HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2015年3月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 1970年〜80年代アフリカ Africa 1990年代アフリカ Africa 1990年代アフリカ Africa 2000アフリカ Africa 2001アフリカ Africa 2002アフリカ Africa 2003アフリカ Africa 2004アフリカ Africa 2005アフリカ Africa 2006アフリカ Africa 2007 1月〜3月アフリカ Africa 2007 2アフリカ Africa 2007 3アフリカ Africa 2007 4アフリカ Africa 2008 1月アフリカ Africa 2008 2月アフリカ Africa 2008 3月アフリカ Africa 2008 4月アフリカ Africa 2008 5月アフリカ Africa 2008 6月アフリカ Africa 2008 7月アフリカ Africa 2008 8月アフリカ Africa 2008 9月アフリカ Africa 2008 10月アフリカ Africa 2008 11月アフリカ Africa 2008 12月アフリカ Africa 2009 1月アフリカ Africa 2009 2月アフリカ Africa 2009 3月アフリカ Africa 2009 4月アフリカ Africa 2009 5月アフリカ Africa 2009 6月アフリカ Africa 2009 7月アフリカ Africa 2009 8月アフリカ Africa 2009 9月アフリカ Africa 2009 10月アフリカ Africa 2009 11月アフリカ Africa 2009 12月アフリカ Africa 2010 1月アフリカ Africa 2010 2月アフリカ Africa 2010 3月アフリカ Africa 2010 4月アフリカ Africa 2010 5月アフリカ Africa 2010 6月アフリカ Africa 2010 7月アフリカ Africa 2010 8月アフリカ Africa 2010 9月アフリカ Africa 2010 10月アフリカ Africa 2010 11月アフリカ Africa 2010 12月アフリカ Africa 2011年1月アフリカ Africa 2011年2月アフリカ Africa 2011年3月アフリカ Africa 2011年4月アフリカ Africa 2011年5月アフリカ Africa 2011年6月アフリカ Africa 2011年7月アフリカ Africa 2011年8月アフリカ Africa 2011年9月アフリカ Africa 2011年10月アフリカ Africa 2011年11月アフリカ Africa 2011年12月/アフリカ Africa 2012年1月アフリカ Africa 2012年2月アフリカ Africa 2012年3月アフリカ Africa 2012年4月アフリカ Africa 2012年5月アフリカ Africa 2012年6月アフリカ Africa 2012年7月アフリカ Africa 2012年8月アフリカ Africa 2012年9月アフリカ Africa 2012年10月アフリカ Africa 2012年11月アフリカ Africa 2012年12月アフリカ Africa 2013年1月アフリカ Africa 2013年2月アフリカ Africa 2013年3月アフリカ Africa 2013年4月アフリカ Africa 2013年5月アフリカ Africa 2013年6月アフリカ Africa 2013年7月アフリカ Africa 2013年8月アフリカ Africa 2013年9月アフリカ Africa 2013年10月アフリカ Africa 2013年11月アフリカ Africa 2013年12月アフリカ Africa 2014年1月アフリカ Africa 2014年2月アフリカ Africa 2014年3月アフリカ Africa 2014年4月/アフリカ Africa 2014年5月アフリカ Africa 2014年6月アフリカ Africa 2014年7月アフリカ Africa 2014年8月アフリカ Africa 2014年9月アフリカ Africa 2014年10月アフリカ Africa 2014年11月アフリカ Africa 2014年12月アフリカ Africa 2015年1月アフリカ Africa 2015年2月アフリカ Africa 2015年4月アフリカ Africa 2015年5月アフリカ Africa 2015年6月アフリカ Africa 2015


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

HIV/AIDS 2014
グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
アフリカ熱帯林の課題と日本
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
日本・ブラジル・モザンビーク三角協力プロジェクトPro SAVANAを問う
アフリカ熱帯林の現状と日本との関係
反アパルトヘイト運動
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

* 新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

* 幅広く多種多様な情報を紹介しています。情報源、情報が発せられた状況などに留意しながら活用してください。


◆2015/03/01 cnn.co.jp ガザ実効支配の「ハマス」、エジプトがテロ組織に指定
◆2015/03/01 yomiuri.co.jp エジプト裁判所、ハマスをテロ組織に指定
◆2015/03/01 nikkei.com エジプト議会選を延期 選挙法に違憲判断
◆2015/03/01 AFP BB News シエラレオネ副大統領が自主隔離、護衛がエボラ熱で死亡
◆2015/03/01 nikkei.com ジンバブエ、大統領の91歳祝う豪華式典 野党は批判
◆2015/03/02 asahi.com 91歳「独裁者」ムガベ氏、超豪華お誕生会 象料理も
◆2015/03/02 yomiuri.co.jp 大統領91歳、100万ドルかけて祝う貧困国
◆2015/03/02 asahi.com エジプト議会選延期へ 憲法裁判所が区割りで違憲判断
◆2015/03/02 nikkei.com エジプト南部の観光地でテロ 2人死亡、7人けが
◆2015/03/02 asahi.com エジプトで爆発相次ぐ 南部で2人、カイロで1人死亡か
◆2015/03/02 毎日新聞 エジプト:カイロ中心部の最高裁前で爆発 9人負傷
◆2015/03/02 毎日新聞 <ニジェール旅行>退避勧告、中止要請…ツアー会社が実施
◆2015/03/02 Sierra Express Media Big Brother Claudius Production donates food items to disabled
◆2015/03/02 Nigerian Tribune INEC assures people living with disability
◆2015/03/02 Health-e Disabled, not dead
◆2015/03/02 AllAfrica.com Tanzania: Childreach Sets Pace in Education Programme
◆2015/03/02 AFP BB News 南スーダンの少年集団拉致、数百人被害の恐れ ユニセフ
◆2015/03/03 時事通信 カメルーンのゴリラ起源=HIV1型の2グループ−国際チーム
◆2015/03/03 cnn.co.jp ボコ・ハラム、男性2人の殺害ビデオ公開 ISISを模倣か
◆2015/03/03 毎日新聞 ボコ・ハラム:拘束男性2人の斬首映像をネットに公開
◆2015/03/03 yomiuri.co.jp エジプト最高裁前で爆弾爆発、2人死亡9人負傷
◆2015/03/03 AllAfrica.com Malawi: Disability Body Pushing for Legislation to Protect Albinos
◆2015/03/03 AllAfrica.com Nigeria: Polls - Disabled Persons Will Vote in Enugu - REC
◆2015/03/03 "Mozambique news reports & clippings" by Joseph Hanlon Gilles Cistac gunned down
◆2015/03/04 cnn.co.jp FBI指名手配のテロ容疑者、ソマリアで逮捕
◆2015/03/04 yomiuri.co.jp 時価36億円、密猟象牙15トンを焼却…ケニア
◆2015/03/04 nikkei.com 「次の40億人」狙え 米ネット大手が新興国争奪戦
◆2015/03/04 AllAfrica.com Namibia: Disabled to Revive Their Organisation
◆2015/03/04 Health-e Growing up disabled
◆2015/03/05 毎日新聞 世界最古:エチオピアでホモ属化石発見
◆2015/03/05 asahi.com アフリカでホモ属最古?の化石発見 280万年前の地層
◆2015/03/05 asahi.com エボラ対策に6千万円拠出へ IAEA定例理事会で表明
◆2015/03/05 毎日新聞 ナイル.com:(46)エジプト風「焼き芋」
◆2015/03/05 AllAfrica.com Eritrea: War-Disabled Nationals Making Good Use of Credit Scheme - Report
◆2015/03/06 jp.reuters.com リベリア最後のエボラ患者退院、1カ月発生ゼロなら終息宣言へ
◆2015/03/06 cnn.co.jp 「ホモ属」最古の化石、エチオピアで発見
◆2015/03/06 yomiuri.co.jp 「ボコ・ハラム」が襲撃、住民68人死亡
◆2015/03/06 nikkei.com エンペラドール、欧州・アフリカで事業拡大
◆2015/03/06 毎日新聞 エジプト:内閣改造で内相交代 治安改善へ警察引き締め
◆2015/03/06 Zambia Daily Mail Social protection and disability in Zambia
◆2015/03/07 ヒューマンケア協会 公開セミナー『南アフリカの障害者の自立生活〜南アフリカでの草の根プロジェクトを通じて〜』@JICA東京
◆2015/03/07 ヒューマンケア協会 公開セミナー「南アフリカの障害者の自立生活〜南アフリカでの草の根プロジェクトを通じて〜」
◆2015/03/07 nikkei.com マリ首都で銃撃、5人死亡 フランス人ら
◆2015/03/07 毎日新聞 マリ:首都で欧州標的テロ…フランス人ら5人死亡
◆2015/03/07 nikkei.com エジプト、モルシ派に初の死刑執行 クーデター後
◆2015/03/07 AFP BB News 南スーダン内戦 和平協議物別れ 国連制裁の可能性も
◆2015/03/08 cnn.co.jp ボコ・ハラム、ISISへの「忠誠」を表明
◆2015/03/08 yomiuri.co.jp ボコ・ハラムか、5度の連続爆発…54人死亡
◆2015/03/08 yomiuri.co.jp ボコ・ハラム、「イスラム国」忠誠誓うツイート
◆2015/03/08 asahi.com ボコ・ハラムが「イスラム国」に忠誠表明 ネットに音声
◆2015/03/08 nikkei.com ナイジェリアで爆発、47人死亡 ボコ・ハラム関与か
◆2015/03/08 nikkei.com ボコ・ハラム、「イスラム国」に忠誠誓うメッセージ
◆2015/03/08 毎日新聞 ナイジェリア:ボコ・ハラムがISに忠誠 テロ死者58人
◆2015/03/08 asahi.com マリで5人殺害 アルジェリア人質事件関連組織が声明
◆2015/03/09 cnn.co.jp ナイジェリア北部で自爆テロ 死者54人、負傷者139人
◆2015/03/09 cnn.co.jp ニジェールとチャド、ボコ・ハラム掃討作戦を開始
◆2015/03/09 asahi.com (ひと)ドニ・ムクウェゲさん 性暴力被害の救済でサハロフ賞を受賞した
◆2015/03/09 nikkei.com 英BP、エジプト巨大ガス田開発に1.4兆円投資
◆2015/03/09 AFP BB News アルビノの6歳少年、右手を切り落とされる タンザニア
◆2015/03/10 jp.reuters.com 南ア・ランドが13年ぶり安値更新、ドル買いの流れ継続
◆2015/03/10 cnn.co.jp リビアの油田襲撃、フィリピン人ら9人を拉致 ISISか
◆2015/03/11 yomiuri.co.jp 少女の自爆テロ、34人死亡…ナイジェリア
◆2015/03/11 nikkei.com ナイジェリアで爆発、12人死亡 女が自爆テロか
◆2015/03/11 nikkei.com エボラ死者1万人目前 WHO、対応巡り調査委
◆2015/03/11 東京新聞 【世界の街から】カイロ 春の訪れ告げる砂嵐
◆2015/03/11 The Zimbabwean Deaf students excel
◆2015/03/11 Citifmonline Kibi school for the deaf to shut down if…
◆2015/03/12 asahi.com (@ケープタウン)南アフリカから見た曽野綾子さんコラム
◆2015/03/12 cnn.co.jp 生中継のテレビカメラ前で強盗、取材班に被害 南ア
◆2015/03/12 cnn.co.jp 西アフリカ派遣の英軍要員がエボラ陽性
◆2015/03/12 asahi.com エボラ「今年半ばまでの感染停止可能」WHO幹部見通し
◆2015/03/12 GhanaWeb B/A disabled basketball team beat their Ashanti counterparts
◆2015/03/12 Information Nigeria NOA Urges Persons With Disability To Collect PVC
◆2015/03/12 AllAfrica.com South Africa: No Help for Girl Disabled By Public Toilet
◆2015/03/12 Biztech Africa Airtel Kenya supports Murang’a School for the deaf
◆2015/03/12 Daily Sun Behold, Akure deaf & dumb couple who sew for the rich
◆2015/03/12 AfricanBrains Focus on Disability: Reaching patients with smartphones
◆2015/03/13 yomiuri.co.jp エボラ熱、西アフリカ3か国で死者1万人超
◆2015/03/13 yomiuri.co.jp モール襲撃計画の容疑者、米が無人機で殺害か
◆2015/03/13 nikkei.com エボラ熱、死者1万人超す 西アフリカの3カ国
◆2015/03/13 nikkei.com エボラ熱、シエラレオネで米国人陽性 米病院に搬送
◆2015/03/13 asahi.com エボラ出血熱、死者1万人超す 西アフリカ3カ国
◆2015/03/13 nikkei.com [FT]冷戦後の地政学的不安を予測する難しさ
◆2015/03/13 nikkei.com マラリア判定、精度99% シスメックスが新技術
◆2015/03/13 jp.reuters.com ガボンで20年ぶりにライオン発見
◆2015/03/13 アジア経済研究所 『アジ研ワールドトレンド』最新号「図書館と障害者サービス−情報アクセシビリティの向上」
◆2015/03/13 Citifmonline Deaf school gets relief after Citi FM reportage
◆2015/03/13 AFP BB News アルビノ殺害めぐり一斉捜索、予言者ら225人逮捕 タンザニア
◆2015/03/14 asahi.com 「イスラム国」、ボコ・ハラムの忠誠受け入れ
◆2015/03/14 asahi.com エジプトに新首都構想 カイロの過密状態解消狙う
◆2015/03/15 cnn.co.jp エジプト、新首都計画を発表 総工費約5.5兆円
◆2015/03/15 nikkei.com 商用車大手、アフリカ開拓 UDトラックスが8カ国で新型車
◆2015/03/15 asahi.com 男性器移植手術に初成功 南ア、割礼失敗で失った男性
◆2015/03/15 cnn.co.jp 西アフリカでエボラ熱に感染か、米国人10人が帰国へ
◆2015/03/15 nikkei.com 「難民で稼ぐ国」と「難民が稼ぐ国」…日本は「難民を見ない国」
◆2015/03/16 nikkei.com 西アフリカ滞在歴がある男性にエボラの可能性 厚労省
◆2015/03/16 nikkei.com エボラ疑い男性はマラリア陽性 厚労省
◆2015/03/16 jp.reuters.com エジプト、カイロの東に新行政首都建設へ=住宅相
◆2015/03/16 nikkei.com 難民に冷たい国でいいのか
◆2015/03/16 Ghana Broadcasting Corporation School for the deaf launches 40th anniversary
◆2015/03/16 AllAfrica.com Kenya: Mbugua to Increase Kitty for the Disabled
◆2015/03/16 AllAfrica.com Botswana: Disability Allowance Bridges Gap
◆2015/03/16 spyghana.com Joy Industries Made Donations To Koforidua Unit School For The Deaf
◆2015/03/16 Awoko Sierra Leone Sports: Deaf Sport Federation Pays Courtesy Call on National Paralympics Committee
◆2015/03/17 Nature Climate Change アフリカの湿潤サバンナで農業を行うためのコスト
◆2015/03/17 nikkei.com EU、リビア情勢を協議
◆2015/03/17 Health24 A better life for the handicapped in SA's rural areas
◆2015/03/17 The Star Kenya: Give Us Funds, Say Disabled
◆2015/03/17 AllAfrica.com Malawi: Water Aid Advocates for Disability Friendly Facilities
◆2015/03/18 cnn.co.jp ISIS、リビアの病院スタッフを解放 条件付きで
◆2015/03/18 nikkei.com アンゴラ内戦の闘士、はるか日本で難民申請
◆2015/03/18 nikkei.com エボラ感染、5人に1人が18歳未満 西アフリカ
◆2015/03/18 nikkei.com 観光客ら襲われ8人死亡 チュニジア、博物館周辺
◆2015/03/18 yomiuri.co.jp 武装集団が襲撃、観光客ら8人死亡…チュニジア
◆2015/03/18 GhanaWeb Assembly presents cheque to disabled persons
◆2015/03/18 NewsdzeZimbabwe STUDY : 900 000 ZIMBAS DISABLED
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジア、外国人ら襲われ19人死亡 過激派犯行か
◆2015/03/19 nikkei.com 邦人5人死亡報道、チュニジア襲撃 外務省は「確認中」
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジア首相「襲撃で5邦人死亡」 外務省「確認中」
◆2015/03/19 nikkei.com 外務省「真偽を確認中」 チュニジア襲撃で日本人死者報道
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジア襲撃で官邸に連絡室 情報確認急ぐ
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp チュニジア襲撃、19人死亡…日本人負傷の情報
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp チュニジア首相、日本人5人死亡と発表
◆2015/03/19 asahi.com 国会の隣、戦闘服姿で侵入 チュニジア博物館襲撃
◆2015/03/19 asahi.com チュニジアで博物館襲撃、19人死亡 日本人2人けがか
◆2015/03/19 asahi.com 日本人5人死亡と現地発表 チュニジア襲撃
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジアで襲撃、邦人3人死亡・3人負傷 政府確認
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア博物館襲撃:シド首相「日本人5人殺害された」
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:岸田外相「邦人1人死亡3人負傷確認」
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:日本政府関係者「死者3人負傷3人確認」
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:警察庁が連絡室設置 情報収集急ぐ
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:安倍首相「日本人3人死亡3人負傷確認」
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア襲撃:死者は外国人20人含む22人
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア襲撃:「中東民主化のモデル」 国内外に衝撃
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア襲撃:「逃げろ! 逃げろ!」博物館はパニック
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア襲撃:「テロ攻撃」 国際社会が相次ぎ非難
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:「まさか治安安定の首都でショック」
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:人気の観光地暗転 中東混乱で客足遠のく
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:テロと断定 徹底対決の姿勢示す
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:被害者、地中海クルーズツアーの参加者か
◆2015/03/19 asahi.com チュニジア首相は「日本人5人死亡」と発表 博物館襲撃
◆2015/03/19 asahi.com 国連安保理、チュニジア襲撃テロを非難 「当局に協力」
◆2015/03/19 asahi.com 死亡3人は20〜60代の女性 負傷は女性2人男性1人
◆2015/03/19 asahi.com 「突然後ろから銃声」 チュニジア襲撃事件、負傷者証言
◆2015/03/19 asahi.com チュニジア襲撃、日本人3人死亡3人負傷 情報確認急ぐ
◆2015/03/19 asahi.com 国際テロリズム緊急展開班をチュニジアに派遣へ 警察庁
◆2015/03/19 nikkei.com 北アフリカでテロ拡散 チュニジアの民主化揺さぶる
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジアで邦人3人死亡 博物館襲撃、負傷3人
◆2015/03/19 nikkei.com 米大統領夫人「深い哀悼の意」 チュニジア襲撃受け
◆2015/03/19 nikkei.com クルーズ船、事件当日チュニス到着 日本人170人乗船か
◆2015/03/19 nikkei.com 邦人3人死亡・3人負傷 チュニジア襲撃、首相「強く非難」
◆2015/03/19 nikkei.com 「バス降りる客を銃撃」 チュニジア、運転手が惨劇語る
◆2015/03/19 nikkei.com 安定していたチュニジア 大統領選も実施
◆2015/03/19 nikkei.com 首相「テロ、断じて許されない」 チュニジア襲撃
◆2015/03/19 nikkei.com テロ緊急展開班、チュニジアに派遣検討 警察庁
◆2015/03/19 nikkei.com 死亡3邦人の身元判明 チュニジア襲撃
◆2015/03/19 nikkei.com チュニジア襲撃、大統領「イスラム過激派の犯行」
◆2015/03/19 nikkei.com 国際テロ展開班を派遣 チュニジア襲撃で警察庁
◆2015/03/19 cnn.co.jp チュニジアで博物館襲撃、19人死亡 観光客など
◆2015/03/19 asahi.com 国際テロリズム緊急展開班をチュニジアに派遣 警察庁
◆2015/03/19 asahi.com 過激派テロとみて捜査 チュニジア襲撃事件、3邦人死亡
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:日本人と協力、床に伏せ20分…伊の男性
◆2015/03/19 毎日新聞 チュニジア銃撃:日本、警戒レベル引き上げ
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp チュニジア首相、日本人5人死亡と発表
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp 最も強い言葉で非難…チュニジア襲撃受け安保理
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp チュニジア襲撃「凶悪な暴力」…米大統領報道官
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp 「アラブの春」先駆け暗雲…イスラム過激派台頭
◆2015/03/19 yomiuri.co.jp 妻死亡、男性「言葉出ない」…チュニジア襲撃
◆2015/03/19 nikkei.com 米、ソマリア過激派幹部殺害を確認 「ケニア襲撃事件関与」
◆2015/03/19 cnn.co.jp 米無人機でソマリア過激派幹部殺害 ケニアのモール襲撃関与
◆2015/03/19 nikkei.com ミシェル夫人と昭恵夫人が講演 途上国の女子教育推進
◆2015/03/19 searchina 日本アGが一時急伸、エチオピアでの小水力発電プロジェクトで契約
◆2015/03/19 Zambia Daily Mail Disabled pupils get learning materials
◆2015/03/19 StarAfrica.com FAO launches goat fattening project for disabled Gambians
◆2015/03/20 nikkei.com 国際社会、一斉にテロを非難 チュニジア襲撃
◆2015/03/20 nikkei.com チュニジア、観光産業に打撃 テロ事件
◆2015/03/20 nikkei.com 民主化襲うテロの脅威 チュニジア、経済の柱の観光標的
◆2015/03/20 nikkei.com チュニジア襲撃、9人を逮捕 イスラム過激派と断定
◆2015/03/20 nikkei.com チュニジア襲撃、乱射に子供ら身を隠す
◆2015/03/20 nikkei.com 米大統領、チュニジア大統領に弔意 博物館襲撃事件
◆2015/03/20 nikkei.com チュニジア 「イスラム国」名乗る組織、新たなテロ予告
◆2015/03/20 cnn.co.jp チュニジアの博物館襲撃、ISISが犯行声明か 23人死亡
◆2015/03/20 asahi.com チュニジア襲撃、過激派テロと断定 ISが「犯行声明」
◆2015/03/20 asahi.com 「動く物全てに発砲」 チュニジア襲撃事件
◆2015/03/20 nikkei.com チュニジア首都の市民「テロに屈しない」 デモで訴え
◆2015/03/20 毎日新聞 チュニジア銃撃:IS潜在的脅威 中東や欧州渡航者は注意
◆2015/03/20 毎日新聞 チュニジア襲撃:バルコニーで息ひそめ 「まるで地獄絵」 イタリアの男性、日本人と協力
◆2015/03/20 毎日新聞 チュニジア襲撃:母娘の旅、突然の凶弾
◆2015/03/20 nikkei.com 首相「邦人の安全確保に万全期す」 チュニジア襲撃事件
◆2015/03/20 asahi.com 仲良し母娘、地中海クルーズ暗転 チュニジア日本人死亡
◆2015/03/20 asahi.com 実行犯、大型バス到着を待ち伏せか チュニジア襲撃事件
◆2015/03/20 asahi.com 実行犯2人、リビアで戦闘訓練 チュニジア襲撃事件
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp チュニジア襲撃、当局9人を拘束…死者23人に
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp 「イスラム国」?犯行声明…「雨の最初の一滴」
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp 地中海の景観楽しむ人気の船旅…チュニジア襲撃
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp チュニジア大統領、銃撃犯が「恐ろしい爆発物」
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp 生き残ることだけ考えていた…チュニジア襲撃
◆2015/03/20 yomiuri.co.jp チュニジア厳戒態勢、大都市に兵士を展開
◆2015/03/20 nikkei.com 米政府、温暖化ガスを25年に4割削減 企業にも行動促す
◆2015/03/21 AJF 20周年記念特別企画「Non Super Global !?:斉藤事務局長が語るアフリカと世界と自分がつながる仕組み」@東京大学駒場キャンパス
◆2015/03/21 毎日新聞 チュニジアテロ:怒りと鎮魂 博物館、血だまり生々しく
◆2015/03/21 nikkei.com チュニジア襲撃、警戒強める日本企業
◆2015/03/21 nikkei.com EUが非難声明 チュニジア襲撃
◆2015/03/21 nikkei.com チュニジアでテロ、過激派の国際包囲網構築に遅れ
◆2015/03/21 nikkei.com 観光地テロ、どう自衛 「周辺国も情報把握、リスク判断を」
◆2015/03/21 nikkei.com 「チュニジア国民、痛み共有」 国会議長ら邦人見舞う
◆2015/03/21 cnn.co.jp チュニジアの博物館襲撃、実行犯2人はリビアで軍事訓練
◆2015/03/21 yomiuri.co.jp チュニジア、過激派20人拘束…10人関与か
◆2015/03/21 asahi.com 「一室に30人、息潜め隠れた」 チュニジア襲撃事件
◆2015/03/21 慶応義塾大学出版会 ピーター・ピオット回想録『ノー・タイム・トゥ・ルーズ − エボラとエイズと国際政治』
◆2015/03/21 毎日新聞 ソマリア過激派:米英カナダでテロ示唆…ネットに映像
◆2015/03/21 CHANNELS TELEVISION Buhari Promises To Give Attention To Disability Law
◆2015/03/22 nikkei.com 「ツアーは安全だと…」参加者帰国 チュニジアテロ
◆2015/03/22 nikkei.com 中根外務政務官をチュニジアに派遣
◆2015/03/22 asahi.com 計画的だが不慣れ…「普通の若者」なぜ チュニジア襲撃
◆2015/03/22 asahi.com もう1人の襲撃犯、逃亡中 チュニジアテロで大統領
◆2015/03/22 asahi.com 被害女性が手記「まさか発砲するとは」 チュニジア襲撃
◆2015/03/22 cnn.co.jp シエラレオネ、国民に3日間の在宅を要請 エボラ感染抑制で
◆2015/03/22 spyghana.com Kibi School for the Deaf shown some love
◆2015/03/23 yomiuri.co.jp 朝日新聞、銃撃事件負傷者への取材で「おわび」
◆2015/03/23 cnn.co.jp チュニジアの博物館襲撃、3人目の実行犯が逃走中
◆2015/03/23 asahi.com 警視庁と埼玉県警が合同捜査本部 チュニジア襲撃
◆2015/03/23 asahi.com 邦人3人の遺体、ドバイ経由で帰国へ チュニジア襲撃
◆2015/03/23 Bella Naija Buhari pledges to End Discrimination Against Persons with Disability if Elected
◆2015/03/23 StarAfrica.com Gambia: First Lady’s support to deaf school, new trade policy dominate press
◆2015/03/24 yomiuri.co.jp チュニジア銃撃で負傷、東京の母娘退院…帰国へ
◆2015/03/24 yomiuri.co.jp チュニジア警察幹部更迭…襲撃前に警戒解く失態
◆2015/03/24 asahi.com 鉄扉に弾痕、床に血のり チュニジアテロ、翌日の映像
◆2015/03/24 asahi.com チュニジア襲撃の博物館、29日再開へ 男1人は逃亡中
◆2015/03/24 GhanaWeb Minor caged for sodomizing a hearing impaired man
◆2015/03/25 国連広報センター 奴隷および大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー(3月25日)に寄せる潘基文(パン・ギムン)国連事務総長メッセージ
◆2015/03/25 nikkei.com チュニジア、テロ現場の博物館再開へ式典
◆2015/03/25 nikkei.com 子ども・女性500人拉致との報道 ボコ・ハラム
◆2015/03/25 cnn.co.jp 拉致事件乗り越え大学へ ナイジェリアの少女たち
◆2015/03/25 AFP BB News 「黒人お断り」の中華レストランが閉鎖、ケニア
◆2015/03/25 毎日新聞 ナイル.com:(48)砂嵐の季節
◆2015/03/25 The Star Kenya: Edith Malombe Asks Parents Not to Confine Their Disabled Children
◆2015/03/26 nikkei.com シェル、ナイジェリア鉱区など2000億円で売却
◆2015/03/26 nikkei.com サウジ、イエメンに軍事介入 中東の緊張高まる
◆2015/03/26 cnn.co.jp エジプト、サウジのイエメン介入支援 地域の宗派抗争の様相
◆2015/03/26 cnn.co.jp 襲撃犯、自爆ベスト着用も起爆阻止 チュニジア博物館テロ
◆2015/03/26 asahi.com チュニジア襲撃、死因は出血性ショック 宮崎さん親子
◆2015/03/26 cnn.co.jp 「アフリカ人お断り」の中華料理店に反感 ケニア
◆2015/03/26 外務省 ボコ・ハラムによるテロ行為について(外務報道官談話)
◆2015/03/26 The Nation Newspaper 15,000 visually-impaired Voters get free eye treatment
◆2015/03/26 AllAfrica.com Rwanda: Mukamunana - the Pillar of Disabled Children
◆2015/03/27 nikkei.com アンゴラに初の円借款 投資環境の整備条件に2億ドル
◆2015/03/27 nikkei.com 中国、ソマリア沖の海賊対策任務を停止
◆2015/03/27 nikkei.com ナイジェリア大統領選、28日投票 経済・治安が争点に
◆2015/03/27 News24 Nigeria Group sensitises deaf women on reproductive health
◆2015/03/27 asahi.com 博物館襲撃の旅団、ISに忠誠か アルジェリア国境拠点
◆2015/03/27 Ahram Online 'Audio Description' renders art accessible to the visually impaired
◆2015/03/28 nikkei.com ソマリア首都でホテル襲撃、17人死亡
◆2015/03/28 cnn.co.jp ソマリア首都でホテル襲撃、外交官ら6人死亡
◆2015/03/28 yomiuri.co.jp ソマリアの首都でイスラム過激派テロ、9人死亡
◆2015/03/28 nikkei.com ナイジェリア大統領選始まる
◆2015/03/28 cnn.co.jp ナイジェリア軍、「ボコ・ハラム」本部の奪還を発表
◆2015/03/28 yomiuri.co.jp ナイジェリア軍、「ボコ・ハラム」の本部を制圧
◆2015/03/28 cnn.co.jp サウジ主導のイエメン空爆続く ハディ大統領はエジプト入り
◆2015/03/28 asahi.com イエメンに2日連続空爆 サウジ「地上作戦の予定なし」
◆2015/03/28 asahi.com 一時不明のイエメン暫定大統領、健在示す エジプト到着
◆2015/03/29 nikkei.com ナイジェリア大統領選、投票日を29日まで延長
◆2015/03/29 cnn.co.jp 混乱のナイジェリア大統領選、投票延期や過激派の襲撃も
◆2015/03/29 asahi.com ナイジェリア大統領選、現職と元軍政トップ対決
◆2015/03/29 asahi.com ナイジェリア大統領選 イスラム過激派襲撃で41人死亡
◆2015/03/29 nikkei.com ナイジェリア、投票所襲撃で14人死亡 大統領選
◆2015/03/29 毎日新聞 ナイジェリア:ボコ・ハラム凶暴化 地域ごと火攻め
◆2015/03/29 nikkei.com 三井住友銀、タンザニアで初融資 電力公社に350億円
◆2015/03/29 北海道新聞 博物館テロ実行犯の指導者ら殺害 チュニジア
◆2015/03/29 nikkei.com 実行犯の指導者ら殺害 チュニジア博物館テロ
◆2015/03/29 yomiuri.co.jp 博物館襲撃首謀か、過激派9人殺害…銃撃戦の末
◆2015/03/29 asahi.com 「アラブ軍」創設合意へ イエメン情勢巡り首脳会議
◆2015/03/29 asahi.com アラブ合同軍創設で合意 米国の影響力低下で結束
◆2015/03/30 毎日新聞 ナイジェリア:ボコ・ハラム凶暴化 地域ごと火攻め 燃え尽きた草ぶき屋根の村
◆2015/03/30 yomiuri.co.jp テロ連発の大統領選、投票所などで41人死亡
◆2015/03/30 yomiuri.co.jp ナイジェリア「大統領選に不正」数千人抗議デモ
◆2015/03/30 yomiuri.co.jp ナイジェリア大統領選混乱、選管事務所に放火も
◆2015/03/30 毎日新聞 アラブ合同軍:設立 サウジなど、首脳会議で合意
◆2015/03/30 nikkei.com アラブ連盟、イエメン介入を支持 首脳会合が閉幕
◆2015/03/30 nikkei.com 5000年前のビール製造用陶器片を発見 イスラエルで
◆2015/03/30 北海道新聞 国境警備で暗視車提供検討 チュニジア要請に政府
◆2015/03/30 cnn.co.jp チュニジアでテロ非難のデモ行進、各国首脳も参加
◆2015/03/30 asahi.com 博物館襲撃事件の首謀者を殺害 チュニジア首相が発表
◆2015/03/30 yomiuri.co.jp チュニジアで「テロは出ていけ」1万2千人行進
◆2015/03/30 毎日新聞 チュニジア:テロ反対デモ 仏大統領、伊首相らも行進
◆2015/03/30 国際移住機関(IOM)駐日事務所メールマガジン 西アフリカにおけるIOMのエボラ出血熱対応
◆2015/03/30 cnn.co.jp 銃撃戦17時間、死者20人以上 ソマリアのホテル襲撃
◆2015/03/30 Jeune Afrique コートジボワール、チョコレート市場の分け前を要求
◆2015/03/30 慶応義塾大学出版会 ピーター・ピオット『NO TIME TO LOSE(ノー・タイム・トゥ・ルーズ) エボラとエイズと国際政治』(旧ザイールで発生した新規感染症をエボラ・ウイルスによる病気と特定)
◆2015/03/31 cnn.co.jp オバマ大統領、父の出身国ケニアを訪問へ 就任後初
◆2015/03/31 nikkei.com 米大統領、7月にケニア訪問
◆2015/03/31 毎日新聞 オバマ大統領:就任後初めて亡父の祖国ケニア7月訪問
◆2015/03/31 asahi.com ANA、南米・アフリカ就航へ 片野坂HD新社長に聞く
◆2015/03/31 asahi.com テロ襲撃被害の博物館が再開 チュニジア、12日ぶり
◆2015/03/31 明石書店 戸田美佳子著『越境する障害者 アフリカ熱帯林に暮らす障害者の民族誌』
◆2015/03/31 Norwegian Refugee Council Vocation skills training for hearing impaired youth
◆2015/03/31 AllAfrica.com Gambia: 'More Than 15 Visually Impaired Were Trained On ICT' Says Stat Now Director

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://www.ipsnews.net/news/regional-categories/africa/

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」 東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文
◇原山 浩輔 2011/03/01 「途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−」 静岡県立大学 平成22年度 国際関係学部国際関係学科 卒業論文
◇田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方―ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える―



 
 
>TOP

「次の40億人」狙え 米ネット大手が新興国争奪戦
グーグルやフェイスブック

nikkei.com

2015/3/4 0:51

【バルセロナ=小川義也】米インターネット大手が新興国市場の開拓に力を入れている。国際電気通信連合(ITU)によると、世界のネット人口は2014年11月に30億人を突破。14年は前年比で約7%増えたが、まだ43億人がネットを利用しておらず、その9割が途上国にいる。先進国市場の成長が鈍化する中で、アフリカやアジアを舞台とした「次の40億人」の争奪戦が一段と熱を帯びてきた。

「先進国ではネットにつながるのが当然だと思われているが、世界にはネットへのアクセスを持たない人が40億人いる。我々はこの40億人にネットを届ける大規模なプロジェクトに取り組んでいる」。グーグルのスンダル・ピチャイ上級副社長は、バルセロナで開催中の世界最大の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」の講演でこう強調した。

グーグルは南米など通信インフラの整備が遅れている地域で、気球を使って空からネット接続サービスを提供する「プロジェクト・ルーン」の実験を2年ほど前から続けている。

ピチャイ氏は昨年買収した米ベンチャー、タイタン・エアロスペースが開発した無人機の飛行実験を数カ月以内に始めると表明。事業化に向け、気球と無人機を組み合わせてサービスの信頼性や精度を高めていく方針を明らかにした。

グーグルは収益の大半を広告収入に依存している。先進国に比べると、新興国の広告市場はまだ小さいが、ネット人口が拡大すればグーグルの広告を見る利用者が増え、インフラへの投資を回収できるとみている。

フェイスブックは同社が中心となって設立したネット普及団体「internet.org(インターネット・ドット・オーグ)」を通じた無料ネット接続サービスの提供地域を拡大する。インドでは2月から、通信大手のリライアンス・コミュニケーションズと組んでタミルナドゥ州など6つの州でサービスを始めたが、全土に拡大する。

同サービスは提携する携帯電話会社の契約者を対象に、フェイスブックなど一部のネットサービスのデータ通信料をタダにして、ネットを初めて使う人のハードルを下げる取り組み。これまでにアフリカやアジアなど6カ国でサービスを提供しており、利用者数は合計700万人を超えた。

ネットを使い慣れると有料サービスに移行する人が多いため、「提携する通信会社の顧客や収益の拡大に貢献している」(マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者=CEO)という。フェイスブックにとっても利用者の拡大につながる。

閲覧ソフト(ブラウザー)開発の米モジラは仏携帯大手のオレンジと組み、エジプトやケニアなどアフリカ・中東の13カ国で、40ドルの超低価格スマートフォン(スマホ)を発売する。モジラは昨年から25ドルのスマホを途上国で販売しているが、新たに販売するスマホは代金に6カ月分の通話とデータ通信料を含むのが特徴。

仏アルカテル製のスマホに搭載された基本ソフト「ファイヤーフォックスOS」の開発責任者、リー・ゴン氏は「グーグルやフェイスブックは自分たちのサービスを使ってもらうのが狙いだが、我々は中立。ネットの使い方に制限はない」として普及に意欲を示す。



 
 
>TOP

エンペラドール、欧州・アフリカで事業拡大

nikkei.com

2015/3/6 23:27

■エンペラドール(フィリピンのブランデー最大手) 2014年の純利益は前年比5%増の58億ペソ(約158億円)で、売上高は9%増の320億ペソと増収増益になった。15年は35%の増収を目指し欧州とアフリカで事業を拡大する。

同社の役員によると「欧州やアフリカの数カ国で事業を開始する計画だ」という。ぶどう園を所有するフィリピンかスペインでワインを蒸留し、新市場向けのブランデーを生産する可能性があるという。

同社は14年、4億3000万ポンド(約786億円)を投じて、英老舗ウイスキーメーカーのホワイト・アンド・マッケイ(W&M)を買収している。(マニラ=クリフ・ベンゾン)



 
 
>TOP

[FT]冷戦後の地政学的不安を予測する難しさ

nikkei.com

2015/3/13 14:30

欧米諸国では、地政学リスクの予測という新たなビジネスが活況を呈している。争いが続く中東やロシアのウクライナ介入、中国の台頭による東南アジアの緊張など、世界を見渡すとその理由は明らかだ。こうした紛争や衝突は不幸な偶然などではない。一つの歴史の終結によりシステミックリスクの時代が訪れたのだ。

先日、大手シンクタンクのアスペン・イタリアと英王立国際問題研究所(チャタムハウス)が開催した会議に出席した。歴史学者が現在の世界情勢に与える名称を考え出そうとしているかのようにわたしには思えたのだが、「偉大なる解放」よりなお悪い名称が選ばれそうな勢いだった。このビジネスリーダーや政策立案者の会合は、栄光ある静寂のベニスで行われた。その議題内容は、冷戦後の秩序にもたらされた破断についてであった。

共産主義の崩壊後、欧米は想定の間違いから楽観的な姿勢を保った。過去25年間の介入の基礎となった想定の大部分が崩れた今、世界はより危険で予測が難しくなっている。

■超大国から降りた米国

その1つが、パックス・アメリカーナの永続性だ。米国の揺るぎない覇権主義についての息をつかせぬ論調を覚えているだろうか。21世紀を迎えるにあたり、米連邦政府は、米国が唯一の超大国として21世紀の国際関係の形成を主導することになると予想し、多くの専門家がそれに賛同した。新興国への対応は必要となるだろうが、それでも平和の保証人としての米国の立場は変わらないと思われた。

この幻想が砕け去った正確な時期について歴史学者が論争を繰り広げるのは間違いないだろう。イラクの衝撃や恐怖に続いた混沌もいいタイミングかもしれない。米国の限界は最終的にはアフガニスタンとイラクでの戦争により引き出されたが、時を同じくして中国やインドをはじめとした新興国が想定以上の早さで台頭した。テロとの戦いは軍隊の力不足を見せつけただけではなかった。アブグレイブ収容所やグアンタナモ米軍基地の問題は、米国の主導は常に善であるという考えを打ち砕いた。

米国の「衰退主義」は大げさ過ぎるかもしれない。ハーバード大学教授のジョセフ・ナイ氏は、「米国の時代は終わったのか」と問う新作で、経済・人口動態・地理・軍事面における米国の揺るぎない強さを指摘する。また、米国衰退の予言の多くがシェール革命によって素早く覆されたことに言及しておくことも有益だ。間違いないのは、21世紀の米国には、20世紀に用いた方法で地政学的な秩序を保つ力や意思はないだろうということだ。連邦議会での共和党の反対に対し、将来大統領になる人物は、多極的な世界の制約に関する認識において、オバマ大統領に従って続かざるをえないだろう。

■支持を集めるポピュリスト

想定の2つ目は、ヨーロッパに関するものだ。欧州連合(EU)の創設者たちは、大きな傷痕を残した国粋主義の対抗から抜けだし、深く融合したポストモダニズムのモデルへと移行するために、ユーロの導入を欧州連合の総仕上げと位置づけていた。欧州の国境は恒久的に固定され、大陸は戦争に別れを告げた。

また、欧州の戦後モデルがまずはEU以外の東欧に輸出された後、新興国のひな型となることが想定された。この想定はしばらくは機能した。かつての共産国は相次いで民主主義の国々に加わろうとし、規範的な国々となる可能性を公言した。

しかし今はどうだろう。ユーロへの期待は薄れ、政治・経済の両面で欠かせない支えを欠いている。近年の金融危機の後でさえ、加盟国はユーロを存続させるために十分な統治を行うことには後ろ向きであるように見える(私はギリシャがユーロにとどまれるかどうかまだ確信が持てない)。国粋主義の復活は、負債や損失の議論では抑え込めない。左右両方のポピュリスト(大衆迎合主義者)は、荒廃したグローバル化へのドアを閉ざすよう政府に求めることで支持を集めている。

そして3つ目の想定だ。これは、経済的な相互依存により国内の競争を和らげ、国際的な供給網によってより効果的な世界統治がもたらされるというものだ。しかし、実際に我々が目にしているのは、ロシアのプーチン大統領の報復主義や、中国と近隣諸国の領海紛争問題など、国粋主義の争いの復活だった。

欧州の人々がポストモダニズムの統合について考え直すのであれば、台頭しつつある国々(ロシアの場合は衰退であるが)の大半が国家主権の共有という考えに賛同していない点についてだ。中東やアフリカの一部が直面する脅威は国の崩壊によるものだし、アジアでの場合は国家間の競争によるものだ。

では、ビジネスはこの政治リスクの高まりにどのように対応すべきか。多くのビジネスが、競合相手の価格設定や経済成長、規制について心配しつつも、政治リスクは無視している。しかし、ロシアの投資家やロシアと取引のある輸出業者は、現状に満足していると損失を被ることを学んだ。

こうした人々は、多国的な供給網やジャスト・イン・タイム生産のプロセスを運営しているが、世界は変わっていることを理解する必要がある。冷戦の時代は危険はあったが安定していた。偉大なる解放は、危険なレベルにまで予測不可能な世界を生み出した。地政学的リスクの予測でお金が稼げるということは、そのリスクを理解することで節約できるお金があるということなのだ。

By Philip Stephens

(2015年3月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)



 
 
>TOP

難民に冷たい国でいいのか

nikkei.com

2015/3/16 3:30

母国での迫害や戦乱などを理由に難民としての保護を日本に求めて来た人々のうち、政府が2014年に難民と認めて受け入れを決めたのは11人だった。16年ぶりの1ケタに落ち込んだ前年より5人増え、2ケタを回復した。

とはいえ、国際的にみて際立って少ないことに変わりはない。他の主要7カ国(G7)のメンバーに比べると、2ケタも3ケタも少ないのが実情だ。「難民鎖国」とか「難民に冷たい国」といった批判を、甘んじて受け入れざるを得ない実績といえる。

14年に保護を求めてきた申請者は5000人と過去最高だった。申請が増えた一因として、迫害などのおそれがないのに職だけを求めて来る「偽装難民」の存在が指摘されている。

難民かどうかを判定する実務をになう人たちの仕事は難しさを増している。だからといって、本当に迫害のおそれのある人たちを受け入れて保護するという責務を果たさないのでは、本末転倒だ。

こうした問題を踏まえ、出入国管理政策に関する法相の私的懇談会は昨年12月、難民認定制度の改革を促す報告書をまとめた。

注目したいのは、日本の先例だけでなく海外の事例を参考にしたり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の文書を生かしたりする必要があるとの指摘だ。

他の先進国に比べ受け入れる難民が少ない一因として、日本は国際的な動向への目配りが足りない、との批判をかねて受けてきた。報告書を足がかりに、難民に温かい国へと脱皮するための改革を政府は早期に具体化すべきだ。

安倍政権は観光立国をかかげて途上国からの旅行客に対する門戸を広げてきた。人手不足に悩む産業界の要望にこたえて外国人技能実習生の受け入れ枠拡大に踏み切ることも決めた。

自国の利益に役立つ場合に限って外国人を受け入れる姿勢を見せ、人道的な理由で保護を求めてくる人々は拒む−−。そんな日本でいいわけはない。



 
 
>TOP

アフリカの湿潤サバンナで農業を行うためのコスト

Nature Climate Change

2015年3月17日

Counting the cost of farming Africa’s ‘wet savannahs

世界の食物とバイオエネルギーに対する需要を満たすためにアフリカの湿潤サバンナで農業を行うと、炭素と生物多様性の点で高いコストを負う可能性のあることを明らかにした論文が今週のオンライン版に掲載される。かつて、アフリカの湿潤サバンナを耕地に転換した場合には環境に与える影響が比較的小さいとする研究報告があったが、これと両立しない知見が今回の研究で得られた。

過去の研究の一例として、国連食糧農業機関の研究報告では、アフリカのサバンナと灌木地が耕地拡大のための候補地であることがほのめかされていた。しかし、土地の用途転換が炭素排出量と生物多様性に与える影響については十分に解明されていない。

今回、Timothy Searchingerたちは、広範にわたる「適切な」(農業にとって十分な土壌水分のある)アフリカのサバンナ、灌木地、森林地帯で農業を営むことに伴う炭素と生物多様性のコストに関するモデル研究を行った。その結果、これらの陸地のうち、高い炭素コストを負わずに高収量の耕地に転換できるものの割合は、トウモロコシを栽培する場合には2〜3%、ダイズを栽培する場合には10%という少ない割合であることが分かった。また、ヨーロッパの温室効果ガス排出削減基準に適合したバイオ燃料を生産できる土地は1%未満だった。またSearchingerたちは、今回の研究で対象となった地域における鳥類と哺乳類の平均多様性が熱帯雨林の場合に似ていることも見いだした。今回の研究は、生物多様性の保全と二酸化炭素排出量の抑制を目指す政策立案者が、バイオ燃料と食物の生産量の大幅増加のためにアフリカの湿潤サバンナを選んではならないことを示唆している。

アフリカの湿潤サバンナで農業を行うためのコスト

High carbon and biodiversity costs from converting Africa’s wet savannahs to cropland



 
 
>TOP

ミシェル夫人と昭恵夫人が講演 途上国の女子教育推進

nikkei.com

2015/3/19 11:28

オバマ米大統領のミシェル夫人と安倍晋三首相の昭恵夫人は19日午前、都内で開いた教育関連行事で講演し、途上国での女子教育支援を進める考えを表明した。昭恵夫人は「世界をリードする日米が手を携えれば多くのことができる」と強調。ミシェル夫人は「教育は全てのチャンスの出発点だ。力を合わせて世界の女性に機会を与える」と述べ、日米両国が先頭に立って、世界で教育環境を整える必要性を訴えた。

両夫人は、日米が連携して教育支援を進めるための共同文書を発表した。途上国での女子教育環境の改善に取り組むことや、国際協力機構(JICA)と米政府関連のボランティア組織との協力を強化することなどを盛り込んだ。

共同文書では、世界で通学していない少女が約6200万人にのぼり「経済的な機会を失い、エイズや暴力に対して脆弱だ」と指摘。「日米両国が学校や地域社会、教育行政と連携し女子教育を改善するために協力する」と述べた。

ミシェル夫人は19日午後、天皇、皇后両陛下や安倍首相と面会する。首相は4月下旬からの大型連休に訪米する予定で、それに先立ち日米連携をアピールする狙い。



 
 
>TOP

米政府、温暖化ガスを25年に4割削減 企業にも行動促す

nikkei.com

2015/3/20 11:43

【ワシントン=川合智之】オバマ米大統領は19日、連邦政府機関の温暖化ガス排出量を2025年に08年比で40%削減すると発表した。政府機関は米国内でエネルギー消費が最も多い組織で、率先して省エネに取り組む。目標達成には産業界の協力が不可欠で、政府が地球温暖化対策に積極的に取り組む姿勢を打ち出すことで民間企業の行動を促す。温暖化対策に積極的な姿勢を世界にアピールする狙いもある。

オバマ氏が同日、大統領令に署名した。政府調達先の企業とあわせて温暖化ガス排出量を25年までに08年から2600万トン減らす。省エネなどで電気代も180億ドル(約2兆2千億円)減らせる見通しだ。

具体的には、政府保有車のうち電気自動車やプラグインハイブリッド車などの割合を増やす。政府庁舎のエネルギー使用量を年2.5%ずつ減らすほか、25年までにエネルギー消費の30%をクリーンエネルギーでまかなう計画だ。

政府調達先の企業も19日、協力を表明した。IBMはエネルギー消費に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を20年末までに05年比で35%削減し、再生可能エネルギーの活用も全消費電力の20%に広げる。ゼネラル・エレクトリック(GE)は省エネ技術や環境製品への投資を拡大。各社合計で20年までに500万トンの温暖化ガスを削減する。

オバマ氏は19日、エネルギー省に設置された太陽電池パネルを視察し「政府が自ら率先することが重要だ」と述べた。気候変動に対処しながら経済を成長させることは可能だと強調し、対策強化の必要性を訴えた。

オバマ氏は昨年11月、習近平中国国家主席と温暖化ガス排出の削減目標を発表した。米は25年までに05年比で26〜28%減らし、中国はCO2排出を30年ごろをピークに減らすと表明した。温暖化対策を政治的遺産(レガシー)としたいオバマ氏が働きかけた格好だ。

これまで温暖化対策に消極的だった米中が世界に先駆けて目標を示すことで、年末にパリで開く第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で指導力を発揮する狙いがある。一方、日本は原子力発電所の活用などの議論が進まず、目標を策定できていない。



 
 
>TOP

☆ United Nations Information Centre, Tokyo
☆国連広報センター
☆広報資料 2015年3月25日 プレスリリースpr15-031-J

奴隷および大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー(3月25日)に寄せる潘基文(パン・ギムン)国連事務総長メッセージ

4世紀を超える期間にわたり、約1,500万のアフリカ人が故郷から米州へと強制連行されました。奴隷商人によって買われた人々の数は、これよりもさらに多数に上りました。生き残った奴隷は売買され、すべての尊厳を剥奪され、すべての人権を否定されました。奴隷の子どもたちでさえ、親から引き離されて売られ、その利益は「所有者」のものとなりました。大西洋間奴隷貿易が極悪犯罪であり、人類史上の汚点であることは、今も変わりません。

今年の「追悼デー」では特に、奴隷貿易の犠牲となり、命を失った多くの女性に哀悼の意を表します。これらの女性は、性と生殖における奴隷化、強制売春、執拗な性暴力、強制出産、生まれた子どもの売買など、恐ろしい暴力を受けました。

それでも、女性奴隷はそのコミュニティの尊厳の維持に重要な役割を果たしました。そのリーダーシップや勇敢な抵抗は、軽視されたり、忘れ去られたりすることがあまりにも多くなっています。

悲しいことに、奴隷制はまだ終わっていません。奴隷制は強制労働や人身取引、性的搾取や奴隷同然の条件での監禁に形を変えて、今も世界各地で根強く生き残っています。こうした卑劣な慣行の根底には、根深い人種主義があります。人種主義に潜む危険を誰の目にも明らかにすることは、絶対に欠かせません。国連広報局の「Remember Slavery Programme(奴隷制の記憶プログラム)」では、大西洋間奴隷貿易の実態と、不寛容が単なる態度から憎悪と暴力行為へと、いかに簡単に進行してしまうかについての教育を行っています。

私は今年の国際デーを記念して、ニューヨークの国連本部で、奴隷制と大西洋間奴隷貿易の犠牲者を悼む常設記念碑の除幕式を行います。ビジターズ・プラザに設置されるこの「Ark of Return(帰還の方舟)」は、全世界からの見学者に、奴隷貿易という恐ろしい遺産を痛感させることになるでしょう。また、過去を記憶し、犠牲者を悼むことによって、私たちの「癒し」を助けるという意味もあります。

私はこの重要な追悼デーにあたり、子どもたちが人種主義と偏見のない、すべての人に平等な機会と権利がある世界に暮らせるよう、現代的な奴隷制を終焉させる決意を新たにすることを求めます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-70
国連大学本部ビル8階
Tel: 03-5467-4451
Fax:: 03-5467-4455
UNIC Tokyo Homepage: http://www.unic.or.jp/(日本語)
United Nations Homepage: http://www.un.org/



 
 
>TOP

ANA、南米・アフリカ就航へ 片野坂HD新社長に聞く

asahi.com

土居新平、上栗崇2015年3月31日04時14分

4月にANAホールディングス(HD)の社長に就く片野坂真哉副社長(59)が30日、朝日新聞のインタビューに答え、日本の航空会社が就航していない南米、アフリカ、中央アジアに路線を開設する考えを明らかにした。10年間で国際線の売上高を現在の1・5倍に拡大するという。

2025年度には国際線の売上高が国内線を上回る計画だ。日本航空はブラジル・サンパウロやエジプト・カイロに就航していたが、今は撤退している。資源が豊富なカザフスタンなどを含む中央アジアへの路線は、日本の航空会社で初めてとなる。

就航都市は今後詰めるが、片野坂氏は「日本人や日本企業が多いかどうかではなく、アジアなどからの乗り継ぎ需要を重視する」とした。ライバルの日本航空は公的資金で再生されたため、国土交通省が17年3月まで新規路線の開設を抑制している。片野坂氏は「2年のうちにできる限り新規路線を広げて先手を打ち、今後の日航との競争を有利に運びたい」とした。

■スカイマーク支援「主導権握る必要」

片野坂氏は、民事再生手続き中のスカイマークについて「正しい経営ができるよう、我々が主導権を握る必要がある」と述べた。支援企業に立候補しており、すでに支援中の投資ファンド・インテグラルが株の過半を握ったり、取締役会で多数を占めたりすることに反対する考えだ。

インテグラルの佐山展生代表を「航空に詳しくない人が、航空会社の支援がなくても大丈夫などと言うのは違和感がある」と批判。「我々が支援すれば、社員が本当に望む姿へと再生できる」とした。支援に名乗りを上げた理由は「競合他社に、スカイマークが持つ(羽田空港の)発着枠を奪われるのは困る」とした。(土居新平、上栗崇)



UP:2015 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)