HOME > World / Africa >

南アフリカ共和国


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017

Achmat, Zackie
Mandela
Xolani Nkosi (Nkosi Johnson)

TAC (Treatment Action Campaign)

○1970年代のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 1970年代
○1980年代のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 1980年代
○1990年代のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 1990年代
○2000〜2006年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2000〜2006年
○2007年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2007年
○2008年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2008年
○2009年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2009年
○2010年1月〜2月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2010年1月〜2月
○2010年3月〜4月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2010年3月〜4月
○2010年5月〜6月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2010年5月〜6月
○2010年7月〜8月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2010年7月〜8月
○2010年9月〜12月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2010年9月〜12月
○2011年1月〜6月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2011年1月〜6月
○2011年7月〜12月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2011年7月〜12月
○2012年1月〜6月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2012年1月〜6月
○2012年7月〜12月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2012年7月〜12月
○2013年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2013年
○2014年1月〜3月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2014年1月〜3月
○2014年4月〜6月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2014年4月〜6月
○2014年7月〜12月のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2014年7月〜12月
○2015年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2015年
○2016年のニュース、企画案内 → 南アフリカ共和国 2016年

○外務省 各国・地域情勢 南アフリカ共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版、専用データベースなどで内容を確認してください。
* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。
* 一部記事についてはもう少し詳しく紹介できます。関心を持ったら、saito@ajf.gr.jpへ連絡下さい。


◆2017/01/12 AFP BB News サイのふん塚、SNSとして機能か 研究
◆2017/01/12 Travel vision 南ア、10月の日本人旅行者数は17%増、2桁増を継続
◆2017/01/16 JICA研究所 南アで開かれた国連専門家会議で同国での障害者の実証研究成果を発表−伊芸研究助手
◆2017/01/18 hon.jp DayWatch 加Rakuten Kobo社、南アの大手書店チェーンExclusive Books社の電子書籍ストア事業を承継
◆2017/01/18 上智大学アジア文化研究所 南アフリカ共和国議会大統領顧問エブラヒム・エブラヒム氏講演会が2017年1月18日(水)に開催されます。
◆2017/01/30 asahi.com アフリカ開拓、スマホから パナソニック低価格品を拡大
◆2017/02/02 nikkei.com アフリカ資源調査強化 外務省、日系企業進出を後押し
◆2017/02/02 The New York Times 94 Psychiatric Patients in South Africa Died of Negligence, Report Finds
◆2017/02/07 jiji.com 南アラグビー界の伝説ヴェストハイゼン氏が死去、45歳
◆2017/02/08 nikkei.com 三菱重工と日立が「泥仕合」、南ア火力発電の損失巡り
◆2017/02/08 nikkei.com 三菱重、日立への請求7600億円に 南ア火力費用負担巡り増額
◆2017/02/13 CNN Africa Trump calls presidents of Nigeria, South Africa
◆2017/02/20 Premium Times (Abuja) Nigeria Demands AU Action Over Renewed South Africa Xenophobia
◆2017/02/22 BBC Poachers kill two rhinos at South Africa's Thula Thula orphanage
◆2017/02/25 NHK 南アフリカ 黒人住民「移民に仕事奪われた」とデモ
◆2017/02/27 日経ビジネスオンライン 記者の眼:三菱重工は南アで盟友にババを引かされたのか 日立と南ア不採算案件の巨額負担を押し付け合い
◆2017/02/28 Travel vision 南ア、16年の日本人旅行者数は28%増、エボラから回復
◆2017/03/07 nikkei.com 南アGDP、10〜12月0.3%減 鉱業の落ち込み響く
◆2017/03/07 AFP BB News 診療列車で遠隔地にも医療サービス 南アフリカ
◆2017/03/10 theguardian Opinion: Why is South Africa still so anti-black, so many years after apartheid?
◆2017/03/14 This is Africa South Africa: Young HIV positive woman reveals her status via Twitter to fight stigma
◆2017/03/16 This is Africa South African model with albinism, Thando Hopa is the new face of Audi Q2
◆2017/03/17 外務省 「アフリカ 日本企業支援担当官会議」
◆2017/03/22 cnn.co.jp 「妻と彼女に感謝」 サッカー選手がお立ち台で不倫告白?
◆2017/03/23 nikkei.com 中国石油化工、南ア・ボツワナ事業を買収 米シェブロンから
◆2017/03/23 ビッグイシュー・オンライン 「民営化」から「再公営化」へ。パリ、市民参加で45億円のコスト削減、ウェールズ、非営利法人による運営
◆2017/03/27 毎日新聞 BeautifulName 南アフリカ
◆2017/03/28 Bloomberg 南ア大統領が財務相に帰国命令、内閣改造観測強まる−ランドが大幅安
◆2017/03/28 AFP BB News 反アパルトヘイト運動、主導者の一人だったカトラダ氏死去 南ア
◆2017/03/28 ロイター エルニーニョ、数カ月以内に発生する可能性高まる=南ア気象局
◆2017/03/28 BBC Ahmed Kathrada: South Africa's anti-apartheid veteran dies
◆2017/03/28 This is Africa South Africa: First Black Woman Commander of a Military Cargo Plane
◆2017/03/29 CNN The biggest game changer in African fashion is...the internet
◆2017/03/29 THE JAPAN TIMES Newly released archives stir memories of Japan’s anti-apartheid campaign
◆2017/03/31 nikkei.com 南ア大統領、財務相を更迭 財政路線巡り対立
◆2017/03/31 FlyTeam エチオピア航空と南アフリカ航空、コードシェア契約の拡大を発表
◆2017/04/03 AFP BB News 南ア最大野党の前党首、ツイッターで植民地の恩恵語り懲罰審査
◆2017/04/04 nikkei.com 米S&P、南アフリカ国債を投機的水準に格下げ 政権の内部分裂で政策持続性にリスク
◆2017/04/04 nikkei.com S&Pが南アを投機的階級に格下げ 17年ぶり、緊縮路線継続にリスク 内閣改造で政権内に亀裂br> ◆2017/04/04 nikkei.com ムーディーズ、南ア国債を格下げ方向で見直し 経済・財政改革に疑い
◆2017/04/04 AFP BB News 動画:南極大陸一周終え、観測船が南アフリカに到着
◆2017/04/04 BBC Allies abandon South Africa President Jacob Zuma
◆2017/04/05 BBC South Africa court permits domestic trade in rhino horns
◆2017/04/07 BBC Anti-Zuma protests take place across South Africa
◆2017/04/07 ロイター 南アフリカ各地で大規模デモ計画 ズマ大統領に抗議
◆2017/04/17 Travel vision 南ア、1月の日本人は1割減、13ヶ月ぶりに減少
◆2017/04/21 毎日新聞 BeautifulName 南アフリカ
◆2017/04/22 cnn.co.jp バスとトラックが衝突、児童18人とバス運転手死亡 南ア
◆2017/04/23 IOL PhD written in isiXhosa hailed as milestone
◆2017/04/24 cri 習主席、中国・南ア高級人材・文化交流の初会合に祝電
◆2017/04/24 BBC Henri Van Breda denies South Africa axe murders
◆2017/04/24 DESTINY.COM Dr Hleze Kunju on why it was important to write his PhD thesis in isiXhosa
◆2017/04/26 This is Africa Meet Musa Saurombe Africa’s youngest female PhD graduate
◆2017/04/27 AFP BB News 不法居住者の抗議デモが暴徒化 南ア
◆2017/05/08 AFP BB News 許可なく1人でエベレスト登頂目指す、南ア男性に多額の罰金 ネパール
◆2017/05/09 ロイター 南アで人種対立、白人農場主が黒人少年を殺害
◆2017/05/11 毎日新聞 世界の雑記帳:南アで免許買う方法訊ねたツイート、警察大臣の目に留まりお叱り
◆2017/05/17 AFP BB News 許可なく1人でエベレスト登頂目指した男、取り調べで悪態つき逮捕
◆2017/05/19 AFP BB News 許可なく一人でエベレスト登頂試みた男 「刑務所入る覚悟」語る
◆2017/05/27 科研費基盤研究(C)「反アパルトヘイト国際連帯運動の研究:日本の事例を中心として」 公開研究会「反アパルトヘイト運動と女性、文学」 @東京外大本郷サテライト
◆2017/05/27 日経ナショナル ジオグラフィック社 謎の人類ホモ・ナレディ 現生人類と同時期に生きたか
◆2017/05/29 ロイター 南ア与党、ズマ大統領の不信任動議を否決=報道
◆2017/05/29 Bloomberg 南ア・ズマ大統領は与党による追放の動き乗り切る−関係者
◆2017/05/29 Bloomberg BMW:中国と南ア工場での生産も停止、独に続き−部品不足で
◆2017/06/02 AFP BB News 国防軍の軍事訓練、南アフリカ
◆2017/06/02 BBC South Africa's ANC calls for Zuma GuptaLeaks investigation
◆2017/06/02 This is Africa Murder of South African women by partners rising: 63 killed in Gauteng in 30 days
◆2017/06/03 毎日新聞 スポーツちば 南アの子供たちに中古サーフボード約100本を 一宮で贈呈式 /千葉
◆2017/06/04 nikkei.com 海洋機構など、南アでマラリア増えやすい気候解明
◆2017/06/05 読売新聞 南アで根付く「赤ちゃんポスト」、180人救う その多くは養子として里親に
◆2017/06/05 Macauhub Four ministers seek in Tete investors for projects in Mozambique
◆2017/06/06 ニッケイ新聞 全米日系人博物館の新館長=南ア出身のバロウズさん
◆2017/06/06 BBC South Africa falls into second recession in a decade
◆2017/06/08 AFP BB News 南アフリカで猛烈な嵐、8人が死亡
◆2017/06/21 nikkei.com 大統領不信任巡り判断へ 南ア憲法裁
◆2017/06/23 nikkei.com 邦船3社コンテナ統合、南ア独禁法当局が拒否
◆2017/06/24 nikkei.com 南アフリカ、鉱山会社に黒人の経営参画拡大を要求
◆2017/06/25 AFP BB News 復調のスプリングボクス、フランスとのテストマッチ3連戦で全勝
◆2017/06/27 cnn.co.jp 刑務所内でストリップショー、画像が拡散 南ア
◆2017/06/28 AFP BB News 世界に向けて展開する南アフリカのファッション事業家たち
◆2017/06/28 Travel vision 南アフリカ、近隣諸国と連携で観光促進、中小企業や女性の活躍も支援
◆2017/07/02 AFP BB News サンウルブズ、ライオンズに14トライ奪われ大敗
◆2017/07/03 AFP BB News アフリカ最大の競馬で見られるハイファッションの饗宴
◆2017/07/03 AFP BB News サンウルブズ大敗に「日本はスーパーラグビーをなめている」−元南アHC
◆2017/07/05 毎日新聞 集会 アパルトヘイト反対を振り返る 17日、天王寺で /大阪
◆2017/07/06 Bloomberg 南ア:与党アフリカ民族会議が中央銀行の完全国有化を提案
◆2017/07/18 AFP BB News 故マンデラ氏乗せた救急車が炎上 同氏の晩年描いた本で元担当医が明かす
◆2017/07/18 AFP BB News 車放火されたウーバー運転手が死亡 縄張り争いか 南ア
◆2017/07/18 travelvision 南ア、SNS活用でターゲット拡大、5年以内に日本人5万人へ
◆2017/07/19 travelvision 南ア、4月の日本人旅行者は6.6%減、累計は4%増
◆2017/07/20 AFP BB News 動画:サメ出現でサーフ大会中断、サーファー尻目に悠々ジャンプ 南ア
◆2017/07/25 AFP BB News 故マンデラ氏の伝記、遺族の抗議で出版直後に回収
◆2017/07/26 IOL Cape Town hotel spearheads employment for deaf people
◆2017/07/27 nikkei.com 南ア大統領、与党内に辞任論 汚職疑惑で不信任投票へ
◆2017/07/27 AFP BB News 「雨を降らせる」力を宿す10代の女王、南アフリカ
◆2017/07/28 AFP BB News HIV感染の最新予防法、国際エイズ学会
◆2017/07/29 AFP BB News 南アの鉱山、女性従業員が脱衣の身体検査を拒否 停職処分に
◆2017/07/30 AFP BB News W杯開催のサッカースタジアムで人混みに押しつぶされ2人死亡、南ア
◆2017/07/31 nikkei.com 三菱重、南ア火力巡り日立と対立 仲裁申し立て
◆2017/07/31 nikkei.com 汚職疑惑の南ア大統領、8日に不信任投票へ 経済混乱続く
◆2017/08/01 cri 南アフリカでエイズ感染者700万人を超える
◆2017/08/01 nikkei.com 南ア大統領、進退問う 汚職疑惑で 8日、議会で投票
◆2017/08/03 Bloomberg 太陽がいっぱいのアフリカに電気を供給−電話会社と提携の米新興企業
◆2017/08/03 News24 Disabled 10-year-old boy allegedly raped by school's caretaker
◆2017/08/03 rfi AFRIQUE Mali: libération du Sud-Africain Stephen McGown, enlevé par Aqmi en 2011
◆2017/08/03 AFP BB News 過去に性別疑惑のセメンヤ、騒動の再燃を一蹴
◆2017/08/06 AFP BB News リオ五輪金のアヤナが圧倒的な差で女子1万m制覇、世界陸上
◆2017/08/08 nikkei.com 汚職疑惑の南ア・ズマ大統領、無記名で不信任投票
◆2017/08/08 jp.reuters.com 南ア大統領、8日の不信任投票は無記名で実施 辞任の可能性高まる
◆2017/08/08 nikkei.com 南ア・ランド上昇、ズマ大統領の辞任を意識 8日に不信任投票
◆2017/08/08 nikkei.com 汚職疑惑の南ア・ズマ大統領 無記名で不信任投票 造反者続出なら辞任も
◆2017/08/08 時事ドットコムニュース 南アの韋駄天 ウェード・ファンニーケルク 写真特集
◆2017/08/08 時事ドットコムニュース サニブラウンと飯塚、準決勝へ=男子200メートル−世界陸上
◆2017/08/08 時事ドットコムニュース サニブラウン、ブレークと同組=飯塚はシンビネと−世界陸上・男子200準決勝
◆2017/08/09 nikkei.com 南ア大統領の不信任案否決 デモ拡大・混乱の恐れも
◆2017/08/09 nikkei.com 南ア、混乱打開の機会失う ズマ大統領の不信任案否決
◆2017/08/09 nikkei.com 南ア大統領、不信任案否決
◆2017/08/09 時事ドットコムニュース 不信任否決も与党から造反=南ア、大統領に強まる批判
◆2017/08/09 nikkei.com ファンニーケルクが連覇 世界陸上男子400メートル
◆2017/08/09 nikkei.com ファンニーケルクV 男子400、リオに続き制す
◆2017/08/10 nikkei.com 南ア混乱続く恐れ ズマ大統領不信任案を否決
◆2017/08/10 日刊スポーツ ボルト後継ファンニー連覇、流して2位に0秒43差
◆2017/08/10 日刊スポーツ ファンニーケルク、22年ぶりの2冠へ前進
◆2017/08/10 SANSPO.COM ファンニーケルク、ただ一人44秒切り男子400連覇!/世界陸上
◆2017/08/10 SANSPO.COM ファンニーケルク、22年ぶりの2冠へ前進/世界陸上
◆2017/08/11 SANSPO.COM “ボルトの後継者”ファンニーケルク、22年ぶりの2冠ならず/世界陸上
◆2017/08/14 AFP BB News セメンヤが女子800mで3度目V、ケニア勢が2種目で金 世界陸上
◆2017/08/14 nikkei.com 女子800、セメンヤが3度目の優勝 世界陸上
◆2017/08/14 nikkei.com セメンヤ3度目優勝 世界陸上女子800
◆2017/08/15 AFP BB News ジンバブエ大統領夫人、南アフリカの警察に出頭 暴行の疑い
◆2017/08/15 nikkei.com 南ア・ランド、上値重い 政治の混乱、長期化懸念
◆2017/08/17 毎日新聞 隣人が見た熊本の夏/2 先生の休み返上に驚き レセホ・レレフォロさんさん 熊本市ALT=南アフリカ /熊本
◆2017/08/17 travelvision 南ア、5月の日本人旅行者は0.4%増、累計は3.3%増


○楠原彰 日本の反アパルトヘイト運動小史とその問題点
○小山えり子 ニバルレキレ

【参考図書】
南アフリカを知るための60章
峯陽一編 明石書店 2100円(税込み) 四六判 2010年4月

1 南アフリカの成り立ち――歴史、人種、エスニシティ
第1章 南アフリカは「アフリカ」の国である―多数派を占める先住民の歴史【峯陽一】
第2章  「白いアフリカ人」の誕生―アフリカーナー社会の形成と大移動【峯陽一】
第3章 イギリス人、コーサ人、「ゴールドラッシュ」の時代―南アフリカ史の大転換【峯陽一】
第4章  人種隔離からアパルトヘイトへ―アフリカ大陸をさまようナチスの亡霊【峯陽一】
【コラム1】南アフリカのユダヤ人左翼【峯陽一】
第5章 土地法から強制移住へ―アパルトヘイトの根幹をなした土地問題【佐藤千鶴子】
第6章 反アパルトヘイト運動の展開―ANCに流れ込んだ3つの潮流【峯陽一】
【コラム2】国旗と国章【坂田有弥】
第7章 ズールー王国の勃興とシャカ―神話から歴史へ【佐藤千鶴子】
第8章 「カラード」の歴史―歴史がつくった「カラード」【海野るみ】
第9章 インド人社会の形成と「サティヤーグラハ」―ガンディーが過ごした21年間【鶴見直城】
【コラム3】国花と国歌【楠瀬佳子】
2 ポスト・アパルトヘイト時代の南アフリカ政治
第10章 「虹の国」としての再出発―1994年を振り返る【峯陽一】
第11章 ポスト・アパルトヘイト体制への移行と暴力の再生産―政治暴力と「タクシー戦争」【遠藤貢】
第12章 真実和解委員会(TRC)を通じた和解の模索―その限界と意義【阿部利洋】
第13章 ANCはどこへ行く―南ア共産党との歴史的関係を通して見えてくるもの【福島康真】
第14章 「闘いは続く!」―都市の社会運動・労働運動とANCの緊張関係【牧野久美子】
第15章 マンデラ、ムベキ、ズマ―個性豊かな指導者群像【長田雅子】
第16章 国民党の消滅と民主連合の伸長―ポスト・アパルトヘイト時代の白人政党【長田雅子】
【コラム4】核兵器を廃絶した南ア【藤本義彦】
第17章 伝統的指導者の新しい役割―「伝統」と「近代」の分裂は超えられるか【佐藤千鶴子】
第18章 スティーヴ・ビコと黒人意識運動の遺産【峯陽一】
【コラム5】エイミー・ビール事件【峯陽一】
3 世界が注目する南アフリカ経済
第19章 「レアメタル」がないと車は走らない―日本の自動車産業を支える南アフリカ鉱業【西浦昭雄】
第20章 「財閥」の変容―アングロ・アメリカンとデビアス【西浦昭雄】
第21章 アフリカから世界へ―資源メジャーBHPビリトンを創ったビジネスマン【平野克己】
第22章 「オール電化」の夢―南アフリカの電力不足とアフリカ電力網【西浦昭雄】
第23章  南アフリカ企業のアフリカ進出―スーパーから携帯電話まで【西浦昭雄】
第24章 スタンダード銀行と中国――南アフリカと中国の深い関係【平野克己】
第25章 BEEとブラックダイヤモンド―黒人は豊かになれるか【西浦昭雄】
第26章 拡大する所得格差―なぜ一部の黒人だけが豊かになるのか【岡田茂樹】
第27章 日本企業の動向―拡大する自動車・鉱業分野での投資【岡田茂樹】
第28章 日本と南アフリカの経済関係―過去と現在の鳥瞰図【西浦昭雄】
第29章 世界経済と南アフリカ経済―旺盛な民間活力が強み【平野克己】
【コラム6】お金の話―通貨ランド【長田雅子】
4 ダイナミックに変わる南アフリカ社会
第30章 犯罪―市民生活を脅かす南アフリカ社会の暗部【白戸圭一】
第31章 北から南へ―ジョハネスバーグの多様な顔【津山直子】
第32章 ポスト・アパルトヘイト時代の社会保障―ベーシック・インカムを中心に【牧野久美子】
第33章 草の根の国際協力―JVCの活動から【津山直子】
第34章 エイズとともに生きる―タウンシップの苦悩と支え合い【小山えり子】
第35章 南アフリカの医療問題―頭脳流出と伝統医療【佐藤千鶴子】
第36章 ズールー人の魅力―「戦闘的」なだけではない、前向きであったか〜い人びと【平林薫】
第37章 私のタウンシップ経験―ジョバーグからケープへ【木村香子】
第38章 南アフリカのジェンダー問題―アフリカ人女性の存在感【楠瀬佳子】
【コラム7】南アフリカの宗教【牧野久美子】
第39章 土地返還運動からコミュニティの再生へ―ルースブームの事例【佐藤千鶴子】
第40章 南アフリカにおける動物保護と共生―クルーガー国立公園を事例に【佐藤千鶴子】
5 底流をなす文化力
第41章 南アフリカ観光―ひと味ちがう見どころ紹介【長田雅子】
【コラム8】「南アフリカ料理」入門【佐竹純子】
第42章 雄大な自然と多様な文化―ケープを味わい尽くす【福島康真】
【コラム9】ワインとルイボス【福島康真】
第43章 南アフリカのスポーツは宗教である―観戦型も参加型もおまかせ【長田雅子】
第44章 「遠い夜明け」は来たか―南アフリカ映画あれこれ【海野るみ】
第45章 南ア黒人音楽の魅力―大地から響く、魂の歌声【佐竹純子】
第46章 南アフリカの演劇―「総合芸術」の魅力【楠瀬佳子】
第47章 多言語社会南アフリカ―11もの公用語【宮本正興】
第48章 教育改革の課題―「読み書きのパワー」を中心に【楠瀬佳子】
第49章 アパルトヘイト時代の文学―E・ムパシェーレの仕事を中心に【宮本正興】
第50章 ポスト・アパルトヘイト時代の文学―ゾイ・ウィカムの作品から見える新社会の課題【楠瀬佳子】
【コラム10】厳しさと柔和さと―ノーベル賞作家ク―ェー【くぼたのぞみ】
第51章 南アフリカのマスメディア・出版界―新しい動き【楠瀬佳子】
6 日本と南アフリカ、アフリカのなかの南アフリカ
第52章 21世紀の草の根交流――長野での「実験」【城島徹】
第53章  日本の反アパルトヘイト運動の歴史―JAACの運動を中心に【楠原彰】
【コラム11】反アパルトヘイト運動を支えた出版人【城島徹】
第54章  マンデラ歓迎西日本集会に2万8000人――関西の反アパ市民運動が原動力で開催【下垣桂二】
【コラム12】アパルトヘイト否!国際美術展【前田礼】
第55章 「名誉白人」とよばれた人びと―日本人コミュニティの歴史【山本めゆ】
第56章 移民―南アフリカと南部アフリカ・世界を結ぶ人の流れ【峯陽一】
第57章  モザンビークから見た南アフリカ―関係の歴史【舩田クラーセンさやか】
第58章  ジンバブエから見た南アフリカ―大規模農業とガーデニング【壽賀一仁】
第59章 「サウス・アフリカ」へ続く道―ボツワナのブッシュマンと南アフリカ【丸山淳子】
第60章 「虹の国」とゼノフォビア―アフリカ人としてのアイデンティティ【佐藤誠】
もっと知りたい人のための文献ガイド

南アフリカの衝撃
平野克己著 日本経済新聞社 850円+税 新書判 206p 2009.12.8 [amazon]

著者自身の南ア在住体験がアパルトヘイト法体制廃絶では片づかない課題を明らかに。南ア企業、経済人の活躍を紹介する章が興味深い。

南アフリカの土地改革
佐藤千鶴子著 日本経済評論社 3800円+税 A5判 252p 2009年2月 [amazon]

序章 土地改革の意義
第1章 アフリカ人農村社会研究
第2章 土地問題の歴史的形成と農村の抵抗運動
第3章 政治的移行と土地改革
第4章 新生南アフリカの土地改革政策
第5章 民衆闘争と土地返還
第6章 土地闘争と和解の力学
第7章 土地改革と農村開発
終章 総括と展望

ジンバブエの土地問題を考える上でも参考になりそうです。

南アフリカ経済論 企業研究からの視座
西浦昭雄著 日本評論社 5400円+税 A5判 325p 2008年11月 [amazon]

南ア企業の歴史、経済活動、アフリカ諸国への進出、国際経済との関係に注目した研究。経済発展が注目される南アを知る貴重な視点が提示される。

国家の仮面が剥がされるとき―南アフリカ「真実和解委員会」の記録
アレックス ボレイン著 下村則夫訳 第三書館 2625円 四六判 285p 2008年12月 [amazon]

真実和解委員会副委員長だった著者が、真実和解委員会設立・活動の意義と現在にもつながる課題について体験を踏まえて記述している。真実和解委員会と法廷および法曹界との関係、証言を拒んだボタ元大統領の裁判めぐる記録がことに重要と感じた。真実を語り記録する動きと、被害者への補償を行い和解につながる道筋をさらに大きくしていく取り組みをスタートさせる出発点としての真実和解委員会の意味を考える必要があるとも感じている。


真実委員会という選択―紛争後社会の再生のために
阿部 利洋著 岩波書店 2310円 216p 2008年4月 [amazon]

紛争後社会と向き合う―南アフリカ真実和解委員会
阿部 利洋著 京都大学学術出版会 4620円 366p 2007年12月 [amazon]


 
 
>TOP

公開研究会「反アパルトヘイト運動と女性、文学」開催のお知らせ【5/27(土)、於:東京外大本郷サテライト】

科研費基盤研究(C)「反アパルトヘイト国際連帯運動の研究:日本の事例を中心として」

講師のお二人は、ともに日本反アパルトヘイト委員会(JAAC)の活動に参加され、その後、現在に至るまで、アフリカ文学の翻訳や研究・交流活動を続けていらっしゃいます。佐竹さんは「反アパルトヘイト女性委員会」、くぼたさんはアフリカ行動委員会(JAAC Tokyo)の「女性グループ」を通じて、反アパルトヘイトのなかでも「女性」に焦点を当てて活動し、南アフリカの女性作家や活動家を日本に招いたり、また人種差別の問題と闘う運動内部のジェンダー面での課題について問題提起をしたりされてきました。日本の反アパルトヘイト運動のなかで、女性メンバーはどのような活動をおこなったのか、貴重なお話を伺うまたとない機会です。ぜひお誘いあわせのうえ、積極的にご参加ください。

日時:2017年5月27日(土)15:30-18:30

場所:東京外国語大学本郷サテライト 7F会議室
〒113-0033 東京都文京区本郷2-14-10
アクセスマップ:http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html

報告① 佐竹純子氏(プール学院大学短期大学部教授)
「ローズと、ノンヴーラと、南アフリカの草の根の女たち」

報告② くぼたのぞみ氏(翻訳家・詩人)
「1989 ハラレ会議と南ア・女性の日キャンペーン」

コメント 津山直子氏(アフリカ日本協議会代表理事、元・アフリカ民族会議〈ANC〉東京事務所コーディネーター)

主催:科研費基盤研究(C)「反アパルトヘイト国際連帯運動の研究:日本の事例を中心として」(研究代表者:牧野久美子、Kumiko_Makino@ide.go.jp)

後援:特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会

資料準備の都合上、参加をご希望の方は、5月25日(木)までに牧野(Kumiko_Makino@ide.go.jp)まで、お名前、ご所属(あれば)、ご連絡先をお知らせください。本研究会に関するお問い合わせも上記メールアドレスまでお願いいたします。



 
 
>TOP

Cape Town hotel spearheads employment for deaf people

IOL
TRAVEL / 26 JULY 2017, 6:00PM /

森@IDEです。

南アフリカ 発の記事です。

Carlson Rezidorホテルグループは、インクルーシビティが機能している証拠。同ホテルグループはろう者を南アのホテルで採用しており、すべての人に彼らのスキルを見せる機会を提供している。

ろう者従業員の活躍をここでも見れるようです。

Carlson Rezidor Hotel Group are proof that inclusivity does work. They have employed deaf people to work at their hotels in South Africa, allowing everyone to have the chance to showcase their skills. Clinton Thom, Cluster General Manager of Radisson Blu Le Vendome Hotel and Park Inn by Radisson Cape Town Newlands, said they were honoured to be able to make a difference in the lives of the deaf, giving them an equal opportunity in the working field.

For Carlson Rezidor Hotel Group, diversity and inclusion are two of the core pillars of its employee value proposition. When it took over the Deaf South Africa (DeafSA) building to construct the Park Inn by Radisson Cape Town Newlands, it saw a chance to uplift and employ deaf and hard-of-hearing individuals.

When the Park Inn by Radisson Cape Town Newlands opened, it had a deaf and hard-of-hearing staff complement of 30% ― the first hotel in Africa to have back-of-house and front-of-house deaf and hard-of-hearing staff. Currently at Park Inn by Radisson Cape Town Newlands, 26% of staff are deaf or hard-of-hearing, with some of the staff having been transferred to Radisson Blu Le Vendome or two of the group’s most recent South African additions, Park Inn by Radisson Polokwane and Radisson Blu Hotel & Residence, Cape Town with the same employment policy. Gyrieyah Slemming, Carlson Rezidor Hotel Group’s HR Director for Africa & Indian Ocean said they were thrilled to be able to broaden our compliment of deaf staff and currently have almost 41 deaf and hard-of-hearing staff members within our South African properties.

“The Radisson Blu Hotel and Residence in Cape Town employs 12 deaf and hard-of-hearing staff while the Park Inn Polokwane has two deaf staff members who have relocated from Cape Town. We actively seeking to employ additional deaf staff in Africa’s first Radisson Red hotel, scheduled to open in Cape Town within September this year,” said Slemming.

Park Inn by Radisson Newlands has been recognised for its efforts, winning the 2015 Guardian Sustainable Business Award for Diversity & Inclusion in London.

DeafSA own 51% of the Park Inn by Radisson Newlands hotel. National Director of DeafSA Bruno Druchen it was hard to find employment for 1,6 million hard-of-hearing and deaf individuals in South Africa, but it was possible.

If deaf or hard-of-hearing staff show interest in other jobs within Carlson Rezidor, they are given the opportunity to learn the required skills.

Deaf staff are required to wear a badge that reads, “I am deaf” to help guests identify them and prevent any misunderstandings. Guests are also informed about the presence of deaf staff at check-in and are also briefed on how to interact with them.

In terms of educating hearing staff on deaf culture and what to do and not do when interacting with deaf staff, DeafSA brings in an interpreter annually or when a new hotel opens. Interpreters are also used for mandatory training and staff meetings.

Cape Town hotel spearheads employment for deaf people



 
 
>TOP

Disabled 10-year-old boy allegedly raped by school's caretaker

News24
2017-08-03 15:33
Kim Wendy Abrahams

森@IDEです。

南アフリカ 発の記事です。

知的障害のある10歳の少年が障害児のための学校の介助者にレイプされた後、ひどい扱いを受けたとのこと。

このレイプが起きたのは昨年の11月でケープタウンに近いところにある学校でのこと。

Disabled 10-year-old boy allegedly raped by school's caretaker



UP:2017 REV: 
アフリカ世界HIV/AIDS峯 陽一牧野 久美子
TOP HOME (http://www.arsvi.com)