HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2013年10月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

アフリカ日本協議会(AJF)2013
HIV/AIDS 2013
グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
日本・ブラジル・モザンビーク三角協力プロジェクトPro SAVANAを問う
アフリカ熱帯林の現状と日本との関係
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

◆2013/10/01 時事ドットコム 日本の支援見直し要求=モザンビーク農業開発−NGO
◆2013/10/01 AllAfrica.com Namibia: Portray Disability Positively - Kavetuna
◆2013/10/01 AllAfrica.com Sierra Leone: Deaf and Dumb Lament Government Neglect, Societal Discrimination
◆2013/10/01 毎日新聞 ケニアテロ:政府当局が1年前に可能性指摘 米紙報道
◆2013/10/01 nikkei.com アフリカの電力輸出国めざす ナミビアの挑戦
◆2013/10/02 nikkei.com ソマリアから軍撤退せず ケニア大統領
◆2013/10/02 nikkei.com 英首相、国際紛争への関与「縮小せず」
◆2013/10/02 Nigerian Tribune 22-year-old rapes 3-year-old deaf and dumb girl
◆2013/10/02 Nyasa Times Fedoma angered with Malawi gov’t delays to gazette disability Bill
◆2013/10/02 asahi.com デモで被害の収蔵品、修復し公開 エジプト考古学博物館
◆2013/10/03 BusinessGhana Takoradi celebrates International Week of the Deaf
◆2013/10/03 Ghana News Agency Bong District Assembly reject project that is not disability friendly
◆2013/10/03 AllAfrica.com Tanzania: Man Spared Jail Over Rape of Disabled Girl
◆2013/10/03 毎日新聞 リビア:ロシア大使館に発砲、武装勢力5人が死傷
◆2013/10/03 asahi.com リビアで武装集団がロシア大使館襲撃 集団側1人死亡
◆2013/10/03 毎日新聞 アフリカ難民:イタリア沖で難破、94人死亡
◆2013/10/03 nikkei.com 西アフリカのガンビア、英連邦から脱退
◆2013/10/03 nikkei.com エジプト暫定政権、経済再建に着手 政変3カ月
◆2013/10/04 nikkei.com 千代田化工、ガボンで海底油田開発 三菱商事系に出資
◆2013/10/04 nikkei.com 三井物産、モザンビーク公社と連携 天然ガス関連産業を創出
◆2013/10/04 asahi.com ナイジェリアで小型機墜落、15人死亡 エンジン故障か
◆2013/10/04 asahi.com 南スーダンPKO再延長へ 安保理決議受け、1年間
◆2013/10/04 yomiuri.co.jp イタリア南部沖で難民船沈没、93人死亡
◆2013/10/04 yomiuri.co.jp イタリア最南端沖の難民船沈没、死者300人か
◆2013/10/04 毎日新聞 ソマリア過激派:象牙密輸でテロ軍資金 ケニア襲撃に関与、月6000万円収益か
◆2013/10/04 AFP BB News アフリカ難民船がイタリア沖で沈没、死者300人超える恐れ
◆2013/10/04 asahi.com アフリカからの移民船炎上、死者110人超 イタリア
◆2013/10/04 asahi.com アフリカからの移民船炎上、死者110人超 イタリア
◆2013/10/04 毎日新聞 ケニア:過激派アルシャバブが象牙の違法取引に関与か
◆2013/10/04 毎日新聞 エジプト:ラムセス2世の石像発掘
◆2013/10/05 nikkei.com モルシ派、エジプト全土でデモ 衝突で4人死亡
◆2013/10/05 asahi.com エジプト全土で抗議デモ 4人死亡、45人負傷
◆2013/10/05 cnn.co.jp エジプト各地で衝突 4人死亡、40人負傷
◆2013/10/05 yomiuri.co.jp モルシ派デモ、治安部隊と衝突…4人以上死亡か
◆2013/10/05 毎日新聞 エジプト:モルシ派デモ、住民ら衝突…4人死亡
◆2013/10/05 Ghana Business News Director dismisses misconceptions about deaf persons
◆2013/10/05 毎日新聞 イタリア沖難民船:毛布に火「救難信号」あだ…生存者証言
◆2013/10/05 asahi.com イタリア移民船事故、救助難航 死者300人超の可能性
◆2013/10/05 nikkei.com 航空温室ガス規制で合意 国連専門機関、20年までに導入
◆2013/10/06 asahi.com 米特殊部隊、ケニア襲撃組織の拠点を急襲 指導者殺害か
◆2013/10/06 cnn.co.jp 米軍、リビアとソマリアで対テロ作戦 アルカイダ幹部を拘束
◆2013/10/06 nikkei.com 米、アルカイダ幹部を拘束 リビア・ソマリア同時作戦
◆2013/10/06 nikkei.com 米、アルカイダ幹部を拘束 リビア、ソマリア同時作戦
◆2013/10/06 nikkei.com 米、アルカイダ幹部拘束 リビア・ソマリアで同時作戦
◆2013/10/06 毎日新聞 懸賞金500万ドル:アルカイダ幹部を拘束 米がリビアで
◆2013/10/06 Sudan Tribune S. Sudan’s new labour bill to protect physically disabled: official
◆2013/10/07 asahi.com エジプトの抗議デモ、51人死亡 治安部隊などと衝突
◆2013/10/07 cnn.co.jp エジプトで治安部隊とデモ隊衝突 51人死亡、268人負傷
◆2013/10/07 nikkei.com エジプトで衝突、50人以上死亡 デモ隊と治安部隊
◆2013/10/07 yomiuri.co.jp エジプト衝突拡大、死者51人…軍は実弾使用か
◆2013/10/07 yomiuri.co.jp エジプト、モルシ派423人逮捕…53人死亡
◆2013/10/07 毎日新聞 エジプト:各地で衝突…51人死亡
◆2013/10/07 毎日新聞 世界道ものがたり:ムイッズ通り エジプト・カイロ
◆2013/10/07 cnn.co.jp ソマリアの米軍作戦、標的は武装勢力のケニア人幹部か
◆2013/10/07 毎日新聞 ソマリア:米軍急襲 ケニアテロ首謀者狙いか
◆2013/10/07 nikkei.com 米国防長官「対テロ作戦を継続」 リビア・ソマリア作戦受け
◆2013/10/07 nikkei.com アルカイダ幹部の拘束「リビア人が参加」 仏ラジオ伝える
◆2013/10/07 cnn.co.jp ケニアのモール襲撃事件、米国人含む実行犯4人の身元判明
◆2013/10/08 ブルームバーグ 賃上げの陰で人員削減進む−南アの鉱山ストは「もろ刃の剣」
◆2013/10/08 nikkei.com 子ども「人間の盾」に ソマリア・イスラム過激派
◆2013/10/08 The Star Online District welfare head rapped for not meeting disabled
◆2013/10/08 yomiuri.co.jp 沈没難民船から新たに100遺体…死者211人
◆2013/10/08 nikkei.com エチオピア新大統領に元駐日大使
◆2013/10/08 asahi.com イタリア移民船事故、死者232人に 不明者多数
◆2013/10/08 asahi.com エジプト、デモ弾圧強化 治安部隊と衝突、54人死亡
◆2013/10/08 jp.reuters.com 2014年のアフリカ成長率、5.3%に加速=世銀
◆2013/10/09 jp.reuters.com 日産 、スタリオンとナイジェリアでの組み立て開始で合意
◆2013/10/09 時事ドットコム マンデラ氏孫、銃突き付ける=車トラブルで男性に、警察聴取−南ア
◆2013/10/09 yomiuri.co.jp イスラム過激派、少年を盾に?米特殊部隊が撤退
◆2013/10/09 cnn.co.jp 米政府、対エジプト軍事支援を全面打ち切りへ
◆2013/10/09 cnn.co.jp ムルシ前大統領の公判、来月4日に開始 エジプト
◆2013/10/09 cnn.co.jp エジプト軍事支援の一部停止へ、数日中に発表 米政府
◆2013/10/09 毎日新聞 エジプト:ムスリム同胞団のNGO登録取り消し
◆2013/10/21 47NEWS 中央アフリカ、戦闘で23人死亡 治安悪化
◆2013/10/10 Sankei Biz 伊藤忠がコートジボアールに現地法人 10年ぶり復活
◆2013/10/10 nikkei.com 伊藤忠、コートジボワールに現法
◆2013/10/10 cnn.co.jp 武装集団がリビア首相を拉致し連れ去る、首都の高級ホテル
◆2013/10/10 asahi.com リビア首相、拉致か 中東衛星テレビ報道
◆2013/10/10 nikkei.com リビア首相、武装グループに拉致される 現地報道
◆2013/10/10 cnn.co.jp 拉致されたリビア首相解放 国営メディアが伝える
◆2013/10/10 asahi.com リビア首相を一時拉致 旧反体制派が犯行声明
◆2013/10/10 毎日新聞 リビア:武装集団、首相を一時拉致 米作戦に反発か
◆2013/10/10 cnn.co.jp 米政府、エジプト軍事支援を大幅縮小
◆2013/10/10 yomiuri.co.jp 米、エジプト軍事支援を一部停止…クーデターで
◆2013/10/10 nikkei.com エジプト前大統領、11月に初公判
◆2013/10/10 nikkei.com エジプト国防相、大統領選出馬に含み
◆2013/10/10 nikkei.com 米、エジプト軍事支援を大幅縮小 文民政権樹立促す
◆2013/10/10 nikkei.com エジプト、米国離れ加速も 軍事支援縮小で
◆2013/10/10 毎日新聞 エジプト:米 F16戦闘機など軍事支援停止 資金援助も
◆2013/10/10 毎日新聞 エジプト:反米感情さらに…軍事支援一部停止で
◆2013/10/10 nikkei.com 途上国では水銀汚染拡大 採掘現場の規制で課題も
◆2013/10/11 cnn.co.jp リビア首相、国民に平静呼びかけ
◆2013/10/11 nikkei.com リビア首相、武装勢力が一時拉致 米作戦に報復か
◆2013/10/11 yomiuri.co.jp 新幹線線路に侵入のガーナ人、12時間後に発見
◆2013/10/11 日経ビジネスオンライン 3500円スマホはアフリカを席捲するか?
◆2013/10/12 cnn.co.jp イタリア沖で難民船転覆 200人以上を救出
◆2013/10/12 yomiuri.co.jp 難民船また転覆、27人死亡…イタリア沖
◆2013/10/12 毎日新聞 地中海難破:難民ら33人死亡 イタリア沖で再び
◆2013/10/12 asahi.com 移民船また転覆、少なくとも27人死亡 イタリア沖
◆2013/10/12 asahi.com リビア首相「拉致はクーデター狙い」 解放後テレビ演説
◆2013/10/12 asahi.com 移民船また転覆、少なくとも27人死亡 イタリア沖
◆2013/10/13 時事ドットコム ケニア大統領の裁判延期要求=国際刑事裁判所に不満−AU
◆2013/10/13 cnn.co.jp 新たに移民船4隻の452人救出 イタリア沖
◆2013/10/13 毎日新聞 エジプト:同胞団強制排除から2カ月 治安、安定せず
◆2013/10/13 毎日新聞 エジプト:ムバラク元大統領 革命「米が裏で糸を引いた」
◆2013/10/13 毎日新聞 チュニジア:政権と世俗派野党、和解協議始まる
◆2013/10/13 Autres Brésils "Les intérêts multiples et contradictoires du projet ProSavana" par Fatima Mello
◆2013/10/14 NHK オゾンホールと気温上昇に関係か
◆2013/10/14 cnn.co.jp 車爆弾事件で拘束の米国人が獄中死、自殺か エジプト
◆2013/10/15 asahi.com 南スーダンPKOの延長決定 来年10月まで1年間
◆2013/10/15 nikkei.com 南スーダンPKOを1年延長 政府、派遣上限410人に拡大
◆2013/10/15 cnn.co.jp リビアで拘束のアルカイダ幹部、米ニューヨークへ身柄移送
◆2013/10/15 yomiuri.co.jp リビアで拘束のアル・カーイダ幹部、NYへ移送
◆2013/10/15 毎日新聞 米国:アルカイダ幹部をNYに移送
◆2013/10/15 yomiuri.co.jp 「映画に協力を」ソマリア海賊おびき出し逮捕
◆2013/10/15 Jeune Afrique セネガルは、綿の記録的な生産高を期待している。
◆2013/10/15 AtlantaBlackStar 9-Year-Old Nigerian Becomes World’s Youngest Microsoft Certified Professional
◆2013/10/16 asahi.com 慈善の肉、届かぬ祭日 エジプト、同胞団抑圧の影
◆2013/10/16 cnn.co.jp リビ被告、ニューヨークの法廷で無罪を主張
◆2013/10/16 yomiuri.co.jp リビアで拘束のアル・カーイダ幹部、無罪を主張
◆2013/10/16 nikkei.com (そこが知りたい)アフリカ市場どう攻略? 豊田通商社長 加留部淳氏に聞く 相手国に貢献、信用高める
◆2013/10/16 Agencia de Informacao de Mocambique モザンビーク:政府、プロサバンナプロジェクトについてプレゼンテーションを行う
◆2013/10/17 聯合ニュース 韓国 アフリカに企業進出支援要請=産業フォーラム開催
◆2013/10/17 nikkei.com 「災害」死亡者、過去10年で最少 13年版世界災害報告
◆2013/10/17 cnn.co.jp 世界食料デー、飢えの問題解決のためできることは?
◆2013/10/17 cnn.co.jp 米軍、地中海で128人救出 ソマリアからの移民か
◆2013/10/17 yomiuri.co.jp 中国、途上国にレーダー売り込み…北京で博覧会
◆2013/10/18 AJF/HFW/JVC/PRIME 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)「平和学を考える」/AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所共催連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2013年度 第2回「生物多様性保全と農業開発:種子を通して考える」 @明治学院大学白金校舎
◆2013/10/18 立命館大学生存学研究センター セミナー「目の前のアフリカ」第4回「アフリカ文学の彩り:Black, White & Others」 @立命館大学衣笠キャンパス
◆2013/10/18 AllAfrica.com Nigeria: Gov Peter Obi Failed the Disabled in Anambra
◆2013/10/18 AllAfrica.com Malawi: 'Light of the World' Demands Rights for the Disabled
◆2013/10/18 nikkei.com サウジやチャド、非常任理事国に初選出
◆2013/10/18 asahi.com サウジアラビアなど非常任理事国に 国連安保理で選出
◆2013/10/18 毎日新聞 安保理:新選出のサウジ「辞退する」 非常任国5カ国改選
◆2013/10/18 毎日新聞 ケニア:商業施設テロ 地元の過激派関与の疑いが浮上
◆2013/10/18 asahi.com リビア軍幹部、銃撃され死亡 憲兵隊司令官バルガッシ氏
◆2013/10/19 AJF/日本リザルツ 緊急市民シンポジウム「エイズ・結核・マラリアは克服できる=世界基金と日本の貢献=」 @東京・麹町
◆2013/10/19 cnn.co.jp ケニアのモール襲撃事件にノルウェー人が関与か
◆2013/10/21 毎日新聞 マラリア:アフリカで年間60万人死亡 ワクチン実用化へ
◆2013/10/21 毎日新聞 中央アフリカ:衝突が激化…新旧政権、宗教の溝
◆2013/10/21 47NEWS エジプト、結婚式で銃撃3人死亡 コプト教会近く
◆2013/10/21 yomiuri.co.jp 結婚式会場で銃乱射、少女ら4人死亡…エジプト
◆2013/10/21 Osun Defender Gov. Ibrahim Shema abandoned deaf and dumb 1st child from a secret lover ready for DNA test to proof paternity claim
◆2013/10/21 Awoko Sierra Leone News:Stakeholders meet to popularize Disability Act
◆2013/10/21 AllAfrica.com Namibia: Visually Impaired Demand Dignity and Equal Opportunity
◆2013/10/22 nikkei.com UAE複合企業副会長「アフリカ投資、ドバイ窓口に」
◆2013/10/22 nikkei.com 米、アフリカ支援を拡大 中国を強くけん制
◆2013/10/22 MSN産経ニュース 野党、和平協定破棄を表明 モザンビーク
◆2013/10/22 The National Disabled former rebels vandalise Libyan parliament
◆2013/10/22 AllAfrica.com Gambia: Disaster and Living With Disability
◆2013/10/22 asahi.com 混乱エジプト、文化財危機 日本支援の博物館建設に暗雲
◆2013/10/23 AFP BB News 東アフリカ最大の天文台も、エチオピアが宇宙探査計画
◆2013/10/23 cnn.co.jp 国軍兵士がモールから商品略奪か、襲撃対応中の映像流出 ケニア
◆2013/10/23 The News Liberia: Senator Wants Support for Visually Impaired
◆2013/10/23 アフリカビジネスニュース ニトリがマダガスカルにて綿花事業を展開
◆2013/10/24 asahi.com 路上キスで逮捕、若者らが抗議の集団キス モロッコ
◆2013/10/24 nikkei.com [FT]アフリカ、経済統計に不備 一夜でGDP6割増も
◆2013/10/24 asahi.com ムルシ派に催涙弾、37人死亡 警察官を起訴 エジプト
◆2013/10/24 AllAfrica.com Uganda: We Must Maintain Disability Momentum
◆2013/10/24 New Vision UK minister hails Uganda on disability action
◆2013/10/24 cnn.co.jp スター・ウォーズのロケ地、砂に埋まる危機 チュニジア
◆2013/10/24 La Via Campesina モザンビークのプロサバンナプログラム
◆2013/10/25 AJF/HFW/JVC/PRIME 明治学院大学国際平和研究所(PRIME)「平和学を考える」/AJF・JVC・HFW・明治学院大学国際平和研究所共催連続公開セミナー「食べものの危機を考える」2013年度 第3回「アフリカにおける土地法の現状−タンザニアにおける慣習法と土地登記、そしてLand Grabbing−」 @明治学院大学白金校舎
◆2013/10/25 cnn.co.jp 2歳児と3歳児をレイプし殺害、男ら逮捕 南ア
◆2013/10/25 西日本新聞 乾燥下のスイカ、根伸ばす遺伝子 アフリカで発見
◆2013/10/25 AllAfrica.com Malawi: Deaf Week Activities Slated for Kasungu
◆2013/10/25 asahi.com 伊・ランペドゥーサ島にまた難民船 127人全員救出
◆2013/10/26 asahi.com エルバラダイ氏への「裏切り」告発を却下 エジプト
◆2013/10/26 cnn.co.jp ナイジェリア軍、イスラム過激派70人以上を殺害
◆2013/10/26 asahi.com イタリア、705人の難民救出 ランペドゥーサ島沖
◆2013/10/26 cnn.co.jp イタリア沖で移民船から700人近く救出 遭難相次ぐ
◆2013/10/26 cnn.co.jp 世界有数「星空保護区」、ナミブ砂漠
◆2013/10/27 毎日新聞 エジプト:TV辛口トーク 暫定政権にも批判・皮肉口撃
◆2013/10/27 毎日新聞 写真展:ニジェール女性の暮らしを写真で紹介 守谷であすから /茨城
◆2013/10/28 nikkei.com エジプト、人気の風刺TV番組復活 暫定政権皮肉る
◆2013/10/29 nikkei.com 米無人機の攻撃で過激派2人死亡 ソマリア
◆2013/10/29 asahi.com 米軍無人機、ソマリア武装勢力攻撃か 幹部ら2人死亡
◆2013/10/29 AllAfrica.com Kenya: Disabled Pupils Are Equally Intelligent
◆2013/10/29 asahi.com リビアで現金輸送車襲撃、54億円奪われる
◆2013/10/29 asahi.com 日本大使館書記官、レスリング外交 スーダンで親善試合
◆2013/10/30 asahi.com 15歳未満の出産、途上国で年200万人 世界人口白書
◆2013/10/31 asahi.com ニジェールの砂漠に87遺体 食糧危機での移民希望者か
◆2013/10/31 cnn.co.jp マラリア流行で死者800人近く、当局対応に批判 カメルーン
◆2013/10/31 yomiuri.co.jp 14歳以下で出産200万人…世界人口白書
◆2013/10/31 nikkei.com 15歳未満の出産200万人 国連、少女の権利保護を訴え
◆2013/10/31 nikkei.com [FT]エジプト、独裁体制へ傾斜する危険(社説)
◆2013/10/31 毎日新聞 エジプト:最高学府・アズハル大で学生デモ暴徒化
◆2013/10/31 asahi.com 資金提供の疑い、同胞団幹部逮捕 エジプト
◆2013/10/31 BusinessDay Thousands march in Mozambique against armed conflict, kidnappings

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://www.ipsnews.net/news/regional-categories/africa/

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」 東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文
◇原山 浩輔 2011/03/01 「途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−」 静岡県立大学 平成22年度 国際関係学部国際関係学科 卒業論文
◇田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方―ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える―


 
 
>TOP

英首相、国際紛争への関与「縮小せず」

nikkei.com

2013/10/2 21:50

【マンチェスター(英中部)=上杉素直】キャメロン英首相は2日、党首を務める保守党大会の閉幕演説で、中東やアフリカなど国際社会の紛争への関与を縮小しない考えを強調した。「(8月に英国の軍事介入の方針を否決した)シリアに関する下院の決議を踏まえ、英国の役割を見直すべきだとの意見がある。その意見には賛成できない」と語った。

首相は「もし世界で我々の存在感が低下すれば、今よりも安全と繁栄が低下する」と指摘。状況に応じて国外の紛争に介入することが、英国の国益にもかなうと訴えた。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年10月4日1時5分

アフリカからの移民船炎上、死者110人超 イタリア

【ローマ=喜田尚】アフリカ北部から多くの不法移民が漂着するイタリア南部のランペドゥーサ島近くで3日早朝、移民らを乗せた船が火災を起こして転覆、移民らが海に投げ出された。AP通信によると、死者は少なくとも114人に上った。

約150人が救助された。ただ、船には500人前後が乗っていたとされ、死者がさらに増える可能性が高い。沿岸警備隊によると、エリトリア、ガーナ、ソマリアなどからの移民らで、近くを通る船に発見されようと自ら火をつけた可能性があるという。



 
 
>TOP

航空温室ガス規制で合意 国連専門機関、20年までに導入

nikkei.com

2013/10/5 12:59

【ニューヨーク=共同】国連専門機関の国際民間航空機関(ICAO)は4日、カナダ・モントリオールで開いた総会で、航空機から出る温暖化ガスの削減策を2020年までに導入することを決めた。排出量取引など市場メカニズムに基づく仕組みを設計する。ICAOは、温暖化をめぐるこうした対策への国際的な合意は主要産業界では初めてとしている。

具体的な内容は今後ICAO加盟各国間の交渉を経て作成し、次回16年の総会で決定する。AP通信によると世界全体の二酸化炭素排出量の中で航空産業が占める割合は2%未満だが、発展途上国を中心に拡大を続けている分野のため、対応を急ぐ。

ICAOのロベルト・コーベ理事会議長は今回の決定を「航空産業が多国間の話し合いにより温暖化対策に取り組む上で、歴史的な前進」と評価した。



 
 
>TOP

2014年のアフリカ成長率、5.3%に加速=世銀

jp.reuters.com

2013年 10月 8日 00:36 JST

[ヨハネスブルク 7日 ロイター] - 世界銀行は7日、サハラ以南アフリカの2014年の経済成長率が5.3%に加速するとの見通しを示し、従来予想の5.1%から上方修正した。

半期に一度の報告書で明らかにした。

15年の成長率見通しも従来の5.2%から5.5%に引き上げた。

13年は4.9%の成長を見込み、12年の4.2%から加速する見通しとした。



 
 
>TOP

途上国では水銀汚染拡大 採掘現場の規制で課題も

nikkei.com

2013/10/10 11:35

水銀による健康被害の防止などを目指す水俣条約。水俣病の教訓などから先進国での水銀の使用量は減っているが、発展途上国では小規模な金採掘場で広く使用され汚染が拡大している。10日採択した条約は、採掘現場での使用と排出の削減を批准国に求めるものの禁止にはせず、課題はなお残っている。

「水俣の悲劇がインドネシアで再発するのを恐れている」。熊本市のホテルで8日、非政府組織(NGO)のグループが開いた記者会見で、インドネシアから参加したユーユン・イスマワティさんは真剣な面持ちで漏らした。

アジアやアフリカ、南米では、採掘した金を水銀を使って抽出する方法が広く普及している。安価な設備投資で、簡単に事業が始められるからだ。田畑や河川に水銀を含んだ廃液や汚泥が垂れ流されている地域もある。

国連環境計画(UNEP)によると、2010年の世界の大気中への水銀排出量は推定1960トン。小規模な金採掘現場での水銀使用によるものが37%と最も多い。

インドネシアで水銀汚染状況を調査した鹿児島大大学院の冨安卓滋教授(環境化学)は健康被害を懸念しつつ「発展途上国では金採掘が生活の糧になっている。危険だからといって、すぐ禁止は難しい」と話す。

現地では多くのコメ農家などが安定した現金収入を求め、非合法な金採掘や精錬に手を染めている。代わりの収入を確保せずに一律に禁止しても闇で続ける恐れがあるため、実効性が期待できないのだという。

冨安教授は「土壌や河川の汚染が進めば、金が採れなくなった後に農家に戻ることもできなくなる。国家レベルで資金援助をするだけでなく、住民が金採掘以外で生活できるようなきめ細かい支援策が必要だ」と指摘している。〔共同〕



 
 
>TOP

イタリア沖で難民船転覆 200人以上を救出

cnn.co.jp

2013.10.12 Sat posted at 10:21 JST

ローマ(CNN) イタリア南部ランペドゥーザ島沖で11日、数百人の難民が乗った船が転覆し、これまでに200人以上が救出された。マルタ当局が明らかにした。

現場はランペドゥーザ島の南約60海里(約111キロ)の国際水域で、マルタ軍によると、これまでに少なくとも4人の遺体が回収されており、現在も生存者の捜索が続いているという。

当局によると、この船には250人が乗っていたと見られ、イタリア軍とマルタ軍がヘリコプターとボートを使って206人を救出したという。

この船がどこから来たのかは不明で、イタリア軍とマルタ軍は船に乗っていた難民の身元を明らかにしていない。

ランペドゥーザ島はイタリアの島の中でアフリカ大陸に最も近く、アフリカから欧州連合(EU)諸国を目指す難民が押し寄せている。そのため、同島の周辺では難民を乗せた船の転覆事故が相次いでおり、今月3日にも、ランペドゥーザ島沖でアフリカからの難民500人以上を乗せた船が出火後に沈没し、309人が死亡した。



 
 
>TOP

難民船また転覆、27人死亡…イタリア沖

【パルマ(イタリア北部)=青木佐知子】AP通信によると、イタリア最南端ランペドゥーザ島沖で11日、北アフリカからの難民を乗せた船が転覆し、少なくとも27人が死亡した。

イタリアやマルタの当局が生存者の救出にあたっており、221人が救出された。

現場は、同島から約100キロ・メートル南東の海域。船には約250人が乗っており、11日午後に船にトラブルが起こったとみられる。

同海域では10月3日にも、ソマリア難民らを乗せた密航船が沈没し、少なくとも339人が死亡した。欧州連合(EU)は8日、同海域の警備に対する支援強化で合意したばかりだった。

北アフリカに近い同島周辺では、2011年の民衆蜂起「アラブの春」以降、北アフリカなどからの難民が欧州を目指して船で押し寄せ、海難事故が相次いでいる。

(2013年10月12日11時20分 読売新聞)



 
 
>TOP

地中海難破:難民ら33人死亡 イタリア沖で再び

毎日新聞 2013年10月12日 11時00分(最終更新 10月12日 11時04分)

【ローマ福島良典】地中海に浮かぶイタリア最南端ランペドゥーサ島の沖で11日、約250人の難民・移民を乗せたとみられる船が転覆し、イタリアのANSA通信によると、33人の死亡が確認された。

現場はランペドゥーサ島の約130キロ南東海上。ランペドゥーサ沖では今月3日にも、約500人のアフリカ難民を乗せた船が炎上・沈没し300人以上が犠牲となる海難事故が起きたばかり。救難活動を行ったマルタ海軍によると、上空を通過した偵察機の注意を引こうとして難民・移民が船の片側に集まったため、転覆したという。難民・移民の国籍は伝えられていない。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年10月12日16時9分

移民船また転覆、少なくとも27人死亡 イタリア沖

【ウィーン=喜田尚】地中海の島国マルタの政府は11日、イタリア南部のランペドゥーサ島から南東約100キロの公海上で多数の移民を乗せた船が転覆、少なくとも27人が死亡したことを明らかにした。マスカット首相は「死者数はさらに増えそうだ」と語った。

ロイター通信などが伝えた。約220人が救助される一方、イタリアのANSA通信は計50人の遺体が確認されたと伝えた。船に何人が乗っていたかは分かっていない。

ランペドゥーサ島沖では3日、約500人とされる移民を乗せた船が火災を起こして転覆している。



 
 
>TOP

asahi.com 2013年10月12日16時9分

移民船また転覆、少なくとも27人死亡 イタリア沖

【ウィーン=喜田尚】地中海の島国マルタの政府は11日、イタリア南部のランペドゥーサ島から南東約100キロの公海上で多数の移民を乗せた船が転覆、少なくとも27人が死亡したことを明らかにした。マスカット首相は「死者数はさらに増えそうだ」と語った。

ロイター通信などが伝えた。約220人が救助される一方、イタリアのANSA通信は計50人の遺体が確認されたと伝えた。船に何人が乗っていたかは分かっていない。

ランペドゥーサ島沖では3日、約500人とされる移民を乗せた船が火災を起こして転覆している。



 
 
>TOP

新たに移民船4隻の452人救出 イタリア沖

cnn.co.jp

2013.10.13 Sun posted at 14:59 JST

ローマ(CNN) 沖合の地中海で密航船の転覆事故などが相次ぐイタリアの沿岸警備隊当局者は12日、同国南部ランペドゥーザ島周辺で不審な船などの捜索を新たに実施、ゴム製のボートや漁船など4隻を見つけ、計約452人を救出したと述べた。CNNに明らかにした。

同島近くでは11日、船が転覆して不法移民の34人が死亡、200人以上を助け出した。今月3日には船が沈没し358人が死亡する事故もあった。この事故では新たな遺体も発見され続けている。

沿岸警備隊によると、11日の事故判明から数時間後、ランペドゥーザ島から南東へ約145キロ離れた海域で新たな捜索作戦を3度にわたって実施。船2隻から約200人、救助信号を出した別の1隻から72人を助け出した。

また、12日朝には漁船を見つけ、180人を救出した。

国連は生存者の情報を引用し、11日に転覆した船には最大400人のシリアやパレスチナの住民が乗っていたと述べた。

ランペドゥーザ島はアフリカや中東諸国からの不法移民の目的地となっており、イタリア政府は対応に苦慮している。同国海軍は3日の事故を受け、シチリア島とアフリカ沿岸の間の地中海に艦船2隻を追加派遣し、警戒態勢を強化した。

同国のANSA通信は政府筋の情報として、レッタ首相が次回の欧州連合(EU)首脳会議で難民問題を提議する予定と報じた。



 
 
>TOP

(そこが知りたい)アフリカ市場どう攻略? 豊田通商社長 加留部淳氏に聞く 相手国に貢献、信用高める

nikkei.com

2012/12/16付

経済成長が期待され、鉱物資源も豊富なアフリカで豊田通商が攻めの姿勢を強めている。7月に同地域に手厚い自動車販売網を持つ仏商社CFAOを1千億円超を投じて買収する方針を決定。社会インフラ分野でもケニアで地熱発電設備の建設を受注した。中国勢などと比べ日本企業の存在感が乏しいアフリカ。加留部淳社長に攻略法を聞いた。

−−アフリカ地域で相次ぎ事業を拡大している。

「当社は北米、欧州、中国、アジアを中心に世界4極を軸とした営業体制をとっている。アフリカはそれに次ぐ第5極だ。人口は2050年までに2倍の20億人になる見通しで、未開発の資源も多い。今年の経済成長率予測も世界平均を上回る5.5%。当然、人々の生活レベルは高くなり、消費も伸びる。『明日』の新興国でのビジネスに向け、今日から準備をしていこうということだ」
 「CFAOへのTOB(株式公開買い付け)はそんなシナリオの中で決めた。自動車販売でいえば買収でアフリカ地域のカバー国が25カ国から9割を占める48カ国に増える。扱う新車の台数も年間2万台から同10万台に膨らむ。ヘルスケア事業でも補完が効く。薬局や病院など地域5千拠点に毎日2万点の薬を温度管理しながら卸すノウハウなどは物流を得意としてきた我々も学ぶところが多い」

−−資源やインフラ開発では中国企業の先行が目立つ。

「ものごとを長期視点で考え、相手の国のためになることを地道にやって違いを示していくしかない。当社は前身を含めアフリカで80年近い事業の歴史があるが、その間、トヨタ自動車の中古車は正規ルート外でも修理を引き受けてきた。そうやってトヨタブランドの信頼を維持することで、当社も知名度と信用力を高めてきた。その結果、ケニアでは電力開発などで相談を受ける立場にある」
 「また、CFAOはフランス語圏のアフリカ諸国に強いパイプを持つ。英語圏の世界とは違った人脈を取り込めるのは今回の買収がもたらすひとつの資産。カメルーンやモロッコなど彼らが得意とする国で相手政府との関係を強めながら、社会インフラ開発など当社のビジネスを広げていくことも十分にあり得る」

−−グループのトヨタ自動車の新興国戦略とどう連携していくのか。

「まずは商社としての戦略があると思ってほしい。もちろんトヨタ側からの期待もある。例えばレアアース(希土類)開発などは主に当社の担当となる。今はインド、ベトナム、カナダの案件があるため手いっぱい。ただ、将来を見据えた下調べのようなものはアフリカでもやっていく可能性がある」

1976年横浜国大工卒、豊田通商入社。物流部長などを経て2004年取締役。11年から社長。59歳

<聞き手から一言>生活・資源軸に商社流を徹底

「本籍・トヨタグループ。現住所・商社」。加留部社長は社員にこう説いて回っている。2020年までに生活関連、資源関連の2事業を自動車と並ぶ経営の柱に育てるのが目標。医薬品や飲料品事業にも強いCFAOへのTOBはそこへ向けた大きな一歩だ。

アフリカでは売上高を今後5年程度で年間9千億円に倍増させたいと意気込む。今のアジア・豪州事業に次ぐ規模で、それだけ同地域に賭ける姿勢も読み取れる。商社流の徹底はトヨタ自動車の戦略とも矛盾しないと加留部社長。トヨタが見据える「明日」の新興国がそこに透ける。

(中西豊紀)



 
 
>TOP

「災害」死亡者、過去10年で最少 13年版世界災害報告

nikkei.com

2013/10/17 10:46

【ジュネーブ=共同】国際赤十字社・赤新月社連盟(IFRC、本部ジュネーブ)が17日発表した2013年版の「世界災害報告」によると、昨年1年間に自然災害と大事故を合わせた「災害」で死亡した人は約1万5700人で、過去10年間で最も少なかった。大規模な自然災害が比較的少なかったためとみられる。

1年間で発生した「災害」は計552件。被災者は約1億3900万人で、被害総額は約1580億ドル(約15兆6千億円)だった。

「災害」のうち、自然災害による死者は9656人。最も死者が多かったのは、昨年12月にフィリピン南部ミンダナオ島に甚大な被害をもたらした台風24号の1901人だった。

今年の報告書は、災害時におけるインターネットや早期警戒システムなど最新技術の重要性をクローズアップ。緊急援助の際にそうした技術を駆使することでより多くの人命を助けることができると強調した。

一方、有効な技術が世界全体に公平に行き渡っていないとも指摘、災害の影響を受けやすい発展途上国での技術普及を急ぐよう促した。



 
 
>TOP

世界食料デー、飢えの問題解決のためできることは?

cnn.co.jp

2013.10.17 Thu posted at 16:00 JST

(CNN) 16日は「世界食料デー」。国連食糧農業機関(FAO)によれば、十分な栄養を取れないために肉体や精神の完全な発達が見込めない5歳未満の子どもは世界で1億6500万人に上る。

約20億人は健康のために不可欠なビタミンやミネラルが不足している一方で、適正体重を超える人は14億人に上り、うち肥満が3分の1を占める。

そうした栄養問題を抱える親から生まれた子どもは、障害を持って生まれたり、病気にかかったりする確率が高くなる。

世界食料デーの今年のテーマは「食料・栄養安全保障への持続的食料システム」。FAOは世界が抱える飢餓問題について認識を高める目的で、以下のような行動を提案している。

・世界食料デー記念の食事会
地元の農家の支援につながる食品を買って食事を準備し、自分たちが食べている食料の生産者について話し合う。

・家庭菜園
食料配給所などは新鮮な食品の調達に苦労することも多い。家庭菜園で作物を育てれば、食料配給所やフードバンクに寄付できる。時間がない、日当たりが悪い、場所がないといった問題を克服する方法はある。

・食品の無駄をなくす
英国の研究所の調査によると、世界で生産される食料のうち、30〜50%に当たる12億〜20億トンが消費されずに廃棄される。見た目が良くないという理由で捨てられる作物、供給網や非効率的な収穫の問題など原因はさまざまだが、自分の台所が一因になっていないかどうか考えるべき時かもしれない。



 
 
>TOP

UAE複合企業副会長「アフリカ投資、ドバイ窓口に」

nikkei.com

2013/10/22 15:46

アラブ首長国連邦(UAE)を代表する複合企業、アルグレア・インベストメントのイサ・アルグレア副会長は、22日、第15回日経フォーラム「世界経営者会議」(主催=日本経済新聞社、スイスのビジネススクールIMD、米ハーバード・ビジネス・スクール)で講演し、今後の経済成長が期待されるアフリカへの投資に際し「(同社の本拠地である)ドバイが玄関口となり(進出を)仲介できる」と語った。

アルグレア氏は2008年のリーマン・ショックで落ち込んだドバイ経済が復活できた理由について「『今日は曇っていても明日は晴れる』という(ドバイの)リーダーのもとで一丸となれたからだ」と説明した。

同社が三菱重工や大林組などの日本企業との過去の協業が成功したことに触れつつ、中東におけるビジネスでは特に信頼が重要で、相手と握手することで場合によっては契約書よりも強い効力を持つことを紹介した。

信頼を勝ち取るためにはトップのリーダーシップが最も重要だと強調。安倍晋三首相のリーダーシップについて「第1次政権の時から大きく変わった。消費税増税の決定が示しているように、皆を納得させることができている」と評価した。



 
 
>TOP

米、アフリカ支援を拡大 中国を強くけん制

nikkei.com

2013/10/22 1:30

【ワシントン=中山真】オバマ米政権はアフリカへの支援を経済・政治両面から拡大する。米国からの対アフリカ貿易・投資を増やすため、アフリカ域内のインフラ整備への資金支援に加え、輸出製品の品質基準や規制などの共通化に向けた協議も進める。政治面では民主化支援に力を入れる。積極的なアフリカ進出に動く中国を強くけん制する狙いだ。

米政府監査院によると、2009年を境にサハラ砂漠以南のサブサハラ諸国との貿易額は中国が米国を逆転した。米国はアフリカとの貿易相手1位の座から滑り落ちた。背景には、リーマン危機を克服するために中国政府が主導したインフラ投資に伴う資源需要の拡大があった。

11年時点で、中国とサブサハラ諸国のサービスを除く貿易額が1200億ドル(約11兆7600億円)を突破したのに対し、米国は1000億ドル程度。アフリカからの輸入の大半が天然資源で、米は8割、中国が6割を石油・天然ガスが占める。

中国の後じんを拝する事態を打開するため、オバマ大統領は今夏アフリカを歴訪し、ケニアなど東アフリカ共同体(EAC)からの輸入を4割拡大する方針を表明した。さらに今後5年間でエチオピアやガーナ、ナイジェリアなどサブサハラの電力整備のため70億ドルを出資する。

こうした構想の具体化にはアフリカ域内の投資・貿易の環境整備が不可欠だと判断。港湾や国境の通関手続きを円滑に進められるようにする協定をまずはEACとの間で締結することを目指す。アフリカを代表する港湾のケニア・モンバサ港やタンザニア・ダルエスサラーム港などで陸揚げ時間の大幅な短縮を見込む。

すでにオバマ政権はEACとの間で貿易・投資拡大に向けた関税引き下げなどを盛り込んだ貿易投資パートナーシップ協定(TIP)を昨年6月に締結。今後はこの協定の対象に規制や品質基準などの分野も加え、EACとの間で食品や植物の安全基準や検査方法の統一化なども協議する。

中東・アフリカ地域を巡っては国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力の活動が活発になっているうえに、エジプトでは暫定政権によるモルシ前大統領を支持するデモ隊を強制排除し、多数の死者が出た。米国にとって地域安定の核と位置づけてきたエジプトへの軍事支援の見直し議論が続くなかで、サブサハラとの経済的な結びつきを強めることでエジプトの穴を補完する意味合いもある。

米国は環太平洋経済連携協定(TPP)と欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)という二本柱で通商政策を進めている。これに成長が見込めるアフリカとの貿易関係も強めることで、米国製品の輸出拡大策を加速させる狙いがある。

オバマ政権は、中国がアフリカで資源権益などを急速に獲得していることに警戒感を強めている。貿易・投資に加え、民主主義という政治的な価値観を共有することでも中国に対抗する。14年にサブサハラのアフリカ諸国の首脳を集めた首脳会議を米国で初開催し、結束を訴える。勢力を伸ばしている国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力をにらんだテロ対策での連携も強める。



 
 
>TOP

伊・ランペドゥーサ島にまた難民船 127人全員救出

asahi.com

2013年10月25日01時01分

【ランペドゥーサ=前川浩之】イタリア沿岸警備隊は24日、同国最南端のランペドゥーサ島の沖合7マイル(約11キロ)で127人の難民が乗った密航船を発見、全員を救助したと発表した。

同島のカナリーレ司令官によると、24日朝、パトロール中の船が漂流する難民船を発見。半数の63人が女性で19人が子どもで、独裁下のエリトリア人とみられるという。

同島沖合では今月3日、エリトリア人らが乗った船が転覆、339人が死亡する過去最悪規模の事態になった。11日にも別の船が転覆、内戦下にあるシリア人ら少なくとも39人が死亡した。

2011年の「アラブの春」以来、中東、アフリカの紛争地を逃れた人々が南欧に密航船で押し寄せており、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、イタリア、マルタに到着した人は今年だけで3万2千人と、12年から倍増した。ランペドゥーサ島では定員250人の施設に500人超の難民らが収容されている。



 
 
>TOP

イタリア、705人の難民救出 ランペドゥーサ島沖

asahi.com

2013年10月26日10時17分

【ランペドゥーサ=前川浩之】イタリア最南端のランペドゥーサ島沖の地中海で25日昼までに難民を乗せた5隻の船が相次いで発見され、イタリア沿岸警備隊や海軍などが少なくとも計705人を救出した。この海域では欧州に向かう中東・アフリカからの難民船の漂流が相次いでおり、イタリアや欧州連合が対応に乗り出している。

今週から難民の救出作戦を始めたイタリア海軍の揚陸艦サン・マルコや沿岸警備隊が計4隻を発見、乗り込んでいたシリア人らを救出。付近を航行中だった民間船も91人が乗った別の船を救出したが、一部が溺れて行方不明になったといい、沿岸警備隊などが捜索している。



 
 
>TOP

イタリア沖で移民船から700人近く救出 遭難相次ぐ

cnn.co.jp

2013.10.26 Sat posted at 12:50 JST

ローマ(CNN) イタリア沿岸警備隊は25日、同国最南端のランペドゥーサ島沖で移民を乗せた計5隻の船を発見し、700人近くを救出したと発表した。

一方、ベルギーの首都ブリュッセルでは、欧州連合(EU)首脳会議が2日間の日程で開催され、移民問題も議題として取り上げられた。

3日にランペドゥーサ島沖でアフリカからの移民を乗せた船が沈没し、300人以上が死亡するという事故が起きたのを機に、EU議員らに難民政策の見直しを求める声が上がっている。

EU首脳らは声明の中で、3日の移民船の事故について「深い悲しみ」の意を示すとともに、移民問題に取り組むことを誓った。また首脳らは、移民らの出身国や国連難民機関などの国際組織と連携し、移民問題の根本原因に対処するとしている。

ランペドゥーサ島は、イタリアの島の中でアフリカに最も近いため、EU諸国を目指すアフリカ移民が同島に押し寄せており、島の周辺では移民船の事故が頻発している。

10月3日の事故後には別の船の転覆事故が発生し、34人が死亡した。当局によると、移民の多くはアフリカ諸国からやってくるが、中には内戦が続くシリアからの避難民もいるという。



 
 
>TOP

14歳以下で出産200万人…世界人口白書

国連人口基金(UNFPA)は30日、2013年版の世界人口白書を発表し、18歳未満で出産する少女が途上国では推計で毎年730万人に上り、そのうち200万人が14歳以下であることを明らかにした。

14歳以下の出産の場合、母親が出産の際に命を落としたり、障害が出たりする危険性が2倍になると指摘した。

(2013年10月31日07時42分 読売新聞)



UP:2013 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)