HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2012年11月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

アフリカ日本協議会(AJF)2012
HIV/AIDS 2012
グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。

○2011年10月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2011年10月
○2011年11月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2011年11月
○2011年12月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2011年12月
○2012年1月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年1月
○2012年2月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年2月
○2012年3月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年3月
○2012年4月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年4月
○2012年5月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年5月
○2012年6月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年6月
○2012年7月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年7月
○2012年8月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年8月
○2012年9月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年9月
○2012年10月のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年10月
○最新のニュース、企画案内 → アフリカ Africa 2012年

◆2012/11/01 asahi.com リビア移行政府が発足 閣僚の人選めぐり武装市民デモも
◆2012/11/01 nikkei.com リビア移行政府が発足 主要閣僚で留保の可能性
◆2012/11/01 Africa Science News  ICT competence: Kenya targets rural schools
◆2012/11/01 KBC Kenyan Universities lead in ICT
◆2012/11/02 GhanaWeb STMA disburses funds to the physically challenged
◆2012/11/03 cnn.co.jp 「モロッコの黄金」 アルガンオイルが地域を救う
◆2012/11/03 cnn.co.jp ナイジェリアで30人が銃殺 人権団体が指摘
◆2012/11/04 nikkei.com エジプトのコプト正教会、新教皇を選出
◆2012/11/05 AFP BB News ソマリア新内閣、初の女性外相を任命
◆2012/11/05 AFP BB News エジプト第5王朝の王女の墓を発掘、カイロ近郊
◆2012/11/05 nikkei.com リビアで治安機関への襲撃相次ぐ
◆2012/11/05 cnn.co.jp 地中海でまた船が沈没、10人死亡 欧州目指すアフリカ難民か
◆2012/11/05 AllAfrica.com Angola: Disabled Association Welcomes Independence Day
◆2012/11/05 ITWEB Gearing Mozambique's ICT sector to spread benefits of national economic boom
◆2012/11/06 日本障害フォーラム(JDF) 国連障害特別報告官シュアイブさん・議連との院内集会のご案内(11月6日)
◆2012/11/07 jp.reuters.com 南アでマンデラ氏の紙幣発行、中銀総裁「敬意表す」
◆2012/11/07 Africa Business News アフリカの携帯電話市場が世界で2番目に!
◆2012/11/07 The New Age Premier praises the disabled
◆2012/11/07 Jeune Afrique ウエスト・エンド・ファーム(WEF) 資金を得る
◆2012/11/07 StarAfrica.com  Is Africa’s Recent Economic Growth Sustainable?
◆2012/11/08 時事通信 デパート倒壊、3人死亡=多数生き埋めか−ガーナ
◆2012/11/11 日本福祉のまちづくり学会・関東甲信越支部研究会 『アジア・中近東・アフリカのバリアフリー環境整備の現状と国際協力について考える』
◆2012/11/11 Barre Montpelier Times Argus Visiting Ghanaian works to help disabled
◆2012/11/11 IPPmedia 65 Moro disabled children get wheelchairs from miner
◆2012/11/11 開発メディアganas ベナンの障がい者が「石油」をナイジェリアから密輸?
◆2012/11/12 New Vision Called to preach to the deaf
◆2012/11/12 New Vision Wasige overcame disability to shine in education
◆2012/11/13 MARCA.com Pepe plays football in Gabon with deaf-mute children
◆2012/11/13 AllAfrica.com Nigeria: SCB Unveils Music School for the Blind
◆2012/11/14 EMeye 【ブログ】海外からの投資が進むアフリカ医薬品業界 佐藤重臣
◆2012/11/14 Manawatu Standard Sign language citizen
◆2012/11/14 Sierra Express Media Sierra Unite Donates Scholarships to the Disabled
◆2012/11/14 AllAfrica.com Namibia: The Deaf Launch Own Beauty Pageant
◆2012/11/14 The New Age Summit to help the disabled
◆2012/11/14 AllAfrica.com South Africa: Hope for Disabled As Sheltered Employment Factories (sef) Are to Undergo Major Facelift to Revive Its Business
◆2012/11/15 AllAfrica.com Ghana: TDC Donates to School for the Deaf and Dumb
◆2012/11/15 Myjoyonline.com Ninety percent of deaf and dumb children could regain hearing
◆2012/11/15 Sowetan Professor accused of raping mentally disabled foster son
◆2012/11/15 AllAfrica.com South Africa: N West Legislature to Host Persons With Disability
◆2012/11/16 EMeye 【ブログ】努力で食料輸出国に転換するアフリカ 坂口誠
◆2012/11/16 AFP BB News ウガンダ中部で新たにエボラ出血熱、2人死亡
◆2012/11/18 nikkei.com アルアハリがアフリカ代表 サッカー・クラブW杯
◆2012/11/19 時事ドットコム 反政府勢力が攻勢=国連部隊が攻撃−コンゴ東部
◆2012/11/20 cnn.co.jp 世界25億人がいまだトイレのない暮らし、深刻な身の危険も
◆2012/11/20 AllAfrica.com  Tanzania: Huawei Partners With Tanzania Government to Promote ICT in Education
◆2012/11/20 東海大学出版部 前野ウルド浩太郎『孤独なバッタが群れるとき−サバクトビバッタの相変異と大発生』
◆2012/11/21 nikkei.com コンゴの反政府勢力、州都を掌握
◆2012/11/21 nikkei.com IMF、エジプトに3800億円支援で基本合意
◆2012/11/21 IT NEWS AFRICA Africa’s Mobile And Telecoms Sector At A Crossroads
◆2012/11/21 AFRICA Business News アフリカのモバイル市場拡大のスピードが止まらない!携帯電話キャリアGSMAが調査結果を報告
◆2012/11/21 新興国情報EMeye ルワンダ、アフリカの「インターネット最快適国家」に輝く
◆2012/11/22 K-POPニュース コ・ス、アフリカで奉仕活動に参加…栄養食や車いすを寄付
◆2012/11/22 nikkei.com コンゴ反政府勢力に撤退要求 アフリカ3カ国
◆2012/11/22 AFRICA Business News 携帯電話の次はタブレットPC! やっぱりアフリカは有望マーケット
◆2012/11/22 共同通信PRワイヤー CDNetworks 、ケニアに配信拠点を開設し新しいオンラインビジネス網を開拓
◆2012/11/23 cnn.co.jp コンゴ東部で戦闘続く ウガンダで首脳会議開催へ
◆2012/11/23 asahi.com ムルシ氏が権限強化 大統領令は司法判断せず エジプト
◆2012/11/23 nikkei.com エジプト、大統領権限強化の憲法令 リベラル派など反発
◆2012/11/23 nikkei.com エジプトが懸命の仲介 イスラエルとハマス、薄氷の停戦合意
◆2012/11/24 cnn.co.jp エジプト大統領が「全権掌握」の布告、抗議デモが激化の様相
◆2012/11/24 yomiuri.co.jp シエラレオネ大統領選、コロマ氏が再選
◆2012/11/24 nikkei.com ハマス、エジプトに停戦監視要請 パレスチナ人射殺受け
◆2012/11/24 nikkei.com 国境地帯で空爆、住民7人が死亡 南スーダン
◆2012/11/25 cnn.co.jp 大統領権限強化の布告に法曹界が反発、スト呼びかけも エジプト
◆2012/11/25 nikkei.com エジプト、大統領権限強化に反発 カイロ1000人デモ
◆2012/11/25 asahi.com コンゴ反政府勢力に周辺国が撤退要請 14万人が避難
◆2012/11/26 yomiuri.co.jp ナイジェリアの教会前で爆弾が爆発、11人死亡
◆2012/11/26 yomiuri.co.jp 2億人超の女性、避妊方法利用できず…国連白書
◆2012/11/26 yomiuri.co.jp エジプト大統領、司法当局と協議へ…権限強化で
◆2012/11/26 nikkei.com エジプト大統領の出身母体を襲撃 強権付与に反発
◆2012/11/26 nikkei.com エジプト大統領、権限強化見直し
◆2012/11/27 asahi.com 大統領令強化、範囲を縮小 エジプト、国民の猛反発受け
◆2012/11/27 nikkei.com エジプト大統領が撤回拒否 強権付与の改正憲法令
◆2012/11/28 cnn.co.jp エジプトで大規模デモ、死者も 大統領の権限強化に抗議
◆2012/11/28 yomiuri.co.jp エジプト大統領権限強化に反発、デモに20万人
◆2012/11/28 nikkei.com エジプト、大規模な反政府デモ 大統領権限強化で
◆2012/11/28 cnn.co.jp コンゴ反政府勢力、ゴマから撤退の動き
◆2012/11/28 nikkei.com 途上国への温暖化対策支援336億ドル 10〜12年、日本が最多
◆2012/11/29 nikkei.com チュニジアでデモ、250人けが 治安部隊と衝突
◆2012/11/29 nikkei.com 政府系ファンドの資産拡大 アジア・アフリカで設立相次ぐ
◆2012/11/30 nikkei.com エジプト大統領、権限強化の正当性を主張
◆2012/11/30 cnn.co.jp エジプト、新憲法草案を強行採決で可決 国民投票へ

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://ipsnews.net/africa/index.asp

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」 東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文
◇原山 浩輔 2011/03/01 「途上国における手話言語集団としての生計獲得−−ケニアのろう者の事例に基づいて−−」 静岡県立大学 平成22年度 国際関係学部国際関係学科 卒業論文
◇田坂歩 飢餓人口削減に向けた活動における組織の連携のあり方―ケニアの事例を横浜国際フェスタの事例から考える―


 
 
>TOP

Africa’s Mobile And Telecoms Sector At A Crossroads

IT NEWS AFRICA

http://www.itnewsafrica.com/2012/11/africas-mobile-telecommunications-sector-at-a-crossroad/

Findings of a research report, drafted by global management consultancy firm A.T. Kearney, indicate that Africa’s telecommunications sector has reached a crossroad. Although the sector has experienced several years of growth, the rate of new subscriber acquisition has fallen and intense competition is driving a free-fall in prices, placing pressure on margins.

Presenting the report to media from the company’s offices in Johannesburg, Laurent Viviez, partner and African ICT sector specialist, said the sector is in transition and projections for the next five years suggest the landscape is set to change dramatically - and there will be casualties.

“The broader African telecom market has reached a turning point. We have seen staggering growth rates in the telecom sector, but this is changing. At the same time we are seeing a shift in the sector, until now has been focused on voice services, on the masses and for telecom operators it was really about rolling out networks and base stations. Now, the environment is becoming more complex, more about data services,” says Viviez.

“This turning point will define the winners and losers in the industries, there will be casualties.” Viviez added. “Growth rates have declined from 30/40% to 10%.”

The casualties Viviez refers to are service providers that are not able to adapt to these changes, keep up with demand or have the required infrastructure and resources to sustain operations.

According to A.T. Kearney this paradigm shift offers substantial long-term growth prospects, but may prove challenging given the adjustments required in price levels, cost base and investments.

Characteristics that now define the market at present, including focus high and middle class (urban), high prices and fragmented landscape, is expected to move into the mass market, a highly segmented and bipolar market, with affordable pricing and more concentrated.

The advice the company gives is for industry leaders, with support from local governments/ regulatory authorities, to be proactive and find new, robust growth paths in the long-term.

Data connectivity and Value-Added Services (VAS) are poised to grow strongly, despite starting from a particularly low base.

Issues such as Long Term Evolution (LTE), mobile money and intense competition for market share were all identified as major influencers going forward.

“With over-supply, competitive intensity has been amplified by the deliberately aggressive pricing strategies of some players in an attempt to gain market share and grow the market. For instance, Bharti Airtel, following its acquisition of Zain’s African assets in 2010, tested its minute factory model inKenyaby halving price levels. Price reductions in the last two years have been, in some markets, quite staggering: from US$c 20/min to US$c 6/min in Nigeria for instance,” the company’s report stated.

“The impact of these market changes will be substantially different across markets - we expect markets with already high penetration levels and a large number of players (such as Nigeria, Ghana, South Africa) to face more challenging times than less competitive and developed markets (e.g., Togo, Zambia),” it added.



 
 
>TOP

アフリカのモバイル市場拡大のスピードが止まらない!携帯電話キャリアGSMAが調査結果を報告

AFRICA Business News

http://www.africa-news.jp/news_I3oJ8cXmk.html

サハラ以南のアフリカでは驚異的スピードで市場拡大

11月13日付けの海外サイト「aufait」は、携帯キャリア業界団体GSMAが先週火曜にケープタウンで開催された業者向け展示会の際に公表したアフリカのモバイル市場の調査結果を報じている。

アフリカの中でもサハラ以南の地域(サブサハラアフリカ)では、2000年以降モバイル市場が年率平均44パーセントという驚異的なスピードで成長を続けているという。またGSMAは、この傾向が継続するものと予想している。

2015年には10億超えも!

携帯電話は既にアフリカ社会に革命をもたらしたが、その需要はさらに伸びているという。固定回線の接続件数が1230万件ほどであるのに対し、モバイル回線の接続件数は4億7500万件にも及ぶという。

この分野の事業はサハラ以南地域に320億ドルもの経済効果をもたらし、これはこの地域のGDPの4.4パーセントに相当するという。

またロンドンの独立市場調査会社Informa Telecoms and Mediaは北アフリカも合わせたアフリカ全体の携帯電話加入件数は、年末には7億6100万件に達するだろうと発表。さらに2015年には10億件を超えるだろうと予想している。



 
 
>TOP

携帯電話の次はタブレットPC! やっぱりアフリカは有望マーケット

AFRICA Business News

タブレット型PCがもたらす無限の可能性

海外サイト「Info-afrique.com」は携帯電話の次にアフリカ市場にやってくるブームはタブレット型PCであるとするサムスン・アフリカのGeorges Ferreira氏の見解を掲載している。

サムスン・アフリカの副経営取締役Georges Ferreira氏は海底ケーブルの整備に伴いアフリカ大陸の通信状況は飛躍的に良い状態になったと指摘。そのことを踏まえ現在の爆発的な携帯電話ブームの後に続くであろう有望なマーケットはタブレット端末であると述べている。

タブレット端末の普及は特に医療、教育、金融機関等に革新がもたらされるであろう。今のところまだ開拓の余地が残されている市場であるだけにアフリカ大陸内にとっても世界の投資家にとっても魅力的な分野となりそうだ。

アフリカが抱える問題こそが需要につながる

アフリカ大陸では現在情報テクノロジー、またはコミュニケーションテクノロジー市場に注目が集まっているようだ。例としてモバイル端末を利用した遠隔医療やモバイル教育などアフリカが抱える社会的な事情と密接に関わり、かつそれらを解決してくれるようなツールが求められているようだ。

Georges Ferreiraは、アフリカのタブレット端末マーケットで優位に立とうとするならば、アフリカ大陸が抱える社会問題に精通する必要があると述べている。



 
 
>TOP

2億人超の女性、避妊方法利用できず…国連白書

【ニューヨーク=柳沢亨之】国連人口基金は2012年版の世界人口白書を公表し、避妊方法を利用できない途上国の女性が2億人を超えると指摘、貧困と多産の悪循環を断つために家族計画の普及や援助を各国政府などに求めた。

白書によると、安全な避妊方法を必要とする途上国の女性約8億6700万人のうち、実際に利用できるのは約6億4500万人。家族計画の全面普及には年間計81億ドル(約6640億円)が必要だが、現在の支出額は40億ドル(約3280億円)にとどまる。

このため白書は途上国や援助側の先進国などに対し、残る41億ドル(約3360億円)の財政支援を求めている。一方、昨年初めて70億人を超えた世界の人口は、約70億5210万人となった。

(2012年11月26日22時40分 読売新聞)



 
 
>TOP

途上国への温暖化対策支援336億ドル 10〜12年、日本が最多

nikkei.com

2012/11/28 10:32

【ドーハ=福士譲】途上国の温暖化対策支援で、先進国が2010〜12年に拠出した短期資金の額が計336億ドル(10月末時点)と、当初計画の300億ドルを12%上回ったことが27日、分かった。このうち日本は133億ドルと約4割を占め、最多だった。先進国が20年までに年1000億ドルを出す長期資金については議論が具体化していない。

カタールで開催中の第18回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP18)の会合で先進国が明らかにした。日本は途上国の再生可能エネルギーの導入や、温暖化が原因とみられる水害の対策などに拠出。民間資金を合わせた「鳩山イニシアチブ」としての支援額は174億ドルに上った。

政府拠出額は欧州連合(EU)が92億ドルと2番目に多く、米国の75億ドル、ノルウェーの19億ドルが続く。

計画を上回る支援だが、「途上国はさらに今後の支援額しか考えていない」(日本政府関係者)。その長期資金は13〜20年の拠出プロセスや財源などの議論が進んでおらず、財政事情が厳しい中、COP18でどこまで詰められるかは不透明だ。



 
 
>TOP

政府系ファンドの資産拡大 アジア・アフリカで設立相次ぐ

nikkei.com

2012/11/29 11:54

政府系ファンド(SWF)の資産増加が続いている。資源収入の拡大による経済成長を背景に、アジアやアフリカ諸国でファンドの設立が相次いでいるためだ。世界の政府系ファンドの資産残高は9月末時点で5兆1350億ドル(約420兆円)となった。ファンドの資金は先進国の株式や不動産市場などに流入し、相場の下支え役として存在感を増している。

米ソブリン・ウエルス・ファンド研究所の調査によると、9月末時点の残高は直近の4年間で約3割増えた。リーマン・ショックを受け一時減少したが、それ以降、増加基調が続く。民間の投資マネーである世界のヘッジファンドの残高が2兆ドルといわれる中、急増ぶりが目立つ。

オイルマネーに潤う中東や貿易黒字の中国などに加え、アジアやアフリカの資源国でも余剰資金の運用手段として新たなファンドが立ち上がり始めた。短期売買を中心とするヘッジファンドに対し、政府系ファンドは中長期の視点で投資する傾向が強く、相場の安定や長期的な上昇に寄与するとの期待もある。

アフリカでは10月、ナイジェリアで資産規模10億ドルの政府系ファンド、ナイジェリア投資庁が事業を始めた。日量200万バレルとアフリカ最大の生産量を誇る石油で稼いだ資金が原資。毎年10億ドルの投資資金を積み増す方針だ。石油生産量がアフリカ第2位のアンゴラも資産規模50億ドルのファンドを立ち上げた。

10年末に原油生産を始めたガーナや、有望なガス田が発見されたタンザニアもファンドの設立を検討している。

パプアニューギニアでは2月、政府系ファンド設立の法案が成立した。同国で米石油大手エクソンモービルが開発する液化天然ガス(LNG)が14年に生産を始めるのに対応した。鉱山開発が進むモンゴルは11年に政府系ファンドを設立した。

大和総研の鈴木裕主任研究員は「11年は過去最高の5件の政府系ファンドが設立された。資源高や新興国の経済成長をテコに今後も新設の動きは広がる」と解説する。

政府系ファンドは自国のインフラ投資に資金を振り向ける一方、先進国を中心に分散投資する傾向が強い。例えば9月末の資産残高が6562億ドルと、世界最大規模のノルウェー政府年金基金は6割を株式、4割を債券投資に当てる。世界の株式の1%を保有するともいわれ、先進国の株式相場などで存在感を高めている。日本でも投資額は1兆円を超すもようだ。

中国のファンドとみられる「OD05オムニバス」は9月末時点で保有する日本株の時価総額が少なくとも約2兆3000億円となった。トヨタ自動車、武田薬品工業、NTTなど日本を代表する企業の大株主。政府系ファンドは純粋な投資活動が中心で、OD05も尖閣諸島問題後、目立った動向の変化はないようだ。

足元では、日本の不動産の底入れ期待から各国のファンドが投資意欲を高めている。アブダビ投資庁は9月、豪不動産会社と組み、日本の産業インフラなどに投資する合弁会社を立ち上げた。

UP:2012 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)