HOME > World / Africa >

マラウイ共和国


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017


○2009年までのニュース・企画案内 → マラウイ共和国 〜2009年

○外務省 各国・地域情勢 マラウイ共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版、専用データベースなどで内容を確認してください。
* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。
* 一部記事についてはもう少し詳しく紹介できます。関心を持ったら、saito@ajf.gr.jpへ連絡下さい。


◆2010/01/04 シネマトゥデイ 2009年に最も寄付金を集めたのは、総額約8億5000万円のジャスティン・ティンバーレイク!
◆2010/01/07 INTERNET Watch Zain、モバイルバンキング/決済サービスをアフリカ西部に拡大
◆2010/01/12 AFP BB News アルジェリアが黒星発進 コートジボワール初戦はドロー、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/15 yomiuri.co.jp サッカー・アフリカ選手権、アンゴラが首位
◆2010/01/27 PJnews 「小児向け抗エイズ薬の開発が必要」と看護士=国境なき医師団マラウイの活動で
◆2010/02/01 cri エチオピアでAU首脳会議が開幕
◆2010/02/08 cnn.co.jp 同性愛者の権利訴えるポスター掲示で若者逮捕 マラウイ
◆2010/02/13 AFP BB News 畑に雨が降らない呪いをかけた男に有罪判決、マラウイ
◆2010/02/17 朝鮮新報 金永南委員長がAU新議長に祝電
◆2010/02/18 外務省 マラウイ共和国に対する環境プログラム無償資金協力「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」に関する書簡の交換
◆2010/02/18 外務省 マラウイ共和国に対する一般プロジェクト無償資金協力「国道1号線南ルクル橋架け替え計画」に関する書簡の交換
◆2010/03/24 cnn.co.jp 男性カップル「愛の誓い」で起訴、エイズ予防に暗雲 マラウイ
◆2010/04/07 cnn.co.jp マドンナさんの女子学校、建設に着工 マラウイ
◆2010/04/19 毎日新聞 見る世界:マドンナさん、どこにいるの?ーー東アフリカ・マラウイ
◆2010/05/04 亀井伸孝 アラビア手話をめぐる話題
◆2010/05/11 yomiuri.co.jp 学食から海外食料援助…徳島
◆2010/05/19 cnn.co.jp 「婚約」で逮捕の同性愛カップルが有罪に マラウイ
◆2010/05/21 cnn.co.jp マラウイの同性カップルに14年の刑 英政治家らが非難
◆2010/05/24 毎日新聞 アフリカ:各国で同性愛者への締め付け強まる 非難の声も
◆2010/05/31 毎日新聞 マラウイ:有罪の同性愛者カップルに恩赦
◆2010/06/09 AFRIK・NEWS Africa : Child-Witchcraft or Autism Symptoms?
◆2010/06/27 asahi.com 途上国援助、約束より100億ドル不足 G8で初検証
◆2010/07/28 cri AU首脳会議、アフリカの母親、児童の健康問題を討議
◆2010/07/28 NIKKEI NET アフリカ連合首脳、ソマリア部隊増強で合意
◆2010/07/29 PR TIMES ポップコーンで世界を救う!【109シネマズ×ぬちまーす×TABLE FOR TWO】
◆2010/07/29 jp.reuters.com 英BP、アフリカ資産売却で印リライアンスなどと協議
◆2010/07/30 Response.jp JOGMEC、マラウイ共和国政府と協力---レアメタル探査・開発
◆2010/08/03 ECO JAPAN JT、アフリカ・ザンビアで植林・森林保全活動を開始
◆2010/08/05 PR TIMES 発表!地球にやさしい12のプロジェクト「ワールドチャレンジ2010」ファイナリストをBBCワールドニュースで10月2日(土)より放送
◆2010/08/10 レコードチャイナ 米大手たばこ会社、中国役人への贈賄で摘発される―中国メディア
◆2010/08/14 BARKS ノイゼッツ、ボランティアでギグ
◆2010/09/28 共同通信PRワイヤー 世界基金への支援金 独と伊が減額表明の見通し エイズ治療に壊滅的な打撃
◆2010/10/04 VOGUE.COM トム・ムンロの処女写真集、発売!
◆2010/10/18 マイライフ手帳@ニュース ファミリーマート、寄付金付きの袋キャンディ「おいしゼロのど飴」を発売
◆2010/10/19 BUSINESS WIRE Diplocom Communications:世界保健機関たばこ規制ガイドラインは「アフリカの貧困と飢餓を促進」
◆2010/10/30 Techinsight 【イタすぎるセレブ達】マドンナ、マラウイから3人目の養子獲得を検討か。
◆2010/11/10 THE SECOND TIMES 子供向け仮想空間「Moshi Monsters」、マラウイ共和国へ学校を建設すプロジェクトを実施
◆2010/11/15 Nation Online Toilet for classroom
◆2010/11/20 asahi.com 年金もらう前に寿命? アフリカ最貧国の法案に国民反発
◆2010/11/22 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月22日: Globe Metals and Mining Limited (ASX:GBE) がマラウイにおいて大規模な重レアアースを発見
◆2010/12/07 Herald Scotland Charity for deaf trains interpreters to help in Malawi
◆2010/12/12 AJF・DPI日本会議・gCOE生存学合同学習会 「アフリカの障害者の現状と課題:ろう者の取り組み、JICA研修の波紋」報告
◆2010/12/20 佐藤誠編 越境するケア労働 日本・アジア・アフリカ
◆2010/12/22 NIKKEI NET レアアースの豪ライナス、アフリカで鉱区買収
◆2010/12/23 ecool レアアース大手ライナス、アフリカで鉱区を買収
◆2010/12/28 シネマトゥデイ マドンナこそ本物のサンタクロース!孤児院におもちゃやお菓子、洋服と盛りだくさんのクリスマスプレゼント!
◆2011/03/01 Centre for Research on Multinational Corporations (SOMO)/World Information Service on Energy (WISE) Little profit for African countries from uranium mining
◆2011/03/05 Nation Online Breaking the silence around her
◆2011/04/02 MovieWalker マドンナ、マラウィの学校建設プロジェクトを見捨てた?
◆2011/04/20 macauhub Brazil’s Vale to use part of Malawi’s rail system to transport coal from Mozambique
◆2011/05/06 ABNNews アジア市場活動レポート 2011年5月6日: Globe Metals And Mining Limited (ASX:GBE) がマラウイでの初のレアアース発見を発表
◆2011/05/06 K-pop イ・スンチョル、アフリカの学校建設に2億ウォン寄付
◆2011/05/31 降幡博亮 JICA「アフリカ障害者の地位向上調査」に参加して
◆2011/06/10 Weekend NATION Conquering disability with car washing
◆2011/06/27 毎日新聞 特集:南部アフリカ・フォーラム2011(その2止) 家族のような温かさ、心の古里
◆2011/06/28 外務省 新任駐日マラウイ共和国大使の信任状捧呈
◆2011/07/22 AFP BB News アフリカ・マラウイで反体制デモ、18人死亡 大統領は退陣拒否
◆2011/11/14 WirelessWire News アフリカのモバイルヘルスで活用されるテキストメッセージのFrontlineSMS
◆2012/01/05 JAPAN JOURNALS イングランド&ウェールズの一部地域、死亡率の高さは発展途上国並み
◆2012/01/21 GIGAZINE タンザニア、マラウイと全てのアフリカで出会った純粋に生きる子どもたち
◆2012/01/21 cnn.co.jp ズボンやミニスカート着用の女性襲い、裸姿にする事件多発 マラウイ
◆2012/01/26 Nyasa Times Disability group salutes Joyce Banda
◆2012/02/09 神戸経済新聞 神戸で「探究実践演習」−アフリカ8カ国の政府高官ら受け入れ
◆2012/02/11 GIGAZINE マラウイはブラックマーケット、ガソリン不足、インフレーションと経済が混乱中でジンバブエ化の気配も
◆2012/04/06 yomiuri.co.jp マラウイのムタリカ大統領、心臓発作で死去
◆2012/04/09 外務省 ムタリカ・マラウイ共和国大統領の逝去及びバンダ新大統領の就任について(外務大臣談話)
◆2012/04/26 Nyasa Times Disability Bill to pass, assures Malawi President
◆2012/05/25 BIZCOMMUNITY.COM  University graduates create social network
◆2012/06/14 AllAfrica.com Southern Africa: All Disabled Children Have Right to Education
◆2012/08/01 asahi.com 米国務長官、アフリカ6カ国歴訪開始 狙いはテロ対策
◆2012/08/13 AfricaNews Who protects disabled women against violence, AIDS?
◆2012/08/30 外務省 マラウイに対する無償資金協力「中西部地方給水計画」に関する書簡の交換
◆2012/09/08 JICA/DPI日本会議 (イベント案内) 9月八日、JICA研修 日本・アフリカ交流セミナー
◆2012/09/24 Newstime Africa Malawi NGO’s taming disability through inclusive ECD education programmes
◆2012/09/24 telecompapre ITU to help Malawi develop ICT sector
◆2012/11/22 K-POPニュース コ・ス、アフリカで奉仕活動に参加…栄養食や車いすを寄付
◆2013/01/ Africa Renewal What went wrong? Lessons from Malawi’s food crisis
◆2013/01/28 トラベルビジョン エチオピア航空、マラウイ共和国のブランタイヤに就航へ、週3便
◆2013/04/12 cnn.co.jp VIP待遇を求めた? マラウイ政府がマドンナさんを批判
◆2013/05/13 MSN産経ニュース マラウイの食糧支援活動 「待たせない」 バーコードで配給
◆2013/06/01 nikkei.com 「持続的成長に家族計画を」 アフリカ2女性大統領
◆2013/06/07 AllAfrica.com Malawi: Disability Minister Bemoans the Use of Children With Disabilities to Beg
◆2013/06/13 asahi.com 焼き畑・密猟・木炭生産… アフリカ森林火災を止めろ
◆2013/07/25 the Special Rapporteur on the right to food MISSION TO MALAWI FROM 12 TO 22 JULY 2013 LILONGWE, END-OF-MISSION STATEMENT
◆2013/07/25 AllAfrica.com Malawi: Visually Impaired Islanders Appeal for Inclusion in Civic Education Committee
◆2013/07/31 Nyasa Times Bright Nkhata’s daughter speaks on father’s legacy
◆2013/10/02 Nyasa Times Fedoma angered with Malawi gov’t delays to gazette disability Bill
◆2013/10/18 AllAfrica.com Malawi: 'Light of the World' Demands Rights for the Disabled
◆2013/10/19 AJF/日本リザルツ 緊急市民シンポジウム「エイズ・結核・マラリアは克服できる=世界基金と日本の貢献=」 @東京・麹町
◆2013/10/25 AllAfrica.com Malawi: Deaf Week Activities Slated for Kasungu
◆2013/11/15 asahi.com 観光もてなし三好流 アフリカの政府職員ら研修 徳島
◆2013/11/20 Nyasa Times Malawi gov’t gazettes Disability Act, Minister sends warning shot
◆2013/11/21 アフリカビジネスニュース アフリカの政府若手職員 四国3県巡り観光もてなし研修
◆2013/11/24 Nyasa Times God’s existence: Malawian atheist Thindwa Vs Pastor Masikamu
◆2013/12/07 アフリカ子ども学研究会 第4回アフリカ子ども学研究会 周縁化された子どもたちと教育
◆2013/12/07 第4回アフリカ子ども学研究会 マラウイの学校現場でのインクルーシブ教育への反応
◆2013/12/10 AllAfrica.com Malawi: Do Not to Lock Up Physically Challenged Children - Mzimba Dem
◆2014/02/05 cnn.co.jp 性行為教える「通過儀礼」、少女が実態語る マラウイ
◆2014/02/24 外務省 チウメ・マラウイ共和国外務・国際協力大臣の来日
◆2014/02/27 開発メディアganas 「ゲイに死刑を!」、イスラム団体の法案をマラウイ政府が否決
◆2014/02/28 外務省 チウメ・マラウイ共和国外務・国際協力大臣の来日の取り止め
◆2014/03/18 外務省 マラウイに対する無償資金協力に関する書簡の交換
◆2014/06/17 StarAfrica.com Malawi disability organisation commends Parliament
◆2014/07/15 AllAfrica.com Malawi: In Malawi, Trying to Reach Deaf and Blind Community With HIV Messaging
◆2014/08/13 AllAfrica.com Malawi Govt Launches New Disability Directory
◆2014/09/01 The Maravi Post Malawi disability body mad with airports on services, to take legal action
◆2014/09/15 AllAfrica.com Malawi: The Disabled Are Not State Property - Govt
◆2014/09/18 Onislam.net Muslim Body Rescues Malawi Deaf Children
◆2014/10/27 Nyasa Times Chilima inaugurates Malawi Council for the Handicapped flag week
◆2014/12/05 JAGZY.jp 人材育成のためアフリカに出向く歯科医
◆2015/01/07 Nyasa Times Uranium toxic leak into Lake Malawi: Paladin plays down mine spill
◆2015/01/18 nikkei.com 外国人ら6人の死刑執行 インドネシア、薬物犯罪で
◆2015/01/18 cnn.co.jp 大規模洪水で20万人避難、173人死亡の情報も マラウイ
◆2015/01/18 yomiuri.co.jp 大雨176人死亡、20万人住居失う…マラウイ
◆2015/01/22 Nyasa Times Malawi Council for Handicapped teach sign language relatives of the deaf
◆2015/01/23 AllAfrica.com Malawi: MACOHA in Sign Language Training for Relatives of the Deaf
◆2015/02/06 Malawi24 Malawi: Love and Respect Albinos, Says Minister Kaliati
◆2015/02/16 Nyasa Times TNM sets up disability inclusive classrooms in Lilongwe
◆2015/02/17 Nyasa Times Malawi govt to hire 'stand still'; lawyer for persons with disability
◆2015/02/18 Malawi24 World Vision engages Malawi media in disability issues
◆2015/02/19 JICA 保健システム強化プロジェクトの陰にこの人あり
◆2015/03/03 AllAfrica.com Malawi: Disability Body Pushing for Legislation to Protect Albinos
◆2015/03/17 AllAfrica.com Malawi: Water Aid Advocates for Disability Friendly Facilities
◆2015/04/12 Nyasa Times Malawi deaf couple weds in style | Malawi Nyasa Times
◆2015/04/16 AllAfrica.com Malawi: Lack of Awareness Increasing Disability Rights Abuses
◆2015/04/27 AllAfrica.com Malawi: Disability Body Claims Government 'Too Weak' On Support
◆2015/06/10 The Maravi Post ECM Partners with NCA in a Disability Rights Pilot project
◆2015/06/12 AllAfrica.com Malawi Committed to Mainstream Disability Issues, Katopola Tells UN
◆2015/06/15 Nyasa Times Macoha trains Malawi media on Disability mainstreaming reporting
◆2015/06/22 AllAfrica.com Malawi: MUA School for the Deaf to Close Abrupt
◆2015/07/13 AllAfrica.com Malawi Disability Body Trains Media Personnel in Ntchisi
◆2015/08/11 Nyasa Times Malawi govt offers scholarship to persons with disability: TEVETA to give vocational training
◆2015/08/20 Malawi24 Malawi disability bodies decry noninclusive education
◆2015/09/25 UN News Malawi facing worst food crisis in decade, requires $81 million in relief aid - UN agency
◆2015/11/10 BBC El Nino threatens 'millions in east and southern Africa'
◆2015/12/09 Human Rights Watch アフリカ:児童婚の廃絶に向けて対策の強化を
◆2016/01/15 UNHCR Clashes drive Mozambicans to seek safety in Malawi
◆2016/01/15 UNHCR Growing number of Mozambicans arriving in Malawi
◆2016/01/19 AFP BB News アフリカ南部、1400万人に飢餓の危機 国連が警鐘
◆2016/02/13 NHK “塀の中”のバンド グラミー賞にノミネート
◆2016/02/14 毎日新聞 ひと 小野了代さん=アフリカの農村支援で毎日地球未来賞
◆2016/02/18 UNHCR UNHCR stresses asylum right of Mozambicans fleeing to Malawi
◆2016/03/14 AFP BB News 自作ヘリに空への夢託す、マラウイ
◆2016/03/16 UNHCR Growing number of Mozambicans flee to Malawi
◆2016/03/23 Bloomberg アフリカの貧困地域で食料価格上昇−ここ30年で最も深刻な干ばつで
◆2016/03/24 nikkei.com アフリカで乾燥果実 エイトワン系、野生の実を利用
◆2016/04/06 サイクルスタイル アフリカのプロサッカーチームに日本人選手が誕生
◆2016/04/15 UNHCR UNHCR begins relocating Mozambican asylum-seekers in Malawi
◆2016/05/01 cnn.co.jp 相次ぐアルビノ襲撃、国連「全滅の危機」 マラウイ
◆2016/06/28 The Page アフリカで「アルビノ」を狙った殺人が多発 その背景にあるものは?
◆2016/07/27 AFP BB News 報酬得て少女100人超と性交、HIV陽性の男逮捕 マラウイ
◆2016/08/01 nikkei.com 味の素、アフリカで栄養治療食を開発へ 国際機関に販売
◆2016/09/27 Human Rights Watch Malawi: Mining Puts Residents at Risk Urgent Need to Protect Rights of Lake Malawi Communities
◆2016/10/26 THE POVERTIST アフリカ南部マラウイ農村での収入向上の課題
◆2016/12/02 The Huffington Post 「妹はたった11歳で妊娠した」出産によって人生を奪われている女の子たちが伝えたいこと
◆2016/12/05 Japan billboard マドンナが私物をオークションにかけ8.5億円をマラウイに寄付、アリアナと豪華共演
◆2016/12/06 Amnesty International UK From London to Lilongwe: photo exhibition with Reggie Yates
◆2016/12/14 handicap.fr Sauver Annie, 10 ans, albinos, menacée de mort
◆2016/12/30 The East African (Nairobi) Malawi Charges Eight Tanzanians for Uranium Mine Trespass
◆2017/01/19 Tanzania Daily News (Dar es Salaam) Tanzania: Fresh Bid to Seek Release of Nationals in Malawi
◆2017/02/09 cnn.co.jp マドンナさん、マラウイから双子の姉妹を養子に
◆2017/03/22 Graça Machel Trust (Johannesburg) Africa: Malawi Makes Aviation History As All-Women Crew Flies to Dar
◆2017/03/24 This is Africa Racist 46 year old German to be deported from Malawi after calling worker ‘monkey’
◆2017/04/04 This is Africa “People outside any particular community cannot really solve the community’s public health problems. They have to solve these by themselves”: in conversation with Professor Tomohiko Sugishita
◆2017/04/25 NHK マラリアのワクチン推奨を判断 WHOが大規模接種へ
◆2017/04/25 nikkei.com マラリアワクチン試験投与へ WHO、アフリカ3カ国で
◆2017/06/01 武蔵野アフリカ研究会 第37回武蔵野アフリカ研究会「アフリカの持続可能な農村開発に向けたキャパシティ・アセスメント:ガーナとマラウイにおけるフィールド調査の概要と提言」@上智大学
◆2017/08/02 FRONTROW 「教育の場を与えたい」リアーナがアフリカの学生に奨学金と自転車を寄付
◆2017/10/18 cnn.co.jp 食費が高い国ワースト5、アフリカや中東に集中 WFP

【参考図書】
地域の振興―制度構築の多様性と課題―
西川芳昭・吉田栄一編  日本貿易振興機構アジア経済研究所 ¥3,465(税込) A5判 260p 2009年4月 [amazon]

第3章 マラウイ一村一品運動における産品マーケティング ―地域振興における生産者グループの組織的学習と支援機関の関与― 吉田栄一
第4章 マラウイの農産物生産者組合の活動が地域や農家に与える影響 原島梓

マラウイの小農―経済自由化とアフリカ農村
高根務著 日本貿易振興機構アジア経済研究所 ¥3,045(税込) A5判 230p 2007年8月 [amazon]

マラウィを知るための45章 (エリア・スタディーズ)
栗田和明著 明石書店 ¥2,100 B6版 295ページ 2004年2月 [amazon]

【参考図書】
アフリカにょろり旅
青山潤著 講談社 ¥1,680 B6版 271ページ 2004年2月 [amazon]

『アフリカにょろり旅』 青山潤 著

◇読者レビュー◇ 幻のウナギを探し求める壮絶な日々

大倉 寿之(2007-08-22 05:00)

手にとってすぐに連想したのは、バックパッカーとして有名な蔵前仁一氏である。蔵前氏は世界を貧乏旅行し、抱腹絶倒な経験を数々の著書に著してきた。そのテイストにそっくりなのである。本の装丁も、旅のスタイルも、書きぶりまでも。

ひとつ違うのは、著者たちの本当の目的が、旅ではなく「調査活動」である点だ。

本書で活躍する2人の研究者は、東京大学教授の命に従い、世界中のウナギを生きままま集めるという目的に邁進する。

この教授は全18種のウナギを採集し、類縁系統関係を明らかにしようとしている。3年足らずのうちに17種まで採集できたが、最後の1種、ラビアータだけが入手できない。

そこで、教授の研究室に所属する2人がアフリカに飛び、幻のウナギを採集しようとする。その珍道中が実に愉快に記されている。マラウイ、ジンバブエ、モザンビークなどのアフリカ諸国を、ウナギを求めて旅して回る。

研究予算が限られているため、車を借りたり、人を雇ったりといった贅沢はできない。快適な旅とはほど遠い。限りなく低予算で宿を確保し、移動も現地のバスの利用が基本となる。言葉も、英語と少し覚えのあるスペイン語だけが武器だ。

こうなると、ウナギ採集が目的とはいっても、バックパッカーの旅行記と変わらなくなる。それにしても壮絶な旅である。最後の1種ラビアータを採集しようとする動機だけに突き動かされて、ウナギのいそうな町から町へと流れていく。

現地の気候はおそろしく厳しい。アフリカが暑いことは誰しも知っているが、乏しい水と、いつ来るか分からないバス、もしくは現地を走るトラックを待つうちに、のどがカラカラになる。炎天下での徒歩による移動も、体中から水分を奪い、唇が干からびて切れるほどだ。

酷暑の日本で読んでいると、そのつらさが共感できるような気もしてくるが、実際には、少々の共感など及びもつかないすさまじさである。

ときにへたり込みつつも、歯を食いしばりながら道を行く……にも関わらず、目的とする町では空振りの連続。そして、ウナギが遡上していそうな別の町へと再び移動し、釣り糸を垂れる。現地の漁師の協力も得ようとするのだが、なかなか思うようにいかない。ウナギと似たような細長い魚が届けられては落胆することの繰り返しである。

途中、激しい頭痛に見舞われたり、嘔吐したり、気力も体力も限界に近いところまで追い込まれる。ところが、2人はなかなか諦めない。ひとくちにアフリカといっても、国ごとに治安や町の雰囲気、人あたりもずいぶん違う。

不衛生な安宿、食堂で提供されるまずい食事、そして一貫した水の乏しさ。ウナギを求める探究の旅を大まじめに書いても立派な研究紀行文になるはずだが、著者のおもしろおかしく書くセンスの良さに脱帽してしまう。

最終的には、現地の漁師の手で、一匹、また一匹とラビアータが届けられ、ようやく8個体まで集まる。ただし、日本にいる教授の指示は30個体を集めよというもの。さすがに、次々にウナギが集まる状況になく、限界を感じて帰国する。ここで、読者も胸をなで下ろすことになる。

ウナギは今では、ニホンウナギならマリアナ諸島西の海域で産卵し、成長しながら大回遊して、日本の河川を遡上することが分かっている。ヨーロッパウナギなら、サルガッソー海で産卵されたものが、欧州の河川をさかのぼる。

実は、18種のウナギのうち12種は熱帯にいて、これらはあまり研究が進んでいないとある。しかし、こうした熱帯地方のウナギ研究の基礎には、こうした血のにじむような調査活動があることを知った。

本書に生物学的な知識を得ることを期待してはいけない。壮絶な旅行記として読む分にはとても楽しい。旅の最中にはそういう気分ではなかっただろうが、著者は、本を執筆しながら、きっとよき思い出としてアフリカの旅を振り返ったに違いない。

「アフリカにょろり旅」というユニークな書名と装丁が、そのことをよく表している。

講談社
281ページ
定価1680円(税込み)
2007年2月10日発行



 
 
>TOP

2010.02.08 Web posted at: 16:59 JST Updated - CNN

同性愛者の権利訴えるポスター掲示で若者逮捕 マラウイ

(CNN) アフリカ南東部マラウイで先週、同性愛者の権利を訴えるポスターを街頭に掲示していた男性が、治安妨害の疑いで逮捕された。同国では同性愛が法律で禁止されている。

警察報道官によると、逮捕されたのはピーター・サワリさん(21)。同国南部ブランタイヤの人通りが多い路上に、「同性愛者の権利は人権だ」と書かれたポスターを張っていた。同じ文が載ったポスターを、ほかにも何束か所持していたという。本人が単独行動ではなかったと話していることから、警察はさらに容疑者がいるとみて捜査している。

同国では同性愛が犯罪行為とみなされ、刑法で最大14年の刑が定められている。同報道官は、ポスター張りが「犯罪の助長」に当たるとの見方を示した。サワリさんは有罪判決を受けた場合、最大で懲役5年と罰金刑が科せられる可能性がある。

同国では昨年末、婚約を発表した男性の同性愛カップルが逮捕され、公然わいせつ罪で起訴された。2人は無罪を主張している。これに対し、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが同国政府に抗議の書簡を送るなど、非難の声が上がっている。警察は、サワリさんとこの2人のつながりについても詳しく調べているという。



 
 
>TOP

畑に雨が降らない呪いをかけた男に有罪判決、マラウイ

* 2010年02月13日 21:23 発信地:ブランタイア/マラウイ

【2月13日 AFP】干ばつに見舞われているアフリカ南部マラウイで、隣人の畑に雨が降らないよう呪いをかけた男の裁判があり、被告に有罪判決が下された。

警察が12日に明らかにしたところによると、チクンベニ・ムワナテウ(Chikumbeni Mwanatheu)被告(35)は、隣人の畑に雨が降らないよう魔術をかけて「平穏を乱す行為」を行った罪で起訴された。被告も罪を認め、裁判官は住民の平穏な生活と被告自身の身の安全のため、刑務所での服役が妥当だとして、ムワナテウ被告に懲役2か月の判決を言い渡した。

マラウイでは魔術信仰が根強く残っている。魔術行為は処罰の対象となり、有罪となれば最高で5年の禁固または懲役刑が言い渡される。また、魔術を行った容疑者が暴徒らに殺害されることもある。

タバコ栽培が主産業のマラウイでは、前年から干ばつが続いている。(c)AFP



 
 
>TOP

金永南委員長がAU新議長に祝電

最高人民会議常任委員会の金永南委員長は、アフリカ連合(AU)議長に選出されたマラウイのビング・ワ・ムタリカ大統領に10日付で祝電を送った。

祝電は、今回の首脳会議が大陸の平和と安全を成し遂げて政治的・経済的統合を実現し、情報通信技術部門をはじめ経済分野を発展させるうえで重要な契機になったと指摘した。

また、この機会にAUとその加盟国との伝統的な友好・協力関係を変わることなく強化、発展させていく朝鮮政府と人民の意志を表明した。

[朝鮮新報 2010.2.17]



 
 
>TOP

2010.03.24 Web posted at: 19:18 JST Updated - CNN

男性カップル「愛の誓い」で起訴、エイズ予防に暗雲 マラウイ

(CNN) アフリカ南東部のマラウイで、男性同士で愛を誓ったことを理由に逮捕された2人が刑事裁判にかけられることになり、国際人権団体や同性愛団体が反発している。同国のエイズ対策への影響を懸念する声もある。

同国の最大都市ブランタイヤに住む26歳と20歳の男性カップルは、昨年12月、伝統にのっとって愛と結婚を誓ったことが地元紙に報じられ、自宅で警察に逮捕された。同国の刑法に基づき、男性間でわいせつ行為をした罪などに問われて正式起訴され、29日に初公判が開かれる。有罪になれば禁固14年を言い渡される可能性がある。

国際NGO(非政府組織)ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、2人は逮捕以来、保釈も認められず、1月には同性愛の証拠集めのために身体検査を強制され、精神鑑定も受けさせられたという。

こうした批判に対し当局側は、マラウイでは同性愛が禁止されており、法律を守っているだけだと反論している。

同性愛の摘発が、エイズ予防運動の妨げになると危惧する声もある。2007年末の統計で、マラウイの人口約1400万人のうち、エイズウイルス(HIV)感染者とエイズ患者は約100万人に上る。同国政府内でも、リスクグループである同性愛者の権利を認めて啓発に乗り出す動きが出始めた矢先だった。

同性愛者の国際権利保護団体IGLHRCの代表は「今回の事件は、男性間の性行為によるHIV感染を防ぐ取り組みに大きな打撃を与えた。そうした男性の多くが逮捕されたり犯罪者扱いされることを恐れて潜伏してしまった」と話している。



 
 
>TOP

2010.04.07 Web posted at: 14:06 JST Updated - CNN

マドンナさんの女子学校、建設に着工 マラウイ

(CNN) 米歌手マドンナさんは今週、アフリカ東部の国マラウイを訪れ、自身が財政援助する女子学校「レイジング・マラウイ・アカデミー・フォー・ガールズ」の基礎工事の着工に立ち会った。

マドンナさんは5日のブログで、マラウイの子供たちは国を救う強さを持っており、「そのための道具が必要なだけ」と訴えた。今回建設される女子学校で教育を受ける女児450人は「マラウイの未来への希望」だと言い、「私が置くレンガは学校の土台となるだけでなく、私たちが共有する未来の基礎になる」と記している。

マドンナさんの4人の子供のうち、マラウイで養子縁組をした2人の子供も今回の旅に同行した。



 
 
>TOP

見る世界:マドンナさん、どこにいるの?ーー東アフリカ・マラウイ

「見えるー?」「どこぉ?」。そんな声が聞こえてきそうだ。東アフリカ・マラウイの首都リロングウェから西へ約120キロのムチンジ。子供たちは、世界的スターをひとめ見ようとのぞき込んでいる。

米歌手のマドンナさん(51)が今月初め、自ら設立した孤児施設「希望の家」を訪れたのだ。ムチンジは06年にマドンナさんが1人目の養子縁組を決めたデイビッド君の故郷。昨年6月、マラウイ最高裁はマドンナさんが申請していた2人目となるマーシーちゃんの養子縁組も認めた。

アフリカでは人身売買が深刻な問題。マドンナさんのケースも、親族や人権保護団体から批判された。

だが、マラウイ各地に児童養護施設を寄贈したり、養子の里帰りを繰り返すマドンナさんの姿に地元住民の理解も徐々に広がりつつあるようだ。【高尾具成】

毎日新聞 2010年4月19日 東京朝刊



 
 
>TOP

2010.05.19 Web posted at: 16:55 JST Updated - CNN

「婚約」で逮捕の同性愛カップルが有罪に マラウイ

(CNN) アフリカ南東部マラウイで18日、男性同士で「婚約式」を挙げて逮捕されていた同性愛カップルが、裁判で有罪を言い渡された。国際人権団体などが強く反発している。

カップルは26歳と20歳の男性。昨年12月、伝統にのっとった儀式で愛を誓い合ったことが報道され、最大都市ブランタイヤの自宅で逮捕された。植民地時代に施行された法律に基づいてわいせつ行為などの罪に問われ、保釈なしで収監されていた。

刑の言い渡しは20日に予定されている。最大で懲役14年を科される可能性がある。弁護士らは上訴の構えを示している。

公判を傍聴した人権団体CEDEPのリーダー、ギフト・トラペンス氏によれば、法廷には2人を支持するグループと、有罪を求めるグループが詰め掛けた。同氏は「わが国が少数派にも平等な人権を認めるのかどうか、決めるべき時が来た。古い法律は更新する必要がある」と述べた。

カップルを支援してきた英人権活動家ピーター・タッチェル氏は、「有罪は言語道断だ」と怒りをあらわにし、「2人は愛を誓い合ったが、不法な同性愛行為があったとの確固たる証拠はない。憎しみや暴力に満ちた世の中で、互いに愛し合うことが罪とされるのはおかしい」と語った。

マラウイ当局は、「特定の性的行為」を禁じる法律に従い、公正な裁判が行われていると反論する。一方で人権団体などは、この法律が憲法の差別禁止条項に違反すると主張している。

この日の公判に先立ち、被告となった20歳男性はタッチェル氏を通して、「愛する人と一緒に暮らせないのなら、自由の身になっても意味がない。この刑務所で死ぬ方がましだ」と訴える声明を出していた。



 
 
>TOP

2010.05.21 Web posted at: 16:08 JST Updated - CNN

マラウイの同性カップルに14年の刑 英政治家らが非難

(CNN) アフリカ南東部マラウイの裁判所で20日、男性同士で「婚約式」を挙げて逮捕され、わいせつ罪などで有罪となったカップルに、禁固14年の刑が言い渡された。刑が重すぎるとの声が、国内外から上がっている。

カップルは26歳と20歳の男性で、18日に有罪を言い渡されていた。

マラウイで人権団体CEDEPを率いるギフト・トラペンス氏は、保守的な同国民の大半は裁判所の判断を支持していると認めたうえで、「被害を受けた者はだれもいないのに、非常に重い量刑が下された」と指摘。国内の同性愛者らが潜伏する動きを、さらに加速させる恐れがあると述べた。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルのアフリカ担当者は、「判決はマラウイの司法制度で差別が合法的に認められていることを強く示すもので、受け入れられない」とする声明を出した。

同団体によると、被告の2人は、拘束中に警察から暴力を受けたと弁護士に話したという。旧宗主国の英国では、外務政務次官に就任した保守党のヘンリー・ベリングハム議員ら政府の要職にある政治家3人が、裁判結果と拘束中の処遇に「深い失望」を示す共同声明を発表。「マラウイは近年、人権問題で大きく前進しているが、判決はこの流れに逆行する」と非難した。



 
 
>TOP

アフリカ:各国で同性愛者への締め付け強まる 非難の声も

【ヨハネスブルク高尾具成】アフリカ各国で最近、同性愛者への敵視や「締め付け」風潮が強まっている。アフリカ南部マラウイの裁判所は、婚約の儀式を行った男性同性愛者カップルに今月、「(同性愛は)不自然な行為で、わいせつ罪にあたる」として懲役14年の有罪判決を言い渡した。こうした風潮に、アフリカ内外から非難の声が上がっている。

マラウイで有罪判決を受けたのは26歳と20歳の男性。昨年12月末に南部の都市で婚約儀式をしたところ逮捕された。国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は、判決が「人権侵害」に当たるとして即時釈放を要求。米英両国政府は声明で「深い失望」を表明した。さらに、同国からの子供を養育する歌手のマドンナさんも判決を批判した。

アフリカ53カ国のうち少なくとも37カ国が同性愛を違法としている。ケニアでは2月、治安当局が男性同性愛者同士の結婚式を阻止。ウガンダ議会は昨年10月から、同性愛行為に対する罰則強化法案を審議している。改正案提出を受け、欧米諸国は対ウガンダ援助の打ち切りを示唆。南アフリカのノーベル平和賞受賞者、ツツ元大主教は、ウガンダの法改正に反対している。

また、イスラム教徒が多いナイジェリア北部では、既に同性愛者に死刑が適用されているほか、セネガルでは同性愛者の遺体を墓地から掘り返して捨てる行為も発生。ジンバブエのムガベ大統領は「同性愛は西洋から持ち込まれた」と発言したこともある。

欧米の価値観を知った市民が同性愛者の権利を公に主張し始めたことに対し、アフリカ諸国政府が反発していることが背景にあるのではないかとみられている。

毎日新聞 2010年5月24日 19時05分(最終更新 5月24日 19時25分)



 
 
>TOP

マラウイ:有罪の同性愛者カップルに恩赦

【ヨハネスブルク高尾具成】アフリカ南部マラウイのムタリカ大統領は29日、同性間で婚約儀式を挙げたとして、わいせつ罪などに問われ、20日にそれぞれ懲役14年の有罪判決を受けた男性同性愛者のカップルに対する恩赦を発表し、2人の釈放を命じた。判決は欧米から「人権侵害」と批判されていた。

毎日新聞 2010年5月31日 東京夕刊



 
 
>TOP

途上国援助、約束より100億ドル不足 G8で初検証

2010年6月27日11時53分

【トロント=望月洋嗣】25日に開幕した主要国首脳会議(G8サミット)は、途上国への開発援助に関する過去の約束の実施状況を検証した初の「説明責任報告書」をまとめた。各国政府による途上国援助(ODA)では、5年前の約束より100億ドル(約9千億円)も足りないことが明らかになり、この日の拡大会合でアフリカ諸国から不満の声が出た。

報告書は、G8が世界にどんな変化をもたらしたかを自ら検証するのが目的で、近年のG8で首脳らが表明した援助資金拠出の実施状況を9項目に分類して点検した。法的な拘束力がないG8での約束の透明性を高めることで、各国の取り組みを促進させる狙いもある。

アフリカ支援が主要な議題だった2005年の英グレンイーグルズサミットでは、首脳らは「10年までにODAを500億ドル増額する」としたが、報告書によると増額は09年時点で400億ドルにとどまった。

エチオピアや南アフリカなど6カ国の首脳が参加した25日の拡大会合では、アフリカ側が「約束を守ることが重要だ」と注文をつけた。これに対し、G8側からは不足を補うための具体策などには言及がなかったという。

報告書はエイズ治療の促進やマラリアによる死者数の減少、就学児童数の増加などG8主導による成果も挙げている。一方で、15年までに貧困人口を半減させるなどとしたミレニアム開発目標(MDGs)に向けては「深刻な課題が残る」と指摘。9月に国連で開かれるMDGsサミットに向け、G8の強い指導力の必要性を強調している。

アフリカ南部マラウイで母子保健強化に携わる看護師のドロシー・ンゴマさん(56)は、G8への政策提言のためトロント入りした。報告書について「世界では毎年、35万人の女性が出産時に死亡している。G8の首脳は約束を果たすことで、どれだけの命を救えるかを考えてほしい」と話した。



 
 
>TOP

JOGMEC、マラウイ共和国政府と協力---レアメタル探査・開発

2010年7月30日(金) 15時15分

独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、マラウイ共和国の天然資源エネルギー環境省と、鉱物資源などの探査・開発で協力することで合意した。

今後、両国の関係強化の最初の具体的なプロジェクトとしてマラウイから地質技術者をJOGMECボツワナ地質リモートセンシングセンターに招いて、同国の鉱物資源ポテンシャルを評価するための共同解析を9月上旬から実施する。

また、JOGMECは、同国地質調査局などの協力を得て、レアメタル資源の権益確保へ向けて、民間鉱山会社とジョイント・ベンチャーで探査プロジェクトの構築を目指す。

JOGMECは鉱物資源の探査・開発で協力関係を結んだのは南部アフリカ地域では7カ国目。南部アフリカ地域は、レアメタルなどの資源の確保が見込まれるため、今後もこれら資源国との関係強化を目指す。

《編集部》



 
 
>TOP

米大手たばこ会社、中国役人への贈賄で摘発される―中国メディア

2010 年8月8日、米紙ニューヨーク・タイムズは、米大手たばこ会社のAlliance One Internationalが中国の政府役人への贈賄行為を摘発されたが、起訴されない見返りに罰金945万ドルを支払うことに同意したと報じた。9日付で国際在線が伝えた。

記事によると、同社は世界第2位のたばこ会社。中国、タイ、ギリシャ、インドネシア、キルギスタンの政府役人に賄賂を渡し、不正に利益を得ていたとして摘発されたが、起訴されない見返りに、当局に罰金のほか不正に得た利益を支払うことに同意した。

また、世界1位のたばこ会社であるUniversal Corporationも、タイ、マラウィ、モザンビークの政府役人への贈賄行為で摘発され、Alliance One Internationalと同様に罰金440万ドルと不正に得た利益450万ドルを支払うことに同意した。

記事によると、Alliance One Internationalはこの件について一切のコメントを出していないが、Universal Corporationは声明を発表し、同社が自ら政府に贈賄行為を報告し、積極的に調査に協力したと明かした。同社は今後3年間、司法当局と交わした合意を守れば、起訴されないことになっているという。(翻訳・編集/NN)

2010-08-10 17:18:20 配信



 
 
>TOP

年金もらう前に寿命? アフリカ最貧国の法案に国民反発

2010年11月20日10時37分

【ナイロビ=古谷祐伸】アフリカの最貧国の一つマラウイで、公的年金制度を創設する法案が、国民の反発を招いている。年金の支給が始まる年齢が、平均寿命よりも上に設定されているからだ。

現地からの報道によると、年金法案は、労働者が年金保険料を支払い、定年退職後に受け取るというもの。労働大臣は「老後が楽になる。今まで会社員は、退職時に企業からラジオや毛布などの記念品をもらうだけだったのだから」。

ところが問題は、年金を受け取れる年齢。女性が55歳、男性は60歳に設定されている。世界保健機関によると、貧困やエイズの広がりに苦しむ同国の平均寿命は53歳(2008年)。

労働組合側は「60歳まで待たせるのは詐欺」と批判し、45歳程度までの引き下げを求めている。19日には首都リロングウェで抗議デモも実施し、約300人が参加した。

一部企業が運用する貯蓄制度が、公的年金の基金に取り込まれるとの情報も流れ、法案成立前に退職する人も出ている。公的年金になれば、そうした貯蓄を生前に受け取れなくなると恐れたためだ。



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート 2010年11月22日: Globe Metals and Mining Limited (ASX:GBE) がマラウイにおいて大規模な重レアアースを発見

Sydney, 2010年11月22日, (ABN Newswire) - Globe Metals and Mining Limited (ASX:GBE) は、 Resource Star Limited (ASX:RSL) とのジョイントベンチャーであるマラウイ南部の Machinga レアアースプロジェクトでの初回 RC 掘削プログラムに対する化学調査結果を報告した。掘削結果では高グレードの重レアアース元素を含有する複数の鉱化帯が示され、高い価値・需要を持つジスプロシウムも含まれている。重レアアース比率は平均33%・最高39%で、ジスプロシウムの評価は平均375 ppm ・最高値 971 ppm となっている。 Machinga での他の対象地を調べる地上放射分析・土壌試料採取調査プログラムの準備が2011年の追加掘削に向け始められた。

Empire Resources Limited (ASX:ERL) は西オーストラリア州の同社 Yuinmery 銅・金プロジェクトにおいて、特異的なニッケル・銅・コバルト・プラチナ・パラジウムを含有する鉄鉱石の露頭を発見した。約350メートルのストライク長をカバーし最長48メートルの幅を持つこの新たな露頭は、硫化ニッケル・銅鉱化の鉱脈と考えられている。この銅・ニッケル対象地および最大7ヶ所となる巨大な火山性硫化対象地での RC 掘削試験が今月開始される予定である。

South Boulder Mines Limited (ASX:STB) は西オーストラリア州 Rosie 鉱脈において、非常に有望で巨大な Ni-Cu-PGE 硫化物と新たに交差した。この高グレード鉱化帯のストライク長は現在約250mで、ほぼ全方向に伸びている。掘削穴の DHTEM 伐採が進行中で、掘削と調査作業が続けられている。

Energia Minerals Limited (ASX:EMX) は、西オーストラリア州の同社100%保有 Nyang ウランプロジェクト・ Onslow ウランプロジェクト内での空心掘削プログラムを順調に完了した。地球化学分析が開始され、分析結果は2011年1月初旬に見込まれている。掘削プログラムの初回評価では、 Carley Bore 鉱床の746万ポンド U3O8 に対し、280 ppm U3O8 での現行 JORC 規格推定鉱物資源量1,220万トンの南、少なくとも2kmにかけて特異帯が掘削により拡張されたことが示された。

お問合せ先
Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net



 
 
>TOP

レアアースの豪ライナス、アフリカで鉱区買収

2010/12/22 21:10

【シドニー=柳迫勇人】オーストラリアのレアアース(希土類)開発会社ライナスは22日、アフリカ南東部マラウイの「カンガンクンデ」鉱区を買収する認可を同国政府から得たと発表した。買収額は400万ドル(約3億3500万円)。今後、数週間以内の買収完了を見込む。同社の大規模なレアアース開発拠点は豪西部に次いで2カ所目となる。

カンガンクンデ鉱区の推定埋蔵量は10万7000トン以上で、同社は2007年から買収計画を進めていた。ライナスのニック・カーチス会長は日本経済新聞に対し「13年には生産を開始したい」と語った。

ライナスは豪西部でもレアアース開発を進めており、11年から10年間にわたり最大年間9000トン以上を日本向けに輸出する契約を双日と結んでいる。



 
 
>TOP

レアアース大手ライナス、アフリカで鉱区を買収

2010年12月23日

オーストラリアのレアアース(希土類)生産企業ライナス(Lynas Corporation)は22日、アフリカ南東部マラウイの「カンガンクンデ(Kangankunde)」鉱区を買収する承認をマラウイ政府から得たと発表した。買収額は400万ドル。西オーストラリア州に所有するマウント・ウェルド(Mount Weld)鉱山の次ぐ大規模なレアアース開発拠点になる見込みだ。



 
 
>TOP

アジア市場活動レポート 2011年5月6日: Globe Metals And Mining Limited (ASX:GBE) がマラウイでの初のレアアース発見を発表

Sydney, 2011年5月6日, (ABN Newswire) - Globe Metals & Mining Limited (ASX:GBE) は今日、マラウイ南部の Mount Salambidwe で 2010 年下旬に実施された予察試料採取プログラムにおいて、初のレアアースおよび特殊金属鉱化が発見されたと語った。レアアース酸化物の高数値が報告された。この新発見をさらに検査すべく、同社は積極的な探査プログラムを 2011 年中に開始する予定である。

Argo Exploration Limited (ASX:AXT) と同社のジョイントベンチャーパートナー Xstrata Copper Limited は、 Oak Dam South 鉱脈および Winjabbie East 鉱脈での掘削を 5 月中旬に開始する予定である。両鉱脈は大規模な酸化鉄・銅・金鉱化帯を潜在的に有する優先対象地を持つ。この事業に対する物流は整っており、掘削装置の到着に先立って初回掘削地が準備されている。

Alkane Resources Limited (ASX:ALK) はニューサウスウェールズ州中西部の Galwadgere 銅・金鉱床において、グレード 0.99% 銅・ 0.3g/t 金での表示資源量 200 万トンを確認した。この結果は鉱化を 200 メートル下へと拡張し、資源の潜在性を増加させた。この拡張された資源潜在性を評価すべく、同社は更なる掘削を開始する予定である。

Sentosa Mining Limited (ASX:SEO) は 2010 年に発見された既存の金特異をより良く描出すべく、西オーストラリア州 Jaurdi Hills 金プロジェクトにおいて試料採取プログラムを開始した。 7.8g/t Au での 4m ・ 1.91g/t Au での 5m ・ 6.8g/t Au での 1m といった過去の高グレード金交差を調査する追跡掘削プログラムも計画されている。

お問合せ先
Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net



 
 
>TOP

アフリカ・マラウイで反体制デモ、18人死亡 大統領は退陣拒否

2011年07月22日 12:53 発信地:ブランタイヤ/マラウイ

【7月21日 AFP】アフリカ南部マラウイで20、21日の両日、ビング・ワ・ムタリカ(Bingu wa Mutharika)大統領(77)の経済政策の失敗と民主的権利の侵害に抗議する反体制デモが暴徒化し、2日間で18人が死亡した。

首都リロングウェ(Lilongwe)と経済の中心地ブランタイヤ(Blantyre)では治安部隊が展開し、2000人余りのデモ隊を鎮圧。ムタリカ大統領は21日、国営ラジオで演説し、「悪魔に率いられたデモは敗北する」などと述べて退陣を強く拒絶した。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)によると、死者のうち少なくとも8人は北部ムズズ(Mzuzu)で治安部隊の銃撃によって死亡しており、また子ども6人を含む44人が銃傷を負って病院で治療を受けているという。(c)AFP/Felix Mponda



 
 
>TOP

ズボンやミニスカート着用の女性襲い、裸姿にする事件多発 マラウイ

2012.01.21 Sat posted at: 14:56 JST

(CNN) アフリカ南東部のマラウイで伝統衣装ではなくズボンやミニスカートを着用した女性が街頭で襲われ、裸にされる事件が最近相次ぎ、「民主国家なのに暗黒時代に戻そうとしている」などと怒る女性活動家らによる抗議デモが20日起きた。

事件は同国の大都市リロングウェやブランタイアで今週発生したもので、「ズボンなどの利用は伝統を無視している」と反発する男の露天商が女性を殴打し、衣服をはぎ取っていた。

騒ぎを重視したムタリカ大統領は警察に襲撃の加担者の逮捕を命令。国営メディアを通じての演説では「女性は自ら望む衣服を着る権利がある」と説いた。商都ブランタイアで19日に実行した抗議デモにはズボンやミニスカートをはいた女性が参加し、露天商を非難する字句が書かれたTシャツも着込み、気勢を上げた。

同国の女性活動家によると、マラウイでは数十年間続いた独裁体制の時代に女性のミニスカート、ズボン着用を禁じる法律が施行された。しかし、複数政党制による民主政治が誕生した1994年、同法は廃止されていた。

現在の憲法は男女平等をうたっているが、教育、雇用や政治権限など社会の各分野で差別が存在しているのが実情。マラウイの女性の権利擁護団体の責任者は、襲撃したのは社会システムなどに不満を持つ若い男たちで、女性の弱さにつけこんで怒りを発散していると指摘している。「アフリカの多くの男たちは女性のすべきことを指示出来ると思い込んでいる。女性を保護するより厳格な法律が必要」とも強調した。

ズボンなどを着用する女性への襲撃事件は、ケニアやジンバブエなど他のアフリカ諸国でも散発的に発生している。



 
 
>TOP

マラウイのムタリカ大統領、心臓発作で死去

【ヨハネスブルク=黒岩竹志】ロイター通信は6日、南部アフリカ、マラウイのビング・ムタリカ大統領が5日、首都リロングウェで心臓発作のため死去した、と報じた。

同国国営メディアは死去を公式に伝えていないが、事実なら、憲法の規定でバンダ副大統領が昇格する可能性が高い。

ムタリカ大統領は78歳。世界銀行勤務などを経て、2004年の大統領選で初当選し、09年に再選された。

(2012年4月6日19時08分 読売新聞)



 
 
>TOP

University graduates create social network

http://www.bizcommunity.com/Article/129/23/75805.html

Barely four months after bringing into the ICT market a search engine they call 'C-Finder', Mzuzu University Bachelor of Science graduates, Kondwani Chimatiro and Daniel Chiwinga, have brought another ICT innovation with a social network platform, almost designed to work as international social network set-up called 'Sahebo'. Chimatiro and Chiwinga told Bizcommunity that Sahebo which can be found on www.sahebo.com is derived from a French word commune, which means community.

Sahebo, which was recently launched, took the pair three months to develop. The two graduates, who have both completed their Bachelor of Science Studies in Information Communication Technology, hope to keep on improving and developing the platform to provide a first-class service to its users. "We are currently working on applications that will enable our users to create community projects or share business ideas and many others," Chimatiro said. "We are just four weeks old in the industry and just started our own company known as Ctech Systems which provides ICT solutions," said Chimatiro, adding that they are doing software development, web designing, web hosting, multimedia, network installation, computer repair and maintenance, online advertising and many others. The impact of social networking The two noted that their firm cannot ignore the facts and effects of social networking and its impact on the way the world is doing business. "That's why we created Sahebo to localise this technology and make it rich in our cultural values in such a way that our users can easily integrate what is described as African and Western culture to provide a blended platform which is simple to use while sharing with the rest of the world," said Chimatiro. He says they hope people will use Sahebo to share messages to the other social platforms instantly with fewer efforts.

A global village

"As Africans we understand the social business dynamics in Africa and its challenges. But if we can be connected there is nothing we wouldn't achieve," declared Chimatiro. "As you may be aware that through internet and social networking nowadays the world has become a global village," said the two, in explaining what has prompted them to bring a social network into a market well represented by Facebook and other innovations. Chimatiro and Chiwinga agree that we are living in one large community where global issues are influenced by all global citizens, which means there is room for such new introductions.

The world now acts as one platform to build businesses, democracies and dreams which were only limited then but now a wireless reach away," he said. Broadcasting houses, political parties, businesses and customers, he says, are demanding a direct audience with their service suppliers or legislators, whether be it the Arab spring or Wall Street. "As global citizens, through social media, we have shared our burdens and successes by harnessing technology which enables us to communicate in real time and filter through huge information that is passing through these shared communities to better serve our customers," he said.

The pair say they are working on Sahebo day in and day out to make it the largest social site in Africa. "We are hosting Sahebo ourselves. We are planning to launch Sahebo social site publicly soon, once we finalize the site," Chiwinga said. The social platform will among its many advantages, benefit politicians and farmers and many Malawians who have not been able to share their opinions with a wide audience. A fusion of technologies and frameworks In coming up with Sahebo, the two graduates say they fused different technologies and frameworks to make sure that Sahebo is operational. "Our audience is broad if you look at what we want to achieve at the end of our quest, you see through this platform, service users can speak directly to service providers and vice versa," says Chimatiro, "We want to enable a farmer in the village interact with business firms seeking to buy cotton from China or pigeon peas in India without the need to worry about exorbitant long distance phone bills." According to statistics, some 29% of online adults used social networking sites such as Facebook or MySpace in the months leading up to the Malawi's 2009 elections to connect with friends or family, and 12% of online adults did so using Twitter. He said that works out to a total of 41% of adult internet users who engaged in political campaigns on social networking sites in at least in several ways. With Sahebo, Chimatiro and Chiwinga hope to be there for politicians who lagged behind to connect to social media campaign. "This will help to make them understand how the dynamics of doing politics have changed as will be proven in the 2014 general elections," he said. Chimatiro and Chiwinga say the "political social media user" cohort represented by the 29% of internet users eligible for voting are representing a 45% margin in opinion perception swing, and enthusiasm for using social media provides Sahebo conducive environment to educate those who can educate others on issues of human rights, and civic education on election issues by providing a neutral platform where issues affecting daily life can be debated. With Sahebo, the entrepreneurs say they are looking at group buying where users can come together to buy products from a supplier who in return, will offer reasonable discount to the group for buying in a large quantity - a functionality they hope to add soon.



 
 
>TOP

ITU to help Malawi develop ICT sector

http://www.telecompaper.com/news/itu-to-help-malawi-develop-ict-sector

The International Telecommunications Union (ITU) said it will assist Malawi to develop its ICT industry, especially in rural areas, in order to help spread socio-economic development across the country. According to Business Times, a delegation from Malawi headed by

Ministry of Information Principal Secretary James Kalirangwe met with ITU Secretary General Hamadoun Toure on the sidelines of the World Radio Communication Conference 2012 (WRC - 12) in Geneva.

Toure commended Malawi for the initiative of establishing telecentres in several rural areas of the country. Toure pledged ITU's continued support to such initiatives. He said the Malawi government and ITU should work together to identify resources which can be used to establish more telecentres throughout the country to ensure accessible and affordable ICT services within walking distance for most people.

The ITU chief said the Millennium Development Goals (MDGs) cannot be attained if people do not have access to ICT enabled-applications like e-education, e-agriculture and e-health. He said Malawi should ensure that it puts in place enabling policy, legal and regulatory framework to ensure the provision of affordable and accessible ICT services to its citizens, especially those in the rural areas. He called on the private sector in Malawi to assist the government in developing the ICT sector, especially in rural areas.

Kalirangwe expressed gratitude to the ITU for its continued support in Africa, the SADC region, and Malawi in particular, in the areas of ICT development. He said that Malawi has benefited from the ITU/Malawi Communications Regulatory Authority/Malawi Postal Corporation telecentres project. He said the establishment of ITU telecentres in twelve districts is a clear indication of the ITU's commitment to bridging the digital divide, which dovetails with infrastructure development under the Malawi Growth and Development Strategy.



 
 
>TOP

VIP待遇を求めた? マラウイ政府がマドンナさんを批判

cnn.co.jp

2013.04.12 Fri posted at 16:29 JST

(CNN) マラウイ政府は12日までに、米歌手マドンナさんが同国を訪問中、政府に対し「特別待遇」を求めたとして、マドンナさんを批判する声明を発表した。マドンナさんは、自身が設立した団体が建設した学校を視察するため同国を訪れていたという。

マラウイ政府によると、マドンナさんは大統領との面会を求めたほか、「レッドカーペットを敷いて礼砲で出迎える」べきだと主張したという。政府報道官はまた、マドンナさんが同国に学校を建設したと発表していることに触れ、それは誇張であり、実際には既存の施設に教室を作る援助をしただけだと述べた。

マドンナさんは2006年にマラウイ人の男の子を、3年後には女の子を養子にしている。また、非営利組織「レイジング・マラウイ」を立ち上げるなど、この国で複数の教育プロジェクトを行っている。

マラウイ政府の報道官は、「マドンナさんは世界的に有名なミュージシャンだ。だからといって、彼女を国賓待遇で扱う義務はない」と述べた。ただ、具体的にどんな特別待遇を求められたのかについては明らかにしていない。

これに対しマドンナさんは声明を出し、「マラウイのジョイス・バンダ大統領が、私たちがこれまで実現してきたことや私の意図、マラウイ滞在中の私の個人的な振る舞いなどについての嘘をあえて発表したことは悲しい」と反論。「滞在中、空港であれどこであれ、特別待遇を頼んだり要求したりした事実はない」と述べた。

マドンナさんはまた、今回の問題は大統領の親族で、かつてレイジング・マラウイの責任者だったアンジミレ・オポンヨ氏との確執が原因だと指摘した。同氏はレイジング・マラウイを解雇され、同団体を不当解雇で訴えている。



 
 
>TOP

マラウイの食糧支援活動 「待たせない」 バーコードで配給

2013.5.13 13:15

SANKEI_EXPRESS__2013(平成25)年5月12日付EX(16、17面(見開き))

2012年8月、アフリカ・マラウイでは人々が深刻な食糧不足に直面していた。通貨切り下げによる物価高騰に加え、特に南部では前年の降雨不足で不作が続いた。そのためワールド・ビジョンを含む多くの支援団体が、緊急食糧援助を行った。

マラウイ国民の多くは小規模な自給自足農業を行い、主食となる白トウモロコシ(メイズ)などを作っている。雨水に頼った農業なので、生活をぎりぎり維持できる程度の収穫しかない。そのため降雨が少ないと、日々の糧に困窮するほどの状況に陥るのだ。

今年3月、マラウイ南部のムワンザ郡マパンガ村とチクワワ郡サポア村を訪れた。どちらも昨年の干魃(かんばつ)の影響で、まだ食糧支援活動が続けられていた。

午前10時30分、マパンガ村の食糧配布場所では、300人ほどが集まっていた。1世帯が受け取る1カ月分の食糧は、メイズの粉50キロ、豆類10キロ、トウモロコシと大豆を混ぜた高栄養な粉(CSB)5キロ、サラダ油2リットル。食糧支援を受け取る世帯は、政府の調査と村の中での調整で決まる。

食糧を配る際、最も時間を要するのが、配給の対象になっているかどうかの確認作業だ。以前は配布状況を各世帯ごとに記した紙をチェックするやり方で時間がかかり、村人たちを何時間も待たせることもあった。

そこで今回、顔写真入り・バーコード付きのカードを世帯ごとに発行。本人確認、これまでの受給状況、世帯構成などが一括管理できるようになった。バーコードリーダーは電気が通ってなくても動く電池式だ。おかげで本人確認は数秒で完了。「この支援が生活の支えになっている」と感謝の言葉が聞かれ、事業が実際に役に立っていることを実感できた。

≪「依存」の助長ではなく自立の一助に≫

ところがマラウイで食糧支援の現場を訪ねてみて、別の考えも浮かんだ。暮らしを支える一方で、「食べ物を配り続けることが、自立した生活を妨げるのではないか」という懸念が頭をよぎる。

食糧支援の難しさは、食糧を提供することが受け取る側に「依存心」を生み、結果的に更なる援助を助長するのではないかという恐れがともなうことだ。自然災害や極度の貧困への支援は一時的なものであるという意識を、支援「する側」も「される側」も持たなければいけない。そのためには、貧困から抜け出し自立するための支援が大切だ。

チクワワ郡サポア村でワールド・ビジョンは、食糧支援と並行して、村人が小規模なグループを作って共同で貯蓄し、相互扶助的に貸付をする仕組みを根付かせようと取り組んでいる。30人程度のグループを作り、一人当たり毎月2〜3ドルを集めて貯め、グループのうち1人が全額を借りて元手にし、新たなビジネスを始める。ビジネスは、市場で大量の塩や炭を購入し、村で小分けにして販売したり、ドーナツのような揚げ菓子を作って販売したりするという身近なニーズに応えるものだ。こうした小さなビジネスでも利益が出る。すると借り手は売り上げの中から毎月、利子をつけて返済、そのお金がまた次の貸付への原資になる−という仕組みだ。

このグループに入っているある女性は「生活費だけでなく、子供を学校に通わせるために必要な資金も稼ぐことができた。今後はヤギを購入して、更にビジネスを大きくすることが目標。子供の教育に投資すれば自分たちの子供は将来もっと良い仕事を見つけることができる」と目を輝かせる。

何より「ずっと援助に頼りたくない」という思いを持っていることがうれしかった。もちろんビジネスが軌道に乗るまでに時間がかかる人もいる。グループの女性からは「帳簿の記入の仕方など基本的なビジネス管理術を学ぶ機会があれば」という声もあがり、課題も見つかった。

食糧支援から自立や持続的な開発へと、マラウイの人々の暮らしがうまく安定していくことを期待しつつ、より良い支援を考える努力を日々、続けていきたい。そんな思いを胸に日本への帰路についたのだった。(文:ワールド・ビジョン・ジャパン 望月亮一郎/撮影:ワールド・ビジョン・ジャパン/SANKEI EXPRESS)

      ◇

■もちづき・りょういちろう 神戸大学国際協力研究科修了後、民間企業を経て、2007年から3年間、外務省専門調査員としてザンビアで勤務。10年2月、JICA専門家としてマラウイ滞在の後、11年3月にWVJ入団。東日本大震災緊急復興支援部を経て、12年7月より支援事業部でアジア地区での開発援助や緊急人道支援プロジェクトを担当。

■ワールド・ビジョン・ジャパン キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。www.worldvision.jp/

      ◇

■マラウイ 1891年に英保護領ニアサランドとなり、1964年に独立。アフリカ第3位の面積を持つ「マラウイ湖」と、アフリカ第3位の「ムランジェ山」がある。国民一人当たり所得774ドル(2012年)。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年06月13日

焼き畑・密猟・木炭生産… アフリカ森林火災を止めろ

【森治文】アフリカの森林で、焼き畑の拡大や放火などによる火災が大きな脅威となっている。今月初めに横浜市であった第5回アフリカ開発会議(TICAD5)でも、森林の持続可能な利用がテーマの一つとなった。日本政府は近く、火災の早期発見システムや人材育成などで協力に乗り出す。

福田正己・福山市立大教授(地球環境学)は一昨年9月、国際協力機構(JICA)による調査で南部アフリカの国の一つ、マラウイを訪れた。

首都の空港に降り立つなり、煙がにおってきた。さらに車を走らせると、あちこちの森で上がる火の手が見えた。「南部アフリカでは乾期の7〜9月に大規模火災が集中する。ほとんどが放火か失火だ」と話す。

マラウイなど南緯5〜20度ほどに分布するミオンボ林といわれる乾燥林は、日本の国土の6倍以上の約2・4億ヘクタールといわれ、ごくわずかに存在するボツワナを含め8カ国にまたがる。

マメ科の木が多く、木々の間隔が3〜5メートルほどで高さも20メートル程度。行く手を阻む密林というイメージはなく、住民にとっては食べ物やまき、薬草など家庭での消費の約3分の1を森林資源に依存しているほか、高級家具材として輸出されるなど商業的価値も高い。

一方で、焼き畑の拡大や密猟での動物囲い込み、さらに木炭を生産する目的などで頻繁に森に火が放たれている。この8カ国を含む南部アフリカ14カ国で構成する南部アフリカ開発共同体(SADC)の統計では、ミオンボ林が森林全体の6割以上を占める南部アフリカでは毎年53万ヘクタールが焼失している。

最大のミオンボ林面積を抱えるアンゴラは2000年から07年の7年間で4分の1の森が何らかの火災にあったとされる。モザンビークの森林火災件数は年間15万件弱。同国の3分の2の森林面積を抱える日本では年2千件弱にすぎない。

各国とも森林火災が招く損害を認識しているものの、後発開発途上国が多く食料自給が困難な状況で、火をつけて畑を広げる住民らの取り締まりまで手が回らない状況だ。

火災は住民の持続可能な森林資源の利用を損なうほか、大量の二酸化炭素の排出やゾウなど野生生物の絶滅など広範囲の環境問題にも波及する。

衛星による森林火災のデータを分析した福田教授によると、1990年から2000年にかけて起きた世界の森林焼失面積の45%がアフリカで、オーストラリアや中南米を大きく上回っていた。特に火災が多いのは熱帯雨林ではなく、乾燥したミオンボ林という。

■日本、人材育成に協力 早期発見システムも支援

JICAは、SADC域内での森林保全に向けた国際協力のあり方を探るため、調査を進めてきた。その結果、森林の資源・経済的価値の認識も含めた住民に対する環境教育や火災危険度予測や衛星を使った早期発見システムなどの分野で支援が可能だと判断。昨年秋には、タイで域内各国の森林管理担当者の研修会を開いた。

タイで開催した理由は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)やJICAが主導し、アジア太平洋地域各国が衛星を使って森林火災や台風、津波などの災害情報の共有するプロジェクト「センチネル・アジア」を紹介し、それを森林火災の延焼防止にいかす取り組みを見てもらう狙いだった。

JICAは「日本の次世代衛星を利用すれば、雲がかかっていても火災の位置を250メートル間隔で検知できる。南アフリカの衛星利用機関とも連携し、森林の焼失拡大を食い止めるお手伝いができる」という。研修に参加したタンザニアの担当者も「森林資源の価値を守るため、火災との新たな戦いが始まった」と日本の支援に期待する。

TICAD5では、日本政府から「ツリーズ・イニシアティブ」が表明され、アフリカ全体に対する森林管理や持続可能な利用と地域の活性化に向けた支援が紹介された。この中にミオンボ林の火災防止の取り組みも含まれており、SADCの正式要請を受けて、年内にも正式に動き出すことになるという。

JICAによると、SADC域内では、火災の早期検知を含めた森林管理の人材育成などを予定しており、それにかかる費用は、5年で数億円という。宍戸健一・アフリカ部参事役は「森林資源の枯渇は紛争にもつながる重要な課題。大規模なインフラ整備などとは異なり、火災は比較的少ない費用で減らせる分野だ」と話している。

■アフリカ支援「資源の呪い」解けるか

「資源の呪い」という言葉がある。豊富な天然資源が、経済的利益をもたらすどころか、政治的腐敗や内紛を招くという意味で、発展のシナリオを描けなかったアフリカの国々に使われてきた。

そのアフリカに今、先進国や新興国が次々と関係強化に乗り出している。目的はさまざまだが、大きな狙いの一つは資源だ。

特に中国が先行し、資源のない日本が必死に追う。日本が音頭をとって今月初めにあった第5回アフリカ開発会議(TICAD5)では、アフリカ支援の裏で各国を資源争奪戦と乱開発に巻き込む懸念が漂ってきた。「5年前の第4回会議は気候変動など環境問題にもっと焦点が当たったのに」と、ある関係者は漏らす。今回は「持続可能性」に言及しつつ、経済成長のかけ声が前面に出た。

アフリカ諸国が、先進国らの競争に巻き込まれ、森林も含めた資源を食いつぶすエネルギー多消費型の成長戦略を描かないことを願う。「資源の呪い」が解けたのかの審判は、まだ先だ。



 
 
>TOP

観光もてなし三好流 アフリカの政府職員ら研修 徳島

asahi.com

2013年11月15日03時00分

アフリカ7カ国の政府機関で観光行政を担当する若手職員9人が14日までの2日間、三好市で視察や研修をした。

国際協力機構(JICA)四国支部が11〜20日、四国3県で実施。14日は、同市池田町のカフェレスト「太陽がいっぱい」で、地元の団体「ルネサンスの会」の指導で、古着を利用した布ぞうりづくりに挑戦。約2時間で全員が完成させた。この後、今回の視察を自国の観光にどう生かすか、意見を述べ合った。

マラウイの観光旅行助手のブヤ・リチャード・エリアスさん(35)は「地方で持続可能性のある旅行商品を開発するため、勉強に来た。日本は道路などの社会資本が整備されており、観光客へのもてなしもすばらしい」と話していた。



 
 
>TOP

性行為教える「通過儀礼」、少女が実態語る マラウイ

cnn.co.jp

2014.02.05 Wed posted at 15:29 JST

マラウイ・チラズル(CNN) アフリカ南東部のマラウイで、子どもたちに性行為を教える通過儀礼の慣習をやめさせようと、人権団体などが啓発活動を展開している。

同国南部のチラズルに住むグレースさんは10歳だった当時、「イニシエーションキャンプ」と呼ばれる通過儀礼キャンプに参加した。同地域ではこの年頃になったすべての少女がキャンプに参加することになっていて、「私たちは喜んで参加した。そこで何があるのか知らなかったから」とグレースさんは振り返る。

しかし到着してから聞かされた言葉に愕然とした。「男性と寝て、子どもの『あか』をはらい落とさなければならない。そうしなければ病気になる」

お手本として、1人の少女が横になり、年上の女性がその上に乗る様子も見せられた。「ダンスを踊って自分の上の男性を喜ばせなければならない」と言われ、性行為のやり方を教えられたという。

グレースさんの参加は家族も承諾しており、少女たちが人身売買されるわけでも、風俗産業で働くことを強要されるわけでもない。ただ同地で何世代にもわたって受け継がれてきた通過儀礼だった。

少年と少女は別々のキャンプに参加し、地域社会に伝わる風習や、大人になることと性の問題について説明を受ける。

マラウイには多様な言語を話すさまざまな民族が住み、文化や制度は地域によって異なる。しかし、人権違反調査を担うマラウイ人権委員会によると、特に南部の一部の民族は、通過儀礼として結婚前の性行為を奨励しているという。

同委員会は、6歳の少女がキャンプに参加させられ、性行為の仕方を教えられているケースもあると報告。「幼い子どもたちの教育権、健康権、個人の自由と尊厳の権利など、多数の権利が侵害されている」と訴える。

米ジョンズホプキンス大学の調査団がまとめた2012年の報告書によれば、通過儀礼の一環として男性と性行為をさせられたと訴える少女もいたという。「この男性のせいでエイズウイルス(HIV)に感染したという少女もいる」「この性教育には何のメリットもない。少女たちを傷つけ、未成年の結婚をあおる一因になっている」と女性人権団体の担当者は憤る。

国の統計によると、15〜49歳のHIV感染者及びエイズ患者は同国の人口の10%超を占める。WHOなどの統計によれば、18歳までに結婚する子どもは半数を占め、産婦の死亡率も高い。妊婦の35%は10代だという。

多くの少女がキャンプでの経験について沈黙する中で、今は15歳になったグレースさんは、国連財団の同行記者団に自身の体験を語った。

女性の権利団体などは各地域や民族の指導者に働きかけて、キャンプの内容を変えるよう説得する活動を続けている。グレースさんが住むチラズルでは、キャンプで性行為を教える課程が中止された。グレースさんは今、キャンプに参加した少女たちに、幼少時の性行為の危険性について語っている。



 
 
>TOP

人材育成のためアフリカに出向く歯科医
ゲバラに心酔した青年は中年になっても社会貢献に生きる

JAGZY.jp

2014.12.05安西 洋之

中学生の頃から社会問題に敏感だったイタリアの少年は、学園闘争のリーダーになった。大学を終えて歯科医になっても、生死を左右する貧困を世界から無くすには、人材を育てることが大切であるとの信念を堅持してきた。それは心酔する革命家、チェ・ゲバラの教えである。40代前半からアフリカのマラウイに出向き、ボランティアとして歯科医の養成に夏休みを使うようになった。

エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(チェ・ゲバラ)は、「すべてにおいて優先すべきは教育である」と語った。若い時より、この言葉が身体の隅々に染みついている今年50歳のマルコ・ムッジアーニ氏が、今回の主人公だ。職業は歯科医であり美容整形外科医である。

彼は2007年から5年間、毎夏、アフリカのマラウイに飛んだ。歯科医として歯の治療をするだけでなく(時に外科医として自転車で転んで頭を割った女性の手術をすることもあった)、歯科医の教育にも励んだ。すべてボランティアである。

木で歯を磨く人たちに虫歯予防を教える

抜歯しかできない人に虫歯の治療を教える、というのが教育の一例だ。先進国のレベルで言うと歯科医ではないが、セラピストとして歯の治療に関わる人たちがいる。この人たちのレベルアップを図るためにムッジアーニ氏はマラウイに出掛けたのだ。また、歯ブラシを買うことができず木で歯を磨く人たちに予防教育を行った。

それまで先進国はマラウイにさまざまな援助をしてきた(ことになっていた)。コンテナいっぱいに歯科治療に必要な機器が送り込まれていたが、多くは中古で修理をしないと使えないしろものだった。そもそも現地ではどう修理すればよいかも分からない、という状況である。2台の治療椅子の使える部品を合わせて、やっと1台使えるということもあった。

一方、マラウイ人の間に「信頼できる歯科医は白人である」との神話があったのも現実である。

冷戦終結後、困窮するキューバの病院に抗生物質を寄付

そのような風景を遠くミラノから眺めていたムッジアーニ氏は、世界にいまだに広く存在する貧困問題を解決するために、いつか自ら人材の育成に力を尽くしたいと思い続けていた。

たまたま歯科医のバーチャルフォーラムにおいてマラウイで歯科医を求めているのを知り、「自分の出番だ」と確信したのである。

その10数年前、同じようなことを思ったことがある。

1990年代前半、ソ連の崩壊からキューバが経済的に窮地に追い込まれた。キューバといえばゲバラが革命運動を支援した国だ。傍観していられない。何とかコミットしたいと考えたムッジアーニ氏は大量の抗生物質を箱に積み込み、キューバに向かう。医者の不足は解消されたとの情報を得ていたので、薬を病院に寄付するために自ら動いたのであった。

ムッジアーニ氏の社会参加意識は、筋金入りである。

社会意識の目覚めは早いが勉強は遅咲き

中学生の頃から政治問題に敏感で、高校では生徒会の会長として学校の占拠や街頭デモを指揮した“左翼青年”だった。64年生まれなので高校時代は80年代であるが、イタリアの80年代は、学園から“政治の季節”が完全に去っていたわけではない。

「イタリア人ってリーダーに弱いんだよ。リーダーが右といえば大衆は右を向く。僕だってね、マルクスの『共産党宣言』や『資本論』を読書会でちゃんと読み始めたのは大学になってからだしね。というのも、89年、アキレ・オケット書記長の下で共産党が解体に向かったのが僕には打撃で、そこから自分で勉強を始めたというわけさ」と、自らが遅咲きであったことを告白する。

大学で医学部を選んだのも、高校の時のガールフレンドが看護学校の生徒であったからである。そんなに堅物であったわけではない。

徴兵時代の医務官の経験が生きる

彼が“実践派”に転向したのは、24歳の時に経験した徴兵がきっかけだった。医務官としての1年間、臨床医としてのイロハを学んだ。

「設備も人も不十分なマラウイで頭の手術を冷静にこなせたのも、軍隊でのトレーニングのおかげだと思うよ。何せ、あの時は勉強にと連れて行った中学生の息子にもアシスタントとして手伝ってもらったくらいだったんだ」と振り返る。

僕は彼の話を聞いていて、20代半ばまでの経験や考え方がやはりいつまでも「後を引く」ことをつくづく感じる。この3年ほどはアフリカに出掛けることができなかったが、事情が許せば戻りたいとムッジアーニ氏は熱く語る。10代の時に芽生えた社会意識が、50歳を超えても続いている。

小学生の時にポルシェにあおられた記憶は去らない

それは趣味においても同じである。

ムッジアーニ氏はポルシェを愛してやまない。サーキットにも走りに行く。何故ポルシェなのか?

「父が無類のアルファロメオ好きで、アルファこそが最高のクルマと豪語していたんだ。子供の頃、助手席に座って高速道路を走っていると決まってパッシングしてくるのはポルシェなんだ。フェラーリでもメルセデスでもなくね。それで大きくなったらポルシェに乗るんだ、と決めたわけだよ。もちろん911の造形に参った、というのがあるんだけど」と表情が緩む。

あおられた記憶は残るわけだ。

ステアリングを握ると性格が変わったようになる人がいる。他のクルマやドライバーを罵倒し続けるわけだが、実はムッジアーニ氏もその1人らしい。しかし、ポルシェのシートに座っている限り、「落ち着いた良い人でいられる」(ムッジアーニ氏)というからポルシェの偉大さが分かる。

子供たちにゲバラの教えは伝わるだろうか

スポーツはどうだったのだろう。

「サッカーは興味なかったね。下手だったから。だいたいチームプレーを要求される競技は苦手なんだよ、人の顔を覚えられないたちなんで、どっちが味方か敵か分からなくなってね」と苦笑いしながら話を続ける。「それで小学校から中学にかけては柔道、その後は空手をやったね。でもね、そこでおカネと段の関係が見えてシラケた」とやや残念な経験にも触れる。今は船舶免許を取ってヨットも操る。

最後に4人の子供を抱える父親として、子供たちに望むことを聞いておこう。

「生きること、今目の前にあるものでサバイバルすることを学んでほしいね」とキッパリとした口調で答えてくれた。難局は誰にでも訪れる。それらを超える意思とエネルギーを期待している。

彼の自宅の壁にはゲバラの肖像画が掛けてある。子供たちは父親がゲバラから学んだことを継ぐのだろうか?

人材育成のためアフリカに出向く歯科医



 
 
>TOP

Malawi: Love and Respect Albinos, Says Minister Kaliati

Malawi24
6 FEBRUARY 2015
Malawi24 (Blantyre)

ジェンダー,こども,障害,社会福祉相のPatricia Kaliati氏が全マラウィ国民にアルビノの人たちに愛を示すべきだと主張。

儀礼のためにアルビニズムの人たちが犠牲になったり,殺害されている最近の報告を受けて出たものとのこと。

Malawi: Love and Respect Albinos, Says Minister Kaliati
Malawi24
6 FEBRUARY 2015
Malawi24 (Blantyre)

Minister of Gender, Children, Disability and Social Welfare Patricia Kaliati, has urged all Malawians to show love respect to people living with Albinism.

The remarks come amid recent reports of victimization and killing of Albinism for rituals.

She said Albinos are human beings hence need for them to be loved and respected just like any other human being.

"Albinos are Malawians too and their rights must be respected and accepted all times," said Kaliati.

She called on society to treat people with Albinism with love and respect they deserve. She urged the Police to work hard in making sure that Albinos are protected and to make sure that case of abuse of Albinos are treated with urgency.

Recently, there have been attacks on people with Albinism. Violet Kanyama aged 25 from Gwana Village in Mulanje was brutally murdered last year but no suspects was apprehended in the case.

This prompted the Federation of Disability Association of Malawi (FEDOMA) and Association of Persons with Albinism in Malawi (APAM) to ask Government to introduce a law that will protect Albinos in Malawi.

Malawi: Love and Respect Albinos, Says Minister Kaliati



 
 
>TOP

World Vision engages Malawi media in disability issues

Malawi24
18 FEBRUARY 2015

マラウィ 発の記事です。

マラウィWorld Visionが障害についての4日間のトレーニングを通じてメディアと関わり,ジャーナリストたちが障害者の真の姿を反映した現在の問題についてのプログラムを報道し,放送するのかということについてのより進んだ知識と技能を得られるようにした。

メディアの人たちを相手にしたトレーニング,海外のINGOは盛んにやっていますね。

World Vision Malawi has engaged the media through a four-day training in disability so that journalists gain advanced knowledge and skills in how to report and broadcast current affairs programs that are a true reflection of persons with disabilities.

The training follows news that media products lack positive coverage of persons with disabilities despite the policy and media ethics being in place in the country.

This coincides with increased cases of persons with albinism being abducted, killed, neglected and abused through bad reporting and programming of issues.

In her opening remarks, WV national disability coordinator Betty Moses said while the media writes messages against discrimination, abductions and killings of persons with disabilities, there is need for more awareness in the fight against the vice.

“We seek to ensure that persons with disabilities are not discriminated or stigmatized. Secondly, journalists use correct terminologies and language as they are part of the society,” she said.

She added that World Vision will continue to partner various stakeholders as is the case with the media to ensure that disability matters are mainstreamed at grass root and then national levels.

“The view of World Vision is that Malawian journalists needed more skills of reporting, to know terminologies, language and above all champion inclusion.

What World Vision is doing is in line with Malawi’s President Peter Mutharika jingles being broadcast on public broadcaster MBC against news reports of abduction or killings persons with disabilities.

Human rights campaigners and police say although arrests have been made, the situation is still rampant along the borders of Malawi.

Jenipher Ngwira, a lecturer at Catholic University, who was one of the facilitators urged reporters to be resourceful in how they report.

“The media can do better if they understand and use certified terminologies,” said Ngwira.

Additionally, the Malawi Government and other NGOs expect that the media will come up with messages or news stories that will inform, entertain and educate the public in how to handle and deal with such people.

This venture among World Vision, media and authorities come amid news that Lilongwe is building awareness so that it matches international protocols.

World Vision engages Malawi media in disability issues



 
 
>TOP

大規模洪水で20万人避難、173人死亡の情報も マラウイ

cnn.co.jp
2015.01.18 Sun posted at 15:30 JST

(CNN) アフリカ南東部マラウイでサイクロン襲来による豪雨が過去数週間続いて大規模な洪水が発生、援助団体は18日までに、173人が死亡し、犠牲者がさらに増える可能性があると報告した。

住民ら数万人規模が孤立を強いられ、食料や飲料水が不足し、医療施設も利用出来ない窮境にあると述べた。アフリカの非政府機関(NGO)の災害援助団体「Gift of the Givers」はマラウイは建国史上、最悪の洪水被害に直面している可能性があるとした。

同団体はフェイスブックでの報告で、1カ所の村落では住民ら183人が洪水で流されたとも述べた。別のサイクロンが18日に上陸するとの予報もあり、一層の豪雨で洪水被害がさらに広がる恐れもある。

一方、マラウイのピーター・ムタリカ大統領は洪水の犠牲者は48人と発表。居住先を失った住民は推定7万人と述べた。被災地に非常事態を宣言し、国際社会にテントや食糧などの緊急支援を求めた。

同援助団体によると、自宅など失った住民は約20万人で、民家1万1000戸が損壊した。国連の人道問題調整事務所(OCHA)は居住先を追われた住民は約10万人としている。

国際医療援助団体「国境なき医師団」は16日、マラウイ南端部の地域では約2万人が孤立状態にあり、食料などに事欠いていると指摘。医療上の手当ても出来ず、コレラなどの伝染病がまん延する可能性に懸念を示した。洪水の濁流の水深は約183センチにも達し、民家や橋梁をのみ込んでいる。

世界食糧計画(WFP)によると、総人口が約1300万人のマラウイは世界最貧国の1つ。



 
 
>TOP

大雨176人死亡、20万人住居失う…マラウイ

The Yomiuri Shimbun

2015年01月18日 17時53分

【ヨハネスブルク=上杉洋司】AFP通信によると、アフリカ南東部マラウイで、連日の大雨により洪水が発生、チリマ副大統領は16日、少なくとも176人が死亡、153人が行方不明になったと発表した。

約20万人が住居を失ったという。特に南部の被害が大きく、主要な道路5本が寸断されており、被災地への支援物資の輸送も難しい状況だ。雨の予報が続いており、被害の拡大が懸念されている。



 
 
>TOP

Clashes drive Mozambicans to seek safety in Malawi
At least 2,200 Mozambican refugees have sought safety in neighbouring Malawi following clashes between government and opposition forces.

UNHCR
By: By Karin de Gruijl; ed. Tim Gaynor | 15 January 2016

GENEVA, Jan 15 (UNHCR) - The UN Refugee Agency cautions that the number of people fleeing Mozambique and seeking asylum in Malawi has increased significantly over the last few weeks, following clashes between government forces and the opposition Mozambican National Resistance, or RENAMO.

In the village of Kapise, Mwanza district some 100 kilometres south of the country’s capital Lilongwe, UNHCR registration teams have recorded the arrival of 1,297 people, two thirds of them women and children, with over 900 people awaiting registration. Another 400 new arrivals have been reported in 16 villages located further south in the district of Chikwawa.

“UNHCR is working with the government to coordinate the response to assist these newly arrived refugees,” UNHCR spokesperson Karin de Gruijl told reporters at a news briefing in Geneva on Friday (January 15).

The Mozambicans, who mainly originate from Tete province, have told UNHCR and local authorities that they fled fighting between opposition RENAMO and government forces, de Gruijl said. Refugee women told a UNHCR protection officer how their homes were burned down with one grandmother left inside to die.

“They say that government forces are attacking villages believed to be harbouring opposition members,” de Gruijl noted, cautioning that UNHCR had not been able to confirm the accuracy of these allegations. “Some parents also stated they have been separated from their children during flight and they have not been able to find them,” she added.

In mid-2015, UNHCR and the government of Malawi recorded some 700 arrivals from Mozambique in the same area. UNHCR provided relief items, such as blankets, tents, domestic items and agricultural tools. Agreements were made with the national and local authorities for the refugees to be hosted in local communities as it was believed at that time the situation would be temporary. In the past few weeks, however the situation has changed with more and more people crossing into Malawi.

The Refugee Agency assists the government with the registration of new arrivals and the provision of tents, as well as domestic utensils, mattresses and other basic relief items. The World Food Programme is providing food and Doctors Without Borders (MSF) is already on the ground with a mobile clinic.

Malaria is a major concern and the number of patients seen daily has increased from 70 to 250. With the looming fear of a cholera outbreak, MSF has been quick to drill two boreholes and are planning on drilling a third to improve the water supply.

The UN Children’s Fund, UNICEF, is putting up temporary latrines and washrooms to avert health disasters and has also provided two large tents where children can play and learn. UNFPA plans to work on maternal health. The Government of Malawi is considering reopening Luwani refugee camp, which previously hosted refugees from Mozambique during the civil war (1977 -1992), when over a million Mozambican refugees fled to neighbouring Malawi.

Malawi already hosts some 25,000 refugees mostly from the Great Lakes region in Dzaleka camp located some 35 kilometres from Lilongwe. This camp stretched to capacity and with food rations being reduced to 50 per cent since October last year, and the resources to assist refugees are limited.

Clashes drive Mozambicans to seek safety in Malawi



 
 
>TOP

Growing number of Mozambicans arriving in Malawi
This is a summary of what was said by UNHCR spokesperson Karin de Gruijl - to whom quoted text may be attributed - at today's press briefing at the Palais des Nations in Geneva.

UNHCR

The number of people fleeing Mozambique and seeking asylum in Malawi has increased significantly over the last few weeks. In the village of Kapise, Mwanza district some 100 kilometres south of the country’s capital Lilongwe, UNHCR registration teams have recorded the arrival of 1,297 people, two thirds of them women and children, with over 900 people awaiting registration. Another 400 new arrivals have been reported in 16 villages located further south in the district of Chikwawa.

The Mozambicans, who mainly originate from Tete province, have told UNHCR and local authorities that they fled fighting between the opposition RENAMO and government forces. Refugee women told a UNHCR protection officer how their homes were burned down with one grandmother left inside to die. They say that government forces are attacking villages believed to be harbouring opposition members. UNHCR has not been able to confirm the accuracy of these allegations. Some parents also stated they have been separated from their children during flight and they have not been able to find them.

In mid-2015, UNHCR and the government of Malawi recorded some 700 arrivals from Mozambique in the same area. UNHCR provided relief items, such as blankets, tents, domestic items and agricultural tools. Agreements were made with the national and local authorities for the refugees to be hosted in local communities as it was believed at that time the situation would be temporary. In the past few weeks, however the situation has changed with more and more people crossing into Malawi.

UNHCR is working with the government to coordinate the response to assist these newly arrived refugees. We assist the government with the registration of new arrivals and the provision of tents, as well as domestic utensils, matrasses and other basic relief items. The World Food Programme is providing food and Doctors Without Borders (MSF) is already on the ground with a mobile clinic. Malaria is a major concern and the number of patients seen daily has increased from 70 to 250. With the looming fear of a cholera outbreak, MSF has been quick to drill two boreholes and are planning on drilling third to improve the water supply. UNICEF is putting up temporary latrines and washrooms to avert health disasters and has also provided two large tents where children can play and learn. UNFPA plans to work on maternal health. The Government of Malawi is considering reopening Luwani refugee camp, which previously hosted refugees from Mozambique during the civil war (1977 -1992), when over a million Mozambican refugees fled to neighbouring Malawi.

Malawi already hosts some 25,000 refugees mostly from the Great Lakes region in Dzaleka camp located some 35 kms from Lilongwe. This camp stretched to capacity and with food rations being reduced to 50 per cent since October last year, and the resources to assist refugees are limited.

For further information on this topic, please contact:
In Pretoria, Tina Ghelli on mobile +27 82 7704189
In Malawi, Monique Ekoko on mobile +265 88 567 2221
In Geneva, Karin de Gruijl on mobile +41 79 255 9213

Growing number of Mozambicans arriving in Malawi



 
 
>TOP

アフリカ南部、1400万人に飢餓の危機 国連が警鐘

AFP BB News

2016年01月19日 13:03 発信地:ヨハネスブルク/南アフリカ

【1月19日 AFP】長期にわたる干ばつで作物の収穫が打撃を受けたアフリカ南部全体で、約1400万人が飢餓に陥る状況に直面していると、国連(UN)の世界食糧計画(WFP)が18日、発表した。とりわけマラウイでの被害が最も大きいという。

アフリカ南部は昨年の不作に続き、今年はエルニーニョ現象によるさらにひどい干ばつに見舞われており、WFPは「憂慮すべき見通しだ」と警鐘を鳴らしている。昨年は雨がほとんど降らず、収穫量は前年から半減し、マラウイで280万人、マダガスカルで190万人、ジンバブエで150万人が飢餓に直面した。

WFPによると、アフリカ南部全体で食品価格は上昇を続けており、マラウイではトウモロコシの価格が相場よりも73%高くなっている。(c)AFP

アフリカ南部、1400万人に飢餓の危機 国連が警鐘



 
 
>TOP

“塀の中”のバンド グラミー賞にノミネート

NHK

2月13日 7時01分

アフリカ南部のマラウイにある刑務所では、受刑者たちが更生プログラムの一環として音楽活動を続けていて、このほど1枚のアルバムが制作されました。塀の中で奏でられるユニークな楽曲の数々は、アメリカ音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞にもノミネートされ、受賞するかどうか注目されています。

アフリカのマラウイ南部にあるゾンバ刑務所では、2008年から更生プログラムの一環として受刑者と刑務官たちがバンドを結成し、音楽活動を続けています。この活動が3年前、アメリカの音楽プロデューサーの目に留まり、60人の受刑者らが手がけた20曲がアルバムに収録されました。

アフリカ音楽特有の軽快なリズムとともに、窃盗や殺人など、みずからが犯した罪に向き合う受刑者たちの思いが率直に表現された歌詞が高く評価され、アメリカ音楽界で最高の栄誉とされる、ことしのグラミー賞のうち、海外の音楽を対象とした「最優秀ワールドミュージック・アルバム部門」にノミネートされました。

バンドのボーカルを務め、窃盗の罪で服役しているチコンディー・サランジェ受刑者(33)は、子どもたちには正しい道を歩んでほしいというメッセージを歌詞に込めたといいます。刑務所内の厳しい作業をこなしながらも音楽活動に熱心に取り組んだことで、模範囚と認められ、予定より早く、ことし7月に出所できることになりました。サランジェ受刑者は「世界のグラミー賞にノミネートされたことを誇りに思う。将来はミュージシャンになりたい」と夢を語っていました。

グラミー賞の発表は今月15日で、罪を背負いながら厳しい人生を歩む受刑者たちの奏でる音楽が世界に届けられようとしています。

“塀の中”のバンド グラミー賞にノミネート



 
 
>TOP

UNHCR stresses asylum right of Mozambicans fleeing to Malawi
More than 6,000 have arrived in Malawi since mid-December, citing clashes between armed elements of the opposition RENAMO and government forces.

UNHCR
By: Tina Ghelli, ed. Leo Dobbs/Tim Gaynor | 18 February 2016

GENEVA, Feb 18 (UNHCR) - As the number of Mozambicans fleeing to Malawi continues to grow, UNHCR, the UN Refugee Agency, is calling on all parties to respect their right to seek asylum amid signs of pressure to return.

More than 6,000 have arrived in Malawi since mid-December, citing clashes between armed elements of the opposition RENAMO and government forces. Nearly all of the new arrivals are staying in a settlement in Kapise village, Mwanza district, some 100 kilometres south of Malawi’s capital, Lilongwe, with others scattered throughout the neighbouring district of Chikwawa.

A UNHCR statement released in Geneva on Thursday said Mozambican government officials had visited Kapise at least three times since mid-January to ask people why they fled, discuss the possibility of returning to their places of origin and monitor the humanitarian situation of their fellow citizens. The Mozambican government has offered to provide socio-economic assistance should they return.

UNHCR has expressed concern directly to both governments that the right to seek asylum and the principle of voluntary repatriation, as enshrined in the 1951 UN and 1969 Organization of African Union (OAU) conventions on refugees, should not be compromised. Both governments were reminded of their international obligations toward refugees and asylum seekers and the principles of voluntary return as regards this caseload.

“UNHCR calls upon all parties to respect the humanitarian nature of the influx of Mozambicans into Malawi,” the refugee agency said in its press release.

UNHCR and its partners are helping the Malawi government to provide protection and humanitarian assistance to these Mozambicans. After boosting its registration capacity, UNHCR has registered all of the new arrivals in Kapise, with the figure currently standing at 6,013, mostly women and children.

The World Food Programme has distributed food rations sufficient for two months to all of the families in Kapise. They have also been given plastic sheeting, sleeping mats, mosquito nets, blankets, kitchen sets, tarpaulins and hygiene items.

UNICEF has been funding the construction of showers and latrines in an area where malaria and cholera are a concern. Large numbers of the Mozambicans have been visiting the health clinic in Kapise run by Médecins Sans Frontières, which is running awareness campaigns on malaria prevention and the proper use of mosquito nets. Two boreholes drilled by MSF are providing a sufficient water supply.

The Malawian government has decided that the new arrivals should remain in Kapise in the hope that fighting will cease soon and they can return to Mozambique. Additional land has been allocated by the village chiefs and district authorities to accommodate new arrivals.

But the village is crowded and UNHCR is working on plans to decongest the settlement, with more land required to accommodate the growing number of new arrivals. “We have appealed to the government to identify a new site further away from the border and with adequate land to enable the decongestion of Kapise,” the UNHCR statement said.

Malawi already hosts some 25,000 refugees and asylum seekers, mostly from the Great Lakes region and the Horn of Africa, in Dzaleka camp located some 35 kms from Lilongwe. This camp is stretched to capacity and with food rations being reduced to 50 per cent since October last year, resources to assist refugees are limited.

UNHCR stresses asylum right of Mozambicans fleeing to Malawi



 
 
>TOP

自作ヘリに空への夢託す、マラウイ

AFP BB News

2016年03月14日 16:43 発信地:ゴベデ/マラウイ

【3月14日 AFP】アフリカ南東部マラウイの首都リロングウェ(Lilongwe)から北に約90キロのゴベデ(Gobede)村で、住民がヘリコプターの製作に挑んでいる。離陸にはまだ一度も成功しておらず、危険極まりない代物だが、無謀とも思える「自家製ヘリ」の完成を目指す製作者の熱意に魅了され、大勢の見物客を集めている。

過去数か月、自宅のガレージで製作に取り組んでいるのはフェリックス・カムブィリ(Felix Kambwiri)さん(45)。材料はスクラップの金属やガラス繊維だ。一生の夢だったヘリコプターづくりに当たり、当初は本を参考にするつもりだったが見つからず、自分で設計することにした。

これまでにかけた費用はおよそ350ドル(約4万円)。うち100ドルをオートバイから転用したエンジンに費やしたが、追加の資金援助の申し出があればグレードアップしたい考えだという。

16歳で学校教育を終えたカムブィリさんは「高等教育は受けていないけれど、全力を尽くしている。私たちマラウイ人が何かを成し遂げられること、そして知的であることを世界に示したい」と意気込んでいる。(c)AFP/ Amos Gumulira

自作ヘリに空への夢託す、マラウイ



 
 
>TOP

Growing number of Mozambicans flee to Malawi
Number of Mozambicans seeking refuge in Malawi swells to almost 10,000 as people flee to avoid the increasing violence in their home villages.

UNHCR
By: Kelvin Shimo; ed. Tim Gaynor | 16 March 2016

KAPISE, Malawi, March 16 (UNHCR) - When government soldiers hunting opposition Mozambican National Resistance, or RENAMO, fighters ransacked his village, Carlos Songane* and his family ran for their lives.

“The soldiers wanted us to disclose the whereabouts of the RENAMO soldiers,” says Songane, speaking in Chichewa, the local dialect. “When you tell them you don’t know, they torture you. So, most of us fled to Malawi for safety.”

The farmer, his wife and four children fled their home Kondezi in western Tete Province in February for this site in Malawi’s Mwanza district. They are among some 9,600 registered asylum seekers who have run from what they say is worsening violence in Mozambique in the past nine months. Scores more have not yet been registered and their inclusion would bring the total of arrivals to almost 11,500.

Among the wave of recent arrivals is Paolo Chirindza*, 56, who recently abandoned the village of Sabwe in Tete, with his wife and two children after soldiers burned down his home, following accusations that he was among villagers harbouring RENAMO fighters.

“We had to run for our lives,” he recalls, explaining how the family fled on foot with their neighbours - among them women with children and babies. The trek to Malawi took three days, taking them through other ransacked, torched and abandoned villages on the way.

While many like Songane and Chirindza have fled violence, others have left Mozambique as a precautionary measure, reportedly concerned that there could be more fighting after RENAMO this month threatened to take control of six northern provinces - Manica, Sofala, Tete, Zambezia, Nampula and Niassa.

In the past three weeks, an estimated 250 people have been arriving in Kapise every day, compared to about 130 a day before. Most arrive empty handed, while some managed to flee with a few blankets and pots.

The sharp upsurge in needy new arrivals is placing pressure on the local community in Kapise, who so far have graciously received the Mozambicans, but warn that it is getting more difficult as the local resources are insufficient to support them all.

“We welcome our brothers and sisters in the true spirit of African generosity because they are in trouble,” said Kapise village chief, William Mitiwe. “However, there has been a lot of pressure on our land, forest and general vegetation. Trees had to be cut down to host these people, and the fruits we enjoy during the rainy season are all gone.”

To cope with the growing number of arrivals and the difficult conditions at Kapise, as well as for security reasons, the Malawi government agreed last Friday to reopen Luwani refugee camp, where basic services can be better guaranteed. While Kapise is just five kilometres from the border, Luwani is some 65 kilometres inside Malawi.

Luwani camp previously hosted Mozambican refugees during the 1977-1992 civil war and was finally closed in 2007. Preparations are under way for the move, which UNHCR hopes to start in the coming few weeks.

Several partners, including UNICEF, WFP and MSF, have provided essential services in Kapise, such as water boreholes, food and health care, which has helped to improve life in Kapise, but conditions generally remain tough and so it will be used mainly as a transit camp.

“We have engaged the government to ensure that a piece of land big enough to accommodate the new arrivals is provided, and as UNHCR we are happy, and wish to commend the government for positively responding to our request,” says UNHCR Representative to Malawi Monique Ekoko.

Malawi already hosts some 25,000 refugees, mostly from the Great Lakes region and the Horn of Africa, in Dzaleka camp located some 35 kilometres from Lilongwe. This camp is already stretched to capacity and with food rations being reduced to 40 per cent since October last year, resources to assist refugees are limited.

*Name changed for protection reasons

By Kelvin Shimo in Kapise, Malawi

Growing number of Mozambicans flee to Malawi



 
 
>TOP

アフリカの貧困地域で食料価格上昇−ここ30年で最も深刻な干ばつで

Bloomberg

Whitney McFerron、Frank Jomo

2016年3月23日 11:01 JST

トウモロコシの生産高が落ち込み、サハラ以南で飢餓リスク高まる
世界の他地域では穀物供給過剰でもアフリカでは食糧支援が必要

アフリカ南部の大半の地域で主食となっているトウモロコシが大幅に値上がりし、多くの人々にとって手の届かない高級品になっている。ここ30年で最も深刻な干ばつの影響で、エチオピアや南アフリカ共和国などで穀物生産に被害が出ているためだ。

干ばつに見舞われている十数カ国のうちの一つ、マラウイに住むメレニヤ・マテユさんは、両親を亡くした2人の孫のために小川や沼地で「ニイカ」と呼ばれる野生のスイレンの根を探して食べさせていると語る。支援機関から与えられる穀物では1日一食しか取れず、少な過ぎるという。

最大都市ブランタイヤの南方約50キロメートルに位置するチクワワ県の南部にある村でのインタビューで、マテユさんは「ニイカで生き延びている。今年の飢餓はここ10年で最悪だ」と話す。

エルニーニョ現象の兆候の一つである干ばつの影響により、アフリカの南部と東部で穀物生産が減少しており、世界の最貧地域の一部とされるこの地域で飢餓が拡大するリスクが高まっている。国連食糧農業機関(FAO)のデータによれば、今年食糧支援が必要と予想される34カ国のうち27カ国をアフリカの国々が占める。世界の他の地域では穀物供給が過剰となり食料価格が下落しているにもかかわらず、これらの地域では支援の必要性が高まりつつある。

原題:Food Costs Soar for Africa’s Poor Amid Worst Drought in Decades(抜粋)



 
 
>TOP

アフリカで乾燥果実 エイトワン系、野生の実を利用

nikkei.com

2016/3/25 6:00

愛媛県産品のブランド化を手がけるエイトワン(松山市)のグループ会社、エイトワンアフリカ(同)はアフリカ南部のマラウイでドライフルーツの製造販売を始める。同社はエイトワンの大藪崇社長が出資して2月に設立した。アフリカではマンゴーなどが自生しており、原料調達コストを抑えられる点を生かす。

4月に現地法人を設立する。2009年から愛媛に来県しているマラウイ人を現地法人の社長に据える。野生のマンゴーやみかん、パパイアをドライフルーツに加工し、現地の中間層以上に1パック200〜250円(日本円換算)で販売する。将来は英国など欧州にも輸出する予定だ。

ドライフルーツを製造する機械は愛媛県の協力を受け、食品加工機械製造のエヌエスコーポレーション(愛媛県伊予市)から納入する。8月までに6人を雇用し、工場を稼働させる。マラウイは電力供給が不安定なため、将来は太陽光発電装置の導入も検討する。

エイトワンアフリカはアフリカから愛媛に来た人材の育成や現地の起業支援のために設立した。マラウイ以外ではウガンダなどでも事業展開していく見通しだ。



 
 
>TOP

UNHCR begins relocating Mozambican asylum-seekers in Malawi
A first group of 81 Mozambican asylum-seekers have been relocated in southern Malawi in a UNHCR-run relocation operation aimed at improving living conditions.

UNHCR
By: Nora Sturm; ed. Tim Gaynor | 15 April 2016

GENEVA, April 15 (UNHCR) - A major UNHCR-run relocation operation aimed at improving living conditions for nearly 10,000 Mozambican asylum-seekers began in southern Malawi on Friday, the UN Refugee Agency said.

A first group of 81 asylum-seekers left Nsanje district early on Friday (April 15) on two buses to make the 320-kilometre journey to Luwani in the country’s southeast. On arrival, they will stay at a transit centre for up to two days until they are provided with a plot of land, food, shelter materials and household items.

Last month, the Government of Malawi authorised UNHCR to relocate the Mozambican asylum-seekers to a former camp at Luwani that has been re-opened for this purpose. The International Organization for Migration (IOM) has partnered with the UNHCR to provide logistical support.

The majority of the Mozambican asylum-seekers, nearly 10,000, have so far been living in overcrowded conditions in an area about 100-kilometres south of the capital Lilongwe. Most are in the village of Kapise, close to the border with Mozambique, where heavy rains are at present making roads impassable.

“In response, UNHCR and the Government of Malawi agreed that the transfer to Luwani would start with families located in the district of Nsanje,” UNHCR spokesperson William Spindler told a news briefing in Geneva. “When the rains stop, the condition of the road to Kapise is expected to improve enough to allow relocations from there to begin next week. Relocation of the 800 asylum-seekers from nearby Chikwawa will then follow,” he added.

Spindler said UNHCR had conducted rapid assessments in Ntcheu, Dedza and Nsanje districts last week to determine the situation of new Mozambican arrivals. In Nsanje, staff have registered asylum-seekers and provided them with food and other aid. Another assessment will be carried out in Chikwawa in coming days during which more asylum-seekers will be registered for the relocation to Luwani.

UNHCR has over the past three weeks conducted intention surveys in all the transit centres. Spindler stressed that a majority of the Mozambican asylum-seekers have expressed willingness to be relocated to Luwani. The few families in Kapise that prefer not to relocate, will continue to receive information on Luwani, where there is more land and better access to services.

The relocation will be conducted in a phased manner over a period of six to eight weeks, with about 200 to 500 asylum-seekers scheduled to be relocated during the first convoy from Kapise. After this, convoys will be moving every other day.

Since last December, Malawi has seen an increase in new arrivals from Mozambique, peaking at more than 250 people per day in early March. “The numbers have since decreased significantly, but those who have managed to cross have informed UNHCR that they are turning to alternate routes due to increased military presence along the border,” Spindler said, adding: “UNHCR calls upon all actors to respect the right to seek asylum.”

Luwani camp previously hosted Mozambican refugees during the 1977-1992 civil war and was finally closed in 2007. It has more than 160 hectares of land. Asylum-seekers will have better facilities and services there, including health, education, water, protection and will be involved in self-reliance activities like agriculture.

UNHCR, together with various partners, including UNICEF, WFP, IOM, UN Women, MSF, Plan International, Acción Contra el Hambre-Spain, Plan International, Oxfam, World Vision, Norwegian Church Aid, and Participatory Rural Development Organisation (PRDO) are providing essential services in Kapise, including water and sanitation, food, shelter and health care, and psycho-social support. This assistance by UNHCR and partners will continue in Luwani. Malawi already hosts some 25,000 refugees and asylum-seekers mostly from the Great Lakes region and the Horn of Africa in Dzaleka camp located some 35 kilometres from Lilongwe. This camp is already stretched to capacity, with severely limited resources to assist refugees.

UNHCR begins relocating Mozambican asylum-seekers in Malawi



 
 
>TOP

相次ぐアルビノ襲撃、国連「全滅の危機」 マラウイ

cnn.co.jp
2016.05.01 Sun posted at 11:27 JST

(CNN) アフリカ南東部のマラウイでアルビノ(先天性色素欠乏症)の人々を狙った襲撃事件が相次ぎ、国連の専門家が「このままでは全滅してしまう」と警告を発している。

アルビノの人は生まれつき目や肌、髪などに色素がほとんどない。国連によれば、マラウイには現在、アルビノが約1万人いると推定される。

アフリカの一部の国々ではアルビノの体の一部が富や幸運をもたらすお守りになるとの迷信があり、アルビノを襲撃して手足を切り落とし、呪術医に売り渡す犯行が後を絶たない。殺害された遺体を墓地から掘り出す例もあるという。

国連の専門家で自身もアルビノのイクポンウォサ・エロ氏はこのほどマラウイを訪問し、「アルビノに生まれた子どもたちやその親は常に襲撃を恐れて暮らしている」「安眠できず、外出を必要最小限に抑える人も多い」と報告した。

国連によると、マラウイでは近年アルビノへの襲撃が増加し、2014年末以降に報告されただけでも65件に上った。エロ氏は同国政府に、アルビノの保護と犯人への捜査強化を要請。政府は市民社会や開発支援者らと緊密に協力し、警官や法曹への訓練を強化して犯人をより厳しく処罰するべきだと主張した。同氏によれば、同国では牛を盗んだ犯人の方が厳しい罰を受けるという。



 
 
>TOP

報酬得て少女100人超と性交、HIV陽性の男逮捕 マラウイ

AFP BB News

2016年07月27日 06:38 発信地:ブランタイヤ/マラウイ

【7月27日 AFP】アフリカ南東部マラウイで、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染していながら、女性が成人する際の「通過儀礼」の一環として、報酬を得て少女100人以上と性行為に及んでいた男が逮捕された。当局が26日、明らかにした。

逮捕されたのは、同国南部ヌサンジェ(Nsanje)県在住のエリック・アニバ(Eric Aniva)容疑者。英国放送協会(BBC)が先週放送したインタビューで、HIVに感染していることを知りながら、少女100人以上と避妊具を使わずに性交渉に及んできたことを告白。中には12〜13歳の少女も含まれ、1回ごとに家族から400〜700円前後の報酬を得ていたという。

アーサー・ピーター・ムタリカ(Arthur Peter Mutharika)大統領は、アニバ容疑者の逮捕と、関与した保護者らの役割に関する調査を命令。ヌサンジェ県当局者がAFPに語ったところによると、同容疑者は25日に逮捕された。

同国南部に伝わるこの知られざる通過儀礼は、初潮を迎えた少女の両親が願い出て、3日間にわたって行われる。この儀式により、良き妻になるよう少女を訓練し、家族や村を病気や厄災から守ることができると信じられている。

マラウイは、HIV感染率が最も高い国の一つ。同国では16歳未満の未成年者との性交渉は違法で、アニバ容疑者は裁判で有罪となれば終身刑に処される可能性もある。(c)AFP/Félix MPONDA

報酬得て少女100人超と性交、HIV陽性の男逮捕 マラウイ



 
 
>TOP

味の素、アフリカで栄養治療食を開発へ 国際機関に販売

2016/8/1 23:42
日本経済新聞 電子版

味の素は1日、東アフリカのマラウイで、栄養治療食品(RUTF)をアイルランド企業と共同で開発すると発表した。将来は現地で生産し、ユニセフなどの国際機関に販売する計画だ。同社は西アフリカのガーナでも母子栄養改善に取り組んでいる。市場拡大が期待されるアフリカでの足がかりとするとともに、グローバル企業に求められる社会的責任に応える。

RUTFは重度の低栄養状態の子ども向けの食品。対象は6カ月〜5歳まで。特にアフリカの低所得の国で需要がある。現在の市場規模は約200億円で、2020年には400億円に拡大するとの予測もある。

先行するのは欧米企業だ。仏社のRUTFは現地シェアで8割を占める。ただ原料となるピーナツは現地での品質管理が難しいため、全体の7割を欧米で生産している。

味の素などのRUTFは現地の食材(穀物)を使い、現地で生産する。栄養状態の改善に加え雇用の創出も目指す。

日本など先進国で培ったアミノ酸配合の最新知見も取り入れることで、栄養効果を高める。年内にも栄養効果試験の結果が出る予定で、生産・販売に向けた取り組みを本格化する。

マラウイでの取り組みに先立ち、ガーナでは、既に現地の伝統的な離乳食「ココ」に添加する栄養サプリメント「ココ プラス」を商品化。地元の大学、公的機関などと協力して1袋約10円で販売している。今後は、ナイジェリアなど他の国での販売も目指す。

アフリカの人口は将来的には中国・インドを上回ると予測されている。中間層の増加もあり、市場としての魅力が高まっている。西井孝明社長は1日「栄養バランスの解決に取り組むことによって、事業成長を同時に果たしていきたい」と述べ、今後も積極的に同市場に関与していく考えだ。

8月末に安倍晋三首相が出席してケニアで開くアフリカ開発会議(TICAD)では、途上国の栄養改善に取り組む官民連携組織の立ち上げが発表になる予定。味の素もそのメンバーに入る。



 
 
>TOP

From London to Lilongwe: photo exhibition with Reggie Yates

Amnesty International UK
08 Dec 2016, 03:25pm

アムネスティ発のマラウィについての記事です。
放送局,作家,またReggie Yates監督と協力して,イギリスの写真家の作品州を作り,マラウィの障害者に焦点をあて,彼らが直面している危機に焦点をあてようとしている。
「ロンドンからリロングウェへ」という展示会が開催されているようです。マラウィのアルビニズムの人たちが殺害の危機に直面している状況について知ってもらおうという展示です。

From London to Lilongwe: photo exhibition with Reggie Yates



UP:2010 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)