲が広がっている状況が見られる」と報告書は述べている。

OSCEの自由メディア局の責任者を務めるミクロス・ハラスティ氏によると、20数カ国で検閲が行われているほか、不必要に制約が多い法規制や政策を採用している国々もあるという。

マレーシアもそういった規制を実施している国の1つである。同国の政府高官が最近語ったところによると、政府はブロガーを対象とした法案を策定する予定であり、規制当局ではイスラム教を侮辱したと見なされる人々を躊躇なく告訴する方針だという。

ハラスティ氏は、インターネット検閲を調査している団体であるOpenNet Initiativeによる報告も引き合いに出し、ベラルーシ、中国、香港、スーダン、チュニジア、ウズベキスタンなどの国々や地域では、オンライン言論に対する不当な制限が実施されていると指摘した。

OSCEの報告書によると、国家安全保障の名の下にインターネット言論を取り締まるカザフスタンの取り組みはソ連時代の「スパイ恐怖症」を連想させるものであり、また、グルジアの法律にはインターネット上での言論の自由を制限する条項が多数含まれているとしている。

カザフスタンでは、Webサイト、ブログ、個人のWebページはすべて刑事訴訟および民事訴訟の対象となる。同国のヤームークハメット・ヤーティスバエブ情報大臣は、「汚らわしいサイト」や「ウソだらけのサイト」を同国から一掃することを誓っている。

「インターネットをコントロールすることはできないと考えている人々は、幻想の世界に生き続ければよい」とヤーティスバエブ氏は「Vremya」紙の最近の取材で語っている。

ヤーティスバエブ氏はウィーンにあるOSCE本部で7月26日に行ったスピーチの中で、カザフスタンでは民主主義を重視し、「電子政府」の実現に向けて努力していると語った。同氏の言う電子政府とは、インターネットアクセスを拡大するとともに、「わが国の情報空間をさらにオープンにし、わが国のメディアをより自由にする」ものだとしている。

カザフスタンの規制当局は2005年に「.kz」インターネットドメインを支配するようになったが、これは政府による取り締まりの例として大きく報じられた。さらにカザフスタン政府は、映画「栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」の製作者である英国人コメディアンのサシャ・バロン・コーエン氏が運用していたドメインを取り消した。

バロン・コーエン氏はその後、皮肉に満ちた――カザフスタン政府は下品だと判断した――同氏のWebサイトを引っ越した。

OSCEの報告書は、インターネットに対するカザフスタンの取り組みは「政府と意見を異にする個人や組織あるいは他国に『国家の敵』というレッテルを貼るような」敵対的雰囲気を生み出したと警告している。

同報告書によると、グルジアの法律には「不明確で互いに矛盾する」条項が含まれており、「これらの条項は、インターネット上での表現の自由の不当な制限に利用される可能性がある」という。

「『ガバナンス』という言葉が、インターネットコンテンツに対する政府規制の婉曲語になるのを許してはならないという世界報道自由委員会の見解を支持することが重要である」(同報告書)



 
 
>TOP

ダルフールに2万6千人の合同部隊 国連安保理が決議

2007年08月01日12時41分

国連安全保障理事会は31日、人道危機が続くスーダン西部ダルフール地方の平和維持活動(PKO)のため、国連とアフリカ連合(AU)が合同部隊UNAMIDを派遣する決議を全会一致で採択した。最大2万6000人を想定し、初年度の経費は25億ドル(3000億円)と言われる。経費では国連の年間通常予算に匹敵する過去最大規模の国連PKOとなる見通しだ。

国連が地域機構と合同でPKOを設置するのは初めて。急増するPKOの今後を占うモデルとして注目される。

決議は、ダルフールの紛争当事者に敵対行為を即座に停止することを求め、10月末までに現地に合同司令部を設置し、現地に投入されているAUの平和維持部隊(約7千人)を年末までに統合して任務を引き継ぐ。

また、強制行動を定めた国連憲章第7章に言及して、要員や施設の自衛だけでなく、必要な場合は「民間人の保護」「人道要員の移動の自由の確保」にも武力行使を認めている。

歩兵部隊の主力はアフリカ諸国が提供する予定だが、通信・輸送能力を備えた武装部隊や6千人以上の文民警察を予定どおり確保できるか難題は多い。決議は加盟国に30日以内に要員を提供するよう呼びかけている。

国連安保理は昨年8月にもダルフールへのPKO派遣決議を採択したが、その時はロシア、中国、カタールが棄権。スーダン政府は「主権の侵害だ」と激しく反発し、AUとの合同部隊とすることで潘基文(パン・ギムン)事務総長がバシル大統領を説得していた。



 
 
>TOP

ダルフール:国連がPKO活動決議 最大2万6千人派遣

【ニューヨーク小倉孝保】国連安全保障理事会は31日、スーダン西部ダルフールの和平実現に向けた平和維持活動(PKO)にあたる国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)を創設し、最大約2万6000人の軍人・警官を派遣するとの決議案を全会一致で採択した。これまでスーダン政府が国連部隊の受け入れに難色を示し、中国も支持してきたが、これ以上の被害拡大は容認できないとの国際社会の声を、両国とも無視できなくなった。4年間で20万人の犠牲者が出たとされるダルフール情勢は、正常化に向け大きな転機を迎えた。10月までに初期的な作戦能力を持つ本部を設置し、年内には現在駐留するAU部隊から権限を引き継ぐ。

新たに採択された決議は、国連憲章第7章(平和に対する脅威)に基づくことが明記された。UNAMIDが、住民や人道支援活動家の安全、移動の自由などを確保するため必要な行動をとることが規定されている。軍事要員1万9555人、警察部隊6432人も派遣できる。

昨年9月に採択された決議では、国連スーダン派遣団(UNMIS)に最大1万7300人の軍事要員と3300人の警察部隊などの増派が決まった。しかしスーダン政府の合意が条件だったため、現実には、同政府が3000人規模の軍事要員受け入れを認めるだけにとどまり、実効力がなかった。ダルフールには04年からAU部隊7000人が駐留しているが、民間人への襲撃を防ぐことができていない。

ダルフールを巡っては、人権の観点からも欧米が国連の介入に積極的だったが、スーダンから石油を輸入する中国がスーダン寄りの姿勢を崩さず、強制力のある決議の採択が難航した。しかし欧米の人権団体などから、「中国がダルフール問題解決に消極的なら、北京五輪(08年)をボイコットすべきだ」との声も上がり、中国も最終的には憲章第7章に基づく強制力のある決議採択に合意した。

毎日新聞 2007年8月1日 10時45分 (最終更新時間 8月1日 11時41分)



 
 
>TOP

スーダン:ダルフール紛争 国連・AUが合同部隊派遣−−安保理決議

◇最大2万6000人規模

【ニューヨーク小倉孝保】国連安全保障理事会は31日、スーダン西部ダルフールの和平実現に向けた平和維持活動(PKO)にあたる国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)を創設し、最大約2万6000人の軍人・警官を派遣するとの決議案を全会一致で採択した。これまでスーダン政府が国連部隊の受け入れに難色を示し、中国も支持してきたが、これ以上の被害拡大は容認できないとの国際社会の声を、両国とも無視できなくなった。4年間で20万人の犠牲者が出たとされるダルフール情勢は、正常化に向け大きな転機を迎えた。

10月までに初期的な作戦能力を持つ本部を設置し、年内には現在駐留するAU部隊から権限を引き継ぐ。

新たに採択された決議は、国連憲章第7章(平和に対する脅威)に基づくことが明記された。UNAMIDが、住民や人道支援活動家の安全、移動の自由などを確保するため必要な行動をとることが規定されている。軍事要員1万9555人、警察部隊6432人も派遣できる。

毎日新聞 2007年8月1日 東京夕刊



 
 
>TOP

史上最大2万6千のPKO部隊、スーダン派遣…安保理決議

【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会は7月31日、深刻な人道危機が続くスーダン西部・ダルフール地方の平和維持活動(PKO)部隊として、最大2万6000人規模の国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)の展開を定めた決議案を全会一致で採択した。

史上最大規模のPKO部隊となる見通しで、年内に発足させ、早期展開を目指す。

ダルフールでは2003年以降、スーダン政府軍やアラブ系民兵、反政府武装勢力などの衝突で20万人が死亡、200万人以上が避難民となっている。現地に展開している7000人のAU部隊は装備や資金、権限不足で治安を維持できず、今回の決議を受けてUNAMIDに吸収される。当初の展開期間は1年間。

英仏作成の決議は、UNAMIDが市民保護などで「必要な措置」を取れるとし、武器使用を認めている。UNAMIDの指揮権は国連が持つが、現場ではアフリカ諸国から派遣される要員が主導権を握ることになり、初の「合同部隊」の指揮系統がうまく機能するかどうかが課題となる。

スーダンは国連部隊派遣を「内政干渉」として反対してきたが、今年6月、アフリカ諸国から最大限の要員を確保することを条件に受け入れを認めた。決議は国連各加盟国に、30日以内にUNAMIDへの貢献内容をまとめるよう要請。要員や装備の早期確保が迫られている。

(2007年8月1日10時28分 読売新聞)



 
 
>TOP

国連安保理、ダルフール決議案を採択

* 2007年08月01日 08:28 発信地:ニューヨーク/米国

【8月1日 AFP】国連安全保障理事会(UN Security Council)は31日、スーダン西部の紛争地帯ダルフール(Darfur)地方に、国連(UN)とアフリカ連合(African Union、AU)の合同平和維持部隊を派遣する決議案を全会一致で採択した。これを受けて、潘基文(バン・キムン、Ban Ki-moon)国連事務総長は「歴史的で前例のないもの」だとして直ちに歓迎の意を表明した。

英国、ベルギー、コンゴ、フランス、イタリア、ペルー、スロバニアによって共同提出された、安保理決議1769は、UNAMIDと呼ばれる26000人からなる重装備「合同」部隊が、装備の乏しい7000人のAU部隊からダルフール地方での任務を引き継ぐことを規定している。

決議は、国連とAUの合同部隊に対し、国連憲章第7章の下、「必要な行動」をとることを認める。これは必要な武力の行使を意味し、同部隊兵士の保護、人道支援者の安全と移動の自由の確保、民間人に対する攻撃と脅威の防止、2006年5月のダルフール和平協定(Darfur Peace Agreement、DPA)の履行支援などの場合に行使が認められる。

同決議案を提出した各国は、当初主張していた憲章第7章による国連決議違反の武器監視任務の部分は削除している。

潘事務総長は15か国から成る安保理理事国に対し、「歴史的で前例のないもの」と表現したこの決議案を採択することは、「ダルフール地方の人々の生命を守り、この悲劇を終わらせるための国際社会の活動を示す、明白で力強いメッセージ」を送ることだと語った。(c)AFP



 
 
>TOP

スーダンPKO、500億円分担 自衛隊派遣は消極的

2007年08月02日01時13分

日本外務省は1日、国連安保理がスーダン・ダルフール地方に国連とAUの合同部隊派遣を決議したことについて「歓迎する。人道状況の改善につながることを期待する」との談話を発表した。ただ、現地の治安状況は厳しく、自衛隊による平和維持活動(PKO)は容易ではない。

日本は国連の分担金比率に従って初年度500億円を支援することになる。だが、スーダン南部に展開する国連スーダン派遣団(UNMIS)に出向している外務省職員は1人だけ。現地情勢の情報を分析できる態勢にはなっていない。

政府は政府途上国援助を組み合わせた支援や人的貢献を検討している。自衛隊の派遣については「安全確保ができるかが課題。欧米にとってアフリカは裏庭だが、日本とは風土も文化も違う。行け行けどんどんにはならない」(外務省幹部)などと消極的だ。



 
 
>TOP

スーダン:ダルフール紛争解決へ安保理決議 多くの課題も

【ヨハネスブルク白戸圭一】スーダン西部ダルフールの紛争解決に向け国連安保理が31日、2万6000人規模の国連・アフリカ連合(AU)合同部隊の派遣決議を採択した。難色を示してきたスーダン政府も部隊受け入れの姿勢を見せており、決議採択はダルフール住民の安全確保に向けた大きな前進といえる。だが、紛争が隣国チャドと中央アフリカに拡大する中、決議では国連部隊の展開がスーダン国内に限定されるなど多くの課題も残されている。

ダルフールの反スーダン政府勢力は隣国のチャド東部を拠点としており、スーダン政府はこれに対抗して民兵をチャドへ送り込み、攻撃させている。中央アフリカ北部にも同じ構図があり、ダルフール紛争は「内戦」ではなく「国際紛争」の様相を帯びている。

このため、現場の人道支援関係者の間では(1)国連部隊のチャドと中央アフリカへの展開(2)国連部隊による武装勢力の武装解除−−を求める声が強かった。だが、いずれも安保理決議には盛り込まれず、部隊の権限は違法な武器の「監視」にとどまった。

このため、反スーダン政府勢力、政府系民兵ともチャド、中央アフリカ両国で勢力を温存するのは確実とみられる。国連部隊は国境の反対側に武装勢力が残存する中での困難な治安維持を強いられることになる。

また、部隊の早期展開も困難だ。国連は反欧米色の強いスーダン政府の反発を緩和するため、ダルフールに駐留している既存のAU部隊に新たな部隊を加え、「2万6000人の部隊」を編成するとしている。だが、AUは今年1月に決定したソマリアへの平和維持部隊派遣で行き詰まるなど、域内で相次ぐ紛争に手が回らないのが実情。国連関係者はロイター通信に「展開完了は来年」との見通しを語っている。

国連平和維持活動史上最大級の2万6000人の部隊を編成するには、AU域外からの派遣も不可避だ。このためスーダン政府が派遣国の選定をめぐり抵抗する可能性も消えていない。

今回の決議採択を巡っては、油田開発を通じてスーダン政府に影響力を持つ中国が、スーダン政府に部隊受け入れを説得した。北京五輪を来年に控える中国は国際社会の「ダルフール問題解決に消極的なら五輪をボイコットすべきだ」との声に神経をとがらせているとみられ、中国が部隊の早期展開に向け引き続きスーダンを説得できるかが焦点になりそうだ。

【ことば】ダルフール紛争 03年以降スーダン西部ダルフールで、政府寄りのアラブ系住民と黒人系住民の間で続く武力衝突。20万人を超える難民がチャドへ脱出した。国際人権団体などはアラブ系民兵が黒人系住民を大量虐殺していると非難。国連人権理事会は昨年、全当事者に暴力の停止を求める決議を採択した。スーダン政府は、隣国チャド政権が同じ民族の黒人系反政府勢力を支援していると非難している。

毎日新聞 2007年8月1日 18時49分 (最終更新時間 8月1日 19時02分)



 
 
>TOP

スーダン:ダルフール紛争 国連、難しい治安維持 武装勢力、拠点は隣国

【ヨハネスブルク白戸圭一】スーダン西部ダルフールの紛争解決に向け国連安保理が31日、2万6000人規模の国連・アフリカ連合(AU)合同部隊の派遣決議を採択した。難色を示してきたスーダン政府も部隊受け入れの姿勢を見せており、決議採択はダルフール住民の安全確保に向けた大きな前進といえる。だが、紛争が隣国チャドと中央アフリカに拡大する中、決議では国連部隊の展開がスーダン国内に限定されるなど多くの課題も残されている。

ダルフールの反スーダン政府勢力は隣国のチャド東部を拠点としており、スーダン政府はこれに対抗して民兵をチャドへ送り込み、攻撃させている。中央アフリカ北部にも同じ構図があり、ダルフール紛争は「内戦」ではなく「国際紛争」の様相を帯びている。

このため、現場の人道支援関係者の間では(1)国連部隊のチャドと中央アフリカへの展開(2)国連部隊による武装勢力の武装解除−−を求める声が強かった。だが、いずれも安保理決議には盛り込まれず、部隊の権限は違法な武器の「監視」にとどまった。

このため、反スーダン政府勢力、政府系民兵ともチャド、中央アフリカ両国で勢力を温存するのは確実とみられる。国連部隊は国境の反対側に武装勢力が残存する中での困難な治安維持を強いられることになる。

毎日新聞 2007年8月2日 東京朝刊



 
 
>TOP

スーダン政府、ダルフールへのUNAMID派遣を受諾

* 2007年08月02日 05:13 発信地:ハルツーム/スーダン

【8月2日 AFP】スーダン政府は1日、国連安全保障理事会(UN Security Council)が31日に採択した、スーダン西部の紛争地帯ダルフール(Darfur)地方への国連(UN)とアフリカ連合(African Union、AU)の合同平和維持部隊の派遣に関する決議案を受け入れると発表した。

国連安保理で2万6000人規模からなる合同部隊(UNAMID)のダルフール派遣に関する決議案が採択された翌日、ラム・アコル(Lam Akol)外相は「スーダン政府は(国連安保理の)決議を受け入れる」と発表した。(c)AFP



 
 
>TOP

2007/08/04-14:38 統一戦線結成に向けダルフールの反政府勢力が会合

【アルーシャ(タンザニア)3日AFP=時事】スーダン西部ダルフール地方の反政府勢力は3日、国連安全保障理事会が国連とアフリカ連合(AU)合同部隊の同地方への展開を承認する決議案を全会一致で採択したのを受けて、統一戦線の結成に向けて話し合うため、タンザニア東部のアルーシャで会議を開いた。(写真はアルーシャでメディア向けに演説するダルフールの反政府組織「正義と平等運動」のガマリ・ハッサン氏)

アルーシャ会議はAUと国連の主催で開かれたもので、スーダン政府との新たな和平交渉に備えて、反政府勢力の共通の立場を明確にし、統一戦線の結成に道を開くのが目的。AUのダルフール特使を務めるサリム・アハメド・サリム氏は最終的な意見調整の協議が開かれる時期について、「向こう2カ月以内」と語った。

サリム特使は、2003年2月にダルフールで紛争が始まったとき、一つのグループが反政府活動の陣頭に立っていたが、現在では反政府勢力の数は10余りもあると指摘。さらに「われわれの目的は反政府勢力の共通の立場を見いだすことである」と述べた。また国連ダルフール特使のヤン・エリアソン氏は「政治的なプロセスを促進するため、7月31日の国連安保理決議を速やかに活用することが極めて重要だ」と指摘した。

反政府勢力の代表は予備会議を開いた後、アルーシャ会議に臨んだが、アブドル・ワヒド・ヌル氏のスーダン解放運動(SLM)の代表は出席しなかった。ヌル氏はSLM創設者で、ダルフール最大部族の出身。エリアソン特使は「ヌル氏がここにいないのは残念だ。われわれが計画している最終協議には欠席しないよう望む」と語った。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

安保理決議を受けダルフールの反政府勢力が会合

* 2007年08月04日 23:22 発信地:アルーシャ/タンザニア

【8月4日 AFP】スーダン西部ダルフール(Darfur)地方の反政府勢力は3日、国連安全保障理事会(UN Security Council)が国連とアフリカ連合(African Union、AU)の合同部隊派遣を決議したことを受けて、タンザニアのアルーシャ(Arusha)で会議を開いた。政府との新たな和平交渉および内戦終結に備えて、共通の立場を明確にし、統一戦線結成に向けて道を開くのが目的。

会議は国連とアフリカ連合の主催で開かれたもので、リビア、エリトリア、エジプトといったシリアの近隣諸国と、少なくとも16の反政府勢力の代表が出席すると見込まれていた。

アフリカ連合のサリム・アハメド・サリム(Salim Ahmed Salim)特使は、最終的な協議が行われる時期について「2か月以内」だと話した。(c)AFP/Jean-Marc Mojon



 
 
>TOP

ダルフール問題をめぐる国際会議が開催

AU・アフリカ連合と国連が共催するダルフール問題をめぐる国際会議が3日、タンザニア北部の都市・アルーシャで始まり、ダルフール地域の7つの反政府武装勢力の代表が開幕式に出席した。

アフリカ連合のダルフール問題担当のサリム特使は、3日間の会期中、ダルフール問題の平和的な解決にプラスになる環境を作り出すよう参加者に求めた。サリム特使は、その際、「国連安保理の1769号決議の採択やスーダン政府の決議の受け入れが、今回の会議の開催につながった。会議に出席しなかったスーダン解放運動の指導者が今後、その他の武装勢力と共に、ダルフールの平和実現に寄与するよう希望する」と述べた。

国連のダルフール問題担当のエリアソン特使は、ダルフールの和平ロードマップへの理解を求めた。

「CRI」2007年8月4日



 
 
>TOP

戦場で働く日赤の看護師 〜スーダン・ダルフールの緊急移動外科チーム〜

2007/08/06

緊急移動外科チームは、スーダン政府が運営する軍の病院では十分な治療が施せない時に要請されて、車やヘリコプターで患者のもとに向かい、紛争により傷ついた兵士や一般市民に対し、初期治療や手術を行います。

外科医・麻酔医・手術看護師・トリアージ看護師の4名構成で、医療資機材や医薬品、停泊用のテントなどを装備しています。

停泊できない場所では、ヘリコプターを待機させて、砲弾で傷ついた人の大掛かりな手術を2時間以内に行ったこともあります。また、車の中で手術をしたこともありました。

チーム全員が一丸となって全力を出し切って治療に関わるため、チームワークがもっとも重要な要素となります。

ダルフールでは、外国からの人道支援団体を狙った略奪や暴力事件などが絶えないため、緊急移動外科チームの門限は夜7時、酒類の持込禁止、市場や集会場への立ち入り禁止、外国人による集会の禁止、服装規定、緊急回避計画の遵守など、行動は厳しく制限されています。

国際赤十字は、こうした治安状況の悪い中でも、人々の命を救い犠牲者をなるべく減らすために活動をしています。



 
 
>TOP

ダルフール和平交渉、反政府勢力が共通合意

* 2007年08月06日 21:03 発信地:アルーシャ/タンザニア

【8月6日 AFP】スーダン西部ダルフール(Darfur)地方の反政府勢力は6日、政府側との和平交渉へ向けた方針について共通合意に至った。

タンザニアのアルーシャ(Arusha)で3日間にわたり開かれた会議には、8つの反政府勢力が参加。会議後に発表された共同声明では「(政府との)最終的な交渉へ向けた権限や財産の分割、安全保障のあり方、土地問題や人道危機に関する問題」について提言が行われた。また、最終交渉については「2か月から3か月以内に開かれるべきだ」と提言された。

今月3日から開かれた同会議は、アフリカ連合(African Union、AU)と国連(UN)が仲介した。会議には、これまでで最多の反政府勢力の政治指導者や司令官らが集まった。(c)AFP



 
 
>TOP

ダルフール問題国際会議に進展

アフリカ連合(AU)と国連の仲介によりタンザニア北部アルーシャで開かれていた、スーダン・ダルフール問題に関する国際会議が6日、閉幕した。反政府武装勢力各派の指導者は、立場と要求を一致させてスーダン政府との早期交渉に臨む方針で合意した。

ダルフール問題担当の国連のエリアソン特使とAUのサリム特使は、各代表が真剣に協議に臨み、かつ合意に至ったことに満足の意を表した。反政府武装勢力各派の代表はまた、ダルフール地方への国連とAUの合同平和維持部隊の派遣を承認する国連安保理第1769号決議が7月31日に採択されたことを歓迎し、これに全面的に協力する考えを表明した。

同会議は3日夜にアルーシャで開幕。開幕式には反政府武装勢力7派の代表が出席した。

「人民網日本語版」2007年8月7日



 
 
>TOP

2007/08/07-11:36 洪水で死者64人、負傷者335人=被災者は36万5000人に−スーダン

【ハルツーム6日AFP=時事】国連人道問題調整事務所(OCHA)は6日、スーダンでは1カ月及ぶ洪水で約36万5000人が被害を受けており、降雨がこのまま続けば、状況は一段と悪化すると発表した。OCHAによると、完全に破壊された住居は優に3万軒を超え、36万5000人が直接影響を受けている。このうち死者は64人、負傷者は335人に達するという。(写真は首都ハルツーム東の冠水地帯を子供を抱えて歩く母親、2007年7月撮影)

OCHAが挙げた死者数は、スーダン政府が7月18日現在の洪水による死者数として発表した約100人を下回っている。最大50万人がスーダン政府を支援する国連などの援助を受けているが、洪水が続けば、さらに被害が広がる恐れがある。

スーダンに駐在するグレスリー国連人道調整官代行は「予想より早く洪水に見舞われたが、迅速に対応し、うまくいった。われわれは緊急措置を講じ、住民にさらに被害が及ぶのを防ぐことができた」と述べた。ただし、現在の洪水パターンが衰えずに続けば、状況は著しく悪化するという。OCHAでは、降雨は少なくとも9月半ばまで続くと予想している。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

ダルフール問題国際会議に進展

2007年08月07日

アフリカ連合(AU)と国連の仲介によりタンザニア北部アルーシャで開かれていた、スーダン・ダルフール問題に関する国際会議が6日、閉幕した。反政府武装勢力各派の指導者は、立場と要求を一致させてスーダン政府との早期交渉に臨む方針で合意した。

ダルフール問題担当の国連のエリアソン特使とAUのサリム特使は、各代表が真剣に協議に臨み、かつ合意に至ったことに満足の意を表した。反政府武装勢力各派の代表はまた、ダルフール地方への国連とAUの合同平和維持部隊の派遣を承認する国連安保理第1769号決議が7月31日に採択されたことを歓迎し、これに全面的に協力する考えを表明した。

同会議は3日夜にアルーシャで開幕。開幕式には反政府武装勢力7派の代表が出席した。



 
 
>TOP

2007/08/08-08:36 ダルフール危機解決へ準備整う=反政府勢力の合意で−米特使

【ワシントン7日AFP=時事】米国のナットシオス・スーダン特使は7日、ダルフールの反政府勢力がスーダン政府との和平交渉に向けて「共通の立場」で合意したことについて、これによりダルフール危機解決の準備が整ったと語った。ダルフールの反政府勢力8グループは6日、タンザニアのアルーシャで開いた会議で、スーダン政府との和平交渉に臨む共通の立場で合意した。(写真はアルーシャでダルフールの反政府勢力の司令官と握手するエリアソン国連スーダン特使=右、8月4日撮影)

ダルフールの反政府勢力は、国連の安全保障理事会が先週、国連とアフリカ連合(AU)の合同平和維持部隊のダルフール展開を承認する決議案を全会一致で採択したのを受けて、統一戦線結成に向けてアルーシャで話し合っていた。

ナットシオス特使は「アルーシャ会議で政治的なプロセスが再び活性化した。ダルフール危機は政治的に解決する以外、他に方法がない」と指摘。さらに、平和解決を支援するため、地元社会の指導者、国内避難民キャンプの指導者、婦人団体、スーダンの非政府組織(NGO)など幅広い市民社会の参加を呼び掛けた。〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

スーダン、インド投資家に3点パッケージを提供

ニューデリー、8月7日(UNI):スーダンのエルシマイ・エルシッデイグ・アルヌール投資担当大臣は7日、インドの投資家たちに対し、15〜30%の投資還元率、政府機関へのアクセス、持続的投資観測を提供し、スーダンへの投資を呼び掛けた。

アルヌール大臣は、スーダンを魅力的な投資先と紹介しながら、インドの投資家に対して、スーダンのインフラと経済への投資に関する3点パッケージを提供した。

アルヌール大臣は、「中長期予測によると、8〜10%の成長率、低いインフレ率、外貨準備高の上昇が見込まれている」と述べた。

アルヌール大臣はまた、「投資家たちには、5年から10年の収益税ホリデー、国内投資家と外国人投資家の無差別、資本利潤や社員送金の許可、全ての資本財に対する関税の免税、地元パートナーとの提携の義務撤廃など、優遇措置が取られる」と述べた。

さらに大臣は、譲許的価格での土地提供、紛争時の柔軟な仲裁選択肢の準備、機械、設備、器具の再輸出の許可や、外国資産の没収、国有化、凍結を行わないことなどを約束した。

スーダン政府はここ数年間、海外直接投資を呼び込むため、いくつもの制度改革を実施している。

アルヌール大臣は、「政府は外国からの投資案の認可のための『ワンストップ・ショップ』を設立した。手続き上の改革により、スーダンとのビジネスや、スーダン国内でのビジネスの状況は格段に進歩した」と述べた。

スーダンは1999年に原油を輸出し始めた。石油生産高の増加により、2003年にはGDP成長率が6.1%に達した。

石油による収入や、通貨政策の改善により、為替相場も安定している。2005年にはスーダンの経済成長率は7.0%近くに達した。

スーダンは、石油、天然ガス、金、銀、クロム、アスベスト、マンガン、石膏、雲母、亜鉛、鉄、鉛、ウラン、銅、カオリン、コバルト、花崗岩、ニッケル、スズなど、豊富な地下資源を擁している。

スーダンには政治的混乱の時代があった。しかし、ここ数年、スーダンは天然資源を利用して経済を立て直しており、アフリカで最も急速に発展する経済のひとつとなっている。



 
 
>TOP

2007/08/09-14:00 ダルフールの反政府勢力、政府軍機1機を撃墜と発表=スーダン

【ハルツーム8日AFP=時事】スーダン西部ダルフール地方の反政府組織、正義と平等運動(JEM)は8日、同地方の数村を完全に破壊した政府軍の戦闘爆撃機1機を撃墜したと発表した。JEMのベジ戦場司令官によると、JEMの戦闘員が7日午後4時(現地時間)、アディラの北西でミグ29戦闘爆撃機を撃墜した。同機はここ数日、西部地方の村落を爆撃していた政府軍機のうちの1機。(写真はダルフール北部をパトロールする反政府組織「正義と平等運動」の戦闘員、2004年撮影)

アディラは南ダルフール州の州都ニャラの北東約100キロの町。ベジ司令官は「われわれは樹木に覆われた地域に墜落した政府軍機の一部を保有している。現在、同機のパイロットを探しているところだ」と語った。政府軍機の爆撃で5つの村が完全に破壊され、多数の村が損傷を受けたほか、多くの住民が殺害されたという。同司令官は、これらの攻撃を国連おアフリカ連合(AU)に報告したと述べた。同司令官によると、政府側の支配下にあったアディラは現在、JEMの統制下にあるという。

一方、政府軍の報道官は、撃墜された航空機はないと述べ、JEM側の発表を否定した。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

「ダルフールに国連部隊の派遣は必要ない」、AU委員長が見解示す

* 2007年08月13日 10:15 発信地:ダルフール/スーダン

【8月13日 AFP】アフリカ連合委員会(African Union Commission)のアルファ・ウマル・コナレ(Alpha Oumar Konare)委員長は12日、スーダン西部ダルフール(Darfur)地方の平和維持活動について、現在展開しているアフリカ連合(AU)軍だけで充分であり、国連維持部隊は必要ないとの見解を示した。

同委員長は、スーダンのオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Beshir)大統領と首都ハルツーム(Khartoum)で会談後、「アフリカ連合軍だけで足りる」と述べた。その上で、活動に要する資金が不足しているとして、「次は国連が、先に約束した(AU軍の活動)資金を拠出する番だ」と指摘した。

現在、ダルフール地方には、アフリカ26か国7000人で構成されるAU軍が展開している。

国連安全保障理事会(UN Security Council)は7月31日、「世界最悪の人道危機」と言われるダルフール紛争に対し、国連とアフリカ連合が合同で最大2万6000人の平和維持部隊を派遣する決議を全会一致で採択している。実現すれば過去最大規模の国連平和維持活動(PKO)となる見通しだ。(c)AFP



 
 
>TOP

スーダンの独立運動を指導したムハンマド・アフマドの霊廟

* 2007年08月14日 10:24 発信地:オムドゥルマン/スーダン

【8月13日 AFP】スーダンの首都ハルツーム(Khartoum)の北方に位置するオムドゥルマン(Omdurman)には、19世紀末に建設されたイスラム教の聖職者で独立運動を指導したムハンマド・アフマド(Muhammad Ahmad)の霊廟がある。

アフマドは19世紀末、イスラムの救世主マハディと称して、エジプト支配に対する独立運動「マハディの反乱」を起こした指導者。この反乱により、マハディ派は、一時、オムドゥルマンに都を置く独自の政権を東スーダン発足させた。(c)AFP/ISAM/AL-HAJ



 
 
>TOP

イスラエル、ダルフール難民ら50人の受け入れ拒否

2007.08.20

Web posted at: 15:48 JST - CNN

エルサレム(CNN) イスラエル当局者によると、同国政府はこのほど、スーダン西部ダルフール地方などからエジプト経由で不法入国したアフリカ人グループ50人の受け入れを拒否し、エジプト側に送還した。同国の議員や人権運動家らは、政府の対応を厳しく批判している。

イスラエル紙ハーレツによると、50人は17日夜、エジプト国境を越えようとした際に拘束された。当局は一行をいったん南部の軍施設に収容し、19日に送還したという。50人の国籍は公表されていないが、同紙は軍関係者の話として、大半がダルフールから虐殺を逃れてきた難民だったと伝えている。

イスラエルのベーカー報道官はAP通信とのインタビューで、「イスラエル法は敵国民の入国を禁じている。ダルフールの住民も例外ではない」と語った。イスラエルとスーダンは敵対関係にあり、国交は断絶されている。

イスラエルにはこれまでに、ダルフールから計数百人の難民が流入しているとみられ、その多くが刑務所に収監されてきた。ベーカー報道官によると、当局は今後新たに入国を図る者を送還する方針。しかし、エジプトではダルフール難民が治安部隊に射殺されたとの目撃情報もあり、行き場を失った難民の安否が懸念される。

イスラエルは、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人虐殺)を逃れた難民らが建国したという歴史的背景を持つ。このため、「難民受け入れは国の道義的義務」と主張する声も強く、最近では数十人の議員が、政府にダルフール難民を追放しないよう求める請願書を出している。



 
 
>TOP

政府、スーダンを「旅行制限地域」に

外交通商部(外交部)は20日、スーダンを旅行制限地域に指定した。外交部は「スーダンの紛争地域では治安状況が悪く、首都ハルツームで外国人へのテロが懸念されていることから、スーダン全域に対する旅行警報の段階を、第1段階の『旅行留意』から第3段階の『旅行制限』に上方修正した」と伝えた。外交部はまた、スーダンの韓国大使館を通じてスーダン在住韓国人およそ100人に、人口密集地域への出入りを自制するよう呼びかけた。

中央(チュンアン)日報

2007.08.20 16:48:20



 
 
>TOP

「復興を担う若者たち」

2007年08月21日

JEN@スーダン

Davidはウガンダの難民キャンプで17年を過ごし、2年前に故郷である南スーダンに戻ってきました。教員養成コースに通った後、出身地であるテレケカ郡で教師として働いていたものの、その収入では生活していくことが出来ませんでした。

現在はJENのスタッフとして、この地域の学校で実施する衛生教育プロジェクトを担当し、別の形で子どもたちと関わり続けています。

四半世紀近くにわたる激しい内戦が終結してから2年半が経ちました。ウガンダやケニアといった近隣諸国から難民の帰還が進んでいるものの、スーダン南部には祖国で再スタートを切るための基礎的なインフラが殆ど整備されていないのが現状です。

舗装された道路がないために、雨季の間は陸の孤島となる地域が多くあります。また、安全な飲み水を供給する井戸や、トイレなどの衛生設備が圧倒的に不足しています。

このため、人々は川や池の水を利用し、野原で用を足します。その結果、コレラやチフスといった水因性疾患が蔓延し、子どもを含む帰還民の再定住を妨げています。

JENはこのような状況を改善するため、中央エカトリア州のテレケカ郡とラニャ郡にある78校の小学校で、水と衛生環境を改善するためのプロジェクトを実施しています。井戸の掘削、トイレの建設と並行して、子どもたちや先生と周辺住民が、これらの設備を正しく使用できるように、衛生に関する指導を行ないます。

JENのスタッフが6人チームを編成して各学校をまわり、絵を描いたカードや、劇や歌を教材として使いながら、水に起因する病気を防ぐために気をつけなければいけないことなどを、子どもたちにもわかりやすく説明します。また、先生たちには教材の使い方を伝え、JENが事業を完了した後も、引き続き学校で衛生に関する知識が共有されていく体制を作っています。

Davidをはじめ、このプロジェクトを支えるスタッフの多くが、若い帰還民です。より良い教育の機会を求めて母国に帰ってきたものの、生活するのに精一杯で、勉強の中断を余儀なくされている者も多くいます。

事務所長として、JENで同僚として働く彼らには、給与という経済的なインセンティヴだけでなく、共にスーダンの人びとのために働くというゴールを共有するチームである、という意識を持ってもらいたいと考えています。そのためにも、スタッフが働きやすい環境を整備しながら、彼らの能力を磨くためのサポートにも力を尽くしています。

衛生教育実施の事前トレーニングとして、スタッフは水に起因する病気についての講習を受け、また住民参加を促しながらプロジェクトを企画立案していく方法も学びました。加えて地雷回避教育や無線のトレーニング等、事業を通じて様々なスキルを身につけてもらいながら、JENのスタッフとしてだけでなく、スーダン南部の復興を担う人材としての能力強化を目指します。

スーダン南部に帰還してきた人たちが再定住するためには、彼ら自身も言うように、復興を担う人材を育てる環境が必要です。

JENは学校での衛生環境を改善しながら、子どもたちや先生だけでなく、プロジェクトに携わる現地スタッフの成長もサポートしていきます。

(JENスーダン・ジュバ事務所長 川勝 健司)

【メモ】

JENスーダン事務所で働く現地スタッフの誰もが、「教育環境の改善がなければ、復興はありえない」と言います。

彼ら自身が教育の機会を寸断され、祖国に帰還した現在でも希望する教育を受ける自由がないことが、実感として大きな障碍となっているからでしょう。

それでも彼らは、JENで働くかたわら、それぞれの方法で勉強を続けています。

希望を持って帰還した祖国で、未来を選択する自由を得られるように。JENはスーダン南部の復興を支えていきます。

【インフォメーション】

JENは新潟県中越沖震災を受け、十日町市池谷・入山地域での村おこしボランティアの予定を変更し、柏崎市西山町にボランティア派遣を行なっています。

被災して厳しい生活を余儀なくされているお年寄りを訪れ、片付けやトイレそうじ、地割れの埋めなおしなど必要とされる様々な作業を行ないます。また、作業をしながら話し相手になるなどのことが、被災者の不安を軽減することにも役立ちます。

詳しくは、JENホームページをご覧ください。

JEN新潟中越沖地震ボランティア「おはなし隊」募集!



 
 
>TOP

ダルフール紛争、反政府勢力が統一軍事組織設立へ

* 2007年08月21日 04:50 発信地:アスマラ/エリトリア

【8月21日 AFP】危機的状況が続くスーダン西部ダルフール(Darfur )地方の紛争で、7月に結成されたばかりの反政府勢力5派の連合United Front for Liberation and Development(UFLD)は20日、同連合の指導者たちがダルフールに戻り、それぞれの軍事部門を1つの軍事組織に統一すると発表した。

さらにUFLDのAbdel Aziz代表が、同連合の拠点でもある、エリトリアの首都アスマラ(Asmara)で記者団に語ったところによると、同連合の部隊がダルフールで活動する援助活動関係者やNGO関係者を保護することを約束した。

約2週間前に国連(United Nations、UN)とアフリカ連合(African Union、AU)の仲介によって、タンザニアのアルーシャ(Arusha)で反政府勢力間の会談が行われており、今回の決定はそれを受けてのもの。

UFLD側はスーダン政府との最終的な和平協議は、病院に監禁状態にある反政府勢力の指導者Suleiman Jamous氏が釈放されない限り行わないとしている。国連によると、スーダン政府は治療のための同氏の出国を認めることに合意しているという。(c)AFP



 
 
>TOP

2007/08/23-14:17 ダルフール和平交渉、10月開始へ=AUスーダン特使が見通し示す

【ハルツーム22日AFP=時事】アフリカ連合(AU)のサリム・スーダン特使は22日、訪問先のハルツームで、同国西部ダルフール地方の紛争終結を目指すスーダン政府と反政府勢力との交渉は10月に始まるだろうと語った。同特使はラム・スーダン外相と会談した後、「われわれは現在、交渉を10月初めに開くという前提のもとに作業を進めている」と述べた。(写真はダルフールのニャラにある反政府勢力スーダン解放軍=SLA=の事務所で会合するSLA戦闘員)

サリム特使によると、具体的な日取りは国連の潘基文事務総長およびAU委員会のコナレ委員長が設定する。潘基文事務総長は来月、スーダンを訪問する予定だ。

スーダン政府のサデク報道官は「スーダン政府はいつでも交渉を開始する用意がある」と述べるとともに、「アブジャ和平協定が交渉の判断基準となる限り、反政府勢力の関心事について協議するのに何の問題もない」と付け加えた。同協定は2006年5月にナイジェリアの首都アブジェで調印された。ただ、スーダン政府と同協定に調印したのは、反政府勢力3派のうちの1派だけだった。

一方、反政府勢力のスーダン解放運動(SLM)は22日、「スーダン政府軍が最近加えた攻撃を考えると、先の和平イニシアチブへの約束を見直さざるをえない」との姿勢を示した。SLMの広報を担当するアブダラ氏は「われわれは国連とAUがタンザニアのアルーシャで開催した会議で、政治プロセスを始動させるため国連・AUのロードマップ(行程表)を是認した。スーダン政府が現在、地上で行っていることを考慮して、それを見直しているところだ」と述べた。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

2007/08/24-09:27 スーダン、EUとカナダの外交官を国外追放=内政問題への干渉を理由に

【ハルツーム23日AFP=時事】国営スーダン通信は23日、スーダンの内政問題に干渉したとして、スーダン政府が欧州連合(EU)の外交官とカナダ代理大使を国外追放したと伝えた。スーダン外務省のサデク報道官は同通信に対し、「スーダンはEUの外交官とカナダ代理大使を呼び、好ましくない人物とみなしていると通告した。なぜなら、彼らはスーダンの問題に干渉したからだ」と語った。(写真は首都ハルツーム西方の都市オムドゥルマンのモスクの前で、バシル大統領の到着を待つスーダンの儀仗兵、2007年4月撮影)

国外追放の具体的な理由はいまのところ、はっきりしない。サデク報道官は2人の名前を明らかにせず、「スーダンはこの出来事がEUやカナダとの関係を妨げることのないよう懸命に努めている」と述べた。

スーダンは2006年10月に、民族紛争が続く西部ダルフール地方での同国の行動を批判したとして、プロンク国連特使を国外追放している。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

スーダン:カナダとEU欧州委の外交官2人を国外追放

AP通信によると、スーダン政府は23日、カナダと欧州連合(EU)欧州委員会の外交官2人を「好ましからざる人物」として国外追放すると発表した。

スーダン外務省のスポークスマンは国営スーダン通信に「2人は自身の任務と相反し、スーダンの国内問題に干渉した」と述べた。ダルフール問題との関連は不明。(ナイロビ共同)

毎日新聞 2007年8月24日 18時44分



 
 
>TOP

外交官2人を国外追放 スーダン

AP通信によると、スーダン政府は23日、カナダと欧州連合(EU)欧州委員会の外交官2人を「好ましからざる人物」として国外追放すると発表した。

スーダン外務省のスポークスマンは国営スーダン通信に「2人は自身の任務と相反し、スーダンの国内問題に干渉した」と述べた。ダルフール問題との関連は不明。(共同)

(2007/08/24 08:10)



 
 
>TOP

カナダと欧州委員会の外交官を追放 スーダン

* 2007年08月25日 02:52 発信地:ハルツーム/スーダン

【8月25日 AFP】スーダン政府は23日、カナダと欧州委員会(European Commission)の外交官2人を国外追放した。国営スーダン通信(SUNA news agency)が伝えた。スーダン外務省の報道官によれば、追放は内政干渉にあたる活動を行ったためと説明しているが、欧米諸国との関係悪化が懸念される。

米国政府は、スーダンの発表がダルフール(Darfur)で発生している大規模虐殺への国際社会の関与をそらす試みでないとの声明を発表。米国政府は、ダルフールでの大虐殺を「ジェノサイド」を表現している。

追放された2人についてAli Karti国務相は、対立する勢力幹部と許されざる接触を試みたとし、「スーダンが国連や国際社会に対して従順であると考えている者に対して明確なメッセージを送る必要がある」と述べた。

この件について欧州委員会の報道官は現在解決策を模索中であるとし、詳細については語らなかった。また、カナダ政府は追放の理由について説明を求めている。

スーダン外務省は、今回の件でスーダン政府は欧州とカナダとの関係を悪化させないための努力を試みたとしているが、スーダン政府は、2006年10月にもジャン・プロンク(Jan Pronk)国連事務総長特使を国外追放するなど、これまでにも欧米諸国の外交官との関係を害する例がしばしばある。

潘基文(バン・キムン、Ban Ki-Moon)国連事務総長は来月上旬に同国を訪問し、同国西部で展開する平和維持部隊の状況について議論する予定となっている。(c)AFP



 
 
>TOP

独メルケル首相、中国、日本での首脳会談に向けて出発

* 2007年08月26日 16:18 発信地:ベルリン/ドイツ

【8月26日 AFP】ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は26日、中国と日本への公式訪問に向けて出発した。貿易関係の強化と地球規模での気候変動に対する取り組みでの協力体制の構築などが協議される。

メルケル首相は29日まで中国に滞在し、胡錦濤(Hu Jintao)国家主席や温家宝(Wen Jiabao)首相と会談する。その後、同日来日し、安倍晋三(Shinzo Abe)首相と首脳会談を行うほか、天皇陛下と会見する。

メルケル首相は欧州最大の経済大国の首相であると同時に、2007年には主要国(G8)首脳会議での議長も務めた。2008年のG8では日本が議長国を務める。

■財界代表団伴い訪中

成長目覚ましい中国の経済は、現在世界3位のドイツを今年末までには追い越すとみられている。

ドイツ政府当局者は記者団に対し、「中国経済はドイツが得意とする分野に次々と参入している」と指摘した。中国はアジア・太平洋地域でのドイツの最大貿易相手国である一方、ドイツの輸出のうち中国への輸出は3%にとどまっているという「ずれ」がある。

メルケル首相はドイツの財界を代表する25人を伴い、貿易赤字を修正するための有利な協定を締結したい考えだ。

■温室効果ガス削減、人権問題も議論

一方、温室効果ガスの排出削減に対する国際的な取り組みも、今回の日中歴訪での重要な要素だ。2012年に期限切れとなる京都議定書後の新たな枠組み交渉会議は12月、インドネシアで開催される。

メルケル首相はスーダンのダルフール紛争、2008年の北京五輪開催を控えた報道の自由をはじめとする中国の人権問題などの難しい問題についても積極的に議論する構えだという。

■日本では常任理事国入りなどを協議

日本では、メルケル首相は京都議定書合意から10年を記念し、同地で演説を行う予定。

貿易拡大などを協議するためのインド訪問から帰国したばかりの安倍首相との会談では、国連安全保障理事会(UN Security Council)での常任理事国入りなどについても協議されるもようだ。

メルケル首相はまた、大阪で開催中の第11回世界陸上大阪大会(11th IAAF World Championships in Athletics Osaka)にも姿を見せるとみられている。(c)AFP



 
 
>TOP

スーダン、国外追放した外交官のうち1人の任務復帰認める

* 2007年08月26日 03:38 発信地:ハルツーム/スーダン

【8月26日 AFP】スーダンの外務省は25日、同国の内政問題に干渉したとして国外追放した欧州委員会(European Commission)の外交官について、同委員会のルイ・ミシェル(Louis Michel)開発・人道援助担当委員からの謝罪を受け入れ、首都ハルツーム(Khartoum)での任務継続を認めたと発表した。Ali al-Sadek外務省報道官がAFPに対して明らかにした。

国外追放後に任務の継続が認められたのは、スウェーデンのKent Degerfelt外交官。反対派勢力の指導者らと「許されざる接触」を行ったとして、カナダのNuala Lawlor代理大使とともに国外追放されていた。

なお、スーダン外務省は、Lawlor代理大使の現状についてはコメントを拒否している。

同省の発表に先立ち、欧州委員会は、ミシェル委員とオマル・バシル(Omar al-Beshir)スーダン大統領の直接会談により、Degerfelt外交官に関する決定が覆されたと述べていた。

バシル大統領との会談後に仏ラジオ局の取材に応じたミシェル委員は、Degerfelt外交官が大統領や外務省を経由せずにスーダンにおける人権状況に対する懸念を表明したことを説明、外交儀礼における誤りが同外交官の国外追放の原因となったと説明した。

欧州委員会は、この「前向きな結果」に満足していると語り、欧州連合(EU)とスーダンとの関係において「励みになる」と述べた。(c)AFP



 
 
>TOP

「世界の貧困と戦争を根絶することは可能か 」ジェフリー・サックス・コロンビア大学地球研究所所長(1)

(2007/08/28)

世界平和や貧困の撲滅、アフリカの将来に関心を抱いている人に、最近発表された国連環境プログラム(UNEP)のスーダンに関するレポート「対立後の環境評価」をぜひ読んでもらいたい。同レポートは、スーダンの環境を技術的な側面から分析したレポートのように思われるかもしれないが、それ以上の内容が盛り込まれている。自然環境、貧困、人口増加が相互に絡み合いながら、どのようにして同国のダルフール地方で凄惨な悲劇が引き起こされたかが描かれている。サックス

紛争が起こったとき、政治家は紛争の政治的な説明と政治的な解決を求める。こうした対応は理解できるが、基本的なポイントが見落とされている。ダルフールの置かれた地理、気候、人口増加がもたらした影響を理解しないと現実的な解決策を見いだすことはできないのだ。

極端な貧困が暴力の主因である。ダルフールのような世界の最貧困地域では、豊かな地域よりも戦争が起こる可能性は高い。これは研究や統計的な分析で裏付けられている。UNEPのレポートは、「土地の侵食・砂漠化とダルフールの紛争の間には非常に密接な関連性がある」と述べている。

極端な貧困は、紛争を引き起こす。貧困ゆえに人々は絶望感に打ちひしがれる。お互いに対立する集団は、食糧、水をはじめとした生活必需品の欠乏に直面し、生存のために争うことになる。そうした状況の中で、政府は正当性と市民の支持を失ってしまう。やがて政権が交替し、政敵を抑圧するために暴力が使われるようになる。

非常に貧しい国の最も貧しい地域であるダルフールは、この不幸なパターンがそっくり当てはまる。北部の暮らしは半遊牧的な家畜の飼育によって支えられ、南部の暮らしは自給的な零細農業によって支えられている。いずれも港や飛行場から遠く離れており、道路や電気といった基礎的なインフラに欠け、極端に乾燥している。

降雨量の減少は穀物の不作をもたらし、牧草地を砂漠化し、牧畜に必要な水と牧草を減らし、大量の山林伐採の原因となった。1920年に約100万人であった人口は、現在700万人へと急増し、生活水準を低下させた。その結果、遊牧民と農民の間の対立は深刻化し、北部から南部への住民の移動が起こった。数年にわたってくすぶっていた対立は、2003年に部族間紛争、そして反乱者と政府の闘いに発展した。政府は「焦土作戦」として、残忍な民兵を使って、大量の殺戮と人々の追放を行ったのである。

国際社会は平和維持と絶望に陥っている人々の命を救うために人道的な努力を行ってきたが、貧困と環境悪化、水の欠乏、慢性的な飢えといった問題に取り組まないかぎり、ダルフールの平和を達成することはできないだろう。

食糧と水、医療を提供し、学校を開設し、所得を生み出す生活を確保することが、平和を達成するいちばんの近道なのである。ダルフールの人々、スーダン政府、国際機関は、世界の支援を得てダルフールの経済的な開発を通して絶望的な暴力から抜け出す道を発見する共通の基盤づくりを模索すべきである。

UNEPのレポートの中に、ダルフールの経済開発を実現するための処方箋がある。まず人々が生活し、家畜を育てるためには水が必要である。ダルフールのある地域では井戸を掘って地下水をくみ上げることで水を確保できるだろう。別の地域では、川の水や雨季に地表を流れる水を灌漑に利用することもできるだろう。また別の地域では、長い水道管を敷設しなければならないかもしれない。いずれの場合も、スーダンは貧しすぎて、資金的負担を負うことができないので、国際社会が支援すべきである。

ダルフール問題解決のための処方箋

外部から支援を受けたダルフールは、家畜の品種改良や治療の確保、飼料の調達などを通して家畜の生産性を高めることができるだろう。畜肉産業を発展させることで、ダルフールの遊牧民は家畜や肉、加工食品(皮革など)、酪農製品などを販売して所得を何倍にも増やすことができるだろう。中近東は近隣にある有望な輸出市場である。

輸出市場を構築するためにダルフールは輸送網、保蔵倉庫、携帯電話網、電力、家畜の医療施設、テクニカルなアドバイスといった支援を必要とするだろう。医療や教育、識字率の改善などの社会サービスも促進しなければならない。マラリア撲滅や学校給食、雨水の飲料水への利用、移動クリニック、灌漑への投資を行えば、生活水準を大幅に改善することができるだろう。携帯電話網は、ダルフールの広大な地域に分散して暮らす人々に通信革命をもたらすだろう。

持続的な平和を達成する唯一の方法は、持続的な経済発展を実現することだ。戦争のリスクを減らしたいのであれば、ダルフールだけでなく世界中の貧しい人々が基礎的な欲求を満たし、自然環境を守り、経済発展の階段を上っていくのを支援すべきである。

(C)Project Syndicate

ジェフリー・サックス

1954年生まれ。80年ハーバード大学博士号取得後、83年に同大学経済学部教授に就任。現在はコロンビア大学地球研究所所長。国際開発の第一人者であり、途上国政府や国際機関のアドバイザーを務める。『貧困の終焉』など著書多数。



 
 
>TOP

ミア・ファロー、人権の聖火に思いを託す

2007/08/31

多くのセレブリティがスーダンのダルフール紛争に関心を寄せる中、女優のミア・ファローが、中国に対し改めて紛争解決へ尽力するよう求めた。 2008年のオリンピックではホスト国を務める中国だが、スーダンの石油を大量に輸入することで、その金が紛争資金に利用されていると非難を浴びている。スーダンの隣国チャドでは、オリンピックの聖火リレーを真似た「人権聖火」のリレーが始まり、ファローは国連親善大使としてそのスタートに参加した。ガーディアン・オンラインによると、ファローは「2008年のオリンピックでは『1つの世界、1つの夢』がスローガンとして掲げられているのに、ダルフールでは1つの悪夢が起きている。中国はそれを隠してはいられないはず」とコメントしている。チャドから始まった「聖火」リレーはアルメニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ドイツ、カンボジアをめぐり、12月に香港でゴールを迎える予定。[8月25日 ニューヨーク]



 
 
>TOP

2007/09/04-08:10 国連事務総長、スーダン入り=ダルフール和平推進で

【ハルツーム3日AFP=時事】国連の潘基文事務総長は3日、大規模な国連・アフリカ連合(AU)合同平和維持活動(PKO)に先立って、紛争が続くスーダン西部ダルフール地方の和平プロセスを進展させるため、スーダン入りした。潘事務総長は、紛争の矢面に立つ市民を守るため、2万6000人の国連・AU合同部隊を確実に展開できるように努める。(写真はハルツームに到着後、スーダンのアリ・カルティ外相と拍手する潘基文・国連事務総長=右)

潘事務総長はバシル・スーダン大統領と非公式に夕食を共にした後、4日に南部のジュバに向かい、次いでダルフールのアルファシェルを訪れ、6日にハルツームに戻る予定だ。事務総長はその後、スーダンの隣国のチャドおよびリビアを訪問する。

潘氏は今年1月に国連事務総長に就任して以来、ダルフール紛争の解決を第一の優先事項にしてきた。潘氏は事務総長としての初のスーダン訪問に先立って、「私はわれわれが支援しようとしている人たちの悲惨な状況をじかに知りたい」と述べ、さらに「私の目標は、われわれがこれまでに成し遂げた進展を固め、それを基礎にこの悲惨な体験を終わらせることである」と強調した。

国連・AU合同部隊の展開は7月31日の国連安全保障理事会で承認された。全部隊の展開は2008年半ば以降になるとみられている。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

国連事務総長、スーダンなど訪問開始 ダルフール改善へ

2007年09月04日10時28分

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は3日、スーダン西部ダルフール地方の人道危機の改善を目指して、スーダン、チャド、リビア3カ国訪問を開始、スーダンの首都ハルツームに到着した。国連安全保障理事会が7月末に派遣を決めた平和維持活動(PKO)のための国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)へのスーダン政府の全面的な協力を取り付けることなどを目指す。

事務総長はダルフール地方の国内避難民キャンプなどを視察するほか、9日までの日程でスーダンのバシル大統領、チャドのデビ大統領、リビア最高指導者のカダフィ大佐との会談を予定している。

最大2万6000人規模を想定する合同部隊は国連史上最大規模。しかし、PKOの成否は関係国の協力にかかっている。ダルフールの治安情勢は最近再び悪化しており、事務総長は「一刻の無駄も許されない」として自ら各国に働きかける。また、スーダン政府とダルフール地方の反政府勢力との本格的な和平協議を始めるように促す。

ダルフール地方では03年から政府に近いアラブ系民兵組織が黒人住民を無差別に襲い、約20万人が死亡、約200万人が国内避難民になっているとされる。



 
 
>TOP

スーダン特別代表にカジ氏

2007年09月05日21時17分

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は4日、訪問先のスーダン南部ジュバで記者会見し、人道危機が続く同国ダルフール紛争などを扱う事務総長特別代表に、現在イラク担当の事務総長特別代表を務めるアシュラフ・カジ氏(パキスタン)を任命する考えを明らかにした。

スーダン担当の特別代表は、昨年10月に前任のヤン・プロンク氏(オランダ)がスーダン政府から退去を命じられて以来、不在のままだった。



 
 
>TOP

国連事務総長:スーダン・ダルフールの避難民キャンプ訪問

【ヨハネスブルク白戸圭一】国連の潘基文(バンギムン)事務総長が5日、紛争が続くスーダン西部ダルフール地方の国内避難民キャンプを訪問し、住民の生活を視察した。潘氏のスーダン訪問は事務総長就任後初めて。キャンプ訪問に先立ち首都ハルツームでバシル大統領と会談し、7月末の国連安保理で決議された2万6000人の国連平和維持部隊派遣をじん速に受け入れるよう要請した。

英BBC放送などによると、北ダルフール州の州都アルファシール近郊のキャンプを訪れた事務総長は、住民の歓迎を受ける一方、国連への抗議デモに直面し、旅程を一部変更した。スーダン国内には国連部隊派遣への反発がくすぶっており、派遣の難しさが浮き彫りになった格好だ。

ダルフール地方には既にアフリカ連合(AU)平和維持部隊約7000人が展開している。国連は、既存のAU部隊を2万6000人に増強したうえで国連が指揮権を握る形の平和維持部隊を目指しており、国連、AU、スーダン政府の間で早期派遣へ向けた詰めの調整が続いている。

毎日新聞 2007年9月6日 19時18分



 
 
>TOP

国連事務総長、ダルフールを初訪問 国内避難民の抗議も

2007年09月06日09時59分

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は5日、紛争が続くスーダン西部ダルフール地方を初めて訪問した。200万人にのぼるとされる国内避難民の実情を知るためにキャンプを視察。「貧困と困難に直面する避難民の様子に衝撃を受け、粛然とした」と語り、治安の回復と和平への取り組みを強めることを強調した。

事務総長は同日、ダルフール地方の中心都市の一つ、エルファシェールで地元指導者や避難民代表者、非政府組織(NGO)関係者らと会談。その後、約4万8000人が暮らすアルサラム避難民キャンプを訪ねた。

避難民との会談では、周辺3カ所のキャンプの避難民が選んだ代表者を不服とする別の避難民グループが、国連スーダン派遣団(UNMIS)本部へ抗議に押しかけた。警備が緊急強化され、日程の一部が短縮された。

抗議したのは、国連が後押ししている和平に背を向けているアブドル・ワヒド・ヌル氏勢力の支持者とみられ、避難民の考えも一様ではない紛争の複雑さをのぞかせた。

記者会見で事務総長は「(抗議は)人びとのフラストレーションや怒りから出たものと思う。われわれは注意深く耳を傾けなければならない。避難民の間の意見の相違も長い苦しみの原因になっている」と話した。



 
 
>TOP

国連事務総長、スーダン西部のダルフール訪問

【ロンドン=岐部秀光】国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は5日、スーダン西部のダルフール地方を訪問し、難民キャンプなどを視察した。国連安全保障理事会は7月末、国連・アフリカ連合(AU)合同の平和維持活動(PKO)部隊のダルフール派遣を決定。スーダン政府と反体制派の和平協議が来月にも始まる見通しで、事務総長は早期の危機解決を訴えた。

事務総長は4日には南部の都市ジュバを訪問し、2005年の南北内戦に終止符を打った和平合意を後押しする立場を強調した。チャド、リビアも歴訪し各国首脳と会談する予定。(20:00)



 
 
>TOP

中国:ダルフールに施設建設部隊を派遣

【ヨハネスブルク白戸圭一】米国を訪問している中国の劉貴今スーダン・ダルフール問題担当特使は6日、ワシントンで記者会見し、中国がダルフール地方に施設建設部隊を派遣する方針を表明した。ロイター通信が伝えた。ダルフール紛争を巡っては、住民を虐殺したスーダン政府を支援しているとして中国への批判が高まっており、派遣は国際世論対策の一環とみられる。

劉特使によると、315人規模の部隊が来月初旬にもダルフール入りし、国連平和維持部隊の展開に備え、道路や井戸などを建設するという。部隊が国連指揮下に入るかどうかは明言を避けた。

ダルフール紛争を理由に「北京五輪をボイコットすべきだ」との声が国際社会の一部で出ていることについて、劉特使は会見で「ばかげている」と一蹴(いっしゅう)した。また、スーダン政府への制裁を強化すべきだとの英仏などの主張について、反対姿勢を強調した。

毎日新聞 2007年9月7日 19時26分



 
 
>TOP

ダルフール紛争、10月に和平協議 国連・スーダン合意

2007年09月07日14時24分

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は6日、訪問中のスーダンでバシル大統領と会談し、西部ダルフール地方の紛争解決に向け、紛争当事各勢力を集めた和平協議を10月にリビアで開くことに合意した。共同声明で両者は「ダルフールの人道的な苦痛や治安の欠如は続いている」との認識を共有。スーダン政府は国民の保護や和平協議への建設的参加などを約束し、国連は全面的に協力するとした。

ダルフール和平では、スーダン政府と反政府勢力の一部が04、06年に停戦合意や和平協定にこぎつけたが、紛争は続き、行き詰まっていた。今年7月の国連安保理決議を受けて2万6千人規模の国連・アフリカ連合合同の平和維持部隊(UNAMID)受け入れに政府が同意。和平プロセスを仕切り直す機運が出てきているとされる。

事務総長は会談後の会見で「新たな和平協議に取り組む機は熟した」と語った。アコル外相も「当事者はみな、武力では解決しないと理解している」と述べた。

協議は10月27日に開催される予定だが、反政府勢力が10以上に分裂して対立するなど足並みはそろっておらず、すべてが協議に参加するかは不透明。全当事者が出席しなければ、実効性がなかった過去の停戦や和平協定の二の舞いになるとの懸念がすでに出ている。



 
 
>TOP

発電用原油、需給緩む・アジアのスポット市場

アジアの原油スポット市場で、火力発電用原油の需給が緩んできた。東京電力の原子力発電所停止による代替需要が鈍いことが主因。石油会社など売り手の間では、競合油種からの割引金を広げる動きが広がってきた。

代表的な発電用原油であるスーダン産ナイルブレンドのスポット取引では需給に応じ、競合するインドネシア産スマトラライトからの割引金を決める。現在の割引金は1バレル3―4ドル(本船渡し)。7月下旬の取引では1ドル弱だった。



 
 
>TOP

ダルフール和平会議を来月リビアで開催、スーダン政府と国連が合意

* 2007年09月07日 14:59 発信地:ハルツーム/スーダン

【9月7日 AFP】スーダン政府は6日、同国西部ダルフール(Darfur)地方の紛争解決に向けて、10月27日からリビアで和平会議を開催し、反政府勢力と協議することで合意した。同国を訪問中の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)国連事務総長と、オマル・バシル(Omar al-Beshir)大統領が会談後、共同声明で明らかにした。

スーダン政府が、「和平会議のための環境整備に積極的に貢献し、ダルフールにおける敵対行為の全面停止と停戦合意の約束を履行する」とし、国連は合意を歓迎するとしている。過去の和平協定への調印を拒否した勢力も含め、紛争当事勢力すべての参加をめざす。

反政府勢力各派は8月、国連とアフリカ連合の仲介によるタンザニアで会議を開き、政府との新たな和平交渉に備えて共通の土台を打ち出すため協議を行った。大半の勢力は共闘に合意したが、アブドル・ワヒド・ヌル(Abdel Wahid Mohammed Nur)氏率いる「スーダン解放運動(Sudan Liberation Movement、SLM)」の代表は出席しなかった。

SLMの幹部は、提示された和平会議の日程と場所について、内部で協議中だとして、2日以内に結論が出る見込みだと述べた。

ダルフール地方は4年以上におよぶ紛争で人道危機的状況に陥っている。今年1月に就任した潘事務総長は、ダルフール紛争を最優先課題の1つに掲げている。(c)AFP/Herve Couturier



 
 
>TOP

10月和平協議が「最終段階」 ダルフール巡り事務総長

2007年09月10日20時49分

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は9日、アフリカ訪問の最終訪問地トリポリで朝日新聞など一部の報道機関の取材に応じ、10月に開く和平協議がスーダン・ダルフール紛争解決の「最終段階」になるとの認識を示した。そのために反政府勢力の主要当事者すべてを参加させることに全力を挙げると強調した。

今回のスーダン、チャド、リビア訪問に関しては、各国首脳から協力の約束が得られたとして「確かな前進」と評価。10月27日からリビアで開く和平協議を「最終解決の場にしなければならない。全当事者に柔軟性を求める。無期限に続けるべきではない」と述べた。

年内派遣を目指す、国連平和維持活動(PKO)史上最大となる2万6000人規模の国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)については「想定以上の国々から協力の申し出を受けているが、専門的な分野への貢献が我々には必要だ」と話し、準備が遅れている分野として空輸、重機、財務・管理部門などを挙げた。事務総長はこれらの分野で「非アフリカ諸国、特に欧州諸国に貢献を求めたい」と語った。

事務総長は8日、リビア北部のシルトで最高指導者、カダフィ大佐と会談。カダフィ氏は和平協議に全当事者が参加するよう、「あらゆる努力をする」と約束した。



 
 
>TOP

潘総長、顔合わせの説得で外交成果

米紙ニューヨークタイムズは10日、潘基文(バン・ギムン)国連事務総長が各国の指導者に直接会って説得する「人間的接触」を通じて外交的成果をあげている、と評価した。同紙は、スーダン・ダルフール紛争を解決するためスーダン、リビアなどを歴訪した潘総長の成果を紹介し、このように報じた。

同紙はまた、潘総長が8日、リビア北部シルトを訪れ、同国の最高指導者カダフィ大佐とおよそ1時間にわたって会談した後、同席者に席を外してもらい、約30分間2人だけの会談を行なったことを紹介して、こうした方式が潘総長が展開する外交の象徴になっている、と伝えた。

続いて▽スーダン首都・ルツームでバシル大統領と会談し、10月27日にリビアでスーダン政府と反政府勢力による和平交渉を開催することで合意したこと▽カダフィ大佐がすべての反政府勢力指導者に参加を働きかけることを約束したこと−−などをあげて、こうした成果が潘総長の個人的な接触によるもの、という見方を示した。

潘総長は「真心と正直が、外交において最も重要だというのが私の固い信念で、生活方式であり、哲学だ」とし「これが、私を用心深すぎる人に思わせているとの点をよく知っているが、結局は、相手と信頼に基づく関係を作らせる」と述べた。

2007.09.11 15:30:35



 
 
>TOP

スーダン大統領「停戦の用意ある」 伊首相と会談

2007年09月14日23時40分

スーダンのバシル大統領は14日、ローマでイタリアのプロディ首相と会談した。会談後の記者会見では西部ダルフール地方の紛争をめぐる10月末予定の和平協議について「交渉開始とともに停戦を実施する用意がある」と述べた。同大統領の訪問受け入れをめぐり、伊政府にはダルフールの人権問題に取り組む人権団体などから批判が出たが、プロディ首相は大統領の発言を「重要なシグナルだ」と評価した。

バシル大統領は、ダルフールの人権状況に懸念を表明してきたローマ法王ベネディクト16世とも法王の夏季離宮カステルガンドルフォで会談。バチカンは声明で「和平協議に非常に前向きな見解が示された」とした。

バシル大統領のイタリア訪問は、今月潘基文(パン・ギムン)国連事務総長がスーダンを訪問し、大統領と和平協議開催で合意するのと前後して浮上した。AP通信によると、欧州議会議員の議員27人は13日、スーダン政府に圧力をかけるという欧州連合(EU)の呼びかけに反するとしてプロディ首相に懸念の書簡を送った。



 
 
>TOP

国連、一連の会議日程発表 21日にダルフール会議

国連は13日、今月25日からの国連総会一般討論に合わせて開くイラク問題のハイレベル会議など、一連の会議日程を発表した。

人道危機が続くスーダン西部ダルフール問題の拡大会議を21日に開き、イラクのマリキ首相が出席するハイレベル会議は22日。23日にはアフガニスタン問題の閣僚会議と、中東和平に取り組む米国、ロシア、欧州連合(EU)、国連の四者会合を開く。会場はいずれも国連本部。

27日には、国連暫定統治下にあるセルビア・コソボ自治州の最終地位問題をめぐり、旧ユーゴスラビア問題連絡調整グループの閣僚会議も開かれる見通し。(共同)

(2007/09/14 12:55)



 
 
>TOP

ローマ法王「ダルフール和平会議の成功を願う」 バシル・スーダン大統領と会談

* 2007年09月15日 21:54 発信地:バチカン市国

【9月15日 AFP】ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI)は14日、スーダンのオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Beshir)大統領と会談し、来月リビアのトリポリ(Tripoli)で開催されるスーダン西部ダルフール(Darfur)地方の和平会議の成功を「心から願う」との声明を発表した。

法王との会談に先立ちバシル大統領は同日、イタリアのロマーノ・プローディ(Romano Prodi)首相と会談し、スーダン政府は停戦を実施する用意があると述べていた。

法王の夏季の住居カステルガンドルフォ(Castel Gandolfo)で、バシル大統領は法王との約25分間の謁見に続いて、法王庁の外務局長(外相)でスーダン公使も務めたドミニク・マンベルティ(Dominique Mamberti)大司教と30分間会談した。(c)AFP



 
 
>TOP

スーダン大統領、10月の和平協議に向け「停戦の用意ある」

* 2007年09月15日 00:38 発信地:ローマ/イタリア

【9月15日 AFP】イタリアを訪問中のオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Beshir)スーダン大統領は14日、ロマーノ・プロディ(Romano Prodi)伊首相と会談し、ダルフール(Darfur)地方の紛争について停戦の用意があることを明らかにした。同地方における紛争に関して、10月27日に反政府勢力との和平協議が予定されている。

会談後の記者会見でバシル大統領は、「友好的な雰囲気のもとで(10月の)協議を成功に導けるよう、われわれは停戦の用意があることを示した」と述べた。

これに対しプロディ首相は、バシル大統領の和平協議への「現実的な貢献」を期待すると述べた上で、スーダンへの経済援助に加え、交通・物流支援、および平和維持部隊の訓練を引き続き行っていくと語った。

和平協議はリビアの首都トリポリ(Tripoli)で開催が予定されている。(c)AFP



 
 
>TOP

洪水被災者150万人に・アフリカ17カ国、国連推計

国連緊急援助調整官室(OCHA)は18日、大雨による洪水被害がアフリカ西部から東部一帯に広がり、家を失うなどした被災者の数が17カ国で合計約150万人に達したとの見方を明らかにした。西アフリカ一帯では今後、1週間にわたり降雨が続く見通しで、被害はさらに拡大する可能性があるという。

ジュネーブのOCHA報道官によると、被災者はスーダンで50万人、ウガンダで30万人、ガーナで26万人に上り、ナイジェリア、トーゴ、モーリタニア、ブルキナファソなどでもそれぞれ2万−5万人が被災している。(共同)

(2007/09/19 09:11)



 
 
>TOP

第62回国連総会開幕、「温暖化、ダルフール紛争、イラク情勢」に焦点

* 2007年09月19日 21:09 発信地:ニューヨーク/米国

【9月19日 AFP】第62回国連(UN)総会(1年間)が18日、米国ニューヨークの国連本部で開幕した。地球温暖化をはじめとする気候変動問題のほか、ダルフールやイラクの紛争・戦争解決、中東和平などが主要議題となる。

翌週25日から10月3日まで開催される気候変動問題に関する一般討論には、192の加盟国・地域のうち100以上が出席する見通しだ。

就任後初の会議に臨む潘基文(パン・キムン、Ban Ki-Moon)国連事務総長は一般討論に先立ち、ダルフールやイラク、アフガニスタン、中東和平、気候変動の5つの主要課題に関するハイレベル会合を相次いで準備した。18日には報道陣に対し「国連史上、最も多くの多国間外交が行われる会期となるだろう」と述べた。

■ダルフール和平交渉再開の基盤作り

21日には潘事務総長とアフリカ連合(African Union、AU)のアルファ・ウマル・コナレ(Alpha Oumar Konare)委員長が共同議長を務め、1日の閣僚級会合を開き、10月27日にリビアの首都トリポリ(Tripoli)で予定されているスーダン政府とダルフール地方の反政府勢力による和平交渉の基盤作りを行う。

潘事務総長はダルフール和平に関する21日の閣僚級会合に対し「我々の戦略および和平ロードマップを、リビアでの政治的交渉へ向けて描くことができれば」と期待する。10月の交渉では、2006年5月の和平合意で調印に参加しなかった勢力へも和平合意を広げることを目指している。また、平和維持活動のための2万6000人規模の国連-AU合同部隊の派遣についても、早急な実現を促進したいという。ダルフール地方では紛争開始以来、紛争と飢餓により20 万人以上が死亡、約220万人が避難を余儀なくされている。

■イラク、アフガニスタンの安定化と中東和平

続いて22日には、潘事務総長とイラクのヌーリ・マリキ(Nuri al-Maliki)首相が共同議長を務め、イラク安定化に関する問題についての閣僚級会議が予定される。イラクにおける国連の役割と存在感の強化や、過去5年間の政治・経済・治安面でのイラク安定化についての国際的取り組みが検証される。

23日には潘事務総長とアフガニスタンのハミド・カルザイ(Hamid Karzai)大統領の共同議長で、アフガニスタンの政治不安や汚職、アヘン生産の問題などについてのハイレベル会合が予定される。

さらに同日、潘事務総長と中東和平4者協議(中東和平カルテット)の代表らによる会合が予定されており、トニー・ブレア(Tony Blair)中東和平特使、コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)米国務長官、セルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)ロシア外相、ハビエル・ソラナ(Javier Solana)EU共通外交・安全保障政策上級代表が一堂に会する。カルテット代表らは同日夜、アラブ連盟(Arab League)代表らとの会合を兼ね、イスラムのラマダン月(断食月)の習慣にちなんだ「断食明けの夜食会」に出席する。

■気候変動と温暖化対策

一般討論の前日となる24日には、気候変動会合を潘事務総長が開き、80か国・地域の首脳が出席するとみられている。「(この会合での)到達目標は強固な政治的メッセージを、12月にバリ(Bali)島で開かれる温暖化交渉に向けて発信することだ」と潘氏は述べている。「国連気候変動枠組み条約第13回締約国会議(COP13)」は、京都議定書が効力を失う2012年以降の温暖化対策に関する枠組みを設定するために、12月にインドネシアのバリ島で予定されている。1997年京都議定書に調印した各国は2012年までに温暖化ガスの排出レベルを、1990年水準から少なくとも5%削減することが義務づけられている。

■注目されるイラン、米国首脳の演説

翌週の一般討論では、各国首脳による演説、中でも25日のイランのマハムード・アフマディネジャド(Mahmoud Ahmadinejad)大統領と、宿敵ともいえる米ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)大統領による数時間後の演説が注目される。

ウラン濃縮活動の停止を拒絶し続けるイランに対し、米政府高官らが武力行使の可能性を示唆するなど、国際的に高まる「新たな戦争」への懸念についても、世界の指導者たちが議論を交わすとみられる。

■サルコジ仏大統領、初演説

同25日にはフランスのニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領も就任後初の国連演説に臨む。またアフリカ大陸の平和と安全に関する国連安全保障理事会で議長を務める。

■コソボ最終的地位交渉

27日には総会と平行し、コソボ和平交渉の「調整連絡グループ(Contact Group on Kosovo)」6か国(仏独英露伊米)が集まり、コソボの最終的地位交渉の進展について再検討する。28日にセルビア政府側とコソボのアルバニア系住民代表が同じくニューヨークで直接会談に臨み、国連側の仲介役を務めるマルッティ・アハティサーリ(Martti Ahtisaari)事務総長特使が推奨する「国際機関の監督下における事実上の独立」の容認をめぐり、見解の差を埋められるかが注目される。前回協議では国連による仲介案の提出にはあまり成果がなかった。EU、ロシア、米国の3者による国際支援の下に、何度も協議が開催されてきたコソボ和平交渉だが、今回は12月10日まで開催される。(c)AFP/Gerard Aziakou



 
 
>TOP

2007/09/22-20:52 来月の和平協議を紛争解決の好機に=ダルフール情勢で閣僚級会合−国連

【ニューヨーク21日AFP=時事】民族紛争が続くスーダン西部ダルフール地方の情勢を討議する閣僚級会合は21日、ダルフールのすべての反政府勢力に対して、来月リビアのトリポリで開かれる和平協議に参加するよう促す共同声明を発表して閉幕した。声明には、同和平協議に参加しない紛争当事者は制裁に直面することも明記されている。(写真は潘基文・国連事務総長=右=とアフリカ連合委員会のコナレ委員長)

閣僚級会合は国連の主催で、1日の日程で国連本部で開かれた。共同声明によると、会合参加者はトリポリ和平協議への支持を確認し、和平協議に全当事者が参加し、和平の決め手になるようにとの期待を表明するとともに、全当事者はこの好機をつかんで紛争を解決すべきであると強調した。

スーダンのアコル外相はこの日の会合について「成功だった」とし、トリポリの和平協議に参加しない当事者、あるいは和平協議を妨害する当事者は厳しい制裁措置に直面することになると述べた。またネグロポンテ米国務副長官も、10月27日に予定されるトリポリ和平協議に出席を拒否する反政府勢力は制裁に直面するだろうと語った。

トリポリ和平協議については、潘基文・国連事務総長が今月初めにスーダン、チャド、リビアの3カ国を歴訪した際、リビアから同協議を主催するとの確約を取り付けている。 〔AFP=時事〕



 
 
>TOP

洪水広がるアフリカ、コレラまん延の恐れも

* 2007年09月22日 09:05 発信地:カンパラ/ウガンダ

【9月22日 AFP】(一部更新)過去30年間で最悪規模の洪水に見舞われているアフリカ諸国を支援するため、援助団体が21日、被災者らが直面している危機的状況に警鐘を鳴らし、資金を募っている。

サハラ以南の大西洋岸からインド洋までを襲った豪雨と洪水は、「ラニーニャ(La Nina)現象」によって発生した。これまでに少なくとも18か国で300人近い死者が出ており、水が媒介する伝染病のまん延が懸念されている。

ガーナからケニアにかけて、約65万人が緊急的な人道支援を必要としている状態だが、大雨は今後しばらく続くと予測され、状況はさらに悪化するとみられる。

国際赤十字社・赤新月社連盟(International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies、IFRC)は声明を発表し、今回の災害が、アフリカ大陸の複数の国にまたがる重大な危機に発展する可能性があると警告した。

政府当局や救援組織が公表したデータをAFPが集計したところによると、洪水の影響による死亡者数は少なくとも270人にのぼっている。

ウガンダ政府は20日、8月から続いた豪雨で甚大な被害を受けた同国北部および東部に非常事態を宣言した。

救援隊員らは、医療体制がぜい弱なアフリカ東部が伝染病の危機にさらされていることから、死者数が急激に増加する可能性を指摘している。

もっとも被害が大きいスーダンでは、60人以上が洪水によって死亡している。また、隣国のウガンダ、ケニア、エチオピアも豪雨による打撃を受けており、コレラなどの水を媒介とする伝染病が、家を失った栄養状態の悪い住民数十万人の間でまん延する可能性がある。(c)AFP



 
 
>TOP

ダルフール:派遣部隊構成でAUと国連の対立表面化

【ニューヨーク小倉孝保】スーダン西部ダルフール紛争に関する関係国の閣僚級会合が21日、ニューヨークの国連本部で開かれた。だが、国連安保理決議で派遣が決まった国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)の構成について、AUと国連の意見対立が表面化した。

会合にはスーダン、エジプト、米国など26カ国から外相や副外相が出席。日本からも小野寺五典(いつのり)副外相が出席した。

スーダンのラム・アコル外相は「AUで十分対応でき、問題はない」と主張、事実上、アフリカ以外の国からの派遣を拒否する姿勢を示した。

これに対して国連側は、アフリカ諸国の軍の装備水準を考慮し、アフリカ以外の国からも軍人・警官を派遣すべきだとの立場を崩さなかった。

外交筋によると、スーダンは欧米による植民地支配の経験から、アフリカ諸国で部隊を編成するようこだわっているという。ロイター通信によると、アフリカ以外からはウルグアイ、タイ、ノルウェーなどが派遣を検討している。

毎日新聞 2007年9月22日 19時13分



 
 
>TOP

ダルフール問題、リビアで和平会議開催へ

* 2007年09月22日 17:24 発信地:ニューヨーク/米国

【9月22日 AFP】ダルフール(Darfur)問題を話し合う国連(United Nations、UN)とアフリカ連合(African Union、AU)主導の関係国閣僚級会議が21日、ニューヨーク(New York)の国連本部で開かれ、同地域のすべての武装勢力に対し、10月27日にリビアの首都トリポリ(Tripoli)で開催されるスーダン政府との和平会議への出席を求めることで一致した。 

この日の会議は、潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長とアフリカ連合委員会(African Union Commission)のアルファ・ウマル・コナレ(Alpha Oumar Konare)委員長による共同議長のもと、30近くの国や地域などの閣僚と高官らが一同に会した。

会議の後に発表された共同声明は、「リビアでの和平会議への支持を表明する。各陣営がこの和平会議を紛争解決への機会と捉え、交渉が包括的で決定的なものとなることを強く期待する」と述べている。

■スーダンの武装勢力をけん制

スーダンのラム・アコル(Lam Akol)外相はこの閣僚級会議の成果を強調した上で、「リビア会議に不参加あるいは、和平プロセスを妨害しようとする勢力は懲罰的な措置に直面する」と述べた。

ジョン・ネグロポンテ(John Negroponte)米国務副長官も会議終了後、「主要な武装勢力が代表者の出席を見合わせた場合、その対価を支払うことになる。われわれは制裁発動を準備している。制裁は(スーダン)政府に対しても武装勢力に対しても同様に科される」と述べ、歩調を合わせる発言をした。

潘国連事務総長は9月上旬にスーダン、チャド、およびリビアを歴訪し、リビアでの和平会議開催への支持を関係各国から取り付けている。

一方で、ダルフールの主要な武装勢力・スーダン解放運動(Sudan Liberation Movement、SLM)のAhmed Abdel Shafi司令官は、ダルフールでの停戦が先に実施されるべきだとして、リビア会議の延期を求めている。

リビア・トリポリの和平会議は、2006年5月にスーダン政府とSLM双方が調印したダルフール和平協定(Darfur peace agreement、DPA)を、他の武力勢力にも拡大することが目的となる。

■国連・AU合同部隊の実現呼びかける

国連とアフリカ連合はこの日の国連での会議でまた、装備がぜい弱で資金に乏しい6000人規模のアフリカ連合軍に代わり、国連およびアフリカ連合による2 万6000人規模の合同部隊の速やかな派遣実現への支持を訴えた。共同声明はこの派遣について、「圧倒的規模での取り組みを繰り返し示すことで、その使命を効果的に果たし、ダルフールに速やかに好影響を与える」と述べている。

潘国連事務総長によると、アフリカ諸国軍が参加するアフリカ連合軍は、ナイジェリア軍将軍が司令官を勤め、主要な地上部隊を形成する一方で、他地域からの参加国は後方支援と航空輸送の分野での特殊部隊が中心になるとしている。

国連とアフリカ連合はまた、スーダン政府による継続的な合同部隊への支持が非常に重要であるとし、部隊のキャンプ設置用地の提供、大型輸送機の夜間を含む発着と井戸掘削などの許可、および部隊による行動の自由の確約を求めた。

さらに両者は、ダルフールでの紛争継続、ダルフール和平協定に調印していない武装勢力の分裂、悪化を続ける同地域での人道的状況について懸念を表明した。(c)AFP/Gerard Aziakou



 
 
>TOP

スーダン:ダルフール紛争 派遣軍の構成、AU「アフリカだけで」 国連と対立

【ニューヨーク小倉孝保】スーダン西部ダルフール紛争に関する関係国の閣僚級会合が21日、ニューヨークの国連本部で開かれた。だが、国連安保理決議で派遣が決まった国連・アフリカ連合(AU)合同部隊(UNAMID)の構成について、AUと国連の意見対立が表面化した。

会合にはスーダン、エジプト、米国など26カ国から外相や副外相が出席。日本からも小野寺五典(いつのり)副外相が出席した。

スーダンのラム・アコル外相は「AUで十分対応でき、問題はない」と主張、事実上、アフリカ以外の国からの派遣を拒否する姿勢を示した。

これに対して国連側は、アフリカ以外の国からも軍人・警官を派遣すべきだとの立場を崩さなかった。

毎日新聞 2007年9月23日 東京朝刊



 
 
>TOP

ダルフール問題、10月停戦合意めざす・国連外相級会合で一致

【ニューヨーク=中前博之】国連の潘基文事務総長は21日、人道危機が続くスーダン西部のダルフール問題に関する外相級会合を国連本部で開き、出席した26カ国・2国際機関の代表は、10月にすべての対立勢力が参加する最終的な停戦合意の実現を目指すことで一致した。

今回の会議は、10月下旬にリビアで開かれるダルフール和平協議へ向けて欧米やアフリカ諸国の支援を取り付け、弾みをつけるのが狙い。日本からは小野寺五典外務副大臣が出席した。



 
 
>TOP

EU部隊の展開承認 ダルフールからの難民保護

国連安全保障理事会は25日、人道危機が続くスーダン西部ダルフール紛争から逃れてきた難民の保護などに当たるため、隣国のチャドと中央アフリカに欧州連合(EU)の部隊を展開させる決議案を全会一致で採択した。

決議案はフランスが提出した。部隊の展開期間は当面、1年間で、フランスの部隊が大半になる見通し。警察官らでつくる国連の支援団を現地に置くことも決めた。(共同)

(2007/09/26 13:22)



 
 
>TOP

ダルフール問題、安保理サミットで結束強調

2007年09月26日10時10分

国連創設以来3度目となる国連安保理首脳会議(安保理サミット)が25日、ニューヨークの国連本部で開かれた。スーダン西部ダルフール地方の人道危機に対し、近く予定されている国連とアフリカ連合(AU)合同の平和維持部隊(UNAMID)の展開や10月の和平協議を前に、国際社会の結束を演出した。

サミットは、サルコジ仏大統領が提唱。ブッシュ米大統領も参加し、イラク問題を巡って米仏首脳が対立したシラク前仏大統領時代から一転、米仏が国際問題解決で協力する姿勢を示した。

ブッシュ大統領はダルフール問題を「ジェノサイド」(集団殺害)と呼び、「ダルフールはフランスより、(米)テキサス州より大きく、7000人(現在のAUの平和維持部隊)では不十分だ」と早急な対応を求めた。

この問題を巡る和平協議は10月27日にリビアの首都トリポリで開かれる見通し。AUのコナレ委員長は「トリポリに向けて全力を尽くしたい」と語った。

安保理サミットは冷戦後の世界の進む道を話し合うため92年に初開催され、テロ問題などをテーマに05年にも開かれた。

一方、安保理は25日、ダルフールから20万人以上の難民が流出しているチャドと中央アフリカに国連の枠組みで支援団を派遣する仏提出の決議を全会一致で採択した。

決議は国連中央アフリカ・チャド支援団(MINURCAT)の設立を承認。1年間の期限で、最大300人の警察官らをチャド東部、中央アフリカ北東部に展開することを決めた。同じく1年の期限で欧州連合(EU)の平和維持部隊を承認した。EUは最大4000人の展開を検討している。



 
 
>TOP

ダルフール:何者かがAU基地襲撃10人死亡 スーダン

【ヨハネスブルク白戸圭一】紛争が続くスーダン西部ダルフール地方で29日夜から30日未明にかけて、アフリカ連合(AU)の平和維持部隊の基地が武装集団に襲撃された。AU報道官によると、AU軍兵士10人が死亡、7人が負傷し、約50人が行方不明になった。04年にAU部隊約7000人が同地方への駐留を開始して以降、最大の犠牲者数となった。

AUによると、襲撃されたのは南ダルフール州ハスカニタの平和維持部隊基地。同地方ではスーダン政府軍と政府系民兵、反政府勢力が入り乱れて戦闘を続けており、どの勢力による襲撃かは不明。国連安保理は今年7月、AU部隊だけでは治安維持が困難だとして、新たな国連部隊を加え総勢2万6000人規模の部隊展開とすることを決議したが、展開時期のメドは立っていない。

毎日新聞 2007年9月30日 23時41分



 
 
>TOP

アフリカ連合10人死亡、50人行方不明 ダルフール

2007年09月30日22時52分

スーダン西部のダルフール地方で活動しているアフリカ連合(AU)の報道官は30日、現地で活動しているAUの平和維持部隊の兵士が少なくとも10人殺害され、7人がけがをしたと話した。そのほかにも50人が行方不明になっているという。中東の衛星テレビ局アルジャジーラが伝えた。

現地のヌリディン・アルマズニ報道官によると、29日夜、AUの基地が何者かに襲撃されたという。基地では人道支援活動をしており、誰が襲撃したかについては現在調査中という。



 
 
>TOP

スーダン内紛襲撃でAU兵士ら12人死亡

スーダンからの報道によると、紛争が続く同国西部ダルフール地方で29日夜、停戦監視中のアフリカ連合(AU)部隊の基地が襲撃され、AP通信によると、少なくとも同部隊の兵士12人が死亡。さらに兵士ら50人以上が行方不明になっており、襲撃の際に連れ去られた可能性もある。

2004年にAU部隊がダルフールに派遣されて以来、同部隊にとって最大の死者数となった。

AU軍当局者は「反政府組織『スーダン解放軍』(SLA)の兵士1000人が基地を攻撃した」と述べた。

ダルフール地方には現在、AU部隊約7000人が駐留しているが、装備や人員が不十分と指摘されている。そのため国連安全保障理事会は7月下旬、最大2万6000人規模の国連・AU合同平和維持活動(PKO)部隊を派遣する決議案を全会一致で採択した。

[2007年9月30日22時12分]



UP: 20040110 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)