HOME > World / Africa >

アフリカ Africa 2008 8月


Tweet


アフリカアフリカ Africa 2016


おかねおくれ


作成:斉藤龍一郎
 *(特活)アフリカ日本協議会事務局長

アフリカ日本協議会(AJF)2010
HIV/AIDS 2010
グローバル・エイズ・アップデイト
Gender in Africa
アフリカの子ども
アフリカ障害者の10年
アフリカ開発会議(TICAD)
気候変動とアフリカ
アフリカと中国
アフリカとスポーツ
アフリカの食料・農業問題
アフリカの石油、資源
アフリカの保健・医療
アフリカのICT
ケニア共和国 Republic of Kenya 大統領選挙と騒乱
ソマリア海賊対策と自衛隊派遣問題
アルジェリア民主人民共和国アンゴラ共和国ウガンダ共和国エジプト・アラブ共和国エチオピア連邦民主共和国エリトリア国ガーナ共和国カーボヴェルデ共和国ガボン共和国カメルーン共和国ガンビア共和国ギニア共和国ギニアビサウ共和国ケニア共和国コートジボワール共和国コモロ連合コンゴ共和国コンゴ民主共和国サハラ・アラブ民主共和国サントメ・プリンシペ民主共和国ザンビア共和国シエラレオネ共和国ジンバブエ共和国スーダン共和国スペイン領カナリア諸島スワジランド王国セーシェル共和国赤道ギニア共和国セネガル共和国ソマリア民主共和国タンザニア連合共和国チャド共和国チュニジア共和国中央アフリカ共和国トーゴ共和国ナイジェリア連邦共和国ナミビア共和国ニジェール共和国ブルキナファソブルンジ共和国ベナン共和国ボツワナ共和国マダガスカル共和国マラウイ共和国マリ共和国南アフリカ共和国南スーダン共和国モーリシャス共和国モーリタニア・イスラム共和国モザンビーク共和国モロッコ王国リビア(旧 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国)リベリア共和国ルワンダ共和国レソト王国
※外務省ウェブサイトを基に、国名を表記しています。

新聞記事は、ウェブサイトへの掲載期間が限られています。ウェブで見あたらなくなったら縮刷版で内容を確認してください。


◆2008/08/01 毎日新聞 ジンバブエ:超インフレ 100億分の1デノミ
◆2008/08/01 yomiuri.co.jp スーダンPKOの任務延長、安保理が採択…米は棄権
◆2008/08/01 asahi.com ダルフールPKOを1年延長 国連安保理が決議
◆2008/08/01 cnn.co.jp 国連安保理、ダルフールPKOの延長決議を採択
◆2008/08/01 NIKKEI NET スーダンPKO1年延長 米が安保理決議を棄権
◆2008/08/01 外務省 ウガンダ共和国に対する無償資金協力(第二次地方電化計画(第2期))に関する書簡の交換について
◆2008/08/01 外務省 タンザニア、エチオピア、セネガルへの「水の防衛隊」ニーズ調査団の派遣について
◆2008/08/01 外務省 南部アフリカ開発共同体(SADC)に対する我が国政府代表の任命について
◆2008/08/02 毎日新聞 スーダン:ダルフール紛争 安保理決議、国連部隊を1年延長
◆2008/08/03 asahi.com 道路脇で爆発、20人死亡40人以上負傷 ソマリア首都
◆2008/08/03 AFP BB News ソマリアで路肩爆弾が爆発、少なくとも20人死亡
◆2008/08/03 MSN産経ニュース ソマリアで爆発、女性ら15人死亡
◆2008/08/03 NIKKEI NET メリットがウォリナー破る 全米陸上男子400メートル
◆2008/08/04 毎日新聞 ジンバブエ:和平協議、南アフリカで再開
◆2008/08/04 毎日新聞 ジンバブエ:和解協議が南アで再開 政治混乱打開
◆2008/08/04 AFP BB News ジンバブエの与野党間協議、約1週間ぶりに再開
◆2008/08/04 外務省 エリトリアに対する無償資金協力(食糧援助)について
◆2008/08/04 外務省 人間の安全保障基金によるコンゴ民主共和国における「イツリ地方における統合されたコミュニティ強化と平和構築支援」への支援について
◆2008/08/04 asahi.com 栄養失調は救える! エチオピア:シェレミの場合
◆2008/08/04 AFP BB News ドログバ チェルシーとの新たな契約にサインへ
◆2008/08/04 ナショナルジオグラフィック ニュース クリントン元大統領、AIDSとマラリアへのイニシアチブを表明
◆2008/08/05 asahi.com 南ア・大統領選最有力候補、ズマ議長の汚職裁判始まる
◆2008/08/05 NIKKEI NET トヨタ、南ア現地法人を完全子会社化
◆2008/08/05 NIKKEI NET ジンバブエ和解協議が再開 南ア大統領の仲介で
◆2008/08/05 NIKKEI NET 南ア与党議長、4日に汚職裁判
◆2008/08/05 Response トヨタ、南アフリカ子会社を100%出資に
◆2008/08/05 AFP BB News 南アフリカ、与党議長の汚職裁判始まる
◆2008/08/05 AFP BB News 南アフリカ与党議長、汚職裁判で起訴の不当性を主張
◆2008/08/05 毎日新聞 国際エイズ会議:メキシコで開幕、2万2000人参加
◆2008/08/05 UNHCR ギニアのシエラレオネ難民、難民の地位停止への助言を受ける
◆2008/08/05 APF BB News 【UNHCR】荒木裕子UNHCR資金調達・上級関係調整官よりタンザニアとブルンジからの報告
◆2008/08/06 asahi.com ルワンダ政府報告書「大虐殺にフランスの政治家ら関与」
◆2008/08/06 asahi.com モーリタニアで軍部がクーデター、大統領と首相を拘束
◆2008/08/06 cnn.co.jp 首脳更迭された軍がクーデター、大統領を拘束 モーリタニア
◆2008/08/06 外務省 わかる!国際情勢Vol.4 三大感染症対策〜日本の取組と世界基金
◆2008/08/06 外務省 任期付外務省職員の臨時募集(農業・食料需給問題等の分野)
◆2008/08/06 APF BB News スーダン・ダルフール:北部でのスタッフへの攻撃に伴いMSFチーム避難
◆2008/08/06 国境なき医師団 ス―ダン・ダルフ―ル:北部でのスタッフへの攻撃に伴いMSFチ―ム避難―タウィラとシャンギル・トバヤの人々6万5千人が医療援助なく取り残される―
◆2008/08/07 毎日新聞 モーリタニア:軍がクーデター 大統領府を制圧
◆2008/08/07 jp.reuters.com モーリタニアでクーデター、大統領が拘束される=大統領の娘
◆2008/08/07 外務省 モーリタニア情勢について
◆2008/08/07 NIKKEI NET ジンバブエ、ムガベ氏を名誉職に 与野党間で和解案が浮上
◆2008/08/07 時事ドットコム 暴力停止訴え共同声明=与野党の和解進展か−ジンバブエ
◆2008/08/07 NIKKEI NET 南ア労組、大規模デモ呼びかけ エネルギー・食料費高騰に抗議
◆2008/08/07 毎日新聞 北京五輪:米国の旗手にスーダン難民…6歳のころさらわれ
◆2008/08/07 毎日新聞 北京五輪:米国旗手にスーダン難民のロモング選出――あす開会式
◆2008/08/07 yomiuri.co.jp 米国選手団旗手、元スーダン難民のロペス・ロモング
◆2008/08/07 NIKKEI NET 元スーダン難民が米国旗手 北京五輪開会式
◆2008/08/07 時事ドットコム サブサハラのHIV治療活動を支援=米ブリストル・マイヤーズ〔BW〕
◆2008/08/08 毎日新聞 ルワンダ大虐殺:ルワンダ「仏関与」、仏政府「公平性欠ける」
◆2008/08/08 NIKKEI NET ルワンダ虐殺への仏関与の報告書、国防相が強く否定
◆2008/08/08 毎日新聞 エジプト:パッケージ写真は未来のあなた…禁煙運動で国内全たばこ掲示へ
◆2008/08/08 asahi.com 米旗手は元スーダン難民
◆2008/08/09 AFP BB News コンピューターごみがガーナの環境を汚染、グリーンピース
◆2008/08/09 毎日新聞 北京五輪:意志あれば、夢はかなう ロペス・ロモング(米国)
◆2008/08/09 asahi.com 南アフリカの旗手は義足のスイマー
◆2008/08/10 毎日新聞 ジンバブエ:厄よけに大統領 暴力恐れ待ち受け人気
◆2008/08/10 時事ドットコム ムガベ氏と野党議長が会談=和解協議大詰め−ジンバブエ
◆2008/08/10 yomiuri.co.jp アルジェリア首都近郊で自爆テロ、8人死亡
◆2008/08/10 asahi.com 警察署狙い自爆テロ、8人死亡19人負傷 アルジェリア
◆2008/08/10 asahi.com ツタンカーメンの娘? 胎児ミイラ2体、DNA鑑定へ
◆2008/08/10 NIKKEI NET サッカー男子、1―2でナイジェリアに敗れる 予選リーグ敗退(10日 20:00)
◆2008/08/10 UNHCR カナダ人の靴が、ルワンダで新たな一歩を踏み出す
◆2008/08/11 毎日新聞 ジンバブエ:野党議長に首相要請見込み トップ会談
◆2008/08/11 cnn.co.jp ジンバブエ大統領と野党指導者、直接会談のもよう
◆2008/08/11 NIKKEI NET アルジェリア大統領がイラン訪問
◆2008/08/11 jp.reuters.com 米大統領、ダルフール問題で中国に影響力行使求める
◆2008/08/11 CNETニュース デル、カーボンニュートラル化達成を発表
◆2008/08/11 薬事日報 【アリジェン製薬】日本発のアフリカ睡眠病薬開発へ
◆2008/08/12 外務省 スーダン共和国に対する国際連合児童基金(ユニセフ)を通じた無償資金協力「スーダン共和国における小児感染症予防計画」に関する書簡の交換について
◆2008/08/12 外務省 サントメ・プリンシペ民主共和国に対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換について
◆2008/08/12 時事ドットコム トップ会談が再開=ジンバブエ
◆2008/08/12 APF BB News スーダンで、イスラム教が禁じる酒をつくる女性たち
◆2008/08/12 National Geographic News フォトニュース:絶滅危惧種に新しく指定された霊長目(1)シロクロエリマキキツネザル
◆2008/08/12 BARKS 「ウィー・アー・ザ・ワールド」映像がiTunesで限定配信開始
◆2008/08/13 外務省 シエラレオネ共和国に対する無償資金協力(食糧援助)
◆2008/08/13 AFP BB News ムガベ大統領と野党の一部、連立政権に向け合意 ジンバブエ
◆2008/08/13 AFP BB News 米国 アンゴラを下し開幕2連勝
◆2008/08/13 uefa.com アーセナル、トウェンテの望みをくじく
◆2008/08/13 uefa.com パナシナイコスがスパルタ・プラハに先勝
◆2008/08/13 uefa.com 魅惑のバルサ、難なくビスワを一蹴
◆2008/08/13 APF BB News 戦争の道具化するレイプ、ダルフールとミャンマーの紛争で
◆2008/08/13 TechCrunch Facebookはサイズのみならず成長スピードも世界一
◆2008/08/14 外務省 公開セミナー 国連による平和構築が直面する課題:現場からの教訓と新しい取組(概要)
◆2008/08/14 AFP BB News ジンバブエ与野党間協議、野党議長の要請で一時中断
◆2008/08/14 JANJAN アフリカ:ドーハ・ラウンドをせき止めたセーフガード問題
◆2008/08/15 毎日新聞 ナイジェリア:産油地帯をカメルーンに引き渡し
◆2008/08/15 毎日新聞 コンゴ民主共和国:PKOに携わっていたインド兵、性的虐待か 100人規模で関与も
◆2008/08/15 BIZ PLUS 第3回「拡大する市場フロンティアと、世界を動かす対話プラットフォーム」(2008/08/15)
◆2008/08/15 APF BB News ナイジェリア北部に害鳥の大群、作物に深刻な被害
◆2008/08/15 AFP BB News ジンバブエ当局、野党議長のパスポートを一時没収 SADCサミット出席を妨害か
◆2008/08/15 AFP BB News サハラ砂漠から石器時代最大級の埋葬地、米研究チーム
◆2008/08/15 OhmyNews いも焼酎とともに半世紀(92)
◆2008/08/15 UNHCR イエメンの沿岸警備隊、ボートピープルを救出;依然6人行方不明
◆2008/08/16 毎日新聞 NEWS25時:米国 リビアとの補償合意
◆2008/08/16 毎日新聞 北京五輪:競泳 女子二百メートル背泳ぎ 中村、日本新で銅
◆2008/08/16 AFP BB News コベントリー 世界新で女子200メートル背泳ぎを制す
◆2008/08/16 newsclip.be タイ貨物船を海賊がだ捕 ソマリア沖
◆2008/08/16 cri SADC、年次首脳会議を南アフリカで開催
◆2008/08/16 usfl.com ジンバブエ情勢を協議 SADC首脳会議始まる
◆2008/08/17 AFP BB News 医師も驚く七つ子ちゃん誕生、エジプト
◆2008/08/17 asahi.com エジプトで七つ子誕生 男児4女児3、母子ともに順調
◆2008/08/17 cnn.co.jp エジプトで7つ子誕生 男児4人女児3人
◆2008/08/17 毎日新聞 エジプト:七つ子誕生 母子ともに安定 
◆2008/08/17 Techinsight 【海外仰天ニュース】エジプトで7つ子が誕生!しかも赤ちゃんたちが大きい!
◆2008/08/17 iZa エジプトの農家で七つ子誕生 政府がミルク支援へ
◆2008/08/17 yomiuri.co.jp 女子マラソン、中村13位…優勝はルーマニアのトメスク
◆2008/08/17 毎日新聞 五輪陸上:日本勢3連覇なるか 女子マラソン速報
◆2008/08/17 asahi.com ジンバブエ問題巡り、アフリカ南部14カ国首脳会議
◆2008/08/17 毎日新聞 北京五輪:サッカー 男子、ブラジルなど4強 なでしこ、あす米国戦
◆2008/08/17 AFP BB News メルーリ 男子1500メートル自由形を制す
◆2008/08/17 AFP BB News ガボンでオリーブ色の背を持つ新種の鳥見つかる
◆2008/08/17 www.people.ne.jp 男子1500m自由形、チュニジアのメルーリが優勝
◆2008/08/17 uefa.com マルセイユが圧勝、リヨンは引き分け
◆2008/08/18 asahi.com ジンバブエ対立長期化へ、アフリカ諸国首脳会議結論出ず
◆2008/08/18 毎日新聞 ジンバブエ:野党「首相」受諾前向き 和解協議、最終合意には至らず
◆2008/08/18 AFP BB News ジンバブエの与野党協議、SADC首脳会議でも合意に至らず
◆2008/08/18 MSN産経ニュース ジンバブエ情勢進展なし SADC首脳会議
◆2008/08/18 毎日新聞 エジプト:アレクサンドリアで七つ子誕生
◆2008/08/18 毎日新聞 北京五輪:陸上 男子千五百メートル 子供たちよ、不可能はないよ ロモング、敗退
◆2008/08/18 NIKKEI NET 南部アフリカ首脳会議、自由貿易圏が正式発足 18年に共通通貨
◆2008/08/18 cri 南部アフリカ開発共同体サミット、終了
◆2008/08/18 日経新聞 豪、「ウラン」影響力拡大
◆2008/08/18 毎日新聞 北京五輪:陸上 男子1万メートル 悲しみ越え、ベケレ連覇
◆2008/08/18 AFP BB News ベケレ 2大会連続の金メダル
◆2008/08/18 JANJAN スーダンのバシル大統領訴追への動きにアラブ系指導者が反発(全訳記事)
◆2008/08/18 excite.co.jp 読書で国際協力!? 「Chabo!」マークって知ってる?
◆2008/08/19 毎日新聞 ザンビア:ムワナワサ大統領がパリ市内の病院で死去
◆2008/08/19 NIKKEI NET スーダン大統領、逮捕状請求後初の外国訪問
◆2008/08/19 毎日新聞 バシル・スーダン大統領:悠々、トルコに外遊
◆2008/08/19 毎日新聞 スーダン:「逮捕状発行なら職員に重大結果」 国連に「脅し」
◆2008/08/19 毎日新聞 アルジェリア:警察学校狙い爆弾テロ…43人死亡
◆2008/08/19 asahi.com 爆薬積んだ車、警察学校へ突入43人死亡 アルジェリア
◆2008/08/19 cnn.co.jp インフレ率「1120万%」、過去3カ月間で ジンバブエ
◆2008/08/19 asahi.com 決勝はナイジェリア―アルゼンチン サッカー男子
◆2008/08/19 asahi.com ナイジェリアがベルギーに圧勝、決勝進出 サッカー男子
◆2008/08/19 APF BB News 神からの贈り物か、スーダン産「アラビアガム」めぐる駆け引き
◆2008/08/19 外務省 リベリア共和国に対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換について
◆2008/08/19 AFP BB News 南部アフリカの自由貿易圏が発足、2018年までに共通通貨導入へ
◆2008/08/19 AFP BB News ジェリモ 女子800メートルで金メダル獲得
◆2008/08/19 AFP BB News サラディノ 男子走り幅跳びで金メダル獲得
◆2008/08/19 AFP BB News キプルト 男子3000メートル障害で金メダル獲得
◆2008/08/19 Searchina FINANCE 中国海洋石油:ナイジェリアの油田開発権を放棄
◆2008/08/19 jp.reuters.com サッカー=アデバヨール、アーセナルと新たな長期契約
◆2008/08/19 nikkei TRENDY net 【値上げ】JALとANA、10月1日より国際航空運賃を5―10%値上げ
◆2008/08/20 毎日新聞 アルジェリア:爆弾テロで43人死亡
◆2008/08/20 yomiuri.co.jp アルジェリアの警察学校で自爆テロ、43人死亡38人負傷
◆2008/08/20 NIKKEI NET アルジェリアでテロ、43人死亡
◆2008/08/20 cnn.co.jp アルジェリアでまた爆弾テロ、今度は軍施設狙う 死傷者
◆2008/08/20 AFP BB News 警察学校を狙った自爆攻撃で43人死亡、アルジェリア
◆2008/08/20 AFP BB News ジンバブエ、6月のインフレ率1120万%に 実際は4000万%との見方も
◆2008/08/20 yomiuri.co.jp 首相、国連総会演説で調整…アフリカ開発会合出席も検討
◆2008/08/20 NIKKEI NET エジプト議会で火災、十数人が負傷
◆2008/08/20 cnn.co.jp エジプト議会入る宮殿建物で出火、漏電か 負傷者
◆2008/08/20 iZa カイロ中心部で黒煙立ち上る エジプト諮問評議会で火災
◆2008/08/20 cnn.co.jp ソマリア沖でまた海賊事件、8月は4件目 マレーシア船襲撃
◆2008/08/20 毎日新聞 北京五輪:サッカー ナイジェリアか、アルゼンチンか――23日決勝
◆2008/08/中旬 DPI日本会議 JICA研修「アフリカ障害者の地位向上コース」
◆2008/08/20 JICA東京, DPI日本会議 公開セミナー 「人間の安全保障とJICAの障害者支援」
◆2008/08/20 毎日新聞 ザンビア:大統領がパリ市内で死去
◆2008/08/20 asahi.com ザンビア大統領死去 パリで入院中
◆2008/08/20 APF BB News 先祖代々の土地が異国の領土に、ナイジェリアのバカシ半島を去る人々
◆2008/08/20 国境なき医師団 ソマリアにおけるプログラムと活動概要 −2008年8月現在−
◆2008/08/20 外務省 アルジェリア・ブーメルデス県で発生したテロ事件について
◆2008/08/20 外務省 ムワナワサ・ザンビア共和国大統領の逝去について
◆2008/08/20 国境なき医師団 エチオピアにおけるMSFの栄養治療プログラムの概要
◆2008/08/20 UNHCR リベリア北部の町、シエラレオネ人定住へ向けた土地の提供
◆2008/08/20 iZa 【人】エジプト日本科学技術大学創設に尽力 カラム・ハリールさん
◆2008/08/20 ITmedia Intel会長、テクノロジーと教育の融合を推進
◆2008/08/20 ITpro [IDF]「コネクティビティが世界の経済開発、医療、教育を変える」、バレット会長が強調
◆2008/08/20 eiga.com ベネチア映画祭、エジプトの巨匠ユーセフ・シャヒーン監督追悼へ
◆2008/08/20 jp.reuters.com アルセロールミタル、ロンドン・マイニングの鉄鉱石部門を買収へ
◆2008/08/21 yomiuri.co.jp エジプト国会で火災、1人死亡16人けが…電気トラブル?
◆2008/08/21 asahi.com 日本のタンカー、海賊に乗っ取られる ソマリア沖
◆2008/08/21 cnn.co.jp ソマリア沖でまた海賊事件2件、日本のタンカーも乗っ取られる
◆2008/08/21 MSN産経ニュース ソマリア沖で海賊行為が頻発 1カ月では7隻
◆2008/08/21 NIKKEI NET 日本のタンカー、ソマリア沖で海賊に乗っ取られる
◆2008/08/21 AFP BB News 黒人従業員をライオンのエサにした白人農園主が仮釈放へ、南ア
◆2008/08/21 AFP BB News アルジェリアで2件の自動車爆弾攻撃、12人が死亡
◆2008/08/21 people.ne.jp 中国政府、アルジェリアでのテロを厳しく非難
◆2008/08/21 JANJAN シエラレオネ:政治の分裂がシエラレオネを再び混沌に陥れる
◆2008/08/21 DIAMOND online 丹羽宇一郎 伊藤忠商事会長「経営者はまずはアフリカに行け!そして教育レベル上げる援助を」
◆2008/08/21 朝鮮日報 【社説】「黒人? 黒人はダメです」
◆2008/08/22 NIKKEI NET (8/22)日産の中国合弁、輸出を開始 まずエジプトに900台
◆2008/08/22 seriea.jp アッピアーの希望はユーベ復帰
◆2008/08/22 AFP BB News 京都議定書後の枠組み目指しアクラ会議が開幕
◆2008/08/22 Daily Nation Deaf and dumb and at the pinnacle of varsity career
◆2008/08/22 JANJAN アフリカ/貿易:森林の違法伐採を止めるIT新技術
◆2008/08/22 UNHCR Q&A: コンゴの国連事務所所長、人道的難局のなかに希望の兆しを見る
◆2008/08/22 Record China <中華経済>CNOOCがナイジェリアの油田開発1カ所から撤退へ―中国
◆2008/08/22 マレーシアナビ! ソマリア沖で海賊、マレーシアのタンカーを乗っ取り
◆2008/08/22 MSN産経ニュース 海賊がまた乗っ取り ソマリア沖で独関係貨物船
◆2008/08/22 UNHCR UNHCR ユニクロ共同開催アジア・アフリカ難民キャンプ写真展開催記念イベント
◆2008/08/23 JICA東京, DPI日本会議 公開セミナー 「差別と闘うアフリカの障害者(カントリーレポート発表会)」
◆2008/08/23 NIKKEI NET 五輪サッカー男子、アルゼンチンが2連覇(23日 15:32)
◆2008/08/23 recordchina ロシアの輸出武器、45%を中国が購入
◆2008/08/23 MSN産経ニュース 日本関係船 海賊から今度は逃げ切る
◆2008/08/24 NIKKEI NET 男子マラソン、ケニアのワンジル優勝 尾方は13位
◆2008/08/24 NIKKEI NET ワンジル、日本で学んだ「我慢」 亡き先輩に贈る金の輝き(24日 18:00)
◆2008/08/24 毎日新聞 街角:ヨハネスブルク 「マディバ」の願い、今に
◆2008/08/24 毎日新聞 五輪陸上:男子マラソン…ケニアのワンジルが優勝、五輪新
◆2008/08/24 Innolife.net 【北京五輪】マラソン、ケニア優勝...イ・ボンジュ28位
◆2008/08/24 AFP BB News ワンジル 五輪新で男子マラソン制す
◆2008/08/24 JANJAN ケニア:経済成長を可能にするのは電力ではなく人力
◆2008/08/24 JANJAN 南部アフリカ開発共同体の首脳会議で自由貿易圏が発足
◆2008/08/25 AFP BB News ジンバブエ警察、議会で野党議員2人を拘束
◆2008/08/25 大徳ネット オマーンのオイルマネーが韓国のITに注目
◆2008/08/25 nikkei BP net アフリカ諸国が「ポスト京都」を左右する?
◆2008/08/25 tennis365.net 三橋2週連続優勝ならず準優勝◇カイロフューチャーズ
◆2008/08/25 外務省 コンゴ民主共和国に対する無償資金協力(食糧援助)に関する書簡の交換について
◆2008/08/25 RI 第21回会議 「障害者の権利と社会参加:全ての人たちのための社会を確たるものにするために」
◆2008/08/26 NIKKEI NET アフリカに官民使節団を派遣 外務省と経済産業省
◆2008/08/26 大阪日日新聞 過酷さ写真で訴え アフリカの子供たちの今
◆2008/08/26 yomiuri.co.jp マラソン金のワンジル、ケニアに帰国へ…大阪での会見中止
◆2008/08/26 yomiuri.co.jp ワンジルどうする…トヨタ九州退社へ、練習拠点は?
◆2008/08/26 AFP BB News 大統領選後初のジンバブエ議会、 野党幹部を議長に選出
◆2008/08/26 AFP BB News イランの核情報提供など、CIAがスイス人技術者雇用 米紙
◆2008/08/26 VENTURE VIEW ブログ1エントリーにつきケニアに1本植林--アライドアーキテクツがキャンペーン実施
◆2008/08/26 AFP BB News スーダン・ダルフールの難民キャンプで銃撃戦、少なくとも25人死亡
◆2008/08/26 fcjanan レーヌのアサモアが太もも肉離れ
◆2008/08/26 JANJAN ジンバブエ:話し合いの成果を求める市民社会
◆2008/08/26 外務省外務大臣会見記録(8月26日付) 大臣冒頭発言(2)アフリカへの貿易投資促進合同ミッション
◆2008/08/26 外務省 ベナン共和国に対するノン・プロジェクト無償資金協力(セクター・プログラム無償資金協力)に関する書簡の交換について
◆2008/08/26 外務省 御法川外務大臣政務官のガーナ訪問について
◆2008/08/26 外務省 アフリカへの貿易投資促進合同ミッションについて
◆2008/08/26 国境なき医師団 スーダン・ダルフール:MSF、カルマ・キャンプ内で65人の負傷者を受け入れる
◆2008/08/26 国境なき医師団 ウガンダにおける国境なき医師団(MSF)の活動状況 ― 2008年8月
◆2008/08/27 NIKKEI NET 米国務長官、リビア9月訪問検討 複数メディア報道、55年ぶり
◆2008/08/27 NIKKEI NET スーダンの旅客機、ハイジャックでリビアに着陸
◆2008/08/27 yomiuri.co.jp スーダンの旅客機ハイジャック、リビアの空港に着陸
◆2008/08/27 asahi.com スーダン機乗っ取りリビア着陸 乗客解放、パリ行き要求
◆2008/08/27 jp.reuters.com スーダンで乗客95人搭乗の民間機ハイジャック、リビアに着陸
◆2008/08/27 cnn.co.jp スーダン機乗っ取られリビアに着陸、反政府勢力が関与か
◆2008/08/27 NIKKEI NET スーダン旅客機ハイジャック、乗客・乗員解放
◆2008/08/27 NIKKEI NET スーダンのハイジャック機、乗客は全員解放
◆2008/08/27 AFP BB News スーダン・ダルフール地方のハイジャック、乗客全員を解放 犯人と乗員は依然機内に
◆2008/08/27 AFP BB News スーダン民間機ハイジャック事件、反政府組織一派の犯行か
◆2008/08/27 AFP BB News スーダン・ダルフール地方で旅客機ハイジャック、リビア領内に着陸
◆2008/08/27 NIKKEI NET 世界の貧困層14億人 05年世銀推計、1年で1.4倍に
◆2008/08/27 AFP BB News 西アフリカの海岸も水没の危機、ドイツ専門家が指摘
◆2008/08/27 AFP BB News エジプト大統領、北京五輪不振の「原因究明委員会」設置を命令
◆2008/08/27 NIKKEI NET ジンバブエ与野党対立、和解協議白紙の恐れ
◆2008/08/27 毎日新聞 NEWS25時:ジンバブエ 初の野党議長が誕生
◆2008/08/27 AFP BB News グランド・ハイアット・カイロが酒類の販売を再開、展望レストラン限定で
◆2008/08/27 J's GOAL ナザ選手 移籍加入のお知らせ [ 湘南 ]
◆2008/08/27 CNET グーグル、日本と東南アジアを結ぶ海底光ケーブルの建設に協力--米報道
◆2008/08/27 毎日新聞 世界の食糧が足りない
◆2008/08/27 国境なき医師団 スーダン・ダルフール:MSF、カルマ・キャンプから49人の負傷者を避難させる
◆2008/08/28 AFP BB News スーダン民間機ハイジャック事件、犯人2人がリビア当局に投降
◆2008/08/28 AFP BB News 貧困の南部スーダン、防げぬ「感染症による失明」
◆2008/08/28 AFP BB News スーダン・ハイジャック機の乗客、家族と喜びの再会
◆2008/08/28 asahi.com スーダン機乗っ取り犯投降 乗員乗客は全員解放 リビア
◆2008/08/28 cnn.co.jp スーダン機ハイジャック事件、犯人投降 乗員乗客解放
◆2008/08/28 yomiuri.co.jp スーダン機ハイジャック犯2人投降、乗客乗員95人無事
◆2008/08/28 klug デノミ後のジンバブエ
◆2008/08/28 Innolife.net タレントバン・ウニ、「アフリカ酋長にプロポーズされた」
◆2008/08/29 毎日新聞 レバノン:カダフィ大佐に当局が逮捕状
◆2008/08/29 AFP BB News 健康格差、是正に向け社会全体での取り組みを WHO報告書
◆2008/08/29 JANJAN ケニア:平和のための執筆(全訳記事)
◆2008/08/29 nikkei TRENDY net キリンビバレッジ、アフリカ産豆を61%使った缶コーヒー「キリン ファイア アフリカン」
◆2008/08/29 外務省 ムワナワサ・ザンビア共和国大統領の逝去に伴う我が国からの特派大使の派遣について
◆2008/08/29 外務省外務大臣会見記録(8月29日付) ムワナワサ・ザンビア共和国大統領の逝去について
◆2008/08/29 UNHCR 誘拐犯、UNHCRモガディシュ事務所長を無傷で解放
◆2008/08/29 NIKKEI NET 米国務長官、リビア9月訪問検討 複数メディア報道、55年ぶり
◆2008/08/29 National Geographic News コンゴのゾウ大虐殺、中国での象牙取引が原因か
◆2008/08/30 NIKKEI NET イタリア、リビアのインフラ整備に50億ドル投資へ 25年間で
◆2008/08/30 AFP BB News メロドラマの主人公に恋した妻に夫が三くだり半、アルジェリア
◆2008/08/30 www.people.ne.jp 楊潔チ外相、ザンビア大統領の葬儀に出席
◆2008/08/30 JANJAN アフリカ:ワンガリ・マータイ「森林と砂漠のたたかい」
◆2008/08/30 JANJAN ジンバブエ:女性の政治参加平等へ向けて
◆2008/08/31 時事ドットコム W杯ドイツ大会で八百長?=ドイツ誌が報じる
◆2008/08/31 時事ドットコム リビアに50億ドル投資へ=植民地支配への補償−伊
◆2008/08/31 yomiuri.co.jp イタリア、リビアへの植民地支配賠償で50億ドル投資へ
◆2008/08/31 NIKKEI NET ナイジェリア武装勢力、政府軍兵士29人殺害と発表
◆2008/08/31 NIKKEI NET 外務省、「海洋対策室」を来月新設へ

【News Sites】
○allafrica.com http://allafrica.com/
○Jeune Afrique http://www.jeuneafrique.com
○Inter Press Service: Africa http://ipsnews.net/africa/index.asp

【参考】
○asahi.com:魅惑大陸アフリカ http://www.asahi.com/international/africa/

【参考文献】
◇曽田 夏記 2008/03/01 「紛争後のルワンダにおける障害者の周辺化」,東京大学教養学部国際関係論分科卒業論文

【参考図書】
アフリカに見捨てられる日本
石田洋子著 創成社 800円+税40円 創成社新書 236p 2008年6月 [amazon]

アフリカのいまを知ろう
山田肖子編著 岩波書店 780円+税 ジュニア新書 245p 2008年3月 [amazon]

1 アフリカを知ろう
 1 アフリカの国々の姿
 2 グローバル社会と現代アフリカ
 3 アフリカの歴史と世界
 4 アフリカの社会と文化
 5 なぜアフリカを研究するのか

2 アフリカの研究者に聞いてみよう
AJF会員である北川さん、武内さん、高橋さん、舩田さんへのインタビューのほか、アフリカNOWで著作を紹介した亀井君(「アフリカのろう者と手話の歴史」著者)、アフリカのエイズ問題について詳しい若杉さん、アフリカひろばで話を聞いた鈴木さんらへのインタビューが収められています。


所有と分配の人類学−エチオピア農村社会の土地と富をめぐる力学
松村圭一郎著 世界思想社 4830円(税込み) 四六判 324p 2008年3月 [amazon]

人びとは、富をいかに分け与え、「自分のもの」として独占しているのか? エチオピアの農村社会を舞台に、「所有」という装置が、いかに生成・維持されているのか、緻密に描き出す。「私的所有」という命題へ人類学から挑戦する、気鋭の力作。


生物資源から考える21世紀の農学 第7巻 生物資源問題と世界
野田公夫編 京都大学学術出版会 3200円+税160円 A5版 241p 2007年9月 [amazon]

第3章 タンザニア農村における貧困問題と農家経済経営 辻村英之


チョコレートの真実
キャロル・オフ著 北村陽子翻訳  英治出版 ¥1,890 B6判 384p 2007年9月 [amazon]

2001年、米国連邦議会でコートジボワールのカカオ農園での児童労働が取り上げられ、児童労働によって作られたチョコレートを規制しようとする法案が用意された。チョコレートメーカーは、「根拠」とされたレポートの真実性を問題にする大キャンペーンを行った。この動きの中で何が明らかになったのか、何が不明なままなのか、米国のジャーナリストがチョコレートの歴史にさかのぼって、チョコレートと途上国の人々の暮らし、先進国のチョコレート・ブームそして現在のフェアトレード・チョコレート、オーガニック・チョコレートの実像に迫る。


現代アフリカ農村―変化を読む地域研究の試み
島田周平著 古今書院 ¥3,675 B6判 182p 2007年9月 [amazon]

アフリカ可能性を生きる農民―環境-国家-村の比較生態研究
島田周平著 京都大学学術出版会 ¥3,780 四六判 270p 2007年2月 [amazon]

モザンビーク解放闘争史―「統一」と「分裂」の起源を求めて
舩田クラーセンさやか著 御茶の水書房 ¥9,240 A5版 669p+28p 2007年2月 [amazon]

国連ボランティアとしてモザンビークで活動したことをきっかけにモザンビーク研究を始めた著者が、12年近くの年月をかけてまとめた。


開発フロンティアの民族誌―東アフリカ・灌漑計画のなかに生きる人びと
石井洋子著 御茶の水書房 ¥5,040 A5版 310ページ 2007年2月 [amazon]

サブサハラ・アフリカで最も成功したと言われてきた国家的潅漑計画の歴史と、1990年代末から始まった新しい動きを伝える。


アフリカに吹く中国の嵐、アジアの旋風―途上国間競争にさらされる地域産業
吉田栄一編 (独法)日本貿易振興機構アジア経済研究所 ¥1,575 A5版 161ページ  2007年4月 [amazon]

中国商品のアフリカ流入、中国経済人のアフリカでの活動がもたらしている影響を具体的に報告する。


アフリカ昆虫学への招待
日高敏隆監修 日本ICIPE協会編 京都大学学術出版会 ¥3,150 A5版 285ページ 2007年4月 [amazon]

ケニアにある国際昆虫生理生態学センター(ICIPE)、ナイジェリアにある国際熱帯農業研究所(IITA)等でアフリカの昆虫研究に従事した日本人研究者が、人びとの健康や農業に関わる昆虫研究の課題を紹介する。


アフリカン・ポップスの誘惑
多摩アフリカセンター編 春風社 ¥1,680 A5版 191ページ 2007年5月 [amazon]

アフリカの人びとがラジオ、カセットテープを通して親しんでいるポップスを多数紹介。最後に収録されたエイズで亡くなった大スター自身のエイズの恐ろしさをえがく歌が印象的。


アフリカの医療・障害・ジェンダー―ナイジェリア社会への新たな複眼的アプローチ
落合雄彦, 金田知子編 晃洋書房 ¥3,300 A5版 257ページ 2007年3月 [amazon]

精神障害当事者の手記、当事者インタビューなども収録。ナイジェリアの精神医療がどうなっているのか、どのように調べていけばよいのかが判る。


モブツ・セセ・セコ物語
井上信一著 新風舎 ¥1,995 四六判 487ページ 2007年5月 [amazon]

フランス、ベルギーで発行された研究書・レポートをもとに、モブツを追いかける形でコンゴ民主共和国の現代史を描く。日本鉱業の鉱山運営、帝国石油の石油開発参加を通して日本とモブツそしてコンゴ民主共和国の関係も詳述。(旧ザイール)の関係


マウマウの娘―あるケニア人女性の回想
ワンボイ・ワイヤキ・オティエノ (著), コーラ・アン・プレスリー (編さん), 富永 智津子 (翻訳)  未来社 ¥2,730 四六判 266ページ 2007年5月 [amazon]

十代でケニア土地解放軍の闘いに参加し、ケニア独立後は政治家としても活躍した女性の自叙伝の前半。後半の翻訳も待たれる。70歳を超えて、ケニア独立の理念を高く掲げた政党を立ち上げた著者から目が離せない。


スワヒリ語のしくみ
竹村景子著 白水社 ¥1,680 B6版 2007年3月 [amazon]

Chief of Station, Congo: Fighting the Cold War in a Hot Zone
Larry Devlin (著) $26.00 ¥ 3,020 269ページ Public Affairs (2007/3/30) [amazon]

Poisoned Wells: The Dirty Politics of African Oil
Nicholas Shaxson (Palgrave Macmillan, Hampshire, UK, 2007; 272 pp; hb $26.95 ¥ 3,337) [amazon]

Remaking Law in Africa
eds. Jude Murison, Anne Griffiths and Kenneth King (Palgrave Macmillan, Hampshire, UK, 2007; 256 pp; hb $65 ¥ 8,048) [amazon]


ni Japan 2007年6月号 特集/ダルフールを見捨てるな
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン編・発行 定価600円 必要な方はこちらへ



 
 
>TOP

第3回「拡大する市場フロンティアと、世界を動かす対話プラットフォーム」(2008/08/15)

7月に開かれた主要国首脳会議(洞爺湖サミット)で主要8カ国(G8)は、2005年に英グレンイーグルズ・サミットでG8が発表した、MDGs(ミレニアム開発目標)とODA(政府開発援助)に関する国際公約を再確認した。この国際公約では、2010年までにODA年間総額を500億ドル増額し、うち250億ドルはアフリカ向けとすることが掲げられている。

途上国への開発投資拡大で生まれる市場フロンティア

欧州連合(EU)はこの国際公約の実現に力を入れてきている。経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会(DAC)にも加盟しているEU加盟15カ国のODA総額は、2004年には429億ドルだったが、2007年には621億ドルと、200億ドル近く増額されている。そしてその資金は、EUが推進している「EUウォーター・イニシアティブ(EUWI)」「EUエネルギー・イニシアティブ(EUEI)」「EUアフリカ開発基金(EDF)」など数々のイニシアティブにおいて、関係者・当事者の対話を通じ、利用方法や使途が調整され、効率的に活用されている。

これらのイニシアティブで特に注目すべきなのは、「EUという単位で行われている国、国境を越えた活動である」ことと、「民間セクターが本業を通じた貢献を行っている」ことである。例えば、EUWIでは、河川・地下水・湖沼など国境をまたぐ水資源の管理について、当事者・関係者の対話を促し、問題解決に向けて協調が図られている。また、EUWIにおいては、フランスの水道・電力会社スエズ、同じくフランスの水道会社ヴェオリア・エンバイロメントなどが、EUEIにおいては、石油メジャーの英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどEU地域のグローバル企業が、自社の事業を通して援助活動を行っている。

国連は、ミレニアム開発目標を実現するために、2015年までに国民総所得(GNI)比0.7%の支援金を拠出するように先進各国に提唱しているが、ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾEU委員長は、2008年1月の「世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)」で、「2010年までにGNIの 0.56%、2015年までには0.7%に引き上げる」というコミットメントを表明した。EUは、先進諸国のなかで初めて、ミレニアム開発目標の達成に向けた「マイルストーン(節目となる目標)」を発表しており、今後も積極的な投資を行うとみられる。

日本も、2008年1月のダボス会議の演説で福田康夫首相が、「途上国の温暖化対策に5年で100億ドルを投じる『資金メカニズム』をつくる」と宣言している。

このように最近になって、先進国政府による、社会的課題の解決に向けた途上国への開発投資が拡大してきている。このことは、企業にとっては未開拓の新市場、すなわち市場フロンティアの創出ととらえることができ、大きなビジネスチャンスになる可能性を秘めている。

市場フロンティアを目指す欧米企業の動き

実際に、いくつかの欧米の企業は、このような機運をビジネスチャンスとみて、事業を再構成している。例えば、米国のゼネラル・エレクトリック(GE)は、創立者であるトーマス・エジソンの「世界が何を必要としているかを見極めて、それから発明にとりかかるのです」という言葉を踏まえ、「ecomagination(エコマジネーション)」という環境戦略に取り組んでいる。ecology(環境問題)とeconomy(経済)の2つの意味を含む「eco」と、imagination(想像)とを組み合わせたecomaginationという造語には、「自社、そしてパートナーがイマジネーションを働かせて、世界が直面している環境問題に取り組み、それによって継続的な成長を図る」というGEの意志が込められている。

2005年5月にGEは、「GE's ecomagination commitments」として、以下の4つのコミットメント(必達目標)を打ち出している。

ecomaginationの製品・サービスは、環境性能向上と経済性向上(電気代などオペレーションコストの削減を意味する)双方の観点からの、社内と第三者機関の審査を通ることで、認定される。実際に、太陽光発電や風力発電などの再生可能資源による発電や、水資源を再利用する技術など、 ecomaginationと認定された製品・サービスの2007年度の年間売上高は約140億ドル、年間成長率は20%以上と、GE全体の年間内部成長率(9%)を大きく上回っている。2010年度の年間売上高200億ドルという当初の目標は、1年前倒しで達成するメドが立ったため、目標値が250億ドルに上方修正されている。

GEの日本法人である日本ゼネラル・エレクトリックによると、2007年度にGEの年間売上高のうち、米国外での売上高が米国内を初めて上回るなど、米国外の市場の重要性が増している。こうした国外市場開拓の鍵となる戦略が、 ecomaginationだ。GEは、先進国政府の途上国への開発投資が拡大していることを踏まえ、企業ポートフォリオの中でインフラビジネスに比重をより移し、その継続的成長を支える戦略としてecomaginationを推進している。

GEの ecomaginationとは、政府や外部の企業を、環境面におけるGEのビジネスパートナーとして結びつけ、環境性能を高めるために必要な製品・サービスを提供する、社会的な意義が強い戦略である。同時に、市場フロンティアに足場を築くことで、これまで以上の成長につなげていくという、GEの事業戦略でもある。

多様なステークホルダーを結びつける対話プラットフォーム

企業にとって、GEのように、先進国政府による社会的課題への取り組みの動きをビジネスチャンスととらえ、新たな経営戦略を実行していくことは、言うは易し、行うは難しである。特に、経営者には、世の中の大きな動きをとらえ、自らその動きにかかわっていくための幅広い知見と、豊富な人脈が要求される。

ダボス会議を開催している世界経済フォーラム(WEF)は、“improving the state of the world”という使命の実現に向け、ダボス会議に代表される数々のフォーラムでの対話を通して、多様な業界・セクターのステークホルダー(利害関係者)を結び付けている。この対話プラットフォームに参加することによって、経営者はこれまで視野に入っていなかったビジネスチャンスに気づいたり、複数のステークホルダーと連携することにより、企業単独では行動を起こしにくいことを実現するきっかけを得たりすることができる。

WEFでは、このような対話プラットフォームを通して、多様なパブリック・プライベート・パートナーシップ(PPP)プロジェクトを立ち上げている。一例として、Global Education Initiativeという教育に関するイニシアチブの1つである、ヨルダン教育イニシアチブ(JEI)が挙げられる。JEIは、グローバル企業、ローカル企業、政府機関、非政府機関が共同で進めているPPPプロジェクトである。

JEIには多くのIT企業が参加しているが、彼らの取り組みはヨルダンの経済成長を支えるとともに、ヨルダンにおけるIT市場を拡大する取り組みとしてとらえることができる。IT企業にとっては、グローバルな市場で成長していくためには、多くの国々でIT産業が活性化している必要があり、そのためには、優秀なSE人材やIT企業家を生み出す教育基盤の充実が重要となる。JEIは、「知識基盤の経済を構築する」「国民が企業家になり、情報通信技術産業に参加するように支援する」というヨルダンの国家目標の実現を支える、社会的な意義を持ったプロジェクトであると同時に、参加する企業にとっては、将来の継続的な成長につながる市場フロンティアの開拓という、経営意義を持ったプロジェクトなのである。

対話プラットフォームへの参加を足がかりに

注目すべきは、JEIが2003年1月のダボス会議での、シスコシステムズのジョン・チェンバーズ社長兼CEO(当時、現在は会長兼CEO)の提案がきっかけとなって始まったことである。シスコシステムズはJEIで、イニシアチブパートナーズとしてリーダー的な役割を果たしており、企業がソーシャルイノベーションの経営戦略を実行するうえで、ダボス会議という対話プラットフォームを活用したベストプラクティスと言える。

世界の動きを把握し、共に活動してくれるパートナーを発掘していくためには、積極的に業界やセクターを越えた対話に参加する必要がある。対話プラットフォームとしては、現リーダーが中心となるWEFや、前回紹介した世界銀行が主催の次世代リーダーが中心となるエグゼクティブ・ディベロップメント・プログラムなど、様々な場が設けられている。しかし現状では、こうした対話に参加する日本企業は少ない。このような状況を打破し、積極的に対話プラットフォームを活用することが、日本企業が自ら市場フロンティアの開拓を先導していくための、大きな足がかりになるとみられる。



 
 
>TOP

【値上げ】JALとANA、10月1日より国際航空運賃を5―10%値上げ

2008年08月19日

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、日本から発着する国際航空運賃の価格改定を発表した。国際航空運送協会(IATA)の運賃改定決議を受けて、10月1日より5―10%の値上げを実施する。

JALは、北米・中南米・ハワイ行きを10%、中東・アフリカ行きを5%、アジア行きを5%引き上げる。欧州・南西太平洋(オーストラリア・ニュージーランドなど)行きは据え置く。一方ANAは、北米行きを10%、東南アジア・インド・中国・韓国・グアム・中東・アフリカ行きを5%値上げする。

ANAはまた、3カ月ごとに見直す燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)の改定も発表した。10―12月の発券分に関して、燃油サーチャージを 500―5000円引き上げる。値上げ幅が最も大きいのは北米・欧州・中東行きの便で、現行の2万8000円が3万3000円となる。5―7月におけるシンガポールケロシン市場価格の3カ月平均が、過去最高の1バレル当たり163.54ドルを記録したためと説明している。



 
 
>TOP

首相、国連総会演説で調整…アフリカ開発会合出席も検討

福田首相は19日、ニューヨークで9月23日から始まる国連総会に出席し、一般討論演説を行う方向で調整に入った。

実現すれば、日本の首相の演説は2005年の小泉首相(当時)以来となる。また、9月22日の「アフリカ開発に関するハイレベル会合」、同25日の「MDGs(ミレニアム開発目標)ハイレベル会合」の二つの国連会合への出席も検討している。

(2008年8月20日07時02分 読売新聞)



 
 
>TOP

[IDF]「コネクティビティが世界の経済開発、医療、教育を変える」、バレット会長が強調

「コネクティビティ(接続性)は、経済、医療、教育、環境といった、現在世界を覆っている様々な問題を大きく改善できる」。米インテルの会長であるクレイグ・バレット氏はこう語る。

同氏は2008年8月19日(米国時間)から始まった開発者会議「Intel Developer Forum(IDF)」で講演。コンピュータとネットワークにより様々な地域や人を結びつける活動が、貧困問題、医療問題、教育格差といった現代的な課題を解決すると述べた。

バレット氏は2005年にCEOを辞し会長に就任。米国の経済活動や技術開発に関する各種委員会や団体でアドバイザーを務めるかたわら、アジア、アフリカ、南米、中東などの新興国を訪問し、技術分野の啓蒙活動を進めているという。「これらの国における経済や健康、教育の改善に向けて、テクノロジーが貢献できることはたくさんある。米国や日本などの先進国だけでなく、より多くの人や地域にICTが広まることで、様々なチャンスが生まれる」(バレット氏)。

ITとネットワークを経済開発に適用した代表的な取り組みとして、バレット氏は新興国向け少額融資サイト「Kiva.org」を紹介した(図)。Kivaの事業内容は、先進国で小口の資金を無担保で貸し出せる人を集め、資金を借りたい新興国の事業者に提供するマッチング・サービスである。ただサイトのポリシー上、貸し出すといっても実態としては寄付になる。

一人のユーザーが貸し出す資金の単位は25米ドルから100米ドルと少額だが、多くの人を募ることで事業を興すのに十分な資金を集める仕組みである。そもそも貨幣価値の差が効き、先進国にとっては少額でも新興国では価値が高くなるため、事業には大きな助けになる。低所得者向けの小規模金融は「マイクロファイナンス」と呼ばれているが、Kivaもこれの一種と言える。

Kivaのサイトでは、ボリビアの食料品市場やセネガルの金物屋、カンボジアの織物屋などがリストアップされている。ユーザーはこのリストを見て、自分の関心がある事業者に金を貸し出すという仕組みだ。Kivaは現地のボランティア団体の協力を得ており、“投資家”であるユーザーがボランティア団体による事業の進捗レポートを確認できるという。

バレット氏はKivaについて「ハード(PCやネットワーク)とソフト(Webサイト)がコネクティビティツールとして機能し、経済開発の新しい形を生み出した。Kivaはこの代表例だ」と高く評価する。

医療についてはコロンビアやインドで進められている取り組みを紹介した。コロンビアの企業であるGMT(Groove Media & Technologies)は、個人が所有する健康カードと携帯電話を使った医療情報システムを開発している。

急病人が出た際、病人の健康カードに記入された2次元バーコードを医師が所有する携帯電話のカメラで読み取ると、携帯電話の画面に病人の医療情報や治療履歴が表示される。意識不明などで本人の確認が取れずともすぐに適切な医療処置が開始できる。インドでは非営利団体HMRI(Health Management & Research Institute)と政府が協力し、医師がいない地方でも適切な治療が受けられるよう遠隔医療システムの整備を進めているという。

バレット氏はさらに、インテルで「INSPIRE・EMPOWER Challenge」というプログラムを開始したと述べた。教育、医療、経済開発支援、環境問題の4分野で技術開発のコンテストを実施するもの。各分野の優勝者に10万ドルの資金を提供するという(「INSPIRE・EMPOWER Challenge」のWebサイト)。

(高下 義弘=日経コンピュータ) [2008/08/20]



 
 
>TOP

丹羽宇一郎 伊藤忠商事会長

「経営者はまずはアフリカに行け!

そして教育レベル上げる援助を」

実際にアフリカを訪問した日本の経営者は少ない。丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長は自費で百数十万円を支払いアフリカのスラムを視察した。他の経営者もまずはアフリカに行くべきだと説く。(聞き手/『週刊ダイヤモンド』編集部 清水量介 撮影/加藤昌人)

――アフリカ開発会議や洞爺湖サミットではアフリカの貧困や食料問題が議題として上がっている。

このところ、そうした国際会議ではアフリカや世界の食料危機について宣言がなされる。しかし、私はちょっと待てよ、と言いたい。

2000年9月に、国際連合でミレニアム宣言が行なわれた。新しい世紀を迎えるに当たり、今後の1000年で世界が取り組むべき問題とその処方箋を世界の指導者が確認し合ったのだ。世界147ヵ国の首脳が参加した立派な宣言だった。

そこですでに「アフリカの貧困撲滅」といった問題が挙げられていた。

ところが、現在に至るもまったくそれは解決していない。にもかかわらず、毎度大規模な国際会議が開催されるたびに似たような宣言がされる。その労力は事態の改善に向けたほうがいい。宣言を掲げるだけではダメだ。

もう一度、ミレニアム宣言を日本も世界も再確認する必要がある。

――具体的にはどうすればいいのか。

なにより教育が大事だ。日本はアフリカの人たちが教育を受けられるように援助すべきだ。

今、アフリカは資源の面で注目されている。資源ビジネスも当然大事だ。しかし、アフリカが持続的に成長するためには国民の教育レベルを上げ、農業と工業の発展を促す必要がある。

経済発展のためだけではない。アフリカでは「子どもと性行為をすればエイズが治る」というデマが流布し実際に子どもがひどい目に遭っている。これも教育を受けていないことの悲劇だ。

私は飢餓と貧困問題に取り組む国連WFP協会の会長として多くの日本企業に寄付を呼びかけているが集まりが悪い。

一日にコーヒーを一杯(200円)我慢するだけでアフリカでの学校給食を10人分も賄える。貧しい地域では給食を食べさせるために子どもを学校に通わせる親もいる。給食が教育のインセンティブになるのだ。たった一杯のコーヒーで国際貢献ができる。

――しかし、資源以外では日本社会のアフリカへの関心は低い。

経営者や政治家はアフリカに一度行ってみるべきだ。

私は2006年8月にケニアを訪問、首都ナイロビ市内のキベラでは世界最大級のスラムに滞在した。おそらく、アフリカのスラムを実際に視察した日本の経営者は私だけだろう。

アフリカの人は勤勉でないという誤解があるが、とんでもない。スラムでは下水が垂れ流されているような劣悪な環境のなかで、裸電球一つで熱心に一日10時間以上も勉強している青年に会った。彼は国のために尽くしたいと言っていた。

この青年のようなアフリカの若者が外国の大学に行くためにサポートしているのは、北欧の国々だ。日本はそうした援助をしていないので、現地での存在感が薄い。日本の名前すら知らないのだ。

勤勉な若者の存在やアフリカの可能性。その一方での日本の存在感のなさ。こういうことは行ってみて初めてわかる。

まずは、アフリカに行き、見てにおいをかげ。指導者層には強くアフリカ訪問を勧める。



 
 
>TOP

(2)アフリカへの貿易投資促進合同ミッション

(外務大臣)アフリカへの貿易投資促進合同ミッションを、8月末から9月下旬にかけて、派遣することといたしました。このミッションは、TICAD IVの開会式において福田総理が表明されたものです。アフリカの南部・東部・西部の3班に分かれて訪問をいたします。経済界、政界、関係省庁、政府機関の合同ミッションです。アフリカの成長の加速化、我が国の資源外交がより一層推進されることを期待します。



 
 
>TOP

世界の貧困層14億人 05年世銀推計、1年で1.4倍に

世界銀行は26日、2005年時点で途上国の人口の4人に1人にあたる14億人が貧困層として生活しているとの推計を公表した。経済成長やインフレなどを考慮し、これまで1日1ドル未満の暮らしを貧困と定義していたのを1.25ドル未満に改めて計算し直した。その結果、04年時点で9億8500万人だった貧困層は約1.4倍に拡大した。

世銀は途上国の2人に1人が貧困層だった1981年の19億人よりも着実に減っているとし、貧困層の人口比率を90年に比べ2015年に半減させる国連の目標にも近づいていると強調した。ただ「サハラ砂漠以南のアフリカは高水準のままだ」と指摘した。

一方、米国勢調査局は07年の米国民の所得などに関する報告を発表。両親と子供2人の世帯で年収が2万1027ドル(約230万円)未満などと定めた貧困層は3730万人に上り、前年を2.2%上回った。全人口に占める割合も前年より0.2ポイント高い12.5%に上昇した。(ワシントン=藤井一明) (10:40)



 
 
>TOP

ムワナワサ・ザンビア共和国大統領の逝去について

(外務大臣)本日、政府は、9月3日(水曜日)に執り行われる予定のムワナワサ・ザンビア共和国大統領の国葬に参列し、ザンビア政府関係者及び御遺族への弔意を伝達するため、矢野哲朗参議院議員を特派大使として派遣することを決定致しました。矢野特派大使は、9月1日(月曜日)に日本を出発し、3日(水曜日)にザンビアの首都ルサカで執り行われるムワナワサ大統領の国葬に参列する予定です。



UP:2008 REV:
アフリカ  ◇世界 
TOP HOME (http://www.arsvi.com)