HOME > WORLD >

エジプト・アラブ共和国 2012年10月〜12月

アフリカアフリカ Africa 2016

○2007年6月以前のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 〜2007年6月
○2007年7月〜9月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2007年7月〜9月
○2007年10月〜12月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2007年10月〜12月
○2008年1月〜3月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2008年1月〜3月
○2008年4月〜6月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2008年4月〜6月
○2008年7月〜12月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2008年7月〜12月
○2009年のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2009年
○2010年1月〜3月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2010年1月〜3月
○2010年4月〜6月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2010年4月〜6月
○2010年7月〜12月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2010年7月〜12月
○2011年1月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年1月
○2011年2月1日〜5日のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年2月1日〜5日
○2011年2月6日〜10日のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年2月6日〜10日
○2011年2月11日〜15日のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年2月11日〜15日
○2011年2月16日〜28日のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年2月16日〜28日
○2011年3月〜5月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年3月〜5月
○2011年6月〜7月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年6月〜7月
○2011年8月〜12月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2011年8月〜12月
○2012年1月〜6月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2012年1月〜6月
○2012年7月〜9月のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国 2012年7月〜9月
○最新のニュース・企画案内 → エジプト・アラブ共和国

○外務省 各国・地域情勢 エジプト・アラブ共和国

◆2012/10/15 Ahram Online Egypt's disabled accuses Morsi's guards of assault
◆2012/10/15 Ahram Online Egypt's disabled accuse Morsi's guards of assault
◆2012/10/15 Egypt Independent Disabled protesters continue sit-in at presidential palace
◆2012/10/16 Egypt Independent Disabled protesters file complaint against Morsy
◆2012/10/21 毎日新聞 エジプト:生活改善いまだ途上 モルシ大統領就任100日
◆2012/10/23 Ahram Online Disabled council chief praises Morsi's rejection of violence against protesters
◆2012/10/25 How We Made IT in Africa African consumer update: Facebook shopping, mall culture, and fear of missing out
◆2012/11/04 nikkei.com エジプトのコプト正教会、新教皇を選出
◆2012/11/05 AFP BB News エジプト第5王朝の王女の墓を発掘、カイロ近郊
◆2012/11/18 nikkei.com アルアハリがアフリカ代表 サッカー・クラブW杯
◆2012/11/21 nikkei.com IMF、エジプトに3800億円支援で基本合意
◆2012/11/23 asahi.com ムルシ氏が権限強化 大統領令は司法判断せず エジプト
◆2012/11/23 nikkei.com エジプト、大統領権限強化の憲法令 リベラル派など反発
◆2012/11/23 nikkei.com エジプトが懸命の仲介 イスラエルとハマス、薄氷の停戦合意
◆2012/11/24 cnn.co.jp エジプト大統領が「全権掌握」の布告、抗議デモが激化の様相
◆2012/11/24 nikkei.com ハマス、エジプトに停戦監視要請 パレスチナ人射殺受け
◆2012/11/25 cnn.co.jp 大統領権限強化の布告に法曹界が反発、スト呼びかけも エジプト
◆2012/11/25 nikkei.com エジプト、大統領権限強化に反発 カイロ1000人デモ
◆2012/11/26 yomiuri.co.jp エジプト大統領、司法当局と協議へ…権限強化で
◆2012/11/26 nikkei.com エジプト大統領の出身母体を襲撃 強権付与に反発
◆2012/11/26 nikkei.com エジプト大統領、権限強化見直し
◆2012/11/27 asahi.com 大統領令強化、範囲を縮小 エジプト、国民の猛反発受け
◆2012/11/27 nikkei.com エジプト大統領が撤回拒否 強権付与の改正憲法令
◆2012/11/28 cnn.co.jp エジプトで大規模デモ、死者も 大統領の権限強化に抗議
◆2012/11/28 yomiuri.co.jp エジプト大統領権限強化に反発、デモに20万人
◆2012/11/28 nikkei.com エジプト、大規模な反政府デモ 大統領権限強化で
◆2012/11/30 nikkei.com エジプト大統領、権限強化の正当性を主張
◆2012/11/30 cnn.co.jp エジプト、新憲法草案を強行採決で可決 国民投票へ
◆2012/12/01 nikkei.com 反大統領デモの座り込み続く エジプト
◆2012/12/01 nikkei.com 大統領支持派も大規模集会 エジプト
◆2012/12/02 nikkei.com エジプト、15日に国民投票 新憲法案の是非問う
◆2012/12/02 cnn.co.jp エジプト新憲法案の国民投票が15日に 政情混迷続く見通し
◆2012/12/03 nikkei.com 国民投票の監視拒否 エジプトの司法当局
◆2012/12/05 nikkei.com エジプト大統領宮殿、10万人が包囲 強権令に抗議
◆2012/12/06 nikkei.com 米国務長官、エジプト憲法問題で対話促す
◆2012/12/06 nikkei.com エジプトで大規模衝突 4人死亡、350人以上負傷
◆2012/12/06 nikkei.com エジプトの大規模衝突、死者5人に 350人以上負傷
◆2012/12/06 nikkei.com エジプトで衝突拡大の懸念 大統領宮殿に戦車配備
◆2012/12/07 nikkei.com エジプト大統領、憲法令の撤回拒否 反大統領派の反発は必至
◆2012/12/08 nikkei.com エジプト混迷、経済に波及 IMF支援に影
◆2012/12/08 nikkei.com 反大統領派、対話を拒否 エジプトで数千人デモ
◆2012/12/08 nikkei.com エジプト副大統領、国民投票延期に言及 ロイター報道
◆2012/12/08 nikkei.com エジプト反大統領派、対話欠席 政治解決困難に
◆2012/12/08 毎日新聞 エジプト:新憲法案の国民投票延期を示唆
◆2012/12/08 毎日新聞 エジプト:野党、国民対話を欠席 「暴力停止を」国軍声明
◆2012/12/09 nikkei.com エジプトで新改正憲法令 大統領、「強権」を撤回
◆2012/12/09 asahi.com エジプト、事態打開見えず 同胞団「放火などで被害」
◆2012/12/09 asahi.com ムルシ氏、大統領令を撤回 国民投票は実施へ エジプト
◆2012/12/10 nikkei.com エジプト大統領が憲法令撤回 反対派「国民投票応じぬ」
◆2012/12/12 nikkei.com エジプト、賛否両派が大規模デモ 新憲法案投票巡り衝突懸念
◆2012/12/12 nikkei.com エジプト、IMFとの支援合意延期 内政混乱
◆2012/12/13 nikkei.com エジプト反大統領派、国民投票参加へ
◆2012/12/13 cnn.co.jp エジプト反大統領派、国民投票に参加へ ただし反対票を呼びかけ
◆2012/12/13 nikkei.com エジプト、15日から新憲法案の国民投票 反対論も根強く
◆2012/12/13 cnn.co.jp 3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺
◆2012/12/15 nikkei.com エジプト、新憲法問う国民投票開始
◆2012/12/16 cnn.co.jp ムバラク前大統領、浴室で転んで負傷 エジプトの刑務所病院
◆2012/12/17 cnn.co.jp エジプト新憲法案の第1回国民投票 「賛成多数」と与党
◆2012/12/18 nikkei.com エジプト検事総長が辞意
◆2012/12/19 cnn.co.jp 3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺
◆2012/12/19 nikkei.com 新憲法案反対で再びデモ エジプト、規模は縮小
◆2012/12/21 nikkei.com エジプトで2回目の国民投票 新憲法案の是非巡り
◆2012/12/22 nikkei.com エジプト国民投票、2回目実施 23日に大勢判明
◆2012/12/22 毎日新聞 エジプト:新憲法案国民投票を前に賛成、反対両派が衝突
◆2012/12/22 毎日新聞 エジプト:国民投票、第2回始まる
◆2012/12/23 cnn.co.jp エジプト新憲法案の国民投票、2回目終了 承認の公算大
◆2012/12/23 yomiuri.co.jp エジプト憲法案、2回目国民投票…承認の公算大
◆2012/12/23 yomiuri.co.jp エジプト新憲法案、承認ほぼ確実…国民投票
◆2012/12/23 asahi.com エジプトで2度目の国民投票 新憲法案めぐり国論二分
◆2012/12/23 asahi.com エジプト新憲法案承認へ 国民投票、賛成6割超か
◆2012/12/23 nikkei.com エジプト副大統領が辞任 国民投票、23日に大勢判明
◆2012/12/23 nikkei.com エジプト新憲法案、承認の見通し 国民投票終了
◆2012/12/23 nikkei.com エジプト新憲法案、承認確実に 抗議行動激化も
◆2012/12/23 nikkei.com エジプト国民投票、新憲法承認へ
◆2012/12/23 毎日新聞 エジプト:メッキ副大統領が辞任
◆2012/12/23 毎日新聞 エジプト:新憲法「承認」…国民投票、非公式集計
◆2012/12/24 毎日新聞 エジプト:新憲法案の国民投票 対立の根深さを露呈
◆2012/12/25 nikkei.com エジプト混乱、経済に波及 格下げ・取り付け騒ぎ
◆2012/12/26 nikkei.com エジプト、賛成63.8%で新憲法案承認 国民投票結果発表
◆2012/12/26 nikkei.com エジプト新憲法案承認 反対派反発で混乱長期化懸念
◆2012/12/26 cnn.co.jp エジプト新憲法案、国民投票で承認 投票率は33%
◆2012/12/26 cnn.co.jp 携帯とネットで「セクハラ地図」、性的嫌がらせに対抗 エジプト
◆2012/12/26 asahi.com エジプト新憲法案、国民投票で承認
◆2012/12/26 yomiuri.co.jp エジプト新憲法案、国民投票で過半数上回る
◆2012/12/26 毎日新聞 エジプト:新憲法案63%で承認 国民投票、選管発表
◆2012/12/26 毎日新聞 エジプト:憲法制定に一定の評価 若者指導者の一人
◆2012/12/27 nikkei.com エジプト新憲法が施行
◆2012/12/27 cnn.co.jp エジプト大統領「自由憲法を手にした」 新憲法が施行
◆2012/12/27 nikkei.com エジプト大統領、憲法制定を称賛 「新たな夜明け」
◆2012/12/27 毎日新聞 エジプト:ムバラク前大統領、病状悪化か 軍病院に移送
◆2012/12/28 yomiuri.co.jp ムバラク氏「健康状態悪化」、また軍病院に移送
◆2012/12/28 毎日新聞 エジプト:ムバラク前大統領、刑務所施設から病院に移送


 
 
>TOP

エジプト:生活改善いまだ途上 モルシ大統領就任100日

毎日新聞 2012年10月21日 13時59分

【カイロ前田英司】昨年の民主化要求運動「アラブの春」で独裁体制が崩壊したエジプトで、イスラム原理主義組織ムスリム同胞団出身のモルシ大統領が、就任して今月8日で100日を迎えた。「革命」の継続を訴えて生活の改善を約束していたが、専門家からは「達成率は10%程度」と辛口の批判が目立つ。政情の混乱で大打撃を受けた経済はいまだ再生途上で、米国偏重だったムバラク前政権とは一線を画す積極外交も見られるが、影響力低下は否めない情勢だ。

「9月のインフレ率は過去10年で最低の6.3%だった」。モルシ大統領は就任から100日を前に、演説で成果を誇示した。だが、国民は生活の向上を実感できずにいる。7月以降、賃金アップを求める公共交通機関の職員や教員のストライキが続発し、今月に入ってからは北部の離村、タハシンの住民が行政への不満を爆発させて「独立」を宣言した。

モルシ大統領は100日間の達成計画として▽治安改善▽交通渋滞の緩和▽燃料・食糧不足の解消−−などを掲げた。しかし、市民は今もガソリン購入に長い列を作り、値段も大きさも一定のはずのパンは「小さくなった」との声が絶えない。カイロ大学のアハマド・アベドラボ准教授は「公約解決は容易ではない。達成率は10〜15%だ」と指摘した。

治安面では、独裁当時と変わらぬ強権姿勢も鮮明にしている。地元の人権団体によると、デモ隊に対する警官の実弾使用などで、この100日間に34人が死亡し、拷問も88件あったという。

不安定な国内情勢により、海外からの投資や観光客も激減している。今年度の財政赤字は前年度比12.5%増の1350億エジプトポンド(約1兆7500億円)に達する見通しだ。モルシ大統領は国際通貨基金(IMF)に総額48億ドル(約3800億円)の融資を求めたが、それを受けるには国家予算の4分の1を占める「補助金事業」の見直しが求められる。大統領の支持層は低所得者が中心で、本格的な補助金の削減に着手すれば反発は免れず、支持基盤を揺るがしかねない。

半面、モルシ大統領は「アラブの春」の後に国を暫定統治した軍政トップを電撃解任するなど、軍部との権力闘争では主導権を奪ってきた。湾岸諸国や中国、イラン、米国などを次々訪問、シリア情勢の仲介にも手を挙げ、「アラブの盟主」再生の野望をちらつかせる。



 
 
>TOP

African consumer update: Facebook shopping, mall culture, and fear of missing out

How We Made IT in Africa

http://www.howwemadeitinafrica.com/african-consumer-update-facebook-shopping-mall-culture-and-fear-of-missing-out/21539/

Africa’s growing consumer base and its US$1.9 trillion total purchasing power is old news if you are a regular reader of How we made it in Africa. For businesses operating on the continent, this consumer market holds untapped economic opportunities and potential. However, African spenders are created around their respective economic and technological environments and developing trends are constantly shaping the way businesses are targeting consumers.

Research company Euromonitor International recently identified some unique ICT and behavioural trends among consumers in Egypt, Kenya, South Africa and Ghana. Here are the highlights:

Egyptians shopping on Facebook

Facebook has become a shopping portal for the upper-middle class where upmarket stores in Egypt have failed to satisfy their hunger for fashion, according to Daphne Kasriel-Alexander, consumers editor at Euromonitor. Most consumers of Facebook fashion are young women with cash.

“In the Facebook shopping world, the group administrator is in charge of everything from purchasing to shipping and taxation, making it much easier for cash-rich but time-poor consumers to shop,” said Kasriel-Alexander.

In May 2012, the Egyptian Ministry of Information reported that Facebook users in Egypt had reached 10.7 million. With a population of around 80 million, roughly 13.4% of Egyptians are on Facebook, putting Egypt at 20th place in the world in terms of Facebook usage.

American mall culture in Ghana

“Ghana’s first American-style shopping mall in the capital, Accra, is changing the way Ghanaians spend their free time,” said Kasriel-Alexander. The shopping centre, which features a number of South African and international brands, is developing a mall culture in Accra. “A typical scene on a weekend could be from a shopping mall anywhere in the USA - boys in skinny jeans, girls wearing hot pink lipstick, families eating pizza at a food court.”

Cordie Aziz, a young American who moved to Accra over a year ago to start a business, has blogged about the Westernised mall culture in the city. “Each day, I am amazed about how American the life in Accra is,” said Aziz. “Women in Ghana have abandoned their traditional style clothing for modern day suits and dresses, some made of fabrics that aren’t even conducive for the weather.”

“The men have also been equally hypnotised by the West. The younger generation has picked up on skinny jeans in bright, vibrant colours with the shoes to match,” continued Aziz. “They even seem to identify with the words of artists like Rick Ross and Lil Wayne, though many of them have never even been close to setting foot on American soil.”

The majority of modern retail space has been developed in Accra, due to better infrastructure and access to a large population. The Accra Mall, established in 2007, is conveniently located with surrounding residential and commercial areas and is five minutes away from the Kotoka International Airport. Euromonitor’s research has also noted that Ghana’s retailing achieved 14% value growth between 2006 and 2011, which reflects the strength of fast-moving consumer goods (FMCG) companies in the country. As an English-speaking nation, Ghana has close ties with US and British businesses.

“Developers forecast more of such malls would spring up across the country replacing the beach as a place for middle-class Ghanaians to spend their weekends,” stated Kasriel-Alexander. “According to Euromonitor International statistics, Ghana‘s growth expanded to 13.6% in 2011 from 7.7% the year before - driven by new oil production and the construction sector.”

Estimated 2.4 million Kenyans need non-fake phones

By 30 September an estimated 2.4 million Kenyan mobile subscribers with counterfeit handsets faced being “plugged off” by the Communications Commission of Kenya (CCK) unless they acquired genuine handsets in time, according to Kasriel-Alexander.

Latest figures reported on BBC News and allAfrica.com suggest that 1.5 to 1.9 million subscribers have since been affected by the switch-off.

The CCK ordered telecom companies to block counterfeit phones from accessing Kenyan mobile networks a year ago but this date was postponed four times until the end of last month.

“The switch-off by the Communications Commission of Kenya will be a costly affair for consumers who will have to acquire new handsets, a significant number of whom are said to have bought the fake phones unknowingly,” Kasriel-Alexander pointed out.

South Africans have a fear of missing out

“According to a nationwide survey by Pharma Dynamics of 3,000 respondents aged between 15 and 50, released in early July 2012, 62% live in ‘constant fear’ of missing out on something more exciting that what they are doing,” said Kasriel-Alexander.

This “fear of missing out”, known by the acronym FOMO, means that South Africans are constantly on their phones checking for emails and social networking updates. According to Kasriel-Alexander’s research, this behaviour includes “the inability to put away one’s mobile phone, excessive phone texting even while driving, tweeting on the toilet and showing up at events uninvited”.

“South Africans are the most enthusiastic tweeters in Africa (with over 5 million tweets), according to a report released by UK-based research firm Tweetminster in January,” said Kasriel-Alexander. “Kenya came in second place, generating 2.48 million tweets - ollowed by Nigeria (1.67 million), Egypt (1.21 million) and Morocco (0.75 million).”



 
 
>TOP

エジプトのコプト正教会、新教皇を選出

2012/11/4 19:25

【カイロ=押野真也】キリスト教の一派であるエジプトのコプト正教会は4日、第118代教皇にタワドロス主教(60)を選出した。エジプトでは2011年2月に独裁政権が崩壊して以降、イスラム原理主義組織が台頭し、人口の1割を占めるコプト教徒は懸念を強めている。タワドロス新教皇はイスラム教徒との融和や信徒の統率が課題になる。今回の選出は前教皇のシュヌーダ3世が3月に死去したことに伴うもの。



 
 
>TOP

エジプト第5王朝の王女の墓を発掘、カイロ近郊

2012年11月05日 10:07 発信地:カイロ/エジプト

【11月5日 AFP】エジプト政府は2日、首都カイロ(Cairo)南西アブシル(Abu Sir)で紀元前2500年ごろのエジプト第5王朝の王女のものとみられる墓が見つかったと発表した。

文化財担当のムハンマド・イブラヒム(Mohamed Ibrahim)国務相によると、この墓は第5王朝の「Shert Nebti」王女のもの。王女の墓に通じる副室から見つかった4本の石灰岩柱に、象形文字で王女の名前と称号のほか、「Men Salbo王と全能の神の前に崇拝された側室の娘」と彫られていたという。

この墓は、チェコ・プラハ(Prague)のカレル大学(Charles University)の考古学チームが発掘した。同チームは副室の南東側に、別の4つの墓に通じる通廊も発見した。うち2つの墓は先に発掘されている。(c)AFP



 
 
>TOP

アルアハリがアフリカ代表 サッカー・クラブW杯

2012/11/18 13:34

サッカーのアフリカ・チャンピオンズリーグの決勝第2戦は17日、チュニスで行われ、アルアハリ(エジプト)が2−1でエスペランス(チュニジア)に勝ち、2試合合計3−2で7度目の優勝を決めた。アルアハリは12月に日本で開催されるクラブワールドカップ(W杯)に出場する。

クラブW杯は日本以外の各大陸の出場チームが出そろった。欧州代表がチェルシー(イングランド)、南米代表はコリンチャンス(ブラジル)で、アジア代表は蔚山現代(韓国)、オセアニア代表はオークランド(ニュージーランド)、北中米カリブ海代表はモンテレイ(メキシコ)となった。〔共同〕



 
 
>TOP

IMF、エジプトに3800億円支援で基本合意

2012/11/21 9:51

【カイロ=押野真也】エジプトを訪れている国際通貨基金(IMF)の訪問団は20日、エジプト政府に48億ドル(約3800億円)の支援を供与することで基本合意したと発表した。同政府は2011年2月の独裁政権崩壊後に経済が低迷、IMFに支援を要請していた。

IMFは支援の条件として、慢性化する財政赤字の削減を要請した。財政改革には歳出の2〜3割を占める補助金制度の改革が不可欠だが、具体的な改革策については明らかにされていない。

今回の支援合意の舞台裏には、中東地域の民主化後押しを狙う米政府の働きかけがあったという見方もある。支援が決まったことで、今後は他の国際機関による支援に弾みがつくとの期待も出ている。



 
 
>TOP

2012年11月23日23時17分

ムルシ氏が権限強化 大統領令は司法判断せず エジプト

【カイロ=石合力】エジプトのムルシ大統領は22日、すべての大統領令を司法判断の対象から除外し、ムバラク旧政権を倒した革命中の市民殺傷や旧政権時代の汚職などの裁判をやり直させ、憲法起草委員会への司法介入を禁止する内容の大統領令を出した。

新憲法発布までの時限措置だが、大統領権限が司法、行政、立法にまたがり、大幅に強化される。世俗的なリベラル勢力は23日、抗議デモを呼びかけ、カイロ市内のタハリール広場に約1万人が集まり、治安当局が催涙ガス弾を使用した。国営テレビによると、第2の都市アレクサンドリアでムルシ氏の支持母体イスラム同胞団の政党「自由公正党」支部が襲撃、放火されるなど、複数の都市で抗議デモや暴動が起きている。厳格派(サラフィー)を含むイスラム諸勢力は大統領令を支持しており、世俗派との緊張が高まっている。

ムルシ氏は23日午後、大統領府前で支持者らを前に演説し「目的は政治、社会、経済の安定と権力の民主的な移行だ」と語った。

アリ大統領報道官が発表した大統領令の主な内容は(1)大統領が就任以来出した大統領令、憲法宣言を新憲法、議会ができるまでの間、司法判断から除外する(2)革命中のデモ隊への殺傷に関する裁判の再審(3)憲法起草期限を2カ月延長し、来年2月までとする(4)上院に当たる諮問委員会(シューラ)、憲法起草委員会に対する解散権限を司法当局から剥奪(はくだつ)する−−など。

大統領令に伴い、ムルシ氏はムバラク政権時代に指名された検事総長を更迭した。ムバラク前大統領に下された終身刑も見直される見通し。司法当局は、革命後の新議会に違憲判断を下したほか、憲法起草委員会やムスリム同胞団の合法性を問う裁判を継続中で、政権と対立関係にあった。

ムバラク裁判のやり直しを求める革命グループの要求に応じつつ、民主化に対する司法の介入を制限し、政権の安定を高める狙いがある。一方、革命グループを含む世俗派は「ムルシ氏は自らを新たなファラオに指名した」(エルバラダイ前IAEA事務局長)、「国民投票で承認を得るべきだ」(有力活動家のゴネイム氏)など、権限が大幅に拡大された点に懸念を示している。

アリ氏は「司法当局への挑戦ではなく、革命の目的を達成し、安定を維持するためのものだ」と説明。司法判断に基づき軍政当局(当時)が解散した議会は再招集せず、新憲法下で新たに議員を選出する。憲法起草期間の延長措置については、議論の不足などを理由に委員を辞退する例が出ていることから、国民各層のコンセンサスを得るためとしている。



 
 
>TOP

エジプト、大統領権限強化の憲法令 リベラル派など反発

2012/11/23 20:46 (2012/11/24 0:10更新)

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領は22日、大統領権限を大幅に強化する改正憲法令を発布した。2013年前半に予定している選挙で人民議会(国会)が発足するまでの間、大統領が下す決定を裁判所が覆すことができないことなどを明記した。大統領と裁判所は政策を巡り度々対立しており、裁判所の介入を防ぐ狙いがある。

リベラル派などは「大統領の動きは独裁的だ」などと反発。国営テレビによると、各地でデモが発生し、大統領の出身母体であるイスラム穏健派ムスリム同胞団の事務所が放火に遭うなど負傷者が出ている。



 
 
>TOP

エジプトが懸命の仲介 イスラエルとハマス、薄氷の停戦合意

2012/11/23 1:51

【カイロ=押野真也】イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織「ハマス」の停戦が21日に発効した。イスラエルによるハマス幹部の殺害をきっかけに8日間続いた戦闘はひとまず収束した。停戦合意で浮かび上がったのはエジプトの懸命の調停工作だ。緊迫した8日間の攻防に迫る。

■軍事トップを殺害

14日正午すぎ、ガザ市を走行中の1台の乗用車をイスラエル軍機が秘密裏に追跡。誘導ミサイルの照準を合わせ、走行中に爆撃した。乗っていたのはハマス軍事部門のトップ、アハメド・ジャバリ氏。イスラエルへのテロを企てている危険人物として、同国の暗殺リストに載る人物で、イスラエルは殺害に成功した。

同日、イスラエル軍はガザにあるハマスの軍事施設やロケット砲の発射台などを空爆した。ハマスは猛反発し、「地獄の門が開いた」としてイスラエルへの報復を宣言。報復攻撃が始まった。

15日午前、ハマスはイスラエル領内に向け200発以上のロケット砲を断続的に発射。そのうち数発が、ガザから約30キロメートル離れたイスラエル中部の都市、キリヤトマラヒの集合住宅に直撃し、民間人3人が死亡した。

■地上侵攻を準備

イスラエルのネタニヤフ首相は「ハマスは私たちの子供を狙っており、容認できない」と即座に反応した。軍は予備役を招集するとともに、地上部隊を投入する可能性について言及。同日夜には戦車部隊をガザから15キロメートル離れた海岸沿いの都市、アシュケロンに配備し、陸上侵攻に備えた。

16日には安全保障会議を開き、招集する予備役の数を想定の倍の7万5000人にする決定を下す。イスラエルがハマスへの強硬姿勢を強めたのは、敵対するイランとの連携が疑われたからだ。ハマスは使用するほぼすべての武器がイラン製だといわれる。

調停は難しいかにみえた。アラブの大国として中東和平の一翼を担ってきたエジプト。そのエジプトは「アラブの春」で親米のムバラク前政権が崩壊。現在のモルシ大統領はイスラエルや米国と距離を置く原理主義組織「ムスリム同胞団」出身だ。同胞団はハマスの設立母体でもある。

ジャバリ氏の暗殺後、エジプトは駐イスラエル大使をすぐさま召還し、ハマスへの同情を示す。エジプトがハマスを全面支援すれば戦闘は一気にエスカレートしかねない。だが、逆にエジプトはハマスとのパイプを生かした調停工作に出る。

ハマス最高幹部のマシャル氏と断続的に協議。ハマス内部には停戦に反対し、徹底抗戦を主張する勢力がおり、モルシ大統領はマシャル氏に内部の統制を要求。ハマスの多数派を納得させるため、イスラエルの反発は承知で停戦案にハマスが求めるガザ封鎖の解除を盛り込んだ。

ムバラク大統領時代には閉鎖していたエジプトとガザの境界線を人道目的で開放すれば、ハマスへの支援継続が明確になる。これで停戦に反対する勢力を納得させ、最終停戦案をのませた。

一方、イスラエルは停戦案が求めるガザの封鎖解除に難色を示した。封鎖解除は武器流入やテロリストの侵入を許すと警戒しているからだ。また、イスラエルは一時的ではなく、長期停戦も求め、交渉は行き詰まった。

こうした中、米政府がようやく動き出す。アジアを歴訪中のオバマ大統領はネタニヤフ首相、モルシ大統領と電話で協議し、20日にクリントン国務長官をイスラエルとエジプトに派遣した。長官は20日と21日の2回、ネタニヤフ首相と会談。2回目の会談でネタニヤフ首相から合意を取り付けたもようだ。

■解釈分かれる

イスラエルは同胞団出身のモルシ政権に警戒感を示していたが、意外にもモルシ政権は調停に積極的だった。同胞団内部から反発が出るリスクを覚悟の上でモルシ大統領は調停工作を進めた。案の定、22日、同胞団の指導者であるムハンマド・バディア氏は停戦を批判。エジプト政権内部に微妙なさざ波が立った。

それでもモルシ大統領が調停を進めたのは、ガザの不安定化は自国の脅威になるとみたからだ。さらに、「アラブの大国」としての威信を取り戻す狙いもあった。エジプトはムバラク独裁政権崩壊後の混乱で、域内での存在感が大幅に低下している。オバマ大統領がモルシ大統領との電話会談で、仲介を称賛したのはまさに狙い通りだった。

ただ、ガザ境界の封鎖解除を巡り、ハマスは「完全解除」とみなすが、イスラエルは「限定解除」と主張。早くも認識が異なる。停戦発効後も衝突は散発しており、停戦の行方は見通せない。



 
 
>TOP

エジプト大統領が「全権掌握」の布告、抗議デモが激化の様相

2012.11.24 Sat posted at 15:18 JST

カイロ(CNN) エジプトの首都カイロなど各地で23日、ムルシ大統領が前日発表したすべての大統領令は司法権限の対象外とする布告に反発する野党勢力らのデモが発生、ムバラク前政権を駆逐した革命の継続やムルシ氏の辞任を要求した。

デモ参加者は数千人規模とされ、警察との衝突も起きた。昨年2月のムバラク前政権打倒デモの主舞台となったカイロ中心部のタハリール広場などに結集したデモ参加者は24日朝も残り、抗議続行の構えを見せている。裁判所判事らの間ではすべての公判などを停止する全土でのストライキ計画が浮上している。

地元紙のコラムニスト、マムーン・ファンディ氏はCNNに対し、ムルシ氏の反対勢力は拡大し続けるだろうとし、大統領が1週間内に追放される可能性があると述べた。反対派は結束しており、相当なエジプト国民がムルシ氏から離反していると分析した。

イスラム同胞団を支持基盤とするムルシ氏は今年6月、大統領選をへて就任。同国の議会は司法界との対立などを受けて解散状態にあり、大統領令はムルシ氏の権限が司法、行政、立法にまたがって大幅に強化されることを意味する。

ムルシ氏は22日、新憲法が決まるまで半年間、いかなる大統領令や法令は司法権限の対象外とすることを発表。また、昨年の反政府デモでの参加者殺害の容疑者への追及が不十分として検察幹部の解任も発表した。

同氏は23日、カイロの大統領府前で支持者に演説し、大統領令は国民の利益を踏まえた上での措置とし、政治的、社会的な安定を図るために必要と弁明した。

しかし、国際原子力機関(IAEA)の前事務局長で憲法党の党首でもあるモハメド・エルバラダイ氏はCNNに対し「前例がなく理解出来ない行動。ムバラク氏より権力を握っている」とし、「独裁者」と糾弾した。また、23日のデモには数百万人規模が加わったと推定した。



 
 
>TOP

ハマス、エジプトに停戦監視要請 パレスチナ人射殺受け

2012/11/24 19:41

【カイロ=押野真也】パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織「ハマス」は24日までに、イスラエルとの停戦を仲介したエジプトに対し、停戦合意が順守されているか監視するよう要請した。23日にガザとイスラエルとの境界付近でイスラエル兵がパレスチナ人を射殺したことに伴う措置。

両者の停戦は21日に発効しているが、イスラエル軍は境界付近に展開した地上部隊を完全には撤収していない。今後も境界付近で衝突が続けば停戦合意の有効性が問われかねない。

停戦合意にはイスラエルが封鎖しているガザの境界を開放することも盛り込んでいるが、現時点でイスラエル側は封鎖を解除していない。イスラエルは封鎖解除による武器の密輸などを強く警戒している。今後、封鎖解除を巡り、両者の対立が予想される。



 
 
>TOP

大統領権限強化の布告に法曹界が反発、スト呼びかけも エジプト

2012.11.25 Sun posted at 10:33 JST

カイロ(CNN) エジプトのムルシ大統領が司法の権限を制限し自らの権限を大幅に強化する布告を出したことに対し、同国の法曹界が強く反発。判事組合が全国の裁判所にストライキを呼び掛けるなど、混乱が拡大している。

ムルシ大統領は22日、6月の大統領就任以降に出した大統領令、および新憲法発布までに出す大統領令を司法判断の対象から除外すると発表した。

これに対し、エジプトの最高司法機関である最高司法評議会(SJC)は24日、ムルシ大統領の布告について、「司法の独立に対する前例のない攻撃」と強く批判した。エジプト国営中東通信(MENA)が伝えた。

この布告に反発しているのは法曹界だけではない。エジプトでは各地で布告に反対するデモが相次いでいる。24日朝には、カイロ中心部でデモ隊と警察が衝突。石を投げる数十人のデモ隊に対し、警察は催涙ガスで応戦した。保健省によると、大統領の発表後、カイロで発生した衝突で261人が負傷し、そのうち43人が現在も入院中だという。

エジプト国営テレビによると、カイロの法曹関係の建物の外で同日、デモ隊と政府の支持者らが衝突した。デモ隊と政府の治安部隊との衝突は夕方まで続き、内務省の近くでは警察が催涙ガス弾を発射したり、威嚇射撃を行ったりした。

エジプト国営ナイルテレビによると、エジプトの判事組合が大統領の行動に抗議し、全国の裁判所および検察庁にストライキを呼び掛けたという。

エジプト第2の都市アレクサンドリアやダマンフールの判事らは、追って通知があるまで、すべての法廷審問を延期するとしている。一方、大統領を支持する判事らからは、ストの呼び掛けを批判する声も上がっている。



 
 
>TOP

エジプト、大統領権限強化に反発 カイロ1000人デモ

2012/11/24 20:08 (2012/11/25 0:46更新)

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領が自身の権限を大幅に強化する憲法令を発布したことに、同国で反発の声が強まっている。23日にはカイロで1千人規模のデモが起き、一部が治安部隊と衝突。27日には反対勢力とモルシ大統領の支持勢力の双方がそれぞれ集会を予定するなど、国内を二分する騒動に発展する可能性がある。

モルシ大統領が発布した憲法令は大統領が国内安定のための全事象に対する決定権を持つことや大統領の決定に対する異議申し立ては認めないことなどを明記。2011年1月に起きた反体制派殺害に関与した旧政権幹部の責任追及を再開することも盛り込んだ。

大統領の決定に対し、大統領や大統領が所属するイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」に権限が集中することを懸念する勢力は23日に各地でデモを実施。デモは同日夜まで続き、地中海沿岸のアレクサンドリアでは同胞団の事務所が襲撃されるなど一部が暴徒化。カイロ中心部でもデモ隊と警官隊が衝突し、24日までに全土で90人以上が負傷した。

国民の反発を受け、モルシ大統領は23日にカイロで演説。大統領権限の強化は13年前半の選挙を経て人民議会(国会)が誕生するまでの「暫定措置」だと主張した。旧政権幹部の責任を追及する意向も強調し、権限強化は「(旧体制を排除して)革命を守るため」などと弁明に追われた。

ロイター通信によると、司法機関を監督する最高司法評議会は24日、憲法令を「司法の独立に対する前例のない攻撃」と非難、反発が収まる様子はない。反対勢力は27日にも集会を開く予定。一方、ムスリム同胞団は大統領への忠誠を示すデモを25、27日に開くと支持者に呼びかけた。

モルシ大統領はイスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配する原理主義組織「ハマス」の停戦を仲介。21日に停戦合意が発効し、欧米諸国から評価の声が高まったばかり。今回の権限拡大の発表は欧米の批判をかわしやすいタイミングを狙ったとの見方も多い。

原理主義組織出身のモルシ大統領に対しては国民の1割を占めるキリスト教徒や原理主義思想に反対するリベラル派などは強く警戒。今回の決定はこうした勢力の懸念を強めかねず、欧米諸国も批判を強める可能性もある。

政権に反対する勢力は今後もデモを継続する構え。政権側との対立が激化し、国内が不安定になれば、新憲法の制定作業や議会選挙の障害になりかねない。エジプトと同様に独裁政権崩壊後に国家再建を進めているチュニジアやリビアなどの内政にも影響を及ぼす可能性もありそうだ。



 
 
>TOP

エジプト大統領、司法当局と協議へ…権限強化で

【カイロ=田尾茂樹】エジプトのモルシ大統領は26日、司法に対する大統領権限の優越などを盛り込んだ追加「憲法宣言」への反発が広がる事態を受け、司法機関を監督する最高司法評議会と協議する。

世俗勢力が計画する27日の大規模抗議デモを前に、対話姿勢を強調することで同宣言への理解を求め、事態打開を図りたい考えだ。

大統領府は25日の声明で、宣言が「一時的なもので、権力集中を狙ったものではない」と釈明。イスラム主義勢力が主導し、世俗勢力の批判が強い新憲法起草作業についても「あらゆる政治勢力との対話を通じて意見を集約する」と強調し、柔軟姿勢をアピールした。

だが、現在のところ混乱が収まる気配はない。北部ダマンフールでは25日夜、大統領の出身母体のイスラム主義組織ムスリム同胞団事務所に乱入しようとしたデモ隊と、同胞団支持者らが衝突。同胞団メンバーの少年(15)が死亡した。22日の追加憲法宣言発布後のデモで死者が出たのは初めて。負傷者は計500人に達したとみられる。

(2012年11月26日22時09分 読売新聞)



 
 
>TOP

エジプト大統領の出身母体を襲撃 強権付与に反発

2012/11/26 10:03

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領が自らに超法規的な強権を付与したことに反発する集団が25日、北部ダマンフールで、大統領の出身母体であるイスラム穏健派ムスリム同胞団の事務所を襲撃、同胞団員1人が死亡、数十人が負傷した。中東の衛星テレビ、アルジャズィーラなどが報じた。

大統領は22日に改正憲法令を発布。新憲法下で議会が選ばれるまでの間、大統領令に一切の異議を認めないなどとする内容で、リベラル派はムバラク前政権下の独裁の再来として猛反発、同胞団など大統領を支持するイスラム勢力との間で緊張が高まっている。

モルシ大統領は、あくまで一時的な措置としているが、法曹界にも反発が拡大。中東通信によると、モルシ大統領は26日、法曹界の代表らと会談する予定で、混乱拡大を避けるため、理解と協力を求めるとみられる。



 
 
>TOP

エジプト大統領、権限強化見直し

2012/11/26 22:52

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領は26日、同国の司法関係者らと会談し、22日に大統領が発布した、自身の権限を大幅に強化する憲法令(暫定憲法に相当)を一部見直す考えを明らかにした。憲法令を巡っては、リベラル派が「強権的」と強く反発。27日にカイロ中心部で大規模デモを予定しており、混乱を避けるのが目的とみられる。ただ、見直しの具体策についての言及はなく、反対派が納得するかは不透明だ。



 
 
>TOP

2012年11月27日10時01分

大統領令強化、範囲を縮小 エジプト、国民の猛反発受け

【カイロ=石合力】エジプトのムルシ大統領は26日、すべての大統領令を司法判断の対象から除外すると発表した22日の大統領令について、除外するのは国家主権にかかわるものに限定するとの妥協案を提示した。司法側の猛反発を受けて修正に応じた。

大統領府のアリ報道官によると、大統領は26日の判事らとの会合で、権限強化の特例は新議会成立までの時限措置であることを改めて説明。その上で、主権にかかわらない大統領令に関しては、司法判断の対象に含めるとの新たな方針を示した。

修正に伴い、ムルシ氏の支持母体である穏健イスラム組織ムスリム同胞団は、27日に予定していた大統領支持デモを中止するが、世俗派・リベラル勢力は同日、タハリール広場で権限強化に反対する抗議デモを呼びかけており、事態が収束するか、なお予断を許さない状況だ。

22日に発表された大統領令は、すべての大統領令を司法判断の対象から外し、三権全てが大統領に集中する内容。世俗派やリベラル派が新たな独裁につながるとして各地で反対デモを行い、一部が暴徒化するなど社会不安が高まっている。



 
 
>TOP

エジプト大統領が撤回拒否 強権付与の改正憲法令

2012/11/27 9:57

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領は26日夜、自らに超法規的な強権を付与した改正憲法令をめぐり司法機関を監督する最高司法評議会の代表と会談、一定の譲歩姿勢を示したが、同令の撤回は拒否した。大統領報道官が発表した。

リベラル派などは改正憲法令の撤回をあくまでも要求して27日に首都カイロをはじめ各地で大規模デモを行う予定で、対立と混乱が収束する見通しは立っていない。一方、モルシ氏の出身母体であるイスラム穏健派ムスリム同胞団も27日に同令支持の大規模デモを予定していたが、緊張激化を避けるため中止を決めた。

大統領は会談で、大統領のあらゆる決定を司法判断の対象外とした改正憲法令について、対象外とするのは「(大統領の)統治権」に関する問題に限るとの立場を示した。ただ、統治権の具体的内容は不明で、改正憲法令の条文も修正されなかった。

中東通信によると、行政裁判所は12月4日に改正憲法令を無視する格好で同令の合法性をめぐる審理を行うことを決めた。



 
 
>TOP

エジプトで大規模デモ、死者も 大統領の権限強化に抗議

2012.11.28 Wed posted at 09:53 JST

(CNN) エジプトのムルシ大統領が自身の権限強化を宣言した大統領令に対し、首都カイロ中心部のタハリール広場で27日、大規模な抗議デモが起きた。デモはおおむね平和的に実施されたが、少なくとも1人が死亡した。

ムルシ大統領は先週、すべての大統領令を司法判断の対象から除外すると宣言した。デモ隊は大統領に、これを撤回するか退任するかのどちらかだと迫った。

保健省によると、デモ隊と警官隊との衝突で少なくとも1人のデモ参加者が死亡した。野党勢力は、警察の使った催涙ガスを大量に吸い込んだのが原因だと主張している。

デモには欧米寄りのリベラル派や世俗主義者、穏健派、女性運動の活動家など、幅広い層が参加した。参加人数は発表されていないが、広場は参加者で埋め尽くされた。

北部マハッラでは、デモ隊が大統領の出身母体、ムスリム同胞団の本部ビルを襲撃。警察によると数十人の負傷者が出た。内務省報道官がCNNに語ったところによると、警察は催涙ガスで応戦し、多数の参加者を逮捕したが、ビルは破壊された。ムスリム同胞団系の自由公正党によれば、参加者らはナイフや銃を手に、4時間にわたって攻撃を続けた。

ムルシ大統領は26日、司法の対象から除外するのは国家主権にかかわる大統領令のみとする修正案を示したものの、反対派の怒りは鎮まらなかった。自由公正党の幹部は、大統領自身の免責を定めた内容ではないと主張するが、その詳細は不明だ。

同国のジャーナリスト、モナ・エルタハウィ氏は、ムルシ大統領がこの大統領令によりムバラク前大統領をしのぐ権限を手にしたと批判。「われわれは選挙でムルシ氏を大統領に選んだが、新たな独裁者を選んだつもりはない」と話す。

大統領令に対しては、エジプトの判事らも強く反発。26日には国内34の裁判所のうち27カ所がストライキを実施。検察官の9割も参加した。



 
 
>TOP

エジプト大統領権限強化に反発、デモに20万人

【カイロ=田尾茂樹】エジプトのモルシ大統領の権限を強化する新たな「憲法宣言」の撤回を求める大規模な抗議デモが27日、全国各地で行われ、カイロ中心部タハリール広場には、モルシ政権発足後としては最大の約20万人が集まった。

デモは28日も続いており、混乱収束の見通しは立っていない。

カイロでは27日、治安部隊の催涙弾に当たったデモ参加者1人が死亡、23日からの一連のデモに伴う死者は計3人となった。北部マハラ・コブラでは、抗議デモ参加者と、デモの封じ込めを図った大統領の出身母体であるイスラム主義組織「ムスリム同胞団」のメンバーが衝突し、100人以上が負傷した。

大統領を「新たな独裁者」などと批判する世俗・リベラル派勢力は30日にも大規模デモを計画。デモ参加者の間では「モルシ政権退陣」を求める声も出ている。

(2012年11月28日19時49分 読売新聞)



 
 
>TOP

エジプト、大規模な反政府デモ 大統領権限強化で

2012/11/28 0:50

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領が発布した大統領権限を大幅に強化する憲法令(暫定憲法に相当)を巡り、リベラル派などからの反発が一段と強まってきた。大統領に反発するグループは27日にカイロ中心部の数カ所で集会やデモを実施。大統領側は一部譲歩する姿勢を見せるなど混乱回避に躍起だが、反対派は憲法令の撤回を求めており、事態収束は長期化しそうだ。

争点の大統領権限強化の憲法令骨子
反体制派殺害に関与した旧政権幹部らの捜査を再開
大統領が決定した憲法令や法令には、どの機関も異議申し立てできない
検事総長は裁判官の中から大統領が任命する
司法機関は上院を解散できない
大統領は国家と革命を守るため、必要なすべての措置を講じる

カイロ中心部の「タハリール広場」には27日午前から人々が集まり、夕方には1万人規模に膨れあがった。6月末のモルシ大統領就任以来、最大規模の反政府デモとなった。参加者は口々に「独裁者の再来」などとモルシ大統領を批判、憲法令の撤回を要求した。

27日は混乱を警戒し、カイロの多くの学校が休校や自由登校にしたほか、集会場所である広場周辺の企業や政府機関も休業。警察が周辺に多数の車両を配備し、一部の道路を封鎖したことで交通渋滞が起きるなど、日常生活にも大きな支障が生じた。一部では警官隊とデモ隊の小競り合いも起きている。

27日には、大統領が所属するイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」のメンバーや支援者、他の原理主義組織もカイロでの支援集会を計画していた。ただ、反対派との偶発的な衝突を避けるため、同胞団や傘下の政党「自由公正党」は集会の延期を決めた。

大統領は26日、司法関係者らと会談し、憲法令の適用を限定的にするなど譲歩の姿勢を見せた。それでも憲法令そのものの撤回はしない意向で、反対派の要求とは大きな隔たりがある。

反対派は原理主義思想を嫌うリベラル派や社会主義者、国民の1割を占めるキリスト教徒などで構成。今後も政権側と反体制派との対立が続けば、現在進めている新憲法の制定作業や2013年前半にも予定している人民議会(国会)の選挙にも影響が及びかねない。

エジプト政治に詳しいカイロ大学のハッサン・ナファ教授は「旧政権幹部の責任追及と大統領権限の強化という方向性は正しい」としながらも、司法権の独立を軽視している点や社会情勢が不安定な中で発布したことなどを挙げ「憲法令には大きな不備がある」との認識を示す。

エジプトの混乱に対し、国際的な懸念も広がっている。米ホワイトハウスのカーニー報道官は26日「(憲法令の発布に)懸念を強めている」と表明。その上で「エジプト国民は民意を反映した政府を求めている」と語り、政権側に反体制派との対話を促した。

22日に5439だった株価指数は週明け最初の取引日となった25日には9.6%下落。足元でも5000前後で推移しており、経済面に影響が及びつつある。



 
 
>TOP

エジプト大統領、権限強化の正当性を主張

2012/11/30 10:06

【チュニス=押野真也】エジプトのモルシ大統領は29日夜(日本時間30日未明)にテレビ演説し、自身の権限を大幅に強める憲法令(暫定憲法に相当)について「(旧体制を排除し)革命を守るためだ」などと正当性を主張した。30日に憲法令に反対する国民が反政権デモを計画しており、沈静化を図る狙いだ。

憲法令を「独裁的」などと批判する声が強まっている点については「独裁は終わっており、もはや(再来する)余地はない」などと述べた。新憲法が成立し、議会が発足すれば憲法令の効力がなくなるとも話した。

新憲法の起草委員会は29日までに草案をまとめ、委員会で賛否を問う採決を実施。委員会で可決されれば、年内にも国民投票にかけ、過半数の賛成で成立する。



 
 
>TOP

エジプト、新憲法草案を強行採決で可決 国民投票へ

2012.11.30 Fri posted at 16:10 JST

カイロ(CNN) エジプトの憲法起草委員会は30日午前、新憲法草案の強行採決を行い、可決した。

草案は234の条文からなり、同日中にムルシ大統領に提出される。大統領は今後約2週間以内に、新憲法の是非を問う国民投票を行うものとみられる。

委員の大部分はイスラム主義者で、大統領の権限強化を打ち出したムルシ大統領への大規模な抗議デモが広がる中、草案を強行採決するよう求めていた。

起草委員の一部は採決に反発して退場したが、委員会はムスリム同胞団などから新たな委員11人を指名し、採決に持ち込んだ。

強行採決に対しては、野党政治家から「エジプト史上最大の反逆行為」との声が上がっているほか、ムスリム同胞団が憲法を乗っ取ろうとしているとの批判も出ている。また、大統領令への国民の怒りを和らげる狙いがあるとの見方もある。

新憲法の一部はムバラク政権時代の憲法より後退しているとの意見もある。カイロ大学のムスタファ・サイド教授は「人権に関しては、1971年憲法のほうがずっとよかった」と指摘。また、人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのエジプト支部長は「女性を守る条項がない」と懸念を示した。

新憲法には、「有能な裁判官」による命令がなければ逮捕されない等の規定が含まれている。

ブルッキングズ研究所のアナリスト、H.A.ヘリヤー氏は、ムルシ政権への批判は高まっているものの、多くのエジプト人は安定を渇望しているため、新憲法案は国民投票を通過すると予想する。



 
 
>TOP

反大統領デモの座り込み続く エジプト

2012/12/1 20:24

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領が出した強権的な改正憲法令に対する大規模な抗議デモ集会は11月30日、夜間まで開催され、衛星テレビ、アルジャズィーラによると、数万人がカイロ中心部のタハリール広場に集結した。多くの参加者が座り込みを続けた。

反モルシ大統領の動きに対抗し、モルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団など大統領を支持する勢力もカイロ郊外で1日に大規模集会を開く。両派の緊張が高まっている。

タハリール広場での集会参加者らはシュプレヒコールを上げ、改正憲法令の撤回に加え、一部にはモルシ大統領の退陣を求める声もあった。リベラル派のエルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長も同広場での座り込みに参加した。



 
 
>TOP

大統領支持派も大規模集会 エジプト

2012/12/1 22:12

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領が出した強権的な改正憲法令をめぐり1日、大統領を支持する勢力がカイロ郊外で大規模集会を開いた。リベラル派など反モルシ陣営は前日から、カイロ中心部のタハリール広場で改正憲法令の撤回を求める大規模集会を続けており、両派の緊張が高まっている。

大統領支持集会を呼び掛けたのは、モルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団。「大統領は国家の立法制度を再構築し、民主化を完成させようとしている」として、改正憲法令への支持を呼び掛けた。集会には急進的なイスラム原理主義「サラフ主義」勢力も参加を表明している。

同胞団は当初、タハリール広場での集会を予定していたが、反モルシ陣営との衝突を回避するため、11月29日になって場所をカイロ郊外のカイロ大に変更した。



 
 
>TOP

エジプト、15日に国民投票 新憲法案の是非問う

2012/12/2 20:20

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領は1日夜(日本時間2日未明)、憲法起草委員会がまとめた新憲法案の是非を問う国民投票を15日に実施すると表明した。ただ、ここ数日、大統領の強権姿勢やイスラム原理主義勢力が多数を占める起草委員会に対し、リベラル派などは強く反発しており、数千人から数万規模のデモを断続的に実施。国民投票をボイコットする呼び掛けも多く、投票を巡る混乱が続く可能性もある。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案の国民投票が15日に 政情混迷続く見通し

2012.12.02 Sun posted at 16:00 JST

カイロ(CNN) エジプトのムルシ大統領は1日、憲法起草委員会が作成した新憲法案の是非に関する国民投票を今月15日に実施すると発表した。憲法起草委から最終草案を受け取った後、表明した。

ただ、憲法起草委のメンバー85人はイスラム組織系が多数派で、新憲法案や国民投票の実施が反大統領勢力の活動の沈静化につながるとの見方は少ない。

ムルシ氏を批判し新党を結党したエルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長は短文投稿サイト「ツイッター」で、新憲法案は基本的自由や普遍的価値を損なうものだと非難し、闘争続行を宣言した。

憲法起草委の責任者によると、計234の条文で構成される最終草案は2日、政府系紙に掲載される。

エジプトでは大規模な民衆デモの発生で旧ムバラク政権が昨年崩壊した後、権力闘争などの影響で憲法や議会の不在が続く状態となっていた。

ムルシ氏は先に、大統領権限を強化し、一部権限を司法判断の対象外とする大統領令を発布し、反大統領勢力のデモ拡大を招いている。大統領はイスラム組織ムスリム同胞団を支持基盤とする。大統領令については、新憲法と議会が決まるまでの時限措置と位置付けていた。

大統領令に絡む反政府デモに対抗する形でムスリム同胞団系の政党「自由公正党」の支持者も首都カイロなどで大統領支持のデモを仕掛けており、波乱含みの政情は今後も当面続く様相となっている。



 
 
>TOP

国民投票の監視拒否 エジプトの司法当局

2012/12/3 11:02

【カイロ=共同】エジプトの中東通信などによると、同国の裁判官の団体は2日、モルシ大統領が15日の実施を表明した新憲法案の是非を問う国民投票について、票の不正操作などの監視活動を行わないことを決めた。

裁判官側は、モルシ氏が先月、大統領のあらゆる決定を司法判断の対象外とする改正憲法令を出したことに反発していた。2日の決定の背景には、同氏が進める新憲法制定プロセスへの反発があるとみられる。

国民投票をめぐっては、左派で反モルシ陣営の国民進歩統一党もボイコットを表明。過去の議会選などで選挙監視に当たってきた裁判官団体が今回、こうした動きに同調し監視活動を拒否したことで、国民投票の有効性に疑義が呈される可能性が出てきた。

一方、モルシ氏に批判的な最高憲法裁判所は2日に、新憲法案を承認した憲法起草委員会の合法性を認めないとする判断を示すとみられていたが、大統領支持派数千人が同日朝から裁判所を取り囲み裁判官の入廷を妨害したため、判断の延期を余儀なくされた。

最高憲法裁は「このような(脅迫的な)雰囲気の中で仕事を続けられない」との声明を出し、最高憲法裁の無期限活動停止を決めた。

行政裁判所は4日に、改正憲法令の合法性をめぐる審理を開く予定で、改正憲法令は違法と訴える反モルシ陣営は、これに合わせ大規模なゼネストを行う。



 
 
>TOP

エジプト大統領宮殿、10万人が包囲 強権令に抗議

2012/12/5 9:42

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領が自らに強権を与える改正憲法令を出したことに反発する市民らが4日、カイロの大統領宮殿付近に集結、AP通信によると少なくとも10万人が宮殿を包囲した。第2の都市、アレクサンドリアでも約1万人規模のデモが発生。反モルシ陣営は憲法令撤回と新憲法案の国民投票阻止に向け、波状的に抗議活動を続ける構えだ。

カイロのデモ隊は、モルシ氏が11月22日に出した憲法令の無効化と、今月15日に行われる新憲法案の国民投票中止を求めた。「モルシは去れ」と退陣を要求し、一部がバリケードを突破。警官隊が制圧のため催涙ガス弾を発射するなどし、18人が軽傷を負った。

デモ隊による宮殿乱入はなく、モルシ氏は宮殿裏口から退去し無事だった。衛星テレビ、アルジャズィーラによると、参加者の一部はデモ終了後、宮殿前で座り込みを始めた。4日はモルシ氏の自宅近くにも数百人が集まり、抗議デモを展開、アレクサンドリアのデモはモルシ氏と出身母体のイスラム組織ムスリム同胞団を批判した。

新憲法案をめぐっては、イスラム法の影響が強く女性の権利擁護などの点でも欠陥があるとして、リベラル派が強く反発し大規模な抗議行動が度々起きている。モルシ氏は反モルシ陣営との対話に前向きな姿勢を示しながらも、国民投票は予定通り実施する方針。



 
 
>TOP

米国務長官、エジプト憲法問題で対話促す

2012/12/6 9:36

【ブリュッセル=御調昌邦】クリントン米国務長官は5日、北大西洋条約機構(NATO)外相理事会後に記者会見し、エジプトで新憲法案をめぐって混乱が広がっていることについて「双方向の対話が必要だ」と述べた。大統領側と反対派が早急に平和的な協議をすべきだと訴えた。

またシリア内戦でアサド政権が化学兵器の使用を検討している可能性については「越えてはいけない一線だ」と述べ、強くけん制した。



 
 
>TOP

エジプトで大規模衝突 4人死亡、350人以上負傷

2012/12/6 10:28 (2012/12/6 12:28更新)

【カイロ=共同】エジプトの首都カイロの大統領宮殿周辺で5日夜から6日未明にかけて、モルシ大統領に反発する市民と、モルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団支持者の計数万人が激しく衝突、中東の衛星テレビ、アルジャズィーラによると、4人が死亡、350人以上が負傷した。

中東の衛星テレビなどによると、双方のデモ隊は「モルシを守れ」「独裁を許すな」などと叫びながら火炎瓶や投石で互いを攻撃、一部では銃声も響いた。国民投票を15日に控えた新憲法案などに関し、政治各派が妥協点を見いだせないまま暴力の応酬に発展し、混乱が拡大した。

国営テレビによると、北東部スエズでも5日、大統領支持派と反対派が衝突。同じ北東部のイスマイリアでは反大統領派が同胞団の事務所に火を放った。

エジプトでは、モルシ氏が自らに強権を与える改正憲法令を出したことや、イスラム法の影響が強いとされる新憲法案の国民投票が実施されることへの反発がリベラル派を中心に拡大、大規模デモが相次いでいる。

これを受け、メッキ副大統領は5日の記者会見で新憲法案について、反大統領派の意向に沿う方向で修正論議に応じる準備があると述べ、一定の譲歩を示した。しかし、反大統領派は5日夜、モルシ氏が改正憲法令を撤回しない限り対話しないことを確認、事態収拾への道筋は見えていない。



 
 
>TOP

エジプトの大規模衝突、死者5人に 350人以上負傷

2012/12/6 12:38

【カイロ=共同】エジプトの首都カイロの大統領宮殿周辺で5日夜から6日未明にかけて、モルシ大統領に反発する市民と、モルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団支持者の計数万人が激しく衝突、ロイター通信などによると、5人が死亡、350人以上が負傷した。

中東の衛星テレビなどによると、双方のデモ隊は「モルシを守れ」「独裁を許すな」などと叫びながら火炎瓶や投石で互いを攻撃、一部では銃声も響いた。国民投票を15日に控えた新憲法案などに関し、政治各派が妥協点を見いだせないまま暴力の応酬に発展し、混乱が拡大した。

国営テレビによると、北東部スエズでも5日、大統領支持派と反対派が衝突。同じ北東部のイスマイリアでは反大統領派が同胞団の事務所に火を放った。

エジプトでは、モルシ氏が自らに強権を与える改正憲法令を出したことや、イスラム法の影響が強いとされる新憲法案の国民投票が実施されることへの反発がリベラル派を中心に拡大、大規模デモが相次いでいる。

これを受け、メッキ副大統領は5日の記者会見で新憲法案について、反大統領派の意向に沿う方向で修正論議に応じる準備があると述べ、一定の譲歩を示した。しかし、反大統領派は5日夜、モルシ氏が改正憲法令を撤回しない限り対話しないことを確認、事態収拾への道筋は見えていない。



 
 
>TOP

エジプトで衝突拡大の懸念 大統領宮殿に戦車配備

2012/12/6 22:20

【カイロ=押野真也】エジプトでモルシ大統領に反発する勢力と大統領支持派との衝突が一段と拡大する懸念が強まっている。金曜礼拝日に当たる7日には双方がカイロ中心部で大規模デモを呼び掛けており、再び衝突が起きる可能性もある。軍は大統領宮殿の周辺に戦車を配備するなど警戒を強めているが、事態収拾のめどは立っていない。

5日から6日にかけての衝突では、双方で合計7人が死亡し、400人以上が負傷した。6日昼(日本時間同夜)には双方がインターネットや携帯電話のメッセージ機能を使い、7日の大規模デモへの参加を呼びかけた。同日昼の礼拝後にデモが始まるとみられ、双方が再び衝突する可能性がある。

事態の緊迫化を受け、軍は大統領宮殿周辺に少なくとも3台の戦車と複数の軍用車両、兵士などを配備し、警戒に当たっている。5日にはメッキ副大統領が反大統領派に対して対話姿勢を打ち出したが、衝突を回避できなかった。

モルシ大統領は6日夜にテレビで演説し、双方に自制を要求する見通しだ。反大統領派は11月22日にモルシ大統領が発布した、大統領権限を大幅に強める憲法令(暫定憲法に相当)に強く反発しており、事態の収拾は長期化するとの見方が強まっている。憲法令の撤回だけでなく、大統領の退陣を要求するなど、対決姿勢を強めている。

15日には新憲法案の是非を問う国民投票が予定されている。ただ、憲法起草委員会の委員は大統領の出身組織であるイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」など、イスラム勢力が多数を占めている。反大統領派は起草委員会への批判も強めており、国民投票のボイコットも呼び掛けている。

憲法が成立しなければ、選挙法も制定できない。2013年前半にも予定している人民議会(国会に相当)の選挙も実施できず、エジプトの民主化プロセスが大幅に停滞しかねない。

米国はエジプトの混乱に懸念を強めている。クリントン国務長官は5日、訪問先のブリュッセルで双方に対話を促した。さらに混乱が拡大すれば、米国のモルシ政権に対する圧力が強まる可能性もありそうだ。



 
 
>TOP

エジプト大統領、憲法令の撤回拒否 反大統領派の反発は必至

2012/12/7 10:57

【カイロ=押野真也】エジプトのモルシ大統領は6日夜(日本時間7日未明)にテレビ演説し、大統領権限を大幅に強める点に国内で強い反発がある憲法令(暫定憲法に相当)について、撤回する意思がないことを明確にした。反大統領派との対話姿勢も強調したものの、同派の反発は必至。7日には大規模デモが予定されており、エジプト情勢の一段の混迷も予想される。

大統領は「(一連の騒動には)旧体制の残党が暗躍している」と述べ、2011年2月に崩壊したムバラク政権の関係者が反大統領派を扇動していると主張。11月22日に発布した憲法令は旧体制派の一掃が目的だとして正当性を強調し「撤回しない」と明言した。

新憲法案の是非を判断する国民投票についても、予定通り15日に実施する方針を強調。「(憲法案に)賛成か反対かは投票で示すべきだ」と唱え、投票ボイコットを呼び掛ける反大統領派を強くけん制した。

一方で「包括的で生産的な対話をする用意がある」とも述べ、対話姿勢を強調した。具体的なプロセスは示さなかったが、7日に反大統領派を交え、事態収拾への交渉を始める考えを示した。

反大統領派は6日夜から7日未明にかけて大統領宮殿やカイロ中心部の広場などに合計数千人が集結。大統領の対話呼びかけを拒否する意見も多く、金曜礼拝日で休日となる7日には大規模なデモを予定している。大統領を支持する勢力もカイロでの集会を計画しており、衝突の懸念も出ている。



 
 
>TOP

エジプト混迷、経済に波及 IMF支援に影

2012/12/8 0:47

【カイロ=押野真也】エジプトで続いている反大統領派と大統領支持派との対立が同国の経済に波及する懸念が強まってきた。両者の対立が鮮明になった11月下旬以降、株価は急落。国際通貨基金(IMF)からの支援も暗礁に乗り上げるのではないかとの懸念が市場で膨らんでいる。外貨不足に伴う経済低迷が長期化しかねない。

■憲法令受け株価急落

エジプトとIMFは11月20日に48億ドル(約3900億円)の支援で基本合意したばかり。IMFからの支援はほかの国際機関からの融資などの呼び水となる可能性があることから株価は上昇したが、22日にモルシ大統領が発布した自身の政治権限を大幅に強める憲法令(暫定憲法に相当)で状況が一変。「(投資家の)歓迎ムードを完全に壊した」(アラブ首長国連邦ドバイの投資会社)との失望が広がった。

IMFは実施の条件として慢性化する財政赤字の改善などを要望している。政権が弱体化すればIMFが求める補助金改革などの実現はさらに困難になるのは確実で、支援実施の障害になりかねない。株価指数「EGX30」は発布後最初の取引となった11月25日に急落。その後も下落基調が続き、直近の12月6日の終値は発布日と比べて約11%低い水準となっている。

■外貨不足で物価上昇

同国にとって外貨の獲得は急務の課題だ。11月末時点の外貨準備高は約150億ドル(約1兆2300億円)で、1年前と比べて27%減少。外貨不足により、輸入に頼っている石油や小麦など、日常生活に不可欠な物資の調達が滞り、物価は上昇基調にある。通貨エジプト・ポンドも対ドルで下落基調にあり、物価上昇に拍車をかけている。IMFによると、2012年の物価上昇率は8%超になる見通しだ。

ムバラク前大統領を含む中東の独裁政権を倒した民主化運動「アラブの春」は物価上昇への不満がきっかけだった。モルシ大統領に反発するデモ参加者には、経済的な困窮に不満を持つ若者も多い。混乱の拡大でさらに経済が低迷すれば国民の不満はさらに募る。

モルシ大統領は6日夜にテレビで演説し、反大統領派に対話を呼び掛けたが、同派の主要組織はこれを拒否。7日にも大規模デモをカイロ中心部や郊外で実施するなど事態収拾のめどが立たない。



 
 
>TOP

反大統領派、対話を拒否 エジプトで数千人デモ

2012/12/8 11:23

【カイロ=押野真也】大統領の権限を強化する憲法令(新憲法案)などを巡って対立が続くエジプトでは7日夜(日本時間8日未明)も、大統領派と反大統領派がデモを実施するなど、混乱が続いた。モルシ大統領は対話を呼びかけているが、反大統領派はこれを拒んでいる。大統領の支持組織である「ムスリム同胞団」の事務所が襲撃されたとの情報もある。

反大統領派は7日夜にカイロ中心部や郊外で合計数千人規模のデモを実施。一部は軍が封鎖している大統領宮殿に通じる道路への侵入を図ろうとした。大統領支持派も7日に集会を開いたが、これまでのところ、衝突は報告されていない。

モルシ大統領は6日夜に反大統領派に対して対話に応じるよう要請したが、同派の主要組織はこの提案を正式に拒否。今後も大統領への抗議デモを続ける方針だ。

ムスリム同胞団も大統領を支持する集会を開く予定で、両者が偶発的に衝突する懸念はなお続いている。断続的なデモの影響で、カイロでは一部の地下鉄が運休しているほか、企業や学校が休業や時間短縮になるなど、日常生活にも影響が及んでいる。



 
 
>TOP

エジプト副大統領、国民投票延期に言及 ロイター報道

事態収拾につながるかは不透明

2012/12/8 12:22

【カイロ=共同】エジプトのメッキ副大統領は7日、15日に実施予定の新憲法案の是非を問う国民投票について、反大統領派が無効請求などの異議申し立てをしないと確約した場合は「モルシ大統領が投票を延期する準備がある」と述べた。ロイター通信が伝えた。

ただ、大統領側は投票実施の構え自体は崩しておらず、反大統領派もモルシ氏との対話に応じる姿勢は見せていないため、メッキ氏の発言が事態収拾につながるかは依然不透明だ。



 
 
>TOP

エジプト反大統領派、対話欠席 政治解決困難に

2012/12/8 22:14

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領は8日、15日に国民投票を実施予定の新憲法案をめぐり、カイロの大統領宮殿で包括的対話の場を設けたが、非宗教勢力の中心人物、エルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長ら主要な反モルシ諸派は欠席した。

対話には、5月の大統領選に出馬したイスラム穏健派の弁護士アワ氏など少数の政治家らが参加したのみ。大統領派と反対派による対立の政治的解決が困難なことがあらためて浮き彫りになった。

対話に先立ち、同国軍報道官は8日、国営テレビに声明を出し「対話こそが国民のコンセンサスを得る最善で唯一の道だ」と述べ、各政治勢力に対話を促し、暴力が止まらない場合の軍事介入を示唆した。

一方、モルシ氏の権限強化やイスラム教の影響が強いとされる新憲法案をめぐり抗議デモが激化する中、モルシ氏の支持基盤のムスリム同胞団最高指導者バディア氏は8日記者会見し、これまでに計29カ所の同胞団施設が襲撃を受けたことを明らかにした。

11月22日の改正憲法令でモルシ氏が権限を強化して以来、モルシ氏の出身母体である同胞団は各地で標的となり、カイロの総本部が6日夜、群衆によって襲撃、放火されたほか、エジプト北部などの地方都市を中心に多くの施設が被害を受けている。



 
 
>TOP

エジプト:新憲法案の国民投票延期を示唆

毎日新聞 2012年12月08日 10時16分(最終更新 12月08日 10時42分)

【カイロ樋口直樹】エジプトのメッキ副大統領は7日、新憲法案の是非を問う15日の国民投票を延期する可能性に言及した。地元民放テレビ局CBCが報じた。モルシ政権が投票延期の可能性に触れたのは初めて。強権的な「憲法宣言」(暫定憲法)の撤回や国民投票の延期などを求めて大規模な反大統領デモを繰り広げる野党勢力に、一定の譲歩を示した格好だ。

メッキ副大統領はCBCあての声明で「法的な問題を解消できるなら、モルシ大統領には国民投票を延期する準備がある」と述べた。エジプトの法律は、大統領が新憲法案を承認してから15日以内に国民投票で是非を問うことを定めている。選挙管理委員会は7日、翌8日から予定していた在外投票を12日に延期したと発表した。本投票延期の可能性に配慮したとみられる。

モルシ大統領は6日、野党を含む全ての政治勢力に対し、8日の「国民対話」に参加するよう呼びかけた。だが、野党側は国民投票の延期や憲法宣言の撤回、憲法起案のやり直しなどの要求が満たされていないとして参加を拒否していた。今回の大統領側の譲歩に歩み寄るかどうかは不透明だ。

一方、7日午後からカイロ郊外の大統領宮殿に押し寄せた野党勢力は同夜、共和国防衛隊のバリケードを突破し、封鎖されていた宮殿前道路になだれ込んだ。防衛隊員らが実力行使を控えたため、大規模な衝突には至らなかった。ただ、親大統領派による巻き返しも予想され、先行きは一層混とんとしてきた。

大統領宮殿前では5日夜、イスラム勢力中心の親大統領派と世俗派中心の野党勢力が衝突し、死者7人、負傷者300人余りを出した。親大統領派はいったん宮殿前道路を制圧したが、共和国防衛隊の警告に従って6日午後に退去していた。

モルシ大統領の支持母体、ムスリム同胞団は死者7人のうち6人が同胞団のメンバーだったとして、野党側を非難。7日はイスラム教スンニ派の最高権威、カイロのアズハル・モスクで犠牲者の葬儀を営んだ。モスク周辺を埋め尽くした群衆は「エジプトはムスリム(イスラム教徒)の国。世俗的にはならない」などとスローガンを繰り返した。

モルシ大統領は先月下旬、裁判所の判断を一時的に無効化する「憲法宣言」を発令。今月1日、イスラム法の優越や「表現の自由」の制限などが懸念される新憲法案を承認した。



 
 
>TOP

エジプト:野党、国民対話を欠席 「暴力停止を」国軍声明

毎日新聞 2012年12月08日 21時44分(最終更新 12月09日 01時50分)

【カイロ樋口直樹】新憲法の策定を巡り混乱が拡大するエジプトで、モルシ大統領は8日午後、野党を含む全ての政治勢力に参加を呼びかけた「国民対話」をカイロ郊外の大統領宮殿で開催した。しかし、野党は抗議行動続行の姿勢を崩しておらず、この日もカイロ市内などでデモを行った。一方、国軍は「暴力の停止」と「対話の再開」を求める異例の声明を発表。与野党間の衝突の可能性に実力で対処する方針を明らかにした。

地元メディアによると、国民対話の場には大統領の支持母体、ムスリム同胞団の代表や高位イスラム聖職者、有名ジャーナリストらが到着した。しかし、野党側からは一部を除き、反大統領キャンペーンを主導する野党連合「国民救済戦線」や若者グループ「4月6日運動」が、強権的な憲法宣言の撤回や憲法起案のやり直しなどの要求が満たされていないとして、参加を拒否した。

政権側は、先にメッキ副大統領が示唆した、新憲法案に関する15日の国民投票の延期など「全ての懸案事項を協議する」としている。ムスリム同胞団最高指導者バディア氏は8日の記者会見で、野党に国民対話への参加を呼びかける一方、「野党による攻撃から我々(同胞団)自身や憲法を守る」と強調していた。

野党勢力は7日夜に共和国防衛隊のバリケードを突破し、封鎖されていた宮殿前道路に進入。8日は午後から数千人がカイロやアレクサンドリアでデモを行った。バディア氏は、8日午前までに計29カ所の同胞団施設が襲撃されたと明らかにした。

大統領宮殿前ではイスラム勢力中心の親大統領派と世俗派中心の野党勢力が衝突し、多数の死傷者を出したばかり。野党勢力の巻き返しに対し、同胞団幹部は衝突回避のため、自派勢力に宮殿へ向かわないよう呼びかけている。

新たな衝突の可能性を受け、国軍報道官は「国軍には国家の利益を守る義務がある」「合意に至る唯一の道は対話である」などとする声明を発表。「政治介入の意図はない」と強調したが、政治的混乱の拡大とともに国軍の存在感を改めて示す格好となった。

モルシ大統領は先月下旬、裁判所の判断を一時的に無効化する「憲法宣言」を発令。今月1日、イスラム法の優越や「表現の自由」の制限などが懸念される新憲法案を承認した。



 
 
>TOP

エジプトで新改正憲法令 大統領、「強権」を撤回

国民投票は実施

2012/12/9 13:54

エジプトのモルシ大統領は8日深夜、新たな改正憲法令を出し、自らに強権を与えた11月22日発布の改正憲法令を撤回した。イスラム色が強い新憲法案の国民投票は予定通り今月15日に実施する。8日の大統領との政治対話に参加した元大統領候補アワ氏が発表した。

非宗教勢力を中心とした反モルシ陣営の要求のうち、改正憲法令の撤回で譲歩した一方、新憲法案は修正や延期に応じずに投票に付すことになった。反モルシ陣営からは反発の声が出ており、街頭デモや政治危機が収束に向かうかどうかは不明だ。

中東の衛星テレビ、アルジャズィーラによると、新たな改正憲法令は、大統領の決定は司法判断の対象となると定めた。国民投票で新憲法案が否決された場合は憲法起草委員会を選び直すが、選出方法は明示されていない。

モルシ氏は8日、新憲法案をめぐり首都カイロの大統領宮殿で各政治勢力との対話を実施。非宗教勢力の中心人物、エルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長ら主要な反モルシ諸派は欠席した。〔共同〕



 
 
>TOP

2012年12月9日0時42分

エジプト、事態打開見えず 同胞団「放火などで被害」

【カイロ=石合力、関根和弘】エジプトのムルシ大統領は8日、一部野党との対話を大統領府で開いた。前国際原子力機関事務局長のエルバラダイ氏ら世俗、リベラルの主要勢力でつくる「救国共同戦線」は、大統領権限を強化する大統領令を撤回しない限り応じないとして参加を拒否。新憲法案の是非を問う国民投票の延期も求めている。

対話に応じたのは2005年の大統領候補ヌール氏ら一部の野党勢力と、ムルシ氏の支持母体ムスリム同胞団系の自由公正党党首カタトニ氏ら与党側に限られており、事態の打開にはつながらない見通しだ。同党やイスラム厳格派ヌール党などイスラム系の13政党・組織は同日、現行案で国民投票を期日通り15日に実施することを求める声明を出した。エルバラダイ氏は、対話の呼びかけについて「現状を無理やり押しつけようとするものだ」と批判。大統領令を撤回すれば「国民の力を結集できる」と話した。

同胞団の最高指導者バディーウ氏は8日、カイロ郊外の本部で会見し「私からムルシ氏に指示はしていない。大統領支持派と野党勢力双方を攻撃する犯罪者集団がいる」と述べ、デモ隊の衝突で多数の死傷者が出た5日の事件は、双方が被害者だと主張した。これまで同本部のほか、全国28支部が放火などの被害にあったとしている。

一方、大統領府の警護に当たっている軍報道官は8日、国営テレビを通じた声明で「対話こそ合意に至る最善かつ唯一の方法だ」と述べ、各政治勢力に対話を促した。軍は今回の事態で中立的な姿勢を取り、平和的なデモを容認している。「対話に反する行為(暴力)は暗黒のトンネルにつながるもので、軍は容認しない」とも語った。政府系紙アハラムによると、ムルシ氏は近く軍に対し、秩序維持のための警察力行使の権限を与えるとしている。



 
 
>TOP

2012年12月9日8時27分

ムルシ氏、大統領令を撤回 国民投票は実施へ エジプト

【カイロ=石合力】エジプトのムルシ大統領は8日、先月発表した自らの権限を強化する大統領令を撤回する新たな憲法宣言(暫定憲法)を発表した。新憲法案の是非を問う国民投票は予定通り15日に実施するが、否決された場合には、新たに起草委員会を選び直すことも決めた。

同日行われた一部野党勢力やイスラム主義者らとの協議を踏まえ、同協議に参加したイスラム系の前大統領候補アワ氏が会見で発表した。撤回した大統領令は、いかなる大統領令も司法判断の対象から除外し、大統領に全権を与える内容。新たな独裁につながるとして、内外から強い反発、懸念が出ていた。撤回はこの日の協議への参加を拒否したエルバラダイ前国際原子力機関事務局長ら世俗、リベラルの主要な野党勢力が求めていた内容で、ムルシ氏が大幅な譲歩に応じた形だ。ただ、エルバラダイ氏らは新憲法案の起草やり直し、国民投票の延期も求めており、今回の発表で事態が収拾するかはなお流動的だ。



 
 
>TOP

エジプト大統領が憲法令撤回 反対派「国民投票応じぬ」

2012/12/10 11:15

【カイロ=押野真也】エジプト情勢の緊迫が続いている。モルシ大統領は8日、自身が発布した強権的な内容の憲法令(暫定憲法に相当)を撤回したが、反大統領派はこれに納得せず、15日に実施予定の新憲法案の是非を問う国民投票をボイコットする方針を表明。反大統領デモも継続する構えで、投票日までに両者の緊張が一段と高まる可能性もある。

モルシ大統領は8日、批判が高まっていた自身の政治権限を大幅に強める憲法令を撤回する一方、新憲法案の是非を問う国民投票は、予定通り15日に実施すると表明した。

これに対し、反大統領派の主要組織である「国民救済戦線」は9日夜(日本時間10日未明)に大統領との対話を拒否する声明を発表。国民投票をボイコットするとともに、11日に反大統領デモを実施すると呼び掛けた。

救済戦線側は記者会見で「(2011年2月にムバラク政権を倒した)革命は、モルシ大統領に乗っ取られた」と大統領の強権姿勢を批判。新憲法案は、大統領が所属するイスラム原理主義組織の主導で起草されたものであり、正統性はないと主張した。

モルシ大統領は声明で「憲法案への反対は(国民)投票で示すべきだ」としており、両者の主張は対立したままだ。政権側は反大統領デモの拡大を警戒し、大統領宮殿に通じる道路を大型のコンクリートブロックで封鎖するなど、警備体制を強化している。

両者の緊張の高まりを受け、軍は暴力的な衝突を「容認しない」との声明を発表し、双方をけん制。新憲法案を巡る混乱が拡大するなか、軍が再び政治介入を強める懸念も強まっている。

モルシ大統領は先月、新憲法が制定されて国会が選出されるまで、大統領が出す法令への異議申し立てを認めないなどとする憲法令を発布。反発が広まり、衝突で死傷者も出ていた。



 
 
>TOP

エジプト、賛否両派が大規模デモ 新憲法案投票巡り衝突懸念

2012/12/12 1:31

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領が15日の実施を決めた新憲法案の国民投票をめぐり、反対、賛成両派が11日、各地で大規模デモを行った。首都カイロでは反対派が中心部のタハリール広場に集結、賛成派は複数のモスク(イスラム教礼拝所)で集会を開いた。同日夜(日本時間12日未明)にかけて参加者は計数万人規模に膨らむ見通し。

両派は5日夜から6日未明にかけて、カイロの大統領宮殿周辺で衝突、7人の死者を出しており、新たな衝突が懸念される。軍は宮殿周辺を鉄条網や防護壁で封鎖、精鋭部隊の共和国防衛隊や戦車などを展開させ、厳戒態勢を敷いた。

エジプトのメディアによると、タハリール広場で11日未明、抗議のテント生活を続ける反対派に覆面姿の男らが散弾銃を発砲し、11人が負傷した。犯人は不明。

反対デモを呼び掛けたのは、エルバラダイ国際原子力機関(IAEA)前事務局長が率いる反大統領派の連合体「救国戦線」。新憲法案はイスラム色が強く、モルシ氏や出身母体であるムスリム同胞団などイスラム勢力が強引に起草手続きを進めたと批判し、撤回と国民投票延期を求めている。

モルシ氏は8日、自らに強権を与えた11月発布の改正憲法令を撤回する譲歩をしたが、反大統領派は「遅すぎた」として歩み寄りを見せなかった。

一方、賛成デモはムスリム同胞団が計画。新憲法案に賛成しているイスラム厳格派の「光の党」は、有権者に賛成投票を求める運動に集中するとして不参加を表明している。

モルシ氏は大規模デモを前に、警察と同様に一般市民を逮捕できる権限を10日から軍に付与。暴力的なデモを容認しない強い姿勢を示している。



 
 
>TOP

エジプト、IMFとの支援合意延期 内政混乱

2012/12/12 9:48

【カイロ=押野真也】エジプトのサイード財務相は11日、年内としていた国際通貨基金(IMF)との支援交渉の最終合意が2013年1月にずれ込むとの見通しを明らかにした。エジプトは新憲法案を巡って混乱しており、IMF支援の条件である財政改革が困難になったことが背景にありそうだ。同国の内政混乱は経済面に波及しつつある。

エジプトは11年2月の独裁政権崩壊後、外貨不足に陥り、IMFに48億ドル(約3900億円)の支援を要請。双方は今年11月20日に支援実施で基本合意し、年内にも最終合意するとの見解を示していた。

しかし、ロイター通信によるとIMF関係筋は11日、「エジプト側が延期を申し入れた」と述べた。同国内は新憲法案の是非を巡り混乱。合意先送りは、支援条件の財政赤字改善が困難になったためとの見方が多い。

エジプトは、15日に実施予定の新憲法案の是非を問う国民投票を巡り反大統領派と大統領支持派が鋭く対立。11日夜(日本時間12日未明)も双方が数千人規模のデモを実施し、緊張が高まる。こうした環境で国民負担を強いる経済政策を打ち出せば、政権基盤の弱体化を招く懸念がある。

モルシ政権は11日、すでに表明していた増税案を撤回。歳出の2割以上を占め、財政赤字の改善に不可欠な補助金改革も難しくなった。株価も国内の混乱を嫌って低水準で推移し、経済面への影響は拡大している。

反大統領派と政権側との対立が続く中、軍の影響力が強まりつつある。シシ国防相は11日夜、双方に12日の直接対話を提案した。同国防相は政治介入の意図を否定したが、軍は11年のムバラク政権崩壊後に暫定統治を担った。今年6月にモルシ氏が大統領に就任してからも、政治権限を巡り大統領と対立した経緯がある。政情混乱に乗じて軍の存在感が一段と強まることに警戒感も出そうだ。



 
 
>TOP

エジプト反大統領派、国民投票参加へ

2012/12/13 0:12

【カイロ=押野真也】エジプトの反モルシ大統領派組織の連合体「救国戦線」は12日、新憲法案の是非を問う国民投票に参加する意向を示した。これまでのボイコット要求から、投票で反対票を投じる姿勢に転じた。投票自体を拒否する姿勢には救国戦線内部からも批判が出ていた。ただ、軍が仲介する政権側との対話には消極的で、対話実現は13日以降にずれ込む見通し。国民投票はこれまで15日に設定されていたが、15日と22日の2回に分散されることになった。



 
 
>TOP

エジプト反大統領派、国民投票に参加へ ただし反対票を呼びかけ

2012.12.13 Thu posted at 09:24 JST

カイロ(CNN) エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票について、野党勢力で構成される「救国共同戦線」は12日、投票に参加する意向を示した。

救国共同戦線は国民投票の1カ月延期を求めているが、予定通り実施された場合は投票に参加し、反対票を投じるよう支持者らに呼び掛けた。また尊厳党のサバヒ党首も国民投票に参加する方針を示しているが、投票の公正な実施の確約を求めた。

すでに12日から在外投票が始まっているが、野党勢力は、新憲法案は宗教少数派や女性らの権利を適切に保護していないと主張している。

ただ、各党は国民投票への参加は表明しても、軍が政党間の対話を促すために設定した会合への参加には消極的で、12日に予定されていた会合は、多くの党が参加を辞退したため中止となった。

エジプトでは、ムルシ大統領が先月、大統領権限を強化し、一部権限を司法判断の対象外とする大統領令を発布したことに一部で反発が起きた。さらにイスラム組織系が多数を占める憲法起草委員会が新憲法案を大急ぎで作成して以来、大統領支持派と反対派との緊張が高まっており、首都カイロの大統領府の外などで、デモ隊や警察、ムルシ大統領支持派が時に激しく衝突し、死傷者も出ている。そのため、ムルシ大統領は国民投票の結果が出るまで、軍に逮捕権限を与える大統領令を出した。

エジプトの国民投票の結果は、北アフリカや中東の安定化に大きく影響することから、世界各国が成り行きを注意深く見守っている。



 
 
>TOP

エジプト、15日から新憲法案の国民投票 反対論も根強く

2012/12/13 22:07

【カイロ=押野真也】エジプトは15日と22日の2回にわたり新憲法案の是非を問う国民投票を実施する。モルシ大統領は賛成多数の達成に自信を見せている。ただ、イスラム原理主義勢力が主導して作成された憲法案には一部で反対論もある。仮に否決されれば2013年前半に予定する総選挙の実施は不可能となり、国家再建が大幅に遅れることになる。エジプトの動向は中東地域に大きな影響を与えるだけに、投票の行方に大きな注目が集まる。

国民投票は地域により投票日が異なり、15日と22日に分けて実施する。18歳以上の男女約5000万人に投票権があり、過半数の賛成で成立する見通しだ。

地元メディアは世論調査を実施していないが、大統領の支持母体である原理主義組織「ムスリム同胞団」は独自の聞き取り調査をもとに、65%以上の賛成が得られると自信を見せる。憲法案が国民投票で承認されれば、選挙法などを制定した後、2カ月以内に解散中の人民議会(国会)選挙を実施する予定だ。

逆に否決されれば、エジプトの政治空白が長期化する。否決された場合は今後3カ月以内に新たな起草委員を選出し、6カ月以内に憲法案を起草することになる。政権が予定する13年前半の総選挙は事実上不可能となり、議会不在の状態が続く。

国際原子力機関(IAEA)前事務局長のエルバラダイ氏らが率いる反大統領派組織の連合体「救国戦線」は、同胞団や他のイスラム勢力が主導した憲法案は「少数派であるキリスト教徒などの権利保護が不十分」「言論の自由を侵害する可能性がある」などとして反対を表明している。

新憲法案を作成した憲法起草委員会は100人で構成するが、過半数をイスラム勢力が占める。憲法案を巡る対立で、リベラル派やキリスト教徒などは辞任。司法関係者の中には、委員の一部が辞任した起草委の正統性を問う声もある。

起草委の合法性を審理する最高憲法裁判所は政権支持派に施設を封鎖され、活動を無期限で停止している。仮に今回の国民投票で憲法案が承認されても、反大統領派は起草委の正統性などで異議申し立てをする可能性もあり、憲法成立までには曲折がありそうだ。



 
 
>TOP

3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺

cnn.co.jp
2012.12.19 Wed posted at 12:21 JST

(CNN) 古代エジプトの「最後の偉大な王」と呼ばれるラムセス3世の死因について、これまで蛇に噛まれたとする説や毒殺説など諸説が存在したが、最新の研究で王は喉を残忍な方法で切られて殺害されたことが明らかになった。

研究者によれば、王は複数いた妻の1人とその息子が王位継承を狙って企てた陰謀によって何者かに殺害されたという。

英国医師会雑誌(BMJ)に発表された研究結果によると、ラムセス3世のミイラに何重にも巻かれた包帯を除去した後、遺体をコンピューター断層撮影(CT)を使ってスキャンした結果、喉に鋭利な刃物によると見られる深い切り傷が確認されたという。王は、喉や首、複数の動脈を残忍な方法で切られ、即死だったとしている。

また1886年に包帯が除去された際にミイラの首の周りの襟に損傷は見られなかったことから、傷が死後に付けられたとは考えにくいという。

暗殺説を裏付けるもう1つの証拠は、「ホルスの目」のお守りが切り傷の中にあったことだという。このお守りが、傷から入り骨まで達した均質物質とともに切り傷の軟部組織の奥深くにあったということは、遺体の防腐処理がなされた時点ですでに傷が存在したことを裏付けるものだとしている。

またこの研究で、王の殺害を企てた妻とその息子も特定された。殺害を企てたのは王の息子のペンタウアー王子で、王子は裁判で有罪となり、その後自殺を図ったという。

ペンタウアー王子と見られる男性がミイラ化された際、ヤギの皮で体を巻かれているが、当時、王族を埋葬する際に儀式上不浄とみなされていたヤギの皮が使用されることはまれで、王の殺害を企てた罰として取られた措置と見られている。

3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺



 
 
>TOP

エジプト、新憲法問う国民投票開始

2012/12/15 19:58

【カイロ=押野真也】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票が15日午前8時(日本時間同日午後3時)に始まった。投票は15、22日の両日実施。15日は首都カイロや地中海沿岸のアレクサンドリアなど10行政区が対象だ。各投票所には治安部隊が配備され、目立った混乱は報告されていない。大勢判明の時期は不明だが、大統領の出身母体でイスラム原理主義組織の「ムスリム同胞団」は22日の投票前に独自の集計結果を発表する可能性もある。



 
 
>TOP

ムバラク前大統領、浴室で転んで負傷 エジプトの刑務所病院

2012.12.16 Sun posted at 14:15 JST

(CNN) エジプト国営の中東通信(MENA)は15日、刑務所病院に収監されているムバラク前大統領(84)が浴室内で足を滑らせて転び、頭部と胸部に打撲傷などを負ったと報じた。

事故の発生日時は伝えられていない。前大統領は今年6月、反政権デモ参加者の殺害に関与したなどとして有罪判決を受けた後、数週間にわたって意識不明の状態に陥ったとされていた。ムバラク氏の弁護士は当時、浴室内で転んだ後、健康の悪化が始まったと説明していた。

約30年にわたる強権統治を敷いていた前大統領は実権を失った後、体調異変を訴え、法廷の審理には担架で運ばれていた。

ムバラク氏は今年の夏、反政権デモ参加者の殺害への加担の罪などで終身刑判決を受け、首都カイロ市内にあるトラ刑務所に移送されていた。前大統領は昨年2月、全国に広がる大規模な民衆蜂起に直面し辞任に追い込まれていた。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案の第1回国民投票 「賛成多数」と与党

2012.12.17 Mon posted at 09:54 JST

(CNN) 新憲法案の是非を問うエジプトの国民投票は15日に1回目の投票が実施され、ムルシ大統領率いるイスラム系与党「自由公正党」は16日、憲法案が賛成多数で承認されたと発表した。一方、人権団体などでつくる選挙監視団は、各地で不正が横行したと報告。選挙管理委員会による公式開票結果の発表は、22日の第2回投票以降になる。

15日の第1投票は国内27地域のうちの10地域で行われ、自由公正党は、賛成票が56.6%、反対票は43.5%だったと発表。「第1段階の国民投票の民主的なプロセスによって、国民が政治的、憲法的な安定を求めていることがはっきりした」と強調した。

同党関係者は、イスラム保守系の住民が多い同国第2の都市アレクサンドリアの投票率が高かったことにより、賛成多数に傾いたとの見方を示した。

一方、地元の人権団体123団体でつくる選挙監視団は15日、有権者が脅されたり、理由がはっきりしないまま予定よりも早く投票が締め切られたりするなどの不正があったと報告。選挙管理委員会も、有権者に対する脅しや買収といった選挙違反の訴えがあったことを明らかにし、調査に乗り出すと表明した。

エジプトでは国民投票を前に大統領支持派と反対派の衝突が激化し、反対派は新憲法案に対して反対票を投じるよう呼びかけていた。



 
 
>TOP

エジプト検事総長が辞意

2012/12/18 10:41

【カイロ=共同】エジプトの主要紙アルアハラム(電子版)によると、同国のアブドラ検事総長が17日夜、辞意を固めた。モルシ大統領が11月下旬、検事総長は大統領が任命するとした改正憲法令を発布し、アブドラ氏を任命したばかりだった。

エジプトでは、モルシ氏が発布した強権的な改正憲法令にリベラル派などが猛反発。モルシ氏は今月8日に改正憲法令を撤回したが、反大統領派は抗議の動きを強めていた。最高司法評議会が23日、アブドラ氏の辞任について審議するとみられる。

同国では、イスラム色を強めた新憲法案の是非を問う国民投票の1回目の投票を15日に実施。22日の2回目の投票に向け、反大統領派と大統領支持派のせめぎ合いが激しさを増している。



 
 
>TOP

3千年の謎解ける、ラムセス3世の死因は喉を切られての暗殺

2012.12.19 Wed posted at 12:21 JST

(CNN) 古代エジプトの「最後の偉大な王」と呼ばれるラムセス3世の死因について、これまで蛇に噛まれたとする説や毒殺説など諸説が存在したが、最新の研究で王は喉を残忍な方法で切られて殺害されたことが明らかになった。

研究者によれば、王は複数いた妻の1人とその息子が王位継承を狙って企てた陰謀によって何者かに殺害されたという。

英国医師会雑誌(BMJ)に発表された研究結果によると、ラムセス3世のミイラに何重にも巻かれた包帯を除去した後、遺体をコンピューター断層撮影(CT)を使ってスキャンした結果、喉に鋭利な刃物によると見られる深い切り傷が確認されたという。王は、喉や首、複数の動脈を残忍な方法で切られ、即死だったとしている。

また1886年に包帯が除去された際にミイラの首の周りの襟に損傷は見られなかったことから、傷が死後に付けられたとは考えにくいという。

暗殺説を裏付けるもう1つの証拠は、「ホルスの目」のお守りが切り傷の中にあったことだという。このお守りが、傷から入り骨まで達した均質物質とともに切り傷の軟部組織の奥深くにあったということは、遺体の防腐処理がなされた時点ですでに傷が存在したことを裏付けるものだとしている。

またこの研究で、王の殺害を企てた妻とその息子も特定された。殺害を企てたのは王の息子のペンタウアー王子で、王子は裁判で有罪となり、その後自殺を図ったという。

ペンタウアー王子と見られる男性がミイラ化された際、ヤギの皮で体を巻かれているが、当時、王族を埋葬する際に儀式上不浄とみなされていたヤギの皮が使用されることはまれで、王の殺害を企てた罰として取られた措置と見られている。



 
 
>TOP

新憲法案反対で再びデモ エジプト、規模は縮小

2012/12/19 11:28

【カイロ=共同】エジプトの首都カイロの大統領府周辺などで18日夜、モルシ大統領支持のイスラム勢力が起草を主導した新憲法案に反対するデモが行われた。反モルシ派の連合体「救国戦線」は多数の参加を呼び掛けていたが、15日の第1回投票前のデモに比べて参加者は大きく減り、2千〜3千人規模にとどまった。

カイロなどで行われた第1回投票は、メディアの非公式集計によると、賛成が56.5%だった。第2回投票は、賛成派が優勢とみられる保守的な農村部が多く、新憲法案は賛成多数で承認される公算が大きい。



 
 
>TOP

エジプトで2回目の国民投票 新憲法案の是非巡り

2012/12/21 19:30

【カイロ=押野真也】エジプトは22日、新憲法案の是非を問う2回目の国民投票を実施する。23日に大勢が判明する見通し。15日の1回目投票では賛成票が全体の57%を占め、2回目も賛成多数で憲法案は承認される公算が大きい。ただ北部アレクサンドリアなどでは21日に反対派がデモを実施しており、国民投票で憲法案が承認されても反対派は異議を申し立てるとみられる。



 
 
>TOP

エジプト国民投票、2回目実施 23日に大勢判明

2012/12/22 19:16

【カイロ=共同】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票の2回目の投票が22日、首都カイロ近郊ギザなどの17県で実施された。即日開票され、1回目と合わせた最終結果の大勢が23日未明にも判明する見通し。15日にカイロや北部アレクサンドリアを含む10県で行われた1回目投票は、地元メディアの非公式集計によると、賛成票が56.5%だった。2回目は保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が多いため、新憲法案は承認される公算が大きい。



 
 
>TOP

エジプト:新憲法案国民投票を前に賛成、反対両派が衝突

毎日新聞 2012年12月22日 00時38分(最終更新 12月22日 01時16分)

【カイロ花岡洋二】イスラム色の強いエジプト新憲法案の是非を問う22日の2回目(最終)の国民投票を前に、モルシ大統領の支持母体である穏健派イスラム原理主義組織ムスリム同胞団などは21日、第2都市の北部アレクサンドリアで数千人規模の「賛成」デモを開いた。世俗派の若者ら反対派も集まり、双方が投石するなど衝突し、ロイター通信によると20人以上が負傷した。

国民投票の日程が決まった1日以降、賛成派と反対派の衝突で8人以上が死亡した。21日はムスリム同胞団や「ヌール党」など主要なイスラム系政党・組織がアレクサンドリアで支持者を動員した。治安部隊も事前に大規模に配置され、催涙ガス弾を発射するなどして両者を引き離したが、一部でけんかが発生した。

1回目の国民投票前日の14日は、アレクサンドリアのモスク(イスラム礼拝所)で、有力な聖職者が「新憲法に反対する者は異端だ」などと説いたのを機に、ナイフや刀で武装した反対派がモスクを取り囲んで賛成派と衝突する事態になった。

野党連合「国民救済戦線」は「ムスリム同胞団の独裁と不正義に反対票を投じよう」との声明を発表。

投票1回目はアレクサンドリアや首都カイロなど大都市で行われ、非公式な集計で「賛成」が約57%と多数を占めた。2回目はさらに保守的な地域が中心となり、「賛成」が優勢とみられている。



 
 
>TOP

エジプト:国民投票、第2回始まる

毎日新聞 2012年12月22日 20時57分(最終更新 12月22日 21時18分)

【カイロ花岡洋二】エジプト新憲法案の是非を問う国民投票の第2回(最終)投票が22日、カイロ郊外のギザなどで始まった。推進派の独自集計によると、カイロなど都市部を中心に行われた15日の第1回投票では、賛成が約57%を占めた。23日未明にも大勢が判明する見通しだが、第2回投票の対象地域には推進派の支持基盤である農村部が多く含まれており、新憲法案は承認される公算が大きい。

新憲法案は大統領の任期を2期8年までと規定している。旧憲法で無制限に再選を認められてきた大統領の権限を制限していることなどから、政権側は「民主的な内容」と強調する。だが野党側は、新憲法案はイスラム色が強くシャリア(イスラム法)の政治介入を招き、少数者や女性の権利を侵害する内容だと批判。国民を二分する論争となっている。

ギザ中心部アグーザ地区の投票所で賛成票を投じたという会計士、ムハンマド・ロトフィさん(42)は、「今は人民議会も憲法も機能せず、国家基盤が欠けている。経済再生のためにも前進すべきだ」と話した。主婦のアマル・アハマドさん(51)も「聖職者が良い憲法だと言っている」ため、賛成の立場だ。

一方、主婦のムシラ・イスマイルさん(35)は熱心なイスラム教徒だが、反対票を投じた。「宗教的価値を強調した憲法で、民主主義の後退につながるから」。同じく主婦のシャヒラ・アハマドさん(64)も「女性の権利や司法制度の規定に問題がある。ムバラク前大統領時代より市民の自由は制限される」と反対している。

結果は24日にも公式発表される予定。有権者は約5130万人で、22日はそのほぼ半数が対象となる。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案の国民投票、2回目終了 承認の公算大

2012.12.23 Sun posted at 10:38 JST

(CNN) エジプトで22日、新憲法案への賛否を問う国民投票の2回目が実施された。賛成票が多数を占めているとみられ、憲法案は承認される見通しだ。公式な結果は24日に発表される予定。

この日の投票は17県の有権者約2600万人を対象に、6700カ所余りの投票所で行われた。投票は時間を延長して午後11時まで続いた。

与党・自由公正党は15日の第1回投票で、賛成票が56.6%に達したと発表していた。第1回は首都カイロなどリベラル色の強い都市部での投票も含まれていたのに対し、今回は大統領支持派の多い農村部が大半を占めたことから、賛成票がさらに多くなるとみられている。憲法案は大統領を支持するイスラム勢力が起草した。

今回の投票も前回と同様、高い投票率を記録した模様。厳重な警備態勢の下、投票は平和的に行われた。

一方、前回投票を済ませた北部アレクサンドリアでは21日、大統領の出身母体、ムスリム同胞団と野党勢力が衝突し、77人が負傷。機動隊が出動し、催涙ガスなどで鎮圧を図った。

新憲法を巡っては、軍事裁判を存続させ、少数派の権利や表現、信教の自由を保障していないなどの問題点が指摘されている。



 
 
>TOP

エジプト憲法案、2回目国民投票…承認の公算大

【カイロ=黒岩竹志】新憲法案の是非を問うエジプト国民投票の2回目投票が22日、カイロ近郊ギザなど17県で行われた。

投票は、当初予定を4時間延長し、午後11時(日本時間23日午前6時)に締め切られ、即日開票される。

15日の1回目投票(10県で実施)と合わせた非公式集計が23日朝にも判明する見通しだ。地元メディアは、1回目に続き、2回目でも賛成派が優勢と報じており、新憲法案は承認される公算大だ。

新憲法案が承認されれば、人民議会(下院)選が2か月以内に実施される。新憲法案に反対してきた世俗・リベラル勢力は22日夜、幹部が集まり今後の方針を協議するとみられるが、対立が収まるかは不透明だ。

(2012年12月23日01時31分 読売新聞)



 
 
>TOP

エジプト新憲法案、承認ほぼ確実…国民投票

【カイロ=井上亜希子】エジプト新憲法案の是非を問う国民投票の2回目投票が22日、全国27県のうち17県で行われ、即日開票された。

政府系紙アル・アハラム(電子版)が23日伝えた非公式集計によると、今月15日に10県で行われた第1回投票の結果と合わせ、賛成票は約64%に上り、憲法案の承認がほぼ確実となった。

公式集計は24日以降に発表される見通し。第1回投票では、賛成は約56%だった。憲法案が承認されれば、人民議会(下院)選が2か月以内に実施される。憲法案に反対してきた世俗・リベラル勢力は依然、反発しており、憲法案を起草したイスラム主義勢力との対立が続くのは不可避だ。

(2012年12月23日21時02分 読売新聞)



 
 
>TOP

2012年12月23日09時52分

エジプトで2度目の国民投票 新憲法案めぐり国論二分

【スエズ=関根和弘】エジプトで22日、新憲法案の是非を問う2回目の国民投票が行われた。15日にあった1回目とともに近く開票結果が発表される。イスラム色が濃い新憲法案をめぐっては国論が二分、各地で衝突も起きており、結果にかかわらず、激しい対立が続く可能性がある。

地中海と紅海を結ぶ国際的な海運の要衝・スエズ運河南端にある人口約50万の都市スエズ。信仰心があついイスラム教徒が多く、ムルシ大統領の支持基盤となっているイスラム穏健派組織ムスリム同胞団や、より厳格なイスラム主義勢力が力をもっているとされる。街に出ると、髪をすっぽり覆い隠すヘジャブ(イスラム式スカーフ)をつけた女性が目に付く。

同胞団が母体のムルシ政権与党・自由公正党の支部が焼き打ちにあったのは今月5日のことだ。約200人の若者たちが取り囲み、石や火炎瓶が投げ込まれ、建物はほぼ全焼した。今も無残な焼け跡をさらす。中にいた党員ら約20人が殴られるなどし、書類や現金が盗まれた。

支部を取り囲んだのは、新憲法案やムルシ政権に反発する野党メンバーらとされる。だが、実際に攻撃を仕掛けたのは、彼らに紛れ込んで集会に参加していた正体不明の男たちだったという。

「ここはカイロと違って小さなコミュニティー。政治をめぐって議論が白熱しても、夜になればカフェで一緒に楽しく過ごす。そんな関係の仲間ばかりだったのに」と党支部のアフマド・マフムードさん(55)は嘆く。

ムバラク政権を打倒した昨年2月のエジプト革命の際には、同胞団のほか、さまざまな勢力やグループが協力してデモに参加した。革命の一体感はとうに失せ、対立は先鋭化の一途をたどる。

ムハンマド・シャウキさん(31)は「同胞団はエジプトにイスラム主義の支配を確立したいだけだ。国民の怒りは当然だ」と訴える。

シャウキさんはエジプト革命を主導したリベラルな若者グループの一つ「4月6日運動」のメンバー。メンバーらには、同胞団がイスラム主義を押しつけ、その結果、自由が制限されるのではないかとの警戒感が強い。自分たちが革命を成し遂げたという自負があり、それを横取りされたとの思いもある。

シャウキさんは自由公正党の支部が燃やされたとき、現場にいた。その直前、ほかの仲間とデモ行進をしており、支部前に移動して抗議を続けていた。支部側からの投石を受け、参加者の誰かが火炎瓶を投げ込んだという。「焼ける支部を見てとても悲しかった。何人かの友人も党員だったり、同胞団のメンバーだったりする。暴力は望んでないけど、イスラム主義の拡大に対する怒りを止めることはできない」と話す。投票以降も仲間とともに抗議運動を続けるつもりだ。

投票1回目は、カイロなど10県で実施され、ほとんど全ての投票所で出口調査をしたという同胞団によると、56.5%が賛成票を投じたとされる。22日にはスエズなど地方を中心に残りの17県で行われた。1回目の投票より、同胞団の強い地域が多いため、承認される公算が大きいとの見方が広がっている。



 
 
>TOP

2012年12月23日21時03分

エジプト新憲法案承認へ 国民投票、賛成6割超か

【カイロ=石合力、関根和弘】エジプトで15日と22日に実施された新憲法案の是非を問う国民投票で、政府系紙アフバルとムスリム同胞団は23日、非公式集計として賛成63.9%、反対36.1%だったと発表した。24日にも結果が正式発表されるが、過半数で承認されるのは確実な情勢だ。

民衆革命後の民主化プロセスは、新憲法承認から60日以内に実施される下院(人民議会から改称)選挙が次の焦点になる。新憲法案が比較的高い支持を得たのは、ムルシ大統領を支える同胞団の組織力に加え、地方の宗教的な保守層、経済面での安定を優先させたい貧困層などが支持に回ったためとみられる。

下院選では、今年初めに発足しながら軍政から解散命令を出された人民議会で最大会派となった同胞団系の自由公正党や、第2勢力となったイスラム厳格派(サラフィー)と、イスラム勢力に対抗する野党勢力の議席争いが軸となる。

新憲法案に反対しながらも、国民投票はボイコットしなかったエルバラダイ前国際原子力機関事務局長ら世俗リベラル派を中心とする野党勢力「救国共同戦線」は23日、会見し、「大規模な不正があった」と主張。平和的な方法で抗議を続けると発表した。下院選で巻き返しを目指す方針だ。23日現在、大規模なデモや騒乱は起きていないが、ムルシ政権が新憲法承認をてこに同胞団主導で強権的な手法を取れば、衝突が再燃する可能性もある。

一方、ムスリム同胞団の結社の違法性を問う裁判の判決や、ムバラク前大統領の最終審判決(一審で無期)がいずれも来年1月に予定されている。政権に批判的な判事ら司法側と政権側の権力闘争も続いており、新憲法の承認が政治的な安定につながる保証はない。22日には同胞団に近い判事出身のメッキ副大統領が辞任した。司法との対立をにらみ、検事総長ポストへの転身が取りざたされている。

一連の政治的混乱で、国際通貨基金(IMF)が基本合意した48億ドル(約4千億円)の対エジプト財政支援の実施も延期されており、経済面での不安も続いている。

新憲法案は、30年に及んだムバラク長期政権の反省を踏まえ、前文で主権在民、複数政党制に基づく民主主義、個人の尊厳、権利としての自由などを明記。大統領任期を最長で2期8年に限定した。

■エジプトの主な政治日程

12月15、22日 新憲法案の国民投票
2013年1月25日 革命2周年
2月ごろ 下院選挙、新首相指名
4月ごろ 諮問評議会(上院)選挙
16年5月 大統領選挙



 
 
>TOP

エジプト副大統領が辞任 国民投票、23日に大勢判明

2012/12/23 1:27

【カイロ=共同】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票の2回目の投票が22日、首都カイロ近郊ギザなどの17県で実施された。即日開票され、1回目と合わせた最終結果の大勢が23日未明にも判明する見通し。エジプトの国営テレビによると、メッキ副大統領が22日までに辞任した。理由は明らかになっていない。15日にカイロや北部アレクサンドリアを含む10県で行われた1回目投票は、地元メディアの非公式集計によると、賛成票が56.5%だった。2回目は保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が多い。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案、承認の見通し 国民投票終了

2012/12/23 8:09

【カイロ=共同】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票は22日深夜(日本時間23日早朝)、2回目の投票が締め切られ即日開票、エジプト紙アルマスリ・アルヨウム(電子版)の非公式集計によると、賛成票が多数を占め、新憲法案は承認される見通しとなった。数日以内に公式発表が行われるとみられる。

投票は午後7時までの予定だったが、詰め掛けた有権者の投票が終わらず、4時間延長された。

15日にカイロや北部アレクサンドリアを含む10県で行われた1回目投票は、地元メディアの非公式集計によると、賛成票が56.5%だった。2回目は保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が多いことから、さらに賛成票の割合が増えるとする見方が強かった。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案、承認確実に 抗議行動激化も

2012/12/23 11:57

【カイロ=共同】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票は22日深夜(日本時間23日早朝)、2回目の投票が締め切られ即日開票、エジプト紙アルアハラム(電子版)の23日までの非公式集計によると、2回の投票を合わせた賛成票が約64%を占め、新憲法案の承認が確実となった。

数日以内に公式に発表されるとみられるが、新憲法に反対する反モルシ大統領派の連合体「救国戦線」が異議申し立てやデモなどの抗議行動を激化させる可能性もある。

新憲法案はモルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団が主導して起草。「信仰の自由」や「機会均等」の原則が盛り込まれたものの、男女同権や少数派キリスト教徒の十分な権利擁護は明記されず、保守的なイスラムの価値観が反映された。承認されれば、約2カ月後に人民議会選が行われる。

一方、メッキ副大統領は22日、国営テレビを通じて辞任を発表した。判事出身のメッキ氏には、反モルシ氏派が多いとされる法曹界からの批判が強まっていた。

投票は午後7時までの予定だったが、詰め掛けた有権者の投票が終わらず、4時間延長された。

15日に首都カイロや北部アレクサンドリアを含む10県で行われた1回目の投票は、地元メディアの非公式集計では、賛成票が56.5%。2回目はカイロ近郊ギザなど17県で実施、保守的で賛成派が優勢とみられる農村部が多く含まれていた。



 
 
>TOP

エジプト国民投票、新憲法承認へ

2012/12/23 21:14

【カイロ=押野真也】エジプトで22日に終えた新憲法案を巡る国民投票は、23日までに賛成多数で承認される見通しになった。議会は現在解散しているが、憲法案の承認後に総選挙を行う予定。停滞する国家再建が一歩進むとの期待が高い。ただ、投票を巡り反対派は異議申し立てをするとみられ、政権側との対立が長期化する懸念もくすぶっている。

投票を監視する委員会当局は24日に開票結果を発表予定。賛成が反対を上回れば新憲法が承認される。これに先立ち、大統領の支持母体のイスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」は独自集計を公表。それによると、15日の第1回投票と合わせ、64%が憲法案に賛成票を投じた。

新憲法案を巡っては、「イスラム教色が強い」「言論の自由の保障が不十分」などと反対論も根強いが、憲法を早期に成立させ、国家の安定を優先する国民が多かったようだ。総選挙は憲法案が承認されてから60日以内に行う。新議会の発足とともに、大統領は一時的に掌握している行政権を議会に移管する。

憲法案の承認が確実になったことで、同胞団傘下の政党「自由公正党」幹部のモウラド・アリ氏は「全政治勢力が(対等で)相互に尊重し合う基盤ができた歴史的な日だ」との声明を発表した。24日の正式発表を受け、モルシ大統領も声明を発表する見通しだ。

一方、原理主義に反対するリベラル派などで組織する反大統領派の連合体「救国戦線」は国民投票で「多数の不正行為があった」と批判。全体の投票率が32%にとどまったことで投票の無効を主張している。裁判所に異議を申し立てる方針だ。

一部の反対派は今後もカイロなどの大都市で反大統領デモを継続する見通しで、治安部隊や大統領支持派との偶発的な衝突が起きる懸念もありそうだ。



 
 
>TOP

エジプト:メッキ副大統領が辞任

毎日新聞 2012年12月23日 01時21分(最終更新 12月23日 01時41分)

【カイロ花岡洋二】エジプト国営テレビは22日、メッキ副大統領が辞任したと報じた。辞任の理由は明らかにされていない。

メッキ氏は判事出身で、8月にモルシ大統領から副大統領に指名された。22日に第2回投票が実施された新憲法案の是非を問う国民投票を巡っては、新憲法案に対する野党勢力の反発を受け、いったんは投票の延期を示唆していた。



 
 
>TOP

エジプト:新憲法「承認」…国民投票、非公式集計

毎日新聞 2012年12月23日 22時58分(最終更新 12月23日 23時26分)

【カイロ花岡洋二】エジプト新憲法案の是非を問う国民投票の第2回(最終)投票が22日締め切られ、開票された。政府系紙アルアハラム(電子版)は非公式集計をもとに、合計で賛成が64%に達し、新憲法案が承認されたと報じた。与野党ともに「賛成多数」を認めたが、野党勢力は反発しており、対立は続きそうだ。

公式結果は24日にも発表される。アルアハラムによると、第2回は賛成が約71%、第1回も賛成は約57%に達した。2回目は賛成派が優勢の農村部が多く含まれていた。投票率は30%超。ムバラク政権打倒後の民主化の成否を占う重要な投票だったが、憲法制定により政情の安定化を願う有権者が多かったとみられる。

新憲法案は、大統領の任期を再選無制限から2期8年までとするなど権力を制限し、主導したモルシ政権は「民主的」と強調。これに対し野党側は、イスラム色が強く少数者や女性の権利を侵害すると批判。野党勢力は投票所の不備や違法運動などの疑いがあるとして異議を申し立てると宣言。抗議デモが続くおそれもある。今後の焦点は2カ月以内に実施される人民議会選に移る。選挙後は人民議会が立法権を行使する。



 
 
>TOP

エジプト:新憲法案の国民投票 対立の根深さを露呈

毎日新聞 2012年12月24日 10時39分

【カイロ花岡洋二】エジプト新憲法案は15、22両日の国民投票の結果、モルシ大統領の支持母体である穏健派イスラム原理主義組織ムスリム同胞団を支持する「改憲派」が、世俗派など野党勢力を推す「反対派」を抑え、承認が確実となった。国論は大きく分裂し、「国民的合意」にはほど遠い結果で、対立の根深さを露呈した。一方、民主化要求運動「アラブの春」が広がった中東諸国でも穏健派イスラム系組織が勢いを増しそうだ。

地元メディアが報道した非公式集計によると、賛成は64%と6割台で、投票率も30%超にとどまった。民主化の今後を占う国民投票だが、大規模な市民によるデモが繰り返される政情不安が解消されるかは見通せない。

国民投票の結果は中東に波紋を広げそうだ。2年前に「アラブの春」の出発点となったチュニジアでは、ムスリム同胞団に近いアンナハダ党が憲法制定議会で議席の約4割を占める第1党。来年2月の憲法制定を目指しているが、エジプト同様シャリア(イスラム法)の位置づけや女性の権利などの規定が争点だ。アンナハダのガンヌーシ党首側近のシュフーディ氏は23日、毎日新聞の取材に「新憲法案の承認は前向きな動きだ」と歓迎した。

ヨルダンでは同胞団を中心に政治経済改革を求めるデモが断続的に発生。アブドラ国王は「政治改革」をアピールするため10月に下院を解散し来年1月23日の総選挙を決めたが、野党勢力の同胞団はボイコットを決めた。政府当局者はロイター通信に「選挙よりもデモで大きな影響力を行使できると考えている」と批判した。

チュニジアやエジプトなどでは、組織化されていなかった世俗派の若者がインターネットなどを活用してデモへの参加を呼びかけ民衆革命に発展。政権が崩壊すると、組織化されていたイスラム系組織が台頭した。エジプトでは反モルシ派が国民投票実施を「新たな独裁」として反発しており、民主化への道のりはなお険しい。



 
 
>TOP

エジプト混乱、経済に波及 格下げ・取り付け騒ぎ

2012/12/25 11:21

【カイロ=押野真也】エジプトで22日に終わった新憲法案を巡る国民投票後も内政の混乱が続き、経済分野への影響が深刻化してきた。24日に大手格付け会社が長期債務の格下げを決めたほか、外貨不足を背景に一部の金融機関では預金の取り付け騒ぎも起きた。政府は騒動の沈静化に努めているが、混乱収拾のめどは立っていない。

24日、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はエジプトの長期債務格付けを従来の「シングルB」から「シングルBマイナス」に1段階引き下げたと発表した。国内で新憲法案の採択を巡って賛成派と反対派の対立が深まり、社会不安が高まっていることを理由に挙げた。

見通しは「ネガティブ(弱含み)」とした。S&Pは「国内の政治状況が著しく悪くなり、外貨準備や政府債務などの経済指標が急激に悪化した場合、さらなる格下げがあり得る」としている。

外貨不足の進行を背景に同日には国内の一部金融機関で「預金が凍結される」とのうわさが広まり、取り付け騒ぎにも発展した。中央銀行が即座にこれを否定し「金融部門の安定を図るすべての措置を取る」との声明を発表して騒動は収まったが、経済不安への懸念は高まっている。

民間集計によると新憲法案を巡る国民投票では賛成票が6割以上を占めたもようで、承認される公算が大きい。ただ、反対派は「投票に不正があった」などと主張し、政権側との対決姿勢を強めている。対立はしばらく続くとみられ、デモ隊同士や治安部隊との衝突などが懸念されている。

投票監視当局による投票結果の公式発表は24日の予定だったが、無効票の判定などで当初の想定よりも時間がかかり、発表を25日に延期した。

国内が不安定になるとの懸念から株や通貨が下落基調にあるほか、国際通貨基金(IMF)から支援を受けるための最終合意も延期されている。今後、内政の混乱が深まれば経済再生がさらに遠のく恐れがある。



 
 
>TOP

エジプト、賛成63.8%で新憲法案承認 国民投票結果発表

2012/12/26 7:31

【カイロ=共同】エジプトの新憲法案の是非を問う国民投票に関し、投票管理委員会は25日、63.8%の賛成多数で新憲法案が承認されたとする公式結果を発表した。昨年2月のムバラク政権崩壊後の国家体制の新指針がようやく定まった。約2カ月後に人民議会選が行われる。

ただ、投票率は32.9%にとどまった。新憲法に反対する反モルシ大統領派の連合体「救国戦線」は既に「不正があったのは明白で、われわれは戦いを続ける」とする声明を発表、投票結果に異議申し立てを行うと明らかにしている。

投票は今月15日と22日に分けて全27県で実施された。登録有権者は約5200万人で、賛成は約1070万票、反対は約606万票だった。

新憲法には「信仰の自由」や「機会均等」の原則が盛り込まれたが、男女同権や少数派キリスト教徒の十分な権利擁護は条文に明記されず、保守的なイスラムの価値観が反映された。

新憲法案をめぐっては、モルシ氏の出身母体であるイスラム組織ムスリム同胞団が主導し強引に起草したとして、リベラル派や世俗勢力が猛反発。大統領支持派と反体制派に分かれて衝突が起こり多数の死傷者が出た。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案承認 反対派反発で混乱長期化懸念

2012/12/26 10:03

エジプト新憲法の是非を問う国民投票は25日夜(日本時間26日未明)、投票監視当局が記者会見し賛成票が63.8%で承認されたと発表した。ただ投票率は32.9%と低く国論二分を印象づけた。反大統領派の連合組織「救国戦線」は「投票に不正行為があった」「(投票率が低く)結果に正当性がない」と対決姿勢を崩さず抗議デモを実施する構え。混乱長期化の懸念が強まってきた。

エジプト内政の混乱は経済にも濃い影を落としつつある。24日には大手格付け機関がエジプトの長期債務を格下げしたほか、通貨エジプトポンドも対ドルで下落基調にある。海外直接投資の減少から外貨準備高も減少しており、国内では預金の取り付け騒ぎも発生。経済浮揚に必要な支援も、政情不安を警戒する国際通貨基金(IMF)が最終合意の締結を延期している。

通貨安による食料や燃料などの輸入品の価格上昇は、モルシ氏の支持基盤である低所得層の生活を圧迫し、政権基盤を弱体化させかねない。モルシ氏は25日までに1万ドル(約84万円)以上の外貨を国外に持ち出すことを禁止する大統領令を発布するなど対策を急ぐが、政権側と反大統領派との対立で混乱がなお続けば、国民生活への影響はさらに深刻になりそうだ。(カイロ=押野真也)



 
 
>TOP

エジプト新憲法案、国民投票で承認 投票率は33%

2012.12.26 Wed posted at 09:18 JST

(CNN) エジプトの選挙管理委員会は25日、新憲法案への賛否を問う住民投票の結果、賛成票が反対票の2倍近くに上り、同案は承認されたと発表した。

選管責任者が記者団に語ったところによると、賛成が1000万票余りで63.8%を占め、反対は600万票余りで36.2%。投票率は32.9%、無効票は約30万3400票だった。

投票は2回に分けて実施された。15日の第1回投票には首都カイロなどリベラル色の強い都市部も含まれていたが、賛成が56.6%を占めた。22日に第2回投票が行われた地域は、大部分がムルシ大統領と大統領の支持母体ムスリム同胞団の地盤で、賛成票がさらに多くなることが予想されていた。

新憲法を巡っては、軍事裁判を存続させ、少数派の権利や表現、信教の自由を保障していないなどの問題点が指摘されている。



 
 
>TOP

携帯とネットで「セクハラ地図」、性的嫌がらせに対抗 エジプト

2012.12.26 Wed posted at 12:35 JST

(CNN) 女性に対する性的嫌がらせが後を絶たないエジプトで、携帯電話で被害報告を受け付けて地図上に発生場所と件数を表示し、地域啓発活動につなげるプロジェクトが成果を上げている。

「バーガースタンドで男に手をつかまれ、『俺とセックスしたい?』と言われた」「駅でスーツケースを持って列車を降りようとしている時に、列車のポーターに3度も痴漢行為をされた」−−。ボランティアプロジェクト「ハラスマップ」のウェブサイトには、そんな深刻な訴えが並ぶ。

エジプトでは女性が日常的に、ひわいな言葉を浴びせられたり、痴漢やストーカー行為、公然わいせつなどの被害に遭っている。そんな実態に対し、ネットを活用して女性が声を上げ、地域社会に対策を促そうと、2010年末にスタートしたのがハラスマップだ。

被害者や目撃者は、専用の番号に携帯メールを送って匿名で通報できる。寄せられた情報は担当者が確認して、報告内容と発生場所をグーグルのエジプト地図上に掲載。報告が集中した地域にはボランティアが出向いて啓発活動を行い、性的嫌がらせを容認しないよう地域社会に訴える。

ボランティアたちは月に1回、自分たちの地元でも集会を開き、商店主や警察官、駐車場や建物の管理人などに、性的嫌がらせを見て見ぬふりをせず、目撃したら声を上げてほしいと呼びかけている。こうした活動が奏功し、地域の理解も深まっているという。

報告を寄せた被害者には、非営利組織(NGO)が提供しているカウンセリングや法的助言、護身術講座などを案内するメールも送っている。



 
 
>TOP

2012年12月26日11時10分

エジプト新憲法案、国民投票で承認

【カイロ=北川学】エジプトの選挙管理委員会は25日夜、ムルシ大統領に近いイスラム主義者が起草した新憲法案が国民投票で63.8%の賛成を得て承認されたと発表した。投票率は32.9%だった。野党勢力は反発しているものの、エジプトの民主化プロセスは下院選へと進む。

国民投票は15日と22日に分けて実施された。新憲法案は大統領任期を4年として旧憲法の6年より短縮し、無制限だった再選も2期8年に限定された。ただし、旧憲法が定めた男女平等の記述が削除されたことなどから世俗リベラル派は批判を強め、国民投票についても「大規模な不正があった」と訴えた。

これに対して選管のアブマーティ委員長は25日の記者会見で「すべての投票所は裁判官が監督していた。訴えは事実と異なる」として申し立てを退けた。野党勢力は抗議行動を呼びかけておらず、いまのところ大規模デモなどの混乱は起きていない。

新憲法案が承認されたことで、ムバラク政権崩壊後の民主化プロセスの焦点は今後60日以内に実施される下院(人民議会から改称)選に移る。野党勢力は下院選などを通じて改憲を訴えていくとみられる。



 
 
>TOP

エジプト新憲法案、国民投票で過半数上回る

【カイロ=井上亜希子】エジプトの選挙管理委員会は25日、新憲法案を巡る国民投票の開票結果を発表した。賛成63・8%、反対36・2%で、新憲法承認に必要な過半数を上回った。

投票率は32・9%だった。60日以内に人民議会(下院)選が行われるが、憲法案に反対する世俗・リベラル派は対決姿勢を崩しておらず、混乱は今後も続きそうだ。

(2012年12月26日10時23分 読売新聞)



 
 
>TOP

エジプト:新憲法案63%で承認 国民投票、選管発表

毎日新聞 2012年12月26日 10時23分(最終更新 12月26日 11時04分)

【カイロ花岡洋二】エジプト選管は25日、新憲法案の是非が問われた国民投票について、63.8%の賛成多数で同案が承認されたと公式発表した。15日、22日の2回に分けて投票が行われた後、選挙違反の訴えを審査していたが、ほぼ全てを却下した。昨年2月の民衆蜂起によるムバラク前独裁政権崩壊で始まった民主化プロセスは、2カ月以内に実施される人民議会(国会)選挙に焦点が移る。

選管によると、投票率は32.9%で、昨年3月に実施した憲法改正案の国民投票の41%に比べ大きく下げた。カイロ・アメリカン大のノハ・バクル教授は▽賛成多数が確実との予想で反対派があきらめた▽投票所の不手際で3時間待ちもあった列を敬遠−−などが原因だと指摘した。

新憲法制定は、モルシ大統領の支持母体である穏健派イスラム原理主義組織ムスリム同胞団が推進した。人民議会選(昨年11月〜今年1月)と大統領選(5月〜6月)に続き、イスラム系の「3連勝」となった。

選管委員長のアブマアティ判事は記者会見で、野党側が主張する大規模な不正・不備はなかったと判断したと説明。予定時刻前の閉門など不備のあった一部投票所の票は全て無効としたという。

一方、国営の中東通信によると、新憲法案を「イスラム色が強い」などと批判し、否決を求めてきた野党組織「国民救済連合」幹部で、リベラル系の新ワフド党のバダウィ党首は25日、次の人民議会選に向けて、国民救済連合を土台に統一会派を結成すると発表した。議会発議での憲法改正を目指すという。

同連合は世俗派やリベラル派、キリスト教徒らの寄り合い所帯。組織力や資金力に勝るムスリム同胞団系政党に対抗して、統一的な選挙運動を準備できるかが十分な議席確保のカギになりそうだ。



 
 
>TOP

エジプト:憲法制定に一定の評価 若者指導者の一人

毎日新聞 2012年12月26日 11時11分(最終更新 12月26日 11時14分)

【カイロ花岡洋二】昨年のエジプト民衆蜂起を主導した若者グループ「4月6日運動」の指導者の一人、アハメド・マーヘル氏(32)が25日、カイロ市内のグループ本部で毎日新聞の単独インタビューに応じた。同日に国民投票での承認が発表された新憲法について「私たちが望むようなものではなく、将来の改正に向け、あらゆる平和的な抵抗を尽くす」と語る一方で、「憲法制定は、ムバラク前政権時代に比べ民主主義の前進だ」と一定の評価を示した。

マーヘル氏は、「投票で不正があった」と訴えながらも「憲法は制定された」と結果受け入れを表明。その上で、人権侵害など「問題のある条項の改正を目指す」と宣言した。

2カ月以内に実施される人民議会(国会)選では独自候補を立てず、「自由、社会的正義、平等、透明性という革命の原則を守る(世俗・リベラル系)統一会派が結成されれば全面的に支援する」と話した。世論喚起のため、大規模な抗議デモも継続するという。



 
 
>TOP

エジプト新憲法が施行

2012/12/27 0:29

【カイロ=共同】エジプトで昨年の革命後の国家体制を定めた新憲法が26日、モルシ大統領の署名を経て施行された。新憲法はイスラム勢力が起草を主導し、手続きも強引だったことから反モルシのリベラル勢力などから強い反発が出たが、国民投票により賛成多数で承認されていた。

同国では約2カ月後に人民議会(国会)選が予定されており、両勢力による激突が予想される。

新憲法で権限が強化された諮問評議会は同日、本会議を開き、モルシ氏が選んだ任命枠の90議員が就任した。諮問評議会は人民議会選に向けた選挙法を制定する見通し。



 
 
>TOP

エジプト大統領「自由憲法を手にした」 新憲法が施行

2012.12.27 Thu posted at 09:31 JST

(CNN) エジプトの新憲法が26日、ムルシ大統領の署名で施行された。ムルシ大統領は、民主的な手順によって新憲法が承認されたと評価する一方、反対派によるデモの激化を批判した。

ムルシ大統領は憲法の施行に当たり、「エジプトとエジプト国民は、国王に発布されたものでも、大統領に強要されたものでも、占領者に命じられたものでもない自由憲法を手にした」と宣言した。

新憲法はこれに先立ち行われた国民投票で承認された。選挙管理委員会の集計によると、2回に分けて行われた投票で賛成票は1000万票強(63.8%)を占め、反対票約600万票(36.2%)のほぼ2倍に上った。

ムルシ大統領は、国民投票実施を前に反対派の抗議デモが激化したことにも触れ、「残念ながら一部には、平和的に意見を表明する権利と、暴力に訴えて国家機関をまひさせ、市民を恐怖に陥れることによって自分の意見を押しつけようとすることとの違いを分かっていない者もいた」と批判した。

大統領はさらに、「国民によって承認された憲法では、誰もが平等であり差別は存在しない。エジプトの国土に住む誰もが人としての尊厳を重んじられる」と述べ、「反対した人にも、賛成した人にも感謝したい。我々は、『意見は1つのみ』の時代、あるいは多数意見がでっち上げられた時代に後戻りすることは望まない」と力を込めた。



 
 
>TOP

エジプト大統領、憲法制定を称賛 「新たな夜明け」

2012/12/27 13:42

【カイロ=共同】エジプトのモルシ大統領は26日夜、国民向けにテレビ演説し、新憲法が国民投票で賛成多数により制定されたことを「エジプトの新たな夜明けだ」と称賛した。同時に「かなりの反対があったことも認める。これは彼らの権利だ」と、反対派にあらためて対話を呼び掛けた。

モルシ氏は国民投票前、憲法制定後に反対派との修正協議に応じる方針を表明したが、具体的な道筋は示さなかった。演説に対し、反モルシ派の連合体「救国戦線」は「憲法に反対し、訴訟、デモ、座り込みなど平和的な闘争を続ける」との声明を出した。

憲法制定をめぐる内政の混乱を受け、米大手格付け会社はエジプト長期国債格付けを引き下げ、エジプト通貨は対ドルで約8年来の安値を記録した。モルシ氏は「経済には課題が山積している」と認め、経済対策のため内閣の一部改造を検討していると明らかにした。



 
 
>TOP

エジプト:ムバラク前大統領、病状悪化か 軍病院に移送

毎日新聞 2012年12月27日 23時20分(最終更新 12月28日 00時45分)

【カイロ花岡洋二】ロイター通信は治安当局者の話として、エジプトの検察当局が27日、ムバラク前大統領を収監先のカイロ市内の刑務所施設から市南部の軍病院に移送する決定を下したと報じた。中東の衛星テレビ・アルアラビーヤは「体調が悪化したため」と伝えている。移送決定は診療結果に基づくものだが、内容や移送時期などは不明。

約30年の独裁政権を敷いたムバラク前大統領は昨年2月、民主化要求運動「アラブの春」で権力の座を追われ、デモ隊殺害に関与した罪で終身刑判決を受け、収監された。今年6月に脳卒中を起こして軍病院に移されたが再び刑務所に戻っていた。



 
 
>TOP

ムバラク氏「健康状態悪化」、また軍病院に移送

【カイロ=井上亜希子】ロイター通信などによると、終身刑判決を受け、カイロの刑務所に拘置されているエジプトのムバラク前大統領が27日、近くの軍病院に移送された。

治安当局者は「健康状態が悪化したため」としている。

前大統領は今年6月、昏睡状態に陥ったとして軍病院に移送されたが、7月に刑務所に戻っていた。今月19日にも、一時軍病院に移り、検査を受けていた。

(2012年12月28日00時32分 読売新聞)



 
 
>TOP

エジプト:ムバラク前大統領、刑務所施設から病院に移送

毎日新聞 2012年12月28日 18時12分(最終更新 12月28日 18時37分)

【カイロ花岡洋二】エジプトのムバラク前大統領(84)=終身刑で服役中=は27日、カイロ市内の刑務所施設から市南部の軍病院に移された。弁護士はロイター通信に、ムバラク服役囚は今月前半に転倒して肋骨(ろっこつ)を折り、その影響で肺の病気やめまいなども患い「健康状況が悪化している」と説明した。

ムバラク服役囚の病状は、これまで公式発表されておらず、多くの臆測を生んでいる。日ごろから刑務所内の医療施設で過ごし、公判にはベッドに横たわって出廷。弁護団は、施設の整った軍病院への移送を求めていた。弁護士は27日、「先々週に転倒し、合併症がある」と説明。当局者も「入院は長期になるだろう」と話した。

一方で「同情を買うため、実際よりも重く病状を公表している」との批判もある。

ムバラク服役囚は、デモ隊殺害に関与した罪で6月に終身刑判決を受け、収監された。数週間後に脳卒中を患い危篤になったとされ、軍病院に移されたが、7月に回復して再び刑務所に戻っていた。



UP:2012 REV:
アフリカ  ◇世界
TOP HOME (http://www.arsvi.com)