HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2016年3月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2017


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカと日本企業
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
アフリカ熱帯林の課題と日本
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
日本・ブラジル・モザンビーク三角協力プロジェクトPro SAVANAを問う
アフリカ熱帯林の現状と日本との関係
反アパルトヘイト運動
アフリカの熱帯林の現状:メディア報道
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2016/03/01 nikkei.com エジプト投資、官民一体 首脳会談 経済協力で合意
◆2016/03/01 nikkei.com 丸紅、エジプトで石炭火力 事業費4000億円超
◆2016/03/01 nikkei.com 南アの15年10〜12月、実質成長率0.6%に減速 製造業不振
◆2016/03/02 nikkei.com 丸紅、エジプト電力公社と覚書 火力建設で事業化調査
◆2016/03/02 日経テクノロジーオンライン 北アフリカ・中近東最大の鋼材市場、エジプトを開拓
◆2016/03/02 PRニュースワイヤー エネルギーネット 地域の参加者が集結する中、ギガワット・モザンビークが南部アフリカ開発の中心に
◆2016/03/03 cnn.co.jp モザンビークに航空機の残骸、2年前の不明マレーシア機か
◆2016/03/03 アフリカビジネスニュース Sony Music、アフリカでのビジネス強化に意欲
◆2016/03/03 毎日新聞 原油安 資源輸出国を直撃 ベネズエラ、日用品入手困難/ナイジェリア、資金流出
◆2016/03/04 nikkei.com 義足ランナーの上訴退ける 南ア憲法裁、恋人殺害で
◆2016/03/04 cnn.co.jp ピストリウス被告、殺人罪での有罪が確定
◆2016/03/04 nikkei.com 古代エジプトの文化財返還 「アラブの春」で流出
◆2016/03/04 AFP BB News 2月の南スーダン避難民キャンプ襲撃、国連が報告書 死者25人に
◆2016/03/04 jp.reuters.com ジンバブエ大統領、全ダイヤモンド事業の国有化を表明
◆2016/03/04 AFP BB News アフリカPKO要員の性的暴行疑惑、21か国・69件 国連報告書
◆2016/03/04 Newsweekjapan.jp イスラム過激派ボコ・ハラムから76人が飢えで投降
◆2016/03/05 cnn.co.jp 国連PKO要員の性的暴力は昨年69件、最悪は中央アフリカ
◆2016/03/05 BBC Sudan Islamist opposition leader Turabi dies aged 84
◆2016/03/05 Newsweek ETHIOPIA DETAINS JOURNALISTS COVERING OROMO PROTESTS
◆2016/03/06 asahi.com ジンバブエのダイヤモンド事業、全て国有化 大統領発表
◆2016/03/06 AFP BB News 牛がボコ・ハラムの資金源に、市場を一時閉鎖 ナイジェリア
◆2016/03/07 JICA研究所 ワーキングペーパー「Can School-Based Management Generate Community-Wide Impacts in Less Developed Countries? Evidence from Randomized Experiments in Burkina Faso」
◆2016/03/07 nikkei.com 昨年6月の暗殺テロに「ハマス関与」 エジプト内相
◆2016/03/07 cnn.co.jp エチオピアで深刻な干ばつ、80年代の大飢饉再来も
◆2016/03/07 AFP BB News アフリカ各国からパフォーマーが集結、芸術見本市
◆2016/03/07 UNACほか WWFモザンビークとプロサバンナ事業のパートナーシップに対する非難声明
◆2016/03/07 AFP BB News PKO要員の性犯罪多発、生活のため関係持つ女性も 中央アフリカ
◆2016/03/08 nikkei.com チュニジアで過激派と銃撃戦、53人死亡 治安が悪化
◆2016/03/08 nikkei.com 米軍、ソマリア空爆150人殺害 過激派の訓練施設
◆2016/03/08 nikkei.com 米軍、ソマリア過激派訓練施設を空爆 150人殺害
◆2016/03/08 asahi.com 米軍、ソマリアで空爆 アルカイダ系150人を殺害
◆2016/03/08 cnn.co.jp 米軍がソマリアで空爆、武装勢力の戦闘員150人を殺害
◆2016/03/08 BBC Ex-US missionary jailed for abusing Kenyan orphans
◆2016/03/08 nikkei.com 「リビア、政治解決急ぐ必要」 チュニジア襲撃で仏声明
◆2016/03/08 AFP BB News アフリカの農作物、気候変動で危機に 研究
◆2016/03/08 AFP BB News 字幕:ケニアで活躍中、密輸象牙を嗅ぎ分ける探知犬
◆2016/03/08 nikkei.com アフリカ開銀総裁「当面4〜5%成長」 電力・農業に支援期待
◆2016/03/09 nikkei.com [FT]シャラポワ薬物違反で進むスポンサー離れ
◆2016/03/09 nikkei.com スズキ、インド生産車を日本で発売 進出から33年
◆2016/03/09 nikkei.com 途上国の食品市場開拓 味の素・明治など、政府と組織
◆2016/03/09 nikkei.com ハイフラックス(シンガポール)、エジプトでの受注を好感
◆2016/03/09 SYNODOS 使えない貨幣を使う−−2008年、ジンバブエのハイパー・インフレ 早川真悠 / 文化人類学
◆2016/03/10 nikkei.com チュニジア、「イスラム国」が相次ぐ襲撃 脅威増す
◆2016/03/10 cnn.co.jp ジンバブエ、ダイヤ採掘の国有化宣言 世界の主要産出国
◆2016/03/10 公明新聞 TICAD成功へ協力
◆2016/03/10 ウートピ 月5000円で暮らす、ボツワナの最貧エリアの女性を救う−日本人女性の挑戦
◆2016/03/10 Record China 中国がジブチに続く新たな海外軍事基地建設を計画か−米メディア
◆2016/03/10 jp.reuters.com 米ウーバー、アフリカ事業拡大へ タクシー運転手の勧誘に注力
◆2016/03/10 アフリカビジネスニュース JOGMEC、セーシェル海域における地質構造調査を2年延長
◆2016/03/10 神戸新聞NEXT 明石VSセネガル タコ勝負どうなる?
◆2016/03/10 AFP BB News ソマリアで20年ぶりゾウ確認 危険かいくぐり数百km移動
◆2016/03/10 The World 独紙がオバメヤンのレアル行きが合意と報道「124億円で移籍する」
◆2016/03/10 THE FINANCIAL TIMES Mozambique proposes ‘tuna’ bond restructuring
◆2016/03/10 NEWSWEEK OROMO PROTESTS: ETHIOPIAN PM APOLOGIZES FOR DEATHS
◆2016/03/11 AFP BB News 白人でなくても世界は救える−アフリカでヒーロー漫画文化が開花
◆2016/03/11 AFP BB News 南スーダン、民兵に報酬として「女性のレイプ」許す 国連報告書
◆2016/03/12 nikkei.com ハイフラックス(シンガポール)、エジプトでの受注を好感
◆2016/03/12 nikkei.com アラブ連盟事務局長にアブルゲイト氏選出 元エジプト外相
◆2016/03/12 47News エチオピアで大震災展が中止
◆2016/03/12 cnn.co.jp 国連、南スーダン軍の残虐行為を非難 住民殺害や強姦
◆2016/03/12 AFP BB News 不明マレーシア機の新たな残骸か、観光客がモザンビークで発見
◆2016/03/12 The World レアル行き合意が噂される“1億ユーロの男”オバメヤン「現時点ではドルトムントの選手」
◆2016/03/13 東京新聞 エチオピアのJICA震災展 日本大使館が「反原発」と難色、中止に
◆2016/03/13 AFP BB News 動画:減少続けるチーター、絶滅阻止に奮闘 ナミビア
◆2016/03/14 nikkei.com ビーチやホテルで銃乱射、16人死亡 コートジボワール南部
◆2016/03/14 asahi.com 武装集団がホテル襲撃、16人犠牲に コートジボワール
◆2016/03/14 cnn.co.jp 武装集団、コートジボワールの3ホテル襲撃 16人死亡
◆2016/03/14 AFP BB News コートジボワールでリゾート襲撃、16人死亡 アルカイダ系が声明
◆2016/03/14 nikkei.com エジプト中銀、通貨切り下げ
◆2016/03/14 AFP BB News 自作ヘリに空への夢託す、マラウイ
◆2016/03/14 JICA 杉下智彦JICA国際協力専門員、「第44回医療功労賞」を受賞−−アフリカ20ヵ国以上の保健システム構築への貢献が認められる
◆2016/03/15 nikkei.com 12年の環境汚染死者1260万人 WHO報告、各国に対策要求
◆2016/03/15 nikkei.com タンザニアで高効率発電 東芝系や三菱日立パワー
◆2016/03/15 東京新聞 ビーチ銃撃の犠牲者18人に コートジボワール南部
◆2016/03/16 Jeune Afrique ナイジェリア ダンゴートのトマト加工工場が操業を開始
◆2016/03/16 African Business Central Africa's richest man Dangote opens Nigeria tomato factory to vie with Chinese imports
◆2016/03/16 UNHCR Growing number of Mozambicans flee to Malawi
◆2016/03/17 nikkei.com FIFA「南アフリカ大会含むW杯招致で買収あった」
◆2016/03/17 nikkei.com 中国とガンビア、国交樹立 台湾けん制
◆2016/03/17 メガソーラービジネス アフリカ東部最大の蓄電池併設型太陽光発電システム、英社が設置
◆2016/03/18 asahi.com 「象牙、日本で違法売買」 保護団体、「ヤフオク!」に禁止要請へ
◆2016/03/18 nikkei.com 南アフリカ中銀、0.25%利上げ 1月に続き
◆2016/03/18 nikkei.com [FT]南ア、未曽有の干ばつ ワインメーカーに打撃
◆2016/03/18 nikkei.com NY原油、41ドル台前半に上昇 3カ月半ぶり高値 アルジェリアでプラント爆発と伝わる
◆2016/03/18 nikkei.com アルジェリアのガス生産施設に攻撃 ロケット弾か
◆2016/03/18 AJF・JVCほか プロサバンナ事業「市民社会関与プロジェクト」に対する抗議声明〜抜本的な見直しに向けた要請〜
◆2016/03/19 cnn.co.jp 黄熱病が流行、146人死亡 アンゴラ
◆2016/03/19-20 Afri-Can みんなのTICADフォーラム アフリカと日本の新しい船出@東京・早稲田奉仕園
◆2016/03/21 asahi.com エジプト検問所襲撃、警官15人死亡 IS系が犯行声明
◆2016/03/21 cnn.co.jp 人類の祖先とネアンデルタール人、多くの子孫残していた
◆2016/03/22 nikkei.com 野村HD、南アに支店開設 アフリカで初
◆2016/03/22 nikkei.com 南スーダンPKO、年内にも新任務 安保法29日施行
◆2016/03/23 毎日新聞 黄熱 アフリカ南部アンゴラで集団発生、死者168人
◆2016/03/23 eFight 【巌流島】ボビー・オロゴン招聘、アフリカ最強ズールー族王者が来日
◆2016/03/23 SAHARABIA アフリカ文化を体験するフェスティバル、続々開催!
◆2016/03/23 SAHARABIA アフリカ開発会議に向け、各国の高級実務者が会合を開催
◆2016/03/23 クリスチャントゥデイ アフリカで福音を伝えるときの最大の脅威はテロリズム キリスト教宣教師が語る
◆2016/03/23 Bloomberg アフリカの貧困地域で食料価格上昇−ここ30年で最も深刻な干ばつで
◆2016/03/24 cnn.co.jp 不明マレーシア機のエンジンの残骸か 南アの海岸で発見
◆2016/03/24 Response 住友ゴム、南アフリカ工場にトラック・バス用タイヤの生産設備を新設
◆2016/03/24 WEB産業新聞 阪和興業、サマンコールへの出資増
◆2016/03/24 nikkei.com 住友ゴム、南アに大型タイヤ生産設備新設 66億円投資
◆2016/03/24 AFP BB News 純潔守り人生変える−南ア「処女奨学生」たちの思い
◆2016/03/24 アフリカビジネスニュース コンゴの世界No.1おしゃれ集団「サプール」写真展開催
◆2016/03/24 asahi.com モザンビークの残骸「ほぼMH370」 マレーシア機
◆2016/03/24 cnn.co.jp モザンビークで発見の残骸 「不明マレーシア機の可能性高い」
◆2016/03/24 東京新聞 「大地溝帯」以東で猿人化石 アフリカ、高い環境適応力
◆2016/03/24 asahi.com (地球を食べる)奴隷が残したアフリカの味
◆2016/03/24 AFP BB News 集団レイプされたチャドの少女、「正義を求めて闘う」と決意
◆2016/03/24 nikkei.com アフリカで乾燥果実 エイトワン系、野生の実を利用
◆2016/03/25 DailyNK Japan 北朝鮮の元外交官がタンザニアから追放処分
◆2016/03/25 アフリカビジネスニュース 日本企業が連携、タンザニア最大規模のガス焚き火力発電所が着工
◆2016/03/25 47NEWS 象牙の販売や広告やめて
◆2016/03/25 nikkei.com アフリカ大地溝帯以東で猿人化石 京大など発見「高い適応力」
◆2016/03/27 cnn.co.jp ナイジェリアで集団拉致の女子生徒、隣国で自爆未遂か
◆2016/03/28 外務省 日・ジンバブエ首脳会談
◆2016/03/28 NHK 首相 ジンバブエへのODA 本格的な再開を伝える
◆2016/03/28 時事通信 両陛下、ジンバブエ大統領夫妻と会見
◆2016/03/28 外務省 ムガベ・ジンバブエ共和国大統領の訪日(平成28年3月27日〜31日)
◆2016/03/28 外務省 ジンバブエに対する無償資金協力に関する書簡の交換
◆2016/03/28 外務省 ジブチに対する無償資金協力「道路管理機材整備計画」に関する書簡の交換
◆2016/03/29 nikkei.com エジプト航空機ハイジャックと報道
◆2016/03/29 nikkei.com ハイジャック機が着陸 キプロス当局者
◆2016/03/29 nikkei.com 60人搭乗と航空当局 ハイジャック機
◆2016/03/29 nikkei.com エジプト機ハイジャックと報道 60人搭乗、機内に爆弾か
◆2016/03/29 nikkei.com 自爆ベルト巻き機長脅迫か エジプト機ハイジャック
◆2016/03/29 nikkei.com エジプト機ハイジャック 犯人が爆弾ベルトで脅迫
◆2016/03/29 nikkei.com 乗客4人と乗員7人以外は解放 エジプト機ハイジャック
◆2016/03/29 nikkei.com 日本人搭乗の情報なし エジプト機ハイジャック
◆2016/03/29 nikkei.com エジプト機ハイジャック「テロと無関係」 キプロス大統領
◆2016/03/29 nikkei.com エジプト機ハイジャック、男を逮捕 乗客乗員は全員無事
◆2016/03/29 cnn.co.jp エジプト航空機がハイジャック、キプロスに着陸
◆2016/03/29 cnn.co.jp エジプト航空機ハイジャック、乗員と外国人除き乗客を解放
◆2016/03/29 jp.wsj.com エジプト機がハイジャック、乗客の一部は解放
◆2016/03/29 nikkei.com コバルト調達に人権問題の壁 カギ握るスマホ部材
◆2016/03/29 CommonDreams Over 5 Million Nigerians Urge Government to Reject Monsanto Crops
◆2016/03/30 asahi.com エボラ熱、「緊急事態」の終了宣言 WHO
◆2016/03/30 nikkei.com WHO、エボラ熱「緊急事態」解除 宣言から1年8カ月
◆2016/03/30 cnn.co.jp  WHO、エボラ熱の緊急事態宣言を解除
◆2016/03/30 asahi.com PKO宿営地「着弾」の銃弾? 陸自史料館で展示
◆2016/03/30 cnn.co.jp エジプト航空機ハイジャック 男を逮捕、乗客乗員は全員無事
◆2016/03/30 asahi.com エジプト機ハイジャック、男が投降 「テロ関連なし」
◆2016/03/30 cnn.co.jp 英プレミアリーグ、アフリカ50カ国で無料放送へ サッカー
◆2016/03/30 外務省 タンザニアに対する円借款に関する書簡の交換
◆2016/03/30 東京新聞 ノーベル賞受賞のチュニジア「国民対話カルテット」 中心メンバーが都内で初公演
◆2016/03/30 BBC In pictures: Albinism and perceptions of beauty
◆2016/03/31 nikkei.com ズマ大統領の公金流用に違憲判断 南ア憲法裁
◆2016/03/31 cnn.co.jp 南ア大統領に違憲判決、自宅改修に公金流用
◆2016/03/31 cnn.co.jp エジプト航空のハイジャック男と笑顔で写真、物議かもす
◆2016/03/31 TED アチェニョ・イダチャバ: どのように私は有害な植物を繁栄するビジネスに変えたのか
◆2016/03/31 毎日新聞 リビア 統一政権道遠く 「大統領評議会」首都入り
◆2016/03/31 北海道新聞 防衛相、銃弾「報告せず不適切」 南スーダンでのPKO宿営地
◆2016/03/31 Reuters UPDATE 1-Vale says Mitsui not reconsidering Mozambique coal venture
◆2016/03/31 AFP BB News 中央アフリカ駐留フランス軍に新たな虐待疑惑、少女に獣姦強要か
◆2016/03/31 京都大学学術出版会 山越言・目黒紀夫・佐藤哲編『自然は誰のものか: 住民参加型保全の逆説を乗り越える』

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://www.ipsnews.net/news/regional-categories/africa/

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」 東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文
◇原山 浩輔 2011/03/01 「途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−」 静岡県立大学 平成22年度 国際関係学部国際関係学科 卒業論文
◇田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方―ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える―



 
 
>TOP

アフリカの農作物、気候変動で危機に 研究

AFP BB News

2016年03月08日 11:57 発信地:パリ/フランス

【3月8日 AFP】サハラ以南のアフリカ地域で、トウモロコシやバナナ、マメ類を中心とした主食穀物を栽培するために必要な広大な農地が、気候変動によって奪われると警告する研究結果が7日、発表された。

英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に掲載された研究論文の執筆者らによると、現在のトウモロコシとバナナの栽培面積の最大3割が、今世紀にその目的に適さない状態になる恐れがあるという。

マメ類に関しては「この数字が最大6割まで上昇する」と、コロンビアに本部を置く国際熱帯農業センター(CIAT)は声明で指摘している。

これらの数字は、最悪の事態を想定したシナリオの気候変動予測に基づくものだ。このシナリオでは今世紀、温室効果ガスの排出が弱まることなく増加し続け、気温が産業革命前の水準から4.8度高くなるとされる。

食糧不足が起きないようにするため、作物を熱や干ばつに強いソルガム(モロコシ)やミレット(キビ・アワ・ヒエなどの雑穀類の総称)に切り替えるべきだと、研究チームは勧告している。

「作物の品種改良などの解決策は、完了までに最低でも15年の歳月を要する可能性があることを考えれば、早急な行動が不可欠だと報告書の執筆者らは強調している」とCIATの声明は述べている。

西アフリカのバナナ栽培地は、今後10年以内に利用する土地を変更する必要が生じ、アンゴラ、南アフリカ、ウガンダ、タンザニア、ジンバブエなどの国々のマメ類の栽培地は、2050年までに同様の変更を余儀なくされる。

「ニジェールのトウモロコシ栽培地域全体は、2100年までに転換を講じる必要がある」と声明は述べている。

「ベナンのヤムイモ栽培面積の約30%、およびセネガルのラッカセイ栽培面積の35%が、今世紀末までにその栽培に適さなくなるだろう」(c)AFP

アフリカの農作物、気候変動で危機に 研究



 
 
>TOP

スズキ、インド生産車を日本で発売 進出から33年

nikkei.com

2016/3/9 22:08

スズキは9日、インドで生産する小型車「バレーノ」の国内販売を始めた。インド製のクルマを日本のメーカーが輸入するのは初めて。1983年にインドで生産を始めてから33年、鈴木修会長は毎年、現地の工場を訪ねて「カイゼン」を直接指導してきた。主力の軽自動車の販売が振るわないなか、「品質は日本並み」という小型車はカンフル剤となるのか。

年1回、経営幹部が国内外の生産拠点を巡るスズキの恒例行事「工場監査」。ラインの配置から蛍光灯の本数、通路のレイアウトや部品の搬出方法まで目を光らせる。徹底したコスト管理で知られる鈴木会長は品質のチェックにも余念がない。塗装工場の前では立ち止まり、ドアについた土ぼこりに指で触れて粉じん対策を指導するというほどの細やかさだ。

インドでの生産台数は年間130万台を超え、世界全体の約4割を占めるまでになった。当初は幹部の訪問に戦々恐々としていた現地の従業員も「今では鈴木会長の日本語の指摘に対し、身ぶりを見ただけで対応できるほど以心伝心になった」(スズキ幹部)。

9日に開いたバレーノ発売の記者会見で鈴木会長は「ようやく品質も日本のレベルに達した」と感慨深げに語った。

新興国で生産したクルマを日本に輸入する例はほかにも三菱自動車のタイ製「ミラージュ」などがある。しかし、同じクルマを持ち込むだけでは日本の消費者を納得させることはできない。

バレーノの国内投入にあたり、スズキは開発陣がきめ細かく品質の底上げに関与した。チーフエンジニアの伊藤邦彦氏はここ1年のうち、140日をインドで過ごした。「日本ではこれくらいじゃなきゃだめだよ」。遠目からはほとんどわからない塗装ムラの解消、部品についたホコリの除去などを巡り、部品メーカーや現地従業員に何度も協力を訴えたという。

日本向けバレーノはインド仕様とは異なるエンジンやサスペンションを採用し、安全装備として需要が高まっている自動ブレーキも搭載する。品質を保証するため、最終的な検査は生産を手掛けるインドのマネサール工場に加え、国内の湖西工場(静岡県湖西市)でも2重に実施する。

スズキといえば、主力は軽自動車。しかし、国内では軽自動車税が増税となり、軽の販売は14カ月連続マイナスと不振にあえぐ。インドからバレーノを輸入する背景には収益性の高い小型車の販売を強化し、成長につなげる狙いがある。

米国販売から撤退したスズキはアジアを軸とする新興国での生産・販売を強化。現在は量産効果によるコストメリットを引き出すため、地域ごとに分散していた車種をそれぞれ出荷量の多い工場で集約する生産体制の再編を進めている。

西部グジャラート州に3つ目の工場を建設中のインドでは小型車を量産し、欧州、中近東、アフリカなどへの輸出に振り向ける方針。ハンガリーは多目的スポーツ車(SUV)の生産を集約し、国内も湖西工場を軽の生産に特化する一方、相良工場(静岡県牧之原市)からは「イグニス」など小型車を輸出する。

地道な「カイゼン」の積み重ねはインドでようやく実を結んだ。その成果であるバレーノは年間7万〜8万台前後にとどまる国内の小型車販売で「早期に10万台を達成する」(鈴木俊宏社長)原動力となるのか。軽依存から脱却を目指すスズキの試金石になる。(渡辺直樹)



 
 
>TOP

12年の環境汚染死者1260万人 WHO報告、各国に対策要求

nikkei.com

2016/3/15 14:01

【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は15日、2012年に大気や水、土壌の汚染など「不健康な環境」に起因する死者が世界で推定約1260万人に上ったとの報告書を発表した。全死者の23%に当たり、WHOは各国政府に対策を急ぐよう呼び掛けた。

報告書は「環境による健康へのリスク要因」として、大気汚染、不衛生な水、紫外線、化学物質汚染、地球温暖化、農薬の使用などを列挙した。

死因として最も多いのは脳卒中の250万人で、虚血性心疾患(230万人)、不慮のけが(170万人)、がん(170万人)、慢性呼吸器疾患(140万人)などが続いた。

地域別では、微小粒子状物質「PM2.5」の汚染が深刻な中国など西太平洋地域や東南アジア地域の低中所得国で環境による健康への影響が最も強くみられた。

WHOの専門家カルロス・ドラ氏はジュネーブでの記者会見で「ジカ熱やデング熱の流行も劣悪な衛生環境が要因になっている」と強調した。

WHOのチャン事務局長は声明で「各国が行動を取らなければ(年間)数百万人が病気などになり早すぎる死を迎える現状は続く」と警告した。



 
 
>TOP

「象牙、日本で違法売買」 保護団体、「ヤフオク!」に禁止要請へ

asahi.com

2016年3月18日05時00分

国際的な野生生物保護団体「環境調査エージェンシー」(EIA)は17日、日本国内で象牙の違法な売買をしているとして6業者名を公表した。オークションサイト「ヤフオク!」を使って取引しており、EIAは、サイトを運営するヤフー・ジャパンに象牙製品の取引を禁止するよう求める。

■落札急増、昨年2万件

象牙は1989年のワシントン条約で国際取引が禁止された。国内では、90年1月より前に輸入された象牙については、所有者が1本ごとに環境相に登録すれば、取引できることになっている。登録には、輸入時期のわかる税関の通関書類や家族や知人の証明書類が必要とされている。

EIAは昨年、調査のため、身分を隠して業者に電話。亡くなった父親が持っていた無登録の象牙を買い取ってもらえるか聞いた。その結果、6業者が「本来はできないが、買い取って名前を一切出さずに登録する」「象牙をたくさん持っている方の名前を使う」などと答え、象牙の違法な登録や売買ができると答えたという。

EIAによると、「ヤフオク!」で落札された象牙や象牙製品は、05年の3846件から増加を続け、15年には2万8408件と過去最高だった。落札額も15年が過去最高で7億円を超えた。埼玉県の業者が12〜15年に出品した象牙製品の落札総額は1億2千万円以上で、出品重量は6トンを超えると推計されるという。

EIAは、象牙の違法売買の温床になっているとして、ヤフー・ジャパンに、サイトで象牙の取引を全面的に禁止するよう求める。

EIAの活動に協力するNPO法人トラ・ゾウ保護基金の坂元雅行弁護士は「『ヤフオク!』で取引が増加した時期とゾウの密猟が増加した時期が一致しており、密猟された象牙が日本国内に入ってきている可能性が考えられる。日本が違法な象牙取引の中心地の一つになっている可能性がある」と話す。

■「違法な取引は許容してない」 ヤフー側

ヤフー・ジャパンは取材に「ヤフーは違法な取引は一切許容していないし、象の密猟や絶滅につながるような行為も容認していない」として「24時間365日出品されたものをパトロールしている。適法な取引を禁止する理由はないと考えている」としている。6業者のうちある業者は「登録のない象牙の買い取りはしていない」と否定した。

(阿部朋美、遠藤雄司)

■各国で取引中止へ/アフリカゾウ激減

各国は象牙取引を中止する方向で動き始めている。

米国は14年2月、国内の取引を原則禁止。中国では「成功の象徴」とされる象牙の需要が増加していたが、昨年9月には米中首脳会談で、オバマ大統領と習近平国家主席が「商取引を停止させるための有効な措置を行う」ことで合意した。

かつて「象牙の闇市場」と呼ばれた香港は今年1月、取引を禁止する方針を表明。タイも国内取引を停止する姿勢を打ち出した。

一方、ネット上で象牙を売買している日本の現状は海外でも報じられ、国際的な社会運動のキャンペーンサイトには、ヤフー・ジャパンにネット取引をやめるよう求める130万人超の署名が集まっている。

アフリカでは密猟でゾウが激減している。1930年代には500万〜1千万頭いたとみられるアフリカゾウは現在50万頭前後。自然保護団体は「今後一世代のうちに絶滅する可能性がある」と指摘している。

(ヨハネスブルク=三浦英之)

◆キーワード

<環境調査エージェンシー(EIA)> 1984年に設立された国際NGO。ワシントンとロンドンに拠点を置き、自然破壊や環境犯罪を追及するための調査活動を続けている。2014年には「中国の習近平(シー・チンピン)国家主席がタンザニアを訪問した際、随行団が大量の象牙を購入した」とする報告書を発表。中国政府は否定している。

「象牙、日本で違法売買」 保護団体、「ヤフオク!」に禁止要請へ



 
 
>TOP

人類の祖先とネアンデルタール人、多くの子孫残していた

cnn.co.jp

2016.03.21 Mon posted at 12:52 JST

(CNN) ネアンデルタール人と人類の祖先の間には、これまで考えられていたよりも多くの子孫が誕生していたことが分かったとして、米ワシントン大学などの研究チームが科学誌サイエンスに研究結果を発表した。異種交流の痕跡はヒトゲノムに残され、免疫系や代謝系にも影響している可能性があるという。

研究チームは世界各国の1500人以上の遺伝子情報を分析し、人類の祖先がネアンデルタール人およびデニソワ人と交わった痕跡を調べた。

その結果、アフリカを除くすべての地域で人の遺伝子からネアンデルタール人の痕跡が見つかり、アジア人や欧州人、パプアニューギニアに住むメラネシア人などはネアンデルタール人やデニソワ人の祖先を持つことが分かった。

デニソワ人はネアンデルタール人と関連があるものの遺伝子的には異なる。デニソワ人の化石は2008年にシベリアの洞窟から発見された。

しかし今回デニソワ人のDNAの痕跡が見つかったメラネシア人は、シベリアから遠く離れた太平洋の島々に住んでいる。東南アジアに住む人の一部からもデニソワ人の痕跡がわずかに検出されたことから、ワシントン大学の研究者は、メラネシア人の祖先が東南アジアのどこかでデニソワ人と交わったと推測する。

今回の研究は、5万年あまり前にアフリカを離れた人類の祖先が他のヒト族と交わっていたという説を裏付けるもの。遺伝子の解析から、その交わりが繰り返されていたことがうかがえるという。

「遺伝子の多くは免疫の形成とも関係しており、新しい環境に進出した人類を助けて新しい病原菌と戦う役割を果たしていたと思われる」と研究チームは解説している。



 
 
>TOP

「大地溝帯」以東で猿人化石 アフリカ、高い環境適応力

東京新聞

2016年3月24日 22時20分

ケニアのナイロビ郊外で、アフリカ大陸東部を南北に縦断する巨大なくぼ地「大地溝帯」以東で初めてアファール猿人(アウストラロピテクス・アファレンシス)の化石を発見したと、京都大などの国際チームが24日までに人類進化学の国際専門誌電子版に発表した。

チームによると、これまでアファール猿人の化石発見は大地溝帯底部に集中し、底部から見て崖の上にある東側では見つかっていなかった。

共同代表の中務真人京大教授(自然人類学)は「東部に広がって生息していたと考えられる。東側は当時、底部と比べ樹木が乏しい厳しい環境だったとみられ、猿人の適応能力の高さを示す発見」と説明した。

(共同)



 
 
>TOP

象牙の販売や広告やめて
孫正義氏に米環境団体

47NEWS

2016/3/25 05:36

【ワシントン共同】インターネット大手ヤフーのネットオークションに参加する複数の業者が違法な象牙販売に関わっていた問題で、米国の「環境調査エージェンシー(EIA)」など32の環境保護団体が24日、筆頭株主ソフトバンクグループの孫正義社長らに対し、象牙の販売や広告をやめるよう要請した。

米アマゾンや中国のアリババなど、他のネット業者も象牙販売をやめていると指摘。象牙取引のためにアフリカで年間3万頭超の象が密猟されているとして「取引への関わりを絶ち、象を守る努力の輪に加わってほしい」と申し入れた。



UP:2016 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)