HOME > World / Africa >

チャド共和国


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017

○2009年までのニュース・情報 チャド共和国 〜2009年

○外務省 各国・地域情勢 チャド共和国

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2010/01/01 児童・青少年労働者グループ(EJT)の挑戦 第10号 児童・青少年労働者グループ(EJT)が祝った子どもの権利条約(CDE)記念日
◆2010/02/04 マイコミジャーナル ビジネス視点で防衛産業ウォッチング19 武器輸出管理制度 - 最終使用者証明と用途制限を偽る国々
◆2010/02/08 朝鮮日報 パク・ヨンハがアフリカ・チャドを救うチャリティー活動を始動
◆2010/02/09 TVGroove.com パク・ヨンハ アフリカ、チャドを救うチャリティー活動を始動
◆2010/02/22 AFP BB News スーダン反政府勢力、停戦で暫定合意 ダルフール紛争
◆2010/04/14 地球が見える 縮小する砂漠の湖、チャド湖
◆2010/05/25 AFP BB News 5歳未満児の死者数は年770万人、40年で6割減 米研究
◆2010/05/26 asahi.com チャドPKO撤退を採択 政府の要請で安保理
◆2010/07/10 朝鮮日報 故パク・ヨンハさんを称え財団設立の動き
◆2010/07/22 asahi.com スーダン大統領訪問、隣国チャドが大歓迎 逮捕状は無視
◆2010/07/28 毎日新聞 アフリカ連合:ソマリアに数千人増派 イスラム勢力と対決--首脳会議合意
◆2010/08/20 cnn.co.jp アフガンとアフリカ 食料不足の危険性大 国連調査
◆2010/09/15 韓国芸能ニュース 故パク・ヨンハのYONA SCHOOLがアフリカで開校!
◆2010/09/16 シネマトゥデイ映画ニュース 故パク・ヨンハさんの遺志を継ぐ学校がアフリカで開校へ!俳優パク・ヒスン、女優パク・ハソンらが現地へ
◆2010/10/06 スポーツ朝鮮 「パク・ヨンハ校歌」収録に豪華メンバー集結
◆2010/10/18 STARNEWS 故パク・ヨンハさんのアフリカ訪問を初公開
◆2010/10/27 NIKKEI NET コレラ 4.5万人が感染 中央アフリカ4カ国
◆2010/12/07 RBB TODAY Skypeが国際救援活動を支援……UNHCRの現地スタッフへ通信手段を提供
◆2011/02/01 NIKKEI NET 中国外相、アフリカ歴訪へ
◆2011/02/24 毎日新聞 リビア:雇い兵投入に市民怒り 「子供、老人まで殺す」 国軍も離反
◆2011/02/25 asahi.com デモ弾圧の傭兵、寄せ集めも リビア反体制派、心寄せる
◆2011/02/26 NIKKEI NET カダフィ大佐、親衛組織の結束保つ 政権掌握になお自信
◆2011/02/27 yomiuri.co.jp リビア首都防衛に雇い兵、1日16万円で募集か
◆2011/03/01 毎日新聞 リビア:チュニジア国境で明暗 アフリカ人の脱出拒否
◆2011/03/31 asahi.com リビア政府軍、東部ブレガ奪還 アジュダビヤに迫る勢い
◆2011/04/01 asahi.com リビア反体制派、停戦に条件提示 仲介の国連特使に
◆2011/04/17 asahi.com 報酬69万円・敵はアルカイダと言われ…リビア政府兵(1/2ページ)
◆2011/05/06 K-pop イ・スンチョル、アフリカの学校建設に2億ウォン寄付
◆2011/06/23 cnn.co.jp 世界の「破綻国家」ランク、ソマリアが首位 4年連続
◆2011/06/30 エンタメ〜テレ 最新映画ナビ 「美しい青年 パク・ヨンハの最後の願い」「作戦」好評上映中 追慕パク・ヨンハ トークショーレポート
◆2011/06/30 シネマトゥデイ映画ニュース パク・ヨンハさんの命日にファン集う 過去に共演した大内厚雄、「優しい方だった」と故人を偲ぶ
◆2011/08/17 K-POPニュース 歌手イ・スンチョル、失明危機のアフリカ少女を支援
◆2011/09/07 yomiuri.co.jp カダフィ氏、チャドかニジェール方面に移動中?
◆2011/09/08 asahi.com 越境の車列200台は「大げさ」 カダフィ派は20人台
◆2011/12/07 Exxon Mobil Corporation エクソンモービル、世界石油会議世界大会で技術・社会開発部門の優秀賞を受賞
◆2012/06/19 cnn.co.jp 「失敗国家」ランキング、ソマリアが5年連続首位 日本は悪化
◆2012/07/18 国境なき医師団 チャド: 栄養失調・結核・マラリア、3つの重病を乗り越えて
◆2012/09/27 国境なき医師団 マリ・チャド:マラリアの新予防法に効果、入院件数が7割減
◆2012/11/14 EMeye 【ブログ】海外からの投資が進むアフリカ医薬品業界 佐藤重臣
◆2013/01/24 yomiuri.co.jp アフリカ多国籍軍、西アフリカ・マリで作戦開始
◆2013/01/25 asahi.com マリの武装組織分裂 仏軍、激しい空爆で圧力強める
◆2013/01/29 IPS Japan チャド軍、マリ北部の戦闘に加わる
◆2013/02/23 時事ドットコム チャド兵ら78人死亡=マリ北部
◆2013/02/25 nikkei.com チャド軍の死者計23人に マリ
◆2013/03/01 時事ドットコム アルカイダ系司令官を殺害=北アフリカ拠点組織−マリ
◆2013/03/03 jp.reuters.com アルジェリア人質事件の首謀者、チャド軍がマリで殺害と発表
◆2013/03/03 時事ドットコム ベルモフタール司令官を殺害=アルジェリア人質事件の首謀者−チャド軍発表
◆2013/03/03 nikkei.com チャド軍、アルジェリア人質事件首謀者を殺害と発表
◆2013/03/03 nikkei.com アルジェリア人質事件の首謀者殺害と発表 チャド軍
◆2013/03/03 AFP BB News アルジェリア人質事件の首謀者を殺害、マリで作戦中のチャド軍
◆2013/04/16 asahi.com アルジェリア人質事件「首謀者は自爆」 チャド大統領
◆2013/04/26 毎日新聞 マリPKO:安定化へ課題多く
◆2013/07/01 nikkei.com チャド前大統領の身柄拘束 セネガル警察
◆2013/10/18 nikkei.com サウジやチャド、非常任理事国に初選出
◆2013/10/18 asahi.com サウジアラビアなど非常任理事国に 国連安保理で選出
◆2013/10/18 毎日新聞 安保理:新選出のサウジ「辞退する」 非常任国5カ国改選
◆2013/10/30 asahi.com 15歳未満の出産、途上国で年200万人 世界人口白書
◆2013/10/31 nikkei.com 15歳未満の出産200万人 国連、少女の権利保護を訴え
◆2013/12/27 AFP BB news 衝突続く中央アフリカ、新たに約40人の遺体収容 赤十字
◆2014/01/11 毎日新聞 eye:国も文明も超えて サハラ南端を生きる遊牧民ボロロ
◆2014/04/05 cnn.co.jp チャド軍、中央アフリカの首都の市場で乱射 多数が死傷
◆2014/05/22 cnn.co.jp チャドに米兵80人派遣、ナイジェリア拉致生徒の捜索へ
◆2014/05/22 asahi.com ナイジェリア誘拐少女ら救出支援へ 米軍兵士80人派遣
◆2014/05/22 yomiuri.co.jp ナイジェリア女子生徒拉致、米が隣国に派兵
◆2014/05/22 毎日新聞 ナイジェリア:ボコ・ハラム拉致 米、女子生徒捜索へ 隣国に派兵
◆2014/08/11 asahi.com エボラ熱、封じ込めに必死 往来規制で物流が滞る国も
◆2014/08/17 cnn.co.jp チャド軍、ボコ・ハラム拉致の85人救出
◆2014/08/17 nikkei.com ナイジェリアで拉致の100人、多数を救出 チャド軍
◆2014/10/18 nikkei.com 過激派ボコ・ハラム、拉致の女生徒らを解放へ
◆2015/01/19 asahi.com ボコ・ハラム、子どもら80人誘拐か カメルーン襲撃
◆2015/01/20 cnn.co.jp ボコ・ハラムが80人拉致、軍出動で24人解放 カメルーン
◆2015/01/22 cnn.co.jp 拉致されたドイツ人、半年ぶり救出 カメルーン
◆2015/02/04 毎日新聞 チャド:ボコ・ハラム掃討ナイジェリア領内に地上部隊侵攻
◆2015/02/05 nikkei.com ボコ・ハラム200人殺害 チャド軍
◆2015/02/13 毎日新聞 ボコ・ハラム:隣国チャドも攻撃 ナイジェリアから越境
◆2015/02/14 cnn.co.jp ボコ・ハラム、チャドに初の越境攻撃 住民ら5人死亡
◆2015/02/14 asahi.com ボコ・ハラム、チャドに初侵攻 攻撃激化に周辺国警戒
◆2015/02/15 yomiuri.co.jp 「ボコ・ハラム」隣国チャドの村襲撃、5人死亡
◆2015/03/09 cnn.co.jp ニジェールとチャド、ボコ・ハラム掃討作戦を開始
◆2015/06/16 asahi.com チャドで爆弾テロ、23人死亡 ボコ・ハラムの犯行か
◆2015/06/19 cnn.co.jp チャド、自爆テロ対策でイスラム女性の「ブルカ」を禁止
◆2015/07/11 nikkei.com チャドで自爆テロ、10人死亡 ボコ・ハラムか
◆2015/08/30 AFP BB News ボコ・ハラム戦闘員10人、判決翌日に死刑 チャド
◆2015/11/27 asahi.com 希望ないサヘルの若者「過激化危機」 国連安保理が懸念
◆2015/12/06 asahi.com チャドで爆発、30人死亡 自爆テロか
◆2016/02/23 asahi.com レイプ事件で政府高官らの息子逮捕、各地でデモ チャド
◆2016/03/24 AFP BB News 集団レイプされたチャドの少女、「正義を求めて闘う」と決意
◆2016/04/08 首相官邸 アウトリーチ会合の開催について
◆2016/04/14 asahi.com 子ども使った自爆テロ急増 ナイジェリアやその周辺国
◆2016/04/18 アフリカビジネスニュース 伊勢志摩サミット、チャド首脳らを招き拡大会合開催
◆2016/05/31 nikkei.com チャド前大統領に終身刑判決 反体制派殺人指示などでセネガル
◆2016/05/31 cnn.co.jp チャド前大統領、人道に対する罪で終身刑 殺人や誘拐に関与
◆2017/08/17 外務省 チャドに対する国連世界食糧計画を通じた無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換
◆2017/08/23 Jeune Afrique Le Tchad ferme l’ambassade du Qatar, accusant ce dernier de tentatives de déstabilisation
◆2017/08/23 OEIL D'AFRIQUE Le Tchad ferme l’ambassade du Qatar, donne dix jours au personnel pour quitter N’Djamena
◆2017/08/28 BBC Migrant crisis: Macron unveils plans after meeting
◆2017/08/28 Jeune Afrique France : des dirigeants africains et européens attendus à Paris pour un mini-sommet sur la crise migratoire


 
 
>TOP

パク・ヨンハがアフリカ・チャドを救うチャリティー活動を始動

俳優で歌手のパク・ヨンハが、アフリカのチャドを救うチャリティー活動を本格化させることになった。

パク・ヨンハは昨年8 月、SBS の番組『希望TV』の企画で、アフリカのチャドを訪問し奉仕活動を経験した。そこでの体験から、チャリティー活動に本格的に取り組むことを決意。

その第一歩として、Mnet で今年1 月1 日に放送された番組『INNOCENT WORLD〜パク・ヨンハアフリカの旅』を通して募金の協力を呼びかけた。その結果、現在までに多くの支援を得ているといい、これを皮切りに、今年はさらなるチャリティー活動を計画中だ。

パク・ヨンハは、アフリカを訪れた当初「アフリカの子どもたちと人々は夢というものを見ているのだろうか? 多くの人々が文明に恵まれない環境の中で、トイレとお風呂がなぜ一緒じゃダメなのか、人が飲む水と洗濯に使われる水がなぜ一緒じゃダメなのか、なぜ子どもたちが文字を覚えないといけないのか、そういったわたしたちには普通のことさえない人々に、どんな希望のメッセージを贈ることができるだろうかととても気が重かった」そうだ。

しかし、「時間が経つにつれ、子どもたちに清潔な水を飲んでほしい、文字と学識を学べる環境を与えたいという気持ちが強くなった。そして行ってよかった、また行かなければという決心がついた」という。

そして、チャリティー番組を作ることになったことについては、「ほとんどの人が井戸から水を汲んで飲んでいるが、200km圏内に井戸が数個しかないのが現状。雨水から流れてきた汚物で汚れた川水を汲んで飲む村がほとんどだった。だから、村に井戸を作りたいと思った。またより多くの人々に理解と関心を持っていただきたくチャリティー活動の番組をやりたいと提案し、日本のMnet が共感して協力してくれることになった」と説明。

そして「急きょ、決まったため、宣伝が足りないまま放送されたにも関わらず、多くの方々が協力してくださったと聞き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも多くの関心とご協力をお願いします」と感謝の気持ちを示すとともに、今後の応援も求めた。

「INNOCENT WORLD〜パク・ヨンハ アフリカの旅」では、引き続き募金活動の協力を呼びかけている。用途については逐次Mnet のホームページを通して公表される。募金口座は「パクヨンハプロジェクト」(三井住友銀行日比谷支店 普通8575159)で、3月31日まで1口 2000円から受け付けるとのことだ。

東京=野崎友子通信員

朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

パク・ヨンハ アフリカ、チャドを救うチャリティー活動を始動

2010年2月9日

韓国人俳優・歌手のパク・ヨンハが、2010年よりアフリカのチャドを救うチャリティー活動を本格化させることになった。

パク・ヨンハは昨年8月、韓国SBSの番組「希望TV」を通じてアフリカのチャドを訪問し奉仕活動を経験。そこでの体験からチャリティー活動に取り組むことを決意した。

そのまず第一歩として、Mnetで今年1月1日に放送された番組「INNOCENT WORLD〜パク・ヨンハアフリカの旅」を通して、募金の協力を呼びかけ、現在までに多くのご支援をいただいている。これを皮切りに、今年はさらなるチャリティー活動を計画中だ。

◆「INNOCENT WORLD〜パク・ヨンハ アフリカの旅」からのお知らせ

番組ではアフリカ・チャドの子供たちの明日への希望をつなぐ募金活動のご協力を呼びかけています。皆さまから募ったお金は責任を持って、チャドの子供たちへの援助に使わせていただきます。どのような用途に用いたかは逐次Mnet のホームページを通してお知らせさせていただきます。

銀行名:三井住友銀行
支店名:日比谷支店
口座番号:普通8575159
口座名義:パクヨンハプロジェクト
※1口2,000 円からの募金になります。
※募金期間は2010年3月31日まで。
問い合わせ先:Mnetカスタマー
TEL:03-3502-3141(平日10:00-12:00 13:00-18:00)

◆パク・ヨンハ出演のMnet関連番組

■INNOCENT WORLD〜パク・ヨンハ アフリカの旅

放送日時:2/28(日)午後6:00〜7:00ほか

アフリカを訪れ、奉仕活動を行った様子を追った特別番組をお届けする。

■パク・ヨンハダイアリー シーズン3

放送日時:2010 年4 月スタート(日時未定)

Mnet のオリジナル番組。2010年もパク・ヨンハのプライベートから仕事現場まで密着。

(情報提供:Mnet)



 
 
>TOP

5歳未満児の死者数は年770万人、40年で6割減 米研究

* 2010年05月25日 08:31 発信地:パリ/フランス

【5 月25日 AFP】5歳未満で死亡する子どもの数が、40年前と比較して全世界で60%減ったとの研究報告が、24日発行の英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に掲載された。

研究は米ワシントン大学(University of Washington)の「保健指標評価研究所(The Institute for Health Metrics and Evaluation、IHME)」が実施。報告書によると、5歳未満の子どもの死者数は過去20年で 1190万人から770万人まで急激に減少した。

しかし現在も、予防可能な疾病による死亡や貧困国での死亡は驚くほど多い。チャド、マリ、ナイジェリアで生まれる子どもが5歳の誕生日を迎える可能性は、北欧諸国で生まれた子どもの約6分の1だ。また、国連(UN)のミレニアム開発目標(Millennium Development Goals、MDGs)では、子どもの死者数を1990年から2015年までの期間に66%減らすことを目標としているが、現状ではまだ達成する見込みがない。

とはいえ、5歳未満死亡者数が減少していることは希望の持てる結果であり、さらなる減少も見込める、と報告書は指摘する。ブラジルやメキシコ、マレーシア、エジプトなど31か国が現在の減少率のままで2015年の国連目標を達成でき、最終的には研究対象187国のうち54か国が達成できる見込みだ。

1970年には、生まれた1000人の子どものうち200人が5歳未満で死亡していた。しかし、1990年には子ども1000人のうち200人以上が5 歳未満で死亡する国は12か国に減少し、現在はゼロになっている。報告書は、予防接種やマラリア対策の蚊帳、エイズウイルス(HIV)の母子感染の予防、抗レトロウイルス薬などが子どもの死亡者数の減少に貢献したと指摘している。

IHMEの新手法による統計は、国連統計と比較して死者数が少なく出る傾向がある。国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)による2008年の5歳未満児の死亡者数は877万人だったが、IHMEの統計では82万人少ない795万人だった。(c)AFP/Marlowe Hood



 
 
>TOP

チャドPKO撤退を採択 政府の要請で安保理

2010 年5月26日22時53分

【ニューヨーク=丹内敦子】国連安全保障理事会は25日、国連平和維持活動(PKO)の「中央アフリカ・チャド派遣団」を撤退させる決議を全会一致で採択した。チャド政府が撤退を要請していた。受け入れ国の求めでPKOが撤退するのは異例。

同派遣団は2007年、隣国スーダン・ダルフール地方からの難民保護などを目的に設立。チャドでは大統領選が近く予定され、治安維持能力をアピールしたい思惑に加え、スーダンとの関係改善などがPKO撤退を求める理由としてとりざたされている。しかし、実際の治安情勢は流動的で、撤退による治安の悪化を懸念する声も強い。



 
 
>TOP

故パク・ヨンハさんを称え財団設立の動き

生前、慈善活動に意欲的だった故パク・ヨンハさんを称え、恵まれない人々を助けるヨナ財団を設立しようとする動きがあり、その成り行きが注目されている。

パク・ヨンハさんの関係者は9日、「パク・ヨンハは貧しい人々を助ける活動に意欲的に取り組んでいたため、その気持ちを受け継ぎ、恵まれない人々を助けるパク・ヨンハ財団の設立を検討している」と語った。

パク・ヨンハさんは非政府組織(NGO)のグッドネーバーズとともに、アフリカ・チャドに学校設立基金を寄付。現地にヨナスクールを設立するなど、恵まれない人々を助ける活動に積極的だった。

1月に日本のケーブルチャンネル「Mnetジャパン」で、パク・ヨンハさんによるアフリカでのボランティア活動が紹介されると、韓流スターらしく、日本人ファンからの寄付も相次いだ。そのため、パク・ヨンハさんを記念する後援団体への動きが取りざたされている。

この関係者は、「遺族や事務所側にまだ精神的余裕がないため、本格的に事業を始めたわけではない。18日に日本で開催される追悼献花式が終わったら、話ができると思う」と説明した。

チョン・ヒョンファ記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版



 
 
>TOP

故パク・ヨンハのYONA SCHOOLがアフリカで開校!

<2010-09-15>

6月30日の突然の死でファンに衝撃を与えた韓流スターの故パク・ヨンハが関わっていたアフリカのチャドの子供のための「YONA SCHOOL」が開校する。

パク・ヨンハは5月30日、国際NGOグッドネーバーズにアフリカのチャドにおける学校建設基金として4,202,819円を寄付し、「YONA SCHOOL」建設を推進してきた。

2009年8月、SBS希望TVを通じてアフリカのチャドでボランティア活動を行ったパク・ヨンハはこれからも引き続いて彼らに希望を伝えると約束をしていた。

「YONA SCHOOL」はチャドの首都ンジャメナから55km離れたパシャ アテレ地域に設立された。パシャ アテレは周辺に学校、病院などの社会的基盤となる施設が全くない地域で、一部出来あがった教室を使い、現地の子供たち300人程度が開校式に参加する予定だという。

16日にはパク・ヨンハの意を伝えるため、俳優パク・ヒスンとパク・ハソンがチャドへ出発し6泊7日の日程でボランティア活動をする予定だ。



 
 
>TOP

2010/10/06 09:23:14

「パク・ヨンハ校歌」収録に豪華メンバー集結

故パク・ヨンハさんの友人たちが「YONA SCHOOL」の開校を祝って校歌をレコーディングし、注目を集めている。

パク・シヨン、パク・ヒョシン、キム・ヒョンジュン(SS501)、ERU、lyn、イ・ジェジン、ソン・スンホンは、このほど、ソウル江南区清潭洞の某スタジオに集まり、YONA SCHOOLの校歌をレコーディングした。この日のレコーディングは、故パク・ヨンハの日本発売のアルバムに携わっていた作曲家のファン・セジュンがプロデュースした。

パク・ヨンハさんは今年5月からチャド共和国に故人の名を取った「YONA SCHOOL」の建設を始めていた。そしてついに、先月18日に開校した。

校歌のレコーディングのために集まった7人は、「故人が愛情を持って建設を進めてきたYONA SCHOOLを記憶する意味で、歌の中に完成を祝う気持ちと故人を懐かしむ思いを込めた」と伝えた。

パク・ヨンハさんのYONA SCHOOL建設の過程は、22日、『希望TV-美しい青年パク・ヨンハ』(SBS)を通じて放送される。

イ・ヘワン記者

スポーツ朝鮮/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/entame/20101006000020



 
 
>TOP

2010/10/18 18:00:06

故パク・ヨンハさんのアフリカ訪問を初公開

今年6月に自殺したパク・ヨンハさんが、生前アフリカ・チャドを訪れた時の姿がテレビ番組で初めて公開される。

SBS は18日、『2010希望TV』をパク・ヨンハさん特集として22日に放送することを明らかにした。この番組では、パク・ヨンハさんの2年間にわたるチャリティー活動の記録が放送される。

パク・ヨンハさんは2009年に『希望TV』で初めてチャドを訪れ、「また来るよ」と約束。これを果たすため、今年5月に再びチャドを訪問した。

そしてこの時、パク・ヨンハさんが日本のファンたちと一緒に集めた基金により、チャドの子どもたちに正規の教育を提供する学校「ヨナ・スクール」が9月18日に第1次開校を果たした。「チャドの子どもたちに新たな未来を贈りたい」といっていたパク・ヨンハさんの思いが込められた学校だ。

この放送は、パク・フィスンのナレーションによる本編と合わせ、汝矣島の水上ステージで3部構成により生放送で行われる。

なお、『希望TV』3部放送に関する日本国内放映権と、DVD版権の販売全額は国際的な救護団体で非政府組織(NGO)の「グッドネーバーズ」を通じヨナ・スクール事業に寄付されるとのことだ。

チェ・ボユン記者

STARNEWS/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/entame/20101018000065



 
 
>TOP

05/06 14:02

イ・スンチョル、アフリカの学校建設に2億ウォン寄付

韓国歌手イ・スンチョルがアフリカ・チャドの「希望学校」へ建設資金2億ウォンを寄付するとGood Neighborsが5日、明らかにした。

Good Neighborsによるとイ・スンチョルは、6日に放送されるSBS「希望TV24」に出演し、Good Neighborsにこの寄付を伝えた。イ・スンチョルは昨年「希望TV24」を通じて、故パク・ヨンハが生前アフリカの子どもたちのために残していった学校「ヨナスクール」の放送を見た後、故人の遺志を引き継ごうと「希望学校」のプロジェクトを継続すると明らかにしていた。

イ・スンチョルは、「2億ウォンというお金は限界があるが、その価値は無限だと思う」とし、「井戸の管理法から衛生観念、家族に対する責任感、国家観、世界観などを教える教養や知識の基礎があれば、貧困の悪循環は切断されるだろう」との主旨を伝えた。

これに先立ち、イ・スンチョルは3月に約1週間、家族と共にチャドにボランティア活動のため旅立った。彼は教育の機会が不足している現地の子どもたちへ学校を提供。建設のために自らセメントを運び、井戸を掘って家族と共に壁画を描くなどの活動を広げた。

同時に、女優ソ・ヨンヒも去る3月アフリカ・マラウィに発ち、Good Neighbors移動診療所と共にボランティア活動を行った。彼女はこの期間、疾病で苦しむ子どもたちを病院に連れて行き、出産の恐怖が大きい産婦たちに会い、慰める時間を持った。

ソ・ヨンヒは、「ここの産婦たちと子どもたちには、きれいな病院が一番必要だ」とし、その場所で会った子どもたちに持続的な後援を約束した。

イ・スンチョルとソ・ヨンヒのアフリカボランティア活動は6日、「希望TV 24」を通じて韓国で放送される。



 
 
>TOP

カダフィ氏、チャドかニジェール方面に移動中?

【カイロ支局】リビアの反カダフィ派「国民評議会」の軍事部門高官は6日、ロイター通信に対し、目撃情報などから、最高指導者だったカダフィ氏が、リビア南部から南隣のチャドかニジェールに向かっている可能性がある、と述べた。

同高官は、カダフィ氏がリビア西部バニワリードを出て、3日前にはニジェール国境の北300キロの村にいたと明かした。カダフィ派部族の助けを受けてテント暮らしを続けながら、10台前後の車列で移動しているという。

リビア南隣のニジェールには、5日、カダフィ派の大規模な車列が入ったと報じられている。また、カダフィ氏がニジェールを経由して、同国の西隣ブルキナファソに亡命するとの見方もある。

(2011年9月7日11時45分 読売新聞)



 
 
>TOP

ベルモフタール司令官を殺害=アルジェリア人質事件の首謀者−チャド軍発表

2013/03/03 時事ドットコム

【パリ時事】アフリカ中部チャドからの報道によると、チャド軍当局は2日、日本人10人を含む外国人多数が犠牲になったアルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた人質事件の首謀者であるイスラム武装組織指導者、モフタール・ベルモフタール司令官をマリ北部で殺害したと発表した。

チャド軍の声明によれば、ベルモフタール司令官は対アルジェリア国境に近いマリ北部のイフォガス山地でチャド軍が2日に展開した掃討作戦で死亡した。チャド軍は「イスラム武装勢力の主要な基地を完全に破壊」し、司令官を含む武装勢力の要員を複数殺害したという。

ただ、マリ北部の軍事作戦で中心的役割を果たすフランス軍は殺害を確認していない。

イスラム武装勢力掃討のためフランスが軍事介入したマリで、チャドは他のアフリカ諸国と共にマリ政府軍支援のため部隊を派遣。武装勢力最後の拠点都市とされた北部キダルに入城するなど、最前線で活動している。

(2013/03/03-09:37)



 
 
>TOP

チャド軍、アルジェリア人質事件首謀者を殺害と発表

nikkei.com

2013/3/3 19:27

アフリカ北西部マリでテロ組織の掃討作戦を展開するチャド軍は2日、マリの山岳地帯でアルジェリア人質事件の首謀者とされるベルモフタール司令官を殺害したと発表した。掃討作戦は仏軍が主導しており、マリ周辺国が軍隊を派遣している。チャド軍は同司令官が潜伏する基地を攻撃して殺害したと発表しているが、ロイター通信によると、仏軍は事実関係を確認していないという。(カイロ=押野真也)



 
 
>TOP

アルジェリア人質事件の首謀者殺害と発表 チャド軍

nikkei.com

2013/3/3 8:03

【ナイロビ=共同】チャド軍は2日、西アフリカ・マリ北部の山岳地帯で同日、イスラム過激派の基地を攻撃し、アルジェリア人質事件の首謀者とされるベルモフタール司令官を殺害したと国営テレビで発表した。ロイター通信などが伝えた。

人質事件ではプラント建設大手、日揮(横浜市)の日本人駐在員10人を含む多数の外国人が犠牲になった。

AP通信によると、マリ北部で過激派の掃討作戦を主導しているフランス軍は、情報を確認できていないとしている。確認されれば大きな軍事的成果だが、人質事件の全容解明は難しくなるとみられる。

山岳地帯はアルジェリアとの国境付近。チャド軍によると、同司令官のほかに複数の過激派メンバーを殺害し、基地を完全に破壊。武器や多数の車両などを押収した。

同司令官は、マリ北部に潜伏しているとみられていた。

フランスが1月にマリに軍事介入した後、チャド軍はマリに約2千人の兵士を派遣。マリ北部の拠点都市から撤退し、山岳地帯に逃れた過激派の掃討を目指すフランス軍の作戦に加わっている。

チャドのデビ大統領は1日、マリ北部を昨年制圧した過激派の一つである国際テロ組織アルカイダ系勢力「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織」(AQMI)の最高幹部、アブゼイド司令官を殺害したと言明。ただフランスやマリは確認していない。

ベルモフタール司令官は昨年末までAQMIに属していた。



 
 
>TOP

サウジやチャド、非常任理事国に初選出

nikkei.com

2013/10/18 9:52

【ニューヨーク=共同】国連総会(193カ国)は17日、安全保障理事会の10非常任理事国のうちことし任期切れとなる5カ国の改選を行い、アジア枠のサウジアラビア、アフリカ枠のチャド、東欧枠のリトアニアがいずれも初めて選出された。

残る2カ国はナイジェリア(アフリカ枠)とチリ(中南米枠)で、それぞれ過去にも非常任理事国に選ばれている。任期は来年1月1日から2年。日本は2015年の選挙に立候補する方針だ。

サウジアラビアのムアリミ国連大使は記者団に対し、シリア情勢などに触れながら「世界の平和と安全」のため、責任を果たす決意を強調した。

一方、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチの国連担当ボロピオン氏はAP通信に「サウジアラビアは人権活動家への弾圧をやめ、女性にあらゆる権利を与えるべきだ」などと指摘、選出を機に国内の人権状況を改善すべきだと訴えた。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年10月18日10時1分

サウジアラビアなど非常任理事国に 国連安保理で選出

【ニューヨーク=春日芳晃】国連総会は17日、安全保障理事会の非常任理事国10カ国のうち、今年末で任期満了となる5カ国の改選をし、新たにサウジアラビア、チャド、ナイジェリア、リトアニア、チリを選出した。任期は2014年1月から2年間。

サウジ、チャド、リトアニアの安保理入りは初めて。サウジは、シリア内戦でアサド政権と対立する反体制派を支援してきた経緯があり、安保理でシリア問題を積極的に取り上げるとみられる。

今年末で任期満了を迎えるのはモロッコ、トーゴ、パキスタン、グアテマラ、アゼルバイジャン。一方、日本は15年に実施される非常任理事国選挙に立候補し、16〜17年の安保理メンバー入りを目指している。



 
 
>TOP

安保理:新選出のサウジ「辞退する」 非常任国5カ国改選

毎日新聞 2013年10月18日 21時19分(最終更新 10月18日 23時14分)

【エルサレム大治朋子】サウジアラビア政府は18日、国連安全保障理事会のメカニズムや「二重基準」によって国際紛争への適切な対応が不可能になっていると批判し、非常任理事国への選出を辞退するとの声明を発表した。二重基準について声明は具体的には言及していないが、安保理常任理事国の米国が中東安定化を求めながら、イスラエルの利益に反する決議には拒否権を行使していることなどを指すとみられる。

現地からの報道によると、サウド外相は声明で、安保理が十分機能せず、シリアの市民が化学兵器などにより殺害されていると批判。また、イスラエルとパレスチナの和平問題も解決できず、中東に武器や大量破壊兵器が流入する事態を招いていると非難した。安保理の改革が行われるまで選出を受け入れないとしたが、具体的な改革案は示していない。

国連総会は17日、今年末で任期切れとなる非常任理事国5カ国の改選を行い、サウジのほかチャド、ナイジェリア、チリ、リトアニアを選出した。



 
 
>TOP

15歳未満の出産、途上国で年200万人 世界人口白書

asahi.com

2013年10月30日19時59分

【田中陽子】途上国では毎年、15歳未満の少女200万人が出産している−−。国連人口基金(UNFPA)は30日、思春期の妊娠をテーマに分析した「世界人口白書」(2013年版)を公表した。「母親になる少女」たちについて、「少女の行動に原因があるのでなく、少女に選択肢がないことの結果」とし、社会的支援の重要性を訴える。

「14歳のとき3倍も年上の夫と暮らすことになった。10カ月後、腕の中に赤ちゃんを抱いていた」。白書に盛り込まれたアフリカ・チャドの17歳の声だ。

推計では、18歳未満で出産する途上国の少女は年間730万人、うち200万人は15歳未満だ。途上国の少女の3人に1人が18歳未満で結婚する児童婚。9人に1人は15歳を迎える前に結婚している。こうした実態の背景には貧困があるとUNFPAは指摘する。

思春期の妊娠は、健康や教育に悪影響を及ぼす。白書によれば、途上国では年7万人の少女が妊娠と出産の合併症で死亡している。年320万件の危険な中絶が少女に対して実施される。妊娠した少女の多くは退学する。

早すぎる妊娠を防ぐ取り組みとして同基金は、教育支援や性教育の普及、児童婚の禁止などを挙げた。

一方、先進国では15〜19歳の少女による出産は年68万人で、ほぼ半数を米国が占める。15〜19歳の少女1千人あたりの出生数は途上国平均が85人、日本は5人で先進国中でも低い。

厚生労働省の統計によると、日本の15〜19歳の出産は年1万2千人、15歳未満は59人。UNFPAの記者発表に同席した日本家族計画協会専務理事の北村邦夫さんは「日本でも思春期の妊娠は周産期死亡率や死産率などが他の年齢層に比べて高い。児童虐待のリスクにもなる」と指摘した。



 
 
>TOP

eye:国も文明も超えて サハラ南端を生きる遊牧民ボロロ

毎日新聞 2014年01月11日 東京夕刊

サハラ砂漠の南端にある内陸国チャドを訪れた。年1度、雨期明けに行われる「男たちが美を競い、その中から女性が男性を選ぶ」という遊牧民ボロロの祭典ゲレウォールを撮るためだった。

祭りには顔にさまざまな模様を施し、宝石やビーズで身を飾り、頭にはクジャクやダチョウの羽根をつけた若者たちが集まってくる。日が沈む頃、歌が始まる。まわりを若い女性たちや長老たちが取り囲む。美のポイントは白目と白い歯。目を大きく見開き、あごをカタカタと言わせて歯を見せる。若者たちをまねて、子供たちも歌い踊る。歌詞は祖先の名や動物の名を連ねたものだという。

ボロロは5万から6万人。祖先からの教えを大切に守り、自らを「ウォダベー」(タブーを守る人)と名乗る。国家に属さずパスポートも持たない。税は払わず学校教育も受けない。草を求めて、ナイジェリア、カメルーン、中央アフリカといくつもの国境を越えて行く。文字を持たないが、抜群の記憶力で厳しい環境のサヘル(サハラ南端部)を生きる知恵を受け継いできた。電気や近代医療の恩恵を受けることのない生活。それを1500年前から続けてきた。

祭りが終わると、人々はグループに分かれ、牛に器代わりのヒョウタンや解体した高床ベッドを乗せ、移動を始める。自分が運べるほどの家財道具で数日ごとに移動を繰り返す遊牧民たち。牛の背に乗った幼子でさえ、未来を見つめる目は鋭く威厳に満ちている。

祖先たちのように、美しく、楽しく、そして静かに地球を通り過ぎて行く−−。子供たちの瞳には、その命の連なりが映し込まれているように思えた。=昨年9〜10月撮影<写真・文、長倉洋海(写真家)>

eye:国も文明も超えて サハラ南端を生きる遊牧民ボロロ



 
 
>TOP

チャドに米兵80人派遣、ナイジェリア拉致生徒の捜索へ

cnn.co.jp

2014.05.22 Thu posted at 10:26 JST

(CNN) ナイジェリアの学校から女子生徒200人あまりが拉致された事件で、米政府は21日、捜索活動を支援するため米軍兵士80人をナイジェリアの隣国チャドに派遣したと発表した。

米軍はナイジェリア北部と周辺地域で情報収集活動や偵察活動を支援する。拉致事件解決に向けた支援が必要なくなるまでチャドにとどまる予定だという。

米国防総省当局者によれば、捜索には無人偵察機「プレデター」を投入し、派遣した米兵の約半数は同機の運用を担当。残る半数はチャドで地上の安全を確保する。

同省のカービー報道官は、「チャドに送り込んだのは戦闘歩兵部隊ではない」「偵察活動の支援のために派遣する」と強調した。

女子生徒は先月、イスラム過激派「ボコ・ハラム」によってナイジェリア北部の学校から拉致された。その後チャドやカメルーンに連行されたとの情報もあるが、はっきりした所在はつかめていない。

カービー報道官はチャドに部隊を派遣した理由について、「地理的に優れている」と説明し、米国とチャド政府は良好な関係にあると付け加えた。

一方、ナイジェリアは同日、国連に対し、ボコ・ハラムをアルカイダ系の国際テロ組織に指定するよう要請した。承認されれば各国が同組織に対する武器禁輸や渡航禁止、資産凍結などの措置を講じることが可能になる。米政府は昨年の時点で既にテロ組織に指定している。



 
 
>TOP

ナイジェリア誘拐少女ら救出支援へ 米軍兵士80人派遣

asahi.com

ワシントン=奥寺淳2014年5月22日09時54分

米ホワイトハウスは21日、ナイジェリア北部でイスラム武装勢力「ボコ・ハラム」に誘拐された200人以上の女子生徒の救出を支援するため、隣国のチャドに約80人の米陸軍兵士を派遣したと発表した。ナイジェリアや周辺国での救出作戦に備え、空からの偵察活動などでも支援する。

米連邦議会に送付された通知によると、米軍兵士はナイジェリア北部や周辺国の偵察などを通じ、情報収集や監視の任務に就く。誘拐された女子生徒救出のための支援の必要がなくなるまでチャドにとどまるとしている。

誘拐された女子生徒は「隣国などの国外に連れ出されたとの情報がある」(米国務省)とされ、今回配置された米軍兵士はチャドから側面支援にあたる。

米国は、人質解放に向けた調査や交渉を支援するため、すでに連邦捜査局(FBI)や国務省、軍などからなる専門家チームをナイジェリアに派遣。英国の専門家も到着し、活動を始めている。

米国務省のサキ報道官は21日の会見で、「誘拐された少女の捜索は続いている」と述べ、連れ去られた場所が特定できていないことを明らかにした。(ワシントン=奥寺淳)



 
 
>TOP

ナイジェリア女子生徒拉致、米が隣国に派兵

The Yomiuri Shimbun

2014年05月22日 11時06分

【ワシントン=井上陽子】米ホワイトハウスは21日、ナイジェリアでイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に200人以上の女子生徒が拉致された事件の解決に向けて、米軍兵士約80人を隣国チャドに派遣したと発表した。

オバマ大統領が議会に通知した文書によると、派遣された兵士は、ナイジェリアの北東地域や周辺地域での情報収集と捜索活動の支援にあたる。兵士は、支援が必要な限りチャドに残留するとしている。

米政府はすでに、米軍の情報・通信要員らによる専門家チームを現地に派遣。有人の偵察機に加え、無人機も投入している。

2014年05月22日 11時06分



 
 
>TOP

ナイジェリア:ボコ・ハラム拉致 米、女子生徒捜索へ 隣国に派兵

毎日新聞 2014年05月22日 東京夕刊

【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は21日、米連邦議会幹部宛ての書簡で、アフリカ西部ナイジェリアでイスラム過激派組織ボコ・ハラムに拉致された女子高生約270人の捜索・救出を支援するため、隣国チャドに米兵80人を派遣したことを明らかにした。米兵らは無人偵察機などを使ってナイジェリアやチャドなどで情報収集を行い、要請がある限り現地にとどまる。

米CNNによると、投入されるのは無人偵察機「プレデター」。国防総省のカービー報道官はCNNに、チャドへの派遣は、捜索支援上の地理的条件と、地元政府と米国との関係が良いため、と説明。少女らの所在は不明だが、拉致された場所が隣国カメルーンやチャドに近い北部チボクのため、国外に連れ出されているとの推測もある。

オバマ政権は既にナイジェリアに米軍や捜査機関の関係者らを約30人派遣し、ナイジェリア政府による少女らの捜索を支援している。しかし、議会や主要メディアから「救出に積極的に関与し、特殊部隊も派遣すべきだ」との強い指摘が出ていた。

一方、ナイジェリア政府は21日、国連に対しボコ・ハラムをテロ組織に指定し各国が武器禁輸措置などを取りやすくするよう求めた。ナイジェリアでは20日も中部ジョスの市場で起きた爆弾テロで118人が死亡し、ボコ・ハラムの関与が疑われている。ロイター通信によると、女子高生が拉致されたチボク近郊の二つの村で19、20日、ボコ・ハラムの可能性がある武装集団に襲われた村人ら少なくとも26人が殺害された。

==============

■ことば

◇ボコ・ハラム

2002年にナイジェリア北東部ボルノ州で結成されたイスラム過激派。現地語で「西洋の教育は罪」を意味する。創設者のモハメド・ユスフ師は09年に拘束され殺害された。キリスト教徒が人口の半数を占める同国のイスラム化を目指し、女性教育を行う学校などへのテロ攻撃を繰り返している。



 
 
>TOP

チャド軍、ボコ・ハラム拉致の85人救出

cnn.co.jp

2014.08.17 Sun posted at 14:30 JST

ナイジェリア・カノ(CNN) ナイジェリアなどに拠点を築くイスラム過激派「ボコ・ハラム」が先週、同国北部ボルノ州で2カ所の村落を襲い、若者の男性と少年、複数の女性計97人を拉致した事件で、チャド軍部隊が17日までに、男性ら85人の救出に成功した。

ナイジェリアの治安当局筋などが明らかにした。拉致事件は10日夜から11日未明にかけ、チャド湖畔のドロン・バガ村で発生、ボコ・ハラムは住民28人を殺害し、多数の民家も焼き打ちにしていた。被害者はその後、モーターボートに乗せられ隣国チャドに連れ去られていた。

村民は拉致の被害者は兵士として徴用されることを懸念していた。

ナイジェリアの治安当局筋によると、チャドの治安当局が同村で拉致されたとみられる85人を乗せたバスの車列をチャド湖のチャド側での通常の監視行動で見付け、走行を阻止。車列はボコ・ハラムの武装兵6人に率いられ、バスの乗客の多さで不審を抱いたという。

ナイジェリアの国家人権委員会の当局者によると、乗客は男性63人に女性22人だった。

拉致の残り被害者30人以上はモーターボートに乗せられていた。チャド軍兵士が車列を調べ始めた際、ボコ・ハラムは逃げ去ったという。

ボコ・ハラムはナイジェリア北部でイスラム国家の樹立を目指す武装闘争を5年にわたって展開し、誘拐なども繰り返している。ボルノ州チボクでは今年4月、学校を襲撃し、寄宿舎から200人以上の女子生徒を連れ去っていた。



 
 
>TOP

ナイジェリアで拉致の100人、多数を救出 チャド軍

nikkei.com

2014/8/17 17:12

【ゴマ(コンゴ東部)=共同】ナイジェリア北東部ボルノ州の村で、イスラム過激派ボコ・ハラムに住民約100人が拉致され、その後に隣国チャドの軍がうち85人を救出した。フランス公共ラジオが16日、伝えた。

ボコ・ハラムは10日に村を襲撃し、28人を殺害、住民らを拉致した。ナイジェリアの治安当局高官によると、住民らはバス数台に乗せられ、国境を越えてチャドに入ろうとしていたのを同国軍が発見し、救出した。

ボルノ州では4月に女子生徒200人以上がボコ・ハラムに拉致された。国際社会の非難が高まり、米国や英国が生徒の捜索、救出を支援する専門家チームを派遣したが、解決していない。



 
 
>TOP

ボコ・ハラム:隣国チャドも攻撃 ナイジェリアから越境

毎日新聞 2015年02月13日 20時14分(最終更新 02月13日 22時22分)

【ヨハネスブルク服部正法】ロイター通信によると、西アフリカ・ナイジェリア北東部で勢力を伸ばすイスラム過激派ボコ・ハラムが13日未明、隣国チャドの村を攻撃し、死者が出た。ボコ・ハラムによるチャド側への越境攻撃は初めて。これで、ナイジェリア北東部と接する隣国すべてに越境攻撃を加えたことになる。

ボコ・ハラムの戦闘員30人程度がカヌーで国境に位置するチャド湖を渡り、チャド側の村ヌグブアを襲撃した模様だ。住民によると10人程度を殺害した後、チャド軍に追い払われたという。

ボコ・ハラムは、イスラム国家樹立を一方的に宣言し、ナイジェリア北東部で支配地域を拡大している。昨年12月以降は隣国カメルーン領内への越境攻撃を強めている。今月6日には初めて隣国ニジェール領内の町も攻撃した。

国境を越えて勢力拡大を狙うボコ・ハラムに対し、アフリカ連合(AU)は7日、チャド、ニジェールなどを含む5カ国による8750人規模の多国籍部隊創設を承認。部隊展開に先んじる形で今月3日にチャド軍がナイジェリア領内に進攻して、ボコ・ハラムと交戦している。



 
 
>TOP

ボコ・ハラム、チャドに初の越境攻撃 住民ら5人死亡

cnn.co.jp

2015.02.14 Sat posted at 14:54 JST

(CNN) アフリカ北部チャドの治安当局筋や国連機関などは13日、隣国ナイジェリア北部に拠点を築くイスラム過激派「ボコ・ハラム」が同日未明、チャド湖岸にある漁村を襲撃し、一般住民4人と兵士を殺害したと述べた。

ボコ・ハラムによるチャドへの越境攻撃は初めてとみられる。

同過激派はこの数時間前、ナイジェリア北東部のマイドゥグリ市近くで2カ所の村落を攻撃、村民ら21人も殺害していた。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)もチャド内での襲撃情報を得て、被害の概要の把握に努めている。数千人規模の住民が避難を強いられたという。ボコ・ハラムの戦闘員約30人がボートに分乗して襲ったとしている。死者の中には地域指導者も含まれるという。

ナイジェリア北東部で勢力を広げるボコ・ハラムは最近、隣国のカメルーンやニジェールへの越境攻撃も加速している。

これに対しアフリカ連合(AU)は今月初旬、ナイジェリア、ニジェール、ベニン、カメルーンやチャドなどを含む8700人規模の多国籍部隊を創設し、ボコ・ハラム掃討に本腰を入れていた。今月初旬にはチャド軍がカメルーン、ナイジェリア両国国境付近に進攻してボコ・ハラムと交戦していた。

同過激派によるチャドへの侵入や攻撃は同国のこれら措置への報復とも受け止められている。



 
 
>TOP

ボコ・ハラム、チャドに初侵攻 攻撃激化に周辺国警戒

asahi.com

ナイロビ=三浦英之2015年2月14日20時56分

ナイジェリア北東部でテロや誘拐を続けるイスラム過激派「ボコ・ハラム」が、周辺国への攻撃を激化させ始めた。13日にはチャドに初侵攻。カメルーンやニジェールにも頻繁に攻撃を繰り返しており、周辺国は危機感を強めている。

AFP通信などによると、ボコ・ハラムは13日、チャド湖を渡ってチャド西部の村などを襲撃。住民ら5人を殺害した後、チャド軍に撃退された。

8日にはカメルーン北部で20人乗りのバスを襲撃。ニジェールでは6日以降、国境近くの町が複数回の攻撃を受け、政府は10日に非常事態宣言を出した。

当事国ナイジェリアと周辺のカメルーン、チャド、ベナン、ニジェールの計5カ国は7日、治安部隊など計約8700人を関係地域に展開させると発表した。ボコ・ハラムのアブバカル・シェカウ指導者は9日、ネット上に動画を公開し、「お前らの同盟は無意味だ。武器を集めて、かかってこい」と反発している。(ナイロビ=三浦英之)



 
 
>TOP

「ボコ・ハラム」隣国チャドの村襲撃、5人死亡

The Yomiuri Shimbun

2015年02月15日 17時53分

【ヨハネスブルク=上杉洋司】西アフリカ・ナイジェリア北東部で勢力を伸ばすイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」が13日、隣国チャドの村を襲い、民家などに放火した。

チャド軍に撃退されたが、AFP通信などによると、市民4人と兵士1人の計5人が死亡した。チャドへの攻撃は初めて。

ボコ・ハラムはナイジェリア北東部に隣接するカメルーン、ニジェールにも越境攻撃するなど、攻撃対象を拡大している。周辺国は新たに多国籍部隊を創設して対応する構えだ。

チャド領内に侵入したボコ・ハラムは、国境のチャド湖をカヌーで渡ったとみられる。ボコ・ハラムは1月上旬、チャド湖に近いナイジェリア・ボルノ州バガの軍事基地を制圧。この際、多くの武器や弾薬を手に入れたとみられる。



 
 
>TOP

チャドで爆弾テロ、23人死亡 ボコ・ハラムの犯行か

asahi.com

ヨハネスブルク=三浦英之2015年6月16日15時09分

アフリカ中部チャドの首都ンジャメナで15日、警察本部や警察学校を狙った爆弾テロが起き、少なくとも23人が死亡、100人以上がけがをした。チャド政府は、隣国ナイジェリア北東部を拠点とするイスラム過激派「ボコ・ハラム」の犯行だと指摘している。AFP通信が伝えた。

AFPによると、ボコ・ハラムがンジャメナで大規模なテロを行ったのは初めて。ンジャメナでは治安部隊が各地に配置され、厳戒態勢が敷かれている。チャド政府は「ボコ・ハラムは誤った標的を選んだ。彼らはどこにいようと制圧される」と声明を出して非難した。

チャドはナイジェリア国内に軍を派遣し、ボコ・ハラムの掃討作戦に加わっている。ナイジェリアでは先月末、ボコ・ハラムの打倒を掲げる新政権が発足して以降、ボコ・ハラムの反発とみられる爆弾テロが頻発している。(ヨハネスブルク=三浦英之)



 
 
>TOP

チャド、自爆テロ対策でイスラム女性の「ブルカ」を禁止

cnn.co.jp

2015.06.19 Fri posted at 12:48 JST

(CNN) アフリカ中部チャドの政府は18日までに声明を出し、頭からつま先まで全身を覆うイスラム教徒女性の衣装「ブルカ」の着用を禁止すると発表した。隣国ナイジェリアのイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」の掃討作戦を展開するチャドでは、ブルカを着用した女性による自爆テロが頻発している。

チャド政府はブルカ禁止の措置をデビ大統領の指示によるものとしている。首都のヌジャメナでは15日、警察関連施設を狙った連続自爆テロ事件が発生。自爆犯はブルカを着用していた。

政府はまた、17日にナイジェリア国内のボコ・ハラムの拠点に対し空爆を行ったことを明らかにした。6つの拠点を破壊し、数人の構成員を殺害したとしている。

チャドのニュースサイト、チャディンフォスによれば、政府は治安部隊に対し、各地の市場を回ってすべてのブルカを焼き払うよう命令を下した。

同国は国民の半数以上がイスラム教徒だが、宗教上の理由ではなく強い日差しや砂から身を守るためにブルカを着る人もいるとみられる。

政府の声明によれば、イスラム教やキリスト教の宗教指導者らはブルカの着用禁止令について説明を受けるとともに、信者への周知を図るよう求められたという。

15日のテロでは23人が死亡、100人以上がけがをした。自爆テロ犯4人も死亡した。

チャド政府は事件をボコ・ハラムの犯行だとしているが、犯行声明などは出ていない。

一部には、事件はチャドが隣国ニジェールとともにボコ・ハラム掃討作戦を行っていることへの報復だとの見方もある。

ニジェールでも17日、2つの村がボコ・ハラムに襲われ、少なくとも38人が死亡したと伝えられている。



 
 
>TOP

チャドで自爆テロ、10人死亡 ボコ・ハラムか

nikkei.com

2015/7/11 20:28

【ナイロビ=共同】アフリカ・チャドの首都ヌジャメナの市場で11日、女による自爆テロがあり、約10人が死亡した。フランス公共ラジオなどが伝えた。チャドの治安当局は隣国ナイジェリアのイスラム過激派ボコ・ハラムの犯行とみている。

警察官が市場の入り口で、スカーフで顔を覆った女を呼び止め、身体検査をしようとしたところ、女が身に着けていた爆弾を爆発させた。

ヌジャメナでは6月中旬に30人以上が死亡する自爆テロがあり、政府はイスラム教徒の女性が顔や体を覆い隠す衣装「ブルカ」の着用を禁止していた。

また、ロイター通信によると、ナイジェリア北東部ボルノ州の州都マイドゥグリでも11日、治安当局の事務所を狙った自爆テロがあり、容疑者を含む2人が死亡した。



 
 
>TOP

ボコ・ハラム戦闘員10人、判決翌日に死刑 チャド

AFP BB News

2015年08月30日 11:44 発信地:ヌジャメナ/チャド

【8月30日 AFP】アフリカのチャドは29日、ナイジェリアを拠点とするイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」の戦闘員10人の銃殺刑を執行した。10人は同国の首都ヌジャメナ(N'Djamena)で38人が死亡した自爆攻撃2件をめぐり前日、有罪判決を下されたばかりだった。

チャドの司法関係者は「10人は29日朝、ヌジャメナ北部の射撃場で処刑された」とAFPに語った。同国の治安関係筋も報道が事実であることを認めた。

ボコ・ハラムの戦闘員に対するチャド初の裁判は26日に審理が開始され、被告10人は28日に死刑判決を受け、翌29日に処刑された。

ナイジェリアの隣国であるチャド、カメルーン、ニジェールはそろってボコ・ハラムに攻撃されており、今年初め、同組織に対する共同掃討作戦を行うことを発表した。ボコ・ハラムの攻撃により周辺地域では、2009年以降これまでに1万5000人以上が死亡している。(c)AFP

ボコ・ハラム戦闘員10人、判決翌日に死刑 チャド



 
 
>TOP

チャドで爆発、30人死亡 自爆テロか

asahi.com

ヨハネスブルク=三浦英之2015年12月6日00時26分

アフリカ中部のチャドにあるチャド湖の島で5日、3人による自爆テロとみられる爆発があり、約30人が死亡。約80人が負傷した模様だ。ロイター通信が2人の治安当局者の話として報じた。同地域周辺では度々、隣国ナイジェリアを拠点とするイスラム過激派「ボコ・ハラム」の襲撃が伝えられている。(ヨハネスブルク=三浦英之)



 
 
>TOP

レイプ事件で政府高官らの息子逮捕、各地でデモ チャド

asahi.com

ヨハネスブルク=三浦英之2016年2月23日19時22分

アフリカ中部のチャドで今月8日、10代の女子学生に対する集団レイプ事件があり、警察当局はその後、軍や政府高官らの息子を逮捕した。4月の大統領選が迫るなか、事件に抗議する大規模デモが各地で起こり、22日には軍や警察と衝突して死傷者が出る騒ぎに発展した。AFP通信などが23日伝えた。

AFP通信などによると、若い男たちは女子学生を誘拐して集団でレイプし、裸で泣いている女子学生の動画をネットに投稿した。治安当局はこの事件の容疑者として、軍の将軍の息子3人を含む5人をレイプの疑いで、外相の息子ら4人を共謀の疑いでそれぞれ逮捕した。

市民らは15日以降、各地で抗議デモを展開。治安当局は18日、許可を得ていないデモを禁じたが混乱は広がり、22日には軍がデモをする学生らに発砲し、少なくとも1人が死亡、5人が負傷した。

現地報道によると、事件の被害者の父親は野党の党首で、事件の数日前、4月の大統領選への立候補を表明していた。現職のイドリス・デビ大統領は続投を狙うが、この事件で長期政権に対する批判が高まることも予想される。(ヨハネスブルク=三浦英之)



 
 
>TOP

集団レイプされたチャドの少女、「正義を求めて闘う」と決意

AFP BB News

2016年03月24日 12:13 発信地:パリ/フランス

【3月24日 AFP】アフリカ中部チャドで先月、軍や政府高官の息子ら5人に10代の少女が集団レイプされた事件で、被害を受けた16歳の少女、ズフラ(Zouhoura)さんが先週、フランス・パリ(Paris)でAFPのインタビューに応じ、自分自身、そして長らく沈黙を強いられてきた「すべての女性」のために正義を求めて闘うと決意を語った。この事件をめぐっては、チャド各地で数千人の若者がデモを行うなど、同国でかつてないほど大規模な抗議運動が巻き起こっていた。

2月8日、首都ヌジャメナ(N'Djamena)で学校から帰宅中、友人と歩いていたズフラさんの横に、ウインドーに濃色ガラスを入れた車が止まった。乗っていたのは、5人の若い男たちだった。「首をつかまれ、車に投げ込まれた。街の郊外へ連れて行かれて…後はご存じの通りです」とズフラさんは語った。

事件後、ズフラさんは2009年から昨年まで家族らと住んでいたフランスへ戻り、母国チャドでは罪を問われることのない性犯罪と闘うために、パリで声を上げることを決意した。「チャドの女性がレイプされても、罪が裁かれることはこれまで一切なかった」という。

■「被害者は私だけじゃない」

「被害者は私だけじゃない。他にもレイプされた女性や少女たちがいる。私の知っている人たちだ。彼女たちは名前を明かさず、沈黙している」。ズフラさんは18日のインタビューでこう語った。

フランス東部ナンシー(Nancy)に住んでいる父親に励まされ、ズフラさんはAFPのインタビューに応じた。ズフラさんの父親は、強権政治を敷いてきたイドリス・デビ(Idriss Deby Itno)大統領に対抗し、4月の大統領選への出馬を予定している。「父には『待ちなさい、この問題は家族だけで解決すべきだ』と言われると思った。でも、父はためらわず、『やりなさい、告訴しなさい』と言った。最初、私は黙っていた。でも、みんなが私のことを支援してくれるのを見て、自分に『なぜ声をあげないの?闘わないの?』って言い聞かせた」

チャドで警察に行ったが「最初は何も動いてくれなかった」という。「捜査官たちは、政府高官の息子たちに対するレイプの訴えはタブーだと思っている。何度も何度も話したけど、しまいには警察に脅された」。強姦容疑がかけられている5人のうち3人は、軍の将軍たちの息子だった。また共犯容疑の4人の中には、ムーサ・ファキ・マハマト(Moussa Faki Mahamat)外相の息子がいた。

ズフラさんのこうした行動を知り逆上した容疑者らは、襲撃の様子を撮影した動画をインターネット上に投稿。しかし、この投稿が思わぬ結果を生んだ。裸で泣き叫ぶ少女の映像が、チャド全土に衝撃と反感を巻き起こしたのだ。

反対派に活動する余地をほとんど与えないほど厳重にデビ政権が警備体制を強化する中、2月15日には何百人もの生徒らが首都でデモを行った。機動隊に解散させられる中で、17歳のアバシュ・ハッサン・ウスマン(Abbachou Hassan Ousmane)さんが射殺された。

それから数日間、デモは全土へ広がった。さらに負傷者が出て、少なくとも17人が逮捕されたが、抗議への連帯は海外のチャド移民らにも広がり、英ロンドン(London)や米ワシントン(Washington D.C.)でもデモが行われた。「本当に励まされた」とズフラさんは言う。

■チャドに正義を求めて

当局は「人々がデモをしているのを見て、それからインターネット上のあちこちで私の写真を目にするようになって、急いで逮捕に乗り出した」。しかし、逮捕された強姦容疑の5人と共犯容疑の4人が裁判にかけられるかどうか、ズフラさんは疑っている。「チャドには正義が存在しない。彼らが今、勾留されているのかどうかも分からない」。それでも、彼らの罪を問うことを、少なくとも、試みてみようと決めた。

会見で、ズフラさんの声は時々つかえ、頬には涙がつたっていた。レイプについて記者に語るのはつらい。でも「やらなければならない。必要なことなんです」とズフラさんは語った。(c)AFP/Marie WOLFROM

集団レイプされたチャドの少女、「正義を求めて闘う」と決意



 
 
>TOP

チャド前大統領に終身刑判決 反体制派殺人指示などでセネガル

nikkei.com

2016/5/31 9:41

【ジュバ=共同】セネガルの特別法廷は30日、反体制派への大規模な殺人、拷問を指示したとして、戦争犯罪や人道に対する罪などに問われたチャドのハブレ前大統領(73)に終身刑の判決を言い渡した。ロイター通信などが伝えた。前大統領は上訴できる。

国家元首だった人物が国際刑事裁判所(ICC)でなく他国の法廷で裁かれるのは世界でも異例という。国連のゼイド人権高等弁務官は「残虐行為が絶えない中でこの判決は全世界に影響を与える」と述べ、人権団体は独裁体制を敷く他の国家元首への警鐘になると歓迎した。

前大統領は1982年の就任後、反体制派を弾圧、約4万人を殺害したとされる。90年にデビ現大統領のクーデターで追放され、セネガルに亡命した。アフリカ連合(AU)が訴追を求め、2013年に拘束された。



 
 
>TOP

チャド前大統領、人道に対する罪で終身刑 殺人や誘拐に関与

cnn.co.jp

2016.05.31 Tue posted at 14:32 JST

(CNN) アフリカ西部セネガルの裁判所は30日、チャドでかつて独裁政権を築いたイッセン・ハブレ前大統領に対し、人道に対する罪で終身刑を言い渡した。人権団体は、アフリカ大陸で起きたさらに多くの戦争犯罪を裁くことにつながる画期的な判決と評価している。

判決によると、ハブレ被告はチャドの大統領だった1982年から90年の間に強姦、重労働強制、誘拐などの事件にかかわったほか、4万人の殺害を命じたとされる。被告側は起訴内容を否認していた。

ハブレ被告はターバンとサングラスで顔面を覆った姿で出廷し、判決に対してもほとんど感情を表さなかった。

セネガルの首都ダカールの裁判所前には被害者や遺族が集まり、有罪判決を歓迎した。

国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、アフリカの国の元首だった人物が有罪判決を受けたのは初めて。国家元首だった人物が別の国で人権にかかわる罪に問われたのも初めてだという。

ハブレ被告は1990年にチャドからセネガルに亡命し、2000年にセネガルで起訴された。しかし裁判が進展したのは、セネガルのマッキ・サル大統領が就任し、国際機関が訴追または身柄の引き渡しを求めた2012年以降だった。

13年2月にはハブレ政権下で起きた戦争犯罪を裁くため、アフリカ連合の後押しでダカールに特別法廷が設置された。

公判では強姦被害に遭ったという女性や激しい拷問を受けたという被害者など、多数が証言に立っていた。



UP:2010 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)