HOME > World / Africa >

ガーナ共和国 2013年〜2015年


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017

○2007年までのニュース・情報 ガーナ共和国 〜2007年
○2008年〜2009年のニュース・情報 ガーナ共和国 2008年〜2009年
○2010年のニュース・情報 ガーナ共和国 2010年
○2011年のニュース・情報 ガーナ共和国 2011年
○2012年のニュース・情報 ガーナ共和国 2012年
○最新のニュース・情報 ガーナ共和国

○外務省 各国・地域情勢 ガーナ共和国
○外務省 「第3章 ガーナの教育セクターの概況」

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2013/01/09 ghananation Anas Aremeyaw Anas investigates ritual killing of disabled Ghanaian children deemed to be possessed by evil spirits
◆2013/01/15 GhanaWeb Advocacy alone can’t stop killing of disabled children - Anas
◆2013/01/16 GhanaWeb Ghana is first in mobile broadband penetration in Africa
◆2013/01/17 Government OF GHANA Ghana Named Most Progressive In ICT Adoption
◆2013/01/21 llghananews.com Hearing Assessment Centre inaugurated at Cape Coast School for the Deaf
◆2013/01/21 spyghana.com Ghana Gets A 1st Visually Impaired As Minister
◆2013/01/22 Ghana Business News President Mahama believes in capability of persons with disability - GBU
◆2013/02/08 nikkei.com [FT]アフリカ株式市場、投資ブーム再来は本物か
◆2013/02/09 Ghana News Agency Appointment of visually-impaired paves way for national integration
◆2013/02/13 Ghana Parliament Approves First Ever Visually Impaired Minister, 10 Others
◆2013/02/14 GhanaWeb Only 3% of persons with disability are literate
◆2013/03/03 nikkei.com ローマ法王、次は新興国勢? アフリカなど存在感
◆2013/03/11 Vibe Ghana One Africa supports education in Elimina and Cape Coast
◆2013/03/16 Myjoyonline.com Hearing-impaired people face challenges at healthcare centres
◆2013/03/18 Vibe Ghana Wrong medications kill pregnant deaf persons - GNAD Director
◆2013/03/19 spyghana.com Ghana gets another visually impaired student doing Hip life
◆2013/03/19 Ghana President Direct Assemblies To Make Buildings Disability Friendly
◆2013/03/19 GhanaWeb Wrong diagnosis killing deaf people
◆2013/03/21 Ghana News Agency Parents asked not to confine children with intellectual disability
◆2013/03/26 Myjoyonline.com Students with disability demand accessible facilities
◆2013/03/28 GhanaWeb Ashanti School for the Deaf appeals for infrastructural support
◆2013/04/03 Ghana GFD On Law-Makers To Articulate Disability Matters In Parliament
◆2013/04/05 spyghana.com Government to be Sued Over Disability Act
◆2013/04/05 GhanaWeb Ghana Federation of the Disabled to sue government
◆2013/04/06 Ghana Broadcasting Corporation Gbeogo School for the deaf appeals to government to support the school for hearing assessment center
◆2013/04/09 spyghana.com Catholic Sisters support disabled
◆2013/04/11 This is Africa Huawei nudges Ghana to e-government
◆2013/04/13 Vibe Ghana Participation of the disabled in politics to improve - Voice-Ghana
◆2013/04/17 Myjoyonline.com We’ve been left out in election petition: Persons with disability fume
◆2013/04/30 GhanaWeb It is inhumane for deaf people to write Oral English
◆2013/05/01 GhanaWeb Disabled voters were verified by biometric device - Bawumia
◆2013/05/15 Ghana Business News Lions Club offers free ear screening to community
◆2013/05/16 GhanaWeb 34 schools cannot open as gov’t fails to release subventions
◆2013/05/17 GhanaWeb GES presses for feeding subventions for special schools
◆2013/05/22 Ghana Business News MMDAs failing to release Common Fund to disabled persons - GFD
◆2013/05/27 asahi.com 迫害から逃れ日本へ、でも… アフリカ人難民の孤独
◆2013/06/04 nikkei.com アフリカの農業開発テーマにセミナー 生産性向上策を議論
◆2013/06/07 yomiuri.co.jp 中国人が金を違法採掘、ガーナで124人逮捕
◆2013/06/07 毎日新聞 ガーナ:中国人124人を拘束 違法な金採掘に関与か
◆2013/06/12 Myjoyonline.com The Sounds of Silence: How the deaf "hear"
◆2013/06/17 AFP BB News 一獲千金求めて、ガーナの金鉱で違法採掘する中国人
◆2013/06/20 AllAfrica.com Ghana: Pentecost Women Donate to School for the Deaf Kyebi - Stories From Isaac Akwetey-Okunor
◆2013/06/24 AllAfrica.com Ghana: Sekyere East Assembly Supports 30 Disabled
◆2013/06/26 Ghana National Disability Day Commemorated In Accra
◆2013/06/28 GhanaWeb Persnons with disability to receive better attention
◆2013/06/29 Ghana Business News Ghana’s Disability Act falls short of UN convention - Report
◆2013/07/02 BusinessGhana Bechem School for the deaf appeals for assistance
◆2013/07/03 Ghana Business News Security officer remanded for defilement
◆2013/07/18 AllAfrica.com Ghana: Deputy Gender Minister Addresses UN Session On Disability
◆2013/07/19 Ghana Business News Disabled persons get cash, mobility gadgets
◆2013/07/19 Ghana Minister Addresses UN Session On Disability
◆2013/07/24 GhanaWeb Planning Committee donates to the deaf
◆2013/07/26 Ghana Business News Ghana’s Disability Act: The State must set the pace
◆2013/07/30 GhanaWeb Okaikoi calls for speedy passage of LI on disability
◆2013/07/30 nikkei.com ガーナへの直接投資4割増 政府機関トップ「今年8%成長も」
◆2013/07/31 Ghana Atta Mills Anniversary Committee Supports Special Schools
◆2013/07/31 Vibe Ghana Noise, not age is the leading cause of hearing loss
◆2013/07/31 nikkei.com 西アフリカ「物流覇権」 ガーナが挑む
◆2013/08/03 BusinessGhana Health personnel undergoes sign language training
◆2013/08/06 AllAfrica.com Africa: Greetings Sent to World's Hearing-Impaired Children
◆2013/08/14 Myjoyonline.com Inmates of Kumasi Children's home share facility with mentally disabled children
◆2013/08/15 GhanaWeb Inmates of Kumasi Children's home share facility with mentally disabled children
◆2013/09/06 AFP BB News ガーナ海岸にクジラ死骸漂着、1週間で5頭
◆2013/09/17 BBC News ガーナのインクルーシブ教育のビデオ
◆2013/09/27 nikkei.com ガーナ沖石油生産設備建設に参画 三井物産・丸紅・商船三井
◆2013/10/03 BusinessGhana Takoradi celebrates International Week of the Deaf
◆2013/10/03 Ghana News Agency Bong District Assembly reject project that is not disability friendly
◆2013/10/05 Ghana Business News Director dismisses misconceptions about deaf persons
◆2013/10/04 asahi.com アフリカからの移民船炎上、死者110人超 イタリア
◆2013/10/08 The Star Online District welfare head rapped for not meeting disabled
◆2013/10/11 yomiuri.co.jp 新幹線線路に侵入のガーナ人、12時間後に発見
◆2013/10/24 nikkei.com [FT]アフリカ、経済統計に不備 一夜でGDP6割増も
◆2013/11/01 nikkei.com [FT]アフリカの優等生ガーナに財政悪化の影
◆2013/11/03 朝日新聞GLOBE 経済成長が食生活を変えた/ガーナ
◆2013/11/05 GhanaWeb Danaa excellence awards for the disabled on dec. 8
◆2013/11/11 GhanaWeb Ghana Federation of the Disabled to hit the streets if…
◆2013/11/12 nikkei.com 世界で2億人に健康リスク 10大汚染地点を公表
◆2013/11/13 GhanaWeb I stand by my promise to help the disabled - Borngreat
◆2013/11/13 Ghana National Disability Excellence Awards Launched In Accra
◆2013/11/15 AllAfrica.com Ghana Federation of the Disabled Stakeholders Meeting
◆2013/11/18 nikkei.com 感染症情報、海外と共有 アジア・アフリカの機関参加
◆2013/11/20 yomiuri.co.jp 仏・ポルトガルもW杯へ…新たに6か国出場決定
◆2013/11/20 nikkei.com ガーナなど本大会出場 サッカーW杯アフリカ最終予選
◆2013/11/25 nikkei.com アフリカ諸国、海外で起債最高に 経済不安定化も
◆2013/11/25 spyghana.com Ghana commence disability act reforms
◆2013/11/26 Ghana Oye Lithur Calls For Amendment Of Disability Act
◆2013/11/26 BusinessGhana Airtel Ghana Donates To State School Of The Deaf
◆2013/11/27 AllAfrica.com Ghana: Bosome-Freho Assembly to Offer Employable Skills to Disabled
◆2013/11/28 GhanaWeb Disability Act must be amended - Oye Lithur
◆2013/11/28 spyghana.com CHRAJ dragged before for court
◆2013/11/29 spyghana.com Richoff Disability Festival Hits Ghana
◆2013/12/02 GhanaWeb Establish more sign language centres - Association
◆2013/12/02 GhanaWeb Federation satisfied with inauguration of disability boards
◆2013/12/03 GhanaWeb School for the Deaf to close down over Ghc 14,000 rent
◆2013/12/07 Vibe Ghana Savelugu School of the Deaf appeals for assistance
◆2013/12/09 GhanaWeb Ghana Wins Silver At West Africa Deaf Football Tournament
◆2013/12/09 GhanaWeb Andrew Okaikoi comes to the aid of School for the Deaf
◆2013/12/09 GhanaWeb Okaikoi saves Mampong Akwapim School
◆2013/12/10 spyghana.com Municipal Assemblies Warned Against Stealing Disability Fund
◆2013/12/11 spyghana.com Airtel Employees Donate To Sweden Ghana Medical Centre
◆2013/12/11 spyghana.com Meet Mr Jacque Joubert: recipient of the National Disability Young Leader Award
◆2013/12/12 AllAfrica.com Ghana: Airtel Rescue Akropong School for the Deaf
◆2013/12/16 GhanaWeb Pastor remanded for defiling deaf and dump girl
◆2013/12/17 GhanaWeb Pay the insurance premium for people with disability
◆2013/12/17 spyghana.com Samuel Agyemang Wins Disability Advocacy Award
◆2013/12/18 AllAfrica.com Ghana: Bolgatanga to Get Disability Friendly Roads
◆2013/12/18 BusinessGhana Pastor jailed 20 years for raping a deaf and dump woman
◆2013/12/18 Vibe Ghana Committee meets on disability fund
◆2013/12/19 GhanaWeb Airtel donates to School for the Deaf
◆2013/12/20 spyghana.com Pastor rapes deaf and dump woman
◆2013/12/20 GhanaWeb Pastor jailed 20 years for raping pregnant, deaf woman
◆2013/12/20 spyghana.com Mampong School For Deaf gets computers
◆2014/01/08 毎日新聞 中国:王毅外相のアフリカ訪問 日本けん制の狙いも
◆2014/01/22 spyghana.com Mampong-Akuapem Deaf School Supported With Computers
◆2014/01/25 Aljazeera.com Nashiru Abdulai: The needs of deaf Muslims
◆2014/01/28 AllAfrica.com Ghana: Don't Neglect People With Intellectual Disability
◆2014/02/07 Ghana News Agency Foundation provides free hearing aid for the deaf
◆2014/02/10 GhanaWeb H4P crew organises inter-schools disability games
◆2014/02/11 asahi.com (W杯NEWS)ガーナ躍進、2つの理由 信用と計画性 サッカー
◆2014/02/15 毎日新聞 15歳のニュース:チョコレート、甘さの陰に 西アフリカ、最悪の児童労働 /大阪
◆2014/02/18 GhanaWeb Teacher arrested over defilement of deaf and dumb
◆2014/02/24 GhanaWeb Disabled Supporters Union to send 500 fans to Brazil
◆2014/02/24 Vibe Ghana Children with disability must go to school
◆2014/02/28 spyghana.com Consider The Disabled For Employment-SURE-P
◆2014/03/03 Ghana Visually Impaired Teacher-Training Project Trains 1, 273 Teachers
◆2014/03/03 GhanaWeb 1,273 visually impaired teachers pass out
◆2014/03/15 nikkei.com 途上国で格安学校 英ピアソン、フィリピンに50校 脱貧困をビジネスに
◆2014/03/19 毎日新聞 強制送還中死亡:入管の過剰制圧は違法…国に賠償命令
◆2014/03/19 asahi.com 入管職員に押さえつけられ男性死亡 国に賠償命じる判決
◆2014/03/19 MSN産経ニュース “大使公邸カジノ”摘発、10人逮捕 ガーナ大使の聴取要請 警視庁
◆2014/03/19 毎日新聞 賭博:ガーナ大使邸で…日本人容疑者12人逮捕
◆2014/03/19 asahi.com ガーナ大使名義の部屋で闇カジノ 開帳容疑で10人逮捕
◆2014/03/19 ハフィントンポスト ガーナ大使「公邸」で闇カジノ 外交特権あるのに摘発できた理由とは
◆2014/03/19 nikkei.com ガーナ大使名義でバカラ賭博店 容疑の店員ら逮捕
◆2014/03/19 nikkei.com 強制送還中拘束のガーナ人死亡、国に賠償命じる 東京地裁
◆2014/03/24 アフリカビジネスニュース 世界のココア生産地は?
◆2014/03/28 spyghana.com Jackline Yeboah Wins Miss Deaf Model
◆2014/04/01 yomiuri.co.jp 事情聴取要請の大使、帰国していた…バカラ賭博
◆2014/04/01 nikkei.com 聴取要請のガーナ大使が帰国 バカラ賭博事件
◆2014/04/01 asahi.com 闇カジノ疑惑のガーナ大使帰国 警視庁、聴取協力を要請
◆2014/04/05 asahi.com (@アトランタ)撲滅見えてきたギニアワーム
◆2014/04/10 asahi.com 闇カジノ、大使ぐるみか 「報酬渡した」「店に出入り」
◆2014/05/01 Vibe Ghana Disability Federation appeals to government to pass legislation
◆2014/06/02 asahi.com ガーナに甲子園 「球児の聖地に」願い込め
◆2014/06/02 GhanaWeb SCOAN donates to the Savelugu School for the deaf
◆2014/06/16 GhanaWeb Illegal mining pits endanger lives of 200 deaf students
◆2014/06/17 cnn.co.jp 米国、ガーナを突き放す ブルックスが決勝ゴール W杯
◆2014/06/17 asahi.com 米国、2−1でガーナに雪辱 開始30秒で得点 W杯
◆2014/06/17 asahi.com 確かな足元、ガーナの攻め多彩 内容では圧倒
◆2014/06/17 asahi.com 米国「3度目の正直」 勝負強さ見せ、難敵ガーナ倒す
◆2014/06/17 asahi.com ドノバンなき米、見せた団結力 終了間際に勝ち越し
◆2014/06/17 asahi.com 緩から急へ、ガーナの連動 少ないタッチで技あり弾
◆2014/06/17 yomiuri.co.jp Airtel Screens For Mampong School Of The Deaf
◆2014/06/22 cnn.co.jp メッシ、アルゼンチンを決勝Tに導く1発 独は引き分け
◆2014/06/22 asahi.com ドイツとガーナ、2-2で分ける W杯
◆2014/06/22 asahi.com 疲れ知らずガーナ、観客を魅了 強敵互角で次戦に手応え
◆2014/06/22 asahi.com (城福浩の目)ガーナみせたアフリカサッカーの未来
◆2014/06/22 yomiuri.co.jp ドイツ対ガーナ、2−2で引き分け…G組
◆2014/06/22 yomiuri.co.jp ドイツ・クローゼ、W杯通算最多得点に並ぶ
◆2014/06/22 Ghana News Agency Airtel Ghana spearheads health screening for deaf students
◆2014/06/23 AllAfrica.com Ghana: Airtel Saves Sights At School for the Deaf
◆2014/06/27 asahi.com 2選手追放のガーナ 得点後もパスで好機作ったが実らず
◆2014/06/27 yomiuri.co.jp ポルトガル2−1ガーナ…試合終了
◆2014/06/27 asahi.com 試合前から内紛続き… ガーナ、決勝T進出ならず
◆2014/06/30 nikkei.com 半世紀ぶり? カカオ豆3年連続供給不足も
◆2014/06/30 GhanaWeb GNAD frowns upon contempt against rural deaf women
◆2014/07/01 GhanaWeb Students call for interpreters for deaf patients in hospitals
◆2014/07/03 nikkei.com エボラ対策で保健相会合 西アフリカ、流行に歯止めかからず
◆2014/07/04 cnn.co.jp エボラ出血熱、過去最悪の事態に ガーナで対策会合
◆2014/07/04 GhanaWeb NGO calls for support for the disabled
◆2014/07/05 cnn.co.jp エボラ出血熱流行、過去最悪 共同戦略で合意
◆2014/07/07 時事ドットコム アフリカの医薬品流通向上活動を拡大=米コカ・コーラ〔BW〕
◆2014/07/09 nikkei.com 西アフリカでエボラ感染拡大 3カ国で死者518人
◆2014/07/12 yomiuri.co.jp W杯観戦ガーナ人、集団で亡命申請…就業求め?
◆2014/07/16 GhanaWeb Funds for disabled being disbursed to abled-bodied persons, MMDAs
◆2014/07/17 GhanaWeb Disabled begging for money saddens me - Pozo Hayes
◆2014/07/19 Ghana News Agency Lady Julia supports School for the Deaf
◆2014/07/22 GhanaWeb Lady Julia supports School for the Deaf
◆2014/07/25 Jeune Afrique 3年ぶりの高値をつけたココア
◆2014/07/27 Citifmonline State School for the Deaf re-named
◆2014/07/31 外務省 日・ガーナ投資協定交渉第2回会合の開催(結果概要)
◆2014/08/09 The Accra Report Ghana May Now Have Recorded Her First Case of Ebola
◆2014/08/09 STARR Ebola Alert! Burkinabe dies of Ebola-like symptoms in Ghana
◆2014/08/08 AllAfrica.com Ghana: Mobility Skills Training Workshop for Visually Impaired
◆2014/08/27 GhanaWeb Persons with disability demand accountability
◆2014/09/01 spyghana.com The Ability Act Of Persons With Disability
◆2014/09/05 Vibe Ghana Let’s involve the deaf and hearing impaired in communication- James Sambian
◆2014/09/06 spyghana.com Can we allow the deaf to drive legally in Ghana?
◆2014/09/08 spyghana.com Can Deaf People Drive?-Some Surprising Facts
◆2014/09/15 spyghana.com Atosale Gets Disability Friendly Borehole
◆2014/09/15 Peace FM Online IGP’s Tenure Extension By NDC Has Handicapped Him - Charles Owusu
◆2014/09/16 AllAfrica.com Ghana: Wa Municipal Assembly Disbursed Disability Fund
◆2014/09/16 CNN Winners not witches: Ghana's disabled athletes strive to beat stigma
◆2014/09/17 Citifmonline Children with disability sacked over delayed subventions
◆2014/09/18 spyghana.com The deaf deserve support, recognition-James Sambian
◆2014/09/23 cnn.co.jp 中国製の拷問道具、世界に輸出 人権団体が警鐘
◆2014/09/24 NHK 住友商事がガーナの発電事業に参入へ
◆2014/09/25 nikkei.com カカオ豆上昇 直近安値から6% エボラ熱の拡大懸念
◆2014/09/30 nikkei.com [FT]エボラ熱拡大、カカオ産業に警戒感
◆2014/10/10 GhanaWeb Neglected Wa School for the Deaf calls for help
◆2014/10/24 GhanaWeb Address abuse of common fund allocation to persons with disability
◆2014/10/26 GhanaWeb Disabled 'cry' over 2% common fund
◆2014/10/27 nikkei.com エボラ阻止へ周辺国支援 政府、空港検疫や検査体制充実
◆2014/10/28 spyghana.com Assemblies Borrow Disability Fund
◆2014/10/29 GhanaWeb 8,000 Children are visually impaired
◆2014/11/05 yomiuri.co.jp シンガポール、西アフリカ3国ビザなし入国禁止
◆2014/11/06 毎日新聞 ブルキナファソ:来年11月選挙実施 軍や与野党が声明
◆2014/11/12 spyghana.com MPs inspect the disability friendliness of public buildings
◆2014/11/29 spyghana.com MMDAs urged to sustain the disability employment project
◆2014/11/30 Vibe Ghana Disabled Federation petitions President appoint more PWDs
◆2014/12/03 spyghana.com Koforidua School For the Deaf gets Facelift from The Sangy Foundation
◆2014/12/05 Ghana Broadcasting Corporation Public institutions tasked to provide disability friendly facilities to physically challenged
◆2014/12/14 Citifmonline ECG threatens to disconnect Ashanti School for the Deaf
◆2014/12/16 GhanaWeb Bedbugs invade Ashanti deaf school for years
◆2014/12/18 GhanaWeb 3 Airlines sued for disregarding Disability Law
◆2015/01/06 産経ニュース 味の素、ガーナで妊婦向け栄養食販売へ アフリカ本格展開に布石
◆2015/01/07 nikkei.com 原油安が資源国に打撃 財政悪化で歳出抑制
◆2015/01/13 FlyTeam エチオピア航空、737-400Fの事故 乗員3名はホテルで静養中
◆2015/02/14 yomiuri.co.jp 中国などで需要増…チョコ原料のカカオが高騰
◆2015/01/17 NewsCrime Human Rights Court Throws Out Case Against Disabled Federation
◆2015/01/21 Ghanaian Chronicle Ghana: Airtel Ghana Honours Promise to Visually Impaired Student
◆2015/01/22 GhanaWeb TB Joshua connects pipe to Savelugu school for the deaf
◆2015/01/28 spyghana.com Koforidua Hospital strategize to better communicate with hearing impaired patients
◆2015/02/09 GhanaWeb ECG to disconnect School for the Deaf over unpaid bills
◆2015/02/11 spyghana.com Airtel Supports Visually Impaired Student
◆2015/02/11 Ghanaian Chronicle Ghana: Airtel Brightens Visually Impaired Student's Future
◆2015/02/14 Vibe Ghana SWEB Foundation initiates construction of disability remedial centres
◆2015/02/18 GhanaWeb Persons living with disability benefit from fund
◆2015/02/20 Vibe Ghana Ghana Federation of Disabled canvass votes for members
◆2015/02/23 GhanaWeb We’ll sue Parliament if… - Disabled Society threatens
◆2015/02/23 GhanaWeb ECG disconnects Kyebi School for the deaf
◆2015/02/24 GhanaWeb Kyebi School for the deaf to close due to "dumsor"
◆2015/03/11 Citifmonline Kibi school for the deaf to shut down if…
◆2015/03/12 GhanaWeb B/A disabled basketball team beat their Ashanti counterparts
◆2015/03/13 Citifmonline Deaf school gets relief after Citi FM reportage
◆2015/03/16 Ghana Broadcasting Corporation School for the deaf launches 40th anniversary
◆2015/03/16 spyghana.com Joy Industries Made Donations To Koforidua Unit School For The Deaf
◆2015/03/18 GhanaWeb Assembly presents cheque to disabled persons
◆2015/03/22 spyghana.com Kibi School for the Deaf shown some love
◆2015/03/24 GhanaWeb Minor caged for sodomizing a hearing impaired man
◆2015/04/09 cnn.co.jp フェイスブックで「離婚手続き」、裁判所が承認 米NY
◆2015/04/09 spyghana.com First Lady Advocates For Equally Treatment Of Persons With Disability
◆2015/04/10 GhanaWeb Visually-impaired WASSCE candidates protest - No braille at exams
◆2015/04/15 spyghana.com DRF School Journalists On Disability Issues
◆2015/04/20 GhanaWeb Disability is not inability - Stonebwoy
◆2015/04/20 GhanaWeb Foundation to construct disability education academy
◆2015/04/29 The Ghanaian Times Tigo launches mobile digital library
◆2015/04/29 The Ghanaian Times Samsung sets up digital village in Volta Region
◆2015/04/30 spyghana.com Concerns Raised Over Ghana Disability Act Gaps
◆2015/05/04 AllAfrica.com Liberia/Ghana: Deaf Lone Star Prepares for Nations' Cup in Accra
◆2015/05/10 GhanaWeb Disability issues - Gov’t must buck up
◆2015/05/19 ICT for Development.JP Samsungの太陽光発電を使ったDigital Villageがガーナにも登場
◆2015/05/27 spyghana.com District Assemblies urged to collaborate with CSOs to address disability issues
◆2015/05/27 GhanaWeb Mampong School for the Deaf appeals for support
◆2015/05/31 GhanaWeb National Council to mark day of persons with disability
◆2015/06/05 asahi.com ガソリンスタンド爆発、150人死亡 ガーナ
◆2015/06/05 毎日新聞 ガーナ:ガソリンスタンド爆発、150人死亡
◆2015/06/07 Starr 103.5 FM Disabled stopped from boarding flight to Tamale
◆2015/07/16 Starr 103.5 FM Sack Kobby Acheampong - Disabled Federation begs Mahama
◆2015/07/20 デイリースポーツ 怪物ハキームまた快挙!ボルト超えで200メートル制し2冠達成
◆2015/07/22 デイリースポーツ “ボルト超え”サニブラウン笑顔で帰国
◆2015/07/23 デイリースポーツ ハキームがボルトに挑戦状「引退前に」
◆2015/07/28 THE INDEPENDENT Bridge International Academies: Scripted schooling for $6 a month is an audacious answer to educating the poorest children across Africa and Asia
◆2015/08/13 Starr 103.5 FM We can’t communicate in darkness - Volta sch for the deaf
◆2015/08/13 Graphic Online Visually impaired jailed for defilement
◆2015/08/20 スポニチアネックス 東京五輪目指す「ハーフアスリート」驚異の身体能力に迫る
◆2015/08/20 スポニチアネックス 抜群の注目度 サニブラウン・ハキームは夢の9秒台、19秒台を
◆2015/08/21 スポニチアネックス サニブラウンに難敵!?夏休みの宿題ピンチ…
◆2015/08/21 Crossmap Ukrainian Mission in Africa: the Lame Walk, the Deaf Hear
◆2015/08/25 スポニチアネックス 世界が16歳に驚いた!サニブラウン準決進出 同組ガトリンも称賛
◆2015/08/25 スポニチアネックス ガトリンも感嘆…サニブラウン“自分の走り”で準決勝進出「全力で挑む」
◆2015/08/25 スポニチアネックス サニブラウン 衝撃の世陸デビュー!200M準決進出 藤光、高瀬も突破
◆2015/08/25 スポニチアネックス サニブラウンは準決勝2組 高瀬、藤光はボルトと同組に
◆2015/08/26 The Sankei Shimbun 【世界陸上】男子200メートル、日本勢3人とも決勝進めず
◆2015/08/25 The Sankei Shimbun 【世界陸上】サニブラウン「ボルトと走るのは来年に持ち越し」
◆2015/09/07 GhanaWeb Adjei Kojo School for the Deaf cries for help
◆2015/09/08 cnn.co.jp ライオン「セシル」殺した米歯科医、仕事復帰を表明
◆2015/09/16 asahi.com アフリカに根付け 庄内の稲作技術
◆2015/09/26 nikkei.com 原油安と中国変調、二重苦のアフリカ資源国
◆2015/10/19 Jeune Afrique Olam、ADMのココア事業の買収を完了
◆2015/11/02 nikkei.com [FT]中国の減速、アフリカの成長に影(社説)
◆2015/11/09 十勝毎日新聞 ガーナの「奴隷」絵本に 米山さんが出版【大樹】

【参考web】
●NYTimes.com A Global Graveyard for Dead Computers in Ghana

●FRONTLINE/World Ghana: Digital Dumping Ground



【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 ―市民社会/共同体の二元論をこえて―/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障―タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析―/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法―アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体―タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって―/杉村和彦

チョコレートの真実
キャロル・オフ著 北村陽子翻訳  英治出版 ¥1,890 B6判 384p 2007年9月 [amazon]


 
 
>TOP

[GhanaWeb]

Ghana is first in mobile broadband penetration in Africa

http://www.ghanaweb.com/GhanaHomePage/business/artikel.php?ID=262307

Ghana has been ranked as the country with the highest mobile broadband penetration in Africa.

This is according to a recent International Telecommunications Union (ITU) report.

According to the “Measuring Information Society Report” released in the last quarter of 2012, mobile broadband penetration surged from 7% in 2010 to 23% in 2011.

The report said 14 per cent of Ghanaians were internet users, up from 10 per cent in 2010. The ITU report is the most comprehensive statistical and analytical document on the shape of ICT markets worldwide.

Among African countries, Ghana’s telecommunications sector had the highest investment to revenue ratio in 2009 and 2010, which shows that operators invested relatively heavily in fixed assets in order to maintain and enhance networks. Fixed broadband penetration has remained marginal, however.

Ghana’s mobile broadband prices are also relatively low. At 14% of Gross National Income (GNI) per person, it is four and half times cheaper than the African average which stands at 64% of GNI per person.

The report also includes an ICT Development Index (IDI)which combines 11 indicators into a single measure that can be used as a benchmarking tool to track progress in ICT development over time. (The indicators include ICT access, use, skills, mobile cellular subscriptions and basic literacy rates, households with a computer, Internet users, fixed and mobile broadband Internet subscriptions, and basic literacy rates.)

Nevertheless, Ghana remains in the lower half of the index at 117th out of 155 countries. This is an improvement by four places from 2010. No other African country recorded such an improvement for internet access as well as usage.

South Korea is ranked top in the ICT Development Index. All countries in the top 30 are high-income, underlining the strong link between income and ICT progress.



 
 
>TOP

[Government OF GHANA]

Ghana Named Most Progressive In ICT Adoption

http://www.ghana.gov.gh/index.php/news/features/19198-ghana-named-most-progressive-in-ict-adoption

Ghana and three other African countries have been named as the most progressive in ICT adoption.

According to a new report, Measuring the Information Society 2012, the UN agency noted that Ghana, Rwanda and Kenya have increased efforts to bridge the “digital divide”.

The report said the three African countries were identified to have made the most progress in adopting information and communications technology.

The ITU report which is the most comprehensive statistical and analytical document on the shape of ICT markets worldwide, said 14 per cent of Ghanaians were internet users, up from 10 per cent in 2010.

Ghana’s telecommunications sector had the highest investment to revenue ratio in Africa in 2009 and 2010, which shows that operators invested relatively heavily in fixed assets in order to maintain and enhance networks.

The country’s mobile broadband prices are also relatively low. At 14 per cent of Gross National Income (GNI) per person, it is four and half times cheaper than the African average which stands at 64 per cent of GNI per person.

The report said the overall cost of ICT services was down by 30 per cent.

Although fixed broadband internet services showed the biggest decline in average prices, by 75 per cent, mobile broadband continued to display the sharpest growth.

“Over the past year, mobile broadband grew 40 per cent worldwide and 8 per cent in developing countries,” the report noted.

“Despite the surge in mobile broadband subscriptions,” said Brahima Sanou director of ITU’s Telecommunication Development Bureau, “prices still remain too high in low income countries”.

“For mobile broadband to replicate the mobile-cellular miracle and bring more people from developing countries online, 3G network coverage has to be extended and prices have to go down even further,” he said.

The report also include an ICT Development Index (IDI) which combines 11 indicators into a single measure that can be used as a benchmarking tool to track progress in ICT development over time.

The indicators include ICT access, use, skills, mobile cellular subscriptions and basic literacy rates, households with a computer, internet users, fixed and mobile broadband internet subscriptions and basic literacy rates.

Nevertheless, Ghana remains in the lower half of the index at 117th out of 155 countries. This is an improvement by four places from 2010. No other African country recorded such an improvement for internet access as well as usage.

Meanwhile, Rwanda continued to enjoy its standing as number one in East Africa, as ranked by the UN Broadband Commission for Digital Development.

In 2012, it took seventh place among all African countries with active mobile-broadband subscriptions.

Rwanda’s policy is to increase connectivity in rural areas and make it affordable to the masses.

A government-run portal, the Rwanda Development Gateway, said that the country is “determined to take full advantage of the digital revolution” to grow the country’s economy.



 
 
>TOP

Appointment of visually-impaired paves way for national integration

Ghana News Agency
Saturday 9th February, 2013

ガーナ障害者連合(GFD)が,視覚障害者を大臣職に任命することは,障害者の社会的・経済的福祉のために国家の問題を阿kんりする際に障害者をインクルージョンするという利害につながると発言。Yaw Ofori-Debrah氏というGFDの会長が同連合会が主催した夕食会の間にHenry Seidu Daannaa博士を金曜の議会任命委員会の前の審査のために現れた登紀に,彼の任命とその後の仕事について祝辞を述べた際に発言したもの。
ガーナで障害当事者が大臣に任命されたようです。当事者団体も歓迎しているようです。

Appointment of visually-impaired paves way for national integration - GFD

Accra, Feb 09, GNA - The Ghana Federation of the Disabled (GFD) has said that the appointment of a visually-impaired person to a ministerial position is in the interest of total inclusion of Persons With Disability (PWD) in managing national affairs for social and economic well-being of the people.

Mr. Yaw Ofori-Debrah, President of GFD, made the observation during a dinner organized by the federation to host and congratulate Dr. Henry Seidu Daannaa on his appointment and subsequent performance when he appeared for vetting before the Parliamentary Appointments Committee on Friday.

Mr Ofori-Debrah said it had been a long struggle to fight for social justice and inclusion but finally the way had been smoothened for PWD to demonstrate that they were equally capable of contributing to the effective management of national resources.

He said many persons were inspired and stimulated by Dr. Daannaa’s appointment as minister-designate for Chieftaincy and Traditional Affairs, adding that they were unwavered to set out to achieve what others thought were an impossibility to accomplish.

He said it was heartwarming to have a man of Dr Daanaa's stature with a stock of experience and knowledge that gave him confidence to work to affect the lives of people.

He added, "You are a role model to many; we are honoured to host you, congratulations and keep shining and shining".

Mr. Ofori-Debrah noted that the federation had no doubt the appointments committee of parliament would overwhelmingly endorse the nominee for the ministerial position.

In a speech, Dr. Daannaa who said he was overwhelmed by the honour done him, noted there was no law restricting PWD to work towards economic and social progress, adding that it was therefore not a mystery to get to his present position.

He urged all persons with disability to eschew laziness and sheer favour which potentially undermined their dignity, noting that he worked hard to achieve laurels that qualified him for the appointment.

Mr. Kan Dapaah, Board Member of GFD said the appointment of a visually impaired person to a ministerial post was a positive development for Ghana.

He expressed the feeling that the recent passage of the disability act might have culminated in the appointment of Dr. Daannaa to the chieftaincy ministry.

There were solidarity messages from the Ghana Blind Union, Ghana National Association of The Disabled, Ghana Society of Physically Disabled, Mental Health Society of Ghana, Ghana Association of Persons with Albinism, Blind Teachers Association and DANIDA.

They all congratulated and urged him to apply his expertise diligently to justify the trust and confidence reposed in him by President John Dramani Mahama.

Dr. Daannaa was the first visually-impaired lawyer to be called to the bar in 1997 and if the appointments committee of parliament approves his nomination, he again becomes the first visually-impaired person to hold a ministerial position in Ghana and the first in the chieftaincy ministry.

Appointment of visually-impaired paves way for national integration - GFD



 
 
>TOP

ローマ法王、次は新興国勢? アフリカなど存在感
3月上旬にもコンクラーベ

nikkei.com
2013/3/3 22:40

【ローマ=原克彦】次期ローマ法王を決める法王選挙会(コンクラーベ)が今月上旬にも始まる。伝統を誇る欧州勢と、信者で最大の中南米や増加著しいアフリカの新興国勢との綱引きが激化。さらに現代社会の現実に即したリベラル派とキリスト教の原理的な理念を唱える保守派の駆け引きも絡む。12億人のカトリック信者の頂点に立つ「キリストの代理人」を巡るレースは混戦模様だ。

筆頭候補はガーナのトゥルクソン・バチカン正義と平和評議会議長で倍率は2.5倍、2位はイタリアのスコラ・ミラノ大司教で2.75倍。大穴はロックバンド「U2」のボノで、倍率はなんと1000倍−−。

■本命は見えず

英国の大手ブックメーカーの次期法王の予想が盛り上がってきた。前回は後にベネディクト16世になったドイツのラツィンガー・バチカン教理省長官が筆頭。同倍率だったナイジェリアのアリンゼ法王庁典礼秘跡省名誉長官は再び有力候補に名を連ねる。ただロイター通信が「フロントランナー不在」と伝える通り、本命は見えない。

今回のコンクラーベに向けては早くからアフリカや中南米の枢機卿が有力候補に挙がった。地域別のカトリック信者の数なら中南米が最大、伸び率ならアフリカが1番。カナダのウエレ・バチカン司教省長官が有力とされるのも「中南米の枢機卿の信頼が厚い」(米タイム誌)からというのが欧米メディアの評だ。

欧州勢ではスコラ・ミラノ大司教やシェーンボルン・ウィーン大司教が注目を集める。特にイタリアは1978年に選出されたポーランドのヨハネ・パウロ2世の直前まで約450年にわたり法王の座を占めてきた経緯もあり、復権を狙っているとされる。

コンクラーベに参加する枢機卿の誰もが地元びいきなら、有利なのはイタリアだ。バチカンのニュースレターなどによると、参加資格を持つ枢機卿は欧州が61人で中南米の19人、北米の14人を大幅に上回る。欧州の中でもイタリアは20人以上で最大勢力を誇る。

■増える保守派

もっとも、それだけでは決まらない。法王の理念と人柄こそがバチカンの活動を方向付ける最大要因であり、その点では保守派とリベラル派の対立も影響する。有利なのは保守派だ。

英フィナンシャル・タイムズは社説で「保守派が発言力を取り戻す一方で、リベラル派は疎外されてきた」と指摘。それほどベネディクト16世は保守派の枢機卿を増やしてきた。コンクラーベの参加資格を持つ枢機卿の半数以上の67人が前法王に任命されている。

ましてや任命者が「名誉法王」として存命となれば、無記名投票とはいえ意に逆らうような人物は選びにくい。

その他の要因として影響しそうなのが年齢だ。ベネディクト16世の存命中の退位は終身制を原則とする法王のしきたりに一石を投じた。高齢を理由とした退位は、医療が発達した現代だからこそ、延命治療に至る前に退く必要があるとの決断だったとも受け取れる。

そうなれば若いタグレ・マニラ大司教の可能性も否定できない。初の欧州外のローマ法王がアジアから出るかもしれない。



 
 
>TOP

From DEVELOPMENT 11 April 2013

Huawei nudges Ghana to e-government

This is Africa

By FRANCIS L. SACKITEY

Tech giant Huawei helps Ghana's government go electric, supported by a concessionary loan from China's government

Ghana is set to build a national e-governance infrastructure after partnering with Huawei Technologies, a leading global information and communications company based in China. The project is designed to link all government institutions electronically, and bring affordable broadband access to the farthest corners of Ghana. The government hopes to build a sustainable nationwide Information and Communication Technology (ICT) infrastructure to bridge the technology gap that divides the country.

The three-phase, five-year project is being funded by a $30-million concessionary loan made by the Chinese government in November 2008. Meeting with Huawei officials after a visit to China, then Vice President John Mahama, the current President of Ghana, said the government is committed to creating maximum value for telecom operators, enterprises and consumers by providing competitive conditions that will allow investments to thrive.

William Tevie, Director General of the National Information Technology Agency (NITA), the body responsible for the e-governance project, has lauded the project. "Government business will become more paperless, transparent and efficient," he says.

The major benefits, according to the authorities, will take effect within the next two to three years when government operations are expected to change significantly. This will include the launch of a wide range of applications creating services that are being branded as e-Parliament, e-Justice, e-Executive, e-Immigration, e-Health and e-Education. These applications will be used in all 170 districts in Ghana in as many government departments as possible.

NITA was established in 2008 by a parliamentary act making it the government body responsible for ICT project implementation. Since its inception, NITA has built a foundation for ICT infrastructure, working with a $40-million World Bank loan, a $150-million Chinese EXIM Bank loan and another nearly $50-million concessionary loan from the Danish Government.

NITA uses the government's 30 percent stake in Vodafone to access part of the National Fiber Optic Backbone, which is owned by Vodafone. This access has allowed NITA to build a multi-layer switch and WIMAX network to connect all MDAs (ministries, departments and agencies) at the national and regional levels as part of the first phase of the e-government project.

The network, according to Tevie, is designed to reach districts and remote communities via several different means, including direct fiber-optic connections and high capacity microwave links.

This, according to the NITA head, would enable the network to connect not just district and municipal assemblies, but also hospitals, schools, police stations, post offices, agriculture extension service offices and any other public offices or institutions in towns that are covered by the network.

"We have earmarked 7,000 to 9,000 online portals for each of the 170 districts to ensure that in each district all the institutions like schools, police stations and others will have their own online portals by which they can interact with other institutions, and through which citizens can also interact with those institutions," said Tevie.

NITA, using Huawei technology, has built 29 interconnected base stations across the country, a 10 gigabyte/sec connection linking all MDAs in Accra, and three 4-gigabyte/sec sub-connections linking these MDAs to all 10 regional offices.

Tevie said a new data center has also been established in the president's office.

"We have also established 10 online portals for selected government agencies on a pilot basis. The institutions include the Accra Metropolitan Assembly, the Food and Drugs Board, the Driver and Vehicle Licensing Authority, the Ghana Tourist Board and others, and we are in the process of establishing an additional 100 online portals for other agencies to enable them to provide services online and have access to their data online in real time," said Tevie.

He said e-policing is also in the pipeline, but Ghana has yet to develop relevant applications for the police, and needs to install about 3,000 street cameras in Accra alone to cover all streets and capture lawlessness in real time.

Parliament has given Huawei a $43-million tax exemption to enable it to execute the country's $127.5-million E-Government Platform Project. Looking ahead, 120 new wireless stations will be provided by Huawei. Local area networks (LANs) in all the ministries in Accra will be upgraded and equipped under this project, and several new LANs will be established in various regional and district assemblies and MDAs. A total of 6,300 LAN ports will be created at various sites to support both voice and data access to the network.

Huawei, which is responsible for the first phase of the project, has already donated and installed telepresence equipment, including 55-inch ultra-slim LCD screens, at the Castle, Flag Staff House and six government regional offices.

Huawei nudges Ghana to e-government



 
 
>TOP

asahi.com 2013年05月27日00時42分

迫害から逃れ日本へ、でも… アフリカ人難民の孤独

【石原孝】外国人観光客らも多く行き交う東京・六本木。5月中旬の平日、ポロシャツ姿の黒人男性が、あてもなく歩いていた。西アフリカのガーナ出身。迫害を受けたとして難民申請中だ。安住の地と信じたこの国で、半年近く家も仕事もない生活が続く。「こんなことになるなんて想像もしなかった」とつぶやいた。

平均最低気温が約20度のガーナから、薄いジャケット姿で真冬の成田空港に着いた。所持金は7千円余り。外国人が多いと聞いた渋谷駅に向かった。忠犬ハチ公像周辺、スクランブル交差点−−。日本語は話せない。足早に歩く人々の中で「孤独を感じた」。

道ばたで夜を明かしていると、警察官に呼び止められた。事情を話すと500円を渡されて支援団体に行くよう言われた。そこで約4万5千円をもらった。

日本に来たのは、政治活動に身を投じた父親が自宅で殺害されたためだ。外にいたため自分は無事だったが、自身も脅迫を受け、身の危険を感じた。仕事で訪れたことのある「平和な日本」に逃れることを決め、30歳を前にして母国を離れた。

男性はいま、都内のレストランで雨風をしのぐ。偶然出会ったアフリカ出身の経営者に頼み込んだ。難民申請から半年間は仕事ができない。レストランが閉まる午前中、フロアの一角で3時間ほど仮眠し、夕方から早朝までは街中で時間をつぶすことが多い。夕食は店でもらい、朝昼はコンビニで買ったパンと水で空腹をしのぐ。

生活費を浮かすため、靴下ははかず、2枚しかない下着を交互に着る。体はバケツに水をためて洗う。寒くなると古傷の膝(ひざ)が痛むが、診療費や薬代が高くて病院には行けない。「今の僕の生活と比べたら、刑務所の中の方がまともな気がする」と言う。

この生活が長く続けられるのか、難民として認定されるか分からない。別の国に行けば良かったと思うこともあるが、「国は違っても、同じ血が通っている人間同士。僕たち難民の存在に誰かが気づき、良い方向に向かうと信じたいんだ」。

■アフリカ人の在日ホームレス、今冬に数十人

法務省入国管理局によると昨年、日本で難民認定を求めた人数は2545人で、統計を取り始めた1982年以降で最多となった。ナイジェリア(118人)やガーナ(104人)、カメルーン(58人)など、アフリカ各国からの申請も増えたという。

アフリカからの申請が増えた背景には、欧州で外国人排斥を掲げる政党が台頭するなど、外国人への風当たりが強まっているのも理由とみられる。

NPO法人「難民支援協会」(東京)は、今年冬に数十人のアフリカ人のホームレスを確認したという。石川えり事務局長は「日本に多く住むミャンマーやトルコからの難民と違い、アフリカ難民は頼る先もないまま逃れてくる人が多い。支援が遅くなればホームレスになる可能性が高い」と指摘する。



 
 
>TOP

アフリカの農業開発テーマにセミナー 生産性向上策を議論

nikkei.com

2013/6/4 2:44

第5回アフリカ開発会議(TICAD)の関連イベントとして3日、アフリカ政府や企業の代表者などが農業開発のあり方を話し合うセミナーがあった。アフリカ諸国の多くでは経済成長のために、農地の生産性向上が課題になっているのが背景。各国代表は外国の技術力が必要として、日本などからの積極的な投資を呼びかけた。

ガーナの農業関連団体代表ソロモン・アマルティー氏は同国の中小農家の現状を紹介。農作物の乾燥、精製のための設備などが普及しておらず、収量が不安定になる原因だと説明した。「まだ日本企業の数は少ないが、関連のメーカーはガーナに進出してほしい。政権も安定し、安全な投資先だ」とアピールした。

約3時間のセミナーではほかにブルキナファソ、タンザニアの代表者も講演。現地の農業政策、官民の協力体制などについて話した。

アフリカ諸国の多くでは第1次産業である農業が収益の主力。ただインフラの未整備、耕作機の未普及などで生産性が低くなっている。



 
 
>TOP

中国人が金を違法採掘、ガーナで124人逮捕

【北京=牧野田亨】中国外務省の洪磊ホンレイ副報道局長は6日の定例記者会見で、西アフリカのガーナ政府が5月から金の違法採掘の取り締まりを強化したため、中国人124人が逮捕されたことを明らかにした。

近く強制送還される見通し。

金の埋蔵量が豊富なガーナでは、一獲千金を求める中国人が近年、次々と入国。中国紙・北京青年報によると、その数は1万人に上る。就業許可などを得ずに金を採掘して環境破壊を引き起こし、地元住民の反発が強まっているという。

一方、6日付同紙など中国主要紙は、現地で自動小銃を持ったガーナ当局者らに「採掘用機材や資産を奪われた」と訴える中国人労働者の声を伝えた。ガーナでは昨年10月、今年3月にも金の違法採掘の集中取り締まりが行われ、それぞれ中国人100人前後が逮捕された。

(2013年6月7日07時48分 読売新聞)



 
 
>TOP

ガーナ:中国人124人を拘束 違法な金採掘に関与か

毎日新聞 2013年06月07日 20時37分

【ヨハネスブルク服部正法、北京・工藤哲】西アフリカ・ガーナの警察が今月に入り、違法な金採掘に関わった疑いなどで同国在住の中国人124人を拘束した。AP通信などが報じた。アフリカ有数の金産出国であるガーナでは中国人による違法採掘に地元住民が反発を強めている。

ガーナ当局は金の採掘が盛んな南部アシャンティ州などで強制捜査を行い、中国人を拘束した模様だ。ガーナ当局は昨秋にも約100人の中国人労働者らを同様の容疑で拘束している。

ガーナでは米国などの大手鉱山会社が操業しているが、米ブルームバーグによると、全生産量の3割はガーナ人労働者の手掘りなどによる小規模採掘で産出される。外国人は小規模採掘への参入が禁じられてきた。

ガーナ通信などによると、最近では多数の中国人が重機を使って採掘し、環境破壊などが問題視されている。昨年7月には住民による中国人労働者への抗議デモもあった。

6日付の北京紙「新京報」によると、中国人によるガーナでの金採掘は2006年ごろから始まった。関係者によると、金採掘に関わる中国人は1万人を超えるとみられ、昨年2月までに100人余りが病気や事故などで死亡した。今回拘束された中国人の多くは不法入国だったとみられる。

中国外務省の洪磊(こうらい)副報道局長は5日の定例会見で「中国人には現地の法律を守り、違法な活動を控えるよう注意喚起している」と述べた。



 
 
>TOP

一獲千金求めて、ガーナの金鉱で違法採掘する中国人

AFP BB News

2013年06月17日 16:04 発信地:アクラ/ガーナ

【6月17日 AFP】穴だらけの入国管理、政治的腐敗、そして一獲千金の機会から、ガーナには大勢の違法金採掘者が集まって来るが、違法採掘者らは遠く中国からも来ており、当局はこれまでに一斉摘発で中国人150人以上を拘束したという。専門家が語った。

アフリカ大陸第2位の産金量を誇り、政情不安定な西アフリカにおける安定化の先導役と言われるガーナは、小規模の金採掘が及ぼす影響に苦慮している。これらの小規模金採掘は外国人の参入が違法化されており、また、環境破壊をもたらすとされている。

著名な金融アナリストのシドニー・ケイスリーヘイフォード(Sydney Casely-Hayford)氏はガーナの既存の指導者・実業家層が、こうした金採掘を奨励しており、取り締まりでは違法採掘を止めることはできないと述べる。

「(金採掘は)手っ取り早い金もうけだ」と、ケイスリーヘイフォード氏は述べ、「違法採掘には打つ手がない。既存の当局者と産金会社、中国人のいずれもが金を欲しているからだ。彼らは皆、ゴールドを求めている」と述べた。

違法採掘排除の圧力が高まる中、ジョン・ドラマニ・マハマ(John Dramani Mahama)大統領の命令で設置された警察、移民、国家安全保障各当局者からなる特別チームは先月、違法採掘を一掃する計画に乗り出した。当局は、違法採掘により貯水や環境に悪影響が及んでいると非難している。

ガーナの入国管理局の報道官によると、先週拘束された外国人168人は大部分が中国人で、他にロシア人6人も含まれていた。中国政府は違法採掘に関与した中国人の本国送還などで協力しているという。

アフリカにおける原油その他の天然資源の市場と権益の獲得を目指す中国はアフリカへの投資を増やしており、さらに中国とガーナの2国間貿易は大幅に拡大している。それらに支えられ、中国は近年、ガーナとの距離を接近させている。

ガーナは石油産業が始まったばかりで、中国は投資に関心を示している。ガーナは2011年、天然ガスのインフラ建設のために中国から8億ドル(約770億円)の融資を受ける計画を発表した。

また同年、ガーナ政府は中国の統計を引用し、電力事業や水供給、道路建設などを含め、ガーナ国内で中国企業500社以上が営業していると発表した。

金の違法採掘への関与はここから急速に拡大した。

中国の在アクラ(Accra)大使館高官は、ガーナ国内に滞在する中国市民を把握する制度を大使館が持っていないため、どの程度の中国人が金採掘に関わっているか知らないと話した。

違法採掘にはアフリカ諸国の出身者も参入している。ガーナ当局は6月初め、ニジェールなど西アフリカ出身の計57人を金の違法採掘で拘束した。

ガーナ入国管理局の報道官は、違法採掘に携わる中国人の多くが入国許可を取得して入国している一方、域内の自由移動が条約で認められている西アフリカ地域の国籍保有者の数は把握できていないと説明した。(c)AFP/Chris Stein



 
 
>TOP

ガーナへの直接投資4割増 政府機関トップ「今年8%成長も

nikkei.com

2013/7/30 12:49

西アフリカ、ガーナの投資部門責任者は日本経済新聞に対し、同国への海外からの直接投資が2013年に前年比43%増の70億ドル(約7000億円)になるとの見通しを示した。全体の約4割が石油・ガス関連で、エネルギー開発が同国経済をけん引しているという。13年は8%以上の経済成長が可能との見方も示し、日本企業に積極投資を呼び掛けた。

投資部門を統括する投資促進センターのマウエナ・トレバー総裁が首都アクラで取材に答えた。トレバー総裁は「ギニア湾での石油・ガス開発を中心に直接投資が順調に伸びている」と語った。

主な投資国は欧州諸国、中国、ナイジェリアで「石油・ガス部門がガーナの成長をけん引している」と話した。国際通貨基金(IMF)はガーナ経済について13年以降は6%台の成長を予測しているが、総裁は「最低でも8%成長は可能だ」と自信を見せた。

ガーナは07年に油田開発が始まり、10年に本格生産を開始。13年4月時点の石油生産量は日量約10万バレルと12年比で44%増えた。総裁は「精製施設やパイプラインの整備にはさらなる投資が必要だ」と発言。「(資源開発や環境分野で)高い技術力を持つ日本からの投資に期待している」と述べた。

国連貿易開発会議(UNCTAD)の統計では、ガーナの12年の直接投資受け入れ額はアフリカ諸国で5位。西アフリカ地域では、大陸最大の産油国のナイジェリアが日量約250万バレルを生産しており、ガーナの存在感は大きいとはいえない。

ただ、総裁は「ガーナは地域有数の民主主義国であり、治安が安定している」と強調。イスラム過激派の活動が活発化しているナイジェリアやマリなどと比べ政情不安が少ない点が「大きな競争力」だと述べた。

24日から3日間にわたり、日本貿易振興機構(ジェトロ)などが主催する日本企業の訪問団がガーナを訪問。三菱商事やみずほ銀行など合計23社が参加しており、ある大手商社幹部は「西アフリカの拠点としてガーナの魅力は大きく、今後3年以内に事務所開設を検討したい」と話した。

資源以外に、ガーナ政府はエネルギーや農業など計7分野を重要投資対象に設定し、産業の多角化を図る考えだ。一方、経済成長に伴って電力不足が深刻化しており、首都でも停電が頻発。技術者の育成の遅れや慢性化する財政赤字なども課題となっている。

現政権は汚職の撲滅に取り組んでいるが、不透明な商慣習などに不安を訴える声が多いのも事実。経済取引で一段の透明性を確保することが今後の投資誘致を大きく左右することになりそうだ。

(アクラで、押野真也)



 
 
>TOP

西アフリカ「物流覇権」 ガーナが挑む

nikkei.com

カイロ支局 押野真也

2013/7/31 7:00

西アフリカのガーナが地域の物流の中心となる「ハブ化」構想を進めている。ギニア湾に面する同国が、経済発展が続く西アフリカ諸国の玄関口として物流拠点の役割を担おうというものだ。近年、ガーナでは石油開発が進み、海外からの直接投資も増加傾向にある。ただ、隣国のコートジボワールも同様の構想を進めており、西アフリカ地域のハブ化を巡る競争は激しさを増しそうだ。

ガーナの首都アクラから東方約25キロメートルに同国最大の港湾・テマ港がある。約390万平方メートルの港湾内には欧州や中国などからの積み荷があふれる。同港のコンテナ取扱量は64万3000TEU(2011年実績、20フィートコンテナ換算)で、3年間で約55%増加した。港湾を管理する行政当局者は「ガーナでは経済成長に伴ってコンテナの取扱量は今後も拡大基調が続く」と話す。

ガーナは07年にギニア湾で油田が見つかり、油田開発が本格化。石油や天然ガス分野を中心に海外からの直接投資が増える傾向にある。同国の実質国内総生産(GDP)の伸び率は11年に14.4%、12年は7.1%。国際通貨基金(IMF)は13年以降に6%以上の成長が続くと予測している。

フランス語を公用語とする国々が多い西アフリカで、ガーナは英語を公用語とする国の一つ。国際的なビジネス展開には有利とされているほか、民主的な選挙も実施されており「アフリカの民主主義の優等生」と評価する声も多く、成長期待も高い。

一方、物流拠点としての課題があるのも事実だ。主な課題は2点ある。1つは港湾の規模。隣国のコートジボワールのコンテナ取扱量はガーナの約3倍の規模を誇る。ガーナでは内陸部分と沿岸部分を拡張して将来の規模拡大を目指しているが、コートジボワールとの激しい競争にさらされている。

もう1点は通関体制がコンテナ取扱量の増加に追いついていないことだ。港湾内では検査待ちのため、コンテナを積んだトラックが長い列を作っている。行政当局によれば、通関にかかる時間は「短い時で数時間、長ければ2日かかることもある」と話す。

港湾内には長期間放置されたとみられるコンテナも見かけられ、積み荷の鋼材がさびている光景も目にする。ハブ化には港湾の拡張による取扱量の拡大だけでなく、通関体制の強化や積み荷の保管体制など、ハード面とソフト面の整備が急務になっている。



 
 
>TOP

ガーナ海岸にクジラ死骸漂着、1週間で5頭

AFP BB News

2013年09月06日 12:07 発信地:KOKROBITE/ガーナ

【9月6日 AFP】アフリカ西部ガーナの海岸に、この1週間でクジラ5頭の死骸が相次いで打ち上げられている。報道によれば前例のない事態で、地元当局は5日、原因究明に当たる意向を表明した。

AFPの取材に応じた地元当局者によると、クジラの死骸は前月30日から、複数の海岸に相次いで打ち上げられた。水産当局は「異常な事態」だとして、調査チームの派遣を決定したという。

地元メディアでは、ガーナ沖にある石油掘削施設が原因ではないかとの臆測が飛び交っているが、水産当局は疑惑を裏付ける証拠は得られていないと主張している。

環境団体「フレンド・オブ・ザ・ネーション(Friends of the Nation)」によれば、ガーナ沿岸には2009年以降に16頭のクジラが打ち上げられており、過去に例を見ない頻度だとして同団体が調査を要請していた。一方、報道で指摘されている石油施設は2010年12月から生産を開始しており、クジラが死んだこととの関連は「ただの偶然かもしれない」という。(c)AFP

ガーナ海岸にクジラ死骸漂着、1週間で5頭



 
 
>TOP

ガーナ沖石油生産設備建設に参画 三井物産・丸紅・商船三井

nikkei.com

2013/9/27 20:55

三井物産、丸紅、商船三井の3社は27日、三井海洋開発がアフリカ・ガーナ沖で手掛ける洋上石油生産設備の建設・運営事業に参画すると発表した。三井海洋開発が英国の石油開発会社タロウオイルグループから8月に受注した案件に3社が加わり、2016年に石油生産を始める計画だ。総事業費は1200億円超とみられる。

3社が参画するのは、タロウオイルなどが進める海底油田開発プロジェクトに使われる浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積み出し設備(FPSO)の建設・運営事業。三井海洋開発は同事業の運営主体となる事業会社をオランダに設立済みで、ここに三井物産が30%、丸紅が25%、商船三井が20%をそれぞれ出資する。

1200億円強の総事業費のうち300億〜00億円を4社の出資金で賄うもよう。残る800億円強を国際協力銀行などによる協調融資で調達する。

完成後のFPSOは事業会社が保有し、タロウオイルにリースや運転・保守などのサービスを10年間にわたり提供する。

海底油田開発の広がりを受けFPSOの世界需要は拡大している。現在はアフリカやブラジル沖など全世界で165隻が稼働しており、今後は年率1割のペースで増えるとみられている。



 
 
>TOP

新幹線線路に侵入のガーナ人、12時間後に発見

山陽新幹線広島駅(広島市南区)で10日早朝、線路内に立ち入り、行方がわからなくなっていたガーナ人の男(33)が12時間後、同駅近くの線路わきで見つかり、広島県警は、新幹線特例法違反(線路内への立ち入り)容疑で男を逮捕した。

男は「覚えていない」と容疑を否認しているという。

発表では、男は福岡県在住で日本語学校の留学生。10日夕、広島駅西約50メートルの保守用通路を広島方向に歩いているのを、走行中の新幹線の運転士が見つけた。

男は9日夜、新幹線の終電が広島駅止まりだったため帰れず、広島県警が同駅内で保護していたが、10日早朝、いきなりホームから線路に飛び降り、博多方面に走り去っていた。

(2013年10月11日10時21分 読売新聞)



 
 
>TOP

[FT]アフリカ、経済統計に不備 一夜でGDP6割増も

nikkei.com

2013/10/24 14:00

(2013年10月24日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

ある朝、貧しいアフリカの国ガーナが目覚めると、輝かしい中所得国に生まれ変わっていた−−。何かのトリックではない。2010年、同国政府が通信などの新たな成長産業を組み入れ、経済規模を10年超ぶりに再計算したところ、一夜にして国内総生産(GDP)が62%も跳ね上がったのだ。

少し前ならガーナやナイジェリアの事例はごく一部の学者の関心を引くだけだっただろう。しかし今やアフリカは海外投資家のレーダーがしっかり捉えている。特に先行する新興国地域の成長が伸び悩むなか、アフリカの経済統計の質は次第に重要性を増し、米年金基金や日本の商社幹部も注視している。

■IMFが警告

米債券運用最大手ピムコの新興国市場責任者、フランチェスク・バルセルス氏は「毎日データが発表され、変化をつぶさに追跡できるメキシコやブラジルとは違う。(アフリカの)データは発表までのタイムラグが大きすぎる」と指摘する。

アフリカ開発銀行は統計値の大幅な修正が「多くの関係者を驚かせたのは当然だろう」と認めながらも、今年初めには「全般的にまん延する問題」は存在しないと述べた。

だが、より大きな懸念を抱く機関もある。国際通貨基金(IMF)は今月、この問題を議論するセミナーを開催。「サハラ以南のアフリカの基礎的経済統計の多くが質が悪く、深刻な誤解を招きかねない」と警告を発した。

修正幅は時に非常に大きくなる。ギニアビサウとガンビアが数年前に経済規模を再計算すると、想定の2倍以上になったという。

投資家はこれまでも急速な経済成長を遂げ、短期間で世界金融市場に参入した他の新興地域について同様の問題と戦ってきた。

しかしアフリカの経済統計に関する著書「プア・ナンバーズ」があるカナダのサイモン・フレイザー大学のモーテン・ジャーベン准教授は、サハラ以南のアフリカでは中南米などと比べ統計学的問題が「より深刻」だと話す。

アフリカ開銀はアフリカ全体のデータ集計能力の構築に約1億ドルを投じたとしている。それでもセネガル経済・財務省で経済予測を担当するピエール・ンディアイ氏は、アフリカ諸国では資格のある統計専門家の確保が難しいと話す。

■国際基準に程遠く

アフリカの新しい統計値の算出はガーナの場合のように、できる限り正確な経済状況を知りたい投資家には願ってもないことだ。アナリストは新たなマネーを呼び込む可能性があるとみる。だが一方で、現実を厳しくさらけ出すことにもなる。経済規模は急拡大しているが、年成長率は減速傾向にあるのだ。

一部のアフリカ諸国は5年ごとに算定基準を改めるなど、国内経済統計を国際基準に合わせる改善に率先して取り組んでいるが、大半の国々はまだ程遠い状況だ。

アフリカ開銀によると、アフリカで国際基準に沿った基準年を用いる国は9カ国にとどまる。19カ国は少なくとも10年前の基準値を使ってGDPを算出しており、主要国のナイジェリアやスーダンを含む8カ国は20年以上前に基準年を置いている。資源国のコンゴ民主共和国や赤道ギニアに至っては基準年が1980年代だ。

たとえ経済統計が不完全でも、大半の投資家は「アフリカ・ライジング(アフリカの台頭)」と呼ばれる最近の力強い経済成長が本物だと考えている。だが経済データが改善されない限り、一部の懐疑論をぬぐえないだろう。

By Javier Blas



 
 
>TOP

[FT]アフリカの優等生ガーナに財政悪化の影

nikkei.com

2013/11/1 14:00

(2013年11月1日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

アフリカ経済をけん引するガーナの現状について手掛かりを探そうとすると、首都アクラに掲げられたスイスの高級腕時計ウブロの巨大看板に目を奪われるだろう。洗練されたショッピングセンターやホテル、集合住宅が続く町並みは、過去10年の平均で7%の経済成長を遂げた同国が前途洋々だとの見方を強めるかもしれない。

だが、他の財政指標に目を向け、ガーナ人が生活費についてこぼすのを聞くと、それとは異なる実情が浮かび上がってくる。

ほぼ3年前に始まった石油生産で財政基盤は強化されるはずだったが、経済は脆弱性を見せ始めている。ガーナは地域初の米ドル建て国債を発行するなど、海外投資家を引きつける「アフリカ・ライジング(アフリカの台頭)」のシンボル的存在だった。その状況が今や転換点を迎えている。

■IMFが初の警告

国際通貨基金(IMF)は31日、アフリカ諸国は外国投資家への依存度が高く、金融ショックへの脆弱性を増しているという初の警告を発した。経済状況の悪化を感じ取れば、海外マネーはすぐ流出するからだ。

欧米系格付け会社フィッチ・レーティングスは10月17日、ガーナの信用格付けをBプラスからBに1段階引き下げた。財政赤字の拡大で「政策の信頼性が大幅に弱まった」と警告し、国債返済負担の増大に注意を促した。一方、燃料、水、電力の価格高騰を背景に、労働組合はストライキを予告している。

アクラのビジネス情報コンサルタント会社の担当者は「ここでは沈着なムードが漂う。外側から見えるガーナの姿は明るいが内情は違う」と話す。

マハマ大統領率いる政権は財政懸念という逆風を受け、野党から経済運営の失敗を非難されている。マハマ氏の政党、国民民主会議(NDC)は2010年、労働者の士気を高め、サービス水準を向上させようと新たな公務員給与制度を導入した。その結果、11年から12年に政府の支払う賃金総額が47%増え、今では税収の70%以上を占める。昨年12月の大統領選を前に他の財政支出も増えたため、財政赤字は11年の国内総生産(GDP)比4%から12年末には11.8%に拡大。計画のほぼ2倍に達した。

反省した政府は15年までに赤字を同6%に減らす計画を発表。13年の目標を9%に設定した。だが、フィッチは今年の目標を達成する見込みは低いと指摘、同国のテクパー財務相もこれに同意した。フィッチによるガーナの格付け見通しは「安定的」だが、今年に入り「対外的な脆弱性が増した」としている。

ガーナの外貨準備高は輸入代金の3カ月分に満たず、政府債務はGDPの約50%に達している。一方、物価上昇率は9月に11.9%と3年ぶりの高水準となり、通貨セディは対ドルで昨年12月から15%下落した。13年のGDPの伸びは当初予想の8%から現在は7%に近い水準と予想されている。

■石油生産が原因という指摘も

アフリカで財政悪化に見舞われているのはガーナだけではない。

しかし、ケニアやコートジボワールでは赤字拡大の主な原因がインフラ事業などの資本支出の増大で、長期的発展には良い兆候といえるのに対し、ガーナのGDP比の資本支出は近年減少が続いている。

ある新興市場助言会社の代表は、ガーナが石油生産を始めたことで「民間部門には(限られた)財産、公共部門には衰退」をもたらしたと指摘する。代表は「典型的なケースだ。石油が見つかれば、人々の期待が高まり、政府支出は膨れ上がる。不人気でも必要な政策を実施しない限り、問題は解消しない」と言う。

テクパー財務相は燃料補助金の削減や新たな法人税導入といった進行中の財政再建計画を、格付け会社が十分考慮していないと言う。しかし、赤字を抑え込むには一段の補助金削減や公務員給与カットなど政治的に難しい措置が必要になる。

IMFアフリカ部門のアベベ・アエムロ・セラシエ氏は「まず資本余力の確保に努めよというのが我々のメッセージだ。増大する財政赤字を抑えなければならない。ガーナは財政再建が最も必要な国の一つだ」と述べた。

By Xan Rice



 
 
>TOP

仏・ポルトガルもW杯へ…新たに6か国出場決定

【ロンドン=大野展誠】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の欧州予選プレーオフとアフリカ最終予選(ともにホームアンドアウェー方式)の第2戦が19日、各地で行われ、フランス、ポルトガル、クロアチア、ギリシャ、ガーナ、アルジェリアの6か国が本大会出場を決めた。

これで本大会に出場する欧州代表13チームとアフリカ代表5チームが出そろった。

第1戦に0−2で敗れていたフランスは、ホームでウクライナに3−0で快勝して、逆転で5大会連続出場を果たした。ポルトガルはFWロナルドの3得点でスウェーデンに3−2で競り勝ち、2試合合計4−2で4大会連続出場。スウェーデンはFWイブラヒモビッチが2得点したが及ばず。

アイスランドとの第1戦を引き分けたクロアチアは、2−0の快勝で2大会ぶりの出場。ギリシャはルーマニアと1−1で引き分け、2試合合計4−2で2大会連続出場を決めた。

(2013年11月20日10時28分 読売新聞)



 
 
>TOP

ガーナなど本大会出場 サッカーW杯アフリカ最終予選

nikkei.com

2013/11/20 7:47

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アフリカ最終予選は19日、ホームアンドアウェー方式の第2戦2試合が行われ、ガーナが3大会連続3度目、アルジェリアは2大会連続4度目の本大会出場を決めた。

前回大会8強のガーナはアウェーでエジプトに1−2で敗れたが、2戦合計7−3で突破。アルジェリアはホームでブルキナファソに1−0で勝って2戦合計3−3とし、アウェーゴール数で上回った。これでW杯に出場するアフリカ勢5チームが出そろった。〔共同〕



 
 
>TOP

(W杯NEWS)ガーナ躍進、2つの理由 信用と計画性 サッカー

asahi.com

2014年2月11日05時00分

ガーナは2006年W杯で16強。前回大会はベスト8に進んだ。どちらもアフリカ勢で唯一の決勝トーナメント入りだった。前評判の割に結果を残せないアフリカ勢が多いなかで、なぜ躍進しているのか。

■熱いサポーター

首都アクラ郊外で、同国1部リーグの試合が行われていた。人気チーム、ハーツ・オブ・オークとアミダウスとの対戦だ。入場料は5セディ(約200円)。会場を囲う塀をくぐると、ピッチ脇にスタンドはなかった。照りつける日差しの中、サポーターはラッパを吹き、応援歌を歌う。国民のサッカーに対する情熱は格別だ。

だが、情熱だけで勝てるほどサッカーは甘くない。躍進のキーワードは「信用」と「計画性」だ。

アフリカの代表チームで度々起きるのが、報酬未払いなどのいざこざ。ガーナも以前は選手に航空券を買わせ、その代金を協会が支払わないなどのトラブルがあった。

今は違う。W杯予選の勝利給は1人あたり1万ドル(約100万円)。毎回、試合後すぐに現金を封筒に入れ、その場で手渡す。10年W杯の勝利給は2万ドルだったが、南アフリカに現金を輸送して支払った。

ガーナ・サッカー協会の方針が変わったのは、05年に弁護士のニャンタチ氏が新会長に就任してからだ。協会幹部を務めていた「ハーツ」会長のモタベ氏は「選手と協会の信頼関係が強固になった」と話す。

協会の資金力もついた。4年計画のビジネスプランを策定し、マーケティングのコンサルタントを起用。3年で計300万ドル(約3億円)の代表チームスポンサー料の獲得に成功した。前回W杯で8強入りすると、スポンサー料は石油企業や銀行などから年間300万ドルに増えた。それに政府支援が加わる。「最大のスポンサーは政府だ。協会に財政の問題はない」とクレンセル副会長は言う。

その資金を育成につぎ込んでいる。「地域の草の根レベルから支援をしている」と副会長。20歳以下(U20)代表のテテ監督は「育成には遠征費や宿泊費など金と時間がかかる。ほかのアフリカ諸国では難しいことを、ガーナでは実行している」と話す。それが結果に表れている。09年U20W杯で優勝。13年大会も3位に入った。09年優勝メンバーのうち、9人がA代表に昇格した。

なかでも、当時の主将アユーはフランスリーグのマルセイユなどで活躍。09年U20W杯得点王のアディアもA代表メンバー入りしてアユーとともに前回W杯から戦っている。

■ビジネス前面に

A代表のアッピア監督もガーナの強みは育成で見いだした選手たちだという。「経験のある選手の周りには、泥臭い仕事をする若い選手が必要だ。いまは優れた若い選手がたくさんいる。彼らはW杯で世界に知られることになるだろう」

才能だけで勝てる時代は終わった。指導者、スカウト、育成などの組織力と計画性が勝敗を分けるとテテU20代表監督は強調する。「昔、サッカーは芸術だった。いまはビジネスだ」

(柴田真宏)



 
 
>TOP

15歳のニュース:チョコレート、甘さの陰に 西アフリカ、最悪の児童労働 /大阪

毎日新聞 2014年02月15日 地方版

昨日はバレンタインデーでした。男の子のなかにはたくさんのチョコレートをもらってニンマリしている人もいるでしょう。お菓子のなかでも世界中で人気のチョコレートですが、その原料のカカオの7割を栽培する西アフリカでは、多くの子どもたちがカカオ農園で低賃金で働かされています。学校にも行けず、チョコレートなんか食べたこともない子どもたちです。甘いチョコレートのなかには「児童労働」と言われるとても苦い味が隠れています。【大野靖史】

カカオはラテン語の学名でテオブロマ・カカオ、「神々の食べ物」という意味です。南米原産で3000年の歴史を持つ食べ物です。カカオの木は赤道から緯度で南北15度以内の高温、高湿な熱帯地域(カカオ・ベルト)でしか育ちません。今では西アフリカが世界の主要産地で、特にコートジボワールとガーナの2国で世界の6割を生産しています。

◇4カ国で数十万人

日本が輸入するカカオの8割近くはガーナ産です。ちなみに日本のカカオの年間消費量を他国と比較すると、消費量の多い世界19カ国の中で6位の28万3000トン(1位はアメリカ155万6000トン)で、1人当たりの消費量は2・2キロで19位です(ともに2004年)。

ガーナを含む西アフリカ4カ国のカカオ農園で働く子どもは数十万人規模とされています。カカオ農園の仕事は、収穫促進のための過剰な農薬散布▽重い実を木から落とすための刃物の使用▽実を詰めた重いかごを頭に載せる運搬など、子どもには「最悪の形態」の危険な労働を含みます。多くの子どもたちは学校にも通っていません。

◇不当な安さゆえに

このカカオ農園の児童労働をなくそうと生まれたのがフェアトレードチョコレートです。フェアトレードとは「公正な貿易」という意味で、弱い立場の開発途上国の農産物を不当に安く買いたたかず、適正価格で仕入れることで、生産者の生活を守り、生産者にも児童労働の禁止や農薬の使用制限などを義務づける貿易の仕組みです。「国際フェアトレードラベル機構(FLO)」が国際統一基準を設け、認証ラベルを発行しています。チョコレート以外にも、コーヒーやお茶、くだもの、野菜など多くの商品が認証されています。

不当に安い価格は児童労働以外にも影響します。生産国ではその安さを生み出すため、労働者たちを安い賃金で働かせることになります。そのため労働者は十分な生活を送ることができなくなり、子どもを学校に行かせられなくなるのです。

日本でもフェアトレードチョコレートが売られています。購入を推進する運動も広がってはいますが、まだまだ普及率は低いのが現実です。またガーナでの児童労働の現状を日本の消費者に伝え、ガーナの子どもたちの支援へつなげるプロジェクトを行っているNGO法人「ACE(エース)」(東京都台東区)は、売り上げの一部が寄付になるチョコの販売などを行っています。寄付はガーナの教育支援に充てています。

◇貧困の悪循環

ただ問題の根は深いのです。かつて米国が多くの子どもを働かせていたバングラデシュの洋服工場との取引を停止したことがあります。5万人の子どもが解放されたのですが、結局その子どもたちはもっと賃金の安い他の工場に移らざるを得なくなりました。働かないと生きていけないからです(キャロル・オフ著「チョコレートの真実」英治出版)。ここには「絶対的な貧困」という問題があるのです。フェアトレードのチョコレートを買うことも大切ですが、それだけですぐに問題が解決されるわけではないのです。

貧困が低教育を生み、低教育が貧困を生む、という悪循環を断ち切る必要があります。そのためには、一方的に児童労働を禁じるだけではなく、教育の無償化、働きながら学べる教育プログラム、職業訓練、通学用の交通手段整備、など幅広い支援が必要です。

◇奴隷

児童労働の中には人身売買された子どももいます。現代の奴隷です。奴隷なんて大昔の話だと思ったら大間違いです。現代ほど多くの奴隷が存在する時代はないのです。多くは借金で働かされているケースです。2012年6月に当時のヒラリー・クリントン米国務長官が出した世界185カ国・地域の人身売買報告書では、最大2700万人の奴隷状態の人々がいる、と推計しています。昨年10月にオーストラリアの「WalkFree財団」が出した推計では3000万人で、最多はインド(1400万人)で、中国(290万人)、パキスタン(210万人)が続きます。また国民に占める比率では最悪は西アフリカのモーリタニアで、340万人の人口のうち4%が奴隷と推計されています。

==============

■ことば

◇児童労働

子どもの教育や成長を妨げる労働のことです。国際条約では、15歳未満(途上国は14歳未満)で義務教育を受けるはずの年齢の子どもが教育を受けずに大人と同じように働くことと、18歳未満の危険で有害な労働を「児童労働=ChildLabor」としています。日本にも多い学生のアルバイトや家事手伝いなどは一般的に「子どもの仕事=ChildWork」と呼ばれ児童労働とはみなされません。

1989年、国連は「子どもの権利条約」を採択しました。18歳未満が子どもであること、子どもには教育を受ける権利や経済的搾取を含むあらゆる搾取や暴力・虐待から保護される権利があるなど、子どもの基本的人権が定義されています。国際労働機関(ILO)は99年に「最悪の形態の児童労働条約」で子どもにとって特に搾取的な労働を定め、最悪の形態の労働に就く18歳未満の子どもを優先的に保護することを定めました。

ILOが2013年9月に発表した報告書では、世界の児童労働者推計は1億6795万人です。子ども人口(5〜17歳)の10.6%にあたり、世界の子どものおよそ9人に1人が児童労働をしていることになります。このうち兵士や危険・有害労働に就いている子どもは8534万人に上ります。ちなみに、こども兵士は国連児童基金(UNICEF)の09年の推計では25万人もいます。

==============

◇最悪の形態の児童労働条約=国際労働機関(ILO)第182号条約(1999年)

児童労働の中でも最も搾取的な労働を「最悪の形態」と定め、義務教育を終えたとしても、無条件ですぐに子どもを労働から引き離し保護することとしています。「最悪の形態」は、四つに分類されています。

A 児童の人身売買、武力紛争への強制的徴集を含む強制労働、債務奴隷などのあらゆる形態の奴隷労働またはそれに類似した行為

B 売春、ポルノ製造、わいせつな演技のための児童の使用、あっせん、提供

C 薬物の生産・取引など、不正な活動に児童を使用、あっせんまたは提供すること

D 児童の健康、安全、道徳を害するおそれのある労働



 
 
>TOP

途上国で格安学校 英ピアソン、フィリピンに50校 脱貧困をビジネスに

日本経済新聞

2014年3月15日

貧困で子供に教育を受けさせられない家庭が多い途上国で、英教育大手ピアソンが学費を月数ドルに抑えた格安学校の運営事業を拡大する。新たにフィリピンで中学校を2015年までに30〜50校開設する。効率経営のノウハウにたけた民間企業の学校運営は、アジアやアフリカで貧困からの脱却のカギとなる教育の充実に寄与しそうだ。

ピアソンは教材開発を手がけるほか、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を傘下に持つ大手企業。フィリピンで同国の大手財閥、アヤラ・コーポレーションと組んで学校を設けていく。このほど、まずマニラ首都圏に1校を開校。言語や数学などの基礎科目のほかに、リーダーシップを養成する講座なども用意する。アジアやアフリカの貧困地域で学校運営事業を広げていく方針だ。

途上国では公立学校の授業料は無料でも、実際は教科書や昼食など授業料以外の費用負担が重荷になっている。ピアソンは施設を共通化した学校の“チェーン展開”によりコストを抑制。教材費などを含めた学費は「公立校に通わせるよりも半額程度の水準」(同社幹部のマイケル・バーバー氏)となる数ドル程度に抑える。

学費の水準のほかにも保護者の負担が少ないように学費を日払いで分割して納められるようにする。子供は農業の担い手だが、繁忙な収穫期には農作業の時間帯と就学時間が重ならないよう柔軟に運営する工夫もする。

公的な教育制度の充実が進まないアジアやアフリカでは非政府組織(NGO)や地元企業が学校を運営するケースがあるが、大手企業がビジネスとして取り組むのはまだ珍しい。

ピアソンはこれまでにガーナやインドでも費用の安い保育園や小学校などの運営に参画。途上国での学校運営ビジネスの展開に力を入れている。ガーナでは首都アクラ周辺などで約40校の運営に携わっており、のべ2万人が通学したという。

貧困や飢餓の撲滅などを盛り込んで国連が2000年に定めた「ミレニアム開発目標」は、15年に世界中で初等教育(日本の小学校に相当)の100%普及を目指している。だが国連は1日2ドル以下で暮らす低所得者層が人口の約5割を占めるサハラ砂漠以南のサブサハラ諸国や、南アジアなどでは「目標達成は困難」としている。

その結果、世界で若者(15〜24歳)の1億2300万人が基礎的な読み書きもできない状態が続くとみられている。民間企業による費用の安い学校を運営するビジネスが広がれば、途上国の貧困層への教育充実につながるとの期待を集めている。



 
 
>TOP

強制送還中死亡:入管の過剰制圧は違法…国に賠償命令

毎日新聞 2014年03月19日 11時45分(最終更新 03月19日 13時08分)

強制送還中のガーナ人男性が2010年、東京入国管理局の入国警備官に取り押さえられた後に死亡したことを巡り、遺族が1億3640万円の賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、国に約500万円の支払いを命じた。小林久起裁判長は「制圧行為は必要性を明らかに越えており違法」と述べた。検察は告訴された警備官を不起訴としており、死亡の責任に関して判断が分かれた。

亡くなったのは、アブバカル・アウドウ・スラジュさん(当時45歳)。旅券不携帯で逮捕され、強制送還の手続きがとられた。

国側は解剖結果を踏まえ「心臓に疾患があり死因は不整脈だった」と主張した。だが、判決は「生前に重い症状はなかった」と指摘し、「手錠などで両手首を固定され、猿ぐつわをされながら膝が顔に近づくほどに前かがみの姿勢を強制されたことで呼吸困難になった窒息死」と認定した。

判決によると、成田空港で飛行機に搭乗する際に抵抗したとして、警備官がスラジュさんを制圧し着席させた。その後、スラジュさんは意識を失い、空港内の病院に搬送されたが死亡が確認された。

遺族は10年6月、特別公務員暴行陵虐致死容疑で警備官10人を告訴したが、千葉地検は12年7月、容疑なしで不起訴とした。入管も同年11月、制圧は適法だったとする調査結果を発表した。【川名壮志】

◇妻「国は正式謝罪を」

スラジュさんの日本人の妻(52)は判決後、東京都内で記者会見し、「心のつかえが取れた」と喜んだ。

妻は1988年、来日直後のスラジュさんと知り合い、同居するようになった。しかし2006年9月に不法滞在(オーバーステイ)が発覚。同11月に婚姻届を出したが、在留特別許可は認められなかった。会見で遺影を掲げた妻は「国は正式に謝罪してもらいたい」と強調した。

会見に同席した代理人の児玉晃一弁護士は不起訴処分を不服として検察審査会への審査申し立てを検討する考えを明らかにした。

一方、法務省入国管理局は「判決内容を精査して、対応を検討したい」とコメントした。同省幹部は「刑事事件で不起訴になり、省内の調査でも、死因は病気で、制圧行為に何の問題もないと断定できた事案だけに驚いている」と話した。【山本将克、伊藤一郎】



 
 
>TOP

入管職員に押さえつけられ男性死亡 国に賠償命じる判決

asahi.com

田村剛 2014年3月19日15時16分

4年前、日本での在留期限が切れたガーナ人男性が、成田空港から強制送還される際に急死したのは、東京入国管理局の職員の過剰な制圧行為が原因だとして、日本人の妻(52)ら遺族が、国に約1億3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。小林久起(ひさき)裁判長は「入管職員の違法な制圧行為による窒息死だった」と認定。国に約500万円の支払いを命じた。

判決は、ほぼ無抵抗の男性に入管職員が制圧行為をしたと判断。「危険性の大きさが、制圧の必要性と相当性を明らかに超えており、違法」と結論づけた。強制送還のあり方や入管行政の人権配慮への姿勢が厳しく問われそうだ。

男性はアブバカル・アウドゥ・スラジュさん(当時45)。2010年3月22日、複数の入国警備官に付き添われて飛行機に乗せられ、離陸前に死亡した。

法務省の報告書では、手足に手錠をされ、タオルで口を猿ぐつわのようにふさがれて、座席で前かがみに押さえられていた。さらに両手首は、プラスチック製の結束バンドでズボンのベルトに固定されていた。

判決は同様に事実を認めた。スラジュさんが搭乗前には送還を拒む振る舞いをしていたが、機内ではほぼ無抵抗だったとも指摘し、「猿ぐつわによる呼吸の制限と、ひざに顔が近づくほど深く前かがみになる体勢を強制されたことによる胸郭や横隔膜の運動制限が相まって、呼吸困難で窒息死した」と認定。「死因は心臓の腫瘍(しゅよう)による不整脈。制圧行為と因果関係はない」とする国の主張を退けた。

他方、スラジュさんが護送中、飛行機に「絶対乗らない」との発言を繰り返していたなどとして「違法な制圧行為を自らが誘発した面は否めない」と指摘。国が賠償すべき額を損害額の2分の1にとどめた。

スラジュさんは1988年に短期滞在の資格で来日。工場などで働いていたが、06年に出入国管理法違反(旅券不携帯)の容疑で逮捕された。死亡をめぐっては10年12月、千葉県警が警備官10人を特別公務員暴行陵虐致死容疑で書類送検。しかし、千葉地検は12年7月、全員を不起訴(嫌疑なし)とした。遺族は、再捜査を求めて検察審査会への申し立てを検討している。

法務省入国管理局は「判決内容を十分検討した上、今後の対応を考えたい」とのコメントを出した。

    ◇

【亡くなったスラジュさんを巡る経緯】

1988年5月 短期滞在の在留資格で来日

89年1月 日本人の妻と同居を開始

2006年9月

出入国管理法違反の疑いで逮捕、入管施設に収容

11月 妻と結婚

08年2月 在留特別許可を求めた訴訟で一審勝訴

09年3月 二審で逆転敗訴し確定。その後、再び入管に収容

10年3月 強制送還中に死亡

6月 妻が千葉地検に告訴

12月 千葉県警が入国警備官10人を書類送検

11年8月 妻が賠償を求めて国を提訴

12年7月 千葉地検が警備官10人を不起訴処分に

11月 法務省が「問題なし」との調査結果を発表

14年3月 東京地裁で賠償請求訴訟の判決

■「夫の命、日本社会に一石」

「心のつかえがとれた」

判決後に東京都内で記者会見した日本人の妻(52)は、小さな声で語った。

夫の突然の死から4年。「夫は人間として扱われなかった」。今も理不尽な死の意味を問い続けている。

「旦那様が死亡しました」。収容中の夫・アブバカル・アウドゥ・スラジュさん(当時45)について、入管職員から突然の電話を受けたのは、10年3月22日夜。ショックで、その場に崩れ落ちた。

入管施設に収容されていた夫が、その日、送還されようとしていたことすら全く知らなかった。「何があったの?」。何度聞いても入管側は「わからない」と繰り返した。

手足に手錠をはめ、縄で拘束し、タオルを口にかませて、前かがみに押さえつけた−−。法務省が内部でまとめた報告書は、目を疑う内容だった。

裁判で国は「スラジュさんが激しく抵抗した」と主張したが、千葉地検が遺族側に開示したビデオには、暴れることなく自分の足で歩いていたスラジュさんを職員が担ぎ上げ、機内に運ぶ様子が映っていた。「強制送還の遂行が第一で、相手が人間ということに思いが至らなかったのか」。妻はいまだにビデオの後半部分を見ることができない。ぐったりして動かなくなった夫の様子が記録され、平静でいられる自信がないからだ。

1988年にスラジュさんと出会い、翌年から同居。入管施設に収容されてからも面会を続け、1日に5回以上、電話したこともある。2006年に正式に結婚した。

東京地裁は08年、「2人の間には夫婦関係が成立している」として強制退去命令を取り消した。だが東京高裁は翌年、「子がおらず、妻も独立し仕事をしている。必ずしも夫を必要としない」とスラジュさんを逆転敗訴させた。「日本では外国人は勝てないよ」。スラジュさんは落ち込んでいたという。

春の光があふれるこの季節、ふたりは毎年、一緒に近所の桜並木を歩いた。絵や音楽が好きで笑顔を絶やさない夫と、桜の下で笑い合う時間が幸せだった。

一人の外国人が、こんな命の落とし方をしたことを、広く社会に知ってほしいと思う。「同じ人間なのに……。夫は命と引き換えに、日本社会に一石を投じたのだと思います」



 
 
>TOP

“大使公邸カジノ”摘発、10人逮捕 ガーナ大使の聴取要請 警視庁

MSN産経ニュース

2014.3.19 13:56 [外国人犯罪]

駐日ガーナ大使公邸を装って客にバカラ賭博をさせる違法カジノを営業したとして、警視庁保安課は、賭博開帳図利容疑で、実質的な経営者で東京都板橋区宮本町、山野井裕之容疑者(35)ら10人を逮捕した。同課によると、山野井容疑者は「遊びに来ただけ」と容疑を否認し、他の9人は認めている。

店の従業員は「大使も来ていた」と証言。同課はカジノに使うと知って部屋を提供したとみて、外務省経由で大使の任意聴取を求めている。外交官はウィーン条約の外交特権で逮捕できないが、聴取に応じない場合は「好ましくない人物」(ペルソナ・ノン・グラータ)に指定して国外退去を要請する可能性もある。

逮捕容疑は5日夜、渋谷区道玄坂のビルの一室で、トランプを使ったバカラ賭博を客にさせ、利益を上げたとしている。

この部屋は平成24年9月に前大使名義で契約され、25年3月に現大使名義に変更。玄関に「駐日ガーナ大使」と実名で掲げられていたが、外務省に届け出ていなかった。山野井容疑者らは「大使館だから警察に捕まらない」といって客を募り、2億円以上を売り上げていたとみられる。



 
 
>TOP

賭博:ガーナ大使邸で…日本人容疑者12人逮捕

毎日新聞 2014年03月19日 11時51分(最終更新 03月20日 07時50分)

東京都渋谷区のビルの一室でバカラ賭博場を開いたとして、警視庁保安課は19日、東京都板橋区、無職、山野井裕之容疑者(35)ら胴元10人と客2人の日本人計12人を賭博開張図利容疑などで逮捕し、バカラ台2台や約800人分の顧客名簿などを押収したと発表した。この部屋はガーナ大使が借りており、同課は大使が賭博場として貸し出していた可能性もあるとみて捜査。外務省を通じ事情聴取に応じるよう要請している。

逮捕容疑は今月5日、渋谷区道玄坂2のビル内で客にバカラ賭博をさせ、賭け金を集めたとしている。同課によると、山野井容疑者を除く全員が容疑を認め、「ガーナ大使館の施設なので捕まらないと思った」などと供述している。

保安課によると、この部屋は前任のガーナ大使が2012年9月に賃貸借契約を結び、13年3月に現大使が契約を引き継いでいた。12年10月ごろからカジノ賭博を始め、計約2億円を売り上げていたとみられる。

部屋の扉には「駐日ガーナ共和国大使」として現大使の名前が掲示され、常連客の紹介なしでは入店できないシステムだった。家賃は月50万円で、胴元として逮捕された容疑者の一人が現大使の名義で振り込んでいたという。

10年にもコートジボワール大使館の元外交官が、都心に借りたビルの一室を賭博店に貸して報酬を得ていたとして摘発される事件があった。【林奈緒美】



 
 
>TOP

ガーナ大使名義の部屋で闇カジノ 開帳容疑で10人逮捕

asahi.com

2014年3月19日11時51分

現職のガーナ大使(55)が借りていたビルの一室で客に賭博をさせていたとして、警視庁は、無職山野井裕之容疑者(35)=東京都板橋区宮本町=ら男女10人を賭博開帳図利の疑いで逮捕し、19日発表した。同庁は、外交特権のある大使が事件に関与した疑いがあるとみて、外務省を通じて任意聴取の要請をしている。山野井容疑者は容疑を否認しているという。

保安課によると、10人は3月5日、渋谷区道玄坂2丁目のビルの一室で、客にトランプを使ったバカラ賭博をさせて利益を得た疑いがある。この部屋は2012年9月に前ガーナ大使の名義で賃貸契約され、昨年3月に現大使に名義が変更されていた。店は12年10月から今年3月までに約2億円を売り上げていたという。

自国を出て職務にあたる大使などについては、捜査機関が逮捕したり、家宅捜索したりすることはできない。同課は、大使が名義人となることで得られる外交特権を山野井容疑者らが悪用し、「捕まらない」ことを売りにして「闇カジノ」を開いていたとみている。



 
 
>TOP

ガーナ大使名義でバカラ賭博店 容疑の店員ら逮捕

東京・渋谷のビル一室で契約

nikkei.com

2014/3/19 12:24

警視庁保安課は19日までに、東京都渋谷区道玄坂のビルの一室でバカラ賭博店を開いたとして、同店従業員、山野井裕之容疑者(35)=板橋区=ら12人を賭博開帳図利などの疑いで逮捕した。同課によると、賭博店を開いた部屋はガーナ大使(55)らの名義で借りていたといい、外務省を通じて任意の事情聴取を要請した。

保安課によると、この部屋は2012年9月、当時のガーナ大使(61)の名義で新規契約し、13年3月に現在の大使に名義変更。玄関には大使名の表札も掲げられており、一部の容疑者は調べに対し「カジノ店に大使が来たことがある」と供述しているという。

同課は山野井容疑者らが違法営業の発覚を逃れるため、国外に駐在する外交官らに現地の捜査機関の強制捜査権が及ばない「不可侵特権」を悪用していた疑いがあるとみて調べている。

同課によると、山野井容疑者らの逮捕容疑は5日、カジノ店内でバカラ台を設置して客にバカラ賭博をさせ、手数料を取るなどした疑い。バカラ賭博は12年10月に始まり、これまでの売り上げは約2億円に上るとみられる。



 
 
>TOP

強制送還中拘束のガーナ人死亡、国に賠償命じる 東京地裁

nikkei.com

2014/3/19 12:16

成田空港から強制送還中に死亡したガーナ人男性の遺族が、東京入国管理局職員の過剰な制圧行為が死亡の原因だとして、計約1億3千万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。小林久起裁判長は原告側の訴えを認め「入管職員の制圧は違法」と指摘、国に対して遺族2人に計約500万円を支払うよう命じた。

ガーナ人のアブバカル・アウデゥ・スラジュさん(当時45)は、2010年3月に強制送還中の機内で急死した。

判決で小林裁判長は、入管職員らがタオルで猿ぐつわをかませて金属手錠と結束バンドで両手首を固定、前かがみの体勢を強制したとして「入管職員らの制圧行為によって窒息死したと認められる」と指摘。国側の「死因は不整脈」との主張を退け、「制圧の必要性、相当性を明らかに超えて違法」とした。

一方で、スラジュさんが過去の送還時に抵抗して送還を中止させたり、自殺を示唆したりした経緯を踏まえ、「違法な制圧行為を誘発した」として、5割の過失相殺を適用。ガーナで得られたはずの収入を元に逸失利益を算定すべきだとして、賠償額を約500万円と認定した。

訴訟では、日本人の妻(52)とガーナに住む母親が「入管職員が故意に暴行を加えて窒息死させ、職務上の注意義務があった救護措置も取らなかった」と主張した。

国側は「スラジュさんが暴れたためやむを得ず拘束した」として、死因についても「心臓に持病があり、不整脈による突然死」と反論した。

妻は入管職員10人を特別公務員暴行陵虐致死容疑で刑事告訴したが、千葉地検は12年7月、いずれも嫌疑なしで不起訴処分とした。法務省入国管理局も同年11月、「過剰な制圧行為をした事実は認められない」とする調査結果を公表。死因についても「不整脈で、取り押さえとの因果関係はない」とした。

法務省入国管理局の話 判決内容を十分検討した上、今後の対応を考えたい。



 
 
>TOP

事情聴取要請の大使、帰国していた…バカラ賭博

2014年04月01日 18時14分

バカラ賭博事件ガーナ大使帰国 違法なバカラ賭博が行われていた東京都渋谷区の雑居ビルのフロアをエドモンド・デー駐日ガーナ大使が借りていた問題で、デー大使が3月24日に帰国していたことが外務省などへの取材でわかった。

警視庁は同省を通じて事情聴取を要請していたが、デー大使は「この問題についての対応をガーナ本国と協議する」などと言って帰国した。



 
 
>TOP

聴取要請のガーナ大使が帰国 バカラ賭博事件

nikkei.com

2014/4/1 1:46

駐日ガーナ大使の名義で借りたビルの一室でバカラ賭博が行われた事件で、警視庁が外務省を通じて事情聴取を要請していた同大使が帰国していたことが31日、同庁などへの取材で分かった。再来日の日程などは未定。

警視庁によると、大使は3月24日に出国。大使側は外務省を通じ「捜査に協力するかどうかは本国で協議する。回答は待ってほしい」などと伝えてきたという。



 
 
>TOP

闇カジノ疑惑のガーナ大使帰国 警視庁、聴取協力を要請

asahi.com

2014年4月1日01時23分

ガーナの駐日大使(55)名義のビルの一室で「闇カジノ」が開かれていた事件で、警視庁が任意の事情聴取を要請していた大使が先月24日、本国へ帰国していたことが、同庁への取材でわかった。大使には逮捕や起訴を免れる外交特権があり、同庁は外務省を通じて聴取に応じるよう要請している。

大使は外務省を通じて「捜査に協力するかどうか本国で協議する」と同庁に伝えてきたという。

この事件は、東京都渋谷区のビルの一室で3月、客に賭博をさせたとして、カジノ店従業員10人が賭博開帳図利の疑いで逮捕された。部屋は大使が賃貸契約を結んでおり、従業員は「大使も店に来ていた」と供述しているという。



 
 
>TOP

連載:特派員リポート

(@アトランタ)撲滅見えてきたギニアワーム

asahi.com

2014年4月5日00時00分

米アトランタにある米疾病対策センター(CDC)の博物館には、天然痘の「最後の患者」の写真が展示してある。ソマリアのAli Maow Maalin(アリ・マオウ・マアリン)という23歳の青年で、職業は料理人。1977年10月26日に発症後、回復した。世界保健機関(WHO)が正式に「撲滅宣言」をするのはその3年後だ。

今のところ人類が完全制圧に成功した人の感染症は天然痘しかない。ひとつの病気を撲滅させることがいかに難しいか、「最後の患者」は物語っている。

しかし、いまようやく二つ目が見えつつある。アフリカに多い「ギニアワーム」(メジナ虫症)という寄生虫病の一種だ。

ギニアワームは1980年代前半からCDCが地域対策に乗りだし、86年にWHOが「撲滅」を正式に目標に掲げた。その時点では世界20カ国で350万人の患者がいた。それが昨年見つかった患者は5カ国148人。542人だった一昨年に比べ4分の1に減った。最も多い南スーダンでもこの2年間で8割近く減っている。順調にいけば数年以内に「患者ゼロ」を達成できるかもしれない、というところまで来ている。

ギニアワームは日本にはない。しかし、私には特別な思いがある。もう20年以上も前、私は国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊に参加して、ガーナで2年余りを過ごした。そのときの活動が、まさにこのギニアワーム撲滅計画の一環だったからだ。

    ◇

「透明な水より味があっておいしいよ」。濁った池の水を平然と飲む村人の言葉にあぜんとしてしまったのを今でも覚えている。

当時、私が暮らしたのはガーナ内陸部にあるタマレという町だ。町中にあった家にはまだ水道が来ておらず、給水車に運んでもらった水をドラム缶にためて使っていた。さらに郊外の村に行くと、村人たちは茶色く濁った池の水をそのまま平気で飲んでいた。

ギニアワームの幼虫はミジンコに寄生する。ミジンコがいる池の水を飲むと、約1年後に体内で成長した成虫が足の先などから皮膚を食い破って出てくる。激しい痛みで満足に動けなくなり、1カ月間ぐらいは学校や仕事に行けなくなる。患部が化膿(かのう)すればさらにやっかいだ。当時、町の周辺にはまだ至るところに患者がいた。

ミジンコは極めて小さな水生生物だが、透明な容器に入れれば、ぴょんぴょん跳ねているのが目でも見える。「ミジンコが泳いでいるのも知らないで水を飲んでしまうなんて」と最初は不思議に思ったものだ。

政府の上下水道公社に所属していた私の活動は、池の水をなるべく金をかけない方法で処理して、ギニアワームを予防することだった。

布製のフィルターを通せばミジンコは除去できる。しかし、いったんバケツにくんだ水を1人でフィルターにかけるのは面倒な作業で、水がきれいになるわけでもない。村人たちの間ではあまり評判がよくなかった。

私が試みたのはドラム缶を使った簡易濾過(ろか)器の作製だ。上部にバケツを使った砂や砂利による濾過装置を設置して、最下部に水道栓を溶接しておく。上から水を注ぐと、砂と砂利で濾過された水がドラム缶にたまり、栓から取り出すことができる。材料はすべて現地で入手でき、砂や砂利は河原に行けばある。上下水道公社には溶接や木工、配管、塗装など職人がいくらでもいるので、制作費はタダだ。

試作品を池のほとりに置き、デモンストレーションを兼ねたデータ採取を行った。濁った水は驚くほど透明になる。大腸菌などは除去できないから、むろん先進国ならとても飲める水ではないが、ミジンコだけは完全に除去できる。何より、水がこんなに透明になる、という実演は村人たちへのアピールになる。

実験の後、今度は人口1千人ほどの村の各世帯にドラム缶濾過器を設置する計画を立てた。「水がめ」として使ってもらうのである。ささやかながらJICA事務所を通して数百万円の資金援助を申請した。当時は日本政府の途上国援助(ODA)が米国を抜いて世界一になったころだ。いとも簡単に申請は通った。

各世帯に濾過器が行き渡ったころ、任期に終わりが来た。ギニアワームの患者は、活動を継いでくれた後任の代になって激減したと聞く。しかし、それでもゼロにするのはなかなか難しかったと記憶している。

撲滅という目標が、まさか現実になりつつあると知ったのは昨年、米NGOカーターセンター(本部・アトランタ)が定期的に発表するプレスリリースを目にしたからだ。カーター元米大統領が設立した同センターは80年代からギニアワーム撲滅運動に取り組み、世界の活動で中心的役割を果たしている。私はカーターセンターを訪ねることにした。

    ◇

「君はガーナにいたんだってね」。カーターセンターギニアワーム撲滅計画のアーネスト・ルイーズ=ティベン部長は、まるで昔の戦友のように私を迎えてくれた。CDCに勤務していた80年代からギニアワーム対策にかかわり、92年からカーターセンターに籍を移して活動の最前線に立っている。取材に訪れた3月上旬も、昨年世界で最も多い113人の患者を出した南スーダンから戻った直後だった。

CDCがギニアワーム対策に乗り出した80年代初頭、WHOは「撲滅」には懐疑的だったらしい。「当時は天然痘を撲滅した直後で疲れきっていたし、何よりギニアワームは『死なない病気』だったから逆に軽視されていた」と語る。

ギニアワームに治療薬や予防ワクチンはなく、何度でも繰り返し感染する。それでも撲滅が見えてきたのは水道や井戸の建設、ミジンコを殺虫する薬剤の散布といった対策に加え、公衆衛生の地道な活動によるところが大きいようだ。

集落ごとに責任者を決め、患者が見つかったら確実に把握できる態勢をつくる。患者を水辺に近づかせないように入院などの措置を取ることも大切だ。

水道や井戸がない地域では布製のフィルターやフィルター付きストローを配布する。と同時に、予防することの大切さを教える。子どもには劇や絵本、紙芝居、人形劇が効果をあげたという。

だが、人々が協力的とは限らない。地域によっては外国人の「お仕着せ」は嫌う風潮も強い。「だれもが納得できるよう繰り返し時間をかけて説明をする必要がある」とルイーズ=ティベン部長は言う。

撲滅に向けた最後の難関とみられるのが南スーダンとマリの情勢だ。

南スーダンでは昨年末、政府軍と反乱軍の間で武力衝突が発生。活動していた同センターのスタッフが撤退を余儀なくされた。現地スタッフは活動を続けるものの、十分ではない。「ひとたび流行が起きれば終息させるまでに2、3年はかかる」と言う。昨年11人の患者を出したマリでも、2012年に起きた軍部によるクーデターの影響で活動が事実上、止まったままだ。

「活動で最大の障害だったのは?」との問いに、ルイーズ=ティベン部長はためらいなく答えた。「それはいつも政治的な要因だ。我々ではどうすることもできないからね」

    ◇

撲滅計画には日本も貢献している。JICAがガーナやナイジェリア、マリなど西アフリカを中心に、給水施設や井戸の建設、専門家や青年海外協力隊員の派遣を進めてきた。

ガーナは現在、どのようになっているのだろうか? 私はJICAの人から一人の協力隊OBを紹介してもらった。2008年から10年までガーナに派遣された坂本大祐(だいすけ)さん(32)で、給水施設の維持管理活動にあたったという。坂本さんが暮らしたのもタマレ。懐かしさも手伝って日本にさっそく電話した。

坂本さんがいたのはガーナ全体の年間患者が500人まで減り、撲滅が見えてきたころだ。

しかし、逆にそれだけ緊張感があったようだ。給水施設や井戸があってもポンプが故障すれば、村人はまた池の水に頼らざるを得なくなる。池の水を使った場合、ギニアワームが十分に予防できるかは疑問だったという。「たとえ予防意識があったとしても布フィルターに穴があいていれば意味がないし、水質改善効果もない」という。もし池の水が汚染されて感染が広がると、最悪の場合、1万人に広がりかねない。

坂本さんが活動で力を入れたのが「施設の持続性」だった。給水施設があっても、故障で修理ができなかったり、ポンプの電気代が払えなかったりで、放置されてしまうケースが少なくない。そこで村人たちから水道料金を集め、自分たちだけで施設を維持・管理できる経営システムを積極的に導入したという。

その後、ガーナでは2011年に患者ゼロを達成した。このまま発生がなければ今年夏にもWHOから国としての「撲滅」が正式に認定される。

後日、坂本さんに当時の写真を送ってもらった。「水ではないですが、個人的ベストショット」と注釈のついた一枚では、村の子どもたちが底抜けに笑っている。この笑顔が活動の支えになったのはどうやら間違いないようだ。

    ◇

坂本さんの話を聞いていると、タマレの水事情は私のいたころよりはるかに良くなったようだ。ただ、依然としてマラリアの感染は深刻らしい。

マラリアは蚊に刺されて感染し、病原体となる原虫が赤血球に寄生して、高熱や震えが起きる。最悪の場合は死に至る。私も当時、3回ほどかかった。坂本さんも何回かかかったという。

WHOは実は1950年代にマラリアを撲滅目標に掲げたことがある。しかし、薬の効かない耐性原虫が出現して失敗に終わった。最近になって若干の進展はあるものの、2012年時点で世界中で2億人が感染し、60万人が死亡していると推測される。

人類と感染症との戦いを見渡せば将来は決して楽観はできない。先進国でも、新しい抗生物質を開発するたびに耐性菌が出現する「いたちごっこ」を繰り返し、今や新しい抗生物質の候補は尽きつつある。

月に初めて降り立った宇宙飛行士、故ニール・アームストロング氏は「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ」との言葉を残した。これになぞらえて言えば、ギニアワームの撲滅はこう言えるかもしれない。

「アフリカにとっては大きな前進だが、人類にとってはまだ小さな一歩に過ぎない」

    ◇

行方史郎(なめかた・しろう) アメリカ総局員。1966年生まれ。青年海外協力隊員としてガーナ上下水道公社に2年2カ月間勤務した後、1992年入社。津支局、社会部、科学医療部などを経て、2011年7月から現職。



 
 
>TOP

闇カジノ、大使ぐるみか 「報酬渡した」「店に出入り」

asahi.com

津田六平、甲斐弘史2014年4月10日16時50分

アフリカ・ガーナの駐日大使(55)名義で賃借された東京・渋谷のビルの一室で闇カジノが開かれていた事件で、大使が店側から報酬を受け取っていた疑いがあることが、捜査関係者への取材でわかった。警視庁は大使が闇カジノとして使われることを知りながら、金銭目当てで部屋を転貸していた疑いがあると判断。外務省を通じて任意聴取を要請している。

捜査関係者によると、闇カジノがあったのは渋谷の中心部にある雑居ビルの6階。部屋は2012年9月に前ガーナ駐日大使が外交官の身分証を示して賃借し、昨年3月に賃借人の名義が現大使に変更された。名目上は大使から店側に転貸された形だったが、入り口には大使の名前を記したプレートが掲げられ、カジノであることは隠されていた。一方、大家に対する月約50万円の家賃は店側が負担していたという。

この部屋で客にトランプを使ったバカラ賭博をさせていたとして、警視庁は先月、店の日本人従業員10人を賭博開帳図利の疑いで逮捕。調べに対して、一部の従業員が「大使もカジノに出入りしていた」「大使には毎月、仲介役を通じて売り上げの一部を現金で手渡ししていた」と供述したという。

店は12年10月の開店から今年3月までに約800人の客を相手に約2億円を売り上げていたという。

大使ら外交官には国際条約で定められた「外交特権」があり、住居や身体、通信などは不可侵とされ、捜査機関は家宅捜索や逮捕ができない。この部屋については大使館側から届け出がなかったことなどから、外務省は外交特権が及ばないと判断。警視庁が摘発に踏み切った。

大使は摘発直後の先月24日に本国に帰国。「捜査に協力するかどうか本国で協議する」と回答したという。大使が事情聴取に応じない場合、外務省がガーナ側にこの大使を「ペルソナ・ノン・グラータ」(好ましからざる人物)として通告し、本国への召還か解任を求める可能性がある。

朝日新聞は今月7日にガーナ在日大使館に大使の関与の有無などについて取材を申し込んだが、10日朝の時点で回答はない。

■「外交特権」ちらつかせ集客

警視庁に摘発された東京・渋谷の闇カジノは「外交特権」をちらつかせて、客を集めていた。元従業員の男性らが実態を朝日新聞の取材に証言した。

男性はかつて闇カジノでディーラーとして働いており、知人から店に誘われた。「大使名義の『箱』があるけど働かないか?」。時給は2千円ほど。店は会員制で、新規の客が会員登録する際は「黒服」と呼ばれる従業員が免許証で本人確認していた。

「当施設はガーナ共和国のもとにレジャー施設として運営させていただいております」。客にサインさせる会員規約書にはこう書いてあったという。店には捜査の手が及ばない、と暗に示すためだった。

約130平方メートルのフロアには、バカラ台が2台。インターネットを介した監視カメラも複数台設置され、客の勝敗などをチェックしていたという。開店時間は午後6時から翌朝8時ごろまで。客の大半は日本人だった。大手上場企業の社長もいたという。

店に出入りしていた男性客の一人は「大使館が後ろ盾にある闇カジノとして、捕まらないという安心感があった。東京の赤坂や六本木にも外国の外交官が絡む闇カジノがある」と話す。この元従業員も、首都圏にはアフリカの外交官名義の闇カジノが複数あると聞いたという。

だが、全容は謎に包まれたままだ。外交官が関与する闇カジノが国内で摘発された例も少ない。今回の事件以外に、警視庁が2005年にコートジボワールの外交官名義の部屋で開かれていたバカラ賭博場を摘発したのが直近だ。外務省の担当者は「現時点では、外交官の関与が指摘されるカジノが他にもあるとは聞いていない」と話した。(津田六平、甲斐弘史)



 
 
>TOP

ガーナに甲子園 「球児の聖地に」願い込め

asahi.com

瀬戸口和秀2014年6月2日16時52分

アフリカ西部のガーナに初めて本格的な野球場が完成した。その名も「コウシエン ガーナ ベースボール&ソフトボールフィールド」。日本の高校球児のように「コウシエン」で実力を磨き、世界へ羽ばたいてほしい。地元の人のそんな願いが込められている。

首都アクラ。球場は学校の敷地内にある。中堅120メートル、両翼105メートル。外野フェンスはないが、赤茶色の土のグラウンドにバックネット、ベンチを備える。

完成記念式典は4月12日にあった。「KOSHIEN(コウシエン)」の文字が入った球場の看板がお披露目され、ガーナ人と在留日本人らとの親善試合があった。いま球場は、野球チームの試合や子どもたちの野球教室に使われている。

球場建設と「コウシエン」の名を使うことに奔走したのは、元慶応高校の球児で、国際協力機構(JICA)タンザニア事務所で働く友成晋也さん(49)だ。

1996年、ガーナに赴任した。ほかのアフリカの国々と同様、人気のスポーツはサッカー。野球をする人をほとんど見かけなかったが、ナショナルチームをつくって99年、シドニー五輪アフリカ予選の準決勝に導いた。

友成さんは2003年にNPO法人「アフリカ野球友の会」(東京)を設立し、アフリカ各地で野球の普及に力を入れている。3年前、ガーナの野球関係者らでつくるガーナ野球・ソフトボール連盟の野球普及活動を支える「ガーナ甲子園プロジェクト」を始めた。

「野球には思いやりや協調性といった人を育てる力がある。夏の甲子園大会のように目標となる全国大会を開きたい」。連盟メンバーらに思いを語り、海外メディアが日本の球児らを追ったドキュメンタリー映像を見せた。食い入るように見つめたメンバーからは、大きな拍手が湧いた。

ガーナでは、練習や試合をするのは主に空き地や学校のグラウンド。持ち上がったのが「球場をつくろう」という話だった。日本の外務省の「草の根文化無償資金協力」で約1千万円が投じられた。「コウシエン」の名を使うことに阪神甲子園球場の許可を得た。

友成さんは「ガーナの野球と出合って20年近く。本格的な球場の完成という夢がかない、感無量です」と話す。

友成さんの指導を受けたナショナルチーム元主将のアルバート・フリンポン同連盟会長(43)は「日本の多くの高校生が甲子園で育ち、トップレベルの選手や大リーガーになった。ガーナの子どもたちもこのコウシエンで心技体を鍛えて、育っていってほしい」と期待している。(瀬戸口和秀)



 
 
>TOP

米国、ガーナを突き放す ブルックスが決勝ゴール W杯

cnn.co.jp

2014.06.17 Tue posted at 12:28 JST

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は16日、1次リーグG組の試合が行われ、米国が2−1でガーナを下し、白星発進を決めた。

米国は試合開始直後にデンプシーがゴールを決めて先制。その後、両チームともチャンスを作るも得点は生まれず。

後半に入るとガーナの勢いが増し、後半37分にアイェウがゴールを決めて試合は振り出しに。

しかし、後半41分、コーナーキックから途中出場のブルックスがヘディングシュートを決めて再びガーナを突き放す。これが決勝ゴールとなり、米国が白星発進を果たした。

米国のクリンスマン監督は「強い気持ちで最後まで戦った。改善すべき点があることは間違いないが、最終的には勝ち点3を得た」と述べた。



 
 
>TOP

米国、2−1でガーナに雪辱 開始30秒で得点 W杯

asahi.com

2014年6月17日09時19分

サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第5日は16日(日本時間17日)、1次リーグG組の第1戦で、7大会連続10回目出場の米国が2−1で3大会連続3回目出場のガーナを破った。

米国は前半1分、左サイドのスローインから細かくつなぎ、FWデンプシーがペナルティーエリア左でDFをかわして、左足でゴール右へ決めた。記録上は1分の表記だが、開始約30秒での得点。ガーナは後半37分、MFのA・アユーのゴールで同点。41分に米国が右CKからDFブルックスが頭で決めて勝ち越した。

両国は2006年の1次リーグ、10年の決勝トーナメント1回戦に続いて3大会連続の対戦だった。過去2大会はともにガーナが2−1で勝ったが、今回は米国が雪辱した。



 
 
>TOP

確かな足元、ガーナの攻め多彩 内容では圧倒

asahi.com

2014年6月17日20時44分

(16日サッカーW杯、ガーナ1−2米国)

前回8強のガーナは確かな足元の技術を武器に、多彩な攻撃を繰り出した。早いタイミングのクロスでジャンのヘディングを狙うこともあれば、短いパス交換でゴール前に迫る攻めも見せた。

得点は後半37分。パスで抜け出したジャンがかかとで後ろに流し、A・アユーが左足のアウトサイドにかけて放ったシュートが決まった。パスワークが見事だった。一方で失点は試合開始直後と、同点に追いついた後のセットプレー。一瞬の気のゆるみを突かれた。

シュート数は米国の8本に対し、ガーナは21本。内容では圧倒しながらの敗戦に、アッピア監督は「この負け方は残念。何度もあったチャンスを生かせなかった」。残る相手は強豪ドイツとポルトガル。苦しい立場に追い込まれた。



 
 
>TOP

米国「3度目の正直」 勝負強さ見せ、難敵ガーナ倒す

asahi.com

時事2014年6月17日13時40分

(16日サッカーW杯、ガーナ1−2米国)

米国が鬼門を突破した。3大会続けての顔合わせとなったガーナには、過去2戦2敗。重圧のかかる初戦で苦しみながら難敵を破り、激戦のG組で好発進した。クリンスマン監督は「難しい試合を物にし、望んだスタートが切れた」と喜んだ。

最初の好機を逃さなかった。まだ相手が試合に入り切れていない、開始直後の左サイドのスローイン。3人のパス交換から、デンプシーがゴール前へ切れ込んで先制。細かくパスを回して、試合を支配した。

後半は一転、ガーナのペース。アツを中心に、左右から速いクロスが矢のように飛んできた。ベテランのGKハワードを中心に耐えていたが、ついに37分に失点。しかし、相手に渡りかけた流れをすぐに引き戻した。4分後のCK。後半から入ったブルックスが頭で押し込み、勝負強さを見せた。

2006年W杯でドイツ代表を率いた指揮官が就任し、堅守速攻からボールを保持して主導権を握るスタイルに転換した。後半まで、それを継続できなかったのは今後の課題。デンプシーは「ポゼッション(ボール保持)する中で、周りのサポートが足りなかった」と反省した。次戦はドイツに大敗したポルトガルと。手負いの相手に、息は抜けない。(時事)



 
 
>TOP

ドノバンなき米、見せた団結力 終了間際に勝ち越し

asahi.com

柴田真宏2014年6月17日20時07分

(16日サッカーW杯、ガーナ1−2米国)

会場には米国のドノバンのユニホームを着たファンが大勢いた。しかし、ピッチにもベンチにもその姿はない。クリンスマン監督は「ほかの選手の方がわずかに上回っている」として、米国随一のスターを代表に招集しなかった。その判断も問われた初戦となった。

先制点は開始29秒。主将のデンプシーだった。「あんなに早い時間に点が取れて驚いた」。巧みなドリブルでDFをかわし、左サイドから決めた。

その後はガーナの猛攻にひたすら耐える展開が続く。押し込まれながらも守備陣が跳ね返してきたが、後半37分に同点にされる。しかし4分後、ワンチャンスをものにした。CKから頭で合わせたのは、守りで貢献してきたDFブルックスだった。

「このチームにはそれぞれのポジションにいい選手がいる。みんなが戦う意識を持っている」とデンプシーは言った。スター不在でも粘りと団結力でつかんだ勝利だ。監督も「チームの精神力が良かった」と一体感を強調した。(柴田真宏)



 
 
>TOP

緩から急へ、ガーナの連動 少ないタッチで技あり弾

asahi.com

編集委員・潮智史2014年6月17日20時49分

(16日サッカーW杯、ガーナ1−2米国)

美しいゴールだった。

後半37分、ガーナの3選手とボールの動きはゴール前に幾何学模様を描き、さらに緩急が施されている。

ゆっくりとパスをつなぐ中、緩から急への合図を鳴らしたのは左サイドのアサモア。内側に切り込み、これにジャンがゴール前を斜めにスプリントしてスルーパスを引き出した。

それまでガーナはパスの出し手と受け手の2人しか絡まない断続的な動きが多かったが、この時は3人目のA・アユーが反応した。

ジャンが自分が動いて空いたスペースに1タッチで落とし、A・アユーがボールを受けた時点でDFを振り切った。角度はなかったが、左足アウトサイドにかけて狭い左側を抜く技巧的なシュートを放った。

緩急の変化と3人目の動きによる攻略。アサモアのパスから数えると3人のボールタッチはわずか4回。日本がやりたい攻撃のお手本である。(編集委員・潮智史)



 
 
>TOP

米国、ガーナに2−1で競り勝つ…G組

The Yomiuri Shimbun

2014年06月17日 09時22分

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は16日夜(日本時間17日朝)、グループリーグG組のガーナと米国が対戦、米国が2−1(前半1−0)で競り勝った。

米国は試合開始直後にFWデンプシーのゴールで先制した。

ガーナは82分、MFのA・アユーのゴールで追いついたが、米国は86分、右CKをDFブルックスがヘッドで決めて勝ち越した。

2014年06月17日 09時22分



 
 
>TOP

ドイツとガーナ、2-2で分ける W杯

asahi.com

2014年6月22日06時12分

サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)ブラジル大会第10日は21日(日本時間22日)、1次リーグG組の第2戦で、ドイツとガーナが2-2で引き分けた。ドイツのクローゼは後半26分に同点ゴールを決めてW杯通算15得点とし、元ブラジル代表のロナウドが持っていた最多記録に並んだ。

後半6分にドイツがゲッツェのゴールで先制。ガーナは9分にA・アユー、18分にジャンが決めて逆転した。ドイツは24分にクローゼ、25分にシュバインシュタイガーを投入。直後のCKからゴール前でクローゼが右足で押し込み、追いついた。



 
 
>TOP

疲れ知らずガーナ、観客を魅了 強敵互角で次戦に手応え

asahi.com

2014年6月22日21時22分

(21日サッカーW杯、ドイツ2−2ガーナ)

フォルタレザの観客は後半、ガーナのとりこになった。

攻守の切り替えが速く、アップテンポ。疲れを知らない運動量で、ドイツを上回った。先制を許したわずか3分後、サイドからのクロスに合わせてA・アユーがヘディングシュートを決めると、後半18分には相手ボールを奪ってカウンター。前回準々決勝でPKを外したジャンが今大会初ゴールを決め、一度は勝ち越した。

ドイツの11本に対し、ガーナは積極的にシュートを打つこと20本。「最良の守備は攻撃すること」というガーナ・アッピア監督の信念の下、ドイツ相手に全くひるまず渡り合った。

1次リーグ突破には次戦ポルトガル戦の勝ちが必須だ。アッピア監督は手応えを感じているようだ。「若手が多く、チームは一歩ずつ成長している。ドイツ相手にベストを尽くせた今、次戦も自信を持ってやれる」



 
 
>TOP

(城福浩の目)ガーナみせたアフリカサッカーの未来

asahi.com

J1甲府監督 城福浩2014年6月22日22時47分

ガーナにアフリカの進歩を見た。アフリカ勢といえばボールがない所での動きが少ない、組織的に戦えないといった弱点があった。ところが、ガーナは違う。ボールを取られたら追いかける。他の選手のミスもカバーする。陣形を整えるといった戦術以前の、チームで戦うために必要なちょっとした部分が植え付けられている。

これはアッピア監督の手腕が大きい。エシエンやボアテングといった欧州で活躍するビッグネームでも指定席はない。その姿勢を明確に打ち出している。マネジメントとしてはとても難しい。有名選手を外して敗れれば批判の的になる。まして初戦で黒星を喫した。それでもビッグネーム頼みにならず、チームで戦う姿勢を貫いている。それが先制を許しても、崩れない組織力につながっている。

攻守に奮闘したムンタリが警告を受け、1次リーグ最終戦は出場停止になる。この試合で出番がなかったエシエンが、何を感じているか。最近はゴール前の危険な場所に入っていく意欲が薄れていた。「よっこらしょ」と大御所のようなプレーでは、監督は使わない。だが選手としてのプライドもあるはず。彼が出て「45分で潰れてもいい」といった献身性を見せたら、影響力は相当なもの。チームはまた一歩、強くなる。

一方のドイツは「これぞゼロトップ」という新たなサッカーだ。全員が高い技術を持ち、スペースを見通せる。動くことをいとわず、ボールを受けられる。加えて交代で入ったベテランがチームの狙い、自らの役割をきちんと理解している。規律を守る意識が高く、スキがない。

アフリカの未来が見えるガーナ。今大会で唯一、新たなトレンドを見せるドイツ。互いが強みを出しきっての、まさに死闘。勝ち点1がフェアな結果と思える、素晴らしい試合だった。(J1甲府監督 城福浩)



 
 
>TOP

ドイツ対ガーナ、2−2で引き分け…G組

The Yomiuri Shimbun

2014年06月22日 05時56分

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は21日(日本時間22日)、G組のドイツとガーナが対戦、2−2(前半0−0)で引き分けた。

ドイツは1勝1分け(勝ち点4)、ガーナは1分け1敗(同1)。

     ◇

ドイツは51分、ゲッツェのヘディングの球が膝に当たり先制。

ガーナは54分、アユーのヘディングシュートで同点に追いついた。

ガーナは63分、ジャンのシュートで1点リード。

ドイツは71分、クローゼがゴール前の球を足で押し込み、同点に追いついた。

2014年06月22日 05時56分



 
 
>TOP

ドイツ・クローゼ、W杯通算最多得点に並ぶ

The Yomiuri Shimbun

2014年06月22日 18時10分

【フォルタレザ(ブラジル)=青柳庸介】サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は21日(日本時間22日)、グループリーグG、F組の3試合が行われた。

G組はドイツとガーナが引き分けた。ドイツはミロスラフ・クローゼ(36)が、ロナウド(ブラジル)の大会通算最多得点(15点)に並ぶ同点ゴールを挙げた。F組では、アルゼンチンが試合終了間際にリオネル・メッシ(26)のミドルシュートでイランを下して2連勝、決勝トーナメント進出を決めた。

2014年06月22日 18時10分



 
 
>TOP

2選手追放のガーナ 得点後もパスで好機作ったが実らず

asahi.com

2014年6月27日22時29分

(26日サッカーW杯、ポルトガル−1ガーナ)

ガーナは試合前にムンタリとボアテングが追放されるトラブルがあったが、ピッチでは奮闘した。後半12分には左クロスをジャンが頭で押し込んで同点に。アフリカ選手としてはトップとなる、W杯通算6得点目を挙げた。その後も組織的なパス回しでチャンスを作ったが、実らなかった。「この新しいチームは結成されて2年。前途には長い道のりが待っている」とアッピア監督は語った。

    ◇

ガーナは1次リーグ最終戦となるポルトガル戦の前に、FWボアテングを監督への侮辱、MFムンタリを協会関係者への暴力という理由でチームから追放した。



 
 
>TOP

ポルトガル2−1ガーナ…試合終了

The Yomiuri Shimbun

2014年06月27日 02時54分

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は26日(日本時間27日)、G組のポルトガルとガーナが対戦、ポルトガルが2−1(前半1−0)で勝った。

ポルトガルは得失点差で米国に及ばず、ポルトガル、ガーナともにグループリーグ敗退。

【試合経過】

5分、ポルトガルはロナルドが右からクロス性のシュート。バーをたたいた。

10分、ガーナの右クロスはポルトガル守備陣がクリア。

11分、ポルトガルはFKを獲得。

12分、ロナルドがFKを蹴るもGKがはじいた。

14分、ガーナのアフルの右クロスはGKがキャッチ。

19分、ポルトガル・ペレイラの右クロスをロナルドがヘッド。GKがはじいた。

20分、ガーナはジャンがゴール正面でシュート。GKがブロック。

23分、ガーナは右サイドのFKからジャンが頭で狙うが、GKが防ぐ。

31分、ポルトガルが左クロス。ガーナのボイがミスキックしボールはゴールに飛び込んだ。オウンゴールでポルトガル先制。

34分、ポルトガルのアモリンのシュートはゴール左。

40分、ガーナのアツが左サイドからシュート。ゴール右にはずれる。

前半終了。ポルトガル1−0ガーナ。

後半開始。

51分、ガーナのジャンの右足シュートはゴール左に外れた。

53分、ポルトガルがパス交換からゴール前に迫るが、シュートまで至らず。

57分、ガーナは左クロスからジャンが頭で決め、同点に追いついた。

76分、ガーナは右クロスをジャンが頭で狙ったが、ゴール右に外れた。

80分、ポルトガルは相手GKがはじいたボールをロナルドがけりこみ2点目を入れた。

85分、ガーナの左クロスは味方につながらず。

89分、ガーナのジャンのシュートは決まらず。

90+分、ポルトガルのロナルドのシュートはGKがセーブ。

試合終了。ポルトガル2−1ガーナ。 

2014年06月27日 02時54分



 
 
>TOP

試合前から内紛続き… ガーナ、決勝T進出ならず

asahi.com

2014年6月27日10時24分

(26日サッカーW杯、ポルトガル−1ガーナ)

ガーナは試合前からトラブルを抱えていた。ボアテング(独・シャルケ)が監督への侮辱、ムンタリ(伊・ACミラン)は協会関係者への暴力を理由に代表から追放された。アッピア監督は「こういうことが起きた場合は何がチームにとって最善かを考えて決定しなければならない」と処分を説明した。試合はオウンゴールで失点しながら一時は追いついたが、勝ち越せなかった。3大会連続の決勝トーナメント進出はならなかった。



 
 
>TOP

エボラ対策で保健相会合 西アフリカ、流行に歯止めかからず

nikkei.com

2014/7/3 11:19

【ナイロビ=共同】西アフリカでエボラ出血熱の流行に歯止めがかからず、周辺11カ国の保健相と世界保健機関(WHO)は2日、ガーナの首都アクラで、対策を話し合う緊急会合を開催した。WHOアフリカ地域事務局が発表した。

WHOによると、ギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国でこれまでに感染が確認、または疑われる人は計759人で、うち死者は467人に上った。各国は流行の封じ込めを図っているが、約2週間で死者は130人以上、増えた。

ガーナのアイテー保健相は会合で「まだエボラのさらなる流行を食い止めるチャンスはある」と各国の代表団に訴えた。

国際緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」は先月下旬に発表した声明で「(出血熱の)流行は制御できていない」と指摘。「他の地域に広がる恐れがある」と述べ、警鐘を鳴らした。

エボラ出血熱は高熱に加え、皮膚などからの出血を伴う感染症。致死率が極めて高い。



 
 
>TOP

エボラ出血熱、過去最悪の事態に ガーナで対策会合

cnn.co.jp

2014.07.04 Fri posted at 10:10 JST

(CNN) 西アフリカでエボラ出血熱の流行が拡大している問題で、アフリカ諸国の保健相や専門家がガーナの首都アクラで会合を開き、流行を食い止める方策について話し合っている。

世界保健機関(WHO)によると、6月30日までにギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国で759人の感染が確認され、うち467人が死亡した。WHOは「感染者と死者の数も、地域的な広がりも最大規模」になっていると指摘、流行を食い止めるためには「思い切った行動」が必要だと訴えている。

会合は2日間の日程で開かれ、アフリカ11カ国の保健相やWHOの専門家のほか、エボラ出血熱の元患者や航空会社、鉱山開発会社などの関係者も出席した。

流行に歯止めがかかる兆しはなく、6月25〜30日の間だけでも3カ国で新たに22人の感染が確認され、うち14人が死亡した。

専門家によると、西アフリカでエボラ出血熱がこれほどの規模で流行したのは初めて。流行が首都で広がり、3カ国に及んだのも初めてだという。



 
 
>TOP

エボラ出血熱流行、過去最悪 共同戦略で合意

cnn.co.jp

2014.07.05 Sat posted at 15:49 JST

(CNN) アフリカ西部で被害が深刻化しているエボラ出血熱の問題で、地域11カ国の保健相らは5日までにガーナで会合を開き、感染の拡大阻止を図る共同戦略の構築で合意した。

世界保健機関(WHO)がギニアに小規模の地区を対象にした対策センターを設置し、感染防止策の作成などで支援することが決まった。監視や発症報告での制度改善、地域社会や政治指導者をより積極的に取り込んだエボラ出血熱に対する警戒態勢の強化、地域諸国間の密接な連絡態勢づくりなども盛り込まれた。

エボラ出血熱はギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国で今年3月から感染が拡大。WHOによると、3カ国での犠牲者は今年6月30日時点で計467人。発症例は759件に達した。致死率は最悪で90%に達することもあり、有効な治療方法はまだ確立されていない。

専門家らはエボラ出血熱の感染例としては最悪規模との懸念を表明。WHOは先に、感染を阻止するには大胆な行動が必要との危機感も示していた。

ガーナでの地域会合には、3カ国の他、コンゴ共和国、ガンビア、ギニアビサウ、コートジボワール、リベリアなどの保健衛生関係者が出席。元患者やWHO代表らも加わった。

WHOのアフリカ地区担当者によると、犠牲者や患者にはエボラ出血熱の感染阻止の最前線で働く保健衛生要員の多さが目立つ。ギニアなどの3カ国で感染が拡大したことについては、住民らの大規模な国内移動や越境が要因とみている。



 
 
>TOP

W杯観戦ガーナ人、集団で亡命申請…就業求め?

The Yomiuri Shimbun

2014年07月12日 23時07分

【リオデジャネイロ=吉田健一】AP通信によると、サッカー・ワールドカップ(W杯)開催中のブラジルを訪れたガーナ人200人以上が、集団で亡命を申請する騒ぎとなっている。

ガーナ人は試合観戦で入国。現在はアフリカからの就業者が多いことで知られ、ガーナ代表の試合があった北東部フォルタレザなどから少なくとも1500キロ・メートル以上離れている南部カシアスドスルに集まっている。

最後のガーナ戦となった6月26日の直後から、ブラジルへの亡命申請が相次いだ。ガーナでの「宗教対立」を亡命の理由としているが、実際は就業目的であるとの可能性が指摘されている。

2014年07月12日 23時07分



 
 
>TOP

Ghana May Now Have Recorded Her First Case of Ebola

By AccraReport Staff

(c) accrareport

On August 9, 2014

A man from neighboring Burkina Faso man, who had fever and bled from his nose and ears “was brought in dead,” at the Bawku Presby Hospital in Ghana’s Upper East region Friday afternoon.

The Medical Director at the Hospital, Dr Joseph Yaw Manu, confirmed that the man had died at the time he was brought in, saying: “…What scared me most as a Medical Doctor is that he was bleeding from his ears and nose - symptoms of Ebola.”

On Dr Manu’s orders, blood samples from the deceased have been taken to the Noguchi Memorial Institute for Medical Research (NMIMR) at the University of Ghana for testing. If positive, this would be Ghana’s first confirmed case of the virus, which has killed at least 961 people in the West African sub-region out of 1,779 total cases. Sierra Leone, Liberia and Guinea are among the hardest hit countries.

Nigeria started recording a few cases recently. Africa’s most populous country became the fourth West African country involved in the outbreak when a dual US-Liberian citizen infected with Ebola arrived in Lagos after flying from Liberia via Togo on 20 July.

Several cases of suspected Ebola have been reported in Ghana since the outbreak in March but they all proved negative after tests. The Government of Ghana says it has put in place measures to contain the disease if it breaks in the country. It recently said screening measures were being tightened at the country’s various borders to ensure the virus is not imported into the world’s second-largest cocoa producer.

The man came down with a fever while in Burkina Faso and was taken to a hospital for treatment in that country but saw no improvement in his condition. His relatives then decided to transport him across the common border between Burkina Faso and Ghana’s Upper East region, for proper care. But he died on the way. His body has been taken back to a town called Sankanduri in Burkina Faso for burial.

If tests by NMIMR prove positive, then the relatives of the deceased, as well as the Medical staff that attended to the patient, both in Burkina Faso and Ghana, may have also been exposed to the virus, which the World Health Organization has described as the fastest spreading “worst ever” epidemic of its kind and necessitating a declaration of an international health emergency.

“The outbreak is moving faster than we can control it,” WHO Director-General Margaret Chan told reporters on a telephone briefing from her Geneva headquarters.

The U.N. agency referred to the outbreak as “particularly serious” and said all states where the virus is having a toll on citizens and spreading from one person to another should declare a national emergency.

“The declaration … will galvanise the attention of leaders of all countries at the top level. It cannot be done by the ministries of health alone,” Chan said.

In compliance, Nigeria, Sierra Leone and Liberia, have all declared a national emergency over the outbreak.

Ebola is transmitted through direct contact with fluids of an infected person, and also through the consumption of bush meat - apes, antelopes and bats - delicacies in some West African countries. The sale of bush meat in Ghana has been affected by the outbreak.

Ghana May Now Have Recorded Her First Case of Ebola



 
 
>TOP

Ebola Alert! Burkinabe dies of Ebola-like symptoms in Ghana

STARR

Aug 09, 2014 at 7:58am

上記記事と同文(Source: StarrFMonline.com)



 
 
>TOP

住友商事がガーナの発電事業に参入へ

NHK

9月24日 4時17分

住友商事がガーナの発電事業に参入へ

大手商社「住友商事」は、経済成長で電力需要が高まっている西アフリカのガーナでの発電事業に日本企業として初めて参入することを決めました。

関係者によりますと、「住友商事」はガーナの首都アクラ近郊で3年後の運転開始を目指している天然ガスの火力発電事業に乗り出すことを決めました。

この事業は、総事業費およそ900億円で、住友商事は28%を出資し現地の開発会社と共同で事業を進めることにしています。

発電所は、完成すればガーナ国内の全発電量の10分の1の供給を賄うことができる予定で、20年にわたって現地の配電公社を通じて電力を供給する契約になっているということです。

ガーナは、チョコレートの原料、カカオの主産地としても知られていますが、4年前に原油の商業生産が本格化してからは経済活動が活発になり、高い経済成長が続いています。

このため、住友商事としては、今後も電力需要の増加が見込めるとして発電ビジネスへの参入を決めたものです。

経済成長が続くアフリカへの投資ではアメリカや中国などの企業が道路や建物などのインフラ整備で先行していますが、今月、「三井物産」がモロッコの石炭火力発電事業への出資を決めるなど、日本勢も巻き返しを図ろうと投資を積極的に進めています。



 
 
>TOP

2015.1.6 05:07

味の素、ガーナで妊婦向け栄養食販売へ アフリカ本格展開に布石

産経ニュース

味の素が妊娠中や授乳期の女性向け栄養食を、平成27年中にもアフリカ・ガーナで販売することが5日、分かった。ガーナは貧困や栄養不良の問題が深刻化している。味の素はダイズなど現地の食材を配合した栄養食を安く販売し、アフリカでの本格的な事業展開の布石とする方針だ。

味の素は、技術関連の国際支援組織「ドイツ国際協力公社(GIZ)」と共同で、栄養食の開発を進めている。地元の食材に含まれるアミノ酸をもとに、妊産婦の栄養状態を改善する廉価な食品を作る考えだ。

また、製品化にあたっては現地の中小食品メーカーに生産を委託する。非政府組織(NGO)の協力などを得て、1食10円ほどで売り出し、将来的には年間4千万食規模に販売を拡大するという。

ガーナで一定の販売を確保することで、味の素の名をアフリカの新興国に浸透させ、将来の本格展開の下地にする。味の素はエジプトやコートジボワールなど5カ国に拠点を持つが、新興国を含むアフリカ全土での展開はこれからだ。将来的には他のアフリカ諸国やインド、東南アジアなどへの販路拡大も検討する。

アフリカの中でも比較的、政治が安定しているガーナは、急速な成長が続いているものの、国内の経済格差が激しく、貧困と栄養不良が問題になっている。乳幼児期の栄養不良は身体や精神の発達を阻害するため、母乳を与える母親の栄養状態を改善することが重要課題となっている。

政府は国際的な保健分野の取り組みを外交の重要課題と位置づけ、健康や医療技術で国際貢献を進める「国際保健外交戦略」を打ち出している。味の素は、強みとするアミノ酸の製造・利用技術を生かした途上国への支援により、政府の方針にも協力する。



 
 
>TOP

中国などで需要増…チョコ原料のカカオが高騰

The Yomiuri Shimbun

2015年02月14日 09時57分

チョコレートの原料に使われるカカオの価格が世界的に高騰し、バレンタイン商戦に影響している。

中国など新興国の需要増が背景にある。一方、カカオの主要生産地・西アフリカの農家は、生産が需要に追いつかない悩みを抱えている。

「今年の『キス』は安くない」。米紙ニューヨーク・タイムズは11日、バレンタインデーを前に、米大手チョコメーカー・ハーシーの人気商品「キス」に引っかけてチョコの値上がりを報じた。バレンタイン商戦にわく東京・三越銀座店によると、ブランドチョコの約3割が値上がりしたり内容量が減ったりしているという。

原料のカカオの市場価格は、2005年は1トン当たり1500ドル前後だったが、昨年は約2倍の3000ドルを突破し、高止まりしている。スイスの大手チョコメーカーは昨年11月、「20年までにカカオ不足になる恐れがある」と発表した。

最大の要因は、新興国の需要急増だ。英国の市場調査会社「ユーロ・モニター・インターナショナル」によると、09年からの5年間で、チョコ消費量はインドで3・6倍、中国で1・8倍に増加した。同社は「(経済発展に伴い)中所得者層が増え、今までチョコを食べなかった人が食べるようになったから」と分析する。

西アフリカはカカオ生産で世界の7割を占める。中でもガーナ産は品質が良いとされ、日本はカカオ輸入の7〜8割をガーナに依存する。中国は10年前からガーナでカカオを直接買い付けるようになり、その量は年々増えているとされる。

こうした需要に対し、ガーナなど西アフリカの生産国では、土地が痩せてきてカカオの実りが悪くなるなど、効率よく生産量を増やせない地域があるという。カカオをあきらめ、別の作物栽培を始める人も少なくない。カカオ農家が高齢化し、若手後継者が育たない事情もある。

ガーナのカカオ生産量は、10〜11年度の100万トンから14〜15年度は85万トンに落ち込む見通しだ。首都アクラ郊外でカカオを栽培するコビ・アマルテさん(31)の収穫量は年間約600キロ。父親が栽培していた約20年前の半分で、「あまりもうからない」とこぼした。

ガーナ政府は需要増を受け、従来の3倍の収穫量が見込める「ハイブリッドカカオ」を品種改良で開発。農家に従来種からの切り替えを呼びかけている。苗木50万本の無料配布も始めた。だが、苗木から育てると収穫まで時間がかかるため、切り替えに消極的な農家が多い。生産体制の強化は容易ではないのが実情だ。(ヨハネスブルク支局 上杉洋司、国際部 広瀬誠)



 
 
>TOP

フェイスブックで「離婚手続き」、裁判所が承認 米NY

cnn.co.jp

2015.04.09 Thu posted at 09:36 JST

(CNN) 米ニューヨークの裁判所はこのほど、インターネットの交流サイト(SNS)大手「フェイスブック」を通して離婚申し立ての手続きを取ることを認める判断を下した。同市ブルックリンの女性が、夫にはほかに連絡する手段がないと主張していた。

近い将来、フェイスブックのタイムラインには「交際中」「結婚しました」だけでなく、「離婚を申し立てられました」などと表示される日がくるかもしれない。

ブルックリン在住のガーナ人女性、エラノラ・アーサー・バイドゥーさんは、数年前から夫との離婚を望んでいた。だが担当弁護士によると、夫は「住所も勤務先も不定だ」と繰り返し、電話でも連絡がつかない。離婚申し立ての手続きに必要な「呼び出し状」を届けたくても、拒否される状態が続いた。

しかし、そんな夫もフェイスブックにはアカウントを持ち、絶えず閲覧していることが分かっていた。同弁護士はこの事実を証明するとともに、バイドゥーさんが「代替手段」で呼び出し状を送付することを認めてほしいと、裁判所に申し立てた。

判事は、フェイスブックや短文投稿サイト「ツイッター」などのソーシャルメディアは近年広く使われるようになったとの認識を示し、公式の文書を送る場として新たに加えることができると判断した。

バイドゥーさんと夫は2009年に結婚したが、夫がガーナ式の伝統的な挙式を拒否したことをきっかけに、直後から関係が悪化した。夫婦で一緒に暮らしたこともないという。

担当弁護士によれば、バイドゥーさんは夫に慰謝料などの支払いを求めているわけではない。「ただ新たな人生を歩んでいきたいと願い、離婚の成立を願っているだけだ」という。

同弁護士はこれまでにフェイスブック上で2回、夫への接触を試みたが、応答はなかった。夫が呼び出し状を受け取っても応答しなかった場合、夫側に異議はないとみなされ、離婚手続きを進めることができるという。



 
 
>TOP

Tigo launches mobile digital library

The Ghanaian Times

in Business / by Times / on April 29, 2015 at 11:01 am

Tigo Ghana, a telecommunications company, has launched a Mobile Digital Library to encourage learning among children in rural Ghana.

The project is in partnership with Street Library Ghana, established by Mr. Hayford Siaw, a winner of “Changemaker Competition”, organi-sed by Tigo in 2012.

The library is a van with its interior beautifully fitted with tables, chairs and laptops.

Explaining the rationale behind the project, Gifty Bingley, Head of Corporate Communications at Tigo, said previously Mr. Hayford was travelling around rural Ghana with hard copy books in his mini-van to encourage children to read, but now “we have digitised the books, they will also have an experience with computers and the digital experience will be the same for every community we visit.”

The Chief Executive Officer of Tigo, Roshi Motman, urged IT inclined individuals to partner with the Street Library and offer ICT training in software and web applications to upgrade the knowledge of the children.

Mr. Siaw expressed his gratitude to Tigo for their support, saying “Children in rural Ghana will benefit immensely from the facility, as it would encourage them to study well and pass their exams.

According to Mr. Siaw, even though the children study ICT as a core subject, several of them do not have access to computers.

By Edem Mensah-Tsotorme

Tigo launches mobile digital library



 
 
>TOP

Samsung sets up digital village in Volta Region

The Ghanaian Times

in Business / by Times / on April 29, 2015 at 11:03 am

Samsung Electronics Africa, has launched an $860,000 digital village at Volo in the Volta Region.

The first of its kind in the country, the digital village would provide access to the world’s most advanced information and communication technologies, education and health services to under-resourced areas.

The digital village comprise a solar-powered internet school built to accommodate up to 24 learners, a solar-powered tele-medical centre and a solar-powered generator that powers up the administration centre which can be used as office space for local entrepreneurs and any other nearby school or community centre personnel with limited electricity supply.

According to the Managing Director for Samsung, Hyoung Keun Park, the facility is aimed at bridging the digital divide and serving as a catalyst for local business development and government service delivery.

He added that, the initiative forms part of the company’s corporate social responsibilities and goes further to assist communities within which they operate.

In addition to providing the appropriate technologies, he said, Samsung is also working to ensure that the Volo community takes ownership of the digital village and receives adequate training to optimise the use of the facility.

“The facility is also aimed at supporting the government in its quest to provide education and health facilities to its people,” Mr. Park added.

Samsung, he said, believes that technology is a powerful tool to solving the global health and education difficulties as it bridges the urban-rural gap and improves people’s lives and creates a better society.

Samsung choose Volo to set up the first of this kind of facility in Ghana, considering the needs of the community and its central nature which allows other communities to benefit.

Member of Parliament for the area, Okudzeto Ablakwa expressed gratitude to Samsung for the gesture, adding that they would maintain the facility for a long lasting benefit to the people.

He added that the facility goes beyond a corporate social responsibility, but serves as a huge relief to the people who have lacked health and education facilities for several years.

By Michael D. Abayateye

Samsung sets up digital village in Volta Region



 
 
>TOP

ガソリンスタンド爆発、150人死亡 ガーナ

asahi.com

ヨハネスブルク=三浦英之2015年6月5日19時10分

西アフリカのガーナの首都アクラで3日夜、ガソリンスタンドで爆発が起き、150人以上が死亡した。AP通信などが伝えた。

現地では猛烈な雨が降っており、事故当時、数十人がガソリンスタンドで雨宿りをしていたとみられている。現地の消防当局は、大雨でガソリンスタンドからガソリンが流れ出し、引火した可能性があるとみて調べている。(ヨハネスブルク=三浦英之)



 
 
>TOP

ガーナ:ガソリンスタンド爆発、150人死亡

毎日新聞 2015年06月05日 21時22分(最終更新 06月05日 23時49分)

【ヨハネスブルク服部正法】ロイター通信によると、ガーナの首都アクラのガソリンスタンドで3日夜、爆発が起き、住民ら約150人が死亡した。AP通信などによると、現地はここ数日、豪雨と洪水に見舞われており、浸水によって外に流れ出たガソリンなどに何らかの事情で引火、爆発した可能性があるという。ガソリンスタンドには当時、洪水から避難する多数の住民がいたとみられ、爆発に巻き込まれたらしい。



 
 
>TOP

怪物ハキームまた快挙!ボルト超えで200メートル制し2冠達成

デイリースポーツ 7月20日(月)8時8分配信

日本の怪物高校生が、またもや大快挙を達成した。19日(日本時間20日)、コロンビア・カリで行われた陸上の世界ユース選手権男子200メートルで、100メートルを制したガーナ人の父を持つサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=城西大城西高=が03年大会のウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録20秒40を上回る20秒34の大会記録をマークし、2冠を達成。8月の世界選手権(中国、北京)の参加標準記録20秒50をクリアし、追加での代表入りも濃厚となった。

伸び盛りの怪物ほど恐ろしいものはない。ハキームはコーナーで早くも先頭に立つと向かい風0・4メートルのコンディションをものともしない、力強い走りで2位に0秒23差をつける圧勝。20秒34は桐生祥秀が持っていた日本高校記録(20秒41)を塗り替え、シニアでも日本歴代8位となる好記録だ。出発前、「ワクワクが止まらない。ランキングトップなので、100、200メートルで2冠。200メートルは世界選手権の標準記録も狙っていきたい」と話していた16歳は、その全てを成し遂げ、世界を震撼させた。

怪物ハキームまた快挙!ボルト超えで200メートル制し2冠達成



 
 
>TOP

“ボルト超え”サニブラウン笑顔で帰国

デイリースポーツ

2015年7月22日

陸上の世界ユース選手権(コロンビア・カリ)で男子100&200メートルの2冠を達成したサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=東京・城西大城西高=が22日、成田空港着の航空機で帰国した。参加標準記録をクリアし、追加での代表入りが濃厚な8月の世界選手権(中国・北京)に向けて、「出場できれば初のシニアの国際大会なので、チャレンジャーとして自分の力を出したい」と意気込んだ。

今大会で大躍進したガーナ人の父を持つ高校2年生は、充実した表情で日本に降り立った。「2冠は4月から目標にしていたので良かった」

200メートルでは、6月の日本選手権でマークした20秒52の自己ベストを1カ月で大幅に更新する20秒34の大会新記録を樹立。桐生祥秀(現東洋大)が13年に記録した20秒41の高校記録、さらにウサイン・ボルト(ジャマイカ)が03年大会でマークした20秒40を上回り、世界選手権の参加標準記録(20秒50)も楽々クリアした。

偉業ずくめの大会の中でも、最もうれしかったのは「ボルト選手を超えられたこと」だったという。「正直まだ勝てないので当たりたくない気持ちもあるけど、向こうが引退してしまう前にやりたい」と、尊敬する“人類最速男”との直接対決にも意欲を見せた。

急角度の成長曲線を描く怪物は、来年のリオデジャネイロ五輪、20年の東京五輪に向けても青写真を描く。「リオは出るだけで終わらないようにステップアップしたい。東京では競技人生で一番乗ってきてると思うので、日本代表として誇りに思ってもらえるような走りをしたい」。16歳ながら、すでに大物の風格を漂わせた。

次は高校総体(29日開幕、和歌山)への出場を予定している。



 
 
>TOP

ハキームがボルトに挑戦状「引退前に」

デイリースポーツ

2015年7月23日

陸上の世界ユース選手権(コロンビア・カリ)で男子100&200メートルの2冠を達成したサニブラウン・アブデル・ハキーム(16)=東京・城西高=が22日、成田空港に帰国した。追加での代表入りが濃厚な8月の世界選手権(中国・北京)へ「初のシニアの国際大会なので、精いっぱい自分の力を出したい」と意気込んだ。

200メートルでは、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が03年大会で記録した20秒40を上回る20秒34の大会新記録を樹立。“人類最速男”との直接対決にも意欲を見せ、「正直まだ勝てないけど、向こうが引退する前に」と挑戦状をたたきつけた。

 
 


>TOP

東京五輪目指す「ハーフアスリート」驚異の身体能力に迫る

スポニチアネックス

「ハーフタレント」という言葉が使われ始めたのは、どれくらい前だったろうか。1800日後に20年東京五輪開幕を控え、スポーツ界にも「ハーフアスリート」が多く台頭してきた。陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(16=東京・城西高)をはじめ、バレーボールや柔道など各競技で躍動している。64年東京五輪から50年余りが経過し、グローバル化が進む日本のスポーツ界。新風を吹かせる若者たちのポテンシャルに迫る。 (特別取材班)

「遺伝学の原則なんですよね。遺伝子をミックスするのは強い子孫をつくっていくことが目的。両親の持っているいいところを足し算していく。日本人と外国人が子供をつくると、それぞれの長所を兼ね備えている可能性が高いと言える」

スポーツ界をにぎわすハーフアスリートの活躍。果たして彼らはハーフだから強いのか。先天的なものはどこまで影響しているのか。そのヒントを求めて、東大大学院で運動生理学を研究する石井直方教授(60)に尋ねた。

石井教授は学術的にスポーツを研究する一方で、パワーリフティングやボディービルで日本一に輝いた経歴の持ち主。まさに身をもって研究を進め、白人や黒人、黄色人種の肉体の違いもその目で見てきた人物である。

「やっぱり背中ですよね。広がりも厚みも違う。ちょっとアジア人には出せないシルエットがある」。背中もおなか回りも含めて体幹全体が太い白人、一方で黒人はウエストがぐっとくびれ、その分背中の広がりがあるという。その説明を聞いて、アンドレ・ザ・ジャイアントとボブ・サップの体形の違いが思い浮かんだ。

力の発揮のされ方にも差はある。「押す筋力が必要なベンチプレスと背中で引くデッドリフト。これを比べると日本人は圧倒的に押す力が強い。引く力は欧米人が強い」。20代男性を比較した場合、白人の方が日本人よりも2〜3%は筋肉の量が多いという違いもある。また黒人は太腿を持ち上げたり、体幹の安定性を支える大腰筋のサイズに秀でているという。ハーフアスリートは、そうした長所を併せ持っている可能性が高い。

大腰筋の発達は骨盤の前傾につながる。黒人選手に見られる特徴だ。ガーナ人を父に持つ陸上短距離のサニブラウンは、7月の世界ユース選手権100&200メートルで2冠。200メートルでは現世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持っていた大会記録20秒40を0秒06上回る、20秒34を叩き出した。22日開幕の世界選手権に日本史上最年少で出場。城西高で指導する山村監督は「(サニブラウンは)骨盤が立っていて、骨盤を自然に柔らかく使える。そういうところはプラスでしょう」と長所を説明する。

ナイジェリア人の父を持つバレーボール女子の新星・宮部藍梨(大阪・金蘭会高)の高く滞空時間の長い跳躍力も目を見張る。1メートル81ながらスパイク最高到達点3メートル9は、1メートル85のエース木村沙織(東レ)の3メートル4を上回る数値。日本代表の真鍋監督も「高さとパワーが魅力」と評価するほどだ。大腰筋はジャンプ力にも深く関わっているとされている。

米国人の父を持つ陸上七種競技のヘンプヒル恵(中大)は今年4月に日本歴代3位となる記録をマークするなど成長著しい。高校時代は七種競技だけでなく、100メートル障害、400、1600メートルリレーにも出場するなど、タフな競技日程をこなし“鉄の女”としても注目を集めた。同じく米国人の父を持つ柔道男子のベイカー茉秋(東海大)は類いまれなるパワーと技の幅を組み合わせるスタイルで、2年連続で世界選手権に選出されている。

もちろん、スポーツでの成功に必要なのは先天的な要因だけではない。サッカーが下手なブラジル人がいて、柔道の弱い日本人がいるように、民族や人種でひとくくりにはできない。もしも、ハーフに生まれたことで何かアドバンテージがあるとすれば…。それはきっとスポーツを愛する神様からの、ささやかなギフト。それだけでは黄金の輝きは帯びない。周囲の支え、そして自らの努力で才能を開花させた時、TOKYOで大歓声が降り注ぐ。 

◆石井 直方(いしい・なおかた)1955年(昭30)3月15日、東京都文京区出身の60歳。東大理学部生物学科卒業、同大学院理学系研究科動物学博士課程修了。現在は東大大学院新領域創成科学研究科教授、理学博士。専門は身体運動科学、筋生理学、トレーニング科学。81年ボディービルミスター日本優勝、世界選手権3位。82年ミスターアジア90キロ以下級優勝、01年全日本社会人マスターズ優勝。パワーリフティングでも全日本学生連覇。



 
 
>TOP

抜群の注目度 サニブラウン・ハキームは夢の9秒台、19秒台を

スポニチアネックス

「ハーフアスリート」驚異の身体能力に迫る

20年東京五輪の星で、抜群の注目度を誇るのは、やはり男子短距離のサニブラウン・ハキームだ。まだ発達期で上半身の筋肉は付いていないにもかかわらず、1メートル87の上背を生かした規格外の走りを見せている。ガーナ人を父に持つ16歳の自己ベストは100メートルが10秒28、200メートルが20秒34で、それぞれ9秒台、19秒台突入を目指す。

同じアフリカでも多くの長距離ランナーを生み出しているケニアやエチオピアは東アフリカに位置する。長野マラソン優勝経験のあるケニア人の父を持つ高松望ムセンビ(大阪薫英女学院高)は、昨年の南京ユース五輪3000メートルで金メダルに輝き、世界ジュニア選手権では4位と堂々の成績を残している。

アジア人同士のハーフでは、サッカー女子でタイ人の母を持つ田中美南(日テレ)がいる。18歳だった13年に飛び級でなでしこジャパンに招集され、次世代の中心選手として期待されている。

[ 2015年8月20日 14:02 ]



 
 
>TOP

サニブラウンに難敵!?夏休みの宿題ピンチ…

スポニチアネックス

世界陸上22日開幕 (中国・北京)

サニブラウンに難敵が現れた。高校総体時に「夏休みの宿題はまだもらっていない」と発言してしまったため、城西高から宿題が郵送されてきたという。

ただ、北京には持参していない上、帰国は31日の予定のため宿題をする時間がほとんどない。「何とかなると思う。何とかなります」と自分に言い聞かせた16歳。勉強でも自慢のスピードを見せるしかない!?

[ 2015年8月21日 05:30 ]



 
 
>TOP

世界が16歳に驚いた!サニブラウン準決進出 同組ガトリンも称賛

スポニチアネックス

世界陸上第4日 男子200メートル (8月25日 中国・北京 国家体育場)

男子200メートルで同種目の大会最年少出場(16歳172日)となったサニブラウン・ハキーム(東京・城西高2年)が予選4組の2位で準決勝に進んだ。100メートル&200メートルの今季世界ランク1位のジャスティン・ガトリン(33=米国)に次ぐ順位で、自己ベストに0秒01差の20秒35をマークした。26日の準決勝を突破し、“ボルト超え”となる大会最年少決勝進出を目指す。藤光謙司(29=ゼンリン)、高瀬慧(26=富士通)も突破し、史上初となる日本勢3人が準決勝に進んだ。

末恐ろしい高校2年生だ。予選4組は4人による2着争い。際どい勝負となったが、サニブラウンはフィニッシュの瞬間、内側のレーンをパッと見た。レース後にその動きについて聞かれると「横を向いて余裕はあったと思います」と言ってのけた。初出場とは思えぬ強心臓。世界の強豪を相手に準決勝に進んだ。

初体験の大外9レーンから飛び出した。30センチの大きな足と身長1メートル87の大きなストライドで先頭を走った。今季世界最高の19秒57をマークし、100メートル銀メダルのガトリンには直線で抜かれたが、後半に伸びて前回モスクワ大会4位のアシュミード(ジャマイカ)はかわした。持ちタイムが同組4番目という戦前の不利予想をはね返した。

大舞台で力通り走ることがどれだけ難しいことか。ガトリンでさえ、100メートル決勝のゴール寸前で力んでもたつき、ボルトを仕留めるチャンスを逸した。この16歳は「ちょっと緊張したけど、普通の走りができました」と重圧とは無縁。無風という条件の中、自己ベストに0秒01と迫る20秒35の好タイムで走った。これにはガトリンも「私の走りは遅かったが、サニブラウンがかなり押し上げた。驚くべき若者だね。16歳で準決勝なんて信じられない」と称えた。

初めての年齢制限がない日本代表でもマイペースを貫いてきた。ホテルで同部屋の藤光は普段の姿をこう評した。「普通の16歳は先輩と一緒なら遠慮するところもあるが、堂々と先頭を歩くタイプ。度胸が据わっている」。この物おじしない性格が、7月の世界ユースでの100&200メートルの2冠につながった。200メートルはボルトの持つ大会記録を更新する快挙だった。自ら「結構、おおざっぱ。メンタルは弱くない」と分析する性格は誇張ではない。同じ99年生まれには野球のU−18ワールドカップ高校日本代表の清宮幸太郎(早実)がいるが、リトルリーグ世界一になった和製ベーブ・ルースに続き、世界に名をとどろかせた。

26日の準決勝は再びガトリンと同組だ。ここを突破すれば、05年にボルトが記録した18歳355日を抜き大会最年少決勝進出となる。03年銅メダルの末続以来となる日本勢ファイナリストになるには各組2着までと3着以下のタイム上位2選手に入らなければならない。その道は険しいが、言葉は力強い。「ラストはフォームがバラバラ。タイムはもっと出る気がする」。軽々と壁を越えていくこの男なら、何が起きてもおかしくない。

◆サニブラウン・ハキーム 1999年(平11)3月6日、福岡県生まれの16歳。父はガーナ人で母は日本人。小3でサッカーから陸上へ転向し、東京・城西高1年の昨年、国体少年男子Bで高1歴代最高の10秒45で優勝。今年1月に20年東京五輪を見据えた日本陸連の若手強化選手「ダイヤモンドアスリート」に認定された。6月の日本選手権は100、200メートルとも2位。7月の世界ユース選手権(コロンビア)で100メートル10秒28、200メートル20秒34と、いずれも大会新で2冠に輝いた。1メートル87、74キロ。

【男子】▽200メートル予選「4組」(1)ガトリン(米国)20秒19(2)サニブラウン(城西高)20秒35(3)アシュミード(ジャマイカ)20秒40(4)ヌカナタ(ケニア)20秒43※3位までが準決勝進出



 
 
>TOP

ガトリンも感嘆…サニブラウン“自分の走り”で準決勝進出「全力で挑む」

スポニチアネックス 8月25日(火)21時23分配信

◇陸上世界選手権第4日 男子200メートル(2015年8月25日 北京・国家体育場)

16歳172日で同種目大会最年少出場となったサニブラウンが、初となった海外のシニアの大会で堂々の走りを披露した。

100メートル銀メダルのガトリンと同組で大外の9レーンからスタートすると、序盤から上位争いに加わり、最後は足を伸ばしてガトリンに続いてゴールに入った。「間延びしてしまって後半、足が回らなかった」と振り返ったサニブラウン。大歓声の中で緊張したというが、それでも「自分の走りをすれば大丈夫だと思った」と平常心で臨み、自己ベストまで0秒01に迫る好タイムを出した。

同走のガトリンも「16歳で準決勝進出なんて考えられない。素晴らしい」とうなったレース運びで、まずは第一関門突破。26日の準決勝に向けて「泣いても笑っても大舞台になると思うので、全力で挑みたいと思う」と力を込めた。



 
 
>TOP

サニブラウン 衝撃の世陸デビュー!200M準決進出 藤光、高瀬も突破

スポニチアネックス

陸上・世界選手権は25日、中国・北京で第4日が行われ、男子200メートル予選では、日本人最年少出場を果たしたサニブラウン・ハキーム(16=東京・城西高2年)が20秒35で4組2位に入り、準決勝進出を決めた。

16歳172日で同種目大会最年少出場となったサニブラウンは、100メートル銀メダルのジャスティン・ガトリン(33=米国)と同組で大外の9レーンからスタート。前半から上位にキープと後半もスピードを落とすことなく、ガトリンに続いてゴールに飛び込んだ。「緊張やプレッシャーもあった。大歓声で集中しずらかった」と振り返ったが「自分の走りをすれば大丈夫」と言い聞かせ結果を出した。

藤光謙司(29=ゼンリン)は、20秒28の1組2位に入り、自動的に準決勝に進出。藤光の予選突破は09年大会以来。2組の高瀬慧(26=富士通)は、20秒33で4位ながら、全体のタイム順により準決勝へ駒を進めた。

[ 2015年8月25日 20:50 ]



 
 
>TOP

サニブラウンは準決勝2組 高瀬、藤光はボルトと同組に

スポニチアネックス

陸上の世界選手権で26日夜に行われる男子200メートル準決勝のスタートリストが25日に発表され、サニブラウン・ハキーム(東京・城西高)は予選に続いてジャスティン・ガトリン(米国)と同じ2組に入った。

日本歴代2位の20秒13の記録を持つ藤光謙司(ゼンリン)と高瀬慧(富士通)は世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)と同じ3組となった。

準決勝は3組あり、各組2着までと3着以下のタイム上位2選手が27日の決勝に進む。(共同)

[ 2015年8月25日 23:25 ]



 
 
>TOP

2015.8.26 22:10

【世界陸上】
男子200メートル、日本勢3人とも決勝進めず

The Sankei Shimbun

陸上の世界選手権の男子200メートル準決勝は2組でサニブラウン・ハキーム(東京・城西高)が20秒47の5着に終わり、3組で藤光謙司(ゼンリン)が20秒34の7着、高瀬慧(富士通)が20秒64の8着で、3人とも決勝に進めなかった。



 
 
>TOP

2015.8.26 23:37

【世界陸上】
サニブラウン「ボルトと走るのは来年に持ち越し」

The Sankei Shimbun

急成長の16歳、サニブラウンも準決勝の舞台で思い通りの走りはできなかった。「ちょっとへばりました。粘れなかった」。組5着ながら予選の20秒35よりタイムを落とした。

予選突破は大きな収穫だ。「雰囲気を肌で感じることができた。やり切った感は大きい」と笑顔を浮かべた。代表入りが決まる前から「ボルトと並んで走ってみたい」と語った夢は「それは来年に持ち越しです」。高校2年生がリオデジャネイロ五輪を目指す意欲がまた高まった。



 
 
>TOP

ガーナの「奴隷」絵本に 米山さんが出版【大樹】

十勝毎日新聞

2015/11/09 13:47

大樹町萠和のペンション「インカルシペ白樺」(米山有年オーナー)で運営を手伝う、オーナーの長女米山博子さん(56)=帯広在住=がアフリカのガーナで絵本を出版した。同国在住時に見聞きした奴隷貿易の話を題材にした作品で、米山さんは「世界の子供たちに本が届き、苦難に遭っても勇気と希望を持って生きられる糧になれば」と話している。

本のタイトルは「THE BAOBAB TREE OF SALAGA」。2008年に新日本出版社から、日本語版「サラガのバオバブ」として販売。今回英語で出版するに当たり、文章や表現を練り直し、9月末にガーナでも出版した。

西アフリカで最大の奴隷市場があったというガーナのサラガという街が舞台。取引される前に奴隷がつながれていたバオバブの木と、奴隷としてアメリカ大陸に売られる少年の話を描いている。

米山さんは1994年から今年までガーナ大学で日本語講師をしており、奴隷貿易の歴史をたどる同国外務省の会議に一般参加したのが出版のきっかけ。サラガを訪問して現地の部族長にバオバブが実在していたときの話などを聞き、認識を深めてきた。

当初から英語と日本語の両方で制作を進めていたが、縁があった日本での出版が先に実現した。その後、ガーナの出版社に売り込み同国での出版にこぎ着けた。米山さんは「物語の舞台での出版という夢がやっとかない、何よりうれしい」と話す。

今後、絵本をガーナで仕入れ、本を片手に当時奴隷貿易に関わったアメリカやヨーロッパに読み聞かせの旅に出るという。米山さんは「世界の子供たちに絵本を見せ、人間のあるべき姿を語り合い、一緒に考えたい」と話している。

ガーナの「奴隷」絵本に 米山さんが出版【大樹】

UP:2013 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)