HOME > WORLD >

ガーナ共和国 2011年

アフリカアフリカ Africa 2014

○2007年までのニュース・情報 ガーナ共和国 〜2007年
○2008年〜2009年のニュース・情報 ガーナ共和国 2008年〜2009年
○2010年のニュース・情報 ガーナ共和国 2010年
○最新のニュース・情報 ガーナ共和国

○外務省 各国・地域情勢 ガーナ共和国
○外務省 「第3章 ガーナの教育セクターの概況」

◆2011/01/08 cnn.co.jp 麻薬密輸の新たな手口あれこれ、英国境局が公表
◆2011/01/16 Accra Daily Mail Ghana Federation of Disabled builds capacity of members
◆2011/01/16 Ghana News Agency National Council of Persons with Disability gives to Amputee team
◆2011/01/16 BusinessGhana National Council of Persons with Disability gives to Amputee team
◆2011/01/18 NIKKEI NET [FT]中国の途上国向け借款、世銀上回る
◆2011/01/18 ABNNews オーストラリア市場レポート 2011年1月18日: Kidman (ASX:KDR) が北部準州での前向きなレアアース結果を報告
◆2011/01/18 jp.reuters.com  2009─10年の中国の発展途上国向け融資、世銀を上回る=FT
◆2011/01/19 AFP BB NEWS 米、各国からオバマ大統領らへの贈り物を公表 鳩山前首相夫人からも
◆2011/01/24 毎日新聞 水と緑の地球環境:森と共に生きる/1 「国際森林年」、豊かな緑・林業再生リポート
◆2011/01/24 Ghanaian Chronicle GH¢1.8 million Assembly Hall for School for the Deaf
◆2011/01/26 時事通信社 バレンタインデーに暗雲?=カカオ豆高騰−コートジボワール禁輸で
◆2011/02/03 Ghana News GOIL donates to school
◆2011/02/09 Ghana News Agency Need to show compassion to people with intellectual disability - NGO
◆2011/02/15 Modern Ghana Ghana Tourist Board shares chocolate with mentally challenged Wa
◆2011/02/15 Ghana News Agency Assemblies urged to remove bottlenecks in disbursing disability share of Common Fund
◆2011/02/16 National Geographic News アフリカで普及を目指す高効率コンロ
◆2011/02/17 朝鮮日報 Kリーグ:大物が続々移籍、勢力図どう変わる?
◆2011/02/17 Greenz アフリカの子供たちの手の平に“マイ図書館”を!ガーナの学校で電子ブックリーダーの活用が始動
◆2011/02/24 Accra Daily Mail Global Cargo Supports DO-Ghana
◆2011/02/26 Ghana Broadcasting Corporation Visually impaired students top sighted students
◆2011/03/06 毎日新聞 リビア:西部、食料不足 反政府勢力メンバー証言 軍、国境の主要道封鎖
◆2011/03/10 毎日新聞 リビア:騒乱 政府軍、強引に雇い兵勧誘 アフリカ出身狙い「断ると撃ち殺された」
◆2011/03/24 Ghana Business News Government should commit to “inclusive education” of visually impaired children
◆2011/03/29 Ghana News Public called upon to promote use of sign language
◆2011/03/29 Ghana News School for the Deaf Needs Boy's Dormitory
◆2011/03/31 Ghana News Agency School for the Deaf finds solution to polythene/sachet plastics
◆2011/04/01 Ghana News Agency Disabled groups unable to access share of DACF in UWR
◆2011/04/20 Ghana News Agency Need to treat PWAs fairly
◆2011/04/25 Ghana Broadcasting Corporation Chinese Art Troupe Thrills Audience at National Theatre
◆2011/04/28 uefa.com シャルケに引導を渡したいユナイテッド
◆2011/04/30 AFP BB News 「ウエディングキスは嫌い」? 3歳のロイヤルカップル付添人が一躍有名に
◆2011/05/02 Ghana News Agency Cape Coast BAC training disabled persons to acquire business skills
◆2011/05/02 Ghana News Agency Deaf voice out grief against discrimination
◆2011/06/02 BusinessGhana Cape Coast School for the Deaf students receive HIV counselling, testing
◆2011/06/07 BusinessGhana Persons with intellectual disability deserve human right treatment- Proprietress
◆2011/06/07 Ghana Broadcasting Corporation Visual Impairment Teacher Training launched
◆2011/06/07 Modern Ghana Teacher calls for sign language inclusion on all TV stations
◆2011/06/13 NEWSポストセブン 日中常時40度超の暑い国 寝床にひしゃくで水撒いてから寝る
◆2011/06/22 Modern Ghana ASHMA spends GH¢33,000 on disabled persons
◆2011/07/03 Gigazine 激安2000円台のエコツアー、ガーナの大自然の川で野生のカバを見てきました
◆2011/07/10 SoccerKing エッシェン、右ひざに深刻な故障を負う…引退の可能性も浮上
◆2011/07/11 jp.uefa.com エシアンが手術、復帰には6カ月
◆2011/07/12 SoccerKing 度重なる故障に悩むエッシェン、ひざの手術で全治6カ月
◆2011/07/12 SoccerKing チェルシーがモドリッチ獲得へ34億円再オファーも、トッテナムは拒否へ
◆2011/07/13 FC JAPAN チェルシーのエシエンが右ひざ手術で半年離脱
◆2011/07/21 LNEWS 日本郵船/アジア−南・西アフリカ航路SWAXサービスを強化
◆2011/07/24 Gigazine どこにでもあるアイスが証明、西アフリカで一番経済発展が進むガーナ
◆2011/08/02 Ghana News Agency Coaches and sports coordinators upgrade skills 2nd August 2011
◆2011/08/04 Ghanaian Chronicle MCE presents GH¢23,000 to Association of Disabled
◆2011/08/05 時事ドットコム ガーナ人死亡、遺族が提訴=「入管職員の暴行原因」−東京地裁
◆2011/08/06 アフリカビジネスニュース ガーナでMNPが開始 1か月で2万人以上が他社に乗り換え
◆2011/08/09 Ghana News Agency NGO donates to School of Deaf
◆2011/08/10 アジアエックス シティのトレードハブ、貿易決済の交換局に
◆2011/08/10 Ghana News Agency ガーナで第二回障害会議、開会式でWHO担当者、障害者数が激増していることに懸念と発言
◆2011/08/12 Ghana News Agency KNUST to offer scholarships to students with disability
◆2011/08/13 朝鮮日報 サッカー:プレミア開幕、韓国人もレギュラー取りへ
◆2011/08/19 GhanaWeb Emperor Gaza International Launches Fusion Games
◆2011/08/23 Ghana News Agency Assembly presents GH?10,068 working tools to the disabled
◆2011/08/25 Accra Daily Mail Meeting Ghanaians with disabilities; An obroni’s close encounter with the “deaf”
◆2011/08/25 Ghana News Agency Do not impose people on us - GSPD warns
◆2011/08/26 asahi.com ブラジル戦を楽しみにするペイントシル
◆2011/08/31 毎日新聞 リビア:首都のアフリカ移民迫害 黒人雇い兵に憎悪
◆2011/09/03 Ghana News Agency MMDAs urged to support people with disability
◆2011/09/07 asahi.com フリンポン、ガーナ代表を選択か
◆2011/09/14 AllAfrica.com Ghana: Disability Law in Limbo - Beggars On the Streets
◆2011/09/18 Ghana News Agency GAA to offer disabled athletes slots at its next Grand Prix
◆2011/09/20 GhanaWeb Farmer jailed 20years for raping deaf girl
◆2011/09/23 AllAfrica.com Ghana: Disabled Defend Utilization of Their Share of Common Fund
◆2011/09/24 Ghana News Agency Wa Assembly inaugurates Committee to manage disability funds
◆2011/09/26 AllAfrica.com Ghana: Contractor Back On Site At Geogo School for the Deaf
◆2011/09/27 Ghana News Agency Meeting on Disability Rescheduled
◆2011/09/27 Ghana News Agency School for the deaf appeals to GETFUND
◆2011/09/27 Ghana News Agency Dumb and Deaf person holds press conference to highlight problems
◆2011/09/27 Ghana News Agency Ghanaians asked to desist from giving alms to deaf and dumb beggars
◆2011/09/30 MobileActive.org Featured Research: Making Sense of Mobile Phone Use in Ghana
◆2011/10/01 Ghana Environment Minister Presents Laptop Computers, Cash To Disabled
◆2011/10/01 Ghana News Agency Assembly disburse funds to the physically challenged 1st October 2011
◆2011/10/03 Ghana Broadcasting Corporation Armless pilot uplifts spirit of disabled persons
◆2011/10/05 Ghana News Agency Garu-Tempane District Assembly exceeds revenue target 5th October 2011
◆2011/10/07 GhanaWeb WAEC reacts to deaf and dumb oral exam error
◆2011/10/07 Jeune Afrique 農業:土地を探しているパーム油の生産者
◆2011/10/08 GhanaWeb Islamic Charity donates to school of the deaf
◆2011/10/10 Ghana News Agency Physically challenged advocate employment at tollbooths
◆2011/10/11 Ghana Broadcasting Corporation 3 deaf students take oral exams: WAEC voices dismay
◆2011/10/23 Tennis-Navi 予選突破の綿貫裕介、2回戦で敗れる/ナイジェリアF3
◆2011/10/26 Ghanaian Chronicle AwaaWaa2 helping children with speech disability
◆2011/10/26 BusinessGhana Handicapped street artist writes his way to fame News
◆2011/10/30 IT news Africa Q&A: Africa lacks software entrepreneurs
◆2011/10/31 Ghana News Agency Ghanaians should give moral and material support to Persons with Disability
◆2011/10/31 AllAfrica.com Ghana: New Communications Technologies to Strengthen Democracy
◆2011/11/01 The Japan Times Online Justice stalled in brutal death of deportee
◆2011/11/02 Ghana News Agency Nkoranza South Municipal Assembly release GHC 35,000 for disabled
◆2011/11/04 Ghana News Agency A 13-member Board of Governors of the Bechem School for the Deaf
◆2011/11/11 外務省 ガーナPKO訓練センターへの自衛官講師派遣
◆2011/11/16 AllAfrica.com Ghana: Association Helps Improve Communication for the Deaf
◆2011/11/22 Ghana Broadcasting Corporation Government orders suspension of permits for construction of public buildings that are not disability friendly
◆2011/11/22 AllAfrica.com Ghana: Gbeogo School for the Deaf Excels in Football Tournament
◆2011/11/22 THE AFRICA REPORT Ghana to train 5,000 physically-challenged persons in computer assembling
◆2011/11/24 Modern Ghana ICT Training For Disabled
◆2011/11/26 GhanaWeb Metro Mass Transit bus involved in gory accident
◆2011/11/30 アフリカビジネスニュース IBM ガーナに新たな調達センターを開設
◆2011/12/02 Palisades Petroleum Palisades Petroleum (ピンクシート:PAPT)会長、Makusha Gozo、著しい競争優位性の確立と、Strat Petroleum Limitedとの合併交渉を発表
◆2011/12/02 ベトナムニュース  アフリカからの輸入額、トップは南アフリカ
◆2011/12/05 jp.reuters.com スタンチャート、アフリカでの買収を排除せず=地域CEO
◆2011/12/06 Ghanaian Chronicle 260 physically challenged persons given walking aids
◆2011/12/06 Myjoyonline.com Hotline: Beyond Disability
◆2011/12/06 Morningstar <EMeye>IBMがガーナで調達センター開設、アフリカ経済への好影響に期待
◆2011/12/07 アフリカビジネスニュース 「NECアフリカ」設立。サブサハラ地域のビジネスを強化
◆2011/12/07 Vibe Ghana Ghanaians urged to respect persons with disabilities
◆2011/12/07 Modern Ghana Persons with disability marginalised
◆2011/12/09 AllAfrica.com Ghana: State and Non-State Actors Asked to Include Disability Issues in Policy Formulation
◆2011/12/12 AllAfrica.com Ghana: Assemblies Embracing Transparency in Common Fund Management
◆2011/12/17 goal.com BBCアフリカ年間最優秀選手はアイェウ
◆2011/12/29 Myjoyonline.com District Assemblies ordered to recruit sign interpreters for district hospitals

【参考web】
●NYTimes.com A Global Graveyard for Dead Computers in Ghana

●FRONTLINE/World Ghana: Digital Dumping Ground

●ナショナルジオグラフィック [地球の悲鳴]廃棄パソコンはどこへ行く

世界中で増えつづけているパソコンやテレビなどの電気製品の廃棄物。アジアとアフリカで目にした、“危ないリサイクル”の実態をレポートする。

  ◇   ◇   ◇

   さっきまで降っていた雨がやんだ。ここはガーナの首都アクラ。6月は雨期だが、一日じゅう降りっぱなしというわけでもない。朝の日差しがじめつく大気を熱するころ、広大なアグボグブロシエ市場のあちこちから、黒い煙の柱がたちのぼる。私はそのうちの一つをめざして、レタスや料理用バナナを売る屋台や、古タイヤを並べた店を通りすぎ、男たちが背中を丸めて中古の発電機やエンジンのパーツと格闘している部品市場を抜けた。

   やがて、ぬかるんだ道の両側に、年代物のテレビやパソコンのケース、壊れたディスプレイが山と積まれた一画に出た。高さは3メートルにもなる。少し先には、細かく砕かれたプリント基板が集められた山があり、琥珀色や緑色にきらめいている。

   近くまで来てわかったのだが、黒い煙の火元は一つではなかった。たくさんの小さな炎があちこちで燃えている。鼻につんとくる煙の向こうに、いくつもの人影がかすんで見える。棒きれでたき火をかき回す者もいれば、色とりどりのパソコンケーブルを腕いっぱいに抱えた者もいる。よく見ると、ほとんどが子どもだ。

   煙にむせた私はシャツで鼻をおおい、一人の少年に話しかけた。名前はカリム。15歳くらいで、2年前からここで働いているという。カリムが燃料がわりの古タイヤを棒でつつくと、真っ黒な煙で上半身がすっかり見えなくなった。彼はたき火のなかから銅線を取りだし、ざぶりと水をかけて炎を消した。周囲は水びたしだ。こうやって被覆を取りのぞいた銅線をスクラップ業者に売るのだが、難燃処理された被覆をむりやり燃やすと、発がん性物質をはじめ数々の有害物質が発生する。

   後日、入り江近くにある別のメ廃品焼却場モに行ってみた。そこで働く20歳くらいの青年イスラエル・メンサは、場違いなくらいおしゃれな格好で、デザイナーズブランドのメガネをいじりながら、仕事の内容を説明してくれた。

   スクラップ業者が毎日、どこからともなく大量の電子機器を運んでくるが、自分はその出どころは知らない。メンサは家族や友人と金を出しあい、パソコンやテレビを買いとって分解する。ブラウン管からは銅の部品を取りだす(この作業で、神経毒性が強い鉛や、肺や腎臓に障害を引きおこす発がん性物質のカドミウムが地面にまき散らされる)。パソコンのメモリーやドライブも金になるのではずし、ケーブル類は被覆を燃やして銅線を取りだす。これらを売って得た金で、また次の廃品を買うのだ。

   この仕事はスピードが命で、安全は二の次だ。近くの入り江には、ディスプレイの残骸がいくつも浮いている。明日にでもまた雨が降れば、大西洋まで押し流されるのだろう。

   私たち人類とゴミは浅からぬ縁で結ばれている。太古の昔から人類はゴミを排出しながら生きてきた。だが20世紀末になると、有害物質をたっぷり含んだ新種のゴミが登場し、爆発的に広がったその正体はパソコンなどの電気電子廃棄物(e-waste)である。

   半導体メーカー、インテルの共同創設者であるゴードン・ムーアは、いまから40年以上前に、いわゆる「ムーアの法則」を提唱した。コンピューターの処理能力は2年で2倍になる、というものだ。この法則に従うならば、どんな最新鋭の機器も売りだされた途端に陳腐化する。米環境保護局の推計によると、この先数年間にわたって、毎年3000万〜4000万台のパソコンが使われなくなるという。

   陳腐化の波に追いたてられているのは、パソコンだけではない。米国では、2009年にテレビ放送がデジタルに移行すると、アナログ放送専用のテレビは使えなくなり、買い替えに伴って、毎年2500万台のテレビがお払い箱になる。また、新機種が次々に登場する携帯電話市場では、米国だけで2005年に9800万台が用済みになった。

   日本も同様で、2011年に地上デジタル放送へ完全に移行すれば、最大6400万台のテレビがゴミになると予測されている。携帯電話は2006年度に660万台がリサイクルされているが、割合としてはまだ少なく、多くは手元に残されたり捨てられているようだ。

   国連環境計画(UNEP)によれば、全世界で使用済みになる電気製品の量は、年間5000万トンにのぼるという。

   この大量のゴミはいったいどこへ行くのか?

   米国の場合、電気製品の投棄を禁止する州が増えているにもかかわらず、使用済みのパソコンやディスプレイの70%以上、テレビでは実に80%以上が埋め立て処分されるという。その結果、鉛、水銀、ヒ素、カドミウム、ベリリウムなどの有害物質が土壌にしみこむおそれがある。

   一方、屋根裏部屋や地下室でほこりをかぶっている古い電気製品もかなりの数にのぼる。だが、使わずにしまいこんでおけば環境にやさしいというわけでもない。電子機器には、有毒物質だけでなく、金や銀など電気伝導性の高い、希少な有用金属も使われている。理論上は、熱帯雨林を切り倒して露天掘りをするよりも、パソコンのマザーボードから金を取りだすほうがはるかに効率的で、環境への負荷も小さいのだ。

   現在、米国でリサイクル業者を通じて正規の回収ルートに乗せられる使用済み電気製品は、全体の20%にも満たない。それでもカリフォルニア州のように、埋め立て投棄に厳しい姿勢で臨む自治体が増えれば、この割合は上昇するだろう。ただしリサイクルの現状は、こうした建前ほどクリーンなものではない。なかには環境汚染や健康被害を最小限に抑える努力をしているリサイクル業者もいるが、大多数は、そのままブローカーに横流しをする。そして不要になった電気製品は、環境法がきちんと整備されていない開発途上国に運ばれていくのだ。

   電気製品のゴミは、処理を誤れば環境を破壊する。この事実を認識している国々は、国際的な規制の網をかける努力を始めている。

   現在170カ国近くが締結している1989年のバーゼル条約では、有害廃棄物を輸送する際、先進国が開発途上国にその旨を通知することを義務づけている。また、この規制では実効力がないと考えた環境保護団体や開発途上国の働きかけで、1995年には、貧しい国々への有害廃棄物の輸出を全面的に禁止するよう条項が修正された。この禁止条項はまだ発効していないが、EU(欧州連合)はすでにそのための要求事項を法律に明文化している。

    さらにEU各国のメーカーは、製品を安全に廃棄する責任も負う。EUは加盟国の法令などの統一を目的とした「EU指令」を出しているが、最近の指令では、電気電子機器への鉛や水銀、難燃剤などの使用を原則禁止する「グリーン・デザイン」を奨励している。また電気電子廃棄物をメーカーが回収し、責任をもってリサイクルするテイクバック方式を実現するために、インフラ整備を求める指令も出ている。だが、こうした防衛策にもかかわらず、不要になった大量の電気製品が闇ルートで欧州各地の港を出発し、開発途上国に向かっている。

  電気製品の“墓場”

   世界のハイテク機器の製造地と言えばアジアだが、寿命が尽きたハイテク機器の多くは再びアジアに舞いもどってくる。

   特に中国は、以前から世界の電気製品の“墓場”になってきた。製造業の飛躍的な成長に後押しされて、中国各地の港は、鉄、アルミニウム、プラスチック、紙といったリサイクル可能な廃棄物の集散地となった。1980年代半ばからは、電気製品のゴミが大量に流れこむようになった。プリント基板の希少金属を取りだすと、けっこうなもうけになるからだ。

   米国テキサス州にあるリサイクル会社の所有者バンデル・ノーウッドによると、ある時期から、海外のブローカーが中国に送る使用済み電気製品を物色しにくるようになったという。いまではこのやり方に疑問をもつノーウッドだが、当時はほかのリサイクル業者と同じく、双方の利益になる“おいしい商売”だと思っていた。「集めた廃品はすべてリサイクルされると聞きました。環境面で責任ある行動だし、こちらは在庫を処分できるうえにお金も入ってきますから」。こうして不要になった電気製品が大量に輸出され、利益を生むようになった。

   しかし2002年、有害廃棄物問題に取り組む国際環境団体バーゼル・アクション・ネットワーク(BAN)が、中国での廃棄物リサイクルの実態を暴くドキュメンタリービデオを公開したことで、「責任ある行動」の幻想は崩れた。

   ビデオの舞台になっている広東省の貴嶼は香港に近く、使用済み電気製品の一大処分場となっていた。人々は、パソコンのケーブルを燃やして銅線を取りだす、プリント基板をとかして鉛などの金属を分離する、基板を強い酸性液に浸して金を抽出するといった危険な作業に、子どもから老人まで家族総出で従事していた。

   中国政府は2000年に電気電子廃棄物の輸入を禁止したが、それでも流入は止まらない。ただBANの告発ビデオによって“リサイクル”の実態が世界に広く知られたため、中国政府は禁止品目を増やしたり、地方政府に法令順守を促すなどの努力を始めている。

   上海の南、浙江省台州もまた電気製品の大処分場だった。数年前まで、台州郊外では電子機器の分解がさかんに行われていた。貴嶼に並ぶ規模で、もちろん闇の商売である。しかし最近では、金属スクラップが大量に集まる近くの港、浙江省寧波や江蘇省海門の税関が、違法な有害廃棄物の出入りに目を光らせるようになった。訪れた小さな村々ではいまも、法の網をかいくぐった廃棄物処理が細々と行われているが、その規模は先細りのようだった。

   しかし、取り締まりに乗りだすのが遅すぎたかもしれない。有害廃棄物による病気や障害は、すでに表面化している。2007年、中国の科学者たちが次々と発表した研究では、BANのビデオに登場した貴嶼の環境が悲惨な状態にあることが明らかになった。

    廃棄物の処理をまだ続けている地区は、大気中のダイオキシン濃度が世界で最も高い。土壌を汚染している化学物質のなかには発がん性が疑われるものもあり、内分泌や免疫機能を阻害する懸念もある。作業員の血液からは、PBDE類と呼ばれる難燃剤が高濃度で検出された。ごく微量でも、胎児の発達を妨げるおそれがある物質だ。

   中国はいずれ、電気電子廃棄物の輸入を阻止できるかもしれない。だが、廃棄物は水のように流れていく。数年前なら広東省や浙江省の港に運ばれていた廃棄物は、タイやパキスタンなど、規制がゆるい国々に、行き先を変えるだけだろう。

   「中国やインドといった一部の国だけが規制を強化しても、世界全体の問題解決にはつながりません」と語るデビッド・N・ペロー教授は、社会正義の観点から電気電子廃棄物の問題に取り組んでいる。「廃棄物は、規制のゆるいところへと流れていきますから」

  ※以上の記事は月刊誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」特集からの抜粋です。さらに詳しい内容を読まれたい方はこちら。



【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 ―市民社会/共同体の二元論をこえて―/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障―タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析―/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法―アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体―タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって―/杉村和彦

チョコレートの真実
キャロル・オフ著 北村陽子翻訳  英治出版 ¥1,890 B6判 384p 2007年9月 [amazon]


 
 
>TOP

麻薬密輸の新たな手口あれこれ、英国境局が公表

2011.01.08 Sat posted at: 16:06 JST

ロンドン(CNN) 英国国境局は8日までに、昨年摘発した麻薬密輸事件で新たに見付けた手口を列挙する報告書を発表した。一般社会にこれらの手口を公表することで麻薬密輸への警戒を高め、犯行への加担の阻止などを狙っている。

密輸の手口はますます巧妙になっているとし、ハート形、ミニボトルや鶏をかたどったガラス製装飾品の中に薬物を隠す企てもあった。昨年3月にガトウィック空港の貨物便で見付けたピーナッツとカシューナッツの袋にはコカインが入っていた。荷物はカリブ海ジャマイカから送られたもので、50歳の男が捕まり禁錮7年の判決を受けた。

8月にはマンストンにあるケント国際空港に到着した貨物便にあったヤムイモの中に薬物があるのを突き止めた。イモを切って中に薬物を入れた後、切断面を接着していた。貨物便はアフリカ・ガーナから到着していた。

有名なサッカー選手を描いた絵画に乾燥大麻を隠す手口もあった。木製の額縁に入っていた絵はイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティー(マンC)でプレーするFWエマニュエル・アデバヨールを題材にしたもので、同選手の母国であるアフリカ・トーゴから送られていた。宛先はロンドン北部のトットナムで、プレミアに所属するクラブのトットナムはマンCのライバルとなっている。この事件の捜査はまだ続いている。

誕生日カードに薬物を隠す犯行もあった。ヘロインの袋を体に巻き付けたり、薬物の包みを飲み込んで税関の突破を図る常とう手段も絶えなかった。

英国国境局の責任者は、麻薬密輸による利益は巨額になることから、実行犯は新たな手口を編み出すため多額の金を投じることにちゅうちょしないと指摘。しかし、どんな手口であれ、国境局係員の知識や彼らが駆使する最新技術には対抗できないとも主張している。



 
 
>TOP

[FT]中国の途上国向け借款、世銀上回る

影響力拡大と資源確保狙い

2011/1/18 14:00

(2011年1月18日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

中国の途上国向け借款規模がこの2年間に世界銀行を超えたことが明らかになった。フィナンシャル・タイムズ紙の調査によるもので、中国の経済的影響力の拡大と、資源確保に向けた精力的な動きを示すものといえる。

■09〜10年に1100億ドル融資

調査によると、中国政府系の国家開発銀行(CDB)と中国輸出入銀行による2009〜2010年の対途上国政府・企業向け融資の契約額が、少なくとも1100億ドルに達した。他方、これに対応する世銀部門の2008年中ごろ〜2010年中ごろにかけての途上国向け融資契約額は1003億ドルで、こちらも金融危機への対応で過去最高額となっている。

中国2行による巨額の海外融資は政府がいかに自国主導の経済グローバル化の新たな枠組みを形成しているかを示すもので、同時に欧米輸出市場への経済依存を縮小しようとする広範な努力の一環と言える。

金融危機を契機に中国政府は、資金繰りに苦しむエネルギー輸出国に積極的に融資を行い、自国のエネルギー企業の経済権益を拡大することに成功してきた。

これまで締結した契約には、ロシア、ベネズエラおよびブラジルと結んだ融資と石油の交換取引や、融資と引き換えにインド企業に発電設備を売却、ガーナにインフラプロジェクト、アルゼンチンに鉄道建設プロジェクトを、それぞれ輸出する取引などが含まれる。

■世銀、過熱避け中国政府と協力

世銀は中国との借款提供の競争が過熱化しないよう北京政府と協力する方策を探っている。

CDBと中国輸出入銀行は、中国政府の強力な支援を受けた特定の取引では、世銀やほかの国際金融機関より融資先に有利な契約を提供するが、政治的配慮がさほど必要ない取引では国際水準に近い条件を提示する。また、透明性の確保で煩わされることが少ない条件を融資先に要求する傾向がある。

この2行は海外融資の具体的な数値を公表しておらず、FT調査に対するコメントも拒否している。一方、世銀は、中国政府とは密接に協力しており「重要な拡大する提携関係」を歓迎するコメントした。

フィナンシャル・タイムズ紙の調査結果は各銀行、融資先および中国政府の公表済みの統計に基づき算出された。

■CDBの融資実態、公表額下回る

CDBの顧問の1人によると、公式発表に基づく融資額は、同行による発展途上国向け新規融資契約の実際の水準を下回っているという。

一方、世銀の融資額は国際復興開発銀行(IBRD)と民間セクター向け融資を行う国際金融公社(IFC)の数字を合わせたもので、無償援助と低利融資を行う国際開発協会(IDA、通称「第二世銀」)の数字は含まれない。

中国もまた、他の途上国向け金融支援を行っているが、その詳細を明らかにしていない。

By Geoff Dyer, Jamil Anderlini & Henny Sender



 
 
>TOP

オーストラリア市場レポート 2011年1月18日: Kidman (ASX:KDR) が北部準州での前向きなレアアース結果を報告

Sydney, 2011年1月18日, (ABN Newswire) - Kidman Resources Limited (ASX:KDR) は北部準州において同社が100%保有する Hale River プロジェクトからの前向きな結果を報告した。第1段階作業プログラムでは、 Kidman 施設域内における既知レアアース特異の範囲が大幅に拡大された。特定されたレアアース酸化物 (REO) 区域は4区域から8区域へと倍増した。試料の最高値として0.86% REO のグレードが示された。また同社は銅の最新試料を分析し、最高30.5% Cu の数値が得られた。掘削対象地を確定する第2段階作業プログラムは2011年2月に予定されている。

Adamus Resources Limited (ASX:ADU) は、西アフリカのガーナにある Nzema 金プロジェクトからの同社初の金の延べ棒となる鋳込みを発表した。この金の延べ棒は Nzema の年間200万トン加工工場において注入され、これにより Adamus はガーナにおける最新の金生産業者となる。1.80g/t での175万オンス (測定済と表示済) および1.62g/t での36万オンス (推定済) の既存鉱物資源推定量や2.01g/t での107万オンスの鉱石資源推定量に基づき、 Nzema 金プロジェクトに対する実現可能性調査では10年の鉱山寿命にわたる年間10万オンスでの稼動が支持されている。

Triton Gold Limited (ASX:TON) は、西オーストラリア州 Albany Fraser 地域での同社2011年金探査プログラムを開始した。 Salmon Gums プロジェクトにおける地上電気・地球物理的調査が先週開始され、見出された対象地の掘削検査が2011年3月に予定されている。 Salmon Gums プロジェクトでの2011年現地プログラムには、2011年1月末の開始が予定される未調査の地表金特異3ヶ所の調査掘削が含まれる。

Genesis Minerals Limited (ASX:GMD) はチリ北部の Dinamarquesa プロジェクトにおいて高グレードの金鉱化と交差した。同プロジェクトで最近掘削されたダイアモンドコア穴7ヶ所のうち1ヶ所からの分析結果が報告された。高グレードの金交差には102.8 g/t 金での2m、6.5 g/t 金での2m、17.7 g/t 金での1m が含まれ、 Dinamarquesa の深度およびストライクの将来性が確認された。これらの掘削穴の切出・試料採取・分析が続けられ、掘削された穴7ヶ所の残りに対する結果は今後数週間中に報告される予定である。

お問合せ先
Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344
http://www.abnnewswire.net



 
 
>TOP

2009─10年の中国の発展途上国向け融資、世銀を上回る=FT

2011年 01月 18日 12:39 JST

[北京 18日 ロイター] 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は18日、過去2年において、中国の発展途上国に対する融資額は世界銀行よりも多かったと報じた。

FTによると、中国の2009─10年の途上国向け融資額は少なくとも1100億ドルで、世銀の1003億ドルを上回った。

データは銀行や借り手、中国政府の発表によるという。

2兆ドルを超える外貨準備を持つ中国政府は、2009年以降、世界中の資産や原料供給を探し回る国有企業への支援を強化した。

国家開発銀行[CHDB.UL]、中国輸出入銀行、中国銀行(3988.HK: 株価, 企業情報, レポート)(601988.SS: 株価, 企業情報, レポート)などの銀行は、石油供給の保証と引き換えの融資のほか、ガーナやアルゼンチンなどのインフラプロジェクトへの融資も行ってきた。

FTによると、中国政府が支援する案件では、世銀よりも優遇された融資条件を提供しているという。FTは、世銀はこうした融資との競合を避けるため、中国政府と連携する方法を探すことになったと伝えた。



 
 
>TOP

米、各国からオバマ大統領らへの贈り物を公表 鳩山前首相夫人からも

2011年01月19日 17:29 発信地:ワシントンD.C./米国

【1月19日 AFP】各国の元首などから米国のバラク・オバマ(Barack Obama)大統領や政権関係者への贈り物の概要が、18日の米連邦官報(Federal Register)で明らかになった。

これによるとオバマ大統領の任期1年目の2009年、サウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ(Abdullah bin Abdul-Aziz)国王は、大統領本人のほか家族や側近たちに総額30万ドル(約2470万円)近くの贈り物をした。

■サウジ国王からは30万ドル相当

アブドラ国王からの贈り物は金額にして、オバマ大統領本人に3万4500ドル(約280万円)、ミシェル・オバマ(Michelle Obama)夫人に14万6200ドル(約1200万円)、夫妻の2人の娘、マリア(Malia)さんとサーシャ(Sasha)が合わせて7275ドル(約60万円)となっている。

またサウジアラビアからホワイトハウス職員には、金額にして計10万8245ドル(約890万円)相当の贈り物があり、そのうち大統領付の上級通訳官に2万3400ドル(約190万円)、サウジの首都リヤド(Riyadh)駐在の米代理公使に1万2000ドル(約98万円)だった。

アブドラ国王からオバマ大統領への贈り物は「広大な砂漠を表した緑色の縞大理石にゴールド製のヤシの木とラクダの像をあしらった」置物や、高級時計メーカー、ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)の置き時計などだった。

ミシェル夫人には13万2000ドル(約1080万円)相当のルビーとダイヤモンドのジュエリーセットや1万4200ドル(約117万円)相当の真珠のネックレスなどが、2人の娘には本やDVD、さらに計数千ドル(数十万円)相当のアクセサリーがアブドラ国王から贈られていた。

■鳩山前首相夫人からも

アブドラ国王の贈り物に次いで高価だったのは、ガーナの大統領夫人がミシェル夫人へ贈った高級腕時計ブランド、バックス&ストラウス(Backes and Strauss)のゴールドとダイヤモンドをあしらった「ガーナの黒い星」と呼ばれる一品で、4万8000ドル(約390万円)相当。

そのほか目立つところでは、中国の胡錦濤(Hu Jintao)国家主席はオバマ大統領一家を描いた額縁入りの絹の刺繍(2万ドル、約164万円相当)を、日本の鳩山由紀夫(Yukio Hatoyama)前首相の夫人、鳩山幸(Miyuki Hatoyama)さんはミシェル夫人へ真珠のネックレス(9700ドル、約80万円相当)を贈っていた。

米国では政府関係者が外国政府から贈り物を受け取ることは法律で禁じられており、これらの贈り物はすべて国立公文書館(National Archives)で保管される。オバマ大統領ら政府関係者は、申し出を断って贈り主と米政府の関係が気まずくならないよう贈り物を受け取ったと、官報は説明している。(c)AFP



 
 
>TOP

水と緑の地球環境:森と共に生きる/1 「国際森林年」、豊かな緑・林業再生リポート

◇今年は「国際森林年」

生物の生態系を守り、持続可能な未来を築くには、森づくりや林業の再生が欠かせない。国連の定める「国際森林年」の今年は、緑や森をめぐるさまざまな取り組みをリポートする。【明珍美紀】

◆チョコ通じ、森守ろう

◇日本発・有機カカオの苗木還元プロジェクト−−アフリカ・ガーナ

2月14日のバレンタインデーをにらみ、チョコレート商戦が熱を帯びてきた。ヨーロッパのショコラティエ(チョコレート職人)がつくる高級品が店頭に並ぶ一方で、途上国の農園で生産された有機(オーガニック)カカオ豆を原料にしたフェアトレード(公正貿易)のチョコレートも輸入、販売されるようになった。カカオの生産地での新たな動きが、「チョコを通じた森づくり」だ。

世界有数のカカオの産地、アフリカのガーナでは、森林保全と有機カカオの生産農家の支援を目的にした「チョコレボ・ガーナプロジェクト」が進んでいる。

途上国と適正価格で取引するフェアトレードのチョコレートの商品開発や販売などを手がける「インヴォルブ」(ブランド名・チョコレボ)代表の星野智子さん(48)が発案し、ガーナの首都アクラの北部にある有機カカオ生産者共同組合が参加した。

星野さんは07年からガーナの生産者らと交流を重ねている。

「開発の進むガーナでは、生物の多様性を支える森林が減少し、農園を取り巻く環境も変化してきた」。そこで有機カカオのチョコレートを日本で販売し、利益の一部で有機カカオの苗木と、カカオの木を強い日光から守る日陰用の樹木を購入して生産者に還元することにした。

苗木プロジェクトは昨年のバレンタインシーズンから開始した。ガーナ産の有機カカオを原料にしたオリジナルチョコレートをデパートなどで販売し、昨秋は約2万5000本の苗木が寄付された。活動を推進するNGO「チームチョコレボ」も設立され、NGOの代表は、ガーナ人の活動家、ナナ・コフィ・ボアテン・オースチンさん(27)が務めている。

今シーズンの新商品は昨秋、収穫されたカカオをガーナの工場でローストし、日本で加工した「チョコレート・ヌーヴォー’10」(200グラム、1890円)だ。26日から東京の伊勢丹新宿店で販売される。

「農薬や化学肥料に頼らず、有機農法でカカオの森を守っている生産者が、世界のチョコレート市場や消費者の評価を得る仕組みをつくりたい」と星野さんは強調する。

◇生態系も意識、熱帯雨林を保全−−南米エクアドル

東京都江東区の有機食材などの輸入販売会社「スローウォーターカフェ」は、南米エクアドルで、森林農法に取り組む有機カカオの栽培農家らとフェアトレードを通じた熱帯雨林の保全活動をしている。

カカオの生産場所は、首都キトの南方のボリバル州。赤道直下の地域で熱帯雨林が広がっている。「森林農法はバナナやアボカド、パパイヤなどいろいろな木と一緒にカカオの木を育てること」と代表の藤岡亜美さん(31)は説明する。

森の中でカカオを栽培すれば落ち葉が堆肥(たいひ)となり、生態系も守られる。「木漏れ日が当たる環境で育ったカカオは香りが高く、ほどよい酸味がある」

チョコレートの加工施設があるサリナス村は、もとは過疎地だった。70年代にイタリア人の神父の指導で酪農が始まり、有機農産物の加工がさかんになった。藤岡さんが起業して村の農家と共同でチョコレート生産を始めたのは6年前。「板チョコだけでなく唐辛子やラム酒入りなどの粒チョコもあり、村の女性たちが毛糸で編んだニット袋に入れて販売している。こうした手仕事が女性の自立支援につながっている」。板チョコ(50グラム)の価格は368円。ニット袋入りは840円から。

現在、この地域のカカオ農家の数は約800軒。日本をはじめ欧米にも輸出されている。農園をつくるために熱帯雨林を伐採するのではなく、森を保全しながら地域の特産品を生産する。「豊かな森から、甘くほろ苦いチョコレートの原料が生まれる」と藤岡さん。

毎日新聞 2011年1月24日 東京朝刊



 
 
>TOP

アフリカで普及を目指す高効率コンロ

Jeff Smith in Faase Village, Ghana
for National Geographic News

February 16, 2011

ガーナの泥レンガ造りの家の軒先では、郷土料理「バンクー」をかき混ぜる女性を目にする。調理用の燃料は木炭。健康への悪影響が世界中で問題視されているエネルギー源だ。

しかし、写真の女性が使っている調理用コンロに注目してほしい。実はセラミック製で熱を逃がさない仕組みになっている。見た目は粗末かもしれないが、同地域で一般的な旧式コンロよりもエネルギー効率が40パーセントも高い優れものなのである。

最もわかりやすいメリットはその実用性だ。「木炭をかなり節約できます。バンクーでもスープでも、いくらでも作れるんですよ」と彼女は話す。

コンロの製造元は創業5年目のガーナの新興企業、トヨラ・エネルギー(Toyola Energy)社。未来を見据えたビジネス目標を持つ先進的な企業だ。開発途上国では調理の際に発生する有毒な煙が大きな問題になっているが、屋内の旧式コンロではなく、熱効率が高いこのコンロを屋外で使えば煙は大幅に抑えられるという。

世界人口の半分にあたるおよそ30億人が、旧式のコンロや焚き火に、木材、木炭、糞、石炭、農業廃棄物をくべて調理している。発生する煙を吸い込むと、肺炎や肺気腫、白内障など、急性・慢性を問わず多くの疾病リスクが高まり、早死者は毎年200万人近くに上ると推計されている。世界保健機関(WHO)によると、途上国における健康リスクの中で、調理時の有害な煙は4番目にランクされている。

高エネルギー効率のコンロは有効な解決策だが、普及は容易ではない。しかし専門家らは、トヨラなど企業の取り組みが“転換点”となり、クリーンなコンロが世界的に広まると考えている。キーポイントは、トヨラが人々の健康だけでなく大気の浄化にも貢献している点だ。事実、気候変動への対処として国連が統括する“炭素市場”を舞台に、同社は大きな利益を上げている。

温室効果ガスの排出削減目標を定める京都議定書は2012年に失効する。しかし、今後も官民が一体となって自発的に気候変動対策を進め、環境志向型の企業努力が利益に変わる炭素市場のような枠組みの継続が期待されている。

調理用コンロの危険性が広く認知されたのは、2010年9月の国連総会だった。アメリカ政府からの5000万ドルの出資により、官民が共同で取り組むプロジェクト「環境志向型コンロ設置計画(Global Alliance for Clean Cookstoves)」が提唱されたのだ。

この計画は国連の外郭団体である非営利組織、国連財団が主導し、2020年までにクリーンかつ高エネルギー効率の調理用コンロを1億世帯に設置する目標を掲げている。

安全性の低いコンロは健康上のリスクを直接高めるだけではない。排出される黒色炭素や“すす”によって、気候変動のリスクが2.5〜10パーセント拡大すると考えられている。ただ、この問題にはポジティブな面もある。“すす”は数日〜数週間ほどしか大気中に残存しないため、新型のコンロを導入すれば、地球温暖化に対する好影響がすぐに現れるからだ。

コンロの品揃えは豊富で、有害物質の排出量を95パーセント削減できる高性能タイプが100ドル(8000円)ほどで売られている。削減量が少ないタイプでも健康上のメリットは得られるとの報告もある。トヨラはガーナで、エネルギー効率が40パーセント高いモデルをわずか7ドルで販売して成功を収めている。2010年には5万1000台を売り上げ、2006年の創業以来、一般家庭やレストランに販売したコンロは14万台に上るとみられている。

トヨラが成功した理由の一つは、気候変動の問題に着目して“炭素”を“利益”に変えたことだ。

環境志向型の企業努力に対して発行される炭素クレジットは、温室効果ガスの排出削減に貢献した証明となり、市場で取引される。トヨラは2007年8月31日〜2009年9月8日までの間に、料理用コンロによって5万1230トン相当の炭素クレジットを獲得し、大きな利益を上げた。乗用車1万台がそれぞれ2万キロ近く走って排出する二酸化炭素に匹敵する量だ。

そしてこのクレジットを買い上げたのは世界最大級の投資銀行、ゴールドマン・サックス。炭素クレジットの取引が大きな投資対象になっていることが伺えるだろう。

トヨラの共同設立者スライ・ワハブ(Suraj Wahab)氏は、近隣諸国での事業展開のチャンスを狙っている。「資金さえあれば年に10万台は固い」と同氏は自信満々に話している。

Photograph by Jeff Smith



 
 
>TOP

Kリーグ:大物が続々移籍、勢力図どう変わる?

水原、鄭成竜・崔成国を獲得

ソウルは外国人軍団に変身

尚武、新戦力加入で戦力大幅アップ

「あれ、あの選手がこのチームに?」。今シーズンのKリーグでは、ファンからこんな声がたくさん聞こえてきそうだ。今冬の移籍市場でスター選手の移籍が非常に多かったからだ。今年から新チームの光州が加わるKリーグは、16球団体制で3月5日に開幕する。

移籍市場で活発に動いたのは水原だ。主力選手の6-7割が入れ替わった。中でも、慶南からイ・ヨンレを獲得したのは大きい。昨年12月に契約書に判を押すまでは、国際Aマッチの経験のないただの若手MFだったが、アジア・カップで国家代表の主軸へと成長した。水原の関係者は「ユン・ソンヒョ監督はイ・ヨンレを見るたびに上機嫌になる」と話す。

昨年まで城南でプレーしていた崔成国(チェ・ソングク)は、水原移籍と同時に主将を任された。ユン監督の「主将になりたいやつは手を挙げろ」との言葉に、ただ1人手を挙げたという。明るく快活な性格で、チームのムードメーカーとなっている。水原は代表GK鄭成竜(チョン・ソンリョン)、「慟哭の壁」と呼ばれたマト(クロアチア)の加入で、鉄壁のDF陣が完成した。

水原のライバルとなるソウルは、「F4」こと外国人4人で対抗する。昨シーズン城南で12ゴール8アシストを記録したFWモリーナ(コロンビア)が加入したほか、昨シーズン後半にウズベキスタンのブニョドコルからレンタル移籍し、7アシストを挙げたジェパロフが、完全移籍に合意。昨シーズンの得点ランキングで2位となったデヤン(モンテネグロ)、チャンピオン戦で最優秀選手(MVP)に輝いたアディ(ブラジル)とともに、最強の外国人軍団を成す。

蔚山も戦力を補強した。浦項を離れたソル・ギヒョンが16日、蔚山への移籍を発表。郭泰輝(クァク・テフィ)、姜敏寿(カン・ミンス)、宋鐘国(ソン・ジョングク)ら代表クラスの守備ラインを完成させたことも、今冬の大きな収穫だ。

独特のスカウトで目を引くチームもある。江原の外国人選手はいずれも東欧出身だ。今シーズンは、クロアチアで年代別の各代表を経験したデリッチと、ボスニア・ヘルツェゴビナ現代表のザクミッチが加入。2009年からプレーしているラピッチ(クロアチア)は、今年も守備の要となる。

浦項はガーナ代表のアサモアに期待する。アサモアは、06年からKリーグでプレーするシュバとFW陣を構成する。

新生チームの光州は、選手31人のうち25人が初めてKリーグでプレーする新人だ。日本のJ2チームに所属した朴基棟(パク・キドン)、金東燮(キム・ドンソプ)が新人王を狙っている。今シーズンから本拠地を尚州市に移した尚武は、崔孝鎮(チェ・ヒョジン)、MF金致佑(キム・チウ)、金致坤(キム・チゴン)、イ・ジョンミンら国家代表クラスの選手を獲得し、戦力が大幅にアップした。

チャン・ミンソク記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

「ウエディングキスは嫌い」? 3歳のロイヤルカップル付添人が一躍有名に

2011年04月30日 17:15 発信地:ロンドン/英国

【4月30日 AFP】29日、英ロンドンのバッキンガム宮殿(Buckingham Palace)前に集まった群衆が一斉にキスをせがむ中、花嫁の付添人を務めた1人の少女だけが、眉間にしわを寄せて目の前で起きている珍事を眺めていた。

ウィリアム王子(Prince William)とキャサリン妃(Kate, Duchess of Cambridge)が熱いキスを交わす手前で、バルコニーのへりにもたれ、数十万人の歓声に顔をしかめながら耳をふさいでいた少女は、グレース・ヴァン・クッツェム(Grace van Cutsem)ちゃん(3)。ウィリアム王子のゴッドドーター(洗礼上の被後見人)だ。

結婚式後、付添人を務めた少年少女と一緒に王子カップルが宮殿のバルコニーに現れた時に起こったコメディーさながらの瞬間をカメラがとらえた。3歳の少女にとって歓声は耐え難いものだったに違いない。宮殿前の大通りザ・マル(The Mall)に詰めかけた群衆は約50万人。キャサリン妃がグレースちゃんを慰めるシーンもあった。

この日、ブライズメイドとページボーイと呼ばれる付添人の少年少女たちは、ウエストミンスター寺院(Westminster Abbey)行われた結婚式での役を完璧にこなした。カミラ夫人(Camilla、Duchess of Cornwall)の孫であるエリザ・ロペス(Eliza Lopes)ちゃん(3)が、花冠が落ちないかとしきりに気にしていたのもご愛嬌だ。

アフリカのガーナから駆けつけたという74歳の女性は「みんな素晴らしいわ。すべてが完璧だった」と大役をこなした子どもたちをほめた。(c)AFP



 
 
>TOP

日中常時40度超の暑い国 寝床にひしゃくで水撒いてから寝る

2011.06.13 16:00

夏が暑くなりそうだ。電気があまり使えない=クーラーが使いづらいとなると、おののくばかりだが、世界にはもっともっと暑い土地、酷暑地帯がある。「そこに比べると日本はまだまし」という話をお届けしよう。フリーライターの輔老心氏が報告する。

* * *

「ワ」はアフリカのガーナ北部アッパーウェスト州の州都。ブルキナファソとの国境近くの街である。州都とはいえ、電力はあったりなかったり、水道も朝の水汲み頼り。そして、乾期の気温は日中常時40度オーバー。

JICA(国際協力機構)のボランティアとして約2年間、学校でコンピュータを教えた古川彰さん(37歳)の体験した酷暑の世界とは。

「ワでは汗をかくことがありません。汗が出ない。皮膚の表面に出た瞬間から蒸発していくからです」

ということは、意外にお肌は常にさらさらなのか?

「ざらざらです。塩分が皮膚に残るので、首のまわりは常に塩でざ〜らざらしてます。自分の水分が飛んで枯れていくことがわかりますね」

とにかく水を飲む。1日に5リットルは飲む。そうしないと“枯れてしまう”のだ。メシの味は濃い。塩っぽくて油がキツい。体からエキスが汗とともにどんどん出て行ってしまうから、補給しなければ! なのだ。

そして、街の様子はといえば、昼間はゴーストタウンのように見事なまでにシーンと静か。日の出前から午前中、日が落ちてからが人の活動時間だとか。じゃあワの人は昼間は何をやっているのか?

「横になっています。ぐったり、のんびり、昼寝しています。今日は暑い! と言いながら(笑)」

現地の人もついつい「暑い」と言ってしまうところが面白い。何年住んでも暑いのだろう。

「最初の頃は、ワの人たちの一連の動きがあんまりにものろのろしているので、ちょっと頭にきたんですよ。『これ、やっといてね』と頼んでも『わかったよ』と言って昼寝してますしね(笑)。でもだんだんわかってきた。無駄に早く動くと、体内で熱が発生してしまう。熱を生まないようにそーっとゆっくり動いていたんです。生きる知恵ですね」

古川さんは咄嗟に「高い山に登った時に高山病になる感覚」をイメージしたという。そして、郷に入っては郷に従えの教え通り、せかせか動くことを極力セーブしたそうだ。暑さ対策として。そうやって、現地での水の飲み方、身のこなし方を少しずつ学んでいった古川さんだが、大問題に突き当たる。

「夜、眠れないんです。暑くて暑くて!」

熱帯夜。現地の人はどう寝ているのか。その工夫とは……外で寝ることだった。彼らは「暑っつーいよ! 今年は暑っつーい!!」と言いながら、家の外、屋根の上で寝る(屋根から落ちる事故もたまに起こる)。まだ、風にあたる可能性があるからだ。密閉された屋内は蒸し風呂のようになってしまうのだ。

ところが、古川さんは外で寝られなかった。蚊に刺される心配があるからだ。マラリアに罹患すると面倒なことになる。では屋内で寝る工夫は?

「現地の日本人のあいだで、“アレ”をやるしかない、と呼ばれていた方法があります」

それは、自分の寝床に、ひしゃくで水を撒くという荒業だ。そんなことしたらびしゃびしゃになってしまうのでは?

「びしゃびしゃの寝床で寝るんです。水分が蒸発する時の気化熱で少し温度が下がる。それは2時間続きます。2時間で乾いてしまうので、暑くなって起きて、また水を撒き、寝る。それを一晩3回くらい繰り返す。 細かいテクニックとしては背中があたる部分を濡らすと体調が悪くなる場合があるので、そこだけは避けて水を撒くこと」

う〜む、壮絶。今年の夏、我々が使えるとは思えないが、そこまでしないと眠れないとは!

「あとは保冷剤ですね。電気が通じているうちに氷を作り、クーラーボックスで保冷剤を冷やし、夜、その保冷剤を枕にするんです。『俺は恵まれている。電気が通じる時間帯があるんだものな〜。保冷剤があるなんて、あぁ俺は恵まれてる!』と思いながら、2時間刻みで寝るんですよ」

※SAPIO2011年6月15日号



 
 
>TOP

エッシェン、右ひざに深刻な故障を負う…引退の可能性も浮上

2011年07月10日 16:35

チェルシーのガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、トレーニング中に右ひざを痛めてしまった。非常に深刻な故障であるとイギリス各紙が報じ、検査の結果次第では現役引退に追い込まれる可能性もあると指摘されている。

エッシェンは右ひざのじん帯を痛めてしまった模様で、精密検査の結果を待っている。過去には2008年、右ひざ前十時じん帯を損傷し、戦線から長期離脱。さらに2010年にも、ガーナ代表の練習中に左ひざを痛め、約9カ月間、ピッチから遠ざかった経験もある。

両膝に大きな故障を負い、再びひざに問題が発生したとなれば、今後のキャリアに大きく影響する可能性も。数日後には検査の結果が明らかにされるため、大きな注目を集めている。

http://www.soccer-king.jp/news/england/article/201107101630_chelsea_essien.html



 
 
>TOP

エシアンが手術、復帰には6カ月

掲載: 2011年7月11日(月), 20.32CET

チェルシーFCのマイケル・エシアンが断裂した前十字じん帯と半月板の治療のためにひざの手術を受け、6カ月の戦線離脱を余儀なくされることになった。

チェルシーFCのマイケル・エシアンが負傷していたひざの手術を受け、長期離脱を余儀なくされることになり、UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグへの出場は絶望的となった。

28歳のガーナ代表MFは先週、始まったばかりのシーズン前のトレーニングで前十字靱帯と半月板を負傷。手術は成功に終わったが、エシアンは2012年1月まで戦線を離れなければならない。

チェルシーのアンドレ・ビラス・ボアス監督はこう語っている。「チェルシーの誰もがマイケル(・エシアン)の回復を願っている。チームメート、スタッフ全員、そして私も、一日も早く彼が復帰できるよう、喜んで手助けをするつもりだ」

闘争心あふれるプレーが持ち味のエシアンがひざに重傷を負うのはこの3年で3度目で、チェルシーと本人にとって痛い離脱となった。エシアンはブルーズ(チェルシーの愛称)で149試合に出場しているが、2008-09シーズンは十字じん帯損傷でほとんど出場できず、さらに2010年にはアフリカ・ネーションズカップで内側じん帯を痛め、同年のFIFAワールドカップを欠場している。

昨季のイングランド・プレミアリーグを2位で終えたチェルシーは、UEFAチャンピオンズリーグにグループリーグから出場する。

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=1650278.html



 
 
>TOP

度重なる故障に悩むエッシェン、ひざの手術で全治6カ月

2011年07月12日 13:01

チェルシーは、同クラブに所属するガーナ代表MFマイケル・エッシェンが、右ひざ十字じん帯断裂のために手術を受け、復帰までに全治6カ月を要すると発表した。

トレーニング中に右ひざを負傷していたエッシェンは、2008年にも同箇所を損傷してシーズンの大半を棒に振り、2010年にはガーナ代表の練習中に左ひざを負傷して約9か月間、ピッチから離れているなど、度重なる故障に悩まされていた。それに続く今回の負傷により、引退の可能性も囁かれていた。

今季からチェルシーを率いるアンドレ・ビラス・ボアス新監督は、チェルシーの公式ウェブサイトにて、「チェルシーの誰もが、マイケルが復活してくれることを願っている。チームメートと全てのスタッフは、彼が可能な限り早く復帰するために手助けしたいと思っている」とコメントしている。

http://www.soccer-king.jp/news/england/article/201107121252_chelsea_michael_essien.html



 
 
>TOP

チェルシーがモドリッチ獲得へ34億円再オファーも、トッテナムは拒否へ

2011年07月12日 17:39

トッテナムに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチを獲得するため、チェルシーがオファー額を増額したようだ。

チェルシーは6月中旬に2200万ポンド(約28億円)のオファーを提示していたが、トッテナムがこれを早々に断っていた。しかし、チェルシーはガーナ代表MFエッシェンが右ひざ前十字じん帯断裂のため全治6ヶ月となったことでMFの補強が急務となり、改めてモドリッチをリストアップ。『Sky Sports』によれば、最初のオファーから500万ポンド(約6億円)の増額となる2700万ポンド(約34億円)で再オファーするようだ。

しかし、モドリッチとトッテナムの契約は5年近く残っており、その状況下で2700万ポンドは決して高いとは言えない。最初のオファー時にはトッテナムのハリー・レドナップ監督が金額について「馬鹿馬鹿しい」とコメントした上、ダニエル・レヴィ会長は一貫して放出を拒否しており、500万ポンドはその考えを変えるほどの金額ではない様子。

ならば週給12万ポンド(約1500万円)を提示され、チェルシー行きを志願しているモドリッチ自身がクラブを説得するしかないが、現時点ではトッテナム側が納得する可能性は低そうだ。

http://www.soccer-king.jp/news/england/article/201107121732_luka_modric.html



 
 
>TOP

チェルシーのエシエンが右ひざ手術で半年離脱

xイングランドのチェルシーは11日、 ガーナ代表のマイケル・エシエンが右ひざの手術を行い、 復帰には約半年の時間を要することを発表した。

同選手は練習中に右ひざのじん帯と半月板に重傷を負い、 その修復手術を受けていた。

過去には2008年にも同箇所を損傷して長期間にわたって戦線離脱を強いられ、 2010年にはガーナ代表の練習中に左ひざを負傷して約9か月間ピッチから遠ざかっていた。

今回の負傷により引退の可能性も囁かれていたが、 チェルシーのアンドレ・ビラス・ボアス監督は 「チェルシーの誰もが彼が復活してくれることを願っている」との声明を発表した。



 
 
>TOP

ガーナ人死亡、遺族が提訴=「入管職員の暴行原因」−東京地裁

成田空港で昨年3月、強制送還手続き中にガーナ人男性が死亡したのは、東京入管職員が集団で体を押さえつけるなどの暴行を加えたためだとして、遺族が5日、国と護送した入国警備官9人を相手取り、計約1億3600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

提訴したのは、不法滞在で強制送還となったガーナ人のアブバカル・アウドゥ・スラジュさん=当時(45)=の母親(82)と日本人の妻(50)。

訴状によると、警備官らは抵抗する男性を飛行機に乗せる際、使用が禁止された大型手錠などで両手足を固定した上、結束バンドで両手とズボンのベルトも連結。タオルを猿ぐつわ代わりに口にかませて首を押さえつけ、窒息死させたとされる。

男性の死亡をめぐっては、遺族の告訴を受けた千葉県警が昨年12月、特別公務員暴行陵虐致死容疑で入国警備官10人を書類送検。弁護士によると、証拠保全を申し立てた結果、開示された内部書類により、禁止された拘束用具の使用が発覚したという。

提訴後に記者会見した男性の妻は、「入管からはこれまで何の説明もない。包み隠さず明らかにしてほしい」と語った。(2011/08/05-17:49)



 
 
>TOP

ガーナでMNPが開始 1か月で2万人以上が他社に乗り換え

2011年8月6日 11:00 

25日間で2万1059件

携帯電話番号ポータビリティ制度(MNP)の導入を開始したガーナ。国家通信庁(NCA)の発表によると、同制度を利用した移転件数は、施行日の7月7日から31日までの25日間で2万1059件におよんだ。

施行直後は多少の混乱や人為的ミスが発生したものの、制度の運用は順調に進んでいるという。

手続きは簡単

ガーナでのMNPの手続き方法は非常に簡単だ。ユーザーは本人確認書類と使用している携帯電話を、転入したい携帯会社に持って行く。申込書に必要事項を記入したら、指定された宛先にテキストメッセージを送るだけ。返送されてくる認証メールを受け取った時点で、古いSIMカードは利用ができなくなる。

認証メールの受信までにかかる時間は平均5時間21分で、中には1分10秒という例もあるようだ。

現在ガーナではボーダフォン、エアテル、MTNなど6社が携帯電話事業の認可を受けている。MNPで他社に転入したユーザーは、30日以上経過しないと再び同制度を利用した乗り換えはできないという。

http://www.africa-news.jp/news_jpdBqAN34.html



 
 
>TOP

2011/08/13 08:49:00

サッカー:プレミア開幕、韓国人もレギュラー取りへ

【李永民(イ・ヨンミン)記者】 プレミアリーグが開幕すると、生き残りを懸けた韓国人選手の戦いも始まる。マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)の朴智星(パク・チソン)=30=は15日午前0時(韓国時間、以下同じ)、アウェーでウエスト・ブロムウィッチとの開幕戦に臨む。12日夜にマンUと2013年6月までの契約延長に合意し、気持ちも楽になった。

マンUで通算177試合に出場している朴智星は今シーズン、アシュリー・ヤング(イングランド)、ルイス・ナニ(ポルトガル)、アントニオ・バレンシア(エクアドル)らとポジション争いをしながら、通算200試合出場を目指す。昨シーズンに打ち立てた個人最多攻撃ポイント(8ゴール6アシスト)の記録を更新するかどうかにも関心が集まる。

サンダーランドのチ・ドンウォン=20=は13日午後11時、アウェーでのリバプール戦を皮切りにレギュラー争いに参戦する。プレシーズンマッチでは7試合に出場し「コンディションは7割まで上がってきた」という。今月4日、5部リーグのダーリントンFCとの試合ではゴールも決めた。英国の日刊紙「ガーディアン」は「昨シーズン450分間無得点だったサンダーランドのゴール欠乏症を解決してくれるFW」とチ・ドンウォンを紹介した。

だが、最初はベンチスタートになる可能性も高い。昨シーズン10ゴールを挙げ、サンダーランドの攻撃を引っ張ったアサモア・ギャン(ガーナ)=25=や、フランス・リーグでトップクラスのMFとして活躍し、今シーズン前にサンダーランドに移籍しFWに転向したステファン・セセニョン(ベナン)=27=が、レギュラー争いでは一歩リードとされているからだ。

先月、練習試合で脛骨(けいこつ)骨折の重傷を負った李青竜(イ・チョンヨン)は、当面の間韓国でリハビリ治療を受ける予定だ。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

2011年8月26日10時32分

ブラジル戦を楽しみにするペイントシル

[Goal.com] ガーナ代表DFジョン・ペイントシルは、再来週のブラジル代表との親善試合を楽しみにしている。

両チームは9月5日にロンドンで対戦する。南アフリカ・ワールドカップ(W杯)で美しい試合をすると言われたガーナが、王国に挑む。

「ブラジルとの対戦をとても楽しみにしているし、すごくスペクタクルな試合になると思う」とペイントシルは話した。

美しいプレーを目指すが、狙うのはそれだけではない。

「チームとしてプレーして、規律を守る。いつもどおりに戦うだけだ。つまり、僕らは美しいサッカーをするけど、注意深く監督の指示に従うということだ」

また、今季加入したレスターについても語った。

「レスターでは、とても良い感じだ」

「僕らはプレミアリーグ復帰を狙っている。そのためにでき得る限りのことをしている」



 
 
>TOP

2011年9月7日13時32分

フリンポン、ガーナ代表を選択か

[Goal.com] アーセナルMFエマヌエル・フリンポンが、イングランド代表ではなくガーナ代表で戦うことを選択したようだ。ガーナサッカー協会の会長が明らかにしている。

ガーナ出身のフリンポンは、U−16やU−17でイングランド代表として戦ってきた。だが、現在19歳の同選手は以前、「ガーナから呼ばれれば、僕は自分の自転車でイングランドからガーナまで行く」と話していた。

ガーナ代表は5日、ロンドンでブラジル代表と国際親善試合を行ったが、この試合後にフリンポンはガーナサッカー協会の会長と会ったそうだ。会長はイギリス『ガーディアン』の中で、フリンポンがガーナ代表の道を選んだと話している。

「昨日(5日)の試合後、我々はホテルで彼と会った。彼はガーナのためにプレーしたいと思っている。これからFIFAに書類を送らなければいけない。どれくらいの時間がかかるかは分からないが、私の経験上、3カ月以上はかからないと思う。それよりも短くなるかもしれないね」



 
 
>TOP

Featured Research: Making Sense of Mobile Phone Use in Ghana

http://www.mobileactive.org/featured-research-making-sense-mobile-phone-use-ghana

※Web上には表があります。

ICT4D and M4D projects often focus on how mobiles can be used in developing countries, but the success and usefulness of these projects depends on the value mobile users place on their phones, and how they use them. "We Use It Different, Different: Making Sense of Trends in Mobile Use in Ghana," looks at how Ghanians use mobile phones in their day-to-day lives, mainly focusing on why survey participants started using a mobile phone, how they use it, and how they view the value of mobile phone ownership.

The report draws on data from in-person interviews (17 participants) and mobile surveys (197 participants), with a sample of participants coming from either a city, town, or village in order to get a wide range of responses. The report looks at how mobile phones are used for both personal and professional reasons, and examines both the social and economic benefits of mobile ownership and use. Participants in the study "represented a broad range of occupations including white-collar workers, village elders, students, farmers, and fishermen," answering questions about how mobiles fit into their lives.

The majority of respondents reported that their primary reason for getting a mobile phone is connectivity; in a question in which respondents ranked how they viewed the importance of mobile contact:

・74.6% said their top reason for getting a mobile phone was "So other people can contact me"

・69.5% said "So I can contact other people"

・36.4% said "Emergency situations"

The responses show that for the survey and interview participants, being able to be contacted was more important than their ability to contact others, and that personal and social reasons were seen as the primary benefit of mobile ownership. Some respondents did use the phone for work (such as a seamstress who used it to call clients about orders, and a taxi driver who used the phone to find work), but most survey and interview participants said that their main reason for buying and using mobile phones was personal communication. However, this personal communication often bled over to include economic benefits (such as coordinating remittances among family members or finding work), even though the majority of respondents viewed mobile phones as a social tool rather than an economic one.

The researchers' findings show that, among the Ghanian survey participants, the mobile phone is primarily a social tool that can have economic benefits, not primarily an economic tool. The study makes a good point about how aid workers and developers should not impose outside expectations on how mobiles will be used by beneficiaries, and they conclude:

There is an underlying assumption in most ICT4D work that users will appropriate ICTs to fulfill the goals envisioned by the project designers. However, users choose which livelihood goals they want to pursue and with which livelihood strategies; their behaviors cannot be dictated, especially with a technology as personal and flexible as the mobile phone.



 
 
>TOP

Q&A: Africa lacks software entrepreneurs

http://www.itnewsafrica.com/2011/10/qa-africa-lacks-software-entrepreneurs/

Ghanaian entrepreneur, Herman Kojo Chinery-Hesse co-founded SOFTtribe Limited, one of West Africa’s leading software companies about 19 years ago. Chinery-Hesse is the only African winner of the Distinguished Alumnus Award from the Texas State Alumni Association and Texas State University.

Herman Kojo Chinery Hesse, SOFTtribe Limited Co-Founder (image source: Tech4Africa)

Chinery-Hesse, popularly known as the ‘Bill Gates of Africa’ was a keynote speaker at last week’s Tech4 Africa, a two-day mobile, web and emerging technology conference held in Johannesburg, South Africa.

ITNewsAfrica conducted a Q&A interview with Chinery-Hesse, to understand the challenges faced by software entrepreneurs across Africa.

Why did you pursue a career in software engineering?
I didn’t have a choice, I wanted to live in Africa and own a business. I studied manufacturing to be able to work in Africa and I had no money but I had a personal computer (PC).
I realised that a PC will be a machine, a factory that could make software, so I ended up in manufacturing software. It is fun and very creative. It is lucrative for our part of the world, in our place and time.

Is Ghana currently driven by technology innovation?
Not completely. There’s a bit of disconnect between the government and the technology companies but I think it will cure itself soon.

Is it challenging to build and own a thriving technology company in Africa?
It’s challenging, the business environment is very rough. People don’t have money. In most cases the government does not buy from local companies. The policies are also riding behind the technology. The technologies are ahead of the policy. In lots of cases it is difficult. We don’t get a lot of support we need. We will fight it out and make it work regardless of the challenges.

What makes Africa’s business environment different from other global markets?
We are a developing world with infrastructure deficits. The Internet is slow, the mobile phone features are different, people’s education levels are different.
If you are moving goods around, for example on ShopAfrica.com, logistics becomes a problem. Some places have no roads although they have good products. These are some standard African business problems that are gradually fading away. I’m excited about what is happening in the African continent. There’s SMS and mobile phones, therefore 90% of the village population who could not have access before are now suddenly a market we can tap into and I think that’s a great opportunity.

How do you overcome Africa’s business challenges?
You have to hustle. SMS messaging does not have that problem. We can always send SMS information to the villages and get communication and orders. There are now sophisticated payment systems that are coming up including M-PESA.
There’s a new wave that is coming which is very light in technology, which rides on the infrastructure that already exists in Africa. On the basis of that, we will make progress. It will happen. I didn’t come into Africa to waste my time.

What advice can you offer future technology entrepreneurs?
They should persevere and come up with solutions that work in Africa. They will be the world’s experts on those solutions. You can’t take a system from the other continents and dump it in Africa, it will never work - it will be too expensive and in a lot of cases it will fail. There is a great opportunity to create Africa friendly ‘tropically tolerant’ software and technology that works in this environment. It is an area of specialisation which will come into value.

What about potential entrepreneurs that lack sufficient skills?
They must make an effort to learn like we all did. I studied engineering. Programming is a hobby. I have never been to a programming class. It is all self-taught through trial and error. The current generation has the Internet. They must practice. It is completely achievable.



 
 
>TOP

Ghana: New Communications Technologies to Strengthen Democracy

http://allafrica.com/stories/201111010486.html

Two Commonwealth agencies, the Commonwealth Parliamentary Association (CPA) and the Commonwealth Telecommunications Organisation (CTO), have entered into a partnership to explore avenues of co-operation to improve governance and empower people through enhanced use of information and communication technologies (ICTs).

The two agencies acknowledged that ICTs are a key tool not only in development but also to promote democracy and empower people. While Parliamentarians play a crucial role in facilitating the promotion and use of ICTs for development, through policy, legislation, and regulations, the very same ICTs open new vistas for citizens to engage in governance.

Primarily a Memorandum of Understanding (MoU) will facilitate collaboration between the CPA and CTO to build the capacity of Parliamentarians in the adoption and use of ICTs for development and for the promotion of democracy. The MoU also paves the way for information exchange, including mutual access to the web environments of each party, sharing publications, participating in and promoting each others' conferences and holding joint events and capacity-building programmes in the future.

Dr. William F. Shija, Secretary-General of the CPA, said: "Many Parliamentarians already use web-based and mobile technologies to help them scrutinize governments and establish interactive dialogues with constituents. But many more lack full access to the new forms of communications which are today recognized as one of the Benchmarks of good governance. All Parliamentarians also need the best possible advice on how to regulate this rapidly advancing area and apply it effectively to development issues and the deepening of the Commonwealth's commitment to democracy. This agreement will help Parliamentarians throughout the Commonwealth to be better representative of the people."

"The Internet and social media have increased and strengthened the channels of communication between various branches of Government and citizens," says Professor Tim Unwin, CEO of CTO. "I believe this MoU between two lead Commonwealth agencies, one for legislators and the other for ICTs to improve accountability, enhance transparency and strengthen democracy across the Commonwealth and contribute to achieving one of the core Commonwealth missions: empowering people in governance.

About the CPA

The Commonwealth Parliamentary Association (CPA) is an association of 185 Commonwealth Parliaments and Legislatures. Its mandate is to promote the advancement of parliamentary democracy by enhancing knowledge and understanding of democratic governance among Members and officials of Parliaments. It informs the parliamentary community about the commonwealth's democratic commitment and furthers co-operation among its Parliaments and Legislatures.

The CPA's priorities include the expansion of participation of women in the democratic process and promoting the involvement of young people in representative government. The CPA Benchmarks for Democratic Legislatures are being used around the world to help Parliaments assess their procedures and processes to identify areas for reform to improve democratic governance.

On the CTO

With a history dating back to 1901, the Commonwealth Telecommunications Organisation (CTO) is an international development partnership between the Commonwealth and non-Commonwealth governments, business and civil society organizations. Though research and studies, advisory and consultancy services, capacity building and training and events on topical issues, the CTO helps to bridge the digital divide and achieve social and economic development, by delivering a range of unique knowledge-sharing programmes in the use of Information and Communication Technologies (ICTs).

From its headquarters in London and with members based in Europe, the Caribbean, Americas, Africa and Asia-Pacific regions, the CTO has been at the centre of continuous and extensive international communications development funding, co-operation and assistance programmes. The CTO's mission is to promote wealth in developing countries through the more efficient utilization of ICT's, and its development agenda reflects the priorities set in the United Nations Millennium Development Goals (MDGs)



 
 
>TOP

Justice stalled in brutal death of deportee

Autopsy suggests immigration officers used excessive force in restraining Ghanaian

By SUMIE KAWAKAMI and DAVID MCNEILL

Abubakar Awudu Suraj had been in Japan for over two decades when immigration authorities detained him in May 2009. The Ghanaian was told in Yokohama of his deportation to Ghana at 9:15 a.m. on March 22 last year. Six hours later he was dead, allegedly after being excessively restrained by guards.

Jimmy Mubenga also died last year while being held down by three private security guards before takeoff on a British Airways flight from London to Angola. The father of five had lost his appeal to stay in the U.K. and was being deported. Mubenga put up a struggle and died after the guards sat on him for 10 minutes, say witnesses.

But the details of the deportations of two men from rich countries back to their native Africa, and their aftermath, are strikingly different. Mubenga's death is already the subject of a vigorous police inquiry, front-page stories and an investigation by The Guardian newspaper. The case has been discussed in Parliament, where security minister Baroness Neville-Jones called it "extraordinarily regrettable."

Suraj has received no such honors. The 45-year-old's case has largely been ignored in the Japanese media and no politician has answered for his death. An investigation by Chiba prosecutors appears to have stalled. There has been no explanation or apology from the authorities.

His Japanese wife, who had shared a life with him for 22 years, was not even aware he was being deported. She was given no explanation when she identified his body later that day. His body was not returned to her for nearly three months. Supporters believe he put up a struggle because he wanted to tell his wife he was being sent home.

An autopsy report seen in a court document notes abrasions to his face, internal bleeding of muscles on the neck, back, abdomen and upper arm, along with leakage of blood around the eyes, blood congestion in some organs, and dark red blood in the heart. Yet the report bizarrely concluded that the cause of death is "unknown."

Any movement in the Suraj case is largely down to his wife, who wants to remain anonymous. She won a lawsuit against the Justice Ministry, which oversees immigration issues, demanding it disclose documents related to his death. The documents were finally released in May, more than a year after he died.

According to the documents, Suraj was escorted from Yokohama by nine immigration officers to Narita airport. After spending about two hours in a waiting room at the airport, he was taken to another vehicle, in handcuffs and with a rope tied around his waist. They arrived at the aircraft at 1:40 p.m.

Suraj stepped out of the vehicle at 2:20 p.m. The immigration officers said in the documents that because he was protesting his deportation, they restrained him face down and carried him onto the Egypt Air MS965 flight for Cairo. They used an additional pair of metal cuffs around his ankles (a prohibited practice) and forced him to sit in an aisle seat on the back row.

One officer took out four pairs of plastic restraints that he had bought with his own money and tied the handcuffs to his belt. Other officers gagged him so tightly with a towel (again, illegally) that his front teeth bit through the towel. One officer pushed Suraj's neck from behind to bend his body further forward. Suraj was motionless by 2:35 p.m.

At the request of the cabin crew, the officers moved Suraj to a window seat, but he was unresponsive. The officers reasoned that he was just pretending to be sick, but the cabin crew saw Suraj was leaning motionless against the window and asked for him to be removed from the plane at 2:50 p.m. No resuscitation attempt was made until he was carried out of the aircraft and into the vehicle they came in. A doctor in an airport clinic confirmed his death at 3:31 p.m.

"These documents based on the accounts of the officers point to illegal and excessive use of restraints," says Sosuke Seki, a lawyer involved in the case. "Immigration officers are supposed to videotape deportation procedures when restraints are applied, but the officer in charge of Suraj's deportation specifically ordered videotaping to be stopped when he was carried into the aircraft. Whether this was intentional or not must be revealed in the trial."

Suraj's legal problems began after he entered Japan on a tourist visa in May 1988. He met his future wife four months later; they moved in together the following January, despite his tourist visa having expired in June. Suraj was arrested and detained 18 years later in 2006, following the announcement of a crackdown on "overstayers" by then Prime Minister Junichiro Koizumi.

By the time he was forcibly put on a plane at Narita, he had spent a total of 20 months in detention centers, despite the fact that Tokyo's Suginami Ward Office had officially accepted their marriage application.

Japan's immigration authorities can detain any foreigner without proper documentation for indefinite periods when they suspect violations of the Immigration Control Law. They are under no compulsion to explain why such people need to be locked up.

Both asylum seekers and immigrants without proper visas are detained in the same facilities, known as "immigration centers." Human rights groups say immigration authorities apply regulations arbitrarily and make decisions with agonizing slowness.

The Immigration Bureau says the number of people in the country who had "illegally stayed in Japan beyond the permitted period" was 91,778 as of January 2010. In addition, 1,388 people filed for refugee status the previous year. In principle, any of these people may be detained.

In 2010, 18,578 overstayers were handed deportation orders, representing about 77 percent of the 24,213 people who received such papers that year. Many were detained in Japan for many months before they were finally made to leave the country. Some had ― for all intents and purposes ― already settled productively into Japanese society, married Japanese nationals with Japan-born children. Others have children who have started school in Japan and only speak Japanese. Some are released on temporary permits, only to be detained again a few months later.

After Suraj's death, the police called on Junpei Yamamura, a doctor who regularly visits immigrants and asylum seekers at detention centers, and who had records of the victim's health.

"The police were obviously trying to find weakness in Suraj's health when they came to ask about him," Yamamura says. "They visited me four times about the case, despite the fact I repeatedly told them that there was nothing wrong with him."

Yamamura said his records showed that Suraj's heartbeat was slower than average on one occasion, but was normal when he was reexamined later. An electrocardiogram otherwise showed no abnormality.

Yamamura also examined his body after it was returned to his wife. He says he saw a cut on Suraj's cheek, an indication that the gag was too tight. "This is criminal abuse of power," says Yamamura.

Chiba Police began an investigation on the suspicion that Suraj died as a result of violence inflicted on him by the immigration officers. The case was sent to the Chiba District Public Prosecutors' Office in December. Prosecutors are still investigating. Police referred nine (possibly 10) immigration officers to Chiba prosecutors in December, but they have not been indicted. The criminal charges against the officers are still up in the air.

His widow fears the case will be forgotten if it is drawn out any longer. In desperation, she and Suraj's mother in Ghana filed a suit in August for compensation against the government and nine immigration officers who were involved in his deportation. The trial began on Monday.

Among their demands is that the Justice Ministry disclose why they stopped videoing the deportation on the day of Suraj's death. The ministry has admitted that such video existed but initially refused to disclose it, claiming that the case was still under investigation.

Human rights groups will be watching the outcome of the case very closely. As for Suraj's widow, she says she simply wants justice.

"Nothing will bring him back, but I just need to know why he died," she said.

http://www.japantimes.co.jp/text/fl20111101zg.html



 
 
>TOP

IBM ガーナに新たな調達センターを開設

http://www.africa-news.jp/news_qejS8iWJN.html?right

現地の人材を育成

米コンピューター大手IBMは24日、ガーナの首都アクラに新たな調達センターを開設したと発表した。ガーナ国内およびアフリカ大陸で展開する16か国への供給に対応する。

IBMでは調達センターに現地の人材を雇用し、技能を育成することで、地域の経済成長の加速につなげたいとしている。

IBMガーナのゼネラル・マネジャー、Joe Mensah氏は
「人材開発という点で、この数年間IBMはガーナに大きな投資をしてきた。IT技術には企業に変革をもたらしたり、より良い世界を作り上げていく可能性があり、財界や政治のリーダーたちがその力を生かそうとしている今、われわれもさらなる成長を図る好機だと捉えている」
と語っている。

IBMはすでにガーナ大学との提携を公表しており、教育プログラムの提供やIT専門家の派遣を行っている。



 
 
>TOP

<EMeye>IBMがガーナで調達センター開設、アフリカ経済への好影響に期待

http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=591586

米IBMは先ごろ、ガーナの首都アクラにガーナをはじめアフリカ17カ国の顧客やビジネスパートナーに向けてハードウエアやソフトウエア、その他商材の調達と供給および付帯する書類の作成などの業務を一元管理する調達センターを開設したと発表した。IT(情報技術)サービスの巨人がアフリカでの事業展開に本腰を入れてきたことで、アフリカ全体の経済にも好影響をもたらす可能性がある。

同センターはガーナのみならずナイジェリア、ケニア、ブルキナファソ、チャド、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、ガボン、マダガスカル、マラウィ、ニジェール、セイシェル、南アフリカ、シエラレオネ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア向けのサービス提供に関する調達業務も管理。西アフリカ諸国を中心に広く大陸全体のビジネスをカバーする。

IBMは15年までの中期成長戦略で新興市場での売上比率を現状の20%程度から30%に引き上げる方針を掲げており、アフリカ諸国ではオフィスの開設や従業員の育成プログラム実施、データセンター設立など、ここ数年で3億ドル(230億円)以上もの投資を行っている。今回のセンター開設もこの取り組みの一環だ。

アフリカは国土の4割が農村部ということも影響し、他の地域と比べるとITの普及が遅れていた。ただ、近年は銀行口座を持てない人でも家族に送金可能なモバイルマネーサービスの台頭をきっかけに各国で携帯電話の普及が進み、「フェイスブック」などSNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)も本格的に利用されつつある。これに伴いアプリケーション開発などITを活用したビジネスに乗り出す企業も相次ぎ、IT産業は急速に先進国を追いかけている。

市場調査の米ガートナーによれば大手ITベンダーの中東・アフリカ地域における昨年の売上規模は前年比17.8%増の3400万ドル。規模はまだ北米地域の1.4%に過ぎないが、拡大ペースは上がっている。経済成長に伴い中間層が増えてきていることもあり、今後はますますアフリカでITが利用されて産業の成長が促されそうだ。IBMは現地のITスキル人材の育成も進めていく方針で、こうした将来性を見込んで動いている。

日本企業のアフリカ関連ビジネスを支援するアフリカビジネスパートナーズ(佐藤重臣代表)は11月28日発行のメールマガジン「週刊アフリカビジネス第61号」で、調達センター開設は数年以内にアウトソーシングサービスが立ち上がっていく布石とのみかたを示す。現地の熟練された技術者によりITで業務を効率化するアウトソーシングが先進国と同様にアフリカでも本格的に立ち上がっていけば、パソコンや通信機器などの需要も盛り上がってIT産業が活性化し、アフリカ経済の成長にもつながるためだ。

アフリカではモバイルマネーサービスで代表的な「M−PESA」を手掛けるケニアの携帯電話事業者サファリコム、中東を含む20カ国以上で事業展開する多国籍電気通信グループのMTN、小型家電の販売でも有力な南アフリカを代表する量販店のマスマート・グループなどが有力なIT関連企業に挙げられる。今後はこれら企業の成長機会がさらに増えていきそうだ。



 
 
>TOP

2011年12月17日19時33分

BBCアフリカ年間最優秀選手はアイェウ

[Goal.com] マルセイユに所属するガーナ代表FWアンドレ・アイェウが、イギリス『BBC』による2011年のアフリカ年間最優秀選手賞に選ばれた。

今年度の候補にはA・アイェウのほかに、コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、同代表FWジェルビーニョ、カメルーン代表FWサミュエル・エトー、マリ代表MFセイドゥ・ケイタがノミネートされていた。最優秀選手は、ファンの投票により決定され、A・アイェウが3分1の票を獲得しての初受賞となった。

A・アイェウは『BBC』に、「光栄だし、この名誉ある賞を授与されることに驚いたよ。特に過去に偉大な選手たちが受賞してきたことを考えるとね」と喜びを語っている。

「僕に票を入れてくれたすべての人に感謝している。彼らの選択が間違っていなかったことを示すために、努力し続ける」

同賞は、1991年から始まったが、初代受賞者はA・アイェウの実父アベディ・ペレ氏。2010年はガーナ代表FWアサモア・ジャン、2009年はコートジボワール代表FWディディエ・ドログバが受賞していた。



*このファイルは文部科学省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(B)・課題番号16330111 2004.4〜2008.3)の成果/のための資料の一部でもあります。
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm

UP:2011 REV:
アフリカ  ◇世界
TOP HOME (http://www.arsvi.com)