HOME > WORLD >

ナイジェリア連邦共和国 2010年1月〜6月

http://www.interq.or.jp/www1/infomat/info07125.htm#nigeria
アフリカアフリカ Africa 2014


○外務省 各国・地域情勢 ナイジェリア連邦共和国

○2007年までのニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 〜2007年
○2008年のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2008年
○2009年のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国 2009年
○最新のニュース、企画案内 ナイジェリア連邦共和国

◆2010/01/02 韓国ニュース ナイジェリア、ネーションズカップの名簿発表
◆2010/01/04 jp.reuters.com 米当局、ナイジェリアなど14カ国の乗客検査を強化
◆2010/01/04 AFP BB News 米行き国際便の身体検査を強化、経由便も対象
◆2010/01/06 asahi.com 薄給の警察官、市民数百人規模で殺害か ナイジェリア
◆2010/01/06 毎日新聞 楊・中国外相:アフリカ歴訪へ
◆2010/01/07 asahi.com 米機テロ未遂、爆発物下着に隠し持ち込んだ容疑者起訴
◆2010/01/07 cnn.co.jp 米機爆破未遂で逮捕の男、殺人未遂など6件で起訴
◆2010/01/07 NIKKEI NET 米機テロ未遂の被告、過激派支持の聖職者と面会
◆2010/01/07 NIKKEI NET 米機爆破テロ未遂の被告、英でアルカイダに参加
◆2010/01/07 yomiuri.co.jp 米航空機爆破テロ未遂事件、容疑者を起訴
◆2010/01/07 AFP BB News ナイジェリア人実行犯を起訴、米航空機爆破未遂事件
◆2010/01/08 asahi.com 爆破未遂犯、英でアルカイダ勧誘 イエメン当局
◆2010/01/08 AFP BB News 米大統領、テロ容疑者監視リスト掲載に新基準 航空機爆破未遂事件で
◆2010/01/09 AFP BB News ナイジェリア人被告、初公判で無罪主張 航空機爆破未遂事件
◆2010/01/09 NIKKEI NET 20人近くが航空機爆破訓練 イエメン、テロ未遂の被告が供述
◆2010/01/09 毎日新聞 米機テロ未遂:被告が黙秘 判事「無罪主張」認定
◆2010/01/09 cnn.co.jp テロ未遂容疑者は英国で過激化 イエメンで強硬派導師に面会と
◆2010/01/09 cnn.co.jp 被告が起訴事実認否で無罪を主張、米機爆破テロ未遂事件
◆2010/01/09 産経新聞 デルタ機爆破未遂、被告ほぼ無言…無罪主張と判断 裁判所周辺は厳戒
◆2010/01/10 産経新聞 ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰
◆2010/01/11 cnn.co.jp 米機爆破テロ未遂事件の被告父親を公聴会に招く、上院外交委
◆2010/01/13 yomiuri.co.jp 3連覇狙うエジプト、ナイジェリアに逆転勝ち
◆2010/01/15 AllAfrica.com Nigeria: 2011 - Deaf and Dumb Join Suswam's Campaign
◆2010/01/15 Nigerian Compass Newspaper Daku: Unhindered by disability
◆2010/01/17 NIKKEI NET ナイジェリア大統領の治療、サウジで長期化
◆2010/01/17 AllAfrica.com Nigeria: Citizens Have Learnt Great Lessons >From Civil War - Col Anwunah
◆2010/01/18 yomiuri.co.jp ナイジェリアでイスラム教徒、キリスト教徒衝突
◆2010/01/20 cnn.co.jp ナイジェリア中部で宗教間衝突、70人死亡と
◆2010/01/20 AFP BB News 宗教間の衝突で死者300人、ナイジェリア
◆2010/01/20 NHKニュース ナイジェリア 宗教間衝突激化
◆2010/01/20 ロイター ナイジェリアで宗教衝突、死者150人以上・負傷者多数
◆2010/01/21 ロイター ナイジェリアの宗教衝突、発生4日で死者計460人に
◆2010/01/21 日テレNEWS24 宗教対立で460人死亡、ナイジェリア
◆2010/01/21 毎日新聞 サッカー:ナイジェリアが準々決勝へ アフリカ選手権
◆2010/01/22 毎日新聞 ナイジェリア:宗教対立で衝突、200人以上が死亡
◆2010/01/24 cnn.co.jp ナイジェリアの宗教間衝突、「回教徒150人死亡」と人権団体
◆2010/01/25 IBTimes オーストラリア市場レポート1月25日:米中への懸念が市場に影響
◆2010/01/25 F1-Gate.com カンポス 「ナイジェリアからの資金を待っている」
◆2010/01/26 cnn.co.jp サッカーのアフリカ選手権、4強出そろう 準決勝は28日
◆2010/01/26 毎日新聞 サッカー:アフリカ選手権 カメルーン降し、エジプトが4強
◆2010/01/26 AFP BB News エジプトとナイジェリアが準決勝進出、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/27 トレビアンニュース 【韓フルタイム】韓国の空港でも全身透視スキャナー導入へ!
◆2010/01/28 AFP BB News ナイジェリア宗教間衝突の影に携帯SMS、「やられる前にやれ」と扇動
◆2010/01/29 cnn.co.jp エジプトとガーナが決勝へ、サッカー・アフリカ選手権
◆2010/01/29 毎日新聞 サッカー:アフリカ選手権 決勝はエジプトとガーナで
◆2010/01/29 AFP BB News 王者エジプトとガーナが決勝進出、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/30 cnn.co.jp ナイジェリア南部の武装勢力、軍事行動再開を宣言 政府批判し
◆2010/01/31 AFP BB News ナイジェリア アルジェリアを破り3位、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/31 共同通信 サッカー、ナイジェリアが3位 アフリカ選手権
◆2010/01/31 トムソンロイター サッカー=アフリカ・ネーションズ杯、ナイジェリアが3位
◆2010/02/03 cnn.co.jp ナイジェリアの親類が被告説得に協力 米機爆破未遂捜査
◆2010/02/03 TRAVEL VISION ルフトハンザ・ドイツ航空、SNとアフリカ路線コードシェア拡大
◆2010/02/03 cri 国際原油価格、2日も上昇
◆2010/02/04 innolife.net 韓国サッカー、FIFAランキング49位
◆2010/02/06 AFP BB News ナイジェリア代表監督解任、ヒディンク氏が新監督筆頭候補に
◆2010/02/07 世界史研究所 RIWHアフリカ奨学金基金への募金のお願い
◆2010/02/08 Security NEXT VISA騙るフィッシングが発生、8日の時点で稼働中 - 問合せは70件超
◆2010/02/10 cnn.co.jp ナイジェリア副大統領、大統領代行に 議会が承認
◆2010/02/10 毎日新聞 ナイジェリア:大統領の職務を副大統領が代行
◆2010/02/10 インターネット・セキュリティ・ナレッジ クレジットカード会社VISAを装ったフィッシング詐欺が確認
◆2010/02/13 AFP BB News ナイジェリアの教会が婚活イベント、ただし「愛は有料です」
◆2010/02/14 毎日新聞 世界を読む:航空機爆破未遂、23歳被告の足跡 孤独からアルカイダへ
◆2010/02/14 MSN産経ニュース バスに電線落下、20人以上が感電死 ナイジェリア
◆2010/02/14 FNNニュース ナイジェリア・ポートハーコートで電線が走行中のバスの上に落下 乗客など20人感電死
◆2010/02/15 NIKKEI NET 印携帯最大手、中東同業のアフリカ事業買収で独占交渉権
◆2010/02/16 AFP BB News 「テロとの戦い」めぐり前・現米副大統領が論争、バイデン氏とチェイニー氏
◆2010/02/18 Bloomberg.co.jp グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】
◆2010/02/18 IBTimes アジア市場レポート:2月18日
◆2010/02/19 CDJournal.com シャーデー、10年ぶりのアルバムで24年ぶりの全米1位を獲得!
◆2010/02/22 新華社新華網ニュース オーストラリアのCGA社、ナイジェリアの金鉱開発プロジェクトに投資予定
◆2010/02/24 NIKKEI NET ナイジェリア大統領、3カ月ぶりに帰国 サウジの病院で治療
◆2010/02/24 cnn.co.jp サウジで入院の大統領帰国、執務可能かは不明 ナイジェリア
◆2010/02/25 notrax マッドリブの連作CD、2月はブラジル、3月はアフリカ。
◆2010/03/02 asahi.com 長期療養中のナイジェリア大統領、極秘帰国 政争前夜?
◆2010/03/04 News2u 「4日の原油相場は、反発」【ドットコモディティ】
◆2010/03/08 yomiuri.co.jp ナイジェリアで宗教衝突、100人死亡
◆2010/03/08 cnn.co.jp ナイジェリア中部の村に襲撃、「200人以上死亡」と当局者
◆2010/03/08 yomiuri.co.jp ナイジェリアの宗教衝突、死者500人に
◆2010/03/09 WorldNewsVine (blog) Disabled Nigerians Demand Their Rights to Vote
◆2010/03/10 AFP BB News ナイジェリアの宗教間衝突、軍が知事による事前警告を無視か
◆2010/03/11 cnn.co.jp サッカーの若手有望選手2人が相次いで試合中に死亡、アフリカ
◆2010/03/11 AFP BB News ローマ法王「残忍な虐殺」、ナイジェリアの宗教間衝突を非難
◆2010/03/15 ValuePress! 『Color C Code』のカラーコード・テクノロジーズ株式会社、ナイジェリア企業と合弁会社設立決定
◆2010/03/15 Daily Sun Persons with disability want constitution amended
◆2010/03/16 AllAfrica.com Nigeria: Pencom Wants Group Life to Cover Employee Disability
◆2010/03/17 AJF 公開セミナー:ナイジェリア再発見 ナイジェリアの今
◆2010/03/17 AllAfrica.com Nigeria: Pass Disability Bill, Association Urges National Assembly
◆2010/03/18 cnn.co.jp 大統領代行が内閣解散、大統領は姿見せず ナイジェリア
◆2010/03/23 cnn.co.jp ナイジェリア警察、宗教衝突関与容疑の163人拘束
◆2010/03/26 cnn.co.jp イスラム法廷、人権団体にSNSでの議論禁止令 ナイジェリア
◆2010/03/29 ITpro サイバー犯罪に対抗する輪が拡大
◆2010/03/31 WirelessWire News インドのバーティ・エアテル、ザイン・グループのアフリカ事業を正式に獲得--買収総額は107億ドル
◆2010/04/03 yomiuri.co.jp ナイジェリア大統領「会話困難」、権限移行加速?
◆2010/04/06 Nigerian Bulletin Zain Partners CYDI to Empower Physically Challenged Nigerians
◆2010/04/15 cnn.co.jp ナイジェリア大統領11月以来姿見せず 大統領代行インタビュー
◆2010/04/22 innolife.net 外交官・銀行職員詐称して、巨額手数料を奪う
◆2010/04/23 カラーコードテクノロジーズ株式会社 『Color C Code』のカラーコード・テクノロジーズ株式会社、ナイジェリア企業と合弁会社設立決定
◆2010/04/26 cnn.co.jp ナイジェリアで誘拐されたドイツ人解放
◆2010/04/29 AFP BB News 49歳上院議員が13歳少女と結婚か、ナイジェリア
◆2010/04/29 スポーツ朝鮮 FIFAランキング:韓国47位、日本は45位
◆2010/04/30 cnn.co.jp キリスト教とイスラム教の対立で死者1万2千人超 米報告書
◆2010/04/30 AFP BB News ナイジェリア49歳議員と結婚の少女、学校に在籍を確認 エジプト大使館
◆2010/05/04 Techinsight 【アフリカ発!Breaking News】13歳の少女と結婚した49歳の上院議員。(ナイジェリア)
◆2010/05/04 AllAfrica.com Nigeria: Orphanages, Others Deserve Subvention
◆2010/05/05 朝鮮日報 サッカーW杯:「韓国の決勝T進出可能性、B組最低」
◆2010/05/06 cnn.co.jp ナイジェリアのヤラドゥア大統領が死去 心臓病で姿見せず
◆2010/05/06 asahi.com ナイジェリア大統領が死去 09年11月から病気療養
◆2010/05/06 yomiuri.co.jp ナイジェリア大統領が死去、心臓病で療養中
◆2010/05/06 毎日新聞 ナイジェリア:大統領が死去 昨年から闘病
◆2010/05/06 AFP BB News ナイジェリア大統領が死去
◆2010/05/06 yomiuri.co.jp ナイジェリア大統領死去、与党の主導権争い激化へ
◆2010/05/07 NIKKEI NET ナイジェリア大統領が死去 後継にジョナサン氏
◆2010/05/07 cnn.co.jp ナイジェリア大統領後継、ジョナサン氏が就任式
◆2010/05/07 AFP BB News ナイジェリア、ジョナサン氏が大統領に就任
◆2010/05/22 NIKKEI NET ナイジェリア大統領が死去 後継にジョナサン氏
◆2010/05/24 毎日新聞 アフリカ:各国で同性愛者への締め付け強まる 非難の声も
◆2010/05/25 AFP BB News 5歳未満児の死者数は年770万人、40年で6割減 米研究
◆2010/05/27 AFP BB News ナイジェリア発「ノリウッド映画」が台頭、ハリウッドを抜く
◆2010/05/31 AllAfrica.com Nigeria: FCT Celebrates Democracy Day for the Physically Challenged
◆2010/06/01 ロイター サッカー=W杯開催前にフーリガン対策進む、各国も最終調整
◆2010/06/01 AllAfrica.com Nigeria: FCTA Hosts Physically Challenged Persons
◆2010/06/02 NIKKEI NET  [FT]W杯開幕目前、フロンティア市場として明るさ増すアフリカ
◆2010/06/07 cnn.co.jp サッカー強化試合でファンが将棋倒し、負傷者多数 南ア
◆2010/06/07 ロイター サッカー=南アでスタジアムにファン殺到、15人負傷
◆2010/06/07 毎日新聞 サッカー:強化試合前、ナイジェリア人殺到し15人けが
◆2010/06/08 AllAfrica.com Nigeria: Why We Want Mrs Shekarau in Senate - Disabled Group
◆2010/06/08 OurWorld ナイジェリアの原油流出問題
◆2010/06/09 AllAfrica.com Nigeria: A Day With the Challenged
◆2010/06/09 AFRIK・NEWS Africa : Child-Witchcraft or Autism Symptoms?
◆2010/06/13 cnn.co.jp アルゼンチンが初戦勝利 南アW杯
◆2010/06/13 asahi.com ナイジェリア、序盤の失点ズシリ 日韓大会と同カード
◆2010/06/14 cnn.co.jp 鉛汚染で子供が大量死、世界最悪の被害に ナイジェリア
◆2010/06/16 asahi.com 地元アフリカ勢、やや苦戦 初戦は1勝3敗2分け
◆2010/06/21 中央日報 <W杯>退場のナイジェリア選手、殺人脅迫受ける
◆2010/06/23 asahi.com ナイジェリア、カヌ出場も実らず 1次リーグ敗退
◆2010/06/23 AllAfrica.com Nigeria: At Last, a Ray of Hope for the Disabled
◆2010/06/23 AFP BB News 子どもたちが鉛中毒で死んでいく、違法金採掘の村 ナイジェリア
◆2010/06/28 greenz.jp 原油流出はナイジェリアでも!しかもメキシコ湾を上回る規模
◆2010/06/29 Nigeria Daily Independent I Gave Out Scholarships To My People Since ‘80s ? Ndoma-Egba
◆2010/06/30 asahi.com 「ナイジェリア詐欺」にご注意!
◆2010/06/30 The Nation Newspaper Involve the disabled in crisis management

【参考図書】
アフリカと政治 紛争と貧困とジェンダー
戸田真紀子著 お著の水書房 2,400円+税120円 2008年8月 [amazon]

「わたしたちがアフリカを学ぶ理由」とのサブ・タイトルも付された本は、内容がもりだくさんで、論じられている事象や地域についてなじみがない人にはちょっととっつきにくいかなと感じました。 ケニアの女性が立ち上げて運営するママ・ハニ孤児院を紹介する終章「立ち上がる草の根の人々とその声」、次いであやうく「姦通罪」への処罰としての石打ち刑で殺されるところであったアミナ・ラワルさんが直面したナイジェリアの政治情勢を分析する第7章「女性だけが背負う重荷」と読み進め、そこで論じられている問題を読み解くために他の章を読むという読み方がありそうだなと思いました。

序章 アフリカを勉強する10の理由
第1部 アフリカの「民族紛争」の神話と現実
 第1章 アフリカの「民族」とは何か
 第2章 アフリカの民族紛争の「神話」
 第3章 突出する紛争犠牲者
 第4章 選挙民主主義が紛争を生み出す矛盾
 第5章 ナイジェリアの宗教紛争
第2部 ジェンダーから見るアフリカ
 第6章 アフリカの女性と「人間の安全保障」
 第7章 女性だけが背負う重荷
終章 立ち上がる草の根の人々とその声


アフリカ可能性を生きる農民―環境-国家-村の比較生態研究
島田周平著 京都大学学術出版会 ¥3,780 四六判 270p 2007年2月 [amazon]

ナイジェリア、ザンビアでの農村調査を比較・検討しながら、アフリカの農村の多様性と共通性について考察する。

アフリカの医療・障害・ジェンダー―ナイジェリア社会への新たな複眼的アプローチ
落合雄彦, 金田知子編 晃洋書房 ¥3,300 A5版 257ページ 2007年3月 [amazon]

精神障害当事者の手記、当事者インタビューなども収録。ナイジェリアの精神医療がどうなっているのか、どのように調べていけばよいのかが判る。



 
 
>TOP

ナイジェリア、ネーションズカップの名簿発表

2010/01/02(Sat) 10:10

南アフリカ共和国ワールドカップで、韓国と同じ組に属すナイジェリアが、10日から開かれるアフリカネーションズカップに出場する代表チームの名簿を確定した。

国内派のアモード監督が導くナイジェリアは、ポーツマスのカヌー、エバートンのヤクブとヨボ、チェルシーのミケルなどポジション別にプレミアリーガーが主軸を成し、負傷で合流が不透明だったドイツのポルプスブルクの攻撃手マーティンスも合流した。

ナイジェリアは今回の大会でエジプトとベニン、モザンビークとC組で組別に予選を行う。



 
 
>TOP

米当局、ナイジェリアなど14カ国の乗客検査を強化

2010年1月4日

[ワシントン 3日 ロイター] 米運輸保安局(TSA)は3日、米国行き国際線旅客機の乗客に対する検査を4日から強化すると発表した。昨年12月の米航空機爆破未遂事件を受けた措置で、米高官によると、ナイジェリアやイエメンなど14カ国からの搭乗客に対し、搭乗前検査を徹底するよう各航空会社に要請したという。

新しい検査の対象となる国は、ナイジェリアやイエメンのほか、パキスタン、サウジアラビア、イランなど。米政府が「テロ支援国家」に指定するキューバ、イラン、スーダン、シリアも含まれる。

これらの国を出発もしくは経由した便に搭乗する乗客はすべて身体検査が求められ、手荷物も開いて調べられるという。

またTSAは、新しい検査の導入によって、米国に入国するすべての乗客に対して無作為の検査が強化されるとしている。



 
 
>TOP

米行き国際便の身体検査を強化、経由便も対象

* 2010年01月04日 12:40 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月4日 AFP】米運輸保安局(Transportation Security Administration、TSA)は3日、米国行き航空便の乗客に対する保安検査を4日から一層強化し、乗客全員の検査を行う出発便・経由便の対象国を、これまでの4か国から14か国に増加した。また、これらの国を経由していない便の搭乗客に対しても、無作為検査を行うという。

前月の米航空機爆破未遂事件を受けての措置。検査には、衣服を透視できる3Dスキャナーによる強制身体検査などが含まれ、米国時間の4日午前0時(日本時間同午後14時)から導入される。

全乗客検査の対象国はこれまで、米国務省がテロ支援国家に指定したキューバ、イラン、スーダン、シリアの4か国のみだった。新たに対象となった国は、アフガニスタン、リビア、ナイジェリア、パキスタン、ソマリア、イエメンなど。(c)AFP



 
 
>TOP

薄給の警察官、市民数百人規模で殺害か ナイジェリア

2010年1月6日20時33分

【ナイロビ=古谷祐伸】ナイジェリアで、警官にわいろを払わなかったなどとして毎年、市民数百人が超法規的に殺害されていると、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」が昨年末に出した報告書で指摘した。警官の薄給や訓練不足が原因だとして改善を求めている。

2007〜09年の現地調査に基づいた報告書によると、09年5月、検問所の警官にわいろを渡さなかったバイクの運転手が「武装強盗」として射殺された。南部の遺体安置所には8〜10月に、「身元不明の強盗犯の遺体」として約150体が警察から届いた。逮捕後に行方不明になる市民も多いが、違法行為で訴追される警官はまれだという。

警察統計によると毎年、警官100人以上が殉職する一方、03〜08年には計3014人の容疑者が警官に殺害された。だが、警察幹部のひとりは別の国際NGOに「03年だけで約3100人の強盗を殺害した」と証言しており、死者数は統計よりはるかに多いとみられる。

警察職員の4割は過去7年間に採用され、満足な訓練ができていないという。ナイジェリアはアフリカ有数の産油国だが、警官の月給は安く、08年まで巡査は52ドル(約4700円)だった。



 
 
>TOP

米機テロ未遂、爆発物下着に隠し持ち込んだ容疑者起訴

2010年1月7日12時48分

【ニューヨーク=田中光】米機爆破テロ未遂事件をめぐり、米連邦大陪審は6日、ナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)を大量破壊兵器使用未遂など六つの罪で起訴した。

起訴状によると、容疑者は2009年12月25日、オランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト航空機(乗員・乗客計290人)の機内に爆発物を下着に隠して持ち込み、米国上空で爆発させて旅客機を破壊し、多くの人を殺害しようとしたとしている。容疑者は乗客らに取り押さえられ、航空機は無事着陸した。

米メディアによると、容疑者は現在、ミシガン州内の連邦施設で勾留(こうりゅう)され、早ければ8日にも裁判所で尋問を受ける見通しだという。



 
 
>TOP

2010.01.07 Web posted at: 09:19 JST Updated - CNN

米機爆破未遂で逮捕の男、殺人未遂など6件で起訴

(CNN) 米連邦大陪審は6日、米航空機を爆破しようとした疑いで逮捕されたナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)を殺人未遂など6件の罪で起訴した。

アブドゥルムタラブ被告は同機に搭乗していた289人に対する殺人未遂、大量破壊兵器使用未遂、故意による航空機撃破未遂、故意に破壊装置を設置した罪、および火器・破壊装置所持の罪2件で起訴された。有罪になれば終身刑を言い渡される。

7ページの起訴状によると、同被告は昨年12月25日、着衣の中に爆弾を隠して爆発させる目的で、アムステルダム発のノースウエスト航空253便に搭乗した。目的地の米デトロイト着陸が近付いた時点で爆弾を作動させたが、爆発はせずに座席が炎上。乗客と乗員が同被告を取り押さえ、同機は無事着陸した。

ホルダー米司法長官は、その後の取り調べによって「貴重な情報」を入手したと述べており、この情報をもとに捜査を続ける方針。



 
 
>TOP

米機テロ未遂の被告、過激派支持の聖職者と面会

【サヌア=共同】ロイター通信によると、イエメンのアリーミ副首相(国防・治安担当)は7日、記者会見し、米デルタ機爆破テロ未遂事件で起訴されたナイジェリア人被告が、国際テロ組織アルカイダを支持するイスラム聖職者アンワル・アウラキ師とイエメン中部シャブワ州で面会していたことが捜査の結果、分かったと述べた。

アウラキ師は、昨年11月の米テキサス州フォートフッド陸軍基地で起きた銃乱射事件の容疑者とも、インターネットを通じ接触があったとされる。

アウラキ師は同12月24日、シャブワ州でイエメン治安当局による空爆を受けて死亡した可能性が伝えられたが、確認されていない。(23:01)



 
 
>TOP

米機爆破テロ未遂の被告、英でアルカイダに参加

【サヌア=共同】ロイター通信によると、イエメンのアリーミ副首相(国防・治安担当)は7日、記者会見し、米デルタ機爆破テロ未遂事件で起訴されたナイジェリア人被告は、ロンドン滞在中に国際テロ組織アルカイダに加わり、アルカイダ支持のイスラム聖職者とイエメン中部シャブワ州で面会していたと述べた。

副首相が明らかにした捜査結果によると、被告はイエメン滞在中、アンワル・アウラキ師と面会。同師は、昨年11月の米テキサス州フォートフッド陸軍基地での銃乱射事件の容疑者とも、インターネットを通じ接触があったとされる。

アウラキ師は同12月24日、シャブワ州でイエメン治安当局による空爆を受けて死亡した可能性が伝えられたが、確認されていない。

イエメン当局の対アルカイダ作戦には米当局が協力しているが、副首相は「米国による直接的な(軍事)介入はアルカイダのネットワークを強化しかねない」と、米軍による作戦に否定的な見解を示した。 (00:16)



 
 
>TOP

米航空機爆破テロ未遂事件、容疑者を起訴

【ニューヨーク=吉形祐司】昨年末の米航空機爆破テロ未遂事件で、米連邦大陪審は6日、ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタッラブ容疑者(23)を大量破壊兵器使用未遂と航空機内での殺人未遂など六つの罪でミシガン州デトロイトの連邦地裁に起訴した。

起訴状によると同容疑者は12月25日、衣服の中に爆弾を隠してオランダのアムステルダムからデトロイトに向かうノースウエスト航空機に搭乗、デトロイトの空港に着陸する直前に起爆させて火災を起こした。また、爆弾で自分以外の乗客と乗員289人を殺害しようとした。爆弾の材料には、すでに明らかになっていた「四硝酸ペンタエリトリトール(PETN)」以外に、有機過酸化物の一種で強力な爆薬「トリアセトン・トリパーオキサイド(TATP)」も使われていた。

(2010年1月7日11時21分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア人実行犯を起訴、米航空機爆破未遂事件

* 2010年01月07日 07:54 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月7日 AFP】前月25日に発生した米ノースウエスト(Northwest Airlines)機爆破未遂事件の実行犯、ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ(Umar Farouk Abdulmutallab)容疑者(23)が6日、殺人未遂や大量破壊兵器の使用未遂など6つの罪で起訴された。

アブドルムタラブ被告は、乗客279人、乗員11人を乗せオランダ・アムステルダム(Amsterdam)から米ミシガン州デトロイト(Detroit)に向かっていたノースウエスト機を、衣服の中に隠し持った爆発物で爆破しようとしたとされている。

ミシガン(Michigan)連邦地裁の文書によると、同被告は爆発物所持の罪にも問われているという。

米司法省によると、大量破壊兵器の使用未遂の罪で有罪となった場合は、終身刑となる可能性がある。そのほかの罪では最大20年だが、火器所持に関する2つの罪では最低30年の刑期が課される。(c)AFP/Jo Biddle



 
 
>TOP

爆破未遂犯、英でアルカイダ勧誘 イエメン当局

2010年1月8日10時52分

【カイロ=田井中雅人】イエメンのアリーミ副首相(国防・治安担当)は7日、首都サヌアで記者会見し、米旅客機爆破テロ未遂事件で起訴されたナイジェリア人のアブドゥルムタラブ被告(23)に関する捜査結果を公表した。同被告は、ロンドンで国際テロ組織アルカイダに勧誘され、同組織とつながりがあるイスラム聖職者とイエメン国内で面会していたという。ロイター通信などが報じた。

副首相は、被告が04〜05年にアラビア語学習のためにイエメンに滞在した時にはイスラム過激派との接点はなかったが、その後の英国留学中にアルカイダに勧誘されたと指摘。昨年後半にイエメンに滞在し、アルカイダ系組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の拠点がある中部シャブワ州で、イスラム聖職者アンワル・アウラキ師と面会したとみられる。

米国生まれの同師はアルカイダとの関連が指摘され、04年ごろ祖先の出身地イエメンに逃亡。イエメンから米欧に対するテロ攻撃を呼びかけてきた。昨年11月に米テキサス州の陸軍基地で起きた銃乱射事件の容疑者とも電子メールで接触したとされる。



 
 
>TOP

米大統領、テロ容疑者監視リスト掲載に新基準 航空機爆破未遂事件で

* 2010年01月08日 08:40 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月8日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は7日、前月25日に発生した米ノースウエスト(Northwest Airlines)機爆破未遂事件を受け、テロ容疑者監視リストおよび空港の検査体制に関する改善策を発表した。

事件の調査報告を受けた大統領は7日の会見で、要注意人物をテロ容疑者監視リストと搭乗拒否リストに載せるための新基準を導入するとともに、国土安全保障省に対し空港での検査を強化するよう指示したことを明らかにした。特に、高度な爆発物検出技術の導入を推進するよう求めたという。

航空機爆破未遂事件の実行犯、ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ(Umar Farouk Abdulmutallab)被告(23)は6日、殺人未遂や大量破壊兵器の使用未遂など6つの罪で起訴されている。(c)AFP



 
 
>TOP

ナイジェリア人被告、初公判で無罪主張 航空機爆破未遂事件

* 2010年01月09日 07:57 発信地:デトロイト/米国

【1月9日 AFP】米ノースウエスト(Northwest Airlines)機爆破未遂事件で起訴されたナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ(Umar Farouk Abdulmutallab)被告(23)の罪状認否が8日、米デトロイト(Detroit)の連邦裁判所で行われ、同被告は無罪を主張した。

被告席についたアブドルムタラブ被告は名前、つづり、年齢を静かに答え、6つの罪状について理解していると述べた。

同被告の国選弁護人は、殺人未遂や大量破壊兵器の使用未遂など6つの罪について無罪を主張した。有罪となれば終身刑となる可能性がある。

ナイジェリアの著名銀行家の息子のアブドルムタラブ被告は前月25日、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系組織の指示を受け、乗客乗員290人を乗せオランダ・アムステルダム(Amsterdam)から米ミシガン州デトロイト(Detroit)に向かっていたノースウエスト機を、衣服の中に隠し持った爆発物で爆破しようとしたとされている。

罪状認否を前にデトロイト地域に厳重な警備態勢がしかれた。裁判所前では約20人がテロに反対するデモを行った。レバノンからデトロイトに移住したという参加者の1人は、今回の事件でイスラム教徒に対する反感が強まるのではないかと心配していると語った。(c)AFP/Mira Oberman



 
 
>TOP

20人近くが航空機爆破訓練 イエメン、テロ未遂の被告が供述

【ワシントン共同】米CBSテレビは8日、英情報当局の話として、デルタ機爆破テロ未遂事件で起訴されたアブドゥルムタラブ被告(23)が捜査当局に対し、イエメンで20人近くが同じ手口で航空機爆破テロを行うための訓練を受けていたと供述していると報じた。

これを受け、米政府はイエメンやアフガニスタンを含む14カ国から米国に向かう航空機の乗客について検査の強化を指示したという。

また、米連邦捜査局(FBI)が同被告の足取りを詳しく調べるために西アフリカのガーナに捜査員を派遣しているとした。 (13:01)



 
 
>TOP

米機テロ未遂:被告が黙秘 判事「無罪主張」認定

【ニューヨーク小倉孝保】米ノースウエスト航空機爆破テロ未遂事件で大量破壊兵器(爆発物)使用未遂や航空機内での殺人未遂など6件の罪に問われたナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ被告(23)の起訴内容の認否が8日、米中西部ミシガン州デトロイトの連邦地裁で行われた。ロイター通信によると、弁護側が「被告は黙秘する」と宣言したため、規定により無罪を主張したとみなされた。事件後に被告が公の場に姿を見せたのは初めて。有罪となった場合、最高刑は終身刑となる。

この日、同被告は白いTシャツとテニスシューズで入廷した。起訴内容を理解しているか問われて「イエス(はい)」と答え、やけどの治療に関連して薬の服用状況を問われると、「鎮痛剤を数錠」と答えたが、そのほかはほぼ無言で通した。弁護側が被告の黙秘を宣言したため、判事は「無罪主張」とみなした。認否は約5分で終了し、弁護側は黙秘の理由などは明らかにしなかった。

同被告は先月25日、オランダ・アムステルダム発デトロイト行きノースウエスト航空253便(乗客乗員計290人)で、爆発物を下着に隠し、同機を爆破しようとしたとして、大量破壊兵器使用未遂▽航空機内での殺人未遂▽意図的な航空機破壊未遂▽意図的な航空機内での破壊装置設置▽暴力を助長する小火器所有(2件)--の6件の罪に問われた。

AFP通信によると、連邦地裁前では今回の事件でイスラム教徒への反感が高まることを懸念する米国在住のイスラム教徒ら約20人が星条旗などを手にテロに反対するデモを行った。レバノンから移住したという参加者の男性は「我々はイスラム教徒の結合とテロリズムの撲滅に努めている」と語った。

毎日新聞 2010年1月9日 11時41分(最終更新 1月9日 12時11分)



 
 
>TOP

2010.01.09 Web posted at: 16:09 JST Updated - CNN

テロ未遂容疑者は英国で過激化 イエメンで強硬派導師に面会と

サヌア(CNN) 米機爆破テロ未遂事件で刑事訴追されたイエメン人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)について、イエメンのアリーミ副首相(国防・治安担当)は7日、同容疑者が英国で過激派に加わったものの、強硬派イスラム導師と面会したのはイエメン国内だったと語った。

アリーミ副首相は記者会見で、アブドゥルムタラブ容疑者と強硬派のアンワル・アウラキ師が、首都サヌアの南東290キロの中部シャブワ州で面会したと述べた。面会時期などの詳細は不明。

副首相はまた、同容疑者が過激化したのは2005─08年の英国在住時だと発言。同容疑者がアラビア語学習のため04年と05年にイエメンに渡航し、同国への滞在期間が1年間だったことを明らかにしたうえで、「04─05年には過激思想や過激派とのつながりがなかったが、05年から英国で過激派に取り込まれた。これが英国に再入国できなくなった理由だ」と述べた。副首相はさらに、米当局もしくは英当局から同容疑者に関する情報の提供がなかったことを明らかにした。

米情報機関は、アウラキ師が同容疑者の犯行に関与していたか調べを進めている。同師は、昨年11月に米テキサス州フォートフッド陸軍基地で起きた銃乱射事件の被告であるニダル・マリク・ハサン陸軍少佐との交流が確認されている。



 
 
>TOP

2010.01.09 Web posted at: 13:46 JST Updated - CNN

被告が起訴事実認否で無罪を主張、米機爆破テロ未遂事件

(CNN) 米デトロイト上空で昨年のクリスマスに発生した米機爆破テロ未遂事件で、大量破壊兵器使用未遂など6つの罪に問われたナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告(23)の罪状認否が8日、デトロイトの連邦地裁であり、被告側はすべての起訴事実について無罪を主張した。

有罪が確定すれば、最高で終身刑を受ける可能性がある。被告は法廷で起訴状の内容は理解していると答えた。

被告は、オランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト航空機に搭乗、着陸寸前に下着に隠していた爆薬で機体の爆破を試みたが、失敗していた。



 
 
>TOP

デルタ機爆破未遂、被告ほぼ無言…無罪主張と判断 裁判所周辺は厳戒

1月9日8時42分配信 産経新聞

【ニューヨーク=松尾理也】米デルタ機爆破テロ未遂事件で起訴されたナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドルムタラブ被告(23)の罪状認否が8日、デトロイトの連邦裁判所で行われた。ロイター通信によると同被告は有罪を認めず、裁判官は「無罪」を主張したものと判断し、今後の公判手続きを進めることになった。

数分間で終了した罪状認否の中で、アブドルムタラブ被告は「起訴状の内容を理解しているか」と裁判官に問われ、「はい」と答えた以外は無言で通した。裁判官は同被告の弁護人の意見も聴いた上で、無罪主張と見なした。同被告は大量破壊兵器の使用未遂や殺人未遂など6つの罪に問われており、有罪となれば終身刑が言い渡される。

アブドルムタラブ被告がメディアの前に姿を現すのは、逮捕直後に手当てをうけていたミシガン州の病院で行われた人定質問に続き2度目。裁判所周辺には厳戒態勢が敷かれた一方、「イスラムは平和的な宗教」などと書かれたプラカードを掲げる人々の姿も見みられた。

最終更新:1月9日8時42分



 
 
>TOP

ナイジェリア人が“ネック”の仰天理由は…六本木が環境浄化に本腰

1月10日13時23分配信 産経新聞

日本を代表する繁華街、東京・六本木。最先端のファッションビルやきらびやかなイルミネーションが話題を集める一方、悪質なナイジェリア人の客引きに苦情が相次ぐなど、不良外国人問題が後を絶たない。このため、街のイメージ低下を避けるべく地元関係者と警視庁、行政などがタッグを組み、環境向上対策に乗り出している。モデルとするのは、かつて「犯罪多発地帯」とまで言われながら、劇的な環境浄化に成功した新宿・歌舞伎町だ。果たして六本木地区の“再生” はなるか−。(滝口亜希)

■六本木に客引き集中は歌舞伎町浄化が理由?

「お兄さん、次どこ行くの? ここ、どう?」

新年を迎え、買い物客や仕事帰りのビジネスマンでこみ合う六本木の街に、客引きの声が飛び交う。六本木地区の中心地点である六本木交差点には複数店舗の客引きが集まり、雑踏に目をこらしていた。

中でも目立つのが数人のアフリカ系外国人だ。20代という男性は、たどたどしい日本語で「この仕事? 何カ月か前からしている」と話すと、交差点で待ち合わせをする若者の集団に、居酒屋のチラシを片手に近づいていった。

六本木対策の中でも最重点課題の一つとされているのが、この外国人客引き問題だ。

客引きとは、飲食店に雇われて、主に街頭で客を勧誘する仕事。もともとアフリカ系外国人の客引きは歌舞伎町に集中していたが、平成17年ごろから六本木地区にも現れるようになり、次第に増加。警視庁の捜査幹部によると、客引きはキャバクラなどの飲食店の従業員として雇用されているケースよりも、「客を1人連れてくれば1千円」といった歩合制がほとんどという。

「歌舞伎町で環境浄化活動が進んだことで、多くの客引きがはじき出された。彼らの間では、『六本木に行けば何とかなる』といううわさも広がっているといい、歌舞伎町で仕事を失った客引きが六本木に流れてきた」(捜査幹部)のだという。

■ナイジェリア人が急増のワケは…

「しつこくつきまとわれた」「腕をつかんで引っ張られた」…。

客引きをめぐっては、悪質な例や苦情も多数報告されている。平成20年4月に改正された都迷惑防止条例では、路上に立ちふさがり、通行を阻害する行為についても禁止されるようになった。

警視庁も摘発を強化。アフリカ系外国人だけを見ても、六本木地区で都迷惑防止条例や風営法違反で摘発された数は、20年が14人だったのに対し、21年は12月10日時点までで28人と倍増した。

中でも存在感を増しているのがナイジェリア人だ。21年に摘発された客引きのうち、ナイジェリア人は18人と全体の約3分の2を占め、2位以下のガーナ(5人)、カメルーン(以下すべて1人)、シエラレオネ、マリ、ウズベキスタン、バングラデシュに大きく差を付けた。

ナイジェリアはアフリカ西部のギニア湾に面する、面積約92万3千平方キロの連邦共和国。ナイジェリア人をめぐっては昨年1月、クレジットカードを偽造したとして、男2人が警視庁に逮捕された。無許可で飲食店を経営し、摘発されたケースもある。

なぜ、ナイジェリア人ばかりが六本木地区に増えたのか。別の捜査幹部は「ナイジェリア人は特に血縁のつながりが強く、日本での生活に慣れた者が母国にいる親戚(しんせき)を呼び寄せるケースも多いためではないか」と推測する。

■情報交換、脅威の視力…捜査も難航

六本木地区は17年6月、「魅力ある繁華街としての再生を目指す地区」として、国の再生プロジェクトの対象になった。ともに選ばれたのは北海道・薄野や大阪・ミナミなど。モデルとなっているのは、警察と連携しながら地域ぐるみの環境美化・防犯活動を展開し、環境浄化に成功した歌舞伎町だ。

実際に、地元企業で作る六本木商店街振興組合などが中心となって、住民によるパトロール活動や清掃活動などを定期的に実施。雑多なイメージを受けやすい六本木交差点のロゴを新しくするなどして、環境浄化とともにイメージ向上に取り組んでいる。

一方、警視庁は歌舞伎町、池袋、渋谷とともに、六本木を重点取り締まり地区として「盛り場4地区」に指定。風営法や都迷惑防止条例を所管する生活安全部が、無許可営業の飲食店や悪質な客引きの摘発を集中的に行っているほか、偽造カードや薬物売買の捜査を担当する組織犯罪対策部も警戒を強めるなど、全庁を上げた浄化作戦を展開している。

ただ、ナイジェリア人については捜査の難しさを指摘する声もある。

「ナイジェリア人同士は情報交換を密に行っているため、署員の顔はだいたい覚えられている。私服で見回りをしても、向こうから『今日は何ですか』と逆に聞いてくるぐらい」

そう話すのは地区を管轄する麻布署幹部。また、警視庁幹部の一人は「こっちが双眼鏡を使って行動確認をしていても、向こうの方が視力が良いのか、気づかれることもある」。

別の幹部も「彼らはつながりがものすごく強いから、他人の情報を“ツウ”(密告)したら、母国にいる親戚にまで危害が加えられる可能性もあるといわれている。だから、ものすごく口が堅いし、捜査の端緒となる情報ももれてこない」と話す。

■犯罪件数減少も高まる危機感…「安全だが安心できない街」

4地区対策の効果もあり、六本木地区の治安自体は回復の兆しを見せている。麻布署によると、六本木地区の刑法犯の認知件数は17年が1328件だったのに対し、18年が1231件、19年が1057件と徐々に減少。21年の1〜11月も812件と、前年同期の833件を下回った。

それでも地元の懸念が晴れない理由がある。地元企業関係者の一人は説明する。

「都迷惑防止条例などにひっかかるような悪質な客引きでなくとも、外国人が徒党を組んで路上に立っていることで威圧感を与え、客足が遠のいてしまうのではないか」

実際、六本木商店街振興組合が通行人らを対象に行ったアンケートでは、「外国人が立っていて、六本木は怖い」といった回答が複数寄せられたという。

同組合の後藤譲理事長は「数値的には犯罪は減っているが、体感治安が上がらない。いわば、六本木は安全だが、安心してもらえない街になっている」と現状を危惧(きぐ)する。さらに、こう力を込めた。「六本木には他に負けない魅力が沢山ある。だからこそ、われわれはどこよりも労力を費やして、環境を良くしたいんです」。

六本木の挑戦は続く。

最終更新:1月10日16時21分



 
 
>TOP

2010.01.11 Web posted at: 17:55 JST Updated - CNN

米機爆破テロ未遂事件の被告父親を公聴会に招く、上院外交委

ワシントン(CNN) 米デトロイト上空で昨年のクリスマスに起きた米機爆破テロ未遂事件の経緯を調べる米上院外交委員会は10日、事件で逮捕、訴追されたナイジェリア国籍のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告の父親を公聴会に招く方針を決めた。同委の報道担当が明らかにした。

父親のアルハジ・ウマル・アブドゥルムタラブ氏は出席の有無についてまだ回答していないという。

同委は事件のなぞの解明に当たる他、中東イエメンでイスラム過激派が勢力を伸張させている背景についても探っている。被告はイエメンで「アラビア半島のアルカイダ」に接触し、軍事訓練を受け、爆発物も入手したとされる。同組織は爆破テロ未遂で、イエメンでの米国による空爆への報復攻撃と関与を認めている。

父親はナイジェリアで著名な銀行家として知られ、息子が過激派思想に傾斜するのを懸念、極端な行動に走る恐れがあるとして同国の米大使館に接触していたことが分かっている。

同委は、父親の証言は事件の輪郭解明に貴重な材料になると期待している。被告は8日の罪状認否ですべての起訴事実について無罪を主張した。



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領の治療、サウジで長期化

【ロンドン=岐部秀光】昨年11月下旬に体調不良を訴えサウジアラビアの病院に移送されたナイジェリアのヤラドゥア大統領の国外での治療が長期化している。内外の課題が山積するなか、大統領の辞任を求める声も強まってきた。

大統領の職務はジョナサン副大統領が代行。ヤラドゥア氏の帰国のメドは立っておらず、病状についての情報もほとんど明らかにされていない。大統領の不在により油田地帯で活動する武装勢力との和解は前進が難しい情勢となった。昨年12月には同国出身の男が米国で旅客機爆破未遂事件を起こしており、対米関係悪化の懸念もある。(07:00)



 
 
>TOP

ナイジェリアでイスラム教徒、キリスト教徒衝突

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカのナイジェリア中部プラトー州ジョスで17日、イスラム教徒とキリスト教徒が衝突、ロイター通信は少なくとも12人が死亡したと報じた。

ジョスでは2008年11月にも、地方選挙後に両教徒が暴徒化し、2日間で数百人が死亡した。今回の事件では住宅再建を巡り衝突が起きたという。当局は夜間外出禁止令を出した。

(2010年1月18日18時32分 読売新聞)



 
 
>TOP

2010.01.20 Web posted at: 11:44 JST Updated - CNN

ナイジェリア中部で宗教間衝突、70人死亡と

ラゴス(CNN) 西アフリカのナイジェリアの中部プラトー州ジョスで、イスラム教徒とキリスト教徒の衝突が続いている。地元の人権活動家は、一番最近の衝突で少なくとも70人が死亡し、約600人が負傷したと語った。

衝突は17日に発生し、19日に再発した。当局は20日を終日外出禁止としたが、この外出禁止令は既に破られ「多数の犠牲者」が出ている。人権活動家によると、何千人もの住民が軍や警察の施設に避難した。

今回の衝突の引き金が何かは不明だが、プラトー州ではここ10年、宗教間衝突で何百人もの死者が出ている。2008年11月には地方選挙をめぐる衝突があり、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると少なくとも700人が死亡した。

ナイジェリアはアフリカ最大の人口1億5000万人余りを抱え、ほぼ均等にイスラム教徒とキリスト教徒に二分されている。



 
 
>TOP

宗教間の衝突で死者300人、ナイジェリア

* 2010年01月20日 07:50 発信地:カノ/ナイジェリア

【1月20日 AFP】ナイジェリア・プラトー(Plateau)州の州都ジョス(Jos)で3日間にわたって続いているイスラム教徒とキリスト教徒との間の衝突で、死者が約300人に上っていることが明らかになった。地元モスク(イスラム教礼拝所)関係者や医療関係者が19日、明らかにした。

当局はジョスに24時間の外出禁止令を出しているが、武装した両教徒間の衝突は続いているという。住民らによると、ジョス市内では銃声が聞こえ、各所で煙が立ち上っているのが見えているという。

同国のグッドラック・ジョナサン(Goodluck Jonathan)副大統領は、軍部隊を派遣するとともに、治安当局幹部に対し「状況調査と今後の対策を助言するため、ただちにジョスに向かう」よう命じた。

航空当局者によると、ジョスに向かう航空便はすべて運休となった。

地元モスク関係者は、少なくとも800人が負傷しており、うち90人は重傷のため軍の病院に搬送されたと語った。

ナイジェリアは人口約1億5000万人のうち、北部にイスラム教徒、南部にキリスト教徒とほぼ半分ずつに分かれている。ジョスは北部と南部の中間地点に位置しているため、ここ数年は両宗教間の衝突が頻発している。(c)AFP/Aminu Abubakar



 
 
>TOP

ナイジェリア 宗教間衝突激化

1月20日 9時46分

西アフリカのナイジェリアで、イスラム教徒とキリスト教徒の間で衝突が続き、これまでにおよそ150人の死亡が確認され、ナイジェリア政府は軍を派遣して事態の沈静化にあたっています。

ナイジェリア中部の都市ジョスで17日、イスラム教徒の武装グループがキリスト教の教会を襲撃したのをきっかけに、この2日間、イスラム教徒とキリスト教徒が互いに建物に火をつけたり暴行を加えたりしています。地元の当局などによりますと、この衝突でこれまでに149人の死亡が確認され、死者の数はさらに増えるおそれがあるということです。ジョスでは、2年前にも地方選挙の結果をめぐってイスラム教徒とキリスト教徒が衝突して200人以上が死亡しており、ナイジェリア政府は、今回の衝突をきっかけに宗教間の対立が拡大するおそれがあるとして、ジョスに軍を派遣して事態の沈静化にあたっています。



 
 
>TOP

ナイジェリアで宗教衝突、死者150人以上・負傷者多数

1月20日12時17分配信 ロイター

[ジョス(ナイジェリア) 19日 ロイター] ナイジェリア中部プラトー州の州都ジョスでイスラム教徒とキリスト教徒が衝突し、住民によると、これまでに150人以上が死亡、多数が負傷した。警察は同市に24時間の外出禁止令を出したという。

プラトー州の知事は19日、ジョスに治安部隊を追加派遣し、2008年11月に数百人が犠牲となった宗教衝突のような事態に発展するのを防ごうと懸命になっている。

同市のモスク(イスラム教の礼拝所)で集団埋葬を執り行う作業員は、「17日の夜には19人、18日には52人の遺体を埋葬した。これから埋葬する遺体も80体ある」と明かした。この作業員によると、負傷者も90人に上っているという。

今回の衝突は、一昨年の宗教衝突の際に破壊された住宅の再建をめぐって、イスラム教徒とキリスト教徒の間で争いとなったことが発端という。



 
 
>TOP

ナイジェリアの宗教衝突、発生4日で死者計460人に

(ロイター - 01月21日 12:36)

[ジョス(ナイジェリア) 20日 ロイター] ナイジェリア中部プラトー州の州都ジョスとその近郊でのイスラム教徒とキリスト教徒の衝突は、発生から4日間での死者数が計460人に上ることが分かった。現地のモスク(イスラム教の礼拝所)幹部と人権団体が明らかにした。

当局は20日、プラトー市に24時間の外出禁止令を出し、6つの軍部隊と警察官数百人を市内の警戒にあたらせている。

集団埋葬を執り行うモスクの幹部はイスラム教徒側の死者数について、先に推計177人としていたが、新たに2カ所のモスクで222人以上の遺体が見付かったと明かした。一方、米国に本部を置く国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、キリスト教徒側の死者数は65人。

ジョスでは2008年11月にも宗教衝突で数百人が犠牲となっており、ジョナサン副大統領をはじめとする同国当局では、今回の衝突が同様の事態に発展するのを防ごうと懸命になっていた。

今回の武力衝突は、2008年の宗教衝突で破壊された住宅の再建をめぐってイスラム教徒とキリスト教徒の間で争いとなったことが発端という。



 
 
>TOP

宗教対立で460人死亡、ナイジェリア

(日テレNEWS24 - 01月21日 11:05)

アフリカのナイジェリア中部で、イスラム教徒とキリスト教徒の間で大規模な衝突が起き、これまでに460人が死亡した。

衝突があったのはナイジェリア中部・ジョスで、家屋などへの放火も相次ぎ、ロイター通信によると、17日から20日までの間に460人が死亡した。軍が出動したため事態は沈静化したが、市民数千人が家を失ったほか、ケガ人が多く、病院に収容しきれない事態になっている。

この地域では、08年にも衝突が発生して多くの家が破壊されたため、イスラム教徒側とキリスト教徒側が再建計画について話し合っていたところ、議論が紛糾し、大規模な衝突に発展したという。



 
 
>TOP

サッカー:ナイジェリアが準々決勝へ アフリカ選手権

サッカーのアフリカ選手権は20日、ルバンゴなどで1次リーグC組の2試合を行い、ワールドカップ(W杯)に出場するナイジェリアがモザンビークを3ー0で破って2勝1敗の勝ち点6で、準々決勝進出を決めた。既に8強入りを決め、大会3連覇を狙うエジプトは2ー0でベナンを降し、3連勝で1次リーグを終えた。(AP共同)

毎日新聞 2010年1月21日 11時04分



 
 
>TOP

ナイジェリア:宗教対立で衝突、200人以上が死亡

【ヨハネスブルク高尾具成】ナイジェリア中部プラトー州の州都ジョスで17日以降、イスラム教徒とキリスト教徒が衝突し、200人以上が死亡、多数の負傷者が出ている。AP通信によると20日、治安当局は24時間の外出禁止令を出したが、衝突は周辺にも拡大。事態は収束していない。

今回の衝突は、一昨年の宗教衝突の際に破壊された住宅の再建を巡り、イスラム教徒とキリスト教徒間で争いが生じたことが発端とされるが詳細は不明。イスラム教徒による教会への放火、キリスト教徒によるモスク(イスラム礼拝所)への焼き打ちなどが頻発し、緊張状態が続いている。同国は主に北部中心にイスラム教徒、南部にキリスト教徒が住む。

毎日新聞 2010年1月22日 東京朝刊



 
 
>TOP

2010.01.24 Web posted at: 15:31 JST Updated - CNN

ナイジェリアの宗教間衝突、「回教徒150人死亡」と人権団体

ラゴス(CNN) キリスト教徒とイスラム教徒の対立が続いている西アフリカのナイジェリアについて、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは23日、少なくとも150人のイスラム教徒が死亡したとの報告を受け、調査を強く求める考えを表明した。

複数の目撃者が同団体に語ったところによると、武装勢力が19日に中部ジョス近郊のクルカラマ村のイスラム教徒を襲撃し、逃げる人々を殺害したり、生きている人々に放火するなどの行為に及んだ。ジョスの指導者らや記者団はその後、井戸や下水道から多数の遺体を発見した。これまでに収容された遺体は子ども22人を含む121人で、現場の家屋の大半やモスク3カ所は全焼していた。

武装勢力はキリスト教徒とみられるが、あるイスラム教指導者は、犯行を阻止しようとしたキリスト教の牧師も武装勢力に暴行されたと指摘した。同団体はこうした目撃者らの発言に信ぴょう性があると判断し、犯罪として捜査するようジョナサン副大統領に求めている。

情報通信省の関係者はCNNに対し、先日宗教間衝突があったことを認める一方、死者数や行方不明者数については確認中だと述べるにとどまった。



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート1月25日:米中への懸念が市場に影響

2010年01月25日 01:30更新 mailメール

金曜日のオーストラリア株式市場は、二日連続で1ヶ月ぶりの安値更新をした。中国の減速への懸念と、バラク・オバマ米国大統領が銀行への規制を強めるのではないかという懸念が市場への圧力となった。取引終了時のS&P/オーストラリア証券取引所200銘柄の基準指数および全株価指数は共に1.6%下落。S&P/オーストラリア証券取引所200銘柄は1週間で3.2%の下落となり、12ヶ月で最低の週間リターンとなった。

注目の経済事象と数値

オーストラリア統計局(ABS)によると、2009年12月四半期の輸入価格指数は4.3%下落、これは豪ドルがその他の主要通貨に対して値を上げたため。一方で2009年12月四半期の輸出価格指数は1.7%下落、これも同様に主に豪ドル高の影響による。

オーストラリア統計局は月曜日、2009年12月四半期の生産者物価指数(PPI)を発表予定。

企業合併&買収ニュース

AXA Asia Pacific Holdings Limited (ASX:AXA)が伝えたところによると、National Australia Bank (ASX:NAB)が、 NABがAXA APHを買収、AXA APHのアジア事業をフランスの親会社AXA SAに売却する提案に関する確認的デュー・デリジェンスを完了した。協議は、AXA SA とAMP Limitedの間の独占合意の期限である2月6日以降に開始される見込み。

重要企業ニュース

Lihir Gold Ltd. (ASX:LGL)が金曜日に伝えたところによると、同社の年間金産出は前年比で27%増加し、112万オンスとなった。しかし同社は、2010年、 2011年の生産はやや減少し96万〜106万オンスの間となるとの見通しをたてている。同社はまた2012年の見込みをおよそ130万オンスの増加としている。

Woodside Petroleum Ltd(ASX:WPL)の12月四半期の収入は12億6000万豪ドルで、2008年同期の16億4000万豪ドルから23%の下落となった。同社の第 4四半期の生産量は2020万石油換算バレル(boe)で前年比13%の下落、年間生産ターゲットに到達しなかった。Woodsideは、2010年の生産も僅かに減少し、7000〜7500万boeになると見込んでいる。

Macquarie Infrastructure Group (ASX:MIG)が、豪ドル高の影響によるMacquarie Atlas Roads資産ポートフォリオの収入の評価の低下から、同社のポートフォリオ評価査定を0.3%低下させた。12月31日の現金と投資以外のバランスを除いたポートフォリオ評価査定額は、50億8千万豪ドルであった。2009年6月30日の時点では同数字は、50億9千万であった。

Macmahon Holdings (ASX:MAH)が、世界最大のセメントメーカーのFrance's Lafarge (EPA:LG)と、1億4千万米ドル相当の2件のライムストーン採石契約を結んだ。これらのプロジェクトの中で最大の契約を勝ち取ったのは Ewekoroで、1億5百万ドル相当、ナイジェリアにおける6年半の契約であった。またLafargeはMacmahonに対して、マレーシアの Kanthanライムストーン採石場について5年間、3500万米ドルの契約延長を付与している。

Australian Agricultural Company Ltd(AAco) (ASX:AAC)が、同社の利益ガイダンスを下方修正し、2009年は5300万豪ドル〜6000万豪ドルの赤字とした。AAcoは、これは異常気象によるマイナス要因の影響をはじめ、外的なマーケット要因がマイナスの取引結果を生み出したと述べた。

Satoko Hiasa

TEL: +61-2-8205-7353



 
 
>TOP

ナイジェリア宗教間衝突の影に携帯SMS、「やられる前にやれ」と扇動

* 2010年01月28日 16:06 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【1月28日 AFP】ナイジェリア・プラトー(Plateau)州の州都ジョス(Jos)周辺で前週起きた、死者数百人を出したキリスト教徒とイスラム教徒の衝突で、携帯電話のショートメッセージ(SMS)が騒乱をあおっていた事実が明らかになった。警察が現在、メッセージの出所を捜査している。警察と人権団体が26日、それぞれ発表した。

国内の人権団体で作る連盟によると、ジョスでは、「デマを広め緊張をあおることを目的とした」SMSが少なくとも145通、送信されていたことが確認された。一部のメッセージでは、殺害方法や遺体の捨て方、焼却方法などが指示されていたという。

こうしたメッセージの中には、「戦争だ、戦争だ、戦争だ。立ち上がれ。そして殺られる前に殺れ。虐殺される前に虐殺せよ。埋められる前に埋めよ」というものや、キリスト教徒と教会への襲撃計画を警告しつつ「兄弟よ、できることを行動に移してくれ。他の同胞にも知らせるんだ」などというものがあった。

イスラム教徒の行商人が売った食べ物に毒が入っている可能性があると警告するキリスト教徒向けのメッセージや、片方の宗教の信者を脱水症状で弱らせるため、政治指導者らが断水を計画しているという内容もあった。

人権団体は、「暴力がエスカレートした背景には、これらのSMSの存在があった」と指摘している。また、これより規模は小さいが、フェースブック(Facebook)などのソーシャルネットワークサービス(SNS)でも、衝突をあおる書き込みがあったという。

4日間続いた衝突では、少なくとも326人の死亡が確認されている。ジョス近郊のクルカラマ(Kuru Karama)村では、イスラム教徒の村人150人以上が殺害され、井戸や下水管、かんがい用水路に捨てられたり、焼かれたりした。教会やモスクへの放火も相次ぎ、地元関係者らは死者は550人を超えるとの見方を示している。(c)AFP/Susan Njanji



 
 
>TOP

2010.01.30 Web posted at: 17:19 JST Updated - CNN

ナイジェリア南部の武装勢力、軍事行動再開を宣言 政府批判し

(CNN) アフリカ中部、ナイジェリア南部の油田地帯に拠点がある最大武装勢力「ナイジャーデルタ解放運動(MEND)」は29日、昨年10月に打ち出していた無期限の停戦宣言を取り消し、軍事行動を再開すると発表した。MENDの報道担当が明らかにした。

停戦宣言は、ナイジャーデルタに正義をもたらし、ナイジェリア全体に平和を招くと期待したが、政府側がMENDが提示した富の分配などでの提案を真剣に考慮しないことが判明したため、破棄を決めたと主張している。ナイジャーデルタで操業する石油施設への攻撃を再開するとも宣言した。

MENDは、南部のエネルギー資源が収奪され、地元住民に還元されていないなどして武装闘争を実行、石油業界関連の社員拉致も繰り返していた。しかし、政府軍の空爆で罪のない地元住民に被害が出ているなどとして昨年7月に2カ月間の停戦を提案、同9月に延長し、10月に無期限の停戦を宣言していた。ナイジェリアのヤラドゥア大統領は武装闘争放棄のMEND構成員に恩赦を与えるなどの柔軟姿勢を見せていた。

ただ、この間もMENDに属さない武装勢力が石油施設への攻撃や拉致を行っていた。

ヤラドゥア氏は過去2カ月間以上、心臓疾患でサウジアラビアで治療を受けており、重体説も流れている。氏の不在が内政の混乱を招いているとの指摘もある。



 
 
>TOP

サッカー、ナイジェリアが3位 アフリカ選手権

共同通信2010年1月31日(日)09:43

【ベンゲラ(アンゴラ)AP=共同】サッカーのアフリカ選手権は30日、アンゴラのベンゲラで3位決定戦を行い、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会出場国同士の対戦は、ナイジェリアが1―0でアルジェリアを破って3位になった。ナイジェリアはオビンナが後半11分に先制ゴールを挙げてそのまま逃げ切った。



 
 
>TOP

サッカー=アフリカ・ネーションズ杯、ナイジェリアが3位

トムソンロイター2010年1月31日(日)09:02

[ベンゲラ 30日 ロイター] サッカーのアフリカ・ネーションズカップ(杯)は30日に3位決定戦を行い、ナイジェリアがアルジェリアに1―0で勝利した。ナイジェリアは過去5大会で4度目の3位に輝いた。

ナイジェリアは後半10分にオビンナがゴールを決め、逃げ切った。

決勝のガーナ対エジプト戦は31日に行われる。



 
 
>TOP

2010.02.03 Web posted at: 15:55 JST Updated - CNN

ナイジェリアの親類が被告説得に協力 米機爆破未遂捜査

ワシントン(CNN) 昨年12月に起きた米機爆破未遂事件の取り調べで、米連邦捜査局(FBI)がウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ被告の供述を引き出すため、同被告の出身国ナイジェリアから親類を呼び寄せて協力させていたことが分かった。複数の米政府高官が2日に明らかにした。

政府高官によると、事件直後の1月1日、FBIの捜査員2人がナイジェリアのラゴスへ飛び、米中央情報局(CIA)および米国務省の担当者と合流してアブドゥルムタラブ被告の親類に協力を働きかけた。その後首都アブジャへ行き、親類2人の協力を取り付けたという。

FBI捜査員は同月17日、この2人を伴って米国へ戻り、同容疑者の説得に当たらせた。この協力によって、米本土でのテロ計画阻止につながる有用な情報を引き出すことができたと高官は話している。

アブドゥルムタラブ被告は国際テロ組織アルカイダ系の勢力とつながりがあると見られており、一時取り調べに応じる姿勢を示したものの、その後黙秘に転じた。しかし先週から再び口を開くようになり、これまでのところ協力的な態度を示しているという。



 
 
>TOP

国際原油価格、2日も上昇

2010-02-03 11:40:08 cri

米製造業の動きやナイジェリアで石油施設が破壊されたことを受けて、国際原油価格が2日もさらに上昇しました。

ISM・全米供給管理協会の1日の報告によると、1月の製造業景況指数が3.5上がって58.4に達したということです。同指数値は50 を超えた場合は相場の上昇を意味するため、1月のこのデータは急速な上昇を意味しています。これは、景気回復に向けての投資者の自信を増やし、原油価格の高騰につながるだろうとされます。

一方、ナイジェリアの石油企業シェル・ナイジェリアは1日、1月30日にナイジェリア南部イエルサ州で爆発があり、この中で同社が操業する石油パイプが破裂したことを発表しました。調査では、爆発は何者かによる犯行だったと分かりました。同地域では、これ以上の石油生産への懸念も高まっています。

2日までに、ニューヨーク商業取引所3月渡しの原油先物価格は2.80ドル値上がりして1バレル77.23ドルで終わりました。ロンドン市場では3月渡しの北海ブレント原油先物価格は2.95ドル値上がりして1バレル76.06ドルで終わりました。(翻訳:コオリ・ミン)



 
 
>TOP

韓国サッカー、FIFAランキング49位

2010/02/04(Thu) 14:00

韓国サッカーが、今年初めて発表された国際サッカー連盟、FIFAランキングで40位圏に進入した。 FIFAが発表したランキングで、韓国は49位に上がって先月より3階段上昇した。韓国がFIFAランキングで40位圏に入ったことは、昨年10月以来4月ぶり。

スペインとブラジルが各々1位と2位を維持し、南アフリカ共和国ワールドカップ本戦で、韓国と同じ組に属したアルゼンチンは8位、ギリシャは12位、ナイジェリアは15位にランクした。



 
 
>TOP

ナイジェリア代表監督解任、ヒディンク氏が新監督筆頭候補に

* 2010年02月06日 11:19 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【2月6日 AFP】ナイジェリアサッカー連盟(Nigeria Football Federation、以下NFF)は5日、シュアイブ・アモドゥ(Shuaibu Amodu)代表監督の解任を発表すると同時に、2010年サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で指揮を執る新監督候補を発表した。

チームを率いて2009年11月にW杯南アフリカ大会出場権を手にしたアモドゥ前監督は、1月に開催されたアフリカ・ネイションズカップ(アフリカ選手権、African Nations Cup 2010)でチームを3位に導いたものの、メディアや国民から批判を浴びていた。

NFFが発表した新監督候補の筆頭はロシア代表のフース・ヒディンク(Guus Hiddink)監督で、他にはバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)のルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督、02年サッカーW杯でセネガル代表を率いたブルーノ・メツ(Bruno Metsu)氏、06サッカーW杯でガーナ代表監督を務めたラトミール・ジュコビッチ(Ratomir Djukovic)氏、過去にイングランド代表の暫定監督を務めたピーター・テイラー(Peter Taylor)氏が名を連ねている。

長時間に及ぶ話し合いの末に発表された公式の声明によると、NFFの技術委員会はヒディンク氏、メツ氏、ジュコビッチ氏のうちの1人を2月中に即時雇用することを提言し、外人監督の費用はナイジェリア連邦政府が負担するとしている。(c)AFP



 
 
>TOP

VISA騙るフィッシングが発生、8日の時点で稼働中 - 問合せは70件超

フィッシング対策協議会は、クレジットカードブランド「VISA」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは英文で書かれており、クレジットカードがナイジェリアのATMで不正利用されたとして対応を求めるもの。不正サイトへ誘導し、フォームより個人情報やカード情報を入力させようとする。

同協議会によれば、2月8日18時の時点で問題のサイトは稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターへ閉鎖を依頼している。今回のフィッシング攻撃に関し、VISAへ45件、フィッシング対策協議会へ29件の問い合わせが寄せられているという。

フィッシング対策協議会
http://www.antiphishing.jp/

(Security NEXT - 2010/02/08更新)



 
 
>TOP

2010.02.10 Web posted at: 10:03 JST Updated - CNN

ナイジェリア副大統領、大統領代行に 議会が承認

ラゴス(CNN) アフリカ西部ナイジェリア議会の上下両院は9日、健康問題を抱えたヤラドゥア大統領が公務に復帰可能な状態に回復するまで、ジョナサン副大統領を大統領代行とする決議案を可決した。

副大統領は今後、閣僚らで構成する評議会の決議案承認を経て大統領代行に就任する。評議会の会合は10日に予定されている。

ヤラドゥア大統領は昨年11月、首都アブジャ市内で胸部の痛みを訴えた後、心臓周辺の組織に炎症が見られると診断され、治療のため中東サウジアラビアに出国した。大統領はサウジで辞任の意向を否定。先月13日には病床で英BBCの取材に応じ、健康状態の回復と公務復帰の意思を強調した。

しかしナイジェリアは第三者から見て権力の空白状態となり、アブジャでは大統領の不在を受けた憲法秩序や、大統領の容体に関する情報を求めるデモが行われた。現地メディアによると、上院は副大統領を大統領代行に任命するとの意思が、憲法規定通り議会に示されていない点に懸念を表明した。

ただし司法当局者はCNNの単独取材で、政治制度が依然機能していると発言し、権力の空白を否定。また、大統領が副大統領を大統領代行に指名する委任状を書く必要はないとコメントした。



 
 
>TOP

ナイジェリア:大統領の職務を副大統領が代行

【ヨハネスブルク高尾具成】アフリカ屈指の産油国ナイジェリアの議会は9日、病気療養中のヤラドゥア大統領の職務をジョナサン副大統領に代行させることを決議した。ロイター通信が伝えた。ヤラドゥア大統領は昨年11月、心臓病治療のためサウジアラビアの病院に入院した。

毎日新聞 2010年2月10日 21時41分



 
 
>TOP

クレジットカード会社VISAを装ったフィッシング詐欺が確認

2010/2/10

フィッシング対策協議会は、クレジットカード会社の「VISA(ビザ)」を騙ったフィッシングメールとフィッシングサイトを確認したとして、注意を呼びかけています。

確認されたメールは、英文で、「あなたのカードがナイジェリアで使われたが、セキュリティの事情で拒否されている。リンクをクリックして、手続きを完了する必要がある」といった内容が書かれています。書かれているURLをクリックすると、VISAのロゴの入った偽サイトに誘導され、個人情報やカード番号の入力フォームが開きます。

同協議会では、このようなメールを受け取っても、URLをクリックしたり個人情報などの入力を行わないよう呼びかけています。



 
 
>TOP

ナイジェリアの教会が婚活イベント、ただし「愛は有料です」

* 2010年02月13日 23:18 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【2月13日 AFP】ナイジェリアのラゴス(Lagos)にあるキリスト教ペンテコステ派の教会が、バレンタインデーの14日に独身男女のマッチングイベントを開催する。ただし、結婚カウンセリング、セミナーやダンスパーティ費用として代金は徴収するという。

イベントを主催するHouse of God Fellowship教会で広報を担当するマイケル・ウチェブアク(Michael Uchebuaku)氏によると、「ラブ・コネクションーシングルたちのバレンタイン」と題されたこのイベントは独身者限定。前年、初めて開催した際にも多くの男女が参加したという。

13日の同国紙ガーディアン(Guardian)には「新しい年の幕開けに真の恋人を見つけませんか」とうたった広告が掲載された。広告は「申し込みは急いで!生涯の伴侶に出会う最後のチャンスかも!」と急かしたうえで、参加費2000ナイラ(約1200円)をユニオン銀行に払い込むよう指示している。

マッチングイベントの収入は、教会とPR専門家でもあるウチェブアク氏とで折半することになっているという。(c)AFP



 
 
>TOP

世界を読む:航空機爆破未遂、23歳被告の足跡 孤独からアルカイダへ

その若い男は毎日5回、アザーン(礼拝の呼びかけ)とともにモスクに現れ、最前列で祈りをささげていた。09年夏、イエメンの首都サヌアにあるアルタバリ・モスク。アラビア語学校で学ぶ男は、子供にチョコレートを配り、貧しいメイドには小遣いをあげるような「模範的なイスラム教徒」だったが、12月25日、米ミシガン州上空でノースウエスト機の爆破に失敗し、逮捕される。犯行声明を出したのはテロ組織「アラビア半島のアルカイダ」だった。

◇裕福な育ち、西洋教育に違和感

殺人未遂など6件の罪で起訴されたナイジェリア人、ウマル・ファルーク・アブドルムタラブ被告(23)。留学先の西アフリカ・トーゴ、英ロンドン、爆発物を受け取ったとされるイエメンに足跡をたどると、西洋教育で培った進歩的な価値観と、イスラムの厳格な価値観の相克に孤独感を深め、アルカイダの黒い網にからめ捕られていった被告の姿が浮かび上がった。

被告は86年12月、ナイジェリアの主要都市ラゴスの銀行家の家庭に、16番目の末っ子として生まれた。父親は70年代に閣僚も務めたエリート。幼いころからイスラムに忠実だった被告は、地元のインターナショナルスクールとトーゴの英国式寄宿制学校を経て、04年に初めてイエメンでアラビア語を学んだ後、ロンドン大学(UCL)に進んだ。

「相談相手もいない。孤独で落ち込み、どうしていいか分からない」。米英紙によると被告は05年、「ファルーク1986」名でネットサイトに心境を吐露した。07年までの300回以上の書き込みからは、イスラム世界の自由で寛容な側面と過激主義のはざまで葛藤(かっとう)しつつ、西洋の「堕落」を訴えていく様子が浮かび上がる。

イスラム原理主義へ傾倒する被告とアルカイダを結びつけたとみられる重要人物がいる。イエメンに潜む米国籍のイスラム指導者、アンワル・アウラキ師(38)。01年米同時多発テロの実行犯と関係があったとされる。イエメン政府当局者は、被告が2度目の同国滞在時の09年10月、同師が建てた中部シャブア州の家でアルカイダ関係者と会い、航空機爆破の訓練を受けていたことを明らかにした。

焦点である被告と同師の接点を探るカギは、05年9月から08年6月までのロンドン大留学時代にあった。

「我々は(米国の要請で一時イエメン政府に拘束された)アウラキ師の釈放キャンペーンを行い、彼を英国でのイベントに招待したことがある」。ロンドンを拠点にイスラム教徒拘留者の解放運動を行う「ケージプリズナーズ」の関係者は毎日新聞に証言する。

大学の「イスラム・ソサエティー(ISOC)」会長だった被告が、欧米の対テロ戦を批判する学内討論会を主催し、アウラキ師と接点のある「ケージプリズナーズ」幹部らを招いていたことも明らかになった。ISOCの過激化を警告してきた社会統合研究所(ロンドン)のダグラス・マリー所長は「アブドルムタラブがロンドン時代にアウラキと接触した可能性はある」と指摘する。

同師は、米テキサス州の陸軍基地で09年11月に銃を乱射した精神科医、ニダル・マリク・ハサン被告とも連絡を取っていた。同師の両親はイエメン人だが、自身は米国で生まれ、米国の大学を卒業した。父親が80年代末に閣僚を務めるなど、エリート一家の出身だ。

エリートの家庭に生まれ、西洋で教育を受けた2人の人生は交錯する。米CBSテレビによると、アブドルムタラブ被告は、アウラキ師から米本土上空での航空機爆破を指示されたと捜査当局に供述しているという。【サヌアで和田浩明、ロンドン笠原敏彦、ヨハネスブルク高尾具成、ワシントン草野和彦】

◇アフガン帰りの義勇兵、過激化

09年12月の米航空機爆破テロ未遂事件を機に、「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の本拠地イエメンが、アフガニスタンとイラクに次ぐ「第3のテロ拠点」として浮上。米国は「過激主義と戦うすべての国の新たな脅威」(上院外交委報告書)と位置付け、警鐘を鳴らしている。だが、AQAPの前身は80年代に米国などの支援の下、アフガンでソ連軍と戦ったイスラム義勇兵。米国は自らが育てた武装勢力に牙をむかれた格好だ。

イエメンとアルカイダの関係は、80年代にさかのぼる。後に国際テロ組織アルカイダ指導者となるウサマ・ビンラディン容疑者は当時、アフガンに侵攻したソ連軍と戦うイスラム義勇兵を組織したが、その多くはイエメン人だった。義勇兵は米国などの後ろ盾もあり、89年にソ連軍を撤退に追い込んだ。外国人を含む数千人の帰還兵は、イエメンで歓迎された。

その後、これらの帰還兵は南北イエメン統一(90年)に続く内戦で南部戦線に投入され、過激思想を深めることになる。米同時多発テロ(01年)後のアフガン戦争で拘束されたイエメン人は、「母国の宗教指導者の指示で反米闘争に参加した」と米当局に供述。イラク戦争(03年)にもイエメンから多数の義勇兵が参加した。

AQAPはイエメンとサウジアラビアのアルカイダ系組織が合流して、09年1月に結成された。「互いの弱点を補うために結びついた」(西側外交筋)といわれる。率いているのは30代のイエメン人ナシール・ウハイシ指導者。本家アルカイダのビンラディン容疑者の「秘書」役だった。

ウハイシ指導者はアフガンからの帰国後、イエメン政府に捕らえられたが、06年に脱獄。米同時多発テロ後の摘発で弱体化した組織を再建し、オンラインの機関紙を発行して米国や親米アラブ政権の排除を訴える。

09年8月にはサウジで、テロ対策の責任者で王族のナエフ副内相を狙った自爆テロに出た。爆死したサウジ人は、米航空機爆破テロ未遂事件と同じ高性能爆薬PETNを下着に縫い込んでいた模様。アルカイダの典型である「一般の耳目を集める派手なテロ」を展開している。

西側外交筋などの間には、AQAPの規模について「シンパまで含めれば数千から数万人」との見方もあるが、実態は不明だ。

最大の懸念材料の一つが、紅海を挟んで向かい合うソマリアのイスラム原理主義組織「アルシャバブ」との連携だ。同組織の宗教指導者は最近、AQAPへの「戦士」派遣を表明している。

国連の推計によると、内戦状態のソマリアからアデン湾経由でイエメンに渡った難民は約15万人。行き場を失った難民がAQAPや北部の反政府勢力にリクルートされることを恐れるイエメン国防省は、「AQAPとソマリア勢の連携が生じないよう監視していく」(同省幹部)という。

ただ、「アラブの最貧国」とされるイエメンでは、高失業率や南北間格差が軽減されない限り、AQAPの反米主義や親米政権批判が一定の説得力を持ち続けそうだ。「政治、社会、教育、経済の開発が必須」(サヌア大のアハメド・ダガーシ教授)と言える。【サヌアで和田浩明】

◇「国産テロリストの脅威に直面」 米、危機感強く

「米国は国産テロリストの脅威に直面している」。米航空機爆破テロ未遂事件の黒幕として、イエメンに潜伏する米国籍のイスラム指導者アウラキ師が浮上したことなどを受け、ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はこう危機感を表明する。同師はインターネットを通じて英語でジハード(聖戦)を呼びかけており、AP通信によると、同師のウェブサイトへのアクセスの1割以上は米国内からだという。

同師に感化された「米国人テロリスト」の一人が、09年11月のテキサス州フォートフッド陸軍基地銃乱射事件のハサン被告だ。同師とメールで連絡をとっていたことが明らかになっている。

米上院外交委員会の報告書(1月21日付)によると、米国内で服役中にイスラム教に改宗し、出所後、アラビア語習得の名目でイエメンに渡航した米国人が36人いる。うち数人は行方が分からず、情報機関の監視網から漏れている。国際テロ組織アルカイダが、警戒されにくい米国人を意図的に勧誘しているという見方もある。

一方、米航空機爆破未遂事件で起訴されたアブドルムタラブ被告が、一人で実行を試みて警戒網から逃れたように、テロ計画の「小規模化」が進行。米国のテロ対策は新たな局面を迎えている。

ブレア国家情報長官は2、3日の議会公聴会で、今後3〜6カ月のうちに米国本土へのテロ攻撃が企てられる可能性が高いとの認識を示し、たとえ米国人であっても、テロリストであれば「殺害を含む直接的な手段に出る」と言明した。【ワシントン草野和彦】

世界を読む:航空機爆破未遂、23歳被告の足跡 英「社会統合研究所」所長に聞く

◇寛容な英、過激主義の温床に

米航空機爆破テロ未遂事件で起訴されたアブドルムタラブ被告はロンドン大(UCL)留学時代に過激化したと指摘される。この問題に詳しい「社会統合研究所」のダグラス・マリー所長に聞いた。【ロンドン笠原敏彦】

ーー大学のイスラム・ソサエティー(ISOC)の問題を指摘されていますね。

英国の大学のISOC元会長が重大なテロ犯罪で起訴されたのは、アブドルムタラブ被告で4人目だ。ISOCの一部は、01年の米同時多発テロ後に政治色を強めた。大学当局は「イスラム嫌い」と批判されるのを懸念し、沈黙しがちだ。

ーー米同時テロの実行犯に影響を与えたと言われるイエメンのイスラム指導者アウラキ師も活動していたと。

彼は何度も英国で演説している。(入国禁止になった後)最近はビデオリンクでアルカイダのメッセージを説いている。09年4月にも、彼がロンドンの大学のISOCに向けて演説を予定していることが分かり、大学に注意を喚起した。

ーー英国は、過激主義の温床という意味で「ロンドニスタン」とも批判されます。

CIA(米中央情報局)は情報収集活動の相当部分を英国で行っていると言われるほどだ。米国にとって、英国は安全保障上の大きな懸念になっている。英国は非常に寛容な国と見られ、世界中から人が集まってくる。問題が大きすぎて、政府は有効に対処できていないように思う。

毎日新聞 2010年2月14日 東京朝刊



 
 
>TOP

バスに電線落下、20人以上が感電死 ナイジェリア

2010.2.14 09:25

ナイジェリア南部ポートハーコートで13日、電線がバスの上に落下し、AP通信によると、少なくとも20人が死亡した。地元警察が明らかにした。感電死とみられるという。

死者の大半はバスの乗客だったが、犠牲者には近くを通り掛かった人も含まれていた。電線は大雨で落下したとみられるが、バスに何人の乗客が乗っていたかなど、詳細は分かっていない。

ポートハーコートはナイジェリア南部の石油産業の中心都市。(共同)



 
 
>TOP

ナイジェリア・ポートハーコートで電線が走行中のバスの上に落下 乗客など20人感電死

アフリカ・ナイジェリア南部の都市で13日、電線が走行中のバスの上に落下し、乗客など少なくとも20人が感電死した。

AP通信によると、事故があったのはナイジェリア南部のポートハーコートで、13日、走行中のバスの上に電線が落下し、少なくとも20人が感電死した。

死者の大半はバスの乗客だったが、中には近くを通りかかって巻き込まれた人もいるという。

電線は大雨で落下したとみられている。

(02/14 18:37)



 
 
>TOP

印携帯最大手、中東同業のアフリカ事業買収で独占交渉権

【ムンバイ=黒沼勇史】インド携帯電話最大手のバルティ・エアテルは15日、クウェートの同業ザインから、アフリカ事業を買収することで独占交渉権を得たと発表した。提案した買収額は107億ドル(約9650億円)に上る。バルティは昨年9月、南アフリカ最大手との資本提携が頓挫したが、海外での事業拡大を目指しM&A(合併・買収)戦略の継続を表明していた。

15日のムンバイ証券取引所で、バルティ株は前週末比9.3%安で引けた。買収資金の一部を新株発行で調達するとの見方が広がり、株主価値の希薄化を嫌気した投資家による売りがかさんだ。

買収交渉の対象はザインが現在携帯サービスを提供するナイジェリア、ケニアなどアフリカの15カ国。中東やスーダン、モロッコはザインが事業を継続する。ザインの現在の総加入件数は7000万件だが、買収対象はうち6割を占める。3月25日を独占交渉の期限としている。(15日 22:35)



 
 
>TOP

「テロとの戦い」めぐり前・現米副大統領が論争、バイデン氏とチェイニー氏

* 2010年02月16日 00:17 発信地:ワシントンD.C./米国

【2月16日 AFP】米国で現オバマ政権のジョー・バイデン(Joe Biden)現副大統領(67)と、前ブッシュ政権のディック・チェイニー(Dick Cheney)前副大統領(69)がテレビ・インタビューを介し、「テロとの戦い」をめぐって強烈な舌戦を繰り広げている。

チェイニー氏は米ABCテレビのインタビューで、国家安全保障において、バラク・オバマ(Barack Obama)大統領と民主党政権は信じられないほど「うぶ」だと評し、2001年9月11日の米国同時多発テロが再発することは「ありえない」とした最近のバイデン氏の発言について、「そんな心構えでは、適切な動員と優先順位が図れない」「完全に間違っている」と批判した。

これに対し、バイデン氏は14日のインタビューで「チェイニー氏にあるのは自分の主張を表明する権利だけだ。歴史を改ざんする資格はない」と述べ、チェイニー氏がオバマ政権のテロ対策が手ぬるいという印象を与えようとしていると反論した。

3つのテレビ局が互いの映像を見せて反論させるインタビューを行ったため、外交と安全保障政策において意見が激しく対立する長年のライバル同士であるチェイニー氏と上院外交委員会の元委員長でもあるバイデン氏の間で論戦に発展した。

■敵対視か対話か、真反対の外交スタンス

オバマ大統領は09年3月、ブッシュ・チェイニー正副大統領が率いた政権の「テロとの戦い」における政策によって「米国のイメージと世界における位置づけが著しく損ねられた」と強く批判した。また、キューバ・グアンタナモ(Guantanamo)米海軍基地内にあるテロ容疑者収容施設の閉鎖を目指し、非友好国を「悪の枢軸」扱いしたブッシュ政権の外交スタンスから、より対話を重視する非好戦的なアプローチへと方向転換を図っている。

そのブッシュ政権の強硬的な対テロ政策の立案者ともいえるチェイニー氏は、同政権下でテロリスト容疑者に行った水責めによる尋問方法を現在も支持し、米ノースウエスト(Northwest Airlines)機爆破未遂事件のナイジェリア人被告に対しても、同じ手法を使うことができたとまで述べた。

オバマ政権になってからは、水責めのような過酷な尋問手法は米国の理念に反するとして禁じられた。バイデン氏は14日のテレビで、ノースウエスト機事件のウマル・ファルーク・アブドルムタラブ(Umar Farouk Abdulmutallab)被告(23)からは、自白を促す接し方を通じて「重要な情報」を引き出すことに成功していると言い切った。

しかし、共和党は同被告を軍に引き渡すべきだったと主張している。チェイニー氏はオバマ大統領が「米国をテロ攻撃に陥れようとしており、犯罪にも等しい行為だ」と糾弾し、「(ノースウエスト機事件についても)米国に対する戦略的脅威に変わりはなく、戦争と同様に対処すべきだ。われわれはそうして(ブッシュ政権の)7年半の間、新たな攻撃を防いできたのだ」と激しく応酬した。

チェイニー氏はグアンタナモの収容施設についても断固として正当性を主張し、同時多発テロ事件の主犯格の1人とされるハリド・シェイク・モハメド(Khalid Sheikh Mohammed)被告の裁判をグアンタナモ内の特別軍事法廷ではなく、連邦地裁で行うことにしたオバマ政権の決定についても、被告に「プロパガンダの場を与えるだけ」と酷評している。

しかしバイデン氏は、チェイニー氏自身が誤情報に踊らされていたのでないとすれば、故意に米国民に誤った情報を与えていたのだと皮肉を交え、さらにブッシュ政権下の特別軍事法廷で裁かれたテロリスト容疑者は3人しかおらず、そのうち2人はすでに釈放されていると指摘した。

バイデン氏はさらに強調し、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の指導者ウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者に追随する者たちは現在、逃走に必死な状態で、「過去のように遠くから何かを起こせる力はない。われわれは最重要幹部20人のうち12人を抹殺し、戦闘員100人前後を捕らえた。彼らを地下に葬り去ったのだ」と語った。(c)AFP



 
 
>TOP

グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

 2月18日(ブルームバーグ):アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

 香港株式相場は反落。金属相場の軟調を受けて資源株が売られた。ハンセン指数が17日に2週間ぶりの高値で引けたことを好機とみた売りも出た。

 アルミニウム生産で中国最大手の中国アルミ(チャルコ、2600HK)は2.8%安。中国の製油大手、中国石油化工(Sinopec、386 HK)は1.2%安。6品目で構成するロンドン金属取引所(LME)の指数は17日、0.4%下落した。

 前日までの6営業日で9.6%上げていた不動産会社サイノ・ランド(信和置業、83 HK)は1.5%下落した。カジノリゾート経営のサンズ・チャイナ(1928 HK)は5.7%安。

 中国の携帯電話サービス大手、チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)は1.3%下落。ナイジェリア電気通信(NITEL)の株式取得の動きにかかわっていないとして、ナイジェリア当局側の発言を否定したことが悪材料。

 一方、コンテナーターミナル運営の中遠太平洋(コスコ・パシフィック、1199 HK)は、1%高で引けた。

 ハンセン指数は前日比111.86ポイント(0.5%)安の20422.15。午前の取引では米国の指標に反応して0.2%高となる場面もあった。17日は3日以来の高値で引けていた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比0.9%安の11601.67。

【中国株式市況】

 今週の中国株式市場は、春節(旧正月)の連休のため休場。取引は22日に再開される。

【インド株式市況】

 インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が3日ぶりに反落。各国政府が景気刺激策を解除し需要が後退するとの観測で金属相場が下落したことを受け、金属株が売られた。

 産銅でインド最大手のスターライト・インダストリーズは2.3%下げた。国内最大の鉄鋼メーカー、タタ・スチールは1.2%下落。米経済の勢いが増す兆候を受けて同国が景気刺激解除に動くとの観測が強まったほか、インド政府も26日に予算案を公表する。

 ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比101.07ポイント(0.6%)安の16327.84で終了。

 スターライト(STLT IN)の終値は770.60ルピー。タタ(TATA IN)は577.15ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比13.14ポイント(0.3%)安の4654.76。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比6.24ポイント(0.4%)安の1621.19。

【台湾株式市況】

 今週の台湾株式市場は春節(旧正月)の連休のため休場。取引は22日に再開される。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比24.87ポイント(0.9%)安の2769.19。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比0.07ポイント安の1259.00。

【タイ株式市況】

 SET指数は前日比1.83ポイント(0.3%)安の695.66。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比21.31ポイント(0.8%)安の2560.03。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比18.73ポイント(0.6%)安の2999.94。

参考画面:海外株式市場の関連ニュース(日本語):翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori + 44-20-7673-2178hfujimori@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba

更新日時: 2010/02/18 22:19 JST



 
 
>TOP

オーストラリアのCGA社、ナイジェリアの金鉱開発プロジェクトに投資予定

2010年02月22日

【新華社レゴス=李懐林、曹凱】 ナイジェリアの新聞「ビジネス・ディ」によると、オーストラリアの鉱業会社であるCGA Mining Limited(CGA)は先ごろ、ナイジェリアの金鉱開発プロジェクトに投資すると発表した。

同プロジェクトはナイジェリアのオシュン州に立地しており、金の年間生産量は10万オンス以上となる見込みだという。

(翻訳 尚蕾)



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領、3カ月ぶりに帰国 サウジの病院で治療

【ロンドン=岐部秀光】ロイター通信によるとサウジアラビアの病院で治療を受けていたナイジェリアのヤラドゥア大統領(58)が24日、3カ月ぶりに帰国した。同国では今月初め、大統領の不在長期化を受け、ジョナサン副大統領が大統領代行に正式就任したばかり。ヤラドゥア氏の健康状態は明らかにされておらず、再び職務に復帰するかどうかも不明という。 (22:01)



 
 
>TOP

2010.02.24 Web posted at: 20:43 JST Updated - CNN

サウジで入院の大統領帰国、執務可能かは不明 ナイジェリア

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ中西部ナイジェリアの駐サウジアラビア大使は24日、心臓関連の治療のため昨年11月からサウジアラビアに滞在していたヤラドゥア・ナイジェリア大統領が23日、帰国したことを明らかにした。

健康状態は回復したとしているが、大統領としての執務が可能かどうかは不明。病状の詳細は不明だが、重症説も流れていた。ヤラドゥア氏は、胸部の痛みを訴え、サウジアラビア西部ジッダの病院に入院していた。

大統領の不在で、首都アブジャなどでは国家運営の混乱を危ぐし、病状の説明を求めるデモも発生。南部産油地帯の反政府武装勢力は、政府が停戦協定の条件を順守しないとして破棄も警告している。

この中で同国議会は2月、副大統領を臨時大統領に指名していた。



 
 
>TOP

長期療養中のナイジェリア大統領、極秘帰国 政争前夜?

2010年3月2日3時46分

【ナイロビ=古谷祐伸】アフリカの主要産油国ナイジェリアで、昨年11月下旬から国外療養中のヤラドゥア大統領が2月24日未明、こっそり帰国した。姿を見せず、病状の説明もない。ジョナサン副大統領が大統領代行になった矢先で、ヤラドゥア氏の真意不明の行動は政争の前触れではと不安が広がっている。

報道によると、ヤラドゥア大統領は24日未明に突然帰国し、官邸に戻った。厳重な警備のなか、集中治療室に入ったとみられ、妻トゥライさんが一部の親族や側近だけに面会を許している。

2007年の大統領選で初当選。3カ月前、腎臓と心臓の治療のためサウジアラビアで入院して以来、病状について詳しい説明をしていない。

首脳不在の間、南部産油地帯の反政府勢力が停戦を破棄するなど、重要事件が続いた。憲法上の権限委譲の手続きを取らないヤラドゥア大統領の責任問題に発展した。

議会の支援を受けたジョナサン副大統領が、大統領が復職するまでの条件で、憲法の裏付けのないまま大統領代行に就いたのが2月9日。途端に帰国したヤラドゥア大統領に、ジョナサン副大統領は面会できていない。

大統領報道官は24日、「大統領の健康は改善した。しかし、快復までの間、ジョナサン副大統領が国務を監督し続ける」との声明を出した。職務復帰が無理ならば、なぜサウジで療養を続けないのか。病状が深刻で、最期の日を祖国で迎えるために帰国したという見方もあれば、ジョナサン副大統領の政権運営ににらみを利かせるため帰国したとの見方もある。情報が乏しく、政権運営をめぐる展開が読めない状況だ。

ナイジェリアは、多様な民族と人口を二分する宗教分布など、複雑な国内事情を抱える。イスラム教徒が占める北部とキリスト教徒が占める南部とで、大統領職を2期ずつ分け合う暗黙の了解があるともされる。ジョナサン副大統領は南部出身、ヤラドゥア大統領は北部出身だ。

ヤラドゥア大統領が復職をにおわせ、説明や辞職を避ける状況が今後も続くと、南北間の政治バランスにひびが入りかねないと懸念されている。次の大統領選は2011年に予定されている。



 
 
>TOP

「4日の原油相場は、反発」【ドットコモディティ】

2010年3月4日18時12分

(News2u) - リリース日:2010年03月04日

リリース発行企業:ドットコモディティ株式会社

◇一部抜粋

【原油】

4日の原油相場は、反発。前日の夜間取引では、ユーロ安一服で商品市場への買い安心感に繋がり堅調推移。本日の日中取引では、NY原油相場続伸を好感し上昇幅拡大しての取引開始。ただその後は円相場の上昇やNY原油時間外取引のじり安に上値を抑えられ上げ幅を縮小。ユーロドルも下落していることで下値での買いも限られ、プラスサイドながら日中取引の安値圏で取引を終えた。午後3:30現在のNY原油時間外取引期近4月限は、前営業日終値比0.36ドル安の 80.51ドル。前営業日比(帳入値比較)は、50〜310円高。先限8月限の帳入値段は、前営業日比120円高の4万4030円。

3日のNY原油相場は、続伸。NY原油期近4月限の終値は、前営業日比1.19ドル高の80.87ドル。ギリシャの再建計画が発表されたことや、欧州連合(EU)・国際通貨基金(IMF)による支援期待もありユーロドルが上昇。この日発表された米エネルギー情報局(EIA)週間石油統計での原油在庫急増といった弱材料もドル安による強材料が消化。ナイジェリアでシェルの石油施設が武装勢力の攻撃を受けたことも供給懸念による買いに繋がった。この日発表された経済統計では、2月のADP雇用レポートでの雇用者数がマイナス2.0万人と事前予想通りだったが米雇用統計への期待を抱かせる内容。加えて2月の米供給管理協会(ISM)非製造業景況指数が事前予想を上回ったことも支援材料となり、終値ベースで80ドルを上回って取引を終えた。

EIAが3日発表した2月26日までの週間石油統計によると、原油在庫が前週比410万バレル増加(事前予想=140万バレル増加)の3億4160万バレル、ガソリン在庫が前週比70万バレル増加(同=60万バレル増加)の2億3190万バレル、留出油在庫が前週比90万バレル減少(同=90万バレル減少)の1億5180万バレルとなった。

本日午後5時からの夜間取引は、揉み合いを予想。ADPが週末の米雇用統計への期待を抱かせる数字となったものの、今晩の段階で一段高は難しいか。

予想レンジ(先限)は、4万3500〜4万4500円。

【金】

4日の東京金相場の日中取引は反落。大引けの前営業日比は22〜18円安。前日のNY高は上昇したものの、為替が円高に振れたこと、あるいはロコ・ロンドン現物安から売りが先行した。今日のロコ・ロンドン現物は夕方15:30現在1134.60ドル。

3日のNY金は続伸。中心限月4月限は前営業日比5.9ドル高の1143.3ドル。WTI原油が上昇したことやNYプラチナが5日続伸したことなどに支援されてファンドの買いが主導した。

3日はギリシャ政府が財政赤字の削減計画を発表したことが好感され、為替市場では信用不安の後退とともにユーロを買い戻す動きが続いた。米国内では前日発表された景況感の悪化にみられるように、ドル安基調が続くとの観測が強まって商品市場は出直り機運を強めている。この日は原油が一時81ドル台に乗せて1月12日以来の高値を付け引け値ベースでは1月11日以来の高値に達する展開。この原油などにも支援され、金市況は一時1145ドルに上伸して1月15日以来約6週間ぶりの高値を付けるなど堅調。

本日、5時から取引が再開される夜間取引では、弱含みとなる見通し。夕方16:00現在、1ドル=88.21/19円中心。午後4時00分現在のロコ・ロンドン現物は1133.15ドル。

東京金先限ベースの予想レンジは3220〜3235円。

■ドットコモディティについて

ドットコモディティ株式会社

所在地 〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1-21-8 セラ51ビル6F

■事業内容

商品先物取引受託業務

■関連URL

http://www.commodity.co.jp/



 
 
>TOP

ナイジェリアで宗教衝突、100人死亡

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカ、ナイジェリア中部ジョス近郊で7日、イスラム教徒とキリスト教徒が衝突し、ロイター通信によると少なくとも100人が死亡した。

犠牲者の大半は女性や子供とみられ、州当局者は死者数はさらに増えるとの見通しを述べている。詳しい状況は不明だが、イスラム教徒の集団が、過去の紛争の報復のため、ナタを手にキリスト教徒の村を襲撃したとの情報もある。

ジョスでは1月にも両教徒間の衝突で300人以上が死亡。2008年11月には地方選挙をきっかけに両教徒が暴徒化し数百人が死亡した。

(2010年3月8日10時47分 読売新聞)



 
 
>TOP

2010.03.08 Web posted at: 20:03 JST Updated - CNN

ナイジェリア中部の村に襲撃、「200人以上死亡」と当局者

ラゴス(CNN) ナイジェリア中部プラトー州の当局者によると、州都ジョス南郊にあるキリスト教徒の村ドゴハハウワが7日未明、イスラム教徒とみられる集団に襲撃された。同州当局者は8日、200人以上が死亡、32人が負傷し、容疑者26人が拘束されたと述べた。

当局の報道担当者によると、犯行集団は午前3時ごろ村に侵入し、約2時間半にわたって建物に放火したり、なたで住民を襲ったりした。非政府組織(NGO)の人権団体の関係者は、死者数を当局者の発表より多い485人前後としている。

病気療養中のヤラドゥア大統領の代理を務めるジョナサン副大統領は、同州と近隣の州に厳重な警戒を呼び掛けるとともに、治安部隊に犯人の追跡を指示した。

現地の赤十字によると、襲撃後に48人が病院で治療を受けた。赤十字スタッフは1カ所の集落で遺体30体を確認したが、住民が死者の埋葬を急ぐ意向を示したため、調査を続行できなかったという。村からは多くの住民が避難し、隣接するバウチ州の赤十字キャンプには約600人が収容されている。

同国では人口を二分するイスラム教徒とキリスト教徒の対立に、250―400以上とされる民族同士の紛争が絡み、住民間の衝突が後を絶たない。今年1月にはジョスで起きた衝突で69人が死亡、約600人が負傷し、数千人が避難を強いられた。また、同月ジョス南郊の別の村が襲撃を受けた際には、イスラム教徒少なくとも150人が死亡し、村の民家がほとんど焼き尽くされたとの報告もある。



 
 
>TOP

ナイジェリアの宗教衝突、死者500人に

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカ、ナイジェリアの中部ジョス近郊で7日に起きたイスラム教徒とキリスト教徒の衝突で、AFP通信は8日、政府当局者の話として、犠牲者が少なくとも500人に達したと報じた。

イスラム教徒の武装集団が7日未明、ジョス郊外にあるキリスト教徒の村を奇襲。逃げまどう住民をナタで襲い、家屋や車に放火したという。ジョスでは1月、キリスト教徒がイスラム教徒を襲撃したことが発端で混乱が拡大し、300人以上が死亡。地元紙は今回の襲撃はイスラム教徒による報復との見方を伝えている。

(2010年3月8日20時49分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリアの宗教間衝突、軍が知事による事前警告を無視か

* 2010年03月10日 09:35 発信地:アブジャ/ナイジェリア

【3 月10日 AFP】アフリカ中西部ナイジェリアのプラトー(Plateau)州のジョナー・ジャン(Jonah Jang)知事は9日、同州内で7日に発生した数百人が殺害されたとされるキリスト教徒の襲撃事件について、事前の警告を無視したとして、軍司令官らを非難した。

ジャン知事によると、同知事は武装集団が近隣州からプラトー州に入り、襲撃を受けたキリスト教徒の村周辺で目撃されたとの情報を6日午後9時に入手し、軍司令官らに警告した。その際、軍司令官は部隊を派遣すると語ったという。

ジャン知事の自宅は、襲撃があった村の1つから約5キロの場所にあるが、その自宅前を1台の戦車が通過していったため、同知事はキリスト教徒の村に向かったものだと思っていた。

ところが、その3時間後、ジャン知事はキリスト教徒の村が襲撃されているとの報告を受けたという。「司令官らと連絡を取ろうとしたが、まったくつかまえることができなかった」

ジャン知事は、軍部の過失がなければ、襲撃は避けることができたはずだと指摘した。

地元当局者によると、襲撃されたのは3つの村のキリスト教徒が多数を占めるベロム(Berom)族で、500人以上がなたやおの、短刀などで襲われ殺害されたという。死者数については、警察当局は55人と発表し、人権団体や地元メディアは200〜400人と報じている。

襲撃の生存者は、当局は襲撃を防ぐことはしなかったと証言している。

プラトー州では1月、キリスト教徒によるイスラム教徒の襲撃事件が起き、少なくとも326人が死亡した。(c)AFP



 
 
>TOP

2010.03.11 Web posted at: 11:55 JST Updated - CNN

サッカーの若手有望選手2人が相次いで試合中に死亡、アフリカ

(CNN) アフリカ・サッカーの各国リーグで6日から7日にかけ、若手の有望選手2人が相次いで試合中に死亡する事故があった。

スーダンでは5日、アル・メレイフに所属するナイジェリア出身のFWエンデュランス・イダホール選手(25)が、対戦するアル・アマルの選手と軽くぶつかった後に倒れ、病院へ搬送される途中に死亡が確認された。死因は心臓発作と見られる。

同選手はアル・メレイフで176試合に出場し、118ゴールを決めたエースストライカーだった。

一方、ガーナでは7日、ケスベンに所属するDFバーソロミュー・オポク選手(17)が、リーグ戦の試合中に突然倒れ、病院に運ばれたが亡くなった。死因は不明で、現在調査中となっている。



 
 
>TOP

ローマ法王「残忍な虐殺」、ナイジェリアの宗教間衝突を非難

* 2010年03月11日 08:47 発信地:ジョス/ナイジェリア

【3 月11日 AFP】ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI)は10日、ナイジェリアのプラトー(Plateau)州ジョス(Jos)でキリスト教徒の村が襲撃された事件について、「残忍な暴力が虐殺を引き起こした」と強く非難した。警察当局は109人が死亡したと発表している。

法王は毎週恒例の一般謁見(えっけん)で犠牲者に哀悼の意を示し、市民および宗教の指導者に対し、「安全で平和な共存」に向けて取り組むよう呼び掛けた。

赤十字国際委員会(International Committee of the Red Cross、ICRC)によると、今回の襲撃を受け、ジョス周辺の住民約8000人が自宅を離れた。

警察当局によると、49人が殺人罪や共謀罪で起訴される見通しだという。ジョスでは1月、キリスト教徒によるイスラム教徒の襲撃事件が起き、少なくとも 326人が死亡している。容疑者らは今回の襲撃が「報復」だったことを認めているという。

地元住民によると、今回の事件は遊牧生活を営むイスラム教徒のフラニ(Fulani)族とキリスト教徒が多数を占めるベロム(Berom)族間でのウシの盗難をめぐる対立に端を発しているという。(c)AFP/Aminu Abubakar



 
 
>TOP

2010.03.18 Web posted at: 15:47 JST Updated - CNN

大統領代行が内閣解散、大統領は姿見せず ナイジェリア

ナイジェリア・ラゴス(CNN)ナイジェリアのジョナサン大統領代行は17日、内閣を解散した。内閣は政権運営の支障になっていたとみられ、実権掌握を狙った動きとみられる。報道官によると、現時点で新内閣は任命されていない。

副大統領のジョナサン氏は、ヤラドゥア大統領が心臓疾患の治療のため11月にサウジアラビアに渡った後、大統領代行に就任。これまで公の場に現れることはめったになく、権限を行使する場も限られていた。ヤラドゥア大統領は2月に帰国後も、国民の前に姿を見せていない。

首都アブジャではこの前日、インフラの不備や停電、燃料不足などの問題をめぐって抗議運動が展開され、先週は大統領の辞任を求めるデモも発生。中部の州では宗教衝突で数百人の死者が出ている。



 
 
>TOP

2010.03.23 Web posted at: 11:47 JST Updated - CNN

ナイジェリア警察、宗教衝突関与容疑の163人拘束

ラゴス(CNN) ナイジェリア警察のスポークスマンは22日CNNに対して、今月7日に同国中部プラトー州で起きた宗教衝突に関与した疑いで、163人を拘束したことを明らかにした。

163人中41人は殺人罪で訴追される。残る122人は暴動や放火、銃器所持の罪に問われる予定。

事件では同州州都ジョス南郊にあるキリスト教徒の村ドゴハハウワがイスラム教徒とみられる集団に襲撃され、推定200人以上が死亡した。1月にはジョスで衝突があり、イスラム教徒を中心に150人が死亡している。

警察のスポークスマンによると、拘束者の背景は様々であるものの、全員ジョス近郊の出身だという。



 
 
>TOP

2010.03.26 Web posted at: 17:39 JST Updated - CNN

イスラム法廷、人権団体にSNSでの議論禁止令 ナイジェリア

ナイジェリア・ラゴス(CNN) アフリカ・ナイジェリア北部の都市カドゥナのイスラム法廷が、国際人権団体に対し、インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で窃盗罪に対する刑罰の「手足の切断」について議論することを禁止していたことが明らかになった。

フェイスブックやTwitterなどでの議論禁止令は、22日にナイジェリアのシビル・ライツ・コングレス(CRC)へ出された。

国際人権団体アムネスティによると、ナイジェリアでは2000年に牛を盗んだ男が窃盗罪で有罪判決を受け、手を切断されている。

CRCはこの事件の10周年を受け、フェイスブックで刑罰としての手足の切断について議論を始めていた。

CRCは、禁止令はイスラム法シャリアに対する批判を恐れたもので、言論の自由を侵害しており、従うつもりはないと表明している。



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領「会話困難」、権限移行加速?

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカ、ナイジェリアからの報道によると、病気療養中の同国のヤラドゥア大統領(58)は最近、首都アブジャの官邸で支持者らと相次いで面会したが、大統領は会話が困難な状態だったという。

健康不安説が一層高まるようなら、大統領代行に就任したジョナサン副大統領(52)への権限移行が加速する可能性がある。

英BBC放送は2日、大統領と会ったイスラム教聖職者の話として、大統領は面会者と握手はしていたが立ち上がることはなく、口を動かしても言葉にはならなかったと報じた。

大統領は、療養のため昨年11月に公務を離れて以来、ジョナサン副大統領との面会も拒んでおり、家族や最側近以外の人に会ったのは初めて。大統領は、健在ぶりを示して、内閣改造を行うなど基盤強化を進めるジョナサン氏をけん制する狙いだったとみられる。だが、報道の通りならかえって、職務復帰は困難との見方が強まりそうだ。

ナイジェリアでは、大統領はイスラム教徒の多い北部と、キリスト教徒の多い南部の出身者間で2期ごとに交代で選出する慣例がある。北部出身のヤラドゥア大統領は現在1期目で、今後南部生まれのジョナサン代行への権限集中が加速すると、微妙な政治的バランスが崩れて南北の地域間対立をあおりかねないとの懸念があり、大統領周辺は焦燥感を強めている。

(2010年4月3日18時41分 読売新聞)



 
 
>TOP

2010.04.15 Web posted at: 16:08 JST Updated - CNN

ナイジェリア大統領11月以来姿見せず 大統領代行インタビュー

(CNN) ナイジェリアのジョナサン大統領代行はCNNのインタビューで、病気治療のため11月にサウジアラビアに渡ったヤラドゥア大統領が、2月に帰国して以来、公の場に姿を見せていないことを明らかにした。大統領代行は、大統領の病状についても認知していないという。

同大統領代行は、「ヤラドゥア大統領に面会したい」としながらも「無理やり会うつもりはない」と語った。

また大統領支持派による抵抗があるかとの質問には、「国法で明確に定められている」として否定した。2011年の次期大統領選に出馬するかとの問いには、明確な回答を避けた。

ジョナサン大統領代行は、12、13日にワシントンで行われた核保安サミットに出席しており、インタビューはその合間に行われた。同代行はオバマ大統領とも面会しており、アフリカ最大の人口を抱え、最大の石油輸出国であるナイジェリアの重要性が改めて確認された。

同代行はインタビューで、アフリカは核テロの可能性より差し迫った問題に直面していると主張。「(核兵器より)小さな武器で多くのアフリカ人が死んでいる。そうした武器がアフリカに持ち込まれている」と語った。



 
 
>TOP

外交官・銀行職員詐称して、巨額手数料を奪う

2010/04/22(Thu) 12:35

UN外交官や外国銀行職員を詐称して、巨額の手数料を奪ったナイジェリア人一党が検挙された。ソウル地方警察庁は、ナイジェリア人M容疑者2人を拘束し、逃げたT容疑者ら5人を追跡している。

彼らは巨額の遺産が相続されたり、宝くじに当選した被害者をだまして、送金手数料を奪う手法で、昨年11月から最近まで8人から合計2億 5000万ウォンを奪った容疑を受けている。彼らは偽造されたUNと外国銀行の認証書を添付して、被害者を安心させ、被害者は大部分英語に堪能な知識人や富裕層だったことが調査された。



 
 
>TOP

2010.04.26 Web posted at: 14:03 JST Updated - CNN

ナイジェリアで誘拐されたドイツ人解放

ベルリン(CNN) ドイツのベスターベレ外相は24日、18日にナイジェリアで誘拐されたドイツ人2人が解放されたと発表した。

外相は、解放された2人の健康状態は良好で、「ドイツとナイジェリア両当局の努力のおかげで誘拐事件を早期に解決できた」と述べた。

ナイジェリアの治安当局によると、誘拐されたのは45歳と55歳のドイツ人男性。ナイジェリア南東部のアビア州を流れるイモ川のアズミニビーチに旅行中だったという。誘拐された時、護衛は付いておらず、帯同者は現地の運転手だけだった。

ナイジェリアではこれまでも多くの外国人が誘拐されており、誘拐は深刻な社会問題となっている。米海外安全対策協議会(OSAC)によると、大半の誘拐事件は石油会社と地元グループとの抗争が関係しているが、最近は政治的活動を装った身代金目的の誘拐も増えているという。



 
 
>TOP

49歳上院議員が13歳少女と結婚か、ナイジェリア

* 2010年04月29日 14:17 発信地:アブジャ/ナイジェリア

【4 月29日 AFP】ナイジェリアでこのほど、49歳の有力上院議員がエジプト人の13歳少女と結婚したとの訴えが人権団体からあり、ナイジェリア上院は28日、事実関係の調査を命じた。

調査命令は、同国の人権監視団体など計11団体が上院の女性問題・青少年育成委員会委員長を通じて、調査を求める請願書を上院に提出したことを受けての措置。人権団体らは、議員の行為は国の名誉を傷つけるものだとして激しく非難しており、27日には複数の女性団体が議事堂前で、調査の必要性を訴え抗議活動を行っている。

メディア報道によると、問題となっている議員はAhmed Sani Yerima上院議員(49)で、13歳の少女(氏名不詳)に10万ドル(約940万円)の婚資を支払ったのち、首都アブジャ(Abuja)のナショナルモスク(National Mosque)で結婚式を挙げた。

AFPが入手した請願書のコピーによると、人権団体側はこの結婚について、18歳未満の結婚を禁じる2003年施行の子ども人権法に抵触していると指摘している。同法に違反した場合の罰則は50万ナイラ(約31万円)の罰金および(または)禁固5年と定められている。

請願書はまた、ナイジェリアがユニセフ(UNICEF)の子どもの権利条約(Convention on the Rights of the Child)締約国であることを強調している。

Yerima上院議員は、北西部のザンファラ(Zamfara)州の知事を務めていた際、同国としては初めて州内にイスラム法を導入した人物として知られる。(c)AFP



 
 
>TOP

2010/04/29 08:43:31

FIFAランキング:韓国47位、日本は45位

国際サッカー連盟(FIFA)は28日(韓国時間)、最新の世界ランキングを発表し、韓国(男子)は前回の49位から2ランク順位を上げ、 47位に浮上した。アジア・サッカー連盟(AFC)加盟国・地域の中ではオーストラリアが20位と最も高く、日本は前回と同じ45位だった。北朝鮮は 106位で、前回から1ランク後退した。

ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会1次リーグで韓国が属するB組では、初戦で対戦するギリシャが1ランク後退の12位、アルゼンチンは8位から7位に、ナイジェリアは21位から20位になった。

1位にはブラジルが返り咲き、スペインは2位に後退。3位はポルトガル、以下、オランダ、イタリア、ドイツの順だった。

イ・ゴン記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

2010.04.30 Web posted at: 17:08 JST Updated - CNN

キリスト教とイスラム教の対立で死者1万2千人超 米報告書

(CNN) 米政府機関・国際宗教自由委員会(USCIRF)は29日、世界の宗教迫害問題に関する2010年版の年次報告書をまとめ、10年以上にわたって続くキリスト教とイスラム教の対立による死者は1万2000人を超えるとの統計を明らかにした。

「インターナショナル・レリジャス・フリーダム」(信仰の自由に関する国際報告書)と題された報告書では、宗教の自由がほとんどない国として20カ国以上を挙げ、このうち「宗教の自由の著しい侵害が特に懸念される」国として、09年版の報告書より5カ国多い13カ国(ナイジェリア、北朝鮮、エリトリア、イラン、パキスタン、中国、サウジアラビア、スーダン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナム、ミャンマー、イラク)を名指しした。

ナイジェリアでは10年にわたって宗教対立が続き、深刻な迫害が起きていながら1人として訴追も処罰も受けていないという。数カ月前には女性や子供を含む500人がなたで惨殺され井戸に捨てられる事件が起きたとしている。

サウジアラビアなどの国については「過激思想」を輸出していると批判。また、注視を要する国の1つとして「警戒リスト」に入れたエジプトについては、バハイ教の信者やイスラム教の少数教団の信者が投獄されたり職場や大学を追われたりしているほか、銀行口座や自動車運転免許を持つこともできず、出生証明書さえ取得できないケースもあるとした。

CNNはエジプト、サウジアラビア、ナイジェリアの政府にコメントを求めたが、現時点で返答は受け取っていない。

報告書は28カ国を対象に、国際機関や宗教団体の関係者と面会したり、報道や報告書などの情報を収集したりしてまとめた。米国政府についても「国外で宗教や信仰の自由を普及させるために十分な措置を取ってこなかった」と批判している。



 
 
>TOP

ナイジェリア49歳議員と結婚の少女、学校に在籍を確認 エジプト大使館

* 2010年04月30日 19:16 発信地:アブジャ/ナイジェリア

【4 月30日 AFP】ナイジェリアの有力議員とエジプト人の13歳の少女との結婚が、ナイジェリアの子ども人権法に違反していると人権団体らが訴えている件で、在ナイジェリア・エジプト大使館は29日、少女は現在もエジプトの学校に通っていると発表した。

問題となっているAhmed Sani Yerima上院議員(49)は英BBC放送のインタビューに対し、少女の年は13歳ではないと否定し、また10代の少女と結婚しても自分はイスラム教徒としていかなる法も犯していないと答えた。

エジプト大使館広報官はまた、この少女に関する訴えはこれまでのところ誰からも受けていないとAFPに述べた。ただしエジプト法では未成年との結婚は禁じられており、大使館としては今後さらに調査を継続する意向だ。

Yerima議員が10万ドル(約940万円)の婚資を支払って少女と結婚したという複数の人権団体らの訴えを受け、ナイジェリア上院も28日、事実関係の調査を命じている。

当のYerima議員はBBCの電話インタビューに「イスラムの観点からは何の規律も破っていないのだから、年齢の問題などまったく気にしない」と述べ、批判は中傷に過ぎないと反論した。「預言者ムハンマド(Prophet Mohammed)も少女と結婚したことは歴史が示している。ゆえにわたしも何の法も犯していない。誤って言われているように、妻がたとえ13歳だとしてもだ」

人権団体が指摘しているのは、2003年にナイジェリアで施行された子どもの権利法だ。この法では18歳以下の者との結婚を禁じており、違反者は最高で禁固5年の刑が科される。 

同議員には少女たちを誘惑しては自分と結婚させているという悪評がついてまわっている。2006年にも15歳の少女を退学させ4回目の結婚をしたが、子どもをもうけた後に離婚した。妻は4人までと定められているため、13歳の少女と結婚するために4人目の妻と離婚したとみられる。(c)AFP



 
 
>TOP

2010/05/05 11:38:15

サッカーW杯:「韓国の決勝T進出可能性、B組最低」

英ブックメーカー予想

ブックメーカーらは、サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会での韓国の決勝トーナメント進出の可能性をどう見ているのだろうか。英国最大のブックメーカー「ウィリアム・ヒル」は、Bグループのうち韓国の決勝トーナメント進出を最も低く見ている。

ウィリアム・ヒルによるBグループ決勝トーナメント進出をめぐる4日現在のオッズは、アルゼンチンが1対10、ナイジェリアが5対6、ギリシャが11対10、韓国が9対4だ。仮に1万ウォン(約850ウォン)を賭けた場合の配当金は、アルゼンチン1万1000ウォン(約930円)、ナイジェリア1万8339ウォン(約1550円)、ギリシャ2万1000ウォン(約1780 円)で、韓国に至っては3万2500ウォン(約2710円)ということ。

ウィリアム・ヒルは、Aグループはフランスとメキシコ、Cグループはイングランドと米国、Dグループはドイツとセルビア、Eグループはオランダとカメルーン、Fグループはイタリアとパラグアイ、Gグループはブラジルとポルトガル、Hグループはスペインとチリが決勝トーナメント進出の可能性が高いとみている。

一方、アジア地域のチームに対しては、日本9対4(Eグループ)、北朝鮮12対1(Gグループ)、オーストラリア7対1(Dグループ)と、決勝トーナメント進出可能性を低くみている。

優勝チームのオッズは、スペイン4対1、ブラジル5対1、イングランド11対2、アルゼンチン7対1、イタリア・ドイツ各14対1の順だった。

チョン・セヨン記者 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

2010.05.06 Web posted at: 10:19 JST Updated - CNN

ナイジェリアのヤラドゥア大統領が死去 心臓病で姿見せず

ラゴス(CNN) アフリカ北西部ナイジェリアの情報相が、病気療養中だった同国のヤラドゥア大統領が5日に死去したと発表した。58歳だった。

ヤラドゥア大統領は昨年秋に胸の痛みを訴えて急性心膜炎と診断され、治療のため11月にサウジアラビアに渡った後、公の場に姿を見せていなかった。2月に帰国した後も姿を現さず、ジョナサン副大統領が大統領代行を務めている。

ヤラドゥア大統領は2007年の大統領選挙で大統領に就任したが、この選挙では有権者に対する嫌がらせや買収などの不正が横行したと人権保護団体は伝えている。前任のオバサンジョ前大統領の全面的な支援を受けたことから、前大統領の傀儡(かいらい)との批判もあった。

ヤラドゥア大統領の最大の功績として、同国有数の産油地ナイジャー・デルタ地帯で石油の利権をめぐり治安部隊と衝突を続けていた反政府武装組織のメンバーに恩赦を提案し、一時的な停戦に導いたことが挙げられる。しかし大統領の入院中に反政府勢力側が停戦を破り、紛争終結に向けた動きに打撃を与えた。

ナイジェリアは国民の3分の2が1日1ドル以下で生活する貧困国。ヤラドゥア大統領はそうした状況の改善に向けた功績はほとんど果たさなかったと専門家は指摘している。



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領が死去 09年11月から病気療養

2010年5月6日10時44 分

【ナイロビ=古谷祐伸】ナイジェリアからの報道によると、療養中だったウマル・ヤラドゥア大統領が5日夜(日本時間6日早朝)、首都アブジャの大統領官邸で死亡した。58歳。アフリカ随一の産油国のかじ取りは今後、グッドラック・ジョナサン大統領代行(52)が務める。次の大統領選は来年5月の予定。

ヤラドゥア氏は腎臓の持病があり、しばしば海外で治療したほか、2009年11月下旬から心膜炎の治療などを理由にサウジアラビアで長期入院していた。今年2月に帰国したが、職務に復帰できなかった。

北部出身のイスラム教徒。オバサンジョ前大統領に後継指名され、07年の大統領選で初当選した。南部産油地帯の武装勢力に恩赦などで懐柔を試み、一定の成果を上げた。しかし、政権の腐敗や貧富の差などは改善せず、批判も強かった。



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領が死去、心臓病で療養中

【ヨハネスブルク支局】AFP通信によると、ナイジェリア大統領府筋は5日、ヤラドゥア大統領(58)が死去したと明らかにした。

ヤラドゥア氏は心臓病治療のため、昨年11月から国外で治療を受け、今年2月に帰国した後も会話が困難な状態だったという。

(2010年5月6日09時15分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア:大統領が死去 昨年から闘病

【ヨハネスブルク高尾具成】昨年11月以降、病気療養が続いていた西アフリカ・ナイジェリアのウマル・ムサ・ヤラドゥア大統領(58)が5日、死亡した。同日夜、大統領府報道官が明らかにした。

大統領は昨年11月、心臓などを患い、サウジアラビアの病院に入院した。国会の上下両院は今年2月、大統領復帰まで、ジョナサン副大統領が大統領代行に就任することを承認した。大統領は2月末に帰国したが、公務には復帰できず、国内では大統領不在の政治空白への批判が噴出し、国際社会からは同国政治の不安定化に懸念が広がっていた。

ヤラドゥア氏は、オバサンジョ前大統領の後継指名を受ける形で、07年4月の大統領選に当選、同5月に就任した。憲法によると、大統領不在の場合、ジョナサン副大統領が大統領になる。同国では11年に大統領選挙が予定されている。

毎日新聞 2010年5月6日 10時44分



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領が死去

* 2010年05月06日 09:51 発信地:アブジャ/ナイジェリア

【5 月6日 AFP】ナイジェリアのウマル・ムサ・ヤラドゥア(Umaru Musa Yar'Adua)大統領が5日遅く(日本時間6日早朝)、死去した。58歳だった。 大統領執務室が同日発表した。

大統領は前年11月、持病の心臓疾患が悪化し、治療のためサウジアラビア・ジッダ(Jeddah)の病院に3か月間入院した。今年2月にナイジェリアに帰国したものの、議会はその直前にグッドラック・ジョナサン(Goodluck Jonathan)副大統領を大統領代行に指名。以来、大統領は公の場に姿を見せず、大統領支持派とジョナサン氏支持派の間の緊張状態が続いていた。

ジョナサン大統領代行は3月17日、ヤラドゥア大統領のもとで組閣された内閣を解散。前月、閣僚の半数以上を入れ替える大幅な内閣改造を実施し、4日に発足した。(c)AFP



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領死去、与党の主導権争い激化へ

【ヨハネスブルク=中西賢司】ナイジェリアからの報道によると、病気療養中だった同国のウマル・ヤラドゥア大統領(58)が5日夜、首都アブジャの大統領官邸で死去した。

憲法に基づき、グッドラック・ジョナサン副大統領(52)が大統領に就任、ヤラドゥア氏の来年5月までの任期を引き継いだ。来年に予定される大統領選挙に向け、与党・国民民主党内の主導権争いが激しくなりそうだ。

ヤラドゥア氏は、オバサンジョ前大統領の後継指名を受け、2007年4月の大統領選で初当選。南部油田地帯の反政府武装勢力との和平交渉を進めたが、心臓疾患などの治療で昨年11月から公務を離れていた。

当面の焦点は、与党の大統領候補の人選だ。

同国では、大統領は、イスラム教徒が多い北部と、キリスト教徒が多数派の南部の出身者間で2期ごとに交代で選出される慣例がある。北部出身でイスラム教徒のヤラドゥア氏は1期目で、南北の政治バランスに配慮する慣例に従えば、南部出身でキリスト教徒のジョナサン氏は大統領選に出馬できない。しかし、ジョナサン氏は進退表明をしておらず、地元紙では同氏が慣例を破って出馬する可能性が取りざたされている。

ヤラドゥア氏不在の間、大統領職を代行したジョナサン氏は内閣改造でヤラドゥア氏に近い閣僚を排除し、実権掌握を進めた経緯がある。これに不満を抱く北部派が大統領候補の指名を巡って巻き返しに転じる可能性がある。

(2010年5月6日23時36分 読売新聞)



 
 
>TOP

ナイジェリア大統領が死去 後継にジョナサン氏

2010/5/7 0:55

【ラゴス(ナイジェリア南部)=共同】心臓疾患で昨年11月から療養中だったナイジェリアのウマル・ムサ・ヤラドゥア大統領が5日、首都アブジャ近郊の大統領宮殿で死去した。58歳。AP通信が伝えた。死去を受け、ジョナサン大統領代行が6日、正式に大統領に就任した。任期は来年4月までに実施予定の大統領選まで。



 
 
>TOP

2010.05.07 Web posted at: 14:08 JST Updated - CNN

ナイジェリア大統領後継、ジョナサン氏が就任式

ラゴス(CNN) アフリカ北西部ナイジェリアのヤラドゥア大統領が死去したことを受け、グッドラック・ジョナサン大統領代行が正式に大統領に就任した。

ジョナサン氏は6日午前、宣誓式に臨んだ。来年予定される大統領選までが任期となる。ヤラドゥア氏は心臓病で昨年11月以来公共の場に姿を見せず、副大統領のジョナサン氏が大統領代行を務めていた。

ヤラドゥア氏の国葬は7日間の服喪期間の後、出身地の北部カツィナで行われる。

国連の潘基文(バン・キムン)事務総長は、ヤラドゥア氏死去の知らせを受け、弔意を示す声明を発表。南部の産油地ナイジャー・デルタ地帯における「平和と安定」や、民主化、選挙改革に向けた努力をたたえた。

またオバマ米大統領も、「ナイジェリア軍による平和維持活動を支え、地域の非民主的行為を批判することによって、アフリカの平和と安定を促した」と、ヤラドゥア氏の功績を称賛する声明を出した。



 
 
>TOP

ナイジェリア、ジョナサン氏が大統領に就任

* 2010年05月07日 09:23 発信地:アブジャ/ナイジェリア

【5 月7日 AFP】ナイジェリアのウマル・ムサ・ヤラドゥア(Umaru Musa Yar'Adua)大統領が5日夜に死去したことを受け、2月に大統領代行に就任したグッドラック・ジョナサン(Goodluck Jonathan)氏(52)が6 日、正式に大統領に就任した。

大統領宮殿で、簡単な大統領宣誓式が行われた。任期は来年5月の大統領選まで。

ヤラドゥア氏の故郷である北部のカツィナ州(Katsina)では6日、軍葬が執り行われ、遺体は同地に埋葬された。ジョナサン氏は欠席したが、その理由については明らかにしていない。(c)AFP/Ola Awoniyi



 
 
>TOP

麻薬 1.2キロ飲み込む、密輸容疑でナイジェリア人逮捕

2010/5/22 9:26

東京税関成田税関支署と千葉県警は、覚せい剤約1.2キロ(末端価格約1億1千万円)をのみ込んで密輸しようとしたとして、ナイジェリア人の無職、アボ・トビアス・ヌオーラー容疑者(46)を覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反の疑いで逮捕した。千葉地検が21日起訴した。

成田税関支署によると、覚せい剤をのみ込む手口で成田空港で摘発された例では過去最高の量。

同支署などによると、ヌオーラー被告は1日、ナイジェリアからエジプト経由で成田空港に到着。ビニールラップなどに包んで80袋に小分けした覚せい剤をのみ込んだまま入国しようとした。荷物検査場で手が震えていたことを税関職員が不審に思い、エックス線検査をかけて発覚した。

ヌオーラー被告は「水と一緒に1時間かけてのみ込んだ」と話しているという。小分けされた袋は長さ約5.5センチ、直径約2センチのカプセル状になっており、税関職員は「これだけ大きな袋をのみ込むのは例がない」としている。



 
 
>TOP

ナイジェリア発「ノリウッド映画」が台頭、ハリウッドを抜く

* 2010年05月27日 11:33 発信地:ラゴス/ナイジェリア

【5 月27日 AFP】23日に閉幕した第63回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、審査員賞には、マハマット・サレー・ハルーン(Mahamat-Saleh Haroun)監督(チャド)の『スクリーミング・マン(A Screaming Man)』が輝いた。同映画祭のコンペティション部門にアフリカ映画が出品されること自体、13年ぶりのことだった。

その間、アフリカでは、各地の映画館の閉鎖が相次ぐ中、国産の大ヒット映画が生まれてハリウッドの人気をもしのぐという「パラドックス」が生じていた。

■コートジボワールやセネガルでは衰退

アフリカ各地で、映画館は、閉鎖されたり、教会やナイトクラブ、はたまた倉庫に改造されたりしている。閉鎖される映画館は、平均して1か月に1館。平均的なアフリカ人には高すぎるチケット、安く気軽に手に入る海賊版DVDのはんらんなどが理由として挙げられる。

現在も営業している映画館は、南アフリカやケニアを中心に、大陸全体で約50館に過ぎない。

西アフリカの文化の十字路として映画産業が活況を呈してきたコートジボワールではどうなのか。アフリカ最大の映画祭「フェスパコ(FESPACO)」でグランプリを受賞したことがあるロジャー・ニョアン・ムバラ(Roger Gnoan M'Bala)監督は、「映画は、まだ死んではいないにしても、死にひんしている」と言う。

ウスマン・センベーヌ(Ousmane Sembene)らアフリカ有数の巨匠を早くから輩出してきたセネガルでは、現在、映画製作はほとんど行われていない。

■「ノリウッド」映画の製作本数はハリウッドのほぼ2倍

一方で、アフリカ最大の人口を抱えるナイジェリアでは、18年前に、低予算映画の製作が一斉に始まった。製作費のかかる従来の35ミリフィルムではなく、デジタルカメラを使って撮影するというもので、製作期間もたいていは1か月未満だ。

ナイジェリアの映画産業、通称「ノリウッド(Nollywood)」は、近年、製作本数でハリウッドをはるかにしのぐまでになっている。

ユネスコ(UNESCO)の2009年の調査によると、製作本数の1位はインドのボリウッド(Bollywood)で、2位はノリウッド、そして3位はハリウッドという結果だった。2006年の製作本数を見ても、ナイジェリアは872本で米国の485本を倍近く上回っている。

■「ノリウッド」映画、人気の背景

さらに良いニュースは、アフリカ人たちがノリウッド映画を愛好しているという事実だ。ナイジェリアのある映画監督は、「アフリカ人たちは、ハリウッドよりもノリウッドの方を頻繁にみている」と指摘する。

ノリウッド映画が扱うテーマは、おおよそ、汚職、不正、麻薬、人身売買、恋の三角関係、呪術といった社会悪。そして、ほぼすべてが、ハッピーエンドだ。

ノリウッド映画が人気を博している理由の1つに、南アフリカの有料テレビ放送「MultiChoice」の存在がある。同テレビにはアフリカもの、特にナイジェリア映画ばかりを流している24時間放送のチャンネルが4つある。うち2つは、ナイジェリアの言語であるヨルバ語とハウサ語でも放映されているという。(c)AFP/Susan Njanji



 
 
>TOP

2010.06.13 Web posted at: 11:30 JST Updated - CNN

アルゼンチンが初戦勝利 南アW杯

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第2日の12日、1次リーグの3試合が行われ、優勝候補の一角であるB組のアルゼンチンはヨハネスブルクのエリスパーク競技場でナイジェリアと対戦し、1─0で勝った。

マラドーナ監督率いるアルゼンチンは前半6分、MFベロンのCKにDFエインセが飛び込んで頭でねじ込み、先制。その後も今大会の「主役候補」のFWメッシらがドリブルやパス交換で敵陣に切り込み、シュートを浴びせ続けたが、ナイジェリアのGKエニェアマの再三の美技に阻まれ、追加点を奪えなかった。

ナイジェリアも素早いカウンター攻撃で得点機を何度か作ったが、ゴールの枠内を捕らえることが出来ず、アルゼンチンの逃げ切りを許した。マラドーナ監督は試合後、取材陣に勝利を喜びながらも、多数の好機を生かせなかったFW陣に不満を示し、ナイジェリアに同点にされる場面があったことを反省材料に挙げた。



 
 
>TOP

ナイジェリア、序盤の失点ズシリ 日韓大会と同カード

2010年6月13日1時28分

2大会ぶり出場のナイジェリアは立ち上がりに先制されたことが痛かった。前半6分、相手CKで守備陣の人数はそろっていたが、マークが甘く、フリーでのヘディングシュートを許した。8年前の再現のようだ。2002年日韓大会の初戦もアルゼンチン。同じくベロンのCKから先制され、敗れた。後半は身体能力を生かした攻撃も見せたが、得点は奪えなかった。過去出場3度のW杯では2度の16強入り。1次リーグ残り2試合で、巻き返しを図る。



 
 
>TOP

2010.06.14 Web posted at: 14:03 JST Updated - CNN

鉛汚染で子供が大量死、世界最悪の被害に ナイジェリア

(CNN) アフリカ・ナイジェリア北部のザンファラ州で鉛中毒の被害が広がり、公式統計によるとこれまでに子供111人を含む163人の死者が出ている。

同州のダレタ村では1月から子供の死亡が報告され、6月に入ってようやく汚染された土壌を除去する作業が始まった。被害の正確な実態はつかめておらず、除去作業を主導する米国拠点の環境対策組織ブラックスミス・インスティテュートの関係者によると、死亡した子供は数百人に上るという。これは過去数年に18人が死亡したセネガルを上回り、世界で過去最悪の規模となる。

ダレタでは多くの男性が金鉱労働者で、自宅に持ち帰った鉱石を砕く作業を妻や子供が行っている。しかし金鉱石に極めて高濃度の鉛が含まれることは知られていなかった。

ブラックスミスの調べで村全体が極めて高濃度の鉛に汚染されていることが判明し、鉱石処理作業の大部分は村の外で行われることになった。地元の指導者は「全住民に、自宅から避難するよう指示を出す」と話したが、「貧困のため、強制するのは難しいだろう」としている。

除去作業は時間との闘いになっている。ダレタ村へは車で何時間もかかり、間もなく雨季に入れば近付くことはほとんど不可能になる。作業員の人手不足も解消されていない。高レベルの鉛汚染は7つの村で確認されたが、除去作業が始まったのはダレタ村のみ。ほかにも汚染された村があるのかどうかの徹底調査もなされていない。

ブラックスミス関係者は「この村だけでも雨季の前に済ませたいが、7月半ばまでには豪雨でそれもできなくなり、10月まで待たなければならなくなる。子供たちは今でも(汚染に)さらされている」と危機感を募らせている。



 
 
>TOP

<W杯>退場のナイジェリア選手、殺人脅迫受ける

(中央日報 - 06月21日 10:44)

ギリシャ戦で途中退場となったナイジェリアのサニ・カイタ(アラニア・ウラジカフカス)が殺人予告メールを受けたと、米スポーツ専門チャンネルESPNが20日報じた。

カイタは18日に行われた1次リーグB組のギリシャ戦で、前半33分、相手選手への危険行為で退場処分を受けた。ナイジェリアは数的劣勢が影響し、1−2で逆転負けした。

カイタは「殺人を予告する脅迫メールを受けた」とし「夜も眠れない。次の試合(23日、韓国戦)は必ず勝ち、決勝トーナメントで良い活躍を見せたい」と語った。



 
 
>TOP

ナイジェリア、カヌ出場も実らず 1次リーグ敗退

2010年6月23日17時49分

(22日、ナイジェリア2―2韓国)

ナイジェリアの先発には、今大会初めて、カヌの名前があった。3大会ぶりの1次リーグ突破のためには、最低でも勝利が必要という厳しい状況で、ラーゲルベック監督は、33歳の経験にかけた。

197センチの長身だが、最前線ではなくトップ下の位置に入り、足元の巧みな技術で、1トップのアイエグベニらにパスを配した。攻撃にリズムを生み出し、チームは主導権を握った。後半12分、キャプテンマークを仲間に託し、ベンチに引いた。この時ばかりは、恐らく最後のW杯になるベテランFWを、敵味方を問わず、温かい拍手が包んだ。

ベンチで鼓舞したカヌの思いは届かず、ナイジェリアは1勝もあげられずに、1次リーグ敗退が決まった。「選手は本当に良くやってくれた。勝利に値する戦いだった」と、スウェーデン人の監督はたたえた。

(藤田淳)



 
 
>TOP

子どもたちが鉛中毒で死んでいく、違法金採掘の村 ナイジェリア

2010年06月23日 11:42 発信地:YARGALMA/ナイジェリア

【6月23日 AFP】ゴロゴロと鳴り響く雷と雨の中、モハメド・ラビウ(Mohammed Rabiu)さんは、最近死んだ2人の子どもたちの墓の前で祈りを捧げる。ナイジェリア北西部で発生した鉛汚染で子どもたちは死亡した。

ラビウさんの周囲には、真新しい子どもたちの墓が70基並ぶ。一夫多妻のラビウさんは、村最大のこの墓地を頻繁に訪れ、13か月の息子と19か月の娘の冥福を祈っている。

ラビウさんは違法な金採掘に手を染めた。その代償は高く付いた。農業や牧畜で生計を立てる貧しい村人たちの多くが、収入の足しにしようと金採掘に携わっていた。

村の長老、ハルナ・ムサ(Haruna Musa)さんは、泥壁の家の外に設けたトタンぶきの屋根のバルコニーに座り、「最初はマラリアだと思っていた。しかし病にかかる人の数がどんどん増え続けた」と語った。

ザンファラ(Zamfara)州の辺境にあるこの村では、過去数か月の間に、5歳未満の子どもが100人以上死亡した。ふるいにかけて金を取り出すために親が家に持ち帰った鉱石に、高濃度の鉛が含まれていたためだった。

■それでも金採掘を行う理由

伝統的な農業よりも実入りが良いため、多くの村人たちが20年にわたって違法な金採掘を行ってきた。ラビウさんも13年間金採掘に携わってきたが、子どもを失った今も、金の採掘をやめるつもりは無いという。

この地方の主要穀物のアワが50キログラムで6000ナイラ(約3600円)であるのに対し、金商は、金1グラムを3500ナイラ(約2100円)で買ってくれる。

ムサさんも、「たった数時間の仕事で1グラムの金は手に入るが、アワを1袋分つくるためには雨期まるまる(約3か月)かかる」と語る。

米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)は今月初め、鉛中毒が、その重傷度や犠牲者数、環境汚染などの面からみて、前代未聞の規模に広がっていると述べた。環境汚染の除去作業もすでに開始されている。(c)AFP/Aminu Abubakar



 
 
>TOP

荻原博子の“がんばれ!家計”

「ナイジェリア詐欺」にご注意!

2010年6月30 日10時35分

不景気なせいか、詐欺が増えているようです。「オレオレ詐欺」なども巧妙化しているようですが、最近は国際的な詐欺事件も横行しているようです。

たとえば、「ナイジェリア詐欺」とよばれる、外国人による詐欺。アフリカのナイジェリアが発祥の地だそうで、今や世界中に被害を巻き起こしているようです。

どんな詐欺かというと、海外の政府関係者や軍の高官、その家族を装って相手に近づき、「しばらく日本で暮らすので、財産の一部を日本の銀行に送金したい。秘密で送金したいので、あなたの銀行口座を貸してくれないか。ついては、ほんの少しだが100万円ほどお礼をしたい」などと、言葉巧みに言い寄ってくるのです。。

もともと、日本人というのは外国人に対して親切ですから、ほいほい口座を貸してしまう人もいるようです。でも、その後、手数料が発生しただの、お金を立て替えてくれだのと言葉巧みに金品を巻き上げていくのだそうです。口座番号とパスワードをうっかり教えてしまい、ごっそりと現金を引き出されてしまうケースもあるようです。

自分の銀行の口座番号やパスワードを、他人に教えるなんてとんでもないことです!

また、「あなたは、海外の宝くじに当選しているのだが、それを受け取るためには手数料が必要だ」などと言って、手数料を巻き上げる詐欺もはやっているようです。

お金をもらうのに、手数料が必要なんて言われたら、「じゃあ、もらうはずのお金の中から、その手数料を差し引いておいて」くらいのことは、言い返しましょう。

特に、若い女性は、気をつけましょう。相手がハンサムな外国人というだけで、警戒心が薄れてしまう人もいるようですが、痛い目に遭うことだってあるかもしれません。

プロフィール

荻原 博子(おぎわら・ひろこ)

1954年長野県生まれ。経済ジャーナリストとして幅広く活躍。デフレを見越し、借金を減らし投資を控える「資産防衛」を一貫して提唱。現在、テレビ・雑誌・新聞などを通じて不況時の生活防衛策や、保険、金融、住宅問題など実戦的な提案を発信している。著書に「荻原博子の家計まるわかり読本」(学習研究社)「生命保険は掛け捨てにしなさい!」(ダイヤモンド社)など多数。監修した「ボクたちの値段」(講談社)も好評発売中。



*このファイルは文部科学省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(B)・課題番号16330111 2004.4〜2008.3)の成果/のための資料の一部でもあります。
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm

UP:2010 REV:
アフリカ  ◇世界
TOP HOME (http://www.arsvi.com)