HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2010 11月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

アフリカ日本協議会(AJF)2010
HIV/AIDS 2010
グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。


◆2010/11/01 National Geographic News 携帯電話とマイクロ保険で農家を支援
◆2010/11/01 シネマトゥデイ 世界最高齢小学校入学者!84歳で小学校入学のケニア元戦士の実話-第54回ロンドン映画祭
◆2010/11/01 毎日新聞 GAP:ダウンをリサイクル 全国106店で2割引きクーポン券に交換
◆2010/11/01 AFP BB News 日本女子、3連勝で2次リーグ進出 世界バレー
◆2010/11/02 NIKKEI NET  ユニ・チャームや花王など、新興国向け廉価品拡充
◆2010/11/02 AFP BB News 大規模イベントでの感染症拡大を阻止、ハイテクに注目
◆2010/11/02 NIKKEI NET [FT] インド石油天然ガス公社、米仏社保有のアンゴラ資源買収検討
◆2010/11/02 cnn.co.jp ウガンダ大衆紙にまた同性愛者の「手配リスト」
◆2010/11/02 時事ドットコム ソマリア発の航空貨物も停止=爆弾テロ未遂事件機に−英
◆2010/11/02 岩波書店 新刊案内:森壮也編『途上国障害者の貧困削減――かれらはどう生計を営んでいるのか』
◆2010/11/02 AJF 【アマゾンを利用してAJFに寄付を!】アフィリエイト報告2010年10月
◆2010/11/02 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月2日: Botswana Metals (ASX:BML) がボツワナにおいて更なる銅・銀鉱化を発見
◆2010/11/02 IRIN News 南アフリカ:多くの病院でHIVに感染した乳幼児の治療体制が不十分
◆2010/11/03 AFP BB News ソマリア海賊活発化、密輸や人身売買も 国連報告書
◆2010/11/03 AFP BB News 日本女子、コスタリカ下し4連勝 世界バレー
◆2010/11/04 cnn.co.jp 同性愛リスト掲載の大衆紙に差し止め命令 ウガンダ
◆2010/11/04 cnn.co.jp スフィンクス守る壁の遺跡を新たに発見 エジプト
◆2010/11/04 NIKKEI NET 欧州・中東などインフラ金融、三菱UFJ5位に 英銀部門買収
◆2010/11/04 AFP BB News 【ACE】NPO法人化5周年・認定NPO記念イベント|インドとガーナの子どもが来日。谷川俊太郎さんが詩を朗読。
◆2010/11/04 LNEWS 日本郵船/海賊対策に貢献で表彰
◆2010/11/04 ポートフォリオ・ベルギーニュース オランダ、住みやすい国ランキング世界7位
◆2010/11/04 MSN産経ニュース 現職と元首相の決選投票へ コートジボワール大統領選
◆2010/11/05 NIKKEI NET 三井造・大成建、太陽熱発電で提携 海外市場開拓
◆2010/11/05 国境なき医師団 カラアザール:草分け的研究に評価、MSFの医療アドバイザーがオランダで受賞
◆2010/11/05 国境なき医師団 スーダン:南部のマラカルにカラアザール治療拠点を増設
◆2010/11/05 AFP BB News 栄養失調児が700万人のナイジェリア、最大の要因は「迷信」
◆2010/11/05 cnn.co.jp ザンビア炭鉱で地元作業員に発砲の中国人 釈放
◆2010/11/05 毎日新聞 コートジボワール大統領選:2候補、28日に決選投票
◆2010/11/07 NIKKEI NET エジプトの鳥インフル、人に感染しやすく
◆2010/11/08 NHKニュース ギニアで大統領選で決選投票
◆2010/11/08 NHKニュース マラソンの記録保持者 引退へ
◆2010/11/08 AFP BB News 男子マラソン世界記録のゲブレセラシェが引退表明
◆2010/11/08 時事ドットコム ゲブレマリアム、初挑戦でV=ニューヨークマラソン
◆2010/11/08 時事ドットコム ゲブレマリアムが初優勝=藤原新は棄権−NYマラソン
◆2010/11/08 AFP BB News クロマグロ闇市場が盛況、政府と業者の癒着も 国際調査報道
◆2010/11/08 NIKKEI NET いすゞ純利益6.2倍 11年3月期、新興国向け商用車が好調
◆2010/11/08 MODE PRESS アフリカのファッション&アートを盛り上げる祭典、FATA開催
◆2010/11/08 jp.wsj.com 招商局国際、合弁会社を通じてナイジェリア企業を買収へ
◆2010/11/08 RKB LOCAL NEWS 東南アジア・中東の捜査担当者が研修 11/08 12:06
◆2010/11/09 cnn.co.jp 全米で児童売春の一斉検挙 884人を逮捕
◆2010/11/09 NIKKEI NET ソマリア海賊、奪った日本船で襲撃
◆2010/11/09 yomiuri.co.jp ソマリア沖、攻撃してきたのは…乗っ取られた船
◆2010/11/09 yomiuri.co.jp 米国の貨物便規制、ソマリア発にも拡大
◆2010/11/09 NIKKEI NET トルコ経済、中東輸出に軸足 FTA加速、相手先シェア倍に
◆2010/11/09 AFP BB News まるで1輪の花、夜のナイルデルタ NASA
◆2010/11/09 AFP BB News アメンホテプ3世と太陽神ラーの座像見つかる、エジプト
◆2010/11/09 AFP BB News 地雷と結核菌を嗅ぎ出す「英雄ネズミ」たち、タンザニア
◆2010/11/09 AFP BB News 現地出身者と本場のアフリカ料理を作ろう!『アフリカ料理教室』 〜アフリカ料理を作って、食べて、アフリカにふれよう!〜
◆2010/11/09 ecool.jp JOGMECと資源大手ヴァーレ、ニッケル‐銅‐白金族の共同探鉱で合意 RSS
◆2010/11/09 macauhub Mozambique, Brazil and Japan sign agricultural development agreement
◆2010/11/09 cnn.co.jp ナイジェリア沖の石油施設に襲撃、米国人ら5人誘拐か
◆2010/11/09 MSN産経ニュース 解任の大統領の釈放を命令 ニジェールに西アフリカ共同体
◆2010/11/09 国境なき医師団 スーダン:タブーを破る─−内側からのメッセージ
◆2010/11/10 サーチナ 中国「パクリ携帯」出荷の6割が海外向け…「品質向上の結果」
◆2010/11/10 NIKKEI NET [FT] フランステレコム、アフリカ農村部で事業拡張
◆2010/11/10 毎日新聞 TOKYO PLATINUM展:杏命名、総額10億円のオブジェ「アフリカ・プラチナの虹」を展示
◆2010/11/10 UEFA.com レンジャーズがケルカルを獲得
◆2010/11/10 jp.wsj.com バルティのアフリカ資産、実を結ぶには時間かかる
◆2010/11/10 マイコミジャーナル 杏さん命名! 時価約10億円相当のプラチナオブジェ - TOKYO PLATINUM展
◆2010/11/10 THE SECOND TIMES アフリカにもソーシャルゲームの波---南アフリカのゲームポータルサイトがソーシャルプラットフォームを開始
◆2010/11/10 TRAVEL VISION JATA・VWC、チュニジアとモロッコの実務セミナー開催
◆2010/11/10 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月10日: Noble Mineral (ASX:NMG) はガーナでの広域金掘削取組みに対し3,000万豪ドルを調達予定
◆2010/11/10 Response.jp JOGMEC、ヴァーレとモザンビークでニッケル-銅-白金族の共同探鉱で合意
◆2010/11/10 THE SECOND TIMES 子供向け仮想空間「Moshi Monsters」、マラウイ共和国へ学校を建設すプロジェクトを実施
◆2010/11/10 The New Vision Museveni to grace Jinja disabled race
◆2010/11/10 cnn.co.jp チェルシーのドログバがマラリア感染、すでに回復
◆2010/11/10 MSN産経ニュース 決選投票、28日に延期 コートジボワール大統領選
◆2010/11/11 cnn.co.jp 引退表明のゲブレシラシエが復帰示唆、男子マラソン
◆2010/11/11 毎日新聞 カラス:人間の男女の顔を識別…エチオピア人留学生が発表
◆2010/11/11 毎日新聞 ツタンカーメン:副葬品、エジプトに返還へ 所蔵するNYの美術館と合意
◆2010/11/11 AFP BB News ツタンカーメン王の副葬品、エジプトに返還へ
◆2010/11/11 毎日新聞 スーダン:南部独立、住民投票に暗雲 欧米と政府、思惑にずれ--来年1月
◆2010/11/11 Human Rights Watch コンゴ/中央アフリカ:神の抵抗軍(LRA)の被害者たち オバマ大統領に嘆願
◆2010/11/11 TRAVEL VISION JATA、エジプト送客20万人に向けビザ廃止など提案−大型研修団で
◆2010/11/11 マイコミジャーナル チャリティプロジェクトサイト「100万人の手洗いプロジェクト」紹介
◆2010/11/11 Uganda People News Museveni mourns former MP Mwandha
◆2010/11/11 Uganda People News Uganda disability movement mourns Mwandha
◆2010/11/11 レコードチャイナ <中華経済>中国銀とポルトガル3位行に出資検討―中国
◆2010/11/12 NIKKEI NET 新型インフル「大流行は考えにくい」 WHO事務局長
◆2010/11/11 Techinsight 【アフリカ発!Breaking News】殺害動機は「sir」を使わなかったから。3人殺害犯に終身刑。(南ア)
◆2010/11/12 goo スポーツ 「解き放たれた“野獣”」サミュエル・エトオ(インテル/カメルーン代表)
◆2010/11/12 cnn.co.jp コンゴなどアフリカ西部でポリオが大流行 死者97人
◆2010/11/12 日食 味の素と2国際NGO、ガーナで栄養改善活動支援
◆2010/11/12 The New Times ルワンダ: HIV母子感染率、8%減少
◆2010/11/13 NIKKEI NET 成田空港の覚せい剤押収量、過去最多150キロ超す
◆2010/11/13 NIKKEI NET スーダン南部、軍の誤爆で死者
◆2010/11/13 NIKKEI NET スフィンクス守る土壁発見 エジプト、王の夢に出現?
◆2010/11/13 The Swazi Observer Disability and rehabilitation
◆2010/11/13 The Zimbabwe Standard Boy shows that disability is not inability
◆2010/11/14 毎日新聞 滝川クリステル:自然保護「大企業のおじさまを巻き込んで…」とにっこり WOWOW「BBC EARTH」
◆2010/11/14 BuaNews Online Employ people with disabilities - Xingwana
◆2010/11/14 AllAfrica.com Eritrea: Association of War-Disabled Veterans Extends Support to Members
◆2010/11/15 cnn.co.jp ヨット襲撃で人質の夫婦、1年ぶり解放 ソマリア
◆2010/11/15 AFP BB News ソマリア海賊に捕らわれていた英国人夫妻、解放される
◆2010/11/15 NIKKEI NET [FT] 投資家が懸念する「BRICsバブル」の芽
◆2010/11/15 NIKKEI NET  三菱UFJ、RBSの事業買収を発表
◆2010/11/15 jp.wsj.com バルティ・エアテル会長:アフリカ業務の収支均衡には時間かかる
◆2010/11/15 News2u 【ブラステル国際電話】エリトリアまでの国際通話料を値下げ!
◆2010/11/15 国境なき医師団 エイズ治療におけるインド製ジェネリック薬の重要性(MSFの薬剤師のインタビュー)
◆2010/11/15 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月15日: OneSteel (ASX:OST) が鉱業消費財への注力に向け Moly-Cop と AltaSteel を買収
◆2010/11/15 TRAVEL VISION エジプト航空、成田発着ターミナルを1タミ南ウイングに移転
◆2010/11/15 New Era Bicycle project bolsters disabled
◆2010/11/15 Nation Online Toilet for classroom
◆2010/11/15 Namibia Sport Aloisius gets Most Inspirational Athlete Award at DSN ceremony
◆2010/11/15 オックスフォード 新刊案内 Deaf around the World The Impact of Language
◆2010/11/15 The Swazi Observer Visually impaired students at Nazarene College in 2011
◆2010/11/15 AngolaPress Society told to encourage disabled people to voluntary activity
◆2010/11/15 Uganda Sports News Museveni to preside over Voice of Disabled for Africa
◆2010/11/16 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/上 妊娠、死と隣り合わせ
◆2010/11/16 AFP BB News テロの危険が最も高い国はソマリア、英調査
◆2010/11/16 yomiuri.co.jp ギニア大統領選、最大野党のコンデ党首当選
◆2010/11/16 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月16日: Mantra (ASX:MRU) がタンザニアでの資源を 101.4 Mlbs U3o8 へと20%増加
◆2010/11/16 Sudan Tribune Disabled persons in South Sudan call for inclusion in referendum processes
◆2010/11/16 JICA研究所 ブルンジ: エスニック紛争の予防に「権力分有」は有効
◆2010/11/17 NIKKEI NET 中国、南アと資源協力を拡大 訪問の習近平氏が確認
◆2010/11/17 NIKKEI NET 中国、海外でウラン開発強化 アフリカなどで計画
◆2010/11/17 jp.wsj.com バルティ・エア会長「アフリカの携帯契約は2年で1億人超える」
◆2010/11/17 AFP BB News スフィンクス12体が並ぶ小道を発見、エジプト・ルクソール
◆2010/11/17 asahi.com スーダンのテロ指定、住民投票尊重なら解除 米が表明
◆2010/11/17 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/中 安全な出産、認識芽生え
◆2010/11/17 Modern Ghana Volta deaf call for LI
◆2010/11/17 Nigerian Compass Newspaper How to rehabilitate 1.2m visually imparied Nigerians-Ophthalomologist
◆2010/11/18 Techinsight 【アフリカ発!Breaking News】今や幻の一品!若き政治家とコラボされたトイレットペーパーが720円で落札。(南ア)
◆2010/11/18 asahi.com ナミビアの空港で爆発物?発見 ドイツ行き旅客機の荷物
◆2010/11/18 yomiuri.co.jp ナミビア発ドイツ行き旅客機に爆発物か
◆2010/11/18 NIKKEI NET 独行き航空便に爆発物か ナミビアで発見、全員無事
◆2010/11/18 asahi.com マダガスカル軍の一部反乱 昨年クーデター、混乱続く
◆2010/11/18 毎日新聞 マダガスカル:軍の一部が「国の権限掌握」宣言
◆2010/11/18 AFP BB News マダガスカルで軍の一部が「実権掌握」を宣言
◆2010/11/18 毎日新聞 ギニア大統領選:野党コンデ氏が勝利 首都で衝突続く
◆2010/11/18 AFP BB News ギニアで非常事態宣言、大統領選結果めぐる混乱で死者7人
◆2010/11/18 毎日新聞 イラン核問題:ナイジェリアに武器輸出か 安保理決議違反の疑い
◆2010/11/18 毎日新聞 アングル:アフリカの時代、支援を=駐ボツワナ大使・松山良一さん
◆2010/11/18 毎日新聞 いのちをつなぐ:ザンビアの母子を救え/下 理解され始めたHIV
◆2010/11/18 cnn.co.jp 娘の国際結婚に反対、搭乗の旅客機爆破と狂言 母親
◆2010/11/18 AFP BB News 行き先変更許すまじ!ライアンエア乗客、機内に居座る
◆2010/11/18 unbar ojaga design×atmosによるコラボレーション第2弾は怒涛のカラフル!
◆2010/11/18 uefa.com ポーランドが9試合ぶりの白星
◆2010/11/19 cnn.co.jp FIFA、W杯招致不正疑惑で6人を処分
◆2010/11/19 cnn.co.jp ナミビアで発見の不審な荷物 爆発物でない エア・ベルリン
◆2010/11/19 欧州通信 フランス、今年最終戦に勝利 “激動”の2010年は23年ぶり負け越し
◆2010/11/19 UEFA.com レンジャーズ、ブゲラがユナイテッド戦を欠場
◆2010/11/19 AFP BB News コンゴ共和国に「至れり尽くせり」の農業共同体、食糧危機打開目指し
◆2010/11/19 インド新聞 テロ遭遇危険度、パキスタン連続2位:196カ国対象、1 位はソマリア
◆2010/11/19 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月19日: IMX Resources (ASX:IXR) が中国と戦略的提携契約を締結
◆2010/11/19 swissinfo.ch FIFA 不正疑惑の理事らに活動停止処分
◆2010/11/19 The New Vision ウガンダ:毎日360人がHIVに感染
◆2010/11/19 ネットベンチャーニュース リビアのドメイン認証機関「NIC.ly」、ホスティングサービス「vb.ly」のアドレス抹消
◆2010/11/20 NIKKEI NET 中国副主席、アンゴラと「戦略的パートナー」に
◆2010/11/20 NIKKEI NET NATO、ミサイル防衛構築 「新戦略概念」採択
◆2010/11/20 cnn.co.jp 保安検査試す試験装置と判明、ナミビア空港の不審物
◆2010/11/20 Techinsight 【アフリカ発!Breaking News】世界一の収容率139%。不審死、自殺も続発。南ア・刑務所、戦慄の実態。
◆2010/11/20 留学ニュース.com タジキスタン、留学生強制帰国の理由とは!?
◆2010/11/20 留学ニュース.com 米国人の南アフリカ留学が急増!!
◆2010/11/20 asahi.com 年金もらう前に寿命? アフリカ最貧国の法案に国民反発
◆2010/11/20 毎日新聞 ギニア:大統領選めぐり暴動拡大 非常事態宣言を発令
◆2010/11/20 Nigeria Daily Independent Towards Inclusion, access for persons with disabilities
◆2010/11/20 Accra Daily Mail Security Personnel Schooled on Disability Issues
◆2010/11/21 NIKKEI NET インド消費財メーカー、整髪料事業の米社を買収
◆2010/11/21 cnn.co.jp マダガスカルのクーデター騒ぎ、軍幹部ら投降で事態収拾
◆2010/11/21 asahi.com マダガスカル軍の反乱、収束 けが人ゼロで解決
◆2010/11/21 留学ニュース.com 米国人のジンバブエへの留学が急増中!!
◆2010/11/21 朝鮮日報 KISTに発展途上国からラブコール
◆2010/11/21 いなまい・ドットコム あぐりスクールがマリ共和国へ支援米
◆2010/11/21 AFP BB News ドイツで海賊裁判、約400年ぶり ソマリア沖でコンテナ船襲う
◆2010/11/21 NIKKEI NET (プレビュー)エジプト議会選、28日投票 来年の大統領選の前哨戦
◆2010/11/21 NIKKEI NET エジプト議会選、11月28日に投票 大統領選の試金石
◆2010/11/22 NIKKEI NET 中国副主席、アフリカ歴訪終了 資源開発など協力合意
◆2010/11/22 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月22日: Globe Metals and Mining Limited (ASX:GBE) がマラウイにおいて大規模な重レアアースを発見
◆2010/11/22 ITmedia +D モバイル ドコモ、13カ国・地域で海外パケ・ホーダイの提供を開始――12月1日から
◆2010/11/22 uefa.com CSKAのドゥンビアが故障離脱
◆2010/11/22 NIKKEI NET ムバラク・エジプト大統領、再出馬か 与党幹部
◆2010/11/22 AngolaPress Handicapped persons get 100 hectares for agricultural project
◆2010/11/22 Times of Swaziland 13 visually impaired artists share two rooms
◆2010/11/23 AFP BB News 言語の復活でアイデンティティーを救え、ケニアのヤーク人たちの闘い
◆2010/11/23 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月23日: Catalpa Resources (ASX:CAH) が Edna May 金プロジェクトでの高グレード初回推定鉱物資源量を発表
◆2010/11/23 AllAfrica.com Eritrea: Assistance and Lectures Offered to Disabled Nationals in Dekemhare Sub-Zone
◆2010/11/23 Chronicle Deaf, dumb man faces rape charge
◆2010/11/24 NIKKEI NET アンゴラの繊維工場、丸紅が再建一括受注 総額1000億円
◆2010/11/24 NIKKEI NET 南アGDP、市場予想下回る2.6%増 7〜9月
◆2010/11/24 毎日新聞 大西洋クロマグロ:リビア、禁漁2年間要求−−国際委総会
◆2010/11/24 毎日新聞 NEWS25時:ガンビア イランと断交
◆2010/11/24 AFP BB News 女性器切除の廃絶、「敵対」ではなく社会的アプローチを 国連機関
◆2010/11/24 jp.reuters.com ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン(24日付)
◆2010/11/24 ソニー企業株式会社 銀座の中心で、“アフリカの今”を見つめる 第43回『愛の泉』開催 〜1968年(昭和43年)から続く、ソニーグループのチャリティイベント〜
◆2010/11/24 cri 国連、中国平和維持部隊第11陣を評価
◆2010/11/24 WSJ.com 【ブログ】PRPSのジーンズはなぜ1000ドルもするのか?
◆2010/11/24 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月24日: Endocoal (ASX:EOC) の Orion Downs プロジェクトで JORC 資源量が4,120万トンへ増加
◆2010/11/24 The Bostwana Gazette Mascom share special time with the disabled
◆2010/11/24 国連 国連環境計画、環境問題に取り組む人材育成のため各国の大学との連携強化(GUPES会議)
◆2010/11/24 JICA 日本・ブラジル グローバル・パートナー宣言−JBPP10周年・三角協力25周年記念式典開催−
◆2010/11/25 特定非営利活動法人日本水フォーラム Charity for Water キックオフイベント
◆2010/11/25 NIKKEI NET 大手商社、レアアース調達先拡大 インドネシアや米国で
◆2010/11/25 yomiuri.co.jp 習近平氏、アフリカ資源国との関係強化
◆2010/11/25 cnn.co.jp ソマリアの海賊事件で有罪評決、200年ぶり
◆2010/11/25 JCN NETWORK 丸紅、アンゴラ共和国 繊維工場リハビリ請負契約受注の件
◆2010/11/25 インドチャネル 【インド経済】JSWエナジー、ボツワナの炭鉱権益保有企業を4億ドル超で買収へ
◆2010/11/25 留学ニュース.com 留学生がファッションショーを開催
◆2010/11/25 FM.co.za Put on a financial seatbelt
◆2010/11/26 NPO日本ケニア協会 ケニアだよりカフェ「KENYA SCHOOL PROJECT報告会」
◆2010/11/26 NIKKEI NET アフリカ、地デジ各国に裁量 日本方式に道
◆2010/11/26 NIKKEI NET ブルキナファソ、現職大統領が4選
◆2010/11/26 ABNNews オーストラリア市場レポート 2010年11月26日: Corazon (ASX:CZN) がカナダのベースメタルプロジェクトを拡大
◆2010/11/26 NIKKEI NET 新興国でも万全サービス 富士通やコマツなど
◆2010/11/26 毎日新聞 ファイル:地デジ、日本方式採用されず
◆2010/11/26 NetIB-NEWS 越境トークライブ「国境を越える男女の集い」11月26日開催
◆2010/11/26 AFP BB News 『タンタンのコンゴ探険』は人種差別的、図書館からの撤去求める ベルギー
◆2010/11/26 AFP BB News モロッコ・マラケシュでイヴ・サン ローラン展覧会開催
◆2010/11/26 留学ニュース.com リビア人留学生が増加!? (アメリカ)
◆2010/11/26 Gigazine 1700年前のエジプトの子どものミイラ、CTスキャンにより女装した男の子と判明
◆2010/11/26 Human Rights Watch Western Sahara: Beatings, Abuse by Moroccan Security Forces
◆2010/11/26 新華社新華網ニュース BP、エジプト西ナイル川デルタで深水天然ガスを発見
◆2010/11/26 Human Rights Watch Senegal: Law Promotes Violence Against Homosexuals
◆2010/11/26 マイコミジャーナル OESF、Androidの産学共同の研究開発拠を八王子に開設
◆2010/11/26 Tunisia Online News Tenth Congress of Arab Deaf Union opens in Hammamet
◆2010/11/26 Daily Nation Parents demand to be part of the policy team for mentally disabled
◆2010/11/27 yomiuri.co.jp 少年の無差別テロ、FBIが直前に爆弾すり替え
◆2010/11/27 AFP BB News 牛乳500mlが600億ジンバブエドル、ハイパーインフレに見舞われた国の今
◆2010/11/27 AFP BB News オバマ米大統領が「イスラムに改宗するように」祈った、祖母語る
◆2010/11/27 NIKKEI NET 大使警護中に騎馬隊員が落馬、引きずられ重傷
◆2010/11/27 yomiuri.co.jp エジプト議会選、野党締め付けで与党勝利確実
◆2010/11/27 MSN産経ニュース 有権者登録期間を延長 スーダン住民投票
◆2010/11/28 NIKKEI NET 貨物機墜落で6人死亡 パキスタン 乗員は絶望か
◆2010/11/28 cnn.co.jp 貨物機が住宅地に墜落、乗員8人死亡 パキスタン
◆2010/11/28 NIKKEI NET エジプト議会選、投票始まる 与党勝利の見方強い
◆2010/11/28 NIKKEI NET シンガポールのオラム、肥料生産でガボンに進出
◆2010/11/28 cnn.co.jp ツリー点灯式で無差別テロ計画の少年を逮捕 米国
◆2010/11/28 Ghana News Gov’t Ropes In Professionals In Informal Sector
◆2010/11/28 Modern Ghana Visually Impaired Students In Finals Of Spelling Bee
◆2010/11/29 greenz.jp Googleも応援!アフリカから次世代のアインシュタインを育成する「Next Einstein Initiatives」
◆2010/11/29 NIKKEI NET パキスタンで貨物機墜落、11人死亡
◆2010/11/29 NIKKEI NET エジプト議会選、各地で衝突 「選挙違反」で抗議
◆2010/11/29 NIKKEI NET 東芝、エジプト合弁でテレビ生産「地産地消進める」
◆2010/11/29 NIKKEI NET エジプト議会選、最大野党の議席大幅減か
◆2010/11/29 毎日新聞 エジプト総選挙:与党の過半数確実 イスラム穏健派、最大野党惨敗か
◆2010/11/29 jp.reuters.com 東芝がエジプトに液晶テレビ新工場、合弁で来年3─4月めど
◆2010/11/29 NIKKEI NET 母子像にみるルワンダ虐殺の悲劇 NY写真家、日本で展覧会
◆2010/11/29 cnn.co.jp 英国で飼育のチーター2頭、ケニアのサバンナへ
◆2010/11/29 毎日新聞 米国:ツリーに爆弾、テロ未遂 ソマリア系の少年逮捕−−オレゴン州
◆2010/11/29 毎日新聞 米国:「教養大学」開学 イスラム理解へ人材育成 周辺住民は好意的
◆2010/11/29 日テレNEWS24 体内にヘロイン隠し持つ タンザニア人逮捕
◆2010/11/29 WIRED VISION 人間とアリに共通する軍事戦略:ギャラリー
◆2010/11/29 Human Rights Watch Egypt: Elections Marred as Opposition Barred from Polls
◆2010/11/29 Human Rights Watch Guinea: Witnesses Describe Security Force Excesses
◆2010/11/29 BARKS アリシア・キーズ、レディー・ガガ…、チャリティのためにTwitterを休止に
◆2010/11/30 jp.reuters.com 【日本版コラム】日産自動車のインド製造部門と「BOPビジネス」
◆2010/11/30 NIKKEI NET ウォルマート、南ア小売大手の株過半数取得
◆2010/11/30 NIKKEI NET (短信)米ウォルマート・ストアーズ、南ア小売株51%取得へ
◆2010/11/30 WirelessWire News 新興国に広がるモバイル・バンキング - 潜在成長力に期待する欧州系通信キャリア
◆2010/11/30 AFP BB News セネガル、新たに700の村が女子割礼を廃止
◆2010/11/30 AFP BB News ガーナ、中古下着の輸入販売禁止へ 衛生面の懸念で
◆2010/11/30 国境なき医師団 12月1日は世界エイズデー: EUがインド製後発エイズ治療薬の供給を妨害 −金融危機で早期治療の実現が危機にー
◆2010/11/30 GIZMODO 極秘情報を三面記事風に! Wikileaks米外交電文から読みどころをピックアップ
◆2010/11/30 NIKKEI NET エジプト議会選、与党圧勝の見方 議席7割獲得か
◆2010/11/30 AFP BB News 国にはびこる偏見をなくせ、アルビノのサッカーチーム タンザニア
◆2010/11/30 SNAP! アリシア・キーズ、レディ・ガガらが、ツイッターのつぶやきを中止!
◆2010/11/30 Ghana News Koforidua School for the Deaf appeals for support

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://ipsnews.net/africa/index.asp

【参考】
25年目の検証『飢え』『援助』『エイズ』 エチオピア・ケニア調査 http://www.arsvi.com/2000/1001ht.htm

○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」 東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文

【参考図書】
南アフリカを知るための60章
峯陽一編 明石書店 2100円(税込み) 四六判 2010年4月

1 南アフリカの成り立ち――歴史、人種、エスニシティ
第1章 南アフリカは「アフリカ」の国である―多数派を占める先住民の歴史【峯陽一】
第2章  「白いアフリカ人」の誕生―アフリカーナー社会の形成と大移動【峯陽一】
第3章 イギリス人、コーサ人、「ゴールドラッシュ」の時代―南アフリカ史の大転換【峯陽一】
第4章  人種隔離からアパルトヘイトへ―アフリカ大陸をさまようナチスの亡霊【峯陽一】
【コラム1】南アフリカのユダヤ人左翼【峯陽一】
第5章 土地法から強制移住へ―アパルトヘイトの根幹をなした土地問題【佐藤千鶴子】
第6章 反アパルトヘイト運動の展開―ANCに流れ込んだ3つの潮流【峯陽一】
【コラム2】国旗と国章【坂田有弥】
第7章 ズールー王国の勃興とシャカ―神話から歴史へ【佐藤千鶴子】
第8章 「カラード」の歴史―歴史がつくった「カラード」【海野るみ】
第9章 インド人社会の形成と「サティヤーグラハ」―ガンディーが過ごした21年間【鶴見直城】
【コラム3】国花と国歌【楠瀬佳子】
2 ポスト・アパルトヘイト時代の南アフリカ政治
第10章 「虹の国」としての再出発―1994年を振り返る【峯陽一】
第11章 ポスト・アパルトヘイト体制への移行と暴力の再生産―政治暴力と「タクシー戦争」【遠藤貢】
第12章 真実和解委員会(TRC)を通じた和解の模索―その限界と意義【阿部利洋】
第13章 ANCはどこへ行く―南ア共産党との歴史的関係を通して見えてくるもの【福島康真】
第14章 「闘いは続く!」―都市の社会運動・労働運動とANCの緊張関係【牧野久美子】
第15章 マンデラ、ムベキ、ズマ―個性豊かな指導者群像【長田雅子】
第16章 国民党の消滅と民主連合の伸長―ポスト・アパルトヘイト時代の白人政党【長田雅子】
【コラム4】核兵器を廃絶した南ア【藤本義彦】
第17章 伝統的指導者の新しい役割―「伝統」と「近代」の分裂は超えられるか【佐藤千鶴子】
第18章 スティーヴ・ビコと黒人意識運動の遺産【峯陽一】
【コラム5】エイミー・ビール事件【峯陽一】
3 世界が注目する南アフリカ経済
第19章 「レアメタル」がないと車は走らない―日本の自動車産業を支える南アフリカ鉱業【西浦昭雄】
第20章 「財閥」の変容―アングロ・アメリカンとデビアス【西浦昭雄】
第21章 アフリカから世界へ―資源メジャーBHPビリトンを創ったビジネスマン【平野克己】
第22章 「オール電化」の夢―南アフリカの電力不足とアフリカ電力網【西浦昭雄】
第23章  南アフリカ企業のアフリカ進出―スーパーから携帯電話まで【西浦昭雄】
第24章 スタンダード銀行と中国――南アフリカと中国の深い関係【平野克己】
第25章 BEEとブラックダイヤモンド―黒人は豊かになれるか【西浦昭雄】
第26章 拡大する所得格差―なぜ一部の黒人だけが豊かになるのか【岡田茂樹】
第27章 日本企業の動向―拡大する自動車・鉱業分野での投資【岡田茂樹】
第28章 日本と南アフリカの経済関係―過去と現在の鳥瞰図【西浦昭雄】
第29章 世界経済と南アフリカ経済―旺盛な民間活力が強み【平野克己】
【コラム6】お金の話―通貨ランド【長田雅子】
4 ダイナミックに変わる南アフリカ社会
第30章 犯罪―市民生活を脅かす南アフリカ社会の暗部【白戸圭一】
第31章 北から南へ―ジョハネスバーグの多様な顔【津山直子】
第32章 ポスト・アパルトヘイト時代の社会保障―ベーシック・インカムを中心に【牧野久美子】
第33章 草の根の国際協力―JVCの活動から【津山直子】
第34章 エイズとともに生きる―タウンシップの苦悩と支え合い【小山えり子】
第35章 南アフリカの医療問題―頭脳流出と伝統医療【佐藤千鶴子】
第36章 ズールー人の魅力―「戦闘的」なだけではない、前向きであったか〜い人びと【平林薫】
第37章 私のタウンシップ経験―ジョバーグからケープへ【木村香子】
第38章 南アフリカのジェンダー問題―アフリカ人女性の存在感【楠瀬佳子】
【コラム7】南アフリカの宗教【牧野久美子】
第39章 土地返還運動からコミュニティの再生へ―ルースブームの事例【佐藤千鶴子】
第40章 南アフリカにおける動物保護と共生―クルーガー国立公園を事例に【佐藤千鶴子】
5 底流をなす文化力
第41章 南アフリカ観光―ひと味ちがう見どころ紹介【長田雅子】
【コラム8】「南アフリカ料理」入門【佐竹純子】
第42章 雄大な自然と多様な文化―ケープを味わい尽くす【福島康真】
【コラム9】ワインとルイボス【福島康真】
第43章 南アフリカのスポーツは宗教である―観戦型も参加型もおまかせ【長田雅子】
第44章 「遠い夜明け」は来たか―南アフリカ映画あれこれ【海野るみ】
第45章 南ア黒人音楽の魅力―大地から響く、魂の歌声【佐竹純子】
第46章 南アフリカの演劇―「総合芸術」の魅力【楠瀬佳子】
第47章 多言語社会南アフリカ―11もの公用語【宮本正興】
第48章 教育改革の課題―「読み書きのパワー」を中心に【楠瀬佳子】
第49章 アパルトヘイト時代の文学―E・ムパシェーレの仕事を中心に【宮本正興】
第50章 ポスト・アパルトヘイト時代の文学―ゾイ・ウィカムの作品から見える新社会の課題【楠瀬佳子】
【コラム10】厳しさと柔和さと―ノーベル賞作家ク―ェー【くぼたのぞみ】
第51章 南アフリカのマスメディア・出版界―新しい動き【楠瀬佳子】
6 日本と南アフリカ、アフリカのなかの南アフリカ
第52章 21世紀の草の根交流――長野での「実験」【城島徹】
第53章  日本の反アパルトヘイト運動の歴史―JAACの運動を中心に【楠原彰】
【コラム11】反アパルトヘイト運動を支えた出版人【城島徹】
第54章  マンデラ歓迎西日本集会に2万8000人――関西の反アパ市民運動が原動力で開催【下垣桂二】
【コラム12】アパルトヘイト否!国際美術展【前田礼】
第55章 「名誉白人」とよばれた人びと―日本人コミュニティの歴史【山本めゆ】
第56章 移民―南アフリカと南部アフリカ・世界を結ぶ人の流れ【峯陽一】
第57章  モザンビークから見た南アフリカ―関係の歴史【舩田クラーセンさやか】
第58章  ジンバブエから見た南アフリカ―大規模農業とガーデニング【壽賀一仁】
第59章 「サウス・アフリカ」へ続く道―ボツワナのブッシュマンと南アフリカ【丸山淳子】
第60章 「虹の国」とゼノフォビア―アフリカ人としてのアイデンティティ【佐藤誠】
もっと知りたい人のための文献ガイド


視覚障害学生支援技法 増補版
青木慎太朗編 立命館大学生存学研究センター A5判 182p 2010年3月 送料実費で頒布

第一部 
 第1章 大学における視覚障害者支援の概要 青木 慎太朗 12-30
 第2章 文字情報へのアクセスとその支援 韓 星民 31-68

第二部 
 第3章 視覚障害者への情報支援と著作権法上の課題 青木 慎太朗 70-81
 第4章 出版社の対応とその背景 植村 要 82-108

第三部 
 第5章 スーダンと日本、障害当事者による支援の可能性 斉藤 龍一郎 110-126
 第6章 異なる身体のもとでの交信――COE&新学術領域研究で目指すもの 立岩 真也 127-147

資料編 テキスト校正ガイドブック 立命館大学障害学生支援室 150-178


森の小さな〈ハンター〉たち 狩猟採集民の子どもの民族誌
亀井伸孝著 京都大学学術出版会 3400円+税 A5判 292p 2010年2月 [amazon]

10億を超えたアフリカの人口の過半数は15歳以下、アフリカの子どもに関わる報告やニュースがもっともっと紹介されてもいいのではと感じています(CF.アフリカの子ども)。そうした中、2006年に「アフリカのろう者と手話の歴史」を書いた亀井伸孝さんが、「森の小さな〈ハンター〉たち 狩猟採集民の子どもの民族誌」という興味深い本を出しました。

「おわりに」から印象に残った部分を抜き書きします

今日、「万人のための教育(Education for All)」が国際機関によって唱導され、また、人間の豊かさと可能性を測る「人間開発指数(Human Development Index)」の重要な要素のひとつとして「教育」が位置付けられている。教育がなされないことは子どもにおける権利の剥奪であり、自由が奪われていることにほかならないとする価値観は、人類共通の了解事項になったかのようである。
 私もこの思想には一理あると考えており、それを支持する趣旨の文章を書いたこともある。しかし、どこか心の底で、本当にそうなのであろうかと疑う視角も残っている。

本書で取り上げた、ミッションの学校をめぐって起きた様々な事件(第六章 ※森の中での狩猟が可能になる乾季になると子どもたちも森の中へ移動してしまい学校を休校にせざるをえなくなったことなどが書かれている)は、一見失敗のように見えるかもしれない。しかし、よく見れば、普遍的価値の追求を個別状況に沿わせて多少なりとも実現させ、子どもたちが取りうる選択肢を拡充しようとする、ひとつの達成と言えなくもない。子どもたちが秘めた潜在能力とそれが生み出す文花を受け入れつつ、現地の文脈に沿わせて教育を達成していこうとする姿勢は、今日の教育問題を考える上でも有効なヒントとなるのではないだろうか。


開発と国家 アフリカ政治経済論序説
高橋基樹著 勁草書房 4410円(税込み) A5判 541p 2010年1月 [amazon]

以下、目次と「はじめに」からの抜き書きです。

序章 個別と普遍:政治研究者のアフリカへの眼差しから
第1章 方法論:開発研究と地域研究の架橋を目指して
第2章 権力と収奪:新政治経済学の再検討
第3章 農業と政府:穀物土地生産性とその決定要因
第4章 民族と近代:難問としての「部族」主義
第5章 希少性と「国民」:独立の見果てぬ夢
結章 対話と国家:21世紀のための覚書

「はじめに」から
 わたしたちにいま最も必要とされているのは、富裕さの反対側へ視野を広げることである。日本にとって、西欧・北米の諸国は世界の富裕さを共有する同類であり、東アジアはその同類となることを目指してきた追走者である。大雑把にいえば、すべて昨日より今日、富裕になる過程を経験してきた社会ばかりである。農業・農村の停滞に足をとられず、工業化に足を踏み出すことのできた社会ばかりである。
 だが、自分と同じ側にあるものをつぶさに知ったところで、決して世界全体を認識したことにはならない。自分と大きく異なるもの、対極に位置するものを知らなければ包括的理解は生まれない。明らかに日本人および日本の知は、この点の努力を怠ってきた。世界の中で、文化、社会、自然などさまざまなな面において、国と社会のかたちにおいて、そして、とりわけ経済的富裕さにおいて日本と対極にあるのが、サハラ以南のアフリカ地域に属する貧困諸国だろう。アフリカには、形式的には他と変わらない主権国家があり、政府行政機構が存在しているが、それは、わたしたちが日常的に思い浮かべる国家や政府行政機構とは似て非なるものである。21世紀になり、アフリカ諸国は全体として経済成長を経験し、この地域に若干の注目が寄せられている。しかし、マクロ的な成長の陰には、広範な大衆の相も変わらぬ貧困が放置されている。この地域を理解することは、わたしたちの、人類社会全体の理解にとって不可欠の作業である。


現代アフリカ農村と公共圏
児玉由佳編 アジア経済研究所 3990円(税込み) A5判 307p 2009.12 [amazon]

序章 アフリカ農村社会と公共圏の概念/児玉由佳
第1章 エチオピア農村社会における公共圏の形成 ―市民社会/共同体の二元論をこえて―/松村圭一郎
第2章 アフリカ農村の生産者組織と市民社会−ガーナの事例から−/高根務

第3章 東アフリカ農村における森林資源管理と生計安全保障―タンザニアとケニアの参加型制度の事例分析―/上田元
第4章 ザンビアの農村における土地の共同保有にみる公共圏と土地法の改正/大山修一
第5章 ルワンダの農村社会と民衆司法―アブンジを中心に−/武内進一
補章1 新しい公共圏の創生と消費の共同体―タンザニア・マテンゴ社会におけるセングの再創造をめぐって―/杉村和彦


南アフリカの衝撃
平野克己著 日本経済新聞社 850円+税 新書判 206p 2009.12.8 [amazon]

著者自身の南ア在住体験がアパルトヘイト法体制廃絶では片づかない課題を明らかに。南ア企業、経済人の活躍を紹介する章が興味深い。


アフリカ問題 開発と援助の世界史
平野克己著 日本評論社 3300円+税 A5判 332p 2009.11.10 [amazon]

利用可能な数値・統計から浮かび上がる「アフリカ問題」を解説する。



 
 
>TOP

欧州・中東などインフラ金融、三菱UFJ5位に 英銀部門買収

2010/11/4 2:00

三菱UFJフィナンシャル・グループによる大手英銀、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)の開発金融(プロジェクト融資)部門の買収計画案が明らかになった。最終価格として約40億ポンド(約5100億円)を大株主の英政府とRBSに提示し、今月中旬にも基本合意して発表する。両行は欧州・中東・アフリカでのプロジェクト融資市場でトップ10に入っていないが、統合すると同5位となる。

RBS側は同部門の売却を三井住友フィナンシャルグループにも打診していた。プロジェクト融資は2008年に世界4位に入った経験のある三井住友も強化している分野。アジア重視を打ち出す三井住友は欧州・中東・アフリカに強いRBSと条件面で折り合わなかったようだ。

三井住友は当面自力で融資を増やす方針だが、RBS以外からローン売却の話が持ち込まれれば、買収を検討していくとみられる。

プロジェクト融資部門での08年の年間組成額を見ると、RBSは欧州・中東・アフリカ市場で95億ドル(約7600億円)を貸し出し、シェア1位。世界全体でも131億ドル(約1兆円)で首位だった。

同年に金融危機が起こると、ABNアムロの買収など拡大路線が裏目に出て巨額損失を計上、公的資金を受け入れた。これを機に再建の一環で新規融資を原則として停止。09年以降、欧州・中東・アフリカ、世界全体のいずれもトップ10以下に落ちた。

リスクを抑え、利ざやが比較的厚い海外のプロジェクト融資を成長戦略の柱の一つと位置付ける三菱UFJは、今回の案件を優良債権を買い取り、収益力を強化する好機と判断した。10年上期の実績を見ると、欧州・中東・アフリカ市場では三菱UFJ(19位)とRBS(16位)を合わせると組成額は14億ドル強(約1100億円)となり、5位に浮上する。

RBSからは数十人の営業部隊も承継する方向で交渉中。かつて名門を支えた優秀な人材を囲い込むことで、新規組成額で世界首位の奪還を目指す。



 
 
>TOP

三井造・大成建、太陽熱発電で提携 海外市場開拓

2010/11/5 2:02

三井造船と大成建設は海外での太陽熱発電所建設で提携する。三井造が太陽熱で発生させた蒸気により発電するプラントを開発、大成建が施工する。太陽熱発電は太陽電池パネルを使う発電よりエネルギー効率が高い。日照時間が長く、大規模な施設が建設可能な砂漠地帯などでの設置に適しており、共同で市場開拓に取り組む。

三井造と大成建はこのほど、共同での事業開発で合意した。両社はすでにインドで5000キロワット程度の発電所の事業化調査に共同で取り組んでおり、今後、北アフリカや中東、オーストラリアなどを潜在的な需要地とみて、案件の新規開拓に取り組む。建設コストは1000キロワットあたり5億円程度の見込み。5年後までに、年間で100億円程度の売り上げを目指す。

三井造が開発しているのは「タワー式」と呼ばれる太陽熱発電所。中央に設置したタワーを取り巻くように鏡を設置、太陽光を反射してタワー頂上に集め、タワー上部に配管で通した水を熱して蒸気をつくり発電機を回す仕組みだ。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで、100キロワット規模の発電が可能な太陽熱を集める実験設備を設置した。

大成建は中東や北アフリカに営業拠点を持ち、現地の建設事業者を使って、道路や橋梁(きょうりょう)、空港など社会インフラを建設した実績がある。新エネルギー開発の担当部署を今年4月に新設しており、三井造と組むことで、太陽熱発電プラントの建設事業で世界展開をうかがう。

太陽熱発電の市場は2009年に世界で25万キロワット程度だが、15年には150万〜250万キロワットまで拡大するとみられている。日本政府も国内企業の海外進出を促す目的でチュニジア南部の天然ガス発電所の隣接地で、太陽熱の集熱プラントを建設する実証事業を計画している。



 
 
>TOP

クロマグロ闇市場が盛況、政府と業者の癒着も 国際調査報道

* 2010年11月08日 15:43 発信地:ワシントンD.C./米国

【11月8日 AFP】世界的なすし人気によって、乱獲で絶滅の危機にあるクロマグロの非合法市場が活況を帯びており、関係各国当局も漁業界と癒着している--。調査報道組織「国際調査ジャーナリスト協会(International Consortium of Investigative Journalists、ICIJ)」の調査で、このような実態が明らかになった。闇市場の規模は数十億ドルに上るという。

ICIJは、7か月にわたって10か国の漁業実態を調査した。報告書によると、調査対象国の漁業関係者らは、高いクロマグロ需要に応えるため意図的に漁獲枠を無視した漁を続けていた。

■政府「見ぬふり」、拡大続ける闇市場

最大の消費市場は日本だが、漁獲枠違反が最も横行しているのはフランスで、農業・漁業省とマグロ漁業者が結託して漁獲高を改ざんしているという。

ICIJによると1998年〜2007年に、東大西洋のクロマグロ闇市場は少なくとも40億ドル(約3250億円)規模まで拡大した。この金額は、闇取引されるクロマグロの総漁穫高の見積もりを公式の漁穫枠と比較し、築地市場での売買レートを使って算出したという。

クロマグロの個体数の激減が表面化したのは07年、仏政府が「大西洋まぐろ類保存国際委員会(International Commission for the Conservation of Atlantic Tunas、ICCAT)」の定めた漁穫枠の2倍近い10万トンものクロマグロを漁穫していると公表したことがきっかけだった。

保護を求める声の高まりを受け、ICCATは08年、クロマグロ取引を継続的に監視するシステムを新たに導入した。だが、ICIJ報告書によるとこのデータベースは効果がないうえ、マグロ漁業者は監視の薄い大西洋の北アフリカ沖などへ漁場を移動しつつある。

「ICCATの規制はあらゆる点で機能していない。漁船は乱獲を続け、各国政府は見て見ぬふりをしている」と、調査を担当したジャーナリストの1人、ケイト・ウィルソン(Kate Willson)氏は指摘している。(c)AFP



 
 
>TOP

いすゞ純利益6.2倍 11年3月期、新興国向け商用車が好調

2010/11/8 23:13

いすゞ自動車は8日、2011年3月期の連結純利益が前期比6.2倍の520億円になる見通しと発表した。従来予想を120億円上回る。トラックなど商用車の販売が新興国を中心に伸びるうえ、建設機械向けディーゼルエンジンの好調も寄与する。コスト圧縮も想定以上に進み、ドルに対する円高などのマイナス要因を吸収する。

売上高は前期比32%増の1兆4300億円を見込む。商用車の世界出荷台数計画を57%増の26万6千台とし、従来予想から2千台引き上げた。

海外では東南アジアや中近東・アフリカで小型トラック「エルフ」などの販売が伸びる。国内では9月から大型トラックを新排ガス規制への対応車種に切り替えるのに伴い、100万円程度の値上げを実施したが、影響は限定的になりそう。中小型車の販売も従来予想を上回る見通しだ。

建機メーカーへのディーゼルエンジンの外販も中国需要の拡大で想定より増える。海外で展開するピックアップトラック事業は世界出荷台数を 39%増の35万8400台と見込む。中近東・アフリカなどの出荷計画を2600台下方修正した。

営業利益は7.3倍の800億円と従来予想を150億円上回る。下期の想定為替レートを1ドル=80円と円高に見直したことが収益を押し下げるが、豪ドルなどを円安方向に修正したことでほぼ相殺される。工場の保守作業の内製化などを進め「低コストで事業運営できる体質となった」(細井行社長)という。

同日発表した10年4〜9月期連結決算は売上高が前年同期比64%増の7248億円、最終損益が291億円の黒字(前年同期は277億円の赤字)だった。下期は鋼材価格の上昇や費用の増加などにより上期に比べ利益水準が落ちる見通しだ。

商用車では日野自動車も新興国市場の拡大を追い風に、11年3月期の連結最終損益が80億円の黒字(前期は30億円の赤字)になる見通しだ。



 
 
>TOP

バルティのアフリカ資産、実を結ぶには時間かかる

* 2010年 11月 11日 19:12 JST

インドの携帯電話最大手バルティ・エアテル(532454.BY)のここ最近の四半期決算では毎回デジャビュ(既視感)を覚える。10日の7-9月期決算も例外ではなかった。過酷な競争のインド携帯電話市場は利益率の低下を意味する。

しかし投資家は今回、少し新しい内容を期待していたかもしれな...(有料購読記事です)。



 
 
>TOP

三菱UFJ、RBSの事業買収を発表

欧州・中東向け貸出資産

2010/11/15 16:38

三菱UFJフィナンシャル・グループ/async/async.do/ae=P_LK_ILCORP;bg=0070182;dv=pc;sv=NXは 15日、英銀大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)から開発金融事業を買収することで、RBSと基本合意したと発表した。欧州や中東、アフリカでのインフラ事業向けの貸出資産約38億ポンドが買収の対象。2010年12月末までに最終的な契約の締結を目指す。〔日経QUICKニュース〕



 
 
>TOP

バルティ・エアテル会長:アフリカ業務の収支均衡には時間かかる

* 2010年 11月 15日 19:08 JST

【ニューデリー】 インドの携帯電話最大手バルティ・エアテル(532454.BY)のアフリカ業務が収支均衡にいたるまでには時間を要する、とスニル・バルティ・ミタル会長は14日述べた。

6月にクウェートの同業最大手ザイン(ZAIN.KW)からアフリカ15カ国の業務を買収したバルティの...(有料購読記事です)。



 
 
>TOP

バルティ・エア会長「アフリカの携帯契約は2年で1億人超える」

* 2010年 11月 17日 10:54 JST

【ニューデリー】インドの携帯電話最大手バルティ・エアテル(532454.BY)は、アフリカでの携帯電話契約者数が現在の約4,000万人から向こう 2年で1億人以上に増加すると見込んでいる。スニル・バルティ・ミタル会長が16日述べた。

ミタル会長はまた、インドにおける「低料金・長時間...(有料購読記事です)。



 
 
>TOP

国連環境計画、環境問題に取り組む人材育成のため各国の大学との連携強化(GUPES会議)

国連環境計画(UNEP)は各国の大学との連携強化のため、ナイロビ本部で「環境と持続可能性に関するグローバル大学パートナーシップ」(Global Universities Partnership on Environment and Sustainability (GUPES))を開催した。アフリカ、アジア太平洋地域、南米、北米、ヨーロッパから大学教授40人が参集し、世界、なかでもアフリカにおける大学の環境教育の質向上と、大学における教育や研究を政策立案や市民社会にどのように取り入れるかについて討議した。開会挨拶でUNEP環境政策実施局(DEPI)のイブラハム・チャウ局長は、持続可能な開発とミレニアム開発目標の達成における大学の役割を強調し、リオ+20までに多数の大学のGUPES参加を望むと述べた。UNEPは、これまでも環境問題に取り組む人材の育成と知的資本としての大学を重要視し、ドイツ、アフリカ、中国、フィンランドなどで大学と連携してきた。【国連環境計画(UNEP)】

http://unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=651&ArticleID=6842&l=en&t=long



 
 
>TOP

米国:「教養大学」開学 イスラム理解へ人材育成 周辺住民は好意的

キリスト教が圧倒的多数派の米国でイスラム教徒の人口が増加する中、各地でモスク(イスラム教礼拝所)やイスラム教センターの建設が進み、地元住民との摩擦も起きている。そんな中、8月に4年制のイスラム教教養大学「ゼイトゥナ大学」が開学した。イスラム教大学として米国初の認可校を目指しており、イスラム文化への理解を進め、米社会の宗教的融和を導く人材づくりを図りたい考えだ。【バークリー(米カリフォルニア州)で吉富裕倫】

サンフランシスコ近郊の大学街バークリー。落ち着いた風情のキリスト教神学校の校舎の一角に、教室や事務室を間借りしたゼイトゥナ大学があった。ゼイトゥナはアラビア語でオリーブの意味だ。

まだ整備中で、「大学」を示す表示板もなく、付近の住民は存在すら知らない。ネオコン(新保守主義)の論客は同校を「ステルス・ジハード(隠れた聖戦)」の拠点とみなし、米国のイスラム化を狙ったものだと警戒する。だが、記者の質問で初めて大学を知った住民はおしなべて「勉強するところなら何の不安もない」と好意的だった。

大学の共同創設者、ハテム・バジアン学務部長(46)は「米国の多様なイスラム教徒コミュニティーのニーズに応えるため、米国のイスラム教について語れる人材が必要だ」と創設の動機を語る。

65年の移民法改正でアジアやアフリカのイスラム教徒が米国に本格流入し、今や2世、3世と新しい世代が生まれている。このため海外から招くイスラム教の教師と米国生まれの生徒との間には認識の隔たりが生まれがちだ。大学は、イスラム、米国の両方の伝統を熟知した指導者を育てる狙いがあるのだ。

イスラム教の専門大学はイリノイ州やミネソタ州にあったが、いずれも未認可。政治学など一般教養科目を組み合わせた教養大学は初の試みだ。

開学1年目の生徒は15人。人種別の内訳は黒人6人、アラブ系3人、南アジア系3人、白人2人、ヒスパニック1人と、米国内のイスラム教徒の構成を反映しているという。

ニューヨークのコロンビア大学で神経科学を学んだ黒人のジェームズ・ラムジー・フォードさん(32)は「イスラム教により心の平穏を見いだせる」とキリスト教から改宗し、入学した。「ここでの授業は学者と一緒に座って行われ、親しみがある」と魅力を語る。

モスクの建設がアメリカの非イスラム社会と摩擦を生んでいることについて、フォードさんは「イスラム過激派が9・11事件(01年の米同時多発テロ)を起こし恐怖を生んだ。理性が恐怖を克服するには時間がかかるが、イスラムの文化がもっと目に見えて米国に根付くようになれば、解決されていくと期待している」と話した。

◇教徒急増、各地で摩擦

米国宗教帰属調査によると、08年のイスラム教徒人口は対90年比で2・6倍増の約135万人だが、ケンタッキー大学のイーサン・バグビー教授は米人口の2%に当たる約600万人と推計する。00年に1209カ所だったモスクは今年1897カ所に急増した。

イスラム教コミュニティーを受け入れるか否かを巡っては、同時多発テロ事件後に増えた差別や嫌がらせのレベルを超え、政治問題化しつつある。

調査機関「ピューフォーラム」によると、過去2年間にモスクやイスラム教センターの建設を巡り、地元市民らの抗議など議論を呼んだ事例は、ニューヨークのグラウンドゼロ(同時多発テロ事件跡地)付近の計画を含め35カ所に上った。

オクラホマ州では2日、裁判官がイスラム法を考慮に入れて司法判断することを禁じる憲法修正法案が住民投票で可決された。起草した共和党の州下院議員は、キリスト教に根ざす建国原理を損なわないよう、リベラル判事に対する「先制攻撃」だったと述べた。

法案は、米最大のイスラム教徒の人権擁護団体「米イスラム連絡会議」が連邦地裁に提訴したことで、一時差し止めとなった。

連絡会議によると、右派系のブログサイトが民主党のオバマ大統領攻撃と反イスラムを結びつけ、活動を活発化。連絡会議シカゴ支部のアミナ・シャリフさんは「ブッシュ前大統領(共和党)はイスラム教徒と戦争しているのではないと訴え、反イスラムに一線を引いた。今の共和党は選挙の人気取りのために反イスラムを利用している」と政治環境の変化を指摘した。

イスラム教団体の中には過度の政治化を懸念する声もあるが、シャリフさんは「これまでイスラム教団体は『間違った情報はいずれなくなる』と考え、動きは鈍かった。だが9・11直後に比べ反イスラム感情は高まっている」と危機感を抱く。

連絡会議はヘジャブ(かぶりもの)着用を拒否された米ディズニーランドのレストラン女性従業員の政府機関への苦情申し立てを支援するなど、積極的な姿勢に転換。先月はワシントンの本部に「イスラム恐怖症」対策部門を設置している。

毎日新聞 2010年11月29日 東京朝刊



UP:2010 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)