HOME > World / Africa >

ナイジェリア連邦共和国 2012年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


○外務省 各国・地域情勢 ナイジェリア連邦共和国

○2007年までのニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 〜2007年
○2008年のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2008年
○2009年のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2009年
○2010年1月〜6月のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2010年1月〜6月
○2010年7月〜12月のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2010年7月〜12月
○2011年1月〜6月のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2011年1月〜6月
○2011年7月〜12月のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2011年7月〜12月
○最新のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国

◆2012/01/01 asahi.com テロ相次ぐナイジェリア、北東部4州に非常事態宣言
◆2012/01/01 nikkei.com テロ多発で非常事態宣言 ナイジェリア大統領
◆2012/01/02 Information Nigeria.org Govt unfolds plan to boost ICT with NigComSat
◆2012/01/05 AFP BB News ナイジェリア各地でデモ、燃料補助金打ち切りに抗議
◆2012/01/05 Myjoyonline.com Immigration personnel intercepts visually impaired Nigerians at Sogakope
◆2012/01/05 Nigerian Tribune I’ll not allow the disabled to suffer - Taraba gov
◆2012/01/05 nikkei.com ナイジェリア、主要2労組がゼネストへ
◆2012/01/06 yomiuri.co.jp 礼拝中の教会を襲撃、6人死亡…ナイジェリア
◆2012/01/07 Tech insight 【アフリカ発!Breaking News】「ナイジェリアの手紙」には要注意!韓国人親子が誘拐される。(南ア)
◆2012/01/07 yomiuri.co.jp キリスト教徒襲われ25人死亡…ナイジェリア
◆2012/01/09 nikkei.com ナイジェリア全土でゼネストに突入
◆2012/01/10 LEADERSHIP Internet Explosion: How Nigeria Is Leading Africa
◆2012/01/10 cnn.co.jp ナイジェリア全土でゼネスト、燃料の急騰に抗議
◆2012/01/10 毎日新聞 ナイジェリア:「過激派が政府内に」 大統領言及
◆2012/01/12 nikkei.com ナイジェリア、暴動や衝突で10人死亡 ストで混乱
◆2012/01/12 毎日新聞 ナイジェリア:ゼネスト暴徒化 石油労組、生産停止を警告
◆2012/01/13 asahi.com 主要労組が原油生産停止と警告 ナイジェリア
◆2012/01/13 nikkei.com ナイジェリア、原油・ガス生産停止か ストの一環
◆2012/01/13 nikkei.com ナイジェリア、ストの労組と大統領会談 燃料補助金巡り
◆2012/01/14 アフリカビジネスニュース ナイジェリア中央銀行、携帯電話バンキングの普及促進へ
◆2012/01/15 asahi.com 原油生産停止、一時見送り ナイジェリア主要労組
◆2012/01/16 Internet Watch 世界銀行と米Google、「Map Maker」による途上国の地図作製で提携を発表
◆2012/01/17 nikkei.com ナイジェリア主要労組、ゼネスト中断を表明
◆2012/01/19 Nigerian Tribune When UPS put smiles on faces of the underprivileged
◆2012/01/19 asahi.com ガソリン価格「3分の2に」 ナイジェリア大統領が譲歩
◆2012/01/20 アフリカビジネスニュース インターネット利用2,000パーセント増 アフリカ全体
◆2012/01/20 nikkei.com 「うるう秒」廃止、15年に結論持ち越し
◆2012/01/21 yomiuri.co.jp ナイジェリアで自爆テロや銃撃、7人死亡
◆2012/01/21 nikkei.com 連続テロで160人超死亡 ナイジェリア北部
◆2012/01/22 cnn.co.jp ナイジェリア北部で連続爆弾テロ、死者多数
◆2012/01/22 asahi.com ナイジェリア、テロ120人死亡 イスラム武装勢力犯行
◆2012/01/22 yomiuri.co.jp ナイジェリア143人死亡…イスラム過激派声明
◆2012/01/22 yomiuri.co.jp ナイジェリア第2の都市でテロ、178人死亡
◆2012/01/23 外務省 最近のナイジェリア情勢について(外務報道官談話)
◆2012/01/23 nikkei.com ナイジェリア、テロ犠牲170人超 イスラム過激派が犯行認める
◆2012/01/26 Nigerian Tribune How mysterious illness cost me my sight
◆2012/01/27 AFP BB News ナイジェリアでドイツ人拉致、イスラム過激派の犯行か
◆2012/01/31 SOCCER KING ナイジェリアの点取り屋、カルー・ウチェを獲得!
◆2012/01/31 SOCCER KING ナイジェリア代表のウチェ、エスパニョールに完全移籍
◆2012/01/31 telecompaper Google, Microsoft, IBM, CNBC train 350 youths in Nigeria
◆2012/02/01 Nigerian Tribune Subsidy: People with disability to get 74,000 jobs -FG
◆2012/02/04 Nigerian Observer 18 Visually Impaired Persons Get Succour
◆2012/02/05 Business Intelligence Middle East Connecting Africa: The next 10 years of mobile growth
◆2012/02/08 AFP BB News ナイジェリア北部の鉛汚染は近現代で最悪、死者400人 人権団体
◆2012/02/08 itweb 80 African schools to get digital hubs
◆2012/02/08 WirelessWire News 2012年末にアフリカの携帯契約数は735百万に
◆2012/02/09 神戸経済新聞 神戸で「探究実践演習」−アフリカ8カ国の政府高官ら受け入れ
◆2012/02/09 Women in Technology Tech firm supports ICT hub in Africa
◆2012/02/13 Nigerian Tribune Enugu approves N195m for renovation of schools
◆2012/02/14 Vanguard Where are we with NEPAD’s e-schools?
◆2012/02/14 Leadership Why ICT Companies Should Invest In Human Capital Devt
◆2012/02/15 Travel Vision エティハド航空、ナイジェリアのラゴスに就航へ、A330で週6便
◆2012/02/15 AllAfrica  Africa: Social Media Updates
◆2012/02/15 nikkei.com [FT]ナイジェリア、好調な経済に治安悪化で暗雲
◆2012/02/16 usfl.com 刑務所襲撃、118人脱走 ナイジェリアで武装集団
◆2012/02/17 AFP BB News 武装集団が刑務所襲撃、119人脱走 ナイジェリア
◆2012/02/17 塾ニュース 子供1人にコンピュータ1台を。次はタブレット
◆2012/02/17 nikkei.com ナイジェリアで武装集団が刑務所襲撃 118人脱走
◆2012/02/17 asahi.com 旅客機に「下着爆弾」、被告に終身刑 米連邦地裁
◆2012/02/17 読売新聞 米機テロ未遂、ナイジェリア人の男に終身刑
◆2012/02/18 毎日新聞 米旅客機テロ未遂:爆破未遂、被告に終身刑−−連邦地裁判決
◆2012/02/21 PC ADVISOR  West Africa faces increase in e-waste, UN says
◆2012/02/21 nikkei.com 銃撃戦で武装勢力8人殺害 ナイジェリア
◆2012/02/23 外務省 ナイジェリアに対する環境・気候変動対策無償資金協力「地方給水改善計画」に関する書簡の交換
◆2012/02/23 THE NATION  ICT park to save Nigeria $5billion
◆2012/02/23 毎日新聞 ナイジェリア:テロ激化 イスラム過激派、キリスト教狙う
◆2012/03/03 Vanhuard  Nigeria to host African Conference on Free, Open Source Software
◆2012/03/12 NIGERIA Tribune  Nigeria, great talent in ICT - Microsoft
◆2012/03/12 AllAfrica.com Nigeria: Ekiti Buys Braille Computers for Disabled Students
◆2012/03/13 Daily Sun Hearing-impaired students hold inter-house sports in Lagos ‘I see them, representing the state in the near future’ - sports administrator
◆2012/03/14 BIZTECH AFRICA  Mobile marketing booms in Nigeria
◆2012/03/15 Nigerian Tribune Neuro-rehabilitation: Boosting quality of life in epilepsy, stroke
◆2012/03/18 AllAfrica.com Nigeria: The Heart-Rending Moments With Deaf Students
◆2012/03/20 CRI  中国、ナイジェリアに通信衛星を引き渡し
◆2012/03/21 外務省 ナイジェリアに対するユニセフ(国連児童基金)を通じた無償資金協力「小児感染症予防計画」に関する書簡の交換
◆2012/03/21 The Nation Newspaper Pass Disability Bill into law
◆2012/03/23 The Nation Newspaper A clergy’s passion for the disabled
◆2012/03/27 Gihyo.JP  西部および中央アフリカのブロードバンド市場は,2017年に2倍以上の収益規模へ
◆2012/04/01 Bikya Masr Telecom stakeholders laud Lagos over disability law
◆2012/04/02 Nigerian Tribune JAMB’s concessionary exam time to albinos: Is it necessary?
◆2012/04/03 Gant Daily Hearing impaired demand inclusion in HIV programms
◆2012/04/07 Nigerian Tribune Ladipo Hosts Victorious Nigeria's Deaf Soccer Team
◆2012/04/09 yomiuri.co.jp 警察署など襲撃、4人死亡…ナイジェリア
◆2012/04/09 asahi.com ナイジェリアで爆弾テロ、38人死亡 ミサ中の教会
◆2012/04/09 cnn.co.jp ナイジェリア北部で爆弾テロ、25人死亡 キリスト教徒狙いか
◆2012/04/11 Nigerian Observernews Anambra Deaf Club Decries Lack Of Govt Support
◆2012/04/13 The Nation Newspaper Disabled youths seek help in Anambra
◆2012/04/16 AFP BB News ナイジェリアで「赤ちゃん製造工場」また摘発
◆2012/04/25 Nigerian Tribune Why diabetes can make you deaf
◆2012/04/27 毎日新聞 ナイジェリア:連続テロ8人死亡 大統領寄り新聞社標的か
◆2012/04/30 cnn.co.jp ナイジェリアの大学でキリスト教徒襲撃、死傷者も
◆2012/05/01 毎日新聞 ナイジェリア:警察の車列に自爆テロ攻撃、11人死亡
◆2012/05/01 allafrica  Nigeria: World Leaders Chart Roadmap for Female ICT education
◆2012/05/01 telecompapre  Nigerian govt ties up with Nokia to boost ICT penetration
◆2012/05/01 SankeiBiz 官民でBOP市場開拓 JICA後押し、事業黒字化に道筋
◆2012/05/07 アフリカビジネスニュース Googleによるアフリカのインターネット状況調査、PC、携帯どちらから?
◆2012/05/08 The Nation Newspaper Over four million Nigerians blind, visually-impaired
◆2012/05/08 Nigerian Tribune Disabled persons get relief materials in Osun
◆2012/05/08 AllAfrica.com Nigeria: Racing Towards Rights for the Disabled
◆2012/05/14 AllAfrica.com Nigeria: Stakeholders Decry Delay On National Disability Bill
◆2012/05/15 The Nation Newspaper Group seeks support for Special Peoples’ Law
◆2012/05/16 Vogue Vogue Italiaが厳選した最新アフリカファッションをyoox.comにて限定発売。
◆2012/05/17 WirelessWire News  QoSの低いキャリアに罰金命令相次ぐ
◆2012/05/25 AllAfrica.com Nigeria: FCTA to Set Up Ear and Nose Treatment Centre
◆2012/05/31 AllAfrica.com Nigeria: Maitama Hospital to Get Ear, Nose Centre
◆2012/06/01 all Africa Nigeria: Corps Member Organises Free Medical Screening for Disabled Persons
◆2012/06/03 毎日新聞 ナイジェリア:教会爆発で12人死亡
◆2012/06/04 nikkei.com ナイジェリアで旅客機墜落、150人超死亡か
◆2012/06/04 nikkei.com ナイジェリアで旅客機墜落 乗っていた153人死亡か
◆2012/06/04 nikkei.com 墜落現場は人口密集地 ナイジェリア、住民にも被害か
◆2012/06/04 cnn.co.jp ナイジェリアで旅客機墜落、搭乗の153人全員死亡か
◆2012/06/04 asahi.com 搭乗153人絶望、住民も多数犠牲 ナイジェリア機墜落
◆2012/06/04 yomiuri.co.jp ナイジェリアで旅客機墜落、乗客153人絶望か
◆2012/06/04 yomiuri.co.jp 153人全員死亡、住民巻き添えか…旅客機墜落
◆2012/06/04 毎日新聞 ナイジェリア:153人乗り旅客機墜落 住民にも死者多数
◆2012/06/05 nikkei.com ナイジェリア旅客機墜落現場、110人の遺体収容
◆2012/06/05 cnn.co.jp ナイジェリア機墜落、死者163人に 操縦士から直前に異常の連絡
◆2012/06/05 cnn.co.jp ナイジェリア機墜落事故、飛行記録装置見つかる
◆2012/06/06 SPYGhana GOOD CORPORATE GOVERNANCE NECESSARY FOR ICT SECTOR
◆2012/06/11 cnn.co.jp ナイジェリアのキリスト教会で爆発、乱闘 計8人が死亡
◆2012/06/14 World Stage NGOs say disability is not witchcraft
◆2012/06/16 AFRICA Business News ナイジェリア、ネットユーザーアフリカ最多の4000万人超え
◆2012/06/18 AllAfrica.com Nigeria: Minister Decries Rising Bias Against Disabled Children
◆2012/06/18 cnn.co.jp キリスト教会へ連続爆弾テロ、死傷者180人超 ナイジェリア
◆2012/06/18 asahi.com ナイジェリアで教会5カ所が爆発 12人死亡80人負傷
◆2012/06/18 yomiuri.co.jp ナイジェリアの教会でテロ、犠牲者40人以上か
◆2012/06/18 毎日新聞 ナイジェリア:キリスト教会で連続爆破テロ 21人が死亡
◆2012/06/18 The Nation Teachers’ Council seeks ICT integration in learning
◆2012/06/20 AllAfrica.com Nigeria: Hearing Impaired People in Borno Seek Special Schools
◆2012/06/21 Africa Business News 【速報】雲の上でもiPad 3!エア・ナイジェリアが機内サービスとして導入
◆2012/06/22 AllAfrica.com Nigeria: Al-Makura to Build Varsity for the Deaf in Nasarawa
◆2012/06/25 nikkei.com ナイジェリアで刑務所襲撃、40人脱走 過激派か
◆2012/07/04 外務省 日・ナイジェリア外相会談
◆2012/07/05 財経新聞 サハラ以南のアフリカにおけるプリペイドカード市場は、若い顧客層が成長を支える見通し
◆2012/07/11 The Nation Newspaper Disabled youths task Rivers Govt to emulate Lagos
◆2012/07/13 cnn.co.jp タンカー火災で95人死亡、漏れ出たガソリンすくい取ろうと ナイジェリア
◆2012/07/15 AFP BB News 上海申花に移籍のドログバが入団会見
◆2012/07/15 asahi.com ナイジェリアで自爆テロ モスク近く、5人死亡
◆2012/07/18 all Africa Nigeria: Cisco Arms Women With ICT Solutions
◆2012/07/19 INTERNET Watch ネットなしでGmailを利用可能に、「Gmail SMS」をアフリカ3カ国で開始
◆2012/07/23 情報通信総合研究所 Gmail SMS:ガーナ、ナイジェリア、ケニアで開始〜既存サービスの新興国での展開
◆2012/07/31 UEFA.com ディナモ、ミランからタイウォを期限付きで獲得
◆2012/08/02 総合ニュース サムスン電子 西アフリカ初の電子技術学校設立
◆2012/08/06 The Guardian Nigeria Challenges of reporting people living with disabilities
◆2012/08/08 asahi.com ナイジェリアの教会で乱射、19人死亡
◆2012/08/08 allAfrica Nigeria: 300 Children, Youths for ICT Training
◆2012/08/22 allAfrica Nigeria: Govt to Tackle Cyber Crime With Youth Empowerment - CT Minister
◆2012/08/23 東京新聞 日本政府、医師のビザ拒否 広島の核国際会議に出席計画
◆2012/08/23 MSN産経ニュース 日本政府、医師のビザ拒否 広島の会議出席計画
◆2012/09/01 AllAfrica.com Nigeria: Disabled Local Athletes Poised to Thrill the World
◆2012/09/05 The Nation Newspaper Igbinedion hosts widows disabled persons
◆2012/09/05 AllAfrica.com Nigeria: Group Urges Support for Disabled Women
◆2012/09/21 PM News World Bank Gives FG $180m For ICT Training
◆2012/09/24 WORKMASTER アフリカ人の生活を変える携帯電話
◆2012/09/27 Global TIMES Chinese firm ZTE mulls telecoms venture in Nigeria
◆2012/09/27 新興国情報EMeye 南アフリカ発のSNS「2go」、ナイジェリアでフェイスブック凌ぐ人気
◆2012/09/28 WirelessWire NEWS ナイジェリアの農業従事者にモバイルフォン1,000万台配布
◆2012/09/30 cnn.co.jp サウジアラビア、巡礼のナイジェリア女性1000人を入国拒否
◆2012/10/01 Nigerian Tribune NASS, presidency urged to enact law on election for disabled
◆2012/10/03 The Guardian NIGERIA Promoting women entrepreneurship through technology
◆2012/10/03 nikkei.com 学校宿舎襲撃、20人殺害 ナイジェリア北東部
◆2012/10/03 cnn.co.jp 武装集団が大学を襲撃、学生など25人殺害 ナイジェリア
◆2012/10/04 毎日新聞 ナイジェリア:専門学校の学生寮に襲撃 25人が死亡
◆2012/10/05 cnn.co.jp ナイジェリアで洪水、148人死亡 カバやワニ民家に流れ込み数万人が避難
◆2012/10/09 P.M. News Nigeria: Deaf accused stalls trial for subsidy scam
◆2012/10/09 毎日新聞 ナイジェリア:政府軍兵士、民間人30人以上射殺
◆2012/10/10 Osun Defender Fuel Subsidy Scam Suspect Hard of Hearing: Judge Advises Him To Obtain Device
◆2012/10/11 allAfrica Nigeria: Apple Establishes Presence in Nigerian ICT Market
◆2012/10/12 RFI オランダ:ナイジェリアでの汚染で訴えられたシェル
◆2012/10/12 cnn.co.jp ナイジェリアの農家ら、石油流出を巡りシェルを提訴
◆2012/10/14 毎日新聞 イスラム開発銀行:総裁ら来日 日本からの投資呼びかけ
◆2012/10/15 cnn.co.jp モスク近くの市場で銃撃、23人死亡 ナイジェリア北部
◆2012/10/16 WorldStage FCTA to provide more special schools, teaching aids for the deaf
◆2012/10/18 Nigerian Tribune Subsidy scam: ‘Deaf’ suspect takes plea with hearing aid
◆2012/10/19 情報通信総合研究所 Nokiaのソーラー充電器:電気はない地域でも携帯電話が急速に普及するアフリカでの取組み
◆2012/10/23 nikkei.com アフリカで相次ぎ中国人労働者襲撃
◆2012/10/24 The Guardian Removing barriers to Nigeria’s ICT growth
◆2012/10/25 How We Made IT in Africa African consumer update: Facebook shopping, mall culture, and fear of missing out
◆2012/10/29 cnn.co.jp ナイジェリア北部のカトリック教会で自爆テロ、死傷者100人以上
◆2012/10/29 P.M. News Disabled beggar donates ”widow’s mite” to flood victims
◆2012/10/31 The Nation Disabled man donates N30,000 to Anambra flood victims
◆2012/11/03 cnn.co.jp ナイジェリアで30人が銃殺 人権団体が指摘
◆2012/11/07 Africa Business News アフリカの携帯電話市場が世界で2番目に!
◆2012/11/11 開発メディアganas ベナンの障がい者が「石油」をナイジェリアから密輸?
◆2012/11/13 AllAfrica.com Nigeria: SCB Unveils Music School for the Blind
◆2012/11/26 yomiuri.co.jp ナイジェリアの教会前で爆弾が爆発、11人死亡
◆2012/12/06 nikkei.com 原油やLNGの輸入先分散 アフリカ・ロシア産急増
◆2012/12/10 nikkei.com 客に酒飲ませカード奪った疑い ナイジェリア人経営者ら逮捕
◆2012/12/24 Nigerian Tribune Akin Alabi Foundation rehabilitates classrooms, offices in Ibadan
◆2012/12/26 cnn.co.jp イブに教会2カ所襲撃、死者12人 ナイジェリア
◆2012/12/26 毎日新聞 ナイジェリア:キリスト教会襲撃、信者ら6人射殺表


【参考】
◇ブログ ナイジェリアの生活日記 4年間過ごしたナイジェリアでの想い出を綴ります


【参考図書】
アフリカと政治 紛争と貧困とジェンダー
戸田真紀子著 お著の水書房 2,400円+税120円 2008年8月 [amazon]

「わたしたちがアフリカを学ぶ理由」とのサブ・タイトルも付された本は、内容がもりだくさんで、論じられている事象や地域についてなじみがない人にはちょっととっつきにくいかなと感じました。
ケニアの女性が立ち上げて運営するママ・ハニ孤児院を紹介する終章「立ち上がる草の根の人々とその声」、次いであやうく「姦通罪」への処罰としての石打ち刑で殺されるところであったアミナ・ラワルさんが直面したナイジェリアの政治情勢を分析する第7章「女性だけが背負う重荷」と読み進め、そこで論じられている問題を読み解くために他の章を読むという読み方がありそうだなと思いました。

序章 アフリカを勉強する10の理由
第1部 アフリカの「民族紛争」の神話と現実
 第1章 アフリカの「民族」とは何か
 第2章 アフリカの民族紛争の「神話」
 第3章 突出する紛争犠牲者
 第4章 選挙民主主義が紛争を生み出す矛盾
 第5章 ナイジェリアの宗教紛争
第2部 ジェンダーから見るアフリカ
 第6章 アフリカの女性と「人間の安全保障」
 第7章 女性だけが背負う重荷
終章 立ち上がる草の根の人々とその声


アフリカ可能性を生きる農民−環境-国家-村の比較生態研究
島田周平著 京都大学学術出版会 ¥3,780 四六判 270p 2007年2月 [amazon]

ナイジェリア、ザンビアでの農村調査を比較・検討しながら、アフリカの農村の多様性と共通性について考察する。

アフリカの医療・障害・ジェンダー−ナイジェリア社会への新たな複眼的アプローチ
落合雄彦, 金田知子編 晃洋書房 ¥3,300 A5版 257ページ 2007年3月 [amazon]

精神障害当事者の手記、当事者インタビューなども収録。ナイジェリアの精神医療がどうなっているのか、どのように調べていけばよいのかが判る。



 
 
>TOP

2012年1月1日19時27分

テロ相次ぐナイジェリア、北東部4州に非常事態宣言

ナイジェリアのジョナサン大統領は12月31日、イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」によるテロが相次いでいる国内の4州に非常事態を宣言し、国境を一時閉鎖すると発表した。AFP通信などが伝えた。

非常事態を宣言したのは、ボコ・ハラムが拠点にしている北東部のボルノ州やヨベ州など。これらの州が接するチャド、ニジェール、カメルーンの国境を一時閉鎖し、武装勢力の逃亡を防ぐという。

ナイジェリアでは、警察施設や教会を狙った爆弾テロが続いている。8月には国連施設が爆破されて25人が死亡。12月25日には、クリスマスのミサ中だったカトリック教会などで連続爆発が起きて40人以上が死亡し、ボコ・ハラムが犯行を表明している。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

テロ多発で非常事態宣言 ナイジェリア大統領

2012/1/1 11:35

【ナイロビ=共同】ナイジェリアからの報道によると、同国のジョナサン大統領は12月31日、同国のイスラム過激派「ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)」のテロ攻撃などが多発する4州に非常事態を宣言、4州が接する国境を一時的に閉鎖すると表明した。

4州はボコ・ハラムの拠点がある北東部のボルノ州とヨベ州、プラトー州、ナイジャ州。ニジェールやチャドなどとの一部国境が閉鎖されることになる。

ボコ・ハラムはナイジェリア全土にイスラム法(シャリア)の導入を要求、警察当局などへの襲撃や爆弾テロを繰り返している。首都アブジャ近郊やプラトー州ジョスなど4都市の教会などでクリスマスの同月25日、40人以上が死亡した連続爆発テロで犯行を認めたばかり。



 
 
>TOP

Govt unfolds plan to boost ICT with NigComSat

http://www.informationnigeria.org/2012/01/govt-unfolds-plan-to-boost-ict-with-nigcomsat.html

IN line with its plan to use the recently launched Nigeria Communications Satellite to revolutionise Information and Communications Technology penetration in Nigeria, government at the weekend unfolded a string of programmes towards achieving the goal.

Top on the list is the drive to use the satellite to boost government’s e-governance and e-learning agenda. The nation’s tertiary institutions are also to benefit from a ‘walless’ programme that would connect them through virtual library and seamless campus connection.

Managing Director and Chief Executive Officer of NIGCOMSAT Limited, Timasaniyu Ahmed-Rufai, who disclosed this during an interactive session with journalists in Abuja, listed the benefits of the satellite to government agencies and other business enterprises as, among others, reduction in the cost of bandwidth acquisition, which, according to him, costs Nigeria N75 billion yearly.

The satellite will also, according to Ahmed-Rufai, boost development of indigenous software applications to aid Nigeria’s quest for a knowledge economy; boost the nation’s telecommunications service delivery and facilitate the Central Bank of Nigeria (CBN) pursuit of a cash-less economy.

The NIGCOMSAT boss said the facility had already attracted the Nigerian Television Authority (NTA), Nigerian Army, Nigeria Postal Service (NIPOST), Nigeria Customs Service, Galaxy Backbone, Nigeria Immigration Service, security operatives and several Internet Service Providers (ISP).

He added that the satellite, which has capacity to cover over 40 African countries, has already got a request from Ghana to supply two transponders. Other countries that have expressed interest in the facility, according to him, include Sierra Leone, Congo Brazzaville, Kenya, Angola, South Africa and six European nations.

Ahmed-Rufai said: “We are to sell satellite-based solutions which come from an institution that is home-grown. We are the only satellite operator in Sub-Saharan Africa. Our satellite is designed for Nigeria and Africa, but globally-positioned. We’ve been reaching out to our customers since the pre-launch marketing campaign.

“Based on the excellent performance of the NigComSat-1, customers are interested in the replacement NigComSat-1R. Many of them are ready to migrate from their existing providers. Already 60 per cent of government entities have expressed interest in the satellite’s services.”

The NIGCOMSAT boss explained that the launch of the satellite will leapfrog the country’s knowledge economy drive. “We are trying to build talented Nigerians that can create products that will be competitive in the global market. By doing so, we will be developing a pool of highly-skilled workers. If you want to create a knowledge economy, you have to create humans with knowledge,” he said.

By facilitating access to e-education, Ahmed-Rufai said study materials would be made available to about 78 universities in the country via the company’s e-Library project, expected to take off in June 2012.

To forestall possible failure of the satellite, Ahmed-Rufai disclosed that in the next couple of years, two satellites will be launched to act as back up to the NigComSat-1R.

According to him, the first of the satellites, the NigComSat-2 will be launched 30 months from now, while the other, the NigComSat-3, will be launched one year after the launch of the first.



 
 
>TOP

ナイジェリア各地でデモ、燃料補助金打ち切りに抗議

2012年01月05日 08:18 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【1月5日 AFP】ナイジェリアで政府が今年に入り、燃料補助金を打ち切ったことから、ガソリン価格が急騰し、各地で抗議デモが発生、警官隊との衝突から死者も出る事態に拡大している。

ナイジェリア政府が1日、燃料補助金を打ち切ったことからガソリン価格はそれまでの2倍の1リットル当たり140ナイラ(約73.6円)まで跳ね上がった。ナイジェリアは大半の人が1日2ドル(約150円)以下で暮らす国だ。

首都アブジャ(Abuja)で2日に行われた抗議デモに対し、警察は催涙ガスを使用。3日には中西部の都市クワラ(Kwara)で抗議に参加していた男性1人が死亡した。ナイジェリア最大の労働組合は、男性は警察に射殺されたと非難している。しかし警察側は、何かのきっかけで抗議していた群衆が男性を敵視し、鋭利な刃物で刺したため死亡したと反論している。

3日は経済の中心都市ラゴス(Lagos)や北部最大の都市カノ(Kano)でも抗議行動が相次いだ。

ラゴスでは約200人が主要道路でデモをするなど、1日がかりで抗議を展開した。抗議の参加者たちは少なくとも1軒のガソリンスタンドを荒らし、他のスタンドもガソリンを売らせまいとする群衆によって封鎖された。一方、抗議集会の周辺では群衆がタイヤを燃やすなどした。警察はラゴスでもデモを散らそうと催涙ガスを使用した。ある男性は警察が実弾を使用したと言い、逃げている時に撃たれたという腹部の傷を報道陣に見せた。

一方、カノでは抗議行動を未然に阻止しようと、座り込みの計画について地元のサッカー場で相談していたグループのうち主催者の9人を一時拘束した。釈放された1人によると、約40人が集まっていたサッカー場に、3台のバンに分乗した機動隊20人が乗り込み、会議を解散させたという。抗議を計画したいた人びとはこのサッカー場を「自由の広場」と呼んでいた。カノでは他数か所でデモが発生、州庁舎を数百人が囲む規模のものもあった。

これまで、ナイジェリアで発生する抗議行動の多くは徐々に失速し、消えていくことが多かったが、燃料補助金問題は全国民が一致団結する数少ない問題のひとつで、今回も抗議行動が広範囲に拡大した。

ナイジェリア政府や経済学者は、痛ましいほど整っていないインフラへの投資を強化するために、燃料補助金の打ち切りが必要としている。政府によると2011年の燃料補助金による支出は80億ドル(約6130億円)だった。

しかしナイジェリア国民は、石油資源が豊富ながら国民の受ける恩恵が少ない同国で、燃料補助金は唯一の恩恵だと考えている。(c)AFP/Susan Njanji



 
 
>TOP

ナイジェリア、主要2労組がゼネストへ

2012/1/5 1:41

ナイジェリアの2つの主要労働組合は4日、政府が1日に燃料など石油製品への補助金の打ち切りを発表したことに反発、撤回しない限り9日以降、無期限のゼネストに入るとの声明を出した。ロイター通信などが伝えた。

ナイジェリアはアフリカ屈指の産油国だが、ゼネストには石油セクターも含まれるとしており、実施されれば生産に影響が出る恐れがある。

同国では補助金の打ち切りでガソリンなどの価格が高騰、市民の不満が高まっており、3日には主要都市ラゴスなど各地でデモ行進があった。同国西部でデモ中に1人が死亡したとの報道もある。(ナイロビ=共同)



 
 
>TOP

礼拝中の教会を襲撃、6人死亡…ナイジェリア

【ヨハネスブルク支局】ナイジェリア北部ゴンベ州で5日、小銃などで武装した集団がキリスト教の教会を襲撃し、ロイター通信によると、6人が死亡、10人が負傷した。

礼拝のため多数の信徒が教会内に集まっており、牧師の妻らが撃たれたという。

犯行声明は出ていないが、同通信によると、イスラム過激派武装勢力「ボコ・ハラム」(地元言語で「西洋教育は罪」)の関与が疑われる。ボコ・ハラムは今月3日、キリスト教徒が同国北部から立ち去らなければ殺害すると警告する声明を出していた。

(2012年1月6日10時53分 読売新聞)



 
 
>TOP

キリスト教徒襲われ25人死亡…ナイジェリア

【ヨハネスブルク=中西賢司】ナイジェリア北東部アダマワ州で6日、武装集団がキリスト教徒が集まった公会堂を襲撃、英BBC放送は17人が死亡したと報じた。

また、AFP通信によると、同州のキリスト教会も襲われ、少なくとも8人が死亡した。公会堂では、5日に襲撃を受けた別の州の教会で射殺された信徒の移送方法が話し合われていたという。

イスラム過激派武装勢力「ボコ・ハラム」(地元言語で「西洋教育は罪」)が犯行を認めた。同国では北部にイスラム教徒、南部にキリスト教徒が多く、ボコ・ハラムは北部からのキリスト教徒の退去を要求している。

(2012年1月7日23時12分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア全土でゼネストに突入

2012/1/9 22:17

ナイジェリアからの報道によると、同国の主要労働組合は9日、燃料など石油製品への政府補助金の打ち切りに抗議し、全土でゼネストに突入した。政府が打ち切りを撤回するまで無期限に続けるとしており、経済の混乱が懸念される。

ナイジェリアはアフリカ屈指の産油国。ただロイター通信によると、石油生産は大半が自動化されているため、専門家はゼネストで大きな影響が出る恐れは低いとみているという。

政府が1日に補助金の打ち切りを発表した後、同国ではガソリンなどの価格が高騰、市民の不満が高まっている。政府は補助金の代わりにインフラへの投資などを強化するとしている。

ナイジェリアでは原油精製施設が整っておらず、産油国にもかかわらずガソリンなどは輸入に頼っている。(ブルームフォンテーン〈南アフリカ中部〉=共同)



 
 
>TOP

Internet Explosion: How Nigeria Is Leading Africa

http://leadership.ng/nga/articles/12820/2012/01/10/internet_explosion_how_nigeria_leading_africa.html

Nigeria will continue to shape Africa’s telecommunications development with its large market, human capital and ongoing massive telecommunications infrastructure development which is integral to the emergence of the continent’s information and communications technology (ICT) industry.

In the past five years, Nigeria has been leading the continent’s mobile subscription platform overtaking South Africa and Egypt who were the traditional leaders of the ICT market in the continent. Nigeria, has the highest number of mobile subscriptions in Africa- over 93 million subscriptions, representing 16 per cent of the continent’s total mobile subscriptions and 44 million mobile internet connections through smartphones, tablets and dongles.

Today, a huge thirst for mobile connectivity, liberal telecom policy is encouraging foreign direct investment (FDI) to Nigeria. Africa led by Nigeria has emerged the second largest telecom market in the world by connections after Asia and the fastest growing mobile market in the world in percentage terms causing mobile and internet connections and an emerging mobile money market.

New Fibre Cables Coming

With three submarine cables already in Nigeria, Africa’s most populous country expects additional three submarine cables to berth in the country between 2012 and 2013.

SAT3, Main One and Glo1 cables are already live in Nigeria. Africa Coast to Europe (ACE) promoted by France Telecom/Orange consortium and West Africa Cable System (WACs) promoted by MTN/Telkom consortium cables are coming to Nigeria this year while the Brazil to Africa to India will berth in 2013.

The ACE, a 17,000 km-long fiber optic cable stretching from France to South Africa will be operational in the first half of 2012. It will connect 23 countries, either directly for coastal countries or indirectly through terrestrial links for landlocked countries like Mali and Niger, Democratic Republic of Congo, Equatorial Guinea, The Gambia, Guinea, Liberia, Mauritania, Namibia, Sao Tome and Principe and Sierra Leone.

Other countries benefiting from the ACE project include Angola, Benin, Cameroon, Cote d’Ivoire, France, Gabon, Ghana, Nigeria, Portugal, Senegal, South Africa and Spain (Tenerife). The ACE system will deploy wavelength division multiplexing (WDM) technology, which is currently the most advanced for submarine cables. With WDM, cable capacity can be increased without additional submarine work. With an overall potential capacity of 5.12 Tbps, the system will support the new 40 Gbps technology at day one, which will accommodate tomorrow’s ultra-broadband networks.

According to Pyramid Research Perspective 2012, completion of several submarine projects in the region will triple capacity and allow for substantial price drops, all of which will contribute to rising Internet and broadband adoption. Large submarine cable projects around Africa and terrestrial cable projects across the Middle East are reaching completion.

West African countries according to the report, will see their international capacity more than triple from four terabit per second (4TB/sec) to 14 terabit per second (14TB/sec) in 2012. “If we are to replicate the impact of cable landings on East African countries, then we expect to see substantial price reductions for voice and Internet services, driving adoption of broadband services,” said the report.

Nigeria has witnessed close to 50 per cent drop in bandwidth cost since Main One and Glo1 cables landed in 2010. Mobile internet connections through dongles, BlackBerry and other smartphones have significantly reduced as mobile operators transfer the dividends of the fibre optic cables to the consumers.

Robust Terrestrial Capacity

Frederic Sallet, Vice President of Alcatel Lucent for Central and West Africa, said Africa now needs to rapidly overcome the obstacles to an expansion in Internet capability, and especially in broadband Internet capacity, and to find solutions which will allow the development of more powerful data services.

He believes “that most major obstacles to such expansion have been eliminated. For one thing, links with the rest of the world are no longer a problem, since both the west and east coasts have at least three submarine cables. Interconnection prices have also dropped considerably. “The adoption of mobile telephony, and in particular 3G, means that end users can make full use of all capacity they are offered”, he said, adding that Nigeria, Senegal and Kenya were currently the leaders in terms of national infrastructure.

Increasing Mobile Boom

Africa’s mobile penetration reached 649 million connections in fourth quarter 2011 after exceeding 50 per cent mobile penetration in 2010. Over the past five years, the number of subscribers across Africa has grown by almost 20 per cent each year and will reach more than 735 million by the end of 2012.

In a special study of the region’s telecom market entitled ‘GSMA Africa Mobile Observatory 2011 Report’ unveiled by the GSM trade group, ninety-six per cent of subscriptions is pre-paid with voice services currently dominating, although uptake of data services is increasing steadily. There are currently six live HSPA+ networks across Africa, with a seventh deployment planned in the near future. By 2015, the report foresees next-generation long term evolution (LTE) networks to reach 500,000 connections in Kenya, 1.1 million connections in Nigeria and 2.5 million connections in South Africa.

Emerging Outsourcing Centre

With the new cables coming, African countries will also push hard to capture a share of the outsourcing pie that benefited mostly North African countries. Cameroon, Cote d’Ivoire and Senegal will see major investment in outsourcing and call centre activities catering to Francophone countries, while Kenya and Tanzania will try to cater to English-speaking countries according to Pyramid.

Nigeria is positioning itself as an outsourcing centre as companies tap from fibre cables in the country. A number of companies in Nigeria are doing outsourcing already and the country is also looking at developing its skill in software development.

With electricity getting better in Nigeria, dependence on generators will reduce, thus channeling scarce funds to other areas of ICT development. While the telecom sector has grown, software development has been stunted. For Professor Cleopas Angaye, Director General, National information Technology Development Agency (NITDA) Nigeria’s software industry is potentially a $6 billion industry and could surpass revenue from the oil industry. According to him, the internet has created a level playing field for software developers all around the world; proximity and flexibility would therefore favour our indigenous developers for local, regional and international markets.

Mobile Innovation

Mobile broadband, enabled by the proliferation of high-speed mobile computing devices including smartphones and tablets, will be one of the largest growth areas in 2012, particularly as the price of these computing devices comes down, enabling further penetration in emerging markets.

According to Pyramid Research, point of sale (PoS) apps will proliferate before standards force consolidation after 2012. The rise in smartphone ownership will increase the amount of innovative companies pushing their own point-of-sale service applications using different approaches from barcode scanning, QR codes, NFC, premium SMS and picture scanning, among others.

Peter Lyons, Director of Spectrum Policy, Africa and Middle East, GSMA said the mobile industry in Africa was booming and a catalyst for immense growth, but there was scope for far greater development. He said “To take full advantage of its potential, African countries need to both allocate more spectrum for the provision of Mobile Broadband services, as well as introduce tax cuts for the industry. By doing so, they will increase consumption of mobile services, thereby boosting their economic and social development.”

Already, Nigeria has licenced mobile money transfer operators to carry out money transfer through mobile handsets. As Nigeria begins to enjoy the dividends of the new submarine cables that will connect the continent, it is hoped that mobile innovations will flourish, internet and data services will grow and the consumers will benefits from mass technological breakthroughs.



 
 
>TOP

ナイジェリア全土でゼネスト、燃料の急騰に抗議

2012.01.10 Tue posted at: 09:58 JST

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ最大の産油国ナイジェリア全土で9日、政府の石油に対する補助金打ち切りに抗議するゼネストが実施され、各地で警官隊とデモ隊が衝突した。

デモに参加していた医師によると、北部カノ州では警察がデモ隊に発砲し、少なくとも13人が負傷した。集会に集まった参加者が演説に耳を傾けていたところ、警察が突然やって来て発砲したり、催涙弾を撃ったりしたという。負傷者の中には首を撃たれた12歳の少年もいたとしている。

これに対し、カノ警察の幹部はデモ参加者に発砲した事実はないと否定。騒ぎに乗じて知事公邸を襲撃しようとした暴徒などに対して催涙弾の発砲を余儀なくされたと説明している。

ストを組織した労働組合の関係者は、主要都市ラゴスでも警察の発砲によって組合員3人が死亡したと話している。しかし別の組合幹部はそのような情報は入っていないと述べており、当局でも事実関係は確認できていない。

人口800万人の大都市ラゴスはこの日午後、ほとんどの商店が休業して街は静まり返り、普段は混雑する道路も行き交う車はまばらだった。

治安当局はデモに便乗した略奪などの犯罪行為を食い止めるため、治安要員約4万3000人とボランティア約16万人を配備して警戒に当たった。

同国では政府が1日に石油への補助金の打ち切りを決めたことから燃料費が2倍にも高騰。これに抗議する市民らが「ナイジェリア占拠」を呼びかける大規模デモを展開し、警官隊との衝突が続いていた。

政府は補助金打ち切りで浮いた予算をインフラなどの建設に充てる方針を示しているが、汚職や不正がはびこる現状に対して国民の信頼は薄い。同国の原油産出量は日量約240万バレルに上るが、国内の精油所はこうした不正のため操業不能状態に陥っており、ガソリンの約70%は英国やベネズエラからの輸入に頼っている。

首都アブジャのデモ参加者は「燃料費は2倍、一部の州では3倍にも高騰しており、交通費だけでなく食料品、衣類、建設費などにも影響が及ぶだろう。それなのに給料は同じままで、生活費が直撃される。特に中流層と貧困層の打撃は大きい」と怒りをぶつけた。

在アブジャ米国大使館は現地の米国人に対して食料と燃料の備蓄を呼びかけ、デモやストが続いている間は外出を避けるよう促している。



 
 
>TOP

ナイジェリア:「過激派が政府内に」 大統領言及

【ヨハネスブルク高尾具成】イスラム過激派「ボコ・ハラム」(西洋の教育は罪)によるキリスト教徒らを標的とした襲撃が多発するナイジェリアで、ジョナサン大統領は8日、「政府や議会、治安当局内部にもボコ・ハラムのメンバーやシンパがいると考えている」と述べた。AP通信が伝えた。

ジョナサン氏がボコ・ハラムについて、政府内部にも協力者がいることに言及したのは初めてで、「(ナイジェリアで67〜70年に発生し150万人が死亡した)ビアフラ内戦時より一層悪く、複雑化している」とした。その理由としてボコ・ハラムの犯行手段が予測しにくく、組織の実態が不明瞭なままであることをあげた。

ナイジェリアは南部でキリスト教が多数派を占め、北部にはイスラム教徒が多い。両宗教が全土をほぼ二分しており、宗教間対立が続いている。昨年12月以降、北東部などでキリスト教会やキリスト教徒を標的としたテロ事件が相次ぎ、政府は計4州に非常事態宣言を発令している。

毎日新聞 2012年1月10日 東京朝刊



 
 
>TOP

ナイジェリア、暴動や衝突で10人死亡 ストで混乱

2012/1/12 9:58

ナイジェリア全土で燃料など石油製品への政府補助金の打ち切りに抗議し9日に始まったゼネストは11日も続き、これまでに各地で暴動やデモ隊と警察隊の衝突が発生、AP通信によると少なくとも10人が死亡した。主要都市ラゴスで港が閉鎖されるなど、経済活動にも混乱や影響が出ている。

西部ナイジャ州の州都ミンナでは11日、若者たちが複数の建物や車に放火、同州には24時間の外出禁止令が出された。ラゴスや首都アブジャ、北部カノなどでも大規模デモが続き、銀行や商店などは閉鎖された。

政府が今月1日に補助金の打ち切りを発表した後、同国ではガソリンの価格が2倍以上に高騰。主要労組側は政府が打ち切りを撤回するまでゼネストを続ける方針だが、補助金の代わりにインフラ投資などを強化すると主張する政府は譲歩の姿勢を見せていない。

同国はアフリカ屈指の産油国。ロイター通信によると、現時点で石油生産に影響は出ていないが、石油労組は11日、生産停止を警告した。

ナイジェリアではイスラム過激派ボコ・ハラムによる治安当局などへの襲撃やテロ事件も続発している。(ヨハネスブルク=共同)



 
 
>TOP

ナイジェリア:ゼネスト暴徒化 石油労組、生産停止を警告

【ヨハネスブルク高尾具成】アフリカ屈指の産油国ナイジェリアで、燃料などへの政府補助金打ち切りに抗議して9日に始まった主要労働組合によるゼネストは11日も続き、各地で治安部隊とデモ隊との衝突が発生している。AP通信によると、少なくとも10人が死亡した。一方、北部ではイスラム過激派「ボコ・ハラム」(西洋の教育は罪)によるとみられるキリスト教徒などへの襲撃も続いており、政情不安が拡大している。

AP通信によると、11日、西部ミンナで若者たちが複数の建物に放火した。南部の主要都市ラゴスや首都アブジャでも大規模デモが続いている。

AFP通信によると9日、北部の中心都市カノでカノ州知事庁舎前に集まった数千人のデモ隊に対し、治安部隊が催涙ガスなどを発射。デモ隊は州政府庁舎に放火するなどし、3人が死亡し、夜間外出禁止令が出された。このほかラゴスでも治安部隊の銃撃で3人が死亡した。また、南部エド州ベニンシティでは10日、ストライキに乗じて暴徒化した一部がモスク(イスラム教礼拝所)に隣接するイスラム神学校や停車中のバスに放火した。

政府は1日、燃料補助金の打ち切りを決定し、燃料費が2倍に高騰した。政府は補助金分の予算をインフラ整備へ転用する方針を示している。

ナイジェリアは産油国だが原油精製施設が十分に整っておらず、ガソリンの約7割をベネズエラなどからの輸入に頼っている。ロイター通信によると、石油労組は11日、生産停止を警告した。

一方、ボコ・ハラムによる襲撃が激化している北東部ヨベ州ポティスクムのパブで10日、オートバイに乗ってきた銃撃犯が発砲。AFP通信によると警察官5人を含む8人が死亡したほか、11日にもガソリンスタンドが襲撃され4人が死亡した。いずれもボコ・ハラムの犯行とみられている。

毎日新聞 2012年1月12日 東京夕刊



 
 
>TOP

2012年1月13日12時40分

主要労組が原油生産停止と警告 ナイジェリア

アフリカ屈指の産油国ナイジェリアで、主力労働組合が12日、原油と天然ガスの生産を15日に停止すると警告した。AP通信などが伝えた。

政府が石油製品への補助金を打ち切りにしたことへの抗議の一環。ナイジェリアは、毎日200万バレル以上の原油を主に欧州や米国に輸出しており、実際に生産が停止された場合、世界の石油価格への影響が懸念されている。

ナイジェリア政府は1日に補助金の打ち切りを表明し、ガソリン価格が急騰している。抗議のゼネストは9日に始まり、全土でデモが広がっている。警官隊との衝突で少なくともこれまで12人が死亡した。デモは日増しに激しくなり、放火が各地で起こっているほか、主要都市ラゴスでは、銀行や商店なども閉鎖され、混乱が出ている。



 
 
>TOP

ナイジェリア、原油・ガス生産停止か ストの一環

2012/1/13 1:04

アフリカ屈指の産油国ナイジェリアの主力労働組合は12日、原油と天然ガスの生産を15日から停止すると警告した。石油価格の高騰に抗議するストライキの一環だという。ロイター通信が伝えた。

日本の外務省によると、ナイジェリアは石油輸出国機構(OPEC)加盟国のうち、第7位(2010年)の産油国という。ナイジェリアでは石油製品への政府補助金打ち切りに抗議して、9日から全土でゼネストが行われている。(共同)



 
 
>TOP

ナイジェリア、ストの労組と大統領会談 燃料補助金巡り

2012/1/13 10:18

ナイジェリアで12日、ストライキに入った主要労働組合の幹部とジョナサン大統領が、燃料補助金の再開を巡って会談した。組合幹部は「実りある話し合いができ、事態を進展させることで合意した」と話した。交渉は決着しておらず、14日に再度会談する。ロイター通信などが伝えた。

ストは4日目。労組は交渉決着までストを継続する方針のうえ、15日には石油やガスの生産を停止すると警告している。同国の石油生産量は日量200万バレル超と、アラブ首長国連邦(UAE、約250万バレル)に近い規模があり、原油市場への影響が懸念される。

同国では、当局が1日に燃料補助金の打ち切りを発表した後に、ガソリン価格が2倍以上に高騰した。(ロンドン=松崎雄典)



 
 
>TOP

ナイジェリア中央銀行、携帯電話バンキングの普及促進へ

http://www.africa-news.jp/news_tcTvetsOG.html

より多くの国民に銀行口座を

ナイジェリア中央銀行は、携帯電話バンキング事業のライセンスを、より多くの事業者に発行していく予定だと発表した。

中央銀行で国内の支払い担当部門の次長を務めるEmmanual Obaigbona氏によれば、その目的は
「銀行口座を持たない国民数を最低限に抑え、また、経済の発展を促すため」だという。

運用基準も設定

Obaigbona氏によれば、すでに試験運用で条件をクリアした11社にライセンスを付与したという。

「この11社で終わりではない。中央銀行は、携帯電話バンキングの運用に国家的な基準を制定するため、より多くの事業者にライセンスを付与する意向だ」と同氏は述べている。

一方、業界からは「市場が拡大しすぎて、企業や利用者に影響を及ぼすかもしれない」との懸念の声も出ている。



 
 
>TOP

2012年1月15日22時4分

原油生産停止、一時見送り ナイジェリア主要労組

政府による石油製品への補助金打ち切りに対し、抗議のゼネストを続けるナイジェリアの主要労働組合は、15日に実施すると警告していた原油の生産停止を一時見送った。AFP通信などが伝えた。

14日の政府との協議では解決策は見いだせていないものの、労組は「行き詰まってはいない」として交渉継続中は生産を止めない考えを示した。政府側は補助金打ち切りを撤回する姿勢は見せておらず、交渉はなお難航しそうだ。

ナイジェリアは、毎日200万バレル以上の原油を輸出するアフリカ屈指の産油国。生産が止まれば世界の油価に大きな影響を与えかねない。(ジュバ〈南スーダン〉=杉山正)



 
 
>TOP

ナイジェリア主要労組、ゼネスト中断を表明

2012/1/17 20:49

報道によると、ナイジェリアのジョナサン大統領は16日、ガソリンの店頭価格を引き下げると表明した。主要労働組合はこれを受け、石油製品への政府補助金の打ち切りに抗議して9日から始めたゼネストを中断すると表明した。

ただ一部労組は抗議活動の継続を表明した。政府は16日、主要都市に治安部隊を大規模に展開させた。

国内のガソリン価格は政府補助金の打ち切り発表に伴って2倍以上に高騰していたが、ジョナサン氏は現在の価格から約3分の2まで引き下げると述べた。補助金が一部復活することになる。

ナイジェリアはアフリカ屈指の産油国で、ストによる供給不安を受けて原油市場の価格が一時上昇していた。(ジュバ〈南スーダン〉=共同)



 
 
>TOP

2012年1月19日1時49分

ガソリン価格「3分の2に」 ナイジェリア大統領が譲歩

政府による石油製品への補助金打ち切りに対する抗議のゼネストが続いていたナイジェリアで、ジョナサン大統領は16日、ガソリン価格を3分の2に減額すると表明した。主要労働組合は、9日から行っていたゼネストの中断を決めた。

ナイジェリアでは、1日に、補助金打ち切りが発表されて以降、ガソリン価格が2倍以上に跳ね上がった。このため、抗議デモが全土に広がり、多数の死傷者も出ていた。

今回の表明で、補助金の一部が復活するが、依然として1月以前の水準からは約50%高く、一部の労組は抗議の継続を訴えている。(ジュバ〈南スーダン〉=杉山正)



 
 
>TOP

「うるう秒」廃止、15年に結論持ち越し

2012/1/20 9:22

【ジュネーブ=共同】ジュネーブで開かれた国際電気通信連合(ITU)の無線通信総会は19日、地球の自転速度と標準時刻とのずれを調整するために1日を1秒長くする「うるう秒」を廃止するかどうかについて協議したが、時期尚早として、2015年に開かれる予定の次回総会に結論を持ち越すことを決めた。

廃止に向けた勧告案を提案した作業部会に差し戻した形。日米両国などの賛成論に英国、ドイツなどが反論したことに加え、途上国を中心に「時期尚早」論が相次いだ。

ナイジェリアが「先進国を中心にした作業部会には入っていなかった」と主張するなど、「うるう秒」を廃止した場合のメリット、デメリットについて知識共有が進んでいなかったことが背景にあるとみられる。

世界共通の標準時刻は1958年から、原子時計を基に定めている。それ以前は地球の自転1回転を1日として、それを基に1秒を定める「天文時」が使われていた。

ところが、厳密には自転速度は一定ではないため、天文時と標準時刻とのずれが0.9秒以上にならないように、72年から「うるう秒」を挿入する措置を取ってきた。

作業部会では「うるう秒」の代わりに「うるう分」を挿入する案も検討されており、今後の課題となる可能性もある。



 
 
>TOP

ナイジェリアで自爆テロや銃撃、7人死亡

【ヨハネスブルク支局】ナイジェリア第2の都市カノで20日、警察本部や入国管理施設など数か所を狙う自爆テロや銃撃があり、AP通信などによると、警察官や記者を含む少なくとも7人が死亡した。

イスラム過激派武装勢力「ボコ・ハラム」が犯行声明を出した。ボコ・ハラムは、キリスト教徒のジョナサン大統領率いる現政権と対立し、昨年12月にも、首都アブジャで40人が死亡する爆弾テロを起こしている。

(2012年1月21日11時03分 読売新聞)



 
 
>TOP

連続テロで160人超死亡 ナイジェリア北部

2012/1/22 20:17 (2012/1/22 22:21更新)

【ナイロビ=共同】ナイジェリアからの報道によるとナイジェリア北部カノ州カノで20日、地元警察本部などを狙った連続爆発テロや警察当局への銃による攻撃があり、DPA通信は21日、病院当局者の話として少なくとも165人が死亡したと伝えた。事件後、同国のイスラム過激派「ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)」が犯行を認めた。州当局は24時間の外出禁止令を出した。ロイター通信は22日、病院医師の話として死者が少なくとも178人となったと伝えた。



 
 
>TOP

ナイジェリア北部で連続爆弾テロ、死者多数

2012.01.22 Sun posted at: 10:39 JST

ラゴス(CNN) ナイジェリア第2の都市、北部カノで21日、警察署や政府関連施設8カ所を狙った爆弾テロが発生し、軍当局者によると少なくとも156人が死亡した。政府は同日、非常事態宣言を出し、市内を24時間外出禁止とした。

同当局者はCNNに、病院の対応が間に合っていないと語り、死者数はさらに増える恐れがあると述べた。首都アブジャの赤十字によると、50人が負傷し、現場の捜索活動が続いている。

標的となったのは複数の警察署のほか宿舎、パスポート事務所、治安当局本部、入国管理事務所など。当局によると、犯行グループは警察署に侵入して拘束者を脱走させた後爆破し、さらにオートバイが先導する車で街を走りながら銃を乱射するなどした。

イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」が新聞社への電話で犯行を認めた。政府は同日、武装勢力の出入りを許しているとしてカメルーン、ニジェール両国との国境を封鎖し、北部に大規模な軍部隊を派遣した。

ボコ・ハラムは数カ月前から、教会や警察署などへのテロを繰り返している。昨年12月25日には同勢力の犯行とみられるキリスト教会襲撃が相次ぎ、ジョナサン大統領が北部4州に非常事態宣言を出した。首謀者とみられる男が最近逮捕されたものの、刑務所間の移送中に脱走。警察は19日に5000万ナイラ(約2400万円)の賞金を発表するなど、男の捜索に全力を挙げている。

北部では宗教抗争の激化が目立ち、今月初めの連続テロではキリスト教徒少なくとも25人が死亡していた。



 
 
>TOP

2012年1月22日1時2分

ナイジェリア、テロ120人死亡 イスラム武装勢力犯行

ナイジェリア北部の都市カノで20日、連続爆破テロがあり、少なくとも120人が死亡した。イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」が犯行を認めた。AP通信などが伝えた。爆破は地元の警察本部などを狙ったもので、拘束されているメンバーの釈放を州当局が拒んだことへの報復だとしている。

ボコ・ハラムは、キリスト教会や警察当局へのテロを繰り返している。昨年12月25日には、クリスマスのミサ中のカトリック教会が爆破され、40人以上が死亡した。ナイジェリアでは昨年1年間で、少なくとも510人がボコ・ハラムによるテロの犠牲になっている。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ナイジェリア143人死亡…イスラム過激派声明

【ヨハネスブルク支局】ナイジェリア北部にある同国第2の都市カノで20日、警察本部や入管施設を狙って立て続けに起きた爆弾や銃撃による攻撃で、AP通信によると、21日、死者は143人に上っていることがわかった。

イスラム過激派「ボコ・ハラム」が犯行声明を出し、治安当局がメンバーの釈放を拒んでいることへの報復だと主張しているという。

(2012年1月22日01時28分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア第2の都市でテロ、178人死亡

【ヨハネスブルク=中西賢司】ナイジェリア北部、国内第2の都市カノで20日相次ぎ発生した爆弾や銃撃によるテロ攻撃で、ロイター通信は21日、病院関係者の話として死者が178人に達したと伝えた。

攻撃されたのは警察本部など8か所で、イスラム過激派武装勢力ボコ・ハラムが犯行声明を出している。17日に警察の拘束下から逃走したボコ・ハラム指導者の一人が攻撃を首謀していた疑いがあるという。

アフガニスタンの旧支配勢力タリバンの影響を受けたボコ・ハラム(地元言語で「西洋教育は罪」)は、政府が進める民主化に反発し、厳格なイスラム化政策を訴えて2003年ごろに結成された。09年に軍により制圧されたが、キリスト教徒のジョナサン大統領が就任した10年から再び活動が活発化していた。ナイジェリア北部が拠点だが、最近は中部へと攻撃の範囲を広げている。

(2012年1月22日22時43分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア、テロ犠牲170人超 イスラム過激派が犯行認める

2012/1/23 1:18

【ナイロビ=共同】ナイジェリア北部カノ州カノで20日、地元警察本部などを狙った連続爆破テロや銃による攻撃があり、ロイター通信は22日、病院医師の話として少なくとも178人が死亡したと伝えた。犠牲者は少なくとも215人とする地元紙の報道もあり、死者数がさらに増える恐れがある。事件後、同国のイスラム過激派「ボコ・ハラム(西洋の教育は罪)」が犯行を認めた。カノはナイジェリア第2の都市。州当局は20日、24時間の外出禁止令を出した。一方、北部バウチ州で21日夜から22日未明にかけ、武装集団がキリスト教徒のグループを銃撃し9人が死亡、10人以上が負傷した。武装集団の正体は不明。



 
 
>TOP

ナイジェリアでドイツ人拉致、イスラム過激派の犯行か

2012年01月27日 13:03 発信地:ナイジェリア

【1月27日AFP】 爆弾や銃撃によるイスラム過激派の攻撃が続くナイジェリア北部のカノ(Kano)で26日、ドイツ人技術者が武装グループに拉致された。

イスラム過激派「ボコ・ハラム(Boko Haram、西洋の教育は罪)」の犯行とされる攻撃が相次ぐ中で、カノでは同日も爆発が起き、住民を不安に陥れている。

拉致されたのは、カノ近郊の建設会社と仕事をしているドイツ人技術者のエドガー・ラウパッハ(Edgar Raupach)氏。現地警察のマガジ・マジア(Magaji Majia)報道官は、複数の男が同氏に「手錠をかけ、車のトランクに入れて連れ去った」と発表した。ラウパッハ氏はナイジェリアの建設会社Dantata社とSawoe社に所属している。ナイジェリアのドイツ大使館高官はAFPの取材に対し、警察の説明を確認中だと述べた。

ナイジェリア北部で外国人が拉致されることはまれで、今回の拉致にボコ・ハラムが関与したことを示す手がかりは今のところない。

ただし、カノで20日に起きた連続爆弾攻撃や銃撃については、ボコ・ハラムの広報担当とみられる人物がこれまでに犯行声明を出している。20日の攻撃は主に警察署を狙ったもので、少なくとも185人が死亡した。

ボコ・ハラムの自称リーダー、アブバカル・シェカウ(Abubakar Shekau)氏は動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿されている映像で、ナイジェリア政府がイスラム教徒への迫害を続ければ、報復のためにさらに攻撃を加えると語っている。また、学校や大学も攻撃対象になりうると述べている。この映像では、カラシニコフ銃の前に立つシェカウ氏が現地語のハウサ語で話している。

警察の報道官によると26日、カノではバス停でも爆発があり、現地の治安は極めて悪化している。この爆発では死者はなく、現地メディアは5人が負傷したと報道している。(c)AFP/M.J. Smith



 
 
>TOP

ナイジェリアの点取り屋、カルー・ウチェを獲得!

投稿日時:2012年01月31日 23:02

コウチーニョに続いてスイスのNeuchatel Xamaxからはナイジェリア人ストライカーのカルー・ウチェを獲得!

契約期間は2013年6月までの1年半となります。

ウチェは2000-2001シーズンにエスパニョールBに所属しており、10年ぶりに古巣に帰還することとなりました。

エスパニョールBを出た後はポーランドのWisla de Cracoviaで3年間プレー。2004?2005シーズンにはフランスのボルドーに期限付き移籍し、2005から昨年まではスペインのアルメリアで活躍していました。

今シーズンはスイスリーグで14試合に出場し6得点と活躍をしていましたが、チームがこの1月に経済的な事情から全選手を放出。

そこに目を付けたのがエスパニョールでした。

スペイン国籍を取得していることから、外国人としてカウントされないのもムイ・ビエン!

怪我人続出のFW陣の穴を埋める存在としてはうってつけです。

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。
記事タイトル:ナイジェリアの点取り屋、カルー・ウチェを獲得!
(ブログタイトル:エスパニョール ニュース(Noticias de Espanyol))

http://www.soccer-king.jp/column_item/id=3554



 
 
>TOP

ナイジェリア代表のウチェ、エスパニョールに完全移籍

2012年01月31日 15:22

エスパニョールはナイジェリア代表のカルー・ウチェを獲得したと発表した。契約は2013年6月までとなっている。

ウチェは2000−2001年までエスパニョールBでプレー。その後、ボルドーやアルメリアなどを経て、昨年からはスイスのザマックスに所属していた。また、ナイジェリア代表として南アフリカワールドカップにも出場。グループリーグで2ゴールを挙げる活躍を残している。

エスパニョールはインテルからコウチーニョを期限付きで獲得。今シーズンはリーグ戦20試合を終えて5位と好位置に付けている。



 
 
>TOP

Google, Microsoft, IBM, CNBC train 350 youths in Nigeria

http://www.telecompaper.com/news/google-microsoft-ibm-cnbc-train-350-youths-in-nigeria

Google, Microsoft, QT, CNBC and IBM have teamed up with the Youth Empowerment and ICT Foundation to provide free software training for 350 young Africans in Lagos. The foundation is being sponsored by Visafone Communications founder Jim Ovia. The theme of the programme is 'Developing Nigeria's Next Generation of ICT Entrepreneurs' and it will provide practical training in mobile web software, hardware, Android apps, Java, QT, CSS3 and HTML5. The aim is to create an eco-system of advanced professional Android mobile application developers to take advantage of the emerging market in Nigeria and across Africa. The training will cover apps for mobile marketing, gaming, e-readers, gaming advertising, VoD and sales forces.



 
 
>TOP

ナイジェリア北部の鉛汚染は近現代で最悪、死者400人 人権団体

2012年02月08日 13:03 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【2月8日 AFP】国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch、HRW)は7日、ナイジェリア北部ザンファラ(Zamfara)州の金鉱の違法採掘により、これまでに子供400人が鉛中毒で死亡、数千人の子供が緊急治療を必要としていると報告した。鉛中毒の拡散の度合いは、近現代史において最悪だという。

汚染された多くの地域では、除染さえ始まっていない。HRWのリサーチャー、ジェイン・コーヘン(Jane Cohen)氏は、「緊急に必要とされているのは村の除染だ。除染には400万ドル(約3億円)ほど必要になるだろう」と述べ、ナイジェリア政府、ザンファラ州政府、海外の援助国が一致団結して鉛汚染の問題に取り組まなければならないと強調した。

■鉛汚染の経路

HRWが2011年後半に行った現地調査では、鉱山で鉱石を扱う時、炭鉱労働者の家族が鉛ダストにまみれて帰宅した時、あるいは鉱石が自宅で砕石される時に、子供たちが鉛ダストを吸いこんでいることが分かった。また、汚染された水や食べ物を通じて有毒な鉛を摂取している可能性も明らかになった。

ナイジェリア北部における鉛中毒の拡散は、2年前に明るみになった。国境なき医師団(Doctors Without Borders)によると、地元の集落は当初、当局が採掘を禁止することを恐れて集落ぐるみで鉛中毒の実態を隠し、死者が出たことなども否定していたという。

貧しい農村では、農業よりも違法な金採掘の方が、もうかる職業となっている。(c)AFP



 
 
>TOP

2012年末にアフリカの携帯契約数は735百万に

http://wirelesswire.jp/Mobile_Market_Survey/201202081730.html

アフリカがアジアに次いで世界で2番目に大きな携帯電話の市場であることを示した「Africa Mobile Observatory 2011 report」をGSMAは2011年11月に発表した。

2010年には携帯電話の普及率がすでに5割を超えていたが、2011年第4四半期に6.5億の接続の規模に達しているという。過去5年に亘ってアフリカにおける契約数は毎年2割の成長を遂げてきたが、2012年末には735百万に達すると予想している(図1)。契約数の96%が音声サービスのみのプリペイドではあるが、データサービスは着実に伸びている。

アフリカの携帯電話の普及率は2000年の2%から2010年には57%へと急成長してきた。2010年には5割を超えるという歴史的な通過点でもあったが、今後の成長余力も大いにあると予想している。2011年から2015年までの年平均成長率はアフリカ全体では11%に落ちるとはいえ、急成長する国もあると予想している。2015年には人口比で85%の普及率になるとしている。

なおこのレポートではSIMをベースとした契約数をベースにしており、一人で複数SIMを保有しているということも加味すれば、実際の顧客数より多めに評価されるという数字であることを予め断わっておく。2割から4割程度は過大評価されている可能性がある。

アフリカは十億の人口を抱えた54カ国からなり、言葉も文化も多様性があり、非常に複雑である。2011年9月における契約数は、アフリカ全土で約6.2億の契約数となっており、表1のようにナイジェリアの約9,000万を筆頭に、エジプトが約8,100万、南アフリカが約5,900万などとなっている。上位10カ国で全体の2/3を占めているのがわかる。

もともとアフリカは固定電話の普及率が低く、エジプト、モロッコ、南アフリカ、アルジェリアなどで固定電話の普及率が1割前後だが、ナイジェリア、エチオピア、スーダン、ケニアなどでは1%前後と非常に低い。

一方ブロードバンド環境はまだまだの状況である。とはいえ、固定ブロードバンドに代わる選択肢として3Gサービスが登場してきている。これから2015年に向けては爆発的な普及が予想される。2006年には20万、2010年末には1,500万となり、2015年には2.3億を超すと予想している。

2015年には次世代のLTEネットワークがケニアで50万接続に達し、ナイジェリアでは110万、南アフリカでは250万接続と予想している。



 
 
>TOP

Where are we with NEPAD’s e-schools?

http://www.vanguardngr.com/2012/02/where-are-we-with-nepads-e-schools/

IN the last two editions of this column, the subject has been the call for a complete paradigm shift in policing Nigeria through wholesale adoption of ICT by the acting Inspector-General of Police, Alhaji MD Abubakar.

While not calling it quits on the subject, I am this week returning to another issue that had been subject matter in this column before. That is the issue of ICT in education.

I return to this issue because of our uniqueness as a nation; our leaders probably globetrot more than leaders of other countries, they see the good things their fellow presidents and governors and ministers do, but (deliberately?) refuse to make Nigeria like those countries they love to junket to at our expense.

NEPAD e-schools

As far back as 2004, NEPAD, or the New Partnership for African Development facilitated a workshop on what was called the NEPAD e-Schools Initiative. 16 African nations were constituted into phase one of the programme, said to be voluntary, and they include Algeria, Burkina Faso, Cameroon, Congo (Republic of), Ethiopia, Gabon, Ghana, Kenya, Mali, and Mauritius.

The rest are Mozambique, Nigeria, Rwanda, Senegal, South Africa, and Uganda. As stated, objectives of the NEPAD e-Schools Initiative include

・To provide ICT skills and knowledge to primary and secondary school students that will enable them to function in the emerging Information Society and Knowledge Economy;

・To make every learner health literate;

・To provide teachers with ICT skills to enable them to use ICT as tools to enhance teaching and learning; and

・To provide school managers with ICT skills so as to facilitate the efficient management and administration in the schools.

NEPAD went further to specify attributes of an e-school. These are:

・Possession of appropriate ICT equipment and infrastructure;

・Connection to the Internet;

・Teachers trained to impart ICTs skills to students according to agreed curriculum and content;

・Teachers trained to use ICTs for teaching and learning;

・Access, and contribution to appropriate teaching and learning materials;

・It has ICTs as tools to enhance the administration and management of the school; and Equipment with a “health point.”

NEPAD also advised that special attention be given to the provision of electricity including alternative sources such as solar power where necessary. Adequate physical infrastructure will also be provided to ensure safety and security of equipment in the schools.

Where are we?

Just how many schools in Nigeria today have these attributes? If you look around, you will see that the perimeter fences of most schools are ringed round by shops selling items that shouldn’t be sold near schools, especially in our towns and cities.

As a result of lack of electricity and security, many school premises are often the hideouts of undesirables in society. That is aside the fact that many of these primary and secondary schools are not wired for basic electricity, talk less for ICT. And the teachers? How many of them are ICT-compliant? When will the curriculum of teacher education be overhauled to accommodate the need for ICT?

In short, why are we still wobbling and fumbling with the chalk board in the 21st century, when children in other countries our leaders love to visit are learning with the keyboard and the motherboard?



 
 
>TOP

Why ICT Companies Should Invest In Human Capital Devt

http://leadership.ng/nga/articles/16281/2012/02/14/why_ict_companies_should_invest_human_capital_devt.html

Few information and communications technology (ICT) companies in the country find it worthwhile to spend part of their revenue developing human capital which is helpful for their business survival and staff retention. In fact, just a limited number of them invest in the education of the future generation.

Last week, one of the biggest players in the broadcast sector, MultiChoice Nigeria, the leading pay-television providers, restated its commitment to investof over N500 million into secondary school education in Nigeria through its MultiChoice Resource Centre (MRC) project, a corporate social responsibility initiative covering 201 schools across 21 States.

The MRC, in collaboration with SchoolNet Nigeria, is designed for beneficiary schools to a have access to MultiChoice Education Bouquet with a view of integrating the programmes into their curriculum in order to enhance teaching and learning in the schools.

Last week, during an on-the-spot inspection of the facilities at the beneficiary schools in Ibadan, Oyo State, it was discovered that MultiChoice provides the schools with learning aids including one DsTV decoder, one television set, one DVD player, burglary proof for the equipment, education bouquet, one small generator, one whiteboard, 50 blank video cassettes, one stabiliser and one metal filing cabinet.

Mr. Ademola Thomas Iyanda, Principal of Community Grammar School, Mokola, Ibadan, one of the beneficiary schools, said that the MRC has helped in improving the knowledge base of their students with remarkable results recorded in the sciences. He added that students were happy and ready to learn with visuals accentuating their theoretical studies.

Mr. John Ugbe, Managing Director, MultiChoice Nigeria, said that the beneficiary schools have access to the special MultiChoice Education Bouquet. “We have instructional channels such as Discovery, National Geographic, BBC Knowledge, BBC World, History Channel, Animal, Planet and Mindset Channels at no cost to the schools,” he said.

The MRC, which is a challenge to other Nigerian ICT companies, since inception in 2004 has spent over N100 million in the training of teachers alone. It is part of a broad-based community development strategy designed to raise the standard of education in Africa, leveraging on its assets and digital satellite television for growth and development of African communities which other companies should emulate.



 
 
>TOP

Africa: Social Media Updates

Although the #OccupyNigeria protests failed to gain a complete rollback of the price increase in petrol last month, they clearly had significant impact. In addition to a partial rollback in the price, they spurred the beginning of new government action against corruption in the oil sector, including the appointment of former anti-corruption official Nuhu Ribadu to head a task force focused on the sector. The outcome is of course uncertain, but the protests clearly mark the emergence of African social media to political prominence beyond North Africa.

A new report from Portland Communications in Nairobi highlights the rapid growth of Twitter, with the top five countries during the last quarter of 2011 being South Africa, Kenya, Nigeria, Egypt, and Morocco, with a total of more than 11 million geo-located tweets during those three months. In Nigeria, the protests against the fuel price increase also targeted President Goodluck Jonathan's Facebook page, which he had used actively in his presidential campaign last year.

But it's not just Twitter and Facebook that are driving new social media use in Africa. There are also new platforms taking off rapidly on the continent, with innovative uses particularly adapted to African markets.

This AfricaFocus Bulletin contains the press release from Portland Communications, and two articles from Balancing Act Africa, one on the growth of the new social media platform Eskimi and the other on new systems making it possible for low-coast internet communication to replace SMS messaging on low-end phones.

Of related interest: "Mobile Banking Takes Off in Nigeria" http://www.gsb.stanford.edu/news/ / direct URL: http://tinyurl.com/6wxwsbf

Balancing Act Africa (http://www.balancingact-africa.com), with regular updates on new ICT developments, in Africa, by e-mail and the web, also has a twitter feed and a youtube channel.

For previous AfricaFocus Bulletins on information and communication technology, visit http://www.africafocus.org/ictexp.php

-- Editor's Note

Africa: New Research Reveals How Africa Tweets

26 January 2012

Portland Communications

press release

http://allafrica.com/stories/201201260001.html

For additional information, including link to download of powerpoint presentation, visit http://tinyurl.com/6pmw88n

In the first ever attempt to comprehensively map the use of Twitter in Africa, Portland Communications and Tweetminster analysed over 11.5 million geo-located Tweets originating on the continent during the last three months of 2011. This pan-African analysis of Twitter traffic was complemented by a survey of 500 of Africa's most active Tweeters.

How Africa Tweets found that:

South Africa is the continent's most active country by volume of geo-located Tweets, with over twice as many Tweets (5,030,226 during Q4 2011) as the next most active Kenya (2,476,800). Nigeria (1,646,212), Egypt (1,214,062) and Morocco (745,620) make up the remainder of the top five most active countries.

57% of Tweets from Africa are sent from mobile devices.

60% of Africa's most active Tweeters are aged 20-29.

Twitter in Africa is widely used for social conversation, with 81% of those polled saying that they mainly used it for communicating with friends.

Twitter is becoming an important source of information in Africa. 68% of those polled said that they use Twitter to monitor news. 22% use it to search for employment opportunities.

African Twitter users are active across a range of social media, including Facebook, YouTube, Google+ and LinkedIn.

Mark Flanagan, Portland's Partner for Digital Communications, says: "One of the more surprising findings of this research is that more public figures have not joined Africa's burgeoning Twittersphere. With some notable exceptions, we found that business and political leaders were largely absent from the debates playing out on Twitter across the continent. As Twitter lifts off in Africa, governments, businesses and development agencies can really no longer afford to stay out of a new space where dialogue will increasingly be taking place."

How Africa Tweets found that Twitter is helping to form new links within Africa. The majority of those surveyed said that at least half of the Twitter accounts they follow are based on the continent.

Beatrice Karanja, Associate Director and head of Portland Nairobi, says: "We saw the pivotal role of Twitter in the events in North Africa last year, but it is clear that Africa's Twitter revolution is really just beginning. Twitter is helping Africa and Africans to connect in new ways and swap information and views. And for Africa -- as for the rest of the world -- that can only be good."

The key findings of How Africa Tweets and a high-resolution version of the infographic can be found at http://www.portland-communications.com Portland Communications hopes that this survey will serve as a benchmark for measuring the evolution of Twitter use in Africa, shedding new light on how Africa communicates nationally, regionally and internationally.

We welcome feedback and comments.

Suggested hashtag: #AfricaTweets

It came out of nowhere - Low-end, mobile social network Eskimi shoots to 2.5 million subscribers

Balancing Act Africa, Feb. 10, 2012

http://www.balancingact-africa.com / direct URL - http://tinyurl.com/7wyqcpl

The speed with which Facebook grew in Africa was startling but the story is now well-known. Latvian social network Eskimi is designed for low-end handset users and in a little over 18 months it has gone from nothing to 2.5 million users. Anyone who believes that mobile content is important has to understand why this has happened.

Russell Southwood picks over the bones with VytasPaukstys, CEO, Eskimi and Nigerian Ayo Alli who has taken on the promotion of the site.

There's a cycle of events before the content moment arrives. International fibre connections have to be in place: content and apps don't grow on satellite bandwidth.

Wholesale bandwidth prices have to come down so that retail prices for the individual user come down: operators have to stop selling shortage. Then international brands like Google, Wikipedia, Facebook and Twitter begin to grow. From research we have done elsewhere, this is generally followed by local versions of the international brands, particularly in larger markets.

The Eskimi story is one of a social network that didn't come from the usual places and chose to break out in emerging markets rather than the crowded European and North American markets. Also as with the "iTunes for Africa" site, Spinlet (which formally launches at Mobile Web East Africa next week), this is a collaboration between a small European country and Nigeria. The trading centre of gravity in the world is slowly beginning to tip on its axis.

According to Vytas Paukstys, CEO, Eskimi:"We started experimenting in the Baltics and it went great there. So we decided to go international and do test marketing elsewhere in the world. We started in Asia and then went to Africa. We focused on four countries: South Africa, Nigeria, Kenya and Ghana."

All this has taken it to the point where at the beginning of November 2011, 1.7 m of its 3 m global users were Nigerian. But also use at that point in other African countries was also growing: 250,000 registered users in Ghana, 35,000 users in Kenya and over 30,000 in Namibia. Now it has 5 million global users, of which half are in Nigeria. Overall, Africa now has 1 million users. In other words, it is gaining critical mass in Ghana and other places, making it more than a one-hit, one country wonder.

Eskimi is a low-end, mobile web product and it is building an Android app but it believes, it's too early for a smartphone application. The pattern of use must be reassuring for Nokia as in November 2011, 73% were using the Opera Mini browser which is most frequently found on its handsets. At this point, 90% of use is on Opera Mini or the proprietary browser on the handset. Critical mass needs a wide potential user base as not everyone who has the right phone will use the product or service.

So if there are say 1 million smartphone users, only 10-30% may use a particular service and only a smaller percentage use it regularly(see look and feel in graphic) Also this year, Eskimi will go out to local developers to develops to help create more services around the platform.

What are they all using it for? What a small number of them used to lurk in cyber-cafes and do: discovering new friends, messaging, public chat, fan boards, picture sharing and dating tools and games. In other words, flirting, dating, romance and much, much more. 86% of them in Nigeria are in the social category that moves technology change across Africa, 18-34 year olds. You can guess that these people are less deferential and probably more in a hurry than their parents. Usually these things are heavily focused on the capital or the main city but not Eskimi. Only 32% of its users are in Lagos, the majority of the rest being spread across seven cities.

Part of its growth phenomenon is down to how it was marketed. In the early days, it paid special attention to feedback from users, fine-tuning the product at that stage.

And although it has spread throughout Africa, largely by word of mouth, it has offered incentives for users to write to their friends and connect with them, giving them some of the virtual currency available to users.

The business model for the site is two-fold: sale of virtual currency (purchased through operator and which it shares with them) and advertising. For the latter, the 18-34 year old audience is attractive and can be highly targeted. Where African media is researched, the methodology is often open to question and where it is not, who knows how many people actually listen to, watch or read it?

Eskimi knows enough about its list users to be able to target very precisely and it is getting a 20% response rate on those targeted lists. It can also trade its virtual currency to advertisers to use in competition promotion and for other incentives.

Elsewhere the breakdown of revenues has been half from virtual currency and half from advertising revenues. In Africa, this has been more like 20% virtual currency and 80% advertising. But Eskimi's Paukstys is not just chasing the traditional advertisers:"Africa's at the media creation stage. Classifieds, business listings, news portals, etc are all growing. Revenues will come from these media creation businesses." Media creation? Uh? Think people like Mocality and Jobberman who have to also get to critical mass for their businesses to succeed. Another source of revenue will be mobile money operators: there are ten licences in Nigeria, making their climb to critical mass a daunting task without a carefully focused marketing platform. It can also provide a platform to do the kind of research about media consumers that is currently sorely lacking.

So in the cycle of events described at the beginning of this article, things are still largely at the stage of the arrival of international brands. Brands like Flickr and Tumblr have yet to make a noticeable impact on the continent. But local entrepreneurs - particularly in the larger markets need to think about what will work (probably in a vernacular language) that is not just a "me-too" product and developers who are all hyped up about smartphone apps need to think about whether they might be doing something more responsive to the market (most likely on feature phones) in the short to medium term.

To follow the exchanges about this news, you need to be on Twitter. Follow us on @BalancingActAfr

This week on Balancing Act's You Tube channel: Nigerian digital entrepreneur Ayo Alli on the rise of social network Eskimi in Nigeria. It has 2.5 m subscribers and the secret to its success is that it works on low-end handsets http://www.youtube.com/user/BalancingActAfrica#p/u/8/HeUeJeLgbo

Also to understand how social media is used in Africa: Nigerian digital entrepreneur Ayo Alli on social media and the Occupy Nigeria protest http://www.youtube.com/user/BalancingActAfrica#p/u/8/A3thJuHbl3Q

The beginning of Africa's long, slow transition away from SMS - new browser kids on the block making mobile Internet access easier



 
 
>TOP

[FT]ナイジェリア、好調な経済に治安悪化で暗雲

nikkei.com

2012/2/15 14:00

(2012年2月15日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

ナイジェリアの大手IT企業、コンピューター・ウェアハウス・グループ(CWG)は株式の30%を欧州企業に売却する計画を進めていた。買い手は、アフリカ最大の人口を擁する同国に拠点を築く考えだった。

■襲撃やストライキで混乱する国内

しかし売却は成立直前に頓挫した。同社のオースティン・オケレ最高経営責任者(CEO)は、「突然相手が延期を申し出た。ナイジェリア国内の正常化が必要だというのだ」と打ち明ける。

計画が頓挫した今年1月初め、ナイジェリアは正常な状態から程遠かった。イスラム過激派のボコ・ハラムが襲撃を活発化し、クリスマスに首都アブジャ近くの教会で37人の死者を出した。CWGもアブジャに主な拠点を構えている。

その一方で、政府が燃料など石油製品への補助金を打ち切ったため、国内で石油価格が高騰し、1週間に及ぶ全国規模のストライキが勃発した。経済的な損失は13億ドル以上と推定される。補助金廃止は現政権が掲げる経済改革の目玉だが、抗議のあまりの激しさに政府は補助金の一部復活を余儀なくされた。

■成長率は6%に低下か

ナイジェリア全土への抗議行動の拡大は、政府の改革推進能力への疑念を増し、治安の悪化はアフリカで最も有望なフロンティア経済に大きな影を落とした。

一部のアナリストは、今年の経済成長見通しを下方修正した。コンサルティング会社、フィナンシャル・デリバティブズのビスマルク・リワネ氏は「政府が(石油業界の改革と治安悪化の)問題を即座に解決するなら8%前後の成長を見込める。さもなければ6%にとどまるだろう」と分析する。

経済界のエリートにとっても不本意な展開となった。ナイジェリアは巨大市場と豊富な資源埋蔵量を持ち、将来の経済発展の可能性を秘めた魅力的な投資先として注目されてきた。グッドラック・ジョナサン氏が大統領に選出されたことで、民主化が進むとの見方が広がり、同氏も徹底的な改革実行を宣言していた。

中央銀行が発表した速報値によると、11年10〜12月期の国内総生産(GDP)は8.68%増だったとみられる。12月の物価上昇率は10.3%で年末としては08年以来の低水準となり、株価は12月に約4%上昇した。

しかし今年1月にナイジェリア全株指数は横ばいとなり、出来高と売買代金が半分に落ち込んだ。

大手投資会社ルネサンス・キャピタルは先週のリポートで12年の成長率を6.8%と予想した。1月に予想した7%から引き下げ、08年以来の最低水準となる。アナリストは、燃料価格の50%上昇に加え、電力価格も同様に上がるため、インフレが高進すると見ている。

助言会社リソーセス・アンド・トラスト・カンパニーのシニアコンサルタント、オペイエミ・アグバジェ氏は「昨年は私も強気だった」と、主要都市ラゴスのビジネス・スクールで語った。その後「国家統一と安定性に疑問を投げかける」水準にまで政治リスクが悪化したという。

リワネ氏は、燃料補助金を巡る混乱で最も被害を受けたのは金銭面ではないと指摘する。改革に疑問符がつき、市場の信頼やナイジェリアの評判を傷つけたという。

■「有益な危機」との楽観論もあるが

しかし、悲観的な見方ばかりではない。ラゴスのアフリカ向け投資会社、46パレルズのカヨデ・アキンデレ氏は、政府が抗議行動に屈せず、あくまで燃料補助金打ち切りを断行しようとする姿勢は、改革の真剣さを示したものだと評価する。「ビジネスの立場からは大変心強かった」と同氏は話す。

ラゴスのARMインベストメント・マネジャーズのデジ・アリ最高経営責任者(CEO)は、街頭での抗議行動が広がったことで、ジョナサン大統領は(特に石油関連の)歳出の浪費や汚職を撲滅すると約束せざるを得なくなったと指摘。「これは『有益な危機』の典型例だ」と歓迎する。

さらに同氏は、外国の投資家が「すでにリスクを織り込んでおり、信頼感に大きく影響することはない。インフラ事業への投資意欲は依然として堅調だ」と語る。

ただある専門家によると、政情不安を受けてナイジェリア北部の投資計画を撤回する企業もあり、富裕層の一部はイスラム過激派の襲撃を嫌ってアブジャの不動産を売り払っているという。「昨年の景況感を70%とすれば、今は50%ではないか」と話す。

By Xan Rice



 
 
>TOP

更新2012年02月16日 13:29米国東部時間

刑務所襲撃、118人脱走 ナイジェリアで武装集団

AP通信などによると、ナイジェリア中部コギ州で15日夜、武装集団が刑務所を襲撃し、警備員1人を殺害、収容されていた118人が脱走した。約200人が脱走したとの報道もある。武装集団の正体は明らかになっていない。

現地からの報道では、武装集団は約20人で、爆発物や銃を使って襲撃したという。

ナイジェリアでは、イスラム過激派ボコ・ハラムによる警察当局などへのテロ攻撃が続いている。ボコ・ハラムは2010年9月に北部バウチ州の刑務所を襲撃し、APによると約700人が脱走した。(共同)



 
 
>TOP

武装集団が刑務所襲撃、119人脱走 ナイジェリア

2012年02月17日 06:55 発信地:カノ/ナイジェリア

【2月17日 AFP】ナイジェリア中部コギ(Kogi)州で15日夜、武装集団が刑務所を襲撃し、看守1人を殺害、受刑者119人を脱走させた。

刑務所の発表によると、武装集団は爆弾を使って門を破り、看守らに発砲して1人を殺害した。

事件後、イスラム過激派「ボコ・ハラム(Boko Haram、西洋の教育は罪)」の報道官を名乗る男が「メンバー7人を解放する目的で襲撃した」との声明を発表した。

ナイジェリアではここ数年、主にイスラム教徒が多い北部で、ボコ・ハラムによる銃撃事件や爆弾攻撃が相次いでいる。ボコ・ハラムは2010年9月、北部バウチ(Bauchi)州の刑務所を襲撃し、受刑者700人以上を脱走させている。(c)AFP/Aminu Abubakar



 
 
>TOP

ナイジェリアで武装集団が刑務所襲撃 118人脱走

nikkei.com

2012/2/17 9:34

【ナイロビ=共同】AP通信などによると、ナイジェリア中部コギ州で15日夜、武装集団が刑務所を襲撃し、警備員1人を殺害、収容されていた118人が脱走した。約200人が脱走したとの報道もある。武装集団の正体は明らかになっていない。現地からの報道では、武装集団は約20人で、爆発物や銃を使って襲撃したという。

ナイジェリアでは、イスラム過激派ボコ・ハラムによる警察当局などへのテロ攻撃が続いている。ボコ・ハラムは2010年9月に北部バウチ州の刑務所を襲撃し、APによると約700人が脱走した。



 
 
>TOP

2012年2月17日18時15分

旅客機に「下着爆弾」、被告に終身刑 米連邦地裁

asahi.com

米デトロイトの連邦地裁は16日、下着に隠した爆発物で搭乗した旅客機を爆破しようとしたとして、ナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告(25)に終身刑の判決を言い渡した。同被告は、国際テロ組織アルカイダの一員として事件を計画したことを認めていた。

起訴状によると、同被告は2009年12月25日、爆発物を隠してオランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト航空機(乗員・乗客計290人)に搭乗。米国上空で爆発させようとし、大量破壊兵器使用未遂などの罪に問われていた。

爆発物がアムステルダムの空港で金属探知機をすり抜けたこともあり、この事件以降、米国の空港では乗客の衣服の下を透視するスキャナーが急速に広まった。(ニューヨーク=中井大助)



 
 
>TOP

米機テロ未遂、ナイジェリア人の男に終身刑

【ニューヨーク=柳沢亨之】米デトロイトの連邦地裁は16日、2009年12月にデトロイトの空港へ着陸しようとした米航空機(乗員・乗客計289人)内で自爆テロを企て、大量破壊兵器使用未遂罪などに問われたナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ被告(25)に終身刑を言い渡した。

米メディアが伝えた。

被告はイエメンを拠点とするテロ組織「アラビア半島のアル・カーイダ」の支援を受け、機内に持ち込んだ爆発物の起爆を図ったが失敗した。

(2012年2月17日18時08分 読売新聞)



 
 
>TOP

米旅客機テロ未遂:爆破未遂、被告に終身刑−−連邦地裁判決

【ワシントン古本陽荘】09年の米航空機爆破テロ未遂事件で、米ミシガン州デトロイトの連邦地裁は16日、殺人未遂の罪などに問われたナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ被告(25)に対し、最高刑となる終身刑の判決を言い渡した。

被告は09年12月25日、航空機を爆破する目的で、オランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト機に搭乗。下着の中に隠していた爆発物に着火し、火災を起こしたが、爆発には至らず、乗客らに取り押さえられた。

毎日新聞 2012年2月18日 東京朝刊



 
 
>TOP

銃撃戦で武装勢力8人殺害 ナイジェリア

nikkei.com

2012/2/21 10:42

【ジュバ(南スーダン)=共同】ナイジェリアからの報道によると、同国の治安当局者は20日、北東部マイドゥグリの市場で同日、イスラム過激派ボコ・ハラムのメンバーとみられる武装勢力と治安当局が銃撃戦となり、武装勢力の8人を殺害したと述べた。

爆発も起きたといい、市民3人が負傷した。20〜30人の遺体を見たとの目撃情報もある。

19日には首都アブジャ近郊のキリスト教の教会付近で爆弾が爆発し、5人が負傷した。ボコ・ハラムの犯行の可能性があるとみられている。

マイドゥグリを拠点とするボコ・ハラムは、全土にイスラム法(シャリア)の導入を要求、警察当局や教会へのテロ攻撃を繰り返している。



 
 
>TOP

ICT park to save Nigeria $5billion

http://www.thenationonlineng.net/2011/index.php/business/infotech/37577-ict-park-to-save-nigeria-5billion.html

Managing Director of the Nigerian Communications Satellite Limited (NIGCOMSAT), Tiamasaniyu Ahmed-Rufai, has advocated the use of the recently launched satellite, NigComSat-1R to achieve the ‘Electronic Park’ (e-Park) project and other Information and Communications Technology (ICT) initiatives of the Federal Government.

Ahmed-Rufai said the e- Park, a proposition of the Ministry of Communications Technology to serve as a skills acquisition and ICT training centre for youths, would save the country $5billion yearly, derivable from the penetration of indigenous software products and services.

Speaking at an ICT workshop organised by the National Association of Nigerian Students (NANS) in Abuja, the NIGCOMSAT boss described the replaced satellite as the cornerstone for universal access and bedrock for ICT development, backbone for sociopolitical and economic re-engineering of Nigeria and Africa.

He said: “The reality of the 21st century is the pervasiveness of ICT in all sphere of human life. Modern technology today has presented a new and better way of operations in all ramifications.”

The ‘e-Park’ project, he explained, targets creation of two million IT professionals to be pooled from the 774 local government areas in the country within five years.

Among other projects the NigComSat-1R would support, according to Ahmed-Rufai, include the e-Library project expected to take off in June, and the Secondary School NET project, aimed at facilitating access to electronic education. This is in addition to the National Integration Community Service Centre (NICISC) project aimed at facilitating the establishment of electronic public information centres across the country.



 
 
>TOP

ナイジェリア:テロ激化 イスラム過激派、キリスト教狙う

【ヨハネスブルク高尾具成】西アフリカのナイジェリアで、イスラム過激派「ボコ・ハラム」(現地の言葉で「西洋の教育は罪」の意味)によるキリスト教施設などを狙った爆弾テロが激化している。20日には北東部ボルノ州の州都マイドゥグリの市場で爆発と無差別発砲があり、地元医師らによると、少なくとも30人が死亡。ボコ・ハラムが21日、犯行を認める声明を出した。19日には首都アブジャ郊外のスレジャでも教会近くで爆発事件が起きている。

AFP通信によると、20日の事件の犠牲者には、女性や子どもも含まれるとみられている。治安部隊は犯人8人を殺害したと発表したが、ボコ・ハラム側はメンバーに犠牲者はない、としている。

マイドゥグリを拠点に02年に設立されたボコ・ハラムは、全土へのイスラム法(シャリア)の導入を要求。警察など治安当局やキリスト教会などへのテロ攻撃を実行しており、昨年後半以降、攻撃は激しさを増している。

1月20日にはナイジェリア第2の都市カノで連続爆破と銃撃で180人以上が死亡する事件があった。この時ボコ・ハラムは犯行を認め、「仲間の釈放を州政府が拒んだための報復」だと主張した。

1月22日未明には、カノに隣接するバウチ州で武装集団に住民10人以上が殺害されたうえ、少なくとも二つのキリスト教会で爆破テロが発生した。

キリスト教徒のジョナサン大統領は先月、カノを訪れて犠牲者への哀悼の意を伝えたうえで「ボコ・ハラムの資金源を解明する」と強調。政府は、武装勢力の国外逃亡を阻止するために隣国カメルーンやニジェールとの国境を封鎖し、大規模な治安部隊を派遣して対応にあたっているが、成果が上がっていない。

毎日新聞 2012年2月23日 東京夕刊



 
 
>TOP

Nigeria to host African Conference on Free, Open Source Software

http://www.vanguardngr.com/2012/03/nigeria-to-host-african-conference-on-free-open-source-software/

Abuja - Nigeria will host the 5th African Conference on Free and Open Source Software (FOSS) later this month, Mr Dele Ajisomo, the President, Open Source Foundation for Nigeria (OSFON), has said.

Ajisomo disclosed this on Friday in Abuja while briefing newsmen on the conference, which will hold in Abuja from March 19 to March 23.

He said that about 1,000 participants from Asia, Europe, U.S., Canada, Latin America and Africa are expected at the conference, which will be declared open by Mrs Mobola Johnson, the Minister of Communication Technology.

The theme of the conference is “Open Source Solutions for Achieving the Millennium Development Goals.’’

“This conference is the continent’s rallying point for critical issues in the Information and Communication Technology (ICT) as they directly relate to the development of its people, governments and business enterprises,’’ Ajisomo said.

He said the conference would also be an avenue to enhance the capacity building of Nigerians in ICT, as there would be training for all participants.

“International experts will be coming to Nigeria; there will be free training for people on how to write code, protect a website, how to configure and manage a website and create sourcing.’’

Also speaking, Prof. Cleopas Angaye, the Director General, National Information Technology Development Agency (NITDA), said the conference would be of great benefits to both the people and the government of Nigeria.

He said the conference would boost participants’ knowledge in the development and use of software through Open Source Software programming.

“The beauty of the open software programming is that there are lot of programming available; you can search for the basic programming short-code that tells you about the programme techniques.’’

Mr Ibrahim Dikko, the Managing Director, Backbone Connectivity Network Nigeria Ltd, said the company would render necessary partnership to bring Nigeria to the global software market.

“For instance, we will provide free internet services throughout the period of the conference, to train Nigerians in order for them to develop solutions to our everyday problems.’’ (NAN)



 
 
>TOP

Nigeria, great talent in ICT - Microsoft

http://tribune.com.ng/index.php/news/37436-nigeria-great-talent-in-ict-microsoft

Microsoft Corporation has described Nigeria as a global Information and Communication Technology (ICT) talent.

The corporation’s General Manager, Public Sector, Middle East and Africa, Elias Tabet, who made this assertion in Port Harcourt at the kick-off of the 2012 Imagine Cup Students Technology Competition also challenged government at all levels to encourage the development of ICT in the country.

Tabet, who commended the Rivers State government for the lead it is taking in encouraging ICT development in younger generation, said the nation had a huge potential in the field, which was capable of marking her out as a strong global economy.

“Nigeria is a great talent in ICT. A student who got the fifth place worldwide last year was the people’s choice. This can tell you about the potential. This is why the government can help launch programmes like this from Microsoft and other companies.

“At the end of the day, the profit, the target and the goal is uncovering talents and helping students learn more, compete more aggressively and become very marketable as people with talent and IT skill.

“Our job is making students discover their talents, making them visible, to compete worldwide and introducing programmes that will establish a connection between the academic world and the professional world,” Tabet said.

Speaking with journalists at the event, Special Adviser to the Rivers State governor on ICT, Goodliffe Nmekini, said the aim of the state government was to give students of tertiary institutions in the state opportunity of competing globally in the field of ICT.

“The aim is to give tertiary students opportunities to compete like the rest of the students in the western world. Whether we like it or not, we are playing in a global economy so keeping them away from what really happens in the rest of the world is doing them a disservice,” he said.



 
 
>TOP

Mobile marketing booms in Nigeria

http://www.biztechafrica.com/article/mobile-marketing-booms-nigeria/2276/?section=mobile-value-added-services

Etisalat Nigeria’s CEO, Steven Evans, has described West Africa and Nigeria’s mobile marketing sectors as among the fastest developing markets in the world.

Mobile as a marketing channel is fast gaining ground, he said, with potential to open up new opportunities for brands and marketers in the region to engage better with their consumers.

Evans was speaking at a two-day Mobile Marketing Summit convened in Lagos, adding that the telco was excited to be sponsoring the summit.

He said: “We are part of (the) summit because we feel it will deliver great value and education to our local industry by showing how they can successfully use mobile to connect, engage and sell to customers in a way that will ensure their trust.”

He added that the planned launch of the Mobile Marketing Association West Africa Council would act as a catalyst to enable the industry to work together in driving mobile marketing in the region forward.

It would create the key building blocks for a sustainable, growing and profitable mobile medium, provide a forum for converging the opinions and interests of all the key stakeholder groups, develop an implementation capability and protect the legitimate concerns of the mobile consumer.

Google’s Head of Commercial Relations for sub-Saharan Africa, Victor Munyaua, commended Etisalat for taking the lead in creating a platform to address the challenges limiting mobile market penetration.

“Three major trends that will define the future of the mobile market are social, location and commerce,” he said.

“Global statistics show that 60% of consumers who access the internet in different countries including Nigeria do so from mobile devices.”

He added that with only two per cent African content and 10 per cent of African businesses connected to the mobile platform, it was important that businesses in Nigeria use the platform and generate local content to build the mobile market ecosystem.

The Summit, held at the Lagos Civic centre, was geared towards establishing a professional mobile medium in West Africa, while focusing on making the case for the mobile medium drawing on the experiences of international experts familiar with emerging markets.

The summit ended with an award presentation by the South African Country Manager of the Mobile Marketing Association, Terry Murphy, to Etisalat Nigeria’s Steven Evans for the company’s efforts to create a platform for common interests and priorities in the mobile marketing sector.



 
 
>TOP

西部および中央アフリカのブロードバンド市場は,2017年に2倍以上の収益規模へ

http://gihyo.jp/ad/pr/2012/NRR201296724

株式会社グローバル インフォメーションは,フロスト・アンド・サリバンが発行した報告書「West and Central African Broadband Market Tracker (西部および中央アフリカのブロードバンド市場)」の販売を開始しました。

西部および中央アフリカ地域では,この10年間にモバイルブロードバンド接続数が劇的に拡大しました。その成長の多くは,ナイジェリアでのモバイルブロードバンド導入の急増によるものです。

ナイジェリアとガーナは,両国の規制環境によって,サハラ以南アフリカにおいて最もダイナミックなブロードバンド市場となりました。同市場への参加企業は150社を超え,膨大な地上波インフラが開発されています。

コンゴ民主共和国(DRC)やガボンでは,3Gネットワーク等の先進技術によって,モバイルブロードバンドの接続契約数が,固定ブロードバンド接続を今後5年間に超える見通しです。

ナイジェリア,ガーナ,DRCおよびガボンにおけるブロードバンド市場は,2010年にはおよそ12億米ドルの収益規模でしたが,2017年に2倍以上の25億米ドルに成長すると,当報告書では予測しています。

この地域では,ブロードバンドの既存浸透率が低いため,短期的,長期的に膨大な成長機会が存在しています。

「コスト効率の高いモバイル,ワイヤレスソリューションを利用できることが,この市場の主要な促進要因になるでしょう。」と,フロスト・アンド・サリバンの情報・通信技術リサーチアナリストであるMervin Miemoukandaは述べています。

「それに加えて,この市場の参加企業が今年の戦略を策定する上で,ソーシャルメディアプラットフォームへの接続に対する需要の拡大が,最も重要な検討事項として浮上すると見られます。」



 
 
>TOP

警察署など襲撃、4人死亡…ナイジェリア

【ヨハネスブルク=黒岩竹志】ナイジェリア北東部ヨベ州などで9日、イスラム過激派武装勢力「ボコ・ハラム」のメンバーとみられる男らが警察署などを襲撃し、AP通信によると6歳の女児ら少なくとも計4人が死亡した。

ナイジェリアでは8日にも北部カドゥナのキリスト教教会近くで爆弾を積んだ車が爆発し、AP通信によると38人が死亡した。

(2012年4月9日23時46分 読売新聞)



 
 
>TOP

2012年4月9日15時35分

ナイジェリアで爆弾テロ、38人死亡 ミサ中の教会

ナイジェリア北部の都市カドゥナの教会近くで8日、車に積んだ爆弾が爆発し、少なくとも38人が死亡し、多数のけが人が出た。2台の車に仕掛けられていたとみられる。AP通信などが伝えた。

爆発当時、教会は復活祭のミサ中だった。死亡した人の多くは待機していたバイクタクシーの運転手らだという。爆風で近くのホテルの窓が割れたり、民家の屋根が吹き飛んだりした。

ナイジェリアでは、イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」による教会や警察の施設を狙うテロが相次いでおり、2009年以降に1千人以上が犠牲になっている。昨年12月には、首都アブジャ近くで、クリスマスミサ中の教会が狙われ、44人が死亡した。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ナイジェリア北部で爆弾テロ、25人死亡 キリスト教徒狙いか

2012.04.09 Mon posted at: 09:19 JST

ナイジェリア北部カファンチャン(CNN) ナイジェリア北部のカドゥナにあるキリスト教の教会近くで8日午前8時40分ごろ、大規模な爆発があり、緊急対応当局の報道官によると25人が死亡、13人が負傷して病院へ運ばれた。ナイジェリアでは最近、キリスト教徒を狙った爆弾テロが頻発している。

現場近くのキリスト教会では復活祭の礼拝が行われていた。教会の中にいたという男性によると、爆発はスタジアムやバス停、露店のあるあたりで発生し、大きな爆発音とともに教会の窓が割れた。爆弾テロとみられるが、狙いは明らかでない。

同報道官によれば、同日午後9時ごろ、カドゥナから約250キロ離れた中部ジョスでも爆弾が爆発した。現場は酒場や学校に近く、多くの人でにぎわう繁華街だったが、死者は報告されていない。

同国では最近、キリスト教徒を狙った爆弾テロが続発。昨年のクリスマスには数カ所のキリスト教会が相次いで爆破された。ジョスでは先月、教会前で車に仕掛けられた爆弾が爆発し、6人が死亡している。

ナイジェリアは、イスラム教とキリスト教の信者の割合が半々くらいだが、北部はイスラム教徒が多く、キリスト教徒は南部に多い。



 
 
>TOP

ナイジェリアで「赤ちゃん製造工場」また摘発

【4月16日 AFP】ナイジェリア警察当局は13日、新生児を売買する目的で10代の少女たちを集め、妊娠・出産させていたとみられる違法児童施設を家宅捜索し、若い女性ら7人を救出したと発表した。

南部アクワ・イボム(Akwa Ibom)州の警察当局によると通報を受けて今月4日、同州ウルア(Uruah)で「赤ちゃん製造工場」を発見し、妊婦3人を含む18〜20歳の女性7人を救出。施設所有者の夫婦ら3人の身柄を拘束したという。新生児は見つからなかったという。

警察によると、3人は若い女性らに妊娠・出産すれば7万ナイラ(約3万6000円)を支払うと持ちかけ、生まれた新生児を呪術師に売っていたとされる。

ある若い母親は、中絶したいと考え施設側に接触したが出産するよう説得されたと語っている。

ナイジェリアでは人身売買目的の通称「赤ちゃん製造工場」が複数見つかっており、前年10月にも南部アナンブラ(Anambra)で妊娠した少女ら17人が救出されている。(c)AFP



 
 
>TOP

ナイジェリア:連続テロ8人死亡 大統領寄り新聞社標的か

毎日新聞 2012年04月27日 10時19分(最終更新 04月27日 10時26分)

【ヨハネスブルク服部正法】西アフリカ・ナイジェリアの首都アブジャと北部カドゥナで26日、大統領寄りの地元新聞社を狙ったと見られる爆弾テロが相次ぎ、AFP通信によると、実行犯を含む計8人が死亡した。キリスト教徒や政府への攻撃を強めるイスラム過激派組織ボコ・ハラムの犯行が疑われている。

カドゥナでは今月8日にも、キリスト教会を狙ったとみられる自爆テロがあり、少なくとも38人が死亡。ボコ・ハラムの犯行が疑われている。北部でイスラム教徒、南部でキリスト教徒が多数派を形成するナイジェリアでは、北部で勢力を伸ばし、全土へのシャリア(イスラム法)導入を目指すボコ・ハラムがテロを活発化させている。



 
 
>TOP

ナイジェリアの大学でキリスト教徒襲撃、死傷者も

2012.04.30 Mon posted at: 08:54 JST

(CNN) ナイジェリア北部カノにあるバイエロ大学のキャンパスで29日、礼拝に集まったキリスト教徒らが武装集団に襲撃された。死傷者数は明らかになっていない。

現地のジャーナリストによると、襲撃があったのは午前8時半ごろ。毎週日曜日にキリスト教徒の礼拝に使われている講堂が標的となった。犯行グループは車などで乗り付けて銃を発砲し、爆弾4〜5個を投げ付けた。警察が周辺一帯を封鎖している。

大学は休暇中で、キャンパスに学生はほとんどいなかったという。

構内の住宅に住む教授は、銃声と爆発音を聞いて駆け付けたところ、逃げ惑う人々の姿が見えたと話した。



 
 
>TOP

ナイジェリア:警察の車列に自爆テロ攻撃、11人死亡

毎日新聞 2012年05月01日 10時18分(最終更新 05月01日 10時38分)

【ヨハネスブルク服部正法】西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、東部ジャリンゴで4月30日、警察の車列への自爆テロ攻撃があり、少なくとも11人が死亡した。同29日にも北部でキリスト教のミサへの襲撃が相次ぎ、計約20人が死亡したばかりで、いずれもイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行が疑われている。周辺国へのテロ波及も懸念されており、AFP通信によると、隣国チャドのデビ大統領は同30日、ボコ・ハラムの活動抑止のため周辺国の軍も参加する共同部隊の創設を地域首脳らに呼びかけた。



 
 
>TOP

Nigeria: World Leaders Chart Roadmap for Female ICT education

http://allafrica.com/stories/201205010482.html

Last weeekend, Nigerian information technology (IT) practitioners met to dissect why few females students were taking up science and technology courses in institutions of higher learning and only a handful were playing active roles in the sector.

Also, global leaders from the United States of America, Europe, Africa and Asia at the same time joined in a debate to define a roadmap that will help break down barriers and overturn outmoded attitudes in a bid to get more girls into technology-related studies and careers.

Minister of Communication Technology, Mrs. Omobola Johnson, speaking at the maiden edition of Girls in ICT Day organised by E-Business Life Magazine lamented the low level of ICT access to Nigerian girls compared to the way male children were taking up career in ICT. Johnson, who was represented by a Deputy Director in the ministry, Ms Manilla Udoh, said taking on career in ICT would position female children to be more employable even after their marriage.

Explaining why female children should take career in ICT seriously, Johnson said it was a known fact that girls are more brilliant at very young ages and evidence abound from nursery and primary schools globally to verify this claim. "Early marriages and children also contribute to the reduction in young women's academic achievement. "Girls must therefore be exposed to ICT education very early in life, so that the culture, orientation and requisite ICT skills would have been acquired.

"The good news, however, is that with ICT, you can now be at home and build your productive skills, obtain a degree and even earn a living all online while you have enough time to look after your children and take good care of the home. In order to close the digital divide between the male and female gender in terms of education in, ownership of and access to ICTs, girls must pick interest in ICT and related careers.

A high-level dialogue held at New York's Institute of International Education and hosted by the International Telecommunications Union (ITU), the UN-specialised agency for information and communication technology, identified misguided school-age career counselling, the popular media's 'geek' image of the technology field, a dearth of inspirational female role models, and a lack of supportive frameworks in the home and workplace as factors that, together, tend to dissuade talented girls from pursuing a tech career.

ITU Secretary-General Dr Hamadoun Toure said: "Over the coming decade, there are expected to be two million more ICT jobs than there are professionals to fill them. This is an extraordinary opportunity for girls and young women - in a world where there are over 70 million unemployed young people."

Dr Toure emphasised the need to cast aside outdated attitudes that are keeping young girls from considering technology as a career option. "ICT careers are not 'too hard' for girls. ICT careers are not 'unfeminine'. And ICT careers are certainly not 'boring'. Encouraging girls into the technology industry will create a positive feedback look - in turn creating inspiring new role models for the next generation."

Inspired by the tremendous dedication of NGOs, universities, government agencies, industry and others around the world in organising Girls in ICT Day, participants sketched out a basic blueprint for more successful approaches to attracting school-age girls to the fast-evolving technology field, and agreed to work together to change attitudes and boost female tech enrolment rates.



 
 
>TOP

Nigerian govt ties up with Nokia to boost ICT penetration

http://www.telecompaper.com/news/nigerian-govt-ties-up-with-nokia-to-boost-ict-penetration

Nigeria's ICT ministry has signed a Memorandum of Understanding (MoU) with Nokia in order to stimulate the growth of ICT in the country. There are four prongs to the MoU. First, the government and Nokia will collaborate in the area of mobile-enabled corporate social investment initiatives and low-cost services that will benefit students, the government and consumers. Second, they will tie up to support the local application developer ecosystem and industry. Third, the partnership will provide regulatory and policy support to maximise the positive impact of mobile technologies in the country. Fourth, they will enable the development of environmental awareness and the expansion of handset recycling in the country. ICT Minister Omobola Johnson said that the ministry is very much focused on creating incubation centres that will facilitate innovation, entrepreneurship and job creation in the country. Nokia West Africa and Central Africa VP James Rutherfoord stressed that despite the advent of GSM technology in Nigeria, a sizeable proportion of the population were yet to be connected by mobile, a development that he said impedes economic growth. The partnership is expected to demonstrate the value of mobile enhanced services for the people of Nigeria and to support the growth of indigenous innovation, resulting in products and services created by local application developers.



 
 
>TOP

QoSの低いキャリアに罰金命令相次ぐ

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201205171730.html

ナイジェリアの携帯キャリアが罰金の支払いを命じられた。ナイジェリア通信委員会(NCC)が、MTNナイジェリア、Gloモバイル、エアテル(Airtel)、Etisalatナイジェリアの4社に対して総額11億7000万ナイジェリア・ナイラ(NGN)(1NGN=0.5円換算で約5億8500万円)のペナルティを課したのだが、その理由はサービス品質が基準を満たしていないというものだ。

NCCが4月と5月に実施した接続品質や安定品質、通話品質などの測定で、4社ともに基準を満たすことはできなかった。MTNナイジェリアやEtisalatナイジェリアはただちに設備投資により品質改善を目指すと表明しているが、同時に携帯電話の品質の低さは、キャリア側だけの責任ではないとも主張している。

まずは電力供給の問題。全国に約25,000基の基地局があるが、すべてに正副2系統のディーゼル発電機が併設され、燃料代やメンテナンス費がかかる。一部は電力会社の送電網の外にあるので常時、発電機で給電する必要があるという。

また、通信キャリアには周波数のライセンス料だけでなく、さまざまな税金が課せられている。税引き前利益の1%を国家情報技術開発局に毎年支払わなければならないほか、鉄塔が航空高度を制限してしまうことに対する空の利用料や、地上の光ファイバーの敷設にも土地の利用料がかかり、その種類は15にも及ぶのではないかとする記事もある。

また、道路その他、他社の行う工事によりケーブルが切られてしまったり、ケーブルが盗まれたりすることもあるという。MTNの場合、ファイバーの切断は月間70件以上に上る。こうした事態が是正されない限り、品質の向上は自社努力のみでは限界があるというのが各社の主張のようだ。

QoS(サービス品質)劣化によってキャリアが罰金を命じられている例は他国にもあって、例えば同じアフリカのガーナではMTN、Expressoが、アラブ首長国連邦(UAE)ではEtisalatがいずれも今月になってペナルティを課せられている。



 
 
>TOP

ナイジェリア:教会爆発で12人死亡

毎日新聞 2012年06月03日 20時26分

ロイター通信によると、西アフリカ・ナイジェリア北部バウチの教会で3日、爆発があり、少なくとも12人が死亡した。

詳細は不明だが、ナイジェリアでは、全土にシャリア(イスラム法)の厳格な適用を目指すイスラム過激派ボコ・ハラムがキリスト教会を狙うテロを活発化させている。【ヨハネスブルク】



 
 
>TOP

ナイジェリアで旅客機墜落、150人超死亡か

2012/6/4 1:32

【ナイロビ=共同】AP通信などは3日、ナイジェリア当局者の話として同国最大の都市ラゴスで同日、旅客機が墜落、2階建ての建物に激突したと伝えた。DPA通信は3日、ナイジェリア地元メディアの報道として152人が死亡したと報じた。

ナイジェリアの日本大使館が乗客に日本人がいないかどうか確認している。

旅客機はラゴスから首都アブジャに向かっていたという。ラゴスの人口は1千万人以上。

ナイジェリアの会社が運航する貨物機がラゴス出発後の2日夜、近隣国ガーナの空港で着陸に失敗、空港付近の道路でミニバンと衝突し、ミニバンの少なくとも10人が死亡する事故があったばかり。

ナイジェリアでは2006年、アブジャの空港近くで旅客機が墜落、約100人が死亡した。



 
 
>TOP

ナイジェリアで旅客機墜落 乗っていた153人死亡か

2012/6/4 9:59

【ナイロビ=共同】ナイジェリアの最大都市ラゴスで3日、同国の民間航空会社「ダナ航空」が運航する旅客機が空港近くの人口密集地に墜落し、複数の建物に激突した。AP通信によると、地元州政府は旅客機に153人が乗っていたと発表、同国航空当局者は全員が死亡したと明言した。

在ナイジェリア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていないが、さらに確認を進めている。

墜落現場が密集地だったことから、住民らにも大きな被害が出た恐れがある。旅客機は首都アブジャからラゴスに向かっていた。英国放送協会(BBC)によると、5月11日にラゴスで技術的な問題が生じた同社の航空機が緊急着陸したが、今回墜落した旅客機と同じものの可能性があるという。

新華社電によると、ナイジェリアの中国大使館は少なくとも4人の中国人が旅客機に乗っていたことを確認した。

当時、現場の天候は曇りだった。ジョナサン大統領は3日間の国家的な服喪を宣言した。

ナイジェリアの別の会社が運航する貨物機がラゴス出発後の2日夜、近隣国ガーナの空港で着陸に失敗し、付近の道路でミニバンと衝突して少なくとも10人が死亡する事故があったばかり。

ナイジェリアでは2006年、アブジャの空港近くで旅客機が墜落、約100人が死亡した。



 
 
>TOP

墜落現場は人口密集地 ナイジェリア、住民にも被害か

2012/6/4 13:37

【ナイロビ=共同】ナイジェリアの最大都市ラゴスで3日に旅客機が墜落した現場は、空港近くの人口密集地だったことが分かった。AP通信などが伝えた。現場の住民らにも大きな被害が出た恐れがある。

APによると、地元州政府は旅客機には153人が乗っていたと発表、同国航空当局者は全員が死亡したと明言した。

旅客機はナイジェリアの民間航空会社「ダナ航空」が運航。英国放送協会(BBC)によると、5月11日にラゴスで技術的な問題が生じた同社の航空機が緊急着陸したが、今回墜落した旅客機と同じものの可能性があるという。

在ナイジェリア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていないが、さらに確認を進めている。

旅客機は機体前方からではなく胴体部分から墜落したとみられ、複数の建物に激突して止まったという。機体は大破、エンジン部分から火も上がり、消火作業が進められた。

旅客機は首都アブジャからラゴスに向かっていた。当初はアブジャに向かっていたと伝えられた。

新華社電によると、ナイジェリアの中国大使館は少なくとも4人の中国人が旅客機に乗っていたことを確認した。

当時、現場の天候は曇りだった。ジョナサン大統領は3日間の国家的な服喪を宣言した。



 
 
>TOP

ナイジェリアで旅客機墜落、搭乗の153人全員死亡か

2012.06.04 Mon posted at: 09:23 JST

ラゴス(CNN) アフリカ西部ナイジェリアの最大都市ラゴスで3日午後、乗員乗客153人を乗せた旅客機が住宅地に墜落した。同国緊急対策当局の責任者は、搭乗者全員が死亡したと述べた。

墜落したのは、首都アブジャ発のダナ航空機。同機が突っ込んだ建物は全壊した。地元テレビ局によると、民家3棟で火災が発生し、事業所やアパート、教会などの建物も被害を受けた。

煙の立ち込める現場には多数の住民らが押し寄せ、混乱状態となった。当局は総力を結集して搭乗者の救出、捜索活動を進めるとしているものの、日が暮れた後は照明設備もなく、作業は難航している模様。同責任者は午後6時すぎ、火災が鎮火したと述べたが、現場ではその後もオレンジ色の炎が見えた。

ナイジェリアの航空事故による惨事としては、1991年にサウジアラビアから同国へ向かったナイジェリアン・エアウェイズの旅客機が離陸直後に墜落し、搭乗していた261人が全員死亡した。

2日には、ラゴスからガーナの首都アクラに到着したナイジェリアの貨物機が着陸に失敗してバスに突っ込み、10人の死者が出ている。



 
 
>TOP

2012年6月4日11時19分

搭乗153人絶望、住民も多数犠牲 ナイジェリア機墜落

アフリカ中西部ナイジェリアからの報道によると、同国最大都市ラゴスで3日、153人を乗せた旅客機が墜落し、炎上した。生存者はいないとみられるほか、墜落現場付近の住民も多数死亡したという。

旅客機は首都アブジャから、ラゴスのムルタラ・モハメド空港に向かっていた。墜落現場は住宅密集地で、地元住民も巻き込まれて犠牲になった。

ナイジェリアの日本大使館は空港に職員を派遣するなどして、乗客に日本人がいないか確認している。

ラゴスは、人口1千万人の世界有数の大都市で、ナイジェリアの経済の中心地。

運航していたのは、ナイジェリアのダナ航空で、国内線を一日最大27便運航しており、比較的安全だとされていたという。ナイジェリアでは、これまでも度々旅客機が墜落。2006年には96人が死亡する事故が起きている。

またガーナでも前日の2日夜に、ナイジェリアの会社が運航する貨物機が着陸時に滑走路をオーバーランし、バスに衝突。少なくとも10人が死亡する事故が起きている。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ナイジェリアで旅客機墜落、乗客153人絶望か

【ヨハネスブルク支局】AFP通信などによると、ナイジェリア南部ラゴスで3日、首都アブジャからラゴスに向かっていた国内線旅客機が墜落、空港近くの建物に突っ込んだ。

同国航空当局によると、乗客は153人で、生存者がいる可能性は低いという。

(2012年6月4日01時23分 読売新聞)



 
 
>TOP

153人全員死亡、住民巻き添えか…旅客機墜落

【ヨハネスブルク=黒岩竹志】ナイジェリアの最大都市ラゴスで3日、旅客機が墜落した事故で、AP通信は乗員乗客153人全員が死亡したと伝えた。

墜落現場は人口密集地で、周辺住民にも多数の死傷者が出ている可能性がある。

旅客機はナイジェリアの民間航空会社「ダナ航空」が運航し、首都アブジャからラゴスに向かっていた。

在ナイジェリア日本大使館によると、日本人の被害情報は入っていない。

(2012年6月4日10時29分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア:153人乗り旅客機墜落 住民にも死者多数

毎日新聞 2012年06月04日 11時06分(最終更新 06月04日 11時48分)

【ヨハネスブルク服部正法】西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、ナイジェリアの民間航空会社「ダナ・エアー」の旅客機(乗員・乗客153人)が3日午後3時半(日本時間同11時半)ごろ、最大都市ラゴスの国際空港周辺住宅地に墜落した。ナイジェリア航空当局は生存者はいないとの見方を示している。AFP通信によると、墜落地周辺の住民にも犠牲者が多数出ている模様。これまでに少なくとも10人の焼死体が、倒壊した建物から見つかっている。

日本外務省によると、4日午前現在、日本人が巻きこまれたという情報は入っていない。

墜落したのはアブジャ発ラゴス行きの国内便で、ボーイングMD83型。旅客機は着陸直前、空港付近の住宅密集地に突っ込み、爆発・炎上したとみられる。現地の天候は曇りで、雨は降っていなかったという。



 
 
>TOP

ナイジェリア旅客機墜落現場、110人の遺体収容

2012/6/5 10:33

【ナイロビ=共同】ナイジェリア最大都市ラゴスで3日に国内線旅客機が墜落した現場では4日、捜索作業が続けられ、これまでに110人の遺体が収容された。AP通信などが伝えた。当局者は事故機の乗客乗員153人全員の死亡を明言したが、人口密集地の現場で住民らが何人巻き込まれたかは分かっていない。

ジョナサン大統領は4日、現場を訪れ、原因の徹底究明と再発防止を約束した。

米CNNによると、事故機の機長は米国人、副操縦士はインド人。地元メディアなどは、乗客にはナイジェリア軍幹部や政府当局者、中国人6人とレバノン人らが含まれていたとしている。

在ナイジェリア日本大使館に、日本人被害の情報は入っていない。



 
 
>TOP

ナイジェリア機墜落、死者163人に 操縦士から直前に異常の連絡

2012.06.05 Tue posted at: 17:58 JST

ラゴス(CNN) アフリカ西部ナイジェリアの最大都市ラゴスで起きた旅客機墜落で、地上にいた住民ら少なくとも10人が死亡したことが分かり、死者は乗員乗客全員と合わせ163人に達した。

旅客機はナイジェリアの航空会社、ダナ航空が運航していた首都アブジャ発の便で、乗員乗客153人が搭乗。3日午後3時40分ごろ、尾翼を下にした態勢で2階建ての住宅を直撃した。現場はラゴスの国際空港の北側で、滑走路まであと約18キロの地点だった。

緊急対策当局の責任者によると、建物の中や路上に住民らが何人いたのかは不明で、犠牲者の数はさらに増える恐れがある。4日夜までに137人の遺体が収容された。赤ちゃんを抱きしめた女性の遺体も見つかったという。

ダナ航空の幹部によると、操縦士は墜落の直前、無線で異常を伝えていた。同幹部は操縦士が米国人だったと述べたが、出身地や名前は公表していない。副操縦士はインド人、航空機関士はインドネシア人だった。同幹部によれば、機体は22年前に製造され、アラスカ航空から買い取った。飛行200時間ごとの定期検査を、3日前に実施したばかりだった。

ナイジェリアの中国大使館は4日、死亡した搭乗者の中に中国人6人が含まれていたと述べた。

ジョナサン大統領は事故をただちに調査するよう指示するとともに、3日間の服喪期間を定めた。



 
 
>TOP

ナイジェリア機墜落事故、飛行記録装置見つかる

2012.06.05 Tue posted at: 18:20 JST

(CNN) アフリカ西部ナイジェリアの最大都市ラゴスで起きた旅客機墜落で、同国当局は5日、同機の飛行記録装置と音声記録装置が見つかったと発表した。

同事故では、乗員乗客全員の153人と地上にいた住民ら少なくとも10人が死亡したと伝えられている。

旅客機はナイジェリアの航空会社、ダナ航空が運航していた首都アブジャ発の便で、乗員乗客153人が搭乗。3日午後3時40分ごろ、尾翼を下にした態勢で2階建ての住宅を直撃した。現場はラゴスの国際空港の北側で、滑走路まであと約18キロの地点だった。



 
 
>TOP

GOOD CORPORATE GOVERNANCE NECESSARY FOR ICT SECTOR

http://spyghana.com/world-news/inside-africa/nigeria-news/good-corporate-governance-necessary-for-ict-sector/

Even as the Nigerian telecommunications industry seems to have passed through its teething challenges, it does appear that certain ingredients are needed to sustain the growth so far achieved in the industry.

It was in realization of this goal, that NCC last week convened a forum on corporate governance in Lagos. The event entitled : Compliance with standards, processes and procedures” was attended by eminent scholars and experts in the industry. The event provided a platform for a review and strengthening corporate governance application in the operating companies in the Nigerian telecommunication sector.

In her presentation, Communication Technology minister, Mrs. Omobola Johnson said for the ICT industry to increase productivity and attract the needed foreign investment Nigeria desired, there is need for players in the industry to culminate a code of corporate governance in the industry.

Fabricating the necessary instruments that will formulate policies that will encourage practitioners and make the environment favourable for is inevitable for sector to attain the desired level of growth and development.

In his keynote address, former Executive Vice Chairman of NCC, Ernest Ndukwe said the institution of good corporate governance if given the priority it deserves will spur growth and encourage every staff of an organization. To promote good corporate governance, Ndukwe said it must be such every member of staff involved in an organization understand what it takes to achieve it.

He charged the commission to form a building block upon which a good corporate governance would be build in the Nigerian telecom industry.

Also speaking at the event, the EVC of NCC, represented by the Executive Commissioner for Stakeholder Management, Mr. Okechukwu Itanyi said stakeholders need to collaborate in order to bring about good corporate governance.

For NCC, having carefully nurtured the industry to its present stage of growth, it desired to sustain the growth by continuing to provide a level playing ground for all players to avert crisis situation that would be occasioned by weak corporate governance.

Itanyi said that corporate governance has become a veritable instrument for any companies to do well in its operations. He was optimistic that the stakeholders forum by NCC would improve the application of corporate governance by operators and bring a boost to the industry.



 
 
>TOP

ナイジェリアのキリスト教会で爆発、乱闘 計8人が死亡

2012.06.11 Mon posted at: 13:01 JST

ナイジェリア中部ジョス(CNN) ナイジェリア中部ジョスのキリスト教会で10日、車を使った自爆テロとみられる爆発があり、少なくとも5人が死亡、48人が負傷した。数時間後、現場近くで怒った市民らが警察と衝突し、さらに3人の死者が出た。

教会は爆発で全壊した。市民らは、当局の警備の甘さを非難して治安部隊を追い返した。即席のこん棒などで警察を攻撃し、路上にバリケードと検問所を設置した。

ナイジェリアは、北部にイスラム教徒、南部にキリスト教徒が多く、双方の衝突が頻発している。

ジョスから約370キロ離れた北部ビウでも同日、武装グループが教会に侵入して銃を乱射した。ジョスの爆発との関連や、死者が出たかどうかは分かっていない。

同国北部では1週間前にも2カ所の教会で爆発があり、少なくとも15人が死亡、38人が負傷していた。昨年のクリスマスには教会襲撃が相次ぎ、ジョナサン大統領が一部の州に緊急事態宣言を出した。

同国のイスラム武装組織ボコ・ハラムが教会などを標的としたテロを繰り返しているが、10日の犯行の首謀者は明らかになっていない。



 
 
>TOP

ナイジェリア、ネットユーザーアフリカ最多の4000万人超え

http://www.africa-news.jp/news_BAxF9UdfN.html

アフリカ諸国に拡大するネットビジネス

2012年6月13日、株式会社グローバルインフォメーションは『アフリカのインターネットおよびB2C Eコマース市場レポート』を発売した。

この報告書はyStats.com GmbH&Co. KGが発行し、アフリカのインターネット利用状況やB2C Eコマースの発展に関する分析とデータを提供するもの。

この市場調査によれば、アフリカでオンラインショッピングが普及する可能性が最も高いのは、南アフリカとナイジェリアで、ナイジェリアのインターネットユーザー数は2012年末までに4000万人を超えたという。

インターネットユーザー数においては、ナイジェリアがアフリカ最多で次いでエジプト、モロッコが上位である。

モロッコはインターネットの普及率が最も高く、人口の約半数に普及している。

買い物に銀行、価格と手軽さでオンライン利用

さらに南アフリカは、B2C Eコマースのプラットフォームの導入が最も進んでおり、アフリカ諸国ではモバイル決済の人気が高まっている。

B2Cとは、商取引の形態のひとつで、企業と一般消費者との間で取り交わされる取引のことである。

「Business to Customer」を省略した呼び名で、インターネット上に通販システムを設けて物販を行うオンラインショップの形態が最も多い。

インターネットの利用者に対して、オンラインショッピングを行う人の割合は2009年頃から徐々に増え始め、オンラインショッピングを選択する理由には価格の手頃さが第一に挙げられる。

一方、ケニアでは携帯電話を利用したモバイルバンキングが急速に発達し、携帯料金の低下やブロードバンド容量の拡大が見られるということだ。

2011年度、ケニアではインターネットユーザーが最も拡大し、人口に対するユーザーの割合は2010年から2011年にかけて10%強の伸びを見せているという。

今後もアフリカ諸国において、インターネットの普及、拡大が続くことが予想され、市場への影響が注目される。



 
 
>TOP

キリスト教会へ連続爆弾テロ、死傷者180人超 ナイジェリア

2012.06.18 Mon posted at: 12:27 JST

アブジャ(CNN) ナイジェリア北部カドゥナ州で17日、キリスト教会を狙った爆弾テロが相次ぎ、同国赤十字社によると合わせて50人以上が死亡、130人以上が負傷した。

最初の爆発は午前9時ごろ、同州ザリアの教会で発生。爆弾を仕掛けた車が高速で教会の防護柵を突破した。匿名の州当局者によると、少なくとも24人が死亡、125人が負傷し、このうち一部は重傷を負った。一方、赤十字社は死者2人、負傷者22人としている。

数分後にザリア市内の別の教会で爆発が起き、赤十字社によれば16人が死亡、31人が負傷した。

さらに州都カドゥナ市内の教会でも爆弾テロがあった。ザリアとカドゥナではキリスト教徒の若者らがタイヤに火を付け、主要道路を封鎖するなどして反発。州当局が24時間の外出禁止令を出した。赤十字社は、3番目の爆発と報復行動によって、合わせて32人が死亡、78人が負傷したと発表した。

同国北部では2週間前にも2カ所の教会が爆破され、少なくとも15人が死亡。1週間前にはジョスの教会で車を使った自爆テロがあり、礼拝中の信者ら5人が死亡したほか、怒った市民が警察と衝突し、さらに3人の死者が出た。

17日の一連のテロについて犯行声明は出ていないが、ジョナサン大統領は同国のイスラム武装組織ボコ・ハラムによる犯行との見方を示した。ボコ・ハラムは「ナイジェリアのタリバーン」を名乗り、イスラム国家樹立を掲げて教会へのテロなどを繰り返している。



 
 
>TOP

2012年6月18日0時26分

ナイジェリアで教会5カ所が爆発 12人死亡80人負傷

ナイジェリア北部カドゥナ近郊で17日、5カ所のキリスト教会で相次いで爆発があった。AP通信は、ナイジェリア赤十字当局者の話として、少なくとも12人が死亡、80人が負傷したと伝えた。AFP通信によると、カドゥナに24時間の外出禁止令が出された。

死傷者の多くは礼拝に訪れた市民とみられる。ナイジェリアでは、イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」による教会や警察の施設を狙うテロが相次いでいる。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ナイジェリアの教会でテロ、犠牲者40人以上か

【ヨハネスブルク=黒岩竹志】西アフリカ・ナイジェリア北部カドゥナ州で17日、3か所のキリスト教会で自爆テロとみられる爆発が相次いで起こり、AP通信によると、21人が死亡した。

この後、教会を狙ったテロ攻撃に怒ったキリスト教徒の若者が、カドゥナ州近郊で報復としてイスラム教徒を襲撃し、ロイター通信は約20人が死亡した可能性があると報じた。17日の犠牲者は40人以上に上ったものとみられる。

イスラム法の全土導入を求めるイスラム過激派ボコ・ハラムが教会への攻撃を認めた。ボコ・ハラムは教会などを狙ったテロ攻撃を繰り返しており、AP通信によると、今年に入ってから580人以上が犠牲になったという。

(2012年6月18日20時55分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア:キリスト教会で連続爆破テロ 21人が死亡

毎日新聞 2012年06月18日 10時32分(最終更新 06月18日 12時00分)

【ヨハネスブルク服部正法】西アフリカ・ナイジェリア北部カドゥナ州で17日、キリスト教会3カ所で爆発が相次いで発生、AP通信によると少なくとも21人が死亡、約100人が負傷した。自爆テロとみられる。犯行声明は出ていないが、教会や政府機関への攻撃を強めるイスラム過激派ボコ・ハラムのテロ攻撃の可能性がある。

現地の報道によると、怒ったキリスト教徒の若者らが暴徒化。付近の高速道路を封鎖し、通りがかった車を止めてイスラム教徒とみられる人たちを殺害した。ロイター通信は20人程度が殺されたとの目撃情報を伝えた。

ナイジェリアは北部でイスラム教徒、南部でキリスト教徒が多数派で、キリスト教徒を標的としたテロが最近頻発。全土にシャリア(イスラム法)の厳格適用を求めるボコ・ハラムの犯行とみられている。



 
 
>TOP

Teachers’ Council seeks ICT integration in learning

http://www.thenationonlineng.net/2011/index.php/business/labour/50599-teachers%E2%80%99-council-seeks-ict-integration-in-learning.html

The Teachers Registration Council of Nigeria (TRCN) has emphasised the need for professional teachers in Africa to embrace the use of Information and Communication Technology (ICT).

This was contained in a statement issued in Abuja and signed by Mr Ojewuyi Muyiwa, TRCN’s Head of Information.

The statement quoted TRCN’s Registrar, Prof. Addison-Mark Wokocha as making the call at the Africa Forum of Teachers Regulatory Agencies (AFTRA) conference in Cotonou, Republic of Benin.

Wokocha said this in a paper entitled: The need to integrate ICT in Teaching and Learning and the role of AFTRA at the conference.

He said ICT had become necessary in the teaching and learning transaction in the information age and knowledge-based economy.

“Teaching skills can be more readily acquired and improved through the use of ICT instruments such as e-learning and e-teaching, virtual library, virtual laboratory and video conference,’’ he said.

He noted that the creative use of ICT-related facilities to improve learning opportunities had eluded a lot of teachers in the educational systems of many African countries.

“These are undoubtedly, the pivot of dynamic pedagogy and must indeed be the indispensable instruments of transformation of the educational institutions as trained trainers in content teaching and transmission," he said.

The Registrar of South Africa Council for Education, Mr Rej Brijraj who doubles as AFTRA Chairman, said the ability to use ICT in teaching e-learning transaction would provide the needed transformation in higher education on the continent.

“It will assist in making our continental knowledge bases institutions to be internationally competitive, ‘’ the statement quoted him as saying.

The AFTRA Chairman noted that the benefits to be derived from making use of ICT include saving time taken to complete operations and saving energy spent in performing tasks.

Brijraj added that the 1998 UNESCO World Education Report noted that the world of teaching and earning process was changing.

He said the new technologies challenge had overtaken traditional conceptions of teaching and learning, configuring how teachers and learners gain access to knowledge.

He said this had the potential to transform the teacher-centred and text-bound classroom into rich student-centred interactions knowledge environment.



 
 
>TOP

【速報】雲の上でもiPad 3!エア・ナイジェリアが機内サービスとして導入

http://www.africa-news.jp/news_BZ6bbIjBs.html?right

アフリカ一早い導入

エア・ナイジェリアは、A330型の機内サービスとしてiPad 3を導入することを18日に発表した。これは、アフリカの航空会社の中でいち早いサービスとなる。

このサービスは、機内エンターテイメント(IFE)と呼ばれる機内サービスの向上の一環として、ビジネスクラスで行われる。最新のハリウッド映画やコメディー、ドラマ、子ども番組などが観ることが可能となる。エコノミークラスは、メインスクリーンでこれらを楽しむことができるという。

CEOの意気込み

“我々は乗客の方々にこのようなユニークな商品を提供することができて嬉しく思います。これによって、ファーストクラスなエンターテイメントをフライトでくつろぎ、楽しんでいただけることを確信しています。”
と、同社のCEOであるナイフ・カッサイ氏は語った。

フライト中のiPad 3のサービスによって、乗客の旅のパターンが増えることとなるだろう、とも同氏は語っている。



 
 
>TOP

ナイジェリアで刑務所襲撃、40人脱走 過激派か

2012/6/25 9:38

【ナイロビ=共同】ナイジェリアからの報道によると、同国北東部ヨベ州ダマトゥルで24日、イスラム過激派ボコ・ハラムとみられる武装集団が刑務所を襲撃、数人が死亡し、収監されていた40人が脱走した。

ダマトゥルでは18日にボコ・ハラムが警察当局などを襲撃、銃撃戦が19日まで続き、少なくとも40人が死亡したばかり。

ボコ・ハラムは全土へのシャリア(イスラム法)導入を要求、警察当局などへのテロ攻撃を繰り返している。



 
 
>TOP

タンカー火災で95人死亡、漏れ出たガソリンすくい取ろうと ナイジェリア

2012.07.13 Fri posted at: 09:37 JST

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ西部のナイジェリアで12日、タンカーからガソリンが漏れ出て火災が発生し、ガソリンをすくっていた住民ら少なくとも95人が遺体で見つかった。政府当局者が明らかにした。

地元の警察によると、事故は南部の産油地帯にあるリバース州で同日午前5時半ごろに発生した。タンカーから漏れ出たガソリンを住民たちがバケツですくっていたところ、ガソリンに火が付いたという。

同国の緊急事態管理当局によれば、負傷者は病院に運ばれたが、少なくとも18人が重傷を負っている。被害者の中には女性や子どももいるという。火は既に消し止められた。

現場は立ち入りが禁止され、事後処理や負傷者の手当てなどが行われている。



 
 
>TOP

2012年7月15日2時2分

ナイジェリアで自爆テロ モスク近く、5人死亡

ナイジェリア北東部ボルノ州のイスラム教礼拝所(モスク)の近くで13日、自爆テロがあり、少なくとも5人が死亡し、6人がけがをした。軍当局者の話としてAP通信が伝えた。

爆発があったのは、イスラム武装勢力「ボコ・ハラム」の拠点とされる街の有名なモスク。自爆したのは少年で、近くにいた同州副知事らを狙ったとみられる。

ナイジェリアでは、キリスト教教会や警察施設などでボコ・ハラムによる爆弾テロや銃撃が相次いでおり、今年だけで630人以上が死亡している。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

Nigeria: Cisco Arms Women With ICT Solutions

http://allafrica.com/stories/201207180174.html

THE global village phenomenon is increasingly being actualised, thanks to the growing video technology and Cisco's resolve to ensure that Africa does not take the back seat in the development.

With the power of its Telepresence technology, Cisco has pioneered several innovations aimed at widening Africa's world view and as well launch the continent powerfully into the world space.

Cisco TelePresence offers a video experience that is life-like and natural, giving a feeling of people in the same room even when they were many kilometers apart.

Meanwhile, what Cisco started out as a way to save travel costs and optimize employee time at large companies has evolved into a way of accelerating time to market, expanding access to experts, and transforming how companies do business and how education programmes can be delivered.

However, its latest move is passionate and has moved several Africans who naturally give all the best to their women folk. So when Cisco recently delivered several networking events designed to help talented young women in Africa to boost their future outlook, it was obvious they would receive rave reviews.

Among the initiatives is the Cisco Africa Women Leadership Network Program which kicked off proceedings in April. The programme targets young talented women at college and universities throughout Africa, aiming to expose them to innovative technologies and to inspiring women role models who have positively impacted society.

Botswana Ambassador to the United States, Tebelelo Mazile Seretse, moderating a session through telepresence as the Cisco Africa Women Leadership Network Programme kicked off, recently.

An elated Botswana Ambassador to the United States, Tebelelo Mazile Seretse, who moderated the seession via Cisco's telepresence, noted that mentoring and training programs aimed at young talented females in Africa are going to be vital to help Africa's future young workforce to be able to adapt and secure career opportunities in the global 21st century workforce.

Growing youth population

She added that "Africa's growing youth population needs to be equipped with the right skills to help them thrive in this ever changing world"

The session which connected up to 77 African women live to the Washington DC base of the Ambassador was monitored across Cisco offices in Lagos, Johannesburg, Tunis, Nairobi, Cairo, Casablanca, and Algiers.

Seretse shared her background, as well as the decisions she made throughout the different stages of her childhood, adulthood and her professional life to the women. She also revealed to the women, how technology has played a role in her day-to-day life.

Another key empowerment Cisco made to women in Africa within the same period, included the provision of telepresence technology to facilitate students from Morocco, Egypt, Lebanon and the UAE, to meet female leaders from Cisco who shared their backgrounds, experiences and discussed how they had developed their own careers for their respective job roles.

The gesture was its contribution to a successful marking of this year's International Telecommunication Union (ITU) Girl's in ICT Day.

In 2010, the International Telecommunication Union (ITU) members, agreed to recognize Girls in ICT, pitching the day of celebration to the 4th Thursday of every April.

So, to mark Girls in ICT Day 2012 Cisco MENA region offices (Morocco, Egypt, Lebanon and UAE) hosted 42 female students from secondary schools and universities who were invited to spend the day at Cisco offices to gain an understanding of the opportunities the ICT sector holds for their future and a deeper insight into professional fields and courses of study that may be overlooked when choosing a career.

The MENA offices participated with one agenda over TelePresence where female andmale leaders at Cisco shared their backgrounds and experiences, discussing how they developed their careers to reach leadership positions.

The girls had the opportunity to test their skills, ask questions, make important contacts and get to know Cisco employees in person. This is even as they also met other students from different backgrounds and nationalities from different countries in the region.

These developments mark significant milestones for technology in Africa and testify to the whirlwind of information and communications technology (ICT) developments in the region.

But much more than that, they also send strong signals to African men that the fure of African leadership may have started a journey into the hands of the women. Otherwise, Seretse wouldn't have said that;

"I was delighted to participate in the inaugural session for Cisco's Africa Women Leadership Network Program as I see it as a very worthwhile initiative that will inspire and grow young women who are our future leaders in the continent. As the African proverb goes, if you educate a man you educate an individual, but if you educate a woman, you educate a nation"



 
 
>TOP

ディナモ、ミランからタイウォを期限付きで獲得

掲載: 2012年7月31日(火), 18.28CET

FCディナモ・キエフが、ナイジェリア代表SBタイエ・タイウォを1シーズンの期限付き移籍でACミランから獲得した。シーズン終了後に完全移籍へ切り替えられるオプションもついている。

FCディナモ・キエフが、DFタイエ・タイウォを1シーズンの期限付き移籍でACミランから獲得した。シーズン終了後に完全移籍へ切り替えられるオプションもついている。

この27歳のナイジェリア代表SBはオリンピック・マルセイユでリーグ1の191試合に出場したあと、2011年5月にミランに加入。しかし、サン・シーロではトップチームでの出場機会に恵まれず、1月には期限付きでクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍していた。タイウォが今回のビロ・シニ(ディナモの愛称)への期限付き移籍を決意した決め手は、再びレギュラーとしてプレーするチャンスを求めたことである。

「僕にとって、ディナモへの移籍は毎週90分間プレーするための大きなチャンスになる」とタイウォは語る。「ミランへの敬意はもちろんあるが、ベンチに座ってキャリアを送るつもりはない。キエフに行けば、UEFAチャンピオンズリーグでプレーできる可能性もあるし、そこは友人のアイラ・ユスフが所属しているクラブでもあるからね」

ユーリ・セミン監督率いるディナモが今夏に獲得した新戦力は、ミゲウ・ベローゾ、ニコ・クラニチャル、ラファエウ、アンドリー・ボグダノフ、マルコ・ルベンに次いで、タイウォで6人目となる。しかし、ディナモのイーゴル・スルキス会長は「補強は打ち止めかって?絶対なんてことはない」とさらなる補強の可能性を否定しなかった。

ディナモは、UCL予選3回戦でフェイエノールトと戦っていて、7日の第2戦では敵地ロッテルダムへ乗り込む(第1戦は2-1でディナモが勝利)。

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1844127.html



 
 
>TOP

サムスン電子 西アフリカ初の電子技術学校設立

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2012/08/02/0500000000AJP20120802003700882.HTML

【ヨハネスブルク聯合ニュース】サムスン電子は2日までに、ナイジェリア・ラゴスに電子技術人材を養成する「サムスンエンジニアリングアカデミー」を設立したと明らかにした。西アフリカに電子技術学校が開校するのは初めて。先月31日、開校式が行われた。

同校は毎年、現地の高校3年生36人を受け入れ、1年間にわたり技術教育を実施する。教室には電子黒板や教育用ネットブックなどの先端施設を備えた。

同校はサムスン電子とラゴス州政府、世界銀行が協力して設けられた。530平方メートル規模の校舎はラゴス州が新築し、サムスン電子に提供した。教育課程を修了した卒業生はエンジニアなどとして同社に採用される。

開校式に出席した西アフリカ法人のシン・ジンウク法人長(常務)は「サムスン電子の技術力をアフリカの未来に投資するという長期的な計画の第一歩を踏み出した」と評価した。2015年までにアフリカ全域で技術人材1万人を育成する方針という。

サムスン電子がアフリカに設立した電子技術学校は南アフリカ共和国、ケニアに続き、3校目となる



 
 
>TOP

2012年8月8日10時7分

ナイジェリアの教会で乱射、19人死亡

ナイジェリア中部オケネのキリスト教福音派教会に6日夜、武装した3人組が侵入して銃を乱射し、AP通信によると、19人が死亡した。3人組の1人が教会の電気を遮断して暗闇にしたうえで、残る2人が銃を乱射したという。

犯行声明は出ていないが、同国では、イスラム過激派「ボコ・ハラム」が、礼拝中のキリスト教徒を狙った銃撃や自爆テロを重ねている。北部はイスラム教徒が多く、南部はキリスト教徒が多数派を占める。ボコ・ハラムの攻撃が続く最近になって、同国内で異教徒間の緊張が高まっている。



 
 
>TOP

Nigeria: 300 Children, Youths for ICT Training

http://allafrica.com/stories/201208090197.html

Over 300 children and youths from across the country are presently assembled in Abuja for detailed training in information and communication technology out of which 30 would be selected to join their peers from across the world on ICT training in South Africa.

Chairman, Board of Trustees of Digital Peers International, DPI, organisers of the annual Digitest, Engr. Adeolu Odusote at the opening ceremony of the Digitest 2012, titled: Digital Solutions to Youths Unemployment in Abuja, said the children would be taken through ICT training that will help them to be self-employed and better appreciate life.

Odusote affirmed that the youths were always at the receiving end whenever there was system failure in any country. He noted that the retreat/ training for the children and youths between eight and18 years, will see participants receiving thorough training on ICT from August 6 to 16, 2012 that will help them to be focused and self-employed in the near future.

Digitest is the brainchild of Digital Peers International, DPI which on annual basis takes children and youths to camp with all the ICT facilities and comfort during long vacation so as to keep them busy as they learn and enhance their knowledge in ICT and at the same time, learn some morals and values that will keep them focused in life.

DPI also seeks to empower them to acquire information and the application of such acquired information to national development.

Odusote though regretted that 90 per cent of the youths were unemployed as many of them wait on government jobs which more often than not, are not forthcoming. He stated that there must be a solution to the menace that would help to absorb the teeming unemployed youths in the country.

"When ICT first came, it was like it would take jobs from people but people then began to realise that ICT creates more jobs than taking the jobs from them.

"We have over 300 children and youths for this year's Digitest for the 10 days training out of which 30 would be selected to meet other children from around the world in South Africa on the 20th of this month. It will broaden their horizon, redirect their focus to better appreciate what the future holds for them."

Earlier, Mr. John Osai, Permanent Secretary in the Ministry of Women and Children Affairs bemoaned the increasing rate of unemployment in the country.

Osai lamented over the escalating number of unemployed youths which he said has continued to be on the increase as more graduates were being churned out from tertiary institutions in the country without employment.

He said: "The high rate of unemployment in the country has brought frustration to the lives of many to the extent that life no more has meaning to them. The skyrocketing rate of poverty can also be tied to the high rate of unemployment which has risen to a crescendo.

"This, in itself, is a threat to national development because it makes many to take to criminal activities which hinders developmental moves in the country."

He said that statistics had proven that "there is a steady increase in the number of unemployed youths in the country such that the escalating cacophony of unemployed youths has been identified as one of the potential threats to the security and survival of the Nigerian nation"

The Permanent Secretary said that the annual Digitest retreat for children and youths would contribute immensely to curbing unemployment in the country as the youths would have learnt some skills that will help them to be self-employed in the near future.



 
 
>TOP

Nigeria: Govt to Tackle Cyber Crime With Youth Empowerment - CT Minister

http://allafrica.com/stories/201208220817.html

Cyber security was major issue that dominated discussions at the just concluded Cyber Nigeria Forum 2012 and Africa Information Society Merit Award organised by Tribe Media Company, an ICT programme on TV- AIT Infotech Network and Cyber Africa in Lagos.

With the theme "Economics of Cyberspace and Cyber Responsibility", the event attracted stakeholders from the Nigerian ICT industry, manufacturing, Science and technology, the academia and entertainment.

Discussants spoke on cyber crime, maximizing the potentials of the internet and the Nigerian state in a fast changing world. They also stressed the need to strengthen and secure information infrastructures both in the public and private sectors.

In her lead discussion, Minister of Communications Technology, Mrs. Omobola Johnson said that government is leaving no stone unturned at ensuring that the issue of cybercrime is adequately tackled through empowerment.

"Government is not resting on his oars in ensuring that cybercrime is reduced to the barest minimum by encouraging young people to channel their energy positively into ICT innovation," she said.

Delivering the keynote address on "Social Media, Citizen Journalism and the State," Professor Emevwo Biakolo of the School of Media and Communication at Pan African University, Lagos said that the role of the media in the new age can not be over-emphasized.

He noted that social media tools have become enablers both for the professional journalist and citizen journalists and called on the media to focus on the positive roles this medium can play in the national life.

In his speech at the event, president of the Nigeria Internet Group, Engr. Bayo Banjo noted that hackers are becoming more sophisticated and as such requires that the security operatives should constantly train to be able to cope with the challenges posed by increasing cyber threats.

He warned that the economic impact and consequences of cyber attacks against critical infrastructure such as the banking system, essential government and industry data and services could be extremely high, especially as more Nigerian businesses are automated.

High point of the event was the Africa Information Society Merit Award platform for individuals, organizations and initiatives that continue to promote the knowledge economy in Africa's largest nation.

The awardees who were drawn from key sectors of the economy were rewarded in recognition of their contributions to science and technology and ICT applications, usage, deployment and development across Africa.

Meanwhile, the United States Commercial Service was recognized for its role in promoting ICT in business through the CTO, while the best e government initiative award went to the Edo State Government First Bank won the best technology application in service award.

Phase3 telecom got the best Internet Infrastructure Company while Samsung Electronics West Africa was honored as the Most innovative electronic Brand in Africa in recognition of its eco-friendly Solar powered laptops.

The climax of the award was the presentation of the special award to the minister of the communication Technology Ministry- Mrs. Omobola Johnson for laying a solid foundation for an innovative nation.

In the individual category CKN Nigeria, a bourgeoning online news platform got the New media award, while Emma Okonji of Thisday Newspaper was best ICT reporter. Larry Izamoje of Brilla FM got special recognition for promoting broadcasting in Africa.

Addressing newsmen, the President of Tribe Media Company and Group Co-ordinator of Cyber Nigeria Forum, Mr Bayero Agabi said Cyber Nigeria Forum represents a gathering of top professionals who gather to discuss critical issues of human cum national development.

For him, the presence of who is who in some of Nigeria's critical sectors showcased the revolution of the innovation taking place in the government and private sectors and unwraps the who, what and how of various initiatives that are enabling digital life.

The event was instituted in 2009 by AIT Infotech Network and Cyber Africa to mark a decade of reporting and producing ICT programme on television by renowned technology broadcaster, Bayero Agabi.



 
 
>TOP

日本政府、医師のビザ拒否 広島の核国際会議に出席計画

2012年8月23日 08時43分

国連本部で開かれた武器貿易条約制定会議に参加し、医師の署名簿を潘基文事務総長(右)に渡すナイジェリアのオナジ医師=7月3日、ニューヨーク(国連提供・共同)

【ニューヨーク共同】核戦争防止国際医師会議(IPPNW、本部米マサチューセッツ州)が24日から広島で開く世界大会に、ナイジェリア代表として参加を予定していた医師に対し、日本政府が査証(ビザ)の発給を拒否したことが22日分かった。

IPPNWは1985年にノーベル平和賞を受けた団体。IPPNWの米組織に当たる公共政策団体「社会的責任のための医師の会」(PSR)は抗議の意思を表明している。

日本の外務省は9人のビザを出さなかったことを認め「ビザを発給しなかった個別の事情は説明していない」(稲村和男・領事局外国人課課長補佐)としている。



 
 
>TOP

日本政府、医師のビザ拒否 広島の会議出席計画

2012.8.23 10:56

核戦争防止国際医師会議(IPPNW、本部米マサチューセッツ州)が24日から広島で開く世界大会に、ナイジェリア代表団メンバーとして参加を予定していた医師に対し、日本政府が査証(ビザ)の発給を拒否したことが22日分かった。

IPPNWは1985年にノーベル平和賞を受けた団体。IPPNWの米組織に当たる公共政策団体「社会的責任のための医師の会」(PSR)は抗議の意思を表明している。

PSRは、ビザを申請したナイジェリア代表13人のうち4人だけが発給され9人は拒否されたとしている。日本の外務省はビザを出さなかったことを認め「ビザを発給しなかった個別の事情は説明していない」(稲村和男・領事局外国人課課長補佐)としている。

PSRによるとビザを拒否されたのはIPPNWのナイジェリアにおける組織「人類福祉ナイジェリア医師の会」のオゲベ・オナジ医師ら。(共同)



 
 
>TOP

World Bank Gives FG $180m For ICT Training

http://pmnewsnigeria.com/2012/09/21/world-bank-gives-fg-180m-for-ict-training/

The Federal Government and the World Bank have earmarked $180 million for the training of graduates of tertiary institutions in Information and Communications Technology (ICT) as well as job-related skills.

The initiative is being implemented through the Science and Technology Education Post-Basic (Step-B) Project under the Federal Ministry of Education, in partnership with the Ministry of Labour and Productivity, Ministry of Communications Technology and the Outsourcing Development Initiative of Nigeria, a private sector company that trains unemployed graduates with skills and connects them with employers.

National coordinator for Step B at the education ministry, Michael Adikwu, said there were complaints that many Nigerian graduates were not directly employable because they lacked certain skills.

Adikwu said the World Bank came up with the new economic skills programme for Africa where candidates are trained in ICT and tested in various skills such as grammar, teamwork, and organisational and administrative skills.

He explained that the programme was not about getting job interviews but was an opportunity for employers to tell candidates what they were looking for.

As part of the project, 1,007 graduate employees attending the Access Nigeria Job Fair in Lagos on 14 September were matched with prospective employers in various sectors of the economy ranging from aviation, manufacturing, banking, telecommunications, IT, oil and gas, education and engineering.



 
 
>TOP

アフリカ人の生活を変える携帯電話

http://www.work-master.net/news_bTzj3YU2HO.html

携帯・スマートフォンが人々の生活を大きく変えたのは、欧米や日本だけではない。アフリカ人の生活も大きな影響を受けている。

アフリカでの携帯電話事情

ナイジェリアは、今日、アフリカ最大の電話通信市場を誇り、約1億件のモバイル回線が存在している。ケニアでも2000年から2010年の間に携帯電話の加入者が500倍になったという。また、ルワンダでは、2010年だけで、携帯電話ユーザーが50%増したそうだ。使用法としては、これまではSNS(ショートメッセージサービス)が主流だったが、今後はPC代わりにインターネットへの接続が主になりそうだ。

アフリカでの生活の変化

これだけ普及してきた携帯電話だが、アフリカの生活に色々な局面で影響を及ぼしている。まず、銀行取引。多くのアフリカ人が、買い物や海外の親戚への送金、請求書や通信料の支払いをモバイルマネーで行っている。

次に人々の意識への影響だ。モバイルを通して、人々の間でいくらでもコミュニケーションができるようになり、政府に幻滅した人々を闘争へと駆り立てる可能性が出てきたのだ。政府が暴力的な行為を行えば、それをまたたくまに全世界に伝えることができる。そのおかげで、選挙での透明性が上がったのは言うまでもない。

そして教育面。パソコンより安く教材を配布できるツールとして携帯電話が評価されている。携帯電話は、娯楽面でも活躍している。好きなラジオを聴いたり、歌をダウンロードしたり、写真やビデオを楽しむといった具合だ。

さらに、災害管理でも力を発揮している。あるNGOが携帯電話会社と組んで、難民のデータベースを作っているという。このデータベースによって、離ればなれになった家族や知人と連絡ができるようになるのである。

農業にも大きな影響を及ぼしている。携帯電話によって、気象情報、市場価格などの情報を得ることができるようになり、農家は、より良い選択ができるになった。健康面でも携帯電話が仲介となってヘルスケアの向上が可能となっている。

このように多様な利益面がある携帯電話。想像もつかないスピードでアフリカ諸国の生活を変えていっているようだ。Googleは、現在、2億台のアンドロイドフォンをアフリカで販売する計画を立てており、2016年には10億台になると見込んでいる。将来のスマートフォンは、アフリカが支えることになるのかもしれない。



 
 
>TOP

Chinese firm ZTE mulls telecoms venture in Nigeria

http://www.globaltimes.cn/content/735723.shtml

The Chinese telecommunications and network solution firm ZTE is set to partner with the United Arab Emirate (UAE) telecommunication service provider, Etisalat, to provide network transformation as well as sustainable and robust growth of the company in Nigeria, Africa's most populous nation.

ICT business consultant of China's ZTE Ahtasham Rabbani told a workshop audience in Abuja, Nigeria's capital city, that the West African nation still has a long way to go in 3G (3rd Generation) connection and smartphone operation, hence the need for the Chinese firm to collaborate with Etisalat to improve network infrastructure and weak control on channels.

"To survive in the big data era, operators need to size the business model and build a strong, smart and cost-efficient network. To develop the 3G connections, it involves a terminal strategy and high-tech services. The 3G package needs to be explored a lot in Nigeria," said Rabbani, a Pakistani, who has worked with China-based ZTE for over six years.

He said the telecoms sector is fast advancing to the big data era globally and Nigeria should not lag behind in the advancement.

For proper and improved services, the UAE telecoms firm needs to keep a balanced 2G (2nd Generation) connections and Average Revenue Per User (ARPU) growth in Nigeria before gradually penetrating the 3G market, he added.

Having only 13 percent of mobile phone subscribers in Nigeria and currently facing a lot of challenges as the fourth mobile telecommunications operator in the country, one of the 15 members of the regional ECOWAS bloc, the UAE telecoms company has achieved some laudable feats including an aggressive mobile connection growth, according to Rabbani.

"ZTE is the only vendor to provide big solutions to all the problems, judging by our track records across the world," he stressed, noting the firm had also collaborated with South Africa's MTN, known as the largest telecommunication network provider in Nigeria and Globacom, the Nigeria's indigenous telecoms firm, also known as the second largest network provider in the country.

On his own part, manager of Etisalat's mobile operations, Ashraf Aljaru, said the collaboration between ZTE and the UAE telecoms firm will yield fruitful results, considering the high level of commitments involved.

While Etisalat is regarded as one of the mainstream mobile phone operators in Nigeria and Africa, ZTE is a trailblazer in more than 100 countries across the world.



 
 
>TOP

南アフリカ発のSNS「2go」、ナイジェリアでフェイスブック凌ぐ人気

http://www.emeye.jp/disp/ZAF/2012/0927/stockname_0927_019/0/

南アフリカ発の新興モバイルSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「2go」がナイジェリアで人気を得ていると、アフリカIT系メディアのベンチャーズが伝えている。アクティブユーザーは急速に増えており、すでに現在900万人を超す。ナイジェリアにおける米フェイスブックのユーザー数約586万人(9月27日時点)を大きく上回ってきている。

「2go」は4年前にわずか7人のメンバーが立ち上げたもので、特に目立った資金援助やマーケティング活動なしにここまで成長した。南アフリカからケニア、ナイジェリアへと顧客基盤を広げ、ナイジェリアでは携帯電話を用いて手軽に仲間と会話(チャット)を楽しめる点が注目されて大学生の間で人気に火が付き以来存在感を高めたようだ。

成功の秘訣は新興国ならではの事情に合わせていること。アフリカでは経済事情や知識不足などを背景にスマートフォン(多機能携帯電話)への買い替えをせず、安価で慣れ親しんだ従来型携帯電話を利用する人がまだほとんど。そのためグローバルに普及するSNSがそのままの性能、通信負荷度でアフリカ市場に乗り込めば、データ処理速度などで劣る従来型携帯電話では見合うパフォーマンスが出せず、ユーザーが不便を感じかねない。

この点「2go」はもともと新興国向けに特化した仕様で、従来型携帯電話の限られた性能でもスムーズに会話できるようデータ使用量を最小限に抑える独自技術を編み出して対処。ベンチャーズは「2go」のディレクターを勤めるピーター・ロックハート氏の「チャットなど、携帯電話を用いて交流したいというユーザーが一番求めている機能に特化し、それを安価に提供できるバランスを追求している。スマートフォン向けよりも深い専門的知識を要するものだ」とのコメントを紹介している。

アフリカ第2位の経済大国ナイジェリアは人口が1億6000万人超とアフリカ最大で、携帯電話の利用者も9000万人と圧倒的。そこで成功してきていることで、「2go」はアフリカナンバーワンのモバイルSNSの地位を大きく引き寄せた。アフリカのモバイルユーザーは15年時点でも全体の85%が従来型携帯電話ユーザーだろうとする調査会社の予測もあり、優位性を保って中期的にトップの地位を磐石にしていく可能性が高い。アフリカの通信市場拡大につながり、ひいては経済の活性化にも貢献していきそうだ。

(矢野伸)



 
 
>TOP

ナイジェリアの農業従事者にモバイルフォン1,000万台配布

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201209281800.html

ナイジェリアの連邦農業・農村開発省(Federal Ministry of Agriculture and Rural Development)が、同国における携帯を使った電子ウォレット(財布)プロジェクトの成功を受けて全国の農業従事者に電話機を1,000万台配布する計画を発表した。同国では農業における種子や肥料の投入量見積もりにモバイルを活用するアフリカ初のプロジェクトが始まっており、これを全土に拡大するために上記の農業省、財務省、情報技術省のコラボレーションで2013年中に1,000万台を配布するという。

この発表が行われたのはYEAP(Youth Employment on Agriculture Programme)と呼ばれる若者を農業に従事させるための国家プログラムのワークショップの場で、全国の若者に対して農業を魅力ある職業にしていくため、若手起業家、市民団体、資金提供者、金融機関などが集い、ロードマップを描いて共有していくという。農業省では若手農業従事者のための部署(Department of Youth in Agriculture)を新設する予定で、農業自給率の向上のために打たれているさまざまな施策の一環のようだ。

携帯電話はアフリカ諸国で人口に占める割合の大きい農業従事者に大きなインパクトを与えてきた。ほとんどが零細で金融サービスや新技術へのアクセスが限られていた人々である。携帯は電子財布のほか、天候情報提供、農産物の市場価格、マイクロインシュアランス(小規模保険サービス)などのプラットフォームとして利用されている。

他国の例になるが、ケニアでは2003年から農産物取引所がモバイルキャリアのサファリコム(Safaricom)と提携し、テキストメッセージで農産物価格を農業従事者に伝えるSokoniSMS64というサービスを開始している。ケニアにはM-Farmという同種のサービスがあるほか、iCowという家畜向けサービスも始まっている。SMSや音声を使って家畜の病気、飼料、種付けなどの情報をオンデマンドで提供するというもので、獣医との連絡手段としても使われているとのこと。



 
 
>TOP

サウジアラビア、巡礼のナイジェリア女性1000人を入国拒否

cnn.co.jp

2012.09.30 Sun posted at 10:44 JST

(CNN) イスラム教の聖地、サウジアラビアのメッカでの巡礼(ハッジ)に向かっていたナイジェリア人女性1000人以上が、男性同伴の条件を満たしていないとの理由で入国を拒否され、帰国していたことが分かった。

サウジ巡礼省は28日、「巡礼のために入国する者はビザの条件に従わなければならない」とする声明を出した。サウジ法は、45歳未満の女性巡礼者に男性親族の同行を義務付けている。

ナイジェリア当局は公式見解を発表していない。国営ナイジェリア通信(NAN)によると、女性たちはメッカ巡礼の玄関口ジェッダの国際空港で4〜5日間足止めされた末、27日から28日夜にかけて全員が帰国した。ある女性はNANに「これまでの人生で最も非人間的な扱いを受けた」と語った。

NANによると、一行には男性も同行していたが、ジェッダ空港に到着した後、男性たちだけが先に入国審査を通過するよう指示され、女性たちが残されてしまったとの情報もある。

これに対してサウジ当局は女性たちの処遇に問題はなかったと主張し、世界各地からの巡礼者を快く受け入れるとの姿勢を確認した。メッカ巡礼はイスラム教徒の義務とされ、例年10日間で約300万人が訪れる。



 
 
>TOP

Promoting women entrepreneurship through technology

The Guardian NIGERIA

http://www.ngrguardiannews.com/index.php?option=com_content&view=article&id=100368:promoting-women-entrepreneurship-through-technology&catid=55:compulife&Itemid=391

Nigeria is certainly a growing hub for enterprises in Africa. Increasingly, more people are beginning to depend less on paid employment and look to starting up their own businesses in order to thrive both small and large scale enterprises. Of this growing number, women constitute a significant proportion of people who are becoming entrepreneurs in the Nigerian society. ADEYEMI ADEPETUN writes

THE disparity between the women and their male counterpart in access to basic Information and Communications Technologies (ICTs) may have been identified as a huge constraint in Nigeria’s quest to become a major economic bloc in the African sub-region.

Traditionally, due to the role of women in many cultures in Nigeria, they have faced several challenges when it comes to starting a business or taking a leading role in corporate organisations. As found in many other African countries, Nigeria holds conservative values and traditional customs in undertaking business activities.

Entrepreneurial roles, including those in corporate institutions have long been recognized to be an occupation for men, stemming from the fact that men play the role of heads of the home. Prevailing traditional beliefs create barriers for women who aspire to become entrepreneurs.

Coupled with this, the responsibilities required of a woman as a mother as well as lack of access to funds also constitutes challenges to women being on equal ground with men in the entrepreneurial landscape.

Indeed, a study by a women entrepreneurship advocate, Phillips Koelllinger, showed women have lower propensity for entrepreneurship compared to men.

This may be attributable to the inherent constraint women face in their entrepreneurial ability, which continued to be a stumbling block for their entrepreneurial growth and success.

Recognising the importance of the female folks in economic development, the International Telecommunications Union (ITU) in its charter, enshrined gender equality and women’s empowerment in it.

According to ITU Secretary General, Dr Hamadoun Toure, “ICTs are tools that can help accelerate progress towards achieving the target of using the power of ICTs to provide new digital opportunities to women globally.”

Just recently, and as part of development initiative for women, Nokia partnered with Cherie Blair Foundation for Women, United Kingdom and MTN Nigeria to bring Business Women Service via Nokia Life to Nigeria. At the Forum, which had in attendance female folks from various fields of live in the country, the need for women to become more innovative in business decisions was stressed.

According to the Foundation, Nokia and its partners planned empowerment for the women with the provision of essential business entrepreneurship tips, delivered via SMS to them.

Beside, Cherie Blair Foundation, chaired by Cherie Blair, wife of former British Prime Minister, Mr. Tony Blair, also claimed that one of its missions for women was to bridge the imbalance amongst the female folks entrepreneurship in Nigeria, because it observed that women are faced with significant barriers in scaling up their businesses, including access to affordable resources, marketing channels and training inputs.

Research conducted by the Cherie Blair Foundation for Women, supported by the ExxonMobil Foundation, showed that 93 per cent of women entrepreneurs in Nigeria were willing to use a valued-added mobile service like Business Women to address the core challenges they face in their business; and 75 per cent of them felt that addressing these challenges would lead to a significant increase in the value of their business.

Consequently, the foundation believed that ICT has the potential of making women competitively, adding that using a service based technology such as the Nokia Life tools to pass information across more women while targeting the next billion people to be connected.

According to her, “Giving women the chance to become financially independent and make the most of their talents is the key to higher living standards and stronger economies.”

Statistics have also shown that women face diverse challenges in the Nigerian business world. Recently, the World Bank condemned the low percentage of women in the Nigerian business environment, saying there are only 15 per cent women in business.

The Country Director, World Bank, Marie Francois Marie-Nelly made the assertion when the bank launched investment climate assessment report in Abuja.

According to her, “Nigeria’s business climate was unfair to women”. She noted that women make up half of Nigeria’s population, lamenting that over a half of the manufacturing firms in the country do not employ a single woman.”

A similar survey carried out by the Department of Business Admin and Management, Kano State Polytechnic using 30 samples of women entrepreneurs within Kano metropolis showed that women running businesses faced similar challenges which were centered on cultural challenges, family responsibilities, lack of funds, and lack of access to enabling information.

According to the study, 76 per cent of the respondents noted that if they had access to knowledge that could help them start or grow their enterprises, they would be better off as opposed to the 45 per cent who cited finances as their major challenge.

As such, at the Nokia and Cherie Blair Foundation forum, where the women service initiative on the Nokia Life Tools platform was unveiled, the service was targeted at women in rural areas who may not have access to Internet services but make use of mobile phones. The service runs through a short message service (SMS), which is available to everyone using a mobile device and enables them to receive information, which could educate them on how to better manage their business concerns.

The partnership was formed with the aim of achieving Nokia’s goal of development through access to information as well as empowerment of women in business, which is also the main focus of the foundation. The service is facilitated by MTN on the network side. Hopefully, more networks will come aboard this new innovative service from Nokia.

According to Blair, the new information service aimed addressing the imbalance by providing essential entrepreneurship tips, delivered via SMS to mobile phones with the Nokia Life service. “Women entrepreneurs present at the launch of the service expressed optimism that the new information service would assist them in overcoming some of the social and economic barriers preventing women from reaching their economic potential,” she said.

Speaking on the development, Chairman of WIMBIZ, a women’s organisation dedicated to recognising and supporting women in business, Ms Adeola Azeez, said that with proper information, other barriers facing women entrepreneurs could be surmounted.

According to her, with the Nokia Life Tools Information Service for women, women in rural areas would have access to financial information which would help them to better plan their finances and overcome financial challenges and also how to better position themselves in the ever-changing competitive marketplace.”

Nigeria was the first country in Africa to benefit from the Nokia Life Tools, which is aimed at emerging markets across the globe.

The Vice President of Nokia West Africa, Mr. James Rutherford, said, “Nokia Life is by far the world’s largest mobile information services suite helping consumers in emerging markets learn, live, and share information better.”

According to him, the information services has over 6.3 million users in these markets with services which cover healthcare, agriculture, education, entertainment and more recently, advisory information for women.

Rutherford stated that Nokia was committed to aiding development within the ecosystem in which it finds itself, adding that women are integral to the development of any society and empowering women through information is the first step in bridging the gap in entrepreneurship.

“There are over 101 million active mobile phones in Nigeria out of which only a third of this number are smartphones. The Nokia Life Tools seeks to connect with this large population of mobile phone users and give them the opportunities that they ordinarily cannot access without a smartphone”, he stated.

Another advocacy group, Women In Technology Development in Nigeria (WITIN), chaired by Mrs. Martha Alade-Omoekpen, also stressed the need why women and girls must embrace ICT and equal opportunities must be given to the female folks in the country.

In chat with The Guardian, Alade-Omoekpen said the disparity between the men folk and women in Nigeria in having access to basic ICT services has led to gross limitation of Nigerian women in their quest of becoming a major economic bloc in the African sub-region.

According to her, some identified challenges hindering young girls from pursuing careers in ICT include: ignorance of the opportunities and benefits of ICT; lack of female ICT role models; unhelpful influence of parents and teachers to teach young female at very early stage of life; thinking by girls that ICT is more of hardware, mathematics, algorithms and programming, among others.

She noted that using ICT to promote socio-economic empowerment of women and address equity issues with regard to gender, disadvantaged groups as well as those in rural and under-served communities has become a matter of urgency in Nigeria, if the country must achieve her Millennium Development Goals (MDGs).



 
 
>TOP

学校宿舎襲撃、20人殺害 ナイジェリア北東部

nikkei.com

2012/10/3 1:40

ナイジェリアからの報道によると、同国北東部アダマワ州ムービで2日、武装集団が技術学校の宿舎を襲撃。英BBC放送は警察筋の話として、発砲などで少なくとも20人が殺害されたと伝えた。学生40人以上が殺されたとの未確認情報もあるという。

同国ではイスラム過激派ボコ・ハラムによる警察当局や教会へのテロ攻撃が続いているが、関連は不明。治安当局はムービで先週、ボコ・ハラムと関係があるとみられる人物を多数逮捕している。(ナイロビ=共同)



 
 
>TOP

武装集団が大学を襲撃、学生など25人殺害 ナイジェリア

cnn.co.jp

2012.10.03 Wed posted at 09:06 JST

ナイジェリア・ラゴス(CNN) ナイジェリア北東部で大学の寮が武装集団に襲撃され、学生など25人が殺害される事件があった。警察が3日までに明らかにした。

警察などによると、1日夜、隣国カメルーンとの国境に近い北東部のムビにある科学技術大学の学生寮に武装集団が押し入り、銃や刃物で学生らを殺害した。中にはのどをかき切られて死亡した被害者もいるという。この事件で同大学などの学生22人と、大学職員など3人が死亡した。

犯人グループが被害者の名を呼んでいたことから、警察は内部関係者の犯行との見方を強め、近く実施される同大学の学内選挙との関連を調べている。警察広報によれば、数日中に容疑者を特定できる見通しだという。



 
 
>TOP

ナイジェリア:専門学校の学生寮に襲撃 25人が死亡

毎日新聞 2012年10月04日 17時22分

西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、北東部ムービで、1日夜から2日未明にかけ、武装した男らが技術専門学校の学生寮に侵入し、銃や刃物で学生らを攻撃、少なくとも学生ら25人が死亡した。40人程度が死亡したとの情報もある。AP通信によると、最近行われた学生自治会の選挙を巡るトラブルや、同国北部でテロ攻撃を繰り返すイスラム過激派ボコ・ハラムの関与が疑われているという。【ヨハネスブルク】



 
 
>TOP

ナイジェリアで洪水、148人死亡 カバやワニ民家に流れ込み数万人が避難

cnn.co.jp

2012.10.05 Fri posted at 16:45 JST

(CNN) ナイジェリアで洪水があり、148人が死亡した。この洪水の影響で、クロコダイルやカバなどの動物が民家に流れ込むなどして、住民数万人が避難を余儀なくされている。

地元の赤十字の発表によると、同国の21の地域が被災し、少なくとも148人が死亡した。

ここ数週間に発生した豪雨により、推定13万4000人が被災。水関係の病気の発生が懸念されている。



 
 
>TOP

ナイジェリア:政府軍兵士、民間人30人以上射殺

毎日新聞 2012年10月09日 09時35分(最終更新 10月09日 12時35分)

【ヨハネスブルク服部正法】AP通信によると、西アフリカ・ナイジェリア北東部マイドゥグリで8日、政府軍兵士が30人以上の民間人を射殺した。マイドゥグリは、キリスト教会や政府機関へのテロ攻撃を続けるイスラム過激派ボコ・ハラムの拠点で軍が厳戒態勢を敷いており、ボコ・ハラム戦闘員と誤って射殺した可能性もある。

AP通信記者が現場で死者数を数えた。犠牲者は武器を持っておらず、ボコ・ハラム戦闘員と断定する証拠はなかったという。ある軍兵士は「爆弾攻撃を受け、将校が死んだため」と、報復のための発砲だったことを示唆したという。同記者は兵士が50軒程度の家屋に火を放つのも目撃したとしている。

ナイジェリアでは09年以降、ボコ・ハラムのテロ攻撃による犠牲者が1000人を超えている。一方、軍による掃討作戦も激烈になっており、ボコ・ハラム側に多数の死者が出ている模様で、報復の連鎖による、さらなる治安悪化も懸念される。



 
 
>TOP

Nigeria: Apple Establishes Presence in Nigerian ICT Market

http://allafrica.com/stories/201210110425.html

allAfrica

Apple has announced a new plan to make its products officially available in Nigeria through its official Apple channels. This is the first time the company will make such move in the Nigerian market.

The growing importance of the Nigerian market and the need to give Nigerian buyers a new level of customer experience and full product guarantee may have attracted Apple's new move to the Nigerian market.

The outlets will ensure products available through official channel partners in the country.

The new Apple Authorised Resellers include iConnect at the Palms, Lekki in Lagos; Superior Equipment - The Orchard at the Civic Centre in Lagos; Cross Energy, Flag Place in Abuja; and iMEED Store, Rivers House, Central Business Area of Abuja.

Core Group Africa, the Value Added Distributor (VAO) for Apple, officially launched the iPad in Nigeria recently, as part of a global roll out.

Executive Director for Apple Core Group Africa, Mr. Rutger-Jan Van Spaandonk, said "Nigerians can now to purchase with confidence knowing that their Apple iPad has been bought through the official distribution channels. We want customers to have the best Apple experience possible and be able to take advantage of the benefits of purchasing their iPad from an Apple Authorised Resellers. It is in the best interest of Nigerian consumers to buy from the official distribution channel so that they can take advantage also of the 2 year warranty." The warranty is a shield that protects official buyers and gives them peace of mind.

The extra year of warranty extends the standard warranty to two years for new iPads that are sold through Apple Authorised Resellers. "This is the first time a two year warranty is being given to buyers in Nigeria by Apple at no extra cost whatsoever," Van Spaandonk said.

In order to qualify, customers only need to provide proof of purchase from an Apple Authorised Reseller and register their iPad on www.isocietynigeria.com. In addition to the two year warranty support, there are other benefits in purchasing from authorised outlets, he said.

The new iPad which was also officially launched in Nigeria by Core Group Africa has the highest resolution display with 3.1 million pixels, giving sharp details on texts, videos and photos. It also supports dictation. Instead of typing, one simply taps the microphone on the key board and says what he wants. The new iPad listens and converts the words instantly into text. It also has a 10 hour battery life and provides the most versatile, on-the-go user experience for goal getting professionals and value conscious Nigerian.



 
 
>TOP

オランダ:ナイジェリアでの汚染で訴えられたシェル

RFI 2012年10月12日

ウルスラ・ソアル記

ナイジェリア人の4人の村人がハーグで訴えを起こした。ハーグには石油会社シェルの本社がある。4人は環境団体「地球の友」の支援を受けていて、ニジェール・デルタの彼らの村3つがパイプラインからの石油漏れで汚染された件に関するシェルの責任を裁くことを求めている。口頭弁論は10月11日に終了し、評決は1月末に下される。もし原告が勝訴したら、世界初の事例となるだろう。

オランダの企業が、子会社が起こしたとされる事件でオランダの裁判所に訴えられたのは初めてのことである。4人の村人は漁労を営むナイジェリア人で、シェルに賠償を求めている。そのうちの1人は、汚染で養魚池をすべて失ったと主張する。彼らはまた、再び畑仕事と漁業ができるよう除染を要求している。

原告の1人で、ゴイ(Goi)村に住むエリック・ドー(Eric Dooh)は、「私の村は亡霊の土地のようになってしまいました。以前は植物が美しく生い茂っていました。今では呼吸が苦しく、人々は病気になっています」と説明した。彼は2つのパイプラインの間に暮らしている。

もう1人の原告でイコット・アダ・ウド(Ikot Ada Udo) 村のフライデー・アルフレッド・アクパン(Friday Alfred Akpan)は、AFPに対して、「シェルの設備のせいで私の村で石油流出が起こり、私の47の養魚池が破壊されました。それが、私がここにいる理由です」と語った。

4人の村人を支援するNGO「地球の友」の代表Geert Ritsemaはちょうど2週間前に自身で現地に赴いて被害を確認しおり、RFIにこう語った。

〈NGO「地球の友」の代表Geert Ritsemaの話。〉
「石油は地下5メートルまで染み込み、すべての小川を汚染しました。」

大手石油会社シェルの方は、2004〜2007年にナイジェリアの3つの村が汚染されたことへの責任をいっさい否定している。そもそも汚染は、パイプラインを故意に破壊して石油を違法に汲み上げて盗んでいく者たちのせいで起きたと反論している。シェルの副会長Allard CasteleinもRFIに同様の主張をしている。

〈シェルの環境問題担当副会長Allard Casteleinの話。〉
「地方政府と連邦政府のメンバーを含む合同調査チームは、これらの石油流出は故意の破壊行為と石油の汲み上げが原因だと結論を出したのです。」(サラー・ティッセイル記)

これに対して、4人の村人の弁護士Channa Samkaldenは法廷で、9000キロメートルのパイプラインに責任を持つシェル・グループはこれを十分に維持管理していなかったと反論した。「故意の破壊などではなく、不十分な保全が流出の原因です」と。

一方、アムネスティ・インターナショナルは2か月前に発表した報告書の中で、シェルはナイジェリアでのこうした汚染問題に対して防御の姿勢を守り通そうとしていると非難していた。この人権団体は、「パイプラインが意図的に破壊されているのは事実だ。しかし腐食と、不十分な補修のために浸食されているのも事実だ」と言い切っている。

原告勝訴なら、前代未聞の訴訟

もしこの訴訟で有罪判決が出てシェルの責任が認められたら、ナイジェリアの別の石油会社だけでなく、もっと広範に世界中のさまざまな企業、とりわけ石油・ガス・鉱山など掘削会社に対する別の訴訟への道が開かれる可能性がある。

アムネスティ・インターナショナルのフランシス・ペラン( Francis Perrin )はRFIに答えて、司法がこれら原告を勝訴させたら、当然このうえなく明快なメッセージを送ることになると語った。「同様のケースにおいて住民は、ただ訴訟を受理してもらおうするために、よその国とくにヨーロッパやアメリカあるいは他の国に行ってみようとする可能性がでてきます。そのことが重要です。」

この訴訟は4年前に始まり、判決は2013年1月末に3人の裁判官によって言い渡されることになっている。【翻訳:村田はるせ、AJF】

Pays-Bas : Shell face a la justice pour pollution au Nigeria



 
 
>TOP

ナイジェリアの農家ら、石油流出を巡りシェルを提訴

cnn.co.jp

2012.10.12 Fri posted at 15:55 JST

(CNN) ナイジェリアの農家ら4人と環境保護団体「フレンズ・オブ・ジ・アース」は11日、英・オランダの石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルと同社のナイジェリア現地法人を相手取り、ニジェール川河口デルタ地帯の環境浄化と公害への補償を求める民事訴訟をオランダで起こした。

原告はシェルに対し、石油で汚染された土地や養殖場の除染を行うとともに、将来にわたってパイプラインを保守し、石油の流出事故を防止するよう求めている。

だがシェルは、問題となっている3つの村ではナイジェリア当局の求める環境浄化をすでに行っていると反論。同社は関連施設から流出した全ての石油の除去に努めており、環境汚染の多くは、パイプラインを破壊し石油の抜き取りを行っている人々が引き起こしたものだと主張している。

「ニジェール川デルタの真の悲劇は、幅広くかつ継続的に行われている犯罪行為にある。(パイプラインなどの石油関連施設の)破壊や(石油の)窃盗、違法な精製が、石油流出の大半の原因になっている」とシェルの広報は11日、声明を出した。

国連環境計画(UNEP)は昨年、オゴニランド地方での半世紀以上にわたる石油採掘による環境汚染がそれまで考えられていた規模をはるかに上回っていたとの調査結果を発表した。

この調査はナイジェリア政府が委託し、シェルが費用を負担したもの。これによれば、環境を元に戻すには30年間の年月と10億ドルの費用を要し、史上最大の除染作業になるという。



 
 
>TOP

イスラム開発銀行:総裁ら来日 日本からの投資呼びかけ

毎日新聞 2012年10月14日 10時29分(最終更新 10月14日 11時04分)

イスラム圏でのインフラ整備や民間事業へ融資、支援する「イスラム開発銀行」(本部・サウジアラビア)のアハメド・モハメッド・アリ総裁ら幹部が、IMF(国際通貨基金)・世界銀行の年次総会出席のため来日し13日、東京都内で同銀行の事業内容などを説明するとともに、日本からイスラム圏への投資を呼びかけた。

イスラム開発銀行は、融資を通じて貧困などを解消する目的で1975年に設立された機関。現在、中東やアジアのイスラム協力機構に属する56カ国がメンバーとして出資し、資本金は500億ディナール(約3兆5400億円)に上る。イスラム法では「金利」を取ることは禁止されているが、「対価」については禁止されていないことから、事業に融資する際に設備を設置する料金や事業の必要な資材を購入するときに手数料を上乗せするなどで利益を生み出している。

創立から現在まで空港や発電所建設など約3900のプロジェクトに融資しているほか、社会的事業としてパキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの3カ国のポリオ撲滅プロジェクトに総額約3億5000万ドル(約275億円)を融資している。

アリ総裁は、同銀行が欧米の格付け会社からもトリプルAを受けていることを紹介したうえで「08年の世界的な金融危機の時にも影響は少なく、むしろ投資をしたいという国は増えている。それはイスラム経済は実体経済に依存する部分が多く投機的度合いが低いからだ」と話した。

また日本との関係について「地域の発展という共通目的でJICA(国際協力機構)とは(協調融資などで)良好な関係を持っている」とした。さらに同席したアーメット・ティクティク副総裁は「イスラム圏でのプロジェクトに参加を希望する日本企業を、私たちは手伝うことができる。ぜひ相談してほしい」と日本から出資を呼びかけた。【黒川将光】



 
 
>TOP

モスク近くの市場で銃撃、23人死亡 ナイジェリア北部

cnn.co.jp

2012.10.15 Mon posted at 11:37 JST

(CNN) ナイジェリアの緊急対策当局者によると、北部カドゥナ州の村で14日朝、武装グループによる銃撃があり、23人が死亡、17人が負傷した。

同当局者によると、犠牲者は全員男性で、近くのモスク(イスラム教礼拝所)で朝の礼拝を終えたところだった。この日は村に市場が立つ日だったため、現場周辺は多くの買い物客でにぎわっていた。

一帯は強盗事件の多発地域で、村を取り囲む森林は犯罪組織の潜伏場所となっている。同当局者は、警察への通報を恐れた犯罪組織が自警活動に参加する住民らを狙ったとの見方を示した。

同州ではキリスト教徒とイスラム教徒が激しい衝突を繰り返してきた。今年6月には教会襲撃事件が相次ぎ、50人が死亡。イスラム国家樹立を掲げる武装勢力「ボコ・ハラム」が犯行声明を出していた。



 
 
>TOP

Removing barriers to Nigeria’s ICT growth

The Guardian

http://www.ngrguardiannews.com/index.php?option=com_content&view=article&id=102512:removing-barriers-to-nigerias-ict-growth&catid=55:compulife&Itemid=391

At the just concluded International Telecommunications Union Telecoms World conference in Dubai, UAE, global leaders in ICT asked governments to soften on taxation , if growth must be evenly spread. ADEYEMI ADEPETUN who was there, reports.

UNITED Nations telecommunications agency-- the International Telecommunications Union (ITU) in its recent survey, put global mobile subscription at the end of 2011 at six billion, stressing that there were now more mobile phone subscriptions in the world as people. The survey also stated that there are nearly seven billion people on Earth.

The ITU study, which was titled “Measuring the Information Society 2012”, examined 155 countries. It assessed their access to and use of Information and Communication Technology (ICT), but found almost one billion mobile subscriptions in China.

The launch of the report coincided with the just concluded ITU Telecoms World Conference in Dubai, UAE, where various issues bedeviling the global telecoms and IT space were tabled.

With representations from over 150 countries, gathered for five days at the Dubai World Trade Centre, venue of the conference, experts, including top government functionaries from Nigeria used the period to deliberate on measures to be adopted in deepening ICT growth.

While declaring open the summit, the Secretary-General of ITU, Hamadoune Toure said that the world had been brought together through the power of ICT.

Toure advocated that policies backed with sustainability and consistencies should be the next frontier in driving further the present level of development occasioned by the advent of technology.

He urged developing nations to back their policies, especially in the match towards improved broadband regime with actions.

As such, he lamented that there had been policy inconsistencies in the administration of ICT among nations, especially developing ones.

Acknowledging the growth in the global mobile subscriptions put at six billion and over 2.3 billion users of the Internet, Toure said that operators must invest in infrastructure to expand communications reach, stressing that government, especially in the developing economies, must dream big, because it had positive effect for the future.

According to him, for broadband to grow, government, private sector and the operator must work in collaboration. He advised that the regulator should regulate with precision.

Indeed, if ICT development must be even in the years to come, one critical area seeking urgent attention, according to experts revolves around issues of taxation and in Nigeria multiple taxation.

To them, taxation had done more harm than good to the technology industry.

Dwelling more on the impact of taxation in ICT growth in Nigeria and indeed Africa, former Executive Vice Chairman of the Nigerian Communications Commission (NCC), Dr. Ernest Ndukwe said that government was not always working in the best interests of the ICT sector.

“In Nigeria, ICT companies are generally regarded as cash cows and an easy way of meeting revenue targets. In a number of cases, taxes are so high that they make certain ventures and services non-viable and unaffordable.”

According to him, the solution lay in education and public awareness for government officials and ICTs have to drive this awareness in their various countries.

Other discussants from USA, India, Algeria and Dubai who shared different opinions on broadband penetration in Africa and the developing countries of the world, agreed that regulation of telecoms’ technology would retard broadband growth in the region.

Mr. Chris Gabriel, from Germany explained that the challenge that most African countries faced was government intrusion in regulating the technology driving telecommunications, which limited the level of innovation of the telecoms providers.

Regulators, he added, would always want to assert their regulatory powers on operators and operators would always want to improve on innovation and speed in the use of technology, while the consumers would always want the best of service from operators.

According to him, the interests of the three parties were necessary for telecoms growth, but warned that too much assertion of regulatory powers from authorities could hamper growth in telecommunications, especially in broadband penetration.

The German based ICT expert advised that the best way to achieve growth was collaboration between the regulators, operators and consumers, in order to have a common front that will foster development.

Gabriel stressed the need or consumers’ interest to be considered first, calling on African leaders to partner the private sector in driving growth of telecommunications in the African region.

In his contribution to the discussion on broadband penetration and growth in developing economies, Robert Pepper from USA advised Nigerian government to build and develop infrastructure rollout in the country, instead of allowing operators to do so, with the assistance from the USPF generated money.

“If government bears the responsibility of infrastructure rollout, it will relieve telecoms operators the burden of combining service delivery with infrastructure rollout,” Pepper said.

Addressing the issue of technology regulation, which often results in multiple taxations, Pepper said that telecoms operators would only abide to the regulatory dictates of the regulator and would not carryout innovations that would drive healthy competition, should government regulate the technology.

In his own contribution, EVC of NCC, Dr. Eugene Juwah, who spoke on the commission’s initiative in introducing the Universal Service Provision Fund (USPF) created to assist Nigerian telecoms operators in rolling out telecoms services in rural and underserved communities, said that NCC would soon conclude plans to deploy a new business model known as the Open Access Model that would further drive telecoms growth and broadband development in the country.

He added that the Open Access Model would help deepen broadband penetration, through the unbundling of telecommunications infrastructure into different layers that would make it easy for operators to take up a layer and develop it to maximum capacity and use.

Juwah, who linked increasing network congestion in Nigeria to lack of telecoms infrastructure backhaul, noted that unless the issue of infrastructure backhaul was addressed, Nigeria would continue to suffer congestion across networks.

He called on telecoms operators in Nigeria, Africa and the rest of the world, to always consider developing infrastructure backhaul that would stand as backup to support the network in periods of crisis.

“Services from mobile network operators should be backhauled in order to serve more people on the network, without the slightest experience of network congestion,” Juwah said, while addressing participants at the conference.

Addressing other challenges in the Nigerian telecoms sector, Juwah said that infrastructure sharing and collocation, especially in the area of fibre optic cable rollout, had also been a major challenge among telecoms operators. He, however, said that the issue had been tackled.

“Telecoms operators fear sabotage in sharing fibre cables, and would rather prefer to rollout their own cable,” he said.

Explaining how the challenge was resolved, Juwah said that the commission introduced a collective ownership of fibre rollout by the operators, with an independent consortium to manage it on behalf of all the operators.

Speaking on the economic benefit of infrastructure sharing, Juwah said that it would facilitate faster infrastructure rollout, drive down the cost of telecoms services and improve service quality.

Juwah advised telecoms operators in the African region and the entire world, to adopt the principle of convergence in telecoms, as converged technology would drive the economies of the world.

Other countries like Algeria, India, Uganda, Tanzania, Sudan, among others that were present at the five-day conference in Dubai, also listed their challenges in telecommunications and the measures put in place to address them.

For instance, ministers from those countries largely accepted the position on taxation; they however, noted that taxation levels were sadly not always within the powers of the communications and technology ministries.

“There is a problem with the minister of communication and the ministry of finance,” said Minister for Uganda Ruhakana Rugunda, “One wants low taxes to facilitate growth but the finance minister is more senior and he wants to raise money.”



 
 
>TOP

ナイジェリア北部のカトリック教会で自爆テロ、死傷者100人以上

cnn.co.jp

2012.10.29 Mon posted at 12:57 JST

ラゴス(CNN) ナイジェリア北部の都市カドゥナで28日、カトリック教会を狙った自爆テロが発生し、自爆犯を含む8人が死亡、100人余りが負傷した。

同国緊急対策当局の当局者によると、爆発物を仕掛けた車が教会に突っ込んだ。重体の負傷者もいて、地元4カ所の病院へ搬送された。

現場には赤十字や警防団の要員が出動した。同当局者によれば、怒ったキリスト教徒の若者がスタッフに殴りかかって救急車の窓を割るなど、現場は混乱した。

同国では近年、教会を狙ったテロが続発している。一連の事件で犯行声明を出していたのは、イスラム国家樹立を掲げる武装勢力「ボコ・ハラム」だ。

ジョナサン大統領は「残虐な攻撃を非難する」との声明を発表し、テロ対策の強化を表明した。



 
 
>TOP

ナイジェリアで30人が銃殺 人権団体が指摘

2012.11.03 Sat posted at 12:53 JST

ラゴス(CNN) ナイジェリア北部で30人以上が銃殺される事件が発生した。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが2日に明らかにした。

アムネスティのサリル・シェティ事務局長は「われわれの情報網に確認したところ、今回の処刑で30人以上が殺害され、遺体安置所で犠牲者の遺体が発見された」と語った。目撃者によると、統合部隊(JTF)の治安部隊が処刑を行ったという。

事件が発生したのは、ナイジェリア北東部ボルノ州の町マイドゥグリ。イスラム教徒が多数を占めるナイジェリア北部では、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が、より厳格なイスラム法(シャリア)の適用を目指しており、これまでも暴力事件が相次いでいた。

そのため、ナイジェリア政府軍はボコ・ハラムなどの過激派組織の取り締まりを行っているが、アムネスティは1日に発表した報告書の中で、政府の治安部隊が取り締まりの過程で、罪状も裁判もない恣意的な拘束、司法手続きを経ない処刑、強制的失踪などの重大な人権侵害を行っていると指摘したばかりだった。

ボコ・ハラムは3年以上前から、キリスト教会を爆破するなどの暴力運動を展開し、多くの死傷者を出した。

ナイジェリアでは、キリスト教徒とイスラム教徒が拮抗しているが、南部はキリスト教徒が圧倒的に多い。ボコ・ハラムなどのイスラム組織は、イスラム教徒の多い北部はキリスト教徒であるグッドラック・ジョナサン大統領に軽視され、さまざまな資源が不足していると主張している。



 
 
>TOP

ナイジェリアの教会前で爆弾が爆発、11人死亡

【ヨハネスブルク支局】ナイジェリア北部のカドゥナ州で25日、軍施設内にある教会の前で自動車に仕掛けられた爆弾が爆発し、ロイター通信によると11人が死亡、数十人が負傷した。

カドゥナ州では、イスラム法の全土への導入を求めるイスラム過激派武装勢力「ボコ・ハラム」によるキリスト教会を狙うテロがこれまでにも発生している。

(2012年11月26日01時35分 読売新聞)



 
 
>TOP

原油やLNGの輸入先分散 アフリカ・ロシア産急増

価格引き下げ狙う

2012/12/6 1:03

エネルギーの調達先を分散する動きが加速している。今年に入り液化天然ガス(LNG)はアフリカ産が倍増し、原油はアフリカやロシア産が増えた。原子力発電所の停止で火力発電向け需要が急増し、日本の燃料価格は軒並み上昇。輸入先を広げ、資源国との交渉力を高めて価格を引き下げる狙いがある。

JX日鉱日石エネルギーは今年4月からナイジェリア産LNGの輸入を始めた。丸紅など大手商社もアフリカ産LNGの輸入を増やしている。

貿易統計によると、アフリカ産のLNG輸入量は1〜10月に760万トンと前年同期の2.4倍。全輸入量に占める割合も同2倍の1割となった。ナイジェリアや赤道ギニアなどからの輸入が急増している。

アフリカ産は有力な販売先だった南欧諸国の景気減速で需要が減少。日本向け輸出が増えた。スポット(随時契約)取引が多いナイジェリア産の輸入平均価格は1トン6万7千円で主力のインドネシアやマレーシア産より約1割安い。

1〜10月の日本のLNG輸入額は約5兆円と前年同期比3割増えた。電力やガス会社は調達先を従来の東南アジアや中東から、アフリカや米国などに広げて「長期契約交渉で主力資源国をけん制する」(東京ガス)。

原油では硫黄分が少なく、発電に適したガボン産が急増。ロシア産は極東のコズミノ港からの輸出が2013年に日量60万バレルと今年10月に比べ倍増する。日本は原油輸入量の5%にあたる同20万バレル以上を輸入する見通しだ。原油の中東依存度は09年の90%から現在は83%に下がっているが、今後は一段と低下しそうだ。

液化石油ガス(LPG)も家庭用燃料のプロパンが昨年はゼロだった米国産の輸入量が1〜10月に22万トンとなった。米国での「シェールガス」の増産で一緒に生産されるプロパンの需給が緩和。サウジアラビア産のプロパン価格よりも約5割安い。

LPG元売りのアストモスエネルギー(東京・千代田)やENEOSグローブ(同)は14年以降に米国産の長期契約を増やす。両社の輸入分だけで15年には日本の輸入量の8%に達する。



 
 
>TOP

客に酒飲ませカード奪った疑い ナイジェリア人経営者ら逮捕

2012/12/10 12:58

客に大量の酒を飲ませてキャッシュカードを奪い、現金を引き出したとして、警視庁組織犯罪対策2課は10日までに、ナイジェリア国籍で飲食店の実質経営者、ンゼリベ・エバン容疑者(42)とホステスら9人を昏睡(こんすい)強盗と窃盗の疑いで逮捕した。同課によると、全員が容疑を否認している。

同課によると、ンゼリベ容疑者らは2006年の飲食店の開店以降、同様の犯行を繰り返していたとみられ、被害総額は10億円以上に上るという。

逮捕容疑は10月17日午前2時〜4時ごろ、新宿区歌舞伎町のンゼリベ容疑者が経営する飲食店で男性会社員(33)を昏睡状態にさせて男性のキャッシュカードを奪ったうえ、ATMから現金60万円を引き出した疑い。



 
 
>TOP

イブに教会2カ所襲撃、死者12人 ナイジェリア

2012.12.26 Wed posted at 10:23 JST

(CNN) ナイジェリア北部で24日、2つの教会がクリスマスイブの礼拝中に武装グループの襲撃を受け、少なくとも12人が死亡した。同国は北部にイスラム教徒が多く、南部はキリスト教徒が多数派を占める。

ヨベ州の教会では武装グループが牧師を含む6人を殺害し、建物に火をつけた。ボルノ州マイドゥグリでも礼拝中の教会が襲われ、教会の役員1人とメンバー5人が死亡した。

ナイジェリア北部では昨年の12月25日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム」がキリスト教徒を狙ったとみられる襲撃が相次ぎ、30人以上の死者が出た。

ローマ法王ベネディクト16世は25日、クリスマス恒例のメッセージで同国北部の暴力に言及し、「野蛮なテロ行為」と非難した。

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、同国北部と中部では2010年以降、教会襲撃事件が少なくとも18件発生している。マイドゥグリでは、ボコ・ハラムがキリスト教徒の男性らを脅して改宗を強要するケースも報告された。

ジョナサン大統領は23日の声明で、治安の改善を改めて約束していた。それでも繰り返し発生する襲撃事件に、国民は不満を募らせている。



 
 
>TOP

ナイジェリア:キリスト教会襲撃、信者ら6人射殺

毎日新聞 2012年12月26日 10時58分

西アフリカ・ナイジェリアからの報道によると、北東部ヨベ州ポティスクム郊外で24日深夜から25日未明にかけ、武装した男たちがキリスト教会を襲撃、クリスマスイブの礼拝のため集まっていた信者ら6人を射殺した。犯行声明は出ていないが、教会へのテロ攻撃を強めるイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行が疑われている。【ヨハネスブルク】



UP:2012 REV:
川田 薫  ◇玉井 隆  ◇アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)