HOME > World / Africa >

モザンビーク共和国 2013年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2015

○2009年までのニュース・情報 モザンビーク共和国 〜2009年
○2010年〜2012年のニュース・情報 モザンビーク共和国 2010年〜2012年
○最新のニュース・情報 モザンビーク共和国

○外務省 各国・地域情勢 モザンビーク共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2013/01/07 macauhub Vale Moçambique plans to mine and export 4.5 million tons of coal this year
◆2013/01/10 macauhub Mozambique buys farming equipment with donation from Italy
◆2013/01/28 farmlandgrab.org "Analysis of the discourse and background of the ProSAVANA programme in Mozambique - focusing on Japan's role" by Dr. Sayaka Funada Classen Associate Professor, Tokyo University of Foreign Studies
◆2013/01/28 JA4change JUSTIÇA AMBIENTAL/FOE MOZAMBIQUE’S POSITION ON THE PROSAVANA PROGRAM
◆2013/01/29 農地は誰のものか? 開発と権利のための行動センター青西靖夫「モザンビークにおける国際協力事業が引き起こす土地争奪」
◆2013/01/31 JICA モザンビークにおける洪水被害に対する国際緊急援助(物資供与)
◆2013/02/02 asahi.com (私の視点)モザンビーク開発 住民軽視の進め方、見直せ 舩田クラーセンさやか
◆2013/02/12 JICA モザンビークにおける洪水被害に対する国際緊急援助−供与物資の引渡し−
◆2013/02/14 OKGuide アルジェリア事件の裏でまた一つアフリカの悲劇2013年02月14日 11:00
◆2013/02/18 アフリカ教育関連情報 ニシモリ議員が「伯国失業若者の土地のためにプロサバンナはある」とTV番組で発言(必見)
◆2013/02/22 IPS Mozambican Farmers Fear Foreign Land Grabs
◆2013/02/22 JICA 田中理事長が、モザンビークを訪問
◆2013/02/27 AJF/JVC/OJ 議員会館学習会:モザンビーク農民組織・市民社会代表を迎えて〜アフリカの課題に応えるTICAD Vの実現に向けて〜食料安全保障問題と『農業投資』が引き起こす土地紛争 @東京・参議院議員会館
◆2013/02/28 AJF/JVC/OJほか 【オープン・セミナーin東京大学(駒場)】【日本アフリカ学会関東支部例会】【HSPセミナー】モザンビーク北部における農業と食料安全保障〜モザンビーク農民組織代表をお招きして
◆2013/02/28 AJF/JVC/OJほか 【オープン・セミナーin東京大学(駒場)】【日本アフリカ学会関東支部例会】【HSPセミナー】モザンビーク北部における農業と食料安全保障〜モザンビーク農民組織代表をお招きして:プレゼン(27日議員会館学習会のプレゼンもあります)
◆2013/02/28 しんぶん赤旗 現地の人に役立つアフリカ支援訴え
◆2013/03/01 cnn.co.jp 警察車両に手錠でつながれ引きずられ男性死亡 南アフリカ
◆2013/03/03 東京新聞 プロサバンナの見直しを 目黒でUNAC講演
◆2013/03/03 フジサンケイビジネスアイ 港湾改修、モザンビークに円借款
◆2013/03/06 nikkei.com アフリカ債権580億円放棄へ 政府、中国進出に対抗
◆2013/03/07 外務省 松山外務副大臣のアフリカ訪問(ボツワナ・南ア・モザンビーク)(概要)
◆2013/03/12 JVC モザンビーク・プロサバンナ事業とは何か?
◆2013/03/13 AJF 2月27日の議員会館学習会を受けて、参議院ODA特別委員会調査団がUNACと面談
◆2013/03/20 macauhub Brazilian group Vale hires Portuguese company Somague for projects in Mozambique
◆2013/03/27 macauhub Coca-Cola plans to increase production four-fold in Mozambique
◆2013/03/30 「日本の援助はいま、アフリカで何をしているのか?」実行委員会 日本の援助はいま、アフリカで何をしているのか? −モザンビーク・プロサバンナ事業から考える、ODAの過去・現在・未来− @大阪
◆2013/03/30 nikkei.com 新日鉄住金など、アフリカ南部で炭鉱開発 安定調達先を確保
◆2013/03/31 アフリカビジネスニュース 日立国際電気がモザンビークで地上デジタルテレビ放送の実証実験を実施
◆2013/04/02 JICA 国際セミナー「ProSAVANA:アフリカ熱帯サバンナの持続可能な開発を目指して」 @東京
◆2013/04/02 nikkei.com 国際石油帝石、モザンビーク探鉱権益25%取得
◆2013/04/02 UNIDO東京事務所 UNIDOからのお知らせ(モザンビーク)
◆2013/04/04 nikkei.com モザンビークで炭鉱開発認可 新日鉄住金など取得
◆2013/04/04 nikkei.com モザンビーク炭鉱の採掘権取得 新日鉄住金・ポスコなど
◆2013/04/04 INSTITUTO HUMANITAS UNISIONOS ProSavana: interesses multiplos e contraditorios. Entrevista especial com Fatima Mello
◆2013/04/09 BBC Bridging the gap in Mozambique's coal town?
◆2013/04/13 The Zimbabwean Prosavana agreement signed in Tokyo
◆2013/04/17 BBC Mozambique protesters at Brazil-owned Vale coal mine
◆2013/05/03 nikkei.com 日本、アフリカ投資に出遅れ 巻き返しへ官民連携
◆2013/05/06 フジサンケイビジネスアイ 商社 アフリカ事業攻勢 官民連携で農業やインフラに商機
◆2013/05/06 farmlandgrab.org The smallholders’ last stand
◆2013/05/07 LNEWS 商船三井/シンガポールとインド洋諸島など、新航路開設
◆2013/05/15 nikkei.com 高成長アフリカ、日本勢巻き返し 6月に開発会議
◆2013/05/15 nikkei.com 政府、日本で資源国の行政官育成 知日派人脈で権益確保狙う
◆2013/05/16 nikkei.com 新日鉄住金「ヴァーレと協議」 モザンビーク炭鉱開発で
◆2013/05/18 nikkei.com 政府、アフリカ資源開発支援で1000億円投融資
◆2013/05/19 nikkei.com モザンビーク鉱物資源相「日本企業は川下にも投資を」
◆2013/05/20 毎日新聞 アフリカ:日本企業の進出加速 中国先行に焦り
◆2013/05/23 Human Rights Watch “What is a House without Food?” Mozambique’s Coal Mining Boom and Resettlements
◆2013/05/23 Human Rights Watch Mozambique: Mining Resettlements Disrupt Food, Water: Government and Mining Companies Should Remedy Problems, Add Protections
◆2013/05/24 nikkei.com アフリカ投資基金、倍増の5000億円 今後5年間で日本政府
◆2013/05/27 asahi.com アフリカで存在感増す中国 資金支援、断られる日本
◆2013/05/27 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: French Catering Company Lands Vale Contract
◆2013/05/28 Uniao Nacional de Camponeses (UNAC)ほか呼びかけ プロサバンナ事業の緊急停止を求める公開書簡
◆2013/05/29 AJF/JVC/OJほか TICAD V直前 国際シンポジウム with モザンビーク/ブラジル/国際NGO〜今アフリカ農村で何が起きているのか?日本・ブラジル・モザンビーク三角協力による熱帯サバンナ農業開発(プロサバンナ)を考える〜@横浜
◆2013/05/30 時事ドットコム 成長取り込みへ投資拡大=6月1日からアフリカ開発会議
◆2013/05/30 NHK アフリカの成長をとりこめ “チームジャパン”の新戦略
◆2013/05/31 nikkei.com 新日鉄住金会長、モザンビーク大統領にインフラ整備協力要請
◆2013/05/31 The Japan Times Mozambique farmers seek halt to aid project
◆2013/05/31 macauhub Mozambique seeks additional funding for ProSavana project
◆2013/05/31 時事ドットコム モザンビークと投資協定=ガーナなど3カ国とも交渉入り
◆2013/05/31 yomiuri.co.jp 政府、アフリカ投資基金を倍増…5000億円に
◆2013/06/01 AJF/HFW/JVC/PRIME 「飢餓を考えるヒント No.5 食べものの危機を考える」発刊
◆2013/06/01 時事ドットコム 森元首相「アフリカ問題だけは努力」
◆2013/06/01 nikkei.com アフリカ10カ国でインフラ開発戦略 首相表明
◆2013/06/01 nikkei.com 投資規制緩和、アフリカ各国に要望相次ぐ 開発会議
◆2013/06/01 外務省 日・モザンビーク投資協定の署名
◆2013/06/02 ウォール・ストリート・ジャーナル 小規模農家は不安=日本の支援に注文―モザンビーク
◆2013/06/02 森下麻衣子 TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
◆2013/06/02 nikkei.com アフリカ向けコメ売却債権、577億円放棄 政府
◆2013/06/02 nikkei.com アフリカ支援、選択と集中 官民で中国に対抗
◆2013/06/02 nikkei.com モザンビーク大統領「日本企業の投資に期待」
◆2013/06/03 Bernama Mozambique, Japan Sign Historic Agreement
◆2013/06/03 時事ドットコム 日本政府と衝突も=NGOが総括会見−アフリカ開発会議
◆2013/06/03 nikkei.com モザンビーク大統領、対日EPA「前向きな検討必要」
◆2013/06/04 asahi.com (特派員メモ)でこぼこ道に思う@モザンビーク・マプト
◆2013/06/09 日本農業新聞 アフリカへの民間投資促進で隔たり 国際ルール来年採択へ
◆2013/06/12 AfricaFocus Mozambique: Agriculture Project Challenged
◆2013/06/13 asahi.com 焼き畑・密猟・木炭生産… アフリカ森林火災を止めろ
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: EU to Fund Three New Projects
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: Badea to Finance Rural Electrification
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: Vale Renovates 576 Houses in Cateme
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: Japan Forgives U.S $83 Million of Debt
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: New Date for Further Government - Renamo Talks
◆2013/06/17 Agência de Informação de Moçambique Mozambique: Sweden Cuts Support to Niassa Foundation
◆2013/06/18 Reuters UPDATE 1-Seven soldiers killed in Mozambique weapons store assault
◆2013/06/19 Reuters UPDATE 2-Mozambique's Renamo threatens to paralyse vital coal railway
◆2013/06/19 Verdade Mozambique: Armed Men Attacked Storeroom of FADM in Savane and Seven Soldiers Were Killed
◆2013/06/20 Verdade Mozambique: Renamo Threatens to Block Road and Rail Traffic in the Center of Mozambique
◆2013/06/20 AngolaPress Angola: Ambassador to Mozambique Meets FC Bravos Do Maquis Team
◆2013/06/21 Reuters Mozambique police arrest top Renamo general after railway threat
◆2013/06/21 Voice of America (Washington, DC) Mozambique: Two Killed in Mozambique By Suspected Former Rebels
◆2013/06/22 The Herald Zimbabwe: Take Action On Renamo, SADC Leaders Told
◆2013/07/09 nikkei.com 三井物産、アジアに穀物供給 ブラジル最大手と提携
◆2013/07/17 macauhub Brazil’s Vale beats record for coal extraction in Mozambique
◆2013/07/24 Pambazuka News Africa: Brics Lessons From Mozambique
◆2013/07/30 farmlandgrab.org Mozambican civil society announces campaign against the privatisation of land
◆2013/08/ Agroanalysis OS MITOS POR TRÁS DO PROSAVANA
◆2013/08/18 cnn.co.jp 新種が続々、「チューバッカ・コウモリ」も モザンビークで生物調査
◆2013/09/30 AJF/JVC/OJ 議員会館内 緊急報告会 日本ODAによるモザンビークの大規模農業開発事業「プロサバンナ」に関する現地調査報告・緊急声明の発表@東京
◆2013/09/30 AJF/JVC/OJ呼びかけ 日本・ブラジル・モザンビーク政府の大規模農業開発事業「ProSAVANA-JBM」に関する緊急声明〜事業の早急なる中断と抜本的な見直しの要請〜
◆2013/09/30 ナンプーラ州市民社会プラットフォーム 公式声明
◆2013/10/01 時事ドットコム 日本の支援見直し要求=モザンビーク農業開発−NGO
◆2013/10/04 nikkei.com 三井物産、モザンビーク公社と連携 天然ガス関連産業を創出
◆2013/10/13 Autres Brésils "Les intérêts multiples et contradictoires du projet ProSavana" par Fatima Mello
◆2013/10/16 Agência de Informação de Moçambique モザンビーク:政府、プロサバンナプロジェクトについてプレゼンテーションを行う
◆2013/10/17 聯合ニュース 韓国 アフリカに企業進出支援要請=産業フォーラム開催
◆2013/10/22 MSN産経ニュース 野党、和平協定破棄を表明 モザンビーク
◆2013/10/24 La Via Campesina モザンビークのプロサバンナプログラム
◆2013/10/31 BusinessDay Thousands march in Mozambique against armed conflict, kidnappings
◆2013/11/02 開発メディアganas JICAの「プロサバンナ」事業はモザンビークの農民を貧しくする? NGOが現地調査報告会
◆2013/11/04 yomiuri.co.jp 首相、アフリカ3か国訪問へ…企業投資を先導
◆2013/11/06 時事ドットコム 安倍首相、1月アフリカ訪問=成長取り込み図る
◆2013/11/11 北海道新聞 首相、年明け外遊ラッシュ アフリカ3カ国、インドも視野(11/11 05:30)
◆2013/11/14 アフリカビジネスニュース アフリカ3か国、インドも視野 安倍首相、年明け外遊ラッシュ
◆2013/11/30 yomiuri.co.jp モザンビーク航空機が墜落、34人が死亡
◆2013/12/01 défis sud 屈服を迫られるモザンビーク?
◆2013/12/01 cnn.co.jp モザンビーク航空機が墜落、乗客乗員34人死亡か ナミビア
◆2013/12/01 asahi.com モザンビーク航空機墜落、34人死亡 アフリカ南部
◆2013/12/03 macauhub Brazil’s Vale wants to sell half of its stake in the Nacala Corridor, Mozambique
◆2013/12/08 nikkei.com LNG、東アフリカが新供給源に 欧米勢が開発主導
◆2013/12/16 Guardian Professional Mozambique on the edge: violence threatens to reverse progress
◆2013/12/19 macauhub Brazilian group Vale plans to announce new partner in Mozambique’s Nacala corridor by June 2014
◆2013/12/19 macauhub Coca-Cola to pay for construction of 2 kilometres of roads in Matola, Mozambique
◆2013/12/27 Club of Mozambique Japan’s prime minister to visit Mozambique in January 2014


【参考】
LORDS OF THE LAND: PRELIMINARY ANALYSIS OF THE PHENOMENON OF LAND GRABBING IN MOZAMBIQUE - CASE STUDIES -
http://www.open.ac.uk/technology/mozambique/sites/www.open.ac.uk.technology.mozambique/files/pics/d131619.pdf

【参考図書】
戦争と平和の間―紛争勃発後のアフリカと国際社会
武内進一編 日本貿易振興機構アジア経済研究所 5,100円+税255円 A5判 400p 2008年11月 [amazon]

序 章 アフリカの紛争と国際社会   武内進一
第I部 紛争勃発後の和平プロセス
第1章 スーダンという国家の再構築 ―重層的紛争展開地域における平和構築活動―  篠田英朗
第2章 歴史の写し画としての和平プロセス ―内戦期コートディヴォワール政治における連続性―   佐藤 章
第3章 コンゴ民主共和国の和平プロセス―国際社会の主導性と課題―  武内進一
第4章 DDRとリベリア内戦    山根達郎
第II部 紛争後の制度構築を考える
第5章 ウガンダ1986、南アフリカ1994 ―紛争後の包括的政治体制の比較分析―  峯陽一
第6章 シエラレオネにおける地方自治制度改革とチーフ  落合雄彦
第III部 正義と和解の現実
第7章 紛争後の社会への司法介入―ルワンダとシエラレオネ―  望月康恵
第8章 ルワンダのガチャチャ―その制度と農村社会にとっての意味― 武内進一
第9章 モザンビークにおける平和構築の課題 ─国家レベルの共存と地域社会内部での対立の深化―  舩田クラーセン・さやか


モザンビーク解放闘争史―「統一」と「分裂」の起源を求めて
舩田クラーセンさやか著 御茶の水書房 ¥9,240 A5版 669p+28p 2007年2月 [amazon]

国連ボランティアとしてモザンビークで活動したことをきっかけにモザンビーク研究を始めた著者が、12年近くの年月をかけてまとめた。



 
 
>TOP

Vale Moçambique plans to mine and export 4.5 million tons of coal this year

macauhub

JANUARY 7TH, 2013

Mining company Vale Moçambique plans to mine and export around 4.5 million tons of coal in 2013 from Moatize in Mozambique, the company’s press officer Esperança Macovela said.

Cited by daily newspaper Notícias, Macovela said that in 2012 the company had mined and sold around 2 million tons of coal, which had been carried on trains to the port of Beira on the Sena railroad.

Vale currently loads up six trains per day, with 42 trucks each, carrying an average of 15,876 tons of coal from Moatize, in Tete province, to the port of Beira, in Sofala province.

Macovela noted that from the end of 2014 the coal mined by Vale Moçambique in Moatize would be exported via the port of Nacala along a railroad that was due to be built.

Vanderlei Marques, Vale’s director of Logistics Operations, said that the arrival of the 1000th train at the port of Beira was an important moment for the Vale group’s business in Mozambique and was far in excess of the 120 trains the company loaded up with coal in 2011. (macauhub)

Vale Moçambique plans to mine and export 4.5 million tons of coal this year



 
 
>TOP

Mozambique buys farming equipment with donation from Italy

macauhub

JANUARY 10TH, 2013

The Italian government has donated 7 million euros to Mozambique to obtain farming equipment with a view to mechanising the country’s agriculture, reports the Mozambican newspaper O País, specifying that distribution began on Wednesday in Manhiça.

The Italian cooperation funds have been used to buy 110 tractors and respective implements, 95 ploughs, 40 trailers, pumps and water tanks for irrigation and cashew processing equipment, among others.

Agriculture Ministry permanent secretary Daniel Clemente oversaw the delivery and explained that the agricultural equipment would be distributed in all the country’s provinces, where it will be managed by the private sector.

“We want to create 19 service providing centres along the country’s main development corridors so that agricultural producers can lease equipment at affordable prices to increase production areas,” Clemente said. (macauhub)

Mozambique buys farming equipment with donation from Italy



 
 
>TOP

asahi.com 2013年2月2日

(私の視点)モザンビーク開発 住民軽視の進め方、見直せ 舩田クラーセンさやか

アフリカ農業を支援しようと、日本の国際協力機構(JICA)は現在、モザンビークで「プロサバンナ事業」を進めている。南米ブラジルの広大な森林帯を切り開いた「セラード開発」をモデルとし、ブラジル政府とも手を組んだ大規模事業だ。今年、横浜で開催される第5回アフリカ開発会議の目玉としても宣伝されている。

しかし2012年10月、現地で最大の農民組織、全国農民連盟(UNAC)がこの事業に抗議の声をあげた。声明では「ブラジル企業による土地収用の可能性」「全プロセスにおける農民の主権無視」の2点を強く懸念している。JICA側は「情報伝達不足による誤解」としているが、そもそも情報伝達の問題だろうか。

お手本とするセラード開発は、日本の融資とJICAの技術協力によっておこなわれた。不毛の無人の地を高い生産性を誇る世界最大規模の農地に変え、ブラジル農業の躍進に寄与した、というのがJICAの立場だ。

しかし軍政下のブラジルで進められたこの開発は、地元先住民の視点から見ると異なる評価が出てくる。森林が破壊され、土地を奪われ、生活手段が失われたからだ。豊かな南部から入植してきた中規模以上の農家に、安価な農場労働力として使われるようにもなった。NGOを結成してJICAに面談を申し入れても、門前払いにされたという。モザンビークの農民は、同じことが繰り返されることを恐れているのである。

アフリカでは世界的に食糧価格が高騰した07年以来、外資による激しい土地争奪戦が繰り広げられている。とりわけ土地と水が豊富なモザンビークは狙い目となり、取引される土地面積・件数とも世界2位とする資料もある。そのただなかで始動したのがプロサバンナ事業なのだ。

実際、モザンビーク北部を訪れたブラジル企業家は肥沃(ひよく)で安価な土地価格に熱狂し、日系ブラジル人の連邦議員も「ブラジル人の入植を応援する」と表明したと、外電や日系紙で報じられている。

だが私はあえて、この事業の大幅な見直しを求めたい。まずはこれまでの現場軽視のやり方を猛省し、住民や農民組織、市民社会の声に真摯(しんし)に耳を傾けること。そして土地収用はしないと約束し、そこに長年暮らしてきた人々を中心に据え、意思決定のプロセスにも参加してもらうこと。

3・11の未曽有の経験で、一度破壊された暮らしの再建がいかに難しいかを私たちは学んだはずだ。日本政府にはここで立ち止まり、変える勇気と決断を求めたい。今ならまだ、間に合う。

(ふなだクラーセンさやか 東京外国語大大学院准教授)



 
 
>TOP

アルジェリア事件の裏でまた一つアフリカの悲劇

OKGuide

2013年02月14日 11:00

避難者10万人発生アフリカ南東部の国、モザンビークでは、先月12日から降り続いた豪雨によって、中南部の各地で深刻な洪水被害が発生した。

国連の発表によると、もっとも被害が大きかったのは、中央部にあるGaza州で、38人が死亡し、10万人が避難を余儀なくされている。橋、道路などのインフラも寸断されている状況だ。

また赤十字は、水位の上昇によって、モザンビーク中央部の低地に住む人29万人の生活に影響をおよぼしたと発表している。

日本からも支援決定これを受けて、国連と国際NGOは大規模な支援キャンペーンに乗り出した。Charity News Xperedonによると、中心になっているのは、ユニセフ、WFP(国連世界食料計画)、赤十字や、ワールドビジョン、セーブ・ザ・チルドレンなどだ。

モザンビークでは、今、食料支援と同時に、シェルターの提供、医療支援を必要としている。

赤十字は、清潔な水が不足していることによって、コレラなどの病気が発生するのを警戒し、注意をよびかけている。物資がそろいしだいもっとも劣悪な状況におかれている15万人に、衛生用品を届ける予定だ。

また、日本の外務省も、先月末、国際協力機構(JICA)を通して、緊急援助物資(テント,浄水器及び蚊帳等)2,100万円相当を支援することを決定したとホームページ上で発表している。

アルジェリア事件の裏でまた一つアフリカの悲劇



 
 
>TOP

Mozambican Farmers Fear Foreign Land Grabs

IPS

By William Mapote

MAPUTO, Feb 22 2013 (IPS) - Mozambican farmers’ unions believe that soon land will become very scarce for locals as the government leases more and more of it to foreign agribusinesses - thus displacing thousands of rural communities and smallholder farmers with no official title deeds to their land.

“As the UNAC (Mozambique’s National Peasants Union) we think that in the very short term land will become scarcest for Mozambicans because the government is attracting foreign investors, arguing that we have huge unused land, JoaPalate, a spokesperson for UNAC, told IPS.

Official figures from the Investment Promotion Centre estimate that Mozambique has around 19 million hectares (ha) of land with a potential for agriculture, forestry and cattle - though only 5.6 million ha are being utilised.

“But what happens, in fact,” Palate explained, “when investors come their appetite is centered on land already being used by locals.”

Some 64 percent of Mozambicans currently live in rural areas where agriculture is the main form of income and 45 percent live on less than a dollar a day, according to human rights organisation FIAN International.

Over the last two years, the Mozambican government approved more than 10 new foreign agribusiness development projects. The biggest is ProSavana, where more than 10 million ha was awarded to Brazilian and Japanese investors.

“We have cases like the one in Niassa Province, where around four entire districts were leased to Chikweti Forests, expelling thousand of smallholders who had been there for many generations,” Palate said.

Chikweti Forests, a subsidiary of Swedish-based investment fund Global Solidarity Forest Fund, established tree plantations on 13,000 ha.

According to the country’s constitution, the land is owned by the state and cannot be sold but, “the right of use and profit from the land is conferred on individuals or groups…”

According the Mozambique’s land laws, people can apply for the right of use and to profit from land with the provincial government, if it is less than 1,000 ha. For land larger than 10,000 ha, applications are required to be submitted to the Ministry of Agriculture and Fisheries. According to the law, land can also be allocated to local communities who have occupied it for more than five years.

Palate underlined that land is a sovereignty issue and food production ought to be dominated by locals empowered with knowledge of better farming practices.

ProSavana, for example, are going to grow soybeans, he said. “Which means their business is focused on export ― if so, they are not going to resolve our (food security) problems.”

The ProSavana project will be implemented in the Nacala Development Corridor, an area between Nampula, Zambezia and Niassa Provinces in northern Mozambique. Land marked out for the project is currently occupied by thousand of smallholder farmers.

The government, meanwhile, has repeatedly denied claims that smallholder farmers would lose their land in the deal.

Unfulfilled Promises

Mother of three, Delfina Sidonio, has lost count of the number of times she was promised compensation for the loss of her traditional land, she told IPS.

She lost her five-hectare farm in Ruace community in Zambezia Province to Portuguese agribusinesses Quifel when the company was awarded 10,000 ha of land there by the government. Operating under the project name Hoyo-Hoyo the company plans to grow soy and sunflowers for biofuel production.

“I was expelled from my land, which I inherited from my parents, with promises of new land to work on and 680 dollars in compensation. Since I was expelled, one year ago, all I was paid is about a quarter of the amount they promised to pay, and there is no information about the new land to work on,” Sidonio told IPS.

Sidonio is one of more than 200 smallholders who lost their land in the deal.

“Our life was all in that land. That land gave us food and supplies - our life style,” Ernesto Elias, head of the smallholders’ association forum in Ruace, told IPS.

“At the beginning, the company promised to give us new farming land to build infrastructure, to supply water and to pay compensation according to what we had on the farm,” he recalled, “but after a few months all the promises became lies.”

Fatima Jose another smallholder farmer from the area, said she is worried about her immediate future. “The last harvest crops are now finishing in our storehouses and from the next two months we don’t know how we will survive,” she told IPS.

Contacted by IPS, the Quiefel office in Gurue, Zambezia Province, denied the allegations. “We are preparing ourselves to fulfill the remaining promises done during negotiations with the communities until next June,” a company official said. “And from then on, nobody will talk about land grabbing in Ruace, but will talk about sustainable cooperation between community and investors to develop agribusiness.”

Mahomed Vala, the national director of Agrarian Services in the Ministry of Agriculture, told IPS that the government is aware of the Ruace community complaint. But all the government could do at this stage is to call for dialogue between the contenders, he said.

“Basically the conflict is concerning unfulfilled promises. The company promised land for resettlement, seed and inoculation to support the smallholders, some infrastructures, among other facilities, but they did not fulfil all the promises. I met the company and advised them to strengthen their dialogue with the community and fulfill their promises,” Vala said.

A small big problem

“The important thing to be done to avoid land conflicts is to adopt win-win solutions,” Rafael Uaiene, Assistant Professor in International Development at the Department of Agricultural, Food, and Resource Economics at Michigan State University told IPS.

Mozambique is still a poor country and needs investment to explore its potential, according to Uaiene. “But the country has to protect the land rights of communities and to promote investment in agriculture, as well.”

Win-win means leasing the land to maximise its use, according to the scholar, “And in the case of land that was being used by local communities, they have to be given compensation as the law defines and be integrated into the cycle of the investments,” Uaiene said.

Inter Press Service "Mozambican Farmers Fear Foreign Land Grabs"



 
 
>TOP

現地の人に役立つアフリカ支援訴え

来日のモザンビーク農民団体

2013/02/28 しんぶん赤旗

「日本政府は地元農民の声を聞いてください」。政府がアフリカ南部のモザンビークで進めている農業開発をめぐって、同国最大の農民団体が来日し、27日、日本のNGOとともに参院議員会館で院内集会を開きました。主催はアフリカ日本協議会、日本国際ボランティアセンターなどで65人が参加しました。

同事業はモザンビーク・日本・ブラジル政府が進める600万ヘクタールの大規模な農業開発です。

同国の農業は家族経営が中心です。78,000人が参加する全国農民連盟(UNAC)代表のマフィゴさんは、「この事業はトップダウン式に決められた。モザンビーク農業大臣は、モデルは30年前にブラジルのセラード地域を大豆とトウモロコシのモノカルチャー栽培畑に変えたセラード開発だと明言している。人口の半分以上が貧困にあえぐもとで小農の土地を取り上げ、輸出のための大規模栽培を進めることを強く非難する」と述べました。

同連盟のアドリアーノさんも「アフリカ支援というならば、小規模かんがいの整備や種子銀行の設置、そして日本の有機農業などを学びたい。大企業のためではなく、現地の人の利益に役立つものを」と訴えました。

26日に一行が外務省を訪問した際、同省は「住民移転はある」「補償がある」と土地収用を否定しなかったことも明らかにしました。日本の国際協力機構(JICA)は、6月に日本で開かれる第5回アフリカ開発会議(TICAD)で、同事業をアフリカ支援の目玉と位置づけています。



 
 
>TOP

プロサバンナの見直しを 目黒でUNAC講演

2013/03/03 東京新聞

今年六月、横浜市で「第五回アフリカ開発会議(TICAD)」が開催されるのを前に、モザンビークの全国農民連盟(UNAC)のメンバーらが東京都目黒区の東大駒場キャンパスで講演し、日本・ブラジル・モザンビーク政府が進めているプロサバンナ(熱帯サバンナ農業開発)計画の見直しを求めた。アフリカ日本協議会(AJF)など共催。

同計画は、モザンビーク北部の「ナカラ回廊」と呼ばれる地域を三カ国の協力によって農業開発するもの。ブラジルで広大な森林を切り開いて大規模な農地に変えた「セラード開発」を参照事例として国際協力機構(JICA)が技術協力する。

UNACによると、ナカラ回廊では小規模な農民がトウモロコシやキャッサバなど食料を生産している。開発によって土地の争奪や森林伐採が始まると農民の生活やコミュニティが崩壊し、生存権や食料主権が脅かされると指摘している。

アウグスト・マフィゴ代表は「セラード開発では小農が南部から来た入植者(大地主)に土地を奪われた。日本政府には輸出用の農作物ではなく、小農による国民のための食料生産の支援をお願いしたい」と話した。

(編集委員・土田修)



 
 
>TOP

港湾改修、モザンビークに円借款

フジサンケイビジネスアイ

2013年03月03日

政府は3日、アフリカ南部モザンビークの港湾改修・拡張事業に円借款を供与する方針を固めた。総事業費約250億円のナカラ港が対象で、近く国際協力機関(JICA)を通じて第1弾として数十億円を供与する。経済成長により2020年に現在の約3倍、30年に10倍増が見込まれるナカラ港の貨物需要増に対応する。同港を整備することで農産品などの輸出拠点として活用するほか、同国で進む陸上のインフラ整備との相乗効果も見込める。港湾整備が進めば、日本企業が同国で進める石炭や天然ガス開発などにも寄与しそうだ。

大型船が寄港できるようにするナカラ港改修・拡張事業は、既存設備を稼働させたまま、17年までに大型クレーンを併設したコンテナターミナルや道路を整備する。税関や出入国管理などを一元管理する国境通過手続きの迅速化も進める計画だ。この工事をめぐっては、港湾整備に強みを持つ日本のゼネコンや商社も関心を示している。

モザンビークでは、日本政府がブラジル政府と共同で、サバンナを農地に変えて大豆やゴマを生産する農業開発事業が始動。将来的にはナカラ港に穀物を貯蔵するサイロやターミナルを建設し、食糧自給と農産物や加工品輸出による雇用創出につなげる計画だ。

ナカラ港が拡張されれば、新日鉄住金が探鉱を計画している同国西部のテテ州の原料炭開発の輸出拠点としても活用できる。さらに、同国北部では三井物産などが参画する液化天然ガス(LNG)開発プロジェクトが進み、これに伴いガスを原料とする肥料工場も検討されており、農業への波及効果も見込める。

一方、ブラジル資源大手のヴァーレなどは15年をめどに、同国西部のテテ州で進める石炭開発に伴う鉄道新設・改修事業を推進。また、隣国ザンビアなどとの貿易促進を狙い、国際協力によって鉄道や道路などのインフラ整備を進める「ナカラ回廊」の計画も進んでいる。ナカラ港拡張と同回廊が整備されれば、これまでザンビアから南アフリカ経由で輸出していた銅などの資源はモザンビークから輸出可能となり、域内貿易も活性化が期待できる。

アフリカ南部は資源も豊富で経済成長が見込まれているが、物流インフラの整備がネック。このため、今年6月に約5年ぶりに日本(横浜市)で開催される第5回アフリカ開発会議では、南アからザンビアを縦断する「南北回廊」や、ナカラ回廊などのインフラ整備を推進することなども議題となる。日本政府は会議で他の国際機関との連携強化も改めて打ち出す方針で、今後はアフリカ開発銀行などとも協調し、モザンビーク周辺の活性化を急ぐ。

JICAは昨年、南北回廊のボツワナとザンビア国境地点のカズングラでの架橋事業にも円借款供与を決めており、アフリカ南部のインフラ整備に協力している。

(上原すみ子)

港湾改修、モザンビークに円借款



 
 
>TOP

Brazilian group Vale hires Portuguese company Somague for projects in Mozambique

macauhub

MARCH 20TH, 2013

Portuguese construction company Somague Monday signed the contracts that awarded it two construction projects in Mozambique for Brazilian mining group Vale to the value of US$228 million, Portuguese newspaper Diário Económico reported.

The two projects are for the Nacala railway corridor, specifically, “reconstruction of the railway facility of the Nacala line, over approximately 600 kilometres.”

The Nacala railroad corridor project is intended to provide a logistical solution for transporting coal mined in Moatize, in Tete province, in northern Mozambique.

This railroad corridor is a total of 912 kilometres long and links the Moatize mine, 20 kilometres northeast of the city of Tete, to the port of Nacala-a-Velha, on the Indian Ocean, along a route that also passes through Malawi.

At the end of the process to rebuild the railway the Nacala railroad corridor is expected to have capacity to carry 18 million tons of coal per year. (macauhub)

Brazilian group Vale hires Portuguese company Somague for projects in Mozambique



 
 
>TOP

Coca-Cola plans to increase production four-fold in Mozambique

macauhub

MARCH 27TH, 2013

Coca-Cola plans to up its production in Mozambique four fold as of 2015, when its new factory due to be built in Matola-Gare starts operating, the chairman of the company said Tuesday.

At the ceremony to lay the first stone of the project to build the new factory, Benjamim Alfredo said that production would increase from 25 million boxes currently to 100 million boxes with the new factory, which will take two years to build and cost US$130 million.

The new industrial unit will be built on a 20-hectare plot and have seven filling lines and will also have a new warehouse.

“As of the first half of 2015 the whole business will be run from here, in Matola-Gare, as the factory in Machava will be de-activated and the warehouse in Maputo will be transferred to the new unit,” said Alfredo, according to Mozambican daily newspaper Notícias. (macauhub)

Coca-Cola plans to increase production four-fold in Mozambique



 
 
>TOP

日本の援助はいま、アフリカで何をしているのか? −モザンビーク・プロサバンナ事業から考える、ODAの過去・現在・未来−

「日本の援助はいま、アフリカで何をしているのか?」実行委員会

【日時】2013年3月30日(土)14:00〜16:30 ※13:30受付開始

【会場】関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1407教室
   (大阪市北区茶屋町19?19 アプローズタワー14階)
    http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/

【会費】無 料(モザンビーク現地農民への活動支援カンパ歓迎します)

【発題】舩田クラーセンさやか(東京外国語大学教員)

【討論】川村 暁雄(関西学院大学教員、関西NGO協議会提言専門委員)
    今泉 奏(大阪大学外国語学部生、TICAD V学生プロジェクト)

--------

【ごあんない】

今年6月横浜市で「第5回アフリカ開発会議(TICAD V)」が開かれます。この会議は、1993年の第一回開催以来、日本の対アフリカ関係の大方針を決める上で重要な役割を果たしてきました。一方、昨今は中国、韓国、インドなど、アジアの新興ドナーも「アフリカ・サミット」を開催するようになり、TICADは新たな存在意義の模索を迫られています。

近年、アフリカ開発において最も大きな注目を集める課題の一つに、「農業投資」と「土地争奪」の問題があります。2007?08年の世界的な食料価格高騰をきっかけに再び課題に転じたアフリカの食料問題。この対応策として、アフリカ農業への国際的な投資・支援の必要性が叫ばれていますが、対アフリカ「農業投資」の中には、外国への食料調達を目的に、現地農民から土地を収用するものが含まれており、生計手段を奪われた農民による大きな抗議行動が各地で発生、政情不安の引き金になっています。

日本政府もブラジルとの協力のもと、2009年より政府開発援助(ODA)でモザンビークに対する大規模な農業開発支援(プロサバンナ事業(※))を進めていますが、現地の農民組織やNGOが、当事者への十分な説明がないまま計画が進められていることに強い懸念を表明し、先日はその代表者が来日して各地で問題を訴えました。

※発題者によるプロサバンナ事業の詳細
 http://afriqclass.exblog.jp/i38/

急激なグローバル化と、大規模ODAプロジェクトに直面するアフリカ小規模農民の現状を共有し、今アフリカで何が起きているのか、小農はどのように暮らし何を求めているのか、日本の我々はどのように関わるべきなのかについて、みなさんと一緒に考えたいと思います。

--------

【発題者紹介】
舩田クラーセンさやか(ふなだ・くらーせん・さやか)
 http://www.tufs.ac.jp/ts/society/africa/
東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授。専門は、国際関係学とアフリカ地域研究。研究と社会活動の両面からアフリカに関わり、モザンビークをはじめアフリカ市民社会とのネットワーキング、アフリカに関する政策提言を行ってきた。
東日本大震災後は、東京電力原発事故を受けて「福島乳幼児妊産婦ニーズ対応プロジェクト」を立ち上げ、600世帯を超える福島内外の乳幼児・妊産婦家庭のサポート活動に携わる。
※発題者より一言
「311後の現在と今後、私たちの世界との関係、私たちの社会自身を問い直し、共に語り合う場に出来ればと思います。」

【主催・お問い合わせ】
「日本の援助はいま、アフリカで何をしているのか?」実行委員会
 〔電 話〕080-3852-9160(加藤)
 〔メール〕oishii_mirai@icloud.com

【共催】モザンビーク開発を考える市民の会

【後援】(特活)関西NGO協議会(申請中)



 
 
>TOP

新日鉄住金など、アフリカ南部で炭鉱開発 安定調達先を確保

nikkei.com

2013/3/30 2:00

新日鉄住金などが開発を目指すアフリカ南部モザンビークの製鉄用の原料炭鉱山開発で、近く同国政府が事業化の認可を出す見通しになった。今後、新日鉄住金は鉄道など輸送インフラの整備状況を見極めて開発に着手、2015年以降の稼働を目指す。生産量は年500万トンと日本の原料炭輸入量の7%に相当する。良質な製鉄用の原料炭はオーストラリアに集中している。新たな原料供給源の確保で安定調達につなげる。

開発するのは「レブボー鉱区」。開発会社に新日鉄住金と日鉄商事が合計33.3%を出資。韓国ポスコも8%弱を出資している。現在約59%を出資しているオーストラリア企業に代わり、資源メジャーの英アングロ・アメリカンが中心となって開発を進める見通し。

同鉱区の推定資源量は約8億トン。開発費は周辺インフラを除き6億ドル(560億円)規模とみられる。生産が軌道に乗れば、新日鉄住金が使用する原料炭のうち、自前の炭鉱からの調達比率は現在の20%から5ポイント高まるとみられる。

同鉱区の開発計画は04年、日鉄商事が出資する南アフリカ企業が探査権を取得。11年には事業化に必要な採掘権を申請したが認可に時間がかかっていた。関係者によると、モザンビーク政府がこのほど閣議で、認可の前提となる政府とプロジェクト側の契約内容を了承。今後、プロジェクト参加企業に採掘権を付与する作業に入る。

隣接する鉱区ではブラジルの資源大手ヴァーレが11年に炭鉱を事業化している。現在利用しているモザンビーク中部のベイラ港の能力に限界があり、レブボー鉱区の事業化にはインフラ整備が不可欠になる。ヴァーレは政府系公社に出資して北部のナカラ港の拡張と同港に至る鉄道の改修を計画しており、新日鉄住金もヴァーレとの協力を視野に入れる。

モザンビークを巡っては、三井物産が沖合での液化天然ガス開発に参加しているほか、国際協力機構(JICA)が今年末までかけて北部地域の開発計画策定に協力。日本の官民挙げて資源確保をにらんだ協力を打ち出している。日本の鉄鋼業は主要原料である石炭の5割超をオーストラリアに依存しており、新日鉄住金のモザンビーク炭鉱の開発も調達先分散の一環だ。



 
 
>TOP

国際セミナー「ProSAVANA:アフリカ熱帯サバンナの持続可能な開発を目指して」

モザンビーク農業省、ブラジル国際協力庁との共催で、JICAは、モザンビーク・ブラジル・日本の三角協力によるアフリカ熱帯サバンナ農業開発事業(ProSAVANA-JBM)の事業の紹介及び、モザンビーク、ブラジル両国からご参加頂いた政府関係機関、現地農民組織等より、当事業への期待についてお話しをいただくセミナーを開催しますので、以下の通りご案内いたします。

1.日時:2013年4月2日(火)14時30分〜17時00分
(その後、懇親会を予定しております。)

2.会場:ベルサール半蔵門HALL A
http://www.bellesalle.co.jp/bs_hanzomon/access.html

3.内容:モザンビーク農業省、ブラジル国際協力庁、国際連合食糧農業機関、農民組織、JICA関係者などからの講演、パネルディスカッション、質疑応答などを予定しております。

4.お申込み方法:参加をご希望の方は、3月29日(金)までに、必要事項をご記入の上、以下宛先までお申込みをお願いいたします。(満席になり次第受付を終了させて頂きますのであらかじめご了 承願います。)
■必要事項
【ご氏名】
【ご所属】
【部署・役職】
【メールアドレス】
【懇親会への出席】出席します/欠席します
※懇親会参加費として、当日1,000円を徴収する予定です。
■お申し込み先
JICAモザンビークセミナー支援ユニット(1rta1-shien_unit@jica.go.jp)
■定員180名(先着順)
※定員になり次第、締め切ります。
※お申し込み多数の際は、1社あたりの参加人数を制限させていただく場合があります。

5.お問い合わせ:
当セミナーに関するご質問は以下の宛先までご連絡ください。
■運営に関して:JICAアフリカ部アフリカ第三課 飯山聖基
電話:03-5226-8285 E-mail:Iiyama.Masaki@jica.go.jp
■イベント内容に関して:JICAアフリカ部アフリカ第三課 坂口幸太
電話:03-5226-8287 E-mail:Sakaguchi.Kota@jica.go.jp



 
 
>TOP

国際石油帝石、モザンビーク探鉱権益25%取得

nikkei.com

2013/4/2 19:40

国際石油開発帝石は2日、アフリカ南部モザンビーク沖合にある探鉱鉱区の権益25%を取得すると発表した。取得金額は非公表。近くの海域で世界有数の巨大ガス田が発見されており、原油や天然ガスの発見が期待できるという。同社ではモザンビークで初めてのプロジェクトになる。

ノルウェーの石油大手スタットオイルの子会社から権益を取得する。スタットオイル子会社は引き続き40%の権益比率を持ち、英石油会社タローが25%、モザンビーク国営石油会社が10%を保有する。

鉱区はモザンビーク首都マプトの北東1750キロメートルの沖合にあり、水深は約300〜2500メートル。スタットオイルの子会社が探鉱し、2013年中に原油や天然ガスの試掘を始める。年内に2本掘削する予定。

国際石油帝石の原油、天然ガスの生産量は原油換算で日量42万5000バレル(12年3月末)。20年代前半に日量100万バレル達成を目指し、海外での探鉱や開発、権益取得に注力している。

これまでアンゴラやエジプトなどアフリカ4カ国で探鉱や生産など7つのプロジェクトを手がけてきた。モザンビークでの探鉱権益取得をきっかけに、東アフリカ周辺などの深海域で探鉱経験が豊富なスタットオイルとの一段の協力も視野に入れるという。



 
 
>TOP

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆◇◆モザンビークより投資促進専門官を招聘◆◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4月8日(月)から19日(金)まで、モザンビーク投資促進センター
(CPI)よりケンワッティ・ムアンド氏を投資・技術移転促進専門官
として招聘します。

ムアンド氏は、CPIのプロジェクト・マネージメント部に所属し、
プロジェクト評価、進出企業へのアフターケア、投資拡大促進
業務等に従事しています。同氏の招聘は、昨年に引き続き2度目と
なります。滞在中、モザンビークでの事業展開に関心を持つ
日本企業や関連団体との個別面談を行い、最新のモザンビークの
投資環境や、鉱業、インフラ、農産品・水産品加工を中心とする
分野におけるビジネス機会を紹介します。

同氏との面談を希望される方は、下記担当までご連絡ください。

担 当: UNIDO東京事務所 今津、宮田
電 話: 03-5275-3321
E-mail: m.imazu@unido.org, k.miyata@unido.org



 
 
>TOP

モザンビークで炭鉱開発認可 新日鉄住金など取得

nikkei.com

2013/4/4 0:05

モザンビーク政府は3日、新日鉄住金などが開発を目指す製鉄用の原料炭鉱山開発事業を認可した。生産量は年500万トンと日本の原料炭輸入量の7%にあたる。新日鉄住金は鉄道など輸送インフラを整備して2015年以降の稼働を目指す。

4日に発表する。同国政府が認可するのは「レブボー鉱区」。推定資源量は約8億トンに上る。日本の鉄鋼業は主要原料の石炭の5割超を豪州からの輸入に頼っており、今回の炭鉱開発も調達先分散の一環と位置付ける。



 
 
>TOP

モザンビーク炭鉱の採掘権取得 新日鉄住金・ポスコなど

nikkei.com

2013/4/4 19:10

新日鉄住金は4日、同社や韓国ポスコなどが共同で計画しているアフリカ南部モザンビークでの炭鉱開発について、現地政府から3日付で事業化に必要となる採掘権を取得したと発表した。今後詳細な事業計画を詰めて開発に着手し、2019年には鉄鋼原料炭で年産500万トンのフル生産体制を目指す。

採掘権を得たのは、04年から探査を続けていたモザンビーク北部のレブボー鉱区。新日鉄住金は傘下の日鉄商事と合わせて開発会社に計33.3%を出資している。

一方、同鉱区の開発や運営の中核を担う予定だった英資源大手のアングロ・アメリカンは4日までに、プロジェクトへの参加を見合わせると表明した。現在58.9%出資しているオーストラリアの資源会社タルボットから出資分を買い取る計画だったが「様々な条件が折り合わなかった」(アングロ・アメリカン)としている。

このため新日鉄住金などは今後、別の鉱山会社をパートナーに迎えて開発に着手する方針。新日鉄住金で原料を担当する藤原真一常務執行役員は「タルボットが売却先を探しており、16年には生産を始められる」と話している。



 
 
>TOP

Prosavana agreement signed in Tokyo

The Zimbabwean

05.04.13
06:12am

by AIM
Maputo

The master plan for the Nacala Development Corridor, which will be finalised later this year, will define the overall budget for the Programme of Triangular Cooperation for Developing Agriculture in the Tropical Savannahs of Mozambique (ProSavana).

ProSavana will be developed in the north of the country, mostly along the Nacala Development Corridor, to increase agricultural productivity, with a strong component of technology transfer.

It covers about 700,000 hectares, and is based on a project that Japan implemented in Brazil in the 1970s, which revolutionised agricultural production in an area now regarded as the most productive in Brazil.

On Wednesday a memorandum of understanding was signed in the Japanese capital city Tokyo at the end of a working visit by Mozambique’s Agriculture Minister Jose Pacheco.

Speaking after signing the memorandum, Pacheco said “once we have the master plan we will know what the contribution of each of the parties in the project will be for the implementation of ProSavana”.

The document was also signed by the Deputy President of the Japan International Cooperation Agency (JICA), Tsuneo Kurokawa, and the Director of the Brazilian Cooperation Agency (ABC), Fernando de Abreu.

Pacheco told journalists that the agricultural extension component of the project has not yet advanced to the desired level, but that the conditions have been created to accelerate progress.

One of the ultimate goals of ProSavana is to equip farmers with the ability to practice commercial agriculture, producing goods for the internal market and for export. Agricultural extension is the means to ensure that the transfer of new production technologies reaches the thousands of farmers still involved in subsistence agriculture in the Nacala Corridor.

This year, according to the Minister, agricultural extension will be driven forward by new staff who will join other specialists in the public and private sector. The first big impact of this injection will be during the forthcoming 2013/2014 agricultural campaign.

The trilateral commission of Mozambique, Japan and Brazil also agreed that the agricultural research mechanisms looking at the types of crop cultures to be used have been established locally and are progressing vigorously. Technicians are currently testing various varieties of maize, beans, soya and cotton.

Pacheco stressed that what is now important is to consolidate the partnership between the three countries, especially strengthening dialogue to ensure the participation of all the actors in the value chain in agricultural production in the Nacala Corridor.

On Wednesday Minister Pacheco visited the company Fuji Oil which is involved in the production and processing of Soya. Fuji Oil has indicated that it is interested in investing in Mozambique.

He also visited the Japan International Research Centre for Agricultural Sciences (JIRCAS), and the Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA).

Prosavana agreement signed in Tokyo



 
 
>TOP

17 April 2013 Last updated at 16:43 GMT

Mozambique protesters at Brazil-owned Vale coal mine

BBC

Hundreds of protesters have blocked the entrance to a coal mine in Mozambique in a row over a compensation deal agreed after they were displaced.

The demonstrators demanded further compensation for being uprooted five years ago to make way for the colliery.

The Brazilian corporation Vale insisted it had already done enough, paying out about $2,000 (£1,300) per person.

But campaigners said they should receive more for the loss of the community's brick-making industry.

The protest first broke out on Tuesday after more than a year of negotiations between the company and the protesters, who were resettled in 2008 to make room for the Moatize mine.

Vale moved about 5,000 people in order to set up its mining operation in the coal-rich north western province of Tete.

"When Vale came to Mozambique the government told us, you will get very rich. That is why we want the company to pay us what it owes us," one of the protesters, Maxwell April, told AFP.

Vale said the demonstration had not affected production and that it respected the demonstrators' rights to protest peacefully.

A government spokeswoman said the matter of compensation had already been settled.

Mozambique protesters at Brazil-owned Vale coal mine



 
 
>TOP

日本、アフリカ投資に出遅れ 巻き返しへ官民連携

nikkei.com

2013/5/3 1:02

高成長が続くアフリカ向けの投資・貿易で、日本の直接投資額が中国の7分の1にとどまり、輸出額は韓国も下回ることが分かった。次の新興市場として主要国の企業がアフリカへの進出を競うなか、日本の出遅れが目立つ。日本政府は6月、約40カ国の首脳を招きアフリカ開発会議(TICAD)を横浜で開く。官民連携をテコに巻き返しに乗り出す。

日本企業が工場建設などでアフリカに投下した資金(直接投資額)は2011年が4.6億ドル、12年は1.2億ドルにとどまった。一方、中国の直接投資額は11年に31億ドルで日本の7倍。投資残高でも160億ドルと日本の2倍に膨らんだ。似た経済規模の日本と中国だが、アフリカ向け投資では差が開く一方だ。

貿易面でもパイプは細くなっている。アフリカへの輸出額は中国の約5分の1。韓国を2割下回る。経済関係の低迷を映し、日本のアフリカ在留者数は中国の18分の1の8100人にとどまる。

アフリカ経済は00年代に入って急速に成長し、サハラ砂漠以南の実質成長率は年平均5.8%と高い。アフリカには石油、天然ガス、鉄鉱石、貴金属などの豊富な天然・鉱物資源がある。「世界経済の最後のフロンティア」との認識が強まり、主要国の直接投資や貿易額が膨らんだ。

国連貿易開発会議(UNCTAD)などの調べによると、世界のアフリカ向け直接投資額は11年に426億ドル。この10年でざっと2倍になり、各国の政府開発援助(ODA、511億ドル)合計にほぼ匹敵する規模となった。だが日本の投資額はODAの4分の1程度にとどまり、世界の潮流である「援助から投資へ」の流れに追いつけない。

日本のアフリカ投資は00年代半ばに増えたが、リーマン・ショック後の09年にマイナスに転じた。業績の悪化した企業が、当面収益が見込みにくいアフリカ投資の整理に動いたためだ。

日本企業の間では商社の投資が目立つ。三井物産がモザンビーク沖合での液化天然ガス(LNG)開発に参加しているほか、住友商事がマダガスカルでニッケル生産を始めた。南アフリカ共和国で工場を持つトヨタ自動車などを除くと製造業の進出は広がりを欠く。

日本貿易振興機構(ジェトロ)の的場真太郎中東アフリカ課長は「インフラの未整備、水不足などアフリカは製造業が出て行くのに一番環境が厳しい」と指摘する。

経済産業省と石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は5月16〜17日に国際資源ビジネスフォーラム、18日に日アフリカ資源相会合をそれぞれ都内で開く。「日本企業にアフリカの鉱物資源相や資源メジャーの情報に直接触れてもらう」(JOGMEC)と期待している。



 
 
>TOP

商社 アフリカ事業攻勢 官民連携で農業やインフラに商機

フジサンケイビジネスアイ

2013年5月6日(月)08:21

大手商社がアフリカでの事業拡大を急いでいる。各社は1990年代後半、内戦の激化などを受け、一度はアフリカでの事業を縮小した経緯がある。しかし、アフリカは豊富な天然資源に加え、2030年には15億6000万人の消費市場を抱える数少ないフロンティア市場。今年6月に5年ぶりに日本で開催されるアフリカ開発会議(TICAD5)では政府が官民連携によるインフラ・農業・人づくり協力を打ち出す方針。大手商社は資源戦略に加え農業関連やインフラの商機を狙いアクセルを踏む。

◆消費市場開拓も視野

11年末の日本の対アフリカ直接投資残高は80億8000万ドル(約8000億円)と、07年末に比べ2倍強に達する勢いだが、これはアフリカの多くの国で宗主国だった首位フランスの投資残高に比べれば10分の1以下。中国も日本の2倍超の水準だ。両国に対抗するには、一から販売ネットワークを築いたのでは間に合わない。

そこで「125年の歴史と人材育成の時間を手に入れた」(豊田通商の横井靖彦副社長)のがトヨタ自動車の新興国での先兵役を担う豊田通商だ。昨年、2400億円を投じ、西部、中央アフリカに強い仏商社のセーファーオー買収を決め、その販売網を生かし自動車に加え医薬品販売などの市場を狙う。ケニア政府とは所得や生活水準向上のため長期発展計画実現に向け包括提携したのを突破口にアフリカでエネルギー開発やインフラ事業を開拓する。

いまや各社の狙いは、資源だけではない。それを背景に経済成長する資源国に照準を合わせインフラや消費を取り込む作戦だ。双日はアンゴラで、インフラ整備に欠かせないセメントプラントを受注、丸紅は繊維工場の再建を相次ぎ受注し、輸入に依存していた繊維産業の復興や雇用創出につなげた。

◆外国勢との協力が鍵

だが、最貧国の多いアフリカでのプラント受注は価格競争力がモノをいう。経済産業省によると、10年のアフリカでの国別受注の首位は中国。日本は11位と遠く及ばない。対抗するには、日本連合だけでは勝ち目はなく、アフリカに強くコスト競争力のある外国の企業や政府との間で協力関係を構築するかが戦略の鍵を握る。

例えば双日のアンゴラのセメント受注は世界有数のデンマークのセメント建設会社、インド系のアラブ首長国連邦(UAE)の工事業者と組むことで技術と価格競争力を実現した。ケニアで地熱発電プラントを受注した豊田通商と東芝連合が日本連合に競り勝ったのは韓国の現代エンジニアリングの競争力が決め手になった。

同じポルトガル語圏の強みを生かし、ブラジルとタッグを組みモザンビークを開拓する新手の戦略もある。日本政府は荒れ地のサバンナを農地に変えた実績のあるブラジルと組み、国際協力機構(JICA)を通じて、ナカラ回廊と呼ばれるサバンナを農地として開発する官民プロジェクトに乗り出した。

伊藤忠商事はこれに参画する形で今秋にも現地の農家に技術指導を行って対日向けにゴマや大豆の開発輸入に乗り出す考え。住友商事も穀物輸出に向けた流通や周辺事業として肥料プラントへの参画を検討中だ。

                 ◇

■リスク回避へ地域に利益還元

大手商社同士の競争の主戦場が、モザンビークだ。背景には三井物産が参画するロブマ沖ガス田開発と液化天然ガス(LNG)事業がある。同国のガス埋蔵量は膨大で、2020年代以降にカタール、豪州に次ぐLNG輸出大国になる可能性が高まっている。

三井物産は19年の対日LNG輸出を目指し、昨年4月にエネルギー部門に「モザンビーク事業部」を設置し、社会貢献策や肥料プラントなど将来のビジネス発掘も検討している。

大手商社でアフリカ最大のネットワークを持つ三菱商事は、4月からモザンビークの首都マプトに日本人駐在員を派遣し、インフラなど新規事業の発掘に乗り出す。住友商事は今年度から2年の中期経営計画の重点国に南アフリカやモザンビークなど6カ国を入れた。

「アフリカビジネスに欠かせないのが社会貢献」と言い切るのは、00年に英豪BHPビリトンやモザンビーク政府などとアフリカ最大のアルミ精錬会社「モザール」を立ち上げた三菱商事だ。その同年にモザールは収益の一部で地域発展基金を立ち上げ、医療や教育分野に毎年2億4000万円をあてる。

同事業は、1992年まで続いた内戦からの経済復興の目玉で、1000人超の雇用と同国輸出総額の半分を占める優良事業だが、社会貢献活動は今も欠かせない。「アフリカ事業は地域にどう利益還元するかが重要。社会貢献活動がカントリーリスクを減らすことにつながる」からだ。

マラリア撲滅など従業員の健康面に気を配ることがまさに事業継続に欠かせず、地域との共生が最大のリスク回避手段といえそうだ。(上原すみ子)

                 ◇

■大手商社の主なアフリカでの取り組み
 社名    進出国       事業の内容
 三菱商事  モザンビーク    精錬事業モザールの運営に参画
 三井物産  モザンビーク    ガス田開発とLNG事業に参画
 伊藤忠商事 モザンビーク    農業開発プロジェクトに参画
 住友商事  マダガスカル    ニッケル・コバルト鉱山事業に参画
 丸紅    アンゴラ      繊維や製糖・バイオエタノール工場を受注
 豊田通商  西部、中央アフリカ 仏系商社セーファーオーを買収
 双日    アンゴラ      肥料プラントなどを受注



 
 
>TOP

商船三井/シンガポールとインド洋諸島など、新航路開設

LNEWS

2013年05月07日

商船三井は5月2日、シンガポールとインド洋諸島を結ぶ新航路“IOX”とシンガポールとモザンビークを結ぶ“MZX”を6月から開設すると発表した。

アジアのハブ港であるシンガポールと成長著しいインド洋諸島およびアフリカの市場を、ウイークリーサービスで結ぶ。また新たにレユニオンとモザンビークのベイラ、ナカラへの寄港を開始することで、多様化する顧客ニーズに対応するとしている。

■概要

IOXサービス
ローテーション:シンガポール〜ポート・ルイス〜タマタベ〜レユニオン〜シンガポール
サービス開始:6月7日シンガポール入港船より
投入船:4隻

MZXサービス
ローテーション:シンガポール〜マプート〜ベイラ〜ナカラ〜シンガポール
サービス開始:6月7日シンガポール入港船より
投入船:PIL社7隻



 
 
>TOP

高成長アフリカ、日本勢巻き返し 6月に開発会議

中国勢を追い上げ

nikkei.com

2013/5/15 1:19 (2013/5/15 3:30更新)

政府は6月1日から横浜市で第5回アフリカ開発会議(TICAD5)を開く。アフリカの国内総生産(GDP)はすでに日本の3分の1の水準で今後、高成長が見込める。新日鉄住金がモザンビークで鉄鋼原料の石炭の鉱山開発を急いだり、日立建機と商社大手が建設機械の販売拡大を狙ったりするなど、アフリカ市場で出遅れが目立っていた日本企業も巻き返しに動き始めた。

新日鉄住金は年内にもモザンビーク北部のレブボー鉱区について詳細な事業計画を策定し、最終的な投資判断をする。同鉱区で権益を持つ開発会社にグループで合計33%を出資しており、同国政府から採掘権も取得した。総開発費は600億円程度。開発が順調に進めば、2019年には年間500万トンと、日本の原料炭輸入量の7%程度を生産できる。

モザンビークでは日立建機がこのほど三菱商事と共同で、ブラジル資源大手ヴァーレから、ダンプトラックなど鉱山機械を約40億円で受注した。日立建機の現地法人には約60人が常駐する。ザンビアで鉱山機械の消耗品の修理工場を稼働させたほか、ジンバブエなどで代理店設立を進める。

社会インフラ分野でも日本企業の動きが活発になっている。豊田通商は韓国の現代エンジニアリングとケニア最大の地熱発電所(発電能力28万キロワット)を同国で建設中だ。総事業費は約300億円。来年春に首都ナイロビから北西100キロメートル離れた地域で完成する。同国では50万キロワットと世界屈指の規模となる地熱発電所の新設計画が出ており、豊田通商は設備運営を含めた受注を狙う。

アフリカ54カ国の人口は現在11億人で50年には20億人まで増える可能性がある。1990年に4950億ドルと日本の16%にすぎなかったアフリカのGDPは11年に1兆9050億ドルと同32%にまで拡大した。ただ11年の日本企業の直接投資額は中国の7分の1の4億6000万ドルと水をあけられている。

市場拡大に伴い、消費財を手がけるメーカーなども「アフリカ内需」の取り込みに動き始めた。

ホンダは二輪車でアフリカ市場の攻略に本腰を入れる。今年9月、ケニアで生産工場を稼働させる。アフリカではナイジェリアに続く2番目となり、アフリカの生産能力は17%増え年間17万5千台となる。

日本政府はTICAD5で、アフリカへの新たな支援策や日本企業の投資を促す施策などを打ち出し、アフリカ投資で先行する欧州や中国などに対抗する方針だ。



 
 
>TOP

政府、日本で資源国の行政官育成 知日派人脈で権益確保狙う

nikkei.com

2013/5/15 12:24

政府はレアメタル(希少金属)や製鉄に使う原料炭など、重要資源の開発を見込む発展途上国の専門行政官の育成を支援する。毎年10人程度を日本の大学で受け入れ、鉱山開発や鉱業関連の法制度の整備に必要な教育をする。途上国は政府に専門知識を持つ人材が不足している。各国の資源開発を促すとともに、知日派人脈を築いて日本の権益獲得に役立てる。

対象国は日本が産業用として重視する鉱物・エネルギー資源の開発が期待できる途上国で、日本企業の進出動向も考慮して決める。原料炭があるモンゴルやモザンビーク、レアアースや貴金属の開発を見込む東南アジアやアフリカ南東部の国などを想定する。各国政府の技官を中心に来年度に第1陣として3〜5人を受け入れ、数年以内に毎年10人程度の規模にまで増やす。

鉱業技術者の専門養成課程がある秋田大で主に受け入れる。同大は日本で唯一の旧制鉱山専門学校の流れをくみ、来年度には国際資源学部を新設する。対象者は修士や博士の学位取得のため2年以上留学。鉱業や地質に関する技術のほか、鉱山開発や企業の投資許認可に必要な法制度や環境対策なども学ぶ。渡航や滞在に必要な費用は国際協力機構(JICA)などが負担する。

途上国では政府の人材不足で開発が進まず、豊富な埋蔵資源を生かせない場合も多い。欧米や中国の資源大手などに権益を与えても、法制度が未整備で地元に利益が回らなかったり、環境汚染が進んだりする例もある。日本は各政府の能力向上から支援して良好な関係を構築する。日本留学経験者の人脈を通じた現地での鉱区開発の許認可や地質を巡る情報収集力を高め、権益確保に役立てる。

秋田大は日本の資源開発企業で働く人材を育てる方針。留学生と日本人学生の交流を通じ、日本企業と資源国政府との人脈を築く狙いもある。



 
 
>TOP

新日鉄住金「ヴァーレと協議」 モザンビーク炭鉱開発で

nikkei.com

2013/5/16 20:01

新日鉄住金は16日、アフリカ南部のモザンビークで検討している炭鉱開発で、ブラジル資源大手のヴァーレとの間で鉄道や港湾などインフラ整備を協議していることを明らかにした。新日鉄住金が出資する合弁会社は今年4月、現地政府から開発認可を取得した。事業化に向け輸送手段の確保が課題になっていた。

新日鉄住金はオーストラリアの資源会社タルボット、韓国鉄鋼大手のポスコとともにモザンビーク北部での炭鉱開発を計画。新日鉄住金は自社が使用する原料炭の7%相当を調達する見通し。現状では産出した石炭を港湾まで輸送する手段が確保できていない。

ブラジルで鉄道建設・運営の実績があるヴァーレはモザンビークでも全長約900キロメートルの鉄道や港湾を整備中。新日鉄住金はこの設備の利用を念頭にヴァーレやモザンビーク政府と協議を進める。

またタルボットが開発プロジェクトからの撤退を決めていることについて、新日鉄住金は「新たなパートナーは近く決まる」(藤原真一常務執行役員)としている。同プロジェクトには一時、英資源大手アングロ・アメリカンが出資を表明していたが4月に撤回。開発ノウハウを持つ資源会社の参加が求められている。



 
 
>TOP

政府、アフリカ資源開発支援で1000億円投融資

nikkei.com

2013/5/18 2:00

政府は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)を通じ、アフリカの資源開発事業に5年で1000億円を投融資する。1000億円の債務保証枠も設け、民間企業の資金調達を支援する。中国などに後れを取っている日本企業のアフリカ進出を後押しする。18日に開く日アフリカ資源相会合で、茂木敏充経済産業相が表明する。

石油・ガスには750億円を充てる。モザンビークで三井物産が展開する天然ガス事業に150億円、国際石油開発帝石(INPEX)の石油・天然ガス事業には100億円を出資する。三井物産の液化天然ガス(LNG)事業では300億円を債務保証する。調達先の多様化で他の産出国との価格交渉力を高める。

石炭は製鉄などに使う質の高い原料炭を開発する。新日鉄住金・日鉄商事のモザンビーク事業には160億円を出資。JOGMECの持つ石炭開発の債務保証枠735億円のうち6割超はアフリカ向け事業に確保する。排ガス浄化に使う白金などレアメタル(希少金属)開発も促す。伊藤忠商事などの南アフリカ事業に約200億円を出資、債務保証枠も鉱物全体で350億円を確保する。

アフリカでは掘った鉱山から露出した砂が近くの農作物に被害を出す例が多く、環境保護を求める声がある。日本は衛星を使った最先端の探査技術とセットで鉱山周辺の環境保護技術も伝える。日本での研修の受け入れや専門家の派遣で、1000人の行政官や技術者を育成する。有望地で共同探査すれば権益確保も期待できる。

アフリカは人口増加と豊富な資源を背景に著しい経済成長が続く。資源価格の高騰で政府開発援助(ODA)によらないインフラ建設の需要も旺盛だ。鉱山開発に必要な電力や鉄道では日本企業のインフラ輸出の期待も高い。資源開発や現地の雇用創出効果をアピールして日本の技術を売り込む。2011年の日本企業の直接投資額は中国の7分の1にとどまる。韓国やドイツにも出遅れており、巻き返しを図る。



 
 
>TOP

モザンビーク鉱物資源相「日本企業は川下にも投資を」

nikkei.com

2013/5/19 23:44

日アフリカ資源大臣会合のために来日したモザンビークのビアス鉱物資源相は日本経済新聞社のインタビューで、同国での日本企業による資源分野の投資が「鉱山開発などの川上の分野だけでなく、川中や川下でも増えてほしい」と述べた。日本企業の資源の加工や流通への進出を歓迎する意向を示した。

モザンビークには三井物産が石油・天然ガス事業で参画しているほか、新日鉄住金が製鉄などに使う原料炭の開発事業で進出している。ビアス氏は「技術移転や人材育成などで恩恵を得られる」と期待感を示した。

同国政府は北部のナカラ回廊周辺の穀物地域で日本・ブラジル両政府と共同で農業開発プロジェクトを進めている。ビアス氏は「鉱山や農業の分野で道路や電気などのインフラ整備を急いでいる」と述べた。



 
 
>TOP

アフリカ:日本企業の進出加速 中国先行に焦り

毎日新聞 2013年05月20日 22時32分(最終更新 05月21日 00時50分)


アフリカの主なエネルギー、鉱物資源

6月1日から横浜市で第5回アフリカ開発会議(TICAD5)が開催される。アフリカは豊富な天然資源を背景に経済成長が見込まれており、資源獲得に加えインフラ事業受注などを目指し日本企業が進出を加速させている。ただ、積極的に投資を行ってきた中国や欧州に比べ日本の出遅れ感は否めない。政府は安倍晋三首相がTICAD5で日本をアピールし、企業進出を後押しする構えだ。【大久保渉、西浦久雄】

アフリカは2000年代に入って石油や天然ガス、鉄鉱石、貴金属など豊富な資源を背景に急成長し、特にサハラ砂漠以南の実質経済成長率は5.8%まで拡大した。人口も現在の11億人が50年には20億人超になる見込みで、「最後の巨大市場」(経済産業省)との期待が高まっている。日本企業は資源だけでなく、インフラ需要や今後増大する消費の取り込みも狙い事業展開を急いでいる。

世界有数のガス田が見つかったモザンビーク。三井物産は米石油大手などと18年にも液化天然ガス(LNG)生産を開始し、年約500万トンを対日輸出に回す考えだ。原発事故後、火力発電依存が強まる日本にとって「エネルギー供給の安定につながる」(資源エネルギー庁幹部)と期待が高まる。

新日鉄住金も4月にモザンビークで鉄鋼原料の石炭採掘権を取得。16年に生産を始め、19年には年500万トンの生産体制構築を目指す。ハイテク製品に必要なレアメタル(希少金属)では伊藤忠商事が南アフリカでの白金(プラチナ)鉱山調査を進めており、来年前半にも生産開始する見通し。住友商事もマダガスカルの世界最大規模のニッケル、コバルト鉱山で生産に着手した。「中国の外交カード」(経産省)とも言われるレアアース(希土類)でも石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)などが調達先分散化に向け、南アやマラウイで調査を進める。

一方、各社の狙いは資源以外にも広がりつつある。アンゴラでは丸紅が02年までの内戦で被害を受けた繊維工場を再建し雇用創出につなげたほか、双日が経済成長に伴うインフラ整備に不可欠なセメントプラントを受注した。ケニアでは豊田通商が同国総発電量の2割超となる地熱発電所建設に参画。ホンダも二輪車事業拡大に向けて9月にケニア工場を稼働させ、アフリカでの生産能力を約15%増の17万5000台にする。

ただ、日本企業の直接投資額は08年に15億1800万ドルを記録した後、リーマン・ショックの影響で撤退が相次ぎ09年にはマイナスに転じた。11年に4億6400万ドルまで戻したが中国の7分の1に過ぎず、投資残高でも中国の2分の1。さらに旧宗主国が多い欧州も積極的に投資を続けており、「巻き返しは簡単ではない」(経産省)のが実情だ。

中国などに大きく水をあけられた状況に、政府も危機感を募らせ、18日のアフリカ15カ国との資源相会合で企業の資源開発に5年間で20億ドルを支援する考えを表明し、茂木敏充経産相は「ウィンウィンの関係を構築したい」とアピール。TICAD5でも安倍首相が各国首脳との会談でインフラ整備や医療、農業、環境面などで支援を表明し、信頼を得たい考えだ。



 
 
>TOP

アフリカ投資基金、倍増の5000億円 今後5年間で日本政府

nikkei.com

2013/5/24 2:00

政府は民間企業のアフリカ投資を促すための金融支援を強化する。資源開発やインフラ整備などで日本企業が参加するアフリカ事業に出資したり、融資を保証したりする基金を約5000億円に倍増する。アフリカ向けの円借款も5年間で約1500億円と大幅に増やす。資源高を背景にしたアフリカの成長力を官民一体で取り込むねらいだ。

6月1〜3日に横浜市で開かれる第5回アフリカ開発会議(TICAD)で発表する。

柱が国際協力銀行(JBIC)に設ける基金「アフリカ貿易投資促進ファシリティ」の増強だ。同基金は2008年の前回の第4回TICADで創設した。規模は08年からの5年で約25億ドル。すでに日系企業がからむ南アフリカ共和国やエジプトのインフラ投資などで25億ドル超の出融資を実行した。

今回は資金規模を13年からの5年で約50億ドル(約5100億円)に増やし、アフリカでの幅広い事業用途に使えるようにする。まず三井物産などがモザンビークで進める総事業費150億ドル(約1兆5000億円)の世界最大級の天然ガス田開発への活用を想定している。

国際協力機構(JICA)によるアフリカ向けの円借款も大幅に増額する方針。JICAは昨年、アフリカ開発銀行との協調融資の枠組みで、5年間で10億ドル(約1000億円)の円借款を出すことで合意したが、すでに3分の1程度の融資を実行した。このため円借款の5年間の目標額を15億ドル以上に増額する方向で調整している。

日本、モザンビーク、ブラジルの3国間の農産物の物流網の整備や、ボツワナ・ザンビアの国境間の橋建設など、国境をまたがるプロジェクトを対象にする方針だ。

このほか、アフリカ現地の中小企業や農業、保健支援に特化した投資の枠組みもつくる。世界銀行とアフリカ開銀にある日本信託基金を活用し、今後5年で1億2500万ドル程度を、中小企業向け融資や税関のノウハウ伝達、農村部での発電事業に投資する。

これまでのアフリカ向け金融支援は政府開発援助(ODA)や円借款など援助色が強かった。今回は「日本企業の進出支援とアフリカの民間部門育成に重点を移し、アフリカ戦略を強化する」(政府関係者)立場を鮮明にする。

課題は官民連携だ。たとえば、円借款では「中国や韓国などの企業が日本企業よりもコスト競争力が強く、受注するケースが多い」(JICA関係者)。援助と投資をいかに組み合わせてアフリカを攻略するか。日本の経済界からは、日本の官民とアフリカ各国・地域機構が協力して開発に取り組む基本計画の作成を求める声が出ている。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年05月27日10時44分

アフリカで存在感増す中国 資金支援、断られる日本

アフリカで日本は中国の攻勢に苦戦している。支援を申し出て、断られるケースもある。中国がより良い条件を出すためだ。

■日本の融資なのに「中国の援助と思っていた」

【ナンプラ(モザンビーク北部)=杉崎慎弥】モザンビーク北部で3月下旬、1人の中国人男性と、背中に「CHINA」と書かれたユニホーム姿のモザンビーク人男性7人が、2台の重機を使って赤茶けた土の地面をならしていた。

彼らは中国河南省に本社がある政府系企業の従業員。約350キロの道路建設工事のうち約130キロを請け負う。この中国企業は国際競争入札の結果、当時の通貨レートで約36億7400万円で受注した。プロジェクトの総事業費は約263億円。日本とアフリカ開発銀行、韓国輸出入銀行の協調融資だ。日本は国際協力機構(JICA)を通じて円借款で約59億8千万円拠出している。

現場で働くクレメリオ・パウロさん(26)にどの国の援助で工事が行われているのかと尋ねると、「中国でなければどこなんだ」と逆に聞き返された。近くの農民も「中国の援助だと思っていた」。日本のことは誰も知らなかった。

■「為政者支援の中国」に負ける「民生支援の日本」

【ジブチ=機動特派員・牧野愛博】昨年秋、日本政府は東アフリカのジブチと接触した。日本側は事前に国際協力機構(JICA)を通じて港湾の改修などへの無償資金援助を打診していた。

ジブチと日本は、自衛隊の海賊対処活動を契機に急接近。ジブチは拠点用地を提供し、日本は2012年1月、現地に大使館を開設した。ジブチは資源に乏しく、後背地のエチオピアからの貨物を扱う港湾事業が主な収入源。日本側は、ジブチが支援を喜んで受けるだろうと考えていた。

ところが、ジブチ政府当局者の答えは予想外なものだった。「確かに港は重要だ。新たに四つの港を造る。だが、そのうち三つは中国がやってくれる。残る一つはカナダに頼んだ」

慌てた日本側が「リスクは分散させた方が良い」「人材育成はどうするのか」と食い下がると、「それはインドがやる」と返された。

海洋進出を国家戦略にする中国はずいぶん前から、アデン湾や紅海に臨むジブチに目をつけていた。外務省など政府施設の多くが中国の支援で建設された。11年夏、食糧難に見舞われたジブチが各国に支援を求めると、中国は他国より1桁多い量の食糧をジブチに送りつけ、各国の駐在大使をあきれさせたほどだった。

ジブチ政府関係者の一人は「日本との関係は重要だ」と語る一方、「中国も大切な友人だ」と付け加えるのを忘れなかった。

アンゴラとの間で日本は08年、大西洋に面したロビト港改修を巡る無償支援で合意したが、その後、アンゴラから突然合意を破棄された。アンゴラ側は破棄の理由を日本側に説明していないが、ロビト港の改修は現在、中国の支援で実施されている。

タンザニアでも数年前、日本がバガモヨ港の建設を打診したところ、「中国にやってもらう」という理由で断られた。日本側が調べると、中国は「バガモヨを将来、深セン(センは土へんに川)のような経済特区にしてみせる」と売り込んだことがわかった。港と連結する道路や鉄道の敷設も提案したという。

タンザニアには現在、ナショナルスタジアム、防衛研究所、火力発電所など、中国の支援による建築物が林立している。

日本外務省幹部は「経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)が定めた厳格なルールに縛られた我々に比べ、非加盟の中国は自由な立場。そもそも戦う土俵が違う」と嘆く。

民生支援を中心に考える日本に対し、中国は為政者が喜ぶ官公庁や道路の建設に支援を集中する。「彼らのターゲットはその国の市民ではなく、中国の利益に直結する権力者だ」

安い材料と本国から連れてきた労働者による「低コスト支援」も魅力だ。別の外務省幹部は「同じ金で道路を造ると、日本が数キロのところ、中国は50キロは造る」。アフリカの政府の対応について「高性能のエレベーター1基を作るより、半分壊れても安価なものを5基作ってもらった方が良いという反応だ」とも語る。

アフリカでの日本と中国の立場の格差も開く一方だ。対アフリカの貿易輸出入額は中国の約1300億ドルに対し、日本は約250億ドルに過ぎない。対アフリカ投資額は約14億ドル対約5億ドル、在留自国民は約82万人対約8千人、大使館があるアフリカの国は49カ国対32カ国といった具合だ。すでに、日本には中国と正面から競い合う体力はない、と指摘する専門家もいる。

■インドや韓国とも競合

日本が懸念を深めるのは中国だけではない。インドや韓国、トルコなど新興国によるアフリカ進出も目立って増えている。それぞれがアフリカ支援のための枠組みを構築。「3年間で50億ドルの借款」(インド)、「08年から12年までに対アフリカODA(政府の途上国援助)を倍増」(韓国)、「サハラ砂漠以南の地域に15の大使館を新設」(トルコ)など、競い合っている。

対アフリカ貿易輸出入総額でみると、韓国約140億ドル、トルコ約200億ドル、インド約340億ドルと、日本と競う水準にまで達している。

それでも、日本政府関係者は「民間企業は今後10年で、アフリカが魅力的な市場になるとみている。将来、民間企業がアフリカに進出しやすい環境を作りたい」と力説する。

日本は6月1〜3日、横浜で開催する第5回アフリカ開発会議(TICAD5)を足場に、企業が輸出入に使う港湾設備、人材育成などの分野で、何とか反転攻勢に出たい考えだ。



 
 
>TOP

Mozambique: French Catering Company Lands Vale Contract

Agencia de Informacao de Mocambique

27 MAY 2013

French catering company CIS announced on 16 May that it has signed a $50 million contact with the Brazilian mining giant Vale to provide services in northern Mozambique.

The three year contract includes the construction a kitchen and restaurant with seating for six hundred people at Nacala-a-Velha in the northern province of Nampula. It is here that Vale is creating a new port terminal to export the huge amounts of coal that the company is mining in its concession in western Mozambique.

Vale is building a new railway line to transport the coal from the Moatize coal basin in Tete province and CIS will also be providing catering services at Nacala-a-Velha and at two points along this new line.

CIS will be catering for between 3,500 and 5,500 people daily and will also be doing the laundry for 730 residents at Vale's base camp at Nacala-a-Velha.

The industrial zone at Nacala-a-Velha and the Nacala Development Corridor have the potential to turn northern Mozambique into one of the most developed regions in the country and perhaps even in the Southern African Development Community (SADC).



 
 
>TOP

アフリカの成長をとりこめ “チームジャパン”の新戦略

NHK 2013年5月30日(木)放送

モザンビークに食糧基地を

先月(4月)、アフリカのモザンビークから農業大臣が来日しました。

「おいしいです。」

「これ全部大豆で作ってるんですよ。」

食用の大豆をモザンビークで栽培したいと訴えているのは、日本の大豆加工メーカー。

大豆加工メーカー
「モザンビークで収穫された大豆を原料に、(日本で)提供したい。」

モザンビーク パシェコ農業相
「ええ、ぜひモザンビークでお願いします。」

世界では、大豆の需要が10年間で3割以上も急増。
新たな産地として、広大な農地が広がるアフリカが注目されているのです。
日本政府は4年前モザンビーク政府の要請を受けて、北部を穀倉地帯に変える計画を打ち出しました。

日本企業がここで、大豆などを生産しようとしています。
港や幹線道路を整備し、日本へ輸出する計画です。
石炭や天然ガスなどの資源も豊富で、エネルギーから食糧まで得ようとしています。

先週、日本の商社や大豆加工メーカーの人たちがモザンビークを訪れました。
天野敏也さんです。
大手商社で長年、大豆の輸入を手がけてきました。
出迎えたのは現地のJICA=国際協力機構の宮崎明博さん。
大豆プロジェクトの日本政府側の責任者です。
去年(2012年)からJICAの農業専門家たちが中心となって、日本向けの大豆の試験栽培を始めています。
日本の消費者に好まれるのはどの大豆か。
プロジェクトに参加する15の企業が、秋ごろまでに品種を絞り込む予定です。

伊藤忠商事 天野敏也さん
「北米の大豆と比べて、全く見劣りしない。」

モザンビークでは今、イギリスやインドなどが大規模な農業経営に参入。
世界最大の大豆輸入国、中国も去年、農業支援センターを開設しました。

「ここでは野菜を育てています。
すべて中国から持ってきたものです。」

現金収入が得られる栽培方法を、農家の人たちに教えています。
収入がおよそ70倍に増えたという人もいます。

農家
「中国人への印象が変わって、彼らのことが好きになりました。」

“チームジャパン”で大豆を確保せよ

日本は、どのような戦略で大豆生産を始めるのか。
JICAの宮崎さんはスタッフを地元の農家に向かわせました。

JICA専門家
「どんな種類の大豆なら作りたいですか?」

農家
「どんな種類って言われてもね。」

モザンビークの農家は、ほとんどが家族経営の小さな農場を営んでいます。
彼らを味方につけるために考えたのが、日本政府と民間企業の役割分担です。
日本向けの大豆の栽培方法を農家に指導するのはJICAの役割です。
農家は自分の畑で大豆を栽培。
できた大豆を必ず買い取り、販売するのが商社の役割です。
農家は確実に利益を得られる仕組みです。

JICA専門家
「ノウハウを全部教えますから安心してください。」

農家
「畑の一部でなら植えてもいいですよ。」

商社の天野さんも交渉に乗り出しました。
農家を指導するリーダーに対し、まとまった量を作ってもらえるよう働きかけました。

伊藤忠商事 天野敏也さん
「農家とお互いに納得できる関係を築きましょう。」

地元の農業指導担当者
「確かにそのとおりです。」

伊藤忠商事 天野敏也さん
「よい豆を長い間作ってもらうのが大切ですからね。」

天野さんは、中国に対抗するためにも早く生産を始めたいと呼びかけました。

伊藤忠商事 天野敏也さん
「彼らもモザンビークは大豆の生産拠点として今後大きく開発するし、使いやすい種子を(農家に)早く持って行かないと本当に手遅れになってしまう。」

大豆加工メーカー
「試験とか帰国したらすぐに進めていきたい。」

日本政府側の責任者である宮崎さん。
この日、港を管轄する省庁の責任者と話し合いました。

JICAモザンビーク事務所 宮崎明博さん
「日本企業は大豆にかけているんです。」

北部の穀倉地帯につながる港は日本政府の援助で整備される予定です。
大豆を蓄える施設の建設など、日本の意向を反映させることができるのです。

「大豆の貯蔵庫なら、この辺りに建てることができます。」

JICAモザンビーク事務所 宮崎明博さん
「われわれもチーム日本の、いち営業マンだとは思いますよね。」

アフリカの成長を日本の成長に結び付けられるか。
政府と企業の連携がその鍵を握っています。

伊藤忠商事 天野敏也さん
「日本の伝統食品の原料を作りたい。
このモザンビークで作りたい。
このアフリカ市場に展開していくと、こういうことがこのオールジャパンでみんなが組んでいけばできると思ってます。」

“チームジャパン”でアフリカをねらえ

ゲスト平野克己さん(JETROアジア経済研究所 上席主任調査研究員)

●大豆をターゲットにした活動にはどんな意味があるのか

国内でもそうですが、アグリビジネスを作り出していくというのは、日本のチャレンジですね。
大豆というのは非常に重要な穀物で、これは油も取れますし、飼料にもなりますけれども、大豆を耕作の中に入れますと土壌の養分を引き上げてくれるんですよ。
これはブラジルなんかでも起こったことですけど、これで主食食物の生産性がどんどん上がっていくんですね。
大豆を生産すると、土壌が豊かになる。
豆類というのは空中の窒素を土壌に入れてくれる、それで栄養分が増えるわけです。
そうなるとモザンビークっていうのは、労働力の80%がまだ農村にいるんですけれども、実は食糧自給できてなくて、輸入してるんですよ。
これはモザンビークにとってみると、食糧自給化を図って、健全な経済発展の道筋を開いてくれるかもしれないという、期待がありますね。
日本にとってみると、日本の欠点だったアグリビジネスをここから始めていこうということもあります。
またVTRにもありましたけれど、日本はここでいろんな資源を開発しようとしてますが、こういった大きなプロジェクト間のシナジー効果で、資源を提供してくれる国を安定させて、それが日本にとってもプラスになるという、そういう非常にモデル的なプロジェクトが今、展開してるってことですね。

●安定したエネルギーの確保も期待できる?

そうです。
これは先進国、長年の課題ですけれども、資源を提供してくれる国は不安定な国が多いんですが、ぜひとも資源提供国には安定してほしいんですよね、政治的にも社会的にも。
ですからわれわれは、アフリカにぜひその安定した経済発展をしてほしいと、本当に願っているわけです。
その意味でいうと、資源を取るだけではなく、まさに農業プロジェクトを一緒に進めていくっていうのは、非常に望ましい形なんですよね。

●アフリカにおける中国と日本の関係

中国がアフリカに求めてるもの、それから日本がアフリカに求めているもの、これはニーズがちょっと違うんですね。
具体的に申しますと、中国はまず原油が欲しいんです。
それからベースメタルっていいましてね、鉄や銅、こういったものをアフリカで主に開発をしています。
日本のほうはまず天然ガスですね。
それからレアメタルっていいましてね、いわゆる先端産業に必要な資源、希少な金属ですね。
ですから今、日中がアフリカに取りにいってるものは違う、いってみると住み分けてる状態です。

●日本がアフリカ進出するときに必要な視点とは

これは日中もそうであるように、実は韓国も同じ状況なんですが、求めてるものは違うとはいえ、中国の巨大化によって、世界のものづくりの中心地である東アジアっていうのは資源が足りなくなってきてるんです。
日本も韓国も、これまで多くの資源を中国からの輸入に頼ってたんですね。
ところが中国が使いますんで、これがだんだんちょっと当てにできなくなってきたんですね。
ですから新たな供給地が必要です。
つまりアフリカという地域と東アジアという地域の関係がこれからどんどん深まっていく、もしかするとヨーロッパよりも深くなっていく。
その中で日本は一体どういう立ち位置を取るのが一番効率的なのかということを、考えなきゃいけないわけですね。

ナイジェリア 人材育成に挑む

高い経済成長で中間層が急増するアフリカ。
拡大する市場を狙って、生産拠点を設ける日本企業が増え始めています。
しかし、ものづくりの現場で直面する課題がありました。
人口1億6,000万、西アフリカのナイジェリアです。
バイクメーカーのホンダです。
一昨年(2011年)から、現地での生産を大幅に拡大しました。

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「ボルトは問題なし。」

工場長の高村誠夫さんです。
従業員200人を指導しています。

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「生産ラインを止めて。」

3年前着任した当時、従業員のものづくりへの姿勢にがく然としたといいます。

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「初めて組んだ車(オートバイ)はですね、後ろのタイヤがついていませんでした。
でも平気で(生産ラインに)流してきましたからね、タイヤがついていないのを。」

部品のつけ忘れを防ぐために、高村さんは工場の壁に写真を貼りました。
従業員たちに一つ一つ確認させたのです。

ホンダがナイジェリアで販売しているオートバイです。
バイクタクシー向けで、価格は5万円。
オートバイに客を乗せるバイクタクシーは、身近な交通手段として広く利用されています。

圧倒的なシェアを占めるのはインド製や中国製のオートバイ。
中国製のこのオートバイは部品が段ボールで届けられ、バイクショップで手作業で組み立てられます。
価格は、1台およそ4万円です。
これに対抗して、ホンダは品質のよさを売りに販売を伸ばそうとしています。
2つの生産ラインでどれだけミスを少なく組み立てられるか競わせることにしたのです。

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「配線を間違えていないか?」

従業員 「大丈夫です。」

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「今日生産したものが、どういう品質の状況で終わったか終わらないか。」

生産台数や不良品の数を従業員がホワイトボードに記入します。
この日の生産台数は199台。
合格率は95.5%でした。
3年前より30ポイント以上改善しました。
しかし、高村さんはさらに改善が必要だといいます。

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「頑張りましょう。」

ホンダ 現地法人 工場長 高村誠夫さん
「やっと今、このレベルまで達したのかなと。
ただこれが満足できるレベルではありませんけど、まだ。
まだ今からです。」

マダガスカル 住民とどう向き合うか

アフリカの豊富な資源。
その開発現場でも、日本企業が直面するリスクがあります。
アフリカ南東部の島国マダガスカル。
住友商事がカナダや韓国の企業と合弁で、ニッケルとコバルトの開発を進めています。

住友商事 ニッケル新金属事業部 参事 稲葉誠さん
「いい出来ですね。」

稲葉誠さんです。
8年前の開発当初から携わってきました。
アフリカの資源開発に伴う難しさを感じてきました。
マダガスカルでは、4年前クーデターが発生。
鉱山開発を推し進めた前政権が崩壊しました。
翌年、鉱山でデモが起きました。
施設の建設当初雇われた労働者の一部が、完成後も雇い続けるよう求めたのです。
国の失業保険の制度もなく、不満は直接、企業側に向けられました。
稲葉さんたちはデモや暴動を防ぐために、2万人に手当てを払うことにしました。

住友商事 ニッケル新金属事業部 参事 稲葉誠さん
「『そこまでやるの?』という気持ちも実はあって、次の仕事を彼らが見つけるまでの生活のサポートを出来ないかと。」

要求の内容はエスカレートしています。
この日、行われた住民との定期的な話し合い。
新たな要望が寄せられました。

「私たちは畜産業を始めたいんだ。
あなたたちにお金を出して欲しいんだ。」

「私たちもそんなに資金があるわけではありませんが、私たちも努力していきます。」

アフリカで労働者の不満や地域住民の要求にどう対応していくべきか。
試行錯誤が続いています。

アフリカ進出 住民とどう向き合うか

●進出した企業への要求について

これは大変なコストですよね、それだけ出ている国の行政力がないってことですよね。
その部分を誰かが補わなきゃいけないので、それを投資者、インベスターが補っているという姿ですね。
ただこれは単にコストというだけじゃなくて、リスク管理なんですよね。
つまりこういった問題をそのまま放置しますと、従業員の不満がたまって、それが最悪の場合テロ組織に利用されたりなんてことも、アフリカの場合ままありますから。
そういう意味でいうと、その不満が高まらないように、気持ちよく働いてもらうようにという環境を作っていくっていうのは、これはリスク管理の1つの手法でもあるわけです。
ずっと貧困に苦しんでいたという歴史がありますから、その生活をいかに保障するかというのが、大事な問題として捉えておくべきでしょうね。

●リスクを背負うにはチームジャパンの体制が必要?

そのとおりですね。
アフリカではメガプロジェクトといっていますが、ドルでいうとビリオン単位、10億ドル単位のプロジェクトが今、主体なんです。
ですから非常に大きな半分、公定機能になったようなプロジェクトがたくさん動いてましてね。
そういうところでは国連の開発機関とか、それから各国の開発機関がパートナーで入ってます。
まさに官民連携全盛ですね。

●6月1日からのアフリカ開発会議(=TICAD)に何を期待するか

これまでTICADが始まったときというのは、アフリカの開発について皆さんと一緒に話しましょうという会議だったんですね。
ところが今のTICADに期待されてるのは、日本が一体自分たちのことをどう捉えてるのかということをアフリカの人たちに分かってもらうってことが、重要だと私は考えているんですよ。
というのは、前回のTICADから今回、この5年間で、日本はいろんなことが起きましたね。
東日本大震災もありましたし、福島の問題もありました。
そういうことで日本の、例えば資源、安全保障や、それから食糧安全保障、それから東アジア情勢も、みんな不安定化してます。
そういう問題に日本は本気で取り組むのだと、その取り組む過程の中でアフリカとぜひ協力してやっていきたいんだと、われわれもまたアフリカを必要としているんだということを、強い意思として発信していくっていうことですね。
その発信力がきっとアフリカに届きます。
どれだけ本気度を伝えられるかというのが大事になりますね。
中国は極めて、そのことを何回も発信してきましたから、そういったその努力を日本もこれからは続けていきたい。
その大きな場としてTICADをぜひ活用していただきたいと思いますね。

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3356_all.html



 
 
>TOP

新日鉄住金会長、モザンビーク大統領にインフラ整備協力要請

nikkei.com

2013/5/31 19:12

新日鉄住金の宗岡正二会長兼最高経営責任者(CEO)は31日、第5回「アフリカ開発会議(TICAD)」への参加で来日したモザンビークのゲブザ大統領と横浜市内で会談した。新日鉄住金は同国北部の炭鉱開発プロジェクトに出資している。

新日鉄住金によると宗岡会長は石炭出荷に使うインフラ整備への協力を要請。ゲブザ大統領は石炭出荷ルートに想定されている同国北部の鉄道整備について「遅延なく進めるとともに関係者間のコミュニケーションを一層深めたい」と述べた。



 
 
>TOP

Mozambique farmers seek halt to aid project

The Japan Times

MAY 31, 2013

KYODO

YOKOHAMA - Farmers in Mozambique are calling on the governments of Japan, Brazil and Mozambique to halt a project aimed at supporting agricultural development there, saying it will result in land grabs.

Members of the National Peasants Union, known as UNAC, which represents peasants across Mozambique, and representatives of international nongovernmental organizations issued an open letter Wednesday that the ProSavana program is designed to facilitate foreign investment and will jeopardize the local production system based on family-run agriculture.

Japan and Brazil agreed in 2009 to develop a vast area of savanna in northern Mozambique, encompassing more than 10 million hectares in three provinces. They planned to make use of their experience in developing Brazil’s Cerrado savanna area for farming.

When the United States banned soybean exports in the 1970s, Japan helped Brazil, both financially and technologically, develop the Cerrado for agriculture in a bid to stabilize the supply of soybeans. As a result, Brazil joined the U.S. as a major soybean exporter.

Under the joint aid program for Mozambique, Japan plans to spend \2.37 billion in official development assistance.

However, the open letter says there had been no fair opportunities for Mozambique’s small farmers to participate in the consultation process, and claims part of the project has already been implemented without conducting a required environmental impact assessment.

“We are extremely frustrated that the ProSavana program is not designed for the weak,” UNAC President Augusto Mafigo said at a news conference in Yokohama. “It is designed for facilitating companies to acquire land. If that really happens, that would destroy our community.”

Yuho Hayakawa, director of the media division of the Japan International Cooperation Agency, which is involved in the project, said the possibility can’t be denied that more large-scale farming will be introduced to Mozambique through the project.

But he said the project is aimed at improving the agricultural skills of local farmers to boost their standard of living, and will benefit them.

“We are not planning to cancel the project immediately, but we will consult with the parties concerned and think about how we can reflect their opinions,” Hayakawa said.

Representatives of UNAC visited Japan in February to discuss the project with government officials. They are in Japan this week ahead of the fifth Tokyo International Conference on African Development, a three-day conference starting Saturday.

According to JICA, Mozambique has achieved economic growth of around 6 to 7 percent over the past few years. In 2012, its economy grew 7.4 percent.

The Japan Times: Mozambique farmers seek halt to aid project

Kyodonews: Mozambique farmers seek halt to aid project



 
 
>TOP

Mozambique seeks additional funding for ProSavana project

macauhub

MAY 31ST, 2013

The Mozambican government plans to secure additional funding for the ProSavana programme, due to be carried out in the provinces of Nampula, Niassa and Zambezia, with financing and technical support from Japan and Brazil, the Minister for Agriculture said in Yokohama.

With a view to reproducing in Mozambique Brazil’s success in transforming its “cerrado” region into arable land, ProSavana is expected to have a direct effect on 4 million Mozambicans living along the area of the Nacala Corridor.

Minister Jose Pacheco said that Japan had already provided US$38 million to fund research, extension and drawing up of the ProSavana master plan.

“These resources will also make it possible to set up laboratories in the northern region to support agriculture, mainly for soil analysis, and to evaluate diseases in different crops and animals,” said the minister, who added that most of the funding depended on conclusion of the master plan.

Pacheco, who is in Japan as part of Mozambique’s official delegation to the 5th Tokyo International Conference on African Development (TICAD V), said that Japan was, with US$11 million, the main contributor to the investment plan for the Mozambican agricultural sector as a whole.

“With the conclusion of the ProSavana master plan we hope there will be a consignment of specific resources for development of the Nacala Corridor,” the Mozambican Agriculture Minister said.

Meanwhile, members of the National Union of Rural Workers and representatives of non-governmental organisations Wednesday in Yokohama published an open letter in which they argue that the ProSavana programme is intended to drive foreign investment in Mozambique and will put family-based agriculture at risk.

The document said that the rural workers have been sidelined in the process and that part of ProSavana is already underway without the required environmental impact studies being carried out. (macauhub)

Mozambique seeks additional funding for ProSavana project



 
 
>TOP

モザンビークと投資協定=ガーナなど3カ国とも交渉入り

時事ドットコム

安倍晋三首相は31日、モザンビークのゲブザ大統領と会談し、両国間の投資協定の締結で合意した。協定への署名を経た上で、双方で国内手続きを進め、早期の発効を目指す。

石炭や天然ガスなどの天然資源に恵まれるモザンビークには、日本企業が強い関心を寄せている。大手商社や鉄鋼大手などは既に資源開発プロジェクトに着手しており、政府は投資協定の締結により、ビジネス環境の改善を図る。

政府は30日、タンザニアと投資協定締結に向けた予備協議を開始することで合意。31日にはガーナと投資協定の正式交渉開始で合意したほか、ケニアとも6月1日に交渉入りを決める見通し。(2013/05/31-20:13)



 
 
>TOP

政府、アフリカ投資基金を倍増…5000億円に

政府は、日本企業のアフリカ進出を支援するため、国際協力銀行(JBIC)の「アフリカ投資倍増支援基金」を通じた金融支援を今後5年間で50億ドル(約5000億円)に倍増させる方針を固めた。

安倍首相が6月1日に横浜で開幕する第5回アフリカ開発会議(TICAD5)で表明する。

基金はアフリカで社会基盤整備などの事業展開を図る日本企業に出資や融資などを行うもので、2008年の前回会議で創設が決まった。08〜13年までの5年間で25億ドル規模の数値目標を掲げ、これまでに南アフリカの送電施設整備などを支援し、目標を達成した。アフリカは政情不安などの影響があり、開発が立ち遅れている国々が多い。日本企業が投資先として関心を強めていることを踏まえ、目標値を引き上げることにした。今後、基金の活用が想定される事業としては、〈1〉モザンビーク沖の天然ガス田開発〈2〉モザンビークの炭田開発〈3〉ケニアの地熱発電所施設整備−−などがある。

(2013年5月31日09時59分 読売新聞)



 
 
>TOP

「飢餓を考えるヒント No.5 食べものの危機を考える」発刊

AJF/HFW/JVC/PRIME

目次
第1章 つながりが見えるマーケット?
1 南アフリカから見た「マーケット」の課題と可能性 渡辺直子
2 西アフリカ・ブルキナファソの食料不安 岡本俊樹
3 農業大国ブラジルの光と影 印鑰智哉
4 モザンビーク北部での農業開発プログラム 舩田クラーセンさやか
5 日本の農業の現状と新しい取り組み 大江正章
6 つながりが見える「マーケット」とは 小口広太
第2章 安心して食べるために

必要な方は、AJF(info@ajf.gr.jp)、HFW(mamada@hungerfree.net)、JVC(nabekama@ngo-jvc.net)のいずれかへ連絡下さい。送料実費で送ります。



 
 
>TOP

森元首相「アフリカ問題だけは努力」

時事ドットコム

「議員を辞めたので田舎に帰って引退しようと思ったが、アフリカの問題だけは一生懸命努力していきたい」。第5回アフリカ開発会議(TICAD5)で議長代理として議事進行役を担う森喜朗元首相は1日の全体会合の冒頭、アフリカに懸ける思いをアピールした。

森氏は衆院議員在職中に日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟会長を務め、アフリカ問題への関心が強い。2008年の第4回会議でも議長代理を務め、03年の第3回は首相退任後だったが議長を担った。国会議員を辞めた今回も「大役」を任されたことに関し、森氏は「大変光栄だ」と語った。モザンビークのゲブザ大統領は席上、森氏について「極めて豊富な知識をお持ちの、アフリカの良き友人だ」と持ち上げた。 (2013/06/01-12:41)



 
 
>TOP

投資規制緩和、アフリカ各国に要望相次ぐ 開発会議

nikkei.com

2013/6/1 20:05

1日からのアフリカ開発会議では、日本企業のアフリカ投資に向け投資規制の緩和をアフリカ各国に求める声が官民から相次いだ。

民間投資に関する会合に出席した安倍晋三首相は「日本企業がアフリカに求めていることは明確だ。それは自由で安全なビジネス環境だ」と発言。「対アフリカ・ビジネス促進のための日本からのメッセージ」と題した紙をアフリカからの参加国に配り、治安対策や知的財産保護を進めるよう求めた。

同会合に参加した三菱商事の小島順彦会長も、日本企業が外貨を送金する際の規制の緩和が必要と強調。日本郵船の宮原耕治会長は「アフリカ各国が(自らの発展に)必要な機材の輸入に高関税が課される。通関手続きが遅延するといった事例も多数報告されている」と苦言を呈した。

安倍首相はこの日、アフリカ9カ国の首脳級と相次いで会談。岸田文雄外相はモザンビークの企画開発大臣と2国間投資協定に署名した。アフリカの国と投資協定を結ぶのは1978年のエジプト以来、35年ぶり。ケニアのルト副大統領とは2国間投資協定の交渉開始に向けた予備協議を始めることを確認した。



 
 
>TOP

ウォール・ストリート・ジャーナル 2013年 6月 02日 17:00 JST 更新

小規模農家は不安=日本の支援に注文―モザンビーク

日本がブラジルと手を組み農業開発を進めているアフリカ南部モザンビークから農民団体の代表が来日し、第5回アフリカ開発会議(TICAD5)開催中の横浜市で2日、「小さな農家の不安は強い」と日本の支援に注文を付けた。大規模農業開発で土地が取り上げられるのを恐れている。

シンポジウム「食料をめぐる世界の動きとアフリカの食料安全保障」(オックスファム・ジャパン、日本国際ボランティアセンターなど共催)で語った。自らも家族で畑を耕す小規模農家というモザンビーク全国農民連盟(UNAC)のマフィゴ代表は「アグリビジネス(農業の事業化)も資源開発も一緒だ。農民が大々的に土地を取り上げられることを過去の経験から知っている」と述べ、小規模農家の意見を聞くよう訴えた。 

[時事通信社]

小規模農家は不安=日本の支援に注文− モザンビーク



 
 
>TOP

モザンビーク大統領「日本企業の投資に期待」

nikkei.com

2013/6/2 15:18

第5回アフリカ開発会議(TICAD)が開催中の横浜市で2日、日本企業のアフリカ投資をテーマにしたセミナーが開かれ、来日したアフリカ主要国の首脳らが日本企業関係者と意見交換を行った。基調講演を行ったモザンビークのアルマンド・ゲブーザ大統領は「政治制度の透明性確保やガバナンス向上、リスク低減に取り組んでいる。アフリカの投資機会は大きく日本企業の進出に期待している」と語った。

セミナーは社団法人のアフリカ開発協会(東京・千代田)が主催した。ゲブーザ大統領は「モザンビーク国内を走るクルマの7割以上は日本車だ」と述べ経済分野での日本との結びつきの強さを強調。また「天然ガスや金などの天然資源が豊富で、これらの分野でも日本企業と連携できる」とした。

モロッコのモハメド・ナジブ・ブリーフ総務政務担当相は同国が欧州とアフリカの結節点にあり、多くの国と自由貿易協定を結んでいることを指摘した上で、「モロッコを通じて10億人の消費者にアクセスできる」と輸出拠点としての存在感をアピールした。

セネガル投資庁のディエヌ・ファルバ・サール長官は特に重要な分野として農業を挙げ「特別開発地区の設定や、土地利用の規制緩和を進めている」と投資環境整備への努力を強調した。

セミナーに参加した日本企業の関係者からは、汚職の根絶や、現地進出を検討する中小企業への情報提供の充実を要望する声が上がり、各国政府関係者は改善努力を約束した。



 
 
>TOP

Mozambique, Japan Sign Historic Agreement

Bernama

YOKOHAMA (Japan), June 3 (Bernama) -- Mozambique and Japan on Saturday in the Japanese city of Yokohama signed a bilateral agreement for the protection of investments -- the first agreement of its type that Japan has entered into in sub Saharan Africa.

The agreement was signed by Mozambique's Minister of Planning and Development, Aiuba Cuereneia, and Japan's Foreign Minister, Fumio Kishida, Mozambican news agency, AIM, reported.

The signing took place on the margins of the fifth Tokyo International Conference on African Development (TICAD).

According to Aiuba Cuereneia, the agreement has a particular significance as it coincides with the celebrations of the fiftieth anniversary of the African Union (which began life as the Organisation of African Unity in 1963) and the twentieth anniversary of the first TICAD meeting.

The Minister stated, "this agreement will stimulate the flow of Japanese investment to various sectors of the Mozambican economy. It will help with the development of infrastructure, expansion of agriculture and agro-industry, and the transfer of technology, and will contribute to us achieving the goal of an economic growth rate of above eight per cent over the next five to ten years".

He explained that the increase in cooperation between the two countries facilitated the design of ProSavana, a project to transform agricultural production in an area of about ten million hectares in the Nacala corridor in northern Mozambique.

Linked to this project are other examples of Japanese cooperation, which include the expansion of the port of Nacala in the Nacala Special Economic Zone and the rehabilitation of the highways between Montepuez and Lichinga and Nampula and Mandimba.

The Japanese Foreign Minister explained that the accord was conceived during the bilateral summit held between the two countries in February last year.

He added that "this is the first investment agreement that Japan has signed with a sub Saharan African country".

The Minister pointed out that "Mozambique possesses the world's largest reserves of natural gas and the biggest reserves of coking coal in Africa".

Fumio Kishida stated that there are many Japanese businesses waiting for the signing of this agreement which "comprehensively details the liberalisation, promotion and protection of investments".

He pointed out that the TICAD meeting currently taking place in Yokohama is highlighting the fact that promoting private sector investment in Africa is one of the Japanese government's priorities, and added "we hope that the agreement signed with Mozambique can further this aim".

In an interview with AIM, the Director General of Mozambique's Centre for Investment Promotion (CPI), Lourenco Sambo, stressed the importance of the accord.

Sambo explained that, in general, investors are wary of working in a country that does not guarantee to protect those investments. He added that the agreement is a very positive sign that there will be an increased flow of Japanese investment to Mozambique.



 
 
>TOP

日本政府と衝突も=NGOが総括会見−アフリカ開発会議

時事ドットコム

第5回アフリカ開発会議(TICAD5)の閉幕を受け、モザンビーク全国農民連盟(UNAC)で国際協力を担当するビセンテ・アドリアーノ氏が3日、日本政府の支援に絡みモザンビーク北部では農民が企業の犠牲にされていると指摘、「このままでは日本政府と衝突してしまう」と強い危機感を表明した。TICAD5を総括するため、横浜市で行われたアフリカや日本のNGO・各種団体による共同記者会見で明らかにした。

モザンビークでは日本政府がブラジル政府と共同で農業開発支援に取り組もうとしており、これを見込んだブラジル企業が、現地で小規模農家の農地を奪っているという。(2013/06/03-17:42)



 
 
>TOP

モザンビーク大統領、対日EPA「前向きな検討必要」

nikkei.com

2013/6/3 1:30

第5回アフリカ開発会議(TICAD)に出席中のゲブザ・モザンビーク大統領は2日、日本経済新聞とのインタビューで、アフリカ15カ国でつくる南部アフリカ開発共同体(SADC)と、日本が経済連携協定(EPA)を結ぶ構想について「とても興味深い。前向きに検討する必要がある」と述べた。主なやりとりは次の通り。

−−経団連は、モザンビークや南アフリカなどで構成するSADCと日本のEPA交渉の検討を求めています。

「交渉できる問題だ。少なくともSADCが否定的に受け止めるとは思わない。日本政府に関心があれば話し合える」

−−新日鉄住金が出資する炭鉱開発プロジェクトの現状は。

「物流の問題があるが、いまは石炭を港湾まで運ぶための鉄道整備の初期段階にある」

−−三井物産が参加する液化天然ガス(LNG)開発は。

「天然ガスを輸送し、液化する場所を選定中だ。2018年までの生産開始を期待している」

−−安倍晋三首相は3兆2千億円のアフリカ支援を打ち出しました。

「(日本とアフリカの双方が)モノを売り買いする、よい市場を発展させるための友情を示してくれた。首相がアフリカを訪問すれば、我々の友情をもっと示せる」

−−中国の進出に警戒感はありますか。

「中国と一緒にやっている事業を肯定的にとらえている。我々は、日本と同じように中国と交渉したり議論したりしている」

−−次回のアフリカ開発会議はアフリカで開催すべきだとの声もあります。

「日本とアフリカの双方の事情に合わせる方が公平だろう。(5年に1度ではなく)もっと頻繁に首脳が会うべきだ」

(聞き手は経済部次長 瀬能繁)



 
 
>TOP

asahi.com 2013年06月04日

(特派員メモ)でこぼこ道に思う@モザンビーク・マプト

モザンビークを訪れた。首都マプトでのドライブは、青い空や海などの景色がとてもさわやかだ。

だが、街中を少し外れると、のどかな風景とは裏腹に、緊張を強いられるドライブになる。道があまりにでこぼこで、シートベルトを着用しても上下左右に揺れ、頭を天井にぶつけてしまいそうになるからだ。

取材の多くは農村地帯で、四輪駆動車でも穴の上を通るたびに、遊園地のアトラクションのように揺れた。耐えるために必死で体をこわばらせている私を見て、通訳兼助手のレネさんが笑いながら「これがアフリカンマッサージさ。リラックスしなよ」。揺れで眠ることもできなかったが、つられて笑顔になり、気持ちと体が楽になった。

地方都市のアスファルトの道ですら、小さな亀裂に雨水が入り込み直径30センチほどの穴が開く。レネさんに聞くと、材料が良質でないからだという。「日本ではありえないだろ? 経済が良くならないから直す金がないんだ」。皮肉めいたマッサージなんて言葉でなく、平らが当たり前の日はいつになるのか。そのために何ができるのか。



 
 
>TOP

アフリカへの民間投資促進で隔たり 国際ルール来年採択へ

日本農業新聞

2013/6/9

援助の対象から投資のパートナーへーー。3日、閉幕した第5回アフリカ開発会議(TICAD5)でアフリカへの民間投資の促進が打ち出された。ただ、モザンビークの小規模農家からは大規模な農地開発が農地収奪につながることを懸念する声も上がる。日本は、小農を含めた現地の人々にも利益がある国際的な投資ルール作りを積極的に働き掛けてきたが、現地の理解を得ながら農業投資を軌道に乗せるのは容易ではない。

・開発による農地収奪を懸念 小規模農家に利益を

「小規模農民はとても懸念を強めている」。TICAD5に関連して横浜市で2日、開かれたイベントで、モザンビークで2200の農民団体を束ねる全国農民連盟代表のアウグスト・マフィゴさんが訴えた。

マフィゴさんが懸念するのは、モザンビーク政府や日本政府、民間企業などが関わる「プロサバンナ事業」。モザンビーク北部の熱帯サバンナ地域を開発するもので、これに対して同農民連盟が、市民団体などと事業の緊急停止を求める公開書簡を安倍晋三首相らに送った。

外務省によると、同事業の対象は3州にまたがる広範な土地で、まずは現地の人々が食べるトウモロコシやキャッサバなどを作付けする予定だ。しかし、公開書簡では、農地を奪われることや、輸出のための農業のモノカルチャー(単一)化への懸念を強く表明。双方の溝は、埋まっていない。

現地の人々の土地の権利、食料安全保障に配慮した農業投資の在り方は世界的な食糧価格高騰をきっかけに議論されてきた。価格が高騰した2007、08年に海外投資が急増。各国が食料を確保しようと、投資の名の下で、途上国で農地収奪をしているとの批判が高まった。

こうした情勢の中、日本が国連食糧農業機関(FAO)などに働き掛け、10年に、(1)既存の土地の所有権を尊重する(2)投資先の食料安全保障を強化する(3)現地の人々に投資に関して説明する−−など7項目からなる「責任ある農業投資原則」が定められた。

外務省によると、今回のプロサバンナ事業もこの7原則を踏まえており、現地の農民との意見交換会も開いてきたが、土地収奪をめぐる隔たりは残ったままだ。モザンビークでは、石炭など資源開発の分野で現地の人々が強制移住させられた事例があるという。過去の植民地支配の経験が、影を落としている側面もあるとみられる。

FAOは昨年、途上国での農業投資の傾向と影響についての調査報告書をまとめた。大規模な農地を取得する開発については、小農の立ち退き、生計を立てる資源が入手できなくなるなどの負の影響がある一方、雇用創出以外の利点はないとまとめた。

来年秋に開かれるFAO食料安全保障理事会の会合で、責任ある農業投資原則を取り入れた新たな農業投資原則を採択し、国際ルールとして広める予定だ。

農業投資について2日、FAOなどが開いたTICADの関連イベントで、阿部俊子外務政務官は「被投資国、小農を含む現地の人々、投資家の3者の利益が重要」と強調。FAOのジョゼ・グラツィアーノ・ダ・シルバ事務局長は「食料安保理事会で協議し、新たな責任ある農業投資原則の採択に期待したい」と力説した。



 
 
>TOP

Mozambique: Agriculture Project Challenged

AfricaFocus

12 JUNE 2013

ANALYSIS

"We, the rural populations, families from the communities of the Nacala Corridor, religious organisations and Mozambican civil society, recognising the importance and urgency of combating poverty and promoting sustainable and sovereign development, believe it is timely and crucial to voice our concerns and proposals in relation to the ProSavana Programme.

... After several discussions at community level in the districts covered by this programme, with Mozambican Government authorities [and with representatives of Brazil and Japan], we find that there are many discrepancies and contradictions [confirming] defects in the programme design; irregularities in the alleged process of public consultation and participation; serious and imminent threat of usurpation of rural populations' lands and forced removal of communities from areas that they currently occupy." - Open letter to leaders of Mozambique, Brazil, and Japan, May 28, 2013

Like other critiques of the private-sector bias of recent international schemes for agricultural development in Africa, this statement does not contend that large private-sector enterprises should be totally excluded from agricultural development plans in Africa.

But it reflects a wide consensus among African and international civil society groups that plans primarily based on making life easier for large corporate interests will end up primarily benefiting those interests, with few gains and many likely damages for small farmers and the public interest.

This AfricaFocus Bulletin contains an open letter from Mozambican, Brazilian, and Japanese civil society groups addressed to the leaders of Mozambique, Brazil, and Japan, challenging the multinational Pro-Savana Programme in the Nacala corridor of northern Mozambique.

The Programme is being introduced without adequate consultation and environmental checks, they argue, and in its present form will do irreparable damage to the small farmers of the affected area. Meanwhile, the primary beneficiaries will be private-sector firms unchecked by accountability to the public interest.

Also included below is an excerpt from the Cooperation Agreement with Mozambique under the G8 New Alliance for Food Security and Nutrition, illustrating the policies being imposed as a condition for the "aid" and private sector investment.

Another AfricaFocus Bulletin released today and available on the web at http://www.africafocus.org/docs13/ag1306.php, contains contains a joint statement by African civil society groups, challenging the claim that the G8 New Alliance for Food Security and Nutrition that their programs benefit African farmers and food security.

In fact, as this statement and multiple reports document, the insistence on private-sector-led development, without adequate checks and policy direction by government and farmers themselves, is contributing to the dispossession of African farmers at the expense of both large and small private-sector firms from around the world.

That Bulletin also contains links to other recent critiques of the New Alliance and "development" projects of a similar nature.

Official background on the New Alliance programs, including texts of cooperation agreements signed with African countries, is available at http://www.feedthefuture.gov / direct URL: http://tinyurl.com/q95c5rc

For previous AfricaFocus Bulletins on agriculture issues, visit http://www.africafocus.org/agexp.php

Open Letter from Mozambican civil society organisations and movements to the presidents of Mozambique and Brazil and the Prime Minister of Japan

Maputo, May 28, 2013

His Excellency the President of the Republic of Mozambique, Armando Guebuza

Her Excellency the President of the Federative Republic of Brazil, Dilma Rousseff

His Excellency the Prime Minister of Japan, Shinzo Abe

Subject: Open Letter to Urgently Stop and Reflect on the ProSavana Programme

Excellencies;

The Government of the Republic of Mozambique, in partnership with the Governments of the Federative Republic of Brazil and Japan, officially launched the ProSavana Programme in April 2011.

The programme is the result of a trilateral partnership of the three governments with the purpose of, purportedly, promoting the development of agriculture in the tropical savannas of the Nacala Corridor in northern Mozambique.

Opposition to the ProSavana project in northern Mozambique is intensifying.

The entry and implementation strategy of ProSavana is based on, justifiably, the urgent need to fight poverty and the national and human imperative of promoting the economic, social and cultural development of our country.

Or at least, these have been the main arguments used by the Government of Mozambique to justify its option to pursue a policy of attracting Foreign Direct Investment (FDI) and the subsequent deployment of large investments in mining, hydrocarbons, monoculture tree plantations and agribusiness for the production of commodities.

We, the rural populations, families from the communities of the Nacala Corridor, religious organisations and Mozambican civil society, recognising the importance and urgency of combating poverty and promoting sustainable and sovereign development, believe it is timely and crucial to voice our concerns and proposals in relation to the ProSavana Programme.

The ProSavana Programme is already being implemented through its 'Quick Impact Projects' component, without the Environmental Impact Assessment Study ever having been carried out, publicly discussed and approved, one of the main and essential requirements of Mozambican legislation for the implementation of projects of this size, normally classified as Category A.

The breadth and grandeur of the ProSavana Programme contrast with the failure of the law and the total absence of a deep, broad, transparent and democratic public debate, preventing us, (small-scale farmers, families and the population), in this way, from exercising our constitutional right of access to information, consultation, participation and informed consent on a matter of great social, economic and environmental relevance with direct impact on our lives.

However, since September 2012, we have been conducting an extensive debate and wide-reaching meetings with various sectors of Mozambican society.

According to the latest documents we had access to, the ProSavana Programme is a mega partnership between the Governments of Mozambique, Brazil and Japan, which will cover an estimated area of 14.5 million hectares of land in 19 districts of the provinces of Niassa, Nampula and Zambezia, allegedly intended for the development of large-scale agriculture in tropical savannas, located along the Nacala Development Corridor.

After several discussions at community level in the districts covered by this programme, with Mozambican Government authorities, diplomatic missions of Brazil and Japan and their international cooperation agencies (Brazilian Cooperation Agency-ABC, and the International Cooperation Agency of Japan-JICA), we find that there are many discrepancies and contradictions in the sparse information and documents available, which are indications and evidence to confirm the existence of defects in the programme design; irregularities in the alleged process of public consultation and participation; serious and imminent threat of usurpation of rural populations' lands and forced removal of communities from areas that they currently occupy.

President of Mozambique, President of Brazil and Prime Minister of Japan, international cooperation must be anchored on the basis of the interests and aspirations of people to build a world of greater justice and solidarity.

However, the ProSavana Programme does not abide by these principles and those driving it do not propose, much less show themselves to be available to discuss in an open manner, the substantive issues associated with the development of agriculture in our country.

President Armando Guebuza, we would like to recall that Your Excellency, along with millions of Mozambicans, men and women, sacrificed much of your youth, fighting to liberate the people and the land from colonial oppression.

Since those hard times, rural populations, with their feet firmly on the ground, took it upon themselves to produce food for the Mozambican nation, raising the country from the rubble of war to building an independent and just society characterised by solidarity, where everyone could feel that they are the children of this liberated land.

President Guebuza, more than 80% of the Mozambican population depends on family farming for its livelihood, accounting for the production of more than 90% of the country's food.

ProSavana is a tool for creating optimal conditions for multinational corporations to enter the country, which will inevitably rob rural families of their autonomy and disrupt the small-scale food production systems, which could cause the emergence of landless families and increased food insecurity, i.e., the loss of the greatest achievements of our National Independence.

President Dilma Rousseff, solidarity between the peoples of Mozambique and Brazil comes from the difficult times of the national liberation struggle, through national reconstruction during and after the 16 years of war that Mozambique went through.

More than anyone, President Dilma you suffered oppression and were a victim of the military dictatorship in Brazil and knows the price of freedom. Currently, two-thirds of the food consumed in Brazil is produced by rural populations and not by the corporations that the Brazilian Government is exporting to Mozambique through ProSavana.

President Dilma Rousseff, how is it justified that the Brazilian Government does not give priority to the Food Acquisition Programme in Mozambique, which we rural populations support and encourage?

Paradoxically, all financial, material and human resources at various levels are allocated to agribusiness development promoted by ProSavana.

How is it that international cooperation between Brazil, Mozambique and Japan, which should promote solidarity among peoples, is converted into an instrument to facilitate obscure commercial transactions and promote the grabbing of community land, which we use in the age-old manner to produce food for the Mozambican nation and beyond?

Prime Minister Shinzo Abe, Japan, through JICA, for decades contributed to the development of agriculture and other sectors in our country.

We repudiate the current policy of the Japanese Government's cooperation with Mozambique in the agrarian sector. More than the investment in mega infrastructure in the Nacala Corridor to allow the outflow of agricultural commodities through the port of Nacala, as well as financial and human support to ProSavana, it is our understanding that the Japanese venture should focus on small-scale agriculture, the only one capable of producing adequate food in the quantities needed for the Mozambican population, as well as promoting sustainable and inclusive development.

Esteemed representatives of the people of Mozambique, Brazil and Japan, we live a phase in history marked by growing demand by and expansion of large financial groups and multinational corporations through appropriation and control of natural resources globally, transforming these into commodities and claiming these as a business opportunities.

Excellencies, on the strength of the facts presented, we rural populations of Mozambique, families from the rural communities of the Nacala Corridor, religious organisations and civil society, denounce and repudiate as a matter of urgency:

The manipulation of information and intimidation of communities and civil society organisations who oppose ProSavana by presenting sustainable alternatives for the agricultural sector;

The imminent process of usurpation of the land of local communities by Brazilian, Japanese and local corporations, as well as those of other nations;

ProSavana is based on increasing production and productivity based on export monocultures (maize, soybean, cassava, cotton, sugar cane, etc.), which aims to integrate rural populations in the production process exclusively controlled by multinational corporations and multilateral financial institutions, destroying family farming systems;

The importation into Mozambique of the built-in contradictions of the development model of Brazilian agriculture.

Despite the accusations presented above, we rural populations of Mozambique, families from the rural communities of the Nacala Corridor, religious organisations and civil society, request and demand urgent intervention of Your Excellencies, President of Mozambique, President of Brazil and Prime Minister of Japan, as the legitimate representatives of your people, in order to urgently halt the intervention logic of the ProSavana Programme, which will have irreversible negative impacts for rural households such as:

The emergence of landless families and communities in Mozambique as a result of the processes of land expropriations and consequent resettlement;

Frequent upheavals and socio-environmental conflicts in communities along the Nacala Corridor, and beyond;

Worsening and deepening poverty among families of rural communities and reduced alternatives for livelihoods and existence;

Destruction of the production systems of rural families and consequently food insecurity; Increased corruption and conflicts of interest;

Pollution of ecosystems, soil and water resources as a result of excessive and uncontrolled use of pesticides, chemical fertilisers and other toxic substances;

Ecological imbalance as a result of extensive clearing of forests to make way for agribusiness mega projects.

Thus, we small-scale farmers, families from the communities of the Nacala Corridor, religious organisations and national civil society signatories to this Open Letter, publicly express our indignation and outrage at the way the ProSavana Programme has been designed and is being implemented on our lands and the communities of our country.

We advocate for the development of agriculture based on production systems, rather than products, i.e., the nondestruction of the family method of production, which over and above economic issues also incorporates specifically the way of occupation of geographic spaces, the social and anthropological dimension that has proved very sustainable throughout the history of mankind.

The social movements and organisations signatories to this Open Letter turn to Your Excellencies, President Armando Guebuza, President Dilma Rousseff and Prime Minister Shinzo Abe, in your capacity as Heads of Government and State and legitimate representatives of the peoples of Mozambique, Brazil and Japan to see to it:

That all necessary measures are taken to immediately suspend all activities and projects under way in the tropical savannas of the Nacala Development Corridor within the scope of the implementation of the ProSavana Programme;

That the Government of Mozambique see to it that an inclusive and democratic mechanism is set up for the creation of an official broad dialogue with all sectors of Mozambican society, particularly small-scale farmers, rural people, Corridor communities, religious organisations and civil society with the aim of defining their real needs, aspirations and priorities in the national development matrix and agenda;

That all human, material and financial resources allocated to the ProSavana Programme be reallocated to efforts to define and implement a National Plan for the Support of Sustainable Family Farming (the family system), advocated for more than two decades by rural families throughout the Republic of Mozambique with the aim of supporting and guaranteeing food sovereignty for the more than 16 million Mozambicans for whom agriculture is the main means of livelihood;

That the Mozambican Government prioritise food sovereignty, conservation agriculture and agro-ecology as the only sustainable solutions for reducing hunger and promoting proper nutrition;

That the Mozambican Government adopt policies for the agricultural sector focused on support for small-scale agriculture, whose priorities are based on access to rural credit, farming extension services, irrigation, giving value to native seeds that are resistant to climate change, rural infrastructure linked to the creation of productive capacity and policies that support and promote the commercialisation of rural production.

Finally and according to the statement above, we, Mozambican small-scale farmers, families from the rural communities of the Nacala Corridor, religious organisations and civil society, demand cooperation among countries based on the genuine interests and aspirations of the people, a cooperation that serves the promotion of a more just and caring society.

We dream of a better and viable Mozambique, where all Mozambicans men and women can feel that they are the children of this land, united and engaged in the construction of a state whose sovereignty comes from and resides in the people.

Maputo, on this, the 28th day of May, 2013

Media Contacts:

Jeremias Filipe Vunjanhe +258 823 911 238 jfvunjanhe@gmail.com

Alexandre Silva Dunduro +258 828 686 690 dunduroalexandre@hotmail.com / adecru2007@gmail.com

Muagerere +258 82 60 64 26 / Fax:262863 AMuagerene@scipnampula.org

Signatory Mozambican organisations/ social movements:

Accao Academica para o Desenvolvimento das Comunidades Rurais (ADECRU)

Associacao de Apoio e Assistencia Juridica as Comunidades (AAAJC) -Tete

Associacao Nacional de Extensao Rural (AENA)

Associacao de Cooperacao para o Desenvolvimento (ACOORD)

AKILIZETHO-Nampula

Caritas Diocesana de Lichinga-Niassa

Conselho Cristao de Mocambique (CCM)- Niassa

ESTAMOS - Organizacao Comunitaria

FACILIDADE-Nampula

Justica Ambiental/Friends of The Earth Mozambique

Forum Mulher

Forum das Organizacaes Nao Governamentais do Niassa (FONAGNI)

Forum Terra-Nampula

Forum das Organizacaes Nao Governamentais de Gaza (FONG)

Kulima

Liga Mocambicana de Direitos Humanos-LDH

Livaningo

Organizacao para Desenvolvimento Sustentavel (OLIPA- ODES)

Organizacao Rural de Ajuda Mutua (ORAM)-Delegacao de Nampula

Organizacao Rural de Ajuda Mutua (ORAM)-Delegacao de Lichinga-Niassa

Plataforma Provincial da Sociedade Civil de Nampula

Rede de Organizacaes para o Ambiente e Desenvolvimento Sustentavel (ROADS) Niassa

Uniao Nacional de Camponeses-UNAC

Signatory international organisations/social movements:

Alter Trade Japan Inc.- Japan

Amigos da Terra Brasil

Articulacao Nacional de Agroecologia (ANA) - Brasil

Associacao Brasileira de ONGs (Abong )

Association for the Taxation of Financial Transactions for the Aid of Citizens (ATTAC) - Japan

Africa Japan Forum (AJF) - Japan

Alternative People's Linkage in Asia (APLA) - Japan

Association of Support for People in West Africa (SUPA) - Japan

Central Unica dos Trabalhadores (CUT) - Brasil

Comissao Pastoral da Terra (CPT) - Brasil

Comissao Pastoral da Terra (MT) - Brasil

Confederacao Nacional de Trabalhadores de Agricultura (CONTAG) - Brasil

FASE - Solidariedade e Educacao - Brasil

Federacao dos Trabalhadores da Agricultura Familiar (FETRAF) - Brasil

Federacao dosEstudantes de Agronomia do Brasil (FEAB)

Forum Mato-grossense de Meio Ambiente e Desenvolvimento (FORMAD) - Brasil

Forum de Direitos Humanos e da Terra do Mato Grosso (FDHT- MT) - Brasil

Forum Brasileiro de Soberania e Seguranca alimentar e Nutricional (FBSSAN) - Brasil

Forum Mudancao Climaticas e Justica Social do Brasil

Forum de Lutas de Caceres - MT- Brasil

GRAIN International

Grupo Pesquisador em Educacao Ambiental, Comunicacao e Arte (GPEA/UFMT) - Brasil

Grupo raizes - Brasil

Instituto Politicas Alternativas para o Cone Sul (PACS) - Brasil

Instituto Brasileiro de Analises Sociais e Economicas (Ibase) - Brasil

Instituto Caracol (iC) - Brasil

Instituto de Estudos Socioeconomicos do Brasil (Inesc)

Japan International Volunteer Center (JVC) - Japan

Justica Global- Brasil

La Via Campesina- Regiao Africa 1

Movimento dos Trabalhadores Rurais Sem Terra- Brasil

Movimento Mundial pelas Florestas Tropicais (WRM) - Uruguai

Movimento de Mulheres Camponesas (MMC) - Brasil

Movimentos dos Pequenos Agricultores (MPA) - Brasil

Mozambique Kaihatsu wo Kangaeru Shiminno Kai - Japan

Network for Rural-Urban Cooperation - Japan

No-Pesticides Action Network in Tokyo(NPANT) - Japan

ODA Reform Network (ODA- Net) - Japan

Rede Brasileira Pela Integracao dos Povos (REBRIP)

Rede Axe Dudu- Brasil

Rede Mato-Grossense de Educacao Ambiental (REMTEA) - Brasil

Sociedade fe e vida-Brasil

Vida Brasil

Individual signatories: [see original document at http://www.grain.org/e/4738]

Excerpt from G8 Cooperation Framework to Support the "New Alliance for Food Security and Nutrition" in Mozambique

Available at http://tinyurl.com/q95c5rc The full cooperation framework also contains other policy commitments and listings of donor governments and Mozambican and international private-sector companies pledging their involvement.

Annex 1: Government of Mozambique Key Policy Commitments

I. Establish policies and regulations that promote competitive, private-sector agricultural input markets, especially for smallholder farmers.

Revise and Implement National Seed Policy, including:

Systematically cease distribution of free and unimproved seeds except for pre-identified staple crops in emergency situations.

Allow for private sector accreditation for inspection.

Implement approved regulations governing seed proprietary laws which promote private sector investment in seed production (basic and certified seed).

Revise and approve legislation regulating the production, trade, quality control and seed certification compliant with the Southern African Development Community (SADC) seed protocol requirements.

Develop and implement a national fertilizer regulatory and enforcement framework.

Assess and validate the National Fertilizer Strategy

Mozambique: Agriculture Project Challenged



 
 
>TOP

Mozambique: EU to Fund Three New Projects

Mozambique News Agency

17 JUNE 2013

The European Commission has announced that it will fund three new development projects in Mozambique which will provide 50,000 people with access to clean water; increase trade by improving an international transport corridor; and support the construction of two hospitals.

The European Union will provide 93 million euro (about $123 million) to fund the three projects.

The first project is to provide access to clean water and sanitation for 50,000 people, and work is due to begin before the end of the year. The project has a budget of 11 million euro, with the EU providing 9 million, the Mozambican government spending 1 million euro and UNICEF donating the remaining 1 million euro.

The second project is to improve 111km of national road and over 100km of rural roads. The aim of the 81 million euro project is to improve roads linking neighbouring Malawi with Mozambique's ports, supporting regional integration and increasing trade opportunities for several agricultural areas.

The third project, budgeted at 3 million euro, will finance the completion of the construction of Gile District Hospital in Zambezia province, and building work at the Manhica malaria research centre in Maputo province.

Between 2008 and 2013 the EU spent 746 million euro in Mozambique, focussing on rural development, transport infrastructure and regional economic integration, as well as support for the overall economy (macro-economic stability). It has also supported health, governance, energy, water and the private sector, as well as trade related assistance.

The EU estimates that its assistance to Mozambique over the last decade has resulted in 230,000 people receiving food security social transfers, 500,000 pupils attending primary school, 100,000 people receiving anti-retroviral combination therapy to treat HIV/AIDS, over a million people being connected to improved drinking water supply systems, and 1.8 million people being connected to sanitation facilities.

Mozambique: EU to Fund Three New Projects



 
 
>TOP

Mozambique: Badea to Finance Rural Electrification

Agencia de Informacao de Mocambique

17 JUNE 2013

The Arab Bank for Economic Development in Africa (BADEA) and the Mozambican government on 29 May in the Moroccan city of Marrakesh signed an agreement under which the bank will provide credit to finance a rural electrification project in the Mozambican provinces of Niassa and Zambezia.

According to the Mozambican Ministry of Finance, the $10 million credit will fund the construction of power transmission lines in the districts of Cuamba, Marrupa, Lugela and Mecula.

The project will cost a total of $55 million, and will also receive funding from the Saudi Fund ($15 million), Islamic Development Bank ($8 million), Kuwait Fund ($10 million), OPEC ($10 million) and the Mozambican government ($2 million).

Mozambique: Badea to Finance Rural Electrification



 
 
>TOP

Mozambique: Vale Renovates 576 Houses in Cateme

Agencia de Informacao de Mocambique

17 JUNE 2013

Vale-Mocambique, the local subsidiary of the Brazilian mining giant Vale, has made repairs to 576 out of the 716 houses in the resettlement area of Cateme which were shoddily built.

Cateme is the site where households were resettled away from the area where Vale is now mining coal in Moatize district, in the western province of Tete.

However, there have been serious complaints that the houses were badly built without proper foundations, causing large cracks to appear in the walls.

The poor quality led to demonstrations at the end of 2011 and the beginning of 2012. These led to the intervention of Mozambique's current Prime Minister, Alberto Vaquina, who was governor of Tete province at that time.

According to Vale-Mocambique's Director of Operations, Altiberto Brandao, "we thank all the families for their cooperation which made the work possible, and reaffirm our determination to bring this process to a successful conclusion with the help of all parties".

Vale has had to fix flooring, roof sheeting, wooden frames attacked by termites, drainage, and faulty electrical wiring. The company has also improved the water supply.

The company is now repairing houses in a second resettlement area, the 25th September neighbourhood in the town of Moatize. Last month work began on renovating 39 houses out of a total of 289 homes needing improvements. Building work in the neighbourhood is scheduled to end by March 2014.

All the repairs to the houses have been supervised by the provincial directorate of public works and housing.



 
 
>TOP

Mozambique: Japan Forgives U.S $83 Million of Debt

Agencia de Informacao de Mocambique

17 JUNE 2013

Mozambican Deputy Foreign Minister Eduardo Koloma on 14 June announced that the Japanese government has forgiven $83.81 million of debt owed by Mozambique.

Speaking in Maputo, Eduardo Koloma said "this debt forgiveness will mean that the Mozambican government can reallocate the savings to priority sectors".

According to Koloma, the Japanese government took the decision to forgive the debt in Yokohama, in Japan, during the fifth Tokyo International Conference on African Development (TICAD) which was held at the beginning of June.

The deputy minister was speaking at a ceremony during which the Japanese ambassador, Eiji Hashimoto, donated 3,805,000,000 yen (about $38.21 million) for the construction of bridges in the districts of Ile in the central province of Zambezia and Cuamba in the northern province of Niassa.

Building work for the thirteen bridges will begin in February 2014 and should be completed in 2016.

Koloma added out that "these bridges will raise the standard of living of our people".

He pointed out that during the TICAD conference Japan pledged to promote development in the areas of infrastructure, energy, trade, education, health, the environment, investment and training.

The deputy minister stated that his government is convinced that in the medium term, with the assistance of Japan, Mozambique can reduce social disparities and enhance its strategic role in the process of regional integration.

Ambassador Hashimoto commented that "these thirteen bridges will strongly contribute to the future economic prosperity in the region through improved access roads".



 
 
>TOP

Mozambique: New Date for Further Government - Renamo Talks

Agencia de Informacao de Mocambique

17 JUNE 2013

The Mozambican government announced on 14 June that it has set 1 July as the new date for a further round of dialogue with the opposition party Renamo.

Initially, the government delegation suggested 27 June, but Renamo said it was not available on that date. Its counter-proposal was 17 June, which was inconvenient for the government side.

The previous round took place on 10 June, and despite meeting for around 20 hours, until about 04.30 the following morning, the sides were deadlocked over the country's electoral legislation.

Renamo is trying to eliminate the amended laws that were passed in December, and wants to impose its own positions which were defeated in parliamentary votes.

The head of the government delegation, Agriculture Minister Jose Pacheco, made it clear that any change in the electoral law had to be made by the body which had passed it, the Assembly of the Republic. But the Renamo delegation, headed by senior parliamentarian Saimone Macuiana, claimed that the two delegations have a mandate to discuss this point and reach consensus on it.

Since consensus had proved impossible in over two years of discussions in a parliamentary commission, in meetings between the leaderships of the parliamentary groups of the political parties, and finally in the Assembly plenary, it is hard to see why any consensus should appear now.

Renamo insists on what it calls "parity" in the composition of the National Elections Commission (CNE) - it wants a CNE consisting exclusively of political party representatives, four from the ruling Frelimo Party, four from Renamo, four from the Mozambique Democratic Movement (MDM) and two from extra-parliamentary parties. In reality, such a formula would achieve, not "parity", but an opposition majority on the CNE.

The law as passed stipulates a CNE of 13 members - eight from the parliamentary parties (five appointed by Frelimo, two by Renamo and one by the MDM), three from civil society organizations, a judge appointed by the Higher Council of the Judicial Magistracy, and an attorney appointed by the Higher Council of the Public Prosecutor's Office.

The CNE is now operational, although Renamo is boycotting it and has not appointed its two members.

Renamo has announced a boycott of all elections until laws to its liking are passed. It has also threatened to disrupt the November municipal elections and the current voter registration. But the registration has been under way for almost a month and there have been no signs of any Renamo disruption.



 
 
>TOP

Mozambique: Sweden Cuts Support to Niassa Foundation

Agencia de Informacao de Mocambique

17 June 2013

The Swedish International Development Agency (SIDA) has withdrawn its support for the Malonda Foundation, a private Mozambican body set up to develop the northernmost province of Niassa, because of financial irregularities, reports the weekly newspaper "Savana".

The Foundation was created in 2005 to implement the Malonda programme, which resulted from a cooperation agreement between the Mozambican and Swedish governments. The main role of the Foundation was to attract foreign investment to Niassa, and in the forestry sector it was successful with five major forestry companies created. This boosted employment in several Niassa rural districts (Chimbonila, Lago, Sanga, Majune and Muembe). Some 3,000 jobs were created, earning more than the statutory minimum wage.

The Malonda Foundation also supported a micro-credit programme and wild life conservation. In 2010, the Foundation began to implement a Strategic Plan, budgeted at $9 million and supported by SIDA. So far SIDA has disbursed about half this sum but, according to "Savana", the results from the plan are "not very visible", although it has revived the Matama agricultural complex, where private companies are now cultivating soya.

But the future for Malonda now looks bleak, following the disappearance of funds, detected both by SIDA itself in late 2012, and by an audit undertaken by the consultancy company KPMG in February this year.

Cheques had allegedly been falsified by officials in the Malonda accounts department and one of these officials was arrested in January on the orders of the Niassa Provincial Attorney's Office.

The sum involved was $32,000, of which $7,000 was subsequently recovered. This was enough for SIDA to end its support for Malonda.

The Swedish Ambassador, Ulla Andren, confirmed that there would be no more SIDA funding for Malonda. She told the paper "the forensic audit has confirmed that, although there have been some improvements in the Malonda Foundation's internal financial controls, there is still a series of weaknesses, which constitute a risk. In line with our agreement and with the results of the forensic audit, SIDA has decided that it will not continue to disburse funds to the Malonda Foundation".

Andren added that Malonda had broken with the principles of transparency. Swedish aid, she said, was intended to reduce poverty, not to facilitate illicit enrichment.

"I recognize the importance of Malonda in the development of Niassa", she continued, "but we cannot continue to invest where agreements are not taken seriously, and where our objectives are not achieved. This decision was not taken light-heartedly. It comes from Stockholm".

The government's holding in Malonda is run by IGEPE (Institute for the Management of State Holdings). Its chairperson, Apolinario Panguene, confirmed the theft at Malonda, but added that the Foundation would continue operating until the end of June.

The future of Malonda after that date was uncertain, but Panguene declared optimistically "we are negotiating with the Swedish Embassy in search of consensus and continued funding". But if SIDA did not reconsider its position, IGEPE would have to seek other partners, or simply ask for money for Malonda from the Mozambican state budget.

Andren stressed that Sweden remains committed to Niassa, and will support the province in other ways.



 
 
>TOP

UPDATE 1-Seven soldiers killed in Mozambique weapons store assault

Reuters

Tue Jun 18, 2013 11:22am EDT

(Updates death toll, adds security source, paragraph 3)

(Reuters) - Seven soldiers were shot dead when gunmen raided a weapons depot in Mozambique, local newspapers and a security source said on Tuesday, the latest ambush and attack on security forces to rekindle memories of the 1975-1992 civil war.

The assault, which took place on Monday, forced hundreds to flee the central town of Savane and interrupted rail traffic on the nearby Sena line, the southern African nation's sole coal export route, said a spokesman for Brazilian mining firm Vale .

Local newspapers, including the O Pais daily, said guerrillas from the opposition Renamo party were behind the attack, although a source familiar with Mozambique security said it appeared to be the work of a Renamo splinter group.

A Renamo spokesman said the party was investigating the incident and did not claim responsibility.

The Defence Ministry declined to comment until it had gathered more information.

Relations between Renamo, founded around independence in 1975 with the backing of white-ruled Rhodesia and apartheid South Africa, and Frelimo, the ruling, formerly Marxist party, have become increasingly tense.

Two months ago, Renamo fighters killed four policemen in an attack on a police station and a few days later three civilians were killed when gunmen ambushed vehicles on the main north-south highway, a common Renamo tactic during the civil war.

Analysts say Renamo, which has vowed to disrupt local elections this year and a presidential poll in 2014, has at most 1,000 armed men under its command and poses no significant military or political threat to Frelimo.

However, many Mozambicans fear even the slightest violence could upset the political stability that has underpinned an unprecedented economic boom based on foreign investment in coal mining and natural gas exploration.

The off-shore Rovuma field is believed to hold enough gas to supply Germany, Britain, France and Italy for 15 years, and mining giants Vale and Rio Tinto have invested nearly $10 billion in mines in Tete province, home to some of the world's largest untapped coal deposits. (Reporting by Marina Lopes; Editing by Ed Cropley and Elizabeth Piper)

UPDATE 1-Seven soldiers killed in Mozambique weapons store assault



 
 
>TOP

UPDATE 2-Mozambique's Renamo threatens to paralyse vital coal railway

Reuters

Wed Jun 19, 2013 10:06am EDT

* Vale and Rio shipments would be affected

* Political tensions high between civil war rivals

By Marina Lopes

MAPUTO, June 19 (Reuters) - The Renamo opposition party, a former guerrilla organisation, threatened on Wednesday to paralyse the only railway line out of Mozambique's vast coalfields in an effort to hurt the government.

Renamo information chief Jeronimo Malagueta told a news conference in Maputo that disruption of the Sena line connecting the northwest region of Tete to the Indian Ocean port of Beira would last "as long as it takes". Renamo would "paralyse the movement of trains", he added.

"From Thursday June 20 we will take action to make the logistics of the country fragile," he said, without providing details. The line is used predominantly by Brazil's Vale and London-listed Rio Tinto.

Malaqueta did not clarify the group's objectives but the threat marks an escalation in its tensions with Frelimo, the former Marxist party that has run Mozambique since the end of a 1975-1992 civil war.

Renamo, founded around independence with the help of white-ruled Rhodesia and apartheid South Africa, accuses Frelimo of exercising a stranglehold over politics and the economy and stacking the election commission to ensure victory in a presidential vote next year.

The Sena line runs through "Renamo country" and skirts the group's semi-militarised stronghold in the Gorongosa Mountains, where it is believed to have around 1,000 men under arms. The line was frequently blown up during the civil war.

Renamo spokesman Fernando Mavanga said the group's plans were "military secrets" and justified action against the coal corridor railway because it serves as an economic lifeline for Frelimo.

Government officials did not respond to requests for comment.

VIOLENCE

Incidents in the last two months have rekindled memories of the civil war, in which a million people died and 5 million were displaced.

Seven soldiers were killed on Monday when gunmen raided a weapons depot near the Sena line terminus and in April Renamo fighters killed four policemen in an attack on a police station in the same region.

A few days later three civilians were killed when gunmen ambushed vehicles on the former Portuguese colony's main north-south highway, a common Renamo tactic during the civil war.

Renamo denied involvement in the weapons depot assault and a security source said it could have been the work of a splinter group. The same source said government troops had been drafted in on Tuesday to bolster security for the railway.

Analysts say Renamo would be no match for the Mozambique army but an outbreak of fighting could derail an economic boom based on foreign investment in the coal mines around Tete, home to some of the world's largest untapped reserves.

Vale, which is investing $4 billion in its Moatize coal mines near Tete, as well upgrading the Sena line and other infrastructure, declined to comment.

State railways spokesman Alves Cumbe said he was unaware of any specific threat.

"We will only stop operations if we receive orders from the government. If we are told of a security risk, we will stop. Otherwise, we will continue. We have heard nothing," he said.

As well as coal, Mozambique is attracting billions of dollars into developing its offshore natural gas fields, which are thought to hold enough energy to supply western Europe for at least 15 years.

UPDATE 2-Mozambique's Renamo threatens to paralyse vital coal railway



 
 
>TOP

Mozambique: Armed Men Attacked Storeroom of FADM in Savane and Seven Soldiers Were Killed

Verdade

19 JUNE 2013

A group of armed men, still unidentified, attacked in the early hours of Monday (17/06/2013) a storeroom of the armed forces of Mozambique (FADM) in the administrative post of Savane, in the District of Dondo in central province of Sofala. The attackers, who wore civilian clothes, killed seven soldiers of the FADM and stole arms and ammunition in unspecified amounts.

According to the soldiers who survived the assault, and spoke on condition of anonymity with our journalist who was in Savane, more than a hundred men wearing as civil and armed with machetes and a few guns, broke into the storeroom, about eight kilometres from the headquarters of the administrative post, which is sealed by barbed wire and surrounded by forest.

The attackers began by firing into the air and shaking their machetes, trying to intimidate the military that were there, about a hundred of soldiers. Caught off guard, several sleeping after a weekend in which there was some "party", the FADM soldiers failed to react, though some have managed to pick up their weapons and fight back. In the exchange of fire some soldiers were shot and others fled in Stampede to the forest.

According to some military, armed men went to the location of the storeroom where the arms and ammunition are stored and took machine guns, AK-47, mortars, bazookas, grenades and ammunition in unspecified amounts.

Three soldiers were killed with machetes. Two others died as a result of the exchange of fire. Another soldier, who had disappeared and arrived at Beira Central Hospital severely injured died on Tuesday (18/06) afternoon.

Frightened by the clashes, residents of the administrative post of Savane abandoned their homes and sought refuge in the District of Dondo and up to the city of Beira.

On Monday the road traffic in the region of Savane was stopped and two trains, which should have left the city to Moatize, did not leave the station.

However, several dozen police officers were deployed to the region, including agents of the rapid intervention Forces, military and even SISE agents that, according to the Minister of the Interior, Alberto Mondlane, are on the trail of the robbers.

Who are the robbers?

The identity of the attackers remains unknown. The Government, through the Interior and Agriculture Ministers, said he has no doubt that the assault was perpetrated Renamo men.

However, the provincial police commander in Sofala, Joaquim Nido, stated that it has not been possible to identify the attackers. "In no time we were able to identify whether they are individuals who belong to a political formation as Renamo (...) It is one more case of disturbing the public order", said Joaquim Nido, this Tuesday (18), making a balance sheet of this assault on press conference.

President Guebuza condemns the attack and calls for dialogue

Yet on Tuesday (18) the President of the Republic, Armando Guebuza, forcefully condemned the violent actions that are being perpetrated by some people in the country and that result in bloodshed, calling for all Mozambicans to guided dialogue to overcome their differences.

"We don't want blood, because the Mozambicans do not feed on blood. We don't like blood, so we do not accept that there are people who liked the blood of their brethren. These people, when they see other brothers losing their blood live with this satisfaction, " said Guebuza quoted by the Mozambique information agency.

"If there are differences, we must continue the dialogue as a society, in which each present their point of view and, thus, we continue to build our country, without bloodshed," called the Mozambican statesman.

Translated by Francisco J. P. Chuquela from @Verdade Newspaper

Mozambique: Armed Men Attacked Storeroom of FADM in Savane and Seven Soldiers Were Killed



 
 
>TOP

Mozambique: Renamo Threatens to Block Road and Rail Traffic in the Center of Mozambique

Verdade

20 JUNE 2013

Renamo, the largest opposition party in Mozambique, announced on Wednesday, June 19, 2013, that it will prevent road traffic between the Save river and Muxungue, and rail traffic in Beira-Moatize and Beira-Marromeu in the Sofala Province. Their claim is to impede the transport of arms and military equipment to the Gorongosa region where the party's leader Afonso Dhlakama is based.

At the same time, Renamo will strengthen the radius of region protection to safeguard the security of its leader, and ban all movements of the rapid intervention Force (FIR). "Renamo forces will be positioned to prevent the movement of vehicles carrying people and goods, because the Government uses these vehicles to carry arms and military personnel in plainclothes, to concentrate in the vicinity of Satungira and attack the President Afonso Dhlakama," said Jeronimo Malagueta, information head of that party.

The announcement was made during a press conference in which Renamo distanced itself from attacks to the storeroom of the armed forces of Mozambique (FADM), in the administrative post of Savane, in the District of Dondo in Sofala, which resulted in the theft of several war material and in the death of seven soldiers.

"The events of Savane, or by another, the assault on supplies of Savane has nothing to do with defence and security forces of Renamo. When Renamo attacked the rapid intervention Force headquarters took over and pointed out the reasons," he explained

For Malagueta, the fact that the Government has been saying that Renamo men perpetrated the assault is just a ploy to trick the Mozambican society and the international community.

"The widespread discontent caused by the exclusion can make arise other Mozambicans to resort to the use of weapons to dislodge this Government that discriminates the Mozambicans, creating an oligarchy that becomes clearly opulent in contrast to the majority of Mozambicans. The attack on the supplies of Savane is the clairvoyant mirror of the contradictions that exist within the Frelimo party, that day after day become more visible ".

We do not want war

In his speech, Malagueta claimed that Renamo does not want war, but "a country of inclusion in all areas of life", and to attack the barracks of FIR does not solve the problem. Thus, the prohibition of movement of vehicles and trains aims to "undermine the logistics of those who cause Mozambicans to suffer, subjecting them to slavery".

"The death of a young man of FIR for the Government does not represent absolutely nothing, because then it recruits more 100 to have them for the war without any proper military preparation. Thus, the Renamo does not want to elect the military or paramilitary youth as their targets, not at least because we do not want war, "he justifies.

Plan to assassinate Afonso Dhlakama

Malagueta denounced an alleged plan to assassinate Alfonso Dhlakama, allegedly orchestrated by the President of the Republic and Commander-in-Chief of the armed forces of Mozambique, Armando Guebuza.

As he explained, the Chief of staff ordered a military offensive in the areas of Maringue and Inhaminga to attack the protective forces of Renamo and the increase of troops surrounding the District of Gorongosa, in particular where the leader of Renamo is.

To support his words, the head of the "Partridge" invoked the "arrival of more specialized forces such as commands, to Kangalitole, the famous Casa Banana (Banana House), and to the rank of Vanduzi, in the District of Gorongosa. (…) Are currently in Sofala, in addition to the Lieutenant-General Paulino Macaringue, head of the General staff of the armed forces of Mozambique's Defense, and the Army Commander, Maj. Gen. Mussa and other top patents to guide the offensive".

Imports of military equipment

On Friday of last week, arrived in the country, through the port of Maputo, a considerable amount of military equipment imported by the Ministry of national defence. It's about 25 new military trucks carrying large weaponry and 25 other brand vehicles Land Rover with a military character.

The downtown area of Maputo has outmoded military movement that, to what seemed at first glance, they prepared to escort a military Caravan. And, the more the Sun "lurked" on the night that "earned" space, more properly uniformed men were on the streets, replacing the traffic police that were along the Guerra Popular Avenue downtown to the integration with the 24 de Julho Avenue.

No one realized what really was going on. When it was around 9:0 pm, the traffic from the workers Square until 24 de Julho Avenue, through the Guerra Popular Avenue, was conditioned on the North-South direction.

Suddenly we saw a total of 25 new military trucks leaving the port carrying military weaponry, in plain sight, and 25 other brand vehicles Land Rover with a military character, all escorted by two Military police vehicles (PM) of the armed forces of Mozambique (FADM).

The caravan followed in the direction of the Ministry of Defense, on Julius Nyerere Avenue and, from there, it is assumed that part of it left on Tuesday, 18, to the Centre of the country because Renamo says that "more than 35 military trucks and five buses carrying elements of the armed forces and Rapid intervention, as well as war material left to Gorongosa, Maringue and Inhaminga in order to attack the forces of Renamo ".

Mozambique: Renamo Threatens to Block Road and Rail Traffic in the Center of Mozambique



 
 
>TOP

Mozambique police arrest top Renamo general after railway threat

Reuters

MAPUTO, June 21 | Fri Jun 21, 2013 4:18am EDT

(Reuters) - Mozambique police arrested a leader of the Renamo opposition group on Friday, two days after he announced it planned to paralyse the railway line linking the country's vast coalfields to the coast.

Renamo information chief Jeronimo Malagueta was detained in the early hours of Friday, the government and Renamo said. A Renamo spokesman urged its supporters to mass outside the prison in the capital where Malagueta was being held.

Mozambique police arrest top Renamo general after railway threat



 
 
>TOP

Mozambique: Two Killed in Mozambique By Suspected Former Rebels

Voice of America (Washington, DC)

BY JINTY JACKSON, 21 JUNE 2013

Gunmen ambushed and shot at vehicles traveling along Mozambique's main north-south highway on Friday, killing two people and wounding at least five others.

The government is blaming former rebel group Renamo, which earlier this week threatened to begin a terror campaign in the center of the country. Renamo has neither confirmed or denied involvement in the highway attacks.

Following Renamo's threats this week, most drivers stayed off the national highway overnight, considering 'too dangerous to drive in the dark.

But, shortly after dawn, the vehicles hit the road - and the attacks began.

One of the victims, Tanya Machungu, described on national radio how she and her family fled into the bush, after the truck they were in was ambushed.

"We started to hear shots. One of the bullets hit the driver in the face. He lost control and we hit a tree on the side of the road. They went on shooting," she said,

The family managed to open the door and escape into the bush but their attackers followed.

"I fell down and pretended to be dead. They kicked me to make sure I was dead and left me she says. They aimed their guns at her sister. She begged for her life. They said, you are lucky we will let you live. Then they fetched gasoline and burnt the truck," she said.

Renamo, which is Mozambique's main opposition party, fought current ruling party Frelimo during a 15-year civil war that ended in 1992. Since then the country has enjoyed more than 20 years of peace.

But long-simmering tensions boiled up this week when the former rebels announced their intention to stop traffic along the national road and interfere with rail traffic in central Mozambique.

Renamo claimed it was being wrongly fingered for an attack on a weapons depot earlier in the week and that government troops were about to attack its leader, Afonso Dhlakama.

On Friday, police spokesman Pedro Cossa said the Renamo spokesman who made the threats public had been arrested.

He says Jeronimo Malagueta was arrested as a consequence of the announcement he made that led to acts that, this morning, the country and the world, has witnessed.

When it made the original threats Renamo did not say how long the terror campaign would last.

Mozambique is now holding its breath, to see what the next hours will bring.

Mozambique: Two Killed in Mozambique By Suspected Former Rebels



 
 
>TOP

三井物産、アジアに穀物供給 ブラジル最大手と提携

中南米・アフリカで生産

nikkei.com

2013/7/9 1:24

三井物産はブラジル最大の農業事業会社であるSLCアグリコラと提携し、中南米やアフリカで穀物生産に乗り出す。ブラジルに合弁会社を設立、まず現地で大豆などを年50万トン生産する。モザンビークなどアフリカでも共同生産する。人口増で食糧需要の増加が見込まれるなか、三井物産は大規模な穀物生産を世界で進め、日本やアジアに安定供給する。

主要穀物の大豆とトウモロコシの2012年の世界輸出量は2億110万トン。ブラジルは大豆輸出で約4割、トウモロコシ輸出で2割弱を占める農業国で、SLCは東京23区の面積の6倍強にあたる39万ヘクタールの農地を保有、大豆、トウモロコシ、綿花などを生産する。

三井物産とSLCは8月に合弁会社を設立する。資本金は約28億円で、三井物産が49.9%、SLCが50.1%を出資する。初年度に大豆、トウモロコシ、綿花などを11万トン強生産。5年後には農地を10万ヘクタールに広げ、生産量を日本の穀物輸入量の2%に相当する50万トンに増やす。大豆は大半を飼料用として中国に、綿花はアジアに輸出する。

両社はアフリカや中南米などでの農業生産にも取り組む。モザンビークやアンゴラ、コロンビアなどが有力。収穫した農産物はアジアや中東などに輸出する。三井物産はSLCとの協力関係を深めた後、同社に資本参加をしたい考えだ。

中国の飼料需要の急増で、大豆とトウモロコシの22年の輸出量は12年比36%増の2億7400万トンとなる見通し。安定調達を図るため、日本の総合商社では、丸紅が米穀物集荷3位のガビロン買収、三菱商事もブラジル大手買収を決めている。

三井物産は生産にも関与して調達力を高める方針。すでに11年にはブラジルのマルチグレインを完全子会社化し、大規模な農業生産に乗り出している。SLCとの提携を通じて穀物世界販売量を、現在の1300万トンから5年後に2千万トンまで増やす。



 
 
>TOP

Brazil’s Vale beats record for coal extraction in Mozambique

macauhub

JULY 17TH, 2013

The Vale Moçambique mining company set a new record in June by extracting 509,000 tons of coal and a new mineral outflow maximum by transporting 300,000 tons of coal on the Sena railway line, a company official said.

Altiberto Brandâo, operational director of the Brazilian Vale group’s Mozambican subsidiary, said the company had been producing at maximum capacity since April 2012 and that in June it beat the production record at the Moatize mine in Tete province with 509,000 tons.

Brandâo made his comments at a coal conference that opened on Monday in Maputo. Vale Moçambique plans to export 3 million tons this year, versus last year’s figure of 2.6 million tons, he added.

The Brazilian group has invested nearly US$1.9 billion in operations at Moatize in Tete and plans to invest a further US$6.4 billion to expand production at the mine and on logistics projects, specifically construction of a railway line linking Moatize to the port of Nacala via Malawi. (macauhub)

Brazil’s Vale beats record for coal extraction in Mozambique



 
 
>TOP

Africa: Brics Lessons From Mozambique

Pambazuka News

By Bobby Peek, 24 July 2013

opinion

Brazil is among the extracting wealth from Mozambique. The southern African nation could soon join the resourced cursed societies, with polluted local environments and a changed structure of peoples' lives, making them dependent on foreign decisions rather than their own local and national political power

Just across the border in Mozambique there is neo-colonial exploitation underway. It is not Europe or the United States that are dominating, but rather countries which are often looked up to as challengers, such as Brazil, Russia, India, China and South Africa. This is a dangerous statement to make but let us consider the facts.

South Africa is extracting 415 megawatts of electricity from Mozambique through the Portuguese developed Cahora Bassa Dam, which has altered permanently the flow of the Zambezi River, resulting in severe flooding on a more frequent basis over the last years.

In the recent floods earlier this year it is reported that a women gave birth on a rooftop of a clinic, this follows a similar incident in 2000, when Rosita Pedro was born on a tree after severe flooding that year.

South Africa's failing energy utility Eskom is implicated in the further damming of the Zambezi, for it is likely to make a commitment to buy power from the proposed Mpanda Nkua Dam just downstream of Cahora Bassa.

Most of the cheap energy generated by that dam is fed into a former South African firm, BHP Billiton, at the world's lowest price - but jobs are few and profits are repatriated to the new corporate headquarters in Melbourne, Australia.

After years of extracting onshore gas from near Vilanculos, the South African apartheid-created oil company Sasol is planning to exploit what are some of Africa's largest offshore gas fields, situated off Mozambique, in order to serve South Africa's own export led growth strategy.

Brazil is also in Mozambique. Sharing a common language as a result of colonial subjugation by the Portuguese, business in Mozambique is easier.

The result is that the Brazilian company Vale, which is the world's second largest metals and mining company and one of the largest producers of raw materials globally, has a foothold in the Tete Province of Mozambique between Zimbabwe and Malawi.



 
 
>TOP

新種が続々、「チューバッカ・コウモリ」も モザンビークで生物調査

cnn.co.jp

2013.08.18 Sun posted at 18:14 JST

(CNN) SF映画「スター・ウォーズ」の登場キャラクターに似た「チューバッカ・コウモリ」や、敵から身を守るために強烈な悪臭を放つ昆虫、平面では歩くことも立つこともできないアリ、跳ねずに走るカエル−−。そんな珍しい生物たちが、アフリカ南東部モザンビークのゴロンゴーザ国立公園に豊富に生息しているのが見つかった。

国内外の科学者15人で組織する調査団は4月中旬から約1カ月かけて、同公園内に生息する野生生物について初の本格調査を実施。新種やモザンビークで初めて確認された種を含め、約1200種の動植物を発見した。

同地に間もなく開設される生物多様性研究所の所長は、「ゴロンゴーザ国立公園で生息が確認された種の数は、少なくとも2倍、恐らくは3倍近くに増えた」と話す。

調査団は鳥類182種のほか、昆虫では、キリギリスの新種や1800年代を最後に目撃情報が途絶えていたキリギリスの仲間をはじめ、アリ100種以上、カブトムシ数百種を発見。哺乳類はハネジネズミの仲間を含む54種、爬虫類47種、カエルの仲間33種、植物は320種以上が確認された。

この中には、その姿から「チューバッカ・コウモリ」という愛称が付けられたコウモリや、新種とみられる銀色と黒のカエルなどが含まれる。

ゴロンゴーザ国立公園はかつて、バッファローやライオン、ゾウ、カバなどが豊富に生息するアフリカ屈指の野生生物の宝庫だった。しかし1970年代半ばから92年まで続いた内戦で同公園も戦場と化し、何千頭という生物が殺されて、絶滅に近い状態に追い込まれた。

米ハーバード大学の研究者によると、内戦前に1万4000頭いたアフリカンバッファローは約100頭に減り、ライオンは2000頭から30頭へ、ゾウは2500頭から200頭へと激減したという。

しかし、米国のIT起業家グレッグ・カー氏が2008年にモザンビーク政府と20年契約を結んでゴロンゴーザ再生プロジェクトに着手。今回の生態調査も再生に向けた取り組みの一環として実施された。

調査団は年内に報告書をまとめ、再生プロジェクトに活用してもらう方針。今回の調査の結果、ゴロンゴーザが今でも多様な生物の宝庫であり、鉱山などの開発から保護する必要があることが分かったと研究者は強調している。



 
 
>TOP

日本の支援見直し要求=モザンビーク農業開発−NGO

時事ドットコム

アフリカ支援に携わる日本のNGO5団体が、日本の政府開発援助(ODA)によるアフリカ南部モザンビークでの大規模農業開発見直しを求めている。現地調査を終え東京都内で9月30日に記者会見したNGOは「農地を取り上げられたら生きていけないと小さな農家が不安を訴えている」と報告。「なぜ急いで進める必要があるのか」と一時中断を求めた。

問題となっているのは農業開発協力事業「プロサバンナ」。日本、モザンビーク、ブラジルの3カ国政府が2009年から現地をブラジルのような大規模な作物輸出基地にすることを目指して推進している。

(2013/10/01-15:31)

日本の支援見直し要求=モザンビーク農業開発−NGO



 
 
>TOP

三井物産、モザンビーク公社と連携 天然ガス関連産業を創出

nikkei.com

2013/10/4 23:40

三井物産はモザンビーク国営石油公社(ENH)と天然ガス関連産業の創出に向け幅広く連携する。2018年にも本格生産が始まる同国産ガスを活用し、火力発電所や化学プラントなどを共同で事業化する可能性を探る。港湾などインフラ整備での協業も検討する。同国の産業基盤づくりに携わり政府との協力関係を強化、今後の事業展開を有利に進める狙いだ。

三井物産とENHは米アナダルコとともに14年中にモザンビーク沖の巨大ガス田の共同開発に着手し、18年から天然ガス生産を始める計画を明らかにしている。同国政府はガスの輸出で外貨を稼ぎつつ、ガスを原料に使う石油化学産業を育成したり電力など社会インフラを整備する方針。

こうしたエネルギー関連の全事業の立ち上げを担うのが国策会社のENH。三井物産はガスの権益を保有する強みを生かし、ENHと強固な関係を築けば、今後急成長が期待できる同国で幅広い事業展開が可能になると見ている。

三井物産とENHはまず、天然ガスを原料に使うメタノール製造プラント、肥料・アンモニア製造プラント、軽油など石油代替燃料(GTL)の製造プラントの事業化に向けて協議を始める。それぞれガスと同時期の生産開始を目指す。さらにガス火力発電所や港湾設備、ガスパイプラインなど社会インフラの共同建設・運営についても検討する。

液化天然ガス(LNG)運搬船の運営や、資金調達についても協力し合う構えだ。両社は協業テーマについて幅広く議論する運営委員会を発足させ、産業振興や雇用創出の効果を勘案しながら協業プロジェクトの実施計画を策定する。



 
 
>TOP

モザンビーク:政府、プロサバンナプロジェクトについてプレゼンテーションを行う

Agencia de Informacao de Mocambique

マプート―モザンビーク政府は、火曜日に首都のマプートにてモザンビークの熱帯サバンナにおける農業開発のための三角協力プログラム(プロサバンナ)に関するプレゼンテーションをおこなった。

プロサバンナのコーディネーターである、Calisto Biasは、このプロジェクトがナカラ回廊;Cabo Delgado、Zambezia、Nampula、Niassa地区をカバーする地帯の食料の安全保障と多様化に貢献すると述べた。

プロサバンナは、政府が提唱する2012年から2020年までのPEDSA(農業分野における発展のための戦略的プラン)の一環である。主な目的は、生産性の向上、市場アクセスの確保、持続可能な天然資源の利用、そして農民のビジネススキル強化である。

このプロジェクトは以下3つの要素で構成されている;2011年4月から2016年3月までに実施予定の、プロサバンナPI(プロジェクトリサーチ)、2012年3月から2014年まで実施予定の、プロサバンナPD(マスタープラン)、そして。2012年5月から2019年までおこなわれる予定の、プロサバンナPEM(拡大と設計)である。

プロサバンナPIは、LichingaとNampulaにある、モザンビークの農業技術研究所(IIAM)の能力向上を促す。天然資源や環境へ、最新の農業技術を導入していく。例えば、土壌改善技術や、作物、家畜の生産性向上技術である。

PDによって、継続的な生産システムや、貧困削減を促すための民間投資によって、社会的、経済的な発展に寄与するためのマスタープランが作成されることになる。

主に、中規模、小規模農民を対象に、生産性の向上、栽培作物の多様化、マーケティング、財政的に農民の利益になるような投入財の加工と供給などを目的としている。

プロサバンナPDは19もの地区:ナンプラ州のMonapo、Muecate、 Meconta、 Nampula、 Mogovolas、 Murrupula、 Mecubure、 Ribaue、 Lalaua、 Malema、ニアッサ州の Cuamba、 Mecanhelas、 Madimba、 Ngauma、 Lichinga、 Majune とSanga、そしてザンベジア州のGurue と Alto Molocueをカバーしている。【翻訳:飯田めぐみ、AJF】

Mozambique: Government Presents Prosavana Project



 
 
>TOP

韓国 アフリカに企業進出支援要請=産業フォーラム開催

聯合ニュース

2013/10/17 11:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の産業通商資源部は17日、ソウル市内のホテルで第6回韓国・アフリカ産業協力フォーラムを開催した。

フォーラムは新たな新興市場として浮上したアフリカとの産業協力強化や韓国企業の現地進出拡大を狙い、2008年から毎年開かれている。今年は同部の韓珍鉉(ハン・ジンヒョン)第2次官やタンザニア、カメルーン、モザンビークのエネルギー相らが出席した。

韓氏は基調演説で、アフリカの産業インフラ構築支援やエネルギー・資源分野での協力強化などに重点を置き、アフリカと共に成長していく考えを示した。

また3カ国とそれぞれ2国間会談を開き、タンザニアの4億ドル(約395億円)規模の水力発電所建設事業、モザンビークの15億ドル規模の液化天然ガス(LNG)基地建設事業に韓国企業が参加できるよう協力を求めた。カメルーンに対しては、韓国の鉄鋼最大手・ポスコが参入を検討している国営製鉄所の建設事業が円滑に進められるよう政府レベルの支援を要請した。

kimchiboxs@yna.co.kr



 
 
>TOP

野党、和平協定破棄を表明 モザンビーク

MSN産経ニュース

2013.10.22 19:46

モザンビークからの報道によると、内戦時の反政府勢力で現野党のモザンビーク民族抵抗運動(RENAMO)は21日、内戦を終結させた1992年の包括和平協定を破棄すると一方的に表明した。政情が不安定化する恐れもある。

協定破棄は、RENAMOのドラカマ党首がいた同国中部の拠点を21日、政府軍が武力で強襲したためとしている。ドラカマ氏は脱出し、無事という。

政府軍報道官は、この拠点を掌握したことを認めた。4月以降、RENAMOによる政府軍兵士らへの襲撃が続いていた。

RENAMOは81年ごろからゲリラ活動を強化し、内戦が激化。92年に内戦が終わり、豊富な天然資源を抱えるモザンビークは近年、経済開発が進んでいる。(共同)



 
 
>TOP

モザンビークのプロサバンナプログラム

「注意しないと土地を奪われる」?ブラジルの「土地なき農民(sem-terra)」が警告

La Via Campesina

ブラジルの「土地なき農民」運動の中心人物のひとりであるAugusto Juncalは、プロサバンナプログラムに反対するモザンビークの小規模農民による抗議運動への「力強い援軍」として、モザンビークの首都であるマプートにいた。彼は「気をつけないと、いつの間にか土地を奪われてしまうぞ」と警告した。

現在、中部、北部モザンビークで実施の初期段階にある、モザンビーク・ブラジル・日本の3カ国政府による農業開発プログラム・プロサバンナに対し、モザンビークでもっとも規模の大きい小規模農民の団体組織であるUNAC(National Union of Small-scale Farmers of Mozambique)が闘いを挑んでいる。

中部、北部モザンビークの19の地区にまたがる数百万ヘクタールもの土地を対象とするプログラムである、プロサバンナのねらいは換金作物生産への民間セクター参入を通したアグリビジネスの拡大にある。

UNACは、このモザンビークでのプロジェクトで再現されようとするブラジル式のサバンナ農業開発は、ブラジルで「土地なき農民」現象をもたらしたように、何百万人もの農民から土地を奪い、貧困の悪化と社会不安を引き起こすと主張する。

今週マプートにて開催された第二回土地に関する国際小規模農民会議に主賓としてスピーチした、ブラジルの土地なき農民運動(MST)の広報担当者であるAugustoは、プロサバンナが間違いなく中部、北部モザンビークの農民に悪影響を及ぼすと述べた。

「私は、プロサバンナプロジェクトの規模からすると、このプロジェクトへ中文な注意が払われているとは思えない。農民たちは、まだこれから起こるであろうことを理解していないのだろう。もし、理解しているならば、政府との交渉の余地は存在しないはずである」と、ブラジルで土地なき農民のために闘う活動家である彼は、ポルトガルの通信社、Lusaの取材に対して述べた。

「よく聞いてほしい、注意しないと土地を奪われてしまう。決して冗談ではなく、これが土地収用拡大のプロセスなのだ。実際にブラジルではセラード開発によって、多くの人々が土地を奪われ、国内で最も重要な生態系のひとつが破壊されたのだ」と、Augustoは語気を強めた。

アンゴラのNGO・アンゴラ農村開発と環境のための行動(ADRA)の代表Guiherme Santosもまた、プロサバンナが小規模農民の利益を犠牲にして、巨大アグリビジネスの利益を最大化するためのものであり、深刻な社会的緊張をもたらすと考えている。

「もし、小規模農民の利益を守るために何もなされず、小農民の利益を踏みにじる動きが続くのであれば、大混乱がおこるであろう」と彼は強調した。

アンゴラの小規模農民の権利を守る活動家は、プロサバンナが農民に与える不利益を回避することは、まだ可能であると考えている。

「対話の機会はまだ残されている。関係するすべての人々の経済的、社会的、そして文化的側面を考慮にいれ、すべての人が受け入れられる目的を持った意見交換の機会があるはず。モザンビークの市民社会は、プロサバンナに関する意思決定に対して影響を与える能力を構築すべきだ。」

会議中、UNACは、政府のプログラムがもたらす効果に関する発言の「矛盾」や農民との議論の中で発した威嚇を非難し、プロサバンナ事業を否認する姿勢を何度も強調した。

「政府は移住を否定しているが、地方の役人は事業のために何百万ヘクタールもの土地が必要になると言っており、プロサバンナは矛盾だらけだ」と、UNACのVicente Adrianoは発言した。【翻訳:飯田めぐみ、AJF】

Mozambique's ProSavana programme - "Open your eyes, you'll lose your land," warns a Brazilian ‘sem-terra’



 
 
>TOP

Thousands march in Mozambique against armed conflict, kidnappings

BusinessDay

BY MANUEL MUCARI, 10月 31 2013, 20:36

MAPUTO - Tens of thousands of Mozambicans marched in the capital Maputo and two other cities on Thursday to protest against the threat of armed conflict in the country and a spate of kidnappings by criminal gangs.

Carrying signs reading "We want peace", and "Stop the kidnappings", the protesters criticised President Armando Guebuza’s government for not doing enough to protect citizens as it confronts attacks by armed rebels of the Renamo opposition movement in the centre and north.

Besides the demonstration in downtown Maputo, protesters also marched in the port cities of Beira and Quelimane.

Renamo raids and ambushes since April have killed civilians, police and soldiers and the army is hunting fugitive Renamo leader Afonso Dhlakama in what some say is an escalation of violence that could tip Mozambique back into civil war.

There are also concerns that the armed clashes ― although mostly occurring far to the north of Maputo ― may worry international investors who are developing big coal and offshore gas deposits in the former Portuguese colony.

"We don’t want to live in this climate of fear and insecurity. We’re here to say with a loud voice ‘no to war’, because we want peace," one of the protesters in Maputo, artist Sertorio Salde, 38, told Reuters.

Anger over kidnappings

A growing number of kidnappings for ransom which have targeted wealthy and middle-class families in the last two years have also angered Mozambicans. The protesters accused the government and police of failing to act to prevent them.

A 13-year-old kidnapped boy was found dead near Beira this week after his family contacted police to report the abduction.

This caused outrage and added to widespread public suspicions that some police officers may be involved in the kidnappings.

"We’ve reached a state of total misgovernance. The government is adrift, it’s not managing to resolve the immediate problems which the country is facing," said Marilia Tembe, another participant in the Maputo demonstration.

The protests, where marchers also criticised corrupt police and civil servants, were organised by civil society groups and religious organisations.

Mr Guebuza’s Frelimo party has ruled Mozambique since independence from Portugal in 1975. The former Marxist liberation movement fought a war against Renamo rebels which ended through a 1992 peace pact that introduced multi-party democracy.

Frelimo has won every election since 1992, but faces accusations from Renamo and other opponents that a small ruling elite is monopolising political and economic power.

Despite rapid economic growth in recent years, more than half of the population still live in poverty and many Mozambicans feel they are not seeing the benefits of a growing investment boom focusing on some of the world’s largest untapped coal and offshore gas deposits.

Adding its voice to international alarm over the situation in Mozambique, the US on Thursday condemned "reprehensible attacks" on civilians there and expressed concern about escalating violence between the army and Renamo.

Reuters

Thousands march in Mozambique against armed conflict, kidnappings



 
 
>TOP

モザンビーク航空機が墜落、34人が死亡

【ヨハネスブルク=黒岩竹志】ロイター通信によると、アフリカ南部ナミビア北東部で29日、モザンビーク航空の旅客機が墜落し、乗員・乗客34人全員が死亡した。

原因は不明。同機は29日午前にモザンビークの首都マプトを出発し、アンゴラの首都ルアンダに向かう途中で行方不明となっていた。在モザンビーク日本大使館によると、日本人は搭乗していなかった。

(2013年11月30日20時10分 読売新聞)



 
 
>TOP

土地の独占
屈服を迫られるモザンビーク?

défis sud

décembre 2013 - janvier 2014

モザンビーク北部へのアグリビジネス導入の記念碑的プロジェクト施行が論争を引き起こしている。問題となっているのはプロサバンナ計画だ。この計画には、公式には、ブラジル、日本そしてモザンビークの三角協力が関わっている。同国内の諸組織そしてさまざまな国際組織が、アグリビジネスによる土地の買占めを告発している。

この計画はまだ動き出していないが、既に異議申し立ての強いうねりを引き起こしている。モザンビーク政府のPEDSA<モザンビーク農業開発国家計画(市民社会報告第2章参照)>に由来するこの計画は、マラウイ国境近くのLICHINGAからナカラ港まで広がる広範囲にわたる豊かな土地であるナカラ回廊の開発に関わる計画です。

無人に見えるこのエリアに対し、モザンビーク農業省は民間投資を呼び込もうとしている。

「プロサバンナは1980年代にブラジルと日本の協力の枠組で進められ、セラードで発展させられたProcederプログラムに直接的な着想を得ている」とモザンビークの小規模開拓者を守るNGO・ORAMと協働するベルリンのNGO・INKOTAのクリスティン・ウィード(Christine Wiid)は説明する。2つの地域の土壌の類似性が、ブラジルの経験をアフリカのサバンナで複製したいという熱意を生み出している。「彼らの役割は明確に定義されており、ブラジルがモザンビークとその農業技術を共有し、東京は輸出に必要なインフラストラクチャーに融資する、そしてマプトは土地を提供する」とクリスティン・ウィードは続ける。現在、2009年9月に署名がなされた全般的な枠組みを規定した原則協定に従って、地域開発計画(マスタープラン)は完成さている。

透明性の完全な不在(欠如)

しかしながら、まさにこの大陸から大陸への移転は巨大な問題を引き起こしている。モザンビーク最大の農民連合・全国農民連合(UNAC)の招待に応じ、ブラジルにおける「土地無き農民(sans terre)>」運動の指導者の一人であるアウグスト・ジュンカル(August Juncal)は、地域の人々に彼らを脅かすものに対する警告を発した。「私はあなた方に言いたい。あなたの目を見開きなさい、あなたは土地を失うことになります、これは冗談ではありません。その計画は、土地の侵害、収奪のプロセスと関わっているのです。ブラジルでは、セラードの開発によって、多くの人々が強制退去させられ、ブラジルでもっとも重要なバイオマスが破壊されました。」彼は、聞きにきていた小規模生産者たちの前でポルトガル語で、そう語りました。クリスティン・ウィードは、彼のことばを受けて、「そこで私達が観るのは、輸出用のモノカルチャーの大規模耕作地であり、地域住民の追い出しであり、殺虫剤の大量使用による土壌汚染であり、アグリビジネスの強化なのです。」と述べる。

外国のコンサルタントチームにより作り上げられたプロジェクト

既にブラジルの経験によってひどい目にあっているが、昨年の4月にマスタープランが新聞にリークされ、プロサバンナ反対者の危惧が確証されることになった。「公式には、400万ヘクタールという話になっている、しかし、得られた情報によれば、1450万へクタールに関わっている」と、Defis SUDのインタビューでカリスト・リベイロ (Calisto Ribeiro)(ナンプーラ州のORAM事務局長)が報告する(下記参照)。「そしてナカラ回廊は無人だという当局者による説明は現実と一致しない。」と彼は続ける。「400万人以上の人々がそこで暮らしている。そこは、人口密度が高いエリアであり、大多数の人々は自らの耕作によって必要を満たしている。」と言う。

さまざまな組織が、プログラムのコンセプトおよびその実施に関わる不透明性を告発し続けています。「この事業に関わる手続きやマスタープランは、透明性、協議そして一般の人々の参加が全くないという特徴を持っている」と、地域開発計画を暴露した地球の友ネットワークのNGO JUSTICA AMBIENTALは書いている。NGO JUSTICA AMBIENTALは「プロサバンナは多国籍アグリビジネスと緊密な関係を持つ外国のコンサルタントチームによって実行されており、それらの企業の一部は既に疑惑の地域において土地取得を始めた」と告発している。また、UNACは、大豆やその他の「換金作物」の大規模耕作がモザンビークの伝統的な社会や経済を作ってきた家族経営農業を消滅させる危険に危惧を表明し続けている。

日本の市民社会による働きかけと支援

昨年5月28日、小規模生産者および市民社会を代表する23のモザンビークの組織が、ProSavanaの即時中止を要求する公開書簡をブラジル、モザンビークの大統領および日本の首相に向けて発した。彼らの代表は日本の首相安倍晋三にそれを直接戻すために東京に出向いた。モザンビークのイニシアチブに反応し、31の日本の組織も同様に、外務省、国際協力機構(JICA)あての公開書簡を送った。これらのNGOは農業のアグリビジネス化の再検討を要求した。またさらに一般的に日本による開発政策の再定義を要求した。彼らが日本政府から得た回答によれば、このプログラムは当初考案されたように進展するということであり、他の問題はそのまま残されている。 2014年は国際家族農業年であり、関係3か国でプロサバンナ事業に反対する声を育むことなるだろう。UNACは現在、「家族農業支援のための国家計画」を準備しており、日本の諸組織は日本政府の支援を望んでいる。「プロサバンナの目的が実際にモザンビークの農民を支援することであるとすれば、こうしたイニシアチブを認識し支援することが適切なものとなるだろう。我々は、外務省とJICAが熟考しこの提案に答えることを要求する」。日本国首相がモザンビークを訪問する1月には、回答の可能性がある。【翻訳:AJF】

défis sud: accaparement Des terres au Mozambique



 
 
>TOP

モザンビーク航空機が墜落、乗客乗員34人死亡か ナミビア

cnn.co.jp

2013.12.01 Sun posted at 14:54 JST

ナミビア・ウィントフーク(CNN) アフリカ南部ナミビアの民間航空行政当局者は11月30日、同国北東部で29日、モザンビーク航空の旅客機TM470便が墜落、搭乗の乗客、乗員全員が死亡したと発表した。

同航空は墜落の事実を確認していないが、消息を絶っていたことは認めた。声明で、乗客は28人、乗員は6人と報告した。同便は、モザンビークの首都マプトからアンゴラへ向かっていたという。

ナミビアの民間航空行政当局によると、墜落現場は遠隔地にある野生動物の観察などが出来るブワブワタ公園内で、アンゴラとの国境に近い。

同便は高度3万8000フィート(約1万1582メートル)付近で失速し、急速な落下を始めた。レーダー上で、1秒当たり約30メートル落下するのが確認されたという。海抜約914メートルの高さで機影がレーダーから消えていた。

ナミビア当局は警察のヘリコプターを墜落現場に派遣した。飛行記録装置や操縦室音声記録装置の回収に当たり、墜落原因を解明する。



 
 
>TOP

モザンビーク航空機墜落、34人死亡 アフリカ南部

asahi.com

2013年12月1日19時41分

【ナイロビ=杉山正】アフリカ南部モザンビークからの報道によると、首都マプトからアンゴラに向かっていた航空機が墜落し、乗客28人と乗員6人全員が死亡した。

同機は、モザンビーク航空が運航し、11月29日に行方不明となり、30日にナミビア北東部の国立公園内で焼けこげた機体の残骸が見つかった。乗客には、モザンビーク人に加え、アンゴラ人、ポルトガル人、中国人が含まれる。

機体はブラジル製で、2012年に購入された新しいものだという。



 
 
>TOP

Brazil’s Vale wants to sell half of its stake in the Nacala Corridor, Mozambique

macauhub

DECEMBER 3RD, 2013

Brazilian mining group Vale plans to sell off half of its stake in the Nacala Corridor, despite retaining control of the project, the group’s chief executive said in New York Monday.

The Nacala Corridor project involves the mining group, with a current stake of 70 percent, and state port and rail company Portos e Caminhos de Ferro de Moçambique, with the remaining 30 percent. The main focus of the project is construction of a railway between Moatize, in Tete province, and the port of Nacala, in Nampula province, which will be modernised and where a large coal terminal will be built.

At a meeting with analysts, the group’s CEO, Murilo Ferreira, said that the group planned to sell off half of its stake but gave assurances that after the sale it would have one more share than the future buyer, giving it control of the project that will require investment of US$4.4 billion.

Announcing an investment programme of US$14.8 billion for 2014, Murilo Ferreira said that over half of that amount would be spent on expanding iron ore production and its distribution network, on developing an integrated coal operation in Mozambique and on the Salobo copper and gold project in the Brazilian state of Pará.

Murilo Ferreira also announced that the launch of the second phase of Vale’s coal project in Mozambique, Moatize II, had been delayed for a year until the second half of 2015, similarly to the Serra Leste and Tubarâo VIII projects, both in Brazil. (macauhub)

Brazil’s Vale wants to sell half of its stake in the Nacala Corridor, Mozambique



 
 
>TOP

Mozambique on the edge: violence threatens to reverse progress

As fighting erupts between government and rebel forces international pressure is needed to protect political and economic gains

Tomás Queface in Maputo

Guardian Professional, Monday 16 December 2013 12.50 GMT

In 2012, Mozambique appeared on the list of the 50 most peaceful countries in the world in a report published by UK organisation Global Peace Index.

One year later and it is on the verge of a new civil war that could slow down progress in a country already considered by the UNDP to be the third poorest in the world.

In 1975 Mozambique gained independence from Portugal and the following year witnessed a civil war between government forces led by Frelimo and a rebel movement Renamo that lasted for 16 years. The internationally-brokered 1992 Rome Peace Accords signalled the end of civil war and since then, peace has prevailed for 21 years.

But the peace that Mozambicans tried to preserve, and have so prided themselves on over the years, is at risk of collapsing due to armed conflict between Renamo's ex-fighters and government troops in the Sofala province. Although Renamo does not take responsibility for the violent attacks, dozens have been killed, including many civilians, and hundreds of families have been forced to leave their homes to take shelter in the bush.

In the largest cities in the country, at the end of October and the beginning of November, citizens from all over the country organised marches calling for the end of hostilities and a return to stability. But the voices of citizens appear not to have moved politicians who have demonstrated little interest in putting an end to the political-military crisis in the country.

With the intent of reaching an understanding, the Frelimo government and Renamo have completed 21 rounds of negotiations, but none have produced any real result.

Religious institutions, civil society and the international community have done little to nothing to help end the political crisis in Mozambique. One of the few international figures publicly involved in searching for a way out of armed conflict is Swedish Ambassador to Mozambique Ulla Andrea, who confirmed on Twitter she has been in contact with members of government to discuss a way out of the current situation, but that few had really lent their ears.

The fear of a new war is evident. It threatens to come at a moment when the country has experienced huge discoveries of coal, natural gas and petroleum that could change the lives of a large part of the population who live in extreme poverty. The economy has been boosted by the entry of large projects dedicated to the exploitation of mineral resources, that have employed thousands of Mozambicans. It also comes at a time when the first generation born after the civil war voted for the first time, in November's municipal elections, which were boycotted by Renamo.

Mozambique has been a success story in terms of its preservation of peace, and now it runs the risk of becoming a failed state. Absolute poverty (people living on below $1 per day), which affects 59,6% of the population, could get worse if nothing is done to reduce tensions.

An armed conflict would have major implications at regional and international levels since Zimbabwe, Malawi and Zambia depend extensively on Mozambican ports. An armed conflict would also undermine all foreign investment in Mozambique that has been significant in recent years. The United States has invested billions of dollars in oil exploration in northern Mozambique and there has been a major foreign investment in the heavy mineral sands in Nampula Province . Mozambique could lose all it gained with real effort in recent years.

One of the first measures needed to overcome the crisis is a serious dialogue and a commitment by the two sides. Inclusive political dialogue, where representatives of civil society and religious institutions can take part, is needed.

The international community, that contributes more than 40% to Mozambique's state budget, can exert pressure on the government to propose an urgent solution for the conflict. The Southern African Development Community (SADC), the African Union, the European Union, the UN and so many other international organisations can equally play an important mediating role in negotiations between the government and Renamo.

These organisations cannot just sit by and watch the country that is considered the "pearl of the Indian Ocean" to sink into a new civil war. Mozambique is not a country isolated from the rest of the world, and the need to consider international intervention in mediation stems from this. A new war would have regional and continental implications, causing a flux of refugees to neighbouring countries and forcing Africa to shift its attention from fighting poverty and promoting economic development to solving yet another armed conflict. The world would witness yet another sad episode of civil war in the 21st century.

So there is a great and urgent need for intervention not only from national actors and institutions, but from international ones, to find a solution to the political and military crisis that comes from dialogue and not military action.

* This article was amended on 18 December 2013. The headline was changed.

This content is brought to you by Guardian Professional. To get more articles like this direct to your inbox, sign up free to become a member of the Global Development Professionals Network

Mozambique on the edge: violence threatens to reverse progress



 
 
>TOP

Brazilian group Vale plans to announce new partner in Mozambique’s Nacala corridor by June 2014

macauhub

DECEMBER 19TH, 2013

Brazilian mining group Vale is expected by the end of the first half of 2014 to choose the partner that will take on half of its 70 percent stake in the Nacala logistics corridor, in Mozambique, said the chairman of the Brazilian group.

The Nacala corridor is the logistics facility of Vale’s Mozambican coal operation and includes a 912-kilometre railroad and modernisation and expansion of the deep water port of Nacala to transport the coal the group mines in Moatize.

The remaining 30 percent of this project is in the hands of state Mozambican port and rail company CFM

Cited by Brazilian newspaper Estado de Sâo Paulo, Murilo Ferreira also said that the group was making efforts to find a party interested in buying the stake, which will mean Vale can reduce its investment in the project, which is estimated to cost US$4.4 billion.

Vale director for logistics, Humberto Freitas, said that the Nacala railroad will have capacity to carry 22 million tons of cargo per year, of which 18 million tons will be for Vale itself, a figure that may increase to 50 million tons if the train crossing areas are expanded. (macauhub)

Brazilian group Vale plans to announce new partner in Mozambique’s Nacala corridor by June 2014



 
 
>TOP

Coca-Cola to pay for construction of 2 kilometres of roads in Matola, Mozambique

macauhub

DECEMBER 19TH, 2013

Work to build the road linking the Maputo Circular road and the Matola Gare Industrial Park, in the Matola municipality, is due to begin in January, under the terms of a memorandum of understanding signed Wednesday in Matola.

According to the memorandum, Coca-Cola Sabco Lda. Will provide the US$1.7 million needed to build the 2-kilometre paved road that will also allow traffic to move from the neighbourhoods of Matola-Gare, Machava KM-15 and Nkobe onto National Road No.4 (EN4).

The mayor of Matola, António Matlhava, said that the new road would not only benefit the industrial area that is being set up in the municipality, but also the Machava KM 15 neighbourhood, the Machava area and local communities, as well as driving their development.

The managing director of Coca-Cola Sabco, Simon Everest, said that construction of the road that will provide access to the area where the soft drinks factory is part of investments that the company has been making in Mozambique, which are already in excess of US$129 million. (macauhub)

Coca-Cola to pay for construction of 2 kilometres of roads in Matola, Mozambique



 
 
>TOP

Japan’s prime minister to visit Mozambique in January 2014

Club of Mozambique

(2013-12-27) Japanese Prime Minister Shinzo Abe will visit Mozambique this coming 11 to 13 January 2014 with a view to strengthening bilateral relations, indicates a statement released on Tuesday by the Mozambican president’s office.

According to the statement cited by Mozambique’s AIM news agency, legal cooperation instruments will be signed for the areas of education, energy and agriculture during the visit, which is the Shinzo Abe’s first to Mozambique.

The Japanese prime minister will also attend a 12 January seminar on business and investment opportunities in Mozambique and visit various enterprises.

The Mozambican president received an envoy from Shinzo Abe last November, with whom he considered issues concerning the promotion and strengthening of cooperation ties between the two countries.

(source: macauhub)



UP:2013 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)