HOME > World / Africa >

リビア


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017


○2007年までのニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2007年
○2008年〜2009年のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2008年〜2009年
○2010年のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2010年
○2011年1月〜2月のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年1月〜2月
○2011年3月1日〜15日のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年3月1日〜15日
○2011年3月16日〜31日のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年3月16日〜31日
○2011年4月のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年4月
○2011年5月のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年5月
○2011年6月〜7月のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年6月〜7月
○2011年8月のニュース・情報は 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 2011年8月
○2011年9月〜10月のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2011年9月〜10月
○2011年11月〜12月のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2011年11月〜12月
○2012年のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2012年
○2013年〜2014年のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2013年〜2014年
○2015年のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2015年
○2016年のニュース・情報は リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国) 2016年

○外務省 各国・地域情勢 リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2017/01/20 AFP BB News 米ステルス爆撃機、リビアでIS戦闘員80人超殺害 異例の空爆作戦
◆2017/01/20 nikkei.com 米、リビア北部で空爆 「イスラム国」のキャンプ2カ所
◆2017/01/20 cnn.co.jp 米軍、リビアのISIS拠点を空爆 戦闘員80人殺害
◆2017/02/03 nikkei.com 地中海経由の難民抑制でリビア支援拡大 EU首脳が非公式会合
◆2017/02/04 asahi.com EU、密航阻止でリビアを支援 「分別ある方法で」
◆2017/02/04 AFP BB News 不法移民抑制へリビア支援=EU首脳会合−マルタ
◆2017/02/21 nikkei.com 移民船転覆、リビアの海岸に74遺体
◆2017/02/22 AFP BB News リビア海岸に移民74人の遺体 密航業者が海上に放置か
◆2017/04/12 Jeune Afrique En Libye, on vend des migrants africains sur des « marchés aux esclaves »
◆2017/04/12 nikkei.com ロシア、リビア関与強める 和平協議の主導権握る狙い
◆2017/04/13 IOM 北アフリカの移民を危険にさらす「奴隷市場」
◆2017/04/17 cnn.co.jp 難民1800人がリビア沖で漂流、悪天候で救助活動は難航


【参考図書】
リビアを知るための60章 (エリア・スタディーズ)
塩尻 和子著 明石書店 ¥2,100 B6版 399ページ 2006年8月 [amazon]

リビア物語―世界遺産と大砂漠の旅
滝口 鉄夫著 論創社 ¥2,625 B6版 196ページ 2007年1月 [amazon]

砂漠の思想―リビアで考えたこと
野田 正彰著 みすず書房 ¥2,730 B6版 240ページ 2005年2月 [amazon]


 
 
>TOP

米ステルス爆撃機、リビアでIS戦闘員80人超殺害 異例の空爆作戦

AFP BB News
2017年01月20日 05:48 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月20日 AFP】アシュトン・カーター(Ashton Carter)米国防長官は19日、リビアにあるイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の複数の訓練キャンプを米軍が空爆し、IS戦闘員80人以上を殺害したと発表した。死者の中には、欧州での攻撃を企図していた者らも含まれていたという。

 国防総省は、2機のステルス戦略爆撃機B2を米中西部ミズーリ(Missouri)州の基地から出動させ、34時間かけて北アフリカ入りさせるという、極めて異例の作戦に踏み切った。

 コウモリのような形状が特徴的な同機が前回リビアに派遣されたのは2011年。この作戦は、同国で長期の独裁体制を敷いていたムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の失脚につながった。

 18日に実施されたこの大規模な空爆では、B2爆撃機2機に加え、複数の無人攻撃機「リーパー(Reaper)」が合わせて約100個の爆弾をISの訓練キャンプに投下。死亡した戦闘員の数よりも多い爆弾が使用された計算になる。

 標的となったキャンプは、中部の沿岸都市シルト(Sirte)から約45キロ南西に位置する。シルトはカダフィ大佐の出身地で、リビアで勢力拡大を狙ったISが一時拠点としていた場所でもある。(c)AFP/Thomas WATKINS

米ステルス爆撃機、リビアでIS戦闘員80人超殺害 異例の空爆作戦



 
 
>TOP

米、リビア北部で空爆 「イスラム国」のキャンプ2カ所

nikkei.com
2017/1/20 10:34

 【ワシントン=大塚節雄】米国防総省のクック報道官は19日、米軍が同日までにリビア北部シルト郊外にある過激派組織「イスラム国」(IS)のキャンプ2カ所を空爆したと発表した。米メディアによると、戦闘員80人以上を殺害した。同報道官は「リビアや米国の安全に対する脅威になってきた」との理由から、オバマ大統領が認めたと指摘した。20日に退任するオバマ氏にとって、最後の対IS爆撃となる可能性もある。



 
 
>TOP

米軍、リビアのISIS拠点を空爆 戦闘員80人殺害

cnn.co.jp
2017.01.20 Fri posted at 11:55 JST

(CNN) 米軍のB2爆撃機がリビアで過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の拠点2カ所を空爆し、これまでの推定で戦闘員80人以上を殺害した。米当局者が19日、CNNに明らかにした。

カーター米国防長官は記者団に対し、標的とした戦闘員らは「欧州での攻撃を企てていた」と話している。

複数の関係者によると、今回の作戦はオバマ大統領が数日前に承認した。オバマ大統領が命令を出す軍事作戦はこれが最後になる見通し。

国防総省のクック報道官は記者団に対し、「これら施設で訓練していた戦闘員はリビアやその近隣国、アフリカと欧州の米国の同盟国および米国にとって治安上のリスクになる」と強調。「空爆の結果はまだ見極めているところだが、これまでの調査では成功したことがうかがえる」と語った。

国防当局者によれば、空爆前のISIS戦闘員らは武器を運んだり、戦闘服姿で迫撃砲を構えたり、隊列を組んだりしていたという。

国防総省は、戦闘員が砲弾やロケット式手投げ弾と思われる装備品をトラックに積む様子をとらえた監視カメラの映像も報道陣に公開。続いてこの拠点を空爆する映像も公開した。

空爆の標的となった地域に女性や子どもはいなかったと当局者は話している。

空爆されたISISの拠点はリビア北部の沿岸に面したシルトから約45キロ南西にあり、数週間前から米軍の偵察機が監視を続けていたという。

クック報道官によると、空爆は米ミズーリ州の空軍基地から発進したB2爆撃機2機を使って、爆弾やミサイル100発以上を投下した。無人機もこの攻撃に加わった。



UP:2017 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)