HOME > WORLD >

コートジボワール共和国 Cote d'Ivoire 2010年



http://www.interq.or.jp/www1/infomat/info07080.htm#cote%20d'ivoire
アフリカアフリカ Africa 2014


○2009年までのニュース・情報  コートジボワール共和国 〜2009年

○外務省 各国・地域情勢 コートジボワール共和国

◇独立 1960年8月7日
◇言語 フランス語[公用語]
◇主都 ムスクロ

貧困、ストリートチルドレンとエイズ -アビジャンとアクラの事例- モマール・クンバ ディオップ編 翻訳・AJF

◆2010/01/01 uefa.com バルサ、冬場の失速回避なるか
◆2010/01/04 uefa.com CSKA、カルバリョを期限付きで放出
◆2010/01/05 asahi.com 本田のCSKAに元Jリーガーが加入
◆2010/01/05 uefa.com モリナロが期限付きでシュツットガルトへ
◆2010/01/12 AFP BB News アルジェリアが黒星発進 コートジボワール初戦はドロー、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/16 cnn.co.jp コートジボワールが8強に一番乗り、サッカーのアフリカ選手権
◆2010/01/19 i711.com A Deaf Role Model in Western Africa
◆2010/01/21 シゴトの計画 チョコ原料価格が高騰している理由とは?
◆2010/01/25 NIKKEI NET アルジェリア、ガーナが準決勝進出 サッカーアフリカ選手権
◆2010/01/25 スポーツナビ アルジェリアなどが4強 サッカーアフリカ選手権
◆2010/01/25 毎日新聞 サッカー:ガーナ、アルジェリア4強進出 アフリカ選手権
◆2010/01/25 AFP BB News ガーナとアルジェリアが準決勝進出、アフリカ・ネイションズカップ
◆2010/01/25 トムソンロイター サッカー=アフリカ・ネーションズ杯、ガーナとアルジェリアが4強入り
◆2010/01/25 時事ドットコム コートジボワール、期待裏切る敗退=アフリカ選手権サッカー
◆2010/01/26 スポーツニッポン ロスタイム暗転…コートジボワール敗退
◆2010/02/01 外務省 コートジボワール共和国に対する国際連合児童基金(ユニセフ)を通じた無償資金協力「感染症予防計画」に関する書簡の交換
◆2010/02/04 欧州通信 「カメルーン心配なし」、アフリカ通のベテラン監督が明言
◆2010/02/05 Goal.com トルシエ氏がコートジボワール代表監督に?
◆2010/02/17 yomiuri.co.jp コートジボワール大統領選、7度目延期の公算
◆2010/02/20 yomiuri.co.jp デモ隊と治安部隊衝突、3人死亡…コートジボワール
◆2010/02/21 AFP BB News チェルシー ドログバの2得点でウルブスを下す
◆2010/03/01 AFP BB News サッカーの代表監督を解任、W杯出場のコートジボワール
◆2010/03/05 欧州通信 コートジボワール、監督不在で韓国に苦杯 週明けにもヒディンク体制へ
◆2010/03/05 PR TIMES [株式会社WOWOW]首位バルセロナを追いかけるレアル・マドリード、全勝中のホームに苦手セビリアを迎える大一番。レアル・マドリードvsセビリア戦は3月7日(日)午前5時58分からWOWOWで生放送!
◆2010/03/05 cnn.co.jp ヒディンク氏への監督就任の打診認める、コートジボワール協会
◆2010/03/11 GOAL.com コートジボワール、ヒディンクと合意?
◆2010/03/11 AFP BB News アフリカへの有毒廃棄物投棄、アムステルダム市を訴追へ
◆2010/03/12 朝鮮日報 サッカーW杯:ヒディンク氏、コートジボワール監督就任か
◆2010/03/13 欧州通信 トルシエ氏「W杯優勝も可能」、コートジボワール監督就任に強烈自己アピール
◆2010/03/29 cnn.co.jp エリクソン氏、コートジボワール代表監督に W杯に向け
◆2010/04/ Africa Renewal アフリカの若い世代が作り出す新しいネット社会
◆2010/04/19 外務省 コートジボワール共和国に対する無償資金協力「森林保全計画」に関する書簡の交換
◆2010/05/04 NIKKEI NET 豪ニュークレスト、リヒールを8300億円で買収
◆2010/05/06 TimeWarp C・ロナウド対ドログバ W杯対戦前に裸の勝負!
◆2010/05/11 Goal.com ドログバ:「プロになって最高のシーズン」
◆2010/05/24 FC JAPAN トゥーロン国際大会、U-21日本代表は3戦全敗
◆2010/05/27 AFP BB News ナイジェリア発「ノリウッド映画」が台頭、ハリウッドを抜く
◆2010/05/29 原口武彦 ウフエ・ボワニ年譜(1905〜1993)
◆2010/06/01 ロイター サッカー=W杯開催前にフーリガン対策進む、各国も最終調整
◆2010/06/03 ロイター サッカー=日本代表、コートジボワール戦は45分間を3本で
◆2010/06/04 NIKKEI NET 日本、コートジボワールに0−2 4連敗でW杯へ
◆2010/06/04 NIKKEI NET ココア国際価格、33年ぶり高値
◆2010/06/05 cnn.co.jp ドログバが負傷、W杯出場は微妙 コートジボワール
◆2010/06/05 ロイター サッカー=日本はコートジボワールに敗戦、ドログバが骨折
◆2010/06/15 NIKKEI NET ポルトガル−コートジボワールは前半終え0−0
◆2010/06/16 cnn.co.jp ポルトガル、初戦はコートジボワールとドロー W杯
◆2010/06/16 asahi.com 地元アフリカ勢、やや苦戦 初戦は1勝3敗2分け
◆2010/06/16 NIKKEI NET ポルトガル対コートジボワール、0−0
◆2010/06/20 毎日新聞 南アW杯 6月20日 ブラジル−コートジボワール  詳細速報
◆2010/06/21 asahi.com コートジボワール完敗 ドログバ一矢、「前回より進歩」
◆2010/06/21 asahi.com ブラジル抜け目なし 「死の組」楽々突破、決勝Tへ進出
◆2010/06/21 cnn.co.jp ブラジル快勝、決勝Tへの進出決める W杯
◆2010/06/24 asahi.com アフリカの誇りかける 北朝鮮戦に挑むドログバ
◆2010/06/26 cnn.co.jp コートジボワールが一次リーグで敗退 W杯
◆2010/06/26 innolife.net 【視聴率】北朝鮮対コートジボワール戦、6・25にもかかわらず
◆2010/06/27 Soccer Journal エマニュエル・エブエさんに学ぶ、対戦相手の作戦を確実にスパイする方法。
◆2010/07/23 NIKKEI NET 西アフリカに有毒物質投棄、蘭企業に罰金命じる
◆2010/08/11 AFP BB News イタリア コートジボワールに敗れる、プランデッリ監督初陣飾れず
◆2010/09/02 NIKKEI NET ココアの国際価格急落、1年ぶり2000ポンド割れ
◆2010/09/14 NIKKEI NET 小さな国の大きな農産物商社(アジアBiz新潮流)
◆2010/10/03 uefa.com チェルシー、ドログバの活躍でアーセナル撃破
◆2010/10/19 BUSINESS WIRE Diplocom Communications:世界保健機関たばこ規制ガイドラインは「アフリカの貧困と飢餓を促進」
◆2010/10/20 Soccer Journal 【テレク×CSKAモスクワ】 本田圭佑はビッグクラブで活躍できるか?
◆2010/11/02 岩波書店 新刊案内:森壮也編『途上国障害者の貧困削減――かれらはどう生計を営んでいるのか』
◆2010/11/04 MSN産経ニュース 現職と元首相の決選投票へ コートジボワール大統領選
◆2010/11/05 毎日新聞 コートジボワール大統領選:2候補、28日に決選投票
◆2010/11/10 cnn.co.jp チェルシーのドログバがマラリア感染、すでに回復
◆2010/11/10 MSN産経ニュース 決選投票、28日に延期 コートジボワール大統領選
◆2010/11/18 uefa.com ポーランドが9試合ぶりの白星
◆2010/11/22 uefa.com CSKAのドゥンビアが故障離脱
◆2010/11/30 WirelessWire News 新興国に広がるモバイル・バンキング - 潜在成長力に期待する欧州系通信キャリア
◆2010/12/03 MSN産経ニュース 元首相が勝利、憲法評議会は否定 コートジボワール大統領選
◆2010/12/04 asahi.com コートジボワール大統領選、一転「現職再選」 野党反発
◆2010/12/04 yomiuri.co.jp 憲法評は現職「再選」…コートジボワール緊迫
◆2010/12/04 毎日新聞 コートジボワール:バグボ氏大統領再選 首相、反発し辞意
◆2010/12/04 時事通信 国連総長は選管発表支持=コートジボワール大統領選
◆2010/12/04 MSN産経ニュース 結果逆転、現職再選を発表 コートジボワール大統領選
◆2010/12/04 MSN産経ニュース 憲法評議会「現職が再選された」 二転三転 コートジボワール大統領選
◆2010/12/05 cnn.co.jp 2候補が大統領就任宣誓の異常事態 コートジボワール
◆2010/12/05 NIKKEI NET/MSN産経ニュース 元首相も大統領に「就任」 コートジボワール政情混迷
◆2010/12/05 NIKKEI NET/MSN産経ニュース 国連「深い懸念」 コートジボワール政情混乱
◆2010/12/05 AFP BB News 「2人の大統領」が就任、混迷極めるコートジボワール
◆2010/12/05 毎日新聞 コートジボワール:2氏が大統領就任宣誓 混乱広がる
◆2010/12/05 時事通信 2人が「大統領」就任=コートジボワール、異常事態に
◆2010/12/08 uefa.com マルセイユ、チェルシー破り4連勝
◆2010/12/10 毎日新聞 コートジボワール:アフリカ連合が資格停止 大統領居座り
◆2010/12/10 MSN産経ニュース コートジボワールの加盟資格を停止 アフリカ連合
◆2010/12/13 RBB TODAY ブライトスター社、BlackBerryをサハラ南地域7か国で流通
◆2010/12/15 毎日新聞 NEWS25時:コートジボワール EU、大統領に制裁へ
◆2010/12/17 MSN産経ニュース バグボ氏に出国求める コートジボワールの政情混乱で米国
◆2010/12/17 asahi.com コートジボワール衝突、20人超す死者 拡大の恐れも
◆2010/12/17 毎日新聞 コートジボワール:デモ隊と治安部隊衝突 死者30人以上か
◆2010/12/18 asahi.com 国連総長がバグボ氏退陣要求 コートジボワール大統領選
◆2010/12/19 cnn.co.jp バグボ氏陣営、国連部隊の退去要求 コートジボワール
◆2010/12/19 MSN産経ニュース 国連部隊の国外退去要求 コートジボワール
◆2010/12/19 asahi.com バグボ氏がPKO退去要求、国連拒否 コートジボワール
◆2010/12/19 yomiuri.co.jp 国連総長、コートジボワール大統領に退陣要求
◆2010/12/19 yomiuri.co.jp コートジボワール大統領、PKO部隊に退去要求
◆2010/12/19 毎日新聞 コートジボワール:大統領退陣要求強まる 「居座り」各国が制裁警告
◆2010/12/20 時事通信 死者50人超=コートジボワールの混乱拡大―人権高等弁務官
◆2010/12/20 MSN産経ニュース コートジボワール、衝突で死者50人超 国連が人権侵害に懸念表明
◆2010/12/20 毎日新聞 コートジボワール:大統領選混乱で50人以上が死亡
◆2010/12/20 毎日新聞 NEWS25時:コートジボワール 国連部隊は国外退去を
◆2010/12/21 yomiuri.co.jp コートジボワールPKO活動延長、退去要求拒否
◆2010/12/21 毎日新聞 コートジボワール:元首相当選、尊重を−−国連安保理決議
◆2010/12/21 AFP BB News 国連、コートジボワールで部隊の任期延長を決定
◆2010/12/23 MSN産経ニュース 国連人権理が特別会合 コートジボワール情勢
◆2010/12/23 yomiuri.co.jp コートジボワールの混乱、死者173人に
◆2010/12/24 MSN産経ニュース 国連人権理が非難決議 混乱続くコートジボワール情勢
◆2010/12/24 時事ドットコム 残虐行為を「強く懸念」=コートジボワール非難−人権理決議
◆2010/12/24 asahi.com 大統領選抗議デモ鎮圧で死者173人 コートジボワール
◆2010/12/24 毎日新聞 コートジボワール:与野党衝突、死者173人 米、PKO増強を検討
◆2010/12/24 時事ドットコム コートジボワール
◆2010/12/25 MSN産経ニュース 居座るバグボ氏 近隣諸国は「退陣拒めば武力行使」 コートジボワール
◆2010/12/25 cnn.co.jp 武力介入も検討とECOWAS、コートジボワール情勢
◆2010/12/25 毎日新聞 コートジボワール:近隣諸国が圧力
◆2010/12/25 jp.reuters.com 欧州株式市場=小反発、ランドゴールド・リソーシズは下落
◆2010/12/26 yomiuri.co.jp 就任式強行の「大統領」に武力行使の声も
◆2010/12/26 cnn.co.jp 政情混乱のコートジボワール、リベリアに1万4000人が避難
◆2010/12/27 時事ドットコム バグボ氏、退任要求を拒絶=大統領選に米仏介入と非難−コートジボワール
◆2010/12/27 NIKKEI NET 混乱のコートジボワール、隣国に難民1万4千人
◆2010/12/27 AFP BB News バグボ大統領の退陣求めゼネスト呼びかけ、コートジボワール
◆2010/12/29 cnn.co.jp コートジボワール危機、アフリカ3首脳が大統領らと会談
◆2010/12/29 yomiuri.co.jp 西アフリカ諸国共同体、コートジボワールに特使
◆2010/12/29 AFP BB News 西アフリカ3大統領がバグボ大統領に最後通告、コートジボワール
◆2010/12/31 AFP BB News バグボ氏側幹部、ワタラ氏拠点への攻撃を呼びかけ コートジボワール

【参考図書】
戦争と平和の間―紛争勃発後のアフリカと国際社会
武内進一編 日本貿易振興機構アジア経済研究所 5,100円+税255円 A5判 400p 2008年11月 [amazon]

序 章 アフリカの紛争と国際社会   武内進一
第I部 紛争勃発後の和平プロセス
第1章 スーダンという国家の再構築 ―重層的紛争展開地域における平和構築活動―  篠田英朗
第2章 歴史の写し画としての和平プロセス ―内戦期コートディヴォワール政治における連続性―   佐藤 章
第3章 コンゴ民主共和国の和平プロセス―国際社会の主導性と課題―  武内進一
第4章 DDRとリベリア内戦    山根達郎
第II部 紛争後の制度構築を考える
第5章 ウガンダ1986、南アフリカ1994 ―紛争後の包括的政治体制の比較分析―  峯陽一
第6章 シエラレオネにおける地方自治制度改革とチーフ  落合雄彦
第III部 正義と和解の現実
第7章 紛争後の社会への司法介入―ルワンダとシエラレオネ―  望月康恵
第8章 ルワンダのガチャチャ―その制度と農村社会にとっての意味― 武内進一
第9章 モザンビークにおける平和構築の課題 −国家レベルの共存と地域社会内部での対立の深化―  舩田クラーセン・さやか


チョコレートの真実
キャロル・オフ著 北村陽子翻訳  英治出版 ¥1,890 B6判 384p 2007年9月 [amazon]


◆Date: Thu, 21 Nov 2002 22:25:27 +0900
From: ajf
Subject: [viva_hiv_aids] コートジボワールにおけるAIDSの現状

斉藤@AJF事務局です。

11月11日に来日したコートジボワールのNGO・Afrijapan代表のフェルディナンド
・ブレカさんから、「コートジボワールにおけるAIDSの現状」というレポートを
受け取りました。
日本で滞在しているホテルのパソコンでタイプしメールで送ってくれた文書なの
で、アクセント記号のない状態でタイプされたフランス語の文章です。

以下、意訳して紹介します。

コートジボワールにおけるAIDSの現状

コートジボワールの現状
人口:1500万人
外国籍の人の割合:35%
面積:322,000平方キロメートル
特徴
・世界一のカカオ生産国
・世界で二番目のコーヒー生産国
・西アフリカ通貨同盟加盟国の国内総生産合計の40%を占める


AIDSの現状
1985年
トレクヴィルの病院でモンタニエ教授により最初のエイズ患者が発見される。
この時は、この患者一人であった。

2001年
150万人がHIVに感染
アビジャン:10%
ブアケ:10%
ブンドク:12%
マン:8%


コートジボワールにおけるAIDSとの闘い
1990年
国家エイズ対策プログラムが作られる

1993年
国家エイズ対策委員会設立
Femme Face au Sida(エイズと闘う女性たち)設立

1995年
エイズ対策市長フォーラム設立

2001年
エイズ対策省が設置され、公衆衛生省からエイズ対策を引き継ぐ


・現在、コートジボワールには250のエイズにかかわるNGOがあり、そのうち20位
が活動している


Femme Face au Sidaの目的
Femme Face au Sidaはエイズに対する取り組みを行っているAfrijapanによって
直接運営されており、Afrijapanの一部門といえる。

・家庭でのエイズ感染拡大を防止する
・女性たちへのエイズ感染拡大を防止する
・危機にさらされた女性たちおよびエイズによる孤児たちを世話する
・女性たちが経済的に自立できるよう所得向上活動に資金を提供する

これまでに行った活動
・UNAIDおよび日本大使館(草の根無償援助)から資金を得てHIV/AIDSセンター
を建設
・全国で500カ所の予防キャンペーンを実施
・世界銀行から資金を得て、いくつもの村で女性のキャンペーン担当者を育成
・200人のエイズによる孤児たちの日用品、授業料、食費を負担
・単身者宿泊施設(domicile)でのキャンペーン
・1000万個のコンドームを無償で配布
・メンバーであるHIV感染者の薬代を負担
・報道関係者の会議主催およびエイズ啓発映画作成
・村落内での啓発資料・資材を無料で提供
・母子感染防止の専門家を育成

活動拠点
アビジャン・ブアケ・コロゴ・マン・イレ・ギロ・サッサンドラなどの重要拠点
を含め全国に16の活動拠点を持つ

活動成果
・200人のエイズによる孤児が通常の学校生活を送っている
・500人の女性たちが仕事を持ち経済的に自立して生活している
・1998年から2001年にかけて、活動を展開してきた村々では感染率が10%減少

計画中のプロジェクト
・5つの地域で5つのHIV/AIDSセンターを建設する
・反乱軍によって占領された村々で啓発キャンペーンを行う

Femme Face au Sidaは、人々が情報を得ることが困難な農村地域で活動を行って
きている。

以上です。

それぞれの活動についての報告が得られたら、また紹介します。

ちなみに、18日のシンポジウムの際に、ブレカさんと話をした人からは、次のよ
うなメモが事務局宛に送られてきています。


彼の活動の始まりは93年のFemme Face de SIDAのようです。
その活動は以下のようなものだ、と話してくれました。
- 家族、女性を中心とした予防活動
- PLHAの世話
- 孤児の世話(300人の孤児に対して食糧、学習、薬の提供を実施している)
- 母子感染予防
- 女性への経済支援

そしてFemme Face de SIDAは現在、2000年に設立したAFRIJAPONの一環となって
いるようです。
AFRIJAPONは現在20の協力者と200のメンバーがいるそうで、その主な活動は
- 西アフリカにおける日本のプロモーション
- HIV/AIDSと健康
- 文化交流
といわれていました。
マリ、ブルキナと国内、計16箇所に支部があるそうで、今後は、ガーナ、トーゴ、
ベナン、セネガル、モーリタニアなどへ支部を設置し、同様の活動が各地で展開
される、とのことです。

--
AJF事務局 斉藤龍一郎




 
 
>TOP

バルサ、冬場の失速回避なるか

2010年1月1日(金)

2日にビジャレアルCFとのホームゲームでリーガの戦いを再開するFCバルセロナが、2009年の成功に甘んじることは決してないだろう。ジョゼップ・グアルディオラ監督はチームに努力を継続する大切さを叩き込んでいると、ダニエウ・アウベスは話した。

勝ち点2差に

2 週間前、バルサはFIFAクラブワールドカップを制し、年間6冠を達成。だが、その間に首位に立つリーガでは、レアル・サラゴサに6-0と圧勝したレアル・マドリーCFに勝ち点差を2に縮められた。マドリーの猛烈な追い上げは、2日にウィンターブレークが明けるバルセロナにやる気を起こさせる十分な要因になるだろう。しかし、他にもモチベーションが必要なら、前回クラブワールドカップに出場した時の苦い経験を思い起こせばいい。

「気の緩みなし」

それは2006年のことだ。フランク・ライカールト前監督に率いられたチームは、クラブワールドカップでSCインテルナシオナルにまさかの黒星を喫した後、スランプに陥った。しかし、バルサのブラジル人DFアウベスは、グアルディオラ監督指揮下のチームが同じ過ちを繰り返すことはないと自信を見せる。「グアルディオラ監督がいる限り、気の緩みなんてあり得ない。向上心の維持こそが、勝ち続ける秘訣だと監督に教わった」とアウベスは明かした。「バルサの歴史に新たな1ページを刻んでいけるよう、チーム全員が出来る限りのことをするつもりだ」

長めの休養

ホーム全勝維持を目指すバルセロナだが、2日のビジャレアル戦は負傷中のジェフレンとセイドゥ・ケイタの両MF抜きで戦わなければならない。また、MFヤヤ・トゥーレもコートジボワール代表に招集されて不在。アンドレス・イニエスタもケガからの回復途上にあり、2日まで休暇の延長を認められたリオネル・メッシは欠場する見込みだ。対するビジャレアルは開幕からつまずいたとはいえ、現在リーガ3連勝中と好調で、9位まで順位を上げてきている。

機能し始めたマドリー

これに対して、3日にアウェーで行われるCAオサスナ戦でバルサ追撃を再開するマドリーは、ここ3試合のリーグ戦に全勝、その間13得点を挙げて、勢いをつけている。「チームに新しい選手がたくさん入ったので順応する時間が必要だったが、今は結果を出せるようになってきた」とクリスチアーノ・ロナウドは説明した。「このチームは常に向上している。今年、タイトルを獲得するのは自分たちだと確信しているよ」

「巻き返しを」

一方、3位のセビージャは最近4試合で1勝と振るわず、首位との距離がやや拡大。今節は2日にクラブ・アトレティコ・マドリーとアウェーで対戦する。降格圏に勝ち点2差と厳しい状況が続いているアトレティコのエンリケ・セレソ会長は「シーズンの3分の1はひどいものだった。これから大幅な巻き返しを図らなければならない」と語った。



 
 
>TOP

CSKA、カルバリョを期限付きで放出

2010年1月4日(月)

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦を控え、チームの再編成を急ぐPFC CSKAモスクワは、ダニエウ・カルバリョを含む3選手を期限付きで他クラブに移籍させた。

UEFAカップ優勝を経験

カタールのアルアラビSCに加入するカルバリョは、母国ブラジルのSCインテルナシオナルでプレーした2008年後半に続き、この2年間で2度目の期限付き移籍となる。現在26歳のカルバリョは、そのインテルナシオナルから2004年にCSKAに加入、チームの主力選手として、それぞれ2度のロシア・プレミアリーガとロシアカップ優勝と、2004-05シーズンUEFAカップ制覇に貢献した。ブラジル代表では2006年に3キャップを獲得。CSKAがリーグ 5位に終わった今季は19試合に出場したものの、無得点に終わった。

若手2人も放出

2月後半及び3月上旬にセビージャFCと対戦するUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦に向けて、メンバーの入れ替えを行っているレオニド・スルツキ監督は、4日に3選手を放出したが、カルバリョはその中で最もキャリアのある選手。他に、リカルド・ジェススとムサ・マゾの両FWが完全移籍への移行を視野に、それぞれラリサFCとSCブラガに期限付き移籍した。その一方で、CSKAは同じく4日にBSCヤングボーイズのコートジボワール人FWセイドゥ・ドゥンビアと5年契約を結ぶことで合意に至っている。

「大きな目標」

夏にCSKAに移籍するドゥンビアは、昨季のスイス・スーパーリーグ得点王。今季も16試合でリーグ最多の17得点を挙げ、2位に勝ち点7差をつけて首位を走るヤングボーイズに貢献している。「ヤングボーイズでの充実した日々を優勝で締めくくるのが僕の大きな目標だ」と22歳は話した。「自分を応援し、支えてくれたファンやクラブに感謝したい」。CSKAはすでに今冬、VVVフェンロの本田圭佑、FCモスクワのキリル・ナバブキン、FCシビル・ノボシビルスクのGKセルゲイ・チェプチュゴフも獲得している。



 
 
>TOP

本田のCSKAに元Jリーガーが加入

2010年1月5日20時31分

[Goal.com] CSKAモスクワがヤングボーイズからコートジボワール代表FWドゥンビア・セイドゥ(22)を獲得することが決まった。クラブの公式HPで、今年夏の移籍が発表されている。

スイスでゴールを量産しているドゥンビアには、トッテナムやシュトゥットガルト、ホッフェンハイムといったクラブが関心を示していたと言われている。その中で、1500万ユーロの移籍金を提示したCSKAが、期待の若手を獲得した。

シーズン終了まではヤングボーイズでプレーを続けるドゥンビアは、かつて日本でもプレーしていた。柏レイソル、徳島ヴォルティスに所属した後、ヤングボーイズに渡っている。

CSKAモスクワと言えば、VVVフェンロから日本代表MF本田圭佑を獲得することが決まったばかり。元Jリーガー2人の共演も期待できそうだ。



 
 
>TOP

モリナロが期限付きでシュツットガルトへ

2010年1月5日(火)

UEFAチャンピオンズリーグ出場中のVfBシュツットガルトは5日、ユベントスのDFクリスティアン・モリナロ(26)を6カ月間の期限付きで獲得した。モリナロは「ブンデスリーガが楽しみだ」とコメントしている。

手薄なポジション

今季、モリナロはセリエAで5試合に出場したのみ。UCLでは出番がなく、1月からドイツでプレーすることになった。シュツットガルトではルドビク・マニャンがFCチューリヒへ移り、同じ左サイドバックのアルトゥル・ボカも現在コートジボワール代表としてアフリカ選手権に出場している。クリスティアン・グロス新監督を迎えてからのシュツットガルトは無敗を継続中。しかし、今季はマルクス・バベル前監督の下で出遅れたため、ブンデスリーガでは依然として18 チーム中15位と低迷している。

順位に違和感

「ブンデスリーガが楽しみだね」とモリナロは語った。ビアンコネーリ(ユベントスの愛称)とは2013年までの契約を結んでいる。「シュツットガルトはブンデスリーガでいるべき場所にいない。現在の順位より優れたチームだ」。同クラブはUCL決勝トーナメント1回戦で王者FCバルセロナと対戦する。第1戦は2月23日にホーム、第2戦は3月17日に敵地カンプ・ノウで行われる。



 
 
>TOP

2010.01.16 Web posted at: 16:50 JST Updated - CNN

コートジボワールが8強に一番乗り、サッカーのアフリカ選手権

(CNN) アフリカ南部のアンゴラで開催されているサッカーのアフリカ選手権は15日、同国カビンダで1次リーグB組の1試合があり、コートジボワールがガーナを3−1で破り、一番乗りで準々決勝進出を決めた。

両国は共に、今大会の優勝候補で南アフリカで今年6月に開かれるワールドカップ(W杯)本大会にも出場する。

B組には選手らが乗るバスが銃撃事件に遭ったトーゴが不参加で失格となり、ブルキナファソを含めた3チームで争っている。コートジボワールは2試合で勝ち点4とし、ベスト8入りが出来る同組2位以内を確定させた。

コートジボワールは後半に退場者を出す厳しい展開に直面したが、エースストライカーのドログバがヘディングで3点目をもぎ取るなどの実力を見せ付けた。



 
 
>TOP

チョコ原料価格が高騰している理由とは?

(シゴトの計画 - 01月21日 11:34)

気温の低い冬場はチョコレートには最適の季節。バレンタインデーに向けて、各メーカーから冬季限定商品なども続々登場し、チョコ好きにはウレシイ時期でもある。しかし、そんな中、国際市場でカカオ豆や砂糖といったチョコレート原料の価格高騰が続いているという。

砂糖価格の国際指標とされるのはニューヨーク市場の粗糖現物価格。これが今月5日、1年前の2倍以上に当たる1ポンド(453g)=28.19セントを記録し、約29年ぶりに高値を更新。一方、カカオ豆も昨年末、主に西アフリカ産カカオ豆を取引するロンドン市場で先物価格が1トン当たり2200ポンド(約 3500ドル)を超え、2年前の2倍程度の高値になったと報道された。

このような価格高騰につながった直接の原因は、需給バランスが崩れたこととされる。砂糖は、世界一の砂糖生産国・ブラジルで天候不良による減産が見込まれている上、新興国を中心に砂糖の需要が増加。カカオ豆も、主要生産国・コートジボワールで天候不良による減産が続いているからだ。

しかし、不作と需要量増加の需給バランスだけでこれほどの高騰は説明できないことから、ヘッジファンドなど投機筋の動きも要因とされる。砂糖やカカオ豆相場の上昇を見込んだ投機的な買いが市場を先導しているとみられているのだ。ヘッジファンドは、世界中の投資家から集めた巨額の資金を運用しており、流入される投機マネーの額がケタ違いに大きい。そのため、市場規模の小さい業界は影響を受けやすいとされる。

背景がどうであれ、チョコレート菓子メーカーにとっては、砂糖とカカオ豆というチョコレートに欠かせない原料がどちらも高騰する厳しい状況。原料価格が上がれば、メーカーのコスト増は避けられない。できれば販売価格を上げたいところだが、長引く不況でデフレ傾向が続いており、またバレンタイン商戦を前にした時期でもあるため、当面、値上げは難しいだろう。「友チョコ」「逆チョコ」「マイチョコ」など、消費者の財布のヒモを緩めるような新たな戦略が求められそうだ。



 
 
>TOP

コートジボワール、期待裏切る敗退=アフリカ選手権サッカー

期待を裏切る準々決勝敗退となったコートジボワール。アルジェリアに押され気味の中、1−1の後半44分に途中出場のケイタが鮮やかなミドルシュートをたたき込み、何とか勝利をもぎ取るかに見えたが、直後のロスタイムに失点。さらに延長前半早々に勝ち越し点を献上した。ともにクロスボールに対する緩慢なマークで、フリーヘッドを許した。エースのドログバも決定機を逃すなど本来の勝負強さは影を潜めたままだった。

ロイター電によると、2008年の就任後、公式戦では初黒星を喫したハリホジッチ監督は、「2点目を決めた後、試合を終わりにしなければならなかった。受け入れ難いことだ」。ワールドカップは1次リーグで強豪ブラジル、ポルトガルと同組。アフリカ勢屈指のメンバーがそろった今回のチームだが、大きな課題を残した。(時事)

(2010/01/25-10:50)



 
 
>TOP

ロスタイム暗転…コートジボワール敗退

スポーツニッポン2010年1月26日(火)06:01

アフリカ選手権準々決勝2試合が24日、アンゴラ・カビンダなどで行われ、W杯出場国同士の対戦は優勝候補のコートジボワールが延長の末、2―3でアルジェリアに敗れた。同じくW杯に出場するガーナは開催国のアンゴラに1―0で競り勝ち、ベスト4に進出した。

コートジボワールは後半44分に勝ち越しながら、ロスタイムに追いつかれ、延長前半2分に決勝点を許した。いずれもDFのマークが甘く、フリーで決められた。ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のハリホジッチ監督が国際Aマッチで敗れるのは、08年5月の就任直後の日本戦(0―1)以来。ベストメンバーでは初黒星だけに「何人かの選手は疲れていた。なぜかは分からない」と首をひねっていた。



 
 
>TOP

トルシエ氏がコートジボワール代表監督に?

Goal.comの取材で可能性が明らかに

2010/02/05 21:25:00

コートジボワール代表監督に、かつて日本代表を率いたフィリップ・トルシエ氏が就任する可能性のあることが、Goal.comの取材で分かった。

多数の議事録と議論がコートジボワール・サッカー協会本部で飛び交っているが、すべてに勝る優先事項はこれしかない。ディディエ・ドログバと代表チームをアフリカ・ネーションズカップで率いたヴァヒド・ハリホジッチ監督の後任を、誰にするかということである。

この事態に近い関係者がGoal.comに明かしたところによると、同協会のジャック・アノマ会長は落ち着いてハリホジッチ監督に対する評価を終え、ワールドカップ(W杯)を4カ月後に控えた現在、緊急で新しい監督を探しているという。そこで浮上したのが、トルシエ氏だという。

フランス国籍を持ち、かつて日本代表を率いたフィリップ・トルシエ氏は、同国のクラブチームであるアセク・ミモサスで監督を務め、その後に同国代表チームも率いた。

ある同協会の職員は匿名を条件に、「彼(トルシエ氏)は、この国のことを非常によく知っている。それに、ピッチで役に立っていないどんなビッグネームに対しても、ガツンとやれる個性を持った男だ」と話した。

だが、ある人物は、同協会会長は新監督を発表する前に、国内のクラブチームの監督や一流のサッカーアナリストに、誰がW杯でチームを引き上げられる人物か相談するだろうと話している。

事情を知る人物らは、同代表を建て直し、秩序をもたらすには、物事を変えられるトルシエ氏が必要だとしている。

”白い呪術師”として知られるトルシエ氏は、これまでにブルキナファソ、ナイジェリア、南アフリカ、モロッコ、カタール、そして日本と、各代表チームを率いた経験がある。昨年末には、北朝鮮代表を率いるのではないかとの噂も上がった。



 
 
>TOP

コートジボワール大統領選、7度目延期の公算

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカのコートジボワールで、2005年から延期されている大統領選が、通算7回目の先送りとなる公算が大きくなっている。

大統領選は05年以来、準備不足などを理由に計6回延期が繰り返された後、3月にも実施される予定だった。だが、バグボ大統領(64)が12日、選挙管理委員会が選挙人名簿に43万人の外国人を不正登録しようとしたとの理由で選管を解散したため、選挙準備がストップしてしまっている。

同国では、カカオ農場などで働く移民が総人口の約25%を占めるとされ、過去にも移民の参政権問題が噴出したことがある。ただ、最近の世論調査では大統領と他党候補がほぼ互角だったため、大統領が「選挙引き延ばしの口実」(外交筋)に不正登録問題を持ち出したとの見方もある。

大統領は12日に内閣も解散してソロ首相に新たに組閣を命じたが、大統領のイボワール人民党以外の主要政党には「新内閣には参加しない」との反発の声も起きており、政局は混迷の度を深めている。

(2010年2月17日20時54分 読売新聞)



 
 
>TOP

デモ隊と治安部隊衝突、3人死亡…コートジボワール

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカ、コートジボワール南西部ガニョアで19日、バグボ大統領(64)に抗議するデモ隊と治安部隊が衝突、AFP通信によると、少なくとも3人が死亡した。

バグボ大統領は12日に、選挙人名簿に外国人43万人の不正登録を試みたとして選挙管理委員会を解散、内閣も総辞職させた。これにより3月にも実施予定だった大統領選が2005年以来、通算7回目の延期となる公算が大きくなり、政治的緊張が高まっている。

(2010年2月20日20時33分 読売新聞)



 
 
>TOP

チェルシー ドログバの2得点でウルブスを下す

* 2010年02月21日 10:18 発信地:ウォルバーハンプトン/英国

【2月21日 AFP】09-10イングランド・プレミアリーグ、ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ(Wolverhampton Wanderers)対チェルシー(Chelsea)。試合はディディエ・ドログバ(Didier Drogba)が2得点を挙げたチェルシーが2-0で勝利した。

24日の欧州チャンピオンズリーグ2009-10(UEFA Champions League 2009-10)決勝トーナメント1回戦で元指揮官のジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督が率いるインテル(Inter Milan)と対戦するチェルシーは、同日の試合で黒星を喫した2位マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)との勝ち点差を4に広げた。

アウェーでの最近6試合で獲得した勝ち点は6にとどまっていたチェルシーは、1月にアンゴラで開催されたサッカーアフリカ・ネイションズカップ(アフリカ選手権、African Nations Cup 2010)から帰国してチームに合流して以降、最近5試合で6得点を記録しているドログバが本領を発揮し、カルロ・アンチェロッティ(Carlo Ancelotti)監督にとってはこれ以上は無いタイミングでアウェーでの不調を乗り越えた。(c)AFP/Ian Edwards



 
 
>TOP

2010.03.01 Web posted at: 20:12 JST Updated - CNN

サッカーの代表監督を解任、W杯出場のコートジボワール

(CNN) サッカーのコートジボワール協会は3月1日までに、同国代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(57、ボスニア)を解任する、と発表した。同国の国営テレビで発表した。

今年1月、アンゴラで開かれたアフリカ選手権での不本意な成績が更迭の理由としている。コートジボワールは今年6月のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場、有力候補の一つともなっているが、アフリカ選手権では準々決勝でアルジェリアに敗れていた。

ハリルホジッチ監督は2008年に代表監督に就任。後任の監督には、今年8月からトルコ代表監督に就任するオランダ人のフース・ヒディンク氏の名前が浮上している。W杯限定の短期就任になる可能性がある。同氏自身、オランダの地元メディアにコートジボワール側から打診があったことを明らかにし、決定する前に情勢を分析しなければならないと述べた。



 
 
>TOP

コートジボワール、監督不在で韓国に苦杯 週明けにもヒディンク体制へ

2010年03月05日01時04分 / 提供:欧州通信

アフリカ屈指の強豪コートジボワールが3日、国際親善試合で韓国に0―2で敗れた。W杯まで100日というタイミングで、アジアとアフリカのレベルを対比するうえで、日本にとっても興味深い結果だ。

フランスのレキップ紙は、韓国について「パス回し、ポジショニング、テクニックで非常にすぐれたクオリティを見せた」と高く評価しているが、相手のコートジボワールが本来の力を発揮できる状態になかったことを割り引いて考える必要がある。2008年から監督を務めてきたヴァヒド・ハリホジッチ氏が直前に解任されたためだ。

この試合は、アシスタントコーチのジョルジュ・クアディオ氏が暫定的に指揮をとった。主将のディディエ・ドログバ(チェルシー)は試合後、レキップ紙に「結果はよくなかったが、監督不在という特殊な状況だった。当然、選手たちは気分を害していた」と振り返っている。

ハリホジッチ監督の下、コートジボワールは24戦無敗を誇った。それが先のアフリカネーションズカップ準々決勝でアルジェリアに敗れ、W杯を前にして監督交代という危機的な状況に陥った。いくら個々の能力が高くても、チームとしてのまとまりを欠いたのは当然だ。加えて、トゥレ兄弟(マンチェスター・シティ、バルセロナ)、ゾコラ(セビージャ)、カルー(チェルシー)といった主力が韓国戦には出ていない。

レキップ紙によると、「状況の急変がない限り」フース・ヒディンク氏の監督就任が来週明けにも決まる。昨年2月、ロシア代表監督のポストに留まったまま急遽チェルシーの監督を引き受け、見事に結果を出したヒディンク氏だけに、残り3ヶ月で人材のそろったチームをまとめ上げることは十分可能だ。日本がW杯壮行試合(6月4日)で対戦するのは、韓国戦で見せたのとは違う本来のコートジボワールとなりそうだ。



 
 
>TOP

2010.03.05 Web posted at: 17:15 JST Updated - CNN

ヒディンク氏への監督就任の打診認める、コートジボワール協会

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場するコートジボワール協会会長は4日、新たな代表監督としてオランダ人のフース・ヒディンク氏(63)に就任を打診していることを認めた。英BBC放送の取材に応じた。

ヒディンク氏は複数の監督候補の1人として、来週半ばにも結論が固まる見通しだという。同氏は今年8月からトルコ代表監督に就任する予定で、コートジボワール監督に就いた場合、W杯限定でさい配を振るうことになる。

ヒディンク氏は、W杯南アフリカ大会への出場権を逃したロシアの代表監督を務めていた。同氏はオランダの地元メディアに対し、コートジボワール側から接触があったことを明らかにし、就任の是非を決める前に情勢を分析しなければならないと述べていた。

コートジボワール協会は先に、バヒド・ハリルホジッチ監督(57、ボスニア)を解任していた。今年1月、アンゴラで開かれたアフリカ選手権での不本意な成績が更迭の理由となっていた。



 
 
>TOP

コートジボワール、ヒディンクと合意?

ロシア代表との契約解消が鍵か

2010/03/11 7:35:00

オランダ『NOS』が報じたところによると、コートジボワールサッカー協会がフース・ヒディンク監督と、5月15日から7月15日まで2カ月の契約を交わすことで合意に至ったという。ただし、ロシア代表との現契約を10日以内に解消できなければ、合意は実行されないようだ。

ヒディンク監督とロシア代表は6月30日までの契約を結んでいるが、現在両者は早期解消に向けて話し合っている。なお、ヒディンク監督はすでに来季からトルコ代表を率いることが決定している。

コートジボワールは先日、アフリカ・ネーションズカップでの成績不振からバヒド・ハリルホジッチ監督を解任し、ワールドカップ(W杯)に向けて後任を探している。元イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督をはじめ、先日日本ではフィリップ・トルシエ元日本代表監督の就任が濃厚と報じられた。

だが、オランダの報道によると、コートジボワールのファーストチョイスはヒディンク監督だという。韓国やオーストラリアを率いてW杯に旋風を巻き起こした同監督の就任はあるのだろうか?



 
 
>TOP

アフリカへの有毒廃棄物投棄、アムステルダム市を訴追へ

* 2010年03月11日 16:00 発信地:ハーグ/オランダ

【3 月11日 AFP】2006年、オランダの石油販売会社トラフィギュラ(Trafigura)がチャーターした船がコートジボワールに有毒廃棄物を不法投棄した問題で、オランダ最高裁は10日までに、アムステルダム市(Amsterdam)を相手取った訴訟が可能との判断を下した。

この事件は、06年8月、トラフィギュラがパナマ船籍の船をチャーターして苛性ソーダや石油残さ油などの有毒廃棄物をアビジャン(Abidjan)市内に持ち込み、各所へ不法投棄したもの。国連(UN)は前年9月、少なくとも15人の死亡と数人の入院について、有毒物質が関係していたことを示す「強い」証拠を発見したと発表した。

オランダの検察当局は、この船は当初、廃棄物をアムステルダムに陸揚げしたが、市が投棄を許可せずほかの場所に移送するよう命じたことを重く見て、市の責任を問う構えを見せていた。

事件をめぐっては、オランダ国内で、トラフィギュラと船長に対し、廃棄物輸出に関する法律違反にあたるかどうかの捜査が現在も行われている。(c)AFP



 
 
>TOP

2010/03/12 08:37:28

サッカーW杯:ヒディンク氏、コートジボワール監督就任か

本大会までの2カ月だけ

フース・ヒディンク氏(64)が再びサッカー・ワールドカップ(W杯)の舞台に上がることになりそうだ。AP通信は11日(韓国時間)、オランダ公共放送の報道を引用し、「ヒディンク氏が6月のW杯南アフリカ大会で、コートジボワールの監督を引き受けることになった」と報じた。ヒディンク氏の任期は5月15日から7月15日までだという。実現すれば、W杯開幕の1カ月前から本大会期間まで、コートジボワールの選手たちに「集中指導」を行うことになる。

現段階では契約が完全に成立したわけではない。ヒディンク氏の代理人は、オランダの日刊紙に対し、「最後の問題はロシア代表との契約」と説明した。ヒディンク氏は6月末まで、ロシア代表監督の任期が残っており、8月からはトルコ代表監督への就任が決まっている。

コートジボワールの監督に就任する場合、ヒディンク氏は4カ国の代表監督を相次いで引き受け、W杯4大会連続出場という記録を打ち立てることになる。1998年のフランス大会で祖国オランダをベスト4に導いたヒディンク氏は、2002年韓日大会には韓国をベスト4に導き、「名将」の仲間入りを果たした。06年のドイツ大会では「マジック」といわれる指導力で、オーストラリアをベスト16に進出させた。

コートジボワールは南アフリカ大会で、ブラジル、ポルトガル、北朝鮮と同じ「死のG組」に属し、ベスト16進出を懸けて戦う。コートジボワールの看板FWディディエ・ドログバ(チェルシー)も、チェルシーでの指導経験のあるヒディンク氏の監督就任に向け、積極的な態度を示しているという。

陳仲彦(チン・ジュンオン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

トルシエ氏「W杯優勝も可能」、コートジボワール監督就任に強烈自己アピール

2010年03月13日04時20分 / 提供:欧州通信

ハリホジッチ監督の解任に伴い、指揮官の座が空席になっているW杯出場国のコートジボワール。後任をめぐってさまざまな情報が飛び交っているが、その有力候補とされるフィリップ・トルシエ氏が12日、フランスのレキップ紙に状況を明らかにした。

トルシエ氏は、コートジボワール・サッカー協会の幹部と会ったことを認め、後任は「私とヒディンクの争い」に絞られたことを明かしている。

トルシエ氏によると、協会が真っ先に白羽の矢を立てたのが、8月1日からのトルコ代表監督就任が決定しているフース・ヒディンク氏だった。同氏は、昨年チェルシーでドログバやカルーを指導した経験がある。ただしここへ来て、ヒディンク氏がフランス語を話せないことに対する不安がメディアで指摘され、国民の間に”トルシエ待望論”が生まれはじめたという。あとは、ヒディンク氏が6月末まで残るロシアとの契約を中途で解除できるかどうかも左右する。

いずれにせよ、ヒディンク氏がW杯終了までの”腰掛け監督”であることに変わりはない。一方トルシエ氏は、「私の計画は2012年、いや2014年までを視野に入れている」と強調する。もちろん「80日でチームをまとめたい」と南アのW杯でも勝ちにいくつもりだ。「個人的には、W杯も2012年アフリカネーションズカップも勝てると思っている」と強烈にアピールしている。

その根拠として、「技術的に非常に才能あふれたチーム。ちょっとレアル(・マドリー)のようだね」と選手個々の高い能力を挙げる。ただし現状では「力が発揮されるのはボールをもっているときだけ。試合というのは、ボールをもたない場面での動きにもかかっている」とポジショニングや組織プレーを改善すれば、W杯での「大躍進は十分可能」と自信たっぷりだ。

加えて、トルシエ氏はフランスとコートジボワールの二重国籍をもつ。1993年には同国の代表監督を務め、その前の3年間は同国1部リーグのASECミモザの指揮をとった。「この国では105試合負け知らずだった。”白い魔術師”の称号はそのときに得たものだ」と自身の利点を力説する。

1993年に代表監督を解任されたことは「理由がわからない」と振り返るトルシエ氏。一説には協会との対立が原因とも言われるが、もう17年も前のことで、しこりは残っていないようだ。「決定を下すのは私ではないが(...)、W杯に向けてきちんと準備するためにも、状況は急を要する」と3月20日までには決まるよう望んでいる。トルシエ氏のインタビューが掲載されたレキップ紙は、フランス語圏で非常に影響力の高いメディアだけに、今回のアピールがコートジボワール国内で大きな反響を呼びそうだ。



 
 
>TOP

2010.03.29 Web posted at: 18:29 JST Updated - CNN

エリクソン氏、コートジボワール代表監督に W杯に向け

(CNN) コートジボワールのサッカー協会は28日、6月に開幕するワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に向け、代表監督として元イングランド代表監督のスヴェン・ゴラン・エリクソン氏を指名したと発表した。

W杯南ア大会後も代表監督を続投するかは不明。

スウェーデン人のエリクソン氏は2002年と06年のW杯で、イングランド代表を決勝トーナメントに進出させた。その後、メキシコ代表監督に就任したが、成績が振るわず、昨年4月に解任されていた。

コートジボワールのサッカー協会は2月下旬、ボスニア人のバヒド・ハリルホジッチ監督を解任していた。同監督の指揮下でコートジボワールは、アフリカ選手権の準々決勝でアルジェリアに敗れていた。



 
 
>TOP

豪ニュークレスト、リヒールを8300億円で買収

2010/5/4 23:33

【シドニー=柳迫勇人】オーストラリアの金鉱山最大手ニュークレスト・マイニングは4日、パプアニューギニアの同業リヒール・ゴールドを買収することで同社と合意したと発表した。ニュークレストがリヒールの全株を買い取る。買収総額は約95億豪ドル(約8300億円)。両社合計の金生産量は年280万オンスで世界第5位となる。

ニュークレストは豪州を中心にインドネシア、パプア、フィジーで金や銅の探査、開発を手掛ける。リヒールはパプアや西アフリカのコートジボワールに権益を持つ。買収で資産を多様化する。



 
 
>TOP

ドログバ:「プロになって最高のシーズン」

(Goal.com - 05月11日 05:23)

チェルシーFWディディエ・ドログバは、2009−10シーズンの成果に大満足のようだ。チェルシーは9日、プレミアリーグ最終節でウィガンに勝利し、4年ぶりの優勝を決めた。8−0で白星を飾ったこの一戦で、ドログバはハットトリックを達成して得点王に輝いている。

ドログバはクラブの公式HPで以下のように述べた。

「僕がプロになってから、最高の瞬間だね。素晴らしいシーズンだったよ。僕たちは(プレミアリーグで)103ゴールを挙げて、良いサッカーをした。チームにとって大事なことだよ」

「チームはシーズンを通して頑張ってきた。僕が得点王になるのを助けてくれたね。本当に大きな意味がある。最高のシーズンになった。僕たちはチャンピオンにふさわしかったよ」

「タイトルが最も大事だ。その後に得点王がついてくる。ただ、それが同時にきたから、本当にうれしいよ。ゴールを奪って得点王になったことはうれしい。でも、チャンピオンになったことが何よりもうれしいんだ」

しかし、まだ気を緩めるつもりはないようだ。15日に行われるFAカップ決勝のポーツマス戦についてもコメントしている。

「今は2冠を狙える。大変なことだけど、チャレンジしてみるよ」



 
 
>TOP

トゥーロン国際大会、U-21日本代表は3戦全敗

トゥーロン国際大会が18日にフランスで開幕し、参戦しているU-21日本代表はコートジボワール・フランス・コロンビアと対戦したがいずれも敗れ、リーグでの敗退を決めた。

初戦のコートジボワール戦は0−3、 20日に行われたフランス戦は1−4、 22日に行われたコロンビア戦は0−3であった。



 
 
>TOP

サッカー=日本代表、コートジボワール戦は45分間を3本で

(ロイター - 06月03日 08:45)

[東京 2日 ロイター] サッカーの日本代表の岡田監督が、4日に行われるコートジボワールとの強化試合は45分間のハーフを3本で行う試合形式になることを明らかにした。

スイスで代表合宿を行う中、岡田監督は2日に日本の記者団に対し「全てのメンバーを出したい。コートジボワールも追加の45分間のプレーに合意してくれた。両チームともにサポートメンバーを使う」とコメントした。

日本はワールドカップ(W杯)1次リーグE組で、カメルーン、オランダ、デンマークと対戦。 一方のコートジボワールは同G組で、ブラジル、ポルトガル、北朝鮮と対戦する。



 
 
>TOP

日本、コートジボワールに0−2 4連敗でW杯へ

2010/6/4 21:44

日本は前半13分、コートジボワールのFWドログバ(チェルシー)の直接FKからオウンゴールで先制を許し、後半35分にも右FKから失点した。前半のMF本田(CSKAモスクワ)のシュートは枠を外れ、後半からは中村俊(横浜M)らを投入して反撃を試みたが、好機は少なかった。両チームの対戦成績は日本の2勝1敗となった。

日本は6日に直前合宿地のスイスから、南アでベースキャンプを張るジョージに移動。14日に1次リーグE組の初戦となるカメルーン戦に臨む。



 
 
>TOP

ココア国際価格、33年ぶり高値

2010/6/4 23:29

ココアの国際価格が再び騰勢を強めている。ロンドン市場の先物価格(期近物)は3日、1トン当たり2550ポンド(約34万6千円)と、 1977年11月以来約33年ぶりの高値となった。欧米を中心にココアの需要が回復傾向にあるためで、1年前に比べ4割以上高い。

チョコレートや飲料などに使うココアの消費は堅調。2008年秋のリーマン・ショック後に落ち込んだ欧米での需要が09年末から戻りつつあるという。今年5月下旬に国際ココア機関(ICCO)が公表した09〜10年度(09年10月〜10年9月)の供給不足量が、当初予想の1万8千トンから6万9千トンに修正されたことが相場を押し上げた。

主産国のコートジボワールやガーナで天候不順が続き、供給が一段と減少する恐れもある。さらに、ギリシャの財政危機で逃避したファンドの資金が再びココア市場に流入している。ココアは市場規模が小さく、少ない資金で相場が動くため、「マネーゲームの対象になりやすい」(大手商社)。高値が続けば菓子や飲料などのメーカーの収益を圧迫しそうだ。



 
 
>TOP

2010.06.05 Web posted at: 12:21 JST Updated - CNN

ドログバが負傷、W杯出場は微妙 コートジボワール

(CNN) 南アフリカで今月11日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)大会に出場するコートジボワール代表のエースストライカー、ディディエ・ドログバが4日、スイス・シオンで行われた日本代表との強化試合で負傷し、前半途中で退場した。

診断で右腕骨折が判明、W杯出場は極めて微妙となった。試合の前半18分に日本のDF闘莉王とボールの奪い合いで空中で接触した際に負傷した。

コートジボワールのエリクソン監督は「W杯でプレー出来るかどうか分からない。極めて憂慮すべき事態。彼は主将であり、チームで最良の選手だ」と話した。ドログバは、イングランド・プレミアリーグで今季優勝したチェルシーに所属、計29ゴールを挙げ、得点王にもなった。

強化試合はコートジボワールが2−0で日本を下した。

コートジボワールはW杯1次リーグで、ブラジル、ポルトガル、北朝鮮と共にG組に入っている。初戦は15日のポルトガル戦。



 
 
>TOP

サッカー=日本はコートジボワールに敗戦、ドログバが骨折

(ロイター - 06月05日 13:15)

[シオン(スイス) 4日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場する日本とコートジボワールは4日に強化試合を行い、コートジボワールが2−0で勝利した。この試合でコートジボワールのFWディディエ・ドログバが骨折し、W杯への出場が不安視されている。

試合は前半13分、ドログバのFKが日本のDF闘莉王に当たってコートジボワールが先制。しかしそのドログバは直後の15分、闘莉王のファウルを受けてひじを負傷。公式な発表こそなかったものの、ひじを骨折しているとチーム関係者は話している。試合は後半36分にDFコロ・トゥーレが1点を追加し、コートジボワールが2−0で勝利した。

チームの副主将であるトゥーレは試合後、ドログバのけがについて記者団に「とても悲しい。ドログバは自分のW杯が終わったと話していた」と述べた。

一方、チームを率いるスベン・ゴラン・エリクソン監督は、「(ドログバの状態は)まだはっきりとしていない。まだ可能性はあると思っている」とコメント。コートジボワール代表として通算67試合に出場し、42ゴールを挙げているエースの出場をあきらめていないと語っている。



 
 
>TOP

ポルトガル−コートジボワールは前半終え0−0

2010/6/15 23:47

【ルステンブルク(南アフリカ)=W杯取材班】サッカー・ワールドカップ(W杯)第5日の15日は1次リーグ3試合を行い、混戦が予想され「死の組」と評されるG組は前回4位のポルトガルと2大会連続出場のコートジボワールが戦い、両軍とも慎重なボール回しで前半は0−0で終えた。

最多5度の優勝を誇るブラジルは11大会ぶり出場の北朝鮮と当たる。

F組で7大会ぶり2度目出場のニュージーランドは終了間際に追いつき、初出場のスロバキアと1−1で引き分けた。スロバキアは後半開始早々の50分にビテクのヘディングシュートで先制。しかし、ニュージーランドは試合終了間際にリードの劇的なヘディングシュートで追いついた。



 
 
>TOP

2010.06.16 Web posted at: 09:21 JST Updated - CNN

ポルトガル、初戦はコートジボワールとドロー W杯

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第5日の15日、1次リーグの3試合が行われた。

強豪が集まり「死の組」ともされるG組のコートジボワールとポルトガルは南部ポートエリザベスで戦い、0−0で引き分けた。

一進一退の攻防が続いたが、ゴール前の最後の詰めをともに欠き、無得点に終わった。コートジボワールの主軸であるFWドログバは大会前の日本との強化試合で右腕を骨折したが、15日の試合では後半に出場した。

また、F組のニュージーランド対スロバキア戦が北部ルステンブルクであり、ニュージーランドが土壇場の後半ロスタイムに同点ゴールを決め、1−1で引き分けた。スロバキアはW杯に初出場で、ニュージーランドは7大会ぶり2度目となっている。



 
 
>TOP

ポルトガル対コートジボワール、0−0

2010/6/16 0:50

【ルステンブルク(南アフリカ)=W杯取材班】サッカー・ワールドカップ(W杯)第5日の15日は1次リーグ3試合を行い、混戦が予想され「死の組」と評されるG組は、前回4位のポルトガルと2大会連続出場のコートジボワールが戦い、0−0で引き分けた。

両軍とも前半は慎重なボール回しに終始したが、後半に入るとスピードアップ。何度かチャンスはあったものの、最後までゴールを割ることはできなかった。

最多5度の優勝を誇るブラジルは11大会ぶり出場の北朝鮮と当たる。

F組で7大会ぶり2度目出場のニュージーランドは終了間際に追いつき、初出場のスロバキアと1−1で引き分けた。スロバキアは後半開始早々の50分にビテクのヘディングシュートで先制。しかし、ニュージーランドは試合終了間際にリードの劇的なヘディングシュートで追いついた。



 
 
>TOP

コートジボワール完敗 ドログバ一矢、「前回より進歩」

2010年6月21日17時 5分

(W杯20日、ブラジル3―1コートジボワール)

コートジボワールは、大会直前の日本戦で右腕を骨折したドログバが、先発に復帰。「死の組」突破に向けて、ブラジルに挑んだが粉砕された。

ブラジルのスピード、個人技を前に、立ちすくんだように動きが鈍いコートジボワール。ペースをつかめないまま、前半に先制を許すと、後半も失点を重ねた。後半34分に、カウンターからY・トゥーレのクロスを、ドログバが頭で決めて、1点を返すのが精いっぱい。イライラを募らせたコートジボワールはラフプレーも増え、力を出し切れなかった。

「1次リーグの行方は、もはや自分たちの手の中にはないが、悲観はしていない。初出場した前回大会よりチームは進歩している」とドログバ。次の北朝鮮戦は、ただひたすら勝利だけを目指す。(藤田淳)



 
 
>TOP

ブラジル抜け目なし 「死の組」楽々突破、決勝Tへ進出

2010年6月21日17時5分

(W杯20日、ブラジル3―1コートジボワール)

前半25分、ゆったりとボールを回していたブラジルが攻めのスイッチを入れた。ロビーニョからルイスファビアーノへの短く速い縦パスを合図にスピードアップ。選手が次々と駆け上がる。受けたカカが狭いDFの間にスルーパス。抜け出したルイスファビアーノが角度のないところからゴール上に突き刺した。

この1点がもともと腰の引けていたコートジボワールを、飼いならされた犬のように、さらにおとなしくさせた。単発のドリブル突破をルシオを中心に簡単に奪い返しては分厚い攻めを見せた。後半5分の追加点は圧巻だった。

GKからのパントキックをルイスファビアーノがDFに体をぶつけてキープ。巧みにボールを操り、飛び込んできたDFの2人の頭上に次々と浮かせて左足でシュート。「人生の中で最も美しいゴールだ」。手に当たってコントロールしていたことを認めた29歳はにやりと笑った。

1次リーグ突破を決めたドゥンガ監督は終盤の相手のラフプレーと、カカを退場に追いやった判定に文句を並べた上で、「初戦より調子は上がっている。チーム全体が良かった」。MFで献身的な役割を担うエラーノのけがは痛いが、代わりに出てくるのがさらに攻撃的なアウベスという控えの豪華さ。次戦の出場停止もカカにとっていい休息になりそうだ。

「ブラジルを倒すには完璧(かんぺき)でないと無理だ」。コートジボワールのエリクソン監督は賛辞を送った。本命が実力を示した夜だった。(編集委員・潮智史)



 
 
>TOP

2010.06.21 Web posted at: 09:00 JST Updated - CNN

ブラジル快勝、決勝Tへの進出決める W杯

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は10日目の20日、1次リーグG組で優勝を狙うブラジルと上位進出をうかがうアフリカの実力国コートジボワールの注目の試合がヨハネスブルクであり、ブラジルが3─1で快勝した。

ブラジルは連勝の勝ち点6となり、決勝トーナメントへの進出を順当に決めた。ブラジルは6度目のW杯優勝を目指している。

ブラジルはFWルイスファビアーノが前半25分と後半5分にゴールを決め、試合の流れを引き寄せた。先制点は司令塔のMFカカのスルーパスが起点となった。また、後半17分にはMFエラーノが3点目を奪い、勝利をほぼ決定づけた。

コートジボワールは得点機に恵まれなかったが、大会前の日本代表との強化試合で右腕を骨折したFWドログバが後半34分、クロスを頭でねじ込み、1点を返す意地を見せた。

コートジボワールは創意ある個人技などを織り交ぜて攻めるブラジルに組織的な防御を築けなかったのが最後まで響いた。決勝トーナメント進出には25日にある北朝鮮戦での勝利が最低条件となった。



 
 
>TOP

アフリカの誇りかける 北朝鮮戦に挑むドログバ

2010 年6月24日9時42分

今季、英プレミアリーグで2度目の得点王を獲得したコートジボワールのドログバは、万全の状態でW杯に臨むはずだった。しかし、6月4日、日本との親善試合で右腕を骨折する。緊急手術の末、驚異的な回復力を見せて、初戦のポルトガル戦は途中出場。2戦目のブラジル戦では先発に復帰した。だが、プレミアリーグのチェルシーで見せた爆発的な活躍は見せられず、チームも1敗1分けと、1次リーグ突破に黄信号がともっている。

「まったくとんでもないよ」。フランス1部ルマンの強化責任者、パスカルさん(57)は、W杯開幕直前のドログバのけがのニュースに顔をしかめた。当時2部だったルマンで、18歳のドログバはプロのキャリアをスタートさせた。担当スカウトがパスカルさんだった。

「知り合いから、パリ郊外の5部リーグのチームに、いいのがいるぞと聞かされたのが、ドログバだった。パリサンジェルマンからも誘いの声がかかっていたが、家族的な雰囲気を大事にした両親が、ルマンを選んでくれた」と、当時を振り返る。

がっちりした体格で、ダイナミックなプレーが持ち味。勝利への執念もすごかった。ただ、問題はスタミナ。「30分くらいで、電池が切れるように動かなくなってしまう。アフリカ出身の若い選手にはよくあるが、体が強く、個人技も優れているから、持久力がなくても何とかなってしまう。彼もその典型だった」とパスカルさん。

さらに問題は、私生活。「夜遊びが好きで、食事もジャンクフードばかり食べていた。サッカーが好きで、練習は熱心だったが、それが仕事ということを理解していなかった」。パスカルさんは、体調管理の重要性など、プロとしての心得を、辛抱強く若き才能に説き続けた。意識が変わったのは、結婚がきっかけ。すぐに子供も生まれ、「少年が男になった。目に見えて変わった」。プロに入って、4年半が過ぎていた。

その後、チームを移籍し、ストライカーとしての才能を開花させたドログバ。18歳の弟フレディが、現在ルマンの育成所にいることもあって、パスカルさんにはしょっちゅう連絡がある。「自分は全然勉強しなかったくせに、弟には口うるさく、勉強しろと言ってるよ」

アフリカ大陸で開催されるW杯は、人一倍意識していたという。「彼は今季のアフリカ最優秀選手に選ばれたが、それがいかにすごいことかを証明したいと言っていた。自分が、アフリカのリーダーであることをいつも自覚している。カリスマというのは、彼のような存在のことだ」とパスカルさん。

アフリカのエースの誇りをかけて、1次リーグ最後の北朝鮮戦に臨む。(藤田淳)



 
 
>TOP

2010.06.26 Web posted at: 09:18 JST Updated - CNN

コートジボワールが一次リーグで敗退 W杯

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会は第15日の25日、1次リーグG組の最終戦2試合があり、コートジボワールは北東部のネルスプレイトで北朝鮮と戦い、3─0で快勝した。

コートジボワールは1勝1分け1敗の勝ち点4で大会を終えた。11大会ぶり2度目の出場だった北朝鮮は3戦全敗となった。

試合は前半からコートジボワールが攻勢を掛け、前半2得点、後半にも1点を加え、北朝鮮を寄せ付けなかった。



 
 
>TOP

西アフリカに有毒物質投棄、蘭企業に罰金命じる

2010/7/23 23:02

【ブリュッセル=共同】オランダ・アムステルダムの地方裁判所は23日、西アフリカのコートジボワールに有毒廃棄物を輸出して投棄し、住民の健康に被害を与えたとして、オランダを拠点とする石油販売会社トラフィギュラに罰金100万ユーロ(約1億1300万円)の支払いを命じた。

廃棄物を発展途上国に輸出することを禁じる欧州連合(EU)法に違反した責任を問われた。

トラフィギュラは2006年8月にチャーター船に廃液などを積んでコートジボワールに搬出。最大都市アビジャンで地元の廃棄物処理会社が数十カ所に不法投棄。アビジャンでは有毒廃棄物が原因とみられる呼吸困難などの症状で、少なくとも15人が死亡、数万人が手当てを受けた。

同社は、廃棄物と死亡の因果関係を認めていないが、09年12月に住民ら約3万人に事実上の賠償金を支払い和解した。



 
 
>TOP

イタリア コートジボワールに敗れる、プランデッリ監督初陣飾れず

* 2010年08月11日 09:49 発信地:ロンドン/英国

【8月11日 AFP】サッカーイタリア代表は10日、英ロンドン(London)のアップトン・パーク(Upton Park)でコートジボワールと親善試合を行い、0-1で敗れた。

イタリアは後半10分にコロ・トゥーレ(Kolo Toure)の得点で先制された。

イタリアはW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で1次リーグ敗退に終わり、マルチェロ・リッピ(Marcello Lippi)監督が辞任。クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ(Claudio Cesare Prandelli)氏が後任に就いた。(c)AFP



 
 
>TOP

ココアの国際価格急落、1年ぶり2000ポンド割れ

2010/9/2 23:53

ココアの国際価格が急落している。指標となるロンドン市場の先物価格(期近)は1日、1トン1926ポンド(約25万円)と7月中旬につけた直近の高値から29%下がり、約1年ぶりに2000ポンドを割り込んだ。主産地西アフリカの豊作観測が出ている中、投資ファンドが利益確定売りを急いでいるとみられる。

世界で年360万トンあまりが生産されるうち、6割を占めるコートジボワールやガーナなどの天候が良好で、収穫量の増大が見込まれている。

世界景気の減速懸念から、高級チョコレート向け需要が減少するとの見方も値下がり要因となっている。

昨年は同地域が干ばつに見舞われたことで、生産量が減少。今年6月に33年ぶりの高値をつける引き金となっていた。

原材料の高騰に悩まされてきた大手菓子メーカーは「昨年秋から続いた高騰が一服すると助かる」と値下がりを歓迎しているものの「需給を離れて乱高下するのが不安」と話している。



 
 
>TOP

チェルシー、ドログバの活躍でアーセナル撃破

掲載: 2010年10月3日(日), 19.00CET

3日に行われたイングランド・プレミアリーグでは、チェルシーFCがアーセナルFCを2-0で下し、開幕から 7戦で6勝目を挙げ、2位と勝ち点4差の首位に立っている。

3日のイングランド・プレミアリーグでは、チェルシーFCがディディエ・ドログバの活躍でアーセナルFCを 2-0で下し、2位と勝ち点4差の首位の座を堅持した。

コートジボワール代表FWは39分、アーセナル戦13試合で13得点目となるゴールを決めて、チェルシーに先制点をもたらした。さらにアレックスが残り5分でFKを叩き込み、カルロ・アンチェロッティ監督率いるチームが勝利。一方のアーセナルは、首位チェルシーと勝ち点7差の4位に後退。チェルシー戦は全公式戦で5連敗となってしまった。

リバプールFCは昇格組のブラックプールFCにホームでまさかの黒星を喫し(1-2)、降格圏となる18位に順位を落とした。ブラックプールはチャーリー・アダムスとルーク・バーニーの得点でハーフタイムまでに2-0とリード。リバプールは53分にソティリス・キルギアコスがゴールを決めて1点を返したものの、及ばなかった。

リバプールと同じくUEFAヨーロッパリーグを戦っているマンチェスター・シティーFCは、ニューカッスル・ユナイテッドFCを1-2で退け、2位に浮上。シティーはカルロス・テベスの今季5点目となる得点で先制したが、すぐにホナス・グティエレスに同点ゴールを奪われた。しかし75分にイングランド代表ウイングのアダム・ジョンソンが勝ち越しゴールを挙げた。



 
 
>TOP

【テレク×CSKAモスクワ】 本田圭佑はビッグクラブで活躍できるか?

2010年10月20日21時59分

■ 第26節

ロシア・プレミアリーグは第24節。14 勝4敗3分けで3位のCSKAモスクワ。首位のゼニト、2位のルビンを追っている。この日はアウェーでテレク・グロズヌイと対戦。

CSKA モスクワは<4-2-2-2>。GKアキンフェイフ。DFイグナシェヴィッチ、A・ベレズトスキ、ナバブキン、V・ベレズトスキ。MFセムベラス、ママエフ、ジャゴエフ、トシッチ。FWドゥンビア、ヴァグネル・ロヴェ。日本代表の一員として韓国戦を戦ったMF本田圭佑はベンチスタート。MF ジャゴエフが右サイドハーフに入る。

■ CSKAモスクワが快勝

試合は立ち上がりからホームのテレクがドリブルを武器にチャンスを作る。試合の入り方がうまくいかなかったCSKA モスクワだったが、前半18分にコートジボワール代表のFWドゥンビアがコーナーキックをヘディングで合わせて先制する。そのあと、ホームのテレクがラッキーな形でPKを獲得するが、ロシア代表のGKアキンフェイフがビッグセーブを見せてゴールを許さない。前半は1対0のCSKAモスクワリードで終了。

1 点リードのCSKAモスクワは後半17分にMFトシッチに代えてMF本田圭佑を投入。MF本田が入ってボールがスムーズに回るようになると、後半31分に FWヴァグネル・ロヴェが左足でミドルシュートを決めて2点目。さらにロスタイムには左サイドからのクロスをMF本田が頭で合わせて3点目を挙げる。MF 本田はリーグ戦で3ゴール目。

結局、CSKAモスクワが3対0で勝利。勝ち点差「8」で首位のゼニトを追う。

■ 本田が久々のゴール

日本代表から戻ってきたMF本田は疲労も考慮されてベンチスタート。後半17分からの登場となったが、後半ロスタイムにヘディングシュートを決めて、ワールドカップのデンマーク戦のフリーキックのシーン以来という久々のゴールを決めた。これでロシアでのリーグ戦は3ゴール目となった。このヘディングシュートは、彼のストロングポイントが発揮された見事なゴールだった。

このゴールは見事だったが、むしろ、MFトシッチに代わってMF本田が入ったことで中盤に落ち着きが生まれて、CSKAモスクワの攻撃の勢いが増していったことの方が印象的だった。前半からFWドゥンビアとFWヴァグネル・ロヴェとう自由奔放な2トップが積極的にドリブルで仕掛けていってチャンスを作っていた。この二人は個の力が抜けているので、多少強引でもチャンスに結びつくが単発気味で、チームとしてはもう一つのような印象だったが、MF本田が入ったことでリズムは良くなった。

VVVで二部に落ちた後、「ゴールを奪うこと」に目覚めた MF本田であるが、ここ最近はゴール以外でもプレーで質が上がってきていて、プレーヤーとしてはレベルアップしているように感じる。持ち味である「体の強さ」を生かす場面が増えてきていて、守備でも貢献できるようになってきた。

■ ビッグクラブで活躍できるか?

ワールドカップ以降、MF本田がどのチームに移籍するのか、が日本のみならず、欧州でも話題になっているが、正直、ワールドカップの頃のMF本田のプレーレベルであれば、欧州のビッグクラブで常時、出場機会を得るのは厳しいかと思っていた。

もちろん、ワールドカップ4試合でのプレーは見事であったが、攻撃的MFでプレーするのであれば、スピードや打開力に欠ける部分があって、プレーの幅の狭さも気になる部分ではあった。当然、「シュート力」や「強さ」を生かせるようなチームがあって、そこにハマれば問題ないが、そういうチームを見つけないと、ベンチを温めることになるのでは?という不安もあったが、ここ最近のプレーを見ると、もしかしたら、欧州のビッグクラブでもかなりの確率で中心に近い立場で活躍できる可能性があるのではないか?とも思えるようになった。

実際、欧州でもMF本田のようなタイプは珍しい。その言動から「自己主張するタイプ」とみられがちであるが、決してプレーはセルフィッシュではなくて、いろいろな挫折を経験しているからこそ、自分の限界もわかっている。ザックジャパンで中心となりそうなMF香川真司と比較すると、外見も地味で大人しそうに見えるけれども、実はかなりのセルフィッシュで日本人離れしているMF香川と、言動が派手で脱・日本人的な印象を受けるものの、実際には思慮深くて、少し昔の日本人的な芯の強さを備えているMF本田圭佑。好対照の二人といえる。

ロシアリーグは春-秋制であり、今冬に西欧のチームに移籍するようだと、ずっとオフがない状態になってしまうので、そのあたりが心配であるが、いいオファーが来ているのであれば、チャレンジしてほしいところ。今のようなパフォーマンスを続けていけば、ビッグクラブでも活躍できるか可能性は十分にあると考えられる。

■ 嬉しいドゥンビアの活躍

2008年のシーズン途中にJ2の徳島ヴォルティスからスイスのヤングボーイズに移籍したコートジボワール人のFWドゥンビアであるが、同じく、J2で揉まれて世界に旅立っていった日本代表のMF香川真司やブラジル代表のFWフッキに負けない活躍を見せている。スイスでは、1年目に32試合で20ゴール、2年目に32試合で30ゴール。2年連続で得点王に輝いている。

「バネ」のような体を持っていて、爆発的なスピードも備える。ブラジル代表経験があって若い頃から名を馳せていたFWヴァグネル・ロヴェと、J2でプレーしていたFWドゥンビアが2トップを組んでいるというのがちょっとした違和感を感じてしまうが、彼の持つ潜在能力は底知れないものがある。



 
 
>TOP

現職と元首相の決選投票へ コートジボワール大統領選

2010.11.4 14:47

西アフリカ・コートジボワールからの報道によると、10月31日に投票が行われた同国大統領選で、選挙管理委員会は4日未明、暫定開票結果を発表、過半数を得票した候補者はなく、現職バグボ氏(65)とワタラ元首相(68)との間で決選投票が行われることになった。

支持者間の暴力発生などが懸念されていたが、大きな混乱は起きていない。

ただもう1人の有力候補、ベディエ元大統領(76)が票の集計に不正があったと主張、選管に再集計を求めている。決選投票は今月28日の実施が予定されている。

選管の発表によると、バグボ氏の得票は38%、ワタラ氏は32%、ベディエ氏は25%。有権者は約570万人で、投票率は約84%だった。大統領選には14人が立候補した。(共同)



 
 
>TOP

コートジボワール大統領選:2候補、28日に決選投票

【ヨハネスブルク高尾具成】西アフリカのコートジボワールで10月31日に大統領選が行われ、同国選管は4日、開票結果を発表した。過半数を得票した候補者はなく、現職のバグボ氏(65)と野党指導者のワタラ元首相(68)の上位2候補による決選投票が28日に行われることになった。AP通信が伝えた。

00年に就任したバグボ氏の任期は05年までだったが、内戦(02〜03年)後の政情混乱などで大統領選の延期が繰り返されてきた。10年ぶりの選挙となった今回は14人が立候補し、事実上バグボ氏とワタラ氏にベディエ元大統領(76)を交えた3人の争いとなった。

毎日新聞 2010年11月5日 東京朝刊



 
 
>TOP

チェルシーのドログバがマラリア感染、すでに回復

2010.11.10 Wed posted at: 17:11 JST

(CNN) サッカーのイングランド・プレミアリーグ、チェルシーのアンチェロッティ監督は9日、同チームのFWドログバがマラリアに感染していたことを明らかにした。

ドログバは最近、アストンビラ戦、スパルタク・モスクワ戦を体調不良で欠場。7日のリバプール戦もベンチスタートだった。

アンチェロッティ監督はチェルシーの公式ウェブサイトで、検査の結果、マラリア感染が判明したと発表。一時は練習にも参加できず、リバプール戦でも体調がすぐれなかったが、治療を受けて回復したという。同監督は、ドログバが10日のフラム戦には万全の状態で出場するとの見通しを示した。



 
 
>TOP

決選投票、28日に延期 コートジボワール大統領選

2010.11.10 09:18

西アフリカ・コートジボワールからの報道によると、同国のソロ首相は9日記者会見し、10月31日に1回目の投票が行われた大統領選の決選投票が、今月21日から28日に延期されたと述べた。

決選投票は現職のバグボ大統領と、野党候補のワタラ元首相との間で争われる。ソロ首相によると、選挙管理委員会が投票準備のため、延期を申し出た。

大統領選は2002〜03年の内戦後も続いた政情混乱などで延期が繰り返され、10年ぶりに実施された。(共同)



 
 
>TOP

ポーランドが9試合ぶりの白星

掲載: 2010年11月17日(水), 22.10CET

ポーランド 3-1 コートジボワール

ロベルト・レバンドフスキが古巣の本拠地ポズナニで2得点と活躍し、ポーランドが9試合ぶりの勝利を収めた。

文: ピオトル・コズミンスキ

ポズナニで行われた国際親善試合は、ホームのポーランドがロベルト・レバンドフスキの2得点などでコートジボワールを下し、9試合ぶりとなる勝利を収めた。

この日の会場は、UEFA EURO 2012予選に向けた改修工事が完了したばかりのミエイスキ・スタジアム。今夏、ボルシア・ドルトムントに移籍した元KKSレフ・ポズナニのFWレバンドフスキは、この思い出いっぱいの古巣の本拠地で1点目と3点目を記録した。ポーランドはレバンドフスキのゴールで先制した後、ジェルビーニョにゴールを許し、いったんは同点に追いつかれたが、ルドビク・オブラニアクのゴールで勝ち越しに成功した。

ポーランドが先制したのは19分。アダム・マトゥシュチクの絶妙なパスにフリーで抜け出したレバンドフスキが、GKダニエル・イエボアをかわし、角度のないところからシュートを決めた。しかし、コートジボワールも反撃し、ポーランドの守備のミスを突いてジェルビーニョがGKウカシュ・ファビアニスキを破り、ハーフタイムを同点で迎えた。

ポーランドは後半半ば、ジェルビーニョとともにLOSCリール・メトロポールでプレーするオブラニアクがFKから直接ゴールを奪い、再びリード。終盤にはカウンターからレバンドフスキがダメ押しの3点目を奪い、勝負をつけた。

オブラニアクは試合後、「自分のゴールにはとても満足している」と話した。「コートジボワールに押し込まれる苦しい時間帯に得点できた。相手は僕のゴールに少し気落ちしたと思う。その後は僕らも素早いカウンターを繰り出せるようになり、そうした攻撃からロベルト・レバンドフスキが得点してくれて、会心の勝利を収められた。8試合未勝利が続いて、国全体が勝利を切望していただけに、白星を飾れてほっとしている」



 
 
>TOP

CSKAのドゥンビアが故障離脱

掲載: 2010年11月22日(月), 18.23CET

ハムストリングを痛めたPFC CSKAモスクワのセイドゥ・ドゥンビアが、UEFAヨーロッパリーグの2ゲームを含む2010年の残り3試合を欠場することになった。

PFC CSKAモスクワのセイドゥ・ドゥンビアがハムストリングの故障のため、UEFAヨーロッパリーグ・グループFの残り2試合を欠場することになった。

この22歳のコートジボワール代表FWは、3-1で勝利した20日のFCスパルタク・モスクワ戦の後半に負傷(チームはこの勝利によりロシア・プレミアリーグで1試合を残して2位を確定)。このため28日のアウェーのFCアムカル・ペルミ戦と、UELのFCローザンヌ・スポルト戦およびACスパルタ・プラハ戦を欠場する見込み。CSKAはUELグループリーグで4連勝し、ベスト32進出を決めている。



 
 
>TOP

元首相が勝利、憲法評議会は否定 コートジボワール大統領選

2010.12.3 09:47

西アフリカ・コートジボワールからの報道によると、同国の選挙管理委員会は2日、11月28日に行われた大統領選の決選投票の暫定開票結果を発表。野党、共和連合(RDR)のアラサン・ワタラ元首相(68)が現職ローラン・バグボ氏(65)を破って当選したことを明らかにした。

一方、憲法評議会は同日、選管発表が期限より1日遅れたことを理由に発表は無効と表明。選管発表を検討の上、7日以内に最終結果を発表するとしている。憲法評議会はバグボ氏寄りとされ、先行きは見通せない情勢。同国軍は2日夜から全国境を閉鎖した。

大統領選は2002〜03年の内戦後も続いた政情混乱などで何度も延期され、10年ぶりに実施された。内戦以後、反政府勢力が支配した北部と政府支配の南部に分断された同国の政情安定化につながると国内外から期待されていた。(共同)



 
 
>TOP

コートジボワール大統領選、一転「現職再選」 野党反発

2010年12月4日23時0分

アフリカ西部コートジボワールで10年ぶりに行われた大統領選で、同国憲法評議会は3日、現職バグボ氏(65)が再選されたと発表した。中央選挙管理委員会が2日に野党候補の当選を発表したが、選挙結果を最終認定する同評議会が「一部で不正があった」として覆した。バグボ氏は4日、就任を宣誓した。野党側は反発している。

大統領選は10月の第1回投票で決まらず、11月28日にバグボ氏と、野党・共和連合を率いるワタラ元首相(67)の上位2氏による決選投票があった。選管は2日、得票率54%だったワタラ氏の当選を発表した。

ところが同評議会は3日、ワタラ氏の地盤で不正投票があったとして、7選挙区分の開票結果を無効にした。このためワタラ氏の得票率は49%に減り、逆に同51%に増えたバグボ氏の当選が決まった。

評議会はバグボ氏寄りの姿勢で知られ、ワタラ陣営は反発している。ソロ首相は4日、「当選者はワタラ氏だ」と述べ、辞任する考えを示した。

支持者間の争いの激化が懸念され、3日までに対立で15人が死亡。バグボ氏の当選発表後も、最大都市アビジャンで治安部隊が市民に発砲して2人が死亡した。

バグボ氏は2000年の大統領選で当選。その後、内戦などを理由に大統領選は実施されず、05年に任期が切れたバグボ氏が大統領職にとどまっていた。(ジュバ〈スーダン南部〉=古谷祐伸)



 
 
>TOP

憲法評は現職「再選」…コートジボワール緊迫

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカのコートジボワールで11月28日に行われた大統領選の決選投票について、同国の最高司法機関である憲法評議会は3日、現職のローラン・バグボ大統領(65)がアラサン・ワタラ元首相(68)を破って当選したと発表した。

しかし、選挙管理委員会は2日にワタラ氏が当選とする暫定結果を発表していたため、ワタラ氏の支持者が憲法評議会の発表に猛反発。4日にはギヨーム・ソロ首相も抗議の辞任を表明した。バグボ氏は4日に就任式を強行したが、政情は一気に緊迫化している。

ロイター通信などによると、選管が発表した暫定結果では、ワタラ氏の得票率54%に対しバグボ大統領は46%だった。しかし、バグボ大統領寄りとされる憲法評議会は、選管発表は期限の1日までに行われなかったうえ、ワタラ氏側の不正行為のため一部の州での得票は無効だとしてバグボ氏の当選を発表した。

(2010年12月4日20時43分 読売新聞)



 
 
>TOP

コートジボワール:バグボ氏大統領再選 首相、反発し辞意

コートジボワールで先月28日に実施された大統領選決選投票で同国憲法評議会は3日、現職のバグボ氏が野党指導者ワタラ元首相を破り、再選されたと発表した。しかし、4日にソロ首相がこれに反発して辞意を表明、バグボ氏は就任宣誓するなど政情が混乱している。

選管は2日、ワタラ氏当選の暫定結果を発表。ところが、バグボ氏の影響が強い同評議会が「発表権限は評議会にある」と宣言。ワタラ氏支持基盤の州で「投票への脅迫があった」として選管発表を無効にした。【ヨハネスブルク支局】

毎日新聞 2010年12月4日 23時38分(最終更新 12月4日 23時50分)



 
 
>TOP

国連総長は選管発表支持=コートジボワール大統領選

【ニューヨーク時事】国連の潘基文事務総長は3日、コートジボワール大統領選の決選投票について、ワタラ元首相が当選したとの同国選挙管理委員会の発表を支持すると表明した。

潘事務総長は声明で、ワタラ氏に同国の平和と安定のため尽力するよう要請。敗れた現職バグボ氏には円滑な政権交代への協力を求めた。(2010/12/04-07:23)



 
 
>TOP

結果逆転、現職再選を発表 コートジボワール大統領選

2010.12.4 19:16

西アフリカ・コートジボワールの憲法評議会は3日、11月28日に行われた大統領選の決選投票で、現職ローラン・バグボ氏(65)が野党のアラサン・ワタラ元首相(68)を破り再選されたと発表した。選挙管理委員会は2日、ワタラ氏が当選したとの暫定結果を発表していた。

ロイター通信によると、同国の国営テレビはバグボ氏が4日昼(日本時間同日夜)、就任宣誓を行うと伝えた。

同評議会の説明では、問題が見つかった複数の州の開票結果を無効にしたため結果が逆転した。国内法上、評議会の結論に異議を申し立てる方法はなく、バグボ氏の当選が決まることになるが、ワタラ氏陣営や北部の旧反政府勢力「新勢力」は反発。支持者間の衝突が激化するなど今後、



 
 
>TOP

憲法評議会「現職が再選された」 二転三転 コートジボワール大統領選

2010.12.4 12:51

西アフリカ・コートジボワールの憲法評議会は3日、11月28日に行われた大統領選の決選投票で、現職ローラン・バグボ氏(65)が野党のアラサン・ワタラ元首相(68)を破り再選されたと発表した。選挙管理委員会は2日、ワタラ氏が当選したとの暫定結果を発表していた。

同評議会の説明では、問題が見つかった複数の州の開票結果を無効にしたため結果が逆転した。国内法上、評議会の結論に異議を申し立てる方法はなく、バグボ氏の当選が決まることになるが、ワタラ氏陣営は猛反発。支持者間の衝突が激化するなど今後、政情混乱が一層深まりそうだ。

一方、現地の国連代表は3日、勝利者はワタラ氏だと表明した。政治情勢をめぐる国際社会の懸念が強まっているが、バグボ氏側がどう対応するかは不透明だ。(共同)



 
 
>TOP

2候補が大統領就任宣誓の異常事態 コートジボワール

2010.12.05 Sun posted at: 11:50 JST

コートジボワール・アビジャン(CNN) 西アフリカのコートジボワールで行われた大統領選の結果、現職バグボ氏と、対立候補のワタラ元首相の両者がともに4日、就任宣誓するという異常事態が発生し、国内政情が緊迫化している。

これを受けて同国最大都市アビジャンでは4日午後7時に外出禁止令が出され、2002年の内戦時に発生した武力衝突の再燃への懸念が強まっている。

2日に実施された大統領選の決選投票後、同国選挙管理委員会は得票率54%だったワタラ氏の当選を発表。ところが憲法評議会は3日、ワタラ氏側に不正があったと指摘し、ワタラ氏の得票率は49%、バグボ氏は51%だとしてバグボ氏の再選を発表した。

バグボ氏は国際社会から非難を受けつつも4日、就任宣誓を強行。テレビ中継された就任宣誓で、同氏は「過去数日にわたり、深刻な内政干渉が行われている。国家主権は守らねばならない」と述べ、抵抗の構えを見せた。

一方その数時間後、敗北したとされた対立候補のワタラ元首相も「就任宣誓を行った」と記者団に発表している。

国際社会は選管の発表結果を支持しており、国連、アフリカ連合(AU)、旧宗主国フランス、米国などがバグボ氏に対し、ワタラ氏の当選を認めるよう求めている。

この数日間で支持者間の争いが激化しており、アビジャンでは複数の衝突が発生した。



 
 
>TOP

元首相も大統領に「就任」 コートジボワール政情混迷

2010/12/5 9:11 (2010/12/5 20:21更新)

【ナイロビ=共同】コートジボワールからの報道によると、同国憲法評議会が大統領選の決選投票で勝利したと認定した現職バグボ氏が4日に就任宣誓をした数時間後、敗れたとされた対立候補のワタラ元首相が独自に「就任宣誓」を行った。

同国の政情混迷は深まる一方で、2002〜03年の内戦で分断された南北間の衝突再燃への懸念が強まっている。

ワタラ氏は現地に展開する国連平和維持活動(PKO)部隊が警備する最大都市アビジャンのホテルで「宣誓」。首相職からの辞意を表明した北部の旧反政府勢力「新勢力」出身のソロ氏を首相に「任命」した。

一方、バグボ氏は宣誓後「私には国の主権を守る責任がある」と述べ、国際社会からの懸念や批判について「重大な干渉」と反発した。

国連や米仏、欧州連合(EU)などはワタラ氏が勝利したとする2日の選挙管理委員会の発表を支持。アフリカ連合(AU)は南アフリカのムベキ元大統領を調停役として現地に派遣すると表明した。

ワタラ氏の支持者は「クーデターだ」とバグボ氏を批判しているという。決選投票が行われた11月28日以降、支持者間の衝突や治安部隊の発砲などで既に複数の死傷者が出ている。



 
 
>TOP

国連「深い懸念」 コートジボワール政情混乱

2010/12/5 10:16

【ニューヨーク共同】国連の潘基文事務総長は4日、コートジボワール大統領選で現職バグボ氏と対立候補のワタラ元首相の双方が「就任」宣誓し政情が混乱していることについて「深刻な懸念」を表明する声明を出した。

潘事務総長は「コートジボワールの平和と安全を維持するため、国連は全力を尽くす」として、国民に平静と忍耐を保つよう求めた。

国連はワタラ氏が勝利したとの選挙管理委員会の発表を「透明で信頼性がある」と認めており、声明は「国際社会も広く支持している」と強調した。



 
 
>TOP

「2人の大統領」が就任、混迷極めるコートジボワール

* 2010年12月05日 14:45 発信地:アビジャン/コートジボワール

【12月5日 AFP】前週28日の大統領選決選投票を受け、政情が混乱しているコートジボワールで4日、現職のローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)大統領と、対立候補のアルサン・ワタラ(Alassane Ouattara)元首相がともに就任宣誓した。

決選投票の結果については2日に独立選挙管理委員会がワタラ氏の当選を発表したが、最終結果を認定する憲法評議会が、ワタラ氏の地盤である北部で選挙不正があったとして一部結果を無効にし、現職バグボ大統領が当選したと発表した。同評議会はバグボ大統領寄りとされる。

国連(UN)、欧州連合(EU)、アフリカ連合(African Union、AU)など国際社会は、選挙委員会が発表したワタラ氏の当選を認め、これを受け入れるようバグボ氏に求めているが、バグボ氏は大統領府で支持者を前にした「宣誓」後の演説で「このところ重大な内政干渉がみられる。私はわが国の主権を守る任にあり、その点について交渉するつもりはない」と述べ、退く考えはないと明言した。

一方、ワタラ氏は対抗し、宣誓書として手書きした書類に署名し、「大統領という立場で」憲法評議会へ送付した。これには「コートジボワールでは目下、異常事態が進行しており、私は憲法評議会の前で直接就任宣誓を行うことができない。そのため宣誓書を送付させていただく」と記したという。

コートジボワールでは決選投票後、選挙がらみの暴力で少なくとも17人が死亡している。国境は軍に封鎖され、外国の報道は妨害されている。首都アビジャン(Abidjan)には夜間外出禁止令が出ているが、暴力を抑止しきれておらず、4日も前日に続き外出禁止時刻が終了するとワタラ支持の若者らが街路でタイヤを燃やすなど騒然とした。

機関銃を手にしたコートジボワール軍がアビジャンに市内に動員されている一方で、ワタラ陣営が拠点としているホテル周辺は国連平和維持軍の武装車両が警備している。

他方、現職バグボ氏の支持者らは街中で反白人スローガンを叫ぶなどし、特に旧宗主国フランスを中心とする外国の干渉に対して市民がもつ長年の反感をあおっている。(c)AFP/Roland Lloyd Parry



 
 
>TOP

コートジボワール:2氏が大統領就任宣誓 混乱広がる

【ヨハネスブルク高尾具成】コートジボワールで先月28日に行われた大統領選の決選投票で、再選を狙う現職と野党候補が4日、ともに勝利宣言し、大統領就任を宣誓した。国土を南北に分断した内戦(02〜03年)後初の大統領選は和平の象徴と期待されたが、南北それぞれの勢力を代表する2人がともに「大統領」を名乗る異常事態に、戦闘再燃への懸念が強まっている。

大統領選は10月31日に第1回投票があり、14人が立候補。過半数を得た候補がおらず、南部に拠点を置く現職のバグボ大統領(65)と、北部の旧反政府勢力に支持された野党指導者のワタラ元首相(68)の上位2人が決選投票に臨んだ。

選管は2日、投票総数の54%を得たワタラ氏が、45%のバグボ氏を破って当選したと発表した。しかし、バグボ氏陣営はワタラ氏陣営の「不正」を主張。選挙結果を最終認定する憲法評議会は3日、ワタラ氏の地盤の北部で「投票行為の妨害や暴力があった」として選管発表を覆し、バグボ氏を当選者とする決定を下した。

バグボ氏は4日、最大都市アビジャンの大統領官邸で宣誓式を決行。一方のワタラ氏も数時間後、同市内のホテルで国連平和維持活動(PKO)部隊に守られながら就任を宣誓し、バグボ政権で首相を務めていたソロ氏の続投を認めた。

選管発表を覆した憲法評議会は「親バグボ」の機関として中立性が疑われており、国連や米国、フランスは「ワタラ氏当選」の選管発表を支持。これに対し、バグボ氏は4日、「私には主権を守る責任がある」と述べて反発を強めている。

現地からの報道によると、決選投票後の1週間で、両陣営の衝突や治安部隊の発砲で少なくとも17人が死亡。アフリカ連合(AU)は事態収拾に向け南アフリカのムベキ元大統領をコートジボワールに派遣した。

同国では02年、北部で「新勢力」と称する反政府勢力が武装蜂起し、内戦に突入。03年の停戦後も和平プロセスは停滞し、南北間で合意された大統領選は再三延期されてきた。

毎日新聞 2010年12月5日 21時10分(最終更新 12月5日 21時43分)



 
 
>TOP

2人が「大統領」就任=コートジボワール、異常事態に

時事通信 12月5日(日)10時4分配信

【ロンドン時事】11月28日実施の大統領選決選投票をめぐる混乱が続くアフリカ西部コートジボワールで4日、現職のバグボ氏が大統領府で就任宣誓を強行した。一方、選管から当選を発表されたワタラ元首相も同日、就任式を行い、2人の元首が並立する異常事態となった。

選管は2日、ワタラ氏の当選を発表した。しかし、選挙結果の最終確定権を持つ憲法評議会は翌日、「選管の発表が遅れた」ことを理由に無効とし、バグボ氏当選を宣言した。同評議会はバグボ派の牙城とみられている。

国連や旧宗主国フランス、米国、欧州連合(EU)、アフリカ連合(AU)はワタラ氏当選を認めるよう呼び掛けている。しかし、就任宣誓でバグボ氏は「深刻な内政干渉が続いている。国家主権を守る」と述べ、徹底抗戦の構えを示した。

一方、ソロ首相はワタラ氏支持を表明。ソロ氏は2002年の内戦以来、北部に強い影響力を持つ元反政府組織「新勢力(NF)」を率いている。

両派の間では衝突も激化。AFP通信によれば、決選投票後、少なくとも17人が死亡した。



 
 
>TOP

コートジボワール:アフリカ連合が資格停止 大統領居座り

【ヨハネスブルク高尾具成】コートジボワール大統領選で野党候補のワタラ元首相に敗れたバグボ大統領が選挙結果の受け入れを拒否し、大統領職を続けている問題で、アフリカ連合(AU)は9日、同国のAU加盟資格の停止を決定した。

AU当局者は、エチオピアの首都アディスアベバの本部で記者団に「民主的に選ばれたワタラ氏が大統領に就任するまでAUへの参加資格を停止する」と述べた。

先月28日の決選投票では、選管がワタラ氏の当選を発表したのに対し、バグボ氏は「親バグボ」の憲法評議会の「選管発表は無効」との決定を根拠に大統領職にとどまり続けている。

毎日新聞 2010年12月10日 10時44分



 
 
>TOP

コートジボワールの加盟資格を停止 アフリカ連合 

2010.12.10 09:29

アフリカ連合(AU)は9日、大統領選の結果をめぐり政情が混乱するコートジボワールについて、「民主的に選ばれた大統領」の元首相ワタラ氏が現職だったバグボ氏から権限を移譲されるまで、加盟資格を停止すると発表した。ロイター通信などが伝えた。

ロイターによると、米政府高官は同日、米国がバグボ氏に対し独自の制裁措置を検討していると表明。ワタラ氏の当選を支持し、バグボ氏に退陣を迫る国際社会の圧力が強まっているが、軍の支持を受けるバグボ氏は譲歩の構えを全く見せていない。

ワタラ氏の当選を承認したコートジボワール担当の崔英鎮・国連事務総長特別代表は9日、ワタラ氏が滞在している最大都市アビジャンのホテルで同氏と会談後、バグボ氏とも会談する用意があると記者団に述べた。(共同)



 
 
>TOP

NEWS25時:コートジボワール EU、大統領に制裁へ

欧州連合(EU、加盟27カ国)は13日、ブリュッセルで外相会議を開き、先月末に実施された西アフリカ・コートジボワールの大統領選決選投票で、野党指導者のワタラ元首相の勝利を認めずに「再選」を主張している現職のバグボ大統領陣営に対し、制裁を発動する方針を決めた。

EU外相会議は議長総括で、「民主的に選出された大統領(ワタラ元首相)の権限下に入ることを拒んでいる指導者」との表現で、バグボ氏陣営幹部を対象に資産凍結などの制裁措置を「遅滞なく導入する」と警告した。

アフリカ連合(AU)は「民主的に選ばれたワタラ氏が大統領に就任するまで」同国のAU加盟資格を停止するとしている。【ブリュッセル】

毎日新聞 2010年12月15日 東京朝刊



 
 
>TOP

バグボ氏に出国求める コートジボワールの政情混乱で米国

2010.12.17 11:29

米国務省高官は16日、大統領選の結果をめぐり政情が混乱するコートジボワールで現職だったバグボ氏に退陣を迫っている米国などが、同氏に「数日以内の出国」を求めたことを明らかにした。

高官は「制裁を科す用意がある」とし、決断を促していると語った。

米国や国連、旧宗主国フランス、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)などは、11月の大統領選決選投票で元首相ワタラ氏が勝利したとする選挙管理委員会の結果を支持。バグボ氏寄りの憲法評議会は結果を覆してバグボ氏の勝利を発表、両氏はそれぞれ大統領「就任宣誓」を行った。(共同)



 
 
>TOP

コートジボワール衝突、20人超す死者 拡大の恐れも

2010年12月17日16時9分

【ナイロビ=古谷祐伸】アフリカ西部コートジボワールで16日、大統領選の結果に抗議するデモに治安部隊が発砲した事件で、AP通信などによると、死者数は少なくとも20人に上った。米国大使館の外壁にはロケット砲弾が撃ち込まれた。抗議デモは17日にも予定され、混乱拡大が懸念されている。

コートジボワールでは2002〜03年、北部が拠点の反政府勢力と政府軍の間で内戦になった。16日は内戦の停戦ライン付近の町ティエビスで旧反政府勢力と軍の戦闘が起きており、内戦再燃の恐れが出ている。

大統領選は11月下旬、現職バグボ氏(65)とワタラ元首相(68)による決選投票後、ワタラ氏の当選を選挙管理委員会や国連が認定した。だが直後に憲法評議会が結果を覆してバグボ氏当選を発表し、両氏が大統領就任を宣言する異常事態になった。今回の抗議デモは、ワタラ氏支持者が起こした。国際社会では孤立状態のバグボ氏は、支配下におく警察や軍の力でデモを鎮圧しようとしている。



 
 
>TOP

コートジボワール:デモ隊と治安部隊衝突 死者30人以上か

【ヨハネスブルク高尾具成】11月末に実施された大統領選決選投票を巡り、現職と野党指導者の双方が大統領就任を宣言し混乱している西アフリカ・コートジボワールの主要都市アビジャンで16日、野党指導者ワタラ元首相の支持者のデモに対し、現職バグボ大統領が掌握する治安部隊が発砲。AFP通信によると、治安部隊とデモ隊双方で20人が死亡した。死者はデモ隊を中心に30人以上との情報もある。

この日の衝突は、ワタラ氏が「新内閣」を組織して拠点にしているアビジャンのホテル近くで発生。治安部隊の発砲に対し、ワタラ氏を支持する反政府組織「新勢力」(NF)も応戦したとみられる。15日、バグボ政権からワタラ陣営に乗り換えたソロ首相が、バグボ政権を正当化する情報を流し続ける国営放送に向けデモ行動を呼び掛けていた。国連などは暴力の拡大に懸念を表明、緊張が高まっている。

決選投票の結果を巡っては選管がワタラ氏勝利を発表。しかし、最終判断をする現職寄りの憲法評議会が約60万票を無効と判断し、「当選はバグボ氏」と結果を覆した。国連や国際社会は「民主主義を踏みにじる行為」とバグボ氏に対し、権限移譲を促しているが、軍や警察、国営放送局などはバグボ政権の監督下に置かれている。

毎日新聞 2010年12月17日 東京夕刊



 
 
>TOP

国連総長がバグボ氏退陣要求 コートジボワール大統領選

2010年12月18日11時20分

【ニューヨーク=丹内敦子】国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は17日、アフリカ西部コートジボワールでの大統領選結果をめぐる発砲事件に関し、「権力を維持しようとするバグボ氏や支持者らの取り組みは、このまま許されるものではない」などと強く批判。当選したのはワタラ元首相であると改めて強調し、現職のバグボ氏に退陣を求めた。

11月下旬にあった大統領選では、選挙管理委員会がワタラ氏の当選を認定したが、直後に憲法評議会が結果を覆してバグボ氏の当選を発表。両氏とも大統領就任を宣言する異常事態になっている。

潘氏は今月初めに、ワタラ氏の当選を支持する声明を発表。この日の会見でも「バグボ氏は退陣し、これ以上邪魔をしないで、選挙で当選した後継者が職務に就けるよう求める」と述べた。



 
 
>TOP

バグボ氏陣営、国連部隊の退去要求 コートジボワール

2010.12.19 Sun posted at: 10:05 JST

(CNN) 11月末に実施された大統領選をめぐり政情混乱が起きているコートジボワールで18日、現職バグボ大統領は国連の平和維持部隊に対し国外退去を命じる声明を発表した。 

声明が出されたのは、国際社会が大統領選の当選者と認めていないバグボ氏に対し退陣を求める声が強まる中、国連の潘基文事務総長が同氏に退陣を要求した直後のことだった。国際社会は対抗候補だった野党党首のワタラ元首相を当選者だとして支持している。

欧州連合(EU)は17日、バグボ氏陣営に対し制裁措置を導入すると警告。また米国もバグボ氏が辞任しない場合、同氏およびその家族に制裁を課す可能性を示唆している。

こうした中、平和維持部隊は17日夜、同部隊員の乗っていた車両がバグボ大統領が掌握する治安部隊の攻撃を受けたと発表。平和維持部隊も応戦したが、両者の部隊に負傷者は出ていない模様。

これを受けて潘事務総長は17日、「(権力の座に居座るのは)民主主義を踏みにじる行為」だとしてバグボ氏に権限移譲を強く求めた。

一方、バグボ氏陣営は17日、国連がワタラ氏陣営に軍事力や物資の支援を行っているとして非難し、強硬姿勢を崩していない。

コートジボワール国内各地ではすでに両候補の支持者の間で激しい抗争が起きており、政情は混乱状態に陥っている。



 
 
>TOP

国連部隊の国外退去要求 コートジボワール

2010.12.19 09:42

大統領選の結果をめぐり混乱が続く西アフリカ・コートジボワールからの報道によると、国際社会が当選を認めていないバグボ氏側の政府報道官は18日、現地に展開する国連平和維持活動(PKO)部隊とフランス軍に対し即座に国外退去するよう要求する声明を、国営テレビを通じて発表した。

元首相ワタラ氏の当選を支持し、現職だったバグボ氏への退陣圧力を強めている国際社会に反発する姿勢をより鮮明にした形だ。

AP通信によると、国連PKO部隊の国連コートジボワール活動(UNOCI)は現在約9千人で、約800人がワタラ氏が滞在する最大都市アビジャンのホテルを警備している。バグボ氏側は声明で、UNOCIが「内政に深く干渉している」と主張した。旧宗主国フランスの軍は約900人が駐留しているという。(共同)



 
 
>TOP

バグボ氏がPKO退去要求、国連拒否 コートジボワール

2010年12月19日21時23分

【ナイロビ=古谷祐伸】コートジボワール大統領選をめぐる混乱で、大統領就任を一方的に宣言して国際社会の批判を浴びているバグボ氏側は18日、同国に駐留する国連平和維持活動(PKO)部隊の退去を要求した。潘基文・国連事務総長は同日、これを退けた。

同国からの報道によると、バグボ氏の作った内閣の報道官は18日、国営テレビで「国連PKOは深刻な内政干渉をしている。即刻、国外退去するよう求めた」との声明を流した。

11月の大統領選決選投票の後、敗北したはずのバグボ氏は、自分寄りの憲法評議会による当選認定を受けて大統領に就任し、軍や警察を味方に国土の大半を支配し続けている。だが国際社会では孤立化している。

選挙管理委員会や国連、大半の国々が当選を認めたワタラ元首相は、最大都市アビジャンのホテルを仮の大統領府として、約900人のPKO部隊に守られて活動している。これが、バグボ氏にとっては内政干渉というわけだ。

同国のPKO部隊は、2002〜03年の内戦後の04年から駐留している。現在は約1万人規模で、任期は年末まで。国連は20日に任期延長を協議する方針だ。



 
 
>TOP

国連総長、コートジボワール大統領に退陣要求 

【ニューヨーク=柳沢亨之】大統領選をめぐる混乱が続く西アフリカ・コートジボワールについて、国連の潘基文事務総長は17日、同国の選管発表に反して就任式を強行した現職バグボ大統領に対し「退陣を要求する」との声明を発表した。

(2010年12月19日16時06分 読売新聞)



 
 
>TOP

コートジボワール大統領、PKO部隊に退去要求

【ヨハネスブルク=中西賢司】大統領選の結果をめぐり混乱が続く西アフリカのコートジボワールで、再選を主張するバグボ大統領(65)は18日、停戦監視などにあたる国連平和維持活動(PKO)部隊に国外退去を要求する声明を発表した。

退陣を迫る国連への対決姿勢を鮮明にしたもので、事態は一層緊迫してきた。

AP通信によると、バグボ氏は声明で、野党指導者のワタラ氏(68)を当選者と認める国連の中立性を疑問視し、「国民を分断させている」と批判した。これに対し、国連の潘基文(パンギムン)事務総長は18日、「任務を遂行する」との声明を出し、駐留継続を明言した。

同国には9000人規模のPKO部隊が駐留。約800人はワタラ氏が拠点とする最大都市アビジャンのホテルを警護している。AFP通信によると、バグボ大統領が掌握する軍の一部には武力行使を主張する声も出始めており、緊張が高まっている。

(2010年12月19日19時12分 読売新聞)



 
 
>TOP

コートジボワール:大統領退陣要求強まる 「居座り」各国が制裁警告

【ブリュッセル福島良典、ヨハネスブルク高尾具成】先月末に実施された西アフリカ・コートジボワールの大統領選決選投票を巡る混乱で、一方的に「再選」を主張するバグボ大統領(65)に対し退陣を求める声が国際社会で強まっている。バグボ大統領は退陣要求を拒否しており、事態収拾のめどは立っていない。

フランスのサルコジ大統領は17日、ブリュッセルで記者会見し、コートジボワールのバグボ大統領を「民意に反して権力の座にとどまっている。速やかに退陣する以外の可能性はない」と非難した。フランスはコートジボワールの旧宗主国で、同国に平和維持部隊を派遣するなど影響力がある。

欧州連合(EU)は17日に採択した首脳会議議長総括で、同国治安部隊によるデモ隊への発砲を非難、バグボ大統領陣営に制裁措置を発動する方針を確認した。制裁では陣営幹部への査証(ビザ)発給が停止され、EU域内の資産が凍結される。サルコジ大統領は退陣要求に応じなければバグボ氏自身に制裁が科せられると警告した。

また、国連の潘基文(バンキムン)事務総長は17日の会見で、権力の座に居座るバグボ大統領の行為を「許されるものではない」と非難し、政権移譲を要求。米国もバグボ大統領が退任しない場合、制裁を科す可能性を示唆した。

また、アフリカ域内からも非難が強まり、ケニアのオディンガ首相は同日、バグボ大統領を退陣させるべきだとし、アフリカ連合(AU)に積極的対応を求めた。

一方、バグボ大統領は、国連とフランスに対し、平和維持部隊を国外に退去させるよう命じるなど強硬姿勢を崩していない。

コートジボワールの選挙管理委員会はいったん、野党指導者ワタラ元首相の当選を発表したが、バグボ大統領寄りの憲法評議会が選挙結果を覆した。16日には最大都市のアビジャンで野党支持者と治安部隊が衝突し、20人が死亡した。オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)はコートジボワールの状況を注視し、流血事件の捜査に着手する用意を表明している。

コートジボワールは、60年の独立後、ウフエボワニ初代大統領が、カカオ農園拡大に向けて移民の受け入れを奨励し、現在は同国人口の3分の1近くをマリやブルキナファソなど周辺国の移民やその子孫が占める。移民の多い北部のイスラム教徒らが土地所有権を剥奪されるなどの差別的扱いが問題になったこともある。

バグボ大統領は南部を地盤とするキリスト教徒なのに対し、ワタラ氏は北部を地盤とするイスラム教徒で、母はブルキナファソ出身。こうした地域や宗教間の対立が、事態を複雑化している。

毎日新聞 2010年12月19日 東京朝刊



 
 
>TOP

死者50人超=コートジボワールの混乱拡大―人権高等弁務官

時事通信 12月20日(月)6時59分配信

【ジュネーブ時事】ピレイ国連人権高等弁務官は19日、声明を発表し、大統領選後の混乱が広がっているアフリカ西部コートジボワールで、過去3日間で死者が50人を超え、負傷者も200人以上に上っていることを明らかにした。高等弁務官は、混乱の拡大に伴う大規模な人権侵害に強い懸念を表明した。

11月末に行われた大統領選では、選管が発表したワタラ元首相の当選を現職のバグボ氏が受け入れず、両陣営の衝突が続いている。

バグボ氏は治安維持のために同国に展開する国連部隊がワタラ元首相側に付いていると主張、国連部隊に国外退去を命じている。国連の潘基文事務総長は、国連部隊の撤退を拒否するとともに、バクボ氏の即時退陣を要求している。



 
 
>TOP

コートジボワール、衝突で死者50人超 国連が人権侵害に懸念表明 

2010.12.20 10:00

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のピレイ高等弁務官は19日、大統領選の結果をめぐり混乱するコートジボワール国内の衝突で、過去3日間に死者が50人を超え、200人以上が負傷したとして、人権侵害に深刻な懸念を表明した。

治安悪化と国連平和維持活動(PKO)部隊に対する活動妨害で調査は困難を極めているが「今後も引き続き事態を注視していく」としている。

11月末に行われた大統領選後、選管が発表したワタラ元首相の当選を現職だったバグボ氏が受け入れず、16日には両陣営による本格的な武力衝突が発生。国連は選管発表を受け入れるようバグボ氏陣営に求めている。(共同)



 
 
>TOP

コートジボワール:大統領選混乱で50人以上が死亡

【ジュネーブ共同】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)のピレイ高等弁務官は19日、大統領選の結果をめぐり混乱するコートジボワール国内の衝突で、過去3日間に死者が50人を超え、200人以上が負傷したとして、人権侵害に深刻な懸念を表明した。

治安悪化と国連平和維持活動(PKO)部隊に対する活動妨害で調査は困難を極めているが「今後も引き続き事態を注視していく」としている。

11月末に行われた大統領選後、選管が発表したワタラ元首相の当選を現職だったバグボ氏が受け入れず、16日に両陣営による本格的な武力衝突が発生。国連は選管発表を受け入れるようバグボ氏陣営に求めている。

毎日新聞 2010年12月20日 東京夕刊



 
 
>TOP

NEWS25時:コートジボワール 国連部隊は国外退去を

大統領選の結果をめぐり混乱が続く西アフリカ・コートジボワールからの報道によると、国際社会が当選を認めていないバグボ氏側の政府報道官は18日、現地に展開する国連平和維持活動(PKO)部隊とフランス軍に対し即座に国外退去するよう要求する声明を、国営テレビを通じて発表した。AP通信によると、PKO部隊の国連コートジボワール活動(UNOCI)は現在約9000人で、旧宗主国フランスの軍は約900人が駐留しているという。【共同】

毎日新聞 2010年12月20日 東京朝刊



 
 
>TOP

コートジボワールPKO活動延長、退去要求拒否

【ニューヨーク=柳沢亨之】国連安全保障理事会は20日、西アフリカのコートジボワールで停戦監視などにあたる国連平和維持活動(PKO)部隊の活動期限を、今月末から来年6月30日まで延長する決議案を全会一致で採択した。

同部隊の退去を命じたバグボ大統領の要求を拒否した。

同国では、バグボ大統領が今月4日、大統領選の選管発表に反して就任式を強行。国連の潘基文(パンギムン)事務総長が退陣を要求したことに反発し、国連PKO部隊の国外退去を求めていた。

(2010年12月21日10時38分 読売新聞)



 
 
>TOP

コートジボワール:元首相当選、尊重を−−国連安保理決議

【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は20日、大統領選結果をめぐり混乱の続くコートジボワール情勢に関し、選挙管理委員会の発表結果を覆して政権に居座るバグボ氏を含むすべての当事者に、選管が発表したワタラ元首相の当選を尊重するよう求める決議を全会一致で採択した。

決議はまた、現地に展開する国連平和維持活動(PKO)部隊「国連コートジボワール活動(UNOCI)」の任期を11年6月末まで半年間延長することを決めた。

毎日新聞 2010年12月21日 東京夕刊



 
 
>TOP

国連、コートジボワールで部隊の任期延長を決定

2010年12月21日 11:25 発信地:アビジャン/コートジボワール

【12月21日 AFP】国連安全保障理事会(UN Security Council)は20日、大統領選の結果をめぐる混乱が続くコートジボワールで治安維持にあたっている国連コートジボワール活動(UNOCI)の任期延長を決めた。また、アルサン・ワタラ(Alassane Ouattara)元首相を大統領選の正式な当選者と認め、現職のローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)大統領に退くよう求める決議を採択した。

11月末に実施された大統領選をめぐっては、現職のバグボ大統領とワタラ元首相の双方が勝利を主張。選挙管理委員会や国際社会はワタラ氏の当選を認めているが、バグボ氏側は大統領職を譲っていない。さらに、バグボ氏は、同国に展開する国連部隊について、政敵のワタラ氏を支持するものだと主張し、撤退を要求している。一方、国連はバグボ大統領の取り巻きが雇った傭兵が、大統領選をめぐる殺人行為に関与していると、同大統領を非難しており、今回の決議は正統な大統領としてワタラ氏支持を明確にするものとなった。

一方、欧州連合(EU)も、バグボ氏と妻を含む19人に対する制裁を決めたほか、米国もバグボ氏に対する何らかの措置を検討中であることを明かした。

さらに、国連安保理も、コートジボワールの個人・団体を対象とした制裁や国連部隊1万人の増強の可能性を示唆した。

大統領選後の混乱で、このままバグボ氏が大統領職に居座り続ければ、2002年のような内戦に発展しかねないと懸念されている。(c)AFP/Dave Clark



 
 
>TOP

国連人権理が特別会合 コートジボワール情勢

2010.12.23 08:22

国連人権理事会は22日までに、大統領選をめぐり混乱するコートジボワール情勢を受け23日に特別会合を開くことを決めた。

特別会合は米国とアフリカ諸国を代表したナイジェリアが開催を要請。特別会合開催に必要な16カ国以上の賛成を取り付けた。(共同)



 
 
>TOP

コートジボワールの混乱、死者173人に

【ジュネーブ=佐藤昌宏】国連人権理事会は23日、大統領選後の混乱が続くコートジボワールに関する臨時会議を開き、国連は21日までに173人の死亡を確認したことを明らかにした。

(2010年12月23日21時25分 読売新聞)



 
 
>TOP

国連人権理が非難決議 混乱続くコートジボワール情勢

2010.12.24 08:53

国連人権理事会は23日、ジュネーブの国連欧州本部で開いたコートジボワール情勢に関する特別会合で、大統領選後の混乱をめぐる武力衝突により死傷者を出した事態を深刻な人権侵害と指摘、強く非難する決議を全会一致で採択した。

会合では、国連人権副高等弁務官が、衝突が起きた16日から21日までに、把握しているだけで173人が死亡、500人近くが拘束されたり拉致されたりしたと報告。大統領選をめぐる混乱で6千人に上る難民も出ており、情勢のさらなる悪化も懸念されている。

決議は、現職だったバグボ氏側の政府軍が拘束や拉致に関与しているとして、市民を守る本来の責務を果たし、暴力行為をやめるよう要求。元首相ワタラ氏の当選を認めるアフリカ連合(AU)などを支持している。(共同)



 
 
>TOP

残虐行為を「強く懸念」=コートジボワール非難−人権理決議

【ジュネーブ時事】国連人権理事会は23日、大統領選後に多数の死傷者が出ているアフリカ西部コートジボワールに関する特別会合を開き、殺人など残虐行為を非難する決議を採択した。人権侵害に強い懸念を表明し、暴力行為停止を求めた。

決議は、同国で深刻な問題となっている拉致や法的手続きに基づかない処刑、性的暴行を「強く非難する」と明記。また、ピレイ国連人権高等弁務官に情勢報告を求めた。(2010/12/24-07:07)



 
 
>TOP

大統領選抗議デモ鎮圧で死者173人 コートジボワール

2010年12月24日10時47分

【ナイロビ=古谷祐伸】11月下旬のコートジボワール大統領選をめぐる抗議デモと当局による鎮圧の過程で173人が死亡したと、国連人権理事会が23日、特別会合で明らかにした。落選を認めず、大統領職に居座る現職バグボ氏への批判や制裁の動きが国内外で強まっている。

ロイター通信などによると、選挙管理委員会が当選と認めたワタラ元首相の支持者による抗議デモが始まった16日から21日までの間に、バグボ氏寄りの軍や警察などによって471人が逮捕され、90人が拷問されたことが、国連によって確認されたという。

バグボ氏の資金源を断つため、世界銀行は22日、コートジボワールへの援助金8億ドルを凍結した。アフリカ諸国も経済制裁を検討している。

ワタラ氏側は、武力によるバグボ氏排除を主張し始めているが、バグボ氏は、ワタラ氏の拠点を警護する国連平和維持部隊の退去を求め、国営放送は国連攻撃を支持者にけしかけているという。バグボ派の急進的な勢力は29日、最大都市アビジャンで外国批判の集会を開く予定で、緊張が高まっている。



 
 
>TOP

コートジボワール:与野党衝突、死者173人 米、PKO増強を検討

【ヨハネスブルク高尾具成】西アフリカ・コートジボワールで、大統領選決選投票後の与野党間の武力衝突により、少なくとも173人が死亡し、90人が拷問など不当な扱いを受けていることが国連の調査でわかった。23日、国連人権理事会が発表した。同理事会は暴力を非難する決議を全会一致で採択した。米国は、現地の平和維持活動(PKO)部隊を増強する可能性についてアフリカ諸国と協議を始めた。

人権理事会の発表によると、16日からの6日間で、173人が死亡したほか、471人が逮捕されたという。覆面をし、バグボ大統領(65)の支持者とみられる武装した男たちが、死者を大量に埋めた場所への道をふさぎ、調査を妨害しているという。

先月28日に行われた決選投票では、野党指導者ワタラ元首相(68)の当選が選管から発表された。しかし現職のバグボ大統領が大統領職に居座り続けており、国連やアフリカ連合などの国際社会は「民主主義を踏みにじる行為」と批判し権限移譲を求め続けている。

米国務省は22日、ワタラ氏支持を表明している「西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)」加盟国などと、現在約1万人規模で展開しているPKO部隊を増強する方向で協議を始めた。

PKO部隊は、ワタラ氏が政権を発足させ、拠点とする最大都市アビジャンのホテル周辺を警備している。周囲はバグボ氏側の治安部隊などが監視を強めており、事実上の「籠城(ろうじょう)」状態に追い込まれている。バグボ氏側はPKOによる物資供給も妨害している。

潘基文(バンキムン)国連事務総長は21日、「この状況が続けばPKO部隊にも危機的状況が訪れる」と警告、各国に緊急支援を要請していた。

バグボ氏側は、国連と仏軍の国外退去を求める一方、若者による民兵組織には自制を呼びかけ、欧米による制裁の強化をかわそうとしている。

毎日新聞 2010年12月24日 東京夕刊



 
 
>TOP

コートジボワール

1960年に独立。旧宗主国フランスがアフリカの拠点として保護、高層ビルが立ち並ぶ最大都市アビジャンを中心に「西アフリカの先進国」と呼ばれた。しかし、冷戦終結でフランスのアフリカへの熱は冷め、ベディエ大統領が99年にクーデターで倒されると混乱状態に。内戦が一段落した2003年、国は事実上、南北に分断されていた。挙国一致内閣を立ち上げたバグボ大統領は、大統領選を先送りし続け、今年10月31日に実現した第1回投票は実に10年ぶりの選挙だった。上位2人のバグボ氏対ワタラ氏で争われた11月28日の決選投票は、選管が12月2日、ワタラ氏勝利と発表。対するバグボ氏は翌3日、憲法評議会に勝敗を覆させた。(時事)(2010/12/24-14:26)



 
 
>TOP

居座るバグボ氏 近隣諸国は「退陣拒めば武力行使」 コートジボワール

2010.12.25 09:26

大統領選をめぐり混乱するコートジボワール情勢に関し、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は24日、選挙結果を覆したとの国際社会の批判にもかかわらず政権に居座るバグボ氏に対し、元首相のワタラ氏に権限移譲しない場合、武力行使を含めた対応を取ると表明した。ロイター通信などが伝えた。

ナイジェリアの首都アブジャで開催したECOWAS緊急首脳会談後の声明で明らかにした。既にコートジボワールの加盟資格を停止しているECOWASは、武力行使を警告することでバグボ氏により強く退陣を迫った形だ。

一方、ワタラ氏は24日、選挙をめぐり殺人や誘拐など深刻な人権侵害が起きているとして、国際刑事裁判所(ICC)に対し、捜査団を派遣するよう要請したと述べた。(共同)



 
 
>TOP

武力介入も検討とECOWAS、コートジボワール情勢

2010.12.25 Sat posted at: 14:23 JST

(CNN) 今年11月下旬に実施された大統領選の結果をめぐり混乱が続くアフリカ西部のコートジボワール情勢で、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS、15カ国加盟)は24日、ナイジェリアの首都アブジャで緊急首脳会議を開き、事態の収拾に必要なら武力行使による介入も辞さないとの方針を表明した。

大統領選では選挙管理委員会がワタラ元首相の当選を認めたが、現職のバグボ氏は自らに近い憲法評議会が選挙結果を覆したことを受け、辞任を拒否して政権に居座り続けている。衝突で死者も出ており、欧米などは元首相当選を認め、バグボ氏支持者による人権侵害などを非難している。

ECOWAS緊急首脳会議は声明で、バグボ氏が大統領選の結果を受け入れなければ実力行使を含めた措置を講じざるを得ないと指摘。加盟国の国防責任者による会議を速やかに招集し、コートジボワールとリベリア両国国境線の治安対策など将来の行動計画をまとめるよう指示した。

ECOWASは、コートジボワールの現在の混乱を放置すれば、同国で新たな内戦が勃発(ぼっぱつ)するとの危機感を深めている。アフリカ連合(AU)はコートジボワールで民主的に選ばれた指導者への権力移行が実現するまで同国の加盟資格を停止している。世界銀行も同国への援助資金拠出を停止し、現地事務所を閉鎖した。

米国務省のクローリー次官補は先に、米政府などがアフリカ諸国と協議し、コートジボワールに駐とんする国連平和維持軍の増強案を検討していることを明らかにしていた。バグボ氏は、国連軍はワタラ氏を支援しているとして国外への撤収を要求している。



 
 
>TOP

コートジボワール:近隣諸国が圧力

大統領選をめぐり混乱するコートジボワール情勢に関し、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は24日、政権に居座るバグボ氏に対し、元首相のワタラ氏に権限移譲しない場合、武力行使を含めた対応を取ると表明した。アビエイ(スーダン中部)ナイジェリアの首都アブジャで開催したECOWAS緊急首脳会談後の声明で明らかにした。【共同】

毎日新聞 2010年12月25日 東京夕刊



 
 
>TOP

欧州株式市場=小反発、ランドゴールド・リソーシズは下落

2010年 12月 25日 03:43 JST

[ロンドン 24日 ロイター] 24日の欧州株式市場は、クリスマスを控え閑散とした取引のなか、小反発して終了した。

FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3終値は1.00ポイント(0.09%)高の1147.49。

DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは2.58ポイント(0.09%)安の2861.94。

IGインデックスの首席市場ストラテジスト、デビッド・ジョーンズ氏は、このところ株価は上昇しているため「年内にさらに上げる余地がある」と予想した。

ただ同氏は年明け以降は相場の流れが変わる可能性があるとし「ここ数年、毎年1月の株式市場は軟調となっている。悪天候により小売業者が影響を受けた恐れがあるとの懸念が市場にあるため、来年もこれまでの通りになる可能性がある」と述べた。 

ドイツ、イタリア、スペイン、スイスなどの株式市場が休場となるなか、この日の商いは非常に薄かった。

ランドゴールド・リソーシズ(RRS.L: 株価, 企業情報, レポート)が4.3%下落。コートジボワールの政情不安により第4・四半期の生産が悪影響を受けるとの見方を示したことが嫌気された。



 
 
>TOP

就任式強行の「大統領」に武力行使の声も

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカのコートジボワールで、2人の「大統領」が並立する異常事態に陥ってから25日で3週間となった。

大統領選決選投票を巡る選挙管理委員会の暫定結果発表を無視して就任式を強行したバグボ氏(65)に対する武力行使を訴える声も出始めており、情勢は緊迫の度を高めつつある。

同国からの報道によると、国際社会が当選者と認める野党指導者ワタラ氏(68)が拠点とする最大都市アビジャンのホテル周辺では、バグボ氏が掌握する国軍が周辺道路を封鎖、にらみ合いが続く。

アフリカ諸国には「武力介入すべきだ」(ケニアのオディンガ首相)との強硬論が浮上。西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は24日、特使を派遣し、バグボ氏が退陣を拒否すれば、武力行使を含めた手段を講じると表明した。

(2010年12月26日14時44分 読売新聞)



 
 
>TOP

政情混乱のコートジボワール、リベリアに1万4000人が避難

2010.12.26 Sun posted at: 13:17 JST

(CNN) 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は25日、大統領選の結果をめぐり混乱が続くアフリカ西部のコートジボワールから、約1万4000人が隣国リベリアへ逃れていると指摘し、人道状況の悪化に懸念を示した。

UNHCRによると、コートジボワールから避難する住民らは国境の川を渡るはしけに乗るため、数時間から数日間歩き続ける。食料もほとんどないまま、林の中を3〜4日歩いたという家族もいる。

子どもが川でおぼれるなど死亡例が報告され、栄養失調の子どもやマラリア、呼吸器感染症、下痢などを訴える人もみられる。UNHCRはリベリア側の玄関口のひとつ、ブトゥオから車で4〜5時間のサクレピアへ、重症患者を車で搬送している。

UNHCRは3万人分の支援物資を用意し、政府や人道団体がさらに支援を呼び掛けているものの、食料は不足し始めている。避難する女性や子どもに加え、受け入れ側の村の住民らにとっても人道状況が悪化している。ブトゥオの民家では一室に7〜20人がひしめき合い、廊下やベランダで眠る人もいるという。

一方、大統領選で当選が認められたワタラ元首相を支持するグループが、住民の国境越えを妨害しているとの情報もある。一部の家族らはリベリアへ到達するために80キロの遠回りを強いられているとされ、UNHCRが住民の権利保護を訴えている。



 
 
>TOP

バグボ氏、退任要求を拒絶=大統領選に米仏介入と非難−コートジボワール

【パリ時事】コートジボワールのバグボ大統領は、26日の仏紙フィガロ(電子版)に掲載されたインタビューで「憲法に従って私は大統領に選ばれた」と述べ、国際社会からの退任要求を拒絶する考えを強調した。また、ワタラ元首相が勝利した大統領選決選投票の結果に関しては、米仏両国の大使が介入したと非難した。

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は24日の首脳会議で、バグボ氏が政権に居座る場合、軍事圧力をかけることも辞さないとの方針を決定。同氏はインタビューで、この方針を「深刻に受け止めている」と語り、ECOWAS使節団との協議に応じる姿勢を示す一方、軍事介入で同国が内戦状態に陥れば、在留外国人にも危険が及ぶと警告した。(2010/12/27-09:58)



 
 
>TOP

混乱のコートジボワール、隣国に難民1万4千人

2010/12/27 10:34

【カイロ=共同】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は25日、大統領選結果をめぐる混乱が続く西アフリカ・コートジボワールから隣国リベリアに1万4千人が避難し、難民となっていると発表した。

UNHCRは、難民の数が増え続けているとして、国際社会に緊急の人道支援を訴えている。

UNHCRによると、難民らはコートジボワール西部から長時間歩いて国境までたどり着き、川をいかだで渡ってリベリアに逃れているという。



 
 
>TOP

バグボ大統領の退陣求めゼネスト呼びかけ、コートジボワール

2010年12月27日 11:37 発信地:アビジャン/コートジボワール

【12月27日 AFP】大統領選の結果をめぐる混乱が続くコートジボワールで、国連(UN)などが正式な当選者として支持するアルサン・ワタラ(Alassane Ouattara)元首相の陣営は26日、ローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)大統領が退陣するまで27日からゼネストを行うよう呼びかけた。

11月末に実施された大統領選をめぐっては、現職のバグボ大統領とワタラ元首相の双方が勝利を主張。選挙管理委員会や国際社会はワタラ氏の当選を認めているが、バグボ氏側は大統領職を譲っていない。

ワタラ氏が首相に選んだギヨーム・ソロ(Guillaume Soro)氏は先に抗議行動を起こすよう国民に呼びかけた。ワタラ氏を支持する野党連合「ウフェイスト同盟(RHDP)」はこの呼びかけを繰り返している。

ワタラ氏の支持者らは、全国規模でゼネストが行われればバグボ大統領を退陣に追い込めると期待しているが、同国の経済の中心である南部のアビジャン(Abidjan)でゼネストに呼応する動きはほとんどなく、経済活動は徐々に勢いを取り戻している。(c)AFP



 
 
>TOP

コートジボワール危機、アフリカ3首脳が大統領らと会談

2010.12.29 Wed posted at: 10:19 JST

アビジャン(CNN) 大統領選の結果をめぐり混乱が続くアフリカ西部のコートジボワール情勢で、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)を代表する3カ国の首脳が28日、同国を訪問し、政権に居座るバグボ大統領らと会談した。

ベニンとシエラレオネ、カーボベルデの大統領は、最大都市アビジャンでバグボ氏と会談。引き続き、選挙管理委員会が当選を認めたワタラ元首相とも会う構えを示した。3首脳はこれに先立ち、チョイ国連事務総長特別代表やアフリカ連合(AU)代表者とも会談していた。

ECOWASは先週の緊急首脳会合で、バグボ氏が大統領選の結果を受け入れなければ武力行使による介入も辞さないとの声明を出した。この警告が実行に移されるかどうかは明らかでない。

バグボ陣営の内相は26日、ECOWAS代表の3首脳を「きょうだいあるいは友人として受け入れる」と表明。「われわれの憲法に従う限り、メッセージに耳を傾ける」と述べた。一方、同陣営の外相らは、バグボ氏が大統領の座を譲り渡す可能性はないと強調している。

バグボ陣営は28日、外国政府がワタラ陣営の任命した大使を承認した場合、その国の大使を追放すると警告した。フランスやベルギーが、ワタラ陣営側の大使の承認手続きを進めていることに対する報復とみられる。

同国では政情の混乱に関連する暴力も続発し、数十人の死者が出ている。国連によると、28日にはアビジャンで国連平和維持活動(PKO)のバングラデシュ部隊が攻撃を受け、兵士1人がなたで腕を切られ負傷、車両1台が放火された。国連によると隣国リベリアに流入している避難民は1万5000人を超えており、その大部分が女性と子どもだという。



 
 
>TOP

西アフリカ諸国共同体、コートジボワールに特使

【ヨハネスブルク=中西賢司】西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は28日、大統領選結果を巡る混乱が続くコートジボワールに、ベナンなど3か国の大統領を特使として派遣した。

3首脳は最大都市アビジャンの大統領府で、再選を主張するバグボ氏と会談し、国際社会が当選者と認める野党指導者のワタラ氏に権限移譲しなければ武力行使も辞さない方針を伝え、改めて退陣を促した。

ロイター通信などによると、ベナンのヤイ大統領は会談後、「すべてうまくいった」と語った。年明けに再度会談が行われることになったという。

一方、バグボ氏の報道官は28日、管理下に置く国営テレビを通じ、ワタラ氏が派遣した大使を承認すれば、その国の駐コートジボワール大使を追放するとの声明を出した。旧宗主国フランスが、ワタラ氏側大使の承認手続きに入ったことを受けた動きだ。

(2010年12月29日18時53分 読売新聞)



 
 
>TOP

西アフリカ3大統領がバグボ大統領に最後通告、コートジボワール

2010年12月29日 11:49 発信地:アビジャン/コートジボワール

【12月29日 AFP】西アフリカ諸国経済共同体(Economic Community of West African States、ECOWAS)の特使としてコートジボワールを訪問した西アフリカ3か国の大統領は28日、前月の大統領選の結果を無視して大統領職に居座り続けているローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)氏と会談し、退陣しなければ武力介入もありうるとの最後通告をつきつけた。

コートジボワールの主要都市アビジャン(Abidjan)を訪れたベナンのボニ・ヤイ(Boni Yayi)大統領、シエラレオネのアーネスト・コロマ(Ernest Koroma)大統領、カボベルデのペドロ・ピレス(Pedro Pires)大統領の3人は、バグボ氏との会談後、国連(UN)の平和維持活動(PKO)部隊に守られてワタラ氏の暫定政府が拠点としているホテルでワタラ氏と3時間にわたり非公開の会談を行った。

その後、再びバグボ氏が居座る大統領府に向かった3大統領は、バグボ氏にワタラ氏との会談内容を簡潔に伝え、ECOWAS本部があるナイジェリアに向かった。そこで、ECOWAS議長のグッドラック・ジョナサン(Goodluck Jonathan)ナイジェリア大統領に、会談の成果を報告する予定だ。

■軍事介入の可能性も

ECOWAS議長国のナイジェリアは、西アフリカ諸国のなかで最大の経済・軍事力を持っている。ECOWASがコートジボワール情勢に介入する場合、バグボ氏を退任させるための軍事力をナイジェリアが提供することになるとみられる。

外交レベルでの解決努力が続く一方、アビジャン市内の情勢は一層、緊張が高まっている。国連によれば、大統領選結果をめぐる暴動などによる11月の死者は173人を超えたと推定されている。

最近も、治安維持にあたっている国連の平和維持軍兵士22人が乗った車両3台がバグボ陣営派の地域を通行中、群集に襲われるという事件がおきている。

■リベリアへの避難民、1万9120人に

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、前月28日に行われた大統領選の決選投票以降、隣国リベリアに逃れた難民は1万9120人に達した。このうち約5000人は25日以後にリベリアに避難した人たちだ。

こうしたなかでバグボ氏側は旧宗主国フランスに対し、一連の動きは米国と共謀してワタラ氏を大統領にしようとするものだと主張し、フランスがバグボ氏を大統領と認めないならば、在仏大使館を閉鎖し国交断絶も辞さないと強気の姿勢を崩していない。

だが、すでにフランス政府はすでに事実上バグボ氏との関係を断っており、他国とともにワタラ氏を承認している。また、ワタラ氏の支持者がパリ(Paris)のコートジボワール大使館での業務を引き継ぐことも認めている。(c)AFP/Dave Clark



 
 
>TOP

バグボ氏側幹部、ワタラ氏拠点への攻撃を呼びかけ コートジボワール

2010年12月31日 19:26 発信地:アビジャン/コートジボワール

【12月31日 AFP】大統領選後も混乱が続くコートジボワールで、選挙の結果を無視して大統領職に居座り続けるローラン・バグボ(Laurent Gbagbo)氏側の政府幹部が29日、元首相のアルサン・ワタラ(Alassane Ouattara)氏が拠点としているホテルを攻撃するよう同国の若者に呼びかけた。

国連や国際社会が正式な大統領選の勝者と認めるワタラ氏は、バグボ氏が大統領府を明け渡さないため、コートジボワールの主要都市アビジャン(Abidjan)の海岸沿いにあるゴルフホテル(Golf Hotel)に「影の内閣」を置いている。国連(UN)の平和維持活動(PKO)部隊がこのホテルを警備している。

こうしたなかバグボ氏が青少年相に指名したシャルル・ブレ・グデ(Charles Ble Goude)氏は29日、「1月1日、わたしとコートジボワールの若者たちが、この手でゴルフホテルを解放する」と宣言し、バグボ氏の支持者らから喝采を浴びた。

ブレ・グデ氏は、「若き愛国者(Young Patriot)」と呼ばれる武装青年組織の主導者で、「ストリート・ジェネラル(街の総長)」の異名をもつ。ホテル攻撃の呼びかけは、国連PKO部隊の幹部が、バグボ氏が国営メディアを通じてPKO部隊に対する憎悪をあおっていると批判したことや、西アフリカ諸国の首脳らが平和的解決を求めたことなどに対抗した措置とみられる。

一方、国連の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長は30日、ブレ・グデ氏の呼びかけはコートジボワールでの内戦再燃を招きかねないとして「深刻な懸念」を表明。万一、ホテルが攻撃を受けた場合、国連部隊は自衛措置に加え、ホテル敷地内にいるワタラ氏やワタラ氏側の政府職員、民間人らを守るためにあらゆる手段を辞さないと警告した。

また、国連のフランシス・デン(Francis Deng)ジェノサイドおよび大量殺りく担当特別代表は米ニューヨーク(New York)で、「アビジャン市内で、反バグボ氏派の住民の自宅に民族を識別するための印が付けられているとの報告があり、重大な懸念を持っている」と述べた。(c)AFP/Dave Clark



*このファイルは文部科学省科学研究費補助金を受けてなされている研究(基盤(B)・課題番号16330111 2004.4〜2008.3)の成果/のための資料の一部でもあります。
 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/p1/2004t.htm

REV: 20160925
世界
TOP HOME (http://www.arsvi.com)