HOME > World / Africa >

エチオピア連邦民主共和国


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017

○2007年までのニュース・情報 エチオピア連邦民主共和国 〜2007年
○2008年〜2009年のニュース・情報 エチオピア連邦民主共和国 2008年〜2009年
○2010年〜2014年のニュース・情報 エチオピア連邦民主共和国 2010年〜2014年
○2015年のニュース・情報 エチオピア連邦民主共和国 2015年
○2016年のニュース・情報 エチオピア連邦民主共和国 2016年

○外務省 各国・地域情勢 エチオピア連邦民主共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版、専用データベースなどで内容を確認してください。
* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。
* 一部記事についてはもう少し詳しく紹介できます。関心を持ったら、saito@ajf.gr.jpへ連絡下さい。


◆2017/01/01 cnn.co.jp 一生に一度の巡礼を エチオピアの聖地を行く
◆2017/02/18 asahi.com 抗議のポーズでゴール…亡命メダリストが家族と再会
◆2017/02/24 The Ethiopian Herald (Addis Ababa) Ethiopia: New U.S Administration to Consolidate Ethiopia Ties
◆2017/02/24 The Ethiopian Herald (Addis Ababa) Ethiopia: Oppositions Say Dialogue 'Better Late Than Never'
◆2017/02/27 外務省 エチオピアに対する円借款「女性起業家支援計画」に関する書簡の交換
◆2017/03/11 Addis Fortune (Addis Ababa) Ethiopia: Food Inflation Hits Nine-Month High As Vegetable Prices Soar
◆2017/03/13 asahi.com エチオピアで「ごみ山」崩落 46人死亡、行方不明多数
◆2017/03/13 cnn.co.jp エチオピアでごみの山が崩落、死者46人
◆2017/03/14 BBC Rhino horns worth $5m seized in Thailand off flight from Ethiopia
◆2017/03/16 AFP BB News エチオピアのごみ山崩落、死者113人に
◆2017/03/17 nikkei.com [FT]飢えるイエメン、南スーダン 空前の2000万人
◆2017/03/23 FlyTeam エチオピア航空、3月下旬からアディスアベバ発着の3路線に新規就航
◆2017/03/24 産経新聞 「アフリカと神戸の懸け橋に」エチオピアのエドリスさん抱負
◆2017/03/27 FlyTeam エチオピア航空、貨物便でアフマダーバードへ就航 3月28日から
◆2017/03/31 FlyTeam エチオピア航空と南アフリカ航空、コードシェア契約の拡大を発表
◆2017/04/03 cnn.co.jp 外国人家政婦が窓から転落、動画撮影の女を訴追 クウェート
◆2017/04/03 INTER PRESS SERVICE Ethiopia: World Bank Ignores Land Grabbing
◆2017/04/04 FlyTeam エチオピア・カーゴ、777貨物機でサラゴサとミラノの2都市に就航
◆2017/04/07 FlyTeam シンガポール航空とエチオピア航空、6月からコードシェア提携を拡大
◆2017/04/24 AFP BB News ケニア勢がアベックV、ケイタニーは女子単独で歴代1位 ロンドン・マラソン
◆2017/04/27 The New York Times Everything We Knew About Sweatshops Was Wrong
◆2017/05/01 The Washington Post Ethiopia is facing a killer drought. But it’s going almost unnoticed.
◆2017/05/11 産経新聞 中国、エチオピアで鉄道敷設 東西の物流掌握狙う アフリカで米軍とのせめぎ合いも

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

【参考図書】
現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 ―市民社会/共同体の二元論をこえて―/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務
第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障―タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析―/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法―アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体―タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって―/杉村和彦

現代アフリカの公共性―エチオピア社会にみるコミュニティ・開発・政治実践
西真如著 昭和堂 4935円(税込み) A5版 266p 2009年2月 [amazon]

首都アジスアベバに住む人々が故郷の地に道路や学校を作るために立ち上げたグラゲ道路建設協会、アジスアベバの人々の多くが参加する様々な葬儀講の活動を、引き裂かれた社会をつなぎとめる努力、構成員とそうではない人との間の線引きに常に揺らぎを抱え込む共同体のあり方という視点から読み解いた興味深い本です。

エチオピアを知るための50章
岡倉 登志著 明石書店 2100円 四六判 375p 2007年12月 [amazon]

旅行人 2007年冬号エチオピア
田中真知/増田研 (著), 旅行人 (編集)  旅行人 1029円 B5判 128p 2007年1月 [amazon]

アクション別フィールドワーク入門
武田丈・亀井伸孝編 世界思想社 1995円 四六判 270p 2008年3月 [amazon]

西さんによる「病と共存する社会をのぞむ エチオピアのHIV/AIDS予防運動」を読むと、西さんらが「リスクと公共性研究会」に寄せる思いを感じることができます。
全盲の人類学者・廣瀬浩二郎さんの発案をもとに実施された民族学博物館の触文化展は興味をそそります。何年か前、やはり全盲である社会学者の石川准さんが、たまたま博物館で触ることのできる展示に出会った際の感動を語っていたことを思い出しました。
内藤順子さんの『「途上国」の相手に教える チリにおける開発援助の現場から』は、「圧倒的に優位にある存在による援助の持つ暴力性」を鮮明にえがきだしています。
亀井さんの「異文化理解の姿勢を教室で教える ろう者の文化を学ぶワークショップ」は、彼と連れ合いの秋山さんの共著である「手話で行こう」にえがかれた講義保障要求運動の成果なのでしょう。

■はじめる
 アクションから見えるフィールドワーカーの姿[亀井伸孝・武田丈]
Action1
■ふみだす
1 遠い世界にふみだす[西崎伸子]
2 身近なフィールドにふみだす[三宅加奈子]
Action2
■まきこまれる
1 暴力問題にまきこまれる[飯嶋秀治]
2 政治論争にまきこまれる[丸山淳子]
Action3
■分かちあう
1 調査対象者と分かちあう[中川加奈子]
2 研究成果を分かちあう[服部志帆]
Action4
■教える
1 「途上国」の相手に教える[内藤順子]
2 異文化理解の姿勢を教室で教える[亀井伸孝]
Action5
■創る
1 ユニバーサル・ミュージアムを創る[広瀬浩二郎]
2 移住者たちと博物館展示を創る[城田愛]
Action6
■手伝う
1 教育プロジェクトを手伝う[吉野太郎]
2 日常生活を手伝う[黒崎龍悟]
Action7
■のぞむ
1 病と共存する社会をのぞむ[西真如]
2 多言語社会のゆくえをのぞむ[米田信子]
Action8
■行き来する
フィールドとホームを行き来する[武田丈]
■おわる
フィールドとホームの急接近の時代に[飯嶋秀治・吉野太郎]
〔Column〕
1 手話の世界に飛びこんだ頃[亀井伸孝]
2 「真実」を受けとめる[有薗真代]
3 映画にされた調査者の告白[寺尾智史]
4 フィールドセンスの教え方[西崎伸子]
5 美味しいフィールドワーク[武田丈]
6 調査者に期待されること[白石壮一郎]
7 「文化」か、それとも「自由」か[白石壮一郎]
8 異質なものを結びつける[西真如]


所有と分配の人類学−エチオピア農村社会の土地と富をめぐる力学
松村圭一郎著 世界思想社 4830円(税込み) 四六判 324p 2008年3月 [amazon]

人びとは、富をいかに分け与え、「自分のもの」として独占しているのか? エチオピアの農村社会を舞台に、「所有」という装置が、いかに生成・維持されているのか、緻密に描き出す。「私的所有」という命題へ人類学から挑戦する、気鋭の力作。



UP:2017 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)