HOME > WORLD >

ケニア共和国 Republic of Kenya 2011年

アフリカアフリカ Africa 2014



○2007年大統領選挙関連ニュース → ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
○2006年以前のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 〜2006年
○2007年1月〜9月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2007年1月〜9月
○2007年10月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2007年10月〜12月
○2008年1月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年1月
○2008年2月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年2月
○2008年3月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2008年3月〜12月
○2009年のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2009年
○2010年1月〜6月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2010年1月〜6月
○2010年7月〜12月のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya 2010年7月〜12月
○最新のニュース、企画案内 → ケニア共和国 Republic of Kenya

KENWA

○外務省 各国・地域情勢 ケニア共和国

◆2011/01/10 ecool イベリンコとガメサ、ケニアの風力発電所建設で提携
◆2011/01/14 WirelessWire News ケニアのナンバーポータビリティとSMS料金値下げ
◆2011/01/17 WirelessWire News 低価格競争に舌戦も過熱 - 印バーティと英ボーダフォンの「ケニア代理戦争」
◆2011/01/26 AfricaNews KENYA: Giving life to the deaf
◆2011/01/28 日経ビジネスオンライン アフリカで見た教育への希望とそれが失われた日本
◆2011/02/13 AllAfrica.com Kenya: Matatu Owners Get One Year to Comply With Disability Law
◆2011/02/14 Daily Nation Matatu owners get one year to comply with disability law
◆2011/02/21 毎日新聞 緑のMOTTAINAI:ケニア西部に25万本植林
◆2011/02/23 AllAfrica.com Kenya: Teachers Needed for Pupils With Hearing Problems
◆2011/02/25 ABNNews オーストラリア市場レポート 2011年2月25日: Base Resources (ASX:BSE) がケニア Kwale 鉱物砂プロジェクトにおける資源量717万トン増を発表
◆2011/02/25 マイライフ手帳@ニュース ドトールコーヒー、プレミアムビーンズセレクションNo.17「ケニア バラカ」を発売
◆2011/02/28 Daily Nation Great handwriting without hands
◆2011/03/01 cnn.co.jp 国歌斉唱で結束呼びかけ ケニアの草の根運動
◆2011/03/05 cnn.co.jp イヤリング着けて登院し追放処分に、ケニアの男性議員
◆2011/03/08 MODE PRESS ファッション産業の活性化を狙う、「ナイロビ・ファッション・マーケット」
◆2011/03/13 毎日新聞 「9・11」後の10年:第2部 イスラム社会の苦悩/3 「テロの温床」拡散
◆2011/03/22 AJF/アフリック・アフリカ 【延期になりました】第4回関西からアフリカのエイズ問題を考える:私たちはエイズの何を「知る」のか? @キャンパスプラザ京都
◆2011/03/25 AFP BB News つぶらな瞳、シマハイエナの赤ちゃん ケニア
◆2011/03/29 Daily Nation Groups in war of words over funds
◆2011/03/29 AllAfrica.com Kenya: Disabled Claim Centre's Plot
◆2011/03/30 Daily Nation Disabled athletes keen to win gold for Kenya yet again
◆2011/04/05 Capital FM Kenya KSMH maintains spat over disability cash
◆2011/04/06 AllAfrica.com Kenya: Disabled in Busia Get Farming Aid
◆2011/04/06 AllAfrica.com Kenya: Lobby Group Backs Disabled Protest
◆2011/04/08 LNEWS 日本郵船/アジア〜アフリカ航路、東アフリカへ直航サービス
◆2011/04/21 AJF ケニアのろう者たちはどうやって就労しているのか?
◆2011/05/01 AFP BB News ウィリアム王子夫妻、ハネムーンはおあずけ
◆2011/05/02 asahi.com ケニア大統領「正義の行動」 ビンラディン容疑者殺害
◆2011/05/03 AFP BB News 歓迎と反発、新たな脅威への警戒−ビンラディン容疑者殺害 世界の反応
◆2011/05/16 毎日新聞 マラソン:ワンジル選手 女性関係のトラブルで自殺?
◆2011/05/16 毎日新聞 ワンジル選手:ケニアで死亡…北京五輪マラソン金メダル
◆2011/05/19 スポニチ マラソン:ワンジルさん母が他殺説主張“息子は嫁に殺された”
◆2011/05/21 Daily Nation Can anyone help me trace my relatives?
◆2011/05/25 AllAfrica.com Kenya: CNN Wins Award On Country's Disabled
◆2011/05/31 Africa Science News Service Milestones on Deaf blindness in Kenya: A success story of a struggling mother
◆2011/05/31 降幡博亮 JICA「アフリカ障害者の地位向上調査」に参加して
◆2011/06/07 Daily Nation Group for disabled gets Sh2.8m credit
◆2011/06/09 UNAIDS AIDS and Disability Partners Forum: Enhancing inclusive and accessible HIV programming which fits all the population
◆2011/06/12 NTV, Kenya Hope for Tharaka
◆2011/06/15 CNN CNN's David McKenzie looks into a world of anguish and misunderstanding of mentally handicapped individuals
◆2011/06/16 Mission Network News Deaf Bible translation center sees results
◆2011/06/28 yomiuri.co.jp アフリカ東部で干ばつ、1千万人以上に影響
◆2011/06/29 AFP BB News 東アフリカ、過去60年で最悪の干ばつ 飢饉がせまる
◆2011/06/30 AFP BB News 禁煙成功のカギは励ましメール?英研究
◆2011/07/06 The Standard Online Building for the disabled
◆2011/07/06 Nairobi Star Kenya: Supkem Urges Aid for Disabled
◆2011/07/10 jp.uefa.com セルティックにワニアマが加入
◆2011/07/11 asahi.com 独立の南スーダン代表、サッカー初戦で初ゴール
◆2011/07/11 AFP BB News 【ソマリア緊急支援】【第2報:2011年7月8日】ソマリアの内戦と飢饉から逃れる人々
◆2011/07/12 Portfolio News ソマリア、過去60年で最悪の飢饉
◆2011/07/13 AFP BB News 干ばつに強く栄養価高い「ラクダの乳」、世界的ヒットなるか ケニア
◆2011/07/18 UNHCR UNHCR 、ソマリア難民緊急支援、ケニアとエチオピアに空輸を開始
◆2011/07/18 毎日新聞 世界を読む:独立の南スーダン 新パイプライン構想 原油事業狙う日本
◆2011/07/19 AFP BB News 【国連WFP協会】 「アフリカの角」地域で飢餓状況が悪化 緊急募金へのご協力のお願い
◆2011/07/21 毎日新聞 アフリカ:北東部、1100万人が食料不足 少雨や無政府要因
◆2011/07/23 AFP BB News ボルト 男子100メートルで薄氷の勝利
◆2011/07/27 AFP BB News <Check!>ヴィヴィアン・ウエストウッド、アフリカ支援につながるバッグコレクション
◆2011/07/29 cnn.co.jp 干ばつで食糧不足のケニア、小学校夏休み給食中止で命の危険迫る
◆2011/07/29 nikkei.com アフリカ東部大干ばつ 60年で最悪、1200万人が食料不足
◆2011/07/29 立命館大学生存学研究センター 古川 優貴「“まざる”ことば、“うごく”からだ──ケニア初等聾学校の子供と周囲の人々の日常のやりとりを事例に」
◆2011/08/02 National Geographic News アダースダイカー、ケニアの野生動物
◆2011/08/05 財経新聞 トヨタホーム本社ショールームでケニア野生動物の写真展を開催
◆2011/08/05 外務省 「アフリカの角」地域における干ばつ支援(ケニア共和国内の難民キャンプを支援するための緊急援助物資の供与)
◆2011/08/06 AFP BB News ロブレスが110障害制す、ルディシャは30レース無敗
◆2011/08/07 The East African The unholy alliance in Somalia: Media, donors and aid agencies
◆2011/08/08 nikkei.com 東洋建設、ケニアで港湾工事 アフリカで日本勢36年ぶりの受注
◆2011/08/08 asahi.com 「アフリカの角」を直撃した深刻な栄養失調
◆2011/08/08 外務省 ケニア共和国に対する無償資金協力に関する書簡の交換(「第二次地方給水計画」,「ワクチン保管施設強化計画」及び「アフリカ理数科・技術教育センター拡充計画」)
◆2011/08/10 jp.reuters.com B・マーリーの曲で東アフリカの飢餓救済、ガガらがSNSで訴え
◆2011/08/10 AFP BB News 【国連UNHCR協会】【ソマリア緊急支援】広がる被害、つなげる支援の輪
◆2011/08/12 WirelessWire News 南アのMTNは IP-PBXでケニアの固定電話市場に参入
◆2011/08/15 映画 おじいさんと草原の小学校
◆2011/08/17 アフリカビジネスニュース ケンタッキー・フライド・チキンがケニアに進出 高まる中流層の購買力
◆2011/08/22 スラッシュドット・ジャパン 80 ドルの中国製スマートフォン、ケニアで売れまくり
◆2011/08/23 アフリカビジネスニュース 中国の華為技術、ケニアの干ばつ救済に寄付
◆2011/08/26 ラジオイラン ソマリアの飢饉で90名が死亡
◆2011/08/27 AFP BB News ケニア勢 女子マラソンでメダル独占、世界陸上大邱大会
◆2011/08/27 AFP BB News チェルヨトが女子1万メートルで金メダル、世界陸上大邱大会
◆2011/08/27 伊賀タウン情報 YOU 協力隊経験者と語り合う 9月3日、名張で
◆2011/08/27 アフリカビジネスニュース グーグル、ケニアでWi-Fiサービスを提供 現地通信会社と提携
◆2011/08/27 アフリカビジネスニュース ケニアの通信回線普及、都市と農村の格差が顕著
◆2011/08/29 ラジオイラン ソマリアで、コレラにより67名が死亡
◆2011/08/30 asahi.com 女王イシンバエワ、復活ならず 世界陸上
◆2011/08/30 テレビ朝日 オバマ大統領のおじが飲酒運転で逮捕 信号無視も(08/30 18:16)
◆2011/08/30 AFP BB News キラニ・ジェームスが男子400メートル制す、世界陸上
◆2011/08/30 IT NEWS AFRICA Samsung unveils African solar-powered notebook
◆2011/08/30 毎日新聞 米国:トホホな親族、誰にでもいる? オバマ大統領のおじ、飲酒運転容疑
◆2011/09/02 AFP BB News グリーンが男子400メートルハードル制す、世界陸上
◆2011/09/02 nikkei.com オバマ大統領のおじ、不法滞在 保守派の攻撃材料に
◆2011/09/04 AFP BB News ジャマイカが男子4×100mリレーで世界新、世界陸上
◆2011/09/04 AFP BB News キルイが男子マラソン連覇、世界陸上
◆2011/09/04 アフリカビジネスニュース WFP インタラクティブ・ハンガーマップ公開 「アフリカの角」の飢餓状況が一目で
◆2011/09/06 アフリカビジネスニュース ノキア、アフリカ市場攻略への一手
◆2011/09/07 IT NEWS AFRICA Samsung launches Galaxy S II in Kenya
◆2011/09/08 IT NEWS AFRICA 12 million Kenyan SIMs may go offline
◆2011/09/09 IT NEWS AFRICA LION2 undersea cable lands in Kenya
◆2011/09/10 nikkei.com アフリカ投資、欧米勢が加速 舞台はサハラ砂漠以南
◆2011/09/12 Telegraph.co.uk Kenya kidnapping: fears grow for deaf wife
◆2011/09/12 asahi.com 石油パイプライン爆発、100人以上死亡か ケニア
◆2011/09/12 nikkei.com ケニアで英国人男性を射殺、妻誘拐
◆2011/09/12 nikkei.com ケニア、火災で100人死亡か 油送管が爆発
◆2011/09/13 AFP BB News ナイロビのスラム街でパイプラインが爆発炎上、120人死亡 ケニア
◆2011/09/13 Africa the good news Making the Most of Mobiles in Africa
◆2011/09/13 IT NEWS AFRICA Google to create free Kenyan websites
◆2011/09/13 Daily Nation on the web Kenya: Hello, Hello, I Can't Hear You, I Used to Love Music
◆2011/09/13 cnn.co.jp 人口密集地でパイプライン爆発、死者75人 ケニア
◆2011/09/14 IT NEWS AFRICA Kenya gets world’s first virtual payment card
◆2011/09/14 Africa the good news Thinking Outside the Traditional Funding Box for the Horn of Africa
◆2011/09/16 アフリカビジネスニュース 世界初! エアテル・ケニアが携帯バーチャルカードのサービスを開始
◆2011/09/25 greenz.jp これを着ればケニア人のように颯爽と走れちゃう?!ケニア唯一のランニングウェアブランド「Kourage」
◆2011/09/26 AFP BB News マカウ 世界新記録で優勝、ベルリンマラソン
◆2011/09/26 AFP BB News 「MOTTAINAI」のマータイさん死去、ノーベル平和賞受賞者
◆2011/09/26 yomiuri.co.jp 「もったいない」ノーベル賞マータイさん死去
◆2011/09/26 nikkei.com 「もったいない」のマータイさん死去 ノーベル平和賞受賞
◆2011/09/27 allafrica.com Africa: Can We Have Internet Governance Without Internet Rights?
◆2011/09/27 cnn.co.jp ノーベル平和賞のマータイさん死去「真のアフリカのヒロイン」
◆2011/09/28 AllAfrica.com Africa: Platform Offers Fresh Hope for Refugees to Trace Missing Relative
◆2011/09/29 アフリカビジネスニュース 【速報】MOTTAINAIの精神を世界に広めた環境活動家・マータイさん死去 都内で記帳受付けも
◆2011/09/30 ITpro sinsai.infoとHack for Japanが復興のためにやったこと、これからできること(Ushahidiは、もともと、ケニアで選挙の不正を監視するために開発されたシステムだ。)
◆2011/10/02 AllAfrica.com Kenya: Embrace Technology to Compete, Youth Urged
◆2011/10/02 cnn.co.jp ソマリア人武装グループが仏女性を拉致 ケニアのリゾート地
◆2011/10/03 Sydney Morning Herald Disabled French woman abducted in Kenya
◆2011/10/03 AllAfrica.com Kenya: Poor States Urged to Tap Web for Growth
◆2011/10/04 外務省 ムダバディ・ケニア共和国副首相兼地方自治大臣と玄葉外務大臣の会談及び山根副大臣主催夕食会
◆2011/10/05 AllAfrica.com Africa: Peace Corps Volunteers Teach in Sign Language
◆2011/10/06 IT news Africa Kenya gets own YouTube domain
◆2011/10/06 アフリカビジネスニュース ケニアの携帯大手サファリコム、通話料金を値上げ
◆2011/10/08 asahi.com マータイさんの国葬に1万人 ケニア、ノーベル賞受賞者
◆2011/10/14 AFP BB News ケニアでまた外国人誘拐事件、ソマリア武装集団が連れ去る
◆2011/10/15 AllAfrica.com Kenya: Intel, Safaricom Launch Campaign to Promote E-Learning in Primary and Secondary Schools
◆2011/10/16 FlyTeam ニュース ケニア航空、初のB777-300ER型2機を2013年から導入
◆2011/10/16 asahi.com 誘拐多発受けソマリアに軍派遣 ケニア
◆2011/10/17 AFP BB News ケニア軍、武装勢力攻撃のためソマリアに越境
◆2011/10/19 IT news Africa Microsoft launches Virtual Academy in Kenya
◆2011/10/21 アフリカビジネスニュース マイクロソフト、クラウド技術の無料学習コンテンツ「Microsoft Virtual Academy」をケニアで提供開始
◆2011/10/24 asahi.com ナイロビのナイトクラブで爆発 13人が重軽傷
◆2011/10/24 yomiuri.co.jp ケニアのディスコに手投げ弾、14人負傷
◆2011/10/25 情報通信研究所 InfoComニューズレター ケニア:深刻な食糧問題、急速に普及するスマートフォン、台頭する中国企業、カードサービス〜貧富の格差を考える
◆2011/10/30 AllAfrica.com Local Firm Launches Online Poll System
◆2011/11/03 Nairobi Star Kenya: Lawyer Accuses Thika of Ignoring the Disabled James Wainaina
◆2011/11/05 asahi.com ソマリア、今度は大雨被害 避難民キャンプに洪水
◆2011/11/15 外務省 山根外務副大臣主催ケネス・ケニア共和国計画・国家開発・ビジョン2030副大臣歓迎昼食会
◆2011/11/16 ROCKET NEWS 24 世界で2番目に大きな携帯電話市場となったアフリカ / 成長スピードがすごい!
◆2011/11/17 Daily Nation Deaf beauty queen to fight for the disabled
◆2011/11/18 AFP BB News 【国連UNHCR協会】【ソマリア緊急支援:11月14日】悪化するソマリアの状況
◆2011/11/18 Morningstar <EMeye>ネット中毒者がケニアで急増、国の発展にも暗雲か
◆2011/11/18 情報通信研究所 InfoComニューズレター 携帯電話を活用した太陽光発電機「IndiGo」〜アフリカでの取組みと電気事情
◆2011/11/19 GIGAZINE 西アフリカのどんな国より旅しやすい東アフリカのケニアの魅力について
◆2011/11/19 アフリカビジネスニュース 世界2位の携帯電話市場「アフリカ」
◆2011/11/22 IT PRO アフリカで痛感した日本勢の存在感の薄さ、もっとビジネス面でアピールを
◆2011/11/22 アフリカビジネスニュース フランステレコム、Facebookへの無制限アクセスが可能な携帯端末を発売へ
◆2011/11/23 Nairobi Star Kenya: Busia Medical Officer Calls for Joint War Against HIV Gilbert Ochieng
◆2011/11/25 DAILY NATION Economics For Everyone| For once, a poor African country is a leader and exporter of innovation
◆2011/11/28 アフリカビジネスニュース ガス配管を通じた供給が来年にも開始 -ケニア
◆2011/12/01 日本電気株式会社 【NEC報道資料】NECアフリカ社の設立について〜サブサハラ地域のビジネス体制を強化〜
◆2011/12/02 RBB TODAY 日本電気、「NECアフリカ」を設立……サブサハラ地域のビジネス体制を強化
◆2011/12/03 KTXS News African Christmas Fair Raises Money For Orphanage In Kenya
◆2011/12/09 国境なき医師団 東アフリカ: HIV/エイズ治療にカラアザール対策を
◆2011/12/14 IT news Africa Safaricom upgrade knocks out M-PESA
◆2011/12/14 Saturday Nation He is a man of people
◆2011/12/16 FlyTeam ニュース 787がアフリカ2ヶ所目、ケニア航空ハブ空港のナイロビへフライト
◆2011/12/19 AllAfrica.com Kenya: Electronic Payments Must Benefit Lowest Level Workers
◆2011/12/20 アフリカビジネスニュース ボーイング787型機がアフリカに初飛来
◆2011/12/21 AllAfrica.com Africa: ICTs Could Fill Agricultural Extension Gap, Says Meeting
◆2011/12/22 日経ビジネス クリスマスプレゼントはケニア製
◆2011/12/26 日経ビジネス アフリカ発、“ローテク”でもイノベーションは起こせる ケニアで2桁成長を続けるサファリコム
◆2011/12/28 AllAfrica.com Kenya: Offer Mobile Phone Skills, Varsities Told
◆2011/12/30 アフリカビジネスニュース 送電装置の盗難が多発、電気料金値上げの可能性も -ケニア

○DAILY NATION http://www.nationmedia.com/dailynation/nmgindex.asp
○THE STANDARD http://www.eastandard.net/
○BUSINESS DAILY http://www.bdafrica.com/

[NGO]
●(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo) http://www.cando.or.jp/

【参考】
原山浩輔 途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−

田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方-ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える-

林達雄 25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査

【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 -市民社会/共同体の二元論をこえて-/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障-タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析-/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法-アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体-タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって-/杉村和彦

開発フロンティアの民族誌-東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと
石井洋子著 御茶の水書房 ¥5,040 A5版 310ページ  2007年2月 [amazon]

サブサハラ・アフリカで最も成功したと言われてきた国家的潅漑計画の歴史と、1990年代末から始まった新しい動きを伝える。


アフリカ昆虫学への招待
日高敏隆監修 日本ICIPE協会編 京都大学学術出版会 ¥3,150 A5版 285ページ 2007年4月 [amazon]

ケニアにある国際昆虫生理生態学センター(ICIPE)、ナイジェリアにある国際熱帯農業研究所(IITA)等でアフリカの昆虫研究に従事した日本人研究者が、人びとの健康や農業に関わる昆虫研究の課題を紹介する。


アフリカン・ポップスの誘惑
多摩アフリカセンター編 春風社 ¥1,680 A5版 191ページ 2007年5月 [amazon]

アフリカの人びとがラジオ、カセットテープを通して親しんでいるポップスを多数紹介。最後に収録されたエイズで亡くなった大スター自身のエイズの恐ろしさをえがく歌が印象的。


マウマウの娘-あるケニア人女性の回想
ワンボイ・ワイヤキ・オティエノ (著), コーラ・アン・プレスリー (編さん), 富永 智津子 (翻訳)  未来社 ¥2,730 四六判 266ページ 2007年5月 [amazon]

十代でケニア土地解放軍の闘いに参加し、ケニア独立後は政治家としても活躍した女性の自叙伝の前半。後半の翻訳も待たれる。70歳を超えて、ケニア独立の理念を高く掲げた政党を立ち上げた著者から目が離せない。



 
 
>TOP

イベリンコとガメサ、ケニアの風力発電所建設で提携 2011年01月10日

スペインの電力大手イベルドローラグループのエンジニアリング・建設部門を担うイベリンコ(Iberdrola Ingenieria)と風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)による企業連合は、ケニアに出力13.6メガワットの風力発電所を建設する。建設費は2000万ユーロ。発電所は首都ナイロビ(Nairobi)から約30キロ離れたンゴング(Ngong)に18ヶ月かけて建設される。

ケニア電力公社(Kenya Electricity Generating Company)と契約したこのプロジェクトには、発電所の設計、設備資材の供給、建設工事、試運転などが含まれている。ヌゴング II(Ngong II)と名付けられた発電所には、ガメサ社製の風力タービン16基が用いられるという。

イベリンコは2006年からケニアに進出しており、2009年までにケニア電力公社の水力発電所の自動化やコントロールセンターの建設プロジェクトに携わってきた。一方、ガメサにとっては初のプロジェクトとなり、今回を機にケニア国内での市場開拓を計画している。



 
 
>TOP

アフリカで見た教育への希望とそれが失われた日本

認識ギャップを埋めない限り、「就職難」は解消しない

2011年1月28日 金曜日 御立 尚資

以前、ケニアに行く機会を得た。国連のWFP(世界食糧計画)のお手伝いをしている関係で、食糧援助の現場に行くことになり、ソマリアとの国境にある難民キャンプ、干ばつが続いて家畜を失った遊牧民の仮居住地、そして首都ナイロビにある世界最大のスラム、キベラの3カ所を回った。

その際に感じたエイズをはじめとする感染症の問題については、一度このコラムの前身(関連記事:アフリカで見たもの)でも触れたので、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれない。

今回は、今振り返ってみても、ケニアで見聞きしたことの中で一番ガツンと衝撃を受けたことについて書いてみたい。極度の貧困や生命の危機に囲まれた状況での、「次世代の将来をつくるもの」への熱情ということについてである。

援助物資よりも教育を望んだケニアの人々

ケニアで回った3カ所それぞれで、同じ質問をしてみた。食糧援助の現場なので、「食糧以外に、どのような援助を期待しますか」という内容だ。

日本人からのこういう質問に対して、もし読者の皆さんが次のような立場に置かれていたら、どういう答えをすると思われるだろうか。

その場にいた私は、大変恥ずかしながら、「衣類や医薬を欲しがるかな、あるいは日本人ということで、何か家電製品が欲しいと言うのだろうか」と浅薄なことを考えていた。

ところが、返ってきた答えは、3カ所とも同じ。何と「教育を援助してほしい」というのだ。

難民キャンプでは、次のような答えが返ってきた。

「自分たちの国は、自分たちの世代ではきっと復興に至らないだろう。ただ、ここにいる子供たち、ここでこれから生まれてくる子供たちの世代が、平和になった国に帰れるようになった際に、ソマリアの復興に役に立ち、かつ暮らし向きの良い生活ができるようにしたい」

「ついては、難民キャンプの中での初等教育だけでは不足なので、中学、高校を作る、あるいは外の学校に優秀な子だけでも行けるように奨学金制度を作る、といったことを、是非お願いしたい」

自らは読み書きのできない遊牧民は、次のように語った。

「遊牧をしている限りは、学問というのはあまり意味があるとは思えない。(部族のしきたりや遊牧の中での伝承を通じて)必要なことは自然と覚えられるから。ただ、村に定住するとなると、子供たちは、村の子供たち同様に、読み書きができ、数字を操れるようにならないと、対等に暮らしていくことができない。仮住まいの定住地ではあるが、何とか、小学校の教育を提供してもらえるよう助けてもらえないか」

スラムに住む4人兄弟の2番目の男の子は、中学レベルの学校で優秀な成績を上げているらしいのだが、自分もエイズに感染しており、既に腹水がたまって大きくお腹がふくれている。

そういう状況で、「自分は勉強が好きなので、上の学校に行きたい。そして、キベラ(スラム地区)に住んでいる、自分と同じような境遇の子供たちを教える教師になりたい」と夢を語り、はにかみながら、それを助けてもらえるとうれしいと答えた。

正直なところ、私自身には、とても考えが及ばなかったような答えが、3回続けて返ってきた。

「今現在の飢餓すれすれの状況から抜け出すのに、食糧を援助してくださって本当にありがとう。でも、これからのことを考えると、『教育』を助けてもらえることが、もっともありがたい」

要約してしまえば、こういうことだろうが、同様の問いを先進国で貧困に苦しんでおられる方に投げかけてみたら、どういうふうに返ってくるだろう。逆に、さまざまな支援活動に携わる側に聞いてみたら、どうだろうか。

就業訓練の話はきっと出てくるような気がするし、何人かの方は「子供たちの教育」に触れられるだろう。ただ、ケニアで聞いたような「初等・中等教育さえきちんと受けられれば、子供たちの将来は、きっと今より良いものになるはずだ」という、未来に向けた強い気持ち、教育に対する深い信念と熱意、というものは、同じレベルでは返ってこないような気がしてならない。

いったん、ちょっと引いて考えてみよう。

初等・中等教育が行きわたり、軽工業から少しずつ工業化が始まる。それに伴って、工業社会型の流通業やサービス業も整備されていく。

社会経済全体の生産性が上がり始め、ある段階から労働者の賃金も上がっていき、工業社会の勤労層が、中流階級の仲間入りをし、社会の中で大きな割合を占めるようになる。

産業革命以降、多くの国の発展は、上記のようなパターンをたどってきた。

もちろん、国の経営の巧拙、資源価格の乱高下や戦争といった大きな変化、さらには「地の利」や、恐らく「運」という存在もあって、うまくいった国、それほどでもない国、いろいろとある。だが、大きく言ってしまえば、「初等・中等教育充実→工業化→中流社会形成」というのが典型パターンだといってもよいだろう。

ケニアのように、このパターンに入りかけている国、あるいは昨今大きく伸びてきている大部分の新興国のように、このパターンの真っ只中にいる国。こういった国では、教育に対する信仰的なまでの信頼と熱意が、素直かつ自然に醸成されやすい気がする。1970年代ぐらいまでの日本も同様だったかもしれない。

先進国になると教育が成長に直結しなくなる

ところが、1人当たりGDPが3 万ドル(約246万円)あたりを超え、いわゆる先進国の仲間入りをした後は、事はそう単純ではない。初等・中等教育の義務化は何年も前に終わっており、また、生活レベルを向上させ、国を発展させるということと、教育投資をすることとが、目に見えるような形でリンクしにくくなる。

イノベーションを生み、企業競争力を上げるうえで、高等教育の重要性が高まってくるが、一方で、中流社会の中での進学ブームは、高等教育自体をマス化してしまう。

大学卒の希少性が次第に失われ、また、(大学教育が企業ニーズに合わせる形でよほどの自己変革を行わない限り)大学卒というだけでは、過去には大学卒だから就くことができていた職種に就けなくなってくる。

今、日本で起こっていることは、こういった工業化・中流化を数十年前に達成してしまった国ならではの、さまざまなミスマッチの顕在化だろうと思える。

これが最も顕著に表れているのが、現在の大学生の「就職難」だと思う。就職氷河期論が叫ばれて久しいし、実際に正社員の職に就けない大卒者も多数存在して、社会問題化していることはご存知の通りである。

文部科学省の学校基本調査を見ると、大学卒業者の就職率は、いわゆる失われた20年の間に、大きく低下している。

しかし、気をつけて見てみると、同じ期間の大学卒業者数は、大きく増加していることに気づかされる。

この2つの数字を掛け算してみれば明らかなのだが、この間の大卒就職者数は30万人台で増減しているものの、実は大きな変化を見せていない。

確かに、年によって「大卒採用数」あるいは「大卒募集数」はある程度変化する(従って、卒業年による運不運は一定程度存在する)ものの、そのこと自体よりも、1990年から2005年までの間に、大学卒業者数が15万人、3割以上も増えたことの方が、就職難により大きなインパクトを与えているといってもよいだろう。

少子化と言われつつも、大学の定員大幅増、進学率の高まりから、大学卒業者数が増え続けた。このため、求職者数と採用者数のミスマッチが起こっているのだ。

さらに、卒業生本人も、その親も、過去の大卒者の就職先・職種のイメージを引きずり、大企業のホワイトカラー中心の就職を当然視している可能性が高く、それがパーセプション(認識)上のミスマッチを引き起こしていそうだ。

リクルートワークス研究所の調査によれば、2011年3月卒の大学生に対する民間企業の求人総数は、58万2000人。これに対して、民間企業への就職希望者は、45万6000人。求人総数の方が求職者よりも多いらしい。

一方、企業の規模別の求人倍率を見てみると、従業員数5000人以上の大企業では0.47、1000人以上では0.63と、求職者数の方が上回る狭き門なのだが、300人未満の中小企業では、これが4.41となり、圧倒的な売り手市場になる。

大卒者が、企業規模や職種にこだわらず、中小企業も含めて、職を求めれば、全体としては、募集人数の方が卒業生より多い。にもかかわらず、皆が限られた大企業を志望するため、就職難が起こっているということだろう。

大変ドライな物言いになってしまって恐縮だが、親の世代と同じ感覚で、「大卒の就職は、大企業のホワイトカラー」という思い込みがある限り、景気の良し悪しにかかわらず、現在のような「就職難」は解消しない。

大卒者全般を取ってみれば、中小企業や現場の仕事も含めて、もう少し幅広くキャリア形成を考えていかない限り、出口がないのではなかろうか。

もっと言えば、これは大学生の側だけでなく、企業の側にも、パーセプションギャップ解消の責任があるように思える。人口減少、デフレ経済という状況の中でも、従来型の大卒求人は何とか同程度続けてきているものの、どこかではっきりと「従来のような大学を出た新卒の仕事、というだけでは、大部分の大学卒業者に職を提供することはできない」ということを率直に伝えることが必要だろう。

企業はほしい人材について本音を語るべき

これは、単純に、「現在の大卒の多くは、過去の高卒者の仕事についてもらうしかない」ということではない。これからグローバル展開の度合いをさらに強めていく多くの企業は、海外人材をどんどん採用していくことになろう。しかし、必要な能力を有する日本人大学卒業者がもっと多く出てくれば、彼ら、彼女らを(日本人の採用数を増やしても)採用する企業は数多いはずだ。

例えば、議論してみると、本音では次のように思っている企業がいくつも存在する。

「新興国への事業拡大、あるいはイノベーション拡充によって、企業の成長、そして日本人の雇用維持は可能である。逆説的に言えば、こういう方法でしか、日本の経済と社会を元気にしていくやり方はない」

「従って、学歴にかかわらず、異文化・言語について深く学んだ人材、あるいは異分野の人とチームで働きイノベーションに貢献できる人材を強く求めるので、それに向けて、(大学在学中に)自らを鍛えてきてほしい」

「教育によって、自らの生活を向上し、さらにより良い社会・国づくりにも役立つ」という熱気を取り戻すためにも、企業側はこういった本音を語っていき、大学教育、そして大学生の自らのキャリア設計を進化させていく手助けをすることも不可欠だと考える。

ケニアやその他の新興国の「教育」信仰は、一面うらやましいところがある。しかし、彼らから見れば、もっとうらやましいレベルまで社会・経済を進歩させてきた我々は、現在の日本および日本企業のニーズに応じた形で、新たな「より良い社会づくりにつながる教育への熱意」を、意思をもって構築していく時期にある。

「昔は良かった」とか「最近の大学生は…」といった出口のない堂々巡りの教育論が目立つけれども、もっと前向きの「新しい日本の教育論」を戦わせ、そして何よりも、学ぶ内容、自らのパーセプションの両面のギャップから、暗い気持ちになりがちな学生の皆さんを元気づけていく方が、建設的だと思っている。

読者の皆さんは、どうお考えになるだろうか?

御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」

コンサルタントは様々な「レンズ」を通して経営を見つめています。レンズは使い方次第で、経営の現状や課題を思いもよらない姿で浮かび上がらせてくれます。いつもは仕事の中で、レンズを覗きながら、ぶつぶつとつぶやいているだけですが、ひょっとしたら、こうしたレンズを面白がってくれる人がいるかもしれません。 【「経営レンズ箱」】2006年6月29日〜2009年7月31日まで連載

御立 尚資(みたち・たかし)

ボストン コンサルティング グループ日本代表。京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士(MBA with High Distinction)。日本航空を経て現在に至る。様々な業界に対し、事業戦略、グループ経営、M&A(合併・買収)などの戦略策定、実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを数多く手がけている。著書に『戦略「脳」を鍛える』(東洋経済新報社、2003年)、『使う力』(PHP研究所、2006年)、『経営思考の「補助線」』(日本経済新聞出版社、2009年)など。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110126/218154/?ST=print



 
 
>TOP

緑のMOTTAINAI:ケニア西部に25万本植林

アフリカ・ケニア西部のキエニ地区の約1300平方キロメートルに約25万本が植林された。毎日新聞社が昨年取り組んだ「緑のMOTTAINAI」プロジェクトの成果で、住民が非常に熱心に取り組んだほか、当初計画を上回る寄付が寄せられた効果という。

プロジェクトは09年4月に始まった。毎日新聞社、伊藤忠商事が中心となって資源循環型社会の構築を目指す「MOTTAINAIキャンペーン」の一環として、ノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイさんらの植林活動を寄付などで支援している。

当初、09年からの3年間に2000万円を集め20万本を植林する計画だったが、すでに4000万円が集まり24万8961本を植林した。

また、シンポジウム開催を通して、森林保全が水源を確保し農業に好影響を与えるということが住民に浸透。樹木の管理も徹底させた。11年はさらに15万本を植林する。現地での植林の様子はホームページ(http://www.mottainai.info/)で見られる。【山本建】

毎日新聞 2011年2月21日 東京朝刊



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート 2011年2月25日: Base Resources (ASX:BSE) がケニア Kwale 鉱物砂プロジェクトにおける資源量717万トン増を発表

Sydney, 2011年2月25日, (ABN Newswire) - Base Resources Limited (ASX:BSE) はケニア Kwale 鉱物砂プロジェクトに対する更新版 JORC 規格推定資源量を発表した。重鉱物計4.89%での合計1億4,600万トンに対する中央・南砂丘での測定済・表示済資源量において717万トンの増加となっている。同資源量の59%が現在「測定済」カテゴリーである。同プロジェクトでは2013年の生産開始が見込まれている。

Liquefied Natural Gas Limited (ASX:LNG) は、 Callide インフラ回廊地帯から Gladstone 港にある同社完全保有の液化天然ガス (LNG) プロジェクトへの21kmガスパイプラインを同社の完全子会社 Gladstone LNG Pty Ltd が建設することに対し、クイーンズランド州環境・資源管理局から環境承認を取得した。このパイプラインは初期において、年間300万トン規模の LNG プロジェクトへ180 PJ/year の供給が可能となる予定である。

Sun Resources NL (ASX:SUR) はヨーロッパ北西部の7,200億立方フィート内陸ガス鉱泉での掘削に参加すべく最終的な探鉱権協定契約をまとめている。契約と承認プロセスの両方において進歩が見られ、 Sun Resources は今後数週間中に契約を締結する見込みである。契約条件の下、 Sun Resources は探鉱権における15%の権益を取得すべく、過去および今後の掘削コスト230万豪ドルを出資する予定である。同鉱泉は2011年第3四半期に掘削されるものと見られている。

Venturex Resources Limited (ASX:VXR) は、西オーストラリア州 Pilbara 地区にある Panorama Cu-Zn 鉱床のオーナーである CBH Sulphur Springs Pty Ltd の発行済み全資本を2,620万豪ドルで買収、これを完了した。現在 Venturex は Pilbara 地区において、発見されている中で最大の巨大な火山性硫化物鉱床を管理、銅換算2.2%での2,700万トンの合計鉱物資源量を持つ。同社は年間約1万6千トンの Cu および4万トンの Zn の生産を計画している。

お問合せ先
Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net



 
 
>TOP

国歌斉唱で結束呼びかけ ケニアの草の根運動

2011.03.01 Tue posted at: 14:08 JST

(CNN) 国民の結束のために皆で国歌を斉唱しよう−−アフリカ東部ケニアで28日、こんな変わった取り組みが行われた。

ケニア時間の午後1時、大勢の国民が一斉に国歌を歌い出した。車を路肩に止めて歌う人もいれば、ショッピングモールや交差点に集まって歌う人もいた。昼時の喧騒に包まれる首都ナイロビにも歌声は響き渡った。国外に暮らすケニア人たちも同じ時刻に参加した。

主催団体は、この取り組みは国民の結束を目指す草の根運動だとしている。ケニアでは2年前の大統領選挙を引き金とした民族闘争で、1000人以上が死亡している。

主催者のアル・カグスさんは、「大事なことはケニア国民をひとつの行動で結束させ、個人の責任について反省を促すこと」と語る。国歌を選んだのは、それが皆をつなげる重要な祈りの言葉だからだという。計画はソーシャル・メディアで生まれ、その後、オフラインでも広がった。

アフリカや中東の国々では、政権の交代を求めた暴力的な抗議行動も行われているが、カグスさんによればケニアの取り組みは民衆蜂起ではない。「これらの国々では今、私たちが2002年に体験したことが起きている」とカグスさんは話す。ケニアではこの年、24年間政権を握っていたモイ大統領の辞任に伴い大統領選挙が行われた。

主催者らはまた、若者には団結力があるということを政府に伝えることができれば良いとも考えている。

ケニアでは2007年の大統領選挙で、現職のキバキ大統領を支持する勢力と対抗馬オディンガ氏を支持する勢力が衝突し、民族闘争に発展した。後に連立政権合意が結ばれ、オディンガ氏が首相に指名された。



 
 
>TOP

イヤリング着けて登院し追放処分に、ケニアの男性議員

2011.03.05 Sat posted at: 16:01 JST

ナイロビ(CNN) アフリカ東部のケニアの議会は5日までに、サングラスとイヤリング姿で議場に現れた若手の男性議員が服装規定に抵触したとして、適切な衣服を着用するまで登院を禁じる訓告処分を下した。

議場から追い出されたのはムブビ議員で、1日に淡色のスーツを着込み、パイロット用のサングラスをつけ、両耳にイヤリングを飾って登院し、他の議員多数からひんしゅくを買っていた。

議会副議長は、ムブビ議員の服装は議会の威厳にふさわしいものではないと強く批判する議長の発言を紹介し、処分を発表した。土地省の大臣補佐は、神が世界を創出して以降、男性は女性の真似をしたことがないとムブビ議員の服装をこきおろしている。

一方、ムブビ議員は議場で、「若手世代の代表者として議会に臨んでいる」とし、「他の尊敬すべき議員たちは私に干渉するよりは有権者の問題に集中すべきだ」と反論した。同議員の選挙区は首都ナイロビ。華やかなファッションセンスで、スワヒリ語の俗語で「金持ちの男性」を意味する「ソンコ」のニックネームを付けられている。



 
 
>TOP

「9・11」後の10年:第2部 イスラム社会の苦悩/3 「テロの温床」拡散

イスラム教徒が多数派を占めるケニアの南東部の町、モンバサ。ソマリア沖で海賊事件が多発し始めた5年ほど前から、バルコニー付き豪邸の建設が目立ち始めた。

地元の不動産業者(40)が「購入者はみな現金払いだ。こっちが100万ドルを提示しても、300万ドルでどうだと持ちかけてくる」と笑った。所有者はソマリア人で、モンバサは「リトル・ソマリア」と呼ばれるようになり、海賊や武装勢力に身を投じる地元のケニア人の若者が増えていった。

    ◇

ソマリア沖での海賊被害は05年から多発し、08年に急増した。国際海事局によると、09年は08年の2倍となる217件発生し、世界の海賊被害の半数以上を占めた。日本企業が運航する船舶の被害も後を絶たない。

海賊急増の背景には長年にわたるソマリアの無政府状態がある。

ソマリアはバーレ独裁政権が91年に崩壊して内戦に突入。ソマリア沖は水産資源に恵まれていたが、無政府状態の中で他国の漁船団による乱獲が激化した。欧州企業による廃棄物の海洋不法投棄も進み、漁業は壊滅。収入を失った漁民が軍閥などと結びつき、海賊グループが形成された。

一方、ソマリア南部を掌握するイスラム急進組織アルシャバブは近年、中東系などからの外国人メンバーを多数抱えていった。

ソマリア暫定政府のアリ外相(当時)は1年前、毎日新聞の取材に対し、アルシャバブが国際テロ組織アルカイダ・ネットワークの一翼を担っているとの認識を示した。「対テロ戦が続くアフガニスタンやイラクからソマリアへ移動するアルカイダメンバーが増えている」などとする欧米メディアの報道を裏付けた形だ。

地域経済の崩壊で活性化した海賊活動と、イスラム国家建設という思想を原動力とするアルシャバブは本来別物だ。しかし、地域の専門家らは最近、一部の海賊を通じてアルシャバブが武器を入手し、その見返りにアルシャバブが海賊を訓練する協力関係を指摘した。実利面で両者が結びつくことで、アルカイダが影響力を拡大する可能性も否定できない。

ケニアの捜査当局によると、昨年11月、少年2人を含む若者6人がアルシャバブに参加するためソマリア入国を企てて拘束された。6人はモンバサなどのモスク(イスラム礼拝所)で何者かにリクルートされていた疑いが浮上している。アルシャバブは同じイスラム共同体のあるケニアで若者の勧誘を本格化している。

    ◇

モンバサは観光地だが、首都ナイロビとの格差は大きく、若者の就職先が極端に少ない。「アルシャバブに加われば月400ドルは確実だぞ」。若者の間ではそんな会話が日常的に飛び交っていた。

非合法に得られたカネが不動産に「洗浄」され、イスラム過激派や犯罪組織の「後背地」になっていく。「テロの温床」はこうして拡散している。【「9・11後の10年」取材班】=つづく

毎日新聞 2011年3月13日 東京朝刊



 
 
>TOP

日本郵船/アジア〜アフリカ航路、東アフリカへ直航サービス

LNEWS

2011年04月08日

日本郵船は4月8日、アジアとケニア・タンザニアを結ぶAEF(Asia-East Africa)サービスを開始すると発表した。

西南アフリカに加え、東アフリカ向けのサービス拡充により、急速に拡大するアフリカ向けの輸送ニーズの取り込みを図る。

寄港順は、シンガポール〜ポートケラン(マレーシア)〜モンバサ(ケニア)〜ダルエスサラーム(タンザニア)〜シンガポール。西航は、4月24日にシンガポールを出港する船よりサービス開始となる予定だ。



 
 
>TOP

ウィリアム王子夫妻、ハネムーンはおあずけ

2011年05月01日 15:27 発信地:ロンドン/英国

【5月1日 AFP】29日に結婚した英国のウィリアム王子(Prince William)とキャサリン妃(Kate, Duchess of Cambridge)は、ハネムーンへはすぐに行かず、王子は週明けから職場である空軍でパイロットとしての通常業務に戻ると発表し、取材攻勢を仕掛けようとしていたメディアの出鼻をくじいた。

ウィリアム王子の公邸、セント・ジェームズ宮殿(St James's Palace)は30日の声明で、王子夫妻は結婚式後の今週末を英国内で過ごし、外国へ新婚旅行へ出かけるのはしばらく先になるが、旅程について「事前に公開されることはない」と発表した。王子はウェールズ北西部にある英空軍基地の捜索救助部隊にパイロットとして勤務しているが、同宮殿によると週明けから通常の生活に戻る。

2人のハネムーンは多くのパパラッチたちに追いかけ回されるのではないかと懸念されたが、この発表で、意気込んでいたメディアは完全に足をすくわれた格好だ。

王子の母、故ダイアナ元妃(Princess Diana)は1997年、交通事故によりパリで亡くなったが、元妃の乗った車は事故当時、パパラッチに追いかけられていた。母の死の責任はメディアにあると今も考えているウィリアム王子は、メディアの裏をかくのが得意で知られている。

■朝3時まで続いたダンスパーティー

結婚式当日の夜の2人は、祝賀の晩餐会の後、300人の招待客らとともに翌午前3時まで夜通しダンスパーティーに興じた。30日の各紙日曜版はこぞってこの晩餐会やパーティーの様子を、細部にわたって伝えた。

晩餐会では「幹事」役を務めた弟のヘンリー王子(Prince Harry)が、ふんだんにジョークを織り交ぜた心温まるスピーチで客たちをわかせると、ウィリアム王子本人も、キャサリン妃や、父チャールズ皇太子(Prince Charles)をジョークを交えて紹介しこれに応えた。

晩餐会後は「王座の間」に会を移し、シャンパンやカクテルを楽しみながら、ポップスターのエリー・グールディング(Ellie Goulding)さんやDJの演奏を交えたダンスパーティーが夜更けまで行われた。 

ハネムーンの行き先については、王子がキャサリン妃にプロポーズしたのがケニアだったことから、アフリカになるとの憶測が広がっている。(c)AFP/Guy Jackson



 
 
>TOP

ケニア大統領「正義の行動」 ビンラディン容疑者殺害

2011年5月2日19時51分

ビンラディン容疑者は、1998年8月7日にケニアの首都ナイロビとタンザニアの最大都市ダルエスサラームで起きた、米国大使館爆破事件の首謀者とされる。ケニアのキバキ大統領は2日、「ビンラディンを追跡し、殺害したすべての人々をたたえる。彼の殺害は、犠牲者や負傷者にとって、正義の行動だ」との声明を出した。

ケニアをはじめとするアフリカ東部では、98年の事件後も、アルカイダ系組織の絡むテロ事件が相次いでいる。ソマリアでは、アルカイダへの忠誠を誓うイスラム武装勢力シャバブが台頭している。(ナイロビ=古谷祐伸)



 
 
>TOP

歓迎と反発、新たな脅威への警戒−ビンラディン容疑者殺害 世界の反応

2011年05月03日 08:52 発信地:パリ/フランス

【5月3日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領が1日、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)の指導者ウサマ・ビンラディン(Osama Bin Laden)容疑者を米軍の特殊部隊が殺害したと発表したことに2日、世界各地からの反応が相次いだ。

パキスタンのアシフ・アリ・ザルダリ(Asif Ali Zardari)大統領は首都イスラマバード(Islamabad)でユサフ・ラザ・ギラニ(Yousuf Raza Gilani)首相および治安責任者らと緊急会議を開いた。ギラニ首相は会見で「偉大な勝利」だと述べた。

一方、長年パキスタンと対立しているインドは、10年近くにわたって追われていたビンラディン容疑者がパキスタンの首都イスラマバードから北に車でわずか2時間ほどの都市、アボタバード(Abbottabad)の邸宅にいたという事実から、パキスタンがビンラディン容疑者をかくまっていたのではないかとの疑いを一層強めている。

アフガニスタンのハミド・カルザイ(Hamid Karzai)大統領は、同国の旧支配勢力タリバン(Taliban)に対し、ビンラディン容疑者が「自らの行為の代償を払った」ことに留意して米国の支援を受けているアフガニスタンの現政権との戦いを止めるよう呼びかけるとともに、「テロとの戦いは、テロの源、テロの資金源、テロの聖域、テロの訓練基地にあり、それらはアフガニスタン国内にはない」と述べ、インドと同様にパキスタンを批判した。

国連(UN)の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長は国連本部で記者団に対し、「米国そして世界各地のテロ犠牲者にあらためて思いを寄せる日になった」と述べ、急進的かつ暴力的な過激主義の根絶を目指す世界的な戦いは「分岐点となる瞬間」を迎えたと述べた。

ロシア政府はビンラディン容疑者の殺害を米国のみならずロシアにとっても「重要な成功」だと評価するとともに、テロ対策で米国との協力を強化していきたいとの意向を示した。イスラエル、イエメン、そしてビンラディン容疑者の出身国のサウジアラビアもビンラディン容疑者の殺害を歓迎した。

ケニアのムワイ・キバキ(Mwai Kibaki)大統領は、1998年8月にケニアとタンザニアで米大使館が爆破され224人が死亡した事件の犠牲者にとって「正義の行為」だと述べた。

■警戒継続の必要性を指摘する見方も

一方で、パレスチナ自治区のガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)は、ビンラディン容疑者の殺害を批判し、ビンラディン容疑者を支持する武装勢力もウェブサイトで復讐を誓った。

ヨルダンではムスリム同胞団(Muslim Brotherhood)が、国際社会がイスラム教やパレスチナ問題、中東各国の腐敗した政権に対する態度を変えない限り、新たなアルカイダが登場するだろうと警告した。

英国のデービッド・キャメロン(David Cameron)首相は「世界最悪のテロによる残虐行為」の犠牲者に一応の安堵をもたらすだろうと述べたが、ウィリアム・ヘイグ(William Hague)英外相は、アルカイダは「まだ活動を続けている」と注意を促した。

フランスのニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領は、オバマ大統領との電話会談でビンラディン容疑者を追い詰めた米国の断固たる対応を称賛したが、「テロリストの蛮行と、その支援者らに対する当然行うべき戦いは継続しなければならない」と述べた。これに先だって発表した声明でサルコジ大統領は、ビンラディン容疑者の死はアルカイダの終わりではないと指摘していた。

ドイツのアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相は、「平和の部隊」の勝利は「テロリストの敗北」を意味しないと述べ、引き続き警戒が必要だとの考えを示した。2004年に4本の列車に爆弾がしかけられ191人が死亡したスペインも、ビンラディン容疑者殺害を歓迎しつつ、警戒を緩めることには警告を発した。

欧州連合(EU)のキャサリン・アシュトン(Catherine Ashton)外交安全保障担当上級代表も、ビンラディン容疑者殺害に対する報復の恐れは深刻で、アルカイダネットワークの完全な無力化のための努力は引き続き必要だと述べた。(c)AFP



 
 
>TOP

マラソン:ワンジル選手 女性関係のトラブルで自殺?

2008年の北京五輪男子マラソン金メダリストで、母国ケニアの自宅で死亡したサムエル・ワンジル選手(24)について、AP通信は16日、地元警察の話として、女性関係のトラブルが原因の自殺、または事故死と伝えた。

首都ナイロビから約150キロ北西のニャフルルにある自宅で、女性と一緒にいるところを妻に見つかり、口論の後にバルコニーから飛び降りた。同選手は酒を飲んでいたという。新華社電は飛び降りたのは逃げた妻を追いかけるためだったと報じた。

ワンジル選手は15歳で来日し、宮城・仙台育英高に留学。高校駅伝などで活躍した後、社会人のトヨタ自動車九州で実力を伸ばした。一昨年のロンドン・マラソンで優勝し、シカゴ・マラソンは昨年まで2連覇した。

しかし昨年12月に妻らを脅迫したなどとして告訴され(後に取り下げ)、ことし1月には交通事故で軽傷を負った。4月のロンドン・マラソンは右膝の故障で欠場した。(ロンドン共同)

毎日新聞 2011年5月16日 19時38分(最終更新 5月17日 0時32分)



 
 
>TOP

ワンジル選手:ケニアで死亡…北京五輪マラソン金メダル

ロイター通信によると、2008年の北京五輪の男子マラソン金メダリスト、サムエル・ワンジルさん(24)が15日、ケニアの自宅で死亡した。地元警察が16日、明らかにした。警察は自殺の可能性について調べている。

ケニアの首都ナイロビから約150キロ北西のニャフルルにある自宅のバルコニーから飛び降りたとの情報がある。

ワンジルさんは15歳で宮城・仙台育英高に留学、トヨタ自動車九州(福岡県)でも活躍した。

昨年12月には妻らを脅迫したなどとして告訴され(後に取り下げ)、今年1月には交通事故で軽傷を負った。4月のロンドン・マラソンには右膝の故障で欠場した。(共同)

毎日新聞 2011年5月16日 13時01分(最終更新 5月16日 13時31分)



 
 
>TOP

マラソン:ワンジルさん母が他殺説主張“息子は嫁に殺された”

15日に自宅バルコニーから転落して死亡した男子マラソンの五輪金メダリスト、サムエル・ワンジルさん(ケニア=享年24)の母アンさんが17日、一部の捜査関係者が指摘した自殺説や事故説を否定。「愛人という女性は家にいなかった。息子は寝室で殺害され、死因を隠すためにバルコニーから遺体を投げ捨てた」とワンジルさんの妻トリーザ・ヌジェリさんによる他殺説を主張した。

さらに「彼女は息子の財産を乗っ取ろうとしていた。たとえ私があの高さから落ちても脱臼ぐらいですむはず」と犯行動機と不自然な点を指摘。地元警察の捜査に不満をぶつけた。(スポニチ)



 
 
>TOP

アフリカ東部で干ばつ、1千万人以上に影響

【ジュネーブ=佐藤昌宏】国連人道問題調整事務所(OCHA)のエリザベス・バース報道官は28日、記者会見で、ケニアやエチオピアなどアフリカ東部が過去60年間で最悪の干ばつに見舞われ、1000万人以上に影響が出ていることを明らかにした。

同事務所の24日までのまとめによると、影響を受けているのは、ケニア約320万人、エチオピア約320万人、ソマリア約260万人など。ケニアの一部では、穀物の値段が過去5年間の平均価格より8割も上昇しているという。

バース報道官は「地域によっては『飢饉(ききん)』と言える状況だ。早急に対処しない限り、状況はさらに悪化する」と述べ、国際社会に支援を訴えた。

(2011年6月28日22時06分 読売新聞)



 
 
>TOP

禁煙成功のカギは励ましメール?英研究

2011年06月30日 15:11 発信地:パリ/フランス

【6月30日 AFP】禁煙に挑戦中の人が携帯電話で励ましメールが届くと、禁煙成功率が2倍も上がるという研究成果が、30日の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に発表された。

英国の医師団は、喫煙者5800人を無作為に2つのグループに分け、第1グループには禁煙を励ますショートメッセージ(SMS)を、第2グループにはタバコと無関係のSMSを送る実験を行った。

第1グループでは、最初の5週間は1日に5通のSMSを、次の6か月間では1週間に3通を受け取ってもらった。メッセージ内容は喫煙者の協力を得て作成されたもので、禁煙しながら体重を落とすためのアドバイスや、我慢しろと励ます内容とした。例えば、禁煙初日には次のようなSMSが届く。「さあいよいよだね!本日が禁煙記念日。持っているタバコは全部捨てよう」「永遠に禁煙するための今日は初日だ。君ならできるよ!」

第1グループには、必要に応じて「crave(渇望)」や「lapse(うっかり)」という単語を入れれば励ましのSMSが返ってくる仕組みも用意された。例えば、次のような内容だ。「渇望は、たいてい5分も持続しないんだって。ドリンクをゆっくりすすって気を紛らそうよ」「うっかり吸ってしまっても、落ち込んだり自分を責めたりしないでね。少しの間やめていただけでも大きな達成なんだから。『うっかり』も禁煙への道。やり続けよう、君ならできる!」

一方、第2グループには、実験への参加を感謝する内容や住所を確認する内容など、タバコには関係のない当たり障りのないSMSを2週間に1通受け取ってもらった。

参加者らは実験期間中、唾液を採取して医師らに郵送。唾液中に含まれるタバコの代謝産物コチニンの濃度を調べ、本当に禁煙しているかどうかを確認した。

実験開始から6か月後、禁煙を継続できていたのはSMSのサポートを受けた第1グループで10.7%だったのに対し、サポートのない第2グループではわずか4.9%だった。なお、成功率には年齢や社会的地位による偏りは見られなかった。

医師団では、この「txt2stop(テキスト・トゥー・ストップ)」手法は禁煙治療に効果的なだけでなく、安価で、世界のどこであっても導入できる手法だと評価している。

SNSを使った実験例としては、前年11月に報告されたケニアのHIV感染患者に対する実験で、治療薬を飲むようSMSで促された人は、SMSを受け取らない人よりも、処方通りに薬を服用する確率が12%上がるという研究結果が報告されている。(c)AFP



 
 
>TOP

セルティックにワニアマが加入

掲載: 2011年7月10日(日), 13.54CET

UEFAヨーロッパリーグに備えるセルティックFCが、KFCゲルミナル・ベールショットのケニア代表MFビクター・ワニアマを4年契約で獲得した。

スコットランドのセルティックFCが、イギリス当局から労働許可を取得したケニア代表ビクター・ワニアマと4年契約を結んだ。

この20歳のMFは、来月のUEFAヨーロッパリーグ・グループステージに備えるセルティックに、ベルギーのKFCゲルミナル・ベールショットから加入した。セルティックは現在、オーストラリアでプレシーズンツアーを行っている。「セルティック・フットボール・クラブと契約できてうれしい」とワニアマはコメント。「手続きが終わり、オーストラリアから帰ってくる新しいチームメートたちや監督に会うのが待ち遠しい」

ナイロビ出身のワニアマは、1967年にリスボンで行われた欧州チャンピオンズカップ決勝でセルティックがFCインテル・ミラノを下して欧州王者に輝いたことにちなみ、新シーズンは背番号67を着けることを明かした。「このクラブの素晴らしい歴史を知り、1967年のチームに敬意を表して67番を選んだ」とワニアマは説明。「リスボン・ライオンズ(当時のチームの愛称)のように多くのトロフィーを獲得することが、セルティックでの夢だ」

http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=1650135.html



 
 
>TOP

干ばつに強く栄養価高い「ラクダの乳」、世界的ヒットなるか ケニア

2011年07月13日 14:11 発信地:イシオロ/ケニア

【7月13日 AFP】スターバックス(Starbucks)は「キャメル・チャイ・ラテ」のような商品をまだ売り出していないが、ラクダのミルクは深刻な干ばつにたびたび見舞われるケニアのコミュニティーでは極めて重要な食料源となっている。

ケニア中部では、クシ語系民族の若者たちがぼろをまとい、日の出とともにラクダの乳を搾っている光景が見られる。クシ語系民族の間で何世代も前から大切にされてきたラクダミルクは今、首都ナイロビ(Nairobi)でルネサンス(復興)時代を迎えている。

「ラクダは牛よりいい。干ばつの時、牛は死んでしまうけれどラクダは死なない。だから乾季にも稼ぐことができるの」と、イシオロ(Isiolo)でラクダ84頭を所有するハリマさん(45)は話した。「牛を売ってもっとラクダを増やそうと思うの」

乾燥したケニア中部は、アフリカ北東部の大半地域同様、近年、例年にない厳しい干ばつを経験。牛乳の生産量が著しく落ち込んだことから、ラクダの価値が高まった。地元の協同組合に所属するハリマさんら女性64人は現在、ナイロビに1日3000〜5000リットルのラクダミルクを出荷している。

この空前のブームを受け、女性たちのラクダミルク販売を支援しているオランダの開発支援団体SNVは、イシオロにミルクバーをオープンさせる計画を立てている。

■国連、「ラクダミルクには大きな潜在力」

現在、ナイロビにおけるラクダミルクの主な購買層はクシ語系のソマリ人、オロモ人、ボラナ人だが、忘れ去られていたラクダミルクを良質な健康食品として世界中で売り出すチャンスだと言う声もある。

ヨーグルトやアイスクリームなどのラクダミルク製品を製造する会社「Vital Camel Milk」をケニアに設立したドイツ人、ホルガー・マーバッハ(Holger Marbach)氏によると、ラクダミルクの需要は既に先進国で高くなっている。現在はケニア、南アフリカ、アラブ首長国連邦(UAE)、中南米のスーパーマーケットに販売しているが、「行政・政治上の障壁が取り払われれば」儲けの大きいほかの市場でも売れるはずだとみている。

ラクダミルクに大きな潜在力が宿っているという点で、専門家の意見は一致している。国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organisation、FAO)のウェブサイトは、ラクダミルクについて「牛乳よりもやや塩分が多く、ビタミンCの含有量も牛乳の約3倍。鉄分、不飽和脂肪酸、ビタミンB群も豊富」と説明している。また、年間100億ドルの利益を生み出す一大産業に発展する可能性があると指摘している。(c)AFP/Boris Bachorz



 
 
>TOP

【国連WFP協会】 「アフリカの角」地域で飢餓状況が悪化 緊急募金へのご協力のお願い

2011年07月19日 16:19 発信地:東京

【国連WFP協会】

現在、アフリカ北東部の「アフリカの角」と呼ばれる地域では、長年続く紛争、食糧価格高騰に追い打ちをかけるように、深刻な干ばつが発生し、900万人以上が人道支援を必要としています。 ケニアの難民キャンプには、戦闘の続くソマリアから毎週1万人が避難しており、キャンプ内では栄養失調の子どもが今年に入ってから3倍に増え、危機的状況です。

これに対しWFPは、ソマリア、エチオピア、ケニアを中心に、600万人以上に緊急食糧支援を展開しています。本活動に必要な資金4億4,700万ドルのうち、確保できているのは6割にとどまっており、国際社会からの早急な支援が求められています。

国連WFP協会ではアフリカの角地域の食糧支援活動への緊急支援募金を受け付けています。皆さまからの温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

▼いますぐご寄付が可能なホームページから
http://www.wfp.or.jp/cooperate/donat_online.html
※募金申込みフォームの使途選択で「緊急支援」をご選択のうえ、自由記載欄に「アフリカの角」とご記入ください。

▼ゆうちょ銀行から
口座番号:00290-8-37418 加入者名:国連WFP協会
※通信欄に「アフリカの角」とご記入ください。

▼手数料無料振込口座から
三菱東京UFJ銀行 店名:本店(店番001) 
預金種類・口座番号:普通預金 0887110 
口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
※領収書発行、ご寄付の使途指定につきましては、国連WFP協会までご連絡ください。

◎お問い合わせ先:国連WFP協会
TEL:0120-496-819
月曜〜金曜(祝日を除く)9:30〜17:30
※携帯電話・PHSからもつながります。
※ご寄付は寄付金控除の対象になります。



 
 
>TOP

ボルト 男子100メートルで薄氷の勝利

2011年07月23日 16:32 発信地:モンテカルロ/モナコ

【7月23日 AFP】陸上、ダイヤモンドリーグ2011(IAAF Diamond League 2011)第10戦モナコ大会(Herculis)は22日、モナコ(Monaco)のモンテカルロ(Monte Carlo)で行われ、男子100メートルは9秒88を記録したジャマイカのウサイン・ボルト(Usain Bolt)が優勝を飾った。

ボルトは、スタートで出遅れたものの50メートルを越えると走りのギアが入り、今季自己最高タイムをマークした。しかし、8月27日に開幕する第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)を控え、今季3本目の100メートルに出場したボルトは、9秒88で2位に入ったネスタ・カーター(Nesta Carter)の位置を目で追いながらゴールした。

男子1500メートルではケニアのサイラス・キプラガト(Silas Kiplagat)が3分30秒47で、女子走り高跳びではクロアチアのブランカ・ブラシッチ(Blanka Vlasic)が1メートル97の跳躍を成功させ、それぞれ優勝を飾っている。(c)AFP/Luke Phillips



 
 
>TOP

<Check!>ヴィヴィアン・ウエストウッド、アフリカ支援につながるバッグコレクション

2011年07月27日 11:23 発信地:東京

【7月27日 MODE PRESS】「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」が国際貿易センター(International Trade Centre、ITC)とコラボレーションしたコレクション「エシカル ファッション アフリカ プロジェクト」の第2弾となるバッグとアクセサリーの新作が、8月中旬(予定)から発売される。

同コレクションは、ITCが行う「エシカル ファッション アフリカ プロジェクト」の一環で、 アフリカの女性労働者たちが報酬を得る機会と、持続可能なビジネスの促進を目的とするもの。アイテムは全てケニアのナイロビ(Nairobi)で全てハンドメイドで製作されている。コラボレーションの規模拡大が、生産地の技術力向上やコミュニティの成長につながるという仕組みだ。

また、通常なら廃棄する電気配線やリサイクル・アルミニウム、ビニール袋などの素材を取り入れ、環境への影響を最小限に抑えている点も大きな特徴だ。新作は、リサイクルしたキャンバステント生地を使ったトートバッグ(3万7800円)をはじめ、ブランドの象徴であるヤスミンバッグ、メンズ向けアイテムなど。展開店舗はヴィヴィアン・ウエストウッド青山店ほか、心斎橋、 名古屋、渋谷西武、池袋西武、仙台の6店舗のみとなる。

【問い合わせ先】
03-5791-0058(ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション)

http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/2816253/7562961?pageID=1



 
 
>TOP

干ばつで食糧不足のケニア、小学校夏休み給食中止で命の危険迫る

2011.07.29 Fri posted at: 11:54 JST

(CNN) 記録的な干ばつに見舞われているアフリカ東部のケニアで、給食を無料で提供して住民の命綱となっていた小学校の夏休みが迫り、援助団体が危機感を募らせている。

援助団体の関係者は「もし学校が閉まれば、子どもたちが絶望的な危険にさらされる。弱い存在である子どもたちにとって、死の危険が現実のものになる」と訴える。

隣国ソマリアでは国連が「飢饉」を宣言し、ケニアでは政府が非常事態を宣言した。援助団体によれば、同国では現在、約350万人が食料不足に見舞われ、その約3分の1を5歳以下の子供が占めるという。

特にひどい干ばつに見舞われている北部のトゥルカナでは、既に多くの小学校で食料が入手できなくなり、給食を打ち切った。

ケニア政府は国連世界食糧計画(WFP)の協力を得て、国内全土の学校に給食のための資金を供給してきた。本来は教育の向上を目指す措置だったが、現在ではこれが唯一の生存の糧になっている家庭も多いという。

ユニセフの現地スタッフは、給食が中止になればただでさえ深刻な食糧難の一層の悪化は避けられないとして、継続のためにあらゆる措置を講じると語った。

ケニア政府は現在、8月の夏季休暇の間も学校を開けるかどうかを検討中。国際援助を受けて無料給食を提供している学校には入学希望者が殺到している。

「人々が大量に死んでいくのを見捨てずに済むよう、国際社会に支援を呼び掛けたい」と援助団体は訴えている。



 
 
>TOP

アダースダイカー、ケニアの野生動物

National Geographic News

August 2, 2011

絶滅が危ぶまれている小形のアンテロープ(レイヨウ)、アダースダイカー。生息地は、タンザニアのザンジバル島と、ケニア南部のアラブコ・ソコケ国立公園(Arabuko Sokoke National Park)の森に限られていた。森林の縮小などによって、20年前の5000頭から現在は1000頭まで数を減らしており、国際自然保護連合(IUCN)では絶滅危惧IA類(絶滅寸前)に指定されている。

最近、ケニア北東部の沿岸地帯にあるボニ・ドドリの森で、カメラトラップ(自動撮影装置)による野生動物の調査が行われた。撮影された約3300枚の写真から、最大規模の個体群が発見されたという。

ロンドン動物学会(ZSL)の主任保全生物学者ラジャン・アミン(Rajan Amin)氏は、次のようにコメントしている。「アダースダイカーが絶滅するか否かは、発見された個体群がカギを握っている。この孤立した森では今後も新種発見を期待できるが、活発な沿岸開発で破壊が急速に進んでいる。すぐにでも何らかの手を打つ必要があるだろう」。

調査の詳細は、7月28日発行の「Oryx」誌に掲載されている。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011080202&expand&source=gnews



 
 
>TOP

トヨタホーム本社ショールームでケニア野生動物の写真展を開催

2011-08-05 11:00:00

トヨタホームの本社ショールームで、8月11日から21日まで、NPO法人ワイルドライフ主催によるケニアの野生動物の写真展「つながる"いのち"」を開催する。

NPO法人ワイルドライフは、「子供たちに自然の尊さを教えることを真剣 に考えたい」という教師たちが中心の組織。展示する写真は、ケニア・ナイロビ在住の韓国人実業家、B.T.Kim(B.T.キム)氏がケニアで撮影した野生動物の写真の数々で、「自然と動物の保護の大切さを訴えること」を写真展のテーマとしている。トヨタホームは、同写真展の「つながる"いのち"」という主旨に賛同し、同NPO法人の活動に協賛するとともに、本社ショールームを会場として提供することになったという。

同写真展は、名古屋市中区栄の地下街「セントラルパーク」の「セントラルギャラリー」を第1会場、トヨタホーム本社ショールームを第2会場として開催。時間は、第1会場が午前10時から午後9時まで、第2会場が午前10時から午後6時まで(最終日は両会場とも午後3時終了)。期間中、トヨタホーム本社ショールームでは、写真展のほかにギャラリー・タンザニアフィリアの協力を得て、タンザニア文化、アートクラフトの展示も併せて行う。入場は無料。第2会場のトヨタホーム本社ショールームでは8月20日に特別講演会が行われ、タンザニア大使館商業文化交流中部地区名誉代表でギャラリー・タンザニアフィリア代表の清水邦子氏が「東アフリカからの現地報告」と題して、写真家の宮嶋英一教授が「ケニア野生動物の今」と題してそれぞれ講演する。

なお、同写真展はケニア共和国大使館、名古屋市教育委員会、JICA中部国際センターが後援しているという。



 
 
>TOP

ロブレスが110障害制す、ルディシャは30レース無敗

2011年08月06日 15:51 発信地:ロンドン/英国

【8月6日 AFP】陸上、ダイヤモンドリーグ2011(IAAF Diamond League 2011)第12戦ロンドン大会(Aviva London Grand Prix)は5日、英国ロンドンで初日が行われ、男子110メートル障害でデイロン・ロブレス(Dayron Robles、キューバ)が13秒04で優勝を飾った。

男子800メートルはデビッド・ルディシャ(David Lekuta Rudisha、ケニア)が1分42秒91で制し、自身の無敗記録を30に伸ばしている。

男子100メートルに出場予定だったアサファ・パウエル(Asafa Powell、ジャマイカ)は股関節の違和感を訴え、第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)の開幕を間近に控えていることもあり、棄権している。(c)AFP



 
 
>TOP

The unholy alliance in Somalia: Media, donors and aid agencies

By Rasna Warah

Posted Sunday, August 7 2011 at 13:23

The season of giving has started - and it not even Christmas yet. Leading international aid agencies, including the United Nations, Oxfam, Save the Children and Islamic Relief UK, have launched massive campaigns to save the thousands of Somalis who are facing hunger in their own country and in refugee camps in neighbouring Kenya and Ethiopia.

The appeals for food aid have been accompanied by heart-wrenching images: children with swollen, malnourished bellies, emaciated mothers with shrivelled breasts that no longer lactate, campsites bursting at the seams with hordes of skeletal refugees. Almost all the large humanitarian aid agencies are rushing to the Dadaab refugee camp in Kenya to witness, photograph and film the crisis. We have seen these images before - in the mid-1980s when Mohamed Amin filmed the famine in Ethiopia that triggered the trend of rock stars becoming do-gooders. Since then, famine has become the biggest story coming out of Africa - and one of the biggest industries.

Media-savvy aid agencies

Images of starving Africans are part and parcel of fund-raising campaigns, as are journalists. As one leading humanitarian official told the BBC’s Andrew Harding, the UN can produce endless reports, but it is only when the images of starving people are televised or placed on the front page of newspapers that politicians take action.

The problem is that the story that they see or read is not as impartial as they would like to believe. More often than not, it is told by aid agency staff on the ground or independent filmmakers. News organisations that do not have the resources to send reporters to far-flung disaster zones such as the camp in Dadaab, have entered into an unholy alliance with aid agencies, whereby the aid agencies’ spokespeople - wearing T-shirts and caps bearing the logos of their respective organisations - “report” the disaster via satellite to international audiences. Even when journalists are present on the ground, they rely almost exclusively on aid agencies’ version of the disaster. The narrative about the famine in Somalia has, therefore, become both predictable and one-sided.

Dutch journalist Linda Polman believes that the “unhealthy” relationship between journalists and aid agencies does not allow for independent, objective reporting, and is often slanted in favour of the agency doing the “reporting”.

Media-savvy aid workers fully exploit the eagerness with which journalists accept their version of a disaster or crisis. On their part, says Ms Polman, journalists “accept uncritically the humanitarian agencies’ claims to neutrality, elevating the trustworthiness and expertise of aid workers above journalistic scepticism.”

This non-nuanced, simplistic story about African disasters has foreign policy implications, says Karen Rothmyer in a discussion paper published by Harvard University’s Joan Shorenstein Centre early this year.

“Top US officials responsible for Africa policy who begin their days with media summaries focusing disproportionately on Africa’s problems are unlikely to see the continent’s potential.”

The cosy relationship between aid workers and journalists has thus distorted the way Africa is reported. Journalists often do not get to the heart of the story or take the time to do the research into the causes of a particular crisis. Africans do not feature much in their stories, except as victims.

“In public affairs discussions the term ‘starving Africans’ (or ‘starving Ethiopians’ or ‘starving Somalis’) rolls from the tongue as easily as ‘blue sky’,” wrote former aid worker Michael Maren in his 1997 book The Road to Hell.

“Charities raise money for starving Africans. What do Africans do? They starve. But mostly they starve in our imaginations. The starving African is a Western cultural archetype like the greedy Jew or the unctuous Arab.”

In a recent phone conversation, Ms Polman told me that the “starving African” story is not just the easiest to tell, especially in a continent that does not generate much international media coverage, but is also the most “politically correct.” After all, who in their right mind would want to be accused of doing nothing for dying people?

Business opportunities

Even more alarmingly, there is almost no attempt on the part of news organisations to independently verify the facts and figures disseminated by aid agencies, which, as I discovered when I worked with a UN agency, are quite often inflated or based on erroneous data.

The temptation to exaggerate the extent of a crisis in order to raise more funding is always present, says Ahmed Jama, a Somali agricultural economist based in Nairobi. Jama believes that it is very likely that many parts of Somalia that have been declared as suffering from drought, such as the fertile lower Shabelle region - which experienced a bumper harvest last year - may actually be food secure, and that it is possible that the people suffering there are not locals but those who migrated to the region from drought-prone parts of the country.

He adds that it is in the interest of UN and other aid agencies to show a worst-case scenario because this keeps the donor funds flowing. Jama says that while parts of Somalia have always suffered from cyclical droughts, the lack of sound agricultural and livestock policies have ensured that droughts rapidly turn into famine, which was not always the case. In the 1980s, for instance, he says, Somalia met 85 per cent of its cereal needs, thanks to government and international community investments in agriculture.

Disasters such as the famine in Somalia fuel the aid business, with each aid agency eager to “brand” itself as the most competent in handling the disaster. In her recently published book The Crisis Caravan, Polman describes how crises become “business opportunities” for aid agencies.

Aid organisations that want to remain on top of the game, she adds, need to be fluent in the language of product positioning, proposal development and client relations. Physical presence in the disaster area is critical because “aid organisations that fail to put in an appearance at each new humanitarian disaster miss out on contracts for the implementation of aid projects financed by donor governments and institutions, and are bypassed left, right and centre by the competing organisations that do show up.”

The real story

Aid agencies rarely report the root causes of a famine, though in the case of Somalia, there is a tendency to blame the civil war and militia such as Al Shabaab, which until recently had banned aid agencies from entering areas under its control.

For more than two decades, civil war and famine have dominated the narrative about Somalia. But the Cape Town-based Somali novelist Nuruddin Farah believes that much of the commentary on the Somali civil war is based on “a false premise” - that the Somali civil war is the consequence of an age-old clan conflict. This view, he says, is unfortunately also held by a number of Somalis, who have no memory of the Somalia of his childhood, where the cosmopolitan capital Mogadishu “was not only one of the prettiest and most colourful cities in the world, but also decidedly the oldest in sub-Saharan Africa and older than many of Europe’s most treasured medieval cities.”

The real conflict in Somalia, he says, is not so much between clans but between urban and pastoralist communities, especially those which migrated to Mogadishu, and who visited havoc on the capital city in 1991 by forming contingents led by city-based men and “armed with ancient injustices newly recast as valid grievances.”

“The pastoralist Somalis, who are by nature urbanphobics,” he writes, “saw the city as alien and parasitic, and because it occupied an ambiguous space in their hearts and minds, they gradually accumulated hostility towards the city until they became intent on destroying it.”

However, some economists believe that the international community is largely to blame for the crisis in Somalia. Michel Chossudovsky, professor of Economics at the University of Ottawa, claimed in his 1993 book The Globalisation of Poverty and the New World Order, that the International Monetary Fund and the World Bank had a negative impact on Somalia’s stability after they imposed structural adjustment programmes in the 1980s that forced Somalia to adopt austerity measures that destabilised the national economy and destroyed agriculture.

He blames the Bretton Woods institutions for, among other things, reinforcing Somalia’s dependency on imported grain, periodic devaluations of the currency that led to a hike in prices of fuel, fertiliser and farm inputs, and the privatisation of veterinary services. US grain supplies that entered the country in the form of food aid also destroyed local agriculture, he says. Food aid, in turn, was often sold by the government on the local market to cover domestic costs.

The diversion of food aid is nothing new. Ms Polman’s research shows that in almost every crisis area around the world, warlords, militia, and soldiers have benefited by imposing “taxes” on humanitarian agencies or stealing and selling food aid to buy arms. Quite often, refugee camps become safe havens for militia, who use the safety of the camps to regroup and recuperate. Refugee camps thus indirectly prolong civil wars.

Avenues for bribery

What is also not mentioned in the appeals for funding is the fact that a lot of the funds are used to pay off or bribe officials and militia to allow aid convoys to pass. (In Somalia, Ms Polman claims, the “entry fee” charged by warlords has in the past run to as much as 80 per cent of the value of the aid.) In many countries, it is not militia, but government officials, who steal aid money.

The other fact that is conveniently overlooked is that a large proportion of the funds raised is used to cover aid agencies’ administrative and logistical costs. Staff has to be hired, four-wheel-drive cars have to be bought, offices have to be set up, highly paid international experts earning hefty per diems have to be flown in or consulted. All this costs money, lots and lots of money. D.T. Krueger, a former employee of the Food and Agricultural Organisation, estimates that as much as three-quarters of funding received by a UN agency is used purely on itself. Much of the aid also ends up back in the donor country in the form of salaries for experts who are nationals of the donor country, and in the form of inputs for development projects that are purchased in the same donor country.

Despite all these glaring inefficiencies and failures, the aid industry continues unabated; in fact, it is going from strength to strength. Statistics indicate that the number of aid agencies and NGOs have mushroomed since the end of the Cold War - in Kenya alone, for instance, there are more than 6,000 registered international and local NGOs that contribute more than $1 billion to the Kenyan economy.

In my assessment, there is a strong relationship between the number of donors and aid agencies in a country and its level of poverty - the more donors and aid agencies there are, the less likely that country is to significantly reduce poverty levels.

And here is why. Aid to governments often has the net effect of suppressing local economies and initiatives. In Somalia, for instance, Maren noted that food production was suppressed by food aid, as farmers had no incentive to grow their own food. Aid also makes governments less accountable to their own people. When the work of government is taken over by aid agencies and NGOs, and when government budgets are heavily subsidised - or entirely funded - by foreign donors, governments become less accountable to their own citizens, and more accountable to the donors. It also makes it easy for governments to blame lack of donor funding for their failures to carry out development programmes. This leads to a vicious blame game, where the victim is always the ordinary citizen.

Donor aid also reduces countries’ sovereignty. Aid is the most effective (and cost-effective) way in which foreign donor countries control other countries without being labelled as colonialists. It leads to bizarre situations where a donor country - and even more alarmingly, an international aid agency - sets government policy for a poor country, while presidents, ministers and permanent secretaries look on helplessly. Donors have a keen vested interest, therefore, in keeping the aid industry well-oiled. They cannot do this without the help of their foot soldiers, the aid agencies - who also rely on donor funding - and journalists who surrender all claims to neutrality and objectivity by becoming mouthpieces of these same aid agencies.

However, neither the donors nor the aid agencies could play their part without the complicity of African governments, which have unquestioningly taken on the roles of victim and beggar.

Rasna Warah is a columnist with the Daily Nation.

http://www.theeastafrican.co.ke/news/The+unholy+alliance+in+Somalia++Media++donors+and+aid+agencies/-/2558/1214866/-/item/0/-/149kmcs/-/index.html



 
 
>TOP

東洋建設、ケニアで港湾工事 アフリカで日本勢36年ぶりの受注

2011/8/8 1:15

マリコン(海洋土木会社)の東洋建設はケニア政府の港湾公社から大規模なコンテナターミナルの建設工事を受注した。受注額は209億円で、今秋に着工する。日本のマリコンがアフリカで大型の海洋土木工事を手掛けるのは36年ぶり。海外での建設工事は大手が中心だったが、中堅もグローバル化を加速する。

工事はインド洋に面したモンバサ港に港湾設備を建設するもので、東洋建設が単独で受注した。日本政府が国際協力機構(JICA)を通じて供与する円借款によって整備するため、工事費の未回収リスクは低い。しかし軟弱な地盤の改良工事などが伴い、技術的な難易度は高いという。

桟橋式の岸壁や15棟の港湾設備、50ヘクタールのコンテナヤードなど物流インフラを一式そろえる。4年後にコンテナ貨物の物流拠点を整備することで、モンバサ港のコンテナ貨物取扱量は4割近く増える見込み。

東洋建設は海外工事の売上高を2011年度からの3年間で過去3年の実績よりも8割増やし、550億円にする目標を掲げる。今回の大型工事の獲得によって目標達成の可能性が高くなる。

東洋建設がアフリカで工事を手掛けるのは初めて。日本のマリコンが工事費200億円以上の大型案件をアフリカで手掛けるのは、1970年代の五洋建設によるエジプトでのスエズ運河拡張工事以来となる。



 
 
>TOP

南アのMTNは IP-PBXでケニアの固定電話市場に参入

2011.08.12

南アフリカのモバイル事業者であるMTN(正確にはMTNのケニアにおける事業体MTN Business Kenya)がケニアの固定電話市場に参入した。

ケニアのモバイル事業者はサファリコム(Safaricom)、エアテル(Airtel)、オレンジ・ケニア(Orange Kenya)とYUの4社。南アフリカは6社でボーダコム(Vodacom)、MTN、セルシー(Cell C)、テルコム(Telkom)、バージン・モバイル(Virgin Mobile)と8ta。MTNは2006年のInvestcom買収などによって、モバイル事業を展開する国の数を主にアフリカ大陸で急速に増やしているが、ケニアではモバイル事業は行っていない。2008年にケニアのインターネット・サービス・プロバイダーであるUUNET Kenyaの60%を取得し、2010年にMTN Business Kenyaにブランド名を変更した。

ケニアの固定網はテルコム・ケニア(Telkom Kenya)がほぼ独占している。MTNの参入は同国で競争促進のために2004年に採用されたULR(Unified Licensing Regime(統合ライセンス制度))に後押しされたものだという。ライセンスを1つ受けていれば、複数のサービスを提供できるという制度。ケニア通信法施行の1998年から続いたテルコム・ケニアの固定系通信サービスにおける5年間の独占を経て制定されたもの。

サービスはMTNのコアネットワークのインフラ上で音声とデータをIP(インターネット・プロトコル)で運ぶことで低料金を実現する通常のVoIPで、IP-PBXとIP電話機が提供される。IP-PBXはオンプレミスではなく、ホスティング提供されるようだ。通話料は国内3分3ケニアシリング(約2.5円)で従来の半額程度。追加料金なしの電話会議機能も提供される。アメリカへの国際電話は、1分20セント(約15.5円)になるという。

http://wirelesswire.jp/Watching_World/201108121630.html



 
 
>TOP

ケンタッキー・フライド・チキンがケニアに進出 高まる中流層の購買力

2011年8月17日 15:00  ショッピングモール内に

ケニアの首都ナイロビに12日、米ファストフード大手ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の店舗がオープンした。同国におけるKFCの出店はこれが初めて。今年中にあと2店舗のオープンが予定されている。

経済成長に伴い中流階級層が増加しているケニア。こうした中流階級層の購買力の高まりにビジネスチャンスを期待する企業は多く、ショッピングモールの開発などもさかんに進められている。KFCも今年中にあと2店舗のオープンを予定している。

鶏肉は現地で調達

3店舗で使用される鶏肉を始め調理油、パン、野菜、包装容器などは国内で調達されるが、フライドポテトの原材料だけはエジプトから輸入される。これはケニア国内に冷凍フライドポテトの製造業者がなく、現地のファストフード店で一般的に利用されている半調理済みポテトはKFCの基準にそぐわないためだという。

KFCは現在アフリカ大陸に約650の店舗を展開しているが、その多くは南アフリカに集中しており、同社は他地域での事業を拡大する計画を示している。特に、09年に初進出したナイジェリアでは今年中に20店舗を新規出店し、2020年までに同国内での店舗数を300まで引き上げる考え。その他の地域でも計100店舗を出店する予定という。

http://www.africa-news.jp/news_jRB9T9Oem.html?right



 
 
>TOP

中国の華為技術、ケニアの干ばつ救済に寄付

2011年8月23日 17:00 

ケニアの干ばつ救済キャンペーンに参加

中国の大手通信機器メーカー華為技術は18日、940万ケニアシリング(約777万円)をケニア赤十字社に寄付した。同国の複数企業が立ち上げた募金キャンペーン「Kenyans for Kenya」の一環で、干ばつの被害を受けている人々の救済に役立てられる。

国際企業としての責任

華為技術ケニア法人のHerman He最高経営責任者(CEO)は、
「国連グローバル・コンパクトに参加する国際的な企業市民として、地域社会により水準の高い暮らしを提供するという責任を果たすことができた」
と述べた。

ケニア赤十字社によれば、ケニアを含めたアフリカ東部の「アフリカの角」と呼ばれる地域は1950年以来最悪の干ばつに見舞われ、深刻な食糧不足に陥っている。

「Kenyans for Kenya」はケニア赤十字社、ケニア商業銀行(KCB)、携帯電話会社サファリコム、メディア所有者協会が中心となって発足したキャンペーン。同じ国内で苦しむ人々のために、ケニア国民に対し携帯電話を利用した送金サービスでの募金を呼びかけている。また、KCBの口座を通じた世界からの募金も受け付けている。集まった募金の総額はホームページで随時更新されている。

http://www.africa-news.jp/news_kbux2r6WL.html



 
 
>TOP

ケニア勢 女子マラソンでメダル独占、世界陸上大邱大会

2011年08月27日 15:37 発信地:大邱/韓国

【8月27日 AFP】第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)は27日、開幕を迎え、女子マラソンではケニアのエドナ・キプラガト(Edna Kiplagat)が2時間28分43秒で優勝を飾り、金メダルを獲得した。

2位には、2時間29分0秒でプリスカ・ジェプトゥー(Priscah Jeptoo、ケニア)、3位には2時間29分14秒でシャロン・チェロップ(Sharon Cherop、ケニア)が入り、ケニア勢が表彰台を独占した。

日本勢では、2時間29分35秒を記録した赤羽有紀子(Yukiko Akaba)の5位入賞が最高位となった。(c)AFP



 
 
>TOP

チェルヨトが女子1万メートルで金メダル、世界陸上大邱大会

2011年08月27日 22:56 発信地:大邱/韓国

【8月27日 AFP】第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)は27日、女子10000メートル決勝が行われ、ケニアのビビアン・チェルヨト(Vivian Cheruiyot)が30分48秒98で金メダルを獲得した。

銀メダルには30分50秒04でサリー・キプイエゴ(Sally Kipyego、ケニア)、銅メダルには30分53秒59でリネト・チェプケモイ・マサイ(Linet Chepkwemoi Masai、ケニア)が入った。ケニア勢は、この日行われた女子マラソンに続きこの種目でも表彰台を独占した。

日本勢では吉本ひかり(Hikari Yoshimoto)が32分32秒22で14位、杉原加代(Kayo Sugihara)が32分53秒89で15位だった。また、34分8秒37の17位に終わった絹川愛(Megumi Kinukawa)はゴール後、係員に抱えられトラックを後にした。(c)AFP/Luke Phillips



 
 
>TOP

協力隊経験者と語り合う 9月3日、名張で

編集部 (2011年8月28日 17:21)

伊賀地域に在住する青年(シニア)海外協力隊経験者と語る「第3回 協力隊ナビIn NABARI」が、9月3日午後2時から名張市希央台の名張市市民情報交流センターで開かれる。参加無料。

名張、伊賀両市に住む協力隊経験者が集まり、協力隊に関心がある人に情報を提供しようと、昨年4月から開いているもので、今回で3回目。

当日は、南太平洋の島国パラオや、アフリカ大陸のケニアなどに派遣されていたOBが出席し、海外での体験談を話し、その後、質疑応答がある。

問い合わせは竹尾さん(0595・64・4453)へ。



 
 
>TOP

グーグル、ケニアでWi-Fiサービスを提供 現地通信会社と提携

http://www.africa-news.jp/news_kA224gdiq.html

・サービス提供をすでに開始

ケニアの通信会社ワナンチ・グループは米インターネット検索大手グーグル、スウェーデンの通信大手アプティロ・ネットワークスの2社と提携して、首都ナイロビでWi-Fi無線サービス「Wazi Wi-Fi」の提供を開始すると発表した。

すでにナイロビ市内にあるショッピングモール「ナクマット・ジャンクション」付近のエリアで使用が可能となっている。

・毎日初めの10分間は無料

ユーザーは各デバイスごとに1日10分まで無料で利用することができる。以後は1日50ケニアシリング(約40円)か、もしくは1か月500シリングの定額料金を支払う仕組み。支払いはクレジットカードか電子マネーサービスで行う。

新興成長市場において、低価格でハイスピードのサービスを提供するというワナンチのビジネスモデルは大きな注目を集めそうだ。



 
 
>TOP

ケニアの通信回線普及、都市と農村の格差が顕著

http://www.africa-news.jp/news_kpGPheB1U.html

・2900万人がインターネット接続を利用できず

ケニア通信委員会(CCK)が24日発表した統計調査によると、調査を行った7149地域(サブ・ロケーション)のうち1100地域以上で電話回線が不通になっている状況だという。また、ブロードバンド・インターネット接続サービスが利用可能なのは、たったの893地域だった。

・維持費やライセンス費用が障害に

調査では電力不足・ケーブルの破壊行為を原因とする運営管理費がかさむことや、高いライセンス費用が電話・データ回線の普及促進の妨げになっていると指摘している。

2007年に34%だったケニアの携帯電話普及率は、2011年6月の時点で65%まで引き上がった。携帯電話の契約数は1100万件から2500万件に増加している。

ナイロビやキアンブ、ニエリといった都市部では携帯電話の利用率が約70%となっているが、全体では50%程度にとどまっている。



 
 
>TOP

2011年8月30日22時12分

女王イシンバエワ、復活ならず 世界陸上

陸上の世界選手権第4日は30日、韓国・大邱(テグ)であり、男子800メートルでは世界記録を持つデービッド・ルディシャ(ケニア)が1分43秒91で初優勝を飾った。女子棒高跳びは前回5位のファビアナ・ムレル(ブラジル)が4メートル85で初優勝。世界記録保持者のエレーナ・イシンバエワ(ロシア)は4メートル65で6位に終わり、2大会連続で優勝を逃した。

男子400メートルは18歳のキラニ・ジェームズ(グレナダ)が44秒60で初優勝。同円盤投げはロベルト・ハルティング(ドイツ)が68メートル97で2連覇した。女子5000メートル予選では、新谷(にいや)仁美(佐倉アスリート倶楽部)が15分31秒09で9月2日の決勝に進んだ。400メートル障害の日本勢は男子の岸本鷹幸(法大)、女子の久保倉里美(新潟アルビレックス)とも準決勝で敗退した。



 
 
>TOP

オバマ大統領のおじが飲酒運転で逮捕 信号無視も(08/30 18:16)

オバマ大統領のおじが飲酒運転で逮捕されていたことが分かりました。不法滞在の疑いも浮上しています。

AP通信などによると、オバマ大統領の父方のおじにあたるオンヤンゴ・オバマ容疑者(67)は24日、ボストン近郊で車を運転中に信号を無視し、警察に職務質問を受けました。その時の検査でアルコール反応が出たため逮捕されました。警察官に対して、「ホワイトハウスに電話しようと思う」と話したということです。

近隣住民:「大統領の親戚というだけで飲酒運転が許されるべきではないわ。事故を起こしたらどうするの」

アメリカのCBSテレビによりますと、オンヤンゴ容疑者はケニア出身で、40年以上前にアメリカに入国し、不法に滞在していたということです。



 
 
>TOP

キラニ・ジェームスが男子400メートル制す、世界陸上

2011年08月30日 23:11 発信地:大邱/韓国

【8月30日 AFP】第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)は30日、4日目が行われ、男子400メートル決勝でグレナダのキラニ・ジェームス(Kirani James)が44秒60で金メダルを獲得した。

米国のラショーン・メリット(LaShawn Merritt)が44秒63で銀メダル、ベルギーのケビン・ボルリー(Kevin Borlee)が44秒90で銅メダルを獲得した。

同日行われた男子800メートルでは、世界記録保持者でケニアのデビッド・ルディシャ(David Lekuta Rudisha)が1分43秒91で金メダルを獲得した。スーダンのアブバケール・カキ(Abubaker Kaki)が1分44秒41で2位に入り銀メダル、ロシアのユーリー・ボルザコフスキー(Yuriy Borzakovskiy)が1分44秒49で3位に入り銅メダルを獲得した。

また、女子3000メートル障害決勝は、ロシアのユリア・ザリポワ(Yuliya Zaripova)が9分7秒3で金メダルを獲得した。銀メダルには9分11秒97でチュニジアのハビバ・グリビ(Habiba Ghribi)が、銅メダルには9分17秒16でケニアのミルカ・チェモス・チェイワ(Milcah Chemos Cheywa)が輝いた。

29日と30日の2日間に渡って行われた七種競技では、ロシアのタチアナ・チェルノワ(Tatyana Chernova)が6880点で金メダルを獲得した。英国のジェシカ・エニス(Jessica Ennis)が6751点で銀メダル、ドイツのイェニファー・エーザー(Jennifer Oeser)が6572点で銅メダルを獲得した。(c)AFP



 
 
>TOP

2011/08/30

【IT NEWS AFRICA】

Samsung unveils African solar-powered notebook

http://www.itnewsafrica.com/2011/08/samsung-unveils-african-solar-powered-notebook/

In a pioneering move Samsung Electronics’ Nairobi office has confirmed the launch of the solar-powered Samsung Netbook NC215S laptop to the Kenyan market as part of a global launch that kicked off in key African markets last week.

Kenya is among the pioneer launch markets selected by Samsung and the world’s first solar powered laptop.

Speaking in Nairobi, Samsung Electronics East Africa Business Leader Robert Ngeru confirmed the availability of the solar powered 10.1 inch netbook in Kenya was part of the ongoing Samsung Built for Africa campaign.

Ngeru explained that the netbook’s features are eye-catching and intelligent, with a large front solar panel located on the cover of the netbook.

The Netbook also features an ultra-portable and stylish design, weighing just 1.3kg with a slim display rim that’s as thin as a finger. The netbook will be available across the firm’s local dealer network.

The laptop is loaded with a front cover panel that captures energy from the sun and allows the user to recharge the battery automatically and without cost. “The Samsung Netbook NC 215S is an aggregation of Samsung’s diverse forward thinking technologies and it satisfies the needs of global market consumers by integrating environmentally-friendly green IT technology,” Ngeru said.

“Using about two hours of bright midday sun, the user can charge the battery life by one hour with a fully charged battery lasting up to 14 hours of usage, and the battery can be charged up to 1 000 times over 3 years,” he added.

Samsung NC215S solar netbook has a great edge over other netbooks available on the market due to its 14,5 hours stand-by capability as compared to other netbooks which have 7 or 8 hours stand-by capability.

The unveiling of the Samsung Netbook NC 215S comes just months after it was showcased at the Samsung Africa Forum event in Nairobi last May.

During the electronics exhibition, the Samsung NC 215S attracted the attention of the public given the limited electricity availability in much of Africa. And following its African launch, the netbook is also set to be launched in Russia, the US, Europe and South Korea before the end of this month.

Available only in black, the netbook’s solar panel can also be used to charge a smartphone, MP3 player and other devices via its USB port, even when the PC is switched off or in a power-saving mode.



 
 
>TOP

米国:トホホな親族、誰にでもいる? オバマ大統領のおじ、飲酒運転容疑

米メディアによると、オバマ米大統領のおじ、オンヤンゴ・オバマ容疑者(67)が24日、マサチューセッツ州内で飲酒運転の容疑で逮捕されていたことがわかった。米国に不法滞在していたとみられ、移民当局から国外退去の命令も受けていたという。

警察で保釈手続きのための電話連絡先を問われたオンヤンゴ容疑者は、「ホワイトハウス」と答えた。

調べでは、オンヤンゴ容疑者は24日午後7時ごろ、州都ボストン西郊でスポーツタイプの乗用車を運転中、一時停止を守らず、警官に職務質問された。当時、目が充血して、ろれつもまわらず、「ビールを2杯飲んだ」と話したという。

オンヤンゴ容疑者はケニア出身で、オバマ大統領の父の異母兄弟にあたる。【草野和彦】



 
 
>TOP

オバマ大統領のおじ、不法滞在 保守派の攻撃材料に

2011/9/2 10:01

オバマ米大統領のおじが飲酒運転で逮捕され、保守派による政権への新たな攻撃材料となっている。警察の取り調べで不法滞在も判明したおじが、母国ケニアへの強制送還を拒否して裁判で争う構えを示しているためだ。9月11日の米同時テロ10周年直前だけに、外国人の不法入国問題への対応を問われる事態になっている。

先週ボストン市内で逮捕されたオンヤンゴ・オバマ氏は大統領の父親の異母兄弟にあたる。米メディアの報道によると、同氏は1960年代に渡米。1992年に移民管理局からケニアへの帰国命令を受けたが、そのまま不法に米国に滞在していたとみられる。納税不足も指摘されている。

2008年にも大統領のおばにあたる女性の不法滞在問題が発覚したことがあり、保守派からは「大統領として失格」と批判が噴出。ネット上ではオンヤンゴ氏の強制送還を求める署名集めも始まった。これに関連し、カーニー大統領報道官は1日「関係機関が他の移民問題と同じように対処すると思う」とだけ述べた。(ワシントン=中山真)



 
 
>TOP

キルイが男子マラソン連覇、世界陸上

2011年09月04日 13:56 発信地:大邱/韓国

【9月4日 AFP】第13回世界陸上大邱大会(13th IAAF World Championships in Athletics Daegu)は4日、男子マラソンが行われ、ケニアのアベル・キルイ(Abel Kirui)が2時間7分38秒で金メダルを獲得し、連覇を達成した。

同じくケニアのビンセント・キプルト(Vincent Kipruto)が2時間10分6秒で入り銀メダルを獲得し、女子マラソンに続いて同国勢が上位を占めた。銅メダルは、2時間10分32秒でエチオピアのフェイサ・リレサ(Feyisa Lilesa)が獲得している。

日本勢では、2時間11分52秒を記録した堀端宏行(Hiroyuki Horibata)の7位入賞が最高位となった。(c)AFP/John Weaver



 
 
>TOP

ノキア、アフリカ市場攻略への一手

2011年9月6日 18:00 

アフリカ市場への進出

フィンランドの携帯電話の大手、ノキアが新型デュアルSIM携帯電話をたずさえてアフリカ市場へ乗り込む。同社は、前述した新型の携帯電話の発表をケニアの首都ナイロビで行った。

ケニア通信委員会・CCKの調査によると、ケニアでの携帯電話の普及率は今年6月の時点で65%と、高い数値を出している。今回発表された新型の携帯電話が浸透する可能性は十分にある。

ノキアの武器とは

新興国に対するノキアの攻勢は他社に比べて遅れをとっていた。そのノキアが今回、アフリカ市場攻略のために用意した「新型デュアルSIM携帯電話」とは一体何なのか。

モーニングスターの報道によると、デュアルSIM携帯とは、加入者情報を内臓したSIMカードを複数装着できる端末だということだ。それにより、通信社ごとに通信プランの使い分けができるようになるという。

さらにもう1つ、SIMカードを複数装着できることによる新興国向けのメリットがある。それは、この新型デュアルSIM携帯が1台に対し、複数のSIMカードが対応できる。つまり1台を複数人で利用することができるという利点だ。

この携帯電話は5枚までSIMカードに対応することができる。1台の携帯電話を、最大5人で共有することが可能なのだ。

この新型デュアル携帯の登場で、アフリカの携帯電話市場が今後どうなっていくのか、注目が集まる。

http://www.africa-news.jp/news_k3rBxPdsI.html



 
 
>TOP

Samsung launches Galaxy S II in Kenya

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/samsung-launches-galaxy-s-ii-in-kenya/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

Samsung has unveiled the Galaxy S II Smartphone in Kenya.

The new Samsung Galaxy S II dual core smartphone is a lightweight handset with a thin (8.49mm) rim and combines an excellent viewing experience with high performance.

Speaking in Nairobi during the launch of the Samsung Galaxy S II, Samsung Electronics East Africa Business Leader, Robert Ngeru confirmed that the Android powered smartphone would be hitting the market to further enhance Samsung’s local offering.

“With the launch of the Samsung Galaxy S II, Samsung Electronics in Kenya is well-placed to spearhead and fast-track the adoption of Smartphones in Kenya given that such phones are expected to drive and accelerate Internet adoption,” Ngeru said.

“Indeed, a recent research finding by Informa Telecoms Media reveals that there will be up to 265 million data subscribers in Africa by 2015, up from about 12 million today, confirming the need for smartphones such as the Samsung Galaxy S II.”

The demand for quality smartphones in the Kenyan market, Ngeru said, is growing at a fast pace as discerning mobile phone users continue to upgrade to handsets that can support value added services provided by the leading local mobile operators.

“In Kenya and on the back of the earlier launch of the Samsung Galaxys which sold more than 10 million units globally, we have noted a steady and tremendous growth in the demand of quality smartphones particularly due to the availability of 3G GSM networks.”

The Samsung GALAXY S II uses Android 2.3 Gingerbread mobile operating system. The next generation smartphone also includes access to Samsung’s four new content and entertainment hubs, seamlessly integrated to provide access to music, games, e-reading and social networking services.



 
 
>TOP

12 million Kenyan SIMs may go offline

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/kenya%E2%80%99s-12-million-sims-may-go-offline/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

The Kenyan government has ordered telecom operators to shut down unregistered SIM cards in order to restrain criminal activity in the region.

Mwai Kibaki, Kenya's President (image source: file photo)

The move aims to force all Kenyans to register their SIM cards. Kenya has about 25 million active mobile numbers and only 12.4 million have registered thus far.

The deadline to register all mobile numbers is 1 October 2011.

Kenya’s President Mwai Kibaki said the new laws were now in place to protect mobile service providers from legal suits for blocking SIM cards” and he has directed the Ministry of Information and Communication to ensure no unregistered numbers were in use.

“There is now a legal framework to protect service providers from unnecessary legal suits,” Kibaki said at the launch of Telkom Kenya’s 3G mobile network in Nairobi, Mombasa and Kisumu.

Samuel Poghisio, Minister for Information and Communications said Kenya was moving towards a shared telecoms infrastructure platform and would repossess idle frequencies.

“We have had problems with business people who think that resources like spectrum and frequencies, are to be hoarded for their own individual benefit. The trend now is to share those resources and for us to use them more effectively,” he said in comments published by the ministry.



 
 
>TOP

LION2 undersea cable lands in Kenya

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/lion2-undersea-cable-lands-in-kenya/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

Kenya will soon be hooked to its fourth undersea fibre-optic cable following the laying of the France Telecom-funded Lower Indian Ocean Network 2 (LION2), The Standard reported online.

LION2 undersea cable lands in Kenya (image source: file photo)

The ship laying the LION2 arrived in Mombasa, Kenya on 30 August 2011, marking the completion of the actual cable laying. The cable will now be connected to a main submarine cable in international waters for testing, and is expected to go live in the course of the first half of 2012.

The EUR 56.5 million LION2 will connect Kenya to Mayotte, Madagascar, Mauritius and La Reunion Islands. LION2 is an extension of LION, which connects the Indian Ocean Islands to the world. The initial LION was laid in March 2010.

France Telecom, through its subsidiaries in the region (Mauritius Telecom, Orange Madagascar and Orange Kenya), is a major investor in the second phase of the cable and has put in KES 4.18 billion of the KES 7.5 billion. The new cable will be a boost to Orange Kenya, which is actively pursuing deployment of

Internet infrastructure in Kenya after it launched a high speed 3G network last week. Meanwhile, Kenya has invited interested investors to build a super-fast, fourth-generation Long Term Evolution (LTE) services network.

LTE or 4G networks boast five times faster data transmission speeds than existing 3G networks and support high-definition video conferencing. The government envisages a Private Public Partnership (PPP) model in which the government would undertake to provide the necessary frequency spectrum resources, while the private sector would meet all the other costs related to deployment and operations.



 
 
>TOP

2011年9月12日21時59分

石油パイプライン爆発、100人以上死亡か ケニア

ケニアの首都ナイロビで12日朝、石油パイプラインが爆発し、人口が密集するスラム街で広範囲に火災が起きた。少なくとも100人が死亡したとみられる。

地元メディアなどによると、スラム街を通るパイプラインが破損し、石油が漏出。住民らが石油を取りに集まったところ、引火して爆発した。たばこの火が原因とみられるという。

ケニアでは、2009年にも、タンクローリーから漏れ出した石油を取りに行った人ら100人以上が死亡する火災が起きている。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ケニアで英国人男性を射殺、妻誘拐

リゾート施設、武装集団が襲撃

2011/9/12 10:46

【ナイロビ=共同】英BBC放送などによると、ケニア東部ラム近郊で11日未明、武装集団がリゾート施設を襲撃、滞在していた英国人男性を射殺し、男性の妻を連れ去った。

武装集団の背後関係などは不明。ラムは内戦状態が続くソマリア国境に近く、沖合ではソマリアの海賊による船舶襲撃が起きている。

ケニアの警察当局は11日が米同時テロから10年となることに合わせ、国内各地で警戒態勢を敷いていた。



 
 
>TOP

ケニア、火災で100人死亡か 油送管が爆発

2011/9/12 20:29

【ナイロビ=共同】ケニアの首都ナイロビで12日、油送管が爆発、スラム街で大規模な火災となり、地元メディアは少なくとも100人が死亡したと伝えた。多数の負傷者も出ているもよう。

在ケニア日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

爆発の原因は不明だが、地元メディアは何者かが油送管から油を抜き取ろうとして、爆発が起きたとの目撃情報を伝えた。



 
 
>TOP

ナイロビのスラム街でパイプラインが爆発炎上、120人死亡 ケニア

2011年09月13日 08:30 発信地:ナイロビ/ケニア

【9月13日 AFP】ケニアの首都ナイロビ(Nairobi)で12日、スラム街のシナイ(Sinai)地区にある石油パイプラインから住民らが石油を抜き取っていたところ、パイプラインが爆発炎上し、少なくとも120人が死亡、100人以上が負傷した。

シナイ地区を流れるよどんだ川の土手の芝も焼け焦げ、その上には爆発事故の犠牲者の遺体が多数並べられた。中には骨まで焼けた遺体もあった。さらに、川の中にも遺体が残っている模様で、今後、死者数は増える可能性があるという。

事故原因について正式な発表はないが、地元住民たちは、パイプラインから石油の抜き取りは日常的に行われていたと話している。(c)AFP/Bernard Momanyi

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2826675/7760341?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics



 
 
>TOP

Google to create free Kenyan websites

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/google-to-create-free-kenyan-websites/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

Google, in partnership with Safaricom and Equity Bank, plans to bring small and medium scale enterprise (SMEs) businesses in Kenya online for free.

Google is to create free websites for Kenyan SMEs (image: Pinnapedia, 2010)

The project, dubbed “Getting Kenyan Businesses Online (GKBO)”, provides a template for SMEs to log onto www.kbo.co.ke and fill in information to upload onto their new website.

The Google-led effort will also give SMEs the opportunity to create their own website at no cost. With 10.2 million Internet users in Kenya, Google Kenya Country Manager Olga Arara-Kimani said the initiative would transform the SME landscape, while positively impacting on the economy.

Speaking at a Nairobi hotel, Arara-Kimani said many small businesses fear getting online because they think it is complicated and expensive.

“We are providing your own, easy to build website for mobile and desktop. The SME will be listed online under our website, www.kbo.co.ke. If we are able to get these businesses online, where we are now seeing that they are not only being found locally, but have the opportunity to be found internationally; they can contribute to the growth of the business,” she said.

The GKBO website is mobile and desktop compatible allowing SMEs to personally manage the site and update business information in real time. Resources available include a shopping cart service and SMS alerts providing the number of hits to the website.

According to a recent Google study, one in three mobile Internet searches in the East African region pertains to local information. Ministry of Information and Communication Permanent Secretary Dr Bitange Ndemo said GKBO also helps to address high registration prices for website domains that often discourage SMEs from signing up.

“The storage capacity in this country is four times as expensive as it is outside the country. If it continues to be that expensive it will discourage people from getting local domains. What Google brings in is the leveraging of their capacity for storage to bring lower costs,” he said.

He said the government was taking steps to boost cyber security through the Computer Incident Response Team (CIRT) at the Communications Commission of Kenya (CCK).

CIRT will receive, review and respond to computer security incident reports and activity, as well as create awareness of cyber security issues through the provision of cyber security advisories.

Partners involved in the GKBO initiative include Safaricom, Equity Bank, the Ministry of Finance, Ministry of Information and Communication, World Bank and Kenya Network Information Centre.



 
 
>TOP

人口密集地でパイプライン爆発、死者75人 ケニア

2011.09.13 Tue posted at: 10:11 JST

ナイロビ(CNN) ケニアの首都ナイロビの人口密集地で12日午前、燃料パイプラインが爆発し、これまでに少なくとも75人の死亡が確認された。一帯は住宅が吹き飛ばされ、流出した燃料の爆発を恐れて多くの住民が避難。警察や赤十字は、犠牲者の数はさらに増えるとみている。

爆発は現地時間の午前10時ごろ、ナイロビのスラム街で起きた。当局は、何者かが燃料を抜き取ろうとしてパイプラインに穴を開けた疑いもあるとみているが、現時点で正確な原因は分かっていない。地元メディアは同国のオディンガ首相の話として、パイプラインの装置に障害が発生し、燃料が排水溝に流出して引火したと伝えた。

現場に駆け付けた赤十字の職員によると、一帯には遺体が積み重なり、損傷も激しいことから、犠牲者の正確な数は特定できない状況だという。

ナイロビ市内の病院には118人が搬送されたが、重傷のやけどを負っている患者が多数いるといい、当局は市内のスタジアムに救護所を設置して緊急輸血を呼びかけている。

ケニアでは燃料流出による死亡事故が後を絶たず、2009年には西部のモロで、石油タンカーの火災により100人以上が死亡した。この事故は、何者かが燃料を抜き取ろうとした際にたばこに火を付け、火災を引き起こしたとされる。

オディンガ首相は今回の爆発について、燃料絡みの事故としては同国史上最悪だと述べた。ケニヤッタ副首相は、被害者の救援と事故原因の究明に全力を尽くすと表明した。



 
 
>TOP

Kenya gets world’s first virtual payment card

http://www.itnewsafrica.com/2011/09/kenya-gets-world%E2%80%99s-first-virtual-payment-card/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+itnewsafrica+%28ITNewsAfrica.com%29

Airtel Africa, Standard Chartered Bank and MasterCard Worldwide have announced the availability of the world’s first virtual payments card that operates off a mobile phone-based wallet in Kenya called PayOnline.

Kenya is the first market in the world to make this type of payment solution publically available, which lets Airtel Money customers in Kenya use their mobile phones to make online purchases from international MasterCard merchants around the world.

Airtel’s mobile technology platform works with the financial structure and regulatory framework provided by Standard Chartered Bank and MasterCard.

“The launch of the world’s first virtual payment card on a mobile phone account marks a major milestone in Kenyan mobile commerce. It’s just like having a payment card on your mobile phone that you can use for online purchases, offering consumers high levels of security, accessibility, acceptance, and a global reach,” said N Arjun, Chief Projects and Transformation Officer, Airtel Africa.

With PayOnline, paying for an online purchase is quick and easy. People simply request a single-use shopping card number directly from their mobile phone’s menu of options. Airtel money services will then generate a special 16-digit number that enables the completion of the purchase. Once the purchase has been authorised, a confirmation message will be sent to the user’s mobile phone.

A single-use number assigned to each PayOnline purchase must be used for the first time within 24 hours, which offers increased security and protection to prevent unlawful access to people’s money. Transactions will initially be limited to 35,000Ksh (about US $369) per transaction and 70,000Ksh (US $739) per day. However, these limits can be changed in the months to come - dependant on demand.

People can purchase items online which are quoted in Euro, USD or Pound, and will be charged a fixed transaction fee of 50Ksh for each “PayOnline” number generated. This fee will be deducted from the customer’s Airtel Money account.

“The connected world is shrinking at a rapid pace as people turn to mobile phones to connect with friends and make purchases on-the-go. We saw that people want more options in making their payments easier and more convenient which is why we joined hands with Airtel and Standard Chartered Bank to help make people’s lives easier with this innovative new product,” said Daniel Monehin, MasterCard’s area head for East & West Africa and Indian Ocean Islands, MasterCard Worldwide.

“Financially empowering the citizens of Kenya is a rewarding experience, not only for consumers themselves, but for the various institutions and merchants that are involved in doing so. MasterCard looks forward to working with Standard Chartered Bank and Airtel to continue promoting the advantages of electronic payments and to accelerate the displacement of cash and cheques in Kenya,” he added.

“As a leading international bank in Africa, we are always looking for ways to bring innovative financial solutions to our customers in line with our brand promise: Here for good. We have been in Kenya for 100 years and have always been at the forefront of introducing new products and services to the market.

The PayOnline solution is a unique way of ensuring that our customers can transact in the digital world for the first time without having to have a credit card or use their physical debit card. Airtel PayOnline will enable more Kenyan consumers to connect to the global marketplace via their mobile phones no matter where they are in the world,” said Kariuki Ngari, Executive Director Kenya, and Cluster Head, East Africa Consumer Banking, Standard Chartered Bank.



 
 
>TOP

Thinking Outside the Traditional Funding Box for the Horn of Africa

http://www.africagoodnews.com/development/aid/2726-thinking-outside-the-traditional-funding-box-for-the-horn-of-africa.html

The race to feed more than 12 million people facing severe food shortages in the Horn of Africa has seen humanitarian agencies make several funding appeals. Donor governments have contributed more than US$1.46 billion out of the required $2.48 billion.

So far, so traditional. What has not been counted has been the response of ordinary people in the region to the disaster unfolding on their TV screens. Here is a round-up of some initiatives that have tapped into popular philanthropy.

Kenyans for Kenya - One of Kenya's most successful funding drives ever, the campaign aimed to raise 500 million shillings - about US$5.28 million - in one month; that target was reached in 10 days. The initiative then aimed for one billion shillings - $10.56 million - and by 1 September, had collected more than $7 million. The money has been used to send tonnes of food to crisis-affected areas through the Kenya Red Cross Society (KRCS).

Corporate sponsors have been conspicuous givers, but private citizens contributed more than $1.6 million using MPESA, a mobile phone money transfer service run by telecoms firm Safaricom.

FeedKE - A separate campaign started by a Kenyan Twitter user, Ahmed Salim, gained some popularity among internet users. Using the Twitter hashtag #FeedKE, the campaign also used mobile money transfers to raise more than $15,000, which was also channelled through KRCS.

Telethons - A three-day telethon organized by the United Arab Emirates Red Crescent Authority in August raised more than $17 million. The Red Crescent has also collected more than 400 tonnes of food for the drought and set up clinics in Somalia.

Another telethon, organized by the South African NGO, Gift of the Givers, and the South African Broadcasting Corporation, raised more than $170,000. This was just a fraction of the nearly $3 million that Gift of the Givers says has been raised by South Africans.

The diaspora - Millions of people from the Horn of Africa live abroad and regularly spend a portion of their earnings sending remittances to their families; Ethiopians and Somalis living abroad send more than $1 billion home annually. According to media reports, remittances from the Somali diaspora to the worst-hit areas in the south of the country are up by 10 percent.

The US Agency for International Development says several Somali NGOs in Minneapolis have joined forces with the American Refugee Committee in an initiative called Neighbours for Nations that unites and mobilizes diaspora community efforts to provide relief and development services in Somalia.

Celebrity buzz - From Bono to Beyonce, celebrities have thrown their weight behind the campaign to feed millions in the region. Bob Marley's family released a new video for the legend's song, High Tide or Low Tide, to help raise awareness and money for the drought in East Africa as part of the 'I'm gonna be your friend' campaign in conjunction with Save the Children.

Jay Z and Kanye West courted controversy when they destroyed a $350,000 Maybach Mercedes for the video of their track, Otis, but the two artists say the vehicle will be auctioned and the proceeds used to assist the drought response.

In August, Canada-based Somali musician K'Naan - whose hit, Waving Flag, was the World Cup 2010 anthem - visited his homeland for the first time in decades to raise awareness about the food crisis.

Source: IRIN News



 
 
>TOP

世界初! エアテル・ケニアが携帯バーチャルカードのサービスを開始

http://www.africa-news.jp/news_lyGds87rD.html

世界初の携帯バーチャルカード

インドの通信大手バーティ・エアテルは14日、英金融大手スタンダード・チャータード銀行およびクレジットカード大手マスターカード・ワールドワイドと共同で、世界で初となる携帯電話を通じたバーチャルカードサービス「PayOnline」をケニアで開始すると発表した。

アフリカ全土へ順次拡大

PayOnlineは、マスターカードが使用可能なオンライン決済で利用できる。1回の決済ごとに発行される16桁のバーチャルカード番号を入力する仕組みで、承認されると携帯電話に確認メッセージが届く。

1回につき3万5000ケニアシリング(約2万8000円)、1日で7万ケニアシリング(約5万6000円)の限度額が設定されているが、必要に応じて後から変更することも可能だという。また、1回の決済につき50ケニアシリングの手数料がかかる。

バーティはケニアに続き、PayOnlineの運用をアフリカ全土で順次拡大していく予定だ。ケニア紙ビジネス・デイリーによれば、4億人の携帯電話ユーザーを抱えるアフリカでは、2億3000万人が銀行口座を保有していないという。



 
 
>TOP

マカウ 世界新記録で優勝、ベルリンマラソン

2011年09月26日 09:55 発信地:ベルリン/ドイツ

【9月26日 AFP】第38回ベルリン・マラソン(38th Berlin Marathon)は25日、ドイツ・ベルリン(Berline)で行われ、男子ではケニアのパトリック・マカウ(Patrick Makau)が2時間3分38秒の世界新記録で優勝を飾った。

マカウは、2008年に行われた第35回大会でエチオピアのハイレ・ゲブレセラシェ(Haile Gebrselassie)が記録した2時間3分59秒を更新し、連覇を飾った。2位には2時間7分55秒でスティーブン・クウェリオ・チェムラニー(Stephen Kwelio Chemlany)、3位には2時間9分50秒でエドウィン・キマイヨ(Edwin Kimaiyo)が入り、ケニア勢が表彰台を独占した。

一方、世界記録破られたゲブレセラシェは途中棄権に終わっている。

女子ではケニアのフローレンス・キプラガト(Florence Kiplagat)が2時間19分43秒で優勝を飾った。2位には2時間22分18秒でドイツのイリーナ・ミキテンコ(Irina Mikitenko)、3位には約2年ぶりのフルマラソン参戦で2時間23分46秒を記録した世界記録保持者の英国のポーラ・ラドクリフ(Paula Radcliffe)が続いた。(c)AFP



 
 
>TOP

「MOTTAINAI」のマータイさん死去、ノーベル平和賞受賞者

2011年09月26日 14:56 発信地:ナイロビ/ケニア

【9月26日 AFP】ケニアの環境活動家で2004年ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ(Wangari Maathai)さんが25日、がんのため首都ナイロビ(Nairobi)の病院で死去した。71歳だった。マータイ氏の創設した植林NGO「グリーンベルト運動(Green Belt Movement)」が26日、発表した。長期の闘病生活を送っていたという。

マータイさんは1940年生まれ。77年に「グリーンベルト運動」を創設し、環境保全とより良い統治体制を強く訴え続けてきた。「グリーンベルト運動」を通じてアフリカ各地に植林された木は4000万本に上る。こうした環境保全・植林運動での功績が評価され、04年にアフリカ人女性・ケニア人として初めてノーベル平和賞を受賞した。

東・中央アフリカで初めて博士号を取得した女性でもある。ケニア赤十字代表や同国国会議員なども務めた。アフリカ中央部のコンゴ盆地にある、世界で2番目に大きい熱帯雨林の保全にも取り組んだ。マータイ氏は離婚の経験があり、子どもが3人、孫が1人いる。(c)AFP



 
 
>TOP

「もったいない」ノーベル賞マータイさん死去

【ヨハネスブルク支局】ロイター通信によると、アフリカの緑化運動に取り組み、2004年にノーベル平和賞を受賞した、ケニアの女性環境活動家ワンガリ・マータイさんがナイロビの病院で死去した。

71歳だった。死亡日時は不明。マータイさんはがんの治療を受けていたという。

マータイさんは米国の大学やナイロビ大学で研究生活を送り、ケニアで女性らとともに植林する「グリーン・ベルト運動」を展開。植樹した苗木は3000万本に上るといわれる。ケニアの環境副大臣も務めた。マータイさんは「もったいない」という日本語を世界に広めたことで知られ、たびたび来日。09年に日本政府から旭日大綬章を受けた。

(2011年9月26日13時47分 読売新聞)



 
 
>TOP

「もったいない」のマータイさん死去 ノーベル平和賞受賞

nikkei.com

2011/9/26 13:58

ロイター通信は26日、2004年のノーベル平和賞受賞者でケニアの環境活動家ワンガリ・マータイさんが死去したと伝えた。〔共同〕

マータイさんは日本語の「もったいない」という言葉に感銘を受け、世界各地で「MOTTAINAI」を合言葉に、節約を呼びかける環境保護運動を進めた。アフリカでの植樹活動でも知られる。ケニアの環境副大臣も務めた。



 
 
>TOP

Africa: Can We Have Internet Governance Without Internet Rights?

http://allafrica.com/stories/201109290227.html

Nairobi - Many important technical decisions about internet architecture are being made right now - decisions that will have consequences for decades.

At present, policy choices are being made largely without the input of civil society and without sufficient consideration of the public good.

It is clear that civil society needs some innovative thinking, a new paradigm through which we can ensure the right policy outcomes.

This is why APC's pre-event at the sixth Internet Governance Forum focused on developing a rights-based approach to access. Any debate surrounding ICT policy must be informed by respect for human rights in order to be effective. In light of this, APC put forward the proposal that the theme for the next IGF should be human rights.

As Joy Liddicoat of APC's Connect your rights! campaign explains : "Human rights are as essential to internet governance as the TCP/IP protocol is to the domain name system."

A rights-based approach is the best method toward ensuring just outcomes from ICT policy.

A rights-based approach to gaining access

It is the best way to ensure universal, affordable access. Monopolistic conditions, and a lack of economic incentives means that markets in developing countries have largely failed to provide affordable access to a majority of users. The promise of the internet as a tool for development and empowerment continues to be unrealised by large segments of the population. Disparities in access between rich and poor, urban and rural areas serve to exacerbate existing social inequalities.

Telecommunications companies simply do not have the incentive to provide access to marginalised groups. Access will only be assured when states are obligated to provide it, as with a right.

A rights-based approach to maintaining access

Worldwide, governments are moving towards restricting access and this securitisation of the internet is a major threat to civil and political freedoms. This translates not just into outright censorship, but often creates the conditions - such as surveillance and lack of anonymity - for self-censorship.

Recently the Pakistani government passed regulation banning all encryption. Likewise, the Indian government now requires all cybercafe visitors (disproportionately poorer citizens) to register with ID. This kind of extreme legislation has profound implications for the security and anonymity of users.

Equally alarming is the emergence of draconian measures for IP protection. "Three strikes" laws - where users can be disconnected or even imprisoned for copyright violations - are a clear distortion of the law.

A rights-based approach would rule out these kinds of reactionary legislation.

In light of the increasingly complex issues facing internet policy-makers, including many at the IGF, there is a real need for a clear set of guiding principles for internet regulation.

Such a set of principles already exist. They are on paper - in existing international human rights declarations. It's now up to the international internet community to learn more about them and start to apply them in their own policies and regulation. Human rights must be the underlying theme for the 2012 IGF.

More about the IGF

The Association for Progressive Communications (APC) is an international network and non-profit organisation founded in 1990 that wants everyone to have access to a free and open internet to improve lives and create a more just world.



 
 
>TOP

ノーベル平和賞のマータイさん死去「真のアフリカのヒロイン」

2011.09.27 Tue posted at: 09:58 JST

ノーベル平和賞受賞者で、「モッタイナイ」という日本語を世界に広めた、ケニアの環境活動家ワンガリ・マータイさん=2004年、ノルウェー首都オスロ ナイロビ(CNN) アフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞したケニアの環境保護活動家ワンガリ・マータイさんが26日、がんのために死去した。71歳だった。

マータイさんは長年にわたって環境保護活動と人権活動に取り組み、アフリカの貧困層の支援活動を続けてきた。30年以上前に立ち上げた「グリーンベルト運動」では植林によって森林破壊を食い止めるとともに、水や薪(まき)を供給して地元の女性らを支援。これまでに植林した樹木は4000万本を超えた。

マータイさんは1940年にケニア中部二エリに生まれ、東部および中央アフリカの女性として初めて大学の博士号を取得。2002年に98%という圧倒的な得票率で同国の国会議員に選出され、04年にはそれまでの功績が評価されてノーベル平和賞を受賞した。

米誌タイムは05年に世界で最も影響力のある100人の1人にマータイさんを選び、米経済誌フォーブスも世界で最もパワフルな女性100人に選んだ。06年にはフランスがレジオンドヌール勲章を授章した。

マータイさんの死去を惜しむ声は世界各国に広がった。南アフリカの平和運動家でノーベル平和賞受賞者のデズモンド・ツツ氏は「彼女こそ真のアフリカのヒロインだった」とする談話を発表。ケニアのキバキ大統領をはじめ、南アフリカのマンデラ元大統領がつくるネルソン・マンデラ財団、国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長、ヘイグ英外相、オバマ米大統領、ゴア元米副大統領らも談話で哀悼の意を表した。



 
 
>TOP

【速報】MOTTAINAIの精神を世界に広めた環境活動家・マータイさん死去 都内で記帳受付けも

2011年9月29日 10:00 

植樹4000万本以上

日本語の「MOTTAINAI(もったいない)」という言葉と、その言葉に含まれる“ものを大切にする”という精神を世界に広めたアフリカ・ケニア出身の環境活動家ワンガリ・マータイさんが、25日、死去した。死因はガン。71歳だった。

マータイさんは、77年、環境保護と女性の社会参加を推進するNGO組織「グリーンベルト運動」を創設した。毎日jpによれば、ケニアから始まったこの運動はアフリカ各国に広がり、これまでに4000万本以上もの植樹をしているという。

弾圧越え、ノーベル平和賞

時の政権から逮捕、投獄などの圧力を受けながらも活動を続け、04年にはアフリカ人女性として初のノーベル平和賞を授賞した。その後、日本語「もったいない」を知り、その精神に共感、活動のスローガンにあげ、「MOTTAINAI」は世界に広まることになった。

この「MOTTAINAI」キャンペーンに強く共感する伊藤忠商事株式会社は、「MOTTAINAI」オフィシャルホームページを開設、クリック募金・マイボトルプロジェクトなどさまざまな環境運動を展開している。

同サイトも、マータイさん死去のニュースを報じ、哀悼の意を表している。また、MOTTAINAI STATION&Shopにおいて、27日から弔問の記帳を受け付けている。詳細は以下の通り。
・時間:平日11時〜18時
・場所:MOTTAINAI STATION&Shop
 (千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル1階 東側)
・アクセス:東京メトロ東西線 竹橋駅(九段下寄り改札出て右)

小池百合子元環境相も哀悼のツイート
マータイさんがノーベル平和賞を授賞した当時、日本の環境相で交流も深かった小池百合子衆議院議員は、26日、次のようにツイートした。
「もったいない」の同志の急逝に驚いています。いつもニコニコ笑顔で、エネルギッシュで、太陽のような方でした。さびしい。

http://www.africa-news.jp/news_mh66DfwvH.html



 
 
>TOP

Kenya: Embrace Technology to Compete, Youth Urged

http://allafrica.com/stories/201110031146.html

Kwale - A Member of parliament has urged the youth to embrace Information Technology to compete nationally and internationally. Mr William Ruto of Eldoret North said the world was moving towards a knowledge-based economy and without knowledge in IT, the youth would not be able to compete globally.

Addressing students at Kinango Secondary School in Kwale County on Saturday, he said crude tools could not be used by the youth to compete in the world of Internet, Facebook and e-commerce.

The former Higher Education minister expressed dissatisfaction with the country's IT literacy, which, he said, was low compared to other developing countries that have advanced technology in their education systems.

Mr Ruto also expressed disappointment that in spite of the Coast region being a potential food basket, the area continued to rely on relief food from Red Cross.

Economic growth

Through his new-found party, UDM, he promised to set aside Sh70 million in every constituency for the empowerment of women and youth to start income-generating activities at the grassroots level.

This, he said, would contribute to economic growth and job opportunities in the country in a wider way than the Kazi kwa Vijana project.

However, Mr Ruto cautioned that unless Coast leaders united to fight drug abuse ravaging the region, it would be counterproductive to empower the youth only for them to succumb to the menace.

He expressed disappointment that although the main drug barons were known, none of them had been arrested.

Other leaders with Mr Ruto urged Coast people to unite and vote for a party that propagates policies and issues for the advancement of 'Wanjiku' (the ordinary citizen), and judge an individual's development records before voting in the forthcoming polls.



 
 
>TOP

ソマリア人武装グループが仏女性を拉致 ケニアのリゾート地

2011.10.02 Sun posted at: 09:32 JST

(CNN) ケニア当局者らによると、同国東部のリゾート地ラム近郊のマンダ島で1日未明、フランス人女性がソマリア人の武装グループに拉致された。ソマリアの武装グループによる、ラム近郊での外国人拉致事件はこの1カ月で2件目。

ケニアの治安担当閣僚によると、グループは10人組で、ソマリア南端の都市ラスカンボニから侵入したイスラム武装組織シャバブのメンバーとみられる。女性は午前3時ごろに自宅から拉致された。治安部隊が高速ボートで犯行グループを追ったが、グループは追跡を振り切ってラスカンボニへ到達した模様。途中、銃撃戦で武装グループの数人が負傷したとみられる。

仏外務省によると、拉致された女性は60代で、年間約6カ月をケニアで過ごしていた。女性の名前は公開されていない。ケニア当局者らが知人の話として伝えたところによると、車いすを使っていて、健康状態が良くなかった。

ラム近郊では9月にも武装グループがロッジに滞在していた英国人夫婦を襲撃し、抵抗した夫を殺害した。妻は拉致され、ソマリアで海賊に拘束されているとみられる。

マンダ島は高級住宅地や小規模なホテルが並ぶリゾート地。旅行者にとってはオフシーズンだが、ケニアに滞在する外国人らでにぎわっている。



 
 
>TOP

Kenya: Poor States Urged to Tap Web for Growth

http://allafrica.com/stories/201110031602.html

With online business increasingly driving economic growth, developing nations' top priority should be the infrastructure their citizens need to get connected, according to delegates at an Internet conference that ended in Nairobi last week.

The Internet's potential to raise living standards is under-exploited in the developing world, where just 21 percent of the population have access, compared with 69 percent in the developed world. In a study published earlier this year, consultancy Mckinsey found that the Internet accounted for 21 percent of economic growth in mature economies, and that almost $8 trillion changes hands through e-commerce each year.

But regions such as Africa, lacking the broadband infrastructure mature economies enjoy, have an uphill struggle to encourage telecoms operators to invest in the mobile networks needed to bring the Internet to the masses -- especially when the masses have little disposable income to repay their investment. "There is no way developing countries should sit back and wait, because online activities are driving offline activities," said Joe Mucheru, head of Google in Sub-Saharan Africa.

Participants at the United Nations-sponsored Internet Governance Forum said there was a need to expand infrastructure such as undersea cables and wireless networks for markets where the primary mode of connection to the Web is by mobile phone. Some Western telecoms operators facing stagnation at home are prepared to make big bets on connecting developing nations; France Telecom , under the brand name Orange, is seeking to double its revenue in the Middle East and Africa to 7 billion euros ($9.5 billion) in the coming years.

It is already present in Egypt, Tunisia, Senegal and Kenya, among other African countries. One of its present projects is the building of an undersea cable to improve Internet connectivity in west Africa. Bitange Ndemo, the top official at Kenya's ministry of communication, says the answer lies in the construction of a national fibre network to take capacity brought on submarine cables to homes and businesses. "I ask you to make (access) to this resource (high-speed Internet) a human rights issue," Ndemo told participants at the meeting. "If access to broadband is declared a human rights issue, then governments will step in and invest so no human being is left behind."



 
 
>TOP

10月6日

【it news Africa】

Kenya gets own YouTube domain

http://www.itnewsafrica.com/2011/10/kenya-gets-own-youtube-domain/

YouTube has announced the launch of a Kenyan domain, YouTube Kenya (http://www.youtube.co.ke) that will now offer some of the most informative and entertaining video content from around the world through a local interface that promotes the content most relevant to Kenyans.

Kenya will soon have their own YouTube domain (image: stock.xchng)

As proved by Julius Yego, javelin gold medalist at the 10th All Africa Games in Mozambique who perfected his technique by watching YouTube, there is something on YouTube for everyone. From amateur to professional content, the unexpected to the emotionally affecting, the educational to the entertaining, Kenyans now have greater flexibility to tell their stories, and find videos most useful to them.

"We are thrilled to be launching YouTube in Kenya today," said Olaga Arara-Kimani, Google Kenya's Country manager. "We have remarkable reserves of information right here in Kenya, from music, educational clips, news, and self-help tips. With a new localised version of YouTube, Kenyans will be able to connect and use this information more easily."

YouTube Kenya makes it easier for local users to find and view the videos most relevant to them, by tuning search and discovery algorithms such as featured videos and homepage, as well as category spotlights.

Content uploaded by users in Kenya will show up as "browse pages" on the YouTube Kenya site, creating a new virtual space for the national community and giving Kenyan users the opportunity to increase their exposure.

Speaking at a Nairobi hotel during the launch, Dr Bitange Ndemo, Permanent Secretary in the Ministry of Information and Communications said: "Information remains an invaluable resource that can be used by people young and old alike, professional and amateur to open up their worlds to new opportunities.

"Accessing relevant information and sharing helpful stories on the Internet is enabling people to learn, train and partner with each other to help better their lives. The government remains committed to helping Kenyans connect with content that is most useful to them.

"The Internet is opening up new channels to market the wonders of Kenya to potential tourists all over the world. Ours is a beautiful country; even with the highest number of tourists' arrivals ever recorded last year, a 15%growth compared to 2009, the sector has the potential to grow even stronger. Online video platforms like YouTube can help us achieve this potential."



 
 
>TOP

ケニアの携帯大手サファリコム、通話料金を値上げ

http://www.africa-news.jp/news_mNlIyzquC.html?right

創業以来初めての値上げ

ケニアの携帯電話大手サファリコムが、10月1日から通話料金を1シリング値上げした。ケニアシリングの下落に伴い進行するインフレが理由と説明している。

ケニア電信・電話会社の一部門として90年代に発足した同社が、通話料金を引き上げたのはこれが初めて。

1シリングの値上げは苦肉の策

値上げにより、サファリコムの携帯電話同士の通話は8時−22時のピーク時が1分4シリング(約3円)、22時−8時のオフピーク時が1分2シリング(約1.5円)となった。他社の携帯電話に掛けた場合は、プリペイドで5シリング(約3.7円)、後払いでは4シリングが一律の料金。SMS(ショート・メッセージ・サービス)やデータ通信の料金は変わらないという。

サファリコムのボブ・コリーモア最高経営責任者(CEO)は声明で、料金値上げは苦渋の決断だったと説明している。

Safaricom
http://www.safaricom.co.ke/

Ratio Magazine
Kenya: Press Releases: Safaricom Statement on KES1 Tariff Increase



 
 
>TOP

2011年10月8日23時50分

マータイさんの国葬に1万人 ケニア、ノーベル賞受賞者

ノーベル平和賞の受賞者で9月に死去したケニアの環境活動家ワンガリ・マータイさんの国葬が8日、ナイロビの公園で行われた。キバキ大統領や国際機関の関係者らが参列し、公園の周辺や沿道に1万人近くが集まって別れを惜しんだ。

公園には、ローマ字で「Mottainai(もったいない)」の横断幕も掲げられた。マータイさんの遺体は、「木を切らないで欲しい」という遺言から、竹の小枝などで作った棺(ひつぎ)に納められた。

キバキ大統領は「環境保護、社会正義、人権、民主主義。彼女が残した功績を引き継ぐことが敬意を示す一番の手段だ」と語った。



 
 
>TOP

ケニアでまた外国人誘拐事件、ソマリア武装集団が連れ去る

2011年10月14日 07:31 発信地:ダダーブ/ケニア

【10月14日 AFP】ケニアの警察当局は13日、同国北東部にあるダダーブ(Dadaab)難民キャンプで支援活動を行っていたスペイン人女性2人が同日、ソマリアのイスラム過激派組織アルシャバブ(Shebab)に誘拐されたと発表した。

2人は医療援助団体「国境なき医師団(Medecins Sans Frontieres、MSF)」のスタッフだという。同国で外国人が武装集団に誘拐される事件はこの1か月で3件目。

警察によると、2人を乗せて走っていた車の運転手が狙撃され、重傷を負った。2人は四輪駆動車に連れ込まれ、この車はソマリア国境に向けて走り去ったという。ソマリアは内戦のさなかだが、車が向かったという国境の街では激しい戦闘が報告されている。

なお、スペイン外務省も、2人が誘拐された事実を認めた。捜索活動は、豪雨により中断を余儀なくされているという。

ダダーブキャンプは、干ばつや内戦などから逃れてきたソマリア難民45万人を収容する世界最大の難民キャンプ。

■観光業に打撃

ケニアでは最近、海岸地方で外国人がソマリアの武装集団に誘拐される事件が相次いでおり、経済の要である観光業が打撃を受けている。

今月初めには、人気の観光地であるラム島(Lamu)でフランス人女性が誘拐され、ソマリアに連れ去られた。ラム島では、武装集団が英国人男性を殺害し、妻を誘拐する事件も起きている。

武装集団から解放条件で接触があったかどうかは明らかにされていない。(c)AFP



 
 
>TOP

Kenya: Intel, Safaricom Launch Campaign to Promote E-Learning in Primary and Secondary Schools

http://allafrica.com/stories/201110170119.html

Collaboration Includes Education Content, Internet Connectivity, ICT Skills Training and Parental Control for Web Access

The initiative targets school going children aged between 9-18 years.

Intel Corporation has partnered with Safaricom in an e-learning initiative aimed at promoting use of computers among primary and secondary schools in Kenya.

The initiative aims to foster use of cutting edge technology to improve education standards and targets school going children aged between 9-18 years.

Dubbed "Explore, Play Learn the Fun Safe Way," the project visions at helping young ones use computers as a learning, and entertainment tool, while at the same time making sure that they are protected from inappropriate content and risks that come with surfing the Web.

Intel country manager Omar Bajaber believes that broadband penetration is a key contributor to the GDP of the country.

"To drive our economy we need to invest in broadband, education and local value add content. Making broadband affordable will have positive implications for our economy. This program is projected to increase broadband penetration as well as providing technology tools to help our children in their education and to assist Parents adopt technology to improve their personal lives." says Bajaber.

"The partnership between Intel and Safaricom ties in with our mission to increase access to education, improve the quality of education and help our children receive high quality education that equips them with the knowledge and skills they need to succeed in the 21st century economy," adds Bajaber.

"Children learn by exploring and playing. For it to be effective it has to be fun for the young ones and more importantly we want them to do that while protecting them from the dangers associated with the Internet".

Bajaber added that providing technology access and IT skills to students was a cornerstone for future innovation and individual opportunity in the competitive global marketplace.

The parties have partnered together to develop a best-in-home model for deploying ICT in education. The project includes a laptop of choice bundled with Safaricom Data, Education Content for K12, Encyclopedia Britannica, British Council, Free Games, Entertainment and Business Software, Intel PC Basics for First time users and McAfee Family Pack license for 3 Years which helps in protecting users from inappropriate content on the Web.

In addition, Intel and Safaricom will work together to increase PC penetration - new laptop purchases - through attracting new customers for the mobile company by offering affordable laptops and broadband.

Safaricom Head of Consumer Segment Rita Okuthe said the company would continue to mine value in partnerships with companies that share the vision of increasing the uptake of data-based learning among Kenyan communities.

"As the biggest investor in internet infrastructure in Kenya, Safaricom strongly believes in the internet's potency as a tool for providing solutions to societal needs. Education is one such and we come to this partnership with the conviction that it will serve to advance e-leaning among our children," said Ms Okuthe.

Sustainable Development

She said that Safaricom would continue supporting efforts to make data content relevant to local, Kenyan needs as a way of pushing for increased uptake and penetration, especially in under-served areas.

Government data indicates that nine out of every 10 Kenyans who use the internet regularly do so through the Safaricom network.

The network includes the country widest and pioneer 3G network, a robust and unmatched WIMAX presence and a growing cable reach across Kenya.

To demonstrate the benefits of technology in the home, there were Intel-powered laptops from a majority of vendors for all usage models, from Basic Computing to Advanced Computing, featuring the latest Intel technology.



 
 
>TOP

2011年10月16日22時1分

誘拐多発受けソマリアに軍派遣 ケニア

ケニア国内から外国人が相次いで誘拐され、ソマリアに連れ去られたことを受け、ケニア政府はソマリア側に軍隊を派遣し、16日に国境を越えた。現地からの報道によると、誘拐に関わった疑いがあるソマリア中南部を支配するイスラム武装勢力シャバブを追うためだという。

ケニアではここ数カ月の間に国境近くの観光地でイギリス人やフランス人の女性が連れ去られる事件が続発。13日にはケニア東部のダダーブ難民キャンプで、国際NGO「国境なき医師団」のスペイン人の女性スタッフ2人が誘拐された。

ソマリアは1991年から事実上の無政府状態にあり、シャバブはケニアとの国境付近で頻繁に治安部隊と衝突している。シャバブは国連や欧米系NGOの活動を「スパイ」と見なして活動禁止を表明。干ばつと飢饉(ききん)に苦しむ同国への援助の障害にもなっている。

ただ、今回の一連の誘拐にはシャバブのほか、海賊グループの関与も指摘されている。(ナイロビ=杉山正)



 
 
>TOP

ケニア軍、武装勢力攻撃のためソマリアに越境

2011年10月17日 11:49 発信地:ナイロビ/ケニア

【10月17日 AFP】ケニア軍の部隊は16日、イスラム過激派組織アルシャバブ(Shebab)を攻撃するため、国境を越えてソマリアに入った。

ケニア政府報道官のアルフレッド・マツア(Alfred Matua)氏は、ケニアで誘拐や襲撃を繰り返してきたアルシャバブを追って陸軍部隊がソマリアに入ったと説明した。

一方、アルシャバブ幹部のシェイク・ハッサン・トゥルキ(Sheikh Hassan Turki)氏は、「ケニアはソマリアの聖なる大地に入り、ソマリアの領有権を侵害した。だが彼らは落胆して帰国することになるだろう」と述べ、「ムジャヒディン(イスラム聖戦の戦士)たちは彼らに銃弾の痛みを味わわせることになるだろう」と警告した。

■ケニア政府、アルジャバブへの攻撃を宣言

ケニアのジョージ・サイトティ(George Saitoti)国内治安担当大臣は15日、アルシャバブを「敵」と呼び、「アルシャバブのいるところならどこであれ攻撃を行う」と述べていた。

ケニアではこの1か月の間に、英国人女性とフランス人女性が、それぞれ別のビーチリゾートで誘拐されており、ケニアの観光産業は大きな打撃を受けている。また13日には、ケニアのダダーブ(Dadaab)難民キャンプで、支援活動を行っていたスペイン人女性2人が銃で武装したグループに連れ去られている。ダダーブ難民キャンプは世界最大の難民キャンプで、主にソマリアからの難民45万人が生活している。(c)AFP/Peter Martell



 
 
>TOP

Microsoft launches Virtual Academy in Kenya

http://www.itnewsafrica.com/2011/10/microsoft-launches-virtual-academy-in-kenya/

Microsoft East and Southern Africa launched the Microsoft Virtual Academy, a fully cloud-based learning experience focusing on Microsoft Cloud Technologies, on Tuesday 18 October 2011 in Nairobi, Kenya.

The Microsoft Virtual Academy is an open door event where Microsoft showcases the latest generation of technologies to Kenyan professionals and enthusiasts. The main target demographic is the student community and IT professionals.

According to Microsoft, the virtual academy allows students to learn at their own pace with a wide variety of free online training content, giving them the tools necessary to improve the Information Technology skills needed for most careers.

During the open door convention the Developer and Platform manager of Microsoft’s East and Southern Africa, Vincent Mugambi, said Microsoft has stepped up its partnership with local universities to empower the students with the best technology tools to enhance their learning experience.

“We are striving to develop a culture conducive to innovation. As we recognize that the potential to innovate must be nurtured early-on, Microsoft will continue to provide appropriate and superior learning tools to encourage innovation,” said Mugambi.

Microsoft believes that the best investment which promises the best returns are those investments in skills. Improving skills also improves employability and so contributes also to the development of local knowledge economies while also arming Africans with the tools to develop solutions to the challenges they face.



 
 
>TOP

マイクロソフト、クラウド技術の無料学習コンテンツ「Microsoft Virtual Academy」をケニアで提供開始

http://www.africa-news.jp/news_ntWygUVJ3.html

クラウド技術に焦点を当てたバーチャル教室

マイクロソフトの東部・南部アフリカ現地法人は18日、ケニアのナイロビでクラウドベースの学習コンテンツ「Microsoft Virtual Academy(MVA)」の提供を開始した。ケニア国内の学生や、IT専門家らをターゲットとしている。

MVAはマイクロソフトのクラウド技術について学べる無料のオンライン講座。バラエティに富んだ学習教材で、各個人が必要とする技術を個々のペースで受講することができる。受講後の自己評価に基づき、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの4レベルの賞が与えられる。

技術力の育成が最高の投資

マイクロソフト現地法人でデベロッパー&プラットフォーム部門のマネジャーを務めるVincent Mugambi氏によれば、地元大学との提携も強化しているという。学生たちに最新技術を学んでもらうことで、イノベーションを促進する狙いがある。

マイクロソフトにとって、最高の見返りが期待できる最良の投資とは、技術力の育成だという。優秀な技術者は雇用される可能性が高まり、現地の知識経済の活性にも寄与する。さらには、アフリカの人々が現在直面している課題への解決策を生み出すことにもつながるとしている。



 
 
>TOP

2011年10月24日18時49分

ナイロビのナイトクラブで爆発 13人が重軽傷

ケニア首都・ナイロビ市中心部のナイトクラブで24日、手投げ弾が爆発し、地元警察によると、13人が重軽傷を負った。

ケニアでは、ソマリアのイスラム武装勢力シャバブがテロを予告しており、各所で警戒が高まっている。ただ、今回の犯行の主体は明らかになっていない。

ナイトクラブのオーナーのマウラさん(38)によると、午前1時ごろ、客に交じっていた20代くらいの男がトイレに入り、出てきた瞬間にクラブの中ほどで爆発が起きた。男が手投げ弾を投げたか、置いたかをしたとみられる。当時、約60平方メートルの店内には30人ほどの客がおり、爆発後に男の行方は分からなくなったという。



 
 
>TOP

ケニアのディスコに手投げ弾、14人負傷

【ヨハネスブルク=中西賢司】AFP通信によると、東アフリカ、ケニアの首都ナイロビのディスコに24日未明、手投げ弾が投げ込まれ14人が負傷した。

地元警察は隣国ソマリアのイスラム過激派武装勢力アル・シャバブの関与を疑っている。

アル・シャバブは、ケニア軍が16日、ソマリアに越境し、自派に対する掃討に乗り出したことに反発し、ケニアでの報復を警告。ナイロビの米大使館は「差し迫った脅威」があるとテロ警戒を呼びかけている。

(2011年10月24日18時10分 読売新聞)



 
 
>TOP

ケニア:深刻な食糧問題、急速に普及するスマートフォン、台頭する中国企業、カードサービス〜貧富の格差を考える

http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2011/Gpre201109.html

今回は、ケニアの様々な問題について考察してみたい。

深刻な食糧問題
 現在、ケニアを含めたアフリカ東部「アフリカの角」地域は1950年以来の最悪の干ばつに見舞われ、深刻な食糧不足に陥っている。
 飢餓克服に向けて、ケニア赤十字社、ケニア商業銀行(KCB)、通信事業者Safaricomなどが中心となって発足した「Kenyans for Kenya」というキャンペーンを展開し、ケニア国民に対してモバイル送金「M-PESA」などを通じて募金を促している。

急速に普及するスマートフォン
 そのような食糧不足に苦しむケニアだが、Huaweiのスマートフォン「IDEOS」が80ドルで販売されており、1日 2ドル未満で生活する人が人口の40%以上を占めるケニアにおいて既に 35万台以上も売れていると報じられている。 2011年Q1には、10万台販売され、ケニアのスマートフォンシェアの45%に達しているという報道もある。
 「IDEOS」はAndroid2.2を搭載したスマートフォンである。80ドルだが機能面、デザイン面でも見劣りはしない。しかし、1日2ドル未満で生活する人々が人口の40%以上いるケニアでは、80ドルの「IDEOS」は決して「廉価版スマートフォン」とはいえないだろう。「IDEOS」は今後、アフリカ以外の新興国でのスマートフォン普及の起爆剤になる可能性を秘めている。
 多くの人々が飢餓に苦しんでいる状況の中でも、80ドルのスマートフォンが既に35万台を販売され、同国のスマートフォンシェアの45%を占めるまでになっているのだ。貧富の格差を感じざるを得ない。

台頭する中国企業〜Huaweiの取組み
 2011年8月18日、中国の通信機器メーカー華為技術(以下:Huawei)が、干ばつ被害が深刻なケニアへの食糧支援を目的として、940万ケニア・シリング(約770万円)をケニア赤十字に寄付することを発表した。Huaweiをはじめとする中国企業はアフリカに多数進出しており、アフリカには100万人以上の中国人が在住しているといわれている。Huaweiの今回の寄付によって、同社のアフリカでのプレゼンスは更に向上するだろう。
 HuaweiケニアCEOのHerman He氏は以下のように述べており、グローバル企業としてのCSRをアピールしている。

"Our donation today shows Huawei’s commitment as a member UN’s Global Compact to fulfill our responsibility as a global corporate citizen with local presence, by enabling a higher standard of living for those in our society."
【参考動画:HuaweiのケニアでのCSR活動(2011年)】
HuaweiのTシャツを着てマラソンをするケニア人、中国人が印象的。

通信事業者、銀行、カード会社の連携による新たなカードサービス〜モバイル送金からの脱却
2011年2月8日、Safaricom、I&M銀行、VISAカードが提携して「M-PESA PREPAY SAFARI CARD」のサービスを開始している。こちらは、プラスチックカードを発行して、リアル店舗での買い物や、国内外のATMでの現金引出しも可能だ。
 2011年9月14日には、Airtel Africa、Standard Chartered銀行、マスターカードが提携して携帯電話を活用した、世界初の「バーチャル・カード"PayOnline"」のサービス開始を発表した。Aitel Africaが提供している送金サービスの「Airtel money」利用者であれば、クレジットカードやデビッドカードを持たなくても、マスターカードが利用できるインターネットショッッピングでの支払いが可能になる。Aitrtel moneyのモバイル・ウォレットで16桁のカード番号が払い出され、この番号で決済する。1回の利用限度額には制限があるが、便利なサービスだ。新たな試みであり、今後ケニアから他諸国での展開も検討しているとのこと。
 リアルなプラスチックカードを提供しているSafaricomに対抗して、Airtelでは携帯電話だけでインターネットショッピングができるサービスを開始した。ケニアのインターネット普及率は、ITUの調査によると、8.6%で、世界150位である。インターネットで買い物をできる人は富裕層の一部に限られている。インターネットでの買い物よりも日々の生活、飢餓に苦しむ人々が多い。
 リアルにせよバーチャルにせよ、モバイル送金が盛んなアフリカ諸国において通信事業者が銀行やカード会社と提携してクレジットサービスを提供するのは、経済活性化においては良いことだろう。さらに、通信事業者としてはアフリカでインフラとなっているモバイル送金から脱却し、富裕層の取り込みも行う必要があるだろう。
 しかし、一方で多くの自国民のBasic Human Needsも満たされていない状態にあることを忘れてはいけない。

ケニア携帯電話事情

ケニアの携帯電話事情について簡単に明記する。
携帯電話加入者約2,336万人。加入率約60%。モバイル送金「M-Pesa」で有名だが、まだまだ携帯電話市場としては成長の余地がある。
3G加入者は525万。3G普及率は、22%

ケニアには以下の4社がある。(2011年6月現在)

1.Safaricom
・シェア約74.3%
・Vodafoneグループ

2.Airtel Kenya
・シェア約15.6%
・インドAirtelグループがZainを買収。

3.Yu Mobile (Essar Telecom Kenya)
・シェア約6.4%
・インドEssarグループ

4.Telkom Kenya (Orange Kenya)
・シェア約3.7%
・フランスOrangeグループ

まとめ

まだ、3G普及率が22%であるケニアにおいて、スマートフォンの機能を完全に活かしきれているとはいえないだろうが、今後「IDEOS」以外にも多くのスマートフォンが普及することによって、3G網も発展していくことを期待したい。
 一方で、1日2ドル未満で生活している人々もいずれ携帯電話を持ち、モバイル送金を行うようになる時が来る。

そのときに向けての市場での携帯電話メーカーとしてのプレゼンスの向上は重要なことである。
中国企業Huaweiはグローバル企業として今後もアフリカでのプレゼンスを向上していくことだろう。日本企業、政府、個人でもアフリカにもっと注目すべきではないだろうか。
ケニアをはじめとする東アフリカ諸国での深刻な食糧危機問題に関しては、日本人ももっと関心を持つべきだろう。貧富の格差は、アフリカ全土に言えることだ。

短い本稿からだけでも以下の4点の側面が垣間見られる。
「アフリカでの深刻な食糧不足」
「アフリカでのスマートフォンの急速な拡大」
「アフリカにおける中国企業のプレゼンス」
「アフリカでの貧富の格差」

アフリカと今後のグローバル社会の経済発展を考えるうえで重要なことが多くあることに気付かされる。グローバル化が急速に進展している現在、日本にとってもアフリカは遠くの世界の話ではなくなってきていることを考えてみるべきではないだろうか。

80ドルのスマートフォンを購入し、バーチャル・カードでインターネットショッピングをする富裕層がいる同じ国で、餓死者が出ているのだ。そして飢饉を救うために積極的に取り組んでいるのが同社のスマートフォンが大人気の中国企業Huaweiであり、市民が募金に活用しているのが「M-PESA」に代表される携帯電話送金サービスである。

貧富の格差がますます大きくならないためにも国際社会はアフリカに注目していく必要があるだろう。

*本情報は、2011年10月17日現在のものである。



 
 
>TOP

Local Firm Launches Online Poll System

http://allafrica.com/stories/201110310821.html

A new opinion poll firm targeting 24 million mobile phone and internet users was launched on Sunday as the research system gets root in Kenya ahead of next year's elections.

A product of Eskay Communications, Poll Kenya is to use Short Text Messages and online polling to track the popularity of presidential and other political candidates.

"This is an important day for us. We have been with mobile phones since the 1990s.

"We have had some success in the mobile industry like money transfer, but certainly we have not had the kind of presence and success in the market place when it comes to SMS and online polling," Eskay Communications director Sammy Karoney said.

Mr Karoney, officials Procorus Limo and George Wakesho said SMS and online platforms will give voters a "fast, efficient, and easy way to track the popularity of your governor, senator, Member of Parliament or President."

Being a voter-sponsored poll study, Mr Karoney said this will guard the research from manipulation as is the case when using questionnaires.

The poll is set to ensure proportional representation in number of people voting per county and also consider gender and age variables.

The firm, which seeks to run periodic studies in the run up to 2012 elections, will see voters send the word "poll" or a blank message to 3005 for guidance to successful voting. A cell phone number can only be used to vote once.

Voters on the web will follow system instructions at www.pollkenya.co.ke while payment is done using credit cards.

According to Poll Kenya officials, during the recent Nigeria elections, an SMS based poll was conducted where 30,000 people participated with 78 percent saying they preferred Goodluck Jonathan for presidency.

Through SMS and online polling, Poll Kenya hopes to reach a broad audience and get instant survey results in real time.

Barrack Mulluka, who was the chief guest during the launch, urged the firm's officials to be wary of compromise by politicians.

The launch comes at a time when opinion polls firms have been on the spot over the validity of their results with some politicians terming them as skewed and in favour of certain candidates.



 
 
>TOP

世界で2番目に大きな携帯電話市場となったアフリカ / 成長スピードがすごい!

http://news.livedoor.com/article/detail/6032246/

いつからか私たちの生活に欠かせない存在となった携帯電話。日本では当たり前のように携帯を持つようになって久しいが、今まさに現在進行形で、携帯電話の普及が急速に進んでいる場所がある。アフリカだ。最新の調査結果で、アフリカは今やアジアに次いで世界で2番目に大きい携帯電話市場となったことが分かった。

携帯電話業界団体のGSM協会が出した最新のレポートによると、2000年にはわずか2パーセントだったアフリカでの携帯電話普及率が、2011年には63パーセントに達しているとのこと。過去5年間の携帯電話の契約者数は毎年、約20パーセントの成長率を遂げている。そして、2012年末には契約者数は7億3500万になると予測されている。

現在の契約数の96パーセント、つまりほとんどはプリペイドの加入で、通話サービスがメイン。しかし、ケニアでは携帯電話を使った送金サービスを使用するユーザーが850万人もいるとのことで、携帯電話の使用方法も通話に限らず、拡大中だ。

一方、アフリカの中でも国ごとの携帯電話普及率の差は激しい。エチオピアの普及率が10パーセントであるのに対して、リビア、チュニジア、南アフリカ、エジプトを含む8カ国は80パーセントを超える。

また、アフリカの主要国25カ国の国民のうち36パーセントが携帯電話を保有していないとのこと。その分、まだまだこれからの成長が期待できると、投資家たちの注目を集めている。

突出したスピードで成長中のアフリカの携帯電話市場。携帯電話の浸透と通話機能以外のサービスの拡大がアフリカの経済成長だけでなく、人々のライフスタイルに大きな影響を与えることは確実だ。今後の動きに引き続き注目したい。

(文=佐藤ゆき)



 
 
>TOP

<EMeye>ネット中毒者がケニアで急増、国の発展にも暗雲か

http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=574105

ケニアのインターネット中毒は薬物中毒よりもたちが悪い−−。そんなショッキングな現状をこのほど、アフリカのIT(情報技術)系メディア、ITニュースアフリカが伝えた。いろいろなインターネットのサイトに熱中しすぎてしまう人、いわゆるネット中毒者は特に18−28歳の若者で急激に増えている。リハビリのためにケニア・カウンセリング協会を訪れる中毒者たちは、その大半がわいせつな文書、娯楽サイト、フェイスブックやツイッターなど交流系サイトを見たい、楽しみたいという欲求を抑えられない人たちだという。

同協会のキャサリン・ガチューシャ会長は、低コストで楽しめることも影響してネット中毒者の数は薬物やアルコール中毒者を上回る数に及んでいると指摘。最大の問題として「患者たちはしばしばオンライン上での人間関係のうちに自分たちの居場所を見いだす。そしてやがてわいせつ文書を閲覧するだけで満足し、行き着く先として恋愛や結婚をも犠牲にしてしまう」ことに警鐘を鳴らした。別の機関による調査では、子供たちの40%がインターネットに熱中し、交流サイトにアクセスする子供のほとんどが何らかの性的なものに触れてしまっているという実態もあるようだ。

ネットに熱中するあまり実生活がおろそかになってしまうネット中毒の問題は日本やアメリカなどでは10年以上も前から取りざたされてきた。近年では中国でも07年ごろに中毒者の増加が社会問題として騒がれていた。経済発展を受けてITインフラの整備も進み、新興国でも多くの人が世界中の情報に瞬時に触れるインターネットを楽しめるようになってきたことはすばらしい。アフリカ諸国でもインターネットコンテンツの開発ベンチャー企業が続々と立ち上がって資源依存型ではない新たなビジネスも広がり、先進国同様にネットの恩恵を享受する段階に入ってきた。

ただ、ネットの弊害というのもまた先進国の後を追う形で表れてきたようだ。ネットの情報で満足して実社会での交わりが減ることとの因果関係は明確に証明されてはいないが、ネット先進国の日本は少子化が国家の大問題となっている。ほとんどのアフリカの国家がそうであるように部族、家族のきずなを大事にするケニアでは結婚が部族の拡大につながり、国の礎となっていくという信条が国民の間に根強い。そのため過度な不安は必要ないかもしれないが、仮にネット中毒者がこのまま増加して未婚者が劇的に増えてしまうようなことが起こるようなら、国の中長期的発展そのものに悪影響を及ぼすおそれがある。

ケニアでは09年以降に光通信網の整備が進んだことで、パソコンを通じてインターネットが普及していき、10年にネット普及率は約8%となった。一方、端末一つで家族に送金できるモバイルマネーサービスが先駆的に広がってアフリカ大陸屈指の携帯電話大国となってきたことから、携帯電話ユーザーへのネット普及率はすでに約40%に上る。携帯電話を通じたコミュニケーションサービスもショートメッセージ程度のものから本格的なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)へと移行するなか、ネット中毒が今後も増えてしまうことが容易に想像できる。先進国でもその歯止めに確実な処方せんが見いだせていないなか、ケニアがネット中毒にどう対処していくのか、政府や民間の今後の動きに注目していく必要がありそうだ。



 
 
>TOP

携帯電話を活用した太陽光発電機「IndiGo」〜アフリカでの取組みと電気事情

http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2011/Gpre201118.html

2011年9月27日、英国ベンチャー企業のEight19社が新興国向けにスクラッチカード式の太陽光発電機「IndiGo」の提供開始を発表した。同社は、ケンブリッジ大学からスピンアウトした企業である。

IndiGoによる携帯電話を活用した電気提供サービス

IndiGoにはシリアル番号が付与されており、利用者は発電機を使いたい期間分のスクラッチカードを購入する。仕組みとしては、スクラッチカード番号と発電機のシリアル番号を携帯電話のSMS(ショートメッセージ)でIndiGoサーバーに送信、パスコードが返送される。利用者はIndiGoに返送されたパスコードを入力すると電気が利用できる。現時点では、2.5Wで携帯電話機の充電および消費電力の低い照明機器での利用が可能である。本稿最下部にも動画を掲載してあるので利用イメージを掴んで頂きたい。

送電網が未整備の新興国では照明用電気にケロシン、灯油が多く使われている。これらは二酸化炭素が放出されるから環境にも優しくない。また本格的な発電設備を導入するのは初期投資コストが高い。Indigoはプリペイドで安価で利用できるうえに、太陽光発電なので明るい。(図1)

「IndiGo」はプリペイドのスクラッチカードとSMSを活用することによって初期費用無料、低額でのサービス提供を実現する。Eight19社によると、利用期間分のスクラッチカード購入が可能で、利用料金は1週間1ドルを想定しているとのこと。(初期投資をした場合は約60ドル+利用分の料金がかかる)

現在、ケニアでトライアルを行っており、今後ザンビア、マラウィ、インドでトライアルを行い、2012年初期に商用開始される予定である。現在トライアルを予定している地域は全て旧イギリス植民地国である。言語の問題や土地鑑があるのだろうが、商用時には他エリアへの拡大も期待したい。

(図1)ケロシンでの照明(左)と「IndiGo」の照明(右)比較

Eight19社の「IndiGo」(テーブル右端にあるのは既存のケロシン照明)

(写真提供:Eight19社)

ケロシン

Lighting Africa(アフリカに光を)

世界銀行のデータによると、全世界で約16億人以上(世界人口の約4人に1人)が電気のない生活をしている。サブサハラ・アフリカでは、現在約6億人が近代的エネルギーを利用できておらず、農村での電気利用率はわずか約2%である。また、貧しい人々にとって電気代が世帯所得の約10〜15%も占めてしまうといわれている。

世界銀行と国際金融公社(INTERNATIONAL FINANCE CORPORATION:IFC)が主導して「Lighting Africa」という取組みを行っている。サブサハラ・アフリカに暮らす最大2億5,000万の人々が2030年までに非化石燃料による低コストで安全かつ信頼性の高い照明を基本的なエネルギー・サービスとして利用できることを目指している。

「Lighting Africa」は、国連が設定した「ミレニアム開発目標(MDGs)」達成に向けた世界銀行の取組みの1つでもある。他にもNGO、民間企業なども「Lighting Africa」に協力し照明機器普及の活動をしている。

【参考動画:世界銀行によるLighting Africaの紹介】

ザンビア、マラウィ携帯電話事情

今後トライアルを実施する予定のザンビア、マラウィの携帯電話事情について簡単にみてみたい。ケニアについては以前に紹介したので割愛する。

(ザンビア)

携帯電話加入者約622万人。加入率約47%。

ザンビアには以下の3社がある。(2011年6月現在)

1.Airtel Zambia
・シェア約63%
・インドAirtelグループ

2.MTN Zambia
・シェア約37%
・南アフリカMTNグループ

(マラウィ)

携帯電話加入者約338万人。加入率約22%。

マラウィには以下の2社がある。(2011年6月現在)

1.Airtel Malawi
・シェア約59%
・インドAirtelグループ

2.Telekom Networks Malawi (TNM)
・シェア約35%
・南アフリカVodacomグループ

3.Cell Z
・シェア約6%
・Zambiaテレコム子会社

携帯電話の普及率は、他国と比較して決して高いとは言えない。ザンビア、マラウィともに2003年に国連が制定した「後発開発途上国(Least Developed Countries:LDC)」である。まだ、生活に最低限必要なBasic Human Needs(BHN)も満たされていない地域も多い。

つまり、まだ携帯電話のSMSを活用して太陽光発電を購入するツールである「携帯電話」を持たない人が国民の半数以上いるのだ。

なお、ザンビアには2007年に設立されたザンビアの携帯電話メーカー「M-Tech」という会社がありサブサハラ・アフリカ初の携帯電話工場を設立し、超低価格端末(ULtra Low Cost Hnadset:ULCH) の製造、販売を行っていることには注目し、今後の成長に期待したい。

【参考動画:ザンビアの携帯電話メーカー「M-Tech」の紹介】

【参考動画:マラウィ農村での携帯電話事情についての紹介】

むすび

今回のEight19社が提供する「IndiGo」はスクラッチカードを購入後、携帯電話のSMSで送信する仕組みである。発電に携帯電話のSMSを活用することに着目したのは非常に興味深い。一方で、まだアフリカには携帯電話を持てない人々も多くいる。さらには1日1ドル以下で生活している貧困層も多い。彼らは電気も携帯電話以前にBasic Human Needsを満たすことができない状態にいる。

2011年、日本は東日本を中心に夏の節電対策が講じられた。これから冬に向けて、更なる節電が必要になるであろう。しかし、世界にはまだ16億人以上(世界人口の約4人に1人)が電気のない生活をしていることも忘れてはならない。

電気をめぐる今後の国際社会の動きには様々な観点から注目していく必要があるだろう。

【参考動画:Eight19の「IndiGo」紹介(2011年)】



 
 
>TOP

アフリカで痛感した日本勢の存在感の薄さ、もっとビジネス面でアピールを

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20111114/374470/?ST=network

国際標準化の会議に参加するため、ケニア・ナイロビに来ている。赤道直下に位置するものの標高が高く、年間を通じて過ごしやすい気候である。またコモンウェルス(イギリス連邦)の一員だけあって、英語も普通に通じ、英国流の洗練された社会インフラ整備がなされている。同じく新興国のインド・デリーあたりの雰囲気にも通じるものがある。

実際、ケニアとインドとの結び付きは強い。空港に着いて入国審査前にまず目に入ってくるのは、インド最大の携帯電話事業者バーティ・エアテルの看板とブースである。またケニアはインド洋を渡る海底ケーブルの陸揚げ地でもあり、通信回線事情も予想以上に良好だ。

そして新興国だけあって、通信インフラは総じて、有線より無線の方が普及している。会議場などでも当然のように無線LAN環境が整備されているが、それよりも3G回線の方が安定している。

驚くべきは、もはや市街地ではGSMがほとんど見あたらない点。3Gが予想以上に普及している。欧州諸国よりも3G普及が進んでいるのではないだろうか。後発の優位性を生かし、いきなり最新技術を導入する“進化の先取り”を地で行く展開である。

アフリカに食い込む中国勢

しかしこうした新興国の躍進を支えるプレーヤーとして、日本勢の姿がなかなか見えてこない。通信事業者といえば現地のサファリコムかインドのバーティだし、業界関係者に聞けばそのインフラはほぼ中国ベンダーが作っているという。端末は、ノキア、サムスン電子などの大手と、華為技術をはじめとする中国勢がほとんどである。

日本勢の存在感がゼロというわけでない。日本人の目線で注意深く状況を追えば、日本勢の痕跡があちこち見え隠れしている。

例えば、通信ではないが、ケニアは左車線だということもあり、この地で見るクルマは中古を含めて右ハンドルの日本車ばかりである。また、この原稿は滞在先のホテルで書いているが、ホテルのネット回線はNTTドコモの100%子会社であるシンガポールのドコモインタータッチが提供している。

ただ悩ましいのは、それらはすべて現地の人々から見えにくい存在か、あるいは日本以外の国の貢献のように見えてしまっている点である。先日、日本からの輸入中古車を利用したタクシーに乗ったのだが、運転手に話しかけたところ、下車するまでの30分間、会話は「中国礼賛」に終始した。曰く、中国は何でも持ってきてくれる。電話も、道路も、ビルも、このクルマも。私たちは〈あなた方〉に大変感謝している---なんとも複雑な心境だ。

私自身は、別に民族主義者でもないし、ビジネスにおいては実利を優先すべきと思っている。しかし自らの努力が曲がった形で解釈されるのは、中長期的な信用に影響が及ぶと考えている。

アフリカ諸国の一部には、中国の行き過ぎた開発施策に対して、苦々しい思いを抱く国も出てきていると聞く。本来ならこれは日本にとってチャンスのはずなのだが、現実は、上記のタクシー運転手のように日中の区別さえ怪しいところ。中国と一緒くたにされて日本まで評判を落とすことにでもなれば事態は深刻だ。

国内市場が飽和した日本の通信産業が成長を続けるには、レイヤーの如何を問わず、今後否応なく海外進出を拡大する必要がある。しかし、単純に海外に出ていって仕事をするというスタンスでは、おそらく利益を得ることなく終わるだろう。

海外市場とて、信用が重んじられることは何ら変わることはない。ならば、「私はここでビジネスをしています」ということを宣言する、広い意味でのマーケティング活動に、日本勢はもっと注力しなければならない。



 
 
>TOP

フランステレコム、Facebookへの無制限アクセスが可能な携帯端末を発売へ

http://www.africa-news.jp/news_pOLn6uQn8.html?right

無制限アクセスを提供

仏通信大手フランステレコムは、フェイスブックへ無制限アクセスができる携帯電話を、アフリカおよび東欧地域で発売する予定があると発表した。

同社でデバイス担当副社長を務めるパトリック・レミー氏によれば、発売予定の製品は米仏系通信機器大手アルカテル・ルーセントの端末3種だという。

成長著しいアフリカ市場に期待

インターネットサービス市場が急成長を遂げているアフリカでは、顧客拡大を目指す各通信企業の動きも活発化している。

フランステレコムも、欧州市場での停滞感をアフリカ市場で払拭したい考えだ。

フランステレコムは第3四半期にフランスでの収入が4.7%落ち込んでいる。一方、ケニアやカメルーンを含むアフリカ・中東地域では、同期の収入は6.1%拡大した。



 
 
>TOP

【DAILY NATION】

Economics For Everyone| For once, a poor African country is a leader and exporter of innovation

http://www.nation.co.ke/oped/Opinion/-/440808/1279162/-/mqxy98z/-/

Who would have thought, 20 years ago, that a poor African country would become a powerhouse of global innovation in Information and Communication Technology (ICT)? Definitely not me!

As student on a long road trip through Africa in 1990, I often struggled to make expensive calls home to Europe. Making an international call typically involved finding an Indian-African merchant with a phone that could connect you to other parts of the world, in theory.

In practice, I often waited for at least an hour, and I had to pay what today would be Sh600 per minute.

Now zoom back to today and compare this with the abundance of mobile devices, even in the poorest parts of Africa, and incredibly low calling rates.

This year, Kenyans could call the US from their cell phones for as little as Sh3 per minute! To describe this transformation over the last 10 to 15 years in Africa, especially in Kenya, as a “revolution” is not exaggerated.

Since 2000, the Kenyan ICT sector has grown an average of 20 percent each year, outperforming every other sector by a wide margin (the second best performer was hotels and restaurants which grew at 8 percent).

The ICT sector has been driving growth in Kenya: without it, instead of the 3.7 percent average growth it achieved, the economy would have grown at only 2.8 percent.

Even this year, when Kenya’s economy has been navigating through great turbulence with almost 20 percent inflation, the ICT sector has grown strongly.

Kenya now boasts more than 25 million phone connections, which is more than there are adults in the country! The Internet is spreading equally fast.

Other developing countries - particularly in Asia - have undergone similar transformations, but what sets Kenya apart is mobile money, one of the most remarkable innovations of the last decade.

Mobile money, which allows cash to travel as fast as a text message, is not a mere extension of banking, it is a new form of banking. Unlike mobile banking, mobile money does not necessarily need a banking infrastructure.

Mobile money has achieved in Kenya what decade-long experiments with micro-savings have failed to achieve across the world: rapid financial inclusion for large parts of the population. The essential difference is the low-cost transaction platform, which mobile money provides.

In 2006, before the advent of mobile money, only 20 percent of Kenyan adults had access to financial services. Today, more than 80 percent are connected to the financial system.

The revolution has only just started: now that almost everyone in Kenya has a phone, there are many new innovations that will emerge - think Ushahidi.

What are the lessons of Kenya’s ICT revolution for the broader economy of Kenya and for other countries? First, this revolution is not just for the young tech-savvy programmers that huddle at iHub.

It has become mainstream and affects virtually every every sector of the economy. It’s misleading to talk about a so-called “new economy” because it has changed the way the old economy is operating.

Over the next years, the biggest innovations will probably come from the incubation of technology in “traditional” sectors. The financial sector is already in the midst of this transformation, and mobile money is the most visible sign.

Second, the “ICT revolution” can be an inspiration for other sectors of Kenya’s economy. Over the last months, calling rates fell so low that some observers even argued the regulator should step in.

What a contrast to other economic sectors! As textbook economics will tell you, you won’t achieve lower prices through sanctions or controls, but by fostering innovation and competition.

Third, the mobile revolution, especially mobile money, can become a game changer for the poor. It presents an opportunity to deliver modern financial services to “unbanked” billions across the world.

Storing money safely and securely has empowered Kenyan women and has improved personal security because people don’t have to carry cash anymore.

It is amazing to observe how - in just a few years - the mobile phone has morphed from a luxury tool into one of the most powerful weapons in the fight against poverty. Kenyans should take pride in this development because they remain at the forefront of ICT innovation globally. There are some 35 million mobile money users in the world today: one in two is a Kenyan. Mobile money took-off in Kenya (not in China or Indonesia) thanks to a combination of strong leadership and vision in business and government.

For once, a poor African country is a world market leader and an exporter of innovation. But it won’t be the last time!

Part of this article draws on an article with Michael Joseph and Philana Mugyenyi (Mobile money: A game changer for financial inclusion) in McKinsey’s What Matters. Wolfgang Fengler is the World Bank Lead Economist for Kenya, Rwanda, Somalia and Eritrea



 
 
>TOP

ガス配管を通じた供給が来年にも開始 -ケニア

2011年11月28日 09:00 

重いボンベを運ぶ必要なし

ケニアの石油・ガス大手Hashi Energyが、2012年からガス管を通じた家庭用ガスの供給を開始する。不動産開発業者との提携で住宅団地などにガス管取り付けを行い、長期的な契約を狙う意向だ。

現在ケニアでガスは、3−50キログラムのボンベで販売されている。住居やオフィス、ショッピングモールの近代化や中産階級の拡大により、大量供給が可能なガス管の整備に向けた動きが強まっていた。

値下がりにも期待

Hashi EnergyのAhmed Hashi最高経営責任者(CEO)は、
「すでに2つの契約を交わしている。うち1つは来年末までの完成が予定されている団地との、5000万ケニアシリング規模(約4300万円)の契約だ」
と述べている。

同CEOによると、ガス管を使用した場合、ボンベでの供給に比べコストを15%削減できるという。

高まる需要やケニアシリングの弱体化を受け、ガスの価格は過去1年間で2倍以上に跳ね上がった。今年1月には2200ケニアシリングで販売されていた13キロのガスボンベは、現在4000ケニアシリングになっている。

ケニア国内のLPガス需要は2006年の6万4600万トンから2010年には8万7800万トンまで拡大した。

http://www.africa-news.jp/news_p5NIM2fhU.html



 
 
>TOP

Safaricom upgrade knocks out M-PESA

http://www.itnewsafrica.com/2011/12/safaricom-upgrade-knocks-out-m-pesa/

Safaricom’s recent upgrade of some of its service in Kenya caused a disruption to their M-PESA offering, something for which the company was unprepared. The upgrade also managed to put a halt on airtime top up services.

“The outage was as a result of a technical hitch that emanated from the routine upgrade of other Safaricom services which coincidentally affected all M-PESA handset transactions meaning that money transfers and other services like top-ups were not going through,” Safaricom said in a statement.

However, the problem was detected early and resolved. “By 11 am, the problem had been resolved and all handset transactions were going through. Even then, there were intermittent delays caused by and a queue of pending transactions which was expected to clear,” the company added.

The upgrades to Safaricom’s systems were carried out by IBM, and Safaricom CEO Bob Collymore was quick to apologise. “We regret the inconvenience this outage has caused and wish to reassure our beloved customers that our commitment to a safe, reliable and affordable M-PESA service remains unflinching,” he said.



 
 
>TOP

Kenya: Electronic Payments Must Benefit Lowest Level Workers

http://allafrica.com/stories/201112200082.html

The Narok County Council's recent layoff of 100 of its employees after they protested the introduction of an electronic revenue collection system at the Maasai Mara Reserve is the wrong approach.

The evidence shows that if electronic payments are to work there have to be incentives for all stakeholders, including those at the lowest levels, to embrace them.

The council leaders' punitive actions come amid accusations of years of theft which they say e-ticketing will put a stop to. These leaders' indignation at their employees "rampant corruption" stems from the assumption that if they had been their employees' shoes, they would have behaved better. They would have taken action, not stolen and influenced their fellow workers to do likewise.

There is ample evidence, however, that stolen cash was shared at all levels; the clerks were merely collectors for bosses who condoned the activity, which they felt pressure to continue. The council employees' concern, which seems shared by some in the community, it that this new electronic system is equally corrupt and designed to allow higher-ups to bypass them and pocket more for themselves. They point to the County Council's 10-year contract with Equity Bank to provide the service for a 1.7% fee (of an estimated Kshs 1.5 Billion) and are suspicious.

I lived in Kenya from 1982-1984, first as a teacher in Ukambani and later attached to a USAID-funded project that worked with local governments. I had a desk in Kisumu at the provincial office of the Ministry of Local Government. I commuted to several small towns in Western and Nyanza provinces and saw first-hand the good and the bad. One council executive had not taken a vacation in 13 years. When finally forced on leave, a substitute from the Ministry took over and uncovered duplicate sets of books and a long history of embezzlement.

I now work with an e-payments company in west Africa and understand the suspicions associated with new payment technologies. The benefits of electronic money, which far outweigh the risks, need to be understood and felt by all stakeholders. Simply caning those who raise questions and telling them to follow orders or be fired does no good to long-term prospects.

In addition to introducing efficiencies impossible with cash handling, two of the best attributes of these systems are tracking (i.e. the money can be followed) and transparency (anyone with access to the information can follow these tracks).

Equity Bank is already touting the success of its Narok pilot, claiming a two-fold increase in revenues even before the system is fully deployed. As the saying goes "a new broom sweeps cleaner" and certainly a new system, closely monitored in pilot, should perform well. Delivering high performance levels over the long term is more challenging and requires an ongoing commitment, not only from Equity Bank but even more so from the County Council as the story does not end with healthy bank balances. The community must benefit from this newly-collected wealth.

Here are a few ideas.

Community acceptance should begin with public meetings and the appointment of community ombudsmen who will be provided with access to observe the tracked funds

The County Council's accounting system should be upgraded and processes put in place to, at a minimum, allow one to reconcile these funds with real-time bank balances. Two sets of books must be a thing of the past and, again, community ombudsmen should be given access.

Revenue figures should be made very broadly available, perhaps via free SMS subscription to anyone interested.

Many of the furloughed employees should be welcomed back and given the opportunity to participate fully in a newly-restructured organization. The efficiencies associated with the new collection system should eliminate some clerk positions and allow the creation of new positions, hopefully with greater responsibilities, higher official pay and the possibility of more interesting work.

Equity Bank should get specific on the recent claims of Chairman James Mwangi that their contract will bring the Council added benefit from a number of systems the bank has in place "including our branchless networks and many others." These specifics should emphasize decentralized benefits to employees and community members, including opportunities for entrepreneurship, and be introduced quickly.In this case there should be more than promises, there should be immediate and visible funded projects that benefit the broader community. One must prime the pump of community support. One idea: given the 10 year duration of the Equity Bank contract, it may be possible to explore monetization of some portion of the future revenue stream to fund immediate community projects. Private note sales have been used by investors to lease infrastructure in the USA, including public parking and highways. In addition to immediate windfalls, these arrangements transfer the risk of any future drops in revenue to the concessionaire. This is only one option, and these USA examples have been criticized, but there seems at least the possibility of a leapfrog approach, unique to Kenya, that might be both modest and transparent and capture some of the net present value of this revenue stream to jumpstart development and make converts of the doubtful.

It is too easy to place blame for corruption on the clerks and toll takers, effectively wrap them in electronic straightjackets and say "job done". Most people know that the big money is stolen out of public view. So as payments migrate from small sums of cash to billion-shilling contracts, suspicions must be seen as normal and expected, and directly addressed

As electronic payments become more prevalent, not only in Kenya but throughout Africa, those at the lowest levels can benefit greatly. But initially these benefits seem vague while costs seem clear, so they protest. They see the higher-ups, who control the accounts into which these e-monies flow, retaining opportunities to enrich themselves.

Transparent processes combined with immediate benefits and reconfigured higher-value work will go a long way toward ensuring technological adoption and to placing Kenya (and the Narok County Council) at the forefront. Without a benefit to all stakeholders, these high-tech solutions will likely suffer ongoing suspicion and be subject to low-tech sabotage.



 
 
>TOP

Africa: ICTs Could Fill Agricultural Extension Gap, Says Meeting

http://allafrica.com/stories/201112221016.html

Nairobi ― A severe lack of extension workers in Sub-Saharan Africa could be partially filled by new information and communication technology (ICT) tools, a conference on extension innovations was told.

Africa has one extension worker per 4,000 farmers, compared with one per 200 hundred farmers in developed countries, the conference, Innovations in Extension and Advisory Services: Linking Knowledge to Policy and Action for Food and Livelihoods, heard last month (15-18 November).

But this gap could now be narrowed through the use of ICT tools including mobile phones, the internet and iPods, combined with more traditional media, such as radio.

Michael Hailu, director of the Technical Centre for Agriculture and Rural Cooperation, in the Netherlands, said that, even where there is no shortage of extension personnel and funds, smart use of ICTs can help deliver knowledge in real time to farmers, especially in poorly staffed and remote corners of Africa.

"The continent must try to be as innovative as possible and exploit the growing mobile communications sector to deliver knowledge," he said. "ICTs such as mobile phones are helping farmers to increase production, discover new markets for their produce and gain access to new knowledge and technologies."

The conference declaration called for a greater use of ICTs and the media in the provision of advisory and extension services, which should also take into account culture and gender issues.

But Hailu cautioned that it would be a big risk for governments to continue neglecting recruitment of extension services workers, because ICTs could not fill all the needed services.

Hannington Odame, director of the Centre for African Bio-Entrepreneurship, in Kenya, also pointed out that ICT usage has its limits and that training farmers and agro-stockists would help meet needs.

"ICTs can only provide information on straightforward things or offer static information, but where follow-ups are required and the needs of farmers are varied, you cannot help but use personnel," Odame said. "This may come in the form of well-trained farmers or even stockists who sell chemicals and inputs to farmers."

He said diverse sources of information were needed to enable farmers to attain maximum productivity and profitability, a consideration that may call for setting up a farmer information system.

Mary Kamau, director of extension and training in Kenya's agriculture ministry, said the country had established the National Agriculture Information System under the National Agriculture and Livestock Extension Program, where farmers can access information from their mobile phones through toll-free numbers.

Investment in agriculture extension services needs to increase to 3.5 per cent of the agriculture gross domestic product (GDP), according to Magdalena Blum, of the Food and Agricultural Organization's Office of Knowledge Exchange, Research and Extension.

She added that no African government is spending even a tenth of the recommended 3.5 per cent, even though agriculture continues to contribute more than 30 per cent of the continent's GDP.



 
 
>TOP

クリスマスプレゼントはケニア製

良品計画がアフリカに挑む

宇賀神 宰司  【プロフィール】 バックナンバー2011年12月22日(木)

クリスマス商戦でにぎわう東京・池袋。無印良品の店頭にはちょっと変わったクリスマスギフトが並んでいる。石鹸のような光沢を持つ鉱石、ソープストーン(天然タルク)で作ったゾウ、ゴリラ、ペリカン、ワニ、バッファローの置物だ。長さ5センチメートル程の手乗りサイズのものを1個840円で販売している。これらはすべてケニアの手作り商品だ。

「無印良品がアフリカで商品開発をするのは初めてのこと」

運営会社の良品計画、生活雑貨部で海外商品を担当する増田明子氏はこう語る。

良品計画の今年のクリスマス向け商品の開発コンセプトは「エシカルとファン」。「エシカル(ethical)」とは、「倫理的」「道徳的」という意味で、具体的には発展途上国の支援につながる商品作りを目指す。途上国には日本人にはあまり馴染みのない、知られざる優れた手工芸品がたくさんある。こうした商品の開発、販売は消費者の目を楽しませる「ファン」であると同時に、地場産業の発展に貢献する。今までの商品開発とは一味違う新たな試みが始まった。

世界80以上の手工芸品から厳選

途上国の手工芸品を売るといっても、個人で経営する輸入雑貨店などのように、少量を海外から買い付ける方法とは全く異なる。日本と海外でチェーン展開する無印良品の店舗に一定量を安定供給しなければならないからだ。ソープストーンの置物の場合、日本国内の36店に加え、中国、台湾、香港、欧州の店舗でも販売するため1万個の製造を目標にした。

「商品の個体差はある程度は許容しても、厳しい社内の品質基準に適合させなければならない。輸送経路の確保も重要だ」と増田氏は指摘する。

同社ではまず商品選びのため、国際協力機構(JICA)の協力を仰いだ。JICAは途上国での地域支援の一環として「一村一品運動」を進めている。元々、1979年に大分県で始まったこの運動は、地域ごとに特産品を生み出して価値を高めて地域の振興に役立てようというもの。JICAはこの手法をアフリカやアジアの途上国にも応用している。ケニアだけでも80カ所の生産者グループを支援している。そのため、途上国の手工芸品に関する情報がJICAには集まっている。

JICAは一部の支援プロジェクトに日本人のボランティアを派遣している。良品計画にとっては各地域の生産者グループに精通しているスタッフがいるJICAと組む方が、最初から独自に関係を築いていくよりもリスクが少ない。

良品計画のリクエストに応え、JICAからは世界80種類以上の手工芸品の情報が寄せられた。その中から、量産が可能で輸送経路が確保されているもの10種類程度を選び出してサンプルを取り寄せた。商品として魅力があっても、例えば色落ちがしやすい素材を使ったものは、品質基準を満たさず問題になる可能性がある。こうした商品は候補から外した。

半年に及ぶ選考過程を経て2011年6月、ケニアのソープストーンの置物と中央アジアにあるキルギスのフェルトケースに狙いを定めた。

ケニアの首都ナイロビから西へ400キロメートルにあるタバカ。タンザニアとウガンダの国境にも近い人口1万人足らずの小さな町がソープストーンの置物の生産地だ。町の郊外にはソープストーンの岩盤が広がり、採石場がある。

この町はいわゆる職人の町だ。石の切り出しから置物や食器など商品の加工に至るまで町全体が関わっている。自主的に結成した生産者グループがあり良品計画はそのひとつスモールアートに商品の製作を依頼した。ゾウ、ゴリラ、ペリカン、ワニ、バッファローの大きさ、顔の表情などデザインは良品計画が細かく決めて、それに従ってスモールアートは職人たちを動かしていく。

切り出した石を小さく割っていき、ナイフで大まかに形を作る。さらに細部を削り、4段階の目の違うヤスリをかけていき、水で洗って天日に干す。さらにサイザル麻で磨いて完成する。5人がチームとなり1日に40個程度を作る。

日本企業からタバカの生産者に対して大きな注文が入ったのは今回が初めてのことだが、欧州や米国に対しては大口の注文を受けてきた実績がある。そのため組織化が進み、製品の質も高い。ナイロビを通じた空輸で日本にも確実に運べる。何よりもソープストーン製品の販売で得た利益を生産者グループが学校や病院建設など地域振興のために役立てているところが、今回の良品計画のコンセプト「エシカル」に合致した。

2011年7月に現地を視察した増田氏は「工場の生産体制、生産工程で目立った問題はなく最終的に発注を決めた。ただし、品質に厳しい日本の消費者、日本企業の合格基準はケニア人の感覚よりもはるかに高かったので、その点はセミナーを通じて細かく指導した」と話す。

納期は遅れたが品質は基準をクリア

しかし、実際の生産ではそこまでしても様々な問題が起きた。ひとつは納期に遅れが出たことだ。当初、2回に分け日本に製品を送る予定だったが、製作が大幅に遅れたため2回目の便に出荷が間に合わず、1カ月以上遅れて3回目の便を出すことになってしまった。さらに個数も目標とした1万には届かず2500程度を出荷するのがやっとだった。原因はスモールアートの生産管理体制にあった。自分達のグループ以外の職人にも生産を委託したため、個数を日々細かく管理できず、生産目標を守るために何をすればよいのか分からなくなってしまったからだ。

もうひとつの問題は均一の商品作りが現地の人にとって想像以上に難しかったことだ。現地でスモールアートの品質管理、納期管理を手伝ったJICAのボランティア、青年海外協力隊の中野恵里氏は「良品計画が設計した見本を渡したにも関わらず、その通りに製作されないこともあった。特にゴリラは地域の人にとって身近でなかったこともあり、細部の加工に手間取っていた」と現地の苦労を明かす。

また、検品や梱包は現地に十分な設備がないためすべて日本側で作業した。

こうした現地の苦労もあって日本に送られてきた製品の出来栄えは上々だった。一部、大きさが合わず出荷できない商品もあったが、ほとんどの商品は破損することもなく日本と海外の店舗に出荷できた。店舗によっては品切れの商品も出るなど売れ行きも「まずまず」だと言う。

増田氏は「納期が遅れたのは、良品計画が依頼した製作期間が短かったのも原因。商品ごとの売れ行きを分析して今後は、より事業を拡大していきたい」と前向きに取り組む姿勢を崩さない。さらに、「今回の候補から漏れたほかの国の商品についても商品開発を進めたい」と意欲を示す。

販路開拓が途上国支援に好影響与える

良品計画のような大手小売店がケニアの手工業品を商品化したことは、JICAの一村一品運動にも好影響を与えている。JICAのケニア事務所でアフリカの一村一品を担当する相園賢治・広域企画調査員は「アフリカには面白い地元工芸品が数多くある。しかし、日本企業への販路開拓が常に課題となる。地場産業をJICAが援助、支援しても販路がなければ成果を実感してもらうのは難しい。今回の良品計画の事例は、ケニア人にとっても日本企業との付き合い方を理解してもらういい契機になった」と評価する。

現場のボランティア活動にも変化が見られる。青年海外協力隊の中野氏は通常はタバカに近いキシイセントラル県の社会開発事務所で働き、地域住民に対して生活改善のアドバイスなどしている。家庭を回り、親身になって問題点を説明する。しかし「改善するにはお金がかかる。私にはお金がない」と住民に返されてしまう。時には中野氏が着ているTシャツを指差し「そのシャツ、私にちょうだい」と言われることもある。「貧しい地域でのボランティアは実益を示さないと、住民に受け入れらないことが多い」と中野氏は痛感した。一方、今回のスモールアートへの支援は、製作者の利益に直接結びつく。中野氏のアドバイスも生産体制の改善に結びつく具体的なものとなった。

直接、資金援助をするのではなく、人的な援助を通じて、地場産業を振興して地域を潤す。今回の良品計画とJICAの企画は今後の新たな援助の形をも示している。

日本、日本人にとって地理的にも、文化的にも遠いアフリカとのビジネスには大きなリスクがつきものだ。しかし、思い切って最初の一歩を踏み出して、日本市場が求めるものをあきらめずに辛抱強く現地に伝えていけば、新たな商機が生まれる。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111220/225474/



 
 
>TOP

アフリカ発、“ローテク”でもイノベーションは起こせる ケニアで2桁成長を続けるサファリコム

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20111221/225532/?P=1

ケニアの首都ナイロビには、至る所にサファリコムの大型広告がある。

「Niko na Safaricom(ニコ・ナ・サファリコム)」

現地、スワヒリ語で「サファリコムと一緒に」という意味のメッセージが、ケニアの美しい風景と人々の写真とともに広告に掲載されている。

サファリコムはケニア最大の携帯電話会社だ。市場シェアは8割を超え、2011年11月時点の加入者は1810万人。ケニアの人口は約4000万人なのでその半数近くが同社の携帯電話を利用して「サファリコムと一緒に」いることになる。

2000年7月から2010年11月まで10年間にわたって、同社を率いてきたマイケル・ジョセフ前CEO(最高経営責任者)は南アフリカ共和国出身のエンジニアだ。引退後も取締役会に名を連ね、ケニア経済界で大きな影響力を持っている。サファリコムに来る前は南米、スペイン、韓国、米国など世界各地で通信事業に携わってきた。

ジョセフ氏は「CEO就任当時の2000年、サファリコムの利用者はわずか1万7000人。ほとんどゼロからのビジネスのスタートだった。今の成長は誰も想像し得なかった」と語る。サファリコムはケニア政府と英ボーダフォンが共同出資して設立した企業でジョセフ氏も外部から招聘されたが、就任当時の目標は「利用者をなんとか5万人に増やしたい」という程度だった。

しかし、サファリコムの利用者は今や当時の1000倍以上になり、売上高は前年同期比で2桁増を続け2011年3月期には948億ケニアシリング(約1000億円)に達している。

通話エリアも広がり、今ではナイロビ市内はもちろん、ゾウやライオンなど野生動物が生息する辺境のサバンナのど真ん中でもサファリコムの携帯電話が使える程だ。

2007年には、携帯電話を使った電子マネーを導入して爆発的にヒットした。サファリコムが開発した電子マネーの仕組みはタンザニアや南アフリカ、インド、アフガニスタンでも使われている。

一見、ハイテクとは無関係に思えるアフリカのケニアで、なぜサファリコムは急速に携帯電話ユーザーを増やし、革新的なサービスを展開するに至ったのか。

わずか5円、1分通話のためのプリペイドカード

「貧しいケニアの人々にいかに携帯電話を使ってもらうか」

CEOに就任して以来、ジョセフ氏のテーマはこの一点に集約されている。

2000年当時、ケニアの1人あたりGDP(国内総生産)は400米ドル(約3万2000円)で日本の10分の1程度だ。1日1.25米ドル(約100円)以下で生活している貧困層はケニア全体の実に20%を占める。

一方、携帯電話の通話料は今でも1分間約4円と決して安くはない。支払い方法も日本などの先進国とは異なり、ケニアを初めアフリカの発展途上国のほとんどはプリペイド(先払い)方式だ。利用者は携帯電話ショップでプリペイドカードを買い、そこに記された番号を携帯電話からサファリコムのセンターに送信して手持ちの利用料金を加える。

ジョセフ氏が就任後、まず打ち出したのはプリペイドカードの小額販売だった。従来からの主流のカードは100円、500円、1000円の3種類。これに50円を加えた。50円では12分程度しか話せない。しかし、現金主義で手元の現金で日々の生活をまかなう傾向にあるケニア人には、まとめ買いの習慣がないと判断した。

小額プリペイドカードの販売は功を奏してサファリコムは売上高を伸ばした。そして、さらに手軽さを強調するため、20円、10円、果ては5円のカードも売り出したのだ。

5円の通話料金では1分程度しか電話ができない。しかし、日本人には想像しにくいだろうが、「今、どうしても電話をしたいが、使えるお金はポケットに5円しかない」という状況はケニア人にとっては珍しいことではないという。小額プリペイドカードの販売はコストがかかり大きな利幅も期待できない。サファリコム社内でも販売に反対する声も多かった。それでも利用者と利用時間を少しでも増やすためには重要な商品となり、携帯電話ショップだけではなく街中や地方のキヨスクでも販売したため普及が進んだ。

一方、携帯電話の端末も安い機種は新品でも3000円程度で買えるようになった。さらに、利用者は、友人から古い機種を譲ってもらったり中古を購入したりすることでより安く端末を入手し、SIMカードを付け替えて使用することも可能だ。

しかし、ケニア人の間に携帯電話が普及しても思ったように通話時間は伸びなかった。その原因は“フラッシング”にあった。

携帯メールで家族に送金ができる

フラッシングとはこの場合、電話代を節約するため相手に1回だけコールして着信通知を残すことを差す。相手との待ち合わせで「オフィスの前に来たら携帯電話を鳴らす」「家の前に車で来たら1回コールする」、帰宅時に「事務所を出る時に家族の携帯電話を鳴らす」といった具合に、携帯電話を合図を知らせる道具として使うものだ。十分な通話料金をチャージしていない人が、相手がかけ返すことを期待していわゆる“ワン切り”することもある。

この問題を解決するために普及を図ったのが携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)だ。相手の電話番号さえ分かれば携帯電話同士で短いテキストメールが送れる。利用料金も音声通話に比べれば割安になるので、フラッシングだけでは伝えきれない内容を伝える場合に便利だ。また、相手に「折り返し電話して」という催促のSMSを送る場合は、送信料金を無料にするサービスも始めた。

ケニアは先進国に比べ固定電話のインフラ整備が遅れたため一足飛びに携帯電話が普及した。今やビジネスにおいてもSMSが大活躍だ。例えばアポイントを入れる場合、会社の代表番号に電話して担当部署につながると、担当者の携帯番号をSMSで知らせてくれる。あとは担当者と簡単に電話で話した後、日時や場所など重要な情報をSMSで送受信して確認する。

小額プリペイドカード販売、SMSの活用という極めて初歩的ともいえるサービスで利用者を増やして、売上高を伸ばしてきたのは40人のイノベーションチームに依るところが大きい。ケニア人のIT(情報通信)エンジニアからなるこの部隊。ジョセフ氏は「メンバーには最新の携帯機器を与え、時には海外にもリサーチに行ってもらう。元々、ITが好きな社員だから1日中、パソコンや携帯電話に向かって嬉々としている」と話す。

ケニア人の消費行動をよく理解していて、世界のITの状況を好きなだけ研究しているメンバーからは、次々とサファリコムの売上高が伸びるためのアイデアが生まれてくる。最先端の機能、複雑な機能を使わずともアイデアはどんどん出てくる。SMSを利用した電子マネーサービスを導入したのも「顧客のロイヤリティーを高めるため」(ジョセフ氏)だった。

2007年から開始したサービス「M-PESA」の「M」はモバイル、「PESA」はスワヒリ語でお金を意味する。文字通り電子マネーサービスで、主な機能は携帯電話の利用者間での送金だ。携帯電話の番号さえ分かれば遠く離れた家族への送金や、買い物、公共料金、さらにはタクシー代やホテル代の支払いに充てることができる。

仕組みは極めて簡単だ。利用者はサファリコムの携帯電話の口座にあらかじめ一定金額を入れておく。後はM-PESAメニューから送信相手の携帯電話番号と送金したい金額を入力してSMSを送るだけ。SMSを受け取った相手は、サファリコムの代理店に行き本人確認などの手続きをすれば、その場で現金を受け取れる。

著者もナイロビでタクシーを利用した時、600ケニアシリング(約640円)に対して1000シリング(約1070円)札しか持っていなかったので「お釣りがない。M-PESAで払ってくれないか」とドライバーに頼まれた程、一般に普及している。

M-PESAはサファリコムの携帯電話利用者の約77%、1400万人が利用している。競合他社も同様のサービスを開始したため、ケニアは「一大電子マネー普及国」となった。今後は出資を受けているボーダフォングループを初めとする他国の携帯電話会社とも連携して、海外送金もできるようにする計画だ。

M-PESAがケニアで爆発的に普及したのは発展途上国ならでは理由がある。貧しい人々の多くは信用力がなく銀行口座を開設できない。特にナイロビには100万人が住むアフリカ最大のスラム、キベラ地区などスラムがいくつかある。スラムの住人が銀行口座を持つのは難しく、治安の面から現金を保持することも送金することも危険が付きまとう。

スラムの住人でもお金があれば携帯電話は持つことができる。サファリコムはM-PESAをスラムに普及させるため、代理店をスラムの中にも数多く作った。

M-PESAを使った現金の受け取りができるサファリコムの代理店はケニアに2万4000カ所ある。地方でもキヨスクなどが代理店となりどこでもサービスが受けられる体制になっている。

ジョセフ氏は「M-PESAの成功は技術によるものではない。代理店網の急速な拡大によるものだ。現金を扱う代理店の認定には厳しい審査が必要で時間もかかる作業だが、とにかく急ぐよう社員には発破をかけた」と振り返る。

「ゆっくり」の国だからこそスピードが重要

ケニア人は「ポレポレ」という言葉をよく使う。スワヒリ語で「ゆっくり、ゆっくり」という意味で、何事もせわしくやらずにのんびり時間をかける。

しかし、ジョセフ氏はそうしたケニア人の気質を理解しているからこそ、経営トップはスピード感を持って組織を指揮しなければならないと指摘する。

「仕事を頼んでただ待っていても何も起きない。目標と締め切りを設定してしつこく、厳しくプッシュしなければいけない。有り得ないと思われる程、性急な要求もするが、これを続けていけば必ず社員は育っていく」と話す。

また、優秀な現地の管理者を早く見つけて要職につけて、自分の周りを固めることも重要だと強調する。

さらには「ケニアのような成長著しい発展途上国で新しいビジネスをするには、コンセンサス(合意)方式では通じない。革新を起こすには意思決定者はできるだけ少ない方がいい。だから、私はすべての意思決定権をCEOに集中する方法を選んだ。たとえすべての役員が反対してもCEOの考えを優先する体制を敷いている」(ジョセフ氏)。

コンセンサス方式かトップダウン方式のどちらが上手く機能するかは企業規模や業種によっても異なるだろう。時間のかけ方も目標次第ではある。しかし、一見時間がかかりそうな途上国市場もスピード感を持って対応しなければ、厳しい国際競争に勝ち残れない。

最先端の技術がなくても、市場が未成熟でもイノベーションは起こせる。

「途上国市場はタフだ。しかし挑戦する価値はある」

ジョセフ氏はこう語る。



 
 
>TOP

Kenya: Offer Mobile Phone Skills, Varsities Told

http://allafrica.com/stories/201112300105.html

Kenyan universities are not doing enough to foster research in mobile phone technology, leaving a wide gap in one of the country's fastest growing sectors, analysts say.

"Very few institutions actually offer students a deep understanding of mobile software engineering," said Mr John Kieti, manager of technology training organisation, M:Lab East Africa.

Mr Kieti was speaking as M:Lab renewed its calls for applicants to its training programmes.

The applications deadline is January 9, 2012.

Mobile phone technology is becoming an important driver of Kenya's social development and economic growth.

For instance, M-Pesa revolutionised banking in the country while applications in health and educational sectors are quickly being adopted by non-governmental organisations (NGOs).

Investors and venture capitalists are also banking on Kenya's young innovators.

Yet analysts decry an education system that is still lagging far behind.

Most universities offering technology degrees have to cover a wide array of content and lack the facilities to pioneer mobile phone technology research.

"The sector is changing so fast that universities are having a problem catching up," said ICT Board CEO Paul Kukubo.

He added that universities should lay stronger foundations for technological training that could withstand changes in the sector.

A recent survey by the ICT Board indicated that the supply of skilled technology professionals was far outmatched by demand for new innovations in Kenya.

The report also said that universities were not well equipped to train IT professionals to international standards. It critiqued inadequate, watered-down curricula that plague higher education institutions.

Private companies and NGOs are increasingly stepping in to fill this perceived educational gap.

Safaricom is currently funding training and incubation facilities at Strathmore University while the World Bank is a major partner at M:Lab.

Samsung has also vowed to grow local innovators through its app store.



 
 
>TOP

送電装置の盗難が多発、電気料金値上げの可能性も -ケニア

2011年12月30日 18:00 

しわ寄せは消費者に

送電機器の盗難が増加を続けるケニア。ケニア電灯・電力会社(KPLC)では、より被害を防ぎやすい乾式変圧器へのシフトを進めているが、コストがかさむことから電気料金を値上げする可能性があるという。

同社のマネージング・ディレクター、Joseph Njoroge氏によると、空冷式の変圧器は油潤滑式のものより1.5倍のコストがかかり、設置にあたっても専門の技術者が必要だという。

補修費用は過去10年で55億円!

KPLCによれば、つい先週にも、ナイロビから伸びる主要石油パイプラインに電力を供給している送電塔から、鋼製ブレースが盗まれた。修復費用は3000万ケニアシリング(約2700万円)におよぶ。

KPLCは盗難被害にあった機器の交換に過去10年間で約60億ケニアシリングを費やしており、逸失利益は110億ケニアシリングに上るという。

同社は次回の料金改定で最大25%の値上げの可能性を示唆している。

http://www.africa-news.jp/news_rVnWHifW4.html



*このファイルは文部科学省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(B)・課題番号16330111 2004.4〜2008.3)の成果/のための資料の一部でもあります。
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm

UP:2011
アフリカ  ◇世界  ◇HIV/AIDS
TOP HOME (http://www.arsvi.com)