HOME > World / Africa >

モザンビーク共和国


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会理事、生存学研究センター運営委員


○2009年までのニュース・情報 モザンビーク共和国 〜2009年

○2010年〜2012年のニュース・情報 モザンビーク共和国 2010年〜2012年
○2013年のニュース・情報 モザンビーク共和国 2013年
○2014年のニュース・情報 モザンビーク共和国 2014年

○外務省 各国・地域情勢 モザンビーク共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2015/01/12 asahi.com ビール飲み56人死亡 ワニの胆汁混入か モザンビーク
◆2015/01/13 nikkei.com 葬儀で自家製の酒飲み69人死亡 モザンビークの村
◆2015/01/13 cnn.co.jp 自家醸造の酒を飲んで69人死亡 モザンビーク
◆2015/01/20 nikkei.com 三井物産、脱・順送り人事で成長託す 社長に安永氏
◆2015/02/19 GRAIN The land grabbers of the Nacala Corridor
◆2015/03/03 "Mozambique news reports & clippings" by Joseph Hanlon Gilles Cistac gunned down
◆2015/04/18 AJF/JVC/OJほか プロサバンナ事業マスタープランに関する公聴会やり直しの緊急要請
◆2015/06//04 AJF/JVC/OJほか 3カ国市民社会 緊急共同声明「プロサバンナ事業のマスタープランに関する公聴会」の無効化呼びかけ【日本語訳】
◆2015/06/05 International Institute of Social Studies in The Hague "Corridor Development and Foreign Investment in Agriculture: Implications of the ProSAVANA Programme in Northern Mozambique" by Ikegami Koichi
◆2015/06/05 International Institute of Social Studies in The Hague "The role of Japan in Overseas Agricultural Investment: Case of ProSAVANA project in Mozambique" by Kana Roman-Alcalá Okada  
◆2015/06//18 AJF/JVC/OJほか 【国際開発学会社会連携委員会共催講演会】モザンビークにおける農業政策と土地収奪〜ナカラ回廊農業開発/プロサバンナ事業はモザンビーク開発の「救世主」になり得るか?
◆2015/07/04 nikkei.com 途上国攻めるベトナム携帯 低料金で初心者に的
◆2015/07/08 AJF/JVC/OJほか モザンビークから農民リーダーがやってくる!「土地を生かし、農業に生きる 〜UNAC(全国農民連合)の取り組み」@明治学院大学白金キャンパス
◆2015/07/09 AJF/JVC/OJほか 緊急院内集会 モザンビークから農民が緊急来日!「なぜ、現地農民は異議を唱えるのか?」@参議院議員会館
◆2015/07/24 JOGMEC 平成27年度モザンビーク石炭研修を実施〜〜モザンビーク石炭産業の技術向上に貢献
◆2015/08/05 AJF/JVC/OJほか ProSAVANA事業で長引き、悪化してきた諸問題に関するNGOの見解と資料一覧
◆2015/08/10 AJF/JVC/OJほか 【緊急声明】プロサバンナ事業における農民の分断と招聘計画の即時中止の要求
◆2015/08/10 ADECRU PraSavana: Terra Usurpada, Vida Roubada(英語字幕)
◆2015/08/12 nikkei.com ゾウ、数十年後に絶滅も 象牙狙う密猟増加
◆2015/08/12 JOGMEC 平成27年度海外炭開発支援事業産炭国共同支援事業「クリーンコールタウン計画実行計画策定業務(モザンビーク)」
◆2015/08/15 The Guardian Mia Couto: ‘I am white and African. I like to unite contradictory worlds’
◆2015/08/28 AJF 「プロサバンナ」を概観する
◆2015/09/27 nikkei.com 首相、アフリカ首脳と会合 「インフラ整備に貢献」
◆2015/10/07 世界銀行 TICADセミナーシリーズ第1回「モザンビーク大使と2016年TICAD(第6回アフリカ開発会議)を考える」@世銀東京ラーニングセンター
◆2015/10/07 UN DISPATCH MOZAMBIQUE DESTROYED ITS LAST LANDMINE. THAT’S A VICTORY FOR FOOD SECURITY.
◆2015/10/17 東京藝術大学 武器をアートに−モザンビークにおける平和構築
◆2015/11/26 日本植物燃料株式会社 日本発のFinTechが変える新しい援助のカタチ。国連食糧農業機関が取り組むモザンビークの食糧増産計画にADM社が貢献
◆2015/12/05 上智大学グローバル・コンサーン研究所 食と農を支配するのは誰か?〜グローバル化時代における社会運動、民主主義、人権への新たな課題〜
◆2015/12/07 AJF/JVC/OJほか 「最後のフロンティア」アフリカにおける小農の現在と日本〜ナカラ回廊開発/プロサバンナ事業からの問題提起
◆2015/12/12 毎日新聞 国際農業開発事業 モザンビークで 住民の意向無視「中止に」 反対派が来日、富山で訴え /富山
◆2016/01/12 farmlandgrab.org Ativistas da UNAC escapam de tentativa de espancamento protagonizada por um dos consultores da JICA durante a sessão de consulta às organizações sobre ProSavana
◆2016/01/12 farmlandgrab.org Depois de desperdiçados mais de 560 milhões de Ienes para Elaboração do Plano Director do Prosavana, os governos optam pela cooptação da Sociedade Civil
◆2016/01/13 farmlandgrab.org Análise preliminar dos documentos primários da JICA sobre os contratos da JICA com os consultores para “estratégia de comunicação” e os relatórios dos consultores Japoneses do PD
◆2016/01/13 Macauhub Japan interested in building infrastructure in Mozambique
◆2016/01/15 UNHCR Clashes drive Mozambicans to seek safety in Malawi
◆2016/01/15 UNHCR Growing number of Mozambicans arriving in Malawi
◆2016/02/02 Macauhub Mozambique takes on new loan from Exim Bank of China
◆2016/02/03 asahi.com ゾウ、密猟絶てず激減 ヘリで群れ探し、残らず射殺
◆2016/02/17 nikkei.com 住商、モザンビークで火力発電 IHIと組む
◆2016/02/17 株探ニュース 【材料】IHIが続伸、アフリカでの発電インフラ需要に照準
◆2016/02/18 UNHCR UNHCR stresses asylum right of Mozambicans fleeing to Malawi
◆2016/02/19 No to ProSavana Campaign 「プロサバンナにノー!キャンペーン」は、プロサバンナの対話における不正を糾弾する
◆2016/02/22 Record China アフリカが過去30年間で最大の干ばつに、中国が緊急食料支援−中国メディア
◆2016/02/22 jp.wsj.com IMF、アフリカでのイメージ回復なるか
◆2016/02/22 SAHARABIA.com. 住友商事とIHI、モザンビークの火力発電所建設工事を受注
◆2016/02/23 farmlandgrab.org No to ProSavana Campaign denounces irregularities in ProSavana dialogue
◆2016/02/23 毎日新聞 愛媛大 モザンビークの土を豊かに 新年度から土壌改良を支援 留学生2人も意欲 /愛媛
◆2016/02/29 JICA (愛媛)愛媛大学とモザンビーク・ルリオ大学との共同シンポジウムでJICAの取り組みを紹介
◆2016/03/02 PRニュースワイヤー エネルギーネット 地域の参加者が集結する中、ギガワット・モザンビークが南部アフリカ開発の中心に
◆2016/03/03 cnn.co.jp モザンビークに航空機の残骸、2年前の不明マレーシア機か
◆2016/03/07 UNACほか WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
◆2016/03/10 THE FINANCIAL TIMES Mozambique proposes ‘tuna’ bond restructuring
◆2016/03/12 AFP BB News 不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見
◆2016/03/16 UNHCR Growing number of Mozambicans flee to Malawi
◆2016/03/18 AJF・JVCほか プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」に対する抗議声明〜抜本的な見直しに向けた要請〜
◆2016/03/24 asahi.com モザンビークの残骸「ほぼMH370」 マレーシア機
◆2016/03/24 cnn.co.jp モザンビークで発見の残骸 「不明マレーシア機の可能性高い」
◆2016/03/31 Reuters UPDATE 1-Vale says Mitsui not reconsidering Mozambique coal venture
◆2016/04/07 北海道新聞 林業の技、海越え育てる 雨竜の畠山さん アフリカ、アジアの研修生指導
◆2016/04/12 National Human Rights Commission PRESS RELEASE "Murder by the Attorney Marcelino Vilanculos"
◆2016/04/15 UNHCR UNHCR begins relocating Mozambican asylum-seekers in Malawi
◆2016/04/18 THE FINANCIAL TIMES IMF halts Mozambique aid after finding undisclosed debts of $1bn
◆2016/04/20 cnn.co.jp モザンビークの残骸、マレーシア機と「ほぼ断定」 豪当局
◆2016/05/12 cnn.co.jp アフリカで発見の残骸、不明マレーシア機の部品とほぼ断定
◆2016/06/08 ジェトロ・アジア経済研究所 連続専門講座「TICADVIの機会にアフリカ開発を考える」コース5 網中昭世「モザンビークにおける平和構築再考」@ジェトロ本部5階 ABCD会議室
◆2016/06/08 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Mozambique: New Investments Planned for Nacala Railways
◆2016/06/08 Macauhub Railway in Nacala Corridor in Mozambique, increases coal transport capacity
◆2016/06/09 ISS The resource curse comes to Mozambique
◆2016/06/13 Reuters RPT-EXCLUSIVE-Mozambique paid $35 million for VTB shipyard loan-documents
◆2016/06/13 Reuters UPDATE 1-$1.86 bln of Mozambique loans "illegal", social groups say
◆2016/06/14 CLUB OF MOZAMBIQUE Tax Authority assessing Vale-Mitsui Mozambique’s deal
◆2016/07/27 Macauhub Government of Mozambique wants all districts to have a bank
◆2016/08/01 Macauhub Closure of Vale/Mitsui & Co. agreement on Mozambique expected in September
◆2016/08/04 Macauhub Brazil’s Vale group closes agreement on Mozambique with Mitsui & Co
◆2016/08/18 nikkei.com アフリカ12億人市場争奪 日本の官民総力
◆2016/08/18 Macauhub Thousands of jobs lost in Mozambican mining industry
◆2016/08/27 nikkei.com 丸紅や住商、アフリカで発電 総額4000億円
◆2016/08/27 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Mozambique and Japan Want to Expand Cooperation
◆2016/08/31 Macauhub IMF insists on international audit of Mozambique’s public debt
◆2016/09/01 JICA研究所 ワーキングペーパー:Examination of Poverty in Northern Mozambique:A Comparison of Social and Economic Dimensions
◆2016/09/14 nikkei.com アフリカ、飛躍の時 日本企業、一翼担う
◆2016/09/28 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Nacala Corridor PTC to go live this year
◆2016/09/29 MINING WEEKLY Brazil's Vale agrees to new terms with Mitsui for Mozambique coal asset
◆2016/09/30 nikkei.com 三井物産、モザンビークで炭鉱取得 計画より3割安く
◆2016/09/30 三井物産株式会社 モザンビークにおける炭鉱及び鉄道・港湾インフラ事業への出資参画について
◆2016/10/21 Macauhub Chicamba and Mavuzi power plants in Mozambique refurbished by the end of 2016
◆2016/10/28 Deutsche Welle Calls for partial debt relief for Mozambique
◆2016/11/18 AFP BB News 石油タンク車爆発で73人死亡 モザンビーク
◆2016/11/24 Macauhub Mozambique plans to ban export of timber logs
◆2016/11/28 AJF/JVC/OJほか 日本が推進する経済開発モデルと人びとの暮らしへの影響〜SDGs時代におけるアフリカ小農の視点から〜 @衆議院議員会館
◆2016/11/28 Macauhub Mozambique loses US$57 million a year due to illegal fishing
◆2016/11/29 AJF/JVC/OJほか モザンビークから農民リーダー来日!−奪われる土地・権利− @高田馬場
◆2016/12/22 AFP BB News カンボジア当局、違法象牙など1.5トン押収 中国行き貨物で発見
◆2017/01/03 Macauhub Angolan and Mozambican currencies among the most devalued worldwide in 2016
◆2017/01/10 Macauhub Public-private partnership plants soybeans in Niassa, Mozambique
◆2017/01/16 Bloomberg Mozambique Default May Push Bondholders to Negotiating Table
◆2017/01/21 The ECONOMIST Boats and a scandal: Mozambique’s default; Mozambique fails to pay its debts
◆2017/01/24 しんぶん赤旗 モザンビーク 人権侵害・貧困拡大深刻 安倍政権 ODAの実態 日本の予算が市民分断の工作資金に
◆2017/02/02 しんぶん赤旗 モザンビーク 収奪される大地 上 社会分断する開発事業
◆2017/02/03 Bloomberg African Issuers Scrutinized After Mozambique’s Bond Default
◆2017/02/03 しんぶん赤旗 モザンビーク 収奪される大地 下 海外派兵と結びつく
◆2017/02/17 farmlandgrab.org 公開書簡 【日本語仮訳】Open Letter from “No to ProSAVANA” to JICA President
◆2017/02/20 farmlandgrab.org Leaked Minutes of the Secret Meeting for ProSAVANA (Japanese translation) リークされた秘密会議録の日本語訳
◆2017/02/22 farmlandgrab.org モザンビーク市民社会によるJICA宛公開書簡(「プロサバンナ事業におけるモザンビーク社会へのJICAの活動に対する抗議」)への賛同レター
◆2017/03/10 外務省 報道発表:ニュシ・モザンビーク共和国大統領の訪日
◆2017/03/14 外務省 報道発表:日・モザンビーク外相会談
◆2017/03/17 Macauhub President of Mozambique’s visit to Japan leads to four cooperation agreements
◆2017/03/20 Deutsche Welle Africa's new sovereign debt crisis
◆2017/03/21 Macauhub Mozambique analyses difficulties in disposing of agricultural surpluses
◆2017/03/28 三井物産株式会社 モザンビークで炭鉱および鉄道・港湾インフラ事業へ出資参画
◆2017/03/29 Macauhub Vale concludes sale of assets in Mozambique to Japan’s Mitsui
◆2017/05/09 Macauhub Nacala coal terminal, Mozambique, starts operating in full on 12 May
◆2017/05/10 アフリカレポート 網中 昭世「モザンビークにおける政治暴力発生のメカニズム−−除隊兵士と野党の役割−−」
◆2017/05/16 Railwaygazette.com Nacala Corridor officially inaugurated
◆2017/05/18 Macauhub Mozambican government will seek to restore relations with the IMF
◆2017/05/23 Newsweekjapan.jp 【写真特集】開発の激流がのみ込むモザンビークの未来:MINING IN MOZAMBIQUE
◆2017/05/25 Macauhub Nippon Steel & Sumitomo Metal may buy coal in Mozambique
◆2017/06/01 nikkei.com 日揮など、LNGプラント7000億円受注 東アフリカで洋上型
◆2017/06/02 Macauhub Court orders coal terminal of Indian group in Mozambique to be closed
◆2017/06/05 Macauhub Four ministers seek in Tete investors for projects in Mozambique
◆2017/06/07 AFP BB News はげ頭の男性狙って襲撃、2人死亡 モザンビーク、臓器を呪術に
◆2017/06/13 Macauhub Mozambique to propose extension of payment terms and a drop in interest rates on loans
◆2017/06/27 世界銀行東京事務所/国際協力機構(JICA)/DPI日本会議 世界銀行・国際協力機構(JICA)共催セミナー :持続可能な開発目標(SDGs)と障害者の自立生活
◆2017/06/30 CLUB OF MOZAMBIQUE Japan mulls further investment into Mozambique’s energy sector - Watch
◆2017/06/30 Bloomberg Mozambique Hidden-Debt Companies' Head Defiant After Audit
◆2017/07/08 高木仁三郎市民科学基金 市民科学 研究成果発表会2017(日本の官民による「回廊開発」がモザンビーク小農の暮らしに及ぼす影響に関する研究)@名古屋YWCA ビッグスペース
◆2017/07/13 Journalducameroun.com Japan freezes $100M in grants and loans to Mozambique amid debt talks
◆2017/08/09 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Mozambique: Strike Turns Violent in Maragra Sugar Mill
◆2017/08/10 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Mozambique: Tender Results for Identity Documents to Be Announced Soon
◆2017/08/10 Agencia de Informacao de Mocambique (Maputo) Mozambique: Strikers Burn Down 44 Hectares of Sugar Cane in Maragra
◆2017/08/13 asahi.com 私たちの闘い 自分で動く:2 70億分の1の声に耳を澄ます 七尾旅人
* 空から降ってきた男:アフリカ「奴隷社会」の悲劇
◆2017/08/16 日本国際ボランティアセンター(JVC) アフリカ外交の柱・「TICAD(アフリカ開発会議)」日本市民社会代表一名がモザンビーク入国を拒否される
◆2017/08/17 市民ネットワーク for TICAD TICAD VIフォローアップ閣僚級会議参加希望者へのビザ不発給措置について
◆2017/08/21 外務省 堀井学外務大臣政務官のモザンビーク訪問
◆2017/08/23 NHK 河野外相 アフリカ開発会議閣僚会合へ
◆2017/08/24 外務省 河野外務大臣のモザンビーク及びエチオピア訪問(平成29年8月23日〜27日)
◆2017/08/24 外務省 河野外務大臣によるニュシ・モザンビーク大統領表敬
◆2017/08/24 外務省 日・モザンビーク外相会談
◆2017/08/24 外務省 モザンビークに対する無償資金協力2件に関する書簡交換
◆2017/08/24 市民ネットワーク for TICAD TICAD VIフォローアップ閣僚会合についてのアフリカ市民協議会(CCFA)および日本市民ネットワーク for TICADの声明
◆2017/08/25 NHK 河野外相 アフリカ各国との投資協定進める
◆2017/08/25 asahi.com 西サハラの出席めぐりつかみ合いの争いに TICAD
◆2017/08/25 MOROCCO WORLD NEWS Mozambique Forces Polisario Members Into Japan-Africa Meeting, While Blocking Moroccan Delegation
◆2017/08/25 Sahara Press Service Morocco fails in its attempt to thwart TICAD joint meeting in Maputo
◆2017/08/26 NHK 河野外相 中国念頭に「自由貿易促進の立場でアフリカに投資」
◆2017/08/26 Sahara News Mozambicans stir trouble at opening of Africa-Japan summit in Maputo
◆2017/08/26 市民ネットワーク for TICAD TICAD市民社会参加者へのビザ発給拒否措置に抗議し今後のTICAD関連会議に向けた防止策を求めます
◆2017/08/27 市民ネットワーク for TICAD 西サハラ問題で大混乱のTICAD VIフォローアップ閣僚会合に 多くの市民社会メンバーが参加、サイドイベント等開催で活躍
◆2017/08/29 ZITAMAR NEWS Mozambique, Moroco, Japan in three-way fight over Western Sahara in Maputo
◆2017/09/01 日本国際ボランティアセンター(JVC) モザンビークビザ不発給措置についての経緯報告
◆2017/09/13 えひめグローバルネットワーク 高知大学にて武器アート展が開催されました
◆2017/09/13 毎日新聞 街角から:TICADの裏で ヨハネスブルク支局・小泉大士
◆2017/09/16 MOZAMBIQUE RESOURCES POST Mozambique Logistics: Government signs $ 2.5 billion deal with Malawi to expand Nacala corridor
◆2017/09/17 AFP BB News モザンビークでまた「アルビノ狩り」 17歳少年、脳まで奪われる
◆2017/09/24 nikkei.com 北海道からアフリカ進出、インフラ検査に商機 中小2社
◆2017/09/27 The Economist 密売買天国アフリカで荒稼ぎする北朝鮮外交官
◆2017/10/03 ロケットニュース24 【辺境音楽マニア】再現度高すぎ! アフリカ・モザンビークのロックスター「Scratch」の完コピバンドがついに現る!!
◆2017/10/05 CLUB OF MOZAMBIQUE “Murder of Nampula mayor represents a hard blow to the construction of a state of democratic rights”
◆2017/10/07 CLUB OF MOZAMBIQUE MDM headquarters in Gaza torched
◆2017/10/16 This is Africa The “Akon Lighting Africa” initiative will electrify rural Mozambique
◆2017/10/20 nikkei.com 日本貿易保険、モザンビークの鉄道整備へ
◆2017/10/20 The Financial Times African debt worries intensify as levels near tipping point
◆2017/10/24 nikkei.com モザンビークへの進出支援、ジェトロが新拠点、物流整備や資源で有望視
◆2017/10/26 ZITAMAR NEWS Vale says $2.7bn Mozambique project finance deal will close next month
◆2017/11/01 asahi.com (世界発2017)アフリカ、北朝鮮と切れぬ縁 指導者像の製造依頼・武器輸入の情報も
◆2017/11/05 asahi.com マッドジャーマンズ ドイツ移民物語
* マッドジャーマンズ ドイツ移民物語
◆2017/11/08 asahi.com 北朝鮮大使館員は制裁下で「自活」に必死
◆2017/11/09 asahi.com スシロー、売上高と営業益が過去最高 台湾に来春1号店
◆2017/11/19 毎日新聞 国際協力銀など アフリカに3000億円融資 モザンビーク鉄道・港湾開発
◆2017/11/26 CLUB OF MOZAMBIQUE Vale, partner Mitsui ink $2.7bn Nacala coal corridor funding


【参考】
LORDS OF THE LAND: PRELIMINARY ANALYSIS OF THE PHENOMENON OF LAND GRABBING IN MOZAMBIQUE - CASE STUDIES -
http://www.open.ac.uk/technology/mozambique/sites/www.open.ac.uk.technology.mozambique/files/pics/d131619.pdf

【参考図書】
戦争と平和の間―紛争勃発後のアフリカと国際社会
武内進一編 日本貿易振興機構アジア経済研究所 5,100円+税255円 A5判 400p 2008年11月 [amazon]

序 章 アフリカの紛争と国際社会   武内進一
第I部 紛争勃発後の和平プロセス
第1章 スーダンという国家の再構築 ―重層的紛争展開地域における平和構築活動―  篠田英朗
第2章 歴史の写し画としての和平プロセス ―内戦期コートディヴォワール政治における連続性―   佐藤 章
第3章 コンゴ民主共和国の和平プロセス―国際社会の主導性と課題―  武内進一
第4章 DDRとリベリア内戦    山根達郎
第II部 紛争後の制度構築を考える
第5章 ウガンダ1986、南アフリカ1994 ―紛争後の包括的政治体制の比較分析―  峯陽一
第6章 シエラレオネにおける地方自治制度改革とチーフ  落合雄彦
第III部 正義と和解の現実
第7章 紛争後の社会への司法介入―ルワンダとシエラレオネ―  望月康恵
第8章 ルワンダのガチャチャ―その制度と農村社会にとっての意味― 武内進一
第9章 モザンビークにおける平和構築の課題 ─国家レベルの共存と地域社会内部での対立の深化―  舩田クラーセン・さやか


モザンビーク解放闘争史―「統一」と「分裂」の起源を求めて
舩田クラーセンさやか著 御茶の水書房 ¥9,240 A5版 669p+28p 2007年2月 [amazon]

国連ボランティアとしてモザンビークで活動したことをきっかけにモザンビーク研究を始めた著者が、12年近くの年月をかけてまとめた。



 
 
>TOP

ビール飲み56人死亡 ワニの胆汁混入か モザンビーク

asahi.com
マラボ〈赤道ギニア〉=三浦英之2015年1月12日18時47分

アフリカ南部のモザンビークで、伝統的な製法でつくられたビールを飲んだ56人が死亡し、49人が病院に搬送された。同国の保健当局が11日発表した。AP通信が伝えた。

同通信によると、56人は週末に開かれた葬儀に出席し、キビやトウモロコシの粉から作られたビールを飲んだ。当局者は「ビールにワニの胆汁が混入された可能性がある」とみている。当局がビールなどの試料を採取し、原因を調べている。AFP通信によると、死者には2歳の幼児も含まれている。(マラボ〈赤道ギニア〉=三浦英之)



 
 
>TOP

葬儀で自家製の酒飲み69人死亡 モザンビークの村

nikkei.com
2015/1/13 11:37

【ナイロビ=共同】アフリカ南部モザンビークの村で、葬儀で振る舞われた自家製の酒を飲んだ69人が死亡、196人が病院に運ばれた。何らかの毒性の物質に汚染されていた可能性があるという。AP通信が12日報じた。

酒はトウモロコシなどの粉で造るビールのような地元の伝統の飲み物。汚染の原因は不明。

葬儀は10日にあり、酒を飲んだ人々は下痢や筋肉の痛みなどの症状を訴えて病院に殺到した。保健当局が残った酒から原因物質の特定を急いでいる。

多くの犠牲者が出たことを受け、モザンビーク政府は12日からの3日間を服喪期間に指定した。



 
 
>TOP

自家醸造の酒を飲んで69人死亡 モザンビーク

cnn.co.jp
2015.01.13 Tue posted at 19:32 JST

(CNN) アフリカ南部モザンビークの村で、自家醸造の酒を飲んだ住民69人が死亡し、約200人が下痢などの症状を示していることが分かった。

国営ラジオによると、住民らは9日深夜、葬儀帰りに立ち寄った地区で「フォンベ」と呼ばれる酒を飲んだ。フォンベはモロコシやトウモロコシのふすま、砂糖を原料に醸造される。

地元の病院には翌朝以降、死者の遺体が運び込まれ、下痢や筋肉の痛みを訴える患者が押し寄せた。

当局は問題の酒が入っていた容量210リットルのたるからサンプルを採取し、国立研究所へ送って分析している。

遺体は集団葬儀の後、埋葬された。現地の医療チームを助けるため、同国の保健相が医師団とともに現地へ向かっているという。



 
 
>TOP

三井物産、脱・順送り人事で成長託す 社長に安永氏

nikkei.com
2015/1/20 23:14

三井物産が異例の抜てき人事に踏み切った。20日決めたトップ人事で後任社長の座を射止めたのは54歳の安永竜夫執行役員。序列が上の役員32人を飛び越し、同社が現在の形になってからでは最年少の社長となる。飯島彰己社長(64)は得意の資源・エネルギー事業で吹く逆風を跳ね返して成長を遂げるには、順送り人事と本流意識の打破が必要と判断したようだ。

「変化の激しい時代に取締役の中からリーダーを選ぶのは難しい」。同日、東京・丸の内の本社で開いた記者会見で飯島社長はそう語った。現在、副社長以下の取締役は7人。最年少は57歳だ。自らは58歳で社長に就いたが「体力と気力がきつくなってきた」。だから6年後でも元気に飛び回れる人材を選んだ。

三井物産は昨年、取締役ではない執行役員からでも社長を選べるように定款を変更し、布石を打っていた。しかし社内外は極端な若返りはないだろうという見方が大勢。実際、飯島氏も「(後任が)若いと、自分流の体制をつくるまで時間がかかる」と語っていた。

それだけに今回の社長人事が社内外に与えた衝撃は大きい。かつて三井物産では米国三井物産社長や経営企画担当役員を経験することが社長の登竜門とされた。安永氏は経営企画部長には就いたものの経験が浅い。

飯島氏も悩んだようだ。「1年前に10人の後継候補を選び、昨年末時点で絞り込んだのは7人だった」と明かす。社内外で本命視されていた取締役も含まれていた。飯島氏が安永氏に伝えたのは1月15日だった。

飯島氏が安永氏を選んだもう一つの理由は多くの分野で積んだ経験。プラント事業を長く歩み、世界中を飛び回った。世界銀行と東洋エンジニアリングへの出向を経験。直近2年は機械・輸送システム本部長として、ブラジルとモザンビークの貨物・旅客鉄道への出資を次々とまとめた。安永氏は「変化が激しい時代は機敏に対応することが大事。若さを武器に新しい事業に挑戦したい」と語る。この気概が飯島氏の期待していたものだ。

三井物産は鉄鉱石や原油・ガス事業など資源部門が収益の7割前後を稼ぎ出す。一方で繊維や食品など非資源は弱い。飯島氏は「三井物産は弱い分野をどう強くするかが課題」と強調する。必要なのは行動力。飯島氏は、従来路線に安住する姿勢を改めるのに、行動力のあるリーダーに委ねる必要があると判断した。

今回の人事で情報漏れを防ぐため、飯島氏は直前まで取締役には日程を知らせなかった。「32人抜き」となれば現役役員やOBから予想される反発を封じ込める狙いがあったと見る向きがある。

年次の秩序が乱れたことで、社内の人事力学は変わる。飯島氏は院政を敷きやすくなるとの声もある。そうした懸念を跳ね返し、若返りの活力をどれだけ事業創造につなげられるか。商社で最年少リーダーの手腕に関係者は目をこらしている。

三井物産、脱・順送り人事で成長託す 社長に安永氏(新社長登場のビデオあり)



 
 
>TOP

Gilles Cistac gunned down

Mozambique news reports & clippings
Prominent constitutional lawyer Gilles Cistac was assassinated this morning at a café in central Maputo.

The respected, if controversial, professor at the law school of Universidade Eduardo Mondlane had finished his regular breakfast at Café ABFC (formerly Wimbe) at the corner of avenidas Mártires da Machava and Eduardo Mondlane at 8.30 and was getting into a car. He was shot from a passing car. Police spokesperson Arnaldo Chefo said there were four people, three black and one white. He was shot five times by the white man with an AKM assault rifle. The driver took him to the nearby central hospital, where he died early this afternoon. (AIM, @Verdade)

Cistac is of French origin, and was 53 years old. He lived and worked in Mozambique since 1993 and became a Mozambican citizen. He has advised Defence, Tourism and State Administration ministers. He was an advisor to the Administrative Tribunal (AT, which oversees public expenditure) and was getting into a taxi to go to the AT when he was shot.

O Pais on its website has published a picture of the bloody Cistac lying on the ground after being shot - http://opais.sapo.mz/index.php/sociedade/45-sociedade/34703-morreu-gilles-cistac.html

Attacked for his advice?

Cistac has recently come under attack on social media, including from an unidentified Facebook troll writing under the name "Calado Calachnikov” which could be interpreted to mean "secret machine gun". The troll accused Cistac of being a spy and traitor, and said he and other prominent white men were subverting the country.

The attacks followed Cistac's entry into the debate about Renamo leader Afonso Dhlakama's demand for an autonomous “Republic of Central and Northern Mozambique” or at least power in the provinces which voted in favour of Renamo on the 15 October 2014 elections.

Frelimo's response was that this would be unconstitutional, violating the constitutional statement that Mozambique is a "unitary state". Cistac was an expert on municipality law and decentralisation and he wrote that there was a way to partly meet Dhlama's demand. He noted that Maputo city is both a municipality and a province, so it has an elected mayor and assembly as a municipality and an appointed governor as a province. As this has never been challenged as unconstitutional, something similar could be extended to all provinces. Not all constitutional experts agreed with Cistac, but Dhlakama adopted this framework.

In two meetings between President Filipe Nyusi and Dhlakama on 7 and 9 February it was agreed the Renamo would take up its parliamentary seats and Renamo will present a preliminary proposal [anteprojecto] to parliament [Assembleia da República] relating to what he called autonomous provinces or an autonomous region. Dhlakama said "the agreement is that the parliamentary benches will take it seriously, because this is not a normal proposal of the opposition that is just voted down by the majority party," according to Radio Moçambique (9 Feb) The next parliamentary meeting is later this month, and Renamo has not presented its preliminary proposal yet.

Frelimo panic & Renamo threats

The response of Frelimo to the Nyusi-Dhlakama agreement was rapid and unexpected. Members of Frelimo's ruling Political Commission quickly went out to all provinces to tell people that the proposal for regional autonomy would destroy national unity and is unacceptable. And they came back reporting that the people did not want autonomous provinces.

Savana (20 Feb) interpreted this as a split in Frelimo, with Armando Guebuza as head of the party trying to undermine Nyusi's negotiations. But Nyusi had already made clear that although parliament had to seriously debate the proposal, it did not have to accept it. This was very different from changes to the elections law last year, where government was committed to accept Renamo demands.

The issue is real, at two levels. Frelimo has always stressed unity, and has prevented the party from splitting and has prevented regional, ethnic and language differences from dividing the country, as has happened in many other places. Thus the commitment to national unity is real. But at another level, the highly centralised government under Frelimo gives the party quite tight control; for example, appointed governors wield immense power and Frelimo does not want to share that power. Indeed, it has repeatedly tried to undermine opposition controlled municipalities such as Beira, Quelimane and now Nampula.

Dhlakama responded to the Frelimo campaign by taking a very hard line. On 26 Feb speaking on at a rally in Montepuez, Cabo Delgado, Dhlakama said “if Frelimo does not approve the project, that will even be good, because we shall remove it from power by force. It will lose everything, and we are able to do that”. (AIM, STV)



 
 
>TOP

途上国攻めるベトナム携帯 低料金で初心者に的
国営ベトテル、アジア越えアフリカ・南米も

2015/7/4 2:02 日本経済新聞 電子版

ベトナムの国営企業で通信最大手、ベトナム軍隊通信グループ(通称ベトテル)が発展途上国市場の開拓に乗り出した。東南アジアのみならず、アフリカや南米で携帯電話サービスを始めた。進出が決まった9カ国の総人口はベトナムの2倍の1億8千万人にのぼる。低料金を武器に携帯電話を初めて使う利用者を囲い込む手法で、ベトナム発の途上国携帯が広がりつつある。

アフリカ、モザンビークのある田舎町。携帯電話の基地局のそばにテントで簡易営業所をつくると周囲の人がもの珍しそうに集まってきた。鮮やかなオレンジ色の制服に身を包んだモビテルの営業マンが携帯電話機で通話してみせる。固定電話すらめったに使わないこの町では携帯電話を見たこともない人も多い。契約方法や料金などを説明すると何人かはすぐに契約にこぎ着けた。

モビテルはモザンビークにあるベトテルの携帯電話サービス子会社だ。営業マンは本社がある首都マプトから全国へ営業に行く。単機能の携帯電話機と通話サービスのみの低価格・低料金で携帯電話を知らない顧客を取り込むのがベトテルの手法だ。2012年に進出したモザンビークの利用者は14年に400万人に達し、市場シェアは38%とトップだ。

「世界ですでに発達した市場を見れば小さな通信会社のベトテルが攻めるのは難しい。発展途上国ならば大きなチャンスがある」とベトテルの海外事業戦略を一手に担うベトテル・グローバル投資のタオ・ドゥック・タン社長は指摘する。こうした考えからベトテルは東南アジアのほか、中南米やアフリカの発展途上国市場を狙う。

海外の携帯電話市場への進出は09年のカンボジアを皮切りに10年から本格化。カメルーン、ペルーなどで次々と通信免許を勝ち取り、今年参入するタンザニアなどを含めサービスを手掛けるのは10カ国(ベトナム含む)に達する。17年までにさらに10カ国への進出を計画、最大50億ドル(約6100億円)を投資する。

ベトテルは本拠地のベトナムの携帯通信市場で14年のシェアが51%と過半を押さえ、ベトナムモビフォン、VNPT(ベトナム通信・郵政グループ)子会社のビナフォンなどの追随を許さない。競争力の源泉は、軍が使っていた高度な通信技術に加え、料金の安さだ。

ベトナム国内の場合、データ通信がないシンプルな通話プランならば、ベトテル同士の通話は無料で月々の料金は10万ドン(約570円)程度に収まる。競合他社と比べ10%以上安いといい、低所得者層でも使いやすい。携帯電話機も独自に国内や中国などから調達し直営店で30万ドン(約1710円)程度で販売する。

軍隊経験者の天下りも多いベトテルの業務内容はあまり明らかにされていない。ただ、関係者によると「ベトテルは工事に軍隊関係の会社や人材を使い、通信設備を低コストで運営している」という。通信網の整備、営業体制の構築、新サービスの導入などの早さに定評がある。こうした国内での競争力が海外での投資余力をもたらしたとみられている。

14年の海外売上高は約12億ドルと09年の24倍に増えた。14年の総売上高に占める海外売上高比率は13%に達する。ベトナム国内では16年に「第4世代(4G)」への移行を控え、巨額の設備投資が必要になる。一方、海外はまだ進出余地がありそう。ベトテルは途上国をけん引役に、世界市場でさらなる発展を模索しているようだ。

(ハノイ=富山篤)

▼ベトナム軍隊通信グループ(通称ベトテル) 1989年設立。軍隊の通信部門を独立する形で設立したもようだが詳細は不明。現在も国が100%出資する。ベトナム国内の通信市場への参入は2000年と遅く、4社目だった。低価格とつながりやすさで顧客を増やし、14年の売上高は94億ドルと06年以来9期連続で増収が続いている。



 
 
>TOP

TICADセミナーシリーズ第1回「モザンビーク大使と2016年TICAD(第6回アフリカ開発会議)を考える」

2015年10月7日@世銀東京ラーニングセンター

世界銀行ではこの度、第6回TICADに向け、TICADとアフリカ各国の様々な側面について日本の皆様にご紹介するセミナーシリーズ を開始します。第1回 は、在京アフリカ外交団TICAD委員会の中心としてご活躍されているベルミロ・ジョゼ・マラテ駐日モザンビーク共和国特命全権大使をお迎え し、TICADのアフリカ開催をふまえたアフリカと日本の新たなパートナーシップの可能性についてお話しいただきます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム 開会挨拶:塚越保祐 世界銀行駐日特別代表
基調講演:ベルミロ・ジョゼ・マラテ 駐日モザンビーク共和国特命全権大使
コメント:白戸圭一 三井物産戦略研究所中東アフリカ室主任研究員
     世界銀行(アフリカとテレビ会議接続予定)
閉会挨拶:高橋郁・市民ネットワーク for TICAD 世話人

<イベント詳細>
◎日時:2015年10月7日(水)午後6時30分から午後8時
◎場所:世界銀行東京開発ラーニングセンター
 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル10階
 地下鉄三田線内幸町駅直結、
 千代田線・日比谷線・丸の内線霞ヶ関駅C4出口下車
◎言語:英語、日本語(同時通訳付)
◎お問い合わせ:世界銀行東京事務所
 ptokyo@worldbank.org
 TEL: 03-3597-6650
お申込み:以下のフォームからお願いします。
https://www.worldbank.or.jp/forms/100715_form.html



 
 
>TOP

国際農業開発事業
モザンビークで 住民の意向無視「中止に」 反対派が来日、富山で訴え /富山

毎日新聞2015年12月12日 地方版

アフリカ・モザンビークで日本などが進める農業開発プログラム「プロサバンナ事業」の中止を訴えている同国の農民組織「全国農民連合(UNAC)」のビンセンテ・アドリアーノさんが8日、富山市総曲輪のフォルツァ総曲輪で問題点を指摘し、協力を呼びかけた。【青山郁子】

同国は人口約2583万人で、その約半数を占め、労働人口の8割にもなるのが農民。化学肥料や殺虫剤を使用しない、自然を生かした小規模農業が主流で、主にトウモロコシやキャッサバ(芋の一種)などを生産している。

同事業は同国と日本、ブラジル3カ国が2009年に合意した開発援助事業。同国北部約700キロにまたがる「ナカラ回廊」と呼ばれる雨が豊富な地帯の約1400万ヘクタールという広大な土地で、大規模に農地を整備して大豆や穀物の一大生産地にすることを目指す。11年にはODA(政府開発援助)資金で事業を開始。14年には安倍晋三首相が回廊一帯の経済開発に向けて700億円の支援を打ち出している。

しかし、住民に十分な説明もないまま進む事業に現地での反対の声は多く、UNACで政策提言・国際連携を担当しているアドリアーノさんは、事業の中止を訴え4回来日。この日は、立山町のアフリカ文学研究者、村田はるせさんのアフリカ講座の拡大版として、アフリカでの日本の援助を考えるという目的で企画された。

アドリアーノさんは、農民が説明もないまま土地を奪われ、強制的に移住させられたり、反対を唱える住民が脅迫され暗殺される事件も発生したりしていると、現地の状況を報告。ポルトガルによる長い植民地支配下にあったことから、英語が理解できなかったり、文字を読み書きできない住民も多く、契約方法に不備も多いという。

現地は、植民地時代に鉄道や港が整備されたものの、農産物や資源を海外に輸出するのが目的だったため、今回の事業も「地元住民のためではなく、海外に輸出するための換金作物の生産が目的。植民地時代と同じことが行われようとしている」と批判。

さらに現在、同国の中心である家族による小規模で自然に寄り添った農業を写真で紹介し、「ODAという公的な資金を使う以上、現地住民のためになる投資をしてほしい。農民がどんな作物をどんな方法で生産するのか決定できるようにすべきで、そのような農業を援助するのが、上質な食料を現地の国民に行き渡らせる唯一の方法です」と訴えた。

村田さんは「ODAはその国の国民が望むことをするために使われるべきなのに、日本やブラジルの企業のために使われるのなら問題では」と疑問を投げかけていた。

モザンビークで 住民の意向無視「中止に」 反対派が来日、富山で訴え /富山



 
 
>TOP

ゾウ、密猟絶てず激減 ヘリで群れ探し、残らず射殺

asahi.com
キリンバス=三浦英之2016年2月3日13時47分

アフリカのゾウが激減している。モザンビークでは過去5年で約5割減少。タンザニアでも約6割減った。象牙を目的とした密猟が原因だが、犯行が組織的に行われていることに加え、取り締まる側の汚職の存在も指摘され、密猟根絶は難しい。

モザンビーク北部のキリンバス国立公園。レンジャーに案内されてサバンナを1時間ほど歩いていると、岩山の向こう側でヘリコプターの飛行音がした。

「まただ」。レンジャーが顔をしかめる。上空からゾウの居場所を特定し、無線で地上の密猟者に連絡しているという。レンジャーは「今日もまたどこかでゾウが殺される」。

公園内のキャンプサイトに到着すると、密猟で殺されたゾウのアゴの骨がずらりと並んでいた。ゾウの保護活動に取り組むクース・ランズバーグさん(69)は「公園の中心部では3年間で114頭が殺された。もう十数頭しか残っていない」と憤った。

ランズバーグさんによると、周辺でゾウの密猟がひどくなったのは2012年以降。南アフリカのテレビ局が「モザンビーク北部はゾウの楽園だ」と放送した直後から、密猟者が押し寄せてくるようになった。

密猟は組織的に行われるという。まず上空からゾウの居場所を特定。その後、密猟者がバイクで現場に急行し、銃で群れを皆殺しにする。象牙は四輪駆動車でタンザニアに運ばれているとみられている。

国際NGO「野生生物保護協会」(WCS)の報告によると、モザンビーク国内のゾウは、5年間で約2万頭から約1万300頭に約5割減少。被害の95%が同国北部に集中しており、キリンバス国立公園全体では08年には約2千頭いたものが、14年には約790頭に減った。

記者が取材で入った公園内にはフェンスなどは見られず、入り口に係員もいない。レンジャーは「警察や国境警備隊は密猟者から賄賂をもらい、密猟や象牙の密輸を黙認している。なかには自分の銃を貸し出して、裏金を受け取っている者もいる」と話す。

自然保護団体「トラフィック」によると、隣国タンザニアでも、過去5年間で約10万9千頭から約4万3千頭へと約6割も減少。米ワシントン大などの研究チームは違法象牙などのDNAを分析し、モザンビークとタンザニアにまたがるエリアが密猟の一大多発地帯となっている可能性を指摘している。

■規制当局を買収、服役逃れ

東アフリカで密猟された象牙は、ケニアのモンバサやタンザニアのダルエスサラームなどで船積みされ、東南アジアを経由して大多数が中国に運ばれているとみられている。

動物保護団体「セーブ・ジ・エレファンツ」によると、中国での象牙の市場価格は1キロ約2100ドル(約25万円)。密猟者には1キロあたり約100ドル(1万2千円)が支払われるとみられており、膨大な利益が密輸組織に流れ込む。

国際社会は、密猟を取り締まる活動にようやく本腰を入れ始めた。

中国の香港は1月、政府トップが象牙取引を全面的に禁止する考えを表明した。香港ではすでに象牙の輸出入は禁じられているが、1989年の禁止協定前に承認を受けていた業者には例外的に販売が認められていた。

ケニア政府も1月、保管している象牙120トン(約4千頭分)を焼却処分する方針を公表した。タンザニア警察は14年12月、「密輸組織のドン」と呼ばれるケニア国籍の男(逮捕時46)を国際手配の末に逮捕。昨年10月には、東アフリカと中国との間に巨大な密猟ネットワークを築き、「象牙女王」と呼ばれた中国人の女性(同66)の逮捕が報じられた。

「大物」の逮捕で密猟組織や密輸ルートなどの解明に期待が集まるが、密輸組織の拠点があるケニア・モンバサの司法当局者は「どこまで明らかになるかはわからない。最大の問題は賄賂と汚職。それがなくならない限り、象牙の密猟や密輸はなくならない」と指摘した。

AFP通信によると、ケニアでは象牙の密猟や密輸で逮捕されても、裁判で有罪判決が下されるのはまれだ。さらに過去5年間、ゾウやサイの密猟で有罪判決を受けても実際に刑に服したのは7%。犯罪組織は刑を逃れるため、政治家や司法関係者に賄賂を贈っているとみられている。(キリンバス=三浦英之)

    ◇

〈アフリカのゾウ〉 1930年ごろには500万〜1千万頭いたとみられているが、象牙を目的とした密猟により激減。国連などの2013年の報告書によると、生息数は42万〜65万頭。最近ではGPSや自動小銃を使って密猟が行われることから、年間数万頭のゾウが殺されているとみられ、動物保護団体「セーブ・ジ・エレファンツ」は「野生のゾウは今後1世代のうちに絶滅する可能性がある」と指摘している。



 
 
>TOP

住商、モザンビークで火力発電 IHIと組む

2016/2/17 0:39 日本経済新聞 電子版

住友商事はアフリカで発電所事業を拡大する。モザンビークでIHIと組み、日本企業として同国で初めてとなる火力発電所の建設を約170億円で受注した。タンザニアでも同国最大規模の発電所を近く着工する見通し。アフリカでは人口増加による経済成長で電力需要が高まっている。中国勢の動きも活発になっており、効率の高い発電方式で需要開拓を急ぐ。

モザンビークでは首都マプト近郊で国営電力公社からガス火力発電所の建設工事を受注。近く着工する計画で2018年夏の完成をめざす。

発電出力は11万キロワットと同国の電力需要の約2割を賄う見通し。IHIが発電設備を供給する。IHIがサハラ砂漠以南の「サブサハラ」で発電事業に参画するのは初めてになる。

タンザニアでは中心都市ダルエスサラーム近郊でガス火力発電所を建設する。国営電力公社からの受注額は350億円程度とみられる。発電出力は同国最大の24万キロワットで18年度中の完成を見込む。

モザンビークとタンザニアの両国では水力発電所が主流だが、経済成長にともない電力不足が課題になっている。住商は両国でともに初となる、ガスタービンで発電した後に廃熱で蒸気タービンも回す「コンバインドサイクル(複合発電)」を採用する。旧式の石炭火力に比べて発電効率は5割ほど高いという。

総合商社では丸紅がナイジェリアで140万キロワット規模の火力発電所建設を手がけており、三井物産もモロッコで発電所(139万キロワット)の運営事業に参画。住商はガーナや南アフリカでも発電所を建設・運営するなど大手商社が市場開拓を競っている。

国連の推計によると30年にアフリカの人口は15年比で4割増える見通し。アジア(同12%増)や北米(同11%増)に比べて発電所の増加が見込まれる。このため重電世界大手の独シーメンスと米ゼネラル・エレクトリック(GE)のほか、中国の電力関連企業も受注獲得へ営業攻勢をかけている。



 
 
>TOP

2016年02月17日09時20分

【材料】IHIが続伸、アフリカでの発電インフラ需要に照準

株探ニュース

IHIが続伸。ここ値ごろ感に目をつけた投機資金が流入、売買代金を膨らませながら急速に切り返しに転じている。

直近は、17日付の日本経済新聞が「住友商事はアフリカで発電所事業を拡大する。モザンビークでIHIと組み、日本企業として同国で初めてとなる火力発電所の建設を170億円で受注した」と報じており、これが同社の株価を刺激するかたちとなっている。アフリカでは経済成長に伴い電力需要が高まっており、大手商社との連携で発電インフラ需要を取り込むことで、中期的な収益拡大への期待が株価を後押ししている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)



 
 
>TOP

愛媛大
モザンビークの土を豊かに 新年度から土壌改良を支援 留学生2人も意欲 /愛媛

毎日新聞2016年2月23日 地方版

アフリカ・モザンビーク国立ルリオ大と学術交流を続けている愛媛大は2016年度、土壌改良技術を同国に伝えるプログラムをスタートさせる。愛媛大の修士課程で学ぶ同国の留学生2人も「土」を介した橋渡しに意欲を燃やしている。【松倉展人】

モザンビークはアフリカ南東部にあり、ルリオ大は同国北東部にある。愛媛大とルリオ大などは14年にモザンビーク北部地域発展に貢献するための学術交流協定を結び、愛媛大大学院では同国の留学生6人が学んでいる。同年11月にはルリオ大内に愛媛大サテライト・オフィスが開設され、栗田英幸准教授(45)=国際資源政策=が日本への留学生選抜などに当たってきた。

新たに取り組む土壌改良プログラムは、それぞれ米国、インドネシアでの土壌研究経験がある農学部の上野秀人教授(52)、当真要(とうまよう)助教(37)が担当し、留学生も協力する。16年度にルリオ大周辺の土壌を採取し、日本で分析したうえでデータを同大の教員と共有する。そのうえで土壌改良や有機肥料づくり、モデル農園の運営などでアドバイスをする。モデル農園担当者への研修も計画し、将来は両国の共同研究を目指す。

土壌肥料学研究室の留学生、ジャイム・アフォンソ・マコムさん(28)と、ロザリナ・アルマンド・タメレさん(24)によると、現地ではトウモロコシ、大豆、ジャガイモなどが栽培できるが、土地がやせると数年で農地を手放す例が相次ぎ、生産性は必ずしも高くない。マコムさんは「開発に伴う重金属の土壌汚染を防ぐため、さらに研究したい」。タメレさんは「有機肥料や食の安全供給について研究し、学生も育てたい」と話し、帰国後も交流プログラムに長く関わっていく考えだ。

あすシンポ開催

愛媛大はルリオ大のフランシスコ・ノア学長を迎えての大学改革シンポジウム「日本とモザンビーク 二つの大学が織りなすグローカル・コラボレーション」を24日午後1〜4時、松山市文京町の愛媛大校友会館2階で開く。

これまで両大学が展開してきた学術交流やモザンビークでの高等教育の将来ビジョンについてノア学長らが報告。外務省中東アフリカ局、JICA(国際協力機構)のアフリカ担当者も出席し、地域に根ざした国際交流について意見を交わす。参加無料。参加申し込み、問い合わせは愛媛大国際連携支援部(089・927・8959)。

モザンビークの土を豊かに 新年度から土壌改良を支援 留学生2人も意欲 /愛媛



 
 
>TOP
2016年3月2日
エネルギーネット

地域の参加者が集結する中、ギガワット・モザンビークが南部アフリカ開発の中心に

AsiaNet 63625
ロンドン(英国)、2016年3月2日/PRニュースワイヤー/

ギガワット・モザンビークは今週、スタンダード銀行や世界銀行を始め多くのステークホルダーと共にモザンビークの電力部門への2億ドルの投資を発表しました。

(写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160229/338680 )

この投資は、南部アフリカ地域の多数の近隣国にさらに利益をもたらす、モザンビークの天然ガス資源を利用する助けとなります。

これは、SADC地域の他のいくつかのプロジェクトと共に、2016年5月4日〜6日にモザンビーク、マプトでエネルギーネット(EnergyNet)が開催する次回の南部アフリカ・エネルギー・インフラストラクチャー・サミット(SAEIS)で提案、討議されます。同サミットは地域の協力を記念し、実現のためには民間、公共両セクターの支援が必要なエネルギーとインフラのプロジェクトを推進するものです。

エネルギーネットの東南アフリカ地域責任者、ベロニカ・ボルトン=スミスは、「地域開発はアフリカのエネルギー投資収益力を解き明かす手がかりです。投資の必要な当面のインフラとエネルギープロジェクトについて討議するため、SAEISにSADC地域の国々が集まるのです」とコメントしました。

この活気ある地域は近年、エネルギーとインフラ双方の開発で前向きな動きを数多く経験しました。ガバナンス、制度構築、民主的統合は、長期投資家たちが求める明るい指標の要因です。

サミットでは、南部アフリカのサクセス・ストーリーを検証し、どのようにまねできるかを探ります。南部アフリカは地元の民間セクターが率いる取り組みと、SAEISで検証予定の取り組み、画期的なREIPPPPプログラムのような心躍るプロジェクトに多数が参加するのを目の当たりにしてきました。

サミットではまた、マラウイ−モザンビーク間を走るモアティーズ/ナカラ鉄道プロジェクトに関わる主要ステークホルダーから話を聞きます。これは南部アフリカおよび同地域への投資収益力を見直すインフラ・プロジェクトです。

この会議の詳細は、下記にお問い合わせください。

Patti Carbonell
patricia.carbonell@energynet.co.uk
+44(0)20-7384-8891
またはhttp://www.southern-africa-summit.com/ にアクセス
開催日:5月4日〜6日
場所:モザンビーク マプト 情報源:エネルギーネット
(日本語リリース:クライアント提供)

Mozambique at the Heart of Southern African Development as Regional Players Gather

PR63625

LONDON, Mar. 2, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ -

Gigawatt Mozambique announced this week a $200-million investment into Mozambique’s power sector, alongside several global stakeholders including Standard Bank and the World Bank, amongst many others.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160229/338680 )

The investment will assist in harnessing Mozambique’s natural-gas resources, which will further benefit many of Mozambique’s neighbours in the southern Africa region.

This - along with several other projects in the SADC region - will be presented and discussed at EnergyNet’s upcoming Southern Africa Energy and Infrastructure Summit (SAEIS), taking place in Maputo, Mozambique 4-6th May

This - along with several other projects in the SADC region - will be presented and discussed at EnergyNet’s upcoming Southern Africa Energy and Infrastructure Summit (SAEIS), taking place in Maputo, Mozambique 4-6th May 2016. The summit will celebrate regional co-operation, and promote energy and infrastructure projects that require both private- and public-sector support in order to be realised.

EnergyNet’s Regional Director for East and Southern Africa Veronica Bolton-Smith commented that ‘regional development is the key to unlocking Africa’s energy investment potential - SAEIS will bring together countries from the SADC region to discuss live infrastructure and energy projects which require investment’.

This vibrant region has experienced many positive developments in recent years, both in energy and infrastructure development. Progress in governance, institution-building and democratic consolidation are contributing factors to the positive indicators that long-term investors seek.

The Summit will explore some of southern Africa’s success stories, and how these can be replicated. Southern Africa has witnessed local private-sector led initiatives, and wider participation in exciting projects such as South Africa’s ground breaking REIPPPP programme - an initiative which will be explored at the SAEIS.

The Summit will also hear from key stakeholders participating in the Moatize/Nacala railway project, which will run between Malawi and Mozambique: an infrastructure project set to re-define southern Africa and its investment potential.

For more information about this meeting: Contact Patti Carbonell at patricia. carbonell@energynet.co.uk +44(0)20-7384-8891
Visit http://www.southern-africa-summit.com Event dates: 4 - 6 May
Location: Maputo, Mozambique

SOURCE: EnergyNet Limited



 
 
>TOP

モザンビークに航空機の残骸、2年前の不明マレーシア機か

cnn.co.jp
2016.03.03 Thu posted at 09:40 JST

(CNN) アフリカ東部モザンビークの海岸に、ボーイング777型機の機体の一部とみられる残骸が漂着しているのが見つかった。2014年3月に消息を絶ったマレーシア航空の旅客機MH370便の残骸の可能性もあるとみて、当局が調べている。米当局者が2日に明らかにした。

残骸を発見したのは米国人観光客のブレイン・ギブソンさん。船をチャーターしてモザンビークの沿岸を航行していたところ、航空機の残骸が砂州に打ち上げられているのが見つかった。

ギブソンさんはMH370便の捜索にかかわっていて、同機の搭乗者の家族にも会ったことがある。

残骸はギブソンさんからモザンビークの航空当局に引き渡され、詳しく調べるためマレーシアに送られた。

米当局者によると、見つかったのは89センチ×56センチほどの残骸で、航空機の尾翼に取り付けられている水平安定板の断片とみられる。

MH370便は2014年3月8日、乗員乗客239人を乗せてマレーシアから中国に向かう途中で消息を絶った。同機に何が起きたのかは依然として分かっていない。昨年7月にはインド洋西部のフランス領レユニオン島に残骸が漂着し、フランスの捜査当局はMH370便の部品だったと断定した。

今回見つかった残骸についてはマレーシア航空や同国の運輸省が2日、MH370便のものかどうかはまだ断定できないとして、慎重な見方を示している。

モザンビークはレユニオン島の約2100キロ西部にあり、間はマダガスカル島に隔てられている。



 
 
>TOP
March 10, 2016 10:46 pm

Mozambique proposes ‘tuna’ bond restructuring

Elaine Moore in London and Andrew England in Johannesburg
THE FINANCIAL TIMES

Mozambique has proposed a restructuring of the contentious state-backed “tuna” bond that has become a byword for the risks associated with lending foreign currency to developing economies.

The bond was sold as a plan to create a national fishing industry for the southern African country via Ematum - a tuna-fishing company backed by the state.

However, the majority of the money was spent on security operations associated with the loan.

International holders of the bond, which include some of the world’s largest investors, are being asked to exchange close to $700m of the existing 2020 Ematum bonds for new sovereign bonds due to mature in January 2023.

Credit Suisse and a subsidiary of Russian bank VTB, which arranged the sale of the original $850m bond in 2013, have been hired to arrange the restructuring, which has been announced ahead of a bond payment due on Friday.

Mozambique’s first and only foray on international debt markets came at the height of the emerging market credit boom as investors flocked to African frontier markets in search of high yields, encouraging several countries to issue US dollar-denominated sovereign bonds for the first time.

However, prices for the bond later fell as investors grew increasingly concerned about the country’s ability to repay its debt amid an economic downturn.

Mozambique’s economy has been hit by the slump in commodity prices and delays in the development of massive gas discoveries off its Indian Ocean coast, while the country’s currency, the metical, has depreciated sharply against the US dollar.

The International Monetary Fund said in a January report that economic risks were “substantial,” citing delays in the liquefied natural gas projects and the commodities outlook. But it said growth was still “robust” at between 6 per cent and 7 per cent. Much depends on the development of the gas projects, which have the potential to transform the southern African nation into one of the world’s top exporters of LNG.

The IMF said work on an action plan to improve the profitability of Ematum “should be fast-tracked to reduce its risk to the government budget.”

The depreciation of the metical raised the present value of external debt to almost 40 per cent of GDP at the end of 2015 from 30 per cent at the end of 2014, the IMF said.

Prices for Mozambique’s only eurobond began to lift this week on the back of hopes for a restructuring deal, rising from 75 cents in the dollar last week to over 78 cents in the dollar.

According to data available from Bloomberg, some of the world’s largest investors hold Mozambique’s Ematum bond including Danske Bank, AllianceBernstein, Aberdeen Asset Managers and ING.

As the bonds were issued under English law, the government cannot change the applicable law to alter the bond’s structure and must gain agreement from investors holding at least 75 per cent of the bond if it is to restructure.

“In principle it seems as if Mozambique wants to do a friendly restructuring deal,” said Marco Ruijer, emerging market debt investor at Dutch investment house NN Investment Partners, which holds the bonds.

“But the devil is in the detail. We need to know exactly what we are being offered.”

Makram Abboud of VTB Capital said the bank was “looking to achieve a fair compromise between the investors and the government of Mozambique”.

Mozambique proposes ‘tuna’ bond restructuring



 
 
>TOP

不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見

AFP BB news
2016年03月12日 15:05 発信地:ヨハネスブルク/南アフリカ

【3月12日 AFP】2014年に消息を絶ったマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH370便の一部の可能性がある残骸の破片を南アフリカの観光客がモザンビークで発見していたことが分かり、破片が分析にまわされることになった。航空当局が11日、明らかにした。

10代のリアム・ロッター(Liam Lotter)さんは地元メディアに対し、昨年12月にモザンビークでの休暇中に海岸で長さ1メートルほどの金属片を発見し、家に持ち帰ったと話した。

今月初めにモザンビークの沿岸で航空機の一部とみられる残骸が発見され、同便のものである「可能性が高い」と報道されたことを受け、リアムさんの家族は当局に連絡したという。

「南アフリカ民間航空局(South African Civil Aviation Authority)は、物体を回収する手配をしている。物体はその後、発見されたあらゆる物体の鑑定をマレーシアから依頼されているオーストラリアに送られる予定」だと、同局の報道官は声明で述べた。(c)AFP

不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見



 
 
>TOP

モザンビークの残骸「ほぼMH370」 マレーシア機

asahi.com
都留悦史2016年3月24日19時43分

アフリカ東部モザンビークの海岸で見つかった、マレーシア航空MH370便(ボーイング777−200型機)とみられる残骸について、オーストラリアとマレーシアの両政府は24日、「ほぼ間違いなくMH370のものだ」とする声明をそれぞれ発表した。

捜索拠点のあるオーストラリアで調査した結果、形状や材質、構造などがボーイング777型機の特性と一致し、塗装もマレーシア航空に使用されているものと同じだったという。

MH370便は2014年3月にクアラルンプールから北京に向かう途中で消息を絶った。昨年7月にもインド洋西部の仏領レユニオン島で主翼の一部が見つかっているが、豪州西部沖のインド洋南部で続く捜索活動は難航している。(都留悦史)



 
 
>TOP

モザンビークで発見の残骸 「不明マレーシア機の可能性高い」

cnn.co.jp
2016.03.24 Thu posted at 13:24 JST

(CNN) アフリカ東部モザンビークで発見された航空機の残骸とみられる2片は、2年前に消息を絶ったマレーシア航空370便の一部である「可能性が非常に高い」ことが明らかになった。

残骸の検証を終えたオーストラリア当局が24日、発表した。

オーストラリアのチェスター・インフラ運輸相は「分析により、残骸はほぼ確実に370便のものだとの結論に達した」と述べた。

残骸は3月、米国人弁護士と南アフリカ人の少年が別々に発見した。

チェスター・インフラ運輸相によれば、残骸はマレーシアの調査チームの行った分析から不明機のパネルと一致することが判明したという。

インド洋のレユニオン島で昨年7月に見つかった残骸も、不明機のものと確認されている。

マレーシア航空370便は2014年3月8日、クアラルンプールを発ち北京に向かう途中、乗員乗客239人を乗せたまま消息を絶った。



 
 
>TOP

Thu Mar 31, 2016 | 11:54am EDT

UPDATE 1-Vale says Mitsui not reconsidering Mozambique coal venture

Reuters

(Recasts with Vale denying newspaper report)

Brazil's Vale SA, the world's No. 2 mining company, said on Thursday that partner Mitsui & Co Ltd has no plans to revise the terms of a coal venture project in Mozambique, as reported by a newspaper.

Rio de Janeiro-based Vale said in a securities filing that a recent decision to reduce the accounting value of assets in the project "does not directly impact Mitsui's investment decision" in the asset, adding that both companies are working to conclude long-term financing for the venture.

Earlier in the day, Brazil's Valor Econômico newspaper cited unnamed sources in reporting that Mitsui was seeking to revise terms of the venture with Vale after the Brazilian miner wrote off $2.4 billion in assets in Mozambique.

Mitsui had agreed in 2014 to buy stakes in Vale's Moatize and Nacala projects for $763 million but no investments have been made so far by Mitsui, according to Valor.

The Japanese trader could reduce the expected investments in the projects and change the terms of a project finance contract, originally expected to reach $2.7 billion, Valor reported.

Vale cited a recent comment from Mitsui, released during a earnings conference call, in which the Japanese company said it was in negotiations "for prompt closing of the transaction, including the conclusion of the project finance."

The Moatize mine in Mozambique is Vale's largest investment in coal. The company invested in two railroads in Africa to transport production from the site, which has estimated operational capacity of 22 million tonnes per year. (Reporting by Silvio Cascione and Guillermo Parra-Bernal; Writing and additional reporting by Marcelo Teixeira; Editing by Frances Kerry and Bill Trott)



 
 
>TOP

林業の技、海越え育てる 雨竜の畠山さん アフリカ、アジアの研修生指導

北海道新聞
04/07 07:00

【雨竜】北海道指導林家で「森の名手・名人」にも選ばれた雨竜町の畠山寿市(じゅいち)さん(76)が、アフリカやアジアからの海外研修生の指導に情熱を注いでいる。「先生役」を務めて今年で4年目。挿し木や炭焼き、農道の補修法など、森づくりで培った知識や技術を伝授している。「人生あと30年を切った。国際交流が広がるきっかけを作りたい」と意気込む。

3月下旬、雨竜町の山林内の作業場。「アフリカから来る研修生に持ち帰ってもらおうと思い作りました」。畠山さんはそう言って、円筒形の真新しい器具を見せてくれた。炭焼きの際に出る煙から、防虫効果の高い木酢液を採取する。手近な材料で簡単に作れるアイデア作だ。

昨秋訪れたモザンビークの研修生が木酢液に興味を示したため、今年の指導に向けて自作した。川の水を飲む現地の暮らしぶりを聞き、砂利や炭を使った「水ろ過器」も試作する予定。生活改善に少しでも役立てば−。願いを込め、教材作りに精を出す。

雨竜町出身。公務員勤めの傍ら、夏は朝3時起きで父の造材の仕事を手伝った。退職後は、「山を次世代につなぎたい」と研究に没頭。作業負担を減らして若い人の林業離れを食い止めようと、雑木やササを掘り起こして粉砕する作業を楽に行える「地ごしらえ機」を開発。また、アスファルト廃材を再利用した林道向けの舗装材も考案し、現在、アイデアに着目した北大などが、実用化へ実地試験を行っている。

滝川国際交流協会は、創意工夫あふれる取り組みを続ける畠山さんを高く評価。国際協力機構(JICA)などから受け入れる海外研修生の講師を依頼した。3年前、畠山さんが所有する森林を「教室」に指導を始めた。

指導の際、できるだけ現地で手に入る材料を使うのが畠山流だ。土をならす道具やくい打ち機を丸太などで手作りし、実演する。

畠山さんによると、モザンビークでは「現地には大型機械もチェーンソーもない。道具作りは父親から教わっており、全く苦にならない」という。昨秋、同国から雨竜を訪れた研修生は取材に対し、「この方法なら国に帰って導入できる。感銘を受けました」と話していた。

国土の砂漠化が深刻なモンゴルの研修生には、木を増やす挿し木を教えた。「短期間に育つ木は」「家畜が寄らないよう、トゲのある木を」などの要望に「現地を知らないと適切な指導ができない」と考え、昨夏、自費でモンゴルを訪れた。7日間で2千キロ走った。「研修生の家を訪ねたら、挿し木が成功していてうれしかった。亡き父から受け継いだ森づくりの知恵がモンゴルで生かされ、やりがいを感じました」と振り返る。

今年2、3月、深川、北竜などで講演し、海外研修生の受け入れを活発にしようと呼びかけた。「建設や土木など幅広い分野で研修生を招き、交流できたらいい。北空知から花(か)きを輸出したり、モンゴルの畑に北竜のヒマワリを植えたりしたら、面白いでしょう」。70歳を過ぎ、走り始めた国際協力の道。夢は広がる。(大槻明永)



 
 
>TOP

PRESS RELEASE "Murder by the Attorney Marcelino Vilanculos"

Republic of Mozambique National Human Rights Commission

It was with much regret that the National Human Rights Commission (NHRC) took knowledge through the media of the murder of Attorney Marcelino da Costa Moreira Vilanculos on the night of yesterday, April 11, 2016 in the local vicinity where he resided .

Marcelino Vilanculos, Magistrate member of the prosecution was a strong defender of human rights and fundamental freedoms of citizens. Several times collaborated with the NHRC in clearing in time to situations of violations of fundamental rights and to restore legality in the cases reported by the Committee.

Their barbaric and grisly murder in addition to prematurely stop a noble soul and committed to the role of the judiciary that with integrity represented, it means an affront to the justice administration system as a whole and, again, exposes the extreme insecurity environment that our rulers live, that which causes the NHRC, once again appeal to the Superior Council of magistrates both the prosecution as the judiciary to reconsider the security policy of its members and to strengthen, in account the hostile environment in which the country lives.

In the same vein, the CNDH condemns the assassination of a member of the National Council of Defense and State Security, Mr. José Manuel occurred in Beira on the night of April 8, 2016 and expects both this case and the murder magistrate Marcelino Vilanculos be urgently clarified.

For more human rights violations and less.

Maputo on April 12, 2016

Custódio Duma

President CNDH



 
 
>TOP
April 18, 2016 7:21 pm

IMF halts Mozambique aid after finding undisclosed debts of $1bn

By Andrew England in Johannesburg
THE FINANCIAL TIMES

Mozambique faces a deepening crisis after the International Monetary Fund suspended funding to the southern African nation following the discovery of more than $1bn in previously undisclosed government debt. The scandal will heap pressure on Maputo, which is dependent on donors to finance about a quarter of its budget. Mozambique is battling to narrow a wide fiscal deficit, its currency has plummeted and its foreign reserves are dwindling.

The controversy will also add greater scrutiny to the role of international banks in providing lending to poorer nations. “It is probably one of the largest cases of the provision of inaccurate data by a government the IMF has seen in an African country in recent times. They deliberately kept from us at least $1bn, possibly higher, of hidden loans,” said an IMF official. “Mozambique is close to a financial crisis if the authorities don’t take action to deal with the current risks.”

The official warned that other donors could freeze disbursements of $350m to $400m “and you then have a fiscal crisis and a balance of payments crisis”.

The IMF said on Friday that Mozambican authorities confirmed the existence of the previously undisclosed borrowing ― secured in 2013 and 2014 ― last week. As a result, the fund is suspending disbursements of $165m of a $286m emergency loan it agreed with Maputo in October and has cancelled a visit to the country this week.

The latest revelations come shortly after another controversy involving a state-backed $850m bond that was ostensibly issued to set up a tuna fishing company, Ematum, even though $500m of the debt was spent on naval vessels and other security equipment. Loans related to the bond significantly increased the cash-strapped government’s debt burden, while breaching its own ceilings on state-guaranteed borrowing and triggering rating agency downgrades.

Details of the previously undisclosed loans - which add about the equivalent of 10 per cent of gross domestic product to the government’s known debt burden ― emerged after the “tuna” bond was restructured last month.

Of the two previously undisclosed loans confirmed last week, the first was for $622m to a state-owned company, Proindicus. The second, to another unidentified state company, was valued at more than $500m, a person familiar with the matter said.

Credit Suisse, the Swiss bank, and Russia’s VTB bank, both of which arranged the sale of the tuna bond, provided the undisclosed loans, the IMF said.

Credit Suisse and VTB declined to comment.

Both the tuna bond and the two other loans share similarities: much of the funds in each case have apparently been allocated to security equipment to provide protection off Mozambique’s long Indian Ocean coast, where big gas discoveries have been made.

Gas projects, led by Italy’s ENI and Anadarko of the US, have the potential to transform Mozambique into one of the world’s top exporters of liquefied natural gas.

Fernando Lima, head of Mediacoop, an independent Mozambican media group, said Proindicus was officially established by the defence ministry in 2013 to “manage the purchase of military and security equipment related to the surveillance of the Mozambican coast” and related economic zones. “The public is shocked by the unveiling of this extra debt,” Mr Lima said.

A delegation led by Prime Minister Carlos Agostinho do Rosário is heading to Washington this week to meet the IMF’s managing director, the World Bank and US officials.

In a statement that appeared to contradict comments by Adriano Maleiane, the finance minister, who said on Sunday the controversy was the result of confusion, Mr do Rosario said he would confirm the total debt contracted by public companies with state guarantees that do not appear in government statistics and were not reported to the IMF.

At stake is crucial funding from donors. A foreign diplomat in Maputo said: “We are very, very concerned. It seems in a single year, more than $2bn has been lent to a country with a GDP of $15bn, the majority for defence spending which is very bad governance and also thoroughly concerning in terms of the regulation of their financial institutions.

“And Credit Suisse has some quite big questions that so far it has not really wanted to answer.”

IMF halts Mozambique aid after finding undisclosed debts of $1bn



 
 
>TOP

モザンビークの残骸、マレーシア機と「ほぼ断定」 豪当局

cnn.co.jp
2016.04.20 Wed posted at 10:48 JST

(CNN) アフリカ東部モザンビークで昨年末から今年にかけて見つかった残骸2片は、2年前に消息を絶ったマレーシア航空370便の機体の一部であるとほぼ断定されたことが分かった。オーストラリア運輸安全局が19日に発表した。

同局の報告書によると、昨年12月27日に見つかった破片は不明機の主翼の一部、そこから約220キロ離れた場所で2月27日に見つかった破片は同じく不明機の水平尾翼のパネルであることが、ほぼ確実となった。

マレーシア航空370便は2014年3月8日、クアラルンプールから北京へ向かう途中で乗員乗客239人を乗せたまま消息を絶った。その行方は、航空機をめぐる世界最大のなぞの一つとされている。



 
 
>TOP

RPT-EXCLUSIVE-Mozambique paid $35 million for VTB shipyard loan-documents

Reuters
Mon Jun 13, 2016 6:00am GMT
(Repeats story first issued on June 11)

* Mozambique paid 7 pct arrangement fee on loan - documents

* Such fees normally less than 2.5 pct, banker says

* VTB declines to comment, ministry spokesman unaware of fees

* IMF's Lagarde says corruption behind borrowing secrecy

By Ed Cropley

JOHANNESBURG, June 11 (Reuters) - Mozambique, one of the world's poorest countries, paid $35 million in up-front "arrangement fees" for a $500 million loan organised by Russia's VTB Bank, according to loan related documents reviewed by Reuters.

In percentage terms - seven percent - the fees are several times what some bankers say is typically paid on such deals.

The loan was made in 2014 to state-owned Mozambique Asset Management (MAM), which was set up to oversee construction of shipyards in the capital, Maputo, and the northern town of Pemba. MAM missed a $178 million repayment due on May 23, putting the government on track for default if it fails to honour a state guarantee or renegotiate the debt with creditors.

The MAM debt is part of $2 billion that Mozambique has borrowed through bonds and loans since 2013 in deals that were not reported to parliament. Mozambique law requires parliament to authorise such borrowing.

The full extent of Mozambique's borrowing emerged in April when the government informed the International Monetary Fund about the previously undisclosed loans. As a consequence of the disclosure, the IMF suspended aid to Mozambique.

Parliament authorized a commission of inquiry into the borrowing this week after a two-day emergency debate on the issue, according to state media. So far, there has been no official apportionment of blame.

In a BBC radio interview last month, International Monetary Fund Managing Director Christine Lagarde said the lack of transparency by the Mozambique government in its borrowing was "clearly concealing corruption". She did not elaborate.

The arrangement fees charged to MAM under the terms of the VTB loan amount to 7 percent of the sum borrowed, according to the loan document and a Nov. 13, 2015 letter from VTB's investment arm, VTB Capital, to the Maputo office of audit firm Ernst and Young. It was unclear what, if any, role EY played. EY in Maputo declined to comment for this article.

Three Johannesburg-based bankers with experience of arranging African sovereign debt deals told Reuters the charges were excessive, with 1 percent being the industry norm.

"If it's a really complicated credit, you might push it up to 2 percent," said one of the bankers, who did not wish to be named because of the commercial sensitivity of investment banking fees.

In response to questions from Reuters, VTB said the terms of the six-year loan had stipulated annual interest of 8.87 percent over the floating London Interbank Offered Rate (LIBOR). This was in line with other bilateral financing deals in sub-Saharan Africa and an $850 million, 10-year Eurobond issued by Mozambique state tuna firm Ematum in 2013, VTB said.

VTB said the arrangement fees, charged to MAM and set out in the loan document and VTB's letter to EY, included interest charges that Mozambique agreed to pay up front.

The Johannesburg-based bankers said that immediately paying back interest on a loan out of the proceeds of the loan itself was an unconventional financing structure. They said that typically interest and capital are paid back at intervals over the duration of a loan, but not at the outset.

The letter from VTB Capital to EY confirmed disbursement to MAM of $435 million on May 23, 2014 with an "Arrangement Fee" of $28,457,943.93. A follow-up payment on June 11 of $100 million had an accompanying charge of $6,542,056.07, it said.

Mozambique Finance Ministry spokesman Rogerio Nkomo said he was unaware of the details of the fees. Attempts to contact MAM were unsuccessful. Requests by Reuters for comment emailed to the Maputo office of EY were not answered and telephone calls were not returned.

Neither the loan contract nor the EY letter detailed whether all of the fees went to VTB or whether they were split with other intermediaries.

DONOR ANGER

Only in April did the government acknowledge the existence of two loans - the one arranged by VTB and a $622 million loan taken out by Mozambique state-owned security firm Proindicus.

Together, these loans have pushed the former Portuguese colony's total foreign debt to 80 percent of GDP. Public anger at the government's racking up of dollar debt equal to $400 per capita - a sum only slightly less than the average Mozambican's annual income - is rising.

The IMF and donors, who normally account for 40 percent of Mozambique's budget, have suspended aid to Maputo, annoyed at being kept in the dark over the $2 billion in borrowing.

Mozambique's sovereign credit ratings are now deep in "junk" territory. Fitch has downgraded Mozambique's credit rating to CC from CCC, indicating that "a default of some kind appears probable".

The government and creditors have been in talks to try to reach a repayment solution. Mozambique sent a delegation to Moscow to meet senior VTB management at the end of May, one VTB official said. Neither side has given details of the outcome. (editing by David Stamp and Janet McBride)

RPT-EXCLUSIVE-Mozambique paid $35 million for VTB shipyard loan-documents



 
 
>TOP

UPDATE 1-$1.86 bln of Mozambique loans "illegal", social groups say

Reuters
JOHANNESBURG, JUNE 13

A group of 26 Mozambique civil society organisations said on Monday $1.86 billion of government debt arranged by Credit Suisse and Russia's VTB Bank was illegal and should not be paid.

In a joint statement, the organisations said the loans breached a law requiring all borrowing and guarantees longer than a year to be approved by parliament. The debt also exceeded limits in the 2013 budget and were not entered into that year's budget, the groups said.

Paula Monjane from the Civil Society Budget Monitoring Forum, which coordinated the statement, said those who broke the law - on both sides of the transactions - should be investigated for corruption.

"The officials who broke the law in Mozambique need to be held accountable," she said.

"This includes the lenders and financial institutions which facilitated these loans. In defence of the common good and against the continued impoverishment of the Mozambican people, we do not want, do not accept and will not pay the debts."

Mozambique's parliament has agreed to set up a commission of inquiry into the issuing of the debt, which has pushed the foreign borrowing levels to 80 percent of the impoverished southern African country's GDP.

The controversial loans are an $850 million Eurobond issued in 2013 to build a tuna-fishing fleet, a $622 million loan to enhance maritime security and a $535 million loan to build shipyards for the offshore natural gas sector.

The tuna bond has already been restructured and the state company behind the $535 million loan missed a repayment of $178 million due on May 23, putting the government on track for default.

Financial watchdogs from Switzerland and Britain are looking into the arranging of the sovereign borrowing, which was done without consultation of the International Monetary Fund (IMF) or Mozambique's foreign donors.

IMF Managing Director Christine Lagarde said last month the lack of transparency behind the transactions was "clearly concealing corruption". She did not elaborate.

Credit Suisse has consistently declined to comment on the maritime security loan. VTB, which arranged the shipyard loan, says it expects the government to honour its sovereign guarantee.

Both banks say the tuna bond was above board and had the approval of the finance minister. (Reporting by Ed Cropley; Editing by James Macharia)

UPDATE 1-$1.86 bln of Mozambique loans "illegal", social groups say



 
 
>TOP

Tax Authority assessing Vale-Mitsui Mozambique’s deal

CLUB OF MOZAMBIQUE
8:24 CAT | 14 Jun 2016

The Mozambican Tax Authority (AT) is considering whether the sale by the Brazilian company Vale of shares in its Mozambican operations to the Japanese company Mitsui is liable to capital gains tax, according to Monday’s issue of the Maputo daily “Noticias”.

Mitsui agreed, in 2014, to pay US$763 million for a 15 per cent stake in Vale’s open cast coal mine at Moatize and a 35 per cent stake in the new mineral port at Nacala-a-Velha, on the northern coast, and the Nacala-Moatize railway. But this deal only received final approval from the Mozambican government last week.

Vale’s expectation, the paper says, is that this sale of shares should not attract capital gains tax, since it is not profitable in itself, but merely seeks to complete the investments required to make coal mining at Moatize viable.

The AT does not necessarily share this view. Speaking to reporters on Friday, the AT’s general director of taxes, Augusto Tacarindua, said the Vale-Mitsui arrangement is still being assessed.

“The process is under way, and in due time we will give precise information”, he said. “If there are capital gains, then naturally they will be taxed”.

Vale is currently running its Mozambican operations at a heavy loss. According to the company’s accounts published in February, the Moatize mine is costing Vale 500 million dollars a year. Nonetheless, Vale shows no sign of pulling out of Mozambique, and has expressed a continued interest in Mitsui investing in its Mozambique projects.

Clearly Vale believes that international demand for coal will rise, and the coal price will eventually recover, thus making it possible to recoup the money it has spent on the Moatize mine and on the port and rail infrastructures.

Source: AIM

Tax Authority assessing Vale-Mitsui Mozambique’s deal



 
 
>TOP

Brazil's Vale agrees to new terms with Mitsui for Mozambique coal asset

MINING WEEKLY
29TH SEPTEMBER 2016
BY: REUTERS

RIO DE JANEIRO - Vale said on Thursday it has agreed to new terms for the sale of stakes in a coal mine and railway project in Mozambique to shareholder Mitsui & Co, in a deal that will raise $768-million and could help Vale free up to $2.7-billion in funding commitments for both projects.

The sale of Vale's stakes in the Moatize coal mine and the Nacala Corridor railway and port hinge on the approval of a project finance plan, Rio de Janeiro-based Vale said in a statement. The deal reworks terms of a prior accord over the mine and the infrastructure project.

It is a further step in attempts by Vale CEO Murilo Ferreira to reduce the Brazilian miner's capital spending burden and cut debt by $10-billion through asset sales over the next couple of years.

The Moatize and Nacala transactions should help reduce Vale's fundraising needs in coming years as the world's No 1 iron-ore producer adjusts to an era of lower commodities prices.

The deal with Mitsui was first struck in December 2014 but had not closed due to challenges in securing long-term financing for the project, which is one of Africa's biggest with an estimated total cost of $4.4-billion. Vale has already poured about $2-billion into it.

"We have concluded the reworking of these terms at a moment when the market for coal is beginning to gain some momentum," Ferreira said in a video posted on Vale's website.

Common American depositary receipts of Vale recouped part of their earlier losses following the news. The stock fell 1.9% to $5.5450 at 3:45 pm New York time, after falling as much as 2.9% earlier.

Under the new terms, Mitsui will contribute up to $450-million for 15% of Vale's 95% stake in the mine. Of this, $255-million is guaranteed while the remaining $195 million is dependent on attaining unspecified performance goals.

Mitsui will also contribute $348-million for 50% of Vale's 70% stake in the Nacala Corridor, through a mix of equity and so-called hybrid instruments, which often combine features of equity and debt securities.

Mitsui will also provide the Nacala Corridor project with $165-million in a long-term loan.

Mitsui & Co for the sale of a stake in its Moatize coal mine and connected railway, in Mozambique.

Under the new terms, Mitsui will contribute up to $450-million for a 15% stake in the mine and $348-million for a 50% stake in assets related to the Nacala Corridor, a railway and port connected to the mine.

EDITED BY: CREAMER MEDIA REPORTER

Brazil's Vale agrees to new terms with Mitsui for Mozambique coal asset



 
 
>TOP

Closure of Vale/Mitsui & Co. agreement on Mozambique expected in September

Macauhub
AUGUST 1ST, 2016

The agreement signed in 2014 for the Japanese group Mitsui & Co. to enter the coal business of the Brazilian group Vale in Mozambique should be concluded this coming September, said the head of the mining group, Murilo Ferreira.

The process is “in a very advanced stage”, lacking only approval by the government of Malawi, “something that is in the final phase of negotiation” after last month’s approval by the Mozambican government, Ferreira said last Thursday, cited by the Brazilian newspaper Valor Económico.

The Mitsui & Co. group agreed in 2014 to pay US$763 million for stakes in Vale’s projects in Mozambique: the Moatize coal mine and the railway line and port of Nacala. That line begins at Moatize in Tete province, enters Malawi and then crosses back into Mozambique to end at Nacala.

“That approval (by the government of Malawi) is essential to finance the project, at a time when discussions with banks have been completed” and the “document review phase” is now under way, the Vale group president specified.

Coal extraction in Moatize, Tete province, has represented for the Vale group losses of US$500 million per year, amounting to US$112 million in the first quarter and US$100 million in the second quarter of 2016. (Macauhub/BR/MZ)



 
 
>TOP

Brazil’s Vale group closes agreement on Mozambique with Mitsui & Co

Macauhub
AUGUST 4TH, 2016

Brazil’s Vale group has completed the process of renegotiating the deal reached in 2014 with Japan’s Mitsui & Co group for the sale of a percentage in coal-related interests in Mozambique, reports the Brazilian newspaper Valor Económico.

Mitsui & Co, a shareholder of the Vale group, should pay less than the originally agreed amount, which sources indicate may be reduced by 30 percent, the respective article states.

In 2014 Mitsui & Co agreed to pay US$763 million for stakes in Vale’s projects in Mozambique: 15 percent in the Moatize coal mine and 50 percent in the logistics corridor comprising the railway line from Moatize in Tete province via Malawi to the terminus in Nacala and that city’s port.

Vale CEO Murilo Ferreira recently said that the agreement with Mitsui should be concluded by this September.

He highlighted that the process was “in a very advanced stage” with only Malawi government approval still required, “something that is in the final negotiation phase” following last month’s approval by the Mozambican government.

The Brazilian newspaper reported that negotiations still also under way with the banks financing the operation, specifically the Japanese Bank for International Cooperation (JBIC), the International Finance Corporation of the World Bank group and the African Development Bank.

Coal mining at Moatize in Tete province has accounted for losses of US$500 million per year for Vale, down to US$112 million in the first quarter and US$100 million in the second quarter of 2016. (Macauhub/BR/MZ)



 
 
>TOP

三井物産、モザンビークで炭鉱取得 計画より3割安く

2016/9/30 1:42
日本経済新聞 電子版

 三井物産はモザンビークにある炭鉱と鉄道・港湾の権益を7億7千万ドル(約780億円)で取得することでブラジル資源大手ヴァーレと合意した。炭鉱の15%、インフラ事業の35%の権益をヴァーレから買う。取得を決めた約2年前は9億4千万ドル(当時の為替で約1100億円)を計画していた。石炭価格の低迷で権益価格が下がったため投資を3割抑えられた。

 三井物産は2014年12月にモザンビークの石炭生産に加えて鉄道、港湾の開発・運営に参入を決めた。炭鉱では主に鉄鋼の原料となる良質な石炭を産出する。鉄道で約900キロメートル離れたナカラ港に運び日本などに輸出する。港湾や鉄道は石炭のほか、内陸で収穫する穀物の輸出や様々な資材を輸入するインフラだ。

 炭鉱は当初6億3千万ドルの投資を計画していたが、2億6千万ドル(約260億円)に下がる。14年末から15年末にかけて原料炭の価格が3割下がるなど、市況低迷を織り込んだ。一方、インフラ事業への投資は当初計画が3億1千万ドルだったが、着工遅れによるコスト増で膨らんだ。

 石炭生産は今後本格化し、15年に500万トンだった生産量を18年に1800万トンにする。日本の製鉄会社には、オーストラリアが大半を占める原料炭の調達先が広がることになる。



UP:2015 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)