HOME > World / Africa >

ケニア共和国 Republic of Kenya 2012年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016



○2007年大統領選挙関連ニュース → ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
○2006年以前のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 〜2006年
○2007年1月〜9月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2007年1月〜9月
○2007年10月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2007年10月〜12月
○2008年1月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年1月
○2008年2月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年2月
○2008年3月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年3月〜12月
○2009年のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2009年
○2010年1月〜6月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2010年1月〜6月
○2010年7月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2010年7月〜12月
○2011年のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2011年
○最新のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya

KENWA

○外務省 各国・地域情勢 ケニア共和国

◆2012/01/01 アフリカビジネスニュース ケニア、韓国製HIV検査キットを回収
◆2012/01/02 The guardian Problems pile up in Kenya's election year
◆2012/01/04 日経ビジネスオンライン 地熱発電に沸くケニア、日本勢のチャンスは?
◆2012/01/05 japan.internet.com Apple、中国など22か国で「iPhone 4S」を1月13日発売
◆2012/01/05 RBB TODAY iPhone 4Sが中国など21カ国で新たに発売開始
◆2012/01/06 AFP BB News ケニアの贅沢な悩み、五輪マラソン代表残り1枠を巡る熾烈な争い
◆2012/01/08 cnn.co.jp ナイロビでテロ計画「最終段階」の恐れ 英当局が警告
◆2012/01/11 日経ビジネスオンライン トヨタグループ、日本の中古車をアフリカへ
◆2012/01/12 WirelessWire News ケニアの偽造携帯電話機との戦い
◆2012/01/12 nikkei.com 中国国営TV、アフリカで英語放送開始 海外で初めて番組制作
◆2012/01/12 外務省 「経済協力調整員」募集のお知らせ(在ケニア大使館及び在セネガル大使館)
◆2012/01/16 Internet Watch 世界銀行と米Google、「Map Maker」による途上国の地図作製で提携を発表
◆2012/01/17 tech leader What Africa’s promising youth need to succeed
◆2012/01/17 アフリカビジネスニュース アフリカの地で初放送、中国中央テレビ【ケニヤ】
◆2012/01/17 The Standard Deaf preacher with gifted hands
◆2012/01/17 SATURDAY NATION Reprieve for deaf patients as nurses training launched
◆2012/01/17 Nairobi Star Kenya: Special Needs Union Calls for Upgrade of Schools
◆2012/01/18 IT NEWS AFRICA World Bank lauds Kenya ICT, telecom sectors
◆2012/01/18 WirelessWire News  ケニアの偽造携帯電話機との戦い
◆2012/01/20 AJF アフリカNOW第91号「ルワンダに生かされて」筆者のブログ
◆2012/01/25 Gulf Times Forum focuses on protection of disabled during disasters
◆2012/01/25 毎日新聞 NEWS25時:ケニア 副首相公判開始決定
◆2012/01/26 Morningstar <EMeye>モバイル送金サービスがアフリカで急成長、将来はデビットカードや保険にも領域広げる見込み
◆2012/01/28 TechCrunch ケニアのUshahidiが大衆参加型情報プラットホームを数百か国に展開-Twitterの検閲に大反対
◆2012/01/29 ファッションプレス ヴィヴィアン・ウエストウッドの「Ethical Africa Project」から新作バッグコレクション登場
◆2012/01/31 Nairobi Star Kenya: Armless Italian Artist Opens Home for Disabled in Nyahururu
◆2012/01/31 nikkei.com 中国、アフリカ東部に進出 資源輸送拠点確保へ港開発
◆2012/01/31 毎日新聞 ケニア:閣僚公判に動揺 大統領選候補も対象 内政対立の火種に−−国際刑事裁
◆2012/01/31 毎日新聞 南スーダン:ケニアへパイプライン 建設合意、石油輸出ルート確保
◆2012/02/01 cri 国連、アフリカにエネルギー政策樹立を呼びかけ
◆2012/02/02 Morningstar <EMeye>南アフリカ、「アフリカ一のツイッター大国」に輝く
◆2012/02/04 Gigazine ケニアでAndroid搭載スマートフォン「IDEOS」を約6150円で手に入れました
◆2012/02/07 Capital FM News Uproar as TJRC hearings abort in Nairobi
◆2012/02/08 Daily Nation Kenya: My Journey Back Home After 10 Years As a Missing Child
◆2012/02/08 itweb 80 African schools to get digital hubs
◆2012/02/09 毎日新聞 ケニア:マータイさん祖国、進む森林破壊 先住民の村被害、10万ヘクタール消失 伐採・開発、水源枯渇懸念も
◆2012/02/12 アフリカビジネスニュース 牛丼のすき家がミルクで東アフリカ援助
◆2012/02/13 ベライゾン ビジネス ベライゾン、アフリカおよび中東でグローバルなエンタープライズ向けネットワークプラットフォームを拡大
◆2012/02/14 Travel Vision ケニア航空、燃油サーチャージを5ドル値上げ−2月15日から
◆2012/02/15 アフリカビジネスニュース アフリカのバレンタインデーの過ごし方
◆2012/02/15 AllAfrica  Africa: Social Media Updates
◆2012/02/16 アフリカビジネスニュース ケニアに観光リゾート地の建設計画
◆2012/02/16 Aol Music. 50セント、飢餓に苦しむソマリアとケニアを支援
◆2012/02/17 AFP BB News アラスカの超軽量渡り鳥、アフリカまで往復飛行していた カナダ大研究
◆2012/02/17 FlyTeam ニュース ケニア航空、スカイチーム特別塗装機を就航-「5Y-KQH」
◆2012/02/17 Nairobi Star Kenya: Disabled Council Boss Nyagudi Wants Fresh Census for Members
◆2012/02/17 毎日新聞 マータイさんの日:3月3日、環境保護意識を アフリカ連合が制定、「賞」も創設
◆2012/02/17 毎日新聞 MOTTAINAI:ケニア山麓、ゾウの食害絶えず 「深い森」再生へ始動 マータイさんの知恵生かして
◆2012/02/21 Nairobi Star Kenya: Thika Man Lynched for Killing His Wife
◆2012/02/24 THE AFRICA REPORT Ethiopia launches ICT Park, after Kenya
◆2012/02/24 The Star Kenya team get direct ticket to Deaf Olympics in Budapest
◆2012/02/26 AFP BB News 男子はキピエゴ、女子はベスエが優勝 東京マラソン
◆2012/02/26 FlyTeam ニュース KLMとケニア航空がサファリコネクションを共同運航-747に特別塗装
◆2012/02/27 FlyTeam ニュース スカイチーム、ケニア航空利用のGo Africaパスを設定-45都市周遊
◆2012/02/28 The STAR 30,000 jobs targeted in new ICT focus
◆2012/02/28 Computerworld E-waste recycling center launched in Nairobi
◆2012/02/28 Web BUSINESS Women wanted for Kenya's ICT sector
◆2012/02/28 The Voice of Russia  東アフリカのインターネット 20%接続スピード落ちる
◆2012/02/28 Daily Nation Disabled cannot access courtrooms, judge told
◆2012/02/29 All Africa Kenya: Digital Divide Returns As High Speed Cable Severed
◆2012/02/29 アフリカビジネスニュース ケニアのテレコミュニケーションが絶好調
◆2012/03/04 nikkei.com マサイ族に広がるスマホ 携帯市場を支える中国
◆2012/03/13 Nairobi Star Kenya: 8,000 Disabled Refugees Stranded As Staff Sacked
◆2012/03/19 アフリカビジネスニュース ケニア、コーヒー産業に明るい兆し
◆2012/03/30 外務省 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通じた難民・国内避難民等への支援
◆2012/04/05 トラベルビジョン HIS、ケニアにナイロビ支店開設、受入業務を実施−117拠点目
◆2012/04/13 telecoms.com  Old Mutual Kenya: “Lower costs, enhanced flexibility and new revenue streams are making cloud a technology of choice”
◆2012/04/18 all Africa  Kenya: Nyong'o Launches e-Health
◆2012/04/18 アフリカビジネスニュース  ケニアとタンザニアは携帯電話で送金
◆2012/04/25 Econtent Kenya’s Kids & Kindles: Mobile Technology Brings Education to Rural Africa
◆2012/04/26 毎日新聞 マラソン:ケニアの五輪男女代表各3選手が決定
◆2012/05/02 Morningstar  ケニアのモバイル決済サービス、歳入庁が課税方針示す
◆2012/05/02 アフリカビジネスニュース  ケニア、医療カルテの電子化を検討中
◆2012/05/03 Business Daily  Kenya to boost computer education in schools
◆2012/05/07 アフリカビジネスニュース  ノキアなどが絞ったスマートフォンターゲット顧客とは?
◆2012/05/08 Daily Nation  Kenya leads Africa in mobile pay technology: report
◆2012/05/08 アフリカビジネスニュース  ケニアで68%、モバイルマネーが普及するアフリカ諸国
◆2012/05/14 アフリカビジネスニュース  携帯電話を歩いて充電!?ケニアの24歳起業家が開発
◆2012/05/16 Vogue Vogue Italiaが厳選した最新アフリカファッションをyoox.comにて限定発売。
◆2012/05/17 The Star Kenya: Parents Advised On Disabled Children
◆2012/05/17 ナショナルジオグラフィック ニュース ケニアで建設、ゾウが通るトンネル
◆2012/05/28 共同通信 ナイロビで爆発、27人負傷 ケニア首都、邦人被害なし
◆2012/05/28 毎日新聞 ケニア:ナイロビ中心部で大きな爆発
◆2012/05/29 nikkei.com ナイロビ中心部で爆発、27人負傷 日本人被害なし
◆2012/05/29 asahi.com ナイロビ中心街で爆発 約30人けが
◆2012/05/29 毎日新聞 ケニア:首都ナイロビで爆発 30人以上負傷
◆2012/06/07 The Star Government to give cash rewards to deaf athletes
◆2012/06/11 cnn.co.jp ケニアでヘリ墜落、副大統領経験者ら6人死亡
◆2012/06/12 Africa Science News Service Lobby calls for reproductive health rights for intellectually disabled
◆2012/06/12 国際育成会連盟 2014年に世界会議をケニアで開催予定
◆2012/06/13 AllAfrica.com Kenya: Treat Us Equally in Law, Say Disabled
◆2012/06/13 EMeye アフリカで「モバイルラーニング」が胎動、オンライン大学が研究に本腰
◆2012/06/13 日経BP環境経営フォーラム 坂本龍一氏がアフリカから学んだこと
◆2012/06/17 グローバル・ボイス ケニアの農家のオンライン物語
◆2012/06/21 マイナビニュース JCBとケニアのエクイティ銀行、東アフリカ5カ国での加盟店・ATM業務で提携
◆2012/06/24 cnn.co.jp ケニアの港町モンバサでテロの恐れ 米大使館が警告
◆2012/06/25 nikkei.com ケニアで手りゅう弾爆発、1人死亡 米大使館が警告
◆2012/06/26 AllAfrica.com Kenya: Kabogo Wants Schools for the Handicapped
◆2012/06/26 The Star Kenya: Action Plan to Ensure Buildings, Roads Are Friendly to the Disabled
◆2012/06/27 KBC President Kibaki assured the teams that they will be rewarded
◆2012/06/27 AllAfrica.com Kenya Deaf Squad Get Sh17 Million Boost Ahead of World Show
◆2012/07/01 asahi.com ケニアでキリスト教会2カ所襲撃 17人死亡70人けが
◆2012/07/02 asahi.com ケニアで教会襲われ17人死亡 イスラム武装勢力犯行か
◆2012/07/02 毎日新聞 ケニア:教会に攻撃、17人が死亡 東部ガリッサ
◆2012/07/05 財経新聞 サハラ以南のアフリカにおけるプリペイドカード市場は、若い顧客層が成長を支える見通し
◆2012/07/05 nikkei.com ケニア、イラン産原油輸入取り消し
◆2012/07/09 African Brains Kenya: ICT Entrepreneur Competition - Apply Now!
◆2012/07/10 EMeye  グーグルなど米国IT大手、ケニアに熱視線
◆2012/07/13 IT Web Kenyan govt invests in ICT
◆2012/07/18 The Star (Nairobi) Kenya: Disabled's Body Boss in Peaceful Poll Plea
◆2012/07/19 INTERNET Watch ネットなしでGmailを利用可能に、「Gmail SMS」をアフリカ3カ国で開始
◆2012/07/20 アフリカビジネスニュース ケニアのIT市場に米大手が注目「デモ・アフリカ」開催
◆2012/07/20 WIRED JAPANESE EDITION テキストメッセージで給水ポンプ故障を監視 from WirelessWire News
◆2012/07/20 nikkei.com 中国、アフリカ大進出 建設現場に商店街に
◆2012/07/23 情報通信総合研究所 Gmail SMS:ガーナ、ナイジェリア、ケニアで開始〜既存サービスの新興国での展開
◆2012/07/24 The Standard Digital News Kenyans finish fourth at World Deaf Championships
◆2012/07/25 外務省 ケニア国際平和維持訓練センターへの自衛官講師の派遣
◆2012/07/25 EMeye ケニアのモバイルマネーサービス、通信最大手サファリコム独占に世銀難色
◆2012/07/30 The Star Hope for the deaf as new technology reaches Kenya
◆2012/07/30 MINNPOST Developing countries lead the way in deploying mobile technology
◆2012/08/01 AllAfrica.com Kenya: Disabled Demand Allowances
◆2012/08/01 asahi.com 米国務長官、アフリカ6カ国歴訪開始 狙いはテロ対策
◆2012/08/04 新興国情報EMeye アフリカでサイバー犯罪急増、「東アフリカの銀行は負ける」との警告も
◆2012/08/06 AJF AJF会報「アフリカ NOW」第95号:アフリカの先住民にとってのITの可能性
◆2012/08/08 AFP BB News セメンヤが女子800メートル準決勝進出
◆2012/08/08 ventures Bridging Kenya’s ICT Skills Gap
◆2012/08/08 nikkei.com [FT]紅茶、主要産地の生産減で高騰
◆2012/08/10 jp.reuters.com 五輪=男子800m、マサイ族ルディシャが世界新で優勝
◆2012/08/10 AFP BB News ルディシャが世界新記録で金メダルを獲得、男子800メートル
◆2012/08/11 AFP BB News デファーが女子5000メートルで金メダル獲得
◆2012/08/12 AFP BB News ウガンダのキプロティチが男子マラソン金メダル、中本が6位入賞
◆2012/08/12 AFP BB News ファラーが男子5000メートル制し長距離2冠
◆2012/08/13 yomiuri.co.jp マラソン王者、東京で藤原に競り負けていた
◆2012/08/13 nikkei.com アフリカ大陸で初のIBM研究所、ケニアのナイロビに開設
◆2012/08/15 豊田通商株式会社 ケニア共和国と包括的な覚書を締結
◆2012/08/15 Daily Nation Dear Mr Moi, disability is not inability
◆2012/08/15 AllAfrica.com Kenya: Apologise Over Disability Remarks, Moi Told
◆2012/08/23 AllAfrica.com Kenya: Moi Criticised for Opposing Tororei's Appointment
◆2012/08/23 VIETJO ベトテル、ケニア進出を計画、アフリカ東部市場開拓へ
◆2012/08/23 cnn.co.jp ケニアで農耕民と半遊牧民が衝突、52人死亡
◆2012/08/23 cnn.co.jp ケニアの国立保護区で飛行機が墜落、4人死亡
◆2012/08/24 アフリカビジネスニュース 【ケニア】携帯電話ブラックベリーが医療現場に
◆2012/08/27 Nigerian Tribune Arepo-Ijoko, where the dumb, deaf still beg for attention
◆2012/08/27 AllAfrica.com Kenya: The Disabled in Kilifi Demand for Ncpwd Branch
◆2012/08/28 Reuters Kenya's Nakhumicha targets Paralympic gold, new leg brace
◆2012/08/28 毎日新聞 ケニア:聖職者狙撃死でイスラム教徒らキリスト教会襲撃
◆2012/08/31 Nation A matatu tout who never shouts
◆2012/09/03 AllAfrica.com Kenya: The Disabled Oppose Proposed Election Fee
◆2012/09/05 カラパイア マサイの戦士と呼ばれた「マサイ族」の今
◆2012/09/08 JICA/DPI日本会議 (イベント案内) 9月八日、JICA研修 日本・アフリカ交流セミナー
◆2012/09/18 cnn.co.jp 中国のアフリカ進出 政治・経済に続いてメディアでも
◆2012/09/24 WORKMASTER アフリカ人の生活を変える携帯電話
◆2012/09/25 ITWEB SAP Skills for Africa Programme to empower 100 Kenyan students for the East African market
◆2012/09/27 新興国情報EMeye 南アフリカ発のSNS「2go」、ナイジェリアでフェイスブック凌ぐ人気
◆2012/09/28 Jeune Afrique 動物資源、新たな戦費調達方法
◆2012/09/28 WirelessWire NEWS ナイジェリアの農業従事者にモバイルフォン1,000万台配布
◆2012/09/30 毎日新聞 ソマリア:ケニア軍、過激派支配の南部港湾都市を制圧
◆2012/10/01 AllAfrica.com Kenya: Sh25 Million Spend On the Disabled, Says Official
◆2012/10/01 greenz.jp アフリカの音楽を世界へ届ける音楽レーベル「AMP Music」の活動が、スラムのレコーディングスタジオを盛り上げる[CAMPFIRE]
◆2012/10/03 毎日新聞 ソマリア:政府軍とケニア軍 南部の都市キスマユを掌握
◆2012/10/05 Daily Nation When disability is used against candidates
◆2012/10/06 毎日新聞 ケニア独立運動:植民地時代の拷問に補償 英高裁決定
◆2012/10/14 cnn.co.jp ケニア議会、選挙にらみ議員「退職金」の法案可決 国民反発
◆2012/10/17 AllAfrica.com Kenya: Parenting a Mentally Disabled Child-a Mother's Revelation
◆2012/10/19 情報通信総合研究所 Nokiaのソーラー充電器:電気はない地域でも携帯電話が急速に普及するアフリカでの取組み
◆2012/10/19 asahi.com ここから旅を始めよう @ケニア・ウィユミリリエ村
◆2012/10/20 Daily Nation End this bias against the disabled people
◆2012/10/23 Daily Nation College grants plans for disabled students
◆2012/10/23 AllAfrica.com Kenya: Safaricom Treat for Mentally Handicapped Kids
◆2012/10/24 asahi.com ポンコツ車は減り、携帯電話は溢れていた @ナイロビ
◆2012/10/25 AllAfrica.com Kenya: Mutula Calls for New Plan for Disabled
◆2012/10/25 How We Made IT in Africa African consumer update: Facebook shopping, mall culture, and fear of missing out
◆2012/10/25 asahi.com 旅の無事を願って、コーヒー儀式 @ナイロビ
◆2012/10/27 Daily Nation What to consider in choice of cellphones for the deaf
◆2012/10/31 The Standard Digital News Group claims funds for disabled misused
◆2012/11/01 Africa Science News  ICT competence: Kenya targets rural schools
◆2012/11/01 KBC Kenyan Universities lead in ICT
◆2012/11/07 StarAfrica.com  Is Africa’s Recent Economic Growth Sustainable?
◆2012/11/22 共同通信PRワイヤー CDNetworks 、ケニアに配信拠点を開設し新しいオンラインビジネス網を開拓
◆2012/11/23 cnn.co.jp コンゴ東部で戦闘続く ウガンダで首脳会議開催へ
◆2012/11/25 asahi.com コンゴ反政府勢力に周辺国が撤退要請 14万人が避難
◆2012/12/03 Africa Science News Government to Fund youth Polytechnics’ ICT labs
◆2012/12/08 The Economist Digital education in Kenya; Tablet teachers
◆2012/12/17 毎日新聞 人模様:アフリカ生活40年「旅続く」−−神戸俊平さん
◆2012/12/21 日刊工業新聞 経産省、東アフリカで次世代電力網の実証実験−インフラ輸出後押し
◆2012/12/22 AllAfrica.com Kenya: Malaika Tribute - Awarding Angels
◆2012/12/25 asahi.com 走って跳んで「マサイ五輪」 100人が身体能力競う

○DAILY NATION http://www.nationmedia.com/dailynation/nmgindex.asp
○THE STANDARD http://www.eastandard.net/
○BUSINESS DAILY http://www.bdafrica.com/

[NGO]
●(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo) http://www.cando.or.jp/

【参考】
橋場奈月 伝統社会と近代教育−ケニア・マサイコミュニティを例に−

原山浩輔 途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−

田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方-ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える-

林達雄 25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査

【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 -市民社会/共同体の二元論をこえて-/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障-タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析-/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法-アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体-タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって-/杉村和彦

開発フロンティアの民族誌-東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと
石井洋子著 御茶の水書房 ¥5,040 A5版 310ページ  2007年2月 [amazon]

サブサハラ・アフリカで最も成功したと言われてきた国家的潅漑計画の歴史と、1990年代末から始まった新しい動きを伝える。


アフリカ昆虫学への招待
日高敏隆監修 日本ICIPE協会編 京都大学学術出版会 ¥3,150 A5版 285ページ 2007年4月 [amazon]

ケニアにある国際昆虫生理生態学センター(ICIPE)、ナイジェリアにある国際熱帯農業研究所(IITA)等でアフリカの昆虫研究に従事した日本人研究者が、人びとの健康や農業に関わる昆虫研究の課題を紹介する。


アフリカン・ポップスの誘惑
多摩アフリカセンター編 春風社 ¥1,680 A5版 191ページ 2007年5月 [amazon]

アフリカの人びとがラジオ、カセットテープを通して親しんでいるポップスを多数紹介。最後に収録されたエイズで亡くなった大スター自身のエイズの恐ろしさをえがく歌が印象的。


マウマウの娘-あるケニア人女性の回想
ワンボイ・ワイヤキ・オティエノ (著), コーラ・アン・プレスリー (編さん), 富永 智津子 (翻訳)  未来社 ¥2,730 四六判 266ページ 2007年5月 [amazon]

十代でケニア土地解放軍の闘いに参加し、ケニア独立後は政治家としても活躍した女性の自叙伝の前半。後半の翻訳も待たれる。70歳を超えて、ケニア独立の理念を高く掲げた政党を立ち上げた著者から目が離せない。



 
 
>TOP

ケニア、韓国製HIV検査キットを回収

2012年1月1日 21:00 

精度は50%

ケニア公衆衛生省は、検査結果の精度に不備があるとして、HIV(エイズウイルス)検査キット約100万セットの回収を開始した。

対象となっているのは、韓国製のStandard Diagnostics Bioline (SDB) というキット。サハラ以南のアフリカ諸国では広く普及している製品だという。

公衆衛生省のディレクター、シャバズ・シャリフ博士が英BBC放送の番組「Focus on Africa」に語ったところによると、SDBの検査結果の精度は50%で、世界保健機関(WHO)も同キットの使用を差し控えるよう各国に指示しているという。

過度の心配は不要

SDB検査は同省がHIVの感染を診断するために実施している3つの検査のうちの1つ。このため同博士はケニア国民に対し、過度に不安視する必要はないとも述べている。複数の検査で矛盾する結果が出た場合、追加検査や確認検査が行われるという。

多くのアフリカ諸国同様、ケニアもHIV/エイズの拡大防止に取り組んでいる。同国のHIV陽性者数は100万人を超えるとされる。



 
 
>TOP

Problems pile up in Kenya's election year

http://www.guardian.co.uk/world/2012/jan/02/problems-kenya-election-year

"Karibu Kenya, hakuna matata," - Welcome to Kenya, there are no problems.

So goes the traditional greeting for visitors to east Africa's top tourist destination.

But Kenyan wags have come up with a new version: "Karibu Kenya, hakuna matata, hakuna maji, hakuna stima, hakuna gas" - Welcome to Kenya, no problems, no water, no electricity, no gas.

This sarcastic take on the well-known slogan reveals the frustration felt by many in a country that is flexing its military muscles on the regional stage, but failing to deliver on promises at home ahead of critical elections in 2012.

Kenyans will go to the polls, most likely in December, to choose a new president and parliament. The last election in 2007 brought the country to the brink of civil war amid accusations of fraud. Around 1,300 people were killed and hundreds of thousands displaced.

Few analysts are willing to take a punt on whether the 2012 polls will be disrupted by the same toxic mix of ethnicity, politics and greed. Kenya is still struggling with these old demons, but also facing new pressures.

Recent military incursion into Somalia has compounded a sense of uncertainty and insecurity.

Heavy rains have displaced thousands, ruined crops, caused power blackouts and turned Nairobi into a gridlocked quagmire. There was a shortage of water in some places and for weeks, in an unrelated scarcity, cooking gas was unavailable.

The rains and floods, coming as drought continued to bite in the north, laid bare the weaknesses of east Africa's biggest economy, which has long been at the mercy of endemic corruption and government lassitude.

"The economy has been blinking amber all year," said Aly-Khan Satchu, an independent Nairobi-based analyst. "The current account deficit has crossed 10%, putting us on a par with Greece and Swaziland."

The World Bank has revised down growth estimates, and the Kenyan shilling sank to a record low against the dollar in October, pushing food and fuel prices higher. The central bank hiked rates repeatedly as inflation climbed to nearly 20% in November. The currency has strengthened since, but for many the damage has already been done.

Satchu says there are two economies in Kenya - the old one that exists to serves the interests of a ruling elite, and a new economy based on IT and mobile technology. Overall, Kenya has shown resilience, bouncing back from the post-election crisis thanks mainly to tourism, a thriving ICT sector and the mobile money revolution.

Nairobi embodies this dual-track reality. The city where 60% of the population live in slums is also a regional hub for IT development and entrepreneurship.

Politically too, the picture is not uniformly bleak. Last year, a new constitution was ratified in a peaceful vote seen as an important first step towards eradicating the dangers of poll-related violence. But the old demons persist.

"We must continue to work towards national unity rather than balkanise our nation along ethnic lines," said the prime minister, Raila Odinga, who is the frontrunner to win the presidency.

J Peter Pham, director of the Africa Programme at the Atlantic Council in Washington, says Kenya needs strong political leadership to overcome its many hurdles this year, but that this has been in "critically low supply".

The first test will come later this month when the international criminal court rules on whether six political figures, including deputy prime minister and presidential hopeful Uhuru Kenyatta, should stand trial for their alleged roles in the post-election violence.

Former UN chief Kofi Annan, who helped mediate the 2008 peace deal, said in December that Kenyans had moved on from the past and wanted no more violence, impunity or corruption. The question is do their leaders want the same.

"I think some of the politicians are behind the curve," Annan said.



 
 
>TOP

地熱発電に沸くケニア、日本勢のチャンスは?

開発計画は目白押し、約20年で発電量を30倍以上に

宇賀神 宰司  【プロフィール】 バックナンバー2012年1月4日(水)

今、ケニアは地熱に沸いている。

2011年11月7日、首都ナイロビにある高級ホテルで、ケニア電力公社(KenGen)が進める地熱発電所の新規プロジェクトの調印式が行われた。受注したのは豊田通商と韓国・現代エンジニアリングのチームでタービンや発電機などの主要機器は東芝が納入する。ナイロビの北西約120キロメートルに位置するオルカリア地域に、発電容量14万キロワットの地熱発電所を2か所建設する計画だ。工費は3000億円で2014年4月の完成を目指す。

ケニアは現在、総発電容量の12%に当たる16万キロワットを地熱によって発電している。今回の新規プロジェクトで一挙に3倍近い発電量になるが、さらにケニア電力公社は2030年までに30倍以上の500万キロワットまで引き上げる。これは現在のケニアの総発電容量の約4倍になる。日本の原子力発電所、55基の総発電容量と比較すると約10分の1程度だ。

ケニア電力公社のプロジェクトエンジニア、ジョセフ・ムンヤスヤ氏は「ケニアにはオルカリアのように地熱発電が可能な場所が20カ所あり、その潜在的な発電容量は700万キロワットになる」と語る。

調印式に出席した豊田通商の清水順三・副会長は「豊田通商にとって初めての地熱発電プロジェクトだが、これを契機に地熱ビジネスをアフリカでどんどん手掛けていきたい」と攻めの姿勢を見せる。

ケニア電力公社が進めるオルカリアの新規プロジェクトは、三菱商事と三菱重工、丸紅と富士電機がそれぞれ受注を目指した。今回は豊田通商が受注を勝ち取ったが、新たな地熱発電所建設が今後も計画通りに続けば、日本企業にとって商機が広がる。

丸紅ナイロビ支店の生貝寿夫・支店長は「資源の少ないケニアにおいて、地熱発電は最も成長が期待できるビジネスだ。タービンや発電機など地熱発電の設備は日本企業が世界シェアの7割を占めていて高い技術力がある。日本企業にはチャンスだ」と語る。

大地の裂け目に広がる地熱発電の候補地

大陸プレートの境目、「地球の割れ目」とも呼ばれる大地溝帯(グレートリフトバレー)が国土の西部を南北に走るケニア。大地溝帯は地殻変動により地表が裂けて谷になったもので、紅海からエチオピア、ケニア、タンザニアなど東アフリカの国々を通りモザンビークまで7000キロメートルに及ぶ。この一帯は地下のマントルの上昇流があり地熱温度が高く、地熱発電に適している。

ナイロビから車で2時間程の場所にオルカリアがある。近くには温泉が湧き出るヘルズゲート国立公園や、クレーター山のロンゴノット国立公園などがあり、この地域が火山帯であることが見た目にもすぐに分かる。

オルカリアには現在1号から3号まで3つの発電所がある。1号発電所は1981年、2号発電所は2003年から稼動している。豊田通商が手掛ける新規プロジェクトは1号発電所の拡張と4号発電所の新設だ。

現在の1号発電所と2号発電所では三菱重工の機器が稼動している。それぞれ発電容量は4万5000キロワットと10万5000キロワットだ。地熱発電は地中からマグマによって熱せられた高圧の蒸気を取り出して、蒸気の圧力でタービンを回して発電させる。火山帯はマグマ溜まりが地上に近く、蒸気が溜まっている場所も比較的地表に近い。そのため地熱発電は火山帯に集中する。オルカリアの場合、高圧の蒸気を得る井戸は1000〜3000メートルの深さ。2号発電所では20本の井戸があり、1つの井戸で5000キロワット程度を発電する。

1つの井戸を掘るには2カ月程度かかる。高さ40メートルの切削装置で3000メートルの深さまで掘り進める。

井戸から発電所へはパイプラインがつながり、中を蒸気が通り抜ける。オルカリア発電所に着くと山のあちらこちらで「プシュー」という轟音とともに白煙が上がり、山を這うようにパイプラインが延びる。温泉地特有の硫黄のにおいもただよう。

不安定な水力発電を補う

ケニア政府が地熱発電に力を入れているのは、不安定な水力発電を補う狙いがある。現在、ケニアの発電容量の68%を水力発電が占めているが、気候変動の影響もあり降水量変動に伴って発電量も変動する。干ばつが続き水量が枯渇すれば電力量も減る。送電の問題もあるが首都ナイロビでも週に何度も停電する。

一方で地熱は天候に左右されず安定して発電ができる。二酸化炭素(CO2)排出量が少ないこともメリットだ。クリーンエネルギーの中でも水力に次いで少なく、風力や太陽光よりも圧倒的に少ない。

ケニア電力公社は「ケニアでノウハウを培って将来はウガンダやエチオピア、タンザニアといった東アフリカの周辺国にも事業を広げていきたい」と野心的な目標を立てている。

しかし、地熱発電は地下の地質構造を調査して、井戸を試しに切削するなど開発に時間と費用がかかる。今回のオルカリアの新規プロジェクトも建設資金は、日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて供与する円借款などで支援している。

将来の潜在性を示すだけではなく、ケニア政府とケニア電力公社がどこまで本腰を入れて海外の投資を呼び込むかがこれからの課題だが、資源の少ない東アフリカで沸き起こる地熱ブームは今後も続きそうだ。

福島第1原発事故以後、エネルギー政策の転換が迫られている日本も地熱発電の潜在性は高い。日本の将来を考える意味でもケニアの地熱ブームに日本企業が加わることは意義があるだろう。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111228/225731/



 
 
>TOP

ケニアの贅沢な悩み、五輪マラソン代表残り1枠を巡る熾烈な争い

2012年01月06日 12:00 発信地:イテン/ケニア

【1月5日 AFP】ケニアはトップアスリートの数が多すぎるが故に、2012年ロンドン五輪のマラソン代表チームの選出に頭を痛めている。その他の国にしてみれば贅沢な悩みだ。

2011年に行われたマラソン主要6大会のすべてでケニア人選手が優勝を飾ったため、ケニア陸連(Athletics Kenya、AK)の選考委員は、ロンドン五輪に出場するランナーの残り1枠の決断を迫られている。

アスリートに人気のケニアの高原地帯イテン(Iten)で集中トレーニングを積むウィルソン・キプサング(Wilson Kipsang)は、10月に行われた第30回フランクフルト・マラソン(30th Frankfurt Marathon)で世界歴代2位の2時間3分42秒で優勝したものの、代表選出には至っておらず、「選抜が難しいことを証明している」と話している。

また、4月に行われた第31回ロンドン・マラソン(31th London Marathon)を2時間4分40秒で制したエマヌエル・ムタイ(Emmanuel Kipchirchir Mutai)も「2011年シーズンに数人の選手が素晴らしい走りを見せているが代表入りしていない。ケニア代表の競争率の高さがわかるだろう」と語った。

■世界陸上王者キルイと世界記録保持者マカウは確定

これまで代表選考は、五輪と世界選手権を含む主要大会の代表選手を4月のロンドンマラソン(London Marathon)とボストン・マラソン(Boston Marathon)の成績に基づいて選出していたが、2011年9月にAKのアイザイア・キプラガト(Isaiah Kiplagat)会長は、第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)で2連覇を達成したアベル・キルイ(Abel Kirui)と、世界記録保持者のパトリック・マカウ(Patrick Makau)をケニア代表に選出した。

キルイとマカウを除く世界最高峰のランナーたちが、残された1枠を争うことになるが、世界陸上大邱大会では多くのケニア人選手が活躍したため、選考は最後まで熾烈(しれつ)を極めるだろう。

ケニア人陸上選手のコーチを務めるアイルランド人のコルム・オコンネル(Colm O'Connell)氏は、「ケニアは大邱大会での成績を重視していた。種目が男子800メートルであろうが、男子5000メートルであろうが、マラソンであろうが、金メダルでなければ満足されない。重圧の中でメダルを獲得したアスリートたちの精神力は素晴らしい」とコメントしている。

■ケニア代表残り1枠、有力はキプサングとジェフリー・ムタイ

世論では、キプサングとジェフリー・ムタイ(Geoffrey Mutai)のどちらかがケニア代表の最後の1枠を手にするとの意見が多数を占めている。

ジェフリー・ムタイは第115回ボストン・マラソン(Boston Marathon)で世界最速の2時間3分2秒を記録したが、国際陸上競技連盟(International Association of Athletics Federations、IAAF)はコースが基準を満たしていないことを理由に、公式記録として認定しなかった。

キプサングは「残りの1枠を獲得するには、もっと速い記録を出すしかない」として、2012年に選考会開催を希望している。また、ムタイも「それが最善の方法だ」とキプサングに同意し、「1レースでいいので勝負させて欲しい。ロンドンでもどこでもいい。速い方がケニア代表になればいい」と話している。

残り1枠を争う中、選手たちは北京五輪の男子マラソン金メダリストで、2011年5月に転落死したサムエル・ワンジル(Samuel Wanjiru)氏の功績を引き継ぐ自信を見せている。

キプサングは「ケニアにはワンジル氏より速い選手が多くいることは疑いの余地がない。それをロンドン五輪で証明する」と意気込みを語った。(c)AFP/Aileen Kimutai



 
 
>TOP

ナイロビでテロ計画「最終段階」の恐れ 英当局が警告

2012.01.08 Sun posted at: 09:35 JST

ナイロビ(CNN) 英外務省は7日、ケニアの首都ナイロビでテロ計画が最終段階に達している恐れがあるとの警告を発した。一方、ケニア警察は「攻撃が差し迫っているわけではない」との見方を示している。

英外務省は声明で、外国人が集まるホテルや商業施設、ビーチなどが標的となる可能性を指摘し、自国民に警戒を促した。ただ、テロを企てている組織の詳細には言及しなかった。

これに対してケニア政府の報道官は、隣国ソマリア南部を実効支配するイスラム武装組織シャバブがテロを計画している恐れがあるとしたうえで、脅威のレベルは2週間ほど前から変わっていないと述べた。

同国警察の報道官もCNNとのインタビューで、ナイロビでのテロ攻撃の脅威はロンドンなどと同程度だと強調。国内各地からの情報によれば比較的安全な状態だとして、「休暇をキャンセルする必要はない」と呼び掛けた。

同報道官はまた、シャバブをめぐる捜査に関連して英国人2人に逮捕状が出ていることを確認した。1人は女性で、シャバブの犯行に加担しているか情報を握っている疑い。もう1人はケニアとの二重国籍を持つ男性だという。

ケニア軍は最近、ソマリアのシャバブに対して越境攻撃を実施した。シャバブ側はこれを主権侵害だと非難し、報復攻撃を予告している。



 
 
>TOP

トヨタグループ、日本の中古車をアフリカへ

新車販売ではホンダが本格参入

宇賀神 宰司  【プロフィール】 バックナンバー2012年1月11日(水)

日本からケニアの首都ナイロビまでは飛行機を乗り継いで20時間以上。ようやく着いたナイロビの街中で、まず驚くのは日本車の多さだ。

ナイロビの街中は多くのクルマが行きかい、鉄道などの公共交通機関が未整備なこともあり、朝夕の通勤時間帯はかなり渋滞する。経済成長が続く中、年々、クルマの台数も増えている。現地ではトヨタ自動車のクルマが圧倒的に多く、ほかも日産自動車、ホンダ、スバル、三菱自動車、いすゞ自動車など日本勢が多数を占める。

日本の中古車が75%を占める

かつて英国の植民地だったケニアは日本同様、左側通行国で右ハンドル車が走る。そのため、日本車の人気が高い。街中には比較的きれいな日本車が走っているが、その多くは実は日本から輸入した中古車だ。

ケニアの首都ナイロビ市内を走るクルマは日本車が圧倒的に多い  その証拠にナイロビを走っている日本車をよく見ると「トヨタカローラ神奈川」「青森トヨタ」など日本の自動車販売店の名の入ったステッカーが張ってある。また、トラックやバスの側面に「○○建設」、「△△自動車学校」などと日本語が入っていることもあり驚く。

ケニアの新規自動車登録台数は2010年で7万9190台。その86%に当たる6万8140台が中古車だ。税金の関係もあり日本と比べてもケニアの新車販売価格はかなり割高。ケニア人の平均購買力も低く、現時点では富裕層でも新車にはなかなか手が出せないのが現状だ。

一方、同年の日本からケニアへの中古車輸出は約5万台で、単純計算するとケニアの新規中古車登録台数の75%に相当する。

ケニアでは初年度登録から8年以上経過した中古車、さらに左ハンドル車の輸入を禁じている。ケニアで比較的きれいな乗用車が多いのはこの「8年ルール」が大きな理由だ。日本の中古車は海外に比べ年式が新しく、走行距離も少ないものが多い。クルマの整備状況もよいことなどから他国の中古車に比べて有利だ。日本車に対する品質面の信頼度も高い。

日本からの中古車輸出は多くの中小、零細企業が担っている。中古車輸出に詳しく、ケニアで中古車販売サイトを運営するアイスリーデザイン(東京都渋谷区)の芝陽一郎社長は「日本の中古車輸出業者は一部の大手を除くと年間売上高50億円以下の中小、零細企業がほとんど。正確な数字を把握するのは難しいが、1000社程度ある」と語る。その理由を「1台当たりの利幅が少なく、関税手続きや輸出先での陸送などで手間がかかるため、大企業ではやりにくいからだ」と説明する。ケニアにある中古車販売店も小規模なものが多い。また、広場にクルマを持ち込んで個人売買するカーバザールも一般的だ。

日本の中古車需要は伸びているのに体制が整備されていない。こうした状況を受けてトヨタグループの豊田通商は自らケニアで中古車の販売に乗り出した。

ケニアをはじめアフリカ23カ国でトヨタ車を販売する豊田通商。今年3月からケニアに中古車専業店「トヨツウ・オートマートケニア」を開く。

成長市場を見過ごさない

同社の常務執行役員で自動車本部の服部孝・本部長補佐は「当社にとって海外での中古車輸入販売はケニアが初の試みだ。ケニアでは中古車市場がとても大きく今後も成長が見込める。豊田通商は今は新車の販売とメンテンナンスに注力しているが、中古車市場を見過ごす手はない」と語る。

初年度は3000台程度の販売を見込んでいる。クルマは日本の各トヨタ販売店に持ち込まれた中古車やオークションで調達する。道路の整備状況が悪く、未舗装の道も多いケニアでは4輪駆動車のRAV4やランドクルーザープラドが人気だ。8年ルールの範囲内で価格を安く設定できる6〜7年程度の中古乗用車を中心に扱う予定だ。

豊田通商が中古車販売に乗り出すのは、中古車販売にグレーな業者が介在してたびたび問題を起こしている現状を変えたい狙いもある。

例えば2011年11月26日、ケニアの大手日刊紙「デイリー・ネーション」は「日本車輸入販売サギで少なくとも30人のケニア人が被害を受けた」と報じた。業者に100万円を払ったが一向に連絡がないまま、業者の行方が分からなくなった事例などを伝えている。日本車人気につけ込んだこうした事件は頻繁に起こるという。

さらに中古車の販売は豊田通商にとって新たな顧客の獲得につながる。服部本部長補佐は「中古車の販売を通して中間所得者層の顧客を獲得したい。ケニアでは中間所得者の数が伸びているので、将来は新車の販売につなげられる」と新車販売との相乗効果を期待する。

ホンダが新車販売でケニアに本格参入

一方、ケニアの新車の新規登録台数は2010年で1万1050台。ここ数年は横ばいだ。豊田通商が販売する新車は年間約2800台。ピックアップトラックのハイラックスなど商用車が中心だ。

今後、韓国現代自動車のケニア市場への本格参入がささやかれる中、中古車も含めた日本車に対するブランドイメージをより高めておく必要が強まっている。

また、日本車同士の販売競争も今後は加速しそうだ。ホンダはナイロビに駐在事務所を新規に開設予定で、ケニアでの販売を強化する。ホンダは2輪車からケニア市場に切り込んでいくと見られている。ナイロビでは2輪車を見かけることは少ない。それだけに今後の経済成長に伴う市場の拡大に期待がかかる。

日本の中古車の増加に伴って自動車部品、修理用品の需要も高まっている。新品の部品は高額で、また日本仕様の中古車の部品はケニアでは入手が困難なこともある。そこで自動車部品も中古品に注目が集まっている。

日本からの中古部品で顧客の信頼つかむ

石川県金沢市に本社を置く中古自動車部品販売の会宝産業は2009年7月、ナイロビに合弁会社「マエジ・カイホウインターナショナル」を設立した。

会宝産業は日本で買い取った廃車から、エンジンなどまだ使用できる自動車部品を取り出して海外65カ国に販売している。同社は従来、中東、アフリカにはアラブ首長国連邦のドバイなどの買い取り業者を介して販売していたが、ケニアをはじめとする東アフリカの日本車市場の広がりからナイロビに拠点を置く決断をした。

ナイロビの下町、インダストリアルエリアにあるマエジ・カイホウ。自動車部品や関連製品の販売店が立ち並ぶ“自動車ストリート”の一角にある。

倉庫にはエンジンだけで400台。フェンダーミラーやドアなどが整然と棚に積み上げられている。各部品にはタグが付けられ、バーコードから解体時にどのようなクルマから取り出したか、年式や走行距離などのデータが読み出せる。

同社のジェフ・ムショカ社長は「この仕組みで顧客の信頼を勝ち取った」と誇らしげに語る。ケニアで流通している日本車の中古自動車部品は日本以外にもオーストラリアやシンガポールなどからも来る。ほかの中古自動車部品の販売店ではどの国で使われていたクルマの部品なのか、そのクルマがどのくらい使われたかなど履歴がないため、同じ型式のエンジンでも性能にばらつきがあると言う。

また、日本の中古車同様に日本の廃車から取り出した中古部品も「性能がいい」と人気があると言う。日本では10年間、走行距離10万キロメートルを乗れば廃車にすることもあるが、海外ではもっと長期間、長距離を乗ることも多い。そのため、日本の中古部品は一般的に性能がいいものが多い。

同社は「マエジ・カイホウに行けば日本の中古部品が入手でき、履歴も分かる」と現地の消費者から評判を集めたのだ。

年間2500万円を売り上げ今後は、ナイロビを拠点にケニアだけではなく、タンザニアやウガンダなど周辺国にも販路を拡大する計画だ。

現代自動車などの韓国勢、格安で販売を伸ばす中国やインド勢など新興自動車メーカーが近年、アフリカでも力をつけている。その中にあって右ハンドル国で日本の中古車が広く出回っているケニアとその周辺国は日本メーカーにとって貴重な存在だ。新車、中古車を問わず現地のニーズに的確に対応できる販売店のみが今後、生き残っていくだろう。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120106/225857/



 
 
>TOP

ケニアの偽造携帯電話機との戦い

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201201121602.html

ケニアでは、昨年9月末までに国内で使われている偽造携帯電話機を通信ネットワークから遮断する予定であったが、一旦、12月末まで延期され、さらに今年の4月末まで延期された。

ケニアで使われている携帯電話機のうち、240万台に上る9.39%が偽造品であり、CCK(ケニア通信委員会)によれば電磁波輻射などで規制を守っていないことから安全性に問題があり健康被害をもたらす恐れがあるほか、正規の商業ルートを介さずに流通しているため政府の税収も32億ケニアシリング(1KES=0.88円換算では約28億1600万円)ほど打撃を受けているという。

正規品か偽造品かを見分けるためのデータベース構築に当たり、CCKは携帯電話メーカーに資金協力を求めてきたが、メーカー側は拒否している。通信する機器を見分けて必要に応じて通信を遮断するのは通信キャリアの領分であるという主張である。

同国で正規の電話機を売っているのはノキア、サムスン、LG、ソニー、エリクソンで、通信キャリアはサファリコム、エアテル、yu、オレンジとなっている。大手メーカーの電話機はGSMAのデータベースに登録されており弁別が可能だという。サファリコムのネットワークにはSIMカードの識別番号に当たる IMSI(International Mobile Subscriber Identity)をサファリコム側で認識できないデバイスが100万台近くも接続されているとのこと。

問題はケニアの消費者がどうやって自分の使っている電話機が正規品か偽造品かを見分けるかである。偽造品と意識せずに使っていた場合、知らぬ間に240万回線ものライフラインが切断されてしまう訳で、今回の延期は消費者側の認識が不徹底であることと、見分ける方法の提供準備が整わないことにあるようだ。SMS(ショートメッセージ)を使ったデータベース照会方法が検討されている。



 
 
>TOP

アフリカの地で初放送、中国中央テレビ【ケニヤ】

http://www.africa-news.jp/news_tofI1u35c.html

国外初の放送

中国中央テレビ(CCTV)が、ケニヤの首都、ナイロビで英語によるアフリカニュースを開始したことを、12日のBusiness Liveで発表された。放送されるCCTV Africaは、毎日1時間の放送で、アフリカ全土の政治、経済、社会やカルチャーなどを網羅する。

CCTVのニュースを中国国外で放送することは初めてのことで、このアフリカの地には約100人の雇用創出となる。

副大統領も祝う

ケニアの副大統領、コロンゾ・ムショカ氏や閣僚らがこの進水式に出席した。

CCTVニュースは、中国中央テレビグループの国際的な部分は、アフリカの主要な衛星プロバイダーのワンセグ受信アダプターであるDSテレビに放送される。

ちなみにナイロビは、中国国営通信社、新華社のアフリカオフィスの本拠地でもある。



 
 
>TOP

World Bank lauds Kenya ICT, telecom sectors

http://www.itnewsafrica.com/2012/01/world-bank-lauds-kenya-ict-telecom-sectors/

A recent World Bank report has praised Kenya’s efforts to boost its economy through technology and telecom. The report comes as the Kenyan government continues to push forward on ambitious efforts to increase its telecom and ICT industry.

The World Bank has praised Kenya’s efforts to boost its economy through technology (image: Rotorhead/stock.xchnge)

The report said that “despite facing challenges including national elections, the establishment of a new system of devolved government and the possibility of a deteriorating global economy, the surging information and communications technology field could boost the performance of a number of sectors, including transportation, agriculture and infrastructure.”

In many ways it is redemption for Nairobi, which had initiated numerous telecom endeavors in recent years to boost its telecom industry, from a middle of the road African nation to a leading instrument for innovation.

According to Gurav Sanjeev, a Bharti Airtel representative in Kenya, it shows the government planned and executed the telecom boom just right.

“I think what we are witnessing in Kenya is a true revolution of telecom and one that cannot be silenced and which is integral to the country’s overall industry and economy as a whole,” he told Bikyamasr.com.

“Africa is on a growth path, but Kenya, particularly, has two advantages,” Wolfgang Fengler, the World Bank’s lead economist for the East African region said in a statement.

Fengler noted that the country had a large and growing online community and that this would enable Kenya to continue to integrate its economy with its burgeoning telecom industry.



 
 
>TOP

ケニアの偽造携帯電話機との戦い

http://wired.jp/2012/01/19/kenya_mobile_wirelesswirenews/

ケニア国内で使われている偽造携帯電話機を通信ネットワークから遮断する予定が、昨年9月末から今年4月末までに延期されている。最大手キャリアのサファリコムのネットワークには、SIMカードの識別番号に当たるIMSIを認識できないデバイスが100万台近くも接続されている。

ケニアでは、昨年9月末までに国内で使われている偽造携帯電話機を通信ネットワークから遮断する予定であったが、一旦、12月末まで延期され、さらに今年の4月末まで延期された。

ケニアで使われている携帯電話機のうち、240万台に上る9.39%が偽造品であり、CCK(ケニア通信委員会)によれば電磁波輻射などで規制を守っていないことから安全性に問題があり健康被害をもたらす恐れがあるほか、正規の商業ルートを介さずに流通しているため政府の税収も32億ケニアシリング(1KES=0.88円換算では約28億1600万円)ほど打撃を受けているという。

正規品か偽造品かを見分けるためのデータベース構築に当たり、CCKは携帯電話メーカーに資金協力を求めてきたが、メーカー側は拒否している。通信する機器を見分けて必要に応じて通信を遮断するのは通信キャリアの領分であるという主張である。

同国で正規の電話機を売っているのはノキア、サムスン、LG、ソニー、エリクソンで、通信キャリアはサファリコム、エアテル、yu、オレンジとなっている。大手メーカーの電話機はGSMAのデータベースに登録されており弁別が可能だという。サファリコムのネットワークにはSIMカードの識別番号に当たるIMSI(International Mobile Subscriber Identity)をサファリコム側で認識できないデバイスが100万台近くも接続されているとのこと。

問題はケニアの消費者がどうやって自分の使っている電話機が正規品か偽造品かを見分けるかである。偽造品と意識せずに使っていた場合、知らぬ間に240万回線ものライフラインが切断されてしまう訳で、今回の延期は消費者側の認識が不徹底であることと、見分ける方法の提供準備が整わないことにあるようだ。SMS(ショートメッセージ)を使ったデータベース照会方法が検討されている。



 
 
>TOP

NEWS25時:ケニア 副首相公判開始決定

07年末のケニア大統領選を機に与野党の支持者が衝突して1000人以上が死亡した暴動を首謀したとして、国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)は23日、ケニヤッタ副首相兼財務相ら4人について「人道に対する罪」で公判を開始すると決定した。【ヨハネスブルク、ブリュッセル】

毎日新聞 2012年1月25日 東京朝刊



 
 
>TOP

<EMeye>モバイル送金サービスがアフリカで急成長、将来はデビットカードや保険にも領域広げる見込み

http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=627045

モバイルバンキングが急速に普及しているアフリカでは携帯電話サービス会社が、海外に出た労働者が本国の家族に稼いだお金を送金する手段にモバイルを使ってもらおうと、動きを活発化させている。国連のアフリカ・リニューアルがオールアフリカ・コム掲載(24日付)の記事でリポートしている。

この種のサービスが地歩を固めつつあるのはとりわけ、従来型の送金サービス会社の手数料が高い国々だ。ケニアのサファリコム社と英ボーダフォン社が提携して2007年に立ち上げた「M−ぺサ(M−Pesa)」(Mはモバイル、Pesaはスワヒリ語でお金の意味)は関連企業でも先駆的存在だ。今では、英国在住のケニア人の本国への送金にも利用されている。

M−ぺサの急成長は当初、「金融機関からはほとんど無視されていた」とM−ぺサ向けにカード不要のATM(現金自動預払機)取引用ソフトウエアを開発したペイネット社のバーナード・マシューマン代表取締役は振り返る。M−ぺサが主な新規顧客に想定するのはATMを使った経験のない人で、カードを使わないATMの利用経験者も入る。M−ぺサの発足以来、累計約1億ドルのお金が同社が設置したATMを使ってカードや銀行口座なしで引き出された。

M−ぺサは海外との送金取引以外の分野にも事業を広げている。同社は昨年、通信会社と銀行が提携してベーシックな金利付預金口座サービスを提供する事業を立ち上げた。M−ぺサユーザーが自分のモバイルに貯めたお金をエクイティ銀行運営の電子口座に入金可能というもので、名称は「M−ケショ(M−Kesho)」。M−ケショは最初の3カ月で45万5000の口座数を獲得するヒット事業となり、本家のM−ぺサ発足時の勢いを上回った。M−ぺサではM−ケショ口座の保有者に対して、口座開設後数カ月経てば少額のローンを利用できる特典を与えている。

前払い方式のデビットカードや保険サービスに手を伸ばす企業もある。アフリカでは葬式費用をまかなうための保険は重要な金融サービスの一つだが、市場は都市部に限られているという。モバイル金融が急成長しているガーナでは11年、ホランド保険などがモバイルを使う少額保険サービスをスタートさせている。

ペイネットのマシューマン氏によれば、次のステップは取引に現金を全くかあるいはほとんど使わない“キャッシュ・ライト”型のサービスだ。例えば、ユーザーはM−ぺサのモバイルの通話時間を前払いで購入しておき、通話相手に送る。通話時間を受け取った相手側のユーザーは、その通話時間を協力小売店で直接、商品やサービスに交換できるという先進のサービスだ。

かつて固定電話網の普及が遅れていた香港が、携帯電話の利用で日本に先行したケースがあった。通常の各種金融サービスではまだこれからのアフリカ諸国とモバイル金融の相性は、日本のわれわれが想像する以上に良いかもしれない。



 
 
>TOP

ケニアのUshahidiが大衆参加型情報プラットホームを数百か国に展開-Twitterの検閲に大反対

by Mike Butcher on 2012年1月28日

ダボスの世界経済フォーラムで、Ushahidiの協同ファウンダJuliana Rotichをつかまえることができた。Ushahidiはアフリカのケニア生まれのスタートアップで、一般参加(crowd sourcing)によりいろんな情報サービスを作っていくという、すごいプラットホームだ。2009年に一握りの国でスタートした同社だが、主力製品のCrowdmapは、今では数百もの国で、国内の危機の地図化や、イランの核兵器に関する情報収集などにも使われている。

彼女から聞いた最近の動きとしては、Ushahidiにかつて$1.4M(140万ドル)を投資したOmidyar Networkが、昨年末にまた新たに$1.9M(190万ドル)を投資した。

重要と思われるのは、Ushahidiは世界銀行とGoogleの提携に、反対していることだ。この提携により世界150か国の市民的地図作製者がGoogle Map作りに参加するのだが、しかしそれは、オープンソースの地図制作コミュニティにとって脅威となる。GoogleのMap Makerのライセンス条件では、ユーザがGoogle Map Makerのデータにアクセスできるのは、Googleが指定したプラットホーム経由に限る、としている。

また、Twitterが検閲を導入した件は、言うまでもなくアフリカの活動家たちにとって、とても重大だ。彼女は、絶対に許せないと言っている。

なお、本件とは関係ないが、ナイロビのスタートアップコミュニティiHubが、3Dプリンタの寄贈を求めている。誰か、気前の良い人、いるかな?

(カメラの技術的トラブルでビデオに見づらい箇所があることを、あらかじめお詫びします。)

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

http://jp.techcrunch.com/archives/20120127davos-ushahidi-grows-its-global-crowd-sourcing-platform-slams-twitter-censorship-tctv/



 
 
>TOP

ヴィヴィアン・ウエストウッドの「Ethical Africa Project」から新作バッグコレクション登場

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)が、Vivienne Westwood Gold Labelの2012年春夏コレクションでも一部披露された「Ethical Fashion Africa Project」最新のバッグコレクションが、グレードアップされ2012年2月中旬に入荷予定。

左)Lightning Shopper ¥29,400(税込)

右)Harlequin Bucket ¥26,750(税込)

近年のVivienne Westwood Gold Labelのコレクションは、Ethical Africa Projectのバッグが作られている現地の環境やアフリカの素材からインスパイアされている。このバッグコレクションには、ヴィヴィアンウエストウッドのアイコニックな反抗的スローガン「I love crap」や「CHAOS」をデザインに加え、手作業の刺繍と熟練された技術を使ったビーズ加工を施されている。新しいデザインでありながらもヴィヴィアンウエストウッドの原点回帰ともいえるコレクションだ。

これら全てのモデルは、リサイクル・キャンバス素材や再利用された沿道広告のバナー、未使用のレザーの切れ端、リサイクルのブラス(黄銅)などといったリサイクルや、再利用された素材を使用、キベタというナイロビで最大かつ最も厳しい環境のスラム街で作られている。Satuboというビーズ加工のエキスパートたちによって美しく仕上げられたクラッチバッグからは、現地の人々の技術が向上している事もうかがうことができる。

I Love Crap Fully Beaded Clutch ¥29,400(税込)

"愛が込められたハンドメイド"である今季のコレクションは、国連と世界貿易センターが母体となっている国際貿易センター(ITC)とのコラボレーションで、今シーズンも引き続き協同で生産されている。ITCでは、アフリカの地域社会で社会的に取り残された7000人以上もの労働者を支援するだけでなく、世界で最も貧困な人々に収入を与えながら非公式な製造業者や技術者といった人々を国際的価値連鎖に取り込む為に、彼らに社会的力も与えている。これは「補助」という依存性に代わって、環境に配慮したビジネスの成長を促進しながらも、貧窮化したコミュニティに安定性を確立することにつながっている。そして今回のコレクションではより広範囲の地元社会が参加し、技術を向上させ生産力を拡大させるため、多くの自立したい女性たちを支援している。

【問い合わせ先】
Vivienne Westwood Information
TEL: 03-5791-0058
ニュースデータ

カテゴリー : ファッションアイテム
キーワード : バッグ
関連ブランド : ヴィヴィアン ウエストウッド
ファッション用語 : キャンバス パッチワーク タッセル カーキ
日時:2012-01-29 19:40

http://www.fashion-press.net/news/3130



 
 
>TOP

ケニア:閣僚公判に動揺 大統領選候補も対象 内政対立の火種に−−国際刑事裁

【ヨハネスブルク高尾具成、ブリュッセル斎藤義彦】07〜08年のケニア暴動を巡り、国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)が23日、「人道に対する罪」でケニア現職閣僚ら4人の公判開始を決め、次期大統領選を控えたケニアの国内政治を揺さぶる事態になっている。訴追された4人のうち、年内に予定される大統領選で最有力候補の一人だったケニヤッタ副首相兼財務相は26日、財務相を辞任。副首相職にはとどまり、大統領選出馬の意向を変えていないが、仮に収監される事態になれば出馬できなくなる可能性もあり、苦境に追い込まれている。

大統領選ではキバキ大統領派のケニヤッタ氏と、元野党指導者で現首相のオディンガ氏が最有力。キバキ大統領派とオディンガ氏支持者は07年の大統領選後に民族対立もからみ衝突、1000人以上が死亡した。ICCは双方の支持者各2人を公判にかけることを決めたが、オディンガ首相本人は罪に問われない。「欧州はオディンガ氏に肩入れした」との反発もあり、新たな対立の火種になる恐れがある。

ケニヤッタ氏は最大民族キクユ族で、ケニヤッタ初代大統領の息子。金融や観光業で成功し、米誌に「ケニアで最も裕福」と報じられたことがある。同じキバキ大統領派では、公判開始が決まったムタウラ内閣官房長官も26日に辞任した。一方、オディンガ首相派では首相とともに大統領選への立候補を表明しているルト元高等教育・科学技術相の公判開始も決まった。

ICC側は「紛争解決の21世紀型のモデルだ」(モレノオカンポ主任検察官)と胸を張る。大統領選への影響を問われたモレノオカンポ主任検察官は「だれを選ぶかはケニアの国民が決めること」と内政干渉の意図を否定しているが、ICCが捜査に着手したのはリビアなどアフリカ大陸の国ばかりで、欧州・白人側が訴追を通じてアフリカに“政治指導”していると取られかねない構図がある。

毎日新聞 2012年1月31日 東京朝刊



 
 
>TOP

ケニアでAndroid搭載スマートフォン「IDEOS」を約6150円で手に入れました

http://gigazine.net/news/20120204-smartphone-ideos/

こんにちは、自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。日本ではiPhoneの大ヒットから、空前のスマートフォンブームのようです。海外でも、日本人が集まる宿でスマートフォンを片手にインターネットに繋ぐ人たちをよく見かけました。そんな自分もケニアでAndroidを搭載した中国製スマートフォン「IDEOS」を手に入れました。日本と違ってSIMフリーですから、使い勝手いいですよ。こんな中国製スマートフォン「IDEOS」をガラパゴス化した日本の携帯市場と絡めてまとめてみました。

以前セネガルで「Nokia1280」を手に入れた記事を書きました。一緒に旅をしている友人もいたので、簡単なものとはいえ「Nokia1280」は便利でした。その友人はNokiaの上位機種を使っていて、インターネットにも繋いでいました。テザリングと呼ばれる機能を使い、携帯電話経由でPCをネットに繋ぐのです。何度か利用させてもらったのですがとても便利でした。自分も欲しいと考えていた頃に友人バックパッカーの「ケニアでスマートフォンを買う」という記事を見かけたので、ケニアの首都であるナイロビで探してみることにしました。

予算は1万円でしたので「iPhone」や「Nokia」とかは無理でしたから、必然としてAndroid端末になりました。インターネットでパソコンに繋ぐのが一番の目的でしたから、テザリングが使用可能なAndroid2.2以降のバージョンを探しました。このテザリングも日本だと制限が入っているみたいですね。サムスンの「Galaxy mini(13000ケニアシリング)」とファーウェイ「IDEOS(8000ケニアシリング)」に候補を絞りました。インターネットでスペックを比較した所はそう違わないので、安価な「IDEOS」を買うことにしました。

こちらが手に入れた「IDEOS」

Made in Chinaと書かれているバーコード表記。

Googleと書かれた表記。Android搭載のスマートフォンになります。

「シールが欠けていたら交換してくれ」と書かれている表記に驚きました。

箱を開けてみます。

本体、バッテリー、USBケーブル、充電器、イヤホン、説明書、保証書が入ってました。

現地SIMを手に入れて装着すると……

問題なく動作します。

この「IDEOS」、たいていのことはできます。

OS:Android 2.2.1
CPU:528 MHz processor
液晶:240×320ピクセル
カメラ:3.2メガピクセル
外部メモリ:microSDHCカード(最大32GB)
Bluetooth、GPS、無線LAN搭載。詳しいスペックはこちら。

ケニアで手に入れた「IDEOS」ですが、Android自体に設定があるので、すぐに日本語に切り替えました。主にルーターとして携帯回線からパソコンに繋いでます。「IDEOS」本体でもインターネットに繋げますので、海外にいながら日本の情報には困りません。市内で迷った時にGoogleマップを使って現在位置を確認したりしていました。あと、32GBのmicro SDカードが使えますから、音楽プレイヤーとしても使います。Androidを搭載しているのでアプリをダウンロードすれば自由に拡張できるのも魅力的です。起動時に時間がかかる、バッテリーの持ちが悪い、アプリをたくさん起動すると少しの間フリーズする、と不満な点もありますが、コストパフォーマンスからしたら「IDEOS」は悪くない選択だと思っています。

ナイロビでは予備のバッテリーやソフトケースも手に入れました。

東アフリカ経済の中心であるナイロビにはたくさんの携帯ショップがありました。携帯ショップでなくても商店の隅に薬局の隅に、どこにでもショーケースならべて携帯を売っています。Business Wireの記事によると、ケニアは2009年を通じて携帯電話その他のICT機器に対する輸入関税と売上税を撤廃し、消費者が低価格の機器を購入できるようにしたとのこと。このおかげで、ナイロビには携帯があふれていました。

アフリカでよく見かける「TECNO」

「Nokia」でなく「okia」

「Nokia1280」より安い携帯「JIBAMBE」。999シリングは当時のレートで770円(2011年10月)と激安です。

Dual SIM。2つのSIMカードが入るのはアフリカでは一般的です。日本でいうならNTT Docomoとauという2つの会社のSIMを1つの携帯で使うことができます。

関連して、隣国のウガンダですが「4-SIM携帯」の看板。

この「IDEOS」はsafariというケニアの携帯サービス会社のオフィスで買いました。コンビニでジュースを買うみたいに、契約の必要も無く携帯を手に入れたので戸惑いました。

7999ケニアシリングのレシート。当時のレートで約6150円(2011年10月)になります。

気になったので日本における「IDEOS」の値段を調べてみました。

イーモバイルで1万9800円

b-mobileで2万6800円

……ちょっと高すぎではありませんか?

更に気になったので「IDEOS」の本元である中国での値段も調べてみました。中国最大のインターネットショッピングサイトといわれている「淘宝網(タオバオ)」で同じ機種である「IDEOS」を探してみました。

その結果、出てきた最安値は520元。この520元を日本円に直すと約6300円(2012年1月22日付)となり、ケニアで手に入れた値段に近い形ですね。

ガラパゴスと呼ばれても日本メーカーが占めていた日本の携帯市場。それも「iPhone」という黒船襲来により崩れていきました。海外で戦うこともなく、国内でも敗れさった日本メーカー。携帯サービス会社と携帯機種メーカーの持ちつ持たれつの関係が、狭い世界、ガラパゴスの中で過信を呼んでこの結果となったのでしょう。この国は、かつての「英国病」のように旧態にとらわれた「日本病」に陥っている気がしてなりません。この「IDEOS」はケニアから、ウガンダ、タンザニア、マラウイと国に関係なく、現地SIMを差し替えることで使用できています。日本で契約したスマートフォンはSIMロックがかかっているので、海外だと日本のSIM以外は使えないという話です。

エリクソンとの合弁を解消するソニー、Android OSで海外市場に再進出するパナソニックと、日本メーカーもようやくスマートフォンに本腰をいれるみたいですが、世界一の携帯機種メーカーとなったサムスンにはしばらくは追いつけないでしょう。この「IDEOS」を擁するファーウェイに、アフリカでもみかけたZTEと、中国勢の躍進も怖いところです。それなりの機種ですが、それでも格安な中国製スマートフォンに、ガラパゴス化したままでは淘汰されかねない日本メーカーの危うさを感じました。マラウイで会ったケニアでボランディア活動をやっているアメリカ人も「IDEOS」を手にしていました。「ケニアの中級階級を中心に流行している」と彼は言ってました。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com)



 
 
>TOP

80 African schools to get digital hubs

http://www.itweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=51368:80-african-schools-to-get-digital-hubs

The British Council and Microsoft aim to build 80 digital hubs across sub-Saharan Africa, at an estimated cost of $2 million.

The project, called Badiliko, which means 'change' in Swahili, is to set up digital hubs in schools across Kenya, Tanzania, Uganda, Ethiopia, Ghana and Nigeria.

The scheme aims to strengthen e-learning, capacity building and connectivity, providing a cascade model of professional development for teachers and school leaders over the next two years.

“For each digital hub, teachers will be trained in leadership and innovative teaching practices, including how technology can support teaching and learning, and help students become global citizens,” said the British Counsel in a statement.

It kicked off in Nairobi with a four-day training session of 90 educators and school leaders from Kenya, Uganda, Tanzania and Ethiopia. The companies will each invest $1 million in cash over the next two years, plus staff and resources, to build the eighty hubs.

The partnership, officially launched in November 2011, in Washington, aims to improve ICT use in innovative teaching practice, help teachers hone their English language skills, and provide content to help educators increase their students' knowledge and ability to engage in a global environment.

Over 20 000 school leaders and teachers could be trained, while over 100 000 learners and communities will have digital access, helping to promote literacy across the region.

The project was inspired by similar work already under way in Africa by the British Council, where 40 digital hubs have already been established in 17 countries, and a commitment made by Microsoft and other partners at the Clinton Global Initiative in 2010 to build labs in 40 schools in Haiti.

“Through Partners in Learning, Microsoft has trained over 20 000 Kenyan educators not only on basic ICT skills, but also on ICT integration in teaching and learning,” said Mark Matunga, regional education manager, Microsoft East and Southern Africa, at the launch of the training at the Kenya School of Monetary Studies.



 
 
>TOP

ケニア:マータイさん祖国、進む森林破壊 先住民の村被害、10万ヘクタール消失 伐採・開発、水源枯渇懸念も

植樹活動などに取り組み環境保護を訴えて04年にノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイ元副環境相が昨年9月死去した。マータイさんが生前、気にかけていた問題の一つが祖国ケニアの森林だ。その現状を知ろうと、森とともに生きてきたケニアの先住民「オギエク」の村を訪ねた。【マウ森林(ケニア西部リフトバレー州)で高尾具成】

オギエクは、ケニアに住む44民族のうち2番目に数が少ないとされる少数民族で現在、約2万人。大半はケニア全土の約1・7%にあたる森林地帯で生活を続け、「森の民」として知られる。マサイなどと並び、最も古くからリフトバレー州を拠点に暮らしてきた。狩猟や植物採取に加えて主食の一つとして蜂蜜を採集し、栄養源としてきた。

「森の木々に木をくり抜いた箱を置き、あとは自然に委ねてきた」と長老のキブロナ・シグラインさん(63)は樹上を指さした。樹上の箱にはハチが巣を作り、蜜がたまっている。「週に2、3回、コップ1杯ほどの蜂蜜を食べる」と話すジェームス・レシンゴさん(45)は、「ナットウ」と呼ばれる葉にとげを持つ植物を湯がき、すりつぶしたものを蜂蜜と一緒に口に運んだ。

オギエクの居住地マウ森林は元来、約40万ヘクタールあったとされ、ケニア西部の主要12河川や五つの湖の水源となってきた。しかし、過去20年間の無計画な伐採や、森林保護法を無視した開発などで、4分の1にあたる約10万ヘクタールが消失したとされる。国連環境計画(UNEP)は、このまま破壊を放置すると、水源の枯渇や観光資産、農業への打撃などで3億ドル(約230億円)相当の損失になると警鐘を鳴らしている。

61年、当時の英植民地政府がマウ森林を国有地として以来、オギエクは先住民ながら「違法滞在者」の扱いを受けるようになった。英保護領から独立した63年以降も、ケニア政府は木材の伐採場所や茶農場を拡大するなど経済政策を優先させ、オギエクは繰り返しの移住を余儀なくされてきた。

01年には当時のモイ政権がマウ森林の法的保護を解除する計画を打ち出し、その後、オギエクの居住地を含む約7万ヘクタールの森林を伐採する方針を発表した。マータイさんらが政府に再考を求める嘆願書を出したが、政府は要求を拒否。「雇用創出につながる」との理由から、政府が複数の木材業者に伐採の許可を与えた。その後、伐採された森林の一部が当時のモイ大統領や閣僚に譲渡されていたことが暴露され、問題視されるようになった。

07年末の大統領選に端を発した暴動後、08年に発足した連立政権のオディンガ首相はマウ森林の保護を宣言。オギエクの居住権も認め、09年に政府は森林保護プロジェクトを開始した。現在、ケニア政府は1本の木を伐採するごとに2本の植樹をするよう呼び掛けている。だが「まきや木炭を売る個人業者だけでなく(多くの雇用者を抱える)企業も植林を十分に行っていない。貴重な水源でもある森の破壊は水の枯渇につながる」と、森の住民のジョン・オリスさん(54)は嘆く。

オギエクは長く森と共に生き、森の環境を維持してきた。近年は家畜飼育を始めた人もいる。地方議員ジョンソン・レオピさん(39)は「法的手段にも訴えながら、森林とともに我々の権利や文化を守っていきたい」と話す。村の指導者の一人、サリムさんは「オギエクなど少数民族が安住できないということは、ケニア全土や世界にとっても深刻な自然破壊や気候変動が進行中であることを意味する。森が失われ、ハチが消えてしまうと困るのは我々だけではないはずだ」と訴えた。

毎日新聞 2012年2月9日 東京朝刊



 
 
>TOP

牛丼のすき家がミルクで東アフリカ援助

2012年2月12日 08:00 

牛丼ではなくミルク支援

牛丼でおなじみの、すき家を手がけるゼンショーが東アフリカへ食料援助を行っていることを、10日のJapan Times ONLINEにて取り上げられた。

同社社員が、今月上旬にケニヤのダダーブにある、避難民キャンプへ、お腹をすかせているソマリアの子どもたちのためにミルクを届けに行ったとのこと。

現在、ゼンショーは難民キャンプにいる3歳から5歳の1万5千人ほどの子どもたちに対し、週に1度キャンプ内にある学校へミルクの供給をしており、8月ごろまで続けるという。金額にすると、日本円で約1500万円ほどになる。

成果とこれから

キャンプ内のうち一つの学校の校長であるモハマド・ハッサン・カミス氏は、ミルクの配給のお陰で学校に戻ってくる子どもたちが増えており喜ばしい事を語った。

しかし、ソマリアの飢餓や内戦のため、キャンプには46万人以上もの難民がいるが、この他にもいるという。

ダダーブキャンプの役人であえるコメン・ハロン氏は、他の外国の企業の様にゼンショーからも長期間のサポートを望んでいるという。

編集部 柴崎 翠



 
 
>TOP

NEWS RELEASE

報道関係者各位

2012年2月13日

ベライゾン ビジネス

===========================================================================

ベライゾン、アフリカおよび中東でグローバルな エンタープライズ向けネットワークプラットフォームを拡大

先進的コミュニケーションおよびITソリューションの基盤を築く プライベートIPサービスを導入

===========================================================================

※本資料は米国で2012年1月26日(現地時間)に発表されたプレスリリースの日本語訳です。

ニューヨーク-ベライゾンがグローバルなエンタープライズ向けネットワークプラットホームを拡大しました。この拡大により、新たにアフリカで6カ国、および中東のバーレーンとカタールにおいて、多国籍企業がベライゾンのプライベートIPサービスを利用できるようになります。

これらの新興成長市場においては、ベライゾンの顧客はデータのやりとりや国際的なビジネスアプリケーションをより効果的に実行することも可能になり、ベライゾンの世界規模のマネージドネットワークソリューションとセキュリティコンサルティングサービスをご利用いただけます。

MPLS(マルチプロトコルラベルスイッチング)を基盤とするベライゾンのグローバルネットワーク、およびネットワークアライアンスのプロバイダーであるアフリカのVodacom Businessのサービスという2つの強みを活用することにより、アフリカ西海岸のガボン、「アフリカの角」に位置するジブチおよびエチオピア、東部のマラウイおよびジンバブエ、南部のスワジランドにおいて、企業顧客のオフィスにプライベートIPサービスを導入することが可能になります。また同地域ではベライゾンの専門的なコンサルティングサービスを利用して、ビジネス要件に合致したネットワーキングソリューションの設計・実施も可能になります。

今回のサービス拡大により、ベライゾンのプライベートIPが利用できる国はアフリカ21カ国になります。上記以外の国々は、アフリカ東部のケニア、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、北部および西海岸のカメルーン、ガーナ、コートジボワール、モロッコ、ナイジェリア、中央および南部のアンゴラ、ボツワナ、レソト、モザンビーク、ナミビア、南アフリカとなっています。また中東では、エジプト、イスラエル、ヨルダン、クウェート、パキスタン、サウジアラビア、トルコ、アラブ首長国連邦(アブダビおよびドバイ)でサービスが利用可能になります。

ヨーロッパ、中東、アフリカのエンタープライズ営業担当バイスプレジデントであるMartin Burvillは次のように述べています。「ベライゾンの高知能ネットワークは革新的なプラットフォームです。プライベートIPサービスの範囲がアフリカおよび中東において拡大したことにより、このネットワークはさらに強力なものになりました。このたびの拡大は、この新興成長地域に対する当社のコミットメントをより明確にし、多国籍企業や政府関係の顧客からの要望の変化に対応するものです。ベライゾンのプライベートIPは、人と機械、そしてそれらの環境のグローバルなつながりを築く上で中心的な役割を果たし、ビジネスおよび社会の発展に貢献することでしょう。」

ベライゾンのプライベートIPの顧客は、6つのCoS(クラス オブ サービス)のメリットに加え、遅延が重要となるVoIPやビデオなどのアプリケーションを、電子メールなど時間的制約の少ないアプリケーションよりも優先的に受信できるメリットを享受することができます。アプリケーションの優先順位を決定する能力は、ネットワークおよびアプリケーション性能に関するデスクトップおよびユーザーレベルへの高度な報告ツールとあいまって、プライベートIPをビジネスコミュニケーションや日常業務の理想的なグローバルプラットフォームにします。

ベライゾンは、マネージドネットワークサービスの総合的なポートフォリオを提供し、142の国や地域にまたがる4200以上の顧客ネットワークにおいて、30万以上のセキュリティ、ネットワーク、ホスティングデバイスを管理しています。また、それらすべてが業界トップレベルのサービスレベル契約によりサポートされています。

またベライゾン傘下のTerremarkも、ベルギー、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、オランダ、スペイン、スウェーデン、トルコの各データセンターを通じて、コロケーション、クラウドコンピューティング、マネージドホスティングおよびキャリアニュートラルな接続を包括的に提供しています。

また、冗長システムとオンサイトモニタリングが最大級のセキュリティと信頼性を実現し、エンタープライズシステムへの常時接続を保証します。ヨーロッパおよび中東にある同社の施設では、この地域で活躍する企業に基幹ITおよびクラウド・インフラを提供しており、近い将来にはアムステルダムのネットワークアクセスポイント(NAP)を通じたプライベートIPネットワークへの接続が実現する予定です。

世界最大規模のグローバルIP光ファイバーネットワークであるベライゾンのグローバル・インフラは6大陸におよび、多国籍企業および政府機関の役に立つ信頼できる基盤を提供しています。また、ベライゾンは80以上の海底ケーブルネットワークに参加しています。その1つである次世代海底ケーブルであるヨーロッパ・インド・ゲートウェイ(EIG)はイギリスとインドを繋ぐもので、途中ジブチで陸上を経由します。SEA-ME-WE-4(東南アジア-中東-西ヨーロッパ)はインド亜大陸および中東を経由して、東南アジアとヨーロッパを結びます。Trans-Pacific Express(TPE)ネットワークは米国と中国本土、台湾、韓国、日本を結びます。ベライゾンはSEA-ME-WE-4の創設メンバーで米国を拠点とする唯一の企業であり、TPEの創設メンバーで唯一、米国を拠点としています。

また、ベライゾンはSAT-3/WASC/SAFE海底ケーブルシステムのコンソーシアムメンバー兼所有者でもあります。ベライゾンでは2003年にサービスを開始したこのシステムを、主に南アフリカにおける地域的要件のサポートに利用しています。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/release/20120213_511752.html



 
 
>TOP

ケニアに観光リゾート地の建設計画

2012年2月16日 21:00 

3つのリゾート都市を建設予定

ケニアは、北部と海岸地域において、3つのリゾート観光都市を建設するプロジェクト、「Kenya Vision 2030」に着手した。

モロッコから学ぶ観光業のノウハウ

ケニア政府は、モロッコで観光リゾート都市が、どのような機能を果たしているか学ぶため、観光事業専門家チームを組み、モロッコへ派遣した。

ケニアのNajib Balala観光大臣によると、北アフリカは、70年代から観光リゾート開発を行ってきた経験があり、このノウハウを学ぶことは、ケニアのリゾート開発に大いに役に立つと語った。

モロッコには、3つの観光都市があり、多くのヨーロッパからの観光客を魅了している。モロッコを訪れる観光客の数は、毎年1,000万人ほどで、エジプトに続いてアフリカで2番目に多い。

ケニアを訪れる観光客の数は、毎年200万人ほどで、観光リゾート都市を建設することによって、より多くの観客が訪れることを期待している。

編集部 殿塚



 
 
>TOP

マータイさんの日:3月3日、環境保護意識を アフリカ連合が制定、「賞」も創設

アフリカ各国が加盟するアフリカ連合(AU)は1月にエチオピアで開かれた首脳会議で、昨年9月に死去したノーベル平和賞受賞者、ワンガリ・マータイさんの功績をたたえるため、毎年3月3日のアフリカ環境の日を「ワンガリ・マータイの日」と改称することを決めた。また、環境や生物多様性の保護活動に尽力した人々に対して贈る「ワンガリ・マータイ賞」も創設すると発表した。

首脳会議は、マータイさんについて「アフリカにおける平和と民主主義、人権の向上に揺るぎない貢献をした」との声明を発表。加盟54カ国の首脳に対し、公共の建物や街路、公園、学校や記念碑などに、マータイさんの名前を冠し、若い世代に地球環境を保護する意識を植えつけるよう求めた。

一方、マータイさんの遺志を受けてケニア・ナイロビ大学に建設を進めている「ワンガリ・マータイ平和と環境研究所」に対し、国際金融機関や企業がグリーンベルト運動と協力して建設を進めるよう要請した。マータイさんの遺灰は遺言に基づき、同研究所のデモクラティックスペース予定地に埋葬されたという。

毎日新聞 2012年2月17日 東京朝刊



 
 
>TOP

MOTTAINAI:ケニア山麓、ゾウの食害絶えず 「深い森」再生へ始動 マータイさんの知恵生かして

◇ミツバチの巣箱設置/豊富に苗植え

森林の乱伐が進むケニア山麓(さんろく)で、野生のゾウがエサを求めて山里に下り、農作物を荒らす被害が増えている。農民は寝ずの番を置いたり、政府に駆除を要請するなどさまざまな対策を講じているが、道のりは険しい。こうしたなか、山麓で大規模な植樹活動に取り組んでいるグリーンベルト運動が森の再生という根本的な解決策に向けて動き出した。【七井辰男】

西山麓のガシウル地区に住むアイリーン・ジェリ・ムレディーさんは1・2ヘクタールの畑すべてにトウモロコシを植えていたが、ゾウの一群にすべて食べ尽くされてしまった。ゾウたちは追い払おうとする住民を相手にせず、苗床を荒らしたり、好物の木の実を悠然と食べたりするなどやりたい放題だったという。

このため住民たちは、輪番で夜通し畑の見張りをし、ゾウが来るとたいまつをかざしたり、火をつけたタイヤを転がしたりしてゾウを追い払った。しかし、見張りをした子供たちがゾウが出て行くのを確認して教室に戻ろうとしたところ、再びゾウが戻ってきて子供8人が殺されるという悲惨な事件も起きた。

住民たちは、野生動物を監視するケニア野生動物公社(KWS)にゾウの駆除を求めて抗議デモを行ったが、政府が重い腰を上げる兆しは見えない。ムレディーさんは「ゾウに荒らされたため、耕作代も食べ物代も払えず、人に頼って食べていくしかない」と嘆く。

こうしたなか、故ワンガリ・マータイさんが創設したグリーンベルト運動は、ケニア山麓で毎日新聞などと展開する緑のMOTTAINAIプロジェクトを通じてゾウの食害対策に着手。畑の周りにゾウの好物の実をつけるアカシアトーティリスの苗を植え、内側に高く頑丈なフェンスを設けた。この木は家畜も好むため、干ばつの年でも飼料代わりに利用できる。

フェンスには一定間隔でミツバチの巣箱を設置した。ゾウがミツバチの羽音を嫌い、農場に入ることができないためだ。また、マータイさんは生前、この地区の住民にムラサキイモやキャッサバイモ、バナナなどを自家用に植えるよう勧めてきた。干ばつで食糧不足になっても、栄養を補えるからだ。

プロジェクトに参加するカロライン・ジェリーさんは「私たちがやるべきことは森にたくさんの苗を植え、森の緑を濃くすること。深い森ができればゾウが山里に下りてくることはない。これがマータイさんの教えなのです」と語った。

毎日新聞 2012年2月17日 東京朝刊



 
 
>TOP

男子はキピエゴ、女子はベスエが優勝 東京マラソン

2012年02月26日 16:55 発信地:東京

【2月26日 AFP】東京マラソン2012(Tokyo Marathon 2012)は26日都内で行われ、男子はケニアのマイケル・キピエゴ(Michael Kipyego)が前世界記録保持者のハイレ・ゲブレセラシェ(Haile Gebrselassie、エチオピア)を抑えて2時間7分37秒で優勝を飾った。

同じエチオピアのハイル・メコネン(Hailu Mekonnen)とゲブラセラシェが35キロメートル地点まで肩を並べてトップ争いを繰り広げる中、メコネンがスローダウンすると、キピエゴが38キロメートル地点を過ぎたところでゲブレセラシェを抜き去り、フィニッシュラインを切った。

2位には2時間7分48秒で自己新記録を更新した日本の藤原新(Arata Fujiwara)、3位には2時間7分50秒でウガンダのスティーブン・キプロティチ(Stephen Kiprotich)が続いた。

ゲブレセラシェは、2時間8分17秒で4位、メコネンは2時間9分59秒で8位だった。

28歳のキピエゴは「初出場となった東京マラソンで優勝できてとても嬉しい。30キロメートル地点を過ぎるまで自分が優勝するなんて夢にも思わなかった」とコメントした。

一方女子では、エチオピアのアツェデハブタム・ベスエ(Atsede Habtamu Besuye)が、39キロメートル過ぎにトップを走っていた日本の大久保絵里(Eri Okubo)を抜き去り、2時間25分28秒で優勝した。

2位には2時間26分0秒で同じくエチオピアのイエシ・イセイアス(Yeshi Esayias)、3位には2時間26分2秒でケニアのヘレナ・キロップ(Helena Kirop)が続いた。大久保は2時間26分8秒で4位だった。(c)AFP



 
 
>TOP

30,000 jobs targeted in new ICT focus

http://www.the-star.co.ke/business/local/64500-30000-jobs-targeted-in-new-ict-focus

The government is aiming to create about 30,000 jobs a year from locally developed technology innovations besides looking up to foreign outsourcing firms to set up here. The Kenya ICT board says it shifting its focus from the initial plan to attract foreign firms through higher bandwidth capacity to growing local technology startups. “Emphasis has shifted towards being more self sufficient in terms of creating local jobs,” said ICT board CEO, Paul Kukubo.

He said about 9000 people are currently employed in Business Process Outsourcing. According to the vision 2030 development blueprint, the BPO sector was expected to create at least 20 000 direct jobs by the end of 2012 after connection to the fiber optic cable. All the same, Kukubo said international investors are still welcome to set up shop in Kenya.

He said the board is in the process of concluding agreements with three international outsourcing firms that would create jobs for about 15,000 people in the next few years. “There is a need for the youths to scale up their innovations to global standards in order to create more jobs for others,” said Kukubo. Kukubo was speaking during a briefing for the Connected Kenya summit which will take place in April in Diani.

Some of the problems for the slower than expected progress include inadequate supply of BPO software and hardware, weak BPO incentive structure and inadequate skilled manpower. About 1300 youths have been trained in BPO skills. During the arrival of the fiber optic cable over 2 years ago, Kenya aspired to be the 'top off-shoring destination for Africa'. The ambition is still there through development of facilities such as allocating space for a BPO centre at the upcoming Konza ICT city targetting to employ about 200 000 youths.



 
 
>TOP

E-waste recycling center launched in Nairobi

Computer Aid International, a U.K. charity, has partnered with Computers for Schools Kenya to launch an electronic waste recycling center to address the growing challenge of electronic waste management.

Computer Aid International, a U.K. charity, has partnered with Computers for Schools Kenya to launch an electronic waste recycling center to address the growing challenge of electronic waste management.

The Waste Electrical and Electronic Equipment Management (WEE) center will collect and recycle electronic waste all over Kenya, starting with government offices and extending to homes and private offices. WEE is hosted by Computers for Schools Kenya.

"The center will handle e-waste from homes to offices, both large and small gadgets, and raise awareness on the harmful environmental impact of ICT equipment," said Gladys Muhunyo, director of the Africa program for Computer Aid International.

Muhunyo said that the Computer Aid Africa Regional Office has provided more than 80,000 computers to schools and community organizations in 20 African countries in partnership with non-governmental organizations and universities. The recycling sector is expected to benefit the partners as well as the public in dealing with e-waste.

"We are going to work with existing partners in East and Central Africa to establish recycling centers and, given there are no specific laws governing e-waste management, the centers will address part of the challenges," said Tom Musili, Computers for Schools Kenya founder.

There has been growing unease about the amount of electronics that are donated or sold cheaply in the region and become obsolete.

"There is a huge lack of understanding and resources to manage the growing volumes of e-waste across Africa; currently, e-waste is often disposed of in landfills, where people manually sort through the waste, which is extremely damaging to both human health and the environment," said Anja ffrench, director of communications at Computer Aid.

One of the challenges the partnership is going to face in sorting electronic waste at the major landfill in Kenya is the existence of criminal gangs. Dandora dump site, the biggest in Nairobi, is manned by criminal gangs, who expect to be paid by any vehicle that goes in to dump or collect waste.

"We are going to find a way to deal with the people at Dandora dump site to allow us to sort the electronic waste from the landfill; this is a challenge that we have to invest in," added Musili, who will be heading the WEE center.

The WEE center has already received support from companies including Microsoft and Orange, and humanitarian agencies United Nations Environmental Programme (UNEP), UNESCO, and the U.K. Department for International Development (DfID).



 
 
>TOP

Women wanted for Kenya's ICT sector

http://www.itweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=52066:women-wanted-for-kenyas-ict-sector&catid=69

Kenya's Information and Communications Technology (ICT) Board of Research says women make up only 15% of that country's ICT workforce.

This figure has prompted a response from empowerment groups seeking to encourage women to find careers in the sector.

Organisations, such as female tech empowerment group Akirachix, have formed in order to inform women of the possibilities of a career in ICT, and to help equip them with the skills necessary to enter the sector.

Kenya's ICT sector grew by an average of almost 20% per year over the last decade, accounting for 13% of Kenya's gross domestic product growth, according to the World Bank.

But this growing industry also desperately needs a greater number of skilled workers.

Government-funded research at the end of last year predicted that only 9 600 professionals would be added to the Kenyan ICT workforce by 2013 in terms of software development and project management roles. Kenya's population is 40 million, with women accounting for 50% of that country, according to World Bank statistics.

Therefore, an opportunity exists for the number of professionals to be boosted if more women are encouraged to enter the field.

“If we have this great resource, why can't we exploit it to get to the next level?” asks Judith Owigar, president of female tech empowerment group Akirachix. “We would like to see more people contributing. The people who are most productive in Africa are missing from the field of technology.”

Akirachix, in particular, is working to help develop a successful force of women in technology in order to help build the industry. This is achieved through networking, training and mentorship.

The company runs a training programme in ICT for young women, and helps graduates get placements and job interviews. Mentors, often women who have become successful in ICT themselves, visit schools and universities to explain the merits and possibilities of a job in ICT to girls who may have previously not considered it an avenue that was open to them.

Akirachix now has a community of over 200 tech women.

One of Akirachix's early success stories has been M-Farm, whose founder, Jamila Abbas, was part of the network.

M-Farm is a software tool that helps farmers to get product price information, buy farm inputs directly from manufacturers and find buyers for their produce.

For example, a farmer who wants to know the crop price on a particular day could SMS “sell quantity price” to 3535, and then get a text message reply stating the cost for that day.

Having started in the middle of last year, it now supports 2 000 farmers across the country.

Abbas says the success of M-Farm should encourage other women to be innovative and get involved in the technological sector. “It is upon us, the young generation, now to go to the grassroots and encourage and mentor young girls. Technology is an equal opportunity for us all. We need more girls to tap into their talents and invent solutions to the world's challenges.”



 
 
>TOP

東アフリカのインターネット 20%接続スピード落ちる

http://japanese.ruvr.ru/2012_02_28/67054585/

東アフリカ地域では、ケニアのモムバサ港で船の錨が光ファイバー・ケーブルを損傷する事故が発生、インターネット接続のスピードが著しく落ちてしまった。イタル・タス通信が伝えた。 無線電信のエンジニア達が、問題解決のため昼夜を徹して復旧作業に当たっている。

事故の原因は、船が寄港を待っていた際、不適当な場所に錨を下ろし、それが重要なケーブルを傷めてしまったこと。 この事故により、インターネットにアクセスするスピードが、ケニア、ルアンダ、ブルンジ、ウガンダ、エチオピア、タンザニアといった東アフリカ諸国、さらには南スーダンの首都やジュベで20%落ちてしまった。

ケーブル運営会社は、復旧には2週間程度かかると述べている。なお損傷を受けたケーブルは、東アフリカ地域の高速インターネット接続を保障するため2009年から水中に敷設されている3本の光ファイバ・ラインのうちの一つ。



 
 
>TOP

Kenya: Digital Divide Returns As High Speed Cable Severed

http://allafrica.com/stories/201202290953.html

Nairobi - It was only two-and-a-half years ago that the first undersea cable brought high-speed internet to East Africa. In this time a lot has changed. Last weekend the cable was severed by a ship dropping anchor in the port of Mombasa.

The world of ICT is growing fast in Kenya. Recently "Garage Nairobi" opened its doors as "Africa's largest co-working/tech space with 130 workstations". In the same week, the American multinational Qualcomm launched a new business centre in Nairobi to strengthen its presence in sub-Saharan Africa by providing high-speed mobile broadband networks. Within days, the Kenyan mobile services provider Cellulant announced that they will team up with the UK's Barclays Bank to provide mobile money services across the continent.

What makes all these initiatives possible is the 5,000-kilometre fiber optic cable known as The East African Marine System (TEAMS) which went operational in 2009 to provide high-speed data to East Africa. The cable stretches along the ocean floor from the United Arab Emirates to Mombasa. Last Saturday the cable was sliced by a ship's anchor. While 10 percent of the functioning has returned for crucial services, the internet communications in Kenya and neighboring countries are experiencing severe delays.

Internet savvy Kenyans

Kenya has already gained hi-tech fame with initiatives such as Mpesa, iHub and Ushahidi. Around one million Kenyans are on Facebook. Kenyans are also Africa's most active users of Twitter, after South Africa.

Tosh Juma is the manager of iHub in Nairobi. The iHub is an open space for local technologists, investors, tech companies and hackers. "I am in Java Cafe in downtown Nairobi right now, on a wireless internet connection. When I look around me I see people playing with their mobile phones and laptops. The guy in front of me seems pretty happy, laughing at the clips on YouTube. Three years ago this would have been impossible," said Juma before the cable was severed.

"There are many internet start-ups in Nairobi. At times, you can really feel the energy buzzing at the iHub. We work with 30mbps speed which is pretty fast. But even from the connection I have at home, which is 2mbps, I can watch YouTube videos pretty decently without buffering.' Internet truly for all?

Juma believes that there is no longer a digital divide when it comes to social networking. "Even in underprivileged neighborhoods such as Mathare and Dandora you'll find a lot of people going to cyber cafes where you hear jokes that can only come from a proper understanding of what Twitter, Facebook and email actually is," said Juma. A different perspective comes from Mohamed Ali Samow, a journalist living in Wajir, a small rural town in north Kenya. The region was in the news last year because of severe drought and food scarcity.

"The internet has not the same impact here in Wajir as in Nairobi. Here the speed is low and the prices are high. They charge two Kenyan shillings [two euro cents] per minute. The mobile internet data prices are the same as in Nairobi, but due to the poor connections, it's actually expensive," said Samow. "However many government services are now done online, so-called e-government, like applying for government jobs or getting your identity card. This makes the Wajir people use the internet more."

"They say the internet sea cables are now coming to Wajir soon. We witnessed earlier this year major telecommunication companies working on connecting us to fast internet. Let's hope they bring their services too." Cyberfrustrations down

Caspar Pedo is a Kenyan in Mombasa working for Forum for International Cooperation (FIC, a Danish NGO). He has seen his internet frustration reduce drastically. "We now have a very good wireless internet connection at home. It's fast - 8mbps - and we pay only three and half thousand Kenyan shillings a month [around 32 euros]. In 2007 my organisation was paying seventy thousand Kenyan shillings [around 800 euros] for a slow connection of 256kbps. Now a home wireless connection has become a fairly normal thing for the lower- and higher-middle classes."

Pedo has also observed that coffee houses, bars and restaurants are now competing for clients on the basis of internet availability. "I believe the situation in Nairobi, Mombasa and even Nyali is uniform. I just heard a story that a security officer in central Kenya foiled a robbery by mobilising the neighbors with the use of Twitter. You got to love the internet!"

Meanwhile, a TEAMS official has announced that the cable should be back in full service within three weeks.



 
 
>TOP

ケニアのテレコミュニケーションが絶好調

http://www.africa-news.jp/news_vxIk33nsL.html

国内総生産(GDP)の大部分を占める日も近い

ケニアのSamuel Poghisio情報大臣は、近い将来、ケニアでの国内総生産(GDP)の大部分をテレコミュニケーションが、占めるであろうと報告した。

テレコミュニケーション、7年後には、農業分野以上に

現在、ケニアのテレコミュニケーション分野は、国内総生産(GDP)の5%を占めているが、目まぐるしい発展をとげており、7年後には、国内総生産(GDP)の30%を占め、農業分野を超える勢いだ。

国際復興開発銀行(世界銀行)によると、このケニアのテレコミュニケーション分野は、2000年から20%、成長した。

この成長の裏には、政府の戦略があった。政府は、ケニアを革新的な商品、サービスの「テスト地」として提供したのだ。例えば、携帯電話を利用したネットバンキングは、世界に先駆けて行われた。

ケニアのインターネット普及率が36%に対し、携帯電話普及率は、63%で、アフリカの平均普及率以上だ



 
 
>TOP

マサイ族に広がるスマホ 携帯市場を支える中国

論説委員 関口和一

東アフリカのケニア。マラソンやキリマンジャロで有名な国だが、最近、急速に普及しているのが携帯電話だ。普及率はなんと70%にも達する。独特な民族衣装で知られる「マサイ族」もスマートフォン(高機能携帯電話)を使っており、その普及を支えているのが中国からの輸出だ。偽物も多いが、アフリカでの中国企業の躍進がケニアの情報化を支えている。

ケニアの首都、ナイロビから車で約4時間。サバンナ草原に暮らす先住民のマサイ族は、今も牛の糞(ふん)と泥を混ぜて作った家に住む。牛の放牧で生計を立て、当然のことだが、電気や水道もない。そんな場所ながら、携帯電話の利用が拡大している。牛の群れの前と後ろで連絡をとりながら放牧するには、携帯電話は非常に便利な道具というわけだ。

■ナイロビを席巻する中国製の偽物ブランド

ケニア人の平均年収は約8万円。低い所得水準にもかかわらず、携帯電話を持てるのはなぜなのか。ナイロビ市内には携帯電話の専門店も増えているが、日本円にして3000円くらいから買えるのは、その多くが中国からの偽物で占められているからだ。フィンランドの携帯電話メーカー最大手、NOKIA(ノキア)のブランドを冠したものから、「OKIA(オキア)」や「iPhone(アイフォーン)5」など実在しない偽物ブランドまで、種類は様々だ。だが、携帯電話としては立派に使えるものだという。

電池の充電はどうするかというと、これまた中国製の太陽光発電パネルを屋根の上に置き、自前で充電する。赤道直下だけに充電効率は抜群で、パネルを購入しても、近隣の携帯電話利用者に1回20円くらいで充電してあげたり、電気バリカンで散髪業などを営んだりすれば、すぐに元はとれるそうだ。まさに電気についても「自給自足」の経済が生まれている。

■識字率が低くても普及する携帯電話 

ケニアの携帯電話会社、サファリコムの最高経営責任者(CEO)を務めたマイケル・ジョセフ氏によると、2000年にわずか1万7000人だった同社の契約者は10年で1200万人に拡大。ケニア市場全体では2500万台以上にも増えたという。ケニアの携帯電話はプリペイド(前払い)カード方式がほとんどで、電話番号情報などを記録したICチップの「SIM」で数えれば、その数はさらにもっと多い。

情報通信技術(ICT)の世界的な潮流を研究している九州大学の篠崎彰彦教授によると、「携帯電話に特徴的なのは、識字率が低い国にも普及している点だ」という。固定電話やインターネットは識字率がある程度高い国でないと普及していないのに対し、携帯電話は識字率が30%の国でも使われている。文字が読めなくても音声通話ならできるからだ。

携帯電話が重宝される理由はほかにもある。「M−PESA(エムペサ)」と呼ばれる電子マネーの仕組みだ。サファリコムに出資した英携帯電話大手、ボーダフォンが2007年にケニアで始めたサービスで、「M」は「モバイル」、「PESA」はスワヒリ語で「お金」を意味する。

所得の低いケニアでは金融機関が十分に発達しておらず、銀行に口座を持てる人も少ない。そこで携帯電話のSMS(ショート・メッセージ・サービス)でお金を送れるようにしたのが「M−PESA」だ。ケニア国内に多数あるサファリコムの取次店でお金を預け、SMSを送ると、メッセージを受け取った相手は、別の取次店でSMSと身分証明書を提示することでお金を受け取れる。ホテルやバスなどの支払いにも利用でき、自分あてに送金すれば、多額の現金を持ち歩かなくても済む。

■偽物、恐るべし 本物も売れるように… 

さらに偽物携帯の中には、本来ついていないはずの大型スピーカーがついた端末もある。そこにデジタル音楽を記録したメモリーカードを差し込めば、ラジカセ代わりにもなるというわけだ。端末の値段が数千円しても、こうした様々な機能を考えれば、購入には十分値する。ある意味で、日本とは異なる「ガラパゴスケータイ市場」が広がっている。

ケニアでの偽物携帯による損失額は日本円換算で約30億円とノキアは発表しているが、偽物でも携帯電話を使う人々が増えたことで、携帯市場そのものが広がり、最近では本物も売れるようになった。そこでシェアを拡大しているのが中国の通信機器メーカー最大手、華為技術(ファーウェイ)だ。中国の国防技術からスタートした会社で、売上高は約2兆5000億円。スウェーデンのエリクソンに次ぐ世界第2の通信機器メーカーで、売上高の7割以上を海外で稼いでいる。

ちょうど3月1日までスペインのバルセロナで、世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス」が開かれた。筆者も現地取材に訪れたが、ファーウェイはそこでも大規模な展示ブースを開設。高速無線通信の「LTE」に対応したスマートフォンの新製品などを発表し、世界中から6万人以上も集まった来場者の関心を集めた。中国からはライバルの中興通訊(ZTE)も出展し、韓国のサムスン電子やLG電子をしのぐ存在感を示していた。

アフリカでは日本のオートバイをまねた中国の二輪車メーカー、重慶力帆実業が使っていた「HONGDA(轟達)」の商標権侵害が大きな話題となった。だが、偽物でスタートしたそのメーカーも、現在では自社ブランドの「SKYGO(スカイゴー)」でシェアを拡大し、日本メーカーの強力なライバルに育っている。まさに「偽物、恐るべし」である。

「私が見た『未来世紀ジパング』」はテレビ東京系列で毎週月曜夜10時から放送する「日経スペシャル 未来世紀ジパング〜沸騰現場の経済学〜」(http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/)と連動し、日本のこれからを左右する世界の動きを番組コメンテーターの目で伝えます。随時掲載します。筆者が登場する「あのマサイ族が携帯…その裏に中国の野望」は3月5日の放送です。

http://www.nikkei.com/biz/focus/article/g=96958A88889DE1EBE0E0E0E3E5E2E2E3E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E3E2E3E3E0E2E3E3E7E0E5EA



 
 
>TOP

ケニア、コーヒー産業に明るい兆し

2012年3月19日 11:00 

製粉機が、もたらすメリット

ケニア、ウカンバニのコーヒー農家らは、ウカンバニで初の製粉機を5,200万KSH(約5,200万円)で、購入した。これまで、コーヒー農家らは、ナイロビやティカまで製粉に行っていたが、製粉機を購入したことにより、運搬費、製粉費が、大幅に節約できるという。

(コーヒー豆イメージ Photo:Coffee Beans by nate steiner)

コーヒー農家の利益アップ

この製粉機を所有する、Lower Eastern Coffee Millsは、マカコス地方のミタボニに位置し、マカコス協同組合傘下の34のコーヒー協会によって運営されている。

製粉機がない頃は、コーヒー販売額の30%を、製粉費用が占め、その他、運賃など多額の費用が、かかっていた。ウカンバニでの利益が、1キログラムあたり、平均70KSH(約70円)に対し、製粉機のある地域では、倍の140KSH(約140円)という利益があった。

http://www.africa-news.jp/news_wsvr1bnNl.html?right



 
 
>TOP

Old Mutual Kenya: “Lower costs, enhanced flexibility and new revenue streams are making cloud a technology of choice”

http://www.telecoms.com/42534/old-mutual-kenya-%E2%80%9Clower-costs-enhanced-flexibility-and-new-revenue-streams-are-making-cloud-a-technology-of-choice%E2%80%9D/

Tom Juma is the Head of ICT and Service Delivery for savings and investments firm Old Mutual Kenya and will be a speaker on Day 1 of the Cloud Africa Com at the Sandton Sun Hotel in Johannesburg on 23-24 May. We caught up with him ahead of the show to get his views on the future of cloud services in Africa.

How would you describe existing ‘’cloud services’’ in Africa?

For Africa, I see cloud computing as the convergence of three worlds: consumers, business and technology. The rise of mobility, social networking and mobile devices has created a new norm for interaction with customers and employees. At the same time, businesses are experiencing speed-to-market and cost containment pressures as never before. Technologies for virtualization, open-source software, automation, bandwidth availability and more continue to evolve. However apart from South Africa, cloud computing is relatively new in other parts of Africa. In Kenya though, Safaricom recently launched a cloud computing service that it says will be the largest on the continent, reflecting the cloud’s emerging importance to economic growth in Kenya and other parts of Africa.

What would you say is the level of awareness about cloud in your country/region’s ICT market?

For Kenya, the awareness of cloud while still very low is rapidly growing as more and more companies are now beginning to utilize cloud services and recently one of the largest telecommunications company in Kenya launched its cloud computing services for both local and international companies. The overall demand is really huge. This is so because Kenya is geared towards establishing itself as the ICT hub of Africa.

How rapidly do you think the adoption of cloud will reducing capital and operational expenditure for enterprises in Africa?

Many businesses are experiencing speed-to-market and cost containment pressures as never before. Technologies for virtualization, open-source software, automation, bandwidth availability and more continue to evolve. Lowered costs, enhanced flexibility and the ability to create new revenue streams are making cloud a technology of choice for high performance. But, cloud can do more. Cloud can:

Cloud benefits in many industries include:

What do you think is needed to drive improved and cheaper bandwidth in Africa for cloud?

Use of appropriate technologies like Fibre optic like Eassy, Teams, SAT-3/WASC/SAFE to connect the global PPP between investors, and governments and availability of cloud based solutions in Africa which will spar more usage hence reduction to unit costs.

What do you think is preventing enterprises in Africa from implementing cloud?

Fear of the unknown - a misnomer about security issues in the cloud; inadequate IT skills and knowledge in reference to cloud computing; the fact that most companies already have traditional IT solutions and are not willing to change; a lack of cloud-based computing companies marketing their solutions and services to companies; the cost of bandwidth and lack of reliable and secure internet connections is some parts of Africa; and low IT usage in some part of Africa.

What do you think are the 3 key advantages gained by companies using cloud as part of their IT services?

There are lots of advantages to using cloud computing for international companies as follows:

One of the major ones is the flexibility that it offers. Cloud computing means that staff can access the files and data that they need even when they’re working remotely and/or outside office hours. As long as they can get on the internet, staff can access information from home, on the road, from clients’ offices or even from a smartphone such as a BlackBerry or iPhone. Staff can also work collaboratively on files and documents, even when they’re not physically together. Documents can simultaneously be viewed and edited from multiple locations.

Cloud computing can be very quick and easy to get up and running. Consider, for example, how quickly you can set up a Gmail or Hotmail account and start emailing - it takes minutes and all you need is a computer and the internet. Downloading and installing software, on the other hand, takes much longer.

Cloud computing is often cheaper and less labour-intensive for companies too. There is no need to buy and install expensive software because it’s already installed online remotely and you run it from there, not to mention the fact that many cloud computing applications are offered free of charge. The need to pay for extensive disk space is also removed. With cloud computing, you subscribe to the software, rather than buying it outright. This means that you only need to pay for it when you need it, and it also offers flexibility, in that it can be quickly and easily scaled up and down according to demand. This can be particularly advantageous when there are temporary peaks in demand, such as at Christmas or in summer, for example.

A major advantage of using cloud computing for many companies is that because it’s online, it offers virtually unlimited storage compared to server and hard drive limits. Needing more storage space does not cause issues with server upgrades and equipment - usually all you need to do is increase your monthly fee slightly for more data storage.



 
 
>TOP

Kenya: Nyong'o Launches e-Health

http://allafrica.com/stories/201204200166.html

MEDICAL Services minister Anyang' Nyong'o is calling on Kenyans to embrace information technology in the provision and access to health services.

Nyong'o said his ministry is committed to implement the goals of vision 2030 which seek to improve the health outcomes and indicators of Kenyans by shifting focus from curative to preventive, and eventually promotive health care.

He was speaking yesterday in Nairobi while launching a two-day workshop on e-health. The conference seeks to discuss ways of integrating m-health into e-health. In a speech read on his behalf by PS Mary Ngari, Nyong'o reiterated the importance of e-health to workers and patients alike.

"The making of information communication through application of knowledge has developed into what is today referred to as Information Communication Technology," Nyong'o said, adding that the country's success depends on how ICT is applied.

He said the country was making strides aimed at making the country globally competitive and prosperous, with high quality of life as envisaged in the Millennium Development Goals and the country's Economic Recovery Strategy.

Nyong'o regretted that Africa accounts for 25 per cent of global communicable disease burden, yet it only comprises one per cent of total global expenditure on health care, "and contains only three per cent of the global health workforce."

In August 2011 the government launched the first National e-health strategy 2011-2017 which Nyong'o said is integrated within vision 2030.

Its overall goal is to have a health care system that ensures equitable, affordable and consumer friendly healthcare services at the highest achievable standard for Kenyan citizens.

"The mission is to promote and deliver efficient health services to Kenyans and consumers beyond our borders using ICT,"he said, adding that the main focus should be to strengthen and stimulate access to health care.



 
 
>TOP

ケニアとタンザニアは携帯電話で送金

http://www.africa-news.jp/news_xMQ3Z7utA.html?right

アフリカでも、携帯電話利用率トップ

ケニアとタンザニアは、携帯電話を使用した送金の利用が、アフリカの国々の中でも、トップクラスであると発表された。

1日あたり76万件の送金

この発表は、東アフリカのインド洋上に浮かぶ、ザンジバルで、アフリカの経済エキスパートや中央銀行政府らによって、持たれた話し合いの場で、まとめられたものだ。

ケニアの中央銀行政府Njuguna Ndung’u.氏によると、ケニアでは、4万のエージェントと1,800万人が、携帯電話プロバイダーに登録している。携帯電話を通して、動いている1日あたり金額は、4,100万ドルで、この金額は、送金事業会社、ウエスタンユニオンで1年間に利用される、金額より多いという。

タンザニアのBenno Ndulu氏によると、タンザニアでは、携帯電話を利用した送金が、昨年の12月、1日あたり76万件という数を記録したという。



 
 
>TOP

Kenya’s Kids & Kindles: Mobile Technology Brings Education to Rural Africa

http://www.econtentmag.com/Articles/News/News-Feature/Kenyas-Kids-%26-Kindles-Mobile-Technology-Brings-Education-to-Rural-Africa-82143.htm

Technology, it is said, has turned the world into a global village. In Africa, modern technology-especially mobile devices like e-readers-is changing almost every facet of human life more than on any other technology anywhere in the world. To many, the spread of the mobile web is Africa's version of the great industrial revolution that swept through Europe in the 19th Century and created opportunities and wealth to propel Europe into the success it is today. No other continent has fully embraced and tapped into the potential of information communication technology (ICT) like Africa has over the past decade or so.

Today, remote village outposts that were connected to each other by narrow, dusty footpaths are now connected to the outside world through the internet. Gone are the days when farmers in the remote corners of the continent were paid peanuts for their farm produce; today, thanks to the power of the internet, they are able to check for the latest market prices for their produce at the click of a button.

Over the last decade or so, Kenya has made giant steps in the adoption and implementation of technological advances that touch millions of lives every day. It was Kenya's entrepreneurial and innovative spirit that gave the world the first mobile money transfer platform that has gone on to be replicated in other parts of Africa, India, and Latin America.

With a spring in its step, Kenya is taking another giant stride towards implementing its much publicized Vision 2030 strategy that is meant to propel this East African nation into a middle-income economy in just 19 years. According to the blueprint, Kenya has identified the adoption of ICT technologies as a key economic driver of the national economy towards the realization of its socio-economic targets.

By creating an environment that has allowed the incubation of ideas and the birth of new strategies, Kenya also seeks to embrace the adoption of ICT curricula in schools in a bid to create a new breed of information technology-literate population.

Kindles in a Rural School

One such initiative is now at a pilot stage in rural Kenya. Thanks to this initiative, the young children at Ntimigon Primary and Pre- School are able to harness the power of technology through the use of ebook readers or Kindles supplied to them through a program known as The Kilgoris Project.

Says David Lemiso, the director of The Kilgoris Project: "The program, which entails the use of Kindles at Ntimigon Primary School, started in 2008. Since we started the program, we have seen a huge improvement of learning at the school since the children are keen to learn."

This being a rural community tucked deep in the heart of south-western Kenya on the peripheries of the world-famous Maasai Mara National Reserve, the adoption of new technologies such as the Kindles, makes more sense for the poor rural community since buying text books for the children is expensive.

Says Shadrack Lemiso, the head teacher at Ntimigon Primary School: "Since we brought the Kindles, the children are devoting almost all their time to reading. Even during the short and lunch breaks, the children will sit under the shade and read story books. This is a welcome technology as the children have really improved in not only their reading skills, but also in their sentence construction skills. It is a revolution."

The fact that the Kindle also has audio features; it has helped instill a reading culture for the kids as well as for the teachers.

Feeding Curious Minds

According to Caren McCormack, the president and co-founder of The Kilgoris Project, the ebook reader program is an initiative between The Kilgoris Project and Worldreader. "Worldreader worked with Kenyan publishers to digitize local text and story books," she says. "They trained our staff on the Kindles."

World Reader first piloted the program at a high school in Ghana, before they brought it to Kenya where it is now being used for the first time in a primary school. McCormack adds, "When we introduced the Kindles, we had hoped our students would read more and read better. The results have far exceeded our expectations. The students are choosing to read for pleasure, choosing books over football at breaks. It is a sign that they are feeding their curious minds and developing a love of learning. We are seeing an exponential return on our investment."

According to McCormack, The Kilgoris Project initially pumped more than $15,000 into the program and they are now happy that it has borne fruits. The Kilgoris Project, McCormack says, is looking at adding more Kindles and ebooks to the program.

"Each device can hold up to 3,000 books. That is a whole library in a child's hand," explains McCormack. "Kindles and ebooks hold huge potential for the Kenyan education system."

According to Shadrack Lemiso, the ebooks are less expensive than printed books. "And what is more, the ebooks do not have to be shipped, and they never wear out, like traditional textbooks. This means that they can be used for generations."

"The beauty of using the Kindles is that since they can store many books, this could be a one-off investment for parents and the child can use the kindle all the way to university level," says David Lemiso. "This is a technology that needs to be adopted for our education system."

Aside from accessing their books from e-readers, the children are also able to conduct quick research on the internet thanks to Wi-Fi capabilities through Kenya's leading mobile telecommunications company Safaricom.

As you might imagine, battery life is a major concern in rural Kenya. The 10-inch e-reader can run for up to three weeks on a single charge. That, according to David Lemiso, is a bonus, especially for rural schools like Ntimigon where connection to the national grid is yet to be realized.

Currently, Ntimigon Primary and Pre-School have 51 Kindles. The school has about 250 students and since the introduction, says Shadrack Lemiso, enrolment at the community school has risen.

Can Kenya fully digitize its education system and do away with traditional text books? Only time will tell. But the experiment Ntimigon Primary and Pre-School has been ruled a success, and the program has laid out a map for Kenya, and the rest of Africa.



 
 
>TOP

マラソン:ケニアの五輪男女代表各3選手が決定

毎日新聞 2012年04月26日 10時55分(最終更新 04月26日 11時23分)

ケニアのロンドン五輪男女マラソン代表各3選手が25日、決まった。選考が難航した男子は、世界歴代2位のウィルソン・キプサングや世界選手権2連覇中のアベル・キルイが順当に選ばれたが、2時間3分38秒の世界記録保持者、パトリック・マカウが落選。それでも、男女とも全選手が優勝を狙える布陣で、層の厚さを改めて印象づけた。

国際陸連の公式サイトによると、ケニア陸連のアイザイア・キプラガト会長は「過去の実績と共に、今季の主要マラソンの成績を基本に選考した。簡単な選考ではなかったが、これがベストチーム」と説明した。マカウは22日のロンドンを途中棄権。世界記録の公認条件は満たしていないが、昨年のボストンで「世界最速」の2時間3分2秒で優勝したジョフリー・ムタイも今年のボストンで途中棄権し、代表から外れた。3人目のモーゼス・モソップは15日のロッテルダムで2時間5分3秒の3位と好走。昨年のボストンで2時間3分6秒の実績も加味された。核となるキプサングは、昨年のびわ湖毎日を大会記録で制して勢いづき、マラソン通算5戦4勝と勝負強さが光る。



 
 
>TOP

ケニアのモバイル決済サービス、歳入庁が課税方針示す

http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=693847

ケニア歳入庁(KRA)のジョン・ジェライニ代表はこのほど、すべてのモバイルペイメントに対して近く課税する方針を明らかにした。モバイルペイメントとは携帯電話などのモバイル端末で商品やサービスの決済を行うこと。その普及がケニアの消費経済を支えてきた面もあるだけに、影響が注目される。

モバイルペイメントは日本が先駆けで、99年にNTTドコモ <9437> がポータル「iモード」を立ち上げてクレジット決済や現金引き出し、ポイントサービスを始めたことが最初とみられる。04年にはICチップ(Felicaチップ)を組み込んだ端末「おサイフケータイ」が登場して携帯電話が電子マネー端末として利用されるようになったことが大きく、いまやモバイルペイメントはなじみ深いものとなった。

海外で実用化され始めたのは05年以降。ケニアでは07年に大手携帯電話会社サファリコムがイギリスのボーダフォンと共同で立ち上げたモバイル送金サービス「エムペサ」が爆発的に普及し、道が開けた。南アフリカなどへ出稼ぎに来た人が銀行口座を持たずとも本国の家族への送金手続きが可能な点が当時は画期的で、ケニアの携帯電話普及率の07年の30%から10年の60%への急拡大に貢献した。

ケニアのIT産業の活性化にもつながることからモバイルペイメントの決済は非課税とされて市場成長が促されてきたが、今回の歳入庁による課税方針には、非課税という後押しが必要なくなってきたとの判断があったようだ。課税時期や税率などは未定ながら、1回の決済成立でサービスの利用側、提供側ともに税金が徴収されるとみられ、ケニアの税収に好影響を及ぼしそうだ。一方で負の側面もある。携帯電話キャリアにとってはモバイルペイメント関連サービスの利用手数料の上昇圧力となり、魅力的な手数料体系を打ち出せなくなった結果として消費者の利用が減退する恐れがある。キャリアが競争のため非課税時水準まで手数料を引き下げればその分企業体力をすり減らすことにもなる。

折しも先ごろ、ケニアの新興モバイルペイメント企業モビキャッシュがATM(現金自動預払機)企業のペサポイントと提携し、ATM上でもサービスが利用可能にすると発表した。モバイルペイメント市場の賑わいを示す例だが、仮に課税が利用減少などマイナスに働けばこうした新たな動きも限られそう。今後のケニア歳入庁の判断に関心が集まる。



 
 
>TOP

ケニア、医療カルテの電子化を検討中

http://www.africa-news.jp/news_ytrTIsZI1.html

医療カルテの電子化による利点

ケニアで先週、開かれた、医療協会理学コンフェランスにおいて、ケニアの情報コミュニケーション省のBitange Ndemo事務次官は、医療カルテの電子化を行うことにより、将来、低価格で、より良い医療を受診できるようになると述べた。

ケニアの国立病院で試験プラグラムを実行中

カルテの電子化することにより患者は、一度違う病院で受けた検査を、再度行う手間と費用を省ける。さらに、カルテの電子化は、現在、ケニアでどんな病気が流行しているかが、すぐさまに、わかるようになる利点があるという。

同様に、薬の購入、管理も電子化することによって、在庫の状況が、一目瞭然となり、より明確に不足している薬を仕入れることができるという。

Ndemo事務次官によると、ケニアの国立病院で試験プラグラムを実行中で、その後、ケニア全土の病院に導入する計画があるという。



 
 
>TOP

Kenya to boost computer education in schools

http://www.businessdailyafrica.com/Corporate+News/Kenya+to+boost+computer+education+in+schools/-/539550/1398784/-/sq347sz/-/

The Kenyan government has partnered with LG Electronics and Microsoft to significantly enhance access to computer education in schools across the east African nation.

Under the deal which was signed in Nairobi on Thursday, LG will avail its advanced U-Series network monitors technology while Microsoft will provide the Windows MultiPoint Server 2011 Operating System in what will greatly compliment government efforts to increase ICT learning uptake in Kenyan public schools.

Kenya's Education Minister Mutula Kilonzo said the government attaches a lot of importance on ICT education and development given the crucial role the sector is expected to play in the vision 2030 m development blueprint. "The government is counting on such public private partnerships like the one we are launching today to achieve these development goals," Kilonzo told journalists during the launch of the partnership in Nairobi.

The technology involves the use of a single PC (server) to support over 20 monitors performing multiple tasks and connected via USB. The U-Series is based on the principle that at any one time, no one person can utilize the full capacity of one computer, therefore, multiple users can tap into the same computer as long as they have a separate monitor and keyboard.

During the launch, the partners donated a sample of the computers to the Kenya Institute of Education (KIE) computer lab. LG Managing Director for East and Central Africa region Jung Jin Kim said the partnership would greatly enhance the company's commitment to promoting education and imparting technology skills in Kenya and the region.

"It is our belief that this partnership will increase access to computer education in Kenyan schools at the least cost possible. We are keen on using our innovation to positively transform lives in society," Kim said.



 
 
>TOP

ノキアなどが絞ったスマートフォンターゲット顧客とは?

http://www.africa-news.jp/news_yEN7vuAZx.html

アフリカ大陸もスマホ!

3日のタイムスライブによると、アフリカのミドルクラスの人々にスマホブームがきているという。

アフリカン・ディベロープメント銀行によると、アフリカのミドルクラス人口は、約10億人のうち、34%の3億1300万人ほど。

各社自慢のスマホとは?

このターゲットに絞ったノキアのデュアルSIM(2つのSIMスロットを有し、一台の端末で任意に回線を切り替えられる携帯電話端末のこと)携帯は、去年南アフリカで発売されて、第三四半期で1800万台もの売れ行きであった。これによって、ノキアのブランドはこの大陸においても強いものになった。

HuaweiやZTEなどの中国の製造会社は、低価格のスマートフォンをこの大陸に売り出しており、人気となっている。HuaweiのIDEOS 7においては、去年、ケニヤではスマートフォンの中でベストセラーとなったほどだ。

これらの新しいスマートフォンは、決してiPhoneやGalaxy Sにはなれないが、機能的で正しいターゲットを絞っており、着実にアフリカでも浸透している。



 
 
>TOP

Kenya leads Africa in mobile pay technology: report

http://www.nation.co.ke/Tech/Kenya+tops+in+mobile+payment+technology/-/1017288/1401766/-/110iisaz/-/

Kenya leads the developing world in readiness to adopt mobile payment technology, according to a survey conducted by MasterCard.

The country's standing in the index published on Monday will enhance Kenya's global reputation as a leader in technological innovation.

“The success of M-Pesa has created an alternative payment network in Kenya, making it, in terms of sheer usage, one of the most advanced markets in the world,” says a report accompanying the MasterCard index.

“The success of mobile payments in Kenya is remarkable and can serve as a blueprint for payments adoption in the rest of the emerging world.” Overall, Kenya ranks fourth among 34 countries surveyed.

It is “in the company of big, developed and integrated markets like the United States and Canada, and city-state powerhouses like Singapore,” the report says. Kenya finishes ahead of such tech-focused countries as South Korea, Japan, China and India.

Ironically, the MasterCard report observes, Kenya's success with mobile money transfers is attributable in part to “a lack of traditional infrastructure and alternative conventional payment media.”

“Mobile suggested itself as a solution to a population deeply in need of a fast and secure method of payment,” MasterCard says.

Noting that “M-Pesa is a closed loop,” the report adds that there is considerable room for expansion of mobile payment technology in Kenya.

“They’ve shown the way globally, but the country itself is also ripe for a more flexible and accessible payments structure that leverages all types of payments and permits multilateral entry into a broader-based financial services and telecommunications infrastructure,” the report says.



 
 
>TOP

ケニアで68%、モバイルマネーが普及するアフリカ諸国

http://www.africa-news.jp/news_yQaliwcf3.html

モバイルマネーの大陸、アフリカ

2012年4月24日Economist onlineは、アフリカ大陸は"モバイルマネー"(携帯電話を使った金融取引) が最も拡大している場所だという記事を発表した。

ゲイツ財団、世界銀行、アメリカで世論調査を行うGallup社らが行なった調査によれば、成人の10%以上が過去12ヶ月以内にモバイルマネーを使用した国は世界中で20カ国、そのうち15カ国がアフリカ大陸にあるという結果が出た。

ケニア、スーダン、ガボンでは成人の40%以上がモバイルマネーを使用している。既に金融システムの発達した、ブラジルやアルゼンチンではモバイルマネーのシェアは1%のみという対照的な結果となった。

アフリカ的発達を見せる電子マネー

携帯電話を使ったモバイルマネーは多くの部分で従来の銀行の役割に取って代わるようになった。

既に金融機関の発達した場所では、モバイルマネーは金融取引の一つでしかないが、アフリカでは自宅から一番近い銀行の支店まで歩いて数日かかる場所に住んでいる人々もおり、従来の銀行を利用出来なかった人たちとって、新しい金融サービスとして拡大してきた。

ソマリアのように政府が機能していない場所では、多くの場合、海外にいる家族からの送金を受けるためモバイルバンキングが重要な役割を果たしている。

現在まで実用的に銀行の支店やATMを金融サービスとして利用して来た人々にもモバイルマネーは拡大しており、モバイルバンキングが従来の銀行の機能と連携を取っていくケースもある。

ケニアでは、驚くことに成人の68%がモバイルマネーを利用しており、この割合は世界で最も高い、そして利用者の約半分は紙ベースの銀行口座も持っているということだ。



 
 
>TOP

携帯電話を歩いて充電!?ケニアの24歳起業家が開発

http://www.africa-news.jp/news_zfIQkkiBI.html

歩く携帯電話を充電できる技術

ケニア在住の24歳のエンジニア、Anthony Mutua氏が、歩きながら携帯電話を充電する技術を開発したことを2012年5月12日、Nationが報じた。

圧力が加わると電気が発生する超薄型チップがAnthony Mutua氏の開発した革新技術だ。

歩行時のエネルギーを電気に変え、靴から伸ばしたコードによって携帯電話を充電するという大変シンプルなもの。

このチップは電気エネルギーを蓄積する能力を持っているため、歩いた直後から充電が開始される。

ケニアの国立機関も資金提供

Anthony Mutua氏は今後の需要拡大に向けて大量生産に入るプロジェクトを進めており、科学技術評議会(NCST)はこのプロジェクトにKSh500、000(米国6024ドル)の資金を提供した。

充電チップは取り外し可能で、あらゆる靴に装着することが可能とのこと。将来的には一つのチップが複数のガジェットを充電することも可能になるという。値段は約45ドル(3,600円)になるという。



 
 
>TOP

ケニアで建設、ゾウが通るトンネル

National Geographic News

May 17, 2012

ケニア中部の都市ナニュキ(Nanyuki)とメル(Meru)をつなぐ幹線道路の高架下。1頭のアフリカゾウがトンネルをくぐろうと近づいてきた。

このトンネルは、ケニア山周辺で暮らすゾウのために建設された初の人工的な通路だ。レワ野生動物保護管理公園を運営する非営利団体の主任保護官ジェフリー・チェゲ(Geoffrey Chege)氏によると、一帯では幹線道路やフェンス、農地などがゾウの個体群を分断している。フェンスや耕作地を破壊して往来しようとするため、ゾウと住民のトラブルが絶えなかったという。

2010年の完成以来、トンネルを通るゾウが数百頭も目撃されており、非常に大きな成果が上がっている。チェゲ氏はメール取材に応え、「トンネルをくぐるゾウの写真を初めて見たときは、本当にうれしかった」とコメントしている。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2012051701&expand#title



 
 
>TOP

ナイロビで爆発、27人負傷 ケニア首都、邦人被害なし

【ナイロビ共同】ケニアの首都ナイロビ中心部にある商店が多数入った建物で28日、大きな爆発があった。地元メディアによると少なくとも27人が負傷して病院に運ばれた。爆発の原因は明らかになっていない。

在ケニア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

現場の建物では一時炎が上がり、周辺には商店の品物や割れたガラスなどが散らばった。警察は周辺を封鎖。警察幹部は電気関連の事故の可能性も指摘した。

ケニアでは昨年10月に同国軍が隣国のソマリア南部に進攻して以降、ナイロビや国境付近で爆発事件が続発している。

2012/05/28 23:03 【共同通信】

もっと知りたい ニュースの「言葉」
ケニア(2007年12月22日)アフリカ東部の国。人口約3500万人(2005年推定)、面積は日本の約1・5倍の約58万平方キロ。1963年、英国から独立。最大民族キクユ出身のケニヤッタ氏が初代大統領に就任。2002年、第2代のモイ大統領の引退に伴う大統領選でキバキ氏が当選した。政府によると民族数は40以上で、主要民族はキクユ、ルヒヤ、ルオなど。最近、経済成長を続けており、政府によると06年の国内総生産(GDP)成長率は6・1%。(ナイロビ共同)



 
 
>TOP

ケニア:ナイロビ中心部で大きな爆発

毎日新聞 2012年05月28日 20時41分

ケニアからの報道によると、同国の首都ナイロビ中心部で28日、大きな爆発があり、建物が炎上した。負傷者がいるとの情報もある。爆発の原因は分かっていない。

ナイロビの米大使館は4月、テロ攻撃が起きる恐れがあるとの警告を現地の米国人らに向けて出していた。(ナイロビ共同)



 
 
>TOP

ナイロビ中心部で爆発、27人負傷 日本人被害なし

2012/5/29 0:10

ケニアの首都ナイロビ中心部にある商店が多数入った建物で28日、大きな爆発があった。地元メディアによると少なくとも27人が負傷して病院に運ばれた。爆発の原因は明らかになっていない。

在ケニア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

現場の建物では一時炎が上がり、周辺には商店の品物や割れたガラスなどが散らばった。警察は周辺を封鎖。警察幹部は電気関連の事故の可能性も指摘した。

ケニアでは昨年10月に同国軍が隣国のソマリア南部に進攻して以降、ナイロビや国境付近で爆発事件が続発。ナイロビの米大使館は4月23日、ケニア政府の建物やホテルにテロ攻撃が起きる恐れがあるとの警告を出していた。(ナイロビ=共同)



 
 
>TOP

2012年5月29日0時47分

ナイロビ中心街で爆発 約30人けが

ケニアの首都ナイロビの中心街の高級スポーツ用品店で28日、大きな爆発があった。約30人が負傷し、病院に搬送された。爆発の原因は不明。

爆発があったのは、ホテルや銀行、商店などが密集する地域。用品店の屋根が吹き飛んだほか、道路を挟んで約10メートル離れた店の窓ガラスも割れた。

ケニアでは、ソマリアのイスラム武装勢力シャバブがテロを予告しており、先月下旬には米国大使館が差し迫るテロ発生の危険を警告している。ただ、地元警察は今回の爆発はテロとの断定を避け、事故の可能性もあるとしている。

目撃した会社員チェンさん(50)は「数キロ離れても聞こえる爆音だった。黒い煙が上がり、大勢の人が路上に倒れていた」と話す。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ケニア:首都ナイロビで爆発 30人以上負傷

毎日新聞 2012年05月29日 10時59分(最終更新 05月29日 12時35分)

【ヨハネスブルク服部正法】ケニアからの報道によると、首都ナイロビ中心部のショッピングモールで28日昼、爆発があり、30人以上が負傷した。オディンガ首相は「テロだ」と批判している。

ケニアは昨年10月にソマリアに侵攻し、イスラム過激派アルシャバブの掃討作戦を展開。アルシャバブはケニアへの報復攻撃を明言しているが、今回の爆発との関連は不明。



 
 
>TOP

ケニアでヘリ墜落、副大統領経験者ら6人死亡

2012.06.11 Mon posted at: 11:32 JST

(CNN) ケニアの首都ナイロビ近郊で10日、同国の国内治安担当相らが乗ったヘリコプターが墜落し、同国政府によれば、同担当相を含む6人が死亡した。

死亡したのはサイトティ国内治安担当相(66)と副大臣、パイロット2人、護衛2人の計6人。墜落の原因は明らかになっていない。

サイトティ担当相は隣国ソマリアに拠点を置くテロ組織シャバブの掃討作戦で主要な役割を果たしていた。

同国のキバキ大統領は声明で「6人の死はわが国にとって大きな痛手だ。サイトティ担当相はケニアの人々に尽くした公務員として永遠に人々の胸に刻まれるだろう」と哀悼の意を示した。

サイトティ氏は、副大統領を務めた経験があるなど、次期大統領選の有力候補の一人だった。米国で経済学や数学を学び、世界銀行や国際通貨基金(IMF)での勤務経験を有し、教育を含む数多くの分野で活躍していた。

閣僚経験者のバララ氏は墜落について、旧式のヘリコプターが原因との見方を示し、「もっといい装備があれば事故を防げたのに」とサイトティ氏の死を悔やんだ。



 
 
>TOP

アフリカで「モバイルラーニング」が胎動、オンライン大学が研究に本腰

http://www.emeye.jp/disp%2FOAA%2F2012%2F0613%2Fstockname_0613_002%2F0%2F1/

ケニアのナイロビに拠点を持つオンライン教育機関のアフリカ・バーチャル大学(AVU)がこのほど、テクノロジー系調査会社アイハブ(iHub)リサーチと共同で「モバイルラーニング」に関する研究を強化していくと発表した。アフリカの重要課題のひとつである教育水準の引き上げに寄与する大きな一歩とみられる。

「モバイルラーニング」とは携帯電話などのモバイル端末を使って教育、研修プログラムを実施するeラーニング。2000年代前半以降、米国でアップル社がデジタル音楽プレイヤー「iPod」の多機能化に伴い始めたことが最初とみられるが、学習という目的上多くの文字資料を扱う必要があるため画面の大きさや入力手段の限界から普及の歩みは遅く、長らくパソコン端末で行うものがeラーニングとして定着してきた。ただ、近年はタッチパネル入力のスマートフォン(多機能携帯電話)や大画面タブレット端末が登場したことでモバイルでもパソコンと同様の使い勝手の良さを確保し、どこでも学習できる利点も備えた「モバイルラーニング」が本格的に立ち上がってきた。

日本でも企業研修を中心に使われ始め、バンダイナムコホールディングス<7832>のゲーム子会社バンダイナムコゲームスが内定者研修で活用するなどの例がある。ここにきて新興国でも携帯電話の普及を受けて「モバイルラーニング」への取り組みが始まり、昨年12月には普及率約7割のパキスタンでフィンランド・ノキアの現地法人がユネスコのイスラマバード事務所などと組んで関連プロジェクトを始めた。

そうしたなかで、携帯電話が急速に普及していることから「今度はアフリカ」との視線は熱く、今回のAVUの動きを手始めに「モバイルラーニング」がアフリカで立ち上がる可能性が高まった。AVUはアフリカの30カ国以上のeラーニング関連機関と提携して4万3000人の卒業生を送り出してきた。ICT(情報通信技術)の革新的な利用によりアフリカの教育産業に貢献しているとして今年1月にはアフリカ開発銀行から1560万ドル(約12億3800万円)の助成金を受けた。今回の「モバイルラーニング」の研究強化はその流れの中での出来事とみられる。

アフリカでは銀行口座を持てない人でも携帯電話さえあれば離れた家族への仕送り手続きができる送金サービスが起爆剤となり、各国で携帯電話の利用が活発化。同サービス発祥の地ケニアでは政府による非課税措置も奏功して携帯電話普及率がここ数年で5割から7割へ飛躍した。結果としてアフリカはインフラ負担が重く普及が進まなかった固定電話を飛び越えて携帯電話が浸透しているという特殊な歴史を持ち、携帯電話で有用なサービスが登場すると瞬く間に浸透していく素地がある。

先進国に遅れ、新興国としても他に先例を許すが、アフリカでのモバイルサービスの加速度的な普及度を踏まえれば、他をしのぐペースで「モバイルラーニング」市場が形成されるとの期待も持てそうだ。そうなると、世界40カ国以上に進出して南アフリカにも拠点を置く人材育成コンサルティング大手のウィルソン・ラーニング ワールドワイド<9610> あたりが恩恵を受けそう。「どこでも学ぶ」状況が広まればアフリカ全土での教育水準の向上も見込まれ、不十分な教育が各国の経済成長の足かせともなってきた流れの改善にもつながっていきそうだ。



 
 
>TOP

坂本龍一氏がアフリカから学んだこと

伝統の暮らしの中に持続可能な生活のヒントがある

日経BP環境経営フォーラム

2012年6月13日(水)

森林保全団体の代表も務める坂本龍一氏。日本や東南アジア、アフリカなど伝統の暮らしの中に持続可能な生活のヒントがあるという。その技術や知恵を現代に取り入れる重要性を語る。
(聞き手は、藤田香・日経BP環境経営フォーラム生物多様性プロデューサー)

森林保全団体「more trees(モア・トゥリーズ)」の代表も務めていますね。more treesでは間伐材やニ酸化炭素吸収量など森から得られる恵みを都会の人々に提供し、その対価を森の整備に充てるという循環型の森作りをしています。リオ+20では、こうした生態系から得られる便益を保全・活用しつつ経済成長と両立させる「グリーンエコノミー」が話題になります。坂本さんが考えるグリーンエコノミーとはどんな暮らしですか。

坂本:more treesの活動は5年目に入り、国内10カ所、海外1カ所(フィリピン)で森作りを進めています。そこで気づかされたのは、自然を守ることで自分たちの生活も守れるということです。

日本人は長いこと、森に手を入れたり、水田を作ることを続けてきました。水を引いて水田を作ることで、田んぼのない時よりも、自然が豊かになったり、生物多様性が増えた場所もあります。自然に手を加えながら、自然にも人間にも資するものを作ってきたわけです。持続可能な形で手を加えて自然をデザインしてきたのです。その結果、日本列島全体が豊かになってきた歴史があります。
 20世紀に入ってモノカルチャーになり、伝統はかなり壊れてしまいました。そうした伝統をもう一度見直さなければならない、と僕は感じています。
 地球全体では、持続可能な暮らしが大きな問題になっています。そんな時、足元の伝統、50年前までやってきた暮らしが重要なヒントになるんじゃないかと思っています。

あえて道を整備しない。そこに知見がある

国内外に、ヒントになるような取り組みはありますか。

坂本:10年前にアフリカが好きで何度か通っていました。野生動物の宝庫であるケニアのマサイマラ国立公園のロッジに行く途中、すごいガタガタ道でした。雨が降れば道が川のようになってしまうような場所です。
 「なぜ道を整備しないのか」と土地の人に聞いたところ、こんな答えが返ってきました。「自分たちは自然があって動物がいて、それを見てもらって収入を得ている。自然が壊れて動物がいなくなれば自分たちの経済活動も終わってしまう。道が整備された途端、自然は壊れるから」と。はっきりした目的意識を持って、道を整備せずにいる。そこに知見があると感じました。
 対照的な出来事もあります。アマゾンの熱帯雨林に行った時のことです。飛行機で移動する間、地平線まで続く熱帯雨林を飽きずに見ていました。急に直線的な道が1本現れました。人間が作った道です。自然のデザインに直線はないんです。自然の線はぐるぐる巻いていたり、曲がっていたり。直線の道ができるとトラックが入るようになり、途端に開発が始まり、自然が壊れていきます。
 アマゾンの熱帯雨林は一度伐採するとなかなか再生しにくく、砂漠化しやすいと言われています。伐採したら次へ移動する、資源を使い切って終わり、というやり方は、持続可能な経済活動につながりません。
 日本的な伝統では、定規のような直線を引かないで、おじいちゃん、おばあちゃんたちが苦労して棚田の棚を作ってきました。周辺の石を1つずつ組んでね。城の石垣もそうですが、複雑な形の石を組み合わせて作っています。同じ規格のものを直線的に作るのではなく、自然の地形や自然のものを利用する。こうした思考は大きなヒントになると思います。

化石燃料に依存した暮らしは怖い

しかし、快適さを捨てて昔の伝統的な暮らしに戻ることは容易にはできません。現代の環境技術とどのように組み合わせていけばよいですか。

坂本:20年前に比べて、あらゆる電気製品が省エネ型になりました。様々なセクターがエネルギー消費量を半分にすれば、日本全体のエネルギーを削減でき、廃棄物も減らせます。日本が化石燃料の輸入のために支払っている金額は年間20兆円を超えると聞いています。
 これが単純に半分になれば、残り10兆円は国内で使えるわけです。食とエネルギーの自給率を上げることを促進したり、自然エネルギーを普及するのに使えます。そのためには、家庭も産業界も省エネという小さな努力を積み重ねなければなりません。省エネ製品は随分出ていますが、産業界の事業活動の中での省エネにもっと期待したいですね。エネルギーも食も、自給率が低ければ安全保障的に危険です。
 江戸時代、日本の人口は3000万人で、食は完全自給自足、しかも100%有機農業でした。同じ国土で持続可能な社会だったわけです。もし今、海外からのエネルギー供給が止まったら…。有機農法的な技術はそれほど受け継がれていないので3000万人を食べさせることすら厳しいでしょう。化石燃料に依存した暮らしには怖さがあります。

エネルギーや食を自給する町作りを

東日本大震災では国産材を使った木造仮設住宅を建設する支援活動をしました。震災後の町作りをどう考えていますか。

坂本:都市に暮らす多くの日本人は、日々自然を感じたり見ることなく生活していたと思います。そこへ突然自然があのように姿を現したことに脅威と畏れを感じました。畏れ、おののきを僕は忘れたくない。忘れない努力をすべきだと思います。
 畏れ、おののきを基に東日本を作り直す時、元に戻すのではなく、自然の力を意識したロバストな(しなやかに強い)町を築いていかなければならない。地震や津波、温暖化による海面上昇にも対応できる町作りをする必要があります。
 オランダは海面上昇の脅威を感じていて、建築家が水で浮く家を設計しています。こうした家は東南アジアにもあります。その技術や知恵を先進国も取り入れることが大事です。自然と対決するのではなく、共生する暮らし、災害にしなやかに対処できる文明作りです。
 僕はエネルギーや食を自給自足できるスマートシティに注目しています。一歩進んだ町を東日本に作り、それをモデルにほかの町も見習っていく。そうしたことができたらと思っています。

坂本龍一氏
音楽家、作曲家。1952年東京都生まれ。1987年に映画「ラストエンペラー」で米アカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞。ニューヨーク在住

(この記事は日経ビジネス・日経エコロジー「リオ+20」特別版から再掲載したものです)



 
 
>TOP

JCBとケニアのエクイティ銀行、東アフリカ5カ国での加盟店・ATM業務で提携

大村美穂  [2012/06/21]

ジェーシービーの海外業務を行う子会社、ジェーシービー・インターナショナルは、ケニアの大手商業銀行であるエクイティ銀行と、東アフリカの5カ国(ケニア共和国、ウガンダ共和国、南スーダン共和国、ルワンダ共和国、タンザニア連合共和国)における加盟店・ATMでのJCBカードの取り扱い業務に関するライセンス契約を締結した。

エクイティ銀行は12月をめどに、まずはケニアでJCBカードの加盟店業務を開始し、その後4カ国にて順次業務を開始する。ケニアは、東アフリカ地域で最大級の経済規模と成長率を誇り、広大な国立公園や貴重な文化遺産などの観光資源に恵まれている。近年、日本をはじめ世界からケニアを訪れる渡航者数は増加傾向にあり、ケニア政府観光局によれば、2011年の日本人渡航者数は前年約16%増の1万2645人、全世界からの渡航者数は前年約15%増の126万5136人と大きな伸びを記録しており、それに伴い観光地を中心に国際クレジットカードの利用ニーズが高まっている。

現在、ケニアにおけるJCB加盟店網は一部の観光地に限られているが、このたびのエクイティ銀行との提携により、合計5000店でJCBカードが使えるようになる。このほか、エクイティ銀行は周辺の4カ国でも、順次、JCBの加盟店業務を開始する予定で、東アフリカ地域でJCBカードの利便性が向上する。今回の提携は、今後の成長・拡大が見込まれるケニアのクレジットカード市場にてJCBカードの利便性を高めて会員のニーズに応えたいJCBおよびJCBIと、国際ブランドJCBの取り扱い開始によって加盟店サービスの拡充を図りたいエクイティ銀行の意向が合致し、実現する運びとなった。

http://news.mynavi.jp/news/2012/06/21/120/index.html?gaibu=hon



 
 
>TOP

ケニアの港町モンバサでテロの恐れ 米大使館が警告

2012.06.24 Sun posted at: 12:39 JST

ナイロビ(CNN) ケニアの米大使館は22日、港町として知られる同国第2の都市モンバサでテロ攻撃の危険が迫っているとの警告を出した。

米大使館によると、米政府要員は全員モンバサを離れるよう指示を受けた。民間人は対象外だが、旅行の計画に際し、この情報を考慮するよう求められている。ただ、危険の詳細や同市が狙われている理由などは明らかでない。

ケニア軍が昨年10月、隣国ソマリア南部にある国際テロ組織アルカイダ系のイスラム武装勢力シャバブの拠点を攻撃したのに対し、シャバブ側は報復を予告。その後、モンバサを含むケニア各地で手投げ弾による攻撃が続発している。



 
 
>TOP

ケニアで手りゅう弾爆発、1人死亡 米大使館が警告

2012/6/25 10:19

【ナイロビ=共同】ケニアのメディアによると、南東部モンバサのバーで24日夜、手りゅう弾が爆発し、少なくとも1人が死亡、10人以上が負傷した。3人が死亡したとの情報もある。犯人は不明。

首都ナイロビにある米大使館が22日、モンバサでテロ攻撃の恐れが差し迫っているとの警告を出していた。

ケニアでは、昨年10月に同国軍が隣国のソマリア南部に進攻して以降、ナイロビや国境付近などで爆発事件が続発している。モンバサではことし3月と5月に手りゅう弾が爆発する事件が発生、死傷者が出た。

インド洋に面したモンバサはケニア第2の都市で、観光客にも人気が高い。



 
 
>TOP

2012年7月1日23時16分

ケニアでキリスト教会2カ所襲撃 17人死亡70人けが

ケニア北東部ガリッサからの情報によると、1日、同地区の二つのキリスト教会に複数の男が手投げ弾を投げ込んだほか、銃を乱射し、少なくとも17人が死亡、70人がけがをした。死傷者は増える可能性がある。

男らは、教会前で警備していた警官を射殺し、自動小銃を奪い教会内で乱射したという。ケニア政府は昨年10月、隣国ソマリアにイスラム武装勢力シャバブを掃討するため軍を派遣しており、シャバブが報復を宣言している。

先月24日には、沿岸部のモンバサのバーで手投げ弾が爆発し3人が死亡。29日にはソマリア国境近くのダダーブ難民キャンプで援助団体の車が襲われ、運転手1人が死亡し、ノルウェー人などの職員4人が誘拐されている。首都ナイロビでも爆発が相次いでいるほか、シャバブは高層ビルの爆破も宣言している。(キガリ〈ルワンダ〉=杉山正)



 
 
>TOP

2012年7月2日10時23分

ケニアで教会襲われ17人死亡 イスラム武装勢力犯行か

ケニア北東部ガリッサからの情報によると、1日、同地区の二つのキリスト教会が武装集団に襲われ、市民ら少なくとも17人が死亡、60人以上がけがをした。死傷者は増える可能性がある。

覆面姿の複数の男が教会前で警備していた警官を射殺し、自動小銃を奪って教会内で乱射した。手投げ弾も投げ込まれたという。ケニア政府は昨年10月、イスラム武装勢力シャバブを掃討するため隣国ソマリアに軍を派遣しており、シャバブは報復を宣言していた。

先月24日には、沿岸部のモンバサのバーで手投げ弾が爆発し3人が死亡。29日にはソマリア国境近くのダダーブ難民キャンプで援助団体の車が襲われ、運転手1人が死亡し、ノルウェー人などの職員4人が誘拐されている。首都ナイロビでも爆発が相次いでおり、シャバブは高層ビルの爆破も予告している。(ナイロビ)



 
 
>TOP

ケニア:教会に攻撃、17人が死亡 東部ガリッサ

毎日新聞 2012年07月02日 20時52分(最終更新 07月02日 21時08分)

【ヨハネスブルク服部正法】ケニア東部ガリッサで1日、キリスト教会2カ所が手りゅう弾や銃による攻撃を受けた。AFP通信によると、信者ら計17人が死亡した。犯行声明は出ていないが、隣国ソマリア南部を実効支配するイスラム過激派アルシャバブかケニア国内のシンパによるテロ攻撃が疑われる。

西アフリカ・ナイジェリアの北部では、信者が集まる日曜にキリスト教会へのテロ攻撃が多発し、イスラム過激派の犯行とみられており、アフリカのイスラム過激派が「協調的、連動的な動きをしようとしている」(ハム米アフリカ軍司令官)との指摘もある。

ケニアは昨年10月にソマリアに軍事介入し、アルシャバブ掃討作戦を続けている。



 
 
>TOP

ケニア、イラン産原油輸入取り消し

2012/7/5 9:43

【ジュバ(南スーダン)=共同】ロイター通信などによると、ケニアのエネルギー省高官は4日、イラン産原油を年間400万トン輸入することで合意したイラン政府との6月の覚書を取り消すと表明した。理由について「イランの原油には禁輸措置がある」と述べた。欧米は、核開発を進めるイランの原油輸出を標的にした制裁を6月下旬から相次いで発動。親欧米のケニアが、イラン産原油の輸入に合意したことに驚きの声が出ていた。



 
 
>TOP

Kenya: ICT Entrepreneur Competition - Apply Now!

http://africanbrains.net/2012/07/06/kenya-ict-entrepreneur-competition-apply-now/

Enablis Entrepreneurial Network in collaboration with the NetHope Academy have launched the Growing IT Entrepreneurs project in Kenya, Rwanda and Ghana

Enablis and Nethope believe that IT skills are in high demand, generating opportunities for youth to participate in core aspects of the economy if they can get the necessary real-world entrepreneurial training and support, then they can create jobs and come up with innovative solutions.

The project, dubbed Growing IT entrepreneurs is an initiative of Enablis Entrepreneurial Network with support from the NetHope Academy. The Project which will run for one year in three countries: Kenya, Rwanda and Ghana is targeting IT enthusiasts and professionals from universities, technical institutions, and technological incubation centers among other avenues. The project will support 100 IT enthusiasts and professionals in the three countries.

The project is responding to IT skills being in high demand, generating opportunities for youth to participate in core aspects of the economy. Enablis and Nethope believe if IT enthusiasts and professionals can get the necessary real-world entrepreneurial training and support, then they can create jobs and come up with innovative solutions.

IT enthusiasts and professionals will be selected through a mini idea competition. The competition process evaluates all entries and scores them on the basis of their business viability and suitability. The process of entering the competition will assist the them to refine and focus their technological idea into a business idea, which in itself is a valuable step.

Project Objectives

The objectives of the competition is to promote entrepreneurship by:

1 Encouraging IT enthusiasts and professionals with great ideas to turn these into thriving businesses.

2 Handholding IT enthusiasts and professionals to sharpen their business acumen, improve their business plan thinking and develop their business writing skills.

3 Showcasing the 100 fellows as role models to encourage other IT enthusiasts and professionals to become entrepreneurs

4 Facilitating the provision of funding to technological entrepreneurs who meet the criteria of the Enablis funding partner

5 Creating opportunities for gainful employment and furthering the country’s economic growth



 
 
>TOP

グーグルなど米国IT大手、ケニアに熱視線

http://www.emeye.jp/disp%2FOAA%2F2012%2F0710%2Fstockname_0710_007%2F0%2F1/

米国IT系メディア大手IDG傘下で最新IT技術イベント運営のデモ(DEMO)はこのほど、ケニアの首都ナイロビで10月24日から26日に新興IT企業のイベント「デモ・アフリカ」を開催すると発表した。デモがアフリカでイベントを行うのは初。アフリカの企業投資支援団体ベンチャーキャピタルフォーアフリカとの共催となり、ケニアのスタートアップ企業と投資家や大手IT企業とのマッチングの場とするのが狙い。マイクロソフトやアドビシステムズ、シスコシステムズ、グーグルといった米グローバルIT企業各社のバイヤーが来場予定で、アフリカとりわけケニアに世界のIT業界の熱い視線が向かっていることの表れといえる。

「デモ・アフリカ」のエグゼクティブ・ディレクター、ハリー・ハレ氏は「アフリカでのイベント初開催に興奮している。アフリカで次の大きなものを探している投資家にはこの上なく実りの大きいイベントとなるだろう」と語った。ベンチャーキャピタルフォーアフリカの創設者ベン・ホワイト氏は「アフリカ大陸から世界に飛び出すベンチャー企業は急速に増えている。スポットライトを当てることの意義は大きい」とコメントした。

南アフリカをはじめ、アフリカの経済成長をリードする国の多くがIT産業の振興による内需拡大を進め、特に携帯電話の急速な普及がそれを加速させている。ケニアもその1つで、今では携帯電話ユーザーの4割がインターネットを利用している状況だ。世界経済フォーラムはケニアのIT技術レベルはアフリカの中では南アフリカに次ぐ2位と評価している。またケニアではネットの中毒者が急増しているという実態もある。これは不名誉な話ではあるが「ギーク(オタク)」を次々生み出しているといえ、将来の有力ITベンチャー経営者を生む土壌が醸成されているとも受け止められる。そうしたケニアでの今般のイベント開催はうなずける。

グーグルなどは最近ではモトローラの大型買収が記憶に新しいが、発足後1年未満の小さな企業すら有望とみれば積極的に手に入れている。ここ10年間でグーグルが買収した案件数は大小取り混ぜて120を超える。今回のイベントでも買収劇が生まれるものと予想され、将来的にケニアひいてはアフリカのIT産業の発展にもつながっていくことが期待できそうだ。

(矢野伸)



 
 
>TOP

Kenyan govt invests in ICT

http://www.itweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=56701:kenyan-govt-invests-in-ict&catid=69

The Kenya ICT Board has loaned Sh27.95 million to 26 entrepreneurs from different constituencies in Kenya in an effort to roll out electronic facilities, or Pasha Centres, to address the disparity in distribution of ICT services, Capital FM reports.

Commonly referred to as digital villages, the Pasha Centres are hubs that provide a host of services to the public via Internet-connected computers or other ICT-enabled applications at the grassroots level.

The Pasha Centres are run by private entrepreneurs, who have gone through a training programme initiated by the Kenya ICT Board. Prospective entrepreneurs are eligible to apply for a development loan from a revolving fund set up by the Board, All Africa writes.

Digital Inclusion project manager at the Kenya ICT Board, Kwame Shiroya, said the selection of the new Pasha managers was done openly through a competitive process.



 
 
>TOP

ケニアのIT市場に米大手が注目「デモ・アフリカ」開催

http://www.africa-news.jp/news_DnhQCpj6k.html

アフリカ第2位のIT技術

最新のIT技術イベントを運営するDEMO社が、ケニアの首都ナイロビで10月24日から26日に新興IT企業のイベント「デモ・アフリカ」を開催すると発表した。

ケニアでは携帯電話の普及が進み、ユーザーの4割がインターネットを利用しておりIT産業の内需拡大を進めている。

世界経済フォーラムではアフリカ内でケニアのIT技術レベルを南アフリカに次ぐ2位としており、将来的にはケニアから優秀なITベンチャー経営者が輩出されることも期待出来ると考えている。

DEMO社のイベントがアフリカで行われるのはこれが初となる。

Googleなど米大手が来場

このイベントではアフリカのスタートアップ企業に対して投資家や大手IT企業をマッチングすることを目的としており、MicrosoftやAdobe、Cisco Systems、GoogleといったグローバルIT企業各社のバイヤーが来場する。

サハラ以南のアフリカでは南アフリカ、ケニアやナイジェリアを筆頭に携帯電話の普及が急速に進んでおり、携帯電話によるネットバンキング、モバイルマネー、オンラインショッピングなどIT産業の成長が目覚しい。

また近年では、大手IT企業による買収が相次ぎ、Googleではこの10年で120社以上の買収を行なっている。

今回はケニアのスタートアップ企業に注目が集まることが予想され、買収に発展すれば今後のIT産業発展を牽引していくことになりそうだ。



 
 
>TOP

テキストメッセージで給水ポンプ故障を監視 from WirelessWire News

http://wired.jp/2012/07/20/africa-waterpumps-wirelesswirenews/

英ケンブリッジ大学のチームがモバイル技術を利用してアフリカ農村部の水供給システムの改善を図っている。

英ケンブリッジ大学のチームがモバイル技術を利用してアフリカ農村部の水供給システムの改善を図っている。給水所ポンプに携帯電話機能を持たせて、故障などにより給水できなくなったことをテキストメッセージで地元のエンジニアに通知する。ウォーターポイント・データ・トランスミッター(Waterpoint Data Transmitter)と名付けられたデバイスは、ポンプのハンドル部分に装着され、ハンドルが上下するのをモニターする。それにより使われ過ぎも使われなさ過ぎも検知できるし、水使用量の日次変動や季節変動の予測にも利用できる。

研究者によればアフリカのポンプは故障が多く、3分の1は故障していると見られるという。水供給に起因して5歳以下の子供150万人が死に追いやられており、アフリカ全体で女性や子供が水の調達に費やしている時間は400億時間にも上るとのこと。

センサーからの情報をテキストメッセージで送信するのは珍しい取り組みではないが、利用する場所がアフリカの農村部ということなので、「携帯電話機」への電力供給には太陽光発電などの工夫がなされているものと思われる。

8月にはケニアの70村でテストが行われ、その後、マラウィ、南スーダン、ザンビアなど他のアフリカ諸国へ展開する予定。このプロジェクトは英国国際開発省(DFID(Department for International Development))から資金援助を受けている。



 
 
>TOP

ケニアのモバイルマネーサービス、通信最大手サファリコム独占に世銀難色

http://www.emeye.jp/disp%2FOAA%2F2012%2F0725%2Fstockname_0725_002%2F0%2F1/

世界銀行はこのほど、ケニアのモバイルマネーサービスに関して公正な競争のためには多くの規制が必要との見解を表明した。事実上、携帯電話最大手サファリコム<SCOM>が行なう「エムペサ(M−PESA)」の独占状態に歯止めをかけようとする発言となり、今後の展開に注目が集まりそうだ。

モバイルマネーサービスとは、携帯電話のショートメッセージサービスを用いてお金を融通するアフリカ独自の電子マネーサービス。サファリコムが07年に英ボーダフォンと共同で始めた「エムペサ」が先駆けで、地元の小売店などがエージェントとなって実際の現金のやりとりを代行することにより、送り手と受け手は携帯電話上でメッセージを交換するだけで取引できる。個人で銀行口座やクレジットカードを持たない貧困層でも安全な形で家族に送金できる点から爆発的に浸透し、今ではアフリカ全体で携帯電話会社がさまざまなモバイルマネーサービスを展開するに至る。

ただ、世界銀行はケニアで「エムペサ」が現在モバイルマネーサービスの68%のシェアを保持している点を懸念し、これは今後のケニアにおけるモバイルバンキングのありようを規定する上で支配的な立場に成りうる占有率と指摘。「他のネットワークサービスは競争がそれを進化させてきたが、モバイルマネーサービスが高い参入障壁により競争がもたらされない状況となるのは問題がある」との認識を示した。その上で、モバイル事業者間での送金を可能にする、すなわち送り手と受け手が違うモバイルマネーサービスに加入していても金融取引が成立できる仕組みを作るなど、公平さを重視した規制を行うべきとした。

世界銀行の見解に対し、インドの携帯電話会社バーティ・エアテルの現地法人エアテルアフリカ、インド資本の新興勢力イッサール・テレコムは賛意を示しているが、サファリコム側は当然ながら反対だ。アフリカのインターネット・モバイル関連ニュースメディア大手のITニュースアフリカは、サファリコムのボブ・コリーモア最高経営責任者による「われわれは顧客から、異なる事業者間でも相互にサービスを利用できるようにしてほしい、という要望を十分にもらってはいない」とする世界銀行への反論コメントを紹介した。

サファリコムはケニアの携帯電話シェアの7割を握る。同国人口の4割にあたる1700万人あまりが顧客で、そのうち「エムペサ」のユーザーは昨年時点で1300万人に及ぶ。「エムペサ」が同社の隆盛に大きく寄与したことは疑いなく、仮に世界銀行の提示した規制が入るなら競争環境が激しくなるとともにサファリコムはシェアを削られる立場となり、その影響もまた大きいだろう。ケニアの携帯電話業界の勢力図にも変化が出そうだ。



 
 
>TOP

アフリカでサイバー犯罪急増、「東アフリカの銀行は負ける」との警告も

http://www.emeye.jp/disp/OAA/2012/0804/stockname_0804_002/0/

東アフリカの銀行はこのままオンラインシステムの抜け穴を修正しなければ、サイバー犯罪者に敗れる。そんな深刻な事態が大手会計事務所デロイトなどによる最新の調査で分かった。アフリカの情報技術系ニュースを伝えるビズテック・アフリカなどのメディアが驚きをもって報じている。

デロイトの調査によれば、東アフリカの銀行は12年6月までの18カ月間においてサイバー犯罪者の仕掛けたオンライン詐欺により4830万ドル(約37億7700万円)を不当に失った。2年前の同じ期間に調査した際より25%も被害が膨らんだ。ただ、デロイトによると4830万ドルは控えめな数字で、悲劇的なことに全体の詐欺の半数が銀行関係者によるインサイド・ジョブ(内部犯行)だったという。調査担当ディレクターは「詐欺の規模、広がり方がひどさを増している。(ネットワーク)技術は両刃の剣ということが明白だ」としている。

被害は東アフリカきっての経済国ケニアで多いようだ。ビズテック・アフリカは、首都ナイロビの情報技術セキュリティコンサルティング会社セリアヌによる報告書も紹介。セリアヌによると、サイバー犯罪者が国内銀行のセキュリティの不備を突いてクレジットカード情報を不正に入手しているという。「調査中にケニアの銀行が発行するクレジットカードのデータを店が販売している状況に出くわした」とする、セリアヌの調査担当者にあぜんとしてしまうようなコメントを掲載した。ケニアではオンライン詐欺が着実に増えており、これにより商業銀行は毎年3600万ドル(約28億1500万円)を失うと試算されている。

ケニアはモバイルインターネットを中心にIT産業がアフリカのなかでは突出して発展している。銀行ネットワークと携帯電話を組み合わせたアフリカ独自の送金決済サービス「モバイルマネー」が最も普及している地域ということから、近年はITが経済成長を支える側面も強い。それだけに銀行ネットワークがサイバー犯罪に痛めつけられ、傷が年々深まっているというのは衝撃的。抜本的な手を打たないと経済全体への悪影響も甚大になる恐れがある。

(矢野伸)



 
 
>TOP

Bridging Kenya’s ICT Skills Gap

http://www.ventures-africa.com/2012/08/bridging-kenyas-ict-skills-gap/

VENTURES AFRICA - Efforts are being made to produce better trained and certified employees for Kenya’s growing ICT sector a research suggested that companies are having difficulties finding candidates with skills suitable to the industry.

Bondo University College, established by the government in 2009, is looking to break with standard education practices to produce graduates better placed to succeed in Kenya’s growing ICT industry. Meanwhile, the Kenya ICT Board has joined forces with Carnegie Mellon University to design a definitive examination for Kenyan software developers.

These innovations come at a time when companies are reporting a skills gap within the industry. Recent research from the ICT Board has revealed that companies operating in the growing sector are having difficulties finding the right skills in applicants, with applications systems analysts and software developers the professions where capable staff are most lacking.

Technological courses offered at Bondo have the specific aim of bridging the gap between theory and practice, looking to produce graduates that will be attractive candidates for ICT firms based in Kenya and also help Kenya progress as a regional ICT hub. “We want to get into the realm of actually building the technology”, says Dr Kefa Rabah, who runs the BSc course in Computer Science and Communications Engineering. He believes that Kenyans need to change the way they perceive technology. “We are being fed smart technology and we don’t know about it,” he says. “We want to change the way we perceive technology. We can do it. That is the way we want to go as Kenyans.”

With approximately a quarter of the ICT companies who responded to the Julisha Monitoring and Evaluation Survey saying they were dissatisfied with the quality of professionals produced by Kenya’s educational institutions, it is evident that innovative steps are needed to meet the demand for better qualified staff and bridge the skills gap. Yet the problems were not just in terms of accumulating technical skills, but basic ones also. “When probed on the types of skills lacking in graduates, companies cited innovative thinking, problem solving and project management as the top three skills that are lacking,” the report continued. “Some of these findings were seconded by university interviewees which indicated lower ratings on project management skills and innovative thinking.”

9600 professionals are expected to be added to the Kenyan IT workforce by 2013, particularly in the realms of software development and project management. Educational institutions are thus under pressure to meet this need, but the report blames them for failing to produce graduates with sufficient skills to meet the demand. “Consistency of curriculum was a common theme, with lack of guidelines emphasised,” the report stated. “The watered-down value of certifications and lack of market-relevant courses in some educational institutions were other themes.” A lack of experienced faculty within the technological education system, with the most capable teachers heading abroad or to the private sector, may be part of the problem. The report calls on universities, colleges and schools to expand their capabilities, establish specialised training programmes and integrate ICT into the education system more fully.

Educational institutions such as Bondo are already answering these calls, but it is not simply in education that the problem lies. Effective examining and requiring trained software developers to prove they have learned the skills to become valued workers within the sector are also lacking, hence the partnership between the ICT Board and Carnegie Mellon to develop a definitive examination to ably demonstrate that Kenya is producing graduates of sufficient quality to meet the demands of a growing sector that has been forced to look elsewhere for qualified employees thus far. The new exam will be piloted in the next 15 months and go into full production within two years.

Though there are a number of different software courses presently available, from the likes of the Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE) as well as Microsoft and Sun Microsystems, most are paper-based examinations that do not test the abilities of developers to write high-quality code. “While they do have value it is possible to pass them and be completely incompetent,” said Philip Miller of the School of Computer Science at Carnegie Mellon. “The Kenyan examination will not be like that.” The initial aim is to certify approximately 1000 software developers every year, though eventually Miller hopes to be passing more before too long.

The intention is for the examination to become an essential exit qualification, both in Kenyan universities and globally. “We want people in other countries all using the same exam,” says Miller. “Global adoption of the qualification is the goal.” Yet the primary focus of the examination, which will test both basic and complex software development and coding to international standards, is specifically geared to proving the skills and employability of young Kenyan developers to international companies.

“We want an exam that tests skills that big companies actually need. People have to have confidence that everything is fair,” says Miller. “If we have got something good the companies will have it.”



 
 
>TOP

[FT]紅茶、主要産地の生産減で高騰

2012/8/8 14:00

(2012年8月8日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

紅茶の国際価格が2年半ぶりの高値に急騰している。天候不順により主要産地の一部で生産が減少、需給が逼迫していることが背景にある。

■最高級茶葉の卸値は年初から41%高

紅茶の世界最大の輸出国であるケニアでは乾燥や降雨不足、霜害により生産が打撃を受け、主要輸出国のインドやスリランカも雨期の天候不順を受けて生産見通しを引き下げている。

「ブロークン・ペコ1(BP1)」と呼ばれる最高級茶葉の卸売価格は年初から41%急騰。7月には、1キロ当たり5.45ドルの過去最高値をつけた2009年末以来となる1キロ4ドル台に達した。

カイロの砂糖をたっぷり入れた熱い紅茶やロンドンのミルクティー、ロサンゼルスのアイスティーなど世界中の紅茶愛好者が値上がりを実感することになるだろう。アフガニスタンやパキスタンなどの貧しい国では先進国に比べて小売業者の利ざやが薄いため、こうした国の愛飲者が最大の影響を受けることになりそうだとの指摘もある。

一方、国連食糧農業機関(FAO)の紅茶関連団体でトップを務めるケイソン・チャン氏は「小売りにもある程度の影響は及ぶだろうが、小売りでは他の飲料との競争がかなり激しい」と述べ、小売業者が値上がり分を全て転嫁する可能性は低いとの見方を示した。

紅茶はコーヒーと違い取引所での先物取引は行われず、ケニアのモンバサで週1度行われる競売で現物が取引される。

■年末にかけてさらに上昇か

トレーダーやアナリストは、紅茶の価格は年末にかけてさらに上昇するとみている。ケニア紅茶委員会によれば、同国の1〜6月の紅茶生産量は15万8千トンで、前年同期に比べて11.3%減少。前出のチャン氏は、インドとスリランカの生産量も前年比5〜10%減とみている。

チャン氏は「紅茶の価格は大幅に上昇しそうだ」と述べ、生産減を受けて1キロ4.50ドル前後に達するのではないかと予測した。

複数のトレーダーによれば、ロシアや英国、パキスタン、中東など紅茶の主な輸入国はここ数カ月間買いだめをしてきた。これらの輸入国が買いを控えることで、短期的には価格が落ち着く可能性がある。

オランダの紅茶輸入業ヴァンリースは直近の市場リポートで、紅茶価格は「冬に向けての再上昇を前に一旦は一服する」と予測した。

これまで紅茶の主要輸出国となってきたインドや中国では、需要が急増している。チャン氏は「ここ5年ほどで中国やインドの消費水準が急速に高まったことが、価格上昇の大きな原因になっている」と指摘している。

By Jack Farchy



 
 
>TOP

五輪=男子800m、マサイ族ルディシャが世界新で優勝

ロイター 8月10日(金)10時39分配信

[ロンドン 9日 ロイター] ロンドン五輪の陸上男子800メートルは9日に決勝を行い、マサイ族のデービッド・ルディシャ(23、ケニア)が1分40秒91の世界新記録で優勝した。

ルディシャは序盤でトップに立ち、最後は独走態勢となった。自身が2年前に記録した世界記録を上回り、同競技で初めて1分41秒の壁を破った。「勝てることは確信していたが、世界新を出せるように、完璧なコンディションを待っていた。今朝起きて、天気が良かったので何か特別なことができる気がしていた」と語った。

アモス(ボツワナ)が1分41秒73で銀、キタム(ケニア)が銅。レースはハイレベルな戦いとなり、最下位に終わった選手も過去3大会の金メダリストを上回るタイムを記録した。



 
 
>TOP

ルディシャが世界新記録で金メダルを獲得、男子800メートル

AFP=時事 8月10日(金)6時6分配信

【AFP=時事】ロンドン五輪は9日、オリンピックスタジアム(Olympic Stadium)で陸上男子800メートル決勝が行われ、ケニアのデビッド・ルディシャ(David Lekuta Rudisha)が世界新記録となる1分40秒91で金メダルを獲得した。

序盤からレースを支配したルディシャは、立ち上がった観客が見守る中ホームストレートを全力で駆け抜け、2位に入ったボツワナのナイジェル・アモス(Nijel Amos)に5メートルの差をつけてゴールした。

ジュニアの世界新記録となる1分41秒73を記録したアモスが銀メダルを獲得し、ボツワナに陸上競技では初となる五輪のメダルをもたらした。また、ルディシャと同じケニアのティモシー・キトム(Timothy Kitum)が1分42秒53で銅メダルを手にした。

五輪の800メートル決勝で世界記録が更新されたのは、キューバのアルベルト・ファントレナ(Alberto Juantorena)が世界新記録を出した1976年のモントリオール五輪以来。

8選手のうち7選手が自己新記録を更新するなど、史上最も高いレベルともいえるレースとなった。8着の1分43秒77の記録は、北京五輪であれば金メダルとなっていた記録だった。

ルディシャは2010年に1分41秒01で当時の世界新記録を更新している。【翻訳編集】 AFPBB News

http://www.afpbb.com/article/london2012/london2012-athletics/2894361/9345016



 
 
>TOP

アフリカ大陸で初のIBM研究所、ケニアのナイロビに開設

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1700B_X10C12A8000000/

米IBM社は、アフリカ大陸で最初のIBM研究所をケニアの首都ナイロビに開設したと発表した。アフリカに関連した問題の解決を狙い、基礎および応用研究を行う。同研究所は、アフリカの科学技術の基盤構築にも寄与するという。 開設に当たり、IBMのPresident and CEOを務めるGinni Rometty氏は、ケニア大統領のMwai Kibaki氏を表敬訪問した。Kibaki氏は、「IBMの研究所がケニアの国家計画である『Kenya’s Vision 2030』の実現に寄与することを期待している」などと発言し、今回の研究所開設を歓迎する意を示した。

発表によれば、IBMの研究所がアフリカで行う活動のテーマは主に三つある。一つめはICT(情報通信技術)を使って政府の運営や政府提供サービスを向上させること。二つめは、スマートシティー化を進めること。まずは、水道サービスや公共交通サービスの開発・改良を目指す。

三つめは、アフリカで新たな産業をけん引できるリーダーを育成すること。このために、いくつかの大学や政府機関、企業を手を組んで、ICTや関連した科学技術スキルの向上を図る。その一環としてIBMは、現地の科学者を積極的に採用する「IBM Research Resident Scientist Program」をケニアの研究所でも実施する。



 
 
>TOP

ケニア共和国と包括的な覚書を締結

〜ケニア政府と豊田通商が相互協力し、広範な事業の検討を推進〜

2012年 8月15日

豊田通商株式会社(本社:名古屋市、社長:加留部 淳、以下:豊田通商)とケニア共和国政府のVISION 2030 DELIVERY BOARD(局長:Mr. Mugo Kibati、以下:VDB)は、2012年8月15日、同国の国家ビジョンの実現に向け、自動車分野、電力・エネルギー分野、石油・鉱物資源分野、環境保全分野、農業産業化分野において、両者が協力して包括的に取り組んでいくことに関し覚書を締結いたしました。VDBは、ケニア共和国の国家ビジョンを統括する「計画・国家開発・ビジョン2030省」※1の実行委員会です。豊田通商とVDBは、今後、各事業分野のプロジェクトチームを組成し各事業を推進してまいります。

近年、ケニア共和国は、東アフリカ地域の中核国として注目を集めており、東アフリカ共同体(East African Community)による域内経済発展と共に急成長を遂げております。

豊田通商は、1962年9月にケニア共和国に駐在員事務所を開設、現在、会社のビジョンであるGLOBAL 2020 VISION実現に向けた「重点国」のひとつとして位置づけています。自動車分野においては、現地に密着した事業投資を実施し、現地雇用・人材育成・登用を積極的に行うなど、同国の経済的な自立を図る取り組みを進めてまいりました。また、近年は、豊田通商として初めての地熱発電事業を受注するなど幅広い事業を推進しています。

豊田通商は、今回の覚書を締結することで、ケニア政府のVISION 2030※2を積極的に支援すると共に、同国および東アフリカ地域において、これまでの自動車分野で培った事業に加え、幅広い事業分野での案件推進を加速し、アフリカ地域No.1商社としての基盤を固めると共に、同国の経済発展に貢献を目指してまいります。

※1.「計画・国家開発・ビジョン2030省」
Ministry of State Planning, National Development and Vision 2030。
国家計画の立案と実施のコーディネーションを担う省。
ケニア国の最重要施策であるVISION 2030計画についても責任を担う。

※2.「VISION 2030」
ケニア政府による長期発展計画で、国民の所得増加と生活水準の向上を志向するもの。

http://www.toyota-tsusho.com/press/2012/08/20120815-4049.html



 
 
>TOP

ベトテル、ケニア進出を計画、アフリカ東部市場開拓へ

http://www.viet-jo.com/news/economy/120821125252.html

デイリーケニアやアフリカの各ウェブサイトによると、ベトテル軍隊通信グループ(ベトテル)がケニアへの市場参入を計画している。同社は首都ナイロビに支店を開設し、アフリカ東部の市場開拓を狙っている。トンティンコンゲーが報じた。

同社傘下ベトテル国際投資株式会社(ベトテルグローバル)のグエン・ズイ・トー社長は「ベトテルは、国際的な通信事業としては規模が小さいものの新興国での豊富な開発経験と知識を有する」とコメントした。

現在ケニアには、◇サファリコム(Safaricom)、◇エアテル(Airtel)、◇ユーモバイル(yuMobile)、◇オレンジ(Orange)の4つの通信事業者があり、ベトテルが進出すれば同国で5番目の通信事業者となる。

なお、ベトテルグローバルは現在、◇ラオス、◇カンボジア、◇ハイチ、◇モザンビークなどの海外市場で携帯電話サービス事業を展開しており、2013年にはペルーでも事業展開を開始する予定。



 
 
>TOP

ケニアで農耕民と半遊牧民が衝突、52人死亡

2012.08.23 Thu posted at 12:12 JST

ケニア・ナイロビ(CNN) ケニア南東部で部族間の抗争が発生し、ケニア赤十字社によると、22日の衝突で52人が死亡した。

現地警察によると、ケニア南東部海岸州のタナ川流域では、過去数十年にわたり農耕民のポコモ族と半遊牧民のオルマ族が対立。今回の抗争は、先週オルマ族がポコモ族の農地に侵入したことから始まった。

22日にポコモ族がオルマ族の小屋を襲撃し、現地警察によると、男性6人、女性31人、子ども11人が殺された。ケニア赤十字社は52人が死亡したと伝えている。またポコモ族は、オルマ族の牛200頭を奪ったという。 現地警察はさらなる衝突を避けるために、警戒を続けている。



 
 
>TOP

ケニアの国立保護区で飛行機が墜落、4人死亡

2012.08.23 Thu posted at 12:44 JST

ケニア・ナイロビ(CNN) ケニア南西部のマサイマラ国立保護区で22日、飛行機が墜落し、4人が死亡した。現地の救助部隊が発表した。

死亡したのはケニア人の操縦士2人とドイツ人2人。米国務省によると、同機には4人の米国人も搭乗し、負傷したもよう。

国務省のシール報道官は「現地の領事館を通じて適切な支援を提供している」と発表した。

救助にはナイロビを拠点とする慈善団体「フライング・ドクター」があたっている。



 
 
>TOP

【ケニア】携帯電話ブラックベリーが医療現場に

http://www.africa-news.jp/news_EKtv26kBc.html

医療に関するアプリ

スイスとケニアに拠点を置くオンライン教育のスペシャリストAvallainは、スマートフォン、ブラックベリーに対応した、医療手順や手当の選択肢についてリサーチできるアプリ、iAfyaを発表した。

ダウンロードは無料

iAfyaは、医療関係者や患者を対象としており、ブラックベリーのスマートフォンのみに対応、料金も無料でダウンロードすることが可能だという。

iAfyaは、病状の確認や応急処置について調べることができ、医療関係者向けに医療手順や手当などのリサーチもできる。さらに、病気についての質問をすることも可能だ。

Avallainの制作部Shelmith Mumbi部長によると、ケニアでは、病気について情報を得ることでさえ、高額で難しく、iAfyaを利用することによって、無料で知りたい病気について調べることを可能にしたという。



 
 
>TOP

ケニア:聖職者狙撃死でイスラム教徒らキリスト教会襲撃

毎日新聞 2012年08月28日 19時04分

【ヨハネスブルク服部正法】ロイター通信によると、ケニア南東部モンバサで27日、イスラム教過激派との関連が指摘されるイスラム教聖職者アブド・ロゴ・モハメド師が車を運転中に狙撃され、死亡した。これに怒ったイスラム教徒らがキリスト教会を襲撃する暴動が発生した。射殺への当局の関与を疑う声があるという。

モハメド師は、国際テロ組織アルカイダと連携しソマリア南部を広範囲に支配するイスラム過激派アルシャバブとの関連が指摘される。国連安全保障理事会は7月、アルシャバブを資金面や人員確保などで支援しているとして、モハメド師を資産凍結などの制裁リストに加えていた。暴動発生で、宗教間対立に発展する恐れもある。



 
 
>TOP

SAP Skills for Africa Programme to empower 100 Kenyan students for the East African market

http://www.itweb.co.za/index.php?option=com_content&view=article&id=58773:-SAP-Skills-for-Africa-Programme-to-empower-100-Kenyan-students-for-the-East-African-market&catid=69

Global business software giant, SAP, in partnership with the Kenya ICT Board and the MMU, has embarked on a pioneering initiative, called the SAP Skills for Africa partnership programme, which is aimed to spur the country's IT skills capacity. This announcement was made today at the Intercontinental Hotel, in Nairobi, Kenya.

According to the CEO of SAP Africa, Pfungwa Serima: "The SAP Skills for Africa programme commits to deliver professional training and provide official ICT certification to 100 Kenyan university graduates over a 12-month period. The programme seeks to substantially improve the employability of young, bright-minded university graduates that come from underprivileged backgrounds. This is in line with the Kenyan government's mandate to promote digital inclusion, to forge Kenya as an ICT hub for Africa while driving ICT skills development, and this resonates strongly with our corporate social responsibility policy of supporting education and entrepreneurship."

The SAP Skills for Africa programme aims to ensure that each and every university graduate on the programme is equipped with the skills necessary to enter the job market and not only gain economic stability and prosperity, but also be able to plough back into the SAP ecosystem.

"The SAP partnership is key in equipping our young professionals with high-end ICT skills that are in demand in the Kenyan and the wider East African market," said Kenya ICT Board CEO, Paul Kukubo. He added: "This effort provides a much-needed skill set for graduates who would otherwise not have had the privilege to be exposed to this specific set of world-class skills."

Delivery of this programme includes providing certified instructors, training material and case studies. As part of the investment, SAP has agreed to waive any costs related to the programme for the students, which also includes significant financial investment.

Modules of study for this period will be focused on best business practices and SAP skills in the areas of financial and managerial accounting, sales and distribution, procurement, human capital management, database and technology, system administration and also around business reporting.

Andrew Waititu, Managing Director of SAP East Africa, highlighted that "SAP, as a global information technology leader, recognises and embraces its commitment to the communities in which it operates. We believe the private sector plays a vital role in creating a level playing field, driving innovation and building an environment that enhances education and entrepreneurship to foster economic growth. As such, we must work collaboratively to find solutions that help underserved youth and emerging entrepreneurs who have the necessary skills to succeed in the global economy."

Waititu added: "By working proactively with government bodies, and also with SAP customers and partners, we have taken the lead to deliver this special programme in order to provide opportunity for students to receive additional practical skills, as well as business and system knowledge, which will help them to be better-equipped in today's job marketplace, thereby increasing their possibility to be employed."

The programme builds on the knowledge students gained during their university studies, and provides them with hands-on practical experience in working with the world's leading business software applications company. Being educated on SAP software not only provides valuable skills on how to use the software, but also teaches participants best business practices and processes, which will greatly benefit the graduates as well as the future organisations in which they will be employed.

SAP is committed to ensure that, upon graduation from this programme, students also receive a chance to put the acquired knowledge into practical use in the real work environment. For this purpose, SAP has started to work with its customers and partners to ensure that all graduates on the programme receive internships, which will further solidify their acquired knowledge during the course of the programme.

The Kenya ICT Board's mandate and objectives are based on advising the Kenyan government on all relevant matters pertaining to the development and promotion of ICT industries in the country. In addition, the Kenya ICT Board provides government and other stakeholders with skills, capacity and funding for ICT projects in order to rapidly and innovatively transform Kenya through the promotion of ICT for socio-economic development.



 
 
>TOP

アフリカの音楽を世界へ届ける音楽レーベル「AMP Music」の活動が、スラムのレコーディングスタジオを盛り上げる[CAMPFIRE]

http://greenz.jp/2012/09/30/ampmusic-campfire/

先日紹介した「Social Good Summit」でテーマになっているような、ニューメディアやテクノロジーの発達は、社会問題の解決だけではなく、途上国のミュージシャンの活動を応援することにもつながっています。以前、greenz.jpではケニアのスラムで音楽で生計を立てることに夢を持つ若者を支援する音楽レーベル「AMP MUSIC」を紹介しました。

インターネットを通じて、アフリカの若者たちのつくり出した音楽を聞いてもらう機会を増やし市場を作り出しているAMP MUSIC。前回紹介したときから、時間が経過し現地での活動にも変化が起こりました。現地ではスタジオにいるプロデューサーのほうがミュージシャンより力が強く、様々な問題が生じていました。スタジオ代が高くてなかなか払えなかったり、しっかりとお金を払っているにも関わらず、時間が十分にとってもらえなかったりと、曲自体はあるのに録音できないから販売ができない状態でした。

活動を続けるうちに、ミュージシャン同士の結束が強まり、仲間たちと地元のラジオ局が一緒になって寄付を集め、アパートの部屋を借りて小さなスタジオを作りました。スタジオ付きのエンジニアの人を雇い、自分たちでレコーディングが可能な状況を作り出しました。

少しずつ未来を見て自分たちで活動するように

AMP MUSICの活動を行なっている梅本さんは、活動を開始したころは現地のミュージシャンが自分たちでスタジオを持つようになるとはとても予想できなかったと語ります。活動を始めたころは、ミュージシャンたちは音楽の定収入がない状態でした。それが少しずつ音楽が売れるようになり、音楽の定収入ができたこと。そして、自分の会ったことのない、知らない誰かが音楽を聞いてくれてることで音楽に対して自信を持つようになったのです。

彼らは以前、基本的にはその日暮らしの状態でした。収入が安定しないため、あまり先のことを考えない。将来を考えることはしていなかったんです。それが定収入と自信が生まれたことで変化し、彼らは将来を見るようになりました、もっと自分たちでできることがあるんじゃないかと考えるようになったんです。

物事を見るスパンが長くなり、自分はミュージシャンなんだという自負も生まれました。その結果、自分のスタジオを持たないと自分の音楽を改善させられない、だからスタジオつくりたい、そう考えるようになりました。活動を始めた当初は、夢物語だと思っていたようなことを自分たちで実現させた、これにはとても驚かされました。

スタジオの運営費を音楽の売上から支払うために

彼らはスタジオを手に入れましたが、まだ運営費は最初に集めた寄付でまかなっている状態。スタジオがある地域の人たちの平均の月収は日本円にすると約6000円。通常スタジオ代を支払うには、彼らの2,3ヶ月分の月収に相当する金額が必要になるそうです。彼らの所有するスタジオでは相場の半分ほどの金額で運営しようと考えているそうですが、それでも一回のレコーディングに月の月収分の金額が必要になります。

AMP MUSICではは彼らの音楽がより多くの人に買ってもらえるようにすることで、音楽の売上を伸ばし、その金額からスタジオ代を支払えるようにしていきたいと考えているそうです。AMP MUSICではより多くの人にアフリカのミュージシャンの曲の素晴らしさを知ってもらうために、スタジオの運営を軌道にのせるためにCAMPFIREにプロジェクトを掲載しています。

彼らの音楽に興味を持たれた方、ぜひCAMPFIREのプロジェクトをチェックしてみてください。



 
 
>TOP

ケニア独立運動:植民地時代の拷問に補償 英高裁決定

毎日新聞 2012年10月06日 13時23分(最終更新 10月06日 13時38分)

【ロンドン小倉孝保】英国植民地時代のケニアで発生した民族運動「マウマウ団の乱」(1952〜60年)で独立のために活動したケニア人元闘士3人が拷問を受けたとして英政府に補償を求めた訴訟で、ロンドン高等裁判所は5日、3人に請求の権利があるとの決定を出した。英政府は半世紀以上前のことであり請求の権利がないと主張していた。植民地時代の個人補償請求権を司法が認めたことで、今後、補償請求が相次ぐ可能性が指摘されている。

補償を求めているのは男性のパウロ・ヌジリさん(85)、ワムブグ・ニンギさん(84)と女性のジェーン・マラさん(73)。ヌジリさんらは54年、植民地政府に拘束され、去勢されたうえ殴るけるなどの暴行を受けたと主張。マラさんは同じころ拘束され、性的暴行を受けたとし09年に補償を求め提訴した。

英政府は3人のケースを含め、「マウマウ団の乱」での植民地政府による不適当な対応を認めているが、ケニア独立(63年)によって植民地時代の法的責任はケニア政府が引き継いだ▽半世紀も前の件であり、公正な裁判を期待できない−−とし、3人には英政府に補償請求の資格(権利)がないと主張していた。

公判では補償の是非の前に補償請求資格の有無が争われ、高裁は「今でも書類や証人によって公正な裁判は可能」などとし、英政府への補償請求権があると認めた。

原告側の弁護士は「歴史的な判断。英政府は3人への拷問を認めながら、法的責任から逃れようとしてきた。この判断はイエメン、キプロス、パレスチナなどにいる植民地時代の拷問の犠牲者(の補償請求)にも影響を与えるだろう」と語った。

一方、英政府は決定は認められないとして上訴する意向。英紙ガーディアンによると、「マウマウ団の乱」で拘束されたケニア人のうち約2000人が存命で補償請求の可能性があり、イエメンやマレーシア、キプロスなどでも植民地時代に拷問や虐殺が行われたおそれがあるという。

◇マウマウ団の乱
 英国植民地時代のケニアで1952〜60年に発生した民族独立運動。英国植民地支配に対し、ケニア最大民族のキクユ族が中心となって反乱を起こし、英国植民地軍と激しく衝突。英国側が鎮圧したが、結果としてケニアの独立を早めることになった。推定15万人が拘束され、強制収容所に収容された。ケニア人権委員会によると、9万人のケニア人が処刑や拷問にあったとされる。



 
 
>TOP

ケニア議会、選挙にらみ議員「退職金」の法案可決 国民反発

cnn.co.jp

2012.10.14 Sun posted at 15:53 JST

(CNN) アフリカ東部ケニアの議会(224議席)は14日までに、議員の「退職金」として1人当たり約12万米ドル(約936万円)を支給する条項を盛り込んだ財政関連法案を可決した。同国では来年3月、議会選挙が予定されている。

法案はソーシャルメディアなどを通じて国民の反発を招き、首都ナイロビの議事堂前では抗議デモが発生。「強欲なハイエナ」と書かれたプラカードを掲げたり、議事堂内に急ぐ議員に「泥棒」などの罵倒(ばとう)を浴びせたりした。

キバキ大統領は国民の怒りに応じる形で、法案への拒否権を表明。大統領府が出した声明で、憲法に反するものであり、現在の経済状況を考えればその余裕はないと述べた。人権団体によると、同国憲法では議会に議員の報酬額を定める権限を与えていない。

オディンガ首相や来年の大統領選で立候補を狙う議員の一部も法案に反対した。

議員の退職金の財源などは明らかになっていない。議会は会期の審議で10%の増税も求めていた。同国では最近、教師や医師による賃上げストが長期化していたが、政府は財源不足を理由に難色を示していた。

ケニア議員の月給は約1万ドルで免税の手当も毎月支給され、議員の報酬額としてはアフリカ大陸では最高水準。一方、平均的なケニア人の年収は約1800ドルとなっている。

同国では2007年に大統領選と議会総選挙が実施され、開票結果をめぐって部族間の権力闘争に伴う衝突が激化し、数百人が死亡する騒乱となっていた。ケニアでは政財界などの根強い汚職体質も問題になっている。



 
 
>TOP

Nokiaのソーラー充電器:電気はない地域でも携帯電話が急速に普及するアフリカでの取組み

情報通信総合研究所

http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2012/Gpre201285.html

フィンランドの老舗携帯電話メーカーNokiaが、ケニア、ナイジェリアにおいて太陽光による充電器の普及を目指して販売を行っていくことを2012年10月12日に公表した。ソーラー充電器「Portable Solar Charger DC-40」は1,250ケニアシリング(約1,200円)で販売される。

アフリカでの電気事情、Nokiaについて見ていこう。

普及する携帯電話と追いつかない電気

アフリカだけでなく新興国では携帯電話は急速に成長している。2012年7月には世界での携帯電話契約者数が60億を突破したことを世界銀行が報告した。そのうちアフリカには約7億の携帯電話加入者数がいる。2000年にはアフリカ全土で1,700万加入だった携帯電話が12年で約40倍にも成長した。  今回Nokiaがプロジェクトを行う2ヶ国は他アフリカ諸国と同様に携帯電話の普及は著しく、人口約4,000万のケニアでは約3,000万(普及率75%)、人口約1億5,800万のナイジェリアでは約1億200万(普及率64%)の契約数がある。

但し、アフリカのような新興国ではプリペイドでの利用が主流なので、1人で複数枚のSIMカードを保有している。アフリカではほとんどの国で95%以上がプリペイドでの利用である(GSMA 2011)。そのため人口10億人のアフリカで7億人が実際に携帯電話を保有している訳ではないので注意は必要である。 GSMAによると全世界で実際に携帯電話を利用しているのは約32億人で、アフリカで実際に携帯電話を利用しているのは3人に1人と述べている。つまり人口約10億人のアフリカでは約3.3億人が実際に携帯電話を利用している。まだまだ成長の余地が多いにある。

アフリカの農村や地方では、まだ電気が十分に通っていない地域が多い。そのような地域でも携帯電話は着実に普及してきている。彼らは乾電池式の充電器で充電をしていることが多い。

ケニアでは16%、ナイジェリアでは51%しか、日常的に安定した電気供給を受けていない(世界銀行)。それ以外の多くの人々は電気を満足に利用できない環境にいる。多くは農村や地方が多い。しかしアフリカには電気は未整備な地域でも、ソーラー発電に必要な「太陽の光」は十分にある。アフリカではソーラー充電器の需要は大きいだろう。

アフリカでのNokia

全世界でスマートフォンが急速に普及しているが、アフリカでは、Nokiaの中古端末が現在でも大人気である。アフリカにおいてNokiaは携帯電話の代名詞だった。電話(通話)とショートメッセージ(SMS)機能だけのシンプルな携帯電話を多くの人が利用している。

Nokiaの携帯電話は充電器が同じものが多い。そのため、中古端末として、再度Nokiaの端末を購入しても以前に利用していた充電器と同じものを利用できる。また家族でNokia端末用の充電器があれば、その充電器を利用できる。中古端末市場が活況のある地域では、端末だけ購入するが充電器は不要であれば、その分充電器の購入費用は浮くことになる。

中古品として売る時にも、Nokiaであれば充電器がなくとも買取業者に売ることができる。

これはNokiaの端末がアフリカのような新興国市場で受け入れられている理由の1つであろう。

電気が行き届いてないアフリカにおいて人気がある端末が「Nokia 1616」である。2009年末にリリースされた2Gのみに対応した電話とショートメッセージ程度の機能が付いている端末で、新品で約30ドルある。欧州でも販売されていた同端末の中古品がアフリカで多く流通されている。

この端末が人気あるのは、フラッシュライトが搭載されているため、暗い中でも懐中電灯として役立つことである。電気のないアフリカの農村地域では夜は真っ暗闇になる。日本人にとってはどうでもいいと思われるようなフラッシュライトもアフリカの農村部では生活必需品である。さらに同端末は埃が入りにくいように数字入力のキーパッドが1つになっていることもアフリカで人気がある要因である。

携帯電話がコモディティ化された近年、アフリカでは地場メーカーや中華系メーカーの躍進が目覚ましく、かつてほどNokiaの勢いは感じられなくなった。一方でまだ既存のNokia端末を利用している人が非常にたくさんいる。何年も前にリリースされたNokia端末でも中古品としていまだにアフリカでは活用されている。今回のソーラー充電器の販売において、アフリカにおけるNokiaの更なる飛躍を期待している。

電気はなくとも太陽の光はあり、携帯電話が急速に普及しているアフリカでは、ソーラー充電器の需要は大きいだろう。しかしアフリカには1日1ドル未満で生活している人もまだ多い。彼らにとっては中古であれ携帯電話端末やソーラー充電器はまだ高価である。ソーラー充電器で便利になる人もいる一方で、まだそこまで達しない人々がアフリカには大勢いることを忘れてはならない。



 
 
>TOP

朝日新聞デジタル

2012年10月19日20時00分

ここから旅を始めよう @ケニア・ウィユミリリエ村

ケニアに、アフリカに帰ってきた。

この地を再び踏むことになるとは思っていなかった。でも、帰ることになったとき、この場所から始めようと決めた。

ウィユミリリエ村のはずれに立つ。

南緯0度4分、赤道から10キロと離れていない。涼しい風が吹いている。

標高2252メートル、サバンナの端、ケニアの主食のメイズやイモをつくる畑が丘陵に連なっている。

10年前の4月、ここに1人の男を埋めにきた。

ジュリアス・デグワ・ガトゴ、43歳。朝日新聞ナイロビ支局の助手だった。

中東応援のため出張中のエルサレムにいて、デグワさんが強盗に撃たれて死んだと連絡を受けた。不思議な偶然だが、ナイロビのエルサレムという場所で、支局の車を止めて友人と酒を飲んでいたところを襲われたという。

ナイロビ支局はサハラ砂漠以南の49カ国(当時は48カ国)を記者1人が受け持つ。出張で月の半分以上は留守にする。だから、留守を任せられる誰かがいないと支局は回っていかない。そんな全幅の信頼を置ける人がデグワさんだった。

支局の車を私用で使うことなどふだんはありえなかったのに、あまりにすべてを任せてしまったので、留守の間に羽目を外そうとしたのだろうか。にしても、ペットボトルのキャップほどもある穴を体にうがたれなければならない悪事であるはずはない。

10年前、葬儀委員長のような立場で、デグワさんの家の敷地の墓に、彼を埋葬した。そのときは周りに家もなく、ただ丘の斜面を爽やかな風が吹き抜けるばかりだった。

今は周りにトタン屋根の小さな木の家が何軒か立った。墓は、周りに囲いをほどこされ、月日を感じさせないほど白く、きれいに保たれていた。

「私たちはあなたを愛したが、神がもっともあなたを愛した」と、一家の大黒柱のあまりに早い死を受け入れようとする言葉が刻まれている。

デグワさんの妻ステラさんと、32歳から11歳までに成長した4人の子どもが集まって迎えてくれた。トウモロコシの一種のメイズ、米、ニンジン、タマネギ、豆類をふんだんに使った料理を振る舞ってくれた。

木でできた家の壁には、すきま風を防ぐために新聞やいろんなポスターが張られていた。10年前、その中に、支局の事務所にあった外国人美女のカレンダーを見つけて、ああ、自分はデグワさんのことを何も知らなかったのだとなぜか感じた。そのポスターが、いまもそのままあった。

10年の月日はいろんなものを変えた。アフリカはめざましい発展を遂げつつある。多くの紛争に区切りがついた。ケニアのように表面化せずにすんでいた民族的対立が噴出したところもある。そして、ナイロビの治安は相変わらず世界でも最悪のレベルのままだ。

さて、心の中ではもう戻りたくないと思っていた地になぜ帰ってきたのか。なぜアフリカなのか。デグワさんの墓に参って、これから何をしようとしているのか。それを書きたいのだけど、うまく説明できそうにない。ただ、ここで書いていくことが、これまで新聞にはあまり見かけなかった、奇妙な旅の記録になればいいと思っている。

    ◇

■10年前に書いた、二つの記事から

デグワさんが殺された事件について、2002年に次のような記事を書きました。(1)は事件が起きた4月、(2)は翌月に載ったものです。

(1)強盗に撃たれ朝日新聞社の取材助手が死亡 

【ナイロビ支局26日】ケニア警察によると、ナイロビ市東部イーストランド地区の路上で25日午後10時ごろ、朝日新聞ナイロビ支局の取材助手ジュリアス・デグワさん(43)の乗った支局の乗用車が、数人の武装強盗に襲われた。デグワさんは所持品を奪われた上、左胸を撃たれ死亡した。

(2)助手を殺した国(特派員メモ) 

空港に降りると、いつも彼が待っていた。彼の運転する車の助手席で天候の話をしながら、出張から戻ったと、いつも実感した。

だが、今回は空港に、彼の姿はなかった。私の出張中、車を狙った強盗に銃撃され、死亡したのだ。

ジュリアス・デグワ、43歳。朝日新聞ナイロビ支局の助手を14年務めた。各種の支払い、運転、支局の維持管理、トラブル処理、切り抜き。記事執筆以外のおよそすべてを、担っていた。頼まれると嫌といえず、他社の雑事まで引き受けていた。

日本語がわからないのに、日本の新聞社に勤めて達成感があるのかと、疑問に思っていた。死後、彼の机から、一緒にケニアの自然保護区で取材した、ライオンとオリックスの親子についての記事の切り抜きが出てきた。

憎むべきは、金のために平気で人を殺す犯罪者であることはわかっている。でも、ナイロビの治安の悪さは今に始まったことではない。政情不安の国に囲まれ、難民とともに武器が流入するという事情はあるにせよ、その対策に手をこまぬいた結果、この都市は世界で最も危険な首都の一つになってしまった。

デグワを殺す国に、未来はない。そう思わずにいられなかった。

(ケニア=江木慎吾)

    ◇

■片手にGPSを持って

原稿を書いた場所が、地図の上に表示されるようになっています。また、原稿の中に、標高を記す場合もあります。

今回、アフリカに出かけるにあたって、このページを編集してくれる人たちから、「GPSロガー」という装置を持って行くように言われました。登山や自転車をする人たちが使うらしいのですが、持っているのは腕時計ほどの大きさで、地球上の緯度、経度や移動距離、標高などが表示されます。

きょうの旅は往復450.6キロ。ナイロビの標高約1700メートルからいったん1100メートルほどに下り、その後また上って2200メートルを超えました。

上り下りの激しさに合わせ、周りの植生も激しく変わります。密林のような地帯あり、サボテンが目立つ地があり、アカシアの木が大平原に点々と見えるところもありました。

もし、晴れていればアフリカ大陸第2位の5000メートル峰ケニア山が望めるはずですが、雨期に入っていて驟雨(しゅうう)をくぐることになったきょうは、すそ野を望むばかりでした。ひと山越えると天気が変わり、そのすそ野に虹がかかっていました。

ここから旅を始めよう @ケニア・ウィユミリリエ村



 
 
>TOP

朝日新聞デジタル

2012年10月24日20時00分

ポンコツ車は減り、携帯電話は溢れていた @ナイロビ

これからアフリカで何をしようとしているのか。ひと言でいうなら、新聞からはみだそうということかもしれない。

あれこれ考えず、とにかく行ってみる。そこに暮らす人の話を中心に、見えたもの、感じたことを書く。そこから日本を見るという姿勢を忘れないようにする。道行きのドタバタも書こう。

新聞がしてきた「大事なことを、まとめて、わかりやすく、速く伝える」というところから、それははみ出すだろう。

ざっと言うと、このページをそんなところにしたい。面白いものになるのかどうか、正直自信はない。行き先は、紛争地やかつての紛争地、紛争の芽を抱える場所をできるだけ選びたい。2000年から2年半を過ごしたケニアのナイロビに最初の拠点を設けて、そこから出かけていくことにした。

そこで、最初の訪問地のソマリアへ出かける前に、10年ぶりに見るナイロビについて少しだけ。02年ごろから始まったアフリカのめざましい経済発展を映し出すように、新しい住宅やショッピングセンター、ホテルが次々とできていた。あちらこちらに穴が開いていた幹線道路がきれいになり、走っている車もきれいになった。

相変わらず日本車が圧倒的に多いけれど、「○○工業」「△△幼稚園」「××建設」といった文字もそのままに走る中古車は減り、四輪駆動車が増えた。以前は毎日、道路の真ん中で立ち往生する車や横転したトラックを見かけた。道路の悪さと、ポンコツ車の多さが、恒常的な渋滞を生んでいた。

そんな光景はみかけないものの、渋滞は今の方がよほどひどい。それは、たぶん車の多さによっている。ケニア統計局によると、登録車両の数は01年の61万台が09年には122万台へ倍増した。信号がいくつかできたものの、従う運転者は少なく、渋滞に拍車をかけている。

驚くべきは電話の発達だ。ケニア通信委員会によると、携帯電話の契約数は01年の58万から08年には1199万にまで増えた。かつて、アフリカの車と電話事情について記事に書いた状況が、遠い昔のことになっている。

    ◇

■10年以上前に書いた記事から

ナイロビ支局時代に、次のような記事を書きました。(1)は2000年、ケニアの隣国ウガンダの話ですが、車の事情はケニアも同じでした。(2)は01年です。

(1)和製信号の奮闘(特派員メモ・カンパラ)

アフリカの道路には、阪神の野村監督がいる。ピークをとうに過ぎた選手、ではなく日本の中古車が、実にいきいきと再生されている。まだ走れるのに日本ではお払い箱になった、ということだけかもしれないが。

車体に描かれた日本の文字や商標をそのままに走る車のことは、しばしば書かれている。それにしても、ウガンダの道にはつい笑ってしまうほど、日本の文字を載せた車が多い。

温泉の名の入ったマイクロバスを見かけたときは、いい気分になった。かの湯煙の地に湯治客を運んだ君が、すし詰めの人を乗せてアフリカの風を切っていく。

そのウガンダに三月、日本を思い出させる場所ができた。カンパラに日本の肝いりで三つの信号機が設置されたのだ。

たかが信号と言うなかれ。ここではほとんど信号に出くわさない。歩行者の生存権などなきがごときこの地に、見慣れた緑の歩行者信号が点滅しているのは、感激的な光景なのだ。

いつもは車の間を縫うように渡る人々が、青信号で悠然と歩く。車の運転手は「さっさと渡れ」と叫ぶ。

温泉マイクロバスのように根を張るかどうかは、しばらくしないとわからない。でも、暴力的な運転手の心に、少しでも黄信号をともすことができれば、日本の援助も大したものだ。

(2)お前こそ、だれだ(特派員メモ・ナイロビ)

情けないが、心が狭い。ケニアの電話事情がそれを助長する。午前中は特に、何度かけてもつながらないことがしばしばだ。インターネットに接続しようとして、お茶を頼んで飲み終えたころにやっと、ということもある。イライラが募る。

間違い電話もやたら多い。電話の向こうからスワヒリ語が聞こえてくるので、英語で話すと、言うに事欠いて「だれだ?」と来る。そっちからかけてきて「だれだ?」はないだろう。そういう人には「お前こそだれだ」と、どなることにしている。精神衛生上、とてもよろしくない。

事務所にいると、助手たちへの電話がこれまた多い。まだ家に電話のある人が多くないので、昼間に連絡のつく働き先の番号を知人に教えるのが一般的なのだ。ひとり事務所にいて、電話をとると、たいていが助手あてだ。留守だというと、番号を告げて、かけるように伝えてくれと言ってくる。たまにならこっちもおつきあいするけど、5本、6本と来た日には、狭い心が爆発寸前になってしまう。おれは彼の秘書じゃない。

「ここは新聞社の事務所です。当新聞社にかかわることで、彼をお捜しですか」。しゃくし定規な言いように反省はするのだけど、ああ、また電話だ。

ポンコツ車は減り、携帯電話は溢れていた @ナイロビ



 
 
>TOP

朝日新聞デジタル

2012年10月25日20時00分

旅の無事を願って、コーヒー儀式 @ナイロビ

最初の訪問地にソマリアを選んだ。11年前の9・11米同時テロ後、アルカイダ系テロ組織の流入が盛んに言われ、その時、内戦が完全に終わっていなかったこの国を何度か取材した。

その後も混乱は続き、今年9月にハサン・マハムード大統領が就任して、21年ぶりに政府が発足する。だが、イスラム武装勢力のシャバブが各地で攻撃を仕掛けている。

アフリカが10年ぶりなら、取材の現場に戻るのも5年ぶり。いささか心もとないので、ナイロビ在住で地域の情勢に詳しいフォトジャーナリストの中野智明さん(53)に同行をお願いすることにした。

出発を翌日に控えた25日、その中野さんから「コーヒー儀式」に誘われた。エチオピアとエリトリアでは、昔からコーヒーを豆から煎(い)り、香木をたいてたしなむ習慣がある。中野さんの古くからの友人のエリトリア人、エステファノス一家が、一席をもうけてくれることになった。中野さんがちょっぴり危険な場所に赴く時に、旅の無事を願う儀式がわりにもてなしてくれるのだという。

地域によって異なるらしいが、エリトリアの高地では、コーヒーをいれるのは長老の女性だという。そこでこの日は一家のおばあさんが執り行ってくれた。

豆を炭で煎ると、苦みとほのかな甘みを感じさせる馥郁(ふくいく)たる香りが立ち上がる。豆をひいて口が細くなった陶器のポットに入れて沸かす間に、今度は香木を炭にかざす。木の精を感じるような清らかな香りが満ちる。

中野さんとともに、厄除(やくよ)けのお寺のように、その煙を体にまとった。

おちょこのようなカップに砂糖を入れていただく。濃厚な味わいの1杯目をみんなが飲み終えると、さらに2杯目のポットを火にかける。3杯目は「バラカ」と言って、幸運をもたらしてくれるのだという。1杯に比べると味は端麗な感じの3杯目をいただき、儀式を終えた。

旅の無事を願って、コーヒー儀式 @ナイロビ



 
 
>TOP

ICT competence: Kenya targets rural schools

Africa Science News

http://www.africasciencenews.org/en/index.php?option=com_content&view=article&id=664:ict-competence-kenya-targets-rural-schools&catid=45:hitech&Itemid=116

The Kenya government has embarked to implement an ICT programme in secondary schools to ensure rural schools make significant maneuvers into Information Communication Technology (ICT) field towards achieving Millennium Development Goal on education.

The government has funded installation of ICT gadgets in secondary schools across the country to facilitate and fast-track easy learning and enhances competitiveness in the job market.

The District Education office in Samia District has confirmed this and has lauded the government for the initiative which was started seven years ago under the Koech Commission on Education.

“The government of Kenya is committed and determined to equip most of schools in Samia District with ICT facilities” said Michael Mugawo (DEO Samia).

Speaking to Africa Science News, Mugawo reiterated that already five schools in the district have received the government funding to roll out the programme, and three more are on the waiting list.

The five schools include; St. Cecilia Nangina Girls, Sigalame High school, Namboboto Sc. School, Nyakhobi and Nanderema high school.

He noted that the government has spent to the tune of Kshs.1.9million to roll out the ICT departments’ in the five schools in the District, for the last two phases at Ksh 0.9 and 1.0million respectively.

He said three more secondary schools namely Hakati, Ganjala and Bujuang’a secondary schools are in the pipeline for compliance.

However, the District Education officer challenged students to make wise use of these wise facilities to increase their chances of competitiveness in the job market.

The Kenya National Union of Teachers (KNUT)Chief Executive secretary Busia Branch Mark Oseno told ASNS that the programme will open up wide job market both locally and internationally for the people of Samia District.

He cautioned that the ICT knowledge should be in cooperated with other disciplines to make meaningful employment competitiveness for the Information Technology students.

Oseno noted, saying more challenges are bound by the introduction of the programme, which he urges the leadership in the sector to address sober mind.

He singled out proper usage of funds, infrastructure (ICT Labs), ICT experts (lecturers) and sustainability of the programme as major shortcomings in the District. He added that sustainability of the programme depends on policy implementation.

“The government has trained at least two teachers from every beneficiary schools to spearhead the learning” said Oseno.



 
 
>TOP

Kenyan Universities lead in ICT

KBC

http://www.kbc.co.ke/news.asp?nid=78861

Kenya's institutions of higher learning rank highly in investment of Information Communication Technology ICT teaching compared to other East African countries.

This is according to a survey conducted by CPS international indicating that of the top ten universities in the region that have embraced ICT, 6 are in Kenya.

Strathmore University was ranked best among Kenyan universities. Executive Director CPS Dan Mwangi said this trend has opened up East African universities and equally revolutionized education in the region.

The 21st century has seen the world quickly embracing information communication technology in virtually all sectors of the economy.

Out of the 100 institutions surveyed, Uganda's Makerere university business school was ranked top.

Six universities in Kenya took top positions in the survey that saw Strathmore University ranked second in the region and first in the country.

This was followed by Multimedia university, University of Nairobi, Mount Kenya university, Kenyatta university who were among the top 10 in the region.

The study revealed that private universities have generally invested more in ICT compared to public universities.

Universities in Burundi lag behind in ICT. The survey was conducted between April and October this year sought to know how universities and higher education institutions have embraced the use of ICT in teaching and enhancing quality for effective university education.



 
 
>TOP

CDNetworks 、ケニアに配信拠点を開設し新しいオンラインビジネス網を開拓

共同通信PRワイヤー

http://www.47news.jp/topics/prwire/2012/11/236325.html

CDNetworks 、ケニアに配信拠点を開設し新しいオンラインビジネス網を開拓〜新しい配信拠点の開設によりケニアへの旅行者の満足度が向上するとSITAが認可

米カルフォルニア州(2012年11月13日発表)-CDNetworks Inc.(本社:米カルフォルニア州サンノゼ、代表取締役 兼COO ジェフ・キム、以下CDNetworks)は、ケニアの配信拠点(以下PoP)を開設しさらにグローバルビジネスのサービス網を拡大すると発表しました。

ケニアは、1200万人の潜在的なオンラインユーザを保有し(2010年の400万人に対して300%の増加)、これは2012年現在の人口(約4,300万人)の28%にあたり、オンラインビジネスの大きな成長の機会がケニアにあることを示しています(※1)。このたびの、ケニアに開設するCDNetworksの新しいPoPにより、ウェブ、アプリケーション、クラウドおよびアフリカ大陸の主要な新興市場向けの動的コンテンツ配信におけるパフォーマンスと安定性のさらなる向上を実現します。

「新興市場におけるCDNetworksの継続的なビジネスの拡大は、SITAの戦略と完璧に一致しています。」とセバスチャン・ファーブル(SITA副社長、統合ネットワーク担当)は話しています。 「航空輸送と情報技術(IT)で世界をリードする専門家として、我々は、アフリカにも重要な顧客基盤を持っており、中国、ロシア、インドおよび中東における重要な商機と同様に、CDNetworksは、我々のアフリカでのオンラインビジネスを根底から支えています。ケニアでのPoP開設、つまり、アフリカにおけるオンラインパフォーマンスの高速化は、我々の顧客に大きな利益をもたらします。旅行者がアフリカの航空会社のウェブサイトにアクセスする時、ユーザビリティが以前よりも大幅に向上したと感じるでしょう。」

2012年のマスターカードの調査(※2)によると、ケニアのオンラインショッピングおよび旅行予約数は成長し続けています。マスターカードによると、“ケニア人向けの最もポピュラーなオンラインショップは航空会社のウェブサイトで、売上が伸びている商品は、音楽ダウンロード、書籍、CD、DVD、デジタルエンタテインメントコンテンツおよびコンピュータ向けソフトウェアなどでした。”

ケニアのPoPは、CDNetworks が持つ世界80都市、140を超えるPoPに追加されます。ケニアへの新しい投資は、顧客からの要望だけではなく、2012年と2013年の世界銀行(※3)によるGDP5%成長という驚異的な成長予測に基づいて選ばれました。

「SITA様をはじめとしてグローバルにビジネスを展開する私どものお客様は、動的コンテンツ配信などのグローバルスタンダードなサービスをケニアにおいても提供できるようになります。」とジェフ・キム(CDNetworks US/EMEA 代表取締役 兼COO)は言っています。

CDNetworks 米国発表のプレスリリース[英語版]は、以下よりご覧ください。
http://www.cdnetworks.com/news/cdnetworks-adds-a-point-of-presence-in-kenya-reaching-a-growing-online-population/

※1 ケニアの通信&インターネット利用レポート
http://www.internetworldstats.com/af/ke.htm

※2 2012年マスターカード「世界のオンラインショッピングの実態調査」
http://www.masterintelligence.com/ViewRegionReport.jsp?hidReportTypeId=9&hidRegionId=3&hidUserId=null

※3 世界銀行「ケニア経済Update」
http://www.worldbank.org/en/news/press-release/2012/12/05/energizing-kenya-s-economy-and-creating-quality-jobs



 
 
>TOP

[Africa Science News]

Government to Fund youth Polytechnics’ ICT labs

http://www.africasciencenews.org/en/index.php?option=com_content&view=article&id=679:government-to-fund-youth-polytechnics-ict-labs&catid=45:hitech&Itemid=116

The Kenya Government through the Ministry of Youth Affairs and Sports is rolling out a master plan to equip youth polytechnics across the country with ICT and Agribusiness facilities for skills orientation. Speaking to Africa Science News(ASNS) in Busia, the Minister for Youth Affairs and Sports Ababu Namwamba revealed that the Ministry has set aside money to ensure that the youth polytechnics are well equipped with learning and co-curriculum activities materials.

The Minister said Busia youth polytechnic is slated to receive Ksh. 10 million for the upgrading of an ICT department to enable students get ICT skills.

He noted that countries like China have made greater developmental strides due to enormous ICT skills in the technical training institutions, equivalent of polytechnics in Kenya.

Busia youth polytechnic has only one ICT instructor against 627trainees, with a maximum of ten old model computers.

According to the training manager, Celine Wagga, Busia youth polytechnic is in dire need of an ICT department that is well equipped to adequately train the trainees for future sustainable development.

She added that the institution requires more instructors and modern computers alongside specious ICT laboratory Room.

Part of the money, according to Wagga is to be used for the construction of the lab, which she estimates at Kshs. 3.6million.

“My desire as the manager is to have a 1:3 computer -trainees ratio against the current ratio of 1:100,” emphasized Wagga.

She however, lauded the government effort of supporting polytechnic students, saying that this will ensure our youths get the right training for their self-reliance and contribution to the National economy.



 
 
>TOP

人模様:アフリカ生活40年「旅続く」−−神戸俊平さん

毎日新聞 2012年12月17日 東京夕刊

ケニアのナイロビを拠点に地元住民支援や野生動物保護に活躍する獣医師、神戸俊平さん(66)のアフリカ生活が40年を超えた。支援者でつくる「神戸俊平友の会」による祝賀会が11月9日、東京都内で本人も出席して開かれた。

日大農獣医学部を69年に卒業。一度は獣医師として福島県の酪農組合に勤務したものの71年、「アフリカの動物を生で見たい」と職を辞して渡航した。そのまま帰国せず、日本人で初めてケニアの獣医師資格を取得。ツェツェバエが媒介する人畜共通感染症「アフリカ睡眠病」予防に取り組み、97年には「第9回毎日国際交流賞」を受賞した。

自然にはない青色にツェツェバエが集まる習性を生かして捕獲網を仕掛けるというユニークな方法で、睡眠病を予防。最近はハエの遺伝子研究を通してワクチン開発にも取り組んでいる。「(アフリカの)野生動物は解明されていないことだらけ。私のサファリ(「長い旅」の意)はまだまだ続く」と語った。【英文毎日室・米澤佳織】



 
 
>TOP

経産省、東アフリカで次世代電力網の実証実験−インフラ輸出後押し

日刊工業新聞

http://www.nikkan.co.jp/toku/smartglid/sg20121221-01n-360ps.html

経済産業省はケニアやタンザニアなど東アフリカの無電化地域で、再生可能エネルギーを用いたスマートグリッド(次世代電力網)の実証実験を行う検討に入った。2012年度中に基礎調査を行い、事業可能性を判断、来年度以降の実証実験開始を目指す。技術や課金システム、事業採算性などの課題が克服できればビジネスモデル化し、新興国へのインフラ輸出につなげる考えだ。

経産省によると、東アフリカ地域を選択したのは、無電化地域の中でも人口密度が高く、携帯電話が普及し、今後の電力需要が確実に見込めるため。携帯電話の課金システムを活用し、電力料金を徴収することも可能だ。また、これまでの政府開発援助(ODA)の実績など日本との良好な関係性も考慮した。

将来的には、東アフリカ地域で太陽光発電など再生エネの設備を導入したうえで、送配電網を整備し、ITを活用したスマートグリッドによる高度な需給調整を行うことを視野に入れる。発電規模が少ない再生エネの電力でも、電灯や携帯電話の充電など数百ワット単位の低い電力需要なら対応できる。また、ITによる需給調整を行うことで各家庭・地域での電力融通を行うことで安定化が可能になる。

また、日本でも北海道や東北など風力発電に有望な強い風の吹く地域は既存の電力網と切り離されている場合が多い。アフリカでの実証実験の結果を反映できれば、将来の自立分散型の電力システム構築に貢献できる。予定ではITを活用した送配電網や課金システムの構築、電力供給サービスの事業性について、顧客ニーズや制度的な制約、適正技術、コストのほか、現地で事業化を行う際のパートナー企業の調査も今年度中に行う。



 
 
>TOP

2012年12月25日17時54分

走って跳んで「マサイ五輪」 100人が身体能力競う

【ナイロビ=杉山正】ケニア南部ロイトクトク近郊の草原で「第1回マサイ・オリンピック」が開かれ、各村から選ばれたマサイ族の若者が自慢の身体能力を競い合った。

マサイ族はライオンなど野生動物を殺すことで勇気を見せる風習がある。環境団体などが「代わりにスポーツを」と企画した。100人の選手が徒競走ややり投げ、垂直跳びで競った。

牛などの賞品のほか、大学への奨学金も用意された。5千メートル走の優勝者はジャコブさん(18)。本格的なトレーニングを受け、来年のニューヨークシティマラソンに参加する。「ニューヨークでも勝てる自信がある」と話す。

マサイ族出身でロンドン五輪の800メートル金メダリストのデービッド・ルディシャさん(24)が今後、トレーニングを担当する。「マサイの身体能力は高い。マサイ五輪は教育と環境保護のためになる」と語った。



UP:2012 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)